やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです その223 やるぽん!

ビルド第7回 ナイトローグの正体が! おかげで、なんというか、スタークに比べて小物臭がしてきますね。。 そして物語の鍵になりそうな葛城博士、かなりのマッドっだったぽいですね。 ここからどう物語が進むのか注目です。

やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです その223

894百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2016/04/19(火) 21:20:04 ID:5T97r12I0


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)    俺たち席外そうか?
  |     ` ⌒´ノ                      ,.-‐;" ..::: _,,...、  ゙、
.  |       nl^l^l                    / ,.、_,.:-''"´  _゙、 ミ ゙、
.  ヽ      |   ノ                    ノ/  ..::_,,.-‐-、゙、  _ミ゙、
   ヽ    ヽ く                    i' ,l:-'l ト-tj''"´  ) f´.゙i、 ゙i
   /     ヽ \                   ゙i:k_゙'ィ' :ヽ ‐-'´,; i;: lゞ):!  i   そうですな
                               ゙iゝ .j _っ_  -、.!;::|' /  l   部屋を用意させましょう
                                ヾγ'´_____二ィ' l、.j'´゙;ミ i'
                                (_ソ'´、,.::-''    '..:  ゙、j'
                                 ヽ .: :.  /´ .::  冫、_
                                  !  _,,.:-''  .:  /::..:.:l  ̄
      _____                     ゙'T´::.  .: _,,..::'´:::..:::.:/;';';';'
    γ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、                   ,'i、 ::.,∠´ 、_   :/;';';';';';'
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  (::::::::::::::::人::::人::人:::人:::::::::::)
  \:/    _ノ   ヽ、_ \ノ
   |     (─)   (─)  |     ごめんなさいねぇ
   \ .u   (__人__)  /
   /      ` 二´   \




              . ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、`:..、
            /:.:./:.:.:.:./ -───へ:.:.:\
             ,:':.:.:.:./:.:.:.:./   -─── ミ:.:.:.:.ヽ
          /:.:.:.: ォ:.:.:.:.//:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:l:.ヽ:.:.゚,
            厶イ /:!:.:.:.:.:.:.:.:`X:/\:.:.:.:|..:ム斗:.:i:.:.:.「ヽ
          廴_/ ,:|:.:.:.:.:.|//  \ \:l´  }:.:.|:.:.:.| /    悪いけど私とおばちゃんは
        .イト ___ /:.|:.:.:.:.:.|/芹芯    イ芯ト/:.:/:.:.: 「     見届けさせてもらうわよ
        |' /:| |:. !:.:.:.:. l 込ツ    込ッ/:.:イ:.:.:.:.:|
        | |:.リ l:/|:.:.:.:.:.|"""   、  "厶:.:.l:.:.:.:.:i|
        レヘ/ /从:.:.:.:.:.ト       _, ィ' 〕iド:/:.:.リ
.           〃.イ  \:.:.:.>=…==ミヽ  ̄l/\イ
           .′   ィ/´      ー‐ 、)

896百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2016/04/19(火) 21:27:50 ID:5T97r12I0

      ____
    /      \
   / ヽ、   _ノ \
 /   (●)  (●)   \ n      何言ってるんだお
 |  U   (__人__)    l^l.| | /)    やる夫はキル子を守ろうと必死に頑張っているのに
 \    |i||||||i|   /| U レ'//)
γ⌒    ` ー'´    ノ    /           . : "´  ̄ ` : 、
..i  j         rニ     ノ             .,:::::::::::::::::::::::::::ヽ::、
..ヽ、 l           !ヽ、_,__/           //:::,::::::,:::::::、:::::::、::ヾ:.
                        .     l,f:::i| :::::|:::::::||::::: |i::::i:::i
                            |:|:::::|_:::::|:::::::||:::::_|::::::|::l   それで守りきれずに責任を感じていた
                            |:|:::::|   、   |_::::|::|   そうよね。
                            |:|:´:|゙:、_ ‐‐ _,.ィl:`::|::|
                            |:|::::|:::::/ ヽ//ヽ:::1::::|::|

897百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2016/04/19(火) 21:31:42 ID:5T97r12I0

              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             'ヽ:::::::::_ /レ//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::ヽ::::::::::::ハ
            ,.'  l:::::/V//::レ'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙、:::l ヽ._ ノ !、_ _/ |
            l   V  l| | ::::::::::::::::::::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::|::: ゝ、_ │    i|
            |/ハ ィVリ:レ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::|:::::::::::::\|r v'^ヽ|
            |:::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::: | :::::::::: |
            |:::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::| :::::::::: |
            |:::|:::::i ::::::::|::i_:::::::::|_::::::_::::::::::::::_|_:::::::::::::::::::_|:::::::::::::::::::|:::::::::::::|
            |:::|:::::l ::::::::ハ!rz示≧ミ       ,.z≦=ミ、i::::::::|!:::::: ilヽ:::::::::|   私ってさ
            |::ハ::::l ::::::::| f爪●川`     /f爪●川i!:::::::ll!::::::::|/ |::::::::|   自分を守る責任すら持てないの?
            |:| |::::| ::::: ハ 弋_夕        弋_夕 |::::::::|l::::::::| リ:::::::::|
            |:| |::::| ::::: ハ  ` ´            ` ´  |::::::::|l::::::::|/:::::::::::|   私の安全に対する全責任が
            ゝ ヽ:|::::::::ト i       i          |::::::::|i|:::::::||::::::::::::|   自分にあるみたいに言っているけどさ
              ゙|_:_:_||::::i      ヽ           |_::::_|i|_:_:|l|:::::::::::::|   私の戦う覚悟ってやる夫にはわからなかった?
               |:::::::::::ゝ                /:|::::::::::::|:::::::::::::::::|
               |::::::::::::|::::\     ー ―       ィ':::::|::::::::::::|:::::::::::::::::|
               |::::::::::::|::::::::::::::::、        ,. ' ト、__|::::::::::::|:::::::::::::::::|
               |::::::::::::|::::::::::::::::ィゝ . ___  ィ    |/ |::::::::::::|::::::::::::::::::!
               |::::::::::::|:::::::::::/; ;/ j::::::::::::::/    / /;!:::::::::::|::::::::::::::::::|
               |::::::::::::|:::::/; ;.//:::::::::::: ,     /  l'; |::::::::::::!:::::::::::::::::|
               |::::::::::::|/; ; ; ;| | :::::: /     /  /; ;|::::::::::::|、:::::::::::::::|

