Fate/Parallel Lines コマンドーほむら Extermination Commando √ 概要説明 + ルール やるぽん!

ジオウ第48回 ありそうでなかった決戦前のおじさんとの会話。 お互いへの培った愛情が見えてほっこりしますね。 それにしても、衝撃的。まさに怒涛の展開。 え、これどうなるの? 次週、最終回!お見逃しなく!

Fate/Parallel Lines コマンドーほむら Extermination Commando √ 概要説明 + ルール

630◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 22:52:05 ID:zPAlHC460



                                                ,./
                             _          !          _,._ィ/
                           '´¬‐、`ヽ       |l        ,. '',~‐ァ゙´`
                      i       _┌───┐  l::l  r┐  ./::/:/_         i
                 l'、   ,.:':´:::::::::`ヽ 「`ヽ│   l:::l l | /;゙::,'´::::::::::::::`ヽ    ,.'!
                      ';::':、 /:::::;‐'"´ ̄`| | _ l_| _ノ::::乂 |_:_::|::::r'"´ ̄`ヽ;:::`, ,、'::/
                 ヽ;:::`:::::/  ,. -.. 、| |丿|. / r、 ヽ`┐┌〃´_`ヽ,.. ‐ 、 ゙;::::'´::; '゙
                   `ヽ:::{ /'´ ̄ヽ| _  !_{  }:| |;;;゙| |.イ f;;;;i i'´ ̄ヽ }:::/´
                    ヽ;'、     | |`; |'゙冫'´, |;;;゙| |`| ┌─┘     /,:'
                       `'ー   | |:::l」イ / l |/ | | _i !   _   ‐''´
                             __j 〔_:{  じ 「八 `人 `ー'/
                         └ァ‐n‐┘フー'^ー{ _cケ´ r iー'n_
                                 Fate/Parallel Lines
                        /ト''_)!_7c゙{ ヽ∧j_l:l_|j_|〉,くj_|゙l_{_ソ
                       /:/      ̄(_ソ  ';:::;'             _....<
                      //           .:::::―:........_   _ .....<:::::::::::::
                         ノ/          /:::::::Y:::::::::\:::::≧=::::::::_::::::::-=
                                  /:::/:::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::
                                  ::://  二二 _ヽ::.:V:::::::::::::::::::::::::::::::
                               从:{r<::::::::::::::::::::.v:::V::::=ー:::_:::>
                                /::::::|ハ_V:::::::::::!斗_::V:::ゝ-=   _
                                 /∧:::::弋ッ、从ハゞ'' ル、 _::::::::::::::::::::::≧
                              /:: :Vハ:\   _  /-- ======-- ヾ
                _  ◎辷辷辷辷辷辷辷辷//{l⌒ ≧≦-<: : : :ヽ
            r‐。 __ ゝ ≧' _        (: : : :>{l.     ><: : : Y: }   _. -、__
            ゞ 互=≧ 互≧≧  _    、―=二o ≧._゚{ ニニ≧<:/  Y//{ rイ.≧  _
              >='' Y⌒Y ノ 。 。  >≦二二 }  )_ ィ{ゞ≪ニニニ ≫ .}、 ゞ )≧ ≪ ≫ _
             ≪    _ // =_.≪>-r≦ノ≪二≫r: |/Y .|:!\ヘ` ≪二二 //ハr, ゝ寸ニ≧≪   ≫  _
          ,    / _ rっゝと≦.>.4 .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ニニ≫r≦ニ≧
       / ~ / ≪ ''_ -⌒-, }≫ ¨¨ ┃                            ┃...`≪ニ=|:Y⌒Y |
         {   ≪ _ .≪二二≫''     ..┃       コマンドーほむら          .┃=>  `≪|:.ゝ-彡|
   ..._  ≪ _ ≪二二≫ ´     、.. ...┃   Extermination Commando √..  ..┃.\ニ>z{_】>-=彡
.  r≦、_ ≪二二:≫ ´ ヽ__  _  ) .┃                            ┃.  \ニ={:.Y⌒Y|
  (oY oY二 ≫ ´      `´ _ ≪= . ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛.   \=l入.__.ノ|、
   ¨ゞ== '' V  \   _ ≪ニニニニニ辷=―   /  / ∨   //{    <彡_   } | > .r、 ー=彡込辷、__


.

631◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 22:52:34 ID:zPAlHC460



                                r ー- 、
                      __rf>-=ミ{ /´ ̄ ヾ
                 _     ノ/  >  =- ミ 、
              ___i:.:.:.ヽ.   レ   /  / /   ヽ      ..┏━━━━━━━━━━━┓
               ー 、:.:.:.:ヽ i /  / / ./ i }ハ      ┃                ┃
                      ヽ:.:.:.', / __彡 イ__ノ / } / }、    ....┃   ――聖杯戦争   . ┃
                    ー/  ノi {: -=彡イ__ノ / リ| ヽ    ┃                ┃
                 ー ⌒ー=彡 イ / ハ}     赱! イリ  }〉   .┗━━━━━━━━━━━┛
                  ⌒ヾミ=彡'' ノ、  、 _' ハ /  /
                  __彡二ミヽ==ヽ __ .イ:.:.:}.( イ
                   ,r.:´r r:.:.:.:.:.:ヾ彡ミ、:.:.{i{:.:! ゞ''  `ヾ
                i:.:.:.:.|」:.:.:.:.:.:.:.:.:.ミ、州==ミ匕升≧=- ..、
      /{  _____      ',:.:.:r=:.:ミ:.:.:.:.:.:.:ヾi:.:.:.:! |    `゙<;,:.:!
    rー'' マV⌒ヾミー- 、  ,ゞ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   __ゝ  } ` < } }:.:.:.`:.<:.:.:. ┃                                                  ┃
    く   マ     { { :.:.:.:.:.::.:ヽ:. ┃                              サ ー ウ ゙ ァ ン ト             ┃
      ヽ  ` > 'ヽ ト、:.:.:.:.:.:. : ┃それは歴史に名を残す偉業をなした者達、英霊を 使 い 魔  として呼び出し. ┃
     ゞ  /}  r ''  くr- く´..┃                                                  ┃
  \/ /  `¨フ⌒ヽ    ......┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  \\ノ    .,′    rイ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:〉〉OニX0ト、:\:.:.:.:.`:.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽヽ_ノ-
    ヽ{ , ,  ,.. 〉 /  イ:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:..:.:.:.:.:ノ:.:.:.:.:〈〈 OニX0:.:',:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.-=ニ {  く
     レヘi /:.:.>-, }`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>.:´:./:.:.:.:.:.:.:〉〉:.:.:;  ヽ:.ヽ,;,;.:.ハ:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽヽ
      ハ,,イゝ{/   ̄   \:.:.:.:.:.:.:.:.>.:´:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.://:.:.:./ヽ...,,/:.:ヽ:.:.:.} }、:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:} }
    _/     〈〈....┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   { ヾ/ /  { } } ┃                                                                  ┃
     '⌒ーヘ/ノノ....┃  万物の願望を叶える聖杯を求め、最期の一組となるまで競い合う、魔術師達の闘争である―― . ┃
   ヽー-==彡   .┃                                                                  ┃
  :.:.:.:.:> ..,,  _  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄:.:.ー.:.:--- 、      ヽ  ヽ:.:/:.:.:.:| |       : \ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:> ミ、     >=- !__!         :   \\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ   >= --- 、  ̄ヽ   l    \\:.:.:.:.:.:.:.:.:.

632◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 22:53:07 ID:zPAlHC460





             .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             .┃                                  ┃
             .┃  魔術師とは神秘を知り、操るものであり    ┃
             .┃                                  ┃
             .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                        ┃                                                  ┃
                        ┃  彼らの魔力なしではサーヴァントが現界することは不可能極まりない  ┃
                        ┃                                                  ┃
                        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


       ___,,.... --、....--――--...._
     ...-/    __ ノ-、 _      `''ー 、
    |  '  ィ ̄ "´  /  ^''‐‐..,,     ^‐ 、
    | i'   l''´ _. ‐"        `゙ヽ、    ゝ
    i0 O  /''''''''‐‐....----ニ‐‐、_  ` ヽ、 │`ヽ   ..レ{:.:.:.:.:.:.:./ :.:.:.|: : .:.: : : : : /: : __: : : : : : : : : い{
    /  ,/   >     i        `‐^''‐ヽ ¦  !  \  |:.:.:.:.:.:/:/:.:.:.:|: :.:.:.:.:.:.:.彡==彳: : : : : : : : : : :ヘ リ
  _/  /   /│______,,ヽ           ゙V-‐1/  ....\}:.:.:.:./:/<:.:.{彡 ''´      /: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : :ミ
/:;:;:;ゝ    / ./゙ー-―=''゛ i             i      .}:. /:/           ⌒ヾ:.:.:.:.:.:.:.:. : : : :彡
/.:\:;:;ヽ  _/`ー、ー''"   "          l  / |  ..... ̄`Y:.:′             ,. ‐く \:.:.:.:.:.:.. .:.:.:/
.:.:.:.:.:.:.ヽ;:;ヽ /〃'l      ‐''マ¬‐-_..._  │ /   l      .|:.八≧=- _{  ,.斗匕¨歹>  ミ/⌒i:.:.:/
.:.:.:.:.:.:.:.:l:;:;:;:!、  <       ヾl,,フ‐-..`"ヽ ¦ノ _..,!      ..|:.|  、<歹゙ヽ           /: : }:./
\:.:.:.:.:.:l;:;:;:;!゙ヽ-│      ゙''‐--,, `   ''´/ニヽ , '         ⅵ  :’    }           ノ: /八
/:.:.:.:.:.:l:;:;:;:|ヾ` 、 、              ン丿          .}   :,   ノ___          r‐:イ:.:.:.:.ト=-
.:.:.:.:.:.:.:.:l:;:;:;lヽ/ヽ               !  ¦            ゝ---\   ___     γ⌒ヽ:.:.:.:.:.\へ.,_
.:.:.:.:.:.:.:.:l:;:/. |       、          !  /                  }i. {{    ノ  /ゝ __, ー/ ⌒ヽ-- ==ミ>.,____
.:.:.:.:.:.:.:¦  !   \    `''‐-....,,_  --イ, '                    j/\`¨ ¨´  /  ィニ}-- : |   /  `¨ヽ: : :\`ヽ
.:.:.:.:.:.:./, ‐‐ '....,,    !\        フ /                   /   ヽ__/___/ニニム--:::|    |  │  ト : : :\
.:.:.:.:.:/ │.:.:.:.:.:.:.:.:`''-..ュ \         /                           }ム  /ニニニニニニ/\::{_,. |  │  | }:::::::::::::::
.:.:.:./  !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`‐、 `ー-.. _ /ヽ                       -={ニ| |ニニニニニ/    |    }   }  |/:::::::::::::::::
.:.:/┌.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ   ツ.:.:.:l                     _ -=ニニムム jニ( ̄    j/-|   /⌒ /   ノ::::::::::::::::::::

633◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 22:53:40 ID:zPAlHC460




                                   ∧
                                     ∧∧
                                 ∧∧∧
           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           ┃                                                      ┃
           ┃   聖杯に見初められた魔術師は、手の甲に「令呪」と呼ばれる文様を得る――   .┃
           ┃                                                      ┃
           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                                 ∧∧∧∧∧∧∧∧∧
                             ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
                             ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
                       ∧  ....∨∨∨∨∨∨∨∨∨    .∧
                         ∧∧  ....∨∨∨∨∨∨∨∨    .∧∧
     .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     .┃                                                  ┃
     .┃   サーヴァントに対する三回だけの絶対命令権であり、魔力の塊でもある   ..┃
     .┃                                                  ┃
     .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                   ∧∧∧∧∧∧∧∧  ....∨∨    .∧∧∧∧∧∧∧∧
                     ∧∧∧∧∧∧∧∧∧  ....∨    .∧∧∧∧∧∧∧∧∧
                 ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧      .∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
                 ∨∨∨┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                     ∨∨. ┃                                                    ┃
                   ∨∨┃  コレを有して初めてサーヴァントを召喚する資格を持つマスター足りえるのだ   ┃
                       ∨. ┃                                                    ┃
                     ∨┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                         ∨∨∨∨∨                .∨∨∨∨∨
                       ∨∨∨∨               ∨∨∨∨
                           ∨∨∨                 ∨∨∨
                         ∨∨                   ∨∨
                       ∨                     ∨


.

634◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 22:54:04 ID:zPAlHC460


゙`ヽ:`ヽ `ヽ:::`ヽ.`ヽ`ヽ:::::`ヽ    :        :      ,'    ..:'         .,:' _         .:'
_ \::\ \::::\ \::\::::::\  :.       }      ,'   /:,'          ,:::´//_≧=、_    ,.::,'
二 ̄`:`ヽ:\ .\::::.  \::ヽ:::::.:∨ :.       :.   . .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
:::::::.`ミ>、:::::::`::.>'::::\ \::::::::;ヘ   :.     ∩ ::.    .┃サーヴァント                                     ┃
`ヽ:::::::\ `¨¨` 、::::;へ::::\`ミ、:::::; .`  :.    !j  ::   ;'.┃ 英雄  は伝承の具現である「宝具」と言われるものを持ち―― ..┃
  二¨\:.     \;  \:::\ヘ::;   ;.:::;      /} ┃                                            ┃
三二    `ヽ::、       ̄ヽ二:;    ;::;        。{ノ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
\三二     `ヽ ー==‐    ;   ;::;    o    ()          ̄≧全メ::{──弋につとフ
  \三二      `.           。;::; 。  jヽ、,:::'::::`:::::、,、  ,'¨ヽ { ̄:::: ::::乂__/`¨ ̄>′
    \三二               c ;::; 。 \ }:::::::::::;-‐-、:::::::{ {  } ,>‐<\_ミ》}{《£/|ラ ̄\
;    \三二    ⊂⊃.       ;::;  。 ゝ:::::;'´   j:::::::リ. `¨´ ,'     ヽ \__,/::::::|     \
::、      \三二       ミ三㌫メ、 ;::;o  ゜>:::;    `;::::::ミ、。  {    /⌒>' ¨/ .:::::∧。   _人
::::\      \二  ____,斗孑刈ソ .;::;  c∧::::::;     ;::::::::{ -‐' i⌒>匕__o-/ .:::::/∧`Y´ ̄  \
;::::::::`ヽ    \__公-─公伎 iャ/  .;::;   ' }::::::::ヽ、_,:'::::::o孑'  {/    /// .::::::///ハ .|        〉
`ヽ;:::::::::.    くjとズー'`‐今-<⌒i ;::; ο 人Nト、::::::::::::::;ノ ̄  / ̄\oj´/// .:::::://///} |。   _/|
  `ヽ::::::.     ゙ミ彡'ニ=-=三_: : )/  ;::;  ゚   `|::::ヘ{ヽ;{    /    /: :/// .::::::////// |`Y´ ̄   |
    `ヽ::.     `Y\ニミ〈| :: ̄「|   ;::;  ο |:::::.   О ∠_  oj´::/// .:::::://////. |: :|       |
      `:.     !X \ニVー彳´    ;::;     |:::::::.  ゚ /: : : :  ̄::://// .::::::://////  }: :|       |
       :.      }: : \⌒i{       ;::;    |::::::::. /: :⊂∋-=彡、/// .:::::::/// ̄/.   |: :b ___人
  ...┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓.: : とつ'´> -=/ .:::::::// ̄8     |: : : : : : : : : : \
  ...┃                                ┃.`⌒ヽ/     .:::::::::/   .∪   |: : : : : : : : : : : : :\
  ...┃   その全てが絶大な効果を発揮する   . ┃ レi ,、 ___....::::::::::::/          |: : : : : : : : : : : : :/廴_,
  ...┃                                ┃.三レ'/}/.:::〉}/ :::::/             L:_____:/   爪三
.  ..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛..`´./..::::::/:::::::::::/レト、               _,vvv彡三三
            :    /: : : :/      二三\ |:::::::\::::::::::::/___:::/ :::::::::/从从从レvレvレvレvレvレvレvレ≦三三三三三
≧=-、_ .       :   /: : : :/          二三::.|:::::::::::::`;:: /⌒::Y´ ::::::::/____,-=≦三三三三三三三三三三三
三三三三≧=--: ___/: : : :/             二|:::::::::::::: : Е三ヲ:::::::::::/三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三三.三.三.三.三 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三三.三.三.三.三 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/三三三三三三三三三三三三三三三三三

635◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 22:54:46 ID:zPAlHC460




                          ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
                          ┃                        ┃
                          ┃   使役されるは7つのクラス    .┃
                          ┃                        ┃
                          ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛


