魔剣物語AM二次創作 人造英雄量産化計画 やるぽん!

ビルド第11回 ついに龍我君が変身! やはり変身ヒーローには愛がないとダメですよね!w 次週からはベルトが2本になるのでしょうか?それとも戦兎君のおさがり? そして、捨てられた紗羽さんはどうなるのか?

魔剣物語AM二次創作 人造英雄量産化計画

4418 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 22:38:31 ID:c4hJySUS

待機勢はこれで全員はけたっぽい?
エイワス様ー、魔剣二次(三次)小説の次話が完成したのですが投稿してもよろしいでしょうか?


4419エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/27(火) 22:41:09 ID:LVRZdISW

ええよええよ。

4420 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 22:43:08 ID:c4hJySUS

では、お納めくだされ
ttps://novel.syosetu.org/124239/

あと、>>4072の作者さんありがとう。凄くイメージ通りのエックスさんだった!


4421 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 22:45:33 ID:wmiyuNQb

今日も盛況だなあ小説2本投下4本か

4422 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 22:46:31 ID:wpPqGgN+

うーん実に盛況

4423エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/27(火) 22:47:14 ID:LVRZdISW

読んだ読んだ。赤薔薇が割とほのぼの平和そうで大変よろしいですね!(AM世界から目を背ける)

4424 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 22:48:11 ID:Vzcwl81m

全ての悲劇の産みの親が何か言ってる……

4425 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 22:48:42 ID:wpPqGgN+

なんでや!ダイスを振り過ぎたのが原因だから…!!

4426 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 22:51:19 ID:R8ZS0CJ4

モーさんが教えてくれたこと
それはダイスは責任をもって振りましょうということ

4427 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 22:51:28 ID:tLZKx7SX

AM世界はもう眠らせてやらねばならぬ
鐘を鳴らす少女がいる
魔剣を取らなかった少年がいる


4429 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 22:52:59 ID:wpPqGgN+

>>4427
魔剣を作りしものが!
戦争が終わらなかった原因が!
三大魔王の分体がそして魔剣がある!!


4430エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/27(火) 22:53:42 ID:LVRZdISW

魔剣を鍛え上げた古の竜王もいるし、第二の魔王になったエルフの王もいるな!

4431 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 22:53:48 ID:R8ZS0CJ4

やはり廃棄すべきなのでは?

4434 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 22:56:42 ID:tLZKx7SX

>>4430
あかんラスボスチームや

4436 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 22:58:53 ID:CEmmxxVR

>>4430 ぼくがかんがえたさいきょうのパーティかな?

4437 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 22:58:56 ID:d/g1jqx1

今のところ他の方の投下予約は無さそうかな?
大丈夫そうなら投下してもよろしいですか?


4439 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 22:59:21 ID:wpPqGgN+

新たな投下だー!

4440 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 22:59:51 ID:sATDt62o

投下ラッシュが止まらんな! 実にベネ!

4441エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/27(火) 23:02:12 ID:LVRZdISW

投下どうぞー。

4442 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:02:45 ID:d/g1jqx1

ありがとうございます、それでは15レスほどお借りします

4443 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:03:11 ID:NnE9SP3L

とうからー

4444 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:03:38 ID:d/g1jqx1










                   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                   |   さて、進捗状況はどうなっているのかね、Dr.?
                    乂________________________ノ




















            ,.-'"´ ̄ ̄``ー 、
             ,r'´            ``ヽ、
           /     ,r'´      ̄``ー `ヽ、
        /     '゙                   ヽ
        ,'                     i
       ,'       '゙ ,、、,  `丶、        |
       ,!       ,ィ;:;:;:;:;ヽ、   ヽ  ,,、 '"´ !
       ! ,r'⌒ヽj  ``二ニヾ、;:;''ー,    ,,、、;;:;;ヾ!
       lイイ ヽ '  ヾ、ヽマニー';ー'゙イ   ,イ;:、-‐-イ
        .!  Y`  ,'     , '"´'.:::;゙  j,!カッ-、 イ     ――――――『人造英雄量産化計画』
         '、 ヾ!、  ;        .:::::;  ! ``  |                          エイユウ
        V、   `、       ,ィ:::;;;  l    !     この大陸で、今、最も必要とされる商品
        j  |  !    ,r   `ー=-'゙、    /
        ,!  ! !    ;゙ 、_ ____ ,,  ; イ      需要があるうちに供給するためにも早く軌道に乗せたいのだがね?
      ,r'´」  ! !      ``ー---'  r' /
    /j ヾ!、 `i `、     ヽ、___,   ,/
___/ 〈    ``'ー-、ゝ、         /i、
_ /   i  、       ``ー、    _ ノ ,」/ヽ
/     !  ``ヽ、        ̄ ̄─''"´  /、
       ト、     ̄``ー 、_        ,イヽ ``''ー 、
      | ヽ           ̄ ̄ ̄     /      \ー- 、

4445エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/27(火) 23:04:11 ID:LVRZdISW

(ハゲ!ハゲじゃないか!)

4446 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:04:33 ID:d/g1jqx1





                   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                   |   一つ訂正を
                    乂_________ノ




        |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
       l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
       |::r- 、__, -‐┐:::::::::::::::::::::|
       l:::| lR   lR( |::::::::::::::::::::::::!
       |└‐'" ̄`'ー┘:::::::::::::::::::::|          私が生み出そうとしているのは人造英雄などではない
        |-―――‐----- ..._:::::::|
       _| ‐- 三‐ ´ ̄ r  |  ̄└-z_        最強のパワーと最高の頭脳を兼ね備えた究極の生物です
      {_,....__ ‐ ‐  ̄ _) く__/^ヽ -‐ ''Z_
       {ソ_.ゝ{l kッ二 -'≡    l^ } -ニ  `ーz__   完成後、量産しようがどうしようがそちらの勝手ですが目的を履き違えないでいただきたい
       / 三.|≡ ミ三彡 三〃 ユ.ノ   ‐- ,,_∠_
_,.-‐へ、  ≧_,=Lr''-==≦‐‐-z._ rリ′"'' ,.-―- 、 乙                          γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
三二三ヽ シ   ,、,,、,___       ミ ‐ー /二ニ二\/                          |   ははは、それはすまない。 で、結局どうなんだね?
二 ニニミl  ヾ_/「    _>ー-'''Yヘ′-‐/三二二ニミヾ、                          乂________________________ノ
二二二ユ、___ _ `7 ̄       |┐____/三三二ニ二ミヾ、
ニニニ.二_/:::: ̄フミ.三=、,.. -==ヲ「::::::::ヽ三.二二二ニミヾ、   そうですな……まあ概ね順調と言っていいでしょう
二二三〃::::::::《     ̄ |  ̄   》::::::::::::\.二二二二二ヾ
ニ二三〃:::::::::::::\     ∥   /:::::::::::::::::::ヽ ‐-ニニニ二ノ

4447 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:04:42 ID:UiQNDxAS

あ、セブンスターズの面汚しさん!

