やる夫が永遠存在になる様です やるぽん!

ビルド第4回 マスターがバイト?と思ったのですが、一気にキナ臭くなってきましたね。 そして鍋島さん、絶対嘘教えてると思ってました、ごめんなさい。。いやだって脅されてたし。。 それにしても東都の幹部は無能揃い?
カテゴリー  [ やる夫が永遠存在になる様です ]

やる夫が永遠存在になる様です Chapter5-15 【 身のうさを 思ひしらでや やみなまし 逢ひみぬ先の つらさなりせば 】

794◆IW1/wWxGAw:2017/02/11(Sat) 13:03:55 ID:a6471749


              _,. -―‐――-、
.          〈 ̄ /        '" ̄}
           Vy'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`Y^ ∧
         ヘ| _ -‐ァr─‐- _ |     '.
          {イ: =く レヘx=ミ:、\    |
.          厶Y r'ハ   r'心Yヘ: :\. |           そう言えば次の投下で確実に1000行きますね。
          | j} Vソ   Vソ ヽ| | ̄ ヘ           でも自動投下だからほっといたら勝手に1000になっちゃいますね。
          |八        | |'、   丶
          /´| l> ,..^_  r< | |: :ヽ   \            もし何時ものやるなら、990位になったら自動投下止めて
           / ノ:八/_マー/_/ Xヘi: : : :\  ∧          次スレ案内とかを入れる形かな?
        /{ /厶(∧ z≠z' /  }i : : : : :∨ }
         { ヘ{{ / { ◇〈  'y  j:j: : |: : : レく        って次スレ用意してなかったや。
          `,八∨   . /∧ /   ノイ: : |\: :|\〉       つくっとかんと。
            |   ∨/ j'/  }∨リ  ヽ!
            レ \{∧/   ∧ヘ、
.      <ヽ__..イ∠二ニ∠二二∧-◇、}\__
      _∧=∨⌒ ̄(__(_,ノ>{=:}─-ヘ、 \  \
     `ーム=::}\    ー   _j=::ト、   ノ\/ ̄ヽノ>
        'ー^ー\ __.∠二人_ノー'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




           _{二ニ`ミ 、
           `7/大大、ヽ ‘.
           ,/j/ {   {`トi i        まぁとにかく明日20時から投下しますので
           __/(  ▽  ||_|__       どうぞよしなに。
          .( } } }i¬__冖| 「 { { )
         `(__,ノ| jHi |厶‘フ
          ( / | {{ }} ⌒'(_




