魔剣物語AM二次創作 魔王信仰 やるぽん!

エグゼイド第43回 参加資格があるのはニコだけじゃ? なんで大我も? そんなガバガバ設定じゃそりゃ神が突破できますよ!w 後、変身するなら第伍拾戦術よりクロノスの方が……いや、やっぱり見た目ですね!

魔剣物語AM二次創作 魔王信仰

2875 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:34:03 ID:hUQbb6Ha

乙でした!
考察がめっちゃ面白かった、凄く筋が通ってたし
あとギャグのキレ味が良かった。

でエイワス様、こんなハイレベルな話の後で申し訳ないのですが
今ジャパリパーク物を投下しても大丈夫でしょうか?


2876エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/15(木) 21:35:58 ID:B2fYvaYJ

ええですよ。

2877エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/15(木) 21:36:26 ID:B2fYvaYJ

(一応ジャパリパークではないがまだ設定纏めてる段階だしまぁジャパリパークでいいか(緩く)

2878 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:37:39 ID:XxDZMfrr

まぁ台湾の正式国名は中華民国だし通称と正式名称が異なるのはよくある事――

2879 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:38:38 ID:a/r6nPPx

ジャパリパークって言えばどこの事かすぐわかるから…w

2880 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:39:32 ID:hUQbb6Ha

>>2877
ありがとうございます!

国名はふわっと草原の国とでもしておきます。


2882 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:43:45 ID:hUQbb6Ha

やばい、緊張で胸が痛い、吐き気がする。

武者震いかな?


>注意事項

・激しいキャラ崩壊があります。剪定事象です。

・独自解釈と設定があります。剪定事象です。

・ポエムっぽい? 剪定事象です。


以上のこと、よろしくお願いします。

それでは41レスほどお借りします。

草原の国のお話。


2885 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:44:57 ID:hUQbb6Ha















                         
                        ttps://www.youtube.com/watch?v=0gtB4ZmKhMw











.

2886 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:45:38 ID:hUQbb6Ha



;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r‐、;;;;;;;;;;;;;;):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(   ::::::::::::::::::::::::::....      :::::::::`'''‐‐--''''つ;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:. ̄´:.:.:.(;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.)    :::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:....      ::::.:::.:::.::(´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/⌒''''´: :.:.:.:.   :.:.:.`'''''´ :.:.:.:.r'⌒ー-:.':..     :.:.:.:.:.::::::::::::::::::::....         :::::::ヽ、;;;;;;:::::-‐
.  : : : :.:.:.:.   :.:.:.      :ノ.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:..      ::::::::::::::::::::::::::::::::....        :::.:::.::.:::.:::.:::.
 . .  : : :,:,:.   :,:,:.       :..:.:.:.:.:.:.. :.:.:::::::::..      ::::::::::::::::::::::::::::::::::....           ::.::.::.:(
 : . : : : : :.:.   :.:.:.       :.:.:.::::::::.. :::::::::::::..       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::....            :.
: . . : : : : : :.   :.:.:.       ::::::::::::::.. :::::::::::::..       :.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::....
.  : . : : : : : :.   :.:.:.         :.:.:.:.:.:..:.. :.:.:.:.:.:.::..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
    . : : : : : :.   :.:.:.         : : : : :::.. :::: : : : :..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::....
 .   . . : : :.   :.:.:.                           : : : : : : : : : : : : : : .
  :  . : : :                                    : . : : : : : : : : .
                                                                |
                                                            /l゚。
                       |                                    /_|__',
                       |                                    |_」L_|
                    ∧ ∧I  ハ                                |/_|i___ヽ|
                        ||_| lニl(_) .l |        l                          l|_|_|_|||_|_|_|
                        ||_l,| | |__|_|::|       .||                         |i⌒i|i||i⌒i|
                        ||_,,| | |_,|::|     ,八                             |ゝノ|i||ゝノ|
                        ||‐:| | |‐‐:|::|       |:|:|:|             l           |YYYYYY:|
                        ||^i| | |^i^|::|   i  IIIIIIIII             II              |_|_|:||i:i|i:i|
                        ||‐:| | |‐II:|::| .I 癶 | | || || I  I_,I_,I_,I___I_ I  |:||           | | ̄|:||i:i|i:i|
     I  II  I I       .IIハ_ハ.||‐:| | |/_Ⅵ_,ハ_II_Il |_|_||_|| .|:|/||_||_||_||__||_VII _|_||            |_|_|,||i:i|i:i| ハ癶
     I癶II癶IハI      .||:||_II_II__|_|_|j_|_||l‐| |‐‐||i|_|_||_||i_|」」」」」」」」l|」」」_|_|]||]|__龠______龠___| | ̄|:||i:i|i:i|,.|::|:::::|ハ
,、,、'⌒ヽ |¨|]|¨|¨|¨|_I_I_I_I_I_I_I..||l|/i|,i|_i|,i|_i|,i|_i|,||l||_|∠i|_i|_,i|_,i|_,||__l|__l|__l|:| |_||_||:|_,II_,II_,II_,II_,II_,II_,II_,II_,||_|_|:||i:i|i:i|::|::|:::::|:::|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    白雲を物ともせず輝く太陽が草原の国を照らす。

    国の基幹都市、中枢となる城の時計塔から正午を告げる鐘の音が響いた。

    人々が立ち止まり、塔を見上げるのが伝わってくる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.

2887 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:45:56 ID:hUQbb6Ha





  γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
   |      もう礼拝の時間か。
   乂______________..ノ
    / ̄: : : : : : : : : : : : : : : : :\
     |: : :/: : : : : : : : : : : : : : ヽ: : ::.
     | :|/ :|: トミv彡} :.|: : : : : :‘, : :|     --―‐--   .,
     |/| : :|リ    ノ|:.|| : :j|: : }_}_:_}_r/―‐ 、,,――‐--丶 ___
     |: |_:_:|、       リ|_:_:j||_:_}\  \\  }   / /     /、
     レ | __\_   _/__,  |ハ} \,.--\ヾ,_j_/-―<¨¨  7 \
.                      /            `ゝ ./ /`
      丶  ̄{ _   ̄ //イ }. /              ∨   /
        }        /W ∨  {≧==}   t==≦ア   ∨._,′      γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
       \,___   / /\                   .      |     おい、昼飯にしようぜ。
         ヽ  /./ //  { |   三     三     }:.} 〉      乂______________..ノ
          /: :. ̄ハ¨´/   /リ     (o  o)          /
.         / : : : : {∧´   / :/:{                 「 {
        {: : {二二二¨ヽ./ :/: :入   ノ            丿  \_
       |:.:.:.}|: : : : : : ヽ }:/: : { >:ヽ    つ 、 __,..  ´    ィ: : :`: : .、
       |:.:〃: : : : : : : :}:.乂//: : : :/\___,.  ´       /: : : : : : :/ヽ
       У: : : : : : : : : :ヽ:/  { : : : {  }         /: : : : : : :/    \
       ′: : : : : : : : : : :/.  { : : : {            /: : : : : : :/



                     r'ア>‐…‐ミ、
                       rく/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                   ハハ.:.:.:-=.:.:.:.彡'''゙゙ ㍉ミ、
                    V.:.:V.:.:.:.:.ミ'´     Vハ
                        〈:.、.:.:\ミ'^   -‐   -}.:..}
                       `乂⌒{{
                      ` -、        }          あらやだ、お供えをしなくちゃ。
                           _ノ : .... ー= イ {\
                   _ -{ニア    {>   (\> \
                 _-=ニニ乂 ‐-  _\ヘ  r‐‐`  ',
                 {\-=ニニハ     __ \\_ ̄{   ハ
                 }-=ニニニニ「⌒⌒〈∧⌒⌒〈ニ}`r ´ニ}\
                 iニニニニ=-}: .   Vハ   Vハ}___ /-=ニV
                 {-=ニニニニハ: .    }/} . : }/7ニニニ=-V
                 }/-=ニニニ込、:\_//__/__//イ-=ニニニニ}
                /-=ニニニ<ハ//≧=-⌒ -<}ニニニニニ=-/
                {ニニニニニ\///////o//7、ニニニニ=-
                 乂-=ニニニニニ\////////{  ニ=- _/
                {=-\-=ニニニニ}  ̄  ̄-=∧
                ∨ニ=- -=ニニニハ: : . .  /: :∧
                 V-=ニニ=-/ニ}: : : . .__ /: ∧
                  人-=ニ=-<___ /^V/: . .   /  V/
                ///⌒「 ̄: : . . }   v: : . .      V/
                 /// . :.{: : : .  {   }: : : . .     ∨/
                   /// . : ∧: : : . . r_ノノノイ: : . .     / /∧


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    店の奥へと戻る男、仕事を中断する大工、駆け足で供物を探す主婦。

    皆が思い思い、自由に目的とする場所へと動き出す。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

2889 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:46:13 ID:hUQbb6Ha




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    猫科を思わせる耳を金髪の間からひくつかせ、サーバルは様々な声に耳を傾けた。

    どれも他愛の無い日常会話ばかりだ。

    獣人の少女は窓枠から身を乗り出し、城下を見下ろした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



       /\  ))            _ イ^!
        ∥ ヾ;\            ィi「;/⌒}
       }   \;;丶、         /;;;;/    リ
       l!    \;;;;;\    / : /      ,  ))
              __\: : 丶  /: : 〃     ∥
         `、    マ⌒ヽ: : : ∨: : /ー、     ′
         ヽ  . .<. . : : : : : : : /: :∠    ノ
        /``: : : :__zヘ: : : : : : : : :/. . イ、          丶、/
      . : :/: : : : ''"´:`ヾ z=ミ、: : : : : : : : : :丶        /ヽ/
     / : /: : : : : : : : : : : : : : : :ヾ、 : : : : `、: : : : 、       / ヘ.
     ': : /:/: : l: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : V: : : : :,          "´i ̄
    / : /:/: : :イ⌒ヽ: : : : : : : : : :/!: : : : : : : :V: : : : ',
   . : : i: i : : i l: / l : : : : /!: : /-i、: : ノ: : : : :! : : : :|
   l/l: :l: !: : :lィf示ミ : : //:_z=、 〃: :ィ : : : : : !: :l: : : |
  r7フへ:l : : l  _ノ ト: :/  _ノ : メ:/ /: : : : : :}:|: :|
 /// 人 : !  ヒリ V  i : 刈 》 /:/ : : /:/ : ′ : i        うん、今日もみんな笑顔だね!
 \l 丶 l< ヾl "" ′   Vzノ / /:/: : :ィ /: :/ : : : '
   ⌒r─ " 八  γ ─‐‐v 〃/:、+''"ノ : : /: : /l/
    `¨¨Y´ 个 、乂    ) s个ー≦ー──イ/
        }   K }>ー─<二_: :上 _: (ニ): : :}    _ -─z
       ∥  }:ヽV ゚: (:_/__:c: 。)    ヽ─‐┘  γ三三三≧
      ′   l: ゚:レ>ーイ/  ≧く   _ム-、    }三三三三\
     /     ノ _ノl  レ  /    ヾく: :(): : : }    ヾ三三二=ー丶
      ヽ  /  l  / /   /  ヾ:\ー‐:>-、   \ミ: : : : : : : : :`、
      `¨´   _丶、!Υ_ /  /  : :ヽ:゚ : :c: : :ヽ   丶:-=三三ミ、: ,
          イ/)⌒>个、_  __,,ィ__       }    V三三三ミ_: !
        /⌒: : : : : : : :ト \二__ イ: ≧=- __/     }: : : : : : ヾニ!
        {ヽ: :(ニ): : :=メ_\\____//ヽノ         ノ三ニ : : : : =!
         し: : : r‐、 : : V≧: `¨¨¨¨¨´: : : : V个ー──"´=三三三ノ : /
       < : : : `¨´: : : : : : : : : ゚: : : : (ニ) : (V入ミ三三z: : : -=Ξ三 /
       ィ个: : : : : : : : 。: :(ニ): : : : : : : : : : : :}: :マ: :=三Ξ : : : : : : /
       〃: L__ : : : : : : : : : : : : : :(ニ) : : : (ニ}: :人 ____ -= ´
     /: : () : : Y: : : :(二): : : : : : : : : :r‐、: : : 人ノ
    . : ゚: : : : >乂ヘ: : : : : : : : :(ニ): :  ̄: :、/
    /: : >''~: :(): : r 、:\,へ : : : : : γー‐"´
    〈: ィ": : :゚: : : :。: : _ 斗七个ー≦. 乂、_
    ヾi: : :。:__ =孑:_ -< Vイ》トフ、. . . . ヾ)
     丶、__z≦____   ̄¨ヽ ヾ  ̄ ̄ ̄
                ``ヽ  `、
                   乂 ノ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    誰もが笑顔を浮かべ、穏やかに流れる平和のひと時を楽しんでいる。

    その事実に安堵した。

    眼下の街に居る人々、その一人一人に目を凝らす。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

2891 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:47:22 ID:hUQbb6Ha





                 _
                /i{',        _ ィハ
                }i:i}i:i:、      /i:/ : : {
                  {i:i{i:i:i:i:>‐彡ィ/i:i:i/: : : : }
                V.:/(.:/.: /<i:i:i/: : : /
                   /.:.:(ニ=-.:.:.⌒.:\>‐‐<__ ィ      ,  '´: : : : : : : : : : : :`  、
               /ィ.:.:<\.:.:\.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:./    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                }:.:.{_\\彡.:.:.:⌒.:.:.<彡'   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : '.
                   ノ人fッ  rッ⌒V.:.:.:.:.:<⌒    ′: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :'.
                  ⌒¨)イ〈      }.:.:乂⌒     ′: : : : : : : : : : : : : : : : :i: : : : : : : '.
                  ノ∧ー-   ィ从:.:(     i:.:.:.:.: i: : : : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : :l
                    ⌒  ー<    ___彡 ‐-へ   ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : i| : : : : :i: : l ̄¨>
                  -=/}    `≦__ニ='ヘ`ヽ\┬|: : : : : : : :i: : : : : : |!: : : :.i:.:|: : lヤ´
                     /ニ/{__ __ / _/ i!⌒tッァゞ∧ }、 :|: : : : : : : :i: : : : : : |!: : : :.i:.:|: : l
               ィニニ乂}_}/}/   7./tァi_   }!/从ヽ!: : : : : : : :|: : : : : : |!: i :.:.l:.:|: : l
              / }{__〉\ _   /〃.∧ r-  /=∨ :ハ:.:. i: : : : i:|: : : : : ∧:.|:.:i:.l:i:|: : l
                { /ニ/\_}_/_ {.::〃⌒ヽへ <ニニ∨   } ̄i :l:|: : : : : ' V:./ 川 : :l
               i -=7⌒\/  /ニニニニミ\ニニニ∨ //   __ __  V: /:.|:!!.: :l
             , {ニ{__ _/i  /ニニニ≧==彡≧=\}/\ ./   {   :. !:.!: : l
             .: ノニ{   VVヽニニニニ/=!:::::::::|ニニニニニニヽニニ∨ /⌒ヽ \  ヽ:.:. l: : : :廴
             , /ニ」\  V/ニニニ/¨ /.:::::::/ニニニニニ〃ニ\./ /.::::::::::::)    \ト: : : ', ヽ
                      |∨ニニニ/,∨.:::::::/ニニニニ/ニニニ}イ 〃.::::::::::::\
                   <ニニ\=ニ/ 〉::::::::/ニニニ/ニニ〈 }i!i  {::::::::::::::::::::
                  /ニニニニ≧</、:::::/二/ニニニニi |=|  !::::::::::::::r‐
                  〉>ニニニニ=/  ̄}r/ニニニニニニ! {=i!⌒ ニ=--' ,
               , =ニ二二ニミニ/    〈ニニニニニニニニニ〈 i∧    , ⌒
              /ニニニニニニニニヽ      /‐‐--------─}/} ヘ、_ イ:::::::::::
              ノニニニニニニニニニ}     /三三ミニニニニ{\ヘ/  ム   ∨.:::::::
            /ニニニニニニニ/   /ニニニニ、ニニニ\\    ム   \:::::::
          /ニニニニニニニニ/ _,,=ニニニニニニニ\\ニ\\ニヽ\  \
        /ニニニニ=≠´_ ̄=ニ//=//ニニニニニニニニ≧イ⌒ミニニニ',. \


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    皆バラバラだ、髪や肌程度ならまだ良い方で、姿形までが異なっている人々さえも珍しくない。

    人間、ハーフエルフ、ダンピール、竜人、獣人、多種多様だ。

    ――――超多民族国家、自分が王として治める国の有様を改めて認識する。

    そして、同時に民草が仲良く、手を取り合っていることも。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

2892 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:47:58 ID:myiN9HGa

皆フレンズなんだね!

2893 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:48:25 ID:z5iuKxU+

すげぇ!ハーフエルフも竜人も普通に生活してるのか!

2894 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:49:25 ID:hUQbb6Ha



                       ,.、            ,..、
                      〃: :,           〃Y:.
                     ∥ V:,          〃 }: :l
                         l|   v:,      ,.:'’  }: :!
                         l|   v:,      ./    }: |
                         l|    ': :,jI斗 ‐,’jl l   }:.|
                        7|  }ヽ(, ': : 、_,{: l ',ノ ' ': |        ,、
                      ,从丶   v乂__寸{l: . ゝりK|: :!` 、     /.:}
                    八 ∧:.> '^~ _  _ ~^'<  j: 从 ∨,. ィ.: .:ノ
                 _,.-=ミ, 'ァ'´    ,イヘYヘヽ   `'寸 V_,∠ノ.:>'
                -‐、 7//   ,' 〃   V     '. V⌒ 7´
               r' r、 ァ´.:, '     :l /| |     }  }  ' Vl _j_
               | ァ´.:.:.//   jI斗- ,    /,.ム、}   ',:「~^'ー <
                , 〃.:.:.:.:l/|    /   ヽ、 /ノ '  }7 '   「⌒     }
             >'’ {.:.:/ l从  ,'≫=ミ ∨{  ≫=ミ、}   L7    '
          >'"´    V/   丶 乂,:,:,:   r`   ,:,:,: /  ,.イl :'     {       みんなが楽しそーでよかった。
      ,.:'"´     ,. '´ { l  ,'  八` ー‐ ,、_ ,.   -へ -=彡 7 |从 .: : : \
     ノ      /     | ,{  ,:  八  V-    vソ  /_ノ ノ ',ゝ、゚: : _: 〕h。
      {      ノ≧s。., _ ∨ 乂 、 , > .,`  ̄ ,. -、,.ィ{  ,'  ,| )l \:ゞ': : : : :〕h。.,
     丶  ー=≦`~^' : ー': |ー‐ ―=ミ,{ヽ| (/) ≧='O 0,’:jI斗-ミム_jL,. ---ヽ: : _゚: : :r,: :.∧
       〕≧s。.,      '       / フ:o: 0/: :|o: 。:{ア    /: :゚: :0: : : : : : 乂:ゞ': :r:,: : (ハ
            〕h。, ノ     / {: :゚: : 人_ノ:。: : j     |         ` <: : :r レ'
           /0: : : :>≧s。.,ア  `~/'^~  ゝ-イ!     ',     __ ,.    -=≦〔
         )、o:.>'" (: : o: /     〃        |l  ,.: :> ー'^~
          `¨      `ー7    ∥       寸、/
                  ,    ノ’  ,. '   {   ヽ)
                 ノゝ- '"({,. '"     ,   /
                   ,’  /jI竺L.,  -=ニ   ,  |
                乂,.ィi〔ニニニニ〕≧x、 }  ,
                 rー'^~\_,.、 ~^' <ヽ\ _ノ
                ノ:0: \0: :`ヽ: : 0: :o: `寸’
             ,ィ〔7: : 0: :_ ><: O: : r:,: : `ヽ   __ jI斗 - ―‐ -=ミ.,
            /: : : :o: :{: : : : :r:.、: : r‐:、:`¨¨¨~´,.--,: ー:': :⊂⊃: : : : >
           ,.:r う: : : : : :',: : : : :ー: : : :ー: : ⊂⊃: ー:': : : : : : : : : : : r: う__\
          /: : : :r::::::う: : (::::::`ヽ: : : (:::::::う: : : :r::ぅ: : :0: : :r:::::7: : : : : : : :>



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    草原の国で守るべき大原則は唯一つ、汝隣人を傷つけるべからず。

    これさえ守られるのであれば、来る者は拒まない。

    この国では可能な限り束縛を減らし、ほぼ全ての自由を許している。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.