4448 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:05:10 ID:wpPqGgN+

悪人同士の会話

4449 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:05:12 ID:d/g1jqx1





             _  ,  ,
       _ 。r‐、 //ノr'/ノ ,
      {i:i:i:i:i:i}{: i{ /´ / ‐'}!_
    //i:i:i:i:i:i}!ゝ‐-ゝ/r‐イ ミヽ
   //∥i:i:i:i:i:i}′     `}ム、 `ヽ
  {! / :'{i:i:i:i:i:i:i:{
  ヤ v{i:i:i:i:i:i:i:i                                     ヽ_、
   〉| 〉{i:i:i:i:i:i:i:i{ `    , ´,'ニニニニ=-ヽ             __          ノ -=\
 /ヽ'r {i:i:i:i:i:i:i:ム___ r, ,イr≦i:≧=-r‐≦ミ==z-‐=:=:=:=:=:=:=:=ム` <   ヽ/-=ニニニム      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 〉、 / :,{:i:i:i:i:i:i:i:i:i} ≧r:´{ {!ヽ_〉i_i_i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}}    トミ _ -=ニニニニ}}     |   人類
. {  }r ´ :マi:i:i:i:i:i:i:i}__}ヽト=≦}} \ノト='=i=i=i=i=i==‐≦:。i:_i_i_i:i:i:i マ   ∥ r‐--っ -=ニニニ}}     乂______ノ
. } /   ノマi:i:i:i:i:i:i:iノ_ノ   ):vと `<ト}ニニ=-≧=-、    `‐-==ミ_∧ {{  -=ニニニニニ∥
/\_z≦、:  マi:i:i:i:i:i:ト' )   ゝvr'  . .∨ニニニニ≧=‐‐‐ァ=r ´)-----≧。_ -=ニニニニ/
{ ∥  }リ   ヽi:i:i:i:iトvヽ: : . . .   : : : :}つニニ> ´  __/}>¨´:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≧: 、=‐ ¨´
.\∨ /'>、   \i:i:i:{_(}ヽ: : : : : : /: : : ヲ⌒/ r‐‐/ノ‐:i'i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i:i:i:i:i:i:i:i:へ
 /⌒{ i  }__ ./ `¨<{ }:、_: : イ-=≦:_イ/:/ヽi'≦>≦ニニニニニ{ / ̄: : ≧s。:i:i:i:i:i\
 \ N  / ∨../.    \}\_: ::jr≦イ: :/r/i:i:i/⌒¨<ニニニニニニ}': : : : : : : \=へi:i:i:i\‐=≦
   ヽ=≧!  :∨ミ    }!_ヽ/{{/  : :/.:{〈i:7     :}ニ=‐‐ ‐ ‐ ‐!: : : : : : : : : ヽ≦\i:i:i:∨i:i:i
   {  `へ _i :}! ∨ミ、   ィy'/r=‐: : ′:〉7      }=/: : : : : : : ::}r=:=≦、: : : : ::∨ ̄\i ∨i:i
    ≧=-ァ=≧、 }}ニ\/,ノ}/    /  :}{     、:∥{! : : : : : : : :{ニニニ=-\: : : : ヽ : : : ≧:=:
       ヽ≧=-=ニニ/_ /    .:/   /ム      :〈ニ{!: : : : : : : : : `:<ニ=- } ヽ: : : : :ヽ: : : : : :
         _ 。s≦:i:i:i:{ヽ/   ノ   _ノ:リム      :\、: : : : : : : : : : : :ヽ=- !  \: : : : : : : : : :
     , r≦i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}ノトミ   r≦。__ノ}ニム:: : : : : :  \: : : : : : : : : : : : \}!   :ヽ: : : : : : : :
    /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≧、_ノ≧=‐≦i:i/⌒\ニヽ: : : :    ヽ:: ::/:: : : : : : : : ::リ     :\: : : : : :
..  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/=-    \=ヽ      ∨ /: : : : : : : ∥      ≧==≦






                        ヽミヽ‐-、   //
         彡三三ミヽー===、 ̄`ヽミ、( i
        /彡三三三ミミ\彡'-≡ヽ \ヽ!  _,.-.、
       ∠彡彡三三三三ミミヽ--ヽミミミ‐!ハ 巛,ト、)  \    /´
        ヽミミミ三三三ミミヽ\ f´}ヽミミミ ,.、ヽ({{_)ソ、 i ト、   }i
.          \ミミミミミミミヽ\ヽlニ,!三ミ/‐' } \_))) |l ヽリ  _リ
          ミミミミミミミヽ\_ l  |ミミ/¨ ./川(巛)))、∨/ /´
      ‐、 ヽ三三三ミミミヽ  |‐iー iミ/ヽ / 川'ー---‐'⌒ヽ\_
        `¨ \ミミミミヽ\ f^ l }  /   /ミミミミミ∧彡三ミ入  ̄`ヽ
           〉ヽミミミミミミミミ}         !ミヽト、ィ/ V/ヽ/〃二ヽ  }!
      _,.ィ彡三ミヽミミミミ,.イ‐--、    !川 ート‐riとニフノミヽミミ、 ヽ     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     フノr‐'´ ̄ヽミヽミミミ// ̄ ̄ ヽ\--、__ '、                    |   吸血種
    // ,.ィニ二三三三lfL. -==-、}Y三三\ヽ                   乂_______ノ
        //,ニ三二ニ/ | i r'´ ̄ヽ !l--- ィ⌒ト-'
    __//__/  ./ /| }-‐… ‐-{.l__/〉ー{.ハ __ヽ_'  /川lii } 川  |l
 /'テノノノ'´// , ' ./   ! L‐---‐' }.! / lrー'  ヽ ー '/// liil彡'ハ、 }}
   /// /!' ,.' , '   ./| __¨゙ヽ.l ト、 \   `ー' //ノノ彡ミ、ミヽ l!
  // /ノ! / /   ,二レ´   `ヽ_} \ヽ `三二/彡彡'ノノ八ミミミハ
   //,ノ / /  ,.-─‐、 |       ',   ` ̄¨三ニil/彡彡彡'´三\ヽミハ
   jノf¨´ ,' .,'  /     i :       ∨´ ̄ ̄   _}〃彡'´ 三三三\ミミ}
       ; ;  /     i :        ',     /ィ彡'} /  ,. '" ゙ヽ ヽ!
      ; ; / :     i :         ハ ,. -─{巛《川'´ /      `)
.      i. ; /!   j-‐く ; ! `゙ヽ      l´     )リハミヽ\      /|
     i. i,' ∨´i   i l   |      i     (巛〈Vノハ >‐-- '"  i
      l l'  |  i    | l    i     /  ,.-‐‐r-\ミヽ{ l!  ,n、 //
...    l i  ! l   ', '.   ',   /-‐'"   `ー)ハ巛 j   !ニ}_,.イ\
.     l l    ! i     V ヽ  `¨ ´  ...,,___   ノノ/《{ ヽ_/¨l  i' \ヽ |
..    l !   ', ヽ-'⌒ヽ\ \         \_{巛〈 ノく_/ '¨ ト、.  〉} !





.              /
          //   /
         /. ,ィ. //        ,イ. ,..-‐ァ  ,|
            {_/ |V //}      / {/    '…‐/|‐-、
      __,//// マ、/.      〉   __,.>'´∨/ .|/| \
     く∠!   `ヽ ,〉〉    ∠, 「¨'`,_,、_/ /,/, \   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   __/  ,〈〉⌒〉ヽ   } }      八|               |   果ては竜種をベースにしたものまで
  ノ ,⊿-〈〉   (⌒ `ヽ{/.        }                乂_________________ノ
  `'、_,.-‐…‐-、ハ,}'´\辷‐-、.       y'゙´`゙''x、1| ||_ノ   }
            { \_(_ (O_\ \...   'ヘ'゙ー゙`^`,|.| |! } ,ル'
           ̄ ヽ、/\\_\  ∧   /jハノ_」_j _ _,..-‐
              \/  ̄ ,√ ̄√ ̄  ̄ ̄ ,// //,/
.      _,..-―-、   .\_,.>,ヨ、_ /_,.三ニ=// / ,/ /
.     /  ,>'´√√√厂 /    ̄    ,/ ,/ /  ,/ /
     {{__//  / ./ ./ ./  〃\_,..-―… /  / /  ,厶斗= ´
    / /_{__{__{__.{__.{  .{{\__,..-‐…/_ 厶斗= ´
   ,{/          /\_,.-―…{
.   {__/ ̄丁`ヽ、    /          |          ,..-‐≠
        }/  \/\_______.L___,..-‐≠  / /
      /     }X}◯ |         | |しししししし ハ
     //       {X{   |         | lJししししし./ .}
.      У       .}X}◯ |         | |jししししし/ ハ 〃
  i   ヽi

4450 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:05:13 ID:Vzcwl81m

ハゲだ! セブンスターズの面汚しだ!

4451 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:06:05 ID:d/g1jqx1




        |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
       l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
       |::r- 、__, -‐┐:::::::::::::::::::::|          どれも並の準英雄級程度が相手ならば複数相手取っても互角以上に戦えるでしょう
       l:::| lR   lR( |::::::::::::::::::::::::!
       |└‐'" ̄`'ー┘:::::::::::::::::::::|          学習能力も秀才ないし天才と言える水準には達しています
        |-―――‐----- ..._:::::::|
       _| ‐- 三‐ ´ ̄ r  |  ̄└-z_        欠点としては、その能力の高さゆえか他者を下に見る傾向があり反抗的な態度をとることが
      {_,....__ ‐ ‐  ̄ _) く__/^ヽ -‐ ''Z_
       {ソ_.ゝ{l kッ二 -'≡    l^ } -ニ  `ーz__                          γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       / 三.|≡ ミ三彡 三〃 ユ.ノ   ‐- ,,_∠_                           |   対策は?反乱など起こされては堪ったものではないぞ
_,.-‐へ、  ≧_,=Lr''-==≦‐‐-z._ rリ′"'' ,.-―- 、 乙                        乂_________________________ノ
三二三ヽ シ   ,、,,、,___       ミ ‐ー /二ニ二\/
二 ニニミl  ヾ_/「    _>ー-'''Yヘ′-‐/三二二ニミヾ、     命令には従うよう調整済みです
二二二ユ、___ _ `7 ̄       |┐____/三三二ニ二ミヾ、
ニニニ.二_/:::: ̄フミ.三=、,.. -==ヲ「::::::::ヽ三.二二二ニミヾ、   また自爆術式を心臓および頭部に刻んであるのでいざとなればそれを起動してください
二二三〃::::::::《     ̄ |  ̄   》::::::::::::\.二二二二二ヾ
ニ二三〃:::::::::::::\     ∥   /:::::::::::::::::::ヽ ‐-ニニニ二ノ





