魔剣物語 設定 その2 やるぽん!

ビルド第7回 ナイトローグの正体が! おかげで、なんというか、スタークに比べて小物臭がしてきますね。。 そして物語の鍵になりそうな葛城博士、かなりのマッドっだったぽいですね。 ここからどう物語が進むのか注目です。

魔剣物語 設定 その2

8232エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 19:51:28 ID:WQKRn8wl

カップリングと言えば、魔剣物語はモーさんとハザマさんの組み合わせはなかなか妄想が捗る。

8240 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 19:51:54 ID:5f5XEVH3

ハッザロリコン!!

8252 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 19:53:52 ID:yVblLQkK

別のルートでは仲良くイチャつきながら戦場に乱入してきてたりするんやな > ハザマもーさん
なお

8257 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 19:54:50 ID:HUK5SQCk

>>8232
年齢差考えると、だんだん成長してくにつれ意識していった感じだよな
その後パパ上死亡でちょっと疎遠になってしまったあとでモーさんの敗北(意味深)起こるのかと思うとこうハザマ視点でもなかなか

8258 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 19:55:44 ID:qYlaRDsy

>>8232
魔剣「だがもういなくなった!」

8260 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 19:56:59 ID:YEf0ymOu

ハザマxモーはどうやって救うんだよ!エイワス!

8261 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 19:57:07 ID:/YWNGpnL

昨日の投下からもう一度年末の魔剣まとめ見たけど
モーさんダイスだけ本当に酷いピンポイントでアカン所ばっかりだったな
あと序盤のモーさんの行動が魔剣知ってると渇いた笑いしか出なかった


8262エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 19:57:08 ID:WQKRn8wl

魔王ルートはポイーなんで………セクハラするハザマさんにモーさんブチギレながらもそんな嫌がってないとか妄想すごい捗るんじゃ。
オッサン×少女は至高やな。


8263 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 19:58:02 ID:YEf0ymOu

>>8262
幼女時代ハザマのお嫁さんになるとか言ってたんやな

8265 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 19:58:42 ID:VNHhY7kc

ファーストコンタクトはパパ上と話し込んでるハザマさんに「パパ上とられる!」って警戒心バリバリのモーさんだったとかだと滾るよね

8276 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:02:42 ID:AwQomSeJ

ガトリング斎とディアーチェの恋の行方を見るために
魔剣と戦う覚悟があります

8284 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:04:36 ID:HUK5SQCk

>>8262
とっさにブチギレるけど、内心はそうでもなかったりするとかそんな感じだろうか>そんな嫌がってない

8293 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:06:10 ID:z5NBbub5

自分は魔王ルート好きだけどなぁ
ゴジラ見てるような気分になる

8296エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 20:07:02 ID:WQKRn8wl

>>8284
ブチギレて殴るけど本気で嫌がってないとかそういうの。本気で嫌がってたら分かるからな態度で!


8302 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:08:36 ID:JCINJHj4

>>8293
自分も好きだよ魔剣ルート
欲を言えばハザマともう少し仲を深めてからバッサリの方が好みだったけど

8304エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 20:09:40 ID:WQKRn8wl

あれはあれで面白いのは分かるよ。でもごめん、私ハッピーエンド派なの、、、、w>魔王ルート

8305 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:09:59 ID:/YWNGpnL

>>8293
ナカーマあのどうしようもない感じがいいよね
狐様が魔剣持ったら√も見てみたい


8309 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:10:26 ID:bqlRXcip

まあ・・・二次創作ぐらい愛と勇気が勝つストーリーみたいよね・・・・

8311 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:10:50 ID:cg+gr/JJ

書いてるエイワスの精神ガリガリ削れるから仕方ないね

8312エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 20:10:57 ID:WQKRn8wl

十中八九何もしないんじゃねーかなぁ…………w>お狐様が魔剣を手に入れた場合

8313 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:11:06 ID:z5NBbub5

>>8305
狐+覚醒前魔剣 じゃあ逆立ちしてもビィくんに勝てんから安心やな!

8314 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:11:19 ID:JLwmUNsw

ぶっちゃけ愉悦愉悦というがそれは過程だけであって 結果はノッブばりに喜びたいもんな

8315 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:11:37 ID:VNHhY7kc

あの人フォークより重いものなんて持ったことないし、「こんなもの持てないんじゃが」で終わっちゃう

8318 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:12:13 ID:2dnO0CGH

すまない…一流のバッドエンドより二流のハッピーエンドの方が好きなんだ、すまない…
ハッピーエンドに必要な挫折とかなら有りなんだが、後に残ってるのがほんとに絶望しかないのはキツイ…

8319 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:12:23 ID:HMQTEcdf

何が怖いってさあ、あの配役でなかったらああはならなかっただろうという歴史の奇跡感。

8320エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 20:12:28 ID:WQKRn8wl

「これが噂の魔剣とやらか。誰かが振るわねば何の役にも立たぬ辺り、思ったよりもつまらんな」でケースにでも飾って酒の肴にするかなぁ、、、>お狐様

8321 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:12:40 ID:bqlRXcip

お狐様はもう冷め切った内心を燃え上がらせるような熱い男と結婚するぐらいしか無いんじゃないだろうか・・・・

8323エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 20:13:09 ID:WQKRn8wl

そう考えるとお狐様もすごい大物というか、魔剣に呑まれてない辺りアルトリアさん並みの王器を感じる。

8325 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:13:17 ID:/YWNGpnL

動かないのかよ!
どうしたらマジあの有能暗君動くの?

8329 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:14:33 ID:rsyCHpaX

狐様+パパドラゴン+モーさんでアルトリアさんだからなぁw
精神的な部分とか王の器あたりは全部狐様受け持ちだろうし

8331 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:14:48 ID:OF33X82c

魔剣「斬るのです…」

暗君「寝るのです…・…zzz」

8335 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:15:21 ID:6LzFj53C

魔剣を振るえる力→モーさんに
魔剣に呑まれない力→狐様に
アルトリアさんの力は二人共受け継いでたんやな……!

8337 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:15:58 ID:ULN7Wqza

救いようが無いBADも悪くは無い
ただ、たまにじゃないとこっちのハートがブレイクしてくるよね

8354エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 20:20:37 ID:WQKRn8wl

お狐様は「別に自分が何かせんでも世界は流れるところに流れるんだから、別に自分が何かする必要なくない?」って感じだからなぁ。

8361 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:21:57 ID:/YWNGpnL

うんまあ世捨て人とかなら問題ないスタンスだけどアンタ女帝でしょうがw
仕事しろ!


8363 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:22:21 ID:T8x/lnuQ

天才は人より優れてるがゆえに人より絶望しやすいという弱点があるからなぁ・・

8377 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:25:03 ID:VLcVyEQz

>>8361
「何を言う?女帝だからこそ働かずとも生きていけるのだろう?」ぐらい言ってくれるよきっとw

8379 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:25:15 ID:zH/W4dbv

狐様は「私の血はこの国に絶望している」的な・・・w
才覚を振るう程帝国に価値を見出だせなかった感じ

8381 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:25:49 ID:bqlRXcip

なお住民的には長く顔が変わらず綺麗な女帝としてそこそこ人気な模様

8389 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:26:59 ID:0Gh9EChj

魔王ルートが面白いのは認めるよ
だけどハッピーエンドも見たいんじゃぁ!


8391 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:27:12 ID:rsyCHpaX

帝国も腐ってはいるんだろうけど、狐様が能動的に動いて抜本的に改革が迫られてるほどじゃないのがね
あと百年もつかはわからないけどそう直ぐには崩壊しない程度の腐敗

8394 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:27:56 ID:vUT1/ZX6

雷十太先生とアリーシャが幸せになるところが見たいです

8397 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:28:48 ID:+Kml5te2

>>8394
なんかどっかの田舎で道場開いてたほうが幸せよな

8402 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:29:32 ID:zH/W4dbv

雷十太先生は最後まで美味しいポジだったなw

8403 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:29:49 ID:Ir7G4pnq

つまりモーさん始末して剣を海か火山のなかにぶち込めば腐敗続行だがみんな幸せルート?

8405 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:31:22 ID:rsyCHpaX

魔剣さえなければ、あとは人の力で帝国が維持されるか諸国が帝国を打倒すかっていう歴史ルートに入れるんじゃないかな
戦争は起きるけど、凄い健全に歴史が進む


8409 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:32:19 ID:z5NBbub5

魔剣さえなければ → とっくに人類絶滅してる

8410エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 20:32:57 ID:WQKRn8wl

でも生身でエルダードラゴン級のアリーシャさんにそんな田舎の小娘暮らしなんて無理なんやで。。。

8412 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:33:00 ID:t6BYQDAe

あくまで英雄の時代に移ってからの話だろ、魔剣がなければってのは

8413 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:33:03 ID:H4b+bXMh

魔剣が折れても、既に人類が滅んだ世界から魔剣が転移してくるって?

8414エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 20:33:25 ID:WQKRn8wl

滅亡はしないけど魔剣がなかったらそれはそれで竜の時代が終わらない模様。

8415 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:34:18 ID:rsyCHpaX

竜の時代を終わらせて英雄の時代になったら魔剣破壊してれば一番良かったんだろうな、破壊できれば

8416 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:34:24 ID:8jNESFDP

ほんとマジで厄介だなあの魔剣……

8417 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:34:40 ID:HMQTEcdf

ああ、そうか魔剣が無いと竜がいなくならないのか。
そして魔剣を存在させてしまうと……ヒギィw

8419 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:34:51 ID:z5NBbub5

チートアルトリアさんでも封印するしかなかったってのが問題やな

8420 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:34:59 ID:il4jWoC0

破壊できたならビィくんとアルトリアさんがとっくにやってただろうしなぁ……

8423 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:35:54 ID:t6BYQDAe

どこかに捨てるとなると、それはそれで将来的に魔剣の恐怖が残るという

8424エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 20:35:58 ID:WQKRn8wl

初期段階なら叩き折れたんだろうけどボーラス様を魔剣で倒しちゃった時点で最強一歩手前状態だったんで、封印して少しずつ
弱らせて朽ちさせようとしたって感じですね。なお初代皇帝。


8427 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:36:26 ID:VLcVyEQz

ビィ君以外の竜がもうちょっと人類に寛容ならば良かったのだが所詮は元よそ者だからね人間…w

8430 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:37:09 ID:gG+lteuE

魔剣「俺は悪くねえ!魔剣に勝てない人間が悪いんだ!」

8434 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:38:33 ID:xxF5sG0v

かといって魔剣壊しても未来でそれを必要なじたいが未来にあるから知れないと思うからこういうのは壊しにくいよな

8435エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 20:38:50 ID:WQKRn8wl

人類の庇護する側は絶望王やアインズ様という基本始祖サイドですからなぁ。竜王側で人間サイドなのはビィ君オンリー。
だから結局、魔剣造らないと古竜戦争に繋がらなくて始祖の方が一方的に弱ってくばかりで、ボーラス様含めた暴君な竜達に
弱い人間はひたすら搾取されるだけの状態に。

8436 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:39:02 ID:rsyCHpaX

昨日のプロローグ分みてると、人に寛容なビィくんのほうが明らかに異常だからなw

8438 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:39:10 ID:T8x/lnuQ

もう魔剣は精霊が済む泉にでも沈めて監視してもらうとかじゃないといかんな

8441 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:40:15 ID:t6BYQDAe

だって古竜からすれば人間って他所からきたくせにガンガン増殖する虫みたいなものでしょ、寛容になれってほうが無理よ

8443エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 20:40:25 ID:WQKRn8wl

あと人類サイドの地力が底上げされたのも、魔剣の影響があります。そういう設定になった。
特に理由もなしにエルダードラゴン級の人材が生えるのも不自然だし。


8446 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:41:14 ID:5J37yB8h

>>8441
「オイラは虫好きの変態!」

8447エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 20:41:28 ID:WQKRn8wl

魔剣使ってドラゴン殺したりしてどんどん使い手が移り変わってく内に、魔剣が取り込んだ竜の力が人類全体に還元されてった感じ。
だから稀にその力が発現してやたら強い人間が現れたりする。


8448 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:41:32 ID:I9IiPKrI

ああ、なる
慢心龍ボーラス様が人間に魔剣を与えた影響か

8449 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:42:06 ID:il4jWoC0

ビィくんも本来は人類をリバースデストラクションしてたけどアルトリアさんみたいな英雄たちに出会って変わったとかありえそう

8450 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:42:22 ID:/YWNGpnL

ボーラス様マジ黒幕なお死亡済み

8451エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 20:42:24 ID:WQKRn8wl

つーか多分、絶望王がそういうシステムをそっと魔剣に混入したんだろうなって。結果としてボーラス様に因果応報剣がぶっ刺さった。

8452 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:42:34 ID:toTIXUMv

まぁ、そうですよねw>特に理由もなしに~
人類最強はダイスでなければ納得できないレベル

8457 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:44:05 ID:HUK5SQCk

>>8451
絶望王はマジ人類サイドだったんだなあ

8458 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:44:52 ID:rMvvHOsp

うっかり策士ボーラス様

8460 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:44:57 ID:I9IiPKrI

絶望王、マジ庇護者

8461エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 20:45:25 ID:WQKRn8wl

絶望王としては最終的にボーラス様に死んで貰わんとあかんからね。。。
人類サイドではあるけど、それはそれとして彼は始祖を覆う斜陽を払う為に人類を利用する事を決めたわけで。


8466 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:46:21 ID:il4jWoC0

死んでる場合じゃないぞボーラスマン!生き返ってモーさんたちにボコられるんだ!

8467 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:46:27 ID:0Gh9EChj

ボーラス様が生きてたら結局始祖にとってもどん詰まりやからなー

8468 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:46:36 ID:OF33X82c

そういえば始祖はアインズ様以外全員死んでるんだっけ?
絶望王だけでも生きてればなんとかできそうなのに


8469 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:46:56 ID:bqlRXcip

とりあえずビィ君とハザマとモーさんの珍道中が少しでも良いから見たいそれだけで救われるんやなって

8471 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:47:16 ID:rsyCHpaX

前の設定の時点では死んでたかな…だからこそ黒幕不在に拍車がかかったという

8472 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:47:19 ID:0Gh9EChj

ドラグナール大陸第一部はボーラス様を心置きなくブン殴れてカタルシスやばそうw

8473エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 20:47:38 ID:WQKRn8wl

始祖は正直、生きてても良いし死んでても良い。

8476 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:48:10 ID:khX2Cadu

始祖はダイスで生える

8478 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:48:24 ID:rMvvHOsp

モモンガ様は生きてるしねボケてるけど

8480 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:48:39 ID:6LzFj53C

この大陸って宗教はどうなってるんだろう
紫蘇が崇められたりしてるのかな


8486 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:49:09 ID:I9IiPKrI

そこら辺は魔剣物語の世界観を借りる人次第ってこと?>始祖の生き死に

8488エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 20:49:39 ID:WQKRn8wl

>>8480
神様崇めてます系の宗教はない代わりに、ビィ君とか始祖が神様の代わりに信仰されてる感じ。


8490 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:50:07 ID:z5NBbub5

アインズ様は死の神ですね分かります

8491 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:50:20 ID:OF33X82c

まあ始祖が生きてたって武力値的には竜を遥かに超える完成した魔剣には対抗できんしな―

8492エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 20:50:40 ID:WQKRn8wl

>>8486
ですな。始祖に関しては「アインズ様はご存命(但し痴呆)」以外は明確には決めない感じ。
少なくとも古竜戦争前にアインズ様に薙ぎ払われたのだけは間違いない。


8494 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:50:54 ID:VLcVyEQz

>>8486
始祖&ボーラス「黒幕が必要になったら起こしてくれ…死ぬほど疲れている…」
こんな感じじゃね?

8498 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:51:10 ID:0Gh9EChj

一つの魔剣が完全覚醒するともう止まらんからなぁ……(魔王ルート見ながら

8501 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:52:12 ID:z5NBbub5

>>8492
やはりアインズ様は至高の御方…… 世界という名の宝石箱を捧げねば(使命感)

8512エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 20:54:56 ID:WQKRn8wl

この世界のアインズ様は、同胞達が狂っていくのを救う事も出来ず、ヤバイ手段に訴える事を選んだ愛弟子を止める事も出来なくて
過ちを犯した同胞達をその手で討つ以外に選択肢も存在せず、魔剣という負の遺産も自分の手では始末をつける事も出来ずに
ただ大いなる歴史の流れに徐々に朽ち果てていくしか無かった疲れた老人だから………。


8513 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:55:10 ID:+Kml5te2

魔剣が人類への最後の試練に見えてきた

人は神から脱却できるか

8514 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:55:14 ID:rMvvHOsp

魔剣も折っていいんですね!

8516 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:55:42 ID:+Kml5te2

>>8514
いいぞぉ!
できればなぁ!

8517 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:55:55 ID:il4jWoC0

カリおっさんとの交流は数少ない癒しなんやな……

8519 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:56:04 ID:rsyCHpaX

あげく魔剣ルートでは若い人達からガンガン死んでいき、魔王の時代が続き大魔王がうまれるのを見させられると

8521 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:56:38 ID:OF33X82c

精神が膿んで疲れ果てた老人を、偉大な吸血鬼の王が再起させる系の物語はよ

8522 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:56:42 ID:bqlRXcip

カリおっさんが爺さんの歴史を紐解くのに全て掛かってる感

8524 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:56:54 ID:0Qm4MtOX

分かってる分だけ赤薔薇さんに情報ぶん投げてくださいよ!!

