魔剣物語AM二次創作 対価 + α やるぽん!

エグゼイド第43回 参加資格があるのはニコだけじゃ? なんで大我も? そんなガバガバ設定じゃそりゃ神が突破できますよ!w 後、変身するなら第伍拾戦術よりクロノスの方が……いや、やっぱり見た目ですね!

魔剣物語AM二次創作 対価 + α

5789 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:09:32 ID:ZTNdde/W

失礼します。
ちょっと雑ではありますがネタが書けたので
ご奉納したいと思いますが大丈夫でしょうか?
25スレ+おまけ1ほどの量です。


5790エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/10(土) 13:10:04 ID:V/M6N3zT

いいのよ。

5791 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:11:03 ID:48QjPdX7

ヒャッハー!魔剣二次だー!

5792 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:11:54 ID:ZTNdde/W

ありがとうございます。
まぁ矛盾があっても剪定事象なので生ぬるい目で^^;
次から開始します。


5793 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:12:44 ID:ZTNdde/W


 我々が何者かだって?

 この姿そのものがもう答えです。

 何、答えになってない?

 だがこれ以外に答えようがない。

      ・ ・ ・ ・ ・
 それとも我々が人間だといえば信じますか?

,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','.'.'.'.'.': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : '.'.'.'.'.',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',
,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','.'.'.'.'.'.' : : : : : : : : : : : ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; : : : : '.'.'.',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','
,',',',',',',',',',',',',',',',',',','.'.'.': : : : : : : : : : : : : : :、vw::=:=:=≡≡=:=:=:w:z;ィ:v:,: : : : : : '.'.'.',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',
,',',',',',',',',',',',',',','.'.'.' : : : : : : : : : : : 、vゞ:'ヾ`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:".:.イ vィ;';'; : : : : '.'.',',',',',',',',',',',',',',',',',','
,',',',',',',',',',','.'.'.' : : : : : : : : : : : 、vヾ`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:"イ 'ィv,: : : : : '.'.',',',',',',',',',',',',',','
,',',',',',',',','.'.'.' : : : : : : : : ミxヾ`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>-‐-<.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.彡;ィ : : : : '.',',',',',',',',',',',','
,',',',',','.'.'.' : : : : : : : : ミ:ヾ`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y'´::::::::::i::::::::::ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'彡,: : : : '.',',',',',',',',',',',',
,',','.'.'.' : : : : : : : :ミxゞ`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._/::::::::::::::::||::::::::::::::::Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.';v'ィ: : : : .',',',',',',',',',','
,','.'.' : : : : : : : :ミx゙`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.-=:::::;、::::::::::::::::::||::::::::::::::::::.ー-.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:."'ィ; : : : :.',',',',',',','
,',' : : : : : : ミイ".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄人 :::::::::::::||::::::::::::::::.-─  ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.彡 : : : :',',',',',',',
,': : :_:_:,,::斗弍=‐-: : :.: _:_:_:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂:::::::.....i:::::::::::::.ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'彡; : : : ',',',',',',
;': ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :  ̄: : `: ¨: :¬:=:―:-` =--‐―':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i彡ィ; : : .',',',',',
,',',',',',',',',',',',',',',',',',',' ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`: :ー-:::.:_::::::::;.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}爻ハ:_ : : ',',',','
,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',' ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`:・:┴:-: : :-:―:一彡'゙ ̄:`: : : :.',',','
,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',', ; ; ; ; ; ; ; ; : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ; ; ; ; ; ;,',',','


5794 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:13:45 ID:ZTNdde/W


 落ち着いてください。

 別に獲って食うつもりはありませんし、剣もしまってください。

 分かりました、お話致しますからお座りください。

 数年前の話です。

 ある時、邪龍たちがこの集落に現れました。

 もちろん我々は応戦したが、その際に畑に甚大な被害が出ました。

 ここは何処とも交流が無い場所故、その畑が無くなれば待っているのは飢饉です。

 多くの者達が飢えにより倒れました。
                               ,ィ!´ ̄``i''ー─- 、、、,,_
 イ三二二ニニニゞ                    ( j〉    」´ ̄ ̄``ー-、ヽ    .,.:,..:..    .,.:,..:..
              ... ,...               ``ー─'"´  ̄ ̄ ̄ ̄
        ,ィゞ          .,.:,..:..                               .,.:,..:.. ... ,...
            ー====-                         ー====-
 ... ,...                       .,.:,..:..                        ... ,...    .,.:,..:..
         _,  -─‐- 、ー‐-、ー-、  ;: ;:;: :;:;: ; ;           ,ィゞ
       ,イ、,r'⌒ヾ    ヽ ヾ ``''ー- -、-‐''"´ヽ;;: :;:; ;:; :;:;  ;:  .           .,.:,..:..
      ,r/  (::;;:;:;;/ー-、  j  `,   _ /ィ´  ;:; :; ;:; : ;:               ,ィゞ
      ヽ 「i''ー'"´   ,r-‐'ー''''"´ ̄
                                             ,ィ!´ ̄``i''ー─- 、、、,,_
               イ三二二ニニニゞ                    ( j〉    」´ ̄ ̄``ー-、ヽ    .,.:,..:..
                            ... ,...               ``ー─'"´  ̄ ̄ ̄ ̄
                      ,ィゞ          .,.:,..:..                              .,.:,..:.. ... ,...

5795 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:14:53 ID:ZTNdde/W


 皆が飢えと恐怖で滅入っていました。

 それでも必死に生にしがみ付くのが人間なのです。

 なんとか活路を見出そうとしていた時でした。

 我々はあるものに目が留まりました。

 ・ ・ ・ ・ ・
 邪龍の屍骸ですよ。

                       |:    |:        ξ
                          :;:;:;|::;:;:;:; |::   :;:;:;:;:;:;:;  \
                :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |;  ililil|::<il" :;:;:;:;(^_ー-'"ilililili:;:;:;lililil
     :;:;:;:;:;ilililililililililililililililililililililil:;:;:;:;:;|;:    |:::;:;:;:; _ ⌒"ξililili::;;:;lililililililil il
            :;:;:;:;:;:;:;:;:;ililil   ililil|;:ilil/ |;:  '    ̄ ヽ、__:;:;ilililil::;;ilililililil:;il il
          :;:;:;ilililil :;:;:;:;:;:;:;:;i:;:;:;:;:;〈;:. / : |;;:ilililil-<"~"'"\~ ̄、ー- __:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
             :;:;:;:;:;ililililil\ilililil∨ : 〈;;: ,:;':;:;:;:;`:;:;:;:;:;:;:; \'ζ'"~ ̄ilililililililil:;ililil`
                  :;:;:;:;)r、/:;:;:  ilV"ililililil  〉ililililil \  __
                  \   / ::;:;:;:;:;  i     у    ililil\二r`=-、_
                 __ \_/ :      `ー- 〈   ilililililililil\ilililililil~'ー、
               _/  __/       /~"ー  \   :   \     \
          ,ヘ、_/ //_, - :"~     /  __/`i. ζу'      \ζ`ー-
      /r~''ー'-/ "''ー-'"~ヽ  :    ζ_ / :  _/ /         \_
      } :     〃rz/`ー'- ニ==―-,' ̄ __r―'"  (            \__    、-、_
     _/vV,i ,、, ,  "',ヘ  、ヾ、 ー―-/ | ,' ζ~        \            \_∧_ヾ!li/,,、_
    \~'ヘレ'=!/乂XVレ'/   > ニ=-、' (/('/  , '     \           :    ~"''"  !i、
 :::::::::::  ~"''ー- __ :`' > _>、__ ノ_`       , '    \     ::::::::::::::::::::::: ::::::: _, -、  \_
      :::::::::::::::::::::::::::::`y'ヽ| ´`  < _ ̄  / ("~ ̄~"''ー-- }       :::::::::::::::  ,ξ   yヽ\ ヽ、
          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ~''ー-    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::::::::::::::
                       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

5796 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:15:29 ID:GbDY+zll

ほむほむ

5797 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:15:38 ID:ZTNdde/W


 飢えた我々にとってはもはや危険とかという思考すら出来なかった。

 ただこの飢えをどうにかしたいという思いだけでした。

 まぁ味に関しては記憶に残らない味だと言っておきましょう。

 そして次の日になった時、我々は困惑しました。

 自分の体の一部が龍のモノに置き換わっていたのです。

             ,イ{             .<`゙''メ、
            ,イ {       r<         `゙ヽ,
          ./ ̄ヽ     .,'      _∠_  l ',
        ./     .l      .,:'    ,',r"    ̄ヽ,',
       ./     ,:'    ,:'.    ,'          ',
.         l     y''     _,,/ _   ,'    _,.r――――― 、
ン、       .|       `>-''´ /    .,' _,ィ"               ヽ
三≧z_  | ,,         /       `´          ___  ',
 ミ三ミ>-<´              / ̄      ,,ィ''"´  \  .人
 ミ三三ミ、 `゛         /         ,ィ"           ̄ゝ、|
  ニ三三三ミ、                 _ ゙ ――''"´ ̄ヽ
  ミ三三三三                  /              ` -、
  二三三三三            ''´               l
  二三三三三              __r―、 < ̄ ̄ ̄`\_  .!
 ≦三三三彡´                      `>、..,,_   \_,,イ
 三三三彡´                            ヽ   },ノ
゙ミ三三彡´      ,               _人_     ':,
ニ三彡'´ ____∠__         ._>''"´   `゛<、   ',
=-・''゙´ ̄           ̄`゙''' --''"´          〈__,イ
                                    },ノ


5798 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:16:13 ID:ZTNdde/W


 もちろん皆荒れましたよ。

 何せ、朝起きたら体の一部が竜になっていたのだから。

 皆が落ち着きを取り戻した頃には集落はぼろぼろでしたけどね。

Before                                       | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|´
                                           |  | [] ...:. .:::|
                __    __                         |  | . : : : :ロ.::|
             /:/\ /:/\                           |  |.: :.: :.:.::.:.::.:|
       _     | .| .:|__|_|_:|_______  /⌒)  _____|_ |.::.:..:.[]::.:.::.:|
    . ___|:| |    | :|...:::|. ┌┬┐ . :┌┬i : .::┌┬ | T/⌒) ┐ . :┌┐|. |.: :.: :.:.:.:.:..::|
\∠、 :.::::|:| ト、.  l.└‐┴┘└┴─┘└──┘└ |`7'..:/  └─┘└l::.|.:.::.[]:.::_ :|
:::...\.\ ベ| |::∧_|__[]..::[] __[] .:.:[]..__: :.[]: :.:[]. : : |/...::::)::7 []:.: : []: :.::|: |.:::. //\
‐- ,_\.\.| | ̄...:.::/\ ̄.:.::::/\ ̄/\ヘ. : : : : : :/^7<:〈  . : : : : : ::/ ̄ ∠/. : : :
.: ::: : : :|::.::.ト|_|;;;;:::/. :ロ : \:/.: : : : Υ :.: :.:.|::|: : : : /...::|::::|/|\.  ∩.:.::.:| ̄ .:| | : : :.::[
::.: : : : :|コ:.:|:.: | ̄|: :.::.::..: : . ::| ..::_ .::[].::| : :.:ロ::|::|:. ://ト、У〕:|:....;>.| |. :..::|  . :| |. _.:.:.
工エエ|::.:.:旧:|::...|.::[].. .: :.ロ.::| ./:ハ.:..:: :|. .::.:: .:|:://.:::::;>|::::|/ヘ「 ー┴─ー|__;;| | |〒|:. :
: :∠7ヘlコ:::|::.:.|.ロ:|: :._. ..::..:.:|. |:|n| :[]::|:П:..::.レ: ̄\∧l\|工]            l;,_|_|⊥|_
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.| .:|襾|.: : : :|: |:||||,;,:.:⊥!‐'''"    [ニニニ|ニ]
: :|ェl:∩ トi:.|::::.l\|_;;||;;:|L:: -‐'''"~            | . : :.:.:.|   .


