やる夫となのはの魔法犯罪対策課 小ネタ解説 世界さんがネジ外れてるわけ やるぽん!

ゼロワン第10回 まずハリウッドの演技自体が日本の芝居には合わなさそう…… そしてシンギュラった暗殺ちゃんなら大和田さんのお眼鏡に叶うんですね! そして満を持して登場したザイア社長ですが、いきなり小物臭が……

やる夫となのはの魔法犯罪対策課 小ネタ解説 世界さんがネジ外れてるわけ

365ボンクラ ◆agFgbEpyvg:2013/11/18(月) 00:08:12 ID:m4iVhCJM0

世界さん関連の解説チョロッと書いていいかな?

366 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:09:59 ID:.0DrLJbE0

いいっすよー大歓迎

368ボンクラ ◆agFgbEpyvg:2013/11/18(月) 00:18:21 ID:m4iVhCJM0

じゃあやってくよ。   

正直私が今まで思いついたキャラで真剣にくるってるキャラコイツだと思う。



                 _
               , '´   `ヽ
                 /      ヽ   _ .. .._
                ,'     _,.ィ.:.Vヽ:.、-:、:.:.:.`:.:.、
                 ,.:.:':./:.:/:.:.i:.:.:.ヽ:.`ヽ.:.:.:ヽ
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:\:.:.:.
              ,.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:i:.:.:i:.:.:.ヽ:.:.:ヽ.::.
               /:.:.:.:.:.:.:.:/:./:.:/:.:.:.:.:.i:.:.:.i、:.:.:.:i:.:.:.:ハヘ         最初に言っておく。
             i:.:.:/:.:.:.:/廴_i:.:!:.:.:/:.:,斗zテ:.:.:i:.:.:i:.:.iミ!
              i:.:/!:.i:.:.:i:.:.:;' ≧!:.:i:/ /:ィzx.、;:.:.i:.:.ハ:.:リ
                  V i:.:.i:.:.:V:.i   ヾi   ir'心 i/i:.i/:.レ:|         実は今の世界さんの魔法は
                 V V:.:ト ィ≠x     ヒzツ  ,レ .K:.∧_
                    ヾ:ヘ    ,       / /:∧:f ヽ       本来の彼女の魔法ではない。
                   /:.:ヘ.  v--,   ,イ´:.:.:.:.:.:.i.:i |
                    /:./:.:.:>.、ゝ-'  <ノ >‐-、:i/ . {、,,.-‐―‐-、
                  i.:./!:.:;. -‐'.`ハ´ /   /://  ,.ゝ-‐.、,.x-―''
                      V,.V    .| ' ,./  ,'   i::i., ヽ ノー--、 ヽ
                /:::::!     i ./     .i:i.,' ハ弋ー.、  /
               ,イ::::::::::i fテヌx-iィテヌx     .i:i {  ヾ'ーゝ,,..ィ
.               / V:::::/,{以j>{ニ}<以f}゙ゝx、..i:i ヽ  ヾ=''"/
           /   .V:/ノモ少ioi弋モ少i. i i.Vヘ-、   /
           , '       Y{ {   {o{    .i. i i./::ハ  `ーf
.           /   ヽ    ヽ i  .ioi      i. i,i/::::∧ ,.イ

369 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:27:01 ID:P3mg0LnY0

なん…だと…

370ボンクラ ◆agFgbEpyvg:2013/11/18(月) 00:27:30 ID:m4iVhCJM0




                                 _         じゃあ誰のせいなのか。
               「 \   __  /⌒ァ ) `丶
               ヽ    ´    `  /  /    ヽ
                \          く /     )
                ∨ ●    ●  Y      ノ      大体が某違法契約なナマモノの仕業である。
                  _|{    、_, 、_,    八     ,′
                   / 八         イ 丶.   /
             ⌒\/ ,   / ーァ    T´ {   \/\
           ( (⌒>く./  / . : /      ',: :ヽ    〈) )
              \{/ : : :/ : : /        ヽ-ヘ . : : //、
         /\\_∧: : ,′|  i  i  | ∨∧// : : :\__
           (_゚: :。 ーァ‐' : ;  |  |  |  |  ー‐く: : : : :。: ゚ : _ノ
          / . : : 。人: : :.:|   |  |  |  |   }   \: 。 : : : :)
          (_/{:_:/  \: iヽ 丶ソ 丶ソ  ノ     \_ノ ̄
                      ̄⌒  ⌒ ̄





