やる夫が永遠存在になる様です Chapter4-EX-02【 家族の肖像 - マロリガン・帝国編 - Part.Final 】 前編 その1 やるぽん!

ゼロワン第14回 滅亡迅雷.netに第三のライダー登場! かと思ったら斜め上の展開に! 筋肉痛で済んだホッパーに比べてウルフは血反吐はいてるので負担が大きそう……というか不破さんは本当に人間なの?

やる夫が永遠存在になる様です Chapter4-EX-02【 家族の肖像 - マロリガン・帝国編 - Part.Final 】 前編 その1

246◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 18:43:58 ID:SVPiSY0M0


             /                        \
               |                         /___ _ \
.               |                        / |(  (ヽ  }  )
               |                       / } ヽ⌒ヽ\}/
                  |                      /_ノ__ヽ__/
              / \                  // __/ ,| ||| | |
             /                  /7´/}/ |ノ|| | |ゝ
.          /                   / .{/_,,   |ルリ\
       /    【 524レス 】           / t彡テ''  {彳∨ヽ ヽ
      /                      / | 弋シ    ヽ _ ヽ \ }
     /                        / | |   `       | | }  }|
.  /                       ///. | | U     / | |  ||
. /                        / //.  || |     ,r 7ノ //| || ノ'    取りあえず出来たっちゃ出来たんですけどね?
                       /// //  //| |   ー'//{ヽ | ||
                      / // /_ /ノ| |ト __ ノl'| | ヽヽ|||      ここだけの話……
                     / / // //|   \__| |  \| |ノ   }|ノ
                    /  / // // |    \ノ   /    }
              /   / // // |     ヽ  く {    /
____         /     / // //  |       ∧_/_\ /
  \ )  \      /     / // //  |    /\\ \ ヽ_ \
    ) { 〃  \  ./     / // //   /|   /  / \\ \ } > 〉
    {/ {|    \/     / // //   / | /\  { ノ \\ \ {\
 ̄ ̄ \    |}  /     / // //   / |   /  \   (/ \   \ }
 ̄ ̄\ \  | /     / // //  / /  /     \   (  \  \
\/  \ \ | /     // //  / /  /         \/    ヽ|\ >
 /  //  \ |/      // /   ./ /  /         }        |/
./  ////         /ノ      ./    /         |        |


250◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 18:49:48 ID:SVPiSY0M0


 まぁ帝国だけで終わらせるつもり(それでも300レス)なのを
 マロリガン、北方全国まで一気に書き上げたせいもあるんですがね!!

 でも流石にコレ一気に投下するの死ねる。
 なので今日は350レス、残りは明日投下します。

 予告については只今今回分の校正中。
 ソレが終わったら作成して出来上がったら
 明日の投下に追加して投下します。

 後最後に……コレで外伝終わりですうううううううううううううううううううううう!!

251 :名無しのやる夫だお:2014/01/18(土) 18:52:01 ID:vkrmbzmw0

よし!、良し!!、良ぉぉぉおおしッ!!!
待ってたぜ!この日が来るのを本気でw

252 :名無しのやる夫だお:2014/01/18(土) 18:54:50 ID:qRQbbVTQ0

しかしここまで長いとは愛されているな少佐

253 :名無しのやる夫だお:2014/01/18(土) 19:28:08 ID:eVqA.zfo0

少佐編面白かった、面白かったけど本編復帰も待ち望んでたからなぁ……

254 :名無しのやる夫だお:2014/01/18(土) 19:30:06 ID:LtmRs.nw0

割りとガチでやる夫って誰だっけ状態になってたからなw

255◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:11:23 ID:SVPiSY0M0


                \/\_
                 ∧///\
              ∧////\          Ish Thunewre Hakiwos SymhaoHinuasos ja Yaruo.
                  >/////\         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                √///////\
                   ≧////////\                ハ∧
                    |////////////\              ハ//|
                   |//////////////\_,   _7∧  _, ハ//|
                |//////////////////>ハ/  ノ;;,/ 7///|
                  |;////////////////////7_/;;ィ'////∨
                     ∧///////////////////////////////7
                ハ/////////////////////////////////\
                ハ////////////////////////////////////\   |\
                ハ////////////////////////////////////////V  |///
             ,ゝ///////////////////////////////////////////V,r'///
             ////////////////////////////////////////////////////|
             ハ////////////////////////////////////7∧//////////////
            \//////////////////////////////////V   V/////////////\
──────────━━━━━━━━━━━━ //////∧     ̄////ハV⌒//|
   Chapter4-EX2 【 家族の肖像 - マロリガン・帝国編 - Part.Final 】   7/7
            ━━━━━━━━━━━━──────────  \///
              ∧/////////////////////////////////////        ̄
                 7/////////////////////////////////////|
              V//////////////////////////////VVV///丿
            ハ/////////////////////////////∧   7////\.
           ハ//////////////////////////////∧  〈//////ハ、.
           ハ///////// ◇─────────────┐//////ハ
=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐│   投下ちょっと前のお知らせ   |‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=‐=
        __        └─────────────◇
       ,/yニニニヘ、
       /厶イNハjハ      校正終わり、お風呂入ってから投下します。
      ,′l│l  l j.リ       20:30頃からになると思います、約350レス、基本モノローグ進行。
       |_Nド-Rイリ|
      └rj厶イハム「      今回真紅さんがちょっとだけでます。
        j///__}}\      やる夫君は今回は出ませんが、明日の分に「 1.2コマ 」でます、多分。
        ̄   ̄ ̄


256◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:35:04 ID:SVPiSY0M0


       ))
      ((
      _ __
    /´ r__,ヽ      さっぱりした所で投下開始します。
     { ィ|irwnト|
.   丿 ,l| ゚ヮ゚ノi{       皆さん宜しくお願いします。
   ヽ、,ノリ.史リ、,〉
    く_ノ 八ヽ〉
.    く_,.ん_ソ_,>


257 :名無しのやる夫だお:2014/01/18(土) 20:35:37 ID:vkrmbzmw0

ばっちこい!

258◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:35:37 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・                         ┌┐
─── ─────────── ─── ──  ─…                                  ||
─────────── … ……             ┌─────────────────────┼┼─┐
_________                     ┌―┼―――――――――――――――┐          ||  │
__ __                        |  └───────────────┼─────┼┼─┘
__                         |        |      ┌―――┐                  |          ||
                       |        └―――┼―――┼―――――――――┘          ||
                       |                |      |                        ||
                         ┌―┼――――――――┼┐    |                        ||
                         └―┼――――――――┼┘    |                        ||
                       |                |      |                        └┘
                       |                |      |
       ―――――――――――┼――――――――┼―    |
                       |                |      |
                       |      □─=─=─=─=─=─=─=─=─┐
    ┌┐                     |      |                            |
    ||                     |      |   時は聖ヨト歴324年初春……     |
┌─┼┼────────────────|                            |
│  ||          ┌――――――――――└=─=─=─=─=─=─=─=─=□
└─┼┼─────┼───────────────┘  |
    ||          |                  ┌―――┐      |        |
    ||          └―――――――――┼―――┼―――┘        |
    ||                        |      |                |
    ||                        |    ┌┼――――――――┼―┐
    ||                        |    └┼――――――――┼―┘
    └┘                        |      |                |
                                |      |                |
                                |    ―┼――――――――┼―――――――――――
                                |      |                |                       __
                                └―――┘                |                  __ __
                                                    |.            _________
                                                   …… … ───────────
                                        …─  ── ─── ─────────── ───
                               ・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

259◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:36:02 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐


                    □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
                    |                                        |
                    |  ロイ・ソウマこと、改めモンティナ・ソウマはサーギオス一の   |
                    |  大都市リレル・ラエルにその身を潜ませていた。        |
                    |                                        |
                    └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□


                                                 _
     _________                               /[匚匚匚匚|
    〔i王王王王王王王王王iト\                             | | ロ     ロ |
     |: ロ: : ロ: : ロ: : ロ: : ロ: : ロ: |: : |                              | | ロ     ロ |
     |: ロ: : ロ: : ロ: : ロ: : ロ: : ロ: |: : |               ____________    | | ロ     ロ |
     |: ロ: : ロ: : ロ: : ロ: : ロ: : ロ: |: : |                /∠二二二二二二 \ | | ロ     ロ_|_
     |: : : : : : r、──:i: : : : _,._,._,._ ─┐xrヘヘヘヘ   //||\/||\/||\/||\\.| ロ   /|二二|
 ∠二|: : _,._,_: |: | ̄ ̄|: : :ミ;;.:.,; ;.:: :ミ ノ |ミ;; :.,;, .,; ;:,ミ.∠∠_||/\||/\||/. ┏─《↑至:バーンライト 》 ───────┓
ミ;;:.:;(⌒ミ;;:, .;;,:,:ミ;;;⌒;;;ミ r─¬ノシ ̄/  | ̄ノシ⌒''∠∠二二二二二二二二二│△△ △△             △△△△△△|
二エ二ニェニ二エエニ二エ二エ二ニェニ二エエニ二エ二ニェニ二エ孑 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄│△△△                △△△△△△|
        =─-      ----    -─=     - ─ =        │△△△                  △△|
 =  -─=        ==-   -  ─=     =─-     ---.゙│△△                  ┌─┐  △△|
   --     - ─ =    -─=       ==     --─....   │△△△△              |☆|△△△|
_冂______冂______冂______冂______冂 │                    △└ 【 リレル・ラエル 】
 ̄|/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| │             △△       △△|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ │                        △△|
   /          /         i         ',      ヽ   │△        △                |
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐──.....┗─────── 《↓至:サーギオス. 》─┛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

260◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:36:48 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

                   □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
                   |                                                    |
                   |  帝国へ亡命する際、モンティナの手元には時価総額にして           |
                   |  約500万ルシル相当となる宝石と200万ルシルの現金が有った。     |
                   |                                                    |
                   |  内、450万ルシル相当の宝石を外務局を通して国庫へ献上し、        |
                   |  やんごとなく亡命に成功。モンティナは帝国一国民の戸籍を得る。      |
                   |                                                    |
                   └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
                        ̄|! ̄
    ┌=ニニ二_ ̄_ ̄_二ニニ=┐
    l》γ⌒))≪〔!_i〕≫((⌒ヽ'《!.       _
    └‐--´-======-`---┘       ll ̄ll
                             ̄  OOOO   _
       __j!__              _人__OO    O  ll ̄ll                 ,。ニ、_,=、
          ̄|! ̄         _   `Y´        OO ̄               γvゞ-'^乂_)=c、
                      ll ̄ll o          O   _人__         し゜     `´C≧、
                        ̄ O          O    `Y´.           (ヽ        ヾ:、ヽ
                        O           O。o_              f⌒'.        }}リ
                       OO _          Oll ̄ll.        |      ゚ー(`Y_   ____ノノ}
                      O  ll ̄ll         O  ̄.    __j|__      ¨ミΞC=O彡'
                    _ O    ̄        OO_.        ̄|「 ̄
                   ll ̄llO           OO ll ̄ll         |!
                    ̄ O        OO  0   ̄.          |
                     O     oOO_    ll ̄l
             _人__    _ OOOO    ll ̄ll     ̄  _人__
             `Y´    ll ̄ll          ̄           `Y´
                     ̄
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

261◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:38:04 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ── □─=─==──=─=─==─=──=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐. ─  ───‐‐
          |                                                      |
          |  ソレらの宝石は、モンティナが主拠点としていたデオドガン、               |
          |  そのデオドガンの商会数十の商会より「 空手形 」で買い上げたモノである。      |
          |                                                      |
          |  勿論相手からしてみたらモンティナは今まで幾つもの取引を行ってきた          |
          |  「 信用 」の置けるブローカー(仲介人)であった事、同時に一つ一つは           |
          |   そう大きな額では無かった事から手形決済を怪しむ商会は皆無であった。        |
          |                                                      |
          |  そしてモンティナは宝石を手にしたが直後、帝国へ亡命する。               |
          |  要するに持ち逃げ……「 信用詐欺 」を行った訳である。                      |
          |                                                      |
          └=─=──==─=─=──=─==─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
                                  _ ___ _
                                , '´ミ:.、 、 :.、` :. 、
                                 /´三`ヽヾ  \ヾ:.   ヽ
                              ,'三ニ ヾ、 :.ミ、\\_ヾ:、 }
                   / ̄ `ヽ     /≦三:.、  ミ:.、\ ヾ:、 `ヽ.:}、
                  ノ ー‐、'´ ̄ )   ヾ.>ー- ミ:.、 ミミミ、ヾヘj |::Y}、
               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.  ∨!  `ヽ>≦>/   Y:::' :::::.、
               | 利用できるモノは…… >_{ii:、   r彳´,.:ゞ:仁=、  !,' : : '. i\
               \_________/..ム/>、r- <ゝ,、____.ノ ノ!' ,::'.     |}、 \
                 | `i ::::::::::::::/.   ,'/////,ヘ.__八__,.: ,.:ソ'゙ ノ〃.    !、\:.\
                 |   ! .::::::::::ノ   {/////>:::`::.、:::._ ゙´  .,イ::,'       | \o\ \
                 |  ! :::::::〃   //> ' : : :::::::// /⌒ヽ.〃     !  \_ノ '
                      }、 ._jソオ´{  > '     >{´ レ;ノヘ   〉      ハ'´ ̄
                 |ミ=彡'´ ム}'´     ,.: '´>ム> ´〃 ,:ゞ=/   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                    〉>'´ ̄z彡、    ///:´,.イ彡' ,イ 〃  <  何だって利用させて頂く……! |
                /´ ,イ ̄ ̄ヽミ}、>ヘ∧  } ゝ . _/--,_'     \_____________/
                  ∧  /     .::::::::/ハ > ' ゙ ´   ,イ  \     ,____
                ∧/     .::::::::::/> '゛        ., '     \  人    `ヽ
                   ,'  ...:::::::::::::::::/ー―――――/      > ミ.、//>.、   ∨
                / .::::::::::::::::::::::/´       /  ,. - 、   i   ∨////}    }
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

262◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:38:54 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

                 □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
                 |                                                    |
                 |   だがコレに対し大騒ぎする商会は皆無であった。                   |
                 |                                                    |
                 |   一つ一つがそう高額では無いこと、またモンティナのバックにいた      |
                 |   ゾディアと揉める事を商会の面子は忌避したからである。           |
                 |   額が額なら商会も黙っていなかったであろうが、いざ訴訟に掛かる     |
                 |   メリットとデメリットを秤に掛けた場合、後者が勝ちすぎたのである。     |
                 |                                                    |
                 └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      |  たかだか7万ルシルでゾディアさん所と揉めるのはなぁ……  |
      \__  _______________________/
             ∨                       ,r'゙  ´ニ二三ゞ,fr'゙´  ```ヽ、
           _,,..、、、、..,,_                /_, ー==ニニヾノい,ィイ三ニ''ー、 ,ハ、
        ,r''" ̄   ヽ  `ヽ、               ノィ,r=、ゞ,、、ィイレ'゙´``ヾーニ==、 ゙ゝ}   ◇━━━━━━━━━━━━━━┓
      / ,,    ,.、-'゙^iヾ''-、`;''             〈 ,fi l  `""゙´      ゙ト、ー- 、   ト,   │   デオドガン宝石商の方々     │
     i゙fi,/::::i゙ ̄ ̄   ' ′ ゙リ              `ト,l1     . ..   U  !三ニヽミ,、 ハ.  ┗━━━━━━━━━━━━━━◇
     |:::::::::::゙i U        ゙|             ゙iN、、,,_ ´_,,、、-ー-、ヽ ヾゞー-, ミ, リ
     /.::::::::::::}  _ノ   `ヽ、f              ヾ!   `.    `   ト、r'⌒ヾヾ 〉
     !:::::::::::;;f  '"        {                   `l `7 ,' ヽ ``     ミ/ 〈レ ,! i,(
     \::f゙i~'!         ヽ   !                   ! / ,:       ,'   ィ,/j レ'
     _ナハ,`゙;     人__ノ   |    , '⌒ヽ.        l ヾ '" `     ;  / ィ´ヾ/
.    ∧`~゙l「|..    rニ-''-ニ:、 ;'   ー   l         i  ー-‐‐-     ,' ,/  , / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /  ゙:, ヾi、    `二´  ,∧   ヽ、_ ノ.         ヽ   ̄`    ,/  <  輸送事故に遭ったとでも思うか…… |
__/   ト、 \`ー、   ,,  ,ィ゙l ゙ー-、,_       ,-/   ,ゝ、 ____ ,イ   /,、‐'\_______________/
.  |     ゙i,`ヽ、゙ヽ、`二二ニ",ハ!  ゙':、  `''ー:、,_  (__丿  /   T     ,、‐'´        〉、
.  !     ゙i,\゙ヽ、      /,:'゙|   ゙:、.             |\   l   ,r<          / ``''ー
  |      ゙i, `ー-、,___,,、-'゙ :|    ゙:、         _」  ヽ ,イ   l  ヽ       ,/
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

263◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:40:02 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐□─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐.゙──  ───‐‐
                   |                                                |
                   |  斯くして無事(?)帝国国籍を得たモンティナ・ソウマ。              |
                   |  問題はスピリットであるセイバーことオルタ・ブルースピリットと      |
                   |  水銀燈の二人を如何にして帝国国内に入れるか?であったが、     |
                   |  帝国との密輸を行っている連中に金を渡し、物資を積んだ馬車の   |
                   |  荷台の下に二人を乗せて運ぶと言う策を取った。             |
                   |                                                |
                   |  些かお粗末な方法では有るが、今までも密輸を見逃すことで、     |
   __ ..  -==ニ二 |  私服を肥やしていた検問相手には効果覿面であった。           |
  |__  二ニ== ― |                                                |
   |     ____.... └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
   |    |____|     l   ,_   |             |
   |      || ̄|| ̄||     l   ||「||  |             |
   |      ||  ||  ||     l   ||| l|  |             |
   |======||_||_||=====:|====|||」l=== |             土
""'"|        ̄ ̄ ̄     :l      ̄    |、_,..,,_.,._,、_._,_,..、_,、.,_,,| |,.,.,.,._,,.,.、,_.,,,.、,.,._,,_,.,.,,_,_,.,__.,,_
;,:.:.゙、ゞヾ'""''ミヾ゙""''ミヾ゙ヾ゙""''ヾ゙""ミ''ヾ゙""''ヾ゙"ヾ.゙:...:.:.:.:.:...:.:..:.:.:.:_. | |:.:..:.:.:.:.:.:.:.:...:>''"  "'く,;::.:...:.:
 ヾミ ゙゙   ゙`  ゙ ゞ       ゙   ヾ  ミゞ..―――――{}| | ̄ ̄ ̄ ̄"         `'<,、
 ミ""''        ゞミ    ´         ゙ヾソ..゙≧x =-  ̄Π=
'. 彡゙ ゙     ゙  ヾ ゙゙             ヾミ゙」≧x   -   l:|
x.`/ソゞ w_/ ̄ ̄`<⌒ w ,;r=;、.            ゞ <       .l:|     ,;,
|.゙ミ、ゞ w§ヒミノノノ)))   ψ,iリノ))〉.           ゙ヾ, '  ̄ ̄ヽ.   ,〔_〕   ,、. 〈_〈 i、
l!|彡ミ ゙..゙<人リ゚ ‐¨リ、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /フ   i ` ___ __ _    _、シ从ヾ、
::l:.l! >ー-、ー-ニニ 」__________/ /|  /    _  ̄_,,シ:'「ヽヽ. ヽヽ
 //il7ッ,==‐-- 、.、フ,二ニヽー-    ≦l  ̄  ./   //⌒  ̄||    |.|_ へ.__)
..i l`、|レ┌‐-――-//、 |l//ゞ、 ___/二ヲ〈,> / イ{   ノ ||(   ,U
.i l`、( )|__    __ i l`、`!//! i___//ヾ、|レ,ヽヽ´ニニニニニニ0ニニコ/
.li-‐ヲト'、ー「|  ̄ | レi├--( )-‐l |     | L__( )-‐l |  :/  | |   :/ } j{
. !v  |lヽ//   ヽv' | レ 'l|\シ/     i !, フ「iヾ.ン/  :/   ヒ} / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 ゝ、i_l.シ:::::::::::: : ゝ、ヾ.' _lレ .ノ::::::::::::::::::::::ゝ '、!L, 人    :::::::::::::::|  通って良し……さっさと行け、早くしろ  |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : `ー- ':::::::::::::::::::::::::::::::`ー '  ̄  :::::::::::::::::::::::\__  _____________/
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐─ ∨─  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

264◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:40:51 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

      □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
      |                                                        |
      |  兎にも角にもモンティナに続き、無事密入国を果たしたオルタと水銀燈。      |
      |                                                        |
      |  人とスピリットの区別は確かにつきづらい。                          |
      |  だが解る人には解ってしまう、何気ない挙動や仕草、受け答えしかり、       |
      |   また転んで怪我をしようモノなら「 そう言った勘 」の鋭い者でなくても         |
      |  「 人 」では無いと言う事が解ってしまうのである。                  |
      |                                                        |
".     |  よって、モンティナ達三人は都市リレル・ラエルの外れも外れ、          |
  ,.... |  山沿いの辺鄙な場所にある山荘を買取、人目を避ける生活を始める。      |
      |                                                        |
 "'..... └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
  "' "  ;':. ..;、 ''  "  '' 、 " ; ;''、   _,,,. .,;: . :;''" ノ "  ;;
:.、     . ;': :.. ;, ,, " "  " ''  __;': ;.;、'''" .,,,..,; :;. ..:;''"
. ;.  "' .;': : ...  ;,__,,,, -- ''''' __.,;'::; :. ;、'"~ .;:: . : . ;, "   "
: .゙;' ,ィ,,: : :. .. .  ;,--― ,'''''"" ̄ '';'; .;: :. ;,   .,;:: : .. ...;, '''   "
. ; ';/ /;': :: .. . .., . :,  ,;':.'、" 、 ".;': :. . .   ;: ,; ::. :.. . :;;   ;;   "
:;  ;:  ''''';:',,:,.''il''''''  .;: . . .;,   ,;':: : .. .: .   ;  ''''''ll!;!l''''  "   " ,
; ;  ;:、:. ..;'.. ゙;.,'_  .;.:::.      ;:' :: . . :.    ;;,   l!l;,l  "" ''  、
;; : . ;.  :;': ;. ';'l」 |_________  ;、;;. :; "'' "  "  ,
: . .  ':、;:' : ; ,. ';、/ / / / / / / / / / / / /ヽ'''゙..   "  ::'':;,,  "
;: :. :  '、 :: : ;.  ;, / / / / / / / / / / / /三ヽ;::,、";   ;;  :;,    "
: ; ; . . .:;, : :... ...   ;,/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/l三.ヨヽ .;;、:: ; : ;; .:;,'''::: ..;;';、
"゙''::;'':;,,'  ;; :: : . . ;ニ∠ニニム三三三三|; l l;|:: .. .;;、: .. . :: :;., . ;. . ;,
; :. , : ; .."':,,;,,..;; ''' .;,三|田田| l三三三三;|; l l;|、 , . ;;、 :..::: .. ..:;, .;':: . .;,
; ; : ., .,  :.  :._  ';三|田田|_l三三三三;|エエエィ ,,,;;;;:::'''':::;;;;  ;, ,; : :. . .;,
;; :. .. .". ..  ゙ ,, " ;.;ェェェェェェェェェェェ,,,;;::::'''::;;'''::ll|;,;;;::.';.:: .  '':;; ,; :: . : . ;,
; ;:. .゙ ;: : : . .   . '';' ''::::;;;、、l;;'''"; . .:::; ..  "''::;'''": : ..: :   ゙;; ::: .. .  ;,
; ;; ;:.. ,,  "  ''  ;   :  ::::;;  :  ;;  "  ;; ::: : .. .  ;; :::: .   ;,
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

265◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:41:36 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

           □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
           |                                                        |
           |  さて、この時点でモンティナが持つ資金は現金約150万ルシルほど。        |
           |                                                  |
           |   お世辞にも大金と言える額では無かったが、今後モンティナが大黒柱として    |
           |  帝国国内で仕事を見つけ、真っ当かつ順当に働いていけば                 |
           |  慎ましやかながらもモンティナ達三人が平穏に暮らして行く事は……        |
           |                                                        |
           └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□

                        ,,-‐‐‐ - 、
                      /      ` ヽ、
  ,,= 、                 ,'/           ヽ、
 〈 ヽ.`ヽ、              j j             ゙ヽ
  ヾイヽ  ヽ、              ', ',              ヽ
   ヾ"ゝ、  ヽ                ',∧              ',     __ ゝ<辷辷-、
    \-'ゝ、  \            ∨ヾ             j  ,,< ,,>-''''  ̄   ̄`ヽ、
     ゝ、 ゝ、  \           .\,,\          ,ノ<、-''´           ゙ヽ
       ヽ/ゝ、 .ヽ           ゝヽ、`ヽ、__     イ、 /                ヽ
         \イ,,ゝ,ィ             ゙ヽヽ_∠フ辷-イ、/                  ',
           `-"                         / //                   i
                                    / ゝ'/                    i
                                /ヽ/                     ,!
                                ト、//                    .,'
                                    i i                       ,'
                               i`j                        /
                                 ',,j                   ,/
                                    ヾ、                /
                                 ヽ              ,,-"
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

266◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:42:40 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

              □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
              |                                                    |
              |  出来なかった。                                     |
              |  と言うのもオルタは故・ふらんの術式によって一命を取り留めたモノの、   |
              |  その代償として週一……最悪でも隔週の頻度で体組織を維持する     |
              |  特殊な薬品を投与しないと生命維持に大きな支障が出る。             |
              |                                                    |
              |  製薬方法はモンティナも知る所に有ったが、問題はその薬品原料が      |
              |  極めて高額な事であり、まっとうに仕事と生活をしていたら、          |
              |  一年も満たぬ内に資金を食い潰す事が解っていた。                   |
              |                                                    |
              └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
                   ,!
               _,,,_  l                   ┼━━━━< か け い ぼ >━━━━━━┼
              /  ,r`ヾ、_________                ┃貯蓄:1,500,000 R(ルシル)             ┃
            :./  ,r'´  ,/      ̄'''‐-,,_.:          ┃─────────── (以下概算値)   ┃
            ,!  !   !   i        `ヽ、.       ┃+収入:100,000 R                      ┃
                  !   l,  i,  i,     i,,,,,,,_     ┃───────────                ┃
              `;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'´ =≠≠=ヽ   i ヽ ,!.:   ┃-衣食住雑費費用:50,000 R          ┃
                ,r'           l  ,i   l i,     ┃-薬代:200,000 R                      ┃
               :.!         U l  i  ,/ <.   ┃───────────                ┃
                ヽ   r‐-、   〝 l  i / i'''''’.   ┃月▲150,000 R の大赤字             ┃
                   >、___ ̄    __,,,.l  i''´i ト、!.    ┃= オルタ死亡確定まで後、約一年弱      .┃
                 i l   ̄__lニニ=,!  ! l  ヾヾ`.    ┼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┼
                 ` ヽ ,f´,r''´ /ト、 l l   ヾ!
                    !:l, `ヾ! !l`ヽ `   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                     l:::lヽ、_,,,ソl::::::ト、.:   <  …………  |
                    !::!  l   l::::::! i    ゝ______,ノ
                    l;;!: : `ー-l:::::;!_ `ヽ、
                   ::::::::::::::::::::::`''´  ̄''''''’
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

267◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:43:54 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─□─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐‐ ‐     ───‐‐
           |                                                    |
           |   だがその事が解っていないモンティナでは無い。               |
           |   此度の亡命に関しては裸一貫で逃げるような今までのソレと違い、    |
           |   ある程度の「 仕込み 」をした上での行動である。                   |
           |                                                    |
           |   モンティナが行った事……それはまず亡命の際、古美術商を謳い     |
           |   同時にリレル・ラエルの美術商を営む商人達へ                     |
           |   「 お近づきのご挨拶 」と寸志を進呈していき顔を売る。           |
           |   またその取引が行われる場にも度々足を運んで行った。           |
           |                                                    |
           └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        |  ほう?古美術でも旧ヨト時代専門とはお珍しい |
        \_____  ______________/
                _,,,rニ∨三三三ミ.、                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                ,rァ三三三三三三三ミヽ               |  えぇ、ご用命の際は是非私へ |
             '/ノ.ニ三三三三三三三ミ`,                 \_____  _______/
             _{.三三三三三三三三三l                      ハ丶丶//∨i i i i i i へ
           _-'ニ三三三三三三三三三ミi                   ハ丶ヾ ' ' ∨i i i i i i i i i i ,
             =三ニ三三三三三三三三三ミ,'              ハ ,.=ー=.,  ,.=-^レi i i i i i i i i i
           ,r'.三三三三三三三三三,ニミiシ               ├(   ノ二(    'iシi i i/i i i i
        /ニ三三三三三三三三ミ/'彡'                 ( }  ̄ く _ 丶_ へレ/ハi i i |
.       _,.‐'ニ三三三三三三三三/‐'´                     v ,',_  ___,    !.i'’ソ /
.   /ニ三三三三三三三三三.<,. 、                     i  iト、      )   , ノノ,/
.  /三三三三三三三三三三三三三`ヽ                     人 ,、 ` ‐-‐ ´    ,/テテ
. /.三三三三三三三三三三三三三三三`,                     /'-,ヾ      ̄  ノ彡’ヾ.,_
.,.'三三三三三三三三三三三三三三三三ミー-― ―.、.           /  ヽ::...... ̄........-=三’  /  ト,_ _
lニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ミヽ        ,:’   〃^i;::::_;: - '’     /  | .{ {ヽ
.!ニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ヽ    ,・∨    /i .i’ヽ、      //.    | /”
.lニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニj.  ’ ∨     /ノ ル ,ゝ    /.∨     |/
. !ニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニー、 ∨     /レ'=o=> 丶, 0/  ,/     |
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

268◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:44:44 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐‐ □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐─   ───‐‐
               |                                                    |
               |  モンティナは密輸をやっていた面子から帝国内部事情を掴んでいた。     |
               |  だから敢えて己の半身とも言えるオルタの「 命 」とも言える「 金 」を     |
               |  ばらまきながらもその筋に生きる人の間で「 名前 」を売ったのである。    |
               |                                                    |
               |  モンティナの狙い……その狙いは言わずもなが……             |
               |                                                    |
               └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
                            メヲ彡ミミ㍉|l!l!l!l| .| |l|l|! |l| l li i | lii㍉
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ f彡ミミ㍉ヾ斗l!l!l!| .| l|l|! |l| l li ili l|l|! |l㍉
        | 雑魚に用は無い……  >ケ彡ミ气㍉l!l!ll|l!l!| |ヘl|l|! |l| l li ilil|l|! | lハ
        \_________/ 孑彡         .| |l|l|! |l| l li ilil|l|! |l| l li|
                           /´!  ,ィヘ      .| lヘ |l|l|! |l| l li il l|l|!|l ||
                            / /| イ -‐ ヽ.     ;| |lWil|l|! |l| l li il l|l|!. |l|
                       〈 .ヽトr====、 〈.   ;.|/ | WwWl! |l| l li ili. ||l
                            \エ{{       ヾ===、爪"゙゛㍉W|/W|/l|l| |l|
                         i ゝ      }}   .〃       ヾ Wwl|l|!|l|l
                         |  `====イ==ニ乂       }辷イl|!| l|l
                         ∧      /::::|     ヘ _ , イ´  ./ /
                         ∧ rf、___ヽ::|_, ´__  ー-、 ,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                          ィ―\ \+++    ー+++イ入 <  コレは単なる撒き餌…… |
                     _ -‐' ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;ヽ   ̄ー---一  ̄     ,イ}\___________/
           ___,,..-‐'' ̄;;;;;;;;;;/゙゙゙゙/ .ノ;;;;;;;;;;;;ヘ `ー----一'´ __ノ´| {!  |  ヽ
.       _/    /´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ .   /;;;;;;/ ̄∧|≧ー ‐--‐ 一≦;;;;;;;;;| {i.  l    ` 、
      i {     ;;;;;;;;;;;;;, -'".     / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\..゙;;;;;;;;;| ;:  l     ` 、
      | {      , -'".       |  真なる獲物は……  | . ヽ;;| ;:   .l      `'ー-、_
      ハ {   , -'"          ./..゙\_________/.   l;|    l        /}
   _/', `、,-'"            /   /}  }  }  }/ー-一i彡 /    |;|     .l       ./  .〉
   |  .',-'"              /=ニエ} }  }  }/      },,,,/ .     |;|     l      /     i
.   ハ ,-"                /   {.} }  }/      / /       |;|     l    /       }
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

269◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:45:33 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐
   _      □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
  木...   |                                                        |
 _ヤ_林 / /|  若き頃は「 魔獣を見たい、捕まえたい、ペットにしたい 」と言う理由だけで     |
 =メ森メ/ /. |  軍とスピリットを勝手に動かした挙げ句、大惨事を引き起こし、           |
ム森∧/ /  |  先々代皇帝である父に絶縁され、更には変わりに帝位に就いた弟が      |
_林/ ∨.   |   病で逝去した為、内務からの要請でイヤイヤながらも帝位に就いた後も      |
木个 个 仁|   皇帝らしい振る舞いは殆どせず、ただただ己の趣味に没頭する奇矯者……   |
林│ │   |                                                        |
森个 ̄─  └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
ミ森|个]│∧ ─卜== 彳 仁] ∧   介/  / / ∨ ヽ
森ミ|卜]│卩│∧│ 二]`ヽ、_ 仁] ∧  ∧ / /   ヽ  ヽ
从个─ _ │卩│ ∥]  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
森ミ|个]│∧─_│   ] | 貴様がモンティナ・ソウマか……!? |              ∥/\
ミ木|卜]│卩│∧卜= 彳 \________________/              <__>
森个─ _ │卩│ 二]`ヽ、_< ̄`ヽ、_│∥│   _,-'´]∥│                 ∧    |_ ─ 」
林川、 │∧─_│ ∥] 卜│ `ヽ、__卜=彳,- '´ 仆]=彳\      个 、_,- <_>    |≧t≦|
木 林ム│卩│∧│   ]`ヽ、│  ∧   │∥│仆 _,- '´]`ヽ、_ \个 、_,- '´ 个卜=彳  _彳   卜_
森森林木卜人卩卜= 彳  │/│\_卜=彳,- '´ 仆 ]    `'<│/ヽ个 /│ │ <_<_ >_>
从=森木林森/从│ 二]`ヽ、│[\_,-'´]`ヽ、_│仆 _,- <`ヽ、_│ /  ヽ /  │ │ │ `ヽ、_,- '´ │
森人木森森木森∧ ∥] 卜│[ │/__><_'´│\ \介`ヽ、|  ∥ ヽ__/ `ヽ、_ \∧  [ ∧/
メ森木林森木メ森木ム<]`ヽ、│[\∧/   / /  `ヽ、_ <> 、 介`ヽ、_ │_ `ヽ、_/ >│`ヽ、[,- '´ |
森森个森火木林森林木<丶ル[ 卜[\_/ /    ∧_>、\ \`ヽ、_介`ヽ、_`'<_│ │ │∥ │ ∥|
从森=森卜ヤ林森森木森林=从[\ [\幵`ヽ、_ /  ├ 彳 <>卜_`ヽ、_介`ヽ、_`ヽ、│ │   │   |
林森林木林从サ森森木森森林[ 卜[∧ ̄`ヽ、_`'[ 瓜│ 卜、  \ \.. ┏───────《.至:リレル・ラエル ↑.》┓
メ森森个森淼木ル森林人森=森[\ [\幵 ∥ `'[,- '´├ 彳 `ヽ、 <>..│  ┘                        |
森木冫林森森人森サ森林林森仁卜[∧ ̄`ヽ、_ [ 瓜│ │      _《←.至:ユウソカ.》   【 サーギオス 】        |
林森=森从森林木森木森森=森≧=,[\幵 ∥ `'[,- '´├ 彳       <..│  ┐                     ┌ |
森木火木森森从火木林森林木森彡从茘三=,  [ 瓜_,- '´    <>  │  |                ┌─┐    △△|
/卜林木森森林木冫木森从森木森/林刕ヤ木\[≦<   <>    <..│  |          ┌─┬┤☆|─△△△|
木森林木森林彳木林メ森森リ森火木森森木从メ林メ≧三=,_   <>_..|  |        ┌|  ├┴─┘△△△△|
リ林森森从リメ森个林森从林森林木林森木森木森从森木=三=,_,- '´/..|  |        |└─┘  △△△△△△|
从森森森木森木林森森从森森从火森森林林森森林森リ彡='´ _/  |  └────┴──△△△△△△△△|
森=森从森人メ火林林森メ木森森林火木林森木森木彡='´ /<_>/..|△△△△△△△△△△△△△△△△△|
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐─ ┗─────────────────┛ . ─
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

270◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:46:12 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

          □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
          |                                                        |
          |  通称「 道楽皇帝 」……                                  |
          |  御歳五十八歳となった神聖サーギオス皇国、最高権力者である         |
          |  「 シャルル・ゼイ・サーギオス 」……その人であった。                |
          |                                                  |
           __ ─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
        /  !                    /  _,. ‐ 、 _,. ‐- 、  \
        ',   ! ┌┬┐             / /         \  ヽ
         ',   !  ! !! i           /  /      、   ,    _ヽ  ヽ
         ', :!/!__」L」          , イ  , "- _   l  /  _ ‐'`` 、  ト、
          〉  _」             / l  l ___二ヽヽ/,-´____  l  l :、
         i  f´               ,l´ :.  、 >  < (::::)ヽ-' '- ´(::::) }  ,! , ' :: ヽ
         i  ゝ.___         l´ :. ::.  _ヽ、    ̄       ̄   >、 .::: :: `、
         `ー--一'        /::: :::. ::l´:::::) |             |(:::::::l::: .::: :: l
        r , ,.、, 、        l:: :::  :::: ,..:::::、'    ,-―――‐-、     ll:::::::.、.:::: .::: :l
        ! i 」_i_i .i         l::: ::::.. ::l::::::::/ヽ‐, 、_'   ----   `_,l 、‐,(::::::::):: .:::: .::l
        丶`´,..-`´.       `、:. ::::l´::::、´ll\`ヽ /l_/ ヽ__l\/ / ll`l:::::ヽ:::: ..::/
.         ',. {              \:., ´::__/_| |  \_______/  ∥ 、_::::l、..:::/
          ゝ_ニ二!             ,\__/―ヘヘ   ∥     ll 、 、  ∥l ̄ ヽ__ イ
         r-,             /      |ヘ / 《      ll  \∥ l       ヘ
         !  i , 、  i ̄|.     >‐―――┤     \/ \∥     └―――‐<
         i  !./  ',  ,'  i.   / /       /l    __l<コD l      //   \  l
.         | !   !_/  i.   / /      / l  ‐‐┼--\-/___/ / ヽ     ヽ ヽ
          i   f`ヽ___/   / /      l   l ‐‐┼--- ⊥\__//   l     ヽ ヽ
          ゝ.___j       / /       l   l  ‐‐┼---⊥___  ヽ  l     ヽ ヽ
                 / l      l  ,/ /―--\-⊥____  ヽ  l     l  l
                 / ├- ___l / /    _,.――‐ 、 _   ( ,-  l_____l  l
                 /  l ヽ_  l | /`´  _,. ''"  /^、   ``‐、 、- ヽl_i ̄ __, l l  l
                l   l    `-´ /  /      / ^^ ヽ     \ ' ' l `- '   l  l
┌────────────────────────────────────────────────
【 シャルル・ゼイ・サーギオス 】 神聖サーギオス皇国 第十六代皇帝 当時:58歳
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

271◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:46:42 ID:SVPiSY0M0


       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉
        >- 、ヽ            〈テ7
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __Ⅵ        うむ……良くぞ参った……
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /            時に貴様は旧ヨト時代の品を扱っていると聞くが……
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/          其は誠であるな?!
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|



           _  /^ ̄ ̄¨¨¨ーrm,,
           i ^^´ \ \   \ ̄\
          _人ヾ\  \ \   \  `i
         ヘ   i \  \  `i    ヾ  i
        |三ミ   ||||\   i  |    |   |
        レ   ミ/   i    |  | | |  |  |
       〈   ;^      || |  ||  ||||| | | | |
        .レ/i __x≠x v | レ^,-三=テヽ//,/
        l(\ r´r´_土ヾ示~^|≦ミゞ"  || ノ        はい、陛下。
        ヾヽ\rヘニゞ゚"` }t‐ー´\;;__/ |/
         \::|::\__   ,/^|:::.         | \,,,...,,      もし陛下が私に暫しのご猶予をお許し下さるのならば
          ゝ.|        ,,,,,___;/      |\ \:::::      きっと陛下がお気に召すシロモノを奉る事が出来ると
          /.∧    ー -- 一   ´ /||\\\     私モンティナ・ソウマは身命をとしてお約束致します。
     _┌ー¨¨/ ;;`\,            /´;;;;;;| .;i:::::::::
ーー¨¨¨/;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|;;;;;||||`"ー;;;;;;;_;;;;;;-"´:::   ||  \
__,,,../;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:::|:::::::::ヘ||||::::::::::::::,ヘ \::::::   :|;;;;;;::::::

272◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:47:40 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

          □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
          |                                                        |
          |   斯くして「 命の金 」を撒き餌として釣り上げた「 超弩級大物 」相手に      |
          |   モンティナは幾つもの策と共に立ち回りを始める。                  |
          |                                                  |
          |   まず故・ふらんの研究所から引き上げた、旧ヨト時代の生活の様子や       |
          |   ロストマジック、はたまた魔獣の脅威が具に書かれていた古書を         |
          |   一字一句余さず完全な状態で複写し、複写した物を厳重に保管した。       |
          |                                                  |
          └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□








  _,,.   '"´  ̄ ̄ ̄ \  /  ̄ ̄ ̄ ´"''  .,,_                    _,,.   '"´  ̄ ̄ ̄ \  /  ̄ ̄ ̄ ´"''  .,,_
 l}   -‐―‐‐‐‐‐-  Y  -――(  ) ‐- {l                l}   -‐―‐‐‐‐‐-  Y  -――(  ) ‐- {l
 l}   -‐―――‐‐‐-   |  -‐‐――‐‐-   {l                 l}   -‐―――‐‐‐-   |  -‐‐――‐‐-   {l
 l}   -‐―――‐‐‐-   |  -――‐‐‐‐‐-   {l      ┌─l\    l}   -‐―――‐‐‐-   |  -――‐‐‐‐‐-   {l
 l} ,,. -‐≦三三二ニヽ|/二三三三≧‐- .,, {l      └─l/    l} ,,. -‐≦三三二ニヽ|/二三三三≧‐- .,, {l
 l}/-‐=二三三> '`゛`⌒´"' <三三二ニ=‐-l{l              l}/-‐=二三三> '`゛`⌒´"' <三三二ニ=‐-l{l
 l}!三二> '"´            ´" ' <三二{l                   l}!三二> '"´            ´" ' <三二{l
      【 ふらんの遺産である古書 】                       【 一字一句残さず複写した物 」

‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

273◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:48:26 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐
          □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
          |                                                        |
          |   一方、原本は一部ページを破ったり、薬液を垂らし虫食い痕を幾つも作る。    |
          |                                                  |
          |  何故このような真似をしたか?奇麗なままを渡した方が喜ばれるだろうし     |
          |  気に入られるのでは無いのだろうか?とオルタは疑問に思ったが…….      |
          |                                                  |
          └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
          ____,--'´       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:/
      ,イ ̄´´              ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ/|  __イゝ
    /i:l                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ://
    :i:i:i:l                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:〈_
    :i:i:i:l                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:./  _,
    l:i:i:il                 |li....   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:/′/ ∠>
    li:i:i:il.           \、 ,il |し..   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ∠_     ,r7
.    li:i:i:il.            ` ''":::::::::::ヾ.   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:. <   /./              ━┓
..    li:i:i:il.         ‐―=ニ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.  /  ! l            ┏┛
.     li:i:i:il               :::::::::::::::::::メ.   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:/. ,r''¨ヾ´¨ ̄ ̄¨¨''''ヽ、   ・
     li:i:i:il.           /" +‐ '   \ . :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:./゙,レ'´,r'7´! l 、 i、 l  `、___
.     li:i:i:il               |.        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  ,! ,rl l′ヽ! ヽ!`、 l  i `、,!
      li:i:i:il                        ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽl `i¨ ̄    ̄ ̄!` l   l`>
.      li:i:i:il                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ . ,!;;;;;;;;;;;;;;'  =≠==; l、  l¨ヽ
      li:i:i:il                       ..:.__,-‐-'´ ̄=_ ! ,!       , , l   !,ノ ,'/ i'´
.      li:i:i:il               _,-‐'´ ̄三三三三三,-'´゙! i、       U ! /  ,/v'′
       li:i:i:il            _,-‐'´三三三三三三-‐'´ ̄ "´゙l /`ヽ、__゚   __,,l ,!ー'i´l:ヽ
.       li:i:i:il        _,-‐'´三三三三三-‐'´ ̄        l !   _/ ̄''''''''レi   !:.l`''’
       li:i:i:il     _,-‐'´三三三三-‐'´ ̄                V′ <,r7     、`、 l__!
          li:i:i:il _,-‐'´三三三三-‐'´                         ト、_/    Y_ゝ
        li:i:l/三三三三-‐'´                              レ'ヽ_,rー--‐''ヽ、
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

274◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:49:07 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

                □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
                |                                            |
                |    モンティナはにやりと笑い疑問を浮かべるオルタに         |
                |    悪びれた様子も無く、「 こう 」告げるのであった。         |
                |                                            |
                └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□

                                         __
                                       }i!,`ヽ
                                    ,rzァハi!,   `T7z、_
                                 ,rヘ彡仆i]{i!;   i|   〕ix
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\、.r冬´少'^¨`^!  i;i{i     ;
    |   コレで終わりじゃ「 弱い 」んですよ  >}ミ7r'"     ⅰ; {i |i; i  ⅰ
    \_______________/ 灯j〕竓=z_  }i !}!i| |i{! |!! i{{
                                   炒竝些≧㍉ j{ノリ{l_jソ!j}||iリi{
                               f¨i{!     `Y〕jY圻こ〉刈i|ソリ
                              |i|i}!、     以〔 `¨¨¨^~/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                乂}、,゙'ー= __j{__ ` -=<  皇帝には利用価値が有りすぎる………  |
                               〕~`ー==≠= ..,_,rァ' リ\_________________/
                            __jY´∧  、`¨ここ¨´  ∧、                     r=‐ 、
      , ⌒ヽ                 _,. -=≦/乂/| \          イ}i∧\..,_                     }
     i{              . -=≦㌻^≧㌻// / | \ > __  < 乂{ ∧ Y㌻≧=- .,__          .′  ;
      ,     .      /¨¨´..     ∧   i}  |   Ⅵ r‐ヘ  / / /i}! ヽ‘,       `¨^㌻ミ 、       .′   _j}
        Ⅵ}..../ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\         `! ’       .′ ァ〔ソ{
       Ⅵ{ |  これからも皇帝が「 私 」を求めるようにしないと……ね?   |.        | ‘,      ぐj|Ⅳ
\     <.. \_________________________/        ::|  ‘,   /     `Y       /
:. \     }    { . .: |!         /     i{!   ‘,   レ=介=v′   / i{!     \       :::|  ‘, /     j    /
    >-==-jx,    ∨ .::::. |!             i}!   ‘,   /!|!|i|!|    / ,i}!      \     .:::|   ∨   zァヤレ'㌻´
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

275◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:49:41 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐
                  :|  |:::::::::i  i:::::::i  i:::::|  |::::|                | ::: |  |:::::i  i:::::::i  i::::::::|  |
                  :|  |:::::::::i  i:::::::i  i:::::|  |::::|.//_   ,',',' ,ィ','..    | ::: |  |:::::i  i:::::::i  i::::::::|  |
                  □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐ ::::|  |
                  |                                            | ::::|  |
                  |   そしてその破かれたり虫食いだらけの「 原本 」を            | ::::::|  |
                  |   モンティナより送られた皇帝はと言うと……             | ::::|  |
                  |                                            |. :|  |
                  └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□ ::::|  |
                  :|  |:::::::::i  i:::::::i  i:::::|  |::::|.ニ=-≧ォ`7 .  .仆1 . )/i l | ::: |  |:::::i  i:::::::i  i::::::::|  |
               |  |:::::::::i  i:::::::i  i:::::|  |::::|゙\ィ//:{\、__/、_/イ.゙´Y`' | ::: |  |:::::i  i:::::::i  i::::::::|  |
               |  |:::::::::i  i:::::::i  i:::::|  |::::| ::l :::::::∧〈リT{..イ      | ::: |  |:::::i  i:::::::i  i::::::::|  |
               |  |:::::::::i  i:::::::i  i:::::|  |::::|____________| ::: |  |:::::i  i:::::::i  i::::::::|  |
┰─┰─┰─┰─┰:|  |:::::::::i  i:::::::i  i:::::|  |::r───────────‐、::|  |:::::i  i:::::::i  i::::::::|  |
┸─┸─┸─┸─┸ 、 |三三三三三三三  |::i─┘└┘ ⊂⌒⊃ └┘└─ |::三三三三三三三三|  |
二二二二二二┰┰┰ ' ̄∨/////|!┰┰┰┰┰┰┰i: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:!┰┰┰┰┰┰┰j|/////// ̄`┰┰┰
┬─┬───┨┃┃二二)'////|/|. \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/...,(二二┃┃┠───
│  │:::::::::_{二二二} 三三三/|/|/ ̄.≫                               ≪.゙三三 {二二二}__
│  │ :: : !┃┃┃┃ ̄i\三/|/|/.::. ≪   ぶるうぁああああああああああああああ!!   ≫ / ̄┃┃┃┃ |
│  │ :::: r┸┸┸┸‐、j :i\\i\ ━. ≫                               ≪. j   x┸┸┸┸ 、!
│  │ :::: |三三三三三\:| |\\i . /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\..i/:三三三三三 |
┤  ├─┤==========、 \| :|\\i\.          |:   ト/... \ノ  :j.         /i//j: i/  .==========├─
┤  ├─┤_____...\ \| :!\\i\       l.        !      !       /|//j: i/ /..._____ ├─
│ ゝ´ヽ⌒ヽ、  |____\...\ \| :|\\i\___i∧∧      ∧∧|..___/!//j: i/ /.../____| __γ⌒
⌒{〉:} }  ζ∧⌒}γ,⌒' ヽ \...\ \j :|\\i\ γ⌒`⌒V:皇:γ⌒´⌒  /i//i: i/ /.../   γ⌒ヽγ  ,
 ∧' '   i   ! ,' ゝ.....,, ノ  \...\ \j :|\\i\i.     :帝:'     ..i/i//!: i/ /.../    〈   ノ iζ i }:;
三} {三三三三}三}  {三::}     \...\ \j :l  \i三三三////∧,三三三i/  l: !/ /.../       {::三}  {三{三三三
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

276◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:50:40 ID:SVPiSY0M0


           .   ァ  -‐‐- 、`丶、        /\
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、       /  /
      :./   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、    \/ />
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧◎}、}ルレ' /∠厶      </
     {  //  /i/i/    -‐ ´  {=≠=ミミ、    ┌─┐
      \{´     / __r'    〉ト◎}  }:    └─┘
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ/i/i/ }        うおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,.:
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} | 厶_        ぶる……っ!!あああああああああ!!
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x     ほうあああああああああああああああああ!!
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',  こ、コレは!!何とおおおおおおおおおお!!
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {      r'⌒ヽ
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从    (´ハァ♥`)
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ 'ゝ,___,ノ´
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、.:
:ノ , ' : / /   l  └≦三三三三≧、  |: : :|  トi ト-  /       ヽ



/            >‐‐ 、       ┃┃┃┃┃┃
                     ヽ    ┃┃┃┃┃┃
     , -‐    /   rff〉ム     ┃┃┃┃┃
    /     , / /   {V/  }.     ┃┃┃┃
   {   / / / /l / / /レ'  ,/       ┃┃┃
  ,ヘ  / { iメ、{≧A/ /  〈'           ┃┃
 /ヘ } { 厶 {_,r= }__ハ} } }
 {、_ノノ__>{ `マ_’ /´V从ノ′
从 \_   u  {{_/.u V       へ、陛下!!落ち着いて下さい!!
\    U   __ /
  ヽ.u 、   └‐‐ァ'´          う、嬉しいのは解ります!!で、ですがそんなに狂喜乱舞せず……
    `,<>,、__/            あ!?ちょっ!!ぎょ、玉座で踊ったりしたら危のぅございます!!
   // ` }、
 , ', '´    / \
/ /     ´    }
} }          L
i┘          }
      厶 -‐─└┐
┌────────────────────────────────────────────────
【 ロイド・アスプルンド 】 サーギオス皇国内務宰相 当時:33歳

277◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:51:38 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

            □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
            |                                                    |
            |  効果覿面、喜色満面と言う言葉で表す以外に無かった。               |
            |   当然である、所々破け虫食い状態とはあれ、道楽皇帝には口から涎、    |
            |  いや……胃袋迄出そうになる程「 欲しい 」シロモノだったのである。     |
            |                                                    |
            |  献上したモンティナには相当額の褒美が与えられたが……         |
            |   だがモンティナに取ってはこんな物はタダの「 前哨戦 」にあった。       |
            |                                                    |
            └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
                          r‐'”ヽf^Y⌒^^⌒ー^ー^Y、廴
    l --                   r'\\ {ト、丶 丶 丶丶 ゙込
    レ(_             ,イヽ、 ヽ八Ⅷ、 \ \ \ヽ 、 ゙Y
                     /-‐   、、州拆 Ⅶ、 ヽ  ヽ、  }
       l _               } / ̄シ´    Ⅵ\\Ⅶ、ト、i、iハ
        V )             { / ノ      l|lハiト、i、ヽi|i|i|l|l|_}
                    Ⅶ,イ       リ|| l|ヽト、l||l|l|l|ノリ
                    fヽ{,,ィ竺ミー-、__j ゙リ、l|_l|斗l|刈リr |
                    { トヽf´ ̄ ̄ ̄ヽ___f´,ィモチア }}l) / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                      八.ヾト{      }ニニ{ ゛`゙゙゙´ ノ <  まず「 一の矢 」……   |
                ,斗'”ヽ/゙ヽ{ 乂___ノ ̄i⌒ー─‐'┐}:i:\__________/-、
             ,斗'”(:::::)ノ/:i:i:i八   、___ ‐、j_r‐' ___ノ ノ/l:i: :i   \ :i:i:  :i:i:  :i:i } :i:i:i }
             _,斗'”   .>'” ./:i:i:i:/:i会。  `ー-ミー─彡'´ ,イ :}、:i: i.   ∨ :i:  :i:   :i:l  :i: j、
     r─< ̄    >'”:i:i:i: /:i:i:i:/:i:i∧:::≧s。  `¨¨¨´ .,イ . :.|::}:i:  i:   ∨i:.   :i:   |i:i:  /i: \
   ,イ⌒ヽ、 \>'”i:i:  :i:i: /:i:i:i:/ :/:::ト、::::::::..` ー─=≦  . : :.} Ⅵi:  i.   ∨i:.      |i:i:  /i:   \
   / :i:i:i:i:i:i:i:゙寸’   i:  .:i:ノ:i:i:i:i{  {:::::{::Ⅵ:゙": : : /Y⌒Y、. : : : :/ :Ⅵi.  :i.    ∨i:. 丶  :}i:i:ノ/i:.     \
.  / :i:i:i:i:i:i:   丶  i:  /:i:i:i: /  |::: :ト、}}:.0: :/ 〈::::::::〉 \:0/{ :. Ⅵi:.   :i:   ∨i:i:. \ ノi:i:i/:i:.   __   \
 / :i:i:i:i:i:     ヽ  /:i:i:i:i:  /:  ハ::. {::::\/:::::  〉::〈  :: ゙´,イ :::. Ⅵi:i.  :i:i.  \:i:i:i:i:i.ヽj:/:i: .:i:'´ /
./.:i:i:i:i:i:       ∨:i:i:i:i   /:i.  j::}::.ム::::ヽ:  ゙rイ(0)ト、  :/ j  ::::: Ⅵi:i:i  i:i:i:i.  \:i:i:i:i:}':i:i:i:i:i:iレ'”
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

278◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:52:12 ID:SVPiSY0M0


         ___,,_,_,,._...、 、、、、、、  --- ―――┐
        .|                         | :. ::.
      .|  ____                     |         ::. / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\─────────
     ::  |                         |   :.       |  ……オルタ   |───────
    :  :. |.    サーギオス十五代皇帝      |     ::.::.    \______/──────
     :: : : |                          | :.::.
       .::.: |   シャルル・ゼイ・サーギオス.       |´`""''' ―- 、
       :. ::..|   その名において下記を授ける     |     _,. -''´ヽ
       .: : |                           '、,. -''´:::::::::::::::::::\
   :     ゙、     ・ 金:二千万ルシル         ゙、:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ::       ゙、                            ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
   ::      ゙、                            ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 ::..    .      ゙、                           ゙、:::::::::::::::::γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ──────
            ゙、                 ──────  ゙、::::::::::::| あ……は、はい?   |───────
   ::        ゙、                            ゙、::::::::::乂_________ノ─────────
     ::    .   ゙、          _,,._,,. 、、、、、、 --――''`::::::::::::::::::_,. -''´
            ::::   `'''' ""、´´:: ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,. -''´



