やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 教えて! 武蔵さん やるぽん!

エグゼイド第35回 貴利矢さん復活! ダークサイドに堕ちてモノトーンな感じになってしまいましたが、きっと笑顔を取り戻してくれるはず! 絵夢への耳打ちも気になります。 ですが、来週はお休みなので注意。

やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 教えて! 武蔵さん

460◆25NC1ovscM:2016/08/17(水) 21:33:19 ID:cjMGn3jY0



教えて! 武蔵さん


                     _
                  _/_>-<>ヽ,-‐ 、
                / r‐´/////`Y´///∧_
           _..ィ  //////''^'l!~^~ヾ}|//∧ ̄`ヽ        ここでは本編の中で説明不足と思われる事柄を
            ソ イ/////-─{、 ,∠.~i'/∧    )
           <´  / l////l《乏示   ミ、`ト//ト _,         私、武蔵がご説明させていただきます
            ゝ'´ ∨//,l`''¨゚`  佗メ///丿
         (⌒ヽ _人/∧、     _゙ノイ/゙ヽ            尚私の本編登場は第十六話となりますので
         /////'  ∨,ト、`      ィ/〉 |     __
         //////i _ノ⌒!/iヘ_7コヾ彡ヘi ̄`ヽー - '////ヾヽ  それまでお待ちください――以上
         /////< ノ´//,l⌒{::::::)_.リ ヽト、_ノー' '´⌒ヽ//} )
       {//////<_/// / `ヾヽ ヽノ::::::∧      )'´
         ヽ _∨///////{_ !  人i:::}人:::::::i'/∧
          \/////:::∧  ̄   !::l/  ̄ \/\ ___
             ̄)/::::/ |:i   ! /::/i        \/////// `ヽ
              {r'::::::i lノ /:/ Y::ヽ     \/////∧})
            /\_::ト〈/.:::/,   ト:_;イ         \///∧
               >、_7:::lー-'   ノ`ー':.\       ヽ//∧
            i_/ 〉=∧ ̄       i::::::::.ヽ/{      i///!
                 ノ:::::::::::ヽ  l   l::::::::::::{/!        ,!'//l
           -‐::´::::::::::::::::::::i  l    l::::::::::::∨ミ 、_ ..::彡///
      r::::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::l  l   !:::::::::::::::\////////

461◆25NC1ovscM:2016/08/17(水) 21:33:48 ID:cjMGn3jY0



                _r'二ミ、_,.ィ'f二 ミ_
               {   >..--.―.-- <   }
              r''⌒/--=ミ、:::::,.ィ::::ミ::\⌒ヽ
                ヽ/::::::::::::/⌒^~⌒ヽ::::::::::::\{
               /::::::::::::/{::!      }::::!::::::::::::',   さて、本日は『非常識存在』について
                 ,:::::::::::::-'‐|:!--    --!‐:ハ-::::::::::,
             i:::::::::::::::{_i!__   __,j/_}:::::::::::}',  お話させていただきます
             {:!::::::i::::ヾ 乏茫!   乏茫ナ:::::::::;
                ハ!::::::|::::::::{         /::::::::/  ',
             〈 {ヽ:::';::::::::',    , 、   /ィ:::::/ {  }
                `}_`ヾ \::、.. ___ ..ィ/::/{__j⌒′
                    r-}::}- v-tt-v--{::{-、
                    __ノ ,:::!__ } {⌒} { __!:::', 乂_
                /  /:::::}-r- }^{- t-ヽ:::ヽ. ヽ:.<
                    ヽ  {::::{ i `| |´ .i  }:::j::! /i:::::::`:.<
                く`ー从!、.{ .:! !..__j_.ィj::/// \::::::、:::、
                 ⌒ヽ//}⌒.| |   { ̄ ̄0 }  )::::::) }!


