ヤルーンとヤラヘールの謎の物語 第五十三問 やるぽん!

ジオウ第44回 白ウォズ居なくなったのに未来のライダー? と思ったら懐かしの劇場版OOOからの出向とは、心憎い演出ですね。 物語は佳境に向かっていますが落ちることなく盛り上がり続けそうです。

ヤルーンとヤラヘールの謎の物語 第五十三問

332 :名無しのやる夫だお:2011/02/22(火) 23:57:09 ID:CBZdeyxk
    前回、放送事故と瞬殺を引き起こした者ですが、
    日付変わったら雪辱にひとつ投下したいと思います。
    生きている人いますか。

333 :名無しのやる夫だお:2011/02/22(火) 23:58:42 ID:8/JJRHzs
    ここにいるぞ

334 :名無しのやる夫だお:2011/02/22(火) 23:58:52 ID:KGhtOhSc
    ノ

335 :名無しのやる夫だお:2011/02/22(火) 23:58:57 ID:N.Qk3vpg
    ここにいるぞ!

336 :名無しのやる夫だお:2011/02/22(火) 23:58:59 ID:K.Hc4s.w
    ノシ

337 :名無しのやる夫だお:2011/02/22(火) 23:59:41 ID:CBZdeyxk
    それではおやすみなさいの前にお付き合い願います。

    難易度は瞬殺確実。

338 :名無しのやる夫だお:2011/02/22(火) 23:59:55 ID:CBZdeyxk

            , ── 、
         ゝ/______ヽ
          | | / -、 -、|
          |__|─|   ・|・  |  男女の関係ってやつは面倒です。
          (   ` - o- |   友達のつもりが気づいたら、ってこともあります。
            \   ___っ ノ
            /ヽ、__─、- ´   男が女のことを好きでも、女はそうでなかったり、
           /^\/\/ヽ     男が女のことを愛していても、女はその百倍ぐらい男を愛していたり。
           |  |     | |


           , ──── 、
        ゝ/ _______ヽ
         i  | / /⌒ ヽ/⌒ヽ     何が言いたいかって、問題は温度差ですよね。
         | _| _|   ・|・  |__     男が女を一倍愛して、女が男を一倍愛する。
      , ─i 、    ヽ __ o__ ノ  ヽ     もし一生続けられたなら、離婚などはありえないでしょう。
      !  `-、          |  !      わたくしが理想とする等身大の人間関係ってやつです。
      \   ヽ、   ──┘ ノ /
        \   \二二へ二ヽ/    これから語る誰かは、それが守れなかったようです。
         \ |        |
           |        |


339 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:00:13 ID:hr/3G652



    1/6

                   ____
                 /      \
               / ─    ─ \
              /   (●)  (●)  \    あるところに一人の男がいた。
                |      (__人__)     |
              \     `⌒´    ,/
              /     ー‐    \


                   ....-―――-....
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::/::/:::::::::::!:::::::::::::::::\
              /:::::::::/::::/::/::::::::::::::!㍉::::::::::::::::::\
                /:::::://::::/::::!:::::::::::!::::!  !::!:::::::::::::::::::.
              '::i:::::l::|:::::|!:i/l:::!:::::::|::::|  |::|::::::::!:::::::::::i
            |:::l:::::l::|:::::|!:i-i:::!::::::ハ:::|--|::|:::::/i:::::::::::::.
            |:::l:::::l::ト、ハi从:ト、:( '::|  l/!::/`|::::::::::::::.    男にはかわいらしい彼女がおり、
            |:::l:::::l::i ,x芹ミx  ヽ :| x芹ミx/!:::::::::::::::\    何年にもわたって付き合っていたが。
            |:::l:::::i::|{ {i|.::i:}       {i.:::i:} } |::::::::::\::::::ヽ
            |:::l:::::i::| .辻ヅ      辷ヅ i::::::::ト、:::\::::::.
            |:::l:::::i∧.::.:|    ,    .::.::.  ∧i:::::!:::\:::\:::i
            |:::i:::::i:::∧|          ∧::i:::::!:i:::::::ヽ:::∨
            |:::i:::::i::i::个ト .   ` ´   . イ::::!::i:::::!:ト、:::::::i::::i
            |:::i:::::i::i::::|::|::i::i` --  ´!::|::::i:::::i:::!::::i::! ::::ノ|:/
            八:i\!八从斗ト、     /i`丶:!::/:::j::::ノリ i/ ノ'
            __ヽ斗</: : :.| {ハ_ハ! |: : : }厶厶イ/ /'
          / : : : : : : / : : : |, Y三Y , |: : : :',: : : : :`丶

