魔剣物語AM二次創作 贖罪への歩み やるぽん!

ゼロワン第13回 ヒロインであるイズの犠牲……を阻止する兄により妹として自覚し、又真の力が引き出されたホッパーによってドードーを倒すという王道ストーリー! 副作用が筋肉痛だけというのも一安心?

魔剣物語AM二次創作 贖罪への歩み

4011 :梱包済みのやる夫:2017/08/29(火) 23:25:34 ID:qZ5S/F31

乙でしたー
ボ卿は何をしても世界に影響与えてんなぁ

誰も予定が無いようなら、場所お借りします

4012エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/08/29(火) 23:27:41 ID:X5l4Gm6s

いいのよ。

4019猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:31:35 ID:qZ5S/F31


ありがとうございます。

では投下を始めさせていただきます。



この辺りの設定を下地にしています

↓ ↓ ↓


ttp://yarupon.blog134.fc2.com/blog-entry-17415.html



>注意事項

・独自解釈と設定があります。剪定事象です。

・なにキャラsageしてるの? 剪定事象です。

・ポエム乙。剪定事象です。



以上のこと、よろしくお願いします。

それでは53レスほどお借りします。

戦う敵のお話。

4021猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:32:36 ID:qZ5S/F31

















                          
                         ttps://www.youtube.com/watch?v=dW7CJvktH8A












.

4022猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:32:56 ID:qZ5S/F31


    頬を風が撫でていく。

    揺れる黄金の髪を押さえ、砦の高台から目を凝らす。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



      _   _   __   ___    __   __   __
     |\ \┴―┼‐┼―┼―┼―┼―'┴―┼‐'┼―┼―'┼―┼―
     |\| ̄~|_l__,」_」__」_ _」 __」_」__l__ 」_」__」_」_」_」_」_
     l\{\ |\ \ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄
     {\}\|{'\| ̄~|
     |\ \|\|\”>―、         ’        _
     |\|\|\\|\l\ \
     |\ \ \|\|\\|' ̄~|               .    ’
     |\|\|\ \ ヽ|\\ ̄\
”~'ー w'!|\|\ \ \|\|\|\|\ ̄\
     |\ \|\|\|\|\|ヽト\\_\          ”
  , ,wi.|\|\|\ \|丶|\|\ト、\!___|                    :;
     \ \|\|\|\ \|\ \|\|\ \      ・         ,
         \|\ \|\|\|\|\|\|\|\''i\ ̄ ̄\
 ,          \|\ \|\ \|\|\|\ \\| '\   \
          \|\|\ \|\ \|\ \ \|\| \___\
   wi    '"   \|\ \|\|\|\|\|\|\|\|_|    |
               \|\|\,\ \|\ \|\\| ト---<
               \\ \|\|\ \|\ \| \   \
                 \|\ |\|\ \ \\ |\|'\___`
                  \|\ |\|\ |\|\ |\|\|\ ̄ ̄ ̄\
        '” wr        wi|\ |\|\| \ \ \|'\|\     \






                     ,,.
                     /:;;}  ,x、
                  /  :;;]  ,こ ゙:,
                     /  :;;;] ,こ  ´
                 /   .:;:;] ,こ   ゚,
                     ,:′  :.:.:.}′:   :
                ,′ⅵVv: :ノ .;ⅳノ ',
                    ; ≫  ,:   :;  そ j
               { ,>'''""""'''~ ., て jj
                  /   //ヽノヘ  \∥
            /  //{          〈
            、`   j{ム{.,,_   _j,∧ ', ^:,
           ,:゙/   ∧{ _,`、   /``ⅰ}  ',
            /八  ,' 〃云Ν /云、 }イi  } :,
.          ∥  \,{ { r勿 }ノ r勿ハ 川 ノ ⅰ
           ∥  i{ 、   ゜゚゜   ゜゚゜ ノ_,.ィ(  jj
         {   从 人   r ァ   /ノノ}   i}}   今日はちょっと風が騒がしいな。
            V` .,{⌒ γニ‐ __,,,. イ´ ノ  /,リ
        ノYヽ  \{i{゚。%Г「。с }  フ__,,.イ /
        〈 、 i ノつ ,:´(__,,. '冖 .,_ )< ̄  !'
       ∨⌒{゙´ノ 、 j    |   ̄{ `:,_
          ⅰ  V  `;    j     !  ',}
        !  ':,  { ⅰ ¦    i /ヘ
           ゚,   ) ,. :, {  }   j  ノ゛   }
          \__,/ }‐┴‐┴-≠彳\   :,
                  ,゙  ><   {  `、  ` 、
               ,:゙ с。 。 。  `、  ゚:,   ':,

.

4023猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:33:07 ID:qZ5S/F31




::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

                               /ヽ、,、
_人/ヽ'´ゝ、_,、__ _    _ _ _ __,、,、/`yヽノ\,ヘヘ'ゝ/ゝУヾуヽへ'´Vゝ'^ヽ、,_,、__ _ _
ーー─'────────'ーー────'ー──'ー──'ー──'ーー个~^ィ~⌒ィ~~^~~ヾ^~
       _ _, _ __,,              ,,,, ,,     ,,,, _,, ,,,  ゙"个彳个^~ィ~ ^^~
_,,                   ,  ,,_         _ _,,     、_,, _, ゙"~イア~ ^^~ ~
  _,,           _,,   __,,               _, _ _,,,                 个チ ~~ ゙
   _,, _,,           _,,_,,   _,,             _ _ _,,  、,_,,    `゙"~彳`"
_ __,,   _,,   ,, _,,                       __   _, _ _,,,    、,, _ __,,, ゙~^
    _ _,,      _ __,,              ,,,, ,,       _,,   __






 " ./ / / ._,..‐、.ゝ        ../゛  、  'i, .l.   '.  l   /  /  ./'-_
  .'゙ .'´_.. -ー'″.、 `'           ,ノ″.'-,、 `'-..,_.ゝ l   ′ ‘  < /   ._,/. "        ー-
| ̄| ̄ヽ .゙'  `          ̄   .゛.‐''-、_ : 二_‘  `゛        _,,,, ‐''`-、、 __─────、
                    -  : ''`゙ツー-i―-___ -‐''゙ /  .,/_,, ‐‐  .i  /  . .´`''~ ..、
  -'"`''―  ._, __,..、 ¬──   `ー ...  ..,,'"- ,l,,,l,,'\ `       _,,-" '-ヽ ″ .l゙ ./ ,/ . / ,. ヽ
              `゛                 ` 丶 . .i . ´ ゙゙̄ ̄/> ..,,__;;‐        .__二,゙ニ彡-‐''" .\.
.___ ------___、                     ''''      .`   ‐ :  ̄、゙.゙.' ゙゙̄'"゙´. ヽ  '. ゝ .` ゛
..,  .     i'    .`゙'''''-.._          .           ―ー
..′ /    ,ノ  ,/  ..    `ヽ.    ,, -───,_.   ,, ー-           ___
 l,  ′ .,./ . / ,/゛. /   /.゙'、                   ,.. -―ー-'''`゙゙´  , ; .` ̄`"''ー..,、    ̄´
` .゙‐     ゛ ".ー''゙゙..-'',゙,, -" .、゙'`'              / 、  l  ; t  |  .| |   ./   ,- .`゙'''‐、
.__   .____ ー''"、  `       ー-          _./ '、、 .\ \  ! .!  .!  !/  ,/ .,..-"  _... .ヽ
.  ゙̄ ̄ 、.  .'、 ."      ..      .__. -―‐'''"゛ .'ー., \ ,.`'-、´        .`  ´,,.. -‐'',゙.  .,ノ. \
゛ `  "  ゛″      .--     ._/^゛      、 、! .i  .`'ー.、~゙'¬          .ー ゙̄,゙,, '''"゛ ゝ
  : . ‐'''   ...-ー ̄ ̄    . /   、.  l ヽ   .! ./  :!    i‐   ゙~'''―ー.  -.~―.''''''″.-.

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    何処までも続きそうな草原の中を、他国へと通じる交易路が一筋引かれている。

    視線をずらせば荒地が広がり、大地には幾つも窪地が脈絡なく刻まれていた。

.

4024猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:33:55 ID:qZ5S/F31


    円形の傷痕達を見て、サーバルは頷いた。

    そのまま隣に立つ男へと笑いかける。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



                      i {  ヾV∥.:.:.:|:.ヤ ノjj  '
                   i| レ{、v},,」{,;_: .:l: :ヤ ゙∥ ,  i
                 ,jレ''"´   ´"'''~ 从ノ{  i:}
                  , ゛    ,.       `゙マハ}:}、
                 /     /,ィh、  ,ィ i    寸j `、
              ,:゜   / ,: ,ィ("^ー‐彳! ,i|       V  ゚。
                /   / ,:∥      リ/″       ;  '
              ,゙ {  ∥ア¨{{`    ..,,_,:゙ ,′イ    :   i
                乂:, i{{,′ {{ハ     ア`/x ;      ;   |
               {{ `}} x==ミ、乂i、,:゙/ /   ,′   ,′  |     うん、大成功だね!
              !! ∥:':':  ,   ‐=ミk /    ,:゙j  : |
             ⅱ 从        :':':':':.冫ィ   / }  ; |
             八 {心、   {````^:,   ´.ノ,. イ^〉, ,゜ ; '      γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
               \ \{h、 ゜.,,___丿  _,.、、、、、ィ / /  / /      |   の、ようだね……。
               ,. -ー=ミ==ニ¨/_,,.   / / ,∠} ′      乂__________..ノ
                  {○ΟCс/´ )=-――<フイ´/ ̄` ,
                 /〉c °、丶}‐く⌒ヽ ΟС Y゛       ゚,
              ,:゙ {  、` /} { `、  ゚ с ,ノ        }






                               ィ ⌒ヽ
                  {ー────=ミ、ヽ . }
              >─y´ ̄: : : : : : : : : : : }ノ ノ
                 /: : :./: :/´ ̄: : : : :.^V⌒ヽ<
          i、_/ ー=彡: : : : : : : : :/: : ∨.: .:.\
          人_ イ: : {イ/.: : : : :./: :./.: : : :.}.:. :. .:.|i              納期ギリギリ。
                 }.: :.|人: : : : :./_.i.: : : :./ : : : : |i      ,γ⌒ヽ
             /: : ∧イ^、 /芯ミ}`: :/`ト:.}: :八     /     )、  上手く行ってよかった。
               /.: : : :.∧{⌒ {   厶イ{f云フ从厂´     {      ,}
          /./i.: : :. :.∧、_ u.     .ノ  /\_     ゝ、   ,,ノ   満足してもらえたかい?
            {: / .{.: : : : : :.j「 \  ー-- /   /マ     `‐-‐"
            |:.{ .|: : : : : :/厂 ̄\_/  〈. 〈  ` ̄`7⌒>、
             乂/: : : :_,厶    } トイ {二二> 」、   /   \\
        /´ ̄ ̄ ̄´ \ \   }」 Lノ i     \ /      >⌒\
          {ヘ           ヽ \  /∧ |         ヾ    /    ヽ
        /ヘ ∨   i   ` ̄} \ 〉从} ト」 ̄ i     \__/         ノ
       ./   ∧∨   .|´ ̄ ̄  |   ∨/「 ! l   |            /
       {    〉.〉   |       .| |  ∨ l .| |   |───────イ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    白衣のような服装、柔和な顔付き、束ねられた長髪。

    温和な雰囲気を纏った男は、成功した喜びよりも、安堵の溜息を吐いた。

.

4025猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:35:09 ID:qZ5S/F31


    立役者にねぎらいの言葉をかける。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



                                 ,、
                        /':,      ,:゙^',
                        ,' j゚:,    /  ゚,
                       .゜、ⅰ゚,    ,' /,. ゚,
                         ; ` } ',   ,',゙    ´
                         ,′、¦ ', ∥;/イァ,.  '
                         ,' ミヾj  Ⅴⅱ,. ≪  ;
                       ; ミ,.x ´ ̄```丶、ミ、 }          うん、大大大満足!
                        { , '゛//^^\ⅰi , ` 、ノ
                         / / {     ノλ ゚,  :,`、         バッチリ要望どおりだよ!
                    ,' ; ; ∧     /}/`:, }   ; \
                      /{ { { {x芯、 /x芯 kjj   }ヽ  \       対象を閉次元に幽閉する
                        {!':,狄(り \{  りノ∥  ,心、 、ヽヽ
                    /:, \ :, "" _′__ ""ノ_,,.イ ハ \}ノハノ     新型の封印結界、その携帯機。
                   ,:゙〃ィ //ヘ.,_ 乂,,.ノ_,,.´r┬‥…≪⌒う
                      乂{,ァァ7ヽ_{ `ヽ.,/___ }_j_,,,.、丶⌒ヽ_,.(        ありがとねソロモンちゃん!
                  ∟Lとノ、}  (__√ /\,.   ヤr~´
            ,. .,,_ ,:'´ ̄`ヽ、 /γ´ ー彳=ヽ〈〈 〈 `, ‐ 、}






                                                                    丶、/
                                                                      /ヽ/
                                                                          / ヘ.
                   ィ⌒           γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶  "´i ̄
                  /:/   >───=≦  | こういう錬金術と魔導技術関係はギムレーが得意だね。
                    ゝ{__/.: : : : : : :. :. :.\´ 乂________________________..ノ
                  /⌒ /.: : : :.\: :\: :\: : : : :.\
                 /.: : : :./: : : :./: : :.ヽ: : ヽ: :\: : : : :.}
                    {:/: : :./: : : : :| : : : : i: : :.i.∨: :\.: .:.|
                    |:{ : : i {: : : : :|___} : : }: :∨ 厂´: :|
                 从.:..:.{⌒ヽ.: :.|  _ヽ: ∧: :∨: : : :∧          この国が資源や場所を
                 /イ: : : :|r==ミ\{ ´ ̄`} / _/⌒>.: : :.∧_ ノ
               /⌒\: {   {    ノ/ /: :/.: : : :. :. :.}        提供してくれたからだよ、サーバル。
                     ヽ   ヽ _ ´ //: : :./: : : : :./
                    \  マ __ノ /∧: : :./: : : : :./         僕らの国だけじゃ、
                         `ト  イ/  ∨/: : : :/
                     /{ }Y { {   //7=<\_ ノ        こうも早く日の目を見ることは無かった。
                      // |\j_/ ̄ // /   \<´
                       / /  .}     // /     ` ̄\
                  /   |  .|    /  /          }
               /    |  .|   .//   i      /     |

.

4027猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:37:44 ID:qZ5S/F31


    ソロモンの世辞と謙遜が、黄金の髪から覗くサーバルの獣耳に届く。

    大国の王であるにも拘らず相変わらずの自己評価の低さに、つい苦笑した。

    彼が統治する“新たなる熾火”ギムレーは数十の都市国家群の共同体であり、技術関連の聖地だ。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        く 。.    \          ,.-、、ヘ                    _z=ー-―――-、=-、
         \゚ 。    \       ,.._彡ミ',ハ、            z´    ,zー―/゙`ト、_ツゝ,_, 、
            \     `ゝ、._  ,イヽ (_ノ彡,  ヽ           /   ___ゞ,  //゙   ゙´zY`':,
           \       __ヽ.l. ヽi、 `i彡ノ// `;-          (i´ ̄      ソ //__ノ,   | ! ヾ、
          _ ヽ-─   ̄__,..-l、     L./// ,F`       /「} _____   {,_//_,r==云、_〈_,ヾ;! `:i
        ヽ´     _. -‐'ニィ○l `` ‐_,ーイ//,ト       ,′ イ __/,べ ̄| | l ヽ-―、`ソ=゙zソゞ |!
        /ヽ`=i ,.-'´, - '´,. ヘ. _,!‐.ニ∠._,.-`  !、      ,′  |´  {l  ソ! { |.l  `ー-イ |ヽ_〉.  l!
        /   //_..i'  /'"l∠ _,.-─‐,.、 `_ヽ、 ヽ      ,′  /',    \ツl i`||      | .i ,′ |
        /  /‐-´-〈 イ ...._i'_     i' r(ヽ! l'´  .i     ,   | ヾ`、_7 / | l|  _, 、´゙ー ゙ i!   l
       ,'   /      i ヽ   l、`ヽ-、/{ヽヽヽ!ミミ、`、  /   |  Vヾゾ |/ヘ |レ´人___ __ リ   |
      ,'   i'      i.  ヽ   l、  ̄li. i `   lトl `゙ ヽ /    |   ト-´゙ / / |/ `゙ー-―゙l!.    |
        i  /l      ヽ,.-'′   l、   lヽ   ノ ,!   ` /    |  /`ヘ ´゙ヽ、, |´ヽ,_ノ´ ̄j_ノヘ、  ,′
      ,l. /.{             _   l、  ! `l,.'- ´     /     | /\  `ヘ .゙ヽ,|  /  /    ,,.、ゝ,′
     ./l/  ! l       _.- '´ ヽ. i、 l.\--  ..._  /     /::::::::::.\   `ヘ!ー-=--┬^゙´   ,′
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                     ∥ {i: : :{: :{ ;     ゚:,
                    i{、ⅵ  i { {Vレ    ゚:,
                    {{ミ } ⅱ{! イ   ゚,
                      ヤ__j__,从 :, :, ノ彡' ; ]
                 , '"´   ´ '~ .,_ ノ } }\
                    / /{ ,イ   ` 、` 、丿 j `` 、
                   , 〃 {/ }      \ ` 、 \   \
                  ,゙∥     ⅰ     `、 ':,  丶   `、
                  i {{‐-   ; ∧ ゚,    `、 ',      `、
              { 从    }‐- ゚:, }      : }        ':,
               ヤ/∧ .: / ,,_,,_ } ノ     ; ノ          ', もー、そんなこと言って。
               V / ):, / ぅk`く ゚:,    ノ<,.        }i
                    Y し`′{リ}} j }  _、 ⌒厂        リ 今代“開闢の錬金術師”のホーエンハイムちゃんや
                   八  '  `ー″ .ノ丶` ,.ィ(ノ    j i   /
                    \ っ      ̄_,.ィiフ゛ /     ノ }  ,:゙  優秀な技術者が一杯いるんだから、そんなことないでしょ。
                ,.∥ 、,,.. -=ニノ^} }∠^フ  _,. ゛ }/
                     { {{{°℃} Y´。с }  ∠-‐ ⌒        助けてもらったのはこっちなのに。?
                     { j >―廴}、   { jj  `、.,_

.

4028猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:37:57 ID:qZ5S/F31




                     //
          /         / /
        / {      /  /__ _
       i{ {    >/         ` ヽ 、         ,}
       i{ ヽ,/ /        `ヽ 、    \     / }
       \ _              \    ヽ、ノ_  ノ
        /   ヽ、   `ヽ、        \    V/ `ヽ
        /           \   V/  ヽ \    V/  V
     .' {/´       V/ \   ヽ  V/  ∧ \  V/  V
     i //    、 ト   V/   ヽ   i: V/  .∧   \. }/    V
      '/.{ !/.  `iー - -V/    }  !: V/ }  }、   ヽ、   V      そういわれても本音だよ?
      / { V/   | ヽ、 }/   ノ  }\. V/  } ≧s。_ > i  V
        ヽV/  _i二_ \}      /}   ヽ} \}    ノ/    !   v      うちで開発しても工場と資材がないし、
        /  \  ̄``ヽ }  / /} } /\     /  /  i、  V
      〈     ヽ!:/:/:/ }  //r ' ノ \   //  ,.:' ,.'´  ! \ v     娘のマシュも戦わせている始末だ。
        ヽ         }/  ,.:'´、    ヽ!イ    /     i ./ ヽ!
       {_   _ _ _           ヽ  / {/  '/ ,:′   } /       今回、君らティルナ・ノグからの
        {`ー ´ ― '     ,′   Y´   /  ,′ i   ノ /
        }          イ   _,。s≦ ~}/  ,′  .l、 / ./         共同開発の話は渡りに船だったよ。
         ゝ __,.。s≦  _,。s≦jI斗ャ≦~:.}i  {     ,.'   {
          ,. :´ / } f´ >.:゚゛´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}/ {   /、`ヽ ヽ
            /  { f´{/ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V/ {   {  `ヽ}   `ヽ






                  | i _)      / /___j{   (_i|
                  | i  \__ .。s≦¨ ̄ r‐:、\-くi|
                  | i .ィi〔/       ; |i:}\\ト、\ /
            、ヽ` i/ ./     ;  | {iノ  \iノ  ∨ /
          、ヽ` // ./       {  |       ',. ∨ /
         /   / ./ ./      :|  ∧ ',      ', '. ∨ /
        /      / ./       |  | V∧        | | ∨
       ,:'       | /       :∧__{  V∧ {     }∧ |
.      /   /     .!.{        :/ Ⅵ``ー-t' ', __,ノ∧ i| !
     /   /      ゝ       /   ィ=≠ミ、 \ ',  / i i| /ヽ
.   /   /         \    !  〃_,)ハ ヾ  ヽ} 笊 | 'イ: |
        /        /´\   |  ∥{トuイ}     jノj.} ∨ |  |
   |    {           { ⌒_\ ',   ゞこソ      {_(ソ }} / /
   |    ハ      {  |ヽ (   ⌒ヽ          ヽ    ∨/    皆の助けになれてるのか。
  ∧   :| |      ',  \_人                   }
.   ∧  | \     \     ト、       r‐ 、    /       うん、それなら良かったかな。
    ∧ :|  \    :{⌒ヽ.   { _〕≧s。.    ` ´ .ィi〔/
.      ∨    \‐=ミ\_ \ .jレ{,ノ___   `7 ‐-<\}/
           ゝ{ `⌒___∠//(_)O`ヽ、ム_/(_)ヽ
              /⌒ヽ  { Oo Oo } O}。O O}
                /     }} ノ   ⌒/} oノ^o 〈

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    自己評価が低いのは玉に瑕だが、彼は心優しき賢王と誉れ高い名君だ。

    七十以上の都市国家群を円滑に運営するなど彼にしか出来ない。

    目の前の相手がそう言うのであれば、そうなのだろう。

    感謝の言葉を素直に受け取り、視線を再び城外へ向ける。

.

4029猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:38:12 ID:qZ5S/F31




             (;;;;;ゞ;;;;ヾ;;;;;;;ゞ;;;;ヾ;;;ゞ;;;;ヾ;;;;;)
  ⊂二⊃     (;;;;;ゞ;;;;ヾ;;;;;;;;;ゞ;;;;ヾ;;;;;;;;;ゞ;;;;ヾ;;;;;)
            (;;;;;ゞ;;;;ヾ\\/ /;;;/ /;;;;;;;;;ゞ;;;;)     ,:-'"⌒"'-:,
             (;;;;ゞ;;;;;ヾ;;;| l i l i /;;;;;;;ゞ;;;;)    ,:-'"      "'-:,
        ,:-'"⌒"'-:,  (  .|i | il i |        (;;;;;;);;;;)         "'-:,
      ,:-'"::: ::: ::: ::"'-:,,  .| l i | i l|      ,:-'(;;;;;);;;;;);;;)"          "'-:,
    ,:-'" :::: ::::: ::::: ::::  "':| |i l i | |   ,:-'"  (;;;;;;(;;;;;;)
  ,:-'" ::::  :::::::  ::::: ::::: :::::|i | il i |i.|,:-'"      |li|
,:-'" ::::::  :::::::::   :::::::: ::::::::::| l i | i li |        |il|
"'"''"'"'""'"''"'"'"''"'"''"'"'"''"'"MjiijMrソルM"'"'"'"''"'"ソjルMソルソル'""'"""""'""'"'"'
    ""'"           ""'""'""'"'"''"'"
              ""                    "'""""
                            """"
    """'                                    '""""'
""'"                """"        ""'"""
         '""""'""
                ""'"                    '""""'"






                                                       |
                                          ||       | γ´ ̄
                   ,. .._                    ||       |「「「「「「
                  ´   /  ̄` .           │    __|| γ⌒'ー‐‐|======
             .  ´     ∨      ` .,       _,|_.     |  || ̄`Y Y ̄Y´,.ィ^'Yヘ
           ,  ´   / /   /     `丶  ``丶、  .|||||     |  ||   | ∩。o1 {{  | |
         ,  ´    /  /  / :.       \   `` ||||ト.  │ 八。oI'^Y⌒ヽ |i 。o≦ニ
     ,  '´ ,  ´  /   /   ハ :.  ヽ     \   .||||| `ヽ..|H |。s1 :||,.。o≦竺竺竺
  , . :´: : : /   /: /   /_  //ヽ/\_ \\  ノ \ _|||||\   |H |。s1 .||丁二ニ寸| ||:|
' ´: : : : : /   /: : / /_/: : :) /: : : :{ : : 〈  l∨ヘ 〈^\ `|¨||||\\ |H | |T| ||,,| | |¨|| |ハ| ||:|
 : : : :/'´ ̄/: : : :/'′/: : : ://: : : : :ノ: : : : \〈: : : :\: :_,|_,||||:_:_:_:__|H | |L| ||''| | |¨||_|__| ||:|
 : : '´: : : : : : : : : : : : : : : : : : /′:/: : : : : : γ二二ヽ : : : :|丁|¨||||¨| | ̄| ̄ ̄|...| ||::| | | :|iニニ| ||:|
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :⊆¨Y: : : : : : : : | |乂_| :| | : : ::|│|‐||||‐| |ニニニニニニ|ニニ| | | :||_)_i| ||:|

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    ここティルナ・ノグは国土の大半は草原地帯だが、山脈に湖に荒地なども各所に存在する。

    そこから採掘される天然資源と、加工する工業地帯の共存が経済的特徴だ。

    今回の資源と技術の交換は、両国にとって悪いものではなかった。

.

4030 :梱包済みのやる夫:2017/08/29(火) 23:38:49 ID:wkVW8Wof

この世界だと「この風、嗤っています」となりそうじゃな

4031猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:38:59 ID:qZ5S/F31




                                でも個人兵装だから出力が低いなぁ。

      ノ_ノヽ: :.>    、  /: :\: : : :.,     やっぱり最初から拠点防衛用に
         { { ゝヽ、 - - /l、: : /`ヽ: :,
         _ `ヽ、  `ヽs。イ//!ノi/  }ノ|     設計した方が良かったんじゃないかい?
      ,ヘ´   ` }≧s、}`Y {:.:.:.:.ト  _
      .{ヽ\  〈、   }:}◇{:.:.:.:.:.:!     ~     君も各地の戦場を転々としているし、
      i{   >.> / ` ̄i´_::__:.:.:.:.:.r i― - - }!
     i{// /   l´  } }:.:.:.:.:V !  | |}!    この国は邪龍の他に巨魔も出るだろう?
     {、<  ./    ! 、 .} }:.:.:.:.:.V !  | !}!.