             , -―- 、
         | ̄  >-‐:::::´‐- ̄_|
       ┌┴ /::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
       |-‐/:::::::::::::::::::::/=- -=∨:::::∧
       ノ/ |::::::::::::::::::::::| _    _∨:::::∧
    /::〈_  |:::|:::::::::::/V _    _ Ν::::::::|   まず第一に『非常識存在』ってなぁに?
   /:::::::::/_γ|::::::::ΤΤ丁   Τ丁::::::::|
    |/:::::/  ヽ∨::::::|  ー'    ー' レ!:::/   と思われると思います
   |::::/      ∨::リ、、    ‐   ノ:/
   ヽ{       ┌‐∨::::\`≧=≦ /V^{
     ┌「|   \_ ∨::::::| /::| 〈::::::::::\
       V」  /::::::「|:::::::::∨::::|二}:\:::::::::`ー 、
        | |く\:::::::У:::::::イ|::::/ ∧::::::\ー 、::::|
       | |_L\>'"r‐ Tノ |/  |::∧、:/>  )リ
       / ム ヘ\|:::::::|.    |:::::∧rイ\
      /     ∨:::::::::|    |::::::::∧  ヘ
    |IZUMO  | :::::::::|    |:::::::::::∧ IZ|
     \___/::::::::::::|    |:::::::::::::∧- '′
       ` ー=ニ二三二⊥__⊥三ニ=‐'

462◆25NC1ovscM:2016/08/17(水) 21:34:32 ID:cjMGn3jY0



              ┌―-、, -‐ 、_ .-┐
             _..⊥_ - ┴-<   ┴┐
          ,.-'‐::::::´:::::: `::::::::::::`ヽ /〉|
        /:::::::ァ=- -=ヽ:::::::::::::::::::::://、_|      簡単に申し上げますと『非常識存在』とは
         ,':::::::::|‐    ‐ |Ν::::::::::::://「 \
          l::::::-==   ==- :::::::::://:::|  r┘     いわゆる邪神やそれに準ずる魔力を保有した
          l::::::::::| |   |  ||:::::::://|`lリ-‐|
         |::::::Ν‐'    ー'.|::::://:::|ノ|:::::∧      常人が単体では対処不可能な生命体のこと、でございます――以上
         レ'ヽ:ヽ _‐ __ ノィ// :::::| |::::::∧
            `「rァ'≧=≦`// |:::::::|ヽ∨:::::::∧
             ノ::》_ ...イ7)-、|:::::::|┘ ∨:::::::::\
          /:::〈:::_:::_::/ノ-‐:::::|::::::::\  \:::::::::::|
        /イ::::/ァ(_ム \::::, イ\::::::::::\  \:::::|
          ヽ∨/ 八く \/ ./::::::` ー-、::::ヽ  ノノ
         //  /  |∧  ./:::::::::::::::::::::::りノ\
      くヽ::|  |  ||  |:::::::::::::::::::::::::::::::/ノ
       \|   、  \_」::::::::::::::_ .-‐ ' /
           \_r‐-、z‐- ' 二二ニ-‐ '´ ̄


                      _
                  , '´::::::`ヽ
             _「 ̄ `>-‐-<´  ̄ 7
            | ,....:::´::::::::::::::::::::::::::`ヽ  ̄|
               〉':::::::::::r=-  -= 、::::::::::∧〈
             /l::::::::::::::| -  - |:::::::::::::::l∧
           //|:::::::::lΝ       l∧::::::::::|  \   先ほど魔力と申しましたが
           >  |:::::::┼‐┬    ┬‐┼:::::::|   く
          `ー∨:::::ト- '     ー|:::::∧-‐ ´   実はこの世界、魔法と呼ばれる力を使える方が
              \リ 、    _     ,∨り::::|
              く⌒X::ヽ≧=≦ア:::/⌒>::::\    極少数いらっしゃいます
            ftftft{´__〉ftftftft〈__`}ftftft ::::::\
           |                |`ー、::::|
           |   魔力保有者は    .|、  |ノ
           |                |∧
           ,.|   全人口の約1割   |::∧
.           ん|                 |::_∧
            ` |____________| -‐ '

