やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです その112 やるぽん!

ビルド第11回 ついに龍我君が変身! やはり変身ヒーローには愛がないとダメですよね!w 次週からはベルトが2本になるのでしょうか?それとも戦兎君のおさがり? そして、捨てられた紗羽さんはどうなるのか?

やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです その112

285百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/11(日) 20:02:26 ID:lYk/AKGw0


もう一つのスレのほうも更新中ですが、こっちもおろそかにしたくないので
今日はこっちのスレを更新予定
22時ぐらいからかな


286 :どこかの名無しさん:2015/01/11(日) 20:03:19 ID:0p9edenc0

ヒャッハー!

来たぜ来たぜ来たぜー!

287百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/11(日) 22:02:42 ID:lYk/AKGw0

          ___ _
      ./:.:.: ──==ミ
      /:.:.:.:k/:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ_
    ':.:.i:.:.:l:l、\:.:.:./:.:.:.V }
    i:.く,|:.:.:N \ l×:ハ:.:l:.|/
    |:.く.!:.:.:! ◯   ◯ V:.:|_ __ハ    こんちは~
    |:.:.(|:.:.:| :::: t‐ゥ ::: ノ:.:.| }i:i}ノ    メカ沢いる?
    }ヘ:.ハ:父ト -‐=≦レ'V/
     ヽ/ヽ: : |=| :/ l/
     イ  ィ \ ,l/ /
   ∠}i:i}//---芥-イ
       ./: : : 〈j_! : {
      /: : : : : : : : :i

288百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/11(日) 22:03:03 ID:lYk/AKGw0

                      __
                 -‐……'´< ̄`丶、っ っ
             /            、\    っ っ
        .     /  /     /   }   `ヽ______
           .'  /     /',  / ∧ i  |°|        |
 落ち着いて   {  i    / _,. |/|/、_ lハ i |°|  (二)  |)    ___
 メカ沢!!.    V´lイ /|  ○     ○ jノ ||°|____|    (___)
           弋ljノV | u   cっ   ノ N| ̄ ̄ ̄ ̄l、.∧   l l   止めないでくれ
            く/ヘ |≧=‐- -‐=≦| / | l__l     o |==ヰ
             }/∧|´ } \>く/`ヽl/  | | |     .o |
                           | ヾ、     .o |
                           └ (⌒)――l^l┘
                            | |      | |
                            | |      | |
                           l二二l  l二二l


           __
        .. ´:.:.:.:.:.:.:.:〕iト.
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
      ,ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: !、:i
      、|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|、`7
     く.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| >     なにやってんの
     |:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:|イl|
     |:.:l:.:.:.:|:.:.:.:.:.:/:.:.::.:.:.:.:.:.|:.lリ
      .Ⅵ:.:.: !:.:.:.:.:':.;.:.:.:.:.:.:.:.ハ/
        ィ:从:.:.:イ:/l才/
     / ,i:i: : V: : : : :i:i: |ヽ
    ,   /:i:i : : : : : : : i:i: |
     {   { i≧=====≦:i: |    、
      ー个ー───‐イ    \
        }ー─……─:| \  /iハ
       /: : : : : : : : : : :{  ヽイi/ )

289百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/11(日) 22:06:17 ID:lYk/AKGw0

          . -‐- .
        〃   __ヽ____
         {  . '´     j     ` : .
        /      ,     ヽ   ヽ,
         /  ./   /|  ∧  ',   ハ{}
        ./   ,'  、/ .|  /  、 } :∨ ii    いいところに来た
        {  .{ ∠\_|. / _,∠∨ ul|厶ij    メカ沢を止めるの手伝って
       |ii  .Y´ぅ心 j/ ´ぅ心ヽ: !__}ii|
       Ni  l{ 弋__ノi/i/i弋__ノ,ノ.._________
        j八 l|.:u.¨ r――vォ¨.:|i....|  __      __  |
        _, 、i_ヽト   |    | イ:/| (__;;;)    (__;;) |
     〈/ / /ぅ ,`ヱT _ _.     |_             |_      君たちか
       ヽ   _} / ∧. ({ })   ) ̄`ヾ ̄ ̄ 7´ ̄:Z_      君たちにも迷惑をかけたな。
        .,イ .人/=/     `Y´ /:::::::::::::::|` =::1:::::::::::::::ヽ     要件は大体見当がついている。
     厶≠ニニマ{   |: :}. ヾ:、≧ュ、:::::::::::| 根..:|::::::::、,ィく     資料をハクに預けてあるから
       マニニニニ/j  ノ: ,′..` ̄´ !::::::::::|   :|::::::::::| ヾ:、    それを見てくれ
      マニニ/ { /: :/⌒' !ニ|....i:::::::::::| 性..:|::::::::::|  ヾ:、_
                      }:::::::::::|   :|::::::::::{  ({_゚_})
                     .i::::::::::::|_____|:::::::::::!   ` ´
                     ` ̄i:「´     `li| ̄´
                     . _|;|__    __」:!___
                       ` ̄ ̄   ` ̄ ̄

290百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/11(日) 22:07:03 ID:lYk/AKGw0

                      __
                 -‐……'´< ̄`丶、っ っ
             /            、\    っ っ
        .     /  /     /   }   `ヽ______
           .'  /     /',  / ∧ i  |°|        |
 落ち着いて   {  i    / _,. |/|/、_ lハ i |°|  (二)  |)    ___
 メカ沢!!.    V´lイ /|  ○     ○ jノ ||°|____|    (___)   俺は直談判に行ってくる
 無事で済むとは 弋ljノV | u   cっ   ノ N| ̄ ̄ ̄ ̄l、.∧   l l
 思えないわ    . く/ヘ |≧=‐- -‐=≦| / | l__l     o |==ヰ
             }/∧|´ } \>く/`ヽl/  | | |     .o |
                           | ヾ、     .o |
                           └ (⌒)――l^l┘
                            | |      | |
                            | |      | |
                           l二二l  l二二l



                -――――  _
                 , : ´::::..... ,.::::::::::/--- _ト、
           /⌒ーz'´:::::::::/ ̄ ̄ ̄`ヽヽ\
            ∠-K/ ≠:::/:::::/:::::::::::::'  ::   ヽ.ヽ
       , : ´, ≦〈_ / /::|::::/::::::::/ .:/:: ,|:::: :: ヾヘ
       ∨::::::://,' .:::::::!::7|--彡'/::::_/ j:::/∨ |:∧
         /::::::, '/, -! :::::::::|::| {  \匕   /::/ ‐}:: |ヽ、!
       .7.::/:∨::7 ´ ! :::::::::Ⅵ ` --- '  {=∠ -y イ'、ノ:!
      ,::7 | ::::::弋ヽ| :!::::::|//, --  _////ヽ--<7:|_ノヽ:|   待て待て!!
        |:,' | ::::,、::::::了:!::::::/       ` - 、/// 7 ! i::i }   まずはちゃんと説明しなさい
        |:| .! :::| |::::::::V:i:::::|             } u/:/! .|:レ'
        レ  V:, -- 、:{ Vi::::|7 、_         / ,ィ:/::L_j::. |
         /    \|Ⅵ     7‐y─‐yi≦:./j::: /,::. /
          ,′       ヽ{  _ >‐'⌒ヽ::::::///7/
       /    /,:    `        r |/彳 /

291百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/11(日) 22:08:31 ID:lYk/AKGw0


                                  _____
                       ,-‐、-  ._        .γ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
               _,..< `¨´   ,-、`ヽ     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             _,...‐''゙´      ヽ  弋__)  ∨  γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /x-‐-、`ヽ        ':,   ..:::::',  (::::::::::::::::人::::人::人:::人:::::::::::)
     |ヾ、、/γ/////ヽ ':,縛り上げ :',::::::::::_;:斗 \:/   ノ  ヽ、_    \ノ    ごめんね
     |  |:|斗-、/////∧ . ....::::::::::::::,-y'゙´:::゚:::j   |   ( ●) (● ).  u |     メカ沢君
     |  |:|斗个<、////, ;::::::::::::::::::::::}:}::::_,..'′   \ l^l^ln__人__)     /
     |  l:杙V|  | |>//j .j:::::::::::::::::;:斗|'゙´       /ヽ   L⌒ ´
.    \レ `.,|  | |斗// /:::;::::: <   |:|          .ゝ  ノ
.         |  | |ー'゙/<    __/7
.           \レ'`¨´       ⊇ノ


