やる夫が永遠存在になる様です 楽屋裏コーナー 【 Vol.14:四章外伝キャラ紹介 -Part2 】 やるぽん!

ゼロワン第7回 先生、バスケがしたいです…… という事でついにシンギュラリティが知らされましたね。 滅亡迅雷.netとの対決も加速しそう? そしてその裏で動くユアさんとA.I.M.S.の不穏さが……

やる夫が永遠存在になる様です 楽屋裏コーナー 【 Vol.14:四章外伝キャラ紹介 -Part2 】

973◆IW1/wWxGAw:2014/08/31(日) 17:51:35 ID:GMNUa/Cc0



                  ┌◇現行◇──────────────────────────┐
                  |                                                |
                  │  【アセリア】やる夫が永遠存在になる様です-スレッドNo.43       │
                  │http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12973/1408862683/     │
                  └──────────────────────────────┘

.             イ`ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄< ̄`ヽ
.            //二) 前回楽屋裏 (二二. \
          / /ノ ̄) 2014/03/12 `Z二   \
        /}j   !ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄il}\  | γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       /| .| ././二>────‐<二|l\\ <   間、空きすぎやろ……   |
     _ノ7::! .! /ヽ// !ノ ∨}∧ ハ ハト、ヾ!  ヽ,′|.ゝ____________,ノ
    ∧/::::| {/   ! .! /ィ≠、/ ∨ ,ィ≠、Ⅵ  ./  !/_/__j
    /_∧:::::::|  \ | .|/f {/゚/j     f {/゚/} .|i   / .:/:::: !  \
  /  .∨:∧  .∨リ .乂zソ   , .乂zソ || _,/ .:/:::::: |   \
  ′    |:::::::|   .| ∧.      __     ゛ .乂__,/:::::: /.     ヽ      今日の楽屋裏は随分前にやった
 |     |:::::::|-- '"! (∧   ´   `  u / :| //:::::: /.      __〉       四章外伝残りのキャラ紹介の続き。
 |     |:::::::|  .∧.| .|\.         / :/∨/:::::::::| __ イ /        スレの残りレス数が少ないため、感想等
. 、      乂__乂_/ | | .| ./> __ <´ _/::::/`ー一'     /        ございましたら現行スレへお願いします。
  \__,/     \.! ! .! {:::::(人_人/:::∨: : //   /   ./
    ` <      .| ハ :∧!:: ∧_   _/:::::/: : :/     / > ´           なお現行スレは↑です。
       ` <  .! ∧ :∧:::::∧  / :: / : ::∧  ./イ
.       /  `|<.∧ :∧:::::::`X::::::/: : : | !/|i 人
.        /     |: : ′| : : i\/__|_∨! :ハ :! }:i:::||   \
       ′   /: : | .! : : | 〈: : :!::/ | :| |::| | !: !!     \
..      /___/: :i: :! j/}:: | |\|/| .| :|人} !:|: ||____∧
.     |::::::::::::::|: : |:::|   .| / 人::::::::| .| :|  ./ |: ||::::::::::::::::::::::!
.     |:::::::__|: : |:::|  j/ {:::|::::::::|.人{  ′j:::|乂____|
      厂/: : :.|: ::|:::|.     |:::! ::::::|   ` |: l: : :|: :!::::::!::|_,/
..     ∨: : : ::!::: !: |.     |:::! ::::::|     .|: |: : :!:∧::::|: !
.       / : イ: :!::: !: |_   .ノ:::|::::::::|     ム ! :::ハ} .|:: :!::|
     // |::::|::: |: /     |::::ハ:::::::!     .|j:::/:/ !::∧:\
     ´   |::∧: |/. 乂_ {:::::::|:::::ハ  /∧/:/  |/. \_`>
.         |/ |:/       |:::::::! ::::::i /  ∧:{  /
.           /.     \!::::: ! ::::::|     ∧
          /      ./:::: ∧ ::::|       .∧


974◆IW1/wWxGAw:2014/08/31(日) 17:51:47 ID:GMNUa/Cc0


                                           .  -‐…‐-  .._
                                        /  .  -‐…‐- . `'¬
                                     , '{ /          ヽ.人
                                       / ∨    . 、-─、─- .}  \
                                  ,'   i   イ!|-{\ ヽヘトN`≧=-、
                                    .    |/.イi八厶 \|,ィ仭Ⅵi `マ \
                                    {,  / / ,ィ化7{`   V:ソ ,小ハ|   }
                                 / .ノィノイ{{ V::ソ   丶 '゙´}、 \_/
                        .  -‐=≦二≧=- 、_/   ,小.ハ{ヘ '゙´       ,   ,ハ\ \
                      ,≠´   ,≠´   .≠´  _/  //人`ー'     ` ̄  / } :}  丶. `≧=‐--   .._
                /   /     /        //// ` ̄〕≧=‐z.z<. `マ ハ '.  `  `ヾ--  .._ `丶.
                /    ∠ -─< ______//∠∠x≦≦二.⊇ 、  \_;} }仏} }  ,     '.   `丶.  '.
           、___/   ∠二二≧=-  -‐=≦´ -─…ァ…─‐‐-ミ く.}〕\{{. ___________ \j
──────────────────────────────── ┤ 番外:楽屋裏コーナー ├────
            / /  /    /´ }──< ̄ ̄ ̄        、_,ノ ,ハ }     ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄、__ノ ,ハ
            ,{/ {⌒ヽ、 /}  厂 `ヽ.  ヽ.           , 厶イノイ       |\|  V / /^''¬} }ノ)   `"7 ,ハ
          .ノイ /`丶、 `'ー'′'{-ヘ   〈 ̄ \         / ̄´{ ∨ !      |  ト. :} / /    小r'′    j/ }
          ノイr─‐一'^'    }  }    〈 ̄\V     / /  ∧ ヽ|  ┌────────────────────┐
             ノ'^'¬冖ナ'′ ヽ.厶ィ′    }    }   / /     . ヘ    │ ―【 Vol.14:四章外伝キャラ紹介 -Part2 】―   |
                   j/ ,.イ ;_,ノ´ ,ノ     厶  .厶イ  /   /  ,ハ } └────────────────────┘
                ≠´(_,ノ´ | {  /     /厂;//  |  {       / ,厶/   / /     |\_{/
           /{      L.ノ 厶 -‐ '´ // .〃  ;{  ∨ /   .′{/ / /     l  〈
         /´ ̄\___,ノ′     /´ //   .小.  V    {/   {  {       |    '.
            {       ,≠´ ̄ ̄ ̄ ̄´{  { / /  ∧ ハ   ,厶     }  }\      |   '.
         \__/            人  ∨/    { ∧{ j,≠´     {  {   ヽ.   ハ     '.、
                           ´   \{´     `{  /         ハ 人       / }     }}
                                     /          //      ハ      //
                                     /         //       /  }     //
                               /          //           人  、//
                                /        ,  ,             / { 丶. {{
                                /          / /            , '   '.   `^'.
                           ,  '′         / /            /    '.    '.

975◆IW1/wWxGAw:2014/08/31(日) 17:52:07 ID:GMNUa/Cc0



      /                     、
    /          x─────────、\
   /       ... :/    /⌒}   {⌒/⌒}  ヽ \
.  /          : :} {⌒/⌒}   {⌒/⌒}   {´ | /´
         : : :  .: :}{⌒/⌒}   {⌒/⌒}   {⌒/| |
 ;   . .    : : : : : :/-t――‐===ニニニニ==―-';\
  .: .:   : . : : : :./. : : : : : :{ : : : : : : : : : : : : i : : } : : . \      少佐の人生と共にファンタズマゴリア近世の
 . . :    : : . : : :{// :i: {: 斗 i:十┼|: : : : : : ム--、: : : : : .ヽ     歴史を振り返った四章外伝。
. : :       : : : /:ハ:ノVヽ{ Vヽ{ヽV. :/ : : :/jル}:イ:,イ: }: : :} }
  :   . :     : : /:/Y: | ,ィチテ示ミ:、 }:イ : /イ示ミ、jノ } :} |:/jノ     その中に登場する人物、主にマロリガンと
. :   . :     ノイ: :!: {{ {ぅ:::::: }  ゙ 'j/ {ぅ: } //.;イjノ'      帝国面子の残りを紹介です。
   .:/     . : :| : |: :.i 乂__.ノ         Vツ ' j/{ !        なお以前に紹介があったキャラは
  .::/    . : : : | : |: : :.                  ハ : {         (皇帝・内務など)すっ飛ばします。
 ../   . : : : : : :|: ハ:. :|            '    / 人: :.、
: /   . : : :./ . :|/ :i:ヽ:{      、 ‐ァ     イ:|| lヽ:.ヽ       では早速行ってみましょう。
...'   :   : / . :,.': : :|: : .\         .イ:. :||| |  : : .      外伝では主役級の出場回数を誇るこの人から。
.      .:/ . :/. : : :| : : |: :.ヽ ` ァ‐-< |:. :.||| |  ヽ: .、
..     / . :/. : : /:!: : :ハ: : :.\_{\   |: : : :{ | |     }: .ヽ
...    /. :,.:' : : :/. : : :' : :} : : : .ヽヽ'ヽ、 人: : .ヽ、{   |: : . 、
....   ´/ . : /. : : /. : : |: : : : : :}ーァく    `ヽ: :.\   |: : : : .\
  / .: : : :/. : : : :ハ : : |: :ト、: : :| {         \: .\  |: :i: : : :}:.ヽ
/ ./. : : :´. : : : : / |.:.:|.:.:| ヽ } { }     /  |. \ : ヽ}: :}: : : :}: : :.,
......./. : :〃. : : : : /   |: : |.:.:|  } } V    ,/    | |ヽ./ :/ . : : }: : }: :
 ,:' : ://. : : : : :/-、   |: : !: :|  /} } ヽ.        | | / :/ : : : 〃. :}}: :
/. : :/ {: : : : : : {  \ |: :ハ:| /. :}ノ   \      ,!  |/ :イ: : : :// . : }}: :