463◆25NC1ovscM:2016/08/17(水) 21:35:08 ID:cjMGn3jY0



                     _ r'' ニアニ==-- 、
                      j>-‐..ァー --...< ̄ ヽ\___
                     /::__::::::::':::r--::、::::::::::::`:.< ー ォ!
                 __//:::i:::ヽ:::::/::::';:::::::ー-、::::::j::::\ ノ
                   /:::::::::::::::}::::::∨:::::::::';:::::::::::::::ヽ::::/::::::Ⅵ
               /:::::::::::::::::;"´ ̄´ ̄ ゙',::::::::::::::::∨::::::::::} ',
               ,:::::::::::__i!_/__   __ ';__:::::::::::::V:::::::/i ',    ちなみにここの>>1はこの世界の人口が
              /::::::::::::/j/         jハ::::::::::::::;::::::::::! {
              /イ::::::::/三三    三三  }::::::::::::::i::::::::::;  ヽ   およそどれ位とかまるで考えておりません
              / |::::::/ , , ,      , , ,  |::::::::::::::|:::::::/   }
                   i::::::{    __      |:::::::::::ハ!::.イ___ノ   現在皆様がいらっしゃる世界程多くはない、と
                   |::::::i>            ,:::::::::::!イ::::::::::::::::::、
                、:::::',  ≧== -- == ≦ /:::::::::/::::::::::::::::::::i!::::ヽ     思っておいてください
                   ';::::',/ /Vヽ/∨  V:::::::::∧:::::::::::::::::::::、\::\
                  }::::} i i /:.:.:i /  {::::::::/  \::::::::::::::::::', \:::.、  ここの>>1はろくに設定も考えずに
               //ーハ 、 i:.:.:.{ {   i::::::〈 .・ノ:::::::::::::::::::、  ';:::',
                  {:::{ ノー ≧ |:.:.:.ト ==≦ }::::::}--イ:〈::::::::::::::::::::::',  、::', お話を進めておりますので
                /i , ヾ!/: : ::{ミ' |:.:.:.:!  {: : // }{ニニ彡ヽ:::::::::::::::::::',   }::}
            {::{/{  く__ヽ /   ヽ彡  }/ーイハ: : : : : : ∨::::::::::::::::', j/
               、:::::::、  j_ノi: : i      /: : :i: : : :|ー-- イ >:::::::::::ハ:::,
              \:::::`ー /: : ,'      /: : : : ',: : :>== <::::::::::::::/ .}:::}
              \::::::/: : :,   .i  ,: : : : : : :、: : : :乂!::::::::::::::::://::/
                /: : : :{ i  |  {: : : : : : : :ヽ: : : / 〉::::::::::´:::::/
               マヽ: : : :| |  |  i: : : : : : : : : }: イ/-- ´ ̄ ´
                  ヾミマ⌒乙ー-ォ===彡ミ三彡
                    (__ (__ノ


      / _/___ヽv- 、ヽ
      _//,.イ__ : : : : :__Y- 、\i
    //: :/ィ: :ヽ: : / :  ̄ヽ\_」
    |゙: : : : /: : ィェ、: :ェx、: : : :';: :\-x
  rイ: : : :./: ://  `´  ヽV: :.'; : :ハ .i!   本来であれば>>1が本編内できちんと説明できていれば
  |/: : : : ; : /リ       リヽ: :}: : : } ト、
 ./|: : : : :l: :/ルi_    _iルヽ|: : : l!.l .l!  私がこのようなことをせずとも良かったのですが……
 l :|: : : : :|,z=テチ=    =テチ=z: : : | l .i!
 l :|: : : : :|ヽ ||       || ツ: : : i! ! i!  いえ、愚痴はやめましょう、失礼いたしました
 l :|:i : : : |.   ij       ij  .| : : :i! ! i!
 l :|:|、 : : ト、             /l: : :/ i! i!
 |oリ ヽ; :i! ヽ          ./ .!: :/ .| i|
  ー―V:|: :| > _´ `_ < l: i!:/ー一"
     .リ|:/|_fT) rエx (Tハ_|/_
     // ̄| /Y| .トiイ |Yヽ. .|. ∧ヽ