             /::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : \
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:/ -──ヘ、 : :ヽ
             ,:':.:.:. /: : :...:/   --──‐\..: : :
         /:.:.:.: │:.:.:.:/:.:/: :{: :、 : :ト :.:.:.:.ヽ:.:.:..゙ヽ
         ,':.:.:.:/.| i: : i|:/ ’,:.:ぃ: ヽ:ハ/:. : │:.:. :.:゚,
          }:./ イ. ! i:.:.:i|′  ∨i \: :ハ \:.:|: :.i 〕:.ハ
.         /:.{  /|:.:| i: : i「`¨ ー リ  \:}x㍉ヾ! :.「{:.:.:.i
         ':.:.:.∨/|:.:| i: : i|=元テミ    /fi刈 //i: :.| 〉:.:.|    ジャイアンとスネ夫はなにやってんのよ
       i:.:.:.:〈/l |:.:| i: : i|弋zツ       ゞ'″{:.i::. |V:.:.!
       |:.:.:.:〈八|ぃ i: : i|  ̄     、    ':.i:.: |/:.l:.|
       lハ:.:.:.:.:.:.|:. ∨:..j|ι      ┐   :′!/.|:.:.:!:′
       |! ゚,:.:.从:.: ∨:j| \   /__ノ /│:.:′!:.:ノ
       |  }:.:/}:.::.:.:. ∨|ィ:} > .,__,ィハ、:.:.:|:./:.:.:レ'
           ハ:! 乂:.:.:.:.:リ:. ノ.    ト、:.:.:: _j/¨x≪¨ヽ
              ,x≪:--斗'.    /: : : : :r/:/.    \
           /i:i: : : : :∠    /: : : :/i/: /  /     i
.          / :i:i : : :/    `ヽ./: : : :/i/: /. { ′.   |
         /i : i:i: : /======ミ/: : : :/i/: /   ∨      ‘,
.          {/l : i:i: /     ./: : : :/i/: /.   |     _ ∧
.        / :l : i:i '   ./: : : : :/i/: イ.    ||  / -- \ 、
.          { :l : i:i{   .イ : : : : : イi/.       |レ:./    \ヾ,

292百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/11(日) 22:14:24 ID:lYk/AKGw0

                            __
       ,. -‐                 ‐-|::!
    , '",. -─=‐             ヽ   |:jヽ
   /´/ /   /    /    ヽ     ヽ  ||  ',
    /´7   / i     /!  i  :.:`、:.   ヾx||   !
     / イ  ,' !  l  / l  l  _ :.:.:',:.:.ヽ.  l Ⅶヽ.:|
     / / |  l  l  _| 斗!'´!   !ヽ ~::T!ー::l-: l. : :|Ⅳ}:
     |,'  l  ! .:| ト|,ィ==ミ  ! ケ=ォ、ヽ! / : : l-〃    _ .-┐    グルームシュ教会上層部と話をするって言って
     i  l l  .:l ヾ {;;゙ー_ソ \|  !.;;゙ン '~ レ    |:/:/{. : ´: : : : : : !     北のリフトキャニオンに向かいました。
       ヽ|  .:|  | ´            ` u |   l/_/: : : : : : : : /
          ト、 :l   l      `        l   |: :!:_:_:_: : : : : : /      エルフの私は同行できないので
          ヽ!  人     -っ       ノ! :. l_:_:_:_:_: : :-─!       メカ沢と一緒に留守番してたんです
           | !  :.>、        ィ j  :i. l .-.-.一: :´ ̄ll
           jハ  :.:.| `ヽ、_,.、-:'´::  l  .:i i`ヽ_ : : : : : : :l
           :.:.:\ :.:.|  / /ハ:::::  ノ .:/リ:::ノ  `''ー::、  _!



          . -‐- .
        〃   __ヽ____
         {  . '´     j     ` : .
        /      ,     ヽ   ヽ,
         /  ./   /|  ∧  ',   ハ{}
        ./   ,'  、/ .|  /  、 } :∨ ii
        {  .{ ∠\_|. / _,∠∨ ul|厶ij      メカ沢はこっちに戻ってきてから
       |ii  .Y´ぅ心 j/ ´ぅ心ヽ: !__}ii|      部屋にこもってずっと資料作っていて
       Ni  l{ 弋__ノi/i/i弋__ノ,ノ 圧|iil_     それが終わったら
        j八 l|.:u.¨ r――vォ¨.:|i 厶イ三/     「かつての仲間として雪華綺晶様を説得しに行く」
        _, 、i_ヽト   |    | イ://三ミ/      って言って一人で城に向かおうとしていたんです。
     〈/ / /ぅ ,`ヱT T 入 j/ __{
       ヽ   _} / ∧><_イ⌒;三ミ\
        .,イ .人/=/  只 =',==}三ミノ
     厶≠ニニマ{   |: :}  |ニ|
       マニニニニ/j  ノ: ,′ |ニ|
      マニニ/ { /: :/⌒' !ニ|

293 :どこかの名無しさん:2015/01/11(日) 22:19:22 ID:0p9edenc0

うわぁ

294百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/11(日) 22:19:41 ID:lYk/AKGw0

                       ,-‐、-  ._
               _,..< `¨´   ,-、`ヽ       直談判に行ったら生きて帰れない可能性はわかっている。
             _,...‐''゙´      ヽ  弋__)  ∨     だから、せめてもの責任を果たそうと、
        /x-‐-、`ヽ        ':,   ..:::::',     あとに残す資料を作ってはおいた。
     |ヾ、、/γ/////ヽ ':,        :',::::::::::_;:斗     それを見れば大体の事情は分かるはずだ。
     |  |:|斗-、/////∧ . ....::::::::::::::,-y'゙´:::゚:::j
     |  |:|斗个<、////, ;::::::::::::::::::::::}:}::::_,..'′     それで用件は済むだろ
     |  l:杙V|  | |>//j .j:::::::::::::::::;:斗|'゙´         行かせてくれないか?
.    \レ `.,|  | |斗// /:::;::::: <   |:|
.         |  | |ー'゙/<    __/7
.           \レ'`¨´       ⊇ノ


         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\
        .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
      |:::::|::::::|(●) (●)|::::|::|    責任を感じていること、まじめなことはわかった。
      |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `    でも、一人で抱え込んでいい問題ではないわ
      |:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i `
      |:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|:::::|
       |:::::|:::::| ヽ. // ',:|:::::|
       |:i|:|:::::|   |┴─i:|:::::|
       |:||:|::,i'l  .|.__||,、i'|

295 :どこかの名無しさん:2015/01/11(日) 22:19:53 ID:VfXgKVf.0

ジャイアンもスネ夫も大丈夫か…

296百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/11(日) 22:24:07 ID:lYk/AKGw0

                 __ __
              . ´:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.`:..、
           /:.:/ 二二二 \:.、:.:.:\
              /:.:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:\:.:.:ヽ
          /才:.:i:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:. \:.:.:.|:.:.:.「 ヾ:゚,
           くイ7:. |:.∧:ト、:.:.:. l斗匕 |:.:.:.K }:.:.
         i:.:ll |:.:.:Nト {! \:.l.イ芯 |:.:.:.| 爪:.:.i
         |:.:ll |:.:. 芹芯     ヒ汐 |:.:.:.|ヽl」:.:|      それを聞いて行かせられるはずないでしょ。
         |::.lj |:.:.:| ヒ汐 ,       |:.:.:.| }:.:.:.|      さあ、まずは事情を話して。
         |:.:.l_j:.:八   y─ 、  │:.:.lイ:.:.:i:|      そのうえで一緒に対策を考えましょう。
         |:i:.从:.:.l:.丶  、_ノ   ィ|:.:.:从:.:.:.l:|
         lハ:.:.:.:\:.:.:.:>─… ´ ̄`ヽ=ミ:イリ
           \:.l:.:./ _  ノ       ` ̄`ヽ
                /           /__    ゚,     γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、
          / /´ /´  _{  |/´   l:〕iト--      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          / /   イ   /:i:i:|  |     |: :|       γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
         (__.イ  .ィ /   /ー‐|  |  / l: :|       (:::::::::/ ─    ─ \:::::::)
              ゝ彡:/i{__ ./ヽ . 人_.丿イ   .': :.|       \:/  (⌒)  (⌒)  \ノ   力にならせてくれないかい
         /|:i:|/:/i/       丶   / : : |        |     (__人__)     |
          { |:i:{:/i/         l      / : : : |        \    ` ⌒´     /
         圦:.!:イ    i    !    /  ̄ ̄        /            /
         / イ芥ト     |     、  ′           \       (__ノ