8527 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:57:18 ID:t6BYQDAe

ボケなきゃ狂ってたけど、ボケてたせいでいざという時に何もできないとかもうね

8529 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:57:48 ID:8jNESFDP

まさかあのボケ系アインズ様に同情する日が来ようとは……

8533 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:58:54 ID:Q5PY1Igi

魔剣がほとんど一つの指輪状態。
火山に捨てられないんですか!?

8534 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 20:59:00 ID:I9IiPKrI

魔王ルートのアインズ様の心境は、もう想像もしたくないぐらい悲惨であるな……

8549エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 21:02:01 ID:WQKRn8wl

なお魔王ルートだと、魔王化して次々と英傑を屠っていくモーさんに「私が打って出る………!」と立ち上がろうとしたところを
カリおっさんにどつき倒されて、「アンタが死んだらホントにどうしようもなくなるんだよ!どんだけの責任が乗っかってんのか理解しろよ爺!」と
諫められて血を吐く思いで後方支援に回る模様。>アインズ様


8552 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:02:38 ID:0Gh9EChj

>>8549
鬱ーい!惨ーい!(確信

8553 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:02:40 ID:OF33X82c

ヤバイ
今エイワスの顔がぺかーって光ってるわ

8554 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:02:42 ID:+Kml5te2

アリーシャはどんな死に方したんやろなあ

8558 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:03:02 ID:bqlRXcip

アリーシャは・・・かばったんやろなぁ

8562エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 21:03:57 ID:WQKRn8wl

そらもう完全者さんがカリおっさんやアインズ様の魔力直結したステラを魔王に叩き込むまでの時間稼ぎですよ。。>アリーシャとルーク辺り

8563 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:04:12 ID:Kp01DhX2

老兵は死なず去るのみと言うが、若者の盾になって死ぬこともできんとは……

8569 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:04:52 ID:bqBO1V7M

魔王ルートの十二英傑が次々散っていく流れを思うと
見たいような見たくないような複雑な感情が胸を駆け巡るわ


8571 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:05:04 ID:yVblLQkK

ステラは誰が何のために作ったんやろ?

8574 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:05:32 ID:khX2Cadu

ステラは元ネタだと弓自体は天使に寄越されたんだったかな

8578エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 21:05:53 ID:WQKRn8wl

多分始祖の誰かが対ドラゴン用に作った武器じゃないかと。>ステラ

8579 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:05:55 ID:il4jWoC0

アリーシャとか人類最強だし全力で足止めしたんだろうなぁ
覚醒した魔王の前に人類最強なんて羽虫程度だったが

8581 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:06:13 ID:bqlRXcip

綺麗な汁「ジャンヌ正直言って恨みかけたけどジャンヌの想いを受け取り国を復興するわ」
雷十太「道化なら最後まで道化せなアカンなあいつの死に報いるためにも」

畜生エルフ「やっべwwwwwwこれwwwwいけるわwwwwwww」(魔剣回収)

8584 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:06:38 ID:I9IiPKrI

ウィリアム弾けスギィ!

8585 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:06:47 ID:rMvvHOsp

畜生エルフは畜生何やなって

8588 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:07:07 ID:khX2Cadu

ウィリアムくずすぎぃ!

8589 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:07:12 ID:MjRddMFs

やエ糞

8591 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:07:30 ID:bqBO1V7M

エルフ滅ぼすべし慈悲はない

8593エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 21:07:45 ID:WQKRn8wl

多分、魔王との決戦の最中で果敢に戦って死んだフリを決めつつ、最後の最後に出てきてステラの爆心地に一つだけ残された魔剣をゲットする畜生エルフ。

8594 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:08:06 ID:HMQTEcdf

>>8593
それはガチでぶん殴りたいwwwww

8595 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:08:12 ID:bqlRXcip

でも俺もウィリアムで思考が絶望王思考だったらやっべwwwwいけるわwwwするわ

8596 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:08:13 ID:toTIXUMv

畜生エルフの畜生っぷりは酷かった
お前なんで英雄とか呼ばれてたの?

8601 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:08:25 ID:0Qm4MtOX

畜生過ぎて草も生えない

8602 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:08:45 ID:I9IiPKrI

>>8593
これは畜生エルフ(確信

8603 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:08:53 ID:rMvvHOsp

畜生過ぎるwwwwww

8608 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:09:35 ID:OF33X82c

ウィリアム「英雄たちよ、よく魔剣の主を滅ぼしてくれた、礼を言おう。

      これよりこの剣は我が民族再興のための光となるのだ」


8609 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:09:42 ID:IV0ENJDq

>>8593
ウフフ、死ね(直球)

8615 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:10:19 ID:+Kml5te2

最後にすごい高笑いしてそう

8616 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:10:38 ID:khX2Cadu

なんか目が赤く輝いてそう

8617エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 21:10:38 ID:WQKRn8wl

そらエルフから見れば間違いなく英雄よ。始祖の悲願を成し遂げたんやで(色んなものから目を背けて)>ウィリアム

8618 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:10:44 ID:5QVYpkJO

死んだふりする前のエルフ「ここは私に任せよ、お前たちは次を頼む 死力は尽くすが死ぬ気は無い――」

8619 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:10:54 ID:VLcVyEQz

魔剣ルートがつぶれても畜エルは畜エルのままなのだろうか…w

8625 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:11:35 ID:I9IiPKrI

>>8619
一つの魔剣が完全覚醒しないならワンチャン……?

8627 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:11:43 ID:rMvvHOsp

魔剣ルートが潰れてエルフが畜生でも良いし畜生じゃなくてもいい

8628エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 21:11:53 ID:WQKRn8wl

>>8618
多分サハラ砂漠編のフェイスレス並みに良い顔して死ぬ。


8629 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:11:58 ID:zH/W4dbv

赤薔薇さん痛恨の失敗

8632 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:12:34 ID:0Qm4MtOX

>>フェイスレス並み
畜生過ぎるwwww


8633 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:12:41 ID:z5NBbub5

アーラシュが死んで繰り上がりで最強アーチャーになったウィリアム殿!wwww でも良いのだ

8634 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:12:47 ID:z/YAKXhY

畜生、畜生め…(思いっきり顔無しに1回騙された顔

8635 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:12:48 ID:zH/W4dbv

>>8628
くっそwwwwwwww

8638 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:13:06 ID:I9IiPKrI

>>8628
やエ畜

8643 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:13:44 ID:+Kml5te2

このままだとエルフがただの畜生共に成り下がっちまうw

8645 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:14:04 ID:zH/W4dbv

フェイスレスはめっちゃ怪しかったけど、死亡イベントは騙されたなあ

8647エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 21:14:11 ID:WQKRn8wl

赤薔薇「ウィリアム………! お前は確かに死んだはずでは………!?」
ウィリアム「死んだ? あぁ、あれは俺の影武者だ」


畜生(確信)


8657 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:15:17 ID:MjRddMFs

ウィリアムがどんどんド外道のクズになっていくw
本編で綺麗なウィリアム出てももう素直な目で見れないわ

8658 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:15:36 ID:DcpxYKi/

カルデア―ッ!このどうしようもない人理を何とかしてくれー!

8661 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:15:39 ID:IV0ENJDq

ウィリアム「だって私は『自分を信じている』もん」

8664 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:15:42 ID:5f5XEVH3

フェ、フェイスレス並なら死ぬ直前に「始祖様、私が間違っておりました」とか改心する可能性も…(震え声

8699エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 21:22:24 ID:WQKRn8wl





               ({_      _   -――<jkへ、
                \_ ̄¨ア´           〉}   丶、
                 /ア´ /          .}    ヽ
_                    //′/          /  '     },\
ニ_              / / /    /   _/   ;′   |   } Vハ
ニニ_             /  ′,   /_,,  7    .:/    :|   } Vハ┐
ニニニ_               И ′,//⌒ヽ,′ .:.:.:/     |  ,′ 寸 `!       【※ところで昼間の雑談眺めてて
ニニニニニ_         _,,斗j/⌒-=ミx { i|.:.:.:/      ,: /   i{ 人
 -ニニニニ- _  ,,   ''":.:.:「       ん圷、从/     /: /    j _ノ ハ         初代皇帝はネロ様で良いかなって気分になる】
   -ニニニニア´     .:.:.:.:.      .乂tタ⌒         //     ./ _ハ j!
     -ニア /    :.:.:.:人       /        ,/     / _フ 乂j
      _7 /     -=ニ _{ヾ _、   /     /  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ,/ 7:....:, ′
      _} /{  _ -ニニニニ.}     /     /  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.r〈_/彡く
。.,,       j{ { /⌒ -ニニニ圦__ ./:.    _,./,, <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/アf^kz、: :\
  ` 、     ∨     -ニニニア:.:.:.:.:._/´, '´   "^r―=彡'// 爪 ⌒\: :〉
    丶、          -=7:.:.:/ア/jI=‐_ニニニ_ ヽ  .〈.::/ /|丶、_LУヽ
      \           {/'"ニニ=-┴"⌒ヽ、: : ̄{    〈_/i: :|     ̄`}`ヽ
        `、          マア´:.:.:.   ,:   :,,: : 乂_,/ア⌒|: :\    〈_j}
         `、        /⌒ゝ:._  ,:.   .:.:.マニニ(;,;,_   \ :.:\      ′
          ∧     ./: : : :/ /⌒¨⌒ー "⌒j|   \\__,厂\__:\
          /∧     :{: : : : :/ /: : : : : : : : : : : : ′    ヽ : : : : : : \
          /∧     :{: : : : |:|: : : : : : : : : : : : :i       ∨: : : : : : :‘,
      _     ./∧   ‘,: : :|:|: : : : : : : : : : : : :|     ノ: : : : : : : : ,′                /
  _  ,′\   /∧   _,∧: : :∨ : : : : : : : : : : : : ノ     ,: : : : : : : : .:.′              ,
  i{^\i|: . : .‘,  /^厂 ̄  jk、:.:. : : : : : : : : : : :_:/    .:  ′: : : : : .:.:.:i{      , ⌒ヽ        /
 八_r‐ 、_ :_. : V^7  }、   ,:.:.\:.:.:.:.:.:.... : :_:ィf7      .:   ,: : : : : : :.:.:.:.:八___   /         j{
 (^,′/ / r¬v⌒Vj{ \ ′:. : : :ー=r<:.:.//       :  j{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.: :`、   "  ,,_   Y⌒Y⌒
. _j」:. i{. { く_,ィ i|  ' ∧   .7:.:.:. : : : : .:./:.:.:. //      :  人_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :`、     "  ,,_      __
/: :しjしjしへ |  .//{   ,:.:.:.:. : : : .:.:/:.:.: : {└-  ._   :/∧_厂`ヽ:.:.:.:.:. : : : :`マ=- .,_     " ,,_-: : : :
: : : :`¨^´∧:.: 寸_,// :{ ./:.:.:.: : : : :.:/:.:.:. : :  ̄¨ : :‐----< : マ´  jニム、:.:.:.:.. : : : : :寸ニニ=- ,_    " ,,_ :
: : :/: : : /:.∧: : :` く: : { /:.:.:.: : : : .:./:.:.:.:. : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:}マニニニム、:.:.:. : : : : : 寸ニニニ=- ,_   "
: :/: : : /:.:.:.:∧: : : : :\}′:.:.:. : : : /:.:.:.:. : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:/∧ニニニニ丶、:.:.:. : : : : 寸ニニニニニ-,_
: : : : :/:.:.:.:.:.:.:.}: : : : : :.:.\:.:.:.: : : :jL二二二二 ‐- : : __,// _マニニニニニ丶:.:.:. : : : : 寸ニニニニニ-,_
:i{: : :,:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:. : : : : :.:.V:\:.: : ∧:.:.Vハ:.:.:.:.:.:.:≧=------―く_/⌒ゞ=-ニニニニ丶:.:.:. : : : : 寸=--------
: : : :,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : V:./:.:. { `、:.:Vハ: : : : : : : :\\/ ̄ア厂¨¨´⌒`弌z‐=ニム:.:.:.:.:.. : : :`寸:.:.:.:.:.: : : :
: : : ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.: : : : : : ∨\ {  `、:.Vハ: : : : : : :γ⌒ヾ//  `  .   Vr弌ニム、:.:.:.:.:. : : : 寸:.:.:.: : : :
: : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.: : : : : : :', : :∧    \\ 、 : : : 乂__ノ^ `  ..,___`ヽ_Vハ: : :`弌L_:.:.:.:.:.:.:....‘,:.: : : :
: : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:. : : : : : :',: : : `、    \\\: : : : : : : : : : : > >――‐- 、L: : : : : : :`: :<:.:.:.:.‘,:__
: : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}/:.:.:. : : : : :′: : : `、    ‘,:\\__ -‐_. .-‐: : ´ : : : : : : : : : \\: : : : : : : : : `弌_:∨:.:.:
: : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨/:.:. : : : : :',: : : : : :`、   /∧: : :\ 厂:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\\ : : : : : : : : : `弌_:.:
: : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨/:.:. : : : : ′: : : : : `、  /∧: : :/ /:.:.:. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : V∧: : : : : :|: : : : : :ヽ
: : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨/:.:. : : : : ', : : : : : : :∨//∧:/ /:.:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :V∧ : : : : |: : : : : :.:.:
_: : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′:.:.:. : : : : ,: : : : : : : :∨  i{ j{:.:.:.:. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :L/: : : : : |: : : : : :.:.:
_ \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:. : : : :′: : : : : : :∨___ノ/:.:.:.:. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :, : : :,’: : : : : .:.:
:.:.:.\ \_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′:.:.:.:. : : : ',:.:. : : : : : : ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : :′: : : : : .:
:.:.:.:.:.:.\_  ̄\:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.: : : : ′:.:. : : : : : :∨/:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ′: : ,′: : : : : .:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄∧ ∨:.:.:.:. ′:.:.:.:.:. : : :',:.:.:.:. : : : : : : 寸:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:./: : : : : : : :.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ .∧ ∨:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:. : : :′:.:.:.:. : : : : : :\:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:/: : : .:.:.′: : : : : : .:.:.:



.

8705 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:22:45 ID:khX2Cadu

ひどいことになってしまった<初代皇帝ネロ

8706 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:22:45 ID:bqBO1V7M

ネロちゃま初代皇帝採用wwwwwwwwww

あかん(あかん)


8707 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:22:47 ID:I9IiPKrI

愉悦天使に餌を与えたのは誰ダァ!?

8709 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:23:01 ID:QZuUisic

マザハ化するのかな?

8710 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:23:07 ID:IV0ENJDq

>>8707
抑止力

8712 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:23:15 ID:+Kml5te2

あー
彼女なら確かに扱えると思うよな


8713 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:23:16 ID:K7IdvQHK

アカン

8715 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:23:21 ID:VNHhY7kc

終盤はマザハ赤王ちゃまか(アカン)

8716 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:23:22 ID:toTIXUMv

ネロちゃまの笑顔を曇らせたいんです?