976◆IW1/wWxGAw:2014/08/31(日) 17:52:36 ID:GMNUa/Cc0



                 _,.ィ'三三二ニ二三ミー 、、
               ,ィ'´ィィィィ彡三ニエニ二三ミミヽ
              ,ィf//ィ'ィ'ィ'ィ'/ィシ' ``ヾヽミミミヽミミヽ
              ノィ'//,'イ///,イ!lj/    l|lトミミミtゝ、ミ'、            □Name : ゾディア・キューブリック
            //イ{|{lh{lilililil|l| |i,'       li八ミヾ`ヽヽミ':、             □ca : SY285 ~ 326
                ハ{{{N、',',',、{((li| |l   ,.........||_!l|l|lトトゝミヽ丶、        □Job: デオドガンの何でも屋-「 鋼鉄の処女 」
                !|l{lトi、',ミミミ','ji|l|l!:||:.i /:.:.,:'ィリftiミkjljljlj|j|トミミミ≧ュ、、         「 逃がし屋部門長 」
                、ヾミミヽヽ',',}}l|:.||: | ,':.:.: ``lF彡ト'リl|l|l|l|lト、liトミ三ミミヽ          ↓
                ハ',',}}}iトN|}|ljj|:.|!  !:.:..  |l {l|l{lリハトl|l|、}〉|  `ヾヽヽ        傭兵団-「 Beautiful-Peace 」のボス
.             ハリトミ',W八リノツ'.:.リ ,..、   |l  |トトWl|l|l|lNjljl|    ヾソ}            ↓
.             {{{{{lリハリllツノ/.:.:/: '―'    '、.:リト、{{、',NNhト、    ノリ′       デオドガン正規傭隊-隊長
           ,)}W/}}リノ,イ:,、'_____,.メィリj}j>、{((NトV、  ,イjリ             ↓
.             イノリ//ハ}l//イ/` ―----― ´ /リノハノハトミヾミミミゝ、/ノ/         マロリガン連合-サレ・スニル軍司令
             //イノハリノイノトi{、`:.:.‐;,-;,‐.:.:´ イツノ八トミミト`ヾヽ、ミ{{{/ー- 、
             {{{i{i{i{(({i{i{i|l|l|リハトi、,イi{,,,}iト、ィツ{fリイ ハliliトミヾヽ',iトミヾWト、  ヽ
          ,})})}lトiトl|l|l|l|| `ツノリ{{{M}}lリィfイヾ! LlLlレ‐=ミ)}lト}|l|liヾ'、ヽ、    ──その激動の人生と共にモンティナこと
       、__,.ノィメイト'、',',lililili|::..'´,ンiメ!ルイl/lイ八`/ {´ ̄/   W!,リリハ ヾミ、i}     ロイ・ソウマに最も大きな影響を与えた人物。
       `ニ彡'´ 'リ ヾ',lNi|l:.:.:、 ´jツ ヾ'  / ,':: '、::/    ヾミ彡小、_, リ
   , - 、_,. -'´ / /|   ヾ',W  :.    / '  ,'::  ∨      X` ,ノ   '′    ロイとは古くからの付き合いで有り、
‐ '´     /  ,':|     ',iリ      .::ノ   /:::  /      ∧`ー-、        ロイがジルの組織に嫌々ながらも加入した際、
      /   /:::|      }ト、     /    ,':::: /        ∧、   丶、__    出会った二人の年齢は当時ロイは13歳、
     /     /::::::|   ,ノノヾ、ヽ      /:: //:``丶、     ∧ヽ、         ゾディアが15歳であった。
   /       /.:.:.:.:l  ,ィツ′ 丶、    ノ::./ /:::::::::::::::::::::`丶、 ∧ ヽ、
 /      , ':.  -‐|=彡'    /^ヽヽ   .:.:. /ノ::::        〈丶、ヘ  \
'´       , '::    |       ./:::::::丶',     //          ',  \〉
、_,,.. -― /:::       |      /::::   ヾ!   ,'/           l
´      /::::       |     /     .ヽ  ,'             l
     /:::::.       .|   /        '、,'              l―- 、、_
    ,'::::::::      |  /          .Y:::.             l      `
    ,'::::::::::         | /            〈:::::             l
    !:::::::::        .'              |:::             l

977◆IW1/wWxGAw:2014/08/31(日) 17:53:01 ID:GMNUa/Cc0


           ,.〟=ニ ニ== 、
         /  〆´     ,` ̄`ヽ
        〃 //  , ´ / ,,ヾ,, 、\
        / 〃 /  / , 〃 /  ヽ. ヽ.\        ──幼い頃、生活苦から親から「奉公」と言う名の身売りを受け、
       ,′/ /  イ  l i  /=zx、 ∧ ヽ. }       その後奉公先の商会の主を惨殺、逃亡していた所をジルに拾われる。
       i / / / !  l l  {fcテ` {!∧. V
       { / 〃 / /l  l ll  「「 ´   丶ヽ. \      惨殺された商会の主はデオドガンでも五本の指に入るとされる
       }{ { / /,1 | |l l | {      イ}、lヽ. ヽ       美術品蒐集家であり、後年見せるゾディアの「 美術品収集癖 」は
        ハ ヘ {. / l ! |l ll ! ヽ、  ー i! .| |lヽ}      携わっていた美術品の影響が多々有る事だろう。
      ノ,.∧∨ { ノ ノ /ll l!八ノ.     ! } l| }
      ´   }ノ∧. ∨〃/ リ ノ ,ィ`ー -,‐'} ノ八 {        ジルの組織に入ってからは、最も危険なセクションとされる
        // ∧ヘ.{ {ノ / / }   /ゝ.{゙{/  }}     「 逃がし屋部門 」を担当。冷徹な迄のビジネスライクに徹し、
     /, イ ,〃∧ ヘ、ヾ、{ { ノ   {ノ 八人  ゞ= 、    その「 逃し率 」とトラブル解決率からゾディアは齢15歳にして
     { {{.乂{ { ノ 〉、 !={`ヾヽ、.  l∨   `   {    一流の仕事人として、夜深き街デオドガンで名をはせる事になる。
     \ヾ、ノノ}}/_ ノ⌒゙   }  .! \      `丶
        `>゙<´::::::::::::::::::: : /    乂 ` ー 、
       /´::::::::::::::::::::::::::::: : __{_    V::::::::::::  ̄jz-、
  ───【 少年期 】───



             ,'ξ州州州州州州州州ξ=、
            〈ξ州州州州州州州州ξミ`゙''-、_         聖ヨト305年、ジルの組織へ公権力介入……
           (ξ州州州i!i!i!州州州州州州ミ、_          要するに摘発が入る事をいち早くかぎつけたゾディアは
          ,-,'ξ州州iリ  )))州州州州州ミミ`゙''-、,        自分とロイを含めた7人を連れて組織より逃亡。
           j冫ξ州/!リ   }}}}}州州州州州ミミ、,_         自らの傭兵団:「 Beautiful-Peace 」を立ち上げる。
           'ξ州州,' (   { 州州州州州州ミミ、,_
        ,-ー=ミ州州i! ..__  ! 州州州州州州ミミ、        それから約一年、ゾディアは己についてきた部下を食わす為、
             ji i!州州!-=≠〉 爪州州州州州州ミミ、,_      運搬荷物の護衛や、武闘派集団の抗争時に臨時傭兵として
           ノ/,州州;     ||||||||州州州州州ミ、       出張ると言った、言わば小間使い・どさ回りのような仕事を
            ,乂ξ州州',    _|llll〉 !州州州州州|ミ`゙''-、.__ こなししつつ口に糊する事となる。
          ((( ξ州州',、 _ __,,  i!州州州リ|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
      _,,..-‐''´/.:.:.:.:////| ' ,      ,,イ州州i!リ |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ヽー‐---
 _,,..-‐''´.::.:.:.:.:.:/.:.:.:.://///|.. `   <  / i!リ  l|.:.:.:.:.:.:.:.:.:/..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:,'.:.:.://////!  `ヽ  /       /||.:.:`ヽ.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\/.:.:.:ヽ/////〉  厶〉 〈,, へ    //|.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.://///}ヘ./   ⑪/   \////〉.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:{.////〉  /介个 、    / ///〉.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:
  ───【 青年期 】───

978◆IW1/wWxGAw:2014/08/31(日) 17:54:07 ID:GMNUa/Cc0


                 、_,.,__,.,ィili㎞
                _,..-=イili{┌lil、
               ,r‐'"_,rァiリ.,,.ルi{
                r=ニニf! ,.' ,!≧_、
               ,.仁ニニ-l{  ,.' {二ニニ゙、
             ,.ィニニ,ィ'   l /  ヽ二ニニ〉
         ,..≦ニニニ,イ ;!   !  ,. ' 〉、ニ/    ──その危険と労多くして実入りの少ないうだつあがらぬ生活が
       ,.ィニニ-‐ィ=/;;l  〉  .!/ /;;;} ゙,=i!    一変するのは、旧ゾーゲン派とフッシ派の激突からである。
    ,ィニニニ/ ,イ/;;;;;;/ /   ,!   .{;;;;/ .} i
    ,イ二/   /'";;;;;;;;;;;;;' /   ハ   V  ,'/     旧ゾーゲン派の勝利が九割方決まり、殆どの傭兵団が
.  ,仁=/   /;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ./  /-- ヽ /   /     旧ゾーゲン派についた際、ゾディアはロイの進言を受け、
   `ー′ ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ,' /┴┬'-∨⌒i/      敢えて息も絶え絶え、絶体絶命の立場に有るフッシ側に着く。
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;、/ー-{;i////,l!////,〉'/
.     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;; i\;.〉 l'////ト////,l;;l       そして行われた最後の抗争……旧ゾーゲン派とフッシ派の比率は
     i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{ , _j;;;;l////l;;!////!;i!        10:1とも言われた砂漠での戦いは、ロイとゾディアの二人が
      i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i_k';;;;;;「////!;;!゙///l;i       ジルの元から去る際保護した、身体に障害を負ったスピリット達の
.      i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l////l;;;;l'///l;l       活躍によって、まさかの旧ゾーゲン派敗北と言う結果に終わる。
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!'///l;;;;;l///l;l
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;!///l;;;;;;!///!;l        この時よりゾディア率いる傭兵団Beautiful-Peaceとフッシとの蜜月が始まる。
.   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;|///{;;;;;;!'//,!;;!.        ゾディアはフッシの財力とコネクションをフルに利用し、
.  '"      `ヽ;;;;;/;;;;;;;;;;;;}'//,l;;;;;;l'//l;;;〉      フッシはゾディア率いるBeautiful-Peace、その「 使い勝手 」の良さを重宝。
            ヽ;;;;;;;;;;l///l;;;;;;l'//l'        斯くしてゾディアはデオドガンだけではなく、マロリガン全体に名をはせる
               ` ー-l///!ー' !//l        大傭兵団のトップとして君臨する事になる。
                  l'//l   l//|
                 l'//l  l//!
                  .l'//i   l'/,|
                    l'//,!  .!'/l
                  l'//,!  l//!
                  |///! .!//!
                  |///} .{ゝ┤
                  l'///! ヽ. ゙、
                     ,!///{:::::::::`ー゙
                ::::::::: ノー+':::::::::::
              ::::::::::::::::‘-=-’::::::::
             ::::::::::::::::::::::::::
  ───【 壮年期 】───

