Fate/ENCOUNTER キル夫と名の無い少女 小ネタ もしもGOと混線していたら やるぽん!

ジオウ第48回 ありそうでなかった決戦前のおじさんとの会話。 お互いへの培った愛情が見えてほっこりしますね。 それにしても、衝撃的。まさに怒涛の展開。 え、これどうなるの? 次週、最終回!お見逃しなく!

Fate/ENCOUNTER キル夫と名の無い少女 小ネタ もしもGOと混線していたら

2063小ネタ ◆13zn.onW3Q [もしもGOと混線していたら] :2015/08/11(火) 00:01:09.31 ID:b1u74c0u












                          ., -―=''''''¨¨´ ̄ ̄ ̄ ̄"゛'''=―-、
                   ―-=三   私は戦う者、殺戮の機械だ  三=-─
                          .`‐―= ..,,,,______,,,,..=―‐´












2064小ネタ ◆13zn.onW3Q :2015/08/11(火) 00:02:52.55 ID:b1u74c0u






           その年、西方へと進撃した私はいくつもの部族を平らげ、広大な土地を切り取り、

                   数多の富を得て、そして幾人もの人質を手に入れた。

             その中でもブルグントの国から得た王女ヒルデグントとその従者ハゲネ、

         そして西のゴートより差し出された王子ワルテルは、素質のある優良な若者たちだった。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         \  // /    \
               / / / ⌒>、  ∧          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
        -‐二 ̄\{ /{ / /   \ ∧_ノ}     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
              \∨{/  /⌒ヽ \__ノ    ./:. :. : : : : : : : : : : :\:. :. : : : : : :\.: : : : : : :.
     /  / _,zヘ/^\トv/V/{/Z\_/    ..|: : : : : : : : : :.\: : : : : :\: : : : : : : : ∨:. :. :. : |
.    〈 \:{_ア゙              ∨ }      .|: : : : : : : : : : : :丶:. :. :. :. :. : : : : : : : :.|:. : : : : :|
     \ \              ∨     .|:.:.:. :|: : :|:. :.|: : : :| : : : : : : : ∨.:. :. :. :.|: : : : : :.|
     _ノ)  〉             _/ /        .|/:.:.:.|: : :|:. :.ト : : |: : : : : :. :. :.|:. :. :. :. :|:. : : : : :|
     ___彡'′ ⌒\____, /  /ィfア′       /イ:. :.|: : :ト 斗-\ト:. :. i: : : : : |:. :. :. :. :|: : : :∧:|
    ^\{    ィ^迅アヽ     {   ;      / |:. : |:\| ⌒笊_ァ゛}: :|l: : : : :/\: : : : | : : / 丶
                     ′       从∧/       }: 八:. : :/ }〉/: : : /: : /: > ̄}
     \__                 〉 /            /       j/  \/  /: : : /_:.:.‐^~    |
      \/ \            /             .ゝ           厂_  ‐          |
        \  \    ー _ ^ /\                        r‐ 、              人
         \  `        /\ \___           丶ー ‐      |i:i:ト:iヽ          /i:/\__
         \   >r---く //|\ \二二二-   /⌒^ \__  r≦^|i:i:| |i:i|       / -‐…‐-
.             \ノ   l,   \/  |   ヽ二二二 { ̄ ̄ ヽ   \ /|i:i:| |i:i|     /         \
                 ̄|  l,     |l  |     \...( ̄ ̄´    \   \ |i:i:| |i:i|    //
                  |  l,  i |l  |\    ./ ̄ ̄´       ',   ∨i:i:| |i:i|_/i:/    _____
                  | \  / :|l  |  ヽ  〈/⌒\           ∨ | |i:i:i:i:i:i/|  /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
                \ (_)  |l  |    ./      |\           ∨ :|i:i:i:/  |   |i:i:| ̄ ̄ ̄ ̄|:i:i:|
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

