やる夫はベルトを手に入れたようです 埋めネタ やるぽん!

ゼロワン第10回 まずハリウッドの演技自体が日本の芝居には合わなさそう…… そしてシンギュラった暗殺ちゃんなら大和田さんのお眼鏡に叶うんですね! そして満を持して登場したザイア社長ですが、いきなり小物臭が……

やる夫はベルトを手に入れたようです 埋めネタ

185 :qehOIfwhek ◆SFpm79FAaU :13/06/18 20:02:07 ID:YE5Q1ipC


    /^! ル ':.ーァ__
   { ソ 7/,、´`_v、く     >>1にはメガテンやその他の溜まったゲームを
   ,' ,' ´! __  __ !;「     攻略するという使命が有るため、
   ,' ,{  'i    iノ     とりあえずこのスレは一旦閉じさせて貰います
   L_ 「 ーヾ'^ァ‐'、     
.     L__/::ヽ {>:.:.i      ジミー完結編とか、コッソリ構想している咲夜さん19歳が
      ,'::::::::', ',:ァ'     ヒロインの過去話などを投下したくなったら、
     ノ:::::::::::ー'、      また新しくスレを立てるつもりなのでよろしくお願いします
     ヽ--==/
      i::::::::::::::i       では、スレの残りを埋めるため、埋めネタを投下しまーす


186 :qehOIfwhek ◆SFpm79FAaU :13/06/18 20:02:50 ID:YE5Q1ipC

【埋めネタ1】

■ワストという怪人を思いついた経緯


仮面ライダーに出る怪人はお約束的に、
やられたら派手に爆発します(一部は例外が有りますが…)



                               ヽ`
                              ´
                               ´.
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙

187 :qehOIfwhek ◆SFpm79FAaU :13/06/18 20:03:40 ID:YE5Q1ipC


               |\
       ___z───┘ ∨|__
   ∧  __〉  __,,   u      /
  (__,) \   ゝ゛| ̄ ̄ ̄∨ヽ、゛>
      <   ミ ,-==ゝ  r=‐、| ,>      自作のライダー物に出す怪人も
      < u |          lゝ       その例に合わせて爆発させたい!?
.      <   | 三≡=   =≡{ 
       {⌒ヽ | ""    、 "" |      …だが爆発させる理由はどうするか?
       `‐-、.`         {
         ヽ、 u   ,‐‐-‐、/
        ___>、 └-‐<____
       ,ィ´: : :/ \,_,/  \: : :`ヽ、
     /: : ::/          \: : : :\
.   /: : :: : :i             i: : : : .:\
.  /: : :: : :/|             |゛\: : : :.:\
. 〈: : : : : :〈  |             |   〉: : : : ::〉

188 :qehOIfwhek ◆SFpm79FAaU :13/06/18 20:04:23 ID:YE5Q1ipC


そうだ、怪人がエネルギーの塊とかって設定にしたら、
やられた時に体内のエネルギーが暴走して
爆発するって言い訳が出来るぞ!!



             ο   O     / 。    
            ヽ。 O     /      ο
         ο   ヽ  。  //  O_,  。  
               iヽ:''"゙゙'':.,/         
      -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐  
         。  'O   :、,. ..,::'、‐-   。    
          O   //`v:: 、j  。 O_,    
             //。  |   ヽ        
            /    ο    O       
          /                  
                              
                              
                              

189 :qehOIfwhek ◆SFpm79FAaU :13/06/18 20:05:02 ID:YE5Q1ipC


あ、この怪人の正体はエネルギーの塊という設定にするなら、
今世間で騒がれているエネルギー問題と結びつけられるんじゃ…


             | ̄ ̄ ̄|    | ̄ ̄ ̄|
             | 三三 |    | 三三 |
          | ̄ ̄ ̄ ̄|三三 |    | 三三| ̄ ̄ ̄ ̄|
       | ̄ ̄ ̄ ̄| |三三 |    | 三三| | ̄ ̄ ̄ ̄|  l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l_
       |三三三三| |三 | ̄ ̄ ̄ ̄| 三| |三三三三|  |.|「「「「「「「「「「「「| |(.~\
       |∥∥∥∥| |三 |≫≫≪≪| 三| |∥∥∥∥|  |.|「「「「「「「「「「「「| | \(~\
       |∥∥∥∥| |三 | _  _ | 三| |∥∥∥∥|  |.|二二二二二二| |   .\(~\
       |∥∥∥∥| |三 ||l0l|  |l0l|| 三| |∥∥∥∥|  |.|llllllllllllllllllllllllllllllll| |___|___|___
       |三三三三| |三 ||l0l|  |l0l|| 三| |三三三三|  |.|============| ||┌───┐ … ||  _____
       | ○。    | |   ||l0l|  |l0l||   | |    。○ |  |.|llllllllllllllllllllllllllllllll| ||│      | 目 ||  || ̄ ̄ ̄|| |
       | LLLLLL | |   ||l0l|  |l0l||   | | LLLLLL |二))| ===========| |||      | 目 ||  ||___|| |
     ∧_∧ ___                                  |└───┘ Φ |□□||目∞◎|| |
    ( ´∀`)//  /                                | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| /∴¨θ∞ヽ/ ̄.|
    ./ ̄(つ__//__/                                   |:     ⊂⊃ :| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:   |
    | __ ̄{ニ=====|                                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    .ゝ_| ̄| ̄ ̄ ̄|
(((ニニ || | ̄| ̄ ̄ ̄|