898百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2016/04/19(火) 21:44:13 ID:5T97r12I0

                                    ____ _
                                  /        `ヽ
                                 ヽ' u    /    ゜.
                              Σ ,' ,\,  ィ'⌒ヽ u   ゙.
                                /、{__ノ  乂__ノ      ゙Y
   そんなふうに受け取っていたのか?        {" (_人 __ノ       }
   そうじゃねーだろ                   _ \ |7^^^^^^V}     _ノ
   前衛としての責任ってあるんだお。      r '´__ヽ┐> 、_   ′≦´_
   それに今回はやる夫のミスが元だし     | --、〉ソ           ヽ
   やる夫の責任になるのは当然だお     ,゚、 ー_〉′
                            ,′ /  、i/
                           /   i   ,′
                           {     }  /!
                           ヽ__, ′ノ {


         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\
        .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
      |:::::|::::::|(●) (●)|::::|::|    ミスはどうしても起きるわ。
      |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `   一緒に責任を負うのが仲間でしょ
      |:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i `    私には責任を負う権利もないの?
      |:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|:::::|
       |:::::|:::::| ヽ. // ',:|:::::|
       |:i|:|:::::|   |┴─i:|:::::|
       |:||:|::,i'l  .|.__||,、i'|
       || |ッ',__|:┴─イヽ.

899百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2016/04/19(火) 21:47:51 ID:5T97r12I0

             , ':::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::ヽ
           /::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:ヽ
        /:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.'
        ,'.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::i
          !::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::|:.:::.:::|!:::.:::.:::.:::.:::.|
       l:.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::|.:::.:|l|::.:::.:||:.:::.:::.:::.:::.::.!
       |::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:!l::.:::.:::.:::.:::.:::|.::.::|」|:.::.::|!L:.__:」::.::.::.l
       |:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::._:|:|.::.:::.:::.l:::.::.|L:::」ー=ミ;   ハ|.:::.:l:.:!
       |::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:/ |]::.:::.:::.::|:.:::.|| { 。● i    {;;;!::.::l|:l   それに、勝手に私まで
          !.:::.:::.:::.:::.:::.:::..i /|:!::.:::.:::.:|::.:::l|l ゞー '゚   'V:.::l.|:!|   戦いを降りることにしていたけどさ…
          |::.:::.:::.:::.:::.::: 八ヽ.||.:::.:::.:::|.:::.:l||           ヽ川
         |.:::.:::.:::.:::.:::.,':.:::.\l|::.|::.:::.|!::.::||         r '´
        |::.:::.:::.:::.:::.:i::.:::.:::.:::|.:.!:::.:::|L::」|      ‐セ′
        |.:::.:::.:::.:::.:::|.:::.:::.:::.:|:.|:.:::.::||          /|
         !::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::: |.:|:::.:::.|  えニ_ー‐一1|:!
         ,':.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::./|:::!:.:::.::| /、 \``ヽ.:/ !|
      /:.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.://:ハ::.:::.:l'  \ ヽ  \|!

900百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2016/04/19(火) 21:50:32 ID:5T97r12I0


         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\
    /   ( ―) (―) ヽ      …そ、それは済まねー
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |      いつも一緒だったし、
    \     ` ⌒r'.二ヽ<      ほら、あの話もあるから一緒に来てくれるかと
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!             .  ' "´ ̄ ` : 、
                              /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、
                             /:::::,::::::,::::::::::::::::::、:::ヾ:::::.
                         .    l:,f::i:::|_:::|_:::::::::、:::::i|:::::i:::::|
                             |:::|::::|(●) |:::::::|::::::|:::::|:::::|
     確かに、そう思わせちゃったのは    ´ |::〈    |_::::::!:::::|:::::|:::::|
     私の責任かもしれないけど          iヽ‐  _,.|`:|::::|:::::|:::::|
                         .        |:::::7 l/'  ゙`1::::::|:::::|
                               |::::イ./  ,ィ  |:::::|:::::|
                               |::::i┴─ |   |:::::|::|i:|

901百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2016/04/19(火) 21:54:15 ID:5T97r12I0

          !::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::|:.:::.:::|!:::.:::.:::.:::.:::.|
       l:.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::|.:::.:|l|::.:::.:||:.:::.:::.:::.:::.::.!
       |::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:!l::.:::.:::.:::.:::.:::|.::.::|」|:.::.::|!L:.__:」::.::.::.l
       |:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::._:|:|.::.:::.:::.l:::.::.|L:::」  ̄´   ハl.:::.:l:.:!   雪華綺晶のやったこととか
       |::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:/ |]::.:::.:::.::|:.:::.||    _、   {;;;!::.::l|:l   これまでの様々な事件、
          !.:::.:::.:::.:::.:::.:::..i /|:!::.:::.:::.:|::.:::l|l ミ='"   'V:.::l.|:!|   自分たちの国の暗部を知ったわ。
          |::.:::.:::.:::.:::.::: 八ヽ.||.:::.:::.:::|.:::.:l||           ヽ川
         |.:::.:::.:::.:::.:::.,':.:::.\l|::.|::.:::.|!::.::||         r '´      それに対して私が怒ってないとでも思っている?
        |::.:::.:::.:::.:::.:i::.:::.:::.:::|.:.!:::.:::|L::」|      ‐セ′       それに立ち向かうために役立ちたいと
        |.:::.:::.:::.:::.:::|.:::.:::.:::.:|:.|:.:::.::||          /|        思っていないとでも?
         !::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::: |.:|:::.:::.|  えニ_ー‐一1|:!
         ,':.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::./|:::!:.:::.::| /、 \``ヽ.:/ !|





        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \     そんなことは言ってねーお
      |       |::::::|     |     そっちこそ決めつけんなお
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl

902百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2016/04/19(火) 21:58:22 ID:5T97r12I0