8720 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:23:50 ID:bqlRXcip

民のために魔剣の封印解いたんやろなぁ・・・なお

8722 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:24:13 ID:831/Zh9x

実力も政治力も軍才もあったけど精神力が足らなかったんじゃな…

8728エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 21:24:59 ID:WQKRn8wl





      【※国と民を心から愛し、祖王を彷彿とさせる才気溢れた薔薇の皇帝】



      【※―――――ただ、童女の如き心は儚く脆かった】



                   {  ___  __,、             ハ
                   乂_          `Y7>、       ( /
                /           '^ヽ    \}7〉
               /       トミ             ∨〉    -―ァ
                 /      { \         ∨〉゜/  〈                    ,. --―ァ
            イ      i  ヽ  '       `ーァ〈/ __. ′ , -‐===‐ 、        _.-‐〃⌒    /
            │   | l{    i\}    \ ヽ  }_〉^´     /        >  ,ヘ/}.:.:.:.:i      > \
            ¦,イ  !‐t{ ':,   lト、 | }    トミ、}\ }_〉   )、 ./ __ -‐‐ ¨´   / } レ‐‐{    /   /
               У.|丨 芹ミ、ヽ i}^´} 人\  }、 リ  `ー--―ァ__,ノノ        // ,ノ ヘ   !    \   \
             // |人_, {vう )ノ ,ィ゙芹ミ、∧ノ¦\ ー--  ‐==ミ       /{{_/〈〉 / }} `7   /     /..ノ}
          / ./   {│、 `゙ ,    乂'うノ^'| ∧_ \‐=ニ、 ̄\^ヽ       /  {{  /〈〉 { { /  ソ    /  .ノ
    ,.ヘ     { { 、 乂∧          人\´~. : . : . : ヽ} : :\     / .:∧     `ー‐┐く      /    ̄/
    、_\     Y´゙ヽ  \ヽ ' _.>    ノ〃 \ヽ. : .. :-‐. : . : . : }____/  , :.:.:.\     〈〉 .ソ== .._  /   /
              {¦ \  ∨:.、__   _彡'゙{{.:.:.:.:.:) .: . : .   '´ ̄      . : .:.:.:.:.:.:ヽ    /    `゙<     ヽ_ .. ‐ァ
.            乂_ ┌}ノ.:ヽ}_/_/ヽ〉:》” .:.:.:.:.{{.:.:.:.;' .: . :                 . : .:.:.:.:.:.:.:.:.:}} ‐='、        `ー―     ノ
       ,.、      {{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧《 //、.:.:.:.:.:'.. : . : .         . : .: : .:.:.:.:.:.:.:.:.:{{    \  _..    --一 " }
  ┌‐-、「∨ \/\   .{{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ∨/  \.:.:.:.:\. : . : . : . : . : __. : . : . : . : . :.:.:.:.:.:.:.:.{{  <_ ̄ r'   ̄`ヽ‐--  二ニニフ
  '.〈〉   ヽ  〈〉 ';  `7.:.:.:.:.:.:.:.:.}    !       \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒⌒>―-‐―━‐- _乂__   } }    〈  \\
  __〉 〃⌒⌒Y⌒⌒ヽ、, ′.:.:.:.:.:.:./   ¦_ _ ..___\.:.:.:.:.:.:.:/  /. : . : . : . : . : . : . : . : . `ヽ/. .,′..ト、  ヽ  ヽ_>
 ヽ .″.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:/`ヽ、_y'. . . . . . . . . . ..\:.:.:.:}!  /.:'  :.: .:.:.:. : . : . : . : . : . : . :レ゙ `ヽノ \/   _____
  〉{{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/. . . . Ο. . . . . . . . . . . ._.__ヽ__}! / .:        .:.:. : . : . : . : . : . : . : . : Y´         `ヽ
 <  )).:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:/. . . . . . . . . . . . . . . . ../.:.:.:.:.:.:.:} .:        ,:'. . : . : . : . : . : . : . :
/ {{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ 丶. . . . . Ο. . . . . . ./.:\\:.:.:.:L         ,         . : . : . :
\〈〉)).:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j}    >、,,._., . . . . . 〈.:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.:.:.:`ヽ、     .:         . : . : . :
/` 乂.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ ,. .'´.:.:.:.:.:.:.:.:.∨;' .___∨;'.::.:\\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. __,.:         . : . : . :
 ̄ヽ `^―‐-===ァ''″/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨;《三ニニ∨;'.:.:.:./ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‐- __   . : . : . :
  └‐-'^.、__/=、  〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨;》三ニニ∨;'.:.:\\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: . : . :/. /.: . .:‐- . : . : . :              . : . :
        {{  Y´{{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨》三二ニ∨;'.:.:.:.:\\.:. : . : . : . ://.: . : . : : `ヽ                 . : . : . :




.

8729 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:25:03 ID:I9IiPKrI

頭が痛いと呻き続けるんやな
なら2代目誰や!?

8733 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:25:25 ID:DhI3ocm/

>>8729
オルタでよくねw

8735 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:25:38 ID:+Kml5te2

???「殿下…何故こんなものを…(血涙)」
ネロ「違う!違うのだ!!余は皆に幸せに…!」

とかやりながらとどめ刺されるです?

8738 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:25:58 ID:VNHhY7kc

青王様に匹敵するくらいの才はあった
心だけが魔剣に耐えられなかったのか


8742 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:26:37 ID:8jNESFDP

あかんあかんあかん

8743 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:26:51 ID:VLcVyEQz

献愛は時に苦痛が伴うものだからね…

8744 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:26:55 ID:I9IiPKrI

愉悦駄天使の筆が乗り始めたw

8748 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:27:31 ID:bqBO1V7M

2代目はザビかザビ子やな

8750 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:28:15 ID:ASdlbfLa

魔剣物語をハッピーエンドにしたいと言いつつもエグい展開を希望するこの抑止力達よww

8751 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:28:28 ID:VNHhY7kc

>>8748
ザビだと愛する男に殺されるとか史実以上の悲惨さなんじゃが……

8757エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 21:29:13 ID:WQKRn8wl















                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  `ヽ
                |    ――――――“古竜戦争”を終わらせた祖王の偉業が伝説となって既に久しい。
                ヽ___________________________________ 乂_













.

8758 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:29:17 ID:8Tu6DDLs

なんだかんだ言ってエイワスも悲劇が好きじゃないか……!

8760 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:29:43 ID:8jNESFDP

ヒャア!このノリからの投下かよぉ!(恐怖

8762 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:30:06 ID:+Kml5te2

ヒャア!
始まりやがった!


8763 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:30:10 ID:kn4U2xf6

ネロちゃま編始まったwwwwwwwwwwww

あかん

8764 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:30:10 ID:VNHhY7kc

初代皇帝の話本当に始まっちゃったよwww
おい、その先は地獄だぞ(震え声)


8768 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:30:43 ID:hiLjv2Ru

この流れで投下…あっ(察し)

8769 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:30:44 ID:rgvAtjZI

結局絶望を積み立てるんじゃないですかー!?この鬼!ちひろ!エイワス!

8770 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:30:48 ID:ULN7Wqza

おい、バッドの匂いしかしねぇぞ!(ワクワク

8771 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:30:49 ID:rMvvHOsp

唐突にwwwww

8774 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:31:21 ID:bqBO1V7M

新鮮な投下だヒャッハー!!

ネロちゃまエピソードか……あかん

8779エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 21:31:31 ID:WQKRn8wl







       _ィ'⌒゙''ー-、,,_
_,,. r‐'''"~         ̄`''ヽ、,,___
:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :. :. :. :. :. :. : :: . : . :. .,,.r-~''´ ̄   .. .. ..   ..:    . ...  ...
:.:.::::::.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:. :. _,,.ィ~'⌒゙'''" .:::: .. . .... .. ..   . ...  ...    ..:        . ..
´~ ̄~~"^´ ̄~゙^´   _,,,..,,_,. -─- 、..,,____,,.....,,,_.. ..                _,,. -ー'''
 .... . .. :...  -─-= 二、..,,____,,.....,,,_.._,..r-'''"´      .. . ..     -='、'゙´:.::.:.:.:.:.:.:..:.:
...  ...                                         ~`"゙''ー- 、
. :;:;'r-=´へ  .. ... .. ..   . ... ...    ..::   .         ,ヘ
/ / '::... `:.\、 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  `ヽ
.::"/::..`._ ;'".へ'´` |   荒れ果てた地には緑が戻り、灰に覆われていた空も再び青く染まり始めた。
 "`''''''ー――-´-  ヽ_________________________________乂_
   . : ..: .:. 、,、w..:、,、、,、w:.、,、v、,、v、;. ノハil;:ヽゝ    ノノ;:'ヘ;;ハバゝ, フ.:;ilゞ,ハ.:.....:.,ヘ..::::
,、,、,、wリ゙W゛jリwj从リj"W゙リwリ゙W゛j;yノw''" ノ'ノ,'ハハ,ゝ ハ 彡゙;:.'ハヾゞ';'ヽヘ;;ハバゝ;>.:,ハ';'ヽ、
 从;: `:、リ゙W゛jリw''、`'.、,:`:,,‐'゛' ~    彡;:'ヘ;;ハバ ノハヽ、,ツノノ;:'ハ;;:. ノハil;:ヽゝ ノハil;:ヽゝ
`wリ゙W゛jリwj从リj`'.、-='´  _,ywj从リWv,ハヾゞ;;:. ゞノvノ;:,l'レゝ,ハ';'シハノシ;:,ヘ, ノノ ノ'ノ,'ハハゝ
.wj从リj`'.、 ,:,-‐'゛,,vw-‐W゛w从 W:;,',:从シハノシ;:,';,ノノゝハハ,ゝヘ,::..ヘ.:;ilゞ ハ';'ヽ..::...,ヘ、ハ.:;>
 ̄~^ ̄^ ̄ ̄~`^゙'、,゛jリw :;.:".:;.:'"゙:.:゙,;`彡ハノ;|ililヾvフノ;:,'ハ';'ヽ;;ハバゝハ';' ハ';'ヽハil;:ヽハ,ハ';'ヽ、
'' ゚   ;~ ,;    ww:,、v、从リjwv,:.:.、;..:...: ;:ノハil;:ヽノノハハl;:.'ilゞノハil;:ハil;:ヽハハl; ノハil;:ヽゝフ
           `゙''、::wj,、,、,、从リj":::",:.:.、;:...: `ヽ、ノハ ノハゝ;ノ,'ハハハl;:.'ilハil;: ノ'ノ,'ハハ,ゝ
  ~' ',;   ''"'     、,,'.、゛jリwj从リ、从:'"゙:.:゙,:;、`ノ;:'ヘ;; ノノ;:'ヘ;;ハバゝ ハハl;:.'ilゞヾベ .:;
~              ``'‐;.:".:;.:'"゙:jリw",:.:.、;:...: ノハハ 彡゙;:.'ハヾゞ;;:. ,ハ';'ヽ、 .:;>ヘ:..::ハ::
     ~' '  ,;''        ~'ー:;.:;;wリ゙、从リj"::.:;.:'lilベ: フ フ,ツノノ;:'ハ;;:.ノハil;:ヽゝ li>ノハハ
           ~'   '      ``リ゙ jリwj从jr、'^  シハノシ;:,';:, ノノハハl;:.'ilゞヾノvノ;:,l'
~         '゚   ;  ~' ',;''       `゙''、:w从jリ 彡ハハノ;;:, フノ;:,'ハノハハレ;;:ノノハハ
   ~' ',;''                     `゙'':::..wj 彡ヾ;:ノハハレ;:,.'ilヾ ノノハハノノ;:'ヘ;;ハハ




.

8783 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:32:25 ID:H4b+bXMh

この世の全ては、あなたたちの心を折る為に存在する

8784 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:32:26 ID:VNHhY7kc

ビィ君(オイラはこの世界を癒す礎……zzz)

8786 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:33:11 ID:ezwIZDBQ

守護竜バハムートを崇めよ…

8787 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:34:00 ID:VLcVyEQz

見ているかいビィくん…キミのおかげだぜ…(いろんな物から目を逸らしながら

8791エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 21:35:16 ID:WQKRn8wl









                            (  ヽ      ――――  ○  ――――
                    , ⌒ヽ    (     )          // | \
                   (    '   (       ヽ⌒ヽ 、   / / |    \
                   ゝ    `ヽ(              )        | (⌒ 、
             f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
             |   人々は街を築き、今や理不尽に脅かされる事なき生を謳歌している。
             ヽ______________________________ 乂_   _,,.,..,......
                          (    '                          .r‐'''"~   |.|
~|¨|¨"i |  o                    ゝ    `ヽ    ,. .r'"    '"''''''''''''''''''i――┐. .|      |.|
. ! .!  ! , ミく_)ттттr .h..,_u !!! |_|i` 、 (         -'"._,L ‐''"=='''T "T |_|     |.. ..| r.1.   .!.!
. ! ー!┌.. 卵}}.―‐r.-   .|. i⌒j―~┤r- _ ュョ"'        レ"~ r.1 「~.|-.n-|「Γl | .|,.、     |  | |^| ,...、 |
_レさ/.| . こハツ  | .|  .|,<ゝ'_イィ___.i⌒L  、.,.    (.ヲ,-、,.、 /¨)ノ.)-、ュ ! .|〈f ),ト、ノヽ,r>',.! .,f ζ.ヽト._,ィ.| ,、ヽ
.  ',i .| ノニニハ、 ..| .|  .|l,.,_.|  __      |〉-.r '''''''ヽ='ィ `、ぅ`,'.} Y{ ''r'.Yヽiニ./'}f''{ }f,.)、><ニェェ f_,.-'-亠,、(ノ
┌─r''1.i__.| ノ}. | .|_,...._,Lヽ.,'´   ヽ‐_.i1_┘、_i二二っ_ヾi¨¨i },'/..l l.ヒi  .l'f、)ィ' i'"1 i l. i `i i.',ヽ~,.' .ィ     i.i-
|  |_,.|コっ,,1i_ | .| ̄ T,、 f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
⊥.⊥L.‐ ''" l | .|  /皿 |   見るが良い、陽の光の下で民は笑い合っている。余はそれが堪らなく愛おしい。
- ._   _,..-'''ー-‐L」口 ,  ヽ__________________________________  乂_
._ _,.`>´ | .}_t_   |,ィ'__`'_`´_`ー_―_''_'ト.ト_''_''"¨_┐ィ=.l     └`.}_ノ i.Y_ _j `i´.,' }i l'./|   l  l', .',
‐'"    | ._j    「 ̄|______________|┘<ヽl―.、.     Jl.l l. i. l"''~l  i`トi ト.、 i l ', .i---
      .|' ,..._,r''>-、   .| f.Y iY゙、ヽ〉V.>ヽi i ノ┌.────┐ ゙、        Lj、ノ └、_)    ` l l .i .l"""
      .レ rノヽr,><.ヽ,-゙、 、..|, 〉‐ンt ソヽr">、ノ7-Y7 ,.、  _.,.、  !""".|      しU          、_ .l ト┤
   /、,>`ト、ノ_, ノ、( ヽ_ヽ‐/j  n .|l ,.-L__l ,r-__,..、l',( __,< ),.>ク、-.、,..`、                 ~ `"´
  /,,r''ヽ-'ヽ{,r-_ノ.Y  |./,ィ<ヘ,イ< ゙、,' |ノf Y. Y.¨)'i-( ヽ>-<~ヽr-.<)、)`、
/,,.、 `>''"''"ヽ,r' .〉- l,.r=|.ノ  i i  i ', .ll .レ'-'i.i `‐'ィ|`rY 口 ',コ ト、´ ', } }`、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
__________ |__________ |________ ト、
ー‐―――――――――――――――――――――――――――――┤
ー―――┬―――――‐ー┬―――――ー‐┬──────ー┬───┘





.

8792 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:35:29 ID:OF33X82c

ネロ「余が主人公の物語があるとしたら、それはきっと英雄譚であろう(フンスッ」

8794 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:37:32 ID:rMvvHOsp

結末を知ってるとなぁ

8796 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:38:50 ID:+Kml5te2

誰に話しかけてるんやろなあ…

8798エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 21:39:48 ID:WQKRn8wl










                  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                  |    ―――――しかし、同時に我らは重大な問題に直面している。
                  ヽ____________________________ 乂_








                       -====ミ 、  __
                     /      >-/ へ\  \  _へ_
                     / '   / /       \  \ \7 \
                  / /   / /'  i   i| 、     \    ヽ,) ハ
                  V    ' ,  /   |   || \    ヽ    ∨
.                     /// /   j! | 斗――、    ,    V'  j
                     '  /   ' _/'l :l   |i,x斧芋ミ   ’ i   }i 〉/
                   { /  /   / |/|  从   )しリY   i |_  |l /
                       {   { x斧示 |/   ゝ ´ i   从|ヘ Y'Ⅳ\        それが何か理解しておるか?
.                        从  从 { vソ           ノイ /' j  ノ/:\:.:\
                     ノ   ハ     '      / |   八' /_|:. : \:. ヽ
                     八  / ∧         '   |j  ∧ く⌒:.V\):. /
                     //∨ /'  、   ´         从 { Y从ヽ:. \彡'
               へ     , /   ,    \       //    |/  〉:. : 〉
          へ   {  ',    {ハ  i       、    イ= / / |==|  /:. :./
          {  \ハ   乂  '⌒) | ___     ¨〔 | /:. //八|__人  {:_:ノ
          乂 ヘ (Vヽrv  / ニ乂_  \__  ノ | |:./:. :. :. :.  ニYク―― ----- 、
          /〉 {      >''   \   >― { {:| | |-:>  ,,  ⌒i |:.\__ 斗――ヘ
           {:. \人_ノ⌒)''       \ー、/ Ⅵ/ / / ̄     | |:/  / /     }i
           人\:.\ > /  こ 、      < __ `へ,/―‐       |/ _,   / /     ハ
          〉: \\:.)  ( /)   \   ` \\ `つ           |へ___,/}        /  }
        /:.Ⅵ:. \\--<_>< メ ヽ. ト \\           ヽ∨:. :.――=ミ彡':. ⌒ヽ
        /:. :. :ハ:. :. :. ---ミ__彡'   ` し  \_)-'  ―――=ミ   i |:. :. /:. :. :. :. :. :. :. :. :. .
.     /:. :. :. :. :. :ヽ:. :. :. :/:. :. V       \__//         \ | |:/:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. i
     /:. :. :. :. :. :. :. :. / ̄:. :. :. __:{       \/ )-=ニ         ヽ/:. :. :. :. :. :.--=ミ :. :. :. ノ
.   /:. :. :. :. :. :. :. /:ニ=‐     圦        Y ⌒ヽ           i{:. :. :. :. /___彡<




.

8801 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:40:28 ID:+hqhRJ2Z

天敵がいなくなったから一致団結が難しくなったとか?

