異能ネタ 《小噺:狂的科学者はかく語りき、或いはマッドサイエンティストの戯言》 やるぽん!

セイバー第3回 頼れる子持ちのOTONAライダー登場! かと思ったら……玄武モチーフも戦闘スタイルもかなり好みなだけに残念。 それにしても、飛羽真君の中の人は表情が豊かでかなりの演技派だなぁとシミジミ感じました。

異能ネタ 《小噺:狂的科学者はかく語りき、或いはマッドサイエンティストの戯言》

8929エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/03/09(水) 20:33:16 ID:jTBM8F1c

そしてふと思いついたネタを即興でブチまけてみようかなと。異能モノの世界観に関わる話。

8931 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:33:48 ID:TauIVs0Q

全力で待機します

8934 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:34:14 ID:Iw/4s1Yu

キョンか?

8935 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:34:20 ID:1Oc8G/ad

全裸で待機します

8937エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/03/09(水) 20:34:41 ID:jTBM8F1c






               《小噺:狂的科学者はかく語りき、或いはマッドサイエンティストの戯言》





                                  N
                                  | |
                                  「ミ、ィ
                                 {  ィ
                                 ,--t--'、
                                 |}  |_}!
                              '=='  |
                                  ,   |r-、ィ _, /:.、 _
                                  '   |!o/:|/:イ,、: : //}o}
                               {  {:Y: :>__<: : //:}
                             |   !: :./ {,.--、} Y: : :/
                               --―{  ∧∧ `¨¨´ |: <
                   、        /: /: : : :」イ//}-、.    ,.-': 、:_\
                    \_____/: イ: : : -: :∨//  |:!r、 /、: :、: \ `
                >_:, : : : :,. : :´: : : : : /´    |:ム }、\}、:.∨: :ヽ
                       /: : :/: : : : : :/: : >=≠ー':ノ |}⌒ーミ、ヽ: : \
                /: : :/: : : : : :/: : : /从:∨¨´、  /    }ハ\:_、: ヽ
                    /:イ/:,': : : : ,. : :´: : : : : :_:_: : : .  ` T ー' 、__/ノ、: : 从}: : 、
                      {/: : : /: : : : : :.,.ィ////>} _,.-┴r、__{!∧ _, ヽ: : : ∨{
                      ,: : / /: : : : ///////// Y/////|!l/\〉'⌒ヾ、: : : :,:.!
                 {: /  ,: : : :/:.∨//////// |/| ̄\`ー'/、`ヽ=': /!: : |:|
                 |/  ' : : /{: : :}//////   マ{   `ー  ∨//}'/: :.:.|:|
                 |   {: : / | : 〈////      ||  \    \/、: : :,:'リ
                         、: { |: ,... イ  ___,.r  ̄`ヽ    、     ∧ \
                       りイ---  ´    \___>   \    |\r、`丶、
             r   ̄ ̄ ̄ ̄ ´         /__/ //      `¨   \〉-、   ̄`ヽ、
             | |  | | |                〈_ / //              マム\ 〉     //`ヽ、
             | |  | | |           /⌒\/ //                 マム ∨⌒} // / ∧
              、 、 、 マ、         {_  / //               マム \_,ノ// / /  〉
                  \\ \\         )  / //                  マム  }イ⌒Y / /




.

8941 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:35:26 ID:EKKH870w

おっ、ボスの開きかな

8943エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/03/09(水) 20:35:44 ID:jTBM8F1c







                        ┏                               ┓
                        ┃                                  ┃
                        ┃                                  ┃
                        ┃                                  ┃
                        ┃    Q.異能力とは一体何なんですか?    ┃
                        ┃                                  ┃
                        ┃                                  ┃
                        ┃                                  ┃
                        ┗                               ┛





                               _
                             ,.ィ" ゞ-'-:、
                          , .ィ"   ./,ィム
                     ___ ,..ィ/ ゝ'__ /ィ´:::::!::!
                  ,斗<ァ:´f'´  //{/ i::::::::i::i_
               / //f:(: :`ー'://" ̄:::`:マニム,:::`:..<
            /ィ'r:ァ´  ゝミニ彡':´:::::::::::::::::::::::::::ヽ:ム:::::::::::`ヽ        そーだねー。
            ィ'/:/     ,.:'::::/!:!,::{:::::::::::!:ヽ::::::::::::::::ヽム::::::::::::::ヽ
            ¨:/      ,.:':::::::':::!:!:',:':,::::::::!::::::':,::::::::::::::::::v::::::::::::::::::::.       .これはあくまで私の持説に過ぎない、って
            ´      //::::::'{:::i::!::iヽ{::::::i、::::::!:::::::::::::::::::v::::::::::::::::::::!
                  //':!:::::!{':::',!riT',マ::::'メ、:!:::::::::::::::::':::V::::::::::::V::i       .前置きした上で答えるなら
                  ' !:i::!::f{´,:::::{ `zr==ミ,、:j::::::::::::::::::}:::::V:::::::::::V:i
                      !:i::!::ハfr}‐‐ ´ jf:rタ ≫:::::!:::::::::::i、:::::V::::::::::V{
                      !:i::ゝ:::jソ        ': : 八::::::::ハ:ヽ:_ヽ::::::::::V      「人間を含む知的生命体に起こり得る変化の一形態」
                      !ハ',:::i´       /ノ:,':::::::::/:' j:::::::::/:::::::::::::V
                   ´ ヽ:}   ,    ' /イ::::::::/://:::::::/:::::::::::::::':;ヽ
                        ヽ` ´     /´/:::::/-'::::::::::::∧:、:::::::::::::.ヾ:.、     ………ってところかな?
                       /ム     ,。rー‐'/:::::::/:/:::::VV::::::::::::', .ヾ:.、
                      ,':,' !ハ._,...o≦. . . . ../://:::メ:::::::::V:V::::::::::::.  ヾ:、
                      {:{ .i:j::}::::::::::ハ. . . .,:':/::::,イ ∨_:::::::V::V:::::::::::.  .}::i
                       ,:, i/:j::::::::::/j ,.イ::´::::;イィ'斗う'":':<::::V::::::::::. .!::i
                       ',:V:/:::::::ィ!´ /イ::::/〃ノ´>: ´: : `: メ:V:::::::::∨:,'
                       >/:::::/ヘ' /::::/V´丿/: : : : : : : : : :}::V::::::::∨



.

8952エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/03/09(水) 20:37:08 ID:jTBM8F1c