            ワルテルとハゲネは私が手ずから武芸を鍛え、乗馬を教え、兵法を学ばせた。

              やがて成人した二人は我がフン族の中にあって瞬く間に頭角を現し、

                あらたな周辺民族の平定に大きな働きを見せるまでになった。







2066小ネタ ◆13zn.onW3Q :2015/08/11(火) 00:03:27.37 ID:b1u74c0u





            より知略に長けたハゲネは謹厳実直を絵に描いたような剛毅な男に育ち、

          やがては私の下で軍師として、あるいは一軍の総大将として将来が楽しみだった。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                          ,.. -‐  ニ==―- 、
                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ      \__,ィ
.                     /                 \        /,
                    /   ,. ==ニ二  ̄\    \___,///!
                   」  /: : : : : : : : : >、 \_,            /
                  / ∨ :/: : :/ ̄ ̄   \          /{
                   |  ハ;i;,: ''"         `マ ―――一 . : :/
                 ノ |: :/|        _     ヽ -― . : : : : : !
.                 L、  ̄〉|      /,.二     ∨ ̄ヽ: : : : : :|
                 、 _,〉 / .!、_ { _/〃f芳'      Z} /: : : : : :|
                  \ 」  、 ィ拆}      ̄           ' /、 : : : : /
                     ∧`¨i               r‐'  }: : : :/
.                       ∧ ノ                |    \:/
                       、ヽ               /     i
.                         \ -‐ ―     ∠ -――┴――-、
                             \ ̄`    / ,. -―――――――1
                               ヽ _/ /                |
                                  / /                |
                            / /                |
                       __ _\_\_______ ―-  ヽ、
.                        //////\/////////////////!        \
                     //////////,\//////////////.」        \
                    ///////////////ヽ//「 ̄ ̄ ̄ ̄´           ヽ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

          だが彼は成人してしばらく経つと、単身出奔してブルグントの国に帰ってしまった。

                   彼にとって私は所詮国を侵した敵に過ぎず、

            故郷に新王が立ったとの報せを聞くなり、私のもとを去って行ったのだ。






2067小ネタ ◆13zn.onW3Q :2015/08/11(火) 00:04:12.81 ID:b1u74c0u




             私の元には将として仕えるワルテルと、女官として仕えるヒルデグントが残った。

                   ワルテルに敵う武人はフン族を見渡しても見当たらず、

                    私はなんとしても彼を手元に置いておきたかった。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

.            /  .  j/  . :. : : : .:;::{:.   : : |::::::.   |: : : : :j:::.. |:. Y.::、
           :   . ;  .:{  . : : : V .::::|::{::::..  :_jメ、::. |: : : : jト、::.|::. |::::ハ
           :: . : ::! : : :.、: : : : : 〈:::::川\_メ´::::「\:: |: : : ::j仄狄:: |:l:N|
           jj: : : | : : :::.\: : : :: :∨,斗f´  ̄\レ'^ 狄..:.:.j/),ノ}:::}八l:||
           ∥小.:|: : :j::|::::{\::::}ト:〈j::Ν _彡'^`\ };ハ::j/ __/:::::::Ν|
           川ⅱl:N: :jj:K::f⌒幻:|::::.Ⅵ        / }/  「∨:j川 \_,.、:ヘ,
.          // |八l:|:ト、{j:|,ィ;fでtク小、::〈\       丿   | ∨jり '´    :,
         /´ 丿 {:|:|::::'小(丁´ ノ} \|           _,ム‐ニ´        :,
              {:l:.\:::込、  !            _,,.ィi゛              :,
               从:::..{\:::.\  \         _,,:|〈/∧             :,
.           |     \{  \:「\     _,.  ´  |∧/∧              :_
.         _人_   \_  \, ㌧、           :|/∧/∧           _必,
.          `Y´       ___,,,.ン> .,_    ,.仏l∧/∧           _,.ィ7フ/入
             Χ     |〈//∧     .ぶ:x,_/)」///|V/∧     _,.ィ7フ//ン'´-=ニ>、
           Χ       |∧//∧   .: : : : : /,;|]///| 〈//ハ,_,.ィ7フ///ン'´-=ニ三三三>、
              *    |/∧//∧  .: : : : : |;;;;;;;|]///| ∨//////ン'´ー=ニ三三三三三Ξ
                    |//∧//∧ .: : : : : :|;;;;;;;|]///|   V///ン'⌒"'<こ三三三三三三
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                            いいや、見得は張るまい。

