やるやらで語るアドベンチャーパス Elder Evils シナリオ1-13 やるぽん!

ガッチャード第22話 暴走ケミー、宝太郎達、マルガムの三つ巴という、初期の雰囲気に戻った感じ。 まぁ、シリアスが続いていたしこんな回もたまにはいいのでは? 実際にお気楽回なのかは次週までわかりませんが……

やるやらで語るアドベンチャーパス Elder Evils シナリオ1-13

519ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/29(日) 22:28:28 ID:Lb78tMWg


キバヤシから地下神殿の調査記録を聞いたあと
現地に再び行って、帽子の立ち会いの下で再調査をする。


一通り調べ終わったあと
帽子は語り始めた。


               , ..._     _    , ..._
.            Yi::::::: 'l- '' ´    ` ''イi:::::::ヘ
              弋:::;;ソ ` '''  ―  ''' ´弋:::;ソ     どうやら、想定とは違う形となったが
                l              l      役目を果たすべき時が来たようだな。
.           _ ..」                l.. _
    , - '' ´    l                    l  ` '' : - .  かつての事件の再来を防ぐためにも
..., :: ''´       l                    l      ` '':: 、 私の知識を語るとしよう。
イヽ、         .!、                    !         イl  あの地をかつて襲った災厄の事をな。
....ヽ ` ' - ,_      ≧ーx         xー≦ ´      _, イ ソ
....  ` " - ニ - ,_                    _, - '' ニ ´- '' ´
         ̄ ナ ニニ=_ __ _=ニニ´- '' ´

520ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/29(日) 22:41:20 ID:Lb78tMWg


         , -‐ 、, -─-- 、.,_
        ,.i (:::)!       `ヽ,. -、
       ./ ゝ-‐'     _____  !. (::)
     _,./__,,. -‐ ''"´ ̄ ̄`"'' .、`ヽ,ー:'
  ,. ''"´ /´ / ;'  _;'_;'_ !  /!  ;`ヽ,ヽ、     もちろん、君たちが
  '.、  .;'   ', i ´ハ_」_/|/ ! メ! ,!ヽ,. ヽ.    危険に立ち向かう意思があるならという条件付きだがね
    `Y    i Vレ'7´;' ,ハ   レ'_」ソノ., ',   ';   はっきりいって、かなり無茶な話しだ。
   _ノ     i ,ハ i. '、_ソ    ;',ハY.ノ i   i  非現実的と言っていい。
   `.>'    (__⊂⊃       '、ソノ!イレ'  ノ
   ∠._   ノ  | |、   ,.-┐  ⊂!_)‐''"´    私は自ら動く事はほとんどできない。
     レ'´ヽ、 ! iソ>,、.,,_  _,,. イ |ヽ.      力ある者の助力を得たいのだが
         'ァ|  !>;`ヽ、「、,ハ.|  !ヘ)      そもそも信じてもらいがたいという問題もあるんだ。
         / !  !、::ヽ、.,___ノヽ. !  |        …普通に話しても、
       ,:'  `ヽ! ';::::::::ヽ::`'; 'レヘ!        そこのキバヤシという男と同じように見られるのがオチなんだ。
       / _,,. -‐rァ-、::::::::::r‐''i7ヽ、        今まで事件に関わった君たちならまだ見込みがある。
      ;' ァ'´   i,/ ̄`ヽ;:::`i、,| !  ';       できれば信じてくれて、協力してくれる事を願いたいものだ。
      !     | !_____,r'::::::::|:::「i  i
      `ヽ.    「!::::::::!|--‐-ゝソ   !
        ,.ヘ   ',ゝ、ノ/:::::i:::::::'、.,__ノ
      /:::/`'';ー--‐'/::::::::!::,o-oヽ.            ___
     く:::::::/:::::/ ,.-r'::::::::::::::;::'ニニヽ::;ゝ         /   ヽ、_ \
                              /(● ) (● ) \
        キバヤシ扱いですか        /:::  __´__   :::::: \
        世界が滅ぶ話しですね。      |  l^l^lnー'´       |
                             \ヽ   L        /
                               ゝ  ノ
                              /   /
            ___
          / ⌒  ⌒\   __
        / (●)  (●) \〈〈〈 ヽ
      /     (__人__)    〈⊃  }  危険があるというなら騎士としてほっとけねーお
      |       `Y⌒y'´     |   |
     \       ゙ー ′   ,/   /
     /⌒ヽ   ー‐    ィ     /
     / rー'ゝ           /
    /,ノヾ ,>         /
     | ヽ〆         |

521ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/29(日) 22:45:44 ID:Lb78tMWg

 __ ,,.. -───- 、__
(●)        ヽ))
../,. ''"´ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ、__       私の主が立ち向かった存在は
// , '"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ >     ラグ=ノーラというもので
/./|  __/| /| ハ‐ハ  | r、 /`ヽ.  エルダーイービルと呼ばれる者の一種らしいんだ。
/  .|  /_.」/  レ' ァt'、|/レ' | ヽ- /  もっとも、私はラグ=ノーラ以外の
   レ7´lノ ハ   ! rリハ) /`ヽ.__/   エルダーイービルは知らないけどな。
(>{!八 弋,り  _`⊂) \   Y
/ 、| ⊂⊃  「  ) ,.イ __,>  !
  \ハヽ.r----r<./レ'     |
    |/∨ヽ.__ソ:::::Y     /
    | 〈|::::£:::::::::::::::!--─ ''´
-‐─'ヘ |::::::::::::::::::::::::|
    |〈!::::::::::::::::::rソ:|ヽ

522ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/29(日) 22:53:14 ID:Lb78tMWg

                        ,.: ´ `ヽ
                . -‐=={  (  )}  エルダーイービルとは
        . -‐=ミ≧''"´         人    ノ  この世界より古かったり、異質であったりして、
        Y  :'⌒YY              `¨爪   神の定めを越えるものといわれている。
       八  ゝ-' 八             ハ  そして、神の定めた世界の特性を歪めうる存在らしい。
        个=-‐'′                ∧  
        |                        ヽ-‐=‐---一  体験的にわかっている特性としては
       |                          /  信仰術による占術が効いたためしがない
       |                      /       /    というのがあるな。
       }                        /
       〈                        . :, ヘ. 
       r'三二ニ=-‐  ´         >'个
      /                >'"´
    /              .ニ=- ''"」
  /          .. -=
_∠二ニ=-‐=≠T丁「
                     _
                 _ -‐ ´ -‐ ニ.コ
               _ /  /  _ -‐ ヽ
             <    /  ≠: : : : : : :i:.ヽ    じゃあ、秘術なら効くんですか?
              \ ./  /: :/: :!: :∥:ハ: :.ヽ
               /: ┤  /: : ト:、」:_/l:メ_士:从  (アセイ・スペルレジスタンスは
               i: :.∧  }: : :ヽ==   ̄ }:ノ   秘術枠で用意するですぅ)
               }: : :∧ ヾ; : : :ヽ. _ ハ , ィ
              /: : : : ヽ  ヽ ニニ_i└<、 ヽ
             ./: : : : /:.\ ヽ l   }ヽ }
             /: : : : : }::::::::::::ヽ Y  ̄ > {::ヽ
            ,': : : : : : }::::::::::::::::`i 〉二コ  {:::ヽ
                  :::::::::::lヽ:>  {-一:::::|

523ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/29(日) 23:00:49 ID:Lb78tMWg


       ァ' ⌒ヽ.,. --──-- 、ァ' ⌒ヽ.
        ! (:::) i        .! (:::) i
       ':、.,__,.ノ         ':、.,__,.ノ
       /               ',
     __/-‐ニ=--────-=ニ、..,,_';、.,_         そう、秘術の探査で得た知識と古い伝承、
   ,..-'´ァ''"´  / ;'    ;   ';    `"ヽ`ヽ、      それと実体験が私の持つラグ=ノーラの知識の出所なんだよ。
r'"´:::::::/  /  ;' 」\!   ハ   Lノ !   '; ';:::::::`ヽ.
'、::::::::::;'   '、  i´ヽ」ハ≧/ '‘!≦ハ_L.ノ ,.イ  .!::::::::::::::';   神託などでラグ=ノーラの情報を得ることができないのは
 ヽ、:::! ,!  `!コ. 弋j:_歹   弋j:_歹} ._」  ハ::::::::::::ノ   けっこう辛くてね。
   `V ヽ、,ハ. { ー '    , ` 一 ' { i,.イ \- ''´    対峙したとはいえ解っていないことは多いんだ。
    /  ハ/ .!ト '''         ''' イ`ヽトー‐`
  /イ ノ (_ノ |> . (  ̄ ` ⌒)  ...ィ |_ノ厂`
       }ヘ. {:.:.(. 下、 ブ"´j::.:.:l   ん、                     _,,.. -- 、__,,..,,__
       {  ヘl:.:.:.ゝ,_   _,.ノ:.:.:.:.| /   }                  ,. -<.     `ヽァo、`ヽ.
      |  !:.:.:.:.:.:.:. ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:.:|/   〈               , '7´    )       ';`ー゚) '、
         }  l:.:ト∧ノ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    }               ノ !     ;    !    i'´    .i
         |   }/o-o、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./     /              ;.'  ';   _!_ ,!  ! /_!_  ,i     ,i
                                      ,'    ';  L./ |__」/!_」__ ソ   ,.イ |
                                      i ,'   !7´!ハ    '! ,ハ`Y!  /  ,'
                                      !_ハ_!  ,ハ. ,!り    '、_ノ ノ !コ    i
             色々大変そうですけど             ソーr' !'"       "''r'´二.ヽ ',
             倒せる相手だったわけですし        ;'  ノノ>.、.,_ `  _,. イ/´ _iノヽ i
             あとは私たちが                i   ン´ ,,.ィ`i7こ__ノ こ二、ヽ,ハノ
             当時の開祖様達の力に           ',  ! ァ'レ' レ' i:::::iヽ._/   レ'
             どこまで迫れるかが問題でしょうね    、_)、ノヽ/ /  |:::::! (二`ヽノヽ_
                                         /二_'i  |::::::|  ) `i Y´_,.]、
                                       __/   /  |:::::!| /   !゚障モ゚)  ',
                                    /i´'; ` ,.く::ヽ、__!:::::!|レ'"´`'┬'´   ヽ、
                                    i._、';::::! /:::::`ー‐‐‐'、ヽ、  rヘ.    //ヽ

524ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/29(日) 23:03:35 ID:Lb78tMWg


   , -‐- 、 _______
   { (::::::) /          /⌒ヽ
   ヽ ー /ヽ._____{ (:::::) }>、
    ` 7          ヽ._.ノ  |   …倒せる相手か。
.     !                l   まあ、まずは事件のあらましを語ろう
     |                 l
     l                    l                       ____      , - 、
    /                  l                  ,.....<´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:::::..、 , '´ ○ )
     /                      l               ,..:<.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ_   `ヽ- 、
   /                  `丶、          /.:.:.:.:_:_:_:._|.:.:i.:.:.:.:.:,:.:,:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ \  ○ )
 く                       >        /_イ.:.:.´/:/レ'|.:/!.:.:.:/!z≧ミx.:.:.:.:.:.:.:ゝ  |   ノ´
   ` 7ー- ________.. -‐,. ´          ´ /|.:.'.:/!,イ≠ミ/ |.:.:/〃,テハ ヾ\.:.:.:i:.:.`ヾ‐'"
                                 /.::::::゙':イ〃灯ハ  .i.:/  {トzイ} !} !二|.:.:.:.:.:.!
                                /.::::::::/.:.:::!ヾ ヒ:zリ  ´   ゞ- '   |:.:.:.:!.:.:.:.:::|
                               ,'.:::::::/.:.:.:./⊂⊃          ⊂⊃(`ヽ|::::::::::i
          何かまずい事言いましたかね   i.::::::/.:.:.:.:{               ノ:`ヽ):::::::::|
                               j.:::::{:::::::::::>、    rー-、       (`ヽ;:/:::::::,::::!
                               ヽ;::::'、:::://.::\   ー- '    /::::ヽ丿:::::;ノl.::!
                                 )::::V//ヾ{ > 、    _,.(´`ー-<´:::::/ ノノ
                               /:::::::ノ::::::::::,r―<ノ_ ̄ _ / {`ー-、)‐'r‐ 、´

525ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/29(日) 23:13:08 ID:Lb78tMWg


    ___
   /_ _\.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
  / 辷>/丶辷>丶.;.;.;.;.;
  /Yミ彡^^ミ彡u|.;.;.;.;.;.;.;.;.;              事件がいつ始まったのかは定かではない。
  ヒ/丶/~~~丶Y ハ                  いつの間にか、正の次元界の力が増大しはじめたんだ。
  |川ヒェェ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;   .;          
  |\  ̄ ̄ //                   それにより、アンデッド達は弱体化し
 _/ミヽ ̄ ̄ .;.;.;.;.;.; ̄/               時には勝手に滅びる事もあった。
7 \ミ\ミ/ />-、
// ̄\_ .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
 _/二)_) | |< 丶
//二)(| ミ| || |
`/二)  ̄) |.;.;.;.;  .;
丶__ノГミ|.;.;.;.;.;.;.;
/|  |ミ(二(二ヽ |            ,r‐ 、
 |  | ミ丶 (二ヽ|      z'Zr─~''''彡 ̄ ̄⌒ミーv─ -tf'.z
 |  |彡_| (二ヽ       ̄`'''''─ム/'⌒' ⌒ヽ_>'''  ̄ ̄
 |  | (____ノ          /  彡、 ノノ:::
                    / _,;彡'´⌒(´ ミ}:::
                 _/ フ::::      Y ヽ:::
               (⌒こ))≧:::        jfう》:::
                 ̄::::::::::        (_ノ::::::

526ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/29(日) 23:15:49 ID:Lb78tMWg


  ,:;;;:;ヾ ゞゞ'ヾ ゞ:;ヾ ゞゞ';':,;j:;, ;,i;:,i!:;,'ミ:.ミ,",:'';゙`;;:y;';;;:ゞミ;''ソ:;ゞ;';:;;:゙、`、;';:;";;;:;ヾ ゞゞ' ヾ ゞゞ'ヾ ゞ:;ヾ:;ゞ;;';:":;ヾ ゞ;
 "'`',:'':;;:,'ミヾ:,;:ゞ'ゞ.;;:';;ゞ;:!; l .;,;::. :l.:;r"ソ;;:';;ゞミ:;.;;ゞ;:;ゞ,:;i''`ヾ;ミ:;;:,ゞ:;ゞミ,:;:'':;:;:;ゞ;ゞゞ;ゞ;:'':;;:,'ミヾ:,;:ゞ'ゞ';;ゞ;;'ゞ;;:'ゞ';;:.:;
 .,.;;'ン:;.;ヾ ゞ:.;;ミ;:;ゞ':;ヾ;:;|;; | :;;;.;::.| ;|;;`;,'ミ:;ミ,"ゞ;", |; i :|!:.::.:.:.`;;:ソ:;:ミゝ,:;:'':;:;;.::;,'ミ:.ミ,"'゙ソ:;,:;.;ヾ ゞ:.;;ミ;:;ゞ':;ヾ:;':;;ヾ;:"
 ,;";:ヾゞ ゞ';:;:;ヾ:'':;:;,'ヾゞ|;;:.;;;:.,;;l:;;l.:;|;:;ゞ;;,':;.ミ,,:;:;'' :;|: l:  ;|:. :. :. l .:i|;`::;,'ミ;r''ソ:;;゙、\ヘ;;:ミ:';'i:l;j;:l;,i:;;'ゞ;:ヾ;;:':;ゞ;ゞ';:ゞ;ヽ
.:;;;:;ヾ ゞゞ';::;;ヾ;;ヾ;ゞ:;;ゞ;|:';:.;;,;:.:;| ;;,:;|;:;ゞ;ゞゞ;ゞ,:;;ミ:;|;;:|:. .::;|:. :. :.;| .;:|;;:;ヾ:;ミ;:゙:, ,;.,. ,.:;ヽ:;ゞ!:;j:il:;j:,j,:r;ソ;:ゝミ;ゞ;ゞ:;;ヾ:'゙、
;";;;:;ヾ ゞゞ'::、:;;:ゞミ;'';;.,;ミ|;;:j ;;,;,: :;;.,;;:|゙、`:;,:;:'':;:;ゞ';:;"|:;.;. .:!: .: l ;l.;:i:|,:;:'';;:;";;:ヾ:.ゞゞ';;:`;ゞl;i;:l;j:j:;,j;|;;:;:ヾ:;ゞゞ':;ヾ;゙、`、;
ヾ;ゞ:;,;;ヾノソ;;ヾ;:;ヾ;:,ミゞ;|,;,:|.:;;;.::;;;:l:;;:|;;:'':;:;ゞ;ゞ';:;:ゞ;;|;: l .;|:   ;| ;| ;|゙;;`、,.;::;,'ミ:.ミ,"::'';,::ミ,`l;;j:;i:;j:,j,l;;:;ヾ ゞ'::、:;;:ゞミ;';:,;.
 `';:;ヾ;ゞゞゞ;':j.ij;j,!;,:, |;;::|:;,;,::.,;;:|:;;;|;:;ゞ;,:;:'':;:;'";ヾ;;|; . ;rj: i :,  :| ,|;:;":;ヾ;;ヾ;ゞ:;;'':;ミ,",;.:;|:,j:i:;j:;,l:,l;ヾ;ゞ:;,;ヾノソ;:;ヾ;:ゞ
.   ,.;;:゙:、,;"'`!;j;l;j,j|;:;ゞ,|;: ;;:.,;:.::;;;.|:;;゙|`;ヾ:;;ゞ;:ヾゞ:;ミ| i; {リ  l :|  :| :|::;;ヾ;;゙;:;";;:;ヾ ゞゞ' :,:;|;:;j;;l;,:ij;:|`':;;:ゞ;ゞ';;:ゞゞi;:.'i:;
.;,;ノ,;:;ヾ ゞゞ'|j.i:,j:,j|ミヾj:l:;;:|.,;;;:..:,;;.,;;:|ゞ;';i;r`、;:;ゞ;:';:;| l; ;:  .;|:   : .;|:; ;ゞヘ;'i: ;l.:i;;:ミ;:;ゞ;:";|;:ij;:l;,i.;j;|:'`'::;,l:';i:|:.  :|::';l:,
 ソゝゞ,:;゙;''`|,:j;;l;,:i|"゙`| l:; | ::;;;, ::. :;;| |i;li|;':;ヾゞ;ヾ;|;:  :l:   .:|  :r :|;;:ミ:;ミ;| '; i; ト、;:ヾ:;゙';;:'|;l:j:;|;,:ij;:| 〈;:;..|;';:;|    |;;':;.
;ヾ゙;:ゞ;;:ミヾ:;|.:ij;:l;,i|.  |;. .;;':;;, ::;;:|.:;;;| |lij;|,;';,:'ゞ;, :ミ|;.|: :;|:.  .: .:;|; ;|.,.;;'ゞ'|:|; |:.;|"'`' ;:; .;, |;j:,i,l:;ij;j;| ゞ;.|;';i:|    |:i;:l;
ノj;i:;i:l;i⌒ゞ|:l:j;,l;:i;|.  |;; ,;| ;; ::;;;:| :; | |li|l|"゙'^!;li゙'`|;:|: :,| ;i.  :| .:l; .;|:'゙ ';:|,l :i|:.|!,:;:':゙;;ミ ゞ|;j;,i,.;j;j:;:|.  .|;゙;l;|    |:';:;i
.:|:;i:;,l;|:.   |;j;.i,;j.l;|:. |;,: ,;i ;; :;;;,:l ;;',|; .|li;l|;:;;、;|vl. |;.|:.  :;|:  :| .;i :| :|   . |;| .:| リ;;゙;:;";;ゞ;;.|;.j:|;;j,;j,:;|:,  |;';i;:|    |;'l;:;
:|;i;l;:l;|;.   |,.j;l:j,;j,|;, |;, y' : ,-、:; ;; ;|ヾ|l;il|:;:;ミ;!;li} |;:|:.  ;;|:. .:}:..;|: .;|:.;|  ;;;:| |: i :;|:;;゙ヾ:.ゞゞ|;:j;i:j:,;ij,;|;:  |;';i;:|    |:;'i;;
|;lj:;i;i|:.   |;.j;i:j,;j,|ヾ;;|, ;' ;;;: !r:}.;;;:.; | |lil;i|;r゙"| ;i} |:;,: .;;N:. : ,j;. .;  l :.| `:;;|.; :;| ;i|'`':;;li;!;:゙`|j.;,j:i::j:,i;|:  .|;'l;;i|    |;:'l;:
;i;l.;;l;|;.   |.j:;j,;j.j;|;;ゞ| ;;!:;;, ';`イ:;;;: :;| lli;l!|   | il}. |:|: ;. .;| .:i,:  :|;: .;|.:.;|  ゙|:i :;l |:|  |li  |:i,;j:;j;,lj;:i|  ノ:|;'i;l:|    |;i:;;.
;:l:;j;;|゙  |:lj.;j:,j.i;|  | ;:|:,;;:,..:;;i.:;;;.:;;:| |i州   | li}.|;|: ,;};. .: :;|;,. .:|; :| : |  .|:| : | l|   |l|   |i;,j:;;j:;,j;i;| i;,::|;';l;i:|、.  .:|;':i;:
;i;:ij;tーz_,|,i;,j:j:;k,|弋|;; ;l ;;j; j゙ ;;' ,;k;| ,jl从|   | k} |:j. ;;j:: .: :;|;;:. :;!: .;t .:;|.   |,|:i:;|;.i|.  |i|  |,i;,j;j:;i,:;lj;i、,k;:|;';j;l:|:;;, . ::j:;'l;.