                  , ' ´ ̄ `ヽ
              /
                ,..r-‐'´ ̄:≧:..、
          ,..<:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.ヽ
.          ,.':.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:ハヾj
        /:.:.:.:.:.:..;':.:.:.:.i:.:.iゝ:.:.:.:.:.:i:.iヽ!
        |:.:.:.:.:.:.:.i:.V:.:.ヽ:. /zxVリ '        事の発端はそう大体高校入る前辺りのこと。
       |:.:.:.:.:.:.:.Ⅵ:V.:ハ ゞ.''弋、 7
.        i:.:.:.::.:.:.:.:Ⅵ‐、:ハ       ′
          }:.:.:.:.:.:.:.::.弋ヽゞヽ.   ´i          西園寺・世界は絶望した。 絶望しきっていた。
.        /:.:.:.:.:::.:.:.:::.::.:.:.i    ,. ‐'
       i:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:i 、 ,′            『この世界に正義はない』
        |:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.::.:/リヽ、 \
       Ⅵ:.:.:.:.:.:.i:.:././::::::::\ ヽ
.          乂:.:.:.:.Ⅵ.'::::::,: ´ `ヽvヽx         そんなことが何となくだが理解できてしまった事もある。
           ` V‐':::::/       Vハ:j
            {:::::::::{.i  ヽ   i:i.}.}         だがまぁ…それ以前に
           V:::::::Y    \ .i:iV
            V:::::::i        }::}
             V:::: |      i;リ
              V::::|      |.|

371 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:33:34 ID:.UsMPWy20

なんぞw?

372ボンクラ ◆agFgbEpyvg:2013/11/18(月) 00:37:29 ID:m4iVhCJM0



.       /:::/::::::/::::::::::::::/::::::::/ l::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
.      ,'::/:::::::/::::::::::::::/::::::,.'   i::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
.       i:/:::::::/:::::::斗/l--/---‐‐iオ''::::i::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::',   『常に悪意あるだれかに見られている』
      i,'::::::::,'::::::::::/ .i:::,'     i::::::::::i::::::::::::::`ト/,  V::::::::i::::::::::::::i:::::::::::::::i
.      ,':::::::::i:::::::::/,ィチ了万尓、 V:::::i::::::::::::/:::,.'. `ヽi:::::::/:::::::::::::i:::i::::::::::::|   感覚とか
      i::i:::::/i:::::::,'ゞf ヽ:;;;;;;;;;:::i    V:i::::::::::/ ィぇ.、.  i::へi:::::::::::::/::::i:::::::::::|
.      i:::i::::fヽ:::: i   V::;;;;;;;;;:::i      /::::::/  ん';;;;`ヽ,   iヽ:::::::,'::::::ii::::::::::i   ……まぁメタな事をいうと
     i::::V:i }.ヽ:::i.   乂_:z少          /::;;;;;;;;;;:::::ハ i::::::::,イ::::::ハ::::::::/
.      i:::::::ト',. ハヽ                    /:::::;;;;;;::::::ソゞ、:::::::/::i:::::/ |:::::/   やる夫達が大学時戦った『敵』が
      i:::::::::'、 i i            ,       `ヾ少'"   /::/:::::i:::/ i:::/
.     /:::::::::::::::ヽヽi                       /.イ /::::://  /"    観察していたのだが。
.     :::::::::::::::::::::::`ハ         -ニ、         / 〉 /::::::::|
    :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ                  , '-' /:::i::::::|        
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ                   ,.イ-‐:´::::::::i::::::|
    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i.\         ,.  チ::::::::::::::::::::::::i:::::|        そういうこともあって世界さんは猛烈に
    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ` 、_ ,  ‐ '. ´ i::::::i:::i::::::::::::::::::::i:::::::::|
    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|          i::::::i:::::i::::::::::::::::::::i::::::::|       絶望していた。