             , ':::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::ヽ
           /::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:ヽ
        /:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.'
        ,'.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::i
          !::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::|:.:::.:::|!:::.:::.:::.:::.:::.|
       l:.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::|.:::.:|l|::.:::.:||:.:::.:::.:::.:::.::.!
       |::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:!l::.:::.:::.:::.:::.:::|.::.::|」|:.::.::|!L:.__:」::.::.::.l
       |:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::._:|:|.::.:::.:::.l:::.::.|L:::」ー=ミ;:::::::::::ハ|.:::.:l:.:!
       |::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:/ |]::.:::.:::.::|:.:::.||::::{ 。● i:::::::::::{;;;!::.::l|:l
          !.:::.:::.:::.:::.:::.:::..i /|:!::.:::.:::.:|::.:::l|l::::ゞー '゚: : : : 'V:.::l.|:!|    それでも自分についてくると思ってたんだ。
          |::.:::.:::.:::.:::.::: 八ヽ.||.:::.:::.:::|.:::.:l||           ヽ川     大した自信ね
         |.:::.:::.:::.:::.:::.,':.:::.\l|::.|::.:::.|!::.::||         r '´
        |::.:::.:::.:::.:::.:i::.:::.:::.:::|.:.!:::.:::|L::」|      ‐セ′
        |.:::.:::.:::.:::.:::|.:::.:::.:::.:|:.|:.:::.::||          /|
         !::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::: |.:|:::.:::.|  えニ_ー‐一1|:!
         ,':.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::./|:::!:.:::.::| /、 \``ヽ.:/ !|
      /:.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.://:ハ::.:::.:l'  \ ヽ  \|!



        ____
      /     \
     / _ノ  ヽ__  .\
   / (○)!i!i(○)   \    いやその…
   |   (__人__)  u    |    あの時は高ぶっていて
   .\   )t-ツ     /
    /   ⌒´      \
    \_(__)      i\(__)
     |          |

903 :どこかの名無しさん:2016/04/19(火) 22:06:31 ID:6beXNQA60

キル子さん...なんたる眼力か...眼光鋭すぎっス

904百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2016/04/19(火) 22:20:24 ID:5T97r12I0

           /: : : : : : : : : :/.' : : : : : : : : : : : : : : : :
        ': :/ : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
          : /: : : : :ィ :./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
        |/ : : : /: : / : : :.i: :, : : / : : : /: : : : : : : : : :i
          |/: : : /: :./.: : : :.:i: i : : i: : : : :i : :/ : : i : : : :|
       /: : : :/: : /: : : : i :.: i.: :/{.: :/i: :i ://|: : j: : : !::!
       |: : : : l :./ : : : : : : :.:i::/7ハ/ノノj/:/_|:./ }: :/:i:|    おばさまも、ダルシムも
       !: : : / :/:.: : : : :.:i :..:i           j/」_j:/l/::|    文字通り死んでも事件に立ち向かう覚悟を持っている。
      ,: : :./: /ヽ: i : i : i i :.|.        {   'i i: :.:.:l    まあ、ハルヒも同様でしょうね。
       j: :/ : / i.:ヽ、: : : i i :.|          ′ ノ: :i: : : !
      ,"/: : :「:.:i.:/i_:_i!:_:_|!i:_i、    -ー  /: : |:.: :!    私だってそう。
     /: : : : /: : : :.i: i : i : :.!    、   ` .イ: : : : :.|:_:i!:」    やる夫、私の冒険をあなたに否定させはしない。
      j: : : : ,'─=ミ:|: : : j : :|    / : : {: i: : i: : : :!
     j: : : : ノ ̄ ̄´i: : : ii: : i    /: : ノノ八: :ii:: : :|
     i': : :./  |  |: : : ii: |:.!ヽ { \/ |: : |: : ||
     |: : /  /   |i|: : ii: : i\\:   \ !: ||i!: : |

905百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2016/04/19(火) 22:37:06 ID:5T97r12I0

           /: : : : : : : : : :/.' : : : : : : : : : : : : : : : :
        ': :/ : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
          : /: : : : :ィ :./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
        |/ : : : /: : / : : :.i: :, : : / : : : /: : : : : : : : : :i      あなたを支えたくて戦っていた。
          |/: : : /: :./.: : : :.:i: i : : i: : : : :i : :/ : : i : : : :|      でも、それだけじゃない。それだけじゃなくなった。
       /: : : :/: : /: : : : i :.: i.: :/{.: :/i: :i ://|: : j: : : !::!      他のみんなも同様に大事。みんなを守りたい。
       |: : : : l :./ : : : : : : :.:i::/7ハ/ノノj/:/_|:./ }: :/:i:|
       !: : : / :/:.: : : : :.:i :..:i   ii        j/」_j:/l/::|      あなたは私だけに一緒に来いって言ったわよね。
      ,: : :./: /ヽ: i : i : i i :.|.  ii      {   'i i: :.:.:l      それはおばさま、ハルヒ、ダルシムを
       j: :/ : / i.:ヽ、: : : i i :.|  ij       ′ ノ: :i: : : !      守ることを放棄しろって言ったのと同じよ。
      ,"/: : :「:.:i.:/i_:_i!:_:_|!i:_i、 ;!   -ー  /: : |:.: :!      そんなこともわからなくなったの?
     /: : : : /: : : :.i: i : i : :.!  。、   ` .イ: : : : :.|:_:i!:」      そして、あなたはそれでいいの?
      j: : : : ,'─=ミ:|: : : j : :|    / : : {: i: : i: : : :!
     j: : : : ノ ̄ ̄´i: : : ii: : i    /: : ノノ八: :ii:: : :|
     i': : :./  |  |: : : ii: |:.!ヽ { \/ |: : |: : ||
     |: : /  /   |i|: : ii: : i\\:   \ !: ||i!: : |

906百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2016/04/19(火) 22:46:09 ID:5T97r12I0