       若者たちを鍛え、教え導き、成長を見守る中で、私の中に戦いと支配以外のものが育っていたのだ。

           ハゲネに去られたその時の私には、ワルテルは右腕であり、掌中の珠ですらあった。






2068小ネタ ◆13zn.onW3Q :2015/08/11(火) 00:04:37.94 ID:b1u74c0u





               私はこの国で伴侶を得ろと勧め、彼をつなぎとめることに腐心した。

                 結局彼は武人として仕える以外に求めるものは無いと固辞し、

                    その話は結局うやむやになってしまったのだったか。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                          _____
                      . . : : ´ : : : : : : : : : : : `: : : .
                    / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                   . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l : : : : : :ヽ
                 / : : :/: : : : : : // : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : ,
                  . : : : / : : : : : : ': : : : : : : : : : : : :│ : : : : : : : : : : : ,
                  : : : : : : : : : : :│: :| : : :イ : : : : : :│: :/: : : : : : : : :ト\
                │: : : : : : : : : : :|: 廾/‐トミ: : : : : :| :/ |:/: : : : : : : |
                | : : i : ヽ: \ : :|:八 弌ラト∨ : : : |云二:∨ : : : : :
                | : : |: : / \l\|   ` ¨  /ノ}八ノ└'ノ /: :ノ:ハ :/
               ノ | : |:ノ{ /:::{               〉   // / .}/
                    |:ハ: : :ゝ_ー           /    从/
                /⌒}\/⌒} 入               ,
            ┌─/  /‐ァ  ./ァ⌒ :┐   ⊂二7   / :─:─:┐
            i./^ヽ / ./  / /  / :::ト.        /  ̄ ̄ ::/:|                           /⌒l /⌒}
            / / / ,  / /  /| |:::| ニ=-     /     ./::/ :|                           /  / /  /   /ヽ
            / / /./  / /  /:::| |:::ト .. __` [:.       /::/|:::|                           /  / /  /  / /
            / / //   { /  /l::: |_|:::|.........../::/ ハハ::.     /::/ |:::|                           /  / /  / / //ヽ
            / ノ        / .|::/  〉........./::/./77ハ:.   /::/ ::::|                           /  /ノ  {/ // /
              ′ .::{:::::::::::::::::::.. {::/  /:::i...../::/ ∧///|::   /::/  i:::|                     / /^ 》    // /
     __,.. -=i    }       i    ハ:::::}../::/ / . ∨/:|::  /::/─‐:::|                     //  / .       /
┌=ニ.  ̄    |   .j           ∠二;;;{ ̄ ̄..........∨」\/::/ ̄ ̄=- ..__                    /   /::::::::::::::..  '
│    \   r|            /    ∧ ................. |∧ .. Yニ=ー ....__  ̄ ニ=:、              ′  |:::::      /
. ィ==ミ、 \ .八   : ー=rニ二´      ∧..................|/∧ ..|        ̄ ニ=┐ | |            i    |     /
│    ヽ   / ::\  ::|:: ::|\::\       ∧ ............ |//∧.|         |::| | |            |     |      /
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                   おそらく彼は気づいていなかっただろう、私の胸中に。






2069小ネタ ◆13zn.onW3Q :2015/08/11(火) 00:05:03.02 ID:b1u74c0u





                    私の傍にいてほしい、私の背中を守ってほしい、

                私の支えとなって欲しい、どうかいなくならないでくれ―――――

                 いつしか私は無意識のうちに、執着すら抱くようになっていた。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                               _, - 、_
                            ィ='´   r‐‐、 `¨¨¨ ー-、
                            乂    ,ィ、  ヽ,      ヽ.
                           ,ィ'/´>‐ '/.i `ー ' ヾ、ノ    ヘ
                          ゝ.ィ´   !ーヽ     `ヽ.   ヘ
                         ,ィ'´ ̄ 、  {-= ヽ.   -‐ i     ヘ
                       ,ィ'     `ヽ、i   `ヽ     i、_   ヽ.
                      ,ィ'      、   ,'    |'ヽ   ヘ  _   \
                      ∨      `ヽ,ィ'     i i.    ヘ,  __   ヽ.
.                       i     ―冫'      i .i     ヽ'´     /
                       !     '´  i         V      ヽ    /
                       i       !       i          !    ,'
                       ∨              ,'             ,
                       ∨            ,           ,
                        ∨           ,           /
                        |           !           ,'
.                          l           /          /
                        ∨          ,'          /
                           i           !         i .|
                         !         |         ヽ!
                         /         ヽ.             ヽ
                        ,'          ノ´ヽ         ヽ
                        /         /   ∨         ヽ
                        /         /    .∨         ヽ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                何も要らないなどと言わないで、私から何かを受け取ってほしい。