                                                              _三二ニ=-
                                                _三二ニ=-==ニ二三 ̄
                                 _三二ニ=-==ニ二三 ̄.
                  _三二ニ=-==ニ二三 ̄  |リ
. 三二ニ=-==ニ二三 ̄.|| ト、'i,__,.--'''ニ'''_  /_,||'i  |
              リ| |/´ト‐-、´\ヽ‐、' ` リ ゙i. l  _,-ニ==ニニ'゙/
              _,リ/i´「`\, ゝ´i | ,l`'ヽ‐-リ-‐'´=ニ==、‐7
         , -'`ゝ´// | |''三ヽ、丶_、,ヽ'、,`'i, ヽヽ''‐'7‐--、_ `'
       /´ / / i' i。レ'\,___|`'/´ '''ヘ-゙‐_l  ゙i, ゙i,゙'、、   \
      /   | l゚'-‐'´ ヘ  ̄l|、/   /`''' | ‐-i 、,l i`;    ..┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    /     |       ̄"'‐'`'i'''''''i゙‐-‐‐'.,L,__| . l ‐l、|   ...┃                              ┃
   /      丶         ノ|:. .:|`'=、ニ‐´ `''‐-、_| |    ┃  剣を手繰る最優のクラス、セイバー    ┃
   \       \       ,ノ. |:.. .:|  `‐ 、__,, ‐´ '`'      ┃                              ┃
     \    `'‐‐`'ッ--、‐ '´  |::. .::|    ,、'´`i´" -'´   ...┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      \_  ,-‐'" /  / \0. |::. ..:|  0/ヽ,  ゙i、;,   _,, ‐'
        `'''''' ‐゙/  / ____|-‐-|__  ゙i,  ゙i,,‐´""´
           __,,, -‐ '''"ニ‐-、,.  || _,, -=`゙ニ',''''‐-ト;,__
          l゙、 _,, -'´  __,, ---'''--- ,,__  `'‐-、,_ /l
         丶丶_,, -‐'"´__,,,i‐'"".〈〉`゙゙゙゙‐i,,,_`゙゙'''‐- 、,._//
          丶| _,, ,-'""i-‐| |i´`'i i'´`i| |'‐、l`' ‐,、,,_ |/
              L,‐´_,,, | |ニ='、 ,''=ニ| |,,,__`゙'_,‐゙
.  ̄三二ニ=-==ニ二三_ O |::| || ... ∨......|| |::| O  `゙'、,
  -=彡            . ̄三二ニ=-==ニ二三_
    ,ノ                  l             ̄三二ニ=-==ニ二三_
   7        _.            l                          ̄三二ニ=-==ニ二三_
.    フ      l  ` ゙   、 , r '!|                                            ̄三二ニ=-
: ヽ,  .ラ      _.ノ      `  .リ
: : :.ヽ /_  x‐、/ ` ー-= 、     ,イ __
: : : : : Y レ {.      弋7フ `   ヒl :ヽ. : :\
: : : : : :.} リハ __.            ∨ . :} : : : : \ ヘ
  : :/7ヘ リ!  `           /ヽ :.} : : : : : : : : : :`ー       .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
,r.`>' : :ヾ.\  lヽ   ー  ´/ . : :.∨. : : :./: : : : : : : :       .┃                                  ┃
x 、 .: : }`> ヾ .\l__. >   イ . : : : :| : : ∠ :- : : : : : : :      .┃  遠距離攻撃に長けたクラス、アーチャー. .. .┃
冬圭≧ュ、 : : : `> 大 __/7ニ}: r‐、 rー, : : : : : : : : : / :       ┃                                  ┃
:`''冬圭圭≧ュ、 // `> .{ニ}: ゝ.メソ : : : : : -=≦ : : : :       .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
ヽ. : : `''冬圭圭圭≧ェュ、 `>{彡'ゞ' :.}_: : : : : : : : : : : : :
:_:_ヽ. : :} .r‐`''冬圭圭圭圭≧ェ、 `> } ` テニニ======
///ヽ: |:└三※`''冬圭===ニ圭圭会く.  i`ー 、 _
∨. : : : !} : : :/ } : : :l `''冬ヾ. 寺圭圭圭圭会ュメ、 i  ヽ
:ト. : : : .〉. :/ /. : :.ムニニ`ヽヾ会ュ、圭圭圭圭圭圭王ュ、
:.| . : : ./. : ヾ ' . : ;イニニニニニニ=' ヽ圭会ュ 寺圭圭圭圭圭
.:|. :./. : : : : : : /ニニニニニア    `ー=王圭会ュ寺圭圭=
.:.ト、. : : : : : : ;.イニニニニア  ,ィニニムマニ| `''冬圭圭圭圭
.:.:| :.ヽ . : ; イ マニニニア  ィ'ニニニニムマニ|__ - `''冬圭圭                           _三二ニ=-
..:.|:_:_: ソ ニニニ=-  .,ィニ ニニニニニマ ムi}. : : : : : : : : : .Y                 _三二ニ=-==ニ二三 ̄
.:人ニム マニニニニl |ニニ マニニニニム マl} : : \ . : : : :._三二ニ=-==ニ二三 ̄
. : .マニlニュ,,`マニl |ニニニ. _三二ニ=-==ニ二三 ̄
._三二ニ=-==ニ二三 ̄      .,. ,、 //,
:.ノ'\                    、 /.∨.∨.:/ー―ァ
\メ〈\,.               |∨.: /;:'/.:;ィ.::=ー--.、_,
  ヘ'::./'\_           _ノ:.i::.ヾ∨ィ';;、::._;:_:::.ー、: :<´
   \;:::/:ヘ、        ,ィ:ゞ/`7/゙'"|:! _ヾ.!゙ミ、.:ヾ.、:.\    .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    `゙\人::ゝ‐'.ニi、    ,'/´〈,、i/、/ノ',∠_`リ、ミ、、::.ヾ.::.<`    .┃                                    ┃
        .>/ /´,ゝ‐`‐、 '   、_`゙,ゞ、'メ亠'`'  ゙ミ、::`ヽ、::.\  ..┃  俊敏を旨する長物ぞろいのクラス、ランサー  ┃
    ィ'´  ゝ-/_ノ7´ ̄〕   ! ̄i 、       `'´ハヾ、厂`   ┃                                    ┃
   ,.ノi! / ̄`ヽメ,.ゝ-‐⌒)   ! 7ニ=-‐'     r')゙ノ√`     .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ,イl: :ゞ、、     " ,、イ´\,   ', ´ >      ィ┬'/
../. :ゞ、、:: ::ヾゝー― '  \:::::|l\ ヘ.        ..イ|:゚|Y'\_
'.:,へ::_ニ/´    ____\ゞ:=\,ヽ⌒` ̄:'´ / ^´.ト、丿ト、
//.:ー-::/    // / `>\::`:入i :: :::.. .. _/__| ヘ':.ヾ\_
/.: : : : /    ,:'´ / / / ,ゝ'´ ̄二lj 、::: :: ::| ,__メ´/ ̄/   ̄\
.: : : : / __<´i  / / /__/,ィ=´.:ィニメ,ィ===`ー、 /.// /   rr‐┐ヽ
:: : ;イ'´.: : : \\i i /.: : : : : :ヾ、'_'======ヘ/'//o  ,ィ¨;|ゝ ノ!,┴、
:: //.: : : : : : : :\゚/.: : : : : : : ::,'/i´: : : : : : : : : : : : :∨__ /i ー !  .! r‐ i
://.: : : : : : : : : ::/::..: : : : : :...:::ノ'.;'.: : : : : : : : : : : : :::::``ヽ、 `/^i   |   .| ゝ ヘ.,ゝ⌒>
! i:: : : : : : : :,=-ァ::ー――::、‐":: ゝ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::/.:::::::::/ |  |   !   ヽ /
 ̄ ̄ ̄ ̄´  ,′::.. : : : :.:.:;':': : : : : ヾ:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::.../  .!  ゙i!  ヘ   Y
       ィ-、::..:.:.:.:.:.:.:.;'ハ、:.:.: : : : :::.\::::::::::::::::::ノ!:::::::::::|  l!  i!   |!   }
      /:::) 〉: : : : : :〃: :ヾ、:.:.:.:.:::::イ":::ー:::‐::':::l!::;ィ=ゝ!  |   |   |!   ,′
       ///: : : .:::/': : : : : :ヾ::,-==、.:.:.::::::::::::::イ/.:イ{. |  .!、   !、   |  ,′
 ̄三二ニ=-==ニ二三_.: : : .:i´r'´.: : :ヾ、.::::::::::: :レ.: |、\ 、  、     `  ,′
                    ̄三二ニ=-==ニ二三_
                                  ̄三二ニ=-==ニ二三_
                                                 ̄三二ニ=-==ニ二三_
                                                               ̄三二ニ=-

638◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 22:55:56 ID:zPAlHC460






            .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            .┃                              ┃
            .┃ ―なお、これら三騎を合わせて、三騎士....┃
            .┃                              ┃
            .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                          ┃                                    ┃
                          ┃ 本来ならばスキル「対魔力」を有し、           .┃
                          ┃  キャスターの天敵であるはずのクラスである.. ..┃
                          ┃                                    ┃
                          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





.

639◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 22:56:21 ID:zPAlHC460

                               _三二ニ=-==ニ二三 ̄
                 _三二ニ=-==ニ二三 ̄
_三二ニ=-==ニ二三 ̄:.:.:.:.:.:i ノ..:::::::::::,ィ‐‐'´                     /,―――, /
 |:ヽ`ヽv..:::::::/l:,イメ、ノi,ィ:.:.:.:.:.:.l'´::::::::,ィ'´               .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
-ヘ:゙、: : `ヽ/、,.ゞ,   .、ゝ:.:.:.:ノー-く                  ┃                                  ┃
:.:.:.ヘ:i゛ヾ'´ゝ-┴ゞソ、-.、―-.、/:.:.:.:.:.:ノ            ,イ  ┃   故に最弱とされる魔術師のクラス、キャスター...  .┃
:.:.:.:.ゞ  . ゞ;ゝ‐.、'´:. :.  :...:`ヽ、/      ,.イ  _,/....  ┃                                  ┃
、:.:.:.:!ハ,、、,ゝ'.:(:.  ヽ、 :::.. `ヽ:..ヽー'     ,,.": ": ´:. //=i: : ,.┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
':.:.:ヽ、:i:::::i .:::::::、:. :. ヾ、..::::...::..ヽ、ヽ、   ,: ': : : : :":/:.:/三゙i´     メー.、//´`i..(`///
_:.:.:.:.:!::::i .::.:. iヽ、.:::::....、,ゝ、::::、__,ゝイ メ : : ": : : /:.:.:./三三i___/三=‐'7i`ノ.ι//
:.:ヽ`T゙:ヘ::i:::::::..ナ‐-`、:、メ,ゞ芥:::`..ヽ'./,ゝ'=‐: : : :/:.:.:.:.|三彡",ィ-―'彡" ,ィ'´`´ノノ //
:.:.:.`ヽ):.ヽ!::ノiノ犾符 `´  ゝ-'!:::ト、:::::::.,ィ´: : : : : /:.:.:.:.:i三=||´三ニ-'´ //___//
:.:.::.:i´.:r'´f'厶':::゙ヾ-'    ,   人ノ `フ´__: ,、: : : i:.:.:.:.:./三ニl.lゝ'´ _,//ー┬――‐′
:.:.:.:.i:.:ノ ノノ〉 ヽ:::ヾ:.、. ー '.イ.,ゝ--、,"//:´:.:.ー'´:.:.:.:.:.:|三=//i.  ,::;::´.,ィ〉 ノノ三三三三
:.:.:.:.゙、:|、!/,ヘ. `ヽ`ヽ≧≦//   」l´|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l三//ニ|、  i/ ̄ (/´三三三三
―'ーi:!ヽ、ヾ、.`ヽ、`!ゝニ=-、'   《ニノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i三l l三|.メ、〈三三三三三三三
   `ヽ`ヽメ_ィ,ノ  ゙ゞ-'´     ヾ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘニベ、ニ、ニヽ)三三三三三三三
     ヾ' _,ィ',、   v      ノ´`!:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.ヘ三、゙、ニ、三三三三三三三三
        .i、ヽ、`ヽ.:,--‐‐'ヽ┴i三ニヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.ヘ三、゙、ニ、三三三三三三三三           _三二ニ=-
        .乂、 ヽ. \_,ゝ-―‐┴,三'/ヽ、:.:.:.:ノ´ヽ、:.:.:.:.:\ニ、゙、ニ、三三三三. _三二ニ=-==ニ二三 ̄
          .`ヽ_メ´,ィ-―'´ ̄メ三ニヽ.:  ̄: : : : : :゙_三二ニ=-==ニ二三 ̄三三三
              ト-,ゝ--.._三二ニ=-==ニ二三 ̄.:::::::::::::::',
. _三二ニ=-==ニ二三 ̄./::::::::::::::::::::::::r、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                  ,::::::::::::::::::::::::/ ゙  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `メ:::i
                  ;:::::::::::::::::::/   ヽ.._        !:|
         _     ,!:::::::::::::/    _   `ヽ. __ ...ノ V
        /:::::::}--.、 {::::`::::::::i    / ___ ヾ   八,.ィ=く i!
      ,.ィ'::::::::::;:::::::::i--、:::{:::::::|    ',´ ̄ソ  ヽ /{-=ミ } , .   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ::::::/::::::::::{::::::::::|::::::}ミ:::::::::メ    `¨´   ! | ゝ= ' / .   ┃                                  ┃
     :::/:::::::::::::i:::::::::::!::::::!::::}:::::::::::ヽ          //    /   .┃  奇襲、搦手に長けた暗殺者のクラス、アサシン     ┃
     ::{:::::{;;:::::::::::::::}::::::::::ヽ::ト、:::::::::::ヾ       '    /     .┃                                  ┃
     :::!:::::',:::::::::::::;'::::::::::::::::::!:::\::::::::::::`''r rirv-rーr-fイ'      .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     :::::::::::!:::::::::::|::::::::::リ::::::ハ::::::::\:::::::::::`¨`^ー'ー':.ソ
     ::::::::::::::::::::::::!::::::::/::::::'::/:::::::::::::\:::::::::::::::::::::::/
     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::`ー--- イ
     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::`、:::::::::::::::::::::::::::|
     ';::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::::ト、
  三二ニ=-==ニ二三_.:::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::j:::::ヽ
               ̄三二ニ=-==ニ二三_.:::::::\ー--...、
     } ー一' /777777777777777777777/////.. ̄三二ニ=-==ニ二三_   .
, 1ノL,ル'/7777////////ム/ノY^_ミミミル,////////   ry― 、== 、 }/  .... ̄三二ニ=-==ニ二三_.
/7777////////r' 二Y l }}ノ  ≧`こ ム彡ーイ///   L{二 }'`7 \. ィ     ,イ V////ハ/ /    ̄三二ニ=-
//////////////{ ー}ノ {{〉  彡"ア、ヤ K. 〈/ム-、   ーァォ'  ト .//、      N {  }/////ハ     /
/////////////> ー一{//{{ゝ  彡E  ヲミ  ,イ/ゝ ノ⌒ヽノムヘr‐ ///' }}  .ト,イ   V !//////l、   ム-:―  ―
/////////////ゝ-ヘバヾ≠=ミ、 "シル1ハ .ノム≧-=≠<三ヲ  ///{  {{   | {   !{////////>マニニニニニニニニニ
////////´ ̄ |三三|,r r;::ハ `ー===ミ彡'⌒' `ー一^'  ̄  {//∧ \` ,}  ヽ  V/////////}ニニニニニニニニニ
,'/////       |三三| ノ一人___人,ノ!1ル'{ノV(_ノ,ィ_ノし'レ! ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
,///     ー=≦/////マ~く 、从_ノ{ノ/ /ノ-'=- 、 ノ    .┃                                ┃
∠_        `ヾ////\,イノ ,イ / ム´ニニニニニヽ   ,ノ  ┃  宝具を駆る騎乗者のクラス、ライダー   . ┃
V三∧          V////ハ {  { / !ニニニニニニニニV    ┃                                ┃
. V三∧           V////ハ.   __ |ニニニニニニニニニV///  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.} }三三}  _, =三V{、ノ }/////,ー7//ハ|ニニニニニニニニニニV//////////{         ヽ イハ  入 ゝ ノ |ニニニニニニニ
..} }三三}≦三三、_,ゝ  V///////////!ニニニニニニニニニニ\//ム- '、  l{  (  ノ   Y⌒ヾ   ヽ    |ニニニニニニニ
 } }三三} 三三三,≧  \/////////j!ニニニニニニニニニニ,=、 \~\  ヽ八  V        \ ハ  .|ニニニニニニニ
 } }三三} 三三 /{  `ー≠`</////ニニニニニニニニニニニ|r‐ミ、=V  `ー- っ /   }ノ    、_     } _ノニニニニニニ
 .} }三三} 三 ,ニ{  {       ,≧≠!ニ/⌒\ニニニニニニニl{  )E」___ -く∧{   ム ―‐- ミ   { \ニニニニニニニ
 .} }三三} 三 ,ニ{  ∧     /     E.{ f⌒ ヽニニニニニニ|ゝイ/            /  -―- 、 \ ,ヘ.   \ニニニニニ
 ..:} }三三}  /ニニ ,j!   _>    ∧〉ゝ_.ノ  ,ニニニニ| ノ'          } ∨ /      \ V{, ヽ  \ニ/
 ..:} }三三} ./ニニニV   (_  ___/  ヽ     }ニニニニニV {        ノ'  ∨            ヽ 〉ゝー‐-. У、_
. ..} }三三}/ニニニニヽゝ、 フ >'      \  ,ニニニニニニV^ヽノ   イ /   ヾ,       く Y\ ーマ⌒r一
. ..} }三三∧ニニニニニニ\Y / '⌒       } ノニニニニニニ〉}__   ノイ     }ノ ヽ       | 个ー イ⌒iL /
.  } }三ニ  ヽニニニニニニニ! ,/ _ -――- 、(  \ニニニ/ノ   ` <.ノ     ,    |!    , イ  ゝ __Y^Y_ノ !
.  } }三7    \ニニニニニ| /   _____  ヽ `ー≧、ニ//⌒`> 、〉.    _三二ニ=-==ニ二三 ̄
.  } }三| {    \ニニニV /´     >/二> _三二ニ=-==ニ二三 ̄ :.:.:::.::{  ,;:.''     ,;.:
.  } }三| 人     \ニ. _三二ニ=-==ニ二三 ̄.     ゞミヽ:.:.:: .:./:. :.:ヽ:.:.:.:.; :.:.:ミ=''~
._三二ニ=-==ニ二三 ̄      ゞ://ニ///ニニ/ヽ::..:.. ノ/ニニニ\:.:.:.:. :.: .:.:.}:.:..:/   ィ:.:. :.:.彡    ,
                       〃ニ.////ニ///ニ\:.: /ニニニニニ\.:. :.:.:.:/:.V:.:.ー-.:{{     ,,.:イ1   ,)
                      iニニiニ//ニ//////ニハニニ:.:.::.ニ:.:.:.:.ニ:.';.ニ/ニニ}:.:.彡ヘ..,,,.:.: ,,.::.:彡:.:''   :.:/
                        ノ!ニニ!///,||/////ニニニ!:.:ニ:.::..:.:.:.:}}: .:.:.}:.::.:.:.: .:.:ニニニ≧ミー-...、     ,,.::.:
                   〃 V:.:i///,|!////i/ニ メ:.:.:.:.:',:.:.:.. :.リ:.:.:.:.!:. :.:.:.: .:.:.:.:.}}:; .;.; {ニニ≧ミ、  .:.::,; ,;}
                 rミ、 ,.r≦ミー≦ヾi|{i///!///////}:.:!ニ:;.::.:.:.:/.:.:.:.:.:|:.: .:.:. :. :.:..:リ:.: .:.ニニニニニニ≧、r彡ヽ
                 \ハニニニニニニニ\V/∧// //!リニ:./:.:.:.:. :.:.:. :.:..:!:. :.:.:.:.:. ゝ ヾミ、.:.:`'' <ニニニヽィ彡ヽ
              ///ゞ}三>''´ ̄ ,,> ー=ニ 彡´ニ//ニ:/:.:.:.:.ハ: .:.:.ニ:.|:.: .:.:.:. :.{        `゙'<ニ}}≧彡!
          ///// ヾ}     /:.:.: .:ヽ\ニ\ニ//ニ:/:.ニ:./:.:.}ニニ:.:.::.: :.:;,; .;,,;:彡
         /////      r:.:':.:.::.:..:.:.. :∨> ==彡ニ/ニ:/:.:./ニニニ:.:. :.:.:.: r=ミ:.:、   ,,.:.:''
       .////,/     ..: .: :ゝ;: .:.:.:.:. .:: .ヽ三三≦彡:.:.:.:.,,イ:ニ.:ニ/:.:.:.:. :.:.:}   ヽ:.:} ~   ,
     .////,;'/   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   /////,/    ┃                                            ┃
  ,///////     ┃  そして理性を失い本能のままに暴れるクラス、バーサーカー  . ┃
 //////       ┃                                            ┃
 //,;/          .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
               ,,.,.:.: .: ヽ:.:/ニ,:/ニニニニニニニ/ニニニヽニrヘ{ r:.:.:.:: .:.:. :.:.:.:V
              ,,..:.:. .: :.,ト、_}/ニニiニニニニニニ./ニ:.r''ヘrニ}   ヾ=彡:. :.:.:. :.:.:.∨__
                /ニヽニニ≧ーォ、_ニニ/iニニ,:: .:. ヾリ ..、    ';:. :.:.:.:. :.:./ハ..:,: :.}
                   \ニ\ニニニi}}///ー//ニニ/.::''       :.:ミ:.:/:.::}:.:.ニニ:./ニ/ニニ}''⌒
                    \ニヽニニリ/////ニニニ!'         }:. :{:.:.: :.:.:iニニ{ニニ/
                      \ニヽ{////ニニニ/           !:.:.:.:.:.:.::.:.!ニニ!/:.
                     ヾ{/r<ニニニニ/          ∨//⌒´ ̄ .:.:/
                           \ニニ/              ヾ{     {:.:.{
                            ヾ/           ト:.:.:ノ!    ノ:.:.:.,,
                                      iV:..:r''    ,;.: }.:ハ:.:,,

643◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 22:59:02 ID:zPAlHC460

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ,____ィ=ァ i  , rj,r- ヽ_      <:::::::::::::::::::::::::::::}}:::::::::>_/////////,}{ .: : : ヽx=-'__ノム/////////////////////
      rfッ^"" ゙゙ _ }_ ハ/>=--、____ _>==ニ二二彡=' ___ノ7///////////己:r=≦ミァ=≠オ{¨\ ,ムム_////////////////
      ´ヽ- 、, ≦ッ fj}:リ///////////>x__x==='¨¨¨/////////⊆ ̄'' ̄  :}_ Y゚ j'  )==}} , ====ニ_,rj///////////
        ',¨゚}_,    j{ノ{`/////////////////r=v==-'¨¨ヽム///{       ⅷァr'_ シ¨¨ /     ニニ彡=,/////////
        ヽ - - /ハム/////////////////く    ミ     `ー'-、__      Ⅵi} -=-.v  ー ミx,,  ー≦シ//////////
   √ ゚̄`ー‐〈:ヽ==':::: ト 廴r ミ///// 7/// ̄ ̄    _シ         ヽ==…iL ヽヲx=- :| ニニ= xハ}ヽ二ヽ==--==、///
  ノ:i:i:i:i:i:ヘ:i:i:i:i::}:}r――'L{ォ、 くrャ/ r'ハ/}}      彡              ヽ_ ヽ二二} _二Eムj   }/__     }ト//
 {{:i:i:i:i:i:i:i:iハ:i:ir=っ=---===}:\ ,≧x_r='¨¨ミx=、_     三               `  レ :人xミ=-}__ j_ ノ-z....__    リ \
  }:i:ノ:i:i:ir‐:}}:iYヘヽ : : : ヽ{. .¨fx:Y::ァ:::/::::ハ::::Ⅵ:Vム   }r==-                 |   ヽ    イノ,     = ' イ{i
 〃:i:i:i_ノ:i:i厂:i/. ": : . . . j{_. . V__}:::i:{::::/iiLM}ハ::〉リ   }i_x==                    |         :|}ノ  ー、ヽ    リ
 {:i:i:/:i:i:i:_/:i/. : : : r==彡i}:ミ=xヽYⅣゞ' , 丐//:/__  }iニ二二                 |        :|i    :\  } {
 {:i/:i:i:i/:L/: ヽニニ彡ノ:ッ: : ィ: }} =:ハ::ヘ:.、 -彡イ:/:}ノ  }i二二二                  |         }ハ     ヽ{  |
,ノ:i{:i:i:i:i:i八: : :ヽ: :.{{: {.{:ヽ_:.:j_: jリ:i:}:|::彡::≧彡':/ムx__. }i ハテレ=ミ                  |         :} \ j    {_,ノ)y
:}:i:i{:i:i:i:i/  ): : : : x{{.┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓   Y゚    :|ヽ i}
:}:i:i:i:i:ヽ{  \: : 〃:.┃                                                  ┃.  {      | j_}
:{:i:i:i:i:i:iハ   _}ヽ: :...┃   これら七騎のクラスが、聖杯戦争における基本的なクラスとなる   . ┃  :}    :}  j
:i:i:i:i:i:i:i:i:L..../{{: :{: : ┃                                                  ┃.. .::}    :{  /
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}:::::::::i::ヽ:  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛   ::}r― ‐ :ヒ7/
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{:::::::::::::::::\::ニ=--…=-fニニ:〕::::\{ー= }’:::::::ヽハ  i| 豺 ¨゚7ハ{    __, う77/////7∧       :}j   { _ ィニニ}_し}彡
:ヽ:i:i:i:i:i:i:i:Vx=-::::::::::::\::::::{:::::::::イ::フ::ン{::::::ヽ:::ヘ ヽ’::::::ハハ Ⅵ≧='互ム=、 ハチ}トx__,==-////∧     :} / ナ} :{ rォ {ノ 7
:i:iハ:i:i:i:i:i:i:iV:i:i:i:i:i:ヽ:::::::::\::ー=ニニ彡イ:/7x:::::::::::} |:,:::::::}:| 仄ヲ=ェニ ヽノ}L.〉}゚ ゚77¨¨¨//ム//j´}_ __    }ィノ ヽ タチイj r'
:i:i:ハ:i:iヽ:i:i:V:i:i:i:i:i:i:}}::::::::::::Ⅳ二/::::::://:j:i:i{¨¨¨¨`|:::::::/::{:| }) Y/---){x :{ {ミ='/ヽオ{r;ミ='¨¨¨Y rハ  __, :Ⅵ  ゚¨¨ム′}
:i:i:i:i:ハ:iヽ}:i:i:i\ ̄¨::}}:::::::::::::{:::::::::::::://::/:i:i{:::::::::::/’:::::ヽ::}| jト=j{>= ミ}ヽヽヽL../j__L:フf'    八x゚_ 厂}  ヽ}       {ヽ
:i:i:i:i:i:i:}:i:i》==ミ:i|}::::::::::>xx:::ハ::::::/:/::∧:i:ハ:::::: /,::::::::::::i:|, レ'¨ムミハツ二二j__r‐‐ォ }     i /ヽ}rjノ  /{:Ⅵ     :八
ヽ_:i:i:i:}:i:i{{  ヽ}ハ:::::/:::::::::::\i{:::/::::::::::}_:i:〃}::/::;:::::::::::::::::::{{イ ラ^.';{:i:iく  ヽ_///} /   _r==≠==LA / | ヽ      ∧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

644◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 22:59:31 ID:zPAlHC460



              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              ┃                                  ┃
              ┃   だが、極々稀に聖杯戦争を取り仕切るために .......┃
              ┃                                  ┃
              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                              ┃                 サーヴァント..              ┃
                              ┃   聖杯によって、7騎の  英雄  たちを取り締まる  ....┃
                              ┃                                      ┃
                              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                       ┃                                ┃
                       ┃   八騎目のクラスが呼び出されることがある  ......┃
                       ┃                                ┃
                       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                           ___
                  ,xr'´  -‐=≦‐-ミ  ``ー/
                  ( { /            <
                  ,>'´/{廴,,」{ ̄ ̄\     `` 、
             _/ /   `¨¨´   __   \  :、  \
               ^7/ ___/ ,   /i「\  \      \
                  / { {[ iTV    {斗i‐ i\,  } |    } ̄` 、xヘ、
               / i{ {冖ト}    x斧=;| i}__/ i|    } {__  \ \,/ ̄`` 、
                ,′xi{ {x斧=x,_,xく|乂ツ| i{ \ |    } { ̄``r―→;{ ̄``丶 }'´ ̄\
            {/|い,_}{{ 乂ツ}      |イヘ,___,}{,,_  } 乂__,人    :、`¨^¨´ :'⌒ 、 V⌒\
                |{  {__圦  `     | ;|;_  \`¨´       `¨´  \__,xく ̄ ̄ ̄__,}__
                |{ ∧{_{;/iト  ´ ̄  /|x小\  }               `¨{      ``
                |/ヘ{\{ {\|_〕ニ=く/   -} }/            ┏━━━━━━━━━━━┓
                       ___/^7^´  _,,..ニ}___              ┃                ┃
                  / _,』 7  /      :.          ┃  その名もルーラー   . ┃
                  / _,,♂],/ xく{/      }i           ┃                ┃
                ,: 叮冂(___)く V        从            .┗━━━━━━━━━━━┛
                 _/ /  / ̄}辷V      /{二\__                    /⌒´{
              _ -=ニ/ { /′ /^'7      / .{二二二_               /   _{_
         _-=ニ二/  ,{/ ;{   ;{i /       /  {二二二二ニ-   _     ⌒>‐くヘ '´
        {二冖=/  {'  人 ,小/       /   ;{二二二二二二二} /  '´  /`¨^''=''^¨´
              〈___  }/」  :′ }     ,..:   /{二二二二ニ=‐ . イ       /
           / ̄\{{/{\{ ,八   /    / ,{二二二厂  /   ノ /     ,′
             / ̄\  } ′厂 ̄\/{,___ / ̄\ニr'¨´  / /i'´  ,′ ,  {

645◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 22:59:41 ID:zPAlHC460







            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            ┃                                        ┃
            ┃  彼らは召喚されたサーヴァントに対する令呪を1つずつと ..┃
            ┃                                        ┃
            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                 ┃                                                    ┃
                 ┃   サーヴァントの居場所を常に察知する『気配察知』のスキルを持っている      ┃
                 ┃                                                    ┃
                 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛









.

646◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 22:59:55 ID:zPAlHC460






             .( ;; ;: )  ⌒ヽ                                       ( . ;.; .; :.: ⌒) ..;.;:⌒):.ノ
        .___ノ  .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ノ⌒) .;. :.:ノ、
..:.`)_ _ ̄  ̄  _.. .┃                                                    ┃... ;: ;.:.:;;`ヽ _:;,)
..:.;....)´ ̄ ̄ ̄     .┃   そしてこの聖櫃戦争においても――ルーラーは呼び出されている      ┃.. .;: .:; .:_,ノ
..: .. =─  -      .┃                                                    ┃. ̄ ̄´      ,,
                ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    .,,_-='~~、_
..一⌒)                         `゙´                  ̄ ̄              , -,-、∠、      ~
..::.:、::.`ヽ_                                                            / /   ` `、-- 、/~
..ー' ̄ ̄´                                                    ,、   / /     7  !-, '   /
                                                        ,/ ハ ,,,i i   /  ノ /. /
                                             r、         ,r '   ハ i i  /.|==.'. / /   ,
                                            ,、>'ヾ 、  , ,'  i        i. i  / ノ`  //,, <~
                                           /k,ヾY '、゙, <'/, , / |   !   !.i ./    / イ   `==
                                         _ /i、Y__|=、< 、_)/_ !   !~_'~、!./_>` 、
                                             Y ' ,|_(~)'彡、ミ.!、i i `r'>゙、  .i',, -='`'  `= `=-、      /
        _,,,..-==---- 、 __                       i~ /'-、~  7,!、 'ミ-、< >、-,>、 !、         \、 , イ
     ,, -=_~''~~~~~~``ヽ、    ~~`=-、_                     ! , イ`ミ=、7.ハ、、)i=-、'Y~~~~~`=-、`i        , イ,, -='~~
   , イ iヽ `、'~,~~、~`ヽ、/`-、       `、=、 、_,,........,             `'彡, ハ i i >-'ミミ 、/       ノi        ~~~~~`=-、
 / , イi` 、ヽハ`i-_、 -`' i 、  i       ヘ ハ   /`i-- 、.....__________i ,~,Y彡'-i,! '/ノ,!! 、ミ 、-i~~~~~~ i' ノ
..i  i  i`、 >゙< `、   ゙、_,> !!      __, ,',,イ_   /-'==='------' 、ヽ 、_'i彡// ' i <! i H/、~-~'~ _,.イ                 ノ
ハ , '~(~,~` 、、      / .,!. V_,..-='' ~                   ~~` <    i'` 、 ! 、/`'< ~             _,,.-='
 ヘ、` 、` 、.ノ       /' / /                            `i`,>=、' ヽ `ヽ、 `ヽ、          <_
 , -<~`、``    /,, イ, イ                               ハ ハ ヘ  .ヘ   `ヽノ             ~~゙゙゙゙゙゙゙
i'   !  !    /~,, -='                                   ハ ハ ヘ  ヘ
.、  ヽ~    /                                     ハ ハ  ヘ- '

647◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 23:00:14 ID:zPAlHC460







                        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                        | 冤罪には釈明を――
                        ヽ_________ ノ



                                   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                   | 栄えある未来には守護を――
                                   ヽ_____________ ノ









  /             ハ       ,!|ヽ、
  ,'           ノ     , イ'   `、
 ,'  ,、          ,.イ     ,イ'      `、
. i  i::ヘ       ,イ      ,イ'        `、
..ハ  、::::i     ,イ      ,i|i
 ヘ  ヘ!    ./    _,,,....i||-==_==--i 、----
  i 、 ヽ   i  , -,'.. -,,'' 三 '''7  ¨``i \
  i ` 、 \  i イ/ ,..!-f壬=゙r'------i    i=
  i    `=,`f ''' ¨¨¨´   r-'_,! !7    i   ,i:::     ――ソレが私の存在意義だ
 . i    // ハ      ゙=`=-_-_-_-_.i   ,i:::
.、 /`、   //  i_       `=--゙`ミ-i.   i::::
 i  ` 、 ,','   ∥゙` =---,,-,,,-,,.. --= i   ,i:::::        ならば何故私が呼び出されたのか――
.< / ヾ、`=Y.) .∥ヘ       ` =- 、.ハ  .ハ::::
. iy' ヘ ハ 、ヘ ! ∥  ゙i=-- 、 _________, イ'i   i:::::::
.ノハ  ヘハハ::::::<.i  .||\ ¨¨`` =='  .i   ハ::::::
 . ヘ  .ハハ:::::::`'丶ル  iヽ、_    `7'   i:::::::::
   ハ   ハ.ハ::::::::ハ:::`( 、i!\` `==-' /   ,':::::::::,
   ハ  .ハ ヘ:::::::::i:::::::::::`、 ヘ    ,イ'   ,'  .:/
    ハ  i ハ:::::::i:::::::::::::::`=゙i-='::/   /::::,.イ
    ハ i i  i::::,/:::::::::::::::::::::,!::::/  __,イ,-'
   /  i、,!、i ,!イ/:::::::::::::::::::,イ,,イ ''´ _, イ
  ./  i:::::::!,イ:::i|:::::::::::, イ7´  , イ     , イ
 /   i::::,イ::::::ハ::::::,イ:::/'   ,イ     /::::::::
./     i::,':::::::::i.ハ,':::::,イ   /      /::::::::::::::
     ,'´::::::::::::i ヘ /    /     /:::::::_,,.. イ
    i::::::::::::::::::i ./.    /     / イ
    i::::::::::::::::::,'     ,'   , イ
    i:::::::::::::::/     .,' , イ

648◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 23:01:16 ID:zPAlHC460






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        / /    ,. - '´  _, - '´ ,. - - '´, \     |
` ヽ 、     l/ , - '´,. - ヘ   , -- '´___,. ---' ̄`ヽ     iヽ \
    `,_> ' ´ ,. - '´    Y彡-,. ヅ´  --== ______\ ヽヽ ヽヽ  ヽ
-- '´,. _ ----i |      ノVr'´_ニr=={;;;),-,'リ    />ヽヽi: :}_ ヽ
, - '´      | |      r/ / イ´ ゝ<ニソノ   // へヽヽ fミ、 | l    ――見極めねばならぬ
        ,| |―――‐'  V,l/  _二二___ノイ_< __ヽl ト | .l
      , '´,.- 「 ̄ ̄`ー-、 ヽrエ´-三二ー=,|-|二, |_ ,./ | |  ヽ
    / /  | |      L_ Y <_ `  ヽ 二} |  .|X、  リ ヽ、 ヽ
  //    | |        | \ ヽ `ヽ | ,r--'  `ヽ、  | i l, i
/ /     .| .|       ヽ  ヽ、 _ `ヽ.l .ヽ`\ ,ヽ、 ヽ ,|/ /i
./        | |__     |  ヽ、〟ヽ .| |、 ,iヾi ,.  ,ソ/ / il
        /_  ____ ̄ー― ' /ー、 ヽ、ヾ| |  l / イ ,ィ { | r'
       // | |   ` ー-- ヽ  ヽ` .| |i / // ({ヽ,  l /i-、_
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                      |    この戦争においての我が使命を――     │
                      ヽ____________________ ノ




.

649◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 23:01:48 ID:zPAlHC460





         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         ┃                                  ┃
         ┃   ――“ 櫃 ”を軸とする聖杯戦争は加速する     ┃
         ┃                                  ┃
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                            ┃                                  ┃
                            ┃   パラレルライン                             ┃
                            ┃    平行線 とは異なるこの世界だけの結末へ    ┃
                            ┃                                  ┃
                            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                           _______________
                           / ______________ \
                          / ,ィニ=-  ̄¨`㍉二三三二㌘"¨ ̄ -=\ \
                        / ,ィ三二ニ=-     ̄ 二  ̄     -=ニ二三\ \
                       / ,ィ三二ニ=-    -=ニ三三ニ=-     -=ニ三\ \
                      / ,ィニ=-      -=ニ二三三三三三二ニ=-       -=ニ\ \
                      / ,.イ㌘     -=ニ二三三三三三三三三三二ニ=-      ‐=\ \
               /    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ヽ
                 f―――――――――――――――――――――――――――――i
                 |  __________________________   |
                 |  |.      -=ニ二三三三三三三三三三三三三三三二ニ=-      |  |
                 |  |ニ=-      -=ニ二三三三三三三三三三三三二ニ=-       -=ニ|  |
                 |  |三二ニ=-      -=ニ二三三三三三三二ニ=-         -=ニ二三|  |
                 |  |三三三三二ニ=-      -=ニ二三二ニ=-       -=ニ二三三三三|  |
                 |  |三三三三三三三二ニ=-   _.二 ̄   -=ニ二三三三三三三三|  |
                 |  |三三三三二ニ=-      -=ニ二三二ニ=-       -=ニ二三三三三|  |
                 |  |三二ニ=-      -=ニ二三三三三三三二ニ=-         -=ニ二三|  |
                 |  |ニ=-       -=ニ二三三三三三三三三三三二ニ=-        -=ニ|  |
                 |  |.      -=ニ二三三三三三三三三三三三三三三二ニ=-      |  |
                 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |
                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



.

650◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 23:02:12 ID:zPAlHC460



    ┌┐
    ||
┌─┼┼─────────────────────┐
│  ||          ┌―――――――――――――――┼―┐
└─┼┼─────┼───────────────┘  |
    ||          |                  ┌―――┐      |        |
    ||          └―――――――――┼―――┼―――┘        |
    ||                        |      |                |
    ||                        |    ┌┼――――――――┼―┐
    ||                        |    └┼――――――――┼―┘
    └┘                        |      |                |
                                |      |                |      now moving ...
                                |    ―┼――――――――┼―――――――――――
                                |      |                |
                                └―――┘                |     ___________|\
                                                    [|[||  To Be Continued....!    >
                                                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/



.

651◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 23:05:38 ID:zPAlHC460


                    ′
  _              l   以上、聖杯戦争の概説でした。
´    `            |     説明せずに進めちゃうとこ多いしね
   丶 丶 \       |
      -    ヽ    <   開催場所何処にすっかな……。
                   |
                   |   一応、軍放出品店とか
  /        }          ハックできる電子カメラとかある「街中」にしようと思ってます
_/          ′     ゝ
          ノ      \    ※実際の地名はさすがにNGで
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´

.

652 :名無しのやる夫だお:2014/03/03(月) 23:06:37 ID:Q9BYKl.k0

Z-ONEさんだと……!!(歓喜)
未来鯖かな?


653◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 23:26:33 ID:zPAlHC460



                    ′
  _              l
´    `            |   今のうちにゲームルールの開示やっておきますか
   丶 丶 \       |
      -    ヽ    <   頭に入っていたほうが楽しめるでしょうし
                   |
                   |   ※覚えなくても随時説明するよ!
  /        }
_/          ′     ゝ
          ノ      \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´


654◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 23:26:59 ID:zPAlHC460




 ◎1ターンの進行概略

   1.ランダムイベント……ランダムイベント表2種類を処理します。
       ↓
   2.行動ターン……任意の行動(準備や襲撃)を行い結果を処理します。
               また、当然ながらほむら以外の組も何かしらの行動を取ります。
       ↓
   3.コミュターン……他マスターや自陣営と情報交換や交渉を行います。
       ↓
   4.消費魔力の確認……自陣営の魔力消費を確認し、次ターンへ移行します。



.

655◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 23:27:27 ID:zPAlHC460



○ランダムイベント

   下記の「PC用」と「NPC用」のランダムイベントを1回づつ振り、状況を処理します。
   場合によっては戦闘が発生する可能性も存在します。


<ランダムイベント表(PC用)>

   0.主人公に幸運が訪れた!
   1.他の参加者1名とランダムに遭遇(友好的)
   2.何も無し
   3.GM指定の参加者1名と遭遇(反応もGM判断)
   4.何も無し
   5.何も無し
   6.他の参加者同士が接触してる場面に遭遇(2者および感情はランダム)
   7.何も無し
   8.他の参加者1名とランダムに遭遇(非友好)
   9.主人公が不運に見舞われた!


<ランダムイベント表(NPC用)>

   0.遠くで主人公にとって幸運な何かが!
   1.他の参加者同士が遭遇(友好)
   2.何も無し
   3.他の参加者同士が遭遇(中立)
   4.何も無し
   5.他の参加者同士が遭遇(友好or非友好ランダム)
   6.何も無し
   7.他の参加者同士が遭遇(友好or非友好ランダム)
   8.他の参加者同士が遭遇(非友好)
   9.遠くで主人公にとって不運な何かが!

.

656◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 23:28:01 ID:zPAlHC460



【通常のマスターの行動】

○行動ターン

  準備ターンは以下の5行動(+α)のうちから、1つを選んでを行うことができます。

<1.情報収集>

  他陣営の情報を入手することができます。
  判定の基本成功率は「50%」で、そこにスキル等による修正値が追加されます。

<2.使い捨て礼装の作成>

  使い捨ての礼装を作成することができます。
  判定の基本成功率は「マスターの【魔】×2%」です。
  礼装は複数を同時に消費する事で、効果を累積させる事もできます。

  『使い捨て礼装一覧』
    魔宝石  ……消費することでサーヴァンの魔力を20点回復する。
    使い魔  ……「情報収集」の成功率を「+15%」する。
    強化符  ……消費することで戦闘時、最終勝率に+5%できる。
    幻惑符  ……消費することで戦闘結果以外の%判定を1度だけ振り直す事ができる。

<3&4.サーヴァントへの魔力供給>

  1:休息
   休息を選択する事で、サーヴァントの魔力を回復することができます。
   休息した場合、通常の「消費魔力の確認」は行われず、サーヴァントの魔力が
   「マスターの【魔】」に等しいだけ回復します。
   また霊地で休息する事で、その霊地の格に応じて「回復量:10~回復量:50」の補正が付きます。
   この補正は更に「工房」などの効果で上昇します。

  2:魂喰い
   一般人から魔力を奪うことで、一律「100点」の魔力を回復できます。
   ただし魂食いを行う場合、「50%」の確率で他の全参加者に現在地を察知されることになります。
   他参加者は、魂食いを行った組へ「敵対的介入」を行うかどうか選択することが可能です。
   「敵対的介入」が選択された場合、その相手との戦闘が発生します。
   この戦闘に敗北した場合は魂喰いは失敗となり、勝利した場合は成功となります。

<5.他陣営への襲撃>

  読んで字のごとく。
  対象を選定した上で、戦闘を開始します。

.


657◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 23:28:36 ID:zPAlHC460


【暁美ほむらの行動】

○行動ターン

  準備ターンは以下の5行動(+α)のうちから、1つを選んでを行うことができます。

<1.情報収集>

  他陣営の情報を入手することができます。
  判定の基本成功率は「50%」で、そこにスキル等による修正値が追加されます。

<2.物資の補給>

  使い捨ての礼装を補給することができます。
  判定の基本成功率は「暁美ほむらの【運】×2%」です。
  礼装は複数を同時に消費する事で、効果を累積させる事もできます。

  『使い捨て礼装一覧』
 現代兵器一式
   ……敵陣営にマスターがいるとき使用可能。【筋】【耐】【敏】に+10する。他者に譲渡不可。
 爆破トラップ
   ……敵陣営にマスターがいるとき使用可能。戦闘時、最終勝率に+10%できる。他者に譲渡不可。
 電子機器
   ……電子機器をハックしてつかう。「情報収集」の成功率を「+20%」する。他者に譲渡不可。
 対物ライフル
   ……接触時に使用可能。「100%-(相手マスターの【敏】+【運】)」の確率で暗殺することができる。
      失敗した場合、強制敵対となる。他者に譲渡不可。
 対霊体用弾丸
   ……消費することでその戦闘中、スキル「一般人」と「敵陣営にマスターが……」の効果を消滅させる。
 ロケットランチャー
   ……消費することで戦闘結果以外の%判定を成功にすることができる。他者に譲渡不可。

<3.他陣営への襲撃>

  読んで字のごとく。
  対象を選定した上で、戦闘を開始します。

<×サーヴァントへの魔力供給>

  現在、サーヴァントが不在のため使用できません

<ターン終了時に>
  毎ターン、不動遊星から使い捨て礼装をどれか一つもらえます。

.

658◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 23:29:29 ID:zPAlHC460


○コミュターン

   自陣営や他陣営のうち面識がある、あるいは拠点の位置を知っている相手と交流をはかれます。
   ただし必ずしも友好的な接触になるとは限りません。
   ことに他マスターとの接触の場合、その場で攻撃を仕掛けられる可能性も十分に考慮すべきでしょう。



○消費魔力の確認

   各英霊は強力な力を有する代償として、活動に要する消費魔力が存在します。
   ターン終了時および戦闘終了時に消費魔力を確認し、供給不足があればキャラクターシートに記載します。
   魔力に関してのルールは以下の記述を参照。


<貯蔵魔力>
   サーヴァントにはそれぞれ「貯蔵魔力」が設定されています。
   「貯蔵魔力」は「一律100」点を上限として、最大まで保有した状態で召喚されます。
   サーヴァントは戦闘や宝具の使用、あるいは現界を維持するだけでこの「貯蔵魔力」を
   消費していきます。消費魔力の計算、及び供給不足によるペナルティに関しては以下を参照。


<消費魔力の計算方法>

   英霊がターン中に戦闘を行わなかった場合、ターン終了時に「マスターの【魔】-(英霊のレベル÷2)」の計算を行い、
   これがプラスであれば「貯蔵魔力」にその分だけ加算され、マイナスであればその分だけ減算されます。
   この時、「聖杯からのバックアップ」として「マスターの【魔】」とは別に「+20点」分の補正が入ります。

   英霊がターン中に戦闘を行った場合、戦闘終了時に「英霊のレベル+使用したスキル数×10」だけ
   「貯蔵魔力」から消費されます。
   宝具を使用した場合は、さらに宝具ごとに設定されただけの魔力の消費が発生します。


<「魔力供給不足」によるペナルティ>

   「魔力供給不足」による-値が「-20」蓄積するとごとに、英霊のレベル以外の各パラメーターは「-10」されます。
   このペナルティは累積します。(ただしパラメーターは0以下にはならない)
   この「魔力供給不足」によるマイナス値が「-100」を超えた場合、英霊は現界維持が不可能となり、
   「そのターンの終了時」(戦闘終了時ではない)に完全に霧散し消滅します。(相打ち覚悟での宝具の全力開帳は可)


.


659◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 23:30:08 ID:zPAlHC460


【特殊ルール】

○サーヴァントの奪取

 1、マスターの存在しないサーヴァントとの接触。
 2、他陣営のサーヴァントの好感度を上げておき、その後マスターを暗殺。
 3、逃走不可の状況で、メイン:マスターでの戦闘を行う。

 1、2の場合、サーヴァントの魔力供給を自らの陣営で行わなけれないけませんが、
 3の場合、相手マスターを鹵獲したまま、サーヴァントを自陣営に加える事ができます。


○令呪の奪取

  以下の手段にて令呪の強奪を行えます。
  基本的に相手が令呪を使用しきっていない時に以下の条件のどちらかをこなすと、奪取できます。

 ・令呪を所持しているマスターを暗殺する。
 ・令呪を譲渡しなければいけない状況に、敵陣営を追い込む。


○ステータス

 ・マスター   合計      「Lv*3+20」
 ・サーヴァント合計      「Lv*3+マスターの魔力」

 上記のようになっています。サーヴァントは基本的にマスターの魔力分強化される仕様です。


○レベルの目安

 「Lv10:一般人」
 「Lv20:魔術師、特別な訓練をされた人間」
 「Lv30:一流魔術師、英霊()」
 「Lv40~50:人間やめました、弱い英霊」
 「Lv60~70:平均的な英霊。」
 「Lv80:大英霊。皆も知ってるあの人!みたいな人たち」
 「それ以上:神霊とか。マスターは死ぬ。」

.

660◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 23:30:29 ID:zPAlHC460


【令呪ルール】

 サーヴァントに対する絶対命令権。3画まで存在。
 以下の使用法が存在します。

1.サーヴァントがメインで参戦している場合、勝率に+30%。
  サブ参戦している場合は+15%。

2.戦闘におけるランダム選択ステータスの振り直し。

3.戦闘終了時まで、サーヴァントのステータス全てに「+10」。

4.任意のタイミングで使用し、英霊に即座に「+100」の魔力を供給。

5.戦闘に敗北時、令呪2画を消費することで、聖杯戦争から脱落せずに戦闘から離脱可能。
  複数陣営での参戦の場合、「陣営分×2の令呪を消費する」か、「サーヴァントを一体ロスト」することで撤退が可能です。
  この状況でもし2画を消費できず、代替の撤退手段も無い場合は敗退します。


令呪使いきり後の現界ルール
1.マスター側から供給を切らない限り、マスターからの魔力供給は続く。
2.ただし、その供給量は-10されるものとする。
3.聖杯からの供給は打ち切られる。
4.マスターはサーヴァントに対する命令権を失う。

 なお、令呪は合計3画。
 令呪をすべて失ってもサーヴァントは消失しませんが、マスターはサーヴァントに対する抑止力を失います。
 今作では、【所有者自身が同意すれば、令呪の移譲は可能である】とします。

 ただし基本的に敗退した陣営からは令呪が消失し、奪うことはできませんが、【ほむら陣営のみ可能とします】

 また、複数のサーヴァントと契約した場合、令呪は共用となります。

.


661◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 23:30:57 ID:zPAlHC460


【戦闘ルール】


<戦闘に使用するデータ>

  基本的に戦闘には3名までのキャラクターが参戦することになります。
  「メイン戦闘キャラの数値+他のキャラの数値合計/2(切り上げ)」が戦闘で使用する『戦力』となります。
  戦闘に参戦しないキャラクターは「タイミング:常時」のスキルのみ、使用することが可能です。

  戦闘の基本は、彼我の「『戦力』の数値差+スキルの効果」を加味した上での【ダイス勝負】となります。
  使用するパラメーターは【筋】【耐】【敏】【魔】【運】【宝】の6つのうちから、3つを相互に決定して使用します。

<戦闘の手順>

  『セットアッププロセス』
  1.双方のステータス確認後、メインサブの決定。
  2.「タイミング:セットアップ」のスキルを使用。
   (GM操作側陣営が使用→安価操作側陣営が使用の順で行うこと)

  『メインプロセス』
  1.【使用パラメーター】1つをプレイヤー側が決定。
  2.【使用パラメーター】1つをGM側が決定。
  3.最後にダイスでランダムに使用するパラメーターを残り4つから1つ決定。
  4.彼我の3つの【戦力値】を比較し、<戦闘結果表>から勝率を計算。
  5.各メイン発動スキルの効果を確認。
   (GM操作側陣営が使用→安価操作側陣営が使用の順で行うこと)

  『クリンナッププロセス』
  1.「タイミング:クリンナップ」のスキルを使用。同時に令呪によるブーストの有無を確認。
   (GM操作側陣営が使用→安価操作側陣営が使用の順で行うこと)
  2.以下の<戦闘判定表>にのっとり勝率を計算。
  3.最終的に勝率が0%以下または100%以上でなければ、ダイス判定で勝敗を決定します。


<戦闘判定表>

  3戦力の劣位 =確定敗北
  1引分、2劣位 =1~20 で勝利(=20%)
  1優位、2劣位 =1~30 で勝利(=30%)
  2引分、1劣位 =1~40 で勝利(=40%)
  戦力引き分け...=1~50 で勝利(=50%)
  2引分、1優位 =1~60 で勝利(=60%)
  2優位、1劣位 =1~70 で勝利(=70%)
  2優位、1引分 =1~80 で勝利(=80%)
  3戦力の優位 =確定勝利

 ※合計戦力が1大きいごとに、勝率+1%、低い毎に-1%。
 ※両陣営の最大レベルを比較。高い方に「高い方のレベル-低い方のレベル」%の勝率補正が付きます。


.

662◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 23:34:28 ID:zPAlHC460




 ◎1ターンの進行概略

   1.ランダムイベント……ランダムイベント表2種類を処理します。
       ↓
   2.行動ターン……任意の行動(準備や襲撃)を行い結果を処理します。
               また、当然ながらほむら以外の組も何かしらの行動を取ります。
       ↓
   3.コミュターン……他マスターや自陣営と情報交換や交渉を行います。
       ↓
   4.消費魔力の確認……自陣営の魔力消費を確認し、次ターンへ移行します。



                    ′
  _              l   以上がこの聖杯戦争のルールとなります
´    `            |
   丶 丶 \       |   ストーリーが進むに連れ随時説明していくので、
      -    ヽ    <       まずは上記の進行概略だけで構わないでしょう。
                   |
                   |   繰り返しますが本編開始は「企画元のエイワス氏の企画終了後」です。
  /        }
_/          ′     ゝ  その際には、こちらでご報告いたします。それではまた次回。
          ノ      \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´

663 :名無しのやる夫だお:2014/03/03(月) 23:35:55 ID:ZO1EH.0.0

対霊体用弾丸だけ譲渡可能か
しかも面白い効果だな


664◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 23:38:11 ID:zPAlHC460



                    ′
  _              l
´    `            |
   丶 丶 \       |  あ、一応これだけ。”ロケットランチャーと対物ライフルの併用はできません”
      -    ヽ    <
                   |  遭遇時、確殺になりますからね。コレ認めちゃうと。
                   |
  /        }
_/          ′     ゝ
          ノ      \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´


.

665◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 23:40:13 ID:zPAlHC460



【エラッタ】

 ロケットランチャー
   ……消費することで戦闘結果以外の%判定を振り直す事ができる。他者に譲渡不可。
      対物ライフルとの併用もできない

                    ′
  _              l
´    `            |
   丶 丶 \       |  さすがにチートすぎたわ……(他の礼装いらなくなっちゃう)
      -    ヽ    <
                   |
                   |
  /        }
_/          ′     ゝ
          ノ      \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´


666◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 23:41:48 ID:zPAlHC460


【暁美ほむらの行動】

○行動ターン

  準備ターンは以下の5行動(+α)のうちから、1つを選んでを行うことができます。

<1.情報収集>

  他陣営の情報を入手することができます。
  判定の基本成功率は「50%」で、そこにスキル等による修正値が追加されます。

<2.物資の補給>

  使い捨ての礼装を補給することができます。
  判定の基本成功率は「暁美ほむらの【運】×2%」です。
  礼装は複数を同時に消費する事で、効果を累積させる事もできます。

  『使い捨て礼装一覧』
 現代兵器一式
   ……敵陣営にマスターがいるとき使用可能。【筋】【耐】【敏】に+10する。他者に譲渡不可。
 爆破トラップ
   ……敵陣営にマスターがいるとき使用可能。戦闘時、最終勝率に+10%できる。他者に譲渡不可。
 電子機器
   ……電子機器をハックしてつかう。「情報収集」の成功率を「+20%」する。他者に譲渡不可。
 対物ライフル
   ……接触時に使用可能。「100%-(相手マスターの【敏】+【運】)」の確率で暗殺することができる。
      失敗した場合、強制敵対となる。他者に譲渡不可。
 対霊体用弾丸
   ……消費することでその戦闘中、スキル「一般人」と「敵陣営にマスターが……」の効果を消滅させる。
 ロケットランチャー
   ……消費することで戦闘結果以外の%判定を振り直す事ができる。他者に譲渡不可。
      対物ライフルとの併用もできない。

<3.他陣営への襲撃>

  読んで字のごとく。
  対象を選定した上で、戦闘を開始します。

<×サーヴァントへの魔力供給>

  現在、サーヴァントが不在のため使用できません

<ターン終了時に>
  毎ターン、不動遊星から使い捨て礼装をどれか一つもらえます。


.

667 :名無しのやる夫だお:2014/03/03(月) 23:27:37 ID:Zpz28pD20



668◆DlX4a2nVYM:2014/03/03(月) 23:45:34 ID:zPAlHC460



                    ′
  _              l 
´    `            |   【焔ルール】>>654-656,666,658-661
   丶 丶 \       |
      -    ヽ    <
                   |     まぁ、こんな感じで。
                   |        今みたいにエラッタ入ったり入らなかったりなので
  /        }
_/          ′     ゝ     適当に読んでいってください。ではまた次回。
          ノ      \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´


669◆DlX4a2nVYM:2014/03/04(火) 00:08:35 ID:dJZFoAMw0



                    ′
  _              l
´    `            |  ttp://www60.atwiki.jp/dlx4a2nvym
   丶 丶 \       |
      -    ヽ    <   wikiが出来ました。
                   |     
                   |   今回のデータとか乗せるつもり
  /        }
_/          ′     ゝ
          ノ      \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´

670 :名無しのやる夫だお:2014/03/04(火) 01:53:14 ID:7ceSN5AY0

乙でしたー

671◆DlX4a2nVYM:2014/03/04(火) 14:00:41 ID:dJZFoAMw0

【エラッタ】

 対物ライフル
   ……接触時に使用可能。「60%-(相手マスターの【敏】+【運】)」の確率で暗殺することができる。
      失敗した場合、強制敵対となる。他者に譲渡不可。



                    ′
  _              l
´    `            |   エラッタ入りまーす。
   丶 丶 \       |
      -    ヽ    <     下記のルール欄にて修正しておきます
                   |
                   |   ttp://www60.atwiki.jp/dlx4a2nvym/pages/14.html
  /        }
_/          ′     ゝ
          ノ      \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´


672 :名無しのやる夫だお:2014/03/05(水) 11:50:25 ID:PAnNsRI20

うろうろ辿ってきたらほむやん主役の聖杯戦争だと?!すげえ楽しみ!












一覧
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

申し訳ありませんが、体調の悪化により長時間PCの前に居られなくなりました。。
その為、当分の間は手抜きでのまとめとさせていただきます。
楽しみにしてくださっていた方、そしてまとめを許可してくださった作者様にご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。<(_ _)>


お盆休みと台風が重なりましたが皆様、大事なかったでしょうか?
8月も折り返しですが、まだまだ暑い日が続きますので体調管理は万全で。
あ、避暑のついでにやるぽん!も覗いていただければ幸いです。

一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

19/05/26
やる夫は誰かを救う悪になるようです 追加

19/05/18
エージェントやる夫の日常茶飯事 追加

19/04/14
やらない夫は「The World」にログインするようです 完結

19/02/10
真・女神転生 ~やる夫の嫁は加賀のようです~ 追加

19/01/21
できる夫とマリーがたどる仮面ライダーファイズ 追加

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



月別アーカイブ
FC2カウンター