               / // ///:|  | / | / / / //  ! |/ // / / / /
                / // /'|/|/! / / / /ィ/ /¨//`ヽj/// / / / /
           /|// / | /| / /─| |/ |/ //   |//|// /  /
             ∧| /^ヽ/|/_| /´ ̄! /   ー-=zx、!/ \ / /
              Ν/  ,; ヽィ'7'/    |{!    ゞミ、弋えラミ、厶イ;; ,; ;
            ∧{  〃 {ノ/,/     l|八    ⌒ヽ  }}  }lト;; ;'
             { V //ヽ|         \      ̄ ̄>’ √\\三≧       人はちょっとだけ……ほんの一口だけ
            Ⅵ {::.. |/    /`ヽ      \        ィ仁二\ __         美味しい「 モノ 」をつまむと、
              |ハ ∨      { {r‐、       `ー一r≦シ⌒ ̄. /  }.       余計にお腹がすくモノなんですよ。
             Ⅵ} /       \            ̄.   /   ノ
           r=/ ;゚             ト=-              /   /....〉     空腹ならそれこそ尚更……
      ノーノ;ハ {           ヽ‐=ニ=‐..     /   / :::/        こう言えば貴方にも解るのでは無いかな。
     イ′ |  ヘ ';                \‐=ニ三ニ.../   /:::::::;/ヽ
.7厂´     |  八ハ                 \‐=ニ /_ ,. - ―=ヽ
.        |   \             \ . ,、-'=ニ __ __   |
          |     \              / ,'         ヘ |

279◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:52:37 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐
   _   銅       †       |   ̄ |
  木   像_..... □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
 _ヤ_林 / /  ̄ |                                                    |
 =メ森メ/ /.     |  オルタがその言葉を聞いてようやく理解にこぎつけたのは、           |
ム森∧/ /      |   モンティナが皇帝に古書を献上してから約一週間後のことである。       |
_林/ ∨ ∧...... |                                                    |
木个 个 仁] ∧|  モンティナは皇帝から急遽の招致を受ける。                    |
林│ │    仁]|   呼び出された理由……モンティナは「 ソレ 」が解っていた。             |
森个 ̄─ _   |                                                    |
ミ森|个]│∧ ─ └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
森ミ|卜]│卩│∧│ 二]`ヽ、_ 仁] ∧  ∧ / /   ヽ  ヽ
从个─ _ │卩│ ∥] 卜 `ヽ、  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
森ミ|个]│∧─_│   ]    卜│` |   モンティナ・ソウマ、招致に応じました   |       ∥/\
ミ木|卜]│卩│∧卜= 彳 卜  │卜\________________/     <__>
森个─ _ │卩│ 二]`ヽ、_< ̄`ヽ、_│∥│   _,-'´]∥│                 ∧    |_ ─ 」
林川、 │∧─_│ ∥] 卜│ `ヽ、__卜=彳,- '´ 仆]=彳\      个 、_,- <_>    |≧t≦|
木 林ム│卩│∧│   ]`ヽ、│  ∧   │∥│仆 _,- '´]`ヽ、_ \个 、_,- '´ 个卜=彳  _彳   卜_
森森林木卜人卩卜= 彳  │/│\_卜=彳,- '´ 仆 ]    `'<│/ヽ个 /│ │ <_<_ >_>
从=森木林森/从│ 二]`ヽ、│[\_,-'´]`ヽ、_│仆 _,- <`ヽ、_│ /  ヽ /  │ │ │ `ヽ、_,- '´ │
森人木森森木森∧ ∥] 卜│[ │/__><_'´│\ \介`ヽ、|  ∥ ヽ__/ `ヽ、_ \∧  [ ∧/
メ森木林森木メ森木ム<]`ヽ、│[\∧/   / /  `ヽ、_ <> 、 介`ヽ、_ │_ `ヽ、_/ >│`ヽ、[,- '´ |
森森个森火木林森林木<丶ル[ 卜[\_/ /    ∧_>、\ \`ヽ、_介`ヽ、_`'<_│ │ │∥ │ ∥|
从森=森卜ヤ林森森木森林=从[\ [\幵`ヽ、_  \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
林森林木林从サ森森木森森林[ 卜[∧ ̄`ヽ、_`'[ ≫                               ≪
メ森森个森淼木ル森林人森=森[\ [\幵 ∥ `'[≪   おお!来たか!!はよ!早う近うよれ!!    ≫
森木冫林森森人森サ森林林森仁卜[∧ ̄`ヽ、_ [  ≫                               ≪
林森=森从森林木森木森森=森≧=,[\幵 ∥ `'[/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
森木火木森森从火木林森林木森彡从茘三=,  [ 瓜_,- '´    <>    <>   `ヽ、∥ 卜、  |//`ヽ、_>、_
/卜林木森森林木冫木森从森木森/林刕ヤ木\[≦<   <>    <>        │_>'´│  //  / /≦ヽ`ヽ、
木森林木森林彳木林メ森森リ森火木森森木从メ林メ≧三=,_   <>_  _   __,-'´│ ││ //  / / 仆 ]_>]`ヽ、
リ林森森从リメ森个林森从林森林木林森木森木森从森木=三=,_,- '´/<_>'´__,-'´│ │ <`ヽ、_││  仆 介]_,-'´
从森森森木森木林森森从森森从火森森林林森森林森リ彡='´ _/  /_,- '´] │ │ ││ `ヽ、_> 仆  _,-彳  仆
森=森从森人メ火林林森メ木森森林火木林森木森木彡='´ /<_>/彳′  ] │ _/\│\  [ 介_,- '´  │仆 ル
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

280◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:53:16 ID:SVPiSY0M0


                 _,.‐''"´ ̄ ̄`` ‐、
               /  _,. ‐ 、 _,. ‐- 、  \
              / /         \  ヽ
             /  /      、   ,    _ヽ  ヽ
           , イ  , "- _   l  /  _ ‐'`` 、  ト、
          / l  l ___二ヽヽ/,-´____  l  l :、
         ,l´ :.  、 >  < (::::)ヽ-' '- ´(::::) }  ,! , ' :: ヽ
        l´ :. ::.  _ヽ、    ̄       ̄   >、 .::: :: `、      うむ!この破けた先の話なのだが……
       /::: :::. ::l´:::::) | U             (:::::::l::: .::: :: l
      l:: :::  :::: ,..:::::、'        _ '_       ll:::::::.、.:::: .::: :l     貴様は旧ヨト時代の見聞に詳しいであろう?
      l::: ::::.. ::l::::::::/ヽ‐, 、  f      )     、‐,(::::::::):: .:::: .::l      この辺り、貴様はどう見る?
      `、:. ::::l´::::、´ll\`ヽ /l_/ ヽ__l\/ / ll`l:::::ヽ:::: ..::/
       \:., ´::__/_| |  \_______/  ∥ 、_::::l、..:::/      貴様の見解を聞かせよ!!
           ,\__/―ヘヘ   ∥     ll 、 、  ∥l ̄ ヽ__ イ
        /      |ヘ / 《      ll  \∥ l       ヘ
        >‐―――┤     \/ \∥     └―――‐<
       / /       /l    __l<コD l      //   \  l



                     ,.z=='三ミミ=-,.、、
                __」fr三ミヾヾミミミミヽ、
               r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ
                  l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl
                  尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、
               ,Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ `ー- 、
              ,. -‐'" ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l     ヽ         成る程……魔獣に追われた人間の
          /       klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈、      ト、        対抗策について、と言う事ですね。
          /、      , lヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ |'^ヘ     l ト、
       .ノ ヽ   /  |. `Tヾ(____ノ __V  /  ハ   !  イ          えぇソレは私が知るに……
       {  〈`ヽ  j__ |   |. ヽ、  -==- ノl    V , レ' ,ハ        ……であり、また……であったとして……
.        〉  ヽ ∨ ) }  >=、,`=V>rー;<_|     V,イ   l
      /  丶} ;'  厶_/ // /:レ' fソ叭  `|      ∨ -‐'  ! .
      |    ∨ /  / // ヽ、 .〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l
      {     ′/、 / 〃丶′!  .ル'.,|l  /   \ |   ,.   l

281◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:53:57 ID:SVPiSY0M0


       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \      ┼ __
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ     q__,ノ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |         >
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、       /、)ヽ
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉         \
        >- 、ヽ  U         〈テ7
\        /::::::::::::l } /i/i/    _,,.ィ  __Ⅵ
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '            な、成る程!!
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /              そうか……そう言う事か!!
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄γY⌒ヽ         っ!!そ、そうだ!モンティナよ?
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::ー (   ノ )         この次の部分なんだが……
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|:ゝ、_ノ
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|



           _  /^ ̄ ̄¨¨¨ーrm,,
           i ^^´ \ \   \ ̄\
          _人ヾ\  \ \   \  `i
         ヘ   i \  \  `i    ヾ  i
        |三ミ   ||||\   i  |    |   |
        レ   ミ/   i    |  | | |  |  |
       〈   ;^      || |  ||  ||||| | | | |
        .レ/i __x≠x v | レ^,-三=テヽ//,/
        l(\ r´r´_土ヾ示~^|≦ミゞ"  || ノ          はい。
        ヾヽ\rヘニゞ゚"` }t‐ー´\;;__/ |/
         \::|::\__   ,/^|:::     _ヘ .| \,,,...,,        そうですね、その辺りについては
          ゝ.|   二   ,,,,,___;/_,,,ェヲ  .|\ \:::::      色々な解釈がございますが、
          /.∧  `ヾ-=;;;ー二二ノ´ /||\\\       私がかつて見知った上では……
     _┌ー¨¨/ ;;`\,   - ̄  "   /´;;;;;;| .;i:::::::::
ーー¨¨¨/;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|;;;;;||||`"ー;;;;;;;_;;;;;;-"´:::   ||  \
__,,,../;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:::|:::::::::ヘ||||::::::::::::::,ヘ \::::::   :|;;;;;;::::::

282◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:55:10 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐
                      \ヽ_ ̄ _/
   _      □─=─=─=─=─=─=─=─==─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─┐
  木...   |                                                          |
 _ヤ_林 / /|  堰を切ったかのように溢れ出す、津波のような皇帝からの「 想像 」と「 疑問 」。         |
 =メ森メ/ /. |  ソレをモンティナは淀みなく、的確に、当時の状況を「 見てきたか 」のように答える。    |
ム森∧/ /  |                                                          |
_林/ ∨.   |  その二人の様子は傍から見れば、こう表現するがしっくり来る。                   |
木个 个 仁|  「 マニアがお互いの好きな事についてひたすら語り合ってる 」と。                    |
林│ │   |                                                          |
森个 ̄─  |   斯くして皇帝はモンティナによる的確な答えに大いに満足するのであった。            |
ミ森|个]│∧|                                                          |
森ミ|卜]│卩└=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
从个─ _ │卩│ ∥] 卜 `ヽ、 仁] / ∨// _=彳卜=彳
森ミ|个]│∧─_│  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
ミ木|卜]│卩│∧卜=| な、成る程!そう言う解釈をするのか……っ!で、ではこちらはどうだ!? |
森个─ _ │卩│   \_______________________________/
林川、 │∧─_│ ∥] 卜│ `ヽ、__卜=彳,- '´ 仆]=彳\      个 、_,- <_>    |≧t≦|
木 林ム│卩│∧│   ]`ヽ、│  ∧   │∥│仆 _,- '´]`ヽ、_ \个 、_,- '´ 个卜=彳  _彳   卜_
森森林木卜人卩卜= 彳  │/│\_卜=彳,- '´ 仆 ]    `'<│/ヽ个 /│ │ <_<_ >_>
从=森木林森/从│ 二]`ヽ、│[\_,-'´]`ヽ、_│仆 _,- <`ヽ、_│ /  ヽ /  │ │ │ `ヽ、_,- '´ │
森人木森森木森∧ ∥] 卜│[ │/__><_'´│\ \介`ヽ、|  ∥ ヽ__/ `ヽ、_ \∧  [ ∧/
メ森木林森木メ森木ム<]`ヽ、│[\∧/   / /  `ヽ、_ <> 、 介`ヽ、_ │_ `ヽ、_/ >│`ヽ、[,- '´ |
森森个森火木林森林木<丶ル[ 卜[\_/ /    ∧_>、\ \`ヽ、_介`ヽ、_`'<_│ │ │∥ │ ∥|
从森=森卜ヤ林森森木森林=从[\ [\幵`ヽ、_ / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
林森林木林从サ森森木森森林[ 卜[∧ ̄`ヽ、_`'[ | えぇ、私が知る限りでは……と、なり……で、あったかと……   |
メ森森个森淼木ル森林人森=森[\ [\幵 ∥ `'[,- \__________________________/
森木冫林森森人森サ森林林森仁卜[∧ ̄`ヽ、_ [ 瓜│ │      ̄   `ヽ、∥∧卜_`ヽ、_│ ∥│ ∥|
林森=森从森林木森木森森=森≧=,[\幵 ∥ `'[,- '´├ 彳       <>   `ヽ、∥∧卜_│   │ ><
森木火木森森从火木林森林木森彡从茘三=,  [ 瓜_,- '´    <>    <>   `ヽ、∥ 卜、  |//`ヽ、_>、_
/卜林木森森林木冫木森从森木森/林刕ヤ木\[≦<   <>    <>        │_>'´│  //  / /≦ヽ`ヽ、
木森林木森林彳木林メ森森リ森火木森森木从メ林メ≧三=,_   <>_  _   __,-'´│ ││ //  / / 仆 ]_>]`ヽ、
リ林森森从リメ森个林森从林森林木林森木森木森从森木=三=,_,- '´/<_>'´__,-'´│ │ <`ヽ、_││  仆 介]_,-'´
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

283◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:55:44 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

              □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
              |                                                    |
              |  モンティナが皇帝の「 知りたい所 」を答えられるのは当然である。      |
              |  何故ならばモンティナは「 答え 」を既に知っているのだ。               |
              |                                                    |
              |  モンティナが欲しかったのは、当然金の事も有ったが、                |
              |   その次の段階、皇帝から己へ向けられる「 仲間意識 」……            |
              |                                                    |
              └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
                      ,∠下 .! ヽ ! ! 、! 下、
      下、.           /三三ヘ.{ 、下 {  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\──────────
      / !ヽ         / くー   ヘ   !  |  ん、んむ!!解った!良く解った!!  |────────
      /  ! }      .___∠、/ ---‐    `  \_________________/──────
    / // / /    / // //        \     .l !  !   !   !   ',
.   /'_./ /  /  ./ ./ / /    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\──────
  /  ./  /_ ∠三ノ7 / /   / |  あ、また呼ぶからな!!ワシが呼んだらすぐ来い!良いな!!  |─────
. / ー く_, /三三=/三=. / / .ム彡ニ∨ \___________________________/────
/  -==く三三三./三三=. ! 7ム 狂ニ {          } 三下、   ./_ ̄ ̄_!__ !、
  /    /三三=./三三三. !/ / .!  ミ .!          ! .}    ミ /./:::::::::::::::::::::::::::::\\
. {    .{三三=./三三三三 !/    \\        .ノ !_     | i:::::::/㍗ー- 、::::::} }
      ㍉三三三三三三!.V      \下 ̄ ̄ ̄ ̄ /´~ ヽ、  .! {:::≧ゞ tzリ  \:::! !
       !三三三三三三1..!          ̄ ̄ ̄ ̄        \ :::::::`‐=`ー―::/ /
       }三三三三三三=V               :::/         _ー―――' /
       }三三三三三三 !{               ::::、
       !三三三三三三 !|               ::::::\ム
.      }三三三三三三 !!',       ム
      /三三三三三三三!!!        \
    三三三三三三三三三ヘ         `  、              / .!
三三三/三三三三三三三三=!ヘ             ー-   _ _   ノ/
三三∠三三三三三三三三三三ヽ         ヽ __               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
三三三三/三三三三三三三三三!ヽ                  ==-    <  はい畏んで承りました、陛下  |
三三//!三三三三三三三三三三三!ヘ            .rー‐-'       \_____________/
㌣三三三三三三三三三三㌣爪、{  .!!へ           .!
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

284◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:56:33 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

       □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
       |                                                        |
       |  仲間意識は「 親近感 」……して、その先には「 信頼感 」となる。            |
       |  人は一体どうすれば喜ぶのか?それをモンティナは熟知している。          |
       |  何せデオドガン……否、マロリガンほぼ全土を巡り、それこそ数多となる    |
       |  取引を行い、その数だけ人と対峙してきた海千山千のモンティナである.。    |
       |  「 痛い 」所を突く、そんな取引上の絶対をモンティナは十二分に活用した.。    |
       |                                                        |
       └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       |    「 二の矢 」も良し……    |
丶    __Ⅶ\___________  _/   / r'     Ⅶ',          \
  \__,斗 .Ⅶ:i:i:i:i:...   }\      /.:i:i:i:i ∨     ,/ ,イ 丶   Ⅶ', ',
   Ⅶ~~゙Ⅶ:i:i:i:i:i:i:.  八_ \   ,イ:i:i:i:i:i:.      / f´⌒ヽ、ヽ \Ⅶ゚, ':,           ゙ー
    }   :乂:i:i:i:i:i:i:i>'   ヾY/、 :i:i:i:i:i:.   / .r'─‐- ミ、∧ 、:Ⅶム ',  ヽ
:i:i:i:i:i:i:i.}:i    `゙""´   ,斗'”ア’  ヽ:i:i:i:i:  ノ    j ̄二=ァ'"⌒゙゙゙゙`Ⅶム i   l l ll  l
:i:i:i:i:i,イノ       ,斗'”   ,'.:i:i:   \: r'´     }'´ ,イ"           Ⅶi、  l l ll  l l
=彡' '      //     {:i:i:i:i:.      7       Ⅶ//          |l |l   l l ll  l l
       _,イ'’,ィ'     ヽ Ⅶ:i:i:i:    /        _V/{            lハl l   | l ll  l l
    ,斗':i:斗'”,{:      丶Ⅷ:i:i:  ,イ=ミ     {ト:Ⅵ,ィ斗芸ミヽ、     } l| |  l l_l,斗‐ll ll
   ,イ:i:'"   /:{:.       ヾ、:i:i__,イ丿V廴__    { n}ト、r'¨¨¨_二ニ`寸)/__l| ,l|斗芸zzl||「|「|ト/
  ,:'     .:/:i:{:i           ` ´ { }  Ⅵ、__≧==Ⅵ{Ⅵ  ,ィ'弋uノミ、゙Y⌒゙7/¨¨    `寸/,イ
 .,:'   .:i:i:/:i:i:i:{:i..           i }\ }i:i:. (_/∧:', {   ゙≧━=彡' }____ji'         Ⅶ:,
、/  .:i_iノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.. .       .:   !∧ ゚,乂_/:i:i:∧l 乂      ノ゙ー‐'{         /} /
:i:  .:i:i: .:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:. . . . .:i:i:  / ∧ ',:. Ⅵ/:i:i:i:i:i:{ {^ト、ー─‐ '’  ::! `ー=二___.。s':,'~
ノ:   ..:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: /    l  N ∨:i:i:i:i:i圦 ``㍉、_   ‐-、:j_,斗: : : :.ァァフ: : :∧、_
  ...:i:i:i:i:i:\:ヽ、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:. ノi:. . . . :l  Ⅶ/:i:i:i:i:i 八   ゙寸゙ェェェェェェェェェェェイ":/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:,斗芸、込、:i:i:i:i:i:i:i__,斗'”' }:i:i:i:i:i:i:i:}:. i V:i:i:i:i:i:i:   |へ  \`ー'ー'ー'´二二 ノ<  さて、ここからが少々難しい……  |
r…━='”ー…━…'¨¨¨¨¨  //:i /:i:i:i:i:i:i:i:i}i: i. {:i:i:i:i:i:i:  |:::::≧。.  `¨¨´ ̄:::::::::::: : : :. \______________/
Ⅷ:i:i:i:i. /l    :i:i:i:i:i:i:i:i://:i /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}i:i: }:i:i:i:i:i:i:  }:::::::::::::≧s。.______.。s≦イ /:::::::::: N
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

285◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:57:35 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐
   _   銅       †       |   ̄ |
  木   像_..... □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─==─=──=─=─=┐
 _ヤ_林 / /  ̄ |                                                    |
 =メ森メ/ /.     |  斯くしてモンティナが三日と空けず、招致により本宮玉座に            |
ム森∧/ /      |  足を運ぶようになってから凡そ二ヶ月が過ぎた頃……                |
_林/ ∨ ∧...... |  「 何時も 」のように皇帝との「 楽しい仲間トーク 」が一段落した際.、     |
木个 个 仁] ∧|  モンティナは一拍おいて、皇帝にこう持ちかけた。                  |
林│ │    仁]|                                                    |
森个 ̄─ _   └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=──=─==─=─=─□
ミ森|个]│∧ ─卜== 彳 仁] ∧   介/  / / ∨ ヽ
森ミ|卜]│卩│∧│ 二]`ヽ、_ 仁] ∧  ∧ / /   ヽ  ヽ
从个─ _ │卩│ ∥] 卜 `ヽ、 仁] / ∨// _=彳卜=彳
森ミ|个]│∧─_│   ]    卜│`ヽ、_/   ∨ ||_ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
ミ木|卜]│卩│∧卜= 彳 卜  │卜  卜=彳 彳| 時に陛下……一つお話したい事が…… |
森个─ _ │卩│ 二]`ヽ、_< ̄`ヽ、_│∥│   _\_________________/
林川、 │∧─_│ ∥] 卜│ `ヽ、__卜=彳,- '´ 仆]=彳\      个 、_,- <_>    |≧t≦|
木 林ム│卩│∧│   ]`ヽ、│  ∧   │∥│仆 _,- '´]`ヽ、_ \个 、_,- '´ 个卜=彳  _彳   卜_
森森林木卜人卩卜= 彳  │/│\_卜=彳,- '´ 仆 ]    `'<│/ヽ个 /│ │ <_<_ >_>
从=森木林森/从│ 二]`ヽ、│[\_,-'´]`ヽ、_│仆 _,- <`ヽ、_│ /  ヽ /  │ │ │ `ヽ、_,- '´ │
森人木森森木森∧ ∥] 卜│[ │/__><_'´│\ \介`ヽ、|  ∥ ヽ__/ `ヽ、_ \∧  [ ∧/
メ森木林森木メ森木ム<]`ヽ、│[\∧/   / /  `ヽ、_ <> 、 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
森森个森火木林森林木<丶ル[ 卜[\_/ /    ∧_>、\ \| む?何じゃモンティナ?言うてみよ |
从森=森卜ヤ林森森木森林=从[\ [\幵`ヽ、_ /  ├ 彳 < \_______________/
林森林木林从サ森森木森森林[ 卜[∧ ̄`ヽ、_`'[ 瓜│ 卜、  \ \ 卜_`ヽ、_介`ヽ、_`ヽ」  ∥│ ∥|
メ森森个森淼木ル森林人森=森[\ [\幵 ∥ `'[,- '´├ 彳 `ヽ、 <>∥∧卜_`ヽ、_介`ヽ」    │   |
森木冫林森森人森サ森林林森仁卜[∧ ̄`ヽ、_ [ 瓜│ │      ̄   `ヽ、∥∧卜_`ヽ、_│ ∥│ ∥|
林森=森从森林木森木森森=森≧=,[\幵 ∥ `'[,- '´├ 彳       <>   `ヽ、∥∧卜_│   │ ><
森木火木森森从火木林森林木森彡从茘三=,  [ 瓜_,- '´    <>    <>   `ヽ、∥ 卜、  |//`ヽ、_>、_
/卜林木森森林木冫木森从森木森/林刕ヤ木\[≦<   <>    <>        │_>'´│  //  / /≦ヽ`ヽ、
木森林木森林彳木林メ森森リ森火木森森木从メ林メ≧三=,_   <>_  _   __,-'´│ ││ //  / / 仆 ]_>]`ヽ、
リ林森森从リメ森个林森从林森林木林森木森木森从森木=三=,_,- '´/<_>'´__,-'´│ │ <`ヽ、_││  仆 介]_,-'´
从森森森木森木林森森从森森从火森森林林森森林森リ彡='´ _/  /_,- '´] │ │ ││ `ヽ、_> 仆  _,-彳  仆
森=森从森人メ火林林森メ木森森林火木林森木森木彡='´ /<_>/彳′  ] │ _/\│\  [ 介_,- '´  │仆 ル
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

286◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:58:10 ID:SVPiSY0M0


           _  /^ ̄ ̄¨¨¨ーrm,,
           i ^^´ \ \   \ ̄\
          _人ヾ\  \ \   \  `i
         ヘ   i \  \  `i    ヾ  i
        |三ミ   ||||\   i  |    |   |
        レ   ミ/   i    |  | | |  |  |
       〈   ;^      || |  ||  ||||| | | | |
        .レ/i __x≠x v | レ^,-三=テヽ//,/      実は私、本名を「 モンティナ・ロイ・ソウマ 」と申します。
        l(\ r´r´_土ヾ示~^|≦ミゞ"  || ノ
        ヾヽ\rヘニゞ゚"` }t‐ー´\;;__/ |/          私の田舎ではこの方式が正式な氏名となるのですが、
         \::|::\__   ,/^|:::         .| \,,,...,, .   サーギオスにおいてはソレが認められないとの事で、
          ゝ.|        ,,,,,___;/_.     .|\ \:::::     落胆しながらも「 モンティナ・ソウマ 」を名乗っております。
          /.∧     { --- ー‐,,′  ,/||\\\
     _┌ー¨¨/ ;;`\,      ̄    /´;;;;;;| .;i:::::::::
ーー¨¨¨/;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|;;;;;||||`"ー;;;;;;;_;;;;;;-"´:::   ||  \
__,,,../;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:::|:::::::::ヘ||||::::::::::::::,ヘ \::::::   :|;;;;;;::::::



    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.          ふむ……?あぁ、ワシと同じく三形名なのだな。
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\       旧ヨト時代では各所で使われていたそうだが……
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ

287◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:58:39 ID:SVPiSY0M0


            ,. =i/∨i i iへ.,
           ハ丶丶//∨i i i i i i へ
          ハ丶ヾ ' ' ∨i i i i i i i i i i ,
         ハ ,.=ー=.,  ,.=-^レi i i i i i i i i i
        ├(   ノ二(    'iシi i i/i i i i
        ( }  ̄ く _ 丶_ へレ/ハi i i |
            v              !.i'’ソ /
         i    -─ 、      , ノノ,/
         人 ,.   `        ,/テテ         左様でございます。
           ,/'-,ヾ      ̄  ノ彡’ヾ.,_
       /  ヽ::...... ̄........-=三’  /  ト,_ _      ただやはりこの名前は父母から受け継いだモノ……
       ,:’   〃^i;::::_;: - '’     /  | .{ {ヽ    今はやむを得ず「 モンティナ・ソウマ 」を名乗っておりますが、
   ,.・∨    /i .i’ヽ、      //.    | /”      早くに無くした父母が私に授けてくれた思いを考えると……
  ’ ∨     /ノ ル ,ゝ    /.∨     |/
  ∨     /レ'=o=> 丶, 0/  ,/     |
  ’     / ハ ノ /i   ヽ’//     .i,.・’
        ハ,:'   / i   . /  /       |
  =.,_   レ    .ノ i  ノ  ./       | ,'



       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉
        >- 、ヽ            〈テ7
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __Ⅵ         ふむ……皆まで言うな。
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /            別にかまわんぞ、貴様の好きに名乗るが良い、
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|

288◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:59:04 ID:SVPiSY0M0


   ── ──
/            >‐‐ 、   人
                     ヽ    て
     , -‐    /   rff〉ム   〈
    /     , / /   {V/  }
   {   / / / /l / / /レ'  /
  ,ヘ  / { iメ、{≧A/ /  〈
 /ヘ } { 厶 {_,r= }__ハ} } }
 {、_ノノ__>{ `マ _・/´V从ノ′
从 \_     {{_/   V        な、何ですと!?!
\    U   __ /
  ヽ  、   └‐‐ァ'´           へ、陛下、そ、それは幾ら何でも……!
    `,<>,、__/
   // ` }、
 , ', '´    / \
/ /     ´    }
    /       |



               /    /   /  `V  \
              ,   ,    / /i ,fV ハ ヽ.  ヽ
               ,′/   /  /   l {ハ/ ',   ,  ',
            / / /  /  //  } f`'ヘ }  ',   }
                {  i /  /  // ,' /八{  l!  i ,'、
            」 !i′ // /i/}ムイ/ ___j/!   }/ミ、ヽ、
          / 乂j  { i リ云ミく` 'ーァ云ミv , /{   ヽヘ、
          /     仆、 Ⅳ`^~`    ´~^ア / / ,′    vハ
         {{     从 ヽ {__,     {    彡'/イ /     } }      へ、陛下……御言葉とはございますが、
        vヘ     ヘ、 iト、.u     ′   {///     /〃     帝国戸籍法では平民の三形名は
         ヽヘ.     ノi iト、  -‐一‐-  ,イ {      /,イ      認められておりませんで……
           lヽヘ、   rヘjト、\  ´ ̄  /ノイハ.     //!
           l  vハ r‐┤  ヽ、_ヽ.__∠ __/  ト、  //  l
         ノ ∧ }j  '、  / /     ',  ',  ノ  V'/ 「i {
    _.. -‐¬ 〈/vハ  ヽ/  {     }   }/  //   L! 〉‐-  .._
二二 _ .. -‐¬、    vハ.   l    ',     j  l    //    /‐-   .._ 二二二
f!  ̄        l    } }  l     '.     ハ   !   i ト、   ,′      ̄ ̄ ̄f!
|!          l 辷」 l l\ l     ,   ,′   !   ,{ {\> ′           ||
|!         }    } }  f!    V⌒{   f!/ l l   {             ||
┌────────────────────────────────────────────────
【 シュナイゼル・エル 】 サーギオス皇国内務宰相 当時:33歳

289◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 20:59:48 ID:SVPiSY0M0


                 _,.‐''"´ ̄ ̄`` ‐、
               /  _,. ‐ 、 _,. ‐- 、  \
              / /         \  ヽ
             /  /      、   ,    _ヽ  ヽ
           , イ  , "- _   l  /  _ ‐'`` 、  ト、
          / l  l ___二ヽヽ/,-´____  l  l :、
         ,l´ :.  、 >  < (::::)ヽ-' '- ´(::::) }  ,! , ' :: ヽ
        l´ :. ::.  _ヽ、    ̄       ̄   >、 .::: :: `、
       /::: :::. ::l´:::::) |             |(:::::::l::: .::: :: l       ワシが良いと言ってるのだ。
      l:: :::  :::: ,..:::::、'    ,-―――‐-、     ll:::::::.、.:::: .::: :l
      l::: ::::.. ::l::::::::/ヽ‐, 、_'   ----   `_,l 、‐,(::::::::):: .:::: .::l        何か文句でも有るのか、内務共。
      `、:. ::::l´::::、´ll\`ヽ /l_/ ヽ__l\/ / ll`l:::::ヽ:::: ..::/
       \:., ´::__/_| |  \_______/  ∥ 、_::::l、..:::/
           ,\__/―ヘヘ   ∥     ll 、 、  ∥l ̄ ヽ__ イ
        /      |ヘ / 《      ll  \∥ l       ヘ
        >‐―――┤     \/ \∥     └―――‐<
       / /       /l    __l<コD l      //   \  l
       / /      / l  ‐‐┼--\-/___/ / ヽ     ヽ ヽ



                                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\──────
                                     |  っ?!い、いえ……その……はい……  |────
                    ,.z=='三ミミ=-,.、、         \_________________/───
               __」fr三ミヾヾミミミミヽ、
              r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ
           l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl
           尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、
              ,Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ `ー- 、
          , -‐'" ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l     ヽ
       /       klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈、      ト、
      ./、      , lヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ |'^ヘ     l ト、
     / ゞ   /  l. `Tヾ(____ノ __V ,イ /  ハ   !  イ
     ! i   ヽ     |   |. ヽ、''ー-=≠'"ノl    V , レ'/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\───
   ,r'   !  V   |    !  l `>rー;<_|     V,イ |  っ……わ、解りました、そのように処し致します……  |────
    |^ヽ  !  V   !   l  l/  ソ叭  `|      ∨ -\______________________/─────
    |    、   ヘ  |     ヽ、  〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l

290◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:00:27 ID:SVPiSY0M0


       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉
        >- 、ヽ            〈テ7       聞いたな?モンティナよ?
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __Ⅵ         今後は好きにモンティナ・ロイ・ソウマを名乗るが良い。
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /        気にする事は無い、このワシが認可する。
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|



           _  /^ ̄ ̄¨¨¨ーrm,,
           i ^^´ \ \   \ ̄\
          _人ヾ\  \ \   \  `i
         ヘ   i \  \  `i    ヾ  i
        |三ミ   ||||\   i  |    |   |
        レ   ミ/   i    |  | | |  |  |
       〈   ;^      || |  ||  ||||| | | | |
        .レ/i __x≠x v | レ^,-三=テヽ//,/        大変光栄至極な御言葉に存じます。
        l(\ r´r´_土ヾ示~^|≦ミゞ"  || ノ
        ヾヽ\rヘニゞ゚"` }t‐ー´\;;__/ |/          是非ともそうさせて頂き……たいのですが、
         \::|::\__   ,/^|:::         .| \,,,...,, .     一つ気がかりな事もございます。
          ゝ.|        ,,,,,___;/_.     .|\ \:::::
          /.∧     { --- ー‐,,′  ,/||\\\      ソレは陛下のファーストネームが「 ゼイ 」
     _┌ー¨¨/ ;;`\,      ̄    /´;;;;;;| .;i:::::::::        そして私のファーストネームが「 ロイ 」と
ーー¨¨¨/;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|;;;;;||||`"ー;;;;;;;_;;;;;;-"´:::   ||  \.      似通った発言で有る事です。
__,,,../;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:::|:::::::::ヘ||||::::::::::::::,ヘ \::::::   :|;;;;;;::::::

291◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:01:04 ID:SVPiSY0M0


            ,. =i/∨i i iへ.,
           ハ丶丶//∨i i i i i i へ
          ハ丶ヾ ' ' ∨i i i i i i i i i i ,
         ハ ,.=ー=.,  ,.=-^レi i i i i i i i i i
        ├(   ノ二(    'iシi i i/i i i i
        ( }  ̄ く _ 丶_ へレ/ハi i i |
            v              !.i'’ソ /
         i    -─ 、      , ノノ,/
         人 ,.   `        ,/テテ          流石にソレは恐れ多く思います。
           ,/'-,ヾ      ̄  ノ彡’ヾ.,_
       /  ヽ::...... ̄........-=三’  /  ト,_ _        なのでロイ……綴りであるRoyの頭部分……
       ,:’   〃^i;::::_;: - '’     /  | .{ {ヽ      「 ル 」を名乗らせて頂いても宜しいでしょうか?
   ,.・∨    /i .i’ヽ、      //.    | /”
  ’ ∨     /ノ ル ,ゝ    /.∨     |/
  ∨     /レ'=o=> 丶, 0/  ,/     |
  ’     / ハ ノ /i   ヽ’//     .i,.・’
        ハ,:'   / i   . /  /       |
  =.,_   レ    .ノ i  ノ  ./       | ,'



           .   ァ  -‐‐- 、`丶、          メ、
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、        ',
       /   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、      ┼
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧込}、}ルレ' /∠厶
     {  //         -‐ ´  {=≠=ミミ、
      \{´     / __r'    〉ト弋}  }
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ   }
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,          ははは!!奥ゆかしい奴よの!!
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} | 厶_
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x       ワシは一向に構わんぞ、好きにするが良い!!
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从         }
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ     /`丶、
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、
:ノ , ' : / /   l  └≦三三三三≧、  |: : :|  トi ト-  /       ヽ

292◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:01:53 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

           □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─==─=──=─=─=┐
           |                                                    |
           |  皇帝は自分の為に「 超法規的措置 」を是とした……!              |
           |                                                    |
           |  モンティナは皇帝の「 この 」言葉を受け、帝国に来てからずっと         |
           |  気がかりとなっていた「 本題 」へと取り掛かる。                      |
           |                                                    |
           └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=──=─==─=─=─□

                        ,斗'¨¨¨¨¨¨¨¨¨`ヽ、_
                          r‐'”ヽf^Y⌒^^⌒ー^ー^Y、廴
                      r'\\ {ト、丶 丶 丶丶 ゙込
                    ,イヽ、 ヽ八Ⅷ、 \ \ \ヽ 、 ゙Y
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   ,/-‐   、、州拆 Ⅶ、 ヽ  ヽ、  }
     |  感謝致します   > } / ̄シ´    Ⅵ\\Ⅶ、ト、i、iハ
      \______/   i{ / ノ      l|lハiト、i、ヽi|i|i|l|l|_}
                    Ⅶ,イ       リ|| l|ヽト、l||l|l|l|ノリ
                    fヽ{,,ィ竺ミー-、__j ゙リ、l|_l|斗l|刈リr |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                    { トヽf´ ̄ ̄ ̄ヽ___f´,ィモチア }}l) }( <  それと陛下…… |
                      八.ヾト{      }ニニ{ ゛`゙゙゙´ ノ |‐':: \ \_______/
                ,斗'”ヽ/゙ヽ{ 乂___ノ ̄i⌒ー─‐'┐}:i:i:  \ :i:i:i:   :i゙ー‐┴┘}⌒ー-、
             ,斗'”(:::::)ノ/:i:i:i八       ‐、j_r‐'   ,ノ/l:i: :i   \ :i:i:  :i:i:  :i:i } :i:i:i }
             _,斗'”   .>'” ./:i:i:i:/:i会。.   ー-==一'   イ :}、:i: i.   ∨ :i:  :i:   :i:l  :i: j、
     r─< ̄    >'”:i:i:i: /:i:i:i:/:i:i∧:::≧s。        ,イ . :.|::}:i:  i:   ∨i:.   :i:   |i:i:  /i: \
   ,イ⌒ヽ、 \>'”i:i:  :i:i: /:i:i:i:/ :/:::ト、:::::::∧..ー─=≦  . : :.} Ⅵi:  i.   ∨i:.      |i:i:  /i:   \
   / :i:i:i:i:i:i:i:゙. / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\....丶  :}i:i:ノ/i:.     \
.  / :i:i:i:i:i:i:..... |  実はもう「 一つ 」申し上げなければならぬ事がございます  | i:. \ ノi:i:i/:i:.   __   \
 / :i:i:i:i:i:.     \_________________________/..゙:i:i:i:i:i.ヽj:/:i: .:i:'´ /
./.:i:i:i:i:i:       ∨:i:i:i:i   /:i.  j::}::.ム::::ヽ:  ゙rイ(0)ト、  :/ j  ::::: Ⅵi:i:i  i:i:i:i.  \:i:i:i:i:}':i:i:i:i:i:iレ'”
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

293◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:02:20 ID:SVPiSY0M0


    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ.     ━┓
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |     ┏┛
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |     ・
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.           む……?
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\        何じゃ?申して見ろ。
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ



                     ,.z=='三ミミ=-,.、、
                __」fr三ミヾヾミミミミヽ、
               r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ
                  l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl
                  尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、
               ,Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ `ー- 、      実は私には古美術商を営む上での「 助手 」が居ます。
              ,. -‐'" ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l     ヽ
          /       klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈、      ト、    ですが「 人 」では有りません。
          /、      , lヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ |'^ヘ     l ト、    私の洗礼下に有るスピリットでございます。
       .ノ ヽ   /  |. `Tヾ(____ノ __V  /  ハ   !  イ
       {  〈`ヽ  j__ |   |. ヽ、  -==- ノl    V , レ' ,ハ    そして私は帝国に帰化する際、
.        〉  ヽ ∨ ) }  >=、,`=V>rー;<_|     V,イ   l    このスピリット達を置き去りにしております。
      /  丶} ;'  厶_/ // /:レ' fソ叭  `|      ∨ -‐'  !
      |    ∨ /  / // ヽ、 .〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l
      {     ′/、 / 〃丶′!  .ル'.,|l  /   \ |   ,.   l

294◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:03:18 ID:SVPiSY0M0


           _  /^ ̄ ̄¨¨¨ーrm,,
           i ^^´ \ \   \ ̄\
          _人ヾ\  \ \   \  `i
         ヘ   i \  \  `i    ヾ  i
        |三ミ   ||||\   i  |    |   |
        レ   ミ/   i    |  | | |  |  |
       〈   ;^      || |  ||  ||||| | | | |
        .レ/i __x≠x v | レ^,-三=テヽ//,/
        l(\ r´r.     ヾ示~^|.     || ノ        そこで陛下に御願いしたき儀がございます。
        ヾヽ\r.       }t‐ー´\___,/ |/
         \::|::\__   ,/^|:::         .| \,,,...,, .    このスピリット達を帝国に迎える事を
          ゝ.|        ,,,,,___;/     ,|\ \:::::     お許し頂きたいのです。
          /.∧.     -── ‐    ,/||\\\
     _┌ー¨¨/ ;;`\,      ̄    /´;;;;;;| .;i:::::::::     さすれば私の旧ヨト遺物に関わる捜索等、
ーー¨¨¨/;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|;;;;;||||`"ー;;;;;;;_;;;;;;-"´:::   ||  \      格段と楽になる事、間違い有りません。
__,,,../;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:::|:::::::::ヘ||||::::::::::::::,ヘ \::::::   :|;;;;;;::::::



       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉
        >- 、ヽ            〈テ7
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __Ⅵ
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '        ほぉ……スピリットを助手に……
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /            これはまた珍しい……
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、        あぁ其が一件、ワシは一向にかまわんぞ。
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|

295◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:04:09 ID:SVPiSY0M0


           _  /^ ̄ ̄¨¨¨ーrm,,
           i ^^´ \ \   \ ̄\
          _人ヾ\  \ \   \  `i
         ヘ   i \  \  `i    ヾ  i
        |三ミ   ||||\   i  |    |   |
        レ   ミ/   i    |  | | |  |  |
       〈   ;^      || |  ||  ||||| | | | |        大変感謝の極みと存じます……
        .レ/i __x≠x v | レ^,-三=テヽ//,/
        l(\ r´r´__ヾ示~^| zニニ   || ノ         ですがその……そうなりますと陛下の御手により
        ヾヽ\rヘ    ̄ }t‐ー´\,,__/i|/          「 二重 」の洗礼を施して頂かなければなりません。
         \::|::\__   ,/^|:::         .| \,,,...,, .
          ゝ.|        ,,,,,___;/  /⌒ヽ、 \:::::       ただ、聞いた話によると二重洗礼は極めて
          /rく⌒Y    -── ‐ /   /||\\\      スピリットの身体に負担が掛かり、時には死する事も有るとか。
     _┌ー¨¨/ヽハ. V      ̄ xイ  /;;;;;;| .;i:::::::::
ーー¨¨¨/;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|} }  `¨¨¨⌒` ̄   ,{/ ||  \
__,,,../;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:::|:ヽゝ- ミ         ノ \ :|;;;;;;::::::



                  ,. =i/∨i i iへ.,
                 ハ丶丶//∨i i i i i i へ
                ハ丶ヾ ' ' ∨i i i i i i i i i i ,
               ハ ,.=ー=.,  ,.=-^レi i i i i i i i i i
              ├(   ノ二(    'iシi i i/i i i i
              ( }  ̄ く _ 丶_ へレ/ハi i i |
                  v              !.i'’ソ /
               i    -─ 、       , ノノ,/        そうなりますと私も大変に困ります。
               人 ,.   `        ,/テテ
                 ,/'-,ヾ      ̄  ノ彡’ヾ.,_        私はそのスピリットが居たからこそ
             /  ヽ::...... ̄........-=三’  /  ト,_ _      ココまで旧ヨト遺物に対し造詣を深められました。
     /゙Y´ハ . ,:’   〃^i;::::_;: - '’     /  | .{ {ヽ
   ,ノ´)/ / /     ,/i .i’ヽ、      //.    | /”      ただ今後の事を考えますと、如何したモノかと……
   / // / ,′     /ノ ル ,ゝ    /.∨     |/
  ,'  i j ノ ー|: γ´)  /レ'=o=> 丶, 0/  ,/     |
  ′ 1    |,ノ / / ハ ノ /i   ヽ’//     .i,.・’
  |  ! // ` /  iハ,'   / i   . /  /       |
  |  ヾ      ′ レ    ノ i  ノ  ./       | ,'

296◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:04:54 ID:SVPiSY0M0


    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ.
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、         ??再洗礼しなければ良いだけの事だろうが?
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\      それだけの事に何をそんな困惑してお──
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \       \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从/──────
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \       ≧                  <─────
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \     ≧   っ?!!へ、陛下!!  ニ=-───
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫   ≧                  ≦───
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ  /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒YY\──



        /   /        ト:.ヽ:V:.ヘ  ヽ. \ ヽ       つ
      / /     /     :「`^` '´"リ . .|:. ヽ \. i
      | /   / / / :/ :リ     / } :.}:.:... \ ヽl      っ
       /   ./ / :/ :/ :/   ,..-/ ::イ :A:.:.:.:.  ヽ ヽ
     /  ../  / .:.| .:l :ト_、 ´/7 :/フ.:/__ l!:.:.:. }:.}:. l.!   っ
      | .::/./ :l .:./| :イ / ヽ ___! l.:/ィ:イテ工}:.:.:. /.リ:.リ:}
     ヽ:/ :l .:.| :/´| :|_{三_ Y´||{ /´ ̄   !.:../:./:./:/
        ! .:|:..:.:|! .:| ,zヘ:.Lz斗` | {ヽ       /:.:イイイ}/
        | .:|.:.:.ハ :! ¨´ヽ    ノ ヽ ー---/‐´ ´ レ ハー--- 、      そ、ソレだけは絶対になりません!!
        ハ.::l:.:.|:.:.トミー__ /  ' {          !イ:.:.:.:}     ヽ.
   、__ノ ..:.>:ヽリーヽ       ,.. -.    U ∧.:.:.{く    } l     スピリットは陛下を主とせねばなりません!!
    `¨¨´ ノ:/ ヽニヽ     f     )     /  l ̄}:.}    リ |    もし再洗礼を施さぬような真似をすれば……
        /´       {:.\   `        イ    〉 ∨   /  .ト ._
              ヽ:.:.:>、       ′/    /   ヽ./   |
                  ̄`}:\≧ ‐- ´     /    , '    i′
                ,..∧:ト-ト、三   /     /     レ
                 / / `  ヽ ー‐ ´    /      /

297◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:05:50 ID:SVPiSY0M0


               /    /   /  `V  \
              ,   ,    / /i ,fV ハ ヽ.  ヽ
               ,′/   /  /   l {ハ/ ',   ,  ',
            / / /  /  //  } f`'ヘ }  ',   }
                {  i /  /  // ,' /八{  l!  i ,'、
            」 !i′ // /i/}ムイ/ ___j/!   }/ミ、ヽ、
          / 乂j  { i リ云ミく` 'ーァ云ミv , /{   ヽヘ、
          /     仆、 Ⅳ`^~`    ´~^ア / / ,′    vハ
         {{     从 ヽ {__,     {    彡'/イ /     } }       こ奴、モンティナが良からぬ事を企んだ際
        vヘ     ヘ、 iト、U    ′   {///     /〃       そのスピリット達は脅威の対象となりえます。
         ヽヘ.     ノi iト、  -‐一‐-  ,イ {      /,イ
           lヽヘ、   rヘjト、\  ´ ̄  /ノイハ.     //!        陛下……それだけはなりません。
           l  vハ r‐┤  ヽ、_ヽ.__∠ __/  ト、  //  l            必ず再洗礼を行って下さいますよう
         ノ ∧ }j  '、  / /     ',  ',  ノ  V'/ 「i {         内務シュナイゼルは強く上申致します。
    _.. -‐¬ 〈/vハ  ヽ/  {     }   }/  //   L! 〉‐-  .._
二二 _ .. -‐¬、    vハ.   l    ',     j  l    //    /‐-   .._ 二二二
f!  ̄        l    } }  l     '.     ハ   !   i ト、   ,′      ̄ ̄ ̄f!
|!          l 辷」 l l\ l     ,   ,′   !   ,{ {\> ′           ||
|!         }    } }  f!    V⌒{   f!/ l l   {             ||



    /    /´       `ヾ、 _, \        \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人人/───────
   /     /            ∨   ヽ       ≧                           <───────
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |         ≧ 陛下!!これは事前の安全の為です!  ニ=-────
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |       ≧                                ≦────
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |      /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\──
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\         \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人人/──
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \       ≧                      <────
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \      ≧ 再洗礼を行って下さいますよう! ニ=-────
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \    ≧                         ≦───────
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \  /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y\───────
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ

298◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:06:35 ID:SVPiSY0M0





                ┌─┐
                │  |
                │  | ┌┐┌┐  ,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                │  | └┘└┘  |   うだうだとつまらぬ事を……    |
                |   \.       |  其は不要だ!!          |
                |    \      \______  ______/
                |  |\  \                ∨
                |  |  \/           _,..-───‐- ,.、
                |  |            /_,.,. ──.、_,. -─‐-、`'‐、
                └─┘           ,,´‐'"            `'‐ヽ
                          //, _,. ‐ ‐.、  、   i   _,. 、.._  i、
                          / フ _,.、._  \ ヽ /,.‐''"    ヽ、i、
                          i ./‐'" ̄`'‐、 、_i、i | |/,.  _,. -,,=.,、 i、|
                       ,.‐'i /   ‐'," ̄ヽ‐、ヽi //二ニ‐''"‐、   | i \
                     / / i,  /"(´9 > > | <∠ と9 >   | i,  \
                    ,i´    i. | '‐二-‐''" /  | i‐-、ニ二-‐  | 'v   ヽ
                  ,. ‐'     i. | i、     _,  ,.  、 ヽ      | |    ',
                / |      | |、i、   _/`'     '' \_    / | /,     i``'‐、
               /   i     `、 i. l   '   ____  `   / / iγY⌒ヽ  |   ヽ
              ,      |        '、i  r _,. ‐''"      ``'‐.、ヽ, ' ー (   ノ ) |    i
            , -'     l        ヽ    `_ _∧_  _」   / / ゝ、_ノ  |    ',‐.、
           / |         ,.‐' ``'‐、`iM    ,.イ / ',  i\    ト'V ,. ─.、.          /\
          ,i   i      i.  '      | \ / / ./   i  ', \/ /    `ヽ  i....   \  \
         /            ',        |   `   ̄     ̄     /       i /      \/   _
       ,.‐/     |    _   i、      ノ \      __     / .|       /           `i/ /
.    / .i      i  ,/     'i'-.,,._,.‐'":.:.:.:.:.: \_,.=ニ-─-ニ=、/:.:.:.:.:ヽ、   _,.'        |      / /
   ,i´   |       ',/       ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. `' ‐''"'     ̄ ヽ   i.    / /.   `:、
   /            i.        |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,i     /\     / /.    i、
.  /    |       `:、     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i        \ \_ / /..    i
 /                V     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: V       \___ノ      }

299◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:07:34 ID:SVPiSY0M0


   ── ──
/            >‐‐ 、   人
                     ヽ    て
     , -‐    /   rff〉ム   〈
    /     , / /   {V/  }
   {   / / / /l / / /レ'  /
  ,ヘ  / { iメ、{≧A/ /  〈
 /ヘ } { 厶 {_,r= }__ハ} } }
 {、_ノノ__>{ `マ _・/´V从ノ′
从 \_     {{_/ UV          へ、陛下!?!
\    U   __ /
  ヽ  、   └‐‐ァ'´             コレは主君の御務めにござ──
    `,<>,、__/
   // ` }、
 , ', '´    / \                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
/ /     ´    }                  |  やかましい!   |
    /       |                 \__  ____/
                                 ∨



                 _,.‐''"´ ̄ ̄`` ‐、
               /  _,. ‐ 、 _,. ‐- 、  \
              / /:::::::::::::::::::::::::::::::\  ヽ
             /  /::::::::::::::::、   ,::::::::::: _ヽ  ヽ
           , イ  , "- _   l  /  _ ‐'`` 、  ト、
          / l  l ___二ヽヽ/,-´____  l  l :、
         ,l´ :.  、 >  < (::::)ヽ-' '- ´(::::) }  ,! , ' :: ヽ
        l´ :. ::.  _ヽ、    ̄:::::::::::::::::::::: ̄   >、 .::: :: `、
       /::: :::. ::l´:::::) |             |(:::::::l::: .::: :: l
      l:: :::  :::: ,..:::::、'    ,-―――‐-、     ll:::::::.、.:::: .::: :l     その主君であるワシが必要ないと言っておるのだ!!
      l::: ::::.. ::l::::::::/ヽ‐, 、_'   ----   `_,l 、‐,(::::::::):: .:::: .::l
      `、:. ::::l´::::、´ll\`ヽ /l_/ ヽ__l\/ / ll`l:::::ヽ:::: ..::/      大体、そんな面倒でかったるい事に
       \:., ´::__/_| |  \_______/  ∥ 、_::::l、..:::/      これ以上ワシの大事な時間を取られてたまるか!!
           ,\__/―ヘヘ   ∥     ll 、 、  ∥l ̄ ヽ__ イ
        /      |ヘ / 《      ll  \∥ l       ヘ      不要だ!不要!!!
        >‐―――┤     \/ \∥     └―――‐<
       / /       /l    __l<コD l      //   \  l
       / /      / l  ‐‐┼--\-/___/ / ヽ     ヽ ヽ

300◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:08:47 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

             □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
             |                                            |
             |  斯くしてモンティナは都市リレル・ラエルの奥まった山荘で       |
             |   人目を避けるように生活していたオルタと水銀燈の二人を     |
             |   帝国内で「 普通 」に生活出来るように取り付けたのである.。   |
             |                                            |
             └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□

                             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\──────
                             |  へ、陛下……ど、どうかお考え直しを……! |────
                        ,斗'¨¨¨¨\___________________/───
                          r‐'”ヽf^Y⌒^^⌒ー^ー^Y、廴
      --              r'\\ {ト、丶 丶 丶丶 ゙込
      ____               ,イヽ、 ヽ八Ⅷ、 \ \ \ヽ 、 ゙Y
                     /-‐   、、州拆 Ⅶ、 ヽ  ヽ、  }
         _,ノ             } / ̄シ´    Ⅵ\\Ⅶ、ト、i、iハ
          |          { / ノ      l|lハiト、i、ヽi|i|i|l|l|_}  \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从/──
                    Ⅶ,イ       リ|| l|ヽト、l||l|l|l|ノリ  ≧                             <───
                    fヽ{,,ィ竺ミー-、__j ゙リ、l|_l|斗l|刈リr |  ≧ えぇいうるさいわ!貴様等退がれ!! ニ=-───
                    { トヽf´ ̄ ̄ ̄ヽ___f     i}}l) }( ̄ ≧                             ≦─────
                      八.ヾト{      }ニニ{.     ノ |‐':: /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒W\──────
                ,斗'”ヽ/゙ヽ{ 乂___ノ ̄i⌒ー─‐'┐}:i:i:  \ :i:i:i:   :i゙ー‐┴┘}⌒ー-、
             ,斗'”(:::::)ノ/:i:i:i八   、___ ‐、j_r‐' ___ノ ノ/l:i: :i   \ :i:i:  :i:i:  :i:i } :i:i:i }
             _,斗'”   .>'” ./:i:i:i:/:i会。  `ー-ミー─彡'´ ,イ :}、:i: i.   ∨ :i:  :i:   :i:l  :i: j、
     r─< ̄    >'”:i:i:i: /:i:i:i:/:i:i∧:::≧s。  `¨¨¨´ .,イ . :.|::}:i:  i:   ∨i:.   :i:   |i:i:  /i: \
   ,イ⌒ヽ、 \>'”i:i:  :i:i: /:i:i:i:/ :/:::ト、::::::::..` ー─=≦  . : :.} Ⅵi:  i.   ∨i:.      |i:i:  /i:   \
   / :i:i:i:i:i:i:i:゙寸’   i:  .:i:ノ:i:i:i:i{  {:::::{::Ⅵ:゙": : : /Y⌒Y、. : : : :/ :Ⅵi.  :i.    ∨i:. 丶  :}i:i:ノ/i:.     \
.  / :i:i:i:i:i:i:   丶  i:  /:i:i:i: /  |::: :ト、}}:.0: :/ 〈::::::::〉 \:0/{ :. Ⅵi:.   :i:   ∨i:i:. \ ノi:i:i/:i:.   __   \
 / :i:i:i:i:i:     ヽ  /:i:i:i:i:  /:  ハ::. {::::\/:::::  〉::〈  :: ゙´,イ :::. Ⅵi:i.  :i:i.  \:i:i:i:i:i.ヽj:/:i: .:i:'´ /
./.:i:i:i:i:i:       ∨:i:i:i:i   /:i.  j::}::.ム::::ヽ:  ゙rイ(0)ト、  :/ j  ::::: Ⅵi:i:i  i:i:i:i.  \:i:i:i:i:}':i:i:i:i:i:iレ'”
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

301◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:09:50 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐
  '''-、::::::::::::::::::::::::::::::::
    :゙  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.    :.,::::::゙□─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
     ゙:::::::|                                                    |
      "::..|  帝国皇帝シャルルはモンティナと言う男を大変に気に入っていた。       |
          |  「 招致の度、リレル・ラエルから遠路やって来るのも大変であろう? 」と.  |
          |  帝国の王宮、本宮と迎賓館を挟んだ離宮と呼ばれる生活区域に        |
.   :::::::,,.... |  モンティナ専用の豪邸を用意した程である。                      |
     ;;.  |                                                    |
.     ;;:,,.゙|  なおこの豪邸は後に「 インペリアルズホスト 」と呼ばれる事となる。      |
.         ; |                                                    |
          └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
              傘傘                      .;;:,,.       r^t
                 傘∩傘                        ./.:::ヘ
             傘傘傘傘                       .| : :::::|
.    |      . [IIIIIIIIIIIIIII]_____________________________________________  .r".: ::::`i
.   r'^ー--------..i..::::::::::::;;;;i|;;;;::::;:::;::;:::;::::;::::;:::::;:::;:::;::::;::::;::::;::::;::::;::::;:::;ヽ_|.:_;_;;;_;;|_____________
  /::;::;:::;:::;:::;:::; ::;:;::;;;| ..:::;:::::;;;;;i|;;;:;::::;::::;::::;::::;::::;::::;/|\::::;::::;::::;:::;:::;:::;:::;::;..ヽ.;;;;;:;;:;;::;:;:;;::;:;:;;::;;::;\
. /;;;;_;.;;;_;;:;_;_;;;._;.;;;:;.;;| ∩ ::::;;;;;/;;_;:;;;_;;:;:_;:;:; ;_;::/\|/\;;;_;:;;_;_;;:;;_;:;;:;_:;;_;.:;ゝ.:-:;:-:-::-::-:-::-.-ヽ
.´|.::::::: ::::::: : :: :: ::: : :;;| ..:::::::::;;;;;i|;;: : : : : : : : : : :[IIIIIIIIIIIII]: : : : : : : : : : : : : :|;.:;ヘ.;: ;ヘ:.: ;ヘ:. :;ヘ.: :|
 |: : i^i: : i^i: : i^i: : i^i| ∩ .:::;;;;;i|;;::i^i::: i^i::: i^i::::||: i'⌒`i: ||..:i^i::: i^i::: i^i::: i^i::|;.:|_j; :.|_j; .:|_j:: :|_j;: :|
 |: : Ll:.:: Ll::.: Ll:.:: L.| . .::: .:;;;;;;i|;;;:Ll;::;:Ll;.:..Ll;: [IIIIIIIIIIIII] ;Ll;;: Ll;::::Ll;;:::Ll::i;;: : ;: .:.; :.: ;.: .:;.. :.; ;.i
 |≡≡≡≡≡≡≡.| ∩...:::;;;;;i|!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i||: i'⌒`i...||;i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!| ≡≡≡≡≡≡≡|
 |:: ::::: ::::::: ::::: ::::: :.:.;;| . ..:: .::;;;;;i|;;: :: :::: : : ::: :: ::[IIIIIIIIIIIII]:: ::: : : :::: ::: :: :...::::|; ;ヘ;.::;ヘ. :.:;ヘ.: .;ヘ.: .|
 | : :i^i: : i^i: : i^i::...i^i| ∩.. ::;;;;i!|;;.:i^i:: :i^i: .:i^i: :|| r'⌒`.i..||;;;i^i:: :i^i: ::i^i:: i^i:..i:..LI;:.:LI: :..Li; ::LI;:::.|
 | :: Ll;;: .Ll;;:. Ll; ::.Ll| .:: .:: :: ;;!i|;;::Ll:;:::Ll;;::.Ll;:::|| | ...l.....i ||;;:LI;; .LI;;: LI;;:.Li,::|;:; .;:. :;..: : ;.:;.: ;.:;;;.; :;|
 |;;:..,,;; ;:,,.: ;::,,.:;. ;;,:.;;i!i::.:.:::..::.;;i!Ii!;,.:::.:.:.:::;.: : .:: : :|| L...|., 」.||;;::...:.::: .:::..::.:.:;.:... ;;.|"` ""`` ""``"""`"
            '''ー----‐:' ''' ' '''' ''''' '''' '::=:/三ヘ =''' ''''' '' '''' ' ''''' ' '''
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

302◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:10:30 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ── □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─┐ ─  ───‐‐  ──
          |                                                      |
          |  時は聖ヨト歴324年の夏の終わりを告げようとしていた。               |
          |                                                      |
          |  さてここで少し話を変えよう。スピリットはある程度……                 |
          |  人間で言う処の五~六歳の年齢となる「 容姿 」でこの世界にやってくる。   |
          |  その後成長していく訳だが、その成長には人と同じく「 個体差 」が有る。    |
          |  数年かけてゆっくり「 完成形 」とされる成熟した体躯となる者も居れば     |
          |  突如急激に成長する者も居る……前者がセイバーこと、オルタであり……  |
          |                                                      |
          └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=□
                                       ,
            Before       ヽ.                 /                 .Vヽ
        【ST.312】       ゝ、            //                  } ヽヘ
                _ -─‐-<i }_ ____     / /        ./          l  }〈
      _ --─‐‐<、 - '"    `゙ ソ、:::::::::::.............. /   / /   ./ /   イ´    .|ノl )
    ≦:::::::::::::::::::::/   , -      ‐-へ:::::.......... / /   / ,イ   ./ /   /i /  /  |ノ|〈
    ヽ`ー─‐'´/ _ ‐ '"         ヽ、./ / / ,/,/// // /  ./ l / i ./  / ノ} }
    rヘ::::::::::::::::,'彡ッ  /      ヽ ヽ.  ...............イ/ /i _`'''ー-ミ/ ./  /-==l  / |゙y ノソ
    {::i:::::::::::::::::i y´:.:.ィ: :  ,  .イ  } i ヘ  ...........   /  /.{ハ .',`hクr-i,/    Trう /i,/  |ノ/」
 _  __ヽ{:::::::::::::/{//:/: : / :./::i:. /i:. }',: iヽ } i::. ......../ /,/l l   `¨´       `¨´./|   |"ノ
 `ー-ラ>-、≦__レ : :{ ィ 从.ノリ i:./ i:./斗ムハノレヽ:::........... |.  ハ       i       ,   |´
   / ヽ::/::::/ィ : :レイリr升く リ レ rチテ7iリ: : ヽ::..................   ト、               /|    ,   After
   / : :{::::::/イ:  :.i: :ハ`弋_ツ    弋ソ.ム: : :  ヽ................  / .\  `  ´   , イ:.:リ  ノ   【ST.317】
  ,' : :ヽィ::::::::{:  /| ト-リ、      丶  / }: : : :... .................. //.:.:.:.:>.、_  <´l::.:.:./|  /
.  { i .: :ハ、_:::::::i: /ri i⌒、>   ー ‐ イヽノ}: ハ: :................... / \:.イ_ -=}     .八:/ l  /
.  リヘ :.{ レ }::/i: / { リ , { ゝ≧ ‐-イ/  r-ノイ、}:................./-= ̄/~   ゝ_ ..,    >| ノ
    ヽ}  レ i:/  ',  ヽ「ト、 >ィー ´  /   ........................   / ,...::::r⌒:i      "/ノ 丶、
         リ  ',   i_  `ー-‐ ´| /       / /    ,/::::::::\:::::::}    ., ′   \_
          /}  {ム、     r-く.        { /    《:::::/:::i|:::::::.}  ,         > }
         /_  i /  〉-‐─‐^ -くヽ/    .................    >"::::::::リ--=t/        ./   |
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

303◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:11:08 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ── □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─┐ ──  ──‐ ──‐‐
          |                                                      |
          |  後者が水銀燈である。                                  |
          |  生活が安定したせいか?はたまたその時期が来ただけだったのか?      |
          |  理由は定かでは無いが、水銀燈は急激な速度で成長を遂げる。           |
          |                                                      |
          |  その急激……否、劇的なまでの成長速度は目を疑わんばかり、        |
          |  一年で伸びた身長は実に20cm以上、その背丈は既にモンティナを       |
          |  追い越し、今や「 完成形 」とあるオルタに肉薄……                   |
          |                                                      |
          └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=□

                                            , - ' ´孑ヌ -` : 、
                                           /j⌒__{ 辷杉'r' ̄ヽ-ヽ
                                            ,:'イ ,::  r--t____, 、  t::.. ヘ
         Before                             /i , _r' ̄        ゝ'´Y `Y
        【ST.323】        __                  _,.--}〃/  '    /!'   }|   !廴ヾ}
                  イ,:ヘ::::::::ヘ::\            Y::>'´ィ:::}| | { i / }|.| ., /}| /イ }  }:ヽ
                    /ィ/::::::ヽ/::::ヽr、ヽ.        _  zV/:/:::/.{ i ===x. j |/イ.x===/  リ::::ハ
                 {//ノ~  ̄ ̄ ~ゝ::ゝハ.  r≦´<./`/:::/ 八 Vi {゚::リヽ  '´{゚:::リ〃 ./::_:::/
               r=テl/  l   l   /| l \...........................   /´ !  | \ヘ `¨   ,   `¨厶イ/{:{ヾ.',     After
            ,...:{{_://ィ  ‐トzミ   rzァ‐|‐ ゞ ==ノ , '   ≠/ {  {',  ヽ、   -.-    / { i:| |:|   ,   【ST.324】
          , <:::::::ー//   マじフ\| イじフ ........................ /'  ハ ヾ、  {:> .  . <:{∧{ i | |  ∧
       /::::::::>イ/ /   ゝ   _'_   ,ノ!   ',  /  // /  ∧ V\ V:ノヽ 孑 'ハ_,、!:::ヘ-:| | ',、 }',
        /:> ´/ノ 〈〈    ',>。 _ 。< }  ........................  /  〈  ヽ ∨ \  / j}、ヽi}⌒イ :り!∧V} ',
        / , </   ヾ ,   } ノ:::::::::ゝ, /  /'../// ,:'  ./   {_, : ´ \  Y{ ヾ:/><ニニニ≦ } ',}.ト, ',
     , <> ´   /   >   };;;;// |ト;;;/ ........................... ./   /      r ∨{r===t_j⌒ー'´ヽ>リ Vハ
_,, -‐ ´-‐彡 '    , '-=zイ_ハ   !//_l ! ′ ,'...{,'< / /./   〈   , -- 、_:. ::{ 7、  ヽ         }{ヘ! }
-一 ´ <     / {ニZニニ}  l/ニニl !{   !ニ.|   ./ /./    ヽ   r==x i  Y__,.、   V 7 /_ノリ }7
, <      >     ',ニニ ̄!  /ニニl !_', ................................. , イ   /フY    T     ー─-vィ / /∧
     > ´       ノニニ/' /、_ト、ニl lノ'、   ヽ..゙7 ,' {   ,:'./ , '〈:/ }::',    |ヘ -:::::::::::::' r≦::::ヽ: }   i .∧
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

304◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:12:18 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ── □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─┐ ────  ───‐‐
          |                                                      |
          |  勿論伸びたのは背だけではない、平らだった胸はふくよかに膨らみ、       |
          |   身体の随所も丸みを帯び……一言で表せば大人の身体となった。      |
          |                                                      |
          |  何も知らない人物が見れば「 適齢期 」の女性にしか見えない。        |
          |  水銀燈の容姿を見て年齢を答えろと問われたら、十人いたら十人が、     |
          |  百人いたらその百人が「 十二歳から十五歳(※) 」と答えるであろう。      |
          |                                                |
          └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=□
                   几!7                i    ゞx(_)K ̄\
                 // X{        {     i   i ハ    {{  }}:}ミxzzx}}
      r-- 、      /`/`'xキ    { ハ ';    ハ _} f弋 ヽ  ゞ_ノイ! \zzzzzx,,
      {{ ̄ \   _/_./_.{{´ノ|     ト. ト弋 ヽ   |弋.乂 ヽ } ! .}~ .||   |     `ヽ、
     ./;; ̄ ̄\":::::::::::::ゞイ;'l     | ',{  \_\ 、.{ 彡キ示ミァ/ /  {{,.   |      }ハ
     {{_/イシ'´::ヾ::::::::::::::::/イ.{   八 《テ;ミト、ヾ\イ {::t:i::// /  .,''ヾ;.   l    ___r‐.、
      >Y::::::::::::::::::\__,,x,{{z_r\{\ ゝヽ弋ッソ      ゞ‐'彡イ ノ .ノ .}}  ';  r'" _..イ7' ̄ヽ、
      〈:::::::::::二ニ>'   {i     \ヽミ=-,,,,¨´  、    "",/イ γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       ヽ.::::::::::: ̄ ̄~`'''x,ゞ、___ノノ } ハ、    _ _  u. ̄フイ<   服がキツイ……特に胸……   |
         \::::::::::::::::::::::/^''≧七´  .!  > ...       .イ{´ i! /ゝ______________,ノ
          \::::::::::::::::::::::/::x::::::::::::,'     .!   `:ー '"__x"::;' ;' 八  .}  /}    _ヽヽ !ノ
          `''x__::::::::::::::://´:::::::ノ    /}   x!:: ||zzz、::{ { 7{{/~/  ./ .|     i´ハ } ヽ';ヽ
         ,.ィz=キチト、:::.{l{:::::::.イ    .//  .イ/イ介ミ、 ::::! !ゝ'.// /〕 :!    .{ハ '; }.} | .i!
        {{ ./彡シ"{{ ̄`、:::::{     /イ / <<//'}} }}\zz| |//{ ./{ ̄|Z,_  ! }. } 从ハ .}
          \{{イ/  .||   ''^L|   // .イ}}  `´ .リ {{\/ .! !`´::/乂{ {  |  !__.| .! |' /} } |
  .        /ハゝ   ji}.    .!  //イ/}}~r‐v‐v‐v‐v‐r‐{{| |:::::::〉:::::::}. ';  .i  | //.ノ`!{i } | |
         // {{`ミzzソ       ! .{::::::/}}~rv--、ノ ノ r=/} }::_/:::::::::::i几__  _/彡'/:::|乂ノィ!
          // .!!         ./\ミzヘr, {(ノ)}>〉__r=r=イ::::ノ,,イ::{::\::::: :::::',ー彡"´/_{::::!
       //  ||          .{:::........___X~r=r=孑''´   ̄:::::::人:::::::::::{::::∧ } /
      ノイ   .}}         八:::::::{ r―‐{_}彡ニミ:::::::::::::::::::::::/  }::::/::::',:::::∧:. ...:  ( ※:スピリットは実年齢に+5~6歳する )
     {{´     !!            ゝ:::! {/ノイ|ミト、.} }:::::::: イ:::::/  〈:::(:::::::X:::::∧.:::..   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

305◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:14:27 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

          □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
          |                                                            |
          |   水銀燈の「 身体 」は成長した、それこそ劇的なまでに。                      |
          |   だが故・ふらんの調査結果によれば、水銀燈は聖ヨト323年の秋の時点で       |
          |   この世界に「 産まれて 」からまだ二年しか経っていない事が解っている。        |
          |                                                      |
          |   つまり水銀燈は現時点となる聖ヨト324年当時、実年齢で言えば三つ、        |
          |   年齢で言えば数えで四歳と言う事になり、やや妙な言い方とはなるのだが、      |
          |   大人の肉体に対し、子どもの精神と言う「 危うい 」バランスの持ち主であった。   |
          |                                                      |
          └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
                 ,   --- 、
              y ̄// ̄ ¨ ` 、    、
             / /_‐-       、     、
              |/ノマy   ,-`、.  |  ;    ,
            r ' ,テノ  テス=、ヽ ノ  y ⌒_>_
            |      〈てっ,〉‐ ∥∠ ////∧
                 _、    `´   ノノ∥∥/////|
            |  `   u  / / |lll|////∧∨
            \      / ∥   〉_|///∧∨
             | i介l::::... / ∥   // ヘ-^ '|
             | l リ¨  ///  イ/ ,ィ γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
             | |ムf_//ノ イ∥ / <  あの娘の肉体年齢は二歳(※)……かぞえで言っても三歳……   |
             _,-‐>/=―‐'    |∥ /    ゝ_____________________________,ノ
          〈</ ⌒ 、     ∥ /    /     |
          〉´   ::::::::;il ,   ∥ /    /    |
         / 〉、  :::::::::i|/   /       /    |
        l  /| 丶  ::::::::|   /     /     |
        | / |  ヽ  ::::::|  /     /      |
        V'  |   、 :::::|  /     /       |        (※:聖ヨト歴323年 秋時点での話 )
         /  |    、::::::| /     /         |           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

306◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:15:50 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐───  ───‐‐
            |                                                    |
            |   さて、そんな水銀燈に対してモンティナは甘かった。                 |
            |   ただただひたすらに甘すぎるほどに甘かった。                     |
            |   皇帝との「 商談 」によって金銭面も大きな余裕が出来た事もあり、    |
            |   水銀燈が着てみたいと言う服が有ればすっ飛んで買いに行き、      |
            |   欲しいおもちゃが有ると言えば、一両日中に買い与えた程である。     |
            |                                                    |
            |    その結果、水銀燈の「 我が儘 」はますますヒートアップ……           |
            |                                                    |
            └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
                  f三=、ミヾi{ノjリハ|l | l|l|! |l| l li iliヽ
         X        ,仁ニ≧ー''゛''"'ヘ|l i i|l| |i| | li ll トl
        /        ,/彡ィ',r=-_、、、 ,,jNHトl、_lトl、l |l |l|l|
       ┼         k彡イr;≦ニ_ミk==衫ニ仕ミNトl、| |l |l l|
                ,/´-ト《 '┴゚'ヾソl;=t{く(_句ヾYl}ト|l | l|l l|
                j{ { rj ` ー=彳{  `ヽ二≧'人lハlリハリ
                ヘヽ!|      ヽ) ゝ   ` ̄  lKイナ"  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                 ト、l   ^ー‐--、、____,う フ ム'/   <.  着てみたいと言ってた服を買ってきた   |
                 ヽl.      ̄`ー-     jノ     |   早速着てみると良い、遠慮は無用だよ   |
                  」l 、           /       ゝ__________________,ノ
              _ノ>'´小、ヽ、      ,.  /\_
       _,.二ニ-‐フ´ / /!| \ ` ー --‐ '´ , イl、 丶、ト、__
  ,r‐<´     /  '  /´ |j    ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ  `丶、   /⌒〉
 ノハ   \   /    /   jl|  ,'  jゝィ厂   ′/l∧   \    \/   /
∧丶ヽ   V       /    /リ ;   /⌒l|   ; / / ヘ    ヽ   /   /、
l l、 、 }   ヽ     /     ハノノ  /  ∧  ,' / /   ハ     \丿   厂\
、_}/ノレー‐-、\  / 、    |/'´ / ン=c'、{ヽl  ' / /    }、     レ- '⌒ヽ__ ヽ
´ /´{    `ヽV___、>--、 く  /7个i/ ヘ.0/ /      ハ     /   _,. イへ\ \
 ∧0 ノヽr─-、___)一´- 、/ ) ∨ / / jl   ∨/=-、  (⌒>‐イ  _∠´ /l /! \ \       _______
 {. ハ |  {、_     ____) / /   / |    /    \ (⌒(   __`二´-‐┬' 7/l |   ハ ヽ    /         /|
 ヽ、ハ   \ ̄ ̄ - '´ /i /  '  / 'l   /       ヽ\  ̄ヽ、  _, / /∧リ--  〉 〉  /     _服     ,/ |
、 〈 `>‐-`ニ>─<   !/     /  | /        \\,_  ̄ 丿_∠´  厂丶 / /    |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  .|
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

307◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:17:01 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

        □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
        |                                                    |
        |  モンティナが出張っている際、水銀燈の面倒を見るのはオルタである。    |
        |  そしてそんな水銀燈に対するオルタは規律厳しい軍育ちである。         |
        |   当然水銀燈のその「 我が儘 」に対し、苛立ちを越えて怒鳴りつけるも     |
        |  水銀燈はオルタの「 苦言 」に一切耳を貸そうとしなかった。           |
        |                                                    |
        |   ある日、たまりかねたオルタがモンティナにこの事を相談すると……      |
        |                                                    |
        └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□

                         ,、 ,、、rtzxー  。
  〉ー、                  >≦三ニY丸ノへ_ `ヽ
___/  } >x/`ヽ         xイハノヘ_,ィiニニ ´三≧x}_ ゚
、 ̄` / fー‐‐-  〉  > ./.   / / `¨´乂ノ{ 、三ム}}_   ',               γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
 ) __ .` ̄ `ヽ.i´ー―‐,.'//  ./ /      /.  ̄{ト三ム}}_     _.          l  #!#!!!ーーー##!!  |
< i  >,   / 冫 ̄`i{ i i!  厶 i!    /  /  ̄{ト三リ   i ___,,..) `)..    ヽ、_______  ______,ノ
__` .´  ∧ゝ ,イ ´  .|l |lマ /. _ ヽ}  , イ  ィ     マニ}}  |  --‐''´                 ,イ´..   ∨.           //
 ̄ _ ィ ´ -‐ `i   从{{Ⅵi´.込マ/ /斗孑ヤ ´ ./   弋}廴___.       \     (ヾ_,,.. ----┛┗       //
 ´  ヽ/`ヽ  .|  ヽ_./ i`| 弋ツ   ーtzr‐x、从./  (}}ト、ヽ    }}.        \  /⌒,`     ┓┏L、   //
    ,ィ' ´  i,ィ└ァ」ノ/,イ | .!        弋以ツ/   ,  Ⅵ  ̄}}ー ′.           / /〃 ! |ヽヽ .ヽ lヾlハ.:
,ィト ./_,イ` ̄、  人´/// Ⅵ、  _      , イ    ,イ   Ⅵヽ}}              レ{ i レ( i!_)i.:::::≠=ヽ | i i }
. i ./ ヘ `´ |/_〉/ .i  .Ⅴ \ `  ,ィ彡    /     Ⅵ                 :./ ,'   ::::::::::::    .| i⌒i
 i./ \_}ー―´    l| |  ハ}   ァ≦三 .≧x  /}        \\               ,' i  |▽▽▽| ノ( | i l  l.:
. ′          i! |  | ィ≦三三三三三ニ}`ヽi      |  `´.ヽ             |i !   !      | ⌒ | ! |_ノ
             ,|  i{三三三三三三三. γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ.        :.!| .l  |     |    |  l.:
      __, ィ≦´__Ⅵi!三三三三三三三 <  ふんっ……!!  |`        l iト、 |△△△l   ,.|  l   /
          ̄ ̄ ,、Ⅴ三三三三三三三/ニi.ゝ_________,ノ.   `.        !ll `>t----j‐< リノ/   /
∨_,         ___乂>、。三三三三三 /三 y  .|    |    ',    \   `ヽ   : / ヽ{_>< ノ , ' ヽ   /
. 7\_,       ̄x≦三ニ}ハヽ、三三三 /三 ./  .|    |    ',     \    \ ,'  Yヽ/Vヽ>}   |: /
ーく  _/\___,/三三三 }} ヾヾ三三 /三 ./   |    |               \    \  {   .     |  | /
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

308 :名無しのやる夫だお:2014/01/18(土) 21:17:18 ID:OF.M/8TA0

アカン

309◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:17:46 ID:SVPiSY0M0


                  ,. =i/∨i i iへ.,
                 ハ丶丶//∨i i i i i i へ       つ
                ハ丶ヾ ' ' ∨i i i i i i i i i i ,
               ハ ,.=ー=.,  ,.=-^レi i i i i i i i i i     っ
              ├(   ノ二(    'iシi i i/i i i i
              ( }  ̄ く _ 丶_ へレ/ハi i i |  っ
                  v              !.i'’ソ /
               i  イァ-ェ─ ,_,ィ  U , ノノ,/
               人 ,  ̄::: ̄ ̄     ,/テテ          ま、まぁまぁ……その辺りにしてやって下さい。
                 ,/'-,ヾ      ̄  ノ彡’ヾ.,_
             /  ヽ::...... ̄........-=三’  /  ト,_ _     あの娘は大きく見えても、中身はまだ四歳です。
     /゙Y´ハ . ,:’   〃^i;::::_;: - '’     /  | .{ {ヽ   頭ごなしに叱ったって逆に反発するだけですって。
   ,ノ´)/ / /     ,/i .i’ヽ、      //.    | /”
   / // / ,′     /ノ ル ,ゝ    /.∨     |/       私だって「 そう 」だったし、貴方とて「 そう 」であった筈……
  ,'  i j ノ ー|: γ´)  /レ'=o=> 丶, 0/  ,/     |       どうでしょう?間違ってはいない筈ですけど……
  ′ 1    |,ノ / / ハ ノ /i   ヽ’//     .i,.・’
  |  ! // ` /  iハ,'   / i   . /  /       |
  |  ヾ      ′ レ    ノ i  ノ  ./       | ,'



            i /    /     ` ´ ̄   `ヽ      ┼ __
           / V N ./                \    q__,ノ
           ト、il_ Ⅵ/     /             ヽ
           ト、||  i    / ./   i    l   、   ヽ .',     ┼ __
       r─<'´ Yl.トミ l  i l /.    il  .|  li  i  i  l  トハ     q__,ノ
     /フ ̄ ミ≧il< |   | | .i    .!l  .|   ハ ハ |  | ハki
    / - -、 ̄ ̄ ̄ミV,l  i l i| / / .| /l / i l i.∧ .ハ i リ       ┼ __
  /     \   ヾ/|    | / ./ / / _|/  _|=ィ<ハi ノ ヽ       q__,ノ
.  |        \   ',|    |_/≧≠- /    =≠-i ||/  .|
.  |         \  ',_     | < ㌢ ノ         ,' .|  /
.  |           ヾ i  .:l .|   ̄.      、   / .; |  /i        ぐ……ぬ……い、いやその……
.  |            'ミハ .:::| .|  U    _   イ ::..:: |   |      「 ソレ 」を言われたら全く以て仰る通りであり
.  |             Vi :::| .|>、     ´ `/ _|:::::.i .| .:: .|       何も言えなくなるのですが……
.  |             i ';:::! ハ  > 、 _ ./l  .|:::.. ./   .{
. ∧            ノ .|::  ト、 /::=:::::\\|  .|:: ./    ヽ     で、ですが……ですがソレをさておいたとしても──
. /::::ヽ           /  |::. | ./::::| |:i::::::\/  .|::/     ',
/::::::::::\         /   |ヾ | /:::::::| i;;ハ::::::::i \/      i
::::::::::::::::::il       / >_ _.V/::::::::::i:ヽl::::ト、:/l           l
::::::::::::::::::il       / .∧::::::::::::::i:::::::::: l:::::|:::::V l    ヽ    |

310◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:18:38 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐
  '''-、::::::::::::::::::::::::::::::::
    :゙  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.    :.,::::::゙□─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
     ゙:::::::|                                                |
      "::..|    と、ご覧の有様であった。                           |
          |                                                |
          |    スピリット年齢四歳、人間で言えば九歳から十歳……        |
.   :::::::,,.... |    身体と共に心と精神が育っていく「 大事な時期 」に         |
     ;;.  |    水銀燈は骨の髄まで甘やかされて育ったのである。          |
.         ; |                                                |
          └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
               .傘                           |
              傘傘                      .;;:,,.       r^t
                 傘∩傘                        ./.:::ヘ
             傘傘傘傘                       .| : :::::|
.    |      . [IIIIIIIIIIIIIII]_________________ γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
.   r'^ー--------..i..::::::::::::;;;;i|;;;;::::;:::;::;:::;::::;::::;:| あの娘を甘やかし過ぎではありませんか?   |
  /::;::;:::;:::;:::;:::; ::;:;::;;;| ..:::;:::::;;;;;i|;;;:;::::;::::;::::;::::;::::;::乂___________________ノ
. /;;;;_;.;;;_;;:;_;_;;;._;.;;;:;.;;| ∩ ::::;;;;;/;;_;:;;;_;;:;:_;:;:; ;_;::/\|/\;;;_;:;;_;_;;:;;_;:;;:;_:;;_;.:;ゝ.:-:;:-:-::-::-:-::-.-ヽ
.´|.::::::: ::::::: : :: :: ::: : :;;| ..:::::::::;;;;;i|;;: : : : : : : : : : :[IIIIIIIIIIIII]: : : : : : : : : : : : : :|;.:;ヘ.;: ;ヘ:.: ;ヘ:. :;ヘ.: :|
 |: : i^i: : i^i: : i^i: : i^i| ∩ .:::;;;;;i|;;::i^i::: i^i::: i^i::::||: i'⌒`i: ||..:i^i::: i^i::: i^i::: i^i::|;.:|_j; :.|_j; .:|_j:: :|_j;: :|
 |: : Ll:.:: Ll::.: Ll:.:: L.| . .::: .:;;;;;;i|;;;:Ll;::;:Ll;.:..Ll;: [IIIIIIIIIIIII] ;Ll;;: Ll;::::Ll;;:::Ll::i;;: : ;: .:.; :.: ;.: .:;.. :.; ;.i
 |≡≡≡≡≡≡≡.| ∩...:::;;;;;i|!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i||: i'⌒`i...||;i!i!i!i!/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 |:: ::::: ::::::: ::::: ::::: :.:.;;| . ..:: .::;;;;;i|;;: :: :::: : : ::: :: ::[IIIIIIIIIIIII]:: ::: | んー……そうですかねぇ……?  |
 | : :i^i: : i^i: : i^i::...i^i| ∩.. ::;;;;i!|;;.:i^i:: :i^i: .:i^i: :|| r'⌒`.i..||;;;i^i:: \______________/
 | :: Ll;;: .Ll;;:. Ll; ::.Ll| .:: .:: :: ;;!i|;;::Ll:;:::Ll;;::.Ll;:::|| | ...l.....i ||;;:LI;; .LI;;: LI;;:.Li,::|;:; .;:. :;..: : ;.:;.: ;.:;;;.; :;|
 |;;:..,,;; ;:,,.: ;::,,.:;. ;;,:.;;i!i::.:.:::..::.;;i!Ii!;,.:::.:.:.:::;.: : .:: : :|| L...|., 」.||;;::...:.::: .:::..::.:.:;.:... ;;.|"` ""`` ""``"""`"
            '''ー----‐:' ''' ' '''' ''''' '''' '::=:/三ヘ =''' ''''' '' '''' ' ''''' ' '''
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

311◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:19:27 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

          □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
          |                                                    |
          |  とは言えモンティナもオルタを「 今まで通り 」変わらず深く愛した。      |
          |  時間が取れる時はでは無く、自ら率先して「 二人の時間 」を作った       |
          |                                                    |
          |  一方オルタ……敢えて二人を過去の名前で表記させて貰うが、       |
          |   セイバーにとってロイは「 自分の為にその全てを投げ打った男 」         |
          |  そんな畏敬と共に「 一人の女 」としてロイを深く愛していた。           |
          |  そしてそれは水銀燈が居ても一切変わる事は無かった。            |
          |                                                    |
          └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
                r   ,へ´.     、  .へ、     ヽ           x--┐
               ,.  , ´ ´ /    ヾ.   `ヘ.   ヾ`、         ヽ┴、
                 /.../ ./              |     |          `くヽ
           /    / / /    /  ヘ   ', |     ├─ -- ==    ',人
          /.         /  ,  /  . ,ゝー--',   ',|     |            〈 .}
         /.         { /  /    / ,', ‐-   '、  .|     |    二 ニ = ー‐ }く )
       /          i{  ,′ / / / } ヽ、 ,ヘ. |    |             _.| 〉
―――ー             ヽ.{  .′,'l/ ノ 、 \l 丶!     !     _.  -‐  "´ l/__
∧         ノ           `ヽ{  !   =ニキ=-   |     |  ̄       . .ハ:::::`ヽ
: :∧                    ,-‐'´\!       i;:    | .   ├‐- 、  __. -"´ノ::::ヽ:::::::\
: : : ∧                ヘ                   i :.     |¨``! ! ̄    ,.イ人:::: ヾ:::::::ノ
: : : : i                 _ ',        /i/i/i/j| i!.    | __/,.′    ,<:|::::::::ト:::::::::::/
: : : : |  ._, -=ニ=―――イ’   '                | |!   |-=' 彡,イ>:´::ヽ|::::::::l \ノ
: : : : |‐'´               ヘ__               | ||   |   彡'::::::::::::|::::::::|
: : : : |                                 | |ヘ   |,.ィ'´,.::´ゝ::_:::::ハ::::::::!
: : /                     `、           /:| ! ,.ゝ  !,.ヘ`.    `_ム-::─ -....、
                       、____  /  ,i !.    |                `>、
                                  \,.      :>──、                   |
                                  ノ{i/\.   >'´                       ∨
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

312◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:19:59 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

              □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
              |                                            |
              |  さて、モンティナ達三人が住まう離宮一角には                |
              |  凡そ二歳から五歳程度の幼少期のスピリット達が            |
              |  寝泊まりし、生活と知識を学ぶ施設、いわば寄宿舎が有る。     |
              |                                            |
              |  帝国はスピリットに対しての教育を徹底している。            |
              |  当然これは「 尖兵 」として戦わせる為の「 施設 」であり、     |
              |   その教育・指導は厳しいモノであるが……                   |
              |                                            |
:.:.:.|:.:.:.:| _!:.レ :||:.:.:└=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
:.:.:.|:.:.:.:´:.:.:.:.:.: ||_:. --_―=:|::| ̄―:.:.:._: ̄:.:.|:|.| : : : : : :  ̄ ::¬ィw;从爻w从;从爻;戈爻w;从
_:!__ -_―=|l: ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:i¬从爻Wt.|:|.| : : : | ̄| : : |爻w;从爻w从乂爻w;从;爻;父ゞ
冖:! ̄:__:.:.:__:.:.||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:|ィ爻ゞ戈从fw|_: : :/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
:.:.:.|:.:.:.|__!:.|__|:.l/'^丶、ヽ__:.|::|:.爻w;从爻w从j.l  | 本日はココまで……各自解散!! |
:.:.:.|:.:.:.|__!:.| /--―___.ニ丁:}:j|:.wゞ;爻从w爻ゞt;. : :\_______________/
:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.匸} ̄:::::::::::::「´|ィゞ从ゞ小爻从wトw======ゞ父从w父W从w;从;爻W从w父
==:!=== | |:.:.:.:::::::::::::| |爻乂爻w从爻父癶t : : : : : : : :ゞ爻乂爻w从爻父戈ゞヘ;癶爻w
癶w;i;.,.__:.:.__| |:.:.:.:.:.:::::::::| |ゞヘ爻w从爻戈ゞ彡': : :| ̄|: : :.| ̄l: : ゞヘ戈弋;}:レゞ' |  |: : : : : :
爻从艾tw|-| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(⌒):.:.:1弋爻wゞ;≠:|.i : : : |―|: : :.|-(⌒)|::::|: : :|ゞj:;{―‐|--|: w戈y;
--------―――――¬二}:.:.:L__l:.:}:}-:.:.:.:.|:|.| : : : L__l: : :.Liニiニ!__l________iニiニ!--------
: : : : : : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:| ||:.:.:w.:.:.:.{:{:.:.:.:.:.:|:|.| : : : w父爻w.|:| : :|:.| | | | | || |:|: :|: : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|:| ||爻从爻k}:.w;,:.:|:|.| : : 爻从WjW;|:| : :|:.| | | | | || |:|: :|: : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|:| ||ー--==ニニ二二ニニ=== |:| : :|:.| | | | | || |:|: :| _____
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|:|_||                  |:| : :|:.| | | | | || |:| :li´ ̄L___「
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: : |                  l:|_|.」-----lL|:|_:||=====
==============―                   ` 丶 、       ||    __
                 `丶、                 __ `丶 r ニニニ --―
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

313◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:20:44 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

          □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
          |                                                    |
          |  さしものスピリットと言えどもまだ子供も子供である。                |
          |  幼少期を受け持つ訓練師の号令にて一日の「 お勉強 」が終わると.     |
          |  各々好きずき、方々に勝手な行動を始める。                   |
          |                                                    |
          |  中には「 おつとめ 」からの開放感から大声で歌い出す子もいれば……   |
          |                                                    |
          └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
   r┴┐``
     _ノ                                   マ>           ,_
      オ         {\                     \ .`\    , <´::/      ,、
              _ -=ニ ̄`ヽ   _ -─ -...  __       , ィ'⌒ヽ .\ ./:::::::::::/  _, <´::|
    .ノ┬‐``   ,ィ´  _,ィ    ∨´       `. \`` ̄ ̄ ̄     .<⌒ヽ、:::::/ ト//::::::::::::::|
      ノ        /,ィ'"   / .ハ  ∧         \  /  _/ ̄~/     }/   `ヽ、::::::::::メ、
            // i .ハ. ,′/ .| ,/ | .∧ .ト、    (\ `メ  /|   .|      }      \:/  .\
       エ     .{〈 | / .| |.::/ ´Ⅳ⌒∨ .∨⌒∨   ⊂ /  ./ ィ|  、/|     /`ヽ、     ヤヽ、   \
             Ⅵ j/ .{,`∨三三三  三三三  |. /| /{ |.|.|  / |    /:::::::::::|      .|:::::::\   \
      エ   _      / /  ゛゛゛     ゛゛゛ |  /.゙|| レ| ,从| .|-、|   /|\:::::::|      ケ::::::::::::\   \
          .{ニ}- 、.  i 〈     / ̄ ̄ヽ    |/ .:/ Ⅴ .l/.l | .| .)|  / |  ゝ、|     /、::::::::::::::__〉    .\
       |  〈にj 人.  | ∧   /     }    ./ .ソ⌒)    〈 _| .|_ノ.|   .|    '   メ \  ̄ ̄       ヘ
       ・  .{_}ゞ、ノ\.!/ \ 廴    ノ   ./ /7./    (`ン'ナ /、_ヘ|    |  __ /____  \         |
                \ ` ̄`ゞ>=z___ イ /一"     ,/彡/ / .メ、ヘ   ヘ ̄:::::::::.\::::::::\  \       .|
                 ヾ、_/ 》 .|===/ ∥ ̄入__.     ゙ミ/ /  ' ヤ.\   \::::::::::::::::::::::::::::\  \      .|
                   / <二○二>|,/  |川トヘ{_〉   / /\_ l'  .ヾチ_}   .|:::::::::::::::::::::::::::::::::\  )     /
               ∧__/ ∨\_ト、__|川_,イ´.....,イ 〈  ||i|     .|   |、:::::::::::::::::::::::::::::::::::\.レ  ./
                {二二二 〈_〉二二}      ̄  /  | .トン ~|=ェエ三.|   .||メ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(   .(
                 く___} | {__〈           \|   伍シ"゙ ̄|   .|.|\::::::::::::::::::::::::::::::::/ ヘ   \
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

314◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:21:10 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

              □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
              |                                            |
              |   外に出て陽が暮れるまで球技に没頭する子達も居り……    |
              |                                            |
              └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
  ::: :::)                         (:::::::::  ::::::::::::::::
 ,.,,.,,,,,,,.,.)                         );;:  ::::::::::::::
   ⌒Y⌒                   ⌒Y⌒.゙,.ィ<゙゙>.、         γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
              :::::::::::::::::::::::::::::::.        (../,ノ. _人  `ハ        |  いったよー!!    |
            ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ⌒Y⌒.. ii'  ゙!´  `r‐ヘ !          乂_________ノ
          ::::::::::::::::::`Y´:::::::::::::::::::::::::::::::::..     マ、_,ノー-ィ′ /メ
      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     ゝ.、_  〉‐タ'
        _r=======┓ :::::::::::::::::::::::::::::::::               \\
======g-=≦/^X^X^X^┃  :::::::::::::::::::::::::::::::                \
: : : : : : i : : :゙/X^X^X^X^┃爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻
: : : : : : i : :゙/^X^X^X^X^┃⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒V⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
: : : : : : i :゙/Y^X^X^X^X^┃,.三三二二ニニニ=====---‐‐…‥   '''   "““ ¨¨¨  ””~~~    ̄
: : : : : : i゙/X゙X^X^X^X^X┃.,_
: : : : : :゙/X^X^X^X^X^X ┃   ̄”¨ iiiiii  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
≧o。 /X^X^X^X_つ,., 斗.,_     iiiiiii <   おっけー!!    |    _, =-
   `¨¨¨¨¨¨^~         ^`    ,._  ゝ__________,ノ,  ''゙゚
                           ^`     ,._。o  '゙゚
                                   ^`    ,._
              _,.。x* '"^゜'*o。,_                    ^`    ,._
        _,.。x* '"^゜         ^` *o。,_                       ^`    ,._
  _,.。x* '"^゜                     ^` *o。,_
'゙^                                 ^` *o。,_
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

315◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:21:38 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

         □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
         |                                                    |
         |   はたまた、木陰で覚えたてのカードゲームに没頭する子も有り……     |
         |  またある程度年長であった子などは寄宿生活の手伝いをしたりと       |
         |  その様子は十人十色、実に様々である。                     |
         |                                                    |
         └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□

         -‐ "  ̄ ̄ `  、
     ,  ´          、  ヽ
.   /            、   ヽ  ヽ
.  〃     r、    、   \ ‘,. ‘,
.  /.     r 、|_ヽ 、   \  z=ミ、., ,,  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  ′  i    V  ヽ ヽ  `ヽ、  ヽ ,jノ  <   あ、夕飯の手伝いって言われてたんだった  |
 i    l    ’ ,斗= 丶、__,γ⌒ヾ,Ⅳ    ゝ____________________,ノ
. j   i  i   ∨   -‐ `ー=ミ、 ら:Y }イ
. |     i  ∧´,ィ.く⌒     弋:ソ V    ,                   ┌─れん・R/S
. !  .′ l.   i忻::ハ         ,:   Ⅵ   -                 _」_   |  323年転送    ┌─レン・R/S
.j  ,'   _|  j_,.八弋_ノ          ト   `              X´      |  当時二歳     |  323年転送
.| ,.イ   { r| ' ゙´「 `゙          ∧ ヽ              ./       ↓               |  当時二歳
.! ノ :'  乂j/  l         ,ィ  /  } ‘,             ┼     i~^`r'" ⌒ヽ、        ↓
  /    ,/   ,-.、           イ } .!  ‘,                 ヽ,./i_iu,、 , l        _ - ー 、ー..、
  /   ,/    /,ハ   ‐-   ___/=ミ j.   }                    //=l~` 、jり      ,/,、,, `iニ l.::/
 '  〃   /彡::::`r‐,-.,=、 ,/::::ヽ:.∧:.:.:.ヽ   ,                    ヽ/ i`、ワr'^i      ijェ エ`リツl.:\   `X
   '    /:O:\:/ / | iヾヘヽ:{:Oハ:.:.:.:.:ヽ ,/                //⌒ヽj .l:::lヾ   ___ ゝ._ノ/::::\ツ     |
. /    /:.:.:.:ヽ:.:.:!.      Y:.Ⅵ:.←─────イリヤ・R/S        ,j/-ーr(i≦ツ/)   |||.:*。+.::::::::.ヽj    メ
.   ,  〃:.:.:.:.:.r:、:.ハ       |-x{:.(_{___ `  .i:.:.ヽ  320年転送        i|::l、 '"ジ~ヾ,} `ヽ. ̄`ーツ、ノ.:::`:ノ::/
  ,  /:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:Y:.} ,ィミ、 ,j>^}ヽ{      {:.:.:.ハ 当時五歳          ヽ_/   /.::l  },...... /.:/ツ.:::::;j
  λ,イ::::::.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.lj/:_/!_:.Vr-'ノ }. {_ ̄`   iヽ:.:.}                  /    ./.:::ー=,"_ヾ..゙/.:::/,' /.-ー=、
 / Ⅵ::::::::.:.:.:.:.:.:/:.:}:.`l/"/:.:/イ . } ヽ}-、  ,|`ヽ}:.:.}i                {,-' フ.〉、_/::::::::/ `ュ_. ヾ.:::ヾ,\.::::::::::::::i\
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

316◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:22:37 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

           □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
           |                                                |
           |  そんな子達には共通して居る事が有る。                    |
           |  それは「 互いの仲が大変良い 」と言う事である。                |
           |  訓練師によって厳しく躾られる中、年齢の近い者同士が助け合い、   |
           |  艱難辛苦を共に乗り越え、その上で共に成長していく……          |
           |                                                |
           |  こうした連帯生活を過ごして行く上で「 不仲 」になる事は           |
           |  「 極一部 」の例外を除けば殆ど無かった。                  |
           |                                                |
           └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
       ` ー- .._-=ゝ‐-、 /     _  ヽ| イ_二二ニニ _.`ヽ / / ̄~:ア´ /`ヽ    ヽ/ ̄>
             >'¨` `        \シヘヘ       ヽ ∨´:::::::::::_/ ./ /       '´ ̄ヽ
       _」_     /イ¨フ / , 、 \ ヽ`ヽ Vヘ \       リ l:::_;::ィ::〃 / // ,./ /    ‐┐  、\ __
     X´      /./ / / .,'  { l N ヽ >弋 ハ Y \ `ヽ、  ∠j !´ /:::::ハ-/ ,少7メ / /^} } `V   ヽー'´
.    /      V'´l /  ! ! ! {_ハ \ヽ   ヽ} |´}' `ー‐’  ノイi| /::: /(./ ,'    `从{ ノ‐メ、/ }   i ハ}
   ┼      / /| !i  | Vヘ        | |ン        / ル |::::/‐┴-Lヽ    '//ヘ,///j  } }l リ
             / / ヽ |1 i\ヽ.         ! !′     / /   レ/| :.:.:.:.:.:.. 7   ,   〃彳/} /j/
.           { i{  `八 N`ヽ{ヽ.   `< )  ,イハ、_    __,/_/  ,.‐'‐弋、:- __X   `    イ /´フ/ム' ヽ  `X
          ヽ\  Vヾ /ヽ {>=--r≦fリ ソ`ーァ'´  ヽ /.:.:.:.:.:.:.:.:V l=-`マ>¨´/ /__´_,>、j    |
           ゝ_>  /   ヾ| {{  Ktzs/ /      Y .:.:.:.:.:.:.:.:.:.! lニニヘ |_/! リ´:.} i |V      メ
              rィ====k、 仔》 l^V/ _,∠____     ! .:.:.:.:.:.:.:.:.人、ヽ ==ヘ-、 !ハ :.:.l  !|
              V´     ヾf⌒ヽ_j必, ヘ'´  ̄ ̄`ヾ、(9 l .:.:.:.:.:.// `ー`  \ヽヽ:.|  !!
                \ ‐-、  }l  >/< 〉     ヽ彡ヘ .:.:.´:/ ____,,,__}\リ:.! _,ゝ--、
                厂二二rj_`壬_,小\/=     __, イ´.:.:.:./ 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ー'` ! >'"      } _
               _/'´  彡  {  `ヽ_/    /´〕l  |.:.:.:.:/ i!         /       l´  `!
              ノ/       l!ヽr<_ /_,/_ニニノ|  | .:.:/  {____   /、>   j      |    i
             / /        !l \ ̄   人_,.イi l  | :/j  /´ ̄ ̄¨ラ'´ヽ /´  /      il     ',
               / //        | l  \ /  ヽ__>ヽf/ {   レ==メ! | |ヽ./  〃      !|
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

317◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:23:09 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

           □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
           |                                                    |
           |   コレは訓練師にとってスピリット達の「 下地作り 」でもある。         |
           |                                                    |
           |    この幼少期の寄宿舎生活を終えた後は、早い者ならば五・六歳、      |
           |    成長の遅い者ならば七・八歳頃からOJTS(※)が始まり、             |
           |    軍での生活と戦闘訓練が始まる訳だが、その際共同生活で問題を     |
           |   起こさないように……と言う思惑からである。                     |
           |    この試みは上手く行き、「 極一部 」を除けば良好な結果を産んだ。     |
           |                                                    |
           └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
                        /
                          /  ハVハ
   _人_人_/ト                 i l  i`~~ ´| l l l l ll lト.    i  i     (※:初期教育を終え、実際に軍に所属し、
   )  や  (|               l l ┼ 、 | | | | l l| リ li   |  l      現場の中で軍がどういうモノかを知りつつ
   |  っ  |                  i i リ⌒ヾ. リリ「ナナく ノi   |  |      同時に戦闘訓練を行う養成方法 )
   |  た  .{                ' .' __ムf:::i   '´「i:::ヾ. li   |  |       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |  |  ゝ             ,//  /l .⊥リ    |{r'::入リ__ ∧ \
   )  !  (            //  /∧""┌─┐ "" ./  /_./ γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
   へwへイ           //  ////\ ヾ. .ノ   /  /´ <  みんな!今日のご飯ハンバーグだって!   |
                     //  //// { \  __  /  /     ゝ____________________,ノ
                     '. '  //// ∧  「{!\/  ∧       \\  \
                /.   //// / / \ | i! /   . ' ∧        \\  \
               / . ' / //// / /   X /  /∧ /  \        \\  ヽ
   _人_人_/ト      レ'ハイ //// / /  //i  // ∨    :`> 、      `<ハ〉
   )  わ  (|         ,从リハj  l l  く//.| レヘ       /  /}\        ``r─ォ_
   |  |  .|             iレヘト、jハん'´ ムj.从 ∧、 . __ _ .  / ∧ノ> 、      ノ  > --`ヽ
   |  い  .{                      `´`ー十' .∧ヽ、       / /`ー┬→-孑'´て  く ー┐.}
   |  !  ゝ                      /´`\ー 、〉 } __  / '    }´ ̄ ̄ ̄`ヽーく ァ´ し'ノ
   )  !  (               i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ/  《         /`丶、    i
   へwへイ                  |         /  /\      . '    \
                          ∧           レ'´   ヽ、   / `ヽ.   \  !
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

318◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:23:49 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

               □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
               |                                            |
               |     何度も繰り返すが、「 極一部 」を除けば、である……       |
               |                                            |
               └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□

                __                       ┃          ┃┃         ┃      ┃    ┃
     厂`ヽ _  y-‐'" ̄.:.:.:.:.:.: ̄`ヽ.             ┏┓━━┻━  ┏┓━╋╋━       ┃      ┗━┳┻━━
.    { >ゞ、.:.:.:`".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.爪_..,,        ┃┃  ┏┓    ┃┃┏╋╋━       ┣━━  ━━╋━━
.     | `> \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー──-、 ┃┃  ┣┻┓  ┃┃┣╋╋━       ┃      ━━┻━┳━
     ! ゞ≧ /:.:.:/.:.:.:.:.::/!.:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:r'"⌒> i ┗┛  ┗━┛  ┗┛┗╋┻━       ┃      ━━━━┫
     ', ∠_/.:.:.//.:.:.:.:/ ./.:.:.:.:.:/::::i.:.:.:∧.:.',|  ゞ /     ━━━━      ━┻━━━ ━━┻━━        ━┛
      ゞ.:.:.:.:.i.:./  !.:.:/  /.:.:.:.:.:/./|.:.:.:!ハl.:.∧从ゝ./
    /.:.:.:.:.:.:.∨   |./  ̄/~~´/´ ー‐-/ ',.:人∨,/
.   /.:.:/:::.三三三三三ヲ.,/:::::::::::: : // ∨.:.:.〈    γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
.   //:.:.:.:.:三三三三三ム-:::::::::::三三三三彡.:.:.:i  <   あ゛??   |
   ´/.:.:::::::::::::|  ̄ ̄ ̄´:::::::::::: : `ミ三三三三.:.:.:.:|    ゝ_______,ノ
   /.::::::::::::::::::|ィ´ ._ノ    ____    ヘ∧.:.:.:.ゞ
  /:.:.:.;;/|:::::::ヽ√....  =´ⅵWWw`ェ   、 /::.i\.:.ト、
  /イ´  .|::/|::>、      ̄ ̄ ̄”    ノ     ヾ
        i/  |:::::ノ >-、  __,. イ´←────────アルクェイド・Bl/S
         !イ   ヾrト─tz∨!/ゞ、                 316年転送
           ,ィ'"⌒ヽ   `ヽ                    当時九歳
          /    ..::入   ∧                OJTS中、懲罰房に放り込まれると言う栄誉(?)を
         /    ..::/.     ∧                   賜った(?)帝国史上唯一無二のスピリット
        イ 三二ゞ::::/:::::....      ∧
       | :.  `ヾヘ {.::¨`ゝ、     ヘ   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
.         | :::..  _ノゞ、         ',  <   何か言ったかコラ?   |
.       レ'" ̄ヽ `ー-、         ',   ゝ____________,ノ
          /     ヽ       入
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

319◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:25:04 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐
             ___
           , 〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;,,,、
         //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
         / :/;;;;; 〆~^~^~^~^~^ ' ヾ、      □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─┐
      / :/;;;〆   ;          l!'     |                                                  |
      / :/;;;/  l ! l!    l l  ', l!      |  さて、水銀燈は一人、そんな子ども達の様子を見る事が多かった。    |
     ,' イN;!  !_l! |! i  l! l! l |!l     |  と、言ってもオルタの小言から逃れようと屋敷から「 プチ家出 」をし    |
      ,.  从レ  |!_l! l!l !: /,/__/ l! l !     |   寄宿舎の様子を遠巻きから眺めているだけであったが……          |
      ,   ルリ lヽ. トソ`i l! ! / /__//l イ!       |                                                  |
     :l!  《_l!__! ヽ ゝ   ,  ヘソ/./ /li!      |  それでも水銀燈の目には子ども達の屈託の無い笑顔と、            |
     | /; ; ;:;:| ト.ゝ  _   .イ/ //|li!      |  仲睦まじい様子がありありと映り込んでいた。                   |
    ./; ; ; ; ; ;ヘ ヘ> ._  <=./ // l!!      |                                                  |
    /; ; ; ;;: ; ; ; ;:;ヽ∨弋 乂1;:;/ノ/ヽ、j|     └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=□
  /; ; ; ;:;:; ; ;:;: ; ; そヘ 辷1 .》;:;:;:/;:; ;1:|
  〈; ;:;:; :;:;i;: ; ;:;:;: ; ; 弋,、,、,,ソ; ;ヽ;:/; /!.|     , ―‐ 、        l ``
  ヽ;:;:;:;:;f=-,..、;:;:;: ; ノ; ; ;丱; ; ;.;l!; /;:l |   . イ     ヽ        {__ノ
    下从丱;:;:;:ヽノ; ; ; く;ル ; ;:; l;:/;ノl.ト、/  .      |          \
     | |くル; ; ; ヘ; ; ; ; ; ハ;:; ; ;.|;:;| z弋ヘ   !.      イ  __         ・
     | ! l!i ;ヽ;: ; ',;:;:;:;:;:;∨;:;:;:;イ;:;:|/f〆 /   l      | ̄  ヽ          ・
     | ; ; l; ; ; ヽ;ヘ;:;:;: ; ; } ; ;:;:l!;:/j/厂/ ,,.、,l、,、,、,、,、,、,l!     ' ,           ・
     | :  l; ; ; ; ;ヽ,、; ; ; ;l!; ; ; ;/; l!/フヽ '、,、_____,、' ,, - -  ' ,
     | :  ヘ; ; ; ; ; ;ハ; ; ; ;}; ;/; ; ; >く 〉  l; ; ; ; ; ; ; ;l
     | :   X ; ; ; ; ; l=~イ; ;_〆ヽソノ\..l; ; ; ; ; ; ; ;l!., ヘ
     | :  ./; ヘ; ; ; ; ;.|!;: ; ;.!;7ヽ んソ \丿!; ; ; ; ; ; ; ,'れ ヘ,r' '", ; ';
     | : /; ; ; ヘ; ; ; ; !; ;z-ソ; ; V そヘ/ヽl!; ; ; ; ; ; ;んイ  "ヘ; ; ; ; ;
.   ,,j、,: /;:;てこ圦; ; ; |; ;ヽ;:; ; ; ; >んソ.ヾ、|; ; ; ; ; ; んイ\  ヽ; ; ;
   /; ; ; ヽそヘ  ヘ; ; ;l!; ; ; ;_ .// ハ_, イ_.l; ; ; ; ; ;,んれ;:;:;|   ヽ; ;
_〆丶、;:;:;:;弋 ゝヘ ヘ; ;|!; ; ; ; ; /ノ乂 ノノ.l; ; ; ; ;.;ん.ソ;:;:;:;|___\;
//ヽ;:;:;:;:;:ヽ、_,>ミニ7;:三三く乂ノ んイノ.,'; ; ; ; ;.んゝ:;:;:;:;:;|////////\
//ノー―‐ゝー‐く_ イ/; ; ; ; ; ; \~ くソ./; ; ; ; ;.んイj;:;:;:;:;:;|//////////\
/; ; ; ; ; ; /. ̄ ̄   /; ; ; ; ; ; ; ; ;ん父ノ /; ; ; ; ;.ん'";:;:;:;:;:;:;|////////////\
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

320◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:25:45 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──    □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
                     |                                                  |
                     |  寄宿舎の事はモンティナから聞いて知っていた。                     |
                     |  「 スピリットの子が将来戦う為、勉強等の指導を施される場所 」だと.。       |
                     |  しかしその子ども達の顔には何時も笑顔が有り、実に楽しそうである。        |
                     |                                                  |
                     |   水銀燈にはその笑顔の「 理由 」が全くと言って良い程に解らない。          |
                     |  さっぱり解らない……寄宿舎と言う場所は己がどう思おうと強制的に        |
                     |  「 勉強させられている 」「 共同生活をさせられている 」場所の筈。           |
                     |  何故「 やらされている 」のにあぁも楽しそうに毎日を過ごしているのだろう?   |
       ━┓              _|                                                  |
       ┏┛          ,>セ.゙|   水銀燈がこの「 答え 」を知るのはもう暫し後の事である……               |
      ・        /..::.::.ヾ |                                                  |
             / ^⌒^⌒^└=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
              //    /          \::.::.:.ヽ
               / /   ′   〃 l    |\::.::.l_        ━┓
           /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ    ┏┛
            ′  l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ    ・
           |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
           | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、
           |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉
            |:トヘ ` {  ̄         ̄ / /  | |:| く/ |
            レ  |\ヽ_   ヽ      ∠/|    || レ   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                 |  ト  __   U  /|    |l   <  ……??    |
                |   | // )、_  <_j   リ\    ゝ_______,ノ
               |   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<
      ━┓      .|   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\
      ┏┛    ,/|  r‐ヘ   jーr゙| |:|/   / /.::.:|::.::.::.::.::.::..\\
       ・    /.::.::| ノ  |   Г|ノ厶l/   ,  /.::.:: |::.::.::.::.::.::.::.::.>`ヾ
.             ∧::.:〈 ̄ト‐┴√| ト、__/  /「`7.::.:::/L. -― __ ――〉
             イ⌒ヽ「\l   /  ノ.::|/ /}   /.::.::.〈ー―::.:: ̄::.::.::.:.::/
         /   /^Y⌒ト-イ ̄厂〉 イ ̄ , /.::.::.::.::〉::.::.::.::.::.::.::.::.:/\
           /   /  ト--rヘ_r-イ/ j|  / /ニニ二/.::.::.::.>‐[}‐く \ ヽ
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

321◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:26:30 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

                               .

