魔剣物語AM二次創作 統一悲嘆、キャラ設定と解説編 やるぽん!

エグゼイド第43回 参加資格があるのはニコだけじゃ? なんで大我も? そんなガバガバ設定じゃそりゃ神が突破できますよ!w 後、変身するなら第伍拾戦術よりクロノスの方が……いや、やっぱり見た目ですね!

魔剣物語AM二次創作 統一悲嘆、キャラ設定と解説編

3839 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 20:51:56 ID:QszPGKps

乙でしたーww
くっそわらったw アルトリア仮面wwww


では次の人がいなければ21時5分ぐらいから40レスほどお借りします

3855魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:06:05 ID:QszPGKps


それでは時間になりましたので失礼します

本編の投下は終わったのですが、説明不足な内容や
本来なら作中で描くべき描写とか設定とか凄いあったんですが
連載するわけにはいかないですし、リプレイさんほどのカラテもないので
ダイジェストで誤魔化してしまいましたが、自分の未熟さでわけわからねえよボケナスという声も多々あったので
各陣営がどういうことをしていたのか、軽く説明と一緒に流させていただきます。


3856 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:07:01 ID:XyjAyprA

ヒャッハー! 新鮮な統一さんだぁ!

3857魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:07:25 ID:QszPGKps






                            【統一悲嘆、キャラ設定と解説編】



          【――モードレッド――】



                  /{ ,ィ
              __⌒ヽ|l{/ 廴
.          `ー―一'´   ̄\r~く⌒廴_____
          /⌒/  /  rく__しi'^´ ̄ ̄\   \___,ノ
.           {/ レ' /{ /´ rくノ{ { \   ´ ̄`Y__ ̄ ̄<
            ∨ / /l{/ )フノ{\l、/  / ̄ 人  ヽ ヽ       三十歳モーさん、あるいはアラサーモーさん
           { ハ { lハ{ く〕ノ{\}/    /     }  |   ∧      略してサモさん、戦後の趣味はサーフィン。
           |l{人j{ | {\ ( ,小ノ / / / // l ハ l|  } ∧     正史と比べるとただの雌犬(ry
         八 ノ八{ \{`}_,厶イ{ l{ /l_/{人 / / |l jハ ノ  ト、>
          彡'^ } | \  {トr‐| 八l| |{ハ{〕≧i{ / jリ,示{ リハ__
              ∨N{   人{_ノ  从rf芹_厂^l/ ィ伐ノ|/{/, -、\
            V リ / { l{ノイ   `代zア     {__,。≦三「 ノ  ヽ  正史と違って父親を斬ることもなく、家を焼かれ、ケツを蹴られ
.              ∠/{ j〕/ |    |\_。≦三三厂{三> 'レ' /   ヘタレと罵られて、父親が帰ってこない家に居候することになったハザマとの
             ___l/   {  圦_ {三三三ノ/}  ハ{ └r' ┬ ヽ 同棲生活を送っている。
          __/ ̄\     乂{  l{ _>  __/ ,人{ {     ̄{__  } 女子力も高く、雇う家政婦もいなければ歳で起きるのが遅くなりがちな男を
  __     /      \\    {\ } ノ| |   \ jノ     /    { 起こすとかもやっている、ハザマ爆発しろ。
  {\    ̄ ̄/       ヽ i__  ,ハ}  | |/     \    /
 │ \   |          } |          |_|         \  /     ′
 │ \\  |         | |         / {\         /     /
  {\   │/      /  | |   \__,ィく  |  \     /     ′
  \ \___{/_     /_/ /__ イ( } } }  |   丶   l     /
  |_|\__  \  /       乂__ノ__/     \       /  __  ----、
  |  /∧  ̄ ̄t{_ /        /_ノ {___         > --' ¨        !
  |// t{     t{_ \_____/ーァ'}廴_、│      ´                 |
  {/  t{__ー+ '^t{     / ̄{___  Nノ,  ´                 |    彼女の生き様を変えたのは狂わず戦死しなかったアーサーの
  /x   `⌒t{    t{   /    ノ  |^jハ                   /  |    影響もあるが、それと共に同行し、お互いの平和に賭ける思いで
   `k    t{    t{        /\_j 伏                 /   /    対峙した大英雄アーラシュからの影響がもっとも大きい。
     ^k, | t{   t{        /\__ノノり                   ´    /
      X|  t{   t{___/\___/ じ{               /     /
 {\_____}  t{   t{  { {   __/{__jリ---------  __ / ̄\ /
 じヘじヘじヘ{  t{  t{―‐┴―=ニ-‐   ̄                 ‐-=ニ\
 じヘじヘじ'人 _t{ t{ __,ィ伏f'⌒´                          ̄   、
 じヘじヘじヘノ\_t{ィ辷f´                               }
   '⌒厂{  廴{__t{ハ{                                      /
 ヽ_ ,ノ}   \ハノ                                     /
_/     イ   イ八                   __  -┬―       /
   / ,ノ    リ从ぅx_     __  -―  ¨  ̄}__}    |           /
 ー==ニ7            ̄ ̄ ̄               }__}_/ |       /
    ,人                          }__}  ノ|         /\
__/ /                             }__}人|      /\ノ〉
ー=っ /                                 }_}  \_____/_/ /
ー‐一'                             |\______{_____/
                                  |ヽ{__/{{_/
                                 } {\____/ ̄{






:. :./:./< ̄ ̄``丶、   \ >'"   ̄ ̄ ̄``丶、
:. {:. :. :. :. :>'" ̄ ̄  \ /:.'             \
\ : : :/  ―ァ    //               \
  / / /     {:i/'      '    / |
  ' /:. / /      /  /  /      '   |   |    ヽ`、
 { '  V /       '   '   /    /   l  ∧/  |  i:ハ      完全者がアーサー・ペンドラゴンの不在によって狂ったとすれば
    / ,      /i  |  /     /\  ,| , /} ∧ |i j }      鏡写しの彼女は大英雄アーラシュによって変わったのだ。
   ,       /: : :|  | ,'     i  \/| / ィ芥》 八/
    { /i     /:. :. :. 人  ∨   {  |x====ミ'   v i/  ',
    l' |   , ∧:. :. :. :.ヽ/ |  | ー《乂ソ    ,  |
     |   /'  、 :. :. :./\:|  | /             ,   j|
     |  ,     \/: /从  V     ,    7  イ  从
     |/       } : |〈:./ |   |  \  ヽ  ノ /i |  /
   ____   _ノ :. | ∨人   |      =‐一 '  ノ  /へ へ_
/:. :. :. :. :. :. :. : 7: {: :. : l:. ∧ \ |    〈    _彡' し `  ` }
:. :. :. :. :. :. :. :. :. / : | :. :. |:/:. :. :、 \ /_ ̄))     r- 、_{     ',
:. :. :. /:. :. :. :. :. : : |:. :. :. :.|:. :. :.:\__</ ̄ ̄ \    \ ヽ
\:./:. :. :. :. :. : |:. :. :. :. :. :.人:. :. :. :. :. : \     ヽ     \_    i
:. :/:. :. :. __:.|:. :. :.\/:. :.\:. :. :. :. :. / _    }      }   j
:./:. :. :. :. :. : : : | ̄ ̄〈:. :. :. :. :. \:. :. :. :しo:.|   人      /   ,

3858 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:09:31 ID:7+a4G53t

統一飛誕の人だったのか

3859魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:09:52 ID:QszPGKps





          【――ハザマ――】

                                          初代特異点、リプレイ時空と最後の希望、正史だと魔剣ダイスに
                         r=ニニニニ=-、            敗れた主人公になりえた男。
                        /ニ≧=--=≦ニム
                    ,.ィニニニニニニニ∧- 、
                      ,ィニ{、ニニニニニニニハニ\       この統一時空においてはアーサーに拾われた後、
                     マニ \::::::::::::::::::::::::::::,..ィニニ }       夢物語のように平和統一のために大英雄アーラシュの撃破の野望を
                   \ニニ≧=====≦ニニニ/       語られて、「おいおいこいつ頭大丈夫か」 と率直に言った模様。
                        |:` <ニニニニニ>イハ        その後の戦場の整えや空戦魔導師の誕生、各国の戦線への
                        }イ: :{_|∧: :| =ミ/ イ/ ̄}        理論などの配布による変化を踏まえて膨大な時間がかかっており
                      _}:从:叭 \     __〉:.:/^ ーr/\    それが故にアーラシュを倒すという熱意=夢の足掛けとしか覚えていた。
                   /ニ〈∧ {  、 ` ー=/:.:.:/ :、_//ニニ>、
                 イ|ニニ} \  `≧='、:.:.{_,..、//ニニニニ`\>、
                /ニニ|ニニ|   \ /  マニ\ニ{_{ニニニニニニニ`ニ≧=-、
                /ニニ l|ニニ 、   /¨´\ }ニニ、ニニ>、ニニニニニニニニ∧   故に魔剣に頼らず(アーサーは隠していたはず)
            ,イニニニニ{ニニニ、 / }:::::::」 `マニニ\ニニニ> 、ニニニニニム   アーラシュを撃破する作戦があると信じていて
              /ニニニニニ|ニニニ}'  |::::i:::|   マニニ \ー==ニニ`ニニニニニニ}   決戦前夜にそれを後述し、世界線を変えた。
           {-=ミ、ニニニl|ニニニ|   }:::::: !  }:マニニニ∧   `¨ 、ニニニ/ ´
              |ニニ\ニニi|ニ=ミニ |   |:::::: |  |:::}ニニ{(_)ニ}      `¨¨¨´
             _lニニニニ、ニL|(_)|lニム  |:::::: |  /::::|ニニマニム
             {イニニニニⅥr|ニ|、ニl  !:::::: ! /:::::::{ニニ∧ニ}\、
             |ニニニニニ| ||ニニ}|ムニ|:.、|::::::::}':::::::::::|ニ,イ  \'  }}      ちなみに信じた同僚に家を焼かれ、蹴りをいれられ、いい年まで
             |ニニニニニ|ニ{ニニ|!ニム}::::|::::::::|::::::::::::Ⅳニ!    ー'       籍をいれていないへたれの彼がサモさんを食ったかどうかは
             |ニニニニニ|ニー=''ニⅣ:::|:::::::」::::::::::::|ニニ{            虚数事象に飲まれて不明である。
             |ニニニニニ}ニニニニ|:::::::::T::::::::::::::::}、ニム
             |ニニニニ /ニニニニ{:::::::():}:::::::::::::::|ニ、ニ}
             |ニニニニi{ニニニニ |::::::::o:|::::::::::::::::}ニⅥ
             |ニニニニl|ニニニニ/::::::::::/⌒\:::::::マニム
             /ニニニニ |ニニニニ,':::::::/イ ̄マム:\\ニ 、
          {ニ/ニニニ !ニニニ/::: イ:マム, ===マム:_:\〉ニム
             Ⅵニニニニl!ニニ /-'  ̄: : マム,.---}-'-- ¨´-ニ}
            }ニニニニ|ニニ /: : :マム,.--- ´ニニ|ニニニニ\
            |ニニニニ|ニニイニニ{==ノニニ|ニニ|ニニニニニヽ

3863 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:11:17 ID:XyjAyprA

このヘタレwww >虚数事象にのまれて

3860魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:10:48 ID:QszPGKps





          【――アリーシャ――】



                   / }
                 {! ヽ{ /ィ__  __
                V    > ': : : : : : : :=- _
               <⌒ >"/{: : : : ヽ: : : : : : : :ヽ
             >'" ̄/: : ∥‘,: :\ト、: : : : : : : : .         人類最強、ドラグナール1世界において天が生み出した三大バグの一角
           >'" : : :., ┴、ヾl{: : l 、: : :.\ヽ: : : : : : : :.        帝国に生まれなければ軍神、大英雄の前に立ちはだかる多分ラスボスになった
          (l{: : :. / γ ノノつ: :| ⌒_ : : : :<: : : : : : :.       人類最強。(武勇はぶち抜き、魔力も含めれば人類最強、統率もやべえ)
            >"   ノ_, ィ´-ミ: : l: :/ 」_}ト __: :~: :-=: :_}_
        >'"    /り{ ,' 示 \ 〈"c示ヽノ  ̄lニ = -; : : :ヽ
       /      /:./ l′cノ ノ\弋シ′: : ,'- 、< : : /
        Λ    /}: :(   〈 / / ,'__/ / /(/(:_:_/  ノ う ヽ.:)
     (ー--<  ノト :_:=- _\ (   ヽ   ヽ: : ヽイ/ く<     正史においても、リプレイにおいても、PC主人公の前に立ちはだかる怪物であったが
      ヒ     /イ  (: : :.ノ->  _  ィ r': :_ノ'"    ソ     個人的にはあの時代において 剣騎士(軍神) 弓騎士(アーラシュ) について三番目の
       ¨T  /    )ノΛ  V:i:| /i:i:i:つ_) ̄> _            ランサー     ダイス
        ¨「       / 〉、 V/>'" _ <⌒ヽノ       英雄<槍騎士>として天が産み落としたのではないかと解釈している。
           ̄ ` _  l{// ラ只Fニト., ̄  /_   V       星の時代と呼ばれた後の世には三大英雄、あるいは三騎士として語られる存在。
               ` リ /'</ ヽ>  i|ト _ィ′    l|
              へ { l{        i|! lニ}     l|
            斗:_:ノ`<¨ヽ     i|! lニ{       |
          ( , 、,、, 、,、,(⌒ヽ   i|! |ニj__ -=ミ/,
         __ }ニニニニニ ¨ !'’  l|! |ニ/⌒\ ヽ  ,
       (  └―――――┘⊂^ヽ_ニ -'"⌒ヽ  j }   ※武勇:123 魔力:105 統率:91
         -= ____   =- ´       / /イ
             / i|l  `ー----―┬―='_∠.../
             / i|!        i|l | ̄l:::::ヽ




                 ,vl   /i!
                   / {∧/   !--- - 、
                  ,ゝ{  {i /   /___: : : : : `ヽ、
                 /: : ヽ {ゝ-<__ノ.: :/:i : : : : :\            帝国に生まれて軍神の下になったがゆえにあまり目立たず、
                / : : : ,'´ } `ヽ´: /;ゝ-i: :i、: : : : : : :.           だがしかし帝国の雷十太先生と出会ったが故に人として
          /: : : : : /  i人_ノ/ i---、!: :!:.\: : : : : !          邪龍にならず、これからも襲い掛かるだろう人類の敵や、未来の危機
          /: : : : : /{ /i: :i: /: ,ゝ- 、 マム\ \ : : i            それらに奮迅することになる。
        / : : : : ,ゝ;{  ヽi、: :r i/ : i ん! /ヽ!,ゝ-、 > 。      r―-、/ /
          {: : : : : :ー - ,   ヽifil!: : ,' ゞ'     {ソ i /`> >   }:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
         ` ,ー- : :/  fニ>':i: :,' u  _   '   /! i 〈 f_´   ,'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
        , .ゝ;_:_:_:_; :.:〉 ̄ i〉゚ : i:/\ {__ア  , ' i i〈!`ヽ〉   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
        />―‐// 、r≦>゚´≧ r≧s。_。< r‐‐_〉  リ   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i     あと先生との関係に関しては色々考えたが
      `゚ <  iヽ{   `ヽ\\=}.{='    > `ヽ\    r――<:.:.:.:.:./     このアリーシャが結婚したくなる
           `_} /     r<:ノ_ヽi}__゚´   {  ノ/      `ヽ、/ /≧、/
          {./      !V ̄ ̄}{ ̄V/  { `ヽ}         ./ /
           {:.ヽ、      i .Vi! /`ヽ、}/  >z__       / /              「先生よりイイ男」ってこの世にいるのだろうか?
           {::::.i!\   ,'  .Vi/   } }/    {ililililiヽ    / /  ,ヽ           イケ魂スレイ君呼んで来い!
          }:::::::}  ヽ ,'    V     }/    `ヽlilililV/_/_/  〈 .{ー ' ニニつ
          }:::::::{、   {     `>   /__ ,ゝ≦゚´ヽy´   _> / }   ヽ、
          j}::::::::::}ヽ   ,。s≦{!   /〈_//jI斗ャ>'、     }ノ<{!   ≧s、>、
            /::::::::::/ 〈_,jI斗ャ≦´}_/___,ゝ゚ <___`ヽ ヽ  ノ   ヽ___r ト、ヽ  ̄´
        ri'::::::::/  ∥ { /ヽ      /     i}  i} /¨´   >゚´,i__!´}_!
        /:::::::::/   ∥_/   V/    ≧s。,  i}__ーi   >゚_/´
       _f´::::::/jI斗ャ≦三{    /    > ゚´ ̄ ̄`ー '´ヽ`ー ゚´ ̄
    /:::::::::/ ̄ ̄ ̄ii ̄~`ヽ、_/>゚´
   /:::::jI斗/     i|     {
  ./::/:::i /jI斗― -<     }、
  /::/}:::::::i ´   |::::::::ヽ、ili≧s≦´;;:≧s。,

3861魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:11:12 ID:QszPGKps





          【――雷十太先生――】


                                人間は顔でもなければスペックでもない、心一つだという大出世した先生。




           ゝヽ}乂,イ∨{,,イ(__
       爻ーミ`ヽ',ヽハハ//''"∠__           ステータスを決めるダイスではなく天運ですらなく、
      乂ーミミ \ ', }{,'/ / ,,/ハ          アリーシャという部下を持つ配置ダイスによってある意味全てが決まり、
.      ≧=-ミ ゝヾヾY/イ イ,,/ _ノ          その後の流れによって予測を凌駕したある意味魔剣世界最大のイレギュラー。
     ∠   /彡`//'''゙',',"ヾ"{ミト、 ≧-ァ        統一世界線だと大将軍にはなれなかったが、特別な仕事(左遷ではry)につき
      ,,イ イ,イ },,''{{ヽ  }}-‐}},,,ミミゝ=彡         彼にしか出来ない仕事をしているので、アリーシャもこれにはホッコリである。
      //Yニヾ ゞzzzミ>.从,zzzイ/∧ヽ',
      //.{.i〈}ゞ' `¨/}{ヾ`¨´ ソ〉i}.从
三三ニ=爻7∧ゝ」ゝ、  ,.}{,、   ,イ{_リハ{爻三三三≧s 。
三三三三ニ=从ノ}、 } ,,'' ヽ.イ ,, '' { } 从三三三三三三ニ=-
三三三三三ア从.} ヽ.,, ´,ニニ,` , /ハ从{三三三三三三三三爻   先生を見ていると岩窟王とエデという関係を思い浮かぶので
三三三三三三ハ{| :i:iヽ,, '  ,/:i:i:i }∨三三三三三三三三三   それからどうなるかは想像にお任せしたい。
三三三三三三爻 ', ',:i:iゝー':i:i:i:i:i:i  爻三三三三三三三三三
三三三三三ニ爻ハ  ',:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/.   ハ三三三三三三三三三
三三三三三三/ . ',¨''‐、    ,.‐''"  / 爻三三三三三三三三
三三三三三ニ/|  ',  ‐ミi彡‐   /   |マ三三三三三三三三
三三三三三/: :|   ',   Y.     /.    | :マ三三三三三三三ニ
ア゙'",,~'=ー- 、 :|,,__  _,、、、--ー――-、-ー''''' ー---ー,,=、,ー-、ニ
/´::::::::::::::::::::::::::::::::::~ ̄:::::::::::::::ヽ::::::::::〇:::ヽ "´´´ ,,,´´´ ,,二ニ
:::::::::::::::''''';:;:;:;:;:;:;:;:;:;''''''''''''"::::::::::::::::';;;;;;::::::::::::::t     ""~´、- 、    あと最初の森の王と最後の森の王しか出来ない技を
::::::::::::::::;:;:;:;:;:;'''":::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;tt;;;;;;;;;;;;;;;;i          ,,,、   何で使えるんですか先生! すげえ!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;tt;;;;;;;;;;;;;;;|     ,,,、-''' ~;;;;;
:::::::::::::::;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;|;;;;;;;;;;;;;リ,,,,,,,,,、-''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''''''''''""";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::

3864 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:12:09 ID:/diqy2CN

これで農家の3男だというのがねぇww

3865 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:12:44 ID:ynNGoyeA

先生もまた森の王だったのだ

3866 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:13:06 ID:7+a4G53t

先生!
アリーシャに押し倒される未来は来るのでしょうか?

3867 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:13:13 ID:9Yh2DjQh

飯綱はマジで凄い

3868 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:13:32 ID:MOwjKh2j

後付け設定が出る度何故か評価が上がっていく先生

3869魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:13:38 ID:QszPGKps





                【――アーサー・ペンドラゴン――】





        絶対勝ち筋ミスしないマン、統率オバケ、魔剣使わないほうが強いんじゃね? と囁かれる軍神。
        多分後の歴史家に最高の軍師家という絶賛と畜生オブ畜生と叩かれるだろう存在。


        彼がアーラシュとの決戦において使った戦略は後の歴史家たちの間で長らく賛否両論を生み、
        「唯一彼が負ける可能性があった戦」や「あの時のアーサーは狂気に触れていたのだ」とか「実は病で倒れていて影武者がやっていた」とか
        様々な議論や陰謀論、間違いなく後の世の仮想戦記においてもっとも題材にされるだろう存在。



                         /   /
                        /{  //-――=≦( _}
                         { 乂{  し{____ \ノ
                     > 八   ___/   ヘ          アーラシュが首都を射線におくような位置に前線を置くわけないだろうという
                  ___/ (⌒\(ー一  、  、 ∧         指摘はあり、具体的な地図を用意してないので反論は出来ないが
                  `¨¨,イ / / ``    \ V ∧
ニ=- _                    / {r/ ー-、{\ {\(\} } }\ ,ト、      それでも敵国領土に進撃し、最短のルートではない道を深夜の行軍で
 ̄ -=ニ =- _                { { | ,r==ミ、  {x===ァ}ノ} /⌒´| \     移動し、敵の目の前で首都と敵要塞に囲まれるような進軍をするという
      ̄ -=-_  _           八∧ ゞ'^`\{^ゞ' 从レ' rー |   \   誰が考えても自殺行為、気付かれればステラによる絨緞爆撃を食らうだろう
            =-_ \ `¨¨¨¨¨´ ̄``ー∧   l|     /⌒ー{  ,      }   作戦ははっきりいって狂気の沙汰である。
             =-_ \         )r 、  _ _      /  /    /
 \- 、  _   -―==≠\    \ 乂r \   /彡   /  /   /=- 、
.\ \\        _,. - ` <    \ィ}ー{ ̄ ̄ ̄ |ー/ /  /    \
  \ \ー――‐''"       ` <  \ } }___ノ/, '"   /\\ニ=-_  \_  その後、地の利に長けてた敵軍に、後ろから首都予備兵力が迫り
.   /\ \ /      __   ノ }\/   _   \__/_  } }    ̄⌒  前方から包囲するように襲い掛かる大英雄+四英雄占領に
  /.   \ \ ,. -‐ '" ̄{{   ̄`¨¨´/    (_‐ぅ      }` < ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` <  囲まれて、縦列隊形で迎撃するという英雄の指揮と士気があっても
  /    /\ \/{     {{      }{  ー=ニ, ― 、ニ=一  }     ` <     _,.  普通ならほぼ負ける戦いという愚作そのものだった。
      //. \ \ 、    {{  _ /∧ ー=/ニニ∧=一 ./|     }} `ー''"´
  |   /'   (/\ \ ゝ)  {{/ ノ\ \_}     {__/ i|     {{    }
             \ \   / /   \/ }      {   \八___{_  ./
  \       _,. \ \'/⌒} 、  ∧/{     }     / /   \/   /
    `¨¨¨¨¨¨¨´     \ \__}  ` 、 ∧.≧===≦    { (      {    /
              (// \ \     ` ∧          /⌒\/⌒\{¨¨¨´
                 //.{|. \ \       ∧      / ̄ ̄ ̄\  ∧
             // {| ∨{\ \   /} \     /   }}.    ∨   〉
                 {/  .{| ∨{ \ \{  レイ  \  |   }}    〉 /
                   ∨{/< \ \へ  r‐一 、|    }}    /´
 ̄ ̄ ニ=- _       ____}V  \ / \ \\   |   __}}_   /
        ニ- _ _ -ニ ̄  <_   ノ\   \ノ )  レ'-‐ 、 \/
          ニ- _     _ /⌒ ´( { \     >へへ    \}\   ___ /
                 ニ-_/ ` <  し \ \//  / }ヘ     <_/、´     /
              /⌒ <   ` <≧=くしイ {_/ / }へ   }  〉-、   /
              /`、    ` <   ` <\} \/_//    .}/  \イ
         /   `、       ` <    \  \{⌒´  /\} /   \

3870 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:13:45 ID:XyjAyprA

アリーシャ! 早く自分から先生を押し倒すんだ!
あんまりロマンに拘ってるとサモさんみたいになるz(ズシャアア)