979◆IW1/wWxGAw:2014/08/31(日) 17:54:31 ID:GMNUa/Cc0


; i       :.'    ;;;;;; :! :: ::;;;;;;!    ゙:;;;;;;;,゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,
{ .!     .l!   .;;;;;; .; .::  :;;;;;}      ゙;;;;;;;; ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,
! .!:! .    :;l:.  .:;;;;;;'  .:: .,;;;;;'       ゙;;;;;;;, ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
! ::. !.;  ;;;;; .,;;;;;;;' .:  .,;;;;:'       ヾ;;;;;;,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;  :. :.:.   :::::. ;;;:.;;; .  ,;;;;;/.....      _ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,
.;.:.: : :.::. ..:::::::.;;;;,:.:..: ,;;;;;/::::::::::::::  、,: '`’' ' ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;、     ──ロイが「 例の一件 」にて北方国へ逃亡後も、
::l.;, :. ::::. :;;;.:.:::;;;;,:...;;;;;イ;{;::::::::::::   ゙:::.、ー   ;;;;;:::;;;;;;;:::::;,ヾ、;;;゙;,,      ゾディアは順調に出世を続け、本拠地デオドガンでは
:/:;.:.::. ::::;; ::;;.;;;::::;;;;;:;;;;;;゙、!:::::     ゙    ,;';;;;;;::::;;;;;;;;:::;;}゙ヾヽ;;     表の商売人から、裏の仕事人に至るまで、ゾディアの名を
';::;::.:::.::.:::::::.:::.:;;;;.:;;;;;;;.:;;;;;;;ヾ、           ,;;;;;;;;;;::::::;;;;;;:::;;ノ' ;;}!'      知らぬモノなど居ないと称される迄の「 顔役 」となる。
::/:::.:::...::::;;;.::.:::.;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;, ヽ           ,;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;:::''";  ,{'
/::;:::.:::::;:.::::.:.:.:;;;;;;;.:;;;;;;;;;;ノ  ,}    ` ー'´ ,,;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;:;;.'(ヽ  ( ヽ     齢30半ばとなった頃、ゾディアは大望を胸に秘める。
::;:'::::::::::;::::::::;;;;;;;:;;;;;;;:;'"  ̄ '゙ー-- -‐ ´ ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,丶、      それは経済面で国家を支配しているフッシと連携し、
:::::::::::::::.:::::.;;;;;;,;;;;;(彡;,;,;.     ,, ̄,,;;;;゙ ‐=;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,ヽ、      己は実働面で政治・司法・軍事を一括支配する……
.:.:::::.:::::::::.:.;;,;;;;.;;;;.;;;:、 ゙~"'';从洲州从ルヘ   ゙ ー=;;;;;;;;;;;;;;;:;.;; } !      そう、歴史上誰一人「 成る事 」が許されぬ存在、
..::::::.:..:::::.:::;;;;;;' ;;;;;、 ` 、     /        ,..-;;;;;;;;ノリ,! ′      マロリガン共和国の「 王 」と成る事である。
 :::  ::: ;;;;;  ヾ、 / ヽ.   .'       /:::::: ,''"´ ´
     .ノ;;:';    ゙/   ヽ   {      /::::::::::: {



       .... ,,、__
       /ィ彡'三三≧、
     , 'ィ///ィ彡'三三ミ≧、
    ,!ノイィノハf/r''^`ミミヾミ'、_'、
    /!/fwリ八   ヾミ'、メミ、_ヽ、
   {i |l|W小f    l|l{{トミヾミゝ、__,
   )!l|l|fリfモリミ;ゝ:ィ'tiテ!lトトミソ}} ヽ``ヽ       ──ロイが帝国へ逃亡後もゾディアは順調に出世を続け、
    ,川h{i洲{´ l:{:`~尢',l|l|巛  \ '、         遂にはマロリガン共和国の戦力、その約7割が集結していた
    リノノ八イ   ':,:.:.ハミリ!ト、ミヽ、  ヽ        サレ・スニルの司令にまで成り上がる。
   ノィシイ卞ミ}_ー_',:./ハ}}l{ ヾミ'、
   ,.彳{{/リトミ'`ニニ,´ィi{l{lト't'、 `',リ         しかしながら帝国の秘密兵器(魔法)『 アポカリプス 』が
,. '´:/:::::|jツ リ}}iliリt洲Wjリツ}}リト、',ミヽ         ゾディアの夢を欠片も残さず消し去った。
::::::::/:o::::|{ヾハリハ{ゞ'、' 'fシ'、//{{!ヾミミ',
:::::/:o:::::::|:.:.:`メ'、(ヽ丶 j入::ヾリゞ,ノリヾj        その『 アポカリプス 』を帝国に持ち込んだのは、
::/:o::::::::::|:.:.:.:{:.八} | )〈:.:ヽ:/o、fツ'リト、\        かつてゾディアがその中に秘める激情を知りながら、欺き、利用した結果、
/:o::::::::::::|:.:.:.:V、_リ |::.  ヾ:.ヽ:::::{il、::::::::::::::ヽ       狂おしい程の悲しみを以て帝国へと逃亡したロイ・ソウマであった。
ヽ::::::::::::::|::::::::∨|`` ‐::、. :}:..:'、::jリoヽ:::::::::::::|
:/::::::::::::| ̄ ̄  `ヽ   .|.::..:.:.ヽ::::::::::::::::::::|
:、:O:::::::.:::|::::::::::::::::.    |:.:.::..:.:..ヽ::::::::::::::::|
::ヽ:O::::::::|:::::::::::::::::::.   .|:.:..::..:.:.:..:ヽ::::::::::::|
:::::ヽ:O:::::|::::::::::::::::::::::.  |:.:.::..:.:..:.:.:.ヽ::::::::|

980◆IW1/wWxGAw:2014/08/31(日) 17:54:44 ID:GMNUa/Cc0



    ──ゾディアは帝国へ内通、当時の帝国軍司令官、シュナイダー・ベルンハルトとの投降会談に望む。
    そしてその際生じた「 蒐集家 」の本質、見せたがりがゾディアの人生に終止符を打つ事となる。

    かつてロイが保護した「 ハンデ 」を負ったスピリット達……
    その姿に魅入られたゾディアは自らの手で「 美しく、愛でるべき対象 」を作ろうとした。
    一体何人のスピリットがその「 制作過程 」で散っていったのだろうか?
    そして運良く(運悪く)生き残り「 美術品 」として生を余儀なくされたスピリット達は一体何を思っただろうか?

    シュナイダーの護衛として付き添っていた真紅・レッドスピリット。
    上官であるシュナイダーの制止を無視し、ゾディアの全身を飛剣で貫くきっかけとなったモノは
    潰された喉で呻くように吐いた、凜・レッドスピリットの「 切実なる願い 」であった。

    マロリガンの歴史に表だって出てくる事は決して無いが、その存在を知る者は語るだろう……
    彼こそはマロリガンと言う混沌なる国家が闇より生んだ一代の大器……否、「 怪物 」で有ったと。
    ゾディア・キューブリック……享年41歳。

圭圭圭圭圭圭圭主主主王王王三三三三三三三ニ,. -―- 、_
圭圭圭圭主主主王王王三三三彡彡彡彡彡彡彡彡三ミヾ三≧、、
圭圭圭圭主主主王王王三三彡彡彡彡彡彡彡:ィイ彡=ニ三ミヾ三三ミー、、
圭圭圭圭主主主王王王三彡彡彡彡彡彡彡彡彡//ィ彡三ミミヾ彡三三ミ
圭圭圭圭主主主王王王彡彡彡彡彡彡彡彡彡://ィ彡彡イ三ミヾ彡三三
圭圭圭圭主主主王王彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡ィイ三テzミ'、'三三、
圭圭圭圭主主主王彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡ィ彡ア/ ̄ `ヾミヾミ
圭圭圭圭主主主彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡´ ,:'´     ゙!ト'、
圭圭圭圭主主彡彡彡彡彡彡彡彡/ ̄   \三三////         |l|li
圭圭圭圭主彡彡彡彡彡/⌒ <´        /\ミ工メ、、      リ!l|l
圭圭圭圭彡彡彡彡彡/     ヽ   、  {  , -tッリ`ヾ':.:.:.:.:.ィ==/..jl|l
圭圭圭圭彡彡r─ 'ヽ       __\ .ィ\ `  ノ ヾ三シ''" | /ィtfiメy'リノ!
圭圭圭彡彡/    \ __ヽ  {   ヾ/////三彡'       !l:.:`'テラf//イ
圭圭彡彡/       ヽ \ `ー ' ノ//////彡         |:.:.:/:.ノ八{{|
圭圭彡彡./  \ \     レ' `- イ////イ          ',:.:,リ'ノノノハl|l
主彡イ´/    ヽ ヽ     ',    ヽ/////, '、__     --彳'/// / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
王/ ,イ!        ', 人 {  ).}     ヾ リ{、 丶``===ァ,イノノイ<  さぁ入っておいで、私の可愛い妖精達……!   |
./ /!::! ≧、    ∨ \-' ノ       >-、'、丶、`二二´イシイノノム \___________________/
{  l |:::!    ヽ {  j i   , ̄   __      > 、テrッチ/イ/ノ//|i{ |l!
l  ヾヽ::、   丶二.ノ イ.t──<⌒:ト、        }jイjノノ////ハ{ ,ノヘ ,jリ
ヽ  ヽ\ト _ イ:/ノ:/ l.        丶 __/,イfr彡∧ムヾ、  /´
     \ヽ`::ー':: ̄イ /                 リ  j/ ̄   ̄`ヽ  {!

981◆IW1/wWxGAw:2014/08/31(日) 17:55:20 ID:GMNUa/Cc0


               -  - ― -  、
           , ´ - = l = -    \                ■Name : ふらん・斑木・グリーンスピリット
.          /     - = | = -_    ヽ   _            □ca : SY280 ~ 323
     __  /   / ⌒ `´ ̄    ヽ,   ヽ   ! ゙i           ■Job: デオドガンに居を構えるマナ医療・工学研究者
    |   |i ,   /               V  .∧-| .i|
    |   |l__{   ,              V   l_l  i!
    |   |lニl  ,          ニ = 、V   ゙'|  |l         ──ふらん・斑木・グリーンスピリット……
    |   |lニl  , - 二、     ´     .V.  .|_|i         彼女は人間なのだろうか、それともスピリットなのだろうか。
    !.  i!ニi| l            __     V  `T´
.   ..└=┘゙|il ト、 ,x===、   ´ ̄ ̄`  ., i    ',          彼女は産まれた当時は人間であった。
          |il |ハ      l        lノ.}     、        故郷サルドバルトを追われた父、斑木ナオミツは
          |il |ヾ ',             /¨´ヽ     ヽ        マロリガンで雇った助手の一人に彼女を産ませた。
          |il |  ヽ      __     /l   ' 、      、
          |il |   >   ` ー ´  ,.イ |    \     \     そしてその母と共に、父ナオミツが研究素材として
          |il |     i> _  イ,  i|  i    \      、  同居させていた一人のグリーンスピリットと共に
          !iト、|     _}        {_   .i|  |  ヽ   \        、彼女は五歳の誕生日を迎える。
        .!il li|   _|  ̄`Y´ ̄ ∨_.i!   |    \  \     \
       lil__l|_ -/ ∧  ,介 、  /} `ヽー- _   ヽ  \     \
     ,  <´   /  | .\//l ヾ.\,/ .l  ∨   . ̄`ヽ 、      \ ` 、
    /(      /  . | .  l ト、 ゝノ、 l   ∨       }ヽ    ー  .\`  、、
    } V     ./    |   .i_jヽゝ、ヾヽl   ∨    / i!  \      \  ヾ 、
    |  .V  、 \  /|    | |\〉 .ヽ〉、  /   i  /  .|   ヽ        ハ  ヽ、



                     ______
                  ,.  ´         `丶
          xァ7ア’   .   -=ミ     'x:ァァx、
          ,/// /   /     ヽ.    //'/⌒`ハ    ──しかしその誕生日の最中、機材から出火、大火災が発生。
        {///′ / u       ゝ  {//{   }}}    ふらんの母は高温の炎にまかれ瞬時にして全身炭化。
          Ⅵf|  ′           |  ∨人  ノリ      ふらんも全身に大やけどを負い、既に人の形をしていなかった。
          Ⅵ| i| ノ     ヽ、 i   ∨/込ノ     また研究素材として同居生活をしていたスピリットも
            │沂兀ト   沂「兀}|    ` ̄|        身体こそ無事であったが高濃度のガスを吸った事により脳死。
            |弋:廷ノ    弋廷ノ|    : : : |
            | (            |    : : :│     この状況を見て、ナオミツはメスを取り、とある術式を開始する……
            リ个xッ=ーε ー一 '|    : : : :|      まだ生きている愛娘ふらんの脳を、身体だけ生きている
           〃 ノ : {::.:.: :    : :.:ノ|    : : : :|      名も無きスピリットへと移植すると言う暴挙……否、英断、
             : : :/` ー…ッ=彡 |     : :!       術式名「 ブレインゼノグラフト 」である。
         ,/ / : : :/       } }   {      : :‘,
     -=彡  : : : :〃       { {   } }\   : : : '

