やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです その36 やるぽん!

エグゼイド第29回 XXの理由や、ゲーマーMなどの伏線が回収された興味深い回でしたね。 でも、パラドが賭けに勝ったからなのでしょうが、何をリプログラミングしたのでしょう? 結局治ってないし、遺伝子を奪われただけ?

やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです その36

294 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから:14/04/09 03:39:11 ID:GfNHe/Vo

あれ? そう言えばダルシムの妖術は結局何を取ったの?

295 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから:14/04/09 03:48:49 ID:w7z0Z7G6

それはまだこれから考えるんじゃね。つい直前までどれを選ぶか進路相談してた扱いなんだし。

296百万ガバス ◆XcrImxU9KU :14/04/09 08:04:08 ID:uPUBbi2C

>>294

いかん、素で忘れていた。
まあ、これだけ視界不良で苦労しているんだ。
シー・ジ・アンシーンで。

マジック・インサイトが最初は本命だったんだけどね。
個人的には、現場で即時鑑定って大きいと思っているので。
ただ、まともな術者がいないことを考えると
知覚系は妖術で補っておきたいのも事実だししかたがないよね


297 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから:14/04/09 10:52:04 ID:9zwF632Y

4人目じゃしょうがないな
専業秘術が別にいる5人目なら鑑定は役立ちそう

298 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから:14/04/09 19:35:26 ID:GfNHe/Vo

シュゲンジャにもシー・インヴィジビリティないですもんねー・・・・
3.5にアップデートするなら、呪文リストもアップデートしてくれよ!

301百万ガバス ◆XcrImxU9KU :14/04/10 23:18:33 ID:KFMZxf5H

>>254の続きから。




やらない夫たちには席を外してもらい


  γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
(:::::::::/   _ノ   ヽ_\:::::::)   そう…
\:/     (●)  (●)\ノ    最近、変に思いつめていると思ってはいたけど
.  |       (__人__)   ,|    犠牲者がでていたのね
  \      `⌒´  /
   /         ヽ
                             ‐━━━━‐ ミ
                         x:.´:.:. -=ニニニミ:.:.:.:.:.:.:.\
                     ノ ̄ /:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:「 ̄`7
                     廴 .ィ:.:.:.:.:.:.:.{!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: i:.:.:.:.| 、__/
                     く ノ__):.:.:.:/ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.| \i
                     }/i:i:i:i}:.:.:.:|   ノ:.:、:.:.ヽ:.:.l:.:.:|:.:.:.:.l  .イ
                     ./⌒ヽ’:.:.:.| ̄ \l\:.l ΤV:.:.:.:.:l∨:.:.|
                    /    }:.:. :.:|           |:.:.:.:.::|.:.:.:.:.|
  結果的に            .′   V:.:.N===    ===彳:.:.:.ハ:.:.:.:.:|
  どうにかなったとはいえ    {    |:.:.:{""   ′  ""u|:.:.:.:从:.:.:.:.|
  力不足を痛感したわ      、    .|:.:父ト   -      |:.:./:.:ルイⅥ
                     \   !:ハ:.!i:i:≧=-- y:≦ムイ/
                       \    Vハ: : |-- /: : : :/:ハ
                         ー| }:i:i: : l ./: : : イ   }
                          | ヾハ: :| /: / /  :|