3871魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:14:11 ID:QszPGKps






                   -‐…‐‐ 、、..,,__〉{   \ \/ ⌒\
.                  /l /        /    ∨/{/〉
                 / 〉        ./  |     ゝ‐=彡
                   {〉〈   l|  从/\  |       \
                    〉r  l|  |j笊ミk |   八
.                   \{ l八 |vrい'    /‐‐∨   ∨
                /\rv__| |\     l /笊㍉ \ \〈         後間違いなく後の時代では、
             __ノ{/      | :,        j/ ゞ''/   {⌒\        創作で女体化とかされるだろう(確信)
             )        人 \  、     / j 八 \
            乂         \ \  `   イ人 /  ⌒´
           )k             \ \ <    个 、、..,,_```
      -‐…‐-...__>~、、        (.\ \  ̄}      (  ⌒ \
    ...:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.)       〔ニニ⌒´   }      \   j)      奥さん不明だし。
    ‐:.:.‐‐‐‐:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.⌒7__rv  、丶 ‐‐┘ ~^ヾ、、,,      (__
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.、丶'  )/       ヽ   ``~、、ハ⌒´
    :.:.:./ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄    Y                 \:.:\
    /   /   ‘,   ,,.                         .:.:. :\
    :.〔 イ⌒\   〉/`^~   { ‐\_______  }           }:.:.:.:.:.:.:
       /     \/:.:.:.:.:.:.,__人 ‐=ニニニニニ∧ ,   ______.:.:.:.:.:.:.:
.      /        ∨:.:.:.:.:.:.:.〉‐=ニ丶 ‐=ニニニニニ〉  /二二ニ=‐ /\:.:.:.:.:
     /     __}: .:.:.:.:.:/ ̄ ̄/ ≧=‐-  -=ニニ∧/二二ニ=‐イ{  |丶:.:.:
        /  }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_〈     /     ̄\r --‐=≦‐{  |
.       /  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉\___|___   乂〈〉ノ /ニ=‐ \〕iトミ
      / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.-‐…‐-∧ ‐=ニ二二二\  乂j{ノ,/{‐∨ニ=‐∨⌒ヽ
.     / /:.:.:.:.:.:.:.:./        〉 ‐=ニニニニニ\___/=‐.{  } ニ=‐ }
     / /:.:.:.:.:.:.:/        / ‐=ニ二二二二二二ニ=‐ {  } __彡'゙\
.    {  {___/         .___ ‐=ニ二二二二二二ニニ=‐ { 八      \
.    { /           /    \ ‐=ニニニ二二ニニニ=‐ {  }\
.    {./        /      \ ‐=ニニニ二ニニニ=‐ トミ \  ̄ ̄
                        丶‐- ミ ‐=ニニニニ=‐ ∨ \\
             {               |\  \ ‐=ニニニ=‐ /〉,    \
            ∧          |   、   ニ=‐--‐=ニ /=|   ∨
           ./ニ\           \  \          /二|   }\