After                                           /'个y´ ̄Lム、
                                           |:.'.;| [] . :::.ヒ!
                __                          |;'.:.| . : : : :ロ.::|
                   /:/\                         |.:::;|.: :.: :.:.::.:.::.:|
              ┌个┐| | .:_|___.           /⌒)         |_.' |.::.:..:.[]::.:.::.:|
              | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r─┬i   | T/⌒)     .//| |.: :.: :.:.:.:.:..::|
\             | └┴┬i::::|==========|: : ://__. |`7'..:/´    rr┴' | |.:.::.[]:.:: : : :|
:::...>、           |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、]: :.[_[;;::::.. |/...::::)::7 ─]:]:.: : | | :.:: ::..::.::.:::.|
‐く.:〈     ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : : : :〉〉:: /^7<:〈 .:::::// : : :| | : :.::.::.:::..::.:|
.: ::L└i   _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : : : ``/...::|::::|/|\ ..::`刀.:.::|_|ト、:.;:..::..::.::_|
::.: :└i:| //\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:l| : : : : //ト、У〕:|:....;>.|::|..::./rへ/レYL;/:>|
工エ::「 /〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.: ://.:::::;>|::::l/ヘ「  └─匚|__| :| |:L:冂
: :∠7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮  ̄\∧l\|工]          。l;_|_|ー|_
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/∟ロ⊥!┘   [ニニニ|ニ]
: :|ェl:∩ トi:.|::::.l\|_;;||;;:|L:<)┴‐'''"~             | . : :.:.:.|   .

5799 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:16:38 ID:tmxXIaRG

あー、そりゃありえるわな(食の最終手段

5800 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:16:54 ID:ZTNdde/W


 何、表現が大袈裟だと?

 だが事実なのです。

 体の一部が龍になったせいか、人間の頃より我々は大幅に強力になってました。

 何せ、道具も使わずに伐採に採掘が出来たのですから。

   __
 /|__|               _
 |/   /       ;  ・  ∵....  , ’ _       ,  ;  ・  ∵
. \__,/   _    ./ ̄ ̄\ /..゙,へ,/          / ̄ ̄\
、  ゜     / 、\  |\ _r=- /'. |  ` ,         |\ _   \
      /   \ \ \|_|   '/ ' / '.              \|_|\ _.|
      │ <>  | ̄| ,   . / '/.゙|`-=              ,  .\|__|
  ̄\,/      ,|  |    '//  / | ,                ・   、  ゜ ,
    │,  /| ̄ ̄|`!,   /'    r‐f ̄>─- 、      ´ ’    __
    │  |/ ̄ ./ | ,.   ァヘ.」_ |  / ̄ ̄\       /|__|
    │ ;’ \__,/|  |..    /{ ´   〉:|  :|   ,ノ  ヽ..    |/   /|..゙\
    │   '   /_/.   /彡、_人 :,  :,  {=一 }.. ̄ ̄\__,/"  _.|
     ,\   , ; |_|      |      ≧=-ゝ-く⌒ヾ ノ.   、  ゜     ,.|
   ,  ・   ,\ \_   ,.゙\     /  `⌒ヾ  f′..゙\  ,  ;  ∵....、  ゜ ,
  __/ ̄\  | ̄|\.   }    /           ノ...._ /| ,  ・  、 '_
 |\ ___ /| ,ヾ_,|,      ヽ. __厶二ニ._     /.___|/     _,,;..゙_|
  \|____|/_  /,/     _}} フ /⌒`ヾ:、  /.、    ;    \/.  /|
 *  、    ;i/__/   /ァ‐=彡'フ' /     _/.. /" ̄ ̄ ̄ ̄\__,/"
       -へ、_,/_ -=彡冖、\ '′      ´/ . /  ,  ・   、  ゜     ,
....ミ==‐--‐=彡 ⌒       }  〕         ,〈.     __/ ̄\  ,  ;  ∵
_⌒         ノ     ノ          /.     |\ ___ /| ,  ・  、 '
.         //     / /     /. /゙\   \|____|/     _,,;
.      -=彳      /  /       /...... |\/|  *  、    ;    \/
                        /     \l/

5801 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:17:34 ID:ZTNdde/W


 なら何故行動しなって言いたいのは分かります。

 我々だってもちろん行動しました。

 ですが物事には必ず何らかのルールがあり、対価が必要とされます。

 特に『力』というのは強力であればあるほど相応の対価が要求されます。

 そして『人を超える力』というのは特にそれであり、知らなかったからといって赦されるわけでもない。

丞圭亥7才´  ,.x幺lllll圭才"´        ,炸I圭jⅣ´             `Ⅵ|丞    `Ⅵ圭圭圭|
圭歪j㌢´  ,x幺llll圭才´            焔圭:Ⅳ                Ⅵ|伐     Ⅵ圭圭||
圭jア   ,ィ劣圭才´                 .以圭Ⅳ                      Ⅵ|伐      Ⅵ圭圭
j炒′  ,ィ劣l才´                   込i:圭{                      Ⅵi伐      Ⅵ圭ll
Ⅳ   /{}{ア´                       Ⅵ7:刈                       Ⅵiiヘ      Ⅵ圭
/   /㌢´                      ゙'廷i代                        ||圭]      ||圭
    ll/                            `'冬淤t、                   ||洲リ      ||洲
    lll                           》i淤〉                  為Ⅳ       Ⅶll
    {{                             ヘ㌢                  '為ソ       Ⅶ
   ヘ_                                             /ア          ヘ
     [ft                                           〃
     Νk                             K               7
       !垈                            }代             ノ
     .為llll}                      為lll心
    .ィ圭洲;                         /淤l圭l丞
   ,ィ劣圭:㌢            L           /淤圭圭IIII)         λ
  ,ィ劣斧ア                 [代        ,攷圭斧:㌢´          {会ュ。.
f,/淤圭Ⅳ             Ⅵ心       刈圭 [ア                `''寺ll≧ュ。.
/淤圭Ⅳ                   Ⅵ7      炸淤jⅣ                為圭圭丞
圭丞Ⅳ                   7        Ⅵ7:Ⅳ                  為圭圭圭丞
圭i:洲{                         以Ⅳ                    ,炸,圭l圭l圭l丞
圭i:刈                 [       Ⅵ7                    ,炸圭圭l圭圭刻
圭lil代                    /k        7   .λ              焔圭l圭l圭l圭Ⅳ
圭圭淤t、              !垈          代            以圭圭圭淤jⅣ
圭圭:歪会ュ。              .為llll}      L  ',{I≧ュ。.         込i:圭l圭圭:Ⅳ
圭圭淤冰ik会ュ。           .ィ圭洲;      [代   `''寺l圭≧ュ。.      Ⅵ7:圭lll圭lⅣ

5802 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:18:08 ID:rd1myisp

Steve「なにそれ素敵」

5803 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:18:19 ID:ZTNdde/W


 我々は手に入れた力で邪龍の巣を叩こうとしました。

 兵士級なら我々にとってもはや脅威では無くなっていましたからね。

 だがその考えが既に力に溺れていたものでした。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.............................................:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:              :..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....:                 :..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:                :::;:;: :.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.;´::;;         ::::::::   ::::::::;:;:;: `;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ;:;:;:        :::::::;:;  :::::::::.;:;:;:;:; ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  ;;;、      ::::::::::::::;:;  ;:;:;:;:;:;:..:;:;: .;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.;  ;:;.:  ..............  :::::::::::.................. ヾ;; ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.; ;:;; ;´´;:;:;:;:;:;:;:;``; ;: ;´;:;:;:;:;:;:;:;:;ヾ ;;  ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ;:; ;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;; ´`;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;; ;:; ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ;; ;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.: ;:;ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;; .;; ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...;..: ヾ、;;;;;;;;;;;.:´.;´;;`;;`ヾ、;;;;;;;;;;...::、..:、..;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  .`` -‐--、..; ;:::::::::;ヾ、,-‐--、´;;  ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、............ ;:;:;. ;;;:;、;:; ;:;  ...............;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`;  ;;:;ヽ;;  .`´;`’ ;:;:;  .:;:.:; ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; .;.;;.;.;:;.;..;、..;、..;、;..,、..;..;..;.;.::.; : ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.; ヾヾ;、;...;..;....;....;、;..;..:、..:´::: ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   ``;..;..;..;..;..;..;..;...;...:: ::::: ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヾ、  .`´`´`;´`´`´;:::::: . ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...       ..:;;:;:; ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


5804 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:19:21 ID:ZTNdde/W


 それは巣の掃討を開始して少し時間が過ぎて発生しました。

 闘っていた仲間の一部が突如としてその場で倒れこみました。

 突然の事に我々は動揺しました。

 だがその直後です。
                      ・ ・
 倒れこんだ仲間たちが絶叫と共に変異したのです。

                                              ,..'.,
                                        , , ,..-..'.':::::::::'.,
                                  , , ,'..-..-_',r‐ 、:::::::::::::::',',',','
                                  ',::::::::::::::`..ー'´:::::::::::::,',' ' ' '
                        , , , , ,         ' ';:::::::::::::::::::::::::::::'.‐'..'..,
                       ,...'::::::::::::::::::.'.-.., , ,    ,.':::::::::::::::::::::::::::::,',',', ' '
                 , , ,...-.'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'..'.-.'::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::',
        ,...-.., , , ,..-.‐.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'   ' ' ' ー'
    , ,..'..'..':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '
    ,..':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
...'::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::;:::;:::;::;::; - ‐ ' ' ' ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,
.':::::::::::::::::::::::::::::::::::; '             ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'...,
:::::::::::::::::::::::::::::::::::; '               ';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
::::::::::::::::::::::::; ‐ '                  ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'
::::::::::::::::::; '                      ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '
::::::::::::::;'                          ' ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '
:::::::::::;'                         ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'
::::::::;'                              ' ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'                          ,...-....,
::::::::',                           ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,                     , ,.-..'.´:::::::::; - ',.,
::::::::::::'..,    ,...-..., ,                   ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'...,                    ,':::::::::::::::::; '     '
:::::::::::::::::'..-.':::::::::::::::::::'.....,                   ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'..,                 ,'::::::::::::::; '


5805 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:20:03 ID:ZTNdde/W


 あまりにも唐突な出来事で我々は呆然とするしかありませんでした。

 だが直ぐに衝撃で正気に戻されたましたよ。

 変異したもの達による激しい猛攻により我々は撤退を余儀なくされました。

 ただ意外だったのは邪龍たちは巣から出た我々を追撃することはしませんでした。

 だがこの時の掃討戦をきっかけに我々は『対価』を思い知らされました。

 撤退し、夜になった時でした。
                         ・ ・ ・ ・ ・      ・
 掃討戦に参加した者たち全員に突如の飢えと恐怖、そして声が聞こえたのです。

― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_-_ ̄ ̄― -_ ̄― ― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄
_ 怨めしい・・・ _ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄ 呪いあれ・・・ _ ̄  その命をよこせ・・・  ― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__ 何故お前たちは生きている・・・  ――――    ==  ̄ ̄  人間は醜い・・・ ___ ̄―
 ___―===―___   ――――  許せない・・・   ==  ̄ ̄ ̄  ― ̄―‐―― ___
 人間を殺せ・・・   ==  ̄ ̄ ̄ ̄_――_━ ̄ ̄  ――_  何故愚かなことを繰り返す・・・
 ___―===―___   ――  贖罪の時だ・・・   ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―    ̄ ̄__ 殺してやる・・・  ___ ̄―
__―全てを破壊しろ・・・  ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ もはや更生のよちすらない・・・  ―__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
  ___―===―_―    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
  ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=


