やる夫は無銘の雑貨屋を営むようです 黒歴史 やるぽん!

ゼロワン第23回 どうしよう、ツッコミが追いつかない…… とりあえず言いたいのは、元カレ君、色々辛い目にあったけど別れられて良かったね! それと唯阿さん45才さんの娘説に期待してましたが違いそう。。

やる夫は無銘の雑貨屋を営むようです 黒歴史

89 :名無しのやる夫だお:2010/10/10(日) 06:07:34 ID:zFGtmtvo

      < くろれきし♪

    ♪ ∩.∩        ∩.∩
       | | | |      | | | |
     ( ゚ω゚)      ( ゚ω゚) < くろれきし♪
    (( Дv゚v゚ ))  (( Дv゚v゚ ))
      >>          >>  ♪
      ゚ ゚        ゚ ゚


      < ここから!

       ∩.∩     ∩.∩
       | | | | 。 。  | | | |
     ( ゚ω゚)/  ヽ(゚ω゚ ) < ここから!
     <Д       Д>
       ゚>\     /<゚
       ゚  ゚     ゚  ゚


90 :名無しのやる夫だお:2010/10/10(日) 06:08:27 ID:zFGtmtvo

  『やる夫は溺愛されているようです』

        ト 、..,,_,,.. --─- 、.,_ __ノ)
        ,> ''"´         ` <,
       /    _,,.. -- 、,_  i⌒ 、_ ヽ.
    <.,  ァ'"´/       `メ、_ソ ハ 
     /  ./ / ,ハ   /   /  \`ー-- 、
      |  | , 、メ、| ./| ,∠.,_ /  Y   | \ 
    ノ  .|/| |>rレ'  |/__|/   |  八   ',
   '⌒ヽ /.人弋_ソ    ´ |ノ ̄「|   ,!   ,>  !
    //∨ '7//   ,    弋_ソ/  /|   !   |
   / 〈   人          //∠, イ./  /     !
  .|   )ヘ、 |>,、 丶   ,,. イ  / ./     /|
   '、    \/,}_|.l `T7ア「/`゙'ーrァ、,ヘ(     / ! _
    \     /{_|  |` ./  / /7 \ `  / ., '"´   `ヽ.    『古明地 さとり
     ,>ー''〈 .}_| l _.|/    /_」  / \´ )/ _  -r─rハ
   ./      Y_},( `⌒) / /_」 i/ , ´Y´ l  \__弋.りノ!    隣に住む幼馴染』
   /        /| \/\_/_/  //   !.__人        ノ
   '、       /)、 i    \  /´     |    `'' ー--‐<,
    \   r/ ./ ,ハ (').    `/     ハ         )

 ┏─【古明地 さとり 】──────────────────────┓
 │やる夫、おばさまが留守なのは既に知っています              .│
 │おやおやいけませんね、カップラーメンを夕食など感心できません       .│
 │やる夫の将来の妻として私が夕飯を作りにいきましょう            │
 │やる夫一人では無用心でしょうし、閨の中までお供しますのでご安心を ..│
 ┗──────────────────────────────.┛

91 :名無しのやる夫だお:2010/10/10(日) 06:08:41 ID:zFGtmtvo


                           /:::::゚:::::::::ヽ,ゝ:::::。::::::::|
                          /:::::::::::::::;::゚‐ '"´` 丶、:::ノ
                         /::::::::::::::::/        ヽ  `丶、
                        \::::::::::::/   /  l__   ,.- 、  ヽ
                          `ヽ、;゙|   l. '´j/ |` /_ ハ    }
                              / |   | ,ふ,}`レ以,〉!  /ソ
                           /  iヽ.,  lヘtヅ   ,゙~,,j /     ,.
                         ,ノ У ゝミーヽ、~  ,  ノ   _,..‐ヘ'´
                     _,._-‐'´ ) -‐ー /`、ー-、.)ー‐_´,r;'7゙/ジ''´
        ,. -‐ '' " ´ ̄ ̄`i弋゙´  _)‐'´`ヽ、,ノ: :、:_\_    } }‐_/ h
        / _,. -― "´,.~ =‐ヘ、ゞ,´  `ヽ, _,.ノ: : : : : : : :`ヽ丿`´ ´ク
     , ゙ /,. -―,. ´    /ヽ、〉、_,.ノ´ーヽ: : : : : : : 、イ} j    丿
     ,゙ //  /      /  //: : : : : : : : `ヾ/: : :ヽ,ノ |// ̄ ` く
      | /   /      /   / _/: : : : : : : : : : : :{: _;ノ´   ! V`ヽ、 │
      | ! //      ノ_,,.. -ヒ´_: : : : : : : : : : : : ヽム    Y   {_ン
     |i / //,. -─-:.'゙´:::::::::::::::::::::`ヾ、: : : : : : : : : ハ    ヽ  |
     | | /: : : : : : ;´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ: :/ー-‐ ´  ヽ   j  /
     ゝ/: : : : : : : : ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'〈       \   /
      / : : : : : : : : :.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!           `ー'
     ;' : : : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      |: : : : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     }: : : : : : : : : : : :.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i   『八意 永琳
     j: : : : : : : : : : : :.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
     }: : : : : : : : : : : .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i   校医兼やる夫の従姉妹』
     i : : : : : : : : : : .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
     |: : : : : : : : : : .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
     !: : : : : : : : : : :.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
     ノ : : : : : : : : : :.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

