魔剣物語AM二次創作 軍神を逐う者 四幕 やるぽん!

ビルド第7回 ナイトローグの正体が! おかげで、なんというか、スタークに比べて小物臭がしてきますね。。 そして物語の鍵になりそうな葛城博士、かなりのマッドっだったぽいですね。 ここからどう物語が進むのか注目です。

魔剣物語AM二次創作 軍神を逐う者 四幕

6197◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 19:23:47 ID:16WoSDJ3

抑止力の皆様こんばんわ。エイワス様はまだご帰宅ではないようですね。
ところで今日はリプレイ様は予約なさってましたっけ? 昨日破損したデータ
5割戻したー、までは見ていたのですが。

100年戦争暁帝国編 「軍神を逐うもの」4幕が上がりました。

いつものように72レス+6レスほどお借りしたいのですが、リプレイ様が
おいでしたら私は引っ込みますw なぜなら私も読みたいからだ!(バンバン


6198◆HWxoxc5sLs :2017/07/31(月) 19:26:03 ID:vuK4pUu3

酉付きで失礼します

>>6197
現在復旧作業中なのでどうぞお気になさらず!
現在7割まで復元させましたが今日は無理なので大丈夫です!
お気遣いありがとうございます!

それでは作品を楽しみにしながら失礼いたしますー。


6199◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 19:31:37 ID:16WoSDJ3

>>6198
ご丁寧にありがとうございます。いよいよ物語もクライマックス、VSクソエルフ
超楽しみにしております。そして自分で書く時の参考にする(ぉ

では、他にどなたか居られなければ、19:40あたりから始めさせていただきます。



6200 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 19:32:49 ID:sd4KOBWL

ひゃっはー!新たな投下だ!

6203 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 19:40:24 ID:ND8F+r68

投下だー!

6204 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 19:41:05 ID:oXZjiD0p

わあい

6205◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 19:42:57 ID:16WoSDJ3

それでは、時間になりましたので始めさせていただきます。

※剪定事象です。

※一部キャラ崩壊アリ

※魔剣ダイス超やべえ。

以上が注意点です。それでは始めさせていただきます!


6206◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 19:43:32 ID:16WoSDJ3




                           ――私は学ぶ。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



 ・ 暁帝国歴53年    各部義体の完全規格化・量産化開始。




              ペルフェクティ・モーター
 ・ 同上          電光機関の改良。エネルギー効率上昇、また使用時の人体にかかる負担を低減。

                半生体素材の開発、併用により、10時間を超える無負担連続稼働実験に成功。





   ,.'                   、`、  |      |          ヽ |
   ,'..        バ⌒ `i≧     ,'  |  |      |          - ‐〈 .|
  ,'        ハ     从 ` -=-'´ /  |      |            ノ  |
 ,.'        Λ      `、` -=- '´   .|      |           {  .|
,.'        Λ        从       .|      | : : : :. . . .....  _ノ  |
        Λ          \  ≧  リ     ソ     r ' ´ ̄   /
       Λ        _    ヽ   ≧ `Λ  /      /  \   /
      Λ          .\、 ̄:::`==== -从/ 、    /    \/
     Λ            \` 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::≧  / 、
     Λ               \ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ /|
    ハ              /´  ̄二ヽ 、:::::::::::::::::::::::::::|:::Y:::\
   Λ ヽ            ./二二二二二二ヽ::::::::::::::::::|::::|!::::::::〉
  Λ               /二二二二二二二`ヽ::::::::::::::|'⌒l::::/
 Λ               ./二二二二二二二二二\::::::::|   ∨
Λ               /二二二二二二二二二二二\!\ツ、
                ,′二二二二二二二二二二二/  ∧
               '二二二二二二二二二二二./    ∧
              /二二二二二二二二二二/|    〇 ∧
             /二二二二二二二二二二,´         ∧





                                    ブラオ・アイゼン
 ・ 暁帝国歴54年   義体・携行武装用 超小型魔導炉 「焼硬鋼」 (俗称ブルー・ランタン)の改良・完全規格化、

               量産開始。これにより、魔力に乏しい一般兵も魔導兵装を使用可能に。




                              フリズスキャ‐ルヴ
 ・ 同上         最新鋭超大型魔導炉心 「全能の玉座」 試験運用開始。進捗率60%。



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





                       ――ひとつの火を灯す。




6207 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 19:43:39 ID:DAzdHfZz

全ては剪定事象なのだ

6208◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 19:44:44 ID:16WoSDJ3



                         ――私は造る。





――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



 ・ 暁帝国歴55年  生体―半生体接続新素材の開発に成功。順次規格化。これにより、手術時のリスクが大幅に

              改善。また、義体接続部分の損傷、壊死の可能性が激減し、安全性が大きく向上。



 ・ 同上        新型鋼化神経による、神経系の完全再現に成功。これにより、義体を動かす際の精度・速度が

              格段に上昇し、魔力消費も大幅に改善。完全全身義体の開発に着手。





                            ヽ >x、 .ト    、   l /zイ/
                          _x― / ̄ヽ.l\  _ _  ィ/i / ̄\― 、_
                      }:::::/   ヘ/l≧>  <≦:::lゞィ   .\::::{
                          ! ´   ノ、ノ-、l:::::::::∧∧::::::::::::::ヾヘ __Y
                        ィ ´  ̄ |>x:::::::::::::ィ∨∨<:::::::::::::x<l    ` ミ
                        l  ____l ゝ `ll ´ / : ∨ ヽ. ̄ll´  Y.!-  .   .l
                         l ´    l l  .ll /: : : : : : : : ` x  .l.!   ` 、/
                      l       !l.  ll .i : : : : : : : : : ィ´  !!     /
                         l     lャ.  ll !―-  ´ ̄  ll  /!     ./
                           l     lヤ  ll o      o.ll .l !     /
                           l     l ヤ. ll o      o ll ハ     /




 ・ 同上        全身義体用生命維持システム、完成。開発に王手。




 ・ 同上        「全能の玉座」 開発進捗率85%。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





                        ――またひとつの火を灯す。




6209◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 19:45:46 ID:16WoSDJ3




                       ――私は歩む。





ー――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                  コモン・サイン
 ・ 暁帝国歴56年  各種魔導刻印式の一部公開。民生用の魔導機器に応用される。




 ・ 同上        「全能の玉座」完成。運用開始。





// /    ≦ ̄/ i {   ヾ  / .小. ‘,レ彡^ー"  rイ ハi リ !::::::::}
//  ././   /   | |    \f{ { ! ハ 〕 !       ´¨ } }!   !:::: /
/  / //{  |    ≦  ̄\  ||Ⅵ !{‐} ||        イ リ  |:::/   r=ミ.
 / // 八.  !∠___     ー||へ≧ ̄ミゝ  ー=彡/     }/  r┴ ミ
./ / / V 、  ‘, ヽ    {! ヽ   {i   ‘, ヾ} 、  { /    / ィ: : :ヽ<
i / /   ヽヽ  ‘, ヽ   ‘, \ ゞ=-    |     !   > ´   i |: : : : } ハ
|/ /      ヽヽ }  ‘,   丶  <    /     ト、r〔-‐、   人>-<ィ: :!
| /       ヽ/    }    ‘,   `¨>―=彡>- {、 }イ:::::::ヽ ///ヽ{r-v=彡
|:{-===ミ  / ./   .トミ 、 }      /:::::::::::::::厶ィ   > }、::::::::L ./   ! i
|ハ __ > .∠′  / ヽ. YY      {:::::::::::::::::::::: |_ / .ハ \::::く.{.  ! i
, \__彡  /   厶] ‘,i }     }:::::::::::::::::::::::::レ{  { ‘, \::〕  !_ i
.ヽ  ヽ   -=彡 ./  }  V,     !:::::::::::::::::::::::::::::>┤_.‘,  ヾ r、!ト、}
ト=‘, ‘,___彡      !  リ     /::::::::::::::::::::::::/   ‘,    i}{ !ヽ_)
ヽヽ‘, ‘,     -=/ ./     Y::::::::::::::::::::: /     /o  o ハ!⊆,}
ノリ ‘,  ,  =彡 彡 ....:::≦ ̄ ̄::::::::::::::::::::::: /     f{    }i{  !  !=ミ __
彡   Ⅵ }r‐ > ´ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     i{o   o,i{ .! {ハ ヒ彡
      i .リ /   ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      i{    }i /` ノ ! }└rハ
   / 八 {     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       i{    }i {└"  }  }
-=彡 /  ヾ   └、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠_     i{o   o}/⌒ヽ  .厶斗/
ー=彡    \   }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    ー―――一 {    }/  /





 ・ 同上  初の完全規格化全身義体「エレクトロゾルダート」完成。“亡霊師団”の一員、

        アドラー氏へ施術実験を行うことを決定。計画は最終段階へ。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





                    ――たくさんの火を、灯し続ける。





6210◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 19:46:45 ID:16WoSDJ3




                     ……世界は巡る。





――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



 ・ 暁帝国歴54年~  アビス近隣の“黒い森”近辺で、探索中の冒険者の失踪が相次ぐ。



 ・ 暁帝国歴55年    ナトゥーラー近郊の黒い森深層にて、七天とその配下、魔人との交戦で初の敗退、撤収。

               英雄級と推察される魔人との遭遇、交戦記録が出始める。



                                   ________
                                 ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/〉
                                ./v√v ̄w ̄レ ̄ ̄'7/
                                /           //
                         /レ''''v~~W~~~~` ワ' ̄/     .//
                        /  / ̄_ ̄.|   /_/ /     .//
                 /W~~~|/V''|/レ'~~ 7 _/   /    7  .//
                /   .___    / く   / ̄/_./ ̄  .//
               ./   / _  |   /._〉 /  /         //
         /|/|/~~V''i/~~レ'7 /   /  /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.//
        /   __     .//   / ̄  /.三三三三三〈/
       ./   /   /    ./  ̄/  / ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /     ̄/ ./    ./ ̄ ̄ / ̄ ̄
     ./    ./ ./     / ̄ ̄/
     /    /  /     / ̄ ̄
   /      ̄ ̄    /
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



 ・ 同上          オルレアン、ガトリング、マテリアル、ヴォルラス辺境都市群、名称を通り名であった

               通商同盟より、姉妹都市同盟ホーライ(通称:四姉妹)に改め、統合通貨の鋳造を開始。

               各都市の評議会による議会制連邦国家として名乗りを上げる。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





                      時計の針は進んだ。





6211 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 19:46:52 ID:elY9GP3+

……待て。アドラーかよ。ちょっとそいつは……(汗

6212◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 19:47:54 ID:16WoSDJ3





                            ……風は吹く。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 ・ 暁帝国歴56年   ウイング辺境にて、国境警備隊が敗退。英雄級魔人、凶暴化した猛獣を率いてウイング、

               アビスの国境地帯を分断封鎖。両国から軍が出動するも、戦況は膠着状態に。



 ・ 同上         暁帝国周辺にて、魔人の目撃報告が相次ぐ。





      / ::::::::::::: | |   |::::::ヘ、‐'´    l、r 、       |::::::::::::::|
.     /:::::::::::::::::::| |   |::::::::《      └  ′      |::::::::::::::|
    / l|::::::::::::::::::|l|  /:::::::::∧                  从:::::::::::{
    |l j|::::::::::::::::::|l|. 〃|::::::::::::ヽ     _ ニニ_=ー    / |:::::::::::::::\
    || l|::::::::::::::::::|l| / |::::::::::::::::\   ´ ̄ ̄       / . |::::::::::::::「ヾ|
    |l j|::::::::::::::::::|l| / イ::::::: rr‐|\        / 「ノ/|::::::::::|彡ヘ
    || l|::::::::::::::::::|l|/::/_/::::::::: ||:::::l ヽ  j|il|li、 /   |{:{ .|:::l|:::::ヽ  \
    |l j|::::::::::::::::::|l|ヾ∨::/}:::::::||::::::|   \jl|il|ili|{/   | ンノ::小:::/   _>
    || l|::::::::::::::::::|l| 〈::::{/:/ ||:::::::l     ̄ ̄       | 〈::{ | {:{    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄≦_
_≧|l j|::::::::::::::::::|l|  ヽ::{::{ /||:::::/|            | ヾ〉ハゝ          辷彡
≧  || l|::::::::::::::::::|l|    ノノ { ||::::| ′          ノ  /             三≦
 ̄  |l j|::::::::::::::::::|l|     / ||::::|           /  /              ミメ、





 ・ 同上         石動雷十太率いる「四姉妹」警備隊“新古流”、大規模な会戦の末辛うじて魔人勢を退ける。

               敵戦力の大半が、魔人との混血児「黒帽子」の若年層と、人間の戦奴で構成されていた。



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





                       ……またひとつ針は進んだ。






6213◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 19:49:09 ID:16WoSDJ3




               こうする間にも時は流れ、私たちを押し流そうとする。

               だから私は進み続ける。




ー―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――




                               !       i             γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `Y´
                           ,L. __    /'              |   おっと、いたな。  |
                           Y´ ̄二 /〉                  ゝ________,ノ
                            |       /!
                           |    ./ 」!
                               l       !l           /
                              |        |ム
                            │     | ∧         ──
                                !      |'/∧
                                |        ! /L_        \
                               |        l / ̄〉
                              |       |  /∧
                             |     /`i ′,∧
                            |L... _     │ /'/∧.        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `Y´
                                 「 ̄ `   /  ′/ ∧.       .|    ――カティ。聞いたぞ。     |
                              |..__ , /〕、   _」.       ゝ_____________,ノ
                            / ̄ `   ̄|    ̄ ,〉
                               ∠.. _     /!-‐=ニ />
                         ∠ ̄   ̄二ニ、 厶-、 , '/ 〉
                      r‐=≦ ̄ `      ∨   //`ー'´
                      iL.. ____r‐=iニニ」二ニ´/'








                           ____
                ____   z≦     ∧
               〈               / }    `Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                ` r――――――― <__/      |   ――将軍? いつこちらにお戻りに?   |
                   |r._<         ◇   {       ゝ__________________ノ
                    「ー<[[{三三三三三三}
.                  lr≧! .|≧zx         l
                 ハ〈ぅl 代弋サー- _ ィ
                / x≧ヘ l  ̄     /k
.               / ∧`< ト、   _ _' .イ l >x       たった今だ。
              / //∧    ̄7、 ..ィ l l >"´
.             / /////    /` Y7  .リ´         それより聞いたぞ。
.              / //>´` <  ∨-<ヽ∠
             / > ´      ` ーヤ 1 } ` <        ついにやったな。十代では初の快挙だそうだ。
.           //          }  ! ト、     ヽ
           / {     > ´  / l   l ∨   .Y
.          / .∧_> ´    / ./    ∨ ∨ |      教導出身の先輩として鼻が高いぞ、カティ。
          /  {        ./  / _      \∨ |
.         /  .}      /    7  ` ーく⌒ ∨}      いや――
        /    l    /      /     ∨   ∧
.       /  ./.l   /       / O    =Ol∨    l
      / // .l /        /       l ∨   l
.     /./ ./ /ー´         ./   O   =Ol ∨   1
     / ´  / i          /______∠__,∧   l
       /  }         /    } }Y  Y} } | .∨ .|
.      /  l         /____}_}ヘ___ヘ}_}__」   ∨.!
.       /  .l        /     O   =O l Y.  Ⅵ



6214◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 19:49:50 ID:16WoSDJ3



           //    /     / IVWⅣ\      ヽ   ヽ
           j j!    i     /         ∨     |    iヾ    `Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
           | !|    |     /____    __∨    .|    i.l|    |   ミュカレ博士。    |
           |:!i    、|    /__  ̄`   ´ ̄__ ∨   |    |j|     ゝ_________,ノ
          i:i|    i'|    〃示心、 ヘヽ: :! 〃テ心'7__  i',    i
          ',j    'i   i i, 弋Zン ノノ ̄ヘヘ 弋Zン´ノ   i j    i
           |    ',i   `'======イ     `=====イ   /!     i
           i     i',i  ハ       :l      /   / 7     !       ――ありがとうございます!
             ,j     i ',   |ヽ    __    /,イ  /  i     .|
          7     i ヾ  .! \.  `  ´   イ i /  j     i
            j      i  .\.!  ノ>、  _  イ:|、  |/  .7      ヘ
            /     i', i  ヽ / :|      :| \      i7.i     .ハ
         /      i i |    ,イ .ノ       ヤ ヘ    |.i .|      ',
        j      .| | | , イ::  .i          |  ヘ\  |.| |      ',
        7       | |,イ::::/   .',       j   ヘ::::\::i |       ',
       7       イ:::::::::/   _, ',_    _7 _   ヘ::::::::>、       ',
       7     /::::::::::::/  _ノ::\ヤ `  ´ .//ヽ、  \::::::::::::\     ',
      7     /:::::::::::::/_, -‐'":::ヽ  ハ    7/  ./::::>--、ヽ:::::::7::ハ     i


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



       ――そうして、19歳になった私は。


          暁帝国最高の頭脳の一人、一番最初の目標であった“博士”の称号を手にしていました。





6215◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 19:50:18 ID:16WoSDJ3


                           _
                   ̄ `´       ` 、
                ´           ` 、 \
               / .'   {  、 \  丶  、  、.丶
.             '.:  /    ',  \ 丶 、 \   、 ヽ  、
          '.::  ' .i  . ヽ    ヽ \ 丶. ヽ \ 丶`
.          / .:  ,'.i    ',  \.ヽ   ヽ 、` ._ヽ ヽ     \
          ' ,   .l、 !  ヽ、  丶. \   ヽ> ` - _   ヽ \
        ' .!  !.{  ', 、  ヽ  ヾ\ ` 、 ヽ.! .} ̄  ‐-  _ ヽ 丶
.         ' ! .{ i !ヽ  、 ヽ \ヽ、ヽ_、._ _ \.r 、 ヾ、   `ヽ 、

         ――魔剣物語AM  軍神を逐う者――

         , !、 ゝヽ    ; \ 、ヽ    _-ニニニニニニニニニニ二|
         , .!\ '、∧ヽ ノ   ` 、` r=ニニニニニニニニニニニニニニ}
         , ヽ_ヽ  ',丶   _   _   l ::, 'ニニニニニニニニニニニニニ'、
    __-‐=、ニニ'、 、ニj>、  ‐   ,! ::::, 'ニニニニニニニニニニニニニr‐ 、
   / _ 'ニニニニヽニニ\ニヽ > ,. イ,. ! :::::., 'ニニニニニニニニ!{:⌒ト,ニニト:,. }.ト、
   l. ::., 'ニニニニ\ニニニニ', / ._ヽ⌒l. ::::::::, 'ニニ>ィ.ヽ'.ニニニ{乂ノ }ニニゝニィ=-ヽ
.  .l. :::::, 'ニ二二二l ` 、 `ヽ<ニ!_,. - ! ::::::::, '=ニ{.!::. .j '二二>-ィ-‐ ̄_,, --
.   !. :::::::, 'ニニニニ!       ,ィ 亠/   !. ::::::::::::, 'ニヽ ー' .ノニ=‐ ̄_‐=ニニニニ
   , ::::::::::, 'ニニニ,   ヽ::::.、/ '" /.::'" .! :::::::::::::::,. 'ニ>=''" _‐ニニニニニニニニ
.   , ::::::::::::; 'ニ二二〉  _=-{  ::{'"  ./ .:::::::::::::::::,.  ̄ _‐ニニニニニニニニニニ
   .:::::::::::::::; 'ニニニ{::.  , '"ヽ _ :! ヽ ./ .::::::‐=¬‐-<ニニニニニニニニニニニニ
  , .:::::::::::::::::::,.'ニニ!: / / T!j ノ ト.! ,:'"イ二)   r‐_`'<ニニニニニニニニニニ
. / .::::::::::::::::;:::l__'ニ=/ ./-―- .l , l.!,‐=ニ>'" ,..__ `マニ>、.\ニニニニニニニニ
./  ::::::::>'/>''" / ./::....    / i .}.l;,   ', .ト、 マ二\ ヽ二ニ\. マニニニニニニニ
.ヽ_>'" /,.:/ ,. /廴___l .i ! ', 、  } jニヽ .〉二二ー'二ニニヽマ二二二ニニニ
    , ' /'" , ' /  >///ニ/.! ! ',  ヽィヽ二二二ニニ―-二二二二二ニニニニニ


6216◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 19:51:11 ID:16WoSDJ3



            ――この日、私たちはひとつの正念場を迎えました。

               ワイルド・ハント
               “亡霊師団”刷新計画の最重要課題。完全全身義体“エレクトロゾルダート”の

                起動実験です。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 `Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
  |   ――さん、  |
  ゝ______,ノ


                    `Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                     |   アドラーさん! 聞こえますか!?  |
                     ゝ________________,ノ


    `Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
     |   聞こえたら、サインを! 事前の打ち合わせ通りです! アドラーさん!   |
     ゝ________________________________,ノ


                         /
                         , ゝ __
                       /        ` ‐ - ,
                     イ                 ` ‐ -.、
                                  ⌒丶、     }
                                 `ヽ    \^~!.  ;
                                   \   .\  .{        ム……。
                     `ヽ        `f,     ` 、  .\'
                       ヽ` ‐-、     ‘‐ _     `ヽ  }        う、おお、お……!?
                        ヽ  ‘ ヽ   ゚, `7     } /
                         ヽ  ’.,    ., 弋 入   ム'´
                          ヽ__ )ゝ   }  ,イ    /
                                /   ノ  .乂 < ´
                               , /         ピク……
                             ゝ'


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


        移植手術は完璧だったはずです。データを見る限りバイタルも安定しています。

        それでもつきまとう不吉な予感を振り払い、私は彼に呼びかけ続けます。



6217◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 19:52:19 ID:16WoSDJ3



         l⌒l     /⌒!
         |  |     /  / /⌒l
         |  |   /  /  /  /
         |  |  /   /  /  /
         |  |  /   /  /  /  / )
         j   ∨  l  /  /   / /
 ( ̄`ヽ   /   ‐- .._レ′  | / /     グ……
  \   \_/       `ヽ、   /
   ヽ      \         /
    `、     ヽ       /
      ヽ     |      /
       ヽ、__        /
      /   ̄        /
     /   /    ┬‐'"
    ,′       /
    /        /



                                  , -―- 、
                                 /       \
                               /          /
                              /        /
                            /         /
                             |i        /
                                /|l:、       /
                            |        /
                            |       /
                             j       /  ̄ ̄`ヽ           ――ビッ!
                          广}     , //      |
                          / \_  l/′     \       ,r=ミ
                        /_   _ /     //   ヽ    /  i}
                        ___/   l\.   /      /´    |  _.'´     !
                      /   \ l  _ /       /      /ヽ'"´       /
                     /    ー―く |      /      /        /
                    \  /      l、\、  /     /   ,r=='"´
                         入l   ―-  \__/      ./` ̄¨´
                     ヽ 〈    `! 卜、\   /
                             ̄\__ 丿/  ` ̄¨´




                              __
                         .  ´  _   `  .
                                /  ∨    ヽ
                            /   /、z≦ニ∨    ハ
                       lイ ソ ≧゚-イ .| ├、 |
                         Ⅵ、   _、  .|/レ ノ レ
                         ' ヾ三ノ   丁 /V
                         ',__  ≦ |′
               ムク……       __}  -―┴、
       /´〉     _               ///[二]  -┴―- 、      ……やあ、おはようカティちゃん。
    , 、  } {     〈 ヽ      _, xz≦三三三≦┐く/ ̄ ̄`ハ
   .} |〈  ヽ     〉. 冫   /ニLfニ三三三O/./ /        !
  r.〈. \ヽ  ` ー- /  {     / ニニ0三三三/ //―- ミ     l         素晴らしい……とても爽快な目覚めだ。
  }  \  ̄ヽ      }\  f ニニ三三三/≦≠      \  ,'
  〈ヽ__         /   \! ニニ0三三三 ∠__       ヽ/
  ヽ_>―-ミ     ./    } \三三三ニ≧彡   `ヽ、    /
        弋 、  /   /    `≧≦三ニニ     }≧/
         ヽ<    /      \ ヾ\     /ニ/
             ` <三≧            i}   /ニニ/
                >三三≧         ./ ニニ/
               f三三三三三≧x_x≦ニニニ/



6218 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 19:52:53 ID:DAzdHfZz

亡霊は鋼の肉体を得て蘇る

6219◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 19:53:32 ID:16WoSDJ3


 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  |   お……!  |
  ゝ_______,乂
                                        γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                        |  おおおおおっ!!  |
                                         乂_________ノ


        、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人___人__人__人__人__人__人__,
       _)                                                (_
       _)_         ┃                              ┃ ┃        (
       .)     ┏━━ ┃                         ┃ ┃       (
       _)            ┃                 ━━━━  ┛ ┛       (
       _)            ┃ ,╋ ,╋ ,╋ ,╋ ,╋ ,╋         ┛ ┛       (_
       _)                                              (_
       )                                                  (.
       ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y .


   キャー!                      ワー!
           ワー!                                パチパチパチ
                                                        ウォー!

                                            f,} イ {  r.、       パヽ
                                           ノ    ヽノ }       .} `´
                                           ヽ      /        ‘.   .{
__                                         _>=ミ、 _ノ        ヽ_, ィ
_   `ヽ                              _r- 、     / ̄ ̄`ヽ   _     __ >イ´:
_>    \                            ヾ'  {   ./::::::::::::::::::::/  __>:.:.`ー' ̄< ヽ::::::
ヽ    _⊥                         __  >^\ /:::::::::::::::::/  ア:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ァヽ::
 `ーイ/ ̄`ヽ   r-、          __r、    , <:.:.:.:.:ヽ \:::::::7::::::::::::::::::/  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ ヽ
    く:::::::::::::::::‘.__ 厂Yヒァ-- 、 とア\ ヽ___>x ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}.  ヽ/::::::::::::::::::/  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
ー-、ハ:::::::::::::::::::V:.ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ > ⌒ヽ  Y ヽ!ハ:.:.:.:.:.:.:.:./   _/::::::::::::::::::::ヽ  Ⅵ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
:.:.:.:.:.} /ヽ:::::::::::::::::V/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ::::::::::::}'´¨`ヽ ヽ ヘ:.:.:.:,、イ><::V::::::::::::::::::::く   ハヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
:.:.:.:./ .}:::::V::::::::::::::::V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:::::::::/!:.:.:.:.::ハ  >^⌒> ´ ̄ ̄へ::::::::::::::::::::ヽ  }::}' \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./V /
≠^ー'::::::::V:::::::::::::::::V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Y仁!>==イ_> ´:::::::::ト-、:.:.:.:.:.:.:.:∧::::::::::::::::::::::`<ニヽ ヽ:.:.:.:.:.:./イ /:::::
:::::::::::::>::´^ー=-::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:ハ!¨¨¨ヽ   {::::::::::::::::/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:./:.:}ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::` ̄^゙V^'^ヽイ:::::::::::
>:::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:.:.:.:.:.:.:.:.:ハイ::::r^ヘ::{ー- }:::::::::::::/:.:.:/ヽ_:.:.:.:.:.:/!:.:ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>へ:.:.:hイ ././ヽ_L=<_|___!::::::::_ノ:.:.:/>-=^ ̄ゝ._}:.:.ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::>< }}   ヽ|  /./   \  ヽ   }_:::/:.:.:.:./⌒ヾx    ヾヘ:.!ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::><{ り  .L======_/    ⌒ ゙Y:(_ ^¨).イ   ヾ=====”.ヽ_}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;
>< ||:::::::::V  .}!          , ー 、    ∧_ア´`!           i   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
:::}リ  |}::::::::::ヽ_ハ       ./:::::::::::|`ーイ   | ヽ    /!      .ト--イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{
../   .|}ー--イ  〈`ー-~---く::::::::::::::|   :|  |  \  /::::::ヽ  x===く  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


       ……実験は、無事成功。データには全く乱れもなく、アドラーさんは目を覚ましました。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                           /   / ̄ ̄ ̄ \ `丶、  \
                         ,. / ̄\ i /^\     ∨  ∧    ‘,
                        /./  __‘, !{〕"⌒\    ∨  ∧   ‘,
                        ,  ./  /" ̄ ̄     __‘,   ∨   |     |
                    /  ,′ ,{       / _‘,_,  'ト、|     |
                      /  {   {| -―≧    .ィうiテト...   ',||     |
                      ,′ | 圦 _ィうテミ.    .V::..ソ‘,  :!ノ|     |
                    :i   ∧  { ヘ. V::.ソ       ゜‘, {′!     !
                    :|    .∧ :圦‘,゜   `__   :}∧ ' __∨   :|
                    :|     ∧{  `丶   マ⌒ソ  /}/∧ :!//∨.  ',
                    :|     ト、  , 个s。. ` ´ / _}//∧!/__ ∨  ′
                    :|     / \ ___  マi〔r≦://// }|'//,\ 、.  〉
                    :|    ./   ̄ /⌒\丶 }! i//// }|/////\ /
                    :|   /    .///////>/`ト<////////////\
                    :|  ./    .///////////   ///////////////\
                 ∨ /    ./////////// `ト-イ ^ト、//////////////
                     }/    ./////////// /  :! :| `ト、///////////

6220◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 19:54:43 ID:16WoSDJ3



              /    \                -====ミ
              /      ∨  __        /       \
           ,      ./\┴ 7  `弌s。._  /           ‘,
             /     /    _\,/xj)、   寸k7      __       |
          ′  ____/   厂¨⌒´ ‘,  Ⅵ    ∠ ,_     ,
          i|     ∨  __/__   , ___   vゝ-f'"    \    ′
          .人   ./   _/____    _ _‘,   Ⅶ_,        〉 /
            \./ i|   ,.ィ=ミ、   ァ==、   |¨7        / /
             / ./|  i|。,,    。 ,, |  .|/       } ./
     グス……  .| ∧ 、 小.゜  `   |\ | ∧|        / /         ……おめでとうございます、アドラーさん。
              l/__jkヘ i|个 、 マ .フ |  ` | / j!フ     / /
              7 个iト、 \__ . ィ|  .ノ' _∠ ._     〈 {             手術は成功しました。
             //  __>z /∨___/ア´  /∧    、V
             , / 厂  __∧/、ア      /i|     ∨
            /´  i|  _>'⌒  /^\_、     /∧.      ∨
        .//    j| 7 /      i| )k、    イ       ∧          お加減は大丈夫ですか?
       ./ ./    〈 ./  O    O i| 厂 \∨ i|      /∧ 、
      ,   /     j ′j{       j{ }     フ} i|       ノ  ∨      どこか痛む所や、動かない場所はありませんか?
     .八. 〈       .}i{ i{       .j{ /   / 〉 i|      /   }
       、 ∨     j圦 i{ O    O.j{/   / /  ',     /   .人
        \V   / ∧{         ./   /  {   ∨   /   /
         )ゝ  / ./  、      j/   ∧_ 八.   ∨  〈  ,
          / / /  ∧  \    /    V  〉ト、 、  ',  ∧ 〈
   .      〈_/  ′ / ∧  弌=  イ    i| / ノ ト、\  ′  \ 、
             j / /∧   V .′   .i|\/ /  \V∧    \