                          _,,.
                       、ヽ` } ┐
                 、 `   } {i/{
                   /    ∧ {{ⅰ
                , '゜   ト}V リ jjノ」
             /   ー`   ,:゙ ∥(]
            _,. ∥  冫_,,. / ∥くj
         、ヽ`  i{{、丶` / /`丶ノ
.        、`    /   ,:' ,゙ ∥/ヽ心、
.      ,:゙     ,:゙   /  j{ {  /   }:,      うーん、あたしの国は遊牧する人とかも多いから、
.       ,'  ,:゙  ,゙    i{ /‐-А={¦   ; ゚。
       ;   ,'   ':,   从{ ,xッx,ヽノ  ノ  '      拠点防衛用はちょっと効果が弱いんだ。
.     { ∥  γヽ.,_  {x'゙ん犲 }xくフ/ ¦
.      八 {  {八、 <⌒`┘ 乂ツ  ん》'  ノ        それに前線で戦ってくれてる国境警備隊の装備を
      ヽト、  ':, `ー1   :':':':    {ヅ_,. '゜
         ` .,_ ト、}\    - 、 :':}i }          充実させたかったのもあるし。
.              _rL,_r` .,_ _,,.. ィ゙ソ
         _ ‐ニノ=ミ{ %▽⌒V´
        _ ‐ニγ´  `Y゚:, ゚。 }}、。}






              _、丶`: : : : ≧s。((⌒ニ=‐ ミ
             _ノ: : : : : : : : : : : : 、: : : }h、
        (ニ=‐=ニ: : /: : : .′: : : : : : \: : : : \
        乂__: : : : : : : : ./: : : : : : : : : : : : : : : : ::.
         /: : : : : : : :/: : : : : :.、: : : : : : : : : : : 、: ≧=‐彡
        /: : : ′: : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : : : \⌒´
      < __: : ノ: : : : : : ′: : : : : : : : ヽ: V/: : : : 、 : : \        遊牧民の防衛か、馴染みがないから見落としてたな。
        ⌒¨Y: : .′: : :.l: : : : : : : : : : 人: }: : : : : :.\(⌒
           l: : ノ: : : .:人: : : : : : : ./‐=≦、: : : : ノl          三大魔王が出現したからって、
         ノ/l: : :¬=‐\: : : / _.、ュぇァ ヽ: Y 人
         / .人. l./-=ぅァ)/    ̄   ..: :.)ノ: : : \__ノ〉     急に生活様式を変えるのは難しいもんね。
            ): 圦     l.       八: : : : : : : : :/
           /⌒Y: :.、    :、     イ | ヽ: : : : : ⌒ヽ
       乂___/: : : : ..l: : : \  - ‐   / |: : : : : ',: : : : \
       人: : : : :_ -ニ| (\:| 个:.(ヽ ィ( / 人: : : : : :',=- _: )

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    心配げにソロモンがこちらの表情を窺う。

    疑問に答えると、しごく真面目な面持ちでソロモンは頷いた。

    現在大陸を取り巻く状況は最悪の一言で表せる。

.

4032猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:42:12 ID:qZ5S/F31


    かつて存在した竜王や英雄等が悪鬼となって蘇り、三大魔王となって人類の断罪を宣言。

    人類誅殺を掲げ、巨大な邪龍の大群を尖兵に破壊の限りを尽くしている。
                     セブンスターズ
    大陸主要七ヶ国の大同盟、“七星国家”主導により対抗しているが、戦況は芳しくない。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

                                ,'|
                          ,    ,':.l
                            ,'.l    ,'::.l
                            ノ. L -:┴┴. _
           iヘ            ,.ィ゙,,! . .  ’ , 。∨/
           ';ヘ             /.‐;θ゙. .   ,'  /
          ';ヘ         ,イi ,/´゙,;,,,;___ ヽ ' .  ノ
.           ';ヘ       ,'! . j '"「W/レi:、  ,. . /        __   _,,.. 、   ,,
         __  ';ヘ      ,'.i ',     ' '゙ヽ7 'l/       ,/ . ̄. . . .ヘ /,:'       /ヽ
     ,r'' ¨.¨¨'゙ 「 ̄二¬‐. ._ .i゙ .' ',゙  -- 、    /     ,イ´ !.  /i . . ./ ,:'         / /
、   「. . ヘ丶  ',: 「:';ヘ` <:`:< . ', .   ,.>, ' .>′    /'"ヽ;ヒ,. '. i . ./ ,:' .! ,.    ,:' ,:'
.ヽヽ;イ . . .'. ヽ,;!: |゙;.';ヘ';   `.i<` ・._ 、. i:/゙, '7     ,.イ ム;'{;θ: i . i: : , ' ,レ,:'    , ':, '
  \\ . . .   ./: /、.'; ',.ヽ,  ,.! . > . ヽ,.l!_,'  ,'|  ___,,,:' . '厂. .'゙「゙!  .V .`.´ . .イ   , :' , '
 '\l\:) . .   /゙'/   '; ', ヘ¨;|', . . ヾ'ー'  , .ヒ´; ; /. . .ヽ,  ,ィ_, !   、, . - ,/. .イ , :'
  ヽ . . . ′ `.Xー`゙ Vi  ヘ;! ',  . . ゙.    , , !; ;/. . .  i、  ' /┐     ´/,. <
    ヘ . , ヽ、  rゝ.`  ,イ:! '. .ヘ, ' . . . .  ,' '  i ;′. .  .i ヽ.  ' /, :i,ィ/' ´
     ゙ー ., 、 ,_   !  f゙.!: {  .  ヽ、. .  .   '   .!′.  .   /.〕  ゙'゙_,.イ..,_
.       `ヽ. `¨′ iミ!: |     . :ヘ'. . 、.  .'    '! . . .   `¨└ア´ ; ; ;' ;.ヽ、         ___
        `「、:¨¨´ヽ-‐'  _ :  . ', . . .   ,' : . .  ,   . /; ; ; ; ;'; ; ; ; ; ;ヽ   _,. , -; ; ´; ; ; ; ;
         i ; ;\ヽ`: : : ヽ   i. ヘ, . .     ; : . .    , ./; ; ; ; ;´; ; ; , , j , , ;};';´; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ,
        , -' ; ; ; ; ヽ、. . .  ヘ : ..ヘ. . .   ;  i; . ,    ./; ; ; ; ; ; , , , , ,:' , , ; ,i ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; , , ,
        ,'; ; ; ; ; ; , , , ;丶、. ._ . .  . ヘ . :.  ; : '; .    ,:イ; ; ; ; , , , , ,/ ` V ; , i; ; ; ; ; ; ; ', , , , , ,
       ,'; ; ; ; ; ; ; , , , , , , 丶、. .- 、 . ヘ.   ; : '; .   ,:', :!; , , , , , , /   . .i; , .,'; ; ; ; ;' , , , , , , , ,
  ,'¨;¨;¨;゙; ; ;';_ ; , , , , , , , , , , , ,ヽ、 . . 、  .ヘ.   ; : .' . ,:" i; , , , , , , ' . ,  . i , ; ;/; ;' , , , , , , , , , ,
  ,' , ; ; ; ; ; ; ; ; ;i ;‐;-; ; ; ; , , , , , , ヽ, . .、 .ヘ.、  : . ,  _.i , , , , , 人 , .  . .| ; /; ', , , , , , , , , , , ;
 ,' , , ; ; ;!; ; ; '; ;ー; ;,_ ; ; , , ; ; , , , ,  /. . .  、 ヘ. . : . , : ´. .> ., , , , , ヘ、,  . l ; ', , , , , , , , , ; ; ; ; ;

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    その内の一国に連なるティルナ・ノグも例外ではなく、魔の手は迫っている。

    通常の邪龍に加えて超弩級邪龍“巨魔”が定期的に出現していた。

    どれも脅威に違いないが、目下の危機は一般人への被害が多い邪龍だ。

.

4033猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:42:23 ID:qZ5S/F31




                     ;   }V 」: : : :.{: :.{Ⅵⅵィ   ',
                      { .,,_{  ]    !  :;  ノリ   :}
                     ', \   ]   :  :;   彡ァ .:}
                    ‰ _,,,..,,,ノ,,,__,,;;;;;,__;;,   /  ノ` 、
                 / ,,. -‐        ´"''~ミ ヘ、 `、
                ,゙/     ,   ,     `ヽ、`ヽ、  ':,
                     ,:゙    / /∧ /∧       \ や  ',
                 /   / .∥/  V / ゚:,    :,    `、ヤ  ゚.
                    ;   ∥ ; {            :,  ',     `}  ':, ,   もちろん大型術式もいずれ必要になるけど、
      ,. .,_       {   i{ /{ ト、      i ∧ i       i  ゚;. i
    / ‐- ´"''  .,_ ⅱ  从{ ∨人ヽ    リ∠-ヘ ト、      }   }¦   まずは日々を大事にする。
     ̄ノ´/ ヘ   ``人 {{  :,{ r公、   / r勿k}ノⅰ    ノ   } j
          ´  )  _,. ¬、リ   }  リり∧  / リりリ } }   /    ,゜′   うちは兵力の増員を一気にできないから、
        ⊂ -‐     \   {     ヽ'゛      ∥,.ィiノ    //
                   \/ 、   ___     ノ<\^}  /       新兵の皆を大事にしてあげないと。
                       `г .,,___,,. 、丶`〃´  V く
                      `ー-( {°。с } {{    \),. - 、
                        } ⌒ .,_ c} }}   , '゛   ゚:,
                          ;    j `ー' {{   ;゜   с :,






                      / ̄`>、
                          〈: : : :/⌒ヽ 〉    ィ
                     、__  ∧: / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ノ
                   \ ̄`ヽ: : : :ヽ.: : : :. :.´\__,
                   / : : : : : : : : ∨ : : : : : : : : : 丿
                    /.: : : :. :. :.i.: : :. :.ト、.: : : :. :. :. :.〈
                    、_/.: : : :.i: :i : : |: : : : :j: :\.: : : : : :. :.\__
               `フ7: : : |: :| ./}  /厂__ヽ: : :.}: : : :厂
               ` ̄}.: :. :.|: :|ィ{厶イレ' ´ ̄  i: :/ : : ∧    あー、そっかぁ。
                      人.:. .:.|: :| /  ,       j/}: :/.:.∧
                ` Y: : :.∨{ ||||    -‐=、 .u イ.:. :. .:.∧   警備隊の兵力数を考えたら、これが無難か。
                 ∧.: : : :.∧   r ´   )  /.: : : :. :.Y
              ー=彡イ\__ヽ  ー─  '  ./.: : : :. :. :.|
                   |.: : : : : :.ハ      /|.: :. :. .:.|iリ        γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                   |.: : : :. :.{   }>─  /`i.:..:. :.八        |  そういうこと。
                   |.: : : :. :.|  厂三`ヽ//三 i: : :.}         乂_______..ノ
                  ゝ: : : : :.∨イ   } } }{ { /\人
                   /\: :丿 {\_」」」|_/  /` ̄/` ̄\
                r<⌒ヽ     ∨   ∧   ./  / / ̄ ̄\
                |     \    ∨ ̄ W` ̄´{  ./ /      Y
                |       ∧    }  ∨  │ / /         .|

.

4034猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:42:33 ID:qZ5S/F31


    国境警備隊は『攻め込まず、攻め込ませず』を理念の下、昔から少数精鋭が地だ。

    精鋭中の精鋭たる“爪牙”達が獅子奮迅の働きを見せてくれている。

    が、国土を侵す万魔殿の森と国境外から迫る邪龍の大群と拮抗するにも限度があった。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

                                                              ,ィ:i:i:i:i:、
     ,ィ:i:i:i:iヽ                                                  ノ:i:i:i:i:i:i:ゝ
     ソ:i:i:i:i:iノ        γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶          .└ュ:i:i:i:i:i¬、
     ]:i:i:i:i:i∟        |  私も微力ながら戦線の支援を手伝ってるけど  |        /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>..____ _
    /:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ      乂____________________..ノ        /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>
   j:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i`、                                                }:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i厂
   ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕                                              ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/
  ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i厂                     _                              「:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iΓ´
   __了:i:i:i:i:i:i:i:i:i「                   〔:i:i}                             {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヾ:i:〉
.  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i<_ヽ                 _,ィ:i:i:i:it、                           _Ⅹ:i:i:i:i:i:i:i:il\:i:i:i:\
  Ⅸ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\                  r':i:i:i:i:i:i:i:i:i:|                        ,.r/ |:i:i:i:i:i:i:i:L \:i:i:i}
   |:i:i:i:< >:i:ir=ニ_:i:i:i:i:|             ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|        r:、         ,.r/  「:i:i:i:i|、:i:i:i{   ー′
.  八:i:i:イ ヽ:i:i:i{   `=′            ‘⌒>:i:i:i:i:i:i:iト!       ノ:i:i、       ,.r/    ヽ:i:i:{ ヽ:i:i:、
   }:i:i:|   }:i:i:{   ,..、                  r/{:i:i:i:i:in:i:L       /:i:i:i:i:i:ヽ     ,.r/         ‘;:i:| ‘:i:i:i,
...   `;i:|  }:i:i:|  ,!:i:L__,        ,f:i、     r/ ヽ:i:i:ハ:i:i:j     `ヽ:i:i:i:i:i〈    r/         {:i:|  ‘:i:i:i',
_‐==ニ=┴-=`:i:i|_{:i:i:i:i:/       ノ:i:i:(   r/    {:i:| 〈:i:}        .]:i:ハ:i:(`’  '             }:i!   ヽ:i|
          ̄ ̄`¨¨`二ニヽ. __ヽィ:i:{    '     |:i:| |:i|        「:i/ ヽ:i    _,==―――――-'┴=' ̄ ̄ ̄`ニニニニ=
                      丁TヽL._    ___」:i∟l:i∟==  __j:i{__}:レ=≦ ̄
                              `~´ ̄       ̄` ̄






        |..|    ,  ´         \                     |::::\           /::/::::::::';
        |-l /  γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶}::: ̄`"''::::く:::::::::|
.          {¨|/    |  王都を長く空けておく訳にはいかないし……。  | ハ:::::::::::::::::::::ヽ::::|
.        ∨_ -=ニ乂____________________..ノ  }::::::|:::::::::::::::::Y
           {_ , z≦::::::::::::::::::::::」-:::::::::::::}:::∧ ヽ/        /:::::::::::<,___r 、ノ‐ァナ:::ハ:::::::::::'、
      、丶` |::::::::::/_\::::::::´/  ∨:::::::l::::::∧            ,':::::::::{:::::ハ:::::∧::::/ァ=rテ't、::|::::::::!::::`'ー-..、
      /     l:::::::从  ヽ::::::斧ミx∨::::ハ::::::::::ヽ       _ノ;::::::::::∨::|ナ'  レ' _( j_rソ)'!:::::::|:::::::::<ヽ)
     ゝs。 _ /:::::::l{ 斧ミ }ハ{ 込j |:::/ )}:::::}::::リ      (r'´{::::::::::::::|::l,ァ=、)´ ` "´xx7::::::/::::::::;::::::\
          {:l{::::::|ハ{ 込j      レ'イ::l::_/ル'       ` '、:::::|:::::ヽxー   '      ∠::::イ::::::::::|:::::::::::':,
         l八::::{::::\   ' _ ,   ∠¨  ̄{ \              \ト、:::/|    r7 ̄ヽ  {::::::|:::::::::::;::::::::::::::}
           \{从ハニ=-  < { | ̄ \ \            )人    、 _ノ  八:::ハ::::::::/:::::::/:::/
              r ''/| |、  ∧ ∨///:\ ∨           /::::::::`>..、   , イ__rア二7'ァ、::::イレ'
              | //| |∧__∧∧ ∨//// \∨       /::::|:::::::::/::::::::ノ「斤 ./ /ア´―-、Y .!

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    士気向上のためサーバルは各地を駆け巡っているが、政務もある。

    家臣団が優秀とは言え、最重要事項は王である自分が責を負わねばならない。

.

4035猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:42:44 ID:qZ5S/F31




      -‐‐-              -‐…<
   _ : : : : : : : : : ヽ              }: :}
   . : : : : :{\_/ ̄ ̄>''"~~~~~~~"'+、 / /
  /: : : : : : \ `¨¨¨¨¨゛ : : : : : : : : : : : : : レ∠_
  : : : : : : /./\ : : : : : : : : :-‐: :¨¨¨¨¨フ⌒: : }
 { : : : : : :i/ : :/ : : : : : : : : : : : : : : : /\ : : :}、
 { : : : : : :{ / : : : : : : : : : / : : i : :/ : : : :} : : }: .
 { : : : : : :{′ : : : : : : : : :/ : : : :! : : : : : : :∧ : :}: :}
ノ : : : : : :ノ : : : : : : : : : :/ : : : :∧ : : : : : / ∨∧:}
: :/: : : / : : : : :{: : : : i/ : :/}: / ',: : : /-‐‐ }: ::リ
イ: : : : :/ : : : : :八 : : : { : /‐}/¨ ̄} : : _′_ -}:イ
.| : : :イ-‐七I〔: : :`、: : :∨   ___,}: : / 弋:シ 八{        ふーむ、じゃあ次の課題は出力の上昇だね。
.| : : :人: : : : : (\: :\: :`、<7フ¨7/  V  } ハ
ノ: イ: : :\ : : 个: \:{ \__>  '゙    〉 // ノ        新兵が使うなら、急ぎ改良させてみるよ。
: : :ノ : : : : ) : ノ/∧ `、\          /¨゛  ‐-
/{_ ‐=ニ'//////,\ \丶、    -‐ ´  V,
‐¨   }  ∨//////\ \ }Oo。,,.../',   V, ,
     }   V/////// \ \/ /////∧  ∨
     }    ∨////////,ヽ, } ////////}   :       i
\   }    ∨//////////八 ////// }  }  }     }
  } :   }      V////////∥ハ'//////,}  },/    }






                        jj i{;:;:;:;た     /,
                       ∥j{:.:.:.{:.:.;       :,
                      ∥ {i: : :{: :{ ;     ゚:,
                     i{、ⅵ  i { {Vレ    ゚:,
                     {{ミ } ⅱ{! イ   ゚,
                       ヤ__j__,从 :, :, ノ彡' ; ]
                  , '"´   ´ '~ .,_ ノ } }\
                     / /{ ,イ   ` 、` 、丿 j `` 、
                    , 〃 {/ }      \ ` 、 \   \
                   ,゙∥     ⅰ     `、 ':,  丶   `、
                    i {{‐-   ; ∧ ゚,    `、 ',      `、
               { 从    }‐- ゚:, }      : }        ':,
                ヤ/∧ .: / ,,_,,_ } ノ     ; ノ          ',
                V / ):, / ぅk`く ゚:,    ノ<,.        }i
                     Y し`′{リ}} j }  _、 ⌒厂        リ
                    八  '  `ー″ .ノ丶` ,.ィ(ノ    j i   /   うん……できるだけ早くお願いね。
                     \ ..,,_     ̄_,.ィiフ゛ /     ノ }  ,:゙
                 ,.∥ 、,,.. -=ニノ^} }∠^フ  _,. ゛ }/
                      { {{{°℃} Y´。с }  ∠-‐ ⌒                      γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                      { j >―廴}、   { jj  `、.,_                       |  ? サーバル?
                  乂 7    }}` .,,_} ⅱ   `、 ヽ                      乂________..ノ
                      ;  ;     ∥    i{{ヘ   /{
                 {  {     ∥    `人、ヽ´ 。 :,
                ! ` .,,_ノ{     ノノ^\   ゚。〉
                    ゚,  ∥≧=ー---‐く彡.,,_,:′ o/

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    表情に苦味が出たのか、男は笑みを消して眉を顰めた。

    他者の心情に敏感な彼に、悩みを打ち明けるべきか迷う。

    この類の悩みとは無縁のはず、だから伝えるべきだろう。

    だが、気分を害したいわけでもなかった。

.

4036猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:43:09 ID:qZ5S/F31


    邪龍の軍勢、大本である三大魔王。

    彼らは圧倒的で絶対の死を感じさせる力を持つ。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             ,.ィ≦    /  /  `ヽ \                  |   .|
             /    ./  ,イ.ニニ=、  l  i\                 /!/!/.! .   |
               /    ,.ィ7  / .7    マ ..:! /  〉/!          ./!/     |   .|
           /  // /   弋マー.r》./.:/  /  /   ∧!\!∨ .  ,.  …=…‐-
.           /./l// /      杙 マ/ /∨ _!  .|ー、/   、   '"     '"`゙`     ミx、
.            /./ ./ ,イ    ィ ̄ヘ .弋/ /.∨./  ! ./    , < /,ィ≠ミ、   ,,-= 、     \
.         /ィ' ./ / ., <!   .マ\_/ /.∨./   .| .! , <   /.,≦(冥)ニ|l   丿(冥)ft、.    \
         ´./ / ,.<   マ   マ .|/ヽ/./  ./´∨    .//回ニ冥三`三仁レ冥ニ回ft、    \
.       / /ィ≦.   ./!  __| .l.!  .〈 .i /i       /{仁メ⌒Yf)f(ニjァ≠=ミxノメニ} .       \、
       /,.イ´¨少__∠_∨ .|   /.|   ∨ ! .!      ,' (i!ニ|.,'冫 ノfノし'{i  ,'冫 ハrニニ|゙`、      ≧=- _
  ,rァr=r<    .>.´       \.マ / !   | .マ.ゝ、   . ,'  |ニ》リハ〈{ニ\メヨ! ,メ、ルハ, |仁ニ|. ヾ、    ,,;~ニ'"_
 .|/7 ./!../ヽ . !/              .\| .l   ./∧!  _.人,′ ,∨ イーミ ^YW〉f-―リ‐!〈廻ニ!   ',` 、彡ヘ⌒ー-=ミ
.   l/弋l∠ムイ               .| .!  /::!.\ ̄   .i!    从杙鈊、ルノ' "雀莎ヾ=-ij   、` 、`   \
                  _ ―く! !/ ̄./ .!ヽ    |      ハ `¨´ ,   `¨¨´|   ;   ; ミ ',     `ー
                       ̄`ヾ仁汐´  .`i ´込  ノ,ハ! ""゙ ハ  ′     |   ;   ;   .ト 、 _  - "
                       | ヽ,;'   _,沙'Y〈  /′|       \  、__     メハ  ∧  !  ,ハ!
                        j '.、_,r.くソ.i.´  弐   .|  l!  (`メ、\ _  .. ィ"/´゙! /}}i| i!!リ⌒
                      `込\ 乂!,_  衍!    |ハ八j  |\、,,≠仁三|_⊥ヲ/′ .|/リ
                          \ \乂!  杙   ____\{-‐,ァ======ミx%㌢=- /′
                            `ヾ、乂トv沙ノ  /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〃ィfア::::xミ=-|li:i:i:i:i:i:i:i:iー 、
                            `ー==イ  /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i,兮 、:::|しリ:::::::::}i№i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::...

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






.     |   :{                ⌒7⌒厶    / .|/
      \  ∧       、   ,-、     /    } 、ヽ`         (でも、真の絶望は、そこじゃない)
       \ }h。.  , -r‐v‐ト、 \__∠}>-―く/
        ヽリ 个{ i {  { ヽト、   }O }〃   ∨ /            (信仰心のある人ほど、理解してしまう)
              イ| i ゝ ゝ ヽ _/: o i{{     ∨
            / | ゝ、____ / ヽo 〈{{    ト、            γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
             i ゝo   / }    \ソ{    | ヽ          |  ん? あれは……。
                                         乂_________..ノ

.

4037猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:43:22 ID:qZ5S/F31


    ソロモンが交易路を進み遠ざかる数台の馬車に気付き、困惑の声を上げる。

    見れば、馬車内では様々な人々が疲れ果てた身を寄せ合っていた。

    馬車の様子と掲げられた旗から男の疑問を察する。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   Уミ、        j州{   _
  УミУミ、     j州州{  \/゛     / ̄ ̄ ̄ ̄\
 УミУミУミ、   j州州州{  _i{/^  /  _|_|_|_  ハ
 i i i i i i i i i i i i 州州州州 ´ ̄|l|‐   |  ]//////,[  |
 i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i |  ]//////,[  |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i i i ii|  ]//////,[  |
 " " " " ""`     \          i_ |  ]//////,[  |
  " " " " " " """    ヽ       | |二ニニニニ二二|⊂⊃
 " " " " " " " """             r|_|二ニニニニ二二|_|__|_}
 " " " " " " " """     i:      | ||二ニニニニ二二| |__|ノ
  " " " " " " ""'"            | |==============| |
  " " " " " """        ;l|     |_|              |_|
 " " " " " ""´      /                |     \
 " " " " ""´      /     /           }|       ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



           ,:   ; jj :. :.      :,  }:, ゚:,    `、  、
.         ,'   {: 从:: ::[」 冂0  }: / ':, ,::.    ', ':,
.        ,゜  .: ::{ j{>‐=::.    ‐=ァ=‐- :, }:: :.   ゚, :, ゚:,
       ; .: .: ::∧{  \:, ::..  .:∥     }ノ: :: :. .  }  ':, ',
.        i{ .: :: :ハ  x⇒x`、:: :: ::/x⇒x、   ゚;: :: ::.  ;   ', ',    ああ、あれはね。
       i :, :: :: {:.;; ,゚ ,_)恣 ゚:, / __)恣 ゚,  .} :i : : , ゙  :. i ,
        {:: \:: {^  { i{{了}}  Ⅴ {{了}}i }  川; ィ'゙.::   ::.} '   イーストエンドとザナドゥの国旗が掲げられてるから、
        {::  \:, }  乂_ツ     乂_ツ   ノイ 丿 ::   :: } ¦
       }.::  :: i{ {      '           √ '´ /.::  .: ::j: ;   脱出用の乗り合い馬車だよ。
        {:,::.  :. 公、    ,.  、     ,.ィ{:: :: ‰    .: :/ ,′
        ∨、::.. 「「\`  .,_     _,.、rセ〔:::/}:: ̄]  彡 ゛∨    また、出て行くんだね……。
         `ヽノ  /С ` ミ=.,,. ´。O∨ ノ/フ''"´
               ,.{% ‰ {O }。 °。 ゚ }‐- .,
              / { 。  c,,.∟..∟_c  。 )j   :,






                   _
                   Y´/⌒ヽ
.      -=ミ`ヽY⌒丶ゝ{'⌒ヽ
.       Y´: : >: : :`ヽ: :Y`ヽ : ∨
       |:/: : : : : : : ハ : : : : ',: :乂_
     ,イ: : : :〃 : : :}: : }:}! : : 八 :ヘ⌒
.    ,彡/: : : :∥ : : :/: : l: : :/: /: :八
.  '´  {: : : : :{{ : : : { : /: :イ/:彡ノ'
.     ',: : : : :',',: : : ', :|: :≠ン/            脱出? それはつまり、旅などではなく、その……。
.      ヘ: : : : : : : : :ヘ{ 、  ,イ
      }:} : : : : : : : :}_{ ̄
       //: : : : : : : 从:|
     /イ : : : : : : : /:::::>、               γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
.     / { : : : : : : :/ ̄   `'<              |  うん、もう戻ってこないよ。
    │ ', : : |!: :∥          `Y           乂____________..ノ
    |  ヘ: :|!: ∥      /  ',

.

