魔剣物語AM二次創作 貴方のための物語(メルヒェン・マイネスレーベンス) やるぽん!

エグゼイド第39回 クロノスのストップ、封印されたと思ったら普通に使えたんですね。 それにしても次回予告である程度予想がつくとはいえ、今週の永夢の行動はまるで悪役で違和感しかなかったですね。 まて次回!

魔剣物語AM二次創作 貴方のための物語(メルヒェン・マイネスレーベンス)

9013 :梱包済みのやる夫:2017/07/03(月) 20:12:44 ID:uwPwzYWE

エイワス様ーエイワス様ー。
初めての奉納になるのですが、ジャンヌ・オルタヒロインにしたものを今から奉納してもよろしいでしょうか(震え声)
多分に剪定事象になると思われるのですが。

全部で約20レスほどになりまする。
あと一応続き物なので酉のお許しをいただければ幸いです。


9017 :梱包済みのやる夫:2017/07/03(月) 20:20:00 ID:1PbzHRb7

お、新人さんや

9018 :梱包済みのやる夫:2017/07/03(月) 20:29:32 ID:pJ0wI4E4

お、投下来る―?

9020エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/07/03(月) 20:34:12 ID:liJKOJ2u

ええよええよ。

9021◆ZWPv3XrOijyJ :2017/07/03(月) 20:36:01 ID:uwPwzYWE

ありがとうございます。
……完全者の話題の中流れぶった切るようで申し訳ありません。

>注意事項

・独自解釈と設定があります。
剪定事象です。

・ヒロインはジャンヌ・ダルク・オルタです。
剪定事象です。

・色々問題があるかもしれません。
剪定事象です


9022◆ZWPv3XrOijyJ :2017/07/03(月) 20:37:31 ID:uwPwzYWE






          \\    \              _,.. -‐''';;"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;:: -‐
.              \\    \        _,.. -‐''';;"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;:: -‐''' "´
                 \\    \-‐'';;"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;:: -‐''' "´
               ヽヽ     ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;_;:: -‐''' "´             _,.. -‐''' "´
                    | |    |-‐''' "´             _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´
                    | |    |               _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´
                    | |    |     _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´
                    | |    |-‐''' "´ _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´
                    | |    |-‐''' "´ _,.. -‐''' "´                |7|7
                    | |    |-‐''' "´               |  /| |' |'
.        二ニニ ニ ===- ..,, __ |                       |/  |
.        二ニニ ニ ===- ..,, __`゛ー==- _,,_.             ./|    |
                    | |.  ̄`゛ ー==- _,,_..           ./ |
                    | |    |.        `             ,
                    | |    |                  /|  ,
                    | |    |                    / .|/
.        二ニニ ニ ===- ..,, __ |                //|
                    | |.  ̄`゛ ー==- _,,_.          / ||/|
                    | |    |.        `             /|    _
                    | |    |                        |7|7//
                    | |    |                     /'’
                    | |    |



























            .トー' : :/: i : : : : : : : : : ∠ : : : : : : <: : : :ヽ
           、_.ゝ: : /: : ', : : : : : : : : : : : ア: : : : : :ー―ァ :',
           __爻: : : : : : } 、: : : : ー--イ : : : : : : : : <: : :.{      「また来たのか……まあ好きに本でも読んでろ。
            ア: : : : /: : :i : : : : : : : :.}_.X´ : : : : マー: :ハ!
          ∠: : : ..イ/77: : ト: : : :', : : :N  ヽ_: : : : :>,       ──うん?この本は何だと?
            ノィ: { ///: :i: :, \: :.',: ::{ ,.イf竺マ"} ̄´ }/
                 ///:ト: {ヽ{- 、\{ヽi 、迩ツ   r:''ハ        俺が暇つぶしに書いた本だ。
            く`ヽ//ノ~〉:、マfニ≧z         八:{
           ⌒ヽ//ト ヽjハ     、       ′          ………言っておくが駄作だぞ」
           \///! ` `  ̄ `ヽ  _ _   /{- 、
            {//ノ> ..、 /', \  ` イ/   \___
            |// r''´  ̄ V  ',  }マ  ./   ___///////≧ォ
            〈 i.{ `ヽ ̄ ヾ   } ..イ_ ハ ハィ ´   i: : :`ヽ///,
            ヾ!  /八     .レ´  \_      }: : : : ://ハ:::::',
              ./::/\       /,|~^ヽ __ノ: : : : //  ',::::::',
                ,::/  /::アー  rfチ! |/|  //: : : : : : : /∧   ',:::::',
                 //  /:::/    }:::::} .|/| .//: : : : : : : /∧:::',  .',:::::',
               .〃  /:::/    /::::/ハ|/!//: : : : : : : : {/ ',:::',  ',::::',
             ′  /:::/    /:/: :マV:/: : : : : : : : : i!  ',:::',   }:::::}
            /   /:::/    ./: : : : }::::{: : : : : : : : : : |乂,.ィ ア{ ̄`ヾ
             ,   /:::/    /: : : : : /:::::::''ー-..,,: : : : {Y_{/ r--rく
              /:::/     /: : : : :/::::/⌒''ー- __::::..<::::: ア´   ',::ヽ
             i  ./:::/     /!\: : /::/   __     ` ̄ ̄    ノ:::::∧
        ___ { /:::/   / }> ` ̄ ̄r`ヾ:::::::::::::..ー-- ...__ ,,..z≦::::::/ /}
           ∨::/  __ィ ´ /      ー-}-----------}-    ̄ ´/:/
            `弋''/   ー- イ          __ ,,..ィf::::::::::>'' ´
            _>'' .イ ,i    _ノ {  ハ:::.、__,,..ィf:::::::::::::::::::> ''´ ||
           (__ .ィ ./ ./ } } / i  ! /  ー -- == ≦ ´   ..| |:!
              ./ ノ j !イ .|  ´               || .!
              `¨  ー''   .|                     | !i|
                          |                     ||i |
                          |                     ||! !
        _________  i! ___________||i |
                        `Y´                      ヽ|
                      `ヽ__/´



9023◆ZWPv3XrOijyJ :2017/07/03(月) 20:38:34 ID:uwPwzYWE





              .____ ト.
           ..ィ: : : : : : : }: :V´ア
        _ ,ィ´: : :/: : :i: : : : ヽ: \
      ∠ __: : : : /: :i : :.:| : : {: : :\: :',
      ..__ノ: :./: :i: : :ト : : 、: : ト : :_: : :_:_ア    「───読みたいだと?
       ア: :i : /{: : :!: ハ: :.\{: : : : {: ::乂
      __ノ: : :.|:/ヽ',: : :{__ メ.ト、:}: : : i : : :<    ……物好きな奴め。
      ..⌒j/ }代ナヽ:! 弋ナア: :.ハ!、: : ::Y
            .|   j      j/  }从ハ!     まあ、好きにしろ。
           八      u  __ イ
             .\ △    イ_          勉強にはなるだろう。
              ≧=≦ ..ィ''~ i
          .__ /`マ/_z≦-―ァ77777//アi     ──ただ覚悟をしておけ」
          .i///_ 只    //////⌒ヾ{
          .}//}:.:.:.{ } 7 ー'.ア//}}  .}}  }
        j//,:.:.:.:| ! /:.:.:.:.:.//  {{  {{   !
        /} }:.:.:.:.| /:.:.:.:.:.://  〃  }}  ′
      /〃 j:.:.:.:.:}./:.:.:.:.:.://  //  〃 ./
     ..,.イ三≧x }}:.:.:.:.:.:.:{/}  //  // ./
     / '´     二二{ミ/ニニ ミく .イ
    ..ム=== '' "´   ノ彡′ // //
    ..{ 、 ___,,. ィf.>''゙     //,///{
     ≧=-t ―< ==== 彡 ////,|
        }:..:.:.||:.:.:.:.:`''< _ ノ{////!