190 :qehOIfwhek ◆SFpm79FAaU :13/06/18 20:06:02 ID:YE5Q1ipC


      、-'`、'`'`´/
    <´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、
   /:.:.:.:,-‐,"゙"´',:.ζ    …とまあこんな感じでワストの設定が産まれ、
   フ:.:.:.:.〉 ,!,、  ,`i,'     ベルトでの協会の目的などの
    ',:.:.:.,'   .', ,,' .l     ストーリラインへと結びつくことになりました…
    ',:.:.l||||-。、  _,。l
     )_:l||||lll!! 、 !!l      自分で言うのも何ですが安直な発想ですよねー
     { `,     ' .l         _ ,'i',
     `┐   _  , '        .,','_'i'! i
       `フ-´、' ',、__        ! , ' ,'´
      ,-'´`、,'´','`、i .`、      ,' , ´
     .,'  ,   '   , `、   , ' .,'
    ,' _  ',      ',  .,>、, '  ,.'
    .i‐'´_`、.',      ', .,'   , '
    .l "`` 、'_  .,',___ .i i.,.' 、, '
    .!___    `-'  r' .l`'
      i"""''‐‐, .∑ ,l
      .l     ','"  .l
      .l        .l
      .j        .',
      .〈         〉

191 :qehOIfwhek ◆SFpm79FAaU :13/06/18 20:07:02 ID:YE5Q1ipC

【埋めネタ2】

■ワストの階級について

            ___、
       __´>:.:.:.:.:.:.:.`ー-、!ヽ,イ
        >:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:' ̄ア
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,;.、:._,、:;:.:.:.:.:.:.:.:\
     ^ア:.:.:.:.:.:.:.:.:.l"^´  l    `^ヘ:.:l:.:.:、>
     ∠_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',    l      l:.!:.:.:.ヽ    前にも話したかもしれませんがこのスレは元々、
     ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:! , - 、        Ⅵ/:l/    私がライダー物の小説を書きたいと思って
      ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l    `丶    / !ハj     色々と考えていた設定を基に作成しました
       ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!      `    !
        ヽγ. ヽ_」  狂三ヨ    ォヨ        それを色々有ってやる夫スレにしようと決めたのですが、
        l ヽ "           l  .l        その際にAAで表現するは難しいと判断して
        ゝ、`                l        没にした設定がいくつがあります
            ヽ>、     , ,   .ノ
          ;<j_`_ . _  ー' .  ´
         __l:::::::::::l⌒! ̄:T::::::l_
     , .  ´:::::`丶__l  !_:::::l:::__」:::`丶
 ,.  ´:::::::::::::::::::::::::::::::! .!-V´:::::::::::::::::::` 丶
 !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l .′ L;○:::::::::::::::::::::::l
l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l _二  !:::::::::::::::::::::::::::l
ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   _.!::::::::::::::::::i:::::::ヽ




192 :qehOIfwhek ◆SFpm79FAaU :13/06/18 20:08:27 ID:YE5Q1ipC


 その一つはワストの階級です

 作中ではワストの力関係は
 ロードワスト > ヒューマン型ワスト > それ以外のワスト
  と言う感じだったと思います

 しかし元々の設定ではそれ以外のワストの括りで
 細かな階級が存在しました


               ,、 ,ィ __
            -ァトー'.:.:.:.:´.:<_
           ≦.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.<
          く^イ.:.广7⌒´^ヽ'ヽ、{:くヽ、
          /.:Y.:{ '⌒    ⌒ヽ|:.廴∧
         .'.:.:∧;|        |:∧.:.:.|
          |.:.:.|Y` ≡≡   ≡≡レヘ|.:.:.|
          |.:.:.|ヽ、i    j     i_ノ|.:.:.|
          |.: 弋 {u   ___   }  }:ィ |
          ヽ八{ ` ー 、_, - ´ ,ノイり
              /}  ,{^\
          , < ̄{ィ^ヘ/ィ^ヽ/ ̄>、
           /        }        i
            {         |o         }
           }ヽ.       │      | {


193 :qehOIfwhek ◆SFpm79FAaU :13/06/18 20:09:55 ID:YE5Q1ipC


作中でヒューマン型ワストが別格だった理由として
生物の中で人から変換されるエネルギー量が一番多かったため、
そこから生み出されるワストも強力になるという物でした


                         / y-、
                        /!ノ´  ヽイ
                       /レ'7/レ'"イヘ
                          {/ ム /人/~.∧
                       弋:::::::y‐‐-zZZ.〈
                        `!´ ソ¨__ `入/ ̄ ̄`ヽ
                        `ーz7´i__/i \ \ .∧',
                      y-─-x  /  _|\ \ 〉〈 〉}
    y、  r-、            /彡,/`Y´ ̄ ̄`ヽ }\\____/ |
    /:::{  ヾ::ヽ、_          /彡ソi/ /i!|才 .,ヘ/.人ヽ `ー──‐'"',
   弋::`ー'"::::::::: /`Y´ ̄`ヽ、/ーzz/  .}ィ|  ./  ./:::: \__: : : : : : : :i
     \:::::::::::: /: :人_ノ: : : : : : : :λ./ ,人__|_ノ::::::::::::::/:::ヽ: : : : : :.:|
       `ー‐-、______ ,>'" .〉ー'"  __}:::::< ̄/:::::::::\: : : :.弋
                       |ー≦≧─-、::::::弋 i\:::::::::::}: : : : :入
                       |ーz‐十‐ / 〈 ̄ ̄.|ヘ \;/: : : : : :.ソ
                       |  } |  ヽ  > ..|::::',/: : : : : : :.∧
                       | ル.人 / /ゞ   !/L_/|ノl /::::\
                       |/|/ ̄|\__rく´{ | L_   / \:::::: \
                       |::{〈《二》__,|─-/ ゞ\ ∠ ./    ',:::::::::∧
                    r‐-、/`ーz__y-‐一ヾノ ./ `ーイ     i:::::::::::∧
                 . -''ー'">-{ ̄  i . ̄}<,〈_/_/_/ !      .|:::::::::::::∧
            _ -‐'":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.;| i! || i! |/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヘ     .|:::::::::::::::::ヘ
.           /´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l i! || i!/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヘ     .|:::::::::::::::::::ヘ
          /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:廴| !|./:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\   |:::::::::::::::::::::::',

194 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから :13/06/18 20:10:14 ID:lINY6j9b

エネルギーと設定にはそういう意味が

195 :qehOIfwhek ◆SFpm79FAaU :13/06/18 20:11:31 ID:YE5Q1ipC


実は元々の設定では人以外の生物も種類によって
変換できるエネルギーに明確な差があったのです!