 ┏─【八意 永琳】────────────────────────────.┓
 │駄目ですよ、古明地さん                                    │
 │いくらお隣さんでも他人同士、押し掛けては迷惑でしょう?               .│
 │心配せずともお義母様の留守の間は私がやるちゃんの面倒を見ますから      .│
 │                                                  .│
 │…やるちゃん、なんだか顔色が悪いですね?                       │
 │ちょうど疲れが消えてとても元気になれるお薬がありますから、使っちゃいましょうか│
 ┗.──────────────────────────────────..┛

92 :名無しのやる夫だお:2010/10/10(日) 06:08:55 ID:zFGtmtvo

               ,. ‐ー‐::─- .,,_
         ,. -─<::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ.
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄`::::、::::::::::::\
    、__ノ::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::':,
     `7:::::::/::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::ヽ.:::::::::::',
.     |:::::::|:::::::./ :::/|::::::/゙'i:::ト、:::::ヽ.::::::::::i::::::::::::!
      !、:::',::::/::__メ、|:::/  |:::|-\‐::ハ:::::::|:::::::::::|
.     |/\.∨`| |>、|/   レ'__  ∨ |:::::|:::::::::八
         ),ハ.、弋_ソ   ァ'´lソ ̄rア!/:::::i:::::::/:::::)
       //::::|.xx  ,     弋_,ソ /:::::八:::::::::::/
     /:::/.:::,人    _      xx{:::::(:::::::ヽ::::::'、
     レ´i:::::::/´\ ヾ   ̄)  /):::;ノ:::::::/:::::::::ヽ.
       \:|  )ノヽ.,__,,.. イ (:::(´`''<::::::::::::::ノ
.        ,r‐|  |    ハ       )ノ    `ヽ./
.         |ト、| /_  ヽ._l  _      /    ',
.         |ヽア´         ̄   i/     .|    『風見 幽香
.         ∨ヽ    l/       |        |__
         , \\   '         __,!__,,.. -─┴ノ   VIP学園の生徒会長にして理事長の孫娘』
          {  ∨\i__,,. -―'"´/i____   〈
       _∧゙'  \/ _,,.>-―''" ∧##,#,#\__∧
       /,#,#へ, - 0> .,,   ' . イllハ,#,#,#,#,#,#,#\

 ┏─【風見 幽香 】──────────────────┓
 │二人して何を言っているのやら                  │
 │大事なのは貴女たちの主張でなく、やる夫の意思でしょう?.│
 │…勿論、やる夫は私と一夜を過ごしたいのよね?      .│
 ┗─────────────────────────┛

