Fate/ENCOUNTER キル夫と名の無い少女 制作秘話と言う名のマニアック過ぎる舞台裏① やるぽん!

ジオウ第39回 ヒビキさんが侑斗として再(?)登場したり、おじさんがHIPHOPしながらデンライナー直したりと色々ありましたが、何といってもグランドジオウ! うん、なんかフィギュア化が大変そうなフォルムですね。

Fate/ENCOUNTER キル夫と名の無い少女 制作秘話と言う名のマニアック過ぎる舞台裏①

141◆13zn.onW3Q :2016/05/05(木) 12:54:40.19 ID:ZVU77ESj




    ――――― 制作秘話と言う名のマニアック過ぎる舞台裏①―――――




                          > :::::::::::::::::::::::::<
                        ,..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...、
                       /:: ,:::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::|::::::::\..、
                      ,..::::::/:::::::: , :::´::::::::::::::::::::::::|:::::::::::: ゚..、
                、__ ,/::,::::′::::::/:::_,::::::::::::::::::/::: /::}::::::|::::: ゚..、
                 \_:/:::/:/::::: /::/:::::::::::::/:: /:::::/:::リ: /:| :::::: }:: \      どうも、サーヴァント脱落後の
                  ー<:/::/:::/::/::>,:::::/::::::::::::/| :::::::/::::::::::}::::::::::>-
                  /::::ー<:::::::> ´/:/:/ }::::_/_.|:::/ :::::::::::,::: /:::::。     メイキング裏話を担当します、秋山優花里であります!
                /_:::::::, ´ .,..:<::::>=マ. _}/,z≦_ュ、/:::/:::,::::::::::::ヽ
               .{'.,4 !/  />.,㌣:しfj::i}     {i::fj::i} 》::::::::: /:::::::\:::::〉
                   /{i{ |  _ノ゙ ./:::_, ー゚   ,   ー゚ 、_/:::::}/::::::/ ̄:::::|
              ,    {i{ |  _/::::::<     __ _     /::: /::::: /::::/}/     今回は最初の脱落(準)サーヴァント、
            /}   ';i, ',´{:::::::::::::::::::::::>- {´  `:}  -<::::::'::::::}/:/}:/
          , イ  〈.    ';i, ', .}ヘ{へ|:::::::令:..、    ノ  ,...令:::::::/}:/  }'
.       , ´    ヽ、   {i>’ .   }/`ヾ}'小>. 、_,....<}/}/ ̄  j'       ジークフリート・フライタークさんについてでありますね!
.     /         }>'’,  、__ ______/´l: : : : : :|`ヽ.'
      /. :     __>’ ̄ \ .\  } }i} : : : : {´: : : :   ー} \_
     .{_: : : : : .____/         \  } }i}   : : |______,|    >., ュ、
      \_: :_: : /: : . . . . .      、', ';i,  : :|::::::::::::::::::::|     / / , }      半分即興になりますが、ちょっとだけお付き合いください!
           ̄\___: : : : : :\  ∧.\\   Ⅵ::::†::::::::/    / / / .|
              \____: :\: . | 寸\\  寸::::::::, ′     .イ / |      投下中・投下後・まとめサイトの疑問・質問も可能な限り
                    >、.|  寸:::>.....、 _ ./__....<::::/ /  ,
                     `|    `  <:::{::::::::} :::::::: > ´ l: ,  |        お答えいたしますのでどうぞお気軽に!


142◆13zn.onW3Q :2016/05/05(木) 12:57:08.01 ID:ZVU77ESj





        {廴/ : : : : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : } : i{: : : : : :\: : ̄ア
        >: : : : : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : } : i{: : : : : : : ‘,:く
       /: : : : : : : : : :/: : /: : : : : : : : : : : : : : /: : i{: : : : : : : : }: : ヽ
.      /: :/: : : /: : : 厶イ: : :/ : : : /: : /: : : : :/: : :ハ : : : : : : : }: : : :‘,
     /: 〃: : : :/: : : : :/ : : : /: : : :./: : /}: : : : / }: / .l}: : : : : : : }: : : : : .    まず>>1がライダーをチームで運用しようと考えた際に、
      {: {/ : : : /: : : : :/: : : : :{: :/厶イ /: : :/ }/   }: : /: : : : }: : : : : }
     .V: : : /:/:|: : :l{: : : : : :V,,.ィ芳ぅ厶イ    rzぅミ }/} : : : /: : :\: }     真っ先に確定したのが彼、フライタークであります。
      {: : :厶イ:l:|: : : \: : : :Y  らi刈      .ら刈  》 /: : /: : : : : }/
.      V: :i{: : : |:|: l : : : \ : {{ 弋こリ      弋ツ ノ 厶ィ: : : : : : : /
        \{\ :八: 、: : : : : \}        ,      /: : : : : : : :/
           }: : :V:\: : : : : :\__   ____     < : : : : _/        と言っても、当初は対人陸戦担当というだけで
           }/^\: :≧=―‐く⌒  「  /    /: ̄: :/
              \: :ハ: : : i 、    ー '    ィ/Иイ            ここまで露出が多い予定ではありませんでした。
                V_/W/   ー‐ r< ⌒i{
            /^\ ̄    {       /{    ̄ 7ヽ             というのも、wikipedia以上の史料がネット・書物
          /⌒\  、    {- 、   _」       / /ー┐
            /    ‘, ‘,  ‘,      }    / /              いずれにも見つからなかったのです。
         {      , ,    ,二二二}    ./ /    |