そしてワストは変換されたエネルギーの多寡によって
そこから生み出されるワストの強弱が決まります…

つまり初期設定ではワストの元となった生物の種類によって
ワストの強さの階級が決まるとするつもりでした!!


       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`‐-、
       >:.:.:.:.:.:.:.:.:z'´"   ゙`/-、、 ,-i:.:.:.:.:.:./
        フ:.:.:.:.:.:./  __   /   ゙゙ .l:.:.:.:.:.:.`:.:.、
        フ:.:.:.:.:.`i    `、 /     .l:.∧:.:.:.', ̄
        ゝ:.:.:.:.:.:.l      `、      l,'_,,.',:.、、',
        `ヽ:.:.:.:.:l       .`"   "´  .,','`
         i:.:.:.:.:l              .,'
         ,' ヲ',:.:l   ≡≡≧      .,'
         ! ´< `'          .≦≡,'、
         ヽ _,η         !  ,'_/
            ,'、    , .' 、  `  .i
       ,.'.´"``',‐' `、‐ 、 (   > _ , _'
      ,.'     .',  `、 ` ‐, ‐、"´  .'.,
     .,'     ,-‐、,-、 `、  `, .',   ,  ',       ___
     i    i'i'    `-、.`、  .i  ',  ,'  i     r‐'´  `‐、
    ,i   ./, l       ',_ .,ーl  .',.,'   .l_   r´      }
    .l__  .`、       .} >.`、l<` 、',-‐、, - '   `、',     ')
    ./ ,   `、      .,'‐-、__.l 〉     ',_     .i    ,'´

196 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから :13/06/18 20:11:48 ID:3oimwALW

エナジードーパントがワストになりかねんな

197 :qehOIfwhek ◆SFpm79FAaU :13/06/18 20:13:27 ID:YE5Q1ipC


では多くのエネルギーが取れる生物と
そうでない生物の違いはどうするか?

私は生物からエネルギーに変換する時、
素材となる生物の知能が高いほど多くのエネルギーを
取れると設定していました…


l| ̄|l ̄i|==[.~(二[~「(ニ((ニニ))):~~二二二二|.| ̄ ̄  ̄/'~二二~~:(((ニニ))ニ)~l~]二)~.]==|
~|| ̄||  |~~ll|  ̄|:ll |  {______//      /,'____}  | ll:| ̄ |ll~~| || ̄
 ̄ ̄  y―r:===[0]=llニ 巛ミ  ._,v-!'ヾ//^^''' <∨/、   彡巛ニll=[0]===:r―y
        \、,从,_/ヽ  ノl:;:;:   |.|       〉/ ;;\巛|/   /ll:|
     ___) γ´    》\、     ||     //    _/、ノし'/从,//
         て /     /゙.:;:;\   |!    ,//   _/ /⌒ヽて⌒)て_  _
           |:ll |  /:;:;:;:;,r'\   |     /´   //,,ξ,   ̄ ̄|
-―==ニ二 '[0]=llニノ:;;;;;;;;;i' ミ"      /   /´ミ"   ;;)ニニll=[0]'i二ニ=―‐‐
        . !y―r  | :;;;;;;;;;|≡ ◯,;:''"゙゙'':.,    -‐  ◯;]    r―y!
          ニ二二ニ=―‐ ‐       :; -―==ニ二二ニ=―‐ ‐   /  /
      \、,从,  |:ll | (.;;;;;;;、 \ _ 山:、,. ..,::'、‐-  _ \ _ 山|~ .   | ll:|     ,. ' ー'(___
  ___) γ´ |:ll |  (,_..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、     ̄ ‐丿 ̄ | ll:|   /-、  ,'´ ̄
      て /  |:ll |   ゙))_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;\、;;;;;;;^.,)'′.   | ll:|      〉 /
     y―r:===[0]=llニニ).\;;;;;;/;;;;;;;;|;;;;;;;;;;ヘ、;;;;;;;;;;ヘ\'′ニニll= [0]===:r―y ,/,/
  _   |___ ´   |     /'‐r;;;;;;;i|i;;;;;;;;;;;,ヘヘ;;.,>'′ヘ\       | ll:|   /'´ /_
 [~_]  | l ̄`)\,_   /´。》》ミ¨'''||ニ-ー^  ヘヘ    ~\ヘ   | ll:|=O .⌒)て [_~
_||_||  |__ll|  /^7⌒´`{ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ |.| ̄ ̄ ̄ 〉ヘ ̄ ̄ ̄ \ . | ll:|_ |ll__|  ||_||
l|_|l_!|==[/_/   'ニニ))):__二二二ヘヘ__<∧ヘ_二二__:(((ニニ))ニ)_l_]二)_.]==|!_


198 :qehOIfwhek ◆SFpm79FAaU :13/06/18 20:15:43 ID:YE5Q1ipC


だからワストの階級は大雑把ですが
知能が高いと思われる生物が元になった物から順に
以下のようにワストの強さが決まったのです!!