2895 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:49:49 ID:hUQbb6Ha




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    その一つが信仰。

    各都市に時計を設け、礼拝の時間を定めているのもそのためだ。

    何かに祈ること、頼ること、全て自由。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



       γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
        |  偉大なるバハムートよ、我らをお導き下さい。
        乂____________________..ノ




                                             γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                                          |  軍神アーサーに人類の勝利を希う。
                                          乂________________..ノ





                   γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                      |  清らかなりし聖処女よ、我が子にご加護を。
                      乂___________________..ノ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    人々の信仰対象は様々だ。

    神話的存在、歴史上の偉人、列聖された英雄など多岐に渡る。

    もちろん、中には何者も崇めない無神論者もいる。

    それはそれで当人の意思を尊重する、押し付けるつもりは無い。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

2896 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:50:00 ID:a/r6nPPx

合衆国味を感じる

2897 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:50:07 ID:rFPk4nr8

(´;ω;)本当の愛は此処にある

2898 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:51:15 ID:pm3tPXN5

偉大なるマナボーラス様よ、あいつなんとかして

2899 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:51:45 ID:hUQbb6Ha





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    しばし国民の生活を、安寧を愛でていたが、頭を振り意識を戻す。

    礼拝の時間は有限だ、そして後には重要な予定もあった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






                      γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                         |   さ、あたしもお祈りしなきゃ。
                         乂______________..ノ





                             _,、-―======‐‐‐‐---
                            厶"´
                              〃  ̄ ` ゛゙゙ ''''' 、
                             " ゝ、 ____________, ,,,
            / ̄ ̄ ̄ ̄\                乂三三三三三三爻′
        /ー――< ̄ ̄\ー‐┐            ′`` ```````
       /       \  \ ,|__
        (___ノ ̄ ̄ ̄\  \   | |  `i
.      /   ̄ ̄\   \  | r‐|├一'’
      {_____   \ ノ \{_|__|┘
        /    \__  \__)  |
.       / \      ̄匚)    |
.     {  ―≧=ー‐―一' │ │
     |      |        l  |
.       ト、    |         │
.     } \   |            |
.     ノ    │            {
.    /    __人          ,ハ
   /         ヽ         ヽ
   /     /   ∧            ‘,



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    眼を閉じ、口を噤む。

    息を吐き、心を静める。

    膝を折り、両手を組む。

    感覚が研ぎ澄まされ、街中の声を聴覚が拾ってくる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

2900 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:51:45 ID:krkiddQK

信仰の対象が闇堕ちしてるんですがそれは…

2901 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:52:06 ID:hUQbb6Ha



,x幺主圭歪≫''¨”´ ,xif斧lll圭圭才''"´      刈圭狄ア㌢             '守|会ュ    '守圭圭圭圭
丞圭亥7才´  ,.x幺lllll圭才"´        ,炸I圭jⅣ´             `Ⅵ|丞    `Ⅵ圭圭圭|
圭歪j㌢´  ,x幺llll圭才´            焔圭:Ⅳ                Ⅵ|伐     Ⅵ圭圭||
圭jア  γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶 Ⅳ                      Ⅵ|伐      Ⅵ圭圭
j炒′ |   紅玉の瞳の統治に栄光あれ。  |  {                      Ⅵi伐      Ⅵ圭ll
Ⅳ    乂______________..ノ :刈                       Ⅵiiヘ      Ⅵ圭
/   /㌢´                      ゙'廷i代                        ||圭]      ||圭
    ll/                            `'冬淤t、                   ||洲リ      ||洲
    lll                           》i淤〉                  為Ⅳ       Ⅶll
    {{                             ヘ㌢                  '為ソ       Ⅶ
   ヘ_                                             /ア          ヘ
     [ft                ─━==ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ==━─
     Νk        ─━==ニニニ==━───────────────────────━==ニニニ==━─
       !垈       ─━==ニニニ   弓聖ウィリアムよ、どうか深き森から出でてお救い下さい。   ニニニ==━─
     .為llll}      ─━==ニニニ==━───────────────────────━==ニニニ==━─
    .ィ圭洲;             ─━==ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ==━─
   ,ィ劣圭:㌢            L           /淤圭圭IIII)         λ
  ,ィ劣斧ア                 [代        ,攷圭斧:㌢´          {会ュ。.
f,/淤圭Ⅳ             Ⅵ心       刈圭?[ア                `''寺ll≧ュ。.
/淤圭Ⅳ                   Ⅵ7      炸淤jⅣ                為圭圭丞
圭丞Ⅳ                   7        Ⅵ7:Ⅳ                  為圭圭圭丞
圭i:洲{  \人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人/  ,圭l圭l圭l丞
圭i:刈  <                                         >  圭圭l圭圭刻
圭lil代  <    おお、アジ=ダハーカ! その怒りを鎮め給え!!     > 圭l圭l圭l圭Ⅳ
圭圭淤t<                                          > 圭圭圭淤jⅣ
圭圭:歪 /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\i:圭l圭圭:Ⅳ
圭圭淤冰ik会ュ。           .ィ圭洲;      [代   `''寺l圭≧ュ。.      Ⅵ7:圭lll圭lⅣ
ll圭圭圭淤冰ik会ュ。       ,ィ劣圭:㌢      Ⅵ心   `''寺圭斧≧ュ。._  `''寺圭圭丞
圭圭圭圭圭圭圭ik会ュ。  ,ィ劣lll斧ア         Ⅵ会ュ。   .゙㍉丞圭圭会ュ。_ `'守圭ik会ュ。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    祈りの中に、大陸中の人間から厭われ恐れられる存在へと縋る声が幾つもあった。

    ――――魔王信仰者。

    この大陸に荒廃を齎し、千年に渡る戦乱を刻み付けてきた魔王達を崇める人々。
    セブンスターズ
    七星国家と呼称される七大国同盟、ひいては中小の国ですらその信仰を禁じられ、弾圧されている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

2903 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:53:29 ID:Yn6merok

>  弓聖ウィリアムよ、どうか深き森から出でてお救い下さい
よかったな蘇ったぞ!!!


2904 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:53:36 ID:hUQbb6Ha




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    だが、この国では信仰の自由が保証されている。

    叛逆や煽動に繋がらない限りは、咎められることはない。

    何故か? 理由は実に単純だ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                ;::  }V    : :: :¦ :: ::;   ノ_,,. ::ヤ
                  {:: .,,,_}    :: :: ::.!:: :: .:{   く_,,. ::}
                  {:: \  ,.、丶 `` ̄´"'~ .,  / ::j
                  ヤ ,. ´   ,ィ(^h、,j(^h、   `'く ::′
                    Χ   / /ノ´`マソ ∨:,    \
                    ‰   ∥:.′        ' :,     `、
               ‰    i {{:, ::. :.      .: 卜 :,   `、
                。゚    .:ji i{{ ':;. :::[_/ 「 i  :} ,:゙ `、 ゚,   ':,
               。゚,′  .: :{i {× ̄`:,::. ‐┘: '77‐- ', }::.   ´:,
          ηψ .: .: :::从 {   ヽト、゚:, ::.  .: .;′    }ノ.: :. :.  j゚,
.           ∥.i{  .: .: :∥ ヽ     ゜、:: ::.:: /     j∧:: :.:: ¦',        偉大なる父たる魔王様、
.          ∥ 八 :: :::∥      `  `:, .:,:゙´      ハ::: ::. ,゙ ',
         φ.:  \.: ::{{': ヾ=xzzzィ彡'   / ミzzxイ彡 ∥}:: : , '゜ :. }i        みんなが仲良くしていられるよう
.          φ ::   ::::)h人 :                 ,゙ ノ,ィ'.::   : }}
         ;ⅰ::   :::{乂``'.         丶       j{アノ}.:::  .:.:jji        どうか見守っていてください……。
          {ⅱ:::.   :∨心., :,   / ̄ ̄\/⌒ヽ   ノ ´.:ソ.:   .:.:j::|
          ゚,八:: :.  ::.\:: ::.://   j/⌒\__,ノ \  :: /.:   ..:::;:゙.;
         ', /' .:;_:.. { ̄:: :/`/`ヽ/   j   \\ _} :: :ア} ..: :::イ:.,′



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    国の長であるサーバル自身が、魔王信奉者だからだ。

    いいや自分だけではない、国中の同朋を思う。

    多くの獣人が真摯に祈りを捧げている所が鮮明に想像できた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

2905 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:53:51 ID:hUQbb6Ha




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    祈りに集中し、意識を深化させる。

    すると苦く、統治者として悩むべき問が顔を出した。

    ――――信仰の自由とは言うが結局はただの自己肯定。

    祈るための大義名分が欲しいだけではないか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   _ , --/ ̄ ̄ ̄\  _  _  ___                                > ‐ - - 、
 ∠_ ヽ  /  , =、 , =、 V´  У V._    ヽ.   , - ─ - 、/ ̄> ─ 、     _.__, ─‐ 、  /   _   _ ヽ´  ̄ `У. `v‐-、 .
´   ヽ .Ⅵ   、     , |  〈  |´¨`, =、 | /    __ .ヽ , -- 、  } __  /  / / _  ,=、ヽ|  "¨゙ ´¨` |ヽ __∠__',  l
    | | |   ヾ ‐- '´/ | ./ ̄ヽ| |`‐ィ  / ∧    '"¨  .〉 '` '`| / _. ヾ  .}  | "¨゙ ,  } }   、___,イ |/       \{
    / ' ヽ    ゝ-‐' ,'/  ___ヽニ´.ノ { l ヽ   ヾ - ‐{ 、.`='/ /   \∨/  ' , `ニィ´ / ゝ、  ` - ‐ ´/ , - 、  , -、   ヽ
  /  _ /   、 _/  /   ヽ /   >´ \    ̄フ   ̄./! ,=、 ,=、 |||    〉‐- く   |     { '⌒`  ⌒゙  .  }
 ´  /      \..  .,イ   __.  V   /    〈   ̄「   /  | ト、__,, /.、V  /    ヽ /      |、     ,    ,'
    /     '     ',  ゝ! 、"¨`,.=、|  ,'        }   }   |.   ` `ニ´/.  ヽ'´       /        ||` - ─‐'/   /
   {            |/ ヽ ゙、`‐イ / |     {  /   |          ',     /         , -| ヽ__ノ  ./
  |          |  \  ̄メ  |       {    |          |   /         /  ヽ     /







      \  ∧       、   ,-、     /    } 、ヽ`
       \ }h。.  , -r‐v‐ト、 \__∠}>-―く/         ――――。
        ヽリ 个{ i {  { ヽト、   }O }〃   ∨ /
              イ| i ゝ ゝ ヽ _/: o i{{     ∨
            / | ゝ、____ / ヽo 〈{{    ト、
             i ゝo   / }    \ソ{    | ヽ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    かもしれない、それも受け入れるべき指摘だ。

    だが禁教令を出す気はないし、種族としての総意でもある。

    公人としても私人としても、有様を変える気はない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

2906 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:54:21 ID:d9WNz6Rh

おらっ、呼ばれてんぞアーラシュさんの次点

2907 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:54:56 ID:ynDGlW2k

まぁ祈ること自体は自由だしな

2908 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:55:10 ID:hUQbb6Ha




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    そう例え――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━










                          γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                       |  また、祈っているのかあの魔王に。
                       乂________________..ノ

          ゛゛二 ニニ= ..,,__                       __,,.. =ニニ 二""            /
    ,.、 ----―――-- 、、_ `゛'、              ,ィ'"´  _,, --―――---- 、、     ─
    ilァ====z-――-キ三三ニz .,゙             〃,. zニ三三r――-、ヾ====ァリ      \
    iz   |l|  {ilij  |ll|    `゛                  '"´    |ll|  fili}! |l|   /l/
     l!、.  iz、 ` '' 、'ッ __                        __ヾ'、 `" ノリ  ノツ     ――――。
     `ミ_三三三三三ニ=一'                     `ー=ニ三三三三彡'













               {ヘ...'......\、   l \..\  !、  V/>、ヾ二二三三三三三ニ/=f
          _  _,,,ヽ.ト、..、....\  ー  `_、\.λ', V,/∧∨二二二二三三/二ミ、
          ハ二二二>≦ニ`ヽ..ト..`ュ.、_ ´ ‐ `ソ‐l ', V//∧∨二二二二二三二二\
         〃^>、寸ニ{^ヾ二二三ヾ≧、寸>ーイ_ -‐l ', ゞ‐「l―ミ二二二二○三ニ○三ニ、
          〃////,、寸!`、V二二「    厶ク´ ̄7:-‐ l,r「}  〔〕 __)三0二二二二三三三ニヽ
       〃//////>、`、 ト、ヾ二=、 l , -―/   {  / 〔〕l 〔〕  _,ノー-―━・・・━―-vァァュ、_)
      〃/////////>、 Vヘ Vニ=ヘl   ,八  _ ヽノ  〔〕{l 〔〕 ´ ノ二二二二二二二=l´ ̄
     〃////彡'´¨ ̄フ, V∧∨ニ{  ノ 厶 '  ゙〈   〔〕{l〔〕  イ三三二二二 γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
    〃/////    ,〃={ Vム ∨:_ゝ''"ア´       、  ,ハ {i_{〕=≦二二二三三  |   ……あれ、どうしてここに?
    〃'///-、   f/三ヘ八 }^Y= l /       \/ハ)´={ハ二∠三三三三  乂______________..ノ
   / }'/ {  弋⌒l ||二二ミニ| lに !          ,イ^V)二二二二二二ニ=ミー<ツ、
   ゝ'′ (\ノ}ト、)弋ヾト二二>! lに l         ! // ノ(}二二三三三三三三三≧ミ、\
      (ヽ/=!}:l=l{)=ミ\¨ ̄、: :.  、こ 、     l l l/∠=(}=======ミ、三三三三ニ≧ミ、
       ト/!ニl{}=!=、{)、\\: :\:.  、こヽ   ノ! }彡´ニニ(}二二≧ュ、==ミ三三≧ュ、三三三≧、
      //!ニl{}ニ!ニV`(ヽ>≧===========∠三三=(}二二二二二≧ュ、ー――‐'三三三三≧、
     ////lニ|{}=∨ニ、二`(ヽo。二二二。o(フ二二二二(}ミ、二三二二二二二≧ュ、三三三三三三
    ,/////l二|={}=∨ニ、二二二¨¨¨¨゚二二二二二≧、(}二=≧ミ、三二二二二二二二≧ュ、三三三
   //////!二lニ(}ニV三ヽ二二二二二二二二二二ニ(}三\二二≧ミ、二二ニニ\二二二ニ≧、三
   //////,l二二=(}ニ∨三\二二二二二二二二ニニ(}三三=\二二二≧ミ、二ニニ\二二二二≧
  ,///////,!二二二(}二∨三ニ、二二二二二二二ニ,(}二二二二\三二二ニニ\三ニニ\三三二二
 ////////|二二二ニ(}二ヾ三二ヽ二二二二二二ニ(}二二二二二ニ\三三三二=\三三\三三二




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    瞑想から意識を浮上させ、ゆっくりと眼を開く。

    そして部屋の片隅にある闇に目を向ければ、人影があった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.