143◆13zn.onW3Q :2016/05/05(木) 12:58:57.91 ID:ZVU77ESj



.               >: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : \
.              /: : :/: : : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : :\__
       __//: :/: : : : :: : : : : : : : : : :/: : : ::|: :l: : :: :: :: :/
        \_/: :: :/ : : //: :: :: :: :: :: :/ : : : : |: :l : : l: :<
      ト-. .' /: : /: : </: : :: : : :/:: :// |: :/|:/ / : : |: : : :\             それが一変したのが、
       >‐: :: :/レ'_ /\: :: : : :/ // / /イ/| /: :: :/ \\: :}
.      / .イ: :‐=彳: : |イ: : >x∠// /イニ<-くl: : / ヽ ー' Y     , 、_
      l/ /: :: :: :: :l: : : :|/チて厂ト    l┘ | l}/ : : | l: : /    /    `⌒ヽ   ある一冊の資料のおかげなのです!
       ∨: :: : : :ヽト、:ヘヽ 辷丿     `ー' イl: :: :: :: ://    ヽ /  / /
        ヽY: :: :: :`: :トゝ::::::::    '   ::::/: :: :彡ハ{      / ̄ハ 〈  l
          }へ x 、_: :>  { ̄ ̄ 7  フ二∠ニ ____ >- 、二ゝ┴     その資料とは・・・・・・・・
            } >'´lハミ> 、 \_  ノ イ    //  /       l\ `ー
          イ二、 _    l/> ―< |`    //  /       ハ ` ー
        // \\ )  ∧‐-、  -‐/   //  /       /  \―
.       _//   \ ヽく    ∧ニニニ7   //l  /        _ -――
     イ/   入_ 〉ノ \  ∧ 十 /  /イ | l/ ∠ -―< ̄






    l、     | _,,.―ー''''''''''''''''''''''''―-、,,,、   ヽ    ヽ
    ヽ    |'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~゙'ー、,,,_ ヽ    \
.     \.,,,こ,,,,,,,.、.----―',!'''''''''i¬¬┬---、,_「', ヽ    \
   ,,,―''"゛;;;;;,/,,,,ニ'"'';,ソ-ニl'|   `! ゙|  `'|'ヽ、::;;゙`\, \    ヽ
  / ;;;;;;;;;;;;;;,〈ー 、 |'l',,.、_リ、,,,,,ノ ,!   |「 ,!广-、,::`'-,|'-、   |
.  \,,,,,,,__ ;;|:l'  ノ ,!」゜ | ゙'ニ、.,,,,./′ ,r'''ヽl'| .,.-二;、゙|;;;;;゙>  ,/
       ゚̄iヽ/ ,/,l] |   /''ー----''"  ヽ  ゙/ ,i´iン、|'シ'゛_/     私の本だな。
.        ゙i―''ゾ,l' |  ..,,| `'ー-、    } | ヽ| | |;;;,ト''"
.         l' ̄  レ-'''ニ-、,,ノ     ,,/″ ノ ,i´,ノ゙,|,]
.         \  "″       へ、l'   ヽ`'',,r"::゙|                 キレイナバスク
.          ヽ   .,,,,,._,,,.,,,.、-‐ ″| ゙i    r‐′゙''l,i       ―――― ヨハネス・シュタインホフ ――――
           | L_,,,,,.ニニヾ^      ヽ   |::::::::::::::〉
           |   .,,,,.――‐‐      }   l::::::::::::::|          ジークの上司の一人。
           |   /.r'" ̄`      ,ノ   / .:::::::::::|
           ヽ.  ″         '′ ,,/,!  ..:::::::::|          著書「シシリー島空戦記」
.            │          ,,/,-'′,/   ..::::::::l'
.            |         / ;::::::,/ .__,,,,,,,.、、-ト-         ほかにもNATO関連の著書あり。
.             ゙-y,,,,,,,,,,.―‐'";;::::,―ー''""゙゙^::::::::::::::::::::::::| 
.             ,,,,コ::::::::._,,,,,.--‐''ニコ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|         戦後NATOの大物。
            |"ニiZ'|゙゙ンー''''"゙゙゛;;;;;;l'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〔
            " ":::"."."::::::::::::::::::::::::"           "



144◆13zn.onW3Q :2016/05/05(木) 13:02:50.91 ID:ZVU77ESj




               / /: : : : : : : : : : : : : : :\:\
             / /: : /: : : : : : ::/: : : l: : :l :ヽ \__    とはいっても、>>1は事前にその本は持っていました。
               / /: /: /: : :/: : :/: /: : /|: : :|: : :l: : : -<
           / /: /: /: : :/ : : /: :l: -―-|: : :| l: :∨: : :ヽ:\   にもかかわらず、ほんの数か月前に
        \ ̄: : :レ: :/: : 斗-/|/|/―zノ|: :/ :|: : ∨: : : ハリ
       ヽこ/:-ニィ: :|/:/|仁、   ´うハメ://: : トゝ: : |: |     ジークに関する記述があることに気付いたのです。
        /: : /: :| |: : |ハ:レ´ぅヽ     辷ノノ: : : : :|: : : /|/
         |:/|: : :l{l: : ト`ヽ弋ノ  ,   <: : :/ /: :/
        `  V:八:\: ゝヘ.     _    不/: : :(
              ` _入_≧ハ   ∨ ヽ  /|:{、: ト ゝ       それと言うのも、
                  ̄ ヽ{ )人>  二 イ  ヽハ|
                       /|||   /  |   /   \         本の中身、特に人名と日付が
                    / | |l !l  l` ー/       \
                    _/ l/∧ヽイ メ∠ -―=≠二二ハ       wikipediaと食い違っていたからなのであります。
                 {  /\∧/∠ -ニニ/     ハ