「無機物<植物<一般的な動物<猿・イルカ等の知能の高いと言われる生物<人間」

初めは植物とかを素材にしたワストを登場させ、
中ボスくらいに猿を素材にしたワストなどと
元となった生物からワストの強さが判別できるようにしたかったのですが…




                xヤ´ニ> .ソ `ヽ   /}
               〃} /} ムイミヽ〃ヽ/ /
               | }イァそハノ、`ヽ.リ // イ
               |Ⅳヽノ/ィア / / 从 ,イ
               ∨rx Ⅵ ≠ ´_   / //
               ∧> "´rヤミイ{7`ヽイ./
                   \〃マ、八ヽ/ノ / }イ }
                   ヽ }丿 ゝ─'  ./ ,.イ                        /|
                ゝ二       ≠  ∧           _         / .!
                   ゝ=ニ二  \弋/\        ,.ィ / `ヽ     / リ
                      }丿ヽ」´⌒у>==ニ ̄/   /=ミ  .∧  / ./
                     // `ー─<二二二`ヽ /   ./ゝ─ 、 \ | ./ ./
                ,. イ f二ヽ=─イハ  \    \ /\   ハ  ∨/ ./
           マニ二 ̄ / {  「ヽ  /  |    \ _/〉ヘ  .\ノ {ゝ=イ  ./
           \    /   | \| }イ/   / `ヽ /ヽイ   ∨  ヽア\  ̄ ̄',
      .ヘ.    〃⌒ヽ .{  /\  .| ヽ/  / >   /   \  ∨ / `ヽ }\ ̄`ヽ
       Vヘ   ./   / } Y .{ / \l .∧/ / /      ,.イ:}  ∨    / ス\ ∧
        ∨\/   {  |./⌒\   ー'    /`ヽ \_///  {∨   //  ヽ.\`ヽ
       ∨/ r=ミ ヽ.イ   /\    .//  /|  .// /   .ゝ∨        ) ト\)
        ,イ /  ヽ {\ 〈 \ ` ー ´ /  / .}./イヽ/     / \===ミ/ / r<\
        Ⅳ {    | ∨ \\ \ /  /  | /イ/      /   \   /<_l { 〉 ヘ
          ↑設定が生きていたら薔薇型ワストってことで
_           弱小の部類に入っていたかも?


199 :qehOIfwhek ◆SFpm79FAaU :13/06/18 20:16:49 ID:YE5Q1ipC


けど結局、やる夫スレ化する際にワストを
ライダー怪人AAで代用することに決めたため、
AAで階級を分けるのは無理となりあえなく没設定になりました…
 


               |\
       ___z───┘ ∨|__
   ∧  __〉  __,,   u      /
  (__,) \   ゝ゛| ̄ ̄ ̄∨ヽ、゛>
      <   ミ ,-==ゝ  r=‐、| ,>
      < u |          lゝ
.      <   | 三≡=   =≡{
       {⌒ヽ | ""    、 "" |
       `‐-、.`         {
         ヽ、 u   ,‐‐-‐、/
        ___>、 └-‐<____
       ,ィ´: : :/ \,_,/  \: : :`ヽ、
     /: : ::/          \: : : :\
.   /: : :: : :i             i: : : : .:\
.  /: : :: : :/|             |゛\: : : :.:\
. 〈: : : : : :〈  |             |   〉: : : : ::〉

200 :qehOIfwhek ◆SFpm79FAaU :13/06/18 20:17:52 ID:YE5Q1ipC

【埋めネタ3】

■ワスト死亡時の爆発について

上記で解説した通り、ワストはエネルギーの塊という設定でした

この設定を生かすため、実は初期設定ではワスト死亡時の爆発は
後期のクウガ並に周りの被害を気にしなければならいほど
 派手にするつもりだったんですよ


                               ヽ`
                              ´
                               ´.
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙

201 :qehOIfwhek ◆SFpm79FAaU :13/06/18 20:19:50 ID:YE5Q1ipC


そのため元々の設定ではワストとの戦闘時、
ワストの爆発から周囲を守るという手順を必要としたのです!

そしてライダーたちはワストの爆発から周囲を守るための
手段を持っている設定でした!!

                           < ̄ヽ  .ト、  ./!
                     __ -――:.:.`:.:.:.`ヽ!:.:ヽ/:.|  __
                     >:.:.:.:.:.:.:.:.:_, -‐ァ.、__:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄/
                    ´7:.:.:.:.:.<´ - 、/  ` `"^ーヘ:.:!:.:ヽ
                   /:.:.:.:.:.:.:.::/   `ヽ__,. ,   .×ハ:.:ト、
                 _∠;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!  r==x^´   ´  l:.:V ̄
                  ,イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l  ´ ̄ `   ゝ=ミ!ハ!
                  /ィ:.:.:.:.:._:.:.:!           ′ '.
                   ハ:.:.:.:/  `ぐ     , ―- ._   .
                   '^ヘ:ヽ 〉      ー- ==、〉  |
                     \\_,、              /
                       \:.:ハ            /
                        ヽ} `  .      ./
                             l    __r‐ ´
                          i´  ̄ ̄:::::::::::| ̄!
                       ,.」:::::::::::::::::::::::: |:::::ト、
                  ,    ´::::::` ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄:::::::` .、
                ,  ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:O::::::::::::::::::`: 、
               「:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ


202 :qehOIfwhek ◆SFpm79FAaU :13/06/18 20:22:56 ID:YE5Q1ipC


例えば主人公のライダーの初期設定は
基本武器として設定していた槍を使って
ワストの爆発を防ぐ設定でした

                                 jヽ
、                              _ノ ,イ
:.ヽ                            ,._/_,.=-;'-.,_
、: \                             r;'./.:.:.:.:.`ヽ.:`ヽ
 :、: :丶                           ト.,';:l.:.:.:.:.:.:.:.ノ: ムハ
  丶: : :.\                        ';:}:_ゞ-=‐'≧=-、:{ _,.-―-、
   \: : :丶                      ∨/´二ラ' `>,:ン´: : : : : :.\
     丶: : :\                        ヾ,丶'´_,/,{'´.:._,.-―-―-':,
      \: : :丶                    `'ー-;'/:|:/´: : : : : : : : `'く
        丶: : :\                     /.;_,.:': : : : : : : : : : : : :ノ
         \: : :丶.,_ ____          _,.--'゙´`ヾ: : : : : : : : : : : :_,.ィ'´,
           丶: : ヾ: : :`'=三ンi!'゙j!'i!゙'j!i'´ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:':,: : : : : :_,.-‐'´二三':,
            ,ゞ、: ヽ、 : .:.:.:`|! :I!O} :i!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i!: : :,/-=ニ二三三';
            ':,_`ヽ,_,.、:,: : : : :l! :゙ 'I!i'.:.|!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j!‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:';
             ':,_: : :,シ :\_,!__j!_l!_,j!ー-------;―.:'゙´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,.-==;-';
               ̄´丶: :.\             \:.':,.:.:____,. =-‐'゙´,.-=-、iン'
                  \: : 丶           ヽ.:.:.:.:r'´:_,.-=;'ヲ'{.:.:.:.:.:.:}':,
                   丶: : \             ':,-;':'´二三,j!ゞミ゙'ー'ン.j!
                           \: : 丶、____    ,:'´,'ミ':,≧=-‐'゙'ー-==-‐'{、
                     {ミ丶: : :丶  `゙ ゙̄'㈹_≧ァ': : : : : : : : : : : : : : : `ヽ


203 :qehOIfwhek ◆SFpm79FAaU :13/06/18 20:25:28 ID:YE5Q1ipC


流れとしてはワストに止めを刺す時、
槍が三つに分かれてワストの周囲に配置され
そこから結界っぽいものが張られて爆発を防ぎます!!


                                    ,、.   l  |/ 〉
                                    ,l |  l  |レ'
                                    ,! L.-ヾ=,'
                                 ,.-'´  _, - '_´
                                (_,.- '´| L-'´ _)
                                   ,.-'´  ,.-'"
                                  {,.- '´| |
                                    、|,i                     _,,..、       ,..、
                                                         ヽ `ー、    / ア
                                                            ヽ、  'l  / /
          /;;;;;:      .,,广;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:..;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;;;;ヽ、.         ;:;;\        `ー',/  /
        ,./ ;;;;:      .,./ ;;;;;:                         ;:;;;;;;; l           ;:;;;\       /  /´
      ,./ ;;;;:     ,_/;;;;;:                          ;:;;;;;;`ツi         ;;;\     「  /
   .,./ ;;;;:      _./ ;;;;;;        ,、  _,r、..  . _-i、.  ,,,,       ;:;;;;;゙'-、        ;:;;\   `''"
  ,./ ;;;;;     : ./;;;;;;;;;;:      ,,ノ'゙"゙゙゙゙゙´;;;;;;;;;;; ̄´゛;;;;;; ̄ ̄;゙')、       ;:;;;;;;`゙l、     : ;;;;;;;\
. ,./ ;;;;;;;:    : ,rノ゙;;;;;;;;;;;:      ,./ ;;;:                     ;:゙'-〟      ;:;;;;;;゙゙!、,     ;:;;;;;;;;;\.
. i";;;;;;;;;     ./ ;;;;;;;;;;;;:       / ;;;;:                   ;:;ヽ,       ;:;;;;;;;;`'、     .;:;;;;;;;;;;l
. |;;;;;;;;;   .,, l´;;;;;;;;;;;;:     ,/゙´;;;:                        ;:;゙''ュ      .;:;:;;;;;;ミi,    ;:;;;;;;;;l
 !;;;;;;     !;;;;;;;;;:     .,,./ ;;;;:       ,ノ'―ー''''''''''''''゙゙゙'' l        ;:;`-、      ;:;;;;;rレ   .;:;;;;;;!
 |;;;;;;:    : |;;;;;;;:    .,,,,ノ゙;;;;;:       ,/;;:          ;:;゙'┐       ;:;:;`ミ,,、    ;:;;;;;;l゙    ;;;;}
 .!;;;;;:    .t";;;;;;     .l;;;;;;;;;      ,./ ;;:            ;:;\.      : ;:;;;;;″    ;:;;;;;/    .;:;;l
 .l;;;;;;:    : |;;;;;;;;:    : l./ ;;;;:    、ノ゙;;      _v-........_、   .;:;;`''1    .:;;;;;;;;|     ;:;;;;;;!;:    ;;;,!
 :|;;;;;;:    .;:|;;;;;;;;    ;:,!;;;;;;;    .l;;;;;   ,,....「゙;;;;: . ;:;:;;;;;'く_.   ;:;;;;!    ;:;;;;;;;.l、   : ;;;;;;;;ヽ    ;;;.!
  |;;;;;     ;!;;;;;;;;:     !;;;;;;;    :,!;;;;:   ゙l丶;:    .;:;;;;;.,!   ;:;;;;,!;:    ;;;;;;;;;.l‐   .;:;;;;;;;;.!    ;;;;.!
  .!;;;;    ./ ;;;;;;;:    .;/;;;;;;;     !;;;;;    ;|;;;;;:     ;;;;;.!   ;:;;;;;>   ;:;;;;;;.!    ;:;;;;;;;;;,!    ;;;;}
  .|;;;;;    .`l,;;;;;;;;    : ゙L;;;;;;    : l;;;;;;    l、;;;;:   ;:;:;;,,./    ;;;;;|     ;;;;;;;;!;:   : ;;;;;;;;;;;|.    :;;;;l゙
  !;;;;:    :.!;;;;;;;;     l;;;;;;;;    .ィ /      ゙'!........ /     ,..;:;;,iゞ    ;:;;;;;l゙;;   : ;;;;;;;;;;:l′  .;:;;;|

204 :qehOIfwhek ◆SFpm79FAaU :13/06/18 20:27:37 ID:YE5Q1ipC


そして物語後半で主人公が上位フォームになったら、
止めを刺す時は自分の正面に槍を突き刺すだけで、
周囲に結果が張れるようにパワーアップする予定だったのです!!