3872 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:14:23 ID:V4ceTLwj

先生はほんともう何なの・・・w

3873 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:14:46 ID:/diqy2CN

正気だからこそやったというのが真実

3874魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:14:47 ID:QszPGKps





          _
       >    二  <
    ./   >        ヽ            【――那須玲――】
   ./   /          ヽ ヽ
  ./               、  、ヽ
  .i   ./  i       iヽ  |i   .i .i
  i     i    i    i  i i  i i   .i .i      戦後、煮え切らないし年齢も他人事ではないので
 i    .i  i  iヽ--─i i.i ! .i i i-卅 丿ノ     へたれハザマのケツに蹴りをいれていた。
 !    ヽ i、ッ ' ' ' ' ' ' '  ' '_' ' i i
 ヽ、    ヾ_>==、   ‐=<,_i  i
  i .!   .\´           `i  i     ただしそういう本人が結婚出来たかはry(爆撃)
  !  ヽ  ヽ  ヽ   _      ノ   .i
  ヽ ヽ ヽ ヽ   i  乂_. ̄  イ   .ノ
   `````>`ヾツ>t-, , ,七´, , ル' ' '
   /´ ̄ ヽヽ    ヽ  ̄`i







                 >.:´:.:.:ァ.:.:.: ̄:.:.:ミ::.、 ノ/  _
              /.:.:.://.: .: .: ´.: .: .: .: ̄:¨´.:. :ⅰ
.           /.:.:.://.: .: .: .: .:/.: .: .: .: .: .: ;- 、
.          /:/.:/.:./.: .: .: .: .:/.: .: .: .: :/: .: .: 7ヽ..ⅰ    【――ニコラ・テスラ――】
       /'.: ,//:/.: .: .: .: .:/.: .: .: .: :/.: .: :/.: :| :ⅰ
       〃/イ.:.:.イ.: .: .: .: .: /.: :/.: //.: .: :/.: .: ! :ⅱ
.        /イ.:.:.:.:.!.:.:.: .: .: :/j//:///.: .: .:/イ.: /.: :7!
        ′{.:.:.:.:.}.:.:.: ::.:イ' えt:ッ ミ゙/.: .:.: :/7/: : /リ
           Ⅴ:.:{ 从:. .:′      ̄ /;://ッ-、′:/      淫乱ピンクの嫁を持ち、無慈悲にも同僚の家を焼いた男。
           Ⅴヘ ー V,          ´ :  ̄ 彡べ      嫁の力により、上司の娘に色事とかを洗脳のように囁き、
           Ⅴ:.`::..ミ、           _ .〉   ´ ′      染めていった模様。
            }:.:.:.:|  ',           ´  /
           }i:г、  \  ー-  . _   ′
            Ⅴ  > .\
               7      ` 丶. _/
          ァ=、         V´/
      _  <´′ ` 、 .       ∥/、
  -‐   ̄    .:       ー- ┘^ >
           .:             (ツ)    >
丶                              >   _
  ,                               :. ヽ
   ,                               :.  ,
  . ,   .                              ⅰ '
  :. ,  . :                             ¦ ⅰ






         , イ:::::::::::::::::::{::::::::/::::::::::::::V::::::::::::::::::::'-,,___,,ィ
          (::::::::::::::/:i:::::/::::::/::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::<´,
          _)::::/:::::人/.i|:::/:::::::::::::::V::::::::::::::::::::::::::::`ニフ          【――クロウ・ブルースト――】
           '=-:::::/::::::::/   i|::i {i:::ミ、:::::V::::::::::::::::::::::::::::::::≧=‐-
         (ハ:::::::::::::/ `ヾ V{ ヽ::::::::::::::V::::::::::::::::::::::::/
           {::::::::::::i:<弋レ .\  Yiノv' i::}::/:::::::::::::::::{i
           ゞ!::::人    } ヾリ 弋レi}/:::::::r、::::rく_
            リハ:::::ヾ、   /  i}   ,.'/:::::::::i} !f´ ̄`          ウン
             ゙ミ::ト、 ./   {i  , ':::::/圦'<          天の星が告げている、お前は貧乏であり続けると。
                  r':∧  、_    i':::,:イ:::::::f´)`ヽ         部下はどれも家庭持ちだったけれど、そんな財力で大丈夫か?
             人k,'ヘ  ` ニ ̄′リ,ノ:/:::{i、
            /: : :∧ゝ'\ _ , イ:, イフ:::::/ )
--='--------'''"/: : : : :{i ゝ、       .` //シ
: : : : :∧: : : : : /: : : : : : :{i  ,r-ト、    r'-彡: ム
: : : : : :∧: ::/: : : : : : : : :∧ {i {i      i| i} i|: : : :\
: : : : : : : /: : : : : : : : : : : :∧/  i}    i} V!: : : : : :\
: : : : : : : `''<: : : : : : : : : : :∧ /      i}∧'|: : : : : : : : \
: : : : : : : : i}: : :`''<: : : : : : : :if´〈       / ./.i|: : : : : : : : : :ム
: : : : : : : : i}: : : : : : : :`''<: : :i}  .\   // i|: : : : : : : : : : :∧

3875 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:15:14 ID:/diqy2CN

なんか副業でもやってんじゃね?

3876魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:15:25 ID:QszPGKps





    【――織田信長――】


         軍神の副官であり、もっとも必要なことを躊躇いもなく実行出来る男。
         ジャンヌの身柄を要求し、抵抗するオルレアンを炎上させたのはアーラシュ亡き後に大同盟の象徴になりえる
         可能性を持つ彼女を無力化するためだった。
         原案は史実の比叡山炎上から。




                         ヾミミ\ \
                       ヾミミ\ \
                           ヾミミ\ \         ジャンヌが生きている限り、民衆は何度でも立ち上がるだろう。
             (   ,.-=-、         ヾミミ\ \       ジャンヌの才能を敵としてもっとも認めており、危険視していたとも言える。
  _    、     ,. `ニ'⌒`ヾヽ.         ヾミミ\ \
',´‐-ヽ、 ヾ、._,,..-‐=二三ニ≧-丶.       ヾミミ\_,.\__
メ,._`ヾ、(`ヽ ,. '"彡三三三ニニ\  ( _,,....,.ィ'州州州州li;,、   「戦いは終わらない」と兵士が叫んだのは、
、ノ⌒≧ヾ`ニニ彡,/〃 {'r'"-=三ニ\._,ゝ,..','州州州州州州州、  彼女がいる限り抵抗は終わらない、希望は潰えないという意味だった。
,.'",.ニ=--,.ニ三彡'ノ'r‐=、’ ,ゝ、,ゝ二三三三;'州i"i' }! 〃-ー=;州州
〃/,.-‐,=ニ‐-、\==- ̄≧_、¬-<,.==ニニリ/l,トl!./!{!  l,.}!-!il!州}、
  (_,.;'.,.-=二ニ≧<"r≦三三ニ==二ニニ,'/"´゙__、,,,..''",,..-川!州\
¬、(_,.〃 /⌒ヾ、_ヾ=ーゝ._((ー_,,(,,...-=ニニ_!l!/7///};;' ,,,.ニ{!|;ヽ}lミミ\
‐-.._ー=_ノ;、-―-、ー==ー二二三三三二ニl ヾ//ノ;;' ''´`’ l込゙ムヽミミ\
≧二二三ニニ三三二ニニ二三三三三ニニヒー ';;;;' ヽ _ヽ'州州ソミ;< ̄\‐-、
ニ=‐¬气二二三三二二二三三三二>Vヾ,li';ヽ.__''ー ,. ィノ/州州il!.ヾミミ\ \ .ヽ 、
;"ヽ ノリ ('" '" ̄ラ彡彡ニ==>"〃{('、{!ー'l 'li,` ̄^~、;ヾ´州州州、,ヾミ゙\ \   \ヽ、_
  ̄"´  ``   /〃// (,.'"´ ,.イ{!'   !ノj /リ l! ";巛;ゞ゙ / ,.l!l i゙}!l州i,゙ヽ,ヾミ゙\ \/,`ヽ   ̄'"` 、
,..=-...ゝ、_`ー;"ノ'/,イヽ/ .、  `{.リ、l、ノ { .ノ l l!ヽ 、  ,.' / !;}ノ,'リ州ilゝ=.,,ヽミ゙\  .l  l、、ー---―
'",.''" ̄ゝ-‐二ニ,.イ'" ̄_ヽ ,ノイ丶  .!.{  .l` ゙、ヽ   ' ./' ,l(;"))州ヽ._  ヽミ゙\ l._,i. ヽ.ヽ\
/ヾ、 ,./'//;'"./  ̄    .((、_`、  !  .∧ヽ\ヽ_,.,.ノ'/l!、_ノ州州州「l=-ヽミ゙\/  / } ヽl!
   (.{((../´         ヽ  :   .V   ∧  `! l ll !   .l!/ ,イ州i{ ノ,! /.  ヽミ.{  / ノヽl}
  _,.‐'"_           .ヽ. :   ∨  .∧. └|_|L!  l'!、{(州ili、ー゙l  ,'   ヽミー、_,.' /、ー-
''"   -―=-`ヽ、   、     .::i.;    ∨  .∧、    !  l,'! `ー)州) .!_,/-= __ヽミミ゙ー' \
     ̄二=‐-≧ 、_  ヽ、 /;:}      ∨  .∧ヽ  ゙,  !/!(`"〃' .l州州ヽ,.ノ  `ヽミミ\  \







                             ,ィテ州州z、_
                            ,イミ;州州州州リイハ、_
                            ,仁三ミ州州川|llイ彡イミi、      ちなみに彼としてはジャンヌは処刑して神格化されるよりも
                           ,イf三イ´```ヾリ州州彡'三ミi      軟禁し、懐柔させる狙いだった。
                           lイl彡!ハ     ``'´〈ツ〈三ミト、
                        //イ|イ!|            l マミハ.l
                         メl l .イィキ≧x_ l.|  ィァ=キリトリ|ミ=―'´
                     イ/ハ,l | ,イ////ム彡",ィ=キミ、 lミx_,ィ仁ミx    だがアーラシュとの決戦での卑劣なる作戦、
                        / .l i 彡'ハ,|.!//////リ'./,イィモテヲ ,ハ l三≧ミx |li   その悪評から民を思わぬ悪鬼外道と認識され
                  `―彡=彡イ彡州キ‐ミ三彡!' ハ  `ー`´ /ノ/三ミx リ,ィ仁ミx 苛烈な抵抗にあい、全てを焼き払うこととなった。
                    イl彡'フ〃,リ州州キr―..、 .ハ    ./イ州ミ三三彡'  リ
                 〉リリ 〈 ,リ .l!.l州リ'.:キリハlliミ、_,'.::;l ,,ミxイ州州ミx、====ミx /
                ,州 />-‐ミl|.il⌒li州l`ー‐-、州イリイli|lミxヾlix `ヽ``州l     アーサーと共に血と憎悪と呪いを浴びて、
         /-、>――― ニ二| |  リ.l| .liキ州州洲T,リlイ! トf‐リ==ミx 州 ツ! l州     それでもなお止まらぬ足を未来へと歩き続けた。
          / /´ ̄ ̄ ̄ ̄´ il l l  〈 .| .|l::.ヾ州州lilリ' l |!.l l7 リ `リト-イリ'__,ィ、
        ./ .〃         .ll l .l     .| .ll  :::::::::::/ / l|li l V .l 州ト lリー=ハ ヽ 、
     /  l|  l     リ   l ,' /     lト、 ヽ ヽ::::::/ / ,イ|ト、l V .ヽヘミ=l `、   l l. ヽ
   ,f´l  .l|  l        ,'〃     ||、.ヽ ヽ    / イ .l.|!,イl  V  l .l  l    .| ll ハ
  ./l |   |  |       / /      ||ミ、ヽ、   ′  ,.イ|..::ハ     ヽ ヽ   l .l! l l

3877魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:16:44 ID:QszPGKps




    【――ゼンガー・ゾンボルト――】







       帝国の剣であり、女帝へと曲がらぬ忠誠を誓う忠義の騎士、否、侍。
       彼は宰相であるヒデオと共に、歴史の表舞台から記述を消した女帝に仕え続けた。





                       /|                   _              -=
                  /                 / / ィ≦二 ミ=…ー      -= ¨     <////
                    /  |           〈y{::// -‐=<ミ¨¨‐=ミ  -= ¨       <//////////
                    /  |          _ ≦ Ⅳ/ ⌒  ̄¨¨≧ ー=≧    <////////////////
                   //  八        ⌒/,,イ rf:¨¨ ミ   -=<  ー=≧ー////////////////>
           {\∠        〉      /ィ Ⅵ ト iトミ、 \  ミ  ー=ミ∨///////////>
           Y/ ̄¨¨ヽ》  /      -=Ⅵ :}!:}へ`ト {トヽ<マ  ≧ミ  ゝ///////>        =‐
          {\{ __イ Y( /  -= ¨     }ハⅥrft刈ぇィf仗、V rヘ iト 仄//>        =‐
          Y/ ̄¨¨ヽ》夂ン )¨    <//////Ⅵト. '~] :^ヽ  )!}ij 人{Ⅳ^        =‐
          {    //, ∧/</////////////,小 `__     , j:ハ V^  =‐           私心無く命じられれば全てを切り伏せる
         r ㍉ __,,rfニ[  ],//////////////////∧  ̄`  /    Vハ              斬敵の刃は冷たく重い、だが誰よりも
     r 「 「 { fi:i:i:i:i:i:i:[ i辷7////////////>    _ゝ__   イ_ ―ニ二寸_           熱き彼の心を知る者は少ない。
   __,rfししゝと⌒ヽji斗[ { {///////>         <[F[ノ::f丘ニ二二二>=:::::::::::::>=―<
rfi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ji斗 '7¨ ノ  tニⅣ/>         <「::::::::::[圦V 仏ヘ―.. ̄:::::::::::::::::::/   :.:.:.:.:.:.:.ミ
i:i:i:ji斗 '' 斤      イ》 〃Y t圦      <[:/::::::::::::::::≧ ≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.   >=ニ 〉
'' ’   /人       /ハ{{ { Ⅷムヽ -=f夭:.:.:.:./::::::::::::<  个 ¨ '<:::::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.>'', イ<マ
    〈f  ト  /::::∧、 、Ⅶ j }  ハ 》.:.:./::イ:::「     {{     ¨ <::::::::::/r ):.:.:.//  ー=ニ_   アーラシュとの決戦において彼はその心から
     Ⅶ>=ー彡::::::::::::∧ y大ン r《 》  イ |::::i!     {{         /::::抖匕亥 〈      ー=ニ_  たった一つのミスを犯したことを知る者は
     Ⅶ::::::::::::::::::::::::::::r   ∨勹/   {  |:::i      {{         /:::::/      Ⅳ        ∧  彼しかいない。
      Ⅶ::::::::::::::::::::::::::廴二7/ /      j{  |:::|       {{        ,':::::/        jⅣ/
        `ミ ニニニ≦彡|  /     二=∧ |:::i       {{       ;:::::∧        小Ⅵ
            \     |  /   ニ=ー    }  |:::i!      {{     .:::::'             `V
              \   . /ニ=ー       }  |:::i!      {{       ':::::i      /     〉       }
                  |/             [  |:::i       {{     i::::::i
                         [  |:::i      {{      i::::::i   / {      /       /


3878 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:16:48 ID:/diqy2CN

最短最速で叩き潰してきた弊害よねぇ

3879 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:16:54 ID:XyjAyprA

他国からしたらそうだわな…… >悪鬼外道

3880魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:17:08 ID:QszPGKps






    【――帝国宰相ヒデオ――】







           ,.....:´ ̄ ̄ ̄`:::....
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      ./::::::::::::/`:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨
     }::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::,
      i}:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`\:'
.      i}:::::;'::::::::::::::::::::::::::';:::::::::::∨::::::::::::::::::::::{i           女帝へと揺らがぬ忠誠と(おっぱい愛)へを捧げる忠臣。
    ./:::/::::::::::/{::::{';:::::::::';::::::::::::∨::::::::::::::::::圦           ゼンガーと共に歴史の表舞台から姿を消す女帝を守り続け、
    /::::/:::::::::::i{ {::::{ ';::::::::::',ヽ::::::}i`ヽ::::::::::::::::::Ⅵ          彼女の幸福(と褒美)のためにあらゆる手を尽くした。
   .//i{:::::::::::レ ̄;::{`ヽ::::::::',-‐::::}i ̄}:::::::::::::::∧}i
  /´  i{::::{`ヾi}弋 tッ-、 \::} ィ''tッ ア:/::::::::/リ `
    /∧:iト、ヽ`           イ::::/::/ー.、__
     ./Ⅵ、:Yハ       ..:{    .//}://////≧s。____
     。s//ヾi}入   _`_  /´/////i}////i}//////}∨
   ////{i/∧// } s。    / .{`i}//////i}///.i}//////}/i}
  .Y/////.{i//∧ \   ー ´   /.入/////i}///.i}//////}/i}
  入////.\//∧  \      /  ``∨/.i}////////////ム,     その結果、AとかBから先にまでその手が届いたかは
///.\////////\  \__  /./ _.   ∨//////////∧////     リプレイ世界線とかに期待するしかない。
///////``>s。///.\   i}. ´/ ´  \.i}∨/≦///////.i}//{i
/////////////`` ///\/ i} /      ` ∨///////``l.i}//ハ
∧////////////〃 ////\.i},' r,ー       .∨//////ゝ'i}.i}///}l
/∧//////////〃 ///////\ ``    ‐-  .∨.//////.i}/i}// }l
//∧////////〃///////``⊃ー ̄i}    .‐-∨///// i}/リ.//.}l
///∧///////\/////i} f__> ´ /=、       ∨////.i}/i}///.}l
/≧///////////≧s。.ノ        /_ ))     ∨///i}//`ヽ/.}l
///////////////γ≧x         ノ    / .∨//ノ////∧\
//////i}///////`ヽ///\       7 ノノ ./  /∨///////∧/i}
//////i}//////`ヽ/.\// \   r= '゙  /   /:::::∨///////∧i}
//////i}/////////\/\//∧斗´         /::::::::::∨///////∧

3881 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:18:20 ID:XyjAyprA

たぶん、魔眼王宰相はどの世界線でもお狐様の味方で有り続けたんだろうなぁ

3882魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:18:23 ID:QszPGKps





    【――女帝――】






                        _ _
                          ..::::/:::::::::::::::::::::....
                     /::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                    //::::/:::′::::::::::::::::::::::ヽ:::::::‘,       正史と異なり、軍神が死なず、そして魔剣も表舞台へと出ることがなく
                 /:::/::::/:::::|::i|::::::::::::|::::::!::::::::::::::::.       故に竜王バハムートを開放することすらもせず、何もかも予測通りに
                     .:::;::::::::;::::::||::l|::::::::::::|::::::!:::::::!:::::::::|       退屈に憂いて戦後を迎えた暗君。
                    |::|:::::::i|::::::l|::l|:::::::::::ハ:::::!:::::::!:::::::::|       彼女の聡明な頭脳は戦後のテロが起こることまで予見していた。
                    |::|:::::::l|::::::l|:八::::::/:::|::::|:::::::|::::!::::|
                    |i:|:::::八:::八_:::::∨::::z==≦ノ::::|:::::!
                    |l:|:::::|从弋;;;ノ¨´ ̄ 弋;;;ノ::!:::::!:::::       血の粛清においても顔色一つ変えず、鳥篭の檻を眺めて
                    |l:|:::::|::ハ.、   i:.    |{:|::::|::::l|       退屈だと憂い続け、彼女の世界は変わらなかった。
                    |l:|i:i::|':∧リ  _ _ ,  .从!::::!::八       奇跡を起こす男は投獄されず、彼女の世界は砕けなかった。
                  八!l:l::!'::::::>.. _,r 、´ /:::::|::::|/::::::.      だが――――――――
                     /::::八l::!:/:::::/ / / < {:::::::::!:::i!::::::::::.
                  /::::/|::::il:|:::::::::/ / /./} |:::::::::|:::l|:::::::::::::.
               /:::::/::|::::l|:!.≦/ / {/ / _. ー<l:::l|:::::::::::::::.\
                 /:::::/_ノ:::::ll:!//     ' /'´/ _,|:八/////≧=-ュ、
              _/>≦Ⅵ:::::l|:|||     /ィ´    |::::|::\////////八
               ∨//////|:::::l|:|l}      /____   |::::ト、:::ハ///////{./
             ∨/////|::::ノ:jリ    . イ////∨   .!::::l/}/::|////∨/|'
               /∨////Ⅳ∨   ////////l|   .!:::l|/|:::::!///∨//!
             /:::::/∨//f∨//\ ./≧、/////l|  イ:::八从八////|Ⅵ:.
         ./::::::::///.\{//\////////∨//八イ/|∧::::}////ノ//|/ハ:::\
      ../:::::::::::/}///∨////.≧==.≦ハ./∨/////八./ヾ|-=≦//Ⅵ/∧::::::\
      /::::::::::::::/ |//∨////////////ノ.//V/∧////´}ヾ{ハ///.ハ//∧::::::::\
    ..::::::::::::::::::::/  八∨////////////`\/}'∨///Ⅳ    {//////ノ///.\::::::::\
   /::::::::::::::::/{/  ///イ///////////}////ハ.|//////     |///////{/////ヾ:::::::::\
  ./::::::::::// /  /////////////// .八//////////{      |///////|////イ \::::::::\
 /:::::::/{ / /{ /:{/////////////  ///////////.Ⅵ     Ⅵ////Ⅵr≦::八.   \::::}ノ
. .::::/:::::l|' { V::::|////////////  /´   ∨//////!      八//////|:::::::::::::\  .ノ:/}
 {/:::::::::八_..:イ:::::::!/////////Ⅳ  .{、      ∨/////|    /{///////.ハ:::::::::::::::::\/:/ノ

3883 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:18:45 ID:7+a4G53t

この辺はパパアーサーが生存していて帝国がアクセル全開で平らげた煽りをくらったとこですな

3884魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:19:53 ID:QszPGKps







            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 .        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 .      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 .     /::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     /::::/:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::
 .   /::::/:::::::|::::|::::i::::|:::::::l::::|:::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::        彼女すらも意識してなかった帝国への責任感による業務、
    /::::/::::::::::|::::|::::|/1:|::|:l::::|ト、::::ト、:::::::::|::::::::::::::::        戦後の戦争が終わった後への女帝としての各国への挨拶や来訪などを行なった。
  /|:::::!:::::::::::|i/_i/il |::l::|リ__||__';::| '::::::::|:::::::::::::::        そして、歴史に描かれなかった間の出来事は誰にも分からない。
  八|::|::::::::::癶.:::刈`1|i::l i |i_|;i_::::::::|:::::::/:::::        もしかしたら帝国武勇五指の二人で珍道観光をしたかもしれないし、
    |::|:::::::|:::|i `i¨ i i八{  癶.::::::!ヅ:::::::!::::/1:::::        どこかの世界線で彼女の澱みを砕いた男とであったかもしれない。
    |::|:::::::|:::リ    ノ      ̄| |:::::::|::::|__}:::::
    八ト、:八:{     {           |:::::::|::::}/:::::::
       |i:::込、   、_       ::::::::::/|::::::::::
       |i:::i:::|i:\   こ´ ̄   /1:::::::::::|:::!::::::
     __|i:::i:::|i:::::::\     . . : :   }::::::|:!::|:::!::::/
 -‐ :.:.:.:.:|i:::i::八:::::::::::`:r一     /:::::::|:!::|:::し'.:.        ただ一つ言えることは、彼女の鳥籠は少しだけ広がった。
 .:.:.:.:.:.:.:.:|i:::i/.:.:.\:::::::::}      /::::::/1l:::し':.:.:.:        世界には彼女すらも知らなかった事は確かにあったことだけである。
 .:.:.:.:.:.:.:.:|i:::|.:.:.:.:.:.:.\:ノi        '::::::/.:八_ノ.:.:.:.:.        平和は等しく誰にも未知を与えたのだから。
 .:.:.:.:.:.:.:.:|i:::l:.:.:.:.:.:.:./´ `       /:::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 .:.:.:.:.:.:.:.:|i:::l.:.:.:.:.:./-―--  ._/:::::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
 .:.:.:.:.:.:.:.:|i:::|:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:::::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 .:.:.:.:.:.:.:.:|i:::l:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:::::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 .:.:.:.:.:.:.:.:|i:::|:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:::::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.

3885 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:20:46 ID:/diqy2CN

ほとんどの人類が体験したことのない贅沢に近いからなww

3886魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:20:49 ID:QszPGKps




    【――ジョセフ・ジョースター――】









                        _,,. .,_
                   ∠、: :__`\
                       | i 下川ノノフl
                      ト/《`丁フハノl
             二      rNrtト、、r≦Vi)
              力    トli ̄〈ljノー lミ!
                ッ  _l |lli「f三ヲリlミ!            無事過労死した。
                 _/ \_l\li⌒リノlミ!____
        ∠二>'´ ̄ ノヽ  /∧:: ̄´ l  //l |
      , '´‐─- 、 \ ̄   \/ :\___l//::Lト、
     / / ̄ ̄\ \ ヽ   -─== /./__ \ヘ-、
      | l:|    / \.\ 、    ´ ̄ ̄ ̄.:::::::::´ ̄ `ヽ \
   \l// ,.イフヌヽ  ハ ヽ\        :::::::::::.     \ ヽ
    \ヽ / // /∧.ノ }  |: : ヽ.,  __.:::::-‐-:::::..,,__    !人
    / ヽ|‐i---'一ァ  | ./∧ : :  ̄: :_: --──--<: :`ヽ }  |
.   | ./寸¨丁 ̄ノ-、 / / ̄¨二¨´     ..:::::: : : : :丶-イ ∧
   /  ∧ト-L./ヽ={ーr'      ̄ヽ __ .: : : : : : : : : :| У }
    / ´lへ\ (  |│ ヽ      / |_ }: : : : : : : : :\ノ .{ ヽi             多分冗談です。
    \ / ハ \>=r'‐‐、 V        r‐l |--、: : : : : : : :'; |   ハ
    -//l l`ー‐一'  /::丶、     fソ  ` _〉: : : : : : : l | /i│
   <{_i l /し'^} /   |::::::::::::::::>‐--l´    ノ: : : : : : : リ/丁`ヽ ※天運3
     `l/`ー- レ'._  l:::::::::::::::::::::::::::::::|}    ノ: : : : : : /r‐r⌒)o、|
            ¨´ ー<::::::::::::::::::::;リ,. <´ー-ニ二´__ノ`(二()/ }
                 `>--<二  \  |「  」|_ノ}‐-8\ノ
                 / \ヽ     ̄  ̄` ̄ )_ `>‐‐'
                 >、 `}\  二二二  ̄ }   /〉

3887 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:21:09 ID:/diqy2CN

いい笑顔で逝きそう

3888 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:21:10 ID:XyjAyprA

じょ、ジョセフダイーン!?

3889 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:21:46 ID:7+a4G53t

帝国の大陸統一で鳥籠がちょっとでかくなったと

3890 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:21:47 ID:SU3NjdbP

本望なんじゃね?www

3896 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:23:49 ID:oopM1e1P

そうか、御狐様を縛り付けた帝国貴族共が片っ端から粛清されたから自由が広がったのか

そしてジョセフw


3892魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:22:08 ID:QszPGKps



    【――竜の魔女 ジャンヌ・ダルク――】







             __/:.:.:.:.:.:.///≧s。、 ~''<              聖処女、オルレアンの聖女、そして復讐の魔女。
         ‐=ニ彡〕、__ノ//><//)h、 .∨、、
              ,∥.////∧//i{    Ⅵ/∧ .∨))
          /∥/ゞ''''ヾ,∧/i{ 从、  Ⅵ/∧ .∨
          ノ:.:i{/i{:.:i! i i.∨ v乂リィ≦カ弋__i}、 .\イi〔
         从:.i{/i{、 i 从_|/∧//杙ツ i 从、i\__≧_
        __リi、从:.从:.{ィ≦カ<ノ    ノリi } ∧v:i:i:i:i:i:i:iフ       前述したように彼女が狙われたのは大同盟の旗印になりえるカリスマをもっていたが故
        ∨~~~~ヽ)ミh弋ツ  、     /从ノ~~´ヾ,:i:i:i:i:i:i:iヽ,      帝国からの要求の際に自分から進んで犠牲になろうとしたがジルが彼女に薬を盛り、
        ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iYヽ, ィ ア  ノ从ノリ从:i:i:i:i:i:i:iイ廴      大樹に匿った。
        フ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ih、__/ |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i厂      その後、動かぬ体のまま兵士たちやジルたちが自分を守って死んで行く中でただの村娘で
      ≦:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ih、、_ノ',:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:リ       あった彼女は絶望し、炎上する大樹の中で煙に巻かれて、意識を失ってしまう。
       フ~~~~~~""'''<:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}__ノ{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iア´
      /-=ニニ二二二二~''<:i:i:i:i:i:i}、ニニ`~ヾ))_~~~~´{
     /-=ニ二二二>''~~ヾh、 ~''<リ ニヽ,ニニニ《、_》 ニih         本来ならばそこで死ぬはずだったがオルレアンの民たちの祈りと善王バハムートを信奉する
     /-=ニ二二ニ/: : : : : : : : `''< ニニニノiム ニニ`~ヾ} i} |         彼女の存在に大樹が応えてその命を守り、僅かに残されており、大地と同化していたバハムートの
    ,-=ニ二二ニ/: : : : : : : :イア~~~\ /:i:i:|∨, ニニニノ',ノ .!         力と結び付き、憎悪のままに彼女は竜の力を得た。