145◆13zn.onW3Q :2016/05/05(木) 13:05:37.78 ID:ZVU77ESj





              //: : : : : : : : : : : : :|: : |: : :\: : : :ヽ: ∧
           // : : :/: : : : : :/: :斗|--l: 、: : l: : : : :l: :∧       文中では、著者(シュタインホフ)の部下として
      、   ∠//: : :|斗-: : /: :.∠Lム. !ハ:`ヽ|: : : : :|: : : :\__
       ヽ二ヽ_彡/| |-///  /==ミl |: : /: |: : : :|: : : \―'    飛行隊長(大隊長)フライベルグという人物が登場するのですが
        /: : |: : : :/ 斗=イ´    iノ::: |ヽイ: /: : : :{: : : \\
       /: : /: :|l: : : :レ/iノ:: |     辷ノ / /:/: : : : : |∨: : : \)    ネット上のどこを探しても
       |: :/ : : |\: : ヾ ヽ-'        彡': : : : : : :トゝ: : !: 〈
       l :{ |: : :|: : ー=-; `     <´ : : : : : : : : |: : : : |: /     それらしき人物はいませんでした。
       ヽ| \: |: : : : : : :/  --   ー-二: __,: : /: : : :イ/     
          ` ー┬ へ         イ: : : : /‐ '´: : : ノ/      
              )_从 /|>  _ . イ┐ |: : : イ: イ彡'´
             ___,レ、}ノ |/ | |::::|_∧{\∨ {/__         >>1もそんな無名の人物がいたんだ、程度でその時は流しました。
          r‐/::/:::/:::::∨7′ /| |::::|:::トr‐‐|匚二二フハ
          |:/::/:::::::::::::〈/  ∠、_/::::::::::::::::::::|――‐///|
          ∨::::::::::::::::::::l   |―/:::::::::::::::::::::::|////////|
.           ∨::::::::::::::::::|ニ{/|:::::::::::::::::::://////////|
            ∨::::::::::::::::|//|o/::::::::::::::::://|//////////|



146◆13zn.onW3Q :2016/05/05(木) 13:15:11.01 ID:ZVU77ESj






 ―――文字が凄く多いけど興味の無い人は飛ばしてね―――



                       _____
                    . : : : : : : : : : : : : :`丶 
                  / : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
                  /: :/: : : : : : : : : : : : : : : : \\          ですが、英語版ウィキペの第77戦闘航空団のページを
                 . : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
.               /: : : : :/: : : : : : : : : : : : : 〉 : : : : : : : : : :\__/〉    なにげなく読んでいた>>1が気まぐれに
          __/: : : :〈//: : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : /
        、_..Ζ: : : : / : : : : : /: : : : :/: : : イ: : : :/: : : : : : : |: : : \     隊長格の在任期間を照らし合わせた結果
.          \_: : : /∠: .://: : /:\//: :/ ///|/| : : : : :八 : : : : 丶
.          /: :.:/ : : / :| : : : /;斗牟x/  厶斗牟x | : : : : : : :\: : : :│
         | : : i: : :/| : : : |ィ〃 __):::ハ     __):::ハ乂: :/|/: : 厂 : : :リ
          乂__| : : 人八: iハヘ.弋__ソ     弋__ソ ノイ : : : : /: : : :/    「空戦記」の時期、1943年夏の第2飛行隊長は
             ∨/ : :丶: :ヽ >      ′     /ノ: : : : :/: : ∨ 
             〈: : : : : : \_八. u    / ヽ    ∠二: :イ /人: 〈       ジークフリート・フライタークだったのです。
                \|\トミ: : _.:>: .   、__,」 . .イ: : : :/{/´   ̄ 
               /)冖ト、∨ :_ト -:<|:/| :/}⌒\           そして「空戦記」では7月10日にフライベルグが、
                  //  '′}r'こノ    {┬(//   ` }
              ∧     } |       | 〈      ∧          日本語・英語のネット資料では7月12日に
            __厶ヘ,,_    丿{ニニ二二ニニ} ∧    _,厶ヘ.
           /二二ニニ=-<_ マ///╋///  _>‐=ニ二二〉         フライタークが、撃墜されているという記述がありました。
             /       \∨  ∨////∨ //      ∧





                    -――‐-  .,
            /.::::::::::::::::::::::::::::::::::.:             その他の隊長やエース級パイロットも突き合わせた結果、
            //.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
.         /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::.\         多くの人物が微妙に似た別の名前で登場していました。
      (__/ .::::::/ .::::/ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::
       7.:::::_j/.:::/-─.:::/.::::::::::::::::\ ::|::::::::{__)   
     〈/ . ::T ::::/:: x≦ イ} : ハ:\/ .:::::| :|::::::::::::く
.     /.:::::| | :::/斗抒 ノイ仁j/}:::::::∧:|::::::::::::::::          ラインホルト → エルンスト・ヴィルヘルム・ライネルト
.       ヽ_|::\乂_弋ッ     r扎トノイ/.::::::\:::::::::::i
          \:::::.く[_ ′   弋ツ /.:::::::T⌒::::::::人          ツェーラー → アルミン・ケーラー
            `T爪  -、 u___,/ .:::(ノノ.::::::::/
              丶.     >― :介:::∠) /            マイヤース → フリードリヒ・カール・ミューラー
            __,ニニ⌒T _{∠、/乂( ̄
           / / _/  /   |                
         _」/|: /\ / ____ \
.         j「|i |/ / / ̄ ̄\V |              正直普通に読んでいて気づく日本人がいるのか怪しいレベルです。
       / |H<_/|       ||:│
.      / ,人_/ 厂 ̄      |:│              >>1も全く気付きませんでした。
..     /./ ノ,ハ/     ,/∧」