                       ,、          ,、
                        / ヽ、 _,..........、  ノ ,
                      l    /    ヽ ´   l
                       N     ! -――- l    レ!
                       |   | _二二_ |    |
                     l    l〈ー' --〉!     !         それでも不安ならば次の試作品16号は反抗できぬよう完全機械式にしましょう
                     rヽ トi、ヽ l  / ,ィ! r ,y'                                      レ プ リ ロ イ ド
                          い いl_                    私の研究テーマからは外れますが……そう、『疑似生命体』とでも言うべきもの
                      ヽL! `┐  、                            ・ .・ .・ .・ .・ .・
                         ヽ_ゝ、 ̄_,. イ_,ヘ、 _...  -‐ ¬ T丶 、   生物同様、進化の可能性を秘めた機械というのも面白い
                        ,.-‐ ''"二 ̄-‐'``丶、Y | _,. _-‐ァ  ||「`丶,ヽ
                  ,. 、ィニ   /  , )⌒ヽ、  | |〃ト-'r′ |||  |L._
               ,ィ7´)  } !|/     !     }i  | | /'ニ'-イ ノ ノ j   || ``丶、
                  | |{   //      ヽ、   ノl  | |___,// ノ}   / ノ      `ヽ、
                    | | ヽ-‐シ    _   `=´ '  └‐---一'´,.ィ_ノ // `ヽ、 .._    `ヽ、
               ヽヽ、「   r'´ ̄--、ヽ、      `ニT:::: ̄::::::::|=='-‐      `丶`'‐- .._   ヽ、
                `'=ヽ、 K´-_.二ゝヽヽ、     `フ|::::::::::::::::::l             `丶、`` ‐- .._ヽ、
                    |`Y´:::::::::::::::::::``'`ヽ,  __/| ハ:::_;: -='^ヽ、                `ヽ、   ``' ``'‐_..__
                     , イ::::|::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄     !| 〕‐'´    ヽ                `ヽ        ̄
                   / `ヾ|_;:: -―- :::;_/        !レ′        ヽ                `ヽ、
                  /     /iFニ- ̄「厂`` ヽ     /           ヽ                  ヽ、
              /      ! |ヒニ_二/      ヽ     !             ヽ                        \
             rl       j   ̄         ヽ   l        _   !                        \
               ,ハヽ     [ヽ         ,.-‐,二_ヽ   ! ,. - '"´ ̄「   `ヽ                      ヽ
             l  ヽ\,__」:ヽヽ、  /r:'´::::::::::::ヽ  ,レ         l ___   !                 ヽ、    ヽ
            ト、  ` ー-┤:::::```ー〈/:::::::::::::::::::::::::', ! ,. --- 、  ヽ ̄``ト、!                  ヽヽ、   ヽ
               / ヽ、     |:::::::::::::::::::::i、::::::::::::::::::::::::', (__r'´ ̄`ヽヽ ヽ   !|                     ヽ \   ヽ
            { ∧   ZT‐┤:::::::::::::::::::| ';::::::::::::::::::::::::/ヽ、/ -、    ーヽ ', l /                      ヽ  ヽ ヽ
              _∠、ヽ-、_}〉く|:::::::::::::::::::::! ';:::::::::::::::::::::i   ヽ (ヽ     ヽ'、V/ |                       ',   ヽ ',
         ,∠⌒ヽ〉く__j/  ヽ::::::::::::::::::l  '、::::::::::::::::|     ヽ| !    _ ヽノ /                       ',   ヽ ',
   ..:::::::::::::::: ヘ。ヽ /  /   ヽ、:::::::::::l    ヽ:::::::::::;|       ヽ、`',二-‐-‐'"ヽ   i、           

4452 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:06:06 ID:nY5geW6M

ハゲ!!!

4453 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:06:06 ID:ZC5Bs2i2

毛根と同じく慎みのないハゲ!

4455 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:07:20 ID:Vzcwl81m

流石だぞ、ハゲ!
ろくなことしてないぞ、ハゲ!


4456 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:07:22 ID:d/g1jqx1




               ,.---- 、,,
              ,r'"´ー‐-、   \
            /            ヽ
           j            !
           rーz、 ,'、__,,,、、、`,  _,j
           };tァヲ ゞrtァ‐-''゙  レ^!
           〈``´j      ヽ イ !      ふむ……まあその辺りはDr.にお任せしよう、結果さえ出してくれれば構わん
               i  ,!__ ,;、    ノ、_ソ
             | / ー-、_, !  / /^i      それでは研究に戻ってくれ
            ト、 ``''  ′ ' ,イ  ト、
          /.:.!ゝ---‐''''"´ _/〈:.\                ああ、では失礼する>
      _,、-‐'7:::::::::ト、 `二ニニ二´  ,イl::::.:.\、、_                ガチャッ  キィ… バタン
  ,,、-‐''"´.:.::::::/:::::::::::| \_ __ ,.'´ /!.:::::::::::ヽ::.:.``''ー- 、
 .:.:.:.::::::::::::::::::/:::::::::::::::!     _ _/ !:::::::::::::::l::::::::::::::::::::
 .:.::::::::::::::::::::::\:::::::::::::ト、         l:::::::::::/:::::::::::::::::::::
 .:.::::::::::::::::::::::::::::\:::::::| \       / |:::::/::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::「´::::::::::!   ヽ     / l:::::`i::::::::::::::::::::::::::::







                !       i
            ,L. __    /'
            Y´ ̄二 /〉
             |       /!
            |    ./ 」!
                l       !l
               |        |ム
             │     | ∧
                 !      |'/∧
                 |        ! /L_
                |        l / ̄〉
               |       |  /∧
              |     /`i ′,∧
             |L... _     │ /'/∧.
                  「 ̄ `   /  ′/ ∧.
               |..__ , /〕、   _」.
             / ̄ `   ̄|    ̄ ,〉
                ∠.. _     /!-‐=ニ />..
          ∠ ̄   ̄二ニ、 厶-、 , '/ 〉
       r‐=≦ ̄ `      ∨   //`ー'´
       iL.. ____r‐=iニニ」二ニ´/'
       `  ̄ ̄ ̄ ̄ ´  ` ̄  ̄ ̄´

       i !         _   i !         _   i !
      二 二~i   {}{}//  二 二~i   {}{}//  二 二~i  {}{}//
.       |_| |_|.     //    |_| |_|      //    |_| |_|     //
                "              "            "











            ,. -─…一‥-.、
          ,.‐'´  ゞ彡      `ヽ、
        /             :::::ヽ
       /               :::::::::゙i
       /       | !        :::::::::|
      ,' /     イl | liト、   :::`、::::::::|
      i {:〃j ノイ ノハi l ゙i llヽiハ::::ヽ::ヽ::::i:::|
      {:::V/ノ/、ノ,_/  i '__i.、-゙i.ー`ヽ::::iゞ:ヽリ|
      `、W 'ヶtァョ`'i  ' ´ヶtァラ:::::ヽlレ^リノ:::|      ……計画は順調のようですね
       }、{f!    ¦       ::|:|'〉::レ::::l
       |八{     l       /::レ ノ:::::::|      では、この後も予定通りに?
        |l::::::ヽ    、v     .:イ::トー´::::i:::i:|
         !:!::::l:::ヽ  -ー … '  .::::::/!::::|:::::|:::|i
       |::l::::|::|::lヽ  ¨  ̄   :/:::|i:::|:::::|:::|j
       ヽ{:::|::|::l::i`、     //:::::リ::jノ:,'jノi'
        `|::|l::l」 ヽ__/:::/_,.. ヘ〃ノ
          >//`'ー、,_ _,..-'"´  〉\,,_
       __/ /  /⌒ヽ     / ,'  i `''ー-、,__
  _,..-ー''"´/ /  /ヽ  ∧   / /   |     `''ー-、,





            ,.-'"´ ̄ ̄``ー 、
             ,r'´            ``ヽ、
           /     ,r'´      ̄``ー `ヽ、
        /     '゙                   ヽ
        ,'                     i
       ,'       '゙ ,、、,  `丶、        |
       ,!       ,ィ;:;:;:;:;ヽ、   ヽ  ,,、 '"´ !
       ! ,r'⌒ヽj  ``二ニヾ、;:;''ー,    ,,、、;;:;;ヾ!
       lイイ ヽ '  ヾ、ヽマニー';ー'゙イ   ,イ;:、-‐-イ
        .!  Y`  ,'     , '"´'.:::;゙  j,!カッ-、 イ     ああ、変更はない
         '、 ヾ!、  ;        .:::::;  ! ``  |
        V、   `、       ,ィ:::;;;  l    !
        j  |  !    ,r   `ー=-'゙、    /
        ,!  ! !    ;゙ 、_ ____ ,,  ; イ
      ,r'´」  ! !      ``ー---'  r' /
    /j ヾ!、 `i `、     ヽ、___,   ,/
___/ 〈    ``'ー-、ゝ、         /i、
_ /   i  、       ``ー、    _ ノ ,」/ヽ
/     !  ``ヽ、        ̄ ̄─''"´  /、
       ト、     ̄``ー 、_        ,イヽ ``''ー 、
      | ヽ           ̄ ̄ ̄     /      \ー- 、














                   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                   |   戦力が整い次第、紅玉より魔剣を簒奪する
                    乂________________________ノ











.