            ああ、いっそお前が私の一番近くにいてくれれば、どんなにか安心できるだろう。






2070小ネタ ◆13zn.onW3Q :2015/08/11(火) 00:05:22.29 ID:b1u74c0u





┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                           ,..:::::::::::::::::.
                          /:::::::::::::::::::::::::..
                       i:::::::::::::::::::::::::::::i
                         ノ::::::::::::::::::::,=!:∧        _
                       !i:::::::::::::::/!//      .,...::::´:::::::::::::`::ヽ
                      ,< ̄ ̄ >.<    ./'::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
                      !_,=-====-=、i__.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::∧
                      , <            ,':::::l::l::::!::l::!::∧:::::::',:ヘ::::::::!
                  _/          __./ !l、:::lv|ハ::::N::!-_ヘヽ:}v!::::::::!
                  !、_      .......:::::::::::/.  !∨!|-‐_ヽ!| ´rゼ|ヘl/::::::l::!
                  | i:::::::::::::::::::::::> ´  ,!  `i:.ヘ小rォ゙     ,リ/::!|:::/リ
                  ! ヽ    |      /::|   |::.!lヘゝ ' _    彡::ソ ! !_
                  i ∧     |     i::/|   |::|.!川> 、  /x'´ ̄ ヘ
                  |  .|:.   .|     .|:!=|   .i:|      `´「 l ,ィ ニ =‐小
                  |   |i:|  .|     .|:::::|    !|        |/イ/    ∧ヽ
                  |  ||:|  .|     |:| |   1       () l ソ    ヘ l
                  !  ||:!   !      |:| |   ii    ....,〈|  l|/ /   l| l
                 .i  /!!   i      .i:=-|    ||    ...ハl.l  〈 /    l l
                 i  .//   .i     |::==:|    !|      ll.|| l  レ'      _| l
                 .|  ii:i   /     |::|  |__||     .ll | /|   /ノ l
                 |=-ii:!    i     |::|  |-----|        〈   | _イ  |   |
                 | //    i      .|::|  |    .i      .├--` ̄|   l  J
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


            だが彼もまた私の下から去った、一人の女を連れて――――――――――







2071小ネタ ◆13zn.onW3Q :2015/08/11(火) 00:06:12.35 ID:b1u74c0u





┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

                               /
                               |
                               !
                                  ,l|                        _,,--‐'''"゙゙´
                                  }.!                          i!
                                  l、 l                      l゙
                              | .`ゝ、.                       !
                            ´.   l    `'-、.`                /
.                        /  ., ´. /       `'、  \              ./
          _..-'^''ー-_______   ,   /.   /.        ヽ.   ヽ          ._./         . /
       .,..-'"              `'''ー..、_   .../.          ヽ  .::.:.,        .,/゛   ___-‐'゛
.    .,..-'"                  ′ .  `゙.l'ーi′             ヽ...::.:.:..____=―――"゙´
.  ,..‐゙                    .     ..\l               ヽ_/.:..  |
.‐´                   l        /ヽ              .:.:...`─ー-⊥
.                    .      /  .ヽ           ...:.:.:.:::.::.:::. ニニ-.゙゙'ー ..,
                     '    ../    !         ..:.::..::::.:.:::::: ′二ニニ  ヽ
.                    .  ....!     .!     ...:...:::.:.:.:..:::::::::从二ニニ=ー.. .\
.                      .   l,     l   .......:...:.:.:.:.::::::::.:::::イ三二ニニ    ...\
                      \. .!     l, ...::.:.:...:.:.::::::::.:..::/三二ニ          ./'-、、
                         /..    ...!.:.:.::::.::::::::::::: . イ三二ニ            |   ゙\
                        /  `   ...`''-、.: -<三二ニニ              ,!    .ヽ
                       /   ..ー=ニ二三 `'、.二ニニ                 /      .ヽ
                      /                ヽ                   _,,./        .\
                  ,i ̄ ̄               ヽ               -─"              ヽ.
                 /                      ヽ                          l
                  /                        ヽ,                            l
              /                         `゙'-、
            /                                `-、