                          , ´ ̄`ヽ
                     / ,.-、  }
                      |__/ 0 {_/
                      |    /           ,.  -――-、
                      ∨//>--- 、__  r<    ー--、 ヽ
                   ,..</: : : : : : : : : :ヽ、//\   ゚r '__,ノ
                  /: /: : : : ,: : :/: : : : : |: :\/ ̄ ̄ ̄
                  ,:': : :/: : / : /: ,.ィ: :.イ : : : |: :、: :ヽ
                     / : : /: : / : /: / ':/ |,: : :./: : :∨: :、           あ、もしかして「新たな人類の可能性」だとか
               ,.ィ : : /:/:': : :!{/ ̄}' ̄|: : /トl、: :|:|: :.`\
             //: : :/': : : |: : :| == ムイ }'マ: |:|: ∧            「人間の進化した姿」だとか、そんな答えを期待しちゃってた?
            //': :/: |: : : :l\:.| u     、 ==/l:/,:!,: : |
           /: ' /: :,: : : ,: : : |、_     __     ,: /:.lリ \}            まー実際に、異能力の類を研究してる人の中には
         / ´  ,: : /: : : : ,: :.:.| :、  乂:.:.:.ソ  八:_:」   `
        / '  ,.-‐-、_/___|: :.∧   、      イ: :.|                 その片大真面目にぶちかましてる人もいるし、
         /   /   〈l |::|  l|: :{/∧   /` ー ´: /: : :|
      /,. イ     〈l |::|  ,: |/ /  //:/|: : : :{-、: :|                 私もまぁ「可能性」って意味では一理あると思うけどね?
       ,:/         Ⅵ |::|  |:j! {_  ' ∨ !: : :/l〉 ∨        ,.-――---ァ
     /:{         ヽ|::,...イ: ノ | `  r|  ,: :{ l〉  `ヽ,   rく   _二≧ア
     ,: : |  、        }'  {:.:ノ  |     , Ⅵ/'     }  /   ー=rー '
     {/!\_}       /  「:.ノ   |  l   ∨∨:、  _/  〈    / 「/
    /: //}//>- 、_,.イ、__/:「  <   :.  \∨}ィ//∧ , ' \__,/--'
    ,: :/'´ |//////  :.    {: | ̄T≧=--゙ー--'-ハ'////,/   '
  ,: : '   ` 7ー ':.|   ,  从|  ||        ||ム ̄,:'     /
  /: /    /--、:/   ::.,:::.     /'           || l}     ,:'
 ':. /    ///,Ⅵ、   \::::...../............::::::.....   /'人\  /
/: /    ///'´¨//\   `7ー---― ¨ r―--イ : |: : |` ´
: /    //   \//\  {l      {l /: : : : :.:|: : |: : |




.

8953 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:37:51 ID:EKKH870w

キョンがスタンドの矢でも刺して回ったのかと

8954 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:38:00 ID:Iw/4s1Yu

背が伸びたとかそれぐらいの話なのか

8955 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:38:13 ID:EKKH870w

似たようなもんちゃうのん?

8956 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:38:15 ID:/xRAm80A

特技の一種とかそんな感じか

8957 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:38:38 ID:mGpKS8yx

進化とかにしては能力の統一性とかなさそうだしなー

8958エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/03/09(水) 20:38:40 ID:jTBM8F1c





                      ,{   |-----.、  ///∨  ∧
                    /乂_ノ: : : : : : : `:</∨  ∧
                    ': :': /: : : : : :|: :{:.!: : : : : :.ヽ \__〉
                   /:/: /: l: |{: : :,イ:{:|:{: : :,: : : : : :.
               /: ': / : ,: :|从_{ |:从|ヽ:.∨: :.:|: : :.
                 /:./:,': : :/|:_|_,ノ{: : :| 、|:_|: |: :|: :、: .
              ' /イ : : ∧{_」ィtォ、 \_} `ヽ:|: :|: : :.、:.         けど、それが「進化」かって言うと、ねー?
             /: :/:|: :|: : :ムイヒzソ     ィ示Ⅵ: |: : :| \
                /: :イ: :|: :|: : :}:」    ,   ゞ゚'/ |: :|: : :|
            ,:/ ,:.:八: : ̄:T    _   /イ:\!:- ':、          「手で触れずにモノを動かせる」だとか、
             /  /: /: : :,: : :.:| \  ´ '  イ: :/: : : : :. l:.
           {  , : /: :_∨:.:.|、 ` -<=|: : :,: : : : : :.∨:.l          .「何もない場所で火を点けられる」だとか、
           |/ ̄`〈l || ∨:{ }    {/^l,: : {-ィ- 、: : :∨
          /    〈ll ||  ,:ム|- 、 r'| | ,: :| ||l〉  Y: : :\          まぁあれば便利だと思うよ?
          ,     、〈l ムイ_∧:ハ    , ! {: ト,!!l〉  ,: : : : : :.
            /       \乂ノ 〈: イ、  , Ⅵ乂:ノ|l,〉  ヽ: : : : : :.        でもさー、それってホントに必要だと思う?
          ,       /::.   ,乂:人 {  \ {: ノイ     }: : :l,: :}
          \      ,::- 、_ \_乂:} :、  |_乂:〉     /: : ::.,:.:|
         /:\____{   ||//7-|: :|--'rr-/-マ、:}  イ: : : : :,: |         別にそんなの無くても、無いなら無いで何も困らないよね?
          ,: /: :|/////ム  ||`´  l:从 〈// --〈:|//´: :.:| : : :l:/
        ,. :{: : |∧////_\ !!    ,... -- '   ム'///|: : : |: : :.:|'
         {:/|: : |: :.{ ̄,...┴-≧=--/   ll'  /--、 ̄{: : : ;: : :.:.|
         l:{ |:_,.--ム        {   /\イ/、_〉|` |、: :/: : : :.|
      ,ィ二二二二,     _,.ィ/_/_〉{/ニ\__/ ,ノニ\ : : : |
     /ニニニニ/ ー-<二|| {___/|ニ|ニ/-、`¨ニニニニ 、:|
    /ニニニニ/ /    | ` ー――― '/  | \ニニニニニ\



.

8959 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:39:08 ID:EKKH870w

背が5m伸びたとかのレベルなら進化みたいなもんかなーと言う気はする

8960 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:39:09 ID:POjnevnT

進化ではなく変化か。
生き物の次世代のカタチというわけではなく、アルビノや雑種みたいなイレギュラーみたいな存在ということかな?

8962 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:39:29 ID:eMHt5xTo

チャッカマン使えば火つけられるもんな

8963 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:39:36 ID:BVKZYeqL

普通進化って必要に応じて起こるもんだろうからなあ

8965エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/03/09(水) 20:39:57 ID:jTBM8F1c







                   /|\    _, . :‐: : : : : : \___.ノ
                ィ__〉|:ト\./: : : : : : : : : : : : : : : : : \           もっと言っちゃうとー、
                /  r::|:::|\/: : : : : |: :i : : : : : : : : : : : : : :\
              / o./::/:::ル': : : : : : :|: :{ : : : : i: : : : : : : : : : : \         ・ ・ .・ ・ .・ ・ .・ ・ .・ ・ .・ ・ .・ ・ .・ ・ .・ .・ ・
               |_  /::/::://: : : : : : : λ: :、 : : : |: : : ト: : ヽ: : : : : :ヽ       イマサラ人間って進化する必要あるのかな?
               | し'///: :/ : : : : : {: ト: : ゝ: : :!:./|⌒i: :} : : : :| : ',
              し.';/  {: :/: :/ {: : : |: |}从:〉 : : !ヽ: }ヽハ:!|: : : :|: : :',
                     |:/: : {: :|: : :/|:l {\: : : i'´V-―z|:!: : : :!: : : ',.        /ヽ _
                     |: : : :| : |: : :|:.:|.メ〉 \__i '" ̄ ̄|jノ: : :i! : : : ',     / // /、
                      |: {: :/!: :|: : :Ⅳ .ィ:チ   ,.   '' "/:/: : /|: : : : ', { ヽ / // / /
                   V|: :{ |: : : : :|ィ/      ′   l:/: : /: |:\: : 丶! レ // / /  __
                     |: :| |: : :\{ 、'' "       ノ /: /: : |: : :\: :ノ 、     〈//
                        V ト _{.:_;>.._   ̄   ∠ィ: : l: : :|: : : : _/   )    /
               ( \   丿: : : :: ヽ: : `i ーr---   |: : :|: : :|/い{   /     /
                   \ \(\: : : : : : : 丶: | : : |       |: : :|: : :!ヽ ヽ)ヽ     /===ュ
                   \ \ \: : : : /λ|: : ノ      | : V: : |  \ うト=='" i  [_]
              ____〉 i   ヽ: /  (ハ: : { |) __  /ヽ:_: : /_//〉|      | |
               }――――  {    V  (| |: 丿|) 〉 `   〈:ヽ:)--~ヾ |      ,..イ\
             (二二二         _}   (| |}:!:|_|)/      ):〈\___ >r――イ、.丿: : ヽ
                    /\___.ノ∧  X (:.:ノ /     ヽ/ } : :)∧::::ヽ |     |/}: : :\





.