──────────┐
.                 |
.                 |
.-‐…- 、      , -…- 、
      }     (     }     …わかった
:ー- -‐.′      ゙ ー- イ     秘密を話すのは教えに反するが
.                 |     しかたがないな
___________j
三三三三i     {三三三|
三三三三|     |三三三|
三三三三|     |三三三ト、

297百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/11(日) 22:31:12 ID:lYk/AKGw0

.         _________
       |  __      __  |
       | (__;;;)    (__;;) |       ザン・ヤイは真の中立の女神。
.  _ _     |_             |_       世界の急進的なものを探し出し、
 ({ })   ) ̄`ヾ ̄ ̄ 7´ ̄:Z_       バランスが取れるように介入する。
  `Y´ /:::::::::::::::|` =::1:::::::::::::::ヽ
   ヾ:、≧ュ、:::::::::::| 根..:|::::::::、,ィく      そして、もう一つの活動が
.   ` ̄´ !::::::::::|   :|::::::::::| ヾ:、     隠された知識の探索だ。
       i:::::::::::| 性..:|::::::::::|  ヾ:、_
        }:::::::::::|   :|::::::::::{  ({_゚_})  ただ、私たちの派閥はザン・ヤイ崇拝者の中でも
.       i::::::::::::|_____|:::::::::::!   ` ´   特異なものだったかもしれない
       ` ̄i:「´     `li| ̄´
.        _|;|__    __」:!___
         ` ̄ ̄   ` ̄ ̄

298百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/11(日) 22:37:11 ID:lYk/AKGw0


      人|   ゝ   ヘヽ、_ `゙''‐= ,,,__      ヽ、  |  ヘ:` <} ;}=一
     ./ | |∨  `ゝ、  \ `¨''''ー―‐'''"´   ヘ    ヽ | \ ∧ // /ー
    ノ/|.|゙、lヽ   \>、,, ヽ、 \   \ \ \   リ、 ヽ .ヘ(イ { /
   "´  ゙| || ヽ.   \ `¨''‐`=‐ \   `''=_` = 、`゙=',,__ヽ. |ゝ、ゝ、/.(
       l |∨ l `i‐-=,,_`''‐、 \  ̄ `゙''=、__  `゙=ー―''''"´} :从 :{`7≠ミー
.       ヘヘ、\ヾ、_ゝ、 ̄`ヾ 、`''‐、 _  ヽ ゙̄.ハ`¨"´. }}.ノイ 〃ハ((八 ))
        ゝ、\ヽ ヽ_二ニ=‐`¨''‐= _,,x''"⌒ヾf^: \ ヽイ((八(   :}}ハ ))
.         \ ヽ` < / `゙ ー‐''"´    八 i ハ i:  ) )) :八 {
             \ハ ホ ./             乂_ リル  イ   > ´{
.               }ノ /  ,,..             )) ′      / ___/ \
                 >r 、     _,,        /      / /     \
                   ヽ-、‐''"       /    /7冖       / `: .
                      .ゝ,"     ∠    / /        /     \
                       .ヘ    .イ   ` 、/  .ィ.      /       ∧
                         ー≪     /  /.      /          .∧
                             イ   {     /             ,

私たちのリーダーであり、雪華綺晶様の父親
ローゼン様は知識の収集に熱心だった。

世を乱しかねない力を排除するだけでなく、その技術を回収、秘匿し
新たな脅威が生じた際に活用できるように研究を進めていた。

俺たちウォーフォージドもどこかから発掘された製造プラントを回収・修復して作られたものだ。

299百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/11(日) 22:42:21 ID:lYk/AKGw0


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ   お嬢様だったのか
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \


               __ __
                ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.: --<:.:.:.:.:.:.\
         ,:':.:.:.:.:.:.:.:.:/  __` 、:.:.:.:.:ヽ
         ./:.:.:.:.:.:/:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ト、ハ
         ':.:.:.r‐イ:.:.:,:.:.:.:.:.{!:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:∨{:.:.
       i:.:.:.:{/ |:.:.:.:.:.l:./ハ:.::.:.:.:. 厶ィ:.:.:.:V:.: i
        |:.:.:./ 」|:.:.:.:._j:.!_,,\:.:./ ハ:.:.:.:.lト :.:!
        |:.:.:i_//|:.:.:.:.:.N     ヽ _ |:.:.刈个|   とりあえず、父親はまっとうだったわけね
        l:.:.:.:.〈_,|:.:.:.:.:.l' ===   ,  ̄ l:./:.:.:.:|:.|
        |:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|    _,  .イ:ル:.:.ハ:!
        |:.:.:.:.:.从:.:.:.:父ト  ´  /:.j/:八{ ′
       }:.:.:.:/:.:.:.ヾ:.:.:.:.:》   ̄「:ヾ:.イ〕iト.
       ノ:.:イ⌒ヽ:i:i:\「:\  ヽ: : : : i:i: ハ
          /   V∧: : : : :V´ ̄\: :.i:i:l {
          .′   ヽ:i:\: : : :゚,   |: :i:i:| ヽ
       {       \〕iト: :.∧.   |: :i:i:|   !
       |:ヽ      \}\ヾiト: } rn|:/i:イ   |
       |: : :ト     \ `ーォ====ミv'⌒ヽ\
         ̄:!       ヽ/:i:i:i:ヽ  \    }
           ゝ       /⌒ヾ:i:i:}     ノ

300百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/11(日) 22:52:48 ID:lYk/AKGw0


──────────┐
.                 |     あ~
. U               |     言いづらいが、地下にいたデーモンたち
.-‐…- 、      , -…- 、    あいつらもローゼン様が保護したやつらなんだけどな。
      }     (     }
:ー- -‐.′      ゙ ー- イ     「悪魔逃走」って聞いたことあるか?
.                 |     アイウーズ帝国のフィーンドたちが一斉に自分たちの世界に逃げ帰った事件。
___U_______j      その時に不浄の力に汚染された土地を作って
三三三三i     {三三三|     いくらかのデーモンをサンプルとして物質界に残したんだ。
三三三三|     |三三三|
三三三三|     |三三三ト、    そういう負の面もある組織ではあった



               ___ _
          .ィi〔:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
          ./:.:/二二二二\:.:.:.:.:.\
          /:.:.:.:':.:.:、:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.ヽ
       「 /:.:.:. l:.、/ \:.:.:.:.| ヽ/:.:.:.:.:.「 ̄〉
     /V:.:.:.:.:.N \ }\:.l/ lハ:.:.:.:.| ∨
      ヽi:.:.:.:.:.:|──   ──‐i|:.:.:.:ト 〉     それはまっとうとは言いがたいわねぇ
      |:.:.:.:.:.:|‐=== 、 ====‐:|:.:.:.:|:.:.:|
      |:.:l:.:.:.:|   、__  u!:.:.从:.|
      |:∧:小、  │   l    |:.:/:.:.:.:′
          ヽ:.:.:≧‐┴─ ┴=≦':/:./レ
       /⌒マ V 才:´: |==/: : :/X∨
        {、__.ィv’ |i:i : : | ./: : :/i/ ヽ
      V:i:i:i/、 Vハ : |/: : :/iイ

301 :どこかの名無しさん:2015/01/11(日) 22:55:27 ID:0p9edenc0

八者の円の同類だからなあw

302百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/11(日) 22:58:02 ID:lYk/AKGw0


        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \     じゃあ、カーチャンやISのメンバーが死んだの
      |       |::::::|     |     おめーらのせいじゃねーか
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i                    _____ つ
   /          ヽ !l ヽi                   |        |。 |  つ
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!         (|  (二)  u. |
    `ー、_ノ        ∑l、E ノ <                 |____|。 |    すまない
               レY^V^ヽl          .   (___) ∧__厂 ̄ ̄ ̄|
                                   || ,く| o    |__| |


   γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
 (:::::::::/   _ノ   ヽ_\:::::::)    やる夫、その件はいいから。
 \:/     (●)  (●)\ノ     そもそも一番悪いのはそれを利用したサイク達だし
.   |       (__人__)   ,|
   \      `⌒´  /
    /         ヽ

303 :どこかの名無しさん:2015/01/11(日) 22:58:28 ID:j/YrmCIg0

まあ真なる中立だからね、仕方ないね・・・

304百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/11(日) 23:05:52 ID:lYk/AKGw0