464◆25NC1ovscM:2016/08/17(水) 21:35:56 ID:cjMGn3jY0



                      _
                  , '´::::::`ヽ
             _「 ̄ `>-‐-<´  ̄ 7
            | ,....:::´::::::::::::::::::::::::::`ヽ  ̄|      さて、先ほど『非常識存在』は
               〉':::::::::::r=-  -= 、::::::::::∧〈
             /l::::::::::::::| -  - |:::::::::::::::l∧     邪神やそれに準ずる魔力を保有した
           //|:::::::::lΝ       l∧::::::::::|  \
           >  |:::::::┼‐┬    ┬‐┼:::::::|   く    常人には対処不可能な生命体、と申しましたね?
          `ー∨:::::ト- '     ー|:::::∧-‐ ´
              \リ 、    _     ,∨り::::|
              く⌒X::ヽ≧=≦ア:::/⌒>::::\
               》{´__〉┬ー┬〈__`}《 ヽ::::::::\
     ___       〈/    ー '   \〉 `ー、::::|
  lニ三三三}     /:\_|        |_/::\   |ノ
  〈三三三ニ}   /:::::丿::::|         |:::ヽ::::::∧
  {二二二ニ)   /::::〈:::::::ノ|        ト、:::|:::::::∧
  {三三三三}  ん、_ :::\|l└――――┘l|ノ::::::::_∧
  ` ̄ ̄ ̄ ´  ` ー =ニ⊥._____.⊥ニ= -‐ '


                ,――、_
              ,. -'――‐'ー<`,ヘ.ー┐
           ,. <: : / : : :/: < ̄\  \
          /: ;'´: :,、∨/ヘー- 、:´二`ヽ. `>
        /; : :/: :/__|!ヘ, }: : ',: : : :\: : ー }\
         ///: :/: /|i'  ̄! ト、 ',: : : :、: ',: : : : i ト、
      /:,' i.: : ! ;L」!_  | ! ヽ ',: : : :', キ ==}! i   つまり、邪神に準ずる危険な生き物であっても
       { ! |: : { ト上   サー+┼ : : ',. }、:::::!   |
      r'  ! |: トヒ;;タ   ,==L..」: : : :}: ',、:::〉   !  魔力保有量がゼロであればそれは『非常識存在』ではなく
        以:〈'     ヒ';;;;;;タ/: : : :| },):〉  |
        L・'; 〉、 c     ノ/: :i: : : :!: i':/    |   ただの化け物もしくは強力な突然変異体として扱われます
   ⊂´と^ー冖ー'; ::`ト、.,_    /: :/ : : /::/  _・」
   ‘ー- .. 、┤}  〈': : :「/(_)レーノ、-、ー-'i´{L・_・/    また仮に魔力を保有していたとして
       リYi ,-〈,:y'`//ー,´| |  | |  {:!:!
       /__ソ'  { 、 | { 、 ,L.」_!_!   \\      私達のような機械であれば、やはり『非常識存在』には
           `Iニ.! |ヽニゝ亡oコ     ヽ: :ヽ
               ,i!| | {{::《,、 );;;:ゝ、  ノ人: :)   カテゴライズされません――以上
           ,〈』 | | <ニ彳_,,.ノ /´ }; : 〉
            /.::ト、! |, '!::::〈)、  )   ノ')ノ
          i::::::{ ー  |::::::::::`~i~    ノ'
          |:::::::ト i  |::::::::::::::::l
          }_:_:_|,,, },, ,|:::::::::::::::_;i
          i}}}{}}`+┤}}}}{}{{}}{{!
              ∨ノ|
              ノ __」