                     _    _
                  /´/    \`\
             :、    /: : ,′       ':.:.:.',   ,}|
                ',:\  |: : :{   __   |:.:.::| /.:′
               ,: :∨: : ∧´::::::| |::::::`/:.:.:.:∨:.:/ ,/
                  、\ : ',: : : \:::| |:::/:.:.:.:.:./:.:/ィ/
                ヽ: :\:\ : : : 乂oノ:.:.:.:.:.//:.:./
                 \: : :/⌒  、 : .:.:.:/⌒',:.:.:/
                     ト:..{    ',:.:〃    }イ7
                    、 ',    }: ::{    / ,/
                    >‐:´: : :.:`ー< .,
                  、\ト{⌒ニ⌒}ィ//        ∧
                    \ \ニニ/r‐、           /   ,
        ト          //⌒ ー── 「ヽ:::',            ,
        | \       /ゝ┐::::::/ ̄r‐┴-:::::}─  . _ /    |
        |     、__/ヽ   `¨´/´: :>─、:::\ / //     :|
          ,   / : ,,´ ̄∨ノ  / ̄ ̄廴::::::::::\ノ\: /     :|
.         ,  ,': :.∧ {くノiィ}⌒/´rヘ{ ノ{ く八_ \::/   ',    /⌒ヽ
.           \|ノ八 {へ|  | ノ}/ \ 廴 / ( {:::::',    }ト、   ∧::::.:.:.....}
          {__|< r< ヽl} 〔l >{ヒ⌒{、>}\ |::::::\/::::ノ、__{:::::| ̄ ̄
              ',∨ ノ\|  | {ノ八くr∧ノ廴rく\::::::::::/ \丶:::}
.              { 、し /`¨¨⌒ 、,ヘ {、トく`{ / ヽ ̄     \`ヽ
            |\rf{\    /\ノvヘrノ/: : : : :\      \ }:,
             ∧ ヽ|   ̄   ヽ__/⌒ー──{ハ      //}
.            /     |!\__/´ | | \        \ ー─=彡/
           /    :Vト、       | |    ー───/`マニニ '
          /⌒>r┐ '\}\__/ |_|_____/    ̄ ̄
.        {⌒/::うハ:::}    |r<¨¨¨¨アヽ }\::::::::::::::::/
.         ヽ{:::/::}::}::| ,/{⌒ヽ⌒∠イ/`ヽfニニニニ「Y⌒
          ー─'′|/(:八 廴 ノ /:::::::ノ>───| |  }
              廴\ \ ∧/==彡───‐|_廴, ′
                / ̄::::{/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
                  ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
                  ノ\\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::─=ニ

205 :qehOIfwhek ◆SFpm79FAaU :13/06/18 20:29:45 ID:YE5Q1ipC


ちなみに水銀燈ポジのライダーは
元々は銃系ライダーでした

ワストに止めを刺す時は、
銃で結界ぽいものを張って
爆発を防がせるつもりでしたね

                        _
                      '.ハ
                      '.ハ        _        /!
                       '.:ハ       l !     /.7
                           '.ハ      l !.    /_/
                        .ト=`ヽ   .! l   /7
                          _ヽ  ヾ三:ノハ、,、./ .j!
                        /:,_,.Lt_.、  o  /  .i!
                      ,.:':.:.:./:::::::::::::::ヽ. ! ,.r-.<j!
                    ,イニニj!.::::::::::::::::::::}!.l .,'::::::::::ハ!
                    i-j!ニニl!:::::::::::::::::::::!i !.;:::::::::::::トi
                     {__!T:.:弋::::::::::::::::_ノl /!::::::::::V_j
                        Ⅵ ー.、::_,二,イ、...,^!``.t、::/t/
                     ∨r-‐ニ> ' .!三ニ!三/!l.:{O}
                        '.<t  \ _l三=j三'/ィ/´
                       ト.、:ヽ、 ´`ー-+‐r'/
      _____ _.....f´.`ヽ、,.ト、: .ヾヽ―-+イi´
    rf´:.:.:.:.:.,:-:==:::`ヾ `ヽ <_ヽ㍉、:`::..ミー-- ',ィi!_ __
  ,.イ---y-'´:.:, -―----i!`.,ハ    >` .、、:::::::::::::::::∧ \ヽrーt―-... _
 ,___/ `ヽ{´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.  ',   r―.、>+≧ヽ、r'//}、  ヽハ '.:.:.:.:.:.:ハ
 !― --!   . l!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ハ  ',- ...廴_ノ>-=-≧Y!三/..-、,j!  l! '.:.:.:.:.:.:.:ハ
 Ⅵ  ハ   l!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ  ',:.:.:.:.:./.,'.:´:.:.o:.:``ヽ.、:., >=-.、j  i!:r:_:.-, i!-,
.. ∨   ヽ   `≧t..,_:.:.:.:.:.:.:. ,.r  ',:.:.:.:.} }:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.: l.i:l !:.:r=-、:!  l:.t_!:.コ.~:j! !
.  ∨ ̄ ̄ヽ、      ` 、:_/ ,r-、}:.:.:.:.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.!:!.!:..ヽi!:::::!i!, r- ,:.:.:.:.:.:ノ_j
   Ⅵ'^ハ::::::::::::.......、     弋_./:.:.:.:.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.!:i !:.:.:弋_ノ:l!弋_ノ  ̄´ ./
    ハ.∧ '.::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄::/:.:.:.:.:.:l ' 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l l:.l !:.:.:.:.:.:.:.:.l!t 、...__,ノ
    .ハ7:.:.', '.::::::::::::::::::::::::::::::::::,.::':.:.:.:.:.:.:.:.:':..、、:.:.:o:...., ,.' ':.:ヾ.、:.:.:.:.:/'/--.、
   .ハ7:.:.:. ', '.:::::::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:===:'::∧:.:.:.:.>:-':/:::::::::l !