93 :名無しのやる夫だお:2010/10/10(日) 06:09:09 ID:zFGtmtvo

        ト ,-、
        |:::|.\\         __
        |:::|  \\,,....,,,_ , '´'´ |::::::|
      __ ,|:::ト、'´ .!:::|   //ヽ、 /:::::;'     /|
    <´::_ノ´ ̄`ァ‐-、|:/-イ/   ,:':::::/      ∨__
   r‐/´>'"´ ̄\ ヽ─-、___,/::/ヽ    r─r|_/
  く./´ /     `ー' ̄ヽノ‐-、-イ   ハ   |_/|\_>
    !    ! メ、/!     └-、 /`ヽー-、 |   /  !::::::',
   '、  .|/ ト、,、!   /、  __ \  ト、::::\  |/,'::::::::|
    \ ,ハ  |,ハ!  /-‐\ |  ト-ヘ、\r-ヽ.  /::::::::::|
、       / !,..`'ー'|/ -‐テ‐‐rァ! ./`\ `Y    /::::::::::::,'
:::〉  __/ 人    .    j__,ソ//!   ∨ \/::::::::::::::::/
/ .//  / ! ,>、 、 _   ゙/´|,イ    八  ` 、.,__::::,.'
\ ,'  / |/::::::::ヽ.,_,,.. イ / >‐-.、  \      `ヽ.
::::::`| ,'  /|::::::::::::/ |,ハ_/| ./´:::::::::::::::::\  ` /´l   . ',
 r‐ァこ7/,イ:::::i:::/}>rァ─-|/::/:::::::::::::::::::::ハ / ,'  ./|  |
::::レ'|`ヽ | 〉、:::/::|/ム、__rァiこ7:::::::::::::::::::::::::::'7  ,!‐-'、! /  『八雲 紫
\/ \|'   `!:::く_/::::|__」∧|:::i::::::::::::::::::::::::::::::;|  _つ  〉レ'
  | /-─‐ヽ、:::::::!:::::::::|/::::::::ト、::::::::::::::::::_ノイ/  `ーァ'/|    やる夫の担任兼生徒指導担当』
  !        \:::::::::::::::::::::::イ>::、イ´ ∨   r '´ レ'
  ヽ.,__,.イ`!    |ー----─ ''"´ ̄ヘ'  ,'    |
       ` ー、j           '、 !    ,'
                       ヽ.__/

 ┏─【八雲 紫】──────────────────┓
 │あなたたち、いい加減にしなさい              .│
 │いくら放課後とは言っても教室内で騒いでいては迷惑よ │
 │騒ぎの原因のやる夫君は生徒指導室へいらっしゃい  │
 │一晩かけてじっくりと個人指導してあげるわ        .│
 ┗.───────────────────────.┛

94 :名無しのやる夫だお:2010/10/10(日) 06:09:23 ID:zFGtmtvo

         _.. -‐  ̄ ̄ ` --  - 、
       <       ‐-    _    \
     ´            ` - ´       \
   /      __ -ー‐‐‐、   _      ヘ
   (    _  `´ /__ _ 「` Y  ヽ      ゝ-::::´::7
   ヽ_ェィ´   f ´ 7  /.、 , _ x- 、 ` _  ノ:::::::::::::::l'
   ., f  ,へ_ >イ i  l 弋 _ソヽ  \  ソ::::::::::::::::::::ヘ
 /   /   / -./  l  | ´7´::::::::>、、 l ム/´::て::::::::::::::::ヽ
(..__」  ィ ィ´::ヽ ヘ l  i:::::::::::::::Cil l i , `>x‐-::::..,,_, - '
     l、 /l .l:::::::c  ヾi  ヽ:::::::::::ノ' i /l \  ゛''' 、 `)
    , 'ヽli ., ヽ::_. '  .     ` ̄ ///リ l   ヽ    >、
   /.. , ' lイl//  r    ̄ ̄vヽ   /i イ  /  ヽ ∧    ヽ
  / .l /i l    l       ヽl  //l /,, .- 7`  vヽ  l
 /   `  l ゝ   ヽ      ノ  ''  / / ´ ,/       l    『フランドール・スカーレット
       l /、 `> ..` ー ´_ -   //ヽ∠       .ノ
      /  ヽi  ,厂 ̄)  k- ´- ' ,  ´   _.. -‐ ´ ノ`-   やる夫と同じ部に所属する下級生』
     ノ    ,/ j  /`ー´ ヘ イ´ -.....:7 ̄  \ ー ´ lヽ
        /  ゞ.._/_   , イ  /:::::      >、 l .`
       _ム   , < ,  7 ヘ-::`-´:::::::::::l        ヽi\l
      ,入 、 ´  / ノ ヘ  ヽ::::::::::::::::::l         /

 ┏─【フランドール・スカーレット 】───────────────.┓
 │おにーちゃん今日ひとりなの!?                     .│
 │じゃあじゃあ、フランのうちにおいでよ                  .│
 │それで、いっぱい遊んで、一緒にお風呂に入って、一緒に寝よっ? .│
 ┗────────────────────────────┛

95 :名無しのやる夫だお:2010/10/10(日) 06:09:35 ID:zFGtmtvo

             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/ どうみてもすべて死亡フラグです、本当にありがとうございます
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ てゆーかどれ選んでも意味ねーお、誰か助けてくれお
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |  『派亜速出 やる夫…モゲロ』
        |                |  |


    「──────やれやれだろ」

96 :名無しのやる夫だお:2010/10/10(日) 06:09:50 ID:zFGtmtvo

         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\   この声はっ──
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/     やらない夫かお
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ   (天の助けktkr
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |     いざとなったら生贄にして逃げられるお)

