???は聖杯戦争に参加するようです。 特別企画 救世編 完 やるぽん!

ゼロワン第30回 新章スタート! いつの間にか不破さんがニートになってたりノーマルホッパーなのに強かったりでしたが、良いテンポで期待できる展開に。 それにしてもA.I.M.S.ってZAIAじゃなくて政府管轄ですよね?

???は聖杯戦争に参加するようです。 特別企画 救世編 完

8083地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/16(土) 21:45:52 ID:0xBBNGuw0

今日はとりあえずお休み

今までのロールプレイング 勝率
聖杯の汚物戦の勝利数 全てを考慮したうえで
エンデイングを作成させてもらいます

一つ確定していることは未来でドヤちゃんが
黒セイヴァ―と戦うことはない 未来への情報を残す の条件は満たしているということ 

黒セイヴァ―出現条件:初心を忘れた行動をとる
未来への情報を残す:聖杯の汚染源と戦い一勝以上を得る(最低条件) 

とりあえず細かい内訳は明日ED後に提示します


8084 :名無しのやる夫だお:2013/11/16(土) 21:52:03 ID:CqXXA.mo0


勝率?知らない子だな…

8085 :名無しのやる夫だお:2013/11/16(土) 22:21:13 ID:QKUuXKGA0

勝率・・・・?
えっと聞いた事ないですね


8086 :名無しのやる夫だお:2013/11/16(土) 22:40:41 ID:0pzCmNNM0

勝率……引き分け狙い……うっ頭が

8087 :名無しのやる夫だお:2013/11/16(土) 23:00:11 ID:EisqOOvk0

ロールプレイング……中二病全開の滑りまくった振る舞い……うっ頭が

8088 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 15:45:49 ID:usSLu8LQ0

槍の二回目は引き分け狙いにいったわけじゃないんや…

8089 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 16:03:54 ID:jRpmObXI0

あれはGないからA連打で引き分け以上狙えるだろうと、G入れとけばB来ない限り勝利できるだろうという考えが
運悪く噛み合った結果だから、多分

8090地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 21:03:47 ID:Q68l/XIg0


     おいおい、月よぉ
     力及ばず何の結果も残せませんでしたぁ~許して下さいってかァ!?

     許してやるよォ!!


    というわけでこんばんは 今日は基本EDと選択が一つあるかないかくらいですので
    早速ですが初めていきます

8091 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 21:05:06 ID:lsadhJZk0

ヒャッハー審判の時だ!

8092 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 21:05:25 ID:5i59oQq20

ヒャッハー!

8093 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 21:06:29 ID:c3w0zpo20

ヒャッハー
誰にも勝てず
誰も救えなかった男月よ
私はお前を忘れない


8094 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 21:06:59 ID:jRpmObXI0

ヒャッハー!

8095 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 21:09:41 ID:n.iPibbI0

ヒャッハー
月は嫌いじゃなかった、むしろ結構好きなタイプのキャラだった

8096地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 21:10:21 ID:Q68l/XIg0









                     ――――――――最初に思ったのはいつだったか。


                      








8097 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 21:10:36 ID:IWDgsYQE0

シャルと月、一体どこで差がついたのか・・・・・

8098 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 21:10:45 ID:jROc1wss0

ヒャッハー!
月さんが道化で終わるのか、一筋の光を残せたのか審判のときだー


8099 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 21:12:16 ID:bY4p1R7w0

ヒャッハー
シャルは力に目覚めることが出来た、月は思いだけで頑張った
どっちがいい、ってことはなかんべ

8100地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 21:16:30 ID:Q68l/XIg0

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

                          悪いやつらが許せなかった

            そんな単純な正義感を振りかざしてそれでも世界はそんな単純じゃなくて

                      

                   ノノし、_
                   /;;;;;::==ー-、、
    .             /'"´       `iヽ、
  ‐―:/    .,.       /       j    /;;;;;;ヽ
    ./   / /      /、 ,,.-''___     、ノ;;;;;;;;;;;;;',,
   / /   ./   ,.へ f'・>  /_゚_ノ;;:'    ミ;;;;.=、;;;;;l      |\
   /    /  /   l゙( - >`"''"   / 〉/f'ヽヾ;|\   |\|   \
        / /     !f====、ヽ ヽ '   ´ 冫 ノ;;!   \ ||
       /      .lヽTニTニi=、_',      _/;;;;ll            ,  -―― 、
       ィw,,,,,ィN 、,,.-l }>ー‐/´ l l    | ヾ;;;〈ィ         /         \
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∨ニニニイ  ! /  _ノ   l;;;;;;;;ミ、        ______       ヽ
     /= 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l`ー‐ U   ノ ,,. -'" /  /;;;;;;;;;;;;;;;;ミィ、    /r;;;;;;r ;;;;;;;        ヽ
   // ,r- ニヾ;;;;;;;;;;;;;;;ヽ   _,.r'::::::      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミィ,,,,,/;;,,,,,, /;/;0;;;;二 ̄二二ニヽ、.l
  / / /      `ヾ;;;;;;;;;;`"´;;;;;''"_     ,,ノ;;;;;r‐‐-- 、;;;;;;;;;;;;r-' !;;;;;;; !;;{;0;;;;;;!ll ̄\、 、 ミヽ、〉 _
  !// /       ̄``ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''''''''";;;;;;;;ノ      `''< }} ’└==ゞ;;;;;;;;;;; 、ゝl, , ,r'''_ ヽ>--'" _ ` r,、 _
  !l  ,'   /    ̄ `ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ     、  〃 `ヽ、;;;、 _,,/;;;;;;;;;= '、,. r-’''^^゙l>-、'"`= <'_ ヽ
  ll   !   /       / ̄ ""'''';r==/       ヾ;;-、_    〉l/;;/__/ ./ ノ ^'!__  ,ノ! ト、l フ、' l___  ,ヽ
  ヽ  |   /             /==ノ    ヽ、    ヾ;//〉、_/;;;;;;;;;//-' -、_,r' ̄_ ! ヽ-、 ,〉'"l    ヽ
   ヾ | //    / ,' ヽ    /==l´   、   \  〃 ヾ;;;,,〈;;;;;;// ̄ ,____,_ , -r--ァ /.lミゝ|l, ,└ '"  l、゙ヽ
   ヽ ヽ,'    /  !  |lヽ  /== l     \   \    .{ ̄ ::/ ̄ f_  `'' '-ー'' ^´ / l、l  l | 、_、 r   ' .|
    ! ヽ    '、       l== |      \ 〃 ヽ. ..::::〉、ノ ハヽヾ- 、    ̄   l'リ::::::ヽ  〉、_ r |    ノ
     ! ヽ        '、   !;;;;;;;;;;;;;l ヽ、     ,,ヽ. ..:::::〉‐''     "\' l、 `ヽ____、 /:::::::::::::::-' '::::::::::::`- -'
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

8101地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 21:20:47 ID:Q68l/XIg0

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 ,{.:.:.:.:|..:.:.:.:.:.:{.:.:.:ヽ,.:.::\.:.:
/.:|.:.:.:.:|\.:.:.:.:.:\.:.:.:\.:.::\:
.:.:.!..:.:.:1.:..:\.:.:.:.:..\.:.:.:\.:.:.:
.:.:.',.:.:..:|.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:`<..:\
.:..:.:',.:.:.∨.:.:.:.:.:.:`<.:.:.:...:`<
ヽ:.::.\.:∨⌒ヽ.:.:..::`<.:.:.:.:.:.
.|:\.:.:..:.:.∨ヽ ヘ^\.:.:.`<:.:.
:.',.:.:.\.:.:..∨ } ヘ  ヽ.:}.:ヘ.::
.:.:',.:.:.:.:.\.:.:\  ヘ::::::}从.:.ヘ              そんな理不尽が許せなくて
.:.:.:',.:..:ハ.:.ニ=-.:\ ヘ::::|.:',ソ\
.:.:.:.:',.:.:.:ヘ.:.:.:.:.:.:.:..ヾ ノ                  この国を…内側から世界を変えてみせるという志を以って
..:.:.:.:.:\.:ヘ\.:八\  \
\.:.::.:.:.:\i. \j  \ ',\               僕は上へ上へ足掻き続けた。
  \.:.:.:.:.:|        ` .',::::ヽ
   マ..:.:.:.1        ',:::
   ヽ}マゝ、       ',::
       \      /:::
        \   /::::::::               そんなある日――――――――――――――
          \/::::::::::::
         ,<´:::::::::::::::::
      ,<´::::::::::::::::::::::::::::
   ,<´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

8102地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 21:25:13 ID:Q68l/XIg0






                   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                   |  初めまして♪ お噂はかねがね伺っております  |
                    乂_____________________ノ




                                   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                   | 随分と熱心に終わった事件について調べているとか。 |
                                    乂______________________ノ



            ────────────僕は魔女に出会った───────────







,

8103 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 21:27:00 ID:n.iPibbI0

魔術使いで、しかも大人になってから身に着けたっぽいからな
この魔女が焚き付けたんか


8104地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 21:28:48 ID:Q68l/XIg0

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓




: : : l:i|: |:i:i:i:i:i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::’:::::'´:::::://::::::: /:/ /ィ/!|: : / :|
: : : l:i|: |:i:i:i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 丶::::/´:::::::/'´レ':::::/::|: /.: :ル′
: : :.!:i|: |:i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>          ::/∨/!: :/、
: : :|:i:|: |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'         .:/ : : ' j,ィ'\\
: : l:i:::|:.. |:i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::            :/: : : l|"   \\
: :.!:i:i:|::. |:i:i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::::              /: : :  |     ヾ 、    警戒しなくても大丈夫ですよ♪ 
: :l:i:i:i|::: |::i:i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`¬…‐- .__           ィ: : :    |     ム )
: !i:i:i:i:|:: |::::i:i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::   ̄       / l|: : :   |    / /    今のところは、私は貴方の味方ですから
:l:i:i:i:i:i:|: |:i:i:i:i:i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::´           /: : : l!: :     |  / /
`...、, -|:.|..、_:i:i:i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         ィ: : : : : : l!: :     | / /       あ~そうでしたね。まだ名乗っていませんでしたね。
_ ノ\. |:.|   ̄ ` ‐ 、::::::::::::::::::::::::::::::     .- ィ ´| : |: : : : : : |: :     |´/        
\  `ト:|-‐ - 、_  \ __:::::::::::::::::    ∠_: : : : ! : | : |: : : : : : |: : :    |\         私の名前は―――― ――― ― ― 
:.:.:>-..|::|- 、   \   : : : ̄ Y´ ̄ y ´: : : > 、:l!: :| : |: : : : : : |: : : :     |\\
- ':.:.:.:.:.l::|:.:.:.: ̄ ≧ミ、     : : ソ: : : : : : : .'  , ゝ: :| : |: : : : : : |: : : :    |  ヽ \
:.:.:.:.:.:.:.:.!:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ     :| , -r ‐'⌒r‐ y´: :l! : | : |: : : : : :l:: : : :.   |  _) ノ
-:.、:.:.:.:.:l:|:.:.:.:.:.:.:.:.ハ ̄ `ー 、  :V /:.:.:.: : : :.:.:.ヽ: :l!: :.| : |:   : : : :|: : : : .   | ̄-´