4038猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:43:35 ID:qZ5S/F31


    不穏な単語から察したのだろう、ソロモンはそこで言いよどむ。

    胸の痛みを無視して、サーバルは彼の後を継いだ。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



   γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
    |  あの子たちは“審判派”信者や、 |
    乂______________..ノ

        i:.:.:.:.: i: : : : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : :l
.        <¨ ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : i| : : : : :i: : l ̄¨>
.           l宀┬|: : : : : : : :i: : : : : : |!: : : :.i:.:|: : lヤ´ /// ! l /、::::::::::::`ヽ、、i . `、    !::::::::::ヾ
        |.:ハ:.:.:|: : : : : : : :i: : : : : : |!: : : :.i:.:|: : l  .///!゙ | l/::::`ヽ、;;::::::::::::::`| i  l   |:::::::::_;;
        Ⅳ}: : !: : : : : : : :|: : : : : : |!: i :.:.l:.:|: : l  |/l| l { ::::::::::l i`ヽ、;;:::::| ! i  | , |ノ|::::::/、:::::
          ヽ:ハ:.:. i: : : : i:|: : : : : ∧:.|:.:i:.l:i:|: : l  |! |、ヽヽ ::::::::ヽ!::::::::::、_`リ l l|j//|ノト、/ 、゙、,,
          ‘|:.i:.:.:|: : :.:i:l:|: : : : : ' V:./ 川 : :l  ヽ从ヽノ\ ´   ::::::::::::''ノノノノノl | ヽ\ヽヽノ''
              |:.|:.: |: : :.:l:l:|: : : : :′ V: /:.|:!!.:__ / {〈/彡-ー ヽ`___ -‐彡'ノノノ i | 、\ヾニ´
              |:.|:.: |:.:.:.:.川: : : : ′  V :. !:./‐、〈/,,,,,_,,, =-‐_,,r) _,,ノノノ//ノj l、ヽ、〉、ヽ 〉}
              |>-|:.:.:/: l:|: : : :′   ヽ:.:. >‐''´ ̄ '''‐-、`ヽ、ノ〈ニ-‐'''゙´/ ノj ノ ,. '',ニ、ノ ノ
           /   |: /:.:.:l:|: : :;′    /-‐=ニ、ヽ 、  j/{ソ´-─ニ´_彡'ノ//,r-r、゙、 /
          ヽ    \.:.:.:.:.:`.:.、     i!-‐=ニヽ  ヾ゙ ,〉イ‐''゙´_ -─''',,,,_ >''゙/! 〉|,-〉}_>/
 _      ',     ヽ.:.:.:.:.:.:.`.:.:.、  |i     ,/ノ´ノ'´ノ‐'''´_   ー、Y´/ 〉''ソ`´::::.:::::゙ヽ{
 =-、゙''二ニー-- ;;__    `、.:r、.:..}ヽ、:'-j_i.、   ///,イ、-‐=ニ‐ニ、_,,ノ゙゙ノヽ!'´:::::::.::.:::.:::::::.:::::jノ
    \   `¨'''ー-;ニ_ヽ_;;;_).:ヽ`ヾ\ヽ\.:.ヽ、、i |゙、_//  _ ''ン゙-、/l ̄l、|,イ:::::::::::.:.:.::.::::.::::::::/
     }         `''ヽ;.:.:.:.:t、`ミ`ヽ`\ヽ.:.\{ :::`ヽrニ ̄、二ソ {〈::::::`~:::::::ヽ:::::::::::.::.:::.::::::ノ:〉
   -ニニニニニニニニニニニニニ、':.:.:.:.:.:.:.:.:`゙''.:.ミ__   ヽ、.:ヽ
 --‐'''´  `)    _____).:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ::::::::::::::ア
      /.:.-‐ィ―――――-、---.:.:、.:/      \
    ,,.: ''´       ノ.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:/       rー‐'  γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
              _/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>,;.:.:r      , - |     |   戦えなくなった兵の皆だよ。   |
  _____ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{ >      i     .乂______________..ノ
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:-='''´.:.:.:.:`''ヾ.:、.:.:i   ,―` ''--






              γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                |  彼らの旅路に、偉大なる父たる魔王様のご加護がありますように。
                乂_____________________________..ノ






・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    ハーフエルフ、ダンピール、闇の眷属など多種族が一団となり、国を出て行く。
            .イーストエンド   ザ ナ ド ゥ
    三大魔王に恭順した国と滅ぼされた国、終焉の地へ向けて。

    彼らの無事を願い、無心論者であるソロモンの前であったが魔王信仰式の祈願をしていた。

.

4039猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:43:55 ID:qZ5S/F31




    γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
     |  あはは、ごめんね。嫌だった?
     乂______________..ノ



                                  __/        いや、僕は気にしないよ。
           ___/: : :/⌒\/|/{ハ     厶ィl|       〈:/ ノ
           ⌒ ̄ア¨¨¨¨: : : : : : : : : :人 〉,       j       j/\   けど、この国でも脱出者は出るんだね。
                 /: : : : : : : : : : : : : : :/: >圦           从}: : :i
           /: : : : : : : : : : : : __: :/: /: :\   ,   、    イ:/ }: : :l  あり得るとは思っていたけど、意外だったよ。
          /: : :/: : : : : / ̄: : : : : : : : :/: : : :r〕ト   __   ィ _j/ /: : ,
            {: : /: : : :/⌒: : : : : : : : : : /: : :/{\ \‐┐r 7⌒/: /   亜人や魔王信仰者、それに兵達は
          V/: : /{: : : : : : __ : /: : :/ ノ  丶 丶 / ̄: :_/
        /⌒: : Λ: :\/⌒ ̄   ̄ ̄_ノ⌒\  } /:/⌒^\     この国から出ないと思ってたから。
        /: : :/: : { \/   _  ‐  ̄  \    /:/|__|   ⌒\
      /: : :/⌒\: >     /⌒\   \  `、   { : { /\     }` ー  _
       {/^        /^\       \  }_  ^ < /\ > __   〉    ⌒\
                   {    `、    _ ‐ ⌒「 |   >、/、 |⌒|`丶、      ,
                   |      `、_ ‐ \     l  !  <     > } |    \      }
                   |\     \      、    |   \/  } |     \    |






           i!  彳! ! ; Vイ   .i!
           i! V ! ! ;.  Vィ  i!
           i! V  ┴‐ ┴ ;.   Vィ .!
           / /〃V∧〉 `ヽ、Vソ .′
        /  /          \ノ
       /   ∧       ハ ヽ  \
        /   / /ナメ、  _./l ハ !   l \
        .′  /l/ ヽ}.:. . :/ `ヽ l !   l  l ヽ
     ∧  ハ  イ芹` : :/r芹ヽ リ     !  l |     確かに、今までなら滅多になかったね。
     i ヽ V V .ハ.1 V ハ。! l l   ノ:  l |
     |  \リ ヽヒ.ソ .   ヒ.ソ_ノ ノ _. イ:./  l l      あたしの国は基本的に色々な人たちが
     |    iト、           )_ノ.:/  /. .′
     |\  リ: ,ゝ  - -   . .イ: : : /  /: :.′     最後に流れ着く場所だからさ。
     |/\∧: : : :`Tニニフ´: : ノ: : :〃. /l:./
          V⌒V~~^V⌒VV ⌒V/  l/
          {:∴.に_ _}:∵}77^ヽ
         /´/7⌒´`ii´`⌒´ il  l

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    祈りを終えて振り向けば、彼の表情は憂いを帯びていた。

    頭を振る賢王に、サーバルは渇いた声で答える。

    重い息を吐いたソロモンが、迷いつつも問い掛けてきた。

.

4040猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:44:49 ID:qZ5S/F31




                   /{
                      乂 -‐…‐- _
                 /⌒`        ‐
                     /       /          ¨ …ァ
                ,′/     イ          /
                个/  /‐- }     i  } { `、/ ̄ ̄ `ヽ
                |,′/-=ミ ノ .   ノ  } 八 V,        }    なら、何故?
               _j イ  └' /  /  /}i ./-‐…‐}i}     /
                    {       / / /: 八/  / /:.}       {     ここティルナ・ノグほど
                     '゛ }/  /..   / ./: : }     i 八
               {  ̄´    /⌒゛‐       /}: : :}     { 、 \  }ヽ亜人種族にとって住みやすい国はない筈だ。
                   }     __  ‐:' : : : : : .‐ _/  }: : :     ∨\ `¨゛ ノ
                  ‐=ニ _ : : : : -‐……‐┐    }: /       ∨ `¨¨¨゛ それに魔王信仰に関しては
                   ┌ ̄ -‐…・・・…‐ !     }/         ∨
                   |/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{   /       i ',     この国が実質的な中心地なのに、何故だい?
                    j-‐.:.:.:.:.:.:.:. ̄ ̄ ̄.:.\ /  :      l   ,
            -‐…・・・< .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /         |  }
            厂 \  \  `、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ′  i  .     |  }
         //,    `、  ゚。  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  i  |  :     |i




                                      γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                                         | まさか棄教したから、じゃないよね?
             /  /     / 厶イ \}/:ノ {::}    \/  乂_______________..ノ
            // :/      /       ´   ':j     ',
        / /  :/    / イ           }:      ',
         / /   :/    イ _/_j{          } ∧ i    ',
.       / /   :|     :/ { /⌒ト-、{      // | |    i
      / /    {    /  リィ≠ミ、 ',    ,斗‐一 | |    |
       / |    ゝ  | 〃 んハ \}   ,ィ=ミ、  | /:     |
.     |  |      :i\ :| {{ {rtjヘ}   |  ,ん:ハ Y /イ}    .イ     無神論者からの転向はあっても、
.     | ∧    {\「` ` vこソ  |/{rtjヘ} }} /^}'   / |
      ∨ \  ト > j{            vこソ ' /ハノ   / ;       信仰を捨てる人はいないかなぁ。
          \ { V^\      '       r‐イ-=彡  /
       __   /⌒}}`ヽ)h。   r― 、     ノ/ノ     /}      というより、まずその発想が出ないね。
      ∠) `'<   ∥/⌒ヽ)h。.こ´__ .。s≦ ´ </  .//
.     / o      \〃/ ゚o。 ゚o。`>‐「イ 。o゚ } ヽ  } __ .ィi( }/

.

4041猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:45:56 ID:qZ5S/F31


    大陸全土で今も差別を受ける人間以外の種族“亜人”、ほぼ禁教指定されている“魔王信仰”。

    人類抹殺を目論む三大魔王への不安から、差別は深刻化し、宗教弾圧は苛烈さを増していた。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



            /       、     ‘,                ,ィ;´: : : i{/-z:-:=:、                     / :
              {/  /    }}    Ⅵ \               //: 、/i{ / ',:.{ニ:く                       / :
            /   /,  }  ノ′   }   丶              ,': : :{::::::::::::::::::}:.}:.}<,.イ                   , ′. :
         〈    }/  ,ノ/     {    }            厶 : :{::::::::::::::::::}:.}イ/:;:′                  /   ,': :
           ,    {  〃{   {  }|;   ⅰ           }ハ:ゝ、 ‐v 人}::::/_,、xく::ヽ             /  /: :
         _ -=_.    {八{{从ヽ  ハ ハN    ニニ=-_       _,x≦}: >-イ  }::/::::{::::::::{:::::',         /  /: : /
     _ -=ニニニ   N ヽ }人{ '′/   ニニニニ=-   `¨ ‐-<}: }::ム ‐'}::`7:::ゝ::::{::::::::',___, イ    ./: : /
     ー-==ニニ}〉 ,小ー‐‐ '^⌒^ー‐ァ   /ー‐.、 '" ̄       /::}リ:::::', }:::/::::::::\}::::::::::\         /: :, ′
           く::::::}∧  ト .,  _'_  イ′  /{:::::::::/            {\:::\:::::', }/:::::::::::::::::}\:::::::::\     /: ;イ
            ヽ:}/ハ ‘,:::〕i ー iノ:::|i  //{ト、::/               |ヽ::ヽ}:::`ヾ∨:::::::::::::::::::::',‐ミx:::::::::::ヾー一'’: :, ′
         ,.ノ// ‘, }\::::V:::::::/ /八{{  ``、           |:::ヘ:::{:::::::::::::',:::::::::::::::::::::', \::::::::::\: : : /






                                ゝヽ /          ゝ、     /   ノ /
                                 >、 冫 、''-、,     \\`~ " ´   /     _
_                               \/; l  \ \     \ \ー―''"    , -''" `''-、
/∧ ┌、         _,,. -、                < ヾ ',    \ \     \ \___ -''"二>、_,,. - ‐
> ∧ //´       -''"::::_ノ::',               <\ヽ\ヽ \\       >    ̄ ̄
> `´{        ',:::::::::::::::::::::::〉          / ̄"''''‐'" ̄ ̄ヽ、ヽ \               , -‐ 、
ー〉>ソヽ_     ',:::::::::::::::, -''|         /::::::::::ヽ::::::::\ \_\\_\ \          / -‐ヽ ヽ
┌// \/ /|_   ¨', ̄ ̄::::::::',    ,, -''ヽ/:::::::;;;;;;;;;l::::::::::::::\_  ヽ,,_\ \      //    ヽ ヽ,、-''"
└┘ └- _//}    ',::::::::::::::::::',  _| ∧>\:;;;;;;;;;;;;;//::::::::::::::::::::: ̄::::>   \ヽ    //   > '"ヽ ヽ
      ゝ>、\    ヽ:::::::::::::::-┘:::::\<∨ |;;;;;;;_|:::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::∧  \ニニ/,. -‐''"´     \\
_         \\   `''-、,:::::::::::::::::::::::::|   |/7;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::/::::',                  \\

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    虐げられた人々は激戦区と理解しつつも、逃げるようにここ超多民族国家への移民を希望する。

    獣人種族は魔王の子孫を自称し、さらに王家は魔王の朋友だった“国父”の血を引く。

    国外での排斥は並ではないため、自発的な出国はほぼない。

.

4042猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:46:39 ID:qZ5S/F31




               /゙:.:./゙:.:.://   、      !|.:.:.゙l:.:.:.゙ヽ
          /゙.:.:.:/゙.:.:.:.// .i   |      |;|:.:.:.゙l:.:.:.:.:゙’,    ,. γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
         /゙.:.:.:./゙:.:.:.:.://  |   ゙!   ,   ,l;|.:.:.:.゙l:.:.:.:.:.:.:゙!  /  |  英雄信仰してる人もそうでしょ?
       /゙:.:.:.:/゙/.:.:.:.:.{;(  |!    |!  | \|/:.:.:.:.゙|:.:.:.:.:.:.:゙!、/′ .乂______________..ノ
      /゙.:.:.:.:.:/゙.:./:.:.:.:.:.:.:〉;;〉  !、  !|  ,!|  ,.|i\、.:.゙l:.:.:.:.:.:.:.:゙l/′
    /゙:.:.:.:.:.:.:/゙.:./:.:.:.:.:.:./|;;l    \、_ム、/;|//;!.:.:ヾ、゙!:.:.:.:_;,;,_/i                     __
   /゙.:.:.:.:.:.:.:.:./゙:.:/.:.:.:.:.:.:.l゙::};\_,,ノ´;;;;;/Y;.;//:.i:.:.:.:.ヾ`Y´;;;;;/;|゙l l                 , ク'⌒
  /゙:.:.:.:.:.:.:.:.:/゙.:./:.:.:.:.:.:.:.:|゙.:|;;;;;;;;;;;;;/;;;;;/;;;;;;;_ン/:.:/゙.:.:.:i:,;〉;|;;;r'´,、`i| ,.|        _`孑三⌒メ、ノノ__
  l゙.:.:.:.:.:.:.:.:.:/゙.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:!゙ノ`ー―';;:::/::::;;;;;/;;;`:|!/;!:.:.:.l〈;;;キヽ/;i゙i;;|'゙/     ノ㌃⌒`              ̄ミx、
  |゙:.:.:.:.:.:.:.:./゙:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::;;;;;`ー/⌒ヾ;:ノ;;;::;r'iト':.:.:.:i:/`〈;;/;;;;;;!;;;|ヘ、_,,ッ 、__ノ-‐' ⌒メ、    ク'⌒      ヽ、
  |゙.:.:.:.:.:.:.:.!゙:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:/__;;;;;;;;;;\二ニ|;::::;;;´;;;;;|!:,r、i:.|;;;;;/ゞ=个ミ!;;;;屮'´ `、  ` 、         __        :.
  |゙:.:.:.:.:.:.:.|゙:.:.:.{:.:r:、.:.:.:.{;;;;;\;;;;;;;/ー 、 |;;;;_;;;;;;;;;;;!′|!゙|;;;{゙Yヾ、!;;_|孑=ー _ノ \、  , イ≠气  ) ̄ ̄ミx、   {!
  !゙.:.:.:.:.:.:.:!゙/´`i:.| ゙Y´`il`i;;;;;;`ー{`ー-‐|;;;;;`ヾ、;;`ー;;ノ;;ノ〈;ゝイノク.:.:l   )フ   ィ´      ゙ー" ,/    |  ハ、
  !゙:.:.:./`、|゙|  !|     i|:(;;;;;;;;;;;;)ゝ _,゙li;;;;;/;;;フ´;;;;;/、 ,.lミレ;ジ.:.:゙l   ,廴    /        ./(、    ノ ,、  \
  |゙.:./  Y′ l|    ゙|i〈、_;;;;;(ヽ、,,_,,,゙lゞ、;;;_l_;;;;ノゝ、 |,|爻/=ー,:i|  .ノリ    /   ,勹ーャ   j廴`⌒ ̄メ,;ヘ,`ヾ   \
  l゙:/   |!   ゙|!      {;;;;;; ̄r`ヽ   _,\,,ヽ、 ゝ- / !|イ/   il i|  .}    |!  .从,ハ!メ}    .i{从ハノ7|' i|   .、   \
  ゙|!    ゙|!  ゙|、    l;;;;;r=(::`ヾ` ̄,,_‐''ノi゙ー`ー''´  レ′ /゙ l| ../(.、   l!  ./,rヘ从〈    〉jノソヘ | .i|     )    )
   |!     ゙ヾ、 ゙ヽ、  ゞ;;!::;;;\:::\/,rリ ´ ゙ゝ、   ___,,,,,_ ノ / ..ノし',   _lk_| _ _ ゙、   /_ ___ , 〈 .i|   メ´ `、 /
   ゙|!     \   \  ,ハ;;;;;;::::`ヾ;:::|  i⌒ヽ `ー''´:.:i´ lミ〉 /  メ{  ,辷忝,}´"冖^゙`.廴_ノ"^冖'゙ソ,劜i|  ミ"⌒´
    ゙|、     `\   /:.:l゙ヾ;;;;;;::::::|:、ゝ-' /⌒ー ノ:::::ノ,;;;'シ′  _ ノ-‐'  '勹 ̄.ハ      ;    ,刎衫"  ,;ノ`゙ヾ、
                                         ´⌒メ、r=彡′   ソ\   _ __  '´フノ ;ハ !  し≦⌒
       γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶          )フ   ; '; '  ≧:.._ ゜ _..:≦⌒゙メ、ノ'\{´^´
          |   まあ、そうだね。彼らも熱心だ。          ,≦⌒入-=ミ:.、  ャニ三ニ三ニァ,;"ノリ   `
          乂______________..ノ     ___ノ-‐'゙=ー~ミx _ x彡{{      }}ミx_ {{___彡"´`゙ヽ、

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    唸りにも似た声で、ソロモンは同意した。

    大陸では千年以上戦乱が続いてきたため、綺羅星の如き英雄に事欠かない。

    特に世のために身を捧げた善なる竜王や聖処女の伝説は、誰もが一度は耳にする。

    日常的に触れる機会が多い分、熱心な英雄信仰者は相応に存在していた。

.

4043猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:47:55 ID:qZ5S/F31


    困惑を深めたソロモンは首を振った。

    想定外の原因を探るため、言葉を選びつつも、だが堰を切るように口を開く。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



                     /⌒ヽ
                  /:/´ ̄ ̄`
                   〈: {/´ ̄ ̄ ̄`ー=彡'
                  >: : : : : : : : : : : : : : :` ̄ ̄\            だからこそだよ。
                  /: : / : : : : : : : : : \: :\.: : : :.\
               /: : :./.: : : :. :. :.i.: : : :. :. :.\: :\.: : : :.}         君の国に何が起きている?
                 /.:..:. :.i.: : : : : :. :.| : : : : : : : : : : ト.: : : :._ }
              {.: : :. :.|.: : : :. :. :.∧: :ヽ: : : :ヽ: : ト、: :\_ノ        戦う力の無い人たちはともかく、
              |.: :. .:.∧.: : : :. :.厂 \人.:. .:.∧: : :.\: :ヽ
                丿.: : :.|⌒ヽ: : :.厂云テ} } . / }\: : :.\: :\       国境警備隊の兵も脱出しているなんて。
            ` ̄{从: :{芹云\_ ̄´  厶イ_ノ.: : :.i.: : : :.}从人
                {人∧  }         ⌒7: : }.: : : :.{i        父から勇猛と聞かされていたし、
                  ∧  _ __    /   / У厶イ从ヽ
                   \     /   /  .|´ ̄7>、 \     奮戦の報も耳にしていた。
                        > /   /    | /    \
                    / ̄´ i i⌒Y {{     //     / ̄ ̄\
                 /     | |  {_{レ    //           ヽ
                   {     | |  ∧    ./ {               ∧
                   |     | |  ∨    / .i             ∧






     ∨\  }   ∧  ',    > i |``~、、
     ヽ く .。s≦¨¨  ̄ ̄ ̄ ¨¨≧s。 } ト、    ` 、
        >'’    ,.:、         ``ヽ、 \ `ヽ、   \
.     /  /\ /ハ:i\        \ \  \.  \      γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
    /   ./i∧i∨i:} \:i:',        \ ヽ      ヽ /   |  もしかして、それほど戦況は悪いのかい?
       | {i/ ヽi{:iノ  ゝ}   \      \ ',  ヽ,  ∨ / .乂__________________..ノ
.   /   | |           ト、  ヽ       ヽ}    ',  ∨ /
  |   | |          ヽ |  \   ',     |      ',  ∨
  |   | ト、 /    ``ト}、__  ヽ }:       |      }   i
  |   ∧ {-イ         |   ̄` }∧     ./:       ト.  |
  |   | ゝ.  》=ミx    |ィ=≠=ミx  ',   /}       |.|   |     戦況が良いとは言えないけど、
  ヽ.  |:  ∧ {{ )心、   :/ _)斧ミ、‘:, l   /,イ       |.|  /
    `、{:  ∧{{ {トuハ\/ iトtjイ:i} }}_ノ.//:/     / |: /     戦えなくなったのは
.     |   :{  ゝこソ    ゝこ(ソ   ⌒7⌒厶    / .|/
      \  ∧       、   ,-、     /    } 、ヽ`          死への恐怖や怪我が原因じゃないんだよ。
       \ }h。.  , -r‐v‐ト、 \__∠}>-―く/
        ヽリ 个{ i {  { ヽト、   }O }〃   ∨ /
              イ| i ゝ ゝ ヽ _/: o i{{     ∨
            / | ゝ、____ / ヽo 〈{{    ト、

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    現実が信じられないのか、理想を信じたいのか、ソロモンの口調は暗い。

    去り行く人々を悲しげに眺める男を見やり、重い気分でサーバルは答えた。

.

4044猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:48:25 ID:qZ5S/F31


    疑問に押されて身を乗り出そうとするソロモンを、手で制す。

    そして一息の間を置いて、サーバルは話を続けた。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



              _、丶`: : : : ≧s。((⌒ニ=‐ ミ
             _ノ: : : : : : : : : : : : 、: : : }h、        .γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
        (ニ=‐=ニ: : /: : : .′: : : : : : \: : : : \      |  出て行くのは使命感の麻酔から醒めた人たちだよ。
        乂__: : : : : : : : ./: : : : : : : : : : : : : : : : ::.      乂______________________..ノ
         /: : : : : : : :/: : : : : :.、: : : : : : : : : : : 、: ≧=‐彡
        /: : : ′: : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : : : \⌒´
      < __: : ノ: : : : : : ′: : : : : : : : ヽ: V/: : : : 、 : : \
        ⌒¨Y: : .′: : :.l: : : : : : : : : : 人: }: : : : : :.\(⌒
           l: : ノ: : : .:人: : : : : : : ./‐=≦、: : : : ノl
         ノ/l: : :¬=‐\: : : / _.、ュぇァ ヽ: Y 人
         / .人. l./-=ぅァ)/    ̄   ..: :.)ノ: : : \__ノ〉
            ): 圦     l.       八: : : : : : : : :/         使命感から、醒めた?
           /⌒Y: :.、    :、   u. イ | ヽ: : : : : ⌒ヽ
       乂___/: : : : ..l: : : \  - ‐   / |: : : : : ',: : : : \
       人: : : : :_ -ニ| (\:| 个:.(ヽ ィ( / 人: : : : : :',=- _: )
       _ -=ニ   .人 \\-_-_ ∨イ-_-_-_ヽ: : : : :`、   ≧s。
     /     /: : : :ノ`、`、-_  V-_/-_-_-\: : : :\  / ⌒V
      / ヽ   ./: (\/-_-_ `、-_ V-_-_-_-_/⌒ヽ: : : :.Y
    .:′  ` ./: : : : \\_-_-_  ∨}   -_-_-_/    Y: : .:l     l
       Y: : : : :/ l.\\___)  ´  ∨-_-_/ ^)  .: : : ノ     |
   ,'   人: : : : (r‐‐ -- 丶         乂_/ /  ノ: /      ′
    l      \: : .\ニ=- _            / /: /   ノ   /
    |     | \ : : \-_-_\            / Y: .    /    /






                |      : l  l: :.  l
                |    ,. -┴┴- 、ノ
                |  . '´           \
                レ'´   .i:{      \ヽ \
                〃    .:从     : 从 :}: ヽ
               //   . : :/ _ヽ } . : ,Lレイ : : l
             /    : :/´ _,_,`メ、: :./,_,レハ : : }
            〃  ヽ . : |   行。  V行.。V : : :}       そう醒めた、“悪い”邪龍を斃し三大魔王を討ち滅ぼす
           .′  : :\ :| ヽ りソ  、 ヒソノノ レ^ヽ
           l |   : :い    ̄       ̄ ハ   }       そして人類が平和を手に入れる、使命感から。
           l |    : :Ⅵ    ´  `  . イノ  /
           l |\   :{: : :`フ ー一 < > ⌒ V         みんな自分の心を騙しきれなくなって、
              ヽl  `ー一 `¨´ヽ: ハ __ ノ/     ヽ
                       /⌒介⌒V      }       罪悪感から出て行っちゃったんだ。
                      }  L}  「 ̄ ̄`ヽノ
                      ∧__ノ `ーl  : ../ ヽ
                      /   ハ   l c : /   }
                   /   / }  ノ .: /    /`ヽ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    脱出した者達は見たのだ、絶望を。

    己が所業と、先に待つ恐怖を想像してしまった。

    まだ古参の爪牙から脱落がないのは、嬉しい誤算だ。

.