5806 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:20:57 ID:ZTNdde/W


 それを合図にまた一部の仲間が絶叫とともに変異しました。

 変異したものたちはただ一直線に巣へ向かって行きました。

 結論から言えば、我々の力の対価は『魂』だったのです。

 我々は力を行使する時に相応の魂を消費していました。

 そして消費した分を埋めるように邪龍の魂が補填される。

 言ってしまえば我々は力を使えば使うほど邪龍に成っていくのです。

 それは止むことのない豪雨の様に、器に注がれ続けるのです。

              __r;;v;;;;;;、r;;;;、___
         _ ,r;==―.:.:.};:;;;;;;;;;;;;;。;;;;;r;;;:;:;{==ミ、
       ,.ィ.:f;;:;;{≦:.:.:.:.:.:.{;:;:;;;;;;;;;;;;;;゚;;;;:;;:;:;:|:.≧、ヽt;、
       ,〃.イjj;:;゚;}:.:.    j;:;:;;;;;;;;;;;;;。;;;:;:;:;:;;;} .:.:.ヾ.:.|;;;`┐
      i:;イ:;l !;:;;;;;i:.     !;:;:;;;;;;;。;;゚:;;;:;;;:;;:;;;;} .:.:::::|;;;:;:゚|
      ;:! {;{:.};゚;:;;;|    {;:;:;;;;;;;;(;;;゚。;:;:;;;;:;;;;{  .:.:::|;;:;:;イ
      i;ト、};:;;;(;;;;;}  ,.=v|:;:;;;;;;;;;;;。゚;;:;:;;;;;;;;;;;| ..:.:::::|;;:;;;リ、
       {;! j;:;;{;:;゚;;;;|、.,イ{}{斗:;;;:;;;;;:;;:;:;;゚:;;:;;;;;。;;| .:.:、:::::!;;;;;;|;;}
      };! };:;:゚:;;:;;;;トV,イ〃{;;;:;;;:;:;;。;(;;。;;;:;;;;;:;;;|Y辷个!;;;:;;|:;!
      |;l j:;:;0:;:;;;;|斗仝刈;;;;;;;;;;;;;゚;;);:;;;;:;;;;;;;;|乞圦|::|;;:;;;l;{
        }!{;:;:;;。;;:;;:斥夊くXl;:;;;:;;;;;:{:;゚:;:;:;;;;;;;;;;;l≧く.:lノ|;:;;:;|;;}
        i; };:;;;:;;:;:;;|≦≧≠i:;:;;:;;:;;;ゞ:;;:;:;;;;;;;;;;;|ヾ㌦;;:||;:;;;;|;;i
        |!{;;:;;r;;;;;;|\″.:.:.|;:;:;;:;;;;;:;:;;;:;;;;;;:;;;;:;|  /:;||;;;:;;|;;{
      ;! |;:;:;;:;;;;;|;:;;:|>x:.|;;:;;:;:;;;:;;゚;;;;:;;;:;;;;:;;;|イ:;;;;;;;||:;;;:;|;;|

5807 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:22:11 ID:VfZ9uswS

器から溢れていくんじゃー

5808 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:22:14 ID:ZTNdde/W


 何故魂を消費していることが分かったかだって?
                ・
 まぁ我々も最初はただの夢だと思っていました。
             ・ ・ ・ ・
 だが一部の者達も彼の存在と遭遇した。

          /: : : : :     : : : Y´:::.:._;: -‐‐ゝ       ,r似;::.:.:i:.X:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.X;;;|;;/;;/'ーz     /´`゙'‐-、:;:::::}: : : : : : : ヽイ ´ `´
        ./: : : :        : : 'y:'´:.:.:.:._;::::::::}     ,/::'i_|`Y、`'‐ 、:;:.:|:.:.;:/_,.-i:i;;;/:::::.:.:'i,    /ー-- 、;_:::::'〈: : : : : : : : : : :'i,
        ./: : :          : : {;:;r ':.:.:.:..........)  Z,:.:.:::/:.`{:!,//`;} .ト┴{i i'//_;}:i':`'z-:r-i,   r'ー- 、;:.:.:::`y': : : : : : : : : : : : 'i,
      /: : :        __ : : {:::::::..; -‐''''{   /;::::Z:.:.:.::`7テ三/i;:rt;}-テ‐'{´:::::.:.:.\}   (:.:.:.:.:.:.:.`'-、/: : : : : : : : : : : : : :'i,
      /: :     ___/ `゙'‐-ニニ三、: : .  'i,  レ'|:/,:.:.:::::::∧;:;:;:;:;:|!;:;:}|:;:;:;:;:∧::::::::.:r-テ'   Y`' -、;;:z====--i,: : : : : : : : 'i,
  _____________________________________________________
  ⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                     そう、古龍です。
  _____________________________________________________
  ⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨⅨ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ,i{:::::/:::.,イ'  {/  .| / | /|:.:/レ;';:;;;>、;::::ヾヽイ;;'i,'i,//:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;/, ----テ---{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:以r‐'´|'///ヽi:、ヾ、 ヾ、  ヾ、 'i ヽ};:;〉'´ i,
  iヘ;;;{::::/;|    . :レ' . レ': レ'´/;:;;;/;;};:;:ヾ似、\;;〉;:.\;;;;;;;;;;;;;;;;;;-=ニヽ;:.:.:.:..{:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`゙ヽ、/:.:.:.'i;:.:.イフ_,ィ';;;;;;;;\、}:\'i,\_} ヾ,  }    'i,
  i': : : `''{_|:. ,ィ: :/i: : ri: :.;/;/;;;/;;;;{;:;:;:;:;:企z' | :.:.:/','フ´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`\:.:i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:'テ-、;:.:'i;:| '゙/_Z`'- 、:;_;;`'-、:.ヽ; : iヽ i'i, .}    'i,
 i': :   : |V:.{: /:.|: /:レ'/;;;;:/ `゙'-{:::::::::zヒ〉‐‐!;:.:/:'..〈;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/\:.\}{-y' <_    `' ‐、゙'ヽヽ,} \!. '{    . .'i,
 !:     {:.:.:.}/:.:.:'/ ';:/;;;;_/     |::::;;;Z=/⌒'i, Y:.:.:.:.:.\;;;;;;;;;____/___,>、;;;;;;;;;;;;;;;/:.:.:.:.. ヽ/.:/⌒Z__z-‐--、'i,;;;;;'i;:.r,:.:.:i、:.|   : : :.
.i'      'i,:./|:./;:;:// '⌒'>‐‐'''7´ ̄  {:;:;:;:;:;}:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.>‐-ゝ;:.:.:...,r‐'''´`゙ '''‐-、/;;;:.:.:.:.:.:.:.:.:..{:::{;:;:;:;:}     \  ヾ''i;;;;;i'゙ 'ー' ヾ   . : : :


5809 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:22:15 ID:48QjPdX7

千年単位で命をすすり続けたんだもんなぁ……
溢れるぐらい溜まってそうだ

5810 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:22:26 ID:GbDY+zll

汚染…!!

5811 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:23:14 ID:ZTNdde/W


 まぁ私も彼の存在とコンタクトを取ることの出来た一人です。

 彼の存在はあの魔剣によって討たれたが、魂は消滅せずに囚われていたと言いました。

 ん、人間を怨んだかって?

 私も気になって聞いたら

''''''゙´ /.>ー>'`'‐- 、:;_:;:;:|  i´ヾ、
: : : : /./ /:::: : : : : : : >‐i:::..ヽ、 ::'ii、_
 ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ
 ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ
 三三三二ニ=-―   ¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄ ̄ ̄ ̄        ―-=ニ二三三三
             小石程度に怒る程、俺のプライドは落ちてない
 三三三二ニ=―-   _____               _         -―=ニ二三三三
 ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ
 ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ
、-‐-、゙''i,:::|i:: |:..'          `'z,             \
    i! ゙!;:||、|:\___.......     `゙' - 、.,_       、 )
、.,__,.ノ  ヾ!::'::::::/'‐‐--`゙゙''''=- 、:...........  `'-、.,_   ノ


                         と返されてしまいました。


5812 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:23:56 ID:ZTNdde/W


 じゃあ一切を怨んでないかと聞くと、

 『ボーラスとバハムートは見つけたら絶対ぶん殴る』

 って仰ってましたよ。

 少し脱線しましたが魂の話でしたね。

 彼の存在曰く、我々は魔剣との繋がりが出来た存在であると。

 我々の魂の器に空きが出来れば、魔剣が喰らった魂がその隙間を埋める為に溢れてくるとね。

 何故かって? 囚われた魂からすれば我々は外に繋がる窓口なのですよ。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: . .::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.::.:..:.::.::::;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.:.:::.:.::.:.:::.:.:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;.:::.:.::.:.::.:.:.:::;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;::::.:;:.:;:.:.:;;:.:;:.:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;;:::;::;::;..;;::::::,;:::;;:;;;::;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;;..;;:;;;:;;:;:::;::;:;;:;;:::;;;:;;;;::;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;;;:::;;:;;;:;;::;::::;;;::;;:;;;::::;;;:;;;;;:::;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;;;;:::;;;:;;;:;;;::;;::::;;;::;;;:;;;::::;;;;:;;;;;:::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;;;;;;;::::;;:;;;;:;;;;::;;:::::;;;::;;;;:;;;;:::::;;;;:;;;;:::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;::;;;;;;;::;::;;;:;;;;:;;;;;:::;;;::::;;;::;;;;;:;;;;:::::;;;;;;:;;;;::::;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;::;;;;;;;;:::;:;;;;:;;;;:;;;;;;:::;;;::::;;;:::;;;;;;:;;;;:::::;;;;;;;;:;;;;::::;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::;;;;;;;;:::;;:;;;;:;;;;;:;;;;;;;:::;;;;::::;;;:::;;;;;;;:;;;;::::::;;;;;;;;;:;;;::::;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:;;;;;;;;;;:::;;::;;;;:;;;;;:;;;;;;;;::::;;;;::::;;;:::;;;;;;;;:;;;;::::::;;;;;;;;;;:;;;;::::;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;:;;;;;;;;;::::;;;:;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;;::;;;;;::::;;;;;;;;;:;;;:::::::;;;;;;;;;;;:;;;;;::::;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;:;::;;;:;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;::;;;;;::::;;;;;;;;;:;;;::;;::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

5813 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:24:35 ID:wS1DyHAL

せやろな

5814 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:24:39 ID:ZTNdde/W


 そして彼の存在は我々に対しある提案持ちかけました。

 簡単な話ですよ、我々はこのままではいずれ邪龍に成り果てる。

 ですからそれの回避方法の伝授です。
                  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 そして見返りに彼の存在の魂を現世に解放することです。

           /              l, !           /              ヽ     .|
           /             l l,          l             ゙L    .!
          /              l l            l                 ll、   !   __/
          !                    l l        /               l!__r‐|r‐-'"
          /                  l, .l      _rt'ト                  i″  /
          |                〉 .l   . /  |│                 /  ,/
            |                  /l   l /   .! ト、               / ,,┤
            !                  / .l  ア     !.!  ゙'-、       ./ ,/ l
         l               /  l, ..l     .!|    .\、   . / .,/   l
         |              ,!   .ヽ  l     .|,!     `'-, / ,/
         l                 i′    l,、 l.    リ      ,,ノ./
            l                !     ,i" ヽ.l.   │    ,ノ /
         │            l    /    '<'、 ,..-'゙ll、 ._//        l
          !            |   ./      ヽ`ぃ-l゙.!'" /         /
`'ー..、       .|、              |  ./       l.! l.l .,! /           /
、   ゙゙'-、、    .l'-             ! /        〃 ゙'ミ .ヽ             ,!              /
 ゙''-..,、  `''-..、 / !          /l゙        ||  .ヽ .ヽ           /              ,/
    `゙'ー ..,, .`''" .\         l .l           !|   ヽ  ヽ       ./              /
        `゙'ー 、  .\         ! /         !l、.    l  .ヽ     /             ,/
            `、.   \     ! .l゙            !|ニニ=_ .ヽ  ヽ    /           /
             ヽ,   .\  / l            |.!    `゙''ヽ  .ヽ  ./        /
               \   `ゞ ,!          !.!      ヽ  ヽ〃      /
                 \    ,!             | l      ヽ  /      /
                   \  |           ! !       ヽ \    /
                       `''!、             }.l       ヽ  ヽ  /
                          \.        .! .!        l  `'ッ′
                         \       l l           l   く

5815 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:25:21 ID:ZTNdde/W


 邪龍堕ちの回避方法ですか?