   ,-=ニ二二ニ{-===---フ´_____)h, i| .∨,/iイノ}:.:.|
   |-=ニ二二二二二二ニ}/ヾ{/.Yヾ/:.ヽ,__> v/イ =}:.:.|
   |-=ニ二二二i 二二二,'_:.ノ{=、}ィ'''∨,:.:\ ニニニニニノ:.:.}         すなわちAM時空における彼女の提案した邪龍英雄、そのものだった。
   |-=ニ二二/二二二/ヽ/ {=ミ} v''''∨s。,_) -==≦:.:.:.:.|
   |-=ニ二/二二二ニ ゝイ:i:∧_i}:i:ヽ_リi ______≧イ{:.:.:.:.:. |
   |-=ニ/二二二二イ:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|________/=-v:.:.:.: |\
.  .ノ‐/二二二二ニ/:i:i{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: }_______i{ニ=-∨:.∧:.:.ヽ
  .//-=ニ二二ニ/,':i:i:i W:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∥_____>''vニ=-v:.∧:.:.ノ
. /-=ニニニニ/-,':i:i:i:i:: W:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∥>''~>''~、ニ=-.v:.:.:\
/-=ニニニニ/=-.从:i:i:i:i:i:W:i:i:i:i:i:i:i:i: ∥_))======----、:.:.:.: \
-=ニニニニ/ニニ=-リ,:i:i:i:i:i:i:iW:i:∧:i:i:i:i∥ ̄_______フニ==----====ミh
-=ニニ二,.'二ニ=- / ∨:i:i:i:i:i}.ノ:.:| v:i:i∥________/二ニ=- ''''""~~~~ヾh
-=ニ二/二ニニ=-'   ヾ:i:i/:.:.:.:|: :ヽ:i{_____>''~=->''~ /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≧s。,,__
-=ニニ/二ニ=-イ     /ヽ:.:.:.: |: : : \ニ=->''~:.:.  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
-=ニニ,二ニニ=-,    ∨: : ヽ:.:.:}: : : : : :フ:.:.:.:.:.:.    イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
-=ノニ∨二ニ=-v    ∨:.:.:.Ⅵi: : : : : /:.:.:.:.:.:.    {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
イ-=ニ ∨二ニ=- 、   ∨: : :i:.|: : : : /_(__,,,,,。、.',:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
-=ニニ二∨二二ニ=- 。,,,,_〕i: : i:.|: : : :i{≦二二/ニニヽ,,__:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
-=ニ二二≧s。 二二ニ=-《:.、i:.|: : :ノ乂-=ニノ 二二二二ニニニニニ==- 。,:i:i:i:i:i:i:
-=ニ二二二二二≧s。ニ=-v:.:.:.:.:./: : : :〕i-=ニ二二二二二二二二二二ヽ:i:i:i:
-=ニ二二二二二二二≧s。ヽ:.:./: : : : イ-=ニ二二二二二二二二二二二 ∧:i:

3893 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:22:22 ID:7+a4G53t

天運的にシャレにならないw

3894魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:22:42 ID:QszPGKps








                 _  -  -‐‐  ,
          厄ft,     ,+'"        ヽ   ヽ,  /
          >≦ニ!   /  .   _zfs。,. ヽ ノs,'V /
         Ⅵ≧ /   /  /ニニニ≧≦ニニ|I,V ./
             Ⅵ|!,/   ,'  . ,仁ニメ””マニiニ{”マ|i!.V /     その後、邪龍英雄としての適合と変貌に、煙による酸欠のダメージの影響か
             Ⅵ|!  .;'  , 仁;メ ; i .}ニjfs, }ニ} V      彼女が目覚め、絶望と共に半ば朽ち折れた大樹から出てきた彼女が見たのは
            Ⅵi, ;  ; |ニ|i, -!i-/ニ !ニ7,|jV',⌒/     守りたかったオルレアンの荒廃した光景だった。
            Ⅵi, i  ! `ヾfs弋'ソ`マ.|f//!ji'; V
        rz ,,._ Ⅵ|iz、 !   Vj}    `./; i|!人 \
        └‐--茨Ⅵ茨≧zzz, }|ト _ー ./  !'  .ヽ .ヽ    彼女はその光景に慟哭し、憎悪し、復讐の魔女と化した。
           串%Ⅵ黒>¨''┘Vi:i:i:i:| ̄   ',    .ヽ ヽ   帝国への一心不乱の黒い焔を撒き散らし、帝国に関するものを焼く姿は正史における
          ,+'.串∠彡i,    }+>、i:i:i{ftz,‐-. 丶    '., ',  復讐騎に酷く似て、死んだはずのジャンヌが蘇ったという噂、その調査にきたラストエッジとの
         / ,+' `¨´zⅥi,  ,,《》///{ i》 i》|i,  ', > 、 .', i,  戦いを持ってラストバタリオンとの火蓋が切って降ろされた。
        / ,+'    i Ⅵi,《》" |//j∧_i》 `、  .!     `.ト |
      / /      !  Ⅵ!  _}、///}::::;》:::::ヽ| ヽ      ヽ
   ./   /      /!   Ⅵ! ̄  .}//:j:::::}》::::::::ヽz.、ヽ      ヽ
  , '    /      / !=ニ Ⅵ!zzttj{//j:::::ノ》:::::::::::}/j!  ヽ      .',     彼女とモードレッド、酷似した二人の戦いの決着がどうなったかは不明である。
 ./    ,i      ,'  !   Ⅵ!zzttj /j/t》::::::::ノr-ト,   '.,      .i、 /
../    /.|      i,___,r仁三Ⅵ!,===ニ==ztzzzzzヾ:::::ヨ   ',     .| V /
,'   /  |       !ニニニヾニtⅥi,ニニ{ニニ 仁ニニニヾヲZ!  !     .,i ヽV
!   !   .',  , x≦三≧<tヾニⅥi,ニニ!ニニ;/ニニ=ニニ}"j/ . ,'    .,'  ヽ
    ' ,  >'仁ニニニニ∠77ニfⅥi,ニ|ニ/+'i/////`"/{  ,'     ,'   i, +/
'、   _`.<ニニニニ,+'"::::::/fヾニニⅥ!ノ:/:|i, V//////j{ ;    ;  ,+'"///

3895 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:23:21 ID:/diqy2CN

それでも生きていてほしいねぇ

3897 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:23:50 ID:XyjAyprA

モーさんとジャンヌも奇妙な縁で結ばれてるな……

3901 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:24:47 ID:hZo0JmqF

> 大地と同化していたバハムートの
> 力と結び付き、憎悪のままに彼女は竜の力を得た。

ビィ君君リプレイ以外で碌なことしてないね!

3898魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:23:58 ID:QszPGKps




    【――トレーズ・クシュリナーダ――】



     正史においては十二英傑、統一世界線では後に星の英傑の一人として讃えられる誰よりも未来を見据えていた英雄。
     最大大国であったアーラシュ擁するペルフェクティオ王国、ジャンヌ擁するオルレアン炎上の二つの陥落によって勝ち目が消えたことを悟り、
     そして大同盟による和睦――実質の降伏へと働きかけた立役者。

     働きかけも虚しくガトリング共和国の焦土化、マテリアル王国の王家壊滅、お互いの道の平行線によりナトゥーラは帝国に滅ぼされるも
     余力の残った、あるいは新たな段階への道筋を決意した諸国での交渉の矢面に立った。




                                            -―-ミ
                                        /      `ヽ
                                       f   :f   }:ハ  } }
                                       j{::i 八 / リ}/才ム
                                         7八rf:f:メィイ´ マ=メ
                                      八:{乂从   _.ノイハ:ハ
                   _ . . .-―-ミ             イ{f{ 竿ミ fr___, {り从
                . : ´: : : : : : : : : : : :.ヽ            )圦  ̄ ;    .仏"
              /. : : : : : : : : : : : : : : : :ハ___          ム_ ゞ _, ム
                {: : : : : : : : : : : : : : : :fミ斗 `ー.ムハー-  ._   .}\ \__/fり{_
 ハ            〉: : : : : : : : : : : : : : : :}>ー-  ハ∨    _ア 人ニニ:才⌒7ハ/>ー - ミ
 } i \__         }: : : : : : : : : : : : : : : :≧彡イ > }i}  才´<    >イ/ .′ 〉////////,`ヽ
.ハ   ヽ ) r‐- ._    `ヽ: : : : : : : : : : : : : :>彡イノ  }i}/ ><:::>  ⌒⌒ーf⌒i//////////ハ
.  j     ∨ニニニ≡==------≧ー-      彡イノ./ } o  _ ><:::>   }i  }/////// / / ∧
rーヽ .ヽ/ニニニニニニニニoニ{{ f         彡イ.斗   >o    ` <:::>!  ∨//////////∧
⌒ー- ._ {ニニニニニニニニニニi{ ゝ            }   .\ o      ` <::::{ /{f⌒Y//////ム
     从ニニニニニニニニニoム       _ `ー-r      \ o        }i `{′ゝ=イ////////ハ
      \ニニニニニニニニ-oム_ '´ ̄. : : : : : : :.\ i __    \      i{   ∨////////////∧
        `=-≦ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ        .>     i}   ∨/////////////\
          _/. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.∨      く o > .  }i  /\/////////////, \
       . : ´. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∨      \   >{ イ  ./\//////////////\
      /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_:_: : : : : :∨       `ヽ  O } O .∧  {\//////////////,ヽ
    /. : : : : : : : : -―-ミ: : : : : : : : : : : : : : : : : : /   `ヽ:: :::∨       ハ  {!  .′  ,: : :.` <///////////{
.   /. : : : : : : /      `ヽ: : : : : : : : : : : : : /       }: : :ハ         } O i{.O{   .′. : : : :{ニr,<//////ハ
   {:: : : : : : :/         `ー-- ― ― ´         八: : : ∨       '  }i.  '    !. : : : : :|ニニ≧=イ:f´
ー-. ' : : : : : 乂                           `ー-マ  >ミ  / o i{ o八 rミ {: : : : : ::リニニニニニ7: }
: : : : : : : , ´                               f=彡 o /ノ   人    〉}O}: : : :/ニニニニ- ′′
 ̄  ̄                                  ./     イ \才´  {i.\ / ゝイ: :/ニニニニニ:/: : '
                                      / ̄ ̄    /===f――r=メ  }-=ミニニニニ-.' : : :{

3899 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:24:40 ID:/diqy2CN

トレーズ様はこういう戦争の準備か事後処理で輝く御方なのだな

3900魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:24:44 ID:QszPGKps




             ____
          . : ´ : : : : : : `: : .
        /. : : : : :; : : : : :イ : : `: : .
       .ィ. : : : : : : / : 才´ : : : : :_:_:_: ハ
     //.:〃. :/. : :-―== : : : : 才: : \
     ノ : : :/. ::"イ才´. : :ー-=ニ : : : : : :-‐<
     i|:i {: :' :彡'"´∨: ー-ミ: : : : :ー-=≦: : : :`ヽ
    八:ハイ    `ヾミー-: : : : :_ : : : :-==ミーミ            互いの目線、互いに立場、それを外してしまえば
  > .斗ア     .才< `ヾ=ミー-ミ: : : : `ヾ: : :彡⌒           誰もが味方であり、人類であり、敵ではないのだという
 /. :/  /:!   丿孑ア   }: :リ り }ー-ミ: : : : :_`≦            凡人の目線を父からの言葉によって慧眼した彼は
 }: :' .八∧ .イイイゞ゙   从( f イ:ハ:`ヾ: :ー-:彡'            強大な力を持つ帝国に対して一歩も引かず、揺るぐことなく
 }:/  イ`ヾヽ ⌒´        .∨: 从(: : ;リ人:{              未来へと続くための世界を導いた。
  / _.ノ    !            ,ヘ(  )イ> ´`Y
. {  {.  / ヽ.|  ,        ′ > ´  > ´{
  i  |/ ハ .ーく_.ィ ´     イ / > ´. : : : : \__
  ;  `ヽイ  }ノ    ヽ   // ィ. : : : : : : :>. :´: : :`:ュ._
/    ` <      ゝ-< }〈 イ. : : : : : : /. : : : : : : : : : : `: : .
         \__  ⌒ー-} }斗ォ.: : : :/.> ´. : : : : : : : : : : : :ハ
   ー-く⌒ー-斗イ    }'⌒∨斗ォ.:/.: : : : : : : : : : : : : : : : : : :∧   「終わらぬワルツを誰もが望んでいる、けれども舞踏は
    _ . 二ア   才.´/  i ∨イイ. :/.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧   何時か終わるからこそ心に残るのだ」
 > ´     才´   /   :{ }.:/. : /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :{
´          }ftft>"  i:   /イ. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :リ
          /}i{}iリ/   八 /. : : :{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/
         .//イ. く    /. : : : ::八: ー-. : : : : : : : : : : : : :: :: ::::/
∨      ゞイー-=ニ: ´:rv才ハ: : : : }ー-- : : : : : : : : : : : : : :::/
イ{      ./ ./   ∨弐tり }ア : /. : : : : : : : : : : :-==彡. :/
イ      /  /     ∨弋イ. : : :>ゝ-. : : : :‐―. : :´: : ::ハ
∧    (_}(_}:}f_j} ( _) 人 : : : : /. : :ー--=≦: : : : : : : : : : :;
: :f⌒ー< ̄ ̄>-=ニ二三V. :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
: ::}     /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
::八   /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::′
: : :.\/. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :{
: : : : :{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: ::: :::{
: :: :: ::}: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
: : : ::/\ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ⌒ヽ
::彡く: : : \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : >.:´ : : : : : :{
   ⌒ヽ: :`. : :ー-: : : ._ : : : : : : : : : : : :>.:´ : : : : : : : : : : :\




           , ィ´ _ `ヾ´⌒ミヽ
            /  / `ー ´ ̄`ヽ\
         /  /    `ヾ    \ヽ
          / /              ∧〉
       .,イ´                    ∧
      / /           , 、       ∧         誰よりも未来を見据え、英雄でありながら人の時代を予期していた彼は
        { /   ,    } M {  i       ヘ        戦後の終わらないエンドレスワルツに備えて密かに火消しの風と呼ぶ
        |./    /   / / | | ||、  `ヽ ∧        特殊部隊を結成し、ラストエッジと共に世界の火を消すために尽力したという。
        |'    /   / /} / | リ ∨   ∧ ∧
        |   /   /ノ_ l /  :!. |, ≦v   }   :|
      八 /   /ゞッヽ   イ |ゞツ}    |  }
     / ∨  /   /   | | l   |    ! ∧
     ./   {  .|   /   | |/   |    ! / ∧
    /   ∧   |   '    |      :! /  |/  .∧
   ./   /  、. |ヽ    `_'_    ,イ  ∧   ∧
  /   /    ヽ{| \  く二ソ  , l ! / ∧   ∧
 ./   /  /: :∧   ヽ _ _, イ ノ }/ー 、 }   ∧
../   /, ≦: :: : / ∧ヽ´ ¨`⌒ ´`ヽ/_ ノ : : ∧|:     ∧
 , ≦: :: ://: : : l´ ̄ヽ}  `ー ´ ∧`ヽ: : : :∧≧ 、  ∧
: :: :: :: : //: : : : |:::::::::/          }:::::| :: :: ::∧: :: : ≧ 、ヽ
: :: :: : ://: : : : : |:::::::/          |:::::|::: :: :: :∧: : : : :: ::≧ 、

3902 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:26:31 ID:XyjAyprA

トレーズ閣下がいなかったら、それこそ全ての十二英雄が最後の大隊と化してたんだろうな……

3903 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:26:41 ID:7+a4G53t

エレガント閣下は正史・リプレイ・統一飛誕全てで人民の英雄であった

3904魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:26:45 ID:QszPGKps




    【――ローズレッド・ストラウス――】





       正史世界線では千年以上も人類のために戦い続ける孤高の王。
       この世界においては軍神アーサーの率いる帝国との和睦の条件として、密かな調査によって手に入れていた一つの魔剣の譲渡と
       封印を求めた。その魔剣が齎し続けた悲劇と恐怖の連鎖を知るが故に。
       拒めばおそらく最後の一兵までも血が流れ続けるほどの戦いが続いたことだろう。
       それでも魔剣によって流れる悲劇よりも少ないと信じて。




                    ___,......-―━━―--........._
                   /..‐-‐━・・‐-....、..........._.... -―━━==ミ、
                 /./.............ー......_..........\..........二ニ==  _
                /.....(.....................、__..........\......\      ` 、
                /...,{...\........ ̄.....ー-..、_ ̄ ̄`..........\                 だが皮肉なことにアーサーとしては魔剣一本で
               /....ハ.......`''ー--―━-..、`...、 ̄`.....、.......ヽ、               戦力の消耗無く、強大なナイトロードとそれに繋がる
                l..../......、......`''ー- ..._.................\..........\........、`''ー- 、          諸国との戦争の終わりを齎す最短ルートとして快諾し、
                ,'|../.........丶.......\   フ━‐-_、..\ト、ヽハ`\l              てっきり魔剣の力での後押しがあっての帝国の破竹だと
                l.|/...........ト、l\......ヽ /,.t‐ァ´::}ノ \ト_,ノ_,-====ァ━―--、     推測していた彼の予測を裏切る結果となった。
                 |.|'.ト.......‐l―- \...´/_ ゞ‐''´ f´守三三二二二二二二二三ニ〉
                N...'..\...lrt‐ァ::j. \..\   rく{ r、\三三三三三三三三三7_
               {ヘ...'......\、 ゞ′l \..\  !、  V/>、ヾ二二三三三三三ニ/=f
          _  _,,,ヽ.ト、..、....\  ー  `_、\.λ', V,/∧∨二二二二三三/二ミ、
          ハ二二二>≦ニ`ヽ..ト..`ュ.、_ ´ ‐ `ソ‐l ', V//∧∨二二二二二三二二\
         〃^>、寸ニ{^ヾ二二三ヾ≧、寸>ーイ_ -‐l ', ゞ‐「l―ミ二二二二○三ニ○三ニ、   「執着がないことに喜ばしいことはないが、
          〃////,、寸!`、V二二「    厶ク´ ̄7:-‐ l,r「}  〔〕 __)三0二二二二三三三ニヽ   一度も抜く必要もなかったしこれからもなさそうなんで
       〃//////>、`、 ト、ヾ二=、 l , -―/   {  / 〔〕l 〔〕  _,ノー-―━・・・━―-vァァュ、_)   いらないよ、といわれてどう答えればいいのか詰まった」
      〃/////////>、 Vヘ Vニ=ヘl   ,八  _ ヽノ  〔〕{l 〔〕 ´ ノ二二二二二二二=l´ ̄
     〃////彡'´¨ ̄フ, V∧∨ニ{  ノ 厶 '  ゙〈   〔〕{l〔〕  イ三三二二二二ニニ!
    〃/////    ,〃={ Vム ∨:_ゝ''"ア´       、  ,ハ {i_{〕=≦二二二三三三二二l     とのことである。
    〃'///-、   f/三ヘ八 }^Y= l /       \/ハ)´={ハ二∠三三三三三二二7
   / }'/ {  弋⌒l ||二二ミニ| lに !          ,イ^V)二二二二二二ニ=ミー<ツ、
   ゝ'′ (\ノ}ト、)弋ヾト二二>! lに l         ! // ノ(}二二三三三三三三三≧ミ、\
      (ヽ/=!}:l=l{)=ミ\¨ ̄、: :.  、こ 、     l l l/∠=(}=======ミ、三三三三ニ≧ミ、
       ト/!ニl{}=!=、{)、\\: :\:.  、こヽ   ノ! }彡´ニニ(}二二≧ュ、==ミ三三≧ュ、三三三≧、
      //!ニl{}ニ!ニV`(ヽ>≧===========∠三三=(}二二二二二≧ュ、ー――‐'三三三三≧、
     ////lニ|{}=∨ニ、二`(ヽo。二二二。o(フ二二二二(}ミ、二三二二二二二≧ュ、三三三三三三
    ,/////l二|={}=∨ニ、二二二¨¨¨¨゚二二二二二≧、(}二=≧ミ、三二二二二二二二≧ュ、三三三
   //////!二lニ(}ニV三ヽ二二二二二二二二二二ニ(}三\二二≧ミ、二二ニニ\二二二ニ≧、三
   //////,l二二=(}ニ∨三\二二二二二二二二ニニ(}三三=\二二二≧ミ、二ニニ\二二二二≧
  ,///////,!二二二(}二∨三ニ、二二二二二二二ニ,(}二二二二\三二二ニニ\三ニニ\三三二二
 ////////|二二二ニ(}二ヾ三二ヽ二二二二二二ニ(}二二二二二ニ\三三三二=\三三\三三二

3905 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:26:46 ID:XyjAyprA

(あ、クソエルフは除く)

3906魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:27:44 ID:QszPGKps




  戦後、ナザリック、ウイング、ガトリング、学園との四国家の最高機密として
  魔剣は密かに葬られることとなった。



                                    現在の人類の技術、それとボケていたアインズの研究記録から読み取っても
                                    魔剣の呪いの解呪も、破壊も不可能だったため、いずれ破壊が出来る日まで
                                    封印される場所として活火山の火口、厳重な地脈の封印と共に溶岩の中に
                                    沈められた。


                                            \
 .-. ,,_..__.._,,,,、                     ,,-'''″           `゙'-、
.............    ヽ._.、     ,,,,,,、             /                 ヽ     ストラトウスは魔剣を破壊することが出来る日まで研究を辞めず
            `゙゙゙゙゙~゙゙´;;;;;;;;;;;;;;;.;;...    '"´.´                       ヽ    あと痴呆していたアインズの記憶回復のためにカリオストロと共に
      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;....;;                                  "''''ー、 あらゆる手を十年間尽くしていた。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;;;;;.;;;;;;....;;                                          ゙'-、
.....;;;;;;;     ;;;;;                                           ヽ、
              ;;..;       ,,,,,,,,,,./ --.                             l_
        ;.;;;;;;.;;;;       `'ー--‐"                                   `i
;;;;;;.;;;...       ;:      ,            / ;..;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;......;;;..;;;;;;.;                 ,ノ
;;;;.;,;-ぃ丶                           `'┐                  ;;;           ノ
"´     ;;;;;;;;;;;:;:        ;;;;               |                 ;;;;;;;      ノ
;.;;..;;;;;;;;.;;;;;;;;;;   ;;;;;;;;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;;;;;;;_,,,、.,..-─- ,,、            ;;;;;         |
;;.;;;;;;;;;..;;;;;;;;;;..;;;;;;;;.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;._./ ゙_.. -'′ .-、  ` ̄¬―ーー-..、   ;;;;;;;       l,,、
;;;;;;;;;;;;,、_;;;;;;.,∠__―-'゛`゙'''゙゙';;ii..r''''''"´      `'‐            ̄ ̄´゙゙'''ー ,,.    `''、
_-‐´  ´      _.. -‐'''''"´               ハ、                    `'-、,   ヽ、
       ._,,.. -'''″         /  .、 ,      ゙>.゛   ......;;;....;;;;;;;;;..l,      .-、  .`'''ー .i_
  ._.. -‐'"              l│;;;;;.! .ゝ              ;.;;;;;;\      .\     .\. `'-,,,
'''"゛          `゙゙゙゙゙゙.l、   .″ヽ,;; l.      ..    '、     ...;.;;;;\      .゛      `'-、 .`゙"'ー-
     ,,            ;;;i′       .;;ゝ     ./    '、  ヽ         ;.; \             `''-、゙ヘ.
    /   ,i′、    .;;./                / .....;;  .′ ヽ          ;.;ヽ,
;. ./   : ′     ;./                   ゙ .;;;;;;;;;:        ,..,        ゙′     .、、
                                   ;:;;;;;;;    .、   ;;.l             ;;;゙''-、    、.
   ....,l゙                  !             ;.;;;:    \  ;: l       '-.     ..、;;;;;゙'-、,   ゙ヘ
 ...;;../   :     /       .../       /          ..  ./  .; l,           ヽ¬ .  \;;;;;.;.;;゙''‐
..;;;;../    .l   ./       .│     : ,ノ゙;;;;;          /   ゛  |.;;;;;.! `                 \;;;;;;;;;;;.;..
;;;;;;;   i  l  ″     ;;;./     / ;;;;;;;;;    .,i'  /      l.;;;;;;     ;.;゙'-、         ゙'∴;;: 、
;;;;;;;:   .|  ゝ         ;;;;;;゛     .゙;;;;;;;;;;;;;;:   /   /       l;;;;;;〟     ...;.;;; \     : .,,、  : ゙'‐  `
;;;;;   /       ,..-'゙;;;;;;..  ._..-''' ...;;;;;;;;;;;;;;;;:  /  ./       .,!;;;;;│       ;;;;;;;`'‐.    ..`''- ,,、

3908 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:27:50 ID:XyjAyprA

赤薔薇公はどう足掻ても胃痛枠だなw

3909 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:28:09 ID:/diqy2CN

帝国は地力だけでほかの国全員相手取れる化け物だからww

3910 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:28:48 ID:/diqy2CN

てかボケ回復のために色々やってたのに決め手が孫の妊娠って酷くねぇかおじいちゃんwwww

3912 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:28:55 ID:Pu07uQrA

まあ普通に考えりゃ、火山の火口まで行ける生き物なんているわけないわな

3913魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:29:58 ID:QszPGKps






       そんな彼らが封印した魔剣の場所が発覚したのは
       一重に彼の天運の無さ、あるいはそれ以上に英傑戦役において一切本性を現さず、
       情報を集めていたウィリアムが一枚上手だったと言えるだろう。




                        ----
                        . :                 : .
                    /   /      `  丶   \
                  ,    ′′    :.
                 ′ / ′       i:      :.     ′
              /   / /   /  !             :.     ′       古龍の呪いを受けてエルフから変貌した吸血鬼、
                /  / /            |i    l:     :.   ′       魔剣なき世界のあとに彼らの前に立ちはだかるのは
             ′      ′  !         l!       ′      かつての自分たちであるエルフなのかもしれない。
             .   ′      |:        l:    :.
              l  i: l       |:      |l   l:    i:   l
               l  |i |  |   |:     |l   |:     li   l
               l  || |  |   |:     |l   |:     ll   l!
.             ll  ll l  l   |:     |l   |:     ll    ll
                ll   ll l  l   l:     |l   !:     ll    ll
               ll  ll l  l   l:         l:        ll
             从   l: l   l   l:    从   ノ:    リ   从
            /⌒二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二⌒',
.           /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 Λ
          二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
.         }ニニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニ{
.          {弖ニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ弖}
      x‐=≦ 竺弖二二二二二/\二二二二二二/\二二二二二弖竺 ≧=‐x
- ‐=≦二二二\竺弖二二二二\/二二二二二二\/二二二二弖竺/二二二≧=-

3914 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:29:58 ID:m2srUr4y

帝国は英雄級が生まれやすくて他国を圧倒する戦力ぐらいしか強みがないからなあ

3915 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:30:26 ID:oopM1e1P

まぁ極論:不良品である魔剣で和睦できるなら実際安い買い物である
・・・魔剣がマトモに役立ったのって何気にこれが初じゃね?w


3916 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:30:58 ID:XyjAyprA

>>3914
他国『十分すぎると思います!』

3917魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:31:04 ID:QszPGKps





    【――カリオストロ――】



    開闢の錬金術師、リプレイ世界線においては特異点エドの上司、正史においても人類のために
    偉大な技術を残し続け、希望を紡いだ。魔導王アインズの子孫。




                                        / 〉
                                         / / >''"__)__
                                      /      -=イ
                                      《   /  ===ァ )
                                     / \ _ /  ̄
                                       /i:i:i:i:i::/
                      |\       !       /i:i:i:i:i:i:
                      |::∧      /:!       i:i:i:i:i:i:i:′
                \    |::::::》___《:::|     /乂___/         統一世界線においては戦後エドとの予定調和によって
                V\>''" ̄ ⌒“''*、⌒ヽ                  結ばれ、アインズからの勧めもあり不死化を解除、
                 》ノ/   丶  \ ヽ  \ _7    /          時が動き始めた肉体によって新たな命を育てている。
                //|  |   \  V∧        ′
                /  |  |(   __-ニニ 八  ’   _7
               |i  |\(⌒¨¨   ィf芯ヽ',7    ’
               |i  | ィぅTh    ゝ ソ ノ《    _7 ≧=-  ___  ))
.               八  ヽ〈.乂r^  ' __   | { \  ’\      \乂ノ
             /  \  ⌒"" /::::__Y  人∧-_》  ∧ ≧=- \  \