4045猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:48:55 ID:qZ5S/F31




      -‐‐-              -‐…<
   _ : : : : : : : : : ヽ              }: :}
   . : : : : :{\_/ ̄ ̄>''"~~~~~~~"'+、 / /
  /: : : : : : \ `¨¨¨¨¨゛ : : : : : : : : : : : : : レ∠_
  : : : : : : /./\ : : : : : : : : :-‐: :¨¨¨¨¨フ⌒: : }
 { : : : : : :i/ : :/ : : : : : : : : : : : : : : : /\ : : :}、
 { : : : : : :{ / : : : : : : : : : / : : i : :/ : : : :} : : }: .
 { : : : : : :{′ : : : : : : : : :/ : : : :! : : : : : : :∧ : :}: :}
ノ : : : : : :ノ : : : : : : : : : :/ : : : :∧ : : : : : / ∨∧:}
: :/: : : / : : : : :{: : : : i/ : :/}: / ',: : : /-‐‐ }: ::リ          ……すまない、今言ったことの
イ: : : : :/ : : : : :八 : : : { : /‐}/¨ ̄} : : _′_ -}:イ
.| : : :イ-‐七I〔: : :`、: : :∨   ___,}: : / 弋:シ 八{              一体何が問題なんだい?
.| : : :人: : : : : (\: :\: :`、<7フ¨7/  V  } ハ
ノ: イ: : :\ : : 个: \:{ \__>  '゙    〉 // ノ             人類存続のために邪龍や三大魔王と戦うことに、
: : :ノ : : : : ) : ノ/∧ `、\  .u       /¨゛  ‐-
/{_ ‐=ニ'//////,\ \丶、    ‐ ァ   V,            どんな欺瞞があると?
‐¨   }  ∨//////\ \ }Oo。,,.../',   V, ,
     }   V/////// \ \/ /////∧  ∨           僕にはないように思うんだけど……。
     }    ∨////////,ヽ, } ////////}   :       i
\   }    ∨//////////八 ////// }  }  }     }
  } :   }      V////////∥ハ'//////,}  },/    }






            { .,,_}   }:: :: ::.{:: :: :,   ⅵノ, :}
           ⅰ \ _、丶` ` ̄´"'''~ .,  / ::}
          !、ヽ`  ∧  ∧     ` 、 :;′
              、`   , /  `、/ ゚:,   ,    \\
.           、`   ,′           ', ':,   `、 ` 、
           ,:   ; jj :. :.      :,  }:, ゚:,    `、  、
.         ,'   {: 从:: ::[」 冂0  }: / ':, ,::.    ', ':,
.        ,゜  .: ::{ j{>‐=::.    ‐=ァ=‐- :, }:: :.   ゚, :, ゚:,
       ; .: .: ::∧{  \:, ::..  .:∥     }ノ: :: :. .  }  ':, ',
.        i{ .: :: :ハ  x⇒x`、:: :: ::/x⇒x、   ゚;: :: ::.  ;   ', ',
       i :, :: :: {:.;; ,゚ ,_)恣 ゚:, / __)恣 ゚,  .} :i : : , ゙  :. i ,
        {:: \:: {^  { i{{了}}  Ⅴ {{了}}i }  川; ィ'゙.::   ::.} '     あるよ、明白で絶対的なものが。
        {::  \:, }  乂_ツ     乂_ツ   ノイ 丿 ::   :: } ¦
       }.::  :: i{ {      '           √ '´ /.::  .: ::j: ;      ねえ三大魔王の正体を知ってる?
        {:,::.  :. 公、    ,.  、     ,.ィ{:: :: ‰    .: :/ ,′
        ∨、::.. 「「\`  .,_     _,.、rセ〔:::/}:: ̄]  彡 ゛∨        γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
         `ヽノ  /С ` ミ=.,,. ´。O∨ ノ/フ''"´             |  正体って……。
               ,.{% ‰ {O }。 °。 ゚ }‐- .,                 乂_______..ノ
              / { 。  c,,.∟..∟_c  。 )j   :,
              ,′ ∥''"´   }}   ̄ ̄ i{    ',

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    早口で繰り出された問に答えず、サーバルは呟くように問を投げる。

    はぐらかされたように感じたのか、ソロモンは僅かに鼻白むのが分かった。

    が、すぐに表情を切り替える、必要な段取りだと察したのだろう。

    やはり彼は機微に敏い賢人だと思う。

.

4046 :梱包済みのやる夫:2017/08/29(火) 23:49:00 ID:7v5XZXHZ

ふむ どういうことだ?

4047 :梱包済みのやる夫:2017/08/29(火) 23:50:31 ID:XYB79V2c

取り敢えず一名赤薔薇たちでもわかってなさそうなのはいるな

4048 :梱包済みのやる夫:2017/08/29(火) 23:50:35 ID:lQcfJTy1

使命感から醒めてイーストエデンに行っても、あそこは住民が罪悪感に酔っぱらっているからなあ。
ザナドゥに行くのは殉死しに行っているのだろうか。

4049猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:50:43 ID:qZ5S/F31




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        ,. ャ<::7/           ,ィ   γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
       ィ=====//       lト-しl--イ/   |  三大魔王筆頭の“邪龍王”は、善なる竜王バハムート。
.      //::::::::::::::.'/    、 __j!J::::j:::l::::::: ′  乂_______________________..ノ
     /厶====//    ノト::::l:::l::::l:::l:::::/ ,ィ7     }:ヘ:::::::::::ヽ            _
.    //´::::::::: /{{    ノ:<Τ`ヽl:::l::厶/-/     ,ィ/|::キ:::::::::::::::.        ,ィ´     ` 、
   /イ::::::::::::://∧   j::メ:::::\{::{`ミー‐イ//ハ    .///}::::llー====ヘ      〃  _    ヽ
   }|:.ー===∧∨∧  に}::::ヾ彡ゝ.tjト::. イt:}__{   ////::::::ll:::::::::::::::::::!     / ^ー ´   `ヽ   ',
   ||::::::::::::i{::::∨/∧.  }〈ニ=-≧ォ`7 .  .仆1 _.////:::::::::ll::::::::::: /li     ,'/i  rー- ..、  ',. ハ
   ||\::::: l|::::: ∨/∧ ト:\ィ//:{\、__/、_/イ // ィ :::::::::/ll::::::/:::::::|    ハ{!.ノ  乂斗チ.}___i  ハ
   ||::::::\:!!:::::::::∨/∧.|\::l :::::::∧〈リT{..イ 彡´ /::::::/:::ll/:::::::::::::|i   / .レヘ __ ノイ仍! 〉-{   ゝ
  ∧:::::::::::l|、:::::::: ∨/∧   ゙! / .∧从j /::::::/ /::::::/ / ll::::::::::: /|l   /イ 八 j    /,i {ソ iヽ {
  i|:::\:::: !!∧::::: 、∨/ハ\.l   / / }厶  ::::/ /::::::/ / .ll::::::/::::::|l    .レ从ヘヽー /イ|/, ハ| ト!
  ||:::::::::\.! .∧:::::. V{: {   ! / { /  ∨::' /:::: ' /  l|/::::::::::::|l      _,,..`禾爪.}::::ゝ..__jメ__
  lト :::::::::::l|  ∧::::... l^ ヘ\.l   l7 .l}  }:: '   /⌒ヾl|:::::::::::::::: !!    /:::::rォハ___ ノメ:::::/:::::::::::ヽ
   ∨:::::::: !!  _「\:::.∧  }  .!/ { /   リ .     /     !::::::::::::::::::リ   ./;:::::::jト、:::/:::::::::::::::メi:::::::::::::::::r:.ミ、
.    ∨iヽ:∧/   ヽ  ゝヘ .! r=i'=ミ  ハ  -y′    !::::::/l::::::/   ./,::::/::ァィ__ノ..+ニ+ニメ!::::::::::::::::|:.',:.:!`ヽ
    ::{ l:::∧     \{:::::::ヽ.!/ /{ ' ∧/  } /      .:::::/ l|:::/   /:/:/::::::/:.:ハ:::::::::::::::::::i:::::::::::::::::i:.:.';.:i_メヽ
    γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶.:.:.!:.:.!::::::::::::::::::|:::::::::::::::::!:.:.:',:|乂` )
    .|  幾多の邪龍を従える“竜の魔女”は、聖処女ジャンヌ・ダルク  |.个、!:::::::::::::/!:::::::::::::ノ:.:.:.ヾ! ゝメ!
.    乂__________________________..ノ 人. !:::::::/==i!::::::/:.:.:rvv;ゝ ( リ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






                __ノ
                /´//⌒>-彡'
                 { {/´⌒ヽヽ
             >‐//ヽ¨''<乂_ノ)
              /.  {. / ハ ヽ  ヽ¨''~、、,,_
        -=彡´/ 、V | } ハ /. ハ   >ヽ、
         //〃 >=-  -=ミ//. } / ,,、、 \       ――――ああ、なるほど。
       /  {/ / // ハヘ ヽヾ ∨〃/    {
      /_, へーノ. /  { ,'  }  ',∨ } // ̄`ヽ 〉       そういうことか。
.   >''´,、丶、ヽイ{  V  ./.  } }!イ/-==ニ   ∨ /
――⊂ニニニ''''‐ \ゞ   ,イ _斗<´\     ̄\. ∨――   欺瞞、ね……。
   | <ニニニ `    l ̄ ̄ ̄ ヽ     ', ̄ ̄>  ヽ }!
   |/´ ̄` `\         }      |       /
.   〈    ―=ミY`==彡¨¨¨¨¨マ..___|、、、、、<´

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    ソロモンは言葉の先を飲み込み、苦りきった表情を隠すように伏せた。

    沈んだ様子を見て、サーバルは申し訳なさを感じつつ、唇を開く。

.

4050 :梱包済みのやる夫:2017/08/29(火) 23:51:08 ID:R6vn1XkU

ふむ

4051猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:51:31 ID:qZ5S/F31


                            |.|           |i
                              ,、,.イ.\        i、_j !-一i
                          ro`   . |   _..-."ο,゙ ,,、 ;′
                             l.fwyv、ィx|    !‐  `v'l'^'_└!
                              |.l: _.ィfx:、,l  / ,/`ー-.´.n/        /
                         | ヽ. 「| ,' ! 〔,イ , , :  /l」      __ _((_ __
                             ハ 、 ├! ├;f′ , .  ,ィ′ !|     /ニ乂___ノニ\
                    ,.、  ,.イ丶---=V 、 !.| . Y   . . /.   |.!    ,_'ニニニニニYニニニヽ
                   ,.ノ , . . ,. - .一. V | |  !   . .!;>.、_|.!  ./ニニ=-、ニl|ニ=-=ニム\ ,
         ヾ.、  r「゙'"o‐ _..‐ z-.' . .丶 . ヘ. | ! . : . . , l ; /   |.!/ ,ニ/    }ニl|ニ( ヽ ヽニ',ヽ
              ヽヽ' ゙: ;、./  /丶` 丶. . . .!.|   .  . ,ィ. .!; イ  . ト|7 lニ|l、+-.ノニニム, -≒‘,ニl ‘,
           / '. zヾ ,∠..rfTi匚l ̄7ヽ、.L|、  ! ,.イ  ,|; ;∨  `,'.:/ ヽ| y芝芋、ニx'芝芋+ レ',  ‘,
            ̄`゙1,xく. |l|l、マltミマl, /; ;.〉,ヾ¨ ヽ /  ィ .ヽ; ;ヽ、l/  '/」}ュ__      _,/ Λ ! ヽ)
                    「|ヾミミZ=三{; ; ;,イ !イx゙`fili.m‐' ,. .| \;.////{   {ニア - ‐ - _// /ニlノ、 ヽ \
            -― -. . .、  !|    ̄¨¨゙:v'.  |l|l|l|lt、.◎- ´. . !  .イニ|/ 乂 マニニ>、__ ィiニ{ {ニニニ,lニヽ-
        /.:|/: : : : : : :丶       , ′. !|l|l|l|r";!゚  . ゙  ソ . Уニニニニニ>_マニニニニニニニVニニニ}ノニr`
         |: :|: : :_: : : :_: : : : :丶==7′. |=='゙イ..__,._,.,イ  .(ャニニニィニノニ`}イ;i:r‐h,ニニト、ソ、トノlイニノ
      /_二 ― -: 、:ヽ: : : :\                 今ニイ/:i:i"l:i:i:/ニニ)__ 入ニヽl:i:i:i:i:i'レ
     /. : : : : : : : : : : : γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶 ヽニ\;i;i!
    /: : : : : : : : : : : : : : |  そう、敵はかつて世界を救ってくれた偉人中の偉人達。  |
   //: : : : : : /、: :.\_:_ 乂________________________..ノ
  ./ /: :/: : :/:_/_ \:´:.\_\: :/、: : : : : : : : . 、
  /:/:/: :.:ィ´: l_  \イfr,、l|.:ト: : :.ヽ: : : : : : : : : :丶
  |/_/: :/|_| イfr、l     ゞ-'' l/ )、: : :丶: : : : : : : : : : : 丶
     ̄ /: :ヽ.ゞ-' ,      /´ ヽ: : : 、: : : : : : : : : : : : : 丶 \ !
      /: : : :.\   、-ァ /l   /ヽ.: :.ヽ ̄ X: : : : : : : : : : :`ノ.
  __//: : : :/_ >ー-  ´  |/__: : : :l_/  ー _: : : : /: : : .丶
.\   //: : : /_ ̄>ノ     ||`ー- 、: : : l       `/、: : : : : : : :\






               | | _〉  」   」_ 」_  〈_ | |
               | | く_> ’ ⌒^⌒ ‘ <_く | |
                  〉'゙´   ∧  ∧   `゙'〈
             //    〈八W八〉     \\
.            ,:', :'゙   , /: .          ヘ  、 ゙:.、゙:、
           //   |:||: .    .:│.:ハ:│  ‘vヘ        .・ .・ .・.・ ・ .・ .・ ・ .・ .・ ・ .・ .・ .・ ・ .・ .・ .・ ・ ・
.           / :l   . :|斗キ‐く/ 「」 i7‐jチ‐-|: |: .   l :'.       自ら信じた相手を手にかけなければいけない。
        ,′:| : . : :∧:ト、V(: : .  .:j/   |:/: : .: | :ハ
         | l | : : :〈 `沈㏍(: : : . .:沈㏍ ´〉: : : |.:l |       .・ .・ .・ .・ .・ .・ ・ .・ ・
         | l 人 : : .∧ 《 rうx「`ヽ:ノrうx「》 ∧ : .: 人.:l |       この現実を理解して、
         | |:  l\〈(..} 弋_ソ    弋_ソ  {..)〉/l  :| |
         | |: : .:\: :八      ,      八: :/:. ..:| |       ・ .・ .・ .・ .・ .・ ・ ・ .・ ・ ・ ・
.          V\: : .:rへ:ヘ、  ,   、  イ : イ: : .:/V        誰が正気でいられると思う?
              \」  `Y´>   -  . <`Y´  」_/
                 _〉Oo_。{ 8 }。_oO〈__
               /´(_。_.・x个r个x・._。_) `.

.

4052 :梱包済みのやる夫:2017/08/29(火) 23:51:37 ID:7v5XZXHZ

変わり果てた二人

4053 :梱包済みのやる夫:2017/08/29(火) 23:51:54 ID:XYB79V2c

そりゃねえ……

4054 :梱包済みのやる夫:2017/08/29(火) 23:52:00 ID:lQcfJTy1

光を無視しないであげて!w

4055 :梱包済みのやる夫:2017/08/29(火) 23:52:13 ID:gBM3qW4P

(言うて殺しに掛かってきてるのは相手やん?)

4056 :梱包済みのやる夫:2017/08/29(火) 23:52:33 ID:R6vn1XkU

光は誰か分かってないからねしょうがないね

4057 :梱包済みのやる夫:2017/08/29(火) 23:53:01 ID:Tm1cIblm

だって歴史視点レベルのお狐さまって何もしないで蹴散らされただけの最後の皇帝だし……

4058エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/08/29(火) 23:53:08 ID:X5l4Gm6s

(光だけは中の人が何なのか多分分かる奴はこの時代にはいないんだよな)

4062猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:54:11 ID:qZ5S/F31




      /: : :.>: :_  :}              V ): :=‐: :>: : >---> >.,: : : : : :\
        {: : /  ‘,  .:        u.   /{‐‐<: :‐<: :‐‐‐七,,_: : : :\: : : : :.\     ……そんな苛烈な生存競争を
        { :〈    ‘  、              /   V)  ).: : : :.`¨¨゛/⌒⌒'  , . \: : : : :.`、
      人 :\___ 、  _ -‐ ア    /   ∨i/‐----‐ ア       \ \: : : : }ノ   仕掛けてきたのは向こうだ。
          `¨¨¨¨¨¨゛、 ` ‐     / / ̄ ̄\ __/          >  `¨¨¨}
.                ` 、     .イ: / -‐…‐- `、    `¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨゛     ノ    君も言った通り、
                  `-‐ \ノ/         `、 \           `¨¨¨¨¨゛
                   /             V ,  、                         勝たなくてはいけないんだよ?
                   {              V/,  `、
                   {   / ̄\     V/,  `                   欺瞞じゃない、これは現実だとして。
                 /{  /      `、     V/    、
                /.:.://  /\   }    }{     `
                   {.:.:∥   /   ヽ  \   八    }






             /  /     / 厶イ \}/:ノ {::}    \/
            // :/      /       ´   ':j     ',
        / /  :/    / イ           }:      ',
         / /   :/    イ _/_j{          } ∧ i    ',
.       / /   :|     :/ { /⌒ト-、{      // | |    i
      / /    {    /  リィ≠ミ、 ',    ,斗‐一 | |    |     だから、嫌がる子らに武器を取らせ、
       / |    ゝ  | 〃 んハ \}   ,ィ=ミ、  | /:     |
.     |  |      :i\ :| {{ {rtjヘ}   |  ,ん:ハ Y /イ}    .イ       戦うことを強要するっていうの?
.     | ∧    {\「` ` vこソ  |/{rtjヘ} }} /^}'   / |
      ∨ \  ト > j{            vこソ ' /ハノ   / ;      そんなこと、あたしには出来ないよ。
          \ { V^\      '       r‐イ-=彡  /
       __   /⌒}}`ヽ)h。   r― 、     ノ/ノ     /}              γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
      ∠) `'<   ∥/⌒ヽ)h。.こ´__ .。s≦ ´ </  .//             |  だけど、戦わなければ滅びる!
.     / o      \〃/ ゚o。 ゚o。`>‐「イ 。o゚ } ヽ  } __ .ィi( }/                 乂______________..ノ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    賢王の正論を、サーバルは言葉で切って捨てた。

    三大魔王は人類の愚かさ、千年以上延々と戦乱を続けた罪業を裁くために活動している。

    ならば戦えないことを責め、剣を無理矢理持たせて戦わせるなど罪の上塗りにしかならない。

    だが、ソロモンは責めるように、叫びを上げた。

.

4063 :梱包済みのやる夫:2017/08/29(火) 23:55:17 ID:lQcfJTy1

戦わないというなら死ぬだけやからなあ
死にたいから、死に場所を選ばせて、というならそれを止めることはできまい。

4064猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:55:52 ID:qZ5S/F31




              _、丶`: : : : ≧s。((⌒ニ=‐ ミ
             _ノ: : : : : : : : : : : : 、: : : }h、
        (ニ=‐=ニ: : /: : : .′: : : : : : \: : : : \
        乂__: : : : : : : : ./: : : : : : : : : : : : : : : : ::.
         /: : : : : : : :/: : : : : :.、: : : : : : : : : : : 、: ≧=‐彡
        /: : : ′: : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : : : \⌒´
      < __: : ノ: : : : : : ′: : : : : : : : ヽ: V/: : : : 、 : : \
        ⌒¨Y: : .′: : :.l: : : : : : : : : : 人: }: : : : : :.\(⌒
           l: : ノ: : : .:人: : : : : : : ./‐=≦、: : : : ノl
         ノ/l: : :¬=‐\: : : / _.、ュぇァ ヽ: Y 人           何もかもだ……国も、家族も、自分自身さえも。
         / .人. l./-=ぅァ:::::::::::::::  ̄   ..: :.)ノ: : : \__ノ〉
            ): 圦     l.       八: : : : : : : : :/        三大魔王の語る滅びを、彼らは信仰に殉じ
           /⌒Y: :.、    :、   u. イ | ヽ: : : : : ⌒ヽ
       乂___/: : : : ..l: : : \  - ‐   / |: : : : : ',: : : : \       審判だと受け入れると?
       人: : : : :_ -ニ| (\:| 个:.(ヽ ィ( / 人: : : : : :',=- _: )
       _ -=ニ   .人 \\-_-_ ∨イ-_-_-_ヽ: : : : :`、   ≧s。
     /     /: : : :ノ`、`、-_  V-_/-_-_-\: : : :\  / ⌒V
      / ヽ   ./: (\/-_-_ `、-_ V-_-_-_-_/⌒ヽ: : : :.Y
    .:′  ` ./: : : : \\_-_-_  ∨}   -_-_-_/    Y: : .:l     l
       Y: : : : :/ l.\\___)  ´  ∨-_-_/ ^)  .: : : ノ     |
   ,'   人: : : : (r‐‐ -- 丶         乂_/ /  ノ: /      ′
    l      \: : .\ニ=- _            / /: /   ノ   /
    |     | \ : : \-_-_\            / Y: .    /    /
  .ノ     |   ): : : : )-_-_-_\       / .人: :(  /     ./






        | |......V レ |  |  |リV( ....| |
        | |...._ノフハ.|  |  lレハV{,. | |
     / : : /: V: : :Y: : :V :ヽ: : :\
    /: : :/: :{: : : : : : : :_: : : : :}: : : : :ヽ      うん、彼らはこの星が滅びる日、“審判の日”を受け入れてるよ。
    /: : : |: :∧: :〈_/:「] ^: : :|.:∧ :ヽ: : :゙:,
.   / : : : :|: :|斗:‐:-: : : : : :‐jナ-゙v:| : : : ゙,     だから“審判派”、その日が来るまでいつもの日常を続ける気。
   ;゙: : : : ∧ | Vヽ(: : : : : :/   | |: : : : :゙;
.  /{: : : :〈 V ,x岦k(: : : :ォ岦k、 j/〉 : : : }ヘ,    それに、これは倫理観の問題でもあるんだ。
  :゙八: : :小. Y゙ _)為, ヽ:/ _)為, ゙Y 小 : : 八ハ
  | : : \.:「_〉{ |トuイ|  ′|トuイ| }〈」: :/: : : |    ……ねえ、正しいと胸を張れる?
  |: : : : 个(_   `'-‐'’ 、 `'‐-'’  )个 : : : |
  |:i : : : :゙v圦            ノ´:/ : : : j: |
  Vヽ: : r┘: :> .. _  - - _ .. < : 厶: : : /V           γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
    |/\:. :.|∧::::〕iト  __   イ::::: ∧|:. :./ヘ|           |  何を、だい?
.       \|  \〈 ̄\/ ̄〉/  |/                乂______..ノ
          ノ〉_,[],_〈乂_
       / ̄|    | |   |    \
        |  ヽl.     | |  |/    |

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    馬鹿馬鹿しいと弱弱しく吐き捨てると、悲しげにソロモンは目を伏せた。

    軟弱な印象を受けるが、彼は己のみを支えにして自立できる強さを持っている。

    彼の気持ちは理解できる、無論祈るべきを持たず無神論であることは自由だ。

    強制もしない、だが言うべき事はあった。

.

4065猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:56:13 ID:qZ5S/F31




                      ∥j{:.:.:.{:.:.;       :,
                     ∥ {i: : :{: :{ ;     ゚:,
                    i{、ⅵ  i { {Vレ    ゚:,
                    {{ミ } ⅱ{! イ   ゚,
                      ヤ__j__,从 :, :, ノ彡' ; ]
                 , '"´   ´ '~ .,_ ノ } }\
                    / /{ ,イ   ` 、` 、丿 j `` 、
                   , 〃 {/ }      \ ` 、 \   \
                  ,゙∥     ⅰ     `、 ':,  丶   `、
                  i {{‐-   ; ∧ ゚,    `、 ',      `、
              { 从    }‐- ゚:, }      : }        ':,
               ヤ/∧ .: / ,,_,,_ } ノ     ; ノ          ',
               V / ):, / ぅk`く ゚:,    ノ<,.        }i
                    Y し`′{リ}} j }  _、 ⌒厂        リ 恩恵のみを甘受し都合が悪ければ切り捨てる事を。
                   八  '  `ー″ .ノ丶` ,.ィ(ノ    j i   /
                    \ ..,,_     ̄_,.ィiフ゛ /     ノ }  ,:゙   生きるために他者を犠牲にする事を正しいと、
                ,.∥ 、,,.. -=ニノ^} }∠^フ  _,. ゛ }/
                     { {{{°℃} Y´。с }  ∠-‐ ⌒         誰もが自己肯定できるわけじゃない。
                     { j >―廴}、   { jj  `、.,_
                 乂 7    }}` .,,_} ⅱ   `、 ヽ
                     ;  ;     ∥    i{{ヘ   /{
                {  {     ∥    `人、ヽ´ 。 :,
               ! ` .,,_ノ{     ノノ^\   ゚。〉
                   ゚,  ∥≧=ー---‐く彡.,,_,:′ o/






  γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
  |  大切な、信じた誰かを殺すくらいなら、
  |  殺された方がマシだって思う子もいるんだよ。      / '⌒}/_ Ⅵ  }~_ ノ   `
  乂____________________..ノ _/ 从::::::::::::ヽ/! / _ ヽ \     ……っ!
        _              }:.:/    /:.:. ヽ{( ∧ { ヾ     '}/ヽイ{(  \ ⌒/
     -=ニ二⌒ 、              /   /:.:.|,: : : : ヽミ ヽ  u.     // ´ノ   ! 〔\ 死は認めるものじゃないっ!
   /=- ─ 、   ≧=‐      ‐=≦  ./:.:. } !ヽ: : : /八     , _ァ '/// /⌒ 二ヽ
    !/      ヽ =ニ⌒      /  ,:.:.:.:.: /} !  ヽ彡  \     / イ  'ノ        いつか必ず死ぬとしてもだ!
         /  /       ィ(    ':.:.:.:. ' / }   〕ニ=- -=≧s。 _'    -==、
        /   ,    。s≦:.:.:/     !:.:.  / ' /   }二 ̄ ̄二ニ=- ‐┬=≦     ヽ_      信仰は生きる支えに過ぎない!
         {    !:./  /⌒'      !   ./    _ノ-=  ̄: : : : : : : : :{   |    !  〈二ニ=-
         ,    !7 ./:.:.:.:./      , /´ _/: : : : : : : : : : : : : : : : :.!   !    !   .\ \ それが人を死に至らしめるなら、
 ト、        ヽ  ∨/:.:.:.:.:.:.:{      ∨ / ̄ | |: : : : : : : : __二ニ=‐  ̄ ,   ,    ! /   \
  、 ≧=‐  -= \  \>'~ ∧       } 〔   ! !-==-  ̄        ∨ ∧  {.//     ` そんなものはっ
  \: : : : : : : : : ノ≧, '     \    | _}   ! !    i             ∨ ∧  '/

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    ただ敵を斃すのとは意味が違う、本質的には命を奪うことに変わりは無いが。

    だが、明確な裏切りの教唆、それも極めて身勝手な。

    恩を仇で返すことを暗に拒否するが、ソロモンはさらに否定を重ねた。

.