           -==-< ̄   、
        /       、i|     \
       ,   /     ̄`\       、
        /   /      /  ⌒Y \  ,
      ′   |     ′  ∠Уヘ、∧ ′              ああ、安心してくれたまえ。
     i||  i|.     |  ./     ∨∧‘,
     i|∧  i|  i| | |     _∠|个ー              極めて快調だ。あれほど辛かった肩こりも関節痛も、
     i| i| |  i| |ハL___j  ,x苡 ||
         Ⅵ∧   Ⅵi| |苡 厂 ,^ー=个i                私を悩ませた偏頭痛もない。
         Ⅵ  、  Ⅵ | イ    ',    |
          \_\ Ⅵ !    ′   八
          r=i|f\(   _ -_フ /___r 、__,ヘへ、      それどころか、視界も音も20代に戻ったかのようにクリアだ。
          | /⌒> .,_  ̄   /|     | | | |  丶、
         // 厂  /⌒`ー-彳1       L_|_|__j    丶、  そう、今なら――
        //       /⌒ヽ_ノ ノ
   -==<__/       ∠_   _j/         |    ̄   /
  r===ミ r/       /}   ̄ ̄]|       rヘ |     /
  |    厂¨ ‐= _/ ,′ -= ¨       Vソ .|_    /
  |    j{      j{  厂                  | ` <
  |     j{_     j{  / ヘ                  |    ` ー<
  | /  ′` ‐-  __/{__ソ           rヘ  |
  ∨  ,′    /  j{               Vソ ∧
  | ,′   /   .j{ rへ             /  〉
  | .′  /    j{ Vソ           rヘ 〈
  .〉j{         j{               Vソ  |┐



6221◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 19:56:00 ID:16WoSDJ3

       _            __
     _/ /_         / /
    /_ _  /     _   / /
     / / / / LフLフ/ /  L/
    / / / /   // ∠フ             -― ヘ 、
     ̄   ̄     ̄                 /    _   \
                          ,       /:i∧     、
           \         -===-  _  /      /:i:i:i:i:i∧
          __> ´           7    ./:i:i:i:i:i:i:i:i∧.  rヘ ゝ
        __ア´              ′   i| /厂 ィ^苡ア∧ |i 八
      ___/               i|/ i| /l/:i}    ̄  И|イv′               ――あれほど見たいと望んでいた、
     __ア                 l|∧i |:i:i:〈 _       从{    厂`ヽ     _
   ____ア                    \|、:i:i:i7=-‐_ァ'´  仆 r― 、i| __ }   〈 `ヽ       カティちゃんのパンチラさえ
  ____7                          ヽ:i:i`¨´_  -―┴ヘ | __〈ハ    ',   .厂 ‘,
 _____ ′                       __>f´    __,. ,. ‐ヘ.  Ⅵ    ',  /   /       存分に見えそうだッ!!
                               /:i:i:i||_ -ニニ-   / ^く∧   V!   ー'   ./
   i|                        __j ^アニ- ¨    \  \  j′      /\
   i|                   _ -ニニニニ‐ ¨       `、             Ⅵi:〉
                     _-ニニニニ- ¨         /ハ            j:i:iト、
   八               _-ニニニニア´   〇      / {:圦            /| ‘,
 /  〉              _ニニニニア            { {:i:i∧          /:i:〉 .}
   ./  、            ニニニニア               i{ {:i:i:i人         .イ:i:/ ノ
      )k           ニニニア      〇        八 Ⅵ:i:i:i:i≧=―---=彡:i:i:/ ,.イ
     /  >          ニニニア)                、 ー=========-  ´/′
        /  > _     _ニニニ7                    \_         __//
        /   ≧=-- _ニニニ7       〇               /≧= ― =≦-=彡
               _ニニニ/|〇                 | /
                 _ニニニア |                   |'








              /    \                -====ミ
              /      ∨  __        /       \
           ,      ./\┴ 7  `弌s。._  /           ‘,
             /     /    _\,/xj)、   寸k7      __       |
          ′  ____/   厂¨⌒´ ‘,  Ⅵ    ∠ ,_     ,
          i|     ∨  __/__   , ___   vゝ-f'"    \    ′
          .人   ./   _/____    _ _‘,   Ⅶ_,        〉 /
            \./ i|   ,.ィ=ミ、   ァ==、   |¨7        / /
             / ./|  i|。,,    。 ,, |  .|/       } ./
            .| ∧ 、 小゜.  `   |\ | ∧|        / /
              l/__jkヘ i|个 、 マ .フ |  ` | / j!フ     / /
              7 个iト、 \__ . ィ|  .ノ' _∠ ._     〈 {
             //  __>z /∨___/ア´  /∧    、V
             , / 厂  __∧/、ア      /i|     ∨
            /´  i|  _>'⌒  /^\_、     /∧.      ∨
        .//    j| 7 /      i| )k、    イ       ∧
       ./ ./    〈 ./  O    O i| 厂 \∨ i|      /∧ 、




6222 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 19:56:33 ID:DAzdHfZz

台無しだー!

6223◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 19:57:06 ID:16WoSDJ3



                           γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                           |  よい、しょっと   |
                            乂________ノ

               / ̄}
                 /__,,ィ' \
               _ \/
          __,,,・''' ̄  〉          .        /}┐        .7⌒7
         | ,,,,…7 /           / ̄/   / / /      /  /
          ~    /  \          |  {_,,,,二ニ=',      ./  /  _
             ./ ,~ヽ \___    ...i      __ ,,,/     ./  /  > ^\
             /  '   \  く_     {   ;'' ̄        _,/  厶イ ⌒\  〉
          / /       ̄ ̄      .ゝ―'          .\_/     ∨
          ./ /
          /  j
         .L/

                            \\\\ \\ ヾ
                   __,,-‐‐'' -- 、_     ,, -‐‐ 、  ヾ/^\_
                  _,,-‐''´/.  \。 `ヽ、_/   ヽ \/ ,,_ \     ..\__人_人从_人_人从/
              ,r'´    (    __ \。 ./⌒ヽ   \/   /  __ ̄      ._)                (__
              |__iー--‐‐''i ̄l `ヽ、 / ,,!~ -\     ,,/  ̄ .__,,\     )   シャイセッ!?    (
                 |  〉    ! |  /ヾ/ /|      ヽ、,,_ ノー'' ̄   ̄.    ̄ ̄)              ( ̄ ̄
              | |     .! .|  / (  ''_.ヽ アドラー  ヽ                /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
                 ノ _,〉  .  ノ 〉/  |\ 。-。\     `ヽ、
             (/ /      `-'== \ヽW//  ( 、Ц, )`ー‐ --r''リ
                           < 〈 ヽ、∨ ̄∨` ー‐ -- '´ >
                               |/ヽmz! ∧ ∧ ∧/ ∨ \ |









     ミエタッ!
                  カティチャン シマパン ヤッター!

 ,-=  ̄  ̄!                                       デカシタゾ アドラー!
 ',  r¬  l ___   /,、\                   , 、
  Lノ  |   l └―┐ 〉 く/ l l   く\            /, 、\
    /  /  「l ノ/   くヽく/   __\\          く/  \ ヽ  .t__┐
   く_/   〈/ `     Ll     ノ ノ// _         く\く/  ,__ l |
                    く/  ̄  └-、ヽ   __   i !     l .l[_ノ l二¨7
                            「l〈_/    ニ7 /   L,l    L」    nく/
                           〈ノ       Ll`              〈ノ


               /    \                -====ミ
               /      ∨  __        /       \
            ,      ./\┴ 7  `弌s。._  /           ‘,
              /     /    _\,/xj)、   寸k7      __       |
           ′  ____/   厂¨⌒´ ┛┗ Ⅵ    ∠ ,_     ,
           i|     ∨  __/__   ,. .┓┏   vゝ-f'"    \    ′
           .人   ./   _/____    _ _‘,   Ⅶ_,        〉 /
             \./ i|   ,.ィ=ミ、   ァ==、   |¨7        / /      耐衝撃実験終了でーす。
              / ./|  i| ,,      ,, .|  |/       } ./
                | ∧ 、 小゜  `    |\ | ∧|        / /
               l/__jkヘ i|个 、 マ .フ |  ` | / j!フ     / /        悪い所はありますかー?     「\
               7 个iト、 \__ . ィ|  .ノ' _∠ ._     〈 {                             丶 )     /~)
              //  __>z /∨___/ア´  /∧    、V        はーい、頭ですねー。        / /     ( /
              , / 厂  __∧/、ア      /i|     ∨                          ./ /     .||
             /´  i|  _>'⌒  /^\_、     /∧.      ∨      .残念なのです!         ( \     ||
         .//    j| 7 /      i| )k、    イ       ∧                         \ \   / |
        ./ ./    〈 ./  O    O i| 厂 \∨ i|      /∧ 、                           \ 丶/ /
                                                                   |    /
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――‐


         ……妙なトラブルはありましたが、とにかく一歩前進なのです。




6224◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 19:59:30 ID:16WoSDJ3



             この報告には、さすがの先生も手放しで喜んで――


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――




                  <.:.:.:.:.:.:.
                 <.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
             <.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:/从ノi
          /.:.:.:.:.:.:.:.´`ヽ.:.:.:.>イ.:.:.:,. '  ´¨'.:.:.:.:.:
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>ヽ  /.:/= 、   '.:.:.:.:.:.:.:.:
       /.:.:.:.:/.:.:.:.>i            ≦ ヽ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:
       /:.イ.:/.:.:.:./ Y´《 リュ__  ,  zx_  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:       ……つーかまあ、本当に五年でここまで来たか……。
        ':/ '/:.:./  ,ヽ-孑'  八. ´⌒ん>/.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:
      |′'.:.:/    7  、!     `   ̄_/ノ.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:          さすがにもうちょっと後だろうと踏んでたんだが……
      | ハ/     i           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:/>-、
        レ rxー―'ーt‐ー 、      //.:.:.:.:.:.:.:.:.:/<i¨
        i    ̄ ̄ム¨¨¨≧、i  /,.:.:'.:.:.:.:.:.:.:.:.:/_ノ /
              i       /イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:イ-=≦.:.:
                |       /.:.:.:.:.:.:.:.:./ ,.:.:.:.:.:/
          ヽ    >――-/.:.:.:.:.:.:.:/  ノ.:.:./.:./
           ≧='.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:イ.:.:/ ゝ彳´.:.:.:.:ノ
      >  _   _/.:.:.:.:.:/> ´ //     イ.:.:x.:.:.:./
          x ≦    ̄>/        / ,'/ ,'.:/
    x ≦      > ` ノ      /  i   i´
     ――t  /          ,     ト、
        / ./`       >     ≦  ∨
     x≦/     _ >  ≦
   / / r―-< _>
    レ' /       ̄∨


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


             ……くれてない、ご様子。

             はて、私何かミスでもしたのでしょうか。何かよからぬ気配がするのですけど。




6225◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:00:23 ID:16WoSDJ3


                     >.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`⌒ヽ.
                       /.:.:./ ̄.:.:.:.:.:.:.:ヾ'.:.:.:.:.:.:.ヽ.
                     /.:.:.:,.:'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:..:.V
                      ,'.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:iヽ.:.:/∨.:.:.:.:.:.:.:',
                      ,'.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、_v_,、i.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
                 |.:.:.,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|    i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
                 i.:.,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:i.:.i     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                     〉'.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:,イ.:,'    |.:.:.:.:.:.:/ヽヽ.
                    ,'.:.:.:.:.:.:.:/.:.:/ |:,' ,=≦´|.:.:.:.:.:.:| 〉 ).:i
                _|>彡´_.フ´ ̄ ̄∥ i ネ乏i.:.:.:.:.:.i ./.:.:,'        ……いや、感心してるだけだ。
               /,<  >ィk弋弍/)=弋_≦リ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!_ノ!
               / ´     ハ廴__/ノゝ i     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、'          嫉妬がないとは言わん。お前はそれだけの才能を示した。
             /       > ∧ /    |、    |.:.:.:,|.:.:.:.:.:.:.:.:i
             /         /i.:.i|  ヘ    、_ _.フ   |.:.ハ.:.:.:.:.:.:.:.|
              /     , ´  |/   (.:ヽ、   -   ,イ/ .|≧ 、_:.:ゝ        少なくとも魔導工学の内、素材工学と魔導力学、構造力学の
          /     ,<    .|  i(__/´ )≧ 。_ /   i > | ヽ
            /    /           `y   |' i         i   i  ヽ         三つでは抜かれたという自覚がある。
        /    / ,  - ―‐-≦/   | '      ,   i   ∧ 、
          /     .//ヽ.       /     |       ,'   i    ∧ `iヽ.
       /      .,'   ',      /       i`ヽ!    |__i     ∧ .|iii| > 、
      __/      ,'     ',    /       ト、        ノ ヘ     ∧ |iii|    `Y  ――だから、これからが本番だ。
    ノ (/      ト、    ,   / > ´ ⌒ヽi `ヽ    >=i/   > 、 .∧|ii|     / |
   /  ヽ.      ,'、 ヽ   ',   //      ハ   `0´   '       >、iii|   /  i     私の残り、全部持って行け、我が弟子カティ。
  〈    > 、  / )_    i ,           i      ,' o        ',  |iii|  /   i
  iヽイ      ̄ /     i i            i   /  /           ', |iii| /.    i
  ,i   |       ,'      ゛'              i   '  /          ', |iii| /.    i
. /  八      ノ        ,           '   i /    ,           ゙|iii|/    ト、
∧    ≧=‐彳     / i           ム i /   /         |iii|      / /


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――‐


             ……震えました。

                期待と不安、それに喜びで。ついに私は、この人に認められたのです。

                並び立てる位置に来た、一人前の技師として。




6226◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:01:24 ID:16WoSDJ3


                      >-=====- 、
                         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
                      , '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:マ⌒ヽ.
                   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト^i.:.:.:.,.:.:.:.:.:.:.:.',.:.:.:.:.:.\
                    ム.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.| マ.:.:.:',.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:∨
                      i.:.:.:.:.,'.:.:.:.:.:.ハ.:.:.:i >リ.:.:.:i.:.:_.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',      ……ふふん。ただね、
                 |.i.:.:.:|.:.:.:.:./ |.:.:,'´ .x彳.:∨ 〉.:.,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ
                 |ハ.:.:.i.:.:.:/ヽ, i.;/ 戈シリ.:.:i_从/.:.:.:.:.:.:.:.:.:/         人形師の業だけは絶対に抜けないからそのつもりで。
                    | Ⅵ',.:.:.'ゝ彳⌒ヽ_>' i:.:.| .∨.:.:.:.:.:.:.:Y´
                     ' ヽ Ⅵヽ=' 、 __,   i.:,' ,'.:.:.:.:.:.:.人し
               i゙,ヽ    〉ー≧、.∥‐'  /リ  i.:.:.:.:.:Y´            そして、ここから先は私とカリオストロのフィールド。
                > ^ヽ!_\,、_i 入ヽ .∥>イ /  ト、.:.:.:.∨
           i 'ヽ ヾ. i´ム  ,'/ ∧∨  /イ    八i V<\           霊と魂の領域ってヤツよ?
           i ヽ \ .i._iー{ /∥  ∧∨ i i       |  \  ̄
           ノノ<`ト'>ー' / 〃> ´∧∨.|∧`ヽ.   .|   .マ 、
        ,=≦ ゝ-'≧'  </´     i | i  ヽ 、  ,イ    \ \         これまでの常識が、音を立ててバラバラになる
         /i .|   ト、  \ヽ i    ///` ヽ、\゙0' i/⌒、<ヽ ≧=、
      <-y ト.   | ハ   \V!  〈 ̄_/ /     ',  i    ヽ `  /;,;;;i      異次元の知識と技術の精髄、見事モノにしてみなさい。
      X/`i ∧  i ハ     `i  ∧ ∨ .,'        ゙v'     \ ./;∧;;V
.     / ∨V\X i i > ⌒i   .Y.i./         ヾ.       Y  .i;;;∨
     ∨  Xヽ \/ |´     i    V,'        ゚/       ノ   \∨
.      ∨  \>-,=‐'      i     ノヽ.      彡 .|、     , '〈    ∧∨
       >、>`ー'         ,'    ∥≧ ー―=≦ 。i    千 ',;;;iー――≦\
                  /   ∧         ,'    ./    i;i |
   >==ーー>===≦ ̄.イ  ,;/:::::Y        q    ./    i;;∨
≦      /             ,';,':::::::〉\       |   〈     ヽ;∨
        /            i;;i::::::/  ̄      。i    i    // \
    /              ,;;;,' ̄            ,イ    マ   |;;;;i    ∨
  /                 /;;;i             。/::|       ∨  i;;i     ∨
./                   /;;;;八         /:::::∨     ∨ リ       ∨

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


                 はい、先生。

                 偉大なる天才、カリオストロ師の技術、謹んで学ばせていただきます。



6227◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:01:57 ID:16WoSDJ3


 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  |   さっそくだけど、最初の課題よ。  |
  ゝ________________,乂


                                          γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                           |  手が空き次第、あなたにはこれを作ってもらう。  |
                                           ゝ______________________,乂
                                                    ____
                                                    /   ヽ,
                     ______________________/      }
                    /                                    /      /
                /  ....__/\__  ,__.               /      /
                  /   ...\/ ̄ ̄\/    /__ ニニニニ.       /      /
              /    ../\__/\         ニニニニ      /      /
                /     . ̄ ̄\/ ̄ ̄                    /      /
                 /                      ./ ̄ ̄ ̄/    ./      /
             /    ニニニニ              /     /     /      /
             ./     ニニニニニニニニ          /___/     /      /
            /      ._∧_                            /      /
           ./      \/ ヘ/  ,__ ニニニニ    ニニニ      /,イ ̄ミ、 /
          /       ./ × ヘ       ニニニ      ニニニ     |l「 ,ィ=ヽ|/
         ./         ´   `                         弋ゝ__ノリ
         .ー―――――――――――――――――――――――ヾ=一"



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


          そう言って、先生が差し出した新たな計画書。

          目を通して、私は目を見張りました。

          先生の目標がどこにあるかを、将軍が何を目指しているかを知って。



6228◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:02:51 ID:16WoSDJ3



 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  |   オペラツィオン・ヴィンゴールヴ     |
  |    “死者の宮殿”計画……?   .|
  ゝ______________乂



           //    /     / IVWⅣ\     ヽ   ヽ
           j j!    i     /         ∨     |   iヾ         エインヘリャル
           | !|    |     /____  i i  __∨    |   i.l|        “永遠の戦士”……。
           |:!i    、|    /__  ̄`   ´ ̄__ ∨   |    |j|
          i:i|    i'|    〃示心、 ヘヽ: :! 〃テ心'7__  i',    i          ヴァルキリヤ
          ',j    'i   i i, 弋Zン ノノ ̄ヘヘ 弋Zン´ノ:ノ i j    i        “死の選別者”……。
           |    ',i   `'======イ     `=====イ   /!    i
           i     i',i  ハ       :l      /  / 7    !
             ,j     i ',   | ヽ u         /,イ  / i     |        ……先生、まさか……。
          7     i ヾ  .!  \    ´ `   イ  i /  j     i
            j      i  .\.!   ノ>、  _ イ:|、  |/  .7     ヘ       フリズスキャ‐ルヴ
            /     i', i  ヽ / :|      :| \      i7.i     .ハ      “全能の玉座”は、このために?
         /      i i |    ,イ .ノ       ヤ ヘ    |.i .|      ',
        j      .| | | , イ::  .i          |  ヘ\  |.| |      ',
        7       | |,イ::::/   .',       j   ヘ::::\::i |       ',
       7       イ:::::::::/   _, ',_    _7 _   ヘ::::::::>、       ',
       7     /::::::::::::/  _ノ::\ヤ `  ´ .//ヽ、  \::::::::::::\     ',
      7     /:::::::::::::/_, -‐'":::ヽ  ハ    7/  ./::::>--、ヽ:::::::7::ハ     i





              >===‐ 、
         /.:.:._.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー..、
         /.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
        /.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´.:.:.:.:.:.:.:.:',
      ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ.:.:iヽ/i.:.:.:.:.:i:.:.:,
     ,.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:/i.:.:.|从从i.:.:.:.:.:i.:.:',
      i.:./.:.:.:.:.:.:.:.:./'.:.:.' .i.:.:|     |.:.:.:.:.:i.:.:.',
.     |./.:.:.:.:.:.:.:.:./,'.:./ ,.:.:.i    |.:.:.:.:.:i.:.:.:.i
.     i'.:.:.:.:.:.:.:.:./'.:, '  .,.:.:/     |.:.:.:.:.:i.:.:.:|
     ,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ー-、/:.:.' _> ´¨i.:.:.:.:.:.i.:.:.'
      '.:.:.:.:.:.:.:.彳示 /.:.,'  斗ュョチ.:.:.:.:iヽ'
.     i.:.:.:.:.:/弋ツ ,'.:,'⌒゙i  弌ソ,i:.:.:.:.| i
      |.:.:.:./ト=- -=// ,  `ー―‐'|.:.:.:.| /        …………。
     |.:.,i:|、_i   /'           |.:.:.i.:.:.:Y
       Ⅵ  ヘ   、_ ` _,    .ii:.:.'.:.:.:/
        |    Yヽ.    -   /ハ.:/.:.:.:.i
             ).:.i\    / /i。.:.:.:.:.:し
            >.:.i  ` - ´     |.:.:.:.:.:.:.)
         ' /゙i       , {`ヽ人′
         / シ|       / !、i \
           /  i ,′.     /   i    \
         <  i_     ,'__ , '    (
             |  `       /




6229 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 20:02:57 ID:DAzdHfZz

偉大な先人がいたとはいえ、技術革新成し遂げたのは文化系英雄の類ではなかろうか?

6230◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:03:47 ID:16WoSDJ3


 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  |  ええ、そうよ。ここから先は正真正銘禁断の領域。   |
  ゝ________________________,乂



                 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                  |   知識、技術、そして覚悟。限られた資質を持つ者だけが立ち入れる生と死の境界。   |
                  乂______________________________________,ノ


                 _
             >.:::´:::::::::::::`:.ヽ.,、_
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.´.:.:.:.:.:.:ヽー、
         '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:!.:.:ム
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,i.:.:,ヘ.:.:',
        ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.:.:.:.:.:.:.:.,.:.:.:.ハ.:.i '.:.:.',
        i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:./.:.:./ !.:i i:.:.:.i
   ,ィ⌒Y´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,'.:.:.:.:.:.:.:ソ.:.テ- .:.:.,r‐t:.:.:.i         命を弄ぶ覚悟はある?
  //.:.:.八.:.:.:.:.:.,-、.:.,:.:.:.:.:.:.:./:斗=、 ム r‐、'.:.:.:.i
    i.:.:.i.:.:.:',.:.:.:ム`): i.:.:.:.:.:.,弋之  ノ^ヒ!ノ !.:.:.:.:',        好むと好まざるに関わらず、外道の域に踏み込む覚悟は?
   ',.:.:.',.:.:.:.'.,八 i : |.:.:.:.:./ゝ― - /´ ヾ¨i.:.:.:.:.,
   、_).:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.`ーi.,'.:.:.i           , ハ.:.:.!:i
   /.:.:.:.:.:.:.Y.:.:.\.|.',.:.:iリ    ー‐,- /  i.:.:|
    i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ',:|\.     ̄  ′ リi:|      ――その上で、自分の理念を貫くことはできそう?
   人.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  'i  >   _ /    リ
      ̄).:.:.:.:.:i.:.:__|  ',     ト、
     し'.:.:.:.:i.:.:.:!ヽj  ',    | ヽ
      ̄iハ 、.:.:ノ  \  ',    ト、  \
      ',  (    \ ヽ    Y
         ノ`ヽ.




 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `Y´
  |   もしも無理なら、あなたはここで手を引きなさい。   |
  ゝ______________________,ノ


                         γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `Y´
                          |   この領域では、悪人より半端者の方がよりタチが悪い。   |
                          ゝ_________________________,ノ



 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `Y´
  |   今のあなたは一流よ。踏み込まなくともどこでも腕を振るっていける。迷うなら引くのも覚悟よ?  |
  ゝ_________________________________________,ノ







   ,.'                   、`、  |      |          ヽ |
   ,'..        バ⌒ `i≧     ,'  |  |      |          - ‐〈 .|
  ,'        ハ     从 ` -=-'´ /  |      |    u       ノ  |
 ,.'        Λ      `、` -=- '´   .|      |           {  .|      …………。
,.'        Λ        从       .|      | : : : :. . . .....  _ノ  |
        Λ          \  ≧  リ     ソ     r ' ´ ̄   /
       Λ        _    ヽ   ≧ `Λ  /      /  \   /
      Λ          .\、 ̄::::`==== -从/ 、    /    \/
     Λ            \` 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::≧  / 、
     Λ               \ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ /|
    ハ              /´  ̄二ヽ 、:::::::::::::::::::::::::::|:::Y:::\
   Λ ヽ            ./二二二二二二ヽ::::::::::::::::::|::::|!::::::::〉
  Λ               /二二二二二二二`ヽ::::::::::::::|'⌒l::::/
 Λ               ./二二二二二二二二二\::::::::|   ∨




6231◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:04:46 ID:16WoSDJ3












         γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
         l   ……いえ、やります。やらせてください。   |
         ヽ、___________________ ノ













6232◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:05:40 ID:16WoSDJ3



              / -== ミ、=ミ、    __    _
            /厶      ∨ }  _/   ミヽ  \:::..、
            /       =ミ  ≠<  L∠ミヾ  \  ヾ::::ヽ
          ./ /   //   /    ∨    ` < ‘,  ‘,:‘,
       / ./   / ./  ./   }   ‘,-=ミ  ハ ヽ  ‘,:{
      -=ニ二二二二ミ、  //   |     i   r   k1!i}. ヽ } ,,
  /     <      \}州Y / ./ ハ   |  _彡ヘ_f{_リへ ∨|‘,
. //  /      ____,}州リ=彡././ ‘, .| ェ才 }}     } |i }.|:::‘,        それを言うなら、もう手遅れ。
// /    ≦ ̄/ i {   ヾ  / .小. ‘,レ彡^ー"  rイ ハi リ !::::::::}
//  ././   /   | |    \f{ { ! ハ 〕 !       ´¨ } }!   !:::: /         私はすでに、人から肉の体を取り上げ、
/  / //{  |    ≦  ̄\  ||Ⅵ !{‐} ||        イ リ  |:::/   r=ミ.
 / // 八.  !∠___     ー||へ≧ ̄ミゝ  ー=彡/     }/  r┴ ミ      別の器に入れ替えました。
./ / / V 、  ‘, ヽ    {! ヽ   {i   ‘, ヾ} 、  { /    / ィ: : :ヽ<
i / /   ヽヽ  ‘, ヽ   ‘, \ ゞ=-    |     !   > ´   i |: : : : } ハ
|/ /      ヽヽ }  ‘,   丶  <    /     ト、r〔-‐、   人>-<ィ: :!
| /       ヽ/    }    ‘,   `¨>―=彡>- {、 }イ:::::::ヽ ///ヽ{r-v=彡    当人の意志? 必要なこと?
|:{-===ミ  / ./   .トミ 、 }      /:::::::::::::::厶ィ   > }、::::::::L ./   ! i
|ハ __ > .∠′  / ヽ. YY      {:::::::::::::::::::::: |_ / .ハ \::::く.{.  ! i       それは関係ないのです。
, \__彡  /   厶] ‘,i }     }:::::::::::::::::::::::::レ{  { ‘, \::〕  !_ i
.ヽ  ヽ   -=彡 ./  }  V,     !:::::::::::::::::::::::::::::>┤_.‘,  ヾ r、!ト、}       生と死の摂理に背き、死を否定した外道は私。
ト=‘, ‘,___彡      !  リ     /::::::::::::::::::::::::/   ‘,    i}{ !ヽ_)
ヽヽ‘, ‘,     -=/ ./     Y::::::::::::::::::::: /     /o  o ハ!⊆,}
ノリ ‘,  ,  =彡 彡 ....:::≦ ̄ ̄::::::::::::::::::::::: /     f{    }i{  !  !=ミ __
彡   Ⅵ }r‐ > ´ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     i{o   o,i{ .! {ハ ヒ彡    それは私が望んだことです。
      i .リ /   ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      i{    }i /` ノ ! }└rハ
   / 八 {     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       i{    }i {└"  }  }
-=彡 /  ヾ   └、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠_     i{o   o}/⌒ヽ  .厶斗/
ー=彡    \   }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    ー―――一 {    }/  /






                             γ  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                             |    ですので。    |
                              乂_________ノ


           //    /     / IVWⅣ\     ヽ   ヽ
           j j!    i     /         ∨     |    iヾ
           | !|    |     /____    __∨    |    i.l|
           |:!i    、|    /__  ̄`   ´ ̄__ ∨   |    |j|
          i:i|    i'|    〃示心、 ヘヽ: :! 〃テ心'7__  i',    i
          ',j    'i   i i, 弋Zン ノノ ̄ヘヘ 弋Zン´ノ:ノ i j    i        何とぞ、この至らぬ弟子に、
           |    ',i   `'======イ     `=====イ   /!    i
           i     i',i  ハ       :l      /   / 7    !        これからも変わらずご教授の程を。
             ,j     i ',   | ヽ          /,イ  / i     |
          7     i ヾ  .!  \   ` ´  イ i /   j     i
            j      i  .\.!   ノ>、 _  イ:|、. |/   .7    ヘ
            /     i', i  ヽ / :|       :| \      i7.i    .ハ      ――先生。
         /      i i |    ,イ .ノ      ヤ ヘ    |.i .|     ',
        j      .| | | , イ::  .i         |  ヘ\  .|.| |      ',
        7       | |,イ::::/   .',       j   ヘ::::\::i |       ',
       7       イ:::::::::/   _, ',_    _7 _   ヘ::::::::>、       ',
       7     /::::::::::::/  _ノ::\ヤ `  ´ .//ヽ、  \::::::::::::\     ',
      7     /:::::::::::::/_, -‐'":::ヽ  ハ    7/  ./::::>--、ヽ:::::::7::ハ     i