795 :普通のやる夫さん:2017/02/11(Sat) 14:52:02 ID:7b379959

了解

796 :普通のやる夫さん:2017/02/11(Sat) 16:05:40 ID:1247589c

>>1>>1000をとらせるためにがんばります

798 :普通のやる夫さん:2017/02/11(Sat) 20:30:49 ID:5f024557

>>1>>1000を取らすために>>999を取ってあげよう

799 :普通のやる夫さん:2017/02/12(Sun) 15:40:39 ID:65c0e155

既成概念に囚われてちゃいかんのよな

800◆IW1/wWxGAw:2017/02/12(Sun) 19:55:01 ID:5d1a0dff

やる夫が永遠存在になる様です Chapter5-14 【 歎きつつ ひとりぬる夜の 明くる間は いかに久しき ものとかは知る 】

509◆IW1/wWxGAw:2017/01/01(Sun) 21:13:43 ID:4bbf6f29


                          ,.  ' ´ ̄`  、
                          // ̄: /: :ヽ: :ヽ
                             /: /: : /: /:,: : : : : : ハ               / ̄ ̄\
                          /: /: : /j_/: {: {: : : : : ヽ!            /      ヽ
                       /:∠ノj/´j/ ヽト、'Tヽ{: :ヽ\         / お  皆     i
                       /: /{i:i fr切   芯、ヽ\: : 「`        |   め  様     \
                         /: /: /:{    '  `¨^7ト「` ヘ`           !   で.  、       |
                     /: / / :/ヽ ヽ _ァ   ,イ :!'! : : :'.        |   と.  新       !
                       /: :/ :i : レ'___>、  ィ升|: ! |: : : :`、         !   う.  年       |
                   /: : frV /,.┴⊆{ニ⊃  ̄ 〉 | :!: : : : : 、      |   ご  あ      |
                     /: : : :ヾ! |    V  〉'´ ヽ. V /》: : : : 、       !   ざ. け       |
                   ,. ': / ⊆/:!: !    :ト、 /    V 《/: : : : : : 、      |   い  ま       |
                   /: : /: /:〈 :! |    !: :ヽ     ! ハ\: : : : : 、    :!   ま  し      !
               /: ://: /: :∧ ト、!     ∧ : .    | ハ: :ヽ: : : : 、    |    す  て     /
           /: :/: :/: / : /:∧|: :ヽ   / : ヽ: : .   V ∧: : |、 : : : ヽ   \  。      /
       __ /: : :/ : :// : /: :ヽ : : : . /: : : ハ: : .:.   V ,ノ: : |: :ヽ: : : :\   \____/
      /    \:/: //!: : /: : : :!  : : : V: : : /  i: : : .   Y |: : :|: : : :\: : : \       /
   /       \: /  |: /: : : : :|  ∧: : \:/   |: : : i   !: !: : :!: : : : : :\: : : \___//_ /
  /             ヽ  //: /| : : |: :/ ヽ : : :\  |: : : :! 、 V: : : |\: : : : : |\: : : ____/
 /    :抱負:      V/ : i !: : : V   |ヽ: : : : \ !: .:. ヽ \! : : |: : :\ : : |   \\____/
/                   |{: : :| |: : :/    i : iヽ: : : : :ヽ: : : : ヽ  \/: : :∧ \ !     ̄ ̄ ̄ ̄
|       め 今        !ヽ: :ヽ ヽ/    |: : |  : : : : : ヽ: : : : `、   \/ : :\: \
|     ざ 年.       |、 :\ \'    |: : :!  : : : : : ハ : : : : `、   \: : : \: :\_____ノ
|     し 中        !: \ :\!     :: : :   ヽ: : i: : }: : : : : : 、    \: : | \___/
|     て の      | : : : \!    !: : :i    }: /! ∧: : : : : : : 、    ヽ !
|     頑 完       |\__ i    |: : :||    j/ j/  `、: : : : : : :、    \
|     張 結       ト、:___j    |: : :|:!    i       `、: : : : : : :.     \
      り  を.      |    |    |: : :| |    |       ヽ: : : : : : :.      ヽ
 ヽ     ま           |     |    : : : ! |    |  :      、: : : : : : :.      `、
  \  す       /     |    !: : :! !     |  '.       、: : : : : : :.         `、
    \        /     |    | : : |  '.    |   .        '.: : : : : : :.        、
     \___/       !    !: : : !  ヽ   !   '.         i!、: : : : : :.           、
                  |    |: : : |、     |   .        !ヘ: : : : : : :.           、
                  |    |: : : !∧      !   '.       |∧: : : : : : :.           、