4066猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:56:36 ID:qZ5S/F31




                   _
                   Y´/⌒ヽ
.      -=ミ`ヽY⌒丶ゝ{'⌒ヽ
.       Y´: : >: : :`ヽ: :Y`ヽ : ∨
       |:/: : : : : : : ハ : : : : ',: :乂_
     ,イ: : : :〃 : : :}: : }:}! : : 八 :ヘ⌒
.    ,彡/: : : :∥ : : :/: : l: : :/: /: :八
.  '´  {: : : : :{{ : : : { : /: :イ/:彡ノ'
.     ',: : : : :',',: : : ', :|: :≠ン/      ――――……いや、なんでもない。
.      ヘ: : : : : : : : :ヘ{ 、  ,イ
      }:} : : : : : : : :}_{ ̄        つい感情的になってしまって、申し訳ない。
       //: : : : : : : 从:|
     /イ : : : : : : : /:::::>、
.     / { : : : : : : :/ ̄   `'<               γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
    │ ', : : |!: :∥          `Y          |   ううん、気にしないで。
    |  ヘ: :|!: ∥      /  ',            乂___________..ノ
    |    ヽ V      /    |
    |               /.     |
    |.             |.     |







                ;::  }V    : :: :¦ :: ::;   ノ_,,. ::ヤ
                  {:: .,,,_}    :: :: ::.!:: :: .:{   く_,,. ::}
                  {:: \  ,.、丶 `` ̄´"'~ .,  / ::j
                  ヤ ,. ´   ,ィ(^h、,j(^h、   `'く ::′
                    Χ   / /ノ´`マソ ∨:,    \
                    ‰   ∥:.′        ' :,     `、
               ‰    i {{:, ::. :.      .: 卜 :,   `、
                。゚    .:ji i{{ ':;. :::[_/ 「 i  :} ,:゙ `、 ゚,   ':,
               。゚,′  .: :{i {× ̄`:,::. ‐┘: '77‐- ', }::.   ´:,
          ηψ .: .: :::从 {   ヽト、゚:, ::.  .: .;′    }ノ.: :. :.  j゚,    (やっぱり、ソロモンちゃんは優しいし賢いな)
.           ∥.i{  .: .: :∥ ヽノ    ゜、:: ::.:: / \   j∧:: :.:: ¦',
.          ∥ 八 :: :::∥      `  `:, .:,:゙´      ハ::: ::. ,゙ ',    (まあ、普通それに思い至るよね)
         φ.:  \.: ::{{':,  x===、  ∨ ァ==x、 ∥}:: : , '゜ :. }i
.          φ ::   ::::)h人 :                 ,゙ ノ,ィ'.::   : }}    (棄教すればいいって)
         ;ⅰ::   :::{乂``'.         丶       j{アノ}.:::  .:.:jji
          {ⅱ:::.   :∨心., :,                 ノ ´.:ソ.:   .:.:j::|    (でも考えたら無意味って分かるよね……)
          ゚,八:: :.  ::.\:: ::.:) 。,_   弋::::フ   ,,.ィ(:: :: /.:   ..:::;:゙.;
         ', /' .:;_:.. { ̄:: :: ∧::⌒=- .,,_,,. ‐ニ⌒:: :: :: :ア} ..: :::イ:.,′
             ′  ´"' ` 、i{ Χくく{、    ノ '" ヽ}L;;/ ノ‐''"   ′
                  γ ∥c ℃ ` 冖アc Сo }  ヽ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    叫ぶように何かを言おうとしたが、ソロモンの言葉は尻すぼみに終わった。

    彼が何を言うことをやめたのか、サーバルには予想がついた。

    信仰が罪悪感を生むのなら、捨てればいい。

    気軽に言う者もいるだろうが、信仰は弱き人々の心の拠り所や生きる支えだ、失えば心が死ぬ。

    口にしなかったソロモンの思慮深さと優しさにサーバルは好感を覚えた。

.

4067猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:57:25 ID:qZ5S/F31




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
    | (仮に信仰者を犠牲に生き残れたとしても)
    乂__________________..ノ

n                             †            †       __   ♀             □]   .|
_.L「L「| 「|_ † _  .「|| † 「| 」^L 「「|_「L _「lL   .「「|ニl.  † _「||_   .「 「| ./ ̄ | || [ ̄ ̄ ̄]     「|. 「 「|=====|
l l |Ti.「=#.| | | 」 Liニ .コ 「 ニl]l 「 [  ニlコl|. ¨| |「 | ̄  ̄「|=┸ ̄| i「   l |.| | l二 二lコ          | ̄ ¨| l.|        |
l |__l_ |」 |l.| | | .| F | ||  | ||    | | |_|||二|_||   ̄| 「i ̄     .| || [ ̄   ̄「l  | ||.  ̄| ̄|    ̄| 「| l.|   | ̄ ̄「
_ __.|_|   _| |_|_.|..l= .|_||  | ||    | | |_____   .| l |-=====- |_|| | ̄ ̄ ̄| ̄i | ||─‐┴─┘   | ̄ ̄   ̄ ̄「| ̄ ̄
.| | |   |_ __|_|      L|l ==== .|_|_|、___\ | l l.         |      |  l |_|| ̄ ̄ ̄ ̄\   ̄| ̄| 「「 ̄ ̄
.| | | ̄\ | | |                       |_l_| ̄ ̄ ̄\  .|      |  |    ̄ ̄ ̄ ̄      l .l| | |___
.| | | ̄ ̄ | | |                         ̄ ̄ ̄   |      |  |二二二\            ̄| | |__/
.| | | __| | |____                         |      |  |____             | | |
.|_|_| \_| | |_____\                 ./ ̄ ̄ ̄|      |/       /|          /| | | ̄ ̄ ̄ ̄
       .| | | 、─────────── 、.         i ̄ ̄ ̄ ̄'       ̄ ̄ ̄ ̄|  |           ̄|_|_| ̄ ̄ ̄ ̄
       .|_l__.! \                \    | ̄|                    |/
             \____________\   |.   ̄ ̄ ̄ ̄|      | ̄「 ̄ ̄
                                  /|      |  .|      |  |
                                /  |      |  .|      |  |
                             /    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |      |  |
                             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |      |  |

                                                   γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                                                |  (今度は破滅が確定しちゃう)
                                                乂______________..ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






        {::  \:, }                ノイ 丿 ::   :: } ¦
       }.::  :: i{ {      '           √ '´ /.::  .: ::j: ;
        {:,::.  :. 公、    ,.  、     ,.ィ{:: :: ‰    .: :/ ,′ (ままならない、って思ってるんだろうな)
        ∨、::.. 「「\`  .,_     _,.、rセ〔:::/}:: ̄]  彡 ゛∨
         `ヽノ  /С ` ミ=.,,. ´。O∨ ノ/フ''"´       (分かるよ、気持ちは)
               ,.{% ‰ {O }。 °。 ゚ }‐- .,
              / { 。  c,,.∟..∟_c  。 )j   :,
              ,′ ∥''"´   }}   ̄ ̄ i{    ',

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    苦渋を浮かべた相手に対し、サーバルも小さく同意した。

    己のために、他者を踏みにじり、不信を是とし、傲慢となった者達はどうなるのか。

    末路は歴史が証明している。

.

4068猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:57:38 ID:qZ5S/F31



         |〕 : :             ,0:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
         l〕 : :          ,:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕  〔:i:i:i:i:i:i:i:i:О〕 } :
        ,  : :          ,:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕  〔:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i 〕 } :
        ,  : :            ,:iOi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ  {:i:i:i:i:i:i:i:i: i 〕 } :  : :
          ::   !      :〔:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕: :{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕 } :  : :/     {∥   l  Y、 ヽ  ヽ  `く
       ,   :   i     〔:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕  {:i:i:i:i:i:i:O:i }  :  : /       l{    l   } ゙、 Y い  い
           :    !       〔:iO:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〕 :Ⅷ:i:i:i:i:i:i:i:i} }   :/  ノ{     !     l   ! ! 斗十-}  } }
       ,  :  :  :::| :|    : :〔:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕  Ⅷi:i:i:i:i:i:i:} }    {  ノ{ 八  い_,, -十‐ ノ  } ノ}ノ} ノl ノノ
        :|   |   : | :|    :| 〔`"' ‐=≦i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ  〔i:i:i:iOiⅣ v    }   ゙、  \乂ゝ _j,,,_/   /x气くノイ八
      〕 ::|   |   : | :|    :| 〔       ̄  ‐-=:〕 〔=:=:=:v::v    .j    `、   \,,xf气⌒    弋リ:}j! l \
      :〕 :.:|   |   : | :|:    | 〔 r ..,_           〕 〔   ∥′ :   ./       ヽ    乂;゚;;;),,    、`冖|    \_,
      〕 ...:.:|   |   : | :|:    | 〔 Ⅵ     ‐-=--- 〕 〔=ァ.∥  ∥   /       \   `く'"        l     \
     :〕 . :/〕  :!:.  | :|: :  :!ⅳ  ⅵ/≧-   _    〕 Ⅳ.∥  ∥ / / /{   {     \   \ ,,x=冖!   八\乂  \
     〕 /: 〕  :!::  | :|: :  :!〔、: .  "'<      ̄`‐} i ∥ /} /// /l い ゙、 \  ヽ  ト}乂_.ノ  /ト、\    ̄ ̄
     :〕 /: : :ⅵ: | :   | :|: : :  |〔: \    .    ‐‐‐' ゛! レ'.:/: ::〕.{( {/ 八l \ \  ヽ ハ  }ー-   /人l   ̄
    ::〕/:: : : :.:i |: : : ! :!: : : : :! \: :ヽ   ヽ: : : : : :≦: :〕 !イ: : : : 〕 / {   ⌒ `~  ̄ }ノ-}ノミこ弋┐
    :〕′: : : : ! !: : : :| :|: : : :.:〔ニ〕iト、\     . : : ィi〔 ∥: :/ ∥ ´   r‐-< ̄ ̄ ̄`ヽ: : : : : 弋ィ }
   :/  /   }/          ‘, ニ〕iト≧=‐ ィi〔: : :リ∥ ''゛ .  __/⌒~  >x、    \: : :ニ0}く
   |  ,                ‘ ,__               \  \__x~ミ_  \_    ̄\ハ  ̄`⌒\-‐"⌒ヽ
   } : _   __   r、    ___/}                  : : ヽく 〈⌒\  }      ̄~--、 __ ト  (   Y- }
   /ハ ||「::::::::::::::::::ヽ  }:::i   /: : : : : ::人                 : : : :Y`⌒: : / ニへ    `:::::::/^ハ乂 圦 )〉 { l::/:::::. )
  |:::::}` | ト、',\≠ィⅥ  }:}::|  /: :r ー‐ ´  \_,、          : : : : 乂: : : :\j^\  \   ∧い∧示ミ狄斧=乂l{::TlTく
  }:::::::\_j.zチ圦リ ノ ノ 〃ノ  ハ l , ─- __/: }          : : : : : : \: : : : : : : }    >くいい::::辷^>狄xz、 ノ:::::} l
  /|}:::::::}\\` ̄{  ヽ'  V ̄::::::} ,': : : :__: :>'´ー─y       ⌒ヽ : : : : : : 二ニ弌  /: : : : \~ミ⌒ヽ狄^j{/::::/ノノ
 / .リハ:、:::マト≧=-       V:::::iり_/Ⅳ、i         /       : : : :_ -‐''" }^ヽ癶\/: : : : : : : `ミ~、:\\j!{:::〈//
    } V:::::}         }:::i:| リ_,. -=V} , < ̄ ̄ヽ`ー---y    ̄ ̄`~⌒ー'゙// l`ト: : : : : : : : : : :ヽヽヽ l:::jヽY:Y/: ノ
    j }::i: \ ,. ク      /Ⅵj/   /       ‘ ,-:./
       |:リ∨: \     ,:':::::,リ     / |   ,:       ‘:,
      }'  Ⅵ::: :\  , '7/   , '    |   !        ‘ ,_
         ヽ} Ⅵ  ̄ {:ム    /     .!  .!        '.\
              リ    \\ /      |  |           }  !

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    彼らは一切の例外なく、破滅の道を歩んだ。

    歴史を紐解き、そして少し考えれば分かる、厳然たる事実だった。

    現在とは過去の繰り返しである。

    故に同じ道を後世の人々を歩ませたくはなかった。

.

4069猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/29(火) 23:58:51 ID:qZ5S/F31




     .:....   :. :. .... ..                 ..
.,_:.                 :. .... ..                 ..
'"                ..   .. . ...    :.  .:.:.:
...'''"'''''''''''''''':;:;:'''""''''"":;:;''"'';:;,.,.,    "":::::::::.    ....
          ,.,;:;:;:;:;'''"..,.;:.,..,;:;:;:,.,._, ...,,,...,,,,,,,                                    ,
       .,;:,.'""   .,,_,,,...;:;::''""''''"                          .,,,,__...,,;:;'''""''''::;;;;.......,,,,...;:;:;;''''"
   ...........,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''"".';:;:;,.,_,.            :::::::::;;;;;;;;;;;''''''"""'''""""
     .,,.,;:;:;:;;:'""''""'''''''::::;:;:;;,..,,.,.,_.:::::::::;;;;;;;;;;;''           ""''''''''':::::......"""''''''"""''''…           .
':.,  …'"  ...,,,,__...,,;:;''..,.,.,.,.  __.,.,.;:'"';:,.__,  ""''''''''':::::......"""''''''"""''''…           ...::::::'''  .:::::::. .""
''''"""'''"""".""""""""'''''""""""      " "'''''''''''''''':;:;:'''""''''"":;:;''"'';:;,.,.,    "":::::::::. .""
    .....,,,,,;:;'''"'''"             ....,,_,,,...;:;::''""''''"     .,,,......,,,,,;:;''"''':::...,,...;:;:;;:''""'''"";:;.:;;''     ::....
,.,;:;:;:;:;'''""""""         ...,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""   :.    ......,,_,,,...;:;::''""''''".;;;;.......,,,,...;: """''''''''"''''"''''''''''''''''
 .,;:,.'""""'''''''::::;:;:;;,..,,.,.,:;;:'""''''''''  . :..     ;;;;;;;;;;;'....,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""               .""''''''''':::::......"""'''
          . .:.  . . .   . .. ..   . "';:,.__,  ""'''''''''::::.""'''''''::::;:;:;;,.., ''''…       .,.,;:;:;:,.,.,_
.  . :.  .. . :.:.. ..  . . .. .,.              .....,,,,__...,,;:;'''""''''::;;;;.          ""'"
 ....,,.,;:;:;:;;:'""''''''''''''''""""    :::::::::;;;;;;;;;;;''''''"""'''""""           ::::;;;;;;;;;,,,,.....  ...,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""






   |    ハ      {  |ヽ (   ⌒ヽ          ヽ    ∨/   (戦えないこと、傷つけない選択をすることが裏切り?)
  ∧   :| |      ',  \_人                   }
.   ∧  | \     \     ト、       r‐ 、    /     (人手不足は深刻で、破滅は迫っている)
    ∧ :|  \    :{⌒ヽ.   { _〕≧s。.    ` ´ .ィi〔/
.      ∨    \‐=ミ\_ \ .jレ{,ノ___   `7 ‐-<\}/       (でも千年続く悲劇に終止符を打つ機会じゃないのかな)
           ゝ{ `⌒___∠//(_)O`ヽ、ム_/(_)ヽ
              /⌒ヽ  { Oo Oo } O}。O O}
                /     }} ノ   ⌒/} oノ^o 〈

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    千年間変わらず同じであり同じでない、風がサーバルに吹き付ける。

    暗い空を見つめ、過去を振り替えった。

.

4070 :梱包済みのやる夫:2017/08/29(火) 23:58:52 ID:XYB79V2c

なのに何故かマスコットしてるマナボ様

4071エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/08/29(火) 23:59:15 ID:X5l4Gm6s

※この中に1人エンジョイ勢がいます

4072 :梱包済みのやる夫:2017/08/29(火) 23:59:35 ID:gBM3qW4P

笑うわホントwwww>エンジョイ勢

4073 :梱包済みのやる夫:2017/08/29(火) 23:59:47 ID:Zs9aP2x4

周りが散々悩んでるのに誰が勝っても楽しめる最強のポジションにいるマナボ

4074 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:00:06 ID:aemODSkL

やめーやwww

4075 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:00:14 ID:3zh7Fe5l

エンジョイ勢wwwww

4076猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/30(水) 00:00:44 ID:6nVDrFOS


    人類は今まで延々と刃での解決を図り続け、幾つも悲劇を繰り返し、そして今回の災厄を招いた。

    物事全てを平和的解決できたとは言わないし、各人の決断にも相応の重みがあった筈だ。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

                      ,      ,
                  { / ,.ィ二ー<
                _ゝ' / ' ´_ ` ー、-
             `ー>` ,.i '" 、  ` 、ヽ、
.             //j.'/ ´} i     ヽ V',              /:::::::::/ /::,イ:::::::::::::',  ',:::::::::::ヽ 、::\\、
               i''"l/ヽ、リ ' ',   ',   :{           /:::: . //:://::::::::::::::::',  ' 、:::::::::::} ヽ::\>
             ノ  'λ V ./  :! :!    ハ、          /::::::::://::::/ `<__, '´_ __二二_ /::::::::::::::
              ;ヽ、 `.ノ イ乂 ノ :l  ` 、__      _ ィ_ イ, '.:::::::::\   ,, 'へヽ_ .-‐''""、 ` 、::::::
           > ._/イ,( 、  ノ //\/ヽ \>-<‐―‐ '":::::::::::::::::/ //> ´ /        、   `ー
               /l ̄` ー/从 ゝ、. ///// V 、\ ::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /</  ヽ |     , /l::::` .
            / ̄>. 、_./}: : : \/////! ` 、` 、:::::::::::::::::::, '  //`ヾ'、    ! 〕   /, '//,ト、:::::::`
             ,〈: : ;_: : : : \: ノ: : /}、ヽ/// !   ` 、 `ー― ''   /l, ‐z、/- _   } (  _ノ'///,人ノ 、::::::
.         /ニ/ニニヽ: :-: :_: : : /:  三彡ノ//!     ` ー―''''/´::: / 、_ノノ/三三≧ノノ'l=≧三彡'ノl  、::
        lニニ'ニニニニV: :\: : :': :.`ー‐''/// l           /:::::::/ / / /'≧三彡-、-、'、  //、Y´ l   、
          /!ニニ!ニニニ二\: : : : : / /////// l        /:::::::/ /ヾ/ノ-r{{⌒}}   lノ_ >、 (ヽ,l l  l
.        //ニニヽニニニニ}ニ>-イ/ ///////|         ,/:::::::::l 〈 / {|_,r≦'''´l ̄ ` <ノ>、<ll l  l
       ,:./ニ{!=ニ}=/-=ニヽニ/,ゝ/ ///////|        /::::::::::::l/ / ,ノ―、--rr==z、r‐r‐rヽ,∧lノヽ l
        {,ニニ|!ニニヽ=ニ二ニ〈="イ/// ////////!      / :::::::::::/l/ ヽ(   ノ、 ヾ≦彡>>、^ ヾ| /l
.      /ニニリニ二',ニニニ\!〉//// ////////,       / :::::::::::/ /、  ><`ヽ=゙ー‐''=≧、ノヽ,ノ ヽ l
     /ニニニ二二ヽニニ二二i/>-‐ ////////     /::::::::::::/ {  Y {   { >{{⌒}}、  l /} / /
.    /ニニニ\ニニ,.ィ',二二二|ニ\  ///////     /:::::::::::.ノ,勹 、/\>ー-->-'ノフ´_ノ>、,l/ /  //l
    〈 / ̄7ーァニニ!、〈=ニニ二|二ニ /////,''     /:::::, ' ノ { 〈    ̄ ̄l、>、  ` 、 >,/ / K,  l
.    l〈ニ二l{ニ{二二!二ニニニ/ニニ  ////'     /::::/ 〃 ノヘヽヽ、__ ,ノ ヽ {> ._`、 ヘ,ヘ l l,  l

                  ,/!
           / r―"´ ̄ ノ-―- 、____,
          / { /:              <__,
          ヽⅣ:{              ≦      /  /           \:i:i:i)  \
          r- ヾ:.               ヽ    /   r'   ̄ ̄``丶、    -\:i:ヽ  \
          |::{                  ヽ  ノ /              \     ノ _7,    \
          |:::N                 ,、 \' / /              \__/ /|ハ   i⌒ヽ
          }::::::v!、 i!              ミ、 /           \  \     ∨ イ | iリ   i
         ノ__::::::::::ヽヽ             .} ./|            `、  `、     / / |イ'    |
           { !、 !`ヽ、 l!           ハ/, |    '      `、  `、     ∨ / |     |
           ` |l、( ヽ}::、!、 .,   !  .∧/  | |    i  |          i`、  |:V   ,     |
             ヽ\ !ハリ! !、!:、 } /:|/:{/ '  i | |    |  |      |',   i',  |  v'⌒ヽ / |  | |
              \  ミ ハヽr、:::::/ ,、 |  {  | | l 、  _|_八   } |ハ |ハ/  ∨^ |i  |  | |
                \ゝ--才 l!リ リ V     .|人{\ x==ミ   ハ/x====ミ     |) 八:|  | |
             , ヘ、、ノ}:::::::::::::::::::::::::::|x へ、 ,、 .| \  {o乂ソ\{    乂 ソo    |/ |  |  | |
          ャ - "::::::::::::::ヽー---┬-----┐::::::Y:::.|   ハi            : |   | | i八 |  | i
        == 、f-、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}     |:::::::ノ::j|   {仝   '       i |   | |    )   八
                                八  人_> ., - -    イ:|   | |>――<  ヽ
                                 〉、   \  /> _,,. ´ | |   | | /    \
                                   /  \   Y /'   ハ   从 /:|  '"

                   ―  ‐-  _
                    ´        ` 、           o   .o   .o  o  .o
                 '      /       ヽ          |ゝ ノ ゝ ノゝ ノ ゝノ|
              /  ' ;  /  '   '"                 o             o
               '   !.l / / ,. ´  -‐  ヽ 、 '        |   ゚    o   ゚   |
                 {i.` 、.{ i,/'"´ ` ヽ   i! ヾ '       /` ー―――┬‐: :´ヽ
                 l.i i ! .!      ',   .l    ヽ,    , ィ: : :/: : :/: / `}´ヽ: : : ‘,
              _  | l .l .l !.        !   .lヽ,. '"/、  ./ /: : :/: : /{: : :{´¨¨ ¨ ヽ: : : :',ヽ、        _
.             ヽ.` | .l .l‐l .!、 '、_,ィ="' l  l' ィ ,.イ ヽ / {: : : { ≧ーミ、 {:::::::::::::::::::}: : : :}: : \¨ :  ̄ ̄: : : :
              ` |、 ! l |.!ー: ` ` ̄´  l   !.ソ,イ l !  {  | : : :∨:::::::::::::::::::::::::::::::ノイ : /: : : : :\: : : : : : : : :
.              _,. { ィ! !,!l .l        l  .!イハ .リ ',    | : : : :'       ,     / /、\ : : : :` ー――
            /`ー 乂ヽ! ト ` _  ,  .| .ト、 } ;l l 、  .,.',: : : :‘,          '.i´ : | ヽ :\: : : : : : : : _
.     ,.-,/`ー- _,./l l/ i\`    , イ.! lヽ l.l ハ !' .ノ´ lヘ: : : :\、 ´  ̄ /_,! : : !  `ヽ、 ̄  ̄: : : : : :
.     ,ィヽ.\"ー--一'"/j l.ノ lニヽーイ'"ィ! !  l l .ト.', r'   |: :\:_ :≧ー‐ ´ /| : : |     ヽ: : : : : : >
.    〈 、 ヽ.`ー- -,/イ!.!./ニニヽ ,.イニl !ム j ., ― 'ゝ,_ |: : : | ヽ }  / /  .! : : !       } : > ~´
     〉、 - _ ̄ ´    .l.l=/`ー-====! .トニ|/ /´ ̄    /: :/ γ ⌒ Y´´  ∨:∧    > ~´   ,.ィ'
.    /二=‐-_ ー一   l,l'   __   __l !. `l{ .i      /: /` ー 、{    }、、   ∨: > ~´   ,.ィ' ´` : : :

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    だが、時間は有った、止める機会もあった筈なのだ。

    それだけに歴史から他の解決策を学べていたらと、考えずにはいられなかった。

.