2910 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:55:40 ID:hUQbb6Ha




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    憂いを帯びた雰囲気を纏い、それでいて不屈さを瞳に宿した青年。

    大陸中の人間で彼を知らぬものは居ない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



             /  /     / 厶イ \}/:ノ {::}    \/
            // :/      /       ´   ':j     ',
        / /  :/    / イ           }:      ',
         / /   :/    イ _/_j{          } ∧ i    ',
.       / /   :|     :/ { /⌒ト-、{      // | |    i
      / /    {    /  リィ≠ミ、 ',    ,斗‐一 | |    |
       / |    ゝ  | 〃 んハ \}   ,ィ=ミ、  | /:     |
.     |  |      :i\ :| {{ {rtjヘ}   |  ,ん:ハ Y /イ}    .イ
.     | ∧    {\「` ` vこソ  |/{rtjヘ} }} /^}'   / |
      ∨ \  ト > j{            vこソ ' /ハノ   / ;
          \ { V^\      '       r‐イ-=彡  /     赤薔薇ちゃん。
       __   /⌒}}`ヽ)h。   r― 、     ノ/ノ     /}
      ∠) `'<   ∥/⌒ヽ)h。.こ´__ .。s≦ ´ </  .//
.     / o      \〃/ ゚o。 ゚o。`>‐「イ 。o゚ } ヽ  } __ .ィi( }/







       ′ !   l  l  |l   l  :l  l  l |  |  |   |! l| |l l  l '   ′
.         ' ! l    !  |l   l  :l  l  l |  |  l !   l| |l l  l    ′
.      l l    | | |l   l   l   l  l |  |  l |  |!  |l   l '  ′
.        l :l    |  |  |l  l   l  l     !   l    |  l| |l   l    ′
       l   , .   l  l  |l _ l _ l _| /    _/_| '| , l  l   |  !
       | lΛ :.  斗 | 从 从 从_  /  '  ′/___|/ l/ j/ ,ト   l  l   |
       | l 'Λ :. l  !jI抖托恣芋ミ、`l/  ′ / jI抖托恣冬ミ、/j ′j ' l   |
       l l  Λ  ' ‘く {込坏リ_,`   / /  ´_ {込坏リ`>’′ /   l
      l l  八\ ' ′`  ̄ ̄         /      ̄ ̄ ´ / / ./ /  l  |
.      l l   '\丶  \       / /l          / / ./ / ' !          ノックもなしに失礼した。
.         l l   :{∨`:..\          // |         / // / /    '
        l l   { V  :. 丶       /'   |:            /' / /  ′ '            お邪魔している。
.       ,    {___∨:. :.,          !           イ/ // /  / /
 -、- ===≦ , '  VマΛ :. '\      ___  _      /// //}/ ̄/ /≧===‐- 、
′, V~v//Λ ∨ ∨/Λ :. :. ;:.、      :::::     /! //.: // //// //// // v ′
  〉 ∨/// /Λ ∨ ∨/Λ ' V :、≫         ≪人l//从′//// ///////,| K ′
 `K ∨///// \\ \ Λ/   \ `   __  ´ /   \/////// ////////,| |/! l
!  lΛ {/////////////∠  r ⌒ ミ   _  彡 ⌒ T  ヽ // ////////// | |/! l
|  | Λ ∨////// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ー―――‐-ア´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨///// j 7| |
|  l/ Λ ∨////{             ヽr= ====イ            ///////7 '/| |



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    千年を生きる人類の守護者であり、伝説の大英雄。

    宵闇の国を統べる吸血鬼の王、至高の赤薔薇たるローズレッド=ストラウスだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

2911 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:56:28 ID:Yn6merok

赤薔薇王でもちゃん呼びかwwwwwwww

2912 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:57:09 ID:hUQbb6Ha




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    勘と言うべきか、嫌な予感が肌を撫でる。

    前置きも惜しみ、用件を伝えるよう催促した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




            { .,,_}   }:: :: ::.{:: :: :,   ⅵノ, :}
           ⅰ \ _、丶` ` ̄´"'''~ .,  / ::}
          !、ヽ`  ∧  ∧     ` 、 :;′
              、`   , /  `、/ ゚:,   ,    \\
.           、`   ,′           ', ':,   `、 ` 、
           ,:   ; jj :. :.      :,  }:, ゚:,    `、  、
.         ,'   {: 从:: ::[」 冂0  }: / ':, ,::.    ', ':,
.        ,゜  .: ::{ j{>‐=::.    ‐=ァ=‐- :, }:: :.   ゚, :, ゚:,
       ; .: .: ::∧{  \:, ::..  .:∥     }ノ: :: :. .  }  ':, ',
.        i{ .: :: :ハ  x⇒x`、:: :: ::/x⇒x、   ゚;: :: ::.  ;   ', ',
       i :, :: :: {:.;; ,゚ ,_)恣 ゚:, / __)恣 ゚,  .} :i : : , ゙  :. i ,
        {:: \:: {^  { i{{了}}  Ⅴ {{了}}i }  川; ィ'゙.::   ::.} '     いいよ、お祈りは略式で済ませたから。
        {::  \:, }  乂_ツ     乂_ツ   ノイ 丿 ::   :: } ¦
       }.::  :: i{ {      '           √ '´ /.::  .: ::j: ;     それで……何の用かな?
        {:,::.  :. 公、    ,.  、     ,.ィ{:: :: ‰    .: :/ ,′
        ∨、::.. 「「\`  .,_     _,.、rセ〔:::/}:: ̄]  彡 ゛∨
         `ヽノ  /С ` ミ=.,,. ´。O∨ ノ/フ''"´
               ,.{% ‰ {O }。 °。 ゚ }‐- .,








        /二二二二二二二二二二/ . 、       ヽ二二二二二二二二二二二二ニ',
       rVニニ二二二二二二二二/ ,' ;  ヽ.  丶 、ヽ.ヽ二二二二二二二二二二二ニニハ
.        ハVニニニ二二二二二二,  .l .i ハ、 ', ヽ. V ', i. ∨二二二二二二二二二二二'イ゙i
.         } !,.!ニニ二二二二二二二 i { l',!_ト、  ,-‐,.''ニ、!.l ', ∨二二二二二二二二二ニニl)l .|
       ; lゝ!ニ二二二二二二二i .l i,iィ'l, -r`\ 、ゞ‐' j/l ハ l二二二二二二ニニニニニl)! .! あと少しで会議の時間だ。
        l .!(.!ニニ二二二二二二! l ト 、ゞ‐'   :,丶、   イl l; } l二二二二二二二二二ニニ!).l !
         { .lゝlニニニ二二二二二二, ! ` ヽ        / |:lリ ハ.!:::::‐-、二二二二二二二ニ!) |_.j  会議室へ赴くついでに
        `´{,!二二二二二二二二,、l'"∨`   ´ ` イ、.j/'::::::ソ:::/ !l二二二二二二二ニl.)
.           r'!ニニニ二二二二/,、ヽ`:::::}ハ />-.イ,.._,. '--、:::://  l.!二二二二二二二ニ|)    君を呼びに来たのと、
.         ',l二二二二二二二、{. ヽ\:::r―‐- r―Y _  .!://  l.!'//>,、ニニニニニニ!)
          (l二二二二二二-―',',  \ヽ  ‐= j  K´   !'イマヽ.!l//////,ヽ二ニニニニ|)    一つだけ忠告をしに。
         (lニニ二二二/////ハ , ///ヾ、 ./.lーーヽ\ /、 )/ゝ////////ヽニニニニ!)
        (lニ二二二,イ////////!」//⌒V{_,.ィ l二,. ィ! !´、77´/////////////{二二ニ|)
          (lニニニ二/////////////ゝイ///l l.∞∞.l .!::::\'/////////////////,iニニlヽ
          (lニニニ/7777/////////////::/ ' l.l.l  l. l:::::::::`<///////////////!ニニ!'
          (,ニニ//////////////////::::::/ ./! 二二 .l  l::::::::::::::::::::ヘ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ/lニ=!)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    本来なら親交を温めるためにも、世間話に花を咲かせたかった。

    しかし、後手に回れば痛みが増すのは狩りの常識だ。

    相手も同じ気持ちだったのか、すぐに会話へ乗ってきた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

2913 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:57:17 ID:a/r6nPPx

サーバルちゃんは基本誰でもちゃん付けで呼びそうではある

2914 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:58:10 ID:hUQbb6Ha







                         γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                      |      忠告……何、かな?
                      乂______________..ノ






                           \
                        _,ェ=  ヽ、_
                       ´ ̄-‐     `冖ヽ
                        //j/ __ i ! |.!\ ヽ
                        ///、- ム`i.i! !|  ヽミ
                           / j/ ト   /リ!.i|)ヽ  ミ
                             !  i     レ  ヽ ミ        サーバル、本来であれば
                         __ ̄7r===∧',\i\
                      __リ :「: :.i |////─一ァ         信仰に口を挟むべきではないのだろう。
                         \::::/ノ ,ノ丿'//,r‐冖´|
                        |//:/: ///////xXXxY          だが敢えて言わせて欲しい
                           /x/θ:ii////// XXXX|
                         /x/ゝノii'/////xXXXXx|            ――――魔王信仰は禁止すべきだと。
                      ,ノxX/:i !:::ii====〈.XXXXXX|',
                __, ‐´xXXi::/.i::ii/////,|XXXXXX|::',
                 |xXXXXXXXi::人',!i/////,|XXXXXX|::::',
             ////∧xXXXi: : : :|i'/////,i xXXXXX|::::::',




   { \ヽ. ',  ∧  ',    /} イ : ∨
.    ∨<\  ',  ∧  ',      /  ; |
     ∨\  }   ∧  ',    > i |``~、、
     ヽ く .。s≦¨¨  ̄ ̄ ̄ ¨¨≧s。 } ト、    ` 、
        >'’    ,.:、         ``ヽ、 \ `ヽ、   \
.     /  /\ /ハ:i\        \ \  \.  \
    /   ./i∧i∨i:} \:i:',        \ ヽ      ヽ /
       | {i/ ヽi{:iノ  ゝ}   \      \ ',  ヽ,  ∨ /
.   /   | |           ト、  ヽ       ヽ}    ',  ∨ /
  |   | |          ヽ |  \   ',     |      ',  ∨
  |   | ト、 /    ``ト}、__  ヽ }:       |      }   i
  |   ∧ {-イ         |   ̄` }∧     ./:       ト.  |
  |   | ゝ.  》=ミx    |ィ=≠=ミx  ',   /}       |.|   |
  ヽ.  |:  ∧ {{ )心、   :/ _)斧ミ、‘:, l   /,イ       |.|  /
    `、{:  ∧{{ {トuハ\/ iトtjイ:i} }}_ノ.//:/     / |: /
.     |   :{  ゝこソ    ゝこ(ソ   ⌒7⌒厶    / .|/
      \  ∧       、   ,-、     /    } 、ヽ`       っ!
       \ }h。.  , -r‐v‐ト、 \__∠}>-―く/
        ヽリ 个{ i {  { ヽト、   }O }〃   ∨ /
              イ| i ゝ ゝ ヽ _/: o i{{     ∨
            / | ゝ、____ / ヽo 〈{{    ト、
             i ゝo   / }    \ソ{    | ヽ




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    サーバルは胸に走った痛みで顔を歪めた。

    嫌な予想が当たってしまった事の痛み。

    そして敬愛する友人にまで指摘させてしまった事への痛み。

    二つが胸中でぶつかり合う。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

2915 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:58:27 ID:z5iuKxU+

赤薔薇王にちゃん付けできるの、サーバルちゃん位だよね

2916 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:58:37 ID:hUQbb6Ha




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    目の前の相手は千年を生き、それだけの年月を十二の魔王との戦いに費やしてきた。

    忠告は妥当だと思う。

    しかし、言わねばならないこともある。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                      ∥ {i: : :{: :{ ;     ゚:,
                     i{、ⅵ  i { {Vレ    ゚:,
                     {{ミ } ⅱ{! イ   ゚,
                       ヤ__j__,从 :, :, ノ彡' ; ]
                  , '"´   ´ '~ .,_ ノ } }\
                     / /{ ,イ   ` 、` 、丿 j `` 、
                    , 〃 {/ }      \ ` 、 \   \
                   ,゙∥     ⅰ     `、 ':,  丶   `、
                    i {{‐-   ; ∧ ゚,    `、 ',      `、
               { 从    }‐- ゚:, }      : }        ':,
                ヤ/∧ .: / ,,_,,_ } ノ     ; ノ          ',
                V / ):, / ぅk`く ゚:,    ノ<,.        }i
                     Y し`′{リ}} j }  _、 ⌒厂        リ
                    八  '  `ー″ .ノ丶` ,.ィ(ノ    j i   /      一応訊いておこうかな、どうして?
                     \ ..,,_     ̄_,.ィiフ゛ /     ノ }  ,:゙
                 ,.∥ 、,,.. -=ニノ^} }∠^フ  _,. ゛ }/
                      { {{{°℃} Y´。с }  ∠-‐ ⌒
                      { j >―廴}、   { jj  `、.,_
                  乂 7    }}` .,,_} ⅱ   `、 ヽ
                      ;  ;     ∥    i{{ヘ   /{
                 {  {     ∥    `人、ヽ´ 。 :,







.      l l    | | |l   l   l   l  l |  |  l |  |!  |l   l '  ′
.        l :l    |  |  |l  l   l  l     !   l    |  l| |l   l    ′
       l   , .   l  l  |l   l   l   | /      ,   | 'l 'l  l   |  !
       | lΛ :.     l 从 从―从  /  '  ′/-―j/‐l/ l/ ,|   l  l   |
       | l 'Λ :. l  !            j/  ′ / /     ′ /j ′j ' l   !
       l l  Λ  '  ,厶 ,,, __ミ: 、   / /  彡__ ,, 厶   ′ /   l
      l l  八\ '  ⌒¨¨¨¨¨⌒       /   ⌒¨¨¨¨¨⌒ / / ./ /  l |      敵だからだ。
.      l l   '\丶 \        / /l          / / ./ / ' !
.         l l   :{∨`:..\          // |         / // / /    '
        l l   { V  :. 丶       /'   |:            /' / /  ′ '
.       ,    {___∨:. :.,          !           イ/ // /  / /
 -、- ===≦ , '  VマΛ :. '\         __  __       /// //}/ ̄/ /≧=== γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
′, V~v//Λ ∨ ∨/Λ :. :. ;:.、     :::::      /! //.: // //// //// // |          率直だね。
  〉 ∨/// /Λ ∨ ∨/Λ ' V :、≫         ≪人l//从′//// ///////,| 乂______________..ノ
 `K ∨///// \\ \ Λ/   \ `   __  ´ /   \/////// ////////,| |/! l



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    吸血鬼の王は断言に、苦笑交じりで天井を仰ぐ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

2917 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:58:54 ID:hUQbb6Ha




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    視線を戻せば、ローズレッドの顔は変わらず真面目だ。

    当然だ、何も間違ったことは言っていない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                  | i _)      / /___j{   (_i|
                  | i  \__ .。s≦¨ ̄ r‐:、\-くi|
                  | i .ィi〔/       ; |i:}\\ト、\ /
            、ヽ` i/ ./     ;  | {iノ  \iノ  ∨ /
          、ヽ` // ./       {  |       ',. ∨ /
         /   / ./ ./      :|  ∧ ',      ', '. ∨ /
        /      / ./       |  | V∧        | | ∨
       ,:'       | /       :∧__{  V∧ {     }∧ |
.      /   /     .!.{        :/ Ⅵ``ー-t' ', __,ノ∧ i| !
     /   /      ゝ       /   ィ=≠ミ、 \ ',  / i i| /ヽ
.   /   /         \    !  〃_,)ハ ヾ  ヽ} 笊 | 'イ: |
        /        /´\   |  ∥{トuイ}     jノj.} ∨ |  |
   |    {           { ⌒_\ ',   ゞこソ      {_(ソ }} / /
   |    ハ      {  |ヽ (   ⌒ヽ          ヽ    ∨/
  ∧   :| |      ',  \_人                   }
.   ∧  | \     \     ト、       r‐ 、    /      赤薔薇ちゃんからはね。
    ∧ :|  \    :{⌒ヽ.   { _〕≧s。.    ` ´ .ィi〔/
.      ∨    \‐=ミ\_ \ .jレ{,ノ___   `7 ‐-<\}/
           ゝ{ `⌒___∠//(_)O`ヽ、ム_/(_)ヽ
              /⌒ヽ  { Oo Oo } O}。O O}





               / .'   {  、 \  丶  、  、.丶
.             '.:  /    ',  \ 丶 、 \   、 ヽ  、
          '.::  ' .i  . ヽ    ヽ \ 丶. ヽ \ 丶`
.          / .:  ,'.i    ',  \.ヽ   ヽ 、` ._ヽ ヽ     \
          ' ,   .l、 !  ヽ、  丶. \   ヽ> ` - _   ヽ \
        ' .!  !.{  ', 、  ヽ  ヾ\ ` 、 ヽ.! .} ̄  ‐-  _ ヽ 丶
.         ' ! .{ i !ヽ  、 ヽ \ヽ、ヽ_、._ _ \.r 、 ヾ、   `ヽ 、
       ' ! : 、 !ヽ 、  ヾ ,.ィ- ̄__ヽ ' , ∨':; ! ', ヽ ヽ! l ソ ヽ
        l l  、 ̄,.二.ヽ 、ヽ、 '" rーソノ Vlハ l.〉.ハ! j ハ__-‐ニニニヽ
       l ', . \ヽVソ \ヽ \  ̄ ̄´  j !リ∧!イ-‐ニニニニニニニニ}
         , !、 ゝヽ    ; \ 、ヽ    _-ニニニニニニニニニニ二|
         , .!\ '、∧ヽ ノ   ` 、` r=ニニニニニニニニニニニニニニ}   ? 他の人間たちから見てもそうだろう。
         , ヽ_ヽ  ',丶   _   _   l ::, 'ニニニニニニニニニニニニニ'、
    __-‐=、ニニ'、 、ニj>、  ‐   ,! ::::, 'ニニニニニニニニニニニニニr‐ 、
   / _ 'ニニニニヽニニ\ニヽ > ,. イ,. ! :::::., 'ニニニニニニニニ!{:⌒ト,ニニト:,. }.ト、
   l. ::., 'ニニニニ\ニニニニ', / ._ヽ⌒l. ::::::::, 'ニニ>ィ.ヽ'.ニニニ{乂ノ }ニニゝニィ=-ヽ
.  .l. :::::, 'ニ二二二l ` 、 `ヽ<ニ!_,. - ! ::::::::, '=ニ{.!::. .j '二二>-ィ-‐ ̄_,, --
.   !. :::::::, 'ニニニニ!       ,ィ 亠/   !. ::::::::::::, 'ニヽ ー' .ノニ=‐ ̄_‐=ニニニニ
   , ::::::::::, 'ニニニ,   ヽ::::.、/ '" /.::'" .! :::::::::::::::,. 'ニ>=''" _‐ニニニニニニニニ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    勘違いさせたようだ。

    でもあえて修正はしなかった。

    どちらでも同じだからだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

2918 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 21:59:41 ID:hUQbb6Ha



.  / /′         /      /     // /   /   /
_彡 ´ /    /  //      / / .// /    /   〃
     /    ./   / /    / // // /     /   /
.    /  .// ./   /      / 〃 / /  ̄ミト .,/   /
   /  / ,: /        //   /  // ..,, __     /    ′   //
.  / /  /    / ./ ´jI抖托恣竺竺冬ミー `丶 ′ /      /
  /  //     / .:. ′  \ 忙乂云坏'リ  `` / //   / / /
〃   /      //V´'′    ー――― '′ // /   / / ./
     /   //' Λ丶 ′                // /    .:   / /    君の博愛精神は素晴らしいものだし、
===ー-/   〃     ≦\`'′            /'′/   //   //
ニニニ/   / x ´ニニニニ丶'              /  ′/ .′ /´      好ましいとも感じている。
ニニ‐|  ∠ニニニニニニ‐Λ               / /   l
ニニ‐| /二二二ニニニニニニ:.             /     |            だが、これは行き過ぎだ。
ニ=-‐/  ̄   ‐-=ニ二三__ニニ:.               l
_/  -= : :  ̄: : ‐-    __ ̄ :.              ′           現実として目前に人類破滅の危機が迫っている。
_} l : : : : : : : : : : : :  ̄ : :.                                    セブンスターズ
_l l : : : : : : : : : : : : _ ノ´\       ― _‐-- 、         それに対抗する七星国家の一つが、
_l ! : : : : : : : : -=/ ̄      {\         ̄ _
Λ . : : : : : : ̄ : :/            ,:.:.:丶          }   \       その国の長が魔王信奉者では士気に関わる。
‐Λ 、 : : : : : _彡             \ :. :..      {:    \
ニ‐\ \: : : : : -=  ̄ミー=ミー 、   Λ   :. `     〉