510◆IW1/wWxGAw:2017/01/01(Sun) 21:15:27 ID:4bbf6f29

やる夫が永遠存在になる様です Chapter5-13 【 ほのかにも 見しは夢かと たどられて さめぬ思ひや うつつなるらん 】 後編

131◆IW1/wWxGAw:2016/11/19(Sat) 19:30:05 ID:45e05fa0


      ┃┃                              //⌒\:.:\
      ┃┃                         /"´     ヘ:.:.:}
      ┃┃                                 }:.:i
      ┃┃                  ___         __   ノノ
      ┃┃                     `二ニ=、`Y⌒r<:´.:.|:.:`ミ":.、
___┃┃ _____   ___ ,,ィ彡:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./´:.:.:.ヽ:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:\
   ― ┃┃―_―――――――_ -‐≦_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.l:.:.!:.:.:.:.:.ヽ:.:.l:.:.ヽ   /⌒\
      ┃┃                    /:.: :.:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽl:.:.:.:'.  /    }
      ┃┃                /:.:. . .:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/;:.:.:.:./i:. . . . .ハ:.:.:.:.i l    l
      ┃┃                  /:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:./ .!::.:.:.ハ/:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.:| |    l
      ┃┃               //!:.:.:.:./:.>|、;_:.://  |:.:.:.レ'´V:.:.:.:.:.:.:i:|:.:| |  _从_,,ィ ,/       c c
      ┃┃             /´  .|:.:.:/:.:.:.:.:.|:.:.x≧、  |:./   ハ∧:.:.:.:|:i:.:| |.゙ ̄ ̄ ̄"''=:、て_,,    c
      ┃┃                    |:.:,':.:.:.:.:.:.:i:マテ示ミ、 リ' ,,ィz≦|:.:V:.:|:|ヾ〉_|    ト、.   ヾ〈´____  、 ノ 、
      ┃┃                ィ≦|:.:{乂:.:.:.:.|八{ト_jさ.   '"  ・ノリ:.:V:|:|:/ 、/   )    | ( ̄ ̄      ,× ≦) ヽ
      ┃┃        ,  -‐=ニ三ニ{{:.|rx,-、,‐、 .〉ゞ‐′、'_,r‐、// ̄`ー´  /   ' `ヽ ,ノ:( ̄      (^(人__).u/^)
      ┃┃      〃:.:.:.:.:, -―=ニ三ゝY、_,、_r!ヘi|||}}ハ } /:.:./   __   人_ノ  ='''"⌒\      __;〈_`-'  _/
      ┃┃     /{{:.:.:.:.:〃:.:.:;..-‐=ニ:/(二二二二}}||}}ノ/:.:.:/乂ノ///ヽ_、  (_,,  }.        -=二_ /  ノ
      ┃┃    ,/:.:.ヾ:.:.:.{{:(  /:.:.:.(   てノノヽユ:/ /:.:人(   ///      `ーへ、_ノ              く -=′
      ┃┃    ,':.:.:.:.:.:.)/ヽ)/:.:.:/:.:.:.:≧/ ̄`ヽ、|||/ (:.:.:./  )  ///___, ノノ )
    _┃┃_ ―|:.:.:.:.i.::{{  ,:':.:.:.:.:./:.:.:.:へ/   /ノミ|/≦)/ __ | | |\   / /
___┃┃___|:.:.:.:.i:.:.i /:.:.:.:.:.:{:.:.:.:ノ .乂_//-||i´  `>   ゝ\.\ ヽ- ´/
 ̄ ̄ ̄┃┃ ̄ ̄人:.:.:.i:.:.|/:.:.:.:.:.:.:.{{<__彡'´∠ ハ_/     / \ ヽニニ./
      ┃┃     \:i:.:.|:i:.:.:.:.:.:.:.:ヾ;.;.;.:.〈,、、/./ /-、 `ヽ.   /.   \_/
      ┃┃      ヽ:.|:V´ ̄ ̄〕!|_!|二ミ/.  / / `ヽ、∧ /三ニニ=‐-- 、
      ┃┃       `|:.|    〔!|_!|  /´⌒⌒ /    ハ_V:.:.:.:.:.:.:.三二ニ=、\
      ┃┃        ヘ;|  、_ }|_!| / /   /  l  } |:.:.:.:.:.:.:.:ミ:.:.:.、     ):.)
━━━╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ┃┃                        やる夫が永遠存在になる様です
      ┃┃                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ┃┃                        Chapter5-13 【 ほのかにも 見しは夢かと たどられて 】
      ┃┃                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



132◆IW1/wWxGAw:2016/11/19(Sat) 19:30:25 ID:45e05fa0

やる夫が永遠存在になる様です Chapter5-13 【 ほのかにも 見しは夢かと たどられて さめぬ思ひや うつつなるらん 】 前編

980◆IW1/wWxGAw:2016/11/16(水) 19:35:22 ID:xtIEatc.0


        板移転について色々参考になる情報ありがとうございました。
        で、色々考えた結果ですが……
        yaruyomi様の運営される「 普通のやる夫板 」へ移転する事に決めました。

        決定に至った点としてはやはり自動投下と言う余りにも大きいメリットです。
        300-400レスとかやらかす>1にとって4-5時間PCの前に張り付き、
        エラーがあったら逐一確認は正直手間が掛かりすぎていました。
        読者の皆様も「 普通のやる夫板 」をお勧めされる方が多かったですし、素直に従おうと思います。

        シェルターの一コマの中で色を変えられるのは面白い&表現の幅が増えそう……とも思いましたが、
        基本的に安価スレっぽいし、私の色には合わなさそう。
      
        ではその「 今までの私 」を踏襲するなら、無難で安心のヒロイン板でしたが、
        やはり自動投下の誘惑には適わなかったよ……

        と言う訳で移転先の案内はこちらになります。
        ○板名  「 普通のやる夫板 」
        ○スレ名 「 【アセリア】やる夫が永遠存在になる様です-スレッドNo.45(移転) 」
        ○URL  ttp://bbs.yaruyomi.com/test/read.cgi/ban/1479291325/

                                         「 ! / 〉
                                          j し' //ノ
                  , -‐  ̄ ̄ ̄`ヽ、               r--く     ∠ _
             /          ヽ、              /{ ハ    ,. -- '
               /   「移転先決定」   ',            /  }: : } } /
            /              ',          /    |: : : ヘ
             i  /          丶  ',       ./    l: : : : !
             | /              ` i       /'    l: : : : : }
              レ               !、  ../      |: : : : :イ
           /                 ', /        |: : : :/
           /                     ヽ./       !: :/      やる夫板II様、長きにわたりお世話になりました。
         /         /           ',        |: :/         既に管理人様は不在のようですが、
         /        /              .i          .l/       深く感謝の意を。
       /       /                  |       ./
      /                            |      /          それと先日お話した>1の去年について
    /\                     /|     /             埋めついでにつらつらと。
   .,ヘ:::::::::\                      /:::::!     /
  /:/\:::::::::\__                /:::/ |    /
  从//::へ:::::::::::::::` --            /:::/ /   /