8966 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:40:03 ID:Ime8deX7

まぁ微妙にアレだな・・・

8970 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:40:32 ID:1Oc8G/ad

基本、進化って必要に応じて獲得するもんだからなー……
人間がこれ以上生存に必要な能力あるかっつーと微妙

8971 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:40:33 ID:VdTKa0xH

ふむ

8972 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:40:46 ID:xWs7vT+n

意義あり! 世界中が美少女だらけになるぐらいまでは進化の必要が――
ああ既に(見た目だけは)美少女なウサギせんせーには関係無いことデシタネ

8973 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:40:48 ID:Iw/4s1Yu

いらんな

8976 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:41:27 ID:BVKZYeqL

まあ進化とかじゃなくて道具でなんとかしちゃうからね人間って

8978 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:41:34 ID:FU9Z/6lg

宇宙に生活圏移せばNTモドキに進化しそうだが…惑星上だけだとそうかもなぁ

8979 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:41:45 ID:AxCs3yQ1

人間はそもそも生存に必要な能力は外部に委託してるしなぁ

8982 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:42:19 ID:i0V+UGJc

進化の目的は種の存続だからねもう必要ないっちゃ必要ない

8986 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:42:53 ID:SKaB6yx1

ここまできたらあと人に必要なのは【進化】ではなく【進歩】だろうな

8989エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/03/09(水) 20:43:04 ID:jTBM8F1c





                  r,―zzz-、
                  |l     ∧__         _
                  |∧    ∧: :> 、   ,..ィ∨∧
                /|/∧    ∧: : : : : :<////∨∧
                 ':/イ: :|       |: |: : : : : : ヾ'  ∨∧
                 ':.//: : : /乂__ノ|: : 、:{: : : : : : :.   ∨∧
             /: :{/: : : : : : :.:∧: :/ |: : :!:\: : ',: : : :..  ∨∧
            /: : :' : : : : イ´/ ̄|:7ヽ|: : :!: !: \:!: : : : : . ∨∧
            ': : :/: /:/:./:|:イィr=ォ、 {: :.:.|: |-、:.:.|: :.:.:.ト、: .  \_〉
              /: : /: イ:/:イ:.:.圦込り  乂:_」 __| |: :l: : : :| `\
           ,: : :/:´: :'∧ : : l           之オ|:./:.| ,:.:|
         /: : : {: : : : :|\: 〉      '  `¨/': :.八: |
         /: : : : :,: : |: :.|: :| 、   r ―.、   /: :|:/  リ          かなり極端な暴論だって承知の上で言うけど、
        /: :/: : :∧: :, : |: ,  \  ゝ ン   .イ: :./'
       /: : :./: : :/: : :, : : |\   `  ._  <:./:イ: .              私はぶっちゃけ無いと思うんだよね。
      ,: : : ,.  ´〈ムー.∨: | /∧   /\|: : : ,: : :ト、:.
      /: : /    〈ム }!∨{' //|   { /l|: : : l: : :|  ,:.             もうこれ以上ないぐらいにこの星で繁栄してる生物種だし、
     ,: : :/  \: 〈ムl| }:ハ/}l|   ∨l∧: : :|⌒Y   : .
    /: : :|      \〈ムⅥ: :.} |-、  _∨ l〉,: :!   l,  }: |            紛争や戦争、それ以外の諸々の要因で人が
    ': : : ,'       〈l/{: : 〉l|    ∨〈: :ハ.  :.  l: |
    : : :/          | 〉: {/   ::.  \〉: :}  |:. l: |            .ドンドン死んでる事を加味した上でも、人間という生物の総数は
    : : {            八': :ノ\__  :、   ヽ:ム ヽ ,: :|
    : : :\ ____   /´ 从{ マ/ \ Y   /\  }' : |             未だに増え続けてる。
    : : : :////////∨  /: :.|   }、}  \_/---∨:.∨
    : : :///////// |   {: :从  ||       ̄{/イハ: :{              「文明」の殻に守られているのなら、頑張れば100年ぐらいは
    : : {///r―--、/::::::..¨´...  /'           | | }: : .
    : : :\_j!    |:::::、::::::::::::::/,'::::::::::_-- '    ///: : : :.             生きて天寿を全うする人も少なくない。
    : : : : : ,     {:::::::`::..._/イ_,...<_::::::::....//: : : : : : .
    : : : : :,      l      { {       `7¨7 ´|: : : : ,: : : : : .
    : : : : ,      ,     マ、      / /   |: : : : : ,: : : : : : .




.

8990 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:43:08 ID:7T4ZJMDN

これ以上人間が進化したって、種族的にはどうなるよって話だしなぁ……

8991 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:43:13 ID:vDeP/3AQ

人間が進化するより文明レベルを進化させた方が手っ取り早いしな

8998 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:44:55 ID:/sRDHue4

環境の劇的変化や外的要因が無い限りは多分しばらくはこのままだろうなぁ

9001エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/03/09(水) 20:45:05 ID:jTBM8F1c





                             /二ニ=-  . _
         /  ̄ ̄ ̄∧           |        |
         ./        //∧      _ |        |
        |        l|//∧: :´.: .: : : .: .:|        |
        |       l|///∧: : :_:_:_:_:._:.|___       .!
        |       __ |////∧二ニ=---| |    _|ヽ
        |_     } }}/>: :´: : : : : : : : | | ( _) .| |:.∧        生物の「進化」が「個の生存」と「種の繁栄」を目的としているのなら、
        | | ( .) / リ: : : : : : : : |: : : : 八人 _.ノ 八:.∧
        |人___ .イ ./: : : : : : : : :.|: : : : :. :.\ _ イ:ハ: : : .        人間という種は現在の環境が守られ続けている限りは
         人    ./|: : :|: i: : : : : |: : : : :|: : : : : : |: : :. :.l|: : : .
       /: /.≧=≦: : |: :/|: |、: : : : ト、: :. :.|、 : :. :. :.| : : : : |: : : |        「進化」する必要なんてこれっぽっちもない。
      .//  }:/: :| : : |: ' .|: | ∨: : :!. ∨:ハ \.: : :| : : : : |: : : |
     ./   〃: : :! : : l:{¨ l个.、V: : |  ∨_∧,. ヘ : !: : :. :.l|: : : |
         .//: : : | : 八| レ  .∨人  ヾ:_:_{_ ィ.|: : :. :.リY: 八         ―――――だから「変化」。
         .〈 : : : :| : : : '《芹芯ミxV:_:{  イ芹しrリ リ: : : /./: : :∧
          /\: :八: : :∧ 乂ツ        ゞ- ' ./ : : /イ:}: : / ∧        異能力の覚醒なんていうのは、何も大それた事じゃないの。
         ./: :, -ヽ:{r\: : ヽ    ,       イ/}.イ: : :/: : : / ∧
        /: :/   .rク {≧=\   ___   ,    / l| : :/`ーz、 : 人
       ./: r'-、,、 .》  l|: : : 个 .  マ   ノ  / /} : /    〈 ̄ `ヽヽ
      /: : 〉イl{ ー 、 .V: : / ト、> こ . イ イ/ / : {     ハ   .V∧
     ./:f ̄ ノ//ゞ-、. V.ノ: : { {  ` 、`´ . -{./ /{ : ノ   《´      V: ヽ
    /: :`ヽf ̄ ̄.フ∧ }.Y : ハ .!      r 、. `| .ハハY     .ノ      |: : : \
   ./: : : / .}-=≦ノ./∧∨: :} `}     { |  | { {: ノ    {{       |: : : : : :\
  /: : :.八 .乂 ´〉 ´}/∧}: イ  ノ   .、   〉-`≠  Yノ⌒ヽY^        |: : : : : : : :ヽ
 ./ : : /: : :\ f<__イ//ノハノ /    ':::/ {r――  .V           .八: : : : : : : : :'.
../ : : /: : : : : :l`|   ≧=彡イ} 人     / .ハ r― ´  〉、          ノ: : : : : : : : : '.
,′: /: : : : : :八 !     Vハ |≧=ヽ  ,′ .ゝ.ヽ z   /ニ.≧=-  _ . イ: : : : : : : : : : : }
: : :/: : : : : : : : ハ    Vハ|三三ハ .{     .7   /≧=-<三三/: : : : : : : : : : : : : : : .|




.