木々は生命力あふれ力強く伸び、多くの実りをもたらし
動物たちの活力が増し
治療術は最大化されるようになった。

527ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/29(日) 23:24:46 ID:Lb78tMWg


.         (●)_______(●)
           ./     ヽ     ケロ
 ケロ        ./       ヽ    __      しかも、この影響は世界中に及んだんだ。
         ./ ,,.:--─‐‐- ..,_ゞ_/ l ))   最初は喜ばれたものさ。
  ((  ,ヘ,.τ''"'ノ,モリλヤスワコλ/ヽ/      何かの吉兆と思われていたしね。
      '、 /又X ○   ○ X   ヽ
       ゝ ヽハ""r-‐¬ ""ハ  丿      ただ、神にその意味を問う神託を求めても
      く     >ゝヽ、__,ノ_ノ/  /       なんの返事も得られなかったんだ。
       \  弋.r'/ヽ___ノ:::入/
         ̄ ̄i.|,£::::::::::::ノ!
           人:::::::::::ケロノ
  ケロ       /:::::::::::::::::§ハ、
         /::::::/£:::::::::':,:::::::::\             ____
        `ヘ_/゚z゚)):::::::::',:::__ン´  ケロ       /     \
                               /  -     - \
                             /   (●)  (一)  \
喜ばしいことではないですか…          |      __´___     |
…でもそうではなかった、と            \      `ー'´     /
                             /     ∩ノ ⊃   /
                             (  \ / _ノ |  |
         ,  -‐―‐ 、            . \ “  /__|  |
        /,  -―‐-、\                   \ /___ /
        // ,.  -――‐\\
.    // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>
.   / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,
. ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !
.     / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i
    / ::: | |lト、         ̄Z /l|  基本的に悪いことじゃないですぅ
.   /:::::::::| |l|__ヽ、       ´ /| l|
  / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|
. / ::::::/ ! ll| <|  | ̄ >ロ<_}|>| l|
/ :::/   | |l| <|   ̄ ,イト、 |>| l|\

528 :普通の名無しさん:2012/01/29(日) 23:28:53 ID:XpruUBDY

ある意味、“無頓着”のボカブや自然神オーバドハイが一番憂慮するような自体な気も。
ある意味バランスが崩れているわけだし。

529ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/29(日) 23:29:52 ID:Lb78tMWg

                        _,.. ----- ..,
                    ,..-'''";:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;....;.`゙''ー..,,
                    │;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;;;;;;;;;;;;. \
                    │;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;: /
                   │;;;;;;__,,,,,,,..,,,,,,,,,__;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:::/
                    ミ‐'"         `'''i-、.;;;:;;;:l゙
                      /.、           _,、.イ  `''┘
                   ! .|゙二ーヾヽ-‐;;二v .|゛   .!
                      | .!.! |iレ´ `゙ |彡'"  .l    !  恐怖の大王が降ってきますぞ
                      ゝ/   !       、゙l    .ヽ  
                      { !.'、 .j_.. へ、 ./ .丿    .!
                     .,i''| ! .ア._...... 、、."./ . /       .|゛ \
                    ,./ / .ヽ .`.―~  .".,ノ      ,i⌒;;;./ ;:.!
                : |;::;:;.!   .l /゙'-、/゛       !;;;;;,i'゙;;;;;; !ヘ、
                 l;:;:;::|   ゛    ゛           l / ;;;;;;;;;;;;;;;:;~゙゙''-、
                    /.;;ゝ;:/                   !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;; \
                ,,./ ;;;;;;:;:;/                 l;;;;;;;;;;;;;;..;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;:;;;ヽ,
           ,,./ 丶;;...;;;;;;;;;.|                      |.、....;;;;;...;;;;;;...;;;;;..;;;;;;;;:;:;:;i″

そのころ一部の占星術師や自称預言者、
狂人達が何かが近づいてくると言い始めていた。

何か感じ取るものがあったのかもしれないね。

530ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/29(日) 23:34:51 ID:Lb78tMWg


                              ∥
                              ∥
                              ∥     そして、ある日突然
                              ∥     それは落ちてきた
                              ∥
                 ┌┐               ∥
                 ||               ∥
                 ││┌┐           ∥
   ┌──────┤|||           ∥
   |            ||||           ∥
   └───┐    ||||           ∥                    ┌┐
           |    ├┘||           ∥                    ||┌┐
           |    |  └┘           ∥                ┌─┤|||
           |    └──┐           ∥                |  ├┘└┘
           |          |           ∥         ,    |  └─┐
           |   ┌──‐′              ∥         /   |  ┌─┘
           |   |         \       ∥     /         |  |
           └─―′          }\  从,∥从,. /{_  /     ,|  |
                        >  ==  == <  《       |  |            ┌┐
                   /                 \》   / └─┘         □ ||
                  ,.   ∠三三             \  《              ┌─┘|
                  《  ,三三三三三=―  /       , 》            └──┘[][]┐
,..、wo、.,..,, ,,、  ,..,..、wo、.,..,, ,,V三三三三=―    《        V、.,..,, ,,、  ,..,..、wo、.,..,,     くノ
o ;@。(@);; ∴o。o゚。o゚@ ;; o( ∴@7三三=―        》        ミ、、`(@):o。o:'。o ;; ゚:o。o';; ゚:o。o';; ゚:o。o'
。o゚@ ;; o(@)。,,0。。゚.,。o @)o゚;;`゜《三=           ′         》@)o゚;;`゜(@(@)'.:o@)゚.`゜(@(@)'.:o@)゚.
。o゚@ ;; o(@)。, ;; ∴o。゚(@)'.:o゚.,。o ,、三三三三=―          _.ノ(@)'.:o゚。o ;; ゚:(@):゚。o ;; ゚:(@):o。o.,。
0。(@)o ;; ∴@ o(@) (@)(@)。o::)。,(@)o゚:(@):(@)o0。゚(@)o ;; o゚:(@):(@)o0。゚(@)o ;; :(@):@∴@)o ;; :(@):@∴
ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|ヽ|〃ヽ|〃ヽ|ヽ|〃ヽ|〃ヽ

531ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/29(日) 23:36:26 ID:Lb78tMWg


                             _、
         ,,..        ._.,,、                       ._
  ‐‐''" ̄´゛                       _,,...、....、..、...、,,_
                     _,.......-..-‐'"゛    、 . , `'''ー、,,,,_、
      '''"     ._..... -'''"`゙´ 、    .!  l.  |  | > .|        ̄ ゙̄'― 、_
        _..r'",゙` ,  、 ,! 、 、 l l  ! !  .l  "  | r  !   ./  .、 .,i   ,i   .`゙"'ー..,,,,_,
      ,.'"   .|  .l,  |  ! l . ! .! .l ,! l  l  、.!   l.i  /  l  /., /,   ,. ,i  `゙゙゙゙゙''-、.
   ,, ‐" .、 .'i │ |、 ! l.l, l .l、  ! .| .″ リ  .l.|  .U゙.! ./  / / / .//   /  / .../  ,i   .゙ヽ、
  . -゙ .: .l, . l 、..l .|, ||  .|、! ゙ .l l l  l. l .l  "  .|!  l"." /|  .″./ ." ,//   /  ,i",/   /   / ,゙ー
  _.- !、 、\.ヽ..l, ヽ.l ,!.l, .lヽ    !..l.  ,|, ,! .!   .‐  !  .l゙.l゙  ./    " ,/ ._..-''./    ./ .,i / -`'
.″  ,..`'ー二,,_`' l、゙'./ ...l,  `'〟  . '、.  |, .!.!  |"  .i′ !  / `  ./    .,..-'  '"´ /,. ./ .i彡"、 `
 ー'"´  ./    ⌒"'― .l`'、.ヽ. \   .l'、 " ┤.i,.゛ .l.′ ゛ ゛  ,- -‐'"  / _..-彡'"゛._,..-'''"  、 ゝ
     .′ ,..-  ./    .\ヽ.\ `'-、 \   .゙‐         ″    '"....、-‐,゙..-‐'"、   .ヽ
       ゛  /    .,i ,`''-,, ''ー `''ー `'               ー;;ッ←''''"  ''、  ゙‐
                 /  ′  .`'¬‐'''' ゙̄'―-―'''''"゙ ゙̄''―---ー'''"´., .、   ゝ
                    |   !  .!丶   .|  .! .'、 .l,   .l  |. ."
-‐ο                                                           __._,,
                                                      _、  ,,,,"´
             .. 、--.. ,,,_.__...               _......,,,_          ´´´"""‘.``´   ` ゙
                            ‐.'"    ο               --.‐
         ο            '''          -.ー- .... .  ,,
.
上社は盆地にあっただろ
あの盆地はそれが落ちたときにできたクレーターだ

532ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/29(日) 23:41:59 ID:Lb78tMWg