981◆IW1/wWxGAw:2016/11/16(水) 19:40:20 ID:xtIEatc.0

やる夫が永遠存在になる様です Chapter5-12 【 夜をこめて、鳥の空音は、謀るとも よに逢坂の、関は許さじ 】 後編

591◆IW1/wWxGAw:2015/10/02(金) 20:51:03 ID:yk3/A9.Q0



────── ━━━━━━━━━━「 これは本文じゃ無いよ、線 」━━━━━━━━━━━━━━━━>


                  ___
           rー´─┐ \
             厶.-‐┬ヘ.  ヽ
          / /{: /厶: :\
            | ィぇ/ tJハ: :「
.         │|ヒリ  ー'' | |、   !     再開しまっす。
            |人 (ヽ  ,| |:',  │
          |`i: :ォ匕.| |∧  人     こっから後半。
          |: |: :|》l | ト、├´:::::〉
          Vj∠ヒヒ|人 }レvイ
                    ⌒´


────── ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━>


592◆IW1/wWxGAw:2015/10/02(金) 20:51:27 ID:yk3/A9.Q0


                                                 /≧
                                               ///7
                                                ////V
                                            //////V
                                            /.//////V
                        ∧ハ                /////////V
                        |//ハ              ///////////V
                        |//ハ ,_  ∧ハ ,_/////////////V
                        |///7 ヽ;;ヽ  \ハ<.//////////////∧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                        ・
                        ・ 「 ………… 」
                        ・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               //////////////∧7//////////////////////////////////ハ
             //////////////V   V/////////////////////////////////
                 V/⌒Vハ//// ̄     ∧//////////////////////////////7
                     ∧7      ∧/////////////////////////////.V
                     ∧/      ∧//////////////////////////////∧
                      ̄       /////////////////////////.┏─────────────────┓
                          |//////////////////XXXXX.l│.   j八ドヘ イ             | }V:i:i:/.:.:.:.│
                          丿///VVV////////////////V:::│      } l `   _     U  | }:.V仏ィ'ア│
                      /////7   ∧////////////XXX l│      } 人  ´  ┌‐‐…::v Ⅸ乂/ | │
                     ////////〉  .∧/////////////// l│       ,:〃 个 .   |ニニニ;  厂\マ_ | │
                    ノ///////V     ∧///////////////.│     ,// l  | __,..≧=Vニニニ} 仁i⌒l)トV│
                                           |    //__」i斗ニニ{ ,仁ニニ7 √.:.:.:.:\ :. |
                                           |   〃くニニニニ≧7ニニニ/  ;ヘ :.::.:.:.:.:}; |
                                           |   {{  Ⅵニニニニ{ニニ∠, くL,}_:.:_/'.:::|
                                           |   ハ  \_ニニニニア‐-==≧-‐=ニ  ̄`|
                                           ┗─────────────────┛

593◆IW1/wWxGAw:2015/10/02(金) 20:51:37 ID:yk3/A9.Q0

やる夫が永遠存在になる様です Chapter5-12 【 夜をこめて、鳥の空音は、謀るとも よに逢坂の、関は許さじ 】 前編

316◆IW1/wWxGAw:2015/09/19(土) 22:13:52 ID:dLl/F/uQ0


        /    ゝ‐ァ,  /‐/==.∧ `丶! l ,ィ
        /       |// /∨__ |/ ∨   ´ノ、
       ,'  ;:    |イ, '|  ' イハ   レレ'‐/l:::!
       l /    .,|   |  ゝ !り   , -、./:::!、!
       | /    /:|   |       イリ∧:::!
        j/     /、.|   |.u      ' 〈V::/      皆様、お久しぶりです。
      /     /:::〉!   !      ^  //       長らく連絡途絶えて申し訳ありませんでした。
.      /     // |   |       ノ:::|
     l/    ,__'⌒y |   |丶__ _ ァ'i´:::: :|          真面目な話、先月半ばにちょいと病気しまして
.    ,イ   ,イ‐、 ヽ  !   !/、:/::::/:/ |:::::::::|         一週間ほど入院してますた。
   /   ./へァ. \ 〉.|   |`ーl::::/:/ |:::::::::|
.  /   ,イニニ-ヽ  | |   |ィ:l´`♀ ノ.!:::::::::!          今はもう復帰しとります、わたくしめはけんこうです、多分。
  /   /     |  | |   トl::!. ∨ヘ、|:::::::::|