4457 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:07:39 ID:sATDt62o

うーんこの

4458 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:08:01 ID:XkJfOm2v

やはり廃棄するべkされてた

4459 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:08:11 ID:7iNLnBfd

実際、ドクター吐瀉物有能よな

4460 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:08:23 ID:NnE9SP3L

駄肉「はぁーーーーー(クソデカため息

4461 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:08:23 ID:d/g1jqx1


               ,.---- 、,,
              ,r'"´ー‐-、   \
            /            ヽ
           j            !
           rーz、 ,'、__,,,、、、`,  _,j
           };tァヲ ゞrtァ‐-''゙  レ^!      我が国の軍事力では魔剣の簒奪など不可能
           〈``´j      ヽ イ !
               i  ,!__ ,;、    ノ、_ソ      かといって英雄、準英雄クラスの傭兵や冒険者を大量に雇えば確実に赤薔薇に察知される
             | / ー-、_, !  / /^i
            ト、 ``''  ′ ' ,イ  ト、      ――――ならば他所から集めるのではなく自力で生み出せばよい
          /.:.!ゝ---‐''''"´ _/〈:.\
      _,、-‐'7:::::::::ト、 `二ニニ二´  ,イl::::.:.\、、_              それだけの話だ
  ,,、-‐''"´.:.::::::/:::::::::::| \_ __ ,.'´ /!.:::::::::::ヽ::.:.``''ー- 、
 .:.:.:.::::::::::::::::::/:::::::::::::::!     _ _/ !:::::::::::::::l::::::::::::::::::::
 .:.::::::::::::::::::::::\:::::::::::::ト、         l:::::::::::/:::::::::::::::::::::
 .:.::::::::::::::::::::::::::::\:::::::| \       / |:::::/::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::「´::::::::::!   ヽ     / l:::::`i::::::::::::::::::::::::::::







            ,. -─…一‥-.、
          ,.‐'´  ゞ彡      `ヽ、
        /             :::::ヽ
       /               :::::::::゙i
       /       | !        :::::::::|             γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
      ,' /     イl | liト、   :::`、::::::::|            |   どうした、ケッセルリンク? 何か言いたそうだな
      i {:〃j ノイ ノハi l ゙i llヽiハ::::ヽ::ヽ::::i:::|            乂_______________________ノ
      {:::V/ノ/、ノ,_/  i '__i.、-゙i.ー`ヽ::::iゞ:ヽリ|
      `、W 'ヶtァョ`'i  ' ´ヶtァラ:::::ヽlレ^リノ:::|    いえ……正直なところ少々意外だったもので
       }、{f!    ¦       ::|:|'〉::レ::::l
       |八{     l       /::レ ノ:::::::|    貴方が魔剣などという危険物を欲しがるとは
        |l::::::ヽ    、v     .:イ::トー´::::i:::i:|
         !:!::::l:::ヽ  -ー … '  .::::::/!::::|:::::|:::|i             γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       |::l::::|::|::lヽ  ¨  ̄   :/:::|i:::|:::::|:::|j            |   ははは、なにを言うかと思えば
       ヽ{:::|::|::l::i`、     //:::::リ::jノ:,'jノi'             乂________________ノ
        `|::|l::l」 ヽ__/:::/_,.. ヘ〃ノ
          >//`'ー、,_ _,..-'"´  〉\,,_
       __/ /  /⌒ヽ     / ,'  i `''ー-、,__
  _,..-ー''"´/ /  /ヽ  ∧   / /   |     `''ー-、,












                   γ  ̄ ̄ ̄  ・ .・ .・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                   |   私は魔剣などどうでもいい
                    乂_________________ノ







.

4462 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:08:28 ID:Vzcwl81m

初のハゲの会話シーンだというのに
なぜか安定のハゲ感ある……


4463 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:09:21 ID:wpPqGgN+

どうでもいいならほっておけよ!

4464 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:09:26 ID:R8ZS0CJ4

ほう?

4465 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:09:27 ID:tLZKx7SX

堪らないクソ野郎臭が堪りませんなあ

4467 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:09:30 ID:d/g1jqx1



      _ __ _
   ,. .:.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
 l.:l.:l.:.:./:;ノノハ:.トト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
 l.:l::l:::/;ノノノハ:.トトト、.:.ミミヽ:::::!
. V::l/ノ心ソ,,  ト>≦トトミミミ::l::|
  V1. く・ン` ゙で・ >  ゙ミハl::|       ……は?
  ハ    i ;:. `~   ,:リソ:l::|
  ノ:::ハ   〈_;::..,  uイ1ノ:::::l::|       そ、それはどういう……
 〈::/:::ハ  r=== 、  /:ハ:ハ:ノノ__ _
─-V:::::ハ  `ニニ´ / ハ`ヽ       ̄`¨`ヽ
  i    iト、__,,/ / l  ',         ',
  l    | `ヽ、  /  !   !       i   ',
  |.   |   /⌒ヽ  /',   !        ,:   i
  |:   ト、/`ヽ__ハ/  L/       ,′  !
   !   ト、   /.:i:.!   /! ``ヽ    V    ハ
   \/i ヽ/.::::l::|  / l   l     i     〉
 .:レ'´  |   \:リ/   |  .!     レ′  ハ





            ,.-'"´ ̄ ̄``ー 、
             ,r'´            ``ヽ、
           /     ,r'´      ̄``ー `ヽ、
        /     '゙                   ヽ
        ,'                     i
       ,'       '゙ ,、、,  `丶、        |
       ,!       ,ィ;:;:;:;:;ヽ、   ヽ  ,,、 '"´ !
       ! ,r'⌒ヽj  ``二ニヾ、;:;''ー,    ,,、、;;:;;ヾ!     言葉通りの意味だとも
       lイイ ヽ '  ヾ、ヽマニー';ー'゙イ   ,イ;:、-‐-イ
        .!  Y`  ,'     , '"´'.:::;゙  j,!カッ-、 イ      魔剣?
         '、 ヾ!、  ;        .:::::;  ! ``  |
        V、   `、       ,ィ:::;;;  l    !      あんなモノ、有れば有ったで使い道はあるが無ければ無いで別に構わんさ
        j  |  !    ,r   `ー=-'゙、    /
        ,!  ! !    ;゙ 、_ ____ ,,  ; イ
      ,r'´」  ! !      ``ー---'  r' /
    /j ヾ!、 `i `、     ヽ、___,   ,/        ああ、ついでに言えば紅玉に何か恨みがあるという訳でもない
___/ 〈    ``'ー-、ゝ、         /i、
_ /   i  、       ``ー、    _ ノ ,」/ヽ       奴は経済を回すことの重要性をよく理解しているからな、その点だけでも評価に値する
/     !  ``ヽ、        ̄ ̄─''"´  /、
       ト、     ̄``ー 、_        ,イヽ ``''ー 、
      | ヽ           ̄ ̄ ̄     /      \ー- 、

4468 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:09:38 ID:7aSvUYZP

ハゲ「赤薔薇の腹心も抱きこんだし、もう勝ったも同然。風呂入ってくる」

4469 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:10:23 ID:d/g1jqx1



      _ __ _
   ,. .:.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
 l.:l.:l.:.:./:;ノノハ:.トト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
 l.:l::l:::/;ノノノハ:.トトト、.:.ミミヽ:::::!
. V::l/ノ心ソ,,  ト>≦トトミミミ::l::|
  V1. く・ン` ゙で・ >  ゙ミハl::|       な、ならばなぜ魔剣の簒奪など……
  ハ    i ;:. `~   ,:リソ:l::|
  ノ:::ハ   〈_;::..,  uイ1ノ:::::l::|
 〈::/:::ハ  r=== 、  /:ハ:ハ:ノノ__ _
─-V:::::ハ  `ニニ´ / ハ`ヽ       ̄`¨`ヽ
  i    iト、__,,/ / l  ',         ',
  l    | `ヽ、  /  !   !       i   ',
  |.   |   /⌒ヽ  /',   !        ,:   i
  |:   ト、/`ヽ__ハ/  L/       ,′  !
   !   ト、   /.:i:.!   /! ``ヽ    V    ハ
   \/i ヽ/.::::l::|  / l   l     i     〉
 .:レ'´  |   \:リ/   |  .!     レ′  ハ





