魔剣物語AM二次創作 幸せになる権利 やるぽん!

ビルド第40回 ジーニアスお披露目回! ……のはずなのですが、げんとくんは笑い、葛城巧はホラー、そしてかずみんはフラグと、それ以外の部分が気になりすぎな回でした。 後グリスの強化、ちょっと雑じゃないですかね?

魔剣物語AM二次創作 幸せになる権利

6312猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 07:49:30 ID:xvsUeTTU

今から投下を始めて大丈夫でしょうか?

6313猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 07:54:12 ID:xvsUeTTU

では始めさせていただきます。



>注意事項

・独自解釈と設定があります。剪定事象です。

・編纂事象と違うじゃねぇかwww 剪定事象です。

・このキャラの性格おかしくない? 剪定事象です。

・ポエム的な何か。剪定事象です。



以上のこと、よろしくお願いします。

それでは本編68レス+おまけ3本立て33レスほどお借りします。

罪無き者のみが石を投げよ。


6314猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 07:55:39 ID:xvsUeTTU


















                        
                       ttps://www.youtube.com/watch?v=qVapvlaKlmA













.

6315猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 07:56:02 ID:xvsUeTTU


    静かな夜、薄明かりに沈んでいた執務室の沈黙を、扉が開く音が破る。

    良く手入れがされており軋みは無かったが、静寂を破壊するには十分な音量だ。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



    | ̄~:| ̄ |⌒i二寸ー─‐_ー─‐┬r‐ゝ‐'‐┬─────‐┬r─────ー┬‐ァイi:i|'───
  _|___|__|_|__||i:i:|ニ=‐  ̄  ┴∟_   ||         |i:|           :||/,.ィi:i:i|
  |:.:.:.:.:.:.:|| ̄¨||~~.||¨¨||''''||ニニニ||ニ=-  _ ̄`|ニニニニニハニニニニニニニニニニニニニニ:l|/ |i:i:i:| rrr笊
_ |:.:.:.:.:.:.:||:   ||:. ||  ||..::||ニニニ||ニニニ||%从%ィニ|    _(_)|_|_|_|_      _   || |`i|i:i:i:| |:i| ̄
_〉,|^i:.:.:.:.:||__,|l___,||_||,,,,||ニニニ||ニニ%*八oノソ彡  ,、-ミ|l]]]]]]]]]]]]]]]||____(__)_| |,_||i:i:i:| ト、|:::::
__)|`´|:.:. :||¨ ̄||:::: ||_||,,,,||ニニニ||ニニニ乂%乂彡 ̄|'_____}l]]]]]]]]]]]]]]]||]| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |i:i:i:| |、..| r
 ノ  |:.:.: ||==||'^~|| ̄||,,,,||ニニニリ¨'vニレ⌒乂ニニ乂ノノニア⌒ヾ' ))]]]||_|‐┬.┬‐r‐r‐トミ|i:i:i:|_|、..|/`
__Lニ┴''"||:.:.:,ィ弍-||¨¨||::::||ニニ:{  }ニ:{    }:| ̄¨|``ー|:. :.: .:|}‐`ー‐ イ:||_,,||_,,||_,トミ :||i:i:i:|\_{






             {ヘ...'......\、   l \..\  !、  V/>、ヾ二二三三三三三ニ/=f      何の用かな、アルタイル。
        _  _,,,ヽ.ト、..、....\  ー  `_、\.λ', V,/∧∨二二二二三三/二ミ、
        ハ二二二>≦ニ`ヽ..ト..`ュ.、_ ´ ‐ `ソ‐l ', V//∧∨二二二二二三二二\    私には目を通さねばならぬ書類が
       〃^>、寸ニ{^ヾ二二三ヾ≧、寸>ーイ_ -‐l ', ゞ‐「l―ミ二二二二○三ニ○三ニ、
        〃////,、寸!`、V二二「    厶ク´ ̄7:-‐ l,r「}  〔〕 __)三0二二二二三三三ニヽ  山のように有るのだが?
     〃//////>、`、 ト、ヾ二=、 l , -―/   {  / 〔〕l 〔〕  _,ノー-―━・・・━―-vァァュ、_)
    〃//////>、`、 ト、ヾ二=、 l , -―/   {  / 〔〕l 〔〕  _,ノー-―━・・・━―-vァァュ、_)
   〃/////////>、 Vヘ Vニ=ヘl   ,八  _ ヽノ  〔〕{l 〔〕 ´ ノ二二二二二二二=l´ ̄






      ,イ   `マ/ニニ/<三三三三三ニ=--=ニ=-<,イヽ   /イヘ
     //    /:::!ニ.イ:ヽ::: ヽ`゙マ三三三三三ニ=-< ヽ. \/∧: :ヘ
    //'    /:::::|/:::i::  ヽ v\""''~x、<三三三三心、ヽ.// ヤ: : .V
   .//,'    j!:::::::!::ヽミ!::    ャ=====ミ、ヽヽ`゙マ三三三心、/  キ: : : ヤ
  ,イ//j!    ' :::::::|ヽミj、ヽ.  \゙ヽ 〈:以リヾ7 v/斗---<三》ハ  キ: : : キ  キングソードからティルナ・ノグへ
 .////j!.    ' :::::|ミ/⌒!\    \  ̄ ̄ /イvx=ミ、 ヽv/Vハ  !: : : リ
. /////! l   |  :::j::{ -'|:::::.\ヾ⌒ヽ        /似ハ 》 7/  j!. ヤ ^^^^   密使を派遣したそうだな、何があった?
///// | i!   !|  ::ヘヽ 、|::::  |.\、        /   ゙̄//  /  .キ、
//// .! |   j.!  ::!::ヽミ、!::  i!     ____    //  /::  .!ム      取次ぎの者が大慌てだったぞ。
///  ! |    .!  ::!::::::ヽ|:   |      `゙  、v7   ..厶イ./|::: .| .|/ム
//   .| |    j!  |!ニニ.!  !_____      //::: j::: | .|//ム
/    | .j!   ./|  j!7! .| |  |ニニニニ{ .j!ニ=- 、 / ::| ::: |::: | j!V//ム
    .!.j!   /=| j!/j! j! i  |ニニニニj!.j!ニOニニ=-<! ::: !:: .! .j! V//ム

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    相手の問に、ローズレッドは書類から目を上げた。

    扉の前に佇む相手は予想通りの人物だった。

    輝く銀の髪、厳しい軍服、愛らしい顔に似つかわしくない厳しい視線。

    長年の盟友、あるいは共犯者、アルタイルは鼻を鳴らすと続けた。

.

6316猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 07:56:32 ID:xvsUeTTU




                 ′ / ′       i:      :.     ′
              /   / /   /  !             :.     ′
                /  / /            |i    l:     :.   ′
             ′      ′  !         l!         γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
             .   ′      |:        l:    :.   |   まさか、あの国に大事が起きたのか?
              l  i: l       |:      |l   l:    i:  .乂___________________..ノ
               l  |i |  |   |:     |l   |:     li   l
               l  || |  |   |:     |l   |:     ll   l!        それに対する答えとしては、
.             ll  ll l  l   |:     |l   |:     ll    ll
                ll   ll l  l   l:     |l   !:     ll    ll        そうだとも、違うとも言える。
               ll  ll l  l   l:         l:        ll
             从   l: l   l   l:    从   ノ:    リ   从        邪龍戦線での動きは問題ない。
            /⌒二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二⌒',
.           /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 Λ     が、国交上の問題が発生した。
          二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
.         }ニニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニ{
.          {弖ニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ弖}






./   /.::::::::/::::::::::::::   ::V-=ニニ=- _      -=/!   `ヽ_,ィ 7: : : :|
'  /:::ア¨i!:::::::::::::   ::::V-=ニニニニニ=-  _     -=、_ ノ ゝ-- ´
  ./::/   ,!:::::::::::     :::::ヽ-=ニニニニニニニニ=- _   /
 ./ / γl:::::::::      ::::::ヽ-=ニニニニニニニニニニ=-/
. /:::{  l !:::::::      ::::/ \<.-=ニニニニニニニニハ   国交上の?
./::::::ヽ ` }、:::::       {. `ヾァ==ミ、 -=ニニニニニニ/,
':::::::::::::Y .|::ヽ:::         !  {l   んYx∧! -=ニニニニ/,   密使の派遣を向こうから要請されたらしいが……。
\::::::::::ゝ .!::::::\       ヽ ゙ヽ {イv ´ } /  >-=ニ/,
ヽ::ミ::::>'´ |::::::::::::\    \ \  `´  /<´ / イ     とすると、こちらの落ち度か?
ヽミ>'´  |:::::::::   \    ⌒ヽ       {/´ / l
.Y     .|:::::::    ,.\(⌒\v        !:::/::/ |      あの腑抜けたサーバルが不要な真似をするとは思わんしな。
. !     .|::::::    ./      ゙           V/イ/
/ ̄ ̄ ̄ .|::::    'ヽ            _ イ /ノ/
        |:::    '  \      ― _./⌒)/V         .γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
        |::    l    Y    ` ´/∧:::::::::{.|         |   言葉が過ぎるぞ、アルタイル。
  .-=!  .|::    |    .|ニニニニニ|⌒lニ=-!j         乂_______________..ノ
/ニニ|   |::    |    .|ニニニニニ|  |ニ=-|,!
ニニ,!   |::    |    .|ニニニニニニ} .!ニ=-!

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    僅かに侮蔑を滲ませる大将軍に釘を刺す。

    反りが合わないことは承知しているが、表に出されても困る。

.

958猫好き ◆cql37jp4KY :2017/10/06(金) 23:40:48 ID:IwYjIGax


    彼女は一瞬不服そうな表情を見せたが、頭を下げた。

    私怨やもどかしさを堪える程度の分別は、千年の時の中で養えたようだ。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



.         ,.イニ二二二二二二二二二ニ- "  ´   `'マ二二二二二二二二
        /二二二二二二二二二二/ . 、       ヽ二二二二二二二
       rVニニ二二二二二二二二/ ,' ;  ヽ.  丶 、ヽ.ヽ二二二二二二二
.        ハVニニニ二二二二二二,  .l .i ハ、 ', ヽ. V ', i. ∨二二二二二二      サーバルは温厚だ。
.         } !,.!ニニ二二二二二二二 i { l',!_ト、  ,-‐,.''ニ、!.l ', ∨二二二二二
       ; lゝ!ニ二二二二二二二i .l i,iィ'l, -r`\ 、ゞ‐' j/l ハ l二二二二二       国際問題など望まないだろう。
        l .!(.!ニニ二二二二二二! l ト 、ゞ‐'   :,丶、   イl l; } l二二二二二
         { .lゝlニニニ二二二二二二, ! ` ヽ        / |:lリ ハ.!:::::‐-、二二二      だが、我が国の商人達が
        `´{,!二二二二二二二二,、l'"∨` . ´ `  イ、.j/'::::::ソ:::/ !l二二二
.           r'!ニニニ二二二二/,、ヽ`:::::}ハ />-.イ,.._,. '--、:::://  l.!二二二       あの国で数少ない、
.         ',l二二二二二二二、{. ヽ\:::r―‐- r―Y _  .!://  l.!'//>,、
          (l二二二二二二-―',',  \ヽ  ‐= j  K´   !'イマヽ.!l//////,        禁忌に触れたらしい。
         (lニニ二二二/////ハ , ///ヾ、 ./.lーーヽ\ /、 )/ゝ///////
        (lニ二二二,イ////////!」//⌒V{_,.ィ l二,. ィ! !´、77´//////////
          (lニニニ二/////////////ゝイ///l l.∞∞.l .!::::\'//////////      γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
          (lニニニ/7777/////////////::/ ' l.l.l  l. l:::::::::`<////////     .|   禁忌だと? ……まさか。
          (,ニニ//////////////////::::::/ ./! 二二 .l  l::::::::::::::::::::ヘ ̄ ̄     乂_____________..ノ
         (,ニニ{'"⌒"<//////////:::::::::/ /::l  l.l.l  |   !::::::::::::::::'//,\:::::






         i!-=ニニニニニi!: : .V'>    >  /fr-==ミx、./ / Vヘ
         |-=ニニニニニi: : : :V    >  //^¨` ^~ヾ/   V}
         .!-=ニニニニニヘ_,,,,,,,j. >  、_ `i!i!Y>--ヘ ,!< ´ .}j!
       x--、ニニニニニニ=-========- .ヽ!i!、ヽv--v/j! ̄ ̄ /!
      ,イ   `マ/ニニ/<三三三三三ニ=--=ニ=-<,イヽ   /イヘ
     //    /:::!ニ.イ:ヽ::: ヽ`゙マ三三三三三ニ=-< ヽ. \/∧: :ヘ
    //'    /:::::|/:::i::  ヽ v\""''~x、<三三三三心、ヽ.// ヤ: : .V
   .//,'    j!:::::::!::ヽミ!::    ャ=====ミ、ヽヽ`゙マ三三三心、/  キ: : : ヤ
  ,イ//j!    ' :::::::|ヽミj、ヽ.  \゙ヽ 〈:以リヾ7 v/斗---<三》ハ  キ: : : キ
 .////j!.    ' :::::|ミ/⌒!\    \| | |  ̄ /イvx=ミ、 ヽv/Vハ  !: : : リ
. /////! l   |  :::j::{ -'|:::::.\ヾ⌒ヽ        /似ハ 》 7/  j!. ヤ ^^^^
///// | i!   !|  ::ヘヽ 、|::::  |.\、        /   ゙̄//  /  .キ、
//// .! |   j.!  ::!::ヽミ、!::  i!  u.  ____    //  /::  .!ム
///  ! |    .!  ::!::::::ヽ|:   |      `゙  、v7   ..厶イ./|::: .| .|/ム         いや、冗談だろう?
//   .| |    j!  |!ニニ.!  !_____      //::: j::: | .|//ム
/    | .j!   ./|  j!7! .| |  |ニニニニ{ .j!ニ=- 、 / ::| ::: |::: | j!V//ム
    .!.j!   /=| j!/j! j! i  |ニニニニj!.j!ニOニニ=-<! ::: !:: .! .j! V//ム

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    アルタイルはすぐに答えに思い当たったようだった。

    呆然とした彼女の顔などそう見れるものではない、

    ローズレッドとしては見ずに済むなら見たくなかったが。

.

6317猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 07:57:19 ID:xvsUeTTU


    こちらを見据え、彼女は吐息した。

    どこか空ろな調子で、小さく呟く。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



         λ!|   `/='^ヘ ヽ<  __〈 j: : : :!ニ=/⌒ヽ.   \、
        /: ヤ! ̄ ̄.l゙ v ´ >イ }} ̄    ヽ: :./ニ=!::::   ',    vヽ
         /: : :ヤ ̄ ̄ .Y{^ -ヘ,!! ̄ ̄ ̄ ̄||ニニ=j!:::     ',    ', \
       ./: : : :λ<  {´ _ -=ニニニニニニニニ!:::     ',    ',  \
       ヽ、: :./ .ヤ_ -=ニ=-=ニ三三三ニ=-//   Y}:::       ',    ',.    \
        /^^::/::::V-=ニ三三三三ニ=-斗==ァ   ./ヽ::      ',    ',.     \   最悪だ、あの国で
       .l::::::::l:::: .λ-=ニ三三ニ=-´/´以ノ〃  ./ ヽ}:、      ',    ',.      \
       .|::::::::|::: |.`゙T≪゙以ヽ(V゙,/   / .///|_//}::::\     ',    ',        奴隷商をしようとしたのか。
       .|:::::::;::: ∧. \| | | j    u..// ./イ .|/':/:::::::. ヽ    ',    ',.
       .|:::::/::::./ ∧、 ヾ    _ .---//⌒.7 ./ニ=v:::::::. ' ,    ',    ',
       .|:::/::::./ / ∧ヽへ-=ニニニニニ!  / ./!ニニヤ:::::::._ ' ,  ',    ',
       .|/:::::./ / /{¨|ニ{ |.Oニニニニニi! / ./ jニニニヤ/77! Tヽ  ',    ',
       /:::: / / / .| .|ニニ!!ニニニニニニ./  /ニ=-7/./! .| ! \. ',    ',
      ./:: / / /:::: | .|ニニ!|ニニニニニ/   /-=ニ/./ニ| ! ヽ.\\,    ',






.  / /′         /      /     // /   /   /
_彡 ´ /    /  //      / / .// /    /   〃     /
     /    ./   / /    / // // /     /   /
.    /  .// ./   /      / 〃 / /  ̄ミト .,/   /     / ′
   /  / ,: /        //   /  // ..,, __     /    ′   // /
.  / /  /    / ./ ´jI抖托恣竺竺冬ミー `丶 ′ /      / / /
  /  //     / .:. ′  \ 忙乂云坏'リ  `` / //   / / / /
〃   /      //V´'′    ー――― '′ // /   / / ./ /
     /   //' Λ丶 ′                // /    .:   / /
===ー-/   〃     ≦\`'′            /'′/   //   //
ニニニ/   / x ´ニニニニ丶'              /  ′/ .′ /´
ニニ‐|  ∠ニニニニニニ‐Λ               / /   l
ニニ‐| /二二二ニニニニニニ:.             /     |
ニ=-‐/  ̄   ‐-=ニ二三__ニニ:. .u             l
_/  -= : :  ̄: : ‐-    __ ̄ :.              ′
_} l : : : : : : : : : : : :  ̄ : :.                              ……そうだ。
_l l : : : : : : : : : : : : _ ノ´\       ― _‐-- 、
_l ! : : : : : : : : -=/ ̄      {\         ̄ _
Λ . : : : : : : ̄ : :/            ,:.:.:丶          }   \  イ
‐Λ 、 : : : : : _彡             \ :. :..      {:    \
ニ‐\ \: : : : : -=  ̄ミー=ミー 、   Λ   :. `     〉      \
ニニニ\  、: :  ̄: : -= 彡′  \ \ / ∧   : . `¨¨´/    /   .:


・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    ローズレッドは眼を瞑り、嘆息した。

    ティルナ・ノグ。慈母の王が治める、あらゆる自由が認められた国。

    だが、例外もあるのだ。



                         _________
                …… … ────────────── … ……
      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・



.

6319猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 07:59:20 ID:xvsUeTTU


   大和は窓から、黎明を待つティルナ・ノグの王都を見下ろした。

   この国の街は半遊牧、だが王都は数少ない固定された安息所にして首脳部だ。

   時刻は真夜中、陽避けの覆いは取り払われ、薄青い灯火の下で賑わっていた。
                                             バザール
   ダンピールや闇の眷属、夜行性の獣人達が闊歩する交易路の中枢、大市場。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



         |. :.: :/レi|.:.:.ノ       ノノ}/!.:.:.:.:.:i.:.:.:..:.:/  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .|
        ヽ/   |.:∧      ´   /.:.:.:. /ミh,/ ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :|
            /.:.:.:.:ヽ _ _ u   ./.:.:. ::/   i| /.:.:.:.:.:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   いいなぁ。
              /.:.:.:/  ` 、    ,.:.:.:.:./    |ミh、.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
         /.:.:.:/    __ヽイ /.:.:.:./-イ¨¨´// }ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
        。<´.:。<´    {///≧/.:.:.:.////// ィi{´i:i:i:i:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.: :|






┌r┬ー| :.:.:.|  |‐:||‐:| : : : : : : : ,: ,: ,: : :.  : _ ,: ,: ,: ,: ,: ,: ,: ,: ,: ,:
┘|¨|  | :.::.:|  |‐:||‐:| : : II : : : : : : : : : : : | | | : : : : : : :ハ,.。o=s。
_|_,| _|_::::::| ̄| | ̄ ̄~7,从/ ̄ ̄ 癶ニニTTxxXXx |_|ハ∧____。s1 |/__
¨¨¨ヘ/\ ̄\:. ̄:.:.:.:. :. :| |I I|\:.:.:.:./  ) ;';';';';');';';';';';')─ | |──‐ |:l:| :|_ i i i i i
:_:_/___ヽ/ ̄ ̄二二二二| |I I|:.:.:.\ ̄ ̄(;';';';';';'(;';';';';';';'ミx:.:.「」:.:.:.:.:.:./|:l:| :|__∧_,i_i
:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./‐\:.:.:.:.:.:.:|ZZZZZZZZZZZZZZZ|;';';';';';';';'㍉ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨| /∧ i i
 ̄ ̄::\/____\:_:_::|| ̄ ̄ ̄|¨| ̄ ̄¨ | | | |;';';';';';';';';'゙;')⌒| |⌒| |⌒| | |口| i i
 ̄ ̄∧/ ̄ ̄___ノ竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺竺彡ィ.. |_| _|_|_|_|_|口|_i_i
:.:.: .:// ̄癶/ヽ|:|: :.:.:.:| : :.。s=ニニ=s。: : :.:| | | | |    | |:{ ̄ /^>s。.,_  |_|_
 ̄ ̄\∠____|  |:|: :.:.:.:|/_>-==-<_,`ヽ| | | | | :|| ̄| |:{:.:.//:.:.://:.:.>s。∧
 ̄ ̄\| I I I |  |:|: :.:.:.:|:. /:::::/\ |::|`ヽ:: | | | | | :||_| | ̄|ー‐r<_ィ㌻   `㍉
 ̄:.\ヘ¨¨¨¨¨ヽ |:|: :.::.::|::::| : _|\| |::|:::| |: | | |_| | :||_| |;';';';';';';';';'; |,.。s。., ;';';';'
:.:.:.:.:.:_:\\:.:.:.:.:.:\ニニニ7´ |: /|\ |:::|マ二二二二:i|  |二フ;';';';';';‐'":.:.:.:.:.:癶;';';'
:、 ̄:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:\: :|:::::|:::::|/^|'^|zzzz|: |: :.::/ ̄ ̄|  | ̄ ̄ ̄\≧s。/TTT\
ムヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.\::::|:::::|/| |::::Y^|: |: : /is。: : :|  |: : : : .。s。:癶__\ ̄| ̄|
: ム \_, -  ̄ト _ - ¨ |:::|:::::|/| |_| .|: |,ィ癶::::::::≧s。|。o≦/_‐_≧s。/ ̄ ̄ ̄ ̄
: : :ム |:|┌ 「 」 | || 」 ┘|:::|:::::|/|/  ,ィf㌻  >s。::::/_‐>' | ̄「ト ._/:_:_:_:_:_:_:_:_:_
: : : : 刈 r .「 」 | || 」 ┘|:::|:::::|/    イ_,.。o≦'゙:.:.:.:.`' < // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   奴隷以外の全てが揃うと言われる、広く解放された大陸経済の要所である。

   道行く人々を眺めれば、誰もが和気藹々と楽しげにしていた。

   聖樹の苗木より生まれた、燃えず枯れず見守り続ける絶対防壁“ガイアの揺籃”。

   安心感からでも笑い合える多種族達、今すぐその輪に加わりたい衝動に駆られる。

.