9002 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:45:41 ID:cA7xMZ8m

何、進化とはデジモンのように変化することではないのか!?(デジモン脳)

9003 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:45:49 ID:LukXaIza

火を吹けなきゃ生き残れない環境になった訳でも無いしな
必要が進化の母だと言うなら確かに

9005 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:46:07 ID:VdTKa0xH

変化か

9006 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:46:26 ID:7T4ZJMDN

逆に言えば、現在とは程遠い環境になればまた進化するということも言えるか?

9009エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/03/09(水) 20:47:11 ID:jTBM8F1c





                 ,.-zz--、        r-zzzz-、
                    / /_/∧   ____  |     {
              / / ////∧´: :._: : `|__ 0 __|
            / / / ,.∨//>―――-:| |  | !              ―――――「覚醒」。
            /ー' /,.-ィァ_: : : : : : : : : : : :.:.| |__j |:ヽ
            `二´' ,.´ィア: : :,: :.|: : |: : :.|: :乂___ノ-、}_           今、そういう風な言葉を使ったけど、異能力の発現は
          /´     , < : : /: :∧: {: :|: |: ∨: : : rミ_--、  `丶、
        __、_    ,..ィ: : ,: : : /: :/ |: : :.∧:!マ:.∨: ∨}:>、        \       文字通り“目覚める”ことだと私は考えてる。
        /  '   ̄7  /: :.∧:_:/_|:_!ノ{: : :| |ト、マ:.∨: ',: : : | : T ー、     }__
      /  /    /  ': ,: !: Ⅵrtォ=ミ \:」 '_ {:_」\|: : : |: : |:\ r===イ-r--=l
      ---、__/   {/:/|: : :|弋)ソ    ´必オヽ/: : :/: |、: :,:.、: :|      | [ニ!
        /   ,  /:{/_从:八    ,     ` ¨ /: : :∧:_|: \: . !     }-- '    意味が分からないって?
        ,   ,  /:,/  〈l \}:.            /イ: :/:/||l〉`ヽ: :   T¨¨´「、
        /   }'´ ̄   〈l ||',: :ム、 __    ,.ムイ:./ ||l〉   \:_:、|    \:.      まぁこの辺もほぼ100%私個人の持説だし、
      ,:    |/`ヽ   〈l ||∨: :| >` `   イ | |: : /__/'l〉       l|    | マム
     /    八//∧   〈l ー=l : | |ヽ`¨ r― | |: /__/フ      ,ィ|   :. マ :.     それを証明する確たる手段もないんだけどさ。
      {     / ∨//}   > |: ,  |      | l: {ー r'    //{|     {\ , : .
      |    '   }// |  _,.'   〈: {/  l::/    `|: 〉   マ   //// |    マ//、: :..
      |     ,..ィ--'、__/ { ̄\|: :〉   '     /{:.ハ _}.  |/// :    |///\}
.     乂_,.イ: :///////∧ { { 乂}\_.:l:..._/-乂:}||  ; \Ⅳ{l\ 、   }/////\
        /: /∨//// /\l|{: :ノ    , ̄、    {: ノ|| /、      \    ,/////// \
       '//// \// | ̄ /: {--=≦---≧、__〉:{'.イ  }       `ヽ、イ `ヽ、//////ヽ
        /////: :/  /  {: :ノ\ <{ニ!ニ|>´ {: :.}     \         \   \/////∧
     //////: :/  /   |: {  \         〉:{       ヽ        \   ∨////∧
      ///////  /      从:〉             从:〉         ,           \  ∨//// }
.     //// /   /                             }         \ ,/////|
   ///,/     /                           |           \//// |




.

9012 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:48:13 ID:7T4ZJMDN

>目覚める
あ、眠ってただけで元々備わってるとかそういう系か


9013 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:48:36 ID:Ime8deX7

目覚めよその魂?

9015 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:49:49 ID:JeR1FTVE

スプリガンの古代の脳みその標本を手本に脳をいじって暴走した話思い出すなー

9016エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/03/09(水) 20:50:13 ID:jTBM8F1c




                                   .-<  _
                             /   ’<>
                             _ト.,     ’<> ,
                          . : :´: :|lili/> .       < > .,
                         .. :´: : : : :/l/ : : : : >< ̄   } ‘ <ノ
                            /: : : : : : : |i/: : : : : : : : : :≧=.r. ′
                      .′ : : : : : : l|: :| : : : : : : : : : | : |ヽ
                        .: : : : :|: : : :‘|: :| : : : : : | : : : l: リ: ハ
                         |: : : : :|: : : : :|: :| : : : : : |: : |/}/: : | |
                      l|: : : : :|: : : : : : :l :|: : :. :.|: :/ イ/: :ハリ
                      l|: : : : :|: : : : : : :l: |: : :. :.|/,.イ/}/ /
                          从: : : :.|: : : : : : :l.人: : : :{《 リ ゜┐       「異能力の存在を確信している人間にしか、
                     /:}: : : : 人 : : : : : ゝ{l \:八   _ノ
                       /: :|: : : : : : \: : : :. :.|ゝ. \{  {               異能力は直接的な影響を及ぼす事はない」
                   /: :/|: :/: : : : : :}\: :.八   .{> イ
                     /: :/ .|:/: : : : : : :|: } \:.∧ヽ.|ヽ: {
                       /: :/ ./: : : : :. :. :.|:/  ヽ人_ `「{ハ
                   /: :/ ./: : : : : : : : :/⌒Y   \ハ人〉:〉.、            この現象は如何なる要因で起こっているのか、
                     /: :/ ./: : : : : : : : :/   ⌒)  .Y ヽ\Y.\
                   , : / /: : : : : : : : :リ     乂_  ∨ハ⌒ <>.、         やっぱり諸説あったりはするんだけど、
                    {: /: : : : : : : : : : /      {l  ヾY |Yハ` .` 、`ヾ .、
                   /: : : : :/: : : : : :./       八   .l}ヽ!人:ハ \\〉ハ       私の考えているところでは
                 /: : : : : :/: : : : : :.人        ̄ ヽ   Y:}   >'  }
                /: : : : : : :/: : : : : : : : : }>        .ノ___|ハ_/  }./        異能力の存在を知らない人間は
            ./ : : : : : : : /: : : : : : :/: : :|///|≧=‐z<´    .从リ |  ノ′
         / : : : : : : : : :/: : : : : : :/: : : :|// .l/////     、/イ  .ノ /           ・ .・ .・ .・ .・ ・ ・ .・ .・ ・ ・
        /: :/ : : : : : : :/: : : : : : / : : : : T  .|////       ≧=-=≦           「そんなものは有り得ない」
       /: :/}: : : / : : /: : : : : : /: :_:_:_:_:_|.  ¨7rノ、       }} 人
     /: :/ ./: :/}: : : :/: : : : : : /: : {////l|   .ハ乂 __    .》__ノ{           っていうある種の「異能力」を発現してるんだと思う。
    ./: :/  /: :/ /: : :./: : : : : : /: : : >´./′  {///{三三三三三{{ニニ}、
   /: :/   ./: :/ /: : :./: : : : : :,<./////    .八/人三三三三ニ||ニニリ
  ./: :/   ./: :/ /: : :./: : :.,<////////    .///〈 ≧==ニ二三.||ニ〃
  /: :/  ./: :/  l{: : :/{: : f///////////    ./゜´   .\      ゞ¨´{
  {: /   .{: :/  .八:./ .|: : :V//⌒\///     .イ      }\       |
  |/     l|:/     ヾ.人: : :ヽ{   ._>‘  ./        |.  ヽ      l|
       l|′      ,</|  / \ ./         |         ハ




.