317 :名無しのやる夫だお:2015/09/19(土) 22:18:14 ID:oAnxVd7s0

>>1お帰り!!
無理はダメだよ……うん


318◆IW1/wWxGAw:2015/09/19(土) 22:57:35 ID:dLl/F/uQ0


              /  、 .    / ̄ ̄ /   >    ヽ  \
                i  / × /⌒) + /   /⌒)  +`  ┐
                |   i  %    ∠ノ  /⌒Y   /  |
                |   |   +(/   /  ×   /) x. |
               | . .-‐…: 7: ̄「: /i: :r‐-. .∠_    |    |
            /_,ノ: ´:.:斗:‐ : / 、/^}:,ハ:.:|__:_: : : : : `: . .__|    |
             '⌒Y.:.: : :.i |:|.:/ /|: /  /  Ⅵハ: :|`}: :.i: : : : :.    |
            | |:! : |:i:|ハ{/j/' j/          Ⅵハ:.:|: : : : : \   .    まぁそんな>1の状況はさておき、
            从: :|从 x=≠ミ       ____  Ⅵ:|: :.「 ̄⌒ヽ     投下に関しては来週には何とかします。
           ,   iⅥ: :.            ^⌒ヾ  从ハ{     |
.          /    :| : : :.u        '           i : : |      |    8月時点で8割方出来てたんですけどね、
         /   /: |.: :.: :.                U  八: :|      |    件より暫く静養専念……と言うか
.        /   /:.: :|: : :.人    V  ¬     イ:| : : |      |    思いっきりだらけてたと言うべきか……
       /   /.:.: :.:|: : : :|个    ー-一'    イ:.:|:.| : : |      〉    いやほんとすいませんでした。
.      /   /: : : : :|: : : :| | 、i>        ≦}.: : : :.:| : : |    ∨
       ′   厶-‐…l|: : : :| ヽ  ー -==-一' /\: : :| : : |     丶
        __/⌒ヽ   |: : : :|   \      /i  | ` | : : |
     i   /  \  \ |: : : :|    ト  __ /  ,  ,   | : : |      |
     |  ,    丶.  |: : : :|    \      /  /    | : : |       |