.                ,:゙/ 、ハ/|  Y  |ハ/l_, ベ:,
              ん′」  l      l   「  )ハ
               | | _〉  」   」_ 」_  〈_ | |
               | | く_> ’ ⌒^⌒ ‘ <_く | |
                  〉'゙´   ∧  ∧   `゙'〈
             //    〈八W八〉     \\
.            ,:', :'゙   , /: .          ヘ  、 ゙:.、゙:、
           //   |:||: .    .:│.:ハ:│  ‘vヘ
.           / :l   . :|斗キ‐く/ 「」 i7‐jチ‐-|: |: .   l :'.
        ,′:| : . : :∧:ト、V(: : .  .:j/   |:/: : .: | :ハ
         | l | : : :〈 `沈㏍(: : : . .:沈㏍ ´〉: : : |.:l |
         | l 人 : : .∧ 《 rうx「`ヽ:ノrうx「》 ∧ : .: 人.:l |
         | |:  l\〈(..} 弋_ソ    弋_ソ  {..)〉/l  :| |     そうかな? 魔王信仰ってそんなに悪いこと?
         | |: : .:\: :八      ,      八: :/:. ..:| |
.          V\: : .:rへ:ヘ、   t‐‐‐ァ   . イ : イ: : .:/V     士気に関わるって言うけど、今のところ問題ないよね?
              \」  `Y´> ..`こ´. <`Y´  」_/
        /^「\_    _〉Oo_。{ 8 }。_oO〈__           あたし達獣人種族は率先して討伐に動いてるよ?
      rくヽ し' `)  /´(_。_.・x个r个x・._。_) `.
.       ヽ_)く`てr'  /  |i     |i      i|   '.
         「  Y /  ` |i    |i      i| ,  ‘v‐,
          |  「⌒`ヽ、|i    |i     i|(    )人



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ローズレッドは嘆息し、そしてサーバルの顔を見つめる。

    分かっているだろう? 眼はそう語っていた。

    サーバルは視線を床に落とした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

2919 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:00:06 ID:hUQbb6Ha




                  - "  ´  丶
                  / . 、       ヽ
               / ,' ;  ヽ.  丶 、ヽ.ヽ
               ,  .l .i ハ、 ', ヽ. V ', i.  、        君は七大国の一つを治めるに値する人間だ。
                  i { l',!_ト、  ,-‐,.''ニ、!.l ',
             i .l i,iィ'l, -r`\ 、ゞ‐' j/l ハ l       なのに君と統治国が大手を振って魔王信仰を許せば、
.               ! l ト 、ゞ‐'   :,丶、   イl l; } l
              , ! ` ヽ       _  / |:lリ ハ.!:::::‐-、  信用問題になるのは分かる筈だ。
             __,、l'"∨` . ´   イ、.j/'::::::ソ:::/ !l
.             /,、ヽ`:::::}ハ />-.イ,.._,. '--、:::://  l.!
            '、{. ヽ\:::r―‐- r―Y _  .!://  l.!'//>,、
.            -―',',  \ヽ  ‐= j  K´   !'イマヽ.!l//////,ヽ
        /////ハ , ///ヾ、 ./.lーーヽ\ /、 )/ゝ////////ヽ、







                     ', \   ]   :  :;   彡ァ .:}
                    ‰ _,,,..,,,ノ,,,__,,;;;;;,__;;,   /  ノ` 、
                 / ,,. -‐        ´"''~ミ ヘ、 `、
                ,゙/     ,   ,     `ヽ、`ヽ、  ':,
                     ,:゙    / /∧ /∧       \ や  ',
                 /   / .∥/  V / ゚:,    :,    `、ヤ  ゚.
                    ;   ∥ ; {            :,  ',     `}  ':, ,
      ,. .,_       {   i{ /{ ト、      i ∧ i       i  ゚;. i
    / ‐- ´"''  .,_ ⅱ  从{ ∨人ヽ    リ∠ヘ ト、      }   }¦
     ̄ノ´/ ヘ   ``人 {{  :,{ r公、   / r勿k}ノⅰ    ノ   } j      でも紅玉ちゃんが魔剣を持ってたときは
          ´  )  _,. ¬、リ   }  リり∧  / リりリ } }   /    ,゜′
        ⊂ -‐     \   {     ヽ'゛      ∥,.ィiノ    //      大丈夫だったよ……?
                   \/ 、   ,  、    ノ<\^}  /
                       `г .,,___,,. 、丶`〃´  V く








              /   / /   /  !             :.     ′
                /  / /            |i    l:     :.   ′
             ′      ′  !         l!       ′
             .   ′      |:        l:    :.
              l  i: l       |:      |l   l:    i:   l         あの時とはもう状況が違う、
               l  |i |  |   |:     |l   |:     li   l
               l  || |  |   |:     |l   |:     ll   l!        黙認できる限度を過ぎてしまったんだ。
.             ll  ll l  l   |:     |l   |:     ll    ll
                ll   ll l  l   l:     |l   !:     ll    ll       分かってくれ新しき友よ。
               ll  ll l  l   l:         l:        ll
             从   l: l   l   l:    从   ノ:    リ   从
            /⌒二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二⌒',
.           /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 Λ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    口調は静かだが圧があった、つまり警告だ。

    そして話を逸らさず、受け止めて欲しいという哀願でもあった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

2920 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:00:23 ID:hUQbb6Ha




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    そして新しき友――――その言葉の意味は重い。

    サーバルを指して言ったのではない。

    千年を生きた者から見た、獣人種族そのものに対しての心配だ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.        l :l    |  |  |l  l   l  l     !   l    |  l| |l   l    ′
       l   , .   l  l  |l _ l _ l _| /    _/_| '| , l  l   |  !
       | lΛ :.  斗 | 从 从 从_  /  '  ′/___|/ l/ j/ ,ト   l  l   |
       | l 'Λ :. l  !jI抖托恣芋ミ、`l/  ′ / jI抖托恣冬ミ、/j ′j ' l   |
       l l  Λ  ' ‘く {込坏リ_,`   / /  ´_ {込坏リ`>’′ /   l
      l l  八\ ' ′`  ̄ ̄         /      ̄ ̄ ´ / / ./ /  l  |     君達の気持ちも分からないでもない。
.      l l   '\丶  \       / /l          / / ./ / ' !
.         l l   :{∨`:..\          // |         / // / /    '       でも時期が時期だ。
        l l   { V  :. 丶       /'   |:            /' / /  ′ '
.       ,    {___∨:. :.,          !           イ/ // /  / /       今は気持ちを抑えてほしい。
 -、- ===≦ , '  VマΛ :. '\      ___  _     /// //}/ ̄/ /≧===‐- 、
′, V~v//Λ ∨ ∨/Λ :. :. ;:.、      :::::     /! //.: // //// //// // v ′
  〉 ∨/// /Λ ∨ ∨/Λ ' V :、≫         ≪人l//从′//// ///////,| K ′
 `K ∨///// \\ \ Λ/   \ `   __  ´ /   \/////// ////////,| |/! l







                     /    _,,,...,,;;_:: :: :: ::..ヾ    ..::'゛.:.:.:.:./ ゛.::
                 r- .,_‰   、丶`_,,.、、..,,,_´ '~ :;. :.,_,,..::'゛. : : : /.:.:.:.:.:.
                ,:'"´ ̄( ̄ /  、ヽ`` ̄         ` 、     /. : : :、 `
          _、丶`)      / /    rっ__   ,.       \:: ::゛ . . ./
        // /  (_,,.>'ア        └┘/ _,,.、rセだ     `、:.  /   _,.
        > /  __   __ ; .: ..:: :: :: :: :: ::∨.:   ̄  // _,,...,,  `、:〈   ≪
       /ー ゛  (,、丶`` {_{.:: :: :: :、ヽ芹气∧::.    {i{彡イ リ  や:: ::.ー―一 、 `
        `ァ''"""´c   Ο !j:: 、ヽ`   ,ィ'つi{ ::∠〉      / /    ヤ :: :: :,,_,,.、ヽ`
         ;゜。°。`:, С    }{;:゜ {   {i♂ノ}.:: /ヽ    /    }i :: :: :::}}
         ゚:, c   :,,_    }¨⌒'    ゜゚°;.:: └ ' 、 ,.  ,.ィ    j}.:: :: ::∥
          ゜, ,,,...,,,_{..,()´´"" 0 ゚:,     ノ__,,.、rセ==ア/ /  ∥:: :: /
         〈 、 、 ``ヽ´"''~ .,_ :,  、   γ♂ ,心  /.: ,:' [」 /:: _ヽ`     ……心配してくれてありがとう。
            ヽ }、 :, } }       ``\ 丶     ー ゚゜ノ , ゙.::/   ‰ヽ`
          ノ jノ ′ ∧       ` .,_     /.: :: .:.  , く             でも、ごめんね。それは出来ないよ。
          ¨〈.,,_//∨          ´"'ァ=≦:: :: ::_,.、ヽ`




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    例え自分達の立場が悪くなるとしても、そう付け加えた。

    ローズレッドに言われるまでもない、先程は惚けたが、危険な思想であることは同意する。

    魔王信仰者に破滅的、終末思想を有する者がいるのは事実だ。

    時折逮捕や追放……さらに上の刑を執行せざるを得ない時が王の責務としてあった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

2921 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:00:57 ID:hUQbb6Ha




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    そして、今が人類の危機であることも理解している。

    この国では邪龍との戦いは日常で、街が平穏を甘受できるのは国境警備隊の奮戦による賜物。

    平和のために協調が必要なことは、諸国の誰よりも理解している、筈だ。

    魔王信仰も協同路線を取る為には邪魔となることも王として分かっている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


:\ノ!i}^} iヽ ┌- \_ ∨⌒i.┌-  } ⌒ } ‐- }「i}‐- }: . . .  ¨¨ ア _,-‐…、
  i\ ノ {^{ iハ ┌- .  } ⌒{ -‐…‐-- L =-‐‐…‐‐-  -‐ ⌒ V⌒ヽ }∨
    \}  i{ 小┌-   八-‐{  ⌒ヽ  ‐-   ‐-  ___  ノ     }   {^ハ
  i    ヽf }i} { i:.┌-  ┌\/ ハ、-‐V    ア ィ(_ソ<⌒      {'⌒ヽ.|__」、
  {     ∨}^}{iハ┌-_.┌ \ /ハ-‐}   _/ `7爪{   \        }‐- _} . |.ハ
       ∨.{ {小┌- . _┌ ヽ/ハ } /.  /  {i    ≧ 斗-‐└-  」:ノ .{
       . ∨ } iハ┌-「 ̄_┌ V ハん  /    }iL -rァハ〈{:.:V:.}ノ^iア:ri^ヽ }
: .        ∨ } { }┌- 「 ̄_┌ f{ ノ  }ノ ⌒> ' ¨_.r:Ⅵ: レ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: }ノ ハ.ノ
: :     i   ∨{  } ┌-├‐ _┌ }レ′/     { Ⅵ八{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: <ア }
:、:  {    {l    ∨} .} ┌-}  ┌ 爪∠     ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}ァ^爪
 \i}    i}    ∨}{i   「 ̄  ァ ´  `Y   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}ァ/‐
 ‐- :。.  {      ∨i{i  ノ-‐ /      {i  / イ Y⌒ ー-ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;ァ/> ‐
    ア ^ <_ {i  ∨i /\  ′     \{ 斗ァ |⌒ヽ    Ⅵ::::::::::::r {‐-
 ーァ′      ゚ ‐-=V-‐ ⌒ヽ{        V イ:.:.|   }   }:.:.:.:.:r {  Ⅶ `
  {           {=-‐   八          Ⅵ7: |   {   /:.:.:.:.:}〉}   }   Lノ
‐-/              Ⅶ   / \        { fフ {   }   ′: :.vi〉{  .ノ   L
: /             \  \  \      }くフ人    {: : : : }〉ノ / Lノ
/                  `「  ̄ ̄ ⌒ヽ     } くフ: :.\___ノ: : : }〉 /     Lノ
                  }     {i   ',  八: :<ア: : : : : : : :}〉ィ   Lノ
                  { i{    }   ハ    \/{、/{_ ハ }ソi {-‐ァ'⌒ア‐ァ‐-
                 Ⅶ       }       ー‐┴‐<} } ノ {  {  {  '







| //  ||    .//    //   |        //     //}  /        //
.i//   .||   //    //    i| /    //   //  }/,       //
//  __ ||  ,//    // _   | /    //  //!    /     //
/  /   `ヽ//  x‐///   \llf──-く/ //  |    /    //
  {     ハ_li //i{    ∧|   _ `く// \i|  //≧ く/
  {  _..=-‐r'´ // 〉   r‐く{   「 ‐==〉/  ヽ\ //    \                   __,,...
  厶イ八:::::::ゝ //__/__イ:::::r'\  入::::}    r==ハ{    -‐ヽ                  r-‐ ¨ /
  _.Уニヘ::ソ}/ ̄\\ ト-ノ  戉i:i:iト─‐ヽ_.L_ }    ヽ=ヘ             ィヽ  /
/ 八i:i:i:i:i:i:iノ≧‐-.._rっrv、  ,≦i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iイニニ\ }     〈 :::〉        ,。< >`"^"
ニニ二二二二二二二寸 j / 厂二二二二二二二二二人__∧ :/      ,。< >'´
`入ハl  x‐「´      <^ゝ=イi:i:i:i:i:i:} ̄ ̄ ̄ ̄/寸i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iく_   xrf‐fヽ>'´
_{  _i}//|  ]-‐=入__]i:i:i:i:i:i:/     /\  .寸i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}>'´ヽj_j_j_ノ|_
/ヽ// ∧   ] =[/  }i:i:i:i:i:i:i八_r==≦   ..イ ̄} 寸i:i:i:i:i:i:>'´.>'´/(ン 彡ハ
.//  / ∧  ]-=>=ヘi:i:i:i/ /  r<ヽイ     У ̄>'´>'´「  { __..イ



.

2922 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:01:23 ID:hUQbb6Ha




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    だけど、とサーバルは息を吸い込んだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                        γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                           |  魔王の中に悪い人は居たと思う。
                           乂______________..ノ







::::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::


            .ィ//////ヽ    >.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.<       ,.. - ― -.、
            ´ ̄ ̄`ヽ///\ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\__,,.ィ/////>=- ミ、
                 \///:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.//////////
                   ∨:.:.:.i:.:.:.:.:{:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:',:.:.{///////./
                      /:.:.':.:.:{:.:.:.:.:、:.:.:.:ヽ:.:.\i:.:.:.:.:i:.:乂///>''
                  /:.:.:i:.:.:ハ:.:.:.:.:ト、:.:.:.\:.:}:.:.:.:.:|:.:.:.:.',:.:.:.:.}
                      ,:.:.:.:.|:.:.'-‐ヽ:.:.:.',-\‐:.:.:.|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:i:.:.:.:.:、
                 i:|:.:.:.|:.:ト.,ィ弍ミ、:.! ィf沁、|:.:.:.:.:!:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:ヽ
                 {:{:.:.:.|:.:.《 ゞソ ヾ  マ沙 》:.:.:.:.!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.: γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                 |:.、:.:.|:.:.:.} , , '    , , , ノ:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:}ヽ _ノヽ:. |  でも紅玉ちゃんみたいに良い人も居たから。
                 乂!:.:|:.:.:ハ        イ:.:.:i:.:./レレj////}//} 乂___________________..ノ
                ルイ/.|:.:.|:.:.:|/ヽ `  ´  .イ|:.:.:{∨////////////レi:.:.:.:ヽ
             _ト、{////|:.:.|:.:.:!///>- < __jヽi///////////////,レ:.:.:.:.:、
             乂//////|:.:.!:.:.:|///////}三.ト///////////////////〈:.:.:.:.:.:.\
           、_>//////,j:.:.:.:.:.///>''"´ __{////////////////////.ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.
            ゝ///////,:.:.:.:/// `ヽ  >////////ヽ{∧///////人:.:.:.:.:.:.:.::.
             __{////////:.:.ノ/     "´ ヽ//////{::::/: : : : :';:ヽト/////ミ.:.:.:.:.:.:.::
           ゞ//////>''"         jイ////.ハ::〈: : : : : :〉::i/////ハ{.:.:.:.:.:.:.:.:
            > ´       _ソ      レ!///,ト{:::::',: : :/:::;'////{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           ´        ,..: ´         j/ヘ/|:::::::::ノイ::::::::///ト{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::
        /           /             }/!:::::/: : }:::::/`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        ′        /              //i::::::i: : : :j:::::'///{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
       /{         ,                 .イ/: ;::::::{: :/:::////,乂:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:
      .{/乂           {            ///: /::::::::0:::::::///////,\:.:.:.:.:.:.:.',.:.:.:
      ∧: :、三≧=- .,,__ ',__ ,,.. -==≦三三彡:´:./:::::/: :i::://////\//∧:.:.:.:.:.:i.:.:.:
     ///ヽ: :.マ∧: : : : : : : :ヽ: : : : : {//{: : : : : : : : :イ:::::::{: : : j::,////////}///}:.:.:.:.:.:|.:.:.:

:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::


.