6233◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:06:44 ID:16WoSDJ3


             ____
          ,:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.、
         ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ー、
.        /.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.;.:.:.:ヽ
     __ /.:.:.:.:.:.:.:,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.トv'∧:.:.:.:.、
   ,:.´:.:.:.;'.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.;!゛"´゙:.:.:.:.:.:.、
   ;.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.;:.:.:.:,i!   ゙:.:.:.:.:.:.,
   !:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:./.:./!:.:.:.'|!/ ̄、:.:.:.:.:、!
   !:.:.:.:.:.:.';.:.:.:.:.:.;.:.:.:.i:.:.:./‐ァ'-!:.:.;' lィキァ ゙l:i:.:.:.:ト、        ……ああもうまったく。
   !:.:.:.:.:.:.:.;ミ:.:.:.!:.:.:.:!:.:.:テ〒ヾ:.:/ ノム_ノ‐、 !l:.:.:.:!ヾ:.
  ノ:.:.:.:.:.:.:.:'ト、:,イ:.i:.:.l:.:.:.ト_ソ´ :./)=、_.ノ !i:!:.:.ノ ヽ          これから志願者の義体入れ替えで忙しくなるってのに、
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:! {'|:.;i:.:.!、:.:!ゝ--!:'′  〉  ィノl:./
..,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.弋ヘ!:ハ:.:!、ヽ!  リ _. ィ  , ′ノ'              仕事ばかりが増えてくのね。
,:.:.:;:.:.:.:.:.:.ハ:.:.、:.) ヾヽ:!|` `、      . ′
!:.ハ:.:.:./ }:.ハし `.ヽ!   ` ‐- ィ
ゝ!.ヽ(  ノ'    ,-‐j       ト、
    / ̄`ヽー、´ `ヽ.      !、:.`ヽ'´ ̄ ̄ヽ           ま、いいわ。焚き付けたのは私だし、ちゃんと面倒見てあげようじゃない?
    /     .ヽ \   \    ヽ ヽ:.、\`、=- 、
.   /       、  i    ヽ―、 __, |!、  ヾ.   \
  /      ィj  |    __`ト、、  /' ,i/\ \   i        それはそれとして、入れ替えはちゃんとやらなきゃだけど。
  ,      // ヽ j    /  :.ー、`0 <o ⌒ \ <
  ,            Ⅵ /      \ 、  ',.    \ l_
  {            / レ′        \ヽ !      ヽ!
  〉           ,'::.                ヽノ       ヽ
 ,'          ,::                oヽ       ノ







                            、
                            jト\
                           ]i `、\              ヘ
                          _]__/ ̄`丶  ___    ,/∧‘,
                           厂jア     .、        ̄∨ N、j| i
                 _        i| ./    / ∧ /∧    ∨  i| |__
                __  `ヾ       j/   ./     ′∨   ′   {   `ヽ
             厂fく⌒ヽ i|     /   .イ __ノ     ヽ、 ∨    i         ∨
            ./ ∧ \ ) ノ    ./  / /           ∨   i|     i|    ',
            ,  i乂>rく.      i   / ノ  ●  ___  ●    V   |     i|     ',
          /   ,′   \\   |/i/ 十 [____] ,   `[__] -‐十  i|   ∧     ',   ……ええと。志願者何人いたんでしたっけ?
         、 /    ,′    \\   j 八    、_,  ,   u |  N   / ∧     ',
        >=-  j{_      \\_/   く\   マ_フ   厂\ | ノ∧ , '  ∧     i|
           `∨   ̄      `( `弌¨ \> .,__,/:.:.:.:.:.:\___/    /∧   |
      ∧_∧            / > .,_\:.:.`<:Z∧_,/:.:.:.:.:.:.:.:._/     ./∧   |.  `Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
       ′o _oヾ_        _/ィf´  / 〉⌒≧=-∧_ノく ̄ ̄:.:.:.:.\       /∧   |.   |   【5D100:243(6+23+48+75+91)】人。
     十  、_,、,メ__        ̄    ./ /〉   ∧ 〈  | |^\:.:.:.:.:.:.:.:.:._>      `、 ∨/. ゝ_______,ノ
     ⌒ ァ‐ 7  ノ             / //〉 ./ ∧_`⌒   `厂弌⌒ヽ.         `、 ∨/
        ,′  /              / ,///〉 / /⌒≧=― i{    \___)        \V/
  rへ、__j   〈            `⌒`ヽ./〉 <__ /    i|  \  \ \          `   うわぁい、ねこかわいい(現実逃避)
   `ー- しへ、_j                \____}\_     _ノ \\\ \
                               人__ノ\≧=-ヘ \_>―'⌒´
                             /   }    ̄ ̄}`ーヘ
                           乂___ノ       ノ    }
                                     └--=彡




6234 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 20:06:52 ID:DAzdHfZz

かつてのアインズおじいちゃんと絶望王になる前のウィリアムもこんなやりとりをしてたのかなあ

6235 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 20:07:48 ID:sd4KOBWL

歩ば半数か…

6236 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 20:08:17 ID:ND8F+r68

良かったな、期待値より少ないぞ(錯乱)

6237◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:08:18 ID:16WoSDJ3



γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
l   ……とりあえず、手術室のローテ作成からね。今のところこの手術できるの私とあなただけだけど。  |
ヽ、___________________________________________ ノ






                γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                l   ……はぁい(白目)   |
                ヽ、__________ ノ






γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
l   ……ガチで手も部屋も時間も足りねーわね……。応援でも呼びましょうか……。  |
ヽ、___________________________________ ノ







――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


          きれいにオチがついたところで、確認作業は終了しました。

          できることなら、一人一人しっかりと後先を見つめながら手術したい所ですが、

          時間は許してくれそうにありません。

             シャイセ
          ……畜生クソエルフ。あらヤダ、うふふ。



6238◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:10:07 ID:16WoSDJ3

   ┌──────────────────────────────────────┐
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   └──────────────────────────────────────┘

               ┌───────────────────┐
               │                                      │
               └───────────────────┘
                        ┌──────┐
                        └──────┘


                                              , ,-――――-、
                                         _,, , イ' /  _, -― -ミミ、
                                        /  i'´ / //      `ヽミヽ,
                                      r'´l  l .ヽ .i,/ニ二三三_ `‐ミ l
                                         V ヽ_ヽ -`'´   `i//∧、_`` ミ__
                                       /ハl             ヽ//,ヽ、__, 、 ハ
                                     //.  l        .i ,, ´`ヽ、//,ニミ、` ヽ,
   ――ふむ。                            { !、 ,!      _,, ィ'"_    l:i /´`lヽ、 l
                                      `' 〈__  .,ィ"ィ=モイ      リ /ノ,l ヽヽ {、
      では、彼女の方は順調のようだな。             ヽ、i     ̄´      ,__,イ、//l,,ハ!
                                              |            l   `l_rリ
                                              |  __            ,li   |-、
                                            ̄ _ --'     /.:l _, '_,,,ィ'
   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ    ヽ`‐'´    ,‐‐'-,- '´ィ=ニ三|
   l  ああ、彼女は運こそ悪いが、人の縁に恵まれている。   |     ィヽ __ ,,/イ´,-=ニ三三三|
   ヽ、________________________ ノ    ,>////イ'´ ,ノニ三三二ト、
                                              ヽ// i l_,-_‐'´ノ彡=‐'´ , -‐'-、
                                        , -====く〈ヽヽ l、_ヽ_,-‐'´  .::/, '´ ̄`ヽ、
  ...γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ             .////////`>`、´        〈 i、     `
  ...l   君と言い、羨ましい限りだ   |
  ...ヽ、_____________ ノ




6239◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:11:19 ID:16WoSDJ3



                  /: : : : : : :\: : : : : :|: : : |: : : :/: /: : `:、
                 //: : : :.,ヘ/〉^,ヘ: : :|: : : |: : ://: :/ : : :ヽ
                //: : :_:,/ ////′ \j: : :/_/-‐≠ヘ: : : : : :
               j/: :/: : :_ノ  {(〈,{   ` ̄´         }: : : : :′
              ノ{: :/____/´   ヽ ヽ                 }=‐-:/
              ノ/: /|                        }ヽ : }
                 ノ/∧: | -`==‐-ミ、             _ヽ: :ノ
              / | ヽ∧{  く  ヒツ≧ヾ 〉 } ===ニ彡' jハ      そうは言うが、君こそ大概だ。
               八      ` ̄ ̄´-‐    '  ヽヒツノ′/ ,
              丿/:\__             |、    ̄´    /
                }/ヽ:∧             |        /ン        私はここまで精力的に、
                _}/∧              |
                   / ( /  ヽ /i!       ′    /           自ら人の和を求めるヴァンパイアを知らない。
               {i:i:i\\ / |  ` ̄   ‐- '   イヽ
               /i:i:i:i:i:i\\  ヽ    `¨¨´    /|/ ,}          だからこそ、人は君と繋がる。
              ,i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\\/ 、        / / /|
              ,i:i:i:i:i::/\i:i:i:\\ \ __ /、/ /i:i:i:|
              ,i:i:i:i:i:i:i\\\i:i:i:\〉 |    ヽ \ {i:i:i:i:i|
            /i:i:i:i:i:i:く\\\\i:i:i:〉/  !    \ \/i/!




       γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       l   そうだろう? ローズレッド・ストラウス。   |
       ヽ、___________________ ノ



                  - "  ´  丶
                  / . 、       ヽ
               / ,' ;  ヽ.  丶 、ヽ.ヽ
               ,  .l .i ハ、 ', ヽ. V ', i.  、
                  i { l',!_ト、  ,-‐,.''ニ、!.l ',
             i .l i,iィ'l, -r`\ 、ゞ‐' j/l ハ l               ……さて、どうかな。
.               ! l ト 、ゞ‐'   :,丶、   イl l; } l
              , ! ` ヽ     ,  / |:lリ ハ.!:::::‐-、              君からの保証となると、喜ぶべきか
             __,、l'"∨` . `   イ、.j/'::::::ソ:::/ !l
.             /,、ヽ`:::::}ハ />-.イ,.._,. '--、:::://  l.!              困惑すべきか実に悩ましくなる。
            '、{. ヽ\:::r―‐- r―Y _  .!://  l.!'//>,、
.            -―',',  \ヽ  ‐= j  K´   !'イマヽ.!l//////,ヽ
        /////ハ , ///ヾ、 ./.lーーヽ\ /、 )/ゝ////////ヽ、
.      ,イ////////!」//⌒V{_,.ィ l二,. ィ! !´、77´/////////////{_,..-、
     /////////////ゝイ///l l.∞∞.l .!::::\'/////////////////,i
.    /7777/////////////::/ ' l.l.l  l. l:::::::::`<///////////////!
.   //////////////////::::::/ ./! 二二 .l  l::::::::::::::::::::ヘ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ/l
. {'"⌒"<//////////:::::::::/ /::l  l.l.l  |   !::::::::::::::::'//,\::::::::::::::::::::::\


6240◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:12:51 ID:16WoSDJ3



                                   / { ∨/   ′ .ノ   彡'   \
                                  >==ミ{i{  /> ´-‐ _  --   `ヽ
                                 ノ /. 二ニ=-ミオ/イ彡セ彡イ____ _ ー-ミ}
                   ペルフェクティ       (( /.:彳:}          ´ー-=  ー-=ミ ヾ
    私から言わせてもらえば、完全者も君も     |:/八オ         _彡j斗=: :>マ: : ハ
                                 {{ ゝ弍爻   厶孑≦=≠" ヾ: //ハ ∨:イ
    不当に自己評価が低すぎるのだ。         \  z≧}'  f z≦ニ=彡    }:|ふ } !:八
                                     ! l   ´ ̄ ̄      .jリr ´ /. {: :j
    だからこそ余裕がなくなる。                 ' j               |イ⌒Y:{.iイ
                                      八_ '          八 彡'从7
                                       ヽ         _.イ____/ニ{
    ……ふふ、だがそのアンバランスこそが           ∧ー-  -‐'  ∧   ./-ニニ∧
                               > ⌒ヽ/`ヽ-‐ハ       .イ }  /_ニニニハ
    たまらない君たちの魅力なのだが。   > ´   _イ⌒ヽ  j  .ゝ---<  _彡ニニニニニニ:}ー-
                            } _ __'´.{iヘ.∨.f宍不示宍不示宍リニニニニニニニ/. : : :
                             r ´     ヾ:込V{_り八之乂⌒Y{t∨\ニニニニニ/. : : : :
   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ  =ミ辷从           八. \ニニ =-<: : : : : : :
   l   ……褒められている気がしないな。  |.  _丿 . ∧         ∧ }_  ': : : : : : :`: : : : : :
   ヽ、_________________ ノ  ..`ヽ ∨  > .______.<⌒7/_j: : : : : : : : : : : : :
                         :/. ∧  __ イ:. V   ((弋三三乏))⌒ーく. : : : : : : : : : : : : : ::
    ああ、君はそう言うだろうね。    /. ∧      } j /    /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                         /  イ.:∧ー-   ,ノ.イ.〃    〃. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :










         .. -‐=ミ
       .イ才イ./. :>‐=ニ: :ュ
    才イ ::|イ:://. /. : : ‐-ミ: : :ヽ
   イ:ハ:!: :{:{i:{:{彡'"´_. : -==ミ:`ヾ
___}>ォイメ∨才ィォ=ミ:ー-=ニ: : :⌒ア
`ー=彡才ハ :| `ゞ'"´    }:才´ー-ミ : :}
.  八 ∨{∧{         `ヾー-ミ: :\!
    }汽:, 乂      ノルj }: :ー-ミ ハ          本当に、人とは厄介なものだよ。
   イハ示メ.    厶斗≦,  {才⌒ヾメ
   ∧ 汽 モ:圷 ー斧"モ:ア才. 从:リ⌒;汽          単に鏡を見るだけでは、決して自分を悟れない。
   ハi   ̄i     ̄    }/  /⌒
     '.    :l             , .イリ
.    ∧   .;!_        /ハ:f             本当に自分を知ろうとするなら、他者という万華鏡に
     ∧  _`ー__ ,   イ.刈り
ィュ_     ヽ `ニニ  ´ rく  从{             自分を映す以外に無い。
ア / / ー<∧    _,.イ/  >'"´}  _
: :/ /: :> ´ / ̄ ハr-=≦-‐=ニニ才´.:.:.:.ハ_
: { イ ´    '   .//ニニニニニニ-/'.:.:.:.:.::./.:.:.:.:   ……たいていの場合、不本意な映像しか戻ってこないが、
イ 厶.         / {ニニニニニニ_/.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
 {:::::.\    /  'ニニニニニ_/.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::      呑めればそれが本当の君だ。
⌒:::::::iハ   ,   !ニニニ./.:/.:.:.:.:>.:´.:.:.:.:.:.:.:.:
:::::::::乂  `ヾ:イ   i` <_./.:.'.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.


6241◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:14:00 ID:16WoSDJ3


                           _
                   ̄ `´       ` 、
                ´           ` 、 \
               / .'   {  、 \  丶  、  、.丶
.             '.:  /    ',  \ 丶 、 \   、 ヽ  、
          '.::  ' .i  . ヽ    ヽ \ 丶. ヽ \ 丶`
.          / .:  ,'.i    ',  \.ヽ   ヽ 、` ._ヽ ヽ     \
          ' ,   .l、 !  ヽ、  丶. \   ヽ> ` - _   ヽ \
        ' .!  !.{  ', 、  ヽ  ヾ\ ` 、 ヽ.! .} ̄  ‐-  _ ヽ 丶
.         ' ! .{ i !ヽ  、 ヽ \ヽ、ヽ_、._ _ \.r 、 ヾ、   `ヽ 、
       ' ! : 、 !ヽ 、  ヾ ,.ィ- ̄__ヽ ' , ∨':; ! ', ヽ ヽ! l ソ ヽ        ……それがわかるということは、君はすでに
        l l  、 ̄,.二.ヽ 、ヽ、 '" rーソノ Vlハ l.〉.ハ! j ハ__-‐ニニニヽ
       l ', . \ヽVソ \ヽ \  ̄ ̄´  j !リ∧!イ-‐ニニニニニニニニ}         万華鏡を得たのだな。
         , !、 ゝヽ    ; \ 、ヽ    _-ニニニニニニニニニニ二|
         , .!\ '、∧ヽ ノ   ` 、` r=ニニニニニニニニニニニニニニ}
         , ヽ_ヽ  ',丶   _   _   l ::, 'ニニニニニニニニニニニニニ'、
    __-‐=、ニニ'、 、ニj>、  ‐   ,! ::::, 'ニニニニニニニニニニニニニr‐ 、  ......γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
   / _ 'ニニニニヽニニ\ニヽ > ,. イ,. ! :::::., 'ニニニニニニニニ!{:⌒ト,ニニト:,. }.ト、  . l   ああ、おかげさまでね。無論、君もその一人だ。  |
   l. ::., 'ニニニニ\ニニニニ', / ._ヽ⌒l. ::::::::, 'ニニ>ィ.ヽ'.ニニニ{乂ノ }ニニゝニィ=-ヽ ヽ、______________________ ノ
.  .l. :::::, 'ニ二二二l ` 、 `ヽ<ニ!_,. - ! ::::::::, '=ニ{.!::. .j '二二>-ィ-‐ ̄_,, --
.   !. :::::::, 'ニニニニ!       ,ィ 亠/   !. ::::::::::::, 'ニヽ ー' .ノニ=‐ ̄_‐=ニニニニ
   , ::::::::::, 'ニニニ,   ヽ::::.、/ '" /.::'" .! :::::::::::::::,. 'ニ>=''" _‐ニニニニニニニニ
.   , ::::::::::::; 'ニ二二〉  _=-{  ::{'"  ./ .:::::::::::::::::,.  ̄ _‐ニニニニニニニニニニ   私は……どうなのだろうな。
   .:::::::::::::::; 'ニニニ{::.  , '"ヽ _ :! ヽ ./ .::::::‐=¬‐-<ニニニニニニニニニニニニ
  , .:::::::::::::::::::,.'ニニ!: / / T!j ノ ト.! ,:'"イ二)   r‐_`'<ニニニニニニニニニニ   どこかで、大事な何かを見落としてしまった、
. / .::::::::::::::::;:::l__'ニ=/ ./-―- .l , l.!,‐=ニ>'" ,..__ `マニ>、.\ニニニニニニニニ
./  ::::::::>'/>''" / ./::....    / i .}.l;,   ', .ト、 マ二\ ヽ二ニ\. マニニニニニニニ   そんな気がする。
.ヽ_>'" /,.:/ ,. /廴___l .i ! ', 、  } jニヽ .〉二二ー'二ニニヽマ二二二ニニニ





 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `Y´
  |    ヴォルラスとの戦場で。あるいは、あの決戦の地で。   |
  ゝ________________________,ノ




                                r┐            γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `Y´
                          ∧/|jiトi┐_          |   魔剣と戦い、その力に触れたせいだろうか。  |
                          |,;r乢jL!冂」         ゝ____________________,ノ
     __,,..二..,ノド¨¨""~~⌒¨"""~~"'':._,,.「| ロ    ]
ー-‐=ニ¨      _,,...     __,,iミVk‐、_,,,.[_|  ロ   叮i
   _,,...,,__,,...,,__,         r‐厶二ニZ=-‐=弌圦__ __,,..,,_]i]__
_           ..,,__,,.. 「卩 ̄|⌒'ト。.,___/    ̄~~¨¨"""
三三二二ニニ==‐-=ニL,_」_,,.....,,」__,__,,...   ̄~~¨   ___,,..二ニ      γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `Y´
二二二x===ミニニx==ミニニニ7ニ=‐-┘ :‐----‐=ニ⌒¨~            |   我が夜の国の平和に、強い違和感を覚える。   |
`マニ〃'⌒'i//,Yニi|'⌒'_}ニニZ.,,___           __      __,,  .....ゝ_____________________,ノ
. :}iニi{   . |//_|ニi|, ; : . . :     ̄~~¨¨"""¨¨~~ ̄~~¨¨"""'''…‥
. :. :. :. :  ., ; : :  . :                       . :
: . , ;                               . :
. :                              . : : : : :




6242 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 20:15:11 ID:DAzdHfZz

年齢では赤薔薇さんの方がトレーズ閣下より上なんだが、エレガント力で閣下の方が年上に見える不思議

6243 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 20:15:41 ID:sd4KOBWL

>>6242
エレガントだからね

6244◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:15:43 ID:16WoSDJ3

                          _  _
                          / -`.‐、ヽヽ、__
                          /.:/.:.:.:.:.:._l:ハl:.l.:l:.:.ハ_
                       ,イ.:./.:.:/´ ̄ ̄`ヾLr":lミ、、
                         i/.:.:.:.ノ.  ー-、、  ̄´ヾ リ
                     l.:.:.:.:.:l´   ー==、`  r一〉
                       |:.:/.ミ、!           ヾ‐'l             不安、だろうか?
                       |:.:!,⊃         、,冫l
                        トl:.:.`i‐'、      -‐‐、 ,'
                       `i:.:.i  ヽ、     ´  /
                      ヽ」__,--、,、    ./             γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                          l´, ---==ミ、l トニ,´              |  それは間違いないな。だが、その実体が見えない。   |
                     /三三ニ( ̄ミЛヽ´------、         乂_______________________ノ
     _,.ィニニ―ヽ‐ヽ―――‐トヽ‐',=ミ三ニ(ミ¬ __ヽ`=ミ-、,l_
    ムムィ‐<>、 _ヽ 冫‐v―――'    ̄```7/ニiト、.   ノ l
    ,>ニヽ_,.イ.l / ,ノ,ィ‐、-------、_, -‐'"´ ̄ ̄ヽ、ヽ /‐┘
 .  l:::::::::::::::l__,,ノ.l,'   /,イ.  /,ノ⌒i ィ<o        `i´ヽヽ、
 .   l:::::::::::::::::l、 ,.イ  .i_/  ././  /ー、ヽ、            ハ ヽヽヽ、        .γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   l:::::::::::::::/├'´|.     く,/  〃  |   ヽ、 O      ハ.  ヽ、ヽヽ     .|  この時間が、かりそめの平穏だというのは百も承知。   |
    l::::::::::::/  l,/ゝ、       .〃  ./       ヽ、 ,、     ハ   ヽヽヽヽ‐‐、. 乂________________________ノ
  ,ィ!:::::::::/   ヽヽ,/i>t-r、_    ,l        ヽ`′     ハ  ゚.イ i ├ニト、
 〈::::::::::::,'      冫::::::l´`ヾ、二i ̄フ          ヽ、     l  ゚ l   l vヽヽ'´
  ヽ:::::::.ヽ,    ./.:::::::::.ヽ、   ̄/.ハ          / ヽ、   l ・.ノ  l、ノl ト'
  }:::::::::::::i  /.::::::::::::::. `ヽ、_//_ノ         /   ヽ、 l /    .|,、V
  l:::::::::::::l /...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/               ヽ/       .l









       ′ !   l  l  |l   l  :l  l  l |  |  |   |! l| |l l  l '   ′
.         ' ! l    !  |l   l  :l  l  l |  |  l !   l| |l l  l    ′
.      l l    | | |l   l   l   l  l |  |  l |  |!  |l   l '  ′
.        l :l    |  |  |l  l   l  l     !   l    |  l| |l   l    ′
       l   , .   l  l  |l   l   l   | /      ,   | 'l 'l  l   |  !
       | lΛ :.     l 从 从―从  /  '  ′/-―j/‐l/ l/ ,|   l  l   |        問題は、ペルフェクティや君が動く傍らで、
       | l 'Λ :. l  !            j/  ′ / /     ′ /j ′j ' l   !
       l l  Λ  '  ,厶 ,,, __ミ: 、   / /  彡__ ,, 厶   ′ /   l          私が何もできていないということ……か?
      l l  八\ '  ⌒¨¨¨¨¨⌒       /   ⌒¨¨¨¨¨⌒ / / ./ /  l |
.      l l   '\丶 \        / /l          / / ./ / ' !
.         l l   :{∨`:..\          // |         / // / /    '
        l l   { V  :. 丶       /'   |:            /' / /  ′ '         なまじ時間の概念が同じばかりに、
.       ,    {___∨:. :.,          !           イ/ // /  / /
 -、- ===≦ , '  VマΛ :. '\         __  __       /// //}/ ̄/ /≧===‐- 、    ウィリアムの“待ち”に対して有効な手立てがない。
′, V~v//Λ ∨ ∨/Λ :. :. ;:.、     :::::      /! //.: // //// //// // v ′
  〉 ∨/// /Λ ∨ ∨/Λ ' V :、≫         ≪人l//从′//// ///////,| K ′
 `K ∨///// \\ \ Λ/   \ `   __  ´ /   \/////// ////////,| |/! l  かと言って、今下手に動けば地雷を踏む。
!  lΛ {/////////////∠  r ⌒ ミ   _  彡 ⌒ T  ヽ // ////////// | |/! l
|  | Λ ∨////// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ー―――‐-ア´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨///// j 7| |  王として、君たちの戦友として、それはやってはならぬ愚行だ。
|  l/ Λ ∨////{             ヽr= ====イ            ///////7 '/| |
|  |///| {/_>}       __   __ }      {   -=ァ        /<__/ ///| |
|  l'//Λ ∨ニニ‐{       `  ., _ {         }/   '"       〈‐ニニニニ/ ////| ト 、




6245◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:17:04 ID:16WoSDJ3


              ノ:/:⌒:ー.个ー-. .
             ノ. : j. : : : : ,. : : : : : : `ーミ
            f: : : : : _ : : /. : : : : : : : :-=ミ
            八: : :_/: f : : :/: : : : : : : : : : (
            f: :ミ:イ: ハ: :レハオイ彡斗: : :-=ミハ
           }ミr:{::{ハ(    ´ 彡オ. : : : : :}              そればかりは仕方がないな。
           }:_: {人! `ヽ        ,}≦=ミ乂
           7:ハ筏ミ:x    _厶斗イ 7´ヽ: :/               我々のサイクルに合わせていれば、恐らく
           八 杙tぅメ  f匕tうア" }!乂:f´
             `.  ̄  !      イ i: り                君は破綻する。
             ∧   j|      .'从(
              /∧  ゝ     .' / }`
              }个 `ー ´  イ/ニ:|
      _ .  -=セ: : ::}> ⌒ヽ< {f_ニニニ{: 、_               まして、国家という魔物を共にしながらでは、
   / { } { }     }: : :>f  ̄`ヽ `Yニニニニ/: :{:7\
.   ′り .}j  >. :´r ´  (rー-    .V_ニ彡': :/.:::::::\            その齟齬は致命的だ。
  .′∨    .′. :o: ⌒ヽノ} rv    {: : : :/.:::::::::::::::::::`ー-ミ
. //// V   '⌒\/. > ´ゝイ    l : :/.:::::::::::::::::::::::::::::::::'⌒ヽ
.ゞゞ.′ ∨. / \\: ´   / r人    j=く::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
: : : : ゞゞゞイ> ´\\  '  }:::::≧-__オ:::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/{
: : : : : : : : :∧◯   \\′ :|::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'::::.\
: : : : : :}: : : :∧    `≠=:!::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡.:::::::::::::〉
: : : : : .|: : : : :∧O   /    |::::::::::::::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=彡{
: : ::`ヽj: : : : : : :'    '    .|:::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::ー-::::::::::::::::::::::::l
: : : : : ,: : : : : : : iO ./    .卞、o::::::::::o.斗:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:_:_::j
: : : : /,: : : : : : : | .'  ◯/:!: .\: : :/ : !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::-―-::::::イ






.     /. : : :> ´≠-=ミ:/v:ハ}/ィイ州リ: :7
     {才. : :≠"     ./ /. 7^⌒ <: 〈
.    /. : :イ.j      / /. /     {:乂
    {_: :ニ=彡"、__廴   从(       v7
    V. : _才   ̄^气=云x ヽ     '_,
    乂. イ/    ≪_tだツ^汽  .fr斧笊オ
   辷7ハf        ̄ィ'"   .Vだ^{          だから――私は友人として君に提案しよう。
.  /. f⌒从               ∨ |
  イ.从frv            _,   ノ  :
   ^Yハ _             .´   ′         いっそ、今だけは全てを忘れて内政に傾注してはどうだろうか?
.    从: イ.ハ       _,  -―ュ  /
    ハ乂.∧         こ ̄_, ,
    >==ミ \___        ′
    {≠-=ミ` < ∧      厶           γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
.     }ニニニニニ>. ` <>- :≦才^__           .|   ……何?   |
.     }ニニニニニ≪二_>v) ` <⌒ー-ト .           乂_______ノ
    /ニニニニ≪二二二 _{ ∨  ` < .\{
 ,.. イ冖<ニニニ≪二二ニ.{   V    {/ .}ー- ..,
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` <ニニニニニ-{_/.}  /∨}⌒ヾ.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` <ニニニ}i{}イ<.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:




6246◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:17:51 ID:16WoSDJ3


                        ----
                        . :                 : .
                    /   /      `  丶   \
                  ,    ′′    :.
                 ′ / ′       i:      :.     ′
              /   / /   /  !             :.     ′
                /  / /            |i    l:     :.   ′
             ′      ′  !         l!       ′
             .   ′      |:        l:    :.
              l  i: l       |:      |l   l:    i:   l
               l  |i |  |   |:     |l   |:     li   l        ……それは、本気で言っているのか。
               l  || |  |   |:     |l   |:     ll   l!
.             ll  ll l  l   |:     |l   |:     ll    ll
                ll   ll l  l   l:     |l   !:     ll    ll
               ll  ll l  l   l:         l:        ll
             从   l: l   l   l:    从   ノ:    リ   从
            /⌒二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二⌒',      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
.           /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 Λ    .|  ああ、本気だとも。  |
          二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二      .乂_________ノ
.         }ニニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニ{
.          {弖ニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ弖}
      x‐=≦ 竺弖二二二二二/\二二二二二二/\二二二二二弖竺 ≧=‐x
- ‐=≦二二二\竺弖二二二二\/二二二二二二\/二二二二弖竺/二二二≧=-








                  /: : : : : : :\: : : : : :|: : : |: : : :/: /: : `:、
                 //: : : :.,ヘ/〉^,ヘ: : :|: : : |: : ://: :/ : : :ヽ
                //: : :_:,/ ////′ \j: : :/_/-‐≠ヘ: : : : : :
               j/: :/: : :_ノ  {(〈,{   ` ̄´         }: : : : :′
              ノ{: :/____/´   ヽ ヽ                 }=‐-:/
              ノ/: /|                        }ヽ : }
                 ノ/∧: | -`==‐-ミ、             _ヽ: :ノ
              / | ヽ∧{  く  ヒツ≧ヾ 〉 } ===ニ彡' jハ
               八      ` ̄ ̄´-‐    '  ヽヒツノ′/ ,      ……今は、誰もが休むべき時だ。
              丿/:\__             |、    ̄´    /
                }/ヽ:∧             |        /ン          魔剣の主が休んでいる今、我々だけで
                _}/∧              |
                   / ( /  ヽ /i!       ′    /             無益に動き回るべきではない。
               {i:i:i\\ / |  ` ̄   ‐- '   イヽ
               /i:i:i:i:i:i\\  ヽ    `¨¨´    /|/ ,}
              ,i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\\/ 、        / / /|
              ,i:i:i:i:i::/\i:i:i:\\ \ __ /、/ /i:i:i:|            休んで、力を蓄え、次に備える。
              ,i:i:i:i:i:i:i\\\i:i:i:\〉 |    ヽ \ {i:i:i:i:i|
            /i:i:i:i:i:i:く\\\\i:i:i:〉/  !    \ \/i/!            本当は、君にだってわかっているはずだ。