                、          ,                そんな時である。
                i \      / i|
                |i\\__//. i|          ______
                |i/           \    i:     /     `ヽ   コイツが来たのは
               /l            i: \   {i  /         \
            /. | ●    ●  |i   \ \¨    :|            ヽ
.           rrヽ/. 八  、_,_,    ノ\/  \.  ‐-―|             i}
           i.i/  / ` ‐‐‐┐  :ー-=<.\    \   人         i}
.      _____/\. /     |:.         \   ≧=-ミ___       /
     `‐==―  "         | \.        |゙―====‐‐‐┘     /
                  |  l/ /‐-┐.  i|             /
                       | / / }:::::::}.  / \______/
                     { {~ /{~::::{~~ /
                    `¨¨゛  ̄  ̄ ´

373 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:40:52 ID:b8V93wkg0

敵って綺羅星綺羅星抜かしてそうな連中かな?レシュバルだけに。

374 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:43:35 ID:rv/mQZkg0

この九兵衛っていい奴かな?

375ボンクラ ◆agFgbEpyvg:2013/11/18(月) 00:51:08 ID:m4iVhCJM0



・――なおこのころのQBはいつもの悪徳契約が主流でした。

                       ,!ヽ.
                   _ ノ   i
                ,   ´ ̄          |
              /               /           . ォ
.          /            /         / , :
         , ′             ,. '"´ r─ - 、 ,. ─‐'- 、i  !    手ごろなところに思春期特有のもやもや
.        /             ,. '"     '、`>ォ `        `ヾ.
       /           ,.′       冫 .′        ● i    (と誤解していた)持ってる実に契約しがいの
       ,′       ヽ{       /  .i  ●         ,!'.
     :           ∧       .′ .!、    、_,_,   /  '.   ある少女がいたらあなたはどうするだろうか?
     |            |      r ,′   : ` 、___,. " i.   X
     |           、  |     ゝ、   i /      |   レ   ゙:.
     :            ヽj.     /   >'/       i!   '.     \   もちろん契約を試みるだろう。
     ∨          `  、/    У    l  il   '. ゚  ゚ ゚ ヽ
        \              r'__゚ ゚ ,. ゚ /     l  l.  /i    ゞ-'´ゝ '`ー゙  誰だってそうする。私だってそうする。
.        ヽ.         _,.イ ゞ-'"^^ヽ   i  i / ,'
            `ー‐ '"´    !       i   :  :,イ /
                       ∨     ノ   _,!. lf._j
                      ヽ.___゙オ'´  ゙^´





              |.:/ |.:.:.:i.:..:.i.:i.:.i._:ムi.:i,i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:rj i,_
               |.|  |.:..:.:i.:.:.:i:.:yi´i i.i .i.:.:.:.:.:.:../// `   ただ唯一にして最大の誤算は
               ii  |.:..:.:i.:.:.:i.:i >i==ニr  r'´ /ムニ=ェ
                 ヽ.::.:ハ.:.:i:iィ''{::::::::.}: `v′ '´´{::::::::
                  `、:irゥ,:.:i'. { :::::::}:  .   : {.:::::::   その相手がすでに絶望しきっており
                   i:\k.ゥ,:i、.`==      `==
                  iノ/i.:`‐''、`      i:     ,   その願い(妄執)がエントロピーを
                  i:/.:i.:/:.:.,ヘ、    -.::     .,
                  i:/.:.:./.:.:/..:.:.:`: 、_      ., r'´:   「軽く」 手のひらを撫でるがごとく突破していた
                 i:/i.:.:/.:./.:.:.:.:.:._.r:ナ` -  '´ト、i.:.:
                 i:/i.:.:/.:.:i.:.:.:.:/ /_|     .| i `y:   ということだ。
                 ii.:.:i.:i.:.:.:i:.:/ /'´       `i  `