465◆25NC1ovscM:2016/08/17(水) 21:36:43 ID:cjMGn3jY0



            _  _  _
           / V_∨ \
          <>'ニ´-‐-`ニー<>
          __〉´::__,ヘ∧^_::、ヽ〈__
         | /::::/ {   }} ヽ::ヾ |
         / /::{.{ニニ ≠ニT:}::i ',      付け加えて申し上げますと
          / !::::ト! │   │ リ::::}  ',
        ∨ |ト、ヽ     '/:::ノ |_」     膨大な魔力を保有している『非常識存在』ですが
         └‐キヘ:::ト., ‐ .イ::/~┘
          〈゙゙}::} ̄i‐i ̄!{:::{゙゙〉        魔法が使えずとも『非常識存在』の条件を満たしていれば
        i ̄ ̄ノ::i\|・|/i{:::{ ̄ ̄i
       / r‐;:ノ´〉、「 i ,.〈`ヽ::..   \     それは『非常識存在』なのです
      /  〈::{//  | ! ヽ\}:::}.  \
     \_/ ∨    | |    レ'ヽ._/
      /::└‐人.ヽ _.| | _/ _.人__ゝ::ヽ_


             _ r'' ニアニ==-- 、
              j>-‐..ァー --...< ̄ ヽ\___
          ./::__::::::::':::r--::、::::::::::::`:.< ー ォ!
         __//:::i:::ヽ:::::/::::';:::::::ー-、::::::j::::\ ノ
        ./:::::::::::::::}::::::∨:::::::::';:::::::::::::::ヽ::::/::::::Ⅵ
       /:::::::::::::::::;"´ ̄´ ̄ ゙',::::::::::::::::∨::::::::::} ',
       ,:::::::::::__i!_/__   __ ';__:::::::::::::V:::::::/i ',
      /::::::::::::/j/         jハ::::::::::::::;::::::::::! {     できる夫様が接触された『非常識存在』は魔法が使えません
      /イ::::::::/三三    三三  }::::::::::::::i::::::::::;  ヽ
   .../ |::::::/ , , ,      , , ,  |::::::::::::::|:::::::/   }    変身能力は魔力が必要なものではございませんので
     ..i::::::{    __      |:::::::::::ハ!::.イ___ノ
     ..|::::::i>            ,:::::::::::!イ::::::::::::::::::、    勿論、変身の際に魔力的サポートを受ける方も存在します
        、:::::',  ≧== -- == ≦ /:::::::::/::::::::::::::::::::i!::::ヽ
        .';::::',/ /Vヽ/∨  V:::::::::∧:::::::::::::::::::::、\::\  皆様ご存知の通り、やらない夫様です
          }::::} i i /:.:.:i /  {::::::::/  \::::::::::::::::::', \:::.、
       //ーハ 、 i:.:.:.{ {   i::::::〈 .・ノ:::::::::::::::::::、  ';:::',
       .{:::{ ノー ≧ |:.:.:.ト ==≦ }::::::}--イ:〈::::::::::::::::::::::',  、::',
  ../i , ヾ!/: : ::{ミ' |:.:.:.:!  {: : // }{ニニ彡ヽ:::::::::::::::::::',   }::}
   {::{/{  く__ヽ /   ヽ彡  }/ーイハ: : : : : : ∨::::::::::::::::', j/
.   、:::::::、  j_ノi: : i      /: : :i: : : :|ー-- イ >:::::::::::ハ:::,
   .\:::::`ー /: : ,'      /: : : : ',: : :>== <::::::::::::::/ .}:::}
      \::::::/: : :,   .i  ,: : : : : : :、: : : :乂!::::::::::::::::://::/
        /: : : :{ i  |  {: : : : : : : :ヽ: : : / 〉::::::::::´:::::/
       マヽ: : : :| |  |  i: : : : : : : : : }: イ/-- ´ ̄ ´
       .ヾミマ⌒乙ー-ォ===彡ミ三彡
            (__ (__ノ