2923 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:01:55 ID:hUQbb6Ha




                  j.    |.: : :. :.|      !
                    j      | : : : :|     !
                    { _)\ |: : : : : | /(___ }  っ
                    { \j>'^~Λ~~Λ~^''< / }    つ
                    { /  /Λ∨ Λ  \ :}
.      ┌ 「 n       ,     {        }  ヾ           n┌n
      r:| | | |         ′   人         人   ':,       | l | | h
      | | | | |         ! /⌒      ⌒\ |           | U | | |
      |    |厂|   ;   Λ  | \  //  |  ノ  :,     Γ|    |
      |     / |   !  j  \|   ∨/´  |/|   ;     | \    ;
.       !   /   ノ   /人  |〉 ≫=ミ  l/ ≫=ミ  |/  ノΛ  八   ヽ ,′
.            /   ′ \|Λ     丶       厶イ   ,   \    ′     そういう魔王を信じたり、
       |.         ;    { い .u             い}::    ′    ;    |
       |       i    八::::人    乂 ノ    人::::::    ⅰ   i    |      救いを求めたりするのを止めるのは、
       |   |  |、    〉:::::::/⌒ ‐--‐ ⌒∨::::ノ   , ノ         |
       |   !  |/\  Λ::::{。゜。゜|℃|。゜。゚}:::::::}__ /jノ     ,   |      あたしには出来ないよ。
       |   !,.. -‐┐ー ⌒j]{___,.>'⌒\。__ノ⌒ - ┌‐-  .., _ ;    |
      !   ’     |     j]       ||     [i    |       `     }
.       !        |   j]      ||    [i   |         ノ
        ー--    ..,_| ̄`Ⅵ.       ||     Ⅳ´⌒|__ ,,..    -‐ ´
                  j]       ||       [i






.      l l   '\丶  \       / /l          / / ./ / ' !
.         l l   :{∨`:..\          // |         / // / /    '
        l l   { V  :. 丶       /'   |:            /' / /  ′ '
.       ,    {___∨:. :.,          !           イ/ // /  / /
 -、- ===≦ , '  VマΛ :. '\      ___  _      /// //}/ ̄/ /≧===‐- 、
′, V~v//Λ ∨ ∨/Λ :. :. ;:.、      :::::     /! //.: // //// //// // v ′   ………………。
  〉 ∨/// /Λ ∨ ∨/Λ ' V :、≫         ≪人l//从′//// ///////,| K ′
 `K ∨///// \\ \ Λ/   \ `   __  ´ /   \/////// ////////,| |/! l
!  lΛ {/////////////∠  r ⌒ ミ   _  彡 ⌒ T  ヽ // ////////// | |/! l
|  | Λ ∨////// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ー―――‐-ア´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨///// j 7| |
|  l/ Λ ∨////{             ヽr= ====イ            ///////7 '/| |
|  |///| {/_>}       __   __ }      {   -=ァ        /<__/ ///| |
|  l'//Λ ∨ニニ‐{       `  ., _ {         }/   '"       〈‐ニニニニ/ ////| ト 、




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    怒っているのか、呆れているのか。

    何を思っているのか、ローズレッドの表情から知ることは出来ない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

2924 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:02:13 ID:hUQbb6Ha




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ある意味で全ての発端となった“簒奪者”ウィリアム=マサチューセッツ。

    彼が衰退していくエルフを憂い、改革と存続への道を求めた英雄である事は否定できない。

    そして魔族と化し大陸を支配したエルフを絶滅に追い遣った“虐殺者”ブーディカ。

    彼女はエルフから見れば憎むべき存在だが、他種族から見れば解放者だ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                      / , :!  l` ` `⌒\ ヽ   ヽ ! '
                   { ./ l  .!         ヽ.}  ,. ィ  !,. ‐ァ
                        } ' i l. -!=-_、` ヽ', !.!ィ/ ',  }//
                 、 -―┴-',  .| 、-t,:ァ>,ノ 八',-‐' .!i .{:; '
                ` 、  ̄:::l ,  .!     ./  ! ヾ、 l:! .l ヽ    .|、ー '  ∧. --- ァ' { -. .、  ,ィ'
                   / i. ー!:::, .|        ,  ヽヽj  .! .トヽ  ,.| ゝ¨_´ノ ゝ _ ノ  ゝ _ / |
               , .'  _____ ::::, ',. -、      ,  ハ   .{ー-- /: ゝ    〇         〇j\
               ..:>.:::::::::::::::::::::..x.      ´ __ イ!=}  .l   ./ /: :/: ` . 、        〇     / : : \
.               /.:/.:::x≦ ̄.:.:.:.:.:.:>ミヘ. ∠Ξ/ ' lニム .{./': :/: :/ : /: : /` ー――― 、― ´: :ヽ : : : : 、
          ,. :´.:/.:::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ー、:.:.:.ヽΞ″ / .lニニl ./ ./: /: :/ : / : : :{: : ∧∧: : : : : :',: : :ヽ: : ',: : : : :
    ,  -―  :.:.:/.:::::/.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.゙. :.:.:.:.く  .Y ./ニニ./ ./ :/: :/ : : ! : : : ! : i´¨¨ヽ: : : : :│ : : ', : :i: : : : |
. r=≦≧=x. _./x=ミ、.:/.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:__i:.:.:.:.:. ト__:.:.:.゙,:.:.:.:.:.、   、人_,v、 :i: : ': : : :| : : : | :│ /´ ̄` : !ヽ: : |: : |: : : : |
.  ` - = Ξ三Ξヽ.Ξ/.:.:.:./.;.:/7:ト、:.:.:.:.:.:「ヽ:.\!:.:.:.:Ⅵ jV.'.'.'.'.'.'.'.'.'|: :|: : : : -‐- :|',: |    } _ :| i : |: :│: : : :!
  ,/ニ ` -=三三ノ_〃.:.:.:i|/.:.:.:/}:ノ v:.:.:.:.:  ヽ:.!:.:.:.:.:i:ノ z_/´、¬.'.'.' : :{: : : : {ゝ: : | ヽ',  ィ´う心リ }│ j: : :|: : : : |
. /.{二二ニ  j :.:.:.: |:!:i:.:.:.:|.:.:.:/,,fzt、 |:.:.:.:.゜,弐t弋 ー┴‐┘、\_>√.' : :‘, : ‘,fうミx \   ゞソ  ノ:イ : : |: : : : |
        .'1 .:.:.: |:!:|:.:.:.:.yィ夭C、 !:.:.;゜ {0うノ⊥二二ゝ   ー‐'爻.' {\: \: :‘, ゞソ            |: : : |: : : : |
        / ノ.:.:.:.:.:|:!:|:.:.:.ー圦。zy′.'/  `゚-゙ ,ゝ― --- 、  メ.'.'.' `  \〉` ーヽ   、        /.|: : : |: : : : |
      /,:.:.:.:从斗ハ:.:.:.:.:.、:.、¨゛、、    '  ノト.:|:!:.|  ノ /そ.'     j: :|: : : |ヘ            / |: : : |: : : : |
      ∠/.:≦.'.'.'.'.'.'.ハ:.:.:.:.:.ト、:.:._,    ,   ノ.:.:ハ:|━{_/≧爻.'.'   / : |: : : |: :〕iト  ー '  /   !: : : !: : : : !_
    /.:.:斗`.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'}:.:.:.:.:|x、 、   `て  イ:.:.:.ハ.'.i:|ニニ=‐=ニニニニ  r‐'― |: : : |、、: : :r≧ ‐‐ ´  _|: : : |ー '' ´
  =彳.:辷.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'|:i:.:.:.:|ミ≧=-≧ yイ.'.'{:.:.:.:i.'.'.'l:|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    最後の魔王、紅玉の瞳に関しては論ずるまでも無い。

    心優しい人格者で友人だとサーバルは思っている。

    悪しき魔王は居ただろう、だが完全な悪性とは言えない者も居たのだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

2925 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:03:02 ID:z5iuKxU+

とはいえ、魔王信仰を禁止したら深く潜るし、逃げ場がなくなっちゃうと暴発するからね。しょうがないよね

2926 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:03:18 ID:d9WNz6Rh

クソエルフ信仰も禁止しようぜ

2927 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:03:27 ID:hUQbb6Ha



ム、              \; ; ; ; ; ; ;,:_____/.i . ゙丶, ィ . . . ,ィ 、. マ ; ; ; ; ; ;._;.;.ィ.´ .゙´. . ; l ; ; ;
三ミx、             \; ;, ィ"  . . ,イ゙.ノ . , ' . ` . / .  、_ ∨; ; ; /イ ,ィ  . . ./゙ | ; ;
ミ三三ミzx         ,ィー<,.  . |l  / 丶.  . : 、 . . / ´ . . . . . ∨;,イf´_, ' . .: _. ' . | ; ;
 `ヾミ三三ミts,,,_     /  . ,.′   ! !イ , . . :  . 、 , ' . , ; . , .   マ ノ.:  . . ´ ,゙ .  〉; ;
、    `ヾミ三三三ミZゥ:" . . , '   _  |. V . .r,;- ., . 、' , : .," , '  ,′. .: ,〉' / ! . . ./,′. ,  l ; ;
三Zzx,,_  `゙ヾミ三l/, ' . ,. ' , .ハ∨| ∨ |Vjiv'.  }.' ,:,' ,′  ; . 、 ! | .j . . . /. /  ヘ ,! ; ;
三三三三三三7¨¨" _.. ' . . ,′Ⅳ└-' . , レ ゙○;、 /. ' ,.′ ,.: ´ ゙ .  .!|. . ./ / . . ,'/ ; ; ;
_  ̄¨¨¨ラ三7゙ . .`, ' ` ;  、  | .  ,. '" " ,|!/! ^ ,l,' ._ .,    , ' . ! A ヽ. (__/ . . _/ ; ; ;
三三三三少′. . ,  . .___ , /l . ト、/"   ,イ  ,!- ,/:: i"丶 '、  ,  ; | ,i . マ  _.. -.ャ/ ; ; ; ;
ミ勹|三三/.  ,、. ., : ,/  i ,  |  ∧:.    ' ,∧! / . . l .丶 丶 '  , ' |",;   ,゙ ´ ,_' /; ; , ; , ;
、.\ム`ヾ′. ! \rイ_; ,   l´  l ; ,'; ;ヘ:.  ,、/Y' ! ' /.!  .  l . ゙ : ,   ∧' /! v  _ ,./, / ; , , , ; ;/
ニヽ、ヾ. . . .!  _○= ,zzノ  !.ノ; ; ;.ヘ:-''| ! ' ,イ. .  , .| 、  , '  . ,ノ∧  、_. イノ,'.イ ; ; , ; /
三抄x/. . . _. |  '`i  ,/´   ,,,/", ; ; ; ;∧:  /:. . ヽ .   l . .,  '   ,イ゙ ∧.  _.イ ; ; ; ; , ,/". . .
三/ . . , ィ" ,l .__ノト"   /;._; , , , , , , ∧ィ! l ヽ . . .、   !. :' '  / ; / ヘ.ィf"; ; ; ; , , /. .   .
=/_.  "     、>ヽ _. ィ',/. `.ー-.,__ , ; ;,x|__.!、、ヽ、 . . 、 .  , ; ' ,  ヘ-〈  | ; ; ; , , ; ; ヘ .   .
≧=ー─-、,ィ-A`゙  ,.ィ"´, : . .     ,.イ".ヘ ヽヘヽヽ. .丶、 . __, . '   _,  ヘ V |; ; , ; ; ; ; ; ; ;\ :
        マ;  _.ィ、 . . . .  ,. イ     ヽ.ヘ Vヽヽ. .  , ; . .‐ . ´ . . ヘ VL; ; ; ; ; ; ; ; , , , ,ヽ、 :
     ,/∨/ \. \   ,.イ____   ヘ .ヘ Vヽ.^rzs、' . . . . _.. -_.ョヘ V` ゙ ー- .,,_, , , , , , , ,





      ′  _       /ニニニニニ\   ,
     |  /ニニ≧=─=≦ニニ>‐<ニニニム    ,
     | /ニニニニニニニニニ/    ヽニニニム   、
     | /ニニニ><ニニニニ{   |  ∨ニニム   ヽ
     |.iニニニ/   \ニニニ、   .!  |ニニニ!   、',
     |.{ニニニ|     寸ニニ、  斗 < }ニニニ| ',   、',
     |.{ニニニ| .从   }ニニニ、ハ/   __,, ̄`YⅣ ∧ ',\
.     ハニニニ{ | \斗《ニニニ/ rz云苅 ㌻ 'ニ.V.∧、 ヽ
.     | Vニニ∧ ̄ ̄__z、`ー‐  '" ゞ''´  .| 'ニ| ∨∧\',
.     |  ∨ニニ》 ≪ 芒ッハ         /|. Lニ」  、 .!
.     |   ー ヘ"\从 ¨´    、       / .! | Ⅳ  |ヽ|
.     |  /::| .∧  ヽ      ,- ァ   イ / | |`ト、/
     从 'ニ、 |∧   \ー    ̄ ,ィi{:i:i}ニニ! /ニニ\
     | Ⅵニニ .!ニ ゝ ___! )、:i:i:i:i爪:i:i:i:/ニニ|/ニニニニ 、
      /ニニニ/-_-_-_-_-〉ニ≧=≦ニニニ\ニニニニニ
      |ニニニ'-_-_-_-_-./ニニニ/::::∨ニニニ\ニニニニ_

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    今世界を滅ぼそうと活動を続ける三大魔王のアジ=ダカーハやジャンヌ・ダルク・オルタ。

    彼らですら、かつては善なるものと呼ばれた竜王や聖処女の一側面に過ぎない。

    きっと誰かにとっては祈るに値する存在だろう。

    そもそも――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

2928 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:03:59 ID:a/r6nPPx

アジ様「待たせたな人類。完全悪が現れたぞ」

2929 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:04:34 ID:NOcHGzYA

暴動起こされるよりかはマシだからな
まあ宗教的な戦いなんぞやろうものならその限りじゃないけどな


2930 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:04:34 ID:hUQbb6Ha



           //,  |//| ∨,
            ////  |//|  '/,
            //  /, |//|  '/,
         '/   '/, |//|   '/,
.         ,′   |'///,|   ' ,
         ′   |////,     '
       ,’      |/ / /,
        {     j/从//,      |
       ',   _   ^~ ̄~^  _ ノ ,
        人 '´  /∨ Λ    ´ , ´
.      , ´     /ΛVΛ〉    ´  `
     / /    |           ‘,  ∨
     ,′:     l八        |Λ     |  ',
      |   |八‐-ミ     ィ|⌒|   |    ,         あたし達は数代前の魔王の子だから。
    , |   |  x==Λ| x牛xИイ 八 | |
    | 八  | { |rし| V|/勹し| }  |/   | |      千年生きてきたなら知ってる筈だよね?
    |  \ |  Vツ    Vツ /Λ/    ;       .・ ・ .・ ・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ ・ .・ ・ .・ .・ ・ ・ .・ .・
.         )从          人 /  /Ⅳ        そもそも大陸に獣人種族なんて居なかった事は。
     ∨\   /i> ., - -,  ⌒iΛ/
.          \/ /_ノ「≧≦    ノ ′








                 ′ / ′       i:      :.     ′
              /   / /   /  !             :.     ′
                /  / /            |i    l:     :.   ′
             ′      ′  !         l!       ′
             .   ′      |:        l:    :.
              l  i: l       |:      |l   l:    i:   l
               l  |i |  |   |:     |l   |:     li   l
               l  || |  |   |:     |l   |:     ll   l!
.             ll  ll l  l   |:     |l   |:     ll    ll      ……知っているともサーバル、戦いの申し子よ。
                ll   ll l  l   l:     |l   !:     ll    ll
               ll  ll l  l   l:         l:        ll      でも君らは魔族のように、
             从   l: l   l   l:    从   ノ:    リ   从
            /⌒二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二⌒',   魔剣の加護で生まれた存在ではないだろう?
.           /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 Λ
          二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二   魔王の子と名乗るべきではない。
.         }ニニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニ{
.          {弖ニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ弖}
      x‐=≦ 竺弖二二二二二/\二二二二二二/\二二二二二弖竺 ≧=‐x



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    歴史を紐解けば分かる。

    千年前の大戦時、復讐騎に端を発する魔剣との戦いが始まった時代。

    その頃はまだ獣人種族は存在しなかった。

    では大陸の外から来たのか? 否だ。

    ただ、魔剣によって生まれた存在ではないのも事実だ。

    それはある暗い事実を指し示している。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.

2931 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:04:51 ID:Fpjr61Xo

オイラがラスボス!

2932 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:05:02 ID:hUQbb6Ha




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    偉大なる守護者の声が震えているように聞こえたのは錯覚だろうか?

    だが追求することは止めた、今大切なことではない。

    小さく、だが力を込めて言葉を口にする。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                         l|    ': :,jI斗 ‐,’jl l   }:.|
                        7|  }ヽ(, ': : 、_,{: l ',ノ ' ': |        ,、
                      ,从丶   v乂__寸{l: . ゝりK|: :!` 、     /.:}
                    八 ∧:.> '^~ _  _ ~^'<  j: 从 ∨,. ィ.: .:ノ
                 _,.-=ミ, 'ァ'´    ,イヘYヘヽ   `'寸 V_,∠ノ.:>'
                -‐、 7//   ,' 〃   V     '. V⌒ 7´
               r' r、 ァ´.:, '     :l /| |     }  }  ' Vl _j_       そうだよ、赤薔薇ちゃん。
               | ァ´.:.:.//   jI斗- ,    /,.ム、}   ',:「~^'ー <           ・ .・ .・ .・ ・ .・ .・ ・ ・ .・ .・ .・ ・
                , 〃.:.:.:.:l/|    /   ヽ、 /ノ '  }7 '   「⌒     }    あたし達は人の手で生み出された合成獣。
             >'’ {.:.:/ l从  ,'≫=ミ ∨{  ≫=ミ、}   L7    '             .・ .・ .・ .・ .・
          >'"´    V/   丶 乂,:,:,:   r`   ,:,:,: /  ,.イl :'     {     人に作られた兵器の子孫だよ。
      ,.:'"´     ,. '´ { l  ,'  八` ー‐ ,、_ ,.   -へ -=彡 7 |从 .: : : \
     ノ      /     | ,{  ,:  八  V-    vソ  /_ノ ノ ',ゝ、゚: : _: 〕h。
      {      ノ≧s。., _ ∨ 乂 、 , > .,`  ̄ ,. -、,.ィ{  ,'  ,| )l \:ゞ': : : : :〕h。.,
     丶  ー=≦`~^' : ー': |ー‐ ―=ミ,{ヽ| (/) ≧='O 0,’:jI斗-ミム_jL,. ---ヽ: : _゚: : :r,: :.∧
       〕≧s。.,      '       / フ:o: 0/: :|o: 。:{ア    /: :゚: :0: : : : : : 乂:ゞ': :r:,: : (ハ
            〕h。, ノ     / {: :゚: : 人_ノ:。: : j     |         ` <: : :r レ'
           /0: : : :>≧s。.,ア  `~/'^~  ゝ-イ!     ',     __ ,.    -=≦〔
         )、o:.>'" (: : o: /     〃        |l  ,.: :> ー'^~








               {ヘ...'......\、    l \..\  !、  V/>、ヾ二二三三三三三ニ/=f   ……魔王麾下の人間がしたこと。
          _  _,,,ヽ.ト、..、....\  ー  `_、\.λ', V,/∧∨二二二二三三/二ミ、
          ハ二二二>≦ニ`ヽ..ト..`ュ.、_ ´ ‐ `ソ‐l ', V//∧∨二二二二二三二二\  魔王が行ったようなものだ。
         〃^>、寸ニ{^ヾ二二三ヾ≧、寸>ーイ_ -‐l ', ゞ‐「l―ミ二二二二○三ニ○三ニ、
          〃////,、寸!`、V二二「    厶ク´ ̄7:-‐ l,r「}  〔〕 __)三0二二二二三三三ニヽ
       〃//////>、`、 ト、ヾ二=、 l , -―/   {  / 〔〕l 〔〕  _,ノー-―━・・・━―-vァァュ、_)
      〃/////////>、 Vヘ Vニ=ヘl   ,八  _ ヽノ  〔〕{l 〔〕 ´ ノ二二二二二二二=l´ ̄
     〃////彡'´¨ ̄フ, V∧∨ニ{  ノ 厶 '  ゙〈   〔〕{l〔〕  イ三三二二二二ニニ!
    〃/////    ,〃={ Vム ∨:_ゝ''"ア´       、  ,ハ {i_{〕=≦二二二三三三二二l
    〃'///-、   f/三ヘ八 }^Y= l /       \/ハ)´={ハ二∠三三三三三二二7



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    人類史の闇に触れる重い話題。

    気を使わせないよう努めて明るく振舞ったが、甲斐は無かったようだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

2933 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:05:19 ID:GUFv3Kce

当初のユウキ周りの描写見るに、糞エルフ信仰は根深いよねぇ
英雄だけど、やらかしたことがデカすぎてエルフの血族からすら悲喜こもごもだもの

2934 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:05:30 ID:hUQbb6Ha




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    沈黙する、そして表情を窺う。

    ローズレッドの顔が僅かに、だが確実に、苦悶に歪んでいた。

    彼ほど人間という種族を信じ、未来を託したいと思っている人物は居ない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