8803 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:41:50 ID:DMADRFzR

英雄の最期は一部を除いてだいたいは悲劇だもんな・・・

8804エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 21:42:39 ID:WQKRn8wl








                                   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                   |   ――――――領土問題。
                                   ヽ____________ 乂

_




                         /::::::::/::::::::::::::::::::丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                        /::::::::::: ′::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
                     /:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::: |::::::::、::::::::::::.
                       /:::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::.
                      ,イ:::|:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::i|:::::|::::::::::::::::::|::::::::::::}::::::::::::l
                   {:::::}:::::::::::::|:::|;:::::l|::::::}::::i::::|::::::|:::::::::::::::: |::::::::::::|:::::|:::: |
                   |:::::| :::::::::::|:::|!:::::!|:::::从!::::}::::::|::::::::::::::::::ト::::::::::|:::::|:::: |       平たく言うと、増えてきた人口に対して
                    |:::∧:::::::::::i:::ij;"芹芸~ミi:从i::::}::::::::::::::::::|  ::::: |:::::|:::: |
                   {:::::::\::::::::{リ   Vリ,,. }′ リ}|:::::::::::::::::′ 、:::::|:::::|:::: |        受け皿となる土地が足りない。
                    、\〉xrヘ`   ´.::::::.:::.  }::::::::::::::: }  ∧:::|:::::|:::: |
                      \  У          ,::::::::::::::::iト-.′:::|:::::|:::: |        ―――――そうでしょ?
                         く             .:::::::::::::::::ハ:::::::::∧:::|:::: |
                        ::.、    _      ,::::::::::::::,′ ∨::::::::\:{:::|
                           j/:\ ‘   ’     ,::::::::::::::′, ヘ::::::::::::::V::{
                        / |::::::\      ´,::::::::::::,' /  ∨:::::::::.|:!ハ       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  `ヽ
                      /--──丶-..::≦::::ノ::::::::: ,′'   ._-≦ヘ::;|{:::ヘ       |   うむ、実際これは由々しき問題だ。
                      イ ⌒   /   {∨ V :::::::::: ′  ,,;仁ニ≧x{j::::::}、     ヽ________________乂_
                   /     { 「`ヽ 〉ヽ∨:::::::::/  ,,;;仁二二ニニヘ::::::|::、
                  /     {  i √〈 {ノ/7 :::::: ,',,;仁ニニニ=-´ ̄¨_\}::::.、
                 ′     ト、 ∨  ヘj イ.,' ::::: /二二=-≦´-=二ニニニ=-:::::.、
                 {   "乂,,.  l/ /i/ニ|   ,:::::::::/ニニ/!=二二二二ニニニニニ}::::::、
                 |    \ ノ  イ='ニ∧ ,':::::::/ニ///-=二二二ニニニニニニ|:::::::.、
               /7   _/ノ| ̄-=ニ〈ニニ=、{::::::〈//´二二二二二二二ニニニ!:::::::::.、
              ,{´三′   ,;仁ニト -=ニ二≧=∧}::::::∧ヾ´-=二二二ニニニニニニニニ|::::::::::}





.

8807 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:43:25 ID:rMvvHOsp

ザビ子か

8808 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:43:27 ID:HMQTEcdf

本当に出しおった……w

8809 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:44:09 ID:HUK5SQCk

ザビエルじゃなかっただけマシといっていいんだろうか

8810 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:44:45 ID:rsyCHpaX

ザビだと悲劇感がもっと凄いからな
ザビ子ならまだましだった

8811 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:44:51 ID:qwhWUnSY

ああ、この組み合わせは笑顔になるなぁ(ニコヤカァ

8813 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:45:08 ID:HUK5SQCk

でもこうしてみると顔的にパパンモーさんはネロの家系だし、お狐様は髪型的になんとなくザビ子の家系っぽい

8815 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:46:29 ID:ezwIZDBQ

この二人が最後は終末の谷で決闘するのか…

8816エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 21:46:54 ID:WQKRn8wl






           _
    ,r ´> ´ ̄ ̄   {r ´ ̄`.、
    > ヽ.   /      ヽ.   ヽ
    {  /  /    /    丶、  \
   .Y  ヽ. /    /     } `ヽ  ヽ
   ゝ   ノ/     {!     i!,!  ',
   }  く. ,'     ハ     /リ| !   ',
   ト  ソ !      ト. 、マー=ミ!i   il
   ゞ ノ |       .{    、.{:il ',   i|         根付く土地がなければ人は生きていけぬが道理だ。
   r彡,  |     ヽ ',       ヽ ル′
   ::/:::;i |.       ',       /           礎となった竜王の加護により、大地に緑は戻ってきた―――――が、
   :{::::::i!. |    ヾ 、 ',  , __ / ヽ
   リ::::::|`il i|   .ハ ヽ ',   ̄,´   ヽ         ならば単純に開拓すれば良いのかと言えば、残念ながら
  ::::::::::i| .レ ハ    ハィー-  __/ ,.     ヽ
   ー- 、:.:.:.:.ヽ. ` ',:.:.:.フ}≧、 },  {`ヽ}        そうもいかんわけだ。
  / /:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:..`ヽ ヽ //ミ:.:.:.:', ヽ  ',
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.>ミー-`、 ヾ_ヾ:.:.:.:.:ヽ ヽ }
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ' / ̄``ヾ `ヾ:.:.:.:.:ヽ `
  :.:.:.:.:.:.:.:.:;' ./         V;,;.:.:.:}
  :.:.:.:.:.::.:.;{ /       丶.    ` <
  :.:.:.:.:.:.:.:.:V       __ ヽ.    ,`ィゝ.
  ::.:.:.:.:.:.:.:.:.',    ,.ィ ´   >、ゝ_,/    `゙ヽ.
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ' .,,ィ ´         、O}       ,',
  ::.:.;, - イi /          !   ` !!        i.}
  ;イ:..:///             , O     ;  リ
  、:.:.,' レ'  X            i  / ,'    ノ .,イ
   `v/  , ' ゝ,        /  ,イ≧ー   ,.イ
    ヾィ≦   ≧ー -   ,'  ィ彡ゝ `  /







                  ノ   ,
    _ ... _ .... _ >'"_..ノリ
 . <. : ´: : : : :` ̄ ̄==-=≦__ .ノ
´ . : : : /. : : : : : ` ̄ミ=-ミ`ミ、´
/: :' : : ' :!: :1 : :{!: :、 : : \: : ヽヽ 、
: :′./. : ' : i.:|: :| ト、\: : : ヽ: : .゛. ヽ
/': :/: :∥ : | |: :|_|_,)_:_\: : :ヽ 、 '. 、゛,
: :/: : /′ ,:|'i{从i{'n/ハ}㍉; : :|. レヘ .i. ,        街の外は未だに危険地帯だからね。
/: :/ノ: :/仆{  `乂zソ ヾ ソ!(:{:::. i}レ
' ´/彡;./          ´  `7ノリ          《闇の種族》の生息圏である暗黒領域に、“古竜戦争”を生き延びた竜達。
' 7´: :ノ/             ハ '
. {:: : :. {              }           特に後者は古竜とは呼べない程度の「若い」竜ではあるけど、
. 乂∥::.、.            '⌒ ′
: :/i!ー `::....            /            それでも人間にとっては十分な脅威だ。
'´.:_:ノ: : : : ,))`:: ...       ′
ニ.__; ; ;' ~      .. ニ =- ′
:i:i:i:i≧、     /乂_ : : ヽ.
:i:i:i:i:i:i:i:i.\    〈≧, ミk: :}
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i.\   v:i:i:i:..、 )ノ
ミミ 、:i:i:i:i:i:i:i:i:i.\ v:i:i:i:i〉´




.

8817 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:47:14 ID:z5NBbub5

DLC ファイヤーエムブレム 始まりの悲劇
1300円ですね分かります

8818 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:47:37 ID:L93tT5+F

ホントにザビが出るとは…震えてきたぜ…

8819 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:49:49 ID:DcpxYKi/

あぁそっか、まだ竜の生き残りはいるのか……

8820エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 21:49:53 ID:WQKRn8wl







               i ! i         !.   i  i.   |  ,リレ’
        ,イ      i ! iノ )   ヽ    ト、  .i  ! i  | / ,iヽ
     ./ }  ,.ィヽ -‐'' ´ .. イ メ.   ', 、ー-- ハ /i |   | / ハ'
    _/   { /  i} ー-<´ -‐'' .iヽ ハ }ヽ! }/ i/! リ  ト、 /イ
    ー-..,,__`ヽ  /  ヽ  }、 ヾ! ヽ! }/ .レ' .ィ三沙 |     |リ/
    :.:.:.:.:.:.:.ヽ ヽノ  ヽ `i   ィ三彡        |    !:.:.:i             開拓は遅々として進まず、抱える問題は他の国も同様。
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.i !ー- ,,.`Y′  .ハ     、       .i|   ハ:.:.:.',
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.{. ヽ   ヽ    ハ       __     リ   ハ:.i:.:.:.i             ―――――今はまだ良い。
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ \‐''´¨i  i  | ゝ .   ´- `  /   /:.:.:.l:.:.:.}
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:', iヽ.  ',  i  |    >。.__ .ィ/   /:.:..:.j,-‐'             だが破綻するラインは間近にまで見えている。
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i } ヽrハ. ';.:.ト、___   ,}:.:.:.:.|i|/ ,イ /--く __     ,,r_ユ
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}. }‐ヘ }/∧ ヾヘ..__''ー'Y {:.:./'/ ,/:./ /ニニニオ≦笊手升!      それを過ぎれば国は荒れる。国が荒れたならば、それは
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ ヾ }:.:.:.:..:.ヽ {ー`:.:.:.:.:/ ハ ヾ i:/ / ,.ィ {:..:.:.:.:.:.:i:.:i | | | | | | |
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.} } !:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.,.r''"´`ヽ /'´, -‐  ヽヽ:.:.:.:.:!:.{.| | | | | j !       間違いなく争いの火種になり得るだろう。
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ ./ j:.:.:.:.:.:.:.:.> ´              ヽヽ:.:.:.:..:ー-ァ''  ̄.:
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /  }:.:.:.:.:./‐- 、     ,         ', V:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.r' / /.:.:/     ヽ  / ,,.ィ´  ̄  `ヽ  ', V:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:        数少ない土地と資源を限られたパイの如くに奪い合うのだ。
    :.:.:.:.:.:.:.:.:彡'  /.:.:.:/         ` ̄         \! i:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{_/:.:.:.:.:.,′         /              ',.V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.{          ,                 ハ. i{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    :.:.:.:.:.:./.:.:.}:.:.:.:.:.::人        r-、              ! !ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:/  ヽ         ゝ ’          /  }i/ ゝ.:.:.:.:.:.:
    :.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:/      ゝ.. _,..  ''⌒''ー- ..,,      .イ、 ヽ/  `ヽ.:.:.:.:.
    :.:.:.:.:..:.:.:.:,.イ      |{:.:___i___     __i___ ̄´ヽヽ:.:.:./     ';.:.:.:.:
     ̄ ̄ ̄´          .|{:.O:.|___`><´_.|:..:.:.O / /:.:./        ';.:.:.:




.

8821 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:50:58 ID:ezwIZDBQ

これは内政系SLGの雰囲気
外敵の脅威と戦いつつ自国を民の笑顔に溢れた帝国を作るんですね


8822 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:51:25 ID:VLcVyEQz

誰かがやらなければならない…

8827エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 21:54:32 ID:WQKRn8wl






                    ,、. :. :. :. :. ‐-.. 、
                /. :. :. :. :. :. :. :. :. :丶
                    /. :. :./. :. :. :. :. :. :. :. :. :.\
                  / : : :.//:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :
             .:. :. :. :./. :. : ; :. :. :. :. :. :. :. :. :. :
                 .: :. :. .:. .:.|. :./. :. :. :. :. :. :. :. :/:. }
                 |:. :从 :. :.|:./-.: .:./:. :./ : /:./.:...:j
                 |. :〈 ! :. 灯沁x、/:. :./. :/:7'':. : /       …………なら、軍を組織する?
             /| : ハ| :. :.|ヒ,,シ   "'ィ芯ミ: ///
              / :l.:. .:.| :. :.|     l  じジ :/: Λ
             /:. .: .: | :. :.|   _ '   /|:|: |:. :、       忌憚なく意見を言わせて貰うなら、分の悪い賭けになるよ。
              /. : |:. .:.| :. :.| \   ` .イ :|.:|j.: |. :. :.、
          〈. :. ノハ. :| :. :.|   ''"〉\: .:| / : :. :. :. \     失敗すれば大きな痛手を被る事になる。
          /. :/.: .:| :| :. :.|\ ,、+'’  /"'7: ./--、:. :. : \
            /. :/. :. :ハ | :. :.|√ヘ    / /: ./   :. \:. : \
        / .:./ γ"{ j :. :ノj0) V / /: ./    ‘,.:\\
       / :. :. :. :. |  { 、イ゙     ∨ /: ./l{       ‘,:. :\\
        // /:/ :. | /. :/   |      {: .:{ l{ -、     ‘,:. :. \\
      {.∨/. :. :././: /   | |   ,、、、\: \ ‘,     ‘,:. :. :. \_
      ).:.〈. :. :./. :/. /¨¨7 0  /    ゙;: .‘、,Λ     ‘,:. :.  ̄:. :. ⌒ヽ
   _/.: ハ . : /.:./:../  /  | | /     | .: .‘「Λ    ‘,: \ ̄⌒\:. )
 /⌒. :. :/ /. :| {.:〈:.:/| /     |       |.:. .:..| |: ‘,    ‘,_\:. :):. ):.〈
 .:(. :. :. :. ∨.:.八.:. .:.〈 ∨   0  |   {:.   /:. :. :/ |:. :.‘,   -‐-、:. :\:〈:.〈:. :. \
 \. :. :. :〈.: .(. :.:) : .: } }      \ 乂_/: : :/ j :. :. /⌒     \:. :.\: \ . :. :)
 ).:ノ. :-ミ_).: .:). :. :. :.ノ  }       乂_ : : /   /:. :/   ¬--、 \:.)ノ   /
.: (.: .:/(.--彡. :---彡 //         ̄ r 、∠/      /:. :. :.\ノ






              -――- 、 -―
            /'゙⌒   '゙´)ノ           `ヽ
               ,        ,          ,
              /     {     ,           ′
            〃  /   !  {   ヽ ′            ,
             ノ /  ,斗-┼- ミ } !   {       }i
             /rァ'゙  i{   {\{\  ハ !    |        }i
         / ′ γ⌒  {  x笊示ミx            }i        無論、それは承知している。
          ,′  ,} }{  { 〃 {し,ハ l ハ {       ハ
          { | | |lハ八 {    乂ソ }/  ;^ヽ    ,:: |        ―――――しかし、闇雲に賭けに出る、というつもりはないぞ?
          } | | | r笊トヽ         ; /   }  }   ,:::: |
          八 | | |:, ゞ}         //  /_,ノ   ノ ::: |
            /  ハrヘハ:, 〈     __  / '  /,、,、 rf:::}i::::::: |
             } }i 圦   ´   ,     /   /ハlノ::八::::: |
            八}   介      ノ_八 /x'゙´”^i{'^´  厂「
              /  } /}ノ   `ー=ニア )/::::::::::::::人___ /:::/^ー=
             ノ              イ ! :::::::::: }ア'゙ /:::/      〕
                /^ーァr=ニ二 _} | :::::: /'^ー/:::/…ァ‐zァ=rく
             厂””¨フ 7^7^「 }/} |__/::::::::::/:: /  /  / ; }ハ
             ゝ-=ァ'゙_/  {__厂 j_,ハ ,::f´^ {_{ ,  ,   ,: ! }
             ゝ,_入{___ 厂       V,:ゝ_人__/__/___,ハ__j_人
          r‐::'゙´::::::/{ ,    /^{   V,:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈
           ;:::::::::::;   V___,.     ゝ,   V,::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
          ノ::::::::::{   o{        `^ー=i{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}!



.

8828 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:56:40 ID:ezwIZDBQ

まさかここで魔剣に手を…?