 別に秘密にする理由もないので教えますけど。

 結論から言えば回避方法とは瞑想です。

 まぁ理解できませんよね。

 重要なのはイメージすることです。

 まず我々の中に器に入った綺麗な水があります。

        __   -―===========‐-   __
          |(                 )|
          | ≧=ー-      -‐一=≦ |
          |                   |
        \                 /
.            \               /
.     ,イ丕丕心\        /イ丕丕心、
.     んフ'´  `守]}----------{[レ'´  `守ハ
     {f从      \___/         从f}
     `寸ゎ。_      `丁丁´       ,ィif夕′
      `寸ゎ。_    _人人_      ィif夕′
        `寸ゎ。  ( (( ̄)) )   ィif夕′
          `寸ゎ_ `[ ̄]´ ,ィif夕′
            `寸う_〈|__,|〉_んフ'´
       r‐ァク_/{===|_|===\_くヌ‐┐
       |彡'     ̄ (_)      乂_|
.       (_)/         |_|         ヽ(_)
     (_)             (_)         (_)
.    /\__         |  |       __/ヽ
.    \三三三二ニ==―――==ニ二三三三/
        ̄  ‐-============-‐   ̄

5816 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:25:59 ID:ZTNdde/W


 先ほども言いましたが我々は力を使えば魂を消費します。

 この時、器に入った水は消費されます。

 そこに何処からともなく泥水がその消費分補充されるのです。

 さて普通に考えれば補充された泥水は自分の魂かと聞かれれば違います。
                                   ・ ・
 ここからが重要で、自分の魂と魔剣から放出された魂を同化させるのです。

                 ;;;;;
                ;;;;;;
                ;;;;;;
                ;;;;;;
                  ;;;;;
        __  -―====;;;;;;=====‐-   __
          |(       ;;;;;;        )|
          | ≧=ー-      -‐一=≦ |
          |                   |
        \                 /
.            \               /
.     ,イ丕丕心\        /イ丕丕心、
.     んフ'´  `守]}----------{[レ'´  `守ハ
     {f从      \___/         从f}
     `寸ゎ。_      `丁丁´       ,ィif夕′
      `寸ゎ。_    _人人_      ィif夕′
        `寸ゎ。  ( (( ̄)) )   ィif夕′
          `寸ゎ_ `[ ̄]´ ,ィif夕′
            `寸う_〈|__,|〉_んフ'´
       r‐ァク_/{===|_|===\_くヌ‐┐
       |彡'     ̄ (_)      乂_|
.       (_)/         |_|         ヽ(_)
     (_)             (_)         (_)
.    /\__         |  |       __/ヽ
.    \三三三二ニ==―――==ニ二三三三/
        ̄  ‐-============-‐   ̄

5817 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:26:57 ID:ZTNdde/W


 まず邪龍化とは自分の魂の量が魔剣から放出された魂に乗っ取られることです。

 つまり負の魂を徐々に自分の魂に置き換えれば理屈上では消費は抑えられるってことです。

 言うのは簡単ですが実際は物凄く時間がかかりますよ。

 何せ溜め込んだ負の魂はほんの少量ですら人間には毒に等しいのですから。

 ええ、この魂の変換作業に失敗して邪龍になった者も居ました。

 結局は負の魂を如何にして自分の感情に置きなおせるかが問題ですからね。


    (())()rl非l::::::/l   |=|       // ∧ハ:::l.` ""1(r,リハ
   ヾY゙(r,l非l:::::::/ ', __.l  │     // (  )ハ::|  Aミ/ノ(.).)
  (()ソ(rl非l::::::/   〈r"!  |      ///|| 「|゙l、!==|lEl((9()/
  (()r゙(l非l:::::/=、、 ハ l   |    /´//{゙)C|.|.|.|  .l非l()(()ノ)
  r)) }))l非l:::ノ  ,r'"⌒ヽ   | r'"゙ヽ7´///l ||   |l  |非| ()7ノ(ノl
 J()ニ=゙l非l/  f     l_ノ┴っノ//// 〃.__ / l |l非l(人(ノ./
 ゝ ()ハ.}F/  /|       l|」_三⊇ノ/|| 〈ヽ..__ノ  リl非l )>ノノl
  ヾ,()彡/  /::|l     ll|二 -‐ニ゙ /l || |:::::::ハ  ll非lソ(ノ/ノ
  ヾ、.=/=、、/ヨ::|lヽ   ノl|ニ-‐ '/ || || |::::/::::l  llヲ(ノr=''レァ
   / ノ `ll非l|lヽ  ̄ ノll|--‐ ´  lbリ__l/::::;ィl  l(フ (7ノ
  (/ rooo/)ミlヨ|l、  ̄ ノll|__   __((ヾ)ノ>-∈ヨ__ l r_シ7
   |」87)8ぅノlミ|.ll` -‐  ll|  ̄  ))〃  _.... -''" ̄ヽ‐''′
    8'"8ヾニシ| l ll ,r‐-、fr⌒Y⌒ヽ,r''"´ ニ 二  ̄ ノ }⊃

5818 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:27:55 ID:ZTNdde/W


 対価である彼の存在の解放の方法ですか?

 それは説明が少し難しいですね。

 何せ彼の存在の魂は大本以外は分散していますからね。

 我々の魂の補填から出てきたり、徘徊している邪龍からだったりで。

 え、それをどうするかって?

 見つけた魂を引っ張り出すのですよ。

 それだけかって言われましても・・・・

  『HAHAHAHAHAHAA~~!』

 おっと言ってたら帰って来ましたね。

5819 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:28:04 ID:wS1DyHAL

賢者の石の中の魂と対話を続けたホーエンハイムみたいな感じかな

5820 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:29:02 ID:ZTNdde/W


////////::\..://///////////////|///////////////////:::::\/////////
//////::::::::::::::\////////////////|/////////////////::::::::::::::::\//////
//// :::::::::::::::::::::: `ー-、///////////|//////////_..斗<}:::::::::::::::::::::::::. \///
//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ー‐-..、/////|////,-‐ ニ (t'}) ノヽ::::::::::::::::::::::::::::::\
.:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::://////}\/|/// -‐'´`ーニ´   ∨:::::::::::::::::::::::::::::
:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::://///////ノ `Τ´               |::|:::::::::::l:::::::::::::::
:: / :::::::::::::/|:::::::::::::::::/ ̄|` ̄ ̄      |             |::|:::::::::::|:::::::::::::::   ヒャッハーー!!!
/::::::::::::: / |::::|:::::::::/   .|        |             |::|∧:::: |:::::::::::::::
::::::::::::::/ /::::::|::::::/   |        |             |::| |::::::|:::::::|ヽ::   やっぱ娑婆の空気はいいもんだ!
:::::::::::/ /:: /|::::/                              /|::| |::::::|ヽ:::|::::::
::::::::/ /::::/  |::∧    / _       ` ´       ヽ   ./ .l/ .|::::::| |::|:::::    「お散歩はどうでした?」>
:::::/ /|:::/   .|/ ∧   .{`ニ 二ニ ───  ニ二7  /     |::::::| |::|:::::
/  / ::|/    |   ∧   ‘ /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ ./   /      .|:::: | |/}    聞くまでもねぇだろ! 外最高!
.   {       |   ∧  V                   V   ′    .|:::/ / }
.   {       |      、  ゙ .                 /  /        |/ /  }
.   {       |       、  ヽ               . '  /         /    }



              _ _
            <: : : :: : : ヽ_
          /: : : : :: : : : : :: : :∧
          /: : : : : :: : : : : : : : :: :∧
          /: : : :: : : :: : : :: 人: : : :∧      何だよオメェ、テンション低いぞ。
        /: : : : : : : : : : /::::,∨: : :∧
      /: : : : : ::i: :/i/リィ´::::/:: : : ∧     「少なくとも古龍様のテンションが高すぎです」>
     ノ_|: : : : :/:://∧´:::<´ ̄〉: : :ヘヾ
        |: ∧ノ|レ//ソ..::::...  ̄ |: : : |\     そんなんだと人生つまらんぞ?
       /: :|: ヽ|` ¨ ´       /: ∧|
        //ヽ: : \  _ _ //:/ー 、    「生きるので必死ですから」>
      <   レ'ヘ∧> _ _ <´ハ/    >
       \    く ` 二 , イ/〉  /     これだから人間ってやつは。
      , < \   ヽ\二__,≦/ /`> 、
     /∨    \ ∧ :::>i<:::::::://    /,
    /三ィ\     \j:::::::|::::::::/'   i,/ヽ三\
  /ヽ´::::::: へ    ∧:::::::::::::/     | ヽ:::::\三ヽ
 /:::::::、:::::/  ∨   ∧:::::::::/    /   \:::::>く::∨
.〈ー ― 、     ∨   ∧::::/     /     /三三〉
 \三三.ヽ   〈     ∨     〉   /三三/
   \三三\  {三三三ん三三三}  /三三/
    \三三`レヽ    ∧     >ニ、三./
      \三∧レヘ    /:::∨    /三_く/
       `'∧三イ  /::::::::∨  ゝレ三_〉

5821 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:29:49 ID:ZTNdde/W


       /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i,
.      /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::ハ::::/}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i,   ああぁん、俺が何者だって?
     /.:/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::厶 V-|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
      イ.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|:::,′ , ‐|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i   俺は“マサムネ”だ。
    ./ |:::::::::::::::::::::::::::::::::::{::::::::/ |::| ///|:::::}:::::::::::::::::::::::::::::::::|
.       |::::::/.:::::::::::::::::::::::/|::::::/, イ:|//   |:::リ.:::::::::::::::::::::::::::::::::|   「因みに先ほどの話に出してた古龍様です」>
.      |::::,'.::::::::::::::::i:::::://|::::///| l    _」厶}:::::::::::::::::::::::::::::::::|
        |:::::::::.!:::::::::::i::::///|::/}/jノ 、, ≦rgf''从::::::::::::|::::::::::::.', ::|   古臭いし、かたっ苦しいからやめろ。
       |::{::::::i:::::::::::i:::'///|/:}}ヽ       ̄ ノ:|::::::::::::l::::::::::::::.',八
      |八::::i:::::::::::{:::{///|:ノ i        |:::::::::::j:::::::::::::::::}    「不敬になりそうで無理です」>
        V}人::::ハ::厂 ̄   !        ノハ::::::从ハ:::::::::::j
         リ:::::∨ {              / |::::/.::::::::::::::::::ハ   だから名前で呼べって。
        /.:::::::八      丶 ‐       |::/.:::::::::::::::::::{
          /イ::::::,゙.:::ヽ              ,   j/.:::::::::} ::::::::::{
           |:::::: .::::::::::>   `ー ニ二 ̄   / |:リ::::八::::::::::::、
           |::::::}:::::/|:|  .         /   |从((  \:::::::::、
      _, イ::::从  |j.   \       /    ノ リ \  | `丶、
   -‐''"    V/    |     `ー---‐'       /    |     `丶、
         /    |                 /       ,      `丶、
          i    │              /      /
         i    │   ヽ        /      /

5822 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:30:36 ID:ZTNdde/W


.       ,i/,i/小i ,小i イ /i' :i|i |:|i :|i |i介ト i |i |:i |i \|i |:i\i:|'i,     あぁん、何でドラゴンの姿じゃないかだと?
        ,i{¦| : i|/イ|:|i ,i/,i'i :i|i |:|i :|i |i i|:| :i |i |:i |i ¦ト:| |介|:| 'i,
      ,i'|i i | : i|/刈|i |i i|:i 从从|i :|i |i i|:| :i |八i:|i |¦|刈トi:i:ハ'i,    馬鹿野郎、全盛期以下の今の俺が昔の姿をするか!
      ,ノリ| | | i/| ¦:|i |i i|:iイ゙`^´\|i |i :|:i :i トj小|i |¦| | \| [从、
.     . イ':| i l〃i| ¦:|i |i i|:i:| / /\|i :|:i :i | |:|ト|i |¦| | :i八 |ト|i \ 実力も無いのに全盛期の姿をするのは俺には屈辱でしかねぇ!
.    /  }i | i | | i| ¦:|i |;八|/ /   \|:i :i | | i i八{¦i | :iハ i刈
        ,|i | i | | i| i :|j i/〆 /    ,r:≦|:i :i :i小{ i j介ト|i | i|八亅个 、 俺は確かに偉大だがなそれに伴う力があってこそだ。
      ,j|i i,ハ| | i|,i |j从》x/乂ーャヒ'灸_,ア|ハ i :| iハi¦ ;j刈| i|:| i|: i|   \
     ,ノ八|{ i| | i川|:ハ///ハ        } 从i:| i|:|i¦,iリハj|八i i|: i|   魂だけの俺が過去の姿で出てもただ俺が虚しいだけだ。
        '{ハ:{ | i| ;从》///}}          'ノ八 ;i|:|i│リ/ 从{: 刈|: i|
          ' 八{从价《'///リ            ′ハリ八i 仏イij 介j个トi|
.           ‘'Vi:|∧¨¨7                 }′},リ |i:|:|i i i i j从乂
              ,ハ:|i:小. ヽ  ‐                /: :|i:|:|i i | i¦j介ト、
               八} ;j|i:、              . : : : |ij |i i | i|リ|刈:{
                 ノ癶}:i》。  ̄ご¨         /: :  ,ノ川{ i }从:{ 从》、
                ,ノ川沙:,        /: :    ノノ从刈い乂( : :\
                 ’'がハヘ      . : : :       //ゝ     : : \
                 ,jバリi介ーr='"            //        : : : \
                   イノ / ∧           //          : : : :/\



 ┏                                            ┓
 ┃    そうだ、だから俺たち古龍は人間に負けたんだ。            ┃
 ┃                                            ┃
 ┃    俺達がこんな矮小な存在に負けるはずが無いという傲慢さ故に。   ┃
 ┗                                            ┛

5823 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:30:49 ID:WFFwrMar

…また魔剣が想像できるピースが揃いつつあるな、少佐やったな魔剣製造に目途がたつぞw

5824 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:30:50 ID:GbDY+zll

古龍なのにテンションが高い…!!
煮詰められてエラーでも起きたのか…!