148◆13zn.onW3Q :2016/05/05(木) 13:23:14.72 ID:ZVU77ESj




                         .  -――‐-  .,
                            /.::::::::::::::::::::::::::::::::::.:..
                      //.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\       おそらく出版時に存命の人達でしたので
                      /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::.\
                (__/ .::::::/ .::::/ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::..     そのための配慮だったのだと思われますが……
                 7.:::::_j/.:::/-─.:::/.::::::::::::::::\ ::|::::::::{__)
                     〈/ . ::T ::::/:: 仏 イ} :::ハ:\/ .:::::| :|::::::::::::く    ともあれどうにかジークの人柄に関する史料が見つかったわけです。
                r'V .:::::| | :::/斗抒 ノイ仁j/}:::::::∧:|::::::::::::::::
               〈\ │乂_|::\乂_弋ッ     r扎トノイ/.::::::\:::::::::::i
            〈\\\| { 厂\:::::.く[_ ′   弋ツ /.:::::::T⌒::::::::人 
              \\)   ∨ /  `T爪   、 __  ___/ .:::(ノノ.::::::::/  
.     〈 V/  r‐─┘ ∠   │     丶.     >― :介:::∠) /       ただ、「空戦記」は著者の最も過酷な3週間を
. 〈\/∧ V/  ̄ ̄\   ; ,ノ   __,ニニ⌒T _{∠、/乂( ̄
. 〈\\∧ \ _/⌒;  〉 __介{  / / _/  /   |               濃密に回想した内容ですので、
  \\\〉,  \ {  〈__/ _」/|: /\ / ____ \
    \ ,.      ∨,./ |  レ'〉j「|i |/ / / ̄ ̄\V |              有体に言って、著者含めた
┌ー―┘       V|__j_/|/ |H<_/|       ||:│
  ̄ ̄ ̄` .    Х^丁\ / ,人_/ 厂 ̄      |:│              文中の人物全員が精神的に参っています。
        \__xく   //  ∨/ ノ,ハ/     ,/∧」
          丁_/     厂\_rく     ∠  ′                特にジークは目を覆わんばかりの不良軍人です。
            Т /   /   \| 丶  / |  |
            |/ /  /          /  ┼<\
            └┴‐ 个 ̄\     /    厂   〉                ダサい着崩し、ヤケ酒、嫌味の連発……
              \__/\__/\      ∠、
                    Тi于干\____,xく   \               偽名を使うのも納得です。
                    |│i |   ;、   丶  \
                    |¦l |   〈\     \   \





149◆13zn.onW3Q :2016/05/05(木) 13:28:41.79 ID:ZVU77ESj





             __
          /: : : : : : : : : . .、
           /: : : : : : : : : : : : : 丶           ただそんな中でも、
      _, -'": : : : : : : : : l: : : : : : : \
     _ノ: :/:l: '⌒/: : :_: ィ: : : : :| : : : :.          戦闘に際しては常に先陣を切り、
     〃:/: :f笊厶ィ>` /: : : : : l: : |: : 丶
    .|: : l : ハア  乍圷、 7: : /|/: : |: : : :ゝ        軍法会議の生贄に真っ先に手を挙げ、
    从: ∨     乂ソイ─イ: : : : :|: : : : }
      \\丶-    -=彡: : : :人|: : :l:/         民間人の少女を気遣うなど
       丶l>-、 __/ : : / 厶-彡
          /_l===\ ̄              根は責任感が強く、思いやりの深い人物であることは読み取れました。
          /〈只〉  、 丶_
         _/ |i      >、、ノノーっ
        ≧、ト、__,..ィi〔:::\>ヾ´          ジークの強さと弱さ、両方を知ることができた点で、
        ⌒〈l::|::|::::l:::::l::::ヽ丿
              L|::|::::l_|-イ              最重要の邦訳史料と言ってもいいでしょう。
             \/ /‐、
              / / ̄ヽノ 
             rくミア
            ̄


150◆13zn.onW3Q :2016/05/05(木) 13:31:59.90 ID:ZVU77ESj





.            /: : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : :\
            /: : : //: : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : \           さて、長々と資料発掘の話をしてしまいましたが、
.           /: : //: : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : |: : : ::l : : : : : \
          /: /: /: : : : : : : : /: : : : : : /:∧: : : :/: : : : |: : :\ : : : :ー‐ァ       続いて作中での彼についてです。
.      \ー‐入: : : : !: : : : :/: :/ /: : : : /:/ 斗‐-ム、 |: : |: : : : :`ー: :<
        フ: : :/: : : :|: :-‐/―- ./: :/: //__」: :/ |: : |: : |: : : : : : マ´: : 、ヽ
      「∨:/: :/: : : : :|: : :/|/ァZニ、ニ ‐'/  ニ-レ ミ//|: :/: : : : : :|: |: : : | l |
      | l!l: /:|:/: : : :∨/ イ 「丿ハ     ´ Lノ:: | 》//: : : : : : :l /: : : |//      まず配役ですが、これはエピソード面も勘案し、
      | | | |l |:|: : : : : \ヘヽ弋ーノ      乂ーノ イ: : : : : : : :://: : |: //
      | | ヽ∨:\: : : : :ト ゝ     ,       /_彡: : : : : :/: : : //         ゲリラのレギュラーと言える新城さんを押しのけ
      | |_  ∨: |\: : : :>‐    ___    7―---: : ア: :彡 '´ノ
     /  ヽr ┐ヽ`ヽミ: : :込、   ∨ ノ     //: : : : イ:/             天涯孤独のスナイパー、ロックオンを採用しました。
    / ‐-、 / /     )人{、:> 、     . イl: :イ///{(
.   / `ヽ |/ /         `}` トミi― ´   |∠                    >>1としてはこれ以上ない組み合わせだと自負しています。
.  l ュ‐ /ノ   l            /ノ|      ∨\
  」└- |   ノ    __rァ' ´ ̄  / |      /   \




