やる夫が聖杯戦争のためにとんでもない英霊と契約したようです やるぽん!

エグゼイド第23回 前半終了。 社長の最期はある意味納得でいいEDでしたね。 でも、絵夢の性格だと医者の道は険しそう。 あ、マキシマムが何か見覚えがあると思ったら、グランゾートでした(笑)

やる夫が聖杯戦争のためにとんでもない英霊と契約したようです 完

やる夫が聖杯戦争のためにとんでもない英霊と契約したようです【完】
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12973/1442053985/


1◆FmpMXvspA.:2015/09/12(土) 19:33:05 ID:p4Sn0tp60

                                   ,./
          _          !          _,._ィ/
        '´¬‐、`ヽ       |l        ,. '',~‐ァ゙´`
   i       _┌───┐  l::l  r┐  ./::/:/_         i
    l'、   ,.:':´:::::::::`ヽ 「`ヽ│   l:::l l | /;゙::,'´::::::::::::::`ヽ    ,.'!
   ';::':、 /:::::;‐'"´ ̄`| | _ l_| _ノ::::乂 |_:_::|::::r'"´ ̄`ヽ;:::`, ,、'::/
    ヽ;:::`:::::/  ,. -.. 、| |丿|. / r、 ヽ`┐┌〃´_`ヽ,.. ‐ 、 ゙;::::'´::; '゙
      `ヽ:::{ /'´ ̄ヽ| _  !_{  }:| |;;;゙| |.イ f;;;;i i'´ ̄ヽ }:::/´
       ヽ;'、     | |`; |'゙冫'´, |;;;゙| |`| ┌─┘     /,:'
          `'ー   | |:::l」イ / l |/ | | _i !   _   ‐''´
                __j 〔_:{  じ 「八 `人 `ー'/
            └ァ‐n‐┘フー'^ー{ _cケ´ r iー'n_
            fr、}f トr<ャvァ::rニ、「lr‐ャ| |‐< r′
           /ト''_)!_7c゙{ ヽ∧j_l:l_|j_|〉,くj_|゙l_{_ソ
          /:/      ̄(_ソ  ';:::;'
         //             V
      ノ/   
┏                                        ┓
┃やる夫が聖杯戦争のためにとんでもない英霊と契約したようです┃
┗                                        ┛

※注意※
・Fate/stay night及びFate/Zero設定とか名前とかを使っていますが雰囲気などはまったく別物です
・内容が酷いことになってますので原作が好きな人にはあまりお勧めできないかも
・英霊はあらゆる世界(マンガ・アニメ・ゲーム)のそれっぽい人で代用します(英雄とはかけ離れたものもいますがそのうち補足しておきます)
・一応登場キャラ設定と性格が一部おかしいところがございます
・サーヴァントのクラスなどの定義もいろいろとおかしいですが気にしないでください
・Fate/stay night及びFate/Zeroなど月型のキャラは一切登場しませんし本編とはまったく関係がありません
・投稿が不定期です ハイペースな時もあればローペースな時もあります 基本書きためしておくことが多いです
・速い話が ぼくのかんがえたせいはいせんそう(笑) ですので結構ご都合主義だったりします


2◆FmpMXvspA.:2015/09/12(土) 19:33:59 ID:p4Sn0tp60

やる夫が聖杯戦争のためにとんでもない英霊と契約したようです その43

180◆FmpMXvspA.:2013/04/22(月) 01:57:44 ID:Fqtu1llk0

明日あたり投稿します

181 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします:2013/04/22(月) 08:29:58 ID:HP2XCLpE0

把握

182◆FmpMXvspA.:2013/04/22(月) 22:08:33 ID:Fqtu1llk0

~前回のあらすじ~
             ';:::::/:::;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;;;;;;;;;;::\::::...
         ,._______';:::;i;:::::::;;/:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::i\i 
      ,.:::::´:::::::::;;;;;;;;i\:::::/:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::i    2カ月放置とはいい度胸だな?
    〆‐二フ::::::;;;;;;;;;;;;:\`.i::::::::;;;;;;;;;;;;;;;,.- 、;;;;;;;:、::;;;;;;;;;;;;;、;:::i
     /::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,_;;;!::::::;;;;;;;;;i:;;;;i   ヽ:/';::::;;;;;;;;;;!';::/    
   /:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;/ ∧;';::::::;;;/!::;!` 丶 _. : ´ノ:;;;;;;;;;/__'
  〆::〃::::::::::::;;;;::::;;;;;;;;_j  ;;( ' ';:::::i-:、';i`丶、ο:::ムフ;;;;/   ̄ヽ、
 ′ i::::::::::::::::;:::. : ´ ̄'! i'、_>.i \i<`:。、_,...::::.。ノ/i/i!      ヽ、_
   i::::::;;;;;;::::/  ノ ! ! i_ソ、i.      ̄:::: ';::´/i:::::::: ii  .......   ',.i ヽ‐-、
  .i:::::;;;;;_イi   /   \\::.\     ,_____.‐/:::::::::::::ii..:::::::::::::::::..   ! ヽ、,┘、
 __.i:_:;_;/  !i     :... ヽ ヽー:ヽ、   ー ' ,':::::::::::::::::::ii::::::::::::::::'''''''''  /   >、
     '''''': .!i      '':::::::::`丶-.ヽ---‐' :::::::::. : ´ ..ii:::::::::::ヽ:::::::::../   /  \
       .!i  ......:::::::::::::::::::::::::',  ',.. .:::i . : ´  ....::ヘノ`:::::::::::: ';:::::/   / \
      ....::!i::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`、./    /  >::::::::::::::: }: /    /
      .::::::::::!i         .::::::::::::::::::::::',  ./  ./:::::::::::::::: /:/    /