376 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 00:54:49 ID:P3mg0LnY0

QBの処理許容量をオーバーって事か

377ボンクラ ◆agFgbEpyvg:2013/11/18(月) 01:03:02 ID:m4iVhCJM0



                       ,..-‐==‐- 、
            ,..、-――-、ィヽ´-===‐-:.、:.:.`ヽ.、
            ,. ''"     /:.:.:.i:.:.ヽ:.:.::.:.:.:.:.:.::.:.:.:`ヽ、:.:ヽ
         /     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:..:.:\:.:.:.:ヽ:.:ヽ    結果、『基地外になんとやら』
.         /      /:./:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:ヽ:.:.:.:ヽ:.:.:.:ヽ:ハ
       /     /:.:.:/:.:.:.:.:.:./:i:.:.::.:.:.:.:.:.∧:∧:.ヽ:.:.:.ヽ:.:ヽハ∧      『ストレンジラブに核スイッチ』
        |     ./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.i:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i i:.:iヽ:.ヽ:.:.∧:∧:.:∧
.           /:.:.:/:/:.:.:/:.:.:.i:.:.i:..:.:.:.:.:.:.:.:.i i:.__:.i V:.:.:.i:.:.:i:.:.:ハ      『二次創作変態ほむらにまどか』
.           ,':.:/i:.:.i:.:.:.:i:.:.:.:.:i::.:i:.:.:.:.:.:.:.:/'´i/  .i≧ト:.:i:.:.:.i_:.:.:.i
         |:.:i i:.:i.i:.:.:.:i:.:.:.:.:i 斗.:.:.:.:.:i/  /  '   Vi:.:.:.! i:.:.:.i
.           Vi .i:.:i.i:.:.:. i:.:.:. /ヾ:、\:./    ,r==x, i.i:.:/f/:.:.:.:i     並の最狂の「魔法少女」が爆誕してしまったわけで。
.           '、. i:.i V:.:.:.V:.:.:i     ヾ     ゙′     i/イ:.:.:.:.:.i
           V V:.:.:.ト:.:.ハ r==           /'八:i:.:.:.:.:∧
             ヽ ヽ:.∧.トハ     ,         ,.'!:.:.:.i:.:.:.:.:.:∧
                 \:.、:.:.:ヽ      ‐ '   / !.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:∧   既に絶望の最底辺を見ている彼女にとって
                     |:.:.:.:.:.` : . . 、.. _ /   弋- 、i:.:.:.:.:.:.:.:.!
                     |:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ヽ     /  \:.:.:.:.:.:.|   絶望などはなく、ただ己の願い
                     |:.i:.:.:..:.:.:.:.:.:.:./,ノ    ./     `ヽ :/
                     |:.ii:.:.:.:.:.:.:>' ./     /       ヽ   『正義がここにあることを証明する』ために
                    V弋:./  ./  _,./       /  ヽ
                      ヾ/    i ̄ ./         /::'´::::::::`ヽ 活動している。






                   ,...::::´,..::::':´;::::'::::/::::',:ヽ'::.、
             /:::,.::'´:::::/:::::::::::::::::::::':::::ヽ:::::..
            /::::/:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::\
             ,':::/:::::::::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             ,':::,'::::,':::::::/:::::::::::l::::l::::::::::::::::::::,:::::,:::::::::::::::::.    なお、ソウルジェム? のヨゴレは
              l:::,':::::l::::::::l:::::::/l::::从::::::::::::::::l::::::l:::::::::::::::::',
          l:::l::::::l:::::::l_,、/-‐l-:,' ',:.l::::::::__∧::::l:::::::::::::::::::l   確率変動により散らされてしまったため
           l::::l::::::l:,r'´l:/    ',l  ',l::::::/`ヽ::l::::::::,::::ll::::l
            l:::::l'、:::l::::l ´         l:/   l:::`l:::::l:::::l l::l   汚れない。
             l::::/r',::l'、:l,、rx=z,          l::::/::::/ l/
           .l::::'、〃,l ''   ´     r==、. /./:l:::/     でもって絶望しない。 なにこの一人永久機関。
          .,'::::::::\ l       、       `'//l/
          ./:::::::::::,'::¨'、       ___      ,':l
         /::::::::::::,'::::::::::ト、    '、__ノ     .イ::l
        ./::::::::::::::l::::::::::::l >      イ::::l:::l
       /::/:::::::::::i::::::,、-}   ` .‐ T´::l::::l:::::l:::l
       ,'::/::::::::::::::i:::/ ゝ、     ,':::::/::::l:::::ll::l
       {/l:::l::::::::::::i/    `ヽ、  l,`',:::::/:::/ l,'
      l !::l:.i::::/        ヽ 'ヽ 'ヽヽ',