4077 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:02:00 ID:laUrmXw3

信仰を理由に戦わず死ぬのを選ぶのは根性座っていると思う。

4078 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:02:02 ID:aemODSkL

親殺し 子殺し
モーさんの件は間が悪かったのだ(間の悪さが重なった結果魔王end見つつ)

4079 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:02:23 ID:pMIVvoV4

王としては甘い、ダダ甘い考えなのだろう
だがたしかに、最終的にユウキややっるがアジ様を打倒すれば本当にハッピーエンドか?と言われるとにわかに疑わしくなる


4080猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/30(水) 00:02:23 ID:6nVDrFOS




                               ィ ⌒ヽ
                  {ー────=ミ、ヽ . }
              >─y´ ̄: : : : : : : : : : : }ノ ノ
                 /: : :./: :/´ ̄: : : : :.^V⌒ヽ<
          i、_/ ー=彡: : : : : : : : :/: : ∨.: .:.\
          人_ イ: : {イ/.: : : : :./: :./.: : : :.}.:. :. .:.|i        審判の日、信じる故に死を受け入れる人々、か。
                 }.: :.|人: : : : :./_.i.: : : :./ : : : : |i
             /: : ∧イ^、 /芯ミ}`: :/`ト:.}: :八         でも今も前線に立ち続けている以上、
               /.: : : :.∧{⌒ {   厶イ{f云フ从厂´
          /./i.: : :. :.∧、_       .ノ  /\_         君は座して死を待つ気はないんだよね?
            {: / .{.: : : : : :.j「 \  ー-- /   /マ
            |:.{ .|: : : : : :/厂 ̄\_/  〈. 〈  ` ̄`7⌒>、
             乂/: : : :_,厶    } トイ {二二> 」、   /   \\
        /´ ̄ ̄ ̄´ \ \   }」 Lノ i     \ /      >⌒\
          {ヘ           ヽ \  /∧ |         ヾ    /    ヽ
        /ヘ ∨   i   ` ̄} \ 〉从} ト」 ̄ i     \__/         ノ
       ./   ∧∨   .|´ ̄ ̄  |   ∨/「 ! l   |            /
       {    〉.〉   |       .| |  ∨ l .| |   |───────イ
       |\ __ / /   }       .| |  ∨/ .| |   |
       ト、__/∧   ./       .| |   只 | |   |
       |  .〉 /   /         | |┌───┐  }
       | 〈_/   /       | |│      |  |
       |     {           | |└───┘  }
        /       ト         | |       .| |   |







.                ,:゙/ 、ハ/|  Y  |ハ/l_, ベ:,
              ん′」  l      l   「  )ハ
               | | _〉  」   」_ 」_  〈_ | |
               | | く_> ’ ⌒^⌒ ‘ <_く | |
                  〉'゙´   ∧  ∧   `゙'〈
             //    〈八W八〉     \\
.            ,:', :'゙   , /: .          ヘ  、 ゙:.、゙:、
           //   |:||: .    .:│.:ハ:│  ‘vヘ
.           / :l   . :|斗キ‐く/ 「」 i7‐jチ‐-|: |: .   l :'.
        ,′:| : . : :∧:ト、V(: : .  .:j/   |:/: : .: | :ハ
         | l | : : :〈 `沈㏍(: : : . .:沈㏍ ´〉: : : |.:l |  うん、王として当然死を受け入れるわけにはいかないし
         | l 人 : : .∧ 《 rうx「`ヽ:ノrうx「》 ∧ : .: 人.:l |
         | |:  l\〈(..} 弋_ソ    弋_ソ  {..)〉/l  :| |   審判なのだとしても、あたしは皆にやっぱり生きてて欲しい。
         | |: : .:\: :八      ,      八: :/:. ..:| |
.          V\: : .:rへ:ヘ、   t‐‐‐ァ   . イ : イ: : .:/V    でも、斃してしまうのも避けたい。
              \」  `Y´> ..`こ´. <`Y´  」_/
        /^「\_    _〉Oo_。{ 8 }。_oO〈__
      rくヽ し' `)  /´(_。_.・x个r个x・._。_) `.
.       ヽ_)く`てr'  /  |i     |i      i|   '.
         「  Y /  ` |i    |i      i| ,  ‘v‐,

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    審判を受け入れれば肉体の死が、拒絶すれば精神の死が訪れる。

    少なくとも武力による解決を目指す限り、この矛盾は不可避だ。

    だから他の道を模索しなければならない。

.

4081猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/30(水) 00:02:51 ID:6nVDrFOS


    サーバルは視線を横に向け、新型結界が生んだ結果を見つめた。

    掌を握り締める力が強まる。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



.         ;  ミ、  :; : :} : : {  ノ  }
.          ¦ .,_jト  :; : リ : : { ∠, jj
.          ! \ _,.  ‐‥…┴≪ ∥
        , '゙}、丶`   /\ /!:,  `゙'、
.     /  ,:`     ; {/\リ ´:,  ´:.
.    ,:   ,:′  ⅰ ;{:.     :, ':,   :,
    ,:   ;    . :{ :i{ :, :.:.    } ∧ :,  :,
.  ,' ,'  {  .: .: :/{ 「\ ̄: .  丁^ i }:. j    あたしは戦う以外の手段での解決を、
.  ,゙ ,゜  :, :: ::∥ N  ^ 、:; :: .:/  ノイ: : ;}
  ;  i :  :`、 :: :i{       ヽ::,:′   }:}:: :ノ}    最良の方法を最後の最後まで模索したい。
  { :{: :  ::{:,\ ':, “^^^`  "´^^”{ノ/ ;}
  :, {:, :.   :.V心.,{`            }´  ∥     これから生まれてくる子供達に、
   ゚:{^ 、:.  ト{へ^h。,_  tー‐ァ _,,. イ} .:从{
      ≫ {⌒¨¨ Y´ `ヽ--=⌒Y¨ヽく       争い以外で平和を勝ち取れたって示したいんだよ。
.      {;.;. ; ; x-┬〉%‐ァ}8}=‐ ゚卜、; ;}
.      {;.;.,∠.,_ {{ο /{{⌒ 、_゚j  \},,_
      √    `:, } ``゛  ´,    ∨ /  ` 、






                   _
                   Y´/⌒ヽ
.      -=ミ`ヽY⌒丶ゝ{'⌒ヽ
.       Y´: : >: : :`ヽ: :Y`ヽ : ∨
       |:/: : : : : : : ハ : : : : ',: :乂_
     ,イ: : : :〃 : : :}: : }:}! : : 八 :ヘ⌒    ――――模索する猶予、いや違うな。
.    ,彡/: : : :∥ : : :/: : l: : :/: /: :八
.  '´  {: : : : :{{ : : : { : /: :イ/:彡ノ'       結界技術を完成させるまでの時間を
.     ',: : : : :',',: : : ', :|: :≠ン/
.      ヘ: : : : : : : : :ヘ{ 、  ,イ            相手を傷つけない新型結界で稼ぎ
      }:} : : : : : : : :}_{ ̄
       //: : : : : : : 从:|              最後に大型の封印結界で三大魔王を押さえ込み、
     /イ : : : : : : : /:::::>、
.     / { : : : : : : :/ ̄   `'<         鎮静化を図る。
    │ ', : : |!: :∥          `Y
    |  ヘ: :|!: ∥      /  ',        と、狙いはこんな感じかな?
    |    ヽ V      /    |
    |               /.     |          γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
    |.             |.     |          .|  うん、間違いないよ。
                              乂_________..ノ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    こちらの意図を全て見抜くソロモンの慧眼に、サーバルは苦笑した。

    長い付き合いだが彼の察しの良さに改めて感心し、肯定する。

.

4082猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/30(水) 00:03:11 ID:6nVDrFOS




                                 ,、
                        /':,      ,:゙^',
                        ,' j゚:,    /  ゚,
                       .゜、ⅰ゚,    ,' /,. ゚,
                         ; ` } ',   ,',゙    ´
                         ,′、¦ ', ∥;/イァ,.  '
                         ,' ミヾj  Ⅴⅱ,. ≪  ;
                       ; ミ,.x ´ ̄```丶、ミ、 }
                        { , '゛//^^\ⅰi , ` 、ノ
                         / / {     ノλ ゚,  :,`、      三大魔王が迫る千年の罪業を
                    ,' ; ; ∧     /}/`:, }   ; \
                      /{ { { {x芯、 /x芯 kjj   }ヽ  \    今すぐ全て清算ことは無理かもしれない。
                        {!':,狄(り \{  りノ∥  ,心、 、ヽヽ
                    /:, \ :, "" _′__ ""ノ_,,.イ ハ \}ノハノ   でも、これから少しずつ
                   ,:゙〃ィ //ヘ.,_ 乂,,.ノ_,,.´r┬‥…≪⌒う
                      乂{,ァァ7ヽ_{ `ヽ.,/___ }_j_,,,.、丶⌒ヽ_,.(    皆で贖罪していくことはできそうじゃない?
                  ∟Lとノ、}  (__√ /\,.   ヤr~´
            ,. .,,_ ,:'´ ̄`ヽ、 /γ´ ー彳=ヽ〈〈 〈 `, ‐ 、}
          ,:゙廴ノ∥  ':,  \ {  {{{     `7¨゛∥c 冫
.       ___た)  ;つ 〇':,フ n\^ 、 〉 〉.,,_   ,′ {c0,:゙
.       ヽ;  rっ¦ С⊂',  ノ  \===- `ヽ ,'    }Ⅴ
.      r '7{\ ⊂:,_)   o ;⊂⊃  0 { `、``丶Y{   ノ/
     乂 { ゚,¨゛ о゚, ° っ}つ rっ O 〉 `、〇i}乂  /
    、ヽ`~゙゙゙゚,C c ゜゚,o O ;о rっ  { ) ゚,`ヽ、 `゛






                  __
.        >―<   ⌒ヽ:`Y
.       /: : :{:乂:`ヽ- 、_  }: :八
     _/: : : : ,:ゝ: : : : : : :)/イ
    ゝ:-=≦: : : : :>'' : : : <: :`: 、
     />ァ' : : :/: : /: : : : ',: ヽ: :ヽ
    /.: :,': : : :/: : :.{: : : : : :} : : : : : :',
   /: : : : {: : : :、: : :ハ: : }: : ,'/ : : : : !                    憎しみも怒りも抑えろと君は言うのかい?
   /:/: : : 八 : : : ≧x,,ゝ:/ :ィ芯ミV: : }: 乂
.   {: {:-=彡ァ从: :《 以 /乂:',`''´ノ://`¨´
  从乂: : : 〈 Ⅵ:.{ "  ´  }〉 " イ/:`ヽ―  _                  γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
      ヽ: : ヽ-`   ___  八: :从   ヽ                |  なら、あたし達は即時の贖罪と断罪も
       彡:/:::::| ヘ  マ : : : :ソ /::::ヘ ヘ    |. ',                |  受け入れないといけなくなるよ?
    >'´∨::::: |:ヽ )h、 `¨¨´,イ /:::::::::', ヘ   | . ',                乂_________________..ノ
.>''´   ヘ `∨:ヽ:\\::マ:::/ /:,'::::::::::|  |   |  l
_      ヘ ',::::::\| |:::|:::| |/:}!::::::::|  ||.   |  |
  \      } ヽ::::ァ‐、:::ー=彡::::}!::::::::|  ||_.  |  ',        だよねー……。
    \  ァ´ 、ノ Y ,イ::::/\::::::::::::::: |_|| |  l\. \
 __ . ァ'゙  ヽ!.  } ::::: > <::::::::::| ̄ | || | / /  }
  /´ ゝ \ 〉_/::::::::\/ :::::: |│ | || | /: /   \
  /: :.ゝ、 \ノ } }:::::::::::::::|::::::::::: |│ | ||// :/

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    感情的になって交渉を拒むのは愚行であり、譲歩だけを求めるのも不実だ。

    心を生かす為に、気持ちを殺す。

    矛盾だがままならないものだと飲み込むしかない、過去を乗り越えるには。

.

4083 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:04:10 ID:laUrmXw3

……無理では?(アジ様と最弱な癖してモーさんの数倍は強いジャンヌを見つつ)

4084 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:04:39 ID:YVEJCn1b

それがベストだろうけど、多すぎるから今回で何割かまとめて清算はしたいけどね

4085 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:04:59 ID:J2wS0skB

ソロモン(剪定) 。oO(それはそれとしてウチの首都このままだとあとニヶ月で滅ぶんだよなあ)

4087猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/30(水) 00:05:33 ID:6nVDrFOS


    今更理性的な話し合いでの解決など、綺麗事の極論だと笑われるだろうか?

    だが人類悪という極限の悪夢が出現した以上、それくらいの理想が必要だ。

    道は険しく困難極まるだろうが、諦観を受け入れるつもりは無かった。

    例えただの代償行為だと、お前の罪は消えないと詰られようとも。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



 { : : : : : :i/ : :/ : : : : : : : : : : : : : : : /\ : : :}、
 { : : : : : :{ / : : : : : : : : : / : : i : :/ : : : :} : : }: .   γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
 { : : : : : :{′ : : : : : : : : :/ : : : :! : : : : : : :∧ : :}: :}   |  私ね、偉大な錬金術師が残した言葉に好きなのがあるんだ。
ノ : : : : : :ノ : : : : : : : : : :/ : : : :∧ : : : : : / ∨∧:}   乂__________________________..ノ
: :/: : : / : : : : :{: : : : i/ : :/}: / ',: : : /-‐‐ }: ::リ
イ: : : : :/ : : : : :八 : : : { : /‐}/¨ ̄} : : _′_ -}:イ
.| : : :イ-‐七I〔: : :`、: : :∨   ___,}: : / 弋:シ 八{
.| : : :人: : : : : (\: :\: :`、<7フ¨7/  V  } ハ
ノ: イ: : :\ : : 个: \:{ \__>  '゙    〉 // ノ    一体どんな言葉かな?
: : :ノ : : : : ) : ノ/∧ `、\          /¨゛  ‐-
/{_ ‐=ニ'//////,\ \丶、    -‐ ´  V,
‐¨   }  ∨//////\ \ }Oo。,,.../',   V, ,
     }   V/////// \ \/ /////∧  ∨



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              /   ./    {   !      ∨:| \  ',    ∧ト、\
           /   /    7V {       V|ィ ヘ |      ∧ i:、\
      γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
      .|  『人間は愚かで何度も間違える。
      .|   だけど学習して道を正しながら前へ進む存在だ』って。
      .乂________________________..ノ
            |      |'       .:i           |      |V ',
            | ',    i       ヾ 丶        | i   | ∨ ',
           i {V    i          _,  ---──ャ  | }    |イ ∨',
              ! | ',     ',     r≦      ___,.、7  | , i    !>、Vi
              V!  V  .∧      }─'        _ノ   :レ l   || Y } '{
               ヾ   ',ハヽ∧    `ー──   ´       ,イ l  |.!|;
                    ヽム ヽ',>-=ニニニニニニニ}   /,′l  ,'  :/`ーヘ
              _,.x<ニニ\ニニニニニニニニi イ  /   l i   ' ,:、 } j
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                       ,.、            ,..、
                      〃: :,           〃Y:.
                     ∥ V:,          〃 }: :l
                         l|   v:,      ,.:'’  }: :!
                         l|   v:,      ./    }: |
                         l|    ': :,jI斗 ‐,’jl l   }:.|
                        7|  }ヽ(, ': : 、_,{: l ',ノ ' ': |        ,、
                      ,从丶   v乂__寸{l: . ゝりK|: :!` 、     /.:}
                    八 ∧:.> '^~ _  _ ~^'<  j: 从 ∨,. ィ.: .:ノ
                 _,.-=ミ, 'ァ'´    ,イヘYヘヽ   `'寸 V_,∠ノ.:>'
                -‐、 7//   ,' 〃   V     '. V⌒ 7´
               r' r、 ァ´.:, '     :l /| |     }  }  ' Vl _j_
               | ァ´.:.:.//   jI斗- ,    /,.ム、}   ',:「~^'ー <
                , 〃.:.:.:.:l/|    /   ヽ、 /ノ '  }7 '   「⌒     }
             >'’ {.:.:/ l从  ,'≫=ミ ∨{  ≫=ミ、}   L7    '    じゃあさ 今こそ過ちを正して、
          >'"´    V/   丶 乂,:,:,:   r`   ,:,:,: /  ,.イl :'     {
      ,.:'"´     ,. '´ { l  ,'  八` ー‐ ,、_ ,.   -へ -=彡 7 |从 .: : : \   少しだけ前へ進む挑戦をしよ。
     ノ      /     | ,{  ,:  八  V-    vソ  /_ノ ノ ',ゝ、゚: : _: 〕h。
      {      ノ≧s。., _ ∨ 乂 、 , > .,`  ̄ ,. -、,.ィ{  ,'  ,| )l \:ゞ': : : : :〕h。.,
     丶  ー=≦`~^' : ー': |ー‐ ―=ミ,{ヽ| (/) ≧='O 0,’:jI斗-ミム_jL,. ---ヽ: : _゚: : :r,: :.∧
       〕≧s。.,      '       / フ:o: 0/: :|o: 。:{ア    /: :゚: :0: : : : : : 乂:ゞ': :r:,: : (ハ
            〕h。, ノ     / {: :゚: : 人_ノ:。: : j     |         ` <: : :r レ'
           /0: : : :>≧s。.,ア  `~/'^~  ゝ-イ!     ',     __ ,.    -=≦〔

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    清算には長い時がかかるだろう、だがいつかは恨みも怒りも許し合える時が来る。

    他者に感謝し、親身になるなど誰にでも出来る事だ。

    先人からの薫陶と決意と胸に抱き、サーバルは微笑んで見せた。

.

4088 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:05:36 ID:/K6hm4AB

借金はコツコツ返すのだ(時間があれば)

4089猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/30(水) 00:06:02 ID:6nVDrFOS


    一陣の風が強い音を立て、間を吹き抜けていった。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



       _ _, _ __,,              ,,,, ,,     ,,,, _,, ,,,  ゙"个彳个^~ィ~ ^^~
_,,                   ,  ,,_         _ _,,     、_,, _, ゙"~イア~ ^^~ ~
  _,,           _,,   __,,               _, _ _,,,                 个チ ~~ ゙
   _,, _,,           _,,_,,   _,,             _ _ _,,  、,_,,    `゙"~彳`"
_ __,,   _,,   ,, _,,                       __   _, _ _,,,    、,, _ __,,, ゙~^
    _ _,,      _ __,,              ,,,, ,,       _,,   __
                 ,   ,,   、,       ,,,,                 _ _ ,,    ,,ψ_,
 、,,          __ _ ,,   _ _v   、,,     、_,,       _v v,,   、!;,_    __ ,,_
  、,,_,, ,,               ,,_、 ,,_ ,,    ,,、,,      ,, ,,_   ,,_, 、.,.



                         _________
                …… … ────────────── … ……
      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・



      .,.;:;::'''""""''''''''"''''"'''''''''''''''':;:;:'''""''''"":;:;''"'';:;,.,.,      . ... . . ....  . .  ..
  _...:;;:''"'"     ""''''''''':::::......"""''''''"""''''…   ,.;:.,..,;:;:;:,.,._, ...,,,...,,,,,,,      . ...   ..  ... .
 .,;: _...       .,.,;:;:;:,.,.,_                 ,,,......,,,,,;:;''"     .. .:.. .    ::...
    .....,,,,,;:;'''"'''"             ....,,_,,,...;:;::''""''''"    ..  ... .  .. .. .      ..  . .
,.,;:;:;:;:;'''""""""         ...,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""    :.:.. ..  . . .. .. .. . .            ,,.,,,.
 .,;:,.'""""'''''''::::;:;:;;,..,,.,.,:;;:'""''''''''  . :..   . :.  .. . :.:.. ..  . .      _,,...;:;:;;:''""'''"";:;.:;;''
          . .:.  . . .   . .. ..   . . :.     ....,,,,__...,,;:;'''""''''::;;;;.......,,,,...;: """''''''''"''''"
.  . :.  .. . :.:.. ..  . . .. .. .. . . . .  ;;;;;;;;;;;''''''"""'''""""                ""''''''''':::::
 .. . .   .  . :.  .. . :..       "';:,.__,  ""''''''''':::::......"""''''''"""''''…       .,.,;:;:;:,.,.,_
               :.:.. ..  . .     """"''''''''''':::::::::;;;;,,,,,....._        ""'"
:.:.. ..  . . .. .. .. . .                            ::::;;;;;;;;;,,,,.....  ...,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''
                     ..  ... .  .. .                           ""



・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    静まり返る砦の高見台で微笑を浮かべた獣人の女王が、こちらを見つめている。

    逸らすようにソロモンは空を見上げると、分厚い黒雲が広がっていた。

.

4090猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/30(水) 00:06:21 ID:6nVDrFOS


    この世界情勢と国民感情を理解した上で、平和的解決を諦めない。

    彼女の宣言は行動が伴わないのであれば妄言だが、着実に手を進めていた。

    平和の象徴にして慈母の王、それが世の評価だ。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━


                ∧ ∧
            :;;;;.V.;;;;;.                   _,ィ≧s。,,/::_,: -=ミx
              ;:;:;:;:゚;:;:;:;:;.                   ,. ィ:::::ヽ:::::::/:::::_::::::::_:::::::\
            ,゙.:.:.:.:.゚:,:.:.:.':,               }:::::::::, ィ'" ̄ ̄``''ヽ、:`:::::::::\
.             ; : : : : : :, : : :,               /::::/, ィ ==三三ミ=x\::`丶ハ
           {      }  j}           /:ィ::i,イ::、::∨/:::::::::::::::::::::::::::ヽ:、:::::\__
            γ^:,,. ~'⌒⌒ヽ、.,_           ,':::::::i:::{:::/::::\:\::_::::::::::::::::::::::::},、ヽ::::::t=ニ=-、
            ,゙//    :   ', `、\        }:::::::ゝ{:::::::::::::',`:::‐-''::::!::::::::::::::::::,:::\:::::ハ ̄ ´
          , { {    j    .  :, ゚:,      /::::::,'::::`:::,:/::::::\:、:::/::}ゝ::\:::::::}:ノ::::::::、::ヽ
        ,゜ :,}    ∧    ゚,   ト、 ',    /,i:::::,'::::::::/ {/、::::::::::::/}ノ  ゝ、:`ト.,_::::::::::,:}ヽ}
        ゚:, ノ     ,′゚:,   ト、 |心, ;   〆' {:::::|::::::::l‐- _\:::::{   ,. -‐Ⅵ:::::::/:::::}' '
         ({    /   j:, /i ) 川 }ノ  {/  |::::l::::从 __ _` \} '´ _,≦、_ }イ/ヽ:/
         !  ,(   ノ心ノ彡'ノノ      Ⅵ:::::::イ弋:rソヾ  `  イ弋:rソ,メ{从 〉
           イ,. \∧^< ノ´         {:/∧:\ ̄   |     ¨´  , /_ゝ
           {{  }゜ }\ \__             ' '/∧     '          /ー':::{
               j-‐ ¬ }', \,.>}               込     '        イ:::::}ヽ}
           }、。c/^^ } }  {             {/\   _ __    , ' !::,ソ====ミx,
             乂 ゚。{-‐=ニ{^:,   :,                r=ゝ\      /  |/     /
            / 。 j゜ ゚゜ ゚{ :,  ゚,            ∨ ∧\ _, イ    |     /
           ,゙。゚。/。°сc`ヽ:,  ;             \' ∧        ∨     /
.             ,゙ ゚ ,:゙ с。°゚ °:,} {           , ィ升込、`        `丶, /ミx ____

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    が、ギムレーの建国者である父の評は逆で、辛辣だった。

    戦の申し子、荒ぶる戦神、そして暗殺者

    ……どれも事実なのだろう、だが過去の事であり判断は自分でしなくてはならない。

.

4092猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/30(水) 00:06:47 ID:6nVDrFOS




      /: : :.>: :_   :}              V ): :=‐: :>: : >--->
        {: : /  ‘,  .:            /{‐‐<: :‐<: :‐‐‐七,,_
        { :〈    ‘  、              /   V)  ).: : : :.`¨¨゛/⌒      そうだね、武器に拠らず、
      人 :\___ 、  _ -‐ ア    /   ∨i/‐----‐ ア
          `¨¨¨¨¨¨゛、 ` ‐     / / ̄ ̄\ __/            理性的な話し合いなどで
.                ` 、     .イ: / -‐…‐- `、
                  `-‐ \ノ/         `、 \              平和に解決できれば、良いと思う。
                   /             V ,  、
                   {              V/,  `、             僕も子供や国民に戦って欲しいとは
                   {   / ̄\     V/,  `
                 /{  /      `、     V/    、          考えてないよ、ほら僕って喧嘩弱いし。
                /.:.://  /\   }    }{     `
                   {.:.:∥   /   ヽ  \   八    }






              | |       | }  |   ||
              | l   ,.. -‐'' ┴─'- 、.リ
             _{ i/     /\/ヽ、 \
           . '´/                \
        / //    /  / !      i     ヽ
.        /   .i     {  ,k‐‐、     j ハ.    :
       /     {    ハ { ヽ{     'Tヘ ! }  i
.      /    ∧    i  Vf茫vヽ.i  /_,,  } /  ,'
     / /   / /⌒ヽ { 〃 hノvリ }/ 衍i, ハ  ./
     ,'  i    { iて ヽゝ  弋.ソ    hiリ j  /       平和を求めるのに
.    {   !    ゝ ゝ           ' ゙-' 〈 ,イ
    ハ  ハ      `¨\      、 _,     ノ´ .}        喧嘩の強さは関係ないし、
     ヽ{ {\  {   i  `>        _. イハ リ
        \{ \{V\ハ_,/⌒ヽ`{ ̄ノ,へ ノ jノ        とっても賢い頭があるじゃない。
           /, -=ゝ{o O ゚ }⌒Yo O}
          /o/  .||ノ o oム__ノ o 〈
          /   /    ||ゝ--‐'´|| `゙'、-'ヽ
         ゝo /!  ヽ.|l      ||   ヽ \
        `^´「 ̄ ̄`ヽ    ||     ljr‐‐'┐

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    身に余る賛辞を苦笑で躱すと、金髪から覗く猫耳が目に留まった。

    獣人と亜人と人間の心を一つにすることで成り立つ、超多民族国家の統治者。

    全ての生命を愛する、それくらいの気概がなくては纏まらないだろう。

    人を人たらしめている心を失えば破滅する、それを回避のための共生模索。

.