9024 :梱包済みのやる夫:2017/07/03(月) 20:38:57 ID:pJ0wI4E4

(あの乙女ゲーかな?

9026◆ZWPv3XrOijyJ :2017/07/03(月) 20:39:35 ID:uwPwzYWE







   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
   l   これは英雄の物語ではない       |
   乂,__________________ ノ






                                 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                 l   これは世界を救う物語ではない     |
                                 乂,__________________ ノ




















              乂: : :/: : : : : : : : : : :/: : : :/: : }: }: : :乂
             、_ソ: :/: :/: : :/: : : < :_:_:.イ: : : :j/: : : :_:_: >
            _爻, -、: :/: :,,∠_イ:ヽ: ィ: : : : : : /: : : : : : : : : ',           ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
                 ノi   ji:ハ:.iマ ハ沁、 ̄メ: /: : : :/: :.i : : i : : : :.N  「これはただ、一人の男が一人の女を殺す物語である。
            ⌒ ',   ヾ 乂ツ } //: : :/}: :/: : : !: : : : }
                  `¨i       ∠ __ィf=ミ、jイ: : : /: : : ハ{   タイトルは───」
       _         ',         マツ メ/: : :/: : :乂
        ////ヾー-- 、   ∧  i ヽ  ′   ∠ -イ人从     
      j/// \\.  ヾー〈 ヽ  、 ` ヽ    /-- ´
     _// .i:::i  i\\.  r-、\ \   ̄    イ
   .///  |:::! .|:::| ヽ.ヽ }  \ ヽ ≧=- ≦
  // i::i  |:::|  |:::!  i マ{    ` T~~T ´ ̄_{ー--- ォ                        /Y^i
  .{::{ ,::!   }:::}  j:::j { .}/}ー--<ヌメ. __{   }/}                       Y^Y    / / , -、
  マ {::{  {:::{ /:::/  jj//,   }/}__|ノ  ̄`''<   .|/!、               __ .ノ _ノ   ノ / /  ,
   Y≦三三≧r く 〃/__>- '´   、 _  `Y //, \             } V   }⌒ヾ  ノ /  /~`i
   .レ'TT~~i::::i-<ミx/ /  ー .、 ー- .、 `゙ヽ>-〈//∧   Y        _  ./ i  ′  \/ /  ,
   j ,:::;  j>--- ァ / >、 ヽー 、 \  \_ノ/∧:ハ   /::ム    ,.ィ´   Y.  ',  /´ ̄  ', ´  /
  /{ {:::{,.__ ,,.ィ  {    ヽ.__)  \__) ー'' i//! マハ /::/\≧=≦  ,ィf::::::::'.,   ヽ..__     _/
 ./:::! メ:::::::::::::::::::{   ', 、    _ イ,'!     |//|\ヽ/:::ム \:::::::::::::彡''´  ア \    `ヾ´ ̄
..ノ {:::乂  ` ̄   ヘ   ヽ ア ´ / |/|      .|//|>彡へ:::\ __ ,..ィf:::/   .ハ___ }
{  、::::::..ー- == 彡 \   >- ´   |/|      .|//|  乂:::ヽ\::::::::::::::::>''´   ./::/
:.、  `  ̄ ̄ __ // /´         |/|      .|//|   \::\` ̄ ̄     /::/
 \:::::::::::::::::::;;;:彡 ´ /        |/|      .|//|     \::::ー--==≦彡 ./
   ` ̄ ̄ ーt--=≦,i          :|/|      .|//|      ≧==---=≦彡
        |///|//|           .|/|      .|//|



9027◆ZWPv3XrOijyJ :2017/07/03(月) 20:40:31 ID:uwPwzYWE









                γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                 |        .メルヒェン・マイネスレーベンス         |
                 |            .貴方のための物語              |
                 乂_____________________ノ



















                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・





9028◆ZWPv3XrOijyJ :2017/07/03(月) 20:41:37 ID:uwPwzYWE





   .././ ヽ  {::::|
   /  /  、   、|                                            ,           。.  、
.   i  ./   ヽ   、               ,.イ,. -――- __,                  /     --- ヾ  ヽ .\ }ヽ
   j/ \  / }  \               j///////////>、                   ノ   /      --  ヽ )   y ノ
 /- 、.  ヽ/ !  l::::.\             ,ィ///////////////\            .-≦  -=ノ   /    ノ ;ヽ  " 、
../   ヽ / /!   !::::::::::\        //////////////////,ゝ             .ノ ノ__.., ´     ,    .}  ヽ 。
.―――'"  .,イ l   .}::::;::'"´           ハ/ハ//////////////ハ`             ./ノj  / ハ ,   __>´   .}  } ヽ }
      ./.! !   /}/              {V,トj、//{ \l>ハ/////,ゝ           ′ ソi /ヘ イ 乂"\ノ´}   1  }  } l
.___/V/,!/  ./ /          / ハ'代;jヽ  '"t;;ハ ∨ハ{`\             / i '、:| / レ 仆卞  ノ ノ___} , ;  , l
      ∨l  ./ /           , '/::::::乂   j      ,'.ノ:::::', ヽ==―-        レヽ   ´ゞ=ソ  ̄ rt-ァ; i  ∧|
       .V! ./ ;          / .{::::::::::::ハ   __     ハ{::::ヽ::}   〉_,......._         .} ノ:}         〈ィ;’ iノ.|/  ′
          V./  .!       ,.-乂._ ̄` -、ヽ V ̄_〉.//::{:::::::::} ./‐''""''..,.:.ヽ __..,:.:ヽヽ(ソ ::、       '  /″
        .l.l   l       /-- 、\ ̄:\ ` ヽ二.イ/._,.-‐='ニ/ ,: ,. ノ:.:.:.:.:.:..:.:\:.:.:\ヘヘ..丶  `  ー
.._       _!__  !__ _,..-―‐-_,..> -‐_,..'''" -‐ ''''"_ ̄j:::::リ::/ 八./ .., -----、ヘ、:.:\ ´ `ヽ" ;:..、  <
./      _ゝ!..' -‐` _,..''".-‐ '''"ヽヽヽ.、: : :\    >、:::j/ ./::./     \\\\::{ { :´ `:}==rr 、_冫ヘ  __
.{. -‐ _,.",.. -‐―-.、´  }ヽ    ヽ  ', } Vヽ: : :}: ̄ ̄ > 、 ヽ ,. /    /   \\\ )、、 ノ,_.|.|o  ii:.:.:.}:.´:.:ヽ
.{''"   ゝ,- __,,.j 、 .ノ }    .}  .l j. V入ノ: : : : : : : : : >゙ :::::::::::::./      \\/:.}-=- ':.:.ー>  ⌒ ヽ、:.:.:.}
.=ヽ.    '、_     ノ  ,'     ./ .ノ,イ   };;;;! l : : : : : : : : : : :.|    {          |:.:.:.| ⌒|:.:.:/       ヽ:.:/\
       {  ̄ "" .ノ、./    ノー、:::::ヽ,.イ;;;;l .l : : : : : : : : : : :.| *  |          }:.:.:.:|--.|/ ー―― 冫- " 丶\|\
          `{_ ー' ./>--,. '"  V 、;;;ー';;;;;;;;;' ! : : : : : : : : : : :.| ry  |          ,、:.:.:|  .|7ミ: > 、 シ ^丶〈  〉 /\|\
         ./!\''ー'.!-‐'''./!    \ 、;;;;;;;;;;/ / : : : : : : : : : : :..___|____/ `ヽ   ノ:::::>ヘ⌒|  /:.:.:.:.:.:.:.:.| {==} ,ー=ヘ》 /\|ヽ、
     ../ .l  ヽ .l:::::::/ l       ヽ.ー-イ /: : : : : : : : : : : : :.}__|____ ,∧/::::::彡ノ |  | / \:.:.:.:.:.:.| |  ゝ)::ヽ ヽ/ .:/` ヽ
       { ./ヽ   リ::::/ l       V ̄: : : : : : : : : : : : : :..{   |     ∨:::::::::::::彡ノ,ノ.|  |'  ,.' \:.:.:| =-- ’|:.:.iヽ .{` ´    }