378 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 01:04:55 ID:0bCB0xMs0

つまりまど神クラスって事か?
あれ流出到達してね?

379 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 01:05:33 ID:h51sd4lw0

あーある意味まど神様に近い存在なのか
ある意味個人で完結してる以外は

380 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 01:08:58 ID:P3mg0LnY0

つまり「正義を体現する少女:西園寺世界」っていう概念なわけね

381 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 01:09:29 ID:qR3eqzSQ0

つまり求道の流出に限りなく近い状態ってことか?

383 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 01:22:11 ID:UvyJh.bA0

こいつすでに概念とかしてやがるw

384ボンクラ ◆agFgbEpyvg:2013/11/18(月) 01:22:20 ID:m4iVhCJM0



                          ,.-―-、
                __ /_     ヽ
             ,...::´:.:.:.:;:':´::` ::`:....、       まぁイメージ的には求道神だろうか。
..             /:.:.:.:;:.:.:´ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
            ,:' .:.:.:.:;:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:.:.: :.、     さらに「確立変動」の結果
.           i:.:.:.:.:.;':.:.:.:.:.i:_:_;.:.:.:.:.:.:./ |:.:.:.:.:!
             iミx;.:|:.:.:.:.|:'{:;;/_i :.:.:.:;'_´「:.:.:.:.!     「ここにいて」「ここにいない」故に
           i::,`=|:.:.:.:.|X/て|`ヽ/,ぅY:..:.:iリ
          i:i `|:.:.:N!|i__j:::::::::{_j |:i.:N     「どこにでもいない」「どこにでもいる」
           i ::、八:.:.!        |从
.            ,':.:.:.:.:.:.ヽト . _____ .イ:.:.:!      もうやだこの人。
         八:.:.:i\i/ヽ:::::、\ 」lV.::ノ:.:./
           ヽ:| /.:::::::::::! ̄`ヽヽ :.:ソ
              /-‐‐- 、l:::::::::::::}人,
           〃      ';:::::::::l:i. `ヽ
           {       }::::::::l:|.   }





              ,へ、
           /: : ヽ\
             /: ; -‐ヘ \,、
          厶'´   λ  `ー
        γ__二二ミ 、j         、         そしてこの最大の失敗の結果
      / / /    `ヽヽ    イハ  ヽ
        { { /       ハ }    弋リ   '        「感情エネルギーは危険じゃね?」
       ヽУ     l ノ/        l
       У      ヒ" U         l        という意見が噴出・さらに元からいた善人なノリの
      /、 r、 γl /        ーァ/
, --‐一 'ー'  ー'ノ ` /          /        QBが大反乱(光の国と提携)して今に至る。
  , -‐‐'´γ'´ ̄   λ      _  ィ
`く____入__/ /       |  ハ
           /         ハ   ハ
              ,        ,   ヽ、
.            |     i    ト、__入__)    ___
              |   |  |   |     , <       > 、
              λ   |  |   λ    /             \
             / .i   |  |  / ヽ /                    \
         /  |   |  |  /    ヽ、

385 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 01:36:34 ID:y89KELJY0

プラズマスパークもらったのもその頃か。
光の国の人たちが擬態なしで地球にいるのは、逆にQB側の技術か?

386 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 01:41:18 ID:P3mg0LnY0

光の国ときれいなQB達の技術提携……
この宇宙の未来は明るいな!