8829 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:57:42 ID:H4b+bXMh

魔剣「^^」

8830エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 21:58:15 ID:WQKRn8wl





                                   _
                            :´: : : : : : : :`: : .、
                             / . : : : : : : 、: : : : : : : : . 、
                      ,.イ . : : :/: : : : : :}: : : : : : : : : : :.
                     /. : : / /,イ : : ,イ: /: : } : : : : : : : :ハ
                         {!./ :/{/ / / /_:_/` / :∥: : : : : : : .
                          { |.: :{,ヘ .{/ル'´ん }ヽ}' : /. : : : : : : : :,
                          |从'j {ソ    {_ンリ,/.//. : : : : : : : }
                         // '       ィ′ ∧: : :} : : : :∥      ………一応聞いておくけど、何するつもり?
                     /:{       / : : :/r }! /. : : : :/
                       /. :∧ `     / : :/ー :|./: : : : /        ネロの思いつきは正直ロクな事になった記憶がないんだけど。
                   / : / ∧      / : :/ l : : : ′: : ./
                   , イ : /_,イ. / ̄厂 / : :/ .|: : /: : : ; /
                 /: :/-=ァ─  ,/ / : :/  {|: .′/ '
                 {-‐,_/ /     _,.': :∠-===/ / . /
                    /y{//|/,  _.-=ニ/ ∠三三三{: : : : /{
              z≦,///{+=ニニ/.: :/ィ´//////}! : : ∧!
                 ′/ ̄7}ソ\/// : : :/ニjニ!//////}_ イ }!
              {/,// /{   }./ : : :///仁|//////,.: ∧乂
            |/{ー-^//\_(/. : : ////ニ!//////,.イ. :}: : ),
                }//////////: : ∠///|////////(/ 乂: : :}
                /////////./. //////|/////// }′ : :)ル’






                                          / ヘ  ',
                               , --- 、_ / ---}  }
                          --/二/   />-<三/ / 、
                           //⌒ア /   / ′   ∨ /   \
                         /  j ./  /   /     //     ヽ\
                         , /´./   .′  .′    ./      ヽ
                      i ゝ ,   /         i        '  ',
                      { く ハ  .′  i!     i  .|   i     .|
                      乂{ { ',  |    |     |  .|   ,  i   |  i
                        乂!   i    | _!_ /| ` }  / ./ }、   }   |      ホントに余に対して辛辣だな貴様は。
                           人. , {    |/ |/.`|ヽ/|  / /ー七ヽ.,   !
                         /;:.:.:.:ト.{ .|    |マf====ミ、j/j/ィ===ァ/.  |     仮にも女王陛下であるぞ?
                      /:.:/:.:.:.:.|:八|    |  Vzソ    . Vソ ハ     !
                       /,:.:/:.:.:.:./:.:.:.:ハ     !         ,   从.   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  `ヽ
                  /:.:.:.し:.、:/{:.:.> ヘ.   |   u       .∧ !   |  ここが公式の場ならもうちょっと弁えるんだけどね。
             __ ..,イ:.:.:.:./_r-=≦:{ {:.:∧ト  ', \   ∠!  イ  }∧  ヽ______________________乂_
               /:.:.:.:.:.ー=Y (⌒)ー ':.:.:ヽ:.:ヘ V:.:.:.:.\{,7 ≧=- ≦:.:r全x  j/
                レ⌒ヽ/ /,乂ミzzzz=≦fハ:.:.:.:ヽヽ:.:.:./ {/:../:.:.:.:.:.}≧=--- ヘ
               __  ///.//イ|i|i|i|i|i|i|i|i}:.:.:../ 、ヾ  {/、:.:.:/:.|川i|川i|川i}          むむむ………ま、まぁそれは良かろう。
    > - ― <ミx:.:.:.:.:` }川i|川i|川i|川i|川|//`''ー-、`´, -‐ヾ{:.:.i|川i|川i|i|メ
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,メト、/:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:V           V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
 ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ `<// /:.:.:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ    v     ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.乂
/:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:' /:.:.:.:.:`<乂:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/      ',     }}.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:ノ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`Yx:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/      }    ノヘ:.:.:.:.:.:.:.:./
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ `''ー -r-'--=≦  }:.:.:.:.:.Y
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:く       {⌒)     从:.:.:.:{
:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{        ソ    イ.:.:.:.:.:.:.',




.

8831 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:58:56 ID:VNHhY7kc

これは幼馴染ですねぇ……

8832 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 21:59:41 ID:T8x/lnuQ

なに、どんな厄ネタ集団でも優秀なリーダーがいれば案外まとまるものだ(テイルズオブシンフォニア見つつ)

8833エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 22:00:26 ID:WQKRn8wl






                               __     _ _
                             __,ァf‐-ニ=ー  ̄_ィf' ´ ⌒\
                              ,;ン        /´ヌ厂ヽ.   ヾ
                        /_ -―ミ ー、ク.. -‐  `ヽ}ト 、
                       //´       ^`ー 、   ヽ} 〉
                            '/  /    /i!          }ム
                         /′,/   ,  / !  !    \   i} 丿
                          /  /   //l! N /l     i}   }イ
                        厶イ ;: ,X.、 /  l| i i / i、\  l! _ノ/
                        ,イi! iNx__`ミ、 l ! jハ___\\ ∨/
                      ,;′:i! || V少ヾ 乂N´__ `i}  \\
            ,.へ ____冫 ルリ|  `¨´    リ'V少ヾl!     \`        祖王の伝説を紐解けば、彼の英雄は
.         rー一"IiIiIiIiI、、__|  |ハ八     、,     `¨´ノソカ   「`ヽ
           }i:i:i:i:i:i:i:iヾミIiIiIiIiIiIiIi{  |IiIiIi \ 、_  _,   ////   !|          大いなる剣のひと振りで以て恐るべき“古竜戦争”を
.         〈i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:メ、!i:i:i:i:i:i:i:\`"´ノし'ノし'ノし'::   八
         ヽi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iリ___jレ/i:ijレf'"     ( ノ' /           終わらせたと伝えられている。
_ -―:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:_ -==="⌒^)> ̄  ___/´_j_/′__
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./i:i:i:i:i:i:i:彳/´         ´⌒ヽ〃⌒⌒⌒{IiIiIiIil {IiIiIiIi〃         その剣は何処かの地の底に封ぜられたが、その場所は
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, -―/i:i:i:i:i:i:iカ/-―- _        \\i:i:i:i:i:i: {{:i:i:i:},}i:i:i:i:i:i}
:.:.:.:.:.:./´ニニ/i:i:i:i:i:i:i/.′ :!     `\:.、,.:'      }}:iヘi:i:i:i:i:i:{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/           我ら王家にのみ口伝として伝えられている。
―''"ニニニ/i:i:i:i:i:i:i/ {   :.      `ー - _  {{:i:∧:i:i:i:i:∨i:i:i:i:i:i:/
ニニニニ /i:i:i:i:i:i:i/ニヘ、 :i    :.:./     l`∨i:i/ニ}:i:i:i:i:i:∨i:i:i:i/
ニニニニ/i:i:i:i:i:i:i〈ニニニ|` ‐--― ' ゙、     ,/  ∨ニi!:i:i:i:i:i:i:∨i:/              ―――――嘘か真かは、確かめてみなければ分からん話だが。
二二二{i:i:i:i:i:i:i:i:i:\ニ/i:i:《i:i:i:i|: : : : 丶、  .:     !ニ |:i:i:i:i:i:i:i:i∨
.ニニニニ\i:i:i:i:i:i:i:i:i:\i:i:i:i》o=〉_ __/廴__/_ ..ノニニ}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.
ニニニニニ\i:i:i:i:i:i:i:i:i丶._/_`-`xo`ー‐/.ニニニニニ∨i:i:i:i:i:i:i:i:!
.ニニニニニニ\i:i:i:i:i:i:i:i:i〃   《i:i:i {{ i:i7ニニニニニニ\i:i:i:i:i:i:i}
ニニニニニニニ/ヽi:i:i:i:i/    》i:i:i:)>:/ニニニニニニニ_\i:i:i:ilー‐- 、
.ニニニニニニニ/i:i《:i:V/    ___《i:i: 《:i〈ニニニニニニニ〃´幵`ー' 幵幵 }}
ニニニニニ_ノi:i:i:i:》´ |    〃´ ヽ:i:i:i\\_ニニニニニ汽=ミー―――'}ト
ニニニニ_ノ》i:i:i/ : : しJし'{    l :i:i:i:i:i:iー\ニニニ{二二二二二二二}
.ニニ//〈{i:i:i:{ : : : : : : : :  }    !\:i:i:i:i:i:i:i:i |ニニニ ミニ二二二二二ニノ
ニ//i:i:i:i:iー彡 : : : : : : : : :////ノ: : \i:i:i:i:i:i:i\ニニニ \三三三三/
//i:i:i:i:i:i/´: : : : : : : : : : : ´´´´: : : : : :\i:i:i:i:i:i:i\ニニニ } ニニニニ {
i:i:i:i:i:i:i:i:/ : : : : : : : : /\: : : : : : : : : : : : : \i:i:i:i:i:i:i\ニニ丿 ニニニニヘ
i:i:i:i:i:i:i/ : : : : : : : : /: : : : :\ : : : : : : : : : : ,: : \i:i:i:i:i:i:i\/二二二二二\
i:i:i:i:i:/: : : : : : : : : /: : : : : : : :! : : : : : :_: /: : : : : \i:i:i:i:i:i:i\ニニニニニニ}
i:i:i:i/ :.. : : : : : : / : : : : : : : : !: : : : /´: : : : : : : : : : :}i:i:i:i:i:i:i:i:i:\ニニニニニ!
i:i:i:{: : : :ミx、__/ : : : : : : : : : !: : : /: : : : : : : : : : : : :l:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\ニニニノ
i:i:i:| : : : : : : ̄/ : : : : : : : : : / : /: : : : : : : : : : : : : :|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\/
i:i:i:| : : : : : : :/: : : : : : : : : :/ /: : : : : : : : : : : : : : : : !i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〉
i:i:i:|: : : : : : :{/: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : !:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〈
i:i:i:|: : : : : : /: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`ー  _
:i:i:il: : : : : /: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : !:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i`ー  _
i:i:i:|: : : : /: : : : : : : /} : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : !i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
i:i:i:l: : : /: : : : : : / : ;!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : !:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:il
i:i:i:|: : / : : : : : ;′: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
i:i:i:|: / : : : : / : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|
i:i:i:|/: : : : :/: : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i丿




.

8835 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:01:29 ID:yVblLQkK

確かみてみろ!

8836 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:01:33 ID:e7GiZ+K2

それだけはやめて…

8837 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:01:44 ID:z/YAKXhY

永久封印しろって口伝はなかったんですかねえ

8839 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:02:14 ID:+Kml5te2

最初から見ていたんだなザビ子

8840 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:02:15 ID:8jNESFDP

それだけは、それだけはやめるんだ……!

8841 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:02:17 ID:5J37yB8h

ワインの準備は整った!

8842 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:02:36 ID:MLIv8ieZ

約束された災厄の剣(エ ク ス カ リ バ ー)

8843 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:02:37 ID:ezwIZDBQ

アカン

8845 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:02:53 ID:VLcVyEQz

風化した伝説ほど厄介な物はないね!

8846 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:03:03 ID:rMvvHOsp

やめよう やめよう

8847 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:03:05 ID:bqBO1V7M

ワインだ、ワインを持てぇい!(震え声)

8848エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 22:03:05 ID:WQKRn8wl





              ,..:::´:::::::::::::::::::::::::..\::::::::::::::::::::::::::::::::...
             ,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ':;:::::::::::::::::::::::::::::::::::..
            .,.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∨:::::::::::::::::::::::::::::::.::.
           /.::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘;::::::::::::::::::::::::::::::::.:::
           ,':::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';::::';:::::::::::::::::::::::::::::::::::        …………まさかとは思うけど。
         .i::::;i|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';::::';::::::::::::::|:::::::::::::::::::
        .:;:::刈::::::::::::i:::::::::l::::::::';:::::::::::l::::::|:i::::‘;::::::::::::';::::::::::::::::::l
          ':/l::|l::::::::::::';::::::::|:::::::::i:::::::::::|i::::N:::::‘:::::::::::::l:::::|:::::::::::::,       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
         .l':::|::l:';::::::::::::';:::::::';::::::l|::::::::: l:';:_|_|:::::::l;::::::::::::|::::|::::::::::::::',      |   うむ、余もまた祖王の伝説に肖ってみようとな!
        /|::::|::|l‘;::::::::::.∨::::';::: l|:::::::::ナ'∨ L:;ノl::::::';:::::l::::'::::::::::::::::,       乂_____________________ ノ
       ./ .|l:::|::|l::::':;:_、_:\::乂l|::/:イ_≧=≠≦l:::::::l:::::|l:::':::::::::::::::::.
       l:|::.||:::';:|从ト≧===ミ  ̄    "乂:::::::::l.||::::::|::::i|i;::'ハ::::::::::::',
        乂:∨:‘;::l:∧';弋::::::::〉        ≧≠"||::::::l:::;':|∧!:::';::::::::::∧      闇雲に遠征軍出しますって言う方がなんぼかマシだったよお馬鹿女王。
        \:::::';|:::ハ ≧≠            ||::::::l:::i::|:::::|:::∧::::::::::::::、
          \::';:::::::::.     、        u. .|l:::::;::::l::|:::::l::::::ハ:::::::::::.丶
           \:、:::::ヘ                 |:::::::::::':l|l::::';∧:::.丶::.\:::..\                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  `ヽ
             ’;\::::::..、    -‐     /!::::;':::;::::l∧:.∨\:::..\:::\::::::::::‐-....._         |   何故に!?
               .'.;:.\::::::>...     ..イ ..':::/:::;'::::;:::∧::丶l:.\:::..\::.\:::::、::::、:::          ヽ______ 乂_
                 ’:;:...\:::::从:>≦___/<:':/.:::;':::::;::::';:::〉、:.\:::\::::::::::::.\::::::::\
                 ∨:::..\lミz/:/乂∨:_//.:::/.:::::;::::::Y   、::::::::::: ̄::≧x__:、
                    ';::::::::ハ   `Y⌒Y.7/.:::/.::::::;:::::::l|      ̄/   ___ \
                  ;::::::|::::',  ̄|_///.:::;'::::::::;'::::::::リ      /  //     \
                 ∨l|::l::| /;' //.:i::::::i::::::::;'::::::::/   .: / . / ;′
                   ';:l!::|:〈__/ .〈/.::l|::::::|:::::::i:::::::/  .:/ノ.:/.:::/  .′
                      l:|:::|:|   〈::::::乂::|:::::::|::::/   .l:{ /.:::/   .l




.

8849 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:03:23 ID:VNHhY7kc

口伝だから多分どっかで「絶対使うな」とかそんな感じの言い伝えが失われてるんだろうなぁ

8850 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:03:28 ID:Kp01DhX2

アカンもんだってことくらい伝えておけえ!!!!

8851 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:03:59 ID:nABJh9sv

何がレジェンドだよ ジ・エンドだオラァァァ

8856エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 22:06:10 ID:WQKRn8wl






                           _____
                             : : : : : : : : : : . .
                     :/: : : :/: : : }: : : : : : : .
                     / /: : : :/: : : : : :}: : : : : : : : :ヽ
                 : : , ': : : : :/: : : : : : : :.}: : :ヽ: : : : : : : .
                 /: : : {: : : : : {: : : : : :} : :/: :}: :.}.: : : : : : : :.
                   /: : : :/{ : : : : {: : : : :/: :/:.:./: : :}: : : : : : : : :.
               /: : : :/-.{ : :{: : {: : : /} :/}: /}: : /: : : :|: : : : : :.         実在も定かじゃない伝説の剣を根拠に遠征軍を
              , : : : /._- ゝ: {: : { : / .}/― -}_:/: : : : :| : : : : : :.
                { {∨:|〈i ム沁`ゞ' ∨   行沁 i〉|: : : : :|.: .: : : : : .         組織されたんじゃ困ります(マジレス)
               ゝ .Ⅵ  V汐        匕汐 ' .|: : : : :| : : : : : : : .
                     `!:|   ´         ` ´   |: : : : :| : : : : : : : : .        そもそもあったとしても「手にした者に災いをもたらす」とか
                 |: l  〈             |: : : : :|.: : : : : : : : : :
                  |:∧               |: : : : :| : : : : : : : : : :        そんな伝承も存在する代物だよ?
                   |: :∧  '. ヽ         |: : : : :|.: .: : : : : : : : :
                    | : : : ' , `´         /|: : : : :|: : : : : : : : : : :        “驕れる竜の尾を踏むな”って格言を知らない?
                     | : : : |:.丶    , <  '.: : : : !: : : : : : : : : : :
                | : : : | : : : :´ : ,      / : : : : , : : : : : : : : : : :
                /: : : :.| : : : : : : : ,  ./ : : : : /: : : : : : : : : : : :
                  /: : : : ∧:.: : : : : : : ,/: : : : : /.: .: : : : : : : : : : :
              /: : : : /  \: : : : : / : : : : :/'|: : : : : : : : : : : : : :
            /: : : : /  /} : : /: : , -‐≦/∧: : : : : : : : : : : : :
            /: : : : /  /: : '.:/: : :///∧/////\.:. : : : : : : : : :
           /: : : : : : {, . -‐ ニ二´-‐≦―- 、 ∧'//////\ : : : : : : : :
          /: : : : : :/: : : : :///'///////,∧∧ ///////\.: : : : : :
          {: : : : : /: : : : : ://////////////∧∧////////∧: : : : :
          ゝ: : : :{: : : : : : {/////////////// ∧∧//////// i: : : : :





                              __
                           ィ´__  > ..
                  _ __  _,..へ //,,.    `'' < ヽ
                  ,.ィ ´ /  > ..へ{/ ,  \      \ \
             /  r ⌒>/  /  ̄ ̄ ` <ヽ      \ \
            / {r ⌒/  /   ′       `''<      \. ',
           /  ノj .イ   /   ,              ヽ.      ', }
            {  /   /    .        i    ',  ヽ\     } !
          {  X .ハ   /    i         .|   i   ', ヽ     jノ
          乂/ / ヽ ′    .|       !   |    ',  ',  /
          Y {X.′ ',  i    |  X /  ,    j  }  i  ',
           _ⅥX{ ', ヽ.|      |  / /ー/ .   ,  ハ  j    ,
      ,.ィf:.:.:.:.:.人__', ',   |  、_.ィf弐于ミx、/ }/i  /ィェzミ ,           「危ないモノには関わるな」という意味だろう!
    _ ノ:.:.:.:.:.:./:.:.:./',   .{   マ! んJハ   / | イんハ 》 j/i .  i
    ヽ:.:.:.:.:.:.´:.:.:./:.:.:/ヽ i´ ',    泛zツ    j/ 泛.ツ / }ハ |         そのぐらい当然知っておるわ!
      \:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.:.:.}.{  ',    |  !||        ||| ′   ト {
       }:.:.:.:/:.:.:.イ:.:.:.:.八.  ',    |           !i.}    .!
       j:/イ:.:.:.:.:.:.:.:.,  |≧:.:.    |   _   _   u  八   |
          ,::.:.:.:.:.:.:.:..i  |:.:.:.:.ヘ   ',  ´  ̄  `゙  / | .   |
           /:.:.i:.:.:.:.:.:.:.|  |:.:.:.r=ヘ   ',≧z      イ  | }   }
        /:.:.:.:{へ.:.:.:.:.!  |:.:/≧z.',  ',    r-- ´    .| .ハ  ,
         |:.:.:.:.;   \:{r えヘ:.:.:..:.:.:',ト ', ≧、 {       j/ }/ /
         |:.:.:/  _.,ィぇぇぇミx:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:} } }        /.イ
        j/r≦ rfrfrfrfrfrへ \:.:..:.:.:.:.:.///=z、     /
         / / / / / i i | | | | ヘ. ',:.:.:.:.:.:.{ { {ええ≧、
         / / / / / /i | | | | | ヘ i } `\ ヽ ヽf } } } .}




.