6320猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 07:59:39 ID:xvsUeTTU


   出来るはずも無いと息を吐いて心を鎮め、目の前の扉を見つめた。

   扉の向こうで待ち構えている相手を考えれば、何時までも立ち尽くしてはいられない。
             .セブンスターズ
   大陸七大先進国“七星国家”に連なる草原の国ティルナ・ノグ、国王サーバル。

   輝く金の髪に、少女のような若々しさと長い獣の耳を持つ、超多民族国家の女王。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



       -{    〕丶、_  {  / /  _,≠´        \  し
      // リ    ヘ   ・ ,>ヘ,〈 〈 ,x癶〈_  _ ..二...._     }; {
     { シ′   、ヽ` ⇒'  ===‐   `⌒マ´    ,`ヾ、 八_〉    『普段温厚な人間だからこそ』
     /       `¨jf゙ {        ¬;、^> ,_   _,xシ^
       ノ,       ,癶⊆'、,_         }i:、 `三三 ̄ ‐=      『こういう時が恐ろしいんじゃわい』
   /  (_ノ      /=-‐  `メ竺孑'⊇..__ノ⌒:,         .
  ,           ,f戸平气;;_`¨  `¬≠=z,,,_j|            }
  { {{       ;弌≧ト、┼`トミ圭≧zzz=≦豸          / ;
  V ヘ       {  `ミ圭≧z辷 ┼-|-‐ _,,ィシ癶、        〈_ノ
                                       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                      :::::::::::::::                            :::::::::::::::
                                     ::::::::::: どうして、あんな事を出かける前に言うんですか……。:::::::::
                           __      :::::::::::::::                            :::::::::::::::
                          ヽ  _, ` 、    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                         ∧ ノ </.| )  '、 / , >
                        ,'ー '  /::::}/i   }' /
                        / ; ,/ノ::::イノ ノl/ '、_________
                 , -=ニニニニ| ; //、 /}- ' /_____:::ノ ノ i `; -、
              , -=-- ― ¨¨ ノi, / /イ/:::::ト, -- - 、___\ -..'./.....\
            /       , -': :::|:∨i ノ:::::::/: i::::::::::::/../ :::-::::{l::::::/
                  /:_: : :\:::: -: ': :::::/::::/::::/:::/::':::::::::::::::::::,- '
                ,/    ` 、: ヽ:: : -: ': ::::/:::/::::/::::::::::::, - '´
           _ 。 /\____r- 、_   `,: :ヽ: : :-: :':::::/::::/:i::::フ:/    『相手はあの戦の申し子、荒ぶる戦神、暗殺者だ』
         / _ `¨  r--、/` 、 `>、イ: : : : __: ノ::/:::::/::l:::/l}
         | {l '⌒- '       l} l} ::::\: : : : : ::: :/ノ l:::::} ノ    『最近は丸くなったらしいが』
         | l           | l}ノ:/⌒ `、ー- イ /:/: / '
         | l           l l}:::--- 、   / /,イノ       『念のため警戒はしておけ……』
         | l            l l}:::---、 \ .l l イ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   少々夢見がちな方だと記憶していたが、周囲はそう見做していないらしい。

   上司である領主と同僚の武官からの忠告とも脅しとも取れる言葉を貰った。

   間違いなく親切心からだろうが、二人に対し、愚痴の一つも言いたくなった。

.

6321猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:00:39 ID:xvsUeTTU


   これから対面する相手の事を思い出し、喉が干上がる。

   彼女は一度きつく眼を閉じ、そして顔を上げた。

   緊張はまだあるが、その中で小さく呟く。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



.       ':.:.: ,'{: ////∨>_r、<: i:.:.|i:.:.:!/! //!////,:.: !:.}:.:.:!:.:.:∨/
        ':.:.:.,'/i///// !:.:.:.:.:.:.:.:.|/从:.:i/i∨/l'////∨ノ}:.ノ}:.:!:.:∨/
      ':.:.:.'/////// {:.:.:.:.:.}',:.:.!  乂/! \! '////イ__リ/.!:.|:.:.iヽ,   (大丈夫、今回の呼び出しは非公式)
     i:.:.:.:i//////// ,:.:.:.:.i/',:.' 代示乍ゝ  ∨/r也7/ !:.}:.: !\、
     i:.:.:.:i////////∧:.:.:.i//,:ヽ 弋zタ     i/. ヒアi//}/:.:.:.!  \ (なにより、一応の弁明は用意してあります……)
     i:.:.:.:i//////// ∧:.:.:i///,∧| | |      、   .从/, }:.:.,
     i:.:.:.:i/////////!∧ヾ//{〕iトヽ,          ,'//i 从,      (シェオールにおいて、奴隷の販売は合法)
     i:.:.:.:i/////////!___',:.:'//,\    、 ァ  ///¦
     i:.:.:.:i/////////!__':.:.'//! )h、     ィ(/!//!:.|∨       (ましてエルフなら尚更……)
      /!:.:.: i/////////!___':.: '/}、    {> =ミ.//|//i:.:! ∨






,(:::、ゝll ;;;l ;;;//ノ ;;;;;;;ノ  ''ー - ,,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
、;; ;;;;;,);; ll ;;;;;ノ ;;;;ゞ;;;;)     :::::::::::::::                           :::::::::::::::
.ゞ;;;;,r ;;;|ll ;;;lll ;;;;,,ノ~     ::::::::::::“魔王と国父の名の下、全ての者に自由を保障する”::::::::::
   〉|liヾi/              :::::::::::::::                           :::::::::::::::
;;ゞ..;;;||l; li;;l|;;ゞ ;;;ゞ ;;;ゞ:: ;;;ゞ    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;ゞ::|:|lil i |;;;;;ゞ;;;;;ゞ;;;;;; ゞ;;;;;ゞ                     (;;;ゞ ヾ::;;;:
lllll;;::|i| lノli|lllll;;liilll lllii;;lllll;;ゞ;;;)            :: :: ::: ::: ::l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
"""'''||l li〉l|""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
"" ノ|l i l li| ゙" ''゙" ゙" ゙ "゙" ゙"゙" ゙   ゙" ,,゙" ゙"'' "  "''" ゙" ゙" ゙" ゙" ''"
゙ "" 〉ノ |ll,ヾ゙"゙" ゙" ゙"  '゙" ゙" " "    " ''""゙" ゙"'' ""゙''""゙" ゙" ゙"'' ゙" ゙
゙";;゙'"ノ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙"'' ゙" "
゙" "゙ ":::::::::::::::                            :::::::::::::::" ゙'" ゙
"'' ゙::::::::::::::   それを謳っているこの国が例外なんです。   :::::::::::::::''
゙" ゙" ':::::::::::::::                            :::::::::::::::' ゙" ''
      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   エルフどころか全種族の奴隷を違法としているこの国が異常なのだ。

   秘書官である自分でさえ信じ難い、新興の商人なら尚更だろう。

.

6322猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:01:18 ID:xvsUeTTU


    これは不幸な事故だった、そう思うと少しだけ気が楽になった。

    いい加減部屋に入ろうと、意を決して腕を上げる。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



              |.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:./;::.:.:./レ'}.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:. ::.:/!ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:i }.:.:.:.:.i.:.: :.:.:.:|     | i|
              |.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:i |.:.:./  :i .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /|:i |.:.:.:.:.:.:.:/ .',.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.|     | i|
              i.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:i {.:. {   ',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ :|:i }.:.:.: .:.:/  :i.:.:.:.i.:.:.:.:.:./    `゙´
                 ',.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:i {.:. { `゙ミh',.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'  レ',,'.:.:.:.:/   ,'.:.:.:.:i:.:.:.: /
             ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:xz斗斧芋ミ∨.:.:.:. :.: |`¨゙ィ斧芯汽 ./.:.:.: :.:i:.:/      しかも今回は未遂。
              |\.:.:.:.:.:{\}  乂iン  \.:.:.:.: {   乂iン  ,/.:.:.:.:.: /|
              |.:.: \.:.:.ヽ_ `¨ -- '    \.:.:∨  | | | | ./.:.:.:. / . :|       奴隷商に落ち度はありますが、
              |.:.:.:.:.:.\.:.∧         `¨´        〈//.:.:.:.:.::|
              |.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.;〉           i          //|.:.:. :..:. .:|       話せば理解してもらえる筈。
              |.:.:.:.:.:.:..:.:.|` 込 .u            ,'´  !.:.:.:.:.:.:.::|
              |.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ミh、          ィ〔    !.:.:.:.:.:.:.:.|       ――――よし。
              |.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   >´ミh、  ̄ ̄   ィ〔ミh、    |.:.:.:.:.:.:.:.|
              |.:.:..:.::.:.:.:.:|  /   :| ≧s-s≦  |    ミh、 !.:.:.:.:.:. :.|






   .,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
  ...;┌────────────‐‐ーー┐|
  ...;│ .____________  │|
  ...;│ l   . i   . i   . i   . i   . i   . l  │|     どうしたの?
  ...;│ l   . i   . i   . i   . i   . i   . l  │|
  ...;│ l   . i   . i   . i   . i   . i   . l  │|     入ってきて良いよー。
  ...;│ l   . i   . i   . i   . i   . i   . l  │|
  ...;│ l   . i   . i   . i   . i   . i   . l  │|     ほら、そんなに緊張しないで。
  ...;│ l   . i   . i   . i   . i   . i   . l  │|
  ...;│ l   . i   . i   . i   . i   . i   . l  │|     食べたりしないよー。
  ...;│ l   . i   . i   . i   . i   . i   . l  │|
  ...;│ ト、._人,.ヘ.__人_,.イ_,.ィ . i   . i   . l  │|     ニライカナイ風のマカロンもあるよー。
  ...; j`‐'┌┐ r‐――‐ 、ーィ   . i   . l  │|
  、- '   | |  | r--- 、 l   L_ ┴─┤   |│    大丈夫だよー。
  _ )    .| | └┘ ノ ノ   く ______.|   │|
  )...   | |    i"´/   (_  . i   . l  │|
  ´)   └┘   └┘    ,ニ=-
   )   ┌┐   ┌┐   (_
   )   └┘   └┘   (
  ⌒)-、 ,. 、         〈
      ′ ヽ/⌒'^´ヽ'⌒ヽ「

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

    が、その前に扉の向こうから優しく呼びかけられた。

    穏やかだが、内心を見透かしているような声に、大和の心臓が跳ね上がる。

    目前の扉が猛獣の顎の様に思えたが、もう息を整える余裕はなかった。

.

6323猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:02:29 ID:xvsUeTTU




                         _________
                …… … ────────────── … ……
      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・



   形式的な挨拶を交わした後、サーバルはすぐに本題を切り出した。

   菓子に目も向けず、今も鼓動を早め緊張に固まっている大和を思ってのことだ。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



   ⌒≧s。ゝ-イ>-‐{{''||ノ人__ノ\ _  == '''' ¨¨ ̄ ̄ _,,,....   --─Y´         |
       ⌒≧s。Y⌒Y^Y≧zリ ̄ ̄__  --─  '''    ̄ ̄          |           |
           弋ィ´ ̄ヽ⌒ヽ ̄                        │           |
            |乂  ノゝ ノ          _____,           |           |
            |_二。。。。  rzzzzzzzzzzュ  ヒ ̄ ̄i|i ̄:|: {           |           |
           Τ ̄i{:: |: {   } |: :::i{: : ::l:{     }: : : :i|i: : :|: {           |   ___  -‐ュ   |
┐          }:::::::l{::::|: {   } |: : j{: : ::|:{     }: : : :i|i: : :|: {   ___   | || ̄   ..||   |
::|    _____   }::::: i{:: |:::{   }::|:::小::::: |:{     }::::::: j|l::::::|:::{  || ̄ ̄||   | ||     ||   |



       /     {    ハ { ヽ{     'Tヘ ! }  i
.      /    ∧    i  Vf茫vヽ.i  /_,,  } /  ,'  大和ちゃん。
     / /   / /⌒ヽ { 〃 hノvリ }/ 衍i, ハ  ./
     ,'  i    { iて ヽゝ  弋.ソ    hiリ j  /   早速だけど、エルフの子達と商人さん達。
.    {   !    ゝ ゝ           ' ゙-' 〈 ,イ
    ハ  ハ      `¨\      、 _,     ノ´ .}    全員キングソードで引き取ってもらえるかな?
     ヽ{ {\  {   i  `>        _. イハ リ
        \{ \{V\ハ_,/⌒ヽ`{ ̄ノ,へ ノ jノ    取り決めの伝言は聞いてるよね?






                                                 人
       |::::::i::::i::: !:::: |__. V::::::::::::::::::: | |:/-――― :/!:::::::::::::::::::|:::::::::::::::    て
.        ,::::::::::::::::::|::::::|   "'.V\::::::::::::!|/   レ≦    |::::::::::::::|::::|:::::::::::::::     〈
.       ,'::::/ !:: !::Λ::::|x=ミx_  \::::::|.!   ..,x劣示ミz. |::::::::::::::::::ハ::::::::::::::    え……。
     /:::/::::|:: |:::::Λ ト、芹:刈    .\{     芹:刈 ::::::::::: ,:::::| |:::::::::::::::
      //|: /|::::、:::::小{  乂:r!            乂_rシ,:::::::::::::/:::: |リ:::::::::::::::    はい、もちろんです。
.         |/. |::::::`::::::Λ                    /:::::::::::/:::::::j{ハ::::::::::::
         V::::::: : /::}i,                /::::::::::,:'::::::::::j{  |:::::::::::    けど、良いのですか?
         V:::::::/ .|::Λ.u      `       ,.::::::jI彡:::::::::: : j{  .!:::::::::::
          ` -  ..|:::::::::.、     r  ァ  。s≦  /::::::::::: : j{   |:::::::::::    その……。
                |::::::::::::}is。          / /:::::::::::::::::,   |:::::::::::
                |:::::::::::::::::| >s,             /:::::::::::::::: ,:=-、.:|:::::::::::  γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                |::::::::::::::::,    >。. <    /:::::::::::::::: /:::::::::|.|:::::::::::  .|   お小言や書面での誓約とかもなし。
                                                .乂________________..ノ

.

6324猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:03:29 ID:xvsUeTTU


   現在、大陸は存亡の危機にある、波風は極力立てたくない。

   また戦後も問題を引き起こしたくないため用意したのが、今回の場だった。

   叱責がないことに安堵し胸を撫で下ろす大和に、サーバルは静かに告げる。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



                    ,;;′ };;;;;;;.  :;;;;;{  ゙:;;;.
                         ,″  };;;;;;;;. ;;;;;;{   ゙:;;.
                   ,′  };;;;;;;;:V.;;;;;{    ´,
                     ,:゙    j:;:;:;:;:;:}:;:;:;{     ゙:,
                    ,゜    ,:}:.:.:.:.:.{:.:.:.{ ⅱ    ゙.
                     ;   }V 」: : : :.{: :.{Ⅵⅵィ   ',
                      { .,,_{  ]    !  :;  ノリ   :}
                     ', \   ]   :  :;   彡ァ .:}
                    ‰ _,,,..,,,ノ,,,__,,;;;;;,__;;,   /  ノ` 、       けど、それは記録に残したくないから。
                 / ,,. -‐        ´"''~ミ ヘ、 `、
                ,゙/     ,   ,     `ヽ、`ヽ、  ':,     大陸の危機じゃなかったら、
                     ,:゙    / /∧ /∧       \ や  ',
                 /   / .∥/  V / ゚:,    :,    `、ヤ  ゚.    公式に非難声明を出してたよ。
                    ;   ∥ ; {            :,  ',     `}  ':, ,
               {   i{ /{ ト、      i ∧ i       i  ゚;. i    対応次第では最悪禁輸とかの制裁をしてたかな。
              ⅱ  从{ ∨人ヽ    リ∠-ヘ ト、      }   }¦
              人 {{  :,{ r公、   / r勿k}ノⅰ    ノ   } j
               . ¬、リ   }  リり∧  / リりリ } }   /    ,゜′
                 \   {     ヽ'゛      ∥,.ィiノ    //
                   \/ 、   ___     ノ<\^}  /
                       `г .,,___,,. 、丶`〃´  V く
                      `ー-( {°。с } {{    \),. - 、






                  /¨¨¨ヽ
                    /.:.:.:.:.:.:.:}     γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
               {三ミh/.:.:.:.:.:.:.:.,'、    |   今回の件、なかった事にしなかった意味は、理解して欲しいね。
              {__I-/.:.:.:.:.:.:.:.:.iミh三三}.乂____________________________..ノ
               /.:.:.:.:.:.:.:..:.:i寸ゞーィi}
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:; },'.  ii
                  ノ/.:.:.:.:.:.:.:.. ::,'、l:i   ゙
             /;:/.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:i//`゙}、     ……大変、申し訳ありませんでした。
            ///.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i,/// { i
         /.:./ ,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:iー --i¨}
           {.:.:{ i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i    i :}
           ヽ:ヽ.';.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:i .:::. 〈,/

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   今回の件への対応について長老達や賢人衆は大いに揉めた。

   密使の派遣要請は、サーバルが決定した妥協案である。

   賢君たる友人にはこちらの意図は伝わっているだろう、それだけ重く見ているのだ、と。

   ただ目前で深々と頭を下げる彼女に、罪悪感を覚えた。

.

6325猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:05:10 ID:xvsUeTTU


   本来なら地方領主の秘書官である彼女が、睨まれる謂れは無い筈だからだ。

   サーバルは執務室の椅子へと背を預け、倦怠感から逃れるため、天井を見上げた。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



                                   γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                                     .|   ごめんね、きついこと言っちゃって……。
      /≧s。 _ /.:.:.:.:> ´.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:ー- < ,γ⌒ヽ  |   でも個人的には、引渡しも反対だったんだ。
       {ニニ=十=ニ }/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.: /     ) .乂____________________..ノ
     / ̄ `≧s。/`、/.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{      ,,>
     `≧s。 _ /  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:ゝ、   ,,ノ
       /.:.:.:.::レ〕iト.}.:. :. :::.:|.:.:.:.:i:.:..:/.:.:.:.:..:.:.i.:.:.:.:.:`‐-‐"_
.      /.:.:.:.:. :. {\{.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:|_;_;|',.:.:.:.:.: :.i.:.:.:.:. :.:.:.: :i   ヽ
      '.:.:.:.:.:.:.:.::|.:.:.:i.:.:.:.:.:.: |..:/レ' |.:.:.:.: :/ .: :.i.:.. :.:. :|≧s。/
     j{.:.:.:.:.: :.: ∧.:.:.}.: .: .: ::|斧示ミ !.:.:./`}~/'}.:.:.:.:.:.:| }}
     j{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \乂.:. :..:| じツ ∠/斧示ミ }.:.:.::.: / ハ   理由は、やっぱり奴隷制、ですか?
    j{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.: ∧_|.:.:.:.{::::::::´  ,   じツ彡 :.:. /  州
    |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.\      :::::::,'_/        お言葉ですが、エルフ奴隷については大陸各国で合法です。
    |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\;:〉  ‐-‐   人:./
    |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;_ _ , 斗ャ ミs。 _ 。s≦/::.:/¨¨ヽ        今回の件は――――
    |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  /i:|//ヽ////////,/::.:/     !
    |.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : /  !i:i:| {   } //////ノ ~´    |               γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
    | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',   l:i:i:乂二斗。s≦´ (:.( ,/     ,                 |   私達の国で起こった事だよ。
                                            乂______________..ノ






           ,:   ; jj :. :.      :,  }:, ゚:,    `、  、
.         ,'   {: 从:: ::[」 冂0  }: / ':, ,::.    ', ':,
.        ,゜  .: ::{ j{>‐=::.    ‐=ァ=‐- :, }:: :.   ゚, :, ゚:,
       ; .: .: ::∧{  \:, ::..  .:∥     }ノ: :: :. .  }  ':, ',
.        i{ .: :: :ハ  x⇒x`、:: :: ::/x⇒x、   ゚;: :: ::.  ;   ', ',
       i :, :: :: {:.;; ,゚ ,_)恣 ゚:, / __)恣 ゚,  .} :i : : , ゙  :. i ,      この国ではこの国の法に従ってもらう。
        {:: \:: {^  { i{{了}}  Ⅴ {{了}}i }  川; ィ'゙.::   ::.} '
        {::  \:, }  乂_ツ     乂_ツ   ノイ 丿 ::   :: } ¦    それに私が一番の問題視してるのは、
       }.::  :: i{ {      '           √ '´ /.::  .: ::j: ;
        {:,::.  :. 公、    ,.  、     ,.ィ{:: :: ‰    .: :/ ,′    未だにエルフには人権が無いことだよ。
        ∨、::.. 「「\`  .,_     _,.、rセ〔:::/}:: ̄]  彡 ゛∨
         `ヽノ  /С ` ミ=.,,. ´。O∨ ノ/フ''"
               ,.{% ‰ {O }。 °。 ゚ }‐- .,

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   ティルナ・ノグは法治国家だ、先進国で情治主義は通らない。

   獣人や亜人は野蛮で原始的、そんな偏見から忘れられがちではあったが。

   本来なら保護した奴隷達を亡命させているが、今の大陸情勢的に不可能だった。

.

6326猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:07:39 ID:xvsUeTTU


   また蒼褪めた表情の大和を、そっと見つめる。

   視線に気付いた彼女に、出来る限り柔らかく微笑みかけた。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



               。゚,′  .: :{i {× ̄`:,::. ‐┘: '77‐- ', }::.   ´:,        だからこそ、キングソードから
          ηψ .: .: :::从 {   ヽト、゚:, ::.  .: .;′    }ノ.: :. :.  j゚,
.           ∥.i{  .: .: :∥ ヽ     ゜、:: ::.:: /     j∧:: :.:: ¦',       密使を派遣してもらったんだよ。
.          ∥ 八 :: :::∥      `  `:, .:,:゙´      ハ::: ::. ,゙ ',
         φ.:  \.: ::{{':,  x===、  ∨ ァ==x、 ∥}:: : , '゜ :. }i        あそこは希少な、
.          φ ::   ::::)h人 :                 ,゙ ノ,ィ'.::   : }}
         ;ⅰ::   :::{乂``'.         丶       j{アノ}.:::  .:.:jji      エルフを厚遇してくれてる領地だからね。
          {ⅱ:::.   :∨心., :,                 ノ ´.:ソ.:   .:.:j::|
          ゚,八:: :.  ::.\:: ::.:) 。,_   弋::::フ   ,,.ィ(:: :: /.:   ..:::;:゙.;      大和ちゃん達になら安心して任せられる。
         ', /' .:;_:.. { ̄:: :: ∧::⌒=- .,,_,,. ‐ニ⌒:: :: :: :ア} ..: :::イ:.,′
             ′  ´"' ` 、i{ Χくく{、    ノ '" ヽ}L;;/ ノ‐''"   ′
                  γ ∥c ℃ ` 冖アc Сo }  ヽ






                            > '¨ミh、
                          /.:.:.:.:.:..:.:.:.:\
                    >---´- ,;;.:.:.:.:.:.:. ::.∧
             __________>.。o≦ミh、.:.:_::.:.:ミh、.:.:.:.:.:.:∧
            {三三,//.:.:.::.:/.:.:.:.:.:.i.:.:ヽ.:.:.::ヽ.:.:.:.:.∧
             {¨¨/,:::'.:..:.:.:.::/.:.:.:.:.:.: i.:.: .:∨.:.:∧、.:.:.:.:',
                 '-,'.:.:.:.:.:.:.:,:'/|.:.:.:.:.:.::/.:.:..:.:.:',.:. .:.:i {三三三}
              |.:.: .:.: :/ リ |.:.:.:.: :/ノリ{.:.:..:}.:.:.:,'i i} }==二}  ……我が領地では、ええっと
              |.:.:.:i:.:,',r--,!/{.:.:/r--,.}.::.:,':.:://,/-゙.:.:.:.:
              |.:.i.:i: {::::::::::::::::::::::::::::::::}.:.,': :/´./.:.:.:.:.:.:.:.    エルフを戦奴として扱っています。
              ヽ}゙从〉::::::::::::::::::::::::::´,'.//!/.:.:.:.:.:.:.:.:..
                |.;込   _  u〈/.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.     厚遇、とは言えないかと。
                    ノ.:.:.ノ ` o。ー‐' _ ィ〔' ::/o。._.:.:.:.:.:.:.:.:./
            >´.:>´i/// {{,`-´ ノ/,'.: ,'///,イ、.:.:.:.:.:./   γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
             >´.:>'i  .∨//ヽ〈k〉//i.:.::i//  ∧.:.:.:/    |   ……ああ、そうだったね。
        >´.:>´ i{¨i    ミh、/∧,///,i.:..:i.'{    i.:.:/     乂______________..ノ
      /.:>´    ∨   /¨¨'〈i〉ミ<´ ',.:.i;;{     i.:/
.      {.:.:/         {`¨ '{   〈i〉iノ   `、ミh、   iヾ
       \〉       /〉  :',   (ニ)      \.:.\ i ソ
             /.::.:∨  ヽ  州      ./ \.:.:ヾ
            /.:.:.:.:.:.:.∨  ∧: : : : : : : : : : :.i   ,).:.:.}

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   秘密裏にキングソードはエルフを厚遇しているが、大和が公にしない理由を思い出した。

   エルフへの迫害は非道ではなく、すでに大陸の常識と化している。

   公然とエルフ保護を叫べば、逆に白眼視されるほどだ。

.