340 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:00:35 ID:hr/3G652

    2/6

                 時が流れて熱が冷め、他に気になる女性ができたことで。

                    ,....-―…―-....,
                 ,...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、
               /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             /:::/::::/:::::::/::::/:::::::/::::::::::::::::::::::::\
    .        //:::/::::/:::::::/::::/:::::::/7::|::i:::::::|:::::::::::::::,
            |!′:::::/|:::::/|:::/|:::::://.!:::!::|:::|::|:::::|:::::::::|
            |!|:::|::::|::|:::/_L;l .!:::::|  |:::l:::!:::!::!:::::|:::::::::!
            |!|:::|::::|::|;イん心ヽ:::|  |/L:|:::|::l::::::|::|:::::|                ____
                |:::ト、:!/'〈_!//リ ヾ!  ん/l心}:::::::!::!:::::!              /      \
                |:::|:// ,,ゞ-゚'      {_!///リ!::::::|::|:::|:|            / ─    ─ \
                |::://ヽ.   r‐  _  ゞ-|!イ7:::::/:::|:::|:|           /   (●)  (●)  \
                |/::;{::::|::ト . V__/  ''/'_/::::/::::;'::::|:|             |      (__人__)     |
                |!V/!:::!/: :/: >、--‐=< /:::/:::::;'::::::|:|           \     `⌒´    ,/
                |! Vハハ: :ヽ:/{ /::〈 /: :./:;/7、:/::::::ハ:!           /     ー‐    \

                     今になって、男は彼女と別れるつもりでいた。

341 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:00:46 ID:hr/3G652

    3/6

         ゚   。     ゜  ゚   。        ゜ ゚   。        ゜
                  ゜  。   。       ゜    ゜     ゚ ゜  。   。
          ゜  。   。       ゜
         ゚   。     ゜ ゜  。   。       ゜  ゚   。        ゜ ゚   。
                 ゜  。   。       ゜  ゜  。
           。       ゜    ゜     ゚ ゜  。   。
          ゜   。   。   ゜  。   。       ゜     ゜
             ヘ l ノ r  ゝYイソ。       ゜  ゚   。
            ゜ ゜ヽYソ   ヾvノ/ ゜  。   。       ゜
               |i|     ||i。                 ゜  ゚   。
         ''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''、.''"""'゙゙''''''''"""'、.""''"''''"""''"""'''''"""''""
         . ..:.:.:.。.. . .. .:.o:.. . .. . ..:.:. .゚.O.:.:..。..゙゙゙゙''''''''''‐-- 、,,,,,_  .~゙"'ー-. . ..:.:.:.。.. ..:.:. .゚.O.:.:..。.. .. .
         ..:.:. . 。   。       ゜    ゜    ゚ ゜  。`゙''ー-、   。 `'‐.、,,
          ゜  。   。    ゜  ゜  ..: . .. .:.o:.. . .. . ..:.:. . ,,,,-‐'゛     . ,,'' ゜  ゚
           :..。. . .. . :.  .゚.O       .:.:..。.. .. ._,,.--ー''''''"゙゙         ,,-‐'゛
         。       ゜  。   。       ゜  . .:.o:.. . .. . ..:.:. .  ゜     ゚ ゜
           。   。 . .:.o:.. . .. . ..:.:. .。


                   ____
                 /      \
               / ─    ─ \
              /   (●)  (●)  \  男は別れ話をするため、
                |      (__人__)     |   電話でいきなり彼女を呼びつけた。
              \     `⌒´    ,/
              /     ー‐    \