6247◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:18:44 ID:16WoSDJ3


 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  ……ああ。だが、ペルフェクティは休んでいない。   |
  乂_______________________ノ

        .ノ     マ≧zzミ    ∧
       ヾ\ __   .}三三三≧x  ∧
         \ヽ_ ィ1三三三三ニ> \
          \ Y./三三三ニ∠      \        γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
          ィ" f三三三三三≧.     \        |  休んでいないのだ。トレーズ。  |
         / /  .{三三三三三三ニ\.      \      .乂______________ノ
        才   .!三三三三三三ニニ∧.     \
     才´      |三三三三三≧≦三|       \
    /        ム\三三 ≦ニニ三三.|
   く ̄ヽ       ヽ \三三ニ ≦.ニ三!
    ∨  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       |  我々がこうしている間にも、彼女は動き続けている。情報を集め、技術を高め、懸命に足掻いている。   |
       .. 乂____________________________________________ノ
        ハ/三三三{}三三三.ハ\ \三ニ∧
      ハヽ三三三三三三./ニ}7.\ \三∧
      .ハニ}f Y }≦三≧  ̄ ≦/ニ三\ \ ∧
     .ハニ!{ リ L_____/.ニ三三\ \}
     /三f≧≦三三三三三/三三三三./\ \      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    ./三ニ}.三三三三三三 /三三三三./  ∧   \    .|  それに、私はどう応えればいい?   |
   /三ニ/三三三三三三 /三三三三.イ   .∧.   \    .乂________________ノ










      / /     /    /     /  / // / /     /
.   / /     /    /     /  / // /  /    /
.  / /′         /      /     // /   /   /
_彡 ´ /    /  //      / / .// /    /   〃     /
     /    ./   / /    / // // /     /   /
.    /  .// ./   /      / 〃 / /  ̄ミト .,/   /     / ′
   /  / ,: /        //   /  // ..,, __     /    ′   // /
.  / /  /    / ./ ´jI抖托恣竺竺冬ミー `丶 ′ /      / / /     20年。
  /  //     / .:. ′  \ 忙乂云坏'リ  `` / //   / / / /
〃   /      //V´'′    ー――― '′ // /   / / ./ /       君たちにとっては、決して無視できぬ年月、
     /   //' Λ丶 ′                // /    .:   / /
===ー-/   〃     ≦\`'′            /'′/   //   //        彼女を彷徨わせた責任の一端は私にある。
ニニニ/   / x ´ニニニニ丶'              /  ′/ .′ /´
ニニ‐|  ∠ニニニニニニ‐Λ               / /   l
ニニ‐| /二二二ニニニニニニ:.             /     |              彼女が安らぎを感じられぬ身と知ってから、
ニ=-‐/  ̄   ‐-=ニ二三__ニニ:.               l
_/  -= : :  ̄: : ‐-    __ ̄ :.              ′              その思いはさらに強くなった。
_} l : : : : : : : : : : : :  ̄ : :.
_l l : : : : : : : : : : : : _ ノ´\       ― _‐-- 、
_l ! : : : : : : : : -=/ ̄      {\         ̄ _
Λ . : : : : : : ̄ : :/            ,:.:.:丶          }   \  イ
‐Λ 、 : : : : : _彡             \ :. :..      {:    \
ニ‐\ \: : : : : -=  ̄ミー=ミー 、   Λ   :. `     〉      \
ニニニ\  、: :  ̄: : -= 彡′  \ \ / ∧   : . `¨¨´/    /   .:



6248◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:20:01 ID:16WoSDJ3



          _ ___
         /. : :ー-ミメ: .
        /. : : : :_刈ハ}/ノノハ                γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       」-‐=彳 /:f^ー-弌{                 |   わかっている。彼女は憐れみなど欲していない。   |
      _j _彡イ、__{{八   jリ                ゝ_______________________,乂
      爻{ i{ 气-芸ミ .ィア
       ハ       :{ i
       Ⅵヘ    、__ jレ      …………。
       }:.:.\_rへ  ̄ ′
.       八:.:.:.f==7≧≠,
    _rf斗x<:.:r=7 i 」{乂f二ニfvヘ___
r==气x .乂7. : :  ̄ : ::才` <: : :oヽ }}ハ
77i r、 \.{. o: :__ > ´   ∨  ` <:V}}川          .γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
//| ! iハV }_/. :/      ∨   o{ :弌乢           .|   だからこそ、我が身の不甲斐なさが嫌になる。   |
イ: !」_|L!i {: : : : :\o      V   o{ :i: : : .\        ゝ_______________________,乂
: : : : : : ,^: : : : : : : :\o     ',  o{:.:| : : : : . \
: : : : : 7. : : : : : : : : : : \     ′ 7. ,. : : : : : : .\
: : : :.7.: : : : : : : : : : : : :./\   i ∧ハ: : : : : : : : : : :ヽ
:. : .:.:′. : : : : : : : : : : : .\:o\  / /7 ∨_: : /. : : : : : : ,
: : : :{〈. : : : : : : : : : : : : : : : ヽ:oヾ :{ {  └イ-=イ. : : : : }
: : :i l \: : : : : : : : : : : : : : : }: :o{ : { {   .ノ=- ..,_fv7ノ.  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
ー=ミ.}   ヽ: : : : : : : : : : : : :/. o: { 八{  /.:o:.:.:.:.:.:.:=ア   |   君にも覚えがあるはずだ。この苛立ちについて。  |
ー:=〈     ∨. : : : : : : : : .〈. : : :人: 7∠.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ....ゝ_______________________,乂
: : : {.     }: : : : : : : : : : : ヽイi: : ヾ{  \:.:.:.:./
: : :∧    /. : : : : : : : : : : :/. :|: : :f_ノ  }.:.:/
ー=ミ:ヘ  /. : : : : : : : : : : :/. : : :! : : :.{_ノ_ ノV







         γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
         l   ……ああ、そこか。君の違和感の源泉は。  |
         ヽ、____________________ ノ







                  - "  ´  丶
                  / . 、       ヽ
               / ,' ;  ヽ.  丶 、ヽ.ヽ
               ,  .l .i ハ、 ', ヽ. V ', i.  、
                  i { l',!_ト、  ,-‐,.''ニ、!.l ',
             i .l i,iィ'l, -r`\ 、ゞ‐' j/l ハ l
.               ! l ト 、ゞ‐'   :,丶、   イl l; } l
              , ! ` ヽ       _  / |:lリ ハ.!:::::‐-、
             __,、l'"∨` . ´   イ、.j/'::::::ソ:::/ !l
.             /,、ヽ`:::::}ハ />-.イ,.._,. '--、:::://  l.!         ……何?
            '、{. ヽ\:::r―‐- r―Y _  .!://  l.!'//>,、
.            -―',',  \ヽ  ‐= j  K´   !'イマヽ.!l//////,ヽ
        /////ハ , ///ヾ、 ./.lーーヽ\ /、 )/ゝ////////ヽ、
.      ,イ////////!」//⌒V{_,.ィ l二,. ィ! !´、77´/////////////{_,..-、
     /////////////ゝイ///l l.∞∞.l .!::::\'/////////////////,i
.    /7777/////////////::/ ' l.l.l  l. l:::::::::`<///////////////!
.   //////////////////::::::/ ./! 二二 .l  l::::::::::::::::::::ヘ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ/l
. {'"⌒"<//////////:::::::::/ /::l  l.l.l  |   !::::::::::::::::'//,\::::::::::::::::::::::\





6249◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:21:47 ID:16WoSDJ3


.     /. : : :> ´≠-=ミ:/v:ハ}/ィイ州リ: :7
     {才. : :≠"     ./ /. 7^⌒ <: 〈
.    /. : :イ.j      / /. /     {:乂
    {_: :ニ=彡"、__廴   从(       v7
    V. : _才   ̄^气=云x ヽ     '_,
    乂. イ/    ≪_tだツ^汽  .fr斧笊オ
   辷7ハf        ̄ィ'"   .Vだ^{           聞いての通りだ。
.  /. f⌒从               ∨ |
  イ.从frv            _,   ノ  :           君の迷い……平和への違和感の原因はそこだろう。
   ^Yハ _             .´   ′
.    从: イ.ハ       _,  -―ュ  /
    ハ乂.∧         こ ̄_, ,
    >==ミ \___        ′            もしも君が、その迷いを晴らしたいなら……どうだろう、
    {≠-=ミ` < ∧      厶
.     }ニニニニニ>. ` <>- :≦才^__            ペルフェクティに会いに行っては?
.     }ニニニニニ≪二_>v) ` <⌒ー-ト .
    /ニニニニ≪二二二 _{ ∨  ` < .\{          恐らくそれが君にとっても、彼女にとっても良い結果を生む。
 ,.. イ冖<ニニニ≪二二ニ.{   V    {/ .}ー- ..,
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` <ニニニニニ-{_/.}  /∨}⌒ヾ.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` <ニニニ}i{}イ<.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:




           `Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
            |    しかしまあ、改めて思ったが……   |
            ゝ________________,ノ



.. .`Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
  ..|   本当に君は若いのだな。普段の落ち着きぶりでつい忘れそうになるが   |
   ゝ_______________________________,ノ
       ′ !   l  l  |l   l  :l  l  l |  |  |   |! l| |l l  l '   ′
.         ' ! l    !  |l   l  :l  l  l |  |  l !   l| |l l  l    ′
.      l l    | | |l   l   l   l  l |  |  l |  |!  |l   l '  ′
.        l :l    |  |  |l  l   l  l     !   l    |  l| |l   l    ′
       l   , .   l  l  |l   l   l   | /      ,   | 'l 'l  l   |  !
       | lΛ :.     l 从 从―从  /  '  ′/-―j/‐l/ l/ ,|   l  l   |
       | l 'Λ :. l  !            j/  ′ / /     ′ /j ′j ' l   !
       l l  Λ  '  ,厶 ,,, __ミ: 、   / /  彡__ ,, 厶   ′ /   l
      l l  八\ '  ⌒¨¨¨¨¨⌒       /   ⌒¨¨¨¨¨⌒ / / ./ /  l |     ……否定はしない。
.      l l   '\丶 \        / /l          / / ./ / ' !
.         l l   :{∨`:..\          // |         / // / /    '         まだ私には修行が足りていない。
        l l   { V  :. 丶  u    ./'  |:            /' / /  ′ '
.       ,    {___∨:. :.,          !           イ/ // /  / /          君ほど、自分を抑えられる器がないのだろうな。
 -、- ===≦ , '  VマΛ :. '\         __  __       /// //}/ ̄/ /≧===‐- 、
′, V~v//Λ ∨ ∨/Λ :. :. ;:.、     :::::      /! //.: // //// //// // v ′
  〉 ∨/// /Λ ∨ ∨/Λ ' V :、≫         ≪人l//从′//// ///////,| K ′
 `K ∨///// \\ \ Λ/   \ `   __  ´ /   \/////// ////////,| |/! l
!  lΛ {/////////////∠  r ⌒ ミ   _  彡 ⌒ T  ヽ // ////////// | |/! l
|  | Λ ∨////// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ー―――‐-ア´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨///// j 7| |
|  l/ Λ ∨////{             ヽr= ====イ            ///////7 '/| |
|  |///| {/_>}       __   __ }      {   -=ァ        /<__/ ///| |





6250◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:22:53 ID:16WoSDJ3


: : ∨^冖^ヾ: ≠: ノ. : : :rvハi: : :i |: : ,: : : :///. :ィイイ⌒冖^ー=才. /.: : : : :{
\: }    /. : /イ. : : ハjiN{ : :.i |: / /.州r≠          7. : : : : : : :∧
: : 汽    /. : / 7.::i:/   `ヾN/イ"              i. : : : : : : -=: )
:.-=7  /. : /  |: ::|!                       }_彡. : : : : : /
ー={.   ′./  :|: :.l!                         }-=≠: : イ{
: :才  i: :/    |: :.|!                         才. :_彡. : : :,
=ア (. :|: {    |: :.|!                       ,   }≠イ. : : :ハ
:.:{  \i:.:{.    从:.!                    /  ,.ノノ. !f⌒Y. : : :{        さあ、どうかな?
:弌:ー-=j: 抃ミ 廴)):|                __ ≠-‐≠" }: :i从 }. i{: /
_j i{ ーr刈ぇニ辷笊ぇx        斗==_二二ニ=-‐ ァ彳  ,抃i に , :八{        老練、老成と言えば聞こえはいいが、
V:抃  \ 弋云ズj^ヾ ミメ     /イf≠7 弋辷:ア /    j刈ハ ′:从
 :N    ^ー‐‐‐‐=^ \ } :     j′ ー=  ニ冖^     /i:{  .′ {′        それは要するに枯れたということだ。
 从            : :i:                   7从 /イハ: 〉
  ∧             .:  :|i                  j/.  /.   j/
.ハ  ′           :  :|i                  ;  ノ
 乂 ヘ             :|i                    厶ィ"              その分だけ安定はしても、伸ばす手は縮むものさ。
 /へ'.              :|i                  ,:^! 从
  / ∧          , !l                ′!(\              ならば君にはまだ伸びしろも未知の可能性もある。
 イ  /イ.ヘ           \:___/            .′ |)). \
/   .从∧                          /.   !  :}  ヽ
!    {:.:.:i : ,    弋ー- === ー‐==ァ      イ    l ./   }
∨   ∨ ̄ ̄ ̄ ̄{    ー--‐  '"´     / ̄ ̄ ̄ ̄7    ,i
. iV.   ∨/      {     ー==-       }      /    ,: !
. |: \.  \/,    .{、              /}     /    イ : L
. |:: : :.\   \   { \          / /.    /    /. : : : : : : .
. |: : : : : :\   \ ∨ .\        /  .イ  ./    /. : : : : : : : : : :
/i: : : : : : : :.\   \}^ー-r≫-----≪  / > ゛    .ィ. : : : : : : : : : : : : :




 `Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
  |    私は半ば、楽隠居を決め込んだ身だ。家督も貴族の仕事も若者に譲った。  |
  ゝ_________________________________,ノ


                                   `Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                    |   何しろ、私ももう50近い。後は何を遺せるかの勝負さ   |
                                    ゝ________________________,ノ


 `Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
  |    はは、実に不便なものだよ。あと何年残っているかまで計算しながら進まねばならないのだから   |
  ゝ__________________________________________,ノ


                  - "  ´  丶
                  / . 、       ヽ
               / ,' ;  ヽ.  丶 、ヽ.ヽ
               ,  .l .i ハ、 ', ヽ. V ', i.  、
                  i { l',!_ト、  ,-‐,.''ニ、!.l ',
             i .l i,iィ'l, -r`\ 、ゞ‐' j/l ハ l
.               ! l ト 、ゞ‐'   :,丶、   イl l; } l           ……さしずめそれが、君の焦燥というわけか。
              , ! ` ヽ     ,  / |:lリ ハ.!:::::‐-、
             __,、l'"∨` . `   イ、.j/'::::::ソ:::/ !l
.             /,、ヽ`:::::}ハ />-.イ,.._,. '--、:::://  l.!
            '、{. ヽ\:::r―‐- r―Y _  .!://  l.!'//>,、
.            -―',',  \ヽ  ‐= j  K´   !'イマヽ.!l//////,ヽ
        /////ハ , ///ヾ、 ./.lーーヽ\ /、 )/ゝ////////ヽ、
.      ,イ////////!」//⌒V{_,.ィ l二,. ィ! !´、77´/////////////{_,..-、
     /////////////ゝイ///l l.∞∞.l .!::::\'/////////////////,i
.    /7777/////////////::/ ' l.l.l  l. l:::::::::`<///////////////!
.   //////////////////::::::/ ./! 二二 .l  l::::::::::::::::::::ヘ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ/l
. {'"⌒"<//////////:::::::::/ /::l  l.l.l  |   !::::::::::::::::'//,\::::::::::::::::::::::\

 `Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
  |   そうとも。だからこそ、この平穏が敵の罠でもとことん利用させてもらうのさ。  |
  ゝ_________________________________,ノ


6251 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 20:23:52 ID:sd4KOBWL

そうか…閣下は他の人と違って寿命がきちんとあるからな…

6252◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:24:04 ID:16WoSDJ3













         γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
         .l   何しろ、私たちには時間がないのだからね――    |
         .ヽ、_______________________ ノ















   ┌──────────────────────────────────────┐
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   └──────────────────────────────────────┘

               ┌───────────────────┐
               │                                      │
               └───────────────────┘
                        ┌──────┐
                        └──────┘



6253 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 20:25:04 ID:DAzdHfZz

この思い悩む赤薔薇さんが1000年後には鋼鉄のサビ残王になってるのは涙が出ますよ…

6254 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 20:25:20 ID:ND8F+r68

寿命が人の10倍ぐらいあるから単純計算だとまだ15歳相当ってとこ?
流石にそこまで幼くはないだろうけどまだまだ若手なんだろうな

6255◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:26:19 ID:16WoSDJ3



        ……こんばんは皆さん。カティ・ミュカレです。


           何か今、とんでもないことが私の目の前で起こっています。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                  /  //                ̄`ヽ、. | \                 _  _
                /  / /      /|IiViI''ヽ、       l、 |  \       __  | | | |
              ./   /ヽ/      /  | | | | ヽ、      |、_l、          ..|___ | !__| !__l
                  /  l'      /.|、_| | |__.|,-|ヽ      |'゙  ∨          ..__l |
              /  |      /| | | | |  | | `l、    |   ∨       ..|___|
                /   |     /,,,==、、| | |  !!=,,,|ヽ   |
                /     |    /.ll、 )ll|  ! | |l  ll| .|  /             | ̄ ̄ ̄|
               /     !、  /  ゙゙==''      ゙゙=''゙゙ |  ノ             └―┐ l / 7 /7
                      ゝ、|.     !~~~‐     .| |               ┌―┘ | / //./.
                      \|.、    |:::::::::::::::::::|    / /                 ̄ ̄ ̄  ̄ ¨
                       `ヽ、,_  |:::::::::::::::::::| __ノ゙∨
                        ///`,_ー--,-、―,'''//Λ                  ┌―┐
                        ///////>◇</////Λ.                  ニコ|[][]
                        //////     `V////Λ.              └―┘

                                                    | ̄ ̄ ̄| 「 l「 l
                                                     ̄ ̄ | | | 」| 」
                                                    | ̄ ̄  l
                                                     ̄ ̄ ̄
                                                       _  _
                  - "  ´  丶                               __  | | | |
                  / . 、       ヽ                         |___ | !__| !__l
               / ,' ;  ヽ.  丶 、ヽ.ヽ                          __l |
               ,  .l .i ハ、 ', ヽ. V ', i.  、                         |___|
                  i { l',!_ト、  ,-‐,.''ニ、!.l ',
             i .l i,iィ'l, -r`\ 、ゞ‐' j/l ハ l                          | ̄ ̄ ̄|
.               ! l ト 、ゞ‐'   :,丶、   イl l; } l                     └―┐ l / 7 /7
              , ! ` ヽ       _  / |:lリ ハ.!:::::‐-、                   ┌―┘ | / //./.
             __,、l'"∨` . ´   イ、.j/'::::::ソ:::/ !l                     ̄ ̄ ̄  ̄ ¨
.             /,、ヽ`:::::}ハ />-.イ,.._,. '--、:::://  l.!
            '、{. ヽ\:::r―‐- r―Y _  .!://  l.!'//>,、                  ┌―┐
.            -―',',  \ヽ  ‐= j  K´   !'イマヽ.!l//////,ヽ                  ニコ|[][]
        /////ハ , ///ヾ、 ./.lーーヽ\ /、 )/ゝ////////ヽ、             .└―┘
.      ,イ////////!」//⌒V{_,.ィ l二,. ィ! !´、77´/////////////{_,..-、
     /////////////ゝイ///l l.∞∞.l .!::::\'/////////////////,i        .| ̄ ̄ ̄| 「 l「 l
.    /7777/////////////::/ ' l.l.l  l. l:::::::::`<///////////////!         ̄ ̄ | | | 」| 」
.   //////////////////::::::/ ./! 二二 .l  l::::::::::::::::::::ヘ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ/l          .| ̄ ̄  l
. {'"⌒"<//////////:::::::::/ /::l  l.l.l  |   !::::::::::::::::'//,\::::::::::::::::::::::\          . ̄ ̄ ̄


6256 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 20:26:31 ID:Mh06nDDL

こういう長命種は早めに成人してから長く生きる、ってパターンが多いけど
それでも赤バラ王は人間で言えば20代ってとこだろうなあ

6258◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:27:36 ID:16WoSDJ3


                                           ___    ____
                                          /      ̄ ̄       〉
                                          ∨、           . ィ′
                                        `} `ー---  -- ≦  .}
   ようこそ、ローズレッド・ストラウス陛下。         _ __ ._. λ ◇          . イ7
                                      ,イ Y 7 〉k ` ー----ぇィ ´ レ、 '
                                    _/ ーーーと.ィ、   _ 衣リフ  !k.リ  ス……
   遠路はるばるのご来訪に、ろくな歓待の     / ト、    ィ ハ ̄、     !  l!イ'
                               / ト、≧ァイ  /: :ハヽ、‐-/ ̄ハ !  l
   用意もなく、汗顔の至りであります。       l|l   7 / / : /:ヾぇ禾: : : :ハ ∨.l
                                  { Ⅷ  ./ /K-―七禾. . .!: : : ヾ: :ヽ.ヽ!
                                  l .Ⅵ / λ  /o /. . . . ハ: : : : : : : :> ニ=-
                                  ヘ  ̄  { } ./ ./. . . . . ト、: : : : : : : : !.∨
                                   ヽ_ ノ  ィ  イヘ . . . . }. \ : : : : : l .∨
                                    ヘ   /o    ゝ_」ヾ!  .ヘヽ: : : : !  ヽ
                                     ゝ-イo     o   /  .ィ∧ ヽ.: :l_.ム ヽ
                                       ヽ、_ _ o  .{  フ / .{  Ⅵ   ヘ \
                                        }<{  }三三≧イ、\、  .ハ∨  ヽ  1




                           _
                   ̄ `´       ` 、
                ´           ` 、 \
               / .'   {  、 \  丶  、  、.丶
.             '.:  /    ',  \ 丶 、 \   、 ヽ  、
          '.::  ' .i  . ヽ    ヽ \ 丶. ヽ \ 丶`
.          / .:  ,'.i    ',  \.ヽ   ヽ 、` ._ヽ ヽ     \
          ' ,   .l、 !  ヽ、  丶. \   ヽ> ` - _   ヽ \
        ' .!  !.{  ', 、  ヽ  ヾ\ ` 、 ヽ.! .} ̄  ‐-  _ ヽ 丶          いや、急な訪問にも関わらず
.         ' ! .{ i !ヽ  、 ヽ \ヽ、ヽ_、._ _ \.r 、 ヾ、   `ヽ 、
       ' ! : 、 !ヽ 、  ヾ ,.ィ- ̄__ヽ ' , ∨':; ! ', ヽ ヽ! l ソ ヽ          快く応じていただき感謝する。
        l l  、 ̄,.二.ヽ 、ヽ、 '" rーソノ Vlハ l.〉.ハ! j ハ__-‐ニニニヽ
       l ', . \ヽVソ \ヽ \  ̄ ̄´  j !リ∧!イ-‐ニニニニニニニニ}        ペルフェクティ将軍殿。
         , !、 ゝヽ    ; \ 、ヽ    _-ニニニニニニニニニニ二|
         , .!\ '、∧ヽ ノ   ` 、` r=ニニニニニニニニニニニニニニ}
         , ヽ_ヽ  ',丶   _   _   l ::, 'ニニニニニニニニニニニニニ'、
    __-‐=、ニニ'、 、ニj>、  ‐   ,! ::::, 'ニニニニニニニニニニニニニr‐ 、
   / _ 'ニニニニヽニニ\ニヽ > ,. イ,. ! :::::., 'ニニニニニニニニ!{:⌒ト,ニニト:,. }.ト、
   l. ::., 'ニニニニ\ニニニニ', / ._ヽ⌒l. ::::::::, 'ニニ>ィ.ヽ'.ニニニ{乂ノ }ニニゝニィ=-ヽ
.  .l. :::::, 'ニ二二二l ` 、 `ヽ<ニ!_,. - ! ::::::::, '=ニ{.!::. .j '二二>-ィ-‐ ̄_,, --
.   !. :::::::, 'ニニニニ!       ,ィ 亠/   !. ::::::::::::, 'ニヽ ー' .ノニ=‐ ̄_‐=ニニニニ
   , ::::::::::, 'ニニニ,   ヽ::::.、/ '" /.::'" .! :::::::::::::::,. 'ニ>=''" _‐ニニニニニニニニ
.   , ::::::::::::; 'ニ二二〉  _=-{  ::{'"  ./ .:::::::::::::::::,.  ̄ _‐ニニニニニニニニニニ
   .:::::::::::::::; 'ニニニ{::.  , '"ヽ _ :! ヽ ./ .::::::‐=¬‐-<ニニニニニニニニニニニニ
  , .:::::::::::::::::::,.'ニニ!: / / T!j ノ ト.! ,:'"イ二)   r‐_`'<ニニニニニニニニニニ
. / .::::::::::::::::;:::l__'ニ=/ ./-―- .l , l.!,‐=ニ>'" ,..__ `マニ>、.\ニニニニニニニニ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



        本物です。あのナイトロード国王陛下、ローズレッド・ストラウス様が

        お忍びでやって来られたのです。

        ハンサムです。声きれいです。わたしより肌真っ白です。ちぬ。

        ええ、動悸が止まりません。これは、まさか……不整脈!?




6259 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 20:28:19 ID:sd4KOBWL

不整脈は草

6260◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:28:52 ID:16WoSDJ3


                                    /                      ヽ
                                      {           -―――-         }
                                    ∨   > ´     /\    ` <   ./
                                        ∨ {       \/         }   /
                                       ∨.{=≡三三三三三三三三≡= } /
                                      ∨ヽ         }          /∨
                                       /   7<     .{       ,. ≦, 小
                                           /.   ` <_{__ <   !  リ
                                     i  ./‘,              }  |'‘,
                  フ……              |  ,:ヽ‘,        ヾ:., i   リ. ,
                                      |   i<"‘,    、‘     ヽ ー‐ ヽ.i
                                        /|   l    ヽ     ̄    ィ ∧    }|
                            _______,/  |   |   「≧>  .__. <-./ ∨  ハ
                            \             |   |   |    ヽ /   /   ∧ /  !
                          \            l   !  く \__/ヽ/ヽ_./   ./ ∨   |
                           ー――――― l  .!   ヽ/  /   }'  ./ 彡へ   !
                              /       l  !>-/    /   / ./ ̄    .\!
                             ,. /       ヽ,| ./     /   /,/         ヽ
                       ――――一'  /_____ ./       /   / |、
                         ,_____    -―一         /     i \
                         /⌒\                   l.   \
                        /´ ̄ ̄`'\                    l     \
                           /    }\                     l{



                  - "  ´  丶
                  / . 、       ヽ
               / ,' ;  ヽ.  丶 、ヽ.ヽ
               ,  .l .i ハ、 ', ヽ. V ', i.  、
                  i { l',!_ト、  ,-‐,.''ニ、!.l ',
             i .l i,iィ'l, -r`\ 、ゞ‐' j/l ハ l
.               ! l ト 、ゞ‐'   :,丶、   イl l; } l
              , ! ` ヽ     ,  / |:lリ ハ.!:::::‐-、
             __,、l'"∨` . `   イ、.j/'::::::ソ:::/ !l     クス……
.             /,、ヽ`:::::}ハ />-.イ,.._,. '--、:::://  l.!
            '、{. ヽ\:::r―‐- r―Y _  .!://  l.!'//>,、
.            -―',',  \ヽ  ‐= j  K´   !'イマヽ.!l//////,ヽ
        /////ハ , ///ヾ、 ./.lーーヽ\ /、 )/ゝ////////ヽ、
.      ,イ////////!」//⌒V{_,.ィ l二,. ィ! !´、77´/////////////{_,..-、
     /////////////ゝイ///l l.∞∞.l .!::::\'/////////////////,i
.    /7777/////////////::/ ' l.l.l  l. l:::::::::`<///////////////!
.   //////////////////::::::/ ./! 二二 .l  l::::::::::::::::::::ヘ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ/l
. {'"⌒"<//////////:::::::::/ /::l  l.l.l  |   !::::::::::::::::'//,\::::::::::::::::::::::\




6261◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:29:18 ID:16WoSDJ3






 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `Y´
  |  壮健で何よりだ、戦友   |
  ゝ___________,ノ

                                              `Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                               |  ああ。お互いよく生きているよ |
                                               ゝ_____________,ノ







――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


        ぴょええええええええ……っ! 何この私得空間! 二人ともカッコ良すぎです!

        ヤバイ鼻血出そう! 月は見えているか! 私もう死んでもいいです!(錯乱)


        ええ、わかってます。他国の王が、将軍にお忍びで会いに来た。

        この事態がただ事じゃないってことくらい。

        でも誰だってこうなりますよね!? こんな光景見せられたら!(超興奮)


6263◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:31:09 ID:16WoSDJ3




  ←この辺に橙子さん


\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::\::::::::::::::::::/^>》, -―‐‐<^}っ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::\::::::::::/  /,≠´    ヽ.:つ::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::\:::/  〃  ,ヘ}Mヘ ハ:::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::メ  i{l| /、  , }  }::::::::::::::::
  ::::::::::::::/ \瓜イ >  <,'。:゚ノ:゚:゚:。゚:。
   ::::::::/   |ノヘ.{、  Д_ノノイ::::::::::
  :::::::::/   /|:::::/  ̄(つ(つ |:::::::::::::::::::::
  ::::::::{   ノ::::://^´| | l、 ノ::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::ゝ、:/::::::::ヽ/____| |_ヽ(::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::\;ゝ::::::::::\ |、 |~、ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞノゞノノノノノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


          でも、残念ながら私が見たのはここまで。

          偉い人同士のお話に、私のような小娘が口を挟んではならないのです。くすん。

          くそー、でもいつか偉くなって赤薔薇陛下にサインと握手をねだってやるのです!

          アイルビーバーック!