                                       .  ' "´ ̄ ` : 、
                                      /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、
                                     /:::::,::::::,::::::::::::::::::、:::ヾ:::::.
                                 .    l:,f::i:::|_:::|_:::::::::、:::::i|:::::i:::::|
あなたがサムライの力不足に悩んだように           |:::|::::|(●) |:::::::|::::::|:::::|:::::|
私もシュゲンジャの術のレパートリーに悩んでいる。     ´ |::〈    |_::::::!:::::|:::::|:::::|
                                      ´ iヽ‐  _,.|`:|::::|:::::|:::::|
                                 .        |:::::7 l/'  ゙`1::::::|:::::|
                                       |::::イ./  ,ィ  |:::::|:::::|
                                       |::::i┴─ |   |:::::|::|i:|




                                       .  ' "´ ̄ ` : 、
                                      /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、
                                     /:::::,::::::,::::::::::::::::::、:::ヾ:::::.
                                 .    l:,f::i:::|_:::|_:::::::::、:::::i|:::::i:::::',
              いや、ほんと悩んでいる        |:::|::::|(I I) ::|:::::::|::::::i:::::|:::::|
                                    ´ |::〈:::::::::::::|_::::::!:::::|:::::|:::::|
                                      ´ iヽ‐:::::::_,.|`:|::::|:::::|:::::|  ヒーローズフィースト…
                                 .        |:::::7 l/'  ゙`1::::::|:::::|  レイズデッド…
                                       |::::イ./  ,ィ  |:::::|:::::|  フリーダムムーブ…
                                       |::::i┴─ |   |:::::|::|i:|

            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \
      : |    (__人__)    |:   殺気を感じるお
        \   ` ⌒´   /
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /
         |         /

907 :どこかの名無しさん:2016/04/19(火) 22:52:57 ID:qjG8TyA60

www

910百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2016/04/19(火) 23:00:13 ID:5T97r12I0

          !::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::|:.:::.:::|!:::.:::.:::.:::.:::.|
       l:.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::|.:::.:|l|::.:::.:||:.:::.:::.:::.:::.::.!    でもね、結局は与えられたカードで勝負するしかない。
       |::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:!l::.:::.:::.:::.:::.:::|.::.::|」|:.::.::|!L:.__:」::.::.::.l     不平を言う暇があったら、今の手札でできることを
       |:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::._:|:|.::.:::.:::.l:::.::.|L:::」  ̄´   ハl.:::.:l:.:!    精一杯やったほうがよほどいい。
       |::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:/ |]::.:::.:::.::|:.:::.||    _、   {;;;!::.::l|:l
          !.:::.:::.:::.:::.:::.:::..i /|:!::.:::.:::.:|::.:::l|l ミ='"   'V:.::l.|:!|     必死になって、かろうじてだけど結果は出している。
          |::.:::.:::.:::.:::.::: 八ヽ.||.:::.:::.:::|.:::.:l||           ヽ川      やる夫、あなたは個人の武勇にこだわって見えてないみたいだけど
         |.:::.:::.:::.:::.:::.,':.:::.\l|::.|::.:::.|!::.::||         r '´       私たちは実績は上げているのよ。
        |::.:::.:::.:::.:::.:i::.:::.:::.:::|.:.!:::.:::|L::」|      ‐セ′
        |.:::.:::.:::.:::.:::|.:::.:::.:::.:|:.|:.:::.::||          /|          ミッション失敗して放棄したことがある?
         !::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::: |.:|:::.:::.|  えニ_ー‐一1|:!          なんだかんだ言って一つ一つの事件を解決はしているわよね。
         ,':.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::./|:::!:.:::.::| /、 \``ヽ.:/ !|          (しいていうなら、グインハーウィフの試練が失敗だけど
                                         アレは結局幻覚みたいなものだったし)

911百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2016/04/19(火) 23:10:30 ID:5T97r12I0

      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     'ヽ:::::::::_ /レ//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::ヽ::::::::::::ハ
    ,.'  l:::::/V//::レ'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙、:::l ヽ._ ノ !、_ _/ |    ひどい怪我をしたり
    l   V  l| | ::::::::::::::::::::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::|::: ゝ、_ │    i|    時には死人も出たり
    |/ハ ィVリ:レ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::|:::::::::::::\|r v'^ヽ|    心理的に潰れかけたり…
    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::: | :::::::::: |    満点とはとても言えないけど、私達は勝ち続けている。
    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::| :::::::::: |    少なくとも、私達が奪った命より
    |:::|:::::i ::::::::|::i_:::::::::|_::::::_::::::::::::::_|_:::::::::::::::::::_|:::::::::::::::::::|:::::::::::::|    私達のほうが勝っているのよ。
    |:::|:::::l ::::::::ハ!rz示≧ミ       ,.z≦=ミ、i::::::::|!:::::: ilヽ:::::::::|
    |::ハ::::l ::::::::| f爪●川`     /f爪●川i!:::::::ll!::::::::|/ |::::::::|
    |:| |::::| ::::: ハ 弋_夕        弋_夕 |::::::::|l::::::::| リ:::::::::|    それだけ苦しい戦い、
    |:| |::::| ::::: ハ  ` ´            ` ´  |::::::::|l::::::::|/:::::::::::|    再起不能にはならないように支えたのは私。
    ゝ ヽ:|::::::::ト i       i          |::::::::|i|:::::::||::::::::::::|    限られたカードで知恵を絞って、時には体を張って得た
      ゙|_:_:_||::::i      ヽ           |_::::_|i|_:_:|l|:::::::::::::|    実績は私の誇りでもあるわ。
       |:::::::::::ゝ                /:|::::::::::::|:::::::::::::::::|
       |::::::::::::|::::\     ー ―       ィ':::::|::::::::::::|:::::::::::::::::|    なんでやる夫に付き合って捨てなきゃならないの?
        |::::::::::::|::::::::::::::::、        ,. ' ト、__|::::::::::::|:::::::::::::::::|
        |::::::::::::|::::::::::::::::ィゝ . ___  ィ    |/ |::::::::::::|::::::::::::::::::!
       |::::::::::::|:::::::::::/; ;/ j::::::::::::::/    / /;!:::::::::::|::::::::::::::::::|
       |::::::::::::|:::::/; ;.//:::::::::::: ,     /  l'; |::::::::::::!:::::::::::::::::|
       |::::::::::::|/; ; ; ;| | :::::: /     /  /; ;|::::::::::::|、:::::::::::::::|