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

8105 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 21:29:28 ID:jROc1wss0

お前か…お前がこの道に月さんを引き込んだのか…

8106 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 21:30:31 ID:Zmt9By/g0

Bさん!?
…は年代的にありえるのか?なんか口調も違うし


8107地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 21:35:55 ID:Q68l/XIg0

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
圭圭圭圭圭圭圭圭≧、    マム                  _,,。x≦圭圭圭圭圭圭
   ̄ ̄``''''≠≦圭圭≧;、   マム           _,,。x≦圭圭圭圭≦≡≠'''"”
           ````''≠≧;,、_ゞ;。ャぁゎ,、 ,z、_,,。x≦≡≠'''"¨”´ ̄
                    ``'ん圭i゚圭Λ`”  ̄
              __,,。x=''"´  {圭゚i:i:i:゚i:圭}  _             ___,,,,。xz-=
,,,,,____,,,,,。x;≠〆'"´  ,r;; ゚守゚圭i:iУ  ゞ'-ー-==≠≡ニニエエ≦圭圭圭圭圭
圭圭≦エエニ≠‐''”´    ,〆゙    `゚¨¨゚´                      ̄ ̄ ̄ ̄
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


            その日、僕は、この世界に隠された”神秘”の世界を知ってしまった

            強大な神秘の前では人間は途方もないほどに脆く儚いものであると

                          僕は知ってしまった。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
                     圭圭圭圭圭圭圭圭≧、    マム                  _,,。x≦圭圭圭圭圭圭
                        ̄ ̄``''''≠≦圭圭≧;、   マム           _,,。x≦圭圭圭圭≦≡≠'''"”
                                ````''≠≧;,、_ゞ;。ャぁゎ,、 ,z、_,,。x≦≡≠'''"¨”´ ̄
                                      ``'ん圭i゚圭Λ`”  ̄
                                __,,。x=''"´  {圭゚i:i:i:゚i:圭}  _             ___,,,,。xz-=
                     ,,,,,____,,,,,。x;≠〆'"´  ,r;; ゚守゚圭i:iУ  ゞ'-ー-==≠≡ニニエエ≦圭圭圭圭圭
                     圭圭≦エエニ≠‐''”´    ,〆゙    `゚¨¨゚´                      ̄ ̄ ̄ ̄
                                  ,,〆゙  ,{G           ム},,_
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

8108 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 21:38:38 ID:5i59oQq20

普通の魔術師なら暗示をかけて
適当に誤魔化してもよかったんだろうけど
何か理由でもあったのか

8109 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 21:39:20 ID:FtWMqe4g0

知らなきゃ表の世界で頑張ってたんだろうなあ
そっちのが楽だったろうに


8110 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 21:40:43 ID:n.iPibbI0

デスノートって方法を手に入れた原作まんまの道を歩んでるのかなぁ…
少しは違いがあったと思いたいが

8111地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 21:42:34 ID:Q68l/XIg0

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓




 ヽ 、_.ヽ   /   .| ,l l           `ヾ='<´\||    !   / /
     \ヽ /    |  !〈|         ′     、ノ' /l |    レ' /         
       )ヽ   l  l'ー、     ─-       /,r||  /.,ィ'
      / 〉  |  |  |\              /|  ! |  / / ',           この度はご協力ありがとうございます。
    _/  /   |  l|   ! _r‐ヽ、     _, -'ヽ、_|.  l|〈  \ ',
._, -' ,, -'" /    l  l.|  .Κ._ ヽ.__`ーィ'"冫 __,∠   l !  `‐ 、_`ー─ ----     おかげで仕事がはかどりました。
‐''´    /     l  !.|  く :::`:´:::::::L 'y-, -': : _> |.l      `', ̄ ̄ ̄
     ,' ___.l  .! !   l``,ー、 ::::::::ヽ_:::::: .<ー|   l.l     ____L        この”聖なる油”とこの礼装は貴方に差し上げます。
. ┌―'匸__    ̄``ヽ、_,-'´  :::::::::._-、_!、:::::::::: `‐-、__|└' ´ ̄    ` ー/
  !     ヽ_ __      `   /`<y`t!\            `ー--、:_  /      それなりに珍しいものですし
  l        :l. `ー ー-    `iヽ/)l∠ィ'"     :ヽ、         /  / /
  !        `ー--、    / ,‐、`ヽlン   ヽ      ノー'   ー '   / /      何かの役には立つでしょう。
  ヽ:::::         :::ン--‐-、__、 `l ー' `ーr`'ー---<´:::        / / ::::
                                                あと――――――――


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

8112地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 21:48:36 ID:Q68l/XIg0



          \ー- ..               /!
                ヽ   > 、           / ! /!
             \   ,.r-ォ  ___ ,へム-、レ'  !
             __ >-{ Уノ´  ,.イ   {  ヾー、|
        .> ´      ,.ゝ-イ   / !   !  ミ、 ト、
      ∠,,.. --―''7=ァ''.フ     /          ハ
                / / /      .'  i  i   |     ハ
            / /  ,    i    {,ハト、 !i |     ',
           ./ /  i  i   |   ハ!{::!:} 》从{ /!   } i
          / /   .|  |    |  | |ゞ''     Ⅵ/!  | |
            / /     |       | ,ハ{     { {У! ,リ! !
         / /     j  r-、  从      ,人ニソ / | /!          その”魔眼”は使わない方が良いですよ?
          〈 {    / __ハ ヽ  i   r ァ  、_)) ,/ |/ |
         ∨ヽ.  r'': : :/ ) ..} i! |, -、__ 。< ´ ト、            命を削ることになる…
            \ ヽ/: : : i _}  ヽ/ //7 {.    |、 ヽ
           Y: : : : : :.{ ゝ/ // /ト、i!  |.  | ヽ. \         そうですね…一度でも使えば貴方の寿命は”半分”削られます。
             {: : : : : :.ハ    (/ /∧ミ!.  ! |  \ \
              ハ: : : : /: :}ー 、   ´/i!:.:ヾ.  l |   \ \      その眼はそれだけの力を秘めた物です。
           / ゞ: :/: : {`ヽ    /:| ト、:_:.ゝ、   |      / /
             / ノ: :/: : : |  ゝ- '': 、 |: : : : : :ヽ. |.     / /       
         / /: :./: : : : |    i: : : :ヽ!: : : : : : : }.!   ./ /
           / /: : :': : : : : |    j!: : : : :',: : : : : : ノ !   \ ヽ       
        /  乂: : : : : : : :ト、   /!: : : : : :}: : : :.イ. |    \ \
         ,′   `ヽ: : : : : |:.ハ ./: |: : : : :,リ: : : : :.!  !      \ \
      /      ,. \: : : :!: :Y: : :!: : : : /! : : : :.:{ , |         \ \
     ノ     /   ヽ: : !: :i!: : :|: : : /. |: : : : :.i从ノ         / /
   /´        /    ト、:.|:.人: : !: :./  |: : : : :リ、       ./ /
   .乂       /      ノ: }:|/: : ヽ:!:/: | !|: : :/: : ヽ.    / /
     ヽ.   /    /: / |:!: : : : :V: : |  |: : イ: : /: :ヽ  / /
      }   .′    /: :': : リ: : : : : j}:.:.:| リ: : : : ノ: : : :.}ヽ /

8113地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 21:50:25 ID:Q68l/XIg0

 ┌──────────────────────────────────────┐
 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘
 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘
 ┌──────┐                        
 └──────┘
 ┌──┐                      
 └──┘
  □

8115 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 21:52:13 ID:jROc1wss0

魔眼…だと…!?
月さんは奥の手を残してたのか


8116 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 21:54:25 ID:jRpmObXI0

ライフコスト半分ならしなやす

8117 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 21:54:29 ID:5i59oQq20

今回以外の時系列が明言されてないから
Bさんでもおかしくはないのかな


8118 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 21:58:54 ID:IWDgsYQE0

セイヴァー呼べるような超一級の触媒を月さんがどうやって用意したのかと思ったら……

8119地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 22:02:00 ID:Q68l/XIg0



          ,!'|   ` .
       ’ j  i! i    ,
         { ||
      ,J`:、,ィl! l! {′  ;
   ,j`  Yl!|:  | |'i,                   i
    | 、 ゙リN: ; !lij! |        ∧          ,!'|   ` .
ニ .  }'′    i  ;}|! |       l l        ’ j  i! i    ,
  ,:;:;:,!     ''′ ,. !、,! ´` ι  ヽl          { ||
, (''゛ j! ..:;;:==-:、  ゙''"ィi {ヘ!,l .`       ,J`:、,ィl! l! {′  ;
’ :; {`' ,ィ゛ '′.  ) jj」li|liY、⌒} -=l.∧l=-  ,j`  Yl!|:  | |'i,
  j∨il!ィ' {’      へヾ;;イ"´\ニ/`゙'''- | 、 ゙リN: ; !lij! |
 λ' ,j、l! / 、     ., ,il{ ,゙!j!;|   :\ニ.  }'′    i  ;}|! |
. /゙ハ! ;. ゙:、     j|   '/'}′ ,    ,:;:;:,!     ''′ ,. !、,! ´` ι  ヽ
/ニじ:、 i,'  ゙:、 ,,.,   ′彳 レ/ヽ〉-〈, (''゛ j! ..:;;:==-:、  ゙''"ィi {ヘ!,l . 
ニ丶、v{ ヒ!   i!||il.   , 八 Zミ∨'〃’ :; {`' ,ィ゛ '′.  ) jj」li|liY、⌒}   
__   _,ゝ、;_    ゛:|!  ゙ ,rカ  ̄〈 :::: 〉=ニj∨il!ィ' {’   \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
 ̄`ζ」'(´ ヽ  j! ゛ ,ィ彡′_.. - ∨’ λ' ,j、l! / 、    )                  >
二 ニ ゙て∠rιク_;.,、_,ー-'^- =ニ_\  ̄フ ゙ハ! ;. ゙:、  <   グウゥ……────   >
  l,ノ="       /≦ヽ   \  〉 .〈 /じ:、 i,'  ゙:、 ,,., :<                 (
         /   ハ    ハ/  ∨丶、v{ ヒ!   i!||il. /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
         /    ハ二ニ=/   __   _,ゝ、;_    ゛:|!  ゙ ,rカ  ̄
     __/     〃     _  ̄`ζ」'(´ ヽ  j! ゛ ,ィ彡′_.. -
    /   / __.// 心  ∴;.゛;.: ニ ゙て∠rιク_;.,、_,ー-'^- =ニ_
    \ // ̄  /.: ::゛;.㍉(  炸  /k   仏ヽ ̄'__  会ュ。.
       ヽi/   ュ升 r劣 ㍉ マム,イ7   リ   紗′ヽ `寸ミ、 ∴;.゛;. 心
    r‐'''i/´..;.∴;.`:' ∴ミ  )圭抄  〃  /′ `ヽ   ㍉ュ   r劣}
    l  ,..xュュ圭ヽ:゛∴;.゛;.寸圭|{:゛∴;.:  〃〈 _,∴;.゛)圭㍉  ̄ ::゛;.゛
    ィ升少⌒  ュニニ以{  マム心、∴ハ/淤{   心、    ⌒炸ム   守ト、
,..。x≦圭才″ ィ升圭( ㍉ム  )圭圭才´)圭ア   寸圭≧ュ≦圭圭掛, 弋代