9017 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:50:36 ID:AxCs3yQ1

魔法消去か

9018 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:50:37 ID:mGpKS8yx

そんなオカルトありえません!

9019 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:50:46 ID:b/KEPV+z

常識フィルター!

9021 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:51:20 ID:b/KEPV+z

つまり子供の頃から異能力の存在が普通なら普通になってしまうのか

9024 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:51:43 ID:lblpv2fC

つまり全人類上やん計画……?

9025 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:51:49 ID:JSPpVJFf

常識結界か
あるいはバベルの鎖

9026 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:51:56 ID:frr4iTjC

ああ、四四八が甘粕の夢を防いだのと同じ理論

9027 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:52:39 ID:JeR1FTVE

バキ「ありえないと思う気持ちのほうが強いからリアルシャドーができんのだ」

9028エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/03/09(水) 20:52:40 ID:jTBM8F1c





                          _
                        ,.ィ" ゞ-'-:、
                     , .ィ"   ./,ィム
                ___ ,..ィ/ ゝ'__ /ィ´:::::!::!
          ,斗<ァ:´f'´  //{/ i::::::::i::i_
       / //f:(: :`ー'://" ̄:::`:マニム,:::`:..<           今まで生きてきた中で培ってきた「常識」とか、そういうのが
     /ィ'r:ァ´  ゝミニ彡':´:::::::::::::::::::::::::::ヽ:ム:::::::::::`ヽ
    ィ'/:/     ,.:'::::/!:!,::{:::::::::::!:ヽ::::::::::::::::ヽム::::::::::::::ヽ         強い認識の楔になって作用しているんだと私は考えてるね。
    ¨:/      ,.:':::::::':::!:!:',:':,::::::::!::::::':,::::::::::::::::::v::::::::::::::::::::.
    ´      //::::::'{:::i::!::iヽ{::::::i、::::::!:::::::::::::::::::v::::::::::::::::::::!
             //':!:::::!{':::',!riT',マ::::'メ、:!:::::::::::::::::':::V::::::::::::V::i        これを便宜上、「フィルター」って呼んでるんだけど。
             ' !:i::!::f{´,:::::{ `zr==ミ,、:j::::::::::::::::::}:::::V:::::::::::V:i
           !:i::!::ハfr}‐‐ ´ jf:rタ ≫:::::!:::::::::::i、:::::V::::::::::V{        大半の人間はこの「フィルター」に守られているから、異能力で
           !:i::ゝ:::jソ        ': : 八::::::::ハ:ヽ:_ヽ::::::::::V
           !ハ',:::i´       /ノ:,':::::::::/:' j:::::::::/:::::::::::::V        直に影響を及ぼそうとしても弾かれちゃうし、そんなもの
              ´ ヽ:}   ,    ' /イ::::::::/://:::::::/:::::::::::::::':;ヽ
                   ヽ` ´     /´/:::::/-'::::::::::::∧:、:::::::::::::.ヾ:.、      存在しないっていう認識が「異能力」に関する情報を
                  /ム     ,。rー‐'/:::::::/:/:::::VV::::::::::::', .ヾ:.、
                 ,':,' !ハ._,...o≦. . . . ../://:::メ:::::::::V:V::::::::::::.  ヾ:、    「単なる現実感のない妄想」として無意識に処理してしまう。
                 {:{ .i:j::}::::::::::ハ. . . .,:':/::::,イ ∨_:::::::V::V:::::::::::.  .}::i
                  ,:, i/:j::::::::::/j ,.イ::´::::;イィ'斗う'":':<::::V::::::::::. .!::i
                  ',:V:/:::::::ィ!´ /イ::::/〃ノ´>: ´: : `: メ:V:::::::::∨:,'
                  >/:::::/ヘ' /::::/V´丿/: : : : : : : : : :}::V::::::::∨




.

9030 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:53:05 ID:LukXaIza

セルフそげぶしてるって事か

9032 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:53:21 ID:FPSEvN5W

無効化が基本的に備わってるのか

9033 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:53:39 ID:vF4TSG63

強い感情がその「フィルター」をぶち破ると超能力が目覚める、と

9034 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:53:58 ID:AxCs3yQ1

ってことはその辺の常識が曖昧な子供は異能力の影響を受けやすいし、覚醒しやすい?

9036 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:54:07 ID:7T4ZJMDN

多感な中二病患者だと打ち破りやすそう>フィルター

9037 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:54:19 ID:Iw/4s1Yu

じゃあ一般人は安全やな!
ちょっと田んぼの様子見てくる!

9038 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:54:21 ID:VdTKa0xH

ふむふむ

9042 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:54:45 ID:KDzAxWOC

全自動そげぶ状態なのか……。

9047 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:55:32 ID:Ml/mUItn

や〇ない夫「そのフィルターをぶち壊す」

9048 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:56:02 ID:POjnevnT

>>9047
会話にオチつけないと死んじゃう病の全裸大根は常識スーツ着て、どうぞ

9050 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:56:36 ID:obOnSyy0

>>9047
うるせぇクラレント刺すぞ

9052 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:56:43 ID:FPSEvN5W

>>9047
お前はむしろ常識フィルター必要だった側だろうが!

9055エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/03/09(水) 20:57:33 ID:jTBM8F1c






                      ,ィ-- 、
                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                {二二二二二二二二二ノ
             _. . . :|///|=-- 、|//| ̄ ̄\_\
          ,. <: : : : : マ/>': : : : :> 、    \ \
        ,.:': : : : : : : : : ://: : : : : : : : :ヽ:ヽ.     `ー'
         / : : : : : : : : : : //: : : : : : : : :.:|: : : : :.
        ': : : : : : : : : : : // : : ,: : : /: : : |:{: 、: : : .
      /: : : : : : : : : : : :{/: : :/: : :/: , : /}: 、: \: : .       ただこの「フィルター」は人間の文明社会が長い年月をかけて
     .': : : : ': : : : : : : :/: : :/: : :/: /: /:r-!:.:|: :|`: ::.
     |: : : : |: : : : : ://: : :/: :/: ,:':./} リ_,|: :|: :|: : : :.       造り上げてきたものであって、その人間個人の主観によるものじゃない。
     |: : : : {: : : : :/イ: : : ' , ´:/: イ/ィォ、{イ:ー': :、 : |
     |: : : : :∨: : :{/|:;: : :|イ: : :イ: |{l tj   {: : :|: | 、:|       だから否定しようのない現実を突き付けられてしまったら、
     |: : : : : :∨: :|: |: : :∧|: : :.:.|: :|      ヽ:.|: | リ
     |: : : : |: :.∨: : |: :/、l∧: : :.|: :|   _ ,.イ: |: |         卵の殻は容易く破れてしまう。
     ;: : : :.:|: : : :、: :j:/: : }ー\__〉」   `/: |: :|_」
     ,: : : : :,: : : : : :、/: : :ム     ー,、___,': /`¨
    /: : : :/: : : : |: : :\: : : }--.、 {:\: : :, '
    ,: : : :./: : : : : |: :/⌒\: :≧=-、|-、:):イ
    /: : : /: : : : : /イ乂匸乂\ー-:ム、 ヽ: }、
  ,:': : : /: : : : : ,: {/ ̄ ̄\乂\_∨:ハ_}ゝ: ヽ
 , : : : :/: : : : : :/:/         \ ー乂:_}\\:}
./: : : :/: : : : : :/:/         \  {从  `ヾ、