        ,..._
        l i
      √二フ  ,.-.,_,...--ー──::.,_
     / ̄_ヽ、┤/ ノ  ̄"''''::;;.,,_"''':;ヽ
     ト'""ヽヽノ y"'/    :;  ";:::;  ::"i
    l <ヽノ   /|i;::-、 .,.,;:: _,...,,_  :: |
    \   _,,.ノ | ,.: .,,,_  "''ヽ,,,> -/
     / 〉 7  /  >ニL::;;;, ヽ-''" ζ i      では、雪華綺晶の行動も
     〉L_,,.../ヽ_i"i'""''iヽ ;:" ,.__ヽ;,,._)      中立を維持するために悪の側に立ったということか?
    i'"| |  __) i ヽヽ:::'ノ\  i-二ニ)
   人 i ヽ,_ ノノノ i ヽ _ i/>ー-...┴、
  /\ \....--'"ー-/ ̄  'yー--√""''ヽi
  ./\ ヽ--〈    | ○ ○ i iニi oi_,.  < i
 /  "'-ー7     ヽ,┴ /-、 ┴ヽ L_;;;;;i
      / ヽ -    "'''''"  "'--"    |



          _,..--------..._
         ;(         );
         | `` ------- '´´.|     それはわからない。
         | ⊂⊃  ⊂⊃ |     だが、そこまで状況が善の側に傾いているようにも見えない。
    ((__))  ,|、__     _,...--'7     俺には雪華綺晶様の行動は異常に見える。
     ||  / `--`-v--'´--''´~\
     ``=|,,,,,;;       ;;;;;;;;; ;;; >

305百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/11(日) 23:11:07 ID:lYk/AKGw0

、                 > 、
 `> _                 > 、
      > 、                 >、
         >─ 、              .> 、
              >─ 、           > 、___
                   >─x__         >< ̄ ̄`\
        u                `>─x_____)⌒`\、\
 u                                ∨    ヽ、.ヽ
         ,x────x_                .∨      |  .|    とにかく、何かあったのは間違えない。
       ./        ``ヽ、            .∨       }  .|    そもそも雪華綺晶様が生きているのが奇跡的なんだ。
   u   ./             .\          ∨       .ノ  .j
      弋              i         ∨、     /  ./     ローゼン様は死んで
       弋              .}        ∨ .}──x/ ヽ./      我々は壊滅したんだから
        \、           .ノ        ∨  .j__x.ゝ-ヘ
          `> 、、     /        .∨  ./     .',  ',
     u          ̄ ̄ ̄ "         ∨__/      ', ̄',
                            ∨          .',  ',
、                          ∨           .', ̄',
/> .、                       ∨            .;  .;
/////>_、                  .∨            .; ̄.;
//////////`>_─x__         .∨             .;__;
////////////////>─   ̄ ̄────∨             .;  ,'

306 :どこかの名無しさん:2015/01/11(日) 23:11:13 ID:N9.zQpD20

自分と平等なくらい惨めになれ、だもんなあw

307百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/11(日) 23:20:22 ID:lYk/AKGw0

                        / ̄ハ、
                    _/,r-‐⌒',ハ
                    )::::/二ニヾ.i
                  ,r="::::{二ニ::::::',ヽ._          _,.-ァ:、
       ,.、_         ,.r'’`ー―、Y,r'⌒ー‐┴:、_      _,.z'"! i !’ .|
    .〃!i ≧-、     /   i   ハヽ Y / ノ ヽr-v‐''/i   ゙ |l  !
     } {!    17ーr‐'"`ヾ./ !  i ハ '; !〃 i! /  .| !.i   .l!    l.! .}
     ! |l     l!  !ト ゝ、 \!i    ! } |" /.ト、ー‐" l l l! i !|     l.| i′
     ゙i .リ!    |.  Ⅵ、 シ/ ゙!-―-、レ/ ' リ \ .{ | ! .!.|',   .!.! リ
      /ハ |     i |` ーシ ` ̄}≧====/    i!Ⅵ!l_l  ! ! '.   ト!ハ
     !ハ 'i`     !├'! i´    ,!´ ̄ ̄ ̄〈     l| | }  |i .!   .| !
     i! ', !      ノ {. !|     ,'i ! |   |!.ハ     !l !   !.Ⅵ1  l /
       ゙i! .! 、、、、、、  i!    ハ| !.l    ! .マ .     、、、、、、 .}   |  .!′
    ___--ゝ ̄| ̄;;)゛゛)-、  i ! !.!   .! .___--ゝ ̄| ̄;;)゛゛)-、  .!
..  _-゛゛゛ヽ ヽ、;|  |  ノ )-ゝ ! リ li.... _-゛゛゛ヽ ヽ、;|  |  ノ )-ゝ
.._;;゜  ヘ_ \;;;;|__|--/ノ;;;;;/  \....  _;;゜  ヘ_ \;;;;|__|--/ノ;;;;;/  \
;゛   |∩゛ )/゛゛ ゛゛ヽ/;;;;;  |; .   ;゛   |∩゛ )/゛゛ ゛゛ヽ/;;;;;  |;
|   ノゝ| ;|      |;;;;;;;;;;;;;;  |..... |   ノゝ| ;|      |;;;;;;;;;;;;;;  |
;|____/ゝΣ;;;ノ      ;;;;;;;;;;;;;;;  |..... ;|____/ゝΣ;;;ノ      ;;;;;;;;;;;;;;;  |
 ゛゛[;Σ|/       \__/..   ゛゛[;Σ|/       \__/     _/゜゜\
   ゛ ̄   、、、、、、  |__;;;;;;;;;゛|     | ゛ ̄   、、、、、、  |__;;;;;;;;;゛|     |/ ̄゛ヾ
     __--\ ̄ゝ゜ゝ-|;;;; ̄゛゛|      ├ ̄__--\ ̄ゝ゜ゝ-|;;;; ̄゛゛|      ├ ̄゛-|
   、、/゛゛\ | ;;| | |゜----;|゛.       、、/゛゛\ | ;;| | |゜----;|゛     ├ ̄-_;ノ
   /゛ ̄ヾ;;_|__|__|__|;;ノヽ______ノ---___-t-< /゛ ̄ヾ;;_|__|__|__|;;ノヽ______ノ---___-t-<゛;\_)゛
  ;|゛ ---y゛゛   ゛>ヽ_;;; ̄ノ| /゛| | | ;|゛ ---y゛゛   ゛>ヽ_;;; ̄ノ| /゛| | | ヽ_;;ノ゛
  |;  _-;|、、 __/| ;;;゛--ソ-___|;;;;|;;;;;|:;;;||;  _-;|、、 __/| ;;;゛--ソ-___|;;;;|;;;;;|:;;;|;;__ノ
  ;|: |゛ _/゛゛/ |;;;;;ヽ_;;;ノ゛         ;|: |゛ _/゛゛/ |;;;;;ヽ_;;;ノ゛
  ;\|;;; |  | ;;;\;;__/゛            ;\|;;; |  | ;;;\;;__/゛
    \_|___(___/゜゜                \_|___(___/゜゜


カイウースカルトの活動
それはザン・ヤイ信徒として無視できない世界の調和を乱す行為。
そして、我々には秘匿してきた技術による武力がある。
世界を守るために立ち上がった。

まあ、もう一つの目的として
カイウースの技術の収集もあったわけだが

308百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/11(日) 23:26:05 ID:lYk/AKGw0

           ______
         |°|        |
         |°|  (二)  |)    ___     北のリフトキャニオン
         |°|____|    (___)     南のレッドハンド公国
          | ̄ ̄ ̄ ̄l、.∧   l l      カイウースカルトの活動が活発だった土地に挟まれた
          | l__l     o |==ヰ     シオニー領が比較的平和だったのも
          | | |     .o |          我々の活動の成果もあったと思う。
          | ヾ、     .o |
          └ (⌒)――l^l┘         まあ、我々が倒れた後も蹂躙されなかったようだから
         | |      | |           重要視されてなかったというのもあるんだろうが
         | |      | |
        l二二l  l二二l

309 :どこかの名無しさん:2015/01/11(日) 23:30:44 ID:N9.zQpD20

厄介なのをブッたおした英雄がいたしな。

310 :どこかの名無しさん:2015/01/11(日) 23:31:50 ID:VfXgKVf.0

あの厄介なデーモンが一体でも来てたら、この国終わってそうだしな

311百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/11(日) 23:36:10 ID:lYk/AKGw0