自身の能力と引き換えにライダーを打倒す事に成功したブロリーは急いでやる夫の元へ向かうのであった
事実上勝者となったやる夫の前には一体何が待っているのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

183◆FmpMXvspA.:2013/04/22(月) 22:08:50 ID:Fqtu1llk0

~やる夫~
     _,,..
    /    ` ヽ
  /         ',   よく頑張ったがここで終わりなんだろ
  |__ r=_ニニ`ヽ  l
  ヾ|.   ┴'    .l   もうお前に闘う力は残ってないんだろ 常識的に考えてな
    |
    (人__)    / ヽ
    ヽ⌒´   ./   ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \
   ,'              }  i  ヽ
    {             j   l    }
   i   ヽ    j   ノ   |   } l
   ト、    }   /  /   l  | .|
   ! ヽ      |  ノ    j  ' |
   { |     } |      l    |
   ヽ |     i  | \    l    /|



                       、-‐──‐─- ,
                     (ッ    ゚       \
             ,r'⌒゙i::::::::::::::/  °      ゜  ; \
    /⌒\:::::::::::::l r   ゙i::::::::::::l       ;      U  l    ぐぬぬぬぬ…
   ,r'     \::::l、f   '--‐‐ー|   ;    .u
  ,r'  ゙i         ;,   !、      ∪         .u !
_、イ   ,r'゙i  ,r'´ッ ̄ ̄ ̄` ̄ ̄⌒′'i  ::         /
(,____}::::::!、(,ソ___、,___゛____、,r' !、, __      /
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜

184◆FmpMXvspA.:2013/04/22(月) 22:09:13 ID:Fqtu1llk0

やる夫が聖杯戦争のためにとんでもない英霊と契約したようです その42

162◆FmpMXvspA.:2013/02/22(金) 22:09:58 ID:8dkDW2w60

~前回のあらすじ~
  \     \   /
\  \\ \|// ,
 . ン―- `亠―亠、/
´    ̄ ̄ ̄ ―キ ´
/ , ―― ―、.  / ̄_
イ´     リ川ヘ //ハム   アレ、オレヤバクネ?
/  ノ          |
    __  `ヾ   ヘ/
  /∠__ ̄\ |  |
    ヽ  ̄ヽ \ /]|
  ,,_ニ二二ヘソu/勹/
  、       ミ |"/∠
  |      _У
| |  /二二イ /-く
|\   |⌒⌒/ /  `
| \  ヒ二/ /|`ヽ_
|\ \_二/` |ヽ_ゝ
|    \    | \

激闘を繰り広げるバーサーカーとライダー
そしてついにライダーの必殺の宝具がバーサーカーを貫いた
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


163◆FmpMXvspA.:2013/02/22(金) 22:10:40 ID:8dkDW2w60

                           V',.         //
                       __ V',. __.     //
                  , . : ´ _   V',ヽ ヾ 、  //
                 /  ´    ` 、V',‘, ‘, ゛.//
               ,   ,          V', i .i //ヽ
                  /  /           }O ! i!O. ‘,     流石のお前もこの攻撃には耐えられまい!
              /  ;′           .}  } :} }   ‘,
               ;′              }  } :} }        そのまま爆ぜるがいい!
.                  {              /}  } :} }    }
             {  八             / }  } :} }     .}
             {   \       ィ>'  } :} .ム
             {     `ー一   ´       } :} ヾゝ、/
             |、               ′ ′  У
                」: \       r  ´  ̄ } ̄ :} `ヽ ;′
               八  \   '   ',.    /  ./  /∨
           /  \  ヽ__{   .',.    /  ./  / /
             _」_   \  }圦   :}.   /  ./  / /
          厂 ̄>。,,_.ヽ{  \ _ノ  ′ ′,イ_,{
            /       ̄].   ` -≦_ノイ /_7
.           {三三≧x   ]≧‐-  _____,,../_7
.           人三三三≧‐- '、          } }
     ,, -‐ニ二二ニ‐- ,,__   ≧‐- -------‐' ̄二ニ=- ,,_
 ‐<         _ -‐   ̄ ̄  ‐-  _         _  -- ≦ニ=- __ __
    `ヽ ,,___, >'' ´             ` 、__,.  ´       ̄ ‐-   ム  ` 、
      ∨ ´                   マ       __    `ヽ}
.       }                      ‘,.      / r=ミ 、    ‘,
.       }                      ‘,     人 人 ,} }r 、}ヽ. ‘,
.       }                            \_) 乂ゞ 乂
.       }                      }          `´ ゝ'  }