342 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:01:01 ID:hr/3G652

    4/6

                       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
                     /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
                   /::::/:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::!:::::::!
                  /::::;ィ:::::::/:::::::::!::::::::::::::::::|:::::!:::!:::::!:::::::|
                /::://:::::::/:::|:::::::|:::::|::::::::::::L:::|:::|:::::|:::::::;  彼女は呼び出され、
             /::〃 /:::::::/::::::}::/‐弋:|:::l::l::::|-!::!:/:::/:::::::;   そして男の言葉を聞くと。
               /イ  ./:::::〃:::::::lイ圷ミヽ::!:ト、:!行心/:::!:::::j
               !{   /:::/:::::::::::ハ弋ツ  ヽ   弋ツ'!::/::::/
             ゝ   !:/::::::::::::::::::::!..:..:..   ,   /ィ77::::::/
              ヽ !}:/!::::::::::::::::::ゝ.    ,ィ7///!-:メ、
                 l:ハト、:ヽ:;ィ´.:.:.}`>././イ-",.イ/}'.:.:.:.:.`.:...、
                  /.:.:.:|:.:.:.:.:.:! ヽ}     /:';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                  /.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.ハ  !    /.:.:.∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.7.:.:.:.:.:/!/.:ヽ  メ、.:.:.:.:/.:.:.:.:/:.:.:.:.;


                         _ ......  _
                    , ...::::::´::::::::::::::::::::::::::::::::`::.....
                     ,..::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::..
                /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
               /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::λ:::::::::::::::::::::ハ
              .'.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::.',
              .′.::/::::::::::::::::::::_ .i__..i_ /.'  i:_ :::::::i:::::::::::::::',
              ト / i    .| i _. ..| i..---|.:::::::|.:|  |_i i....|    ̄ i
              i  ' i_..i-‐.::::T::::::::::::|、 : ::::::i::::::::i:::!  !::}:::i::::|::::::::::.... i
                 i.::::::::::ト::::: |::::i:::::: | ヽ:::::::|:::::λ:|  |::::/:::::|::::::::::::::::i
              |/:i:::::::::::i_,、.:.|孑ヾ:::| ̄´:::::ト:、|` ー- _イ/::/|::::::::::::::::.    ただ、じっと涙を流した。
             .i:::::', ::::::::ト、 |i`    ̄` `ヾ    /. .|i' `''|:::::::::::::::::i
              .i:::::::ヽ::::::ト. ,ィ示元下      示=ミ|i  |:::::::::::::::::i
              .'::::i:::: `小. |iゞ。==:'       ゞ=:.o.|}〉 .小::::::::::::: i
               i :::i:::::::::::ハ .|i:.゚:.:.:.:.:.: __ni ヽ_.:.:.:.:.|i゚.∧|:::::::::::::::::i
              .′:' ::::::::::::∧|i   / /  ̄_ -─}  .ii ′.|:::::::::::::::::|
             .i::/|::::::::::::::::::::トi . /  ´    _  -─}ヽ.ii':::::::|:::::::::::::::::|
             .i:i .|:::::::::i:::::::::::|i::/        , - 二ハ . V ::::|:::::::::::::::::|
           _.|:i_i:_:_:| :::::::::|/         /    i : :::|:::::::::::::::::| __
          /: : : ヽ: : \|i: ̄フヽ        /     .' ̄: |/:{: : ̄: 7: : ヽ
         .': : : : : :',: : : :}i:/: : : :`:ヽ.   .,イ      .i: : : :ヾ:´: : : :/: : : : :.
         i: : : : : : :V: : :/: : : : : : : : : \/:. |    __{: ヽ: : : : : : /: : : : : : i
         |: : : : : : : :V:/: : : : : : : : : : : : :}:.:.:..}.:-‐: :´: : : ::\:\: : : :{.: : : : : : :|

343 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:01:21 ID:hr/3G652

    5/6

                   ____
                 /      \
               / ─    ─ \
              / o゚(●) (●)゚o ヽ  それを見て、男は非常に困った。
                |      (__人__)     |
              \     `⌒´    ,/
              /     ー‐    \

344 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:01:35 ID:hr/3G652

    6/6

                   ____
                 /      \
               / ─    ─ \
              / o゚(○) (○)゚o ヽ     何故だろう?
                |      (__人__)     |
              \     `⌒´    ,/
              /     ー‐    \