        {  i      y   ハ    、 、  `ヽ    ヘ
         ヽ ,′   i   /    ! ヽ  ヽ ヾ  i     ト'、
          } イ   ,′ ( i   ヾ:、 ヘ.   \ ハ 人   八 ヽ
       / ノ|  /   ゞヽ  ヾ:、 ハ   リⅥノヽ) ハ ヽ }
       イ/ い !   i lヾ辷、  ヾ:、ト、 iノ)リⅥノ / ノ i !
         |!  ヽi ヽ 、  ヾハ. リ゙1、 } ヾ )ノ '" / ,イノ / ノ
         ヾ   ヾ  ハ ヽ ヽヾi ! `ソ  '"    /ィ'リ/ ,/ ノ
            ト、ヾ:ミヾハノ  l          i ハソチ´ハj
           /ハ、ヽ-ミ     ヽ `     ヾ,'い ;ヘヽ
            (" 廴ーャ≧    _ .一     /ノソ i リ
             `1 i\    ´ -‐ '   ,:(イ i[´
               ヽハ、≧ュ、         /__辷!
                  ` リイハ 丶、__ .〃´   `ヽ
                 j八ム- ..   /       _」       _ ..- 、
                      j    `Y   _,ィ≡彡`ヽ、   ,イ     i
                  〈 __ __|_,.ァ¨厂 j..-‐…ゞ'    _ノ
                  _r',ニミ /Y(´_)_L,斗く        ,:≦、 ____
                 / j゙1 `ヽi´ `Yム’ `ヽ        /        ̄ ̄¨ ニ=- 、
           _ ...-‐ 7   l   i!   ’:.:!    ’.      i!_            ,ィ'`ヽ
        _ ..:'´      {   i    lヽ   ヾ:、    ヽ    ,ゞミ、             /
  _..-‐ '´             ゝ   ヽ  ヾ:.、  ’、:、   `ヽ、 /  } ヘ         ,′
,ィ´                   iヽ  ’.  `゙ヽ.    `ヽ.    ,ノ /  `ー- 、      /


俺は後方支援担当でアイテム作成をしていたから前線のことはよく知らないんだが
ローゼン様の指揮のもと、いくつかの戦いで勝利をおさめていたのは間違えない。
まあ、もともと秘密結社みたいな組織だったから
目立たないように活動していたんだろう。
みんなが知らないのは無理はないが。

312百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/11(日) 23:37:51 ID:lYk/AKGw0

                               __       __  -===ァ
                              、辷>=====〃_'⌒-=≦イ
                             //--{><><\ Ю' _:.\ リ
                              }/_'⌒il:. :. : ハ><><>< ヽ          |、
   --                        〔 /V^V^V^v__i}___:. :. :.        | >、
  { ⌒Y\___                          Yヾ' :::::::::::::::::::: WW }⌒>}        |><i
.  V⌒V⌒V\                    〔> ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|/ハ       |><|
    V⌒V⌒Ⅵ \                      Ⅵ> ::::::::::::::::::::ハ::::ヾ :::/ :. ヽ       ハ><|
    V⌒V⌒Ⅵ/∧              へ     、ム :::::::_:::::::i  i{ Y::ノ:. :/ : }    { >V |
    V⌒V⌒Ⅵ/∧\    _____|:.\\_ハ Ⅵハ:::ハ:Ⅵ /</:. :.:/:. :./    />< Ⅵ
.      V⌒V⌒Ⅵ/∧ }  />''⌒X⌒X⌒\≧=--:i:.:}:.:Ⅵハ} }/ /ヾy:. :./:. :.イ    /><> Ⅵ
.     V⌒V⌒Ⅵ/∧ / /⌒X⌒X⌒X⌒X \\ミメ:厶Ⅵ从__ノ ∧/ : /:. : {リ 从从></〉>{
      V⌒V⌒Ⅵ/∧'' 〈⌒X⌒X⌒X ⌒X⌒XⅥ: /:. :.:.乂∧∧彡':. :./:. :. // ∨∨//>< /
.       V⌒V⌒Ⅵ/∧ V⌒X⌒X⌒\⌒X⌒X|:/:. :. :. :{≧==≦:. :./:. :. />/⌒X⌒{''⌒/
        、⌒V⌒ヽ/∧ V⌒X⌒X⌒X\V⌒X|:. :. :. :./乂__,,彡イ/. :./:./⌒X⌒X/'⌒/
          \ V⌒ヽ, ∧ V⌒X⌒X⌒X' \ ⌒| :. : : /   /===彡/ イ: 人'⌒X⌒/⌒X}
          \'V''⌒ヽ∧ V⌒X⌒X⌒X⌒\ |--=彡 /===彡 ´:. :|≧=-ミ''⌒/'⌒X/
            V'⌒V⌒∧ V⌒X⌒X⌒X⌒v\:. : /===彡イ:. :. :. |'⌒X'⌒Y/'⌒X/
               v⌒V'⌒∧ V⌒X⌒X⌒X⌒X' \===<:. :.人:. :. : lX⌒X⌒/'⌒X/
              、'⌒∨ ∧ V⌒X⌒X⌒X⌒X⌒ \:. :. \ :. \: 人X⌒/'⌒X /
               、⌒V⌒ヽ V⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X \__彡イ ̄ ̄ ̄\⌒V
               V'⌒V⌒\X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒\__/>  ―――=ミ
                Ⅵ'⌒V⌒ ヽX⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒/_   /   /  / \
                 、 '⌒V⌒VハX⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒/ ̄ ̄\{   {  i   \
                 \ ''⌒V⌒iX⌒X ---------/  /      \    _______   \
                   ` <⌒V⌒V⌒V⌒/   ̄\/         \/ ̄ ̄ ̄ \}
                      ` </⌒v⌒/        \       _    ヽ
                           V⌒V^{         \_彡 ´    \  i
                           ` <\            \       \|
                              `< =----=ミ     ヽ
                                      \  }

だが、我々の活動は何匹かの部下を引き連れた
恐ろしく強い『白い竜』の襲撃で終わりを迎えた

313百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/11(日) 23:43:28 ID:lYk/AKGw0

            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"

その竜の強さは圧倒的だった。
俺の目の前でローゼン様は惨殺されたよ

314 :どこかの名無しさん:2015/01/11(日) 23:43:43 ID:N9.zQpD20

ドラゴンの強さって、特殊能力じゃなくて肉体だよねって、
ザイザンス見てると思い知らされるよなあ。

315 :どこかの名無しさん:2015/01/11(日) 23:44:55 ID:VfXgKVf.0

ドラゴザ級のトンデモブレスがじゃんじゃかぶっ放せるなら別だろうけど、
単純な膂力と耐久力が一番の武器だよねぇ

316百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/11(日) 23:50:04 ID:lYk/AKGw0


      _,..--------..._
     ;(         );
     | `` ------- '´u.|     グヘァッ!
     |⊂⊃  ⊂⊃  |
((__)) γ ⌒ ⌒ `ヘ..--'7
 ||  イ ""  ⌒  ヾ ヾ~\
 / (   ⌒    ヽ  )ヽ >
 (      、 ,     ヾ )|
 ゞ (.    .  ノ. .ノ .ノ;;| ||
   ゝ、、ゝ   ノ  ノソ;;;;;;;;;|((~))
     ゝ、、ゝノ ,, ノ ----┤
      ``||~```~~~~||~ ̄
       .||、     .||、
     /  >    <  \
     <__/      \__ >

その後、部下の黒い竜たちもなだれ込んできて
我々は虐殺された。

俺も竜の一撃を食らって破壊されたが
幸運にも完全に機能停止する一歩手前で済んだ。
ただ、意識を失って気づいたら数年たっていたんだがな。

おそらく、戦利品として俺のことを持ち帰った竜がいたんだろうな

317百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/11(日) 23:53:58 ID:lYk/AKGw0

.             ,. --─‐‐-、
          .z∠二二二ヾ:.ヽ
.          ,仏:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`尓
       ./:.:.:.:.:._∧ィ:|ヽ|:.:,、:.:.〈\\
        .}ィ:.:.:.:./zzミ、| ニ二:.:.:i l}__}    ブラックドラゴンを連れたホワイトドラゴン?
.         |:}!:.:.{“ iり   に!”}.:.レリ.:|     珍しい話ね。
         :|イ}:.:.!   '    | }.:.|.:.|
.         |.:|:.八  .r‐ ,u.イ:..:.:.:!.:.|     いや徒党を組んだ竜っていう段階で珍しいんだけどさ
.        八レ.:.:.:>. 二 ィ:./|:.:.::|.:.|
.        __ハ.zイリ    ト、 レ.从:ノ
      rイ:| N..  ヒ --<} .\
    __f´   | N   |-ー‐-/  .〃`ー、
   <.     } N   | ̄ ̄/ .〃   ヘ
´.       l N   .|  / 〃     \