982◆IW1/wWxGAw:2014/08/31(日) 17:56:05 ID:GMNUa/Cc0


                     ___
                ´    ` =ミ
             ,/ ̄}/    =ミ /     ヽ
            /  〃 /     `⌒ヽ          ──ふらんの父ナオミツは天使か?それとも悪魔か?
           ,/  // /         i  i i        ふらんは人間の脳を持つ、スピリットとして第二の人生を歩む。
            L _/7 ' -‐ 、       |  l_l/ ̄}
           ' イ =ミ     -‐ 、| //  /     ふらんは10歳を超えた頃からナオミツの助手を務め、
              i: i l        =ミ 从,7  /        ナオミツはマロリガンで非合法の闇医者として動いていた事も有り、
              |i l l   _ '     / }个ー'       ふらんは実践でナオミツの持つ医療技術を習得する。
              |l l |i\ v__ン   イイ !
              |l l ||、 ー‐┐刋i| i| i|          不幸な死を遂げたナオミツの行って居た研究、
          __|l l ド、"" '''イ}川il| i| i|          「 魂の転生 」( Reincarnation )……
         /.: : : : |l l |  》=《  ヽ=‐-| i|         ふらんはその父の命題、研究を引き継ぐ事になる。
      ,/.:|: :<|l l |//||ヘ丶イ \.:! i`ヽ
      / : : |i : : |l l | {{ || }}  |: / | l / :.、
     ,′: : |!./|l 从 {{.|| }}  |: .\乂 : : : \



      γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      l  Reincarnationはありまぁす……!  |
      ヽ、_____  _________,ノ
            . -  ∨ = -.:
         :.ハ          千f=
   :.__  / /  ー=彡ミ=ー   ゞ ゞ __
    |::::::::::L_ノ  /        `ヽ  ヽヽ|::::::::::::|:     ──だがそのふらんの研究も行き詰まりの中に有った。
    |::::::::::|:::::/  /               ゞ 「::::|::::::::::::|      そしてロイとのやりとりの中、一筋の光明が見えた際、
   :.|::::::::::|:::/ /   ノ     ヽ、  Ⅵ:::::|::::::::::::|      記憶を失っている水銀燈の手によって「 滅せ 」られる。
    L::::::-, '  ト    ::::::::::::::::::::     ト  L::::::≠
       ソ | | | | c三三::::::::::::::::::三三っ | |  |         ふらん、そして父ナオミツ、この二人が行っていた研究、
      イ | | | ト  ||           J i | イ        ソレはこの世の理を壊す行為で有る事……
      ル | l |   U               i  ト リ
      イ  l l ≫      ^      ノ イ ト マ       ふらんも、父ナオミツも、その「 理由 」を知る由も無い。
    :./  /トl ト   `  _ __  イ川川川人Ⅵ
     /  ノハ /           \川川 ヘ千f=
     { イ l l/              \イ l ノ ゞ
    厶イ jハ                   中|

983◆IW1/wWxGAw:2014/08/31(日) 17:56:19 ID:GMNUa/Cc0


              -=ニ三三≫z_
              イ//////////≧z_            ■Name : ヴェロニカ・ブラックスピリット
              /////////////////ヘ             ■ca : SY??? ~ 323
          //////////////////:∧          ■Job: ふらんのボディーガード
         イムjィ三三三三三三三三j∧
        イ´//j/:/:::/::∧/ ̄`λ`≪三ヾ!
.      〈,////:::::/:::::|::::! 仡才 从/ーⅥⅣ\        ──元はマロリガンのスピリット隊に所属する一人。
      \/::::::〈/:::::::{::::| 弋ソ  ,ィ才/::/:| /∧       しかしヴェロニカは上官への反逆を行い、自殺を命じられる。
         |::::i:::::!::::::::八:\    〉弋ソ.::/:::|,///〉
          ::::\|::::::|::::: \_〉    /.::/:::::|,//       身体は朽ちていき、死の淵へと落ちていくヴェロニカ。
.         \::::ゞj八人    ̄ イ/::::::人         それを救ったのはふらんの父、斑木ナオミツである。
         \| ̄ ̄`}>─</::::::/    イ天爻
    / ̄ ̄ ̄`∨_ _  ∧__/}_,ィ´ ̄`>一 ´::::::::八爻  以後、ヴェロニカはナオミツに深い感謝の意と共に
.    ′    : : \ \|/二二}、__/ ̄ヽ .: \.::::::::::::从爻  ナオミツとふらんのボディーガードと言う立場として
.  /        .: ::ヽ: :\ || ||:: :: :: 廴_,ノ   `>z__{爻  斑木ファミリーの一員に加わる事となる。
  | : :.   .: :    .: :::\::::\||:: :: :: ::.           \
  |: :   .: :  .:  .: :::::\/ ̄`ヽ :: :: :: :.        .::/`ト、
  |: : : :. . : : . .:   .: :: :::乂_ノl : :: :: :: :: : .     .::/.::人 〉



            ...::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
           .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
             ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
              |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......
          丿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::7
        /::::::::_二=-――――< 丁 ̄
         フ/―ッx:::::::::::;≧x < ';:::::::::::::::::::|       ──ヴェロニカの身体はナオミツが施した術式により、
         / l:::l i:::|.    {っ::ノ/ノ:::::::::::::::::::j       身体を構成するマナがナル化状態と化しており、日常の生活に
           { i::弋ツ,    ,辷シ 彡:::::::::::::::/        色々不都合も有ったが、ヴェロニカが意に介する事は無かった。
             |::',   `_   ,ノ::::::::::::::::〃
           リヽ.      彡::::::::::::::/         年齢は不詳だが、実は「 いい 」歳である事も覗える。
           从>  ≦‐─┬            同じ体質となったセイバーにとって、ヴェロニカは有る意味
            r--......i/^i^i |_ ┘            「 第二の人生の師 」であるとも言えよう。
          ソ::::::::::/::H├ ̄::::::::::::::...
         /:::::::::::/::j7/::!::::::::::::::::::::::::::..             その中でも「 夫婦関係 」についてはセイバーの数倍生きている
        ,/:::::::::::::{::://::::|::::::::::::::::::::::::::::',          ヴェロニカの助言が大きな助けとなっていたかも知れない。
       ノ:::::::::::::::::|//::::::i!:::::::::::::::::::::::::::::',

984◆IW1/wWxGAw:2014/08/31(日) 17:57:44 ID:GMNUa/Cc0



                     __             ── ロストマジック『 テラー 』は相手の持つ「 記憶 」から
,'´ ̄二ニ=-      __/´(:.:.:.:.:.> 、          「 恐怖 」を抽出し再現させる魔法である。
!  〈             〈:.:.:.:.:.:\:.:.:\:.:.:.:.:.:. \
'   \          _>、:.:.:.:.:\:.:.:`丶:.:.:.:.:.ヽ        この効果に注目したナオミツは『 テラー 』を研究、
. \  ` 、       ,/ア:>`- 、:.:.:\:.:.:.:.`ー '´!          ヴェロニカへ身振り手振り、腐心苦心しつつ教示する。
.  \ <, -- 、 /:.:.{::::::::::イ> 、`丶:.:":∵ ::´: :. .;    「 記憶 」こそが、Reincarnationを完成させる必須素材だからである。
    >   _.ヽヾ{;:イ"ヘ.  = }:.:\゙:':´.;∴.;..``
   /  /:.:.:.:. ̄`ヽヽ 、   イ:.:.:.:.:`丶__ノ =...∵: .;...ニ二;;'一.--.....,,.  ',
   ヽ. <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.く ̄^>、 _V"____ノ.;:;:;. .;..     ;".; ` ;..`.    ;
    ヽ ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:} / r< ̄ , - ´ ̄`ヽ_            ;":: :.;".;∴
     } ':.:.:.:.:.:r=<ゝヘ.  ーイ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>.・  ,´ ;:  ;` ::.;".;"
     /  ゝ_弋__ノ _ハ二´:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙__,---‐'''',゙_,,.. -―'''''^゙´ ;;;;;;;;;;;;;;;:.ヽ
     `゙─────====ニニニ―ー¬'''゙゙゙゙´;; 、,
___     /:/   )  ̄ー ´ , -<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
:.:.:.:.:.:.:.:.::.:`ー--':/   /`ー----イ-------- 、:.:.:.:.:.:.:.:.:`
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./        ` <:.:.:.,f;
-―――― '´   ./:.:.:.:.:.:.:.:.r- '



         /.三三三三三三三三三三三三三三三三三',
.        /三三三三三三三三三三三三三三三三三三',
       /三.三.三三三三三三三三三三三三三.三.三.三'.
      /二.二.二二二二二二二二二二二二二二二.二.二\      ──しかしヴェロニカが『 テラー 』をモノにした頃、
.   /三.三.三三三三三三三三三三三三三三三三.三.三.三\     偉大なる研究者ナオミツは何者かによって殺害される。
.  / 三.三.三三三三三三三三三三三三三三三三三三三.三.三\
∠ 三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\  以後ヴェロニカはふらんを見守りながら生きてきた。
    ̄ ̄ ーニ.三三三三三三三三三三三三三三.二ニ一 ̄\ ̄ ̄  そして水銀燈の手によって、ふらんと共に死す事となる。
           'ヘ;:::|::::|.  __   | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.            ヽ!ヽ! ,-=== /:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    ヴェロニカが水銀燈の神剣を見落としたのも無理は無い。
            /'.     ‐ ´  /:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i   何故ならば水銀燈の神剣とは……
.        /        /;〃::;〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
.         ヽ         /;//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
          ヽ.        〃 .//::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::/
             丶_        //::〃::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::/::::::/
.             ` ̄`     /://:::::::/:::://:/::;/::::/;::: /::::/
               `┐     / /::::/ ::/:::/:::/:::::///-‐ ´
              `ー一´ヽ. /;/-‐ ´─//-‐ ´ ̄ ̄|
                 丨| ̄      ′         |
                 |│                 `ヽ