97 :名無しのやる夫だお:2010/10/10(日) 06:10:03 ID:zFGtmtvo

         /             ` 、
       /                 ヽ
      ,'                   ヽ
       i                ト-- ミ
       {                    {\   `丶、___/ニニニ
      ',       '`ー-- 、    {  \    \ニニニニニニニ
        {   ,_ノ    ィ´● )'     |  ハ::::::.    \ニニニニニニ
      ヽ. (. ●)    'ー "     /く   ::::::i     \ニニニニニニ
        ',  ̄´        、     ノ|`ヽ ヽ l:::::|       \ニニニニニ
         ∧   r   ',     }    ノ     !:::::|   ___ノ^ヽニニニニニニ
      /.::::\. '、_ノ=-- '′.-――- 、 /:::::/ /      ̄`ヽニニニニニ
     /.::::::::::::::::>、     / -―- 、⌒V::::::/.// j___ノ、  ヽニニニニニ
  /ニニ、`ヽ`ヾヘ   ムイ 、_(   >  \/ (__ ノニニニ     \ニニニニ
 ,仁ニニニ\ヽヽヽ ∨   /ニニ>彡>--')__ ノ    `ヽニ     \ニニニ二
 ニニニニニニヽ   /     {ニニ> ´ `¨¨´ ー         ニ}      \>''"´  『櫃不出 やらない夫
 ニニニニニニニニ/     ∨ /    ノ   (●)      }八
 ニニニニニニニ./        }ニ{     (●)     )      ノニヽ     ノ       やる夫の心友』
 ニニニニニニニ/       }ニハ      (__ ノ ̄    /⌒ヽヽヽ ___彡
 ニニニニニニニ!        ノニニヽ、            /     ` ー=彡'ニニニニニ
 ニニニニニニニ}          ⌒`丶、     /⌒ヽ  ノ     ノ_____
  / ̄ ̄ ̄`ヽ/ヽ、 _彡ヘ{ {        > 、 /     /  ̄ ̄ ̄
     ) 、    /   ヾ、    ヽ ヽ      (    `{    /
 // ⌒ヽ  /    〃 トミ  ___ >--‐=、   ヽ _ノ
  {       /    //     /         \__ノ

 ┏─【櫃不出 やらない夫】────────┓
 │やる夫は俺のものだろ、「常識的」に考えて│
 ┗──────────────────┛


       ____            ____
     //,;'::;;;;;:、\         /     \
    //,ィ':::::;;;;;;;;;;;;;、\      /       .\      ─    ─
  //,ィ';;;;;;;;;;;餡;:::::;;;;;;、\     /   (:::::)_(:::::) \    ○   ○
  | | イ;;;;;;:::::;;;;子;;;;;;;;;;;;;;;;} |   |     (::::::::::::)   |    (__人__)
  \\ `;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;イ /    \     |::::::::::|  ,/      トェェェイ
   ノ ノ イ;;;;;::::;;;;;;;;;;;;;;;'、 \    ノ    `ー'´    \      、ェェ/
 /´              ヽ
 |   l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

98 :名無しのやる夫だお:2010/10/10(日) 06:10:18 ID:zFGtmtvo

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   だおーーーーーっ!!!!??
:::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::( ):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 
:::::::::::::::::::::::| ̄|三| ̄ ̄ ̄|\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTヽ
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\iヽ
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|  \iヽ::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|   \i::::::::::::::::::::::::
    _____|  | |_________.|     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    _____|  |.|_________|      |:::::::::::::::::::::::::::::::::_,,-'~''^'-^゙-、::::::::
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |____   ノ:::::::::::::::::::::::::::゙-_::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |     ..|\ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
    _____|  | |_________.|     |LlLl LlL |  i:::::::::::::::::::;;;;;;::::__,,-''~i、
    _____|  |.|_________|      |======= | ゞ:::::::::::::::::::::::|.レ/:::::::i
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |LlLl LlL | ヾ_:::::::::::_,,-''ソ/::::::::::;/
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |======= |  |゙-、_::: i;;;;//::::::::,-'~
              |  | |               |     |LlLl LlL |  |   ゙ヽy /_,,-''~
             | ̄| ̄| ..:::::::::::::::::::::: | ̄| ̄|   |     |======= |  |    |i:|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  | ..:::::::::::::::::::::: |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             |  |  |        |  | [VIP高等学校]
             |  |  |        |  |
             |  |  |        |  |
             |  |  |        |  |
 ______|_|/          |_|__________________