8120地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 22:09:51 ID:Q68l/XIg0

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
            _  ィ‐= 7  "´´ `´ ̄""
          /  ヽ'/,〈     _ / ̄` ヽ 、
        /      ヽニ=- _ヽ='〉` ヽ、  \ヽ、         心  ∴;.゛;.:
        /       /ヽ/>( ̄、ヽ、 > 、 ヽ、ニ-、ゞ\         ㍉(  炸  /k   仏
     /      /、/   ' ,//、`ー' 、  ` ヽ=' "'"´ ヽ'´         ㍉ マム,イ7   リ   紗′    無数に伸びる黒い呪詛は
    /      / "l  /l >ニヽ'l⌒ヽ`ヽ、 _ /,、  ヽ       ∴ミ  )圭抄  〃  /′
     l    , 、lヽl l/l, .//'/、l //  ヽ、 `ヽ、\_、 〉' /          寸圭|{:゛∴;.:  〃      セイヴァ―を捕らえて離さない。
 〈`ーl  r-ヽ-\/l _/,イ//ィヘ\ ´ ヽミヽ  \ `ー'         以{  マム心、∴ハ/淤{
  ,`ーヽィヽ\_>'/´  ,、 '_、ヘ:-;ト;ヽ   ヽ'´ \ ` ヽ、         ㍉ム  )圭圭才´)圭ア       魔術師として二流の僕にでも分かる
 ヾ、 ̄トー=ニ=l/k ‐X,ヽ'lー' _ ̄lメヽ\ ヽ、   \ // \         Ⅵ  Ⅵ圭リ´  }ソ
    /    ,ヘ \/ニ_くゝ '、´〉、_ミヽ    ̄ヽ‐'、 _ノ         リ  :以Ⅳ:゛;.゛;
   ,/  / ヽ //l'、ヘ ヽ_〉‐'〆  ゙  ヽ      ヽ 、           ` Ⅵ7、 ∴;.゛;. 心    アレは、サーヴァントにとって天敵だ。
   l  /    ヽ、ヽlヘヽ'// ̄;ヽ    ヽ⌒`ヽ、   ヽ            〃ュ   r劣}
    '  ,'       〉,l 'l /l    ' ヽ     、   \   ヽ        ∴;.゛)圭㍉  ̄ ::゛;.゛    一度飲みこまれれば、骨の髄まで溶かされる毒
  ,/  〈       ´∧ ヽ'   ,'  ∧     \    ヽ、  \     心、    ⌒炸ム   守ト、
  i     ̄ `ヽ、  / 、 ,  '   / ヘ       \    \  \   寸圭≧ュ≦圭圭掛, 弋代
  ヽー――- 、,、_ 7、. -'`´  ,   ヘ//∧        ヽ     ` ー 、 \ ⌒`寸圭才㍉⌒¨㍉ト、 ⌒㍉:゛;.      ────────魂すら溶かす呪毒だ
       ,ィ//,'〉'"ヽ、,ィ ´    ヽ/ハ           ヽ       `ヽ、 \   ̄⌒`     ㍉、升 r劣弋  ̄
       iゝー'、/'/´ ∧   /''イ、_ ヽ ハ         ヽ         \ \      ´..;.∴;.`:'寸㌢.: ::゛;.゛;
       ヽ /⌒'  /ゝヽ / / \ヽ〉 l         ヽ         `ー‐'    ,..xュュ圭ヽ:゛∴;.゛;.: ::゛;.f心
         l、ー'l ,/ 、、 ヽ l ,ヽヽゝl// ,l             ヽ             ィ升少⌒  ュニニ
        l/l/l/    ヾ/  ヽヽ l   l              \       ,..。x≦圭才″ ィ升圭(
         .l',l/l     '/'    ヽ,/   .l            \        ㍉㌢ ∴   )少
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

8121地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 22:11:58 ID:Q68l/XIg0

守圭圭≧ュ。        `'寺圭圭圭仏       焔圭圭}   il  ,佳圭圭圭㌢ ,イ圭圭圭圭㌢        ィ劣
.`'守圭圭圭ムュ。     `'寺圭圭圭ム        焔圭掛   il′ ,佳圭圭圭7 ,イ圭圭圭圭㌢        .ィ劣㌢
、   `'守圭圭≧ュ。   、,  `'寺圭圭ム      焔圭|}  .{7 ,佳圭圭圭7 ,イ圭圭枡㌢"           ,ィ劣㌢"
≧ュ。、  `'守圭圭≧ュ。 ㍉ュ、 `'寺圭|仏     焔圭}  イァ ,佳圭圭圭7 . il!7圭7守㌢        ,ィ劣㌢"
 `''守≧ュ。  `'守圭圭≧ュ。'守㍉ ゙'寺圭仏    焔圭}  {l゙,佳圭圭圭7 / ./㌢ /ア         ,ィ劣㌢"   ,ィ劣
     `'守≧ュ `'守圭圭≧ュ。゙守㍉゙寺圭ム  i} 焔掛 イ}佳圭圭圭7   ,〃  /       ,ィ劣㌢"  _,ィ圭圭
_      `''㍉ュ `'守圭圭≧ュx紗ミ゙圭圭仏 }lム焔掛 {|圭圭圭圭7   .,i'7           ,ィ劣㌢"    ,ィ圭圭圭圭
圭圭≧x。__       ⌒`'守圭圭圭圭圭圭ムl|圭圭|} {|圭圭圭Ⅳ   ./;/       ,ィ劣㌢" __,ィ圭圭圭圭圭
≠圭圭圭圭圭圭≧≠==-ュx。,_`'守圭圭圭圭圭圭圭ニヤ圭圭圭7  .,ノ㌢ λュ   ,ィ劣㌢"  ,ィ圭圭圭圭㌢'"¨ ̄
     ̄¨¨'''===≠圭圭圭圭圭三ニ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭{_,ィ佳仏ュx佳会彡'"゛  ,ィ圭圭少'"¨ ̄
              ̄¨¨'''==圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭~圭圭圭圭圭㌢  _,ィ圭圭少'"
         _ェェェ-‐==ニニ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ィ二ェェェ‐イ圭圭≧ュ=ニニ=ュ

      そう気付いた時には、毒は僕とセイヴァ―を囲むように夥しい悪意を放ち広がっている。

       _..;;彡㌢''"´       寸圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭≧x==、≧x㍉.二ニニニ圭圭圭圭
   ..,..-''"゛             ,ィ劣圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭|}tx守圭圭圭;゙゙''ニ彡㍉≧ュ。,,,_
..ュッ“゛               _,ィ劣圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ix、圭圭心`'守!圭㍉`守㍉、, `゙'㍉≧ュ。,
″   ,ィ升㌢"     _,ィ劣圭圭圭紗у圭圭圭圭圭圭圭圭|`守圭心`守圭心、`'守圭㍉`'守㍉-、、`゙'㍉≧ュ。,,,_
   ,ィ劣㌢"    _.,ィ劣圭圭圭㌢´,ィ佳圭圭圭圭圭ッ゙`守圭|  `守圭心 `守圭心、`'守圭㍉ .`゙'㍉≧ュ。..`゙'㍉≧ュ。
 _,ィ劣㌢"    .,ィ劣圭圭圭㌢´ ,ィ佳圭y圭圭致i圭7  |圭}l.  ゙'<;|,`守㍉ `守圭心、 `守||㍉、  ゙'㍉≧ュ。
'劣㌢"゛    .,ィ劣圭圭㌢¨´   /圭フ少/圭圭紗 佳|   |圭}l,    ゙'㍉ `㍉  `守ll心、  `守||㍉、.    `'
㌢"     .,ィ劣圭圭㌢    ,ノ㌢ l7.,佳圭7.}|7 佳7    }圭|},     ゙' ㍉ `㍉、   `守心、  `守||㍉゙'㍉≧ュ。
       ,ィ劣圭圭㌢"    ,ィ㌢゛   .,佳圭7゛|l゙ 佳}    lト,}圭|}l,    ヽミ心、 ㍉;、   ㍉\   `守`守圭圭
    .,ィ劣圭||㌢"    .,i㌢     ,佳圭7゛ l′佳|     {{)佳圭}l,     ゙'ミ圭心   `心、  ゙''.㍉、   `守圭圭
  ,ィ劣圭||㌢"      yl″    .,佳圭7゛     ||||    .{圭圭圭}      `守圭心 `㍉心、    `ヽ、   `守圭
,ィ劣圭||㌢"       ,イ/     ,佳圭|7゛      ||||       {|圭圭||}        `守圭心、`㍉心、     .\    `守
圭||㌢"      _,イ/      ,佳圭||7゛     |||     {7.|圭圭}         `守圭心、`㍉心、     \
㌢"        .,イⅣ      ,佳圭||7゛        |||     {{ }圭圭}          `守圭心、`㍉心、     \

8122 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 22:16:24 ID:IWDgsYQE0

セイヴァーーーーーーーーーー!!!!!!!!

8123地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 22:17:18 ID:Q68l/XIg0



            / .::::/::,イ:::ノ::/:::i:::::l::::`ヽ
            〃 .::i::::|,イ::l::/:;ノl::i:|:::/l:::i:::::゙l
           /! .:::::l:::i'l::!::|:l:/::i::/l:;イ|::::l::i:::ハ
           l l .:::::::::'::i::l:::/!ィ'ハ::::ノ/!ノtlイ::::i
           |1i.:::,、ヽ:|Vナf゙テ、ソイ/;'ヒナ'l::/
           ヾ. l(rレ、l `ー¨‐'  i'  `゙ ´i/            僕は読み違えた。それほどの存在であるということを
            `、ヾ_j l゙      、 〉  ,'
              ゙l.:::::ハ U   ,... ..  /              結果、セイヴァ―は身動きは取れず、
               ,l´゙レlメ、゙ヽ、   ` ¨´/
              ,<ヾヽ-、__ `゙ヾ`、t‐-'"
         /`ー‐`、二=三ヽ-、ソ                  僕は完全に手を失っていた―――――”詰み”という奴だ
        / ..:::::::::::::::::::::::::::`゙ ̄`ヽ、
        l :::: ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ヽ、
       ,.ノ :::: .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i
      ,." :::: .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l              r、
      !  :::  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`- 、          `込._,--、
     ノ :::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|         /      k'
    / .. ::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ヽ____,,..-‐=ヘ、     }'
  . '´ ..::::::::::::.  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾ ヽ、‐-'"
  l ..:::::::::::::::::ィ、 ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ゞ-''
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
                 / .::::::. ',
                 ハ::::::: :ハ
                 / 〉─〈 ',
              __∧/┐┌∨l、__
          ,,x≦三/ l l、┘ └/'l iヽ三≧x
        ,x≦三三爪 ヽ>-</ ,ィl什|三|≧x 、              ………ラ…ライトよ…。グガァ…。
  \   /      \\イ|圭|心//       `丶、  /
  .、 \/_,, --‐‐‐‐ 、 \圭圭圭少"-二'''‐‐-- ,,,_ ヽ///
 \\/ニニ--‐'''''''゙゙゙゙゙''\\ ゙守圭少" /‐ 、 ゙゙̄'''''‐__  会ュ。.
  l  .l l        / .\\\/ /、 __  会ュ。`寸ミ、 ∴;.゛;. 心
 二-‐ヽ丶、      / /;;\ヽ l /;;;;,, `寸ミ、 ∴;.゛; ㍉ュ   r劣}
      ゙、丶、'' ,,  ⊂lニニ;;;;;;;l l l .l;;;;;;;;;,ニX㍉ュ  ∴;.゛)圭㍉  ̄ ::゛;.゛
      \`丶`丶、ヽ ,,, イ ノ-ヽ` ''∴;.゛)圭心、    ⌒炸ム   守ト、
        \  `丶、二-=//\\心、    ⌒寸圭≧ュ≦圭圭掛, 弋代
         \ __   ///'''''''''''''゙寸圭≧ュ≦⌒`寸圭才㍉⌒¨㍉ト、 ⌒㍉
           \`ー .〈.〈二ニ-=ニ⌒`寸圭才㍉⌒¨ ̄⌒`     ㍉、
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

8124 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 22:18:35 ID:jROc1wss0

考えろ!考えろ!考えろ!