985◆IW1/wWxGAw:2014/08/31(日) 17:58:04 ID:GMNUa/Cc0


          │             )    (
          │             (       )
          │              \   (         □Name : エイリョー・アシハナ
          │      _        \_ \         □ca : SY??? ~ ???
          │        `>――-   、 \ ).       □Job: デオドガンの情報屋
          │        彡:::::::::::::::::::::::\ l   ∥
          │        彡:::::::::::::::::::::_::::ヘ l   l
          │      l::::::::::,ヘ::::/ノノ\ノ  /
          │  >´ ̄:::::::::::::l //  ム‐-/l  /   _  ,_ 「l  _   ──とぼけた態度と、しけたタバコで一服。
          │ /:::::::::::::::::::/ T / ,  `┌´ノ/   /::l l:l///ノ    シメの一言は「 あたしゃプロなんでね 」。
          │ l:::::::::::::(\\l ヘ \_l  (   /,∠_//::::/
          │ W/ ̄ヽ ヽ \ヘ_/∥__ノ   l::::└、:l::/        彼はアシハナ、デオドガンを拠点として動く
          │ /    ヽ ヽ ( ┐ ・―- _  /:::::::::::/        マロリガン随一の情報屋である。
           / ̄ ̄ \  ヽ ヽ/\l::::::::::::/ _〉::::::::(__
           /         ヽ ヽ、l:::::::::::(/::::(___/ー,         高い報酬を取るがアシハナが調べられない
           l          ヽ ヽl:::::::::::::::::::::: l   :::::::::l          情報は無いとも言われ、その筋の面々は
          /       /    /Vヘ:::::::::::::::::::::l  :::::::::l          アシハナを極めて重宝する。
          l         /   <   V\:::::::::::::::::l  ::::::::l
          /       /   ヽ  ヘ\\:::::::::::::l  :::::::l           しかしアシハナには気をつけなくてはいけない。
          /       /     ヽ  ヘ::::\\:::::::::\ :::::l        何故ならば彼から買った情報は貴方の物だけでは無い。
         /         /      ヽ  ヘ:::::\ \::::::::::::::::::〉        そして彼は貴方よりもずっと上手く情報を扱える。
          /      /        ヽ ヘ:::::::::\ \___,ノ
       /       〈           ヽ ヘ:::::::::::l\ \         それでもアシハナを使うのならば重々覚悟せよ。
       \       \        ヽ l:::::::::::l  \ \         彼は情報への対価として、その手に金銭と共に
         \       \        l l:::::::::::l   \ \        「 貴方の弱み 」をも握っていくのである。
          \       \      l l:::::::::::l     \ \
          │\       \     \l:::::::::::l      ヘ  \
          │::::::\       >、     :::::::::\     l    l
          │:::::::::::\   //\       ::::::l     \  /
          │::::::::::::::::\//   \     :::::::\     V
          │::::::::::::::://     /      ::::::::::::::\
          │::::::::::::::\l     /       :::::::::::::::::\
          │::::::::::::::::::::\_/          :::::::::::::::::::l
          │::::::::::::::::::::::::::                 ::::::::::::::::::l
          │ヘ:::::::::::::::::::::::::                ::::::::::::::::l
          │ l:::::::::::::::::::::::::::::::::          :::::::::::::::::l

986◆IW1/wWxGAw:2014/08/31(日) 17:58:18 ID:GMNUa/Cc0



      □Name : ジャギ・アンダードッグ
      □ca : SY??? ~ 330
      □Job: 大商会テーアイのバウンサー(用心棒)→死刑囚


      ──「 人を殺して金が貰える仕事か……最高だ!! 」
      デオドガンではかつて「 賞金稼ぎ 」が街の治安を守っていた事が有る。
      その時代にジャギは産まれ、少年ジャギは暴力を行使する事で大金を稼ぐ賞金稼ぎに憧れた。
      そして少年ジャギはストリートファイトに明け暮れるのである。

      しかし当時の執政官が病に倒れ、共同都市宣言がなされ、そして後日執政官となったトリューニヒトによって
      賞金稼ぎは一人残らず公権力によって駆逐される事となる。
     行き場を失ったジャギが行き着いた先はデオドガンの大商会テーアイのバウンサーであった。

                     i! .、  .,イ   .,イ
                 、_ .、{ \〉\/::i, ィ゙メ_,ィ彡゙
                 、 ゙ミ.、):::::::::::::::::/,:/::::::::i゙ノ___
                  ゙ミ彡:::::,:/人::::∥彡┐:::::'''"/
                -‐=ミ::::::::::i.i |! ゙ー‐''  .}i`Y::::└彡'
                  -ゞ‐、::ノ ``     ' ノ、ィ'''ミ≧‐
                  | r、.|__\     ,.ィ炙|| j |
                  人ヽ i弋蕀ゝノ ィ'゙.竸ノ |/
                    .从  ゙̄゛ i|     /i
                  /゙ {ム   'l    .イi \
                    .ィ彡\ ‐ =.‐ /iノヽ
                    _,,..ノ┤:` --."卜、
                  ,ェェ、 : : :/゙、ヽ   ,:|: : : ≧、
                ./   ゝ: :{‐‐‐--、 _,\: :<゛
               /     \: ‘、>‐-----弌: : : :\_
                i       i: : :∨////////∧: : : :/、
              从       .|: :___|_,..-、,.‐‐、/.∧: :/ |,-‐‐┐_
                /    ./:(  、___人  |//.∧{ r‐ト.,ィ''"  )
              /     |: : /      } }///:::|i |、 ゝ-''"_ マ
              ,      |: 人  .゙ー‐‐-.〈ー彳///|i.乂‐ノ、, ''" .〉
              i      .从/i_  -.........///////.ii  ゙7 `''" /
              i  ___.ノ.ィ   、___.〉//////.|  /  :::/
              | /     i    ///////////.i、/   ./
           ───【 少年期 】───

987◆IW1/wWxGAw:2014/08/31(日) 17:59:39 ID:GMNUa/Cc0



   ──ジャギは「 その 」ステージへと歩みを進める……識者曰く「 明日への闘争 」は出来レース、言わばショーで有る。
   ジャギはその事をよくよく理解していた。そして、言われた通りにやれば念願の「 人殺し 」と「 金儲け 」が出来る。
   「 これは仕事だ 」、頭では解ってはいる……しかしどこか煮え切らぬ気持ちがジャギの胸を包む。

   テーアイが壊滅して暫くした後、ジャギはその煮え切らない気持ちを酒場で酔っ払いながら、
   他の酔客へ絡んでいた傭兵へぶつけてしまう。
   酔いどれ傭兵が獲物を構える前に、ジャギの丸太のような足から放たれた蹴りは傭兵の胸を打ち抜き、
   胸元に不自然な凹凸を穿たれた傭兵は、言葉の代わりに血反吐をぶちまけ、そのまま絶命する。

   その時ジャギの煮え切らない気持ちは、稲妻に打たれたかのように昇華する。
   「 これだ……!俺は命令されて殺したかったんじゃない!!俺は俺の意思で殺したかったんだ!! 」

   この一件以後、ジャギは判明しているだけでも罪無き民間人三十名以上を殺害。
   凶悪殺人犯として指名手配を受けたジャギは、駐留軍に逮捕・拘束され、司法によって死刑が課される。

   その後迎える聖ヨト歴330年初頭……神剣『 空虚 』を挟んで、ジャギは一人の人物と対峙する事となる。
   その人物とは腰まで伸びた淡い桃色の髪を持つ女性、そしてその名前は……

                                              ,イ´ ̄`ヽ、
                                        _  ,イ' /ャ;;;;;;;;;。゚;。;;}
                          __,-‐t___  __ _∠ヘヽY レ'f:ト、廴勿ククi  __,ノ
                      ,-‐'´,イ} }~}   `´......  `:... `ヽ、 (__/゙ji:`‐ii辷j 彡{   )  俺は嘘が……
                   _,=-≦ヽ、}};;;;;;;}.};;;i /::i::.:.:.`ー- i `´. : \ o}ヘiifi||fifiノ-‐'-=ニ
                r‐≦三三ヽ、_)}};__}};;;;i _ノヽ、:.:.... ...,':_,-‐'ノ{≧彳`~~~~|_,ヘ∧/ ,)  でぇきれぇなんだ!!
                  { <<<⌒ノ、/ ~   ~ ̄´   ` ̄ ̄´\_/三三/`ヽレ‐ V | 。ゝ⌒ヽ
____ ______ ______________ /三三三ノ   。}{   } 。゙i‐―‐'ヽノ-、
―――――――‐――――――‐―                  ム三三ヨ/-―-'(  ゚ )`ヽ〉、:.. :. . Y⌒ヽ, -、/^ヽ「`o
―.. ,ィ´三ミヽ、.―――――― =-、__  ,、,-――-、      /三三ヨ/ヽ j⌒Y゚ヽミ、 /三/__,-‐' ⌒ ヽ、  ノミ三三7´
___入三三N::::}___________ ___゙マ、,-―-ム__/ヽr' ‐-'、  ノ:/三マ入:.:.:ヽ、 . :.:::>'´`ー-≦)
..f´ム::マ三三ミ}:ノ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ――‐.≦7コiコ{{ヽ、`7 /三マ  `ヽ、_:.. 、,.:(;ヾミ{=}7=/
八ミム::マ三_ノノ ノ 。゚ ヽ´  |__ノ /  j i: ヘ'.,   //:} }: : : : : : : :ヽ:\ `ヾ、}}コヽ、ミ{      `ヽ、'ゞ、{=}_/ノ
 ゞー-―=ニ´ゝ'u―‐マ、_    ゝ-'´  j: : :ゝ――'´: //: : : : : : : i:i: i: :.}     >|三ノ        ` ̄´
                ` ̄`ー―‐'⌒ヘ_ノ´ゝ-ムノノ: : :ヾ、\: i:レ': : |   ノ´'´7)ー}
                              ~`ー―-、_:))/,': : :} /'´//i: ,-i!ト、
                                      `ヽ、__/´: : ___/三ニ}
                                         `>'´ヨi::i三三=┤}
                                              {: : : :: : : : : : : ::j!
                                              V: : : : : : : : : : :|
                                           V: : : : : : : : : : !

988◆IW1/wWxGAw:2014/08/31(日) 18:00:53 ID:GMNUa/Cc0


   /    ......  :::::::::...::::、_:::::::\
  , '    .. ::....:、:::ヽ-、:::::::::::\`ヽ::::::ヽ、                     □Name : ヴィア・ヤマト
 /   .  :::、ヾ`z=;=ミ ヽ:::::::. ::\}:::::::::::::丶、                    □ca : SY292 ~ 326
 j  . : :.、:.、_:\`ハノ/  丶 、 :.. ::ヽ:::. :::. :::` ‐- 、__   _ 、―- 、     □Job: リレル・ラエルの名家
 l   :::::、ヾ` `゙゙` ´    ヽl\ :. :::ヽ::::.  .........:::::::::> '´ /    丶、        ヤマト家へ嫁いだ女性
 l  :. :::、'、/__         l  }ヽ ::. ::ヽ::::::::::::::_..- ''´     {
 ', :l :.:.::..::∨}ソ'           /  ヽ:::、:::ト--<        |
  '、ト、::、::::::ヾ  ヽ ノ       /    ト、ヽヽ   丶、             ──帝国最大の都市リレル・ラエルの
   ` ヽ',\:、:ゝ_          /    j `ヾヽ     丶、           名家ヤマト家に嫁いだ一人の女性。
     `  ``ヽ. ` ‐- ..___ /ヽ、  /    l ヽ     __>
         ヽ::、. . ::::ヽヽ::::::::`r、/,、_   l  , -‐ ´              ヴィアは中流家庭よりやや下の産まれ、
          ヽヽ、 :::::ヽ 丶、::lヽヘ j|` ‐、i /         \         実家は吹けば飛ぶような零細のパン屋である。
           ヽi ヽ、::::ヽ  /} lト.ヽ`ニュヽ` ー┐      丶、
               `丶.∨ |  l l ヽヽ 、ヽ  /           `     お世辞にも商売繁盛と言えぬ場末のパン屋、
                 `7 | , l `ヘヽ ``ヘ  {                  そこに身なりの整った人の青年が足繁く通っていた。
                    ,'  | /| 、  `ヽ  ヽ {                  通い始めてから約半年、この青年はヴィアへ求婚、
                /  l/ l  、     ヽ{                   約一年のすったもんだの末、
                〈    l  l      丶                 ヴィアはこの求婚を受け入れる。
                ヽ\   ト、 l       丶