           .┏                                                            ┓
           .┃. ……俺は子供のころから英雄が嫌いだった。                              ┃
           .┃. 理由は単純だ───なっても、関わってもろくな目に遭わないからだ。        .        ┃
           .┃. 俺の生きた時代には十二英傑、その前にはアーサーやアラーシュと言った英雄が多くいた。. ┃
           .┃. だがその多くがロクな死に方や周囲はロクな目に遭わなかった。                   ┃
           .┗                                                            ┛


9029◆ZWPv3XrOijyJ :2017/07/03(月) 20:42:57 ID:uwPwzYWE





                                        i
                      / ⌒ 丶           i
                     /        丶         l、
                        /            丶        l;
                      |               ヽ       ノl l
             .;;;;:::-:::-----|                  ヽv-‐  i .l‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐--------:-::-:::-:::;;;;
             .|||      |                       |     '! |                    |||
             .|||      |                       i  . ノ .|                     |||
             .|||      |                     /   |                      |||
             .|||      |                    /   l                       |||
             .|||      |                   i   /   .l                    |||
             .|||      |                   /   l                       |||
             .|||      |                   /    l                      |||
             .|||      |                   !/     l                       ノ||
             .|||      |                  ヽ   l                     ノ i||
             .|||      |                    !  l                  / /!!!
             .|||      |                    i   i .l                   /   / |||
             .|||      |                     ! l               /    / |||
             .|||      |                     l                /    /.....|||
             .|||      |    / ⌒ 丶            .!              /     ./.. ..|||
             .|||      |  /       丶         i   ノ.           .ヽ     /.   |||
             .|||      |/           丶       /                 ヽ   /..   .|||
             .|||                     ヽ     /                    ) /.    .|||
             .||l            _________,,ヽ |ノ _____         ノ       l||
             .|l========三三三=================ミミ;;|彡==========三三三===============l|
             . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー-‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

             ┏                                                     ┓
             ┃     歴史を紐解けば、それがよくわかる。                         . ┃
             ┃     英雄はロクな死に方やロクな目に遭わないのが大半だ。             ┃
             ┃     ───だから、俺は何が何でも止めるべきだったのだ。      .        ┃
             ┗                                               .     .┛



9030◆ZWPv3XrOijyJ :2017/07/03(月) 20:44:16 ID:uwPwzYWE






                      i:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〕
                      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!  /:::::::::::::::::::::::'i
                        l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  i 、::::::::::::::::;;;;;i、      i~"l____
                      ヽ‐-、__,―"  ヽヽ、:::::::;;;;;;;;;ヽ、   {"~     'i
                         ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|     \ヽ、:::;;;;;;;;;;;ヽ     ̄| |" ̄| i
                      /;;;;;;:::::::::::::::::'i      \ヽ;;;;;;;;;;;;;;;i!     |_,.i.  | .,i
                      /;;;;;;;;;:::::::::::::::::i!       `―---‐'            ロ ロ ,-、
                        /;;;;;;;;;;;;::::::::::::::/,i                       {二二_/
                     i'ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;//
                     ヽ______,/

           .┏                                              ┓
           .┃   どんな手を使っても、どれだけ恨まれることになっても。           ┃
           .┃   ───彼女が…惚れた女が英雄になることだけは。              ┃
           .┃   惚れた女が英雄になることを止められず、無残に死なせた結果が──.┃
           .┗                                              ┛



















│  .ヽ   .ヽ .l                     |   ./            从   リ       .|./
 !   .\、  ヽ.!                     |  /          /  l
 .!  {ヽ,\   ヽ                       ,! ./             !   l
∨    l  `'Λ γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ    ....i′
    .l   ゙'. l   これか───全く自分の罪をこんな風に見せられるとは  │     .il|
     !    `.乂,__________________________ノ. /!  ./ |
    .!         l l                  リ             /\.     l |しイ {
     l,   |.l     .! .l                            //.:::.:.::〉     .!   /
     .\ ゙l l   .、│ . l                         〉へ::.:/ヌ/〉    l  /
      `''″゙ヽ  廴)  .ヽ                       /'个y´ ̄Lム、  . │ /
              l  ! ノ⌒i 廴                ノ|       |:.'.;| [] . :::.ヒ!  .│ {
           l  ...l .!. ._.、 そ               l゙ .l゙      |;'.:.| . : : : :ロ.::|.   ノ イ il゙        ノ/
              !  ヽ|../:/\..ヽ           ! .,!       |.:::;|.: :.: :.:.::.:.::.:|. ./  し' {        ,ノ./
              ┌个┐| | .:_|___.    .i   |./⌒).     |_.' |.::.:..:.[]::.:.::.:|  `Y    l      /./
              | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r─┬i.  /| T/⌒)..  ...//| |.: :.: :.:.:.:.:..::|   }   .|     ノ ./
\             | └┴┬i::::|==========|: : ://__.....|`7'..:/´(.rr┴' | |.:.::.[]:.:: : : :|./  /    .ヽ,   ./ ./
:::...>、        .|[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、.、   ,  |/...::::)::7.|.]:]:: : | | :.:: ::..::.::.:::.|. ┌::、  ...../〉../  {  /
‐く.:〈     ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. ,ノ) : :〉〉 /^7<:〈..人.:: : :| | : :.::.::.:::..::.:|-┘:::L、r‐//┐ ,、.廴ィ
.: ::L└i   _ .||_ | : : : : : :、 〉.,./〉::::::;;:.`Y´(: : :〈 './...::|::::|/|\ く、::..::.::_|:::/Tl::::;二/ム、|  || _r─.   {
::.: :└i:| //\| ::::ト、__ : : :||_'/ヽ、 ∥::..|  ) //ト、У〕:|:....;>.}.:./rへ/レ.丿).:>┘/ト┘.//::::.`L「|-┘ 、.トyィ
工エ::「 /〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,.__,ノ ) ' / (. //.:::::;>|::::l/ヘ「.:  \ノ!.__./ (.L:冂_|.ノ!.  .::::::ir==| |.::,ノ)[]:}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r√ソ\> (.  (_,/    . ̄\∧l\|工].::::::::::::::::::::::ゝ/  ,).|_...| \.==l|_..`Y´(.─|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::[ニニニ|ニ]  .....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ルヘ:





9031◆ZWPv3XrOijyJ :2017/07/03(月) 20:45:22 ID:uwPwzYWE





         ≫-‐…ー-ミ
        /        \_,,..≠え
      Y⌒Y   _,,.. -‐==云才ぇ[
      /乂.._,,..‰oえだ「厂{ {::::「州7
      ] ∨/, ]rfだ「 .∧ .{ {::::{ }}     「……死んだときは、惚れた女を守れただけましと思ったが、駄目だな。
     {  ∨/  }:{  ∧.{ {__{ }}
.     ∨.  ∨/, ,八  .∧ 「::{ }}     ──過去の自分をぼこぼこに殴ってやりたい。
      ∨.  ∨/,   .\ .∧{:_{ リ
    __/_7{ト。∨≠- _ \ }7才′     結局死なせたら意味がないだろうがドアホ」
    }y冱三えx‰ぇ_二ニ-  ーく
  ≠rf≫-≪.  \‰ぇ_   ∧⌒
/ o  ̄  ̄ミ‰ ー=_‰x  .∧
 o         % ー=_云=ァ/,
‰。          % ー=え才7ハ_,
   ー= _        %枩枩伝[ {
ー=ミ   ー= _      ∨え[ ̄∨[
ー=ミ.\    ー= _    ゚.毛[.  V{
ー=ミ\\ .弋(__ー=ァ..,,_ :刈   ]l{
´ ̄`ヾハ }  〉 7⌒Y{  8「  )∨「
-- :、 ⌒{  {{r(  乂,乂 8  ∨( !
   \.乂___ ,,..‰oo%℃   } 7
  %^‰  ̄  ̄  ̄  ̄   rf(__汽[
 {{   %      _)'xr=圦乂__ ヤ
  V,   }}     ≫x( ー=辷{ {
 /^メ「 :7   {{r弋「汽\⌒示{ 刈{
r{うぇ狄ネ{   乂廴__彡仁ニ=く }K




                   ____
                  ≠ ∧ ` 、
                  /.{、  .∧  ヽ   r--、r=ミ rュ
        ___       イ/ .} \   \__∧   ≠{ ̄ ̄`ヾ
      ≠ミ  \_____/∧  {   〉=ミx_ ≫  く_/}∨/<__ハ
     /.  .\. ∧≪____ヽ.\乂 /   }/刈vー-ミ弋 V/,  i: !    「挙句の果てに三大魔王──銀星号に邪龍王だったか。
    ./≠^\  \ハ_` <o} }} `Y<_/  }i}__〉. : :}  ∨  i: !                ・ ・ ・ ・
    {/⌒ハ .\  \}\   . }}  |\__  _}i}{: :: :: :}x  }  |:    ……まあ、こっちはどうでもいいな。
    .イ⌒ーァ刈_o》-rく  廴  ∧ .厶斗三二{ヘ: : : : : :\,   !: :,
     乂__.斗イ  __7__>"  ∧` <` <{ ∧: : : : : /.   |∧   好きに暴れるなり世界を滅ぼすなりしてろ。
   〈〈__>  > ´イ o/_      ∧   ` < _}i : : : イ    |__ヽ
    }-=> ´ { ̄ イ.}イ o{> ´ ̄廴__三二o  //. : :/o-‐ '" !  /  ……俺達この世界の生きる者の身から出た錆だ。
    7≠-‐<o rく人___彡^ー-抃/弌_辷{/ ̄冖< : \ \  |. /
rー-=彡⌒ー-弌.   \__,   :{.ハ   /      \: :\  ー /   そのうち今を生きる誰かが責任もってなんとかしてくれるだろう」
∨___  ` <=={    》==≠}}⌒,ー=rハ       `ー \__/
 \  ` < \}   /__彡 イ /  :ii  }
   ∨    ヽ /    7__/  /   ||  }
.    ∨    /ハ   /{  ̄ ̄\  :||  ハ
    \   .} }  /  \    `<__彡, '
  /^ヽ  ∨  ∧∧_′   \___p      /ヽ
  ゝ<`:....∨  /__o{  ./⌒   \_____ イ/ハ
     ` <}厂抃 f^ヽ./ /      __} ≠   }
        V/ =才イ ′'^ <  / /∨  ≠^示
         {{ _/{ /. ./    ` < Vo/. : : : : :}
           / /` <      ` <: : : : : }
           {{__/     ` <      ` <


9032◆ZWPv3XrOijyJ :2017/07/03(月) 20:46:19 ID:uwPwzYWE


                        _.,x ‐=ミ
                     /{(      \
                       / ` ‐=㌧、__ ヽ
                r=辷=‐-  ┐  __√}
                _,ノ ____  ̄ ̄  ㌃j^}         「──だが、復讐の魔女ジャンヌ・ダルク・オルタ。
                  ⌒ヽ ̄¨7 ァ ァ ̄”ア ,丿          ・ ・ ・ ・
                     ∨  .′  /   / ____       お前は別だ。
                   ∨_j」ム*'゛ ,,.x≦__,,j」ムハ
                       ∨´,,kK〔≫''”.    _Ⅵ      俺は英雄がどういう目に遭うのか知っていた。
                 ,.斗*''〔_,,≫''”^V∧  / ̄ ̄”''*、
              / : : \       .V∧/\    -=-ミ  なのに幼馴染の俺はお前が英雄になるのを止められなかった」
                { : : : :/ \___,,.,*''” ̄ \ .`く   -=- ∨
                  乂 : /ゝ-=./√/       c \ く_j」ム=ミ v
                /;ト{______/ / .′      }  ヽ }     .}
                 ({_;廴} :../ /! .{        }; __,.斗*''“⌒ヽ〉
             {  . /:../ /八.乂       .八{´       {
              /⌒\}:./ /   \ `''*x_   / : :{       .{
                {    i {./     `''*‐ァ ̄ : /⌒ヽ      {
   \____  __,ハx、  .l {{        / / / ∧∨ }____ . {
     } ̄` ´    ヽ`ー=ミi{{      / /   .〉 〉 \ヽ.\   \
    ノ   .}       _} }   .八       / / : : : ./ /    V⌒`    }


9033 :梱包済みのやる夫:2017/07/03(月) 20:46:25 ID:pJ0wI4E4

彼は誰だろう、オルレアンのカワカミンモブ?