8125 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 22:18:38 ID:n.iPibbI0

済まぬ…

8126 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 22:19:12 ID:nH2tsewY0

まだだ、まだ足掻くんや!

8127地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 22:21:26 ID:Q68l/XIg0

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
                ゙、 ゙、   ∨∧      /    i/\゙、
                 ヽ ヽ    ∨∧   x≦/   /i:::::::::::ヾ、
            _-=ニ二\.\  ∨∧ /  ∧ 〈〉、/ .゙、::::/`ヽ、ゝ、
          /二ニ=-‐''' ̄\ \  ∨/ ̄i /_/┐┌i   i::/   ヽ 丶、     
         // / -=ニ二三三\ \/二 ̄i.i iヽ>ィ <>__i,ィク''''‐-==ヽ  ヽ    
        //─< ̄ } .i     .\ .l i i.  i  .::\_У ,イク'         ヽ  
    ,,--‐‐イノ{ ̄ト、ノ  i .i       ゙l .i i.  i .:::  >,イク"-‐-、         ゚     ――――――つ、次の指じ…を……ググググ
    / ,勿三三{二ニ} i  i i.         l .i  i.  i::::  /二ニヽ  \      ,ィ-
   .l lニ三三三ゝ‐-‐ヽ ノ i  _,..-‐'''"l .i  i.  i / /´   \   \    / /       次の指示を頼む…。
   l l三三三三ゝーニ爪三二三三三沁 ヽ } / ./       \  ゙、  i //
   ヽヾ:ニ三三三三三三三三三三三三ヽ / ゙、 i           \   ゙、 .i l 
     ゛''‐-=ニ二‐- 、三三三三三三三/ヽ{ー /゙、 ヽ         ゙、  ゙、i l l
           `丶、.、三三三三ニ=-" ゙、 ゙、  ゙、 ゙、          i  /.i .l l
              `丶=-‐'''"´    .゙、 ゙、  ゙、 ゙、          /   / .i .l l    セイヴァ―は毒に半身を溶かされながらも
                          ゙、 ゙、   ゙、 ゙、     ,, /   /  ゛l l
                          ゙、 ゙、  /\ ヽ -‐''" -‐''"    >、    決して後退せずこちらに対して指示を仰ぐ
                           ゙、 ゙、_/  / ̄゛‐-‐'''"゛''‐- >''"  
                           ,,>、_/ /       >''"     
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
     !:::::::i::::l::::::::l:::|i::::::::::/:::::::i::::|::::::::l::::::/!:::::::/l:::::::::i:::::l::::!
     l:::::::::|:::il::::::::|:::l!::::::/:::::::::ハ:::i:::::::i:::::/:l:::::::/:::::::::i::l::::::|:::l
      |:::::::::l:::l:|::::::!|::l:|:::/:::::::::/ !:l::::::l:::://l:::::/ハ::::ト:::l::i::l::!::::|
      l::::::::::l::!::l::::|:i::l::|/::::::::/‐‐‐l:ト:::l:::/'::/::://‐‐!:l::|:l::|:::リ::::l
      |::::::::::|:l::::l::i::|::l:::::::/,.-‐-、リ l/:/::イ::/:/,.-‐ミj.|:l:!::l:::l'::::i
     i:::::::::::li:::::|:!::l::i::ノ く´(トr':)丶/://://(r':) 〉!l::::l::|::::l!             え?
     l::::::::::::!:::::li::::|:l::|  ゝ--‐′i/ /'´  `ー-‐' |::::::i::l:::|l
       !l::::::::::::::::l:::::li:::l           i      l::::::|::i::/!
     リ|::::::::::::::::::::::!::l           l、    ノ!::::l:::iリ
   /´ハ::::::::::::::::::::::::|         _ ノ     !:::/:/i
-‐'´:::/  !:l::::::::::::::::ト、!  U        ´     /::/!/`ヽ‐、
::::::/     リl::::::::::::::::! \      ,. --- 、    ,イ:::/l/}:::::::::::::`::‐‐-、
:::::{       l::::::::::::::il  \    ` ̄ ̄´  ,.イノ!::/ ノ l::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::l       !ハ::ト、::|    \     ̄   / l/|/    |::::::::::::::::::::::::::::::l
::::::::!          リ ヽ!  i   ヽ、   ,.ィ'       l::::::::::::::::::::::::::::::::!
::::::::::ヽ、_           ヽ     ` ̄ /       /::::::::::::::::::::::::::::::::::l
::::::::::::::::::::`:‐-、         ヽ、   ノ     _/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶.--、__       i    _./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/

8128 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 22:22:19 ID:FtWMqe4g0

セイヴァーさんがかっこよすぎて辛い

8129 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 22:22:50 ID:jROc1wss0

セイヴァーさん…(´;ω;`)

8130 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 22:23:09 ID:n.iPibbI0

最後まで見届けてくれるんか、言葉通りに…
あかん、泣いてしまう…


8131地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 22:24:05 ID:Q68l/XIg0





              ――――――――――手なんてもうない。


              僕の心を読めるはずのセイヴァ―ならそれを分かっているはずなのに

             セイヴァ―は繰り返し決して後退することなく僕を守りながら問いかける。





                     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                     |     次の指示を頼む。      |
                     乂______________ノ






8132 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 22:25:24 ID:UFsfQMcs0

頑張れ、頑張れ月…

8133 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 22:28:09 ID:dgtqL51k0

諦めるな月・・・

8134地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 22:30:03 ID:Q68l/XIg0


                    r== ─ 、
                     ,イ´/.:|.:\.:.:.:ヘ
                     {.:.:/|..::|ヘ.:::ヽ.:.:ヘ
                  __|.::|::i!:.:|.:.:ヘ:.|.::|.::}
                  /::::i.:.ヽ、.:.\.:.:.|..:|.::|`ヽ
               /ヽ:::::マ\.:\.:.U|ノ:/::::}::>、
                 〈:::::キ:::::ヾヘト、.ヽ¨´Ⅳ:::::::|:::::::::::ヽ
                /::::::キ:::::::::八`=‐/:::::::/:::::\::::::ヘ            セイヴァ―…どうしてそんなことを聞くんだ?
                 /:::::\\::マ,::',/イ7ヽ::<::::::::::::::::\::::ヘ
            /:::::::::::::\::::::::::', イiil ./:::::ヽ:::::::::::/:::::::}           分かってるんだろ。もう僕には―――――    
              .{::::::::::::::/ ̄ヽ::::::',|iii|/:::::::/::::::::::/:::::::::::::|
           /:::::::::::::/    |:::::::',ii/:::::::/::::::::::/:::::::::::::::1
  _ _    /:::::::::::::/   /:\::::V::::/::::::::::/::::::::::::::::::|
 `ー-、 `ヽ<:::::::::::::/    /:::::::::::|::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::〉
   n 〉. n,─ヘ:::::::/       /::::::::::::::|:::::::::::::::::::{\:::::::rァ:::::.|
 rf_l_l^ヽl.l_ノ::/       ./::::::::::::::::i!::::::::::::(\^ヽ\ノ ',::::::|
    ̄ ̄   ̄        ./:::::::::::::::::::|:::::::::::::〈\ヽ ゝ / }::/
                  ∨:::::::::::::::::|::::::::::::::: ̄`ヽ-'゙ニノ/
                    /∨:::::::::::::::|::::::::::::::|\::::::\::::/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
                      ∧
ニニ=ー── 、           l l    
    ̄ ̄ ̄∨:::ヽ         l l    
-=,,__  _,,=-‐''''" ̄`\      ト、ィ    
   `゙゙〈  \::::::::::::::::::::::\   -=l.∧l=-  
    ,ィ---、 \⊂○⊃ノlr'''"´\ニ/`゙'''-                 アアアアアアア…い…言ったはず…だァ…
   /ニイ/ニニ、心  ∴;.゛;.://ヽ\ニ=-
. /_ツ /二ニニ/:/‐㍉(  炸  /k   仏彡"                ささいごまで…ミトドケルト…アアアアアアアア
/ニニニ} l   }::/ ㍉ マム,イ7   リ   紗′     
ニニニ/ /、ヽ \∴ミ  )圭抄  〃  /′      
ニソ"/,ィr 、ヽ l  寸圭|{:゛∴;.:  〃=ニ彡                  
‐-イl,ノ __l,ノ.l /以{  マム心、∴ハ/淤{ノゝニノ、`ヽ
  l, l__/ ,,-''   ㍉ム  )圭圭才´)圭アフ  /´゙ー`ヽ
  l,ノ="       Ⅵ  Ⅵ圭リ´  }ソ〈 /   /⌒
         / リ  :以Ⅳ:゛;.゛; ∨    /    ハ
         /    Ⅵ7ニ=/    ヽ-,,, /     .ハ   
              〃
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

8135 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 22:31:42 ID:IWDgsYQE0

セイヴァー……お前って奴は……
これが英霊……人類史にその名を刻んだ傑物


8136地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 22:38:33 ID:Q68l/XIg0


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
                         
                     ∧   
                         ,i i,  
                     ,i,、 i, __  会ュ。.
                    /=‐ ̄ `寸ミ、 ∴;.゛;. 心        ──────最後まで汝を見届ける
                   / /::::/   ㍉ュ   r劣}
                 //;;/::::/∴;.゛)圭㍉  ̄ ::゛;.゛       そしてこの戦いは任せると言った…。
     ───ニニニl‐- 、/ /;;;;;/:::::心、    ⌒炸ム   守ト、
   / " /  ̄ /;;;;;\,イl l;;;/:::::/ 寸心  ∴;.゛;.:掛, 弋代      ならば、我が身はその約束を果たすのみ……
    ̄ ̄二ニ=-〈\;;;;;;/ /l l‐-/::::/  ⌒`寸圭㍉(  炸  /k   仏
    //  ,ィ - 、ヽ`''''l / ノ-\‐イ     ,㍉ マム,イ7   リ   紗′     
   // // //l \ l l/ ,ィ-、 \`丶、  ∴ミ  )圭抄  〃  /′       ガ…あああ………つゥ…。
  .// ./ `゙''/`l" / .∧/ ///:l:::::::l   `´   寸圭|{:゛∴;.:  〃
 // .l゙゙゙'‐/ l、 弋_ノ / /// l:::::::l     以{  マム心、∴ハ/淤{   ズルズル…
 `l  l  /   `丶/゙''l {///:i:::::::l     ㍉ム  )圭圭才´)圭ア
  l\l  /      ∧ ∨/:i::::::::l      Ⅵ  Ⅵ圭リ´  }ソ        
            //ヽ-=ニ::::/      / リ  :以Ⅳ:゛;.゛;    
                             Ⅵ7          
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
       /// /ノ/ /     /ヽ|/ |/ヽ
      //  // // // /|// /|/ // .l  ヘ
      .// /// / /|/.// /// /|/ // .lヽ .ヽ
     llノ//|. / / // // // /|/|/ | } l ヘハ
      {/ /// / /|/N/  / .// /|/ // .l lヽ .ハ
     ',lノ//|. //  // // // /|/|/ |  } l ヘハ             
      ',l`ヽ// /ノ/ / / . _,,,≠-‐N/.l |ヽ ./
      ',N,r、///ーtュテ、/// / ,-‐tュチ|/|//} |/                セイヴァ―!!?
       ',l{ ハヘ' ` ¨´|/´ i´  ` ¨´/|//l/
        ハ、_ハ\       |        /l/                  
         >、 ヘ,         | ,      /ノ 、
      / ',lヘ|'\.U             イl/'  \
      /    .',l/l,. \.  ´ ̄`   /|/リ   ∧
    /       ',.}  ',, \     イ  .} }     ∧_
, r '´/        .',   .',,  `ー‐'     lヽノ     ∧`''ヽ
  /          ',   ',        / /       ∧   `'''ー-、
 ./             ',    ',         l          ∧     ハ