302百万ガバス ◆XcrImxU9KU :14/04/10 23:19:07 ID:KFMZxf5H


          /´         \
.     ___,  '´               `ヽ 、
    ,,. ´                       ` ー- 、
..... ´        ___         ___         \
   /´ ,..::::::::::.ヽ ヽ          /´ ,..:::::::::::.ヽ ヽ     やる夫が調子に乗って死霊術師戦を勧めたから
  ,'  ,;::::::::::::::::::', ',        ,'  ,;:::::::::::::::::::', ',
.......{  {:::::::::::::::::::::} }         {  {::::::::::::::::::::::} }    やる夫が失明して守れなかったから
........'、 ヽ::::::::::::::/ /         '、 ヽ::::::::::::::/  /
    >-ヘ -‐⊂⊃       ,    ⊂⊃‐->=イ     やる夫が弱かったから…
........(  _ノ          |i    //  人 _)
  ( ´「          .||    〃    .ハ (
   人 l し        J.!|    |l     .しl 〉     それでも力をつければと頑張って、装備も揃えたけど
  .',  | l  {,   .、_ _八__ 」L.、    | :|      また失明して…
ノ│ ヾ、/ ,v─‐r──‐ハ r‐v、\__,,,,ノ /
   ヽ、l   人 ( |l _」∟ニ二」,L.、ノ ノ /(/       こんなんじゃまた…
         ` ̄´      l |
          、        (ノ
          (_` ┐-イ´

303百万ガバス ◆XcrImxU9KU :14/04/10 23:20:45 ID:KFMZxf5H

        ,..._
        l i
      √二フ  ,.-.,_,...--ー──::.,_
     / ̄_ヽ、┤/ ノ  ̄"''''::;;.,,_"''':;ヽ
     ト'""ヽヽノ y"'/    :;  ";:::;  ::"i
    l <ヽノ   /|i;::-、 .,.,;:: _,...,,_  :: |
    \   _,,.ノ | ,.: .,,,_  "''ヽ,,,> -/
     / 〉 7  /  >ニL::;;;, ヽ-''" ζ i    結果的には事なきを得た。
     〉L_,,.../ヽ_i"i'""''iヽ ;:" ,.__ヽ;,,._)   最善を尽くしたと言っていいと思うぞ
    i'"| |  __) i ヽヽ:::'ノ\  i-二ニ)
   人 i ヽ,_ ノノノ i ヽ _ i/>ー-...┴、    それに結局私達の仕事は殺しあいだ。
  /\ \....--'"ー-/ ̄  'yー--√""''ヽi    こういうこともあると割り切りは必要だ。
  ./\ ヽ--〈    | ○ ○ i iニi oi_,.  < i
 /  "'-ー7     ヽ,┴ /-、 ┴ヽ L_;;;;;i
      / ヽ -    "'''''"  "'--"    |



       /  ̄ ̄ ̄ \:
     ::/        ::::\:    でも、やる夫は不甲斐なくて…
    ;: |          :::::::| :
      \.....:::::::::    ::::, /     それに、嫌な考え方だけど
     r "     .r  /゚。     敵の命と味方の命は同じには考えられねーお
    :|::|     ::::| :::i
    :|::|:     .::::| :::|:       こんな甘さは捨てなければならねーのは
    :`.|:     .::::| :::|_:       わかっているけど
     :.,':     .::(  :::}:      …やる夫は未熟だお
     :i      `.-‐"

304百万ガバス ◆XcrImxU9KU :14/04/10 23:26:21 ID:KFMZxf5H


       ,.-─‐-.、
.      /:::::::::::::::::::::ヽ
.      |:::: ::::::::::::::::::::::l
.      |::: ::::::::::::::::::::::::!     やる夫、暫く休む?
.       |:::::::::::::::::::::::::::::l
      !:::::::::::::::::::::::::li:|
.      !:::::::::::::::::::::::::l|::|            / ̄ ̄ ̄ \
.      /|::::::::::::::::::::::::ll.,7:!         /   :::::\:::/\
     |:| !::::::::::::::::::::::l|.l| !       /    。<一>:::::<ー>。
     ! !|:::::::::::::::::::::::| |  l       |    .:::。゚~(__人__)~゚j
.     / |:l|::::::::|!:::::::ll|::l|  |       \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    l_  |:|.!:::::::|l!::::::|l:.:||  l      /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
.      ヽ |ll_|__:_!|:∟:!:.::l‐!  l     / ,_ \ \/\ \
.      /         `ヽ!   !    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
    / / .         ヽ..._│
.    |、 !             `<ヽ,
   _メ´丶、:     -‐─、:ヽ :`\
   ∟ 、┴-    -l_____, -ー‐‐‐‐'