5825 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:32:22 ID:ZTNdde/W


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::

::::::::::

              _ _
            <: : : :: : : ヽ_
          /: : : : :: : : : : :: : :∧     さて最後に忠告しといてやる。
          /: : : : : :: : : : : : : : :: :∧
          /: : : :: : : :: : : :: 人: : : :∧    間違っても邪龍を喰うんじゃねぇぞ。
        /: : : : : : : : : : /::::,∨: : :∧
      /: : : : : ::i: :/i/リィ´::::/:: : : ∧  こいつらは偶々運が良かっただけだ。
     ノ_|: : : : :/:://∧´:::<´ ̄〉: : :ヘヾ
        |: ∧ノ|レ//ソ..::::...  ̄ |: : : |\  普通は体が変異に耐え切れないでジ・エンドだ。
       /: :|: ヽ|` ¨ ´       /: ∧|
        //ヽ: : \  _ _ //:/ー 、  もし生き残っても場合によれば喰われるぞ。
      <   レ'ヘ∧> _ _ <´ハ/    >
       \    く ` 二 , イ/〉  /  何にだと、決まってるさ。
      , < \   ヽ\二__,≦/ /`> 、
     /∨    \ ∧ :::>i<:::::::://    /,
    /三ィ\     \j:::::::|::::::::/'   i,/ヽ三\
  /ヽ´::::::: へ    ∧:::::::::::::/     | ヽ:::::\三ヽ
 /:::::::、:::::/  ∨   ∧:::::::::/    /   \:::::>く::∨



  ┏                    ┓
  ┃    俺たち古龍にだ。       ┃
  ┗                    ┛

5826 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:33:21 ID:ZTNdde/W


     ./ニニニニニニニニニニニニニニ>_くニ:〉
    /ニニニニニニニj=ri:irzzr='´ rタ i:::ヾ∧      いいか、あの魔剣の中は俺たち古龍の牢獄だ。
   ./ニニニニニニニj:i:|:圭圭}     |刈 ∨〉
  イニニニニニニニニi::从 `¨¨´   〉}:从:i ∨〉___   しかも個室でだ。
  \ニニニニニニニ:j::i::i:ハ、 くニ=-‐ァ .::i::j::}_////
   〈 \二ニニ斗'^V:|:i:{ヘ、 ⌒  ′:从////7   他の奴がどうなったかは俺も知らん!
   ∨////////'∧|:从:个 . _ノ ', ' ∨////_
     〉/////////'ハ, ', ', ', ', ', ', ', ', '〈///,'ニニ:..、  もしそれを喰って他の連中の牢に辿り着いても助けてくれる保障は無いぞ。
   ////////////'i, ', ', ', ', ', ', ', '/: ∨'〈ニニニニ:ヽ
 /////////////,'弋____ニ=ー---〈: : : ∨ハニニニニ∧ 俺はただアホらしくなったから変質は少なかったがな。
/////ニ=ー-..._/////////'ヽ: : : : : ', : : :.∨ハニニニニ∧
∨//ニニニニニニ}`'<//////,∧: : : : :', : : : ∨jニニニニ∧
 ∨ニニニニニニニ}: : : :ヽ/////,ハ : : : : ', : : : :〉|ニニニニニ∧
  }ニニニニニニニム: : : : :∨/////}: : : : : ', : : :i/iニニニニニ:∧
  ゙マニニニニニニム : : : : ∨「ヽィ⌒V⌒7┐:.:j/|=-‐¬ }_: : }
   {ニニニニニニ :八: : : : :}/!:く__ノ::〈__/>'"´:::::::::::::::::i } `'く
   ゙寸ニニニニニニニヽ: : :∧∨:::::::_/::::::::::::::::::::::::::::::::| }  ハ
     \ニニニニニニニ〉 ∧∨ /∧>::::::::::::::::::::::::::::::八    i



////////::\..://///////////////|///////////////////:::::\/////////
//////::::::::::::::\////////////////|/////////////////::::::::::::::::\//////
//// :::::::::::::::::::::: `ー-、///////////|//////////_..斗<}:::::::::::::::::::::::::. \///  ついでにこいつ等は最終決戦の時まで動かさんぞ。
//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ー‐-..、/////|////,-‐ ニ (t'}) ノヽ::::::::::::::::::::::::::::::\
.:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::://////}\/|/// -‐'´`ーニ´   ∨:::::::::::::::::::::::::::::   決まっているだろ、その前に動かせば堕ちるリスクが増えるからだ。
:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::://///////ノ `Τ´               |::|:::::::::::l:::::::::::::::
:: / :::::::::::::/|:::::::::::::::::/ ̄|` ̄ ̄      |             |::|:::::::::::|:::::::::::::::   せめてお前らが団結してあのアホにバトルを仕掛ける時が来たらな。
/::::::::::::: / |::::|:::::::::/   .|        |             |::|∧:::: |:::::::::::::::
::::::::::::::/ /::::::|::::::/   |        |             |::| |::::::|:::::::|ヽ::   そういうことだから俺たちはしばらくは傍観する!
:::::::::::/ /:: /|::::/                              /|::| |::::::|ヽ:::|::::::
::::::::/ /::::/  |::∧    / _       ` ´       ヽ   ./ .l/ .|::::::| |::|:::::   文句があるならお前らが早く団結しろ!
:::::/ /|:::/   .|/ ∧   .{`ニ 二ニ ───  ニ二7  /     |::::::| |::|:::::
/  / ::|/    |   ∧   ‘ /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ ./   /      .|:::: | |/}    お前らのグリードで、俺たちは痛い目に遭ったからな!
.   {       |   ∧  V                   V   ′    .|:::/ / }
.   {       |      、  ゙ .                 /  /        |/ /  }   もしアホな行動に出たら先に俺たちとパーティーだからな!
.   {       |       、  ヽ               . '  /         /    }

5827 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:33:27 ID:wS1DyHAL

>>5824
ビィ君がオルタになるぐらいだしな

5828 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:34:43 ID:WFFwrMar

団結しろと言われてもなあw

5829 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:35:34 ID:ZTNdde/W


           ┌────────────────────────────────┐
           │                                                    │
           │                                                    │
           │      ┌────────────────────────┐      │
           │      │                                    │      │
           └───┼────────────────────────┼───┘
                   │                                    │
                   │      ┌────────────────┐      │
                   └───┼────────────────┼───┘
                           │                          │
                           └────────────────┘



   ┏                                                     ┓
   ┃  はい、以上が報告の顛末です。                                 ┃
   ┃                                                     ┃
   ┃  えぇ、人類が三大魔王に挑む時が来るまで彼らは動きません。             ┃
   ┃                                                     ┃
   ┃  はい、無駄なリスクを避ける為にもあの者たちに手を出すのは得策ではないかと。  ┃
   ┃                                                     ┃
   ┃  では、失礼します。                                            ┃
   ┗                                                     ┛



   ┌───────────────────────┐
   │来るべき時が来るまで我々は動かない。          │
   │彼らは我々の足並みが揃うのを待っている。       │
   │彼らのことを思うならば我々人類は1日でも早く団結し、│
   │彼らにも安息を与えなければ成らない。          │
   │何故なら彼ら龍人族も元は人間なのだから。        │
   │                   巡回騎士の報告書より │
   └───────────────────────┘


5830 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:35:45 ID:rd1myisp

>>5828
龍「ちょっと頭を働かせればそうするしか生き延びる道はないってわかるだろ何言ってんだ!」

5831 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:38:02 ID:wS1DyHAL

>>5830
ぐうの音も出ない正論

5832 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:38:09 ID:ZTNdde/W

以上、龍人族の里を見つけてしまった巡回騎士のお話でした。
ちょっと最後らへんは駆け足過ぎたかなっと反省。
やっぱりスレ主って凄いって思わずに居られなかった・・・。


おまけ


          /: : : :: : : :: : : :: 人: : : :∧
        /: : : : : : : : : : /::::,∨: : :∧       古龍のマサムネ様
      /: : : : : ::i: :/i/リィ´::::/:: : : ∧
     ノ_|: : : : :/:://∧´:::<´ ̄〉: : :ヘヾ      魂だけで顕現中。
        |: ∧ノ|レ//ソ..::::...  ̄ |: : : |\       ボーラス  バハムート
       /: :|: ヽ|` ¨ ´       /: ∧|       あのアホとあのバカのとばっちりで魔剣に喰われご立腹。
        //ヽ: : \  _ _ //:/ー 、
      <   レ'ヘ∧> _ _ <´ハ/    >    人間たちの怨嗟で煮込まれていたが本人曰く、
       \    く ` 二 , イ/〉  /      人間に怒ってた自分がアホらしく思えてきて反転せずに今に至った。
      , < \   ヽ\二__,≦/ /`> 、
     /∨    \ ∧ :::>i<:::::::://    /,   因みに自身のこの姿は牢獄から引き上げられる時に付いて来た
    /三ィ\     \j:::::::|::::::::/'   i,/ヽ三\  他の魂たちの前世の姿から取捨選択して作ったとのこと。
  /ヽ´::::::: へ    ∧:::::::::::::/     | ヽ:::::\三ヽ
 /:::::::、:::::/  ∨   ∧:::::::::/    /   \:::::>く::∨
.〈ー ― 、     ∨   ∧::::/     /     /三三〉
 \三三.ヽ   〈     ∨     〉   /三三/



          `''-..、:::::::::::::::::::::゙''ii__;;_、
           __,,,,,,,_____;;i、,:::::::::::::::::`'-―-二ハ-、、                   幸運な龍人族
         `''ー ..,.::::::::::::`゙":::::::::::::::::::::゙'-,-..,,`''-.. \
           /(;;)(;;).,,_:::::::::::::::::::::::::::゙ゝ.,゙''-、:.\\                邪龍を喰したが人間性を見失わずに
          / : : : : : : / :::`゙゙''ッ―‐::::::::::::::::::゙''-ミ_: ": :ヽ               今も人の心持って生活が出来ている。
        / : :、: : : : /.:::::::::::,i'゙::::::::::::'i―'―-..,,,_:::::`'-、,: :ヽ  _,,,,,,_
        ,i゙/: ./ : : : :,-:/:::,::::::,i"::::::::::::::::::ヽ \、,, _ ` ヽ.::`'-.ヽ,/_,,,,,_ \       激しい行動をしなければ水と呼吸で生きていける。
      //゙: ./ : : : ヾ./ :./ ::::/:{''''ー-..,,,_:::::::ヽ ヽイ,;;ヽ、ヽ、:`'./     `\.\
     .,i./ / : : '"./: / :::::/:::.l     `''ー-゙   ゙ー'、"、  `r,::\     ヽ.ヽ    来るべき決戦の日が来るまで湧き上がる邪龍の魂を
    // / : / ,/:./::::,y:iく,::::.l          "⌒゙    ̄  `'''- \    ヽゝ   自らの魂に変換するための瞑想をして生きている。
    //:,..‐彡‐',゙ ‐゙゛:::::::.l゙.|:,! .\,!       ⌒               \    /
   l: ゙゙ilニ-ー'":::::::::::::::::/ `!  ., ゛        ゙''ー ..,                \     因みに彼らが子を作ると必ず龍人の子が生まれる。
 . /彡/::::::::::::::::、::::::::::::l゙    |、              `''-、_           \
,r'゙,i'/:::::::::::::::::::::.!.ヽ:::::::::.!    │ヽ               ゙>             \   出産時、スライムのようになった卵形の羊水が排出され、
::/./ :::::::::::::::::::::.! ..l,::::::i゙     l: ::ヽ               `'ー 、          ヽ  その中から龍人の赤ん坊が出てくる。
く/:::::::::::::::::::::::::|   l:::,!     │: : :`'''―- ..,,__           ゙ヽ_            ヽ
ゞ::::::::::::::::::::::::::l゙   .V  !       !: : : : : :,-- ....,,__´゙'''ー-、、     ゙ヽ、      `  ,〉
:::::::::::::::::::::::::::::l゙      !       }: : : :/      `゙゙'''ー ..,゙゙'ー、、     ゙ヽ、   _/
::::::::::::::::::/l、:::,!      !     /: : : /             `゙'ー------‐‐`''''"
:::::::::::::::::.! l::::!       !   /: : ./