6327猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:07:59 ID:xvsUeTTU


   大和が秘書官として仕えている領主はその辺りを心得ている。

   それだけに秘書官である彼女も実情を話せないのだろう。

   大げさに肩をすくめ、口を開いた。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



      / /    {    /  リィ≠ミ、 ',    ,斗‐一 | |    |
       / |    ゝ  | 〃 んハ \}   ,ィ=ミ、  | /:     |     ごめんね、勘違いしてたよ。
.     |  |      :i\ :| {{ {rtjヘ}   |  ,ん:ハ Y /イ}    .イ
.     | ∧    {\「` ` vこソ  |/{rtjヘ} }} /^}'   / |     赤薔薇ちゃんとアルタイルの膝元だし、
      ∨ \  ト > j{            vこソ ' /ハノ   / ;
          \ { V^\ u.    '       r‐イ-=彡  /     そんな筈ないよね。
       __   /⌒}}`ヽ)h。   r― 、     ノ/ノ     /}
      ∠) `'<   ∥/⌒ヽ)h。.こ´__ .。s≦ ´ </  .//
.     / o      \〃/ ゚o。 ゚o。`>‐「イ 。o゚ } ヽ  } __ .ィi( }/






    |::::::::: / }} |::::::::::::::::<、ゝ::::''"~    /ヽ,  ∨ /::::::::::
    |:::::i::::| リ |;;;;}レ|::::::〈ハ〉::::} /     }.:.:.:∨ ,∨::::::::::::   ……そうです。
    |:::::i::/ ,ィ気´  |:::::::|:::::::: ∨ /   \.:.:.:ヾ´ /::::::::::                        シェオール
    |::::i∧ ∨ '   |:::::::|::::::::::::∨。o≦¨´ {_i_i_i}∨ /:::::::   エルフは邪悪な魔人、その認識が我が国では根強い。
    |:::::ヽ'  ´   |:::::::|'|~´::::i´:::::::::::::: :/     ∨ /:::::
    |::7` `       |:: ,イ |:::::::::|::::::::::::::/      .∨ /:::   彼らは魔剣から力を得て、百年近く大陸に圧政を敷きました。
    ` \        ´  |:::::::::|`、:: /        ∨ /
       `ヽ´       i|:::::::::| `j{           ∨    その苛烈さは、千年経った今も忘れられていません。
        |::、   > ゚i|:::::::::|  |            \
        |::::' 。s - ', i| ::::: :|  | 。ィ(






                          γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
       ' ! .{ i !ヽ  、 ヽ \ヽ、ヽ_、.__ .|   当事を知る二人が、未だに存命だしね……。
     ' ! : 、 !ヽ 、  ヾ ,.ィ- ̄__ヽ .乂_____________________..ノ
      l l  、 ̄,.二.ヽ 、ヽ、 '" rーソノ Vlハ l.〉.ハ! j ハ__-/ / //'ヘ |  | | j!マ三三ニ-_ -V//-_/
     l ', . \ヽVソ \ヽ \  ̄ ̄´  j !リ∧!イ-___   _./丶` /!ニニj  V |/\\三三三ニ-_./
       , !、 ゝヽ    ; \ 、ヽ    _. 、 丶 `  、丶`   //|ヘ/|   V  ャ==ミ ≪三三ヘヽ
       , .!\ '、∧ヽ ノ   ` 、` r=ニニニニニ. /     .//:::{゙ {. λ   \ ` .vツ>/ >=7
       , ヽ_ヽ  ',丶   _   _   l ::, 'ニ// /     .///::::.∧ У >   <`    ⌒>ィnv7<ヽ
  __-‐=、ニニ'、 、ニj>、  ‐   ,! ::::, ' .//     /// /:、 丶`_- 叭 \(⌒ヽ      ,ゝ!/ }.丶
/ _ .'ニニニニヽニニ\ニヽ > ,. イ,. ! :::::., /     // .// 、丶`二Vヘへ___   、_    ./ .// }
l. ::., 'ニニニニ\ニニニニ', / ._ヽ⌒l. ::::::::, '/  //  //::/7/⌒Vヘ Vニ} }ニニ=- _'_/イ./ /
l. :::::, 'ニ二二二l ` 、 `ヽ<ニ!_,. - ! ::::/  //  //:::::///:::::/ }::/./ニ} }Oニニニ=-//./

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   友人と知人、“赤薔薇”ローズレッド・ストラウスと“星将”アルタイルの顔が脳裏に浮かぶ。

   七星国家の盟主にして人類の庇護者と、歴代魔王と戦い続けてきた鋼の英雄。

   千年を生きる、超越者の二人。

.

6328猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:09:09 ID:xvsUeTTU


   耳の長い邪悪の化身である魔人、それが大陸でのエルフへの評価だった。

   ただ実際は少々耳が長く、白い肌と若々しさを持っているだけだ。

   人間種族に限りなく近い容姿、しかし奴隷以下の扱いを受けている少数種族。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



.   /   | |           ト、  ヽ       ヽ}    ',  ∨ /
  |   | |          ヽ |  \   ',     |      ',  ∨
  |   | ト、 /    ``ト}、__  ヽ }:       |      }   i   あの二人にすれば、エルフには相当
  |   ∧ {-イ         |   ̄` }∧     ./:       ト.  |
  |   | ゝ.  》=ミx    |ィ=≠=ミx  ',   /}       |.|   |   思うところがあったんだろうね。
  ヽ.  |:  ∧ {{ )心、   :/ _)斧ミ、‘:, l   /,イ       |.|  /
    `、{:  ∧{{ {トuハ\/ iトtjイ:i} }}_ノ.//:/     / |: /    本当に発端の当事者だし……。
.     |   :{  ゝこソ    ゝこ(ソ   ⌒7⌒厶    / .|/
      \  ∧       、   ,-、     /    } 、ヽ`           “二代目魔王”ウィリアム王にも
       \ }h。.  , -r‐v‐ト、 \__∠}>-―く/
        ヽリ 个{ i {  { ヽト、   }O }〃   ∨ /           エルフの衰退を止めるって事情があったらしいけど。
              イ| i ゝ ゝ ヽ _/: o i{{     ∨
            / | ゝ、____ / ヽo 〈{{    ト、






.   /≧s。          > ':::::::::::::::::::::::::〈/ヽ}ミ、〉 ::::::::::::::|
   |≧s。 ア≧s。__>' ´:::::::::::。o≦:::::::ヽ>ミ:::::ミ` 、`~"ヽ.}
   | 厂{ {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:::::::彡´:::::::::::::::::::::::::::::::::∧:::::::\ヽ:::::::{
.    ~´  ''-=ニ{ :.:.|i:i; ':::::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∧:::::::::::';:∨::!
.            ヽ|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: }:::: ∧:::::::::::';:i:::::∨
              / :::::::::::::::::::: /!::::::i::::::::::::::::::::::/:::::::::∧:::::::::::';\::`、
          /::::::::::::/::::/::/ |:::::::i :::::::::::::::: /::::::::::::::::}::::::::::::li:i:i∨:{
            '::::::::::::/レ'{;/~"i'' 、:::::::::::::::::〃::/|::::::::::::i::::::::::::li:i:i:i∨',   “エルフの大英雄”ウィリアム・マサチューセッツ。
           ::::::::::::/ ,ィzx.、  i::::i:::::::::: //:::/ i|::::::::::::i:ハ::::::li:i:i:i:i:i`~}-
.        /::|::::::i::Ⅳ:::::::::::::: ,:::i::::::/`/: :/ミi|::::::::::〈ヽ/〉:::l_ ア≧。/i:i  彼が赤薔薇公達を裏切り、
.         ~´|::::::i::|i :::::::::::::::::::ヽ{/  /:::;イ   |:::::://ハソ:::/ {-=ニ'≧
         |::::::iヾ〉   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 、,}/}::::::::::::::/_ア´//////  魔剣を手にしたことで始まる魔剣戦争。
            〕iト':::i     ,   :::::::::::::::::::: ア/:::::::::::///////////
         __|:::::ハ           `゙ /::::::::::://///////////    あれさえ無ければ大陸の今は違っていた筈だと
       // i|:::::::ト   _         彡´:::::::::://///////////
.      / ,/.:.::i::::::::i \  ヽ     , イ¨¨¨,~´////////////////   誰もが言ってますよ。
      i i.:.:.:::.i::::::::i∨__` ------o≦/:::::::/l//////////////////

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   彼の王が初代魔王から魔剣を簒奪した事件、歴史の転換点だ。

   エルフは魔人化により一時は繁栄したが、人類の反抗により純血は絶滅。

   生き残った混血児の末裔も千年間迫害を受けている。

   加え、三大魔王誕生の遠因なため、大陸中からさらに憎悪されていた。

.

6329猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:10:19 ID:xvsUeTTU




.    {二二,―‐‐‐‐‐‐/.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:∧------{}
              |.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..: .:.:.:,、.:.::. :i..:.:.:.:.:.:|    /ヽ
              |.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:./;::.:.:./レ'}.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:. ::.:/!ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:i }.:.:.:.:.i.:.: :.:.:.:|     | i|
              |.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:i |.:.:./  :i .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /|:i |.:.:.:.:.:.:.:/ .',.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.|     | i|
              i.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:i {.:. {   ',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ :|:i }.:.:.: .:.:/  :i.:.:.:.i.:.:.:.:.:./    `゙´
                 ',.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:i {.:. { `゙ミh',.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'  レ',,'.:.:.:.:/   ,'.:.:.:.:i:.:.:.: /
             ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:xz斗斧芋ミ∨.:.:.:. :.: |`¨゙ィ斧芯汽 ./.:.:.: :.:i:.:/
              |\.:.:.:.:.:{\}  乂iン  \.:.:.:.: {   乂iン  ,/.:.:.:.:.: /|    今も多くの人が苦しんでいる。
              |.:.: \.:.:.ヽ_ `¨ -- ':::::::::::::::::::::::::::::::::-‐ ´ ./.:.:.:. / . :|
              |.:.:.:.:.:.\.:.∧ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  〈//.:.:.:.:.::|      もしあの王がそんなことをしなければ、
              |.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.;〉           i          //|.:.:. :..:. .:|
              |.:.:.:.:.:.:..:.:.|` 込              ,'´  !.:.:.:.:.:.:.::|      皆で平和に……。
              |.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ミh、          ィ〔    !.:.:.:.:.:.:.:.|
              |.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   >´ミh、  ̄ ̄   ィ〔ミh、    |.:.:.:.:.:.:.:.|
              |.:.:..:.::.:.:.:.:|  /   :| ≧s-s≦  |    ミh、 !.:.:.:.:.:. :.|






             {:\_、丶 `` ̄´"'~ ., ア ]
              {i, '゛  / /^\ノヘ   `' ∥
          。゜   {        ':,   ゜、
.          。゜  ∥ i゚,  「 〉r┐  i ∧ ':, `、
          /   .:i{ 厶-‐ ′┘ ‐ゥく :,ⅰ  ゙:,       ……でも、そろそろエルフを許す時じゃない?
          ‰ . : ::∧{  \`、    /  ` } j :.   ',
       / { .: : : ′`,x⇒x`ヽ  /⇒x ノヘ :: : . }:,     千年だよ、もう償いには十分な時間が経ったと思うけど。
.       η人 : :ⅰ { r勿i  V/ir勿i }  }:: : . ノ ',
       ∥  )h、 {:,  リりリ    リりリ   .:ノ_,. ゜ ヤ    当時を知っている人なんて、ほとんどいない。
     ∥   ::{{ てi      '      ;ヽ 7:::   }
.     i{{: :   ::心.,,,.、   ┌‐- 、    ノ,.ィリ::  ∥,    彼らの中でもエルフを恨んでいる人なんて、
.     {人: :   乂:: :ニ‐ ..,,_ー―'_,,.、rf〔:: :ノ.:  .:jj :}
.     ヤ / .,,_ {⌒:: ::㌍ミハ  ̄ {=ミ:: :: :: ::フ _,. ィ /     本当は一人もいない筈だよ?
        ′   `ヽ、 {。% ヽ-/。с Y;;/ ̄   ′
             γ ノ °>}8{<。° V ヽ                γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
              ,′(_,,.、丶` 丁`  .,,__ノ  ゚,             |   サーバル様、それは少々踏み込み過ぎでは?
              ,′ ∥    ]     ⅱ   ',             乂______________________..ノ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   視線を鋭くした大和に窘められる。

   赤薔薇公と星将は人類の守護者、現人神や軍神として奉られている。

   彼らに苦言すら畏れ多い、今の発言が政治非難と受け取られたらしい。

   だがサーバルは取り合わず、続けた。

.

6330猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:11:18 ID:xvsUeTTU




        >'’    ,.:、         ``ヽ、 \ `ヽ、   \
.     /  /\ /ハ:i\        \ \  \.  \
    /   ./i∧i∨i:} \:i:',        \ ヽ      ヽ /
       | {i/ ヽi{:iノ  ゝ}   \      \ ',  ヽ,  ∨ /
.   /   | |           ト、  ヽ       ヽ}    ',  ∨ /
  |   | |          ヽ |  \   ',     |      ',  ∨  踏み込んで考えるべきことだよ。
  |   | ト、 /    ``ト}、__  ヽ }:       |      }   i
  |   ∧ {-イ         |   ̄` }∧     ./:       ト.  |   獣人だって人間に戦闘兵器として生み出され、
  |   | ゝ.  》=ミx    |ィ=≠=ミx  ',   /}       |.|   |
  ヽ.  |:  ∧ {{ )心、   :/ _)斧ミ、‘:, l   /,イ       |.|  /  魔王陛下に庇護して頂いた、
    `、{:  ∧{{ {トuハ\/ iトtjイ:i} }}_ノ.//:/     / |: /
.     |   :{  ゝこソ    ゝこ(ソ   ⌒7⌒厶    / .|/   エルフと同じ元人類の敵。
      \  ∧       、   ,-、     /    } 、ヽ`
       \ }h。.  , -r‐v‐ト、 \__∠}>-―く/         それでも、まだマシな扱いを受けてる。
        ヽリ 个{ i {  { ヽト、   }O }〃   ∨ /
              イ| i ゝ ゝ ヽ _/: o i{{     ∨         なのに、千年間は流石におかしいよ。
            / | ゝ、____ / ヽo 〈{{    ト、






                    i{、ⅵ  i { {Vレ    ゚:,
                    {{ミ } ⅱ{! イ   ゚,
                      ヤ__j__,从 :, :, ノ彡' ; ]
                 , '"´   ´ '~ .,_ ノ } }\
                    / /{ ,イ   ` 、` 、丿 j `` 、  γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                   , 〃 {/ }      \ ` 、 \   \  |   サーバル様、それ以上は――――ッ
                  ,゙∥     ⅰ     `、 ':,  丶   ` .乂_________________..ノ
              i {{‐-   ; ∧ ゚,    `、 ',      `、
              { 从    }‐- ゚:, }      : }        ':,
               ヤ/∧ .: / ,,_,,_ } ノ     ; ノ          ',    認め難くても、赤薔薇ちゃん達はいい加減、
               V / ):, / ぅk`く ゚:,    ノ<,.        }i
                    Y し`′{リ}} j }  _、 ⌒厂        リ   “二代目魔王”ブーディカ王のエルフ迫害を
                   八  '  `ー″ .ノ丶` ,.ィ(ノ    j i   /
                    \ ..,,_     ̄_,.ィiフ゛ /     ノ }  ,:゙     看過した事実と向き合うべきじゃないかな。
                ,.∥ 、,,.. -=ニノ^} }∠^フ  _,. ゛ }/
                     { {{{°℃} Y´。с }  ∠-‐ ⌒                   γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                     { j >―廴}、   { jj  `、.,_                    .|  ……そのような事実はない。
                 乂 7    }}` .,,_} ⅱ   `、 ヽ                |  それが我が国の公式見解です。
                     ;  ;     ∥    i{{ヘ   /{                乂______________..ノ
                {  {     ∥    `人、ヽ´ 。 :,

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   血の気が引いた大和が、機械的な声で返事をした。

   溜息を吐き、サーバルは自身の手に視線を落とす、鋭い爪と白い肌。

   千年に渡る贖罪、それは気が遠くなる時間だった、少なくとも有限の命を持つ自分には。

   そして本当ならば誰かを許すにも十分すぎる程の。

.

6331猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:13:59 ID:xvsUeTTU


   サーバルは首を横に振る、彼女に言っても仕方のないことだ。

   認める認めないは本質とは関係が無い、求める物は別だと自分に言い聞かせる。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



                   i| レ{、v},,」{,;_: .:l: :ヤ ゙∥ ,  i
                 ,jレ''"´   ´"'''~ 从ノ{  i:}
                  , ゛    ,.       `゙マハ}:}、
                 /     /,ィh、  ,ィ i    寸j `、
              ,:゜   / ,: ,ィ("^ー‐彳! ,i|       V  ゚。
                /   / ,:∥      リ/″       ;  '
              ,゙ {  ∥ア¨{{`    ..,,_,:゙ ,′イ    :   i
                乂:, i{{,′ {{ハ     ア`/x ;      ;   |
               {{ `}} x==ミ、乂i、,:゙/ /   ,′   ,′  |    それならそれで構わないよ。
              !! ∥:':':  ,   ‐=ミk /    ,:゙j  : |
             ⅱ 从        :':':':':.冫ィ   / }  ; |    だけど、もうそろそろ恩赦が出てもいい頃合だよね。
             八 {心、   {````^:,   ´.ノ,. イ^〉, ,゜ ; '
               \ \{h、 ゜.,,___丿  _,.、、、、、ィ / /  / /     エルフの皆も懸命に戦っているのは、
               ,. -ー=ミ==ニ¨/_,,.   / / ,∠} ′
                  {○ΟCс/´ )=-――<フイ´/ ̄` ,      知ってるでしょう?
                 /〉c °、丶}‐く⌒ヽ ΟС Y゛       ゚,






                         /.:.:.:.ヽ:...、  __
                            /.:.:.:.:.:.:.:.:.j}_.:_f_※※ヽ
                     ..-'―=.:.: ̄/.:_.:.:.:`'< ※}
                       /.:.:.:.:.:.-.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:\'
                   /.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:ヽ
                     /.:.:.:.:'/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:',.:.:.:.:.:.
                   '.:.:.:.:∥.:.:./.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.
                   /.:.:.:.:.:.':.:.:.∥.l|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l|、.:.:.:.:.:l.:.※:.:.'
                     ,.:.:.:.:.:.:.|:.l.:.||:.:ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ-l-、.:.:l .:.l.:.:.:.|      ええ! それはもちろん、よく知っていますよ。
                |.:.:.:.:.:.:.|:.l:|.|オ⌒\.:.:.:.:.:/  .:/ル'|.:.:l.:.:.:.|
                |:l.:.:.:.:.:.|:从| _- ヽ.:/ 'ィ==ミ|.:.:l.:.:l.:|      こんな状況ですし、皆も種族の垣根を越えて
                |.l:.:.:.:.:.:|、| ィ" ̄`        :::::: /.:.リ.:/l.|
                |:l.:l.:.:.:.:l.ハ ::::::    .;     /.:.:'/ ;/        手を取り合えていると、そう思っていますよ。
                  ハ从.:.:.:.l.込、. u   ____   厶イ.:.|
      ,γ⌒ヽ     ./.:.:.:.:.\_ゝ.i.i.\  乂_ ノ   /}|.:.:.:l         大陸の危機ですし。
     /     )、  /.:.:.:.:.:.:.:.:.`i.:.`Y〕iトs。 __ イV:i:||.:.:.:|
     {      ,,>//.:.:.:.:.:.:>≦!.:.:.:|-_:i:i:i:‐'´:i:i:i:`i升:ソ|.:.:.:|≧s、
     ゝ、   ,,ノ ./.:.:.:.:.:./   マノ.:.:/ニ-_:i:i:i(菊):i:i_-´ニl.:.:.:lニア ヽ
       `‐-‐"  /.:.:.:.:.:./   '.:.:./ニ二ニ-_:i:i:i:i:i:_-ニニニl.:.:.:l"   |

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   肩の力が抜けたのか、柔らかい声音で彼女は答える。

   多種族が手を取り合えるキングソードが特別なのだ、とは言わなかった。

   ただ笑って頷き、そしてサーバルは黙考する。

.