            /ヽ    )  )  乂´.:.:ノ /   }-/ ′∧ \    \  )   この世界においては軍神との魔剣封印契約に携わり、
〈⌒\     ィ( >''"::》__ /  /≧s。  __ Y    ノ/| .|.: /∧  ≧=-  -=≦   ストラウスなどと共にアインズの記憶及びボケ回復に
 \  ヽ  / /:::::>''"∧  Y ⌒“''*、V/ {乂__彡 \| .|.: /∧]ニ=- _      尽力していた、多分タイキック(比喩)とか。
 V::\ Y_./::::/ ィ(::/∧  {/ ̄ ̄( )〈>''"⌒“''*、》 |\.:/∧       ]ニ
/\::::∨:::::∧://:::::::::::::/∧乂__彡>''"八< ___ >''"ニヽ}.: \ \
   `、∨:::::∧ .:::::::::::://::》(⌒  /.ハニニ ̄ ̄ニニニ》.: .: .: .:.\
___.`、∨:「 |「|ヽ::::://:::/-_≧=彡 / | }‐=ニニニニニニ|.: .: .: `、.: -_-_≧=-
.      \ ヽ ||.| V /:::/-_-_/ニ=./ | ‐=ニニ.\ニニ |.: .: .: .: `、.: `、-_-_-_
      人 Y   \/__./ニ=‐ /    ‐=ニニニ\ニ.}.: .: .: .: .: .: `、-_-_
    -=≦ \ _  )〉__/ニニ=‐/   ! 人 ‐=ニニニ\{.: .: .: .: .: ∨/.: ∨/-_
 /-_/.: .: .:{{-  ゝ/ } |ニニ=‐    |    ‐=ニニニニ\.: .: .: .: .∨/.: ∨/-
-_-./.: .: .:/{{ { >  ノ/ニニ=‐     |   `、‐=ニニニニ}.: .: .: .: .: 〉.: .:.∨/
-/.: .: .:/.: 乂__ / ニニ=‐    L    ∨/‐=ニニニノ乂 ノ乂_ノ ≧=-
.: .: .: ./.: .: .| |.:  〈 ニニニ=‐{     〉    ∨/‐=ニ/ニ)    \  V/
.: .: ./.: / : . . | |.: .: 》≧=-  ノ    /\   八‐=./ニ/      \ V/
.: .: .: .:/.: .: .! `、 ノ≧=- 彡 \  /-_-_\/-_-\ ⌒ Y        ) V/
.:/.: .: ./.: .: .ノ.: /ヽ》乂 ノ/-_-_-⌒-_\-_|-_-_-_-_ (__ ノ⌒“''*、 )  /  V/








.           |、
  、,_         |/\    /|
  \iト.,     |///>、   //|
    \/〕iト.,  ∨///{ __〈//〉
     \//〉 ´/> ⌒ </{_
       '〉/// i     ヽ\`.,
     / 〈//  . .}、 }    }  Vハ
       j/ i. . / }八   八 }
     '  i  {. / 斗 ⌒¨¨ ⌒V  :.
.        . }  V━┳   ━┳ }   }
      {/. .'   }  ┃     ┃八_ /         戦後、帝国による蹂躪と統一後のテロ祭りによって
    /. ./ r‐「{7^>   rく ̄Y`{ノ `r=---- ミ、   惨禍の残る世界に憂いつつも、それでも戦争が続くよりはマシだと
   . . . ./  Ⅵ ' ⌒ヽ _{ }  { }、rァ 乂i:i:i:i:i:i:i:} }   過ちを繰り返さず、そして未知なる時代において何が正しいのか
 /. . .イ . . . ¨ハ:. :.. }i:i乂rzzz彳⌒ヽ: :¨¨: > ´   学院の理念を下敷きに、そしてまだまだ長き人生を送るだろう爺と人生のパートナーと
. . . ./. 乂 . . .{ `ー彡7i:i:(⌒)i:i:i:i:ハ   }-=¨´     そしてまだまだ抱える命と共に学んでいくことになる。
. . ., . . <i:i:i:i〕iト`ォ‐<{i:i:i<_j_j_>i:i:i/  ノ、
. . { . . /ニニ∧ ノi:i:i:i/ニニニ∧ニニニ⌒´ニニ',
-=ニニ  ̄ ̄ ',`ー/  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ¨¨ ニ=-
            ー'                       ̄ ニニ=-  __

3918 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:32:13 ID:/diqy2CN

どの世界線でも超重要人物だと思うわ

3919魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:32:27 ID:QszPGKps





    【――インデックス(ローラ)――】




   カリオストラの弟子であり、後継者。
   統一悲嘆におけるある意味での語り部であり、導入において彼女が考えていたことは今だに未来も分からない
   人々の気持ちの代弁者でもある。


   軍神が勝ち帝国が征服した世界ではあるが、もしもあの時アーラシュが流星を落としていたら?
   あるいはアーラシュが勝っていればもっといい世界になっていたのではないか?
   歴史家は、余りにも輝ける星と星の戦いに、IFを考えて、過去から現在を未来を見据えようとしていた。



    |  !. |.  ! |.  l  /   /  /: : : : : :, :-: '"´: : : : /.  /.        ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     ',
    .| | |.  | |  |  |  /    !: : : /: : : : : : : : :/  /`ヽ         ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/'  、   ',
      | |. |  | |  |.  |  |   !: /: : : : : : : : : /   ィ'.   l., - ― 、 ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::./   ヽ. \ 丶
    | |. |  | |  |!. |.  |.   | : : : : : : : : : : : /  //     l- ―. 、  ヽ ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     人  ヽ ヽ_
     .| |  | .V   !  !  |.   !: : : : : : : : : : :./  /. ハ    |: : : : : : ヽ.  ',. ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::/     /   ヽ   _ノy'
     l |  |  |  |  |  |!.   |: : : : : : : : : : /.  / /  ',   .\: : : : : :.ハ.  ',. ∨:::::::::::::::::::::::::/     /!    ゝ_ト- '´
     .l l  l  .l  l  l.  |.   |: : : : : : : : : /.  / /   ヽ, ー-、 ヽ: : : : : ハ.   l  ∨::::::::::::::::/     /:::::|
      l ∧. ヽ. l   !. | |  |: : : : : : : : :.l.   l /    /-、ニヽ ヽ、: : : : !  |  ∨::::::::/     /::::::::::!
       l ∧ ヽ.∧ l  |  |  |: : : : : : : :ィ'|   レ      /:::(:`ー゙ヽ_) : : : :!  |   ∨/        /:::::::::::::::|
      .∧.∧ ヽ∧ ∧ |  |  |: : : : : : :/l: !  |.     /:::::::::\ : : ∧: : : : |  |   Y.         /::::::::::::::::::!
      ハ. ∧ ヽ∧ ∧l  |  l: : : : : :/ l: :!  l    /:::::::::::::::::\ : ∧: : : |   l   ノ        /::::::::::::::::::::!
       ハ ∧   ∧ ∧  l  l: : : : :/: :|: :l.   l    l:::::::::::::::::::::::::ヽ: ∧: : l  |          /::::::::::::::::::::::ト、___ _
        \ハ   ∧ ∧ .ハ  ハ: : : : : : :!: ハ   ヽ   !::::::::::::::::::::::::::ノ: :,人: !  ト、       /:::::::::::::::::::/: : : ノ  トー 、 `)
          \\  ヘ ヘ .ハ  ハ: : : : : :.|: : ヽ   \|::::::::::::::::::::;/'"´: : :\   !::\    /::::::::::::::::::::/: : : : /   / `丶Y__∩-,
            \\ ヽ ヘ. ヘ  ハ: : : : : l: : : 丶.   ` ー -/、: : \: : : : 〉、.ハ::::::` ー.´:::::::::::::::::;-く: : : : : :/   人_ ⌒ヽ_)ー/.,イ
             \ヽ \\ゝ, ヽ: : : :ヾ: : : : ヽ 、_  / ̄、ヽ: : :|ヽ: :/ー'、l::::::::::::::::::::::, <´   `>-く  / /´_` -. 、ニノソ
              \   ヽ 丶   〉、: : : : : : : : : :.ィ-'"´     、_,ヽ.| lノト、 トi` ー ' " ´          ` ̄´
                ' , \ /: : :ゝ、_, - ':": :l  ,,,,, ,   ー-=ヽ,ヽ|.从l .!
                   ヽ/: : : : :〃: :ヽ: : : : :.ノ、  _ノ/         l. ハ l/ .!
                  /: : : : : : : !: : : : 〉: :イlイソヽ  〃       ,〉.ノ ' ノ
                  /: : : : : : : : : |_: ; レ.´ l人'ノ-ゝ、     ,.-'"´、 ̄ ヽ
              /: : : : : : : : ;.―く丶ヽ ー=ニ´_ ,,,二," ' v´  ヾ、 lヽ、ヽ)    過去から学び、過ちを学び、よりよく一歩でも前を見るために
            /丶| : : : : , -´\   \ヽヾ,ノノ八丶l ./ ./   |   ハ ! .lヽ l     歩み続ける、学院の理念を正しく受け継ぐ後継者。
           /: : ` ーk、/     .\_ >彡´ー、_ヽソ ト、l     ノ   lノ! Ⅳ ソ     ふくよかに成長したAAは時代は進み、子供ではいられない
            ヽ: : : : : : Y          ̄`>ニ三 >ヽ!  ,イ    / |/        というこの物語の比喩でありました。
            〉: : : : : : 丶、             ` " ' ^ 、N ! ,イ/
              l: : : : : : : : : : ,`-ー 、            ヘlノ.レ´ !

3920 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:32:41 ID:XyjAyprA

アインズ様「産めよ増やせよ地に満ちよ……」(覗きながら)

3921魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:33:13 ID:QszPGKps






    【――エドワード・エルリック――】



       正史において存在不明、リプレイ世界線での主人公にして二代目特異点である鋼の錬金術師。
       万人合意の天運EX存在であり、絶望にいたる魔剣世界での救世主とも言える只人。
       リプレイでの今後の活躍が多いに期待される存在ではあるが、統一世界線では大使にならず
       名も知られていない。



                         ,l !  |_\. | |   i ,    ,ハ
                       {Ⅵ   i弋ソヽ:| |   _,ィi Ⅵ     |
                         ヽi|゚,  ', .}‐   V 弋ツj>!|    |
                            |',゚,  八   /   Т,i.|  .ハ .|
                             __,. ┐ヘ、__     人 ! ./ .j/
                          {ニニ!.ト、    `  イ _/ Ⅵ            だが彼は何一つ変わらず些細だが
                        __jニニ!.| i≧==≦{ニニ7/`Y__           大きな奇跡を生み出している。
                       _≠ニニ=|.ム    / |ニ.7イz_ノ  ヽ
                 _,. -=≦二ニニ,.へ/∧  / j≠二二≧=
                    /二二二二二二=\ >リ r─!.{{二二二二          一つ、カリオストロと結ばれることにより
                {二二二二二二二二7./ _,. ィ{ム∨二二二          アインズに悲しみを超える喜びによって痴呆という霧を
                ,.イニム二ニニニニ=〃/77////,i∧∨二ニ=          晴らす一因となったこと。
                ノ二ニニムV二二二二={{////////.i/∧∨二ニ
              {二二ニニムV二二二二{{////////ム/,∧∨ニニ
                j二二二二i i二二ニニ=ム////////,ム/,∧∨ニ          二つ、十周年式典において各国の絆を知らしめる英傑全員の
               ,'二二二ニニ} }二二二ニニム////////,ム/ ∧∨          欠席が不可能な事態においてアインズと身代わりのパンドラ、
              ,'二二二二二j二二ニニニム////////,ム/ ∧           守護者たちを説き伏せて、最終決戦への参加を果たさせたこと。
             ,'二二二二二{二二二二ニニム////////,ム/,'∧
              /二二二ニニマ {二二二二二ニム////////,'ム///
           /二二二二≠   !二二二二二二ム/////////∨/
            /二二二ニニム   |二二二二二二ン/////////,'∨/
           {二二二二ニ=ム  .|二二二二,.<-=::「|===「ト、/∨
              ゙寸二二二二ニム |二ニ,.<:::::::{┤:::__j_!====|_!、}ニニ
               ゙寸二二二二ムニr ´ニ{{ニ-─ゞ=' 二二二二ニニニ
               ゙寸二二二ニム{_{≦二二二二二二二二二ニニ=
                 ゙寸z≠: :イム: : :\二二二二二二二二二ニニ
                    V:.{≠/:f//> .>ニニニニニニニニニニ二
                      人fV´: {7ニニニニニニニニニニ二二二二
                     \: :/ニニニニニニニニニニニニ二二
                         〈ニニニニニニニニニ/ニニニニニ二
                        ∨ニニニニニ二二/ニニ二二二二
                       |ニニニニ二二二∧ニニニニニニ









                               ,   ---、___
                         ,..-'"             \
                      _/ , -'"           \
                      ,ェァ='> ヽi、            、  ヘ     描写こそ省いてしまったが、ラストエッジとの交流もあり
                 ≠'  ./  .i ',;;ヽ             ヘ  ヘ    特にモードレッド、ハザマとは公私共に友人とも言える関係に
       y、 i'"ヽ      〃    /   ∧ .',  \           ヘ  i    なったようだ。
      ', ヾ ヘ   , 、  j    i     .i、 .',   \           ヘ .i
        ヘ  ヘ .ヘ  i  i     i     キ=、', ,z==\ ', 、 .ヘ      ヘi
          ヘ  ヘ  ヘj   i     ',    弋iヾ, ´゙弋ツヤi, ', ', i       ヽ   彼自身は英雄ではない、だが英雄であっても人は人であり
       ,-'ヾ  `  ' , .ヤ      ヘ   ヘ/    ̄  |.i∨i、 ', .i, ',    i   人は分かり合えるその証明でもあるかもしれない。
       > ヘ ,'  , i   ヘ     ヘ 、 '、 .     i/ | |.∨i |i |    7'- 、
      /\ \.,'  ,'   'j      .ヘ ',ヘ ヽ_ _,  .| | ! i.j |j、 _  i   ヽ--、
      \ .\ヽi  i     .|      \ヽ j ヘ       ,i/'"i.j/-':::::::i-、       \-、_
        ヽ-.ノ   ヽ   7           ヾ ,-/ヽ--、='-'"-'//:::::::::::::|ヽ-'ヘ'"    , -'   ヽ
            ヽ,  、   .7ヽ,         i::::::::i'、i i7._i'":::::::::::::::::::::::'-,  ヽ-- '7       .',
          /7     7ノ7     ,......-'":::i,-'/ヽ i,=i::::::::::::::::::::::::::::i::`'ー-、,_  >' ""'-  ヽ
         / 7  _....-'"  .7 ,....-'"::::::::::::::::::/,' i__ノ i-i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙''ー',       i
        /,,,-‐'"      7/::::i:::::::::::::::::::/ ./ i /-‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄::i'"  ヽ   ,-'

3922 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:33:42 ID:Pu07uQrA

ああ 確かにインデックス(生き字引)はあだ名で。、ローラ・スチュアートが本名ってのはそれっぽいな

3923魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:33:55 ID:QszPGKps







        ,.y __                         r-、r=、__
     ,-/ {{i´r//}        z--、ヾ、 /ヽ、       < ヽ Y Ⅵ ト ヽ    ちなみに十年後という設定なので背の高い映画版とかの
    {      〈        /  \∨/  \        /,′     /    AA使おうと思いましたがろくにないのとめんどいので
    ト、_   ,. - ≧   ./   /ニニニニ:、 \    7 ̄: ` :ト、/     チビなままにしました。
        >'´: : : : : :',  /  /`ー ミ元ヲ'´ ∨ ヘ  7: : : : : : : :.`Y
      ',: : : : : : : : :', .// ,イ `ー '´ニ`ー '´Vハヾ 7: : : : : : : : : 7
.         ',: : : : : : : : :',Ⅵ /:i  「 ̄ ̄ ̄ ̄`i |、 ' 7: : : : : : : : : 7
       ',: : : : : : : : :', },{ (!  |VVVVVVⅥ |', |7: : : : : : : : : 7         「うぉいこらあああああああ!!」
        ',: : : : : : : : :', | Y  |:::::::::::::::::::::::::::! レリ.': : : : : : : : : 7
        ',: : : : : : : : :',:/.i  !:::::::::::::::::::::::::::| | ': : : : : : : : : 7
          ∨: : : : : : : :ト、ヘ│:::::::::::::::::::::::::::! 从: : : : : : : : :./
         ∨: : : : : : : i: Y`!:::::::::::::::::::::::::::::i': :i: : : : : : : : :/        しょうがないね、リプレイさん頑張れー。
             ∨: : : : : : :i: : :ト、∧∧∧∧∧|: i: : : : : : : :./
           ∨: : : : : : i: :.|           |:.i: : : : : : : /
               ∨: : : : : i: └┬:┬┬─r:.┘!: : : : : : /
            ∨: : : : :',: :..:.|//! |//|: : :,': : : : : :/
            ,': : : : : : :',: :..|//! |//|: :,': : : : : : {
               i: : : : : : : : ゙,.:.|//! |//|:/: : : : : : : |
            i: : : : : : : : : : j//.∧i///!: : : : : : : : :i
             |: : : : : : : : : /i/./:::∧//ハ: : : : : : : : :i

3924 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:34:05 ID:/diqy2CN

アインズ様たち全員の説得やってたんか

3925 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:34:27 ID:XyjAyprA

豆粒にーさん!

3926魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:36:00 ID:QszPGKps



    【――アインズ・ウール・ゴウン――】




      十三始祖筆頭、あらゆる悲劇を見続けたもの、魔剣を識るもの、記憶を忘却せし大賢者。
      正史では魔剣ダイスによってボケ続けたが、ボケが治ったらこのレジェンドユニットだよ!

        統一世界線においては赤薔薇王やカリオストラからのショック療法などもあり、
        さらにカリオストラの懐妊という夢にも見てなかった喜びによりボケが吹き飛んだミラクルが起きる。
        多分クリッた。


                /:::::::::/ /::,イ:::::::::::::',  ',:::::::::::ヽ 、::\\、                     _
                /:::: . //:://::::::::::::::::',  ' 、:::::::::::} ヽ::\>-- 、                , ////////
               /::::::::://::::/ `<__, '´_ __二二_ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー 、 , ///////////
 ` 、__      _ ィ_ イ, '.:::::::::\   ,, 'へヽ_ .-‐''""、 ` 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: -―//////////////
//\/ヽ \>-<‐―‐ '":::::::::::::::::/ //> ´ /        、   `ー------ , ' ´     ///////////////
///// V 、\ ::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /</  ヽ |     , /l::::` .__ , '       ////////////////
\/////! ` 、` 、:::::::::::::::::::, '  //`ヾ'、    ! 〕   /, '//,ト、:::::::`、 /          /////////////////
  ヽ/// !   ` 、 `ー― ''   /l, ‐z、/- _   } (  _ノ'///,人ノ 、:::::::::、          //////////////////
.三彡ノ//!     ` ー―''''/´::: / 、_ノノ/三三≧ノノ'l=≧三彡'ノl  、:::::::::、       ,//////////////////
`ー‐''/// l           /:::::::/ / / /'≧三彡-、-、'、  //、Y´ l   、、::::::::、      l//////////////////
/////// l        /:::::::/ /ヾ/ノ-r{{⌒}}   lノ_ >、 (ヽ,l l  l    、 、:::::::::、     l//////////////////
///////|         ,/:::::::::l 〈 / {|_,r≦'''´l ̄ ` <ノ>、<ll l  l   、 、:::::::::::、    l//////////////////
///////|        /::::::::::::l/ / ,ノ―、--rr==z、r‐r‐rヽ,∧lノヽ l     、 、:::::::::::::、   ヾ/////////////////
////////!      / :::::::::::/l/ ヽ(   ノ、 ヾ≦彡>>、^ ヾ| /l     、  、:::::::::::::、   ヾ////////////////
////////,       / :::::::::::/ /、  ><`ヽ=゙ー‐''=≧、ノヽ,ノ ヽ l      、  、:::::::::::::::、   ヾ///////////////
////////     /::::::::::::/ {  Y {   { >{{⌒}}、  l /} / /       、  、::::::::::::::::、   ヾ/////////////
///////     /:::::::::::.ノ,勹 、/\>ー-->-'ノフ´_ノ>、,l/ /  //l     、  、::::::::::::::::::、   ヾ////////////
/////,''     /:::::, ' ノ { 〈    ̄ ̄l、>、  ` 、 >,/ / K,  l      、  、::::::::::::::::::::、   ヾ//////////
////'     /::::/ 〃 ノヘヽヽ、__ ,ノ ヽ {> ._`、 ヘ,ヘ l l,  l      ノ--- 、::::::::::::::::::::::::、
//     /::: / / /   > .__ノ  l  l l{    } {/ l l l ノ     /     、::::::::::::::::::::::::::、

3927魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:36:19 ID:QszPGKps







       魔剣を破壊する方法などの再研究などもあるが、何よりも魔剣の使い手が現れた時に対して
       真っ向から戦うには不可欠な技術を持っており、正史での覚醒復讐騎であったモードレッドの
       万殺を消滅させる魔剣の閃光を減殺、英雄ユニットでも即死する戦場を戦えるものにした。



       孫馬鹿がちょっと治った衝撃で悪化したのか、愉快なノリになっているが必要な犠牲だということで諦めよう。
=- __
ニニ=- __
ニニニニ=- __                                        _/_〉
ニニニニニ=- __                                   __/ニニ∨
ニニニニニニニ=- __                          _____   _}ニニニニニ∨
ニニニニニニニニ=- __                     ィi〔i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\{人-=ニニア
ニニニニニニニニニニ=- __                 /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>、≧=㌘{
ニニニニニニニニニニニ=- __                {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:V\ニニ〕iト __ ヘ
ニニニニニニニニニニニニ=-「⌒\           Vi:i:i:i:i:i>---<ニ〕iトi:i:i:i:i:Vi:i:i〕iト/i:i:i:iヽ:::::}、 __
ニニニニニニニニニニニニニV∧ \          }i:i:i:i://////ハニニ\i:i:i\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〉/ニニア
ニニニニニニニニニニニニニニV∧  丶__      厶<////////}ニニニニ>、i:i:i:〕iト----{「ニニ/
ニニニニニニニニニニニニ{  ̄ \ 丶 __}   \     '/////ヽ//////ノニニニ=-/ニニニニニVニ/
 ̄ -=ニニニニニニニニニ', __  --- 、   }__ /////////V/ィi〔------<ニニニニニニニ}/{
      ̄ -=ニニニニニニ>-、...\   \ _∧i:i:Vハ////////〉i:i∧ニニニニニニニニニニア/ハ
           ̄ -=ニ/ ̄   \....ヽ     }i:i:i:V }>--彡:i:i:i:i:i:i:i{ィi〔  ̄ ̄〕iト-ヘニニニ/////{
              V∧      〉⌒  ̄\__〉i、i:i\/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\ニニニニ{////>-イ////∧
              V/ =---- _/        }i:i:〉i:〉i:〉}i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iY/////////////}^\//∧
                ̄ ̄ \...\    /i:/i:/i://i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}////////////'〈   V///∧
                     \........__ /〕iト---'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧ニニニニニ=-<\  \///ハ
                       ---     /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ニ〉-=ニニニニニニニ>、 丶//∧

3928 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:36:22 ID:oopM1e1P

最終戦にニーサンが居なかったらアインズ爺さんも来れないから魔剣への対処法が無いので
危うく正史世界になぞるトコだったんだろうな
流石ニーサンは特異点であるw

3929魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:36:47 ID:QszPGKps







.  ̄-=ニニニニニニニニニニ=- __
.    ̄-=ニニニニニニニニニニ=- __
      ̄-=ニニニニニニニニニニ=- __
        ̄-=ニニニニニニ/ニニ\ニ=- __
          ̄-=ニニ/ニ/ニニニニニVニ=- __      あるいは自分のために生き続けてくれるカリオストロが
             ̄-=/VニニニニニニVニニ=- __     そうでなくずっと寂しくならないように自分と自分の子孫たちと
              _}Ⅳニニニニニニニ〉ニニニ=->、   共に歩んでくれる未来を選んでくれて、過去を見つめる勇気が
              {ニニ\ニニニニニアニニニ<  ̄  \ _ 生まれたのかもしれない。
                Ⅵニニ\-===-/{ニニニ「^\ /  ̄ \
       __   ィi〔i:i:iⅥニ{{ニ>r<}}ニ}--へ}\ \     -\
   ____/i:i:i:ト、{i:i:i:i:i〕iト}ニⅥニニ}ニリニ}>i:i:i:i:i} }\ \ /  r‐‐>=‐‐   ___
-<i:i:i:i:i:i\i:i:i:i:i:〕iト:i:i:i:i:i:i:〕iトニニ}ニ/:i:i:i:i:i:i:i}\ }\ \ _/::/=≦ニニニニ7      時は万人に慈悲深く、残酷で、けれども
i:i:i:i:i:〕iトi:i:i:i\i:i:i:i:i:i:i:i:〕iトi:i:i:i:i:i:i ̄i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:\__}\  >/ >-\\ニニ{__      人はいつだって未来に光を見るのだから。
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\i:i:\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕iトi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:i\  ¨「{ /ヽ/ -V∧ニニア
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\i:i:〕iト:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>-<i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}\ {乂{、/^7´,ィ/V∧ニ/
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\i:i:i:i:i:〕iトi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ニVアニニ\{_ {rァ、}\〉ニ{
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\i:i:i:i:i:i:i:i:i〕iトi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ニニVニニニニ>、-'//>、}\〉
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〕iトi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕iトi:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ニニニVニニ/ニ「  ̄//\}\       「だからエドくぅん! 頑張れ頑張れ! 若いんだから!」
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i//i:i:i:i〕iト:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ニニニニニV//ニニ{///////'丶}\
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i/i:i/i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:>- ァ‐‐<ニニニニニニニ}/ニニニ}/////////'\}\
i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i/i:i:i:i/i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ニニニニニニニニニ}/  ̄ア///////////} \\
i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:/i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ニニニニニニニニニニ7/////{////////////}  ¨¨







             / /:::::/ ./   .|        ヽ ヽ   `、
               / /:::::/  /    |          |      ∨
           / /:::::/       ノ         | i|  ‘,   ∨
              ∥:::/   .′ ./:|           |ハ
             |:::::.     | /:::::::{           |:::::∨
          ′ |::::′   |/:::::::::::::乂__     ノ:::::::∨.|     |
          ′ {:::}     !:::::::::::::::ヽ、::::::::`''</:::::::::::∧|     |
.           /   % |    |:ィT必ミ::::::::::::::::::::::γ´:::::::::::::::::|     |     「その前に遺書を残す準備は出来たか、ジジイ」
        /    /|    |ヽV:j::リ__:::::::::::::::::::::_r≦㍉::::::::|     |
         /    .(. !     |  ⌒   ⌒“''*、:ゞ^jリ ..〉/|     |
         /      .`|    |        ,   `丶、´: : ハ|     |
.       /      |                  ` ∥.|     |
              |    ‘,  -= ⌒“''*、       ′.|     |
    /      / .|     ∧     ` ̄ ̄       人::::|     |   ※流星魔王戦後、チクられた
   /        / __      ミh、           ィi「   |
 /       / 厂八      \ ミh、    ィi〔--ヽ        乂
        /、-_-_-_ \      \    {    / /≧=-∨     \
       /-_-_``~、-_-_\      \  ゙、  / /-_-_-_-∨       >''"         「あ、これ死ぬわ」
     /-_-_-_-_-_-_ "''< \      ヽ   / /-_-_-_/-∨    /
     -_-_-_-_-_-_-_-_/⌒“''*、\       ) //-=ニ ¨ ̄ヽ-_\   { \         アインズ様の未来はどこだ!
   /-_-_-_-_-_-_-_-_-.′-_-_-_-_ \    /≧ヽ-_-_-_-_-_-_ ∨-_\ |::::::::: ̄
.  / -_-_-_-_-_-_-_-_-_{ -_-_-_-_-_-_ )  /::::::::::ヽY-_-_-_-_-_-|-_-_-ヽ!::::::::::::::::

3931 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:37:21 ID:/diqy2CN

この御方が赤バラに引き継ぐまでずっと戦い続けていたということを思い出させてくれた貫禄であった

3932 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:37:37 ID:kCg6FMqL

オイオイオイ、死んだわアイツ

3933 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:38:09 ID:SU3NjdbP

ほう、覗き見ですか……

3934魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:38:23 ID:QszPGKps




    【――鬼龍院皐月――】




         帝国との英傑戦争において敗北し、ナトゥーラは帝国の属地として解体され、幽閉された。
         彼女の激烈なまでの光と覇道は屈することも、諸各国との同盟という妥協を赦さずに、誇り高くあり続けた。


         戦後、ナトゥーラの技師階級は帝国に吸収され、戦士階級は傭兵やあるいは彼女を奪還するために野に潜み
         長く戦後の世界に燻る種火となり続けた。戦士たちは戦うことしか知らなかったから、率いるものを喪った故に。