        ,..._
        l i
      √二フ  ,.-.,_,...--ー──::.,_
     / ̄_ヽ、┤/ ノ  ̄"''''::;;.,,_"''':;ヽ
     ト'""ヽヽノ y"'/    :;  ";:::;  ::"i
    l <ヽノ   /|i;::-、 .,.,;:: _,...,,_  :: |
    \   _,,.ノ | ,.: .,,,_  "''ヽ,,,> -/
     / 〉 7  /  >ニL::;;;, ヽ-''" ζ i     確かに、そんなものに襲われては
     〉L_,,.../ヽ_i"i'""''iヽ ;:" ,.__ヽ;,,._)    ひとたまりもないだろうな
    i'"| |  __) i ヽヽ:::'ノ\  i-二ニ)
   人 i ヽ,_ ノノノ i ヽ _ i/>ー-...┴、
  /\ \....--'"ー-/ ̄  'yー--√""''ヽi
  ./\ ヽ--〈    | ○ ○ i iニi oi_,.  < i
 /  "'-ー7     ヽ,┴ /-、 ┴ヽ L_;;;;;i
      / ヽ -    "'''''"  "'--"    |

318 :どこかの名無しさん:2015/01/11(日) 23:54:41 ID:j/YrmCIg0

まあウォーフォージドは珍しいわなw

319百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/12(月) 00:01:28 ID:9tCq5xzc0

        _____
    γ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  γ:::::::::::人::::人::人:::人::::::::ヽ
  (:::::::::::/  \   ,_\:::::::)    その場所が以前メカ沢君といったダンジョンなのね
  \:/   ( ●)  (●) \ノ
   |ノ ∪   (__人__)   |
   /     ∩ノ ⊃    /               _,..--------..._
   (  \ / _ノ   |  |               ;(         );
   .\ “  /  __|  |               | `` ------- '´´.|
     \ /  ___ /               |⊂⊃  ⊂⊃  |
                          ((__))  ,|、__     _,...--'7
                           ||  / `--`-v--'´--''´~\
       ああ、そうだ               .``=|,,,,,;;       ;;;;;;;;; ;;; >
       そしてあの時あそこには…     .└'´|;;;;  O   ;;;;;;;;;;;|`'||
                               |;;;;  O   ;;;;;;;;;;;| ||
                               | ;;;;  ∧   ;;;;;;;;;;;;|((~))
                               't--、_ハ__,... ----┤
                                ``||~```~~~~||~ ̄
                                 .||、     .||、
                               /  >    <  \
                               <__/      \__ >

320百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/12(月) 00:04:03 ID:9tCq5xzc0


               _  -― …   __
              ´     _       ` 、
           /   , '            `--、  ハ
          ´          ―        `rム、ミ、
         |i /     , '          \<Y薔゙ハ  |、
         ,  (  /         - ´    て ヾv, .| ';
        /  ハ  --―           ヽ ハ ) リ |丶
       i ,rvイノ.、   ,        l     丶 | |Y   i| j
          |i フ廻 リ.  /          | , ヾ i  | |i , --、L ̄.ヽ
          |i、Y ´./ i|        |  | .|i  | .i i´ `l i |っ. \ 、_ __
        |i.ノ  i|  .|    | |  )) | il | j__| (´、`i    Y   il.    \ __
         |  i.).li、 .| l  i| l | | il(( |./li |/ ,;ィ=- ヽ)'.    / _f⌒丶r⌒i     \
         l| l _.| i |.| ノ~)、r‐及リ  彳' ´  /    ./  i ヽ  l| / 、    ヽ
        丿| .|/   | └// .i |{.ヒj心ミ、>     i    ./  '⌒  v.   /     ;
      /  | .|l   ノ // .< ヽ丶_彡ノ).  _  ,-、 丶  .' \`、 _     \    /
     / / .l .||   \\ ` ` ~ ̄`.、i ̄ _. ' ./ \    \/ .)      ヽ  (_
    / ,/  .i.∧    .`ー -- 、   |_ ̄_//   \   て \  _ _/_    ̄ `
  /    /  ノ ∧ _,、_)ヽ l ヽ  i `   |__/  i__l丶 \  ( \ \― 、  .)     ヽ
  |    ./ // そ'  | .\| > .|   |.  / ̄ ̄   丿  \__)      ヽ ,ゝ     ./
  ヽ  / / /    > 丶j,   i|  |    |ノ⌒j_f-'⌒)/ち f´ー          < \      /
   i .(  /  i.     |i      /て_    |       /  ( _i             ,ノ    (
  ノ   (  l     i|      >  ふ_ .人 ヽ,    (  弋`ー           /      )


雪華綺晶様も居たんだ。
目の前で父親を殺され悲痛な叫びをあげていた。

それがあの時俺が最後に見た光景だった。

321 :どこかの名無しさん:2015/01/12(月) 00:04:43 ID:XXMwRjCw0

白いからってホワイトドラゴンとは限らないけど、知識が高くないと、
わからないよなファングドラゴン。

323百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/12(月) 00:10:47 ID:9tCq5xzc0


──────────┐
.                 |
.                 |     雪華綺晶様も実力者だったが
.-‐…- 、      , -…- 、    ローゼン様には遠く及ばなかった。
      }     (     }    おまけにあの施設は機密保持のために
:ー- -‐.′      ゙ ー- イ     瞬間移動で出入りできないつくり。
.                 |     あの状況で生き延びるのは困難だと思うのだが
___________j     どうにかして切り抜けたようだ。
三三三三i     {三三三|
三三三三|     |三三三|
三三三三|     |三三三ト、

324百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/12(月) 00:16:34 ID:9tCq5xzc0


     ,..¨ ̄ ̄¨丶
    /        \
   / ヽ、:::::::::      ヽ,     不幸な過去があるのはわかったけど
.  /( ●):::::::::::, -‐    i     それでなんであんなことをしているんだお
  i     ::::: ( ●)     |
  \ (_,、           /
   \ ` ‐'    __/
    /         \             _____ つ
                           |        |。 |  つ
                          (|  (二)  u. |
         いや、そこはさっぱり       |____|。 |
                   .   (___) ∧__厂 ̄ ̄ ̄|
                        || ,く| o    |__| |

325百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/12(月) 00:17:42 ID:9tCq5xzc0


         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\
        .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
      |:::::|::::::|(●) (●)|::::|::|   そうよね
      |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `   それだったらカイウースカルトをつぶした
      |:::::|:´:|、_   /,\ :::i `     レッドハンド公国の英雄は
      |:::::|:::::{´ ヽ.V,   ヽ|      お父さんの敵を討ってくれた恩人じゃない
       |:::::|:::::| ヽ /| 、   ゙.
       |:i|:|:::::|   |┴l ゝ 、_ ノ
       |:||:|::,i'l  .|._k   ヽ.



       ,..._
       l i
     √二フ  ,.-.,_,...--ー──::.,_
    / ̄_ヽ、┤/ ノ  ̄"''''::;;.,,_"''':;ヽ
    ト'""ヽヽノ y"'/    :;  ";:::;  ::"i
   l <ヽノ   /|i;::-、 .,.,;:: _,...,,_  :: |
   \   _,,.ノ | ,.: .,,,_  "''ヽ,,,> -/
    / 〉 7  /  >ニL::;;;, ヽ-''" ζ i   いや、だからこそじゃないか
    〉L_,,.../ヽ_i"i'""''iヽ ;:" ,.__ヽ;,,._)
   i'"| |  __) i ヽヽ:::'ノ\  i-二ニ)
  人 i ヽ,_ ノノノ i ヽ _ i/>ー-...┴、
 /\ \....--'"ー-/ ̄  'yー--√""''ヽi
.../\ ヽ--〈    | ○ ○ i iニi oi_,.  < i
/  "'-ー7     ヽ,┴ /-、 ┴ヽ L_;;;;;i
     / ヽ -    "'''''"  "'--"    |

326百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/12(月) 00:23:20 ID:9tCq5xzc0

        _____
    γ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  γ:::::::::::人::::人::人:::人::::::::ヽ
  (:::::::::::/  \   ,_\:::::::)
  \:/   ( ●)  (●) \ノ     獲物を横取りされたって事?
   |ノ ∪   (__人__)   |      そんな逆恨みに国ひとつ利用なんてするものかい?
   /     ∩ノ ⊃    /
   (  \ / _ノ   |  |
   .\ “  /  __|  |
     \ /  ___ /


──────────┐
.                 |
.                 |
.-‐…- 、      , -…- 、
      }     (     }    雪華綺晶様はローゼン様の後継者として
:ー- -‐.′      ゙ ー- イ    修行されていたからだぞ。
.U                |     さすがに考えにくいが…
___________j
三三三三i     {三三三|    もしそうならなおさら説得に行かないと
三三三三|     |三三三|
三三三三|     |三三三ト、