                        |////|     ,..ィ二 ̄     }  }
                    _,∨//>--- 、//\___,. -  ´
                    /:,. :': : : : : : :!: : : :>'、
                     ,:': : /: : :/:/|: :!从: : |: : : : ヽ
                  /: : :/:./:/:/:∧_!__l|:、:.{: : |: :|: ::.         そうするとどうなるか?
                ': : :/:{/:イ,-:/ _{_|_八: :.ト,-、: :,: : .
               /: : /: :/^Y } 〈必リ-、、_」_}:_|l: :|、}:|         ――――今まで「否定」に使っていた、つまり「フィルター」を維持するために
                 /: : /イ/  | .∧  /  } 、{芯/Ⅵ リ
                ,. : : : : : :,   j ': :} /  /  ' ¨,': : :|           使用していた認識の力が、まったく別の形で発現するようになる。
            ,.: : : : :,|: : ,'  / {:ノ/  / ̄Y  八 : |
           ,.ィ/: : : : /:|: :,  {  l-/  /`ー' .イ: : __」
          /: ,:': : : : /:_:|:_{ ,. ' ´ ̄ア {、__ イ: : ̄|             これが所謂「異能力」と呼ばれる力。
        /:イ/: : :/´   / ー ´  l|:_:_|:/ ア:|
      /: : /: :.,:'    /  イ      |- '  /: : :.
    /: : /: : :,:'       {   ,ノ  _,ノ     /l〉、__:|                               /)
  /: : /: : : :/ -―- 、_,|   /  、      ム|   ヽ                             ,ィ ,.:'_,.ィア
 ,:': : /: : : : :,:'      /{       ∨   / 、ヽ、   \                        / // ,.- '
./: /: : : :/: : {   ,.ィ/  l        }  _ノ 、, \ \   `ヽ                     ,..---ァ /_,. -―-ァ
':,:': : : : : /: : : : 、// / { 乂      _,..イ\   \ `ヽ ヽ、  }                   / ,.- '   - ´`¨ィァ
/: : : : : /: : : : :.////{  \   ー==≦' / ̄,\  :.   /  ∨/\                  _/  ∧ ̄`  ,...   ̄ ´
: : : : : /: : : : : :{/--/|   /  ,...__,..イ// ー ' \__}_イ---rム////、              / ̄  {    :   /
: : : : /: : : : : : :, , ' 乂. /  /    / { {          {//∨'  \    _     ̄ {     \_,. '-- ´
: : : /: : : : : : :/ ´    /_/____/  |l|       ,..      ̄人    `¨¨¨´        \____,.. >、}
: : /: : : : : : : {     {=/ / \.   |l|    イ       /| \          _,.   ´   \__/
: /: : : : : : : : :.     ´  ,:'    ` TT  ´         イ: : :|   \     _,..   ´




.

9056 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:58:17 ID:FPSEvN5W

なーるほど、そりゃ確かに「変化」だわ

9058 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 20:59:10 ID:lblpv2fC

あぁそうか、異能が「ある」ことを心の底から実感させてキョンは異能者増やしてたのか。
こういう点だと「うえきの法則」の神器を思い出すなぁ。一番最初の神器の条件が「展開人であることの自覚」だし


9061 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 21:00:14 ID:POjnevnT

当人の常識が覆った時、異能否定の力が異能の力に裏返るということかー。
やっぱり常識の観念が薄い子供や、元からネジ飛んでる狂人が異能発言しやすそうね

9062 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 21:00:17 ID:lblpv2fC

『変化』、もしくは『変質』と言ってもいいのかもなー。ゲーム風に言うとポイント振りなおしのリビルド?

9063エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/03/09(水) 21:00:26 ID:jTBM8F1c






                            / `ー-- 、
                              ( ` ..,,_r'}
                 ___ ノ,ヘ        `tー- ..__ノ   /}´}
                    / ///ヽ  ,.. -― {..、//    ノ}´///ィ
                   / //∨//ィ':´: : : : : : : : : :`ヽ. j ) >く´
                 (_ノノ__,,..ィ´: : : : : : : : : : : : : : : :ヾ  / /^ ー--   、     仮にこの説が正しいとするなら、異能力なんてのは
               {ミYヽ フ´: :/: : /: :/:/ナー 、!: :|: :', { {{    /  /
               `ヾ /:ィ: ://レ{: / /'´ ,ィfォ、 リハ!: :.',` ̄` У    /       人間が元々持ってる機能の一つに過ぎない。
             , -- 、/- ///: ハ レマソ ,  `¨ j: : }: :ヾ /∨
                { 、/   } /: :!:.ハ   ,. --   レィ: /: :{:::::::::,  /        だからあくまで「変化」。
              /  `ゝ/: :ヽ:ハ/:ヽ   ゝ.  ノ /ー': / /!:::::::::レ′
             / ー-く___,. --yィ: : : : :>。. __ .イ: : / Y |:::::::::|
             .く    /::::/ /: :_:_:_;,, -彡}  }  ト: : }  } ハ:::::/             その発現のメカニズムや、一体どんな法則の作用によって
            >/:::::::r'': : / /  _}}イ/ , -{ ヽ:.ト-''  ヾ′ヽ
              ` ̄/: /   > ´、.--''/ ,. -≦-}: :ヽ   /: : : :\          人間が信じる物理法則を超越するような現象を
                   /{: :{、__/t=ー-≧='=≦   }} レi: :}  /: : : : : : :\
             /: : :レ': : {  {i{          リ ,j:.ノ {: : : : : : : : : : :\        引き起こしてるのかだとか、そういう部分は
            /: : : : : : : :.八  ヾ        〃 ,.  ∨: : : : : : : : : : : : :
           /: : : : : : /: : /: : >..__  ,,ィ   ` ̄}} ´   ∧: : : : : : : : : : : : :        興味深いんだけどね。
       -- 彡: : : : : : : / : : ;': : : : : : :.} i!      ||   く: :.',\: : : : : : : : : :.
       : : : : : : : : : /: : : :': : : : : : : { |!r-ォ__r-ォ._||__ ノ: :.',. \: : : : : : : :
      : : : : : : : ://: : : :/!: : : : : : : |三||ニ||ニ||ニ||三三≧!: : : ;   \: : : : : :.
      : : : : : / /: : : :/ |: : : : : : :.{三||ニ||ニ||ニ||三三三|: : : :\   \: : : :.




.