912百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2016/04/19(火) 23:16:13 ID:5T97r12I0

 .               /..::::::::::: /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | :::
             '.::::::::::::: ,'.::::l::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | ::::
            ,'::::::::::::::: l::::::l:::::l|:::::::::::::::::::l:::|:::::::::::::::: | ::::
               ,..:::::::::::::::: l:::::i|:::/l|::::::::::::::::::ll::l|:::::::::::::::: | ::::
              ,'.:::: l:::::::::: l:::::||::i l.|::::::::::::::::l.|:|.|::::::::::::::::: | ::::
            i::::: i:l::::::::: l::::∥∥l::::::::::::::::i.!:l l::::::::::::::::: l :::::    私があなたに告白したから?
            ./l::::: l:|::::::::: ! リ:l∥.l:::::::::::::::l.ll.l::::::::::::::::: l| :::::    自分の女は黙ってしたがって当然って考える
            l l::::::∥::::::::: ! i~癶必、::::::::::l リ.l|::::::::::::::::∥.::::::    亭主関白タイプだったっけ?
          l l::::::i l::::l:::::::l l|iミメ弋ノ `ー′! !!;;;;;;;;;;;;;;∥.::::::::
           l l::::::l l::::l:::::::l.リ乂廴汐i    , イ弋勿/.::::::::::::
          !、ノ l::::l::::::::l.l  ` -'       '´ l=刈刃 :::::::::::::
             `ソ:::::::l|             `込リ/.:::::::::/l:
              l::::::::::ハ,r'~`  、        /.//.::::::::::〃:
             /:::::::::l/       ` 、       '..::::::::::∥:::
            /.:::::::/           ヽ     '<::::::::/l:::::
                /.::::::/            ヽ     `フ.l::::::
           /.:::::/            `i _ ‐ ' ´ .l:::::::
              l::::::/                  l       l::::::::




         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //    い、いや、そんな…こと……
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

913百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2016/04/19(火) 23:19:12 ID:5T97r12I0

       _____
    γ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  γ:::::::::::人::::人::人:::人::::::::ヽ
 (:::::::::::/ ─    ─ \:::::::)
  \:/  (●)  (●)  \ノ    そういうタイプだったのかい?
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、____
  /    / r r─‐ミ:::::::::x===≧ュ __
  | ヽ,.イ   `l___ _/:::::::/:::::::l:::::::.、::::::ヽ」
         く  /:::::::/:!::_/_ヽ::::::l_:_:::::ト
         i::V::l:::::ィ::::l!:/ l`l:::/ Y::l:::::!
         |:::::::∨:l/:::代苡 ,|/ 苡j从リ
         |::::::Y⌒i::::|u.    ,  }:::|    俺の女とか言うタイプなのか
         |:::::::lゝ..|::::|、.   _   イ:::|
         j::::::/::::::|::::| >r一'::::!::::|
      .  /l:::/l从∧::ト.  i/ル1ノ:::リ                 ____
         レ' /:.:\ ヽ  `ト、 У                /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
         ,ィ'⌒:.:.:.:.:.ヽー─ヘ:.:.:.>z、             /( ○)}liil{(○)\  /   /
        / ∨∧:.:.:.:.:.:.、ニニ}:.:.:.:.:llハ           /    (__人__)   \/   /   /  )
      . /   ∨∧:.:.:.:.:∧  i:.:.:.:.:ll:.l i           |     |i|||||||i|     /  /  /  /     キル子、ちょっと待て
                                  \     |ェェェェ|     /   '` ´  /       それ言うのは反則だと思うお!
                                    r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
                                   /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
                                  /        -、      }        (  ̄¨´
                                 /           ヽ._       __  \
                                              `   --‐'´ `゙' 、_.)

914 :どこかの名無しさん:2016/04/19(火) 23:26:45 ID:k689ZuO20

逃げ出そうとした以上、それをいう権利はないぞw>販促

915百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2016/04/19(火) 23:29:26 ID:5T97r12I0

   :::ヽ                        /::::::::
  、::::::::\       ,...::::::ヽ':::::ヽ.        /::::::::::/
   ヽ::::::::::ヽ     /,:::::::,::::::::、::ヽヽ.     /::::::::::ノ/
  :::\、_::::::::\  /::/::::::/:::::::::::!::::::ヽ:〉ー‐:::::::::::::::::::::::´:::
  ::::::::::::::::::::::::::::>、/::::::/|::::::::::::|ヽ::,:ハ::::::::::::::ー-:::::、_::::::    まあ、他にも言いたいことは山のようにあるけど
  、__:::::_:::-‐'":::::/:::::7'○!i!i!i!i○ヽ::::::〉::::::::::::、:::::::::::::::ヽ、    大体の方向性はわかったでしょ
   /´:::::::::::::,:::::::::7::トイトェェェェェェェイ'"、::ヽ:::::::::::::\、::::::::::::    あとは察しなさい。
 /:::::::::::::::/:::::::::/::/:::::7ゞェェェェソ::::、:::ヽ:ヽ:::::::::::::::::ヾ、::::::    これ以上長くなるのもアレだし
 :::::::::::::://:::::,イ/:::/:::::/r'〈 ヽ/ /゙ー、ヽ:::ヽ::ヽ::::::::::::::ヾ、::
  ::::::://´::::::/::/:/::::,イ/  〉' /   ヽ:ヾ::ヽ:::ヽ::::::::::::::::`     あ、おばさま
   //:::::::://:/:/::/ j/ヽ,ィ≦≧‐-ェイ´ヽ:iヽヽ::ヽ::::::::::::::::      細かいところはあとで説教お願いします
  //:::::::://:::/::/::://  } ̄ ̄ ̄ ̄!  ヽヽヽヽ::::::::::::::       (舞台裏ででも)