327百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/12(月) 00:27:28 ID:9tCq5xzc0


             -──‐-
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニ \
           イ_:_:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        ,:':{ 才:.:.:.:.:.:.:.:. / イ:.:.:.:.:.:.:.:.゚,
         /:.:.∨l|:.:.:.:.:.i:.:X/  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
       ':.:.:.:/V|:.:.:.:.:.|// \ |ト:.:{:.:.:. !:.:.:.!
        i:.:.:.:.l (|:.:.:.:.:.| 笊朴 |l ヽX:.:.|:.:.:.|     まって
        |:.:.:.:.|/」:!:.:.:.:.:.! 込ソ  ィ芯}:ノ:./ノ     カイウースはアンデッドの神でしょ。
        |:.:.ト:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|     、 ゞy':.:./}
      .x===ミ从:.:.:.:.:|  rへ  イ:.:.:.:「       雪華綺晶が生きているとは思えない状況だったってことは…
     .′    ヾ:\:. 〕ト-レ1 |:./|:.:.:.:′
     {      ∨∧: v=厂 ヽ j:.:./
     |     、  ヾi:ト: { ハ_) }:イ
     N     \  ヾiト/≧≠ノヽ‐ミ
        |、     \. ヾ{      }、ノ》
        |ハ      /厂ヽ      \
        |: :ヽ      .ノ  从       }
       ̄ \       \     ノ



                |ヽ/|_
                .\   /
       ___       |__>
     /ヽ、 _ノ\
    / (○) (○)\
  /   (___人__)  ..\      アンデッド化!!
  |  u  ノ   ヽ,   |
  .\   (/⌒ノ´フ   ./
   . .>   . ̄ ̄´  <.

328百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/12(月) 00:30:54 ID:9tCq5xzc0


         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,:::人::':::::::::::::::::::::::::\
        .::::{:;o),::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
       .|:::::i゛´:|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
      |:::::|::::::|(≡) (≡)|::::|::|
      |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `    それならサイク達と一緒に
      |:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i `      アヴォラキアがいたのも納得いくわね。
      |:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|:::::|       やっかいな
       |:::::|:::::| ヽ. // ',:|:::::|
       |:i|:|:::::|   |┴─i:|:::::|
       |:||:|::,i'l  .|.__||,、i'|


        ,..._
        l i
      √二フ  ,.-.,_,...--ー──::.,_
     / ̄_ヽ、┤/ ノ  ̄"''''::;;.,,_"''':;ヽ
     ト'""ヽヽノ y"'/    :;  ";:::;  ::"i
    l <ヽノ   /|i;::-、 .,.,;:: _,...,,_  :: |
    \   _,,.ノ | ,.: .,,,_  "''ヽ,,,> -/
     / 〉 7  /  >ニL::;;;, ヽ-''" ζ i    心術って可能性も否定はできないな
     〉L_,,.../ヽ_i"i'""''iヽ ;:" ,.__ヽ;,,._)
    i'"| |  __) i ヽヽ:::'ノ\  i-二ニ)
   人 i ヽ,_ ノノノ i ヽ _ i/>ー-...┴、
  /\ \....--'"ー-/ ̄  'yー--√""''ヽi
  ./\ ヽ--〈    | ○ ○ i iニi oi_,.  < i
 /  "'-ー7     ヽ,┴ /-、 ┴ヽ L_;;;;;i
      / ヽ -    "'''''"  "'--"    |

329百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/12(月) 00:38:02 ID:9tCq5xzc0

              ___
         . ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
        ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        /:.:.:.:.:./:.:.: / ニニニ 、:.:.:.:ヽ
      ':.匸__7:.:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\r‐ヘ
     i//{__!:.:.:.:!:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:|:. V!
      Ⅵ://:.|:.:.:.廾ト、\:.:、:.:.:./:.l:.K ヽ
     |:.〈_lf Y:.:ィ=tiト、\ ヾlXミ} Vイ:!:∨
     |:.:.:八_l:.: 迅リ    }lリ yイl_l:.:.|    まあ、直談判なんかでどうこうできる状況じゃなさそうね
     |:l:.l:.:.:.:|:.:.:.|     '   /:.:|:.:.|:.:|    メカ沢、とりあえず自重しなさい
     lハ:l:.:.从:.:.:|、   '^  イ:.:/j:./!:リ
     | ヾト:.:.\{ 〕iト r<:./:./:.:イ ′
       _ .イ: \{    ∨/イ〕ト.
     /==ミト: : : :ヽ>==ミ : : : i:i: ハ
    ,   ヽ:ヾト : : ゚, .--ヘ: : :i:i: ! ゚,
    |    、∨∧: : :V   │: :i:i/ !
    |  _}_∨∧: : ゚,  j: :/iイ__{__
    |/: 厂`ヾ: :∧: : Vm レ |======}
    {: /レルヘ \i:≧斗 ´   |/ ̄「:ノ
    l//、  ´ ̄     /-- 、 !
      ̄ \       イ     |

330百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/12(月) 00:38:56 ID:9tCq5xzc0

                            __
       ,. -‐                 ‐-|::!
    , '",. -─=‐             ヽ   |:jヽ
   /´/ /   /    /    ヽ     ヽ  ||  ',
    /´7   / i     /!  i  :.:`、:.   ヾx||   !
     / イ  ,' !  l  / l  l  _ :.:.:',:.:.ヽ.  l Ⅶヽ.:|
     / / |  l  l  _| 斗!'´!   !ヽ ~::T!ー::l-: l. : :|Ⅳ}:
     |,'  l  ! .:| ト|,ィ==ミ  ! ケ=ォ、ヽ! / : : l-〃    _ .-┐    占術で確認したいところだけど
     i  l l  .:l ヾ {;;゙ー_ソ \|  !.;;゙ン '~ レ    |:/:/{. : ´: : : : : : !     コミューンもディヴィネーションも
       ヽ|  .:|  | ´            ` u |   l/_/: : : : : : : : /     使えないんですよね。
          ト、 :l   l      `        l   |: :!:_:_:_: : : : : : /
          ヽ!  人     -       ノ! :. l_:_:_:_:_: : :-─!
           | !  :.>、        ィ j  :i. l .-.-.一: :´ ̄ll
           jハ  :.:.| `ヽ、_,.、-:'´::  l  .:i i`ヽ_ : : : : : : :l
           :.:.:\ :.:.|  / /ハ:::::  ノ .:/リ:::ノ  `''ー::、  _!


         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,:::人::':::::::::::::::::::::::::\
        .::::{:;o),::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
       .|:::::i゛´:|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
      |:::::|::::::|(≡) (≡)|::::|::|
      |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `    そうね…
      |:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i `
      |:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|:::::|
       |:::::|:::::| ヽ. // ',:|:::::|
       |:i|:|:::::|   |┴─i:|:::::|
       |:||:|::,i'l  .|.__||,、i'|

331百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/12(月) 00:45:45 ID:9tCq5xzc0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    コミューンはともかくディヴィネーションは
|       (__人__)    |    やらない夫のところの松本が使えないかお?
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |             .  ' "´ ̄ ` : 、
  \ /___ /            /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、
                       /:::::,::::::,:::::::、:::::::、:::ヾ:::::.
                   .    l:,f::i|,:::::|_::::::||_:::::i|:::::i:::::|
   確かにできるでしょうけど    .|:::|:::|(●) (●)|:::::|:::::|
   ディヴィネーションは         ´ |::::|   、     |_::::j:::::|
   術者の行動に対する           ´i::ヽ、/ヾヨ _,.リ|:`:|::::|
   アドバイスを得る術だから       |:::/  ∧,ilヾ、:|:::::|:::|
   彼女にも参加してもらわないと    .|::|イ   〉/ ',:|:::::|::|
   情報得られないわよ。          .|::|   /―‐i:|:::::|::|
                         |:|〉、 ,/__|i'l::::j::|
   安易に巻き込んでいい         .|j'  V亠―‐L|ッ/'
   問題じゃないけど…          '\/  |   |ィ´
                          |  |     |

332百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/12(月) 00:53:59 ID:9tCq5xzc0