6332猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:15:28 ID:xvsUeTTU


   現在、大陸を襲っている空前絶後の危機、三大魔王“邪龍王”“復讐の魔女”“銀星号”。

   彼らは人類の愚かさ、魔剣を求め千年も争い続けた罪を裁くため、人類廃絶を掲げ活動していた。

   滅びたくなければ我らと試練を越えろと宣言し、大陸中で破壊の限りを尽くしている。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 ,. -─ ¨¨¨´, . .ヽ \                             ‐=ニ彡〕、__ノ//><//)h、 .∨、、
. . . . _ _ _.′ >, .  , `\__      ,xァ                   ,∥.////∧//i{    Ⅵ/∧ .∨))
  _.. . . . . . . ._j:ニ ー 'ュz;,',   /    ,.イ/                   /∥/ゞ''''ヾ,∧/i{ 从、  Ⅵ/∧ .∨
 .´_... -z─ァ''"  ヽ -'ラ○;  ,゙ \ ,/./                   ノ:.:i{/i{:.:i! i i.∨ v乂リィ≦カ弋__i}、 .\イi〔
  ´   イノ'ハ    ヽr' ;㌣゙ '、 ゙.^^/                      从:.i{/i{、 i 从_|/∧//杙ツ i 从、i\__≧_
.     ! /; ; ;人 _.   ヽ,.zァ_.  ヽ ゙ :ヽ__                    __リi、从:.从:.{ィ≦カ<ノ    ノリi } ∧v:i:i:i:i:i:i:iフ
.   !./ マ ; ; ; ;≧z、  ' /"/ァ _    _...>二ニー-.,z、x:、        .∨~~~~ヽ)ミh弋ツ  、     /从ノ~~´ヾ,:i:i:i:i:i:i:iヽ,
.   /   マ ; ; ;,二.:,_ヽ、 ´ /'"/,..ィ ´ _  ` . .`7゙__ . . i          ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iYヽ, ィ ア  ノ从ノリ从:i:i:i:i:i:i:iイ廴
.  / _..,..┴'". , .ィ,/´×、 ' 7-,.___` .  ,゙´ 丶 , .ヽ      フ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ih、__/ |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i厂
.  ,イ/  , ' ,/ /"  \/, '  , ' マ;`; y゙┴-、. , ;__;_ ハ___  ≦:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ih、、_ノ',:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:リ
  /./  _,.イ  /:〉" ./ - ‐ 7   ," 丶,l ; ; ;'   丶; .,ミ○='..  /      __~" /|    /|:i:i}__ノ{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iア´
 .'/ . , ' :   /:/  /    /  , '  . ,ィ´ハ.   .i.' , ^゙{′ ィマ,, _...= __     /  |   /  ' i:i:i}、ニニ`~ヾ))_~~~~´{
. !′ ,'  .  /:/   i   ,  , __∠.:_; ; ; ; ヽ、 ィニフ,  ゙  マf.´_.. ( ̄\ _,i. . ./-:/ /<リ ニヽ,ニニニ《、_》 ニih
   :   i  ,' ,'   :   ; ィニ二 ニ ニ 三ニ=z、ハ  ∠.,    マi´、  \:、 ア:|. .// /______ .ニニ`~ヾ} i} |
  ,′. ハ {:,'   :  .,イ : : : : : : :_.. -‐¨ _〉,  '"フ     ヽ!ミニl .\{.:_|/ ∠ ミ. .___/∨, ニニニノ',ノ .!
  : .  ム マ     :./ : : : : : : : |ヽ‐ 千ニム  ,ィZ二ZZ==i三 ,、丶`.:: .:: .:: .:: .:: .: \ ___)h, i| .∨,/iイノ}:.:.|
.ハ :    ヽ丶     ;′. . . . . : : ,.|├-=ミ三|z行三三三三 /.:: .:: .:: .:: .:: .:: .:: .::\ :\ :.ヽ,__> v/イ =}:.:.|
. ハ 、   ヽム  |. ,'  .   , ,ィ" | |   ,ィ}=ニミ三三三三 .' . . . . . . . .|. . .{. . .\.:: :\ :ヽ.,:.:\ ニニニニニノ:.:.}
  .ヽ       |ム  |. , ′   , ,.イ   |.| ィ行′  ヾ三三三/.: .: /.: :|: : :八.: .:\.: .: \.: .:\.:. s。,_) -==≦:.:.:.:.|
  、 ヽ、    |.ム、 |∧      /     ||/l||||7      マ三 ,.:: .:: .:: .:: |―(  \_斗=ミ.:\.: .:\ _____≧イ{:.:.:.:.:. |
 、 丶  ヽ、  | ! ゙ ム ヽ    ;′     i.!||||l7 lニニニi三 :: i.:: :i .: .::|ィ=ミ    vツ イ:¬ i¨⌒ヽ.____/=-v:.:.:.: |\
. : : ヽ、 ゙ 、 ヽ | : |  ヽ ヽ  l     i|| !:'"   !,ィ'7゙  l三 i:: |.:: :|.::.:从 vリ      ' ' |.: :.|ノ.i: }_______i{ニ=-∨:.∧:.:.ヽ
. : : : : :ヽ 、_   | : | 、  ヽ    !    ,i|l|! !   ,i|||7   i㌢ | `¨⌒^i.: ハ ' '   `      八: |.: :. _____>''vニ=-v:.∧:.:.ノ
   : : : : ヽ ` i 、|. 丶 ハ     !zz、 ,i||||! !|  ム||l7   ,,ィf".|     |.:: 込   ` ´  イ.: ,.::|.:: ::.>''~>''~、ニ=-.v:.:.:\
                                    /-=ニ |     |i.:: . 介  ..,_//.: /.::.|.:: .: . ))======----、:.:.:.: \
                                    -=ニニニニ/ 八.: .:八|.::.::_}  '.: /、 : |.:: .:: :.______フニ==----====ミh

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   彼らに対抗し、滅びを回避すべく、現在人類は総ての力を結集していた。

   そう総ての力が必要とされている、だが軋轢と差別が厳然として残り、真の意味での協力は出来ていなかった。

.

6333 :梱包済みのやる夫:2017/09/23(土) 08:15:57 ID:UM89Du9y

重い重いが大事で素敵な考え方だなー

6334猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:16:09 ID:xvsUeTTU




                             γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                          |   けど、完全に足並みが揃ってる訳じゃない。だから――――
                          乂____________________________..ノ
                  /¨¨¨ヽ
                    /.:.:.:.:.:.:.:}
               {三ミh/.:.:.:.:.:.:.:.,'、        だから奴隷以下の扱いを受けるエルフへの恩赦、ですか。
              {__I-/.:.:.:.:.:.:.:.:.iミh三三}
               /.:.:.:.:.:.:.:..:.:i寸ゞーィi}    ……奴隷解放を否定するわけでは有りませんが
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:; },'.  ii
                  ノ/.:.:.:.:.:.:.:.. ::,'、l:i   ゙      各国がそれを認めるでしょうか?
             /;:/.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:i//`゙}、
            ///.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i,/// { i        その、奴隷は安価な労働力ですし……。
         /.:./ ,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:iー --i¨}
           {.:.:{ i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i    i :}
           ヽ:ヽ.';.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:i .:::. 〈,/






              ;:;:;:;:゚;:;:;:;:;.
            ,゙.:.:.:.:.゚:,:.:.:.':,
.             ; : : : : : :, : : :,
           {      }  j}
            γ^:,,. ~'⌒⌒ヽ、.,_
            ,゙//    :   ', `、\        出来ないなら、滅びるよ。
          , { {    j    .  :, ゚:,
        ,゜ :,}    ∧    ゚,   ト、 ',       いがみ合ったままじゃ何処まで行っても個と個。
        ゚:, ノ     ,′゚:,   ト、 |心, ;
         ({    /   j:, /i ) 川 }ノ      死にたくない一心で全力で臨もうとね。
         !  ,(   ノ心ノ彡'ノノ
           イ,. \∧^< ノ´         現状のままで勝てる道理なんてない。
           {{  }゜ }\ \__
               j-‐ ¬ }', \,.>}






                     γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                  |  ……一つお聞きしてよろしいでしょうか?
                  乂__________________..ノ






.      /.:.:.:.:. :. {\{.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:|_;_;|',.:.:.:.:.: :.i.:.:.:.:. :.:.:.: :i   ヽ  何故エルフや奴隷に対し、
      '.:.:.:.:.:.:.:.::|.:.:.:i.:.:.:.:.:.: |..:/レ' |.:.:.:.: :/ .: :.i.:.. :.:. :|≧s。/
     j{.:.:.:.:.: :.: ∧.:.:.}.: .: .: ::|斧示ミ !.:.:./`}~/'}.:.:.:.:.:.:| }}    そうまで親身になれるのですか?
     j{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \乂.:. :..:| じツ ∠/斧示ミ }.:.:.::.: / ハ
    j{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.: ∧_|.:.:.:.{::::::::´  ,   じツ彡 :.:. /  州     獣人や亜人は国と権利のどちらも
    |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.\      :::::::,'_/
    |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\;:〉  ‐-‐   人:./           七星国家内では、ある程度持っています。
    |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;_ _ , 斗ャ ミs。 _ 。s≦/::.:/¨¨ヽ
    |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  /i:|//ヽ////////,/::.:/     !        なのに未だに尽力され続ける動機は?
    |.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : /  !i:i:| {   } //////ノ ~´    |
    | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',   l:i:i:乂二斗。s≦´ (:.( ,/     ,

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   誰かの身を案じることは、それ程おかしなことだろうか?

   他者の不幸を望むよりも、互いに幸福であった方が良いとサーバルは考えていた。

   が、聞きたいことはそれと違うだろうと、疑問を口の中で転がす。

.

6335猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:17:18 ID:xvsUeTTU


   エルフは被差別種族であり、庇う事自体が問題視される。

   確かに外交において有利に働くことはほぼ無く、他国から侮られることが多かった。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



                  | i _)      / /___j{   (_i|
                  | i  \__ .。s≦¨ ̄ r‐:、\-くi|
                  | i .ィi〔/       ; |i:}\\ト、\ /
            、ヽ` i/ ./     ;  | {iノ  \iノ  ∨ /
          、ヽ` // ./       {  |       ',. ∨ /
         /   / ./ ./      :|  ∧ ',      ', '. ∨ / γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
        /      / ./       |  | V∧        | | ∨  |  本質的に無関係であるはずなのに、何故?
       ,:'       | /       :∧__{  V∧ {     }∧ |   乂___________________..ノ
.      /   /     .!.{        :/ Ⅵ``ー-t' ', __,ノ∧ i| !
     /   /      ゝ       /   ィ=≠ミ、 \ ',  / i i| /ヽ  うーん……そうだね。
.   /   /         \    !  〃_,)ハ ヾ  ヽ} 笊 | 'イ: |
        /        /´\   |  ∥{トuイ}     jノj.} ∨ |  |  皆が仲良くできる世界。
   |    {           { ⌒_\ ',   ゞこソ      {_(ソ }} / /
   |    ハ      {  |ヽ (   ⌒ヽ          ヽ    ∨/   それを素敵な夢だと思ったから、かな。
  ∧   :| |      ',  \_人                   }
.   ∧  | \     \     ト、       r‐ 、    /      ……やっぱり、他に特別な理由はないね。
    ∧ :|  \    :{⌒ヽ.   { _〕≧s。.    ` ´ .ィi〔/
.      ∨    \‐=ミ\_ \ .jレ{,ノ___   `7 ‐-<\}/         ああ、それと無関係っていうのは違うと思ってるよ。
           ゝ{ `⌒___∠//(_)O`ヽ、ム_/(_)ヽ
              /⌒ヽ  { Oo Oo } O}。O O}




                                  γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                               |   多民族国家の王だと、考慮する必要があると?
           ,:   ; jj :. :.      :,  }:, ゚:,    `、乂______________________..ノ
.         ,'   {: 从:: ::[」 冂0  }: / ':, ,::.    ', ':,
.        ,゜  .: ::{ j{>‐=::.    ‐=ァ=‐- :, }:: :.   ゚, :, ゚:,      それとは別で、そういう意味じゃないよ。
       ; .: .: ::∧{  \:, ::..  .:∥     }ノ: :: :. .  }  ':, ',
.        i{ .: :: :ハ  x⇒x`、:: :: ::/x⇒x、   ゚;: :: ::.  ;   ', ',      ……差別に対する無関心は
       i :, :: :: {:.;; ,゚ ,_)恣 ゚:, / __)恣 ゚,  .} :i : : , ゙  :. i ,
        {:: \:: {^  { i{{了}}  Ⅴ {{了}}i }  川; ィ'゙.::   ::.} '     加害行為だと私は思っている。
        {::  \:, }  乂_ツ     乂_ツ   ノイ 丿 ::   :: } ¦
       }.::  :: i{ {      '           √ '´ /.::  .: ::j: ;      誰かが虐げられているのを無視する人は、
        {:,::.  :. 公、    ,.  、     ,.ィ{:: :: ‰    .: :/ ,′
        ∨、::.. 「「\`  .,_     _,.、rセ〔:::/}:: ̄]  彡 ゛∨      無自覚な加害者だよ。
         `ヽノ  /С ` ミ=.,,. ´。O∨ ノ/フ''"´
               ,.{% ‰ {O }。 °。 ゚ }‐- .,
              / { 。  c,,.∟..∟_c  。 )j   :,
              ,′ ∥''"´   }}   ̄ ̄ i{    ',

.

6336猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:18:29 ID:xvsUeTTU




              /:.:.:.:.:.:.\‐ 、__
              /:.:.:.:☆☆:.:.∧:.∨:.∨
          , ':.:.>☆☆☆>''~イ~''<``~、、__
           /:/:.:.:.:.☆☆:.:./:.:.:.:.:.:.ノ≧=-:.:.:.-=、:.\
        'イ:.:.:.:.:.:.:88:.:. , ':.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:. v
        ':.:.:.:.:.:.:./88:.:./:.:.:.:.:.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,'!:.:.∧:.:.:.:.∨/
       ':.:.:.:.:.:. / {:.:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.{:.:./ !:.:.:.:.:',:.:.:.: ∨/
.        ':.:.:.:.:.:.:///,:.:.r 、i7_:.:!:.:i!:.:.:./}:.:./!ノ//,:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.∨/
.       ':.:.: ,'{: ////∨>_r、<: i:.:.|i:.:.:!/! //!////,:.: !:.}:.:.:!:.:.:∨/
        ':.:.:.,'/i///// !:.:.:.:.:.:.:.:.|/从:.:i/i∨/l'////∨ノ}:.ノ}:.:!:.:∨/
      ':.:.:.'/////// {:.:.:.:.:.}',:.:.!  乂/! \! '////イ__リ/.!:.|:.:.iヽ,.     ならサーバル様は加害者に回りたくないから、
     i:.:.:.:i//////// ,:.:.:.:.i/',:.' 代示乍ゝ  ∨/r也7/ !:.}:.: !\、
     i:.:.:.:i////////∧:.:.:.i//,:ヽ 弋zタ     i/. ヒアi//}/:.:.:.!  \    彼らに権利を認め、差別を無くそうと?
     i:.:.:.:i//////// ∧:.:.:i///,∧        、   .从/, }:.:.,
     i:.:.:.:i/////////!∧ヾ//{〕iトヽ,          ,'//i 从,
     i:.:.:.:i/////////!___',:.:'//,\    、 ァ  ///¦           γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
     i:.:.:.:i/////////!__':.:.'//! )h、     ィ(/!//!:.|∨            |   無いとは言わないけど、本質じゃないねー。
      /!:.:.: i/////////!___':.: '/}、    {> =ミ.//|//i:.:! ∨            乂___________________..ノ
    ,:.:!:.:.: i/////////><.':.:.Ⅵ_≧=≦__.ヽ/!//!¦:.∨
    ,:.:!:.:.: i/////。s≦    .':.:.:.:.!___ん、∧! |//i:.:!∧:∨







.         ;  ミ、  :; : :} : : {  ノ  }
.          ¦ .,_jト  :; : リ : : { ∠, jj
.          ! \ _,.  ‐‥…┴≪ ∥
        , '゙}、丶`   /\ /!:,  `゙'、
.     /  ,:`     ; {/\リ ´:,  ´:.
.    ,:   ,:′  ⅰ ;{:.     :, ':,   :,        この国は獣人や亜人が多いのは知ってるよね?
    ,:   ;    . :{ :i{ :, :.:.    } ∧ :,  :,
.  ,' ,'  {  .: .: :/{ 「\ ̄: .  丁^ i }:. j       今も昔も迫害とかから逃れて移民してくる皆。
.  ,゙ ,゜  :, :: ::∥ N  ^ 、:; :: .:/  ノイ: : ;}
  ;  i :  :`、 :: :i{       ヽ::,:′   }:}:: :ノ}       頼ってくれるのはいいんだけどね……。
  { :{: :  ::{:,\ ':, “^^^`  "´^^”{ノ/ ;}
  :, {:, :.   :.V心.,{`            }´  ∥         皆、外に出て行く気配がないんだよ。
   ゚:{^ 、:.  ト{へ^h。,_  tー‐ァ _,,. イ} .:从{
      ≫ {⌒¨¨ Y´ `ヽ--=⌒Y¨ヽく                      γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
.      {;.;. ; ; x-┬〉%‐ァ}8}=‐ ゚卜、; ;}                      |  人口が増えているのは喜ばしいことでは。
.      {;.;.,∠.,_ {{ο /{{⌒ 、_゚j  \},,_                     |  移住者は勤勉で、治安も良い筈でしたよね?
      √    `:, } ``゛  ´,    ∨ /  ` 、              乂___________________..ノ
.     j{.,_   丿j    r====ぅニ>-、`、
   γ´c ´"''~く.,,__,,. L.,':,_    /=-‐  ー… 、
_____乂。о   _,,_     ‐- ニ=‐くL.,_ ー 。_,,. ゚ノ--
 ̄ ̄ ̄`¨¨¨¨¨´  `ー====ーヘ>> `````

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   聞こえてきた大和の声には戸惑いがあった。

   それはそうだろう、勤勉な移民者を喜ばない領主は基本的にいない。

   しかし、自分の顔が曇っていることが分かった。

.

6337猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:19:19 ID:xvsUeTTU




   γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶 . ...
   .|   私やお父さん……歴代国王はね、もっと皆に外へ出て欲しいと思ってるんだ。   :.:.. .
   .乂__________________________________..ノ.... .
... . .    .;i;';.      . ...  ......  ... ....    ...          ⌒ヽ    . .. .:.:.:.:..      ... ..
   ,.;i;';.,,;;`;;i`、    ... .      . .. .   ... ....    ...        . ...  ......       . .. .
  ,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,.
 ,.,;:;;`;;i`:;:i;,|i!''".                                 .;i;';..;i;';.
..... ""'|i!''''"  i|!、....,........... .......,.,.......,..,.,,.,,. ...... .......,. ,.......,..,........... ...    ,.;;.;i;';.,,;;`;;i`、;i`、 . ............ .
'::',:'':';:,.,i|!、:.,"'`::'::',:'':'`::'::',:'':'` "'"' "'''.''' "'''.''" '::',:'':';:;..,"'`::'::',:'"'`,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,;:。;:;;, ,.;i;';.
 "''    ::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;:;;`;`;;i`:;:i;,|i!''";,|i!'',.;;:。;:;;::、
'::',:'':'`::'::',:'':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
'::',:'':';:;'"'"''::',: '"'"''::',:::'::',:'':'`::'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;...|   国の外へ、ですか? 何故ですか。
',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::          |   この国は居心地の良いと思いますが。
"'''.''' "'''.''"'"''"'"' " "'''.''' "'''.''"'"''"'"' "'':';:;..,"'乂____________________..ノ






       |    ,. -┴┴- 、ノ
       |  . '´           \
       レ'´   .i:{      \ヽ \     ここは“交わりの故郷”。
       〃    .:从     : 从 :}: ヽ
     //   . : :/ _ヽ } . : ,Lレイ : : l    色々な人が交流出来る、そしていつでも帰ってこられる国を目指してる。
    /    : :/´ _,_,`メ、: :./,_,レハ : : }
   〃  ヽ . : |   行。  V行.。V : : :}    だから皆には大陸中の事を見聞きして、様々な人と友達になって欲しい。
  .′  : :\ :| ヽ りソ   ヒソノノ レ^ヽ
  l |   : :い    ̄   _  ̄ ハ   }   そうやって世界を良くして来て欲しいんだ。
  l |    : :Ⅵ     ヽ_ノ  . イノ  /
  l |\   :{: : :`フ ー一 < > ⌒ V      次の世代の子達に、素敵な世界を伝えるためにもね。






          /.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.;.:.:.:,.:.:.:.:.:.、:.、γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
            ∥≧甲:/.:.:゚.:.:.:/.:.:/.:.:.:。.l.:.:l.:.:|   でも実現するには大きな壁があるよね?
          / /リ{ソ;'.:.〃.:./.:.:/!.:.:.:.:.:.l.:.:.l.:.乂___________________..ノ
            }>!イY!.:.:.:.:.:.ハ.:./ l.:l.:.:.:.:ハ.:.:l.:.:.:!
        /.:.:.:l!.:.:.ll.:.:.:.:.:.:! ル ̄ljレレ__ ル'!.:.:.!
         l.:.:.:.:l!.:.:.l!.:.:.:.:ル::::::::::::::::::::::::::::ノ.:!.:ル   大陸に蔓延る
         l.:.:.:.:.!.:.:.:!ハ!.!.:ゞ::::::::::::::::::::::::彡イ.:!
         l.:.:.:.:.ゝ.:.{ l.:!ヾ、  _ _   ノ.:ヘ/    亜人全般への偏見や差別、ですか。
         l.:.i⌒ <´ヽl.:!ゝ.≫ _  .イ|:.:l
         l.:.|   |ヽ |.:!、  ⌒ソノト、 !.:l

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   暗く沈んだ大和の返答に、サーバルは無言の肯定を返した。

   安全な我が家と危険に満ちた外界、どちらに居たいかは議論の余地はないだろう。

.

6338 :梱包済みのやる夫:2017/09/23(土) 08:19:26 ID:UM89Du9y

この時代にこの考え方を持てるのは本当にすごいなサーバル王

6339猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:20:19 ID:xvsUeTTU


   人間とエルフの外見差でさえ、迫害や蔑視の対象だ。

   牙や角、果ては翼に鱗等をもつ亜人や獣人がどう見られるかは論ずるまでも無い。

   そのため種族を越えての友情が奇跡に等しい事も、理解していた。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



                    Χ   / /ノ´`マソ ∨:,    \
                    ‰   ∥:.′        ' :,     `、
               ‰    i {{:, ::. :.      .: 卜 :,   `、
                。゚    .:ji i{{ ':;. :::[_/ 「 i  :} ,:゙ `、 ゚,   ':,
               。゚,′  .: :{i {× ̄`:,::. ‐┘: '77‐- ', }::.   ´:,.     皆が分け隔てなく付き合い、協力し合える世界。
          ηψ .: .: :::从 {   ヽト、゚:, ::.  .: .;′    }ノ.: :. :.  j゚,
.           ∥.i{  .: .: :∥ ヽ     ゜、:: ::.:: /     j∧:: :.:: ¦',.    そうなれば良いって、お母さんはいつも言ってたよ。
.          ∥ 八 :: :::∥      `  `:, .:,:゙´      ハ::: ::. ,゙ ',
         φ.:  \.: ::{{':,  x===、  ∨ ァ==x、 ∥}:: : , '゜ :. }i     エルフ差別の撤廃はお母さんの夢だったんだ。
.          φ ::   ::::)h人 :                 ,゙ ノ,ィ'.::   : }}
         ;ⅰ::   :::{乂``'.         丶       j{アノ}.:::  .:.:jji    私はその夢と志を受け継いだの。
          {ⅱ:::.   :∨心., :,                 ノ ´.:ソ.:   .:.:j::|
          ゚,八:: :.  ::.\:: ::.:) 。,_   弋::::フ   ,,.ィ(:: :: /.:   ..:::;:゙.;    動機はこんな感じだけど、納得してもらえたかな?
         ', /' .:;_:.. { ̄:: :: ∧::⌒=- .,,_,,. ‐ニ⌒:: :: :: :ア} ..: :::イ:.,′
             ′  ´"' ` 、i{ Χくく{、    ノ '" ヽ}L;;/ ノ‐''"






ニニニニニニ|ニニニニ/ : : : :/: : : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : : ゚,: : : Ⅴー――.T_______
 ̄ ̄ ゚̄,ー―7: : :.: :/ : : : : : : : : :, イ: : : : : : : : : : : :.:: : : :i|: : : : :Ⅴニニニニ |ニニニj{ニニ」ニ.|
     ゚.,゚ ,′: : :/: : :.| : : /|: :/ |: : : : : : :.ハ : : : : :.:: :.:i|: : : : : :Ⅴニニニ 「 ̄ ̄i|ニニ|__ノ
      ゚ ,. : : : :.i|: : : :|.:.::, |: ′ ト、 : : : :.:; | λ : : :.:: :i|: : : : : : :T¨¨¨¨    ハ
        .′:.:: :.:.i|: : : :| : ′| {   Ⅴ : : :/ |:.' |: : ト、: :i|: : : : : : :i| : : : :’    ⌒
     /イ|: |: : : i|: : : :|!: :,ィぅ升笊x.Ⅴ: :.′x芹示ぅミ、/ : :.:: :.:ハ i|: : : : : : :,
.         |:.i|.:. :.:i|: : : :|: 〃 }r'//(_,  \{   }r'//(_, ′: : : :/ :.:i|: : : : : : :′
.         |:八: :.从 : : | ム 乂__zソ       乂__zソ/ : : :/:/: :.イi|: : : : : : : : ,
.         |:i  ,: : ∧ : |: λ              /: : :イ}/7:/ : i|: : : : : : : : :’    先王と王妃殿下から、
.        、{  \: :.\|: 杁 " "    ′  " " /イ:/: : :/ ′ :i|: : : : : : : : : :.,
            7: 、: /   、    r  ‐┐   イ7/: : :/: | : : :i|: : : : : : : : : :.′  ご両親から受け継がれていたんですね。
           /: : :イ,   >    、   ノ  イ: |: |: : : { : | : : :i|: : : : : : : : : : : ,
           .′ /i:i′____ ´ ≧ --- ≦}ニヽ.|: |: : : | : |: : : : ,: : : : : : : : : :.’
.          , : : /i:i:i,´:::::八ニニ`¨ γ⌒ヽ`¨´ニニ!}-|: : : |---、: : : ゚,: : : : : : : : : :,

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   ティルナ・ノグは国体の成り立ちから、様々な種族の庇護を行ってきた。

   当然エルフの保護もしていたが、より一層取り組まれるようになったのは先代からだ。

   感心したと大和が感嘆を漏らすが、大仰さにサーバルは苦笑した。

.