        γ::::::::::::::母:::::::::::::ヽ、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
   ∩  (:::::::::/  ::\:::/::  \:::::::) ∩   任せなさいな
   l ヽ∩\/  (○)::::::::(○)  \ノ∩ノ j
   ヽ ノ  |      (__人__)    | ヽ ノ
    | ヽ \   `|!!il|!|´   /./ j
    \ ` ー`    ー‐'     ´‐´  /   ,,  、、 ,
  .    \              、、 ゛  __  ' ,
                     ,'   /^ ≡^\  丶
                    ;  /(@)≡(@ ) \  ;
                    ; /::⌒(__人__)⌒:::\ ;
                  ,'  | u  |r┬-|    u | _
                  ;  /´ ̄``゛)- .‐    /  '、,
                  ;  |   ̄ ̄        ̄)  、
                  ; |            | ̄ ̄    ;

916百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2016/04/19(火) 23:44:10 ID:5T97r12I0


              ...::::: ̄::::`::..、
                /:::::::::::::::::::::::::::::\      ただ、最後に幾つか
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ':::::::::::ハ::ハ::!::::::::::::::::::::::i     前にも言ったけど
           l::::::i::::'__iL_!i::::::::::ハ::::::::::j     私のために悲しんでくれるのはいいんだけどさ
           |::::_l::::|i.゚●,゙ ̄'≦zハ:::::jj     その為に他の人に当たり散らされては迷惑
           |:::{ i:::::!゙¨ ´  〈゚●r'lヽリ     私まで顰蹙買うわ。
           |:::::::!:::!    ' ゙¨〃:!
           j:::::::i:::ト、  ‐  ィ:::/::!       仲間が傷つき倒れたのを見たのが辛かったというなら
          /::::::::i:::! l! >´'ヽ.:/::::L__     あなたも取り乱したところを仲間に見せるのは
            /  ̄/::j! l!,/ /:/ /  ヽ    仲間につらい思いをさせることを自覚しなさい。
           ,イ  /::/ /  /:/ /     ゙!
       / j'、 ./i:::i! /  / {::::|/ . -‐ ヘ,′   やる大矢さん達の対応に問題はあったけど
        /  ′Y ///  ,′|:::/ ,/    ,    そもそも、声に出して騒いできっかけを作ったのは貴方自身。
        〉イ ヽ| j:::i,′ ./  /'´      ,′    好意で迎え入れてくれた人に対してアレはドン引き。
      /   ヽ `i|:i!|=≦=‐「_    /,′    年長者が説教臭いのはごく普通。
    ,′    ゙、_!,.ィ-‐≦ニ´  ̄` ̄ .,′     実績のある人の忠告を聞くのも度量のうち。
    ,ノ     、イ            /      上から目線が気に入らなかったとか理由にならない。
    ゙ヽェ=' ̄ _>、         _-ィ'       あなたもちゃんと謝りなさい。
   〈{,   _ィ ゝ、 ヽ、    _.-‐'´ |_」
     {/ ̄ /  ゙i、`ヽ、_≧-'"´  / | ,>
    |  /   | ヽ        ′ i! ゙i
    |  /   /|ヽ丶     /    i! ゙i      …あと、大事なことがもう一つ
    r| /   /`!       /    j |

917百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2016/04/19(火) 23:46:39 ID:5T97r12I0

                   _
               ,.:::::::`:::::::::`:ヽ.    _, - 、
          _   /:::::::::::、::::::::::::::::ヽ_,.‐'",r‐= ヽ.
        r "ヽ 、``/::::/:::::::::::i!:::::::i::::::::i:i  ,j´     ゙、
       /   ヾ、i:i::::|!::::::::::::」、:::::|::::::::|:|/        !
        !     |:|i:::||:,.≦´ (●)|::::::::i/        |
       ,'     |ハゝi(●     └r::イ.∨       |    告白取り下げるわ
      /     .〈' .|_:::ヽ   _   ,.イ::::| ∨       |
      |      .i   |:::::ト.、 _ _ .イ,/|:::::!  ∨ i'     |
        |      i   !::::!T/h  〃/.!::::|  .ヽ|      |
       .!       .|! i|:::i / .|| // | !:::|    .|      .!
       ∨      |! .j|:::j ! |//  /i !:::|゙!   |      !
      ∨     ,'j /j:/ | У ./   .|::::|!゙!   ト.   ∨             , -―ー- 、
        ヽ.    ハ/ i/ .| /  /   .|::::|、゙! ,ハヽ  ∨            /ノ  ヽ、_  ヽ て
         \  | / .:i .|/  /    |:::::|ヾ! | |:::|ヽ./            '==   ===   、 そ
          \ノ | ,:i',.ィ' ̄ ̄二二二`|:::::ト.、!l /::::!             ' =    ==   l
            |イ:! r'´ ̄ _.二二_|::::::|_‐_Y|::::|            {  〈_,ィ、_,ノ      }
            |7|、イ` ̄´      |:::::::| `ー!|:::::|            、.  レ'_,ノ     .. ノ
            ||::|| _,._f7(ニニニニニ7:::i::::|、_ | |::::::|             >        <、
              ||:::|<-'" `"     !:::|l:::|`ゞ .|::::::|            / ー―- .、   r 、 ヽ、
            ||:」:|         ` `ヽ | |::::::::|           `ー―- 、_ノ   l  \  \
            |::::::〉__-‐='"´ ̄ ̄``=‐-〈::::::::::|          ,'           l   ヽ _,ノ
                                         l          |
                                         弋           イ
                                          | /ー ―一、 |
                                          し       、_,!

918 :どこかの名無しさん:2016/04/19(火) 23:48:09 ID:qjG8TyA60

オワタ

921百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2016/04/19(火) 23:58:13 ID:5T97r12I0


         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\
        .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l   愛想つかしたとかそういうんじゃないから。
      |:::::|::::::|(●) (●)|::::|::|   今はそれどころじゃないし、一回冷静になろうってこと。
      |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `  あと、私と付き合うから戦いに参加するなんて理由で
      |:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i `    参戦されても迷惑だし。
      |:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|:::::|
       |:::::|:::::| ヽ. // ',:|:::::|     さっきも言ったけど、私は私の意志で戦いを選んだわ。
       |:i|:|:::::|   |┴─i:|:::::|     やる夫はやっぱり戦いを降りる?
       |:||:|::,i'l  .|.__||,、i'|     どうするかは自分で決めてほしいの。
       || |ッ',__|:┴─イヽ.     そのためにも一回白紙にしないとね
      | |:{ lェrl|     |ィ´
         ゝ  /|     |
          |V |    |
          |   |    |                   ____
          |__|___,|                  /⌒三 ⌒\
          {ーイ リrヘ、                /( ○)三(○)\   ヤ ヤッパリ…
          `ー'  .`ー"               /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                              |     |r┬-|     |
                              \      `ー'´     /