206 :qehOIfwhek ◆SFpm79FAaU :13/06/18 20:31:33 ID:YE5Q1ipC


もしこの爆発設定が生きていたら、
二、三、四話の展開は今とは微妙に違っていましたね

二話ではやる夫にワストとの戦闘の恐怖を覚えさせる回でしたが、
初期の話では蟹は死亡寸前に主人公を組み敷いて、
死亡時の後期クウガ並の爆発を巻き込もうとします

主人公は間一髪拘束を逃れて助かるのですが、
この戦いでワストとワスト死亡時の爆発の威力にびびらせます

(この時点ではワストの爆発を防ぐ槍は未覚醒)

                      _     ,-、
                 _ {`::ヽ' ´   ` ヽ〈::::::l、
                /ヽ.l`ー ' l`ー - ‐´/  .ハ ヘ __
            ,─‐、l. /ー、_ , ィヽー‐ィ >-‐'  ',  |: : ',
            l: : : : l./: : ,-、 /l ヽllノ l\r: 、: ,-: ': : : `ー、_
           , -'  , ニニニl_ く:::::::∨ ∨:::::/, - '  ̄ ̄ `ヽr |       , - 、
          トー, /      i ̄ ̄`lT lニ ̄: : i: : : : : : ,: ニ'ゝ|    , <,-´ヽヽー、
          ├┘ 二l─ニ二二ニニ="   ` ー ┴─<´   /  , -//|ヽ/´ / }
          ヽ: : : : : : __/: : : /: l____l: ヽ: \: : : / T ,ィ ´/, - | / / /
            \_フ´: : l: : : l / , -、 | , 、 \l: : l‐´ : : ハ´/ l/-、/l//
   ___, - ‐ 、<: : : : : l、_ , -´ /  | \丶ー、_l: : : : :l l: :/ ヾ/ ,イ/
  /: : : : :ヽー‐、: : :丶ヽ: : ,ィ l: : : : /  /|\  >、: : :l ` ー - / ヾ/-´ ´
. /ゝ,‐‐,--‐',r´: :丶: : > ´   l:_:_:_:l `ー|ミ | 彡l  〉: /   ./ /
.,l  l  l: : : ,──、.‐ '       ',:::::::::ヽ  |ミ | 彡| ./: /   l ./
{  l':ゝ-、ニl: : : :,-' `ヽ、     \::::::::::ゝ|ミ | 彡| /::l´
.l',: : : : : ミ/ ` ー、   `ヽ、  ./: : :l::::ヽ   /:::::ll
 ',: : : : : :ミ     ` ー 、  \': : : :l:::::::::ヽ_/::::::::::l :\
  ',: : : : : ',         `ー 、\: /::::::::::::::::::::::::::::ヽ: : ヘ
  \: : : : ヽ       〈 ̄: : : `: :l::::::::::::::::::::::::::::::::::l/: :l- 、
    ` ー 、: \    , ィ\: : : : : : ヽ:::::::::::::::::::::::::::::/: :/: : : ヽ
         ̄   /: : : : : : : : : : : : ヽ::::::::::::::::::::::/: ´: : : : : : ヘ


207 :qehOIfwhek ◆SFpm79FAaU :13/06/18 20:33:18 ID:YE5Q1ipC


んで、四話目で色々と悩んだ末にヒロインの助言が切欠で
ワストと戦うことを決意した主人公は、
その戦いで初めて槍の存在に気付くという流れにするつもりでした

この戦いで初めてライダーキックをかましてワストを倒し、
槍の力でワストの爆発をしっかり防いで完全勝利という感じですねー



                                     /lヽ
                                     | ,l  ',
                                   ,.-‐' ..l   L
                              ヘ   /  | l  /  \  /|
                              |  ヽ´ |i   | .i l  i|  ∨ /
                               |  ', .|i  | li |  i|  /  l
                              `ヽ ', └.  |:li:| ┘ /  」
                              ,.ノ|、ヽ', =  |li| =/ /-|
                            <   ヾ`., ',,=  li =| / ,.-‐._ヽ、
                       l\     \  ヽ i.=  l =| l .・''¨   > ノ(
                       |  `ー==' :r\ \l= .l =| レ ,..-‐'"/_,. (
                     _/ /^ヽ ヽ ̄¨ ::::{ ∧(¨).、,_,. (¨`,/}:::::::∨´ <、.. ノ
                   ,「 ̄ー'´    ヾヽ ..:::{ i ミレ'`三三)/=-i}:::::::/-‐‐、 「                    |
            ,-、 ノ^`/::(=== 、、   ヽヽ..::〈 、ミ ヘli::^Y^::ilr フ 〉::/    (_                   / |
            /| l、¨ ノ ,レ´.. ̄/  ̄`ヾヽ    ', ', ..\\∨`ー'∨/:/ ,.__ノ                  / ,l'
        へ、_/ ,i        /:::( 、-'":::::,ヽヽ   l l/^: :L キ└-┘ソ ノ /   i,   `                ,.-‐'/ /
         〉 ,∨ -= 、     |::/ `=、::/ /:::::::ヽ ∨: : : : : : : ー</  ,.-‐'´∧_ __            ,-'´ /  /
          >´ i   `-'    ∨  ー、 「', ::::::::::_L<、_,、._  //_/| ,.-<   ,--‐‐‐r‐ 、 ̄ ̄~""''' -‐‐ '´ /.   /
      ,r'´¨  i l l l l    \   〉 | ∨  ̄  |^> `ー、 / .|`ヽ: : : ` f'l´ キ キ  f ) ・  ・ ・  ─‐'´    /
  ,.-‐'" /   l     ,.---‐‐‐‐'´=  〉ヽ ヽ r-、/  /¨ ,/  |   ヽ: : | .`   '  v´ |             /
 /:::::::::::::::|    ,.-‐'´::::::::::::::ヽ: : : : .  /...  ヽ_,>\ノ (_   |  ノ    キ |`-' -' -' -'〉            /
//´ ̄ ̄`ー‐'´─ ‐.、:::::::::::::::ヽ: :..   ,'  /  ./   r-' - 、-'".     | |  / / / /   /丶.       /
              ¨ ̄ ̄ ̄∨,. -'.| /    <>  〈_     \       .レ    ....:::〈,ヘ | ノ /      /
                  <丶: : : : |  ,--、 |  r─'      ',    |l : : : : : : : : j. |、|//<  ̄¨厂
                  / ', ',: : : :| /   |  //´ ̄ヽ     ',  <¨`ー----‐'´ノ: : ヽ: : ::|  ノ
                 ト、  ヽヽ: : |     | ..|     ヽ    i   l`ー----‐‐'´: : : : : : ノ/