                 __
             .   ´         ‐- _
           /                \
.          , '/レN/l      ト、 トトl 、  、 ヽ
         /l/ ,l//Nイ   N Mレ N ト \ l Nトヽ
.          , l/ lヘ/ ヘl    l/ W リ ヽllN ヽlハ
        l     , l     |         l ハ     ──ヴィアの夫婦関係「 自体 」は極めて良好であったが、
        | | l ,! ,l,l  | l.l  |. l  从. /    l     ヴィアの不幸は偏に世継ぎに恵まれなかった事。
        | _l | l|/l-\M从 l| l /l=l/!| l    !l
        | fr| ll l斗L.ィ㍉ ヽll /l彳孑kリイ |,l.l     名家と言うのは総じて跡継ぎ問題に対して過敏である。
        | {{! !l l  ̄ ̄    l/ ┴┴ // , l/'!|     ヴィアはヤマト家の中で孤立し、精神的に追い詰められ
        |lヽl lヘ. l         {     //l/l/ ノ′     離婚を考えるも、己からソレを言い出そうモノなら、
         |l 'l  トl          ,    /イl l ′      実家のパン屋へ圧力が掛かるだけではない、
        ,ll  |lN l 丶、    _-__   .イ l|l        相手はリレル・ラエルの顔役とも言える名門中の名門なのである。
        l|.  |l| トl. | \   - /. | l l l         恥をかかされたとすれば、ヴィアの親族は一族路頭に迷うであろう。
       ノ'  |lN |.ヘl     _ ィ   l | l l,l
        /    |l  |  \     /\ l l Nl
          |l  |    \   {!  丶l l l
          lヘ l     `ヽ、ノ′  ヽ l, l

989◆IW1/wWxGAw:2014/08/31(日) 18:01:08 ID:GMNUa/Cc0



   ──ヴィアは夫に世継ぎを産めぬ自分を「 捨てて 」欲しいと願うも、夫はヴィアを愛していたし、
   またヴィアもそんな夫の事を愛していた……故にヴィアの苦悩は出口の無い闇を彷徨うが如く。

   そんな中、ヴィアが相談に向かった役所の窓口にたまたま居た役人ロイド・アスプルンドは
   同情と共にヴィアとの二重不倫関係をもってしまう。

   ヴィアにしろロイドにしろ立場の有る人間、この一件が明るみとなれば大事も大事である。
   そんな葛藤の中、ヴィアとロイドの間に出来た一人の子供……
   幾度無く繰り返される討論、そして同意の末、キラはヤマト家の跡継ぎとして生を受ける事となる。

   しかしこの一人の子供、キラ・ヤマトの存在が冷徹宰相と呼ばれ怖れられた
   ロイド・アスプルンドの心を深くえぐり、苛み続けたのであった。


                /:::://::::::::/:::;ィ:::::::::::::::::::..: .:::::: .:: : . :: :::',
               ,.'::::/ ,.':::::::::// l:::::::::/::::::::: .::::::: . ::: .: : . : :',
               , ':::::::∨::;イ::/´ 、_`l从/|::::::::::::::::: .: .:::::: ::: .::.:. : :}
             /:::::::::; ' ./ |/ `辷;ミ、 ヽ|::/:/:;イ::::::::::::::::::::::::::::..::. .!
           /. .:::::; ' .:イ     `く` l/l/'´/::;ィ:::::::::::::::::::::::::::::/
          /. ...:::/..:::/ {             ノ''´イィ::/:::::::::::::::::::/
    - 、_  .∠ -―ァ./ァ'´ ',        ,  _辷;、ヽフ:::::::::::::::::::/
       `ヽ __,,.. ニ-'´∨   ',    、   /    `<゙ソ:::::::::::::::::::
        ヽ      \    、  、、ヽ. ´     /::;;ィ::::::
     r ⌒ヽ_ゝ''''''''''‐-.、 ヽ  ヽ  ` ``_ ,,... '´:γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    /    ヽ/ ̄`丶、\ ヽ ,.ィ~「 ̄:::::::::::: /<  秘密は墓まで持って行きます……   |
          i  、 ヽ  ヽヽ .i / '  l:::::::::::::::: .:/i/ ゝ_________________,ノ
         |  ヽ  、 }l l'   'ト、:::::::::::../
           l、    ; 、 / イ      `-ミ、/
        ̄`、l ヽ 、ヽ  / . r=ミ        ヽ、_
    _ -  ´  ヽ ヽ .. ィ´:.:.:ト、  \r-、...   i ヽ
 -‐"´       ` 「  |:.:/~”\  ヽ.rゝ    ヽ
             ヽ:.:.r=ト、   v   V }.   ヽ、 }
                  弋  \  V  }/.... }r'´ }.|

990◆IW1/wWxGAw:2014/08/31(日) 18:02:11 ID:GMNUa/Cc0


          , -''"''一 、___
         /            ``丶、
        /  三三ミ           丶         □Name : シュナイダー・ベルンハルト
       ///三ミツツシ     r'´ヒ彡l         □ca : SY284 ~ 326
       /////三彡f''⌒`''ー-…'´  ヒ彡!        □Job: 帝国西方軍総司令
      ,'////彡彡ll::::::::::::        ト'´
      |彡彡彡彡リ::::∠二ニ¨`_'、  r_ニ l
      |彡イ/⌒ゝf:::::::::くてノ`' `' fャテr'        ──エル・ローライトを見出し、参謀として重用した帝国軍司令官。
      ゙、川{::({:::::::::::::::  ̄     i:: |           その本質は実直かつ剛胆、スピリットに対する理解も有り、
       丶ミ\ゝ:::::::::::        丶 j           エルはシュナイダーの事を尊敬すべき人物と称した。
       丶彡Tー':::::::::     '´っァ´/
         l彡|:::iゝ::::::    - --  /           ソレ故に内務、ロイドの下した「 極秘指令 」が
         ゙Y'´:::丶\:::    ━  /            シュナイダーの心を責めに責め、苛むのであった。
        _」_:_::::::::丶;\      /
        |「 ̄===-,_`''ー---'
         ||  r'⌒\ _ ̄=┴ll
    _,,,, 〃  u⌒\ V( ̄ _,, ll
  /一 '''丶\___\\__((_ ll
  |      `''ーf f¨¨¨¨¨¨ `'-,\ll



             _ __,,、、-‐‐─‐‐-.、
           ,r'"´        .:.:.:.:::::::.`ヽ
            !.:.:.:.:.:.:.     .:.:.:.:.:.:::,r'r'":.:.:.:、
          .!ミミy'^ヽ.:.:.:.:::::,.ィrrミミヽV:.:.:.:.:.:.:.',
         ',ミ;!   `""""゙´  `ヾト、ヽ、、::::;',
             `1      _,、、、、  iト、ヽヾヾ;;:l
           1‐‐、  r'二.-─-ミ;、 !ミr=ミ;:;:;:;:|           【 アポカリプス部隊抹消指令 】……
             ';r〒1 `ヽでこ`   iミ! ,r::!;;;;;;′
              i! ",′         ゙'.ノノ!;;;;′         シュナイダーが真紅に殺害された事は酷い言い方だが
            ',./   、         r _ノ;;/            当人にとっては有る意味「 救い 」だったのかもしれない。
             ',`"゙゙´        / {:::;;;;;!
              ! -‐ 一       / ,.ヾ;;/            何故ならば「 何の落ち度も無い功績有る、味方を殺害する 」
              ',. ´ ̄     / /  |               と言う「 人 」として受け入れがたい命令を実行する事無く、
                  '、_ __,...イ_,,、-‐''ニニニコ          また「 ソレ 」を見る事も無く逝ったからである。
                    _;;;;;;;.'ニ ‐''"´,. -─┐{
               「「    r‐、//⌒)ノ.:.L_
               l L__)入ノノ.∠   ノノ:::::::::.`ヽ
                __」_>=====ユ彡'".::::::::::::::::::::!
         ,. イ : : : : : : : : : : : : : :〃.:.::::::::::::::::::::::::::::|

991◆IW1/wWxGAw:2014/08/31(日) 18:02:24 ID:GMNUa/Cc0


.lヽ  ___ \:;:;:`ー:;:;:;:l     |;:^:;:;ヽ、
│;\ ー、: ̄`ー:;:;:;:;:;:;:;l /´ ̄ ̄`. ー、!_   ,.、            ■Name : リインフォース・ブラックスピリット
 ヽ:;:;\  `ー-、_:;:;:;:;:;:;:!    , -ニ` ー`'´ │          ■ca : SY314 ~
、  ゝ:;:;:;\  <_;:;:;:;: ;:;:;! , ' //       、|        ■Job: 帝国西方軍斥候隊→自治領帝国軍守備隊
l :`-`、:: ;:;:;:| ∠_:;:;:;:; /, イ. / , _/ / | l l ヽ
ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;::!  ∠/, ,-/´ / / ///、,イ │.| | .!
  \:;:;:;:;:;:;:;:.!/// .lヽ! , '| | .!/,'|ヽ、`ト /|│ | |、      ──偵察斥候及び強襲を主任務とする帝国軍のスピリット。
ヽ` 、丶、:;:;:;:;/.//   /ヽ!l| |.|∥   {':j`l/ |‐| /! ||、!     その観察眼は極めて鋭く、対峙した相手の色種から実力まで
 ヽ:;:;:; ̄::/〃  / 〃l||  `∟==   〈l' // リ'i !     一目で見抜く程で有る。
  \:;:/. |! -‐''ー、〃/|_|.   |,〃" .__ ,ィ/ノ'〉/ ヽ.、
  </ ,/:: ::::::::::::: \ ̄|.  |'     / |  '´    丶.、   シュナイダーの後を継いだエルとはOJTS時代からの従卒であり
  /.-‐'´:::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::ヽ  l.=_-ィ.|  |        ト,   リインもエルに対し極めて強い信頼の念を抱いていた模様。
/.'´:, -‐' ´ ̄ ̄丶、::::::: ヽ::::ヾ、!、::::::|lイ/'       |.|
〈: ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::!:::::/ヾ、ゝ:llリ'         |.!  そのエルはかつてリインを各部隊の隊長格である「 NAMES 」の
/ヽ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー-、::// :::`::、::、:ヽ         !|  一員として抜擢し、索敵斥候を専門とする部隊を設立しようとしたが、
、〃\ _, ---_::::::::::::::::: /:// ::::::::: ::`ヽ::\      ||  リインの飛行技術や索敵能力が他者と比較にならない為、
;:ヽ〃 ! ___  `ー, -'´::::// `ー:::ー:-.、::\:::ヽ       |!  下手な部隊構成をした場合、リインの能力を大きく削ぐと判断。
:;:;:;ヽ .|'イ: \__二.>/ , '>::::/ !:::::::::::::::::::::::::::::.〉:::::〉     l'  扱いとしてはライダー配下であるが、実質NAMESの一員と言える。
;:;:;:;:;:;ヽ{- ̄___∠:</:: :::/ |:::::::::::::::::::::::::::./ ::::/