           ___ _
.        ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
     /:.:.:.:./ 二二二 \:.、
....  /:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.\〕:ヽ
..... /:.:イ:.:.:/:.:.:/ {:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.∧
  仏/|:.:.:|:.:.l:|  V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:「〉
.....':.:.7力:.:.!X{:!_ ト、:.:.:.!、:.:.:j_:.:.:.1
 i:.:〈Z |:.:.:l:| _l_ ヽ\{七/l:.:.l/i:!
 l:.:.:.L(|:.:.:.《 ¨﨤`    﨤ア:∧j:|    思っていた以上に傷は深いか
 |:.:.:.|:.:|:.:.:.|       '   厶':.:川
 |l:.:.:|从:.:.:|〕ト   -   イ:.:/:/ リ
....)\(ヾ「\!  ` 7壬i: //〕ト.
 /{: :i:i: : : :∧--   --/: : : :i:i/ハ
...′V∧: : : : :∨ ̄ ̄ l: : : : i:i/ :
,   V∧: : : : :|ニニニ.!: : : i:if   i
i   Ⅵ:i : : : ∧     !: : :i:i:リ   |
}    }ヘハ : : : ∧  /: : :i:i/   {
|    ハ ヾト、: : : :im/: : :イ/}   }
| '⌒ ー─ミ∧: : jX: : :.//.ノ ⌒│

305百万ガバス ◆XcrImxU9KU :14/04/10 23:26:46 ID:KFMZxf5H

        _____
    γ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  (::::::::::::::::人::::人::人:::人:::::::::::)
  \:/    _ノ   ヽ、_ \ノ    は~~
   |     (─)   (─)  |    馬鹿な子だねぇ
   \ .u   (__人__)  /
   /      ` 二´   \



               -―─- 、
           /         \
        /⌒'  _ノ   \  (⌒ヽ,
.       /  ′ ( >)}lil{(< )o.\ 丶    カーチャンになにがわかるっていうんだお
      {  { 。゚ (__人__)   ゚  }  )
.     \ 、   |!lil|!|!l|   ; / /
        \ ー |ェェェェ|    /
         7         l

306百万ガバス ◆XcrImxU9KU :14/04/10 23:34:42 ID:KFMZxf5H


       _____
    γ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  γ:::::::::::人::::人::人:::人::::::::ヽ
 (:::::::::::/ ─    ─ \:::::::)
  \:/  (●)  (●)  \ノ     とーちゃんが死んだあとね
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/          , -―ー- 、
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ         /ノ  ヽ、_  ヽ て
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |        '==   ===   、 そ
  /    / r─--⊃、  |       ' =    ==   l
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |      {  〈_,ィ、_,ノ      }   えっ
                      、.  レ'_,ノ     .. ノ
                       >        <、
                      / ー―- .、   r 、 ヽ、
                      `ー―- 、_ノ   l  \  \
                     ,'           l   ヽ _,ノ
                     l          |
                     弋           イ
                      | /ー ―一、 |
                      し       、_,!

307百万ガバス ◆XcrImxU9KU :14/04/10 23:35:50 ID:KFMZxf5H


      _____
     γ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 γ:::::::::::::::::::::::::人::人:::人::::ヽ
. (:::::::::::::::::::/  ─   ─\:::)    カーチャンも追い込まれていたわ。
 i::::::::::::::/  ( ─)  (─)ヽ     世の中荒れていたし、
 \:::::::::i       (__人__)  |    女手ひとつでアンタを育てなきゃいけない。
   \:::ノ     ` ⌒´  /     甘ったれたことなんて言ってられない
.    ノ      / )ヽ く
    (   \ /__ノi ) ,ヽ    脇目もふらずがむしゃらに仕事していた
.    \   ゙ / ヽ ヽ| |
      \_ /    \__ノ