151◆13zn.onW3Q :2016/05/05(木) 13:36:44.41 ID:ZVU77ESj





                         ,. ─ 、 -- 、
                     ,. ‐' ´: : ; :´: : : : : : : : :`ヽ、
                    /: : : : /: : : : : : : : : : : : : : :\          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                   /: : : : : :/': : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
                      /: : : : : : {r 、ニー-、: : : : \: : : : : . . :ヽ            配役が決まったことで、劇中の役割も
                  | : . . /: : ヽlヽ: : :\: :ヽ: : :ヽ:   . ', . :ヽ
                  !: : . .i . . ',: :ヽ'、 : : ヽ、',: . .    . : . : : : }           兄貴分としての要素が割り振られ、
                 /: : . .i . . :}ヘ: :iヘ : : : :ヽ、,: : . . . . . ; : : : :,'
                 /: : : : : : : ノ |: :| \: : : ヽ'、: : : : : : ; 、: :{            少女たちとも気軽に交流してもらいました。
               ー='_,ィ: }: : : ィヽ、 ', i  _>、_: :ヾ、: : : : ,ヘ`ー-ニ='′
                ,r‐∨: : : :l弋ヽ ヽ', アィ弋シ>、ヾ}  /'丿: :ノ            AAがイケメンなので
                /:::/{: :ハ: :ゞ ̄`'  ヽ、  ̄´  _ノノ: ノ,ィ: : : :}
              /::::/ ヽ( ヽ:ゝ  /   \、  `ー{ :/T´: : : (_ノ)          アインハルトの淡い初恋(?)も挟み込みましたが
              /:::::::/   ー'ノ.:\ヽ、        !{ ヽ: : : : : ノ
          r'⌒::、:::::/  _  `ー'" \ 、 __,   /` 丿: : : : :)               この辺もAAに引っ張られた要素ですね。
        /`ヽ、::::::::く. /::ノ  __,....クヽ ー   /  ゞィ: : ハ: ノ.、
        /::::ノ、::::ヽ:::/'::::/ '" ̄:::;;;ヽニィ:.ゝ、-- '     /: : / /::'::::::|`丶     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       /::::;:::ヽ'_ノ-':::/:::::::::::::::;;;;::::// : ;ィト、     {: .: ;' /:::::::::::|::::::::
     /:::;::::::::::::::;;;;;:::::/::::::::::::::::::;;;;::/ /: :./ ` }      ',{ゝソ::::::::::::/:::::::::
     ヽ、;::::::::::::::;;:::;: イ::::::::::::::::::;;;/::::::{ハ{`  /  /  ヽ/:::::::::::::|:::::::::::
    /| 丶---,イ´ ノ::::::::|::::::::::::::ヽ:::::::::::::/ヽ ヽ ,.. -- 、 _ノ::::::::::::::::|:::::::::::
  /::/   ,. -'/  ゝ;;;::::::l::::::::::r--ヽ::::::::/ヾ \, ___,. - ' /::::::::::::::::::|::::::::::::
  !`ー─''":::::::/  r;;′:::::::l:::::::::|:::::::::::::::/  `    ー‐'" /::::;___l::::::::::::
  /::::::::::::::::::::::/ _/:::ヽ;::::::::|:::::::::|::::::::::::::!    /       /::::::ヽ、__:::::::::::::::::::::
. /:::::::::::::::::::::::/.'::::::::::::::::::::::::;|:::::::::|:::::::::::::|         /:::::::::::::::::::`7::::::::::::::


152◆13zn.onW3Q :2016/05/05(木) 13:40:37.20 ID:ZVU77ESj





     /            .^ヽ          \
      // /   /    l/`レi ヽ  \ヽ          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.    //..ィ≦二≧x..... /ー‐l A    トl   ヽ.
.    /.,'/::::::::::::::::::ヾヽヽ  ハ/ {   ヽl    | l
    ',':::::::::::::::::::::::::::::::',} ). | |  ∨  {    | /         また採用理由である銃撃戦ですが。
  /...{{:::::::::::::::::::::::::::::::::}.}   | | _>、  ヽ   //
    、、:::::::::::::::::::::::::::ノノ.  | |´ィ赱ア>、  \_// ,.         AAが豊富でないことからかなり苦しみました。
..   ̄\::::::::::::::::::::/イ..\! ゝ!     >  ニソ
.   _| ` .》 ===彡《   } `\  ゝ二ィ , /   '         カットインと合成でしのぎましたが、
      《ィ≦二≧x》  {    .` 一//|  /
  \   '/     ヽ  ヽ ´  ー ´イ  /l  / /         この点では新城さんならもう少し楽ができた気がします。
..   ヽ,'         ', . ==ラ /l/ / { ' /
    {:{         }.}     /_ - ――          
    、:、           ノノゝ---   ヽ            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
..    、\      /イ         }
      lヘ 、ゞ===彡'/        |
        | TT ̄TT |         |
        | :| |   | |: |         |

153◆13zn.onW3Q :2016/05/05(木) 13:54:35.41 ID:ZVU77ESj







              /\
.           /_____\
.           /____/\____\
        /____/   .\____\
.     /____/         .\____\
.     /____/ 〃⌒ヽ/⌒ヽ  \____\
  /____/    {        }    \____\
  \____\     \     /     /____/
.     \____\    \/     /____/
.     \____\         ./____/
        \____\   ./____/
.           \____\/____/
.           \_____/
              \/
 