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                           ____
                ____   z≦     ∧
               〈               / }
                ` r――――――― <__/
                   |r._<         ◇   {
                    「ー<[[{三三三三三三}
.                  lr≧! .|≧zx         l
                 ハ〈ぅl 代弋サー- _ ィ      (……カティの扱いが悪いな、トーコ……)
                / x≧ヘ l  ̄     /k
.               / ∧`< ト、u  _ _' イ l >x
              / //∧    ̄7、 ..ィ l l >"´       ワカランデモ ナイガ……
.             / /////    /` Y7  .リ´
.              / //>´` <  ∨-<ヽ∠
             / > ´      ` ーヤ 1 } ` <
.           //          }  ! ト、     ヽ
           / {     > ´  / l   l ∨   .Y
.          / .∧_> ´    / ./    ∨ ∨ |
          /  {        ./  / _      \∨ |
.         /  .}      /    7  ` ーく⌒ ∨}
        /    l    /      /     ∨   ∧
.       /  ./.l   /       / O    =Ol∨    l



6264 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 20:32:11 ID:sd4KOBWL

偉くなる動機で草

6266 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 20:32:47 ID:DAzdHfZz

美男美女二人のこんな掛け合いを見たらカティちゃんでなくても乙女回路ぎゅんぎゅんですよ

6267◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:32:53 ID:16WoSDJ3













              γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
              l  さて、何やら騒がせてしまったが――  |
              ヽ、_________________ ノ














6268◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:33:57 ID:16WoSDJ3


      r‐┐                      r‐┐    |: : : : |:|:} :|    >''"´
    iニニニi                  iニニニi   _|: : : : |:|:k:if T  ̄
      :|   |                    |   |   (__,) : : |:|: : :|:|
    .__|__|__  ____            __|__|__  :|: : : : |:|: : :|:|
    |  .,斗<:::::::::::::::::::::::}          |      |   |: : : : |:|: : :|:|
    |  /::::::::::::::::::::::::::> ‐〈           :|      |   |: : : : |:|: : :|:|
    |_,/:::::::::_>''"´::::: )ノ{         |___|   ̄:}Τ_r:r‐: :ト、
     k<::::::::::::◇ ,...イハ ト、______ |  |     {__./ ヽ : 〉
     | `¨にー‐<:.:. 少:} ! ヽ________.|  |       |_:|    ̄
     |  「ート、;;;;;,く  /| __」: : : `゙<   :|  |     / :_フ:ユ      ――今日は、どんな用件なのだ?
     | /: : {__} ト .,‐ ´イ レ ´: : : : : : : : : :\ |  |   /: : : E三}
     |{: : : : 厂|ノ: : : 7八ヽ: : : : : : : : : : : : : :\ _:|,.斗k :ー:1に:フ         律儀なお前にしては、ずいぶんと急な打診だったが。
    イ}ー f : : : : : : // ハ  〕ト- : __,,斗‐ァ´/  :l Ⅵ: :斗  |
   /:{_ イ: /: : :// || ‘,: : : : : : 〈 /: : /:{ : {  :kヘ_/ |  :|
    } ̄: : : :{/: :/:∨      〉: : : : : : マヽ,/: :{: :‘, 乂ノ  :|  :|    .γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    }: : : : ,k'"′::k⌒ー一'": : : : : : r‐:〉 `ー‐┬.r'''''¨´   |  :|    .l  遊びに来た、などと気軽に言えればいいのだが  |
    }: : : /: :|: 〉  ',: : : : : : : : : : : / : {     / |      |  :|    .乂,______________________ ノ
    }: : / : ノ:/    ‘,: : : :_,., -‐<: : : :_,>、  / |      |  :|
   _乂;_;_;∠     :k ´: : : : _,.,-‐<: : : : ヽ {__L_     |  :|
   L___}    :|: `¨¨¨´: : : : : : : : : : : : :ハ___」     :|  :|     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
   |   | :|‘,    }: : : : : : : : : : : : : : : : : :/: :ヘ  |     |  :|      l   どうも我々には、そんな余裕はないらしい  |
   |   | :| }   /: : : : : : : : : : : : : : : :./: ⌒::} |     |  :|      乂,____________________ ノ







                  - "  ´  丶
                  / . 、       ヽ
               / ,' ;  ヽ.  丶 、ヽ.ヽ
               ,  .l .i ハ、 ', ヽ. V ', i.  、
                  i { l',!_ト、  ,-‐,.''ニ、!.l ',
             i .l i,iィ'l, -r`\ 、ゞ‐' j/l ハ l
.               ! l ト 、ゞ‐'   :,丶、   イl l; } l                少しばかり私情が入るが、ウィリアムの件だ。
              , ! ` ヽ       _  / |:lリ ハ.!:::::‐-、
             __,、l'"∨` . ´   イ、.j/'::::::ソ:::/ !l            我がナイトロードでも、彼の取った方策で賛否が渦巻いている。
.             /,、ヽ`:::::}ハ />-.イ,.._,. '--、:::://  l.!
            '、{. ヽ\:::r―‐- r―Y _  .!://  l.!'//>,、
.            -―',',  \ヽ  ‐= j  K´   !'イマヽ.!l//////,ヽ
        /////ハ , ///ヾ、 ./.lーーヽ\ /、 )/ゝ////////ヽ、     純血主義、それに種族の行く末。
.      ,イ////////!」//⌒V{_,.ィ l二,. ィ! !´、77´/////////////{_,..-、
     /////////////ゝイ///l l.∞∞.l .!::::\'/////////////////,i   彼のやり方が歪なのは事実だが、我が国の現状と
.    /7777/////////////::/ ' l.l.l  l. l:::::::::`<///////////////!
.   //////////////////::::::/ ./! 二二 .l  l::::::::::::::::::::ヘ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ/l  重ねて見る者が多い。
. {'"⌒"<//////////:::::::::/ /::l  l.l.l  |   !::::::::::::::::'//,\::::::::::::::::::::::\



6270◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:35:07 ID:16WoSDJ3




                                         /
                     }               __ イ
                    ヽ            _,.      イ′
         /,                             ー‐/
       ∧                              /         ――ふふん。なるほどなるほど?
       /∧                 ,
         ∧          __/  rv   .。
         /∧             ̄≧=─一
            /〉               ー─                      それで、誰ぞろくでもないことでも言い出したか?
  ニ……       、
               \                                 例えば――“我々も魔剣を持つべきだ、とか?”
               \
                丶
                   `
                           ≧s。   ____,






 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `Y´
  |   いや、幸いそこまでには至っていない。もしそうであるなら、私がすぐに動かねばならないだろう  |
  ゝ_________________________________________,ノ








       ′ !   l  l  |l   l  :l  l  l |  |  |   |! l| |l l  l '   ′
.         ' ! l    !  |l   l  :l  l  l |  |  l !   l| |l l  l    ′
.      l l    | | |l   l   l   l  l |  |  l |  |!  |l   l '  ′
.        l :l    |  |  |l  l   l  l     !   l    |  l| |l   l    ′
       l   , .   l  l  |l   l   l   | /      ,   | 'l 'l  l   |  !
       | lΛ :.     l 从 从―从  /  '  ′/-―j/‐l/ l/ ,|   l  l   |
       | l 'Λ :. l  !            j/  ′ / /     ′ /j ′j ' l   !         ……ただ一方で、我が国の内部に
       l l  Λ  '  ,厶 ,,, __ミ: 、   / /  彡__ ,, 厶   ′ /   l
      l l  八\ '  ⌒¨¨¨¨¨⌒       /   ⌒¨¨¨¨¨⌒ / / ./ /  l |            奇妙な空気が流れているのも事実だ。
.      l l   '\丶 \        / /l          / / ./ / ' !
.         l l   :{∨`:..\          // |         / // / /    '
        l l   { V  :. 丶       /'   |:            /' / /  ′ '             知っての通り、我々のルーツは
.       ,    {___∨:. :.,          !           イ/ // /  / /
 -、- ===≦ , '  VマΛ :. '\         __  __       /// //}/ ̄/ /≧===‐- 、       “始祖に呪われたエルフ”から来ている。
′, V~v//Λ ∨ ∨/Λ :. :. ;:.、     :::::      /! //.: // //// //// // v ′
  〉 ∨/// /Λ ∨ ∨/Λ ' V :、≫         ≪人l//从′//// ///////,| K ′
 `K ∨///// \\ \ Λ/   \ `   __  ´ /   \/////// ////////,| |/! l      そこに来て、あの「魔人」だ。
!  lΛ {/////////////∠  r ⌒ ミ   _  彡 ⌒ T  ヽ // ////////// | |/! l
|  | Λ ∨////// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ー―――‐-ア´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨///// j 7| |      蔑む者、嘲笑う者。密かな期待を寄せる者。
|  l/ Λ ∨////{             ヽr= ====イ            ///////7 '/| |
|  |///| {/_>}       __   __ }      {   -=ァ        /<__/ ///| |
|  l'//Λ ∨ニニ‐{       `  ., _ {         }/   '"       〈‐ニニニニ/ ////| ト 、    ある意味では、ヴォルラスの時よりやり辛い。



6271 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 20:35:25 ID:ND8F+r68

あー……同じ長命種だしそりゃ当然そういう見方も出てくるか

6272◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:36:48 ID:16WoSDJ3



                        ----
                        . :                 : .
                    /   /      `  丶   \             直接の利害が薄いことも含め、
                  ,    ′′    :.
                 ′ / ′       i:      :.     ′           君たちとの協調路線が取りづらくなっている。
              /   / /   /  !             :.     ′
                /  / /            |i    l:     :.   ′
             ′      ′  !         l!       ′      ……私は良い王ではなかったからな。
             .   ′      |:        l:    :.
              l  i: l       |:      |l   l:    i:   l         ヴォルラスの時、国民に損失を強いてまで
               l  |i |  |   |:     |l   |:     li   l
               l  || |  |   |:     |l   |:     ll   l!         無益な争いに参画したツケかも知れない。
.             ll  ll l  l   |:     |l   |:     ll    ll
                ll   ll l  l   l:     |l   !:     ll    ll
               ll  ll l  l   l:         l:        ll         今が嵐の前の静けさであるとわかっていても、
             从   l: l   l   l:    从   ノ:    リ   从
            /⌒二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二⌒',      積極的に打っては出れない。
.           /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 Λ
          二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
.         }ニニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニ{
.          {弖ニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ弖}  ……君は、どう思う? 率直な意見を聞きたい。
      x‐=≦ 竺弖二二二二二/\二二二二二二/\二二二二二弖竺 ≧=‐x
- ‐=≦二二二\竺弖二二二二\/二二二二二二\/二二二二弖竺/二二二≧=-







         ヘ    .|            \
          ト .   1              \
          }   > .                 \
          ト、  ◇   ≧-  _          ヽ
.            } ヽ、         ≧ー-   ____ノ
           ,イ   ` ー-   ______/
        ト,' l        ぇ≦ 7    7  l
          \ ゝ ―一 ≦ 代斧ォ ト、.  ,'  ハ            ……はて、どう、と言われてもな。
         l .λ  r     `¨´ オ :\/ )   ヘ
        ハ ムヽ ヽ、 _    /ハ: : : :\   .ヘ
       / ∨、. .ヽ ー    . ィノ : : : : : : ヽ   ヘ             聞く限り、魔人に着いて我々と戦う、というわけでもないのだろう?
.       /    ∨. . ≧一≦_/: : : : : : : : : :冫  ヘ
      /  /  ̄:∨__}:.|}.:ィ:´: : : :__: : : 一: <     ヘ           ならば、私から特に言うことはない。
     ./  ィ: : : : /´ . . Y: : : : : : : : : : : : : : : : :≧、   .ヘ
≦ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. . . . . .l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ     ヽ         比較的疎遠だった昔の距離に戻るというなら、
__. . . . . . . . . . . . . . . . .l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ      \
 _. ≧、 . . . . . . . . . . . . l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヘ       ヽ      それも悪くはなかろう。
´: : : : : ヽ. . . . . . . . . . ./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : >: .、
: : : : : : : : ヽ__. . . . . ハ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ぇ :≦ :弋: .、
: : : : : : : : : ハ///ヽ . ハ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: :,  ≦77≧ 、



6273 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 20:37:09 ID:DAzdHfZz

種族のルーツ的に、エルフと吸血鬼の歴史には何らかの確執もあったろうね

6274◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:38:01 ID:16WoSDJ3


             ___    ____
            /      ̄ ̄       〉
            ∨、           . ィ′
                `} `ー---  -- ≦  .}
         _ __ ._. λ ◇          . イ7
        ,イ Y 7 〉k ` ー----ぇィ ´ レ、 '
      _/ ーーーと.ィ、   _ 衣リフ  !k.リ          好きなようにすれば良い。
     / ト、    ィ ハ ̄、     !  l!イ'
.    / ト、≧ァイ  /: :ハヽ、‐-/ ̄ハ !  l           協力できんということでも、私は特にゴネはせん。
    l|l   7 / / : /:ヾぇ禾: : : :ハ ∨.l
    { Ⅷ  ./ /K-―七禾. . .!: : : ヾ: :ヽ.ヽ!
.    l .Ⅵ / λ  /o /. . . . ハ: : : : : : : :> ニ=-       ただ、私からはお前との協調を崩す気はない。
.    ヘ  ̄  { } ./ ./. . . . . ト、: : : : : : : : !.∨
     ヽ_ ノ  ィ  イヘ . . . . }. \ : : : : : l .∨        戦力が要るならばいつでも言え。
      ヘ   /o    ゝ_」ヾ!  .ヘヽ: : : : !  ヽ
       ゝ-イo     o   /  .ィ∧ ヽ.: :l_.ム ヽ      もっとも、それ以外で役に立てるとも思えんが、な。
         ヽ、_ _ o  .{  フ / .{  Ⅵ   ヘ \
          }<{  }三三≧イ、\、  .ハ∨  ヽ  1
          l o . ̄ o   }  ヽノ`ー"ハ ∨   ` !




                  - "  ´  丶
                  / . 、       ヽ
               / ,' ;  ヽ.  丶 、ヽ.ヽ
               ,  .l .i ハ、 ', ヽ. V ', i.  、
                  i { l',!_ト、  ,-‐,.''ニ、!.l ',
             i .l i,iィ'l, -r`\ 、ゞ‐' j/l ハ l             ……君は、それでいいのか?
.               ! l ト 、ゞ‐'   :,丶、   イl l; } l
              , ! ` ヽ       _  / |:lリ ハ.!:::::‐-、             あの戦いを経て、君が失ったものは大きい。
             __,、l'"∨` . ´   イ、.j/'::::::ソ:::/ !l
.             /,、ヽ`:::::}ハ />-.イ,.._,. '--、:::://  l.!
            '、{. ヽ\:::r―‐- r―Y _  .!://  l.!'//>,、         そこに来て、この話だ。もう少し怒ってもいいはずだ。
.            -―',',  \ヽ  ‐= j  K´   !'イマヽ.!l//////,ヽ
        /////ハ , ///ヾ、 ./.lーーヽ\ /、 )/ゝ////////ヽ、
.      ,イ////////!」//⌒V{_,.ィ l二,. ィ! !´、77´/////////////{_,..-、
     /////////////ゝイ///l l.∞∞.l .!::::\'/////////////////,i
.    /7777/////////////::/ ' l.l.l  l. l:::::::::`<///////////////!  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `Y´
.   //////////////////::::::/ ./! 二二 .l  l::::::::::::::::::::ヘ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ/l   |   お前も難儀な男だな、赤薔薇。  |
. {'"⌒"<//////////:::::::::/ /::l  l.l.l  |   !::::::::::::::::'//,\::::::::::::::::::::::\  ゝ______________,ノ




6275◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:39:48 ID:16WoSDJ3


              -―――-
           <: : : : : : : : : : : : : ∧
       :< : : : : : : : : : : : : : : : :: : ∧
    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : :}
    :{: : : : : : : :_,. -=ニニニ=-  .,_: : :}
    \ -―………―--=ニ◇ニ):/             状況が変われば人も変わる。
      }-――‐-=ニニ=-  ,__:{´
    / /^7   .厂`-=ニニニニ=-             ましてお前の相手は国だ。絶対などはありえんし、最善を選ぶことの何が悪い。
   /  〈  i   /_    `¨¨¨¨¨¨´
  .Ⅵi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{  _′イ |i:i:iフ
/ Ⅵi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|   / ∧ |i:i/
   rⅥi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|≧1{ ≧ー |i/              そこで私を気遣ってどうする。
 /i:i:i: ー-i:i:i:____i:i∧―Ⅵ/_{ }|i:i:i:≧o。.
:1i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\r´  _Уi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧=- _   オムツが必要な年に見えるか? だとすればそれは心外だ。
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i> 爪 ∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ {     丶i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ {       \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i   いいか赤薔薇、お前の背負いたがりは知っているが、
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/  {          \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/   {             \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i   失ったのも歩き続けたのも私だ。
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/O :{                \≧=--
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/{   :{               \     もしも殴って欲しいのなら、素直にそうとだけ言っておけ。
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ :i{   {               \
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/  i{  {                 }   鼻面でも右頬でも、気付けにいつでも殴ってやろう。




     `Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
      |    いいか。あの日、アリーシャ・ディフダに斬りかかろうとした私を止めたのはお前だ、赤薔薇。  |
      ゝ________________________________________,ノ


                              `Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                               |   あの時はお前を恨んだが……今では感謝しているのだぞ?   |
                               ゝ___________________________,ノ

                             ----
                        ...:                 : .
                   /   /      `  丶   \
                       ,    ′′    :.               `Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                ′ / ′       i:      :.     ′     |   あれがなければ、我々は戦わずして“復讐騎”に負けていた。  |
                   /   / /   /  !             :.     ′   ゝ___________________________,ノ
               /  / /            |i    l:     :.   ′
                  ′      ′  !         l!       ′
             .  ..′      |:        l:    :.
             l  i: l       |:      |l   l:    i:   l
              l  |i |  |   |:     |l   |:     li   l          …………。
              l  || |  |   |:     |l   |:     ll   l!
.            ll  ll l  l   |:     |l   |:     ll    ll
               ll   ll l  l   l:     |l   !:     ll    ll
              ll  ll l  l   l:         l:        ll
            从   l: l   l   l:    从   ノ:    リ   从
           /⌒二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二⌒',
          ./二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 Λ
         二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
           }ニニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニ{
.         {弖ニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ弖}
     x‐=≦ 竺弖二二二二二/\二二二二二二/\二二二二二弖竺 ≧=‐x
.- ‐=≦二二二\竺弖二二二二\/二二二二二二\/二二二二弖竺/二二二≧=-




  `Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
   |   おかげで私は、今も魔剣を追っていられる。今さら国の事情などで借りの返済を渋るものかよ。侮るな。  |
   ゝ____________________________________________,ノ


6276◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:41:10 ID:16WoSDJ3

.     // |/ |   /` ̄ ̄ ¨/  /// // ////  /
  /イ /lⅥ  /       / / /// // / / / / // //
    ノ/ !| l  {     // /    /     //l//// //
      l l  l    /                 l/  ///
      l ∨ |                       |  /
       ヽ Ⅵ                      l              ……ずるいな。
        }l         、                   }
                   ー ―‐  、 r ´  ̄` ̄                  そこでその話を出すのか、君は。
                        `  _ ノ/          フ……
                         /
          \            , イ






       /三三≧z--- ミ   ハ
       Ⅵ≧≦三 ◇   ヽ  }
        \ニ≧ニ≦三≧≦ュ イ
        | |`<三三 _ ≧  .!ハ            いつぞやの意趣返しだ、馬鹿め。
        | {  代tッ、ヾ ィチス. l ハ
        /∨ Ⅵ   1   } |≧ .          応とも、私は根に持つぞ。
      ∠_∧ Ⅵ. -‐- イ ! /     ≧ァ
       λ 、\\Ⅵ≧≦_L.レ    ィ´        あそこで私にああ言った以上、吐いた唾は飲ません。
      / > ∨へ{ _ l|!  Y  z≦ヘ
     ./ / \ ≧ ヾ ヾ ヘ´ ∨   > _
      /       ヽ ヾ  ∨    衣       耐えろ。
    ∠_      _ ≦ハ   \ \ /ニ{ ∨
    Ⅵ三≧ニ≦三>イ }      >三ハ__∨


6277◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:42:54 ID:16WoSDJ3


                           _
                   ̄ `´       ` 、
                ´           ` 、 \
               / .'   {  、 \  丶  、  、.丶
.             '.:  /    ',  \ 丶 、 \   、 ヽ  、
          '.::  ' .i  . ヽ    ヽ \ 丶. ヽ \ 丶`
.          / .:  ,'.i    ',  \.ヽ   ヽ 、` ._ヽ ヽ     \
          ' ,   .l、 !  ヽ、  丶. \   ヽ> ` - _   ヽ \
        ' .!  !.{  ', 、  ヽ  ヾ\ ` 、 ヽ.! .} ̄  ‐-  _ ヽ 丶
.         ' ! .{ i !ヽ  、 ヽ \ヽ、ヽ_、._ _ \.r 、 ヾ、   `ヽ 、
       ' ! : 、 !ヽ 、  ヾ ,.ィ- ̄__ヽ ' , ∨':; ! ', ヽ ヽ! l ソ ヽ        ……わかった。
        l l  、 ̄,.二.ヽ 、ヽ、 '" rーソノ Vlハ l.〉.ハ! j ハ__-‐ニニニヽ
       l ', . \ヽVソ \ヽ \  ̄ ̄´  j !リ∧!イ-‐ニニニニニニニニ}         それでは必要な時、遠慮なく君を頼らせてもらう。
         , !、 ゝヽ    ; \ 、ヽ    _-ニニニニニニニニニニ二|
         , .!\ '、∧ヽ ノ   ` 、` r=ニニニニニニニニニニニニニニ}
         , ヽ_ヽ  ',丶   _   _   l ::, 'ニニニニニニニニニニニニニ'、
    __-‐=、ニニ'、 、ニj>、  ‐   ,! ::::, 'ニニニニニニニニニニニニニr‐ 、      そしてもう一つ。話をしていて思い出した。
   / _ 'ニニニニヽニニ\ニヽ > ,. イ,. ! :::::., 'ニニニニニニニニ!{:⌒ト,ニニト:,. }.ト、
   l. ::., 'ニニニニ\ニニニニ', / ._ヽ⌒l. ::::::::, 'ニニ>ィ.ヽ'.ニニニ{乂ノ }ニニゝニィ=-ヽ    やはり私は、私の望みを裏切れん。
.  .l. :::::, 'ニ二二二l ` 、 `ヽ<ニ!_,. - ! ::::::::, '=ニ{.!::. .j '二二>-ィ-‐ ̄_,, --
.   !. :::::::, 'ニニニニ!       ,ィ 亠/   !. ::::::::::::, 'ニヽ ー' .ノニ=‐ ̄_‐=ニニニニ    国民には迷惑をかけるが、私もまた魔剣を追おう。
   , ::::::::::, 'ニニニ,   ヽ::::.、/ '" /.::'" .! :::::::::::::::,. 'ニ>=''" _‐ニニニニニニニニ
.   , ::::::::::::; 'ニ二二〉  _=-{  ::{'"  ./ .:::::::::::::::::,.  ̄ _‐ニニニニニニニニニニ
   .:::::::::::::::; 'ニニニ{::.  , '"ヽ _ :! ヽ ./ .::::::‐=¬‐-<ニニニニニニニニニニニニ
  , .:::::::::::::::::::,.'ニニ!: / / T!j ノ ト.! ,:'"イ二)   r‐_`'<ニニニニニニニニニニ






      r‐┐                      r‐┐    |: : : : |:|:} :|    >''"´
    iニニニi                  iニニニi   _|: : : : |:|:k:if T  ̄
      :|   |                    |   |   (__,) : : |:|: : :|:|
    .__|__|__  ____            __|__|__  :|: : : : |:|: : :|:|
    |  .,斗<:::::::::::::::::::::::}          |      |   |: : : : |:|: : :|:|
    |  /::::::::::::::::::::::::::> ‐〈           :|      |   |: : : : |:|: : :|:|
    |_,/:::::::::_>''"´::::: )ノ{         |___|   ̄:}Τ_r:r‐: :ト、
     k<::::::::::::◇ ,...イハ ト、______ |  |     {__./ ヽ : 〉
     | `¨にー‐<:.:. 少:} ! ヽ________.|  |       |_:|    ̄     ふん。私はどちらでも構わんのだがな。
     |  「ート、;;;;;,く  /| __」: : : `゙<   :|  |     / :_フ:ユ
     | /: : {__} ト .,‐ ´イ レ ´: : : : : : : : : :\ |  |   /: : : E三}
     |{: : : : 厂|ノ: : : 7八ヽ: : : : : : : : : : : : : :\ _:|,.斗k :ー:1に:フ         お前の選択がどうあれ、私の意志は変わらん。
    イ}ー f : : : : : : // ハ  〕ト- : __,,斗‐ァ´/  :l Ⅵ: :斗  |
   /:{_ イ: /: : :// || ‘,: : : : : : 〈 /: : /:{ : {  :kヘ_/ |  :|         何も、何一つだ。
    } ̄: : : :{/: :/:∨      〉: : : : : : マヽ,/: :{: :‘, 乂ノ  :|  :|
    }: : : : ,k'"′::k⌒ー一'": : : : : : r‐:〉 `ー‐┬.r'''''¨´   |  :|
    }: : : /: :|: 〉  ',: : : : : : : : : : : / : {     / |      |  :|
    }: : / : ノ:/    ‘,: : : :_,., -‐<: : : :_,>、  / |      |  :|         始まりの笛を吹くのは私かヤツか。
   _乂;_;_;∠     :k ´: : : : _,.,-‐<: : : : ヽ {__L_     |  :|
   L___}    :|: `¨¨¨´: : : : : : : : : : : : :ハ___」     :|  :|         お前には、それを待つという手もある。
   |   | :|‘,    }: : : : : : : : : : : : : : : : : :/: :ヘ  |     |  :|
   |   | :| }   /: : : : : : : : : : : : : : : :./: ⌒::} |     |  :|


6278◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:44:02 ID:16WoSDJ3


    .|/////////////////////_____////////}
    .|//////////////>≦三三三三三三∨ /////
   .///////////>≦三三三三三三三≧iへ.////
  /////////./三/` <三三>-‐ ´ __」.才_//
  |////// /ニ三/  />  _ z≦三ニ≧1 .K ∧
  |//////{三三三≧ ′ <三三三 /。下  !n .∧
  ∨////∧三≧´ _ ≦三三三三/ヽ _人. L / ∧            どの道あの盗人は、必ず私が叩き潰す。
   ` <三∧ _ <三三三三> ´  ̄ ̄   } レ  .∧
       ` 末三三三三/     ___」ィ≦三三≧z ._
            | Ⅵ三三ニ/  、    Ⅵ三三三三三三三三ニ7       恐らくだが、お前やトレーズ卿、カリオストロ師では
            | Ⅵ、三 /      _ Ⅵ三三三三三三三三/
            |  Ⅵ\_{    ´   .Ⅵ三三三三三三三∧        どれほどヤツより優れていてもヤツの外道には及ばん。
  __  -‐≦´ Ⅵ}  ≧ z  _  /Ⅵ三三三三三三./ .∧
  ≦、         Ⅵ    |  ≧  _Ⅵ三三三三三 /  .∧
    `<      |/   _{≧/  _z≦ Ⅵ≦===≦ ̄ ̄ ̄ ̄
       `/ ≦      f /  ̄ {_z≦                   ヤツは何でも盗むし、どんな汚濁でも喜んで飲み干す。
       /   \r≦ ̄/     .|
      ./   _ <    ./      ∧                      私以外には手に負えん。
     /_ <       ./      .∧
    r≦          ./         .∧
   /        .//          ∧
  ./         / /           .∧\



    `Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
      |  なぜなら、私はヤツの同類だからだ。ゆえに魔剣のことも含め、ヤツを断じて生かしてはおかん。  |
      ゝ_________________________________________,ノ




                  - "  ´  丶
                  / . 、       ヽ
               / ,' ;  ヽ.  丶 、ヽ.ヽ
               ,  .l .i ハ、 ', ヽ. V ', i.  、
                  i { l',!_ト、  ,-‐,.''ニ、!.l ',
             i .l i,iィ'l, -r`\ 、ゞ‐' j/l ハ l
.               ! l ト 、ゞ‐'   :,丶、   イl l; } l
              , ! ` ヽ       _  / |:lリ ハ.!:::::‐-、
             __,、l'"∨` . ´   イ、.j/'::::::ソ:::/ !l           ……ペルフェクティ。
.             /,、ヽ`:::::}ハ />-.イ,.._,. '--、:::://  l.!
            '、{. ヽ\:::r―‐- r―Y _  .!://  l.!'//>,、
.            -―',',  \ヽ  ‐= j  K´   !'イマヽ.!l//////,ヽ
        /////ハ , ///ヾ、 ./.lーーヽ\ /、 )/ゝ////////ヽ、
.      ,イ////////!」//⌒V{_,.ィ l二,. ィ! !´、77´/////////////{_,..-、
     /////////////ゝイ///l l.∞∞.l .!::::\'/////////////////,i
.    /7777/////////////::/ ' l.l.l  l. l:::::::::`<///////////////!
.   //////////////////::::::/ ./! 二二 .l  l::::::::::::::::::::ヘ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ/l
. {'"⌒"<//////////:::::::::/ /::l  l.l.l  |   !::::::::::::::::'//,\::::::::::::::::::::::\



6279 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 20:44:10 ID:DAzdHfZz

こうして1000年、お互いに返しきれない借りが積もっていったのか
男女の中とは別方向で深い関係だ


6280◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:45:53 ID:16WoSDJ3


                  ___,......-―━━―--........._
                 /..‐-‐━・・‐-....、..........._.... -―━━==ミ、
               /./.............ー......_..........\..........二ニ==  _
              /.....(.....................、__..........\......\      ` 、
              /...,{...\........ ̄.....ー-..、_ ̄ ̄`..........\
             /....ハ.......`''ー--―━-..、`...、 ̄`.....、.......ヽ、
              l..../......、......`''ー- ..._.................\..........\........、`''ー- 、
              ,'|../.........丶.......\   フ━‐-_、..\ト、ヽハ`\l
              l.|/...........ト、l\......ヽ /,.t‐ァ´::}ノ \ト_,ノ_,-====ァ━―--、
               |.|'.ト.......‐l―- \...´/_ ゞ‐''´ f´守三三二二二二二二二三ニ〉
              N...'..\...lrt‐ァ::j. \..\   rく{ r、\三三三三三三三三三7_
             {ヘ...'......\、 ゞ′l \..\  !、  V/>、ヾ二二三三三三三ニ/=f
        _  _,,,ヽ.ト、..、....\  ー  `_、\.λ', V,/∧∨二二二二三三/二ミ、     ……君はやはり、諸国会議には戻らないのか。
        ハ二二二>≦ニ`ヽ..ト..`ュ.、_ ´ ‐ `ソ‐l ', V//∧∨二二二二二三二二\
       〃^>、寸ニ{^ヾ二二三ヾ≧、寸>ーイ_ -‐l ', ゞ‐「l―ミ二二二二○三ニ○三ニ、
        〃////,、寸!`、V二二「    厶ク´ ̄7:-‐ l,r「}  〔〕 __)三0二二二二三三三ニヽ
     〃//////>、`、 ト、ヾ二=、 l , -―/   {  / 〔〕l 〔〕  _,ノー-―━・・・━―-vァァュ、_)
    〃/////////>、 Vヘ Vニ=ヘl   ,八  _ ヽノ  〔〕{l 〔〕 ´ ノ二二二二二二二=l´ ̄
   〃////彡'´¨ ̄フ, V∧∨ニ{  ノ 厶 '  ゙〈   〔〕{l〔〕  イ三三二二二二ニニ!
  〃/////    ,〃={ Vム ∨:_ゝ''"ア´       、  ,ハ {i_{〕=≦二二二三三三二二l
  〃'///-、   f/三ヘ八 }^Y= l /       \/ハ)´={ハ二∠三三三三三二二7
 / }'/ {  弋⌒l ||二二ミニ| lに !          ,イ^V)二二二二二二ニ=ミー<ツ、
 ゝ'′ (\ノ}ト、)弋ヾト二二>! lに l         ! // ノ(}二二三三三三三三三≧ミ、\