8137 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 22:38:57 ID:n.iPibbI0

セイヴァー…

8138地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 22:41:57 ID:Q68l/XIg0

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

   , <:.:,イト、V!:.:.:.> 、
. /:.:.:.:.:.:/:.:ヤ:.カ:.{゙ミー、:.:.:\
/|:.:.:.:V:./:.:.:.ヤ:.V:.l^":.:.:\:.:.:.\
:.:}:.:.V:.∧:.:.:.ハ:.:l;ツリべ:.:.:.:.V:./\
: l//:.:.}}/:.:.:V:.:/:.:.:.:.\:.:V:.:.:.:./ヽ
//:.ト、:.:リ:.:.:.:.:.:V:.:.:.:.:~レへ、:.:.:j:.:.ハ
:.l:.:.:.:l:.i.:/:.:.:.:.:.:./|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.V:.:.:.:. !        何もできない……逆転の手などない…。
:.|:.:.:.:N/:.:.:.:.:.:.:.i:.l:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.l
リ:.:.:.:|/:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:i:.:l:.:.!:.:.:./|:.:.:.: リ
、:.:.:.:'.:.:.:.:.:.:.:.:V\:.:.:.:|/:.:.:!: /:.:|:.:.:.:,′        今僕にできることは―――――――ナニモ―――――
:.:ヽ:.:.V:.:.:.:.:.:./:.:.ハ/:.:.:.:.N:.:.:ト、:./
:.:.:/\!_;.イ:.:./:./:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:|:.V}       
:./:.:.:j:.:.:.:.:.:.|/:.:.U:.:.:./|:./ /イ^ }
ハ:.:./:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:./|/ |/ ,/
 V|:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:./ {  /
  へハ! }:.:.:/__/                 いや…一つある。たった一つだけ…僕にできることがある…
    \、|ハ!
`丶    \                      でもそれは―――― ―― ―― ――
.   `丶  ヽ
       \}
         \

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

8139地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 22:44:41 ID:Q68l/XIg0


┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻

         / /     j  r-、  从      ,人ニソ / | /!         
          〈 {    / __ハ ヽ  i   r ァ  、_)) ,/ |/ |
         ∨ヽ.  r'': : :/ ) ..} i! |, -、__ 。< ´ ト、           
            \ ヽ/: : : i _}  ヽ/ //7 {.    |、 ヽ            その”魔眼”は使わない方が良いですよ?
           Y: : : : : :.{ ゝ/ // /ト、i!  |.  | ヽ. \        
             {: : : : : :.ハ    (/ /∧ミ!.  ! |  \ \         命を削ることになる…
              ハ: : : : /: :}ー 、   ´/i!:.:ヾ.  l |   \ \     
           / ゞ: :/: : {`ヽ    /:| ト、:_:.ゝ、   |      / /       そうですね…一度でも使えば貴方の寿命は”半分”削られます。
             / ノ: :/: : : |  ゝ- '': 、 |: : : : : :ヽ. |.     / /      
         / /: :./: : : : |    i: : : :ヽ!: : : : : : : }.!   ./ /         その眼はそれだけの力を秘めた物です。
           / /: : :': : : : : |    j!: : : : :',: : : : : : ノ !   \ ヽ      
        /  乂: : : : : : : :ト、   /!: : : : : :}: : : :.イ. |    \ \
         ,′   `ヽ: : : : : |:.ハ ./: |: : : : :,リ: : : : :.!  !      \ \
      /      ,. \: : : :!: :Y: : :!: : : : /! : : : :.:{ , |         \ \    その力は――――――――
     ノ     /   ヽ: : !: :i!: : :|: : : /. |: : : : :.i从ノ         / /
   /´        /    ト、:.|:.人: : !: :./  |: : : : :リ、       ./ /
   .乂       /      ノ: }:|/: : ヽ:!:/: | !|: : :/: : ヽ.    / /
     ヽ.   /    /: / |:!: : : : :V: : |  |: : イ: : /: :ヽ  / /
      }   .′    /: :': : リ: : : : : j}:.:.:| リ: : : : ノ: : : :.}ヽ /

┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻

8140地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 22:48:19 ID:Q68l/XIg0

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓



                                               ――――――そうだ。一つだけある。


                                    僕にできることが、たった一つだけ…たった一つだけ…



   ヘ.:\:.\.:.:.:\.:.:.:.:.\.:.:\ ̄ ̄ ̄ヽ,.:.:ヘ \.:.:ヘ.:.}
    ヾ..:\.:|`''─ゝ:.:.:.:.:`ヽ.:.:ニ=‐   ヾリ'ヘ  \.ヘ|
     \  l     `''─-ニ=‐        ヽ.  ∨
        ` ヽ__ ´ ̄                /
           `ヽ,,_   ,.--─、       /          セイヴァ―…ひとつだけ頼みたいことがある。     
                  ̄{ニ-─´      /   /
                    /`‐一'     /⌒ヽ/         僕をあの怪物の近くまで限界まで近くまで運んでほしい
                /::::::::::`ヽ   /:ヽ    イヘ、
                |::::|:::::::::::::` ̄´:::::::::::\  ∨ソヽ       ―――――――――――奥の手を使う。
                |::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.|   ∨//
                |::::{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨  ヾ7/
                |::::ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨   |//
                |::::::::::\:::::::/|::::::::::::::::::::::∨. |//
、 l⌒ヽ            .|:\::::::::::::::/ i!::::::::::::::::::::::::∨ i!//
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

8141 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 22:49:04 ID:baTSkFlo0

相手の名前と寿命を知る事が出来るだけ、なんてことは無いよな?

8142 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 22:49:38 ID:ZFHqHmXI0

ウチらの不手際の責任を月に追わせてしまうのもつらいな…

8143 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 22:51:23 ID:lsadhJZk0

くれてやる!(月の寿命を)

8144地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 22:51:45 ID:Q68l/XIg0



 ,{.:.:.:.:|..:.:.:.:.:.:{.:.:.:ヽ,.:.::\.:.:
/.:|.:.:.:.:|\.:.:.:.:.:\.:.:.:\.:.::\:
.:.:.!..:.:.:1.:..:\.:.:.:.:..\.:.:.:\.:.:.:
.:.:.',.:.:..:|.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:`<..:\
.:..:.:',.:.:.∨.:.:.:.:.:.:`<.:.:.:...:`<
ヽ:.::.\.:∨⌒ヽ.:.:..::`<.:.:.:.:.:.
.|:\.:.:..:.:.∨ヽ ヘ^\.:.:.`<:.:.
:.',.:.:.\.:.:..∨ } ヘ  ヽ.:}.:ヘ.::
.:.:',.:.:.:.:.\.:.:\  ヘ::::::}从.:.ヘ
.:.:.:',.:..:ハ.:.ニ=-.:\ ヘ::::|.:',ソ\           ( 未来のためにこの驚異の正体を明らかにすることだ。)
.:.:.:.:',.:.:.:ヘ.:.:.:.:.:.:.:..ヾ ノ
..:.:.:.:.:\.:ヘ\.:八\  \
\.:.::.:.:.:\i. \j  \ ',\              できるだけ、大きなのを頼む。
  \.:.:.:.:.:|        ` .',::::ヽ
   マ..:.:.:.1        ',:::             与えるダメージは大きい方が良いから…
   ヽ}マゝ、       ',::
         \      /:::
          \   /::::::::
           \/::::::::::::
            ,<´:::::::::::::::::
       ,<´::::::::::::::::::::::::::::
   ,<´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
                 / .::::::. ',
                 ハ::::::: :ハ
                 / 〉─〈 ',
              __∧/┐┌∨l、__                    
          ,,x≦三/ l l、┘ └/'l iヽ三≧x
        ,x≦三三爪 ヽ>-</ ,ィl什|三|≧x 、             ――――――そうか分かった。
  \   /      \\イ|圭|心//       `丶、  /
  .、 \/_,, --‐‐‐‐ 、 \圭圭圭少"-二'''‐‐-- ,,,_ ヽ///       汝の望みに応えよう。
 \\/ニニ--‐'''''''゙゙゙゙゙''\\ ゙守圭少" /‐ 、 ゙゙̄'''''‐‐--,,,ヽ l´l
  l  .l l        / .\\\/ /、   l         .l l l
 二-‐ヽ丶、      / /;;\ヽ l /;;;;,, ヽ /       / /ヽニ
      ゙、丶、'' ,,  ⊂lニニ;;;;;;;l l l .l;;;;;;;;;,ニX⊃   ,,-'',,''/
      \`丶`丶、ヽ ,,, イ ノ-ヽ` ''‐-",,,l_.,,-'',,-''/
        \  `丶、二-=//\\‐-=ニ,,,,,,,,-''"/
         \ __   ///'''''''''''''゙、゙、\__/ヽ/
           \`ー .〈.〈二ニ-=ニ〉.〉  ,,-''"
              \ ', ',     / / /
               ヽ ', ',   / / /
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