           _  -──‐-  _              そして存在しなかったはずの宝具、
         , -'" : : : : : : : : : : : : :丶
       /: : : : : : : : : : : : : : l: : : : :\               ジーク・ヘルツアス
     , -'": / : : : : : : : / : : / : : l: \: \_,ィ          『翼よ、怖れを砕け』
  _<_, -'"─: : /: : /: : : ; イ: : : :l: : : \─<_,ィ
  ゝ_:_:_:_:_>ァ/'⌒: : / -'"_/__:人: : :\──く      これは資料を見つけた後で追加した要素です。
  //: : /-イ/ァ:/‐- ̄    /: / ヽl: :l: : :l: : : : : ヽ
  ' : /: : :{ '´fィ,ィ允示   イ二ミ_  |:/ : ノ: : : : : : |     ジーク・ヘルツアスを直訳すると、
 l: : l: :/_〕ノ ヘ"r_ィ刈     尤ノ圷v'-‐ ': : : l: : : : : |
  \: ∨─   ‘,乂こソ  ,  弋しzソ ノ>: :/: ノ : : : : /     「第77戦闘航空団”ヘルツアス”に勝利を」 となります。
    \\   ハ'''''' , ─‐ 、 ¨¨,,,, 厶-''イ : : : ; -'
      ``丶  ヽ  |    |    _ イ: : : , -'l/
        \ ノ⌒r─┬'─彡─⌒             不名誉と弾劾に見舞われた彼と彼らの部隊が
          }‐ ヾ <+>==>、
            /  >只<. l \                それでも終戦まで戦い続けた、その生き様なのであります!
        /  〈/  \〉人
        〈/⌒>.、    l ',  \
      / : : /: : T: 丶,__|  ',   >             日本ではかなり影の薄い部隊ですが、
     丶: : : /: : : :l: : : :l : :l\ Y彡'^ーっ
       \/: : : : :|: : : :l : :ヽ _>  `ー⌒             かの有名な「アフリカの星」マルセイユ亡き後
        |   ̄Τ T‐┴‐'Τ
        |   /  ‘    |                   アフリカ、地中海戦線を支えた部隊であります。
        } 、 ,/   ‘、  l
       /_ /    ヽ_,)、
       /: : :/      ヽ: : :}
       辷7       l辷7

154◆13zn.onW3Q :2016/05/05(木) 13:59:53.40 ID:ZVU77ESj




                       _____
                    . : : : : : : : : : : : : :`丶
                  / : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
                  /: :/: : : : : : : : : : : : : : : : \\
                 . : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\         そうした背景を投影した宝具を作るにあたり、
.               /: : : : :/: : : : : : : : : : : : : 〉 : : : : : : : : : :\__/〉
          __/: : : :〈//: : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : /
        、_..Ζ: : : : / : : : : : /: : : : :/: : : イ: : : :/: : : : : : : |: : : \      まず『精神干渉』がキーワードになりました。
.          \_: : : /∠: .://: : /:⌒//: :/ /⌒/|/| : : : : :八 : : : : 丶
.          /: :.:/ : : / :| : : : /;斗牟x/  厶斗牟x | : : : : : : :\: : : :│    JG77で、おそらく最も長く過ごした兵士であるジークに
         | : : i: : :/| : : : |ィ〃 __):::ハ     __):::ハ乂: :/|/: : 厂 : : :リ
          乂__| : : 人八: iハヘ.弋__ソ     弋__ソ ノイ : : : : /: : : :/      この部隊を象徴する宝具を持たせるなら
             ∨/ : :丶: :ヽ >      ′     /ノ: : : : :/: : ∨
             〈: : : : : : \_八     {  ̄}   ∠二: :イ /人: 〈        浴びせられた罵倒糾弾への超克が相応しいと考えたからです。
                \|\トミ: : _.:>: .   、__ノ . .イ: : : :/{/´   ̄
               /)冖ト、∨ :_ト -:<|:/| :/}⌒\
                  //  '′}r'こノ    {┬(//   ` }          『翼よ、怖れを砕け』  という宝具名の所以ですね。
              ∧     } |       | 〈      ∧
            __厶ヘ,,_    丿{ニニ二二ニニ} ∧    _,厶ヘ.
           /二二ニニ=-<_ マ///╋///  _>‐=ニ二二〉
             /       \∨  ∨////∨ //      ∧


155◆13zn.onW3Q :2016/05/05(木) 14:01:55.55 ID:ZVU77ESj






     / : :/: : : : : : :| : : : : : : | : : : : : i : |: : : : :|: : : : :\ : :\__:\\
.    / : :/: : : : : : : :|/: : : :|: .:| : : : : : |:斗----ト|: i : : : | : \__ノ : 〈\\
   l : : | : : : : :|: :/: : : : :|: .:| : : /: /|.:∧ : : : | 川 : : : |: : : :\: : : : ̄|: :}
    | : : | : : : : :| :〈/: : .:|/| : /: / .|厶≠ミノ l | : :|: |: : : : : :∨: : }:|.:/    アインハルトさんにはちょっと可哀想な結末になりましたが、
   ]| : : | : : : : :l: /: : : .:</:|: :, ' / x仏癶ミメ L:/|ノ: : : : : : :}: :/ ノ´
  . 八: :|: : : :/ :|: :/:/ / : //      ' _):/∧ 〉/: : : : : /: : :/.:./'´
_,/: : : :∧: : :/: /|/: .:/ 厶イ癶        ∨/ソ /: : : : /: :/: :{__        こうした生の実像を元にした英霊:ジーク、
--イ: : /.: :.∠/: |: .:/ 〃´_):/∧        /: : .:/: :/: /\_ノ
  | : : : : : : \: ∧: | 八 ∨/ソ   ,      ̄ ̄| ̄ ̄/八           >>1としてはけっこう満足に書けたようですが
  | : :/|: : :|: : :\ ヽ〉 : :\__,         ,      ,|: : : :{⌒\__
 .八: :{_| : : \:. : :` :-----:/       -‐        \)-く  /ー―― \_    みなさま、いかがだったでしょう?
.   `¨¨\: : :.\: : : : : : /\__          /   /     |        / ̄ ̄\
        ̄ ̄ ̄ ̄j厂\)ー=会=―┬―<     /     /|ー―‐  /       >>1からのお話は一旦ここまでとさせていただきますが、
              _/   |/ ̄ ̄|    \__;/     //|      / 
              /⌒     \   |ー―-  j/     //|     {        疑問・質問ございましたら、いつでもどうぞ。