      / /     /    /     /  / // / /     /
.   / /     /    /     /  / // /  /    /
.  / /′         /      /     // /   /   /
_彡 ´ /    /  //      / / .// /    /   〃     /
     /    ./   / /    / // // /     /   /
.    /  .// ./   /      / 〃 / /  ̄ミト .,/   /     / ′
   /  / ,: /        //   /  // ..,, __     /    ′   // /
.  / /  /    / ./ ´jI抖托恣竺竺冬ミー `丶 ′ /      / / /
  /  //     / .:. ′  \ {:::::::::::::::::::::::リ  `` / //   / / / /
〃   /      //V´'′    ー――― '′ // /   / / ./ /
     /   //' Λ丶 ′                // /    .:   / /
===ー-/   〃     ≦\`'′            /'′/   //   //
ニニニ/   / x ´ニニニニ丶'              /  ′/ .′ /´           ――――――――。
ニニ‐|  ∠ニニニニニニ‐Λ               / /   l
ニニ‐| /二二二ニニニニニニ:.             /     |
ニ=-‐/  ̄   ‐-=ニ二三__ニニ:.               l






.          φ ::   ::::)h人 :                 ,゙ ノ,ィ'.::   : }}
         ;ⅰ::   :::{乂``'.         丶       j{アノ}.:::  .:.:jji
          {ⅱ:::.   :∨心., :,                 ノ ´.:ソ.:   .:.:j::|
          ゚,八:: :.  ::.\:: ::.:) 。,_   ´   `  ,,.ィ(:: :: /.:   ..:::;:゙.;
         ', /' .:;_:.. { ̄:: :: ∧::⌒=- .,,_,,. ‐ニ⌒:: :: :: :ア} ..: :::イ:.,′
             ′  ´"' ` 、i{ Χくく{、    ノ '" ヽ}L;;/ ノ‐''"   ′
                  γ ∥c ℃ ` 冖アc Сo }  ヽ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    なのに辛い顔をさせてしまったことに謝罪したい気持ちで胸が一杯になる。

    だから目を瞑った、様々なことから。

    これは互いの信念を競う思索の狩りだ、迷いを置き目を開く。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

2935 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:06:20 ID:ynDGlW2k

こういう人間の汚い部分直視しちゃうと何も言えないよなぁ

2936 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:06:46 ID:hUQbb6Ha




               |    ,. -┴┴- 、ノ
               |  . '´           \
               レ'´   .i:{      \ヽ \
               〃    .:从     : 从 :}: ヽ
              //   . : :/ _ヽ } . : ,Lレイ : : l
            /    : :/´ _,_,`メ、: :./,_,レハ : : }     それじゃあ、矛盾しちゃうよ赤薔薇ちゃん。
           〃  ヽ . : |   行。  V行.。V : : :}
          .′  : :\ :| ヽ りソ   ヒソノノ レ^ヽ    魔剣から作られたあたし達獣人は新種族じゃない。
          l |   : :い    ̄   _  ̄ ハ   }
          l |    : :Ⅵ     ヽ_ノ  . イノ  /     でも兵器でなく人間だと保証された。
          l |\   :{: : :`フ ー一 < > ⌒ V
             ヽl  `ー一 `¨´ヽ: ハ __ ノ/     ヽ
                      /⌒介⌒V      }
                     }  L}  「 ̄ ̄`ヽノ



::::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::

               _  。s≦        ≧s。/^Y
              ′               〈./⌒7^Y_
             |i       、丶`  ヽ //⌒7、|>} / /^7
        γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
       |  人から生まれた魔王の発した言葉と定めた法律で。
        乂______________________..ノ
             |i    /⌒ヽ、 __ゞ/{./ニ>.|>j{ニニニノ}
             |i_ rく  .ノ^〉〉ゝ ィ(:Y=≦=_ |>j{ ‐=≦ニ|
             / / .´⌒ヽ´ニ∧ }:::{ ノニ{=_=_j{ニニニ=リ
              / /ニニニ/∨ニ∧ノ::::∨ニ γ ⌒ヽニニ/
               / /ニニニ/ニ.∨ニ∧./ニニ{{  /}  ))/-_-{
               />=--Y⌒ヽ}\¨´ニ( )ニ.八 .:::{ ノ-_-_-八
           /⌒7ニニニ.八⌒ヽ.:.:.:\ニ}}{ニニ .:::{-_∨-_-_-_-_
   __  ィ(__/ニニニニノ }ニ.\.:..:.\}}{ニニ.::::{-_-∨-_-_-_-_\_____
  〔___《_____〕≧s。ニ./  ‐=》ニ.}h、.:.:``~、.:::{-_-_ ∨-_->─< 》____〕
   \  /ニ/ニ⌒≧s。-_-_ {__/___r‐‐‐ミ.: .: .7::{〕  。s≦ニニニ∨.\ /|
     -_/ニ./ニニニニニ≧s。∨  {{    )}≧ .:::{ ィi〔ニニニニニニVニ.\ |
   -_ ‐=ニ/ニニニニ\ニニ∨i:i:)≧=‐ -=≦ ..:::{i:i:i}ニニニニニ/ ⌒ヽニ 〉
   _-_{.=ニ {ニニニニニ .\ニ∨(i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/.::::{i:i:i:|ニニニニ/i:i:i:i:i:i:i:∧/',
  _-_八>''" ̄≧s。ニニ、ニ\.∨i:i:i\i:i:i:i:i:i ノ .::::{i:i:i:|ニニニ‐ i:i:>''" ⌒≧s。
  _-_Yi:i:i:i:i:7i:i:i:i:i:i:i:i:i:\/ \ニ\i:i:i:i:i:i:`¨¨´  .::: {i:i:i:i|ニニ/ /i:i:i:i:i:i:i:i:|i:i:i:i:i:iY
 _-_-{i:i:i:i:i7i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/__.\ニ∨i:i:i:i:\__ .::::{i:i:i:i|ニ/ ∨i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|
 _-_-|i:i:i:i7i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨i:i:i:i:i:i:i:i: ,'::::{i:i:i:i:| ̄ ̄ ∨i:i:i:i:i:i:i:i:i:i .i:i:i:i:i:|

:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    これも矛盾だ、サーバルはそう思う。

    人と獣を掛け合わせる蛮行に及び、兵器として獣人を生み出したのは唯の人間だ。

    そして、兵器として使われるだけの運命から解き放ち、人と認めたのは魔王だ。

    その魔王も、元は普通の人間だった、人間だったのだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

2937 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:07:23 ID:krkiddQK

こんな重い空気のときこそ必要なのは72柱成分だと思うの

2938 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:07:42 ID:TPdGeDvX

…赤薔薇王ってこの戦いが終わった後に本当に眠れるんだろうか?

2939 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:08:38 ID:hUQbb6Ha




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    もしも魔王を否定し、寛容の精神を放棄するというのであれば。

    それはきっと親殺しで、自己否定にも繋がってしまう。

    己の考えを視線に乗せて、目前の相手に訴えた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



              | |       | }  |   ||
              | l   ,.. -‐'' ┴─'- 、.リ
             _{ i/     /\/ヽ、 \
           . '´/                \
        / //    /  / !      i     ヽ
.        /   .i     {  ,k‐‐、     j ハ.    :
       /     {    ハ { ヽ{     'Tヘ ! }  i
.      /    ∧    i  Vf茫vヽ.i  /_,,  } /  ,'    その魔王様も、たくさん戦争をして、たくさん人を傷つけた。
     / /   / /⌒ヽ { 〃 hノvリ }/ 衍i, ハ  ./
     ,'  i    { iて ヽゝ  弋.ソ    hiリ j  /      ……悪いことだと思う、だからあたし達は外へ出ない。
.    {   !    ゝ ゝ           ' ゙-' 〈 ,イ
    ハ  ハ      `¨\       _      ノ´ .}        だけどその分、受け入れたいと思ってる。
     ヽ{ {\  {   i  `>        _. イハ リ
        \{ \{V\ハ_,/⌒ヽ`{ ̄ノ,へ ノ jノ        人種も思想も何もかも関係なく、仲良くする意思さえあるなら。
           /, -=ゝ{o O ゚ }⌒Yo O}
          /o/  .||ノ o oム__ノ o 〈              あたし達を作り、認めてくれた魔王様に感謝したいから。
          /   /    ||ゝ--‐'´|| `゙'、-'ヽ
         ゝo /!  ヽ.|l      ||   ヽ \         だから自由と権利はなくさない、ってことで納得してもらえないかな?
        `^´「 ̄ ̄`ヽ    ||     ljr‐‐'┐



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ローズレッドは視線での問い掛けに対し、何も答えなかった。

    が、代わりに一つだけサーバルに質問をした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

2940 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:08:40 ID:LJVOg16U

おお、八百万の神の概念ですね
ぶっちゃけいえば信仰は人の数だけ存在してもおかしくないのだ

2941エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/15(木) 22:08:44 ID:B2fYvaYJ

(元をたどれば人間以外の亜人種族もすべて始祖が人間ベースに弄り倒した結果だから、何というか罪深すぎる)

2942 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:08:56 ID:hUQbb6Ha



                  ,    ′′    :.
                 ′ / ′       i:      :.     ′
              /   / /   /  !             :.     ′
                /  / /            |i    l:     :.   ′
             ′      ′  !         l!       ′
             .   ′      |:        l:    :.
              l  i: l       |:      |l   l:    i:   l
               l  |i |  |   |:     |l   |:     li   l
               l  || |  |   |:     |l   |:     ll   l!            サーバルはどうして、
.             ll  ll l  l   |:     |l   |:     ll    ll
                ll   ll l  l   l:     |l   !:     ll    ll           そう強く信仰を持つことが出来る?
               ll  ll l  l   l:         l:        ll
             从   l: l   l   l:    从   ノ:    リ   从         君はあの時代を、あの魔王を
            /⌒二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二⌒',
.           /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 Λ      直接知っているわけでは無いだろう。
          二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
.         }ニニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニ{






                  {:: .,,,_}    :: :: ::.!:: :: .:{   く_,,. ::}
                  {:: \  ,.、丶 `` ̄´"'~ .,  / ::j
                  ヤ ,. ´   ,ィ(^h、,j(^h、   `'く ::′
                    Χ   / /ノ´`マソ ∨:,    \
                    ‰   ∥:.′        ' :,     `、
               ‰    i {{:, ::. :.      .: 卜 :,   `、        そうだね、あたしが生まれるより
                。゚    .:ji i{{ ':;. :::[_/ 「 i  :} ,:゙ `、 ゚,   ':,
               。゚,′  .: :{i {× ̄`:,::. ‐┘: '77‐- ', }::.   ´:,        ずっとずっと前のことだから直接は知らない。
          ηψ .: .: :::从 {   ヽト、゚:, ::.  .: .;′    }ノ.: :. :.  j゚,
.           ∥.i{  .: .: :∥ ヽ     ゜、:: ::.:: /     j∧:: :.:: ¦',        でも、子供の頃に長老達からこの話を聞いて
.          ∥ 八 :: :::∥      `  `:, .:,:゙´      ハ::: ::. ,゙ ',
         φ.:  \.: ::{{':,  x===、  ∨ ァ==x、 ∥}:: : , '゜ :. }i     凄いなって思ったから。
.          φ ::   ::::)h人 :                 ,゙ ノ,ィ'.::   : }}
         ;ⅰ::   :::{乂``'.         丶       j{アノ}.:::  .:.:jji                  γ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
          {ⅱ:::.   :∨心., :,                 ノ ´.:ソ.:   .:.:j::|                 |  凄い?
          ゚,八:: :.  ::.\:: ::.:) 。,_   弋::::フ   ,,.ィ(:: :: /.:   ..:::;:゙.;                    乂____..ノ
         ', /' .:;_:.. { ̄:: :: ∧::⌒=- .,,_,,. ‐ニ⌒:: :: :: :ア} ..: :::イ:.,′
             ′  ´"' ` 、i{ Χくく{、    ノ '" ヽ}L;;/ ノ‐''"



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    魔剣には今まで斬った人たちの怒りや悲しみ、憎しみに満ちている。

    故に、それを手にした者は皆狂気に囚われ、破滅する。

    街を走り回る子供でも知っている話だ。

    魔剣と千年間戦い続けてきた英雄王であれば言わずもがな、しかし前置きとして必要だ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

2944 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:09:41 ID:Ep8NYBrq

しかしこの地獄の千年マラソンの中獣人国家を設立したのすごい

2945 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:12:29 ID:TPdGeDvX

>>2944
目の前にいる赤薔薇や歴代の英雄たちみたいに優しい人が多かったんだろうよ、その善意こそが魔剣による戦乱が終わらない原因でもあるんだが

2946 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:12:43 ID:hUQbb6Ha











                           γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                        | 魔剣の話は、いくつも悲しくて辛い過去を伝えたけど、
                        乂_____________________..ノ













==ーー|               |-二二三三| ̄ー__|                             _
==─-|             | :.:-=ニ二三| ̄ー__|                            √丁 ヽ、
=ーー-├,              | : : :-=二三| ̄ー__{         xく\                |::::::|:::::::::|
…─-├′             |: : : -=二三| ̄ー__|     ┌─=ニT^ヽ\\                 |:: : |: ::::: {
…─- |             |: : : : : -=二| ̄ー__|     .|===: : :|: : :.:\\|      _,,、、、、、、  |:: : |:::::::: |        _r─j洲
…ー- |_〕            |: : : :.:-ニ二_|.:. ̄─}    |===: : :|: : : : : :\|_-─ォ「ニ7二二「」」| |::::::|::::::::::|      _ノ´√ 7洲
…─-:| /           γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶  __| |::::::|::::::::::|     i「|ノ´√比州
、、ー- |´ | ̄¨|    _r── | だけど魔王でも狂気の中にあってさえ人の心を失わず | ‐:|丁ヽ |::::::::::|      i|i|jIィi{ 州洲
祁ぃ、 | i|.:.:.:.:|   _|__」L-┬ 乂______________________..ノ =ト|i トミl|::::::::::l      i|:|jIィ乂`二
祓祓」|ノ||.:.:.:.:|ニニニ⊥ニニニ⊥⊥:::::::::::::::::::`トミミ二LL:L,,|__::===:| | ̄==┌─爻爻┴[] | |二トミル |i トミ||::::::::::}     |:|j|]|二|i| |_
禊禊禊'⌒:.:.::||==||/\==|==|ニニ|==|==|==|==||[][][]||[][];||:::==::::TTTTi|二{ililililii:i:iL二二二ロ ロ ::|i:トミi|ミミミミミ   __|:|j|]|_|i| |_
禰禰禰{: : : :.:||==/\/\ ̄|Tニi|==|==|==|==||[][][]||[ii州|==:::::<TTTT|Πjilililililili;;;;;;|i,,、\|二|二|i:::::::::|^'ii'^:|  |、、、|:|j|]|二}i} |_
禰禰禰j: : : :.:||==\/\/\l |二|==|==|==|==||[][][]:||i洲I||xxXXノTTT_|、ぃゞ' 'ilililililil|ililililili\へ/∧::::::|「 ̄ ̄ ̄]^^゙|:|j|ル、、jリ_
禰禰/7_:_:_: : ||==||=\/\/>| ̄|==|==|==|==||:::::i:i:i:||i州I||淡淡TTT淡淡淡之ミミぃ|戀戀戀,\\/\L\::::::/㍉: :|:|j|州淵_
`^`^` ̄⌒二ニ=- ̄_^´^´^´`^´`^´^`^´^`^`^´^`´^`´^`^^,、ぃゞ爻淡淡淡淡焚樊樊樊///\/\〉\|::::|、、。:冬ぅ::|州洲洲
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | `:、`:、`:、`:、`:、`:、`:、`:、`:、`:、`:、`:、`:、乂爻爻炎淡淡淡焚樊=-─  ´ - _: : : : : :``'∵yシ从x ̄^二
ニニニニニニニニニニニニニT ^^~`^^~゚´`^^二_``´゚^_二二二二二 -‐¬冖冖冖冖''''''''''''''''''''ニ=-     ´. . . : : :,、x㍍烋;jⅵしj'{淵
─‐┳ー‐.┓-_-_-_-_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ニ=-‐=三三三─ _.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:        -ニ_      ⌒ヾッホ比i此jリ川i州i淵
;:;:;:;ⅱ;:;:;:;:;:|.:.:.:.:.:.:.:.:: : : : : : - - - -=ニ三三三三二=─-  _.::.::.::.::.::: : : : : : : : : : : : . . . . . .  `¨¨¨¨¨¨二二ji!比比此州川州淵
二二二二二二二二_    ‐-=ニ三三─- __  -二|トミ``''ー-ミミミミミ.:.:.:.:.:.:.:.:,、,、xxXミミミぃ、x'´;';';';';'xj烋jij彩'洲i洲i淵淵
:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:, ̄⌒ニ=-   ̄二_冖宀…‐-ミ:||;:;:;:;:``'ii:|トミミミミミ-=ミミミミミ乂ミミミミミミミミぃ、,、xぃゞ刈州洲i洲i洲i淵
:;.:,:;.:,:;.:,       :;.:,     :;.:,:;.   :;.:,:;.:,:;.:,≧s。   ``~、、||:||;:;:;:;:``'iトミ: : : : ``''弌之ミミミミミミミミミミミ彡'州洲洲淵淵淵





.

2947 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:13:44 ID:z5iuKxU+

(糞エルフかな?