         `Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
          |   ああ。もうそれは私の仕事ではない。  |
          ゝ_________________,ノ



              -―――-
           <: : : : : : : : : : : : : ∧
       :< : : : : : : : : : : : : : : : :: : ∧
    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : :}
    :{: : : : : : : :_,. -=ニニニ=-  .,_: : :}
    \ -―………―--=ニ◇ニ):/
      }-――‐-=ニニ=-  ,__:{´
    / /^7   .厂`-=ニニニニ=-             私はすでに四柱ではない。
   /  〈  i   /_    `¨¨¨¨¨¨´
  .Ⅵi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{  _ ′イ .|i:i:iフ             少しばかりの領地と軍権を持つだけの小貴族だ。
/ Ⅵi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|   / ∧ |i:i/
   rⅥi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|≧1{ ≧ー |i/               軍本部からも政治からも身を引いた。
 /i:i:i: ー-i:i:i:____i:i∧―Ⅵ/_{ }|i:i:i:≧o。.
:1i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\r´  _Уi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧=- _
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i> 爪 ∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ {     丶i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i   それが最善だからだ。
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ {       \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/  {          \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/   {             \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/O :{                \≧=--



6281エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/07/31(月) 20:46:27 ID:vwB9ioWh

(これで糞エルフの方が自分の因果で勝手に死ぬとか最悪極まりねーな)

6282◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:47:16 ID:16WoSDJ3



                  - "  ´  丶
                  / . 、       ヽ
               / ,' ;  ヽ.  丶 、ヽ.ヽ
               ,  .l .i ハ、 ', ヽ. V ', i.  、
                  i { l',!_ト、  ,-‐,.''ニ、!.l ',
             i .l i,iィ'l, -r`\ 、ゞ‐' j/l ハ l
.               ! l ト 、ゞ‐'   :,丶、   イl l; } l
              , ! ` ヽ       _  / |:lリ ハ.!:::::‐-、         ……功績と実力から言えば、君こそが
             __,、l'"∨` . ´   イ、.j/'::::::ソ:::/ !l
.             /,、ヽ`:::::}ハ />-.イ,.._,. '--、:::://  l.!            大将軍になるべきだった。
            '、{. ヽ\:::r―‐- r―Y _  .!://  l.!'//>,、
.            -―',',  \ヽ  ‐= j  K´   !'イマヽ.!l//////,ヽ
        /////ハ , ///ヾ、 ./.lーーヽ\ /、 )/ゝ////////ヽ、
.      ,イ////////!」//⌒V{_,.ィ l二,. ィ! !´、77´/////////////{_,..-、   無関係の私ですらそう思うのだ。
     /////////////ゝイ///l l.∞∞.l .!::::\'/////////////////,i
.    /7777/////////////::/ ' l.l.l  l. l:::::::::`<///////////////!   国内ではかなり荒れただろう。
.   //////////////////::::::/ ./! 二二 .l  l::::::::::::::::::::ヘ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ/l
. {'"⌒"<//////////:::::::::/ /::l  l.l.l  |   !::::::::::::::::'//,\::::::::::::::::::::::\






                               --―――――――-  .
                               /                 `   、
                              /                      }
                             /               _____ォ
                       /        .  ≦ ̄ ̄         |
                       ∨    . <     ________.」
                        ヽ、 k´ □ > ´.  ≧ 天  Ⅵ    .Y
                          `ヘ > ´.  <    ∠ Ⅵ Yヽ   ∧
                            Ⅵ ´     . 衣_ノ  Ⅶ } リ.     ∧
                                  ヽ、  _ォ"   ̄   .Ⅷ レ'      ∧
                              Ⅵ ̄ ,'       Ⅷk-―――-ミ∨
         …………。               Ⅵ、 `  __  z≦         >∨
                               Ⅵト  ´  r≦          く  .
                                     ∨!z≧-<}
                              ぇ´ ヽ!、 Ⅷ リ
                                  /    /   {
                                 /z ―-ミ {    Ⅵ
                               }  /    .Ⅵ
                                    才´      ヽ
                            才´        __ノ
                           く_       ,イ´ , ‐ ミ
                                  て_ r ヽ_

6284 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 20:48:54 ID:DAzdHfZz

>>6281
草不可避
そりゃAMで出くわしたら躊躇なく殴りに行くよね

6285◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:48:58 ID:16WoSDJ3












             `Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
              |   ……ヨブ・トリューニヒトには気の毒なことをした。それだけだよ、赤薔薇。 |
              ゝ_________________________________,ノ
















6286 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 20:49:49 ID:sd4KOBWL

ヨブ……なんか気苦労多そうだよな…

6288◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:50:15 ID:16WoSDJ3



   ┌──────────────────────────────────────┐
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   └──────────────────────────────────────┘

               ┌───────────────────┐
               │                                      │
               └───────────────────┘
                        ┌──────┐
                        └──────┘


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

            ヨブ・トリューニヒト……我が国でこの人を知らない方はいないでしょう。

            先々代の中央議会評議長で、最も多くの要求を国に呑ませた男。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                      /. : : ''´ニニニ ミミミ ヽ.:`;、 .,ji i 、j!;i;i;ヽ
                     /, .: :'"´ -‐=ニ 三三ミミミヽ ', j i i i!Ii;i;i;!i',
                  /'′: :  '"´彡ィ´゙゙゙゙゙゙゙゙゙`ヾ';いj川ノソソノ;ミ!
                  ,レ'′: :  ,.彡,イ       ``j ))´ `ヽiミ!
                  !レ': : ,. '´彡彡イ        ' '′    iN!
                  !.:.,r'´.:.:ィイイノノノ ,.        、 .._,    N!
                 Vィ⌒ヽィ彡ソ: : : ,. -─- 、       , .-.リ
                 /i:レ'⌒ヽi彡′: : :'"´  ̄``ヽ;;、,,   ,.ィ 二V
                 Ⅳ {: : :くi彡: : : : : : ーtェテッ: :. `` 斤ェッ /
                 Ⅳ、`ヽ( : : : :i.    ``  ̄´   `ト ~´1
                 ゞミヽ _,: : : .:l          .:.; !  ,!
                  V川( i: : : ::',          ,. .:.::;;. }  ′
                 _j!`゙゙::::!: : : : :.        `ー、;; ,,/ ,′
                 /.ハ::::::::',ヽ : : : :   { 、.. _ _   _ , ,′
                ,/.:::', '、::::::.:.\: : : .    、 .. _  ̄   /
               _/.::::::::',  ヽ :..、:.:.\: : .     _二´ ,′
            ,.ィ´.;.:::::::::::::.',  \;;;.:.:.:.:\:. .        ,′
          ´.:.:::i.:;;;;.::::::::::::::::',   `ヽ::::::::.`ヽ、    _ノ
          :::::::::l.:;:::;::::::::::::::::::',     `丶、  `゙゙゙゙゙/ \:.、
          ::::::::::l.:;:;:;;;:::::::::::::::::',        `丶、 _/_  ト、:.:.:.`` ー- 、、
          :::::::::::l.:;:;:;:;:;.:::::::::::::::',         /:.:.:.:`ヽ l:::.\:::::::::::::::::::.:.:.``:.:.
          ::::::::::::l:;:;:;:;:;;:::::::::::::::::',          /.:.:.::::::::::i l:::::::::.\::::::::::::::::::::::::::::::

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


          為政者として人気が高かった向こうで、敵も悩みも多かった。

          特に軍部との対立は激しく、将軍が“大支柱”の地位に推された際、

          あらゆるコネクションを総動員して任命を阻止したとか。


6289 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 20:51:44 ID:FU8pIvVJ

>>6281
不完全燃焼どころの騒ぎじゃねーなおいw

6290◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:51:51 ID:16WoSDJ3



          ただ、その件に絡むスキャンダルで辞任を表明した彼は、議会からの帰り道で

          喀血して倒れ、そのまま二週間後に亡くなられたと言います。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



             >- ,  <  ̄/ ̄ ̄ ̄ //>
            / //     , /    , /    >               /
           /   / ′   ,彡´    /     _    >  _    _,\     \
         ,     /.    , ´   , 彡′.  Y´ ̄_  ` <_>'´ ̄>    \     \
       /l l   ,'   /   /   , 彡´ {_ \_     ̄} ヽ            \     \
       , | l l l  |  / ̄ヘ{ ̄ `<__>=-  >、    ヽ  ヘ           ∧      ∨
     ∨. ∨     /           ,       <       _}            ∧      ∨
.    , |   |   ∨           ,/        `ヾ     \    ,z劣ェ.、..fユ∧      ∨
   ∨ ヽ  \   }         , /  / 、 、    \     r令...、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧ュ-=..、  .∨
.  ∨   \   、 、           !} ./ ./  .} . l      ヽ、___ }i:i:i:i:i∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧i:i:i:{
.  |  \    ヽ \}-ー        !} / ./ o ./  }           __ 寸i:∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧i:i:i:i:Y
.   l\   \       _l    _     !}/ニ.' ./ニ /           _ {i:i心、寸∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧i:i:少
.  |  `   >-  7 , -=´     47ニヘ/ニ/        r今} `寸ヲ \ .∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧}
.  ∧ ヽ . >- ─/彡´    、  }7ニニニ/   __     `¨´  __    .\∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧__
   ∧  > - </ヘ 、     ヽ ソ  ヽニ'   <ニニ', ヽ {i:i)  /}i:≧-ュ-f壬∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
.   ∧      /   `=ー         {  `<ニニニ} , }.     /, /`㍉i:i≧=-´ ∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
     ヽ、_/{\       ヘ 、_>-┘ 、   '<ニi {_    // /_____ 反i:i}∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
.       Y. /,′ ヽ       !l二,二ヽヽ >   `  /≧-// l、ニニニ./i:i:i:i/  }i:i:i:i:i:i:i:i:i| ̄ ̄ ̄
       { ,//{_         ∧ .l! o !}ニヽニニ>-<ニニ .{ l  |`ミ、寸ニ7i:i:∠  />'´  ̄ \
       ヽ/ `ミ、       /. ', l!  /′/ニニニニ {i:i:)  7i:{´`ミi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:7/    ___ ヽ
        >-  _`ミ、>  ヘニニ` .´ /ニニニニニ 寸ル,.../(に ニニヽi:i:ヽニ.../. . . . . : : : : : : : : : : : :
            . . . . . ̄  <_> 、ニニニニニニニ,ニニニニ{i:i:i:}´ニニニニヽi:i:∨ : : : : : : : : : : : : : : : : : :
       <: : : : : : : : : : : : : : : : : : :  ̄ :>-. .<. . .――――. .<: : : : ̄ ̄ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                    -<: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


          普通なら暗殺を疑われる状況で、かの人はまるで疑われませんでした。

          なぜなら、私室の寝具には喀血の跡があり、しかも当人は必死でそれを隠していたと。



6291 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 20:52:02 ID:DAzdHfZz

完全者さんの要望通すためにヨブさんは憎まれ役やることになったんか

6292 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 20:52:11 ID:hgRpevnx

今じゃ人類のお母さんポジである

6293 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 20:52:46 ID:hgRpevnx

ヨブさん…

6295◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:53:15 ID:16WoSDJ3



        先代大将軍アーラシュ様から“流星一条”を引き継ぎ、魔王を倒した英雄である将軍が、

        なぜ大将軍にならなかったのか。それは、かの評議長との約束だったからです。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



   {三三三三三三三三三三三三三≧、
    .∨ニ三三三三三三三三三三三三/
    \三ニ≦三三三三三三三≧f´
      .∨∨三≧≦テ衣≦三三三|
       ∨≦三三/   !      Y
       }三三 ∠Ⅵ   |     .|             彼のいまわの際に呼ばれたのだ。
        ハニ衣リ } Ⅵ   f`Y..  |
       一 1 一' .Ⅵ  | 人   ∧             どうしても伝えねばならぬことがあると。
        .ノ     マ≧zzミ    ∧
       ヾ\ __   .}三三三≧x  ∧
         \ヽ_ ィ1三三三三ニ> \
          \ Y./三三三ニ∠      \
          ィ" f三三三三三≧.     \       我々は亡霊だ。
         / /  .{三三三三三三ニ\.      \
        才   .!三三三三三三ニニ∧.     \   ゆえにいつまでも生者の傍らに居るべきではない。
     才´      |三三三三三≧≦三|       \
    /        ム\三三 ≦ニニ三三.|
   く ̄ヽ       ヽ \三三ニ ≦.ニ三!
    ∨ \    ぇ≦ヽ \三三三≦ニ!
       ハニ≦三{}三ニ\ \三三三∧      ……そのように、諭された。
       .ハ.}三三三三三ニ \ \三三 ∧
        ハ/三三三{}三三三.ハ\ \三ニ∧        同じく死者となった彼の言葉だ。聞かぬわけにはいくまい。
      ハヽ三三三三三三./ニ}7.\ \三∧
      .ハニ}f Y }≦三≧  ̄ ≦/ニ三\ \ ∧
     .ハニ!{ リ L_____/.ニ三三\ \}
     /三f≧≦三三三三三/三三三三./\ \
    ./三ニ}.三三三三三三 /三三三三./  ∧   \
   /三ニ/三三三三三三 /三三三三.イ   .∧.   \
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


          彼の死の遠因は、自分にある。

          その時将軍は、はっきりと私にそう言いました。



6297 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 20:53:24 ID:DAzdHfZz

どう見てもストレス死

6299 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 20:54:59 ID:XcWBBoEu

恐らく過労死やろうな

6300◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:55:01 ID:16WoSDJ3




     ヾ>、 !   ;           1;;.ー'' 1          私は――私たちは、ずっと怯えていた。
     /.::〃Y.   ;       _ ,.,′,!:;;`、 ,!
   _,/.::.ノノ`1   !      `ー= イ;:;:;:;;::/           救われぬ君たちが、
  .:;:;;V    !           ``".::::::::/
  ;;;;;;;;,ヽ   、      '′ ー---‐;;::::/             いつか国民をどこかに連れて行くのではないかと。
  ;;;;;;;;;;;;;,\  ヽ、      `ー ‐.:.::;;::/
  ;;;;;;;;;;;;:;:;;:;.\   \       .:::::/
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;.ヽ、  ヽ、 _ __.::/
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;.ヽ、      ,ィ介.、
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;;:>‐‐‐<::::::::::::\



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


           死の床で身を起こし、土気色の肌を隠そうともしなかったかの人は。

           やって来た将軍にそう告げたのです。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


                                             _,,、、、、.,,__ _
                                            ,r'゙イィ二三二ニニ'ー-、
                                          ,jいノイ,ィミニ=-、二`ー、\
   君たちの忠義と働きは、誰も疑ってなどいない。          メ厂 ̄ ̄`ヾミ三二ニニヾ,ヽ
                                         /   、   ji!``ゝニニ ‐-、j゙、
   君は、否、君たちはまさに英雄だった。                ,!、,,,._  ヽ 〈lト、,三二ニ、ヽ、 !
                                         ,j rェッ、``  ヾミ,r'⌒!ニ、,ヽV
                                        /   ゙`    !ミ! ,ヘ,ト、ヾヽi゙
                                        !  _,    ,'  'ヾ' ノ,イ!`i  V
   だがしかし。だからこそ。私たちは怯えた。           丁__ 、   /  ,「``´) jトリY.
                                        }  ` ′    /    リ)从イ、
   その働きと誉がもたらす明日に。                 7´    ,ィ´   ,     / \
                                              `ー‐''i"´    ,'   ,/    \



6303◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:56:51 ID:16WoSDJ3



             /. : : ''´ニニニ ミミミ ヽ.:`;、 .,ji i 、j!;i;i;ヽ
            /, .: :'"´ -‐=ニ 三三ミミミヽ ', j i i i!Ii;i;i;!i',
         /'′: :  '"´彡ィ´゙゙゙゙゙゙゙゙゙`ヾ';いj川ノソソノ;ミ!
         ,レ'′: :  ,.彡,イ       ``j ))´ `ヽiミ!       君たちは、十分すぎるほどに働いた。
         !レ': : ,. '´彡彡イ        ' '′    iN!
         !.:.,r'´.:.:ィイイノノノ ,.        、 .._,    N!    ……だから、もう良いのだ。■■■■・ペルフェクティ。
        Vィ⌒ヽィ彡ソ: : : ,. -─- 、       , .-.リ
        /i:レ'⌒ヽi彡′: : :'"´  ̄``ヽ;;、,,   ,.ィ 二V       君たちはもう、解き放たれても。
        Ⅳ {: : :くi彡: : : : : : ーtェテッ: :. `` 斤ェッ /
        Ⅳ、`ヽ( : : : :i.    ``  ̄´   `ト ~´1
        ゞミヽ _,: : : .:l          .:.; !  ,!
         V川( i: : : ::',          ,. .:.::;;. }  ′        いつかこの国は君たちを裏切るだろう。
        _j!`゙゙::::!: : : : :.        `ー、;; ,,/ ,′
        /.ハ::::::::',ヽ : : : :   {  .. _ _   _ , ,′         私は見たくないのだ。国が君たちを逐う様も、
       ,/.:::', '、::::::.:.\: : : .    、 .. _  ̄   /
      _/.::::::::',  ヽ :..、:.:.\: : .     _二´ ,′           君たちが国に吊られる様も。
   ,.ィ´.;.:::::::::::::.',  \;;;.:.:.:.:\:. .        ,′
 ´.:.:::i.:;;;;.::::::::::::::::',   `ヽ::::::::.`ヽ、    _ノ
 :::::::::l.:;:::;::::::::::::::::::',     `丶、  `゙゙゙゙゙/ \:.、
 ::::::::::l.:;:;:;;;:::::::::::::::::',        `丶、 _/_  ト、:.:.:.`` ー- 、、






        .`Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
         .|   行先は、君が決めてくれ。ゲゼルシャフトは、その日まで君に租借される。  |
         .ゝ________________________________,ノ


            `Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
              |   “大支柱”の地位も、大将軍としての権限も渡せなかった我々からの罪滅ぼしだ。   |
              ゝ____________________________________,ノ


        `Y´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
         |   はは……この、たった一言を告げるためだけに、ずいぶん時間がかかった、な……。   |
         ゝ______________________________________,ノ



                 /                      ヽ
                   {           -―――-         }
                 ∨   > ´     /\    ` <   ./
                     ∨ {       \/         }   /
                    ∨.{=≡三三三三三三三三≡= } /
                   ∨ヽ         }          /∨
                    /   7<     .{       ,. ≦, 小
                        /.   ` <_{__ <   !  リ
                  i  ./‘,              }  |'‘,
                   |  ,:ヽ‘,        ヾ:., i   リ. ,
                   |   i<"‘,     ‘     ヽ ー‐ ヽ.i
                     /|   l    ヽ     ̄    ィ ∧    }|
   .._______,/  |   |   「≧>  .__. <-./ ∨  ハ
   ..\             |   |   |    ヽ /   /   ∧ /  !
      \            l   !  く \__/ヽ/ヽ_./   ./ ∨   |
        ー――――― l  .!   ヽ/  /   }'  ./ 彡へ   !
           /       l  !>-/    /   / ./ ̄    .\!
         ,. /       ヽ,| ./     /   /,/         ヽ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


       暁帝国屈指の工業地域であるゲゼルシャフト。そしてゲゼルシャフト太守の地位。

       それが、彼の置き土産。独自に与えられた裁量権で亡霊たちを呼び寄せた将軍は、

       以降軍からも政治からも身を引き、ただ護国の鬼として帝国各地に出現する、

       ワイルド・ハント ヴァルキリヤ
      “亡霊師団”の統率者となったのでした。



6304 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 20:56:53 ID:FU8pIvVJ

国民どころか世界規模で連れて行った結果がこちらの「至高の赤薔薇」になります

6306◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:58:48 ID:16WoSDJ3


              _____________
             //////////////////////////\
           ////////////////////////////// \
          .//////////////////////////////////\
          {/////////,.,≦___////////////////∧
          {///////////////////////////////////∧
          ∨//,x' く//////////////////////////////∧
            V/  \\ //////////////////\////////∧
          / ./   ′V_'<///////////////// \///////,!
         /  /   .′ ∧/ ,_' </// 「 ̄ } ///////∧//////,|
.      /  ./____.,′{ト., ∨/// ,_' <i__」,/////////}//////,!
.      /    |:i\.′ {! {::圷、//////, ,_' <////////////////
   /   / :!i:i:i:i\圦弋;;;;タ\//////> ,_' <____///////
  /   /   :|:i:i:i:i:i:i:i\^ー    \/////////>―‐{///,>'
      /    :|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\_     ̄ ̄ ̄/ /  /¨¨´
   ./ ______ 'i:i:i:i:i:i:i:∧ ̄ ̄  ,     /   /  /{
   _/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\'i:i:i:i:i:i{ ∧  く^ー;    ./   ./  / |{
 /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧:i:i:i:il/ 丶 `¨  /    ,  ./\{
 :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{:i:iⅦ:i:i{≧s。., ー</^ー― <   /: : : \
 :i:i:i:i/^ー― ⌒V:i:Ⅶ:i{__,.. 斗 ^ト、/: : : : : / ,,/: : : : :_:_\
 ¨¨´        } ̄ ̄     人:i:\: : : : : : : : :_:_,.ィ/´ ̄
   /  /i:∧  ,/       /\:i:/: : : _,.,<:i>1 {
  :〈  〈:i:i:i:i:ゝイ:i:i:ir――<: :/: : { ̄ ̄:i:i:i:>1   :| :{
 :i:i:∧  Ⅶ:i:i:i:i:厂斗―‐<: :/: : : }――<  /     | :{
 、 :∧  :}:i:i:i:i:i:i:i:i/     \: : : {:i:i:i:i:i}!:i:i\    | :{
 7≧iヘ ,厂^ー―――― 、  :} : : }__,/:i:i:i:i:i∧    :{ /
 ′:i:i:i:i爪」k´: : : : :/: : : :∧_/: : : }:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}      ∨ /
 :i:i:i:i:i:i:i:i:∧く: : : / : : : : /: : : : : : :{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:′    ∨ /
 :i:i:i:i:i:i:i:i:i( ∨\: ̄>,、: : : : : : : : : Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i:′     ∨ /
 :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〕ヘ:i:i:i\:_:/ハ/: : : : : : 厂i:i:i:i:i:i:i:i:i:′      ∨ /
 :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\_/:i:i{ |:L__/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:′          ∨
 :i:i:i:i:(  ):i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{ |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:′           \

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


         その後は、皆が知る通り。


         ゲゼルシャフトの工業力と、豊富な資金を背景に、亡霊たちは軍神を逐う。

                                        ヴ ァ ル ハ ラ
         いつか訪れる、生者と死者の安らぎの日の為に、流星の向こうを目指し続ける。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                                       /|
                                        | |
                                        | |
                                ,.‐= 、 |
                               〃    ヽ
                 ,. - 、                 ,'  ,ィ'77ハ. ',   , - 、
            〃    _ヽ   ,   ̄  、     /|  |'////| Y 〃   ヽ
             i i  ///匁:i  /  ,ィz、 Y ,.イl:|  |'////| :|  | rィ7ハ ',           , ´ `ヽ
             | | 《'////,' | 〃l l,゙//∧ :| / ll |:  V//,'リ. 《  l! {///∧ i          / i ,ィ77x.’,
          r=ィ| | 》////, | /l | l|////|/  l |   V/イ 巛ヽ |  }//// ;ヽ.      ,イ | |////7z|:     /,
         /i| || |V////| | i! l| l|////  l  ! |    V,'| || |V  l//イ l | ト、  _,。=|:| l | |////7゙:|    | |
       /l| | || |..V// ト 、 | l|///     | | i   Ⅵ || | V ト/オ  |./| ゙,人_ |:| l | |////| |    | |
      /| ||| | || l// l l :  ヽ |//リ   l :|| | | l  :| || | V Y l  | |. /`ヽヾl | l | |////| |    | |
     ,イ |t_リ:| | l;//|  | | |   i l|'//    l! l| | | |  |: l| |  V ∧ l! l | |/     ヾl | l | |V//,'| |    | |
.    /|L ||  | |// i! |  | | | l/ |///    l| l | | |  |: l| |  〉| l| l! l | f⌒`ミ  l  | |  V/,゙| |    | |
   / 三≧/// | | |  | | | '_, |//ケ=ミ_| l | | |  |: l| |,/ | l| l! l | |   \l  l |:  V,'| |    | |
.  /  「|. //l | | | |  | | |〃/゙ヽ/  =ヨТTT=ーz !  | ||l  | l| l! l | ∧    ヽ l |    Ⅵ: l|>‐z 」 :L
  レ=、|//\l | | | |  | l,」ィ=二 ||  ー=イ| | |  | l | :!  |,.イ|V  | l|.」.」.」 ∧   ,。=ミ !    Ⅶ||   E三Y
  {ミ刈| イ'///||\l l | |  f=ト、`ヾヨ|: ニ二|:l | |  | l ヽ!\l  | V | l|三三ヨ ト、  |:  ゙Y=z__ :Ⅵ|    ヾ三}}
  {ミ三L.l'///,||||||l\_ l |  L|_|_|_ト、 `ー}     Ⅷ | |  | |  |   l |  ヾ工ア | `ヽ| ヽ,|_|_|_|_|     ̄ヾ|      |/|
  `マ///////l|||||  | |   `マ/∧  〈      V. | |  | |  |   l |  》彡}} |l   | | V///|   l   l |\__{/}
    `マ///l l||||  |  \| | |`マ∧ :|  /⌒Yi l  | |  |   l |  / |   !! : | |  V//∧ l   l :|
      `マ l l||||  |    | | |  ゙マ∧ | ,人   |:「二二ニニ=‐ :|/:  |   !! : | | |: V///i l  l  |
        | l||||  |    ヽ.| |   `マ:レ<//LLL|」 ̄ :l |  |   l |  :  |   !! : | | |  V//| l  l  |


6307◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 20:59:54 ID:16WoSDJ3



      / /     /    /     /  / // / /     /
.   / /     /    /     /  / // /  /    /
.  / /′         /      /     // /   /   /
_彡 ´ /    /  //      / / .// /    /   〃     /
     /    ./   / /    / // // /     /   /
.    /  .// ./   /      / 〃 / /  ̄ミト .,/   /     / ′
   /  / ,: /        //   /  // ..,, __     /    ′   // /
.  / /  /    / ./ ´jI抖托恣竺竺冬ミー `丶 ′ /      / / /
  /  //     / .:. ′  \ 忙乂云坏'リ  `` / //   / / / /
〃   /      //V´'′    ー――― '′ // /   / / ./ /
     /   //' Λ丶 ′                // /    .:   / /           そうか。
===ー-/   〃     ≦\`'′            /'′/   //   //
ニニニ/   / x ´ニニニニ丶'              /  ′/ .′ /´              彼女はすでに、何年も前から
ニニ‐|  ∠ニニニニニニ‐Λ               / /   l
ニニ‐| /二二二ニニニニニニ:.             /     |                  ここを去る準備をしていたのか。
ニ=-‐/  ̄   ‐-=ニ二三__ニニ:.               l
_/  -= : :  ̄: : ‐-    __ ̄ :.              ′
_} l : : : : : : : : : : : :  ̄ : :.
_l l : : : : : : : : : : : : _ ノ´\       ― _‐-- 、              ……悲しいな。
_l ! : : : : : : : : -=/ ̄      {\         ̄ _
Λ . : : : : : : ̄ : :/            ,:.:.:丶          }   \  イ
‐Λ 、 : : : : : _彡             \ :. :..      {:    \
ニ‐\ \: : : : : -=  ̄ミー=ミー 、   Λ   :. `     〉      \
ニニニ\  、: :  ̄: : -= 彡′  \ \ / ∧   : . `¨¨´/    /   .:


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


           後に赤薔薇王とお会いした時、私がこのことを告げると、

           彼はそう言って遠い夜空を見上げたのでした。


        ……ええ、とても悲しいことです。

           将軍と団の皆は、壊れたことで真の英雄となり、この国を守り切った。

           けれど守られた人々は、その強さに耐えられなかった。


6308◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 21:00:47 ID:16WoSDJ3



            あの方の道は決まっていて、誰にもそれを曲げられない。

            だけど時代は流れて行き、いつかこの国とぶつかっていた。

            だからあの方は、全てを受け入れた。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                           \
                        _,ェ=  ヽ、_
                       ´ ̄-‐     `冖ヽ
                        //j/ __ i ! |.!\ ヽ
                        ///、- ム`i.i! !|  ヽミ     ……彼女は、やはり自分を殺して
                           / j/ ト   /リ!.i|)ヽ  ミ
                             !  i     レ  ヽ ミ        国を生かす道を選んだか……。
                         __ ̄7r===∧',\i\
                      __リ :「: :.i |////─一ァ
                         \::::/ノ ,ノ丿'//,r‐冖´|
                        |//:/: ///////xXXxY         恐らくその理念は、アーラシュ将軍の
                           /x/θ:ii////// XXXX|
                         /x/ゝノii'/////xXXXXx|         ものと同じなのだろう。
                      ,ノxX/:i !:::ii====〈.XXXXXX|',
                __, ‐´xXXi::/.i::ii/////,|XXXXXX|::',        だから彼女は流星を見上げ、軍神だけを
                 |xXXXXXXXi::人',!i/////,|XXXXXX|::::',
             ////∧xXXXi: : : :|i'/////,i xXXXXX|::::::',       逐い続ける、か。
.      _____///////∧XX┌‐┐ト----/xXXXXXXj::::::::',
...   /,へ__\\_, -‐冖宀‐ ⊥__」○__.〈xXXXXXX〈:::::::::::',
    ト、|.Y´    ̄ ̄         / |: :|.|    ∨//\XX〈::::::::::::::',
    ∧_!_i◎                /:..:|: :|.| |/////|/////\/:::::::::::::::::',     それが恐らく、安らぎを失った彼女の
.      (:::)            /: : :|: :|.| |/////|'/////|::::::::::::::::::::::::',
      i´`i       〉、    / : : :.|: :|.| |/////|/////|:::::::::::::::::::::::::::)    最後の救い、なのだろうな……。
___ .     |  |     __ノ::::i.    |: : : : |: :|.| .〉。─┤////|┐::::::::::::::::::::/
::::乂    |  |   ノ::::::::::i.    |: : : : |: :|.| |/////|////,|/,|:::::::::::::::::::(
:::::::::`‐、__}=={__r‐´:::::::::::ノ   / ∧_二| .〉。//_j////|//\:::::::::::::::::\
ヽ : :::::::::::::Θ:::::::::::::::::/    ./ / i   | |////ノ ====〉///!::::::::::::::::::::::\
  \::(⌒)─(⌒)::/     ./ /!  i   | | ,r‐|/////,| '//|:::::::::::::::::::::::::::
    ` |  | ´      / / .i  .i    |zニ 7 ナ/////! '//|:::::::::::::::::::::::::::
.       |  |        / /. .i  .i   .| |.  `! T::t:ィ′'//,!∧:::::::::::::::::::::
.       |  |       ./ /  .i   i   .| |__.// | ,i_i ___| ∧::::::::::::::::::
                          /:´ /:′
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


        見上げる空には、大きな月。

        その傍らを、流れていく流星。

        きっと今、この方が月に祈りを囁くように、あの方も流れ星を見上げているでしょう。

        同じ空の下、同じ祈りを捧げる二人。それはきっと、同じ苦難を駆け抜けてきた彼らだけのもの。


        昔を知らない私には、それが少しだけ羨ましく感じられました。



6309 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:00:59 ID:FU8pIvVJ

むしろ何十年もよく持ったよねって
ヨブが胃を犠牲にして時間を稼いだんやな


6310 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:01:19 ID:XcWBBoEu

なお後に赤薔薇と一蓮托生の仲になる模様
ぼっち回避できてよかったね……

6311◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 21:01:50 ID:16WoSDJ3



             .γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
             .l   ――それで。   |
             .ヽ、________ ノ

                           _
                   ̄ `´       ` 、
                ´           ` 、 \
               / .'   {  、 \  丶  、  、.丶
.             '.:  /    ',  \ 丶 、 \   、 ヽ  、
          '.::  ' .i  . ヽ    ヽ \ 丶. ヽ \ 丶`
.          / .:  ,'.i    ',  \.ヽ   ヽ 、` ._ヽ ヽ     \
          ' ,   .l、 !  ヽ、  丶. \   ヽ> ` - _   ヽ \
        ' .!  !.{  ', 、  ヽ  ヾ\ ` 、 ヽ.! .} ̄  ‐-  _ ヽ 丶
.         ' ! .{ i !ヽ  、 ヽ \ヽ、ヽ_、._ _ \.r 、 ヾ、   `ヽ 、
       ' ! : 、 !ヽ 、  ヾ ,.ィ- ̄__ヽ ' , ∨':; ! ', ヽ ヽ! l ソ ヽ
        l l  、 ̄,.二.ヽ 、ヽ、 '" rーソノ Vlハ l.〉.ハ! j ハ__-‐ニニニヽ      ……君も征くのか?
       l ', . \ヽVソ \ヽ \  ̄ ̄´  j !リ∧!イ-‐ニニニニニニニニ}
         , !、 ゝヽ    ; \ 、ヽ    _-ニニニニニニニニニニ二|         共に、彼女の死出の旅路に。
         , .!\ '、∧ヽ ノ   ` 、` r=ニニニニニニニニニニニニニニ}
         , ヽ_ヽ  ',丶   _   _   l ::, 'ニニニニニニニニニニニニニ'、
    __-‐=、ニニ'、 、ニj>、  ‐   ,! ::::, 'ニニニニニニニニニニニニニr‐ 、
   / _ 'ニニニニヽニニ\ニヽ > ,. イ,. ! :::::., 'ニニニニニニニニ!{:⌒ト,ニニト:,. }.ト、
   l. ::., 'ニニニニ\ニニニニ', / ._ヽ⌒l. ::::::::, 'ニニ>ィ.ヽ'.ニニニ{乂ノ }ニニゝニィ=-ヽ
.  .l. :::::, 'ニ二二二l ` 、 `ヽ<ニ!_,. - ! ::::::::, '=ニ{.!::. .j '二二>-ィ-‐ ̄_,, --
.   !. :::::::, 'ニニニニ!       ,ィ 亠/   !. ::::::::::::, 'ニヽ ー' .ノニ=‐ ̄_‐=ニニニニ
   , ::::::::::, 'ニニニ,   ヽ::::.、/ '" /.::'" .! :::::::::::::::,. 'ニ>=''" _‐ニニニニニニニニ
.   , ::::::::::::; 'ニ二二〉  _=-{  ::{'"  ./ .:::::::::::::::::,.  ̄ _‐ニニニニニニニニニニ
   .:::::::::::::::; 'ニニニ{::.  , '"ヽ _ :! ヽ ./ .::::::‐=¬‐-<ニニニニニニニニニニニニ
  , .:::::::::::::::::::,.'ニニ!: / / T!j ノ ト.! ,:'"イ二)   r‐_`'<ニニニニニニニニニニ
. / .::::::::::::::::;:::l__'ニ=/ ./-―- .l , l.!,‐=ニ>'" ,..__ `マニ>、.\ニニニニニニニニ
.