9065 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 21:02:22 ID:6NgGqY3x

オラこういう説明効くとワクワクすっぞ

9071エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/03/09(水) 21:03:48 ID:jTBM8F1c






                |       ∧: : : : : : : : : :.:///\    () \
               ∨  (_l.  ∧: :,.------//////\---、  r∧
              ,:':∨      ∧  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` : \  `¨¨  }
           /: : :∨-、    | ∧: : : :{: : : : : : : : : : :∨\__ノ
             /: : : : :∨ \__ノ   |:.|: :.:∨: :,: : : : : :.∨:∨: : : : .             …………あるいは、今私達が「常識」だと信じている
          ': : :.:.:|: : :\     /: |: : : ∨∧: 、|、: : :∨:∨: : : : ,
            ': : : :.:|: : : : :`T: T´:._∧: : : :\:∨:{-、--、:,: ∨: : ,: :.__    __     この人間の手で作られた文明社会のすべてが、
         |: : : : :| : : : : ィ7T¨T: |l ∨: : : :.\: :. ∨: :|: :.',: : :|: : .ハ ̄       `ヽ
         |: : : : :|: : :l: : :||: l:::: |: |_:::∨: |: :∧\}:::: ∨:,:.:.:l: : :!//|/}        }   異能力者の「認識」によって作られたものかもしれない。
         |: : : : :|: : :l: : :|{: l::::_|:_l__,::::\{_:」::::::::::::: }: | : |: :|:|//l!/|    _,..   '
         |: : : : :|: : : :,: :|レY   .Y::::::::::::::::::::::::::::::::::∧l:,: |: :|:|//|/j! ' ´    /
         |: : : : rⅥ: : : :{、:弋___ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::;: : : }/: ,jリ/イ_/       ,      様々な科学的発見を成し遂げた科学者達や、
         |: : : : 乂、: : :.∧:::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::八: :/: ://,  /
         ,: / ̄ ̄ {`ヽ: : ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::イ::::イ: : :/: :/イ  ,      /         有り得ないような偉業を成し遂げた英雄達は皆、
          /:/   Ⅵ  }:l: : :∧:.、`:ー=.ニ  ´イ : |: :./{:.∧   /      /
          ,: ,'      |  Ⅵ、 : : \>  __ < ∧: :|:./=|∧: :、/- 、    '           「そう出来る」っていう異能を発現した異能者なのかも。
       ,/:'     |  | \、__:〉- 、    / |、:}':、 ∧´:,:'   \'_
     / /:.     |  |   ,.:\: :}   ヽ     |∧: :.}、 ∨      / \
      {      /⌒Y  l //ノ}: :ヽ  、     \ゝ、: :ヽ', ̄`∨   〈/7
     ∧      _/   ヽ  ∨イ  乂.ィァ  :::::.     〉 乂: : }   ヽ\//
     /: : :、    {  、  }  ヽ __/ /{   、:l   /__乂:ハ、   }`¨´、
   ,: : : : :////    ヽ |   `  /乂:〉   Y  / {///|| 乂:ハ、 /ィ: : : :、
   /: : : ://l/∧ ヽ   、|イ     / 乂: 〉`ヽ、 }/   \イ|  ∧: } ' /: : : : :\




.

9073 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 21:04:14 ID:xWs7vT+n

NWの世界結界のアップデート?

9074 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 21:04:16 ID:lblpv2fC

ふむ、その理論だと超能力を目撃しても自ら発言しなかった人は
「そんなものは存在しない」→「超能力はあるがそれは限られたものだけ、自分は関係ない」
と変質しただけ、ってことなのかな?

9075 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 21:04:31 ID:AxCs3yQ1

NWの裁定者やね

9076 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 21:04:39 ID:JeR1FTVE

ニュートンは万有引力で『重力』を創りだしたとかそんな感じか

9077 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 21:04:49 ID:0zdznOVq

最終的に胡蝶之夢の話になるからなぁw<<自己や世界への認識

9078エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/03/09(水) 21:04:52 ID:jTBM8F1c
















              f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  `ヽ
              |     ま、すべては仮説。狂った科学者の戯言に過ぎないのかもしれないけどね―――――。
              ヽ________________________________________ 乂_















.

9079 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 21:05:02 ID:lblpv2fC

つまり、日本がHENTAIなのもすべて……!

9080 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 21:05:05 ID:FPSEvN5W

ニュートン「俺が」
エジソン「俺達が」
アインシュタイン「異能者だ!!」

こうですか分かりません

9081 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 21:05:08 ID:POjnevnT

アザトースかな?>世界が認識で作られている

9082 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 21:05:12 ID:GMA1luPw

頑張れ頑張れできるできる絶対できる頑張れもっとやれるって
やれる気持ちの問題だ 頑張れ頑張れそこだ!
そこで諦めるな絶対に頑張れ積極的にポジティブに頑張る

9084 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 21:05:25 ID:Iw/4s1Yu

空を飛べるのは兄弟の夢か

9085エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/03/09(水) 21:05:44 ID:jTBM8F1c

異能力に関するアレコレ。さて、家事とかー。

9086 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 21:06:27 ID:7T4ZJMDN

いいなぁ、こういう設定考察ホントにワクワクする

9088 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 21:06:41 ID:6NgGqY3x

いってらー、やっぱこれ安価でもあんこでもいいからめっちゃ見たい

9096 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 21:09:14 ID:J+piRm/I

つまりシュウゾウが最強になる世界か

9142エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/03/09(水) 21:27:12 ID:jTBM8F1c





                          ,.--- 、
                 ___      /∧ r∧
                    /  ||/\ _,. .--- ミ∧-、,∧                           ラビット・ホール・フォール
                  |   _||//: : : : : : : : : :乂__ノ             《篠ノ之 束/覚醒名:白兎は穴底の夢を見るか》
                  |-,__/ }: : :.:.:|!: :{: :|: : : :、: : :.ヽ
              乂__/: : : :.:|{、: Ⅵ: |: l .∨: : : :.
                /:,: /: :|: |:_|、:从、__、_l:__l: |:.|: :,::.
                 /:イ: |: : |:イ: |-、、: :.:|{: | 、l`|:.|: :.|: .           ”最初の男”に協力する若きマッドサイエンティスト。
              {:/, ィァ : |:.|!:.|   \」 ー__\!:|: :.|: : .
            __  //|: : { ィ≠=   '´ ̄`j:/: : |: :\、          特に専門とする分野はなく、本人が「興味をそそられた」事柄を
           ,r//`' /: : |: 从       ,   /': : :.:|: :|: :`\
            {〈{_!_{とヽ l/: |、: : ム      ,   ム:イ: :.|: :|           喰い漁るように学び尽くし、飽きればまた別の対象へと
           { `/´ / ,: :/: :\」込、 `    .イ: : : : : : |: :|
      _r ̄`ヽ、/ /: /:r、:,: : : : : |l>  -く| ∨: : : :.:.:|: :            移っていく気分屋。極めて優秀だが、どうしようもない変人でもある。
      / /      〉--< ̄{ Ⅵ: : : ;'|!      Ⅵ:,: : : : : |-、
      〈_{----、 /     〈l マ: : :/l|ム_  _,|  、: : :.:.:| l〉`ヽ
       /   //⌒ヽ   〈l |!: ://ノ | ` ´ ,   、: : :|li〉    ̄ Y       現在は「異能力」、特に”最初の男”の不死に関して
     ,    '´ \///}   /: /イ  {     マ  ∨:|イ     j
     ,      }    }//」   「:ノ     ,」  、   \  Ⅵハ、  _,イ        強い興味を抱いており、その解析と研究の為に協力している。
     {    /  ,..イ--'\__,.〉:,ノ ____イ_  ∨:.  〉_乂:ハ/// ∧
     ,   _,..イ: :/: /: : : : 〈: :〉´{//ノ   `ヽ l:::イ´ {//,}ト,:}////´ヽ       彼女の持つ異能力は「あらゆる物質の解析」。
        ̄ /:/: :/: /: : : : : :}从 || ̄       `´    ̄ jj }从Y、    :.
.         /:/: :/: /: :.,: : : | /人 :.、                ///: :|: : :〉    :,      但し「彼女が理解出来る情報」しか正しく読み取る事は出来ない。
        /:/: :/: /:.:.:.{: : : :|: : : :|`ーl`_,...:     、__//イ: :.:|:/   /
        ,.:/: :/: ,:: : :.:.|: : : :|: : : ム  | |            //{: r-rく_   /
      ,: {: :/: / l: : : |: : : :|: : : : :.〉 | |         { {ヽ{ /   ヽ '
      {: |: {:.:.' |: : : |: : : :|:_:_: :〈 //_,..ィ========、ノノイ=、   /:|
      |: |: l:/  |: : : |: ,..ィ二二/{二二||ニ||二二||ニ||二ニ|   Yニ\!
      |: |: /  |:,.ィニニニニr{/!ニニ||ニ||二二||ニ||二ニト、 ∨ニニ`ヽ、
      |: |: {  /ニニニニ/、 \ ー ||ニ||二二||ニ||二イ }  }N^〉ニニ\




.