156◆13zn.onW3Q :2016/05/05(木) 14:22:33.90 ID:ZVU77ESj



org849095.png


               イ  ̄ `´  ̄ `
            /       ーヽY    `\
           /        ´  )´-   ` \
          /            Y⌒   、`∧
            ∧ /  /    /.   l⌒l        l
         l  l.  /    .,/  / ヽ .l  \\  、_,ハ
         |  {   |   / /_|  |---{ |    ヽ\ ノ
       ヽー=/.:  .| /  /-|.: .:|_ /}-)ハ  {  ∧
        \  |.:  | | /::::::∨./:::::_| |x<_z.:  | ヽ ∧         ――――― 最後に ―――――
        ー‐ ハ   | |./::::::::::)/iY´ ,) |´ッ7) |  |.  |
          // l ∨ ハ イ:::::::::::´/` /::)|:::::::ムイ ノ )/         ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org849095.png
             \\\l:::`::::::::::::ノ   |:::|/:::::::::/ ノ / ´          (左から青年、中年、晩年)
         ハ_ ノ ヽ-ヽー- ´     l:::::::::::::ムイ´
        (   |.: .:|∧     ` /::::::::::::/ノ               ジークフリート・フライターク
           ノ\|.:  l, :\  ー---::::::::/ ヽ-ノ
       //∧.   、_,ハ:\   -::::::::/)`l ̄´             1917年5月4日 (あるいは1919年11月10日)生
      ´/   \.    < ::\ _:/.:〈 ノ
     , イ  ̄  `  ┴x  ∧     /  (-                 2003年6月1日 没
   /   ---- 、 \\ ∧ ヽ/⌒∨ハ_\
  / /´        ヽ ヽ ヽi ./////)   | \
  .|//         < ̄`x ヽ //////ノ\ .|   \
  |//  / ./////////)///////\ ) レ.    \
 //    /´ /l//l///////ノ`  、/∨  ∧∨     \
(|/  /  / 〈///` ー ´//////|\  ∧∨      /       ※ おそらくキャラクター造形が
..レ /  /  ∨////////////// ノ  く   ∧∨    /
//: :|  /    .|//、_x-‐=ニ ̄´/ヽ   \  ∧∨   イ          書いてて一番深くなった人物。
/:::::::∧ |    |///////////////|-- x 〈  ∧∨   {i
l::::::::::::::〉/    ∨////////////.ノ     <  ∧∨  ト\         だからこそ一番最初に脱落させたとも言える。
`〉:::::::::::|     l////-‐''''´ ̄//`l ヽ   ゚  \∧∨ .| l ゝ_
 \::::::::` 、    ∨////////////| | `  、 /| ',∧∨| .l  /       皆さまが彼らの仲間たちの今後を
  |`ヽ:::::::::\.   ∨/////////..|  .  Y   |∧ | | | ∧  |
  |,  \.: ..:ニ=‐- l///////   |     |   | ∧| | |  〉 |       見守ってくれるよう、願うばかり。
   l   ` >x< ´ ` ̄ ̄´      |     |   l ∧| ||  / |




157◆13zn.onW3Q :2016/05/05(木) 14:24:44.29 ID:ZVU77ESj


            ヘ        -、
         / {  \_  / /|
          {> ´     ` ./ |
       ∠ /  / ハ  }   V<
       / '  /ニ、 Vニ、}   \     ねえ、殺すたびに毎回これやる気?
      /  |ハ {.●  ● ソ  }   \
     /   /ルヽ. ーー' ∠彡ヘ.     \
   . - 、   /  ,<{ ̄/>、   \     ゝ― 、    .//
  {. /   \ /  /l{、 ∨ ./ハ    \./   \ }  ./ /


     ,. '"" ̄ ~~""""''''',;
    /      (",、_" ヽ
   i      ,,.、 //へ.ニ7ノ
    !     {(`l | `ヽ==ji,ヽ
   l      ll (l |   /  ヽ.    うん
    ゙、      >`l | '   ェ‐゙
     ヽ,__,/ ヽ l,,|    'ぅ      
      /    \ヽ、 ,   〉
     /~"'''ー-..,,_  ヽ _ { ̄


158◆13zn.onW3Q :2016/05/05(木) 23:27:20.66 ID:YoP4lkfr

(濃ゆすぎて引かれたかなーという顔)

159 :GWの混雑対策として専用ブラウザを利用してください:2016/05/06(金) 00:15:46.91 ID:sv1Vxh1e

乙でした
トラウマを抱え、苦しみ、乗り越えるキャラクターに、ロックオンははまり役でしたね

勲章を与えられたエースパイロットとのことですが、英霊の座に記録される「偉業」には足りなかった?