4093 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:06:51 ID:8JzixVmw

理想としてはわかるが実現するプランが現時点では何もないのが辛いなぁ

4094 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:07:04 ID:Xk1FoJPx

ニライカナイ「でえじょうぶだ、アマカスがいればなんとかなる!」

4095猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/30(水) 00:07:11 ID:6nVDrFOS


    彼女は間違いなく英雄だ、それ故に自分は期待を裏切らねばならない。

    現実を見ていない、そうとしか言えないのなら、指摘するしかないだろう。

    圧し掛かる疲労感を堪え、ソロモンは呟いた。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



                               ィ ⌒ヽ
                  {ー────=ミ、ヽ . }
              >─y´ ̄: : : : : : : : : : : }ノ ノ
                 /: : :./: :/´ ̄: : : : :.^V⌒ヽ<       そう言ってくれる相手に言いたくはないが、
          i、_/ ー=彡: : : : : : : : :/: : ∨.: .:.\
          人_ イ: : {イ/.: : : : :./: :./.: : : :.}.:. :. .:.|i      その案に賛同できないよ。
                 }.: :.|人: : : : :./_.i.: : : :./ : : : : |i
             /: : ∧イ^、 /芯ミ}`: :/`ト:.}: :八        小さい頃から世話になっている貴女に、
               /.: : : :.∧{⌒ {   厶イ{f云フ从厂´
          /./i.: : :. :.∧、_       .ノ  /\_       心苦しいけどさ。
            {: / .{.: : : : : :.j「 \  ー-- /   /マ
            |:.{ .|: : : : : :/厂 ̄\_/  〈. 〈  ` ̄`7⌒>、
             乂/: : : :_,厶    } トイ {二二> 」、   /   \\
        /´ ̄ ̄ ̄´ \ \   }」 Lノ i     \ /      >⌒\
          {ヘ           ヽ \  /∧ |         ヾ    /    ヽ
        /ヘ ∨   i   ` ̄} \ 〉从} ト」 ̄ i     \__/         ノ
       ./   ∧∨   .|´ ̄ ̄  |   ∨/「 ! l   |            /
       {    〉.〉   |       .| |  ∨ l .| |   |───────イ
       |\ __ / /   }       .| |  ∨/ .| |   |
       ト、__/∧   ./       .| |   只 | |   |





                  | i _)      / /___j{   (_i|
                  | i  \__ .。s≦¨ ̄ r‐:、\-くi|
                  | i .ィi〔/       ; |i:}\\ト、\ /
            、ヽ` i/ ./     ;  | {iノ  \iノ  ∨ /
          、ヽ` // ./       {  |       ',. ∨ /
         /   / ./ ./      :|  ∧ ',      ', '. ∨ /
        /      / ./       |  | V∧        | | ∨
       ,:'       | /       :∧__{  V∧ {     }∧ |
.      /   /     .!.{        :/ Ⅵ``ー-t' ', __,ノ∧ i| !
     /   /      ゝ       /   ィ=≠ミ、 \ ',  / i i| /ヽ
.   /   /         \    !  〃_,)ハ ヾ  ヽ} 笊 | 'イ: |
        /        /´\   |  ∥{トuイ}     jノj.} ∨ |  |
   |    {           { ⌒_\ ',   ゞこソ      {_(ソ }} / /
   |    ハ      {  |ヽ (   ⌒ヽ          ヽ    ∨/
  ∧   :| |      ',  \_人                   }
.   ∧  | \     \     ト、       r‐ 、    /      ……そっか。
    ∧ :|  \    :{⌒ヽ.   { _〕≧s。.    ` ´ .ィi〔/
.      ∨    \‐=ミ\_ \ .jレ{,ノ___   `7 ‐-<\}/
           ゝ{ `⌒___∠//(_)O`ヽ、ム_/(_)ヽ
              /⌒ヽ  { Oo Oo } O}。O O}
                /     }} ノ   ⌒/} oノ^o 〈

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    予想していたのか、知っていたのか、サーバルの返事は短かった。

    何故とは言わなかったが、目が正面から合う。

    彼女の注視に対し、ソロモンは渇いた笑いを見せた。

.

4096猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/30(水) 00:07:38 ID:6nVDrFOS




                  __
.        >―<   ⌒ヽ:`Y
.       /: : :{:乂:`ヽ- 、_  }: :八
     _/: : : : ,:ゝ: : : : : : :)/イ
    ゝ:-=≦: : : : :>'' : : : <: :`: 、
     />ァ' : : :/: : /: : : : ',: ヽ: :ヽ
    /.: :,': : : :/: : :.{: : : : : :} : : : : : :',         敵対者とも共生する。
   /: : : : {: : : :、: : :ハ: : }: : ,'/ : : : : !
   /:/: : : 八 : : : ≧x,,ゝ:/ :ィ芯ミV: : }: 乂        理念は素晴らしいけど、
.   {: {:-=彡ァ从: :《 以 /乂:',`''´ノ://`¨´
  从乂: : : 〈 Ⅵ:.{ "  ´  }〉 " イ/:`ヽ―  _      そんな余裕が人類にあるかい?
      ヽ: : ヽ-`          八: :从   ヽ
       彡:/:::::| ヘ    , ァ  /::::ヘ ヘ    |. ',     大陸全土で無傷なところなんて無いほどに
    >'´∨::::: |:ヽ )h、    イ /:::::::::', ヘ   | . ',
.>''´   ヘ `∨:ヽ:\\::マ:::/ /:,'::::::::::|  |   |  l    戦火は広がっているんだよ?
_      ヘ ',::::::\| |:::|:::| |/:}!::::::::|  ||.   |  |
  \      } ヽ::::ァ‐、:::ー=彡::::}!::::::::|  ||_.  |  ',    やらせてもらえると思う?
    \  ァ´ 、ノ Y ,イ::::/\::::::::::::::: |_|| |  l\. \
 __ . ァ'゙  ヽ!.  } ::::: > <::::::::::| ̄ | || | / /  }
  /´ ゝ \ 〉_/::::::::\/ :::::: |│ | || | /: /   \
  /: :.ゝ、 \ノ } }:::::::::::::::|::::::::::: |│ | ||// :/
  {: / { 乂_ イ ハ:::::::::::: |::::::::::: |│ | | /\






                          _,,.
                       、ヽ` } ┐
                 、 `   } {i/{
                   /    ∧ {{ⅰ
                , '゜   ト}V リ jjノ」
             /   ー`   ,:゙ ∥(]
            _,. ∥  冫_,,. / ∥くj
         、ヽ`  i{{、丶` / /`丶ノ
.        、`    /   ,:' ,゙ ∥/ヽ心、
.      ,:゙     ,:゙   /  j{ {  /   }:,
.       ,'  ,:゙  ,゙    i{ /‐-А={¦   ; ゚。
       ;   ,'   ':,   从{ ,xッx,ヽノ  ノ  '
.     { ∥  γヽ.,_  {x'゙ん犲 }xくフ/ ¦      その余裕と対話の場を作るために、
.      八 {  {八、 <⌒`┘ 乂ツ  ん》'  ノ
      ヽト、  ':, `ー1   :':':':    {ヅ_,. '゜        封印結界を開発してもらったんだよ?
         ` .,_ ト、}\    - 、 :':}i }
.              _rL,_r` .,_ _,,.. ィ゙ソ                  γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
         _ ‐ニノ=ミ{ %▽⌒V´                  |  僕が言ってるのは時間の方じゃないよ。
        _ ‐ニγ´  `Y゚:, ゚。 }}、。}                     乂_________________..ノ
      ⌒}с ;     :,  ̄ '~ミ\
       ^レ{     / 〉     `、\
.         { ̄´"'~{  /,       }  :,

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    分かっていない筈がない、ならはぐらかしたのだろう。

    駆け引きを止め、ソロモンは言葉を変えた。

.

4097 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:07:53 ID:laUrmXw3

甘粕無双はやめいw

4099 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:09:07 ID:aemODSkL

>>4094
アマカッス「(三大魔王どうしよう…ムリポ)邪龍薙ぎ払いながら」

4100 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:09:20 ID:laUrmXw3

光を閉じ込めておける籠を用意することになるから地雷踏みそう、と、ふと思った。
結界って、つまりはそういうこと……で、いいのかな?


4101 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:09:55 ID:/K6hm4AB

>>4100
あっ……。

4102 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:10:09 ID:aemODSkL

>>4100
あー…

4103 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:12:24 ID:DENfAJ4f

>>4100
つまらないって言って暴れそうやな

4104猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/30(水) 00:13:20 ID:6nVDrFOS




        ( ⌒ヽ、
       (  )   ) 、                  |
      (´⌒::::`    )                  .||
     (    (                ;   人;_| |
     ´   ⌒    )           |.」.| .| 」| |人;;从;;;;:
    (´::       )  ..:)    ;   人;;从;;| .|-l .| .|. l⌒l‐┐
    (:::::::       ;;人;;;   人;;从;;;;:|_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.|
(´⌒;:⌒`~;;从;;人;;;⌒`;:(´⌒;:⌒`~;;  .l |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|人;;从;;;;:(´⌒;:⌒`~;;从;;人;;;⌒`;:(´⌒;:⌒`~;;  .人;;从;;;;:
;`(´⌒;;:⌒∵⌒`);(´∴人;;ノ`;;`(´⌒;;:⌒ l | .|:::::::::::::::::::::::::::_|__: : :/: : : : : :. :. :.| ∵⌒`);(´∴人;;ノ`;;`(´⌒;;:⌒ l |,,| ̄
F√i-ュ| ̄|明-ュ| ̄L―┐-ュFl-ィニニユ 「 ̄|:::::::: jI斗''゙~^´: : : : : : : : : : :`'': : : : : : : : :|  |明-ュ| ̄L―┐-ュFl-ィニニユ 「 ̄|:ニ
:::::::::γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶: : : : : _____: : ヽjI斗 ''゙~:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::|  身動きのできない敵対者がいるのなら  |  : :''~´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::乂_________________..ノ  : : : : `'': : : : : : : : : : : : : : : : ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /: : :´: : : : : : : : : : : : : : : `'': : : : : : : : : :./:.|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/: : : : : : : : : :|: :. :.\: : : : : : : : : `'': 、``<: } :  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    , ': : : : :./: : : : : : |:.: :. :. :.\: : : : : :. :. :./: : : ∨/|
                      /: : : : .:./:. :.|: : : : :|\: : : : : :\´:.: :.:./: : : : : : ∨/
                        /: : : :. :./: :. :.|: : : : :|:. \:/: /\/,ィ\: : : γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                    /: : : :. :./: : :. :.|: : : : :|   /``''   ,jIイハ  }/\|  始末した方が憂いが無くなると言ってるんだ。
                      /: : : :. :./: : : :. :.|: : : : :|      /V ij リ  ' ツ乂___________________..ノ
                      \: :. :./\: : :. :.| ̄三三三三三三 ヾ才   f/:.: :.\: : : :\      ./  .//
                       \/  .\: : | 圦 ○ 三三三三三三三三  Y:.: :. :./\: : : :\ .   /  .//
                             \{: :/ヽ三三三三三三三三三/ {:.: :.:/:|___.\: : : :\''゙   //
                        /: : :./       __,         ヽ_/才__〕s。: : :`''~、イ
                          /: : :./    >   `¨ ´   ,ィ    //<{__ム斗=``ー
                            /: : :./___ /: : : : : `: : ー : :ヽ    //      `ヽ      ``

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    思い浮かんだのは、一瞬で消滅した王国、殺戮を続ける三大魔王と邪龍達。

    そして怯え、逃げ惑い、憎悪と憤怒と恐怖を瞳に宿す人々。

    感情で対立する両陣営。

    両者が合理的な対話できる、ソロモンにはそれを信じることが出来なかった。

    七星国家の頂に立つ国王として、一人の親として、むかつきを抑え口を開く。

.

4105猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/30(水) 00:14:02 ID:6nVDrFOS




      〈     ヽ!   }  //r ' ノ \   //  ,.:' ,.'´  ! \ v
        ヽ         }/  ,.:'´、    ヽ!イ    /     i ./ ヽ!
       {_                 ヽ  / {/  '/ ,:′   } /   共生? 気紛れ一つで星を滅ぼせる超越者達を、
        {` 、        ,′   Y´   /  ,′ i   ノ /
        }          イ   _,。s≦ ~}/  ,′  .l、 / ./       どれだけの間生かしておくつもりだい?
         ゝ __,.。s≦  _,。s≦jI斗ャ≦~:.}i  {     ,.'   {
          ,. :´ / } f´ >.:゚゛´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}/ {   /、`ヽ ヽ     負債を残すような真似、僕に許す気はないよ。
            /  { f´{/ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V/ {   {  `ヽ}   `ヽ
           j}   { V /.:.:.:.:.:.:.:jI斗ャー ― - V/ヽ         }



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  .γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
 .. . |  子供や民達が武器を置き、安らげる世界にするために     .. ... . :..:.:. . . ...   . . .. ...:.:.:.:
. .:.. |  三大魔王は滅ぼすべきだ、僕らの世代でなんとしてでも。   . :. :.:.:.:.. .  ... :.   .:.:.:.:. . ....
. ..:. 乂_________________________..ノ. .. .... .  . .. ...:.:.:... .
... . .    .;i;';.      . ...  ......  ... ....    ...          ⌒ヽ    . .. .:.:.:.:..      ... ..
   ,.;i;';.,,;;`;;i`、    ... .      . .. .   ... ....    ...        . ...  ......       . .. .
  ,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,.
 ,.,;:;;`;;i`:;:i;,|i!''".                                 .;i;';..;i;';.
..... ""'|i!''''"  i|!、....,........... .......,.,.......,..,.,,.,,. ...... .......,. ,.......,..,........... ...    ,.;;.;i;';.,,;;`;;i`、;i`、 . ............ .
'::',:'':';:,.,i|!、:.,"'`::'::',:'':'`::'::',:'':'` "'"' "'''.''' "'''.''" '::',:'':';:;..,"'`::'::',:'"'`,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,;:。;:;;, ,.;i;';.
 "''    ::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;:;;`;`;;i`:;:i;,|i!''";,|i!'',.;;:。;:;;::、
'::',:'':'`::'::',:'':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::', '""''|i!''"  ,i|! .....i|!,.,;:;;`;;i`:;:i;,.
'::',:'':';:;'"'"''::',: '"'"''::',:::'::',:'':'`::'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,":,.,i|!、'`'::',:、'':';:;..,..、""'|i!''"
',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::              γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
"'''.''' "'''.''"'"''"'"' " "'''.''' "'''.''"'"''"'"' "'':';:;..,"'`',:'':'`::':|  なら、人類の恩人を手にかける重責は、どうする気?
:::       ;..,"'`',:'':'`::''" ;;                乂______________________..ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                               ィ ⌒ヽ
                  {ー────=ミ、ヽ . }       執拗に命を狙ってきたのは向こう、正当防衛さ。
              >─y´ ̄: : : : : : : : : : : }ノ ノ
                 /: : :./: :/´ ̄: : : : :.^V⌒ヽ<         そして信仰対象を討つ咎は……いいよ。
          i、_/ ー=彡: : : : : : : : :/: : ∨.: .:.\
          人_ イ: : {イ/.: : : : :./: :./.: : : :.}.:. :. .:.|i       僕が三大魔王をすら殺める魔神王になることで背負おう。
                 }.: :.|人: : : : :./_.i.: : : :./ : : : : |i
             /: : ∧イ^、 /芯ミ}`: :/`ト:.}: :八      残された人たちは、僕が全てを指揮した、と
               /.: : : :.∧{⌒ {   厶イ{f云フ从厂´
          /./i.: : :. :.∧、_       .ノ  /\_        流布してくれたらいいよ。
            {: / .{.: : : : : :.j「 \  ー-- /   /マ
            |:.{ .|: : : : : :/厂 ̄\_/  〈. 〈  ` ̄`7⌒>、
             乂/: : : :_,厶    } トイ {二二> 」、   /   \\

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    特に気負うことなく、そう見えるよう苦心しながら、サーバルの問に答えた。

    憎悪と共通の敵は、生きる動力になる、歴史を見ればそうだ。

    獣王の瞳が見開かれ、奥で驚愕と納得が混じり合っていく。

    彼女は唇を強く噛み締め、首を左右に振った。

.

4106 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:14:10 ID:YVEJCn1b

光は本気でつまらないと思わせたらヤバイよなぁ。遊び抜きで政治的にヤバイとこ狙って暴れそう

4107 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:14:51 ID:aemODSkL

ソロモン……

4108 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:15:49 ID:J2wS0skB

たとえ以前良いことしていた人間であっても殺人犯せば殺人者じゃって理屈は通らんのかねえ。

4109 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:15:51 ID:laUrmXw3

たぶんそれで恨むのはごくごく少数で、恨んでテロる奴らに憎しみは向くのではなかろうか……?

4110猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/30(水) 00:16:25 ID:6nVDrFOS




                  /   /   |×~ ̄    \   \
        ./ ̄ ̄`ヽ ̄ ̄Y⌒ヽー-、/ . /|   \ヽ    ヽ    ヽ
        / 、     ハ   |   }  ∨   |/_ィ≠=― \ \  、_>  それじゃあ、人柱だよ。
.         l  `¨i  / |   |   |`ー´  |  ,ィ㌢、 ` ∨  | ヽ ヽ  \
/     l    |  | /  /  / /   /l 〃 乂__てノ|/l ノ  | ノ   ヽ   あなた達が嫌う、特別な一人による救済だ。
        l    ヽ,,ノ |  ,イ  / / /⌒)!/ヽ_ ´   / .|∧  ´|    、 \
.       l     |   ゝイ ゝー' ,レ′ /      }      ∨ ヽ    ヽ_>
      l     .|    _   ー/   /     |      u }    \    ',
       l      ! /          ノ\_             |`\__ > |
        l     /          /                   |   \    ノ






              _、丶`: : : : ≧s。((⌒ニ=‐ ミ
             _ノ: : : : : : : : : : : : 、: : : }h、
        (ニ=‐=ニ: : /: : : .′: : : : : : \: : : : \
        乂__: : : : : : : : ./: : : : : : : : : : : : : : : : ::.
         /: : : : : : : :/: : : : : :.、: : : : : : : : : : : 、: ≧=‐彡
        /: : : ′: : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : : : \⌒´
      < __: : ノ: : : : : : ′: : : : : : : : ヽ: V/: : : : 、 : : \
        ⌒¨Y: : .′: : :.l: : : : : : : : : : 人: }: : : : : :.\(⌒
           l: : ノ: : : .:人: : : : : : : ./‐=≦、: : : : ノl          でも、それが一番確実だ。
         ノ/l: : :¬=‐\: : : / _.、ュぇァ ヽ: Y 人
         / .人. l./-=ぅァ)/    ̄   ..: :.)ノ: : : \__ノ〉       貴女だってそれを考えたことはある筈だ。
            ): 圦     l.       八: : : : : : : : :/
           /⌒Y: :.、    :、     イ | ヽ: : : : : ⌒ヽ       やる、やらないは別としてね。
       乂___/: : : : ..l: : : \  - ‐   / |: : : : : ',: : : : \
       人: : : : :_ -ニ| (\:| 个:.(ヽ ィ( / 人: : : : : :',=- _: )     憎むべき悪役がいれば、生きていけるだろう?
       _ -=ニ   .人 \\-_-_ ∨イ-_-_-_ヽ: : : : :`、   ≧s。
     /     /: : : :ノ`、`、-_  V-_/-_-_-\: : : :\  / ⌒V
      / ヽ   ./: (\/-_-_ `、-_ V-_-_-_-_/⌒ヽ: : : :.Y
    .:′  ` ./: : : : \\_-_-_  ∨}   -_-_-_/    Y: : .:l     l
       Y: : : : :/ l.\\___)  ´  ∨-_-_/ ^)  .: : : ノ     |
   ,'   人: : : : (r‐‐ -- 丶         乂_/ /  ノ: /      ′
    l      \: : .\ニ=- _            / /: /   ノ   /
    |     | \ : : \-_-_\            / Y: .    /    /

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    何かを言おうとするサーバルを視線だけで黙らせる。

    必要な時に手を下せないほど、獣人の女王は手緩い人間ではない。

    証拠に、今も邪龍戦線で荒れ狂っているとの報告を受けていた。

    だだ最後の一瞬まで敵にさえ心を向けるのが彼女の在り方なだけだ。

.

4112 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:18:05 ID:Arz5Q5ZM

>>4106
元になった人考えると能力的にもやれそうなのがホントにヤバイ

4113猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/30(水) 00:18:33 ID:6nVDrFOS




                /{
                   乂 -‐…‐- _
              /⌒`        ‐
                  /       /          ¨ …ァ
             ,′/     イ          /           貴女自身がどう思っていようとも、
             个/  /‐- }     i  } { `、/ ̄ ̄ `ヽ
             |,′/-=ミ ノ .   ノ  } 八 V,        }  周囲は全ての生命を愛する慈母の王と見做している。
            _j イ  └' /  /  /}i ./-‐…‐}i}     /
                {       / / /: 八/  / /:.}       {   こんなことやっちゃいけない、やるなら僕が適任だ。
                  '゛ }/  /..   / ./: : }     i 八
            {  ̄´    /⌒゛‐       /}: : :}     { 、 \ 全部が終わったら……隠居でもしようかな?
                }     __  ‐:' : : : : : .‐ _/  }: : :     ∨\ `¨゛ ノ
               ‐=ニ _ : : : : -‐……‐┐    }: /       ∨ `¨¨¨゛   γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                ┌ ̄ -‐…・・・…‐ !     }/         ∨         |    そんなの納得できないよ。
                |/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{   /       i ',       .乂______________..ノ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶                   ノ         <
      .|  ゲーティアちゃんやマシュ、                   フ _______ 孑
      .乂____________..ノ         __z-√`''厶_|   ィ@フ  | そて‐-z__
          /                \   ヽ     _>        {_| 〔トェv‐vェイ |从{    <_
              /                ∧   ∧    〉           |__]  _|: Y_/       〈
         //   /           !      ∧   ∧  ∠_         ミx:::心_二_イリ{        ,ゝ
       //!  /         |        ヽ  '.  イ        _孑////////j{ィ      ≧
        // l  |        / ハ .! }  .| .|  .!   ト, Ζ___      ミx//////////彡x      _ミx
        !{ .!  |    /   /__./_!_| .! ..| .|  .!  .∧  イ::}イム\リ\{─────‐弋=从i个リト、
        !.! !  |   ./  / / ./ _∨` ト、 } .|、 |   .! !  j{::::j{ ∧=ニコリ::::::::::::::::::::::::::::::::::/三)}i::}i
      | { !ヽ∧  .ハ  / //イ'ん心、 ./  !.∨    | }  j{__;j{∨ ∧=ニコs≦ ̄¨"'''- ュ,,≦_弋¨ム:::}!
      ヽ 、! {.∧| .{ |/ ´   弋zソ´/  | ∨ .!、|/  j{::::j{ ∨ _》////≧¨¬<_    }//∧ム:::}!
       ヽ}  .込`  l     :::::::::::}./    !) ヽ |    |___|   ∨イ//////}_,s .__ j{/////}:::|
        |ハ   ∧  、  __     /..|  .!!  从}    |:::::|  j}守 __ - ´´ ̄       `¨ ‐ 、:::::|
        ' ∨! ,_ゝ         ィ _!|  /リ j ∧,'    |___| , -'"´:          ̄ ̄    ヽ
          〉ヽ{   〉ー、 ≦  // !、/ー-=ニ=_      /. : : : :              ,   ̄  ヽ 丶
            /    /=={ ヽ -≦{ {.〉====//     ヽ ,,.'. : : : :             / /::::::ヽ l   ヽ、
          ,   ! ./=ニ=〉ニニニニ=∧====}.}      /. : : : : :              {  {:::::::::ノ !   ヽ
          {   ∨{=ニ=\ニニニニ<====}.}      /. : : : : :                丶 ` ´ ノ       ヽ _
          ',   ./=`≦∨/////// ≧=//ヽ|   /. : : : : :                    `ー‐ ´          |
        ∧   ,.'=ニニ=.∨////ニニニニ∧ |   /. : : : : :                            i
            ∧ ィ= .<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\                       __ i
             /=ニニノ:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::i⌒                            l
         /ニニ.⌒7:::::::::::::/::::::ヽ::::}:::::::::::::::::::::::\::::::::::::::∨                            /
            'ニニニ.∠::::::::::::::::::::::::::::::∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\                           /
           {=ニニニ. /::::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::|⌒                           /
           ,=ニニニ{:::::::::::::/ ',:::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::: |                        /
          人=ニ.八:::::::::/   ', ::::|\ト、::::::::::::::: /、::::::::::: ::::\                        /
           >=ニ 从:::/x==ミ \|  x≠ミ`、:::/  .}::::::::/¨¨⌒
                ∨ノ|           ∨ __ノ:::/ : :γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
               ∨ニ  ノ         /::::::/ .`¨i : |  ギムレーの人たちはどうするの?
                      圦   `  _    ノ ∨     乂______________..ノ
                      ∨::::::ノ イ   }
                        \ ____、‐''゛  。s≦、
                         ノ\__,,。s≦   ∧

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    耳に入った呟きは小さかったが、悲鳴に似ていた。

    娘と家族の名を聞き、胸が詰る。

    脳裏に娘と弟、頼れる部下達、民の姿が次々と過ぎった。

    が、それを振り払い、努めて明るく告げる。

.

4114猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/30(水) 00:19:14 ID:6nVDrFOS




                、: :. : : . : .: : .: .: .:. : : . : . :. :. : .: : .:
      ,. - 、    __ノ:}   : . : .: : . :. :. :. : : : . :. :.: .: :. :.
       {: f´   >. : : : : Y´`ヽ、 : .: :. : .: . : .: . :. :.: . : . : .:. :. :. :
       ヽ:>:´-:': :-.、:`ヽ: : : : :ヽ  : .: .: .: :. : . : : . : . : .: : . : .
      ノ: : : : : : : : : : : : : ヽ、:.、:丶ノ} : . : . : .: .: .: : . :. : .: .: :
    ヽ、_,: : : : :r :{ : : : ト、: : : >: ー '    : : : : : : : : : . : . : :
      /: : : : : {ViV/: : !-ヽ; : }、: : : }     : : : : : : : : : : : : :  大丈夫だよ僕の国の皆は優秀なんだ。
     ノ: : : : : {, へV:.リ ,- 、: :} 〉: :V       : : : : : : : : : : :
      `ー ; : : : :.,ゝ- ン    }/!ノ: : : :.,      : : : : : : : : : : :   だから、僕がいなくても上手くやってくれる、きっとね。
      ノ_ノヽ: :.>    、  /: :\: : : :.,       : : : : : : : : :
         { { ゝヽ、 v ラ /l、: : /`ヽ: :,       : : : : : : : :   ほら、後の事を考えたら、僕がやるべきでしょ?
         _ `ヽ、  `ヽs。イ//!ノi/  }ノ|        : : : : : :
      ,ヘ´   ` }≧s、}`Y {:.:.:.:.ト  _          : : : : : :
      .{ヽ\  〈、   }:}◇{:.:.:.:.:.:!     ~  ヽ/    . . : : : : :
      i{   >.> / ` ̄i´_::__:.:.:.:.:.r i― - - }!   V/ . : : : : : :
     i{// /   l´  } }:.:.:.:.:V !  | |}!  . : :. : : :
     {、<  ./    ! 、 .} }:.:.:.:.:.V !  | !}!. : : : : : :






                ;::  }V    : :: :¦ :: ::;   ノ_,,. ::ヤ
                  {:: .,,,_}    :: :: ::.!:: :: .:{   く_,,. ::}
                  {:: \  ,.、丶 `` ̄´"'~ .,  / ::j
                  ヤ ,. ´   ,ィ(^h、,j(^h、   `'く ::′
                    Χ   / /ノ´`マソ ∨:,    \
                    ‰   ∥:.′        ' :,     `、
               ‰    i {{:, ::. :.      .: 卜 :,   `、
                。゚    .:ji i{{ ':;. :::[_/ 「 i  :} ,:゙ `、 ゚,   ':,
               。゚,′  .: :{i {× ̄`:,::. ‐┘: '77‐- ', }::.   ´:,       あのね、王様はさ
          ηψ .: .: :::从 {   ヽト、゚:, ::.  .: .;′    }ノ.: :. :.  j゚,
.           ∥.i{  .: .: :∥ ヽ     ゜、:: ::.:: /     j∧:: :.:: ¦',     とってもやりがいのある仕事だけど、
.          ∥ 八 :: :::∥      `  `:, .:,:゙´      ハ::: ::. ,゙ ',
         φ.:  \.: ::{{':,  x===、  ∨ ァ==x、 ∥}:: : , '゜ :. }i     すっごく大変なんだよ?
.          φ ::   ::::)h人 :                 ,゙ ノ,ィ'.::   : }}
         ;ⅰ::   :::{乂``'.         丶       j{アノ}.:::  .:.:jji     なのにゲーティアちゃんやマシュ達に
          {ⅱ:::.   :∨心., :, u.               ノ ´.:ソ.:   .:.:j::|
          ゚,八:: :.  ::.\:: ::.:) 。,_   弋::::フ   ,,.ィ(:: :: /.:   ..:::;:゙.;     いきなり任せるなんて、無責任じゃない?
         ', /' .:;_:.. { ̄:: :: ∧::⌒=- .,,_,,. ‐ニ⌒:: :: :: :ア} ..: :::イ:.,′
             ′  ´"' ` 、i{ Χくく{、    ノ '" ヽ}L;;/ ノ‐''"   ′
                  γ ∥c ℃ ` 冖アc Сo }  ヽ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    眉を顰めていたが、サーバルはすぐに顔付きを改め、微笑する。

    頬のこわばりから強がりだと分かったが、指摘はしなかった。

    自分も上手く笑えているのか、その自信がなかったから。

.