             -━━-.                 __
          /        \  ェ<  ` < ヽ_/     \
        /            ヽ   / ヽ   ヾヘ       ヽ
       /              ノ }   /  ≧ミ>__´ ヘ ̄Ⅵヽ   ',
       ,'        . <  ̄..ゝ二ノ.../  ./   ≦ヘ  l  Ⅵ∧   l
      ,'      /      ...| へ /  /≧   /zx.、 .!  ..Ⅵ∧  l
      {      /        ..!{.≦/  / xf斧j   ヒリ.  !    Ⅵ/}  !    ……さあ、どうなのでしょう?
      |     ./         .ヾ、/  /  |{弋::リ   、 i/. l    Ⅵ1 /
     l    /            .l. /..心:.ゝ.    、_ / l |    l///        征くかも知れませんし、行かないかも知れない。
     ',  .ハ            〈! / ヽ.¨Y__≧   _,  .リ    l//
     ハ  {.            l/ ̄  //// `:く         l/{
      ∧ ,ハ                  /=≠:'⌒>- 、      /.!∧
       ∧!∧               .f//////////// Y    ....{   V        今の私にあるものは、あの方を最高の形で送り出す。
        ハ/∧           {/////////////.|      ハ   ヽ
        ,}.//}             |//////////////|       ヽ  \     その一念だけですから。
        /} //             .|////////////クヘ        .\  ヽ
      / ハ./.            |//////////////∧          .}ヽ   ',
     /  / /             |///////////////,∧         l ∧  !
   /   ./マ.               |////////////////Λ         !//ハ .l



6312◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 21:02:53 ID:16WoSDJ3


                                               γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                               l   ああ、でも。  |
                                               ヽ、_______ ノ
                        ----
                        . :                 : .
                    /   /      `  丶   \
                  ,    ′′    :.
                 ′ / ′       i:      :.     ′         '_
              /   / /   /  !             :.     ′      、
                /  / /            |i    l:     :.   ′
             ′      ′  !         l!       ′
             .   ′      |:        l:    :.
              l  i: l       |:      |l   l:    i:   l
               l  |i |  |   |:     |l   |:     li   l
               l  || |  |   |:     |l   |:     ll   l!
.             ll  ll l  l   |:     |l   |:     ll    ll
                ll   ll l  l   l:     |l   !:     ll    ll
               ll  ll l  l   l:         l:        ll
             从   l: l   l   l:    从   ノ:    リ   从
            /⌒二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二⌒',
.           /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 Λ
          二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
.         }ニニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニ{
.          {弖ニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ弖}
      x‐=≦ 竺弖二二二二二/\二二二二二二/\二二二二二弖竺 ≧=‐x
- ‐=≦二二二\竺弖二二二二\/二二二二二二\/二二二二弖竺/二二二≧=-




           /   / ̄ ̄ ̄ \ `丶、  \
         ,. / ̄\ i /^\     ∨  ∧    ‘,
        /./  __‘, !{〕"⌒\    ∨  ∧   ‘,
        ,  ./  /" ̄ ̄     __‘,   ∨   |     |
       ./  ,′ ,{       / _‘,_,  'ト、|     |
      /  {   {| -―≧    .ィうiテト...   ',||     |           たぶん、一緒には行けませんね。
      ,′ | 圦 _ィうテミ.    .V::..ソ‘,  :!ノ|     |
    :i   ∧  { ヘ. V::.ソ         ‘, {′!     !           一緒に行ったら、お見送りなんてできませんから。
    :|    .∧ :圦‘,   ` ___   :}∧ ' __∨   :|
    :|     ∧{  `丶   マ⌒ソ  /}/∧ :!//∨.  ',
    :|     ト、  , 个s。. ` ´ / _}//∧!/__ ∨  ′         残ったものの後片付けは、私たちのお仕事ですし。
    :|     / \ ___  マi〔r≦://// }|'//,\ 、.  〉
    :|    ./   ̄ /⌒\丶 }! i//// }|/////\ /          そのためにも今頑張らないと!
    :|   /    .///////>/`ト<////////////\
    :|  ./    .///////////   ///////////////\
    .∨ /    ./////////// `ト-イ ^ト、//////////////
     }/    ./////////// /  :! :| `ト、///////////


6313 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:03:05 ID:hgRpevnx

完全者はある意味一番ぼっちから遠ざかったんだよな
亡霊がいる

6314◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 21:03:47 ID:16WoSDJ3


γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
l   たくさん約束しちゃったんですよー。「私たちにお任せあれ」って!    |
ヽ、______________________________ ノ


           γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
           l   だからもー、今からとても大変なのです! 準備失敗したら最悪、退役軍人の老人ホームですし!   |
           ヽ、___________________________________________ ノ


       ′ !   l  l  |l   l  :l  l  l |  |  |   |! l| |l l  l '   ′
.         ' ! l    !  |l   l  :l  l  l |  |  l !   l| |l l  l    ′
.      l l    | | |l   l   l   l  l |  |  l |  |!  |l   l '  ′
.        l :l    |  |  |l  l   l  l     !   l    |  l| |l   l    ′
       l   , .   l  l  |l _ l _ l _| /    _/_| '| , l  l   |  !
       | lΛ :.  斗 | 从 从 从_  /  '  ′/___|/ l/ j/ ,ト   l  l   |
       | l 'Λ :. l  !jI抖托恣芋ミ、`l/  ′ / jI抖托恣冬ミ、/j ′j ' l   |
       l l  Λ  ' ‘く {込坏リ_,`   / /  ´_ {込坏リ`>’′ /   l
      l l  八\ ' ′`  ̄ ̄         /      ̄ ̄ ´ / / ./ /  l  |
.      l l   '\丶  \       / /l          / / ./ / ' !         …………。
.         l l   :{∨`:..\          // |         / // / /    '
        l l   { V  :. 丶       /'   |:            /' / /  ′ '
.       ,    {___∨:. :.,          !           イ/ // /  / /
 -、- ===≦ , '  VマΛ :. '\      ___  _,     /// //}/ ̄/ /≧===‐- 、
′, V~v//Λ ∨ ∨/Λ :. :. ;:.、      :::::     /! //.: // //// //// // v ′
  〉 ∨/// /Λ ∨ ∨/Λ ' V :、≫         ≪人l//从′//// ///////,| K ′
 `K ∨///// \\ \ Λ/   \ `   __  ´ /   \/////// ////////,| |/! l
!  lΛ {/////////////∠  r ⌒ ミ   _  彡 ⌒ T  ヽ // ////////// | |/! l
|  | Λ ∨////// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ー―――‐-ア´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨///// j 7| |
|  l/ Λ ∨////{             ヽr= ====イ            ///////7 '/| |
|  |///| {/_>}       __   __ }      {   -=ァ        /<__/ ///| |
|  l'//Λ ∨ニニ‐{       `  ., _ {         }/   '"       〈‐ニニニニ/ ////| ト 、



  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  l   ヴァンパイアって、その辺どうなのでしょうか? やっぱりボケとかあったりするです?  |
  ヽ、_____________________________________ ノ


6315 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:05:26 ID:FU8pIvVJ

>>6313
そして完全者が削ぎ落ちてアルタイルになったら亡霊どころか生者とも多くつながるという
AMの方が幸せになれる可能性があるというのは伊達じゃねぇな

6316◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 21:05:49 ID:16WoSDJ3



γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
l   ……なるほど、後片付け……か。    |
ヽ、_________________ ノ



         __ _    -‐=‐ - ‐=‐- ミ  ,イ⌒ヽ
         /´⌒ヾ /: : -‐=ミレ'¨ニ=-: : ヽ_{/'⌒: .\
      /    /7:ニ二≧ニ7^: :ヽ⌒≦ニ:ヾ>'⌒ ヽ       ./
.     /   〃.:ミ /          \j:ハV    ヘ
      '    /,' , '    ΛV/Λ    \!∨   ∧      ──
    ,'    / l∨   / ∧    ヾ:、    ヽ∨   ∧
    ,'   ,イ レ    ,'_ハ     ==⊥L   小}‘,  ∧     .\
       /:| /     i厂     _」L_∨  |  ',   ハ
    '   /   { ハ  l ,ィf云ミ、   イⅣハ 》   |   i    ',
   :  ./|  .レ><_《 忙_リ__   _辷ァ-AV |   |    |
   !  ハ ! xー-<>=(( ____ ))=(( _ ,..イ|:iV}   .|     |      ……へ?
.   l   /へ、ヽ〉/{ 圦    ’    / |:i:| リ   |    |
  i  /  ¨>、V    V! >. ´ ` .イ 从{     | |   l |
  |  ト-=ニア``    リ _ノ人 ≧≦ ノハ_       | |   l |
  |  |     |   -=ニ¨{    >vく    } ¨ニ=-   ! |   l |
  |  {`¨¨¨´レ'´二二く´ ̄ ¨'にK´ ̄`¨7二二ニ `ヽ|   l |
  | l ハ ヽー"{ i二二二ニ{-=彡イ¨ト==彡/二二二二}   l |
  | l { i   i|∧二二二<`¨  ノ |  `¨´>二二二ニハ  l |






                  - "  ´  丶
                  / . 、       ヽ
               / ,' ;  ヽ.  丶 、ヽ.ヽ
               ,  .l .i ハ、 ', ヽ. V ', i.  、
                  i { l',!_ト、  ,-‐,.''ニ、!.l ',
             i .l i,iィ'l, -r`\ 、ゞ‐' j/l ハ l                いや、そんなやり方もあるのだと気づいた。
.               ! l ト 、ゞ‐'   :,丶、   イl l; } l
              , ! ` ヽ     ,  / |:lリ ハ.!:::::‐-、            自分の後に続く者がいる。
             __,、l'"∨` . `   イ、.j/'::::::ソ:::/ !l
.             /,、ヽ`:::::}ハ />-.イ,.._,. '--、:::://  l.!            それがわかっただけでも、こんなにも心は軽くなるのだと。
            '、{. ヽ\:::r―‐- r―Y _  .!://  l.!'//>,、
.            -―',',  \ヽ  ‐= j  K´   !'イマヽ.!l//////,ヽ
        /////ハ , ///ヾ、 ./.lーーヽ\ /、 )/ゝ////////ヽ、
.      ,イ////////!」//⌒V{_,.ィ l二,. ィ! !´、77´/////////////{_,..-、
     /////////////ゝイ///l l.∞∞.l .!::::\'/////////////////,i
.    /7777/////////////::/ ' l.l.l  l. l:::::::::`<///////////////!
.   //////////////////::::::/ ./! 二二 .l  l::::::::::::::::::::ヘ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ/l
. {'"⌒"<//////////:::::::::/ /::l  l.l.l  |   !::::::::::::::::'//,\::::::::::::::::::::::\



6317 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:06:53 ID:3RUlGKdN

アインズ「ボケられるだけ、幸せなのかもしれんのぅ……」

6318◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 21:07:04 ID:16WoSDJ3



γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
l   どうやら、彼女は後継を得たらしい。こんな形とは意外だったが……。  |
ヽ、_______________________________ ノ



           //    /     / IVWⅣ\     ヽ   ヽ
           j j!    i     /         ∨     |    iヾ
           | !|    |     /____    __∨    |    i.l|
           |:!i    、|    /__  ̄`   ´ ̄__ ∨   |    |j|
          i:i|    i'|    〃示心、 ヘヽ: :! 〃テ心'7__  i',    i
          ',j    'i   i i, 弋Zン ノノ ̄ヘヘ 弋Zン´ノ:ノ i j    i
           |    ',i   `'======イ     `=====イ   /!    i      ??
           i     i',i  ハ       :l      /  / 7    !
             ,j     i ',   | ヽ          /,イ  / i     |
          7     i ヾ  .!  \   ` ´  イ i /  j     i
            j      i  .\.!   ノ>、 _ イ:|、   |/  .7     ヘ
            /     i', i  ヽ / :|      :| \      i7.i     .ハ
         /      i i |    ,イ .ノ       ヤ ヘ    |.i .|      ',
        j      .| | | , イ::  .i          |  ヘ\  |.| |      ',
        7       | |,イ::::/   .',       j   ヘ::::\::i |       ',
       7       イ:::::::::/   _, ',_    _7 _   ヘ::::::::>、       ',
       7     /::::::::::::/  _ノ::\ヤ `  ´ .//ヽ、  \::::::::::::\     ',
      7     /:::::::::::::/_, -‐'":::ヽ  ハ    7/  ./::::>--、ヽ:::::::7::ハ     i


        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
        l   道理で私がお呼びでないわけだ。これは叱られて当然だ。  |
        ヽ、__________________________ ノ




6321◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 21:08:45 ID:16WoSDJ3


                   /..‐-‐━・・‐-....、..........._.... -―━━==ミ、
                 /./.............ー......_..........\..........二ニ==  _
                /.....(.....................、__..........\......\      ` 、
                /...,{...\........ ̄.....ー-..、_ ̄ ̄`..........\
               /....ハ.......`''ー--―━-..、`...、 ̄`.....、.......ヽ、
                l..../......、......`''ー- ..._.................\..........\........、`''ー- 、            ……その後片付け、私も手伝おう。
                ,'|../.........丶.......\   フ━‐-_、..\ト、ヽハ`\l
                l.|/...........ト、l\......ヽ /,.t‐ァ´::}ノ \ト_,ノ_,-====ァ━―--、
                 |.|'.ト.......‐l―- \...´/_ ゞ‐''´ f´守三三二二二二二二二三ニ〉
                N...'..\...lrt‐ァ::j. \..\   rく{ r、\三三三三三三三三三7_
               {ヘ...'......\、 ゞ′l \..\  !、  V/>、ヾ二二三三三三三ニ/=f      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
          _  _,,,ヽ.ト、..、....\  ー  `_、\.λ', V,/∧∨二二二二三三/二ミ、  ....|  ぴょえっ!? そそそんな恐れ多い!  |
          ハ二二二>≦ニ`ヽ..ト..`ュ.、_ ´ ‐ `ソ‐l ', V//∧∨二二二二二三二二\  ...乂_________________ノ
         〃^>、寸ニ{^ヾ二二三ヾ≧、寸>ーイ_ -‐l ', ゞ‐「l―ミ二二二二○三ニ○三ニ、
          〃////,、寸!`、V二二「    厶ク´ ̄7:-‐ l,r「}  〔〕 __)三0二二二二三三三ニヽ
       〃//////>、`、 ト、ヾ二=、 l , -―/   {  / 〔〕l 〔〕  _,ノー-―━・・・━―-vァァュ、_)
      〃/////////>、 Vヘ Vニ=ヘl   ,八  _ ヽノ  〔〕{l 〔〕 ´ ノ二二二二二二二=l´ ̄
     〃////彡'´¨ ̄フ, V∧∨ニ{  ノ 厶 '  ゙〈   〔〕{l〔〕  イ三三二二二二ニニ!        遠慮は不要だ。
    〃/////    ,〃={ Vム ∨:_ゝ''"ア´       、  ,ハ {i_{〕=≦二二二三三三二二l
    〃'///-、   f/三ヘ八 }^Y= l /       \/ハ)´={ハ二∠三三三三三二二7        どうやら、君とは長い付き合いになるらしい。
   / }'/ {  弋⌒l ||二二ミニ| lに !          ,イ^V)二二二二二二ニ=ミー<ツ、
   ゝ'′ (\ノ}ト、)弋ヾト二二>! lに l         ! // ノ(}二二三三三三三三三≧ミ、\       今の内に恩を売らせてもらおう。
      (ヽ/=!}:l=l{)=ミ\¨ ̄、: :.  、こ 、     l l l/∠=(}=======ミ、三三三三ニ≧ミ、
       ト/!ニl{}=!=、{)、\\: :\:.  、こヽ   ノ! }彡´ニニ(}二二≧ュ、==ミ三三≧ュ、三三三≧、
      //!ニl{}ニ!ニV`(ヽ>≧===========∠三三=(}二二二二二≧ュ、ー――‐'三三三三≧、
     ////lニ|{}=∨ニ、二`(ヽo。二二二。o(フ二二二二(}ミ、二三二二二二二≧ュ、三三三三三三
    ,/////l二|={}=∨ニ、二二二¨¨¨¨゚二二二二二≧、(}二=≧ミ、三二二二二二二二≧ュ、三三三
   //////!二lニ(}ニV三ヽ二二二二二二二二二二ニ(}三\二二≧ミ、二二ニニ\二二二ニ≧、三
   //////,l二二=(}ニ∨三\二二二二二二二二ニニ(}三三=\二二二≧ミ、二ニニ\二二二二≧
  ,///////,!二二二(}二∨三ニ、二二二二二二二ニ,(}二二二二\三二二ニニ\三ニニ\三三二二
 ////////|二二二ニ(}二ヾ三二ヽ二二二二二二ニ(}二二二二二ニ\三三三二=\三三\三三二


6322◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 21:09:52 ID:16WoSDJ3



       ′ !   l  l  |l   l  :l  l  l |  |  |   |! l| |l l  l '   ′
.         ' ! l    !  |l   l  :l  l  l |  |  l !   l| |l l  l    ′
.      l l    | | |l   l   l   l  l |  |  l |  |!  |l   l '  ′
.        l :l    |  |  |l  l   l  l     !   l    |  l| |l   l    ′
       l   , .   l  l  |l _ l _ l _| /    _/_| '| , l  l   |  !
       | lΛ :.  斗 | 从 从 从_  /  '  ′/___|/ l/ j/ ,ト   l  l   |
       | l 'Λ :. l  !jI抖托恣芋ミ、`l/  ′ / jI抖托恣冬ミ、/j ′j ' l   |      差し当たっては、今回の依頼からだな。
       l l  Λ  ' ‘く {込坏リ_,`   / /  ´_ {込坏リ`>’′ /   l
      l l  八\ ' ′`  ̄ ̄         /      ̄ ̄ ´ / / ./ /  l  |      新しいブラッドポーションの工房の設計、
.      l l   '\丶  \       / /l          / / ./ / ' !
.         l l   :{∨`:..\          // |         / // / /    '      よろしく頼む。
        l l   { V  :. 丶       /'   |:            /' / /  ′ '
.       ,    {___∨:. :.,          !           イ/ // /  / /
 -、- ===≦ , '  VマΛ :. '\      ___  _,     /// //}/ ̄/ /≧===‐- 、
′, V~v//Λ ∨ ∨/Λ :. :. ;:.、      :::::     /! //.: // //// //// // v ′
  〉 ∨/// /Λ ∨ ∨/Λ ' V :、≫         ≪人l//从′//// ///////,| K ′
 `K ∨///// \\ \ Λ/   \ `   __  ´ /   \/////// ////////,| |/! l
!  lΛ {/////////////∠  r ⌒ ミ   _  彡 ⌒ T  ヽ // ////////// | |/! l
|  | Λ ∨////// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ー―――‐-ア´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨///// j 7| |
|  l/ Λ ∨////{             ヽr= ====イ            ///////7 '/| |
|  |///| {/_>}       __   __ }      {   -=ァ        /<__/ ///| |
|  l'//Λ ∨ニニ‐{       `  ., _ {         }/   '"       〈‐ニニニニ/ ////| ト 、





         __ _    -‐=‐ - ‐=‐- ミ  ,イ⌒ヽ
         /´⌒ヾ / -‐=ミレ'¨ニ=- ヽ_{/'⌒  \
      /    /7:ニ二≧ニ7^ ヽ⌒≦ニ ヾ>'⌒>ヽ
.     /   〃.:ミ /          \j:ハV    ヘ
      '    /,' , '    ΛV/Λ    \!∨   ∧
    ,'    / l∨   / ∧    ヾ:、    ヽ∨   ∧
    ,'   ,イ レ    ,'_ハ=   ==⊥L   小}‘,   ∧       あ、はい。
       /:| /     i厂     _」L_∨  |  ',   ハ
    '   /   { ハ  l ,ィf云ミ、   イⅣハ 》   |   i    ',      にしても意外ですね。
   :  ./|  .レ><_《 忙_リ__   _辷ァ-AV |   |    |
   !  ハ ! xー-<>=(( ____ ))=(( _ ,..イ|:iV}   .|     |      ヴァンパイアとダムピール専用の霊薬なのに、
.   l   /へ、ヽ〉/{ 圦    ’    / |:i:| リ   |    |
  i  /  ¨>、V    V! >. ´ `  イ 从{    | |   l |      もうすぐ備蓄が尽きちゃうなんて……。
  |  ト-=ニア``    リ _ノ人 ≧≦ ノハ_       | |   l |
  |  |     |   -=ニ¨{    >vく    } ¨ニ=-   ! |   l |
  |  {`¨¨¨´レ'´二二く´ ̄ ¨'にK´ ̄`¨7二二`ヽ||   l |
  | l ハ ヽー"{ i二二二{-=彡イ¨ト==彡/二二二二} |  l |
  | l { i   i|∧二二 <`¨  ノ |  `¨´>二二二ハ |  l |



 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `Y´
  |   専用だから、かな。これまでは自主生産で足りなければ学院からの供給に頼っていたが。  |
  ゝ_______________________________________,ノ


             γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `Y´
              |  今後その望みも薄い以上、国内の工房を増やすしかない。となると、次は効率化の問題だ。  |
              ゝ_______________________________________,ノ




6325◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 21:11:12 ID:16WoSDJ3


                  - "  ´  丶
                  / . 、       ヽ
               / ,' ;  ヽ.  丶 、ヽ.ヽ               我が国は、技術面では大きく立ち遅れている。
               ,  .l .i ハ、 ', ヽ. V ', i.  、
                  i { l',!_ト、  ,-‐,.''ニ、!.l ',               君は、そちらの方面でもエキスパートだと聞いた。
             i .l i,iィ'l, -r`\ 、ゞ‐' j/l ハ l
.               ! l ト 、ゞ‐'   :,丶、   イl l; } l              数々の品を量産化にこぎ着けた腕前、
              , ! ` ヽ     ,  / |:lリ ハ.!:::::‐-、
             __,、l'"∨` . `   イ、.j/'::::::ソ:::/ !l          期待させてもらおう。
.             /,、ヽ`:::::}ハ />-.イ,.._,. '--、:::://  l.!
            '、{. ヽ\:::r―‐- r―Y _  .!://  l.!'//>,、
.            -―',',  \ヽ  ‐= j  K´   !'イマヽ.!l//////,ヽ
        /////ハ , ///ヾ、 ./.lーーヽ\ /、 )/ゝ////////ヽ、
.      ,イ////////!」//⌒V{_,.ィ l二,. ィ! !´、77´/////////////{_,..-、
     /////////////ゝイ///l l.∞∞.l .!::::\'/////////////////,i
.    /7777/////////////::/ ' l.l.l  l. l:::::::::`<///////////////!
.   //////////////////::::::/ ./! 二二 .l  l::::::::::::::::::::ヘ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ/l
. {'"⌒"<//////////:::::::::/ /::l  l.l.l  |   !::::::::::::::::'//,\::::::::::::::::::::::\






              / -== ミ、=ミ、    __    _
            /厶      ∨ }  _/   ミヽ  \:::..、
            /       =ミ  ≠<  L∠ミヾ  \  ヾ::::ヽ      __人__
          ./ /   //   /    ∨    ` < ‘,  ‘,:‘,      .`Y´
       / ./   / ./  ./   }   ‘,-=ミ  ハ ヽ  ‘,:{
      -=ニ二二二二ミ、  //   |     i   r   k1!i}. ヽ } ,,        はいっ! 了解なのです!
  /     <      \}州Y / ./ ハ   |  _彡ヘ_f{_リへ ∨|‘,
. //  /      ____,}州リ=彡././ ‘, .| ェ才 }}     } |i }.|:::‘,
// /    ≦ ̄/ i {   ヾ  / .小. ‘,レ彡^ー"  rイ ハi リ !::::::::}
//  ././   /   | |    \f{ { ! ハ 〕 !       ´¨ } }!   !:::: /        何しろ初の国外進出、どどんと私にお任せあれ!
/  / //{  |    ≦  ̄\  ||Ⅵ !{‐} ||        イ リ  |:::/   r=ミ.
 / // 八.  !∠___     ー||へ≧ ̄ミゝ  ー=彡/     }/  r┴ ミ    くるくるーっと!
./ / / V 、  ‘, ヽ    {! ヽ   {i   ‘, ヾ} 、  { /    / ィ: : :ヽ<
i / /   ヽヽ  ‘, ヽ   ‘, \ ゞ=-    |     !   > ´   i |: : : : } ハ   いつもより多く回して見せます!
|/ /      ヽヽ }  ‘,   丶  <    /     ト、r〔-‐、   人>-<ィ: :!
| /       ヽ/    }    ‘,   `¨>―=彡>- {、 }イ:::::::ヽ ///ヽ{r-v=彡
|:{-===ミ  / ./   .トミ 、 }      /:::::::::::::::厶ィ   > }、::::::::L ./   ! i
|ハ __ > .∠′  / ヽ. YY      {:::::::::::::::::::::: |_ / .ハ \::::く.{.  ! i    .γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.∧
, \__彡  /   厶] ‘,i }     }:::::::::::::::::::::::::レ{  { ‘, \::〕  !_ i      l    そ、そうか……。   (__;)
.ヽ  ヽ   -=彡 ./  }  V,     !:::::::::::::::::::::::::::::>┤_.‘,  ヾ r、!ト、}      .ヽ、___________,ノ




6327 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:12:35 ID:XcWBBoEu

パトロン、ゲットだぜ!