               ,.---- 、,,
              ,r'"´ー‐-、   \
            /            ヽ
           j            !
           rーz、 ,'、__,,,、、、`,  _,j
           };tァヲ ゞrtァ‐-''゙  レ^!    単純な話だ
           〈``´j      ヽ イ !
               i  ,!__ ,;、    ノ、_ソ      紅玉亡き後、魔剣は誰が所持することになる? 紅玉が魔剣を託す相手は誰だ?
             | / ー-、_, !  / /^i
            ト、 ``''  ′ ' ,イ  ト、           γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
          /.:.!ゝ---‐''''"´ _/〈:.\         |   それは……やはり盟友たる赤薔薇かと
      _,、-‐'7:::::::::ト、 `二ニニ二´  ,イl::::.:.\、、_      乂____________________ノ
  ,,、-‐''"´.:.::::::/:::::::::::| \_ __ ,.'´ /!.:::::::::::ヽ::.:.``''ー- 、
 .:.:.:.::::::::::::::::::/:::::::::::::::!     _ _/ !:::::::::::::::l::::::::::::::::::::                         ・ ・ ・ ・
 .:.::::::::::::::::::::::\:::::::::::::ト、         l:::::::::::/:::::::::::::::::::::    そうだ、そしてそうなってからでは手遅れだ
 .:.::::::::::::::::::::::::::::\:::::::| \       / |:::::/::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::「´::::::::::!   ヽ     / l:::::`i::::::::::::::::::::::::::::

4470 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:10:25 ID:iHzg5Ao+

あ、これ魔剣を甘く見てるやつだ

4472 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:10:37 ID:Vzcwl81m

ハゲはレザードも引き入れられたと思ってうきうきなんやろうなあ

4473 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:11:18 ID:d/g1jqx1









                    ___,......-―━━―--........._
                   /..‐-‐━・・‐-....、..........._.... -―━━==ミ、
                 /./.............ー......_..........\..........二ニ==  _
                /.....(.....................、__..........\......\      ` 、
                /...,{...\........ ̄.....ー-..、_ ̄ ̄`..........\
               /....ハ.......`''ー--―━-..、`...、 ̄`.....、.......ヽ、
                l..../......、......`''ー- ..._.................\..........\........、`''ー- 、                γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                ,'|../.........丶.......\   フ━‐-_、..\ト、ヽハ`\l                    |   『人類の守護者』
                l.|/...........ト、l\......ヽ /,.t‐ァ´::}ノ \ト_,ノ_,-====ァ━―--、           乂___________ノ
                 |.|'.ト.......‐l―- \...´/_ ゞ‐''´ f´守三三二二二二二二二三ニ〉
                N...'..\...lrt‐ァ::j. \..\   rく{ r、\三三三三三三三三三7_                         γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
               {ヘ...'......\、 ゞ′l \..\  !、  V/>、ヾ二二三三三三三ニ/=f                         |   『至高の薔薇』
          _  _,,,ヽ.ト、..、....\  ー  `_、\.λ', V,/∧∨二二二二三三/二ミ、                        乂__________ノ
          ハ二二二>≦ニ`ヽ..ト..`ュ.、_ ´ ‐ `ソ‐l ', V//∧∨二二二二二三二二\
         〃^>、寸ニ{^ヾ二二三ヾ≧、寸>ーイ_ -‐l ', ゞ‐「l―ミ二二二二○三ニ○三ニ、
          〃////,、寸!`、V二二「    厶ク´ ̄7:-‐ l,r「}  〔〕 __)三0二二二二三三三ニヽ  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       〃//////>、`、 ト、ヾ二=、 l , -―/   {  / 〔〕l 〔〕  _,ノー-―━・・・━―-vァァュ、_) |   『永劫の王』
      〃/////////>、 Vヘ Vニ=ヘl   ,八  _ ヽノ  〔〕{l 〔〕 ´ ノ二二二二二二二=l´ ̄   乂_________ノ
     〃////彡'´¨ ̄フ, V∧∨ニ{  ノ 厶 '  ゙〈   〔〕{l〔〕  イ三三二二二二ニニ!
    〃/////    ,〃={ Vム ∨:_ゝ''"ア´       、  ,ハ {i_{〕=≦二二二三三三二二l          ・ ・
    〃'///-、   f/三ヘ八 }^Y= l /       \/ハ)´={ハ二∠三三三三三二二7         あのローズレッド・ストラウスが魔剣を手にするというのは
   / }'/ {  弋⌒l ||二二ミニ| lに !          ,イ^V)二二二二二二ニ=ミー<ツ、
   ゝ'′ (\ノ}ト、)弋ヾト二二>! lに l         ! // ノ(}二二三三三三三三三≧ミ、\        他の有象無象とはまるで異なる意味を持つ
      (ヽ/=!}:l=l{)=ミ\¨ ̄、: :.  、こ 、     l l l/∠=(}=======ミ、三三三三ニ≧ミ、
       ト/!ニl{}=!=、{)、\\: :\:.  、こヽ   ノ! }彡´ニニ(}二二≧ュ、==ミ三三≧ュ、三三三≧、
      //!ニl{}ニ!ニV`(ヽ>≧===========∠三三=(}二二二二二≧ュ、ー――‐'三三三三≧、
     ////lニ|{}=∨ニ、二`(ヽo。二二二。o(フ二二二二(}ミ、二三二二二二二≧ュ、三三三三三三
    ,/////l二|={}=∨ニ、二二二¨¨¨¨゚二二二二二≧、(}二=≧ミ、三二二二二二二二≧ュ、三三三
   //////!二lニ(}ニV三ヽ二二二二二二二二二二ニ(}三\二二≧ミ、二二ニニ\二二二ニ≧、三
   //////,l二二=(}ニ∨三\二二二二二二二二ニニ(}三三=\二二二≧ミ、二ニニ\二二二二≧
  ,///////,!二二二(}二∨三ニ、二二二二二二二ニ,(}二二二二\三二二ニニ\三ニニ\三三二二
 ////////|二二二ニ(}二ヾ三二ヽ二二二二二二ニ(}二二二二二ニ\三三三二=\三三\三三二








.

4474 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:11:32 ID:tLZKx7SX

こいつ魔剣破壊するの知らないんだよなwww

4475 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:12:14 ID:R8ZS0CJ4

実力と象徴の融合は危険だからね

4476 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:12:19 ID:aYFBys/3

まあそりゃ事情も知らにゃ怖いよなって>千年生きる超英雄に魔剣

4477 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:12:35 ID:d/g1jqx1



               ,.---- 、,,
              ,r'"´ー‐-、   \
            /            ヽ
           j            !
           rーz、 ,'、__,,,、、、`,  _,j
           };tァヲ ゞrtァ‐-''゙  レ^!    奴が魔剣に飲まれるという話ではない
           〈``´j      ヽ イ !
               i  ,!__ ,;、    ノ、_ソ      奴の治世が善政か悪政かすらも些事に過ぎん
             | / ー-、_, !  / /^i                    カ ミ
            ト、 ``''  ′ ' ,イ  ト、     ――――誰も抗えぬ絶対者が生まれる、それこそが問題だと言っているのだ
          /.:.!ゝ---‐''''"´ _/〈:.\
      _,、-‐'7:::::::::ト、 `二ニニ二´  ,イl::::.:.\、、_
  ,,、-‐''"´.:.::::::/:::::::::::| \_ __ ,.'´ /!.:::::::::::ヽ::.:.``''ー- 、    魔剣を手にした赤薔薇? 冗談ではない、どんな悪夢だそれは
 .:.:.:.::::::::::::::::::/:::::::::::::::!     _ _/ !:::::::::::::::l::::::::::::::::::::      
 .:.::::::::::::::::::::::\:::::::::::::ト、         l:::::::::::/:::::::::::::::::::::     そんなものと比較すれば歴代魔王すら赤子同然だろう
 .:.::::::::::::::::::::::::::::\:::::::| \       / |:::::/::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::「´::::::::::!   ヽ     / l:::::`i::::::::::::::::::::::::::::