6340猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:21:19 ID:xvsUeTTU


   眼前に座る彼女は、外見上は普通の人間と変わらない。

   一方でサーバルは獣人として爪と尾、そして長い耳と白い肌を持ち、随分と差異があった。

   両親から受け継いだ自慢の長い獣耳に手を伸ばし、撫でる。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     ,,.
                     /:;;}  ,x、
               ((  /  :;;]  ,こ ゙:,
                     /  :;;;] ,こ  ´
                 /   .:;:;] ,こ   ゚,
                     ,:′  :.:.:.}′:   :
                ,′ⅵVv: :ノ .;ⅳノ ', ))  (お父さんとお母さんの夢)
                    ; ≫  ,:   :;  そ j
               { ,>'''""""'''~ ., て jj     (想いはちゃんと受け継いでいかないとね)
                  /   //ヽノヘ  \∥
            /  //{          〈     (いつか叶う日まで、ちゃんと)
            、`   j{ム{.,,_   _j,∧ ', ^:,

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



           ,:   ; jj :. :.      :,  }:, ゚:,    `、  、
.         ,'   {: 从:: ::[」 冂0  }: / ':, ,::.    ', ':,
.        ,゜  .: ::{ j{>‐=::.    ‐=ァ=‐- :, }:: :.   ゚, :, ゚:,
       ; .: .: ::∧{  \:, ::..  .:∥     }ノ: :: :. .  }  ':, ',
.        i{ .: :: :ハ  x⇒x`、:: :: ::/x⇒x、   ゚;: :: ::.  ;   ', ',
       i :, :: :: {:.;; ,゚ ,_)恣 ゚:, / __)恣 ゚,  .} :i : : , ゙  :. i ,  (人間とエルフの外見の差なんてほとんど無い)
        {:: \:: {^  { i{{了}}  Ⅴ {{了}}i }  川; ィ'゙.::   ::.} '
        {::  \:, }  乂_ツ     乂_ツ   ノイ 丿 ::   :: } ¦  (肌の白さと長い耳、せいぜい若々しさ程度)
       }.::  :: i{ {      '           √ '´ /.::  .: ::j: ;
        {:,::.  :. 公、    ,.  、     ,.ィ{:: :: ‰    .: :/ ,′ (だから、エルフ差別もいつかきっと……)
        ∨、::.. 「「\`  .,_     _,.、rセ〔:::/}:: ̄]  彡 ゛∨
         `ヽノ  /С ` ミ=.,,. ´。O∨ ノ/フ''"´
               ,.{% ‰ {O }。 °。 ゚ }‐- .,






                        人〈           ´ ´)ノ「Y_:ん'´): |
                           |:i\ ー -  . .:r(\」 し' ノフ: :/
       _                 VY´≧≦⌒):_:チ‐ぇ _ _ ィ´j/
      ‘ーァ `ヽ、_______      xヘ. レ〉o゚rrく゚o〈/{  {_ 。_oフ´  見かけが大事っていうけど、本質じゃない。
   tそrー='´  _      `¨フ¨´   厂う介し `(  ‘v_>ァ'´
.     `¨⌒¨´    `¨二ニ=--―--=ニア´/´/´    \ノ`r‐’      もっと歩み寄れば違った良い部分が見えてくる筈だよ。
                        {i {_ {_     パ。゙ヽ
                          》こ。三。ニ。ミメ.└‐┘     ねえ、誰もが姿形を気にしなくても良くなって、
                      「≫≪ ー‐うY
                       jo 。 o 。 o`く            仲良くできる世界が来たら、素敵だと思わない?

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   人間とエルフの差、そんなものは獣人から見れば、無いも同然だ。

   父と母が語ってくれた夢。

   それを思い浮かべ、サーバルは大和に微笑んだ。

.

6341猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:23:09 ID:xvsUeTTU


   気分が乗って腕まで広げてしまったことが、少し気恥ずかしくなる。

   対面の彼女は苦笑していた、これではどちらが年上か分からないと頬を掻いた。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



              {: : { :{.| : : ∧: : | : : : !: : :_:}┌┬┐: ',
            ', ィ心{ : /'¨f心: : : : |/ィ| └┼┘: : ,
           |ゝ{ ゞ'ゝ{   ゞリ : : : j 〔二〕二二}: : : :     そう、ですね。
           | :{   '    /: : :/ー '' |: : : : : : : :|
           ゝ'\ マ フ ノイ:¨|      |: : : : : : : :|     早くそういう日が来てくれたらと、思いますよ。
            _| :l`≧i ´ | : |      |: : : : : : : :|
           /__` ー‐┴= '' | : |      |: : : : : : : :|     私の友人達と、胸を張って方を肩を並べられたらと。
             {菊}: : :|:_:_:,.:=-| : l      |: : : : : : : :|
           \_ /:/´ ̄ノイ、ヽ   │ : : : : : : |        γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
          __ ,. - ' - /       }/     !: : : : : : : :!       |   そう言ってもらえると嬉しいよ。
.        ,ィ ァ''´‐ ''´  {  }    /       |: : : : : : : :|      乂______________..ノ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          ||   |               |   ||
                            」L  |________,」   ||
     _          γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
    ノ^乂      -= |   この前の七星会議でも、言ってみたんだけどね。     二 =-    .ノ^乂
    | || |.  γ   ,ノ乂_______________________..ノ 乂.   ヽ   | || |
    |f⌒Y|  {    | .V/ | |            ∧ゞ==彡∧.              | | .V/ |    }  |f⌒Y|
    | || |  〕h、 |/「|\| |           |i ∨─∨ i|           | |/|:|\|  ィi〔   | || |
    | || |ニ].    |  |:|  | |           |i/ |   | \i|           | |  |:|  |    .[ニ| || |
    | || |]ニニ二| |  |:|  | |¨ '''''' 冖¬ ───|i   |   |   i|─── ¬冖 '''''_| |  |:|  | |二ニニ[| || |
    |≧s。|/////「 |  |:|  | |ニ7__    ]}::/ |i∧ |   | ∧i| ヘ::{[   ___Vニ| |  |:|  | .|/////|。s≦|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



  |   | ト、 /    ``ト}、__  ヽ }:       |      }   i      士気低下や離反、戦後も踏まえて、
  |   ∧ {-イ         |   ̄` }∧     ./:       ト.  |
  |   | ゝ.  》=ミx    |ィ=≠=ミx  ',   /}       |.|   |      全種族に人権を認めるべきだって
  ヽ.  |:  ∧ {{ )心、   :/ _)斧ミ、‘:, l   /,イ       |.|  /
    `、{:  ∧{{ {トuハ\/ iトtjイ:i} }}_ノ.//:/     / |: /         ……まあ、保留ってことにされちゃったけどさ。
.     |   :{  ゝこソ    ゝこ(ソ   ⌒7⌒厶    / .|/
      \  ∧       、   ,-、     /    } 、ヽ`          γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
       \ }h。.  , -r‐v‐ト、 \__∠}>-―く/             |   その話は耳にした気が……。
        ヽリ 个{ i {  { ヽト、   }O }〃   ∨ /             乂______________..ノ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   気遣わしげな大和に、苦笑を返してみせた。

   しかし、眉間に皺が寄るのが分かったが、どうしようもない。

   保留とは言うが、遠回しな否決と同義だ。


.

6342猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:24:18 ID:xvsUeTTU


   人は学びを得たと同時に、予測という毒も内側に含んだと、サーバルは思う。

   明日に期待を抱けるから今日の困難に耐えることが出来る、では抱けない者達は?

   戦った後に平穏が待っていると思えれば、死力も尽くせるだろう。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



      γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
       |   少し性急過ぎるのでは?
       乂_____________..ノ
            .′: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :'.
         ′: : : : : : : : : : : : : : : : :i: : : : : : : '.
        i:.:.:.:.: i: : : : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : :l
.        <¨ ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : i| : : : : :i: : l ̄¨>
.           l宀┬|: : : : : : : :i: : : : : : |!: : : :.i:.:|: : lヤ´
        |.:ハ:.:.:|: : : : : : : :i: : : : : : |!: : : :.i:.:|: : l
        Ⅳ}: : !: : : : : : : :|: : : : : : |!: i :.:.l:.:|: : l         _,. -‐- 、
          ヽ:ハ:.:. i: : : : i:|: : : : : ∧:.|:.:i:.l:i:|: :γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
          ‘|:.i:.:.:|: : :.:i:l:|: : : : : ' V:./ 川 : :|   急いで動くべき事柄だと思うよ。
              |:.|:.: |: : :.:l:l:|: : : : :′ V: /:.|:!!.::.|   恵まれている程、気付き難いだろうけどね。
              |:.|:.: |:.:.:.:.川: : : : ′  V :. !:.!:/乂____________________..ノ
              |>-|:.:.:/: l:|: : : :′   ヽ:.:.:./: : : : : : :l: : : : : : : : : : : : : : : l: : : : : ゙,
           /   |: /:.:.:l:|: : :;′      /: : : : : : ::j: : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : ゙,
         '    |/ :.: ノ:!: :/        /: : : : : :l: : i: :_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_: i: : l : : : : ゙,
         i    |:.:./:. |::/       /: : : : : : :i : {l´:::::::::::::::::::::::::::::::::::`l}: :i : : : : : ゙,
         |     | :.:.:.: ル′    /: : : : : : : : ;´ |:::::::;;;;:::::::::::::::::::;;;;::::::|::ヽ: : : : : : :゙,
                          /: : : : : : : : : :゙; |:::::i:;;;:i::::::::::::::::i:;;;:i:::::|::/ : : : : : : : ゙,
                    _ __ゝ: : : : : : : : : :゙;|ヾ::::::::::::,゙:ハ:゙;::::::::::f::|/ : : : : : : : : / ___
                   γ´: : : : : : : : : : : : : : : : :l:::i::::::::::,゙:::::::::゙;:::::::::i:j: : : : : : : : : :´: : : : : 、
                     /: : : : : : :( : : : : : : : : : : :ノゝ;::::::;、;、;、;、;、;、::::::人: : : : : : : : : : : : : : : l
                 /: : : : : : : : `‐-、 : : : : /::::::::}:::rititititititiュ:::{::::::\: : : : : :_,.-‐'": : : :
          --──--´ : : : : : : : : : : : : `‐-、(:::::::::::/ヘ:::::::::::::::::::::::::/:ヽ:::::::)_,.-‐'" : : : : : : : :
          : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:::ノ:::::::ゝ------ソ:::::::::y::/: : : : : : : : : : : : : :
          : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ:::::::::::::ゝ:::::::::/::::::::::::/ : : : : : : : : : : : : : :

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   だがエルフの様に過酷な環境で奴隷になっている者達は違う。

   仮に勝利しても苦しいままなら、と自暴自棄になる者もいる。

   三大魔王による滅びを歓迎する“祝福派”信者が増えていると、すでに報告が入っていた。

.

6343猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:25:19 ID:xvsUeTTU


   イーストエンド、人類を裏切り三大魔王に恭順した元七星国家の一国。

   そこへ移住する人々が後を絶たない背景の一つには、こういう事情もあった。

   内心で、人類を裏切らざるを得ず、今も人々を保護している友人に感謝の念を捧げる。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     |::|::::::::::Y}::|__  ~        Y/:::l      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     { ヾ:::::::::t            r':::::jゝ   :::::::::::::::                     ヤサシイオウサマ    :::::::::::::::
         ̄ゝ(ヘ  <   _     ヾリ  :::::::::::::::  シンジ、ありがとう。あなたは強い英雄だよ。  :::::::::::::::
       (    ヽ  ´     /   ヽ   :::::::::::::::                            :::::::::::::::
               > 、___/---──ゝ.    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             z-≠─- 、   ヽ へ─--ヘ
          |      \    `    ゝ、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



    |::::::::: / }} |::::::::::::::::<、ゝ::::''"~    /ヽ,  ∨ /::::::::::
    |:::::i::::| リ |;;;;}レ|::::::〈ハ〉::::} /     }.:.:.:∨ ,∨::::::::::::  恵まれている……確かにそうかもしれません。
    |:::::i::/ ,ィ気´  |:::::::|:::::::: ∨ /   \.:.:.:ヾ´ /::::::::::
    |::::i∧ ∨ '   |:::::::|::::::::::::∨。o≦¨´ {_i_i_i}∨ /:::::::   ですが、やはり控えるべきだと思います。
    |:::::ヽ'  ´   |:::::::|'|~´::::i´:::::::::::::: :/     ∨ /:::::
    |::7` `       |:: ,イ |:::::::::|::::::::::::::/      .∨ /:::   エルフ等に恩赦を出すことへではありません。
    ` \        ´  |:::::::::|`、:: /        ∨ /
       `ヽ´       i|:::::::::| `j{           ∨    問題は三大魔王達の配下
        |::、   > ゚i|:::::::::|  |            \
        |::::' 。s - ', i| ::::: :|  | 。ィ(               ――――咎人に人権を認めるべきだ、という部分です。
        |:::::|  。o≦| :::::: |''"~´   ∨






         /   / ./ ./      :|  ∧ ',      ', '. ∨ /
        /      / ./       |  | V∧        | | ∨
       ,:'       | /       :∧__{  V∧ {     }∧ |
.      /   /     .!.{        :/ Ⅵ``ー-t' ', __,ノ∧ i| !
     /   /      ゝ       /   ィ=≠ミ、 \ ',  / i i| /ヽ
.   /   /         \    !  〃_,)ハ ヾ  ヽ} 笊 | 'イ: |
        /        /´\   |  ∥{トuイ}     jノj.} ∨ |  |
   |    {           { ⌒_\ ',   ゞこソ      {_(ソ }} / /     同じことを七星会議でも指摘されたし、
   |    ハ      {  |ヽ (   ⌒ヽ          ヽ    ∨/
  ∧   :| |      ',  \_人                   }         会議後にはアルタイルにも直々に言われたよ。
.   ∧  | \     \     ト、       r‐ 、    / ,γ⌒ヽ
    ∧ :|  \    :{⌒ヽ.   { _〕≧s。.    ` ´ .ィi〔//     )、 必要だと思うんだけどね。
.      ∨    \‐=ミ\_ \ .jレ{,ノ___   `7 ‐-<\}/ {      ,}
           ゝ{ `⌒___∠//(_)O`ヽ、ム_/(_)ヽ   ゝ、   ,,ノ
              /⌒ヽ  { Oo Oo } O}。O O}      `‐-‐"

.

6344猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:27:49 ID:xvsUeTTU




   {三三三三三三三 /.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.    { ̄ ̄}---------/.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.    {二二,―‐‐‐‐‐‐/.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
              |.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
              |.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:./;::.:.:./レ'}.:.:.:.:.:.:.:.:.:         出すぎた真似ということは重々承知しております。
              |.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:i |.:.:./  :i .:.:.:.:.:.:.:.:.
              i.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:i {.:. {   ',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.        ですが、何卒ご再考を。
                 ',.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:i {.:. { `゙ミh',.:.:.:.:.:.:.:.:.
             ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:xz斗斧芋ミ∨.:.:.:. :.:          咎人は討ち滅ぼすべき人類種の天敵。
              |\.:.:.:.:.:{\}  乂iン  \.:.:.:.:
              |.:.: \.:.:.ヽ_ `¨ -- '    \.:.        奴らを人類だと認めれば、兵の士気が確実に下がります。
              |.:.:.:.:.:.\.:.∧         `¨
              |.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.;〉           i         戦場に立たれることもあるサーバル様も
              |.:.:.:.:.:.:..:.:.|` 込
              |.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ミh、               ご理解されているでしょう?
              |.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   >´ミh、  ̄ ̄
              |.:.:..:.::.:.:.:.:|  /   :| ≧s-s






                            、丶 ```¨¨¨ア  ハ  ,: {ノ/  ,ィi{;;;;;;;;ア ,、rf〔;;;;;㌻  .;;;;/
                           、丶` ´ ̄ ̄~"''~′ i{ ;ノ    ..:::::;:;:;:;㌻、rf〔;;;;;;;㌻   .;;;;:゙
                      /    _,,,...,,;;_:: :: :: ::..ヾ    ..::'゛.:.:.:.:./ ゛.:::;:;:;㌻     .;: ゙
                  r- .,_‰   、丶`_,,.、、..,,,_´ '~ :;. :.,_,,..::'゛. : : : /.:.:.:.:.:.㌻゛     、`
                 ,:'"´ ̄( ̄ /  、ヽ`` ̄         ` 、     /. : : :、 ` /     、`
           _、丶`)      / /    rっ__   ,.       \:: ::゛ . . ./  ∠.,_   、`
         // /  (_,,.>'ア        └┘/ _,,.、rセだ     `、:.  /   _,.≦  、`
         > /  __   __ ; .: ..:: :: :: :: :: ::∨.:   ̄  // _,,...,,  `、:〈   ≪    、`
        /ー ゛  (,、丶`` {_{.:: :: :: :、ヽ芹气∧::.    {i{彡イ リ  や:: ::.ー―一 、 `
          `ァ''"""´c   Ο !j:: 、ヽ`   ,ィ'つi{ ::∠〉      / /    ヤ :: :: :,,_,,.、ヽ`
          ;゜。°。`:, С    }{;:゜ {   {i♂ノ}.:: /ヽ    /    }i :: :: :::}}
          ゚:, c   :,,_    }¨⌒'    ゜゚°;.:: └ ' 、 ,.  ,.ィ    j}.:: :: ::∥
            ゜, ,,,...,,,_{..,()´´"" 0 ゚:,     ノ__,,.、rセ==ア/ /  ∥:: :: /  もちろん、これは前線への影響を
          〈 、 、 ``ヽ´"''~ .,_ :,  、   γ♂ ,心  /.: ,:' [」 /:: _ヽ`
              ヽ }、 :, } }       ``\ ヽ    ー ゚゜ノ , ゙.::/   ‰ヽ`    考慮した上での話だよ。
           ノ jノ ′ ∧       ` .,_     /.: :: .:.  , く
           ¨〈.,,_//∨          ´"'ァ=≦:: :: ::_,.、ヽ`  `、

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   瞳に宿る感情は非難だろう、心音の高鳴りも裏付けている。

   息を吐いて天井を仰ぐと、金の髪が頬を撫でる。

   否定されるであろうことは分かっていたが、寂しさが胸に去来した。

.

6345猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:28:38 ID:xvsUeTTU




       > ´::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::',ニ=-ヾム:::::::::::::::::::::::::::::∨
.      /:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::',:::::::*〃斗:::::::::::::::::::::::::::∨
     /::::::::/:::i::::::::::::::::/i:::::::::::::i:::::::::::::::::::',=- ヾゝ<´∧::::::::::::::::::∨
.    / ::i::l::i',-:i :::::::::: ///:::::::::::i:::::::::::::::::::::i::::::/c*ハ//∧::::::::::::::::::∨        ならばどうして?
.     |:::::i::レ' レ'::::::::::::///:|:::::ト;:::i:::::::::::::::::::::|/;;>゙  `≧s。 : : :::::::::: ∨
.     i:::::i::{:::::::: :::::::::/`~"'|:::::| |::i::::::::::::::::i::::|______。o≦二¨/ニ=- _ ___;;;;:∨      咎人は三大魔王の手駒、敵です。
    /∧i::{:::::::::: ',::::/  zzx、_,}`!; 〈`´〉:::::i::::|i:i:i:i:i:i:i:i:{[][]/〕ニ=- _/i:i:i:i:i}::∨
  ,ノ|:::::∨ ::::::::::::::::::::::: ん心、 ,':::::´`::::::::i:: |i:i:i:i:i:i:i:i:i:j{ ̄:::::::::::::::{}≧s。}::::∨      奴らの手によって仲間の皆が
   |::::::;'   ::::::::::::::::::::::乂・ノ》:::::::::::::::::::::i:::|i:i:i:i:i:i:>i´::::::::::::::::::/∨::::::::::::::∨
   |::::ハ         ゙  //:::::::::i:::::::::i:::|;i/¨´   }:::::::::::::::::: 卅}::::::::::::::::: ∨    どれだけ犠牲なったことか……っ!
   ー∧ マ 丶        /':::::::::::i:::___ア´´    }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
     ∧          /_ 。s<~/       }::::::::::::::::::::::::::::::::::::。o≦¨¨¨
      込 ___  。s<::::;:: / /           }::::::::::::::::::::::::::::::::: |i:i:i:\::::::::::
     ム 二二」_./:::::::::::/::/}        }:::::::::::::::::::::::::::::::::::|i:i:i:i:i:i:\::::
     {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:::::::::::/::/i:i:i}、        }:::::::::::::::::::::::::::::::::::|i:i:i:i:i:i:i:i:i:iミγ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
     {i:i:i:i:i:i:i:/_____彡´彡´…‐´ } /.      }:::::::::::::::::::::::::::::::::::| ̄ ̄ ̄ ̄.| ……そんなに人と認めるのは抵抗がある?
     `ミ---//≧s。,_.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.∨ /      i} :::::::::::::::::::::::::: ::: :|      乂__________________..ノ
 ,  ミ _ア/_ア´     \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨      }::::::::::::::::::::::::::::::::: :|






                  /¨¨¨ヽ
                    /.:.:.:.:.:.:.:}
               {三ミh/.:.:.:.:.:.:.:.,'、
              {__I-/.:.:.:.:.:.:.:.:.iミh三三}
               /.:.:.:.:.:.:.:..:.:i寸ゞーィi}     咎人は人間が素体だというのは知っています。
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:; },'.  ii
                  ノ/.:.:.:.:.:.:.:.. ::,'、l:i   ゙      ですが、あくまで人の要素があるにすぎない。
             /;:/.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:i//`゙}、
            ///.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i,/// { i        あれらの本質は、人類に牙を向く怪物、邪龍のままです。
         /.:./ ,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:iー --i¨}
           {.:.:{ i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i    i :}     γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
           ヽ:ヽ.';.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:i .:::. 〈,/      |   邪龍のまま、っていうのは違うんじゃない?
          ミh、〉.:.:.:.:. :.:.:.: :|    ∧       .|   何度か戦ったけど、彼らには心と感情があったよ。
                               乂________________________..ノ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   戦場で戦わざるを得なかった咎人達を思い出し、サーバルは呟く。

   彼らは決して感情の無い怪物ではなかった。

   しかし人間種族から見れば、外見的には怪物という比喩が当てはまるのも理解できた。

.