345 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:01:49 ID:hr/3G652

    【問題】

    あるところに一人の男がいた。

    男にはかわいらしい彼女がおり、
    何年にもわたって付き合っていたが。

    時が流れて熱が冷め、他に気になる女性ができたことで。
    今になって、男は彼女と別れるつもりでいた。

    男は別れ話をするため、電話でいきなり彼女を呼びつけた。
    彼女は呼び出され、そして男の言葉を聞くと。ただ、じっと涙を流した。
    それを見て、男は非常に困った。

    何故だろう?


346 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:02:02 ID:8SYhZ3to
    男の言葉とは、別れの言葉ですか?

347 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:02:13 ID:87Wbp2E6
    浮気相手が彼女が変装した姿だった?

348 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:02:22 ID:XQ1DmPwk
    その後彼女とは別れましたか?

349 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:02:57 ID:QJXhd8Ek
    彼女は男の言葉をプロポーズと勘違いして、うれしくて泣いたから?

350 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:03:52 ID:hr/3G652
    >>346
           ____
          /:: . -、. -、::::\    l  ヽ  l  ヽ
        /::::; ‐i ・i・ i- 、:::',   ゝ   ゝ
        |::/  " ● "  ',::|
        l::{ 、三 | 三 , }:l.   斤斤  日 日 ー;=‐” ー┼‐
        ヽi(__.)‐┴―''゙ i/    貝   | ロ、|  (___    9  o
         /::::::i ___/
         i:::::::::i-(〒)―`ヽ

    いいえ、違いました

    >>347

          , ── 、
       ゝ/______ヽ
        | | / -、 -、|
        |__|─|   ・|・  |
        (   ` - o- |  < いいえ
          \   ___っ ノ
          /ヽ、__─、- ´

    >>348

             , ─── 、
         /   /⌒ ⌒ヽ \    ー┼‐ | -!-” |_ヽ |    l  ヽ
        /  , -|  ・|・  |‐、ヽ     9  | d、  __)  、_ノ  ゝ
       / /   `ー ●ー    ヽ
       l |   三   |  三  |      斤斤  日 日 ー;=‐” ー┼‐ ▽
       | l \     |    / l       貝  .| ロ、|  (___    9  .o
       ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_
        >━━━,-、━━━ ( _ )
       /  /  ヽフ ヽ   /

    別れませんでした!

351 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:04:51 ID:cGwiNybw
    子供がいた?

352 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:04:57 ID:hr/3G652
    >>349

             , ─── 、
         /   /⌒ ⌒ヽ \    ー┼‐ | -!-” |_ヽ |    l  ヽ
        /  , -|  ・|・  |‐、ヽ     9  | d、  __)  、_ノ  ゝ
       / /   `ー ●ー    ヽ
       l |   三   |  三  |      斤斤  日 日 ー;=‐” ー┼‐ ▽
       | l \     |    / l       貝  .| ロ、|  (___    9  .o
       ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_
        >━━━,-、━━━ ( _ )
       /  /  ヽフ ヽ   /

    そのとおりです!もう正解です。
    具体的に何かあれば嬉しいです。
    しばらくしてズバリが出なければ正解張ります。

353 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:05:52 ID:87Wbp2E6
    男は今までの関係をやめようと言った?

354 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:06:20 ID:Hx1410Eg
    男は彼女に「自分と別れて結婚してくれ」と言った?

355 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:06:22 ID:i1AgdVAo
    男は女に惚れ直した?

356 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:06:55 ID:JkjW/V8A
    彼女が勝手にプロポーズの言葉と勘違いした?

357 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:06:59 ID:hr/3G652

    >>351

          , ── 、
       ゝ/______ヽ
        | | / -、 -、|
        |__|─|   ・|・  |
        (   ` - o- |  < いいえ
          \   ___っ ノ
          /ヽ、__─、- ´

    >>353

          , ── 、
       ゝ/______ヽ
        | | / -、 -、|
        |__|─|   ・|・  |
        (   ` - o- |  < いいえ
          \   ___っ ノ
          /ヽ、__─、- ´

    そこまで具体的でもありませんでした。

    >>354-355

          , ── 、
       ゝ/______ヽ
        | | / -、 -、|
        |__|─|   ・|・  |
        (   ` - o- |  < いいえ
          \   ___っ ノ
          /ヽ、__─、- ´

358 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:07:48 ID:8SYhZ3to
    男が意図した結果ではありませんでしたか?