2948 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:14:11 ID:ynDGlW2k

魔剣は結局の所因果応報剣だからな
なにもしなければ何も起きないのは道理だね


2949 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:14:50 ID:hUQbb6Ha




. ......:.:...:.:. .:. .:. (⌒ 、 . .. .. .     .. .......:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .:.:.:.:.:...... .. ..:.:.:.... ..:.:.:.: .: .. .. ... (⌒   ⌒) ... ..
:.:.:. ...... .:.:. (⌒   γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶 . . ... .:.:.
 .. .... .. . (⌒    |  時には優しささえ見せる事が出来るんだって教えてくれた。  |  . .. ...:.:.:.:
. .:..  .. (⌒'     乂_________________________..ノ   .:.:.:.:. . ....
. ..:. . (         . ..  ..:..   . ... .    .. .:.:.: ...  (⌒     r'⌒ヽ ..  .. .. .... .  . .. ...:.:.:... .
... . .    .;i;';.      . ...  ......  ... ....    ...          ⌒ヽ    . .. .:.:.:.:..      ... ..
   ,.;i;';.,,;;`;;i`、    ... .      . .. .   ... ....    ...        . ...  ......       . .. .
  ,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,.
 ,.,;:;;`;;i`:;:i;,|i!''".                                 .;i;';..;i;';.
..... ""'|i!''''"  i|!、....,........... .......,.,.......,..,.,,.,,. ...... .......,. ,.......,..,........... ...    ,.;;.;i;';.,,;;`;;i`、;i`、 . ............ .
'::',:'':';:,.,i|!、:.,"'`::'::',:'':'`::'::',:'':'` "'"' "'''.''' "'''.''" '::',:'':';:;..,"'`::'::',:'"'`,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,;:。;:;;, ,.;i;';.
 "''    ::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;:;;`;`;;i`:;:i;,|i!''";,|i!'',.;;:。;:;;::、
'::',:'':'`::'::',:'':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::', '""''|i!''"  ,i|! .....i|!,.,;:;;`;;i`:;:i;,.
'::',:'':';:;'"'"''::',: '"'"''::',:::'::',:'':'`::'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,":,.,i|!、'`'::',:、'':';:;..,..、""'|i!''"




                    i{、ⅵ  i { {Vレ    ゚:,
                    {{ミ } ⅱ{! イ   ゚,
                      ヤ__j__,从 :, :, ノ彡' ; ]
                 , '"´   ´ '~ .,_ ノ } }\
                    / /{ ,イ   ` 、` 、丿 j `` 、
                   , 〃 {/ }      \ ` 、 \   \
                  ,゙∥     ⅰ     `、 ':,  丶   `、
              i {{‐-   ; ∧ ゚,    `、 ',      `、
              { 从    }‐- ゚:, }      : }        ':,  だからあたしは、何かを信じる気持ちを無くしたくない。
               ヤ/∧ .: / ,,_,,_ } ノ     ; ノ          ',
               V / ):, / ぅk`く ゚:,    ノ<,.        }i  人は間違うこともあるけど、
                    Y し`′{リ}} j }  _、 ⌒厂        リ
                   八  '  `ー″ .ノ丶` ,.ィ(ノ    j i   /  それでも素晴らしいんだって思っているから。
                    \ ..,,_     ̄_,.ィiフ゛ /     ノ }  ,:゙
                ,.∥ 、,,.. -=ニノ^} }∠^フ  _,. ゛ }/
                     { {{{°℃} Y´。с }  ∠-‐ ⌒
                     { j >―廴}、   { jj  `、.,_
                 乂 7    }}` .,,_} ⅱ   `、 ヽ
                     ;  ;     ∥    i{{ヘ   /{


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    これがこの国の全て、根幹だ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━








.

2950 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:15:15 ID:hUQbb6Ha




              /   / /   /  !             :.     ′
                /  / /            |i    l:     :.   ′
             ′      ′  !         l!       ′
             .   ′      |:        l:    :.
              l  i: l       |:      |l   l:    i:   l
               l  |i |  |   |:     |l   |:     li   l
               l  || |  |   |:     |l   |:     ll   l!
.             ll  ll l  l   |:     |l   |:     ll    ll         ……そうか。
                ll   ll l  l   l:     |l   !:     ll    ll
               ll  ll l  l   l:         l:        ll
             从   l: l   l   l:    从   ノ:    リ   从
            /⌒二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二⌒',
.           /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 Λ
          二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二








                            (    '                          .r‐'''"~   |.|
~|¨|¨"i |                      ゝ    `ヽ   ; ,. .r'"    '"''''''''''''''''''i――┐. .|      |.|
. ! .!  ! , 'ттттттr .h..,_u !!! |_|i` 、 (         -'"._,L ‐''"=='''T "T |_|     |.. ..| r.1.   .!.!
. ! ー!┌.――.―‐r.-   .|. i⌒j―~┤r- _ ュョ"'        レ"~ r.1 「~.|-.n-|「Γl | .|,.、     |  | |^| ,...、 |
_レさ/.| .(ェ)Aツ  | .|  .|,<ゝ'_イィ___.i⌒L  、.,.    (.ヲ,-、,.、 /¨)ノ.)-、ュ ! .|〈f ),ト、ノヽ,r>',.! .,f ζ.ヽト._,ィ.| ,、ヽ
.  ',i .| f i ヾ.ヘ、...| .|  .|l,.,_.|  __      |〉-.r '''''''ヽ='ィ `、ぅ`,'.} Y{ ''r'.Yヽiニ./'}f''{ }f,.)、><ニェェ f_,.-'-亠,、(ノ
┌─r''1.i__.| ノ}. | .|_,...._,Lヽ.,'´   ヽ‐_.i1_┘、_i二二っ_ヾi¨¨i },'/..l l.ヒi  .l'f、)ィ' i'"1 i l. i `i i.',ヽ~,.' .ィ     i.i-
|  |_,.|コっ,,1i_ | .| ̄ T,、mi      i_ ,.7A.fヽ_―――.< ~ヽi.゛1 l l ll,.、 i.iー'ヽニ、、i.l .l_.l lll.',ヽ'<_/j    トi′
⊥.⊥L.‐ ''" l | .|  /皿皿` ._,ィ(,,,,、)_., 、|ス.「「 ̄「 ̄|__}f"ヽ_ .i ^ト|イト、|./. <ノ、ツくヾ、.i i.ノリ "lヨ.ノ〈_   ,' .| ̄
- ._   _,..-'''ー-‐L」口 , -'"_フζ(`ー'―`-'"~| l  .|  .| |ニニコ¨  Ц~i ii.Tтl只´ l.l _〉J',l ll l ~ l 、 ̄.ト、|ニ
._ _,.`>´ | .}_t_   |,ィ'__`'_`´_`ー_―_''_'ト.ト_''_''"¨_┐ィ=.l     └`.}_ノ i.Y_ _j `i´.,' }i l'./|   l  l', .',
‐'"    | ._j    「 ̄|______________|┘<ヽl―.、.     Jl.l l. i. l"''~l  i`トi ト.、 i l ', .i---
      .|' ,..._,r''>-、   .| f.Y iY゙、ヽ〉V.>ヽi i ノ┌.────┐ ゙、        Lj、ノ └、_)    ` l l .i .l"""
      .レ rノヽr,><.ヽ,-゙、 、..|, 〉‐ンt ソヽr">、ノ7-Y7 ,.、  _.,.、  !""".|      しU          、_ .l ト┤
   /、,>`ト、ノ_, ノ、( ヽ_ヽ‐/j  n .|l ,.-L__l ,r-__,..、l',( __,< ),.>ク、-.、,..`、                 ~ `"´
  /,,r''ヽ-'ヽ{,r-_ノ.Y  |./,ィ<ヘ,イ< ゙、,' |ノf Y. Y.¨)'i-( ヽ>-<~ヽr-.<)、)`、



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ローズレッドはそれだけを口にした。

    街から祈りによって生まれていた静寂が去り、徐々にだが活気が戻っていく。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.

2951 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:15:23 ID:Yn6merok

>>2947
糞エルフは狂気に囚われていないけど人の心をほとんど持っていない王というシステムだったと思う……
逆にブーディカさんは狂気に囚われていたけどどこまでも人だったというか

2952 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:16:06 ID:GUFv3Kce

糞エルフは糞みたいに合理的だけど、根っこにあるのが『同族を滅びから救いたい』という理屈じゃない気持ちな辺りがミソだよなって

2953 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:16:19 ID:hUQbb6Ha




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    礼拝の時間が終わったことに気付き、サーバルの顔から血の気が引く。

    重要な用事、七星国家の長達との会議が始まるまで間も無くだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




         |   _,∟ -‐-  L _       |
        レ'´/ヽ /ヽ    `丶、 |       人
       , ´ / ∧∨∧ i         \!`丶、     て
.      /   .゙ー'  ー'   ー' :. 、    ヽ  \     〈
     /   i:          ∧ ',     ',   \
     ,′ :i |:.       :i / ',               ヽ
     .′: | ∧:.      j/  ', !      :i     ',
     i  : ト{ `\:.    厶 '"´ j∧     !   :.   ',
    !  iハ x=:x\  / x==:x.  ',    :/     :.   ',         あぁ、会議の時間!?
     、  |:ハ{{  }} ∨ {{    }}  }  /V :   ..:   ,
      i\j リ ゚'= '~    ゚'== '~  厶イ  /..:    .:i   '       急がないと!!
     !  :i{              ´ //.:     .:!  /
      、 :込、   r─- 、       ィ'^"´ ,厶;    /| :/        赤薔薇ちゃんも早く早く!!
      \{: /> 、_,ノ_,. ィ´|:.:./}/ /   / j/
        `′ /⌒ヽハ  /⌒マーァ‐ 、厶  '´
             j   Y^Y    ヽi    ヽ
.            {    人人_     j|     ',
.           |`7´    }{    ̄´ |     ',






                     |\
                     | ./
                     |/\
                    . \∧
                            / ∨V7                    i
                        .|\/ /l/l/                    |
                         `7/           `.、          .i|
                          /′    />.          \、         i|
                           /    ./′/>.         \、     .|i|
  -----------------------------------../′..゙-----------...\ 、   .|i|
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────. \__/\...────.. \ 、 ,ノ し ’‐ ‐‐
──   ────‐‐───  ────    ` ̄ ̄ ゙̄‐ ─‐‐゙___) ≦⌒──‐‐─
──  ────  ‐ ─‐‐── ─── ──‐‐‐─ ‐... ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒ ^..──  ───‐‐
─────  ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    口調の勢いそのままに返事も待たず、飛び出した。

    気持ちは伝わっただろうか?

    分からない、でも信じるしかなかった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.


2954 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:16:42 ID:hUQbb6Ha






                                       (⌒)  パタンl
      r‐i    .,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,   /´
       ├┤   ..;┌────────────‐‐ーー┐|
       ├┤   ..;│ .____________  │|
      `゚´    ....;│ l   . i   . i   . i   . i   . i   . l  │|
           ...;│ l   . i   . i   . i   . i   . i   . l  │|
           ...;│ l   . i   . i   . i   . i   . i   . l  │|
           ...;│ l   . i   . i   . i   . i   . i   . l  │|
           ...;│ l   . i   . i   . i   . i   . i   . l  │|
           ...;│ l   . i   . i   . i   . i   . i   . l  │|
           ...;│ l   . i   . i   . i   . i   . i   . l  │|
           ...;│ l   . i   . i   . i   . i   . i   . l  │|
           ...;│ l   . i   . i   . i   . i   . i   . l  │|
           ...;│ l   . i   . i   . i   . i   . i   . l  │|
           ...;│ ├─┴─┴─┴─┴─┴─┤   |│
           ...;│ |_「」_____________.|   │|
           ...;│ l   . i   . i   . i   . i   . i   . l  │|







        /二二二二二二二二二二/ . 、       ヽ二二二二二二二二二二二二ニ',
       rVニニ二二二二二二二二/ ,' ;  ヽ.  丶 、ヽ.ヽ二二二二二二二二二二二ニニハ
.        ハVニニニ二二二二二二,  .l .i ハ、 ', ヽ. V ', i. ∨二二二二二二二二二二二'イ゙i
.         } !,.!ニニ二二二二二二二 i { l',!_ト、  ,-‐,.''ニ、!.l ', ∨二二二二二二二二二ニニl)l .|
       ; lゝ!ニ二二二二二二二i .l i,iィ'l, -r`\ 、ゞ‐' j/l ハ l二二二二二二ニニニニニl)! .!
        l .!(.!ニニ二二二二二二! l ト 、ゞ‐'   :,丶、   イl l; } l二二二二二二二二二ニニ!).l !
         { .lゝlニニ ,γ⌒ヽ 二二二, ! ` ヽ     ,  / |:lリ ハ.!:::::‐-、二二二二二二二ニ!) |_.j
        `´{,!  /     )、  二,、l'"∨` . `   イ、.j/'::::::ソ:::/ !l二二二二二二二ニl.)
.           r'!ニ{      ,,> /,、ヽ`:::::}ハ />-.イ,.._,. '--、:::://  l.!二二二二二二二ニ|)
.         ',l二 ゝ、   ,,ノ  二、{. ヽ\:::r―‐- r―Y _  .!://  l.!'//>,、ニニニニニニ!)
          (l二二 `‐-‐" 二-―',',  \ヽ  ‐= j  K´   !'イマヽ.!l//////,ヽ二ニニニニ|)
         (lニニ二二二/////ハ , ///ヾ、 ./.lーーヽ\ /、 )/ゝ////////ヽニニニニ!)
        (lニ二二二,イ////////!」//⌒V{_,.ィ l二,. ィ! !´、77´/////////////{二二ニ|)
          (lニニニ二/////////////ゝイ///l l.∞∞.l .!::::\'/////////////////,iニニlヽ
          (lニニニ/7777/////////////::/ ' l.l.l  l. l:::::::::`<///////////////!ニニ!'
          (,ニニ//////////////////::::::/ ./! 二二 .l  l::::::::::::::::::::ヘ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ/lニ=!)
         (,ニニ{'"⌒"<//////////:::::::::/ /::l  l.l.l  |   !::::::::::::::::'//,\::::::::::::::::::::::\ニニ',)
        (,ニ/:::::::::::::::::::::::;:イ ̄ ̄/∧:::::::/ /:::::l. 二二 .!  .!:::::::::::::'/////ヽ:::::::;:::::::::::::::\ニ',)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ローズレッドは、慌てて部屋を出て行ったサーバルを苦笑しつつ見送った。

    そして窓の外に、活気付く城下に視線を向ける。

    自分も急ぎ会議室へと向かわねばならない、それは分かっている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





.

2955 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:16:43 ID:z5iuKxU+

>>2951
糞エルフもとい森の王ウィリアムは見えてる次元がおかしかったものね。千里眼スキル持ってたのかって位

2957 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:17:08 ID:ynDGlW2k

信じることはいいことだが
裏切られた時が一番きついよなぁ


2959 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:17:52 ID:Ep8NYBrq

糞エルフだったら、異民族国家の権威復刻のために立ち上がった結果が
他の人間国家から色物でみられかねない他民族国家を作った因果になってしまうんだよなあ。
まあ、その国が異民族同士で融和できたのは何の因果か人の意志かという話だ

2961 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:18:09 ID:TPdGeDvX

>>2952
その願いは尊いんだが、あいつって性格が最悪に悪いから友達いないだろう

2962 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:18:31 ID:hUQbb6Ha




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    だが、暫しの間、輝ける太陽の下で笑い合う人々を眺めた。

    多くの人間達にとっては恵みの象徴であり、吸血鬼にとっては忌むべき象徴。

    その下で平和を謳歌する彼らを。

    一つでありながら、全くの逆となる――――あれもまた矛盾だ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



   (⌒ 、    .. . ... :. .:.:.:.: .: .... ..:.:.:.:..       .:.:.:.. ..  .. .... .:.:.:...
 (     ヽ⌒ヽ 、            /   / .. .:.:.:..: .:.:.:.. ....:.:...
(             ) ... :. .:.:.:.: .: ..   ___┐     /     /ヽ
          `ヽ         /  |´            , へ
  , ⌒ヽ . .. :. .:.:.:.: .: .... .:.:.:. . |___/    / . ... ..   |   |  .. .... .. .:.:.:.
 (    '               /       ./       ヽノ
  ゝ     `ヽ          / .... .:.:.:.:.:... / .:.:.:..:.:. ..   | . ......  .. γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
(⌒         ... .... . /... :. .:.:. ..     /         |        |     人間は素晴らしい、か。
        .:.:.... .... /         /  .... .:.:.:. . ..  | ... :. .:.:.:.: .: 乂______________..ノ
   .. .... .. .:.:.:..: /           / . .....:.:.:.:.:.:.:.. ...  |     . .. ...:.:.
.. ..... .. ..:.:.:.. ..:.:.:.:.:.:... ......  .. .... ..                 i
         /       (⌒ 、   .. .... ..  .:.:.:..: .:.:...  , ⌒ヽ . :. .:.:...
  . .. .... .. .:.:.:..: .:.. ... (     ヽ⌒ヽ 、         (      Y⌒ ヽ




.

2963 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:19:28 ID:hUQbb6Ha



       ′ !   l  l  |l   l  :l  l  l |  |  |   |! l| |l l  l '   ′
.         ' ! l    !  |l   l  :l  l  l |  |  l !   l| |l l  l    ′
.      l l    | | |l   l   l   l  l |  |  l |  |!  |l   l '  ′
.        l :l    |  |  |l  l   l  l     !   l    |  l| |l   l    ′
       l   , .   l  l  |l   l   l   | /      ,   | 'l 'l  l   |  !
       | lΛ :.     l 从 从―从  /  '  ′/-―j/‐l/ l/ ,|   l  l   |
       | l 'Λ :. l  !            j/  ′ / /     ′ /j ′j ' l   !      そう思う。
       l l  Λ  '  ,厶 ,,, __ミ: 、   / /  彡__ ,, 厶   ′ /   l
      l l  八\ '  ⌒¨¨¨¨¨⌒       /   ⌒¨¨¨¨¨⌒ / / ./ /  l |      心から同意する慈悲の王よ。
.      l l   '\丶 \        / /l          / / ./ / ' !
.         l l   :{∨`:..\          // |         / // / /    '        でも、時にその優しさが仇となり、
        l l   { V  :. 丶       /'   |:            /' / /  ′ '
.       ,    {___∨:. :.,          !           イ/ // /  / /         君自身を傷つけるかもしれない。
 -、- ===≦ , '  VマΛ :. '\         __  __       /// //}/ ̄/ /≧===‐- 、
′, V~v//Λ ∨ ∨/Λ :. :. ;:.、     :::::      /! //.: // //// //// // v ′
  〉 ∨/// /Λ ∨ ∨/Λ ' V :、≫         ≪人l//从′//// ///////,| K ′
 `K ∨///// \\ \ Λ/   \ `   __  ´ /   \/////// ////////,| |/! l
!  lΛ {/////////////∠  r ⌒ ミ   _  彡 ⌒ T  ヽ // ////////// | |/! l
|  | Λ ∨////// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ー―――‐-ア´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨///// j 7| |
|  l/ Λ ∨////{             ヽr= ====イ            ///////7 '/| |
|  |///| {/_>}       __   __ }      {   -=ァ        /<__/ ///| |
|  l'//Λ ∨ニニ‐{       `  ., _ {         }/   '"       〈‐ニニニニ/ ////| ト 、





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    人類を破滅させんとする三大魔王を全て討伐した後、大陸は再編されるだろう。

    その中で、サーバルの慈愛である信仰心が責められる筈だ。

    少しでも多くの取り分を欲する中小国が、魔王信仰を怨敵達と癒着していた証拠だと騒ぐに違いない。

    魔王信仰とはそれだけ危険であり、恐らく友好国である七星国家も戦後は庇えるほどの余力は無い。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.

2964 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:19:53 ID:hUQbb6Ha




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    その時はどうするつもりだ?