466◆25NC1ovscM:2016/08/17(水) 21:37:15 ID:cjMGn3jY0



                 /二二二l三三!二二二ヽ
                  / _/77ミ Y 彡777ヽ \
              l_// ////⌒⌒ヾ\ //\、l_
                i´////7 ̄i/¨    T} ̄、 /∧/\ヽ
            l////// __`   ´__ヽ/∧/∧l   そしてここからが大事なところです
              ll/ ///七ラ ̄T     七ラ ̄ミト/l///l〉
               llイ//l /l   _リ      k_  _イ/ l///ll   邪神レベルの存在がそうホイホイいて良い訳がない
               |l!∨/V∧ ̄     ,、    ̄ /// ///|
               |l! V//ーヽ _   U   _.ノイ//// |   彼らは基本的にはその存在すら疑われるレベルで
           L|_∨/|┘/ミラ≠〒テTヽ レ!///__!
                ヽ ∨l<//∧「 レ1ヽ\>///      人の前にはほとんど姿を見せません
                 l/l ー ̄\ | |/ ̄~〉 l/l
               //l /|:::::::_>!<::::::::T\ !∧      まさか野盗の中に、しかも二体もいるなんて
                 ///l/:「二〈_X_〉二 ]\ l/∧
             ////l::::::::::ヽ ヾし' /:::::::::::l //l      通常想像すらできない状態なのです
               l////l:::::::::::::i  |  l:::::::::::::l//ll
               └|///ゝ:::::::::l  |  l:::::::::∠ //_>    ゆえにやる夫様達も浜面様を責めることはできないのです
              ヽ ̄,ー-==l._ l_..l_=≠' >
               ~ヽレー┘!:::i!:::l└Lソーヽ'
                      ゙ー'ー'

467◆25NC1ovscM:2016/08/17(水) 21:38:00 ID:cjMGn3jY0



                      ,.--、___,..--.、
                    /::::::::::V::::::::::::::\-.、__
                   /::::::::/ミi::/ヽ:::::::::::::::ヽ:.\  \
                  /::::::::::::/ ~゙゙^"~ ';:::::::::::::::::V::::',_  〉
                     ,::::::::::-/--   --';:-::::::::::::::V:::i \{
                 i::::::::::::ム=ミ    t==!ハ::::::::::::::i:/|  .ハ   普通に考えて、いるのかどうか怪しい存在
                 |::::::::::;茫リ    茫fリ |:::::::::::::ト:::!_ノ:::',
                 |::::::::/ '''         ''' |:::::::::::::レイ:::::::::::',  伝承や創作の中の存在
                 |::i::::{    r 、      |:::::::::::::i |:::::::::::::i
                 |::|::::|> ..       ..<:::::::::::;'  !:::::::::::::|  そういった存在を人は普段強く意識しているでしょうか?
                 |::!::::!  .,.-≧==≦ )~:/:::::::::/  |:::::::::::::;
                 |:::::::| // ,{_!_ノV___)'::::::::::/!   !::::::::::/
                    ';:::ト:!く/ ./ / {  | ,:::::::/ \  !:::::::/
                      ヾ! く_人/ .!___ノ/:/!  ヽ_ノ ,:::::::/
                    /: : ト _ノ  j/--{\_ノ  {:::::::{
                    ,: : : : !  /: : : :|\ \__ ヾ:::::.、
                      /、_:_:_:.ハ r'\: : : :.!: : :ヽ  }  \::ヽ
                   ≧==彡く(_ヽ ニ(ノ : : : :∨    ヽ:\
                   /: : : : :|  |: : : : : : : : : : : :、       \
                     /: : : : : :| i  !: : : : : : : : : : : : ',
                    ハ、: : : : :.| |  |: : : : : : : : : : : : ノヽ
                  \\:_:_:|_|____!: : : : : : : : : :/  }
                     ー-' | | 乂 ニニニ ´_,. イ
                        Ⅵ!  !
                        ヾ_ ノ