      _____
..  γ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
..γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    周りが見えていなかった
(::::::::::::::::人::::人::人:::人:::::::::::)    甘さを捨てて必死になっているだけのつもりが
..\:/    _ノ   ヽ、_ \ノ     一緒に大事なものも捨てていた
.. |     (─)   (─)  |
.. \ .u   (__人__)  /
.. /      ` 二´   \


308百万ガバス ◆XcrImxU9KU :14/04/10 23:36:33 ID:KFMZxf5H


____________________./
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..::..:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   気がついたらアンタが引きこもっていた。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      \: . :::|   私の声が届かなくなっていた。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ノ   ヽ、_    .ヽ.:: |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;o゚(●)) (( ●))゚o  ヽ|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| (__人__)'       i:|   家族を守るために必死になっていて
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_`⌒´    .⌒ゞ'´|   自分で家族を壊していた。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~'/⌒/⌒/ /  |::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(つ/_/ /\ .|::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(____/   ヽ:|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /  /  / \  ._ノ|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(__(___):: ̄::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

309百万ガバス ◆XcrImxU9KU :14/04/10 23:37:03 ID:KFMZxf5H


  γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ    父親がいなくなって傷ついていたアンタを放置していた
(:::::::::/  _ノ  ヽ、_  \:::::::)   私が悪かったわ
\:/ / ⌒)   ⌒゚o  \ノ
 |  /  /(__人__)      |
 \/  /   ` ⌒´     /                   ____
                                 /     \
                                / _ノ  ヽ__  .\
    それもやる夫が弱かったから…       / (○)!i!i(○)   \
                              |   (__人__)  u    |
    いや、今話しているのはそんなことじゃなく .\   )t-ツ     /
                               /   ⌒´      \
                               \_(__)      i\(__)
                                |          |

310百万ガバス ◆XcrImxU9KU :14/04/10 23:42:02 ID:KFMZxf5H


      _____
   γ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
..γ:::::::::::人::::人::人:::人::::::::ヽ
(:::::::::::/ ─    ─ \:::::::)      ほらね
..\:/  (●)  (●)  \ノ      いきなり自虐されるとひくでしょ
  |      (__人__)     |       対応に困るでしょ
   \    ` ⌒´    ,/
......./⌒ヽ   ー‐    ィヽ
  /      ,⊆ニ_ヽ、  |
 /    / r─--⊃、  |          ____
 | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |        /      \
                     / ─    ─ \
                    / -=・=-   -=・=- \
       おい…        |      (__人__)  U  |
                    \     ` ⌒´     /


..  , : ´  ̄`゛ :: .
....,:::人::':::::::::::::::::::::::::\
...::::{:;o),::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
.|:::::i゛´:|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
|:::::|::::::|(≡) (≡)|::::|::|    おばさま…
|:::::|:::::_|     ,   j:::::| `
|:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i `
|:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|:::::|
|:::::|:::::| ヽ. // ',:|:::::|

311百万ガバス ◆XcrImxU9KU :14/04/10 23:43:00 ID:KFMZxf5H


      ____
   γ::::::::::::::::::::::::::::ヽ、      『自分が弱かったから』とか
  /::::::::人::人:::人::::::::ヽ      『甘さを捨てる』とか言い出したのは
..γ::::/)  ノ ' ヽ、\::::::::ヽ     別にかまってほしいからじゃないでしょ。
 (/ .イ '(●)  .(●)\:::::::)
../,'才.ミ).  (__人__)   \ノ    でも、そんな様子見てほっとけるわけ無いでしょ
..| ≧シ'   ´ ⌒`     |    みんないい子たちだし
/  i     __      /



..    / ̄ ̄ ̄\
.. γ⌒)      (⌒ヽ    そりゃそうだけど
 / _ノ ノ    \  \ `、
(  < (○)  (○)   |  )
..\ ヽ (__人__)   / /