9034◆ZWPv3XrOijyJ :2017/07/03(月) 20:47:35 ID:uwPwzYWE





         ≫-‐…ー-ミ
        /        \_,,..≠え
      Y⌒Y   _,,.. -‐==云才ぇ[
      /乂.._,,..‰oえだ「厂{ {::::「州7
      ] ∨/, ]rfだ「 .∧ .{ {::::{ }}      「お前が何を思って復讐の魔女になったのかなんて知らない。
     {  ∨/  }:{  ∧.{ {__{ }}
.     ∨.  ∨/, ,八  .∧ 「::{ }}      信じていたことに裏切られたと思ったからなのか、はたまた自分が守ろうとしたものが
      ∨.  ∨/,   .\ .∧{:_{ リ      無意味だとでも思ったのか……
    __/_7{ト。∨≠- _ \ }7才′
    }y冱三えx‰ぇ_二ニ-  ーく       ああ、それとも人類の愚かさを嘆いてなのか……まあ何でもいい」
  ≠rf≫-≪.  \‰ぇ_   ∧⌒
/ o  ̄  ̄ミ‰ ー=_‰x  .∧
 o         % ー=_云=ァ/,
‰。          % ー=え才7ハ_,
   ー= _        %枩枩伝[ {
ー=ミ   ー= _      ∨え[ ̄∨[
ー=ミ.\    ー= _    ゚.毛[.  V{
ー=ミ\\ .弋(__ー=ァ..,,_ :刈   ]l{
´ ̄`ヾハ }  〉 7⌒Y{  8「  )∨「
-- :、 ⌒{  {{r(  乂,乂 8  ∨( !
   \.乂___ ,,..‰oo%℃   } 7
  %^‰  ̄  ̄  ̄  ̄   rf(__汽[
 {{   %      _)'xr=圦乂__ ヤ
  V,   }}     ≫x( ー=辷{ {
 /^メ「 :7   {{r弋「汽\⌒示{ 刈{
r{うぇ狄ネ{   乂廴__彡仁ニ=く }K











                   ____
                  ≠ ∧ ` 、
                  /.{、  .∧  ヽ   r--、r=ミ rュ
        ___       イ/ .} \   \__∧   ≠{ ̄ ̄`ヾ
      ≠ミ  \_____/∧  {   〉=ミx_ ≫  く_/}∨/<__ハ
     /.  .\. ∧≪____ヽ.\乂 /   }/刈vー-ミ弋 V/,  i: !     「なんであれ、その憎悪も復讐心も──全て俺が受けるべきものだ。
    ./≠^\  \ハ_` <o} }} `Y<_/  }i}__〉. : :}  ∨  i: !
    {/⌒ハ .\  \}\   . }}  |\__  _}i}{: :: :: :}x  }  |:     惚れた女が英雄になることを止められず、
    .イ⌒ーァ刈_o》-rく  廴  ∧ .厶斗三二{ヘ: : : : : :\,   !: :,
     乂__.斗イ  __7__>"  ∧` <` <{ ∧: : : : : /.   |∧    止められないなら、せめてそばで守ろうとしたのに、
   〈〈__>  > ´イ o/_      ∧   ` < _}i : : : イ    |__ヽ
    }-=> ´ { ̄ イ.}イ o{> ´ ̄廴__三二o  //. : :/o-‐ '" !  /   それすらできなかった愚か者の俺だけのもだ」
    7≠-‐<o rく人___彡^ー-抃/弌_辷{/ ̄冖< : \ \  |. /
rー-=彡⌒ー-弌.   \__,   :{.ハ   /      \: :\  ー /
∨___  ` <=={    》==≠}}⌒,ー=rハ       `ー \__/
 \  ` < \}   /__彡 イ /  :ii  }
   ∨    ヽ /    7__/  /   ||  }
.    ∨    /ハ   /{  ̄ ̄\  :||  ハ
    \   .} }  /  \    `<__彡, '
  /^ヽ  ∨  ∧∧_′   \___p      /ヽ
  ゝ<`:....∨  /__o{  ./⌒   \_____ イ/ハ
     ` <}厂抃 f^ヽ./ /      __} ≠   }
        V/ =才イ ′'^ <  / /∨  ≠^示
         {{ _/{ /. ./    ` < Vo/. : : : : :}
           / /` <      ` <: : : : : }
           {{__/     ` <      ` <



9035◆ZWPv3XrOijyJ :2017/07/03(月) 20:48:50 ID:uwPwzYWE







    γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    l 神の気まぐれか奇跡が起きたのか知らん |
    乂,__________________ ノ




                                     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                     l だが、俺に二度目の人生をくれたことには感謝する  |
                                     乂,______________________ノ















                           _/|\
                         , イ ̄/  | ..\`ヽ __
                  /_ィ}' ∥  :|   }!:. \ \          「俺の罪を償う機会をくれたことに感謝する。
                     // 〉 |:∨':::::::::::|    }i:    ∨, \
                     ,'//∧:! ,i|| /´`\  }i::::::..  ∨::::ノ        前世のような妥協は無しだ。
                      | i{ :| }}i/,' {r',': : : :、ヽ:}i:::::::::::........}iイ}!      イ`
                      i__∨∨ | .∨_:_:_:  Y':::\::/⌒}} /    イ` >` 俺はこの命を使い切ってでも、
                        ∨r r: :´ : : : `ヽ:_:_:/ `::.   }}イヽイ` >`
                     〈: :〉====、: : : :∨:ヽ:::::::::.. イ` >`      どんな手を使っても、どれだけ犠牲が出ようとも──」
                       y : : : : r-ヽ:_: r}: /: イ` >`
                     〃 : : :〃: : 〃⌒イ`>`ノ}{r≦ニニ===‐ト
                 ,___/:_: : : ,}_:_:, <`>`\_/: : : : : : :_:_:_:_:_:_ミ ミ〈
                r= '======〉: <`>`: : : : : \_:_:_:_:_:_: : : :-‐=====∨ ヽ
              ‐=ニニニ|_:_:_:_:_:_:_:∥>`⌒ヽ: : : : : : : : : `ヽ: : : : : _:_:r: : : : :!ヽ ミ
           ._<: : _:_:_: :ヽ ヽ ヽ-z'/.\_、:: : :\_:_:_ミ:_:_:_:_:_:_r≦:_: : : : : : ミトミヽ
          ._>≦>- 、` ‐=ニ ´ ト    .\: : : : : <: : : : : : : :_:_:_:_:_:_:_:_≧   ≧
     ><   _ ∨====>   >! ト、   ヽ_トミ:_: : : : : : :ヽ: _:ミ 、` ミ <ヽ`
><     r≦ =-  ¨ _ 。r≦‐=´∨\ミト、\    ` トミ_:_:_ミ `  ヽトミ
._  =-  ´   _。r≦: : :> ´        ヽ`\ト、 \  _  __,_,ミトミヽ
ミ----===≦: : : : : :_:_:〈                 ` \トミ<:i´: : : : : :∧
. <:_:_:_:_::}}: :≧=≦ }:::}                   ∧:::::::::ト : : : : : : ∧
..ヽ}: : : : : : : :/ノ    i: :|                       ∧:: : |:r=====≦∧
....i}!: : : : : : /    ,イ:〃                       ∧_: :ム:. : : : : : :\ヽ
..〃 : : : : イ`    /::〃                       ` \:::::. : : : : : }}i__
: : : : /    /}/`                             ヽ::. : : :≦ ̄}}
.>ヽ´  _>ヽ`: /                              }i/: : : : ̄}}