                                      .
                                      。
                                     ________
                                    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ロ;;;;;;;;;;;/〉
                                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//
                           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 7'  ̄/.    □
                          /  / ̄_ ̄.|   /_/ /     .//
                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ _/   /    7   //  ┌┐
                  /   .___    □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
               /   / _  |    |                                    |
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ /  ,/ |     閑話休題、斯くしてモンティナ達三人が            |
           /   __      .//   / |    束の間の安穏(?)と平和に浸っていた頃………     |
.         /   /   /    ./  ̄/  / |                                    |
        /     ̄/ ./    ./ ̄ ̄ ,/ ̄└=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
.       /    ./ ./     / ̄ ̄/          |            |
       /    /  /     / ̄ ̄                │            │
     /      ̄ ̄    /                  |            │
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/                   └──────┘
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  ┌───────────────┐
                  │                        │
                  │                        │
                  │                        │
                  │                        │
                  │                        │
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

322◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:27:07 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

          □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
          |                                                    |
          |  皇帝の寵愛を受け超法規的措置を是とされたモンティナに対し、         |
          |   ロイド・シュナイゼル両内務は良い感情を抱いている筈も無かった。     |
          |                                                    |
          |   皇帝の直下において、帝国の実務を一手に担っている内務にとって      |
          |   これ以上国内秩序をモンティナにかき乱されたく無い。              |
          |  斯くして二人はどうにかして皇帝からモンティナを引き剥がし、        |
          |   これ以上の混乱を未然に防がんと、画策を始めるのであったが……    |
          |                                                    |
          └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
         /: .: //: : /: : : : : : :/ー─∨ーl: : {: : {  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          } / / /: : / ;  /: : : ノ      }: : : }: ヘ <  どうにかしないとマズイ……な |
         / l / /: : / ;//: : /       l: : ヽ ヘ: Y. \_____________/ハヽ.  ヽ
          } イ: : {: : / ./_l_: :/    ___ヘ: : : } ! i: ヽ        ,′/   /  /   l {ハ/ ',   ,  ',
          l .l: : : l: ∧/  ̄` ヽ _ / ´ ̄ ̄` ) : l ! .j: : }        ,/ / /  /  //  } f`'ヘ }  ',   }
         ヾヽ: : ヘ `ニtツアニ`}. T { ´ ニツアニ 、} // /: /         {  i /  /  // ,' /八{  l!  i ,'、
             入: : ヽ       / .l ヽ      / |/ /: /         」 !i′ // /i/}ムイ/ ___j/!   }/ミ、ヽ、
           __jゝ: ヾヽ__ ノ   |  ヘ__ /// //       ,/ 乂j  { i リ云ミく` 'ーァ云ミv , /{   ヽヘ、
           丶ノハ jヘ        `       ///´         ,/     仆、 Ⅳ`^~`    ´~^ア / / ,′    vハ
              <: : : \    -─-   / √         i{{     从 ヽ {__,     {    彡'/イ /     } }
             >ニ≧iヽ         イ/l ハ.           vヘ     ヘ、 iト、      ′   {///     /〃
            //.:.:.:.:ヘk >    / l.:.:´.:.:ヽヽ       ヽヘ.     ノi iト、  -‐一‐-  ,イ {      /,イ
             //.:.:.:.:.:.:.:.:iー-- ` - ´‐ーi.:.:.:.:.:.:.:} ゝ.        lヽヘ、   rヘjト、\  ´ ̄  /ノイハ. ∧    //!
           ヽヽ:.:.:.:.:.:.:i:::::::::::::::::::::::::::::::i.:.:.:.:.:.:/ /.         l  vハ r‐┤  ヽ、_ヽ.__∠ __/ /   ̄ ̄ ̄ ̄\
            ゝ \.:.:.:i:::::::::::::::::::::::::_ i_ .ノ ハ.        ノ ∧ }j  '、  / /     ',  '   |   うむ……  |
           / j  ┃ ̄ ̄`ー─´        ト 、 . -‐¬ 〈/vハ  ヽ/  {     }   }/\_____/ .._
  , ____ ノ    ヽ.┃                     } _____..vハ.   l    ',     j  l    //    /‐-   .._ 二二
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

324◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:28:39 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐
       □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
       |                                                        |
       |  そんな内務達の思惑など、とうにお見通しのモンティナである。           |
       |  またモンティナは平穏と言えたこの時期、今迄に賜った金をばらまき       |
       |  金で動く内通者を幾人も作りあげ、内務の動きだけに留まらず、           |
       |   帝国国内における様々な「 情報 」をその手中に納めていた。               |
       |                                                  |
       |  斯くしてモンティナは温存していた「 次の策 」を実行に移すのであった。       |
       |                                                        |
:.   {.     └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
:i:.  ‘。                               f´≧s。、
:i:i:   廴_                          ,.斗‐{ト、\ヽ≧^廴
:i:i:   i: }                     ,*',斗'”¨゙寸、丶\ヽ 、 ヽ
:i:i:    }} ト、                   / /_____ __, Ⅵll|芸l|l|、丶 Y
:i:i:i./../ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   レ'r'¨¨¨¨¨゙Y⌒゙f´    ゙Y  }
:i:i:/_.゙|  そろそろ奴等は動き出す…… > {i_{{      }'⌒゙廴____八 }
:i:i:¨:i:i\____________/   {l 込=-‐'”{:fi:fi:〉     レ^Y
:i:i:i:i:i:i:i:/,イ:}   \                 rN ^、___,ィェェェェェミ、__,イ〉 |ノ: }
:i:i:i:i:i:i:i゙’:i:/,' i:   廴__ _,斗=ミ_     { {:l:   \、____,彡' ′ }:j ,'
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:丶 {:       }゙{    /斗=ミ    Ⅵ::    `¨¨¨¨¨´    .:l ノ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽト、  :i:   }:i}   /≧s。⌒>、   ゙ーi::.   `゙゙゙"""´  .:::::「 <  良かろう、ならばこちらも動こう…… |
、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iⅦ、 :i:i:i /:/ , i /     /:7>'¨¨ヘ::::::::.....    ....,::::::::,イ=ミ \_______________/
. \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}:i:i:}:.i:i:i: レ',イ i| /     ,:':/ ,:'/ 込丶:::::::::::::::::::::::::,イノ {  >、
.  \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅶ:i: //:i:i i:i/     /  ,.:' .i:/{ ̄ ̄ ̄ア^寸´ ̄  .:Ⅷ  \__
     \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}:iVi:i:{:i:i:}:/    /  ,.:':  .i:/::} :i  , ∧ ゙寸   .:}l:::∨ 丶 N⌒ヽ、
      \:i:i:i:i:i:i:iⅥ:i:/:i/:/ / /      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄\:::∨ ` \  ≧s。
       \:i:i:i:i:i:Ⅵ:i:/:/'’ /       | 「 三の矢 」……だ!! |:::Ⅵ :、  \    ≧s。.__ _
         \:i:i:i:Ⅶ':,イ /   ,ィ   .i:/\__________/......::∨ :i.   丶      } ム
          \:i:i:i//   ,イ:i:  .i:/=ニミム  ':, ∨ixixixixiム: : : .,'  ,イ≧=xⅥ :i:.   Ⅵ     } ム
                >' /   ,.:'i:i:i:  .:i:/::::  :::ム  .':/ixixixixixiムノ,.:' .,.:'/   ::::Ⅵ :i:.   ∨    }   ヽ
          /  ≧s。._____.:i:i:/::::::   :::::ム /ixixixixixixix} ,.:':::/    :::::Ⅵ :i:i.   Ⅵi:. . / ,   ム
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.

325◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:29:31 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐
   _   銅       †       |   ̄ |〉
 _..木   像_  ̄─/ ヽ_  卜二三二イ
 _ヤ_林 / /  ̄. □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
ム=メ森メ/ /     |                                                    |
ム森∧/ /.∧    |  内務が動き出そうとした直前、出鼻を挫くかのように動いたモンティナ。   |
_林/ ∨ ∧ . ∧.|  果たしてその策、「 三の矢 」とは……                       |
木个 个 仁] ∧.|                                                    |
林│ │    仁].└=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
森个 ̄─ _..─卜== 彳 仁] ∧   介/  / / ∨ ヽ
ミ森|个]│∧ ─卜== 彳 仁] ∧   介/  / / ∨ ヽ
森ミ|卜]│卩│∧│ 二]`ヽ、_ 仁] ∧  ∧ / /   ヽ  ヽ
从个─ _ │卩│ ∥] 卜 `ヽ、 仁] / ∨// _=彳卜=彳                 ∥/\
森ミ|个]│∧─_│   ]    卜│`ヽ、_/   ∨ ||_ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
ミ木|卜]│卩│∧卜= 彳 卜  │卜  卜=彳 彳| 時に陛下、古書の後半部分はお読み頂けましたか? |
森个─ _ │卩│ 二]`ヽ、_< ̄`ヽ、_│∥│   _\______________________/
林川、 │∧─_│ ∥] 卜│ `ヽ、__卜=彳,- '´ 仆]=彳\      个 、_,- <_>    |≧t≦|. _
木 林ム│卩│∧│   ]`ヽ、│  ∧   │∥│仆 _,- '´]`ヽ、_ \个 、_,- '´ 个卜=彳  _彳   卜_
森森林木卜人卩卜= 彳  │/│\_卜=彳,- '´ 仆 ]    `'<│/ヽ个 /│ │ <_<_ >_>
从=森木林森/从│ 二]`ヽ、│[\_,-'´]`ヽ、_│仆 _,- <`ヽ、_│ /  ヽ /  │ │ │ `ヽ、_,- '´ │
森人木森森木森∧ ∥] 卜│[ │/__><_'´│\ \介`ヽ、|  ∥ ヽ__/ `ヽ、_ \∧  [ ∧/
メ森木林森木メ森木ム<]`ヽ、│[\∧/   / /  `ヽ、_ <> 、 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
森森个森火木林森林木<丶ル[ 卜[\_/ /    ∧_>、\ \| うむ、幾度となく読み返したぞ    |
从森=森卜ヤ林森森木森林=从[\ [\幵`ヽ、_ /  ├ 彳 < \______________/
林森林木林从サ森森木森森林[ 卜[∧ ̄`ヽ、_`'[ 瓜│ 卜、  \ \ 卜_`ヽ、_介`ヽ、_`ヽ」  ∥│ ∥|
メ森森个森淼木ル森林人森=森[\ [\幵 ∥ `'[,- '´├ 彳 `ヽ、 <>∥∧卜_`ヽ、_介`ヽ」    │   |
森木冫林森森人森サ森林林森仁卜[∧ ̄`ヽ、_ [ 瓜│ │      ̄   `ヽ、∥∧卜_`ヽ、_│ ∥│ ∥|
林森=森从森林木森木森森=森≧=,[\幵 ∥ `'[,- '´├ 彳       <>   `ヽ、∥∧卜_│   │ ><
森木火木森森从火木林森林木森彡从茘三=,  [ 瓜_,- '´    <>    <>   `ヽ、∥ 卜、  |//`ヽ、_>、_
/卜林木森森林木冫木森从森木森/林刕ヤ木\[≦<   <>    <>        │_>'´│  //  / /≦ヽ`ヽ、
木森林木森林彳木林メ森森リ森火木森森木从メ林メ≧三=,_   <>_  _   __,-'´│ ││ //  / / 仆 ]_>]`ヽ、
リ林森森从リメ森个林森从林森林木林森木森木森从森木=三=,_,- '´/<_>'´__,-'´│ │ <`ヽ、_││  仆 介]_,-'´
从森森森木森木林森森从森森从火森森林林森森林森リ彡='´ _/  /_,- '´] │ │ ││ `ヽ、_> 仆  _,-彳  仆
森=森从森人メ火林林森メ木森森林火木林森木森木彡='´ /<_>/彳′  ] │ _/\│\  [ 介_,- '´  │仆 ル
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

326◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:30:06 ID:SVPiSY0M0


                     ,.z=='三ミミ=-,.、、
                __」fr三ミヾヾミミミミヽ、
               r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ
                  l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl
                  尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、
               ,Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ `ー- 、
              ,. -‐'" ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l     ヽ        はい、その魔獣撃退方法としてスピリット達の
          /       klV' /^`ヾ' ' ,r' ⌒刈、      ト、       魔法がありありと記載されております。
          /、      , lヾ,ヘ. -zt;テ=y彡'^ ¨´ |'^ヘ     l ト、
       .ノ ヽ   /  |. `Tヾ(____ノ __V  /  ハ   !  イ       そしてその中でも特に目をひく魔法……
       {  〈`ヽ  j__ |   |. ヽ、   -==- ノl    V , レ' ,ハ         青と赤の閃光、朱に染まる空、
.        〉  ヽ ∨ ) }  >=、,`=V>rー;<_|     V,イ   l      瞬時にして巨躯の魔獣を欠片残さず
      /  丶} ;'  厶_/ // /:レ' fソ叭  `|      ∨ -‐'  ! .    消滅させた魔法が有ったそうです。
      |    ∨ /  / // ヽ、 .〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l
      {     ′/、 / 〃丶′!  .ル'.,|l  /   \ |   ,.   l



       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉
        >- 、ヽ            〈テ7         うむ、そのくだりは辞書を片手に何度も何度も……
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __Ⅵ         実に幾度と無く読み返した箇所であった。
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /           確か……あぁそうだ、其れが魔法の名称は
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/           『 アポカリプス 』……
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|

327◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:31:10 ID:SVPiSY0M0


            ,. =i/∨i i iへ.,
           ハ丶丶//∨i i i i i i へ
          ハ丶ヾ ' ' ∨i i i i i i i i i i ,
         ハ ,.=ー=.,  ,.=-^レi i i i i i i i i i
        ├(   ノ二(    'iシi i i/i i i i
        ( }  ̄ く _ 丶_ へレ/ハi i i |
            v              !.i'’ソ /
         i    -─ 、      , ノノ,/
         人 ,.   `        ,/テテ         はい、左様でございます。
           ,/'-,ヾ      ̄  ノ彡’ヾ.,_
       /  ヽ::...... ̄........-=三’  /  ト,_ _      しかしながら当世の世、この『 アポカリプス 』は
       ,:’   〃^i;::::_;: - '’     /  | .{ {ヽ    何らかの理由で失伝しており、
   ,.・∨    /i .i’ヽ、      //.    | /”      今やもう、こうして古書の中でのみ記された
  ’ ∨     /ノ ル ,ゝ    /.∨     |/          過去の遺物となっております。
  ∨     /レ'=o=> 丶, 0/  ,/     |
  ’     / ハ ノ /i   ヽ’//     .i,.・’
        ハ,:'   / i   . /  /       |
  =.,_   レ    .ノ i  ノ  ./       | ,'



       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニミx \ ヽli  |
  \::::::::::::::::::::〈          \ ミメ;;ヽ }|  l、
    ` ー- _::::::ハ、        ` ㍉^彡ヘル'厶〉
        >- 、ヽ            〈=フ
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __Ⅵ        ロストマジックと言う奴であるな。
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ '
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /            うむむ……いやはや願わくは
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/          この目で見てみたいモノだ……
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|

328◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:31:28 ID:SVPiSY0M0


                  f三=、ミヾi{ノjリハ|l | l|l|! |l| l li iliヽ
                  ,仁ニ≧ー''゛''"'ヘ|l i i|l| |i| | li ll トl
                 /彡ィ',r=-_、、、 ,,jNHトl、_lトl、l |l |l|l|
                 k彡イr;≦ニ_ミk==衫ニ仕ミNトl、| |l |l l|
                ,/´-ト《 '┴゚'ヾソl;=t{く(_句ヾYl}ト|l | l|l l|
                j{ { rj ` ー=彳{  `ヽ二≧'人lハlリハリ          時に陛下……
                ヘヽ!|      ヽ) ゝ   ` ̄  lKイナ"
                 ト、l   ^ー‐--、、____,う フ ム'/             私モンティナはかつて古美術商となる前、
                 ヽl.      ̄`ー-     jノ             某所にて暫しの時、訓練師として
                  」l 、           /                従務していた経験がございます。
        /⌒⌒) __ノ>'´小、ヽ、      ,.  /\_
       _/ / / ). / /!| \ ` ー --‐ '´ , イl、 丶、ト、__        えぇ、そう長い時期では無いのですが……
  ,,. -‐/゙ ,/ /  /_ '  /´ |j   ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ  `丶、
 ノ  / /  /   /.__,,,..-/ヽ jl|  ,'  jゝィ厂   ′/l∧   \    \_
/    ノ / .ノ   / ,,, /  ノ./リ ;   /⌒l|   ; / / ヘ    ヽ    `丶、
   ,ノ/ ノ  /  ./,,,,/   /jハノノ  /  ∧  ,' / /   ハ     \      \
  ./    /  ./;/ /   |/'´ / ン=c'、{ヽl  ' / /    }、     \



                  , イ二二二ミ 、
                /         \
                 //         ヽ',
              _/ {           } |_
             /  /            |  ',
             __/    { ィ==z  ,ー==-、 }   ',
          / /     }:| '-zェx ー' xェァ-'  !!  l          ほぅ?それは初耳であるな。
        /   | ィ―、| |  ー´ i   ー     }|   }__
         /  :i|/    } i{ /' ー'`ヽ   /,ィー 、  ' ,          だが、それがどうかしたのか?
      r-|   ',    ノ| {ヘ _ィ===z、__, / {      l
    x--/ |  ___ {`ー ' \ヽァ_7lーハ  ,/ /',    /   }ニ=、
.   /  /  i!{´   ',::::::::::::::::::ヽ   ー' ¨ /  ー‐ '   \::ヽ
  /  /   廴___ノ:::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ヽ/:::::::::::::::/⌒ヽ   }:::|
  .′ ィ‐― v::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::弋   /  ├x
  |  {    }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー ':    !  ,

329◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:31:58 ID:SVPiSY0M0


           _  /^ ̄ ̄¨¨¨ーrm,,
           i ^^´ \ \   \ ̄\
          _人ヾ\  \ \   \  `i
         ヘ   i \  \  `i    ヾ  i
        |三ミ   ||||\   i  |    |   |
        レ   ミ/   i    |  | | |  |  |
       〈   ;^      || |  ||  ||||| | | | |
.        レ/i __x≠x v | レ^,-三=テヽ//,/
        l(\ r´r´_土ヾ示~^|≦ミゞ"  || ノ         はい、今までに私が扱った遺物の中には
        ヾヽ\rヘニゞ゚"` }t‐ー´\;;__/ |/             陛下に献上致しました書物以外にも
         \::|::\__   ,/^|:::     _ヘ .| \,,,...,,        『 アポカリプス 』を記すモノが数多くありました。
          ゝ.|   二   ,,,,,___;/_,,,ェヲ  .|\ \:::::
          /.∧  `ヾ-=;;;ー二二ノ´ /||\\\       えぇ実の所、私は多少ながら『 アポカリプス 』の
     _┌ー¨¨/ ;;`\,   - ̄  "   /´;;;;;;| .;i:::::::::      原理を朧気ながらも掴んでおります。
ーー¨¨¨/;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|;;;;;||||`"ー;;;;;;;_;;;;;;-"´:::   ||  \
__,,,../;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:::|:::::::::ヘ||||::::::::::::::,ヘ \::::::   :|;;;;;;::::::



                             \人_人从/
               _,.‐''"´ ̄ ̄`` ‐、    )  ,ヘ  (
             /  _,. ‐ 、 _,. ‐- 、  \...<  i /  >
            / /         \  ヽ )  !'   (
           /  /      、   ,    _ヽ <   。  >
         , イ  , "- _   l  /  _ ‐'`` 、 . )    (
        / l  l ___二ヽヽ/,-´____ . /⌒Y⌒`\
       ,l´ :.  、 >  < (::::)ヽ-' '- ´(::::) }  ,! , ' :: ヽ
      l´ :. ::.  _ヽ、    ̄       ̄   >、 .::: :: `、
     /::: :::. ::l´:::::) | U           |(:::::::l::: .::: :: l       っ?!な、なんだと……?
    l:: :::  :::: ,..:::::、'    ,-―――‐-、     ll:::::::.、.:::: .::: :l
    l::: ::::.. ::l::::::::/ヽ‐, 、_'   ----   `_,l 、‐,(::::::::):: .:::: .::l       そ、其はまことか?!モンティナよ?!
    `、:. ::::l´::::、´ll\`ヽ /l_/ ヽ__l\/ / ll`l:::::ヽ:::: ..::/
     \:., ´::__/_| |  \_______/  ∥ 、_::::l、..:::/
        ,\__/―ヘヘ   ∥     ll 、 、  ∥l ̄ ヽ__ イ
      /      |ヘ / 《      ll  \∥ l       ヘ
      >‐―――┤     \/ \∥     └―――‐<
     / /       /l    __l<コD l      //   \  l
     / /      / l  ‐‐┼--\-/___/ / ヽ     ヽ ヽ

330◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:32:24 ID:SVPiSY0M0


           _  /^ ̄ ̄¨¨¨ーrm,,
           i ^^´ \ \   \ ̄\
          _人ヾ\  \ \   \  `i
         ヘ   i \  \  `i    ヾ  i
        |三ミ   ||||\   i  |    |   |        はい、後はその原理と実践のすり合わせ。
        レ   ミ/   i    |  | | |  |  |
       〈   ;^      || |  ||  ||||| | | | |       して、その『 アポカリプス 』でございますが、
        .レ/i __x≠x v | レ^,-三=テヽ//,/        陛下の御剣・御盾であるスピリット達を
        l(\ r´r´__ヾ示~^| zニニ   || ノ         私の下、暫し錬成の時をお許し頂ければ……
        ヾヽ\rヘ    ̄ }t‐ー´\,,__/i|/
         \::|::\__   ,/^|:::         .| \,,,...,, .     数多の試行錯誤の上とはなるかと思われますが、
          ゝ.|        ,,,,,___;/  /⌒ヽ、 \:::::.      必ずやこのロストマジック──
          /rく⌒Y    -── ‐ /   /||\\\.
     _┌ー¨¨/ヽハ. V      ̄ xイ  /;;;;;;| .;i:::::::::
ーー¨¨¨/;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|} }  `¨¨¨⌒` ̄   ,{/ ||  \
__,,,../;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:::|:ヽゝ- ミ         ノ \ :|;;;;;;::::::



                   _ _ __ _ r-、
                     {.r、\\`㍉、`\i\¨ミ、
                  /Ⅵi\\\  \ .\.Ⅵ `㍉
                 ,イ彡iiⅥム ヽ  ヽ  \ .\}\∧
                  }彡ニハⅦiム  \ \  .ヽ .∨ Ⅵ
                    {/,イ `¨¨∧ .i i        .∨i}i
                 Y//      .∨| | | |i i } l!Ⅵ}
                    {i i,ィzzzzミ、 .乂i}i 从乂八il } i乂、      『 アポカリプス 』を当世へ再現させるに
                {`Y ,ィ==r=ァミ、___,Yrィ尨ラ.}i}从{i ノノ       至らせてみせましょう……!
                人 {(弋__`彡豸⌒}i}_`⌒".ノノ  }/}
                  `Y`ー====彳i⌒` ‐==‐'.,ィ  iノノ
                            、_,ィ  . ,イ  /ミ、
                     人  `‐-= zzz-≠彡′/{㍉ ヽ_
                  /  .\  `ー‐‐‐    /ノiト、i} }i:i: Yヽ、
        ____,..-'/  /i} >‐-  --,..イ./ / ./ ./i:i:  i ` \
       /i}_____/  /./}   /ゝヘ    ./ ./ ./ i{i:i:  i}乂  `ーミ、____
     /乂⌒/  i/   /./i∨ j /}´⌒i}     ./ ./  ヽ___///i`㍉____   〉、
    / //  / , -'"   /./  i/__./i迄亥イ\  ./ ./        i}/ i:i:/  ヽ/⌒\
    / //_,..       /}   {ii: i/⌒㍉}彡' Уi:i:i:/       i}i:i:i:i:/   /    ∧

331◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:33:15 ID:SVPiSY0M0


    /    /´       `ヾ、 _, \
  :./     /            ∨   ヽ.:      (ヽ、00  ∩
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _     U   |     ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |      ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |.:    ( ⊂ニニ   / /⌒) )
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }       `ー――'′ し∪  (ノ
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.
    \::::: ヽ `、 U     ,,    |   |:: \\.:           も……モンティナよ……!!
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \ :      そ、その言葉に……嘘は無いな!?!
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \.:
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫:
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ



           _  /^ ̄ ̄¨¨¨ーrm,,
           i ^^´ \ \   \ ̄\
          _人ヾ\  \ \   \  `i
         ヘ   i \  \  `i    ヾ  i
        |三ミ   ||||\   i  |    |   |
        レ   ミ/:::::::::i    |  | | |  |  |          このモンティナ、大陛下に対し臆面と嘘を吐くような
       〈   ;^::::::::::::::::::|| |  ||  ||||| | | | |          度胸は持ち合わせておりません。
        .レ/i::::__x≠x v | レ^,-三=テヽ//,/           同時に、身の程知らずの痴人でもございませぬ。
        l(\ r´r´_土ヾ示~^|≦ミゞ"  || ノ
        ヾヽ\rヘニゞ゚"` }t‐ー´\;;__/ |/            訓練師としての経験、そして繋ぎ合わせた過去の
         \::|::\_:::::::_,/^|::: ::::::::: _ヘ .| \,,,...,,       文献よりきっと……いえ、必ずや再現させる事を
          ゝ.|:::::::::二:::::::;;;;;___;/_,,,ェヲ  .|\ \:::::      私モンティナは陛下にお約束致します……!!
          /.∧:::::`ヾ-=;;;ー二二ノ´ /||\\\
     _┌ー¨¨/ ;;`\;;::::::::- ̄:::::"  /´;;;;;;| .;i:::::::::
ーー¨¨¨/;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|;;;;;||||`"ー;;;;;;;_;;;;;;-"´:::   ||  \
__,,,../;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:::|:::::::::ヘ||||::::::::::::::,ヘ \::::::   :|;;;;;;::::::

332◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:33:54 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

         □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
         |                                                |
         |  傍よりやり取りを聞いていた内務二人は皇帝を諫める処か        |
         |  むしろ逆にこの一件に対し大いに賛同した。               |
         |                                                |
         |   と言うのもロストマジックと呼ばれる「 過去のソレ 」……         |
         |   今やもう僅かに文献に残るだけの朧か陽炎が如きシロモノを.       |
         |   たかが一古美術商風情が当世に復活させる事など             |
         |   「 出来る筈が無い 」とタカを括っていた為である。              |
         |                                                |
         └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
              // /  /  , / /   i iレ1 } ',  ',
                 i/ /  /  // /  ,′{ 「!| |   ハ
                  } {′ .′ // ,′ / ハ{ } ! !  i i }
                  { i l  |  //_/i //    ノィ |  { i |    - Side:FALSE -
              以 ! ! { i/厶」 {メ'、 ,ィf'二__j }  i 抖     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               i | }i ! 比{斗`  {   弌f灯} , /,〈′
              ,.イ |从 以     |     / ///\\
             / ヘj i  i '.     }    ノ //イ   ヽ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
            //   }」i i ',  ____   }イ! ! {  < ほぅ……ソレは楽しみな話にございますな |
           { {     }∧! ト、  ー一   .イノノl/    \_________________/
           ト ヘ      f⌒{ \    / }'⌒i     / ,1
           l V∧    「1  ヽ、_ >-< _/  }    / ,ィ l
           |  v∧ __jハ、  / ,′ ヽ ヽ.   ハ、_, /  ムl |
           | ∧.v∧  ト、  / /     }  ', /  } V  / {|
        ___,}′/ } }  ヽ.ヽ/ /       V  /  .′ハ  ! {ヽ、
──‐… "´  // /   v∧   v  ′  _,     }    / / i { \}` …──‐‐
────‐‐イ / /     v }\ { {     (__,)   i .i  .イ /  '、ヽ、 {‐─────‐
二二二二二ム ヽ,/   .ィイ ト、 `| |     い   | .|/ .イ !、   \__}!二二二二二二
i  i i l    }     / }」 l ヽ.! !       |   | .|/ | |{ \      }   | i   i
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

333◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:34:39 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

         □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
         |      アナド    オゴリ                                  |
         |  この「 侮り 」は「 驕り 」では無い。まだ若いとは言え内政を         |
         |  一手に担う宰相、その手腕は「 あの 」皇帝が頂点にあっても、    |
         |  帝国国内をソツなく「 運営 」してきた実力者である。            |
         |                                                |
         |  その中でも元々スピリットに対して、自律型戦術兵器と言う       |
         |  理解を兼ね備え、スピリットが行使する神剣魔法を自ら研究し     |
         |  如何ともしがたいサレ・スニル戦線における改善を胸に          |
         |  常日頃より腐心していたシュナイゼルが「 そう 」言うのである。       |
         |                                                |
         └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
                   /〃   /  / /〃 |ヽ| ∧ハ ∧ ハ          /   /      / /  ∨/    l
               / ,' / / /  /〃/ | l 「`゙ ̄j ハ ∧` }.        /   /  . /   ./ {``ヽ''"¨j     :|
               ,' '/ l l  /〃/ |/l {    j ハ ∨}        ′ /  .:/ /{   イ  ′     {   ヽ:|
                | |l  | | 〃/イ | | |八 _ ,,. 孑<l |l }ニ ‐ 、    {  i   .:/{/ { / .:|/   ____ヽ    ‘,
  - Side:TRUE -    Ⅵ /| lフ/干〒ミミ、ン/イァ元タイ l| |l リ::::`ヽ、\ ‘, :| 人:{´ ̄ ∨ `ヽ  .7´ ̄ ̄ ヽi
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ∨il | ∨|ゼ芹テ、  !  ` ̄  | //レ′:::::::::::\ヽ. Ⅵ   :{ ィf芸亦 }⌒{ zテ亦ミ }} /  }
               /ノ| |ヽ\\       l     ノイ/::::::::::::::::::::::::ハ } ノイ\八_     /i     ̄` / :/ //
             //::::::::\ミ\`ヽ       i      カ{{::::::::::::::::::::::::::/リ   )ノ{`Τ ̄ ̄  :|  ` ‐-- /イ/´
               //::::::::::::::::`Yfヘ)ノ       '     / ハ!:::::::::::::::::::::::://     {: ∧     `         / {
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.ハ\  ‐=二. -^´./ |リ:::::::::::::::::::::::://      乂 ヽ   ー   ‐-   / .ノ
|  奴め……「 墓穴 」を掘ったわ >  `ヽ.     / _|r‐、::::::::::::::,.イノ,′      ,}人 |\  `    / /}/
\____________/. ヌ,__ ヽ--‐'_r'"´  く:::::::::;.イ/:::|       ____i|:  ヽ __ 。< |´__
               | l::::::::::::::::::::_冫-/ r└‐ア´ /:|:. _二-┴//::/|:::!    / く⌒...∧.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〉、 \
             |l l:::::::::::::::::/ {. / /:.:/:/  :{://   / ,..゙/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\¨´〉
             |::l l:::::::::::;/  V /: ´ /  .:|′___   / /:::゙|  あぁ、我々が動くまでも無かったな |/
            ,,|::::l l:::rイ人 /{ {:  /   :| ̄ _ / /::∧\_______________/゙{\
 ,,..、、、   --─'''''"´ ]:::}}Ⅳ ハ /   {:. /     :|~ ̄ /.゙,. =-―…‥ ´     {「 `”¨: : . .     __,,... . : : ` ‐-= .,_
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

334◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:35:35 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

         □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─┐
         |                                              |
         |  ロイドはそんな莫逆の友であるシュナイゼルの苦悩と腐心を    |
         |  最も間近で見てきた人物であり、シュナイゼルの反応を受け    |
         |  同じく「 出来る筈無い 」と言う思いを浮かべる。               |
         |                                              |
         |  皇帝に対し大見得を切ったモンティナ。                     |
         |  警戒対象が自ら自滅しようとするなら、それに越した事は無い。  |
         |  両者は諸手を上げてこの申し出に賛同するのであった。         |
         |                                              |
         └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=□
               , -'‐ /       \, ヘ、               ',
             /   /       /    ヽ            i
            ′    ,′   ト、  /       ',          }
           |  ,   l    }ヽ\,} jト、     }、         ,′
           { /   |    |\ヽV//ム、    ヽ、       ′
              V / /l    }   ヽ'′   }         ヽ、    ハ
           i ′,′     ノ         {、        ヽヘ / ノ
           |¦ {   / 厶   ___\    \  }「 }  /ヽ.
           Ⅵ |  / /ft㍉  ´,二二三三ヽ.   i  V l/ 〈   '.
              ヽ| {、 厶゙=1={{   ´¬tf忙ハ  }  }/} } リ   i
                ヽ| V7ハ¬}  ヾ、__ ̄ ̄´7 // /イリ/ノ / {
                / /ハ. |   ` ̄ ̄ ̄7イ / / / : : { /   !
                  / /∧ \ー _____,   ,}///. : : : 7  |
               { { { vハ  iヽ、 ー一  .   ´ /: : :/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
               | i l  vハ 」 ハ、__ ィ´-‐: : ´: : :<   無事失敗してくれれば、陛下の奴に対する考えは一転…… |
               | l l   vハV     .ノ -‐  ´     \_________________________/
              /{ 弋ー…¬ ¨ ̄´                     ',
             /   ハ } rrヘ、          _ . -‐  ´       ',
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

335◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:36:32 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

          □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─┐
          |                                              |
          |  もし、もしもの話となるがもし内務二人が以下に述べる        |
          |   「 二つ 」を知っていたのならば、こうもあっさり話が進むかと      |
          |  言えばその答えは「 NO 」であったで思われる。                |
          |                                              |
          |  一つはモンティナは故・ふらんの遺産である               |
          |  旧ヨト時代の古書を「 完全な状態で所持していた事 」……       |
          |                                              |
          └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=□

                              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\────────
                              |   陛下の怒りをかって自滅するが良い  |──────
         /  ヽ、 ∧        ̄ ‐-    \________________/─────
        ,/ ヽ、ヽヾ|..| ヾ |          |
         l     = "    | ll|    | |    |
             .ミ=::::::::::::::::::::::| | |    | |   |          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\────
.            ::::::::::::::::::::::::::::::::::| l  |    | |  |        | やれやれ一件落着……だな |──────
           ミ彡;;::::::::::::::::::::::::::::::: | l  |    | |  |       \____________/────────
         ,´,|  〃==ヽ:::::::::::::::::: | l l| |   | |
        l ト ll   _   ヾイ、: : 〃 |_l l┼ - | |.              f  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄≧、
         l   ヒ;;´   ̄ ̄ヽ:::l::: : -ノ | | | l |  |     ................................. {&‐&0A3;‐&02‐=DA; } 0D .///>ュ、
         ┤从      )‐-〃 ;;《   ll   〃 l        f C;FA; 01§‐AA‐C6 X 92;> ‐ D  //////>'フ
           l  ヾ  __ノ -‐ |l  ヾ ` ´  ]  //  ...............................= ‐=09;‐<‐Y‐; }: ー= ‐0C6 . /////>´>´
          l     ̄ ̄ ,,,,lll|  ヾ  == ::ノ‐- ー‐、r    f ‐=‐18 [=*=‐0C‐ Δ‐◎] 0‐ ..////>´> ´
          ヽ   ,__、    :lllll|_,〃 r‐≦ニ=‐- ニ=-≧⌒))^  { ‐¶ ‐C ーA;‐ψ‐ λーD;‐ =  ///>´> ´
           ヽ  、~ーェ-ェ─ ,,,.................................‐- ニ=‐-≧x、 ‐E8;x0F0; ‐x0F6;‐:0 ‐7;  //> ´>´
            ヽ.    ̄::: ̄ ̄ ̄     ‐- ‐- ニ=‐- ニ=‐-≧x、 ;‐‐B9‐0;‐2; =‐4; ./> ´> ´
         ,〃   ー  _  :::::::::  ........................................ ニ=- ニ=‐-≧x、 385;…‐D / ´> ´
      / 〃  ;;;;;;;l  /  ー── ´  ll||||||||||ヽ...... ‐- ‐- ニ=- ニ=‐≧x、{{ ./ /
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

336◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:37:18 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

          □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─┐
          |                                              |
          |   そしてもう一つが、今こそうだつの上がらぬ肥満した容姿である   |
          |   モンティナ・ソウマこそ、その生涯をスピリットの錬成に捧げ、      |
          |  幾多の優れたスピリットを戦場へと送りだした珠玉の訓練師、     |
          |  故・リリアナ・ヨゴウを以てしてこう言わせしめた男──          |
          |                                              |
          └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=□
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
             |  あ奴は赤を錬成するには三国一…… |
             \__  _____________/
                     ∨    , ---‐=ニ ̄ ̄ ̄≧ 、
            ...............................................  ________     ヽ
                       /    , -‐´    ヾ,  .......................
                  r' _____, '´    ,   <_      ヘ
                  `Y __  / , =≠_    ≦  ___  〉、
                   | ____i  ir´ イ_o__/    冫〈 _\i 〉
                    ヽ7 。Y i`ー‐       /  ヽ i /| 〉
           .....................................`¨´| '  、   、   /     i_// 〉
                       |   ゝ- ‐^,r‐´)   /イ    / / 〈
                  /\ r~´""彡'´  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                    /イ  \`"""´   <  否!!北方歴代訓練師においても屈指の逸材よ! |
          ................................................  i     \______________________/
                    | ./ l   !    /  ,'   l  /
       z --- 、_,へ____,、.   レ'   lゝ-‐'`ー‐´ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|、____
      /     ))    ヽ, -―――‐'、            l:::::::::::|  |    `ー‐- 、___
    /.     _r'=`=-‐´ ̄    、    \__    l:::::::::::|  |, -‐       /i
............................................        \__    `ー- -|----|-‐'     ................................
   {//./   }                \:::::ヽ、____|:::::::::::ヽ       i |    ゚,
    ´     {                iヾ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ゝ       l |      ,
         }               i マ:::::ム¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨`´◇━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ................................            ',  マ:::::ム             │ ラキオス王国スピリット訓練師主任. │
          |             fヽ、,  マ:::::ム.           │ †リリアナ・ヨゴウ( 享年:65歳 )     |
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ────┗━━━━━━━━━━━━━━━─◇‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

337◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:38:18 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐
            ‘i !      `ヽ、  `ヽ、
   ..............................................      \    ゙
.             ‘v        \\      ヽ、
            r冖宀   =‐-ミ ゙' 丶   ................................................................
            厶=≠=‐-ミ     `ヽ、         \
             ,、ィ゙_..ニ、-‐=戈_;_;_;_; ,    `ヽ、         :.
          __, ;ァラ爪  \ 辷戈_;_;_;_;_; ,     `ヽ、  ‐- __Ё
         `¨⌒ア      ` ゙辷_戈=ミ ; ; `ヽ、      ‐--‐ヲ
   .......................................     ニY   ;....   □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─┐
        く          キf__ ,ハ     |                                  |
         ^ヽ           ,く.  ,斗'¨..゙| 「 ロイ・マスタング 」……その人であった事である。   |
      .....................................      / r‐'”ヽf^Y. |                                  |
            }.           ,...r'\\ {ト、.゙└=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=□
            |           _......,イヽ、 ヽ八Ⅷ、 \ \ \ヽ 、 ゙Y
              ヽ      _,、ぃ.::゙/-‐   、、州拆 Ⅶ、 ヽ  ヽ、  }
.              ー-<弐:.:   } / ̄シ´    Ⅵ\\Ⅶ、ト、i、iハ
                    )>yぃ'゙ { / ノ      l|lハiト、i、ヽi|i|i|l|l|_}
         ......................................  Ⅶ,イ/゙|.      リ|| l|ヽト、l||l|l|l|ノリ
              批 _,、ぃ..__j|__゙-、__j ゙リ、l|_l|斗l|刈リr |
              批⌒、.... {.゙ ̄|「 ̄. ̄ ̄ヽ___f       }}l) }( ̄ ー──‐- 、____
             _彡'__,斗汽..八.ヾ゙|!       }ニニ{.     ノ |‐':: \ー──‐-ミ   \\__
            ,、 ツ⌒¨ア...,斗'”ヽ/゙ヽ{ 乂___ノ ̄i⌒ー─‐'┐}:i:i:  \ :i:i:i:   :i゙ー‐┴┘}⌒ー-、
        、丶゙.     ,斗'”(:::::)ノ/:i:i:i八       ‐、j_r‐'   ,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.........................   _,斗'”   .>'” ./:i:i:i:/:i会。.   ー-==一'  <  ソレが「 ご期待 」……是が非に沿いたく存じます……  |
     r─< ̄    >'”:i:i:i: /:i:i:i:/:i:i∧:::≧s。        ,イ \_______________________/
   ,イ⌒ヽ、 \>'”i:i:  :i:i: /:i:i:i:/ :/:::ト、::::::::..` ー─=≦  . : :.} Ⅵi:  i.   ∨i:.      |i:i:  /i:   \
   / :i:i:i:i:i:i:i:゙寸’   i:  .:i:ノ:i:i:i:i{  {:::::{::Ⅵ:゙": : : /Y⌒Y、. : : : :/ :Ⅵi.  :i.    ∨i:. 丶  :}i:i:ノ/i:.     \
.  / :i:i:i:i:i:i:   丶  i:  /:i:i:i: /  |::: :ト、}}:.0: :/ 〈::::::::〉 \:0/{ :. Ⅵi:.   :i:   ∨i:i:. \ ノi:i:i/:i:.   __   \
 / :i:i:i:i:i:     ヽ  /:i:i:i:i:  /:  ハ::. {::::\/:::::  〉::〈  :: ゙´,イ :::. Ⅵi:i.  :i:i.  \:i:i:i:i:i.ヽj:/:i: .:i:'´ /
./.:i:i:i:i:i:       ∨:i:i:i:i   /:i.  j::}::.ム::::ヽ:  ゙rイ(0)ト、  :/ j  ::::: Ⅵi:i:i  i:i:i:i.  \:i:i:i:i:}':i:i:i:i:i:iレ'”
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

338◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:39:21 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐
   _   銅       †       |   ̄ |〉
 _..木   像_  ̄─/ ヽ_  卜二三二イ
 _ヤ_林 / /  ̄. □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─┐
ム=メ森メ/ /     |                                              |
ム森∧/ /.∧    |  時は明けたばかり聖ヨト325年の初頭……様々な思いの元、      |
_林/ ∨ ∧ . ∧.|   モンティナ・ル・ソウマは皇帝の正式な印可を受ける。            |
木个 个 仁] ∧.|                                              |
林│ │    仁].|  斯くして【 アポカリプス計画 】の幕は上がるのであった。        |
森个 ̄─ _..─ォ|                                              |
ミ森|个]│∧ ─t.└=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=□
森ミ|卜]│卩│∧│ 二]`ヽ、_ 仁] ∧  ∧ / /   ヽ  ヽ
从个─ _ │卩│ ∥] 卜 `ヽ、 仁] / ∨// _=彳卜=彳                 ∥/\
森ミ|个]│∧─_│   ]    卜│`ヽ、_/   ∨ ||_ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
ミ木|卜]│卩│∧卜= 彳 卜  │卜  卜=彳 彳| 良し一年の時を与える!だが失敗は許さぬぞ!?!|
森个─ _ │卩│ 二]`ヽ、_< ̄`ヽ、_│∥│   _\______________________/
林川、 │∧─_│ ∥] 卜│ `ヽ、__卜=彳,- '´ 仆]=彳\      个 、_,- <_>    |≧t≦|. _
木 林ム│卩│∧│   ]`ヽ、│  ∧   │∥│仆 _,- '´]`ヽ、_ \个 、_,- '´ 个卜=彳  _彳   卜_
森森林木卜人卩卜= 彳  │/│\_卜=彳,- '´ 仆 ]    `'<│/ヽ个 /│ │ <_<_ >_>
从=森木林森/从│ 二]`ヽ、│[\_,-'´]`ヽ、_│仆 _,- <`ヽ、_│ /  ヽ /  │ │ │ `ヽ、_,- '´ │
森人木森森木森∧ ∥] 卜│[ │/__><_'´│\ \介`ヽ、|  ∥ ヽ__/ `ヽ、_ \∧  [ ∧/
メ森木林森木メ森木ム<]`ヽ、│[\∧/   / /  `ヽ、_ <> 、 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
森森个森火木林森林木<丶ル[ 卜[\_/ /    ∧_>、\ \|  はっ……仰せのままに……!  |
从森=森卜ヤ林森森木森林=从[\ [\幵`ヽ、_ /  ├ 彳 < \______________/
林森林木林从サ森森木森森林[ 卜[∧ ̄`ヽ、_`'[ 瓜│ 卜、  \ \ 卜_`ヽ、_介`ヽ、_`ヽ」  ∥│ ∥|
メ森森个森淼木ル森林人森=森[\ [\幵 ∥ `'[,- '´├ 彳 `ヽ、 <>∥∧卜_`ヽ、_介`ヽ」    │   |
森木冫林森森人森サ森林林森仁卜[∧ ̄`ヽ、_ [ 瓜│ │      ̄   `ヽ、∥∧卜_`ヽ、_│ ∥│ ∥|
林森=森从森林木森木森森=森≧=,[\幵 ∥ `'[,- '´├ 彳       <>   `ヽ、∥∧卜_│   │ ><
森木火木森森从火木林森林木森彡从茘三=,  [ 瓜_,- '´    <>    <>   `ヽ、∥ 卜、  |//`ヽ、_>、_
/卜林木森森林木冫木森从森木森/林刕ヤ木\[≦<   <>    <>        │_>'´│  //  / /≦ヽ`ヽ、
木森林木森林彳木林メ森森リ森火木森森木从メ林メ≧三=,_   <>_  _   __,-'´│ ││ //  / / 仆 ]_>]`ヽ、
リ林森森从リメ森个林森从林森林木林森木森木森从森木=三=,_,- '´/<_>'´__,-'´│ │ <`ヽ、_││  仆 介]_,-'´
从森森森木森木林森森从森森从火森森林林森森林森リ彡='´ _/  /_,- '´] │ │ ││ `ヽ、_> 仆  _,-彳  仆
森=森从森人メ火林林森メ木森森林火木林森木森木彡='´ /<_>/彳′  ] │ _/\│\  [ 介_,- '´  │仆 ル
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

339◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:40:14 ID:SVPiSY0M0


      ┃┃
      ┃┃
      ┃┃
      ┃┃              ..- ─ - .、
      ┃┃             x≦:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.\             ,rク乞トr'⌒ー'⌒ー-、 __
      ┃┃         /:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\        ,r‐<てこソニニニー<└ヘ `
      ┃┃        〈 .:.:.:.:.:.:.:.:.:. {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ       _ノ/ん'⌒Lノ⌒Lノ廴>、\└ヘ \
      ┃┃        _ 〉f´ ̄ ̄ ∧:.:.:.:`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.}.    _ノん'⌒          乙 \\ └ヘ, ヽ
      ┃┃      .ィ彡メ::!ミ:   /  ゝ :.:.:.:.:.:. ̄:.`:.く.   〆┘                乙 \\ 〔_  l
      ┃┃      {i:::{/  :7ヘ   ′ム≧ ` ー==r厶> /       l     |    \    乙  い  〉 l
      ┃┃      V   /::ハ  「/ |:::::0`ト、  /  }  〃 /    | l |   | |ヘ、ヽ  \ ヽ  乙 | |〔 \l
      ┃┃       /ヾ:./:/ _≧x' l |     Y  /リ.  ′'  |  | | |   | |\\ \ ヽ |l | 乙| |丿   \
      ┃┃      ,/   'l:::! ):.:.:|i | |ヽ -' ノ ./ ′ l | |l || |l ハ   l| \\ ヽ l || |  | 「〕、 \ \
      ┃┃      ′   ゞ:\:.:.:.Ⅵ.! !:.:.゙ャZ 彳^ヽ.  | | || || 斗廴l\  |   -=≦ハハ |l |  | / 小\  \ \
      ┃┃    .     /:. ̄:.:.:.:.:.|.|ミx:.:.0:∧. |   \. | | || || ≫=ミ` \| 〃丁、下ゞ 川  '〈〈」:|:L〉〉   \ \
      ┃┃    /   ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:7:.:0:.:.:0}:.:ヽ.      ヘl |l || |cz_ソ      ゙ー⊃ // / ト-くヾく    \ \ \
      ┃┃         i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ\:.:.:.:.ヽ:.:ト、  〈 く Vl |ヘ八|ヘト    ,          // / |\|:lヾ\    \ \
      ┃┃         |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\〉:.:.0:}:.:|:.:ヽ.   ヽ . 〃| l小、  `        彡イ   ∧  |:|、 }〉 \  \ \
      ┃┃_____|     :|:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.x≦_:_:.:.:リ:.:.ヽ:.:\   ヽ|:| | || 、\  -.-        /  /∧. \レ \    \  \
      ┃┃::::::: !     :!:.:.:.:.: /{:.:.:.:.:.ーz ノ:.人:∠:_:_:_:〉  /|:| | || \ > 、     イ.::/  // ´ ̄ ̄ ̄`ー 、   \
      ┃┃\:::|     :|:≧≠=====一 ソ ─:i:::∧.   i! / ,レハ||   | | | l>≦爪::.:/  /´.:.:          \ \  \ 、
      ┃┃.ノ::::!    ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: !:::::∧   | / //  '.l |   | | l/.::.: 〈〈|:|V  イ:|:::.:.:           ::.:ヽ \ ヽ
      ┃┃::::::: !     .∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::ハ  ;/ //   ヽl\ l ∨ ::.:/ //|:| //.::|:::.:.:           .::.::.::|\ ヽ
      ┃┃:::::::: 、 !   ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::{:::::::::::::! / //       \ ∨::/ く/ |」 /.::.::|:::.:.:      ...:..:.:.::.::.::〉ハ  l
      ┃┃::::::::: ∨    ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::〉x::≦.゙/ //          /_f⌒7⌒7⌒7 ..:.::.:..:|:::.:.:...       > ニ厶 、|  |
      ┃┃7::::::::∧      ヽ:::::::::::::::::::::::/:::ソ::::::::: イ '          / | {匀〉}′/     ゝ、:::.:.:....  // //|ト、_〉〉 |
━━━╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ┃┃                        やる夫が永遠存在になる様です
      ┃┃                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ┃┃                        Chapter4-EX-02【 家族の肖像 - マロリガン・帝国編 - Part.Final 】
      ┃┃                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

340◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:42:06 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

               , -ー- 、
              / ゞ´⌒ヾ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                /ミ三S`rー´S <  戦況?ワシは知らん、問題なら貴様等で何とかしろ  |
             /ミ三S人道楽ヽ  \______________________/
          □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─┐
          |                                              |
          |   南方戦線……先代皇帝死後、担ぎ上げられたシャルルは       |
          |  実の処、マロリガンとの戦争に対して関心が全く無かった。       |
          |  しかしながら内務を初めとした官僚、また帝国国民の皆が        |
          |   団結したマロリガン軍の脅威を骨の髄まで味わっており、        |
          |   故に「 侵攻拠点 」でもあり「 駐屯地 」であったサレ・スニルを     |
          |  是が非にも陥落せしめておきたいと言う状況にあった。       |
          |                                              |
          └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=□
                 /: : ┏┓:::::::::::::::::::::::: : /          \                 \
                 _/::::::::: ┗┛:::::::::::::::::::::::: |         |       ◇─────────────┐
              ,/:::::::::: : 【 スレギト 】:::::::::::::::: \_       \._    │ ──324年 - リザルト. ──  |
            i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_____/ \__└─────────────◇
                `'‐、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/              ┌┐ |
      ┌─────────┐:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    **            └┘【 リレル・ラエル 】
 ▼ マロリガン共和国      ;}.┏▼┓::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::【 サレ・スニル 】              /
  即応スピリット数     \_,_/ ┗━┛::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ┏┓                   /
  290→350          【 首都:マロリガン 】::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ┗┛                    /
  保有総数:350 + α    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///////***        ┌────▽ 神聖サーギオス皇国
  不明数: 50↑        \_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : /////****            ↓  /   即応スピリット数:130→134
   ̄ ̄ ̄              \__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::【ミスレ樹海】          ┌▽┐/    保有総数:134 + α +「 2?」
                          \__:::::::::::::::::::::::::::::::::| ┌┐           └─┘
  **=小競り合い発生地域、通称前線    ゙ヽ_:::::::::::::::::::/ ロ └┘   【 首都:サーギオス 】
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      \_<_【 ユウソカ + リーソカ 】_/
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

341◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:43:05 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

          □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
          |                                                  |
          |  さて、ここで一つ閑話を挟もう。今更?と思う者もいると思われるが、       |
          |  この世界における戦争形式についてである。                     |
          |                                                  |
          |  この世界における武力を行使した戦争には根源に「 領土確保 」が有る。     |
          |  有限である資源を確保する為の戦いとそれに附随するモノである。           |
          |                                                  |
          |  そしてこの領土確保戦においては大まかに分けて二つの戦闘が有る。     |
          |  一つが互いが対峙の上布陣し、その兵力をぶつけ合う「 会戦 」。         |
          |  これは主に小規模同士で有れば索敵・哨戒から発展する形が多い。       |
          |  だがあくまでもこの戦い「 領土確保における 」第一歩に過ぎない。         |
          |                                                  |
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,, .└=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::..............                   ~""''' ‐-,,,,,_
;;;;;;;::::::::::::::.............   ......  :   .. :    ....             ~""''' ‐-,,,,,_.  | |,,,....._,,
:::::::::::::::.......               ,_        .. :    ....     へ    へ| |    ~""''' ‐-,,,,,___
;;;;:,,:::....        _         ィ;:).ヽ   ,,       ..        ,_,;' )  へ,;' ) へ  へ  へ    | |~""'''
彡(ヽ,:::::::::.......     (. |        | てヽ),,;彡(ヽ              (ヽ,_,;' ) ,rt、,;' ) へ ,_,;' )  へ| |
/ `'         ) |        /ヾヽー' / `'    .. :    ....       ,_,;' )`,_,;' )`  へ ,_,;' )~
|ヽ |ヽ        ̄|へ  =ミ≡(.  | |  /                      (ヽ   (ヽ,_,;' )`  へ
lソ/ミミミミ;,     く|)ヽ_、 ノ  ) ノ <<        ヽ丶       .. :    ....      (ヽ,_,;' )
ゝ くi \       ハ    /  へ    ヽヽ       ヾ ヽ、ミヾ ヽ、                  (ヽ
( \   \  ..      ..  く|)ヽ_、 ......  :   ..  ゝ ヽミゝ ヽ ..   :  ..   :
-,,,,  \  ソ ......  :   ..   ハ          ー=彡三彡彡彡丿\ ..        .. :
/  ''''-◎           ll .. :    ....   -ー=彡三彡彡彡彡丿 ヽ  :
;;;;;;;;::::::::........ ,. ‐'''' ̄''ー 、   ll         ー=彡三彡彡彡彡彡ノ  く)\
;;;;;;;;;;;;;,,,,,,.../;;;;/;;l   l ヽ`'、  ll  ...  ..:   ー=彡三彡彡彡彡彡彡ヾヽ   \
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;/;;;;;;l;;;;,,,, l ヽ `ヽil     ー=彡三彡彡彡彡彡彡彡彡 ヾヽ
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

342◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:43:55 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

             □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─┐
             |                                                  |
             |   本題・焦点は相手の拠点を如何にして奪取・確保するかに有る。       |
             |  この世界において国境に面した「 臨戦都市 」はどの国においても     |
             |  全てが全て堅牢な城塞に囲まれた「 城塞都市 」である。           |
             |                                                  |
             |  この城塞都市を制圧・占拠、そしてその上で都市中枢機能を         |
             |   確保して初めて「 領土戦争における局所的勝利 」と言える。         |
             |  簡潔に言えば「 攻城戦 」こそが本題となる訳である。           |
             |                                                  |
             └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=□ ̄|厂 ̄[|
_厂 ̄[|__ 厂 ̄[|__厂 ̄|                                      /[> ´  ̄ ̄   ̄ ̄ `
      ´  ̄ ̄   ̄ ̄ ` <]\                                 |/
                :.: ::.::;;;\|                                   |
                     :.: ::.::;;;;;;;;|                                   |
                   :.: ::.:_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄|_|         rョ
.      rョ         . :.: ::.:|──┬───┬───┬───┬───┬───::|         |ll|
.      |ll|       . .:.: ::.:|┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─::|         |ll|
.      |ll|       . .:.: ::.:|┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─::|         |ll|
.      |ll|       . .:.: ::.:|──┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─::|         |ll|
        V          . .:.: ::.:| |l三三|─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬ |l三三|::|             V
                     :.: ::.:| |l三三|─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴ |l三三|::|
                     :.: ::.:|──┬─┴───┴───┴───┴─┬───::|
                     :.: ::.:|┬─┴─┬─‐,.:< 三三三三三 >:、 ──┴─┬─::|
                     :.: ::.:|┴─┬──:://llllllll;:======\\ ─┬─┴─::|         rョ
.      rョ         . :.: ::.:|┬─┴─‐ /∨llllll/ ::::::::::::::::::::::::::::::: ∨ヽ─┴─┬─::|         |ll|
.      |ll|       . .:.: ::.:|┴─┬─::│ |llllll/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :|─┬─┴─::|         |ll|
.      |ll|       . .:.: ::.:|┬─┴─::::|V|lllll| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|V:|─┴─┬─::|         |ll|
.      |ll|       . .:.: ::.:|┴─┬─::│ |lllll| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :|─┬─┴─::|         |ll|
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

343◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:44:21 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

          □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
          |                                                    |
          |   言わずもなが、この世界における「 戦闘 」の主役はスピリット達である。   |
          |  色種によってそれぞれ役割が違うが、それは下記を参照して頂きたい。  |
          |                                                    |
          |  さて、ここで問題となるのは「 会戦 」ではなく、相手の拠点を落とす       |
          |  「 攻城戦 」となった場合の「 傾向と対処 」である。                |
          |                                                    |
          └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□

  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  |  赤だぜ、魔法をガンガン打ち込んで敵兵にダメージを与えたり  |
  |  戦闘空間の面征圧が主な役割。最大射程はなんと4kmだぜ!   |
  ヽ、___  _______________________,ノ
         ∨   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      _..._      l  .青よ、敵の赤による魔法掃射のバニシュ(打ち消し)と   |
      ノ,i  `、._    |  敵軍に斬り込んで実質的な損害を与えるのがお仕事よ    |
      `/=〉`n´〈、  |  ただバニシュの際、一時的に戦闘力が失われちゃう.     |
   <^i^i(((`))))> ヽ、___  _____________________,ノ
.     ノ(a href="&゚ ヮ゚ノ3 ||     「^ヽ∨'^i.           γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    (( (_,i_:.:jxiつ||      ,ゝ"´ ⌒`ヽ.         l  緑です、無防備状態にある青、魔法掃射のため足の止まる赤を   |
     )(ン´、__`リ、 ||.    くi Lノノハノ)」        |  相手の斬り込みから保護し、また負傷した際に治療を担当します。   |
 ,,、  ,, , ~~i_ソi_ソ~~, (`_、,,  , λ.[i ゚ ヮ゚ノi!.         |   対スピリットにおける戦闘では自身の攻撃力自体は劣るモノの、    |
        ̄  ̄   ̄  ̄..... レ',ヘ.i`ム'」つ||=====-.   |   攻城戦においては城壁破壊等を担当する事も有ります         |
      【 赤 】.       ,く_,//T.iλ         ヽ、__________  __________________,ノ
          _,__、_       "ーr_,t_ァ'"                                    , ', =∨.ヽ
        , ´-‐‐-ミヽ    【 青 】                                           ルリλノノ) i
        イ' fノノリ)ハ                                                 (!、゚ヮ ゚(iルゝ
      ノリ (l|゚ -゚ノlソ γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ   ,く_, ハ,と)
        くリl个i{l <  黒であります、相手の敵陣に斬り込み、攪乱するのが主です    |   ン┐ハ ゝ
         んUU゙ヽ  |  魔法による遠距離掃射も可能ですが、赤程の射程は有りません   |   .゙-'、j"、j'"
       `~じフ~´  ゝ_____________________________,ノ    【 緑 】
‐‐─── 【 黒 】──   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐─ ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

344◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:45:28 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐
      □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
      |                                                    |
      |  果てさて、戦闘時において防衛側が最も脅威となるのは             |
      |  凄まじい射程距離を持つ「 赤 」である事は言うまでも無い。           |
      |  この凄まじい射程については、赤がハイロゥを錬って              |
      |  撃ち出す幅5cm~7cmになる扁平な「 光線 」……                  |
      |  撃ち出された際の形状が「 両刃の剣身 」に見える事から「 飛剣 」と.    |
      |  呼ばれる魔法……『 フレイムレーザー 』を指しての事である。          |
      |                                                    |
      |  その弾速は初速が時速600km/s、収束時でも500km/sとなり           |
      |  極めて高速な上、弾速減衰が殆ど無い為、その発射時の光を.         |
      |  視認した時には既に射抜かれていた……なんて事も度々である。     |     ___
      |                                                    |...''''゙゙´ ,- ,,r'
      |  しかも着弾時に錬ったマナを崩壊させる事で小規模爆発を             |      |
      |  起こし相手を死傷たらしめる事も可能な大変に優秀な魔法である.。    |.... __j|__
  /  |                                                    |''´,..ー.. ̄|「 ̄
      └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□''゙....   |!
         ,,.. ー'゙´              ,.、-''´.,、ー''゙       ,... ー'゙´          ,...ー'´,、-'''゙         |
     _,, ー''´               ,...-''´..,、-''゙...   ,.、 ー''´             ,...-''´.,, -''
 ,, ー''´             ,...-''´ ,、ー'´....  ,,.. ー'゙´              ,.、-''´.,、ー''゙
゙''´             ,...ー'´ ,...-''´  _,, ー''´               ,...-''´..,、-''゙
             ,.、-''´ ,.、-''´. _,, ー''´             ,...-''´ ,、ー'´
.       ,...-''´. ,.、‐''゙.... _,, ー''´           , -―=''''''¨¨´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"゛'''=―-、
..   ,...ー'´. ,.、-''´. _,, ー''´        ―-=三      『 フレイムレーザー 』!!      三===────
.  ー'´. ,.、‐''´. _,, ー''´               ,...-''´ . `‐―= ..,,,,___________,,,,..=―‐´
.    _,, ー''´                  ,...ー'´. ,.、-''´
.  ー''´                  ー'´. ,.、‐''´     //////
                 ,...ー'             /////
               ー'´. ,.、‐.            ///
          ,...ー'                 ///
.     ー'´. ,.、‐                  //
‐‐───  ────   ──‐‐ /.─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

345◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:46:39 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

      □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
      |                                                          |
      |  またその爆破タイミングを任意で切り替えられたり、接触時自動爆破させたりと       |
      |  赤を知る者曰く、「 基本かつ最も奥が深い 」とされる飛剣。                    |
      |  確かにスペック的には文句のつけようが無い……                          |
      |  ただしあくまでもコレは「 対人・対スピリット 」に対しての見解である。                 |
      |                                                          |
      |  大変有用かつ殺傷能力も高いこの魔法だが、致命的な弱点が有している。        |
      |   この対人・対スピリット相手には高い殺傷力を持つ強烈な魔法、飛剣は……         |
      |                                                          |
      └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□

             i\ /i    γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
             | ,'^⌒^ヽ <  遠くで何か光ったよ   |
             ノ( 从从i)  ゝ___________,ノ
             ( ノi ゚ -゚ノ)
_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[
|──┬───┬───┬───┬───┬───┬───┬───┬───┬───┬───┬─::|
|┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─::|
|┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─::|
|──┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴───┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─::|
| |l三三|─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬ |l三三|┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬ |l三三|┬─::|
| |l三三|─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴ |l三三|┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴ |l三三|┴─::|
|──┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬───┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─::|
|┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─::|
|┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─::|
|┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─::|
|┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─::|
|┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─::|
|┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─::|
|┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─::|
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

346◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:47:53 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

         □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
         |                                                    |
         |    いざ城壁破壊と言う用途に対しては悲しい迄に無力なのである。       |
         |   と言うのもこの世界の城壁は「 抗マ石 」と呼ばれる、               |
         |   極めて魔法に対し強い抵抗力を持つ素材にて建築されている。       |
         |  フレイムレーザー                                          |
         |   飛剣が如何に対人・対スピリットには有効な威力を有していても、      |
         |    いざ城壁に当てた処で破壊する処か城壁は微動だにすらしない.。     |
         |   攻城時、飛剣が活躍するのは城壁の隙間から迂闊にも顔を出す     |
         |   相手をピンポイントで狙い撃つ……それ位にしか用途が無い。       |
         |                                                    |
         └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
          i\ /i                             ____r。,
          | ,'^⌒^ヽ   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ        , '´ ⌒ヾ゚')  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
           ノ( 从从i) <  なんともないね   |         ( ( ( ゝ、 i  <  良かったね    |
          ( ノi ゚ー゚ノ)   ゝ_________,ノ        リ.゚ヮ ゚ハL__>  ゝ________,ノ
_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[|_| ̄[
|──┬───┬───┬───┬───┬───┬───┬───┬───┬───┬───┬─::|
|┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─::|
|┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─::|
|──┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴───┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─::|
| |l三三|─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬ |l三三|┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬ |l三三|┬─::|
| |l三三|─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴ |l三三|┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴ |l三三|┴─::|
|──┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬───┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─::|
|┬....\、Jし/.┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─::|
|┴─. _):;  て=-.゙─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─::|
|┬─. /^Yヽ\......─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─::|
|┴─┬─.....''ー ,,、.`"'ー ..,_....┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─::|
|┬─┴─┬─┴. `'''ー ..,,,  .`゙'''ー ,,,_. ┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─::|
|┴─┬─┴─┬─┴─...`゙''ー ,,、  `゙'''ー ,,,_.. ┴─┬─┴─┬─┴─┬. \、ノし/ ┴─┬─┴─┬─::|
|┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬ . `゙''ー ..,_    `゙'''ー-..,,_..─┬─┴─┬─┴─.゙Σ:. て ゙┬─┴─┬─┴─::|
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

347◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:48:39 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

          □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
          |                                                |
          |   攻城の目的は城壁を破壊し、抵抗する勢力を打破し、        |
          |   下記における人間兵による都市制圧が最終目的である。        |
          |    まずその為にもこの城塞を突破しなければ話が始まらない。      |
          |                                                |
          |   ではこの世界における城塞破壊とはどういったモノが有るか?     |
          |                                                |
          └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
        /         ヽ
        ,'   【ラ】    l    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       ノ_二二二二二二L.  |  兵站を担当する輜重部隊ですクマ.                  |
       /  ●   ● |  <   食料や資材、戦闘物資を拠点から戦地へと運びますクマ   |
       |    ( _●_)  ミ   |  また戦地に置けるインフラ整備も行いますクマ          |
      彡、   |∪|  、`\  \_________________________/
     / __  ヽノ /´>  ).                        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     (___)======(_/ __.          ∩___∩.     |  歩兵部隊ですクマ                    |
      |     ||/||| ̄ ̄||   |.        | ノ       ヽ  |  前線に出張って砲兵隊と共に戦いますが        |
      |  /\||\||| ̄ ̄|| ̄ ̄|         /   ●   ● |  |  戦闘では基本的に補佐・補助役であり、         |
      | /   ||) |||| ̄ ̄|| ̄ ̄|.         |    ( _●_)  ミ  |   主役割は戦闘継続の為の臨時拠点作りですクマ |
      ∪    ||   || ̄ ̄|| ̄ ̄|.        彡、  ,、、|∪| ,,,ノ <  制圧後は住民統制の実務を行いますクマ       |
            ̄(_)) ̄ (.)) ̄ (_)))     /   . ヽノ  ヽ    \__  __________________/
        ∩___∩                  |  _r'゚lニニニl]_ ____/l
        | ノ      ヽ      fニニニニllニニ|  \[ l===ニニl]}||||||||ll]}コl|====iニコ
      :./  ●   ● |       |l_,,=-'''~  | \... ヽ'''ニ「_,,,l⌒l。__。_]
       | U  ( _●_)  ミ:             | 〈,,/ヽ___)|ll [`ー'
    _ノ ̄ ̄\___≦_________
    | |                 {:::::::::::}  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    | |   重量80kg~500kg  {:::::::::::} <  ほ、砲兵隊ですクマ……ラキオスだと超エリートですクマ……   |
    | |  ( コレは携行砲. )    {:::::::::::}  | 城壁を破壊したり、スピリットに有効なダメージを与えられる.    |
    |______________ >-<  | 唯一の人間兵ですクマが、とにかく武器がクソ重いですクマ     |
     :.| 〈,,/ヽ___)|__ノll [`ー'        \___________________________/
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

348◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:50:34 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

             □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
             |                                                  |
             |  城壁を構築する素材、「 抗マ石 」は確かに魔法に対しては極めて強い。    |
             |  しかし物理的な衝撃に弱く、脆いと言う弱点もある。                      |
             |  よって人間兵なりスピリットなりが、破壊力の高い砲を使って              |
             |  城壁に打ち込めば瞬時にして大穴が空き、城壁の破壊に至るであろう.。      |
             |                                                  |
             └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄ ̄  ̄  ̄  ̄ ̄  ̄   ̄ ̄
     ________ __\ヽ人_从人__从_人__从_人/
    ________ __ ≧               < ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄  ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ -=ニ    目標!城壁!!   ≦
      /7 7 ``ヽニニニニニニ≧                    ≦ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     |  l  |   l::!    /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\─ ──── ──── ─
     !/⌒L」_ノ::|           , -─┐        r::´`: .::⌒ヽ.,     . :. :
   ,r‐‐r=======´ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄l〕  ノ:!         . ⌒ム __ .: .:ヽ _ ノ  : :. ´
  〔|__」6YO〕二二l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..rnnn二」 ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄〕:. :,j  '' ,,:: ::´ `: .::.  ' `:
   7.:::::::::.V二二フ.::::.ヽ_ __ ノノノソ[_」6YO」ニニl7 ̄ .::::::7 ⌒ヽ  ..::.  '' ,,:.::ノ⌒)  .:. :
  /.:::::::::::::.', /.::::::::::フ`ヾ::::::::::::::::::/  7.:::::ヽ_/.:.::::::::::::::::::/    ヽ .. ,,,;  ''     ``" ´
  〈.::::::::::::::::::V.:.::::::::::/::ヽ丿一'''''"´   !::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     - ─ ─ ────
三 ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::V三ニニ ニニ ニ ニニ',::::::::::::::::::::::/´ ̄
三三.:1::::::::::::::::::::::::::::::ノ三 二二 二二 ト、::::::::::;::イL _ _
     1::::::::::::::::::::::::::/ ニ二二二¨¨``ヽ /77¨¨¨"i´      ̄``ヽ  二 ニニ ニ二 二 二
   ,rrry::::::::::.:.、‐'孑           ',//  ;  | ィレ.:.:\ヽ人_从人__从_人__从_从人/─
  ////""´,    } }           | 1  ;  「  ̄  ≧                <
. ////   i    i レ   _,,,、、--イ   | l   ;  ! -=ニ    撃てーーーっ!!  ≦__
 LLL!    ;   ,レレ'''"´      〈.   l::l   ;  !    ≧                ≦
    i    .  ',         ト、_」::',  ; ,!   /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\
    |',    ;   i          l::::::::1::::L . ノ         ̄ ̄
    |::i    ;   |            |::::::〈   ``¨   ニニ┏━━━━━━━━━━━─────
    |:::i    ;   |         |:::::::::.`ー┐..     ┃       理想         ┃
    |::::i    l   !         `ー── '.     ─────━━━━━━━━━━┛
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

349◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:51:48 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

           □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
           |                                                  |
           |  だがしかし屈強な成人男子が一人で何とか持って動けるかと言う          |
           |  携行砲や台車に乗せて運ぶ重砲を率いて砲の有効射程距離となる          |
           |  100m前後に近付く迄、防衛側が指をくわえて見てる筈も無い。           |
           |                                                  |
           |  当然ながら接近を防がんと城塞からの魔法・銃撃による掃射、             |
           |  スピリット隊の斬り込みが行われ、有効射程100mに近付く処か、        |
           |   その十倍二十倍の距離で無惨な死体を積み上げるだけである。            |
           |                                                  |
           └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
  イ三二二ニニニゞ.        i.            ,     ,:;:;:,!     ''′ ,. !、,! ´` ι  ヽ
                   , . ,!'|   `  \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人/!,l
         ,ィゞ....   ’ j  i! i    ≧                     <}.
             ー== { ||    ≧  退避ーーーーーーーっ!!  ニ=-==-
.   ,   `       ,J`:、,ィl! l! {′  ≧                    ≦!;|   :.     ,...    .,.:,..:
          _,.,j`  Yl!|:  | |'i,....-/Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W\}′ ,
        ,イ、,r' . | 、 ゙リN: ; !lij! |''ー- -、-‐''"´ヽ;;:..じ:、 i,'  ゙:、 ,,.,   ′彳レ/....  ,.:,..:
       ,r/  (::;;: }'′    i  ;}|! |... _ /ィ´  ;: 丶、v{ ヒ!   i!||il.   , 八 Z    ,ィゞ
       ,     ,:;:;:,!     ''′ ,. !、,! ´` ι  ヽ . __   _,ゝ、;_    ゛:|!  ゙ ,rカ  ̄
        , (''゛ j! ..:;;:==-:、  ゙''"ィi {ヘ!,l  _  ̄`ζ」'(´ ヽ  j! ゛ ,ィ彡′_.. -.゙`i''ー─- 、、、,,_
       〃’ :; {`' ,ィ゛ '′.  ) jj」li|liY、⌒}....   二 ニ ゙て∠rιク_;.,、_,ー-'^- =ニ_.    」´ ̄ ̄``ー-、ヽ
             j∨il!ィ' {’      へヾ;;イ.     ,...               ``ー─'"´  ̄ ̄ ̄ ̄
       ’ λ' ,j、l! / 、     ., ,il{ ,゙!j!;|   :.        ,.:,..:..
          ゙ハ! ;. ゙:、     j|   '/'}′ ,. ===- ┏━━━━━━━━━━━─────ー====-
            じ:、 i,'  ゙:、 ,,.,   ′彳レ/          ┃       現実         ┃
         丶、v{ ヒ!    i!||il.   , 八 Z. -─‐- 、.ー─────━━━━━━━━━━┛,ィゞ
        __   _,ゝ、;_    ゛:|!  ゙ ,rカ  ̄.     ヽ ヾ ``''ー- -、-‐''"´ヽ;;: :;:; ;:; :;:;  ;:  .           .,.:,..:
      _  ̄`ζ」'(´ ヽ  j! ゛ ,ィ彡′_.. -..-、  j  `,   _ /ィ´  ;:; :; ;:; : ;:  ,.-'''"-─ `ー,--─'''''''''''i-、,,
        二 ニ ゙て∠rιク_;.,、_,ー-'^- =ニ_    ,r-‐'ー''''"´ ̄
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

350◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:52:55 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

         □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
         |                                                  |
         |    では身体能力に優れたスピリットに砲を持たせれば良いのでは?       |
         |    と言うモノも居るだろうが、幾らスピリット達の身体能力が優れていると      |
         |    言ってもこんな重い物を背負って走れば必然動きは鈍重となり、         |
         |    しかも両手が埋まる、剣や槍を手に戦うスピリットに取っては致命的。       |
         |    わざわざ「 獲物が居ます、殺して下さい 」と言わんばかりである。          |
         |                                                  |
         |    スピリットは基本軽装であるからこそ、その身体能力と                |
         |    戦闘能力をフルに活用出来るのである。                      |
         |                                                  |
         └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
                        _.. - ― ‐ 、_ ,〃
               /XZ´     ,     ̄ \
                  /'Y´ ̄    /   /ハ. \ヽ
               ,/Yト、._ 二ニ./  /./ } |lヽ l ヽ
                 ハlN\ `ヽ / / /_/__,ハ |! ト、 〉
                 トv'{ ヽ.ヽ. ,ry′/イt¬=、`'| || |.j/
              ト:仆、.\ l /  ,' ヽ{;::| jイ '´   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
             __,.」⊥l    Y  ./{    `′  >   <   行動を阻害する装備を私達は大変に嫌います     |
         r 'ニ-‐'´ィ个 、  {/ /!|     -、/     |  胸当てと手甲だけで「 重装備 」と呼ぶ位ですから  |
   __.. -- ''}   / / .|  `>|{ / |l       /      ゝ_______________________,ノ
..゙'' ´__.. -- '' ´`y''´,r'⌒ '' ‐-'/ |:! {,__|!_ト―‐.' ,厂⌒ヽ、___,... ..,,___
..゙' ´   _  /,/::::::::::::.:.:.:.:.:`ヽl√ ̄`l 「フ''^゙了´了´了  / _,r< ̄,入
    /,r¬`_,.イ::::::::::::::::::::::::::::__..⊥-、_;:ィ/  /  / o { o { o / __,r'^Y \ ト、
  / /    /:::::::::::;ィ:::::::::: ̄:::::::::::/::::::,'   | o .|_,,..-ヶ‐イ「`:| く,__>-个''T゙「|
∠ ___/    /:::::::::://::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{   └ '´   \__>='´ ハ 」,人-|イ
          \^'´ 'Z_:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       .,イ´   厂|__|_,l,⊥.l人
            \  _二=:::::;r‐ァ‐ '' ` ^ヽ、_    /} |     L;::|  |` ー -;〉
             ヽ:/:::::::::;厂 \      ` フ´ / l |     }::L.ノ    ,/
             丁:::::::/   / \    / ,rヘ | ヽ、_   |::::::|フ^ ー′
              `l'''´    /    t久 __ /   L|     ̄ |::::::|
               \_,.-‐'ヽ         |    ./ ,′    ト、:;r1
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

351◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:53:56 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

                □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
                |                                                  |
   ○●=黒     |   攻城時、攻め側にとって砲が有用なのは「 ダメ押し 」の時だけ。          |
   ◇◆=赤     |   逆に防衛側にとっては極めて有用に砲を使える状況である。           |
   □■=緑     |                                                  |
   △▲=青     |   では攻め側が城塞を破壊するには他にどうすれば良い?               |
                |   次に出てくるのがスピリット達の白兵による破壊であるが、              |
                |   防衛側だってスピリットを展開させている。                     |
                |   相手より数が多いならまだしも、少なかったら悠長に城壁を              |
                |   破壊している余裕など有るはずも無い。                       |
                |                                                  |
                |   そもそも考えても見て貰いたい、幾ら帝国スピリットの質が良かろうと.       |
                |   その戦力比率は平均1:3、しかも攻め側、余裕が有る方がおかしい。      |
                |                                                  |
                └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
     ◆◆◆|城|     ●●
     ◆◆◆|壁|   ▲●●▲
     ◆◆◆|  |   ▲●■▲          ── 布陣図一例 ──
     ◆◆◆|城|     ●■▲
     ◆◆◆|壁|     ●■                          □ ◇
     ◆◆◆|  |   ▲●■▲                     △   ◇
     ◆◆◆|城|   ▲●■▲                   △○ □ ◇
     ◆◆◆|壁|   ▲●■▲                   △○    ◇
     ◆◆◆|  |     ●■                     △○ □ ◇
     ◆◆◆|城|   ▲●■▲                   △○    ◇
     ◆◆◆|壁|   ▲●■▲                   △○ □ ◇
     ◆◆◆|  |     ●■▲                   △○ □ ◇
     ◆◆◆|城|   ▲●■                        △   ◇
     ◆◆◆|壁|   ▲●●▲                        □ ◇
   【 防衛側:マロリガン+サレスニル城塞 】               【 攻め側:帝国軍 】
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

352◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:56:08 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

           □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
           |                                  フレイムシャワー        |
           |   ではどうしたら良い?飛剣では無く威力の高い赤の水平射(※)を      |
           |   ぎりぎりまで近付き、一斉射によって城塞を破壊する?           |
           |                                                    |
           |   ご冗談を、赤がそこまで近付ける状態ならそもそも困りなどしない.。   |
           |   そもそも数に勝る相手が更に城塞と言う地の利を持っている以上、     |
           |   スピリットの質以前に苦戦は必至の帝国。                       |
           |   だがそれでも、城塞以外での局所戦では随所随所、            |
           |   勝利を納めていたのは流石であるとしか言い様がない。             |
           |                                                    |
           └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
           ,r'"´        .:.:.:.:::::::.`ヽ           (※:散弾となる『 フレイムシャワー 』を打ち上げず、
            !.:.:.:.:.:.:.     .:.:.:.:.:.:::,r'r'":.:.:.:、              水平に打ち込む事。ばらけない分威力は増すが
          .!ミミy'^ヽ.:.:.:.:::::,.ィrrミミヽV:.:.:.:.:.:.:.',             城塞を破壊可能とされる有効威力射程は
         ',ミ;!   `""""゙´  `ヾト、ヽ、、::::;',          砲と同等か少し上の150~200m程度となる。
             `1.u     _,、、、、  iト、ヽヾヾ;;:l             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           1‐‐、  r'二.-─-ミ;、 !ミr=ミ;:;:;:;:|
             ';r〒1 `ヽでこ`   iミ! ,r::!;;;;;;′
              i! ",′         ゙'.ノノ!;;;;′ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
            ',./   、     U   r _ノ;;/  <  ……全軍撤退  |
             ',`"゙゙´        / {:::;;;;;!   \_______/
              ! -==、、     / ,.ヾ;;/
              ',. ´ ̄     / /  |
                  '、_ __,...イ_,,、-‐''ニニニコ
                    _;;;;;;;.'ニ ‐''"´,. -─┐{
               「「    r‐、//⌒)ノ.:.L_
               l L__)入ノノ.∠   ノノ:::::::::.`ヽ
                __」_>=====ユ彡'".::::::::::::::::::::!
          ,. イ : : : : : : : : : : : : : :〃.:.::::::::::::::::::::::::::::|
┌────────────────────────────────────────────────
【 シュナイダー・ベルンハルト 】 神聖サーギオス皇国 西方軍総司令 当時:44歳
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

353◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:57:07 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

      □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
      |                                                          |
      |  だがそんな局所戦においても、マロリガンの勇将アレクサンドル・ビュコックが        |
      |   サレ・スニルの指揮を担っていた場合(※)では、良い所引き分けが精一杯であった。.   |
      |                                                          |
      |   判断力や戦闘能力に劣り、数だけの白蟻軍団と蔑称されたマロリガンスピリット隊も、   |
      |  優れた将に率いられれば、その力を充分十二分に発揮出来ていたのである。       |
      |                                                          |
      └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□

                   __ ___               ( ※:マロリガン軍は確都市合同で事に当たる際
             ,.- '"´.:.:.::::::::::::::::::::::::.:.``ヽ、            それぞれの執政官が従える軍指揮官が一定期間毎に
            /.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.ヽ          合同軍総司令権を持ち回るよう 定められている )
           /:.:.〈Mッ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.,!             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            l:.:.::::::::::::::::::::::::_.-、─ー──- 、、,イ
           ヽ.:.:,,、-‐'"´    ヾ        `i
           ,ノ!、  '" ´_ _   !.          ゙i
           !,j ' ´ ̄     ,j          |
            fゞ r'''ニ二ニゞ   ヾ ,r‐-、    |
            l/ ``ゝ‐'  . :: .: ! ! ,イ、 !    ,!
           / ;:: . ``  ´ : :. : ,ヾ,!〈シカ,j  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           ゞ、,,ノ、     ,、 '゙   ,レ / <  そう簡単にやらせはせんよ……!  |
            !   `ヽ   ,'    ソ'´ヾ、   \_______________/
               〉`゙'''ー'゙ !   !    ,!,   ``ヽ
            i     /  /  ,! ,イ,'    /.:\
            ヽ、     ,  ,ィ  / '  ,.‐'´.::::::::.:.:!ヽ、_
             _,>-‐''"´    '´,.‐'´.:.:::::::::::::::::./::::.:.:.:.``ー- 、_
  _ ___,,、 -‐ "´.:.:./.:.i   ̄`y'´``ー/.:ヽ:.:::::::/i::::.::/::::::::::::::::::::::::.:.:.:.
/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:/:.:.:,!      ,. /.:.:.:.:i::::::::|/.:/::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.
:.:.,イ二二二/ /二.:/.:.:.:.:ト、   ,.'´ /.:.:.:.:.:!:::::::::::/::::::::::,イ二二二/ /二
┌────────────────────────────────────────────────
【 アレクサンドル・ビュコック 】 マロリガン「 連合 」、スレギト軍指揮官 当時:64歳
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

354◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:58:13 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐
        -、            `''~ ..、,, ..,,、
    、     `'-、              `  `''-、
     ヽ   □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
      ヽ  |                                                  |
       ヽ |   余談とはなるが、シュナイゼル・エルが陣頭指揮を執る魔法研究所の.      |
        |   研究結果により、空間設置式射出砲魔法『 ヒートフロア 』と、            |
        |   『 フレイムシャワー 』の水平射撃を組み合わせた魔法、                |
        |   『 ライトニングファイア 』が攻城戦における切り札として登場するのだが、    |
        |   『 ライトニングファイア 』がその咆吼を轟かすはもう暫し後の話である……  |
        |                                                  |
        └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
.                /!     ,,.rァ..    l   l  ヽ .`'-、    ヽ  .《
            / l゙  ,,、r'´ /      l   l.  .ヽ   . \   ヽ  l   .、
             |  l_,.r''´   /        !   .l.   \    ゙''-、..l, .ヽ .,δ
             |    ,.、r'!  /        !    ヽ   .ヽ-、 .、   ゙'.l、、.l"/
              ,,l   ,,r'’  l  /         |    i .l,   `-ヽ.゙'ミ'、  l .`''i(、     .、
             /   .l゙    l ./           |    !       .` ヽ.ヽ, l /  ゙''-、    ゙!ュ
           / ./!  l!    l゙/          !   ,rゝ             ゙'.!/   .,  ゙>、  ゙.l、
       r'´  ./ .|  |            ,ィ.    |   .!                ゙    .\ .`tミ'-、 ゙ぐv
       |   ./  |  |           / i   l゙  ./       l、              `'  ゙' !、.゙''-|、.l
       | ./   |  |.       / /   l   l゙        l ヽ            ,l! ゙' \ [゙ト、
       レ'     | /      /  /   ,/   .!';;='"゛     ! .\          i!.l     .!.ヽ ゛
      /   /..  |./.        /  /  ,/    /        │ /゙゙″        ! .!,〟   | 〕
      ゛ /              / ,/   /  /         / /       _..‐  ./ .,〃 ,゙,, -l'''广
      /               /  /..._x!″,≫''゛          ,/ l  ,..-‐彡'"゛ _,,,..i.l┴'"´   ,! .!
    ,ii'"                 / ,/ijソ"        _..-'´    ./ ,iシ‐'´ _彡-ー''''"゛ .,iゾ      ./ │
.   ゛                //.''″     ._..-シ'"゛     .,.;;,,,i〃‐'''"゛     ._..;;″      / /
            _.     ^.    _,, ニソ‐″ .゛  _,,, -‐'ア゛,, ll″      .. -'ン゛      /./゛
              /   ._..../i.゙-'''"..‐"゛._,,,.. -‐'''"゛   /  /      . -'''Z/      . / ./
        ,..‐" .,, ‐....../ /.,,, -‐'''"゛      _..-'´  ./         ″     ./゙,, ‐"
‐‐───  ────.i/ ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

355◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 21:59:05 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・                       ┌┐
─── ─────────── ─── ──  ─…                                ||
─────────── … ……             ┌────────────────────┼┼─┐
_________                     ┌―┼―――――――――――――――┐        ||  │
__ __                        |  └───────────────┼────┼┼─┘
__                         |        |      ┌―――┐                  |        ||
                       |        └―――┼―――┼―――――――――┘        ||
                       |                |      |                      ||
                         ┌―┼――――――――┼┐    |                      ||
                         └―┼――――――――┼┘    |                      ||
                       |                |      |                      └┘
                       |                |      |
       ―――――――――――┼――――――――┼―    |
                       |                |      |
                       |       □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─┐
    ┌┐                     |       |                                      |
    ||                     |       |  閑話休題、モンティナ達が帝国に亡命してから一年強、 |
┌─┼┼───────────────|  時は聖ヨト歴325年、エハの月青五つ(※)……       |
│  ||          ┌―――――――――|                                      |
└─┼┼─────┼─────────└=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=□
    ||          |                  ┌―――┐      |        |
    ||          └―――――――――┼―――┼―――┘        |  (※:325/02/21 )
    ||                        |      |                |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ||                        |    ┌┼――――――――┼―┐
    ||                        |    └┼――――――――┼―┘
    └┘                        |      |                |
                                |      |                |
                                |    ―┼――――――――┼―――――――――――
                                |      |                |                       __
                                └―――┘                |                  __ __
                                                    |.            _________
                                                   …… … ───────────
                                        …─  ── ─── ─────────── ───
                               ・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

356◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:00:02 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

                  □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
                  |                                                |
                  |  モンティナはオルタと水銀燈を連れ、帝国南西部の都市、        |
                  |   西方軍所属のスピリットが駐屯中である──                  |
            ,(゙|                                                |
               ( . └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ∧∧∧∧
                              ∧∧∧∧∧           ,  ― 、
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∧∧∧∧∧∧      _(   ⌒ =―
      |  こんにちは皆さん、初めまして |∧∧∧∧∧∧    ̄ ̄ ̄ー―  '"´
      \_____________/∧∧∧∧∧∧∧
                         〈][ニニ][ニニ][ニニ][〉
       , '⌒ヽ                 |     |_|      |
    ―=⌒ ー )_           rL⊥_r L__r L__r L⊥_r:!
 ̄||                          ||   ||       ||    ||    _(     )⌒ )_
_||                          ||ll ̄ll ||  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
ll二二ll7                        ||ll_ll ||  |   早速ですが自己紹介させて頂きます  |
_||_|                      ||   ||  \_________________/              、
    |                    ||ll ̄ll || l ̄l l ̄l || ll ̄ll ||                l:、    }\          }:\
    |                    ||ll_ll || l_l l_l || ll_ll ||      ┏─《 ↑至サレ・スニル. 》───────┓
    |                    ||   ||       ||    ||      │川川          △△△△△△        │
    |===============llュ、         ||ll ̄ll || l ̄l l ̄l || ll ̄ll ||      │川川           △△△△△△       │
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \       ||ll_ll || l_l l_l || ll_ll rll=======..│川川               △△△         │
二二二ヲ                \===========ュ||       ||    /.         │川川                        │
_||__||__________\         \=========llュ /        │川川┌☆┐【 ユウソカ 】          │
\||   ||:::::::::::/ ̄/ :::::::::::::::::: || ̄            \      \          |川川└─┘     △△               |
\||\ ||::::::/ /::::::::::::::::::::::::::::||________\____ \___ . |川△         △△△   《 至サーギオス→ 》
  ||\ ||/ /::::::::::::::::::::::::::::::::::||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||:::::::::::::::::::::::|| ̄:::::::::::::::::::|△△       △△△                 |
  ||   || / :::::::::::::::::::::::::::::::::::: ||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||:::::::::::::::::::::::||:::::::::::::::::::::::゙|△┌─┐【 リーソカ 】 △△△△      |
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───..゙┗─────────────────┛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

357◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:00:36 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

          □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
          |                                                    |
          |   帝国二大拠点の一つ、ユウソカへと着任する。                 |
          |   肩書きは皇帝の印可により各種権限を付与された特別訓練師である。   |
          |                                                    |
          └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□

                      ,∠下../ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      下、.           /三三....|  私はこの度、大皇帝陛下より皆様の技術向上の為、  |
      / !ヽ         / くー    |  訓練師と言う大任を拝命致しました、モンティナ……   |
      /  ! }      .___∠、/ ---‐ \_________  _____________/
    / // / /    / // //        \     .l ! . ∨.   !   !   ',
.   /'_./ /  /  ./ ./ / /    ___  \    |ヽ ! !   ! !_ !
  /  ./  /_ ∠三ノ7 / /   />ー――  \     !V ∠ ´ !ー!- 、  !
. / ー く_, /三三=/三=. / / .ム彡ニ∨        ヽ\    !    ! ! !  !  !  }         --
/  -==く三三三./三三=. ! 7ム 狂ニ {          } 三下、   ./_ ̄ ̄_!__ !、      ____
  /    /三三=./三三三. !/ / .!  ミ .!          ! .}    ミ /./:::::::::::::::::::::::::::::\\
. {    .{三三=./三三三三 !/    \\        .ノ !_     | i:::::::/㍗ー- 、::::::} }       ─┐
      ㍉三三三三三三!.V      \下 ̄ ̄ ̄ ̄ /´~ ヽ、  .! {:::≧ゞ tzリ  \:::! !       __|
       !三三三三三三1..!          ̄ ̄ ̄ ̄        \ :::::::`‐=`ー―::/ /
       }三三三三三三=V               :::/         _ー―――' /           ッ
       }三三三三三三 !{               ::::、
       !三三三三三三 !|               ::::::\ム
.      }三三三三三三 !!',       ム
      /三三三三三三三!!!        \
    三三三三三三三三三ヘ         `  、              / .!
三三三/三三三三三三三三=!ヘ             ー-   _ _   ノ/
三三∠三三三三三三三三三三ヽ         ヽ __                  イ
三三三三/三三三三三三三三三!ヽ        ∧..    ==-          / イ
三三//!三三三三三三..../ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄\        / /
㌣三三三三三三三三三|  モンティナ・ル・ソウマと申します  |        /  .}
三三三三三三三三/  \______________/      イ   .爪!
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

358◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:01:17 ID:SVPiSY0M0


                                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\──────
                              ___ |  何とぞ宜しくお見知り置き願いたく存じます   |────
                    _...._    ...-―-:::´::::::::::::\___________________/───
                  /´:::::::::::`/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ:::::/ ////////>
             />-―-/:::::::::::::::: /::/:ヘ::ヽ:ヽヽ:ヽ :::::∨イ///////
.              <///////:::/::/: /::/:::ハ/ヘ::ヘ::ヘヘ:::ヘ::::::∨////,イ
             i`ヾ∨/イ :/::/: /:!::!:: !    |:::|:::::|: !::::|::!::::i///ハ:::!
             |:::: У/!{:::|:!:|::::|: |::|:: |   |:::|:::::|: !::::|::!::::}/////: |
             |////ハ: !:!:|::::|: |::|:: |   |::ハ/斗孑:|:::八!/イ:::::|
             |:: ̄ⅥⅤ从ハ‐|‐ト|ヽ!    |/升笊㍉ソイjく ::::::::::: |
             |::::: : V/:::〉乂,イ笊冬、     イ゙込zり'  !こ,〉 :::::::::|
             |::::::::::::::::〈こ、 ヽ込zり      ` ̄´  ハ/!::::::::::::|
             |::::::::::::::::::ト、ヘ                   /ィ'::::|::::::::::::|
             |::::::::::::::::::i:::ヽヘ、      ' _,   /:: |::::::|::::::::::::|
             |::::::::::::::::::|::::::::::|::ヽ、    ̄    /::::: |::::::|::::::::::::|
             |::::::::::::::::::|::::::::::|:::::::::i> 、    イ:゙γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
             |::::::::::::::::::|::::::::::|:::::r┴─‐`v´......<   何だか随分腰の低い人だね…….        |
             |::>- 、::::|:::__|r:イ:_   / / Vヘ   |  訓練師って決まって居丈高で高慢なのに |
            /     |: : : : |::|     / /   Vヘ . |  そう思わない?ねぇ──              |
            /     |: : : : |::|.. .../:イr―xゝ::.. ゝ___________________,ノ
         ,/        :|/: : : :><::::::::イ{:::::::}:::::::У::::::::::::::::::イ :/    l
       /        /: : /::::::://:::::/⌒lヾ:::/:::::::::::/:´ : : /     l
      / __....:.:.:    /.: : :.∨:∠//:::::/   !:::::l::::::::::/:::/: : : :〈       l
    /´ ̄        ,: : : : : :ヽ/:../:::::/.、 / !:::::lヽ:::::{:ノ: : : : : }        l
. /               i.: : : : : : : : :./:::::/ : : ヽ: :l:::::У::::ハ : : : : : :,':         l
 ′       .:      ,ィi: : : : : : : :./:::::/: :◯.:l: : !::/:::::::::ハ: : : : :/          l
           :    /:::::l : : : : : : /:::::/: : : : :ノ.: :.l/::::::::/: : }.: : : ,′:         l
         .:   / ::::::::::l : : : : : /:::::/: : : : : |: : : ト、::::::{ : : : : : :ハ  :        l
       .: , イ:::::::: : /:::::'; : : : :.ヘ†/: : : : : : |: : : :ヾ\:ヘ.: : : :./:ハ :          l
      /´//::::::::::: /:::::::∧: : : : : : : : : : ◯ |: : : : : : : }::}: : :/::::ハ :        l
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━ ━ ━ ━ ━
『 凛・レッドスピリット 』 サーギオス西方軍 戦術支援第二部隊 部隊長   当時:14+5~6歳

359◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:01:36 ID:SVPiSY0M0


       {_            `て_   =- .,____         ,ヘ、/______
           }               )        'i,|li;.`ー…く  く" ̄ ̄ ̄ ̄}}__
        L,_              (_             'i,|li;;;;.. . ./,  ≠======彡'ヾヽ
             )               ´  `¨⌒ヽ        'i,|li;;;;.. . ./,   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ───────
            `て_        .         し'⌒Y    i,|li;;;.. . ./,  |  真紅?   |──────
            )    /                 {     i,|li;;;.. . ./,  乂_____ノ────
              └┐ '゙                `て_  i,|li;;;.. . ./,   __)  。
               〈/                  |    )  i,|li;;;. . ./,   )           ⌒
            /.′  /        |  _,L/}ノ ハ  `て_,!|li;;;. . /_彡' ;  :}     / 〆¨{)_
           / /   .′       | i| ´ /    _j」_ノ ) ||li;;;.. . .′  /i  ;    /  ‰)  ゞ)
          / / ,i{ i          |  \ j/ _,.收゙..:::::}ア /`}!|li;;;. ./  //   i  /  % ノ
         くく / {:{ :|   !    |    \ '´_≠ V rータ / r{⌒ヽ′ /  :  |/    % )
            )) }:}八  '.  X\ `      ″  `¨´ / く_廷)ノ}  /    ! :|    .% ぐ
        {:{  }:} /\  \{ _,≠系         /  /,il;;;.7彡'/__/i .:|     § ノ
        / );),,ノイ/ / i\  ` ,{ 乂rタ 、     u. /  /,il;;;. /  .:′    l .:|    ‰ )
         / ' ̄ / .′  ) )ノ:. ''       _.     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      /     .′    i  j  /ヽ、     ´.   <  そうね、少々意外……っと、                 |
                  '   , /  介s。      /.|  それより凛、衛兵がこっちを睨んでるのだわ   |
             ;'     /   / /  「 ̄ ̄¨¨`廻}/ |   口を紡んだ方が良いと思うわよ              |
               /  / / ア⌒{      _/.   ゝ_____________________,ノ
        ′’;      / .'/  /\   ___{   /_/ //  {       ;..:|     }/
            ;{      //  //   }     ___} /   / ./    ;       ..:|   ./
        /   ;} ′   {  //,/   {    /{/     /   /′.'     }..(㌃Y‰
.      /   /!   ㌃'"}_/ ,/ /   L,,_//  i}    {___/ / /     _」L≧x   %
.          ′  ( %    / /    / /    {        / ∧  ., ´     ‰ }
          i:  て%  / /__  /  /     }       / .:′〉  i        } }}=イ
          ;  |:   ,.≧= {___ } {    /     {         /.  |{ { r _ イ`¨く
         ;     ((__    ノ/ {  /      {         /   レ\\_      {´
             `⌒Y(_      `ー/      八    ⌒≧= '  //
               `⌒Y(_八  ⌒ー…=彡            /
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━ ━ ━ ━ ━
『 真紅・レッドスピリット 』 サーギオス西方軍 戦術支援第二部隊 所属  当時:14+5~6歳

360◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:02:31 ID:SVPiSY0M0


         / , /    / /  //  |   i   ヽ 、 '. ヽ
         '  / '   〃/   //     |   l、    l i :  ゚
.         /,  〃/   ,イ 7  ̄二'/ヽ    '__ ハ    l ! i   i
       // .ィ//  〃レ'_,ィ=≡!=ミ、   /, -/、`ヽ. | i l   |
     //.´//|  ,イー!=《_j〔__ゐハ゛ /イ zナミミ、ハ. ト |  l l  !
  _// ' / ′|  / ! ハ/  ̄ ̄`゙  ///,儿ふ心 !! ,゜,゜
 ´ ̄ ̄) / /.1 ,| ' ハ!八 "   / /    ̄¨¨`゙´メ、 / , i i
   // /' } /ノイ / ! ハ        レ     ""'/ . 〃 / i| |      ほぉん……魔法専門ねぇ……?
  //  ! ノイ__,//  /ノム...   ー   __.  / /  1 / i.l| |
.ノ/     / 〈 r//  /〃ニ ヽ        ‐ ´ //.′ /i|_ノ″ハ| |      んじゃあたしらにゃー関係ないなー。
{/    ´   У/  /〃.:;;;;;;;;;ⅰ、       /イイ,′ ム.llニY / | |
′      /〃 , / r<三=} 丶 - /´ {/イ   |:::i !::/イ 八 、
       /// /.:::::::)   ̄ヽ.____/___{{ {l   .|:::| !;゙    `ヽ
     /∠/.∠ムⅤ.:ノ\      /-=ニ三三、!  |::ハⅤ
   /厂7/ /.........∧∨ヽ    / -=ニ三三三ムヽ.  レー} }―--
 /〃...// /..............∧∨、  . / -=ニ三三ニ=ノ.ハ   \{ {....................>、
. //{...// /.....r==┐.∧∨  /, -=ニΞニ=‐<Ξ/厶.   \\.......//..‘,
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━ ━ ━ ━ ━
『 アインツヴェルン・ブルースピリット 』 サーギオス西方軍 遊撃隊所属  当時:11+5~6歳



               /        ヽ      `ヽ、
            , '  /         ハ    ヽ  \.ヽ.:
  / ̄ `丶、 /   !    . ! !  i .l ! 、、 、 ヽ ヽ.ヽハ   r'⌒ヽ
 /       ヽi    i     l .l l  _ ! l !ヽ ! ! i ヽ ', i ! (´ ハァ `)
 ト、 __ __ ,.  ' :{ミー-i    |/.//´/l l i ! l ⊥ l l i lリ  ゝ,___,ノ´
  ヽ         {ミー-|     | // /ナナ/ / リ〃:ヾ ハ j l
   〈`ー       l `~'l   i |,' 〃:::でレ'    i。;:! } !l !i iノ
   /`ー      ∧  i   li.|  ハ::;::;。i!      ~´  i liリ
   ゝ    //∧  | li  li|   `ー'"     ; r f´ト、      ( 新しい訓練師!!新しい拷問……!じゃなかった
    `ー‐ ´ / //ハ il ! ll|  /i/i/   「 /  | .| .| |/ 〉       厳しい訓練と言うひぎぃでぐぬぬが……!!
      :./   从 il ヘヽヽ > .       ィi    i !
        /  /  !ハli/⌒ヽ r'⌒ヽ. `ヽT´〈`ヽ    l i     はぁはぁ、こ、これはたまりませんね……!!うほぅ! )
.       / , '    f⌒ --...(´ ハァ `)......ヽ  ヽ     ,' i.:
      く 〈⌒ヽ〈`i´    ゝ,___,ノ´. } ヘ Y´ヽ>  / ,'
      `'~^ー人|      } く \! l  i  j.V ヽ  / i、
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━ ━ ━ ━ ━
『 琥珀・レッドスピリット 』 サーギオス西方軍 戦術支援第二部隊所属  当時:13+5~6歳

361◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:04:45 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

                  □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
                  |                                                |
                  |      斯くして運命の歯車は動き出す。                     |
                  |      ギシギシと軋むが如きな音を立てながら……               |
            ,(゙|                                                |
               ( . └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ∧∧∧∧
                              ∧∧∧∧∧           ,  ― 、
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\       _(   ⌒ =―
    |  当面当座、レッドスピリットの方に重点を置き、     |     ̄ ̄ ̄ー―  '"´
    |  座学初め、素質診断等をさせて頂こうと思います  |
    \_____________________/.゙〉
       , '⌒ヽ                 |     |_|      |
    ―=⌒ ー )_           rL⊥_r L__r L__r L⊥_r:!
 ̄||                          ||   ||       ||    ||    _(     )⌒ )_
_||                          ||ll ̄ll || l ̄l l ̄l || ll ̄ll ||   ̄ ̄ ̄ ー― __) ̄ ̄
ll二二ll7                        ||ll_ll || l.. / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
_||_|                      ||   ||...  |  以上、簡素ながら自己紹介を終えさせて頂きます |
    |                    ||ll ̄ll || l.. \_____________________/
    |                    ||ll_ll || l_l l_l || ll_ll ||               }: \ _ノ: : :し/
    |                    ||   ||       ||    ||             _ノ: : : :ゝ: : : : :く
    |===============llュ、         ||ll ̄ll || l ̄l l ̄l || ll ̄ll ||               ゝ: : : : : : : : : : : ゝ
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \       ||ll_ll || l_l l_l || ll_ll rll================ノ: : : : : : : : : : : : :し、
二二二ヲ                \===========ュ||       ||    /            _ゝ: : : : : : : ゝ: : : : : : : フ _
_||__||__________\         \=========llュ /            _ゝ : : ゝ: : : : : : : : : : : :く  >7:
\||   ||:::::::::::/ ̄/ :::::::::::::::::: || ̄            \      \           ⌒7: : : : : : : : : : : : : : く⌒_ノ: :ム:
\||\ ||::::::/ /::::::::::::::::::::::::::::||________\____ \_______ム: : : : : : : : : : : : : : : :ゝ: : : : _ゝ
  ||\ ||/ /::::::::::::::::::::::::::::::::::||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||:::::::::::::::::::::::|| ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}: : : : ゝ: : : : : ゝ: : :く: : : :ゝ 7
  ||   || / :::::::::::::::::::::::::::::::::::: ||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||:::::::::::::::::::::::||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ: : : : : : : : : : : : : : : ~  糸
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

362◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:05:35 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

                               .