312百万ガバス ◆XcrImxU9KU :14/04/10 23:43:48 ID:KFMZxf5H


      _____
     γ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     反省するのはいい。
 γ:::::::::::::::::::::::::人::人:::人::::ヽ     必死になるのは当然。
. (:::::::::::::::::::/  ─   ─\:::)    でも、他のみんながいることを忘れないで。
 i::::::::::::::/  ( ─)  (─)ヽ     今のままでは私と同じ失敗をするよ。
 \:::::::::i       (__人__)  |
   \:::ノ     ` ⌒´  /     アンタ自分を追い込みすぎて
.    ノ      / )ヽ く       他の子達の反応に気が回ってないでしょ
    (   \ /__ノi ) ,ヽ
.    \   ゙ / ヽ ヽ| |
      \_ /    \__ノ


313百万ガバス ◆XcrImxU9KU :14/04/10 23:49:46 ID:KFMZxf5H

      ,'::::::::::,':::::::::::::::/:::::::/':::/:::::/:∧::::::::、ヽ::::::::ヘ:::::ヘ.           ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
     ,'::::::::::,'::::::::::::::/::::: /:/:::/:::::〃i::::|::::::::Y、::ヽ::::::::Y::::l         /:.:.:.:./ 二二二 \:.、
    ,':::::::::::':::::::::::::,'::::i::/:/:::/::::::::!l:::|::::!::::::::l|:ト;:::::Y::::::i:::::i        /:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.\〕:ヽ
    ,':::::::::;イ:::::::::::::i::i::トL」::_!:::::::: ハ::l::::l::::::::l|:|:|::::::l:::::::l:::::l       /:.:イ:.:.:/:.:.:/ {:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.∧
    i::::::::/ |:::::::::::::ト::l::l:::i.!|l ゞ三' リ|::::l::::::::j|:|:|::::::i::::::::トi::l      仏/|:.:.:|:.:.l:|  V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:「〉
   j:::::::ヘ 」:::::::::::::|:::ト:l::::l.!l.l      ー┴三」ル!:::::j:::::::::!:l::l      .':.:.7力:.:.!X{:!_ ト、:.:.:.!、:.:.:j_:.:.:.1
   /|::::::::::ヘ!:::::::::::::!:::!::l:::lrっ≠ソ         .ミゝ:/:::::::::|:j:!!     i:.:〈Z |:.:.:l:| _l_ ヽ\{七/l:.:.l/i:!
  / ,'::::::::::::::!::::::::::::::トi、:l、::l.!l.l        ,.__  ミゝ:::::::::::! !.      l:.:.:.L(|:.:.:.《 ¨﨤`    﨤ア:∧j:|
 /ノ::::::::::::::::|:::::::::::::::::|ヘ!ヘ:! ! |        ミ≠rっ::::::::::::::::ト,      |:.:.:.|:.:|:.:.:.|       '   厶':.:川
./'/:::::::::::::::::::!:::::::::::::::::l  ヘ.! l    '     /:::::::::::::::i::::l       |l:.:.:|从:.:.:|〕ト   -   イ:.:/:/ リ
//::::::::::::::::::トi::::::::::::::::ト、    l ー -    ,イ::::::::::::::::::ト:::l      )\(ヾ「\!  ` 7壬i: //〕ト.
/:::::::::::::::/ハ:::::::::::::::ヘ. 丶、 j!      , ィ:´:::::::::::、::::::::ヘ:::ト      /{: :i:i: : : :∧--   --/: : : :i:i/ハ
::::::_; -‐'    l:::::::::::::::ヘ   メ、__, ィi::l:::|ト:::::::::::::::ヽ::::::::ヽ.      .′V∧: : : : :∨ ̄ ̄ l: : : : i:i/ :
<丶      ヘ::::::::::::::::ヘ / ∧、:::::||:::!:::ll::i:::::::::::::::::ヽ::::::     ,   V∧: : : : :|ニニニ.!: : : i:if   i
-、 丶丶、    l::::::::::::::::::Y ∧  ヾヽ、::ヘ!::トi:::::::::::::::::丶:::     i   Ⅵ:i : : : ∧     !: : :i:i:リ   |
 \ \\   l::::::::::::::::::ヘ.  ∨  ヽ \ト!::トi::::::::::::::::::ヾ      }    }ヘハ : : : ∧  /: : :i:i/   {