                                                     __
                                                  .イ .!.! O  `ヽ
       ,/r,-/( _,.-'": ヽ /`ヽ、                            /ミ人ノノ    .x=ヘ
      )`r|!/ノノ'": ヽ: ::::::|// /o,、ヽ                           I  ソ   、_ ゚。  ___i
     (ミ,.川=(,.=、o。/ ̄ ̄Y`リ,:::=ミ';               __            |  j ミ/  〉。゚ i:::::l!一 '´ ̄ ̄`ヽ.
      /=彡,-、ミ||メ、   |  }::っ,:リ            / fヽ __ミ.、    __ ゝ_ /7 ̄j! ゚。 l:::::l!_.斗 ´ ̄`ヽ. }
      |彡、弋ソ:::イ!ミ|!、    /::ミ、/'  __       ./  ミ、_(_ノ\ ` ー./ f¨ヽ.}==x \ーァ'フ  `ス.,.==、   弋ー彡′
      |!弋!,.リ、(( |!`ヽ)   /o::、リ’,.-'"ヽ /っ`ヽ、   { ゝ、_)リ   ` <キ ミイ⌒゙ヾ. Y´__ ′  ,彡ヽ  }
      乂人川ハ|!(,./)   /=-:::/ ' /:::ミ::,.,|/::/三}:`ヽ   `フノ ̄       `ヾ{_彡7.`ヽ ヽ! /_  f≧≠ }  ヽ./\
  rf/)、  ヽ_!)/川/!ヽ`  /ミ ::イ /,=::ミ/ | |!)::|=;':::ミ:|                /ソ >ノ ノ} ゞ' ノ    /ミ、  }^i ヽ
  }//イ,\  メ ヾ |ト、   /三:/!  {三::::|  /::(三)::ミ/               ./ソ 〈¨´ノ/〈 f¨ヾァ≧x .i .ォキ  ヾ一′
  |ミ  k `ー、        /三::{   {::,.=,::}  ヾ:::(●):::{               /ソ ' 〃ヽ___! :{\) {:{彳}'/ /ヽ._ _ムイ ̄
  |    }   `ヽ     |三::::{  /ミ::::ノ    〉:=(●)、              /ソ .レ' /  } ミ___ゞノ:∧/  / iシ′
  ヽ  .ヽ   |     |ノ(:::ヽー'"ミ::::(    (●):::,.=、!             Y//i´   {  `…‥彡 ヽノ シ”
   \∴彡。o,=! ,.-─'"彡ヾ:::`ヽ、::::::';    `=-、(●))            f´ .「! |   /¨゙ー‐一 '´ ̄ ̄`゙く          /
     \:: o ゚。 |/::: : : : : : : : : : :`=-,.=- 、   ((●))               ハ./{ ヽ \ 〈_,.ィ⌒ー一  フ⌒ミx ヾ、      シv′
      ',: : /彡!ミ::::,.=ェェェ、: :: : : ((: :三\  二          / ̄`ヽムムj\丶.´  ゝ._彡 ´      `ヾ      .fy彡′
       |::三,./ミ:::/ノ::____        .:::..          ,. -―-、                         ___く/Θ〉
       |:::::,.ノ|!:::/:::(:.:.:.c---`-- 、           「{ 八_     /_.二二.__ -‐'⌒ __「ム-、         /,r―- 、:.:ヽ.ノ
       ヽ::::::::,.-'"__>'´ ̄ ̄_.:ノ、__,. --、__ 厂`ト_,. -‐'´-‐/ 「/  \ヽ|  厂`ト、{┐ __ ̄ ̄ ̄ヽ. __ノ:.:/      ヽ:.:',
        `Y:/´.:_,. - ¨ ̄ ` ー--一'`ヽ--_ /_fテー、 ー    jニ二スミー'‐r'´ rv-' / .ノ ̄ ̄\:._.:_.ノ
        / ,/.:.:, rァr-i-、,..,__       t_) '⌒~  Y { _,r:示テニニ´テ/ |:ド=ミ、ーfに≧、/∨  r‐、
      /,.'"{_/'^''´:`'゙レ'レ':イア,ノ    _,. -‐ニニニニニ==彳==テj==|:.V⌒>:'⌒:.ー-ミ、ム  ヽ.)
      /,ヘ、 `´`ヽYフ,イ,ィ!_ィ,ノ       ⌒_´__ r、/ f〃:.ーくfr=彳{r=、}ーァ´.:.:.廴:._:.:.:.:.:'⌒ヽ,. --- 、
     /,' ::: :: :: :::/`⌒`ヽ、'_,ノ_ __ ... /´. -―-、ヽし'人:.:.ィ'⌒Yf´:::「=ァrf´:/:,r'´::}:.:.:{:下Y:.}:.:.:}ィ:_:.:.:.ヽ_
   ( `ー-、:::: ::/ミ::::`= /´,r―--‐'´// .....::. .. ..ハ:.廴:.{{_:.:}:.:.:.:.〉}::_;ムf:.:{:ノ.:.:ム⌒:.ー':ニヒYf:.:.:j'´ヽ _):Y:f  `
    )`ー-、 ヽ::/ミ, =-{:.:.廴_,. -‐.:´/ .::::  .:::::.. /_,.ゝ'⌒⌒ヾーム⌒.:.:.:Y´:.:,r‐┴-ニ二ニrく:.:.:/ー:.'´.:.:.:ノ:ノ
   /::/:: ..        ,rノノ:ー一r:.f´   ___ /´.:.:,r:'⌒テ⌒.:.:ノr=壬ァヒ:{:.:.:、_:{:r一:.:.:、_:ノ:,rく:.{:_ノ、:イ ,  __,、
 _ノ: /..:      __ノ.:/´    廴二二´-―-f=-、f:.:.,r:ニ:.:_,rへ:_ノ:.{:.{:.{:.:f`:ー:f⌒ヾー--‐'´¨ ̄.:.:.:.:. ̄:`ヽ、⌒´
( :: 、___,,.  -‐¬ト´     ..   _::_,r:'´.:.:.:ノ:ア⌒ノ´/   !:.:.:.Y_下f:.:.:.}:.!:人:.}` ー、―<下、 ̄`ヽ、:.\   lT ¬¬¬ 丁l>
 \ヾ __,. -― 7´}    r~ー-、__,.イ:、:.人ー:、r:_;ノ.:ノ、_:.;ノ/   ∧:.ヽ:.:.`⌒:.:.:ノー‐ヘ.    \ ,rf⌒ヽ   '.\:.:\ ヽ}` ̄ ̄ ̄´jソ
   〈 | : : : : : :/ /    {:.r:.}‐-、:._}:ゝ'´}>、ノ:f:.う:.T:.:、:ノ .     / 丶:.:.__.:/     ム  _,r:{:.:.:.:.:.:.:.} ヽ  \:.:\ ヽ二ニ二 ノ
    \ー― /       ヾ:⌒⌒´:.:_;r'´_ノ` ーァ一f´\.     ミー-、  _」___,. '´__ ̄\_{:_!:.:.:.:.:.:.:.ヽ._、   \:.:丶.__ _‐:.:}
     二二           ̄           ヽ/ f:{⌒  iノ   `       rf:.:{     Y:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:!〈,     \:.、.:'´.:.:,ノ
                                 \  ノ           {Yこ廴_  {:.:.:ヽ:、:_:,:.:.:j          ̄ ̄
 .                                 } }           ヽ:.、:_:.:f, rァr-i-、,..,__ \
そのクレーターには無数の命が芽生えた。         { {                ` _/'^''´:`'゙レ'レ':イア,ノ
他のどこにあるわけでもない異形の命がな。        { \            ´`ヽYフ,イ,ィ!_ィ,ノ
                                   ⅸネコキキキト、           `ヽ、'_,ノ
そして、周囲の物を徐々に浸食し、           .   小WWWヘベ
異質な命が勢力を広げはじめたんだ              ヘvvvvvvノ゙
                                     ~"""~

534 :普通の名無しさん:2012/01/29(日) 23:46:44 ID:XpruUBDY

エイリアニストが喜びそうなww

535ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/29(日) 23:46:58 ID:Lb78tMWg

               ____
            /      \
    i⌒',   /   ⌒    ⌒\
    |  つ / u  ( ○)liiil( ○) \
    |  | |        (__人__)   |  なんというゲッター臭だお
    |  | \       |r‐- l u./
    |   ̄ ̄   ,- 、 `ー'´   \
    \____  ヽ  ヽ___)   |
           \⊂_         /
           \ `ー─── ' ヽ  _
            )      r―‐- 、  //}}_r='⌒ヽ、
            /     | { ̄`X⌒Y(   >≦≧}冖= 、
          /     /l {_/  ∧ノ/rf⌒}_,ノ⌒ーく≧x_
         .           ーz′ / }″⌒) , // ./, }、、∨)7/
           \    \//  .イ┬{/´{ー' ,仏{_」j_ハ」_i_}',〈/
         .         / 〃  /|.{ ー‐┘/i{ィT...Tヽ ,ォ}j,ハハ   その、落ちてきたものがラグ=ノーラで
            ` ̄  ̄ L/   /i |」ヽゝ{⌒ー″ゝ '   i{.j{」 } |   そいつが色々生み出したわけですか
        .         /   / l|   >=z'、       ' }┴‐ヒj
               ′ .∧ ',  , -―〉、___   -‐ ノ\
                 { }  V´   └'⌒i厂}乏{ {、 '.
              {   ヽノ  }} / ̄`.、 》、ヽ}} '.} }
               .   ',  .′/    ∨》_M}「}}   〈
        .         ヽ   ヽ,/ーz{       }″}} }∨    ヽ
        .        /\   } └}     /={{_{_ノ  〈}  }

536 :普通の名無しさん:2012/01/29(日) 23:50:23 ID:H55WkRQE

彼方とかそっち産?

537ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/29(日) 23:55:29 ID:Lb78tMWg


         ,,、- _、  x-、
         〈  (::::)''''´ ̄ハ
       _,,、ヘ、_フ    . '.,
      〈           '.,
       |            '.,
       |            '.,      _,,x==、   そうだね。
       .|           _'.V-ー''´   __,,ノ
      |    _,,、z-ー''´ ̄ _,,、z-ー''´ ̄    で、生み出された生き物たちは
      ,、x-l''´ ̄ _,,、z-ー'´  ∧ ̄ l ',       今ある命とは異質な別の生命系。
zー''´ ̄,、z-t '''´ ̄    / .,_,ム-ソ| | .|       従来の生態系と
`ー'''´~  |     i  .i.ハレ' リ x'= | ./ ,'       置き換わるために生み出された命の種。
      l .    |  l  ,' iニi〈 ト:| レ' V
      l     |  l ,i |X|  .ー'`>
      /|    ハ  / / ./lV "" _/
     ノ レヘ   i  ソ ,ヘ∧.,_,/
    ⌒/  .ノ.ハ ノ  ノl り八、、

538ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/30(月) 00:02:33 ID:SJ1mOk..

           (O`)-‐─- ..,,_
           `7´       `ヽ.,.._
        _,,.. -‐'─-- 、..,,_     ( O)
      /            `゙'' 、 `T
      ,'     ,.. --──- 、 .,_   `ヽ!
      '、.  /          `ヽ.    \    そのときのレジェンドローアでも
        `Y   l , -/ト、  ハ-   \    ヽ.  エルダーイービルという言葉は出てきたんだ。
         |,ハ.__|ハ / l| ヽ/  \  / ∨   〉
.       ´ |/| .∨┃    ┃ ト/|   |   /  エルダーイービルは神の定めた法に束縛されないものであり、
          /7  |┃    ┃ |ハァkこ)|‐ '    周囲の法を歪ませる物だと。それにより命の法則が歪んでいるとね。
.       /  / にス ::  r―┐ ::/ /|_) ,'
.      く/|/|  /!, >、二二,,./ /!   〈     最初はエルダーイービルって言うのは
            レ' //::ゝ__ノ:/ ト、 ,   ヽ.    ラグ=ノーラの別名だと思っていたんだけど
           / ./ト、::::::::::::|___」、∨レへノ    どうも、エルダーイービルって何種類かいるみたいだね。
       r┐,__/ ./£)ァ::::::ki/   \        少なくとも、君たちが見せてくれた資料に書かれているのは
    ( \| ソイ  ./::::::::d‐z:k/     \      ,. -‐、 ラグ=ノーラの事ではないみたいだし
     \ ′ヽ 〉::::::::!:::::::k{        ̄>ァ′  /
    / __,r‐'`} >、:;」___/ハ       ノ     /
.   ‘ー'´  /::::`7ァーr--‐':::',      /Y' r‐''i"
       /::::::::::/':::::::|:::::::::::::::\.    〈 Lノ:::::/

539ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/30(月) 00:15:12 ID:SJ1mOk..


.          ∨  i、    ィ/ ノ  ノ
  x……ォ   ∨ :lハ   {{ /  /`ヽ             なんにせよ、
 / / ̄´    ,.} i ハ   メ、 /ヽ }             育ちきる前に対処しなければならなかった。
 { {       ソ } ハ.  }ヽ 辷彡イ___
 ゝ. \      } ∧ ハ  i i! i!/  ィ ==ミヽ.         クレーターの中心に乗り込み
   \ ` ー― :{  Yヽ. マ:{ y }′彡⌒ヽ.ノイ         そこにいた大きな肉の芽のような存在と戦って
    `ー‐≧…ゝ ゝ.__ゝソ  / / ..-‐┴-ゝ.        それを倒したんだ
      / f⌒ヾミx=ァ"       ´   ャ…イ fヽ \               ,.--、    __,,,.......,,,,__  ,.-- 、
.      {  {:   `7 ム⌒ヽ  ャ= 、 ヾ \! ヽ. ヽ              !○ )'"´ ..::::::...   `"i ○ !
      V ハ   ./ 八,_ _ _ メr≧i ゙! ゙ミ、 ヽ } iァ             `ーr'  ..:::::::::::::::::...    ゝ-イ シ ッ
       }  !  ./ ハ  frュ {{:.:.从 ノ  .ノ y }: ! ハ         ガ     /  ..::::::::::::::::::::::::::::..      ',     人.,___
      ノ ノ  ノ ィイ、ノ     ヤラ′/ .ムノ !  i      __,人     / _,,.. --‐=====- 、..,,_   ,.!-‐-、    (__
 r―…'" .イ  ゝノ ゝく      .イ ./      ゝ ゝ __.ィ′  )   ,. - ''"_´,'´ ̄,' ,'  ハ  ,! ',. `ヽ`(_、   ト、   (
 ` ̄ ̄ ´         从ゞWWW八 く.__       `ー一 "    ;'´  7´ ./ .,' !、_」_ハ/ レ'、!_」_,. ,ハ ,.r'ー-‐'ヽ.ノ Y´`
            ノ从彡≧イ从≧ 一’               `''ァー-!. ', ! .ァ´;'´'i    i´'ハ`Y ! !      i
            Y从从ノ、从从シ                   ,' ト、_,ハ、 ヽレ'!i !__リ     !__り ノ レi.      |
           _.ノ从从{ 〉从从ミ、                  i    `ン⊂⊃    __   ⊂⊃i       !.
          f彡从从〈. {从从从ヘ                  !     !7「_!>,、,  i´ `ヽ ,!__!/7´      !
          {⌒/⌒ヾ:} 7从从从                 ',     ;'.| |ヽrヽ`"7二7"´.|  ! !       i
          `ヾ彡イ   Y^Y^ヾノ                  ヽ、   ´ ! | /::::::!、____ソ:::::!|. |       ノ
                  ゝ人彡′                   `''ー-'レ'/£:::::::;'::::::::::::::レヘ!r----‐''"´
                                             /::::::)'::::::/::::::::::::::::::::Yi´
                                            i´`ヽ、:::::::::;':::::::::::::r'ソ:::::::!
                                         _,,.. -`>-‐ヽ、:;___::::::::::::レ:::::::ハ、
                                      r‐''"´ゝ'::::/:::::::::::::/::::::::: ̄`ヽ、rァ':::::ヽ.
                                     ノ`ヽ;::::::::/::::::::::::::::/:::::::::::::::::!::::::::;o-o:::::::\

ttp://trow.cc/forum/uploads/post-4-1229272691.jpg
post-4-1229272691.jpg
(あれ? 綴りはRagnorraだった。なんでRag-noraと勘違いしてたんだ?
 まあいいや、このスレではラグ=ノーラでいきます)

540ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/30(月) 00:19:04 ID:SJ1mOk..