                _r'二ミ、_,.ィ'f二 ミ_
               {   >..--.―.-- <   }
              r''⌒/--=ミ、:::::,.ィ::::ミ::\⌒ヽ   会社や学校からの帰り道、あの角を曲がったら
                ヽ/::::::::::::/⌒^~⌒ヽ::::::::::::\{
               /::::::::::::/{::!      }::::!::::::::::::',   ばったり八尺様と出会ってしまうかもしれない
                 ,:::::::::::::-'‐|:!--    --!‐:ハ-::::::::::,
             i:::::::::::::::{_i!__   __,j/_}:::::::::::}',  そんなことを日々真剣に考えてらっしゃる方はいらっしゃらないと
             {:!::::::i::::ヾ 乏茫!   乏茫ナ:::::::::;
                ハ!::::::|::::::::{         /::::::::/  ', 思います。……いらっしゃいませんよね?
             〈 {ヽ:::';::::::::',    , 、   /ィ:::::/ {  }
                `}_`ヾ \::、.. ___ ..ィ/::/{__j⌒′
                    r-}::}- v-tt-v--{::{-、
                    __ノ ,:::!__ } {⌒} { __!:::', 乂_
                /  /:::::}-r- }^{- t-ヽ:::ヽ. ヽ:.<
                    ヽ  {::::{ i `| |´ .i  }:::j::! /i:::::::`:.<
                く`ー从!、.{ .:! !..__j_.ィj::/// \::::::、:::、
                 ⌒ヽ//}⌒.| |   { ̄ ̄0 }  )::::::) }!

468◆25NC1ovscM:2016/08/17(水) 21:38:40 ID:cjMGn3jY0



                   _
              l ̄ \ /´::::::`V/  ̄|
            ┌┴ _...::┴――┴::..._ ┴┐ |\
            | /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ | |:::|| +
            ∨:::::::::::::::/=- -=ヽ::::::::::::::∨ |:::||        結局のところ『非常識存在』とは
          /|::::::::::::::::|       |::::::::::::::::|\|;;;||
             〉 |::::::::::: Ν 、  ,  レ'|::::::::::::|  ||、         本来そのような存在なのです
             /|:::::::::/___   ___∨::::::::lγヽ::\
          *  ||:::|、::::::|| |     |  | |::::::::/rヽ ⊥:::::` ー 、   今回やる夫様達は非常に運が悪かったのです
              ||:::||::∨、 ー '  _   ー ' ∨::::lニ二三|`ー 、:::::|
              ||;;;|':::フ `  ‐-  -‐  ´ヽ::/::::::::::::/、  \|   祖父の家に遊びに行ったら
        _ -‐ ||:::∨  ノ ▽∇▽ ヽ 、ム:::::::::::/:::::`ー 、
      /:::::::::::::γヽュヽ〈    ∧    〉 ┴-‐<::::::::::::::::::\    ぽぽぽぽ、と聞こえてきた位には
     /:::::::::::::, -‐ヽノン::::|二エ|:::|エ二ト、      ` ー-、:::::::|
     \:::::::〈_     >-‐ノ    |:::|.   |::::\         _〉::/
      ` ー- '/ ̄ ̄ __ ...、、--⊿、.. _ ̄/|  ̄ ̄∨ -‐ '
         /     ´、・ ; :.:.:.:.:.:.:   "´_ 〈      ∨
         /_____ ` -' ミ -- = `´   ` ____∨
       └――――――――――――――――┘