9145エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/03/09(水) 21:27:26 ID:jTBM8F1c

束さんこんな感じ。

9147 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 21:28:25 ID:TmnOchBf

人を選ぶ異能だな、これw
本人がスペック高くないと役に立たない

9149 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 21:28:50 ID:0JJq90JA

本人の理解を超えた事象は解析できないのか
まあイアイアな知識とか解析してSAN値チェックとかの危険もありそうだが

9152 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 21:29:13 ID:BFr5YKME

理解できない物質を解析してもプログラム知識ないのC言語直読みするのと大差ない状態になるのかな?

9153 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 21:29:18 ID:6NgGqY3x

異能は何かおまけっぽいなこの人はwww

9154エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/03/09(水) 21:29:26 ID:jTBM8F1c

分からない事は「分からない」としか分からない、そんな異能。だから彼女は理解できる範囲を広げる為に研究を続けてる。

9155 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 21:29:29 ID:FPSEvN5W

本人の強い願望が引き金だから、束さんは「これを解析したい!」って思ったんだろうな

9163 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 21:30:23 ID:0JJq90JA

この能力で理解できる範囲を広げたいってのが願望か
ただのバロメーターだこれww

9165 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 21:30:29 ID:gK888zpl

自分が理解できるならわかるとすると努力のしがいあるというか、実に研究者向けやね

9166 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 21:30:39 ID:POjnevnT

自分のスペックで理解し得る代物は全て見通せるって感じの能力か。
本人スペックに極めて依存しているが、過程を省いて解析の結果を出せるならおっそろしくやばい代物や…wwwww

9167 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 21:31:02 ID:6RePNzYI

でもこれなら、大した設備とかなくても、極微スケールから極大スケール、あらゆるジャンルの研究ができるのか
便利だな、研究者垂涎

9170 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 21:32:46 ID:utDAjHzZ

「わからない」ことがわかるだけでも研究者に取っては垂涎物だけど、自分の能力に依存するとこが束さんらしいなぁ

9172エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/03/09(水) 21:33:26 ID:jTBM8F1c

異能力モノだけど「異能力? 別にそんな大したもんじゃなくね?」っていう世界が私の中で作られつつある。

9173 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 21:33:30 ID:TmnOchBf

どちらかというと答え合わせに近いよね。それだけの能力を得たから理解るようになったって
まぁ一度理解をえるとそれ以降検証いらないから凄い楽だけど

9174 :梱包済みのやる夫:2016/03/09(水) 21:33:34 ID:6RePNzYI

そして本人が進歩したら、またファーストが切り刻まれるのな










一覧
関連記事
>[ 20928 ]
1種類しかコピーできない縛りが付いた皇帝特権:○-みたいなものかな
[ 2016/03/12 23:59 ] [ 編集 ]
>[ 20936 ]
なんか進化って単語に惑わされるかもしれないけど、進化って環境に合わせて変化する事だから
進化=不可逆な変化なんよ

進化って単語見て、「今より高次の段階に進む事」って誤解があるみたいだけど、退化も進化の一種ね
不要な機能が無くなるのも進化
必要な機能が追加されるのも進化

だから、【「進化」ではなくて「変化」】という文章自体が誤りだからね
だって、「進化」=「変化」なんだから

進化は、進歩ではないし前進でもないし発展でもないから
[ 2016/03/13 19:58 ] [ 編集 ]
>[ 20939 ]
なんか進化という言葉の使い方に違和感あるわ

常に多種多様な変化は起こってて、
そのなかに偶々生存・繁殖に適した形質が存在して、
さらに子孫にその形質が定着した場合進化(退化)って呼ぶんじゃないの?

さらにいうと生存繁殖~も本当はいらなくて、
変化が定着=進化だから、一代限り=変化で、能力遺伝=進化じゃないのかな
[ 2016/03/13 21:26 ] [ 編集 ]
>[ 20943 ]
まぁ、大元の進化生物学的な定義からはかけ離れてるのは違いないww
子孫に遺伝しないなら一代限りの突然変異みたいなものだね
しかし一進化生物学徒として言わせてもらえば、論文でなく物語であるなら専門用語の正確さより楽しませるカラテが大事なのだ
…無駄に小難しい言葉並べてさらに破たんしてるときはなにこれ(真顔)になるけど

[ 2016/03/14 09:20 ] [ 編集 ]
>[ 20944 ]
つーても一般人の認識がほぼ「進化≒高次存在への変化」である以上、この単語使う他ないんだけどな
例え意味としては正しい専門用語持ち出しても読者に伝わらなきゃ意味がない
そういう専門用語使う作品が好きだって人もいるけど、読者層としては薄いから難しいわね
[ 2016/03/14 09:27 ] [ 編集 ]
>[ 20945 ]
なまじ詳しいと、間違った描写が出てきた時に純粋に楽しめなくて、なんか白けてしまうんだよねぇ残念ながら

ちょうど、時代劇に電柱が出てきたり英単語が出てきたりすると白けるような感じ
あるいは、関西人という設定の登場人物の大阪弁に播州弁とかが混じってると白けるような感じ
[ 2016/03/14 17:50 ] [ 編集 ]
>[ 20947 ]
なら勝手に一人で白けてればいいんじゃないかな
[ 2016/03/14 20:56 ] [ 編集 ]
>[ 20949 ]
↑2
「進化」の単語の一般的解釈が生物学的定義とズレてるってのと
時代劇に明らかにそぐわない電柱や英単語が出てくるのとでは、全然違うと思う

前者はよほど詳しいか神経質な奴じゃないと気にならんだろ
[ 2016/03/15 00:18 ] [ 編集 ]
>[ 20951 ]

後者はあれだ、それも世界観として取り込めば新たな世界が出来上がる
例:悪代官(ゲーム)
[ 2016/03/15 01:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

9月に入りましたが、暑さはそのままに台風のシーズンに……
海水温が高いと、勢いが衰えないので今年の台風はなかなか激しいのが続きそうです。
コロナ禍での災害は色々とこたえますが、そんな時だからこそ無理をせず色々見直すチャンスかも?
ついでにやるぽん!を見返して、新たな作品に出合うなんてのもいいかもしれませんね。


お借りしているFC2様の更新により一部のスクリプトが動かなくなっていた模様です。
具体的にはカテゴリの一覧での複数ページ表示が出来なくなっていたみたいですので、表示方法を1ページずつとさせていただきました。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

20/07/22
エージェントやる夫の日常茶飯事 から 雑談所内作品を
(エージェント)◆28KU4V0f26の雑談所作品 として 分離

20/05/21
やるやらで語るアドベンチャーパス 追加

20/05/20
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 完結

20/05/14
英雄の守り人 完結

20/05/05
英雄の守り人 追加

20/04/11
サクラ大戦・新 完結

20/02/26
サクラ大戦・新 追加

19/11/13
アカガネ山のやる夫 追加

19/05/26
やる夫は誰かを救う悪になるようです 追加

19/05/18
エージェントやる夫の日常茶飯事 追加

19/04/14
やらない夫は「The World」にログインするようです 完結

19/02/10
真・女神転生 ~やる夫の嫁は加賀のようです~ 追加

19/01/21
できる夫とマリーがたどる仮面ライダーファイズ 追加

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



月別アーカイブ
FC2カウンター