387 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 01:47:02 ID:b8V93wkg0

で、詐欺契約グループは地球人類に駆逐されたわけか

388ボンクラ ◆agFgbEpyvg:2013/11/18(月) 01:50:50 ID:m4iVhCJM0


         ____,,ィ
           `>       `゙                 /{
      i}\/               `゙    ,〃}} /  ,       /′
       〉'´                    `゙/',{   ゝ   /:::,′    なお、QB達はこの件について
      ′                     /'   : :ー‐=:::´::::: /
     ,′        (℃)               /'    : : :::::o:::::::::::'ー=ァ    『やっぱりアレだ、僕らができないからって
      {    (℃) 、 ,、 ノ                /'    : : ::::::o::::::::::::::<
     '                       ー=≦《     : : :::::::o:::::::::::::::::::>    他人に押し付けちゃいけなかったんだよ』
      }          ,,            `゙' ==ー  -、―    ´}!
     ノ...:      ー=≦                     \       }!    と自戒にしている。
      7: .                              ヾ..  ...:::}!
     /.::.::                                    ,::::::::}!
      {.:::::::.                                 ,::::::}!
      {:::::::::::.                                  }!::::::リ
     {:::::::::::::::....                              z<'::::::/
      ,:::::::::::::::::::::........                        ≧='
       〉::::::::::::::::::::::..........                        イ/
      ー――――――――――――――――――――‐'´ー ´



                , -‐- 、
                    /     \
.                 , '        ヽ
               /        . . -‐十‐ - .
                    ,...:.'´ ;:.:.':.: ´.: :.:.:.: : :.`ヽ
               /:;.:'.:´ : : : : : : : : : : .:.:.:.:.: \
               ,:':; :/: : : : : : : : : : .i、:.:.:.:.: ':、 :.:. ヘ
               ,':,:':// :.:.:.:.:.::.:.:.: .i / ヽ:.:.: |!ヘィ彡ハ      あと一応補足しておくが
             ,:.:i:.i:.!: :i:| : i:.:i:.:.:. i/了ミト,:..:|!|:!l.:.:.i:.:i!
              i/i/i:.|:i:.!ィチ了 .: :/ 乍ぇ Ⅳ:从!:. li:.:i!     完全に狂ってるわけではないので
             {:/ 乂ハ! f示ヽ:/  ヒzリ Ⅳ!:Ⅵ:.:!|: :i!
.               '   V:Ⅵ ヒリ      ̄  i:./.ノ:'|:.:!|:.:八
                   ヾ:ハ  ` _    //:.:/ :!: !|.:.:.:.:ヽ   人間としては問題はない。
                   i:`i:ゝ  ` ´  / i.イ:.:./:.八.:.:.: ∧
                   i:.:.:.:.:. >- イxー一x.イ:.:.ハ⌒Y.:.:∧  普通に恋愛感情もある。
                   i:.:.:.:.:.:_{Ⅳi}__  〉ー― 、 .:.:.:.:.リ
                   レ-―゙ V><Vー一/    \:.:./
                  /  / /。/ /:::::: //      };'
               /  イ ヽ/。/./:::::: / /       i
              ノ::'´::::/ /_ /:::::::::::::{         |
             /:::::::::::::{_ノ:'´::::::::::::::::::::∧         |
            ,.':::::::::::::: 0/:::::::::::::::::::::::::::::::∧ i      |
.            /:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〉 i      i
            {:::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/V      i
          ヽ:::::::::::_:::人:::_:::::::::::::::::::::_:: / i        i
               ハ ̄::::/:::::::::::: ̄::::: ̄:::::::::/'  | i      |