                _r'二ミ、_,.ィ'f二 ミ_
               {   >..--.―.-- <   }     ちなみに作中でポンコツステッキが
              r''⌒/--=ミ、:::::,.ィ::::ミ::\⌒ヽ
                ヽ/::::::::::::/⌒^~⌒ヽ::::::::::::\{    這い寄る混沌の一つや二つ、とか
               /::::::::::::/{::!      }::::!::::::::::::',
                 ,:::::::::::::-'‐|:!--    --!‐:ハ-::::::::::,   イリヤ様が、何が出ても驚かない、などと申しておりますが
             i:::::::::::::::{_i!__   __,j/_}:::::::::::}',
             {:!::::::i::::ヾ 乏茫!   乏茫ナ:::::::::;    ポンコツステッキは常人とは感覚がズレておりますし
                ハ!::::::|::::::::{         /::::::::/  ',
             〈 {ヽ:::';::::::::',    , 、   /ィ:::::/ {  }  イリヤ様ややる夫様達は、這い寄る混沌の見た目には
                `}_`ヾ \::、.. ___ ..ィ/::/{__j⌒′
                    r-}::}- v-tt-v--{::{-、     驚いたり怖がったりはしない、と申し上げているだけです
                    __ノ ,:::!__ } {⌒} { __!:::', 乂_
                /  /:::::}-r- }^{- t-ヽ:::ヽ. ヽ:.< レアモンスターに出会ったことについては多少なりとも
                    ヽ  {::::{ i `| |´ .i  }:::j::! /i:::::::`:.<
                く`ー从!、.{ .:! !..__j_.ィj::/// \::::::、:::、 驚きは感じていらっしゃるはずです――以上
                 ⌒ヽ//}⌒.| |   { ̄ ̄0 }  )::::::) }!

469◆25NC1ovscM:2016/08/17(水) 21:39:19 ID:cjMGn3jY0



         /` ー- 、,.-‐-、_ -‐ |
         ┌┴ _ ... >< _   ⊥_
         L.'´::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ   /
         , '::::::r=-  -=ヽ:::::::::::::∧\|
      /::::::::::| _   _  |::::::::::::::::∧ \      といったところでお時間でございます
        |:::::::: N _   _  レ|:::::::::::::::::|   く
        |::::::::Τ丁   Τ丁 |:::::::|‐、::ノ _ /     本日の講義はここまでといたしましょう
        レ|::::リ ー'    ー'  |:::::::|ノ「::::::::::\
       ヽ:::ヽ、  ‐     /:::イハ|::::::\::::\   今後もこのお話を『こまけぇこたぁいいんだよ』
         ノ::::/▽∇▽//`l:::∧\:::::::::`ー 、ヽ
        /:::く 〈  ∧     ∨::::::\\:::::::::::∨  の精神で生暖かく見守っていただけますよう
      /::, イ:r‐┐|:::|   ∟⊥ス\::::::::\` ー、::|
    /:::rヽ ┴{=_」┴-r' ヽヽ:::::::ノ、 \r、:::`ー、り  お願い申し上げます――以上
     |: └ `===== ク、_ノ| |/:::::` ー- 、\::::|
    \//::::::|      〉' ′:::::::::::::::::::::::\V
     /::::/::::::::|       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ん、:::::::::::::|      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ノ
    \ヽ、::::::|     |::::::::::::::::::::::::::::://
       ` ー-┴―――┴-==ニ二二´/


教えて! 武蔵さん  終わり

470 :どこかの名無しさん:2016/08/18(木) 09:42:46 ID:duETtB5U0

殴って殺れるのが常識的なので、殺れないのが非常識なのってことか









一覧
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

やっと帰って来たとたん、関東は30度で蒸し暑いです。。
そんな暑さに気も滅入りますが、来週からは梅雨らしくなりそうなので農家の方にとっては一安心でしょうか?
梅雨の不快感を癒せるかはわかりませんが、とりあえずは更新頑張りますので気分転換にやるぽん!に足を運んでいただければと思います。<(_ _)>


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で6年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



FC2カウンター