          ,.--、   _,,,.....,,,,__  ,.-- 、
 \    ' ,   !○ )'"´ ..::::::... `"i ○ !    ,:'
           `ーr'  ..:::::::::::::::::...  ゝ-イ    ,:'
  \\      ./  ..::::::::::::::::::::::::::::..    ', .
     \    / _,,.. --‐=====- 、..,,_ . ',      /
        ,. - ''"_´  /` |  ./!    ハ `- 、_.   //
  `  、 ;'´   7  / /-r | / | ∧-、 |  |  `、  /
      `''ー‐-| / .レ' __」_レ'  レ' _ ∨|/  |,-.'.´
   + .     | ハ |'゚´ ̄`    ァ==、!  /! +    -=ニ
      r‐、 _,./´!∨wx   ,. - ,、  xw|.イ l.        i
 _人_   ヽ、_).」 !三ト、.  |   ソ  ,.イ三! |     .__ _人_
 `Y´    ,ハ__`ン!| |_,イ>r--r<´_| /./        `Y´    勝った!
       .〈 ゝ-イ|∨ |:::::::::::ヽ/:::::::::::レ'ヽ!        .!     発生源さえ潰せば、
       ゝ--イ、___,ハ:£ァ:::::::::::::::::/   ヽ             あとは各個撃破するだけ
              `|:::::::::::::::::::::::::|、  _\
              く::::::::::::i::::::::::: ! >'´   〉
            ./ヽ-へト---イく\___/
       /    r/:::::::::::::::::::::::::::::::ヽr>┘
     i (_    \∀・)ノシ:::::::::::::::::::〉
     ` ー      ,!`"7ー---ァr-‐イ
           /::::::/      ',::::::::',
             |:::;::;'       ヽ:;:::ヽ
            !:::::|        ハ:::ハ
           [こ八、       /こ7 |
           ヽ--‐'       └--‐'

541ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/30(月) 00:19:22 ID:SJ1mOk..


  __ロロ __ロロ __ロロ __ロロ __ロロ __ロロ __ロロ
 |_  |  |_  |  |_  |  |_  |  |_  |  |_  |  |_  |
  _| |   _| |   _| |   _| |   _| |   _| |   _| |
 |__|  |__|  |__|  |__|  |__|  |__|  |__|  ロ ロ ロ ロ


            ,. -‐、
            (!、;;;;ノ) ̄"'' ー- 、.,.__ ,.-‐-、
            ゝ、,,.ノ         / !;;;;;;;;;;|
       ,-―---'´.,,.__         ゝヽ- 'ソ
      ノ_,,. ,,___     ̄ ̄"''ー-- 、., ̄ l
     ( /;;;;;;;;;/ ,   , ̄ ̄"''ー -- 、.,   ̄"'-=ニ..,
     `''ー、V /   /!  /`'´V ,、  , 、 ̄"'ー-,-、  ヽ
        レ'i   / ̄|`/-   |/ )ノーt- )!  ,:::::ノ,,,ノ
         i | /  三ニ   '   === i. / /-'' ´
           ,ゝV|,             ̄  V'-<_ノ      え、なにこの地響き
        /ハ-.t( 'ニ 7  ,----、  r' r‐‐.V´ト、ヽ
          / ! i  ト-' /     |  |_ ー _//   ヽヽ
       ノ_ノ/ / \  |     |    ̄// /( 川 )
       ノ/!/7/i>|_,, _|_,,. >' .人,L_ノ!/
       ´   ~   ┌┴―'", / ノ-t' `´
               ,‐く ー ,-‐'./ /  ヽ
               // >-ー'´  !   ヽ
               /´/´・`´・`ヽ   ゝ   i

542ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/30(月) 00:25:53 ID:SJ1mOk..

ttp://trow.cc/forum/uploads/post-4-1229272699.jpg
post-4-1229272699.jpg

三三三三三ニニニニニニニニニニ=============ニニニニニニニニニニ三三三
三三三ニニニニニ==========―, -‐ ' ̄ ̄ ̄` -、=========ニニニニニ三
∧ニニ==.                   /          \  | l――――――=====ニ
//ヽ,ィi――――――        |l |  /             ヽ | |           ――――
=ヾ//ヾ                |l |   /      ,    |      l  | l               ―
  }ヘ//7__            | l |   |     /|    /ヽ    |   || |
    ヾ.//ヘ          |l |     >--=<_ ヽ_ _,j _,>=--<     | | l
      ∨}_        | l | rー、 f´ ,,.-‐‐--、Y´ `Y,.--‐‐-、_)  ,-、   | | l          _
     _//イ――――― l |  | ヽヽi ゝ .<・> , ヽ==/   <・> ,  / r |    |―――――    ,メ
     ∨――――――: : l | | lヽf   ̄`´ l /  l  ヽ ̄'  ヽ l /| | | l    ―――――――
      }//  ――――― |l |   l |  |     / ,l  {  ゝ    }  j |    | |――――― >//
イ     //ハ_      : :{i_ィ_|l |  ヽ ヽl   /  /,、 ,、l <   / f /  | l         ,イ///
/7   }//イ      : :`ーr、ヾl l |ヽ' `i、 '  /  ヽ `´  ヽ、  / /  `´  | l       __ ////_
/ハ_人__j//ヘ       : : : :´ヾ Y| l |  |   , _,.-‐ニニ‐-、、  ヽ/   | l :         Y////
///////////7、       : : :Y イ~l l |  l  ヽ'  ---   `/   l   | lj: :          ヾ///   
///--、////////Y{     : : 、_,: : : : : l| ヽ    '  、    /  | l }: :            ///∧  ヾ
//{  イ///>`ヽr、//ヽ   : :r'´-xヾ_: : x' j  \      '   /i  Yヽ, ノメ: : :       , ィ////-‐  、/
//∧ノ///i    }イ//ゝ : :/ノ  }メ     . : : : ヽ ,___,. -'ハ {  : : イ-'__: :      \///ゝ |ヽ=/
////////j      ∨/ハ メィ'      . : : : : :、ァ ゚: : : : :.     : : r'(~ヽ{: :      __////!,,ィ////
`Y//////>    <///ト、    . : : : : : : rゝ: : : /L : : : : : : .    ヽ} イj: : :     _Y////-v=7///
ノ//////ゝ      ∨/イ . : : : : : : : : r'ア ェ,: : :≦三l : r, : : : : : : .   : : : : : :}`ヽ'/////ト   ァ///
 ̄,r´ ̄`ヽ __,, -‐ ''      、 弋;;;;ソノュ イ7 ≦ゝ: r-, ≦7 `ー'´r-: : : : : : :__,イ///l///イ _///
. l (::::::::))           `ー- イ''≦l: : : : :__イー≧=彡ー'―k' \: : : : :ヾ//r-ゝ イ///l ゞ//=-/
. ゝ._ _.ノ               `、<7\´ \_ァ=' ̄7彡ーュ _ノ: : : : //<  ////レ//// イ/
.   ,'                 .:.:.:、、`\≧ 、  \_イ=、   /イ≦三: _///´  `Y//////< </
.  ,'                ::::::::::::::`ー- ,_イ >⌒ヽ、_ ミー=<: : : :\///    〉///// ̄  l//
.  ,'   _,,ィ     __,,  --‐ ー― ‐ 、- , _`ヽ、 ̄` <三フ'~´≧: : ヾ'//ヘ   iヽ/////∧__ イ//
. ,'::;;ッr"´ ,, -‐ "  ,  , ィ、  ,ヘ  、  、 ヽ;;::::`:..`、、 
. 〆 ,, r " ,  l   ィ|  | |ヾ^ '" l  i ヽ ヘ ヾ、::::::::::/
´‐"  !  l  |  /l/|-ナ"'  `ー| /  |  l、 !、;:::/
    ,l  |l  ! |./ー-====  ==レ-|  !  |、 |r "
   /|  | r==l ル    〇   O  || イ / ヽ    壁に顔?
   / l  !|》 《|、', ‐---‐   ‐--|レ | /
_,,‐' ッ   ≦≧ ヽ   、 ,.、 , u ゙、
 ̄/イ    |   l|ヽ.∪   ̄  ̄  /
   `ヽ、 |    ゞー ___ -‐" \
     ヽハ    ヾミュ---  ゝ\ハ、_≧
      / ヽノヘ__、`ヽ_ ン ハ

肉の芽を滅ぼして終わったかと思ったのだが
クレーターの大地自体が既にラグ=ノーラになりかけていたんだ。

君たちが私と会った地下室、
あそこはラグ=ノーラの中なのだよ

543ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/30(月) 00:27:54 ID:SJ1mOk..


          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / u   ___'__    \   …大地と同化ですか
    |       `ー'´     |               y'⌒ヽ
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)         ヽ(;;)ノ_  ,. -‐ー - 、
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /         /´ `j  ` - ,_     ',
   /    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/         ,:′  /      `,   i
   |  l  |     ノ  /  )  /       y'⌒ヽ  /        ,'  j'- 、
   ヽ  ヽ_ヽ    /'   /    /        ヽ彡ノ,. '′        /  /   ヽ
    ヽ __  /    /   /            λ         /  ハ     ',
                               | ` 、   ,.イ  ./ ヽヽ、  i
                               ':、 _ _`ー ´   , ィV-レ,!、 i`   !
                                Y' ' '7_,.r=、'   ,ィ=x ヾ!二!   |
とはいえ、完全ではなかったラグ=ノーラは     ハ  j | トrj   f、ィリ |><|-、 | .!
私たちの攻撃で機能を停止したんだ。         /,| | .ハ,,゚,,' _ __  ‐', ,;仁ニ| !|リ
                               /イl /`i ヽ. 、_ j  ,.イ l |-' i i,|
                               イレ|ノ 人,-≧ ‐ r≦/イノ!ル'  ! | 'i、
                               レ′ |r'´,::::`ー.:':::::、 /\i\yレ‐ト‐
                               ヽ     〈;;::::::::::::::::::〈{   }
                                l   ,-''7:::,:::::::ζy::〉  \
                                `‐' ∠;_/;_:;_:;_:;_:;ス`j   ',
                                    /::::::::::::::::::::::::V´   ,}   __
                                  //:;'::::;:::::::::|;::::|  ,√ヽrニ´- -、`ヽ,
                                  く:::::';:';:::::|::::::;;::l::::`;┬'ゝ_ノ      ',  i
                                  `ー'!ニ!二↑ー-、;;' ;´       / /
                           .           `=l~ ̄! ̄ ̄| i      , ' , '
                                      ,. ′_ }.   \ヽ.,_ / /
                                     (ー:;´ノ      `ー- - '´
                                       ̄

544ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/30(月) 00:34:11 ID:SJ1mOk..