         それに対して幽閉された彼女は語ることはなかった。


                              (     -─-
                               >イ:i:i:i:i:i:Y:i:i:i:ヽ
                             ー≧:i:i:i:i:iハ从乂ハ彡:i:i\
                             彡乂代{≦rtテyVム:i:i:i:i:\
                             イハtチ7_    Vム:i:i:i:i:i:i:\
                  _           /∧  r ‐  ∧ム:i:i:i:i:i:i:i:i:\      _
     -ー-     r─--=≦ |::「ム         (:i:/:iハ     イ  Vム:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ー=ニ二:i:i:i::i:i:i
  /斗   ><__|        |::|  }─────--------=ニニ  く乂Vム><寸:i:i:i:i:i:i::i:i:i:i:i:艾:i:i
.ハ ):::::\      .|        l:ム 人                   寸:ヽくヽヽヽヽ:i:i:i:i:\寸:i:i:i:i
.\`| }寸Y>ー .八        \\\                  }:}:.} 乂乂乂乂V:i::i:i\`ヽ:i
  |乂\`Oゝr |ヒ  寸____\\\ ̄二ニ=─---  _彡  イ:/:/ ハ)小ハ}八):i:i:i:i:\
  | 寸ヽ)>く{  Vム ̄ヽ.       ̄ ̄    >< 兄≦::.....ミ≦ 二´ イ ハ乂ハ乂㍉V:i:i:i:\
  |\)! ><ト-ァ  .)  ))>ー----r'7ニ二¨ |   /::ハ:::::::::>'⌒ヽ\ヽミ=========彡:i><:i:i:\
  `¨¨|>< |<彡'  //      {(    八  ハ::::::::\       \/:i:i:i:iム V:i:iム } }:i:i:i:i:i:i:i:i:
     .| ><|>< __くく><           _\ __ \::::::::乂匕     /:i\V:i:i:i:ム 寸:i//\:i:i:i:i:i:i:
     .|>< |         二ニ=ー-=ニ二   {     ̄   Zニニニニ7V:i:i:i:i:ミ======彡':i:ム ミー-
     .|<> |                    |}     Zニニニニニ7:i| V:i:i:i:i:i:ハ `¨¨¨彡寸\
     .|>< |                    |}   r=ニニニニニニ7.l:i| .V:i:ハ:i:i:i:i\     `¨¨
     .| ><|                    リ   | <    イ |:i|  V{ \:i:i:i:i\
     .|>< |                     /    ><><.{八ム  \   ー---匕
     .|<> |                        /          ><ム \
     .| ><|                    /           /ム              敗者は語る言葉を持たないと思っていたのか、
     .|>< |                 /             / /ム             あるいはそれが彼女なりの責任の取り方なのか
     .| ><|                   /          / /   ム            その真相はわからない。





                  __
             _....-:::::::::::::::::::::::::::::::::-..._
           _.-:::::::::::::::、::::::::::::::、:::::::::_:::::::::::ヽ
         /:::::::::::、:::::::、:、:::::::;::::::r ´ .|::::::::::::::::ヽ
          ,.':::::::::i::::::::∧:::::i>::::::';:::∧r.i:':::::::::::::::::: ',
       /!:i:::::::::i:::::::_iri:´ノ!::i!:::::::';:::::|_ノ:::::::::::::::::::::: ',
        | !:∨::: i::/::::i/r .´ |:::::::::';:: !:::::::::::::i:::::::::::::::|
        | ∨∨:i!{_/r ´   _|::: ;::: |: |:::::::::::: |:::::::::: : |     ただ一つ言えることがあるとすれば
       ` !:{ ヽ  _。s≦ニi!:: ;: : |: |:::;::::::: ;|:::|::::::: ||     戦後十年後、彼女の幽閉された檻は破壊され
.          |ム_ァ  ´´   ;::::;::::: |: |::::;::::::: {;::{::::::: }}     彼女の消息は行方不明になっているということだ。
.          |ム         ,::::i!:: : |: |: : ;::::::::'|;:'|;::: ,リ
.          |::|       ,:::/|::: : i:::|::::: ;:::::: '|;:'|; ∥     ”まるで叩き斬られたように”
.          |∧ , 、   . , /. |:::::::::: |;:::::::;:::::::'|; ∨|./
.          |:::∧  `  ,':;'.....|::::::::::∧:::::: ;:: : ∨:∨../
.          |:::: ∧____|::|......|:::::::::;|,∧:、:::'|;::::::∨:∨
    r‐=======‐ュ::リ {:::ii〉::;_。s::::::: ;:| ∧ヽ'|,\::::\:\
    ムr‐======‐ュ!::|...∨_:|:|| ..|:::::::;::r= ⌒≧=‐‐‐… 、:、ヽ
.  . /ム      ノ::リ二´ノ;:リ - !:::: ;:::| ≦´      >)::ヽ:ヽ. ./
...  / ,‐‐>‐.‐<::::/   /マ   |:::::;::::|≧s。 ____ 。s≦|∨∨∨ ./
  __.{  ,‐‐っフ¨¨´/   //. ', ..|:::::|:: |ノノノ| | | | | | | | | | |∨∨∨

3935 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:38:27 ID:XyjAyprA

アインズ様、正史ではどんな幕引きだったんだろうか

3936魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:39:02 ID:QszPGKps







    【――纏(鬼龍院)流子――】



                    _ /:::::::::::::::::`ヽ、
                  /:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::\
                 /::::::::::::/::/::::::::::::::::l::::::::::::::ヽ
                 /::::::::::::/::::::::::―-/、l:::::::::::::}::::ト、       ラストバタリオンにおいて唯一正しき義憤と怒りによって立ち上がった戦士。
                j:::::::::/:::::::::::::/;;;/ j::::::::::::/:::::::ハ       誰よりも正しく、正しさ故に剣を手に取った反逆者。
                  l:::∠:::-/::::::::ア ̄芯ミ/:::::::::::メ {::::{::l:l       唯一取り返しがつく、失われたものを取り戻せる少女。
                   l/::::::/::イ::{  、{以/::::/::::X、! l::::V::}
               /::/:::: ̄::/::::l    ̄/ノ/沁}い::::∨
                ー-‐/::::/:::::::l:::::::l ト、__    ,`"/::゙、゙、:::\
     /^ヽr、        /:::::::::::::::l:::::::::l 乂 ̄\   /::::::jヾ\ ̄
    /r‐、{ 、      {::/{::::::::::::::::::ハ::l   `ー-ソ ノ::{::l/  \
    //へ ヽ \      /_从∧{ ソ\  __, イl::::::::::l         ナトゥーラ陥落の際に七天の騎士筆頭の銀時に守られて、脱出した。
   ///⌒~ヾ  Y    /⌒\\:.:.:\   l ̄::::::::::ノ::ノl::::}         (皐月の密命であったことは銀時は告げていない)
   (0Y  ̄\ ゙、 ノ   /:.:.:.:.:.:.:.:.\\:.:.:\ {`<j/l/ 从l
   //乂二\ソ/    j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:\ニヽ\
  //  \ ̄ {    l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.\ミ::::::\ }::::::\
 / /    Y  V  r-l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   `~ミ三}斗彡癶ー、
 { /     l   ∨ j:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:./    }\/癶Y⌒Y__ノ}}:.:.:}
 /      l   ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    /  〈  ソ 不\_ノヽ/
         l    〉┐:.:.:.:.:.:.j  //\ }// l   ヽ:.:.:}    誰よりも苛烈に、眩いばかりに覇道を歩む姉に憧れ、尊敬し、
        l   ノ/∧⌒}:.:/--―‐----/   八    ∨l    その光が間違ってないと確信したが故に、その正義を信じてナトゥーラの
        {廴/彡//}:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l    /:.:.:.:\   l.:}    国宝であり、皐月が封印していた鮮血を持ち出し、自分の命を焼き尽くしながら
        }三三彡/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l  /:.:.:.:.:.:.:.:ト、 l/    ラストエッジと苛烈な戦いを繰り広げ、最後には皐月が取られていた監獄の前で
        乂-‐~:.:.:.:.:.:./ー‐┬''" ̄ ̄l/ー--ニ_}:.\!    ハザマと激闘を繰り広げた。
          \.:.:.:.:.:.:/乂::::::::}    l|||    {lll||シ:.:.:ノ
           ヽ:.:.:/    ̄ノ     llll|    l川:.:.:.:.:{           -‐ '" ̄ ̄\
             ̄     /       示  { l川、:.:.:.:.〉   -‐           V
                 /       ] [    示}>''"                V   彼女は叫んだ、間違ったことを正したいと
                    /___ __ ▽>" ̄l ̄                      V  だがその根底の願いは家族を取り戻したい
              「 ̄::::::::::::::::ノニ二二:.:.:.:.:.:.:.l                 -―‐-、∨ それだけだった。
                  l:::::::::::::r<___:.:.:.:.:.:.:.:./             '"        l V
              ハ::::::::::::`┐:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄:.:「          /             } V
             //l::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..l         /       }       l  ∨
             /:./:.:.廴/:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./       /        /       l   V
            l:.:.l:.:.:j:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.`~-、:.:.:.:.:/     /           /        l     V
――――――――┴┴┴‐ ┴―――――――――――――――― /       /     V
                                            /       /     V
                                          ,        /       V
                                          {       / \      V

3937 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:39:17 ID:XyjAyprA

脱走してた!?

3938魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:39:39 ID:QszPGKps




    【――ルーク・フォン・ファブレ――】



              聖なる焔、冒険者から英雄になったもの、焔の如き冒険譚。
              英傑大戦において唯一救われた英雄譚となった英傑であり、軍神と剣を交えて果てた輝き。


                  j
                /|
               /::::ノ∠ ̄ ̄二ニ=ー
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
               /::r、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}      彼は軍神の侵攻にアビス公国が敵わないと理解し、
               Y::::ト :::ヽ、::::\:::::::::::::::::::::::::::レ       そしてアビス公国が諦めるために自らを生贄に、
            |::::::|ヽ:::ヽイタヽ`Tヽf^i:::::::::::{       自分の首と引き換えに降伏を結ばせた。
              λ::::|ィタ`ーヽ __」::::K´:::::::::::::\
             ゝ、ヽ、'   , V!::::トヽ―t:::\:ヘ
               /^:、 ‐ ´   j:::::f ̄ ̄|:::::::ヘ::|
                 /、::ム_\_ xイ:::::j  _⊥::::::} `
              {::::::ト、    /:::::/ ´   `ヽ、       そして、勝ってはいけない決闘の際に
                  ヽ:::|. \  /::/    , -‐ ̄ヘ      彼は軍神と短い言葉を交わし、楽しげに戦い、
                    ヾ .Fノ ´    /  ●, イ入     力量からすれば軍神に勝ち得ただろう勝負の中で負けて死んだ。
                     У     i! く 、__, ク -´  \
                  /0ヽ }  }  ゝ‐'    > ´xへ、
                {  /   ゝ、,|      /^ x<圭,へゝ
                |/     .乂     / /圭/    \
                |        ∨ / ./圭{、   .ノ   \
                |     ヽ   Χ´,ス´圭圭≫j´     ノ
               f|       ヘ   ヽム介彡」./     ./         「あんたに追いつけただろうか、俺は」
                    ||         ヘ   /{:::::::/    /
                    ||       ヘ  く  }ヘ´    /
                  イ!         ヘ∠X´  ヘ  /
                 _A||    とニ二jノ//∧   x.<.T┐       その言葉に軍神は静かに微笑んで、自らが認めた英雄として
             / ヽヘ     x―タ//////></ )|iii        彼の手を握りながら称えたという。
                ク/---Aヘ   ( <  }/////」L」ゝrイi∧
              ゞj圭圭Aヘ    `==ヒニニ!T、_jiiii! |i/
                《圭圭ミAヘ      | |/´L」__|iiii|.」´
               .|圭圭圭A.ヘ    /| !}   ゞ 、\
               .|圭圭圭ミA ヘ.   `し'     ヘ∀A
               .|圭圭圭圭A.∧           ヘ∀A
               .|圭圭圭圭ミA ∧           ヘ∀A







                    ヽゝ 、 _
                 _, -‐= ‐- = 、 ̄> 、
             __, -‐ニ‐  ̄::::::::::::::::::::::`ヽ::::::`ヽ
             ̄ ̄フ:::::::::::::::::::::::::::::>‐=::::ー=ヘ
               /::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
             fr:::::::::::/::::::::::::/:::::::::::r:::::/`7::::::::::::ヘ
             リ:::::::::/::::,.ィ⌒ミ!:::::::::::|:::/、 f:::::::i::::::::ヘ      彼の生き様は、冒険譚は世界の冒険者たちに長く語られる
             {:::::::::f:::/:::{ r',ト;:::::::;イ::j、 ヽ{:::j:::|::::::::::j      憧れの英雄として歌われ続けた。
              ヽ:::::{/::::::ヘ ∨ヘ::::::| {ト,㌧`.ヽ:::j::::::::/
              , 〉::::::::::::::/`y::::::ヽ::{    ijλイ:::::/
              , <::::::::;:::::::::;イ f:::::::::::| `    丶 }:::/
        -=¬ス::Fヲ:::/ニニ{:::::::::::{ニフヽ., ′  j/
           ./::::::」´イ    ∨::::|リ゙7/ f―ッ
            /:> ´ { ____.   ゝ::| ff ´ フ/
          '´    厶   _  ヽ\ jj  //
             斤  - 、_`ヽ、 ` 弋.//
              /   > ´⌒``ヽ、  1}
            ./  /       ハ jj ゝ、
              j  /     ー_- =.、_⊥!Lf∩
           f  f     /\\'    ト∪!
             .|  |   /   ヽ.ヽ.  \ ヘ

3939 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:40:14 ID:/diqy2CN

夢の時間だったんだろうな・・・

3940 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:40:38 ID:XyjAyprA

ルークにとっては一番幸せな世界線だったのかもね……

3941 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:40:44 ID:1RppIcE1

ガチで戦えて果てたなら本望かねぇ

3942 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:41:22 ID:2zbE+bJY

一番幸せな最期を迎えた人

3943魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:41:54 ID:QszPGKps





    【――武田観柳――】



        彼に関してはあまり語るべきではない。
        ただ二つ言えるとすれば、彼の生み出したガトリングの技術を奪われたのは帝国が占拠して
        捕虜となった数千人の命と引き換えであり、与えようとして与えたものではないということ。





                          /.:.:/ヽ.:.:.ヽv'´.:.;ヘ:.:.\
                           /.:.:.:.:////\:.:.:.:.://∧ヽへ
                      //)/〉//////\////∧レヘ∧
                       ,ィヘ/∧/)「^¨´ ̄ ̄ ̄ ̄`¨¨ミ:.:.:.:.:`、
                    /レヘメ:.:.:.:.:.:i| __           ミ:.:.:.:.:.:.:.、
                    ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:i「 ̄ ̄`ヽ   /⌒ヽ〉:.:.:.:.ト、:!
                    .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|i|i ===ミ_   _ィ==ミy:.:i|i:.:.| i}
                  .:.:.:_」⊥」:.:.:.:.|i|i 匸二二「⌒<匸二}:.:ii||i.:i! i}
                       '.:.:.Yy=ミl::i:、:.:.| ii         `、  〈川|り
ヽ                   i.:.:.:.|  〈トト、:| lj       'ー /   / レ’      もう一つ、彼は殺される時に一切の抵抗をしなかった。
  ` ー-  __            乂ヘ  (_> )i  < 、‐-  _____ ,′        ただ抱き締めて、許しを乞うこともなくこう告げた。
         ̄ ̄ミ 、      ⌒\         \ `¨¨¨ア ,′
⌒ーヘ             \       `丁i        `¨ニニ  ,′
    }r‐ミ__         ヽ          | 、             ,
    へvル’         丶       | //> 、        .:'             「自分を赦してあげてください、それだけが私の望みです」
  ∠__ y'⌒ヽ、          \      |'//////> 、   j′
ィ⌒ヽjレ゙     /⌒ヽ ¨´    ハ    rヘ '///////,`ー‐t´
ミtv/  /⌒Y     〉      } /  V\          ト、_           その残響は彼を愛して狂った少女の胸を掻き乱し続けた。
 レ゙ ⌒7   /    /      ,'"    V/\      〉ヘ\__
⌒ヽ  /   ,'    /         /「k     V//`ヽ、   _/  V,\`丶、
  / /    「l   ,〈       / 「k、      V////≧=∧\  V,' \  `丶
__ ィ(      }    ヽ   /'.:.:|  「k     V/,   《: : : : 〉、 l    \
    へ __ /⌒弋ー====彡'/ .:.:|  「k、     V/,   ,V: : /   |    /
/, /    \\`¨¨¨¨¨¨7.:.:.:.:|i  「k       V  / 「f爪   |   く<
  /        \\    /:.:.:.:.:.|i   「kkkkkky、 \/   |: : :.`、 !    \、

3944 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:42:21 ID:oopM1e1P

ルークにとってはこれ以上の喜びは無かっただろうな・・・

3945 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:42:54 ID:/diqy2CN

地獄への道は善意で塗装されてしまったか・・・

3947 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:44:35 ID:oopM1e1P

奪われる前にディアーチェにガトリングを献上してれば後の悲劇は回避できたかどうかはわからんな・・・

3948 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:45:04 ID:/diqy2CN

>>3947
厳しいと思う
だって帝国に勝ち目ないことは変わりないもの

3950魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:45:33 ID:QszPGKps





    【――ディアーチェあるいはユーリ――】





       マテリアル王国の王家三姉妹の三女にして王、敬愛する姉二人に囲まれて未来を願った王の残骸。

       正史では覚醒した復讐騎との交戦により戦死、リプレイ世界線ではまだ未来は分からないが、統一世界線においては
       ガトリング共和国から奪取されたガトリングを対空仕様に運用した那須によって撃墜、竜無き空、人だけの戦場だった天空は
       再び奪われたのだ。



                           ,へ
                           /   ⌒^ ---   __ ,へ
                      '  /          ⌒^  \       対空砲の一撃によって両足を失い、
                         ^/  /    /  '      ヽ           さらに自分を庇った姉妹によるクッションによって墜落での即死は
                       ' /  / ,ヘ__ / / '   i、    ',         免れるも体を激しく打ちつけて、頭部でのショックもあいまって
                     {/  // ⌒/`メ/     }^ト、       :.     魔導制御に不可欠であった頭脳に障害を持ち、航空制御を失う。
                   /     ,ィ笊ミァ    / ハ /ー  }
                     イ     /{ん(_,{      'ィ示ミ   /      }
                  //     ' {乂r八  /}ん/( }  ハ '    '    本来ならそのまま寝たきりの半死人となっていたが武田観柳の
               ' イ     /  { ' '  )/ ,  ゞツ/ / }/   /     尽力によって肉体機能の一部を一部回復させ、手術のために
             ///      /  乂        ⌒7 }  }    '      切り落としていた髪も蜂蜜の蝋にて紡いだ鬘を被り、
           ィi〔⌒/      厶ァ  i⌒   - 、     'r‐、_/}   /{      傷跡を隠していた。
         ィi〔⌒ ア:/ィ     //7   |>、        .ィ /////}  '  \
       /  ィ⌒': :{: :|     ///{   } } ≧s。 rf´j ///⌒ア  /{⌒\丶
.       ,   ///: :八 |    ' }/7/} //rくニL__/ニ}ノ 〈//\/  / 、   ヽ \   その後誰を恨めばいいのか、自分の力の無さと女としての
       {  ': : {': : : //人   i 〈/〈 ノ}/{^7     〈^_>、〉///  /   \ /  }   未来を失った彼女は武田観柳を殺害後、勧誘されていたラストバタリオン
      人{: : :人: : '/{: : : ハ  {///    ¨ ノハ       //<   '〕iト    ア   '__   への参加を決意し、そしてこう頼んだのだ。
.        }>、 : : ヽ{斗<{ ̄\{//{ ィミ:i:、__/i:i/   r=ミr<//  /  ̄  〕iト ∠⌒        ⌒\
.       j  > ´ 八 }   ィi〔ノ  __>、/i:i厶-=彡ヘ//{_-=彡'__      ̄ 〕iトァ≧s。 _ ィi〔  ̄⌒\
        ' rく.....    )' /ア¨ア /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\ V///////{      ////: : : : : : : :〕iト \   ',      「私の痕跡を彼と共に消してくれ、
      {  }... \   //i:i:イ-彡 ⌒Yi:Y´  ̄⌒\i:iV//「  ̄ \   \////⌒「 ̄ ⌒\  ', )    } __      民には王であった私だけでいい
      {  }...... 丶 / /i:i:i:i:i:i{: : : : : : :{i:i:{: : : : : : : : ¨´V/∧    \   {//{  八⌒ ー‐‐ }  }⌒  ̄  ̄ ̄ ^\   悪鬼になった私はもはや誰でもないのだから」
      人r┘......  / /i:i:i:i:i:i:i:ト、: : :____j:i:i{___: : : : : : : : : V/∧      ', \/〕iト ): : : : : :/  ,: : : ィi〔 ⌒\   ヽ
       〉......   / /i:i:i:i:i:i:i:i:i}: : : ⌒>i:i:i:i:<⌒: : : : : : : : :V/∧       V   ̄二二〕iト./  /ィi〔⌒       、   }  そう告げる彼女は狂っていたのだろうか。
        /....   / /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}: :ィi〔i:>-<i:i:〕iト .,     V/∧       V      ̄二二〕iト  _         } ,
.       /....   〈 /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:「i:i> ´    ` <i:i:i:i:i〕iト ._ハ//} }\    ∨......         ̄二二二〕iト  _ ノィ
     ,....      \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}¨          ` <i:i:i_/i:i:}//{_/i:i/____V...........            ̄二二〕iト--=ァ ‐‐ォ 、_
.     ....       \i:i:i:i:i:i:j          /   . . . /i:i:i:i:L二二二二二二{..................              ̄ニ7/└‐┘/ニニ〕iト
     /.....         \___j         ′     /}i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>^............................            //二二アニニニニニ=-
    .......          「 ̄{:.    j    {/〕iト  '{  ̄  ̄「  ̄ ̄「 ̄「、.......................................            ///////ニニニニニ=-
    ′...      r‐‐‐^ \}:::...    }〉   ///////〕iト: : : : 八: : : :/{  } 〕iト ......................................         ///////ニニニニニ=-
   {..........        }^¨¨¨ ⌒\::::..   '   ///⌒  ̄ \//〕i7: : }: : / ノ  八  { \......................................     ///////ニニニニニ=-
   j.............      Ⅳ////////\    ///    --  ̄/: : ノ: 厶イ:}/  \ >、__丶....................................    ///////ニニニニニ=-
  ノ................      Ⅳ//////////>、___///__  /    ̄^\: : / : : /(     ⌒ ̄ \..............................   ///////ニニニニニ=-
./......................     Ⅳ///////////}///  Ⅵ         ア: : イ  \        丶.......................   ///////ニニニニニ=-

3952 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:46:15 ID:7+a4G53t

統一飛誕では最も悲哀に満ちたカップルだったかもしれぬ

3953 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:46:19 ID:/diqy2CN

狂えてたら楽になれたのだろうねぇ

3954魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:47:16 ID:QszPGKps





    【――森の王ウィリアム――】








      魔剣世界において最後に立ちはだかるエルフの英雄。
      この度の事件に関して彼が打った手は二つ。

      戦後、各地の吟遊詩人にエルフのみが知る魔剣、魔導具などの題材に歌に提供したこと、”一つの魔剣”もその一つ。

      そして、幾つもの手を渡り、ラストバタリオンにたった一行赤薔薇王が封印した魔剣の場所の地名の手紙を届けたこと。




                         ´  ヽ.  `::.ヽ
                     /‐- 、.        :  ;、         それだけである。
                       , '                  jヽ        それ以外は何一つ行なわず、何一つ証拠を残さず
                     i ,  ,/ i _:、 ヽ  ', , ィ ヘ  '        十周年の式典に関してはテロ問題の危険を理由に
                      / , :!  l` ` `⌒\ ヽ   ヽ ! '       欠席しただけである。
                   { ./ l  .!         ヽ.}  ,. ィ  !,. ‐ァ
                        } ' i l. -!=-_、` ヽ', !.!ィ/ ',  }//
                 、 -―┴-',  .l 、_,>,ノ 八',-‐' .!i .{:; '        「さて次の次の手までは打ってあるが、どれが結ぶか」
                ` 、  ̄:::l ,  .!     ./  ! ヾ、 l:! .l ヽ
                   / i. ー!:::, .|        ,  ヽヽj  .! .トヽ
               , .'ィ / j .l:::::, ',. -、      ,  ハ   .{ー-- ___,.‐、 ''" ̄ \
                /,.´ / __,.l:;:ィ ヽ  ' ヽ_' -  イ!=}  .l  ̄ ̄     ̄ヽヽ   _ -‐ヽ、
.               // /'/  ,.イ : : : ∧     :、 ./' lニム .{ ̄   ―---- ‐〉 〉  ̄ / .}ヽ
          ,.-,. / イ ''"   ./: : : : : : : :∧    , }./ / .lニニl  ', ̄ 7     ._/ / -‐'"  ,.イ=!    魔剣世界の誰もまだ彼の本性を知らない、
    ,  -― ヽ.\    / ,../、: : : : : : : : :∧ /'_ノ.Y ./ニニ! .、ヽ-/    .//./__,. イ二=ハ
.   {ヽ- ._    \ヽ、__./: : : : : : : : : : : :.:∧'、  .l. /ニニニ!  l>,、 ー-_,.'"ィニニニニニ/_l ハ
.   /!_  ` - _>、-‐ !: : : : : : : : :ヽ: : :,.イ二>-―''''" ̄l.  V   ̄ ./ニニニニニニ,ニ/  ll 、
  ,/ニニニ=- _   :   _ \l: : : : : : : : : : : {´ l ̄     _  .l  '     ./ニニニニニ,ニニニ,'    llヽ`、. _
. /.{二二ニニニ===ニ,.'": : : : : : : : : : : :.:〉 .l,-―   ̄   \.l.  ',  /ニニニニニ/ニ/二}      llVlイ,ヽ
. / ,.ゝ―-=ニニ二\二/: : :/: : : : : :/: : :/ i l、          /l   ! /  ヽ二二二/ニニ=ノ       }`´ l !/l
.,' // ̄` ‐ _`'<ニニ/: : : : : : : : : : : : : :.ヽ ! .} >、    / }   .l./   .!二二ニ,二ニニア       '   ゝ' !.|-、
i 乂 _       ー/: : : : : : : : : : : : : : :./ .!.,'    > .,/   !   .!.     ヽニニ,ニニア      /     .l_ニ!.l
{  l ヽ ̄         ./: : : : : : : : : : : : : : : {  {.、             |  i. !.     `マ/ニ/         /  /⌒ヽ/: : : ',
.! .!. ',=   .>ー/: : : : : : : : : : : : : : : : l  l. `'<       {  l: ト、      ,<        /  .乂__,ノ: : : : : \
.| .!   ;  ./   ,ィ/: : : : : : : : : : : : : : : : : l  !   ./    ,、   .}  l: ! >、   /   \   ,.>'     ./: : : : : : : : : ヽ

3955 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:47:30 ID:XyjAyprA

ガトリング斎……ディアーチェはきっと止めてほしかったんだよ……
ホントに死んでほしくは無かったんだよ、きっと……

3956 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:48:26 ID:m2srUr4y

どうしよう次と次の手しかうててないよーエルフほろんじゃうよーたすけてー

3957魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:48:42 ID:QszPGKps








                         ´  ヽ.  `::.ヽ
                     /‐- 、.        :  ;、
                       , '                  jヽ
                     i ,  ,/ i _:、 ヽ  ', , ィ ヘ  '
                      / , :!  l` ` `⌒\ ヽ   ヽ ! '
                   { ./ l  .!         ヽ.}  ,. ィ  !,. ‐ァ         「最後に勝つのは俺だ」
                        } ' i l. -!=-_、` ヽ', !.!ィ/ ',  }//
                 、 -―┴-',  .| 、-t,:ァ>,ノ 八',-‐' .!i .{:; '