6346猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:30:39 ID:xvsUeTTU


   咎人、青白い肌、異形の器官、常人を遥かに上回る膂力。

   人類の叡智を余すところ無く使い、配下の邪龍を意のままに操る人型の災厄。

   何より千年も争い続けた人類の愚かさを断罪すべく、活動を続ける三大魔王の尖兵だ。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



           ,': : : : : /: : : : : : : : : : : : /i:/ !: : /: : :,': : : : :,'.: : : ::/-|: l.|: ,': : : : : : : :ノ.: : : ::i: :!
           ,': : : : :./: : : : : : : : : : : : / .!:! !: fi : : | : : : : |l:,、: /l:! |:/`!:i: : : : : : : /,: i!: : : :|: :!
          ,': : : : :/: : : : : : : : : : : : / .|:l  l: ij : : |.: : : : :|ィf云ミ、 .|! l:jl : : : : : /ィ: /l: :i : | : |
          ,'.: : : ::/: : : : : : : : : : : : /  |:!  ',:|: : : :l : : : : |.    ヾ   |! ',: : : : :x'.|:,': |: リ: j: : !
.         l.: : : :/ : : : : : : : : : : : : ′  |:! __ ! : : : |: : : : :!           i: : / ./ィ: :|:/: /: : ト、
         ,| : : /: : : : : : : : : : : : : i   。s≦≧s!: : : :ヽ: : l!:!         , ,ィf㍉/'/: : l': /: : : !ヾ!
.        /:|: : ,': : : : : : : : : : : : : : s≦三三ニ〈.|: : : : : :ヽ|/         /:.   ,ィ': : : : /| : : /
.         /: :! : |: : : : : : : : : :。s´ ̄ ̄`.:.、三ニニ|: : : : : :¦   、    ′   ,.イ,: : : ,ィ:/ .|'| /
       /: : :|: :| : : : : : :。s´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ三ニl: : : : : : :l、.   ` ー    ,.イ|ノ : : / |'   .|,'
.      /: : : :l: :|: : : :/:.:.:.:.:.,   ´ ̄ ̄ ヽ:.:.:.マニム: : : : : : |'.ヽ    _ r. : ´: : /.ィ|/ 心があるから、何ですか?
.       /: : : : :|: |: : ,イ:.:.> ´        ' ,:.:.マニム: : : : : |、_ `ー. ´  .!: : : : : : :|
     /: : : : : :| i/:.r'´             ',:.:.:マニム: : : : :!ヾ≧ェュ   .l: : : : : : :!    奴らは三大魔王の命令に従い、
.    /: : : : : : :l/.ィイ                }:.:.:.マニム : : : トヾ三三}  |: : : : : : :!
.     /: : :/! : : /./ !:|                    i|:.:.:.:マニム: : : !ニヾr、' j  .|: : : : : i!:!   大陸中で死を振るっているんですよ?
   /: : :/ |: : /./ |:|    i             |.!:.:.:.:.ヽニム: : |ニ,.ヘ!ソ   .l: : : : : l!:!
.  /: : :/ |: :/./  .|:|     |               l ヽ:.:.:.:.:.ヽ.ム: :!'_ノ `    .| : : : : |!'   三大魔王の最終目標は知っていますよね。






                    ; ≫  ,:   :;  そ j
               { ,>'''""""'''~ ., て jj
                  /   //ヽノヘ  \∥
            /  //{          〈
            、`   j{ム{.,,_   _j,∧ ', ^:,
           ,:゙/   ∧{ _,`、   /``ⅰ}  ',
            /八  ,' 〃云Ν /云、 }イi  } :,    この星からの人類廃絶。
.          ∥  \,{ { r勿 }ノ r勿ハ 川 ノ ⅰ
           ∥  i{ 、   ゜゚゜   ゜゚゜ ノ_,.ィ(  jj    まあ、世界滅亡だよね。
         {   从 人    - -   /ノノ}   i}}
            V` .,{⌒ γニ‐ __,,,. イ´ ノ  /,リ      γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
        ノYヽ  \{i{゚。%Г「。с }  フ__,,.イ /     | そんな相手に配慮をする必要がありますか?
        〈 、 i ノつ ,:´(__,,. '冖 .,_ )< ̄  !'      乂___________________..ノ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   言葉に熱が入り、身を乗り出して来た彼女を手で制す。

   自身とは違う答えだが、彼女の言い分は理解できた。

   咎人と邪龍の猛攻で、現在進行形で多くの国や人命が失われている。

.

6347猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:31:12 ID:xvsUeTTU


   ティルナ・ノグも脅威に対抗すべく、若者達が中心となって巨大人型兵器“イェーガー”を完成させていた。
                                                        テスタメント・アルマ
   サーバルも独自に王立学院で様々な研究を進め、人々の祈りを浄化の力に変換する“聖譜顕装”を作成している。

   だがまだ試作段階であり、武装としての破壊力は皆無な、人や魂を癒し支える礼装だ。



            ,、
           i´イ                                『誰かを傷つけても幸せにはなれないよ』
          リ .,ヘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二二二ニ===‐---==ニ二___
          / /ヘヽ,_____                     \ 『あと、言いたくないけど』
..<亜(ニニニニl| l{=}〕>γπψμ>―――――――――――――― >
         ヘ ヽ,//'  ̄ ̄ ̄ ̄                       / 『この大戦は今までの戦争と大差ない』
          |_ ,'、_______二二二ニ=----===ニニ ̄ ̄
          ヽヘ                                   『だって戦争で命が失われていくのは当然だから』
           `'






                        γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                           |   それだけに、咎人をそこまで敵視する必要は無いんじゃないかな。
                           乂______________________________..ノ



   ゙廴 _ / !.: l:.:.:..:.:.:ヾ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|_/|:::::::::::::::___゚ノミh、.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        |.:.:|\、.:.:.:.: \ u     _ 、,、   }|.:.i|::::::___/     _ヾミh、_.:.:.:     な、何を言ってるんですか……っ!?
.          Ⅵ}从〉、ヽ〉\〉   r ´   i}  、`|.:.i|::::/  ゙  > ''゙     {.:.:.
                 ヽ.:.:.:.ヽ   ヽ ____ノ イ ].:.i|::/ \ /    > ''゙ ∨.:.    咎人はたくさんの人を傷つけ、
               |.:..: / _≧=---- イ  ./.::/ {  /  > ''゙      ∨
             /|.: / ∥/r=== 、ミh--/.:./  \:i  :{                   命を奪った、人類の敵ですよ!?






         / /   :/    イ _/_j{          } ∧ i    ',
.       / /   :|     :/ { /⌒ト-、{      // | |    i   私は何事も対話で解決するのが
      / /    {    /  リィ≠ミ、 ',    ,斗‐一 | |    |
       / |    ゝ  | 〃 んハ \}   ,ィ=ミ、  | /:     |   最善だと思ってる、仲良くできるのが一番だし。
.     |  |      :i\ :| {{ {rtjヘ}   |  ,ん:ハ Y /イ}    .イ
.     | ∧    {\「` ` vこソ  |/{rtjヘ} }} /^}'   / |    でも、それ以前に敵の根絶を勝利条件にするのは悪手だよ。
      ∨ \  ト > j{            vこソ ' /ハノ   / ;
          \ { V^\      '       r‐イ-=彡  /    絶滅戦争の非合理性は分かるよね?
       __   /⌒}}`ヽ)h。   r― 、     ノ/ノ     /}
      ∠) `'<   ∥/⌒ヽ)h。.こ´__ .。s≦ ´ </ γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
.     / o      \〃/ ゚o。 ゚o。`>‐「イ 。o゚ } ヽ  } __ .|   大陸全土が戦場な以上、物資や戦費が足りない、ですか?
                                    乂___________________________..ノ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   苦々しげに呻く大和も理解したようだった。

   相手は秘書官だ、冷静になれば戦争と経済の関係も察せられる。

   戦争の狂熱は目に見える事実さえ覆い隠すことを、サーバルは知っていた。

.

6348猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:32:29 ID:xvsUeTTU




                      ∧     ,
                      ∥:;:,   /.;.
                     jj;;;;;;;;, /.;:;:;,
                      /}};;;;;;;;}/,:′∧
                         ; j{;;;;;;;;/,;゙   /:,
                        jj i{;:;:;:;た     /,
                       ∥j{:.:.:.{:.:.;       :,
                      ∥ {i: : :{: :{ ;     ゚:,
                     i{、ⅵ  i { {Vレ    ゚:,
                     {{ミ } ⅱ{! イ   ゚,
                       ヤ__j__,从 :, :, ノ彡' ; ]
                  , '"´   ´ '~ .,_ ノ } }\
                     / /{ ,イ   ` 、` 、丿 j `` 、
                    , 〃 {/ }      \ ` 、 \   \
                   ,゙∥     ⅰ     `、 ':,  丶   `、       それに敵なら人じゃないって言いたいの?
                    i {{‐-   ; ∧ ゚,    `、 ',      `、
               { 从    }‐- ゚:, }      : }        ':,    なら一度戦争をした国同士は、
                ヤ/∧ .: / ,,_,,_ } ノ     ; ノ          ',
                V / ):, / ぅk`く ゚:,    ノ<,.        }i    永遠に憎み合うことになっちゃうよ。
                     Y し`′{リ}} j }  _、 ⌒厂        リ
                    八  '  `ー″ .ノ丶` ,.ィ(ノ    j i   /    今までの戦争とほぼ同じである以上、
                     \ ..,,_     ̄_,.ィiフ゛ /     ノ }  ,:゙
                 ,.∥ 、,,.. -=ニノ^} }∠^フ  _,. ゛ }/      相手を対等と見做さないのは変じゃないかな。
                      { {{{°℃} Y´。с }  ∠-‐ ⌒
                      { j >―廴}、   { jj  `、.,_
                  乂 7    }}` .,,_} ⅱ   `、 ヽ             γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                      ;  ;     ∥    i{{ヘ   /{             |   ……っ。
                 {  {     ∥    `人、ヽ´ 。 :,              乂______..ノ
                ! ` .,,_ノ{     ノノ^\   ゚。〉
                    ゚,  ∥≧=ー---‐く彡.,,_,:′ o/
                     ⅰ  {。o ̄⌒ ニ=‐ ̄ ア  。 /
                    ⅰ  :, ><。 °。o,:゙  。 /` .,_
                 ノ  `ヽ c с с , ゜  /O  O` 、
                    /    丿  O,、丶´  /Ο Ο     )h、
                // /〃_/ ,、ヽ´    , ゙    /)   ()从 }h、
                  ,:{  ,′  ノ/,,.   /〇 __  ̄,. ┐ i{(う ( 心、
                 / :L,,.┘__ / / ,、丶´   (_ノ ∠ く、从_,,.≫-‐=ミ.,,,__,,,,.
             ,. '゛(⌒)  (_ノーー彡 とつ   / ノ^ 、} リ} }} i}}  i}}i `ミミミ、
            / ⌒)  ̄〃7 k し⌒)     ,. ┐{/ {  ∥く ノ  j}}i  }}}レΞミミミ、

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   大和は言葉を詰らせると、目を逸らす。

   彼女の表情から不満を見て取り、サーバルはそっと息を吐いた。

   その内側にどのような感情が渦巻いているかは想像がつく。

   昔自分も両親から似たようなことを言われた経験があった。

.

6349猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:32:49 ID:xvsUeTTU


   これまでの戦争と大差ないと感じるのは、あくまで経験からだ。

   兵器の強さや戦線の長さ等は空前の規模だが、しかし本質は変わらない。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



                ∧ ∧
            :;;;;.V.;;;;;.
              ;:;:;:;:゚;:;:;:;:;.
            ,゙.:.:.:.:.゚:,:.:.:.':,
.             ; : : : : : :, : : :,
           {      }  j}
            γ^:,,. ~'⌒⌒ヽ、.,_       (利を求めての侵略戦争ではなく)
            ,゙//    :   ', `、\
          , { {    j    .  :, ゚:,     (不満の爆発が発端となった動乱に近い)
        ,゜ :,}    ∧    ゚,   ト、 ',
        ゚:, ノ     ,′゚:,   ト、 |心, ;    (武力で鎮圧できそうに無いなら)
         ({    /   j:, /i ) 川 }ノ
         !  ,(   ノ心ノ彡'ノノ      (選べる方法は限られるよね)
           イ,. \∧^< ノ´
           {{  }゜ }\ \__         γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
               j-‐ ¬ }', \,.>}           |   ……今までの戦争とは、違います。
           }、。c/^^ } }  {            乂__________________..ノ






     /::::::::/:::i::::::::::::::::/i:::::::::::::i:::::::::::::::::::',=- ヾゝ<´∧:  γ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
.    / ::i::l::i',-:i :::::::::: ///:::::::::::i:::::::::::::::::::::i::::::/c*ハ//∧ .|   え?
.     |:::::i::レ' レ'::::::::::::///:|:::::ト;:::i:::::::::::::::::::::|/;;>゙  `≧  乂____..ノ
.     i:::::i::{ィ示 :::::::::/`~"'|:::::| |::i::::::::::::::::i::::|______。o≦二¨/
    /∧i::{ {:/ ',::::/  zzx、_,}`!; 〈`´〉:::::i::::|i:i:i:i:i:i:i:i:{[][]/〕     こんなにも大規模で、
  ,ノ|:::::∨ ,`'  `´   ん心、 ,':::::´`::::::::i:: |i:i:i:i:i:i:i:i:i:j{ ̄::::
   |::::::;'           乂ソ 》:::::::::::::::::::::i:::|i:i:i:i:i:i:>i´:::::::::      多くの人が亡くなった戦争なんてありましたか?
   |::::ハ         ゙  //:::::::::i:::::::::i:::|;i/¨´   }::::::::::::
   ー∧ ` 丶       /':::::::::::i:::___ア´´    }::::::::::::      そもそも三大魔王も咎人も、人類を見ていない。
     ∧          /_ 。s<~/       }:::::::::::::
      込 ___  。s<::::;:: / /           }:::::::::::::      対話の余地のなんて、ありませんよ。
     ム 二二」_./:::::::::::/::/}        }:::::::::::::
     {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:::::::::::/::/i:i:i}、        }:::::::::::::
     {i:i:i:i:i:i:i:/_____彡´彡´…‐´ } /.      }:::::::::::::






.    {   !    ゝ ゝ           '   〈 ,イ    ……余地は、あるよ。
    ハ  ハ      `¨\       , 、    ノ´ .}
     ヽ{ {\  {   i  `>        _. イハ リ    でないと私達が今も生きていられるはず無い。
        \{ \{V\ハ_,/⌒ヽ`{ ̄ノ,へ ノ jノ
           /, -=ゝ{o O ゚ }⌒Yo O}         試練が用意されている以上、まだ目はある。
          /o/  .||ノ o oム__ノ o 〈
          /   /    ||ゝ--‐'´|| `゙'、-'ヽ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   彼女の言葉を聞き、ゆっくりと反論を口にする。

   対話の余地、そういうには余りもか細いが、無いとは言い切れなかった。

   何故なら、いつでも星を滅ぼせる者達を相手に、未だに生きている。

.

6350猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:33:49 ID:xvsUeTTU


   邪龍を無尽蔵に生み出す“神殿”施設の破壊。

   現人類に攻略不可能とされた禁域指定“不可能領域”の踏破。

   どれもが一見達成困難だが、これらの試練に挑み続ける限り生存が許されている。

   まだ見限られていない証拠だと小さく呟く。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



       ':.:.:.:.:.:. / {:.:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.{:.:./ !:.:.:.:.:',:.:.:.: ∨/
.        ':.:.:.:.:.:.:///,:.:.r 、i7_:.:!:.:i!:.:.:./}:.:./!ノ//,:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.∨/
.       ':.:.: ,'{: ////∨>_r、<: i:.:.|i:.:.:!/! //!////,:.: !:.}:.:.:!:.:.:∨/
        ':.:.:.,'/i///// !:.:.:.:.:.:.:.:.|/从:.:i/i∨/l'////∨ノ}:.ノ}:.:!:.:∨/
      ':.:.:.'/////// {:.:.:.:.:.}',:.:.!  乂/! \! '////イ__リ/.!:.|:.:.iヽ,     なら言わせて頂きますが、
     i:.:.:.:i//////// ,:.:.:.:.i/',:.' 代示乍ゝ  ∨/r也7/ !:.}:.: !\、
     i:.:.:.:i////////∧:.:.:.i//,:ヽ 弋zタ     i/. ヒアi//}/:.:.:.!  \   私は咎人の絶滅も試練だと考えていますよ。
     i:.:.:.:i//////// ∧:.:.:i///,∧        、   .从/, }:.:.,
     i:.:.:.:i/////////!∧ヾ//{〕iトヽ,          ,'//i 从,          γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
     i:.:.:.:i/////////!___',:.:'//,\    、 ァ  ///¦              |  どうして? それは明言されてないよね?
     i:.:.:.:i/////////!__':.:.'//! )h、     ィ(/!//!:.|∨            乂__________________..ノ
      /!:.:.: i/////////!___':.: '/}、    {> =ミ.//|//i:.:! ∨
    ,:.:!:.:.: i/////////><.':.:.Ⅵ_≧=≦__.ヽ/!//!¦:.∨         サーバル様の仰った通り、
    ,:.:!:.:.: i/////。s≦    .':.:.:.:.!___ん、∧! |//i:.:!∧:∨
    ,:.:!:.:.: i//// ̄〕h、<  ':.:.:.:.!''<__乂_}_/}‐=、 |:.}  ',:.!       咎人が人類になり得る可能性があるからですよ。






             ____ }       イ ′: : : :/.ト、ニ\ : : : i|: : :     だっておかしいでしょう?
.           / /  、    .,  ´: : :: : : , 、―≦ \_.〉 : /i|: : :
            //.{ l    厶: : : : :.::/ 八: : : : : : : : :./: i|: : :     奴らは星を滅ぼそうとしている、
.           / /   |.〈     ′: :../-<: : : : : : : : : : .′.i|: : :
          / ∨√ 〉> 。 .._/:.:: :/  |: : : : : : : : : :/: : : :': : :      なのに人間の特性を持つ咎人を生み出した。
.        /   ′ イ r′」/: : :./    {: : : : _: ::≦: : : : : : :': : :
.        ハ.  . ´.′∧ニ/: : : .′――└ ̄ ,: : : : : : : : :./: : :      これは全てが終わった後で、
       .′ `¨´/  へニ′: : {ニニニニニニニ| /: : : : : : : : :/: : : :
       l    ′   l | |: : j{: |ニニニ----. 、/: : : : : : : : ./: : : : :






                            γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
  \   {     ヽ'゛      ∥,.ィiノ    //  |   奴らを星の支配者にしようとしているのでは?
   \/ 、   ___     ノ<\^}  /    乂______________________..ノ
         `г .,,___,,. 、丶`〃´  V く
        `ー-( {°。с } {{    \),. - 、      今の人類を滅ぼし、
          } ⌒ .,_ c} }}   , '゛   ゚:,
            ;    j `ー' {{   ;゜   с :,     新人類にしようとしている?

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   サーバルの反芻に、大和は頷いた。

   彼女の妄想だと一蹴することも出来るが、有り得ないともサーバルには言えなかった。

   視線を落とし、大和はそっと手を組む。

.

6351 :梱包済みのやる夫:2017/09/23(土) 08:33:50 ID:JmCI8wOC

だがアジ様は対話ではなく乗り越えることを望んでいるのだ

6352猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:35:29 ID:xvsUeTTU


   三大魔王は星を滅ぼすことで全ての罪の清算とする、というのが一般的な見解だ。

   だが、もしも彼らがまだ先を見据えているとするなら、話は大きく変わってくる。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



                  /¨¨¨ヽ
                    /.:.:.:.:.:.:.:}
               {三ミh/.:.:.:.:.:.:.:.,'、
              {__I-/.:.:.:.:.:.:.:.:.iミh三三}
               /.:.:.:.:.:.:.:..:.:i寸ゞーィi}   であれば、これは生存競争です。
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:; },'.  ii
                  ノ/.:.:.:.:.:.:.:.. ::,'、l:i   ゙    旧人類か新人類のどちらかが生き残るかと云う試練。
             /;:/.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:i//`゙}、
            ///.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i,/// { i      ……仮に私の考えが間違っていたとしても、
         /.:./ ,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:iー --i¨}
           {.:.:{ i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i    i :}       咎人が斃すべき敵である事に変わりはありません。
           ヽ:ヽ.';.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:i .:::. 〈,/






                。゚    .:ji i{{ ':;. :::[_/ 「 i  :} ,:゙ `、 ゚,   ':,
               。゚,′  .: :{i {× ̄`:,::. ‐┘: '77‐- ', }::.   ´:,
          ηψ .: .: :::从 {   ヽト、゚:, ::.  .: .;′    }ノ.: :. :.  j゚,     そう?
.           ∥.i{  .: .: :∥ ヽ     ゜、:: ::.:: /     j∧:: :.:: ¦',
.          ∥ 八 :: :::∥      `  `:, .:,:゙´      ハ::: ::. ,゙ ',     私は大和ちゃんの考えを聞いて、
         φ.:  \.: ::{{':,  x===、  ∨ ァ==x、 ∥}:: : , '゜ :. }i
.          φ ::   ::::)h人 :                 ,゙ ノ,ィ'.::   : }}    ますます咎人との共存が見えた気がするよ。
         ;ⅰ::   :::{乂``'.         丶       j{アノ}.:::  .:.:jji
          {ⅱ:::.   :∨心., :,                 ノ ´.:ソ.:   .:.:j::|
          ゚,八:: :.  ::.\:: ::.:) 。,_   弋::::フ   ,,.ィ(:: :: /.:   ..:::;:゙.;
         ', /' .:;_:.. { ̄:: :: ∧::⌒=- .,,_,,. ‐ニ⌒:: :: :: :ア} ..: :::イ:.,′
             ′  ´"' ` 、i{ Χくく{、    ノ '" ヽ}L;;/ ノ‐''"






.          ¦ .,_jト  :; : リ : : { ∠, jj
.          ! \ _,.  ‐‥…┴≪ ∥
        , '゙}、丶`   /\ /!:,  `゙'、   γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
.     /  ,:`     ; {/\リ ´:,  ´:.   |   正気ですか?
.    ,:   ,:′  ⅰ ;{:.     :, ':,   :,  乂_________..ノ
    ,:   ;    . :{ :i{ :, :.:.    } ∧ :,  :,
.  ,' ,'  {  .: .: :/{ 「\ ̄: .  丁^ i }:. j    咎人が次世代の人類と云うのなら、
.  ,゙ ,゜  :, :: ::∥ N  ^ 、:; :: .:/  ノイ: : ;}
  ;  i :  :`、 :: :i{       ヽ::,:′   }:}:: :ノ}    和平が成り立つ可能性はあるよ。
  { :{: :  ::{:,\ ':, “^^^`  "´^^”{ノ/ ;}
  :, {:, :.   :.V心.,{`            }´  ∥     人類を名乗る以上、意思の疎通は出来るはずだからね。
   ゚:{^ 、:.  ト{へ^h。,_  tー‐ァ _,,. イ} .:从{
      ≫ {⌒¨¨ Y´ `ヽ--=⌒Y¨ヽく        それに彼らが心と感情を持っていることは、
.      {;.;. ; ; x-┬〉%‐ァ}8}=‐ ゚卜、; ;}
.      {;.;.,∠.,_ {{ο /{{⌒ 、_゚j  \},,_      もう分かっているもの。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   大和は顔を跳ね上げ、サーバルを食い入るように見つめた。

   そこまで可笑しな事を言ったつもりは無かったため、頬を掻く。

.