.         l'''"~`'li,-,,,,-‐‐‐-,,,/ i',il'"~`''li
        i , ● ,i!.ノ;;::::::   i::::il、 ● ,|!;
       /'''`゛=='" /::;;:::    ;;;::::`''=='",,|
     /       :::;;;::           |     だが、私たちは確信が持てなかったんだよ。
     /__ .-‐ニ=--────-=ニ、..,,_ .,_ !
   ,..-'´ァ''"´  / ;'    ;   ';    `"ヽ`ヽ、   地面と同化したラグ=ノーラが再び芽吹くことはないのか?
r'"´:::::::/  /  ;' _」ノ!  ハ,  、_L_  !   '; ';:::::::`ヽ.   ラグ=ノーラの体組織には植物みたいなものも混ざっていて
'、::::::::::;'   '、  i´ヽ_」ハ / ! ハ_L_`ノ ,.イ  .!::::::::::::::';  そこいらに根を張っていたし
 ヽ、:::! ,!  `!コ7´;'´ハV 三 レ' ;'´ハ`Y_」  ハ::::::::::::ノ  無機物的なものまで混ざっていた。
   `V ヽ、,ハ ! !__り 三   .!__り .!7i,. イ::::;::- ''´   どこからどこまでがラグ=ノーラかハッキリわからなかったんだよ。
    `ヽ// .! .!     '       ,! !`ヽイ
     /(_ノ ,ハ    i7´ ̄ヽ   ,ハ/|_ノ '、     あのあたりの地面を掘り、岩盤を砕けばラグ=ノーラは死ぬのか?
    , '   .!   !>,、., `   ' ,..イ !   |  i  ';    確証は持てなかった。
.....  レ'´!ヘ;'    ! _/_,ri`ニニ"´!、_」__|  ! ハ ノ    となれば、備えないわけにもいかない
       ノ__.  ;'i´::::::ゝ、.,____ン::::::::::! ; !ァ'、レ'
      / `V !:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::::!イレ'  `ヽ

545ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/30(月) 00:40:04 ID:SJ1mOk..


         , -‐ 、, -─-- 、.,_
        ,.i (:::)!       `ヽ,. -、
       ./ ゝ-‐'     _____  !. (::)
     _,./__,,. -‐ ''"´ ̄ ̄`"'' .、`ヽ,ー:'
  ,. ''"´ /´ / ;'  _;'_;'_ !  /!  ;`ヽ,ヽ、
  '.、  .;'   ', i ´ハ_」_/|/ ! メ! ,!ヽ,. ヽ.   というわけで
    `Y    i Vレ'7´;' ,ハ   レ'_」ソノ., ',   ';  内密に監視する者達をあの地に残す事にした。
   _ノ     i ,ハ i. '、_ソ    ;',ハY.ノ i   i  それが上社の始まりだな。
   `.>'    (__⊂⊃       '、ソノ!イレ'  ノ  で、当時を直接知るものとして
   ∠._   ノ  | |、   ,.-┐  ⊂!_)‐''"´    私もあの地に残されたわけだ。
     レ'´ヽ、 ! iソ>,、.,,_  _,,. イ |ヽ.
         'ァ|  !>;`ヽ、「、,ハ.|  !ヘ)
         / !  !、::ヽ、.,___ノヽ. !  |
       ,:'  `ヽ! ';::::::::ヽ::`'; 'レヘ!
       / _,,. -‐rァ-、::::::::::r‐''i7ヽ、           ____
                               /      \
                             /─    ─  \
     当時が大変だったのはわかったし  / (●)  (●)   \
     監視のものが必要なのも理解したお。|    (__人__)      |
                            \   ⊂ ヽ∩     <
     でも、今回の上社の事件や        |  |  '、_ \ /  )
     兄貴達とどうつながるんだお?      |  |__\  “  /
                              \ ___\_/

546 :普通の名無しさん:2012/01/30(月) 00:44:03 ID:HIi6sl8A

まさか秘術使い大量投入によるディスインテグレイト連発で、
辺り一帯を塵にする訳にもいかんだろうしなぁ…

547ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/30(月) 00:45:44 ID:SJ1mOk..


       ァ' ⌒ヽ.,. --──-- 、ァ' ⌒ヽ.
        ! (:::) i        .! (:::) i
       ':、.,__,.ノ         ':、.,__,.ノ         先にも述べたとおり
       /               ',          上社の者達は代を重ねるごとに当初の目的を忘れていった。
     __/-‐ニ=--────-=ニ、..,,_';、.,_        じっさい、監視や研究をしていても
   ,..-'´ァ''"´  / ;'    ;   ';    `"ヽ`ヽ、     ずっと何も起きなかったわけだしな。
r'"´:::::::/  /  ;' 」\!   ハ   Lノ !   '; ';:::::::`ヽ.
'、::::::::::;'   '、  i´ヽ」ハ≧/ '‘!≦ハ_L.ノ ,.イ  .!::::::::::::::';  そんな中、邪な考えを持つ者が出始めた。
 ヽ、:::! ,!  `!コ. 弋j:_歹   弋j:_歹} ._」  ハ::::::::::::ノ  祖霊崇拝の氏族の一部だな。
   `V ヽ、,ハ. { ー '    , ` 一 ' { i,.イ \- ''´
    /  ハ/ .!ト '''         ''' イ`ヽトー‐`
  /イ ノ (_ノ |> . (  ̄ ` ⌒)  ...ィ |_ノ厂`
       }ヘ. {:.:.(. 下、 ブ"´j::.:.:l   ん、
       {  ヘl:.:.:.ゝ,_   _,.ノ:.:.:.:.| /   }
      |  !:.:.:.:.:.:.:. ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:.:|/   〈
         }  l:.:ト∧ノ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    }
         |   }/o-o、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./     /

548 :普通の名無しさん:2012/01/30(月) 00:47:15 ID:h49/vEdQ

>>546

それで死ぬともわからんのがつらいところです。

549ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/30(月) 00:51:02 ID:SJ1mOk..


         |:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::|
          |_____________,l_|
        ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::|
        /_,, --―――‐t―――----┴-{      死は生無くしてはあり得ない生に続く物なのだから
        /三ミミ三三三三三     r―、  rミ、     強力な生命の化身であるラグ=ノーラは
       ,'三ミミ三三三三三彡'   ` ̄   ヾ'i      転じれば強力な御霊になって
      ,'三ミミ三三三三シ´  _,. - 、 :   _ l、     我らに力をもたらすでおじゃる。
      ,'ミミ.r==、三三三ミ  .:.:.:.:ィ'ら"i、.:. :,らッ'
      l三{/ノ入 \三三ミ  .:.:.:.:.``=゙^ .:  'iー{      選ばれた民である麻呂達には
      ',三!l fラ人 ヾ三ミ            ', ゙',     その力を操る権利があるでおじゃるよ
      ヾ:tヽんぅ  ',三シ         ,r __  ) !
       丶丶二,ノ l三'゙    /  ,. `´ 'ーイ,'       ,r‐- 、
        ヾミ   ',三 ,'  ,:'´ト、    _,,__,/      ,、<_ー 、   ',_
         l三   `'" /   ト、二二,ーアノ/      |   `´ ィ  ヽ、
        ,l^`'    .:.:.:.:l ,' ,. h、:.:゙':.:.lf´,' /       ヽ、_ ノ:.:    `' 、
       /7   .:' ,::' .:.:.:.:; :;  :, ヾゞzェソ ;/        / .|:.:.:.:.:.:.:       |
       ∧',  ,'   ,. - 、   丶 、_`'一' /.         /  | :.:.:   /    l l
   __/:::ヽヽ、  .::.::.::.::丶、     ゙゙゙゙ /       /   |     {    |  ヽ
  rf   (::::::::\\   .::.::.::.::.::`'.: ,-、--―くr-、      ヽ    /   ヽ  `} 〉j
-‐(丶、_ `丶、::::,ゝ \____/ /:::::::::::ノ ノー-- 、  "lヽ/    /:. ̄´ /ノ
                                  l/ ,   、イ:.:.::./  /
                                  人 | ンヽ二ニ´-─ ''

550 :普通の名無しさん:2012/01/30(月) 00:52:24 ID:HIi6sl8A

>>548
だねぇ…
スフィア・オブ・アニヒレイションで地殻ごっそり削ってもまだ怖いし

551ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/30(月) 00:52:53 ID:SJ1mOk..

>>548
さらにいえば、実際にはちゃんと死んでいて
使命自体が無意味な可能性もあるのが更に辛いところです。

552 :普通の名無しさん:2012/01/30(月) 01:00:23 ID:h49/vEdQ

普通なら占術で神様に、
「ちゃんと死んでます?」と聞けばいいんでしょうけどねー。

553ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/30(月) 01:00:27 ID:SJ1mOk..


        |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
       i三``ー- 、,,_;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;::--‐‐一=ミミ三三ニニi
     i三  ,--、 ``"´ ̄_,,,,,、     ミミニ=ニ三三i
      |彡,  ヾ='     !ニ彡'    ,シミミ三ニ三ミミi
     |;ツ         :    .      `゙ヾミミ三ニミミ'
       l;|   ー-- ' .: ,,.... ,ィ -ー‐-、    ヾミミニ三ツー-、   なかなかうまく行かないでおじゃるなぁ
      l;l 、_    _ .: `゙;:'       ヽ    ミミ三ニノ⌒i.|
      ∥ ヾヱ'孑 :.   '、ヾ弌ヱ='"´   ミミミミシ:`) i.l
      l   ー‐'" .:   ヽ\ ̄      ミミミ' ノノ//
      ',     ,.::   、,.            ミミ/  '/
       ',     / :.   __ い、.        ミソー-;"
        l    / ` ー‐"´′ ヾ       ミツiノソ
         l  '   : :     ヽ、     〃 i、ヾ、
          ',  _,、-ニ=ニ==、,, 〉      /ノl
        ヽ  ヽ、`゙"´,,/  ,,、  ,.  / ,' i,-‐- 、
          ヽ    `゙゙゙゙゙     ´ .///, -‐'"::::ヽ
          ヽ.        , /,,. '/ '"::::::::::::::::::::ヽ
            `ー--‐一''"´  /::::::;;;;---‐‐‐‐‐‐┴-、
            /l |    _,, -‐'''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
       _,,,,,,,//、y-‐'"´;;;;;;;;;;;;_;;;;::-‐一''''"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー-
       _i_,, -‐"´;;;;;;;;_;;;-‐'''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   i"´ ̄;;;;;;;;;;;;;;;-‐''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

とはいえ、その試みはうまくいかなかった。
ラグ=ノーラ本体から別れて生まれた異形に対しての限定的な成功はあったが、
それでも本来正の力を振りまく存在に死霊術の力は定着しづらかった。

ラグ=ノーラ本隊に至っては、あまりに巨大であり
どこまでが大地でどこまでが遺体なのか判別が難しく
死霊術の力を及ばせることは困難を極めた

554ルーミアの人 ◆1I7DpTCysA:2012/01/30(月) 01:03:06 ID:bTD90cAA

>>552
いやまったく。>>522-523 にあるとおり、
信仰系に多い普通に質問する系の占術が効きませんからねぇ

555ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/30(月) 01:04:36 ID:SJ1mOk..