                ` 、  ̄:::l ,  .!     ./  ! ヾ、 l:! .l ヽ             最後に立ちはだかるのは間違いなく彼だ。
                   / i. ー!:::, .|        ,  ヽヽj  .! .トヽ
               , .'ィ / j .l:::::, ',. -、   _ ,  ハ   .{ー-- ___,.‐、 ''" ̄ \
                /,.´ / __,.l:;:ィ ヽ  ' ヽ_`ー   イ!=}  .l  ̄ ̄     ̄ヽヽ   _ -‐ヽ、
.               // /'/  ,.イ : : : ∧     :、 ./' lニム .{ ̄   ―---- ‐〉 〉  ̄ / .}ヽ
          ,.-,. / イ ''"   ./: : : : : : : :∧    , }./ / .lニニl  ', ̄ 7     ._/ / -‐'"  ,.イ=!
    ,  -― ヽ.\    / ,../、: : : : : : : : :∧ /'_ノ.Y ./ニニ! .、ヽ-/    .//./__,. イ二=ハ
.   {ヽ- ._    \ヽ、__./: : : : : : : : : : : :.:∧'、  .l. /ニニニ!  l>,、 ー-_,.'"ィニニニニニ/_l ハ
.   /!_  ` - _>、-‐ !: : : : : : : : :ヽ: : :,.イ二>-―''''" ̄l.  V   ̄ ./ニニニニニニ,ニ/  ll 、
  ,/ニニニ=- _   :   _ \l: : : : : : : : : : : {´ l ̄     _  .l  '     ./ニニニニニ,ニニニ,'    llヽ`、. _
. /.{二二ニニニ===ニ,.'": : : : : : : : : : : :.:〉 .l,-―   ̄   \.l.  ',  /ニニニニニ/ニ/二}      llVlイ,ヽ
. / ,.ゝ―-=ニニ二\二/: : :/: : : : : :/: : :/ i l、          /l   ! /  ヽ二二二/ニニ=ノ       }`´ l !/l
.,' // ̄` ‐ _`'<ニニ/: : : : : : : : : : : : : :.ヽ ! .} >、    / }   .l./   .!二二ニ,二ニニア       '   ゝ' !.|-、
i 乂 _       ー/: : : : : : : : : : : : : : :./ .!.,'    > .,/   !   .!.     ヽニニ,ニニア      /     .l_ニ!.l
{  l ヽ ̄         ./: : : : : : : : : : : : : : : {  {.、             |  i. !.     `マ/ニ/         /  /⌒ヽ/: : : ',
.! .!. ',=   .>ー/: : : : : : : : : : : : : : : : l  l. `'<       {  l: ト、      ,<        /  .乂__,ノ: : : : : \
.| .!   ;  ./   ,ィ/: : : : : : : : : : : : : : : : : l  !   ./    ,、   .}  l: ! >、   /   \   ,.>'     ./: : : : : : : : : ヽ

3958 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:49:25 ID:/diqy2CN

なにがどうあろうと絶対諦めない不屈の男・・・
本当に敬意すら込めて糞エルフだわ

3959魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:49:33 ID:QszPGKps




    【――大英雄アーラシュ――】




        誰もが認める大英雄にして護国の大英雄
        神話の英雄であり、軍神無き時代であれば彼が平和の象徴になっていただろう人物。
        統一世界線においては歴史家たちはぎろんを続けている、アーラシュが勝ってさえいれば
        もっとよい時代になったのではないか、まるで墜ちなかった流星に夢を見るように語られている。


         ト、 \\  \         \\
           マト、 \\  \            \
         ヽ:ヽ  \\  丶 \\
       __/:::{    \\     \\
       ヽ::::::::::::\.   \\  \   丶                    _
\       マ`''<::::::.\     \\  \                    ,,、丶 ̄`ヾ
\\       V:::::::ヽヘ::ヘ       \  \              /     /
  \\.      ヽ::::::::ヘソ<       \  \           /     /
\  \\.    V:::::::ヘi:i:i:i:i:>、.        \  \        /       /
       \\.  ∨:::::::ヽi:i:i:i:i:i≧、,,、、\\   丶
    \   \\ ∨::::::::ヘ、i:i:i:i:ア ノ  \\ __,ィ(,,,_         正史においては自己犠牲のステラを放ち、帝国軍を撤退に追い込み
     \    \ . ∨:::ヘ⌒ヽ/ ,ソ: ァ`ー 、 _,ィ゙:::,、::ヽ:::ヽ       その命を散らしたが。この世界線においては全力のステラを使わずに
.             \∨:::::',  W-<ニニニニニ:\::ト::{、 ヾ:}ヽ::ミ       本来ありえなかった軍神との邂逅を経て、お互いの夢と未来を共有し、
          \\   ∨:::::ヽ     \二//=\〈⌒ヽ ハ{       そして未来を賭けて戦った。
\        \\  ヽ:::::::::ヽ    ヽ/ニニ二:`ヽ'゙_/__∨
  \             丶 ヽ::::::::',\   \ニニニニニ:ヽ:〉_二≧⌒ヽ
                      ',:::::::', \   ',ヽニニニニ:ノ::/ : : : : ゝ=ミ`'<
                    ',::::', 丶  ヽ: マ二/:::/ : : : : : : :-=≪_ソヽ
                    ',:::',  \ {ヽ_'//\,、: : :,: :=ミ: : :彡:\_           n /尖!
                      ',:::', \丶', \: : :`ヘ/: : : : : : _. 斗、ヽ ``~ 、、,,   {:iー':i:i:i|
             /          ',:::',.     ',   \、: :/:\:/≦―ニニニニ心―、、,_   `>、人:i:<:-:〉
            /     ./    ',:::',     ',   \〕,ィ´ ハ   }ニニ辷〕心、  `ヽ_,ィ:i:i:i:i:i:ア′
         /     ./         ',:::',     ',   /―/ /  /、、、、|__}沁<ニミ {:i:i:i:i:i:i:i:ア
          廴,、丶`             ',:::',    ヽ/    ヽ/ /ニニニ\ニニニマミ  寸:i:ア ',
             ̄                 ',::',   /  ,、丶`  /ニニ二二二\ニニニヘ、 /.  ',
                             ',::::',  ヽ/,、、、<ニニ=-………=ニニ/ニニニヘア⌒ヽ . ',
                              ',::::', /:i:i:i:i:i//ニニニニニニニニ=\二二二ヘ:i:i:i:i:ハ. }       ,イ
                            {:::::ヘ:i:i:i:i:i:i:/ニニニニニニニニニアニニニニ≧=-ヽ:i:i:i:i}.廴__ .ィ
                          V::::::}:i:i:i::/ニ二二二二二ニニ/、ニニニニニニニヽ:i:/    ̄ ̄ ̄
                           V::/\:i/ニ>''"´ ̄ ̄マニニニ}:i:i:Vニニニニニニニ\~、、..,,__
                            V  /ニ/:::::::::::::::::::::/::::∨ニア:i:i:i:iVニニニニニニニニヘァ―、
                                //:::::::::::::::::::::/:::::::::∨イ:i:i:i:i:i:i:iヾニニニニニニニニヘ:::::::',
                               /::::/:::::::::::::::::::::/::::::::::://:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヾニニア´::::::::::_:ヘ::::::',
                              /:::::{::::::::::::::::::::::{:::::::::::/ `¨¨¨¨¨¨¨¨¨´辷ア:::::/:::::::::::::::::} :::::',
                             /:::::/::::::::――::::ノ::::::::/           人:/:::::::::::/:::::/::::::::∨ /
                          ,イ:::::::::/::::::::::::\:::::::::::::::::::ノ            ゝ::::::::::::::::::::::マ::::::::::∨ /
                            /:::::::::::/::::::::::::::::::::―''"´:::::|              {:::::::::::::::::::::::マ::::::::::∨ /
                        /:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |                ヘ::::::::::::::::::::::::マ::::::::::∨

3960 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:49:43 ID:XyjAyprA

いつも通りのクソエルフ
たぶん、こいつはAM世界の父親面院こそが異端で、他の世界線ではきっと一切変わらないんだろうな

3961 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:49:48 ID:9Yh2DjQh

うーんこの糞エルフ

3962 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:50:32 ID:UjeOVpvl

でも、どの世界線でもエルフは結局滅びそう
だってウィリアムとその周りの極少数以外変わらないじゃん(真理)

3963 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:50:45 ID:/diqy2CN

この御方大英雄ではあるけれど
英雄過ぎて世界をまとめられたかというと疑問が残る
まあ個人で止められるチートとしかいいようがないんだが

3964魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:51:34 ID:QszPGKps







                、ー-............__ _
               _..>::::::::::::::::::::::::::`::...、ヽ
        、.....-‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ}
.            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>:.、
         ,..::'"::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
.        /:::::::/:::::::::::::::::l::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::',       本来の軍神の作戦では勝率は0であり、部下を犠牲にしての
.       /' /::::::':::::/:::::::/l:∧:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::!       全滅を持って一矢報いることしか出来ないと決意を固めていたが
.        /::::::::::::/::::::/-‐/‐ l:::::/::::::ハ;: ‐、:::::::::::::l       軍神の愚行とも言える作戦変更に、失わずともよいのではないかという揺らぎと
         ' lハ:::::rj:::::/ノf::j フ.|::∧::::/ l'ィ.ヽ}:::::::::ハl       そしてあえてそれを行なった彼の行動に、護国ではなく大陸の平和のための
            lハ:/ヽ'     '  V  .).ノ/::::::/        象徴として戦う決意を迫られ、その重さに手指が奮え、だが部下と自分の国の民と
             、             .- イ::::::/         これからの未来の命のために決意をし、出撃をした。
.             ヽ            /  ヽ:::;'
.              ー  '      ,..::'       l
.               ',    ,..:::::::   /  _. .-‐',
                - イ:::::  __. .-: : : : : : :',ー 、 ー 、
                     ',‐: : : :/: : : : : : :.__V//\  ヽ
                   / '; : :_;..- '" ̄    ゝ、//,)  }、
                  / /'"  -―         >  ) 、
.              / /     _ -―― 、  ̄  /  .i
          / /    _ -           丶         ',
         / / _ ‐     _ ニ二二 _  、ヽ
.         / / / -‐./ ̄         ̄ \
       //,..イ /./                ヽ
      ,. ' '"   l //                     〉
.     /        〈八                      ,イ    ,'
.      !       \\_二二二二二=‐- 、   ノ.ノ   /
     |            丁             ̄` ーイ     /





                  /〉              「∨
            /〉 >''"´/--、、 ___         |:i:∨        結果として流星は流れず、部下を含めた彼も戦死するという結末であったが
             }:|:´::::::::::::::::::::::::::l::::::ヾ´         }\:\       死ぬためではない生きるための戦いであり、好敵手であった軍神に未来を
          -=彡::::::::i::::::::::::::::::::: |::|:::::l:∨          .} .'/:i:i:i\      託して終えた彼は間違っていないとその目を閉じた。
              〈/:,::l::::::l::::::::::::l::: :-ヽ|:::::l:::∨       }'/\:i:i:i:i:ヽ
             {/:::l:::: r、:::::、::l/《付 }/ー┤       .'/  L:i:i:i:i:i \
           /:::,::ヽ::{ \}、{              '/    ミh、:i:i:i:i
            〈/、::i:::::\__      、_ }        '/      ∧:i:i:
             リ、::::::::ヽ\         l       '/         .∧:i:
              \::{ヽ〉: :ー─ ァ==┘     '/         ∧
               /レ゙ー -- _{        '/
             W¨¨  ̄\  ∥       '/
          > ´       ミh、{\     '/              彼の生き様は、存在は、多くの人物に影響を残し続けた。
         /   _、+>---<__  `、.゙\   /               この統一世界線は彼の存在から始まっているともいえる。
          〈  、ヽ` /     \`¨¨ヽ }、 /
        //   /        、   `、 ∨
        ヾ   ,「 ``~、、     l|     ∨
          \/ |     `ー┬‐┘    ∨
          ∧ 「``~、、_ '´}      ∨
          ∧{≧o。 __/,ノニ=-     :l             /
.               |    /  「    ニ=- _.′            /:i:
            |         |:          ,': ∨            /:i:i:
          W . . ノ   ∥       /: : ::∨         /i:i:i:i
          /∥      /          !: : : : :∨       /:i:i:i:i:
          ヽ{    _ {、         {: : : : : :∨ ∠二 ¨¨´:i:i:i:i:/
            W      /ミh、    。゚ !_:-┌┴─、_〉´:i:i:i:i:i/
          Lミh、   / //:> 、。゚  W: : : \i:i:i:i:i:i:i:``~、、{
                l ニ=-〈 ./ 〈/ /:> 、-ヽ、: : : : :\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨
           /-=ニニ ニ=- _〈/ /:> 、ミh、 : : : }__--:i:i__:i:i:i:i:i:\
          /´-=ニニニニニニ二 。゚-、、⌒ /`ー‐ '"´ノ:i:i:i:i:/``~、、〉
            /-=ニニニニニニニ二。゚ニニニ``~L、     ミh、:i/
        /-=ニニニニニニニニ 。゚ニニ/ ̄`~、 >、      」∨
       W-=ニニニニニニニニ 。゚ニニニ\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\ 、 \ {リ

3965 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:51:54 ID:Pu07uQrA

>>3960
そう考えるとやっぱりあの未来のエルフの結末はやっぱり応えたには違いないんだろうな

3966魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:52:43 ID:QszPGKps




    【――四柱かっこう――】





   、     、 ヽ. '入
    ヽニニニ=ュ>弋ト、ニゝγ/!             _ -ニフ
    >ニ二三三三三二ニニモ!          _-ニ三ニ/
 -=ニ二三三三三三三三三三},ゞ__,      /ニ-= ¨´
   /二三三三三三三三三二ニフ__  ゝゝ´      _, -‐‐ュ__、
  _-ニ二三三三三三三三三三三三/ゝ;r'´  _-ニニニr´⌒`` ‐ニ=-‐…
. /ゝr/ニ二三三三三三三三三三三ムr ' _ -ニ二フ´              /{
 ´ /ニ二三三二ニニ/´ム` ̄i} 》ママニ二ニニム- ´     _          /ニニ{
  /Xニ三三二ヨ`モ/   _ュャ´二ミ: ママミ  _-ニニニニニニニニ7`ヽ、       }ニ二三      正史と同じくクロウ・ブルーストと戦い、
 ´ ´/'モニヨ7´7 i/‐ヽマ //〇)),ノ〉メ` /ニ二二ニ-‐ ¨ 7   `i}     ,'ニ二三i!      蟲たちの多くを葬り去り、彼を追い詰めながらも
. __ i7ヨニマ{ rニ¨ニ)::‐:ゝ-‐7/}//ニ二ニ_‐´     ヘ⌒z_i !    /ニ二三ン       一手届かず戦死した。
ニ二ニ=、¨ニ ‐- 、ニ彡'  ‘,   /'--ャ 、ニ‐'_ -ヽ、     ヘヽ_ニ-'   _r'ニ二三ン
ニ‐´ ,/⌒\   ¨ ュ -_ ` イ∧ニ/'  `}ュ-:}  `i;    ´    /ニ二二ニ'
〈  《ニ二二ニ>、      ` ヽュマ     /  ャ-ニ _ム_     _ -ニ二三二r‐         クロウからは後年、奴ほど蟲を殺すのに上手い奴は
ニ\}}ニ/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、 _    __ヽ   /-ュ__i! ¨ニュ幵、_,,-ニ二三二ニ‐'           いなかったという蟲殺しの異名を語った。
ゝ二メヾ    ゝ‐‐‐‐ュュ、ニ二ヨ{    /iニ二ニ!    ! 、ヽヨヽニ二ニ‐´
  〉/ .〉入 /ニ二三三三i}ニ二ヨ  _/二三二ム     '))  i  κ´
..//  ´ 〉ニ:}iニ二三三三ニュ二ュ!メマミヽ_二三二ン、 /ニ:、 !    !、
/、、  ,‘,‘ i}ニ二三三二ニニニ/ ヽ/´  \ニ二ニン二二ン   .i ,ニ--ュ  ,.
  ヽヽ,.‘  /ニ二三三三二ニ;'/77 ;i、    ,.\ニ二ニニャン ヽ、- ムニ二二ニヨ ‐_
   /r' ∨' ∨ニ二三三二r‐'∧//', ヽr ,´. ⌒\‐‐/ヽヽ  ゝヽニ二三三 ニニヨ=ニ⌒、___
 -´      ∨ニ二三二ニゝゝ/////, ,/ヽ、   r‐.\´ニ/ 'ヽっ….ヽニ二ニr' ニニヨニニン、ニ〉)ヽ
´        )ニ二ニニ7/三ヽ}i 、///, {、.、 )、‐ 、. . \ヽ{`ヽ、  ', ノ)!ン´ニ二ニンニニニ.、ヨ .モ‘,
、      _-ニンニ二マヨ .〉ニ三ニメ' // .、ヽヽ,ム、ヽニ二=ュ_ムニ二ニ-_⌒ヽ-ニン´ ̄}ニ!モヨ `ムヨ`´
ニ‐‐‐‐‐ニ二三三ヨニ二} .iヨニ二二ハム'  、 ヽマニ{ニ二三二ニュ、ニ二ニ_}入 ´   マ .モ7 マ7      /
ニ二二ニムニニニ‐¨∨ヨニ! i7ニヽ{  ` ‐、   ヽ ヽゝニ二三三三二ニヨ‐=ヨ ‘, ヽ、  `   `    ,‘/
ニ二三三二ュ   ∨ニi! {、ニ二ュ_   ‘,\ヽ .ヽ`-ニ二三三二ヨ∧' ヽ、}  }メ',        ,‘ /
ニ二三三三二‐--ニ∨‘, '}ニ二三二!…ノ!', ヽ、、 .\-ニ二三二ニⅷ、  / }  )`.〉、      ,.,‘ ./
ニ二三三二ニ二ニニニ∨;', ',ヽニ二ニ=t‐メ-r'メ、‘,`‘, ̄``   ‐ニⅧⅹ .}/('` 'οヽヽ    /r'}__,‘
ニ二三三三三三三三t}ニュ__∨ニ二ニ‐{´_/ニ:ヽ. ヽ、ヽ‐--=ニ__ _`´ 二ニr' /`、__(_ _} `¨¨¨´r'/ .}
ニ二三三三三三三三二t---≧-‐r'¨`ニ二ニニ'、、 `ヽ、   /-' ヽ、____{ ヽ、/ニ\ヽニニニr' ,'
ニ二三三三三三三三三三三三三二/ニ二二ニ:ヽ、ヽ‐‐‐r'  ,    ゝニ〉ニ/ \ニニニ-__  ヽ{







    【――四柱ストレイト・クーガー――】


       正史と同じく雷電王ニコラ・テスラと戦い、戦死した。
       雷電王の生涯においてもっとも苦戦し、最大の危機と言える強敵であったと語り
       「奴は雷よりも速かった」と告げたという。

       、
           \    、     、
            \   \   \ }≫ミトx
          \ 、 -…ァ=-- 、乂:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ、 i|        、 __
          r升     {////Ⅳ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト八     \ f (ヽ、
           ) ≫ ´ ̄ \/Ⅳ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅵ、    \  マヽ、}
   、       ´  \ 、\、ヾ}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:|トミx    \「\ \
 \ -─…- 、    、 \ \\i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|l:.:( ハ  、 ヾ ヤ八
 く: : : : : : : : : : 丶、    \\ \ |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}|.:.f/:∧ 、\  }   、
  \: 、: : : : : : : : :\    \\i{|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://.:.{ / /ハ≧=- 、∨   \
\   、_\;. -- 、: : : : : Y⌒ヽ、 \八ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:癶く/-ミ' / //////\丶、,. へ、
  \ \ 、、   \: : : :{: : : :∧ /  Ⅵ爻≫≦__爻イ}/ / _./////////\/   ∧
      \\    \: : :、.' :八  ̄ ̄ マ%/ト、://:/《 //////////// 《   //∧
          `丶、   \:.\: : :≧=- 癶 ̄l__, ̄,、/イ /\////////////\    /∧
  、           \   \:{: : : : : /.:ヽ、マ  ̄ソ/"´八: : :\////////////\   /∧
  \  、      \   \: :/.: ∨:ハ 辷彡′く _ \: : :\/////////// ヾ  /∧
≦三‐\__\、   、  \   }: : : : : ∨: } レ^Y \ ≧ぅ-∨: : :  ̄二癶、/////ハ  /∧
_ ̄ ̄ ̄ \: : :≧=-\   \  !\ : : : ∨{   f0ヾ、    廴: : : : : :/  \////|   /∧
      -=ミ、 : : : : : ≧=-{\、 \__:{八  iト、 :. \  ○{: : : : .イ     \//八   /∧
.- ─=<、    ト、: : : : : : : : : \=-  、  ∨≧イ0 __   o ゞ: /〈       ヾ、     / }  、
. : . : . __\  ∧!: : : : : : : : : : : \: : \ミ辷___ ̄ ̄__cっ ゚ 从: :⌒ヽ、   、  ト、    /i    \、  ィ′
: . :/: . : . : .\{__ト、: : : : : : : : : : : : : : : : \____≧=--- ─≪二ニ=-- ミ、   \ `ヾ、  /|  、 /:/、
. :/. : . :-─ :-ミ!>′-=≦: : : : : : : : :、: : : : :/:/: : : : -=ニ´    ̄ >ミ \  \ 、   \__./ 、  / Ⅳ\
く: . :{: . : ._ ≧ッ」i       -=ミ: : : : :\: : :イ: :\イ -=ニ二ニ- 、  ̄≧ ハ   \\      × .::∨
\⌒Y≦斗-≦}}  、         -=≦ : : : : : : : 人////////// \  <トミ!     \\、/  /∨
  ー≪////Ⅳ        、   \ `ヾ、: : :/ 、\__r__x_r==ミ__ -=三‐─ 、 、 \  .:∨ \、
      ̄ ̄       \   \   \   \: \ ×´: . : . : . : . : <  \、   、   く \  /∨   \
                  、  \   --==ニ二二Ζ二ニニ==---ミz__  \  \  ヾ、 /∨
                  \/-=≦三三三三三≫ \Ⅵ三三》: :-==-⌒ヾ   、\  \/  、
                       {≫--=≦-=ニニニニニ=-   \三/ ∧// ∧  、\  \ 、ト、ハ      \
                   \三ト、\三三三三三三\    ///////》   \ 、  \≫ }
                          \三\\三三三三三三\ 〈///////  、  \ -==-Ⅳ、 \ 、
                      \三〉 \三三三三三三〉、\//Ⅳ \ \、////////\   \
                         -=ニ   \三三三三/__  ̄ 、    //////////-==\
                             ‐-=≦ ̄ ̄  //Ⅳ {//》 \  〈/////////////// ト、
                                 < {//(   ̄ 厂   \///〃///////-=≪、
                                    ー…く  ̄     __≫x////////////ト、_
                                        `ー──  ´ ̄ ̄ \/////////-=///
                                                          \//////Ⅳ
                                                              ≪//≧=- ′

3967 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:53:08 ID:7+a4G53t

流星は落ちなくてもずっと見上げていた子が居たからなあ

3970魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:53:40 ID:QszPGKps








    【――四柱結城友奈――】               【――四柱 完全者――】





        誰よりも生きることを、救うことを諦めなかった少女。
        正史と同じく、帝国の剣であるゼンガー・ゾンボルトと戦い戦死――



                . : ; ′
             ..; ゚,’            /   / _: :_: .    , _ _    〈):.    . .
           .:。;′/   . . -‐. : . : ‐-. ._{   ⌒ヽ . . ゚. .: .+゙//⌒i_〉     . :. :-‐:
          .:+,j  .′/. : . : . : . : . : . : . `ヽ      `-_.. . . . . ..` : :.。、:.. . . :/. . . . .
           .;′   i: /. : . : . : . : . : . : . : . : . : . .      ニ=-. . . . . . . . . . .゙ +'. . . . . .,.:、
          .:j     +′. : . : . : . : . : . : . : . : . :.:ハ     /_.. . . . . . . . . . . . . . . ._ノ:. ::
.           ,.:   ⅰ. : .:./ . : . : . : . : . : . : i. : ::/:i  ‐<`ヽ  ゚: :': :ー.:+. .-. : ゙: :゚:.:.. <ノ:.
          .'ィ:!  \ !:. ; ./i. : . : . : . : . : . : : :|. : : : }―‐┬―\\
      r 、   .:从。  / ゚+:.∧{,: . :ト、: . :/ : . : :.|//: :;′\,{,     \\     <フ:.
.     乂:.  .:// :.、   i{「沁、: { >、_{\i:.: : :|/: :/=-ミ。:.   〈フ: . ̄              だが彼女の行動が正史と異なる
        . : (:.   .:ゝ  j 乂リ \__xfテ芯、{.:. : |: :/< {\`:+、:.        イ:.     ノ):.      最大の変化を生み出した。
               .;' ∧i:ト   、   乂_り/|:i. : ∨ハ ノ 丶_)_/ニ=-    く_ノ:.   ィ.
        (〉:.    .:八   __    从.: . :\\_ノ iヾ ゚。:. : .        乂::.         <i:..
    _, --             \  ー ┘ . イ /\.: . :\\イ   ∨フ:.  /_):.
   「´_ `マY         `ー==升__/    ̄ ̄,//-.:‐= ' ゚´: :.           (フ:.
.   i{/  \`}            / ̄二`ヽ、       i{ {:. .     . : -‐- : . .:(\:.     -‐ァ
   从 ー‐<_「        _// /ニニ=-\\__,i i|〈_):>' ´      `ヽ>'"´   /
      Y_(´_,人_      /〈/ /ニニニ=_-..:.:>‐ + - ゚´:、: .           /      ′
.     `Y    `Y__ ,ィ{  ∨ニニニ=_=. :.:。"          ゞ::.      ー=彡       }
.      {i_  r=====:{ {iヘ   \ニ=.-._.:。:           .:゚⌒ヽ:.            /
       |  |i    从 \\___>'⌒           ,:′:.  \__    -=ニ ̄
       {  |l.     \__/  :゚:.、         。:゚:. .   \  \__
        \|\    /      . : :.+.      /:.  \      /´
             \_/       . :: :i  〉- ‐ ゚:: : .   \       \







                         __ }\}、
                   _ ィニ¨ ̄     ⌒\}八
               /  {  {   丶  \ 、
               イ/  /{  { 从\\   ヾ
            _从 _彡从  {  { \ \\ ハ         彼女と戦い、致命傷を与えたゼンガー・ゾンボルトが
             /{_   ( {\{\{尤 \ \\ j|         彼女にトドメを刺すことなく見逃したのだ。
            从二  \ 八     }_ 〉}/}/}/}
              /乂厂  ̄ ̄≧=、 -‐ /
               /ニニニニニニニニ=\`/
            _ =ニニニニニニニニニニニニ≧=──────── - _        友達にまた会うのだと、
.            /ニニニニニニニニニニニイ  ̄ニニニニニニニニニニニニニニニニニハ       致命傷を負いながら諦めなかった彼女に、
           /ニニニニニニニニニイニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=∧      すぐに力尽きるものであると判断して
.          {ニ_ -=≠¨ ̄ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニl∧     見逃してしまった。
             ∨ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ∧
             |ニニニニニニニニニニニニニ=_ イニニニニ_-=≦ ̄ ̄∨ニニニニニニ=∧
             ∨ニニニニニニ_ -=≦ ̄ニニニニニニニニニV∧    Vニニニニニニニl∧
.            \ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ_V∧    Vニニニニニニニニ!
             ト、ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニV∧    Vニニニニ_八
             |ニ∨ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ} }    } ̄ ̄ ̄ ̄  }    <´}
             |二∨ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ_} }     }_____.ノ<´i:i:i:i:i:i:i}
             |二=∨ニニニニニニニニニニニニニニニニニ~} }  _厂 / __ノ__ノi:i:i:i:i:i:> ´
             |ニニニ∨ニニニニニニニニニニニニニニニニニ} }⌒)i:i:i:i{  (  _i:i:i:> ´
             |二ニニ∨ニ/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ [  ̄[  }<´i:i:八_ )_)_)_ノ
             |二二ニ}/ニニニニ≧≠======[二[[_ }//}_i:i:i:i:i:i:}/
              乂ニニニニニ>ニ´ニニニニニニニニニ⌒] ]//⌒)⌒}_}
               ̄> ´ニニニニニニニニニニニニニニ_] }ニ>´
   _____    /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ} }ニ:!
.    ニニニニニニニニニニ≦ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ_} /ニ|

3971 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:54:19 ID:XyjAyprA

完全者さんの存在から、四柱はどう足掻いても戦死する運命なのが悲しいわ……

3972 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:55:49 ID:yJh4LLow

急募:アーラシュ将軍生存ルート

3973魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:55:50 ID:QszPGKps








      そして、正史と異なり同じ戦場であったがために帝国最強に敗北し、
      もはや助からない傷であった完全者を引き摺って命を振り絞って離脱、





          /: : : : /: :/l: : : : : : : : :∧\: : : : : : : V: : : : ハ   /: : : : \
            / : : : : !: :/  !: : : : : : : : : :ハ. \: : : : : :V: : : : :l  ヽ : : : : : : : \
          iヽ、: : : : : :! ,′ l:ト: :、 : : : : : : iハ─-ヽ: : : : :V: : : : i    `、: : : : : : : : \
        \ \ : :/l/ '⌒ ',i ヾ、\ : : : : !ヽ'.:!  ': : : : : V : : : !    ‘,: : : : : : : : :\
        、_ >  ヽ、           \: : :! ヾ!  `、: : : : :V : : i     ト、 : : : : : : : : : \
        \   \ ィx=≠ミ  ;;;; ヽ: i x=≠=ミ、 : : : : V: 人      !、\: : : : : : : : : :\
           i: :゙:ー─`} .{ )::::::l  ;;;;  ゙′ { )::::::! リ: : : : : ∨ >- _  ! \\: : : : : : : : : :\
          !: : : :∧  弋 :ソ  ;;;;    弋 :ソ  ∨: : : : V    ⌒゚\ \\: : : : : : : : : :\___
          l: : : : :∧ ,,,,   、       ";;;  / ∨: : : ∨     / ̄\ `マ\: : : : : : : : : :\: : : :
             !: : : : : : :.             ;;;;  ´ノ: : : : : : V / / ̄ ̄ヽ、二二ニニ========
            !: : : : : :人     _  _,,   ;;;;イ.:/ iハ : : : : ∨ /          \: : : : : : : : : :