319 :名無しのやる夫だお:2015/09/19(土) 22:58:15 ID:VqkLyEDE0

多分ってのが不安だけど治ったのならよかった
最近は天気が安定しなくて体調崩しやすいからより一層健康に気をつけてくれー

320 :名無しのやる夫だお:2015/09/20(日) 01:42:34 ID:cwrZ.AMI0

投下よりまず体調と問えてくれたらえんやで

321 :名無しのやる夫だお:2015/09/20(日) 17:12:28 ID:Qe2y7XSQ0

健康大事
こっちよりご自愛ください

322 :名無しのやる夫だお:2015/09/20(日) 17:41:34 ID:OnT961LM0

ここで聞く話だけでも仕事とか大変そうだったし
体調崩してることもあるかもと思ってました
じっくり静養する時間がとれたのならいいことですわ

323 :名無しのやる夫だお:2015/09/20(日) 22:05:40 ID:pd2ehUOw0

よかよか、とにかく無事に帰ってきたことが喜ばしい
無理せず残りを仕上げていきましょ

324 :名無しのやる夫だお:2015/09/24(木) 07:25:19 ID:Crsu95Vc0

いや健康第一ですな

325 :名無しのやる夫だお:2015/09/24(木) 12:13:57 ID:7RJOd6uU0

本当に入院してたのかよ!無事で良かった

326◆IW1/wWxGAw:2015/09/27(日) 07:50:32 ID:xzmIo0TA0

やる夫が永遠存在になる様です Chapter5-11 【 あはれとも、いふべき人は、思ほえで 身のいたづらに、なりぬべきかな 】

929◆IW1/wWxGAw:2015/06/06(土) 20:12:07 ID:UfZFECcE0


        /  /    ,,‐=ニニニ=‐=ミ   ヽ
.       /   ,,  7   (/   У     ヽ  ‘,
       ′   i  /    /    /⌒   /!  ‘,
            |_,Уi  / _ ∠. : ―‐ <___|
     i    |  >≠7: /}:|  }:ト、: ハ:ト、{:ハ: :ヽ、__
     |     レ: : /}ハ{:/八{  jノ j/x≠ミ、 }ノ:.i<⌒
     | ⌒7: : :/}xfチ斧x     "fじ::j::}㍉: :从{  :       ただいま帰宅。
     |   ノイ{ハ〃{::f::じ}       弋う:ソ  i :|    |       どうもお待たせしてます。
     |    j从 :{{ 弋う:ソ       ー  |: |    |
     |     i.: :.  ‐ ´   ,         ,| :|    |       とりあえず明日何も予定が入らなければ
     |     |: : :                人 |    |       21時から投下出来ると思います。
     |     |: : :.ヽ      ^     //: 八
     |     |{: : :、 ≧     __  イ }:i: :,′ ヽ   :       あぁ新スレも用意しないとね。
     |i     八: : :.ヽ ::\ー―‐ ´ / !:.:i     ト、
.     八     \ : :\::::\    /::::|: :|       | :.
    /  ヽ      \: :.:\::::\ /:::::i|: :|       i
.   /            \: : \:::::/\::::::|: :|       |


931 :名無しのやる夫だお:2015/06/06(土) 22:03:34 ID:ujXgUJ8k0

楽しみだァ…

932 :名無しのやる夫だお:2015/06/07(日) 16:28:28 ID:WlIhuwjI0

待ってましたー!

933 :名無しのやる夫だお:2015/06/07(日) 17:32:58 ID:pH0KNJjU0

ガタッ

934◆IW1/wWxGAw:2015/06/07(日) 17:36:45 ID:EnVrhU0Q0

やる夫が永遠存在になる様です Chapter5-10 【 ただ人は、情けあれ、夢の夢の夢の 昨日は今日の古、今日は明日の昔 】

636◆IW1/wWxGAw:2015/04/20(月) 19:58:32 ID:3c5CRdrE0


        /, ̄ ̄ ̄ ̄⌒ヽ,
     _{,{二二二二}   i
     `7 , /|/\|、  ヽ  |     この時間に自宅に帰れる幸せ。
       'イ/ T   Tヽ八}  |
       /(i ┃   ┃ .| |),  、     ソロモンよ、私は帰ってきたぞ!
      ' {   Tフ  | |ハ  ヽ
      {   `iTフTTフ¨| |、_,}   \



              _,. -―‐――-、
.          〈 ̄ /        '" ̄}
           Vy'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`Y^ ∧
         ヘ| _ -‐ァr─‐- _ |     '.
          {イ: =く レヘx=ミ:、\    |
.          厶Y r'ハ   r'心Yヘ: :\. |
          | j} Vソ   Vソ ヽ| | ̄ ヘ         それにしても五周年……月日の経つのは早い、
          |八      u. | |'、   丶          早過ぎるですよ、ホントに。
          /´| l> ,..^_  r< | |: :ヽ   \
           / ノ:八/_マー/_/ Xヘi: : : :\  ∧      思えば会社の経費で資格とってからが
        /{ /厶(∧ z≠z' /  }i : : : : :∨ }      地獄のはじまりでしたね。
         { ヘ{{ / { ◇〈  'y  j:j: : |: : : レく      ぶっちゃけアレ、スルーしてれば異動も無かった筈だし、
          `,八∨   . /∧ /   ノイ: : |\: :|\〉      あれこれ抱えなくてすんだ筈。
            |   ∨/ j'/  }∨リ  ヽ!
            レ \{∧/   ∧ヘ、          これはアレだな、こうめいの罠に違いない。
.      <ヽ__..イ∠二ニ∠二二∧-◇、}\__
      _∧=∨⌒ ̄(__(_,ノ>{=:}─-ヘ、 \  \
     `ーム=::}\    ー   _j=::ト、   ノ\/ ̄ヽノ>
        'ー^ー\ __.∠二人_ノー'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



            _{二ニ`ミ 、
            `7/大大、ヽ ‘.      まぁそれはさておき、こうも間をおいてしまったのに
              /j/ {   {`トi i        まだ見てくれている読者の方々へ深い感謝を。
            __/(  ▽  ||_|__
         ( } } }i¬__冖| 「 { { )    それと多分今度の土日あたりで次話投下出来そうです。
            `(__,ノ| jHi |厶‘フ      また金曜に連絡します。
          ( /, | {{ }} ⌒'(_


637 :名無しのやる夫だお:2015/04/20(月) 20:00:54 ID:n5Mh7ex60

5周年おめでとうございます
そして……よっしゃあああああきたあああ!!!!!