                                      .
                                      。
                                     ________
                                    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ロ;;;;;;;;;;;/〉
                                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//
                           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 7'  ̄/.    □
                          /  / ̄_ ̄.|   /_/ /     .//
                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ _/   /    7   //  ┌┐
                  /   .___    □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
               /   / _  |    |                                        |
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ /  ,/ |   モンティナが着任してからの約一ヶ月、            |
           /   __      .//   / |   自己紹介の通り、モンティナはレッドスピリットを対象に   |
.         /   /   /    ./  ̄/  / |   座学の実施と各々の資質を見る事に注視していた。     |
        /     ̄/ ./    ./ ̄ ̄ ,/ ̄|                                        |
.       /    ./ ./     / ̄ ̄/     └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
       /    /  /     / ̄ ̄                │            │
     /      ̄ ̄    /                  |            │
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/                   └──────┘
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  ┌───────────────┐
                  │                        │
                  │                        │
                  │                        │
                  │                        │
                  │                        │
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

363◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:06:05 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐
,:',:',:',:',:'ミ                              / /i! ! ,彡' ミ,:',:',:',:',彡,:',:',:',:',:',:,;'',;''
,:',:',:',:'';;'ミ           □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
ミノ彡レミ"          |                                            |
,:',:',;'';;';'ミ          |  着任後のモンティナの評価、ソレはスピリット達からは        |
.ヘ从彡^           |   「 極一部 」を除けば極めて上々、大変に良いモノであった。    |
゙\ |           |                                            |
\| |           └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
\| |                     / /| |/  z=:'彡',:',:',:'ミゞ',:',:',:',:',:'ィ'爻'从,:',:',;'',';':',:',:',:',:',:',:',
゙\ |                     / /| | | z=彡,:',:''ミ三彡,:',:',:',:'ノノ_ノリ彡',,;'',;'',;''ノ从从乂从
\| |                     / /|__,|ミメソ,:',:',,ィ三彡,:',:',:',:',:',:',:',:',;'',;''',;'',;''乂彡''' "_ ,:;;;:.ィ''「||!|
____|____________l∠≦z=彡爻,:',:'彡,:',:'彡',:',:',,;'',;'',;'',;'',;''彡从.'''"::;_,.,,:x彡災炎メ|l||l|乂
|                      彡ミ三彡,:',:'彡,,;'',仆ミ彡彡从レ''"_,: ;. -''"≦爻爻炎爻メ|!|||爻
| ┌―‐┬‐―┐ ┌―‐┬‐―┐ ┌ミ三彡ノ,:',:'彳,:',:',:'ミ Lγ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
| |_____|_____|,  ゙|_____|_____|  |__ミニ彡州く彡介ミ_| 凛さん~……!!ちょっと~……!!   |
|_______________ __.ミ三彡ル行个ーWy乂_________________ノ
 ____  冂―――――‐冂 __ ___  | ||| | __ |l||.__. |:::| | |__lL.|l|  | |.-‐十||||| |
 |___||___| | ||ノ从、    ノ|| | |___||___| | ||| | |___l.|l||_||__| |:::| | |__|L.|i|  | |.-‐十|l|{lレ'
 |___||___| | ||ミ从ミ    ,从|| | |___||___| |_ |ll!...| |___l.|lll_||__| |:::| | |__|L.|!|  〔[[[[[[[「|!||l|L
(;:: ));; .)::..|(:; )ゞ.||^ll~゙‐ --‐'~'゛'|| |,,(;;:((;;: ;: ): ),.,.,|,,;|ii|,, |..,., ,.,.,, |ll|,..,.,,.,  |:::|..~ ̄ ̄|l|, ,:仼王仁|l|l |゙
.;.: : Xx+ (: ヾ)|,,」l─‐ ‐-- ― .!! l ((;: ,::(;::.:;:));;)) .|il!)::; :)::ゞ );)|!l|ヾ);;))ゞ_ロ」(ヾ)ゞ);.γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
,.,..(;; );;);;) ll/            .\\.エエ((;::.:;:.::;:.::::|il|;;:));::;ヾ;)::;|!l|;;):)リ::))三(::(:;:.:);:.|  へ?何?どしたの?  |
;;);)));llレl/                 \\{工工工工|il|工工工工|l||工工]}___iエエエエエ|乂__________ノ
:::)::ゞl/                   .\\     |l!|. . . . . . . ..|||l|,.「~¨¬ニ二l===゙┴┴┴┴┴|j||l|‐
王lレ'                       \,\    "^ : : : : : : : |l||: : : . . . ...||__| ̄| ̄丁ミlニニニ|}|{}|
/                       \ \           |il:l: : : : : : : : : : : : : ̄~ ::| |   |: |:i|l;|
                          \ \      ".            : : : :. `└‐‐┘|jl|;i|
                                \ \                    : : : : : :::::|||:}:|
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

364◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:06:29 ID:SVPiSY0M0


           , ´               `丶、 ,. -----、
         /       /       \    Y     /
       // // / /  //   /    ┛┗   !     /
       ,// // / /  //   ハ  、 ┓┏i  ハ    /
      i l i il l /. /7Tト、/ ii__ __\ヽ、 |/   !    l
       i i i li i lil// _i_! /  il iヽ `ヽヽ  l   /.l   ,'
        iN i il l ill/,ィ升rヘ  リリr=.く.ハヽ .ト、/ |  /
       ハ l l| i l.|《 |::::::l!     |:::::::iト、 }l | } /!/
       从i|ハハ|  `~´      `ー‐' // /_ノ //il      あの訓練師、酷いと思いませんか?!
         il  i lト、     '.    u.  // /// // ハ
         从 l V iヽ.  /\     // /// //lイ  i      言われた通りに出来なくてもちぃとも怒らないし!
         | | lハi i\__ ̄´_ . イ/ /// //l l | .!       何処が悪かったのかとか優しくきっちり教えるし!
         リハ! ! l|Ni_j  「   i /// //⌒ヽ  |      作ったご飯は美味しい!おかわり!って言ってくるし!
     r'⌒ ノ.     Vj/´.イ 7_ ___ _,レ'´ ̄ X,.--~へ
   (´ # `)   ィ/  / レ'´--‐‐‐' ,. -‐ァ' / (⌒V ,ノ     色々最悪……もう何度も何度も言ってますが
    乂___,ノ´  ,イ/  //      // r‐〈  ) l  \    いい加減堪忍袋の尾が切れましたよ!!えぇ!
          / /  ./     ,. -‐‐ァ'/f⌒Lノ~''´ |    〉
           i/    \ /  / /⌒7'´       |   /



                          ┃┃┃┃┃┃
                          ┃┃┃┃┃┃
.            ト、_/|____     /!  /| ┃┃┃┃┃
           /´.:..:..:..:..:..:..:..:.`ヽ//|‐く,/   ┃┃┃┃
          ,/.:..:..:./V|:..:..:..:..:..:..:..:..∨.:..: ゚,      ┃┃┃
         |:..:..:.. |  |:|:..:∧:..:..:.|:..:..゚,:..:..:.i!      ┃┃
        Ⅳ:从j  jノV─}从/.:..:..:|:..:.. |
           |:|tッ‐  tッ─   }:..:..: |:..:.. |
         |}  ̄,  ` ̄   レ=、/.:..:..:|        お前は何を言ってるんだ……?
.          八         U ,_うノ| :..:.. |
.        /.:..:.`  ─    . イ.:..:..リ .:..:. |        っていうかそもそも琥珀たんさぁ?
         /.:..:..:..:..}:..`7   { .:|:..:../.:..:..:|:.|        あんたは一体何処の何が気に入らないってのよ?
.        /.:..:..:..:../_} ̄ ̄ ̄ ̄{__;l{:..:..:..:乂
        {:..:..:..:../. : : : o:∩:o : : 八:..|:..:..:..:`ヽ
        乂:..:..:{ : : : ⊂ニ ニ⊃: : : У.:..:ノ.:..:ノ

365◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:07:46 ID:SVPiSY0M0


                    ∠ヽ  . =:
                /{/∧.:∨//}
                   ―'<.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.、    r‐┐
           //.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .⌒77/∧
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.--.:.:.:.:.:.:.:.:〈////,厂.:.:.:ヽ
          //./.:.:.:/./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:、.:.:.:.>///.:.:.:.:.:.:.:.:.
          ノ'{ :!.:.:.:.ト.i、.:.:.:/^⌒!.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:\{///.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.          指導は丁寧だし、凄く解りやすい。
          人l.:.:|.i|.:从ヽ:{   |.:.:/.:.:.:.:}.:.:.:.:.}.:}//{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i}       あんたの言う通り、声を荒げる事も無ければ
   r 、         乂|.l|/^汽八 、」.:/L.}.:./.:.:.:./.:ハ/!.:.:.:.:.:.:.:.:.:. リ       当然手を上げたりするような事も無い。
    \丶   , ┐ 八リ ヒリ    ノj厶!/!/}.:.:./}/.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
      丶 \ { | .:.:.:.:{   }     {‐'圦_!イ}厶.:.:.:.: !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:           十把一絡げじゃなく、私達を良く見た上で
     厂 ̄\八 {.:.:.:∧      丶∨ツ^    }.:.:.:.: !.:.:.:.:.:.:.:.:.:{           一人一人に沿った基礎訓練の指導。
    i} 二 ヽ_}  ∨.:.:.∧ { ヽ       ,、_,人.:.:.:八.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     〈  -、\( } }.:./厂〉 二   -=≦´   {){.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶.:\       不明な所が有れば時間を割いての
      \ `¬ / {/    ,// }    / }/.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:}.      しっかりとした教示……そりゃ見た目はちょっと
      ,∧  /} ハ|    { `ー――'^   /.:/\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.       アレかもしれないけど……
     / }/ / /  } /  \___/冖7.:/   \.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:}\
      {    {/   {/     〕_  ̄/   /.:.{    __ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:`==ミ



              _
   | ̄\/\ _,,.  --| :::: \/\/ ̄`7    γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
   '、 ::::::::>'"///////,|::::::::::///∧:::::::::/   ∠  あんな「 出来た 」人今までにいな……?  |
    ,>///////////,>-///// |─く./   ゝ___________________,ノ
  /::::///////////く :::,:il'/////|\ ∧_ノ            _,,,,_
  \//////////// ∧{/|'/////|/|/│       ,r-:''''" ̄'''ヽ;.'i_,,.-:''''i,
   ,/////////////////i|'/////|//|//     :./: : : : : : : : ::彡ヾ;.--':.:'i,.:
  //////////////////,|'/////|//|/     /. : : : : :i,: : : : : 彡: i;.:.:.:.:/ヽ
,/////////////////// |V////|/   ,     !.,';';'i,':,':,:_;'i; : : r-、〆i;.ヾ;,/
//////////////////// i| ∨//∧.   -   i;.i,:',',ヽ_,k-'i; : :.i,コ/: : 'i; `'.、.:
/ ///////////////////l^ー∨//∧   `   : ヾト;,'ヽ,::::::::i,: : i'i":',: : :'i;';.:.:ヽ,
/ ///////////////////|.   ∨//∧.         !i:i :L_, . i.i: :,!'i;'i,'i,':, :i,;';、:.:,!
// //////////////////|  /∨//∧        !i i; :i; `-i;!:.i!, ヽy''"`''''iヾ'.:
///////////////////ソ¨´   ∨//∧.     :.i;i;i'i; i'i; ';iレ''iレ": : :,;r'''''ヽ、
// /////////////////しイ7   ∨// |        `. >'"::i /: : ,r"::::::::::::::ヽ,.:
/// ///////////////二//イ    |'///|         /i;:;:'::y': : /:::::::::::::;;''::::::::i
/ ////////////////二//.イ     |'///|.       :./:::r':/: : /:::::::::;'':;;:''::::;;::-:i

366◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:08:08 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

         □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
         |                                                |
         |    その「 極一部 」と言うのは約二名、内一人はまぁその……      |
         |                                                |
         └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
        :./ /"                     `ヽ      `ヽ  〈.:
        ///                        `ヽ_,,,,---‐''"ヽ  ヽ
      :.././ /                          ̄~ヽ    _,,--ヽ  ヽ:
       // ./           | |  i i            __,,,---‐'"    ヽ  ヽ
     :// / /       /  || || | |  ヽ          |  ヽ   _,,-.ヽ  .ヽ
     // / /     i   /  |.| || .|i i  ヽ         γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    . |.| / /     i  /  | .|  || |.i iヽ  ヽ       <  ぐぬぬぬぬ……!!  |
     :/ /      .i  /   | |  .|| | i iヽ  ヽ ヽ     ゝ___________,ノ
     / | |     i  /   | .|  || | .i i ヽ  ヽ ヽ       .|i_,,,--'"_,,-'" |    .ヽ
    :/ | .|     i  .|    | .|   | .| i i ヽ、  ヽ ヽ ___,,,,,,  .|i  ニ-、  i ||     ヽ
    :| | |i    i  | |   | .|   | |  i.i  __,,,--ニ二 l     |-‐'",っヽ i i ||' " - 、, ヽ
    │ | ||| _,,--i-─|_ニ--,,,,|__   |,,--‐"二┬''""~~| つ    |-'"~・  |i  i ||    "
    :| | ||ヽ | ヾ  く" て"'''‐-、       / ヽ、__,ノ _-'l     |、'"っ i .|i  i .||
    :ヽ | ヽ|  ヽ (\ ヾ、_丿        、"'''''‐-‐''"  |     |ノ'". .| i |.i  .i .||
          | i `ヽ '.i "‐-‐''           i "    .|     |i _丿/ i  i .||.:
           | i  ヽ i ".''."~           i     .|     | i. ,/ i i  ii .||
          | | i   .ヽ i     丿        i     .|     | i_ノ ii  i i  i.i .||.:
        | || i   .ヽ i    ヽ        ii    |     | | i  ii  i i  i | ||
         | || i    i`ヽ      -,,___     i.i   .|  \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人/───────
       :| | | .ii    i `ヽ     ヽ、二つ   i i   .|  ≧                              <──────
        | | .| i i    i i  `ヽ,、         し  _-|.   ≧  え?ちょ!?な、何泣いてんのよ?!  ≦─────
       :| | |.i .i    i i i   i`ヽ、       _,,-''": |   ≧  ちょっと訳わかん無いんだけど?!    ニ=-───
       ::|| .|.i i    i i i   i  `ヽ,,___,,..-‐''": : : : : |   ≧                          ≦───
       ||  | i i   i  i i   i    | : : : : : : : :   | /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WY\──
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

367◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:09:14 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

                 □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
                 |                                    |
                 |           そしてもう一人が……              |
                 |                                    |
                 └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
                 /:r'二´三三三三二}
                 /:.:.:.:.)三三三三三三く_
      rー-v一'⌒ヽノj:.:.: , イ  ̄ ̄` <三三三ニ)            γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ────
      |匸7:.:.:.:.:.:.:/_7:.:/:r┘/        ヽ、三〔_              |   ぐすっ……ひどぃ……酷いです…… |───
    /人/:.:.:.:.:.:.ハ7:.:.:.:.:.〈  ′     、   ヽ三フ             乂________________ノ───
    \V{:.:.:.:.:. /ニ7.:.:.:.:.:_:ノ, l  |    、ヽ  ヽ ∨ 〉
     └う:.:.:.:.{三{:.:.:.:.:.:ヽ l | lト、\ヽ ヽ` 、`、Vニヽ、
      / {:.:.:.:.:.|三|:.:.:.:.r‐'∥ l | ',丶 l 川 l | l | !  ヽ\
    // ∧:.:.:.:.l三l:.:.:.:ヽ |ヽ」斗-ヘ }ノ,エZ{ノ/リヘ\ \ヽ
.    | l / ヽ、:.:Vニヽ:.:r个ト,ィfl圷  ` 化ノケハ  `ヽ>└′
   l|,'   「ヽ{lHlリ:{ 小 ` ゞ ′    八ヽ\
   |V  ,'  l| | ` <7/ | lヽ、    , .′, 仆 ヽ \ヽ      ( 何故だ……?何故か解らないが
    `7 /  ,イ |    l├ヘヽ―ヘ、__,.:'⌒ヽ `、`、 ヽ\      私の中で警鐘が鳴り響いている。
    /   / ||   | |:./ヽ\::.::rヘ::.::.::.::.::\ヽ \ \ヽ
   ,' ′ / /|| /ヽ\::.::.::.) ){廴r-、__::.:rく  \ ヽノ /    「 アイツに近付いてはいけない 」
   / /    /ハ !/:.:.:._:_;>=≠-‐、::.f‐ミ ヽV  \ } 〉 /     と…… )
.  / /    / 'rヘヽ:.:.:. ヽ二ニ==、 }:「`{  ,ゝ、_V_/∠_
 / ,     / ,':.:.:.:.ヽ\:.:.:.:.:.: r‐彡ィ´:::|::.::>‐':.:.:.:.`)ー‐r≠ニ }
./ /    / /:.:.:.:.ノ:.\ヽ:.:.:.:.:.ヽ>:l ::.::|::└r1 :.:.:.:.:.ヽノ/_/ く
//  | / /:.:.:.f⌒ヽ:.:.ヽ`、:.:.:.:.:{{ヽL 厶-‐'/:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.人   ヽ
. /  l | /ヽ、:_>ク^ヽ:_:\ヽ:.:.:.:`T¬ー‐く丶:.:.:.:.:.:.:.:!:ハ `ヽ  \              γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ───
,′ | | /    /:.:.:.:.:.:.:.:/〉、\:-勹::-‐¬__〉:ヽ:.:.:.:.:.:}ヽ \ \   ヽ            | えっ?何でっ?!!  |───
i   l/     /:.:.:.:.:.:.:.:〃:.:.:\ヽく_:_:_:_j-‐个、:.:.:.:.:./  / ∧  ヽ、 `、              乂_________ノ────
|  |l  ,...-勹:.:.:.:.:.:.:.:. l^ヽ、:.:.:.ヽ\:.:.:.:.:.:.:八\ー'ニ二ノ  `丶、 l  ト、
|  |レ'´:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:\:.:.:ヽ l:.:.:.:.:´:.:.:〉:.`Y⌒ヽ        l  ∥ \
l  |ト、_ 厶:.:.:.:.:.:,':.:.:.:.:.:j:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.}|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ト、:_厶      ! l「`ヽ 丶、
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

368◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:10:07 ID:SVPiSY0M0


     /<,/     '´    `ヽ  ヽー' ´‐ー'7 ヽ
    く ,r'^'´            ヽ  ヽー-'´   |
      ソ           、ヽ   Y彡彡       |
     / // , ,  , i'   l i 、 i ヽ ヽ   |彡'彳    ソ                    l ``
    l / / i' i' i i |   | | | ト ,l  |   |  ,/〉   / \   ――-、          {__ノ
   i! l| l l ,| | i! |!  | _lj |」,.|L|_|    |,/  ヽ    -―――--           _,,..,.  レ 1
    |!| | | l_,ィT、|l / ! ,rソェ/ュレ、`   |´ヽ  ヽ__ /         ,. -ーー- '''´      ノ
    ヽ|! ト|,r'i'Tヘ、V レ 'l!tzリ.j、}``  |r、 〉  ヽ \  __,,. - ‐ ''''^´ー''"´ ̄ `ヽ
      ト| ijレ=lっ::::::::::::::::::::`i!     ''! l   |j, /   ヽヘ、|' ´            ,へ \
      | l  i..o  ´ ノ.    i!   l l |ノ  ヾ   \ `゙'''ー- 、        / ,. -ー''´ヽ   l ``
      | |  ヽ    ` ___  l u | | | j、  ヾ \  \    ヽ     /´_´ノ        {__ノ
_     | |   l`ヽ、.u   ´;i! ,| | ,j |'l ヽ トヾヽ\ ̄      ヽ  //                    レ 1
< `‐、.  | |、 |l | `ヽ、 __,. '´ル' /!/ /\ヽ 、\「 `          ヽi/       )_ ――-、     ノ
、`i  ト 、.,ヘ|ヽ |、| |   |   |`ソノル'|/l |  `ヽ| ヽゝ           ヽ-ー 、  -―――--
 〉 〉 | | 〉、 \lヽ|、  |   | |    l |       |     /      ヽー-、 _/ l  |
'^ー'{ン{_/ノ ヽ     }  |   | lヽ r' ソ/     /    /        _, 〉  ヽヽ  |
        ヽ   i  ヽ   \,rー,-ー 、   /    ,/         ヽ  ヽ |  |
          \ヽ   \ ノ /,rー -`ヽ-、   //   /      ヽ  | |  |



/:.:.:.:.:.:∨////ハ/ハ    __    {/7:.、///リ
:.:.:.:二:__:.:`ヾ/////リ,.ィ:.¨:.::.:.:.:.:¨ミ:.:.._∨//i///
///////;ィ¨´ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:>,|//._        つ
//////// .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.,ィ:.:.:.:;ハ∨.:´:.:ヽ-:、:ヽ
\///// .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:/ .|:.: /^ヽ:.:.:ハ:.:.i:.:.:∧:ハ      っ
:.:.:.V//′:.:.:.::i.::.:.:.:.:.:.′ /  |:./    `ー i:.|:.:/:.ハ:.i
:.:.:/ i.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:i:.:i厶イ.__ j/ ι 、  u.|:.| i.:.:.:.:.|:.|    っ
.:/  .|:.:.:.:.:.;.:、.:.:.:.j丿 .r‐‐-=ミ、_  〉,. /|:.| |:.:;ハ |:.|
:i   | :.:.:./ ハ:.:.:|  八   fぅ ∨¨´  ≦j:ノ_リ:.:/:jノ                スガ                ニジ
:l   |:.:.: i (ヽⅥ| .   ` -‐- ′ ミ: ,ィ=‐、`/:.: ′         何故そんな縋るような涙目に無言で躙り寄って来る?!
:′ .|:.:.:八 ヽ ヾ l「iТi         {. ( tッ .リ:.:.:八
   l:.:.:.:.:.:ヽ. !               〉 ヽリ′/:.:.:.ヽ           あんた……!!ほんっとうに訳わからんわ!!
   l.:.:.:.:.:.:.:. 圦.  U   ,.ィニニニニ:、   i.|/:.:.:.:.:.:.:'.
   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i ヽ    /:.ヽ__    リ   从:.:.:.:.:.:.:.:.:'.
   l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  .\  .{:.、:.:.:.:.)  ′ , ':.i .\.:.:.:.:.:.:へ、    _
   |.:.:.:.:.:.:.:.:.: |    丶.弋_>-‐'/  /:.:.:|   \:.:.:.:.:.:.:`ー-‐'":.:.:.:.:.ヽ
>-:┴‐-:、:.:.:r┴─‐-  :_. . ̄¨´. < .:.:. 八    .\:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:i
    \   ゛ ′        .`¨´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\    `ゝ二ィ⌒ヽ:.:.:.: ノ
     \    >:、     .L_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\        (:.:.:.(
      \     \     >ー‐…'' ¨ヽ:.:.:.\       ヽ:..:.:≧=

369◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:11:18 ID:SVPiSY0M0


              r=:、_「:.ヽ_,._
            ,イx }:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:L,ィ{
              r┘.:.:ヾ.:.:.:.!.:.:.:.:.:./.:.:.}
          _」 .:.`.:.:.:.:、.:.レ.:.:.:.ィ.:.:.:.:.`7   \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人___/
          ヾ:ゞ;:斗r≧三xく.:.:.:.:.:.:ヽ.    ≫                             ≪
          ,.》>K`´ `¨´ ‘7ィ/ヾ<》.:.(   ≪  ちょっ?!裾を掴むな!?!えぇいこの!! ≫
           /《 j:!     《イ:!  Ⅵ.:r'    ≫                              ≪
         i! Y:j      }:ト;   !:ノ    /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
            }  .|`.        レ!.:  {             \      ☆
         j  人 ヽ.    ,〃|  |!                     |     ☆
            .:  j  ゞ、ミ ;彡_ .ィ   ト、               (⌒ ⌒ヽ .   , -、,- 、
            i  .: ノノ,.>大スくハ.  : ヾ:、        \  (´⌒  ⌒  ⌒ヾi あん ノ
            | / 〈く/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾx ヾ./イ        ('⌒ ; \人_从人_/ ヽ♥/
         ,イ j  7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j::::::ヘ  く          (´     ) ゲシッ.     У /
        / / __/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::.:.:ヽ  \     ☆─ (´⌒;: /⌒Y⌒Y^ヘ:;  )
~~~ ~ / .ノ彡:.:.:ィ.:.:.:.:.:./.:/:::::::::::}.:.ハ   マ} ヽ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



                            人
         _ lヽ` 、y ¨ 寸ニ , ィ ‐ 、  _ _     て
         ヽ冫ーミ/     ヽ彡'   ハ´../     〈
          i .冫/ ト、 ゚  八 `Y´   }〈
        <{./゚/  .|l,r㍉′.^r㍉、彡′ヽ
            .|.. lY、 杙ツ  弋刈 ´`´`”ミ
               从ヘ. u   `       ヽ   丶 _ _ _ _ _
            i! /,' _`ハ.  ⊂⊃  ノ    ー ‐ ‐ ─ ‐ - 、  ヽ
            i!       ト _  ィ       ー ‐ ‐ - 、 l   ミー-。  っ?!な、何蹴られて変な声出し……って!
            i!     人|─‐.‐‐.|┐__          }|.!( ̄)彡′ なんで何故そんな嬉しそうな顔をする!?
          ,ノ.i !l. 〈   `ー ‐ ‐ - 、 ヘ            .|从__,
        / /八 \ー ‐ ‐ 、 }ハ          |.'        っ!?ってあんた……もしかして「 アレ 」だったりする?
   \ ./`Y゚/   '. ー.、\     .} .(__,ハ⌒)__)⌒)..)ヽl         いじってもいじっても何時もへらへらしてるから
     iY (  ー - 、.'.   }  ...ノ   ..ノ¨ヽ               随分我慢強いやっちゃナーとか思ってたけど──
     l、  ー ‐ ‐ ‐ '.  (     ヽ   ...}
    ,彡')  /      }  .)     ノ     ノl
      彡'.l/     /_l           |ヘ
       /     / ハ             .|ハ

370◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:12:07 ID:SVPiSY0M0


                   ,.   ´  ̄  ̄ `   、
                __ /              \
              ,. イ´7V   ,            ヽ
              / / /V   /  ,  ´   / !.    γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ──────
         /_/  /V   ,.ァ -ォ 、 / / / i     | あんた……ちょっと「 特殊 」な「 アレ 」……?   |─────
        く ´     jiV    / / ∠7 /〉./ / l l l 乂____________________ノ───
          \ _  ノV.   /ム イ /レ' / /ヽ. i ! l  i  l
            \ノハl   /⌒ヾ.     / / / !ト、./ / . l ! |
         r'⌒ヽ !il|   i| 〃〃    レムイ / /〉 /  i ! |
          (´ハァ♥`)从  il|     ; ´⌒ヾレ' / /i  / ハ ノ
.        ゝ,___,ノ´ハl ハil   ゝ.,__  ;;;; 〃i}彡イ ハ/i/ イ
           レ' リ从 |iリヽ. _ __ _;;__// i イ | レ'            え……?
             !/介i!\    | レハノ リ,ィ'il !/ r'⌒ヽ
            ノi 从|  ヽ   |ヽレ' iリイレ' (´ハァ♥`)           それより、出来ればもう少し踏みにじるように♥
.      r‐‐ vへ´. {、    ヾヽ j トく⌒ヽil/レ'ゝ,___,ノ´           ささ!何時ものように……!!
        Y /l   \ \     ヽ`il | ハ   ヽ
      く / ハ ィヽ `ヽ \     ヽ .|  i   i
       /   ` ̄ 〉  ヽ \    ヽ!  ハ  |ヽ、
      i'     く __  ヽ  \  i| ノ ! ノ  i



            , ヘ __...-―‐-――- 、___∠ ヽ   ┃┃┃┃┃┃
           /三三三;'´:.:.:.:.:.:.:.:.:_:.:.:.:.:.:.:.ヽ三三ニ=、 ┃┃┃┃┃┃
          jト三三 /:.:.:.:.:.:.:⌒、:.;:.:、:、:.、:.:.:.:.',三三ツ   ┃┃┃┃┃
          .':.\三' //:.://://^ ^、:ヽヽ:ヽ:.:.:∨<|      ┃┃┃┃
           |:.:.:.イニ!:.|:.|:.//:/|:|.u  }:|:}:.|ハ:.|:.:.:}ミュ、|         ┃┃┃
            l:.:.:.弋i!:.{:.:|廾卞リ   j廾升||:.}:.:.|ニソ:|           ┃┃
         |:.:.:.:. :::|Yヘ{ャ7圷、     ィ也ヌレfヘ|:::|:.:.:|
         |:.:.:.:. :::|:{ ミ、 ゝ='     ゝ=' / ,'::::|:.:. |
         |:.:.:.:l :::|:.ヽムl「iТi  ,   u. ,ツ|:.:.:|:.:. |
         |:.:.:.:.|::::|:.|:.::|:ヘ..u 、―ッ  ノ|:.::|:.:.:j:.:.:.|        ……あはは。
         |:.:.:.:ハ:::|:.|:.::|::::::i> . __ . ィ::|:.:|::::!:.:;':.:.:,イ        そ、そう……あんた、そう言う「 アレ 」だったのね……
         |:.:.:.:.:.:V: l:.:.|:::::::}ー―‐‐ {:::|:.:|:::|::,':.:.:/:|
         |:.::、:.:.:.ヽ:!:.:.!__ノ::、_:.   _}、|:.:|:::|/:.:./:::}          どーりでね……今までも「 何かヘンダナー 」とは
         人::::\:.:.:\´:.. ::.... `  ' ..:: ̄フ:.:ノ::::/         度々思っちゃいたんだけど……成る程……ね……
        //::::\::::\:.:.:ヽ    。∩ 。  /:.:/::::;イ
        /ノ  .:::::\:::}::.: /    __| |__  廴(:.:.::{ |  \\
        冫-‐ ...:::::::::リ从:{   └ .┌┘    ):.:.) |    \

371◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:13:12 ID:SVPiSY0M0


              /::ヽ__/::::::::::::ヽ\
                /::::::::::::::::ヽ::::::`:::::::::::::::::::ヽ:.:\
             /:ヽ::::::::::::::::::::>z、:::::_:x==斗: ::\       γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ──────
           ヽ::::\:::::::::::::::::,."´       `ヽ : \z、._____| あ、あたしそう言うのダメって言うか……   |─────
            }::::::::::>:::/          イ\: :V∧: : : | ごめん、今後ちょっと距離取りたい……    |────
           {¨:::::::::::::: :/             ヾ: : : : V∧: : ::乂__________________ノ────
           廴_:::::::::::/  i!   ト、  ヽ     >、;;: V∧: : : : : : イ
             ノ: : /   :|    iハ   i   人イ: : : : :}iiiii}: : : : : :| |、
            /::::::イ  i  :|    |ハ  :ハ  イ テ: : : /人i}:!: : : :::| |k\
            \::::{   |  |,    :|川 / ! / j / | ̄i!,イ{  Y ̄Y.| |:ミハ
             ヾト  ヽ ヽ   |.ノ !/,.ィレ'' ̄`,jハ i! .|ト=イ  |.| | ハヾ;;、
.                | \ ト {ゝ_从        __,, | ! ||:::イ   :|.| | ハ ヾ;;、
.                |  ヽ八-‐- 、     ,.ィ-==" | ! ||彡   ,.任i!   V/シ
                 Vハ   ヽィ___ ,  ´   ¨¨ | ! || }レィ / |.| |   ト"
               ヽハ   ∧ ̄ ,i         | ! ||// / : |.| |.    |   ( や……私の悪い癖かしらね。
                 } .ノ ハ.  `  _,,_     | ! ||イ.:/   |.| |     |    まぁ何も無ければそれで良い…… )
                 i!  iハ.ム   ´    , ィ::| ! ||三ミメ、...|.| ト,   |
.                 小  |∧  >  _,,.ィ::イ::::| ! ||:::::: : ハ|.|,ハ!   |
                 /i!   | ',  ,.イ::}{:::::::::::::::! i i!!:::::::::::::::Vヽハ.   |
                   / /!   |  廴{:::::::::人::::::::,ィ' `  ノ77;;;;;;;;;;;;;i::::::: ヽ   |
                / / .|  |レ:¨:.:.:777{rj }, '"  ,.'":.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:∧::. |
                  / /  ト  }:.:.:.:.:.:.{/ /  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ───
              / .ムイ¨  ノ:..:.:.:.:.:.:/ _,,/__,,::.-===-、:.:.:.: .| そ、そんなっ?!                   |────
                /  `ー   /:.:.:.:.:./:.:{     ̄        }:.:.:.:.:| コレから私は何を楽しみに生きれば?! |─────
      _,-===-、_.{ `ー=くー=ミ:./:.:.:.:>tュ-=-=─=-  ィ":.:.:.:.:.:.:乂__\ヽ人_从人__从_人__从/───────────
     Y  i   i }ト、__z=-  ノ:.:.:./:.:.//:.:.:.:.:/ ,,x '¨´ /:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.≧             <──────────
     ,ィ!  .l   ,l ハ>"     ./:.:.:::/:.:.//:.:. /     ,ィ.../:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.≧ 知るかんな事!! ニ=-────────
    / }!  .l   l.人! ー=-- ´}:.:.:.:ノ:.: //:.:.:.:`ー==ィ ../:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.≧              ≦────────
   { イゝ、-ニニ≠==-≧__zノ:.:._:.:. //:.:.:.:.:.:,x ' ´ ,ィ./:.:.:.:.:.:.:.:.::l:.:.:.:.:.:.:.:.:./Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WWY\──────
    }! ,r" ̄ _____ ⊂..__    ヽ:.:.:.:.:.:.:.:`ー=-ィ  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:. ∧
   /:.ハ{   ゝ、_  ゞ_ニニニ ̄    \/rミメ、:.::/  /:.:.:,x ''¨''ー- 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
   \:.::} >=-─ヾ──三ヾミ_       `ー}::}::ヽ'ー.┴イ___:::::::::::::::::>-、 __:.:.:.:.:.:.:.:.:∧

372◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:14:26 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐
                     \                                    /
                     □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
                     |                                            |
                     |   さて、そんなスピリット達を後目に着任一月が経過。         |
                     |   風も暖かくなり季節は春になろうと言う時期。             |
                     |                                            |
                     |    当日の座学指導を恙なく終えたモンティナは一人、          |
                     |   悩みと共に「 とある 」憂いを抱いて居た。               |
                     |                                            |
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\└=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
     |   …………    |              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
     \__  ___/          /    ┌──────┐     !
           ∨                 /     |↓ 資料室   |     !
          `. >´ ̄  ー </// ヘ |  ヽ\.  |↑ 講習室   |     !
           /           ヾ ノ l   i j !  └──────┘     !
         /            ∨ / ノ| l |ハ                       !
     /\  /     ─ ー=ニ=‐x  ∨ / j //! |                  !
   / /ヽヽ/ー    _  / ̄ ̄\ヽ Ⅵ /// | i!                    !
   / //^l |  ̄  ─  y;.     Ⅵ;ノ|//// / ,                    !
  ,|  |;'r‐{           |{   ㍉、 .jメ}zt|/// /|/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨
  八 ヽ! /           {l     `ミ 1厶7i^V|/                       ∨
   〉、 Y.             ヽ __ ノ¨⌒{_ノ                            ∨
  彡 }_j                      ヽ                        ∨
 ̄                       ー-  〉                        ∨
─、    i                  r  ´ __________________∨
  >x、八                -─ __」..´ 二二二二二二二二二二二二二二二二二二 `<,
\    `>、              `{´.\ -、 二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 `<,
  \     `  、         √.二(__丿二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 `<,
   \       `  、     /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 `<,
     \         ` 、 ィ´.゙二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 `<,
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

373◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:15:27 ID:SVPiSY0M0




  \\ | l i 川 | l i川  i川 | l i 川 || l i 川 | | l i川| l i 川//
   三                                  三
   三  ( マロリガンを出る時、決めた筈だ……        三
   三   「 利用できるモノならば何でも利用する 」         三
   三   「 例え皇帝だろうが、何者であろうとも 」だ! ).   三
   三                                  三
  // | l i 川 | l i川  i川 | l i 川 l| l\\ | l i 川 | l i川  i川 | l i 川 || l i 川 | | l i川| l i 川//
                          三                                  三
                          三   ( そうだ、私はオルタと水銀燈を守る為なら      三
                          三    何だってしてやろう……何だって……! )      三
                          三                                  三
          \\ | l i 川 | l i川  i川 | l i 川 || l i 川 | | l i川| l i 川//i 川 l i川 | l i 川 |\\
           三                                    三
           三     ( そして今、私はスピリット達をも欺き、       三
           三      「 利用 」しようとしている…… )         三
           三                                   三
          // | l i 川 | l i川  i川 | l i 川 l| l i 川 l i川 | l i 川 |\\


              \\ | l i 川 | l i川  i川 | l i 川 || l i 川 | | l i川| l i 川//
              三                                    三
              三    ( 同時に……リリアナ殿が私に訓告した     三
              三      数々の言葉が胸に突き刺さってくる…… )    三
              三                                   三
             // | l i 川 | l i川  i川 | l i \\ | l i 川 | l i川  i川 | l i 川 || l i 川 | | ll i川| l  川//
                                  三                                       三
                                  三  ( 解ってはいる……「 こう 」しないと平穏は無い。   三
                                  三   だからやるしかない、しかし今の私をもし── )  三
                                  三                                       三
                                  // | l i 川 | l i川  i川 | l i 川 l| l i 川 l i川川 | l i |\\




374◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:16:07 ID:SVPiSY0M0


             ___           ――-、    /                           /
               /: : : : : : : : : 〕iト.  -―――--    /                         /
             /: : : : : : : : : : : : : : : 〕iト.       /                               :/
           / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 〕iト._彡′`ヽ....i \\ | l i 川 | l i川  i川 | l i 川 || l i 川 | | ll 川//
         /≧=- _: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : :\i:i゙三                                三
       /三三三三≧=- _: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: \{l(O)l}zi三  ( ジャンヌや母さんが見たとしたら……     三
        {三三〕iト.三三三≧ _: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : } ̄{: :゙三    私を何と言って責めるであろう── )    三
      Ⅶ三三三〕iト.三三三≧ _: : : : : : : : : : : : : : : : }  {: :..三                                三
       Ⅶ三三三三三〕iト.三三三ュ、_: : : : : : : : : : : : 八 `. // | l i 川 | l i川  i川 | l i 川 l| l i 川 l i川 |\\
         \三三三三三三ニ〕iト.三三i:ュ、: : : : : : : : : : : : `ー/: :                _ -=≦
           \三三三三三三三ニ〕iト.三ニi:ュ、 : : : : : : : : : : /: : :∧i.      _ -=≦
             \三三三三三三三三__〕iト.三i:ュ、: : : : : : : /: : : {: : \_ -=≦
   ‐┐.         \三三三三三三三三三ニ〕iト.三≧=‐≦: :_ -=≦
  _,メ、            〕iト.三三三三三三三三/〕iト._ -=≦
     ・              〕iト.三三三三三/_ -=≦
      ・                〕iト._ -=≦
                   _ -=≦
                 _ -=≦



                       \人_从_人_从/
  |              ,. =i/∨i i iへ.,     ) __  __  (
  |.          ハ丶丶//∨i i i i i i <  | | (/⌒)) >
  |!          ハ丶ヾ.u' ' ∨i i i i i i i .) !」   〔l´ (
  |!         ハ ,.=ノ=.,  ,.=-^レi i i i i<.  O   O   >
  |!        ├(    ノ二(    'iシi i i/)        (
  |!,      ( }  ̄ く _ 丶__へレ /⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
  |!i         v.u             !.i'’ソ /
  |!l.         i    f   )   U , ノノ,/
  |!l      人 ,.   `        ,/テテ     __,ノ
  |!l        ,/'-,ヾ   ̄     ノ彡’ヾ.,_      )
  |!|.i     /  ヽ::...... ̄........-=三’  /  ト,_ _ -=ニ   っ?!
  |!|.|.   ,:’   〃^i;::::_;: - '’     /  | .{ {ヽ ,)
  |!|l|゙・∨    /i .i’ヽ、      //.    | /”  ⌒ヽ
  ’ ∨     /ノ ル ,ゝ    /.∨     |/     ノ-、
  ∨     /レ'=o=> 丶, 0/  ,/     |        ⌒ヽ, -、/^ヽ「`
  ’     / ハ ノ /i   ヽ’//  \人_从人_/
        ハ,:'   / i   . /  /    ) カクン !(
  =.,_   レ    .ノ i  ノ  ./   /⌒Y⌒Y^ヘ

375◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:16:53 ID:SVPiSY0M0


       _          ,.ィ'´:::::/!_‐- 、:::::::::::::::::::::::::(,、
      /:::`ヽ__,.ィ///::::::::::::r‐、ノ   `ヽ、:::::::::::::::::ノ
    r‐'、::::::::::::::///ミ/:::::::::r、:_) l  l    ヽヽ:::::::::ゝ,                  \人_人,_从人_人_人/────
    l:::::::`:::::::::////´::::::::::ゝ´  l  l     ヽ ヽ:r‐'´                      ) うああっ!?!(────
    ノ::::_::::::////:::::::::::r‐、ノl  l l l     l l  l!   ,                 /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ──
 ,ィタ'l:::::::::::::::`:l//ミ!::::::/:ゝ、 l l  l l ',    l l l  l   -
. lミ! /ヽ;::::::::::::::l//ミ!::::::::::r‐‐'_ム斗孑十弋、  l l! /   `
 ゞ="〔_:::::::::::l//ミ!::::::::::`)lヽl  ィ示ョ`   `ュ! l/
 //   l __)::::::::ヾr‐'ー、:(´ l   `辷:リ   カ
.//!   ト、ゝ-、:::::::lノyヽ 〉:ノ. l     ̄    ヽ
./ l   l. ヽ  ゝ'、:ゞー.'´::) l.l         _´!
  l   l  \ ゝ‐ヾ、圭.l l.l           ´, '         _
. l   l    `十-、__≧/ l ト、      /           /| k.リ/>fl         「l────
 l   l     l r‐‐'´.l l//ミ===,ィ=x、      __ ⊥リ / l|       l´l  l」「l────
. l   l     l  〉:::::::/ ///////ミ/ヽ////ゝ下三ニ-¬卞イ ∴l|ト、.      l .!─, l」─────
. !   !     l /:::::::/ ///////ミ〈 ゞ〉圭///| i|l      l| |∴’ {ミl|       l .l ̄───────
.l    l     /:::::::/ /:《////////!´//=彳j|i|l      l| l ’  l|ミ}     レ'   「l ──────
l    l     /:::::::::〈 `ー‐-、//////////,》  rっ     l| |   |ノ       l´l  l」「l───────
                                               l .!─, l」────────
                                               l .l ̄──────────
                                              レ'   _  ────────
                   / イィ’__:::::::::::::::::::::::::::::::-=ニヒ  ━┓           l」 /l─────────
                  イ '"ソ:.:.:. ,.   ` 、:::::::::::::::::-ニヒ   ┏┛           _//──────────
         ヒ'´`">ーf´' イイ´.:. ,イ      !  \:::::::::::::::ノ   ・             l_/────────────
        ノニ-イ:::::| ,.ィイ:.:.:. :./   /   ,!   ゙,::::::f´
      ヒニrヘイ:::::| 7:.:.:|:.:.イ{;イ::. /:   / ,!   lr-イ
.     ,'ー'´Lィ{  { ,r'、:.:fテ‐ト、{i:. l:. :. /:. ,イ   }イ
      化ィL´ ゙!:::::゙!7イ:.:| ィテト、ヾ{ l|:.ム‐7"|:.  ! |!
    ,/イ: :トヘ、 ゙!rべ{:.:.:| ゞ;:ン   `,ィセリ }::. / リ
    ,ム'l : :|:;ヘr、ヘテイ'〉:|        {;:ソ,.イィ,イ '
    7 | : : ト{f`个rヘ/.:.|、.u    '   / ト{´        ……何?
     |! : :.! ゙! !: : / ィ !:ヽ.    -   ,.イ:. |l|
     | : : | {' |: :/ /_l !ニ->ー-、 イ__,. !:. !ヘ        何の悲鳴と物音よ?
      ll : : i  | / /´ l |, {::::::::::.ヾイ:::::} |: | ゙,
    l| : : :|   く-イェ_ | {、 \:::::::: }ァヘ::| ! {   i
    !l : : :|  ,イ ヽ_: : ` ‐-. .、f-:. ト,トイ{ | !   }!
    l!! : : ::| /    `ィー- 、: : ヽ::7イ::::::} ゞ〉 '´

376◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:17:50 ID:SVPiSY0M0


        <   `_‐、`ヽ  /ノハ
       _く `‐_ ‐ '`ヽ ヾゝ‐ / ノ 〈 \
     _ノヽ´ヽ_/ ノ /  ゝ -   〈 )、 ̄}   \
   ノ/ ノ´`'ノ / / /     ::::ヽ ゙亡ト、   \\
  /ノ'‐´´ / / /        ::::::} ltmm}
  "´  / /                ヽ{ニニニニニヲ
   / /   /       ┣==================┫
  / l  /            :::::: ||   \人_从人,,/  ||
 /〈〈 ヽ/              ::::::..||   ,) パサ…(.   ||
、l l l/          :      :::::: ||   /⌒Y⌒Y^ヘ.   ||
 | | l          /: l    ..:::::::||                ||
  l l l、        /::: l     ::::: ||                ||
ヽ ヽヽヽ      /::: /     ::/||                ||
  - //ノlヽ_ /::::: /_     /. ||                ||
  / ヽノ/     ̄ ̄   | ̄ l ̄_  ||                ||
  l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::: |ヽ-´  `l...||                ||
    ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::: : `───´....||                ||



:.:.:.:.:.: |  __::. ::: .     ,   r┘   ━┓
:.:.:.:.:.: |´,    `丶、.::;:'     〕     ┏┛
:.:.:.:.:.: |/ /  / ,  V    t┘    ・
:. ド : :|,// / / ,  V.:-   」
:.:.:.:.:.: | /// / , l i|::::.  _「′
:.:.:.:.:.: |,'/ / / ,:' l l,'.: r┘
:.:.:.:.:.: |   '_\ //, / ソ|!》
:.:.:.:.:.:r、,   〈::ノY/イ寸个l|
:.:.:.:.:.:ト l__  ィ'刀| l{ l| il        何が起きたのよ?
:.:.:.:.:と j::::::::::::V| l i| /' {!
:.:.:.:.:.: |ノ::::::::::/| ハ ! l|            一体……
:.:.:.:.:.: |ト、::::::「三¬-、 l
:. ア:. ||::::i‐┘ ̄> 、〉|
:.:.:.:.:.: |j:::::V――-、イ l |  \人_从人_/
:.:.:.:.:.:-―――-- ̄ ヽj__   ) ガラッ !(
:.:.:.:.:.: |、:::::l ム二ソ   、__//⌒Y⌒Y^ヘ

377◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:18:36 ID:SVPiSY0M0


   |__                   γ⌒ヽ                      f:::::::::::::::::::::::::::
   |―へ \                  (( ┌ ))                         `y::::::::::::::::::::::
   ||    \\                 |i'''''il|                       f´::::::::::::::::::::::::
   | ̄|    \\               ||o,,i||                      人::::::::::::::::::::::::
   | ̄ ̄|    \\              `ー゛                     、     }:::::::::::::::://
   | ̄ ̄ ̄|    \\                                   -       ,イ:::::::::::::/
   | ̄ ̄ ̄ ̄|   \\                                ′    /フぅ:::::: /
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   \\                                     /|i 「マ::〈 /,
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   \\                                   ' |l |! |て//,//
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   | |_____________________{ .|i |! | |::彡イ::::
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_」_」:.工工工工工., -────☆、 工工工工工工工工 'Y{ 从|!::::::::ト、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄___::::::::::::::::::::_ ☆_______,ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ Y }i| |::::://人
            :. 'ー-へ_ ̄ ̄ ̄       ゝ-- 、.:                |  |イ|::://イ/
               :::::::::::::::::: ̄`ヽ     / ̄`ヽ  ̄ ̄`丶_ :           人 /i|.|:::{ ,イ/
                  :::::::::::::::/    <{_、__.ノ^ー-- .__  _>- 、.:.     __ / li|:::| /⌒
                      `ー-- ._/二、ヽ ::::::::::::::::::::::`ー^┴’      〈  /  ||イ ̄:::::
                      ::::::::::::::::::::::    ̄                 }:Vイ ̄:::::::::::::::::
                                                   レ::::::::::::::::::::::::::::::



                   / イィ’__:::::::::::::::::::::::::::::::-=ニヒ
                  イ '"ソ:.:.:. ,.   ` 、:::::::::::::::::-ニヒ
         ヒ'´`">ーf´' イイ´.:. ,イ      !  \:::::::::::::::ノ
        ノニ-イ:::::| ,.ィイ:.:.:. :./   /   ,!   ゙,::::::f´
      ヒニrヘイ:::::| 7:.:.:|:.:.イ{;イ::. /:   / ,!   lr-イ
.     ,'ー'´Lィ{  { ,r'、:.:fテ‐ト、{i:. l:. :. /:. ,イ   }イ
      化ィL´ ゙!:::::゙!7イ:.:| ィテト、ヾ{ l|:.ム‐7"|:.  ! |!
    ,/イ: :トヘ、 ゙!rべ{:.:.:| ゞ;:ン   `,ィセリ }::. / リ
    ,ム'l : :|:;ヘr、ヘテイ'〉:|        {;:ソ,.イィ,イ '      ( 悲鳴の後に続いたドタバタ音……そして倒れてる人。
    7 | : : ト{f`个rヘ/.:.ト、u    '   / ト{´
     |! : :.! ゙! !: : / ィ !:ヽ.   ( )  ,.イ:. |l|          ……階段から転げ落ちた? )
     | : : | {' |: :/ /_l !ニ->ー-、 イ__,. !:. !ヘ
      ll : : i  | / /´ l |, {::::::::::.ヾイ:::::} |: | ゙,
    l| : : :|   く-イェ_ | {、 \:::::::: }ァヘ::| ! {   i
    !l : : :|  ,イ ヽ_: : ` ‐-. .、f-:. ト,トイ{ | !   }!
    l!! : : ::| /    `ィー- 、: : ヽ::7イ::::::} ゞ〉 '´

378◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:19:14 ID:SVPiSY0M0


 _〕       //    〔      \ー‐rイ  く ―┐
 {      / /     l \_     l:::::::l    |二二1
  つ   /  ,    l  |   ]     l:::::::l   イ〔V  | |
 └‐t  /   l    | l  |  l {      l:::::::|     | ∨/
    L. l !  |    l| N  l_廴 ィ   ,ィヱヘ   匸. | l       ――-、
     | l  l l | N ナマ彡ャ‥Y|_ 〈ヘ{そリ   | l |   -―――--
       !l  トl,イ、.| jノ  ハrい 八 L. ト-r'  r イ !| ヽ
      l|ヽ ヽiYf:ハ     ゞ‐'  | イ |/::::/ _ノ | l !ヽ|
          liヘり       u l |l  !:::/ //   | ! |     ( 間抜けと言うか何というか……
          l l  ヽ _ 、     l l |  !//     ! l |
          | ヽ、 ′    _//イ  |´       | l l      って気を失ってるみたい?
         / /| ` 、  r'´ // ̄| lフ       l l  !        やれやれ仕方ない…… )
         //| l / ̄, ィ、 //:::::::l |ーt.     l| !
          //r'´ ̄:::::::::::{rケソ//::::::::/ /}  \   l | |
       /´ l:::::::::::::/:トこソ{ {:::::::/ }::|    ヽ. l/   !
       ヽ| /\:::::::::::::/:::::::>'´ ̄/::j |    l |   |



              r=:、_「:.ヽ_,._
            ,イx }:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:L,ィ{
              r┘.:.:ヾ.:.:.:.!.:.:.:.:.:./.:.:.}
          _」 .:.`.:.:.:.:、.:.レ.:.:.:.ィ.:.:.:.:.`7
          ヾ:ゞ;:斗r≧三xく.:.:.:.:.:.:ヽ.   ,
          ,.》>K`´ `¨´ ‘7ィ/ヾ<》.:.(   -
           /《 j:!     《イ:!  Ⅵ.:r'   `
            i! Y:j      }:ト;   !:ノ
            }  .|`.        レ!.:  {    γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
         j  人 ヽ.    ,〃|  |!   <  取りあえず医務室に……っ?   |
            .:  j  ゞ、ミ ;彡_ .ィ   ト、   ゝ_______________,ノ
            i  .: ノノ,.>大スくハ.  : ヾ:、
            | / 〈く/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾx ヾ./イ
         ,イ j  7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j::::::ヘ  く
        / / __/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::.:.:ヽ .        : ,..‐. --  、
       ,/ .ノ彡:.:.:ィ.:.:.:.:.:./.:/:::::::::::}.:.ハ .        /x '='ミ:.:.:.:.:.:\.:
      / .人.:.:.:.く.:.:.:.:./.:〈::::::::::::く.:.:.:.:ヽ  ヾ   /.:.:i wv  }:.:.:.:.:.:.:ト-、
      ,/ /  `ー1´ ̄`ヾ:、:_三辷彡へ:イ\  \ 〉.:..V::: : , Y⌒ヽ.:/::} \.:

379◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:19:58 ID:SVPiSY0M0


             、. ,         ,斗'¨¨¨¨¨¨¨¨¨`ヽ、_
               o       r‐'”ヽf^Y⌒^^⌒ー^ー^Y、廴.:
               )    : r'\\ {ト、丶 丶 丶丶 ゙込
                  (`メ、    ,イヽ、 ヽ八Ⅷ、 \ \ \ヽ 、 ゙Y
                 )   ,/-‐   、、州拆 Ⅶ、 ヽ  ヽ、  }.:     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ──────
                     } / ̄シ´    Ⅵ\\Ⅶ、ト、i、iハ     |  この男……   |─────
                     :.{ / ノ  ;:;:;:  l|lハiト、i、ヽi|i|i|l|l|_}     乂_______ノ───
                    Ⅶ,イ    ;   リ|| l|ヽト、l||l|l|l|ノリ
                    fヽ{,,ィ竺ミー-、__j ゙リ、l|_l|斗l|刈リr |
                    { トヽf´ ̄ ̄厂ヽ;;;;;f´ ____  }}l) }( ̄ ー──‐- 、____.:
                      八.ヾト{ \    }ニニ{    ̄`' ノ |‐':: \ー──‐-ミ   \\__
                ,斗'”ヽ/゙ヽ{ 乂_>_ノ ̄i⌒ー─‐'┐}:i:i:  \ :i:i:i:   :i゙ー‐┴┘}⌒ー-、
             ,斗'”(:::::)ノ/:i:i:i八       ‐┰r‐'   ,ノ/l:i: :i   \ :i:i:  :i:i:  :i:i } :i:i:i }.:
             _,斗'”   .>'” ./:i:i:i:/:i会。 u    r;=っ   ,イ :}、:i: i.   ∨ :i:  :i:   :i:l  :i: j、
    :.r─< ̄    >'”:i:i:i: /:i:i:i:/:i:i∧:::≧s。  ┃;:;:  ,イ . :.|::}:i:  i:   ∨i:.   :i:   |i:i:  /i: \.:
   ,イ⌒ヽ、 \>'”i:i:  :i:i: /:i:i:i:/ :/:::ト、::::::::..` ー─=≦  . : :.} Ⅵi:  i.   ∨i:.      |i:i:  /i:   \
   / :i:i:i:i:i:i:i:゙寸’   i:  .:i:ノ:i:i:i:i{  {:::::{::Ⅵ:゙": : : /Y⌒Y、. : : : :/ :Ⅵi.  :i.    ∨i:. 丶  :}i:i:ノ/i:.     \.:
.  / :i:i:i:i:i:i:   丶  i:  /:i:i:i: /  |::: :ト、}}:.0: :/ 〈::::::::〉 \:0/{ :. Ⅵi:.   :i:   ∨i:i:. \ ノi:i:i/:i:.   __   \
 / :i:i:i:i:i:     ヽ  /:i:i:i:i:  /:  ハ::. {::::\/:::::  〉::〈  :: ゙´,イ :::. Ⅵi:i.  :i:i.  \:i:i:i:i:i.ヽj:/:i: .:i:'´ /



     ,イ´f´    /          `ヽ          ノ
   / / |     /            |    ヽ        ノ
  ,/ 〈  ノ/  /            ∥   ヽ      (_!
  / ! 'Y /    !  /           ∥  |  ' ,      `!
 i| |  f/ / | | /     |     ∥   |  ',      `!
 | .ノ-イ ! !  |  ノ' | j   |     /}   |   |         |
 !f   }| { | |,イ|,f/| .∥  .j   / } |  |   |        |
  | ) .{| ,ヘバ十-|-‐'ム .イ/ , / /, ,イ  /! | /      ノ
 rュ,⌒)ル'ムィテ'i'テ〒ミ`ノノ/ /レ'`ナメイァ // / /    <(´
ー<@〉},'  ハ辷'_..八` " ノ.r' ,rテ!ムz'//イ /レ      ノ
.  `マ  ,' ´"'''"゛      {、_.'ノ 'zィ'   レ'_  _,...-‐´
.   ,' | |',           j,.  '''''゛//     ) `´        訓練師……
   '  !! ヽ、 U    "    /├‐-‐ '´
  ,' ∥`ヽゝ^ヽ    ~'   _.. イ |                  モンティナ・ソウマ……
... |   |>´   ヽ.._.. -≦  /  {
゙`┤ ∥       ヽ r-―-、_!  |

380◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:21:18 ID:SVPiSY0M0


          r::v⌒ァィ7::::::::/{`し厶ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r'
         (`レニ.:.:.:.:/::::::/ァ⌒'       `丶.:.:.:.:.:.:.:.:`う     _
       __「二X)ニ.:.:./::::::/rー’i   l  i  ヽ \.:.:.:.:.:.:.:.>  ___,,..) `)
       [{~ヾ彡ぅ.:.:.:/::::::/rv'  !  :|   |  ハ  '.:.:.:.:.:.:`ニ)   --‐''´
      `ー ' イィ).:.:.:{::::::,':`┐ :|   !  j|    i  ハ.:.:.:.:.:し、
       /ィ:{;ぅ.:.:.|:::::{:{ニ´   !  i|   |    |  }.:.:.:.:.ニく
       /´ ∧!Yア.:.!.:.:.!rイ:  j|  ハ  i|    |  |.:.:.:.インく
     /´  // 乂ヾ:.Lrソt丁大┼ハ! !  |___tL  j.:.:ぅ’1{ヾ}    誰か他に……おさんどん……は厨房で夕食準備中か。
.    乂 //∧:} 延リい{ィ笊ミ:、 `"ーィkィz从ィ乂r:く i!:レソ
   イ:!  .イ  / 〉!  ヾ:{ トi!弋rツ     ん':;ハ!イ/  1i  |:「     凛もさっき隊の子と宿舎に戻ったし……
   L{// / 〈/   /ハゞ!       ,   `'" / i:{  {ハ. jト{      あぁもう、私もさっさと戻れば良かった……
   ///     rソ/大ヾァx.__  -  u イl リ_ ! ! l!
.ィ彡/_   _      ///::::::}ト、ヾ::::L__ _ ..彡八 ハ:{  : ト. {_
. /(´  (´      //イ≦:::ハ }! 〉:::{〈ァ):::::::::::::::ヽ. ヽ ヽヾ ト、:、
. イ `''ー-`''‐--.斗= ニ=-L_!j/:::::::`介:ヾ、::::::::::::_」、ハ  \ \ヾ\
        厶=ュ:≡=ミx  ≧=彡:ハ:r=ニ三 ̄Z ̄¨7   ヾ ハ }\ヽ
         /才ニ-ァ…‐テ::::::::/ }:>≦三≧ァ=く    } iリ  ゝ}



f⌒Y :. :. :. >个ダヮ.:. :. :. :. :.\::::::::::∨  )\\\
:. :. :. :. : : /:. :. :. :. :. `ーx_:. :. :. \::::::::∨:.:`ヾ;:Vヽ::〉
:. :. :. :. :. ,'     |i   |i |iT≦_\::::::∨:.:〈:∧イ `l
: : : : :. :. ;       |l   |ト、|lノ |i |i\ヽイ-、ノ:{<|..|  |
: : : : :. :. |    i |ト、.丶.|ト、|lレイ !!  ヾ:. :. :)}:ト、\ `ヽ
: : : : :. :. |    ト、|l ヽ ,X千んf‐ミ、li ゞ- 什ト、ト、\ }
: : : : :. :八 |i  l |l_,  \ 丶代,ゞイ}! }ト、 ∨.:ハ::| ヽ::) \
: : : :. :. :. ∧|l 小.イ \      `'ー'゙  |! '. |「(_}:| /人   \
: :. :. :. :. : : 从 iト、'f升ヽ       u |i  f´  `ヽ/  }       ってボヤいててもしょうがない。
  ̄`'ー一´丶 |  ゞx.ノ '、   __   |  |ー‐ 、  ヽ
 _ _iL      `ト、\)ヽ    `ー′  イ i|r┴‐'゙   ∨       後から救護義務を怠ったとかぐだぐだ言われたら
 {( コ匚       /  )>- ──イ´ヽ! イ /       }        隊のみんなに迷惑が掛かる。
 {ノ(0厂_,北_    /  / /::::::::::::::::人/'  Y      |
      ((乂 ))  /  / 〈 :::::::::::::::::/  /个x_,__ム       やれやれ……致し方ない……
           /  /    ̄}:::::::::///::::::〉-、_ノ\/\{
    f^)   /   厶イ¨ ̄イ:::::::::)./ ̄ ̄`ヽ:. :. :. :. :. :.

381◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:22:12 ID:SVPiSY0M0


    γ⌒ヽ
    (( i、 ))
      |i'''''il|
      ||o,,i||
     `ー゛


        〃==================ヾ 〃==================ヾ
        ||~~~~~~~~~~~~~~~~~~~|||~~~~~~~~~~~~~~~~~~~||
        || i li                           li ||| i li                           li ||
        || i li | !                       i li ||| i li | !                       i li ||
        || i li | !                       i li ||| i li | !                       i li ||
        || i li | ! li                     li i li ||| i li | ! li                     li i li ||
        || i li | ! li.. / ̄ ̄ ̄ ̄\        li i li ||| i li | ! li                     li i li ||
        || i li | ! li i.|  っ?!  |.      li i li ||| i li | ! li i                 li i li ||
 〃========== \__  _/ =ヾ 〃==================ヾ | li i li ||
 ||~~~~~~~~~~~~~. ∨......~~~|||~~~~~~~~~~~~~~~~~~~||..| li i li ||
 || i li      :::::::::::                  li ||| i li                           li ||..| li i li ||
 || i li | !    :::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::    i li ||| i li | !                       i li ||..| li i li ||
 || i li | !   :::::::::::::::     :::::::::::::::::::   i li ||| i li | !                       i li || ~~~~||
 || i li | ! li ::::::::::::::::              li i li ||| i li | ! li                     li i li ||. ===[]ニ]
 || i li | ! li ::::: ∧::::              li i li ||| i li | ! li                     li i li ||
 || i li | ! γ  ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ヽ      li i li ||| i li | ! li i                 li i li ||
 || i li | ! |   ん……     |     | li i li ||| i li | ! li i | ii           i  | li i li ||
 || i li./ ̄] 乂______ノ  i  | li i li ||| i li | ! li i | ii           i  | li i li ||
 || /[   ] ,,,  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ,,\ .l ii           i  | li i li ||
 || {_________________________}  ii           i  | li i li ||
 ||~|| || ~~~~~~~~~~~~~~~~|||..~~~~.|| ||....~~~~~~~~~~~~||
[]ニt...||=.||================[][]ニt===..||.=|| ============[]ニ]
.    || ||                                || ||
.    || ~                                    ~ ||

382◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:23:06 ID:SVPiSY0M0


                / // ///:|  | / | / / / //  ! |/ // / / / /
                 / // /'l/|/l / / / /ィ/ /¨//`ヽj/// / / / /     ━┓
            /|// / | /| / /─| |/ |/ //   |//|// /  /      ┏┛
              ∧| /^ヽ/|/_| /´ ̄! /         !/ \ / /       ・
               Ν/  ,; ヽィ'7'/    |{!   /     _/厶イ;; ,; ;
             ∧{  〃 {ノ/,/     l|八.  \        }lト;; ;'
              { V //ヽ|         \.  |       √\\三≧
              Ⅵ {::.. |/            \|    人   ィ仁二\\/
           |ハ ∨                 `ー一r≦シ⌒ ̄ `ヽ/          こ、ココは……?
               Ⅵ} /                     ̄    :;:;:;:;:;:ヽ
             r=/ ;゚                        r─  ─一〉       つっ……私に何が……?
         ノーノ;ハ {              U         ヽ   フ::::/
      ,イ′ |  ヘ ';                         \  .:::::::;/ヽ
 7厂´     |  八ハ                  __   、ヽ  ̄
         |   \         ` 、     `  ̄`─、.ヽ\ |
         |     \                 ̄     〉 ノ



     _,〕     //    \      ヽ      _
      {.      / /      〔         \ー‐rイ    く ―┐
     ,つ   /  ,   .|   . \_        l:::::::l     |二二1
      └‐.t  /   |   | l  |   ].      .l:::::::l    イ〔V  | |
        L. | l l l |  .l | N   廴 ィ    l:::::::|      | ∨/
           i| l   {f伀ハN ナ斗=弍㍉!    ,ィヱヘ   匸 | l
         lヽ| .ヘ .V:j|ハノ  V゚/ハ |_  〈ヘ{そリ    | l |
           |  |.} ゞ'      r込ソ 八.L  ト-r'   r イ  !|ヽ    気付いたようね。
            ヽj |               | イ |/::::/ _ノ | l !ヽ|
              八 ` _         .l |l  !:::///.   | ! |      ココは見れば解るように医務室。
                 \‘ '        l l |  !//    ! l |      全く……廊下から運んでくるの大変だったわよ。
                  //|ヽ、__ ,  r'´ // ̄| lフ      .l l  !
               //| l / ̄, ィ、 .//::::::::l |ーt.      l| !
              ,//r'´ ̄:::::::::::{rケソ//::::::::/ /}::::::\   l | |
              /´ l:::::::::::::/:トこソ{ {:::::::/ }::|:::::::::::::ヽ  l/   !
             ヽ| /\:::::::::::::/:::::::>'´ ̄/::j:::::::::::::::::::l |   |

383◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:23:54 ID:SVPiSY0M0


           _  /^ ̄ ̄¨¨¨ーrm,,
           i ^^´ \ \   \ ̄\
          _人ヾ\  \ \   \  `i
         ヘ   i \  \  `i    ヾ  i
        |三ミ   ||||\   i  |    |   |
        レ   ミ/   i    |  | | |  |  |
       〈   ;^. u ;:;:;:|| |  ||  ||||| | | | |
        .レ/i __x≠x v | レ^,-三=テヽ//,/
        l(\ r´r´ _ノ ヾ示~^|≦ミゞ"  || ノ          っ……あ、そ、そうだ……
        ヾヽ\r \   }t‐ー´\;;__/ |/
         \::|::\___≧,/^|:::         .| \,,,...,,        私は階段を踏み外して……
          ゝ.|        ,,,,,;:__;/   U ,|\ \:::::
          /.∧.     -── ‐    ,/||\\\
     _┌ー¨¨/ ;;`\,      ̄    /´;;;;;;| .;i:::::::::
ーー¨¨¨/;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|;;;;;||||`"ー;;;;;;;_;;;;;;-"´:::   ||  \
__,,,../;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:::|:::::::::ヘ||||::::::::::::::,ヘ \::::::   :|;;;;;;::::::



     |: : : : : : : :/   /        \ `丶ト、:.|:.:.:.:.:.:.:|: : : : :ート、、ヽ
    ヽ.ィ: : : :/   , /    l         'i '"´: : :.:|:.:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
      r‐:':::::::/   / / .     |     .l.    | .',: : : :.:|:.:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
     ',_:、:::/   |||.     |    .|.    | `丶;.:.|:.:.:.:.:.:.:!: : : : : :ハ::ヽ
      ノ:,'   .|l|      \   ト、   | l !´: :.:!:.:.:.:.:.,' : : :r ' `¬
      /:| | .   |十ト 、     |__x ┼‐ヽ- / | .).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:
.      /:::,! |   .VV_ _\  `丁__ヽ|_____∨ ヽ{: : :/:.:.:.:./::::::;::::ノ|    !:
     /:::::ハ.ト 、 ト下丁丁  ‐-不三丁丁フ  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::! |   .!:
.    .ヽ|l ',ヽ \| 弋_‐.フ    弋_ー_フ   | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l .!   |:
         |丁|                 l  ! .|:.ヾ ニフ    !::l .|   |:    あぁやっぱり……
.           | l|       '      U | l| .|/:.:.:.:.⌒ヽ丶|. |:  ..|:      はぁ……何と言うべきか……
         / / 人             | l| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\|:   |:
          / /| |_  > .._  r_‐_、  _,  l l.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  |:     あ、ついさっき伝声管で軍医を呼んだわ。
       /,イ | |! /:.:.:.::::ハィュヘ: ̄「「ヽ ..,' .,':| |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|:     暫くすれば来るはずよ。
      ノ'   | .| ,′/`ヾニンリ:::..:.:.:.:.:./ /:.:.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    ..'"ィ    | ||:.::':.:.:.:.::.:.`¬´:.:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.
   <._ <   .| ||:.::::::::::::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:! !:.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|

384 :名無しのやる夫だお:2014/01/18(土) 22:24:28 ID:yb.eNh8Y0

まさかこれがきっかけで執着されるのか

385◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:24:56 ID:SVPiSY0M0


            ,. =i/∨i i iへ.,
           ハ丶丶//∨i i i i i i へ
          ハ丶ヾ ' ' ∨i i i i i i i i i i ,
         ハ ,.=ー=.,;:;: ,.=-^レi i i i i i i i i i
        ├(、\ゞ二(    'iシi i i/i i i i
        ( }  ̄ く;:;_ 丶_ へレ/ハi i i |
            v              !.i'’ソ /
         i    -─ 、  U   , ノノ,/
         人 ,.   `        ,/テテ         あ、あぁ……っと君は……真紅君だったか。
           ,/'-,ヾ      ̄  ノ彡’ヾ.,_
       /  ヽ::...... ̄........-=三’  /  ト,_ _     どうやら君が私を運んでくれたようだね。
       ,:’   〃^i;::::_;: - '’     /  | .{ {ヽ   いやはや見苦しい所を見せてしまったようで
   ,.・∨    /i .i’ヽ、      //.    | /”     すまなかった。
  ’ ∨     /ノ ル ,ゝ    /.∨     |/
  ∨     /レ'=o=> 丶, 0/  ,/     |
  ’     / ハ ノ /i   ヽ’//     .i,.・’
        ハ,:'   / i   . /  /       |
  =.,_   レ    .ノ i  ノ  ./       | ,'



          /::: ィ  /   ,   /  /             ヽヽ   /::/`ー‐'|::::::lヽ     ヽ
       /::/ /,/ /  /   /  /      !          ! |  /:/    |::::::| \,.    ゙
        /::/ ,/ / ,. ,'   ,'  ,/!        i!  !       / l! /::/     |::::::|   !     |
     /::/ /' / / ,'   ,' /  !        i /!     /! | /::::|      |::::::|   |    /
     /::/ / / '  /' !   / /   | !     / /' |   ./ 〃 l /,'|:::: !      |::::::|  /   /
.    /::/ /,ィ i /'|! |   i! |  │ l    / /、_!___ ,./_/;-//ナ!::.: |     /::::::/ ./    /
    ヾ' / /!  ! l l  | l |__!___|ノ|   /! /  / ィ ̄丁 T 十ヾ::::|    /':::: / /    /
     i! /!|  l ! ∧ !/! | .j   l |   / j/  j/ -\ ! jl /  /\  /|::::::::! /    /
     V ゝ | 乂 ヽjヽ.ィf !    ヽ'´       .r行モ示矛〒ラ / /.i l  ,' ヽ:::
     ,/  /\!|   \ハ!                Vヘ:::::ト-1 "/ / ,//      別に……救護義務を怠ったとか
      ,/  / /: !   / ∧ ッ=z=彡::       -ゞ-=≠″/ / |/ |       言われるのが嫌だっただけよ。
     /  / /::::l!  /  !ヘi                      / /. /,!  l
    ,/  / /レ ´  /   / 八.      '.         / /. //  .ノ       そもそも貴方訓練師でしょう?
   /  , //    , '  , '    ゝ、             / ///  ∧  /      私達の規範となる存在が、
  ,/  ,./    /, イ/_     __,.-/  `      ,.イ'/  /  / `:/    /   階段で転んで失神とか目を疑ったわ。
  \ ヽ   _/‐/: //: : : : : :\ (__丿::个ー-- ‐<   :| /,x./  /: : :/    /\
    ゞi\ ヽ く:::::l |::: : : : : : : \: :ヽ:::∧      // ::/  /: : /    /: : : ヽ

386◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:25:44 ID:SVPiSY0M0


           ヾ:::::::丶:;:;:;:;:;丶::\
           「´::::::::::::::::;:. -‐}、::::ヽ__/:::::::::::L
           `フ:::;.ィ ´    ヾゥ:::;ハ `ヽ.:::::::::人‐┐
              У   ,      〈::::::ハ   !;:::::::`)ヽ、〕
               / i   !   ',   ゙)::::|  |::::::::〈 、 、〉
           ! |  .|   l/!,、 `):::|  |:::::,-'   .|
           、λ、  、   .ノ'ナ l∧ノ`i!  !:::,!|    |
              ヽトヾ、 ヽ!゙ ´ ー‐'  1! {薔}:)' !    !
             ` |゙ |}´       /l | (ノフ   、   、     大体よくそんな贅肉付けて訓練師が務まるわね。
             / ,!ゝ  - __/┴‐イ´   |   |     廻りを見てみなさいよ、貴方のような訓練師は
             l_ー< '⌒ヽ><!'7,.イ`ヽ、   、  、     誰一人として居ないわよ?
             /_〕}‐、 (´::::::::::| `≧)::::::ハ    |  |
             /∧(::::::::Y::::::::::::ゝ==':::::::::::ハ   、  、      あぁ、琥珀からも散々聞いてるわよ。
.            /∧‐‐{〉::::::::::::::::丶ノ::::::::::::::::::::::\. !   !     そりゃまぁ身体を良く動かす訓練師なら大飯食らいで
           |ヾ、:::/::::::::::::::::::::::::|::::/'⌒ヽ:::::::::::::`>  .|    当然なんでしょうけど、貴方は少し摂生するべき……
           || ヾ、ヾ::::::::::::::::、::::|!´:::::::::::>―^、/ ト、!
          レ!  y::::\::::::::::::::、:"::::::::/!`ヾ<.    !l、 、



                / // ///:|  | / | / / / //  ! |/ // / / / /
                 / // /'l/|/l / / / /ィ/ /¨//`ヽj/// / / / /
            /|// / | /| / /─| |/ |/ //   |//|// /  /
              ∧| /^ヽ/|/_| /´ ̄! /         !/ \ / /       l ``
               Ν/  ,; ヽィ'7'/    |{!   /     _/厶イ;; ,; ;         {__ノ
             ∧{  〃 {ノ/,/     l|八.  \        }lト;; ;'         \
              { V //ヽ|         \.  |       √\\三≧
              Ⅵ {::.. |/            \|    人   ィ仁二\\/
           |ハ ∨                 `ー一r≦シ⌒ ̄ `ヽ/
               Ⅵ} /                     ̄    :;:;:;:;:;:ヽ    …………
             r=/ ;゚                        r─  ─一〉
         ノーノ;ハ {                         ヽ   フ::::/
      ,イ′ |  ヘ ';                         \  .:::::::;/ヽ
 7厂´     |  八ハ                  __   、ヽ  ̄
         |   \         ` 、     `  ̄`─、.ヽ\ |
         |     \                 ̄     〉 ノ

387◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:27:34 ID:SVPiSY0M0


  (: : : : : : :. '  /  /  '  '   '  ' , '     ハ: : : :.て: : )
   ヽ: : : :.:,'  /  /   ',  ',   ' ,  ヽ ヽ   ' : : : :て(   人
   ノ: : :.:/  /  / //   \ \   \ \ \   ',: : : :てノ     て
.   (: : : :.:i i i i i i :/ // ハ ヽ ヽ \ ヽ \ ヽ ヽ从:.:.てノ',     〈
   (: : : :.l l l l l l/ヽl l ! | l ill l l il ヽヽ\ \ l:.:.て: ) ヽ
   `て: ,l l l l l_l_  l_l_,l, l l ill l_l_il_l、l lハヽヽl:.:て(   ハ
.   / `て',l ll l l l ノ,,l,,l, | |i !lトl,,|,,|,,,,,|ハ  ! ト、! l:.:て: )
  /::  /ヽ l从ハレllィイ:;;;;;v从从从イィ:;;;;vハ7  トミ从ノ::てノヽ、    ( あ……し、しまった!ついいつものクセが……
. /::  /  てノ7 ,Λ 辷ソ       辷;ソノl   ;: :てノ'´ //\
ミ/::  /    / /彡',__      ,         /!  l´   //       放言で私が懲罰されるのは構わないけれど
.::   /    /'´:ミ/`ヽ)    _ _    U イミ', ,  //         隊のみんなにまで飛び火したら── )
::  /    /:: /  _ノノ::.....  `    ,__´___l  ヽ/ /
 ./    //ィ'"´_/////≧ェェ≦///////ミ、  `ー=ミ         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
../    ,彡' ,_彡'´><////《薔》///////>'ゝ--   ヽ        | いや……これは返す言葉も無い  |
     `フ/'"´ ̄_  _`>//////<´ ̄____二二`ー=ミ     \__  ___________/
                                             ∨



                     、  1
.   \人人从人/     η \、ノし.. =i/∨i i iへ.,
    ) ペチッ ! (   .κ// _)  丶丶//∨i i i i i i へ
   /⌒Y⌒Y⌒ヘ / //i.    ハ丶ヾ ' ' ∨i i i i i i i i i i ,
            / / 'r'.、 ハ ,.=ー=., ;:;:,.=-^レi i i i i i i i i i
.            /  イ .ゝ}  ├(、\ゞ二(    'iシi i i/i i i i i
          _/  .{ i  / i( }  ̄ く;:;:_ 丶_ へレ/ハi i i |
           /iヽ, ノ _.ノ    v ,',_  ___,    !.i'’ソ /       全く以て仰る通りですな。
.          / ,{/。\/〉    i!  iト、      )   , ノノ,/
    ――-、.  \_/i!     人 ,、 ` ‐-‐ ´    ,/テテ          いやはや琥珀君の作る食事は実に美味しくて、
-―――--      /       /'-,ヾ      ̄  ノ彡’ヾ.,_           普段味気ないモノばかり食べていたせいか
       /       /    ,/  ヽ::...... ̄........-=三’  /  ト,_ _      ついつい食べ過ぎてしまっていました。
.      /       /     ,:’   〃^i;::::_;: - '’     /  | .{ {
     /     ,イ ヾ,...∨    /i .i’ヽ、      //.    | /”     実の所、自分でもちょっと厚かましいかな?
           / |’ ∨     /ノ ル ,ゝ    /.∨     |/         なんて思っては居まして……いや、お恥ずかしい。
         /  !        /レ'=o=> 丶, 0/  ,/     |
     、               ハ ノ /i   ヽ’//     .i,.・’

388◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:28:09 ID:SVPiSY0M0


           _  /^ ̄ ̄¨¨¨ーrm,,
           i ^^´ \ \   \ ̄\
          _人ヾ\  \ \   \  `i
         ヘ   i \  \  `i    ヾ  i
        |三ミ   ||||\   i  |    |   |
        レ   ミ/   i    |  | | |  |  |
       〈   ;^   ;:;:;:||. |  ||  ||||| | | | |
.        レ/i __x≠x v | レ^,-三=テヽ//,/       階段を踏み外したのも私の気の緩みからです。
        l(\ r´r´ _ノ ヾ示~^|≦ミゞ"  || ノ
        ヾヽ\r \   }t..゙ー´\;;__/ |/        貴方達の規範となる私がこのザマは……
         \::|::\___≧,/^|:::.         | \,,,...,,     いやはや自分でも情けないにも程が有ります。
          ゝ.|        ,,,,,___;/      |\ \:::::
          /.∧    ー -- 一   ´ /||\\\     今後このような無様な真似を晒さぬよう、
     _┌ー¨¨/ ;;`\,            /´;;;;;;| .;i:::::::::     重々心に刻もうと思います。
ーー¨¨¨/;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|;;;;;||||`"ー;;;;;;;_;;;;;;-"´:::   ||  \
__,,,../;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:::|:::::::::ヘ||||::::::::::::::,ヘ \::::::   :|;;;;;;::::::



;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:-  ̄ ̄ ̄  - 、;:;:;:;:./;:;:;:;:;:;:\_
;:;:;:;:\.;:;:;:;:;:;:,. ´              ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:/                 \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; }    l ニlニ O
;:;:;:;:;:;:;:;:/                       ヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:{      レ<ナヽ
 \ ./ /             ヽ       ∨;:;:;:;:;:;:;:;: 〉        ┼、ヽ
;:;:;:;:;:.′/               \  、       };:;:;:;:;:;:;:;:/        ノ、ノ  /
;:;:;:;:;:i .i .′ / , ,. /     ヽ  l ヽ       l:;:;:;:;:;:「|            ./`し
;:;:;:;:;:| |  i!  i! .! .! .i      } 、 i i、 .l    l!;:;:;:;:;:|. |
;:;:;:;:;:! i! |! .ハ! l l {       | l .l ト、 | l  l!;:;:;:;:f′|
 、;:;:'.. {! l!/!r┼┼┼    j┼┼┼ 、| |  j!;:;:;:;:i  |
 ノ;:;:;:;:|人人ノ rテ井ミヽ   / |/rラ冬ミ|/∨\|;:;:;:ノ   |
 `ーァ;;::;|  | 《 {_fuハ ヽ  ,′ イ {_fu.ハ 》.|  |;:;:;:て|| !         あ……そ、そう……
  〈;:;:;:;:|  | 弋zラ  ∨   弋zフ |   | リ/ .| |  |
  |. て;:;|  |                  |  |    | | |
  |.   ̄|  |、      ′   U  |  |    .| i |
  |    |  |.\    ⊂⊃    / |  |_  | ! |
  |.    |  |―>         イ  ̄|  |   }.   |   |
  |    |  |    r仁Z`iヽ   .|  |  /   .|| |
  |     |  |    ヒンニュウ′  |  | .'≧.  |   |

389◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:29:02 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐□─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐ ──  ───‐‐
         |                                                        |
         |   スピリットに対して好意を抱き、また今まで一癖も二癖も有る相手と          |
         |  何十何百と言う「 交渉 」を経て取引を纏めてきた男……              |
         |  モンティナがこの程度の放言で「 怒る 」筈も無い。                     |
         |                                                        |
         |  だがこのモンティナの返答は真紅にとって「 予想外 」の答えであった。      |
         |  コレまでの訓練師は居丈高……言ってしまえば「 教えてやってるんだ. 」      |
         |   「 ありがたく思え 」と言う概念でスピリットの錬成を行っていた。             |
         |  放言を吐けばその倍の罵詈雑言が怒号にして返され、                |
     「`:´.:.:.:|  時には手を上げられる事も屡々有った為である……                  |
     ヾ:.:.:.:.: |                                                        |
     r':.:.:.:.:. └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
     レ:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  イ /   i |ハ       从   \ ∨:.:.:.:くヾ
      r' ̄j!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| / j /{    | ! リハ    / ハ. ヽ  ト ∨:.:.:.}ミ
   __ .斗.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j/ イ.:小  | !/  }   イ / /_}斗 八ハ Ⅵ:ぅ
   「{  / 」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ 乂 {ハ ヽ. j |ハ从 i ;大丁jハ从/ リ  } i.:rヘ
   }:|  {x{.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:jハ イ i! N ∨ j′jハノiハjヽノj:ィ刋「| 人ヽ」:;) ヽ
   Lv才´`t{ゝ.:.:.:.:.:.:.:.!〃 | jトハ从!.斗 ハ!/ /}/ 泛;:ン´ !ハ 廴:〉
     /{L三X:.:.:.:.:.:.:.:.:|ハ j  トミ/Ⅵハ{- ′ ´      / { トi ヽ.  /
==キ彡’ イ/}ヾ}〉.:.:.:.:.|!j 八{才、ヾハィチミ         { ハ}:リ、 X:/
   / / イ 》x彡xハハ{ 从{`ィ乏;:ン´      、   八 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
.  //  / ノ / ヾ:、ヾ:ヘ气、小ヾ:、         __    <  …………   |
  /′ /イ ./   j:)  くツヾ{ハツ ト:\ U      ‘ ´     }、ゝ_______,ノ
/ イ/ /イ    乂      イ/ /_ヾ>... _____   イハ ヽ .ソ イ彡
/ ィ  イ   /′   /イ /「三三三三三三三≧ィ:彡ミx ,.ゞ'
..-‐ァ /    //    .イ/ .イ j三三三三三三三≧《(rァ》ツ'"    .:イ::::
´ //   // _.イ≦:、∠._ ゞ三三三三三三>孑>'" __ ..-ァ/´
/イ     〈/ィ´         ≧トx三三三≦三<厶斗≦三三/:::.-
´    r彡'     _ ..-一ァ:ぅ ::r’三≧三三三::≦三|.:.ヾ三/ム ..-‐
     7≧∠二´___..厶斗匕《三三三三三三::三三|.:才´ _ .イ三三
    イ /´ ̄ ァ ィ⌒フ::ゞ\:.:.゙气三三三三三三三/ .ィ// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    '⌒´   /イ  /孑'ヘ. `ー天=一ァ::三三三/ 〈/ム|  おっといけない、ちゃんと礼をしてなかったな  |
         /´_ ...イ/.:.:.:.:.:.:.:.`ー―一ァ彡三三三:イ   ミ _ \__  _________________/
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐∨───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

390◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:29:41 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

            □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
            |                                                |
            |  そして真紅が最も驚愕したモンティナの行為が「 コレ 」。          |
            |   ベッドからやおら立ち上がり、足を揃え、背筋をピンと立て、       |
            |  病によって太った身体を窮屈に折り曲げつつ、              |
            |  ゆっくりと、そして深々と頭を下げての「 謝辞 」。                 |
            |                                                |
            |  言わずもながコレは北方・南方問わずして軍でのマナーとして       |
            |  厳しく指導される「 個 」に対する「 最敬礼 」である。               |
            |                                                |
            └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
                  r=:、_「:.ヽ_,._
      \人_从_人_从/、x }:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:L,ィ{
        ) __  __  (...::::.:ヾ.:.:.:.!.:.:.:.:.:./.:.:.}
      <.  | | (/⌒)) >....:.:.:.:、.:.レ.:.:.:.ィ.:.:.:.:.`7
       ) !」   〔l´ ( . ;:斗r≧三xく.:.:.:.:.:.:ヽ
      <.  O   O   >.゙`´ `¨´ ‘7ィ/ヾ<》.:.(
        )        (..j:!     《イ:!  Ⅵ.:r'
.      /⌒Y⌒Y⌒Y⌒\.       }:ト;   !:ノ
                }  .|`.     U レ!.:  {
             j  人 ヽ.    ,〃|  |!
             :  j  ゞ、ミ ;彡_ .ィ   ト、         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                i  .: ノノ,.>大スくハ.  : ヾ:、      |  助けてくれてありがとう、深く感謝します |
                | / 〈く/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾx ヾ./イ     \__  ______________/
                イ j  7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j::::::ヘ  く        ,∠ニ∨>、ゝ`Yr─ 、
            / / __/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::.:.:ヽ  \.     /     ` 、|  「¨`、_ \_
              / .ノ彡:.:.:ィ.:.:.:.:.:./.:/:::::::::::}.:.ハ   マ}  ,イ       ミ| ノ    ヽ、 ヽ
          / .人.:.:.:.く.:.:.:.:./.:〈::::::::::::く.:.:.:.:ヽ  ヾ   |       ミi! /       ̄` ゝ
          ,/ /  `ー1´ ̄`ヾ:、:_三辷彡へ:イ\  \i!   Y  vitレ ─-、    ノ7-、
        / /   ,.ノ.:.:.;イ.:.:.:.::.:.:.:.:.:.二三.:.:八   ヽ.  ヽ.  ,. .,.    T'─-  ` 、_ア ミ}
        / /     j.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヾ:二三.:.:.:.ヽ  ‘, }ハハハ/ ヽ        アfT ̄
.     / /     ,く:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:三}.:.:.:.:}  j  |   ゝ. {|─ >、___,,../  |===<===========
   { ̄ `ヾ:、      {.イ.:.:.:.:.:二三三ヾ.:.:.:.:.:.:.ⅥYーヘj  / /    ` 、.|     |、 /    |    /
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

391◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:30:52 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
────‐.□─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐  ────  ───‐‐
        |                                               |
        |  モンティナのこの行為に他意は一切無かった。                   |
        |  名を変え、国籍を変え、非合法の取引や、騙し合いを重ねてきた      |
        |  そんな裏と表の端境を生きる男であるモンティナ……             |
        |  だがそのモンティナは「 純粋な気持ち 」で謝辞を述べた。            |
        |                                               |
        |  一方真紅は「 未知の危険を感じさせる 」この男を強く警戒していた.。   |
        |  そしてその警戒は指導を受ける際、心に「 防波堤 」を形していた。     |
        |  「 深く関わらないように 」「 顔色は大きく変えず心を読まれぬよう 」      |
        |  と言う己に課した未知の危険に対する「 セーフティロック 」である。       |
        |                                               |
  ニヒ    └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
  (__            (,イ                   i     ヽ ∨:/:::ヽ
    よ           /八/                 i  |    i   i .∨:::::人 ノ:Y  ̄ ヽ
            , ' (( /     i    、        ||  !     |   !  .∨:)) }:ノ ̄ ̄  '.,
   レ       , '   ))      ト、    ヽ      リ ,' /   |   !  .У} i }:)ミ= 、   '.,
  (_     ,. '/  {::{ {   i、  ヽ_ヽ__ 八      ,' / ,.:'   j  !i  (:::リ  从\/:/、  ∧
            //   /く八 .   |}ト - 厂 \ヽ ヽ   .,/-/≠-、i   リ  /j   У /::::::) }:}:} )   ∧
   /     ,//  /://ク{{ニヽ 从 \ ,,z==ミヽ\ ,,/ ,/zz_  ノ`:./ ./r==v=x ./::::::ノ /::/      .',
   /`し   .// <::/:/.,' 廴人  \. 《 んハ`      ´ん¨ハミx / ./人/¨¨ヽヽ:::Y r::/!ハ     i
       //  / {:{ ,i   ¨¨ヾ}ト,,_ハ r'込:リ       r'入:::rリア イ.ノ Y__r-ソY:: ノ .}:}  !{:::{      |
        //,  ,' ..{:{ ,j      /| |ハ弋zツ        弋辷グ / !八く彡⌒ノ::/  }}  !{:::{   i:   |
     //.,'  .,   :{:{ |i       / ii j 从      ´     `Y /.,'  :!/`ー''¨:r'γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      // ,'  ;   {i |!      /  | |./ .ゝ    r==、  U ,' ; !  |!_,r==x-' <  え………あ……    |
     { { ,'   ,:; i   i !.     /  乂{___> ._ ー '    { {.,' |!::: |! }}      ゝ__________,ノ
     { {;  /;' .!:  | !  // /.j j:::::::::::::::::::::≧z--ュ≦::| |;  {j  ∨      /   /  }!_ i |i:   |
     | |  / ,'  j   | ! ! / {::::://:::::::::::>={ィァムヽ-::::: :| |!  !j   i          ,'  .从zi |i:   |
     | | , ,.   |   ! ! ヽヽ !:::{ {:::::::/:::::::::辷Y ソミ::、: :| |! 八   :ト、         ,'  //::::}i |i:   |
     | |./ ,   |   ! !   \ Ⅵ |:::/::::::::::::::彡兀::ヽ:::::::ヽヽヽ{:::::}   !:::::>      (  { {:   i |i:   |
     | |  ,'   i|   ! ! ,-=三三≧、ー─く:::::/: | ::ヽ:\:::::::::) ∨ /.八:/         ヽ{ {:   i |i:   |
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

392◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:31:52 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

           □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
           |                                                |
           |  だがその「 セーフティロック 」がモンティナのこの行為によって      |
           |  ほんの一瞬……一時的に堅く締めらていれた「 タガ 」が緩んだ。     |
           |                                                |
           |  そして変わりに現れたのが、謝辞に対する純粋な感情──         |
           |                                                |
           └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
                   /: : : : ミ}´              ` 、: : : : : : こ}
               /: : : : :乂           \     \: : : : :弋}
             ,ィi》: : : : : : 弋      ヽ   ヽ ヽ  ヽ: .: : :.:.ミY
         r=ミヽ,ィ夭i》 : : : : : : : :.ヽ   \            ',: : : : :从
    ___;{乂Y´{i:i:i:i:i》: : : : : : : {: {  l      \   \   V: : : 乂}
   〈ミrーームY: :.:.:|:i:i:i:i:》 : : : : : : 乂}  |   l  ヽ ヽ ヽ  ヽ  l: : :{う
     }ミY彡イ,rイ: : : :マi:i:i:i:i》: : : : : :{ l l l l   l l l  l l l  l l斗 ! : :_}ミヽ
     ∨}//ムミヽ:.:.:.マi:i:i:i:》: : : : : : } l l l   l l l  l l l孑l´l l ミ゙:{  ミY
    《≪,/ミ/} う癶:. :.Ⅵi:V》: : : : :{ l l l ! ,,才l l  l l l ,ゝ斗从/: こ} } 〉、
     `7ー;// 弋乂: : :.Ⅵi:i:ム: : : :.:.:} 斗 l´ l,,l l 从ノ / トツ {ハイ ト、 j/  \
     ,/ //j } | Yミヽ: :.Ⅵi:i:i:ヽ: :.( l l-l‐,ゝ斗孑         Y´ヽヽ\    \
     / //ミ}{ / 弋乂: : 癶i:i:i:i:iマ_;八ミrハ弋zツ       〉  lヽミヽ\ \
   ,/ 〈/ / i |     {こ:、: :マ:i:i:ム  トミヽ、 `¨´        _   ,八ミヽ \ヽ ハ    Y
   /     /  ))    ヽ `ーヘi:i:iミヽ\ーミヽ        ´    / ノハヽ 〉 i〉}   |
-=彡    /  //      ` ミ、_,,,.ゞミY、 \ ヽヽ___       /  川 i} УУ |   |
          //           _li:i:i:i:i:i}トミヽ\} }i:i:i/____,人,_/ノノ// /゙ |   |
    /   〃         ゞi:i:i:i:i:i:i:| 〉i:iヽ \Y´从`Yi:i:i:i:/´ /  /  |   |
; /   /       ,.:―=彡: :寸i:i:i://i:i:i:i:心  ゝ=ミYソi:i/ /  /,,,,,,,,.. |   |
    /      /: : : : : : : : :.:寸//i:i:i:ゞ'"´  _了i:i/   /  ∠二ニミi} |   |
;  /      /:. : : : : : : : : : : :.://ゞ'"  ,.:z≦:i:i:i:i:i:Y  /彡'"≦二ニミ;ノ   ノ
/      /: : : : : : : : : :.rー'"´   ,.:z≦i:i:i:i:i:i:i:i:i;イi:|  〈二ニ=彡'"´/   /
        /: : : : : : : : : : : : ゝ彡 ,:z≦i:i:i:i:i:i:i:i:i:彡'"´}:心   _,.:z≦彡′  /
.     /: : : : : : : : : : : : : 〈__三二二二二ニ=ミヽ,〈i:i:i:i:ゝミ,.:z≦/     /
  ゝ'"´ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ;ゝ'"´    ___〉i:i:i:i:i:ゞ'"´     /
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

393◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:32:34 ID:SVPiSY0M0


 !:::::::::::::::/!:::/ |    ! ! |  / !    !_!-‐ァ l | |    |      ! !:
 !:::::::::/,-、∨ _!__, --、|  ! |   | !   |`r'´!  l ! |    |     <
 |::://:::::::!:! | {   }`゙`ト!、 ! |    | !/  ! ハ |     !      !:       --
-、!'/:::::::::::ノノ! !ヽ!`T´!   !| !`ト、 !    ! !  // ! !    !         |:    ____
ヽヽ:::,、:::/ィ ト、|_ァ=ァ==ミ、トl !  l   ,イヽ!,イ/  l ハ   |       !        ─┐
 〉!:/::ヽ/|  | ヾ  {っr⊂かミヽ|  ! // /メ  _// !  | !     | |::.        __|
_/∧::::::::) l!  !  `┴-ニ、ノ     V //〃 ヽ/'``ト、 l l    l | l::          ッ
-'  ヽ:/l  |ヽ !      `       '´ /' _   /イ メイ    ! l /::
-ヽ  ヽl  | l |                7っ`ヽ'´ l// j  / / /レイ::
  ヽ l   ! | |                _{ r⊂∧  ,.イ  / ,イ /-イ !::
\  ヽ!   |  ! !            /    `ヽン ノ// , イ/彳  ! l:::      どういたしまして。
_`ニ=|  |  l |        、   '´          ,イ l イl l  |:::!   ! !:::
::::::::::::::!  |\ ! l      ` -       /イ /  l !|  !::l   l l:::/
⌒l:::::::|   !--ヽ! |                /´ !/!  ! ||  !::|   ! レ
、 ヽ´|   !  | ! |           _, '´  〃 l  l  || l:::l!  |
 `´ |    ! l  | !` ト __ .. -‐=ニ´、   // ! l  || !::||  !
    ',    ', ! | !  Y´`ヽ‐、    \> //|   l   || ,ヽ! !  l
    ヽ   ヽヽl l   Yrゝ〉ヽ}   / \l l !  |    ||' / l   ',



                / // ///:|  | / | / / / //  ! |/ // / / / /
                 / // /'l/|/l / / / /ィ/ /¨//`ヽj/// / / / /
            /|// / | /| / /─| |/ |/ //   |//|// /  /
              ∧| /^ヽ/|/_| /´ ̄! /         !/ \ / /
               Ν/  ,; ヽィ'7'/    |{!   /     _/厶イ;; ,; ;
             ∧{  〃 {ノ/,/     l|八.  \        }lト;; ;'
              { V //ヽ|         \.  |       √\\三≧
              Ⅵ {::.. |/            \|    人   ィ仁二\\/
           |ハ ∨                 `ー一r≦シ⌒ ̄ `ヽ/         いやはや、私も健康に気を使い、
               Ⅵ} /                     ̄    :;:;:;:;:;:ヽ         もう少し運動でもした方が──
             r=/ ;゚                        r─  ─一〉    |l|i|
         ノーノ;ハ {                          ヽ   フ::::/      i.|i|
      ,イ′ |  ヘ ';                         \  .:::::::;/ヽ     li|    ‐┐
 7厂´     |  八ハ                ゝ、 __   、ヽ.  ̄         i|     _,メ、
         |   \         ` 、     `  ̄`─、.ヽ\ |         |      ッ
         |     \                 ̄     〉 ノ         |

394◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:33:36 ID:SVPiSY0M0





┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
                /:{    /      /  ヽ/   / }     }   !              \
               ,/  )二:{     _/,乂_ノ  / ,/ /  八 i              ...................
      .................................... /    _/ヽ}'  /   ,′/ /  /   |                  ゚。
             ,/  :|  {    r'乂_ノ /:!   i: / /  / {   }  i
            /  ,/ 〕 :l   」 /   / {  l/ /  / :|   ,   :ト、     il            i
   ............................................‐‐ト、 〔 /   /l| {  / /  /|l  |  ,/   |\     |l  :i  i      |
          //  人 /{   /i   ' l| {: / /  / :|l  | /    :l:l:| ヽ   _」L :|  |:i  |   |
        /  / <\ ヽ '   !  i :l|  / /  /  |l  Ⅳ     /:l:| 斗匕 :}   :|  |:|  |   }
   ................................   \\/   !  l :l|/ /  /   」L |'     /|i:l/ ._」斗芹ァ :|  |:!  l  リ
     ,/  /      '  /  ,/ :{  | / ,/  _」斗匕  ノ    / リ  ´ノぅ刈 ./ /l   |:!  l/
    ,/  /      /   L_i ,八__l 〈___<  ..」斗芹ミ          弋.zソ厶ィ_}l!_从/
....................................   /  八l :{  |从!l {:  r匕 ノ::ぅ刈           :::::::: |l |  l |
/  /           / ,///Ⅵ   | l| |l l:     弋tzソ             八}  /i {
. /          / / ////:|   | l| |l: \     : ::::::           :'     / /  /八 ヽ
.:´           / /   〈/〈/,八  | l| |ト、___>                    /¨厶ィ´¨ヽ \\
         / /     /    \{八{   ノ。             ー‐'  /          \ \\
       ´ /    /          /   >。  __       /\  ⌒ヽ      ヽ \\
 ...............................    -‐…─-=ミ、__. r' \      ,/ 厂!丁.¨¨斤   ∧           。  ヽ \
      /    /         \ \o \    〈_/| :|l :|  ∧oヽ/ ゚。 ⌒ヽ       。   '. }
   ,/       /       /⌒    ヽ  \o \      l :|Ll / } o|   i       ................................
  ´      /              ∧.   \o \   :l_」    r | o|   |           ヽ/ /
.....................................                / .∧   \o \ -ー、_ ' | o|   |\          ハ,/
 -‐=ニ¨¨¨/                ' .∧.--─‐\o \       | o|   |  }           ' }
-‐ニ二¨¨./                   ゚。      \o \    :| o|   / /           |
/    ノ                    }         \o \ / o/ /,/      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻ |   良さそうで……っ……!?  |
                                                   \__  __________/
                                                       ∨




395 :名無しのやる夫だお:2014/01/18(土) 22:34:32 ID:OF.M/8TA0

普通に接していればそれなりに良好な関係を築けたかもしれないあたりが皮肉だな
流石に「私の母になってください」と言ったら確実に拒否られるだろうが


396◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:34:49 ID:SVPiSY0M0


            Ⅵヽ   \  `Ⅶ ヽ㍉   v  \人_人从/
            }Ii.v.ヽ    .\ .}i、\  ヽ ..∨  )  ,ヘ  (
            人 Ⅵ.、      ⅶ}∨ \.  vi:i} <  i /  >
               {\ >.Ⅵ \   .ⅥiⅣ  Ⅵ. Ⅵvヽ)  !'   (
               {ト、′ Ⅵ  \  .ⅥiⅣ .}v.VⅦ<   。  >
              V′::;::; Ⅵト、 iヽ  }Ni:iト、 }i} }} }iⅣ)    (
              } __.   iⅥ .\ 从i}i }ii} Ⅵ i} }{/⌒Y⌒`\
             _〕zz㍉i .〈____..イヽ Ⅵ}八ii }i} i} }i㍉ _i}i: } }}}
             {I{ ノ、V笊I{Ir o   ⅷ刈i }i}Ni从^} iI}i: } }}}
               乂 ≦i}⌒Vi、.     ノイ   i}i } ./ 丿i:i:Ⅶ′