389ボンクラ ◆agFgbEpyvg:2013/11/18(月) 02:21:04 ID:m4iVhCJM0



        _,. -ー- 、、
      /       \
     /          _>、_,ィー-- 、,_
      |      _,.-‐'"/    ヽ   `ト、
         _イ´/        \     \
        /  /       :    \:.     ヘ           ただ、コイツについていける男がいないだけだ。
       /      |   :.:|  :| |\:..  ヽ、  :.:∧
.      /  /  / :|   :.:| -┼--<_   |:.    i,
      l .:/ :.:| :..|/ :.:| :.:./-ェ,_  '|:.:.:.|:.:.:|:.、 ヽ
      | ./! :.:.|:.::./\ :.:.|:../ イi爪心、|::.:.:|:.:.:|:.}\::.\
      || |  :.:| :.:.:|r'示Y:.!/  {l:.O:リ //|:.:/V  \_)
      |{ l   :.| :.:.:l{ ヤo:}\   `-‐' /   jレ' 人..    `ー─-- 、、
      ヽ \ V :.ヘ Vノ          x_/:.:..\:..    \   )
.           \\∧  '           /.\:.:.:.:.:.:.:.\:.:.\..   \
           / l/:.:.ヘ、  ⌒     イヽ.:.:..\:.:.:.:.:.:.:.\:.:.\:..  |
            | /|:.:.:..:.:.> 、    _.    ∨:._\:.::.   \ \: |
           | ヽ:.:.:.:.:.:.:.\>'"i    / ̄   \\  ) )  )
          |  \ \:.:. \ /〉 /   ___,,.イ:\. /./ /
.            |    \  >'/ <     /:::::::::::::::::::ヘ / 〆
           \ v-、, /_イ、     /::::::::::::_>‐--ヘ
            /  V⌒~  〉    /::::::::_>'"     i}
            {ヽ ノ弋__ノ 〉    /::: /           |       小ネタ解説。  世界さんがネジ外れてるわけ。 
          // ハ \  __>‐┬┘:/   /     |
         . // /人. ヘ /    |::::::./   /        j
         / レ-‐''" } )/     !:::::.l /        /
          〈     l./       |::::: |/           /

391 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 02:24:32 ID:t12MdEP60

おつ

392ボンクラ ◆agFgbEpyvg:2013/11/18(月) 12:54:45 ID:m4iVhCJM0

書いといてアレだけど


世界さんについてける男はいるんだろうか(速度以外の意味で)


393 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 14:41:16 ID:h51sd4lw0

平和主義、なんか凄い力持ってる、結構テンション高い…ヴァッシュ・ザ・スタンピード?

394 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 15:42:34 ID:xKMG8v6I0

衛宮 志郎

395 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 17:02:47 ID:UvyJh.bA0

AAなど多分ないだろうが超人ロック

397 :名無しのやる夫だお:2013/11/18(月) 19:17:00 ID:P3mg0LnY0

・包容力に定評のある「キョン」
・奉仕精神の塊「綾崎ハヤテ」
・人助けの鬼「火野映司」
くらいかな?

士郎も知り合うタイミング次第でアリだけど、変な化学反応して余計に暴走しそうw

個人的に本命は映司(喜んで手伝い、要所でフォローを入れそう)だけど、
既にオーズ(ほむほむ)がいるのがネック










一覧
関連記事
>[ 11780 ]
いや、この世界に士郎をぶつけたらそれこそ誰一人として止められない最強最凶最狂の夫妻が誕生しそうなんだが・・・w
[ 2013/11/24 00:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

申し訳ありませんが、体調の悪化により長時間PCの前に居られなくなりました。。
その為、当分の間は手抜きでのまとめとさせていただきます。
楽しみにしてくださっていた方、そしてまとめを許可してくださった作者様にご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。<(_ _)>


とても大きな台風でしたが皆様ご無事でしたでしょうか?
もし何か被害にあわれていたらお見舞い申し上げます。
ぽんに何ができる、というわけでもありませんが、せめて気分転換の一助になれればと思います。


一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

19/11/13
アカガネ山のやる夫 追加

19/05/26
やる夫は誰かを救う悪になるようです 追加

19/05/18
エージェントやる夫の日常茶飯事 追加

19/04/14
やらない夫は「The World」にログインするようです 完結

19/02/10
真・女神転生 ~やる夫の嫁は加賀のようです~ 追加

19/01/21
できる夫とマリーがたどる仮面ライダーファイズ 追加

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



月別アーカイブ
FC2カウンター