9036◆ZWPv3XrOijyJ :2017/07/03(月) 20:49:43 ID:uwPwzYWE







             γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
              |   ──復讐の魔女は俺が殺す。              |
              |   もう、あいつは天国に行けないだろうからな……   |
              |   せめて付き添いがてら、水先案内人を務めてやる。 │
              乂______________________ノ




                  ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iYヽ, ィ ア  ノ从ノリ从:i:i:i:i:i:i:iイ廴
                  フ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ih、__/ |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i厂
                ≦:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ih、、_ノ',:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:リ
                 フ~~~~~~""'''<:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}__ノ{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iア´
                /-=ニニ二二二二~''<:i:i:i:i:i:i}、ニニ`~ヾ))_~~~~´{
               /-=ニ二二二>''~~ヾh、 ~''<リ ニヽ,ニニニ《、_》 ニih
               /-=ニ二二ニ/: : : : : : : : `''< ニニニノiム ニニ`~ヾ} i} |
              ,-=ニ二二ニ/: : : : : : : :イア~~~\ /:i:i:|∨, ニニニノ',ノ .!
             ,-=ニ二二ニ{-===---フ´_____)h, i| .∨,/iイノ}:.:.|
             |-=ニ二二二二二二ニ}/ヾ{/.Yヾ/:.ヽ,__> v/イ =}:.:.|
             |-=ニ二二二i 二二二,'_:.ノ{=、}ィ'''∨,:.:\ ニニニニニノ:.:.}
             |-=ニ二二/二二二/ヽ/ {=ミ} v''''∨s。,_) -==≦:.:.:.:.|
             |-=ニ二/二二二ニ ゝイ:i:∧_i}:i:ヽ_リi ______≧イ{:.:.:.:.:. |
             |-=ニ/二二二二イ:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|________/=-v:.:.:.: |\
            ノ‐/二二二二ニ/:i:i{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: }_______i{ニ=-∨:.∧:.:.ヽ
            .//-=ニ二二ニ/,':i:i:i W:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∥_____>''vニ=-v:.∧:.:.ノ
           ./-=ニニニニ/-,':i:i:i:i:: W:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∥>''~>''~、ニ=-.v:.:.:\
          /-=ニニニニ/=-.从:i:i:i:i:i:W:i:i:i:i:i:i:i:i: ∥_))======----、:.:.:.: \
          -=ニニニニ/ニニ=-リ,:i:i:i:i:i:i:iW:i:∧:i:i:i:i∥ ̄_______フニ==----====ミh
          -=ニニ二,.'二ニ=- / ∨:i:i:i:i:i}.ノ:.:| v:i:i∥________/二ニ=- ''''""~~~~ヾh
          -=ニ二/二ニニ=-'   ヾ:i:i/:.:.:.:|: :ヽ:i{_____>''~=->''~ /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≧s。,,__
          -=ニニ/二ニ=-イ     /ヽ:.:.:.: |: : : \ニ=->''~:.:.  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
          -=ニニ,二ニニ=-,    ∨: : ヽ:.:.:}: : : : : :フ:.:.:.:.:.:.    イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
          -=ノニ∨二ニ=-v    ∨:.:.:.Ⅵi: : : : : /:.:.:.:.:.:.    {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
          イ-=ニ ∨二ニ=- 、   ∨: : :i:.|: : : : /_(__,,,,,。、.',:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
          -=ニニ二∨二二ニ=- 。,,,,_〕i: : i:.|: : : :i{≦二二/ニニヽ,,__:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
          -=ニ二二≧s。 二二ニ=-《:.、i:.|: : :ノ乂-=ニノ 二二二二ニニニニニ==- 。,:i:i:i:i:i:i:
          -=ニ二二二二二≧s。ニ=-v:.:.:.:.:./: : : :〕i-=ニ二二二二二二二二二二ヽ:i:i:i:
          -=ニ二二二二二二二≧s。ヽ:.:./: : : : イ-=ニ二二二二二二二二二二二 ∧:i:





9037◆ZWPv3XrOijyJ :2017/07/03(月) 20:50:41 ID:uwPwzYWE






         ≫-‐…ー-ミ
        /        \_,,..≠え
      Y⌒Y   _,,.. -‐==云才ぇ[
      /乂.._,,..‰oえだ「厂{ {::::「州7      「誰にも譲ってやるものか。
      ] ∨/, ]rfだ「 .∧ .{ {::::{ }}
     {  ∨/  }:{  ∧.{ {__{ }}       元帥だろうと、元同僚だろうと……今の時代に生きる命だろうと。
.     ∨.  ∨/, ,八  .∧ 「::{ }}
      ∨.  ∨/,   .\ .∧{:_{ リ       ……復讐の魔女を殺す、この役目はだけはな」
    __/_7{ト。∨≠- _ \ }7才′
    }y冱三えx‰ぇ_二ニ-  ーく
  ≠rf≫-≪.  \‰ぇ_   ∧⌒
/ o  ̄  ̄ミ‰ ー=_‰x  .∧
 o         % ー=_云=ァ/,
‰。          % ー=え才7ハ_,
   ー= _        %枩枩伝[ {
ー=ミ   ー= _      ∨え[ ̄∨[
ー=ミ.\    ー= _    ゚.毛[.  V{
ー=ミ\\ .弋(__ー=ァ..,,_ :刈   ]l{
´ ̄`ヾハ }  〉 7⌒Y{  8「  )∨「
-- :、 ⌒{  {{r(  乂,乂 8  ∨( !
   \.乂___ ,,..‰oo%℃   } 7
  %^‰  ̄  ̄  ̄  ̄   rf(__汽[
 {{   %      _)'xr=圦乂__ ヤ
  V,   }}     ≫x( ー=辷{ {
 /^メ「 :7   {{r弋「汽\⌒示{ 刈{
r{うぇ狄ネ{   乂廴__彡仁ニ=く }K