160◆13zn.onW3Q :2016/05/06(金) 00:26:41.46 ID:HkIBU8mT

公式記録3ケタ級の撃墜数を持つパイロットが100人近くいたドイツ軍では
トップ級や何かの特記事項持ちじゃない限り英霊の座には行けないんじゃないか、という判断でした。

ちなみにフライタークの公式記録は102機。
そのうち半分は巻き返しにかかってノリノリの優勢なイギリス軍で、
西部戦線では指折りの戦績だったりします。

フランス歩兵時代の史料もあるにはあるのですが、邦訳されていないため流石に手が出せませんでした。










【旧Fate】キル夫と名の無い少女【R-18】
http://yaruoshelter.com/test/read.cgi/yaruo001/1423017350/


3338◆13zn.onW3Q :2016/05/05(木) 17:35:54.53 ID:YoP4lkfr

>>3324 答え合わせ

                     /\ヘ..:  ―-   ...
                 __/⌒/ ..::::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ∧
                  / r―‐/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∨ ∨⌒ヽ
                  (:::::: \, :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', /  / ⌒ヽ
              ( //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∨   / :: { :: }
               ∠ / :::::::::::::::::::::トミ::: Ⅵ::::::::::::::::::::::::::::::::_r==ミ:: 乂_}
               (:::::, l| |:l:::::::::::::::::|、、}ll{,,,|:::::::::|:: i:::::::::::::::::l}   \ /
                .∨{:|l| |:l:|:::::::::::::::|    |:::::l|l|:: | ::::::::::::: 人  _ノ
                ./ .|:|l| |:l:||:|l|l|::::::|    |:|l|l|l|:: |:::::::::::::::::|| \__ノ
                .⌒{:|l| |_」|」」」_||l|    |」」」」_ |::::::::: }:::::||\_)
               {乂从从从从j     从从从j::::::::l||:::::|ト、:::: }         _
                   j:|::|::|::|弭苧ミ    f弭苧ミ ::::::l|トミ::| }:::::|     /   〉
                   |:|::|::|::|l 沁ソ       代_刈 ::::::l||_ノ::| |:::::|    / <>/         告滅莫邪
                   |:|::|::|::|{            |::::::::l||:::::リ |:::::l  / <>/
                   |:|::|::|:八     `       |::::::::l||:〃  ! :: / <>/       ランク:C   種別:対人宝具
                   |:|::|::|:l::个 、    ー     イ|::::::::l|l(\ |/ <>/
                   |:|::|::┌┴┬==========ー┤::::::l|| \`<   /       セイバーの打った、刃こぼれのある剣。
             /⌒ヽ:|::::|  │ニニニニニニ二|::::::::l|| /\` <
           / 7⌒) 从j.   └──ニニニニ从从/ / へ \   剣身には名の謂れとなったセイバーの妻の念が宿る。
             / 二7 / /⌒\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ . / / /二 \)
          ./ 二7   へ 。\。\/ニニニニ二/ / / \二 ヽ  鞘から抜くと短い閃光を放ち、その光を目にした相手に対し
          {二 l /二 \ノ\ノニニニニニ/ / /7     ヽ二.|
          |二 |ニニニニニニニ二二二二/ / / 7      }二|           自壊の呪詛を刻み込む。
            /|二 |ニニニニニニニニ二二/ / /.ニニ7       } ノ
        / .|二 |ニニニ./⌒)ー-  / / /.ニニ7      / ∨     呪詛はたとえセイバーが消滅しようとも継続し、
          /  {二 }二 /  /     `ー-ミ  .|二 {          }
.         /   人  ヽ /  /         \ {二 {     人  |  対象が心底勝利を確信した心の動きをトリガーとして発動する。
        /     .\/  /             \  ノ        ヽ }
.       〈      /  /                 Y´          〉
.     人      {   {                     {         {
     {  ヽ    .|   |      \                     〉
     /      .|   |        ヽ                      {
   /        .人   {                              |
  {       /   ヽー──────ミ、                    ノ








                                      三馘干将

                                 ランク:C   種別:対人宝具

                              セイバーの打った双剣のうちの雄剣。

                             腰に佩いた状態では常に隠匿されている。

                                真名を開放してひとたび抜けば、
.         ,、
      /;;;;\                     1振りごとに1つ、合計3つの首を落す。
.     `ヾ__;;;;;;;;> .,__ へ .,
         ` <;;;__::;;;;;;i⌒\;> .,_  仮に周囲に敵がいなければ、手近な首を刃に掛ける魔剣である。
                 |  (__)_\XX≧=- .,_
                 |/ XXXXXXXXXXXX≧=-  ..,____
                  ̄ ̄ ̄¨¬<,XXXXXXXXXXXXXXXXXX> .,
                        ` ' <XXXXXXXXXXXXXXXXXX>
                               ` ' <XXXXXXXXXX> ´
                                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






3339◆13zn.onW3Q :2016/05/05(木) 17:37:31.92 ID:YoP4lkfr

というわけで紅茶さんがいつもコピってる干将莫邪を作った干将さんでした
お題AAについて調べてたら5秒でなぜかこの夫婦が思いついたため決定











一覧
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

令和になって1ヶ月、皆様いかがお過ごしでしょうか?
ぽんにとっては日常に変化は無いのですが、たまに見るモノに令和01年、とか書いてあるとおぉと思ったりしております。
そして梅雨のシーズン到来の時期でもありますね。
ジメジメムシムシで不快指数が上がりますが、水不足などに悩まされないためにも必要な事なのでガマンガマン。
ついでに雨で外出が億劫な時は、やるぽん!でも眺めてノンビリ過ごしてみてはいかがでしょうか。<(_ _)>


一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

19/05/26
やる夫は誰かを救う悪になるようです 追加

19/05/18
エージェントやる夫の日常茶飯事 追加

19/04/14
やらない夫は「The World」にログインするようです 完結

19/02/10
真・女神転生 ~やる夫の嫁は加賀のようです~ 追加

19/01/21
できる夫とマリーがたどる仮面ライダーファイズ 追加

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



月別アーカイブ
FC2カウンター