8145 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 22:51:51 ID:c3w0zpo20

最近誰も助けられないんや・・・先生・・・ダディ・・・できない夫・・・俺たちはどうすれば・・・

あ やらない夫とキル夫は座っててw

8146地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 23:01:19 ID:Q68l/XIg0


三ニ>//ヘ  !  .ヘ///////////////////////////////////////ヘ/////ヘ
三:/ヘ///ヽ|    i/// \//////////////////////////////////:ヾ//////`=.、
 ///:ヘ///:',   .ト、!  .\//////////////////////////////////ヘ///////`
:';:::V//:ヘ//:ヘ   ! ',    .V//=-t//////////////////////////////ヘ/////
:ヘ::::ヘ//:ヘ//:ヘ  .|  ',     .|::/   i///-".V//////////=-‐ '' "7//////////`_/-
;:::ヾ:::::ヾ/::';//lヘ  |` 、ヘ   ,''    ,"    .V////‐'"      .///////,=-'" ,-'ニ三      ___
:\::\::::\V///\!  !` 、  .;    /     !/'"        /////="   / (三三     / __ \::\
::::::_ニ-"-"/\///ヘ i  ` 、'---.┴ .、   ./"       >'" ̄ /      ``T""    / ./::/  ヽ. ヽ::ヽ
/   ,.="::::/ .`マ/ヘV  ', ` 、    .\ ./      >'"   /        /      |_|__|   |  |:::::|
_,, -=":::::::::::! ;  ;`.マ:ヘ ',   | ̄ ̄ ̄.フ‐‐‐--t‐"---t‐‐''"       ,.-"__,       __/ /::::/
:::::::::::::::::::::::::;! i ; .;  ; ;`.マ::ヘ...|_   ,/   , -"   /__      __,, -"‐'" .__      / ._/::/
::::::::::::::;=-'" |. ,' ; .;  ;  ',ヘ  ` ‐-ニ三=---t"____,>"/////777777/////-''" _,,,,_     / /::/ ̄    ___
;=-''"    |/ ./ i  .!  i',.ヘ    `、.`.,r≧=-//////////////////////,..t(三三     |_|_|     / __ \::\
      / ./  .!  i  i ,斗\   \弋zツ  ̄ ! .‐.t---t---t--t--<///::ヽ=`=="     _      / ./::/  ヽ. ヽ::ヽ
   -="-ャ./   i  .i ,'"、 . \ ` - _ .ヘ.      | ./!   i   \ ヘ ',`=t<//////   /\::\    |_|__|   |  |:::::|
     ./"/   ,イ ', .ヘ'., ,rシキヽ    .`リ    . |,イ ;   i    i\V',  ト、 .`` ‐-   .\/::/        __/ /::::/
     ,{ .;  r' .i  ',  ヘ 弋,zツ    ,      | i .ヘ  .i    i  `.}  .V ` ‐--      ̄        / ._/::/
       ! .i  !  ヘ  `‐ 、       r==‐、  i i  .ヽ、i    ノ   i    `!‐--‐            / /::/ ̄
       {\', !' 、.  ` .、 _, ニ=-、 ,r',ニ、/ ,イ.`! !   ` 、./    /    V_             |_|_|
       _/:7、 \  _ -'")  .≧=/:::|ニ イ   .| i` 、   ` - 、/      |::::::             _
    ,r::":::::::,r'-='"_`-=、/::::/ ',丶  .}::::::!     .| i  .,t=、     ヽ      .V:::           /\::\
_ -":::::::::::::/:::':::::':::::::;::'::::::::/-、 .! |丶 .}::::::i      .| i ,r"  | `t、    ヽ     .V           .\/::/
:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::`::/::::::::ヽ、 |_  .);:::::i_ >‐! ',i    | .,' . ` - 、 ヘ                   ̄
゙:::::::::::::::,'::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::;::::::::ヾ:::`::)  Y  i ; 'i ,,,  i/-''"ヽ_  ヽ ',
::::::::::/i:::::::::::::::::::::::::/::::` マ::::::::::::::::::::::::ノ   !.  ',ヘ .',}`=--ニ、`:::-::ヘ、
:::='"  |:::;:::-:::;::::::::/      ,` ‐‐t/.\   i   ///::>==-、:::::`:::、::::::::\

8147地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 23:09:53 ID:Q68l/XIg0


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
                               __
                              i i
              _,..-‐'''''ト 、     ,ィ≦フ-‐心  ∴;.゛;.:
       ,ィァ _,..-‐'''"~ ,,. ''"`丶、`ヽ/二/ /:::::::::::゙、ヽ㍉(  炸  /k   仏    相手はこちらの様子をうかがっているようだ
   ,ィ-//-‐‐┐  .,, ''";;;;;;;;;;-'''",,-" l ̄_∧::::::::::::: ㍉ マム,イ7   リ   紗′
 =ニ//;;;;;;;;;;ニl >、 ゛''ー''" ,,-''"    l i   ゙、::::::∴ミ  )圭抄  〃        月よ。最後の言葉はあるか?
ニ//;;>''" ,,-''"    ̄‐-ァ、    ,,-''" \    〉‐〈  寸圭|{:゛∴;.:  〃
" /''"   `丶、__   / l-‐''"      `>-/,,,,,,以{  マム心、∴ハ/淤{
  i  ┌──ゝ-、‐┐ ゛l    l     __{二/〈;;;;;;;㍉ム  )圭圭才´)圭ア
  .i  .l:::::::::_,ヽ  ヽ;l  l    l >‐'''' ̄ ̄`ヽ \`l´/<´ ̄ ̄ ̄ `ヽ     
  i,,,=-イ´  \ .i;l  l  // ,-‐-、     ヽ `l´/     __  会ュ。.
、 /ヽ ', ',      /l _l 心  ∴;.゛;.:; r劣}   ', .,'     ,'`寸ミ、 ∴;.゛;. 心
 ゝァ‐"  ヽ  /''''"´ /ュ ㍉(  炸  /k   仏 i-i      i   ㍉ュ   r劣}ヽ  
  {_ノ  l´ /    ´..;.∴㍉ マム,イ7   リ   紗′ ヽ    ∴;.゛)圭㍉  ̄ ::゛;.゛  ゴゴゴゴゴゴ……
    ヽ__ノi }   ,..xュュ∴ミ  )圭抄  〃  /′  丶、 _心、    ⌒炸ム   守ト、
       `´ ィ升少⌒  ュ寸圭|{:゛∴;.:  〃       寸圭≧ュ≦圭圭掛, 弋代
     ,..。x≦圭才″  以{  マム心、∴ハ/淤{        ⌒`寸圭才㍉⌒¨㍉ト、 ⌒㍉
       ㍉㌢ ∴  ㍉ム  )圭圭才´)圭ア             ̄⌒`     ㍉、三:\. \_
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
            〃: : : .、: : .: .: .:\ : :\.: .: .: .: .: :|i
             i : :″: : \.: : : : : : .、 : :\ : :\ :|il|i
             |: : |l: : : : : i\: : .: .: .: .: .: .:\: : :i|il|il|i 
             |: : ⅣI : i: :|.: : : .、: : : : i|l: : : : : :l|il|il|il|i                             ファイナル安価
              Ⅳ: :Ⅴ: :ト、ト、.: :、\.: : :l|ⅥlИ |il|il|il|il|il|i
             }'Ⅴ: Ⅳi:|,,_\ 、 \ 丶斗rtツ |li|il|il|il|il|il|i                      ” 最後の言葉をどうぞ ”
            }: : : :从弌赱ヾ  丶‘¨ ´ ノ'l il|il|il|il|il|i
              Ⅵi丶i:「`ヽ,    :.       И|il|il|il|il|il|i         
.               Ⅵi 从        ::.     /|il|il|il|il|il|il|i                           (セリフ安価)
              И_∧       ´     ./ l|il|il|il|il|il|il|il|i
               _ >厂 ,心、 ー -_;;´ ’  '  Иil|il|il|il|il|il|il|i
        _ ,, 。oil〔  /   V∧\     .:i|    l|il|il|il|il|il|il|i
   ,, 。oil〔.      ,,.′''''  ━─→o。...。:i|′    /|il|il|il|il|il|il|i
          _r/             ̄_ \.    /⌒ヾlil|il|il|il|i
        /{{i     ___          \丶 〃 il|il|il|ill\lil|il|i
       /  {{.   /..^ ー- ,,  \` 、 / {{ il|il|il|il|il|il|ill丶li
      /   .:∧ /.:::::::∧   { `ヽ . i . } }_) }} il|il|il|il|il|il|il|il|il|i                   23:20 ↓2 3 が融合
    .:i{       ∨.::::::::::__}   } } .l | ノ´ //lil|il|Ⅶ|il|il|il|il|il|i
 /  ∨      ∧__::/      ( /.   〃/il|il|il Ⅶl|il|il|il|il|i
:      ∨      /.        ゙ 、丶  { {il∧l|i′ Ⅶil|il|il|il|i

8148 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 23:14:44 ID:c3w0zpo20

ありがとうセイヴァー

僕は僕の夢のために行くよ

8149 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 23:16:33 ID:IWDgsYQE0

ありがとう。君にはただ感謝、それしかないよセイヴァー

8150 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 23:17:04 ID:dgtqL51k0

僕ではみんなを助ける事ができなかった
理不尽を覆すことができなかった
無念だ・・・悔しい・・・セイヴァー僕は力が欲しかった・・・

だからせめて未来に希望を残して逝くよ








8151 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 23:20:00 ID:piFC77S60

セイヴァーよ、全てを滅尽滅相せよ!!!!!!!

8152 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 23:20:01 ID:ywOFxJfA0

今までありがとうセイヴァー
最後まで僕は自分の願いを諦めないよ
そして、まだ見ぬ誰かよ…いつの日か、僕の願いを…


8153 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 23:20:02 ID:dgtqL51k0

僕ではみんなを助ける事ができなかった
理不尽を覆すことができなかった
無念だ・・・悔しい・・・セイヴァー、僕はみんなを助ける力が欲しかった・・・

だけどせめて未来に希望を残していくよ









8154 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 23:20:02 ID:n.iPibbI0

ありがとう、セイヴァー
僕は行くよ、自分の道を、自分の意思で
たとえ一人ではたどり着けない夢でも、僕が通った道を頼りに後の誰かがたどり着いてくれると信じて

8155 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 23:20:05 ID:DJhfUVqg0

最後の切り札を使った瞬間、僕は死んでしまうかもしれないが、
せめて未来に道を残せたらと思う
セイヴァー、不甲斐ないマスターで本当に済まなかった
そして今迄付き合ってくれてありがとう本当に感謝している

8156 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 23:20:07 ID:IWDgsYQE0

>>8149

8157 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 23:20:18 ID:FtWMqe4g0

短い間だったがありがとうセイヴァー

この聖杯戦争に潜む理不尽はまだ残っているけど
僕は最期まで抗い、救済を止めないよ

8158地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 23:25:38 ID:Q68l/XIg0


        .ィ:芯:ヽ
        ハ/ィリ:.:ハ
        V:.:.:.ト!:.:.:リ
        >┴-:く
      .∠ ------ \_
    /´          `丶             ─────今までありがとうセイヴァー
    .′zzz==zz======/ ハ
    ′Yア         /  |             僕ではみんなを助ける事ができなかった
   .′ Y            |
    ′ |         }   {             理不尽を覆すことができなかった
  〈   | i        {   |
   } フ| l           |   〈             でも最後まで僕は自分の願いを諦めないよ
   ド彡{ l          |   .》
   |:「/,| l         |   :|            そして、まだ見ぬ誰かよ…いつの日か、僕の願いを…
   ゞ!/l         l |ミ= :|
   |//|          | :|   |            だからせめて未来に希望を残していくよ
   |//|zzzzzzzzzzzzzzz|z|ミーr'
   “¨”| ̄ ̄王兀王王=:「ゝ-'
     :|:.:.:.:.:.:.:.:′!圭圭E|
     :|:.:.:.:.:.:.:.′ !:.≠圭:|
      }:.:.:..:.:.:′ .l:.:.:.:.:¨:l
      |:.:.:.:.:.:′  !:.:.:.:.:.:.!
      }:.:.:.:.:{     !:.:.:.: =|
     .|:.:.:.:.:.|     }:.:.=圭|
     .|:.:.:.:.:.|    l:.ー=圭!
    〈:.:.:.:.:.:|     |:圭圭|
     }:.:.:圭|      !圭圭|
     |:.=圭|     l圭圭:l
     }圭圭|     l圭圭;|
    ハ圭圭!     l圭圭;|
    A圭圭:|      }圭圭:!
   .〈圭圭圭!      ヒ圭ヨ
    |圭圭「       }圭「