.     | \/       ∨. /  /  /  _// /       /   Z__   ,、
.     |.  /    i  ∨  .∠二ニ=-‐=≦     /      /     / //
.     | 〈     _{  / /       /  ./      /    / / /
    八  \> ´ `//, -‐==ニニ≦=‐-∠ _ -‐=≦´   / /   /
      > ´.   `ヾ//ー=≦二三三三三三二ニ=‐-     / ∠ _/
 \ー=≦  /`丶、/´      `丶、          _  ´ ∠二ニ=-‐=ア    グォオオオオ!
.   `ー―/    {r≦二三_     \     _  ´ / /  ,  ´ーァ'´ 
      /   . ヘ_}__ノ   二ニ=‐- _ \=≦二> '´    / ,  ´         ヌゥアアアアアア!
.      /  /  |    /   . ヘ  jノ}`丶、、  -‐≦二∠ /
 ≧=‐/ ./-‐=≦|  {  /.  //    〈`{ i\`ヽ、-‐=≦二二二≧=‐- _      ヌゥアハハ!
.    ,'  /      ト、  {  //〉 __     }ノ }   ハ   ', `ヽ、      `丶、
   i. / `>ー‐-ヘ、\从∧/"~´  /  i爪/     }.   }   \
   | / / >―‐>ー| {{ ` =ミ   〈  |し'      \  ,'      \ __
   i/. //   / ∧ {_ノ _ノ⌒}     /          /   ,   ´    `丶
         /   /\くー=彡'    / }        /  /
     _   -‐/      /\´r=ミ   /           ∨  /〉

164◆FmpMXvspA.:2013/02/22(金) 22:11:06 ID:8dkDW2w60

やる夫が聖杯戦争のためにとんでもない英霊と契約したようです その41

144◆FmpMXvspA.:2013/02/09(土) 21:08:45 ID:3xmYMBtw0

~前回のあらすじ~
                                                   / ̄ ̄\
          ____                                     /ノ     \
         /     \                                  (● )        |
       /  ' "\ , 、/゙\                                     ((___)      |
     /   ( ◯)ヾ'(〇)ヽ          `     '                  ヽ           |
     |  ij "⌒(__人__)⌒゙l            、   ノヾ     '           {          |
     \      `i ヾ/´ / ───=三───)ヽ/  ヽ、ノ|ノ´──三=────"⌒ 、   入
     /     ⌒´  ノ   _≡三____ `r      r'______三≡_      ,      `ヽ、
    /           /´ ̄       =三 ̄`')     (   ̄三=       ̄`丶          \
  /            /             , '´⌒`Y´⌒` 、               \       \ \
 (   ―─ '⌒")    /                      ,                 \        \_)
  ` 、___ ノ    /                                         \        \
実力の違いを見せつけられるやる夫
そこでやる夫がとった行動は自身の術を複合させてより強力な術にする戦法であった
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


145◆FmpMXvspA.:2013/02/09(土) 21:09:55 ID:3xmYMBtw0

                .―――― ,
             /          \
              |              |
              |              |   なるほど…
              |    ゝ,_,ノ ゝ,.__ノ|
              |    (● ) (● )|   確かにその方法ならば強力な術が使えるだろ
             }   (   人   )
           _ノ ゝ   `ー ´ `ー´    しかし
          ノ.:`.:,' ヽ   ´ ` /
       .<\.:.:.:.:` _ ゝ ,___, 'ヽ、
    ,_<.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:/{(  ノ  ハ.:.:`ー、
  /.:.:.:.:.:.:.:メ.:.:.:.:.:.:.:.\/ ゝ    >.:.:──── 、__,_,
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{  /ヽ   _______ \ヽ,、
 |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ; ` 、.:.:.:.:.:/ヽ.:.:.:.:ヽ´ __\    ヘ   | '.'.
 |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:/.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:> `ヽ   ノ `{  i  ii
 ゝ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j ̄.:.:.:.:.:.:.:ヾ  ヽ / ./ .{.!
   ヽ_.:_:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙ヽ ヘ イゝ_ij.|
    ゝ.:,_ノ.::.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` ´
      \::.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´j
       \f.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ



                                 ゙i\
                                  ゙i (,    駒の消費量もそれ相応の物になるんだろ
                                  i  ゙i
                                  i|  i,   常識的に考えて!
                                   i|  ',
                                   i|   |i
          / ̄ ̄\                   i|.   |i
        /     \\                 ,.i.    |
        |       (○)               ,.i     ゝ
       . |       (___ノ             ゝ      |i__
         |        ´ノ             , '       |i   ` ヽ
       .  |         }            /       |i__ノ′    \
         、-―゙―゙゙ ̄\          , '        |i( O)    ゝ、 ヽ  おぶぅっば!
        /          \   ,, ,. ,., ' , '         |iヽ⌒(__ (●)  i
      /             \  `゙ィ/          .|i:ヘ、   入__)⌒:: |
      |        /´\    , ,. ,. /`         ,.|i.. て  )(    。 ノ。
      |       、ト ゙)  \ ゙ィ/`, ' `       ゝソ;:  ,(  ゝ__) oノ
                    ` , ' /ミ   .,  /´⌒`Y´⌒`  ー  人
                    , ' ` ,.  , ' /, ' ;`                )
                    , '  /                      ノ

146◆FmpMXvspA.:2013/02/09(土) 21:10:31 ID:3xmYMBtw0

やる夫が聖杯戦争のためにとんでもない英霊と契約したようです その40

122◆FmpMXvspA.:2012/12/28(金) 00:44:55 ID:wThZ15TY0

29日には投稿できるよう努力します

123 :クリスマス短編祭!:2012/12/28(金) 02:14:06 ID:Ip2nTzKU0

把握

124◆FmpMXvspA.:2012/12/29(土) 23:10:53 ID:SgZ6uP/w0

~前回のあらすじ~

      !/:.:イ:./≧x、lハj _,,リ≦二イ:j.:.:i:.:ハヽ\_
     ノレ´ム:イ∧ぐセオ}    弋ダノイ:.:.:リ }}ソヾ    仕事が忙しくて作成する時間やスパロボOGやる時間がない
         |:.∧ハ`((  j     (( /イ:.:./ソ:/     
         レ' リ八 ||  <、   ノノ ./イ/ハ:.:/         ついでに今回短い
          ト、: ((   ,---、 (( ./イ   |`ヾヽ
         /リ;;;;\  ⌒ ´ )) ′   !;;;;ソ;}}
        ////;;;;;;;ヘ..___../  /   .レク:ノ.:

やらない夫と決着をつけるために教会へ向かったやる夫
最後の闘いが始まろうとしていた


125◆FmpMXvspA.:2012/12/29(土) 23:11:25 ID:SgZ6uP/w0

         , -  ̄  、
         /       ヽ
      /          ハ
.      i            !
       l              ソ、__
      | /  _,!        |ヽ\__          __       逃げずにやってきたみたいだな
        ヽl{ ィf::j 7    r  //∧ | ̄二二二フ´   \
        j    ̄、    |`i /// /} |      /    `ヽ \    もっとも来なかったらこっちから行くつもりだったんだろ
        ( _,-、    ノ l/// //  |      /        .ヽ
        , ヒ´   />‐<// //   .|   /       i   i
      /  ヽ-<l∨、__∧/./ 丶.  !   | \       l  ,
    ,. '      /   | | /:::| |l∨   .て    |   〉 \   ∧ ヽ
    〈  |   / r‐┬r--,、|l |      、   l\L   /   ∧ |
    V l|   7´  ̄二フ/ > 、   / _ /   / __   ∧ i
.     i |    `   〈:::〈/r‐   \∠ ̄   :   /   ,ノ   .!
     7 !      i  ヽ(_/ r    |ニ「lヘ.__.\     / ._ !
     \|    丶   、ヽ-‐t__ノlニ!ヘ  \ ̄>、//-─-、 i
       |      \  λ | / 丶ノシ ノ\ \   \-、─ ヽ!
       ヽ       ヽ ヽ| /  `| 〈o    ヽ     \  i
        丶      ゝ |/     ̄`ヽo    \      ヽ
         ゞ-      ソノ       \            /
         λ__    ια         `< _____



      _,,..-――-..,,_
     /           `ヽ、
    /  ::::::::::::/,,_    ヽ    うるさいんだお!
   ./ .二ー:: : ::::ソ ・ ,ノ    ',
  .,'. / ・_>シ;テツ"''''"    .l    来なくていいならやる夫だって来たくなかったんだお!
.  l  `" 彡'..、__ )      ..l
.  |.   ゝ__ノ_,,-'' ,    ../    
   ',       ー''"    ../
   ヽ _     -‐''"´  ヽ、
        ̄ ̄7        ヽ
   n      ./         ヽ
 m| |n    /   /        |
..{    )‐‐‐‐--''"    /   .|
..ヽ_         ./       |
    `゙''-..,,_    /       |
        .| `''‐''´        |
      |             |



                         , -─- 、
                        /    ノL ヽ
                        / (__ ⌒   ',   緊張感のない奴なんだろ…
                      /::) ヽ::::::::   i   i
                        (_人_)    U   |   今すぐに減らず口をたたけなくしてやるんだろ
                  r,、      '、           |
                } }      |```      j   |、
                } }     | 、    //  >‐、
                } レ-、_   `-=ニ 7/ / : : :`ヽ_
                    r´} // }    /}、__/  / : : : : : : : : : :ヽ
                }    {丿_,. <〉ト、::Λ / : : : : : : : : : : : : : 、
               }    } : : : : : / /::::i y : : : : : : : : : : : : : : : :
               }    丿 : : : : | /::::::| / : : : : : : : : : : : : : : : : : :

126◆FmpMXvspA.:2012/12/29(土) 23:11:48 ID:SgZ6uP/w0

やる夫が聖杯戦争のためにとんでもない英霊と契約したようです その39

93◆FmpMXvspA.:2012/11/13(火) 02:11:56 ID:qa4waWwg0

今週の木曜日魏かその前あたりに投稿いたします

94 :名無しのやる夫だお:2012/11/13(火) 09:55:26 ID:4JUSmg520

把握

95◆FmpMXvspA.:2012/11/16(金) 00:08:24 ID:TAjARE6k0

~前回のあらすじ~
         ,. -‐-─-- 、
.      /             `ー、
    〃                 i,        ,. -‐
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈    /
    !  :l      ,リ|}    |. }   /   .や
.   {.   |          ′    | }    l
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<    |    ら
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|    |
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|   |     な
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ     |
.    }.iーi       ^ r'    ,'    ノ    い
     !| ヽ.   ー===-   /    ⌒ヽ
.   /}   \    ー‐   ,イ       l    か
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\       ヽ
 /i   |!  i      :;::;:::::::ト、 ヽー-    ` ー--
 │ .|  i l     ノ ,'    :i  i
 ノ   |- ⊥.」__     /_,. -‐ |  |