 ┌───────────────────────────┐
 │人から愛されるということは素晴らしい事である           .│
 │だが、それが必ずしも良い結末へ繋がるとは限らないものである.│
 └───────────────────────────┘       おわぢ

99 :名無しのやる夫だお:2010/10/10(日) 06:11:01 ID:zFGtmtvo



   『やる夫は夕日に涙するようです』

100 :名無しのやる夫だお:2010/10/10(日) 06:11:25 ID:zFGtmtvo

   l   !.       _ ,,.`\_|   |
   l  .!.    .‐.~   `'|   |
  _l_l_    ,':..     :|.._  |`'‐
 .  l| |¬` ー-_ノ:::::::... ......::::| . l | .:::i._
  [ll| |ll]_ ,;'" .、::::::::::::::::....| : l=.| ..:::: :;')
   | |l'   !:::::::::::;;;;;.... 、..::::| ' l | :::: _ノ
   | | . _~ー、_:::::::::;;;\、 :| ; l | ,;'"
   | |./|    ~ゝ:::::;;='、_:| : l=.|─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─
   | | |     l、...:::::::::.. !|__」 |┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴ ∧_∧ ┬┴┬┴┬
   | | |      ^ー-、::. |   |┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─<・∀・丶>┼─┼─┼
   | | |           '~l_____.|┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬‐r⌒ゝ,  .⊂ )┴┬┴┬┴
   | | |   _,r-‐(⌒`ヽー-|l l l l|┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴‐|─┬ヽ9二二二二二二)─
   | | |  ,ソ;;::: ゝ;;::::::::::: |l l l l|┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─‐|─┼─┼─┼─┼─|─
   | | 、!_ .{`:: . ノ_;;::::::::::. . |_ |┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬‐|┬┴┬┴┬┴┬┴┬|─
       L;_::  ノ;;;::: .   l文|. |┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴‐|┴┬┴┬┴┬┴┬┴|┬
          ~ ー 、_i ::... | ̄ |┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─‐|─┼─┼─┼─┼─|┼
                 ヽ.,._|_  |┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─‐|─┴─┴─┴─┴─|┴


       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |   「今日も一日、疲れたお…」
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ


  ──上京して二年、憧れていた東京の一人暮らしの筈だった。
                  けれど、現実はそんなに甘くはない──

101 :名無しのやる夫だお:2010/10/10(日) 06:11:44 ID:zFGtmtvo

             ___
        /      \
     ,---、  \    /\ ― 、
     .l   l  (●)  (●) \  |
     .|   |      '     |  |
     .|   |   |!!il|!|!il|  / /     会社では上司に叱られ、
      ゝ     |ェェェェ|    ノ
      \          /         サービスという名前の残業が当たり前
       /             |
      /             |


           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆     \ \ ヽ    同期入社の同僚は
          〃 ハ   ⌒   ⌒ 、 l  |
         ル从§ (● ) (<)ヾ  |    要領よく上へゴマを擦り順調に立場を築いている
             乂§ ⌒(__人__)⌒ 从イ
             \   ∩ `ー´   /     仕事の面では、やる夫の方が勝っている
                / ⊂  \∩ィつ ヽ
           /  ゝィ/ _ノ  丶    けれど、世の中才能だけで登っていけるのはごく一部の人間だけ
            (   /  / \   )
               \    / \    /     人付き合いや要領の良さは、半端な仕事能力より余程強固な武器である
                 ー ´    ー ´


            ____
          /      \
        /         \
      /   _ノ   ヽ、_   \
      |   ( ●)  (● )  |
      \    (__人__)    /      ──結果、そういったスキルのないやる夫は地道に積み重ねるしかなく
       γ⌒  ` ⌒´   ⌒\
       /  (___    __) \     そういったスキルに優れている同僚は上役に取り入ってうまく立ち回る
      (____ ヽ γ' ___)
      /    ヽJ  し’    \     正直、や誠実、は人として美徳であるとやる夫は思う
    /  ./   \  /  \  \
   ./ / \         / ..\ .\  けれど、今の実社会でそれがどれだけ求められるかは非常に曖昧である
 /' __)    ヽ、__人__ノ    (__  ’\
(_/                    \_)

102 :名無しのやる夫だお:2010/10/10(日) 06:12:00 ID:zFGtmtvo

        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |   …つまる所、世の中に於いて社会の歯車に組み込まれる以上
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、    個、というものは必要とはされないものなのである
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ


          ___
         /::::::::::::::: \
        /::::::::::::::::::::::::::::\     偶々、欠けた歯車があった
      /::::::::::::::::::::::::::::::   \
     .|:::::::::::::::::::::::::::(ー) .  |   そして、そこにやる夫という歯車が入り込んだ     ただ、それだけの事
      \    (__人__) .  /


          ____
        /     \
       ‐   ─     \    その日もまた、得意先の会社に頭を下げる仕事を終え
       (  ( ●)     \
      (人__)         |   これから会社へと帰るところであった
       `⌒´         /
       `l          \    「…お?」
        l           \

103 :名無しのやる夫だお:2010/10/10(日) 06:12:16 ID:zFGtmtvo

                                   ...::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::....
                                 ...:;''''        '';;;:::...
                                ...;;;''           ''';;;:::...
                                  ...::;;;''              '';;::
                    ..........::::::::::::::::::::::::::::::;;'                ';;::::::::
            ..........::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;'                  ;:::::::
   ............................::::::::::::::::_,,,...:-‐‐=-..,,,_::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__,,.. - ‐‐ ''''"
.、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,r'";; ;;      ;;\,,:::::,:::::::::::::::::::::::::::::::__,,.. - ‐‐ ''''"";;;;,,,, ,,;;;;;;;;;;,,,,,
;;;,`';;.、::::::::::::::::::::::,,r'";; ;; ;,,,     ;;; , ;;; ;;;,`';;.、--‐‐''''""';;; ;; ,;;; ;;;;;  ,,,;;; ;,,,;;
;;  ;;;,`';;.、:::::::::,:r';;; ;; ,;;; ;;          ;;  ;;;,`';;.、 ;;;;  ,,,;;; ;,,,;;; ;;;;;;  ,,,,;;;
,,;; ,,;;;,  ,r'";;;,, ,,;; ,,;;;, ,,,,      ;  ;;  :; ;; ;;, ;;`';;、_ ,,,, ,,,,,,;;;;; , ;;; ;;;
 ;;;;  ,r'";;;;  ,,,;;; ;,,,;;; ;; ;,,, - '''' ''':‐-,, ,,      ;; ;;`';;、_          __,, - ''""
;;;; ,r'",,,;;;;,, ,,,,,,;;;;;               " ''''‐- ,..,,,...  __,, -‐- ,... ,-‐‐''''",,;; ,,;;;, ,;;
,r'";;;,,,,,, ;;;;;,,,,,,,,;;;;;; ,,,               _,, - ''" ""'''"" `'' -,.. ,,;; ,,;;;, ,,,, ;; ;;

:⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
.., ,; .:   ,,。,    ::;;,    ;ヾ ::: ::;   ;;   :::;;,; .:   ,,。,   ::;;
,,;    ヾ:::  :;    ;;:   ;;   :::;;    ;;ヾ ;;   []):::;; ヾ  ..,::   ::;  ;;:
 :ヾ ;., ;;. .., ,; .:  ヾ,,。,     ::;;,   ::;   ;;ヾ  :::;; ..,::  ::;  ;;  :::;; ヾ
.., ,; .:   ,,。,    ::;;,    ;;ヾ  :::;; ..,::  ::;   ;;   :::;;,; .:   ,,。,   ::;;
,,;    ヾ:::  :;    ;;:   ;;   :::;;    ;;ヾ ;;   :::;;   ..,::   ::; ヾ ;;   ::;;
二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二二二二二二][二二二二
oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0ooo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo
o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0o(⌒)0o○Oo(⌒)0oO0oo(⌒)o○oO0○oO0
   ~~~   ~~     ~~~~    ~~~   ~~    ~~~    ~~~
  ~ ~~   ~~   ~~    ~~  ~~~~~     ~~  ~~~   ~~   ~
~  ~~~  ~~  ~~ ~~~~    ~~   ~ ~~   ~~  ~~~~  ~~~~

104 :名無しのやる夫だお:2010/10/10(日) 06:12:31 ID:zFGtmtvo

           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \    それは、世界を真紅に染め上げる
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/    ……とても、綺麗な夕日だった
      ノ      ー‐   \


..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |    言葉を失わずにはいられない情景
.  \           /
.   ノ         \     ただ呆然と立ち尽くし、夕日を見上げていると
 /´            ヽ

105 :名無しのやる夫だお:2010/10/10(日) 06:12:47 ID:zFGtmtvo

                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                /                     \
              /                        \
             /      ―――            ――― \
           /          _                _   \
          /          /´ ,..::::::::::.ヽ ヽ         /´ ,..:::::::::::.ヽ ヽ \
        /        ,'  ,;::::::::::::::::::', ',       ,'  ,;:::::::::::::::::::', ', \
       /          {  {:::::::::::::::::::::} }        {  {::::::::::::::::::::::} }  \
     /           '、 ヽ::::::::::::::/ /        '、 ヽ::::::::::::::/ /      \
     |            (;;;;;;;;;;)) ̄ /       |     \   ̄          |
     |            /'       /        ∧      ',               |     ──何故だか、急に涙が零れ落ちていた
     |          {{        {        / ヽ     }               |
     |           ヽ       ヽ___/ __ \___ノ            |
     \          人        ヽ   ´    `  '             /
       \           ( し.)                                 /
        \       `¨                           /
         /                                     \

106 :名無しのやる夫だお:2010/10/10(日) 06:13:03 ID:zFGtmtvo

              _.。ャぁて春雄フ7ゎ。._
           ,.ィ炙ヲ㌍≠┴⇒弍j込ス>。
.        ,ィ升ヲナ'´           `゙'<弖心、
.        ;夕フア´                \ホi心.
       んfiУ                ▽ij∧
       从j'Y       ____       ∨iハ
.       斤W      /⌒  ⌒\       ㌣い
     |友カ     /( ●)  (●) \     }ソ川    やる夫は、特別な人間などではない
.       い叭   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  灰田
.     Wi从  |     |r┬-|      |  从ノリ
.      ∀t△  \      `ー'´     / ∧fリ/
       ゙マじへ、             /リiУ
        \夊i㌧、_             ,.イ!刋/
         `マ才i「≧ェ。。.。。っ夭テ少'゚
           `゚'' ミ黒幕竺荒木=‐'´


             、 ノ 、
            G / (● ●)ヽ
             、ヽ(_人_)*ノ    子供の頃は、そんな事も知らずなんでもできる気がしていた
          ∨ ‘ー’ .○
.             |      |
            .し    J


   /    /' /     / ,:'くヽ/ \ ,、 ヘ  /i
 ,:' /   ,: ' / ' / / ,:'/  /\丶\ゞ」 ノ 丿
'  ,:   /'   / ̄ ̄ ;;\\へ\  ||   |/
' / ,:'/,:  /(〇)  (●);\  Y´ |ノ
/,:     / (__人__) :::::::;;;;;;;;;\  ,:'/,:   /'    けれど、大人になり世界が広くなっていくほどに
/ ,:'/,  |;;;; ::::` ⌒´:::::;;;;;;∪;;;;;;;;;;| ' / / ,:'/,:
 /    \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,/' /           現実という容赦のない暴力に呑まれ
/  /'  /  ∪ :::::::::;;;;;;;;;;;;;\'/  /'
/ ,:'/,: |::Y    ::::∪;;;;;;;|;;;;;|/ ,:'/,:        結果、子供の頃に輝いていた世界は色褪せたものへと変わり果てていた