359 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:08:05 ID:hr/3G652
    >>356

           ____
          /:: . -、. -、::::\    l  ヽ  l  ヽ
        /::::; ‐i ・i・ i- 、:::',   ゝ   ゝ
        |::/  " ● "  ',::|
        l::{ 、三 | 三 , }:l.   斤斤  日 日 ー;=‐” ー┼‐
        ヽi(__.)‐┴―''゙ i/    貝   | ロ、|  (___    9  o
         /::::::i ___/
         i:::::::::i-(〒)―`ヽ

    そのとおりです!
    一部の人以外は聞き流すようなことでした。

360 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:08:28 ID:/i6JotBg
    「終わりにしよう」の意味を取り違えた?

361 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:08:36 ID:9liEyveM
    こんな関係終わりにしようと言って別れる気だったが
    こんな関係を終わり→ただ付き合ってる状態から結婚に
    と取られてしまった?


362 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:09:00 ID:hr/3G652
    >>358

          , ── 、
       ゝ/______ヽ
        | | / -、 -、|
        |__|─|   ・|・  |
        (   ` - o- |  < はい
          \   ___っ ノ
          /ヽ、__─、- ´

    ポルナレフ状態でした。

    >>360

          , ── 、
       ゝ/______ヽ
        | | / -、 -、|
        |__|─|   ・|・  |
        (   ` - o- |  < いいえ
          \   ___っ ノ
          /ヽ、__─、- ´

    そもそも男は別れ話を切り出すことさえできませんでした。

363 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:10:03 ID:QJXhd8Ek
    大事な話があると言っただけで勘違いされた?

364 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:10:07 ID:/i6JotBg
    「話がある」の意図を取り違えた?

365 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:10:45 ID:qPLyGS/o
    自分達の関係を変えよう、と男としては別れるつもりで言った?

366 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:10:46 ID:9liEyveM
    大事な話があると前置きしたらプロポーズの事だと勘違いされた?

367 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:10:52 ID:4Exga0e2
    二人で新しい道を行こうと聞いた?

368 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:11:01 ID:XQ1DmPwk
    別れ話を切り出す前に話したもので勘違いしましたか?

369 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:11:42 ID:hb9MzdgY
    二人の関係にけじめをつけたいとかあいまいな言い方をした?

370 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:12:26 ID:hr/3G652
    >>361

          , ── 、
       ゝ/______ヽ
        | | / -、 -、|
        |__|─|   ・|・  |
        (   ` - o- |  < いいえ
          \   ___っ ノ
          /ヽ、__─、- ´

    結局、男は別れ話を切り出せませんでした。

    >>363-364 >>366

           ____
          /:: . -、. -、::::\    l  ヽ  l  ヽ
        /::::; ‐i ・i・ i- 、:::',   ゝ   ゝ
        |::/  " ● "  ',::|
        l::{ 、三 | 三 , }:l.   斤斤  日 日 ー;=‐” ー┼‐
        ヽi(__.)‐┴―''゙ i/    貝   | ロ、|  (___    9  o
         /::::::i ___/
         i:::::::::i-(〒)―`ヽ

    それも男が困ることになった要素の一つでした。
    が、その流れの要因は男の発言でした。

    >>365 >>367 >>369

          , ── 、
       ゝ/______ヽ
        | | / -、 -、|
        |__|─|   ・|・  |
        (   ` - o- |  < いいえ
          \   ___っ ノ
          /ヽ、__─、- ´

371 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:13:10 ID:hr/3G652
    >>368

             , ─── 、
         /   /⌒ ⌒ヽ \    ー┼‐ | -!-” |_ヽ |    l  ヽ
        /  , -|  ・|・  |‐、ヽ     9  | d、  __)  、_ノ  ゝ
       / /   `ー ●ー    ヽ
       l |   三   |  三  |      斤斤  日 日 ー;=‐” ー┼‐ ▽
       | l \     |    / l       貝  .| ロ、|  (___    9  .o
       ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_
        >━━━,-、━━━ ( _ )
       /  /  ヽフ ヽ   /

    そのとおりです!
    男の何気ないはずの一言でした。

372 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:13:15 ID:87Wbp2E6
    電話で呼び出すのもこれで最後だと言って最後→電話の要らない状態→一緒に住む→結婚
    と思われましたか?