やる夫が発見した非常に怪しい部屋
その中にいたのは阿部高和と名乗るなぞの男であった

96◆FmpMXvspA.:2012/11/16(金) 00:09:50 ID:TAjARE6k0

      ●┃┃
        ━━━━  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●  ●
      ●┃┃



   |  i _. -: |   |  . : : : / / . :/     |: i: : i        : : : : : :|: : : : :
   |. ィ    : :!   ! : : : /7' . :7 ̄ ̄  ┤|: : |        : : : : : :|: : : :
   | ハ     : : '.   l : : : j/ : />、     :l: ト、 |    :|    : : : : : :!: : : :    驚いたわ…
   | | |    : : '.  | : : / :/,≧= 、__  :l: :!: : !    :|    : : : : : :|: : : :
   | | l.    : : ヘ V: //      7_r`=l: :|!: l    : !   : : : : : : !: : : :    まさかここにこんな部屋があったなんて…
   l, ! ヘ   : : : :\: :/     ` ーゝ≠'"ヘ: :l、|   . : |   : : : : : : j!: : : :
    l,| ヘ    : : : : : 〉'              '. : !   : : |   : : : : : :'l: : : : :    よく見つけたわね、やる夫君
    |  ヽ.   : : :/              ∨|   : : |   : : : : : :': |: : : : :
        ト  /                 V   : : l  . : : : : : ': :!: : : : :
       i  `\                 i   . : :l  . : : : : : ' : |: : : : :
       l    : :ヽ               i   : : :!  . : : : : : ': : :|: : : : :
       |   : : : i、               ′  . : : .'  . : : : : :,': : : |: : : : :
       |   : : : : `ゝ-- 、__ ,        ,′ . : : :.′ : : : : : /: : : : !: : : :
       |   : : : : : ヽ  ̄ ̄        /  . : : :/: . : : : : : /: : : : : |: : : :



           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +      やる夫にかかればこんなこと朝飯前なんだお!
    | ::|    /⌒       ⌒   \
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  `Y´
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /     十
 | ___)  ::|   .>          \
 ヽ__)_/   /                 \



::::::::::::::::::::::::::::::::/,,,|`''チ-、,,,           |::      |
:::::::::::::::::::::::::::::::|  |::::i゙''ー-、ヽ、        |:     |
::::::::::::::::::::::::::::::!  .|:::l    ゙`'i''    _,,,,,,--│ ,  l |
::::::::::::::::::::i::::::::|   | ,l      ト 、,,,. / ̄`''-| .|  | |
::::::::::::::::::::|:::::::|''ー-|.L_    ノ``''-ジ    | |:  | |     しかし驚きなのは…
:::::::::::::::::::|:::::::l   l.l  ` ー''″   i     /|: l::  |  |
:::::::::::::::::::|:::::::|   ||.        l`ー-,,,,イ::|:: l:::  l  |
:::::::::::::::::::|:::::::|   ||        |.  ,/::::::|:::|:::. |  l
::::::::::::::::::::|::::::|   .|         i ,/::::::::l::::l:::: ||  l
::::::::::::::::::::|::::::|   .       .,-'' /::::::::::l:::l:::: l | i
|i:::::::::::::::::l|:::::|   ーー-、 _   /:::::::::::l:::|::::: /.! /
:|.i::::::::::::::::||::::|     ._  ` /::::::::::::::i::l:::::: / i /
、| i::::::::::::::| i:::|.        /:|:::::::::::::::::l:l::::: / l /
..| ヽ:::::::::::l. |:::|\     /|:::||:::::::::::::::/::::::/ //
   ヽ::::::::| l::l ``ー-ン`  |:::l |:::::::::::::::::::::/  ツ
.   /ヽ:::::レ゙.l:|      \ l:::| l:::::::::::::::::::/  /
  /  ,ト、:ト、.!|    / ̄リ l::l l:::::::::::::::/
_/  i. ハl ヽ    /  .メ ∥ .l::::::::::::/
     ` 、 ヽ  /   ト 、  l::::::::/
       ` 、ヽ /     | `ヽ  l::/
ヘ、      .| ヽヾ、、,_|   `丶,, _
   `''-、ヽ  .|  |   \        入

97◆FmpMXvspA.:2012/11/16(金) 00:11:16 ID:TAjARE6k0

やる夫が聖杯戦争のためにとんでもない英霊と契約したようです その38

61 名前: ◆FmpMXvspA.:2012/10/14(日) 19:38:34 ID:xCY6rh/I0

少々遅くなりましたが投下いたします

~前回のあらすじ~
                    l|==--//_
                  /::||:| .|:..://.:.:.:.:.ヽ
                / ヽ::||:| .|:://::-─-、\
               /    l||:|o|//ゝ    .ヽli
            |    l0.| |0|.       l
            |    l|::::| |:::l|       |
            |    l|::::| |:::l|       |
    ,r'ヘ     /⌒i   l|:::::| |:::ヾ     //   リボルケイン!
     {:::::::ヽ .,./::::::::/_/:::::::| |:::::::ヽ___/:/|       相手は死ぬ!
.    ヽ::::::::二:::::::::::ノ゙'l::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::::::./::::|
    .,ノ::::`――く::.l   l:::─--ト-―――y::/:::::::|
    ll::::::‐'ー::_,,::::l.  ヽ l  | |   / .ヽ::::::::ト、
    ll:::::二二,,,,,,__/.   /ヘヽ. | |  ./ /:::::::::::::\
   .|::::二二:::::::/.___/:::::::\i_!__!_//::::::::::::::/::::::ヽ___
   lゝ:::::::::::-'"::::l::::::::::::'''',、,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::|:::::::::::::`゙'――i==---..、
 .,,-iヽ:::::::::::::::::/l::::::::::::::::::::::二二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄''''''ヽi:::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::`'-
./::::::|::::゙'r‐--'"::::::l ̄ ̄ ̄ ̄    `゙''-、:::::::::::/´    ̄ ̄ ̄ ̄\:l::::::::::::::::::::
:::::::/:::::::!:::::::::::::::::::lii、           `''i‐゙    _         |:ヽ:::::::::::::::::
::::::l:::::::/::::::::::::::::::::!::::\              |    /r- ヽ        |:::::\:::::::::::::
..!:::ヽ:::!:::::::::::::::::::::>::::::/             |    ` //_ri__    |:::::::::.ヘ/ ̄
..!,:::::::<::::::::::::::::::;l:::::/                |    └―i_r┘   |::::::::::::::ヽ:::::::
 ヽ:::::::::゙''ー--ー'゙ !::/              |                 |:::::::::::::::.|:::::::
  ゝ:::::::::::::::::::::/::/                  !                 |::::::::::::::::l:::::::
戦いは激しさを増すが
ライダーの宝具がランサーに直撃
ランサーに勝機はあるのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