4115 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:19:47 ID:aemODSkL

ダビデだってやったから代々続くからセーフ…!

4116 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:20:01 ID:YVEJCn1b

まあ、そうなったらまず真っ先に卑劣様が泥被りにいきそうだが

4117 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:20:23 ID:laUrmXw3

ダビデが無責任ぶちかまして逃げたからセーフ

4118猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/30(水) 00:21:10 ID:6nVDrFOS




                    /{
                       乂 -‐…‐- _
                  /⌒`        ‐
                      /       /          ¨ …ァ
                 ,′/     イ          /
                 个/  /‐- }     i  } { `、/ ̄ ̄ `ヽ
                 |,′/-=ミ ノ .   ノ  } 八 V,        }
                _j イ  └' /  /  /}i ./-‐…‐}i}     /
                     {       / / /: 八/  / /:.}       {
                      '゛ }/  /..   / ./: : }     i 八       悪いけど、感傷で翻意を狙っても
                {  ̄´    /⌒゛‐       /}: : :}     { 、 \  }ヽ
                    }     __  ‐:' : : : : : .‐ _/  }: : :     ∨\ `¨゛ ノ  退ける状況じゃないから無駄だよ?
                   ‐=ニ _ : : : : -‐……‐┐    }: /       ∨ `¨¨¨゛
                    ┌ ̄ -‐…・・・…‐ !     }/         ∨       僕は嫌なことはやらない主義なんだ。
                    |/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{   /       i ',
                     j-‐.:.:.:.:.:.:.:. ̄ ̄ ̄.:.\ /  :      l   ,






                    ∥ {i: : :{: :{ ;     ゚:,
                   i{、ⅵ  i { {Vレ    ゚:,
                   {{ミ } ⅱ{! イ   ゚,
                     ヤ__j__,从 :, :, ノ彡' ; ]
                , '"´   ´ '~ .,_ ノ } }\
                  / /{ ,イ   ` 、` 、丿 j `` 、
                  , 〃 {/ }      \ ` 、 \   \
                 ,゙∥     ⅰ     `、 ':,  丶   `、
                  i {{‐-   ; ∧ ゚,    `、 ',      `、
             { 从    }‐- ゚:, }      : }        ':,
              ヤ/∧ .: / ,,_,,_ } ノ     ; ノ          ',
              V / ):, / ぅk`く ゚:,    ノ<,.        }i  ……分かってるよ、あなたは意志の強い人だからね。
                  Y し`′{リ}} j }  _、 ⌒厂        リ
    ,γ⌒ヽ      八  '  `ー″ .ノ丶` ,.ィ(ノ    j i   /   でも途中までは協力しようよ。
   /     )、      \ ..,,_     ̄_,.ィiフ゛ /     ノ }  ,:゙
   {      ,,>     ,.∥ 、,,.. -=ニノ^} }∠^フ  _,. ゛ }/    何かもっと良い案が出るかもしれないでしょ?
   ゝ、   ,,ノ      { {{{°℃} Y´。с }  ∠-‐ ⌒
     `‐-‐"        { j >―廴}、   { jj  `、.,_
                乂 7    }}` .,,_} ⅱ   `、 ヽ        γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                    ;  ;     ∥    i{{ヘ   /{         |  だね。足を引っ張り合う余裕はないし。
               {  {     ∥    `人、ヽ´ 。 :,       .乂________________..ノ
              ! ` .,,_ノ{     ノノ^\   ゚。〉
                  ゚,  ∥≧=ー---‐く彡.,,_,:′ o/

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    心は固めた、己の幸いのためだけに人々に対する責務を投げ出すことは無い。

    それ含ませて強く告げると、サーバルは嘆息しながら肩をすくめた。

    代わりに出された提案には、素直に同意した。

    拒む理由はなかったし、彼女の懸念は杞憂だという確信があった。

.

4119猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/30(水) 00:21:26 ID:6nVDrFOS


    何故なら、人は祈る心がなくても生きていけるから。

    生命の維持に信仰心は不要、極端な話、感謝も共感さえも必要ない。

    生きるために他者を犠牲にするのは、自然界では当然のことだ。

    また空前絶後の天才と名高い“初代”開闢の錬金術師の日誌から一文を思い出す。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



                      _,.. -=ニニニニ=-..
                   ,.ィ≦ニニニニニニニ/!ニ\
_     > ------ <    ,.ィニニニニニニニニニ/ {ニニヘ\
マ>..ィ          `ヽ≦ニニニニニニニニニニ>`¨¨´__ .\
ヾ   `ヽ: 、    r ⌒ヽ 、:V<ニニニニニニニ> ´ ィ ´ }   V:i\
 ',V   ',: :ゝ---': : : : : : :', V   i:.:.:.:.:.T:::::::. i{    i  ,   {:i:i:i:i:\
  ||    ',: : : : : : : : : : : : i: |    |:.:.:.:.:.|:::::ノ __}::\}  { ノ    〉:i:i:i:i:i:i\__
  ||     }: : : : : : : : : : : :.|: !   .|:.:.:.:.:.|::〈 _.人:::::::::.、_ノ { _/_.ノ:i:i:i:i:i:i:>''  `ヽ
  ||     !: : : : : : : : : : : /:/    |:.:.:.:.:.|、:::ト、 ⌒¨¨´,  {r:::::/〈:iー < i: i      ',ー  ´ \
  ||      ,: : : : : : : : : : :/:/    |:.:.:.:.:.|:::Y .「:「 フ く,久,.二.ノ:.|    }: し. :⌒ヽ: :i        ',
  ,  _ノ∨: : ゝ-: : : : : 彡'-― ¨¨.|:.:.:.:.:.|::/ /:/ir,_  } ; } Y´:.:.:.:|   ,: : : : : : : : : :}      i|
_〃..イヘ  マ≧====.≦  /   /!:.:.:.:// .{::{W{.j/iYレ.//´ |:.:.:.:.|   /: : : : : : : : : ;       }}\
、    }  ∨     /   /ニj::.:.:.:「/_{. マ! ', .ゝ'V//:::i ハ:.:.::|_彡.: : : : : : : : : :/       リ  i、
ニ\  .〈 O.∨--- ´   /ニニ,:.:.:.:.:.|ハ::.ヘ `  , ' /::::::! ,ニ|:.:.:.i!>: : : : : : : :./      〃  ,  ー、
ニニ\ ヘ  /      ./ニニニ/:.:.:.:.:.:! マ:..\  i .从:::::| |ニ|:.:.:.:i!ヘ ≧=≦.. r、    /  ./    }、
ニニニ}>} /     /ニニニニ/:.:.:.:.:.:.:|  \:.:\{.イ:::::/ |ニi:.:.:.:.i! ヽ.. >  / >.. 彡   /    ./ `''<






                     /、
                 ∧  /::V   /}
                《:::V 《::::::》  /::.
               ,>''"~ ⌒ ``~.《::::》
             ア´         `寸、
            /             ヽ∨
               ′             ∧V
            {               |}V    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            |                  | |} |   :::::::::::::::                            :::::::::::::::
            |     |  |          .| {从   :::::::『人間は忘却を幸いとし、それ故に生を謳歌できる……』::::::
            |     i  ′       |/ |    :::::::::::::::                            :::::::::::::::
            |      ′         !      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              /|      /     |    .|  V
          / ′    V      |    .|  ヽ
            / /     /      ′  .,\  ∨
         (./     /      /    .V-_ヽ }
          /      /      /     V-_-Y

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    時の流れは優しく、人の中からあらゆる事を消し去ってくれる。

    過去の過ちも罪の意識も、受けた恩も、そして学んだ筈の大事なことさえも。

.

4120 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:22:39 ID:aemODSkL

その生き証人もいるしな!(アルタイル見つつ)

4121エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/08/30(水) 00:22:43 ID:zNKK9Gu9

出来る奴に全部ブン投げて自由の空へ旅立ったダビデ豚。。。

4122猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/30(水) 00:23:05 ID:6nVDrFOS


    だが、それは残酷な結論を示している、苦い思いでソロモンは認めた。

    人が忘れず学ぶなら罪の意識から逃れ得ず、学びを忘れるのであれば真の平穏は訪れない。

    矛盾だ、それもどうしようもない……。

    三大魔王を斃そうとも、人類が世界平和を手に入れることは叶わない。

    子や民に本当に安らげる世界を手渡せない現実を、受け入れるしかなかった。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



.| : : :人: : : : : (\: :\: :`、<   7/  V  } ハ       (信仰はなくなるかもしれない)
ノ: イ: : :\ : : 个: \:{ \__>  '゙    〉 // ノ
: : :ノ : : : : ) : ノ/∧ `、\          /¨゛  ‐-       (でも、積み重ねてきた叡智もある)
/{_ ‐=ニ'//////,\ \丶、    -‐ ´  V,
‐¨   }  ∨//////\ \ }Oo。,,.../',   V, ,         (知識もまた、人を支えてくれる)
     }   V/////// \ \/ /////∧  ∨
     }    ∨////////,ヽ, } ////////}   :       i    (サーバル、生き残ることが大事なんだ)
\   }    ∨//////////八 ////// }  }  }     }
  } :   }      V////////∥ハ'//////,}  },/    }    (少しでも、住み良い世界を後に託して)






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     ヾニニヽ、.ヾニニヽ、 ヾニヽ       ! . : :_: : : : :._ _,..-:ヘ:,__ : : : : : : : : : : : : . . |
        ゙ヾミニtx、ヾミニtx, ヾ三ヽ、 /゙‐┴ ´ `_ーイ ゙   _._ |: : : : γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
           `ヾ三zx,`ヾミニゥ-ニジ  ,. ' . /!イ .  .. ゙ :´   ,  Y: : :.| (そのために、僕は手を汚すことを厭わない)
            マフ三三'イ ` .、   ,ィ7i l  ,. ,゙ ´ _ ;- '  !|: : 乂___________________..ノ
__       _,,,,,zニム. マヾ′ 、 . _ _ `, ! /└′; .,.、- ;   ,  ;   |: :,-¬ ̄_ ¬: : : .!
三三ニニニ三三三抄ヽ.'  / ゙o, ´  イ, ノ. - ´ , '゙″   ′ ,    l/,  '    ,  |: : : : !
三三三三三三三:< - ‐ ,.′ _x‐ ' ; ノ: !   _.ッ-.,イ; 、 _. ′, /, '    ,x !  ,' : : : : |
三三三㌢"  .、   `ヽmvw'"´ _ ,ィ=.´. :.├fY゙'"_,イ  i ,′  . ' / i  // i ./ : : : : :|
=ニ三三、  ,!ヽ,..,__. - |゙, zfニ´ニ´ \ . .LィT.´ 、.′ ノ. . ´ , '/r, i '- "  /: : : : . : . !
    ̄¨¨,ィf゙.|: ;. !-   ´ハ.〉  _... - ‐≒=ト′、   .  ,   , |i'  ゙ ,. / : . : . : . . . ノ
  .,---:イ, ,|_..ニニ┘¨¨¨¨¨¨¨¨ ̄ー-.._  |. ||.゙j. ゙ .  ' '_ . ィ , | ー'"'ニイ. . : . . : : . . . /
スィ _,   / ヽイ            ゙ヽ、l .|| ' ,,,,_,ッ .___..rt‐¨¨ ̄: : . . -‐ブヽ. . . .:′
'}' / j ' ,ィ ¨¨¨¨ー- .._              |!.|| _◎.、  __ | ! {: : . . : 「   : f ゙ !. . . |ミz,,__
." り',イ,≫. . . . . ` ー- .....__      l ,|| ◎-' ̄¬¬ | ! \: : . 八 '  l  !. , . .!三三

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    人類悪たる三大魔王との戦いは、どう足掻こうと破滅はほぼ必定だ。

    しかも、先を見据えれば選べる手は限られる。

    その中で和睦の成立という負債を残し、かつ勝率の低すぎる賭けには付き合えない。

    であれば誰かが手を汚し、責任を負わなければならないのが、ままならない世だ。

    そして重荷を誰かに投げ渡すことなど、ソロモンには選べなかった。

.

4123 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:23:15 ID:Xk1FoJPx

この状況で責任全部息子に押し付けて水戸黄門やってる豚

4124 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:23:15 ID:3zh7Fe5l

ダビデ野郎は本当に自由な奴

4125 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:23:59 ID:laUrmXw3

やっぱり自由って……最高やな!
みんな「やーめた!」ていえれば、魔剣世界なんていらなかったんや!

4126猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/30(水) 00:24:00 ID:6nVDrFOS


    人は学ばず、変わらない。だが、それでも生きていけてしまう祈りの無い社会。

    空虚さを感じながら空を仰げば、小さな音と共に頬に冷たい何かが当たる。雨だ。

    黒雲から落ちてくる雨粒が加速度的に増え、たちまち豪雨へと様相を変えた。

    長衣が水を吸って冷たく肌へと張り付くが、ソロモンは気にせず砦の外へ目を向ける。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'
 / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/ / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'
/' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' /     / ,:'/,:     ' / ' / /   ,:'/,
 :'/  /' / / ,:'/  /,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' /    / ,:'   /,: ' / ' /  / ,:'
/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:' / / ,:'/,: ' / '   / / ,:'
,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:' /γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
/' / / ,:'/,: ' / ' / /     ,:'/,  :'/  /' /    /  ,:'/,:  ' /|  (あの馬車は、どこへ行ったのだろう)
 :'/  /' / / ,:'/    /,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' 乂________________..ノ
/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /'' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/ / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'
''"""'''''"""''""'"""'''''"" ,:'/,  :'/  "''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"" ,:'/,  :'/  "''"""'''''"""''"''"""'
:::....::::::........  ,:'/,  :'/  ::::::从 MwM 从 MwMmw M从 MwM 从 MwMmw MwM''"""'''''"""''""''''""'
从 MwM 从 MwMmwMwM 从WYWノM MWYMWノWYWノMノMYWWYWノM MWYMWノWYWノMノMYW

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






                  l   ヘ        l
                  l   /        l    γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                  l  /        i     | (大丈夫かな、道に迷ったりは……)
                 .l  /         l    乂_______________..ノ
                 .l            l
                 .l /           l
                 l }            l   スッ……
                 l j    __::::      l
                 i/   /-‐、      l
                 /   / }  .lヽ     l
                /   /  l   ヽ    .j
               /   ./  l   l    /
               l   ノヘ  l   l    /つ
               `-‐'  rイ.  '、__ jl   /- 、
                   ヽt  ゝ__ノイ、 /-- '
                   .ヘ \  ヽ  /== __
                      ̄\  ヽ、__ __ )
                        - _ ヽ
                           ` -'



・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    先程見送った乗合馬車達を探そうと目を凝らしたが、雨霧が全てを覆い隠し何も見えない。

    と、突然掌に温もりを感じた。

.

4127猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/30(水) 00:24:29 ID:6nVDrFOS


    視線を移せば、硬く閉ざしていた手を、サーバルが包んでいた。

    自身もずぶ濡れになりながら、ソロモンと肩を並べ同じ方向を見つめる。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

  !|        i|       i|      |i     !|   i       !  i
 i   i|   !     i      i   |!    i       !  !  i     i
  i|    !   i     i     !    !    i  |!      i|   !
  !|        i|      |i     !|   i       !  i
 i   i|   !     i      i   |!    i       !  !  i     i
  i|    !   i     i     !    !    i  |!     i|   !   i|
  !|        i|      |i     !|   i       !  i
 i   i|   !     i      i  |!    i       !  !  i     i
  i|    !   i     i   !    !    i  |!      i|   !
    |i    l    !  l        !       i    i   !|  i
  !|        i|       i|      |i     !|   i       !  i
 i   i|   !     i      i   |!    i       !  !  i     i
  i|    !   i     i     !    !    i  |!      i|   !
  !|        i|      |i     !|   i       !  i
 i   i|   !     i      i   |!    i       !  !  i     i
  i|    !   i     i     !    !    i  |!      !
    |i    l    !  l        !       i    i   !|  i
 i     !    i    |!  i      |i           i|      i!
  i!     i!   i          i|    i     i!    i!     i!
     !i    i|     !| i!          |i         i!
!|   i    i       |!       i!        |i        i!
      i    i !         i|!       |        i!



.| : : :人: : : : : (\: :\: :`、< }| 7/  V i  } ハ
ノ: イ: : :\ : : 个: \:{ \__> |} '゙    〉ij // ノ
: : :ノ : : : : ) : ノ/∧ `、\   {|       /¨゛  ‐-      あ……。
/{_ ‐=ニ'//////,\ \丶、    , ァ  V,
‐¨   }  ∨//////\ \ }Oo。,,.../',   V, ,
     }   V/////// \ \/ /////∧  ∨
     }    ∨////////,ヽ, } ////////}   :       i
\   }    ∨//////////八 ////// }  }  }     }
  } :   }      V////////∥ハ'//////,}  },/    }






              !! ∥:':': /  ,   {|
             ⅱ 从  il      |}:':':':.冫ィ   / }  ; |       ……頑張ろうね。
             八 {心、ij  {````^:, }|  ´.ノ,. イ^〉, ,゜ ; '
               \ \{h、 ゜.,,___丿il  _,.、、、、、ィ / /  / /
               ,. -ー=ミ==ニ¨/_,,.   / / ,∠} ′
                  {○ΟCс/´ )=-――<フイ´/ ̄` ,
                 /〉c °、丶}‐く⌒ヽ ΟС Y゛       ゚,
              ,:゙ {  、` /} { `、  ゚ с ,ノ        }
                ,:  乂(_,,/ ,: ∧ `、 γ ,′        ,′
           /γ´    , ゙ ,:゙ ゙:, }__ノ ,′        , ゜
           / ̄{    //    ```  / ̄´"''~、 /

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    決して大きな声ではなかったはずだ。

    だが、雨音に負けることなく、サーバルの声は男の耳に届いた。

.

4128猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/30(水) 00:26:22 ID:6nVDrFOS


    優しさの足りないこの世界で何を? そう問い質したかった。

    しかしサーバルが掌から伝わる熱が口を開く気力を奪い、ソロモンはただ空を仰いだ。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



`'''ー ..、         `''-、    \   ヽ  .l   |  /   /    /      .‐'"  ._,.. ‐ ‘゛    ._,,,.. .‐''"
      `゙''ー- 、       丶    .丶     l  l   ,  /    .'"  _..- .´ .,      _,    .`゛
__         ` ー ..,,_    .`" .,  \ ヽ   ゛ l .ノ  /  .,..-' . 、.-‐'"゛._  .-‐''″
   .⌒ '''―- ...       .''ー- ..  .'-.゛ 、 .l .l  '  .-'.,..- .,, ‐'.,,, ー'''"´     .__ ..---‐ ''''''"゙´
             `゙゙゙'' ー . ._ `' .-.               '''" _  ― '''"
___   __  _  _  _  _ _              _ _   __ _  _   _  ___ _
             _,,,,、.  ー ._,,,"゙″              丶.^" ''ー .--  .    __
  、 ,,.... -‐  '''''^゙´   . -ー'' .゛._  ._.           ''' ..、.´`  ー  ,_     `゙″.''''―-    .__、
´      ,,.. -‐ .'"´     ..''″ .'".‐゛                ''‐ `'  、、    .`゛  .- ..,,_             ´゛
  ー''''"´       ._ ー''″ ,..-' .,/./ .,/ ,i'/   l .! . ′ .\ .' ‐ .゛ . 、 `''               ''― ..、
         ... .゛    -'' ./ ., ‐ .、゙.、./.i   ,!.i." 、  .、 "   -、 .゛ .、、  `'' 、               `゙"
    . ,, -'''"    .,..-'" .,/  . "  ″./  / ‘  ! ..l.l..!、 , .\  .゛ 、, .` : 、     .,,
.. ‐'         、.‐  ._.   ./  ./  、 " " l  " .. .、.、   .ヽ 丶  ヽ  \   .`      `゙'ー
        -'″    '´   '"   ./゛ /  ' .,l  .、 .! .′.." l ゙‐  .、  ヽ  .\ .、   .`'‐      'ー、,、
   .,..-'″   /   .,-    .,.    ./ . l  l゙  .,  .|  ;.゛    .ヽ      `  `'-    .`'-、.     ..゛ ー .
  ‐″    '"            "     . ゛ ′ ,   l .|   . , .ゝ ';;  .'、  \   `'‐ \      、,
     ./             /   . "  ." .i'   ′  、 .! .. .゙‐ .、 .`   .ヽ   \   \. .-、    `'‐
  ,, ‐    ./          ′ /  ゙   |   .!  ′   'i .l .ヽ       ゙'‐    `'  .`'-       '-.
 "     /      ./    ./   /  .l゙   |    ′   l    i l ヽ   .ヽ    、     \    \



・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    冷たい玉垂れが無慈悲に顔を打ちつけ、目の奥に感じた熱を洗い流していく。

    雨は、当分止みそうになかった。

.

4129 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:27:31 ID:lTUB+pAP

王が風邪ひいて政務滞るとかしょうもないんでとっとと屋内で身体拭いてどうぞ(家臣並の感想)

4130猫好き ◆cql37jp4KY :2017/08/30(水) 00:28:13 ID:6nVDrFOS

投下は以上となります、お目汚し失礼しました。

荒削りですが、楽しんでいただけたなら幸いです。

救われるのか、救われないのか、別の何かがあるのか。

設定語りとしてサーバルちゃんの年齢を高めにしたのは、生まれつきの王や英雄は居ても、親は居ないため。

誰にでも備わった本能を、経験や情緒で磨き育むことで獲得するのが父性や母性と考えたからです。






決して『ききき金髪猫耳ちっぱいロリおかん獣娘で、合法BBA属性!? Yesロリータ、Goタッチ!!』

などという邪な思いからではありません。(断言

4131 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:28:56 ID:aemODSkL

乙でしたー
最後に欲望をさらけ出していくスタイル


4132 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:29:51 ID:3zh7Fe5l


最後で台無しだぁwwww


4133 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:29:51 ID:SxaGz/A3

乙、なんかサーバルちゃん邪教の教祖みたいだなぁ・・・w

4134 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:29:53 ID:e9TQY7Dy

その欲望、Yesだね!(乙でーす)

4135 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:30:30 ID:lTUB+pAP

乙でしたー

4136 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:30:44 ID:J2wS0skB

乙ー。
まあ剪定事象剪定事象。

4137 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:31:05 ID:DihgFVVo

乙です
只人は脆いのです 気付かれる土壌をください

4138 :梱包済みのやる夫:2017/08/30(水) 00:31:12 ID:aemODSkL

>>4133
魔王信仰は邪教と言えば邪教だから
ある意味間違ってはいない…?









一覧
関連記事

[タグ未指定]
[ 2017/09/01 22:00 ] おすすめ 人気スレ 魔剣物語 | TB(0) | CM(4)
>[ 26934 ]
『やる夫』のようなこの世界の歴史を客観的に観れる人間にオルガノンを持たせて
三大魔王を人類と同じく裁かれるべきただの罪人に貶めるのがマナボーラス様の企てのような気がする
アジダハーカならその全てを使い果たしても『星』を護りぬく謎の信頼「所詮ビィ」あるからな

まさにその屍の上に正義あり
[ 2017/09/02 01:47 ] [ 編集 ]
>[ 26935 ]
『世界を滅ぼす正当な権利』なんてものはこの世の誰も持ってない以上、三大魔王って結局はただのテロリストだし……
全世界を敵に回しても完勝できる武力と過去の立場のせいで複雑な問題っぽく見えてるけど個人的な思想の元に武力を行使してるだけ

英雄信仰だろうが魔王信仰だろうが人類抹殺だろうが、思うだけで他人に迷惑かけなきゃ個人の自由だけどそれで武力行使するならテロに過ぎんわ
[ 2017/09/02 10:20 ] [ 編集 ]
>[ 27020 ]
三大魔王は「自分らを殺して人類の正しさを証明してみせろ」ってスタンスだから、魔王信仰に殉じるならばむしろ魔王を討たなければならないはずなんだがな
[ 2017/09/08 01:09 ] [ 編集 ]
>[ 27084 ]
まあ↑は私も思いましたね。
ただ違う話になるけど「キリストはユダに裏切られたのもエピソードの一つです」「なのであなたがユダ役をやって再現してください」といわれても困るよね。
その信仰対象の光を知っているからやれと言われても影を殺せないって言う人もいると思いますね。
[ 2017/09/11 01:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

申し訳ありませんが、体調の悪化により長時間PCの前に居られなくなりました。。
その為、当分の間は手抜きでのまとめとさせていただきます。
楽しみにしてくださっていた方、そしてまとめを許可してくださった作者様にご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。<(_ _)>


とても大きな台風でしたが皆様ご無事でしたでしょうか?
もし何か被害にあわれていたらお見舞い申し上げます。
ぽんに何ができる、というわけでもありませんが、せめて気分転換の一助になれればと思います。


一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

19/11/13
アカガネ山のやる夫 追加

19/05/26
やる夫は誰かを救う悪になるようです 追加

19/05/18
エージェントやる夫の日常茶飯事 追加

19/04/14
やらない夫は「The World」にログインするようです 完結

19/02/10
真・女神転生 ~やる夫の嫁は加賀のようです~ 追加

19/01/21
できる夫とマリーがたどる仮面ライダーファイズ 追加

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



月別アーカイブ
FC2カウンター