         八: : : : : : 个         ;;  ,.   i ´   ! }: : : 从 /               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           `\: : : :ヽ、 >、_   _ <   l   ノ  !イ: :/
                 >'ー─ゝ    i‐────‐!      ノ:/          「ごめんね、約束守れなかった」
                       _l三三二二二l‐ 、
                   >'´ !ニ/       ヽ
              _, - ‐ "/   /   x‐──── `i、         その後、自分の持つ命を燃やして機能を向上させる力を用いて
             //  /` ´ >"  ィ'´ イ ̄  ̄  ̄`\\        ”完全者に自分の命を捧げて、死亡した”











       八`¨¨¨¨¨´   r‐=ニニニニニニ/\
  r――――Ⅵ:,     ,   マニニニニニニ∧  \
.  \      Ⅵト、  , 、 マニニニニニ∧(___   \
    \.    }i| > . __/〉ニニニア¨´ニニニ\   、
   , ' \______}i|_//⌒{  ./ニニニニニニニニニニ∨ `、
.  , '  _ -ニニニ}   i{ ,/ニニニニニニニニニニニ∨  `、        そして、彼女は生き延びてしまった。
 /   {ニニニ- ⌒     〈ニニニニニニニニニニニニ∨   `、       友の命を託されて、流星の昇らない夜を迎えて
./    〉ニ‐ '"_/    i|  `寸ニニニニニニニニニニニ∨          戦場の屍の中で、息絶えた戦友に抱かれて目を覚まし、
′  /イ⌒ア´     l| | 〈` -=ニニニニニニニニニニ∨   ∨/     泣き叫んだ。
   ノ/ ∠ -==ミ    l| ∨ノ    ` -=ニニニニニニニニ∨   ∨/
  /"  i| ○   \    ∨       `フ¨‐=ニニニニニニ∨   ∨/
. /    l|     `、 `ー―r┘     /  ∧  ̄¨ ―==ニニア   ',
/    j{          .|       {  /∧       ∨    ′   どこにも流星はなかったのだ、屍の残る大地しかなかったのだ。
     〈 ○       ○ i|       {   ./∧       ∨     ',
     ノ             i|       {    /∧、      ∨
     〉             i|       {    /∧\__       ∨
    厂 ̄ ̄ア⌒マ¨¨¨  ―--   __,ノ     /∧          ∨
    _}____乂__ノ           i{       ./∧     _/^}
   厂     V/ ̄¨¨  ―--   __V        /∧/ ̄     ',
   /  ○    V   ○ Vハ     ∨/      ∧         ',
.  /           ′      Vハ      `、     /  }        ノ
 /                 i        `、    |', .}_  -― ヘ
./                     |         ∨/  |∧  厂     V
                      |        ∨/ ! ∧ i{      |
                      |.         ∨ | /∧ノ   rヘ、  V
                      |          ∨ !  {   {   \ `Y
                      |             Ⅵ  乂__ノ    ヽ_ノ

3974魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:56:55 ID:QszPGKps








                       _________
                        ./           ∧
                       /             ∧
                      /                .\
                     /                    \
                  ./          ./\          \
               /        ___∠__ヽ__       \
              /       ./_______\       \
             |     /  //  _____ .\\         |
             |    ./ // > ´≦ミ   ∨ !_≧`<\\.     |
             |    { / /.イ __     Ⅵ __  \ ∨ .     |
             |    ∧/ ./ ´z-ミ ヾ   | }ィ z ‐ミヽ、 Ⅷ 、}   .|
             Ⅶ  /{  l  {z≧土 z‐ミト、,レ_.土≦ヒ_ イ! 小    |
              Ⅶ// ∧ .{  " -‐ ´   レ / ` ‐- `゙ . /!  l|  /  その時流した涙から、もはや彼女は泣くことが出来なくなった。
               /.才  .∧ ハ ̄             .`7./!  | ト、 /   彼女は発狂したのだ。
            .//∨  / ヘⅥ、   ト-――――-イ  /.//l  .! ! 〈
           //  | .∧ ∧ヾ、  ∨ -――- ∨  /ィ./ .!  | | .∧          インターステラー
            /"     | {. \_∧. \  ` -――- ´  / ./_,/ . / 1 .∧___  それが星を追う者の誕生だった。
          ./ __.| l.   ∧  \    1≧     ィ´ ./ ./_ ≧三三ニ/
            \ニニ∨≧z.}    ∧>      イ ∨ ./ ./三三三三/\
            <. \三三三三≧x }   > _ イ三三{ィ/./三三三ニ/   \
        <      .\三三三三ニ1 _≧三<三ニ|./三三三ニ/       .\
     <   ___   <\三三三ニ>´ 三三   ≦\三三ニニ.{
 <   > ´    <     }三三 /  ≧/ ̄\   }三\三三ニ!
   > ´    <       _|三三{ ≧/´ ̄`}≦∧≦三三∧ヾ三 !
 /    <       > ´ |/ ∧./__  | Ⅵ ∧≧z_`≦ヘ \≧
    /      _>  -‐ 二≧" ̄     Ⅵ Ⅵ ∧、 \≧、/≧ ≦ニ≧
.  /       / -‐   /           Ⅵ Ⅵ ∧ \ \Ⅳ       ニ≧
/        //≦三三三三三≧z 、     Ⅵ  Ⅵ.∧  \ \≧x       Ⅵ≧
       ≦/三三三≧"´  /    ≧ 、   }    Ⅵ∧   \ \ヾ≧、    / 三
    ≦  /三三≧"´    /⊃       \___.Ⅵ∧   ⊂\ \ヾニ\  }ニ三                   インターステラー
 ≦  ./三≧"´     /三三≧zzx、_    .≦三≧三∧ .≦三\ \Ⅵ≧イニ三        【――テロリスト 星を追う者――】
     |≧"´三/≦三ニ./三三三三三三三≧zx、_  `゙≦.三∧.   ∨ニ\_}ニ三三三
       /三三三ニ//三三三三三三三三三三三≧z  ヾ、∧.   ∨ニ三三三三三
     ≦三三三/ 〈⊂二⊃                  ヾハ 二⊃三三三三三三
   z≦三三三./   ∨三三三三三三三≧zzzx          `゙<ニ三三三三三

3975魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:57:38 ID:QszPGKps








    【――バハムート――】






.      {.:〕iト           |::|\ ___ __   -=   ̄ ̄ /
      V.: .: .: .:.\   ____  |::|__                {
       V ⌒ \.: >i:i:i:i:i:iヘ_j/i:i:i〕iト _ __ ....--====ァ     |
              >Vi:i:i:i:/.: ./.: .: :>-<      {.: .:/     {
          、  /.:/乂i:/.: .:ゝ- ´.: .: .: .:\     ¨ア      乂
         \.:{.:'.:/⌒ .: .: .: .: ⌒\.: .: .}   /        ヽ
           ヽ{/ _):ハ.: .: .: .: _):ハ  V.:.ムイ               }
           {.: Vツ.: --- .:Vツ .: .:_{               /
           <i:i:i:i:}.: .: .:.  、_,___,  :. .: /i:i:i:\           /
         \i:j.:◇.:.〉 {   } 〈.:◇\i:i:i/  -=ニ  ̄ ̄ ヽ{
           人.: .:〈  ゝ '   〉.: .イ ¨  ̄
                ≧=-r─── r≦
                  }>--  ̄}
                 「  ̄-===-}                    オヤスミベイ ビィ。
                 「二ニニ=--{ ___
         . . . .  ̄ ̄ {__ ---==ァ__ . .〕iト
    。o≦ . . .   . . . └─==≦〔⌒ ̄. . . . . .〕iト
  ィi〔 . . . .       . . . ....      . . .      . . . 〕iト
. . . .       . . .. ...             . .... ...       ≧s。

3976 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:57:52 ID:XyjAyprA

どう足掻いても完全者さんは生き延びてしまう運命なのか……

3977 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:58:03 ID:/diqy2CN

平和になるまでゆっくり寝ててくれwww

3978魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:58:11 ID:QszPGKps





        封印解けるやつも解く理由もなく、今更蘇っても魔剣完成しないので出番なしです。



〕iト .,        ____
.: .: .: 〕iト .,  /i:i:i:i:i:i:\
   -=.: .: .: <i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:',
--- ァ‐─ミ、.: .:〕iト .,i:i:i:i:i:i:i',
.:./     \.: .: .: .: 〕iトi:i:i〉
/  _n_n__00  V.: .: .: .: .: .:〈
  └i_n┌'    v.: .: .:,ィ=ミ.:',
    く丿     .|.: .〃 ィ(,           「完全者なら出来たぞ?」
   __    |.: .{  トJ  }
  └‐┐ |    |:、.: .、 V   、
  ┌‐┘ |    |i:i:\.: ./    \
    ̄ ̄    |i:i:i:i:i:i>{ 、_,_ィ   .
   _n___,、00  |i:i:i/.: .:> { }    }
  └i n ト、_>   |/.: .: .: 、 ゝ'                          斗- ミ
    U U.     |.: .: .: .: .: .: .:. イ                   . ,>≦//////≧<、
    o     , ⌒¨¨¨^ヽ <                    斗  七'" ´  ` </////メ、
    o     /........   ⌒ ^\             -------ァ    /     `メ//////ヽ
    o     /..............      )、               , '´     ,'         ヾ////,ム
                                 〃      イ      、    ヾ////,ハ
                                ./    |  /、,{      ムヽ    ヾ///,ハ
                                /    :! /___`V    ,' ___ヽ.、   ∨//,ハ
                                '  '   i,ア'ァ‐‐ミ∨   ',〃ァ‐‐ミ∨   ∨///,
                               i イ{   {{ :{ fj } V  ,'j' { f:j }:}ト   }///,'ハ
                               i/i/f、  人 乂__ノ  ヽ,{  乂___ノ'’   /!////,}
                                 V{〉  ハi`    fァァァァv  ノ    〃j////リ
                       ころちゅ。     V  ,',八     !::::::::::::::::j  /イ´  ,イ/////,ア
                                 ,  !///ヽ, 斗ゝ---- '---,'  ,イ/////ア
                                 { ハ!///!f {{:::::::{{:{{::::{{::}}:::::,' //////ア
                                 ∨  `フ{| }}::::::j.}:{{::::j}::{{::::从'斗七´く==ミ、
                                    ,ア´ Vv::::{.{:}}::::{{::jj::ア´     V  `メ、_
                                   ,.イア 〃'`ー--一'"ノ〃    ,.ィ´メ、   )、_)
                                 ///{ /:::::::ヽ  ,..イ:::::::}ア}   ,.イ/////:.、  /
                                /////{ !:::::::::::::}ニ{::::::::::::::,'/! 〃////////,\'
                              ///////Vjr- '"   `ー-=イ/ハ !////////////:、
                             〃/////////リ , '    :.、  ハ//ヽ{//////////////:、
                            ,////////////'        //////\マ///////////ヽ

3979 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:58:11 ID:XyjAyprA

寝てろ、ビィくんwwww

3980 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:58:42 ID:/diqy2CN

大地復活したあたりで目覚ますかもしれんけど
まあそれは別の話よね

3982 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 21:59:08 ID:oopM1e1P

そのまま覚めない夢の中で眠っててくれw

3983魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 21:59:27 ID:QszPGKps






    【――マナボーラス様――】





                           -――-
                       /  '"⌒ ⌒  `ヽ、
                       /               \
                        /   /    l   ヽ     ゙、
                    /  /     /l   l  、     、
                    /   /   / / }   }  l    l
                   ,   , l   / /  ,  ハ   }     l
                    l   { l /{‐-{  /ノj ノ┼jノl  l   l
                     {{}  j从x'示ミト!     ィf气j  トl  l     英傑大戦においてはいはい人間ってしょうがないわねえ、
                        }ノ  ノヽ 弋゚丿     弋゚,ノハ l }  l     魔剣は今回余り活躍しなかったけどどうせすぐ出番あるわねー
                      // /\゙、      :.    /  lノ  八    世界はどうなるのかしらー♪
                  //  .::::::::人   _  _  ,    l } ト 、
                   {八 l:::::j>'"へ    ̄  ,xl   イ / )ノ }
                        ヽトj/ _/( > --<l) {{ / j/
                      「 /    {ト、 rノ: :ノ ト从  ̄>┐     って思ってたら魔剣破壊+宇宙追放で回収絶対不可能状態になり
                     r(~7   ∧ X: //    r「 (^く)
                    / )ニj    {  /  ノ    /ニ(^: ヽ\     「マジカヨ」 と思わず真顔になった。
                    { 〔ニl     l ∥/     /-(^ : : : }: :l
                    }: に{  -‐、l/~x    /ミ「: : : : : o: :!
                    /: └f´ : : : }| 〔: : : \/ ミ(: : : : : : l: : l     あとバハムートしっかり生きてますけどどうすんの?
                      {: : : :{: : : : : { .o l : : : : : : : :l : : : : : :l : :}
                       j: /: : :、: : : :} l {: : : : : : : :`l : : : : : o: :!
                        ,:/: : : :ヘ : : : い{ l: : : : : : : : :l ヽ : : : l: :{
                       /: : : : : :∧: : :ヘ o 、: : : : : : : 、: : : : : { : l
                  / : : : : : ノ: :ヽ: : } } }: : : : : : : ハ: : : : :o: :}
                   /: :/: :)※(: : : : :「 j j: : : : : : : : : :}: : : : :l : 、
                //: : : :)※( : : : : { { { : : : : : : : : :{: : : : : l: :ヘ
               /: : :-―/: :)※(:)※(l } }x: : : : : :)※l : : : : o: : ヘ
          _,,x~'": : : : :/: : : : :)※(''"⌒~^)※(:)※(※「 : : : : ト : : ヘ>-t__
       r~彡: : : : -―: : : : : : : : : : : : : : : : \: '": : : : : : : : ノ: : : : : :l ヘ: : ヘ: : : : : :⌒\~、
      rくノf⌒: : : : : : : (::ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l: : : : : : :l u: : :ヘ : : : : : : : └(ヽ__
   r-Fく r-J: : : : : : : : : : ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :j : : : : : ol  V: :ヘ : : : : : : : : : ) )┴、

3986 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 22:00:08 ID:7+a4G53t

こっちの時空のビィ君は割と幸せな方ではないだろうかw

3987 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 22:00:14 ID:2zbE+bJY

マナ様今どんな気持ち?
ねえどんな気持ち?

3988 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 22:00:25 ID:/diqy2CN

ビィくんちょっと起きてこいつだけ吹き飛ばしてくれね?(真顔)

3989 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 22:00:34 ID:b5dn9x4f

ビィ君はゆっくり寝ててええねん(ええねん)
あ、マナーラス様は観測者だけしててどうぞ

3990魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 22:00:38 ID:QszPGKps




    統一世界線のその後に関しては語ることはない。
    英雄の残骸たちの結末は語るものではない。



                                            だが一つ言えることはインターステラーに関しては
                                            歴史書において彼女の名はただのテロリストとして終わり
                                            ステラの暴走によって消滅したとされている。






                                 /     /
                                   /     厶
                               /     /
                                /     / =-           その正体が完全者ペルフェクティだったことは記されていない、
                             /     /.. ニニ=-        アーラシュとその四名の部下は全てが誇り高く、生きるために
                               /     /......、ニニニニ=-、     戦って死んだのだと歴史に刻まれている。
                             /     /..j! //>,∩ニ=-キ
                               /     /..7ぉ、<  }「゙!ニニ=-j!
                          /     /゙(,-vイ/─‐.},!,,!ニア⌒ヽ /
                            /     / >-=ニニ=-ァ=xv{    V ./
                         /     /. /三ニ=ァ7,ィ ア/ |_∧    V ./
                         /     /. /Y ヤ゙j^´   /イ.,イ .} ',. \ V ./
                           /     /.../  Vl -=ヤ-=彳゙! !/ ∧  \.V
                       /     /.   x-=ニニニニj r! |ニヤv \. \ヽ
                         /_    /.....l/ .!|-=ニニニニ!/ /ニ=-<ヽ_ .>-..ヽ\               xァ、    /)  ./)
                     __  _/ ,《   /.  / .λ!-=ニニニア /,{ニ./ /.}_}、〉:::::/77::::>,,ァ-=ニア.ヽ____.// V, -イ /_//)
                 /|  | Y/ / 》 /.   ' ,-/./}-==-=ニ./ ./ !ニ/7ニニ/:::::///::::/ニ/ : : : : /:::ア: : : : : : : ' ':::::::/  , ニ//)
              | l│  |:l/∨ 〃/.   ィイ/./:::!ニニニニニ! |ニ{ニニニ7::::::///:::/ニ/{: : : : :.{:::::{: : : : : : : : { {:::::/-、  /ニ /,イ
              l│|  |:'  〉/ /...... /ニ'./!:::キニニニ0ニ! jニマニニ!:::::::{/イ:::{ニλヤ: : : : ヤ::ヤ : : : : : : :キキ:::!  v ニニ=彳゙
      ̄-=ニ .---│! ゝ. /∧// /..  ゙̄マ7,λ:::ヤニニニニ! .!ニニマ^V::::|//!:::V> ゙ ゙̄\:ヤ::ヤ: : : : : : :.キキ::ゝ-─-==ニニ==--  _
  ---、     ´    l└‐ ヽ // /- 、    ヽ.ム::::::Vニニニニj,,,,,jニ=-/|::::::ヽ.>  ゙  __  -──====ニニニ====--  ̄__,  <   ヽ
  、_ノ          ∧  /   ̄`>─┐.  ムム::::::Vニニニ/.ニニ=-/ .!<    -=ニニ==-─ァ 、 ̄ ̄.\.   Y  !  ,ィ77777  -─=ニニニニニニ
            \ __.∨ |_... --|    | イ /ニム::::::Vニ0ニ/ニニ=-/.  ::::::::::';>...... ___ ./:} }ヽ、 \.\  ゝ- ´  ゝ-──<     / ̄ ̄ ̄ ̄
            ゚ / x==人 \____:|__|'//.ニニム::::::>-=ニニニニ〉  λ:::::::';::::::::::::::::::';::::::::::::::::j__,!:::::',  vVヽ\           `  --. ´
            〃/\/ \≧ : : >:、: : : >゙:::v-=ア⌒Y {-=ニニ!::::}ニニ{  ':::';::::::: ';::::::::::::::::::';::::::::::::::::::::';::::::';  ',.Vヽ::.\
            {{/\/\ /フ ´  ./  /:::::j!-=j!、O 人_!ニ=-^Y ̄ヽ--、_::';:::::::: ';:::::::::::::::: ';::::::::::::::::::::';::::::'; キ V:::ヽ:::\
        `¨¨´    `¨¨´  .//  /ニア<ニニニニニニヘ:::ヤ:::::::ヤ:::ヤ:::ヤ、:::::::: ';:::::::::::::::: ';:::::::::::::::::: ';:::::キ、キ. V:::::V:::::\
                      /イ  /:::/-=ニニニニニニ=-ム::ヤ:::::::ヤ:::ヤ:::ヤ::ヽ:::::::';:::::::::::::::: ';:::::::::::::::::::';::::::::::キ .キ:::::キ::キ:: キ
                       / / /:::/-=ニニニニニニニ=-ム:ヤ:::::::ヤ:::ヤ:::ヤ::::ヤ::::::';:::::::::::::::: ';:::::::::::::::::::';::::::: キ }:::::::}ヽ!ヽ::!

3991 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 22:01:17 ID:oopM1e1P

また魔剣創ろうにも絶望王が居ないと出来ないからなw

3992魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 22:01:48 ID:QszPGKps






            魔剣無き世界がこれからどうなるのか誰にもわからない。






                                      英雄の数は減り続けるかもしれないし、残った英雄の血族がどうなるのか誰にも分からない。








      英雄無き人の時代が夢みたものになるのか悪夢のものになるのか。






                                             必ず立ち塞がるエルフの英雄が勝利するのか誰にも分からない。




     残された竜王の存在がどうなるのかもわからない。
.




                  全ては未知の先に、ようやく訪れた平和の意味を探りながら歩き続けるしかないのだ。







.

3993 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 22:02:54 ID:zWq7Ixbt

そもそも餌になる古龍がもう寝てるビィ君しかいないからあそこまでの力蓄える術がねぇよw

3994魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 22:03:25 ID:QszPGKps





                         【全ては剪定事象の元に、夢の中にまどろむ物語】










               {ニニニニニニニニニニニニニニニニ\
                .∧ニニニニニニニニニニニニニニニニ \
             / ∧ニニニニニニニニニニニニニニニニニ\
              / .〉ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ>。._
                }「 ̄ ̄ ̄ ̄\ニニニニニニニニニニニニニニニ
                }|__: : : : : : : : \ニニニニニニニニニニニニニ
                [__  ̄  <: : : : \ニニニニニニニニニニニニ
                 /: : : : : :≧s。. ` <: :\ニニニニニニニニニニニ
                   /: : : : : : : : : : : : :>‐(○)┐、ニニニニニニニニニニ
               /: : : : : : : : : : : : : : .。si{≧s。.: :\ニニニニニニニニニ
              ./: : : : : : : : : : : .。< |       ≧s。.ニニニニニニニ
             /: : : : : : : : .。<     |       |  :≧s。.ニニニニニ
               /: : : : : .。si〔   ヽ  |       |       ≧s。.ニニ
           /: : .。si〔   ___,   |       |         「 ̄
            .。si〔_ノ  ィ匕 厂 ア  |       ∧        | /
           \ /    {_,/  ,/   「≧s。. _   /  \        ∨ /
           ┌          -=彡   }ニニニニニ≧s。.\__     ∨
           |                }ニニニニニニニニニニニ=-  ∨
                            }ニニニニニニニニニニニニニニ
              ∧                 }ニニニニニニニニニニニニニニ
           ./ ∧            ∧ニニニニニニニニニニニニニ/
             /   ヽ         / ‘ニニニニニニニニニニニニニ/
                ∧           ./   ‘ニニニニニニニニニニニニ/       【千年を戦い続ける彼女が見たうたかたの夢かもしれない】
              ./  、___   ,/   ∧ニニニニニニニニニニ /
             /   /}i∧  /   /__}ニニニニニニニニニニ./
            ./  /}: 〈 ̄ ̄:/  ./: :∠ -=≦ニニニニニニニア
           / //{: : :〉: : :/ /。s≦ニ_.。s≦ニニニニニニ<
          .// /: :√:\r /./ニ .。s≦ニニニニニニニニニニ\           ――FIN――
           /   {: :/  /: / .。<ニニニニニニ -‐============= ミ 、
.           √〈_:」_,/: 。<ニニニニ.。s≦ニニニニニニニニニニニニ\
             /: :/:/: : {ニニ/ニ.。s≦ニニニニニニニニニニニニニニニ
        .。s:ア´ : /: : : {ニ./ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     。s≦: /: : : : : : : : :{ニニニ/ニニニニニニニニニニニニニニニニニ

3995 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 22:03:44 ID:XyjAyprA

世界「魔剣がない。こんな気持ち初めて! もう何も怖くない!」

3997 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 22:06:06 ID:7+a4G53t

投下乙
魔剣が無くなった物語のその後はまた別の物語であるゆえ

3998 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 22:06:27 ID:9Yh2DjQh

乙でしたー

3999 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 22:06:30 ID:MOwjKh2j

乙ー

4000魔剣二次 統一飛誕:2017/06/16(金) 22:07:10 ID:QszPGKps


以上で本当に統一飛誕は終了です
本当に皆様方、エイワス様ありがとうございました。
魅了的な世界観に、輝ける英雄たち、そしてなによりも正史とAM世界に、リプレイ様方や
二次創作を投下いらっしゃる創作者様たちの面白さに出来上がりました。
完全に独自の世界線での中編になってしまいましたが少しでも楽しんでいただけたならば幸いです。

この二次創作スレではこれが本当に最後になりますが、とても楽しかったです。
泣きながら英雄たちの戦いを書いてました、優しい世界でも、救われないものたちがいて、それでものたうちながら
願うことをぶつけあう、魔剣世界たちの英雄らしさが出ていれば幸いです。
それではこれにて失礼します! ありがとうございました!



――本当は軍神勝利しても、魔剣ENDで抑止力たちの希望を、絶望の未来へステラGOで書きたかっただけだったんだけどなあ。


4001 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 22:07:47 ID:/diqy2CN

乙でした
あそこで終わったら最悪すぎるわぁwwwwww


4002 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 22:08:08 ID:inWGdAdK

乙でしたー
オイまて最後の一行ww

4003 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 22:08:24 ID:XyjAyprA

乙でした!
読み応えのある良い二次創作だった。……他にも書いていいのよ?(チラッ)

4004 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 22:08:41 ID:b5dn9x4f

お、畜生ゥ――!!
乙でしたー


4005 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 22:08:50 ID:gIc6w9Zi

おつー

4006 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 22:09:15 ID:KZFAne0r

完結乙でしたー!

4007 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 22:09:18 ID:1RppIcE1

最後の一行ェ……w
お疲れさまでしたー


4008 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 22:10:59 ID:oopM1e1P

乙でしたー
そして最後の行www確かにニーサンと爺さんが居ないとそうなってただろうけどさぁwwwwww

4009 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 22:11:23 ID:xvGceXWV

乙でしたー、泡沫の夢…

4010 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 22:11:24 ID:7+a4G53t

魔剣ダイスに魅入られてませんかねえw

4011 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 22:12:10 ID:UjeOVpvl


でもぶっちゃけ帝国とその国民以外にとっては言うほどやさしい世界じゃないよねって

4012 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 22:12:36 ID:3MkdX9gB

乙ー

4013 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 22:12:44 ID:htcsaDcV

乙です

4048エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/16(金) 22:54:16 ID:jem38+/e

かえってきたがくっそ疲れたので投下とかは明日やります(´・ω・`)

そして投下おつでした!七星国家以外の小国ネタは大変ありがたいです。コピー魔剣ネタは美味しいネ!
ゴレンジャイなのに七の自己主張激しいコントは草生える。
統一さんは設定と展開の補完ありがとう御座いました!平和という未知の世界に生きていく者達に幸あれ。
しかし糞エルフのラスボス具合がすごい。


4049 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 22:55:05 ID:qNay+oMq

なんであいつ味方面してんの? と言われても仕方ない
>糞エルフ


4050 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 22:55:16 ID:/diqy2CN

あいつどうあっても立ちはだかってくるだろうからなぁ

4051 :梱包済みのやる夫:2017/06/16(金) 22:56:04 ID:QszPGKps

エイワスさんおつかれさまですー

貴方(のダイス)が生んだ子よ! 責任取って!!ww>糞エルフ


4053エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/16(金) 22:59:08 ID:jem38+/e

糞エルフより強い英雄も、糞エルフより優れた英雄もいるけど、糞エルフより糞エルフしてる奴は多分いない。









一覧
関連記事

[タグ未指定]
[ 2017/06/19 20:00 ] New 最新追加スレ 魔剣物語 | TB(0) | CM(1)
> 優しい世界でも、救われないものたちがいて、それでものたうちながら願うことをぶつけあう、魔剣世界たちの英雄らしさが出ていれば幸いです。

統一さんはここがほんとよかった、対比が余計に際立つというか。とにかくお見事でした
[ 2017/06/19 21:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

8月!
相変わらずの酷暑な上に台風やらゲリラ豪雨やらの水害も相次いでおりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
学生なら夏休み、社会人もお盆休みでなんとか体力回復をしてくださいね。
え?帰省で結局疲れる?それなら、どうぞやるぽん!を癒しにしていただければ幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で6年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



FC2カウンター