            斗{”“¨I}   r 、`ー=-゙        } /}i:八i}I}        あ………?
          /  .{  .{ ;:;___ア           }I{ i八i:i:i从、
          ,      、  y ^           }I{/  }i:/  }       な……なっ……?……!?
         ,/I{        r  、       U   ハi:i:i:i:/   ./
        ,:イi:I{      \  `            /i:i/:i:i:i/   ./i:
        {i:i{i:i:i} }    /i:、.          ,,..:i:i:i/i:i:i:/   .i:i:i:
    斗*iiiⅥi:i:} }   /  i:ゝ,___...x≦i:i:i__/ /i:i/   ,i:i:i:i:
_,*{i:i{xくi{ Ⅶi:i:i}__/      八__≧x≪“"   ゝi,′  /i:i:i:i:



 !:::::::::::::::/!:::/ |    ! ! |  / !    !_!-‐ァ l | |    |      ! !:
 !:::::::::/,-、∨ _!__, --、|  ! |   | !   |`r'´!  l ! |    |     <   ━┓
 |::://:::::::!:! | {   }`゙`ト!、 ! |    | !/  ! ハ |     !      !:    ┏┛
-、!'/:::::::::::ノノ! !ヽ!`T´!   !| !`ト、 !    ! !  // ! !    !         |:   ・
ヽヽ:::,、:::/ィ ト、|_ァ=ァ==ミ、トl !  l   ,イヽ!,イ/  l ハ   |       !
 〉!:/::ヽ/|  | ヾ  {っr⊂かミヽ|  ! // /メ  _// !  | !     | |::.
_/∧::::::::) l!  !  `┴-ニ、ノ     V //〃 ヽ/'``ト、 l l    l | l::
-'  ヽ:/l  |ヽ !      `       '´ /' _   /イ メイ    ! l /::
-ヽ  ヽl  | l |                7っ`ヽ'´ l// j  / / /レイ::
  ヽ l   ! | |                _{ r⊂∧  ,.イ  / ,イ /-イ !::      ??
\  ヽ!   |  ! !            /    `ヽン ノ// , イ/彳  ! l:::
_`ニ=|  |  l |        、   '´          ,イ l イl l  |:::!   ! !:::
::::::::::::::!  |\ ! l      ` -       /イ /  l !|  !::l   l l:::/
⌒l:::::::|   !--ヽ! |                /´ !/!  ! ||  !::|   ! レ
、 ヽ´|   !  | ! |           _, '´  〃 l  l  || l:::l!  |
 `´ |    ! l  | !` ト __ .. -‐=ニ´、   // ! l  || !::||  !
    ',    ', ! | !  Y´`ヽ‐、    \> //|   l   || ,ヽ! !  l
    ヽ   ヽヽl l   Yrゝ〉ヽ}   / \l l !  |    ||' / l   ',

397◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:35:45 ID:SVPiSY0M0


              Ⅵヽ   \  `Ⅶ ヽ㍉   v   ヽ
             }Ii.v.ヽ    .\ .}i、\  ヽ ..∨   v
            :.人 Ⅵ.、      ⅶ}∨ \.  vi:i}\  .V     -lァ-、
                {\ >.Ⅵ \   .ⅥiⅣ  Ⅵ. Ⅵvヽ  .∨.:   /| _ノ
                {ト、′ Ⅵ  \  .ⅥiⅣ .}v.VⅦⅥ \i .}i         ┼ __
               V′u ;:;:Ⅵト、 iヽ  }Ni:iト、 }i} }} }iⅣv、乂 }I}.       / <ナ
              :.} __.   iⅥ .\ 从i}i }ii} Ⅵ i} }{⌒ヽ}i: } }}}.:         ・
              _〕zz㍉i .〈____..イヽ Ⅵ}八ii }i} i} }i㍉ _i}i: } }}}            ・
              {I{ ノ、V笊I{Ir     iⅷ刈i }i}Ni从^} iI}i: } }}}.:
                乂 ≦i}⌒Vi、     ,ノイ   i}i } ./ 丿i:i:Ⅶ′   ヴィクトリカ……
            :.斗{”“¨I}   r 、`ー=-゙        } /}i:八i}I}
           /  .{  .{ ;:;:___ア           }I{ i八i:i:i从、    母さん……
           ,      、  y ^           }I{/  }i:/  }.:
         :/I{        ─ 、       U   ハi:i:i:i:/   ./
         ,:イi:I{      \.u `            /i:i/:i:i:i/r'⌒ヽ.:
       :. {i:i{i:i:i} }    /i:、.          ,,..:i:i:i/i:i:i: (´ ボソ `)
     斗*iiiⅥi:i:} }   /  i:ゝ,___...x≦i:i:i__/ /i:i/ ゝ,___,ノ´
  ,*{i:i{xくi{ Ⅶi:i:i}__/      八__≧x≪“"   ゝi,′  /i:i:i:i:



   r‐く二ニ:/i:i:i:i:i:i/  V^’
.  /:i/[_: :|i:i:i:i:/、yz'′              マ: :_: - :ヲ
 /:i/ lしんく|i:i:i:Yrュヲ                ヽ Ⅶ :: : :己  人
.〈:i〈  || 己 {i:i:i:i|′   l |    l!   l|   l| ', ' .Ⅵ : : :.__7    て
 \\!!   し|i:i:i:i|   | l l |  l!   l| | l i!  | !  |: : :_:∠,     〈
    ̄|L__ムスi:i:i:i:{l  | | | |  l!   l| | i i!  i | l  }: : _く
    | ̄|i:|i:|マi:r=Ⅶ  i 士十i l!  l| | ルl_」L リ| .!.   |__ノ
    |  |i:|i:|ミ.ム泌リ l|r‐rテi〒i/!ノ ‐rテi〒r|  .トミx7
    | /i:{ゞ\ゞ=イ| l| 弋.(ソ      弋(ソ 从ノマヘⅣ
    | : ̄|  ̄ゞ≠ l|              l.| | l |.|         ……は?!ヴィクトリカ?母さんん?!
    | :  |    |  |  U     .      八| l |.|
    | i  |   x≧|  |        r っ    ,イ  | l |.|         え……?あ、あぁ頭打ったせい?
    | l. 八  《ミく  |ゝ、       ´   イ |.  i l |.|         ちょっとちょっと……しっかりして頂戴。
    | | | ヘ ∨i:l  |≦三三r≠くヘ≦ 三 ∧. ', .| l.|
    | | | ',./ ヾ|  |三三三いゞソメ《 三三.∧ ゝ l.|

398◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:37:03 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

          □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
          |                                                    |
          |   ……モンティナが微かに覚えている「 笑顔. 」の記憶。              |
          |    確かに真紅とヴィクトリカはよく似ている。髪の色、顔立ち……        |
          |   瞳の色が違う事を除けばジャンヌの描いた「 絵 」とそっくりである。    |
          |                                                    |
          |   だがモンティナは解っていた。母、ヴィクトリカはとうに亡く、           |
          |    目の前にいるのは別人、「 真紅・レッドスピリット 」であり             |
          |    この一月の間、対峙した際も「 似てるな 」と言う程度の思いだった。    |
          |                                                    |
          └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
                        _ _ __ _ r-、
                          {.r、\\`㍉、`\i\¨ミ、
                       /Ⅵi\\\  \ .\.Ⅵ `㍉       、
                      ,イ彡iiⅥム ヽ  ヽ  \ .\}\∧   ___,,..)   )
                       }彡ニハⅦiム  \ \  .ヽ .∨ Ⅵ    --‐''´   ─┐
                         {/,イ `¨¨∧ .i i        .∨i}i           _,ノ
                      Y// u  :;:: ∨| | | |i i } l!Ⅵ}             l |
                         {i i,ィzzzzミ、 .乂i}i 从乂八il } i乂、            ノ レ
                     {`Y ,ィ==r=≠、___,Yrィ尨ラ.}i}从{i ノノ
                     人 {(.  \/ 豸⌒}i}_`─".ノノ  }/}  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                       `Y`ー==≧彳i⌒` ‐==‐'   iノノ <  あ、あぁ……すまない……   |
               (´ (..,,___               、_,ィ.   U /ミ、   |  ちょっと寝ぼけていたようだ   |
              ` ー--       人     r  ,     /{㍉ ヽ |  すまない……真紅君       |
                       /  .\.u   ` ¨      /ノiト、i} }i:i:\_____________/
             ____,..-'/  /i} >‐-  --,..イ./ / ./ ./i:i:  i ` \
            /i}_____/  /./}   /ゝヘ    ./ ./ ./ i{i:i:  i}乂  `ーミ、____
          /乂⌒/  i/   /./i∨ j /}´⌒i}     ./ ./  ヽ___///i`㍉____   〉、
         / //  / , -'"   /./  i/__./i迄亥イ\  ./ ./        i}/ i:i:/  ヽ/⌒\
        ,/ //_,..       /}   {ii: i/⌒㍉}彡' Уi:i:i:/       i}i:i:i:i:/   /    ∧
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

399◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:38:26 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

              □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
              |                                            |
              |  世の中には良く似た人が何人も居ると言う。                |
              |  実際モンティナがブローカーとしてマロリガン国内を         |
              |  巡る内に「 ヴィクトリカ 」に似ている人物とは出会っている。   |
              |                                            |
              |  例えばミエーユのカフェで働くウェイトレスしかり、           |
              |  デオドガンにあるとある商会の一人娘しかり……           |
              |                                            |
              |  その中でも某商会の一人娘等は髪の色から瞳の色まで     |
              |  亡き母、ヴィクトリカと同じ、まさにうり二つであった。        |
              |                                            |
              └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□

     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      |  私の一人娘だ、美人だろう? |      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────
      \_______  _____,/        ┃   マロリガンを廻る内に出会った良く似た方達      ┃
                  ∨                ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                _--、, -z._
          X      ,>::::::::::::::::::<   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
         /       /::::::::;:::ハ:::、:::::ヾ  l   ……こんにちは   |                        / ヽ,ィゝ-=-  、 , ヽ、
       ┼       イ:::ィ/K  >ヘト:::|  ヽ、___  _____,ノ                    /  lフ' `,^ ´ ヽレl  ヽ
                  h:「      :]:n         ∨                             l (   l    八l   l
             |f||      :||j.|         ,ィ^i^ト、                        ヽ 八l、トl、  ハハ )  /
                 ヽl   `   レ'          ,|レ'/^^`ヽ                        ) l弋テ`'´モテl、l  (
                _/l.ヾ二二フ∧        》ミ〈从从リ〉                       (´ ´ ミ  __  ,ソ ` `)
           >ー''"´|: :|\.二./|: :「`'''ー- .、  ゞ(リ゚ ‐゚ノリ> γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ,,=(ヽh.  ´ .d/)、_
          /| : : : : :│: |.\  /| :│: : : : : l:ヽ.i i <{とス}>i i  |  ご注文は何にさらしますか?  >/_l_l~~~~~l_lノ  _lつ
       /: :|: : : : : :|: : l   X.  |: : |: : : : : :|: ハ /::i___j ヽソ  ゝ______________,ノ` ̄l l_lニ二ニl_l l ̄
.         ハ : :|: : : : : ;>:|/〉〈\|:<; : : : : :|/: : l.゙`~じテ~´                          /´    `ヾ
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

400◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:38:58 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

           □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
           |                                                    |
           |  だがモンティナはそれら「 良く似ている 」人物と出会った際に         |
           |  それらの人物と「 母:ヴィクトリカ 」が重なった事は無い。           |
           |  先ほども述べたように「 似ているな 」と言う認識を持った位である。     |
           |                                                    |
           |  では何故今回に限って、真紅とヴィクトリカが被って見えたのか?        |
           |  幼き頃、母の手に抱かれ安堵に包まれた中に憶えた記憶……          |
           |  「 裏の無い心からの笑み 」を向けられた為であろうか……?           |
           |                                                    |
           └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
             乂_: : : : : : : : : :.  '"       しヘ、∨ヘ::::::::::::::::::(
.                _丿.: : : : : : :/            _)::∨(∧::::::::::::::::..、
                /: : : : : : : :/               しヘ::∨(∧::::::::::::::_」
.              └く: : : : /              rJ::::∨/」:::::::::::{___ノヘ
              └―y.イ i        ; i   }! 乂__::,}//}:::::‐'"^Y⌒Vヘ
                〃 :| : |    i   ' |   ,ハ l| ___)) /}:::::::::::::::仁三ヅ
               ┌{{、__| i l i、 l  | ; //| ___厶j リ 〕::ィ竺、:::::┬く^ヾ\
                    },」!彡| l l l、`ト从 ;/7爪ノ__ッムイ(_::孔勾iリ:::::::|  `、Ⅵヽ
                   } _乂乂トjfぃ )′ 汽忙_泳ノリ|^辷彡__,ノ   `i| | `、
                〃 }}^ミ}ト弋}     乂_ジ_彡イ}チ⌒´人\   ノ| |  :、
                  {{. j{ /八             / //   /   \\  | |
             , '⌒ヽ弋{ ノi { /^. 丶     u. / //_彡~=ヘ  )__〉厶〉   、
               l   ー--─ {  j}\` `  z―′ ト、::::::::::::::::::人     | |i、   i
               ヽ、_ ノ  /ノリ,ハ∠二余=≦ニ/   l二Y:::::::_/      | |;ハ  |
                /_彡ィ'i }二ア丐ミk二.′ハ |ニニ{ノ'⌒γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                / /  | | }ニ{㏍ら刈二| { l |二ノ::::::<  ……頭打ってるんだし、そう動きまわらず、   |
                   /i {  | | ノ二ヾ辷彡仁人. \!jア:::::::::: | 医者が来るまで安静にしてた方が良いわよ    |
                / /  | |   | {⌒ヽニイ笊ゞ二二\辷z____::::::::ゝ_____________________,ノ
            /  ′ l 乂_人\:::///l/∧二>'′:::} i⌒ヾ:Y::::::::::::::::::∨ ,/   i|
           ,   ′ ;f~"⌒寸)__)//丿,/∧:::::::::::::::::乂__ノ)ソ:::::::::::::::::::::゚:,ノ;   リ
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

401◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:40:07 ID:SVPiSY0M0


     |         |  イ       /
     |         } /      /
. \    |         ヽ i      /
.  \\|.         |/     /
      |         |    /
.       |         |     i               っとっと、すまない、丁度食事中でね。
       |         |...... :ノ
      |         |``‐''"〉            えぇと何やら階段から落ちて失神したと聞いたが……?
       >       ∧   \
      {.       <_ (`,─--\      ノコ
      ,ゝ.       」 `__,,,ノ.       ノ
      / /" ̄~ ̄ヽ:::::::::::::::::::::::::        ノコ
     └‐|  三三 ヽ:::::::::::::::::::::::::::::       ノ
:::::::::::::::::::::::::::|ヽ ,-─--\:::::::::::::::::::::::::::        ノコ
::::::::::::::::::::::: : ヽ "     ヽ::::::::::::::::::::::::::         ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::\_  _,,,ノ:::::::::                ・
:::::::::::::::::::::::::::::::::: :  ̄::::::::::::::::::::::                  ・



         __    , r~=- 、
        〆'.'.'.'.'.'.'ミぇ≦'.ュ,_;,,, .'.'.'.ヽ
       イ.'.'.'.'.'.'.'.'.'> ' ㍉~t.'.'.'ミ;.、.'ヽ
       《'.'.'.'.'.'./ /,   ' , :て'.'.ヾ、ヘ,      ,
       j'.'.'.'.'/ / /    ',  ', そ'.ヘヘぇぅ    -
         ヾ、.'/ /  l!  l l |!  |! てれ父》    `
         | l! |! l!   l! | l!l _j!_j  ∧乂j ヽ
         | | | l| l ヽ. |! ! lli´ |!_l! / |ト、|! |
         | | l! l l, ‐ ヽl! 从 イトリ  /.ノl! l!
         Nヽヽヘ ィ弋Y    `'/ /イ. | |!       っと……噂をすれば何とやら。
         / /.乂ヘヾ '  '_   l/.∧.!  ! l!
           / / / ,へ.     | イ=ヘ、 | |          すみません、こちらのベッドです。
.         / / / / く≧ ァ.彡! l!;;/'.'\ l!       意識は戻ってます、宜しくご診察下さい。
       / / / / /.{; ; ;ニ弋ソ|! |;;}'.'.'.'.'.'ヽ!
.      / / / / /'.',.'l!; /;/;/ 乂7'.'.'.'.'.'.'.'.ヘ
.       / / / / /'.',.'l'レ; ; ;/;/;/ .7'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'ヘ

402◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:40:48 ID:SVPiSY0M0


                    ___r―'フ´: ::_:_:_:_>、
                   /: :/: /: : /: : : : : : (_
                    /: :/::/: : : /: : : :;.:.'"´: : : `ヽ  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                 ,ィ=‐.‐.‐イ‐く三三≧ュ/:::: /: : : : : : : : :.ノ <   さて……これで私はお役御免    |
            /:::::::Y:::::フ、:_:_:_rヽ//Λ/: : : : : : : : :./   |  そろそろ戻らせて貰うわ、失礼   |
             ,r‐ェ=フ´7 l r‐y´l l/:∨./,!: : : : : : ::_:_:_ノ    ゝ________________,ノ
            _.|_l/  ,イヽ,7 /\/: : :}//,}: : : :_:_ノl lハ
       ヽニニニ/  /::lヽ//l|  |: : :.レュr!::::ノl :l ! l   '.     ,,,:::イ`r、-.、
         /   /`てト///:|  ト、: :K乃l/l-l‐l ! ll /      {シ´~ヽヽ;:i::|ヽ  ,
        /     /  ∠/ レ'|  |/ ): lミl |ゝ=-ノリレ′     r'r==ァrモェリ/   -
       /    /     ',ヽミ:|  | (: :,'ミ/r|   ゝ       ヾ|≧`,、ー'|    `
      /    //     _ゝ-|  |'"´}ミ/从! ,´.          」ヽ -.-.u人、
    /    ///     r‐'´  ̄_|  | ̄ ̄ ̄ヽ三l.       ,/〈/ゝー一'/|`\
  /    / ,i /   / ̄ ̄ ̄l|  |: : : : : : : :V/〉.     / | /| >二<.|< `ヾ
      ,/  / /  /: : : : : : : //l   |: : : : : : : : Vミュ、...  / |;; / /  | |  } |/ |∧
   /   ,  /   l: : : : : : : :.//:.:ヽ |: トミ: : :_:_: ミ\彡__..| .|/.   V | |/ ノ>ソ  |
  /  / /  /: :ミ: : : ::: ::l l: : :_l l: :ゞ:/::::: ト:-:-:‐'"´}.| 人    V|/| | | |



                / // ///:|  | / | / / / //  ! |/ // / / / /
                :./ // /'l/|/l / / / /ィ/ /¨//`ヽj/// / / / /
            /|// / | /| / /─| |/ |/ //   |//|// /  /
              ∧| /^ヽ/|/_| /´ ̄! /         !/ \ / /
             :. Ν/  ,; ヽィ'7'/    |{!   /     _/厶イ;; ,; ;
             ∧{  〃 {ノ/,/     l|八.  \        }lト;; ;'
              { V //ヽ|         \.  |       √\\三≧
              Ⅵ {::.. |/      U    \|    人   ィ仁二\\/
          :.|ハ ∨                 `ー一r≦シ⌒ ̄ `ヽ/        っ……
               Ⅵ} /                     ̄    :;:;:;:;:;:ヽ
             r=/ ;゚                        r─  ─一〉.:      あ、あぁ……ご苦労様……
         ノーノ;ハ {                         ヽ   フ::::/
      ,イ′ |  ヘ ';                         \  .:::::::;/ヽ
 7厂´     |  八ハ                  __   、ヽ  ̄
         |   \         ` 、     `  ̄`─、.ヽ\ |
         |     \                 ̄     〉 ノ

403◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:41:07 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

          □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
          |                                                    |
          |  真紅が踵を返した後、モンティナは俯き、深く目を閉じた。           |
          |  そう、全てはこの時であった。                              |
          |                                                    |
          |   故・ふらんとの談笑、その内容が脳裏にありありと浮かび上がり……     |
          |   そして今、モンティナの手元には「 調べる 」為の「 材料 」が有る……     |
          |                                                    |
          └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□

                        ,斗'¨¨¨¨¨¨¨¨¨` / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\───────
                          r‐'”ヽf^Y⌒^^⌒ー^ー|   あぁすいません、お待たせしました   |──────
                      r'\\ {ト、丶 丶 丶.|  それじゃ早速怪我の様子を……?  |────
                    ,イヽ、 ヽ八Ⅷ、 \ \. \________________/───
                     /-‐   、、州拆 Ⅶ、 ヽ  ヽ、  }
                     } / ̄シ´    Ⅵ\\Ⅶ、ト、i、iハ
                      { / ノ   ;:;:;:u .l|lハiト、i、ヽi|i|i|l|l|_}
                    Ⅶ,イ       リ|| l|ヽト、l||l|l|l|ノリ
                    fヽ{,,ィ竺ミー-、__j ゙リ、l|_l|斗l|刈リr |
                    { トヽf´ ̄ ̄厂ヽ;;;;;f´ ____  }}l) }( ̄ ー──‐- 、____
                      八.ヾト{ \    }ニニ{    ̄`' ノ |‐':: \ー──‐-ミ   \\__
                ,斗'”ヽ/゙ヽ{ 乂_>_ノ ̄i⌒ー─‐'┐}:i:i:  \ :i:i:i:   :i゙ー‐┴┘}⌒ー-、
             ,斗'”(:::::)ノ/:i:i:i八       ‐、j_r‐'   ,ノ/l:i: :i   \/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\──────
             _,斗'”   .>'” ./:i:i:i:/:i会。 u    r==z、   ,イ :}、:i: i..    |  ??モンティナ訓練師殿? |─────
     r─< ̄    >'”:i:i:i: /:i:i:i:/:i:i∧:::≧s。        ,イ . :.|::}:i:  i.:  \____________/────
   ,イ⌒ヽ、 \>'”i:i:  :i:i: /:i:i:i:/ :/:::ト、::::::::..` ー─=≦  . : :.} Ⅵi:  i.   ∨i:.      |i:i:  /i:   \
   / :i:i:i:i:i:i:i:゙寸’   i:  .:i:ノ:i:i:i:i{  {:::::{::Ⅵ:゙": : : /Y⌒Y、. : : : :/ :Ⅵi.  :i.    ∨i:. 丶  :}i:i:ノ/i:.     \
.  / :i:i:i:i:i:i:   丶  i:  /:i:i:i: /  |::: :ト、}}:.0: :/ 〈::::::::〉 \:0/{ :. Ⅵi:.   :i:   ∨i:i:. \ ノi:i:i/:i:.   __   \
 / :i:i:i:i:i:     ヽ  /:i:i:i:i:  /:  ハ::. {::::\/:::::  〉::〈  :: ゙´,イ :::. Ⅵi:i.  :i:i.  \:i:i:i:i:i.ヽj:/:i: .:i:'´ /
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

404 :名無しのやる夫だお:2014/01/18(土) 22:41:56 ID:JR2AgPa.0

???「真紅は私の母になってくれるはずの女性だったのだ」

405◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:42:14 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

                        □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
                        |                                                    |
                        |   モンティナは治療が終わると同時、「 忘れ物 」が有ったと称し、          |
                        |  両日中に早馬を以てユウソカから出発、二日後には首都、             |
                        |  サーギオスに到着、すぐさま離宮内インペリアルズホストへ戻る。      |
                        |                                                    |
                        |  そして一冊の本と、厳重に保管していた「 小箱 」を持ち出し           |
                        |  またすぐにユウソカへと馬を飛ばした。                        |
  ____              |                                                    |
          ̄ ` ヽ、.____.: └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
               `ヽ、  )
                 `ヽー‐、―- 、_.:
                   \       `ヽ
      __         U        ー―=ニ二′
 ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、 ヽ            ヽ、      ̄`ー―-、.:
       :.`ー‐l             `ヽ- 、           |
             ヽ                    ̄`ヽ―――'.:
            ヽ                    `ヽ、
                 \        lr――--- 、__    `ヽ
             :. ヽ、        l            ̄ ` ー. __,,.. .-‐ '''""~
                `ヽ、    l. : :_: :: :/__,,.. .-‐ '''""~
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          | ただ「 調べる 」だけの事……「 違う 」なら違うで良い…… |
          \________________________/
                       |.ヽ、- '|::::: i|
                       | }:. ヽ-':::::. i|             __,,.. .-‐
                       | }: :::::::   i|   __,,.. .-‐ '''""~
                       | }:      i|
                       | }:      i|     Reincarnation
                       | }:      i|                     _
                       | }:      i|           __,,.. .-‐ '''""~
                       | }:      i|
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

406◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:43:22 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

              □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─┐
              |                                                  |
              |  ユウソカに戻ったモンティナは、受け持っているレッドスピリット達に    |
              |  「 『 アポカリプス 』の資質検査の一つとして各位の神剣を調べる. 」    |
              |  と告知し、スピリット達から神剣を預かる。                   |
              |                                                  |
              |  無論スピリットにとっては神剣は己が半身、流石に眉を顰める者も.    |
              |  多数居たが、訓練師の「 指示 」である以上従わざるを得ない。      |
              |  斯くしてモンティナの手には何本もの神剣が集まっていた。          |
              |   無論その中には真紅の神剣である『 宵闇 』も……である。           |
.\               |                                                  |
\ \ .           └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=□
\\ \
  \\ \
   \\ \                     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
.     \\ \                       |  嫌だけど……仕方無いわね……   |
.      \\ \                       乂________________ノ
          \\ \
           \\ \
           \\ \   rf了
             \\ \ノ乃
                   \>/くノ            ィ=‐--、
               rf乏少ぐ\            /::::::::::::::::`゙ - 、_       __
                厶广¨  \\        {ー´ニ三ニ`=-_::_:::=yr‐'::::"/;,/                |
                   ::::::::::: \\.          ̄  ̄``¨ヾ、ミヽ、::::::: : ノ;;;;/``  、         __j|__
                   ::::::::::::::::\_>、     :::::::::::::::::::::::::::::::::::: `ヾミl7;;;;;;/=、_   ` 、       ̄|「 ̄
                       :::::::::::ヽ厶         ::::::::::::::::::::::::: ヾ/;;;;/     ̄ `=、 ` 、     |!
                      :::::::::::::::           :::::::::::::::: ヾ/` ー- 、 _       `  、    |
                                      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ` ー- 、    \
                                             :::::::::::::::::::::::::::::::::::: ` ー- ヾ
                                                ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

407◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:44:20 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐
       |    |   |  |.  |      |          / /.|  |   ≧ 、     |      |   |  |
       |    | □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─┐....|
       |    | |                                                  |....|
       |    | |  そしてモンティナはユウソカに有る軍事施設の中、              |....|
       |    | |  無数の演算装置が有る施設の使用許可を申し出る。           |....|
       |    | |                                                  |....|
       |    | |  皇帝の印可が有る以上、コレを断れる者は居ない。              |....|
       |    | |  モンティナがオルタと共に施設に籠もり、施設内に             |....|
       |    | |  機械音と時折ページを捲る音とが混じり合う事、約一週間後……    |....|
       |    | |                                                  |....|
       |    | └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=□....|
       |    |  | | | | |           |:  :|  |    r|__.!ァ、    .|  |              |  |
       |    |  | | | | |           |:  :|  |   lゝ _ノ、 }    :|  |              |  |
     , <  ̄ ̄ > 、 .| | |           |:  :|  |   /!} ll ゞハ'     |  |              |  |
      |        | .! ! !            |:  :|  |  > = <     .|  |              |  |:
      |        | .! ! !            |:  :|  | 〃:: :   .. : ヽ   |  |              |  |:
      |        | .!_! !            |:  :|  | ;:: ::. .   .. : ハ  |  |              | ̄ >|
      |        |:  .:|           |:  :|  | 、: : ...  . : .:: ,   .|  |              _人_人_/ト
      |        |:  .:|           |:  :|  |. ,:: ... . :. ::,  , < ̄|              )  っ  (|
      |        |:  .:|           | , < ̄> 、> = <   .|   .:|              |  :   |
      |        |:  .:|           | | _r≦三ミ/-{ ̄}`ヽ_|   .:|              |  :   {
      |        |:  .:|           |__r'r=='二/二二二二二∧ニニニ|              |  !  ゝ
      |        |:  .:|           |彡'二二/二二二二二二∧ニニニ.|              ) !  (|
      |        |:  .:|           |二二ニ/二二二二二二二∧二 !               へwへイ゙|
      |        |:  .:|           |二二/二二二二二二二二∧二 !               |     |
二二二|        |二ニ|           |ニニ/二二二二二二二二二∧ニ|             |     |
―――|        |―‐‐!            |二/二二二二二二二二二二∧.|             |     |
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

408◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:44:57 ID:SVPiSY0M0


           _  /^ ̄ ̄¨¨¨ーrm,,
           i ^^´ \ \   \ ̄\
          _人ヾ\  \ \   \  `i
         ヘ   i \  \  `i    ヾ  i
        |三ミ   ||||\   i  |    |   |
        レ   ミ/   i    |  | | |  |  |
       〈   ;^      || |  ||  ||||| | | | |
        .レ/i __x≠x v | レ^,-三=テヽ//,/         t-472……a-621……
        l(\ r´r´_土ヾ示~^|≦ミゞ"  || ノ
        ヾヽ\rヘニゞ゚"` }t‐ー´\;;__/ |/          g-5714……c-3753……
         \::|::\__   ,/^|:::         .| \,,,...,, .
          ゝ.|        ,,,,,___;/     ,|\ \:::::        オルタ……?!
          /.∧ u   -── ‐    ,/||\\\
     _┌ー¨¨/ ;;`\,      ̄    /´;;;;;;| .;i::::::::::
ーー¨¨¨/;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|;;;;;||||`"ー;;;;;;;_;;;;;;-"´:::   ||  \
__,,,../;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:::|:::::::::ヘ||||::::::::::::::,ヘ \::::::   :|;;;;;;::::::



                    , -
         _,Yノ‐'' ̄ ̄ 7''‐< 、
       「^「/ , ' /  , ヽ 、',ヽ
        i〈,/ /  i i  |  i ヽヽ,'i
       〈'i  ,i   ! l ;i  ∧ i i/
       〈 ! __i   |/L∠_ / ト,_レ
       >〉!j,,,_|  'i,r'T'j'`´ :-= i |
          〈 ',''ri  ik_'ノ   , 'i ,i
         └人」 ', |    __ /;; |
          Y::::i:::i ,iゝ..,__   /|;; i        t-472でa-621、g-5714のc-3753……
        L;;;」:」i i   「´ ヽii i
           iL:/ `'レ!‐‐- ,i ヽ.  V           同じですね。
        ,ir^'‐- 、   /‐v-.,, ',
      / ̄'ヽ    \ / 〉トk ヽ、 !
.     i    ヽ    i  i_ ヽヽ, _/`i   ____
     l      ',   L__」 | i ヽ ヽi  /      /
     |      ',,'     i i  ヽ i ! /      /

409◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:46:14 ID:SVPiSY0M0


                  , '´ミ:.、 、 :.、` :. 、
                 :. /´三`ヽヾ  \ヾ:.   ヽ
                ,'三ニ ヾ、 :.ミ、\\_ヾ:、 }
     / ̄ `ヽ     /≦三:.、  ミ:.、\ ヾ:、 `ヽ.:}、
    ノ ー‐、'´ ̄ )   ヾ.>ー- ミ:.、 ミミミ、ヾヘj |::Y}、.:
.   イ .::::彡'/ ̄      ∨!  `ヽ>≦>/   Y:::' :::::.、
   } i>=ミ、_ノ´`Y  _{ii:、   r彳´,.:ゞ:仁=、  !,' : : '. i\
   { ̄  ー-、_Y:/.  ム/>、r- <ゝ,、____.ノ ノ!' ,::'.     |}、 \.:
   | `i ::::::::::::::/.   ,'/////,ヘ.__八__,.: ,.:±'゙ ノ〃.    !、\:.\
   |   ! .::::::::::ノ   {/////>:::`::.、:::._ ゙´  .,イ::,'       | \o\ \.:   やはり……やはりそうだったか……
   |  ! :::::::〃   //> ' : : :::::::// /⌒ヽ.〃     !  \_ノ '
   }、 ._jソオ´{  > '     >{´ レ;ノヘ   〉      ハ'´ ̄        あの一瞬、時間にすれば数秒では有ったが、
   |ミ=彡'´ ム}'´     ,.: '´>ム> ´〃 ,:ゞ=/      .' {.,          私の身体には稲妻が奔ったかのようだった。
.   〉>'´ ̄z彡、    ///:´,.イ彡' ,イ 〃        '/´
  /´ ,イ ̄ ̄ヽミ}、>ヘ∧  } ゝ . _/--,_'       ,'            そう……だったか……だから……か……!
. ∧  /     .::::::::/ハ > ' ゙ ´   ,イ  \     ,____
  ∧/     .::::::::::/> '゛        ., '     \  人    `ヽ



                        _
                 .. ----  ..〃⌒\
              ≠        ` 、
            /            ヽ.
             _/       l    ;     ハ
           xト{   |  i   !  /   ;  l   .
         {:K{   |.  !  |,≠ミ 、 / /ノ   !
            lYハ  |.  |  ト匕リ`   ,:_ノ リ
.          マメゝ.:|.  l  l      ̄イィ'"
          ,ィゝ<.l.  l  l      '  ハ.|         ……ふらんさんの話は何とか理解するに至りました。
          Y:/〃:ハrヘ l  l:、  ̄ /  |
         `¨ !:| |_ ヘ   ハ:ミ. ‐个   l《:        ですが、幾ら魂紋とやらが一致したと言っても、
              └/´  `ヘ. 从: |] l    | f        モンティナ様の母君と彼女が「 同一人物 」では有りません。
             /       Nト、 |:〉、W从ノマ
          /        . ヽj:::::::\.  |         彼女は彼女、真紅と言う一人のスピリットであり、
             i         ∨. |:::::ト.:::ハ |_        決してヴィクトリカ様では無い筈です。
             | ∨      ∨|::::::::}、::{./

410◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:47:06 ID:SVPiSY0M0


                / // ///:|  | / | / / / //  ! |/ // / / / /
                 / // /'l/|/! / / / /ィ/ /¨//`ヽj/// / / / /
            /|// / | /| / /─| |/ |/ //   |//|// /  /
              ∧| /^ヽ/|/_| /´ ̄! /   ー-=zx、!/ \ / /
               Ν/  ,; ヽィ'7'/    |{!           ラミ、厶イ;; ,; ;
             ∧{  〃 {ノ/,/     l|八.     __    }lト;; ;'
              { V //ヽ|         \      ̄ ̄>’ √\\三≧
              Ⅵ {::.. |/            \        ィ仁二\\/
           |ハ ∨                 `ー一r≦シ⌒ ̄ `ヽ/     あぁ解っているさ。
               Ⅵ} /                     ̄       ヽ
             r=/ ;゚                        r─  ─一〉    現時点こんな事を伝えた所で
         ノーノ;ハ {                         ヽ   フ::::/       何の意味も無い……
      ,イ′ |  ヘ ';                         \  .:::::::;/ヽ
 7厂´     |  八ハ                  __   、ヽ  ̄          そんな事位、とうに承知の上、だ。
         |   \         ` 、     `  ̄`─、.ヽ\ |
         |     \                 ̄     〉 ノ



        /´     i  、 ヽ、 ヽ、   ヽ____ ミ;ヽ,)ヽ     ━┓
.      //  i ,  /'i  |\ ヾ_、 i     l    _.iヽ,l    ┏┛
     /イ   l |  l ヽ l,:-<ゝ;>、l   |-‐‐' /K !    ・
      |/l | ! |、 | 、,,Xヾ.,,.i_!_  |   |r=く /,! 〉
      l |、 トx‐!ヾ    '.  ̄!`` |  .|'ノ  }/j〈
      ヾ ヽ'i メ:`i          |   |ノ ノノ///
          | .l ゞイ           |   |;ン', '/く              では何故……?
         | l  ヽ _      |  .|ヘ,,/ヽ::\
        | ヽ  ´ -        |  | |::|:|::i:!ヾ:::!          何故このような真似を?
         |   \         |  l ,ゞソ!:::l:::トノ
         l   l. \  _,. ‐   l  /'´  ヽ!:::|!::|  ,. - ─ - 、
          l    |   `´ l ,. -イ /    ヽr‐;! '´       ヽ,
        ヽl.  |    r' ヘ / /    ///            l
           ヾi l    /イ::/ヽ '/   / 〃
            ヽ! ,ノ'::::i‐!:::::l  /  //   ,.:-‐''      /
       ,. ‐''''ヽゞ!'〃:::::| |:::::::l/    /_j-,.:-''´           /
       /    / ,//:::::::l  !:::::::::i,   r'-‐''          ,.イ′

411◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:48:30 ID:SVPiSY0M0


           _  /^ ̄ ̄¨¨¨ーrm,,
           i ^^´ \ \   \ ̄\
          _人ヾ\  \ \   \  `i
         ヘ   i \  \  `i    ヾ  i
        |三ミ   ||||\   i  |    |   |
        レ   ミ/   i    |  | | |  |  |
       〈   ;^      || |  ||  ||||| | | | |       私はこれから彼女を「 観察 」し……何時か「 試 」そうと思う。
        .レ/i __x≠x v | レ^,-三=テヽ//,/
        l(\ r´r´__ヾ示~^| zニニ   || ノ        そして彼女が私の想像通りの「 人 」で有るのならば、
        ヾヽ\rヘ    ̄ }t‐ー´\,,__/i|/         「 母 」として仰ぎ、そして「 家族 」へ迎える事を請い……
         \::|::\__   ,/^|:::         .| \,,,...,, .
          ゝ.|        ,,,,,___;/     ,|\ \:::::     その上で私の全て──
          /.∧.     -── ‐    ,/||\\\
     _┌ー¨¨/ ;;`\,      ̄    /´;;;;;;| .;i:::::::::
ーー¨¨¨/;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|;;;;;||||`"ー;;;;;;;_;;;;;;-"´:::   ||  \
__,,,../;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:::|:::::::::ヘ||||::::::::::::::,ヘ \::::::   :|;;;;;;::::::



                        ,斗'¨¨¨¨¨¨¨¨¨`ヽ、_
                          r‐'”ヽf^Y⌒^^⌒ー^ー^Y、廴
                      r'\\ {ト、丶 丶 丶丶 ゙込
                    ,イヽ、 ヽ八Ⅷ、 \ \ \ヽ 、 ゙Y    ロイ・ソウマの「 全て 」をうち明け、
                     /-‐   、、州拆 Ⅶ、 ヽ  ヽ、  }    「 叱って 」頂きたく思う……!
                     } / ̄シ´    Ⅵ\\Ⅶ、ト、i、iハ
                      { / ノ      l|lハiト、i、ヽi|i|i|l|l|_}    そう、この薄汚れた「 ロイ・ソウマ 」を
                    Ⅶ,イ       リ|| l|ヽト、l||l|l|l|ノリ    全身全霊打ちのめして頂く……!
                    fヽ{,,ィ竺ミー-、__j ゙リ、l|_l|斗l|刈リr |
                    { トヽf´ ̄ ̄ ̄ヽ___f´,ィモチア }}l) }( ̄ ー──‐- 、____
                      八.ヾト{      }ニニ{ ゛`゙゙゙´ ノ |‐':: \ー──‐-ミ   \\__
                ,斗'”ヽ/゙ヽ{ 乂___ノ ̄i⌒ー─‐'┐}:i:i:  \ :i:i:i:   :i゙ー‐┴┘}⌒ー-、
             ,斗'”(:::::)ノ/:i:i:i八       ‐、j_r‐'   ,ノ/l:i: :i   \ :i:i:  :i:i:  :i:i } :i:i:i }
             _,斗'”   .>'” ./:i:i:i:/:i会。.   ー-==一'   イ :}、:i: i.   ∨ :i:  :i:   :i:l  :i: j、
     r─< ̄    >'”:i:i:i: /:i:i:i:/:i:i∧:::≧s。        ,イ . :.|::}:i:  i:   ∨i:.   :i:   |i:i:  /i: \
   ,イ⌒ヽ、 \>'”i:i:  :i:i: /:i:i:i:/ :/:::ト、::::::::..` ー─=≦  . : :.} Ⅵi:  i.   ∨i:.      |i:i:  /i:   \
   / :i:i:i:i:i:i:i:゙寸’   i:  .:i:ノ:i:i:i:i{  {:::::{::Ⅵ:゙": : : /Y⌒Y、. : : : :/ :Ⅵi.  :i.    ∨i:. 丶  :}i:i:ノ/i:.     \
.  / :i:i:i:i:i:i:   丶  i:  /:i:i:i: /  |::: :ト、}}:.0: :/ 〈::::::::〉 \:0/{ :. Ⅵi:.   :i:   ∨i:i:. \ ノi:i:i/:i:.   __   \

412◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:49:42 ID:SVPiSY0M0


                 .. ----  ..〃⌒\
              ≠        ` 、      つ
            /            ヽ.
             _/       l    ;     ハ    っ
           xト{   |  i   !  /   ;  l   .
         {:K{   |.  !  |,≠ミ 、 / /ノ   !  っ
            lYハ  |.  |  ト匕リ`   ,:_ノ リ
.          マメゝ.:|.  l  l      ̄イィ'"
          ,ィゝ<.l.  l  l.u     '  ハ.|        い、いや……そんな事は有りません。
          Y:/〃:ハrヘ l  l:、  ̄ /  |          ご自分を卑下するのは止めて下さい。
         `¨ !:| |_ ヘ   ハ:ミ. ‐个   l《:
              └/´  `ヘ. 从: |] l    | f        貴方は──
             /       Nト、 |:〉、W从ノマ
          /        . ヽj:::::::\.  |       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
             i         ∨. |:::::ト.:::ハ |       |   ……オルタ   |
             | ∨      ∨|::::::::}、::{./       \__  ___/
                                     ∨



            ,. =i/∨i i iへ.,
           ハ丶丶//∨i i i i i i へ
          ハ丶ヾ ' ' ∨i i i i i i i i i i ,
         ハ ,.=ー=.,  ,.=-^レi i i i i i i i i i
        ├(   ノ二(    'iシi i i/i i i i
        ( }  ̄ く _ 丶_ へレ/ハi i i |
            v              !.i'’ソ /
         i    -─ 、      , ノノ,/
         人 ,.   `        ,/テテ             いやセイバー……貴方はそう言ってくれるだろう。
           ,/'-,ヾ      ̄  ノ彡’ヾ.,_
       /  ヽ::...... ̄........-=三’  /  ト,_ _         だが私は解って居る。
       ,:’   〃^i;::::_;: - '’     /  | .{ {ヽ       今まで自分がやってきた事の罪深さを。
   ,.・∨    /i .i’ヽ、      //.    | /”
  ’ ∨     /ノ ル ,ゝ    /.∨     |/         私情よりラクスを殺害した事から始まり……
  ∨     /レ'=o=> 丶, 0/  ,/     |
  ’     / ハ ノ /i   ヽ’//     .i,.・’
        ハ,:'   / i   . /  /       |
  =.,_   レ    .ノ i  ノ  ./       | ,'

413◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:50:22 ID:SVPiSY0M0


           _  /^ ̄ ̄¨¨¨ーrm,,
           i ^^´ \ \   \ ̄\
          _人ヾ\  \ \   \  `i
         ヘ   i \  \  `i    ヾ  i
        |三ミ   ||||\   i  |    |   |
        レ   ミ/   i    |  | | |  |  |
       〈   ;^      || |  ||  ||||| | | | |
        .レ/i __x≠x v | レ^,- ̄ ̄ ヽ//,/         居を変え、名前を偽り、心をも偽り……
        l(\ r´r´    ヾ示~^|.     || ノ             キード殿しかりグマ殿……そしてリリアナ殿、
        ヾヽ\r.       }t‐ー´\;;__/ |/          感謝しても感謝し足り無い方達の信頼すら裏切り……
         \::|::\__   ,/^|:::         .| \,,,...,, .
          ゝ.|        ,,,,,___;/     ,|\ \:::::       そして……その挙げ句、信頼していた男に
          /.∧.     -── ‐    ,/||\\\       その実、良いように利用され……
     _┌ー¨¨/ ;;`\,      ̄    /´;;;;;;| .;i::::::::::
ーー¨¨¨/;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|;;;;;||||`"ー;;;;;;;_;;;;;;-"´:::   ||  \
__,,,../;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:::|:::::::::ヘ||||::::::::::::::,ヘ \::::::   :|;;;;;;::::::



                    _ ___ _
                  , '´ミ:.、 、 :.、` :. 、
                   /´三`ヽヾ  \ヾ:.   ヽ
                ,'三ニ ヾ、 :.ミ、\\_ヾ:、 }
     / ̄ `ヽ     /≦三:.、  ミ:.、\ ヾ:、 `ヽ.:}、
    ノ ー‐、'´ ̄ )   ヾ.>ー- ミ:.、 ミミミ、ヾヘj |::Y}、
.   イ .::::彡'/ ̄      ∨!  `ヽ>≦>/   Y:::' :::::.、            見ると良い……私の手は既に真っ黒だ。
   } i>=ミ、_ノ´`Y  _{ii:、   r彳´  仁=、  !,' : : '. i\        同時に私の心も薄汚れ、ドブ川のようだ。
   { ̄  ー-、_Y:/.  ム/>、r- <ゝ,、____.ノ ノ!' ,::'.     |}、 \
   | `i ::::::::::::::/.   ,'/////,ヘ.__八__,.: ,.:..  ノ〃.    !、\:.\    あぁ勘違いするな……私はこの事を
   |   ! .::::::::::ノ   {/////>:::`::.、:::._ ゙´  .,イ::,'       | \o\ \   悔やんでいる訳では無い。
   |  ! :::::::〃   //> ' : : :::::::// /⌒ヽ.〃     !  \_ノ '
   }、 ._jソオ´{  > '     >{´ レ;ノヘ   〉      ハ'´ ̄      お前を愛する事が出来たのだから、
   |ミ=彡'´ ム}'´     ,.: '´>ム> ´〃 ,:ゞ=/      .' {.,        その「 結果 」に対してはむしろ誇らしく思う程だ。
.   〉>'´ ̄z彡、    ///:´,.イ彡' ,イ 〃        '/´
  /´ ,イ ̄ ̄ヽミ}、>ヘ∧  } ゝ . _/--,_'       ,'
. ∧  /     .::::::::/ハ > ' ゙ ´   ,イ  \     ,____
  ∧/     .::::::::::/> '゛        ., '     \  人    `ヽ

414◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:51:21 ID:SVPiSY0M0


                 ,>--,.--'''''''''''''''--..,,
                   r-',.-''"_,,,,..r''''"`'-    \'"-'''--..,_
                 r'''/".  /   ,/"      :ヽ\   `'-.,
             /r/_.   /   ::/   ,.  / ,!/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\──────
               レ!ミミ--.,/   :/  / // ./:|   私はお前を愛せて良かった…… |────
             (レ!`ミ._ミY   ./ .:/.::/:/ /:/\______________/───
            f.,.|, `.,.,_!   .ヒ-く..,,_/ / / .| :/::| :H!.
               V'!.,V"-.|   f7 ̄"7-,`'-/ //://:ノ/
            ノ ハ, .!ト-,|  i N.,__Z   '"   ,テ,"レ"
            / .//!`.'.,_'|   |.|.         /=/!
                .//| >| ::. :|.!. u       ゝフ::::L
                  | |レ'| !.!: ::.:|.|      - _,.ィ"::::|`
                  | .L∠.,|ト::::|j''-.,_  ,.-'" ! :: !
              y'.,,__  |`!:/ト.,,_!入、   ,| :| !
             _,,.-'"-...,,__   レ/ /'ヒ.,_`''.'''く.| :/ハ.,
       / ̄~,        \_'   ハ., `''\!::::レ'::::::. / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\─────
      Y     '!          \,/ /ト,く;;/"fヽ,: '::|  その事に私は大変満足している……  |───
      /       `,           ./ /;|;':V'rノ.|`i|\ \________________/───
     ./         |::::.         |  |;/ .ト,Y j',r''".\ヽ  ::..':::::\
    /       ...:::::ヽ _,,.-      `''-"|  .!〉-/:ヽ  ::::|::|   :::..'':::::::\_



           _  /^ ̄ ̄¨¨¨ーrm,,
           i ^^´ \ \   \ ̄\
          _人ヾ\  \ \   \  `i
         ヘ   i \  \  `i    ヾ  i
        |三ミ   ||||\   i  |    |   |
        レ   ミ/   i    |  | | |  |  |
       〈   ;^      || |  ||  ||||| | | | |
        .レ/i __x≠x v | レ^,- ̄ ̄ ヽ//,/       だがそれでも……それでも私の中に微かに残る
        l(\ r´r´    ヾ示~^|.     || ノ         「 何か 」が昼となく夜となく私を責め続ける……
        ヾヽ\r.       }t‐ー´\;;__/ |/
         \::|::\__   ,/^|:::     i!   | \,,,...,, .    お前は己の自己満足の為に、どれだけ廻りを
          ゝ.|        ,,,,,___;/     ,|\ \:::::     裏切れば気が済むのだ……と。
          /.∧.     -── ‐  。 ,/||\\\
     _┌ー¨¨/ ;;`\,      ̄    /´;;;;;;| .;i::::::::::
ーー¨¨¨/;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;|;;;;;||||`"ー;;;;;;;_;;;;;;-"´:::   ||  \
__,,,../;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:::|:::::::::ヘ||||::::::::::::::,ヘ \::::::   :|;;;;;;::::::

415◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:52:12 ID:SVPiSY0M0


                / // ///:|  | / | / / / //  ! |/ // / / / /
                :./ // /'l/|/! / / / /ィ/ /¨//`ヽj/// / / / /
            /|// / | /| / /─| |/ |/ //   |//|// /  /
             :.∧| /^ヽ/|/_| /´ ̄! /         !/ \ / /
               Ν/  ,; ヽィ'7'/    |{!             、厶イ;; ,; ;
             ∧{  〃 {ノ/,/     l|八.             }lト;; ;'
             :.{ V //ヽ|         \          √\\三≧     「 お前は己が行ってきた業……
              Ⅵ {::.. |/         jj\        ィ仁二\\/       ソレを償うべきでは無いのか 」
          :.|ハ ∨             i  `ー一r≦シ⌒ ̄ `ヽ/
               Ⅵ} /               l!        ̄       ヽ        だがもう償う相手は居ない……
             r=/ ;゚               !        r─  ─一〉      謝ろうにもその謝る相手が居ない……
        :.ノーノ;ハ {                         ヽ   フ::::/
      ,イ′ |  ヘ ';             J         \  .:::::::;/ヽ
 7厂´     |  八ハ                  __   、ヽ  ̄
         |   \         ` 、     `  ̄`─、.ヽ\ |
         |     \          o        ̄     〉 ノ



                   ,.z=='三ミミ=-,.、、.:
              __」fr三ミヾヾミミミミヽ、
             r行ミヾ'f示ヾヾヾヾミミミミヽ.:
            :.l彡三ミヾ川ヾヾヾヾヾヾミミl
                尨ィ三ミミヾ川ヾヾヾヾヾヾミi、.:
             ,Y彡三ミミヾ'゙゙゙ヾヾ、,斗、ヾリ `ー- 、
            ,. -‐'" ヾ彡テ'´    ヾ/ヾヾ州l     ヽ       だが……だがソレでも私は謝りたいのだ。
        /       klV'  _,ノ ' ` ,r' ⌒刈、      ト、      謝る事で「 赦されたい 」の……だ……!
      :/、      , lヾ,ヘ. -x─=y彡'^ t'´ |'^ヘ     l ト、
     .ノ ヽ   /  |. `Tヾ(____ノ __V  i!/  ハ   !  イ     だから私は探す事にしたんだ……
    :.{  〈`ヽ  j__ |   |. ヽ、i!  =- ノl    V , レ' ,ハ.     私が謝り、私を叱ってくれる「 相手 」を……!
      ,〉  ヽ ∨ ) }  >=、,`=V>rー;<_|     V,イ   l
    /  丶} ;'  厶_/ // /:レ' fソ叭  `|      ∨ -‐'  !
   :.|    ∨ /  / // ヽ、 .〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l
    {     ′/、 / 〃丶′!  .ル'.,|l  /   \ |   ,.   l
   :.ヽ    〈  ゙ y  /  /、丿ヽ ,! |V      \ ノ     !

416◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:53:38 ID:SVPiSY0M0


        /´     i  、 ヽ、 ヽ、   ヽ____ ミ;ヽ,)ヽ
.      //  i ,  /'i  |\ ヾ_、 i     l    _.iヽ,l
     /イ   l |  l ヽ l,:-<ゝ;>、l   |-‐‐' /K !
      |/l | ! |、 | 、,,Xヾ.,,.i_!_  |   |r=く /,! 〉
      l |、 トx‐!ヾ    '.  ̄!`` |  .|'ノ  }/j〈
      ヾ ヽ'i メ:`i          |   |ノ ノノ///
          | .l ゞイ       U  |   |;ン', '/く               その相手と言うのが……
         | l  ヽ _      |  .|ヘ,,/ヽ::\
        | ヽ  ´ -        |  | |::|:|::i:!ヾ:::!           「 母 」……だと……?
         |   \         |  l ,ゞソ!:::l:::トノ
         l   l. \  _,. ‐   l  /'´  ヽ!:::|!::|  ,. - ─ - 、
          l    |   `´ l ,. -イ /    ヽr‐;! '´       ヽ,
        ヽl.  |    r' ヘ / /    ///            l
           ヾi l    /イ::/ヽ '/   / 〃
            ヽ! ,ノ'::::i‐!:::::l  /  //   ,.:-‐''      /
       ,. ‐''''ヽゞ!'〃:::::| |:::::::l/    /_j-,.:-''´           /
       /    / ,//:::::::l  !:::::::::i,   r'-‐''          ,.イ′



            ,. =i/∨i i iへ.,               l^! [〕[〕 ____
           ハ丶丶//∨i i i i i i へ.:       ⊂ニ  ニ⊃ |┌─┐i
         :.ハ丶ヾ ' ' ∨i i i i i i i i i i ,     /7 ||n  ||  || 〇 O 0
         ハ ,.=ー=.,  ,.=-^レi i i i i i i i i i.     lノ U ∪  L..二二.ノ
        ├(   ノ二(    'iシi i i/i i i i.:
       :.( }i ! ̄ く _ 丶_ へレ/ハi i i |
            v           i!   !.i'’ソ /
         i    -─ 、   l  ,. ノノ,/                               エゴ
        :.人o,.   `       ,/テテ.:        あぁ……しかしコレもまた「 自己満足 」だ……
           ,/'-,ヾ      ̄  ijノ彡’ヾ.,_         それを解った上でもそれでもなお……救われたいのだ。
      :./  ヽ::...... ̄........-=三’  /  ト,_ _:
       ,:’   〃^i;::::_;: - '’     /  | .{ {ヽ.    私を罰してくれる「 尊びしき相手 」を求めたい……
   ,.・∨    /i .i’ヽ、      +.//.    | /”      そして私はその相手の言に殉じたい……
  ’ ∨     /ノ ル ,ゝ    /.∨     |/          もし、もしも死を以て償えと言われたら、
  ∨     /レ'=o=> 丶, 0/  ,/     |        嬉々として受け入れる覚悟を以ての上だ……
  ’     / ハ ノ /i   ヽ’//     .i,.・’
        ハ,:'   / i   . /  /       |
  =.,_   レ    .ノ i  ノ  ./       | ,'

417◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:54:33 ID:SVPiSY0M0


    ,/   /  /  ,/  /'! ハ,     |  |  l    i   i      |- l j
    '   ,   /  / ',|  l |. l  l     l  |   、   ヽ. |   |  |ノ | ,
     l.  |   |  | l/|  | │|   ゝ.   ト  ヾ.   ヾ、  / ,   |  | ,.|イ
     |,  |   '.!   | |! l  | | |. u  \  | ヽ 、\ _iィゝ Y l.  │ |ノ! }
     ゙.  | ヽlゝ._ | ゝヽ._| __ ィ     、,ゝ_!-‐\!" \!  ゝ| |   !  |メイ
      ゝ ハ  | ヾl` ! ̄ヽl  ヾ      ヽ   \i!.    | l   |  レ j
       \! \!                   - -=キニz- │'   l  |ノ
          |` 'ヘ  、    ,_ "            ;:il;:;:"  |     i. | }
          |  |∧ ヾ 二.ノ'´                |      |/    ( ここまで苦しんでいたのか……
          |  |  ,                      |      |
         |  ! ∧         ノ           U     |  ,   |      こんなに身近にいながら……私は…… )
         │    ヽ           _ _           ,./| │   ,リ
         !  i   l !::|ゝ          ;     ィ 三j ! |   ,__
        i  ヾ   :|三;_ゝ               , ' |三' ,イ '  /三ヽ
            ヾ \ :::|三三三> 、       ./   |≡! |     /;:三三\
         ゝ  !::::|三三三ノ|   `  ´      |::: | |   /三三三三ヽ



                / // ///:|  | / | / / / //  ! |/ // / / / /
                :./ // /'l/|/! / / / /ィ/ /¨//`ヽj/// / / / /
            /|// / | /| / /─| |/ |/ //   |//|// /  /
             :.∧| /^ヽ/|/_| /´ ̄! /         !/ \ / /
               Ν/  ,; ヽィ'7'/    |{!             、厶イ;; ,; ;
             ∧{  〃 {ノ/,/     l|八.             }lト;; ;'
             :.{ V //ヽ|         \          √\\三≧
              Ⅵ {::.. |/         jj\        ィ仁二\\/     ……セイバー。
          :.|ハ ∨             i  `ー一r≦シ⌒ ̄ `ヽ/
               Ⅵ} /               l!        ̄       ヽ       どうか……どうか頼む。
             r=/ ;゚               !        r─  ─一〉       此度の一件……協力して貰いたい……
        :.ノーノ;ハ {                         ヽ   フ::::/
      ,イ′ |  ヘ ';             J         \  .:::::::;/ヽ
 7厂´     |  八ハ                  __   、ヽ  ̄
         |   \         ` 、     `  ̄`─、.ヽ\ |
         |     \          o        ̄     〉 ノ

418◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:55:04 ID:SVPiSY0M0


       |    |   |  |.  |      |         / / .|  |   ≧ 、     |      |   |  |
       |    |   l  `>|      |       ./ /   |  |<      ≧ 、|      |≧ 、!   |
       |    |   |  |.  |      |         / / .|  |   ≧ 、     |      |   |  |
       |    |   l  `>|      |       ./ /   |  |<      ≧ 、|      |≧ 、!   |
       |    |   ゝ _   |      |≧ 、     / /   .|  |   ` <      |      |   |  |
       |    |        |      |       ≧ 、    .|  |____〉   |` ̄|      |` < !   |
       |    |   _       .|      |` <       ≧|  |   .// |   |   :|      |   |  |
       |    |  | | ._     .|      |    . |` <:  .:|  |≧〈〈  .|   |   :|      |   |  |
       |    |  | | | |    .|      |____ !  !   /´ ∧//. :.|   |   :|      |   |  |
       |    |  | | | |    .|      |___ |  |  ./__∧.´  .:|   |   :|      |   |  |
       |    |  | | | |  , <  ̄ ̄ ̄ > 、   .|  |.  ` |ー=|´     |   , <  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ > 、  .|
       |    |  | | | | |           |:  :|  |    r|__.!ァ、    .|  |              |  |
       |    |  | | | | |           |:  :|  |   lゝ _ノ、 }    :|  |              |  |
     , <  ̄ ̄ > 、 .| | |           |:  :|  |   /!} ll ゞハ'     |  |              |  |
      |        | .! ! !            |:  :|  |  > = <     .|  |              |  |:
      |        | .! ! !            |:  :|  | 〃:: :   .. : ヽ   |  |     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
      |        | .!_! !            |:  :|  | ;:: ::. .   .. : ハ  |  |     | ……仰せのままに  |
      |        |:  .:|           |:  :|  | 、: : ...  . : .:: ,   .|  |      乂_________ノ
      |        |:  .:|           |:  :|  |. ,:: ... . :. ::,  , < ̄|              |     |
      |        |:  .:|           | , < ̄> 、> = <   .|   .:|              |     |
      |        |:  .:|           | | _r≦三ミ/-{ ̄}`ヽ_|   .:|              |     |
      |        |:  .:|           |__r'r=='二/二二二二二∧ニニニ|              |     |
      |        |:  .:|           |彡'二二/二二二二二二∧ニニニ.|              |     |
      |        |:  .:|           |二二ニ/二二二二二二二∧二 !               |     |
      |        |:  .:|           |二二/二二二二二二二二∧二 !               |     |
二二二|        |二ニ|           |ニニ/二二二二二二二二二∧ニ|             |     |
―――|        |―‐‐!            |二/二二二二二二二二二二∧.|             |     |

419◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:56:02 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

            □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─┐
            |                                              |
            |  その一方、モンティナは皇帝印可を以て、帝国北部拠点        |
            |  リレル・ラエルよりレッドスピリットをユウソカへと召集する。      |
            |  その目的は言わずもなが、一人でも多く『 アポカリプス 』の       |
            |  資質を持ったレッドスピリットを集める事である。               |
            |                                              |
            |  軍事配備中のスピリットを勝手に動かすと言う横紙破りにも     |
            |  程が有る事では有ったが、そこは皇帝印可と言った処か。       |
            |                                              |
            └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=□
                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |       /               \
                 /: : ┏┓:::::::::::::::::::::::: : /          \             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 _/::::::::: ┗┛:::::::::::::::::::::::: |         |              |  おいコラちょっと待て#   |
              ,/:::::::::: : 【 スレギト 】:::::::::::::::: \_       \._        _ \__  ________/
            i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_____/:::::\____/        ∨  |
                `'‐、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/              ┌┐ |
                l,_/´‐'ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|     **        / └┘【 リレル・ラエル 】
                   ;}.┏▼┓::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::【 サレ・スニル 】      /      /
                 \_,_/ ┗━┛::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ┏┓         /        /
                    【 首都:マロリガン 】::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ┗┛         /         /
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /////****     /           /
                   \_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : /////****.  /         /
                      \__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::【ミスレ樹海】  |/     ┌▽┐/
                          \__:::::::::::::::::::::::::::::::::| ┌┐   ̄     .└─┘
                              ゙ヽ_:::::::::::::::::::/ ロ └┘   【 首都:サーギオス 】
                                \_<_【 ユウソカ + リーソカ 】_/

‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

420◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:56:58 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

         □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
         |                                                |
         |   当時、帝国軍に配備されていたスピリット総数は150弱、           |
         |  内レッドスピリットは凡そ40と言った処であった。                |
         |  故・ふらんの書によると凡そ五から十人に一人の割合で          |
         |  『 アポカリプス 』の資質持ちが居たと記されていたが、          |
         |  実際にモンティナが調査した処、実に15人が資質持ちであった。   |
         |                                                |
         └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□


             ,.:‐:-‐:、... ,.:‐:-‐:、..    ,.:‐:-‐:、    ,.:‐:-‐:、....  ,.:‐:-‐:、
               i'::::::::::::::::',..i'::::::::::::::::',.   i      :',   i'::::::::::::::::',... i'::::::::::::::::',
            '、::::::::::::;:' '、::::::::::::;:'.    '、.   ;    '、::::::::::::;:'.  '、::::::::::::;:'
             _,':::::::::'、......_,':::::::::'、      _,'   '、.   _,':::::::::'、    _,':::::::::'、
           ,.:'´::::::::::::::゙,.:'´:::::::::::::::::`ヽ ,.:'´     `ヽX:::::::::::::::::...,.:'´:::::::::::::::::`ヽ
            i:::::::::: ,-、:':ヽ: : :::::::::::: ,-、:':ヽ、     ,-、:':ヽ::::::::::::::: i:::::,-、:':ヽ::::::::::::::!
             !::::::::,.:'::::::::::::::::):: : ::::,.      )    ,.:'::::::::::::::::)::::::::::::!゙,.:      :):::::::::i
             i:::::::::(::::::::::::::::::::) :::::::(      )   (::::::::::::::::::::) :::::: i:゙(      )゙::::::i
             i:::::::゙(;:::::::::::::::::::::'、 ::゙(         、  (;:::::::::::::::::::::'、 ::: i (.      :'、゙;:'
             ヽ:: ,.'::::::::::::::::::::::::i....,.'         :i....,.'::::::::::::::::::::::::i、..゙.,.'         :i、
               ,'::::::::::::::::::::::::::::::,'.         ,'::::::::::::::::::::::::::::::'...,'.         '、
               !::::::::::::::::::::::::::::: !:         : !::::::::::::::::::::::::::::::_':.!         :_':、
             ,'::::::::::::::::::::::::::::::,':.         :,'::::::::::::::::::::::::::::::i゙ ,'.         i
             ,'::::::_::::::::::::::::::;::゙,'.....:_      ;::゙,'::::::_::::::::::::::::::;::::::゙,'......_         ',
             !::::::',.,':::::::::::::::i': !.....:',.,'....   i': !::::::',.,':::::::::::::::i'::::: !.....:',.,':..   :i......:,'
           '、::::::::::::::::::::::::::: '、         :: '、::::::::::::::::::::::::::::;:' '、.         ::;:'
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

421◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:57:26 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

           □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
           |                                                |
           |  神の悪戯か、悪魔の福音か、その15人の内には凛……          |
           |  そして真紅が含まれていた。                          |
           |                                                |
           |   またこの資質選定後、再度の部隊再編成が行われる。         |
           |  資質判定に漏れた者は元来の場所へと戻り、真紅達15人は      |
           |  【 アポカリプス部隊 】と銘打たれた新規部隊へと所属する。        |
           |   また【 アポカリプス部隊 】は小競り合い続く前線に出張る事はなく、   |
           |  厚遇と共にユウソカにて日々訓練に励む日々が続いた。        |
           |                                                |
           └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
            ___ _/⌒.:.:.:.:.:.:.:.:.:/i:i:i:i/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:xくニニ:.:.:.:.:.:.:ノ
            |:r― ァ{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./i:i:i:i/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.r―- '′ \ニニ.:.:.:(
            l:レ 'アニ.:_.:.:.:.:.:.:./i:i:i:i:i/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ノ          丶ニ:.:.:}
           く:く//⌒^.:.`.:.:.:.:l:i:i:i:i:/.:.:.:.:.:.:.:.:.f⌒´           Vニく
            \(〕へ:.:.:.:.:.:.:.:.j:i:i:i:il.:.:.:.:.:.:.:._/       ハ         'ニ.:)
            /:/^}::| ):.:.:.:.:.:.:|:i:i:i:i:|:.:.:.:.:.:(,_      /       l  、  }Y
               /:/  }::| ハ:,:.:.:.:.:.:|:i:i:i:i:|:.:.:.:.:.:.:ノ  /   {       |  }  ハ}
           /:/.   }::|′: ):.:.:.:|:i:i:i:i:|.:.:.:.:.(_   |   {    ‐ l爪 / / :
             〈:/    !::|  {_:.:.:人i:i:i:i:{:.:.:.:.:./   _」 -‐ f\   ィf苅イ}/ jノ
           j     }ノ   、\_少⌒'ヘ:/{ l/}/抖=冬  、/V)'/ {{
           |     ハ     \ 辷_)ン|   ト( ≪ V)ン′     : { 、
           |    : l       \ 爪l:|   |f^        '  人 {\ \
           |    i |       て^:l  |丶.  U   ' ’/⌒γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
           |    l |           ):.:|   l:.:、\≧=::‐-rfヘニ<   何とも言い難い気分ね……  |
           |    l |      /.:.:..:l   lニ\\ニニ〉り;}ニ ゝ______________,ノ
           |    l | ____/:.:.:.:.:.:.:.:.,   Vニニ\ Vニーイニニく\} {   }  /
           |    l l/.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,   Vニニ} |ニニニニニ}.:.\;  //
           |    | { .:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:∧  'ニニ} lニニニニニ人.:.:.:.:.ー'ヘ.
           l   _|_」:.:-‐:'′.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:./:.:.ヘ.  \//ニニ⌒'ニく:.:.:.丶:.:.:.:.:.:.:.}
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

422◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 22:58:00 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

         □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=┐
         |                                                    |
         |  『 アポカリプス 』の原理は自身の生命マナを削って異常な迄に圧縮した  |
         |  ハイロゥを紡ぎ、そしてそれを制御すると言う術者に対し極めて重い      |
         |  負担を掛ける魔法であった。                               |
         |                                                    |
         |  中には制御を誤り、己の神剣を破損してしまう者……             |
         |  紡いだハイロゥが暴走し、己自身を「 破壊 」してしまう者も居た。        |
         |  そんな過酷な訓練が続けられる中、約半年に渡る修練の末、          |
         |  最終的に13人が『 アポカリプス 』を習得するに至ったのである。        |
         |                                                    |
         └=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─□
                       、../゛   .\  ./..r'".\
                   , ー'"       \`''''く   .\ :
                 :./ ;;/ .、.__  ..l    ゙'-、.,ゝ   .l
                   ". ;;;| ./i  | . l l.  ヽ / -、 `'-、 }
                     ,,,,,,,,,,;;;;;l、ヽ ゙l .l  . l .ヽ  `'-..,_, \ ,.:
                       ";;;;;;;;;;'リ│__..l... l  lゎ、 .ヽ`''-.ミヘ..、
                    ;;' ;;;/`'''|/ 〉|  .lヽ \\ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人_/
               :.iへ,,,,、;;;  ;;/゙!ミ..../ /....! │、ヽ/≧                     <
                : r'"  l  `゙'''''"'-、. /ヽ/  |  l'、 l゙' l i≧  っ!!い、急ぎ医務室に!! ニ=-
                :.(彡ー'.!.       / /゙:l, .! ! ゙'ム‐ ≧                     ≦
              :::::::::::゙''''''''''''¬.゙/ヽ/::::::::, |, '|. ,i",ノ゛/Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒WY\
               ::::::::::::::::::::::::::/ /  :::::::l]` lレ゙.i   l  r‐″  ..l,
                 〈[>..、イ:>〈.   :::::::l゙t./ /   iゝノ.l\.   , ┴、.:
                  `'/`ミ:::、:::ト、__ . :::::ヽ..,,./  ! 丿   l::: \ ! ./´ `'-、
                   /、:::::::::::::>ミ_〉 . :::::::〈..,,_._,メ、  , ―.l,::: : `-|.     \.:
                   /.:::}>V´         ::::::::::::::\"./^゙'、::::::::::: \    \
               〈〉 rヘ、_,、/             ::::::::::::く   ヽ::::::::::::::: \   \
                rヘ ¨´{l ゚。               :::::::ヽ   .ヽ::::::::::::::::::::\   ./ー;;x,
                  |_/〈冫                 :::::::ヽ    l:::::::::::::::::::::: `'-. ! './ l
‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐── ──
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

423◆IW1/wWxGAw:2014/01/18(土) 23:00:32 ID:SVPiSY0M0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・                       ┌┐
─── ─────────── ─── ──  ─…                                ||
─────────── … ……             ┌────────────────────┼┼─┐
_________                     ┌―┼―――――――――――――――┐        ||  │
__ __                        |  └───────────────┼────┼┼─┘
__                         |        |      ┌―――┐                  |        ||
                       |        └―――┼―――┼―――――――――┘        ||
                       |                |      |                      ||
                         ┌―┼――――――――┼┐    |                      ||
                         └―┼――――――――┼┘    |                      ||
                       |                |      |                      └┘
                       |                |      |
       ―――――――――――┼――――――――┼―    |
                       |                |      |
                       |       □─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─┐
    ┌┐                     |       |                                      |
    ||                     |       |  そしてコレはその半年の間に起きた出来事。          |
┌─┼┼───────────────|  時は春、聖ヨト325年レユエの月(※)……         |
│  ||          ┌―――――――――|                                      |
└─┼┼─────┼─────────└=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=─=□
    ||          |                  ┌―――┐      |        |
    ||          └―――――――――┼―――┼―――┘        |   (※:325/05 )
    ||                        |      |                |     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ||                        |    ┌┼――――――――┼―┐
    ||                        |    └┼――――――――┼―┘
    └┘                        |      |                |
                                |      |                |
                                |    ―┼――――――――┼―――――――――――
                                |      |                |                       __
                                └―――┘                |                  __ __
                                                    |.            _________
                                                   …… … ───────────
                                        …─  ── ─── ─────────── ───
                               ・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━









一覧
関連記事
>[ 12544 ]
相変わらずこの>>1はフルスロットル過ぎるなw
だが、それがいい!
[ 2014/01/21 18:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

申し訳ありませんが、体調の悪化により長時間PCの前に居られなくなりました。。
その為、当分の間は手抜きでのまとめとさせていただきます。
楽しみにしてくださっていた方、そしてまとめを許可してくださった作者様にご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。<(_ _)>


とても大きな台風でしたが皆様ご無事でしたでしょうか?
もし何か被害にあわれていたらお見舞い申し上げます。
ぽんに何ができる、というわけでもありませんが、せめて気分転換の一助になれればと思います。


一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

19/11/13
アカガネ山のやる夫 追加

19/05/26
やる夫は誰かを救う悪になるようです 追加

19/05/18
エージェントやる夫の日常茶飯事 追加

19/04/14
やらない夫は「The World」にログインするようです 完結

19/02/10
真・女神転生 ~やる夫の嫁は加賀のようです~ 追加

19/01/21
できる夫とマリーがたどる仮面ライダーファイズ 追加

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



月別アーカイブ
FC2カウンター