6328◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 21:12:46 ID:16WoSDJ3



 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  |   では、行こうか。あまり君を長く借りていては彼女に申し訳が立たない。   |
  ゝ_________________________________,乂


                        γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                        |   私としては助かるのですけどね。その間手術のこと忘れてられますし。   |
                         乂________________________________ノ




 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  |   ……それは、蒼崎主任に言ってもいいのかな? 研究所を出る時、彼女からすごい目で睨まれたのだが。   |
  ゝ________________________________________________,乂


                         γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                         |   ヒィッ!? そ、それだけはお許しをっ!?    |
                          乂_____________________ノ





――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


          何でしょう。ほんの少しの会話の後に、ストラウス様の雰囲気が軽くなったような。

          本当のこの方は、存外にイジワルなご様子でしたと、ここに付記しておきましょう。

          それでもこの方は、本当に絵になるのがとてもヒキョーだと思います。はい。



6329◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 21:14:00 ID:16WoSDJ3



            ……まだ幼かったこの日の私は。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                  - "  ´  丶
                  / . 、       ヽ
               / ,' ;  ヽ.  丶 、ヽ.ヽ
               ,  .l .i ハ、 ', ヽ. V ', i.  、
                  i { l',!_ト、  ,-‐,.''ニ、!.l ',
             i .l i,iィ'l, -r`\ 、ゞ‐' j/l ハ l
.               ! l ト 、ゞ‐'   :,丶、   イl l; } l
              , ! ` ヽ     ,  / |:lリ ハ.!:::::‐-、
             __,、l'"∨` . `   イ、.j/'::::::ソ:::/ !l
.             /,、ヽ`:::::}ハ />-.イ,.._,. '--、:::://  l.!
            '、{. ヽ\:::r―‐- r―Y _  .!://  l.!'//>,、
.            -―',',  \ヽ  ‐= j  K´   !'イマヽ.!l//////,ヽ
        /////ハ , ///ヾ、 ./.lーーヽ\ /、 )/ゝ////////ヽ、
.      ,イ////////!」//⌒V{_,.ィ l二,. ィ! !´、77´/////////////{_,..-、
     /////////////ゝイ///l l.∞∞.l .!::::\'/////////////////,i
.    /7777/////////////::/ ' l.l.l  l. l:::::::::`<///////////////!
.   //////////////////::::::/ ./! 二二 .l  l::::::::::::::::::::ヘ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ/l
. {'"⌒"<//////////:::::::::/ /::l  l.l.l  |   !::::::::::::::::'//,\::::::::::::::::::::::\

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


        なぜこんなにも素晴らしい方々がいて、戦いは決して終わらないのだろうと。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



    .|/////////////////////_____////////}
    .|//////////////>≦三三三三三三∨ /////
   .///////////>≦三三三三三三三≧iへ.////
  /////////./三/` <三三>-‐ ´ __」.才_//
  |////// /ニ三/  />  _ z≦三ニ≧1 .K ∧
  |//////{三三三≧ ′ <三三三 /。下  !n .∧
  ∨////∧三≧´ _ ≦三三三三/ヽ _人. L / ∧
   ` <三∧ _ <三三三三> ´  ̄ ̄   } レ  .∧
       ` 末三三三三/     ___」ィ≦三三≧z ._
            | Ⅵ三三ニ/  、    Ⅵ三三三三三三三三ニ7
            | Ⅵ、三 /      _ Ⅵ三三三三三三三三/
            |  Ⅵ\_{    ´   .Ⅵ三三三三三三三∧
  __  -‐≦´ Ⅵ}  ≧ z  _  /Ⅵ三三三三三三./ .∧
  ≦、         Ⅵ    |  ≧  _Ⅵ三三三三三 /  .∧
    `<      |/   _{≧/  _z≦ Ⅵ≦===≦ ̄ ̄ ̄ ̄
       `/ ≦      f /  ̄ {_z≦
       /   \r≦ ̄/     .|
      ./   _ <    ./      ∧
     /_ <       ./      .∧
    r≦          ./         .∧
   /        .//          ∧
  ./         / /           .∧\

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


            どこまでも人の善性を信じ、無邪気に考えておりました。





6330 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:14:33 ID:XcWBBoEu

糞エルフゥ!(予約)

6331◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 21:15:16 ID:16WoSDJ3



             これから間もなく、私はその回答を目の当たりにすることになります。

             人々の力への執着。未来を捨ててでも今に縋りつく妄念。

             そして、強者を蹴落とせば高みに立てると信じる錯覚。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                      ム| ハ´  l|l  `| ムヾ、
                     /オレ' ゝ -_- ィレ ム `
                    /   / { ≧`ー ´≦ } ヽ
                    .  -―≦ _|_ ≧―- .
                . ≦         O7        ≧  .
              i≦            ノ              ≧i
              Ⅵ               / <             Ⅳ
               〉           /    \          /
.              /         /O      O\        ヽ
.              |        ./          \        |
             i´       ./ |   O     O   \      ヽ、
             }      ./   .}              .\         1
            /     ./  {   {   O     O     } .\      |
.           /   ./ー≦zヤ_  ヤ                 /z≧-\    ∧
           /   //    /≧‐―-zx__ _  -‐<ヽ.    \  ∧
.          / / /    ./ / /≦      ヽ >x  ヽヘ.      \ . ∧
         //    \   { 1 .ム≧    、 ヽ ヽ ∨ ヽ  ! 1   /  \.∧
        /       > .ヤ!  !≧ナァzx ヽ ヽ V-≦1}  l !. <     \ヘ
       /            > . ⅥⅣ/ / 7 、ヘ._∨ⅥlⅣ  . <           \
.    /             /   ̄7 `'ー七´|    `-"< ∨               \
.   /                /   /  O .〈_〉 O      ∨               \
 /                 /   /      .〈_〉           ∨                \



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


         ……それは皮肉にも、外からではなく私たちの内側からやって来たのでした。



                                          魔剣物語AM  ~軍神を逐う者~  四幕終


6332 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:15:52 ID:XcWBBoEu

ひええ……

6333 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:16:17 ID:DAzdHfZz

まさかアドラーさんが…?

6334◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 21:16:19 ID:16WoSDJ3


 ※本日も、貴重な場をお借りさせていただき、エイワス様、抑止力&魔剣の囁きの皆様には厚く御礼申し上げます。



  そしてまたぞろこの馬鹿は、性懲りもなくステータスダイスを振って魔剣ダイスで自爆いたしました _(:3/∠)_

  そんなわけで、余談:「魔剣ダイスは恐ろしい」を6レスほど改めてお借りいたします。



 ※前回のあとがきからの続きです。本当にあった怖い100年戦争の剪定事象にございます。





キャラ名  【ユーリ・エーベルヴァイン】

素質:【1D10:9】/大天才 任意のステータスふたつに+30

武勇:【1D100:94】(英雄級最低保証:80)  魔力:【1D100:33】(AA補正:最低80)  統率:【1D100:78】

政治:【1D100:6】                 財力:【1D100:87】              天運:【1D100:55】

衣:【1D100:73】 食:【1D100:19】 住:【1D100:51】




      _,,..,,,,_   _,,..,,,,_          「……どうする? この妙に恵まれたステータス」
   _,,..,,,_/ ・ω・ヽ/・ω・ ヽ,..,,,,_
  ./ ・ω_,,..,,,,_  l _,,..,,,,_/ω・ ヽ     「どうするっておまー、あとここに+30ふたつ乗っけんでそ?」
 |   /   ・ヽ /・   ヽ    l
  `'ー--l      ll      l---‐´     「任意か……だけど最低保証適用した後に上乗せするのは美しくないよね」
     `'ー---‐´`'ー---‐´









        _,,..,,,,_   _,,..,,,,_
    _,,..,,,_/ ‐゙ω'‐ヽ/‐゙ω'‐ヽ,..,,,,_       「英雄としての能力と考えると最大近い武勇は外せない」
.  / ‐゙ω'‐_,,..,,,,   l _,,..,,,,_ /‐゙ω'‐ヽ
 |   /‐゙ω'‐ヽ /‐゙ω'‐ ヽ     l     「魔力は補正を加えても最低保証値に届かないのでパス」
  `'ー--l      l l       lー---‐´
      `'ー---‐´ `'ー---‐´            「そうすると、補正込みで英雄基準値80を越えられる統率が優先……」



           ↓


武勇:【94→124】   魔力:【33→80】    統率:【78→108】
政治:【6】     財力:【87】    天運:【55】



6335 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:16:33 ID:FU8pIvVJ

魔王の在任期間としては多分一番長かったからねクソエルフ…

6336 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:17:31 ID:ND8F+r68

このステで政治6とかペンドラゴンする未来が見える

6337◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 21:17:51 ID:16WoSDJ3



          【 悲報 “第二聖女” は “空の女帝” にして “新・人類最強” 】


                                         -‐-
                 __                    - ミ
                ⌒i\             ---=ァ'゙   \         \
          (\   /::::: |ニ「\          /  /  \    、           ,
   ,,-‐…=ミ、-\`   ' :::::: |ニ{::::::}ヽ         /  〃      \    、       ′
 〃,rx‐=…ミx ヾ⌒^)  \::リニ{::::::}  ,       '   {   , ,   } \   \        ,
_;!{/〃      ヾr_'゙´     }i゙ニ7::::;′  ′    /   {  ′′ }, }! { ヽ   ヽ     }ト、
,从 {      i} }i{「^`冖:ァ^二7:: /      ,       八  ! }/ 八ハ  ,    V,    ; \
{{ハ乂      ,ハリ{:![`7/二ア゙:::/       ,/      ヽ! ,斗r   } ,ハ     V,   ⅰ
乂>≧=ー…=彡イ八{i;/〈_/::::/       }ト   /     } rリ    /イ八  ⅰ   v,   !     \
  \ー=≠ニ二rくノノ <:___/        リ  `      __  く    ′ : : ', !   v,  i ⅰ
    ー=ニ二ア゙^     _>          /     `^´   `ヽ ー     ,: : : :}  },   V,   、{\     ヽ
   ー=ニ              `゙'                  个:r:≦ニ[ノ /ハ   }i,   \ \
          二ニ=―=ニ⌒´     `゙'           }   __,rセ〔リ「⌒>'゙  ,〈 {,リ  イ个o。,_   ー=ニ二三
                   ___        `゙'ー=ニ.v,/ /   /'^ /  /^ヽ〈  ( 八{    ≧=-    __
         (\___  /´二>..,_          〉 /   ー=≦__,, _ -ニニ^\ \ )       \
    ,, r__ ア゙⌒^` 7ニア゙´::::/  `         / /_,, '^7  _ -ニニニr====ミ ,  、        ヽ
   /: : : : く/^\_/ニ7:::: /            ァ一='゙´   _ -'二二二二ニ{:::::::::::::::} }!  \
  /: : : : : : : : : : : : :i{ニ7::: /二ニ=-         /   _ -=ニ二二二二二二ニ{:::::::::::::/ ,ハ     \        }!
 i{ : : : : : : : : : : : :.:.i{二{::::::{二二二二ニ=― ァ=ニ二二二二二二ニ=ー  人 ::::: / / }      ヽ     /
  , : : : : : : : : : : : : :i{ニニ,:::: ',二二二二二二ニ{二二二二二ニ-、___       \/ /              /
  , : : : : : : : : : : : :八ニニ,:::::′  -=ニ二二二 二ニ-   ,,'^\「 二ニ==‐-ニ.,_/   }        }!  /
.  ゝ, : : : : : : : : : : :.个o。,>、::\      _________,, rセ〔     >     厂}   {     ,        /  {
      ー=≠゙      `ー=ニ二ア'゙≪≫rァ゙⌒'≪≫_,.,_,r'゙⌒}\__/ ノ    }   {        /




    武勇:【124】          魔力:【80】           統率:【108】

    政治:【6】            財力:【87】           天運:【55】







                       「え? なにこの子。ディアーチェの係累にしてジャンヌとアリーシャの後継者?」

        _,,..,,,,_   _,,..,,,,_        「ダイスさん属性盛り過ぎぃ!? マジやめて勘弁して!」
     _,,..,,,_/ 。ω゚ヽ/ ゚ω。ヽ,..,,,,_
    ./。ω゚ ヽ,,..,,,,_ l _,,..,,,,_/ ゚ω゚ヽ  「どう見てもクソエルフに知られたら絶殺懸案です本当にありがとうございました」
   |   / 。ω。ヽ/ ゚ω。ヽ    l
    `'ー--l      ll      l---‐´  「味方が全滅する中クソエルフにぶった切られる最後か、嵌められて吊られる最後しか見えぬ」
       `'ー---‐´`'ー---‐´
                        「しかも政治6? これ困った人いたら後先考えずにかっ飛んでく自走式デンドロビウムや……」

                        「この戦闘力だと止められる人間なんて居らん。発覚待ったなしですオワタ式」


  ※全部のプラス要素が裏返る音




6338 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:17:54 ID:FU8pIvVJ

これ天運高いペンドラゴン族では?

6339◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 21:19:32 ID:16WoSDJ3


       _,,..,,,,_   _,,..,,,,_
   _,,..,,,_/ ‐゙ω'‐ヽ/‐゙ω'‐ヽ,..,,,,_     「こうなってはやむを得ん」
  ./ ‐゙ω'‐_,,..,,,,   l _,,..,,,,_ /‐゙ω'‐ヽ
 |   /‐゙ω'‐ヽ /‐゙ω'‐ ヽ     l   「この時空のやる夫ポジ、カティちゃんを使う時が来た」
  `'ー--l      l l       lー---‐´
     `'ー---‐´ `'ー---‐´



           /   / ̄ ̄ ̄ \ `丶、  \
         ,. / ̄\ i /^\     ∨  ∧    ‘,
        /./  __‘, !{〕"⌒\    ∨  ∧   ‘,
        ,  ./  /" ̄ ̄     __‘,   ∨   |     |
       ./  ,′ ,{       / _‘,_,  'ト、|     |
      /  {   {| -―≧    .ィうiテト...   ',||     |
      ,′ | 圦 _ィうテミ.    .V::..ソ‘,  :!ノ|     |      えっ
    :i   ∧  { ヘ. V::.ソ         ‘, {′!     !
    :|    .∧ :圦‘,   `   u  :}∧ ' __∨   :|
    :|     ∧{  `丶   ( `ヽ  ./}/∧ :!//∨.  ',
    :|     ト、  , 个s。.    / _}//∧!/__ ∨  ′
    :|     / \ ___  マi〔r≦://// }|'//,\ 、.  〉
    :|    ./   ̄ /⌒\丶 }! i//// }|/////\ /
    :|   /    .///////>/`ト<////////////\
    :|  ./    .///////////   ///////////////\
    .∨ /    ./////////// `ト-イ ^ト、//////////////
     }/    ./////////// /  :! :| `ト、///////////





                             「安心したまえ! クソザコナメクジでも我々は責めない!」

           ゚・ *:  : *・           「むしろ超おいしいからおかわりもっと!」
      *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
   * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :..    「一撃もらうだけで死ねる相手に、『行っちゃ駄目!』と縋りつく手弱女!」
 。. ・ ・*:.。  _,,..,,,,_   _,,..,,,,_   .:* ・゜
     _,,..,,,_/ ‘ω‘ヽ/‘ω‘ ヽ,..,,,,_         「そうして傷だらけで制止され、泣きながら抱き合う少女二人……燃ゆる、そして萌ゆる!」
    / ‘ω‘_,,..,,,,  l _,,..,,,,_/‘ω‘ ヽ
   |   / ‘ω‘ヽ /‘ω‘ ヽ    l       「さあ行こうステータス決定!」
    `'ー--l     ll      l---‐´
       `'ー---‐´`'ー---‐´           「保証は天運と魔力に60つけとけばいいね! 設定的にその方がらしい!」

                             「大丈夫! ユーリでもう武力は使い切った! 90なんて早々出ないさ!」




        \__人_人从_人_人从_人_人从_人_人从_人从/
        _)                                  (__
         )  ちょ……ま、それフラグぅ! イヤ――――!!   (
        ̄ ̄)                                ( ̄ ̄
         /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\


   「「「 カモン、カティちゃん!! ハッピーバースデー! 新しい君の誕生だぁ――!!」」


参照:ttp://bulkyaruo.sakura.ne.jp/test/read.cgi/BUL/1406192365/4304



素質:【1D10:4】/天才 任意のステータスふたつに+20

武勇:【1D100:92】         魔力:【1D100:71】(最低保証:60)  統率:【1D100:98】

政治:【1D100:65】         財力:【1D100:23】         天運:【1D100:65】(最低保証:60)




      _,,..,,,,_   _,,..,,,,_
   _,,..,,,_/ ゜ω゜ヽ/ ゜ω゜ヽ,..,,,,_
  ./ ゜ω_,,..,,,,_  l _,,..,,,,_/ω゜ ヽ
 |   /   ゜ヽ / ゜   ヽ    l
  `'ー--l      ll      l---‐´
     `'ー---‐´`'ー---‐´



6340 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:19:56 ID:DAzdHfZz

助けて完全者さん!

6341 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:20:12 ID:EvzTWQ6l

……ここ笑う所?(滝汗)

6342 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:20:55 ID:HIrn6qXs

草草&草

6343 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:21:05 ID:FU8pIvVJ

うんちょっと弱くなったね
12英傑時代の完全者越えてるけど些細な事だね

6344 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:21:06 ID:DAzdHfZz

見事なフラグ立てであった

6345 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:21:15 ID:MuoUMwbG

全力で草が生える

6346◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 21:21:20 ID:16WoSDJ3


                !       i
            ,L. __    /'
            Y´ ̄二 /〉
             |       /!
            |    ./ 」!               ……現実の話をしよう。
                l       !l
               |        |ム                 我々は、いや誰も。魔剣を持ったウィリアムには勝てない。
             │     | ∧
                 !      |'/∧
                 |        ! /L_
                |        l / ̄〉
               |       |  /∧
              |     /`i ′,∧
             |L... _     │ /'/∧.
                  「 ̄ `   /  ′/ ∧.
               |..__ , /〕、   _」.
             / ̄ `   ̄|    ̄ ,〉    カッ……
                ∠.. _     /!-‐=ニ />..
          ∠ ̄   ̄二ニ、 厶-、 , '/ 〉
       r‐=≦ ̄ `      ∨   //`ー'´
       iL.. ____r‐=iニニ」二ニ´/'
       `  ̄ ̄ ̄ ̄ ´  ` ̄  ̄ ̄´





             l/__jkヘ i|个 、 マ_ ,ノ |  ` | / j!フ    / /
              7 个iト、 \_ _. ィ|  .ノ' _∠ ._    〈 {
             //  __>z /∨___/ア´  /∧   、V         たとえ太古の竜王や、聖王でも無駄だろう。
             , / 厂  __∧/、ア      /i|    ∨
            /´  i|  _>'⌒  /^\_、     /∧.     ∨       それすら奴は、きっと打ち勝つ。
        .//    j| 7 /      i| )k、    イ     ∧
       ./ ./    〈 ./  O    O i| 厂 \∨ i|     /∧ 、
      ,   /     j ′j{       j{ }     フ} i|    ノ  ∨     ……ではどうするか?
     .八. 〈       .}i{ i{       .j{ /   / 〉 i|   /   }              ・ ・ .・ ・ .・ .・ ・ .・
       、 ∨     j圦 i{ O    O.j{/   / /  ',  /   .人     簡単な話だ。勝たなければいい。
        \V   / ∧{         ./   /  {   ∨/   /
         )ゝ  / ./  、      j/   ∧_ 八.   ∨  〈         勝とうなどと思うから、最初から手詰まりになるのだ。
          / / /  ∧  \    /    V  〉ト、 、  ',  ∧







                                         /
                     }               __ イ
                    ヽ            _,.      イ′      勝利などヤツにくれてやれ。
         /,                             ー‐/
       ∧                              /          ヤツが我々の安寧を冒さぬ限り、粗相くらいは我慢してやる。
       /∧                 ,
         ∧          __/  rv   .。
         /∧             ̄≧=─一                   ただし、私の家族に手を出したなら話は別だ。
            /〉               ー─                            ・ ・ ・ .・ ・ ・ ・ ・ ・ .・ ・
               、                               その時私は、奴以外の全てに勝利する。
             \
               \                             罠に嵌め、蹂躙し、焼き払う。浄化し喰らい尽くし灰にしよう。
                丶
                   `                         ああ、勝利など持って行け。代わりに私はそれ以外の全てを奪る。
                           ≧s。   ____,



6347 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:21:31 ID:ND8F+r68

天運ではなく女子力を犠牲にしたか……

6348◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 21:22:18 ID:16WoSDJ3


                                        ____
                                      ´           、
                                   /              \
                                _/                    `、
                        -‐ァ   ̄ フ^rf圦   _   -――-   _      `、
                     _,rく      /  V  ゞr ´          `丶、    ,
            ̄ ̄ ̄  ー-厂i|  `¨   _,.へ  マニ(´               \   ′
         /           i{ i|  「>‐ "⌒`ヾ:,  Ⅶi                 `、
      /    _ -====―― Ⅵ|  |′     ー‐_:,  Ⅷ                 |-_  |
        ′ _ -ニア´         |  |/`ヽ _ _笊t苡j} .|┴-   __               |ニ-_|          パンにはパンを。血には血を。
      |  _-ニニア          |  |笊苡7⌒`ー  ´} |:i:i:i:i:i:/´                |ニニ-j
      | ニニ/             ∧ |圦¨´ 丶 _  ノi .|:i:i:/                   |ニニ|
.       ∨ニニ/         ∠__‘, |_ 个 .,_`ー' /.イ| .|∠_                     iニニニ          貴様が最後に勝つと言うなら、
.      i|ニ/             ‘,| \__丁_/:i:i|/:i:i:i:i: ̄\             |ニニニ
.      i| ./    __         i|  //\ー-=ミ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ           八ニニニ         その勝利を地に堕とす。
.      i| | ( Vく⌒ ヽ`ヽ        /:i:i:i\/く:i:i:i:i:i:i:i:`丶、:i:i:i:i:i:`、           マニニニ-_
.      i| | j[ 圦 \  } } _    ./:i:i:i:// / \\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`:i:i:i:i:i:`、           マニニニ弌  _     どんな敗北より惨めな勝利で
.       ∥.|厂|.ト、` ー‐ r=v' /^>、/:i:i:i:/ //   /\:i丶、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`、           寸ニニニ-_  丶、
       / .|  |  ー==‐へ/|   /^>∠__/ r--彡'  \:i:i:丶、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`、            ‐弌ニニ-_  \ 牢獄のように生きて逝け!
      ./  |  |     八     /<| |O`¨´ O//   /\:i:i:i:i:丶、:i:i:i:i:i:i`、                 ‐弌ニ_     、
     /   .∧ |       |、   ,/`≪≫ 、、  //__,/___丶、:i:i:i:i:i:丶、:i:i`、               `寸ニ   `、
    ./   / Ⅵ!       .|  ̄ |:i:i:| ` ≪≫ ´ ̄   \  \ ̄ \:i:i:i:i:i:i:i:i:i`、                マ_     `
   /   /   V|      i\_,斗:i:i| | |O {_「 r‐ _  __)  ノ     \:i:i:i:i:i:i:i`、                }|    |
 /    ′   Vハ     |    Ⅵ | |  └L {_r≪≫ 、、 ̄ ̄ ̄ ̄¨ \:i:i:i:i:i`、                   }|    |




    武勇:【1D100:112】       魔力:【1D100:71】         統率:【1D100:118】

    政治:【1D100:65】       財力:【1D100:23】         天運:【1D100:65】



  「鋼の統率者」 「月を隠す者」 「新・完全者」 【ゲゼルシャフトの魔女ミュカレ】爆誕





         ドカ――――ン!

              _              _,,..,,,,_
.   , --、    ...(´・)          /・    ヽ
  . (   )                ! 3    l
.   `ー‐'      .-‐ニ ̄ニ‐- .    .ヽ、,__,,ノ
      ._/           \_
  =二 ̄ /           ,,..,,,,_ l.  ̄二=         「……爆☆散!」
       ̄7'' ―― __ / 。ω。ヽ  ̄
.――― 从,,i ;         `. 、 .ll r、――――――
     ./\じ'jl|此ト=メ i;_,,.`'ー---‐´..
         ``‐ヾ:;!Iヅ 〃!iメト辷-" ^



6349 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:23:35 ID:DAzdHfZz

ただの完全者mkⅡだこれー!?

6350◆7EqKytkU2E :2017/07/31(月) 21:23:38 ID:16WoSDJ3



                           「……さ、最低保証を自力で突破された……これは紛れもなく完全者様の系譜……」

         _,,..,,,,_   _,,..,,,,_          「これ、カティちゃん違う……アカツキ版「完全者」こと魔女ミュカレや……」
     _,,..,,,_/ 。ω゚ヽ/ ゚ω。ヽ,..,,,,_
    ./。ω゚ ヽ,,..,,,,_ l _,,..,,,,_/ ゚ω゚ヽ      「ま、魔力以外ペル子初期ステータスを全部越えてる……」
   |   / 。ω。ヽ/ ゚ω。ヽ    l
    `'ー--l      ll      l---‐´      「モーさん並の武勇に統率パパーサー-3? なにこの化物オン化物」
       `'ー---‐´`'ー---‐´
                           「100年戦争にいていいキャラじゃねえ。何だこのラスボス」
                                                     プロット
                           「……今、ダイスさんからミュカレボイスで“豚めが死んだぞ”って言われた……」




「アレだ。これ原作のエンディングみたいに、電光戦車の群れを率いて全てを殲滅するワンマンアーミー(真)だ」

「自分とこの工場で環境汚染しまくって、黒い森に廃液垂れ流して浸食を防ぐとかえげつねえ手を平気で使いそう」


              / -== ミ、=ミ、    __    _
            /厶      ∨ }  _/   ミヽ  \:::..、
            /       =ミ  ≠<  L∠ミヾ  \  ヾ::::ヽ
          ./ /   //   /    ∨    ` < ‘,  ‘,:‘,
       / ./   / ./  ./   }   ‘,-=ミ  ハ ヽ  ‘,:{
      -=ニ二二二二ミ、  //   |     i   r   k1!i}. ヽ } ,,
  /     <      \}州Y / ./ ハ   |  _彡ヘ_f{_リへ ∨|‘,
. //  /      ____,}州リ=彡././ ‘, .| ェ才 }}     } |i }.|:::‘,
// /    ≦ ̄/ i {   ヾ  / .小. ‘,レ彡^ー"  rイ ハi リ !::::::::}
//  ././   /   | |    \f{ { ! ハ 〕 !       ´¨ } }!   !:::: /
/  / //{  |    ≦  ̄\  ||Ⅵ !{‐} ||        イ リ  |:::/   r=ミ.
 / // 八.  !∠___     ー||へ≧ ̄ミゝ  ー=彡/     }/  r┴ ミ
./ / / V 、  ‘, ヽ    {! ヽ   {i   ‘, ヾ} 、  { /    / ィ: : :ヽ<
i / /   ヽヽ  ‘, ヽ   ‘, \ ゞ=-    |     !   > ´   i |: : : : } ハ
|/ /      ヽヽ }  ‘,   丶  <    /     ト、r〔-‐、   人>-<ィ: :!
| /       ヽ/    }    ‘,   `¨>―=彡>- {、 }イ:::::::ヽ ///ヽ{r-v=彡
|:{-===ミ  / ./   .トミ 、 }      /:::::::::::::::厶ィ   > }、::::::::L ./   ! i
|ハ __ > .∠′  / ヽ. YY      {:::::::::::::::::::::: |_ / .ハ \::::く.{.  ! i



「あげくの果てに、暁帝国スペシャルブレンドの汚染物質爆弾とかばかすか撃って来そうナリ」

「えぐい……もし魔剣物語SLGとかあったら、100年戦争エルフ編でラスボスよりやばいステージボスとかいうポジだぜ、きっと」


「で、これユーリと組ますの? 最強&完全コンビ? ……デウスエクスマキナじゃねえか。話が続かねえよ」

「むしろ途中で、あまりの外道ぶりに完全者様やユーリから討伐されて無抵抗で死んでいくまである」




       _,,..,,,,_   _,,..,,,,_
   _,,..,,,_/ ‐゙ω'‐ヽ/‐゙ω'‐ヽ,..,,,,_
  ./ ‐゙ω'‐_,,..,,,,   l _,,..,,,,_ /‐゙ω'‐ヽ
 |   /‐゙ω'‐ヽ /‐゙ω'‐ ヽ     l         …………。
  `'ー--l      l l       lー---‐´
     `'ー---‐´ `'ー---‐´



           ゚・ *:  : *・
      *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜
   * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :..
 。. ・ ・*:.。  _,,..,,,,_   _,,..,,,,_   .:* ・゜
     _,,..,,,_/ ‘ω‘ヽ/‘ω‘ ヽ,..,,,,_
    / ‘ω‘_,,..,,,,  l _,,..,,,,_/‘ω‘ ヽ        見なかったことにしよう!
   |   / ‘ω‘ヽ /‘ω‘ ヽ    l
    `'ー--l     ll      l---‐´
       `'ー---‐´`'ー---‐´


※ ダイスは参考。はっきりわかんだねというお話。魔剣ダイス恐るべし。

   それでは、今日はここで失礼いたします。お付き合いありがとうございました!



6351エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/07/31(月) 21:23:42 ID:vwB9ioWh

(これでもクソエルフには勝てなかったんだよなぁ、、、、)

6352 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:24:29 ID:XcWBBoEu


クソエルフとかいう自分の因果以外に負けないやベー奴


6353 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:24:32 ID:3RUlGKdN

豚(プロット)めが死んだぞ

6354 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:24:36 ID:MuoUMwbG

クソエルフマジクソエルフ

6355 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:24:43 ID:MuoUMwbG



6356 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:24:45 ID:HIrn6qXs

乙でしたー
見なかったことにする勇気!


6357 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:25:01 ID:QBgwZbZV

シナリオの立ち位置が決まっているキャラのステにダイスを振ってはいけない
つまりはそういうことなのだろう


6359 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:25:40 ID:ND8F+r68

乙でしたー

6360エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/07/31(月) 21:25:45 ID:vwB9ioWh

投下乙でしたー。
大丈夫大丈夫、数字上で勝ててもあいつの因果(ぶっ刺さる方)を超えない限り負けないから。。。


6361 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:26:40 ID:QBgwZbZV

クソエルフの危険性は数字に表れない部分だからね

6362 :梱包済みのやる夫:2017/07/31(月) 21:27:05 ID:HIrn6qXs

大将軍見てもわかるけど数字以外の何かが必要なんやなって










一覧
関連記事

[タグ未指定]
[ 2017/08/03 21:00 ] New 最新追加スレ 魔剣物語 | TB(0) | CM(2)
どうも「逐う」の使い方が変だな?と思ってたら、6303では正しく使ってるし… と思ったらすぐさま「追う」の意味で使ってるし
…「逐う」と「追う」の違いが分かってないのかな?

あと、「畜生クソエルフ」のルビに「シャイセ」をふるなら、「クソ」につけるべき
[ 2017/10/19 01:11 ] [ 編集 ]

「逐う」自体「追う」の同義語というか別の漢字があてられているだけの別バージョンだから、
間違ってはいないよ。「軍神を(=パパアーサーをきちんと殺.すため)追う」とか「国が(ペル子たちを糾弾しようとその身を)追う」とか。

それにルビの位置はずれることもままあるし、そうでなくとも見やすさ優先という可能性もある。
[ 2017/10/19 06:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

<魔剣物語シリーズを楽しみにしている皆様へ>
一時的なものと思いますが、週末の投下量が増えており、1日でまとめるのがかなりきつくなっております。
申し訳ありませんが更新量を調節し、1週間分を1週間で消化するというスタンスに変更させていただきたいと思います。
ご了承くださいませ。。<(_ _)>

追記
予想以上に投下が多く、1週間スパンでは追いつけないかも……
出来る範囲でですが頑張りますのでノンビリ待っていただけると幸いです。
<(_ _)>


一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



FC2カウンター