9038◆ZWPv3XrOijyJ :2017/07/03(月) 20:50:56 ID:uwPwzYWE



                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

9039◆ZWPv3XrOijyJ :2017/07/03(月) 20:51:54 ID:uwPwzYWE

                                     __
                                ノノ       )Y    /}
                                ( ゝxY⌒'Y'' ,ノ   〈 (.  /'
                       \、  rx ''代_V,,ノ}x  _,ノ イ j/ /
                         \ ノ{i;iイ弋`Y´rイ Y{ / 乂{) γ
                        \ / {州  ハ ノ   lV{  〉/ ハ  )、
                           _)  〉x{  ,ノ{   ノノ γ 人 ゝ 〈 ハ    ※要約:銀星号に邪龍王?
                       f⌒  / 从 (^ ^)/`ヽ 乂 γ⌒)jノ (
                       乂'イ 丈Vh `Y (vヘノ{ )rミ /}}  _ノ ,ノ-=x   好きに暴れるなり世界を滅ぼすなりしてろ。
                        γ rイァ"   Vミ⌒l⌒》 ノノ^' ' j  ノ ( Λ\㍉
       __           /ミ-く_ノ    }ヘV个V"´}(   {ニ《勹}州il》 .〉'  ただし、ジャンヌお前は駄目だ。
.     ,.ィチ幵幵幵≫        ノ、 r'" _,.    《/ミ 人〃ノxィ   マ}.//州∥/
..   ,イ幵幵幵幵テ(        〈 rv="´   /ノ^''ミ〈ilili〉彡イハ   〈/(o=イ ̄〉
  /幵ァ'¨'守幵幵幵}     _,.ィァ「},.ア    / ;f ノ{  ∨/''  { |   {ィヘ ヘ州77    復讐の魔女絶対殺すマンです
. /幵(     { (幵幵))=r=彡''"´           ノノ/ /ハ¨''ミ{ x 人l   マ_ノ} 刈/
  ̄      ㍉ィヘ(厄(¨´           〈 〈 / }!⌒Y  \j.      jノノテj
        _,ノ弌r彡イ              \}, /l\{¨7∨.     /f彡''     川上モブが好きでやったんです……悔いはない
          )幵幵(ヘ(_,ィ}           Λ〈Λ〉 }∨ /     { {/
           丈幵幵幵幵,′           } 〈lil〉V^∨     乂
           j幵幵ァ' /              jミVィ{  〉
        ィチhv辻少",  '                八f^^Y〉 ,イ
      ´"''ー==-‐'''"               〈ハ∨,イ ,'イ
                              };∨ { ,/!
                          rv {(  \(}∨ {,/{/ //
                        \ 乂\vノ(  /( / {
                 >'''"´    >~ミ ( しノ( ( ノ乂 ノ ´"ヽ    ≫
                  ,,..     < <  -=-ミ ノ


9040◆ZWPv3XrOijyJ :2017/07/03(月) 20:54:11 ID:uwPwzYWE



                                           ,, ─ァ
                                          / /
                                          / /
                               >──< __/ /
                             ,イ ,ィニニニニY_ノi┐/
                               / /ニ/⌒'|Θ|/゙く>
                           | |ニ/  ≠''|  |///
                       ┌────┴‐┴====== ,|-く_
                       l┌──ii─ァ''⌒''<─ァ / \ \
                     _... -‐{.{─<///    ヽヽ"''< __.\‘,
                /    ',', ⌒ソ {   i    ハ ', ,ィ/  `ヽヾ、
            _ム>、__ ム    ',', ̄ ,{--'-、   ノ ̄}}:::::/    \
              /'"¨   ヽ ヽ─, <>´∧>、 `¨l¨´,zzハ:::::{      ∨
           /ヽ     ',, <>¨''‐{::::: } {i{i{iゝ、イ'イ/ー┤ヽ.      ',
          { ',ヽ  `¨ ‘,>´ `¨7::::::ノ`ヽ{}ih。、イi}{|,/  |、  ',  ,,_,,}
            ゝ、 ヽ   ヽ    ',:::::',  `ヾ≧≦ 〉.   {:::Yイイ´⌒ヾ
               <>、ヽ   \   ',:::∧   `ヾ_ゾ.   /  {   /  ',ノ
.            <>.   ',、,, -='>  ゝ. \       ,イ  ∧ , イ  ‘,
        <>.       ',i/oヾY  \_>、   イ┬- /  | __ ',
       <>           {'o _ノ ヾ  /./ |\  ̄´ /〉   >. {ィ:::::::::::::Y
.    <>           人¨_イノ_}ニ/ ̄ ̄\ \/ /`¨´ イ ,ノ'""i ̄`ヽ
. <>              ハ_〉''"ニニニニ=-  ≧s。/ゝ‐''"-=/   }.   ソ
                  <  -=ニニニニニニニニニ≠ニニ',   /   ,'
                 , ィく  -=ニニニニニニニニニニ≠ニゝノ.    ,ニ}
                / /`ヽ   -=ニニニニニニニニニ≠.ニニ|    lニ=-
               / ./    Ⅵ   -=ニニニニニニニニ≠ニリ__ マニニ=- _
.               / /.      /⌒、___⌒-=ニニニニニニニ≠乂r─┤ニニ=ノ´  彡
            /\zzx___ィ  , イ  ',  `´ヾ-=ニニハハ''゙// ̄ ̄|  ̄ ̄      ミ
             ,'___ イ〉::::::::::イ`¨¨¨     ∨、,,,     ,,,.    〉 o  oハ  ,, --‐‐ヘヘ
.           人.   /´ ̄ヾ            `´¨¨¨¨  ゝ'' ゝ_______/wハ{--- イノ  }
.            /  ` '{    }                     `¨‐''"  ',  ヽゝイ‘,.}
.           〈_ノ   ',.   /                           ゝ、 ',  ',  i!
           ヽ    ゝア                              `ヽ.    ',
              |     /                                 ヽ.   ',
            ,'    /                                  ‘,zzzzx
           /zzzzzx}                                   ト〈/¨ヾ
           /´⌒ヾ=}                                       / ヾ o⌒o、
          / ̄ ̄ヽ/                                   ゙ Yzzzzzzzi|〉
         Yo ̄´o_ 〉
         {zzzzzzァ"


     ┏                                                                   ┓
     ┃   十二英傑時代のジャンヌのもとにいた川上モブの一人。                               ┃
     ┃   本などを読むことが多い家にいた為、英雄に対してあまり好意的ではなかった。            ┃
     ┃   というか関わりたくない───ジャンヌは別な!!                                ┃
     ┃   ジャンヌと幼馴染と言うか同じ村の出身であり、英雄に対して偏見も持っていたためジャンヌが    ┃
     ┃   国の危難を救うために立ち上がろうとしたときは止めようとしたが……結果、無理だったため、.   ┃
     ┃   せめてそばで守ろうと兵士に志願した。                                         ┃
     ┗                                                                   ┛



9041 :梱包済みのやる夫:2017/07/03(月) 20:54:19 ID:iM0mViwf

乙。
初代彼氏面院改二かー……()

9042 :梱包済みのやる夫:2017/07/03(月) 20:54:28 ID:JRKIvkCJ

乙乙

これは不屈の気配w


9043◆ZWPv3XrOijyJ :2017/07/03(月) 20:54:52 ID:uwPwzYWE




                                    ≫-‐…ー-ミ
                             /        \_,,..≠え
                                 Y⌒Y   _,,.. -‐==云才ぇ[
                           /乂.._,,..‰oえだ「厂{ {::::「州7
                           ] ∨/, ]rfだ「 .∧ .{ {::::{ }}
                                {  ∨/  }:{  ∧.{ {__{ }}
                             ∨.  ∨/, ,八  .∧ 「::{ }}
                                 ∨.  ∨/,   .\ .∧{:_{ リ
                               __/_7{ト。∨≠- _ \ }7才′
                         }y冱三えx‰ぇ_二ニ-  ーく
                             ≠rf≫-≪.  \‰ぇ_   ∧⌒
                           / o  ̄  ̄ミ‰ ー=_‰x  .∧
                            o         % ー=_云=ァ/,
                           ‰。          % ー=え才7ハ_,
                              ー= _        %枩枩伝[ {
                           ー=ミ   ー= _      ∨え[ ̄∨[
                           ー=ミ.\    ー= _    ゚.毛[.  V{
                           ー=ミ\\ .弋(__ー=ァ..,,_ :刈   ]l{
                           ´ ̄`ヾハ }  〉 7⌒Y{  8「  )∨「
                           -- :、 ⌒{  {{r(  乂,乂 8  ∨( !
                              \.乂___ ,,..‰oo%℃   } 7
                             %^‰  ̄  ̄  ̄  ̄   rf(__汽[
                            {{   %      _)'xr=圦乂__ ヤ
                       V,   }}     ≫x( ー=辷{ {
                            /^メ「 :7   {{r弋「汽\⌒示{ 刈{
                           r{うぇ狄ネ{   乂廴__彡仁ニ=く }K