62 名前: ◆FmpMXvspA.:2012/10/14(日) 19:39:00 ID:xCY6rh/I0

    /      \       \ ヽ::::丶、 \\         ∧           ∧
   /         \     ∧\ ゙、:::::::::>、 \へ、       ',            ',   っぐ…!
  /  ,.ィ    i   lヽ. \      ',::::\ /,ィィ´ラi  iヽ.      ∧  _    、
 ./ / i    l   l::::゙、.',:\    ∧r ' ィ´ヽヾ‐'ノ  ノ:::::::\      ∨ -‐ヽ    ', ゙丶、
 ./   l     l   l‐-ヽ',- 、\   ',:::::l _... 二 -‐:::::::::::::::::::\    〈::::ノ:!|    ',
     l  ,、   ゙、. i-‐.てタTヽ、\.  ∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  ',::::i::::l    ',
 .    i  / ',   ∨.',\ヽ-'.ィ´l:::::::ヽ  ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l/:\ ヘ::::::/.      ',
     i /  V   ヽ ',:::::¨´:::::::!:::::::::::::\.',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,_ムヽ i/.      ',
     l/   ',  ト |\:::::::::::::::;!、::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::´:::::/ヾ   l\.   ',
          ∨ .lヽ ',ヽ:::::::::::\ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/丶"       l  \  i
 .         ヽ i   '、:::::::::::::::::`:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::|    ト、  i.   \l
 .          ヽ   \::::::::::::::::_ .. -─::::‐-:::::::::::::::::::::::::::::/::/::.j/! i l \. l
                 \:::::::::′__;;:::::-ァ:::::::::::::::::::::::::::/::::,':::::::::l ハ !  ヽ!
 .                   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::.,':::::::::::l/ ', i
                       \:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::,'::::::::::::::::::::::V、
                      \::::::::::::::::::/::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::\
                        ヽ __,,.ィ::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\



                    |
                   |l -‐┐ __    /
               / |l   / / ヽ/
.___            /:ニヾl| / / /ハ
: : : : : :`: . .       //  ヽ∨ //―:、}
: : : : : : : : : .\     {   // /// ̄}}     流石にこればかりは吸収しきれまい!
\: : : :        八 、 // //   //
. ∧           / |:.\_:/ //{_ :'/      これで終わりだランサー!
 . :|        :|く  八   ト-―=ニ:-イ
 : :| : .  . : : : :|∧/: :   /  / ∨//
 : :|: : : : : : : :.:丿ー- : . ∨ :/: イ. : {
 : :|_二ニ=く      \`¨¨´.:/   |、__
      . : / /        \_{: . . :| \: : : .`  .
乂__..:// /        :.  `  /  :. : .    \
 . : /. :/ /                  \  } : .       \
__/ . : /: : .            :|   _  \| : .         :.
: .  .:イ {: .         | /r- ヽ   ヽ       |
_:彡八 、: : : : .      . ::′ ` //_ri__ : : : .   __|
_彡'  \\ : : : : : : : : : : /: :   └―i_r┘|. : / -―┘
   / ヽ\  ー-     /: :        ′ ´/     }
__彡く\ : . ` ー―‐<ヽ: : : : .      /.://    丿

63 名前: ◆FmpMXvspA.:2012/10/14(日) 19:39:22 ID:xCY6rh/I0

やる夫が聖杯戦争のためにとんでもない英霊と契約したようです その37

47 名前: ◆FmpMXvspA.:2012/09/15(土) 22:42:07 ID:ThNyX63Q0

~前回までのあらすじ~
              / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ
            / ―   ― \
           /   (●)  (●)  \     出番がないんだお
           |     (__人__)      |
           \   mj |⌒´     /
              〈__ノ
             ノ   ノ
やらない夫とゼロが地上で戦闘をしているさなか
ランサーとライダーも戦闘を続けていた
ランサーの狙いは時間稼ぎであるようだが…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