922百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2016/04/20(水) 00:02:29 ID:F6UzNXJQ0


                                               .  ' "´ ̄ ` : 、
   γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、                             /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           そういうことにしました    /:::::,::::::,::::::::::::::::::、:::ヾ:::::.
 γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ          すみません、おばさま.    l:,f::i:::|_:::|_:::::::::、:::::i|:::::i:::::|
 (:::::::::/   _ノ   ヽ_\:::::::)                          |:::|::::|(●) |:::::::|::::::|:::::|:::::|
 \:/     (●)  (●)\ノ                           ´ |::〈    |_::::::!:::::|:::::|:::::|
.   |       (__人__)   ,|                             ´ iヽ‐  _,.|`:|::::|:::::|:::::|
   \      `⌒´  / こちらこそ馬鹿息子が迷惑かけて   .        |:::::7 l/'  ゙`1::::::|:::::|
    /         ヽ  あ、私は当然今後も参戦するからね       |::::イ./  ,ィ  |:::::|:::::|
                                              |::::i┴─ |   |:::::|::|i:|


            -─‐-
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
         /:.:.:.:.:.:.:l/二二ヽヽ
         . ':.:.:.:/イ:.:{/:.:.:.:.:.:.:.:l|:.:ハ
          i:.:.:.:〈/」:.:.|トヘト、:.厶:.:.:.i
          |:.:.:.:.L(.|:.:.|' 以  ォi:.:.:.|    キル子、今後とも宜しく
          |:i:.:.l:.:.:.|:.:.|  、_  ル:.:.′
          |从ヘ:.:.:|:.:.l≧=ー< !イ
           /ヾド《  __{: :〈ヽ                   _-―――- 、._
        /⌒ヽ: : :∨ ヘ: :!ハ                 ,-"´          \
         {   \: :∨ }: |  \               /              ヽ
        ∨   {.\У ̄ ̄廴.ヘ             ./       ::::::::::::::::::::::::ヽ
           ヽ   >´    ノ  }             |      :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   ソウダオ
             \     .イ__.ノ             l       :::::::::::::::::::::::::::::::::;l    トウゼンダオ
            〈  ̄ ̄7:{ヾ:{{                ` 、        (__人_) .;/
           /≧==={:|=ヘ〉                 `ー,、_         /
             /: : : : : : |/: : :∧                 /  `''ー─‐─''"´\
          ′: : : : :i: : : : : :∧

923百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2016/04/20(水) 00:10:21 ID:F6UzNXJQ0

   γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    キル子ちゃんの事は
 γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ   嫁…いや娘同然に思っていたんだけどねぇ
 (:::::::::/   ⌒   ⌒\:::::::)                              .  ' "´ ̄ ` : 、
 \:/     (●)  (●)\ノ   やる夫と別れても                /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、
.   |     ⌒(__人__)⌒ ,|    私とは仲良くやってくれるかい?      /:::::,::::::,:::::::、:::::::、:::ヾ:::::.
   \      `⌒´  /                         .    l:,f::i|,:::::|_::::::||_:::::i|:::::i:::::|
    /         ヽ                             |:::|:::o゚>  <゚o|::::::|:::::|
                                            ´ |::::|  _、__  .|_:::::|:::::|
                                              ´ iヽ、{_ ヽ _,.|:`:::l:::::|
                              当然です、おばさま       |:::::|:::7 l/'  ゙1::::|:::::|
                                               |:::::|::イ./  ,ィ |:::::|:::::|
       ___ __
      ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
.. ./:.:.:/.:.:.:./ 二二二X:.:\
 /:.:.:.:./:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:ヽ
..′:.:.イ:.:.:.:.:. /  \:.:.:.:! X:.:.:.:マ:.:゚,
|:.:.:.く_j:.:.:.:.:.:.!⌒ ーヘ:.:.l/ハ:..:.:.l:.:.:i
l:.:.: /,:|:.:.:.:|:.:|      V_ /:.:V〕:.:.|
l:l:.〈/:.|:.:.:.:.Vー一   , "!:.:.|:.:.:l:|    ダルシムは席外していたか
lハ:.:.:.:.|:.:.:.:.:| ""     从:.:|:.:.:リ    団員なんだし残っていても良かったのに。
| }:.:.:.|:.:.:.込、   ⌒^ .イ:.:.:.:ハ/     まあ、後で意思確認は一応した方がいいのかな?
..,ハ:.∧:.:.:.:lV≧=‐- イ:.:l:.:.:/
..  /} ヽメ: \  /ト/!:イ .
.. /⌒ヾ:i:i: : : : : V⌒ヽ: : : i:i:ト.                   _-―――- 、._
..〃    \:i:i、: : V⌒!: : i:i:|!                ,-"´          \
..圦     ヽi:〕iト:ヽ  | : : i:リハ                /              ヽ
..}: :》     }\i: \Ⅵ : //   ゚,             ./       ::::::::::::::::::::::::ヽ
..廴}     \!  >…ミ:イ厶==、ヽ             |      :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  キル子は…
.. !       ∨      ヽ     }             l       :::::::::::::::::::::::::::::::::;l
                                 ` 、        (__人_) .;/
                                   `ー,、_         /
                                   /  `''ー─‐─''"´\

924百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2016/04/20(水) 00:11:50 ID:F6UzNXJQ0