638 :名無しのやる夫だお:2015/04/20(月) 20:05:29 ID:5h9FVnuk0

待ってたぜええええええええ
無理せずがんばってねー


639 :名無しのやる夫だお:2015/04/20(月) 22:16:16 ID:Xcz2SqsM0

乙です

640 :名無しのやる夫だお:2015/04/20(月) 23:26:26 ID:H3XkPN6.0

会社の教育費とはね、会社のために働ける人間を作るためのものなんだよ・・・
経費で出るよって言われてほいほい宅建取ったらもうね・・・

644 :名無しのやる夫だお:2015/04/21(火) 23:32:12 ID:W3Qij9YI0

5年の付き合いになるのか……おめでとうございます、そしてお疲れ様ですwww

645◆IW1/wWxGAw:2015/04/24(金) 22:07:58 ID:M45MIGlU0

やる夫が永遠存在になる様です Chapter5-9 【 蓮葉の、にごりに染まぬ、心もて なにかは露を、玉とあざむく 】 後編

442◆IW1/wWxGAw:2015/01/02(金) 22:48:12 ID:SwP/so3c0


       ・     .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;., ;,::;                      ┏━━─────────────────━━┓
   ;:;;: , .,.,                 .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *:,; ;.,;,::;;.      《 エクの月-青五つの日 (07/21) - 21:14 》
;:;;: , .,., .,. ;:;:   :. :.  .: :  -‐-  :. .:.::. .:.: :. .:.:  ,.:;,;,:,★:,; ;.,;,:: .,.  :...┗━━─────────────────━━┛
    ;:;;: , .,., *., . : ,r'´.     `ヽ: .. : :. .:.::. .:. . . ;:;: ,.:  ;,;
        +  .: ..: :' ..:.      ゙; ::: :. :. .:.:. .::;:;;: , .,., .,. ;: ;  ,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
          : :. ::..       .: :. .:.::.  :. . :. ;:;;: , .,., .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *
;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,..: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :...  :. :. . :.::,; +;.,;,:: .,... .. ;:
    ;:;;: , .,., *.,::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... .   .:::    . ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;* ,::;;,... .. ;:
           :: . ::. ::::.   ::..   ::..   ;:;;:.゙|`''‐-―'´|
  ;:;;: , .,.,                        |:::: :.. . .:.. |
                          ゙;:.   |`''‐-―'´
                           ,i'^'i,,
          +                  ,il: :: li.      °. 。
                            。.  ,il: :: :: l::                    +
         '    ‘              ,il: :: :: :: :li,
                           ,il: : :: :: :: ::li,
                        il: : : :: :: :: :::l!.    γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                           〈〉-〈〉‐〈〉-〈〉    | 昨日の会議に不在だった者も居る為、  |
                        ::{il=li=li=li=li=il     | 本件については解説を交えつつ──   |
。          +.        |>    i :i: : i:: :: :: i:::.    乂_________________ノ
            '    ‘...  i|i}     i :i: : i:: []:: i::
                     il}     i :i: : i:: :: :: i::
   |>              {i|i}     i :i/i ̄ ̄iヘi     |>.    |>..゙┏─────────────<資材倉庫>
   ,i|i,___l'^'l_l'^'l_l'^'l_十li_il十_,―-:i/i: : i:: :: ::.i:::i__l'^'l_il     ,i|i,'ー.゙|木木木木木木木≪裏庭≫木木木木木┏┓
  ,i: : i, : : : : lニニllニニl: lニニl: : : : : : : : :ヘ: : :i :i: : i:: :: ::.i:::i: : : :.lニニl\.   ,i: : :i,. │┌┬──┬─┬─┐木木木木木木木┗┛
  ,i: : : :i,: :.il゙li lv,∧,vl : :il゙li : : : :il゙li : : : :ヘ: :i :i: : i:: :: ::.i:::i: : : : :il゙li : : \ ,i: : : :i,...│├┘    └─┘  |木木┌────┐|
 ,i: : : : :.i, :il_li i,/: :ヘ.,l∩il_li: ∩: il_li : ∩ :ヘ i :i: : i:: :: ::.i:::i: : : : :il_li: : : : :`,i: : : :.゙<ラボ>   <玉座> └──┘<居住区>|
 {i,i_i,_i_i,i}_,lニl:く_i,i_i,i_>:_::lニl_:_:_:_:lニl_:_:_:_:_:_ヘi :i: : i:: :: ::.i:::i_:_:_:_:.lニl_:_:_:_:_:{i,i_i,_i_i,i}.│└─┐            ┏┓            |
 ヘ,、v,、/    |   :|             i :i: : i:: :: ::.i:::i          ヘ,、v,、/. │木木|【ラキオス城】  ┗┛─┐☆<執務塔>
  il:::.. li ∩∩.|,-‐-,|.∩  ∩∩  ∩∩  i :i: : i:: :: ::.i:::i ∩∩  ∩∩il:::.. li...|木木|         ≪中庭≫ ├┼─┘  |
  ilロ, ロli  ̄ ̄ |l.∩.l|. ̄   ̄ ̄   ̄ ̄  i :i/i ̄ ̄iヘi  ̄ ̄   ̄ ̄ilロ, ロli...|木木└─┐    ┌─┘修繕中┘      |
  il=ニ=li ∩∩ |ii,ii,ii,| ∩  ∩∩  ∩∩  i/i/i ̄ ̄iヘi ∩∩  ∩∩il=ニ=li. |木木    └──┘        <詰所>  |
└――ラキオス領 首都ラキオス ラキオス城――┐                   ┗────<正門>─────────┛