     ┏                                                                 ┓
     ┃  .──その最後はジャンヌを守るために魔剣の盾になり死亡する。                        ┃
     ┃  .惚れた女を守って死んだ充実感に満たされながら死ぬも、その後は……                    ┃
     ┃  .転生直後は戸惑うも、三大魔王──復讐の魔女ジャンヌ・ダルク・オルタの話を聞き、         ┃
     ┃  .復讐の魔女が生まれたのは自分の責任と断じて惚れた女を殺すために迷いは無くなった。     .┃
     ┃  .自分が転生した理由も自分が復讐の魔女=救国の聖女と確信しているのかもわからずともよい。 ┃
     ┃  .この身と命はかつての罪の贖罪のために使うのだから………                        ┃
     ┗                                                                 ┛



9044◆ZWPv3XrOijyJ :2017/07/03(月) 20:55:24 ID:uwPwzYWE


おまけ


                        -----
                     ´         `
                   /               ‘,
                    _/                 ‘,
                 _//                  ∨_    「───さて、まずは手段を探さないとな。
                   |:::|                 |:::|
                   |:::|―――――‐┬――――‐ |:::|    今のままじゃ、どうにかたどり着いても無意味に死ぬな。
               八 |           l|l          | 八
                  |           l|l          |     と言うかあいつ俺のこと絶対覚えてないだろうな!!
                 !         |        |
                  ‘,        l|l         ,     よしんば覚えていてもあの部隊の誰か程度だろう……言ってて悲しくなってきた」
                      ‘,       |        /
                   ‘,   __l|l__   /
                   / ̄ ̄ ̄[__] ̄ ̄ ̄\
.       _   ____  <―――――┴―――――>  ___   _
.       \Χ   \   /:::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::\   /  Χ/
         / \\   \ \:::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::/ /   // \
       / 「|  \\  \ \:::::::::\:::::::::::::::::::::::/:::::::::/ /  //  「| \
..    /  l !    \\  \ \::::::::::≧=--=≦:::::::::/ /  //    l |  ∧
     /     !       }   \o \:::::::::::::::::::::::::::::/.o/     {         |   ∧
.    /     l !        /       ヽ/\::::::::::::::::::/\      ∨      l |   ∧
   /    l |      /--------"     \_/     -------- \     l |   ∧



             「武勇:【1D100:22】」   「魔力:【1D100:6】」   「統率:【1D100:29】

             「政治:【1D100:60】」   「財力:【1D100:52】」   「天運:【1D100:21】」   「才能:【1D10:8】

 転生ボーナス全ステータスに+10

1.天運を捧げよ……。
2.凡人(補正なし)
3.秀才(能力値二つに+10)
4.天才(能力値二つに+20)
5.大天才(能力値二つに+30)
6.凡人(補正なし)
7.秀才(能力値二つに+10)
8.天才(能力値二つに+20)
9.大天才(能力値二つに+30)
10.!?


9045エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/07/03(月) 20:56:00 ID:liJKOJ2u

圧倒的モブ兵士………!

9046 :梱包済みのやる夫:2017/07/03(月) 20:56:19 ID:5OIxKJRi

これ内政家ぁ!

9047 :梱包済みのやる夫:2017/07/03(月) 20:57:02 ID:SGYRcNun

モブ、圧倒的モブ

9048 :梱包済みのやる夫:2017/07/03(月) 20:57:05 ID:sWUlJTnA

男の子にはなぁ! 意地があるんだよぉ!!(意地でどうにかなるとは言っていない)

9049 :梱包済みのやる夫:2017/07/03(月) 20:57:25 ID:iM0mViwf

あーうん。英雄が嫌いなのも納得がいくステだわ(政治の高さから察するに)

9050 :梱包済みのやる夫:2017/07/03(月) 20:57:25 ID:pJ0wI4E4

なんで前線におるん??????
多分これ元帥、自分の補佐に欲しかったのでは???


9051◆ZWPv3XrOijyJ :2017/07/03(月) 20:57:47 ID:uwPwzYWE

よしザ、平凡だ
武勇と政治に振って……

             「武勇:52」   「魔力::16」   「統率:39」

             「政治:90」   「財力::62」   「天運::31」 

……あれ?

9052 :梱包済みのやる夫:2017/07/03(月) 20:57:49 ID:mWa6BBN1

生い立ちの設定を拾いつつモブ兵士であることを補強するダイス

9053 :梱包済みのやる夫:2017/07/03(月) 20:58:22 ID:rZb+bzty

これ、モーさん戦で魔剣の攻撃の余波の方で死んだからギリギリ魔剣に魂喰われなかったのでは…?

9055◆ZWPv3XrOijyJ :2017/07/03(月) 20:59:22 ID:uwPwzYWE

い、以上です。
楽しんでいただければ幸いです。
ありがとうございました
(なぜダイスが設定道理になるのだろう)


9058 :梱包済みのやる夫:2017/07/03(月) 21:00:44 ID:sWUlJTnA

おつおう

9059 :梱包済みのやる夫:2017/07/03(月) 21:01:36 ID:5OIxKJRi

乙―
ジャンヌは普通の村娘だったんだから、こういう奴もいたんだろうなぁ…


9060 :梱包済みのやる夫:2017/07/03(月) 21:02:46 ID:pJ0wI4E4

乙でしたー。
この世界でも、男の子の意地は通用するのか、見せてくれぇ!


9061 :梱包済みのやる夫:2017/07/03(月) 21:03:08 ID:rZb+bzty

おつー

9062 :梱包済みのやる夫:2017/07/03(月) 21:06:15 ID:9SZqdr0i

おつおつ
頑張れ彼氏面院(ぇ

9065 :梱包済みのやる夫:2017/07/03(月) 21:14:09 ID:1PbzHRb7

乙ー
圧倒的モブ!
でも魔王を倒すのはこういうやつなのかもしれない











一覧
関連記事

[タグ未指定]
[ 2017/07/06 21:00 ] New 最新追加スレ 魔剣物語 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

7月!
2017年も後半に突入ですね。
それにしても、暑い……
猛暑だったり熱帯夜だったりと、熱中症を始めとした体調管理に気を付けないとですね。
台風もボチボチ発生したりもしていますし、そちらも色々と気をつけましょう。
そして寝苦しい夜のお供にはやるぽん!なんていかがでしょう?


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で6年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



FC2カウンター