373 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:13:46 ID:hb9MzdgY
    呼び出した場所が二人の思い出の場所とか?

374 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:14:08 ID:QJXhd8Ek
    男は別れ話の前に今までの思い出を語りましたか?

375 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:14:33 ID:JkjW/V8A
    彼女の家や地方に伝わるプロポーズを、男は知らずにやってしまった?

376 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:15:47 ID:hr/3G652
    >>372 >>374

          , ── 、
       ゝ/______ヽ
        | | / -、 -、|
        |__|─|   ・|・  |
        (   ` - o- |  < いいえ
          \   ___っ ノ
          /ヽ、__─、- ´

    >>373

           , ── 、
        ゝ/ _____ヽ
        /  | / -、 -、!
       . |  |─|   ・|・  |
        Y⌒   ー oー l  < 関係ありません
         ヽ_    , ─,  l
           ヽ、__(_ //

    >>375

             , ─── 、
         /   /⌒ ⌒ヽ \    ー┼‐ | -!-” |_ヽ |    l  ヽ
        /  , -|  ・|・  |‐、ヽ     9  | d、  __)  、_ノ  ゝ
       / /   `ー ●ー    ヽ
       l |   三   |  三  |      斤斤  日 日 ー;=‐” ー┼‐ ▽
       | l \     |    / l       貝  .| ロ、|  (___    9  .o
       ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_
        >━━━,-、━━━ ( _ )
       /  /  ヽフ ヽ   /

    ヒント。翻訳に関するとある文学でした。

377 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:17:04 ID:fnKmMMhQ
    月が綺麗だときり出した?

378 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:17:31 ID:20hBv8lQ
    月がきれいですね。に類する言葉を言いましたか?

379 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:17:35 ID:hr/3G652

    >>377



                        ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
                        ┃  正 し い よ う で す 。 ..┃
                        ┗━━━━━━━━━━━━━━┛


                                                   ____
                                                 /      \
                                                /─    ─  \
                                              / (○)  (○)    \
                                               |    (__人__)      |
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      \   `⌒´      ,/
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.     /   ー‐      \
                  /:::::::::::::::::::/:::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
      .        .::::::::::::::::::::/::::/::::/::::::::::::/l::|:::|::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::!
                l::::::::::!::/:::/::::/!:::/:::::|:::::/ !:|:::ト、:::!:::::::::::|::::::::::::::::::::
    .           }::::::::::|::!/:!::::/ |:::i:::!:::|:::/  |:!}::| .!::|:::|:::::::|::::::::::::::::::::|
              ':::::::::::|::川::十┤:|:ハ:::!::{  |L}:L_!::!:::!:::::::!::::::::::::::::::::!
                |::::::::::::!リ_,|=≠弋:!{ .!::!::|  ノ-j/_ l/}:メ::::/!::::::::::::::::::::{
                |:::::::::::| / !,イ心 ヽ:| |从:!   ィ'' __ミヽ!::/ |:::::::::::::::::::::|
                |::::::::::::!' !{_):::リ           ,イ心 |く{ |:::::::::::::::::::::!
                |::::::::::::} | `¨            {_):::リ ! } ./:::::::::::::|:::::::|
                |::::::::::::| |               `¨  .| 厶イ::::::::::!::::::'
                |:::::::::八 !       '       /// ! / .}:::::::::::|::::::|
                |::::::::::::::ヽ|              | /イ:|:::::::::::|::::::|
                |::::::::::::::::::|:.、    ―- 、       .イ:::::|::|:::::::::::|::::::|
                |::::::|:::|:::::::::::::`:.、       _,...:::´:::::!::::::!::!:::::::::::!::::::!
                |::::::|:::|::::::::::::::::::;>----‐ '" 八:::::::::|::::::|::|:::::::::::|::::::|
                ト、:::!ハ!::::r: :´: :|ヽ        /!: :ヽ::::|::::::|::|:::::::::::|::::::|