5833 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:39:16 ID:wS1DyHAL

乙です
確かにこういう存在もいるよなあ

5834 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:39:30 ID:ZTNdde/W

以上奉納でした。
使われたら幸い程度で。
皆様ありがとうございました。


5835 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:41:01 ID:VfZ9uswS

おつー
そりゃ邪龍をすきっ腹を満たすために喰う奴らも出るよなぁ


5836エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/10(土) 13:41:04 ID:V/M6N3zT

おっつおっつ。龍人はあれね、獣の槍の衝動に飲み込まれないように基本石化してる字伏たちを思い出す。

5837 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:41:53 ID:GbDY+zll

乙でしたー
龍は敵だ!殺せ!(心無い市民感)

5838 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:42:32 ID:wS1DyHAL

>>5837
人間なんて石コロだな(確信)

5839 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:43:16 ID:48QjPdX7

乙、魔王が消え去った時彼らはどうなるのだろうな・・・

5840 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:44:19 ID:cnFxjvZ6



5841 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:44:38 ID:wS1DyHAL

>>5839
心無い一部の人間に迫害されて魔王になるんじゃね?(魔剣物語並感)

5842 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:45:41 ID:QN9kXGI3

乙です
ところで私も魔剣二次書きたいので、いくつか質問よいでしょうか?


5843 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:46:21 ID:ZTNdde/W

>>5839
まぁ私的な回答であれば彼らは変わらず生活するでしょうね
マサムネ様は知りませんがw


5844エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/10(土) 13:46:48 ID:V/M6N3zT

答えられる事なら!

5846 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:50:24 ID:wS1DyHAL

マサムネが完全復活したら魔剣の脅威をしる古龍という超死ににくい存在になるのか……

5847 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:50:47 ID:QN9kXGI3

>>5844
ありがとうございます
質問したいのはアインズ様亡き後の闇の種族のことです
始祖が実験で作った闇の種族はその後アインズ様が保護していましたが、アインズ様亡き後の闇の種族はオーク?のプニキのように
その一部はサーバルちゃんの国に保護された、という認識でもよろしいでしょうか?
それとオリジナルの闇の種族(AM時点で絶滅寸前ということにするつもりです)を出して良いでしょうか
すみませんが、ご回答をお願いします


5848エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/10(土) 13:53:44 ID:V/M6N3zT

またある程度細かい設定は書き起こす予定ですが、サーバルちゃんところは超多種族混成な国なんで、保護してるというか
流れ着いてそこで暮らしてる、ぐらいの認識が正しいかも。本当に極々少数のエルフとかも迫害受けずにまともに暮らせる数少ない国。

その関係と1000年続く魔王の戦乱的に考えても別に珍しくないだろうから問題ないと思いますよ!>絶滅寸前の亜人種


5849エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/10(土) 13:55:27 ID:V/M6N3zT

    セブンスターズ
あと“七星国家”は「列強国家による大同盟」であって大陸における全国家群ではないんで、七つの星以外にも小国や都市国家は
大陸中にそれなりに点在してる、という想定なんで、何かそういう国を二次で出す分には全然OKです。

まぁ三大魔王降臨後にそういった国が無事に生き残れる保証なんてどこにもないけどね!そうだ、ワカメの国へ逃げよう!


5850 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:56:18 ID:XIIdBGP+

自分たちではどうあがいても命をまもれない国や人からしたらマジで最後の希望、避難所やな、ワカメの国

5851 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:57:23 ID:QN9kXGI3

>>5848
ありがとうございます。サーバルちゃんの国に流れ着いてそこで差別なく暮らしている、ということで問題なく進められそうです
そして絶滅寸前亜人種族やったー!器物憑依種族最後の生き残り三日月宗近やります!
小説になりますので、少しお時間を頂きますがそのときはよろしくお願いします

5852 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:58:11 ID:gOXdRg+O

ワカメとかいう弱者の救い

5853 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 13:58:33 ID:RnCnJdfy

ワカメさまは本当に(色んな意味で)都合のいいお方…

5854エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/10(土) 13:59:27 ID:V/M6N3zT





                       ,.、            ,..、
                      〃: :,           〃Y:.
                     ∥ V:,          〃 }: :l
                         l|   v:,      ,.:'’  }: :!
                         l|   v:,      ./    }: |
                         l|    ': :,jI斗 ‐,’jl l   }:.|
                        7|  }ヽ(, ': : 、_,{: l ',ノ ' ': |        ,、
                      ,从丶   v乂__寸{l: . ゝりK|: :!` 、     /.:}
                    八 ∧:.> '^~ _  _ ~^'<  j: 从 ∨,. ィ.: .:ノ
                 _,.-=ミ, 'ァ'´    ,イヘYヘヽ   `'寸 V_,∠ノ.:>'
                -‐、 7//   ,' 〃   V     '. V⌒ 7´
               r' r、 ァ´.:, '     :l /| |     }  }  ' Vl _j_
               | ァ´.:.:.//   jI斗- ,    /,.ム、}   ',:「~^'ー <         【※来る者は暖かく受け入れ、去る者は名残と共に見送る】
                , 〃.:.:.:.:l/|    /   ヽ、 /ノ '  }7 '   「⌒     }
             >'’ {.:.:/ l从  ,'≫=ミ ∨{  ≫=ミ、}   L7    '
          >'"´    V/   丶 乂,:,:,:   r`   ,:,:,: /  ,.イl :'     {          .【※攻めてくる奴? 狩りごっこの時間だね!(マジキチスマイル)】
      ,.:'"´     ,. '´ { l  ,'  八` ー‐ ,、_ ,.   -へ -=彡 7 |从 .: : : \
     ノ      /     | ,{  ,:  八  V-    vソ  /_ノ ノ ',ゝ、゚: : _: 〕h。
      {      ノ≧s。., _ ∨ 乂 、 , > .,`  ̄ ,. -、,.ィ{  ,'  ,| )l \:ゞ': : : : :〕h。.,
     丶  ー=≦`~^' : ー': |ー‐ ―=ミ,{ヽ| (/) ≧='O 0,’:jI斗-ミム_jL,. ---ヽ: : _゚: : :r,: :.∧
       〕≧s。.,      '       / フ:o: 0/: :|o: 。:{ア    /: :゚: :0: : : : : : 乂:ゞ': :r:,: : (ハ
            〕h。, ノ     / {: :゚: : 人_ノ:。: : j     |         ` <: : :r レ'
           /0: : : :>≧s。.,ア  `~/'^~  ゝ-イ!     ',     __ ,.    -=≦〔
         )、o:.>'" (: : o: /     〃        |l  ,.: :> ー'^~
          `¨      `ー7    ∥       寸、/
                  ,    ノ’  ,. '   {   ヽ)
                 ノゝ- '"({,. '"     ,   /
                   ,’  /jI竺L.,  -=ニ   ,  |
                乂,.ィi〔ニニニニ〕≧x、 }  ,
                 rー'^~\_,.、 ~^' <ヽ\ _ノ
                ノ:0: \0: :`ヽ: : 0: :o: `寸’
             ,ィ〔7: : 0: :_ ><: O: : r:,: : `ヽ   __ jI斗 - ―‐ -=ミ.,
            /: : : :o: :{: : : : :r:.、: : r‐:、:`¨¨¨~´,.--,: ー:': :⊂⊃: : : : >
           ,.:r う: : : : : :',: : : : :ー: : : :ー: : ⊂⊃: ー:': : : : : : : : : : : r: う__\
          /: : : :r::::::う: : (::::::`ヽ: : : (:::::::う: : : :r::ぅ: : :0: : :r:::::7: : : : : : : :>



.

5856 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 14:01:02 ID:gOXdRg+O

サーバルちゃんのところは行き場のない奴らが集まってできた多種族混合国な感じある

5857 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 14:02:39 ID:ZMthMYh0

サーバルちゃんの国は軍備少ないんだろうな(個々が弱いとは言っていない)

5858エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/10(土) 14:04:12 ID:V/M6N3zT






                  j.    |.: : :. :.|      !
                    j      | : : : :|     !
                    { _)\ |: : : : : | /(___ }
                    { \j>'^~Λ~~Λ~^''< / }
                    { /  /Λ∨ Λ  \ :}
.      ┌ 「 n       ,     {        }  ヾ           n┌n
      r:| | | |         ′   人         人   ':,       | l | | h
      | | | | |         ! /⌒      ⌒\ |           | U | | |     【※サーバルちゃんの国は商業、農業、工業と
      |    |厂|   ;   Λ  | \  //  |  ノ  :,     Γ|    |
      |     / |   !  j  \|   ∨/´  |/|   ;     | \    ;      3つともそれなり以上に発展していて資源も豊か。
.       !   /   ノ   /人  |〉 ≫=ミ  l/ ≫=ミ  |/  ノΛ  八   ヽ ,′
.            /   ′ \|Λ     丶       厶イ   ,   \    ′      軍事力そのものは低いが少数精鋭による高い戦力を
       |.         ;    { い               い}::    ′    ;    |
       |       i    八::::人    乂 ノ    人::::::    ⅰ   i    |       .保持していて治安も極めて良い。ただし糞立地。
       |   |  |、    〉:::::::/⌒ ‐--‐ ⌒∨::::ノ   , ノ         |
       |   !  |/\  Λ::::{。゜。゜|℃|。゜。゚}:::::::}__ /jノ     ,   |
       |   !,.. -‐┐ー ⌒j]{___,.>'⌒\。__ノ⌒ - ┌‐-  .., _ ;    |       日本かな???(直球)】
      !   ’     |     j]       ||     [i    |       `     }
.       !        |   j]      ||    [i   |         ノ
        ー--    ..,_| ̄`Ⅵ.       ||     Ⅳ´⌒|__ ,,..    -‐ ´
                  j]       ||       [i




.

5859 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 14:06:02 ID:rd1myisp

狼藉働くとけもフレ最終話OPみたいなことになる

5860 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 14:06:24 ID:/Dc6OrTQ

日本の平地の少なさは糞立地としか言いようがない
さらに各種自然災害までおまけでついてくる


5861 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 14:06:55 ID:VfZ9uswS

日本は日本海バリアがあるけどドラグナール大陸は海とかないから日本じゃないね!

5862エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/10(土) 14:07:24 ID:V/M6N3zT

隣国が糞ばっかってわけじゃないから日本よりマシだね!!

5863 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 14:07:41 ID:yLAmvnnD

>>5861
(なお、その海バリアたまに反転してくる模様

5865 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 14:09:51 ID:/Dc6OrTQ

日本の隣国が糞ばっかみたいなこと言うのやめろよ!やめろよ……

5867 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 14:10:52 ID:W+Xod7Ur

でも死と隣り合わせだから日本の方がマシでは?(色んな情勢から目を背けつつ)

5868 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 14:16:01 ID:qrXtKzIe

「邪龍相手にとっとと野性解放するンは女々か?」「わーい!たーの死ー!」「チェストジャパリパーク!」
大体こんなイメージ

5869 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 14:21:20 ID:toKXTkzt

あ、エイワスさんエイワスさん。
自分もちょっとだけ質問よろしいですか?

5870エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/10(土) 14:26:52 ID:V/M6N3zT

はーい。

5872 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 14:29:34 ID:FPqt9RGw

>>5865
どこの国も大体隣国は糞って思っているゾ

5873 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 14:30:06 ID:toKXTkzt

ええっとですね。
三大魔王が誕生してやっるが現れるまでの期間ってどれくらい開きがあったのかお聞きしたいのです。


5876エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/10(土) 14:34:24 ID:V/M6N3zT

(実は細かくは考えてない顔)>三大魔王が現れてから何年?