            ,. -─…一‥-.、
          ,.‐'´  ゞ彡      `ヽ、
        /             :::::ヽ
       /               :::::::::゙i
       /       | !        :::::::::|
      ,' /     イl | liト、   :::`、::::::::|
      i {:〃j ノイ ノハi l ゙i llヽiハ::::ヽ::ヽ::::i:::|
      {:::V/ノ/、ノ,_/  i '__i.、-゙i.ー`ヽ::::iゞ:ヽリ|    ……お言葉ですが赤薔薇は1000年の間、魔剣の破壊ないし恒久封印を目指していたはず
      `、W 'ヶtァョ`'i  ' ´ヶtァラ:::::ヽlレ^リノ:::|
       }、{f!    ¦       ::|:|'〉::レ::::l     魔剣さえ無くなればその懸念は解消されるのでは?
       |八{     l     U /::レ ノ:::::::|
        |l::::::ヽ    、v     .:イ::トー´::::i:::i:|
         !:!::::l:::ヽ  -ー … '  .::::::/!::::|:::::|:::|i
       |::l::::|::|::lヽ  ¨  ̄   :/:::|i:::|:::::|:::|j
       ヽ{:::|::|::l::i`、     //:::::リ::jノ:,'jノi'
        `|::|l::l」 ヽ__/:::/_,.. ヘ〃ノ
          >//`'ー、,_ _,..-'"´  〉\,,_
       __/ /  /⌒ヽ     / ,'  i `''ー-、,__
  _,..-ー''"´/ /  /ヽ  ∧   / /   |     `''ー-、,






            ,.-'"´ ̄ ̄``ー 、
             ,r'´            ``ヽ、
           /     ,r'´      ̄``ー `ヽ、
        /     '゙                   ヽ
        ,'                     i
       ,'       '゙ ,、、,  `丶、        |
       ,!       ,ィ;:;:;:;:;ヽ、   ヽ  ,,、 '"´ !
       ! ,r'⌒ヽj  ``二ニヾ、;:;''ー,    ,,、、;;:;;ヾ!    不可能だな
       lイイ ヽ '  ヾ、ヽマニー';ー'゙イ   ,イ;:、-‐-イ
        .!  Y`  ,'     , '"´'.:::;゙  j,!カッ-、 イ     魔剣は破壊できない
         '、 ヾ!、  ;        .:::::;  ! ``  |
        V、   `、       ,ィ:::;;;  l    !     『始まりの魔王』モードレッドがどうやって敗れたか知っているだろう?
        j  |  !    ,r   `ー=-'゙、    /
        ,!  ! !    ;゙ 、_ ____ ,,  ; イ
      ,r'´」  ! !      ``ー---'  r' /
    /j ヾ!、 `i `、     ヽ、___,   ,/
___/ 〈    ``'ー-、ゝ、         /i、
_ /   i  、       ``ー、    _ ノ ,」/ヽ
/     !  ``ヽ、        ̄ ̄─''"´  /、
       ト、     ̄``ー 、_        ,イヽ ``''ー 、
      | ヽ           ̄ ̄ ̄     /      \ー- 、

4478 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:12:53 ID:wpPqGgN+

赤薔薇「魔剣を破壊する!!」
レザード「魔剣を破壊させず赤薔薇に使わせたい!」
ハゲ「赤薔薇が魔剣もったら危険だ!」


4479 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:13:00 ID:Vzcwl81m

まあハゲの加入ってセブンスターズ全員「やだなあ……」と思っていたから
計画知らなくてしゃーないw

4480 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:13:29 ID:d/g1jqx1







 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   始祖の長にして『闇の帝王』アインズ・ウール・ゴウン
  乂_________________________ノ



                                         γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                         |   『開闢の錬金術師』カリオストロ
                                          乂_________________ノ



            γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
            |   そのバックアップを受けた十二英傑が一人『完全者』ペルフェクティ
             乂________________________________ノ







               ,.---- 、,,
              ,r'"´ー‐-、   \
            /            ヽ
           j            !
           rーz、 ,'、__,,,、、、`,  _,j                                 バ ハ ム ー ト
           };tァヲ ゞrtァ‐-''゙  レ^!      これ以上ない布陣で放たれた『流星一条』は、善なる竜王の『大いなる破局』すら上回る威力だったはず
           〈``´j      ヽ イ !
               i  ,!__ ,;、    ノ、_ソ      魔剣を除けば間違いなく歴代最高の威力だろう
             | / ー-、_, !  / /^i
            ト、 ``''  ′ ' ,イ  ト、      ――――だが結果はどうだ
          /.:.!ゝ---‐''''"´ _/〈:.\
      _,、-‐'7:::::::::ト、 `二ニニ二´  ,イl::::.:.\、、_
  ,,、-‐''"´.:.::::::/:::::::::::| \_ __ ,.'´ /!.:::::::::::ヽ::.:.``''ー- 、
 .:.:.:.::::::::::::::::::/:::::::::::::::!     _ _/ !:::::::::::::::l::::::::::::::::::::
 .:.::::::::::::::::::::::\:::::::::::::ト、         l:::::::::::/:::::::::::::::::::::
 .:.::::::::::::::::::::::::::::\:::::::| \       / |:::::/::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::「´::::::::::!   ヽ     / l:::::`i::::::::::::::::::::::::::::






                        _....._
                     {lllllll}
                          lllllllll
                          lllllllll
                          lllllllll
                          lllllllll
                          lllllllll
                     lllllllll
                      llllllllll
                       lllllllllll
                        lllllllllll
                         |llllllllll|
                    -‐    ̄ 、・,. ̄  ‐-
            ,.  ´ ,.-====./o\====-、`  、
.              ヽ /   _ ‐弋.二 ノ ‐ _   `ヽ /
              ヽ .     !  ,.=、 .l    、 /
              ´     l  ゝ ノ  .l     `
                      l , 'ノゝヽ !
                     |.l.{    }.!.|
                     l 乂 Y,.ノ .l
                    | ,.'ノゝヽ .|
                    | l.{_  _}.! |

 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   ――――魔剣には傷一つ付けられなかったではないか
  乂__________________________ノ

                        l >.)(.く !
                        l.l.{   }.l.l
                        |乂ヽr'ノ |
                       |   !l  |
                       |   ||  |
                       |  !!   |
                      |   !l   |
                      |   !l   |
                      |   !l   |
                     |.  ll   |
                     |.  ll   |
                     |.  ll   |

4481 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:14:14 ID:Vzcwl81m

>>4478


4482 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:14:22 ID:CEmmxxVR

>>4478 ほんとおまえらもうちょいコミュれ

4485 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:14:38 ID:tLZKx7SX

>>4478
コントじゃすまないのにい

4486 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:14:39 ID:d/g1jqx1





                                    .,イ,イ .,イ
                          ト、   ,イレ レ /ム―7
                          ヽ」  //   //''''''7/
            ,. -─…一‥-.、         //    /'  // ,イ,イ ,イ
          ,.‐'´  ゞ彡      `ヽ、    //      //  レレ //
        /             :::::ヽ    /'       ,/'    /'
       /               :::::::::゙i
       /       | !        :::::::::|
      ,' /     イl | liト、   :::`、::::::::|
      i {:〃j ノイ ノハi l ゙i llヽiハ::::ヽ::ヽ::::i:::|
      {:::V/ノ/、ノ,_/  i '__i.、-゙i.ー`ヽ::::iゞ:ヽリ|    で、ですが物理的な破壊が無理でも術式による破壊ならば……
      `、W 'ヶtァョ`'i  ' ´ヶtァラ:::::ヽlレ^リノ:::|
       }、{f!    ¦       ::|:|'〉::レ::::l           γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       |八{     l     U /::レ ノ:::::::|          |   我々は未だ『開闢の錬金術師』にすら追いつけていないのにか?
        |l::::::ヽ    、v     .:イ::トー´::::i:::i:|           乂_______________________________ノ
         !:!::::l:::ヽ  -ー … '  .::::::/!::::|:::::|:::|i
       |::l::::|::|::lヽ  ¨  ̄   :/:::|i:::|:::::|:::|j       γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       ヽ{:::|::|::l::i`、     //:::::リ::jノ:,'jノi'       |   繰り返すが魔剣の破壊は不可能だ
        `|::|l::l」 ヽ__/:::/_,.. ヘ〃ノ          乂___________________ノ
          >//`'ー、,_ _,..-'"´  〉\,,_
       __/ /  /⌒ヽ     / ,'  i `''ー-、,__
  _,..-ー''"´/ /  /ヽ  ∧   / /   |     `''ー-、,