8159地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 23:30:58 ID:Q68l/XIg0



  ,r ======-,、 _ .                       。   ロ 囗=-,
  ヽ==- 、///////....            。      ロ      [] ロー- '
       ` ー- 、///////|     ロ           ロ   ロ ロ
           ,、......          ロ        []  [] ロ囗
          r|i ......    ロ        []    囗    ロ []
          ViヽYr-/>=<ー--、///////ノ ̄ヽllロ   [] 囗 囗         ─────そうか。
          | |///////K/   ,r-YiiiYr>[]    ロ   [] 囗
         ヒミ/////。                 。   []  ロ []          ならば、我はその道を照らす炎を送ろう。
         ヾ=/////// ///--'/ロ     ロ   []┌┐  囗
          ,ト|/////>  {///////,! |l//ロ   []  └┘囗,          願わくば、汝の思い描いた未来への灯に―――
          ヽ=、,!`´  Vr///ノノ ヾ///ロ    ロ 囗/,}          
                __////r'´    。     ロ  [] 囗
                V//,/        ヾ//V 。 ロ囗
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

ヘ ',:::ヘ|:::::::::l:::ヘ::ハ:::::\|:::::::::::\:::::::\:::::::::::::::::::::/:|:::::::::/:::::::
 ', \:ヘ::::::|ヽ:::ヘハヽ:::::`ヽ_::::::::::\:::::::\::::::::::::/::::|::::::/:ヘ:::::
  ',  ヽ',ヽ| ヘ\::::ヘ \:::ヘl`ヽ:::::::l\::::: l::::::: /`ヽ|:::/::::::::ヘ:
__ヽ ./ヘ .ハヘ:l \:ヘ. \ヘ  `ヽl::::::\::\::l\::::|/:::ヘ\:::            
`ヽ ̄./ ハ:::',ヘ..  `ヽ.  \   `ー-l:::\::\:::\   ',|ヽl
    /.    \ ハ               l:::::::..
.   /       `ヽ              l:::::::::::...                    ………・・。
  /         ヘ       `ヽ  _/:::::::::..
. /          /'';;\
 `''ー-=,,,_   /   ';;;;;\     ___ ___
      '/     ';;;| .\                  /
   , r ' ´          |.   \  ` ̄ ̄´       イ;;;
  K              | .     \         /;;;;;;;;
    ∨          |       \      ,イ''''''''
.     ∨          |    ,r‐='`ー― '`ヽ
      ∨          |   /;;'ヘ . / / / /\
     ∨         |  /   ∨ ./ / /   \
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

8160 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 23:34:56 ID:c3w0zpo20

さらばだ英雄
お前の思いが誰かを救うと信じてる

8162地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 23:38:40 ID:Q68l/XIg0

           ィ
.          , ィ./
.       ,イ /
..    /  ノ                ,イ'                           ,ィ
   /  /                 ' '{                                ,イ{
.   Z   ( , イてィ                  ,イ                              ト}ア ,ィ
.  /      ,ィ′                >                          '´. ´`´. ゙

                          ──────これは、太陽よりも燦然と輝く炎柱

`-r'´j                         {   , ,} てyZ.   } ´{ィ/゙i        ,.ィ {
/´ィ て_              /         」  ,イ.゙     {_, イ    ィ        7,,,,}ィイ
゙ ′            , イてィ′         レイ.      , ィ       ′          ム. ,イ /
.
'   手を伸ばす者に未来を導く真実の熱炎────────────

/            イ  7 ,ィ      ´  レ'  ` 、ィ´ ,'イ/´ ァ'.       レ'.  ,Σイ      /,ィ_
{                , ュ.  √     z.   ,ィ  , イュ彳  ,rzア レ'           r',ァ=i'/       '
7          '´ . /,イ         { ,,. ,イ/ェノ ゙ノt,ィ匕,           /イ.  リ

           猛り燃える炎は、誇りと信念を掲げ、その信義を貫けと糾し、

/  ,     ′ゝ'   } ゙`´,.      ィ'r゙     `      弋ュ、        ,ィ/   ヾ、`¨´
.  i     ,ィ   ,イ/i /.      /'. i     ,  ト、       ̄~゛'ー-ェ彡'´ , ィァ'  廴.    ,ィ
ィ  ヾ!. , イ/  ,ィ√ i!.    ,,,, ェ'´. ド!.   iハ i `ヽ、 _     r'´`´_,..-‐'.ア  ,ィ',.ィ''ゞ'^´
' イ      廴/i',イ  ,'!_,廴ノ  乙ィ ,!    ` ゞ|k=゙¬'´z_>   ` ー'´   ゞ彡ゞ´
',       (  `レ'  } ,ィ.        マ      マ`ヽ、    `ゞ==Z.       イェェェァ

8163 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 23:40:04 ID:IWDgsYQE0

やっぱりサーヴァントとマスターっていうのはこういう関係が素敵だよな
偉大なる先人とそれに続こうとするもの


8164地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 23:42:17 ID:Q68l/XIg0


                                                 ⌒); .      ;? Y⌒  ;
                                                '⌒ヽノ⌒ン゙ i,人 __,ノし
                                                     '^⌒; ; :,     , : (     ;
                                                         __乂 , :        i
                                                       ⌒';…;、;、\ |
         ;    :                                  ,                \  し(
      .;′ .;   ;                                         , ;          __).; ,  \
      ’       ,ノし:'                            ’,     :.; ;           ,  ;'⌒ヽ
;j、    ′    /⌒’                             /(__                     ;
 ;丶 __,ノ'                       ';. :                  ;.'⌒`    ,:               ;
   , ;:;(              :        :,                    ノ(__    ,;
    . ;丶 ;       ;′.     ;                       'てノ⌒   "

              契約の王は高らかと炎槍を握りしめ”奇跡”の一撃を解き放つ。

       ′   丶 ;__丿人_  ,;’j:、 :   ¦ ノし': ;                    i .,.:’            )\
              ; , . :     ,:~       Tざ    人   ;   ' _,ノ,:  : / , :              `ヽ)    ;
: .                 ;     :  ;  ‘;        ノ( :' :′.: ;    . : , / ;                        i
: :. :        ;                    丿           ,: . :   ,   ‘'(_丿           i;、    ;    人
  , . ;;  . :, ;: . .                    ;       ;′   , :.   /      : ...ノ(__   , ,;'  丿;    ;   ⌒ヽ
`ヽノ;、  ;   ’ : . .,: :                 ,:’    .  ,     . ; /  ,′       , ; :'⌒^¨    ′⌒ヽノし'⌒':、
,     )ノ'、 , ;/ ; . :                   ,:         ,;"   ;             . : (  ;
        (_ ⌒ヽ   ;' ., ; ;'         ;                人
 __,ノ⌒し          ;ー:ー.;、 ′: . : .       i,                      ,;’                      ;
  ⌒ヽY⌒           )/⌒丶 ,    ; .: :;|; } :   γ⌒ヽ               ,.:'~: .     :       ;    . : i;
    八__,ノ(_,/.  ,;′  ′   \: ,  . : ;八 ,;′  , : ;   ::. .  ,:' . ;     ,.:' : .   ,.; .: .;   : ,:…; :; :、  , ;八
    ⌒ヽ  ,;/{___,ノ~し~        )ノ⌒   ,;~ ' ;:、 ;   ‘   ノ(___ , /⌒;ー;ー;ノ⌒ヽ j:、  (__   ,’   Y⌒丶
     ;  ,;{ ;   ,:'⌒           __,ノし,  ′ Y⌒ヽ人         )/             _)人__,ノ ,    丿
.    丿   ;`⌒ヽ               `⌒^

8165地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 23:48:32 ID:Q68l/XIg0

.   _.. -''″     .__..__,、           -=ニ゙゙ニ--- -......,,,,,_、     .'`-┷lli..,, ,_
. ‐'″  _,,.. -ー''''^゙゙二ri'ニ.... ....、............. ...._,,,_            ゙゙゙゙̄''''lllll,,,,_
..,.. -''"゛          _,,,.. --ー''''."゙.´                       ̄''''―
    _,,,,,       ` ̄ ̄ ゙゙゙̄! ,,__      .,,,,..uuii、;;;;;;y ......,,,,_,i-............ ......,,,,
-''''゙彡'"゛    ._,,..yr‐ ._,,.. -ー''''''゙  ̄ |!        i| :     ´`゙'''― ,,,_
...ノ'"  .,.. -''',゙..r''“゙゙“´         |!       i| i             `'''ー、、
  _..-'"゛ _..-                   |!         ∨|                  `'ゝ
'"  .,..ッr'"                  |!            i!                  ヽ
.., ''ソ゛                     i  |!           i|
゛ l゙                  i! |!         i|
. !                      |∨             i!
  ヽ                  i|!            i|
.   `'-、、,.               |!              i|                _..-'´
      `''ー  ,,_          |!              i|.         _,,,.. -‐''"   /して   )⌒! ilゝて
          ´゙'''ー . ,_    |!            i|.  __ii;;;;;;ニ二......、    /   (  ノ  )/  コ
.,,_. : =i i ,,、              |!                i|.          '''''''''''''''''((    \Wl レ/l /
.  `゙''''~ .`''ー .. ,,,,____ .__     |!              i|.... 三゙゙..........---;;;;='  ヽ  il´ ̄ ヽ,,/ !V
'''ー ...,,,_          ̄ ̄..  |!             i|     -―''''"´  . --l∋´ il l'
¬――ー`-′.          i! |!                i|.       _,,.. -‐''"゛   _」 l____  )し'\
`゙"'''―- ....,,,_     `゙`-`-. |i |!              i| i.¬''"´    .__,,,,,,,``l  - 、,, ̄     {
'―-- 、..,,,,_、 . ̄''-.. ,,_、... i|∨             ∨|...ー¬''''゙゙゙ ̄´゛     l li   \  (
        ̄ ゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄ '''''゙゙. |l                  l|             il  l     ⌒´   ノ⌒t ノ⌒t
                 |l                l|  !           ノ 丶         )  ( )  ( /(
                 |l                     l| i!           ゝ  ゝ         Y´  Y´/ て
.           、          |l                ∨|          /  ヽ  /             / γ´
         \         |l           :            l|             ー'             //
                 |l          i           l|     /
            \ _ノ,'      _  |!         l|     /
....   く>         ヾ<       /Υ 〉 !|   _  |]    ー '´/
               }l       〈_::」/  :!:i:  〈/    __   l {      /
        \、    /,    __     .:|.:|: .     _ノ::::\\  、ヽ. __/
.            \ー '    「::::://    . :.:|:.:.v!: .    \::::://    ー   (       /
.             ) )     〈::::://   . . : ::!:.: .:|: : .      ̄      i      ー '/
   \ 、    // l7    ̄  . : :|: :: :!: :. :|: : : . . .      l>   il     フ∠/
..    \ー '    i!       . . .: : :|!: : |..: . :l : く]: . i. .        !:l      //
.        \\   il 、〈〉  i . . : <>!|: :,' .:: .: | : : !: : !:. . .    ノ::l    // l7
.          ):.:\ 八:.\_ 人 )、 : : ノ.:V.: : .::.: :!: :人 八,、 ノl / : ノ,、 /: (
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

8167地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 23:49:21 ID:Q68l/XIg0

 ┌──────────────────────────────────────┐
 │                                                                            │
 │                                                                            │
 └──────────────────────────────────────┘
 ┌───────────────────┐
 │                                      │
 └───────────────────┘
 ┌──────┐                        
 └──────┘
 ┌──┐                      
 └──┘
  □