状況考えてまだ数年レベルだと思われる。


5877 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 14:35:32 ID:gOXdRg+O

多角的な視点からあらゆる状況に対して柔軟に対応するんや!

5878 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 14:36:55 ID:cnFxjvZ6

すみません自分も質問いいですか?

5879 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 14:37:17 ID:48QjPdX7

>>5877
あかんそれ柔軟にできないやつや!

5880エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/10(土) 14:37:36 ID:V/M6N3zT

いっそまだ1年とかかなぁ?とは思っている。戦力無限リポップで三大魔王の戦力が隔絶してる以上、そんな何年も戦えねーやろって。

5881エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/10(土) 14:37:47 ID:V/M6N3zT

答えれることなら答えるよ!

5882 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 14:39:22 ID:toKXTkzt

ふむふむ、大体1年くらいですね。御回答ありがとうございました

5883 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 14:39:58 ID:FPqt9RGw

赤薔薇の国が思ったより軍事が高くないのは初手の襲撃を凌いでなんとか戦時体制を構築するまでに大分削れたっぽい

5884エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/10(土) 14:41:42 ID:V/M6N3zT

まぁちょっとまだ確定ではないので、「恐らく数年ぐらい」の認識でお願いします。

5885 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 14:41:58 ID:cnFxjvZ6

ありがとうございますでは質問なんですが
名前だけ出てる歴代魔王達の何代目等は決まっていますか?
始祖に作られた闇の種族と森の王やアルトリウスなどは大体同一の物として考えて良いのですか?性能は別にして

5887エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/10(土) 14:45:30 ID:V/M6N3zT

とりあえず存在が確定してる魔王は初代モーさん、二代目糞エルフ、三代目ブーディカに四代目アルテラで、後は
最後の魔王で十二代目の駄肉様ぐらい。駄肉様は先代(十一代目)が実父で、魔王としては数少ない「魔剣を継承された」魔王って設定です。
だから五代目から十代目までは現状完全に未設定の状態。

あと闇の種族とエルフ他の始祖製亜人種は性能やら細かい部分が違うだけで「始祖の手で創られた生命」という意味では同一です。


5888エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/10(土) 14:48:12 ID:V/M6N3zT

【※なおこの辺の設定関係は後々勝手に覆る可能性があるのでご了承ください】




6003 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 18:23:02 ID:39PinJKS

しかしアルテラはなにものだったんだろうか?
文明を破壊するやべえ魔王なのはわかるがw


6004 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 18:24:47 ID:I2uWd4sd

「文明があるから戦争と殺し合いが止まらないんだ」とか嫌な悟りを啓いた魔王様という可能性がワンチャン……?

6005 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 18:26:17 ID:9UykkV1+

知らん殺す、な脳筋が
魔剣手に入れて、やっぱり知らん殺す、な凄い脳筋になった可能性>アルテラ

6006 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 18:27:09 ID:48QjPdX7

(文明)全てを破壊し、(人類)全てを繋ぐ……ディケイドかな?

6007 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 18:28:36 ID:39PinJKS

アルテラは原始共産主義系脳筋魔王だった‥‥‥?

6012 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 18:36:02 ID:I2uWd4sd

しかし考えてみると、どうしてブーディカからアルテラに渡ったのか、という点がミッシングリンクではあるかなぁ。
ブーディカが魔王として君臨する光景があんまり浮かばない、というのもあるんだけど。


6013 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 18:37:30 ID:k/WKYmVk

ブーディカさんはエルフ滅ぼした後に正気に戻って自害したって雑談で言われてた記憶

6014 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 18:37:57 ID:jFgoEUwI

君臨したのではなく魔族殺しまくってふと自害したじゃなかったか?
ブーさん

6016 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 18:39:08 ID:9UykkV1+

ブーディカさんの最後はエルフの隠れ里で保護された娘を見ての自害だったらしいから
エルフの隠れ里で管理してたのを誰かが持ち出したっぽいね

6018 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 18:39:18 ID:39PinJKS

アルテラは拾ったっぽい

6019 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 18:39:37 ID:I2uWd4sd

うん、だからその状況からどうやって魔剣がアルテラに渡ったんだろうなぁと。
自害後転生して魔王に、なんて感じでも無さそうな印象だったし。


6021 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 18:40:06 ID:48QjPdX7

魔王として君臨というよりは魔剣でひたすら魔族エルフコロコロしてただけなんでない?
んで、当時他種族弾圧してたはずだからついていった人が多かったとか

6031 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 18:53:07 ID:jFgoEUwI

アルテラさんの行動指針次第なんだけど
ブーディカさんから断絶して人類種の天敵になったんなら何故って疑問は当然だよね
ナチュラルキラーだったらある意味救いだが


6032 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 18:54:44 ID:9UykkV1+

なんとなく、自我の薄い英雄の資質を持っただけの少女がたまたま魔剣を手に取って
魔剣の怨念の赴くまま殺戮を繰り返していったイメージがある


6033エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/10(土) 18:56:54 ID:V/M6N3zT




                                       【※彼女は一人の戦士だった】

                 -‐    -  _                  ..【※女王の命に従い、魔族達を殺し続けた】
.              ´ /.ハ  ,.、   、   .
.           /、/ >―-'"、.|__        .             .【※ある日、女王はいなくなってしまった】
.          '_//   :.  丶  \ |  \
        /.!,イ i   ハ   \  \  丶           _       【※「困ったな、これでは誰を殺して良いか分からない」】
.       '.l/ l ',  :. ', 、  ヽ  ヽ__   \   l\       _
.         l  :.l l\   :. ヽ,\  '    ̄ ―‐.l― \ '''' "', ̄ >‐-
.        /.| 、 .ヽ_\ ',   !´ヽ\_', 、    \ .l     `  、 .!           ̄   ‐  _
      ヽ|  ヽト{_-、l ̄`r'丈;下\ ‐- _ ヽl、 \   `   、           _  /   -
         `Tー{.イ丈;.ハ         .! ト、   ‐-  _l\   ト、   l\ _ \ヽ、        > 、
           ト、ヽ              ハ { \  ヽヾ!   \ヽ―-\\― ` \   ` ヽ
           | ヽ  、  `      イ ', ',   ::::...  `     \、   \',  \` ヽ                  > 、
.        /  l 、 丶  - .//l  ヽ 、   ::::::::. ',       ヽ     ` ー- 、                        \
       / ,' .! \i  >. イ /,.廴__.乂 ー,::::::::::. 、           ___\            / ̄ ̄\
.      〈 l |   ll\ ,i V.// ,イ/   ̄``'<_ 、      _.<,l'//////,""'''――- .__ /./ ̄\. \
          l、! .l { .l  V .}./,.イ/      .(´ ,.‐-`._.___ </,>'"'''‐-=////////////// ./ _  `‐- ニ=―- .._
.          >、_l_,;/ ',.イ./ヘ          V乂._  ¨"'‐- .>―――‐- .._`"'''‐-/////! l  /  \
.          , '   l//! ,.イ /、/∧    _   ヽ"´ ¨''=//>-._"'‐ .、       `ヽ  ∨//,l l  l  ̄ .l `-  _
          /   ,.ィl//! ,イ./  ヽ/ヘ   / /⌒¨"''''''''' -、. \//////>.._ゝ._   '.,  ヽ \/,!.l  l    .l___ / ̄"''―-. .._
          ,  i_l//lイ/.....__ Vハ ' ,         >-`'<////////> .,.--.ヽー_イ⌒l l _l //   /: : : : : : : : : : : : : : :
        , ./ ./.// /_ --―j j\V', /                マ,、."<///////////////>s。"´_./    /......._: : : : : : : : : : : : :
.       ,.'  ./.// /      ./ ./  / У                 ∨\  `''</////// ̄ ̄  .>     ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::.........._
      /   .i l .l !     / ./  ///                   ヽ//>。._  `'</ `――‐ '" l `" ‐ ._::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.       ハ  .| l .l !     / ./ ノ//                 `'<///>。_ |  __    .|      `" ‐ ._::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.      ハ.ヘ  | l .l |.__./_./,。イ/, ' \                    `'<///,>―---==、  _          `" ‐   ._:::::::::
.     , V.l ̄ー―'、 /  / ̄ヽ '   \                      `'<///,.-―////|  > _           .l       ̄
.    ,   ll. /   ./ ./ .:::::'        、                         `'<///////,|   .、  >。._         .!
     ハ   .!',       /  .::::::!         、                     `'<__!    .l `ー' ', .> ._     .!
.   / .!  .l l     l   .::::::.{                                    l    \   ,ヽ.     > _l_____
.   ∧ .', ; .l      l   ::::: ',                                     \      ̄   \.    ` ::::::::::::::::::::::::
.   / ∧ / .!     .l       ,                                     \         \     ` :::::::::::::




.

6034エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/10(土) 18:57:32 ID:V/M6N3zT





       【※女王は見つからなかったが、女王が持っていた剣だけがあった】

       【※それを引き抜くと、何となく女王の声が聞こえた気がした】

       【※「そうか、私は女王の命令を続ければ良いのか」】




.          /   /::::::::/             . '"´:.      `  、                      '::::,
        / /::::::::/           /     :. ,.、 ,.、 ,、 ヽ                         ':::::、
         //::::::::/           ,.'   _ ./ヽ/__ヽ_V ',  、                     ':::::::、
.       /::::::::::/            ./   _! .>'"    ,  ``ー- ',                      '::::::::、
.        /:::::::/              /   .l / ;  :  :. ハ   ', :.  ,                   ':::::::::,
      /::::/ !             ,.'   ./ ノ .l  ! l l .lイ ヽl } ',  i                        '::::::::|
.     /:/ | |           /   , '  ,.イ l l ; .l l l/ j,.イ !   l                  /.l:::::::|
      l::/  .| |          / !. ,.'  /ー{ .ト、_rーl_l,ハ! ./fr歹j .i   !                 / |::::::|
     .l/   | l    __,.. '/' .! /   l/ ,゙.:',.ィ'r歹`       〈/l/   ,                    //.l::::::!
    l\   | l'"´ ̄     / ',  V   '  ゝ.ヽ`     、    ' ' l\. ,                /  l:::::!
    |  \ ! l=-‐    '   / '、イ   , { ./´  ̄ヽ、   _ ,  .'   |. |. ,              /   /l:::l
.  /.|   \ l    /  /__、 /l  ,'.     ヽ> ..../,| l ヽ \l. ,            /   /  .l/
.    ,.'l.    丶           /  ,__/{        丶ー--'",ィ.\|    ,            /   /   /
.  / l\     ヽ    /    ./ / !  ', 丶       \_‐'" {     ',    ,        /   /    /
./   .! \     \  /    /'   |./ ',  ヽ  .l ̄ ̄ \ ト、   ,    、     /   /   l   ./
     l  /\     \    /    j'    ,   \l .l ̄ ̄ ヽ! |  ̄ ヽ    \  /   /  /l .!  ./
.     l / .,ヘ.\   ./ヽ   ./   / l    ,   ,イ\.!       ヽヽ ,  ,     `/ ./∧ ', l / l /
    / .l / / /./    //∧ /   / .!    ,   ///-‐\      \!  l     /  /V∧ ', ./ /
.   /   ! \`'.//  / .V.∧/   ,   、 l  .ト、///   } .> 、    ` .、 l    ./  / .V∧    /
  /    l  ,.イ/  ./   V.∧   {   ヽ ト、 !__{//!  ./ ,'  }>、 ll.   \   /  /   V∧   ./
  ,     .l ./ /  ./    .V∧  /.l      .l//'  V/ゝ_ノ,,,,,,,,,._/ ./ヽll    ,ヽ./  /    V/"´___`ヽ、
. /     ./ /  ./     ./V/\  !     l//!-‐''" ̄.l  i /___/\ヘ   l|. \./   >'"(  、. ',./ゝ/ 〉
/     l ./. ./\ _/ ヽ//\l      .l//!     l   {     / .y'\  ll.   \'"   ,.-‐ヽ j .{//)
.       l∨ ./   ',     \//,\   .l//!  -‐  !  `  / /  ! \.lト、.   ヽ. / >-―-、{_/
  /    | V 〈.     ',      \///> 、/,ノ       l      /// ',  \. > 、 `'"  _.、\ヽj
 '    .| V 、     \.   ___\'/////      l   ./ .,イ r‐、/.ヽ  \l  ` .、_ ´/ /ヽj、}
.       |  V ヽ     ,.< /    ̄ ̄/、       .j   / .//l l、',     /      / ./、`ヽ 、
.       l.l  V  \.//  /――― /\/,ヽ      /  / .' .|/,|  ヘ.゙、  ./、       ./ ./  ´   \
        !.l.  V  / /  ./   , '    V/,l.    /  ./  .l l/,|  ヘ.ヽ'" .! .l    / ./          \
        l ,  ∨/ /   /   /      .!/,l.   ,.' ,/ '  ,l\/,l.   ヘ \ } .{    / ./
       | V  V ./  /ー'<>- 、     |/,|   / ' /   ,l.l//ヽイ´  ',. \ゝ._.ノミミ/     ,.--、
.        |  V  \   /ヽ  ,.._` <>、.  |/,! /{  /  ,.イ ,/、//.    \ 〉'__ >〈 _,.. -‐'_/
.       |  V   ヽ/ {  f / ⌒j ,\.\ |/| ! `'".ノ ,イ//'  ,.--―――、〉-=< ̄ ̄ _,. -‐'"     __
        l   ヽ ./ />,.'   (   V///,!_.l  ./,.イ/.:::/ \/   _  〉-― .ト、 ̄ 二二ニニ二´_/
.         l   /  .////      ヽ  \///77'"///':::;:  ./  >  ..::: ̄ l   !\ ̄´
.       l ./   /// /        廴__V///>'"-/:::::;'、/ >",..::...:::::::/⌒.l  .|  ヘ
        '"    /// /             ,'‐、" ´⌒./::::::l / ./,..:::::::::::::::;;;';;;;;;;;;/ /∨ ヘ
.             /// /           /   ヽ  .l::::::::l./::::::::::::::::::;;';;;;;;;;;;;;l   ハ.,;;'   ./
            // /          /.    \ .!:::::::::::/!::::::::::::;;';;;;;;;;;;;;;;;j ./ ,;;;;:  ,イ