   , -‐- 、 _______
   { (::::::) /          /⌒ヽ
   ヽ ー /ヽ._____{ (:::::) }>、
    ` 7          ヽ._.ノ  |  更にいえば、死霊術も神の定めた法の一部といえる。
.     !                l   ラグ=ノーラにどこまで通じるのか…その答えは私も持ってはいない。
     |                 l
     l                    l   …ただ、麻呂達の一派は気づいていたんだろうな。
    /                  l    他のエルダーイービルの可能性に。
     /                      l                _-‐ ―   、
   /                  `丶、           >"-‐´ ̄、¨‐ \ ヽ
 く                       >         /:.:.:.:/:.:.:.:.:{:.:.:\:ヽ ヽ \
   ` 7ー- ________.. -‐,. ´          //:.:./.:.:.:.:./l.:,:.:.:.ヽ:.i ',/´
                                  {:':.:.!:|,.:ノノ //,へ_:.l:.} |:.:l
                                  'ヽ:.:.! ―‐  ―‐ }:.| |:.:|
                                   ヽ:ゝ" Δ  "ィリ:.| |:.:|
まずい方向に話しが行き始めたですぅ             | | ` ーz 、‐く.:.:.:| |:.:|
                                    | |:.:.:.<_ノヽ_):>:.:| |:.:|
                                    |. 」:.:.:.:.| | | .!:.:.|. 」:.:ヘ
                                    /.:.:.:.:.: |    l :.:.:.:.:.:.:.ヘ
                                   /.:.:.:.:.:.:. |   |:.:.:.:.:.:.: ヘ
                                   /.:.:.:.:.:.:.:.: |    .| .:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
                                   ヽ.:.:.:.:.:.:.:. |     | :.:.:.:.:.:.:.:/

556ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/30(月) 01:08:53 ID:SJ1mOk..

                        ,.: ´ `ヽ
                . -‐=={  (  )}
        . -‐=ミ≧''"´         人    ノ         私はしょせん、何かあったときに
        Y  :'⌒YY              `¨爪          後世に事のいきさつを語る語り部として残された身。
       八  ゝ-' 八             ハ         その後研究を続けていた麻呂達が
        个=-‐'′                ∧        私を越える知識を得ていても不思議ではない。
        |                        ヽ-‐=‐---一
       |                          /
       |                      /       /   先に話題に上がった、誠とやらが回収したという聖典
       }                        /    それらしき本を一度見たことがある。
       〈                        . :, ヘ.      麻呂達がラグ=ノーラの中に持ち込んでいた。
       r'三二ニ=-‐  ´         >'个        内容まではわからないがな。
      /                >'"´
    /              .ニ=- ''"                だが、エルダーイービルを知る教団から奪った知識と
  /          .. -=                      麻呂達の目的をあわせて考えると…
_∠二ニ=-‐=≠T丁「

557ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/30(月) 01:11:13 ID:SJ1mOk..


               , ..._     _    , ..._
.            Yi::::::: 'l- '' ´    ` ''イi:::::::ヘ
              弋:::;;ソ ` '''  ―  ''' ´弋:::;ソ       他のエルダーイービルの力を得たり、
                l              l        それを利用してのラグ=ノーラの復活やアンデッド化
.           _ ..」                l.. _
    , - '' ´    l                    l  ` '' : - .  そういったことをもくろんでいた可能性はあると思う
..., :: ''´       l                    l      ` '':: 、
イヽ、         .!、                    !         イl
....ヽ ` ' - ,_      ≧ーx         xー≦ ´      _, イ ソ
....  ` " - ニ - ,_                    _, - '' ニ ´- '' ´
         ̄ ナ ニニ=_ __ _=ニニ´- '' ´


       ____
     :/::::::::::::::::\:
   :/ ⌒三 ⌒::::::\     なんという悪夢
  /  (○)}ililli{(○ ):::\:
 :|      __´___::::::::::::::::::|
  \      `ー'´::::::::::::/:

558ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/30(月) 01:16:04 ID:SJ1mOk..


少なくとも、上社が祖霊崇拝者達だけになったあと

         |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ|
         |丶、 ;;; __;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,: ィ";;_|
         ト、;;;;;;;;;;;;;;;` ` '' ー -- ‐ '' ";;;;;;;;;,:ィ;:;!
        ,';:``' ‐ョ 、 ,_ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; , - '"l;:;:;:;:l
        l;:;:;:;:;:;:;ミ   ` ` '' ー -‐ '"    ,リ;:;:;:l
        l;:;:;:;:;:;:;:ゝ   く三)   (三シ  `ヾ;:t、  巻き返すためには研究を完成させるしかないでおじゃる!
       fミ{;:;:;:;:f'´  , ---_,, _,ィ 、_,,ィ,.--、  };f }
       l トl;:;:;:;:l  、,ィ或tュ、゙:ミ {,'ィt或アチ l:l,/
       ゙i,tヾ:;:;:!  `ヽ 二ノ   ト ` ‐''"´  l:l:f
        ヽ`ー};:l       ,r'、   ヽ      リ_)
         `"^l:l      ,/゙ー、  ,r'ヽ    l     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l,
           ゙i    ,ノ    `'"  丶.   ,'     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l、
             ゙l、   ′ ,, ィrェェzュ、,_ 〉 } /     r'、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-"´l,
            ',ヽ  ヘヾ'zェェェッ',シ' //ヽ    ト、`ー-、、;;_;::::::::::::::::;_;;;; -‐''"´ _,ィ"ィ〉
             } 丶、 ` ー--‐ '"'´,/ノ:.:.:ヽ .  ミ''- 、_   ̄ ̄ ̄   _,,-‐''"彡彡'
            /l   丶、      ,.イ:.:.:.:.:.:.:.:丶、、 ミ   `''ー‐--‐‐''"´     彡シ
          ,r'"^l !    ` ー‐;オ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ノ  ,} 'ミl                i彡ノ
     ,. -ァ=く(:.:.:.l  l      //:.:.:.:.:.:., - '"  ,/ ,l,  (ミァ、     ,ィ彡ツ__.   l彡,
  , - '"´ / ,/`>'t、_」___,ィ'゙,ィ,.: -‐ '" ,. -‐ '"   ヾ ,《でゞミ、_i___i__ゞィヾツ 》、  |i' .l
/    ヽ-(  / / f   }li,     ,. -‐ '"        'l;.´^ニノ :l .l:ヽ `ニ-‐` ..::ll;)/
                                  ';:.      '. .::::...     ..:::::::l /
                              .      ';:::.. ,ィ:i ;   ; 'iヽ、 .:::::::::/´
         あの女が追うものを             ヽ::: l , ``ー'"´  ',. i:::::::/
         先に手に入れることは           ノヘ:::'、ィ;===z、、,冫l::::/ノ|: \
         できないでおじゃるか?          /: :i ヽ 、`゙゙="´",  :;//.ノ: : : :\_
                              , -'7′: : :ヽ \ `´ ̄`´ // /: : : : : : : iー、、
                              ;;;;;/ : : : : : :ヽ 'ゝ-----'′/ /: : : : : : : : :l l;;;;
                              ;;;人: : : : : : : ヽ ヽ     / /: : : : : : : : : :ノ l;;;

と相談しているのは聞いている。

559 :普通の名無しさん:2012/01/30(月) 01:21:23 ID:mCo1kFvQ

転落一直線のコースだなぁ。

560ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/30(月) 01:21:53 ID:SJ1mOk..

        __ ,,.. -───- 、__
       (O)        ヽ))
        /,. ''"´ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ、__
        // , '"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ >
      〃,イ |  __/| /| ハ‐ハ  | r、 /`ヽ.   あの女っていうのは
     ∠ イ / |  /_.」/  レ' ァt'、|/レ' | ヽ- /   誠の婚約者の言葉なんだろうね。
 _〈ヽ  / l /  レ7´lノ ハ   ! rリハ) /`ヽ.__/
/  〉 `7ヽY(>{!八 弋,り  _`⊂) \   Y    MMRに言葉が訪れたことも
ヽ   /   l /、| ⊂⊃  「  ) ,.イ __,>  !    別のエルダーイービルを追ってのことじゃないかな?
   ̄/   V  \ハヽ.r----r<./レ'     |
   ,'        |/∨ヽ.__ソ:::::Y     /
   l           | 〈|::::£:::::::::::::::!--─ ''´
   ヽ _,, -‐─'ヘ |::::::::::::::::::::::::|        _ぇ、
           |〈!::::::::::::::::::rソ:|ヽ  {{Yf尺ミ《㍉ヽ⌒',
                      , ´. : 廴《》ヽ》ハエ{ヽ
                      /:/: : : : }{、::.Ⅵ}_}lハ
                     ′: : :/: :}{ハ: :レ`〉ノjj」}   たしかに
                     { : :/. : : :/: :} :}V/TT !   世界が滅びるなんて話しの資料があるところは
           .           }、: : : : /: :/:从j」 ∪ l   そうそう無いですものね。
                     | }ヽ . : : //.::/     _ノ
                     ,ノ/  \彡'.::/___ /     何話したのやら
           .        /.:/   /´/.::/ヽ
           .       /.:/   / ./.: :′ |
                 ′/     / {、:{  |
                 i.:.:{     ′ ヽヽヽ.|
                 ヽ:.:.ヽ /    ハ:.i:.:}|
           .       \:.V      |:.!:ノ|

561ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/30(月) 01:24:03 ID:SJ1mOk..


         , -‐ 、, -─-- 、.,_
        ,.i (:::)!       `ヽ,. -、
       ./ ゝ-‐'     _____  !. (::)
     _,./__,,. -‐ ''"´ ̄ ̄`"'' .、`ヽ,ー:'
  ,. ''"´ /´ / ;'  _;'_;'_ !  /!  ;`ヽ,ヽ、
  '.、  .;'   ', i ´ハ_」_/|/ ! メ! ,!ヽ,. ヽ.
    `Y    i Vレ'7´;' ,ハ   レ'_」ソノ., ',   ';
   _ノ     i ,ハ i. '、_ソ    ;',ハY.ノ i   i  既に滅んだラグ=ノーラには言葉は興味を失い
   `.>'    (__⊂⊃       '、ソノ!イレ'  ノ   何らかの目処が立ったからあの地を捨てた。
   ∠._   ノ  | |、   ,.-┐  ⊂!_)‐''"´
     レ'´ヽ、 ! iソ>,、.,,_  _,,. イ |ヽ.      そういった懸念が払拭できないんだよ
         'ァ|  !>;`ヽ、「、,ハ.|  !ヘ)
         / !  !、::ヽ、.,___ノヽ. !  |
       ,:'  `ヽ! ';::::::::ヽ::`'; 'レヘ!
       / _,,. -‐rァ-、::::::::::r‐''i7ヽ、
      ;' ァ'´   i,/ ̄`ヽ;:::`i、,| !  ';
      !     | !_____,r'::::::::|:::「i  i

562ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/30(月) 01:25:37 ID:SJ1mOk..