            ,.-'"´ ̄ ̄``ー 、
             ,r'´            ``ヽ、
           /     ,r'´      ̄``ー `ヽ、
        /     '゙                   ヽ
        ,'                     i
       ,'       '゙ ,、、,  `丶、        |
       ,!       ,ィ;:;:;:;:;ヽ、   ヽ  ,,、 '"´ !
       ! ,r'⌒ヽj  ``二ニヾ、;:;''ー,    ,,、、;;:;;ヾ!
       lイイ ヽ '  ヾ、ヽマニー';ー'゙イ   ,イ;:、-‐-イ    そして恒久封印というのも難しい
        .!  Y`  ,'     , '"´'.:::;゙  j,!カッ-、 イ
         '、 ヾ!、  ;        .:::::;  ! ``  |     どこに封じようといずれ何者かに奪われる恐れがある
        V、   `、       ,ィ:::;;;  l    !
        j  |  !    ,r   `ー=-'゙、    /     ならばどうする? どこに置いておくのが最も安全だ?
        ,!  ! !    ;゙ 、_ ____ ,,  ; イ
      ,r'´」  ! !      ``ー---'  r' /      ――――決まっている
    /j ヾ!、 `i `、     ヽ、___,   ,/
___/ 〈    ``'ー-、ゝ、         /i、
_ /   i  、       ``ー、    _ ノ ,」/ヽ
/     !  ``ヽ、        ̄ ̄─''"´  /、
       ト、     ̄``ー 、_        ,イヽ ``''ー 、
      | ヽ           ̄ ̄ ̄     /      \ー- 、






                           \
                        _,ェ=  ヽ、_
                       ´ ̄-‐     `冖ヽ
                        //j/ __ i ! |.!\ ヽ
                        ///、- ム`i.i! !|  ヽミ
                           / j/ ト   /リ!.i|)ヽ  ミ
                             !  i     レ  ヽ ミ
                         __ ̄7r===∧',\i\
                      __リ :「: :.i |////─一ァ
                         \::::/ノ ,ノ丿'//,r‐冖´|
                        |//:/: ///////xXXxY
                           /x/θ:ii////// XXXX|    γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                         /x/ゝノii'/////xXXXXx|    |   この世で最も安全な場所とは
                      ,ノxX/:i !:::ii====〈.XXXXXX|',    乂________________ノ
                __, ‐´xXXi::/.i::ii/////,|XXXXXX|::',
                 |xXXXXXXXi::人',!i/////,|XXXXXX|::::',
             ////∧xXXXi: : : :|i'/////,i xXXXXX|::::::',           γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
.      _____///////∧XX┌‐┐ト----/xXXXXXXj::::::::',          |   即ち、赤薔薇の手中に他ならない
...   /,へ__\\_, -‐冖宀‐ ⊥__」○__.〈xXXXXXX〈:::::::::::',          乂_________________ノ
    ト、|.Y´    ̄ ̄         / |: :|.|    ∨//\XX〈::::::::::::::',
    ∧_!_i◎                /:..:|: :|.| |/////|/////\/:::::::::::::::::',
.      (:::)            /: : :|: :|.| |/////|'/////|::::::::::::::::::::::::',
      i´`i       〉、    / : : :.|: :|.| |/////|/////|:::::::::::::::::::::::::::)
___ .     |  |     __ノ::::i.    |: : : : |: :|.| .〉。─┤////|┐::::::::::::::::::::/
::::乂    |  |   ノ::::::::::i.    |: : : : |: :|.| |/////|////,|/,|:::::::::::::::::::(
:::::::::`‐、__}=={__r‐´:::::::::::ノ   / ∧_二| .〉。//_j////|//\:::::::::::::::::\
ヽ : :::::::::::::Θ:::::::::::::::::/    ./ / i   | |////ノ ====〉///!::::::::::::::::::::::\
  \::(⌒)─(⌒)::/     ./ /!  i   | | ,r‐|/////,| '//|:::::::::::::::::::::::::::
    ` |  | ´      / / .i  .i    |zニ 7 ナ/////! '//|:::::::::::::::::::::::::::
.       |  |        / /. .i  .i   .| |.  `! T::t:ィ′'//,!∧:::::::::::::::::::::
.       |  |       ./ /  .i   i   .| |__.// | ,i_i ___| ∧::::::::::::::::::
                          /:´ /:′

4487 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:15:44 ID:Vzcwl81m

赤薔薇とかいう世界中から信用されている男
うーんこれは残業!


4488 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:15:55 ID:d/g1jqx1





            ,.-'"´ ̄ ̄``ー 、
             ,r'´            ``ヽ、
           /     ,r'´      ̄``ー `ヽ、
        /     '゙                   ヽ
        ,'                     i
       ,'       '゙ ,、、,  `丶、        |
       ,!       ,ィ;:;:;:;:;ヽ、   ヽ  ,,、 '"´ !
       ! ,r'⌒ヽj  ``二ニヾ、;:;''ー,    ,,、、;;:;;ヾ!
       lイイ ヽ '  ヾ、ヽマニー';ー'゙イ   ,イ;:、-‐-イ    わかるか? 結局は同じことだ
        .!  Y`  ,'     , '"´'.:::;゙  j,!カッ-、 イ
         '、 ヾ!、  ;        .:::::;  ! ``  |     だからこそ赤薔薇が手にする前になんとしても魔剣を簒奪せねばならん
        V、   `、       ,ィ:::;;;  l    !
        j  |  !    ,r   `ー=-'゙、    /      戦力が整うまであと数年……あるいはそれ以前であっても状況次第で撃って出るぞ
        ,!  ! !    ;゙ 、_ ____ ,,  ; イ
      ,r'´」  ! !      ``ー---'  r' /       機があればいつでも行動に移せるよう準備しておけ          人__/
    /j ヾ!、 `i `、     ヽ、___,   ,/                                                ⌒ヽ( コン コンッ
___/ 〈    ``'ー-、ゝ、         /i、
_ /   i  、       ``ー、    _ ノ ,」/ヽ
/     !  ``ヽ、        ̄ ̄─''"´  /、       む……入りなさい
       ト、     ̄``ー 、_        ,イヽ ``''ー 、
      | ヽ           ̄ ̄ ̄     /      \ー- 、







.                ‐-
.          ..::´    丶
         /::: ::.       \
         ':::::. .:::
.        /::::::  .::::         ヽ        失礼します
      -‐  ̄ヽ.::::::__  〈7ハ   r 、
_ - ´  ._    } l::〈/ハ  マ∧.  !/,!   ,       ルビンスキー領主に面会を希望する者が
_--、 ,' .)  .l l::::: マ,∧. マハ.  !/l ;, .!
ニニニ\   l .!:::::::. ヾ∧. マ,! .l/l l'〉.! _ -‐ 、
ニ二二二ヽ l .l:::::::::.  ヾ'、. V l'/ // !;;;;;;;;;;;;: !
二ニ=-__,.ゝ---―  ''"  ̄ ̄ ̄ " ‐┴ 、;;;;;' /
ニニ三三/ .{ 〇 ー―‐  ''   ̄ ̄    - 、\'
二二二二\.\         _    ,. . ヽ.ヽ、_,...,_
===ニ二二\` 、      ` 、.ヽ  {   ヽ 〈ニニニヽ
     ヽ \ > `  、      、 、 ヽ  .ノ ,.イiニニニ}
      ', o \  > _`  _   、 ヽ  ̄ .j .! !ニニニ{、
       }ー 、 \    > _  _.ヽ  ー‐ ' ノ !ニニニj
      /    ー \       > _‐- _ ̄ ´.//Vニ-‐'、
     ,        ̄\         \ 、 _ ,.イ  ヽ   ,
















                γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                |   ナイトロードより、レザード様が内密のお話があると
                 乂_________________________ノ












                                            【そして魔剣物語AMへ】

4489エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/27(火) 23:16:56 ID:LVRZdISW

もう1000年サビ残してるんじゃが。。

4490 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:16:57 ID:h/J78Jv3

悪徳商人からすらある意味で完全な信頼を向けられる男紅薔薇

4491 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:17:03 ID:tLZKx7SX

そういやこいつ赤薔薇さんの原作キャラみたいな考え方してるんだな


4492 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:17:09 ID:h/J78Jv3

乙乙ー

4493 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:17:10 ID:d/g1jqx1


【余談1】



               ,.---- 、,,
              ,r'"´ー‐-、   \
            /            ヽ   【なんか真面目に世界の行く末を憂う人っぽかったですが】
           j            !
           rーz、 ,'、__,,,、、、`,  _,j   【ぶっちゃけ建前ですよね?】
           };tァヲ ゞrtァ‐-''゙  レ^!
           〈``´j      ヽ イ !     ははは、失敬な  【1D100:42】×0.1%程度は本音だとも
               i  ,!__ ,;、    ノ、_ソ
             | / ー-、_, !  / /^i     【知ってた】
            ト、 ``''  ′ ' ,イ  ト、
          /.:.!ゝ---‐''''"´ _/〈:.\
      _,、-‐'7:::::::::ト、 `二ニニ二´  ,イl::::.:.\、、_
  ,,、-‐''"´.:.::::::/:::::::::::| \_ __ ,.'´ /!.:::::::::::ヽ::.:.``''ー- 、
 .:.:.:.::::::::::::::::::/:::::::::::::::!     _ _/ !:::::::::::::::l::::::::::::::::::::
 .:.::::::::::::::::::::::\:::::::::::::ト、         l:::::::::::/:::::::::::::::::::::
 .:.::::::::::::::::::::::::::::\:::::::| \       / |:::::/::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::「´::::::::::!   ヽ     / l:::::`i::::::::::::::::::::::::::::