48 名前: ◆FmpMXvspA.:2012/09/15(土) 22:43:37 ID:ThNyX63Q0

            |   '∧|_/ l VV/.  |       ___/.: .: : : :|:::::::/::::::::::::::::/::::::::::/
.          |   V.|/ | V/    .|      / ./===--イ:/::::::::::::::::::::::::::::::∠ニ=-<
.           |      .|       |    /  />x、:::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::三ニ=-   そう簡単にやられはしないさ!
         |      .|      |  /   Y : イ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::\::::::::::::::<
          |      .|        .|/    У::::/::::::::::::::::/:::::::::::',::::::::::::::::::::\:::::::\      俺は結構しぶといからな
           |      .|       .|    イ 7::::::::::イ:::::::::::\:::::::::::::',::::::::::::::::::::::::\:::::::\ ./
            |       .|       /.|  /  イ::::::x<l::::::::::∧::|\::::::::::',、::::::::::::',::::::::::\::::/
.          |',     |      /l|l| /  ∠. イ´   |:::::::/≧N  > 、::', \lヽ:::',::ヽ::::::/
.           |ll',            ∧|l|          |::::/イ不心≧ /<_≧手x、\、:::/
         |l:|',     |      /l|l|||          |/、.',.ヽゞツヾ  彳ゞツイ' リ/
          |/|l',    |    ∧l|:l||         /: : :∧     l      /
         |l|l|l'..    |     ∧l|l|l:i|           /: : : /::∧    |     /::/
.           |l||ll',.   |   ∧l|/ll:|        /: : : : |::::::::::>、 r--‐==、/::/
.          |l|l/l:',   .|   /∧::l||::|      /\: : : :\:::::::::::>ゞ==./ イ
.          ||l::::l|:',  .|   /::::::l|、||l|    /:::::/::\: : : :ゝ-‐===イ :/イ ̄ラニ=-=ニ、
            ||i|il||::',  |  /::::::::|l|l|||   /:::::::::::\: : : \ : : : : : : : :/イ::::/ ___
           |||||||::::',   /:::::::::::|l||l||  /::::::::::::::::::::::ヽ : : : : : : : : : />< ̄
           ||||||:::::::', |/:::::::::::::|l|l|l| /::::::::::::::::::::::::::::ゝ、 : : : :><                  ※ヴィクター化しています



                     |
                  , -===|、 /
                      // ´:::::ヾv'     自分から向かってくるとは…
                     ム八::::::::ノム}
                /ゝ、マ=一,イ     ならばお望み通り串刺しにしてやろう
            r‐―〈///〉≧=〈、__
                ム////ヽ`ヾ、\/\/ヽ
            乂/>''´\  \} rx}/ノ
             Y、    X  八 ノ}
              マ` <ム//≧ュ。,,Y
              }___乂///////≧ュ。,,,   _______________
                {__{二()ニ=-r''´ゝ_{ ̄{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)
             ////////////} ー '  . ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                {///////////,ム
               人//////////, ´>,,_
              /   ヽ///////    へ
          ,イ     ゝ==≦__       ≫、
.          /     ,  ´     `''<  / //ム
         /    ./          `''<//// }
        ,イ弋、 /              ヽ///i!
        ,イ///,/                 {///i!
.    / ///                     i///i!
   ,イ///, '                        }///|
.  /////                     ム//,イ、
  {////                      `''<//,\
  マ/ノ                         `¨¨´

49 名前: ◆FmpMXvspA.:2012/09/15(土) 22:43:57 ID:ThNyX63Q0

やる夫が聖杯戦争のためにとんでもない英霊と契約したようです その36

22 名前: ◆FmpMXvspA.:2012/08/17(金) 19:30:36 ID:E6CaDtj60
来週中に投稿いたします

ちなみにボインなきゃらが少ない理由はなんとなく出選んだからです
正直最初は男だけのむさくるしい戦いにしようかと思ったんですがね…

23 名前:名無しのやる夫だお:2012/08/17(金) 19:37:07 ID:YdxO5qhQ0
わっふるわっふる

>最初はむさい人選だった
oh... あぶなかった


24 名前: ◆FmpMXvspA.:2012/08/25(土) 18:33:37 ID:KRSrUrBI0

~前回までのあらすじ~
          __
         ゙<//`j>- 、
          `ゝ´¨ヽ  ヘ
                 j   |
      ー-―-、、_/>- 、      
       `ー-、_>'、     i
          ,:'  とソfォ /ヽ,     
          i:. ヾー゙イ⌒ヽヽ、_
   _,ニ=‐-―-ニ|:.:i 、__< ヽ、_ .メ、_..:}
  / ゞヽ、_ \、. \、_、:..\_゙ーz, ≧=-、
  ヽ、z-‐=ニチヾ、__._≧リ. `´ \   ヽ、
    >ーf`   `\_  ヘ!.    `<.  \
   ト、>'´      \ー、_>ヽ    `ヽ>r:.、_
              ヾ、  ,イヾi、   r゙,、i_iヘj、
               `ヽ、_  \. ゞ  メ'
                  \  iヽ
                    \_j \
                      \_j
ついに本領を発揮したやらない夫はゼロの攻撃をものともせずに攻撃を放つ
そして徐々に押され始めていくゼロに反撃の手段はあるのか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