6353 :梱包済みのやる夫:2017/09/23(土) 08:35:41 ID:FAag+quL

王様に向いている面と向いていない面が噴出してる気がするなーこの時空のサーバルちゃん
でもこの慈悲の言葉と共にみんみーの殺意があると考えるとついていけるのが一握りになりそう
こう、少数精鋭以上の相手にこの思想を伝えるのは難しいぞ


6354猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:36:19 ID:xvsUeTTU




       |.:.: \.:.:.ヽ_ `¨ -- '    \.:.:∨  -‐ ´ ./.:.:.:. / . :|     心を持っていようとも、奴らは敵です。
       |.:.:.:.:.:.\.:.∧         `¨´        〈//.:.:.:.:.::|
       |.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.;〉           i          //|.:.:. :..:. .:|     分かり合える筈、ありません。
       |.:.:.:.:.:.:..:.:.|` 込              ,'´  !.:.:.:.:.:.:.::|
       |.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ミh、          ィ〔    !.:.:.:.:.:.:.:.|
       |.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   >´ミh、  ̄ ̄   ィ〔ミh、    |.:.:.:.:.:.:.:.|
       |.:.:..:.::.:.:.:.:|  /   :| ≧s-s≦  |    ミh、 !.:.:.:.:.:. :.|






                     ,,.
                     /:;;}  ,x、
                  /  :;;]  ,こ ゙:,
                     /  :;;;] ,こ  ´
                 /   .:;:;] ,こ   ゚,
                     ,:′  :.:.:.}′:   :
                ,′ⅵVv: :ノ .;ⅳノ ',
                    ; ≫  ,:   :;  そ j
               { ,>'''""""'''~ ., て jj
                  /   //ヽノヘ  \∥
            /  //{          〈
            、`   j{ム{.,,_   _j,∧ ', ^:,
           ,:゙/   ∧{ _,`、   /``ⅰ}  ',
            /八  ,' 〃云Ν /云、 }イi  } :,        敵だからって分かり合えないとは限らないよ。
.          ∥  \,{ { r勿 }ノ r勿ハ 川 ノ ⅰ
           ∥  i{ 、   ゜゚゜   ゜゚゜ ノ_,.ィ(  jj      さっきも言ったよね?
         {   从 人   r ァ   /ノノ}   i}}
            V` .,{⌒ γニ‐ __,,,. イ´ ノ  /,リ         γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
        ノYヽ  \{i{゚。%Г「。с }  フ__,,.イ /            |   私が頑な過ぎると仰りたいのですか?
        〈 、 i ノつ ,:´(__,,. '冖 .,_ )< ̄  !'              乂___________________..ノ
       ∨⌒{゙´ノ 、 j    |   ̄{ `:,_
          ⅰ  V  `;    j     !  ',}






                /   / ,:∥      リ/″       ;  '
              ,゙ {  ∥ア¨{{`    ..,,_,:゙ ,′イ    :   i   違うよ、昨日の敵は今日の友、って言うでしょ?
                乂:, i{{,′ {{ハ     ア`/x ;      ;   |
               {{ `}} x==ミ、乂i、,:゙/ /   ,′   ,′  |   昔は人類と敵対していても、
              !! ∥:':':  ,   ‐=ミk /    ,:゙j  : |
             ⅱ 从        :':':':':.冫ィ   / }  ; |   今では上手く融和している人も居るよ。
             八 {心、   {````^:,   ´.ノ,. イ^〉, ,゜ ; '
               \ \{h、 ゜.,,___丿  _,.、、、、、ィ / /  / /    ほら、紅玉ちゃんが良い例だね。
               ,. -ー=ミ==ニ¨/_,,.   / / ,∠} ′
                  {○ΟCс/´ )=-――<フイ´/ ̄` ,
                 /〉c °、丶}‐く⌒ヽ ΟС Y゛       ゚,

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   敵と味方、誰もが咎人と人類をそう区別している。

   間違いではないだろう、だがそれだけでも無い筈だ。

   友人であり、人類の敵を親に持つ王の名を告げた。

   紅玉の瞳の父は人類と戦った魔王だが、彼女自身は七星国家の王として辣腕を振るっている。

.

6355猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:37:18 ID:xvsUeTTU




.         ,:::::,::::,:::::::::::,':::::,::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::: |:::::::|:::::::r-,:::::::|:::::::::
       ,:::::,::::,:::::::::::,::::::, !::::::::::::::::::::::::::| |:::::|:::::::::: : |V:: |:::r=  勺 !::::::::
       ,::::::::::::::::::::::::|:::::! |:::::::::::::::::::::: : | |:::::|V:::::::::::| V::|::::: フ人_{ |:::::::::
       |::::::i::::i::: !:::: |V:| V:::::::::::::::::::::::| |:::/ .V:::::::::| }::|:::::::::::::::::: |:::::::::
       |::::::i::::i::: !:::: |__. V::::::::::::::::::: | |:/-――― :/!:::::::::::::::::::|:::::::::
.        ,::::::::::::::::::|::::::|   "'.V\::::::::::::!|/   レ≦    |::::::::::::::|::::|:::::::::  紅玉様の父親は、確かに“十一代目魔王”でした。
.       ,'::::/ !:: !::Λ::::|x=ミx_  \::::::|.!   ..,x劣示ミz. |::::::::::::::::::ハ::::::::
     /:::/::::|:: |:::::Λ ト、芹:刈    .\{     芹:刈 ::::::::::: ,:::::| |:::::::::  あの方自身も先代“十二代目魔王”です。
      //|: /|::::、:::::小{  乂:r!            乂_rシ,:::::::::::::/:::: |リ:::::::::
.         |/. |::::::`::::::Λ                    /:::::::::::/:::::::j{ハ::::::  ですが、あの方は秘密裏にではありましたが、
         V::::::: : /::}i,                /::::::::::,:'::::::::::j{  |:::::
         V:::::::/ .|::Λ u.     `       ,.::::::jI彡:::::::::: : j{  .!::::   初めから赤薔薇公と手を組んでおられました。
          ` -  ..|:::::::::.、     r  ァ  。s≦  /::::::::::: : j{   |::::
                |::::::::::::}is。          / /:::::::::::::::::,   |::::   完全な敵だったとは言い難い、
                |:::::::::::::::::| >s,             /:::::::::::::::: ,:=-、.:|::::
                |::::::::::::::::,    >。. <    /:::::::::::::::: /:::::::::|.|::::   咎人とは、奴らとは状況が違います。
                |:::::::::::::::>‐<   | .__jI斗=:.7::::::::::::::::::/::::::: : |.|::::
                |:::::::::::::/: : : : : `=ニ,イ: : : :.:./:::::::::::::::::,:':::::::≧=V::::






        / /  :/    / イ           }:      ',
         / /   :/    イ _/_j{          } ∧ i    ',
.       / /   :|     :/ { /⌒ト-、{      // | |    i
      / /    {    /  リィ≠ミ、 ',    ,斗‐一 | |    |   状況が違う、ね。
       / |    ゝ  | 〃 んハ \}   ,ィ=ミ、  | /:     |
.     |  |      :i\ :| {{ {rtjヘ}   |  ,ん:ハ Y /イ}    .イ   私は見方の違いだと思うよ。
.     | ∧    {\「` ` vこソ  |/{rtjヘ} }} /^}'   / |
      ∨ \  ト > j{            vこソ ' /ハノ   / ;    ねえ、最初って何処からを言うのかな?
          \ { V^\      '       r‐イ-=彡  /
       __   /⌒}}`ヽ)h。   r― 、     ノ/ノ     /} γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
      ∠) `'<   ∥/⌒ヽ)h。.こ´__ .。s≦ ´ </  .//  .|   それはどういう意味でしょうか……?
.     / o      \〃/ ゚o。 ゚o。`>‐「イ 。o゚ } ヽ  } __ .ィi( }/   乂___________________..ノ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   かの魔王は複雑な境遇でありながら、人類社会のために尽力している。

   しかし、彼女は人類社会で生まれた存在ではない、魔王の子供だ。

.

6356猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:38:18 ID:xvsUeTTU


   またサーバル自身も獣人であり、かつて人類と敵対した魔王配下の血を引く。

   それでも二人は七星国家の一員として、人類の代表に選出されていた。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



                          ||  _」__」___  〈_, |:|
                         》がyヘ、: : :`:く_ノ:|
                           //:´ : `V: : : : : : \ヽ、
                       //:i : : : : j:ハ:ヽ : : : : ゙:v\    私はご先祖様が、紅玉ちゃんはお父さんが
                      :゙i| A+: : : 7⌒∨: : : : : :i| : : \
                        |八i,rk( : /伜k, Y: : : /: : : i : ゙:、 人類と対立していた……生まれは人類の敵だった。
                        |: :Yヒリ,Y ヒリ 〉 j:_:ァく : : : :j l : : |
                        人〈           ´ ´)ノ「Y_:ん'´): | でもこうしていられているのは、
                           |:i\ ー '’  . :r(\」 し' ノフ: :/
       _                 VY´≧≦⌒):_:チ‐ぇ _ _ ィ´j/  互いの歩み寄りがあったからじゃないかな。
      ‘ーァ `ヽ、_______      xヘ. レ〉o゚rrく゚o〈/{  {_ 。_oフ´
   tそrー='´  _      `¨フ¨´   厂う介し `(  ‘v_>ァ'´      咎人も三大魔王によって生み出されたけど、
.     `¨⌒¨´    `¨二ニ=--―--=ニア´/´/´    \ノ`r‐’
                        {i {_ {_     パ。゙ヽ        同じ様に分かり合えるとは思えない?
                          》こ。三。ニ。ミメ.└‐┘
                      「≫≪ ー‐うY
                       jo 。 o 。 o`く






     i:.:.:.:i//////// ∧:.:.:i///,∧        、   .从/, }:.:.,  咎人は人類に歩み寄ろうとしましたか?
     i:.:.:.:i/////////!∧ヾ//{〕iトヽ,          ,'//i 从,
     i:.:.:.:i/////////!___',:.:'//,\     ,  、 ///¦     奴らがしたことは邪龍を率いての進軍に仲間の殺害くらい。
     i:.:.:.:i/////////!__':.:.'//! )h、     ィ(/!//!:.|∨
      /!:.:.: i/////////!___':.: '/}、    {> =ミ.//|//i:.:! ∨   牙を向けてくる相手には、武器を持って臨むのが普通でしょう。
    ,:.:!:.:.: i/////////><.':.:.Ⅵ_≧=≦__.ヽ/!//!¦:.∨
    ,:.:!:.:.: i/////。s≦    .':.:.:.:.!___ん、∧! |//i:.:!∧:∨  まさか座して死を待て、とは言いませんよね。
    ,:.:!:.:.: i//// ̄〕h、<  ':.:.:.:.!''<__乂_}_/}‐=、 |:.}  ',:.!
    i:.:!:.:.:.:i// '      〕h、 i:.:.:. !  \___ノ  ∨/  :!
    i:.:!:.:.:.:i//.{       Ⅵi:.:.:.:!    \__',   'v/   !       γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
    i:.:!:.:.:.:i// ,       i: Ⅵ:.:.:.!``~、、  \_',  ∥、/         |   それは……言えないね。
    i:.:!:.:.:.:i///,        !:. 〉!:.:.:! ≧s。 ``~、、.∥} !<         .乂_____________..ノ
    i:.:!:.:.:.:i/// ,      i //:.:.:!    )h、_乂--{!_/  ヽ
    i:.:!:.:.:.:i///)ィi〔 ̄〕iトy / !:.:i       \__/-= Υ     v
    i:.:!:.:.:.:i/∧´  -===- }'  !:.:!    -‐‐-  乂-==! -‐‐- !

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   自分の命よりも敵の命を優先しろ、とは言える筈もない。

   しかし今の言葉に疑問も湧く――――歩み寄っていないのは果たしてどちらか?

.

6357猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:39:18 ID:xvsUeTTU




              ̄人  '       ノイ |: : : : : : : : : : :‘,           歩み寄る気が無いのなら是非も無し。
             |: :\ マ丶  / }: :!  ,: : : : : : : : : : :.\
            /{´j: : :/` ー‐  ´ /' /\ 、 : : : : : : : : : : : : \        元々三大魔王達の尖兵、倒すべき敵。
        / /: /',  ヽ‐‐ィ´ /:/. . . `‐\: : : : : : : : : : : : : \
          |/: /ム. .\.〔菊〕 _/:/ . . . . / \: : : : : : : : : : : : : \      障害物として排除すべきですよ。
.        /: / マム. . { ` ー ´/:/. . . ./    .}\: : : : : : : : : : : : : :ヽ
        /: /-‐/ \ヽ‘,   /:/: : /ヽ     .'   `  、: : : : : : : : : : : V
.       /: / l ./   //` ‐ゝィ':/‐ '  ', \  /      `  、: : : : : : : : V
      /: / . | /   // ,ィ=ミ,/:/      , 、 `/            `  、 : : : : V







         | |:  l\〈(..}            {..)〉/l  :| |  障害物、か……。
         | |: : .:\: :八      ,      八: :/:. ..:| |
.          V\: : .:rへ:ヘ、   t‐‐‐ァ   . イ : イ: : .:/V  何を妨げていると考えてるの?
              \」  `Y´> ..`こ´. <`Y´  」_/
        /^「\_    _〉Oo_。{ 8 }。_oO〈__            γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
      rくヽ し' `)  /´(_。_.・x个r个x・._。_) `.         |   それは……三大魔王打倒へのでしょう?
.       ヽ_)く`てr'  /  |i     |i      i|   '.        乂___________________..ノ






              __
              /:.:.:.:.:.:.\‐ 、__
              /:.:.:.:☆☆:.:.∧:.∨:.∨
          , ':.:.>☆☆☆>''~イ~''<``~、、__
           /:/:.:.:.:.☆☆:.:./:.:.:.:.:.:.ノ≧=-:.:.:.-=、:.\    γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
        'イ:.:.:.:.:.:.:88:.:. , ':.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:. v   |   ……そう、それが大和ちゃんの答えなんだね。
        ':.:.:.:.:.:.:./88:.:./:.:.:.:.:.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,'!:.:.∧:.:.:.:.∨/ 乂______________________..ノ
       ':.:.:.:.:.:. / {:.:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.{:.:./ !:.:.:.:.:',:.:.:.: ∨/
.        ':.:.:.:.:.:.:///,:.:.r 、i7_:.:!:.:i!:.:.:./}:.:./!ノ//,:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.∨/
.       ':.:.: ,'{: ////∨>_r、<: i:.:.|i:.:.:!/! //!////,:.: !:.}:.:.:!:.:.:∨/
        ':.:.:.,'/i///// !:.:.:.:.:.:.:.:.|/从:.:i/i∨/l'////∨ノ}:.ノ}:.:!:.:∨/   前線の兵として当然の答えですよ。
      ':.:.:.'/////// {:.:.:.:.:.}',:.:.!  乂/! \! '////イ__リ/.!:.|:.:.iヽ,
     i:.:.:.:i//////// ,:.:.:.:.i/',:.' 代示乍ゝ  ∨/r也7/ !:.}:.: !\、   ……サーバル様、あなたが各種族のために
     i:.:.:.:i////////∧:.:.:.i//,:ヽ 弋zタ     i/. ヒアi//}/:.:.:.!  \
     i:.:.:.:i//////// ∧:.:.:i///,∧        、   .从/, }:.:.,        心を砕いていることはもう重々承知しています。
     i:.:.:.:i/////////!∧ヾ//{〕iトヽ,          ,'//i 从,
     i:.:.:.:i/////////!___',:.:'//,\    、 ァ  ///¦        ですが奴らに関してはもう控えるべきです。
     i:.:.:.:i/////////!__':.:.'//! )h、     ィ(/!//!:.|∨
      /!:.:.: i/////////!___':.: '/}、    {> =ミ.//|//i:.:! ∨
    ,:.:!:.:.: i/////////><.':.:.Ⅵ_≧=≦__.ヽ/!//!¦:.∨
    ,:.:!:.:.: i/////。s≦    .':.:.:.:.!___ん、∧! |//i:.:!∧:∨

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   彼女の忠告を耳にしつつ、天井を仰ぐ。

   今自分たちが戦っている理由、目指すものはそれなのか。

   幾つもの答えがあるだろう、正解も不明瞭だ。

   しかしサーバルは、大和の答えに頷く気にはなれなかった。

.

6358猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:42:09 ID:xvsUeTTU


   決裂の引き金になるだろう、その事は理解できていたが、告げた。

   敵との融和を説くことで味方に睨まれている、これは本末転倒だろう。

   それでも咎人を機械的に排除すべき敵と認識することに、是とは言えなかった。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



       /\                _ イ^!
        ∥ ヾ;\            ィi「;/⌒}
       }   \;;丶、         /;;;;/    リ
       l!    \;;;;;\    / : /      ,
              __\: : 丶  /: : 〃     ∥
         `、    マ⌒ヽ: : : ∨: : /ー、     ′
         ヽ  . .<. . : : : : : : : /: :∠    ノ
        /``: : : :__zヘ: : : : : : : : :/. . イ、
      . : :/: : : : ''"´:`ヾ z=ミ、: : : : : : : : : :丶
     / : /: : : : : : : : : : : : : : : :ヾ、 : : : : `、: : : : 、
     ': : /:/: : l: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : V: : : : :,
    / : /:/: : :イ⌒ヽ: : : : : : : : : :/!: : : : : : : :V: : : : ',
   . : : i: i : : i l: / l : : : : /!: : /-i、: : ノ: : : : :! : : : :|
   l/l: :l: !: : :lィf示ミ : : //:_z=、 〃: :ィ : : : : : !: :l: : : |
  r7フへ:l : : l  _ノ ト: :/  _ノ : メ:/ /: : : : : :}:|: :|
 /// 人 : !  ヒリ V  i : 刈 》 /:/ : : /:/ : ′ : i     忠告は嬉しいけど、それは聞き入れられないかなー。
 \l 丶 l< ヾl "" ′   Vzノ / /:/: : :ィ /: :/ : : : '
   ⌒r─ " 八  γ ─‐‐v 〃/:、+''"ノ : : /: : /l/     和平の道は最後まで模索すべきことだよ。
    `¨¨Y´ 个 、乂    ) s个ー≦ー──イ/
        }   K }>ー─<二_: :上 _: (ニ): : :}         例え刃を交えていようとも、諦めずにね。
       ∥  }:ヽV ゚: (:_/__:c: 。)    ヽ─‐┘
      ′   l: ゚:レ>ーイ/  ≧く   _ム-、
     /     ノ _ノl  レ  /    ヾく: :(): : : }
      ヽ  /  l  / /   /  ヾ:\ー‐:>-、
      `¨´   _丶、!Υ_ /  /  : :ヽ:゚ : :c: : :ヽ
          イ/)⌒>个、_  __,,ィ__       }
        /⌒: : : : : : : :ト \二__ イ: ≧=- __/
        {ヽ: :(ニ): : :=メ_\\____//ヽノ






: : //ヽ |: : : : : : : : : : : |//////////////∧ : : :/
: :i i   |: : : : : : : : : : : |////////////// ヽ :/
: :l l   l: : : : : : : : : : l/////////////    /` - ,
: :ヽヽ  il: : : : : : : : : :.l l i/////////     /     /
: : : :\__l: : : : : : : : :l: | リ ̄ ̄ ̄ ̄             ,′
: : : : : :: :|: : : : : : : : |: !              r-- _  /
: : : : : : :.|: : : : : : : : |: |        /:.:.:.:.:.:.:∨ /
: : : : : : : !: : : : : : : /| |         〃:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ッ! 咎人は三大魔王の命に従い、
: : : : : : :.|: : : : : : :.' リ        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /
: : : : : : : |: : : : : :.{  ヽ      {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /       私達を滅ぼそうとしている。
: : : : : : : :!: : : : : :!    ヽ       ヽ:.:__ノ/
;: : : : : :/::|: : : : : :|     , __        /        なら私達はそれに抗い、逆に滅ぼすべきですよ。
:: : : : :/ : |: : : : : :|   /: : : : :7 --  __/
:: : : :/ : : |: : : : : :|   / : : : : : i                博愛主義もいい加減にして下さいッ!
::: : / ヘ : |: : : : : :|  /: : : : : : l
:: :/   ヘ|: : : : : :| / | : : : :.:.:|
: /    |: : : :.:.:.| { i|: : : : :.:.|

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   ついに大和の自制が切れたのか、吼えるように叫ぶ。

   聞く者によっては不敬に取られかねないものだ。

   だが、サーバルが感じたのは怒りではなかった。

   博愛主義――――それにすら届かない己の未熟さへの羞恥だった。

.