           , < ::;:;:;:;:;:;:;:;:;.. 、
         /゙ :;:;:;:;:;:;:.:. '''':;:;:;:;:;:;:.゛ヽ、
         /     ゙゛:.:;:;:;:;:;:. ゙゙:;:;:;:;: ゙:.:',
         l     ,   ゙ ::;:;:;:.  :;:;:;: :;l
         '、 _    ;     :;:;:;: :;:;:;: :;l
         / ,、 ヽ,, / ィヽ、 :;:;:;:; :;:;:; :;:;l
           ,l/ liヽl`   、_ー;‐\:;:;:;: i ,l/ ,,/
__ / ̄>="ヘ <〈    ヾ\_ゝ='ハニ/
  / ///// ヽ  l/l ,r、  `""" ' '゙ l .l
|  / l///   /ハ) l l ー_:;:;:;:;:;:.. /ー-、,,ィ
`l,/  l/    ヽニ'ィ l r.......`゙゙::;:' /二ニ//ヽ
 ヽ. /      /   ヽ゛゙゙::;:;:;:;:; / ム∨∧ l
 ヽ\     /     ヽヽ 、" l、 ,〉'/ `´ヽ
  ヽ \    /ヽー ヘ \ヽ、ヽ `ー' l    ヽ
  、ヘ\ ヽ`l / "´ ,,  l  \__二ナ     i

みんながアンタのこと心配してくれているわ。
今のまま、アンタが自分を追い込んで、それで仮に強くなったとしても
チームとして強くなれるかしら?


314百万ガバス ◆XcrImxU9KU :14/04/11 00:13:30 ID:Kqzhb9Ds

.     ____
...... . '"   U    `丶、
 /  \         \
./     `¨″  `'ー'" ̄`       じゃあ、どうすればいいんだお
{  三三       三三   }
.'.                 J /
 \ u  ゙'ー'^'ー'゙     /
   `¨7    ̄       ‘,
    /          ‘,

      _____
..  γ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    あとはみんなで考えなさい。
..γ:::::::::::人::::人::人:::人::::::::ヽ.   人を頼ることができるのも強さよ。
(:::::::::::/  ─    ─\:::::::)  とにかく、一人でウダウダいっていたってダメ。
..\:/   ( ●)  (●) \ノ   結論を急がずに、
.. |ノ      (__人__)   |   まずは仲間とうまくやることを考えたら?
.. \     ` ⌒´  ( /    少なくとも、それでチームとしての力は増すはずよ。
.. /       ー‐ )  ) \    もちろん、カーチャンも手伝うから。
../.          ┌─┐  }
..i         ,_{ .   }_ }
..r    /  ,、__)一(_丿 )


そもそも、こういうのに完璧な答えなどはないだろう。
やる夫の悩みは完全に解決することはない。
簡単に非情に徹することができるわけでもないし、
できたとしてもそれはそれで問題が多いし。
(身内が多いパーティーで非常に徹するのもねぇ)