    本当は問い質すべきことを、口には出さなかった。

    彼女からの答えは分かりきっている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                       ,.、            ,..、
                      〃: :,           〃Y:.
                     ∥ V:,          〃 }: :l
                         l|   v:,      ,.:'’  }: :!
                         l|   v:,      ./    }: |
                         l|    ': :,jI斗 ‐,’jl l   }:.|
                        7|  }ヽ(, ': : 、_,{: l ',ノ ' ': |        ,、
                      ,从丶   v乂__寸{l: . ゝりK|: :!` 、     /.:}
                    八 ∧:.> '^~ _  _ ~^'<  j: 从 ∨,. ィ.: .:ノ
                 _,.-=ミ, 'ァ'´    ,イヘYヘヽ   `'寸 V_,∠ノ.:>'       『悲しいね……』
                -‐、 7//   ,' 〃   V     '. V⌒ 7´
               r' r、 ァ´.:, '     :l /| |     }  }  ' Vl _j_         『じゃあ、どうすればいいか考えよ!』
               | ァ´.:.:.//   jI斗- ,    /,.ム、}   ',:「~^'ー <
                , 〃.:.:.:.:l/|    /   ヽ、 /ノ '  }7 '   「⌒     }        『ううん、そうじゃないか』
             >'’ {.:.:/ l从  ,'≫=ミ ∨{  ≫=ミ、}   L7    '
          >'"´    V/   丶 乂,:,:,:   r`   ,:,:,: /  ,.イl :'     {        『ちゃんと話してみる!』
      ,.:'"´     ,. '´ { l  ,'  八` ー‐ ,、_ ,.   -へ -=彡 7 |从 .: : : \
     ノ      /     | ,{  ,:  八  V-    vソ  /_ノ ノ ',ゝ、゚: : _: 〕h。    『そうすれば分かってくれるよ』
      {      ノ≧s。., _ ∨ 乂 、 , > .,`  ̄ ,. -、,.ィ{  ,'  ,| )l \:ゞ': : : : :〕h。.,
     丶  ー=≦`~^' : ー': |ー‐ ―=ミ,{ヽ| (/) ≧='O 0,’:jI斗-ミム_jL,. ---ヽ: : _゚: : :r,: :.∧
       〕≧s。.,      '       / フ:o: 0/: :|o: 。:{ア    /: :゚: :0: : : : : : 乂:ゞ': :r:,: : (ハ
            〕h。, ノ     / {: :゚: : 人_ノ:。: : j     |         ` <: : :r レ'
           /0: : : :>≧s。.,ア  `~/'^~  ゝ-イ!     ',     __ ,.    -=≦〔
         )、o:.>'" (: : o: /     〃        |l  ,.: :> ー'^~
          `¨      `ー7    ∥       寸、/
                  ,    ノ’  ,. '   {   ヽ)
                 ノゝ- '"({,. '"     ,   /
                   ,’  /jI竺L.,  -=ニ   ,  |
                乂,.ィi〔ニニニニ〕≧x、 }  ,
                 rー'^~\_,.、 ~^' <ヽ\ _ノ
                ノ:0: \0: :`ヽ: : 0: :o: `寸’
             ,ィ〔7: : 0: :_ ><: O: : r:,: : `ヽ   __ jI斗 - ―‐ -=ミ.,
            /: : : :o: :{: : : : :r:.、: : r‐:、:`¨¨¨~´,.--,: ー:': :⊂⊃: : : : >
           ,.:r う: : : : : :',: : : : :ー: : : :ー: : ⊂⊃: ー:': : : : : : : : : : : r: う__\



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    この場にいない彼女の声が聞こえた気がして、笑いが漏れた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.

2966 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:20:25 ID:ynDGlW2k

それ最後に殺されるパターンにしか見えん・・・

2969 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:21:24 ID:aQxxGAVp

赤薔薇ちゃん大丈夫?全部おわった後眠れる?

2970エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/15(木) 22:21:30 ID:B2fYvaYJ

糞エルフは糞エルフであって糞エルフ以外の何者でもないから糞エルフだぞ

2971 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:21:43 ID:Qerjc5bi

鋼の信仰心を感じる
核で殴らない方のガンジーを思い出すな…

2973 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:22:03 ID:myiN9HGa

クソエルフは善悪以前にクソエルフだからマジクソエルフ

2975 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:22:50 ID:aQxxGAVp

このサーバルちゃんからはサーバルちゃんの慈愛と政治73の賢さを感じる

2976 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:22:56 ID:hUQbb6Ha



                                             サーバル、私は君の考えを肯定してやれない。
       l ', . \    \ヽ \       j !リ∧!イ-‐ニニニニニニニニ}
         , !、 ゝヽ    ; \ 、ヽ    _-ニニニニニニニニニニ二|  魔剣による不幸の連鎖を断ち、
         , .!\ '、∧ヽ ノ   ` 、` r=ニニニニニニニニニニニニニニ}
         , ヽ_ヽ  ',丶   _   _   l ::, 'ニニニニニニニニニニニニニ'、 人に後世を託す王として頷くことはできない。
    __-‐=、ニニ'、 、ニj>、  ‐   ,! ::::, 'ニニニニニニニニニニニニニr‐ 、
   / _ 'ニニニニヽニニ\ニヽ > ,. イ,. ! :::::., 'ニニニニニニニニ!{:⌒ト,ニニト:,. }.ト、
   l. ::., 'ニニニニ\ニニニニ', / ._ヽ⌒l. ::::::::, 'ニニ>ィ.ヽ'.ニニニ{乂ノ }ニニゝニィ=-ヽ
.  .l. :::::, 'ニ二二二l ` 、 `ヽ<ニ!_,. - ! ::::::::, '=ニ{.!::. .j '二二>-ィ-‐ ̄_,, --
.   !. :::::::, 'ニニニニ!       ,ィ 亠/   !. ::::::::::::, 'ニヽ ー' .ノニ=‐ ̄_‐=ニニニニ
   , ::::::::::, 'ニニニ,   ヽ::::.、/ '" /.::'" .! :::::::::::::::,. 'ニ>=''" _‐ニニニニニニニニ
.   , ::::::::::::; 'ニ二二〉  _=-{  ::{'"  ./ .:::::::::::::::::,.  ̄ _‐ニニニニニニニニニニ
   .:::::::::::::::; 'ニニニ{::.  , '"ヽ _ :! ヽ ./ .::::::‐=¬‐-<ニニニニニニニニニニニニ
  , .:::::::::::::::::::,.'ニニ!: / / T!j ノ ト.! ,:'"イ二)   r‐_`'<ニニニニニニニニニニ
. / .::::::::::::::::;:::l__'ニ=/ ./-―- .l , l.!,‐=ニ>'" ,..__ `マニ>、.\ニニニニニニニニ







.         ' ! l    !  |l   l  :l  l  l |  |  l !   l| |l l  l    ′
.      l l    | | |l   l   l   l  l |  |  l |  |!  |l   l '  ′
.        l :l    |  |  |l  l   l  l     !   l    |  l| |l   l    ′
       l   , .   l  l  |l _ l _ l _| /    _/_| '| , l  l   |  !
       | lΛ :.  斗 | 从 从 从_  /  '  ′/___|/ l/ j/ ,ト   l  l   |
       | l 'Λ :. l  !jI抖托恣芋ミ、`l/  ′ / jI抖托恣冬ミ、/j ′j ' l   |
       l l  Λ  ' ‘く {込坏リ_,`   / /  ´_ {込坏リ`>’′ /   l
      l l  八\ ' ′`  ̄ ̄         /      ̄ ̄ ´ / / ./ /  l  |  だが全てが終わり、私が居なくなったとしても
.      l l   '\丶  \       / /l          / / ./ / ' !
.         l l   :{∨`:..\          // |         / // / /    '   君のような考えを持つ人間がいるのなら
        l l   { V  :. 丶       /'   |:            /' / /  ′ '
.       ,    {___∨:. :.,          !           イ/ // /  / /   未来は大丈夫だと、明るいのだと信じられる。
 -、- ===≦ , '  VマΛ :. '\      ___  _,     /// //}/ ̄/ /≧===‐- 、
′, V~v//Λ ∨ ∨/Λ :. :. ;:.、      :::::     /! //.: // //// //// // v ′
  〉 ∨/// /Λ ∨ ∨/Λ ' V :、≫         ≪人l//从′//// ///////,| K ′
 `K ∨///// \\ \ Λ/   \ `   __  ´ /   \/////// ////////,| |/! l
!  lΛ {/////////////∠  r ⌒ ミ   _  彡 ⌒ T  ヽ // ////////// | |/! l
|  | Λ ∨////// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ー―――‐-ア´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨///// j 7| |
|  l/ Λ ∨////{             ヽr= ====イ            ///////7 '/| |



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    なあ、レザードよ聞こえているか? そう呟いて、手を陽の下に伸ばした。

    吸血鬼と人間の混血とはいえ、ローズレッドは純血に近い。

    陽光は痛みを生む、理解しているが、それでも触れようと思った。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.

2977 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:23:03 ID:a/r6nPPx

サーバルちゃん尊い
しかし、雑談はクソエルフだらけとはw


2978 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:23:28 ID:J9szamLy

ところで優しすぎるから割食うぞって壮絶なブーメランですよね赤薔薇王!なんとかするぞソロモン!

2979 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:23:35 ID:hUQbb6Ha




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    窓から射し込む陽光に触れる瀬戸際、爽やかな風が吹いた。

    遮光布がはためき、王の姿を隠す。

    治まった頃には部屋から人影はなくなっていた。

    ただ窓から入ってくる人々の笑い声だけが谺していた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                            (  ヽ      ――――  ○  ――――
                    , ⌒ヽ    (     )          // | \
                   (    '   (       ヽ⌒ヽ 、   / / |    \
                   ゝ    `ヽ(              )        | (⌒ 、
                  (           、⌒         ヽ     (     ヽ
                 (    (⌒                  )   (
                           , ⌒ヽ                               _,,.,..,......
                          (    '                           r‐'''"~   |.|
~|¨|¨"i |                      ゝ    `ヽ   .,. .r'"    '"''''''''''''''''''i――┐. .|      |.|
. ! .!  ! , 'ттттттr .h..,_u !!! |_|i` 、 (         -'"._,L ‐''"=='''T "T |_|     |.. ..| r.1.   .!.!
. ! ー!┌.――.―‐r.-   .|. i⌒j―~┤r- _ ュョ"'        レ"~ r.1 「~.|-.n-|「Γl | .|,.、     |  | |^| ,...、 |
_レさ/.| .(ェ)Aツ  | .|  .|,<ゝ'_イィ___.i⌒L  、.,.    (.ヲ,-、,.、 /¨)ノ.)-、ュ ! .|〈f ),ト、ノヽ,r>',.! .,f ζ.ヽト._,ィ.| ,、ヽ
.  ',i .| f i ヾ.ヘ、...| .|  .|l,.,_.|  __      |〉-.r '''''''ヽ='ィ `、ぅ`,'.} Y{ ''r'.Yヽiニ./'}f''{ }f,.)、><ニェェ f_,.-'-亠,、(ノ
┌─r''1.i__.| ノ}. | .|_,...._,Lヽ.,'´   ヽ‐_.i1_┘、_i二二っ_ヾi¨¨i },'/..l l.ヒi  .l'f、)ィ' i'"1 i l. i `i i.',ヽ~,.' .ィ     i.i-
|  |_,.|コっ,,1i_ | .| ̄ T,、mi      i_ ,.7A.fヽ_―――.< ~ヽi.゛1 l l ll,.、 i.iー'ヽニ、、i.l .l_.l lll.',ヽ'<_/j    トi′
⊥.⊥L.‐ ''" l | .|  /皿皿` ._,ィ(,,,,、)_., 、|ス.「「 ̄「 ̄|__}f"ヽ_ .i ^ト|イト、|./. <ノ、ツくヾ、.i i.ノリ "lヨ.ノ〈_   ,' .| ̄
- ._   _,..-'''ー-‐L」口 , -'"_フζ(`ー'―`-'"~| l  .|  .| |ニニコ¨  Ц~i ii.Tтl只´ l.l _〉J',l ll l ~ l 、 ̄.ト、|ニ
._ _,.`>´ | .}_t_   |,ィ'__`'_`´_`ー_―_''_'ト.ト_''_''"¨_┐ィ=.l     └`.}_ノ i.Y_ _j `i´.,' }i l'./|   l  l', .',
‐'"    | ._j    「 ̄|______________|┘<ヽl―.、.     Jl.l l. i. l"''~l  i`トi ト.、 i l ', .i---
      .|' ,..._,r''>-、   .| f.Y iY゙、ヽ〉V.>ヽi i ノ┌.────┐ ゙、        Lj、ノ └、_)    ` l l .i .l"""
      .レ rノヽr,><.ヽ,-゙、 、..|, 〉‐ンt ソヽr">、ノ7-Y7 ,.、  _.,.、  !""".|      しU          、_ .l ト┤
   /、,>`ト、ノ_, ノ、( ヽ_ヽ‐/j  n .|l ,.-L__l ,r-__,..、l',( __,< ),.>ク、-.、,..`、                 ~ `"´
  /,,r''ヽ-'ヽ{,r-_ノ.Y  |./,ィ<ヘ,イ< ゙、,' |ノf Y. Y.¨)'i-( ヽ>-<~ヽr-.<)、)`、
/,,.、 `>''"''"ヽ,r' .〉- l,.r=|.ノ  i i  i ', .ll .レ'-'i.i `‐'ィ|`rY 口 ',コ ト、´ ', } }`、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
__________ |__________ |________ ト、
ー‐―――――――――――――――――――――――――――――┤
ー―――┬―――――‐ー┬―――――ー‐┬──────ー┬───┘



.

2980 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:23:36 ID:ynDGlW2k

改めて国の色々な状況見てみると
どこもかしこも問題ばっかやな
大魔王いなくても戦争は止まらないって言われても納得しかできないね

2981 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:23:46 ID:mSvAUwj6

何、エルフの大英雄も生まれるから大丈夫だ(ヘイト拡散的な

2984 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:25:06 ID:LJVOg16U

クソエルフは究極の英雄とは何かを突き詰めた感がある
そんな彼を死においやったのは最後の良心による物とか皮肉にも程がある

2985 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:25:20 ID:J9szamLy

しかし慈愛と愚かしさ……ワカメ、サーバルちゃんのこういうとこ知ってたらさぞ劣等感と尊敬拗らせただろうな

2987 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:25:35 ID:hUQbb6Ha


投下は以上となります、お目汚し失礼しました。

楽しんでいただけたなら幸いです。

推敲の末、大幅に削ったので穴はあると思いますがお許し下さい。

設定ってのはちょっと出すくらいで丁度良いって偉い人が言ってた。

ただ分かって欲しい。



サーバルちゃんのバブみでオギャりたい。


2988 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:26:08 ID:XxDZMfrr

乙でしたー
最後の一文が無ければよぉ!www


2989 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:26:08 ID:aQxxGAVp

赤薔薇の国は既にレザードという最大の問題が排出された後だから…

2990 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:26:11 ID:z5iuKxU+

乙でした。最後の一言wwwwwwwwww

2991 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:26:18 ID:xvJCCrTC

『尊い』という意味を言葉ではなく、魂で理解したッ!

2992 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:26:39 ID:myiN9HGa

乙でしたー、面白かったのに最後で台無しwwww

2993 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:26:40 ID:4Bt/4JE2

乙ー
わかる

2994 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:26:42 ID:BaWh1WwC

乙でしたー
それでもやっるなら……やっるならなんか良い感じにしてくれる……!(無茶ぶり)

2995 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:26:44 ID:Qerjc5bi

お疲れ様~。お前がママ(投下主)になるんだよぉ

2998 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:26:55 ID:FgJRNdBo

乙でしたー
最後さあ…www

2999 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:26:56 ID:TPdGeDvX

乙です

3000 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:27:07 ID:a/r6nPPx

投下乙
わからないでもないけどさあww


3001 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:27:08 ID:/e+zh0iA


最後wwwwwww

3002 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:27:11 ID:ZWz+R2nF

乙です~w
誰だってオギャりたい、俺だってオギャりたい


3003エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/15(木) 22:27:47 ID:B2fYvaYJ

おつでしたー! サーバルちゃんの国設定作るのに参考にするかもしれない。

3005 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:27:53 ID:Yn6merok

>>2989
だが奴で最後とは思えない
いずれ第二第三のレザードが赤薔薇の臣下から現れるだろう……

3006 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:27:56 ID:ynDGlW2k


バブオギャw

3007 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:28:04 ID:J9szamLy

乙ーw
抑止力の鑑めwwwww


3008 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:28:09 ID:FgJRNdBo

あと、自分も1レスお借りして3次創作をば
(賢老柱でありながら!)ソロモンに助けを求めるくんちゃん

ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1282938.jpg
org1282938.jpg

3012 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:28:50 ID:oAbKta3N

>>3008
支援乙wwww

3013 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:29:19 ID:BaWh1WwC

>>3008
www
支援乙ー

3015 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:29:35 ID:oBd8tU7t

>>3008
支援おつwww



このみんなのおもちゃよ……


3016 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:29:43 ID:F4LHE2ov

乙でした。
それはそれとして、エイワス様エイワス様。
二次創作の短編ができあがったので奉納してもよろしいでしょうか?


3018エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/15(木) 22:30:15 ID:B2fYvaYJ

>>3008
ゼパルくんェ………w


3019 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:30:21 ID:a/r6nPPx

>>3008
創作乙
実家の様なメス堕ち感

3020エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/15(木) 22:30:26 ID:B2fYvaYJ

ええよええよ。

3022 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:30:53 ID:Qerjc5bi

しっかし二次創作凄いな…皆で一つの世界観を作ろうとしてる感じがある

3023 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:30:59 ID:mSvAUwj6

乙乙ー

3026 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:32:14 ID:hUQbb6Ha

>>3003
ぶっ!? ありがとうございます
そう言ってもらえただけで望外の喜びです

>>3008
支援乙w

3027 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:32:33 ID:z5iuKxU+

支援乙です!

3028 :梱包済みのやる夫:2017/06/15(木) 22:33:10 ID:F4LHE2ov

では奉納させていただきます。
最初に謝っておくとすいません、どうしてもこのネタが頭から離れなかったんです……
次は親衛隊ネタの予定ですから……

ttps://novel.syosetu.org/124681/3.html

3033エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/15(木) 22:36:33 ID:B2fYvaYJ

読んだー。うーんSFでやってどうぞ(震え声)





org1282938.jpg









一覧
関連記事

[タグ未指定]
[ 2017/06/18 21:00 ] New 最新追加スレ 魔剣物語 | TB(0) | CM(4)
サーバルちゃん尊い……

見てると二次創作意欲がモリモリ湧いてくるけど海外在住ゆえか板のトップページにアクセスできないんやなw悲劇やなw
[ 2017/06/18 21:25 ] [ 編集 ]
荒魂信仰だよ文句あるか(マジギレ)で押し通せばええやろ!もともと多神教なんだから!(強弁

あと※1、VPNかませればいけるんでね?
[ 2017/06/18 21:45 ] [ 編集 ]
まあでも、現実でも今、一部の勢力で信仰全体が危ぶまれるのッてあるしねえ…
それでも、悪性を認めた上でちょっとばかりの善性を信じるところから進むと思う。それはそれとしてサーバル女王尊い
[ 2017/06/19 00:00 ] [ 編集 ]
あるいは、歴代魔王、あるいは獣人を作った人間に。
カバンか、ミライがいたのかもしれんね。
[ 2017/06/19 00:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

8月!
相変わらずの酷暑な上に台風やらゲリラ豪雨やらの水害も相次いでおりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
学生なら夏休み、社会人もお盆休みでなんとか体力回復をしてくださいね。
え?帰省で結局疲れる?それなら、どうぞやるぽん!を癒しにしていただければ幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で6年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



FC2カウンター