208 :qehOIfwhek ◆SFpm79FAaU :13/06/18 20:34:33 ID:YE5Q1ipC


当初、この話はオリジナルライダー物の小説として
書こうと思ったので、この辺の戦闘描写は文章上で
表現すればいいと好き勝手考えて設定を作りました

しかし紆余曲折を経て挫折し、その設定をやる夫スレに
流用することになった際に上記戦闘描写をAAで表現するのは
無理と判断してあえなく没設定となりました…


               ,、 ,ィ __
            -ァトー'.:.:.:.:´.:<_
           ≦.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.<
          く^イ.:.广7⌒´^ヽ'ヽ、{:くヽ、
          /.:Y.:{ '⌒    ⌒ヽ|:.廴∧
         .'.:.:∧;|        |:∧.:.:.|
          |.:.:.|Y` ≡≡   ≡≡レヘ|.:.:.|
          |.:.:.|ヽ、i    j     i_ノ|.:.:.|
          |.: 弋 {u   ___   }  }:ィ |
          ヽ八{ ` ー 、_, - ´ ,ノイり
              /}  ,{^\
          , < ̄{ィ^ヘ/ィ^ヽ/ ̄>、
           /        }        i
            {         |o         }
           }ヽ.       │      | {
         /  /    │ { ̄ ̄} y ヘ

209 :qehOIfwhek ◆SFpm79FAaU :13/06/18 20:39:20 ID:YE5Q1ipC


              __t─-v-─ァ__
             <:::::::::::::::::::::::::::::::>      以上、埋めネタでした
           <´:::z-r─--v、:::::::::>      しょうもない話につき合わせてすいません…
            く:::::{  |    }ハ::}:::::〉       しかも全部埋まってないし…
       ,...:::' ̄ヾ<::::i  ィ=z  z=く 〉:::>     
    ,...::::´::::::::::::::::::V:::レ´ !       `!::/      とりあえずこのまま2ndの管理人様へこのスレを
   /:::::::::::::::::::::::::::::::}rj ≡≡   ≡≡|<       過去ログ化申請しときますんで、
 . 〈:::::::::::::::::::::::::_::z-┤ u '''  i   '' |ノ       過去ログ扱いになるまでは好きに使って下さい…
   ヽ:::::::::::::::::ス_r- 、`¨l、  、__   ノ       
    ヽ:::::::::::::::::::ヾ:::::`ー-{ヽー--‐ イ_..:-─::.、    ではみなさん、重ね重ねになりますが
     \:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-{チ-<::::::::::::::::l    3年以上もこのライダースレに付き合って貰って
      \:::::::::::::::::::\:::::::::::|o::::::::::::::::::::::l::l     ありがとうございました!!
        \::::::::::::::::::ヽ::::::::|::::::::::::::::::::::::l::l    
 .          入::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::l:〈     またみなさんに会えるように頑張ります…


210 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから :13/06/18 20:40:27 ID:lINY6j9b


面白かったです


211 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから :13/06/18 20:41:06 ID:Aw/8G9hR

お疲れ様でした!

212 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから :13/06/18 22:00:16 ID:XiWSgfKS


慎二とかシンの後日談とか見たかったぜ

213 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから :13/06/18 22:26:50 ID:3oimwALW

乙津













一覧
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

申し訳ありませんが、体調の悪化により長時間PCの前に居られなくなりました。。
その為、当分の間は手抜きでのまとめとさせていただきます。
楽しみにしてくださっていた方、そしてまとめを許可してくださった作者様にご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。<(_ _)>


とても大きな台風でしたが皆様ご無事でしたでしょうか?
もし何か被害にあわれていたらお見舞い申し上げます。
ぽんに何ができる、というわけでもありませんが、せめて気分転換の一助になれればと思います。


一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

19/11/13
アカガネ山のやる夫 追加

19/05/26
やる夫は誰かを救う悪になるようです 追加

19/05/18
エージェントやる夫の日常茶飯事 追加

19/04/14
やらない夫は「The World」にログインするようです 完結

19/02/10
真・女神転生 ~やる夫の嫁は加賀のようです~ 追加

19/01/21
できる夫とマリーがたどる仮面ライダーファイズ 追加

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



月別アーカイブ
FC2カウンター