.

6035 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 18:57:39 ID:kOy/Zxnj

ブーディカさんの元部下だったのか

6036 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 18:58:02 ID:9UykkV1+

アカン

6037 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 18:58:12 ID:I2uWd4sd

わーお

6041 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 18:59:46 ID:6bNQETOc

お前頭ミカかよぉ!?

6042 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 18:59:51 ID:POwfBNy2

(アカン)

6043 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 19:00:31 ID:48QjPdX7

まともに教育受けてなかったてのありそうだよなぁ、孤児とかの場合

6045エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/10(土) 19:01:17 ID:V/M6N3zT





            【※魔族を殺そう。魔族を殺すのを邪魔する者も魔族だから殺そう】

            【※そう女王が命じたから、彼女はその通りに魔剣を振るい続けた】

            【※特にそうしなければならない理由もなかったが、他の事も知らなかったのでその通りにした】

            【※以前は共に剣を振るった仲間達も、何故か邪魔をするので叩き斬った】


            【※――――そうやって生きて、そうやって死んだ】

            【※彼女はただ、“人類種の天敵”という悪名だけを歴史に残している】


                                __    >''~ ̄ ̄ ̄~''<
                            -=>''~,。-=ニニ≧==───-コ‐┐__\
                             /__/ 。s个``~ __二ニニ=-)h、]__∨
                             ィ(/≦__ ̄`` ──----   )ヽ∨
                         。s≦ / ───== (__─---__>''~  } i∨
                    ‐=≦     /'´ ̄-=ニ// ャzz、 -=ニ_    /./.! i
            ‐=≦_______,,.. -‐ '' "´: : /' ∧  }んiヽ)__  / / | |
      。s≦               /: : : : : : : : : : /ノ{/::/}   匁ツト 丁Γ-=≦´ / 从
  。s≦         : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : :_: : /ア´ !      _,,、 ̄ フ  ,  /}ノ
´              : : : : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : /  \、 Ⅵ、∧    '  (仞 )〉  / /イ/
      : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : :.{     ヽ \) ∧ `_ 、-≦ ̄_/ ///}!
   : : : : -====-: : : : : : : : : : : : : :./: : : : : : : :.!      \ \:::'  ̄:.:.:.:.:.フ ィi〔/ / ∧ノ
   -=ニニニニニニニ=-: : : : : : : / : : : : : : : : !    {   }\_>' `~~~~´ -==彡'~~~{
-=ニ=-: : : : : : : : : : : : : : : : -==-: : : : : : : : : : : :,      !  /∧∨ マヽ,: : :i: : : : : : : |\  ,
\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : ,    !./イ=-\、 } ト,Υ、_/ヽ_.!:::::i   ,
、 \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : : : : : : : : : : : : ,    !,イ }>∨\.i ヽ!/ ̄\} ̄ ヽ|
. \ \: : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : :}/\  !  }> }  }〕iト、: : : : : : : : : : : :  ∨/
.  \ \: : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :|/\\ |、 ノ>/  /7 } ! ヽ,: : : : : : : : : : : : :∨/
\   \ \: : : : : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : : :i_ \Y==ニニ'___.// //  }: : : : : : : : : : : : : ∨/
., \   \ \: : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : : :∧  \ ヾ∥ ∥ // //  .ノ!: : : : : : : : : : : : : :.∨/
. \ \   \ \: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : :∧   ヽ}}} .{{ ヽ{_/∧/イ: : : : : : : : : : : : : : : : \
.  \ \   \ \ -=====ミ: : : : : : : : : : : : }:::}、   !|  ヾ   7∥{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
/ ̄ \ \   \ \    \\: : : : : : : : : /:.:リ~\  !   / ´/7:.:.!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
\  > ´\ \   \ \-====ヽ∨_,.。 *''"´:.:.:.:{=- \Y  ,   /イ>=-、: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  /:.:.: __ノ)\ \   \ \\ニ\ ̄ ̄}//} :.:.:.',  \.∨  //ヽ/:.:.:.:.:ヽ: : : : : : : : : : : : : : : :
 i {:.:.:.:.{ /\{ \ \   \ \\ニ\  '//i :.:.:.∧    ヾ, / /: : : ヽ─--==、: : : : : : : : : : : : : : :
 リ:.:.:.:.ト、!  } / .\ \   \ \\ニ\ /リ :.:.:.:.:∧/~~ミ  ,: : : : : : :\    \: : : : : : : : : : : : : :
./:.:.:.:.:.∧ {\ /_{ニ〕ヽ \   \ \フニ〕ニ∨ :.:.:.:.:.:.' /~~! /: : : : : : : : : )h、r===.\: : : : : : : : : : : :
_____ヽ,  丿 {\=ヽ,ヽ .\   \_,イニニ}'ニ∨:.:.:.:.:.:.}    !: : : : : : : : : : : : : \(~~~~ヽ,: : : : : : : : : :
       ゝ- ノ  .)h、= 、__ .\__/ニニニニ!}ニニ!:.:.:.:.:. ノ /∨: : : : : : : : : :、: : : : : ヽ)  ∨: : : : : : : : :
         乂__}``~〕iトニ》 {ニニニニニニ/:.:.:.:.:.:(//У\: : : : : : : : \ 、: : : :7    Y: : : : : : : :



.

6046 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 19:02:00 ID:9UykkV1+

ある意味魔剣に一番影響受けて、一番影響受けてねえな

6047エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/10(土) 19:02:13 ID:V/M6N3zT

アルテラさんは大体こういう魔王。

6048 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 19:02:36 ID:39PinJKS

ミカてきな

6049 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 19:02:53 ID:I2uWd4sd

あ、ありがとうございまする(震え

6050 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 19:03:10 ID:ruwayBGV

ある意味で糞エルフと同レベルで魔剣の影響受けてないなw

6051 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 19:03:19 ID:ryZ8R2s9

やっぱここらへんっぽいな、民衆の心理で魔剣=人類の敵が確定したっぽいの

6052 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 19:04:04 ID:kOy/Zxnj

赤薔薇「復讐の女王が居なくなったと思ったら彼女の部下だった子の手に魔剣があった件」

6053 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 19:04:04 ID:R+QRiTzn

首輪を外され、ただひたすらに切り殺したけもの…

6057エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/10(土) 19:04:52 ID:V/M6N3zT

たった一人で魔剣を振り回してただけなので、恐らく被害自体はそこまで大きくはない。
ただブーディカさんが絶滅戦争やって暴れまわった直後にこれなんで、恐らく強烈な衝撃は大陸史に刻まれてる。


6058 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 19:05:42 ID:6bNQETOc

たった一人で魔剣振り回してたモーさんはどれくらい人類を蹴散らしましたっけ……。

6059 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 19:05:47 ID:ruwayBGV

>たった一人で魔剣を振り回してただけなので、恐らく被害自体はそこまで大きくはない。
言うても魔剣って国吹き飛ばすビームとか撃てましたよね(白目

6060エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/10(土) 19:05:52 ID:V/M6N3zT

後モーさんは完成直後の魔剣を振り回してたんで、歴代魔王の中では単純な出力は最強クラスという設定。
ぶっちゃけあとに続く奴みんなモーさんクラスの出力振り回してたら人類が持たない。


6063 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 19:06:55 ID:POwfBNy2

所詮モーさんと同じ単騎の魔王、英雄十数名で囲んで国一つと英雄半数の犠牲があれば勝てる(冷静なぶんせき)

6064 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 19:07:05 ID:48QjPdX7

まあ担い手の力量にも左右されるんだろうなやっぱ
あとは、憎悪とか負の感情が高いほど力を発揮しやすいとかありそう

6065 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 19:07:35 ID:6bNQETOc

そうか、2代目以降の魔剣は賢者モードだったのか。。。

6067エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/10(土) 19:08:10 ID:V/M6N3zT

何だかんだでウィリアムは、抵抗勢力を生かさず殺さず嬲りつつ秩序だった支配を行っていたんで、その期間が百年ほどあった関係から
モーさんに吹き飛ばされた大陸も皮肉な事だが大分落ち直してた時期です。なお憎悪の女王。


6069 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 19:09:03 ID:9UykkV1+

死んだ後も自分の部下が最悪の形で自分のやってたことを引き継ぐって
ブーディカさん魔剣の中で膝から崩れ落ちてるんじゃなかろうか……

6070 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 19:09:20 ID:48QjPdX7

もう自然災害みたいなもんだな魔剣はw

6071 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 19:09:21 ID:rqo/BMzY

なお糞エルフはエルフの寿命から察するにエルフの寿命を短くして終わってしまった模様
かなしいなあ

6072 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 19:10:07 ID:kOy/Zxnj

エルフの支配が生まれてから寿命が来るまで当然だった人も居ただろうし、クソエルフ亡き後の世界の混乱は酷かったんだろうな

6073エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/10(土) 19:10:50 ID:V/M6N3zT

ぶっちゃけ帝国の役割を糞エルフが引き継いだ形ですからなぁ。

6075 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 19:10:57 ID:4LplzLUW

まぁモーさん確か武勇魔力ともに400近い正真正銘の化物だからな
…むしろそれを犠牲出しまくったとはいえ倒せた辺り12英傑の時代マジでやばかったのな


6077 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 19:11:25 ID:w79lRFYg

また帝国か!

6078 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 19:12:07 ID:ryZ8R2s9

クソエルフにもう少し良心が有ったら、魔剣は再び抜かれずに済んでいただろう
クソエルフにもう少し良心が無かったら、ブーディカさんを返り討ちにしてに大陸は安定したままだっただろう

6079 :梱包済みのやる夫:2017/06/10(土) 19:12:19 ID:ji5c9Zy0

おのれ帝国!ゆ゛る゛さ゛ん゛ん゛!!!










一覧
関連記事

[タグ未指定]
[ 2017/06/13 20:00 ] New 最新追加スレ 魔剣物語 | TB(0) | CM(1)
この竜人たちをマテリアルにしたら、魔剣の量産が出来てしまいそうだな・・・
[ 2017/06/14 04:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

8月!
相変わらずの酷暑な上に台風やらゲリラ豪雨やらの水害も相次いでおりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
学生なら夏休み、社会人もお盆休みでなんとか体力回復をしてくださいね。
え?帰省で結局疲れる?それなら、どうぞやるぽん!を癒しにしていただければ幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で6年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



FC2カウンター