8858 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:06:20 ID:z5NBbub5

「魔剣はマジでヤバイから絶対封印解くなよ」 → 「ヤバイ級の力を持った魔剣を封印している?」
→ 「強力な力を持った封印されし魔剣?」 → 「封印解かなきゃ」

8859 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:06:24 ID:FRJXv1mH

なあに、魔剣=サンは精々三人しか斬るのを強制しないぞ!
なんてリーズナブル

8862 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:07:07 ID:bqBO1V7M

危ないってレベルじゃないんだよなぁ……

8863 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:07:15 ID:DMADRFzR

さて赤王はどう顔を曇らせる悲劇を作り出すのやら・・・

8864 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:07:26 ID:H4b+bXMh

危ないとかそんな可愛い代物じゃないんだよなぁ

8865 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:07:43 ID:z5NBbub5

>>8859
1プレイ3クレジットかー ちょっと高いなー(棒)

8866 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:08:11 ID:rMvvHOsp

ザビがマジレスwww

8867 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:08:15 ID:VLcVyEQz

災いが手にした者レベルだったらまだ可愛かったんだがね…

8868 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:08:17 ID:+Kml5te2

>>8859
忘れてた
それがあった

8869 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:08:18 ID:I9IiPKrI

その魔剣は世界を焼き払った実績あるんやで!?(魔王ルート見ながら

8870 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:08:40 ID:FRJXv1mH

>>8865
いえいえ!3スラッシュポッキリで使い放題です!
1スラッシュ毎に課金が必要な村正とは違うのですよ

8872 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:09:21 ID:z5NBbub5

>>8870
お得やん!(歴代使用者並感)

8873エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 22:09:30 ID:WQKRn8wl





           γ ´  ̄ ̄ `ヽ
          x ´  /   三=   \
      __  j レ/ <  ー彡 / ==x
      /: :\| / < / / x  ´   ヽ   ヽ
      ,': : : :/  / , /// / / /  l    ヽ        …………だが、実際にそのぐらいのリスクは
     V:/.. /ーイレ 」/_≠ , //| /  |     i
    _// / , 彡/|"  ワ必' !/´ //リ '    _,         覚悟せねばならん。余の治世においては大きな問題には発展せんだろう。
   /: : :, V / /八、  ` ´  ´必'/ / ム-、/´\
  ,:': : : : :/ '  八 | 、   、  `´' レ人_ノ.,': : : ,' \       だがそれは、あくまで余の治世においてのみの話だ。
  〈: : : : :/! | ! .| .コL \ __ ` イ| /´ ̄フ ,: : : : : : : :\
.  V: /  ∨、 、 }: : : : ||「:{ノノ/<⊃|二/: : : : : : : : : : \
   Ⅴ___∨ヽ 、|==」!レ|: : ´: : :< ̄: : : : : : : : : : : : : : ヽ    五十年後、百年後。問題を先延ばしにすれば、その分だけ
<´: : : : : : : : : : :\,: : ≧〉⌒ー==-<:><: : : : : : : : : : : : : :.ヽ
: : : : : : : : : : : : : : γ´  ̄ `ヽ ,,,;ー…>、: ><: : : : : : : : : : :.ヽ   負債は大きく膨れ上がっていく。
: : : : : : : : : : : : : : /,,ー…´ ̄ ̄` 、     、: : : : ><: : : : : : : : :ヽ
、: : : : : : , <: : : !        |     j: : : : : : : : :><: : : : : : |
..ヽ: : : ,: : : : : : : : : \       ,_   ノー<: : : : : : : : :><: :リ
  \__: : : : : : : : : : \    /  `¨〈〈       <: : : /`ヽ
     \: : : : : : : : : : ヽ ーく  ._=≦∧\ <: : : : : : : γ´_-__-、 、
       \: : : : : : : : : : : : ロ弍-=≦": : : : : : : : : : : : : / ̄、〉ト l ーァ
        \: : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧ー//〉J弌〉¨´ \
          \: : : : : : ": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨〉|" | γ  __ム\
            \: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :V , | ` ´       \
             `Y: 、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ノ 、/     -=≦ヘ  、
              |: :  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ゝ { 、  <     |  ,
              |: : /: : : : : : : : : : : : /       ヽマ\  マ -=≦ヘ  }




.

8874 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:09:35 ID:VPk6QUxE

ダイスを振ろうぜ!!

8876 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:10:15 ID:+Kml5te2

待ってくれ!
この剣を使ったら大変なことになる!

とか今言っても信じちゃくれんよな

8877 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:10:27 ID:khX2Cadu

そんなもの百年後までじわじわと何とかするんじゃあ!一気に解決しようとするんじゃあない!

8884エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 22:12:37 ID:WQKRn8wl





                      \\
                           ヽ
                        __〕|_
                        ̄V⌒   ` ___
                  / /  ' |   \ \  ヽ
                 ' //  /  |  `、  ヽ  ヽ _ノ
                             |       `、  \\
                   '    /  /     | i  i       ∨ヽ
              /   /   /   i   | |  |  i i     ∨ハ
                /   / \/_'   l   | |  |  | |      _} i
            ,     i ___/__| ji | 斗t匕''| ̄| |      ∨       余に続く者が余よりも優れているという保証がない以上は、
             / /  ___/ rwハ从j \| x=≠ミk、;_   i   ',
              / /     |  乂 ツ      rw:刈 ヽ   | ',          余は王の責務を果たさねばならん。
.            / /    l 〃   ,       乂 ソ |    | i  i
          / / i     |            〃〃 八    ∧  |       …………神頼みである事は重々承知している。
         /   |   从       へ        イ   i   |\|  |
        /    |    ヽ    {:::::::i       /7'  |   |: : |  |        しかし祖王の伝説が真であったのなら、これは未来へ続く
.             _j|      |_i\  ¨´    イハ i   |   |:. ノ  ,
          ///∧    |-/ ∧ぅ‐=≦/: / /_/   /|   |彡/         一筋の光明となり得よう。
          ノ/// ∧     |_i i:. :ゝ-=彡 : / /:./   /:i|   |<
       / \ 川 i iヽ  ,人: |:. :.||「:. :. :.:/ /:./   /:. :|  人ノ、\_
      / /:. :.---|:. :.∨:. :.∧ 、:.:|||:. :.//:./   /== |/_彡ヘ\{:.\
       { {:. :. :. :.\:|:. :. :. :. /_\:|||:.//:. :./彡 /:. :./7i i i i i i 彡':. :.:.ヽ
        、 、:. :. :. :. :|:. :. :. :./  ` ― ⌒ヽ \:. :. :∨:乂__彡へ:. :. :. :i
     / :\〉:. :. :. :.|:. :. /         \\:. :i/:. :. :. :. :. :. \ \:.:/
    /:. :. :. :. :. :. :. :. :. /     ノ        \\:./:. :. :. :. :. :. i  |∧
     {:. :. :. :. :. :. _,        /           |:. :. :. :. :. :. :. : |  |:. :.\
     、_:.-=ノ:. :.7       ,           ∨:. :. :. :. :. :. :. : |_|/:. : \
       \:. :. :. :,                      i、:. :. :. :. :. :. :. :. ∠:. :. :. :. :. ヽ
         \:. : i        i            |:.≧=-----=≦:. :. :. :. :. :. :. :.}







                  ノ   ,
    _ ... _ .... _ >'"_..ノリ
 . <. : ´: : : : :` ̄ ̄==-=≦__ .ノ
´ . : : : /. : : : : : ` ̄ミ=-ミ`ミ、´
/: :' : : ' :!: :1 : :{!: :、 : : \: : ヽヽ 、
: :′./. : ' : i.:|: :| ト、\: : : ヽ: : .゛. ヽ
/': :/: :∥ : | |: :|_|_,)_:_\: : :ヽ 、 '. 、゛,
: :/: : /′ ,:|'i{从i{'n/ハ}㍉; : :|. レヘ .i. ,
/: :/ノ: :/仆{  `乂zソ ヾ ソ!(:{:::. i}レ
' ´/彡;./          ´  `7ノリ          …………………………。
' 7´: :ノ/             ハ '
. {:: : :. {   u.          }
. 乂∥::.、.            '⌒ ′
: :/i!ー `::....            /
'´.:_:ノ: : : : ,))`:: ...       ′
ニ.__; ; ;' ~      .. ニ =- ′
:i:i:i:i≧、     /乂_ : : ヽ.
:i:i:i:i:i:i:i:i.\    〈≧, ミk: :}
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i.\   v:i:i:i:..、 )ノ
ミミ 、:i:i:i:i:i:i:i:i:i.\ v:i:i:i:i〉´



.

8885 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:13:12 ID:z5NBbub5

光明(熱線)

8886 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:13:12 ID:H4b+bXMh

一筋の光明どころか、永劫の暗黒なんだよなぁ

8887 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:13:28 ID:jTvorabL

一筋の光明()

8888 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:13:37 ID:VNHhY7kc

光が差したらそこには影が生まれちゃうんだよなぁ……

8890 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:13:48 ID:Kp01DhX2

>未来へ続く一筋の光明

未来に残り続ける、処分できない極大の負債な件について

8891 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:13:55 ID:rsyCHpaX

これ続編出るたびに本当アルトリアさんの株あがるゲームだよな…

8892 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:14:02 ID:+Kml5te2

先達がいる限りこれがなくならないのか

8896エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 22:14:10 ID:WQKRn8wl





              ,..:::´:::::::::::::::::::::::::..\::::::::::::::::::::::::::::::::...
             ,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ':;:::::::::::::::::::::::::::::::::::..
            .,.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∨:::::::::::::::::::::::::::::::.::.
           /.::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘;::::::::::::::::::::::::::::::::.:::
           ,':::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';::::';:::::::::::::::::::::::::::::::::::
         .i::::;i|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';::::';::::::::::::::|:::::::::::::::::::
        .:;:::刈::::::::::::i:::::::::l::::::::';:::::::::::l::::::|:i::::‘;::::::::::::';::::::::::::::::::l        ……………分かった。
          ':/l::|l::::::::::::';::::::::|:::::::::i:::::::::::|i::::N:::::‘:::::::::::::l:::::|:::::::::::::,
         .l':::|::l:';::::::::::::';:::::::';::::::l|::::::::: l:';:_|_|:::::::l;::::::::::::|::::|::::::::::::::',
        /|::::|::|l‘;::::::::::.∨::::';::: l|:::::::::ナ'∨ L:;ノl::::::';:::::l::::'::::::::::::::::,              f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
       ./ .|l:::|::|l::::':;:_、_:\::乂l|::/:イ_≧=≠≦l:::::::l:::::|l:::':::::::::::::::::.          |   おぉ、分かってくれたか!
       l:|::.||:::';:|从ト≧===ミ  ̄    "乂:::::::::l.||::::::|::::i|i;::'ハ::::::::::::',           ヽ____________ 乂_
        乂:∨:‘;::l:∧';弋::::::::〉        ≧≠"||::::::l:::;':|∧!:::';::::::::::∧
        \:::::';|:::ハ ≧≠            ||::::::l:::i::|:::::|:::∧::::::::::::::、
          \::';:::::::::.     、        u. .|l:::::;::::l::|:::::l::::::ハ:::::::::::.丶
           \:、:::::ヘ                 |:::::::::::':l|l::::';∧:::.丶::.\:::..\      ネロがどうしようもないお馬鹿だって事はよくわかった。
             ’;\::::::..、    -‐     /!::::;':::;::::l∧:.∨\:::..\:::\::::::::::‐-....._
               .'.;:.\::::::>...     ..イ ..':::/:::;'::::;:::∧::丶l:.\:::..\::.\:::::、::::、:::
                 ’:;:...\:::::从:>≦___/<:':/.:::;':::::;::::';:::〉、:.\:::\::::::::::::.\::::::::\      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  `ヽ
                 ∨:::..\lミz/:/乂∨:_//.:::/.:::::;::::::Y   、::::::::::: ̄::≧x__:、        |   何故に!?
                    ';::::::::ハ   `Y⌒Y.7/.:::/.::::::;:::::::l|      ̄/   ___ \     ヽ_______  乂_
                  ;::::::|::::',  ̄|_///.:::;'::::::::;'::::::::リ      /  //     \
                 ∨l|::l::| /;' //.:i::::::i::::::::;'::::::::/   .: / . / ;′
                   ';:l!::|:〈__/ .〈/.::l|::::::|:::::::i:::::::/  .:/ノ.:/.:::/  .′
                      l:|:::|:|   〈::::::乂::|:::::::|::::/   .l:{ /.:::/   .l



.

8898 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:15:18 ID:0Gh9EChj

なまじアルトリアさんがほぼ完全制御して平和をもたらした実績があるばかりに……(目逸らし

8899 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:15:48 ID:SWx1SSPH

そもそもそんな素晴らしいモノならば封印したりしないのではないだろうか?

8900 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:15:52 ID:t6BYQDAe

アルトリアさんが奇跡の存在すぎたのがあかんのや

8901 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:15:58 ID:SNeOWp7k

RPGやTRPGでお助けアイテムとしてこの魔剣が配置されてたらブチぎれですよw

8902 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:16:35 ID:Kp01DhX2

代々伝えずに封印した時点で厄ネタと気付け、ってのも酷か

8903エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 22:16:36 ID:WQKRn8wl





                     /::::::::/::::::::::::::::::::丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                    /::::::::::: ′::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
                 /:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::: |::::::::、::::::::::::.
                   /:::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::.
                  ,イ:::|:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::i|:::::|::::::::::::::::::|::::::::::::}::::::::::::l
               {:::::}:::::::::::::|:::|;:::::l|::::::}::::i::::|::::::|:::::::::::::::: |::::::::::::|:::::|:::: |      何はなくとも、伝説の中身を確かめるところからだね。
               |:::::| :::::::::::|:::|!:::::!|:::::从!::::}::::::|::::::::::::::::::ト::::::::::|:::::|:::: |
                |:::∧:::::::::::i:::ij;"芹芸~ミi:从i::::}::::::::::::::::::|  ::::: |:::::|:::: |       ………例えそれが真実だとしても、都合の良い部分だけが
               {:::::::\::::::::{リ   Vリ,,. }′ リ}|:::::::::::::::::′ 、:::::|:::::|:::: |
                、\〉xrヘ`   ´.::::::.:::.  }::::::::::::::: }  ∧:::|:::::|:::: |       .真実とは限らない。それは肝に銘じておくべきだと、
                  \  У          ,::::::::::::::::iト-.′:::|:::::|:::: |
                     く             .:::::::::::::::::ハ:::::::::∧:::|:::: |       私は思うよ。
                    ::.、    _      ,::::::::::::::,′ ∨::::::::\:{:::|
                       j/:\ ‘   ’     ,::::::::::::::′, ヘ::::::::::::::V::{
                    / |::::::\      ´,::::::::::::,' /  ∨:::::::::.|:!ハ
                  /--──丶-..::≦::::ノ::::::::: ,′'   ._-≦ヘ::;|{:::ヘ
                  イ ⌒   /   {∨ V :::::::::: ′  ,,;仁ニ≧x{j::::::}、
               /     { 「`ヽ 〉ヽ∨:::::::::/  ,,;;仁二二ニニヘ::::::|::、
              /     {  i √〈 {ノ/7 :::::: ,',,;仁ニニニ=-´ ̄¨_\}::::.、
             ′     ト、 ∨  ヘj イ.,' ::::: /二二=-≦´-=二ニニニ=-:::::.、
             {   "乂,,.  l/ /i/ニ|   ,:::::::::/ニニ/!=二二二二ニニニニニ}::::::、
             |    \ ノ  イ='ニ∧ ,':::::::/ニ///-=二二二ニニニニニニ|:::::::.、
           /7   _/ノ| ̄-=ニ〈ニニ=、{::::::〈//´二二二二二二二ニニニ!:::::::::.、
          ,{´三′   ,;仁ニト -=ニ二≧=∧}::::::∧ヾ´-=二二二ニニニニニニニニ|::::::::::}







                     //  ___    /   \
              //  / ., -‐ァ  ̄  ´ー- ∧  V.、
                  / ,,    / /:/  /´      ∧  V、
             / /    ./ ./           ∧   V、
            , ;    ,'/                 V
            l i   ,.'/                   V
               l i!   ,'/     i   .、   .i .i ヽ     ',
              レ /,'     .l ! i i∨   l  l  ,.}
                ! i!   キ T T.ヾ∨ |キ大.7 T !
                 レ' !     |.イ三≧ァヽ.{ f≦三ニア          ふふん、余の友は本当に心配性である事だなぁ。
                __.',.    ', マ::::ソ     マ::::::ン.’ !
     γ⌒,ィ ⌒ ヾ,.  /   ヽ.   ヘ , , ,   ,  , , ,.   ,!          なぁに、それは単なる杞憂となろう。
  `ゝ、  } γ     !}. /      .ゝルヘヽヽ  r--- ァ   イ,!
  ',   ヾ、 {!    .リ /    /`ー‐、  ∧ > _ー_ ィ ´ ./'    /
  ∨,  Y      Y⌒´ ̄ `ー、  ‘ー-'イ:.:.:.:..リ.:.:.,ィ'.:.:.:.:/ ,   /
    V  ,ィ'二ニミ≧yミ、     ,.rー`≦__皿皿:.:.:/,ィ´i!:.:.:.:.://i! /.:.
    マ"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`,> ´       ̄ ̄ ´    i!:.:.,ィ:.:.:..:}/.:.:.:
      ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.r'==‐- 、.  /´         i!/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::
      ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'     ` ー "  ̄ ` <   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::
      ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!      (.y       ヽ. ゝ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::
 :.:.:.:.≧、  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.,     ヾ         ', l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ィ´
 .:.:.:.:.:.:.:.:\  ゝ.:.:.:.:.:.:.ゝ,     ',             } !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` ィヽ  ̄  ./`゙  ̄´ ヽ,           i!.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/∠ \,ィー'(_) x + 、> 、 ___   イ ソ l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i!
 :.:.:.:.:.:.:.:.:,./ /\:.:.:.:.:(_)ソー+、`y`◯.:.:.:.:.:.:ミ、.:.:.:.:.イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
 :.:.:.:.:.:// /.::.:.:\ メ、__}   `y`◯.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ .|!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{
 :.:.:/ / /:.:.:.:.:.:.:.{    ` y':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./    |!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',



.