        ___
       /_ノ  ヽ\
     / (○) (○) \
   / u   (__人__)   \   やっぱりサスケェの方が!
   |     |i!i!i!i!|   u  |
   \  u  |;;;;;;;;;|    /
    /    `⌒´    \                .  ' "´ ̄ ` : 、
   (<<<)        (>>>)              /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、
    |、 i、       ,i  /             /:::::,::::::,::::::::::::::::::、:::ヾ:::::.
    ヽ_/       ヽ__/          .    l:,f::i:::|_:::|_:::::::::、:::::i|:::::i:::::',
     |          |                |:::|::::|(I I) ::|:::::::|::::::i:::::|:::::|
                              ´ |::〈:::::::::::::|_::::::!:::::|:::::|:::::|    はぁ?
                                ´ iヽ‐:::::::_,.|`:|::::|:::::|:::::|
                           .        |:::::7 l/'  ゙`1::::::|:::::|
                                 |::::イ./  ,ィ  |:::::|:::::|
                                 |::::i┴─ |   |:::::|::|i:|

925百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2016/04/20(水) 00:18:05 ID:F6UzNXJQ0


折檻中

               (⌒;;从⌒  (⌒;;从⌒)
       バキ  (⌒;;从⌒从⌒从⌒⌒;;从⌒从 ドカ
          ∑⌒;;(´三(バキ´∪W⌒;;(アボーン´´ ;;)
         (´⌒;;(´三アボーン(´⌒;;(´⌒―⊂;;(´;;ドカ)
       ドカ∑´⌒つ;;(´三(´⌒;;(´⌒W;;( ;;;;;) バキ
      ..  (´⌒バキ;;(W´三(W´ドカ⌒;;(´バキ(´ ;;;;;)
    (´⌒;;∑(´三(´⌒;;(´⌒;;(スカ´;;;;;;;)



             ─…─ ミ
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
          ,:':.:.:.:./.:.:./二二二二ヾ.:.ヽ
         ./:.r─ォ:.:.イ:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゚,
         ':.〈__斤.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
       i:.:.:/}__|:.:.:.:.i:.:.:X  }ハ:.:.:.:..:.!:.:.i.:.:i
       |:./ ム..|:.:.:.:.|:./ `ー ヽ:.:.从:.:.!:. |
       l:{_/_.イ|:.:.:.:.N ===ァ   V= |:.:.|:.:.|    それ終わったら、いい加減本題に入りましょう
       |:.:.:.i:.(|:.:.:.:.|u.      、 |ヽ|:.:.|    みんなと合流して、エスパーダのこととか
       |:.:.:.l:.:.:|:.:.:.:.|       '  ハ. Ⅵ    情報共有しないと。
       |:.:.:.l:.从:.:.:.:l   r─-イ イ⌒  \   そのためにここに来たんだし。
       }:./ル:∧:.:.:トu ´ ̄ .イ:.:レヘ    ゚,
       レ   /  ゚,!  `7壬:.:.:!:./`寸}   ∨
         イ:\    ハ: :〕iト.   ヽ     ',
     .ィi〔: : : : : :\    |: : :i:i: \   V´
   イ====ミ: : : : : : :V´ ̄ :|: : :i:i: |: ヽ |   l
  /      ヾiト: : : : V´ ̄|: : :i:i: |  ハ |   |


やる夫も引きずられて他のメンバーの元へ
わだかまりがなくなったわけではないが、引き続き参戦することとなった。

926百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2016/04/20(水) 00:22:16 ID:F6UzNXJQ0

巻入れましたし、ちゃっちゃと終わらせるためにボケで〆たが、これで切りましょう。

流石に情報交換編はやりません。
ただ、各陣営の情報レベルを揃えたという設定ができれば十分です。
それぞれがどこまで知っているか
これが食い違ってますと後々めんどくさいですから。

次はジャイアンパーティーの予定ですが時期は未定。まだ出来てないし。
あいつらはうじうじとは無縁だからまあ心配ないだろ。
情報レベルもできない夫拷問して得た情報があるし。


928 :どこかの名無しさん:2016/04/20(水) 00:46:55 ID:o.K8u8qI0



929百万ガバス ◆XcrImxU9KU:2016/04/20(水) 00:54:36 ID:F6UzNXJQ0

それはそうと、シュゲンジャの微妙なリストを活かせる運用案なんだが
クレリックとウィザードのいるパーティーの第3の術師枠なら
手が足りない方面を柔軟に支援できていいのではないだろうか?
具体的にはやらない夫のところの5人目


え?バードでいい?


930 :どこかの名無しさん:2016/04/20(水) 00:56:09 ID:Q72mew/s0

乙乙

932 :どこかの名無しさん:2016/04/20(水) 07:50:54 ID:HDtkd5Rk0

>>929
おっつおっつ
やらない夫のパーティーは、どんな職業が5人目に入っても有効活用できそうですね

933 :どこかの名無しさん:2016/04/20(水) 11:02:50 ID:o8ZtI7as0


術のレパートリーに悩んでいるのところでいい感じに気が抜けたわw
次はジャイアン達か楽しみだわ

934 :どこかの名無しさん:2016/04/20(水) 14:46:10 ID:tXjtzqwo0


ガチ説教しつつ適度に笑いも忘れないのが上手いね、オチにワロタw

>>929
一回見てみたい気もする、いいポジションに収まりそう









一覧
関連記事
やらない夫のところなら~って結局あっちに余分を吸収する余裕があるってだけで何か特別なシナジーが起こるわけじゃないしな……
[ 2017/06/22 15:51 ] [ 編集 ]
必要な役割は足りてるし、普通に汎用性も高いから
誰を入れても純粋に戦力強化になって、邪魔にならんってだけよね
[ 2017/06/24 00:46 ] [ 編集 ]
・・・適度に笑い?
全く笑えないんだが
よく自分で作ってサイコロ振ってできたキャラを、ここまで一方的に貶められるなあ・・・
さすがに引くわ
[ 2017/07/02 22:47 ] [ 編集 ]
↑引いてどうぞ
[ 2017/09/25 19:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

<魔剣物語シリーズを楽しみにしている皆様へ>
一時的なものと思いますが、週末の投下量が増えており、1日でまとめるのがかなりきつくなっております。
申し訳ありませんが更新量を調節し、1週間分を1週間で消化するというスタンスに変更させていただきたいと思います。
ご了承くださいませ。。<(_ _)>

追記
予想以上に投下が多く、1週間スパンでは追いつけないかも……
出来る範囲でですが頑張りますのでノンビリ待っていただけると幸いです。
<(_ _)>


一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



FC2カウンター