        /   ,. -‐
       / , -/     _/ /  /      l  _,. -
        ///    ,. ´/ // / l / / l    l/::::::::::::::
     /  /    /  / / │/ l l` ト 、l l   l::::::::::::::::
       l   //  l /  l/  {l l| 、_l lヽl    l:::::::::::::::
         l / l/   |l   l  ,l l 欣ヽl  l    l::::::::::::::    ──しかしそのリインの鋭い観察力こそが水銀燈の不幸であった。
         l/-‐ l‐‐/ {l,. -「 ̄  迅ン l i〉 l   l::::::::::::::
     ,. ´_ -─./ /  l       _ ..::ヽlヽ│  ト、::::::::::    リインは看破出来ぬ謎に包まれた水銀燈に対して
  /,. ´    / //  /l ヽ  ll ..:ll::::: / ヽl   l ヽ::::::    強い嫌悪感を持ってしまい、嫌悪を込めた鋭い視線を投げつける。
 //       // /  /  l   ..ll::::``>'   /ヽ} l   lヽ::     その眼光は水銀燈の幼い心では到底耐えられるモノでは無かった。
/       /   /  / /ハ_...:::_ヽ/  /ニニl ll  l l
        l     l  l 〃 _,. - /_,.. イl:::::::::::: l| l  l l     リインはその事を悔いていたが、以後水銀燈と再会する事は
       l   / ! l| /  l´ /'´ r''i ll l::::::::: /: l l  l     配備上の問題で出来なかった。
         { // l ll    l     〉┴l l:::::::::::::: l l  l
.       // / ヽl l    l   _, ! -┴┴_ ニ/::ヽヽ      戦争終結後の現在はマロリガンとの戦いで負傷・切断した
        //  /  l  l   l_, ‐l r '´ ̄::::::::: /::::::::::ヽ\      片腕の治療に勤しんでいる。
      //  /  l    r '´  ,.-l l ::::::::::::::::: /::::::::::::::::ヽ
    //  /   l    l  /.:: l l :..:::::::::::::: l :::::::::::::::::::::ヽ

992◆IW1/wWxGAw:2014/08/31(日) 18:03:37 ID:GMNUa/Cc0


      ,r‐'´ . .:.:.:::::;;;:;:;;;;;:;;;;;;;:;;;;;:;;;;.:.::.`ヽ,
    / . :.:.:.:::.::::.:.:::::.:::.:.:.;;:.:;;.;;:;::;;;;;.:.:.:.::.:..i
   ,/ . :.:.:.:.:::.:::.:::::_,、-‐、.:;.::;;;;;;;;;:;:;;:;:r、;;.::.\             □Name : ランバ・ラル
   ,! . .:.:.:.::.::.::.::/゙    `,.:.:;;;;:;:;:;;;;,ソ `i;;:.:. ,!          □ca : SY272 ~ 329
   / . .:.:.:.:.::::.::,イ       `ー‐-‐'´  `i;;: ,l            □Job: ラキオス軍東方砦駐留軍司令
   ! . .::..:.:.:::.:,!´       、       l;;:.:|
   l .:.:. :,r、,;:'| ,ィ'"≡=;、、,,j  _,、、-=、 .,!ィ/
   '、.:..:.,!カ j.:{  '"゙´rt=ニン´ ,ィ〈モァ-、  !;;,!           ──かつてラキオス軍がジャミトフによって腐敗しつつ有った頃、
   ゞ:;,!イj彳:!      '´ ,: `i ヽ '´  l;'i′            賄賂やコネを由とせず、断固たる対応を続けた結果、
    ヾヽ {i;;j       ,ィ  ,;:  l| :..  ,イリ            自己退役を余儀なくされた誇り高きラキオス軍人。
     `ゝ j`     _,、、、,.__,r;:、  ,j/
     /!,> !     _,、イ:.;.:;;;;;;;::;:;;:;:;:;ゞ, ソ              その後、再度長官に就任したアナロ・グマに請われ、
    l,イ、  \  `"'''''''"゙゙゙゙゙゙"''''"´ ,!                ラキオス軍前線司令官へと再就任。
  _/ リ `丶、 \     ` ̄´  ,ィ゙!                  その優れた運用によって東方砦を約十年に渡り堅守し続けた。
   `ヽ, ,r-'´_,`ゝ、ゞ、__,'__, イレ',}、__
     i'、∧(  r- 、_二二ニi}ニr'"ソl ゝ、二二ニ
     l \゙ゝ ゞヾ、ヽ、 ,! | ,!_,j´イ| ))  `ヽ,
     /    \  \` ゙ー'  ,! ,ィ イ/ ,//ヽ、  ノ



                     -―… 、_
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                     '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧    ──しかしバーンライトの指揮参謀、フォークによる
                  {::::::/ヽ::::::::::::::/`ヽ::::::::::::::::::::::ヽ   最低限守るべき「 戦争のルール 」を破った卑劣な
                  {:::::,'  'ー-‐'     \::::::::::::::::::1   作戦により、砦への敵軍侵入を許してしまい
                〉:::i              <:::::::::::::::::!   ラルは多くのスピリット及び兵士達と共に戦死する。
                 〈:::::'二ニヽ!〈  ィニ二¨ヽ 〉:/⌒j:/
               ヾ::j>=゚-.1 i  `ー゚='  /〈::ヽ /j    この結果により、ラキオス軍は保有スピリットを多数失い、
                    〈j、  ,イ  、     )::::/イ:::i    一先ずの平穏であった北方五国は再度、キナ臭くなるのである。
                {.| r'` ´ ̄`ヽ  ムイ、:::::/
                      !//f ̄ ` }¨¨ヽu. /  ト、
                   ヽ ` ̄ ̄    /_,/.:.:.:i
                   「 \__, < .:.:.:.:.:.:.::..ト 、
                 イ.:r‐、j 「 r‐''''7.:.:.::..:.:./   >   _
              ´   ! ヘ、   ̄__, イ.:∧            >
          ´...   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      '           | 戦争と言えど、人同士が争う以上、最低限のルールが有るのだ!!   |
    / /         \_____________________________/
  /  /      ト       ,  /         / /           /       ∧

993◆IW1/wWxGAw:2014/08/31(日) 18:04:54 ID:GMNUa/Cc0


        ,/ | .|
       /  {  l
       |   |  !                  ■Name : 早苗・ブルースピリット
       |   |  l                 ■ca : SY317 ~ SY329
       |   |  !                  ■Job: ラキオス東方砦駐留軍
       |   |  l
       |   |  !
       |   |  l          . - . '' ¨_ :二  ‐- . _
       |   |  !        ., ´        ´         ; ュ_ ヽ           ──霊夢・ブルースピリットと同年同日に
       |  _|  |        ′  .:/ /      )/ . :ヾー 、 ア'            ラキオスに転送された非翼のブルースピリット。
       l .l:i:l  !      ./  .:′  .:′ :__ ,/:/ :l{:丶` ータ ':,
.         `¨l:i:l¨´     ,     ′ :{ ∧/ / .:/ !  ヽ  ':、 \        霊夢とは友人・姉妹関係を超え、
   _____  .j:/`ヽ    ′ {;' i ト  :xfミ、ト// :/ / l:! :';  :' \ ヽ、      互いを「 自己同一視 」をしていたフシが有る。
/´       `¨´  /    ,:i   :) ';{ ヽハ んV`ヾ / /:ノリ :i:l  ; i::', \ :`ヽ
         /    ′  :’  :}) ト、:ゞ‐′(´ ィ;斧Y ::ノ;l :/i.:l:::′  \::{    所有する神剣は薙刀、銘は「 啾啾(※) 」。
 /. -―… ¨´l:i:l     .i     :}   iヾヽ}    i {;ソ/`´:: }/ :l l  ::\  ))   ただその刃が振るわれる事は殆ど無く、
./        / l:i:l     .| .:,、_/;)`ヽ l.:.}ヽ (`ゝ   :' ::_」L_/  :リ  :; 、\ `     もっぱら吶喊する霊夢のサポート、
′ .       L -:L     | :/:::丶\__}/\` -t≦´ ∧   >_: :: ::i  )、ヽ    段幕の打ち消し、バニシュに専念していた。
        .{/二ヽ    | :!/⌒ \ `丶  \__/. `<〃!  { ))、 :.:l/  ヽ '.,
        ', -、ソ \_ l.:.i.     \.  ヽ、 /`ヽ   {ー !, -┴- 、.ヽ/―-  _}/   329年、フォークの卑劣な作戦により侵入した
 ̄ ̄`ヽ   .}マlヽ.j   ヽL」____ :i \-‐-',L_::\\!  {  :、  く:::::::::::::::::/    シャナによって心臓を貫かれ死亡する。
.      `¨´  .l:i:lヽ,   l:',_::::::::::::`丶 .:.:.',     \\\ iヽ、_,x ,´ 二ニニ ヽ
`ヽ       .l:i:l ′ .|:::',ーミ 、:::::::::\ノ}     ..ヽ::ヽ::ヽ`¨¨、  .:}   :\))  iヽ ,、     _
.  }       l:i:l. ..',  |::::i   i \:::::::::ヽ::........::::::::::::',::::',::::',.   }.: :ノ /  :}´_, -‐| l { }, -‐ ´/
. /         .l:i:l   .’ ;::::l   ト、.  \::::::L_:::: _   -┼…::::{ノ/{:./.:/   l/!:__∧.V ――<
_/         l:i:l   /:::::′ ! l\.  ヽ::::/} :::l ` ー-}::::::}:::::}/. ヽ、:{  :i /:::::|   ',_ノコ _ヾ 、ヽ
           .l:i:l  /::::/    .!  ヽ、. }:/::::::::::\ ー‐… ´\_//!j  l :{ i::::::\/    `  `¨
         _ .l:i:l :´:::::::/      l     /´::::::::::::::::::\┘:::::\_{ { :\::l .:ヽ、___\
 , -‐  ¨´ ―l:i:l.-‐ ´     /     L_`ヽ、____/::::/´///\\_};_/ __  `ヽ
./:::::, -‐ ´  .l:i:l                 !  `ヽ ___/ ////////` ー‐ ´  `ヽ.  i
::::::/       .l:i:l            ;____/////////////////////:i',   /   !
:/         l:i:l              /i )、///////////////////////l!  ,   l   (※:しくしくとすすり泣く事の意 )
`ヽ       .l:i:l             :/ .}:,/////////////////////////:', {   /     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  }       .l:i:l             /¨¨´///////////////////////////:', `¨´
.   ',        l:i:l          ://////////////////////////////////ヽ、
.   \      l:i:l       :, .i´//////////////////////////////////////ヽ

994◆IW1/wWxGAw:2014/08/31(日) 18:05:42 ID:GMNUa/Cc0


            ,.  ´  ̄ ̄ ̄ ̄ `   、
          ,. ´,. ´  ̄ ̄ ̄∧      ` 、
            / / / /-; +   / ∧       ヽ
         { l   / /^/  ___}_,.ィ       :
            、|(_//「: ̄{:\: }: : : : \        :
         {|/:/:l {从ム斗七 、: \:}        i        以上、四章外伝の残りのキャラクターでした。
            イ:{:{从 リ  ,ィ_フ斧  \:}'\
            |∧ィ斧   弋zソ   |: :|l  \    }、       考えてみたら大人ver早苗はこの一瞬しか出てないんですよね。
            { 从Vリ           |: :ム    、__ハ       まぁ二章の霊夢があぁもシャナに対して敵愾心を燃やす理由が
            |  }! ヽ        |: :|∧       }       四章外伝で解ってくれたら嬉しいなっと……まぁ今更ですけどね。
            | 八  v⌒ヽ    .:|: :|: ∧       ヽ
            | {   、 ー'   ....::::|: :|:,.- 、       |      さて外伝の人物と言えばやっぱりゾディアでしょうね。
            | |  |: ` ー=≦、_,...|: :|   ∨      :      二章・三章・四章外伝全てに出てますし、
            | ,:   }: :|: : |:.:,<´/|: :| /  ',      ',    イヤマジでやる夫君、少佐に続く影の舞台装置ですわ、この人。
            |    |: :|: :/ゝ/  j: /´   /∧      :.
            |    |: :|イ } /  /|:{     {/  、        :
            |    |:/∧/⌒,/  |:|  l |!   \
            |    |{/ l〈 ,イ     |:|  ∨     \     \
            |    / { |' |     }|   {       }        }