8168 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 23:50:33 ID:n.iPibbI0

ありがとうセイヴァー…

8169 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 23:51:56 ID:ywOFxJfA0

ありがとうセイヴァー
そして安らかに…


8170 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 23:54:02 ID:FtWMqe4g0

セイヴァーは最高のサーヴァントだったよ

8171 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 23:54:10 ID:5BCiKp7M0

これを見届けた少女二人も後に語る
「とんでもない馬鹿がいた」と

8172 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 23:55:27 ID:jRpmObXI0

さらば月さん、そしてセイヴァーまた会う日まで

8173 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 23:57:01 ID:c3w0zpo20

誰かがお前らを馬鹿にしても
俺たちは忘れん

8174地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/17(日) 23:59:07 ID:Q68l/XIg0




    ┌──────────────┐
    │                      |         
    │                    ===  |     「――――――――――――。」
    │                      |
    │       ======         |     心ある聖杯戦争マスターへ
    │                      |
    │   ========.        |     願わくば、このメモが用済みであることを望む者より
    │  ============  |
    │  ============  |    この地に眠る聖杯について僕が残せる全ての情報をここに示す。
    │  ============  |
    │  ============  |    その恐るべき正体をそして対抗しうる手段を―――――
    │  ============  |
    │   =====.              |   
    │  ============  |
    │                      |
    │  ============  |
    │  =========.       |
    │                      |
    └──────────────┘



8175 :名無しのやる夫だお:2013/11/17(日) 23:59:09 ID:dgtqL51k0

まだ終わらんよ・・・

8176地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/18(月) 00:00:21 ID:OCMJRJVI0


                                  .
                                  。

                                     ロ

                                            □

                                           ┌┐
                                           └┘

                                       ┌──┐
                                       │    │
                                       └──┘

                              ┌──────┐
                              │            │
                              |            │
                              └──────┘

              ┌───────────────┐
              │                        │
              │                        │
              │                        │

8177地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/18(月) 00:03:01 ID:OCMJRJVI0



                          ,. -─=─- 、
                     /:/:::::::::::/::::::/::::\
                        /::::/:{::!:::::/:::/:::::;:イ::::::ヽ
                    /::::/:从{:::::_::;:斗::'´:/:::::::::}ハ
                       i::::/::;::::::〃:::::::::::::/::::::::,.イ::::i
                        |::::{:::|:::::从::::::::/::/:: /::/::}::}                                     
                       i:::::Ⅵ::/::::::r:<tッユ/厶イ::/:/
                    V::::Vハ:::::::{    ´  ヽ 厶'
                     ∨:人_V:::ト、     / !
                        ∨:::::::::八    ー=彡 /                 デス・ノート
                      ∨:ノヾ、 ト .   ' /
                    _,. - ミト _::::::::::::::7=´                   固有礼装  常時発動型 レンジ:1~1000
               ,x<: : : :   \ ≧=-┴ヘ
                  /: : : : : 〈      ‘ ,    ∧}                   レンジ内で人間が死亡した場合
               ,.イ: : : :-: 、:.\    ‘ ,  ./ヽ゚,:ヽ、
              _/: : : : : : \:\-\     }、/  ∧::}                 死亡前の 6 分 40 秒渡る記録をノートに書き写すことができる
.          r‐ '⌒ヽ---- ミ::≧=-     / ‘ ,   ∧ヽ
      / ̄` 、ー-、 ‘ ,〕iト、 \  r:. //   ‘ ,  ∧:‘,               死因・殺した相手の情報が記載される
.     /  ,メ、  \ハ  ‘ ,ヽ:ヘ ヽ !:/: : :\    ‘ ,  ∧:‘,
    , =一'-- ヽ   \!  ‘,  ', .V/ : : : : : \   ‘ , ,ハ::‘,             思念を飛ばすことで余白が許す限り所有者の言葉を残すことも可能
.   /   __   ゝ- _, ー ‘ ,  \.〉.: :. : : : : : :\  ‘ , i::::‘,
   /___ノ/ ̄`       , : '⌒ヾ、 {: : : : : : : : : : : \  ‘,|:::::i
    /   /   ,.ィ〃     〕iト , : : : : : : : : : :∧ ‘,j:::::: |
.  /  ,. - 、_   ´  ` 、         \: : : : : : : : :∧ ‘!::::::!
. く_,. '´   ` < ̄ ̄≧===--z=个x   \: : : : .  :.∧ |:::::l
           ` <二=- V: : : : : : :ゝ-- ' : : : : .   ∧リ:::/

8178 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:04:57 ID:IqS0L.b.0

死亡確定じゃないですか・・・

8179 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:06:07 ID:nBgS0TME0

月・・・逝ったのか・・・

8180 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:06:42 ID:B9nPjckE0

この礼装、どこでも遺書だろこれ…

8183地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/18(月) 00:12:14 ID:OCMJRJVI0

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓





                         未来に”月のノート”が残されました。

               ノートにはこの聖杯戦争の裏側についてのさまざまな事が記されています


                         ※このノートは貴重な情報です。

              もし、未来で”ゲゼル陣営”にいち早く気付かれると破棄されてしまう恐れがあります

                               気をつけてね☆








〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

8184 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:13:12 ID:evazDwu20

もうゲゼル陣営が握ってたりしてね

8185 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:13:26 ID:nBgS0TME0

どこにあんだよ(激おこ)

8186地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/18(月) 00:13:32 ID:OCMJRJVI0

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓





 


 

                               気をつけてね☆



  




〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

8187 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:13:41 ID:i9Npin9Y0

洋館を調べないと(使命感

8188 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:14:02 ID:q7vAnsBU0

HAHAHAそう簡単に気付かれるわけないさ

8189 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:14:16 ID:yv56mm1U0

まさかルイズが破棄したのって

8190 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:15:52 ID:5bnVf.W.0

月が拠点にしていた洋館にありそうやな

8191地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/18(月) 00:18:13 ID:OCMJRJVI0

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 謎の時空 謎の時空 謎の時空 謎の時空 謎の時空 謎の時空 謎の時空 謎の時空 謎の時空 謎の時空 謎の時空 謎の時空 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


                       >>8185

                       >前回の生き残りが持っている

                       >屋敷に隠している

                       >Bさんが持っている

                       >8189

                       >その他


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 謎の時空 謎の時空 謎の時空 謎の時空 謎の時空 謎の時空 謎の時空 謎の時空 謎の時空 謎の時空 謎の時空 謎の時空 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

8192 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:20:48 ID:8CfIoW3k0

えっカジノの景品になってるって?

8193 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:22:38 ID:apQ7WUjQ0

激しくBさんが持ってる気がするw

8194 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:23:39 ID:.9Z7LXBw0

屋敷に隠してる可能性も
地下とか鍵かかってたし

8195 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:26:26 ID:5bnVf.W.0

やるめに続いて月まで死んでしまった
いかんなドヤちゃんまで死んだら三作連続主人公死亡ENDになってしまう


8196 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:28:40 ID:nBgS0TME0

最近のお兄さんスレのクッソ重い雰囲気に恐怖を感じるぜぇ・・・

8197 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:29:23 ID:IqS0L.b.0

月・・・生きていてほしかった・・・

8198地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/18(月) 00:32:29 ID:OCMJRJVI0

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

                                         リザルト清算に移ります  大区分のみ表示


       黒セイヴァ―出現阻止:初心を忘れず信念に従った                       ○

       未来への情報を残す:聖杯の汚染源と戦い一勝以上を得る(最低条件)           ○
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ※ただし情報量はこの聖杯戦争中の勝率に依存する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      未来への布石①:聖杯の汚染源へダメージを与える                        ○

      未来への布石②:勝利条件?????????を一度でも満たす               ×

       月の生存:聖杯の汚染源に勝利する                                ×

       チサメの生存:チサメに勝利するor言葉で押し勝つ                        ×

      他陣営の生き残り:好感度少しでもあれば                              -

                                            
      RPGボーナス─────→覚悟しろよ。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

8199 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:34:08 ID:nBgS0TME0

うーむ
うーむww

8200 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:35:47 ID:8CfIoW3k0

全引き分けは未来への布石か。やっぱり狙うのは正解だな!

8201地雷屋 ◆2ZyHZH8FSw:2013/11/18(月) 00:36:20 ID:OCMJRJVI0

>8196
ドヤちゃん編はゲゼル編でもある
重たいのは当然 ここが重くないと(使命感)

ドヤちゃんには今後もっと重苦しいモノを背負ってもらう(義務感)




というわけで今日はここまで お付き合ただきありがとうございました


8202 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:36:28 ID:IqS0L.b.0

すまぬ月・・・
正直かなりのピエロになってしまったかもしれん
勝てる戦いをなんども落としてたからなぁ・・・


8203 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:37:25 ID:q7vAnsBU0

乙でした

8204 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:37:28 ID:OEW5MyG60

乙ー
おかしい、わりと真面目にやったのにかなり散々だ…
やっぱり勝てなかったからなぁ

8205 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:37:48 ID:evazDwu20

乙でした
受け取ってくれよドヤちゃん過去からのサービス(負の遺産)を!

8206 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:38:09 ID:8CfIoW3k0

乙です

8207 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:38:22 ID:5bnVf.W.0

なんでまだ10歳にも満たない少女に今までで一番重い物背負わせているんですかねぇ

8208 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:47:02 ID:yv56mm1U0

このシステム、最善手がわかっていても取る順番で
手が入れ替わるのがまたおもろいな

8209 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:47:04 ID:apQ7WUjQ0

乙でした

8210 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:55:42 ID:B9nPjckE0


やるめさんと月は、夜空でお星様とお月様になって
ドヤちゃんを見守ってくれると信じてる

8211 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:58:07 ID:mGex0mkM0


月は逝ってしまったか……
月の行動は滑稽だったかもしれなかったけど本当にいい奴だった


8212 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:59:10 ID:8CfIoW3k0

いいやつだったんだけどな…魔術の世界に関わるべきではなかった

8213 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 01:10:24 ID:2bDLLoOE0

北斗七星と月……やはり夜の名を冠する人は鬼門なのか。












一覧
関連記事
>[ 11766 ]
主人公だから生き残れるとは限らない
恐ろしいスレだ…
[ 2013/11/20 23:22 ] [ 編集 ]
>[ 11771 ]
また死んでしまったのか…
負けが多かったし、もともと過去編だから生存ルートも細かったんだろうな
[ 2013/11/21 22:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

4月になりました。
例年なら新シーズンの始まりとしてウキウキやドキドキな季節だと思いますが、やはり今年はコロナの影響で色々と不安が大きいですね。
毎日のように自粛と言われうんざりしてしまいますが、それでももうしばらくは気を緩めないようにしていきましょうね。
ここまでくると、自分だけが大丈夫の精神はもう通用しませんので……
そしてどうせ外に出られないのでしたらやるぽん!でもいかがでしょうか?<(_ _)>


お借りしているFC2様の更新により一部のスクリプトが動かなくなっていた模様です。
具体的にはカテゴリの一覧での複数ページ表示が出来なくなっていたみたいですので、表示方法を1ページずつとさせていただきました。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

20/02/26
サクラ大戦・新 追加

19/11/13
アカガネ山のやる夫 追加

19/05/26
やる夫は誰かを救う悪になるようです 追加

19/05/18
エージェントやる夫の日常茶飯事 追加

19/04/14
やらない夫は「The World」にログインするようです 完結

19/02/10
真・女神転生 ~やる夫の嫁は加賀のようです~ 追加

19/01/21
できる夫とマリーがたどる仮面ライダーファイズ 追加

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



月別アーカイブ
FC2カウンター