315百万ガバス ◆XcrImxU9KU :14/04/11 00:23:18 ID:Kqzhb9Ds


....   .....-─:::::-..、
.... /::::::::::::::::::::::::::::\
..../:::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::ヽ
..,:::::::::::::i:::i:i::::::::::::::i:L::::::::ハ
..i:::::::i:::::i:;ィソ:::::::::::::込、:;ノ:ハ    やる夫、貴方の足りない部分は私達が補うから。
..|:::::::i:::::!、;jィ彳'"´'{゚●;::::!`    私達だって貴方を頼っているんだから
..|:::::::ハ::ヘ`゚●〉 、 ""}:::!     遠慮はしないで。
..V:::::ヽVヘ""     /::::i
....|::::::::::Vヘ:ェ _´/ l::::l     そして、その上で力が及ばなかったあの時みたいなことは
....|::::::::::::,Vヘ`ヽ、 ト.ヽ.j:::::|     やる夫の力が足りないんじゃなくて
....|:::::/ .`Vヘ  ヽ.| ||:::::l     私達の力が足りないの。
....|::/ヽ   V゙:.、  ゙! |ヽ:j'     一緒に強くなりましょ
....|::i ヽ|  |、'‐ァ、j .| ゙
....|:::!   \〈./彡、'  |   |l              ____
....|::::!     >   ) /ヘ ノ.|            /      \
....|::::|  ,.ィ'" V´| ,/ミイj}ヽ|           /   _ノ  ヽへ\
....|::::ヤ     ヤ|'´ ゞ_/  l,         /   ( ―) (―) ヽ  …わかったお
....|::::/、     `j  リj  ヤ        .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
 |::/ `\.   |_,. -i     }         \     ` ⌒r'.二ヽ<
..//       /_,ィ-"ヤ   |        /        i^Y゙ r─ ゝ、
/∧      ,'!    ヽ  |       /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
                       {   {         \`7ー┘!

316百万ガバス ◆XcrImxU9KU :14/04/11 00:35:15 ID:Kqzhb9Ds


     ____
   /      \
  /         \    ただ、自分の力を追求するのも大事だお。
/           \   サムライを続けていっていいのか…
|     \   ,_   |   色々方針は変えるかもしれねーお
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |                     .  ' "´ ̄ ` : 、
.\ “  /__|  |                   /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、
  \ /___ /                  ../:::::,::::::,:::::::、:::::::、:::ヾ:::::.
                              .l:,f::i|,:::::|_::::::||_:::::i|:::::i:::::|
(シュゲンジャのほうが取り返しが利かない    |:::|::::|(●) (●)|::::::|:::::|
 ってことは言わないほうがいいわよね)      ´ |::::|   、     |_:::::|:::::|
                               ´ iヽ、/ヾヨ   _,.|:`:|:::::|
                              ...... |:::/   ゙.'/  ゙1::::|:::::|
       ,..._                      ..  |/   〉 ,ィ |:::::|:::::|
       l i                      ..  |{    /─:|  |::::|::|i:|
     √二フ  ,.-.,_,...--ー──::.,_             .|;〉、 /___.|  l'i,:|::||:|
    / ̄_ヽ、┤/ ノ  ̄"''''::;;.,,_"''':;ヽ
    ト'""ヽヽノ y"'/    :;  ";:::;  ::"i
   l <ヽノ   /|i;::-、 .,.,;:: _,...,,_  :: |
   \   _,,.ノ | ,.: .,,,_  "''ヽ,,,> -/   まあ、それは次のレベルアップまでに
    / 〉 7  /  >ニL::;;;, ヽ-''" ζ i    決めればいいことだろう
    〉L_,,.../ヽ_i"i'""''iヽ ;:" ,.__ヽ;,,._)
   i'"| |  __) i ヽヽ:::'ノ\  i-二ニ)
  人 i ヽ,_ ノノノ i ヽ _ i/>ー-...┴、
 /\ \....--'"ー-/ ̄  'yー--√""''ヽi
.../\ ヽ--〈    | ○ ○ i iニi oi_,.  < i
/  "'-ー7     ヽ,┴ /-、 ┴ヽ L_;;;;;i
     / ヽ -    "'''''"  "'--"    |


キャラクターの死に関して重く扱いすぎるのも問題でしょうけど
あっさりとしすぎるのもそれはそれで嫌なものですので
少し悩ませてみました。
単なるコマとして動かすの好きじゃないし。

実際、こういった苦悩を乗り越えられないで
ドロップアウトする冒険者って多いんじゃないかな。

もしくは、非情に徹しようとして、
パーティー内の意思統一ができずに崩壊とか。


317百万ガバス ◆XcrImxU9KU :14/04/11 00:58:54 ID:Kqzhb9Ds


次のミッションはまだ考えていないのですが
そろそろジャイアン達にスポットを当ててみたいと思っています。

今回はここまで



余談
あのまま一人で思いつめた場合のやる夫の末路


         ____
       /      \
      / ─    ─ \    イルーミアンならモンクやパラディンでも
    /   (●)  (●)  \   マルチクラス制限を受けません。
    |     ___'___      |   だからサムライの制限もきっと無視できますよ。
     \    `ー'´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     さあ、私と契約して種族の再構築をしましょう。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