8904 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:16:54 ID:rsyCHpaX

古竜が未来かけられるって思える程度には出来た人だからな、アルトリアさん
そんな人間が素で生まれてくるとか奇跡以外の何物でもない

8906 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:17:10 ID:ZSdbkPHG

アルトリアさんはビィくんがいて加護くれてたのもあるからね…
ビィくんお休み中なんでネロ様は割とどうしようもない
モーさんも加護貰えるチャンスはあったんだけど自らぶった切った


8908 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:17:46 ID:z5NBbub5

この笑顔溢れる国を作った力が悪しき物であるはずがない! とか考えてそうなネロちゃまは本当に可愛いですね!

8914 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:19:16 ID:5f5XEVH3

Q「ドラゴン数体分の力を吸った魔剣が一回3スラッシュで誰でも使える」とかそのまんま書き残したらどうなりますか?

8915 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:19:22 ID:z5NBbub5

魔剣「クレジット ヲ イレテ クダサイ」

8917エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 22:19:36 ID:WQKRn8wl







                ,. -==ミ 、         __
               / ´     ヾ    > ´ ̄   、  ` < `ヽ
             //       __\ '         \   ヽ__}
               {{      /         `ヽ    、   \`ヽ
             ヾ      /     i   ヽ     ∨    ',   ∨ }
                  //  /   i!    ', 、   ∨     i    ∨
              ー=彡イ    ,'i   | ', ,,.イ .i \ ∨.   |    iヽ
                 / ,: i | {   | ', {ヽ{==ミ\∨  .ト、    } }
                  / /i ー|-|--  !  ヽ!'' んハ 》 ヾ   ! }  ム'         余こそは祖王の伝説に並ぶ薔薇の女王。
                    ,' / | .ト、{ ヽト、{    乂ツ /   / イ  , _ノ
                     {/  .ト、 { -z=彡 .、    , , , /   /   / {
                    | ヾハ , ,   __ ノ ヽ /   />-===ミー- ...、       必ずや国と民を導く光となって見せようぞ。
                    | ,  ∧   ヾ /: : :}/   /: : : : \\: : ヽ: : :ミ、
                    ___  | {  { iヽ   \: : /   /: : : :>:- :| | : : : :.、: : : \
          __ ノ: ヾ彡>-=≦.__ >  __ i/{ ,./ : /: : : : : } }: : : : : :\: : : \
     >-= : ´: : : : :/: : / /  <´    、\  r'' }//: :/ : : : : : : :| |: : : : : : : :.ヽ: : : ヽ
   /: : : : : : : : : /: : : / /     \  _\_∨ノミ /: :/: : : : : ::>  | : : : : : : : : :i: : : : : .、
   : : : : : : : : : : ´: : : : / /     > ´ ̄ `ヽ.   ` /: :' : : : : :/ : :}  }: : 、: : : : : / : : : : : :}
    : : : : : : : : : : : : : : i i   _/       \  〈 : : : : : i : : : : : ゝ-': : : : : :./ヽ: : : : ::/
   : : : : : : : : : : : : : : :.{ {>_/          ’  ヽ: : : : |: : /: : : : : : : : : : /   \/
    \: : : : : : : : : : : : :,/  {              ト..   >ミ: / : : :/: : : : : :/
     `''ー--ヘ: : : : /     ',               ミ、  ', ヾ: :/ : : : : : : : ∨
          }: : : i       、       メ__  \!  }: : : : : : : : : : : :∨
           !: : :|      r >=--  =彡___  ヽ }  ゝ=-- : : : : : : : : :}
             '; :.ハ      ゞ i: : : : : : :.ヽヽ: : : : : : :\\/: : : : : : : : : : : : :./
            '; : :ヽ   ,  __|_γヽ: : :./ /: : : : : : : : :.∨: : : : : : : : : : : : :/
            ヽ: : :> /__/__.|__乂ノ : 〈 〈: : : : : : ヽ : :/: : : : : : : : : : : : ,
              \| ,'__/   | : : : : : : ヽ ヽ: : : : : :.∨: : : : : : : : : : : /
                |ハ{  ___ |__,ハ: : : :./ /: : : : : :./: : : : : : : : : : ∠ __ ,,..ノ
                 }__/____|__乂,}: : :/ /: : : : : : , : : : : : : : : :/:,. ィ彡 < ̄ ̄`ヽ
                 i__/  i!: : : : : : \\: : : :./: : : : : : /i: //    く    <
                      |  , -|-:-ハ: : : : :〉 〉: :./: : : : : /  {_/ 、 __}    ヽ
                 厂X._!_:_乂j: : : :/ /: : :.{: : : : :/   <、 ト }      /
                    厂   ∧ : : : : : 〈 〈: : : : :、: : :/ /´ ̄ ̄       <



.

8918 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:19:55 ID:0Gh9EChj

魔剣「望みのままに与えよう……。対価はお忘れなく。」

8921 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:20:18 ID:H/AuNOxi

フラグしか建ててねえ!

8922 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:21:07 ID:z5NBbub5

あぁ^~ ドヤ顔ネロちゃまクッソ可愛いんじゃぁ~

これが後に頭痛に悶え苦しむと思うと…… あぁ^~


8923 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:21:07 ID:1zpT2LBG

え?ばらばらの女王?

8924 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:21:16 ID:VLcVyEQz

なまじ実力があるからゆえの悲劇やな…

8926 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:21:30 ID:ezwIZDBQ

この希望に満ち溢れた少女王に魔剣を渡すだなんて…!

8927エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 22:21:34 ID:WQKRn8wl








                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  `ヽ
                |    ………ネロのその根拠のない自信はどこから来るんだろうね、ホント。
                ヽ_______________________________  乂_



                                     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                     |   そこは素直に賞賛しておくべきところではないか!?
                                     ヽ_______________________  乂_





                            (  ヽ      ――――  ○  ――――
                    , ⌒ヽ    (     )          // | \
                   (    '   (       ヽ⌒ヽ 、   / / |    \
                   ゝ    `ヽ(              )        | (⌒ 、
                  (           、⌒         ヽ     (     ヽ
                 (    (⌒                  )   (
                           , ⌒ヽ                               _,,.,..,......
                          (    '                          .r‐'''"~   |.|
~|¨|¨"i |  o                    ゝ    `ヽ    ,. .r'"    '"''''''''''''''''''i――┐. .|      |.|
. ! .!  ! , ミく_)ттттr .h..,_u !!! |_|i` 、 (         -'"._,L ‐''"=='''T "T |_|     |.. ..| r.1.   .!.!
. ! ー!┌.. 卵}}.―‐r.-   .|. i⌒j―~┤r- _ ュョ"'        レ"~ r.1 「~.|-.n-|「Γl | .|,.、     |  | |^| ,...、 |
_レさ/.| . こハツ  | .|  .|,<ゝ'_イィ___.i⌒L  、.,.    (.ヲ,-、,.、 /¨)ノ.)-、ュ ! .|〈f ),ト、ノヽ,r>',.! .,f ζ.ヽト._,ィ.| ,、ヽ
.  ',i .| ノニニハ、 ..| .|  .|l,.,_.|  __      |〉-.r '''''''ヽ='ィ `、ぅ`,'.} Y{ ''r'.Yヽiニ./'}f''{ }f,.)、><ニェェ f_,.-'-亠,、(ノ
┌─r''1.i__.| ノ}. | .|_,...._,Lヽ.,'´   ヽ‐_.i1_┘、_i二二っ_ヾi¨¨i },'/..l l.ヒi  .l'f、)ィ' i'"1 i l. i `i i.',ヽ~,.' .ィ     i.i-
|  |_,.|コっ,,1i_ | .| ̄ T,、mi      i_ ,.7A.fヽ_―――.< ~ヽi.゛1 l l ll,.、 i.iー'ヽニ、、i.l .l_.l lll.',ヽ'<_/j    トi′
⊥.⊥L.‐ ''" l | .|  /皿皿` ._,ィ(,,,,、)_., 、|ス.「「 ̄「 ̄|__}f"ヽ_ .i ^ト|イト、|./. <ノ、ツくヾ、.i i.ノリ "lヨ.ノ〈_   ,' .| ̄
- ._   _,..-'''ー-‐L」口 , -'"_フζ(`ー'―`-'"~| l  .|  .| |ニニコ¨  Ц~i ii.Tтl只´ l.l _〉J',l ll l ~ l 、 ̄.ト、|ニ
._ _,.`>´ | .}_t_   |,ィ'__`'_`´_`ー_―_''_'ト.ト_''_''"¨_┐ィ=.l     └`.}_ノ i.Y_ _j `i´.,' }i l'./|   l  l', .',
‐'"    | ._j    「 ̄|______________|┘<ヽl―.、.     Jl.l l. i. l"''~l  i`トi ト.、 i l ', .i---
      .|' ,..._,r''>-、   .| f.Y iY゙、ヽ〉V.>ヽi i ノ┌.────┐ ゙、        Lj、ノ └、_)    ` l l .i .l"""
      .レ rノヽr,><.ヽ,-゙、 、..|, 〉‐ンt ソヽr">、ノ7-Y7 ,.、  _.,.、  !""".|      しU          、_ .l ト┤
   /、,>`ト、ノ_, ノ、( ヽ_ヽ‐/j  n .|l ,.-L__l ,r-__,..、l',( __,< ),.>ク、-.、,..`、                 ~ `"´
  /,,r''ヽ-'ヽ{,r-_ノ.Y  |./,ィ<ヘ,イ< ゙、,' |ノf Y. Y.¨)'i-( ヽ>-<~ヽr-.<)、)`、
/,,.、 `>''"''"ヽ,r' .〉- l,.r=|.ノ  i i  i ', .ll .レ'-'i.i `‐'ィ|`rY 口 ',コ ト、´ ', } }`、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
__________ |__________ |________ ト、
ー‐―――――――――――――――――――――――――――――┤
ー―――┬―――――‐ー┬―――――ー‐┬──────ー┬───┘




.

8928 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:21:49 ID:0Gh9EChj

国(と大陸)の民を(暗黒の)光へと導くきっかけとなった初代女帝ェ……

8929 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:22:31 ID:FRJXv1mH

魔剣さんは対価が「3スラッシュまで」と決まってるので、
一度スラッシュ払いしちゃうと「犠牲を無駄にするのか?」となって封じられないんだろうなこれ

8934 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:23:25 ID:VNHhY7kc

彼女は確かにあの英雄に匹敵してたかもしれない
でも彼女の心は英雄のように強くはなかったんだな

8936 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:23:32 ID:H4b+bXMh

穏やかで微笑ましい一幕
なお

8937 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:23:53 ID:kVqYwggw

ザビ子「この時、私は涙を流してでも親友を止めるべきだったのです……」

8938 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:24:06 ID:I9IiPKrI

>>8929
ハザマを斬っちゃったモーさんが止まれるか?っていうとねぇ……

8939 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:24:08 ID:z5NBbub5

>>8934
ビィ君がいないってのもある

8940 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:24:29 ID:5J37yB8h

光のために。誰かのために。祖国のために。

8944エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 22:25:26 ID:WQKRn8wl





                      ――
                    v   ̄ ̄ヽヽ
                 --へ---=ミ    )'
              r' _/_    ゝ、 \
              / イ   ヽ_彡⌒ヽ  i
             , ゝi   /__彡イ'ム ハ
             i  八   i   ノ---ァ八
             ∧ r----=v―r:i:i:i:i:i:i:i| ∧
             /  V:i:i:i:i:i:ゞ-人:i:i:i:i:i:i:|/ ∧
.             イ  iゝY:i:i:iイ:i:i|:i:i\:i:i:i:从/ ヽ__
             |i   | |i^< |:i:i:|:i:i|´iノ`´ 从/ ´ヽヽ ヽ
           从_l、 |i  ∨:i:i|v:i|=ゝ、 /イ i i /:i:i:{ {\              /!
          < ̄ゞ'<ヽ   r:i:i:|:i|:i| :iイ乂__ イ:i:i:i:i:i:i:} }:i:iヽ            /ノ ----ー ……==っ
        /:i:i> // ><l:i::i| :i:ii へ :iY:i:i:i:i:/斗≦} }:i:i:ノ           イ ノ__  _ ヽ- ヽ ヽ
       i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨⌒ヽ|:i:i:|イ:i|   |:i:i:/:i:i:i:i:i:iノ':i:i/i          /:i:|   /ー/:i:iハ i  ∪ノ
       |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|    乂人:乂   Y{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii人       /:i:i:i:i|   ̄>:i:iリ∪
         {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|             |:i:i:i-=ミ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>  __ r-く:i:i:i:i:i:i:i|   <:i:i:/
       }彡イ:i:i:i:i:i:i:i|    ,'   ',   八:i:i:i|| ハ ` <:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i!|:i:i:i:i:i:i:i:i:i八  <:i/
     r--'彡:i:i:i:i:i/:i人    i      i  〃:i:i:i:i/'  i    ` <:i:i:i:i:i:i|:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i 、 _ヽ
    /:i:i:i:i:i:i:i:/  Ⅵ:i== 、     /:i:i:i:i:i:i/  ノ         ` <:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ、)
.  /:i:i:i:i:i:i:i:/     、:i:i:i:i:i≧=≦:i:i:i:i:i:i:i:/__彡'           -- ´ ̄ ̄ i==r
. /:{:i:i:i:i:i:i:i:i:{        \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i=彡丁:i:ii                 __ √ 7 ___
  ヽ\:i:i:i:i:i:V         Ⅵ<:i:i:i:i> ´} !:i:i:|:i:i:i,               /:\ /}/\彡イ:7
    Ⅵ:i、:i:i:i:i\           Ⅵ   ̄   /:i:i://:i:i/            ,.:i:i:ir=彡///////
   乂:i:i:i:i:i:i:i:i\       ハ_  _/:i:i://:i:i/               i:i:i:i|/ /ヘ__彡__彡'
     \:i:i:i:i:i:i:i:i\    __{:○ニX二ニ○:{ {:i:i:i{             |:i:i:i|:i|:i:i:ir-- ´
      ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i\ 「' //:i:i:/   ||:i:i:ノイ:i:i:i∧              Ⅵ:i|:i|:i/
       Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i/ <:i:i:i:i/、  , ||:i:i{ {:i:i:i:i:i:i∧                Ⅵ:i:i:{
        Ⅵ:i: ┏                                                             ┓
         i:i:i:i┃                                                                ┃
         |:i:i: ┃                                                                ┃
         |:i:i:i┃                                                                ┃
           ┃    ―――――ヴォルラス帝国初代皇帝、“薔薇の女帝”ネロ。                      ┃
           ┃                                                                ┃
           ┃                                                                ┃
           ┃    史上初の大規模な遠征軍を組織し、多くの暗黒領域の解放と竜殺しの偉業を成し遂げ、   ┃
           ┃                                                                ┃
           ┃    その威名は今もなお語り継がれている。                                 ┃
           ┃                                                                ┃
           ┃                                                                ┃
           ┃                                                                ┃
           ┗                                                             ┛






.