25 名前: ◆FmpMXvspA.:2012/08/25(土) 18:33:59 ID:KRSrUrBI0

やる夫が聖杯戦争のためにとんでもない英霊と契約したようです その35

1 名前: ◆FmpMXvspA.:2012/07/29(日) 18:35:01 ID:iZLN1i8s0

                                   ,./
          _          !          _,._ィ/
        '´¬‐、`ヽ       |l        ,. '',~‐ァ゙´`
   i       _┌───┐  l::l  r┐  ./::/:/_         i
    l'、   ,.:':´:::::::::`ヽ 「`ヽ│   l:::l l | /;゙::,'´::::::::::::::`ヽ    ,.'!
   ';::':、 /:::::;‐'"´ ̄`| | _ l_| _ノ::::乂 |_:_::|::::r'"´ ̄`ヽ;:::`, ,、'::/
    ヽ;:::`:::::/  ,. -.. 、| |丿|. / r、 ヽ`┐┌〃´_`ヽ,.. ‐ 、 ゙;::::'´::; '゙
      `ヽ:::{ /'´ ̄ヽ| _  !_{  }:| |;;;゙| |.イ f;;;;i i'´ ̄ヽ }:::/´
       ヽ;'、     | |`; |'゙冫'´, |;;;゙| |`| ┌─┘     /,:'
          `'ー   | |:::l」イ / l |/ | | _i !   _   ‐''´
                __j 〔_:{  じ 「八 `人 `ー'/
            └ァ‐n‐┘フー'^ー{ _cケ´ r iー'n_
┏                                         ┓
┃やる夫が聖杯戦争のためにとんでもない英霊と契約したようです2┃
┗                                         ┛

※注意※
・Fate/stay night及びFate/Zeroの設定とか名前とかを使っていますが雰囲気などはまったく別物です
・内容が酷いことになってますので原作が好きな人にはお勧めできないかも
・英霊はあらゆる世界(マンガ・アニメ・ゲーム)のそれっぽい人で代用します(英雄とはかけ離れたものもいますがそのうち補足しておきます)
・一応登場キャラ設定が一部おかしいところがございます
・サーヴァントのクラスなどの定義もいろいろとおかしいですが気にしないでください
・Fate/stay nightのキャラは一切登場しませんし本編とはまったく関係がありません
・投稿が不定期です ハイペースな時もあればローペースな時もあります 基本書きためしておくことが多いです
・たま~に安価取ることがあるかもしれません
・製作者はにわかです
・速い話が ぼくのかんがえたせいはいせんそう(笑) ですので結構ご都合主義だったりします

~前スレ~
やる夫が聖杯戦争のためにとんでもない英霊と契約したようです
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1324192092/


2 名前: ◆FmpMXvspA.:2012/07/29(日) 18:38:29 ID:iZLN1i8s0

~前回のあらすじ~

    j:::::::::::::::::::::.  /::::::::::::::...
 .-‐::::::::::::::::::::::::::|/:::::::::::::::::::::::|
':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..::::::::::::/ /:|     タハハハッ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::|
_斗、:::::|\::::::::|`、::::::::::::::::::::::::::::::::::/     俺の出番少なくね?
__,-‐ヽ:| ̄\:::ヽ \:::::::::::::::::::::::::= = -
| __,ェ匕  `tュ、__`トー─  ̄
|  フ ヒツ ,,,, トッ } /}
|  ` ─  , ''''  ,'}/      ξ
 u        、 |/─--、
-'.  r───‐ , i    | ヽ.
、 \ ` __//   ,' / l    ζ
_\ .` ...____∠____ |=/  i
/\\ ‐' //////////||  l_
.///\`-__////////'   ||/ .|  ξ
/////| |/////////  /ヽ ./!

アーチャーとキャスターの戦いは相討ちという形で幕を閉じた
そして同時刻やらない夫とゼロの戦いも新たな局面へと移行したのであった
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3 名前: ◆FmpMXvspA.:2012/07/29(日) 18:39:07 ID:iZLN1i8s0
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

3月です。お花見シーズンも、もう目前ですね。
ただそうなると気になるのはやっぱり花粉でしょうか。
今年はそこそこ飛散するみたいですので、花粉症の人は辛い時期でもありますね。
ほかにも、節目となる時期である3月。
勤めている方も学生の方も、色々変化のある時期ですが、たまには変わらないやるぽん!でのんびりしていただければと思います。

感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で6年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結

15/12/24
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 追加

15/12/02
【仮面ライダー】THE BLACK MASK【ブラック】 完結

15/11/29
元勇者と勇者がシルフェイド島を守り抜くようです 追加

15/11/22
ヤル○は15日で世界を救わなければならないようです 完結

15/11/01
やる夫たちがカタストロフィを生き延びるようです 完結

15/10/10
【仮面ライダー】THE BLACK MASK【ブラック】 追加

15/10/02
ヤル○は15日で世界を救わなければならないようです 追加

15/09/16
やる夫が聖杯戦争のためにとんでもない英霊と契約したようです 完結

15/09/14
エイワス ◆ovWgAQvoZA の雑談所作品 追加

15/08/21
fate 今日もどこかで聖杯浪漫 追加

15/07/23
獣達は聖杯戦争を戦い抜くようです 完結

15/06/11
GOD EATER 極東戦線は今日も地獄です 追加

15/06/10
彼らは月の聖杯を求めるようです 完結

15/04/24
やる夫は悪人になりきれないようです 追加

15/04/10
獣達は聖杯戦争を戦い抜くようです 追加

15/04/04
Fate/Bad Liar ~やる夫と大嘘憑きの夜~ 完結

15/03/21
Fate/Bad Liar ~やる夫と大嘘憑きの夜~ 追加

15/03/19
???は聖杯戦争に参加するようです。 完結

15/02/27
Fate/ENCOUNTER キル夫と名の無い少女 追加


FC2カウンター