            ,.-'"´ ̄ ̄``ー 、
             ,r'´            ``ヽ、
           /     ,r'´      ̄``ー `ヽ、
        /     '゙                   ヽ
        ,'                     i
       ,'       '゙ ,、、,  `丶、        |
       ,!       ,ィ;:;:;:;:;ヽ、   ヽ  ,,、 '"´ !    【散々魔剣の破壊は不可能って言ってましたけど】
       ! ,r'⌒ヽj  ``二ニヾ、;:;''ー,    ,,、、;;:;;ヾ!
       lイイ ヽ '  ヾ、ヽマニー';ー'゙イ   ,イ;:、-‐-イ    【邪魔さえ入らなければ普通に破壊できてたみたいですが?】
        .!  Y`  ,'     , '"´'.:::;゙  j,!カッ-、 イ
         '、 ヾ!、  ;        .:::::;  ! ``  |        一体いつから私の意見が正しいと錯覚していた?
        V、   `、       ,ィ:::;;;  l    !
        j  |  !    ,r   `ー=-'゙、    /      【なん、だと……?】
        ,!  ! !    ;゙ 、_ ____ ,,  ; イ                     シロウト
      ,r'´」  ! !      ``ー---'  r' /          正直専門家でもない私の意見を鵜呑みにする方が間違っている
    /j ヾ!、 `i `、     ヽ、___,   ,/
___/ 〈    ``'ー-、ゝ、         /i、        【アッハイ】
_ /   i  、       ``ー、    _ ノ ,」/ヽ
/     !  ``ヽ、        ̄ ̄─''"´  /、
       ト、     ̄``ー 、_        ,イヽ ``''ー 、
      | ヽ           ̄ ̄ ̄     /      \ー- 、

4494 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:17:12 ID:fs/nQZDe

こういうサブキャラの話はすごく好き、世界観が広がる気がして

4495 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:17:30 ID:ZC5Bs2i2

赤薔薇「退職、退職させてクレメンス……」

4496 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:18:03 ID:iHzg5Ao+

まあ、そうだよなぁ

4497 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:18:16 ID:d/g1jqx1


【余談2】




           \゙''ヽ、  =/|ヽ、
          三  ヽ'、 フ‐-''、▽∧
          ─_   )‐'' ,-‐|‐/ヽ、
      ─_   _,,,‐'''l二ノ/-ヽ'",,,/ |\ ─__
         ≡∠_ノ‐'"\//  // /レlフ\
              三 |  ,‐''__/≡ ソ[_\ ̄
      = ̄   -_ /ヽ/ 二\三二    }\
      _‐=ヽ、─- /_ノ'"  _--\‐  レ'  j ルi      【Q. Dr.ゲロってどうなったの?】
    =-_=ノミ ゝ-/ヽ-、__  ─---- \__,,ノ、__}
   三二= 〈=<lヘ  ,-、 メ__゙ヽ、ヽ' l   メ、二‐_,、 ソ     【A. こうなった】
     =二-ノ=/フ レミ≡/◎ ゙ヽ,ゝ、ノL ‐={'"゙ '''ヽ"
        くノ二=‐/|l   ~)〈‐/_- ゝ ''  \
   ─ ‐-=彡',-─-,‐->、;ヽノ‐メ二〉─-{  =''"ノ゙
  _ -_-- フ'"==/ /:::/ /,,"゙=、ゝヘ ゙il ≡三= ‐-、,|      【研究所は一緒に吹き飛んでてもいいし】
  二=‐_┌'≡ノ /|:::レ' / l_,,_ \゙tノ,-‐メ≡= レ .}
  _   =、ニ彡l|::〈ヽ'レ'" ̄  Yr'.|/:::::::::\、≡=,<ノ       【地下深くにあったので無事だった、でも構わない】
 ─‐ ̄=  _=ヾ,‐-┴-‐‐、   レ!./::::.:== |} ゙‐二
   __ --=i \、_,ニニ、  ||l::::.:.:__ノレ二y        【すべては剪定事象】
 _── ̄─=|三i ゙l:::| .|ゝ ヽ''「Y|l/"_ __ ̄ソ
     ‐-  三|=゙l.|:::| .|フ  ‐=[| |'::::::三二‐ ≠__   ==
_ __     ,i'ヘ=≡ヽl:::l ヽメ-=''l |三三=─ l.  \ニ‐
    _--/__≡ヘ三\ヽ\,ニ=、ノノ三二─   |l ‐レ゙i
    ≡ /≡三三_‐-_ヽ、   /ノ三≡=   ノ ゝソ ヽ
  ̄三=≠三ソ二二==─゙"'‐" ヽ、三ニ≡ / -─ ‐ヘ   ─ニ──
──三/≡/‐'''ヽ、ミ、三三三二‐   ヽ=__./ \ - ヽ .\三ニ ̄ ̄
 ̄_=_=‐' 三三二=゙ヽ、、三三二= / ̄三二≡ ゙i '' ," l"

4498 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:18:58 ID:tLZKx7SX

このハゲ最高だわwww
クソ野郎感が絶妙だわwww


4499 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:19:02 ID:Vzcwl81m

ハゲってすごい。悪だくみしてるだけでみんなを笑顔にしてくれる。

乙ー!


4500 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:19:10 ID:wpPqGgN+

赤薔薇の信用が熱すぎてみんな圧力かけ過ぎwwww

4501 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:19:12 ID:d/g1jqx1

これで終了です
エイワス様、場所をお貸しいただきありがとうございました


4502 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:19:12 ID:h/J78Jv3

4.2%w

4503エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/27(火) 23:19:20 ID:LVRZdISW

結局余計なことしかしてないハゲ。おつおつ。

4504 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:19:42 ID:sATDt62o

乙、いいハゲだったw

4505 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:19:51 ID:CEmmxxVR

乙です〜

4506 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:19:58 ID:tLZKx7SX

4.2%という心の片隅にある恐怖感いいな

4507 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:19:59 ID:fs/nQZDe

赤薔薇は千年の間にどれだけ守れなかった約束をしてきたんだろうなあ、下手に短命の人間と親しくしてきただけに背負う荷物が半端なさそう

4508 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:20:32 ID:iHzg5Ao+

乙でした

4509 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:20:37 ID:L573T4Wx

(エイワス様…エイワス様…)
(自分も今ハゲの外伝を執筆中なのですが…)
(実はハゲには世界の深淵に迫る重大な設定があったりがあるのでしょうか…それとも過去だったりを好き勝手に書いても良いのでしょうか…?)


4510 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:21:15 ID:nY5geW6M

乙でしたー!

4511エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/06/27(火) 23:21:33 ID:LVRZdISW

(ハゲは特に深い設定ないから好きにしていいよ)

4513 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:22:09 ID:L573T4Wx

(わかりました…)

そして遅ればせながら乙でしたー!

4514 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:22:35 ID:UiQNDxAS

何このハゲ人気

4515 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:22:45 ID:R8ZS0CJ4

ハゲはどうせもう死んでるフリー素材だからね

4516 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:22:48 ID:Vzcwl81m

ハゲは特別な背景なしに、欲望のまま、悪だくみをしていて欲しい……

4526 :梱包済みのやる夫:2017/06/27(火) 23:27:29 ID:f8e5ub7i

禿といいワカメといい小悪党は愛されて設定が深まる法則









一覧
関連記事

[タグ未指定]
[ 2017/06/30 22:30 ] New 最新追加スレ 魔剣物語 | TB(0) | CM(1)
ええい、このハゲ余計なことしかしやがらねえ!w
[ 2017/07/01 09:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

<魔剣物語シリーズを楽しみにしている皆様へ>
一時的なものと思いますが、週末の投下量が増えており、1日でまとめるのがかなりきつくなっております。
申し訳ありませんが更新量を調節し、1週間分を1週間で消化するというスタンスに変更させていただきたいと思います。
ご了承くださいませ。。<(_ _)>

追記
予想以上に投下が多く、1週間スパンでは追いつけないかも……
出来る範囲でですが頑張りますのでノンビリ待っていただけると幸いです。
<(_ _)>


一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



FC2カウンター