              ある冬の深夜零時。
              男のぶしつけな呼び出しにも、彼女は文句ひとつ言わずやってきました。
              そんな健気さを目の当たりにしてか、男はなかなか別れ話を切り出せず、
              空気は徐々に徐々にと重くなっていきました。
              彼女も男から大事な話があるのだろうと察し始めたのです。

              どうにか話のとっかかりをつくろうと男が口に出した言葉が、
              「月が綺麗だお」
              なんとなく見上げた満天の星空、その感想でした。

              しかし、彼女はその言葉を愛の告白と受け止め、
              場の空気の重さから「これはプロポーズに違いない」と曲解してしまいました。
              そしてこぼれる嬉し涙の嬉し泣き。

              男は混乱し、自分のやらかしたことに気づかないまま、
              彼女の喜ぶ様を見守り続けましたとさ。

              めでたしめでたし。

              引用元:夏目漱石と福沢諭吉。区別がつかないけどマジ偉大。

380 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:19:18 ID:Hx1410Eg
    I love you だったかwww
    乙です!


381 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:19:52 ID:fnKmMMhQ
    おし。
    文学~の一文でぱっと浮かんだんだぜ


382 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:19:55 ID:hb9MzdgY
    くそ、納得したwww
    乙です!

383 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:20:18 ID:QJXhd8Ek
    おー綺麗な答えだ
    乙


384 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:20:30 ID:JkjW/V8A
    乙です。
    文学の一文が出る前は味噌汁が飲みたいを曲解されたのかと思ったw


385 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:20:56 ID:87Wbp2E6
    乙でした

    「月が綺麗」だで始まる有名な結婚話があったて事?
    夏目漱石か福沢諭吉著で


386 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:22:13 ID:HyCXlyQQ
    乙ー!!なーるww

387 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:23:17 ID:hr/3G652
    お付き合いいただき、ありがとうございました。

    出典は黒歴史小説より抜粋したので、まとめに妙な名残があります。
    また、「ツッコミ役ですらボケざるをえない場の空気」をテーマに考えたら、
    こんな感じのお話ができてしまいました。

    また、ヤルーンとヤラヘールだから、
    そろそろやる夫出しとけというのがキャスティングの理由です。

    >>384
    黒歴史小説ではそう書いてありました。良い勘をしてらっしゃいます。

    >>385
    I Love Youを訳したものを、これで伝わるよと言ったというような
    夏目先生の話があったような気がしないような気がします。


    ではでは。おやすみなさい。


388 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:23:55 ID:XX79wNdk
    >>385
    夏目漱石だったかがI love youを月が綺麗ですねとかって意訳したとかって話かと


389 :名無しのやる夫だお:2011/02/23(水) 00:27:00 ID:87Wbp2E6
    >>387-388
    サンクス一度調べて読んでみる






美しい日本語の辞典美しい日本語の辞典
(2006/03)
小学館辞典編集部

商品詳細を見る



NEXTまとめPREV
ヤルーンとヤラヘールの謎の物語 第五十四問【コチラ】ヤルーンとヤラヘールの謎の物語 第五十二問
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

申し訳ありませんが、体調の悪化により長時間PCの前に居られなくなりました。。
その為、当分の間は手抜きでのまとめとさせていただきます。
楽しみにしてくださっていた方、そしてまとめを許可してくださった作者様にご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。<(_ _)>


一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

19/05/26
やる夫は誰かを救う悪になるようです 追加

19/05/18
エージェントやる夫の日常茶飯事 追加

19/04/14
やらない夫は「The World」にログインするようです 完結

19/02/10
真・女神転生 ~やる夫の嫁は加賀のようです~ 追加

19/01/21
できる夫とマリーがたどる仮面ライダーファイズ 追加

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



月別アーカイブ
FC2カウンター