443◆IW1/wWxGAw:2015/01/02(金) 22:48:49 ID:SwP/so3c0

やる夫が永遠存在になる様です Chapter5-9 【 蓮葉の、にごりに染まぬ、心もて なにかは露を、玉とあざむく 】 前編

246◆IW1/wWxGAw:2014/12/31(水) 22:39:01 ID:SajTVxAA0



.           r=ニニニ ヽ、
        /_____}  ヽ
.          /:ル' ヽト、{、ヽ  }      繁忙期だし、残業80時間(超えると協定違反なので来月にごにょごにょ)も
        {/ {:}   {:} ト、{、 {      致し方ない、よくあることだ、まぁ目くじら立てる事でもない。
          八  -   |:||/ ,
        'l: :|`T:7ァス´:|:||__:,       会社のお金で資格を取った事になるから、一次的な応援ヘルプも仕方無い。
.         | ヽ{、:{/{v} iヾl}___}     ヘルプ先の通勤時間が40分から1時間20分になったのも致し方なかろう。
         `⌒/{‐{/‐ェ}ミ\
          ̄`^´ `⌒´



        ,'  .|/ / / / / / / / / ' |   i、
          ′ | ./ / / / / / / / / |  .ハ
.      /   ,}, -‐=7ア: :フT : : ア  ̄ |マ : :T 、 ‐- 、}   i
       ′ ノ : : : : : i|〃: /_.'」:_:_:/ |:::::::::| |ヽi_」_ヽ : : |: :\  |
      ー‐=<:〃 i| : : 斗ヒ/{/ }: :/ `|:::::::::| レ'}iノ⌒}ヽ: i: :.i: :>=‐-
        |  | |: :i| : : ハ,.x=≠=ミ、 八::: : }ノ,x≠=ミ、ハ : :ii: |.  i
        |  | |: :i|: : :i 〃 r.::::ハ ヽ:::::::::: : 〃r..:::ハ ヽ }: :八{.  |
       !   {ハ八: :i|人{ 弋Zソ::::::::::::::::::::: : 弋Zソ 人i,イ    |     だが、教育担当した新人君が三日でいなくなり
     /|     ∧八     ¨´::::::::::::::::::::::::::::::::`¨   イ: i|     ハ     何故か私が怒られて、従来6人で回す所が4人になり
      / .|    ハ|i :| ""       ′      "" ,: : i|)  / i     本来今日から休みだった筈なのに、出勤になったのは
    ′ |     .' /:| 小                 ′ i| |     |     納得がいきません。
    ,′ .|    .:_,イ|i :|∧    `ー‐-―--一'    .小 : i| |     |
    ,′ .|  /./  |i :||l :ヽ         一      イ  | : i|个:、  |
   ,    .l/ /、 .|i :||l : : {>            イ: :|  .| : i| | ∧  |
  ,′  /  / ヽ\|i :||l : :∧   `  ‐r‐ ´  ハ: :|  .| : iレ|   , .|
  i   ./  /  .\|i :||l : : : :\   ` ̄´  ,ノ : : :|  .| : iレ|   i .|


247◆IW1/wWxGAw:2014/12/31(水) 22:45:25 ID:SajTVxAA0
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

<魔剣物語シリーズを楽しみにしている皆様へ>
一時的なものと思いますが、週末の投下量が増えており、1日でまとめるのがかなりきつくなっております。
申し訳ありませんが更新量を調節し、1週間分を1週間で消化するというスタンスに変更させていただきたいと思います。
ご了承くださいませ。。<(_ _)>

追記
予想以上に投下が多く、1週間スパンでは追いつけないかも……
出来る範囲でですが頑張りますのでノンビリ待っていただけると幸いです。
<(_ _)>


一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



FC2カウンター