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

               ああ、お前まで行ってしまうのか――――――――――――――

               何故私を置いて行ってしまうのだ――――――――――――――

              その時、私の中で育ちつつあった何かが、あっさりと砕けてしまった。





2072小ネタ ◆13zn.onW3Q :2015/08/11(火) 00:06:38.17 ID:b1u74c0u






┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            ‐ = =‐ ‐ =       |      == ‐ ‐= =‐
                       ,;;;';'".:;i i:;
                     ,.;:;';" . :il li: .
                 ,.;;:':.;:;'" : : ::ll ll: :
                ,.;;:':;::.'"  : : ::ll ll: . .
              ,.;';:;;:.':"   : : : ;ll ll; : .
             ,.;';:;';::'."   : : : : ;ll ll; . : .
            ,:';;:.:;:':."    : : : : ::;li il;: : : .
            ,:';::;:;;':;."    : : : : :.:;li il;: : : .
          ,:';::;:;:;':;."     . : : : : :.:il: :li: : : :.
          ,';::;:;:;':;.'' .     : : : : : ::ll: :ll:: : : :.
         ,:';:;:;:;:;':;''   :   . : : : : : ::ll: :ll:: : : :
        ,';::;:;:;':;:.:''.    :   : : : : : : ::li il: : : .
        ,';::;:;:;':;:.::.''     :   .: : : : : :li il: : : .
       ,':.:.:;:;:;':.:;' '.     :  : : : : : : :li il: : :
       ,'.:.;:;:;:;:;':;.' , .    :   : : : : : :li il: : :.
      ,'.':.;::;:;:;':;.' :,  .   :  : : : : :;li il; : :.
      .'.:. .:.;:;:;;':;. : .  .    : . : : : : :.;li il; : :
     ,' .: .::.;:;:;':;.'. . .;. .   .: : : : : :.;li il; : .
     ' . :;.; ;':;: ' o     .   . : : : : :.:;li il;: :.
     :o'. : .:;.:':;. ,.、   .,.  .    . : : : ::.;li il; : ::.
     ; . ::;.:;  `.' 。        : : :.;li il; : .
     : . : .;. .,、 o .: : , .       :.:;li il;: :.
      : .,. ;:`.'   : : :.;. ゚      // ̄ ̄`ハ
      : ': ;.  。  ,,、 ,,,,     /´,'_,'-==-<` 、
      : . .,.  ゚ o `;´: : `ヽ. l ソ-=ー- 、 )ノ
     . : . : : . .   l:: :. . ; .l |l,:'"`ー=-、 )
       ' : .: ;. . . ゞ、._;;:_ノ  |i ,;;;;;;ッー-ィ、
       :  : . 。 o .   .,:  l' il::::r'.;‐==__゛ヽ
        : :  : :   : . . : : i,;::ハ;;r´  ___ヾ`i
        : :: : : :  : :  l :i;; ; ,ヒ ̄ _ ,` .l
          :: . . .,. ,、 :  :  l ;::;  ヒ´ ̄     l
          : : : :: : :   i ;::::; |`=ニ=イ,;,;'  ヽ
          : : : : : :   : : | ;::::;  |.   i:::::.   丶
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                        それ以来、私は他の何も信じなかった。

                ただ剣のみを携え、騎馬の民の王として、ひたすら敵を討ち滅ぼした。





2073小ネタ ◆13zn.onW3Q :2015/08/11(火) 00:06:53.58 ID:b1u74c0u




     




     
     
                      ., -―=''''''¨¨´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"゛'''=―-、
                 ―-=三    私は戦う者、殺戮の機械だ   三=-─
                      .`‐―= ..,,,,________,,,,..=―‐´