             _,. -‐====‐- ._
            /            `丶、
           /     テァァx_t===‐-  .ハ
         /       了 ̄           `ヽ
         ,'        {            |
                 ハ>-;‐─‐-yxー-、__」
         }       〈// x孑7フ厂}八}i ! }}`ーァ
          亅         ,イxァ'ぅ丐ミ   / 代トN Y       ま、そんなこんなで残り数レスとなりました。
           i         |/{{ トiしリ    拆トY } }
.        |      / {  ゞ='’    kい レ1イ        と言う訳で……
         八     /  ! ''       '`¨  }i |
       /  }    /7! {        /⌒!  ,/' !
         {     イ/小 iト、    / ∨ / {_/
        人   / !ト、j } { `ヽ、 `ー ' <  /
.     /     / 丨 `|!ニ=イ)`TT´ }/小 {
     /           | v-ヘ {ミ辷乃 仏イ/厶レ' |
.    /         |//  }|ィ升'つ /_,.-ヘ〉 :-<二〕
   /            ,' '   ||ルノ'´  {  -‐┤ { 、_}  ヽ


995◆IW1/wWxGAw:2014/08/31(日) 18:06:17 ID:GMNUa/Cc0



.       r、  {゙l
     rト、\} ヽ∩
      \`    | _
     ⊂ニ  /  j/ )⌒\             ´  ̄ ̄ ̄`丶、
       \   く/ \}:\         /           、\
         ><´   / :::::∧       { Y´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\} ヽ
        /    / :::::::::/ \      /│           |  '.
          〈   / ::::::::::/         厶└ ァ:T:7丁: :7-: :┬-、|   !
        \/:::::::::::/      ',   ∠: レ{:/=ミ/ レ∨x=ミ∧: : \. |
           〈:::::::::: /        }  〈 ム|:Ⅳ7心.    ト゚心゙ ハ: 、: :>
         \/         {ヽ / j:.|:│弋ソ ,   弋)り }: ⅣV |     楽屋裏は以上!後は埋め!
              \           ∨ /: |:│'''         ''' │:|   |
              \             \{ : |:人   「  ̄}   |.:ム  、|     五章本編の続きお待ち下しあ!
              \          Ⅵ |_j:> _ ー'′イ: :| |: |   |
                `丶、     (匸{_| |匸)ア(`lニニ´j {ス:.:| |:│   |     それであ!!
                     `丶、      | | |::`ト、 __/::::::}| l、|   |
                          \    | | に匸>く ::: / | |_人  〈
                      /`丶、_| |  |:::::∨\_X.  | |  ∧ `、
                         /: : / : : | |  |:/\/ー′ | |/ |
                     /: : / : : : | |. 〈  /|       | l   |   ヽ
                     ,′: : : : : : | |  |:ヽ/:::|    \| {.  |    \
                    : : : i : : : : :| | /:::j|:::::|     ∧∨ |     \
                    /{: : : | : : : : ハ∨::::∧::::|      ∧:'、 |       ∧
                      厶|: : : |: : : : :}八〉:/ l:::::|      /.:∧:l八    /:::::〉
                   {::::」: : : |: : : :/^7:::/ー‐l:::::| 丶 _ノ: /: :|:|  \__/:::::xく
                  レ'│: : :! : : {. /::/'  l:::::|   _〕:∧: :N   \_/   \
                       ̄|: : :∧ j∨ }:::}   {:::::{ ⌒`\: :∨人         \
                        |: |/: :|// /:::/    、:::ヽ    `/:/ ∧            \
                        |/l/∨/ {:::::|     \:::\  ノイ\ : \           |\ \

996◆IW1/wWxGAw:2014/08/31(日) 18:10:29 ID:GMNUa/Cc0




     ∩.  .∩   ∩.   ∩.   ∩.   ∩   ∩.   ∩
    ノ 乂 .ノ 乂 ノ 乂 .ノ 乂 .ノ 乂 .ノ 乂 ノ 乂 .ノ 乂
    |0 乂| |0 乂| |0 乂| |0 乂| |0 乂| |0 乂| |0 乂| |0 乂|
    |°乂| |°乂| |°乂| |°乂| |°乂| |°乂| |°乂| |°乂|
    |乂乂| |乂乂| |乂乂| |乂乂| |乂乂| |乂乂| |乂乂| |乂乂|
    |圭圭| |圭圭| |圭圭| |圭圭| |圭圭| |圭圭| |圭圭| |圭圭|       これの大きいAAが欲しいと思った前回。
  _且 卅卅廾卅卅II卅卅廾卅卅III卅卅廾卅卅II卅卅廾卅卅 且_
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     そういえばニキシー管の時計、
 |                                            |     昔実家にあったなぁ。
 |                                            |     電源入らなかったけど。
 |_________________________|


997◆IW1/wWxGAw:2014/08/31(日) 18:14:32 ID:GMNUa/Cc0


 んー今回はただひたすら忙しかったと言うのもあって
 没AAやネタが無いですなぁ……


998 :名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 18:15:58 ID:rTc5i5kY0



999 :名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 18:16:44 ID:rTc5i5kY0

>>1よーーー!!受け取れ!!!

1000◆IW1/wWxGAw:2014/08/31(日) 18:19:28 ID:GMNUa/Cc0






                                      ┳  ┏━━┓  ┏━━┓  ┏━━┓
              /´ ̄ ̄ ̄  ミ  .                ┃  ┃    ┃  ┃    ┃  ┃    ┃
             ノ /.: ̄ ̄ ̄ ::.....<、\               ┃  ┃    ┃  ┃    ┃  ┃    ┃
            / ,ム ==ァ===== ミ  V  ヽ            ┃  ┃    ┃  ┃    ┃  ┃    ┃
          / /  .,./ |    :ハ \}  ∧         ┃  ┃    ┃  ┃    ┃  ┃    ┃
        / / .://   | :′ :/ ⌒ト、 ヽ   '.        ┻  ┗━━┛  ┗━━┛  ┗━━┛
.       / ′:イ:.,x=ミ |:.{:...:/x=ミ,}:. i:..\ {
      /  |:// /ん::`i ハ/ ん::`iヽ:. 厂 `∧
.     /  /.:' |'八__ツ     廴ツ }∨|     '.       1000到着、皆様ありがとうございました。
     ′ / .:| |{ / /   r一  / / | .:|     ヽ.      以降はこちらのスレを宜しくお願い致します。
    ′ .′ | |ヘ.    、__.ノ  .ノ} .:i:.\     ∧
    i  | .::i :「厂 ≧ェ ┬ァ チ―j .:′.. ヽ、   }    【アセリア】やる夫が永遠存在になる様です-スレッドNo.43
    | /! .::| :{    ノ ∨∨ 十 i :厂ノ  ∨\ノ     http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12973/1408862683/
    l/ | .:∧:|__彡/  ∧∧ 人 | '「:.... ト、 '.
      | :厂 .|\/  / ハ. ヽ ` }/ 廴._|ハ }      原作ネタバレはこちらの雑談所をどうぞ。
      | :/  {/′/ / ∧ \ 厂    } }ノ       http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12368/1307445532/
      |/  ,ハ. / / /  ヽ /\     ノ
      ′  { / /      \   \/
          ヽ/`ヽ   _   _\/
              `¨´ {__厂´












174◆IW1/wWxGAw:2014/08/31(日) 18:21:17 ID:GMNUa/Cc0


 うん、やったね( `ω´)
 ついでに一人(嘘)紹介。




                   ,.  ーイ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄`"'   _
                      /        イ      \ `丶
                 /// / イ  /| |   ヾ      .∧
                    / / /  〃 / | / .| |  ト  ヽ    ',   .∧      ○法王ちゃん
                / / /|  | |  | | | | |  | |   |   |   .∧
             /_/|_| |_H_|- |__| _.ト|_|__|__.!   !     ∧     趣味は人形作りと悪巧み。
                 | ヽ _      _    |   |      .∧     抹茶をこよなく愛する花粉症持ち。
                 |  ┯━┯   ┯━┯ァ |   |      .∧
                   l   ハ_ノ    ヽ_ノ   !   !       .∧    年齢少なくても2周期以上。
           , '⌒ヽ   !  /                  '   A       ∧   背が低いので普通に立ってると覇王の表情が
           l   ー--─    _        /   /ヘ )、     .∧   首を全力で上げないと見えない為、念動力を使い
           ヽ、_ ノ  !  ヽ          { ̄ `Y´ ̄ ̄ ̄ ヽ.    ∧  意地で浮いてる……が、疲れる為長続きしない。
                _,. - '"|   ト ._ __,,...丶-─<::::::::::: |::::::::::::::::::::::::: ∨   ∧
     __  _,. -'"´.   ∫. ┴''"´       >:::::::::|:::::::::::::::::::::::::: : ∨  ∧
   /    `´   _,.. ___            _,, >:::::::::レノ::::::::::::::::::::::::: ∨  ∧
  〈//./  ̄ ̄ ̄...  };;::::;:: . .{゙,,.. -─ ''" ̄  ̄ア-''二_ -、__ノ./ ∨  ∧
   `ヾ</へ _ ノ ̄.}::;:: . . {                    `' - 、 ア::::::::::::: !   ∧
.                };;;: : : ...{                    `'-、::::::::::::: ∨   ∧
.                `==´                        `'-、:::::::::∨.   ∧


175 :名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 18:25:52 ID:1yGaBuJk0

法王ちゃんがドジッ子な気がしてならないw

176 :名無しのやる夫だお:2014/08/31(日) 18:35:48 ID:rTc5i5kY0

久々の1000おめw

177 :名無しのやる夫だお:2014/09/01(月) 02:15:07 ID:5FwFbO2s0

原作の外道ロリBBAがこんな可愛い生き物に(ホロリ)












一覧
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

申し訳ありませんが、体調の悪化により長時間PCの前に居られなくなりました。。
その為、当分の間は手抜きでのまとめとさせていただきます。
楽しみにしてくださっていた方、そしてまとめを許可してくださった作者様にご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。<(_ _)>


とても大きな台風でしたが皆様ご無事でしたでしょうか?
もし何か被害にあわれていたらお見舞い申し上げます。
ぽんに何ができる、というわけでもありませんが、せめて気分転換の一助になれればと思います。


一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

19/05/26
やる夫は誰かを救う悪になるようです 追加

19/05/18
エージェントやる夫の日常茶飯事 追加

19/04/14
やらない夫は「The World」にログインするようです 完結

19/02/10
真・女神転生 ~やる夫の嫁は加賀のようです~ 追加

19/01/21
できる夫とマリーがたどる仮面ライダーファイズ 追加

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



月別アーカイブ
FC2カウンター