     ||∪ :::::::;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;|

107 :名無しのやる夫だお:2010/10/10(日) 06:13:25 ID:zFGtmtvo

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \    …だけど、それはただの思い違いだった
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

        ____
      /      \
    /  _ノ  ヽ、_  \
   /  /⌒)   ⌒゚o  \   世界は変わらずに、そこにあり続けた
   |  / /(__人__)      |
   \/ /   ` ⌒´     /

      _____
     / ノ' ^ヽ_\
.  ゚ / 。;'⌒)  (⌒ヽ\°   変わったのは、世界ではなくやる夫自身だった
.  / o'゚~(___人___)~o°\゜
.  |     ゚ |/⌒ヽ|  ゚    |  そんな当たり前の事に、今までやる夫は気付けなかったのだ
  \     ` ⌒ ´    /

108 :名無しのやる夫だお:2010/10/10(日) 06:13:38 ID:zFGtmtvo

         /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/   j :::::\:::/\;゚:
      ;: |     。<一>:::::<ー>| :
       \...::::::。゚~(__人__)~゚j
       r "    ;゜.` ⌒´,;/゜   今はただ、何も考えずこうして泣こう
       i::: |::::      |::|:
      :|::: |::::.      :|::|:     そして、その涙が枯れ果てた時には
      :_|::: |::::.      :|.´:
      :{:::  )::.     :',.:
      ゛‐-.`       i:


       ____
     /:::     \
   /::::::::::     \
  /::::::::::         \
  |:::::::::::::::         |
  \::::::::::::::       /ヽ    ───今までよりも、ほんの少しだけ頑張ろう
   /:::::::::        くゝ  )
  ;|::::::::::::          / ;
  ;|::::::::::::::       イ ;

                                        おわぢ

109 :名無しのやる夫だお:2010/10/10(日) 06:13:53 ID:zFGtmtvo

  ┏┳┳┓     ハイ.     ┏┳┳┓
┏┫┃┃┃     黒歴史   ┃┃┃┣┓
┃┃┃┃┣┓   ここまで ┏┫┃┃┃┃
┃      ┃┃┏━━━┓┃┃      ┃
┃ 黒歴史 ┣┫ . ・∀・ ┣┫. STOP!┃
┗━━━━┛┗┳━┳┛┗━━━━┛
            ┏┻┓┃
        ┏━┛  ┣┻┓
        ┗━━━┫  ┗━┓
.             ┗━━━┛


110 :名無しのやる夫だお:2010/10/10(日) 06:14:09 ID:zFGtmtvo

上が初投稿、下が素面状態での投稿
サイバンチョに見せるまでもなくまっくろくろけの黒歴史だな
ちなみに>>1はスレ立て=ホームページ作成みたいに手間のかかるものと思い込んで
スレ立てに対してたたらを踏んでいたのは>>1と皆の秘密だぞ?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ∧∧   )
        ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ

    ,r---、  从  
   _ソヽ/`、シi  ゝ
   _>=ヘ 山/=<,  ,,ヘ
.  ((ん'ノノルレム)) ||閻|
====出番ここまで=||魔|===


111 :名無しのやる夫だお:2010/10/10(日) 06:15:15 ID:BqgIK.g6
20分前から読み始めて追いついた。

AAのチョイスを見るに、1は東方が好きなんだな。
まさかやる夫スレで神主AAを見ることになるとは思わなくて噴出してしまった。

それはそれとして、この作品はxxxHOLiCみたいな雰囲気がとても好みだ。応援してます。


112 :名無しのやる夫だお:2010/10/10(日) 06:15:19 ID:zFGtmtvo

以上、既存投下分加筆込みでした
次回はおビール様が脳を刺激してくれたら完成します
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ∧∧   )
    ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ


113 :名無しのやる夫だお:2010/10/10(日) 06:19:14 ID:zFGtmtvo

>>111
ゲームろくにやった事ないケドネー
どじーん誌だので見てるだけでゲーム自体はチルノに負けまくった挙句
めーりんが抜けずにへたれますた
『東方AA纏メ処』様にAAが豊富だったんで
よし、ここ見てれば他のサイトでAA探さなくてすむぜゲヘヘ とか
ソンナコト カンガエテ マセンデスヨ?

116 :名無しのやる夫だお:2010/10/10(日) 07:23:06 ID:lCL69SBA
月賦板の短編スレでやってたやつかー 独立したんだね
乙!


117 :名無しのやる夫だお:2010/10/10(日) 07:48:43 ID:u2q/hwK2
お、スレ建てしたのか




G-SELECTION ∀ガンダム DVD-BOX 【初回限定生産商品】G-SELECTION ∀ガンダム DVD-BOX 【初回限定生産商品】
(2011/01/28)
朴王路美、高橋理恵子 他

商品詳細を見る



一覧
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

立春も過ぎ暦の上ではもう春!
でも今年一番の寒気が来るそうで、暖冬と言いながらも春の訪れはもう少しかかりそう?
個人的には暖かい方がいいのですが、雪不足な行楽地にとってはもう少し寒くなって欲しい所でしょうし、やはりそれぞれですよね。
そして何といっても今はコロナウィルスによる肺炎の話題でもちきり。
体調管理さえしっかりしていれば普通の肺炎で終わるみたいですので、何はともあれ元気が一番。
マスクはうつさないためのものであって、予防としてはイマイチらしいので転売なんかにはご注意くださいませませ。
まぁ、寒い日には暖かくしてのんびりやるぽん!なんていかがでしょうか。<(_ _)>


お借りしているFC2様の更新により一部のスクリプトが動かなくなっていた模様です。
具体的にはカテゴリの一覧での複数ページ表示が出来なくなっていたみたいですので、表示方法を1ページずつとさせていただきました。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

19/11/13
アカガネ山のやる夫 追加

19/05/26
やる夫は誰かを救う悪になるようです 追加

19/05/18
エージェントやる夫の日常茶飯事 追加

19/04/14
やらない夫は「The World」にログインするようです 完結

19/02/10
真・女神転生 ~やる夫の嫁は加賀のようです~ 追加

19/01/21
できる夫とマリーがたどる仮面ライダーファイズ 追加

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



月別アーカイブ
FC2カウンター