                               ,,,,,,,_
                           /  .、_/ヽ'ヽミi、
                          ./  /┌┤イ ̄ ̄ヽヾi,
                         /_,//.ノ/ .ノ/ /, i.iヽヽ.i
                        ./|'.//彡////i/.}.i}i,i i .i
                       .ノ 〉iヽ|ノイ//イイゝノノイ.ゝ/i
                      ./|/∧フ、 〈iヾ匁ノ iイ弐ノマ
                    ./彡イ‐-/.ヾイ/.}i    }  .//.|
                   .///イ,ィ'_//ii丿/ //is。 ‐= ./ノ i.i
                 ./彡//'".//ミ/iイイ/.{`'<≧iイ、 |ヾi
                .// .// ./ ////i ≧ィ.、''<ミsー===ミi
              ././ ノ./ ./ //´ノ/'´ `ヽ.\\__ |.|,,,ノ ∨., -―=''''''¨¨´ ̄ ̄ ̄ ̄"゛'''=―-、
             ./ ./   ./ ./ //イノi     ./ /ヾ―-=三       戦いは――――     三=-─
           ./ ./     / /´イ ./i   iミ'.//≦''''''ヾ、、、彡.`‐―= ..,,,,______,,,,..=―‐´
          ./  ./          ./.}is、  .}イ / マ|}i i i''i.i.i  ノノ ヽ,
          /  ,イ'      ./   / .iミニム .∧マ乂 .}ii|ノ┴i.i.i--イ/ニニiヽ,            i"i
         ./ / /      /   ./イ.i マ.ム' ヾヾ彡´ ii,└┘ノノiヾニi  ヽ,         .ニニニニ
        ./ / ././    /  ,ィ' ./´ i  マノ.i i ヾ   ', .ゝ  イ//  ヾ、  .is。         |二|
       ./ ./ ./イ     .>彡´./  i}   〉 i i /i|i   .i    i i.',、   ヽ丿| } 、       .|二|
      / / /´     /ニ/    .},ヽ,_/ .i / i}   i   i .i .マ}i、   ∨二二i、     .|二|
     ./ / /     /|ヾイ      /ミi,.Y  i./ ./    i   .i i .マ}i    .\二二}i、.     |二|
     / ./ /    ./'...|.マム     }ニニミ   .{ヽ/i、   .i   .i .i  .ヾ{     `'<三}ii、__..,,|二|,,, .__
    ./ ./ /   / ./ .i, .ヾニii、   ,ニニニi  >〉ヾ二i,  .i .,' i ./i  .}i        `'ミiイノミ|二{=〉{ 》
   / ./ .,'  ./  /  ∨ .|iミニ|i、 ,ニニニiイ彡.'  マ.ム  i ./ ,'/ニi,  .i||       ., -―=''''''¨¨´ ̄ ̄ ̄ ̄"゛'''=―-、
  ./ ./  ,'  /  .,'    ∨|i、ヾ二i}ニニ/ノ.i,∨    .'二i ノi .'.,イ./ニ'.i|i .iニ  ―-=三        まだか?        三=-─
  / ./  ,'/    ,'     .∨ \ヾi}/ノiニiノニ≧s。 '二 i ヽ'.//ニ' .{ニi,ノニ        .`‐―= ..,,,,______,,,,..=―‐´
 ,' ./  .,'     '      ∨ ̄ .}>´iマニ===, `'<マ.ムi_/イ/≦'´ヽ,_i'         .i∨}i三iヽノ}i"ノ
.,' .,'   ,'     ,        ∨  }  iニ.マ|///}    ヾ三ニノ"´ /´`i   /}        ママミ彡シ_ノ
,     i              ∨ ノ二 ヾ<//〈__   /'''<  ヽ/,.∨i  //         ,=={三三==
i     i               ./  i}i ./// |.|.|ミ /i  .', .',、  〉|i,∨彡イ        /二}┘二{二i、
i     i              .ノ i  ノi .//i   |.|.|二'.i i  .', ',`マ==〉∨i         {二イ{二|ヾニヾニi}
i     i              /.,ィ、} ,'_ノ//i.i.  .|.|三i'.i i   i., ', ∨二ニi         マム// / /.マニ'
i     i     i        .i'イ{ イ}ノ.///.i.i.   |.|''ノi.,'.,'   i..', .', .∨,\}i         .|ニ|i .i |ニ| .i|ニ
i     i     i        .ノノ .i,', ゝヽ' i i.   |.|' .i| ,'    i .', .ヽ, .∨i、ミi          |ニ|i .i |ニ| .i|ニ
i     i     i        '´  '´ //  i i  .|.| i|,'     i  .',   \∨マi        |ニ{i .i |ニ| .i|ニ




2074◆13zn.onW3Q :2015/08/11(火) 00:08:41.26 ID:b1u74c0u

以上、>>1939を見た後突発的に思いついたので垂れ流す小ネタ。
おかしい、もっと喪女臭溢れる残念なギャグネタになる予定がなぜ少女漫画になっているんだ


2075 :隔壁内の名無しさん:2015/08/11(火) 00:11:51.65 ID:A+uu3zrV

乙~ 重い女











一覧
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

申し訳ありませんが、体調の悪化により長時間PCの前に居られなくなりました。。
その為、当分の間は手抜きでのまとめとさせていただきます。
楽しみにしてくださっていた方、そしてまとめを許可してくださった作者様にご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。<(_ _)>


お盆休みと台風が重なりましたが皆様、大事なかったでしょうか?
8月も折り返しですが、まだまだ暑い日が続きますので体調管理は万全で。
あ、避暑のついでにやるぽん!も覗いていただければ幸いです。

一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

19/05/26
やる夫は誰かを救う悪になるようです 追加

19/05/18
エージェントやる夫の日常茶飯事 追加

19/04/14
やらない夫は「The World」にログインするようです 完結

19/02/10
真・女神転生 ~やる夫の嫁は加賀のようです~ 追加

19/01/21
できる夫とマリーがたどる仮面ライダーファイズ 追加

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



月別アーカイブ
FC2カウンター