             ─━━
       ⌒> ‘:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
       ./:.:.:.∠二二二二二、:.:.:.:.:.\
       /:.:./:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:、:..゚,
      ,:′:.:.:.___/  |:.:.:.:.:..!:.:.:l:__:.:|:.:.:.: 「ヽハ
     く.!:.:.:.l:.:.:l:/ \ :.、:.:.:.:|Χl\:.|:.:.:.:.:!./:.:.|
    /|:.:.:.:.:.:.N ィ ⅥV\:.lイ Ⅵ:l:.:.:.: |\:.:|    そこまでしなくても
    \|:.:.:.:.:.:.Ⅵ礼 |    !礼 Ⅵ:.:.:.:.|/:.:|    ディテクトアンデッドなら疑似呪文能力で行けるわ。
      |:.:l:.:.:.:. 代zソ ,   乂z刈:.:.:.:.ハ:.:.:.|     直接会う必要があるけど
      |:∧:.:.:.:}""   __,   "" |:.:.:.,_ノ:.:.i:.|
     l  .:.ゝ.   、_)   /:.:./:.:.:.:/j/
          \:.l:.:〕iト  --==≦:.:./l:.:/__/)、
          ` イ: : | ̄ /: //バ′ ) ソ
          /Ⅵ: : |  ,: : : /  ヽ./ ̄》
          /   ヾ: :| ./:.:/    / ∨
      ./   /} \: :イ   \   /


     ,..¨ ̄ ̄¨丶
    /        \
   / ヽ、:::::::::      ヽ,
.  /( ●):::::::::::, -‐    i     じゃあみんなで行くか?
  i     ::::: ( ●)     |
  \ (_,、           /
   \ ` ‐'    __/
    /         \

334百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/12(月) 01:07:15 ID:9tCq5xzc0

--------   ....,, _
             ''  ,,
                 'i
                    |
 -―  '''''''' - 、      |                  待ってくれ
 ̄         ヽ      ,..|,                   直接会って確認したところで
ニ          .|    /::  ヽ                 戦いになったら危険だ
三ニ         |   i::::   i
三ニ;;__    ノ    !:::   |                雪華綺晶様自身も実力者だし
        ̄       ::;:  .,                 他にどんなものを隠し持っているか
                ヽ_ノ       />   .<\    わからない
                |        //     \\
------     ...,, _      |         | |       | |  だから、みんなを巻き込まないよう
二'' -- ,,.  .        ゙゙ '' |        | |       | |  俺は一人で行こうとしていたんだし
三二:::::::::::::゙ '':::-....,_    .,,|         | |       | |
三二;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::'':.、:::''::::::::|       \\__   .__//
三二::::::::::::::::::::::::: ̄::::::: ̄::::-|、       '-,__工工__,-'
三二::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::ヽ        ||
三二::::::::::::::::::::::::::::::( ⌒):::::::: |::::::\       ノ,シ




..  , : ´  ̄`゛ :: .
....,:::人::':::::::::::::::::::::::::\
...::::{:;o),::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
.|:::::i゛´:|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
|:::::|::::::|(≡) (≡)|::::|::|   それに城で暴れるわけにもいかないわよね
|:::::|:::::_|     ,   j:::::| `   だからといって放置していいことじゃないけど
|:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i `
|:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|:::::|
|:::::|:::::| ヽ. // ',:|:::::|
|:i|:|:::::|   |┴─i:|:::::|

335百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/12(月) 01:19:48 ID:9tCq5xzc0

                 > 、
..> 、                 >、
    >─ 、              .> 、
         >─ 、           > 、___
              >─x__         >< ̄ ̄`\
   u                `>─x_____)⌒`\、\
                             ∨    ヽ、.ヽ
    ,x────x_                .∨      |  .|    あとは…
  ./        ``ヽ、            .∨       }  .|    雪華綺晶様の他の活動を調べることで
  ./             .\          ∨       .ノ  .j    状況を把握することかな。
 弋              i         ∨、     /  ./     うまくいけば戦力をそぐことができる。
  弋              .}        ∨ .}──x/ ヽ./
   \、           .ノ        ∨  .j__x.ゝ-ヘ       おそらく各地に残された
     `> 、、     /        .∨  ./     .',  ',       ローゼン様の遺産を活用している。
          ̄ ̄ ̄ "         ∨__/      ', ̄',
                       ∨          .',  ',     とりあえず、君たちがヴロックと戦った
                      ∨           .', ̄',     さらに奥の調査はどうだ?
                      ∨            .;  .;     あそこにいたデーモンはサイク達の襲撃に
_、                  .∨            .; ̄.;     駆り出されただろうから今は手薄なはず。
///`>_─x__         .∨             .;__;
/////////>─   ̄ ̄────∨             .;  ,'

336百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2015/01/12(月) 01:33:30 ID:9tCq5xzc0

        ,..._
        l i
      √二フ  ,.-.,_,...--ー──::.,_
     / ̄_ヽ、┤/ ノ  ̄"''''::;;.,,_"''':;ヽ
     ト'""ヽヽノ y"'/    :;  ";:::;  ::"i
    l <ヽノ   /|i;::-、 .,.,;:: _,...,,_  :: |
    \   _,,.ノ | ,.: .,,,_  "''ヽ,,,> -/
     / 〉 7  /  >ニL::;;;, ヽ-''" ζ i    そもそも私たちはカイウースの騒乱を知らなすぎる。
     〉L_,,.../ヽ_i"i'""''iヽ ;:" ,.__ヽ;,,._)    レッドハンド公国に戻って
    i'"| |  __) i ヽヽ:::'ノ\  i-二ニ)     情報をもらえないだろうか?
   人 i ヽ,_ ノノノ i ヽ _ i/>ー-...┴、
  /\ \....--'"ー-/ ̄  'yー--√""''ヽi
  ./\ ヽ--〈    | ○ ○ i iニi oi_,.  < i
 /  "'-ー7     ヽ,┴ /-、 ┴ヽ L_;;;;;i
      / ヽ -    "'''''"  "'--"    |



相談はまだ続くがここで切らせてもらいます。

まあ、ルート分岐みたいなものでして
・きらきーのところに行く
・地下の探索(ザン・ヤイやカイウースの遺産ルート)
・レッドハンド公国に向かう
・ホワイトドラゴンのことを調べるルート(脱線ルート。無関係なホワイトドラゴンを探し始める)
などの選択肢を用意しどれに進むかはスレのノリで決めようかとw
なお、きらきールートは死人覚悟の難易度になりそう。
まあ、まだシナリオ作っていませんからどうなるかわからないけど

それはそうとどうやって言葉ねじ込もうか…


337 :どこかの名無しさん:2015/01/12(月) 01:34:48 ID:ngwcUwHA0

乙。

まーきらきーはねーよなw
クロノトリガーでいきなりラヴォスの所に行くようなもんだw

つまり二周目以降なら(ry

338 :どこかの名無しさん:2015/01/12(月) 01:36:30 ID:XXMwRjCw0

乙でした。

遺産かレッドハンドが無難かな?

339 :どこかの名無しさん:2015/01/12(月) 01:52:49 ID:ngwcUwHA0

堅実なのはやっぱりレッドハンドだよなあ。
遺産は当たり外れがあるが、レッドハンドは一番効果が確実だ。
ホワイトドラゴンを調べて見たくもあるんだがw

340 :どこかの名無しさん:2015/01/12(月) 01:55:06 ID:HAeftyCA0

ドラゴンは標準3倍だから戦力増強にいいかもな
まあ普通のホワイトドラゴンとやれるとは限らんわけだが・・・w

341 :どこかの名無しさん:2015/01/12(月) 17:25:37 ID:de0u2DQA0


地下の探索ルートがいいなー、ここのところ政治陰謀劇というか会話パート多めだったので
D&Dの基本にして一番面白いダンジョンハック&スラッシュがみたいなーと思ったり

言葉は…ギルドが危険なゴブリンに牛耳られてるのを、やる夫たちに警告に来てくれそう
やる夫家知らないかな、まあそこはカレーハウスで合流とか

こういうルートをスレの流れで決めるのも面白いね、読者参加企画を思い出す(古

342 :どこかの名無しさん:2015/01/12(月) 19:54:57 ID:ngwcUwHA0

> ダンジョンハック&スラッシュがみたいなー

あー、それはあるなあw
単純だがやっぱり王道だw

プレイヤーだったら公国行き一択だが、読者としては遺跡になるかのうw










一覧
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

<魔剣物語シリーズを楽しみにしている皆様へ>
一時的なものと思いますが、週末の投下量が増えており、1日でまとめるのがかなりきつくなっております。
申し訳ありませんが更新量を調節し、1週間分を1週間で消化するというスタンスに変更させていただきたいと思います。
ご了承くださいませ。。<(_ _)>

追記
予想以上に投下が多く、1週間スパンでは追いつけないかも……
出来る範囲でですが頑張りますのでノンビリ待っていただけると幸いです。
<(_ _)>


一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



FC2カウンター