8945 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:26:00 ID:dIY1JFpn

歴史を語る感じに入ったな

あっ(察し

8946 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:27:07 ID:rMvvHOsp

あっ

8947 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:27:07 ID:+Kml5te2

歴史は何を伝えたのやら

8948 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:27:16 ID:Kp01DhX2

後世どれだけあの時ザビ子の忠告を聞いておけばと悔やんだんだろうな

8954エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 22:30:43 ID:WQKRn8wl






      /レレr/ )   __|ヽ|,〉 )    ././
     r|リ|   '-、 ./  ヽ 〈ヽ `ヽへ __.|/ ‐、_ -‐、
      N 》  > ´    .| .〈ヽ \ノ´ 〃./  ∨、  ヽ/ ,
      リ ∥>~._  .ヽ  ', .|ヽ ヽ|  / ∥.   ∨ < ∨ /
    _ノ'>´/レ⌒レヽ〈.ヽ トミ ニ〉__}! 〃 .∥.  | .|   ヽ\'. ,
  .ノ::::〈     /r ' 〈 .〉.}  |ニヨ . /,'. ..∥ ,  |  、   . ∨ ,
. /:: :: :: ::`≧s。_   ) つ`´.  |ニ|.,.','  /! ∥ .∥   \ ∧∨ヽ
.{: : : : : : : : :r=‐-ヽ―‐‐ ´_{ | .〉==〈_' ./ .|∥. ∥∥ヽ  \∧|! }
.ヽ:: :: :: :: :::∧_/::\     ∨∨  ̄.∨'_ .|N  レ''-‐ \ヽ ヽリ!
  \:: : : : :: ::\::{{-\、  ノ ,∥,'//,',.∨ .|/| ,リ≦示ア}ヽ}},ノ \
   ヽ : : : : : ::ヽ{i: : {{> 、 .,'∥,'///∧∨  .∨   叱 './イリトミ  .ヽ 、
     ヽ::: :: :: ::∧: : マ/∧,><>//r'≦ 〈i     イ_,.イ|}ヽヽ  ∨ヽ
  __ .  .ヽ::: :: :::∧: : マ/∧//////r/´,'! }≧s。 _   // : :}!〉ヽ∨  ∨}!≧s。
  ヾ,.ヽ--.∧: : : ::∧: : マ/∧////////ム:`: : <//≧ : : : : :}!__,∧! ヽ! ,i! ̄ ̄`
  ∥    . .\:: ::|∧: : マ//ヽ‐,‐〈////ム{≧s。 _: : }}:: : : : ::}!r‐‐ 〉 .| リヽ
_  .{{  ヾ    \iq∧: : マ//_/_/ ∨_/_,'ム。_:_:<ii i}:: : : : ::}!__‐‐.ノ .ノノ_ _ }i
.ヽ-i{i        ./\.ム: : `={{ : ∨/_//_,≧x//7}:i :}:: : : : ::}!≧イイ≦ ̄: ≧s 。
..'  `\     〃: : : : \ゝ: :_:_:}!: ::∨===ュ、`∨!/.!:!::}:: : : : ::}!ヾヾヾ,∧<: ヽ : : : ヽ
        〃: : : : : : : :\: : : :/> ´  .`}!: ///i !::}:: : : : ::}!{ }_}! ∧〉: : Ⅷ: : : : : ∨
__    ∥: : : : : : : : : :∧,-´== - 、 .  .リ////i !::}:: : : : ::}! : :  ̄: : : : : :Ⅸ: : : : : :}i/
: : : : : ヽ____∥ : : : : : : : : : マ        ヽ/'////,| !::}:: : : : ∥: : : : : : : : : ∥: ヽ: : :ノ'_
: : : : : : : \∧:: : : : : : : : :∥.      ..../,/////,/,/ : : : :〃.、: : : : : : : : /': : : : /: : :
:: : : : : : : : ::\ヽ: : : : : : : :i{::::::::::::.. ::::::::: /,/////,/,/: : : : /'  Ⅶ: : : : : : 〉: : : 〃: : : : :
:: : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : :ム:::::::::::::::ヽ: /,/////,/,/: : : : /':.... ..:}}i: : : : : : 〉: : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : ム:::::::::: : /,/////,/,/:: : : :〃:::::::::::人`: : : : : ∨: : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : ::ヽ: : : : : : :}}≦´/,/////,/,/:: : : :〃::::::::/: : ::ヽ: : : : : ::マ: : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : ::∨:: : : ::}!:: :/,/////,/,'': : : : 〃≧r: ': : : : : : ∧:: : : : :∨: : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : ::∨:: : ::}!::/,/////,//: : : : :∥ : ;リ: : : : : : , :': ∧: : : : : ∨: : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : ,:、:::∨: : }!:∨≧s/ヾ/ : : : : ∥: :∥: : : : :/ : : : ∧:: : : : ::∨: : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : :/': : \∨: }! : マ/,'∧:: : : : : ::∥ ::∥::: :::/:: : : : : : :∧:: :: : : ::ヽ: : : :
: : : : : : : : : : : : : : :∥: : : : ::>r': : : マ//,', : : : : : :|{: : :|{:_:/__: : : : : : : : : :〈r: : ´: : : :∨:
:: :: : : : : : : : : : ┏                                                                ┓
:: :: : : : : : : : : : ┃                                                                   ┃
:: :: ::-======- ┃                                                                   ┃
          ┃                                                                   ┃
          ┃   そしてその遠征軍が僅か数年で他国への侵攻を開始し、その後に渡って続く               ┃
          ┃                                                                   ┃
          ┃   大陸の血腥い歴史の戦端を開いた事でも知られている。                           ┃
          ┃                                                                   ┃
          ┃                                                                   ┃
          ┃   ―――――彼女が如何なる理由で狂気に陥ったのか、それは歴史の上では語られていない。   ┃
          ┃                                                                   ┃
          ┃                                                                   ┃
          ┃                                                                   ┃
          ┗                                                                ┛





.

8955 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:30:54 ID:HJrWkrKM

ボーラス「これだから定命の者は…(鼻で笑う」

8956 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:31:26 ID:8jNESFDP

おぉ……(顔を覆う

8959 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:31:33 ID:toTIXUMv

一番重要なとこを伏せていくスタイル

8960 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:31:36 ID:0Gh9EChj

>>8955
因果応報魔剣をくらった慢心龍ボーラス様こんにちは!

8961 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:31:43 ID:VLcVyEQz

なぜそうやって肝心な部分を闇に葬ってしまうのか…w

8962 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:31:58 ID:Kp01DhX2

おおう(顔を覆う)

8963 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:32:05 ID:rMvvHOsp

おお、もう…

8967 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:32:33 ID:khX2Cadu

ボーラス様が生きてさえいればぶん殴れるのに・・・

8969 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:32:57 ID:Ckw4yV4p

アカン・・・

8970エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 22:33:55 ID:WQKRn8wl

これ恐らくネロ様の家系がペンドラゴンで、ネロ様が狂って死んだ後に責任を以て魔剣の封印の役を担ったんやろうなって。
で、ハクノの方がネロ様の従姉妹で、狂った女帝を廃した後にに改めて帝位について魔剣の存在を闇に葬ったんじゃないかなーと。


8971 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:34:34 ID:5f5XEVH3

そこは語れよ歴史先輩!?

8972 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:34:36 ID:2dnO0CGH

ローマ皇帝お約束の「良帝が突然暴虐を働く原因」みたいなものが発生してしまった…w

8974 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:34:58 ID:831/Zh9x

そんな感じだろうねぇ…

8975 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:35:02 ID:8BBao1q8

存在知ったら欲しがる奴が絶対出てくるからね
しょうがないね


8977 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:35:19 ID:VLcVyEQz

こうやって負債が溜まっていくんやな悲劇やな…

8978 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:36:09 ID:khX2Cadu

ザビ系列の血から狐様になっていったわけか

8979 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:36:37 ID:/YWNGpnL

しかし絶対に前進するウーマンの家系から絶対に働かない狐様が出るとは
血筋か……

8989 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:38:12 ID:ZSdbkPHG

責任を以て魔剣の封印の役を担った先祖に
真っ向から泥かけちゃったパパ上…


8992 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:38:57 ID:khX2Cadu

パパ上まじなんなの・・・

8993 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:39:06 ID:t6BYQDAe

よかった、愛しの奏者に葬られたネロちゃまはいなかったんだね…
従姉妹ならまぁ責任取らんとな

8995 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:40:04 ID:0Gh9EChj

パパ上も割と途中までは制御できてそう
なおステラ

8996 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:40:12 ID:831/Zh9x

あまりにも長く続く戦乱が行けなかったんじゃ…
パパ上の行動も理解は出来る、実際あと一歩だったし
致命的な所で膝を折ってくれたけど

8998エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 22:40:18 ID:WQKRn8wl

例え自分が破滅しても大陸の戦乱を終わらせようとした大英雄だぞ!なお護国の祈りを込めた流星に阻まれた模様。

8999 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:40:55 ID:2CstlI6N

完全制御したアルトリア
発狂したが最大勢力を気付いたネロ
荒らすだけ荒らして退場したパパドラゴン
勢いのまま魔剣完成させたモーさん

言っちゃなんだが順当に劣化してる…w

9001 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:41:02 ID:rsyCHpaX

パパドラゴンのころにはなんかすごい剣ってくらいしか伝わってなかったんじゃろ
てか呪いが3人斬るって伝わってる時点でその程度なら、って思っても仕方ない

9002 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:41:25 ID:831/Zh9x

どちらも当人達が最善だと思う行動を尽くした結果最悪の事態に陥ってく
この大陸そんなんばっかだな…


9003 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:41:27 ID:8jNESFDP

ステラさんが悪いとは口が割けても言えない辺り非常にアレ

9006 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:41:45 ID:I9IiPKrI

パパ上の子どものためにという理屈は痛い程理解できる(親感

戦乱続きの世の中に子どもを住まわせたいとは思わんもん

だがステラ

9007 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:42:01 ID:t6BYQDAe

次の世代のために自分たちが血を流しても、って思えばね
なおステラ

9008 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:42:05 ID:rMvvHOsp

ステラさんは国を守っただけだしなぁ

9009 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:42:17 ID:/YWNGpnL

でも魔剣に影響されても周り殺しまくらずに狂死で済んだあたりやっぱりネロも傑物だったんやな
そうだろう?パパ上モーさん


9010 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:42:31 ID:khX2Cadu

自分だけで受け止めようとしたもんね
でもステラ

9011 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:42:39 ID:toTIXUMv

パパ上はマジで物理以外で戦争をどうにかできれば……。

9013 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:43:34 ID:I9IiPKrI

ステラは始祖の作った対龍兵器だっけ……?(目逸らし

9015エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 22:44:04 ID:WQKRn8wl

やっぱり全部ボーラス様が悪いやん!(結論)

9018 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:44:39 ID:rMvvHOsp

おら、ボーラス生き返って皆にボコられるんだよ!!

9019エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 22:44:45 ID:WQKRn8wl

>>9009
多分もうどうしようもなくなる前に親友に介錯して貰ったんやろうなって。


9020 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:44:52 ID:ezwIZDBQ

ボーラス様責任取って!ってもう死んでるやん!(ちゃぶ台返し

9022 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:44:54 ID:3G6NEp60

おのれボーラス!

9023 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:44:55 ID:nTq6ipcb

そもそもこんな魔境大陸に人間が流れ着いたこと自体間違いだった気がしてくるな

9024 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:44:56 ID:I9IiPKrI

パパ上が悪いとはゴメンだけど言えないわー
アーラシュさんも悪いとは言えないわー

ボーラス様殴らせて!

9043 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:47:23 ID:toTIXUMv

悪いのはボーラス様だけで、魔剣を使った人間は愚かではあっても悪くはなかったんやな
いつだって悲劇への道は善意で舗装されているんやな
畜生は知らぬ


9048エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 22:48:04 ID:WQKRn8wl

畜生エルフの畜生さが光る。

9049 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:48:24 ID:0Gh9EChj

ウィリアム「そーだそーだ!パパ上が魔剣を解放しなければ俺も魔王にならずに済んだんだぞ!」

9050 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:48:38 ID:khX2Cadu

畜生エルフの何が畜生って割と民も畜生なところが畜生

9054 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:49:35 ID:VPk6QUxE

>>9049
そのままお前が踏み折れば良かったんだよーww

9055 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:49:48 ID:2CstlI6N

畜生は「ワイが上位種族たる支配者や!」ってやったのが最高に畜生

9056 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:50:02 ID:nTq6ipcb

一族そろって外道ではあるがああでもしなけりゃ衰退し続けてそのまま消滅してたんだろうなぁ

9057 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:50:09 ID:z5NBbub5

>>9043
ボーラス様も野心を持って行動しただけで別に人間をどうこうしようとしてたわけじゃないんやで
他の竜王ぶっ殺すために作った兵器を人間が馬鹿な使い方して勝手に自滅してるだけ

9062 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:51:30 ID:2CstlI6N

ボーラスが捏ね
人間がつき
エルフが食らって食当たり
そんな魔剣餅

9063エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 22:51:32 ID:WQKRn8wl

やっぱ魔剣作ったボーラス様が悪いやん定期。
なおボーラス様が魔剣造らないと竜の時代が終わらない模様。
これもう是非もないネ!


9066 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:52:13 ID:0Gh9EChj

是非も無いね!

9067 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:52:28 ID:T8x/lnuQ

ウィリアムは原作でも(町の治安なんてやりたい奴がやればいい。俺はレイドできれば俺でいいんだよ)みたいなこと言ってるし・・・

9068 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:52:31 ID:jI3Wpz8J

是非もねぇ!!

9069 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:52:40 ID:DhI3ocm/

ボーラス『僕は悪くない!』

9070 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:52:53 ID:t6BYQDAe

本当、誰も悪くないし、歴史の流れとしか言いようがない…

9084エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 22:54:56 ID:WQKRn8wl

なお更に元を辿ると本来なら何もせずぼーっとしてるだけで満足だった古竜達に魔道の知識を与えて「学び欲する事」を教えてしまった
アインズ様が悪いという話になってしまう模様。


9088 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:55:53 ID:Kp01DhX2

そら、アインズ様も責任感じるわ……

9089 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:55:55 ID:rsyCHpaX

ネロは失敗したアルトリアで、パパドラゴンは失敗したネロなんだよな
モーさん?ある意味アルトリアさんより成功してるから(目逸らし)

9099 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 22:57:09 ID:ezwIZDBQ

責任辿ってくとお爺ちゃんに突き当たるのかw
長生きすると功罪もでかくなるんだなあ

9105 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 23:00:10 ID:OF33X82c

>>9099
魔剣「せやね。ワイの場合はおらんと人類滅亡待ったなしやったからどう考えても+のほうに傾いとるがな」

9106エイワス ◆ovWgAQvoZA :2016/05/23(月) 23:00:29 ID:WQKRn8wl

誰が悪いかという話になると結論は出ないが、歴史が盛大にぶっ壊れたのは畜生エルフが悪いと思うの。

9111 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 23:01:11 ID:z5NBbub5

畜生「限られた条件の中で勝利条件を満たしただけ」

9113 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 23:01:37 ID:VNHhY7kc

明らかにやらかし度数で言えば畜生エルフがぶっちぎり

9114 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 23:01:38 ID:ViND8xnI

この世界の抑止力的なものー!
なんとかしてやってくれー!

9117 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 23:02:23 ID:w7BkUiUV

畜生「エルフのためだしー、下等種族を支配するためには仕方なかっただけだしー、これで世界は安寧を得られるしー」

9119 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 23:03:14 ID:z5NBbub5

部下エルフ「あったよ魔剣!」
畜生「魔剣でかした!」

9120 :梱包済みのやる夫:2016/05/23(月) 23:03:26 ID:831/Zh9x

やっと世界が一つに纏まりかけたのを盛大にぶち壊したからなぁ…









一覧
関連記事

[タグ未指定]
[ 2016/05/28 16:00 ] New 最新追加スレ 魔剣物語 | TB(0) | CM(4)
投下が始まると阿鼻叫喚に包まれるスレにほんと草生える
[ 2016/05/28 18:42 ] [ 編集 ]
絶対前に進むガールから、最終的に絶対に働かないフォックスに行き着くのが・・・。
環境が人を腐らせるというが、まじで救いようがないわ。
[ 2016/05/28 19:59 ] [ 編集 ]
ボーラス様他古龍以外は、世のため人の為に動こうとしているのがやるせなさ倍点
なまじハザマとか善良な存在が止めようとして蹴散らされるのもな……
[ 2016/05/29 01:38 ] [ 編集 ]
魔王モードレッドは魔族組の渾身のステラの前に敗れたのか
結局、パパドラゴンを敗退させた相手に復讐を果たすという誓いは
達成できなかったとw
[ 2016/05/29 19:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

<魔剣物語シリーズを楽しみにしている皆様へ>
一時的なものと思いますが、週末の投下量が増えており、1日でまとめるのがかなりきつくなっております。
申し訳ありませんが更新量を調節し、1週間分を1週間で消化するというスタンスに変更させていただきたいと思います。
ご了承くださいませ。。<(_ _)>

追記
予想以上に投下が多く、1週間スパンでは追いつけないかも……
出来る範囲でですが頑張りますのでノンビリ待っていただけると幸いです。
<(_ _)>


一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



FC2カウンター