     ,ィ, (fー--─‐- 、、
.    ,イ/〃        ヾ= 、
   N {                \
  ト.l ヽ               l
 、ゝ丶         ,..ィ从    |   
  \`.、_    _,. _彡'ノリ__,.ゝ、  |   
   `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ    で、ある文献には世界は死から生じた誤った存在であり
.    |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ    それを正し、元の一つの死に全てを導く
    ヾl.`ー- べl,- ` ー-‐'  ,ン      凶星の物語が書かれているんだよ。
      l     r─‐-、   /:|   
       ト、  `二¨´  ,.イ |   
     _亅::ヽ、    ./ i :ト、   
  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、 
    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l
   ヽl \\‐二ニ二三/ / /

563ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/30(月) 01:25:57 ID:SJ1mOk..

                _,.. -─   ─-、 しァ
          /!/ヽ‐'"         / イ⌒ヽ
         ,l_/           l l  / /!   ヽ
         |l         /lハ//  V| !   ハ
         | l       /  イ    ヽヽ/Vl !
         | ハVヽト`ー- ' イ/   ,ィ/!  \ ∧l |
        、ト、 \ ヽー- '  _,..ィ/ // ハ ト、   l!
         \  ヽ_,.メ、<イ_/__,.._-=ニ-ヽ _,/
          ヽi`、|  、‐rッヾ =|二|-=_rッァ `}',.} もっとも、この話はかの悪名高い
           { ヽ!    ̄ シノ! ヽヽ  ̄  //リ 不浄なる暗黒の書からの不完全な引用らしくて
           ヽヽ!`ー--‐'´/|  ` ー--‐ ' /./  矛盾はあるし抜け落ちも多いんだけどね
            \!     ヾ_,.      /‐'
           _ィニlヽ    __    ,イiヽ、
       _,. -‐'"   l | \   `二´   ,r' l !  `ヽ、._
  _,. -‐ '"      l |   \       /   | l      `` ー- 、._
‐'"      _,. -‐  ̄`ヽrァr--`‐──'‐‐-r ,! !           `` ー-
    _,.ィ´     ヽ、._ ヽ        ./ /i  l
ァ‐/ /         \_ノ!        l / l  ',
 /   {       `ヽ、  }!ヽ!       /V !   ヽ
 !   ヽ      \  Y |  ` r====r'´  |    〉

564ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/30(月) 01:26:18 ID:SJ1mOk..


      ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.            ,ヘ
    N│ ヽ. `                 ヽ         /ヽ /  ∨
   N.ヽ.ヽ、            ,        }    l\/  `′
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |   _|
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |  \   
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   >
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠__   うちの蔵書には残念ながら
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    /    不浄なる暗黒の書はないんだよ!
       l   `___,.、     u ./│    /_ 
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     l/ ヽ   ,ヘ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、       \/ ヽ/
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i   
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」 ))
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../

565ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/30(月) 01:26:48 ID:SJ1mOk..


  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´    __  ヽ   /.i  | __\.  |、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!   '´lノ: |}二. {`´ ヽ! lノ:!ヽヽ |. |.r-'‐┬‐l l⌒ |  } 誰か探してきてくれないかなー
        ゛l |`} ..:  |:::| リ ̄ヽd、  |:::| /|ヽ  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::. ┴'‐ ソ;;:..  ヽ、._⊥:L.|ノ _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|
          !        | ̄ ̄|              |:    |
            ヽ       ヽ、__/            !::   ト、

566ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/30(月) 01:29:36 ID:SJ1mOk..


                _,.. -─   ─-、 しァ
          /!/ヽ‐'"         / イ⌒ヽ
         ,l_/           l l  / /!   ヽ
         |l         /lハ//  V| !   ハ
         | l       /  イ    ヽヽ/Vl !
         | ハVヽト`ー- ' イ/   ,ィ/!  \ ∧l |
        、ト、 \ ヽー- '  _,..ィ/ // ハ ト、   l!
         \  ヽ_,.メ、<イ_/__,.._-=ニ-ヽ _,/
          ヽi`、|  、‐rッヾ =|二|-=_rッァ `}',.}
           { ヽ!    ̄ シノ! ヽヽ  ̄  //リ
           ヽヽ!`ー--‐'´/|  ` ー--‐ ' /./
            \!     ヾ_,.      /‐'    っていう世間話をお客さんとしていたんだよ
           _ィニlヽ    __    ,イiヽ、
       _,. -‐'"   l | \   `二´   ,r' l !  `ヽ、._
  _,. -‐ '"      l |   \       /   | l      `` ー- 、._
‐'"      _,. -‐  ̄`ヽrァr--`‐──'‐‐-r ,! !           `` ー-
    _,.ィ´     ヽ、._ ヽ        ./ /i  l
ァ‐/ /         \_ノ!        l / l  ',
 /   {       `ヽ、  }!ヽ!       /V !   ヽ
 !   ヽ      \  Y |  ` r====r'´  |    〉
                       , -‐- 、 _______
                       { (::::::) /          /⌒ヽ  ┏┓┏┓
                       ヽ ー /ヽ._____{ (:::::) . ┏┛┃┃┗┓
                        ` 7          ヽ._.ノ┗━┛┗━┛
                    .     !               ┏━┓┏━┓
  誰か、こいつを殴れ!!        |                 ┗┓┃┃┏┛
                        l                    l.┗┛┗┛
                        /                  l
                        /                      l
                      /                  `丶、
                     く                       >
                      ` 7ー- ________.. -‐,. ´





今回はここまで

意識して少しずつでも進めるようにしないと放置しかねない状況になったけど頑張ります。
…スカイリムって面白いですねw

567 :普通の名無しさん:2012/01/30(月) 01:32:20 ID:ZelkuFLM

おつー
キバヤシがお客さん(言葉?)にやばい情報渡したってことでいいんかね

568ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/30(月) 08:06:59 ID:SJ1mOk..

あ、すみません
確かに表現に問題ありますね

>>560
なに話したんだかを受けて
キバヤシが言葉に話した内容を語った流れです。

569 :普通の名無しさん:2012/01/30(月) 21:26:38 ID:DJSlJAcs

乙です
手がかりは不浄なる暗黒の書ですか
・・・高貴なる行いの書の外道さと比べるとなあ(メタ

570ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/30(月) 22:36:59 ID:SJ1mOk..

うーん、しまった。
本当にシナリオ終わる直前のところで区切っていたw
時間遅かったとはいえ、最後までやっておけばよかった。
まあ、とりあえず続けよう。
コメントとか背景説明つければつければそれなりに形になるかな。

571ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/30(月) 22:43:46 ID:SJ1mOk..

キバヤシが開示した資料を基に調べれば
言葉が目をつけたと思われるものを絞り込めるかもしれない.

もちろん、神の法を越えた存在なんて
中二な話は眉唾と考えるのも有りだろう

         ___
      /)/\  /\
     / .イ ' (●)  (●)\   いや、世の中には「彼方の領域」という例もありますし、
    /,'才.ミ).   、_',__,    \  一概に切り捨てるのは間違いだと思います
    | ≧シ'           |
    \ ヽ           /



不浄なる暗黒の書を捜索するのも
キバヤシを喜ばせられて良いかもしれません。

といった形で
PC達はエルダーイービルがらみの事件に巻き込まれるのであった。

シナリオ1完

572ガーバス ◆q8U7OBQjr6:2012/01/30(月) 22:44:05 ID:SJ1mOk..


ほんと、PCの台詞残り1個のところで切ってどうすんだよ、俺w










一覧
関連記事
>[ 37629 ]
その4文字ハゲさんはヤバいですよw
[ 2020/11/29 02:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

3月、桜咲く季節となりました。
近年の異常気象のせいでどうなるかと思いましたが、冬はやっぱり冬でしたし、三寒四温という言葉もまだ通用するなと思ったり。

そして気温が上がってくると、そう、花粉の時期でもありますね。
毎年この時期になると憂鬱になる人も多いかと思いますが、最近は眠くならない薬なども増えてきていますのでなんとか乗り切りたい所。

そして春は色々と環境が変わる時期でもあります。
皆が笑顔でサクラサク季節を過ごせますように。

ついでにやるぽん!をよろしくお願いいたします。<(_ _)>


お借りしているFC2様の更新により一部のスクリプトが動かなくなっていた模様です。
具体的にはカテゴリの一覧での複数ページ表示が出来なくなっていたみたいですので、表示方法を1ページずつとさせていただきました。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

24/01/15
やる夫はプロ野球選手(兼球団交渉人) 追加

24/01/10
やる夫はエターナルスフィアを遊びつくすようです 完結

23/07/18
神骸騎ディ・カダーベルTRPG ノスフェラトゥ戦記リプレイ 追加

23/06/08
Fate/Parallel Line strife 追加

23/01/15
ヒトミゴクウの恋模様 完結

23/01/05
ヒトミゴクウの恋模様 追加

22/10/03
やる夫はエターナルスフィアを遊びつくすようです 追加

22/09/18
できる夫とのハンター生活 in黎明期 完結

22/07/12
できる夫とのハンター生活 in黎明期 追加

22/07/06
怪異探偵の証明絵巻 追加

22/03/29
やらない夫のハンター生活 inユクモ 完結

22/01/24
やらない夫のハンター生活 inユクモ 追加

22/01/14
俺はエントツ掃除人! 完結

22/01/04
俺はエントツ掃除人! 追加

21/12/30
やる夫のハンター生活 inメゼポルタ 完結

21/12/29
やる夫達は太古スエルの謎を追うようです 追加

21/12/23
やるやらで語るアドベンチャーパス 完結

21/09/20
やる夫のハンター生活 inメゼポルタ 追加

21/09/13
いつもお世話になっております!~やる夫の前哨地開拓記~ 完結

21/08/22
やる夫は超人レスラーとしてリングで闘うようです 追加

21/07/29
黙示録ヱヴァンゲリヲン 完結

21/06/30
黙示録ヱヴァンゲリヲン 追加

21/06/07
いつもお世話になっております!~やる夫の前哨地開拓記~ 追加

21/04/24
入即出家〇〇誘拐事件 追加

21/03/19
ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~ 追加

21/03/10
ドラえもん のび太の異世界召喚 完結

21/03/02
ドラえもん のび太の異世界召喚 追加

20/07/22
エージェントやる夫の日常茶飯事 から 雑談所内作品を
(エージェント)◆28KU4V0f26の雑談所作品 として 分離

20/05/21
やるやらで語るアドベンチャーパス 追加

20/05/20
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 完結

20/05/14
英雄の守り人 完結

20/05/05
英雄の守り人 追加

20/04/11
サクラ大戦・新 完結

20/02/26
サクラ大戦・新 追加

19/11/13
アカガネ山のやる夫 追加

19/05/26
やる夫は誰かを救う悪になるようです 追加

19/05/18
エージェントやる夫の日常茶飯事 追加

19/04/14
やらない夫は「The World」にログインするようです 完結

19/02/10
真・女神転生 ~やる夫の嫁は加賀のようです~ 追加

19/01/21
できる夫とマリーがたどる仮面ライダーファイズ 追加

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



月別アーカイブ
FC2カウンター