              -=::::丶,.-―z_
            ≦::::::::::::::::;:::::::::::::>
           ∠::::::::ハヘ::::::!:::;::::::}:::ヽ
           //|/  |::::::::!::::!:::::::N
          ///  ゙i /iV!::::::!:::}:::}    いや、サムライに関しては明言されてないから微妙です。
           /゙⌒゙y  '"⌒"ヽ:::!::/     でも、再構築すればそもそもサムライ辞めれますからwww
           / r‐-''      /::::/
          //'エェェェェエ7 /;;::/     (スレで居場所が残るかは保証しないけどな)
          //......,,,,_,,,,......../ /ノ〃
         〈 「エェェェェェン /:::":〈       それとも、エランに転生して1レベルからやり直しますか?
         ./ヽ ≡    ,.ノ::::/!::::i
    ,,. -‐''"~i:::;ヘ_,,, -‐'"/::/:::!゙'''゙-、
  /:::::::::::::::::/i/Y:/!   /〃/:::::::|:::::::::::゙''‐ 、
//:::::::::::::::::/:::::::::/ ヽ /: : /::::::::::|:::::::::::::::::::::゙''‐ 、


結論:できる夫の餌食
できる夫のPLも推奨していたから間違えないwww


318 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから:14/04/11 05:13:05 ID:qNjaei0q

モンクやパラディンなら種族変えなくても《騎士の訓練》や《修道士の訓練》特技で
マルチクラス制限を一部解除できるのにね・・・サムライェ・・・


319 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから:14/04/11 10:09:14 ID:HdfW7LvO

やる夫の場合、「ここまでレベルあげてこの特技取ろう」みたいな
将来への計画性があまり見えないんだよな
マルチクラス制限あるサムライだからこそその辺の割り切りはしっかり決めておかないと

320 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから:14/04/11 10:25:14 ID:qq+MKs4Q

その辺りは実戦の中で検証しながらという側面もあるからしょうがないでしょ

321百万ガバス ◆XcrImxU9KU :14/04/11 12:33:05 ID:Kqzhb9Ds

そもそもやる夫のスタートラインは
OAのサムライのつもりでサムライになると言ったら
戦士大全のサムライになってしまったという悲惨極まりないものだからなぁw

特技の予定はナイトプロテクター狙いなら
6レベルまでに《騎乗戦闘》を取り、
また《武器熟練》を再訓練で外して《薙ぎ払い強化》にしなければなりません。
ファイターレベルを混ぜない限り、自由に特技が取れるのは9レベルまで待つ必要があります。
そして、マルチクラス制限を守る限りファイターレベルは取れません。
困ったものである。


まあ、私だったらこういう企画でなかったらさっさとファイターレベル取りますけど。
それ以前にサムライやらないかw



322 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから:14/04/11 13:53:41 ID:ryUgwMyB

>>315
> やる夫、貴方の足りない部分は私達が補うからry
なぜだろう、プロポーズに聞こえる、不思議w

324 :名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから:14/04/13 00:26:17 ID:bHxaj2Ay

カーチャンの説得が流石だw











一覧
関連記事
カーチャンの説得は反則級の効果だわ
[ 2017/03/04 01:36 ] [ 編集 ]
冒頭を見る限り
シュゲンジャの「あの呪文この呪文が足りない」という状況が
現状をより厳しいものにしている様に思う。
[ 2017/03/04 17:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

GWですね!
新生活等、環境が変わった方も多いと思いますが、やっと大型連休に突入です。
緊張をほぐしてリフレッシュするとともに、まったりやるぽん!を眺めていただければと思います。

感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で6年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



FC2カウンター