6359猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:42:49 ID:xvsUeTTU


   “平和の象徴”“全ての生命を愛する慈母の王”と周囲からは持ち上げられている。

   だが、分不相応な過大評価だと常々思っていた。

   偉大なる魔王は『涙を笑顔に変えんがため、大志を抱くのだ』と説き、

   敬愛する国父は『全てを愛している』と語った。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_,,、、/∧____
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : >'´ヾ,i)\///////≧s。                _
: : : : : : : : : : ,==ー‐'''<ヾ,ヾゝイ: : : :.\///////////≧。          /   > 、
: : : : : : : : : :,ィ' ̄\  `'ヾ}i.iii..i≦ニ二二、///////////ヽ,        ./.i}  /ヾ) 人
: : : : : : : : .,ィ<≧。}i   i}ii.iii..iニニニニニ/ッェェェ≦三ミi,マiッィゝ==== 。,,__,ィ/.i}.i /ヾノノi i
: : : : :.>'´  >'´イ---<マ/i/「 `    ` .三三三ミi.}ミiゞ。,ィ',ィ',ィ',ィ'.∧ヾノ、ヾ__'´イソiノi
: :>'´  >'´: : : : : : : : : : : :`''<.イ 、 、  \  \.ミ/ム.}三三ゝ,ィ'//三ミi .i,.\`'`イノ>イ/
´  >'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :i i | ̄`_,-i ト \\ ../三三三三三三i_,,ィッィ/シゝ。/////
...'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :_. .-从{ ャッ '^ワ!|ミ、 ヽハ、マ三三三三三三i,:::/シ三シii:i:i:、///
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ´    }.Λ`___, | .|ー―┐ノ. ゝニ=====≡=ミニiイ三三.ノノi:i:i:i:i:i:ミ
: : : : : : : : : : : : : : : : ´       「} ム¨´ | .|:::r-ァ--、 `"''ーー''"" ̄\i.}-ー''"マ三´''''ー'''"`
: : : : : : : : : : : :/      _>'7ハ  ハ /.ム' ' /二;. : : }三三三..||iiiiヽ,//.i}i三三三三
,。。,,_: : : :∠ -=ニ=- ア>'´  〃:/:::::ム'     二つ::` . }三三三.||iヽ,iiヽ,./>=ニニ|i,三
  )//// /  . ´   >'´  . ィ{{:::/ ̄` 、  .イ:::::::::::::::::::::ヽ三三/ッ。.ヽiii/。-‐''"´ヾi,三






   ̄ ̄  `   ==  、                    ,, ==   ´  ̄
             ` ヽ               /                  (私は、まだまだあの方達には程遠い)
            - .、                    __ -‐
               ヽ                  /               (ただ自分に出来る最善を尽くし)
     、                        ´            ォ
     ミ 、       _ ,.ォ              、           ,.ィ゙´     (諦めが悪いだけ、今だってそう)
        ≧ュ =≠ ゙´                    ` ミ===≦彡
             ̄                         ̄






              ,゙ {  ∥ア¨{{`    ..,,_,:゙ ,′イ    :   i
                乂:, i{{,′ {{ハ     ア`/x ;      ;   |    それじゃあ、もう少し実利的な話をしようか。
               {{ `}} x==ミ、乂i、,:゙/ /   ,′   ,′  |
              !! ∥:':':  ,   ‐=ミk /    ,:゙j  : |    皆仲良くするのが一番幸せ、って分かって欲しいけど
             ⅱ 从.u       :':':':':.冫ィ   / }  ; |
             八 {心、   {````^:,   ´.ノ,. イ^〉, ,゜ ; '    何故、咎人を人類として認めるべきか
               \ \{h、 ゜.,,___丿  _,.、、、、、ィ / /  / /
               ,. -ー=ミ==ニ¨/_,,.   / / ,∠} ′     ……味方にした方が得なのかをね。
                  {○ΟCс/´ )=-――<フイ´/ ̄` ,

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   疑わしげに、だが心なし身を乗り出す相手に、サーバルは含み笑いをした。

   仲良くした方が良い利点を語るだけなのだが、物は言い様だろう。

   大和の瞳を覗けば、長い獣耳に短い金髪を持つ自身の姿が映っていた。

.

6360猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:44:28 ID:xvsUeTTU




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    、- ァ ´    ` ヽ、
    /          _ヽ         分かっているとは思うけど、咎人は敵として非常に厄介。
   ,ィl     , 、 ィヽ  l//ハヘ
  〈//  l/l/´    \ ヽニイ l      単純な身体能力という点でもそうだし、
  ヽl /       _ l  l l
   lィ l ≧ミ  'ィ:..:l`l  l l       邪龍を指揮する能力という点でもね。
    lヽl ハ ・:.l   ゝ-'/l  l l
    .l lハヽー  _     ,  lヘ l       一騎当千の英雄級が相手でも、打倒は容易じゃないでしょ。
     l /メー,、―,、</'/  /7´ヘ
   //〈//l/ X il  /  /Z  ヽ           γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
   /イ `ーゝtニニテ7  /´ ヽ  \         .|   そうですね……手練でも、よく命を落とす程度には。
   / ハ ヽヘ ゙ヽ/ l   l    マ   lヘ          乂_______________________..ノ
  / 、\ l`  _  ヽ, 、,ハ   ∨  lハ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






                   ,゙∥     ⅰ     `、 ':,  丶   `、
                    i {{‐-   ; ∧ ゚,    `、 ',      `、
               { 从    }‐- ゚:, }      : }        ':,     交戦すれば必ずと言っていいほど
                ヤ/∧ .: / ,,_,,_ } ノ     ; ノ          ',
                V / ):, / ぅk`く ゚:,    ノ<,.        }i    犠牲や損害が出る。
                     Y し`′{リ}} j }  _、 ⌒厂        リ
                    八  '  `ー″ .ノ丶` ,.ィ(ノ    j i   /      国の長としても指揮官としても、
                     \ ..,,_     ̄_,.ィiフ゛ /     ノ }  ,:゙
                 ,.∥ 、,,.. -=ニノ^} }∠^フ  _,. ゛ }/        それは出来る限り避けたい。
                      { {{{°℃} Y´。с }  ∠-‐ ⌒
                      { j >―廴}、   { jj  `、.,_
                  乂 7    }}` .,,_} ⅱ   `、 ヽ






        ':.:.:.:.:.:.:./88:.:./:.:.:.:.:.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,'!:.:.∧:.:.:.:.∨/
       ':.:.:.:.:.:. / {:.:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.{:.:./ !:.:.:.:.:',:.:.:.: ∨/       だから戦うべきではないと?
.        ':.:.:.:.:.:.:///,:.:.r 、i7_:.:!:.:i!:.:.:./}:.:./!ノ//,:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.∨/
.       ':.:.: ,'{: ////∨>_r、<: i:.:.|i:.:.:!/! //!////,:.: !:.}:.:.:!:.:.:∨/      少し弱気過ぎますし、
        ':.:.:.,'/i///// !:.:.:.:.:.:.:.:.|/从:.:i/i∨/l'////∨ノ}:.ノ}:.:!:.:∨/
      ':.:.:.'/////// {:.:.:.:.:.}',:.:.!  乂/! \! '////イ__リ/.!:.|:.:.iヽ,      戦っている兵達の覚悟を侮っていますよ。
     i:.:.:.:i//////// ,:.:.:.:.i/',:.' 代示乍ゝ  ∨/r也7/ !:.}:.: !\、
     i:.:.:.:i////////∧:.:.:.i//,:ヽ 弋zタ:::::::::::::::::::::ヒアi//}/:.:.:.!  \     γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
     i:.:.:.:i//////// ∧:.:.:i///,∧        、   .从/, }:.:.,           |   早合点だよ……でも弱気かもね。
     i:.:.:.:i/////////!∧ヾ//{〕iトヽ,          ,'//i 从,         乂_________________..ノ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   唇を引き結ぶ彼女に頷き、掌に視線を落とす。

   白い肌と鋭い爪を持つ己の手――――多くの敵を手にかけた感触を思い出す。

.

6361猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:46:08 ID:xvsUeTTU


   ――――若い頃なら犠牲を気にせず、敵の打倒に心を砕いていただろうか?

   そんな馬鹿げた妄想を思いつくほどには、弱気だろう。

   サーバルは静かに息を吸い、そして吐いた。

   締め切られた部屋の重い空気だが、それでも身体を巡り活力を与えてくれる。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



               ‰    i {{:, ::. :.      .: 卜 :,   `、
                。゚    .:ji i{{ ':;. :::[_/ 「 i  :} ,:゙ `、 ゚,   ':,
               。゚,′  .: :{i {× ̄`:,::. ‐┘: '77‐- ', }::. .γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
          ηψ .: .: :::从 {   ヽト、゚:, ::.  .: .;′    }ノ.: :. |   危険な相手なら、尚更斃すべきではありませんか。
.           ∥.i{  .: .: :∥ ヽ     ゜、:: ::.:: /     j∧:: .乂_______________________..ノ
.          ∥ 八 :: :::∥      `  `:, .:,:゙´      ハ::: ::. ,゙ ',
         φ.:  \.: ::{{':,  x===、  ∨ ァ==x、 ∥}:: : , '゜ :. }i    だからこそ、味方にすべきなんだよ。
.          φ ::   ::::)h人 :                 ,゙ ノ,ィ'.::   : }}
         ;ⅰ::   :::{乂``'.         丶       j{アノ}.:::  .:.:jji    とても厄介で危険な敵を調略するのは、
          {ⅱ:::.   :∨心., :,                 ノ ´.:ソ.:   .:.:j::|
          ゚,八:: :.  ::.\:: ::.:) 。,_   弋::::フ   ,,.ィ(:: :: /.:   ..:::;:゙.;      戦争の基本でしょ?
         ', /' .:;_:.. { ̄:: :: ∧::⌒=- .,,_,,. ‐ニ⌒:: :: :: :ア} ..: :::イ:.,′
             ′  ´"' ` 、i{ Χくく{、    ノ '" ヽ}L;;/ ノ‐''"






                     ,,.
                     /:;;}  ,x、
                  /  :;;]  ,こ ゙:,
                     /  :;;;] ,こ  ´
                 /   .:;:;] ,こ   ゚,
                     ,:′  :.:.:.}′:   :
                ,′ⅵVv: :ノ .;ⅳノ ',
                    ; ≫  ,:   :;  そ  γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
               { ,>'''""""'''~ ., て jj |   ……人類の一員と認めることを餌に、翻意を促すつもりですか。
                  /   //ヽノヘ  \∥.乂_____________________________..ノ
            /  //{          〈
            、`   j{ム{.,,_   _j,∧ ', ^:,
           ,:゙/   ∧{ _,`、   /``ⅰ}  ',     交渉材料は他にもあるし、色々探すつもりだけどね。
            /八  ,' 〃云Ν /云、 }イi  } :,
.          ∥  \,{ { r勿 }ノ r勿ハ 川 ノ ⅰ   多大な犠牲を前提に戦うことは指揮官として下策。
           ∥  i{ 、   ゜゚゜   ゜゚゜ ノ_,.ィ(  jj
         {   从 人   r ァ   /ノノ}   i}}    いかに味方に得をさせつつ、
            V` .,{⌒ γニ‐ __,,,. イ´ ノ  /,リ
        ノYヽ  \{i{゚。%Г「。с }  フ__,,.イ /    戦ってる相手に損をさせるかが大事だよね。
        〈 、 i ノつ ,:´(__,,. '冖 .,_ )< ̄  !'
       ∨⌒{゙´ノ 、 j    |   ̄{ `:,_
          ⅰ  V  `;    j     !  ',}
        !  ':,  { ⅰ ¦    i /ヘ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   大和は何も答えてこなかった。

   戦争の基本的な手段を解説しただけだ、当然だろう。

   彼女の瞳には自分の姿と、迷いの色が映っていた。

.

6362猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:49:09 ID:xvsUeTTU




.         ;  ミ、  :; : :} : : {  ノ  }
.          ¦ .,_jト  :; : リ : : { ∠, jj
.          ! \ _,.  ‐‥…┴≪ ∥
        , '゙}、丶`   /\ /!:,  `゙'、
.     /  ,:`     ; {/\リ ´:,  ´:.
.    ,:   ,:′  ⅰ ;{:.     :, ':,   :,
    ,:   ;    . :{ :i{ :, :.:.    } ∧ :,  :,
.  ,' ,'  {  .: .: :/{ 「\ ̄: .  丁^ i }:. j
.  ,゙ ,゜  :, :: ::∥ N  ^ 、:; :: .:/  ノイ: : ;}       なのに皆は強大な敵を倒すことばかり考えてる。
  ;  i :  :`、 :: :i{       ヽ::,:′   }:}:: :ノ}
  { :{: :  ::{:,\ ':, “^^^`  "´^^”{ノ/ ;}       折角邪龍に人間の心が宿って、
  :, {:, :.   :.V心.,{`            }´  ∥
   ゚:{^ 、:.  ト{へ^h。,_  ´ ` _,,. イ} .:从{        話し合える可能性が高くなったのに……。
      ≫ {⌒¨¨ Y´ `ヽ--=⌒Y¨ヽく
.      {;.;. ; ; x-┬〉%‐ァ}8}=‐ ゚卜、; ;}            頭から交渉の余地を無くすのは悪手だと思わない?
.      {;.;.,∠.,_ {{ο /{{⌒ 、_゚j  \},,_
      √    `:, } ``゛  ´,    ∨ /  ` 、






    |.:.:.:.:\〉ヽ;ゝ:::::::::::::::::::::i.:.::.:.:.i.:.:.:.:.:.i」.:.:.:.:::/  !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .: |
    |. :.: :/レi|.:.:.ノ       ノノ}/!.:.:.:.:.:i.:.:.:..:.:/  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .|
   ヽ/   |.:∧      ´   /.:.:.:. /ミh,/ ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :|  咎人は今まで命のやり取りをしてきた相手です。
       /.:.:.:.:ヽ _ _      /.:.:. ::/   i| /.:.:.:.:.:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
       ./.:.:.:/  ` 、    ,.:.:.:.:./    |ミh、.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  そう簡単に皆が受け入れる気になれると思いますか?
    /.:.:.:/    __ヽイ /.:.:.:./-イ¨¨´// }ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
 .。<´.:。<´    {///≧/.:.:.:.////// ィi{´i:i:i:i:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.: :|






             /  /     / 厶イ \}/:ノ {::}    \/
            // :/      /       ´   ':j     ',
        / /  :/    / イ           }:      ',
         / /   :/    イ _/_j{          } ∧ i    ',
.       / /   :|     :/ { /⌒ト-、{      // | |    i
      / /    {    /  リィ≠ミ、 ',    ,斗‐一 | |    |
       / |    ゝ  | 〃 んハ \}   ,ィ=ミ、  | /:     |    受け入れるべきだよ、平和に終わらせたいならね。
.     |  |      :i\ :| {{ {rtjヘ}   |  ,ん:ハ Y /イ}    .イ
.     | ∧    {\「` ` vこソ  |/{rtjヘ} }} /^}'   / |    合理的に考えろ、視野を広く持て。
      ∨ \  ト > j{            vこソ ' /ハノ   / ;
          \ { V^\      '       r‐イ-=彡  /      軍事でも政治でも、一度は言い聞かされるよね。
       __   /⌒}}`ヽ)h。   r― 、     ノ/ノ     /}
      ∠) `'<   ∥/⌒ヽ)h。.こ´__ .。s≦ ´ </  .//      敵をただ命を狙ってくる相手だと考えちゃ駄目って。
.     / o      \〃/ ゚o。 ゚o。`>‐「イ 。o゚ } ヽ  } __ .ィi( }/

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   今言ったことは若かった頃に親や師に言われたことだった。

   それも繰り返し繰り返し。

   いつの間にか、それを誰かに言う立場にあるのが少しだけ可笑しかった。

.

6363猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:49:39 ID:xvsUeTTU


   一度きつく目を瞑り、過去を胸の奥にしまった。

   感傷に浸るのは全てが終わってからでも遅くはない、問題は現在の事だ。

   頭痛を堪えるように、額に手を当てる。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



       ,:'       | /       :∧__{  V∧ {     }∧ |
.      /   /     .!.{        :/ Ⅵ``ー-t' ', __,ノ∧ i| !
     /   /      ゝ       /   ィ=≠ミ、 \ ',  / i i| /ヽ
.   /   /         \    !  〃_,)ハ ヾ  ヽ} 笊 | 'イ: |
        /        /´\   |  ∥{トuイ}     jノj.} ∨ |  |  それと理由はもう一つ。
   |    {           { ⌒_\ ',   ゞこソ      {_(ソ }} / /
   |    ハ      {  |ヽ (   ⌒ヽ | | |       ヽ    ∨/   忘れちゃいけないのが戦後だよ。
  ∧   :| |      ',  \_人                   }
.   ∧  | \     \     ト、       r‐ 、    /       復興についても考えておかないとね。
    ∧ :|  \    :{⌒ヽ.   { _〕≧s。.    ` ´ .ィi〔/
.      ∨    \‐=ミ\_ \ .jレ{,ノ___   `7 ‐-<\}/
           ゝ{ `⌒___∠//(_)O`ヽ、ム_/(_)ヽ






  ` 7 /¨¨Tニ ′.:: : : :.:: :i|: : : : : : : : : : 八: : : : / 人 }:: :」_____八: : : :
.   / /   `¨ !: : : : : : : :.i|: : : : : : : : : : : : \: : :l: :| : :.:.: :|ニニ7r-----
   ゝ<     | i| : : : : : /Ⅴ: : : : : :.ト、: : ト、: `: :j: :| : :.:: :.|ニニ八ニニニニ
          |λ: : : : /  Ⅴ: : : ト、{ \\ \: : ≧o。..: |¨¨¨¨¨´ ̄フ7   もう考えているのですか?
          |l. i{: : : :: xf扞㍉: 八.ヾ. ,二..._  7:T¨¨´: 八i|: : : : :./ /:
          |l 八: : :ム 乂.ツ \从  ^⌒~ヾ / イ: : : :/: : 7: : : :./_/: :    三大魔王との戦争に勝ち目さえ見えていないのに。
            \: ∧     ,         / ′: :イ: : :/: : : 从: : : :
.            /: : 7.∧            /:./: : : /: : : : :ム ,: :    少し早計なのでは……。
          /: : :/   `   ´  `   イ 7: : : : :/: : : : : : : :,’ ; :
        ..。s升: : /  。s升-≧ __ <_____ /: : : : /7: : : : : : : : ′
   ...。s升: /: : :/  /ニ/¨¨¨\ニニ`¨ニニ.7: : : :./λ: : : : ト、: : : :.,
 : : : : : : イ: : :. ′  」lニ {  〔〕  }ニニニニニ /: : : :/ノ::::`¨¨¨¨¨¨フ: :.:’






  |   | ト、 /    ``ト}、__  ヽ }:       |      }   i   負けて滅びるつもりなら、別に考える必要は無いよ。
  |   ∧ {-イ         |   ̄` }∧     ./:       ト.  |
  |   | ゝ.  》=ミx    |ィ=≠=ミx  ',   /}       |.|   |   でも、勝つつもりなら……先は見据えないといけない。
  ヽ.  |:  ∧ {{ )心、   :/ _)斧ミ、‘:, l   /,イ       |.|  /
    `、{:  ∧{{ {トuハ\/ iトtjイ:i} }}_ノ.//:/     / |: /    大陸の人口比が崩れつつある、っていう話に
.     |   :{  ゝこソ    ゝこ(ソ   ⌒7⌒厶    / .|/
      \  ∧       、   ,-、     /    } 、ヽ`         聞き覚えはないかな?
       \ }h。.  , -r‐v‐ト、 \__∠}>-―く/
        ヽリ 个{ i {  { ヽト、   }O }〃   ∨ /      γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
              イ| i ゝ ゝ ヽ _/: o i{{     ∨       |   噂はかねがね……。
            / | ゝ、____ / ヽo 〈{{    ト、      乂____________..ノ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   大和は濁したが、暗い表情が全てを物語っていた。

   人口比率の崩壊は、戦いが終わった後も根強く残る災厄だ。

   人間は、命は容易く育まれるわけではない、成長にはどうしても時間を要する。

.

6364猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:50:19 ID:xvsUeTTU




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.,;: _...      .....,,,,,;:;'''"'''"                   ....,,_,,,...;:;::''""
      ,.,;:;:;:;:;'''""""""            ..,.,;:':';',,,..;:.;:;';:;';''""
  .,;:,.'""    ,.,..,.;:';';':':':.':.:.           ""'''''''::::;:;:;;,..,,.,.,
"''''''""""""''"'";:;:;,.,_,.              .....,,,,__...,,;:;'''""''''::;;;;.......,,,,...;:
    .,,.,;:;:;:;;:'""''''''''''''''""""    .,:;:.:;:';';';';';'''''''"""'''""""           『前線に出ている兵士は大体が成人男性』
     ;:,.,.,.,....__....,,__,...._......__.._._..,...._,,,.._....,,___.._....,,__,....,_,..,,_....,,__,,,..::::;;;;;;,,,.....
,,,..,,.,.、、.,;:'''"""ヾイ                             ""'''''   『働き盛りの彼らが次々と命を散らしている』
     、 丶 }:l,/ー´                             ´
      ´ ̄\|;{  / ,               ..             ー   『人手はちょっとでも欲しいんだよ』
       _;>ー=}i|ー' ̄_ノ                           ...   `
      、\   |!l='ー<_                . ...               『文明の衰退に歯止めをかけるためにね』
      ̄`ー=|:;{  l  ,_        ^

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



    |::::::::: / }} |::::::::::::::::<、ゝ::::''"~    /ヽ,  ∨ /::::::::::
    |:::::i::::| リ |;;;;}レ|::::::〈ハ〉::::} /     }.:.:.:∨ ,∨::::::::::::    足りなくなった労働力を咎人達で補うつもりですか。
    |:::::i::/ ,ィ気´  |:::::::|:::::::: ∨ /   \.:.:.:ヾ´ /::::::::::
    |::::i∧ ∨ '   |:::::::|::::::::::::∨。o≦¨´ {_i_i_i}∨ /:::::::     人権という飴で釣り、協力という義務を負わせる。
    |:::::ヽ'  ´   |:::::::|'|~´::::i´:::::::::::::: :/     ∨ /:::::
    |::7` `    u .|:: ,イ |:::::::::|::::::::::::::/      .∨ /:::    まるで……いえ、なんでもありません。
    ` \        ´  |:::::::::|`、:: /        ∨ /
       `ヽ´       i|:::::::::| `j{           ∨
        |::、   > ゚i|:::::::::|  |            \
        |::::' 。s - ', i| ::::: :|  | 。ィ(
        |:::::|  。o≦| :::::: |''"~´   ∨






        |      : l  l: :.  l
        |    ,. -┴┴- 、ノ
        |  . '´           \
        レ'´   .i:{      \ヽ \
        〃    .:从     : 从 :}: ヽ
       //   . : :/ _ヽ } . : ,Lレイ : : l
     /    : :/´ _,_,`メ、: :./,_,レハ : : }     詐欺師だね。
    〃  ヽ . : |   行。  V行.。V : : :}
   .′  : :\ :| ヽ りソ   ヒソノノ レ^ヽ     自覚はしてるし、申し訳ないとも思うよ。
   l |   : :い    ̄      ̄ ハ   }
   l |    : :Ⅵ     ´ `  . イノ  /     でも最初に言ったでしょ、実利の話だって。
   l |\   :{: : :`フ ー一 < > ⌒ V
   ヽl  `ー一 `¨´ヽ: ハ __ ノ/     ヽ
               /⌒介⌒V      }
              }  L}  「 ̄ ̄`ヽノ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   彼女の言葉に棘はあったが、否定する気はなかった。

   だが、こうでもして人手を確保しなけれ文明が後退、最悪大飢饉で社会基盤が崩壊する。

   破滅を回避した代償が破滅など、全く笑えない矛盾だ。

.

6365猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:51:39 ID:xvsUeTTU


   大和は視線を外し、まだ闇に満ちた窓を眺める。

   黒髪が流れ、横顔に陰りを生むが、彼女は気にせず告げた。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



              |:::::::::::〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::} ::: :|::::::/|:::::::|::::::::::|    ……先を見据えるのは統治者として、
               j:::::::::::::ハ  、          j|:/!::::: |:/.i|:::::::|::::::::::|
                 /:::::::::::/  {     , - 、   彡' |:::::::|´  i|:::::::|::::::::::|      当たり前なのでしょう。
             /:::::::::::/   ヽ、   ヽ_ /   /j{:::::/¨∨ j:::::::|:: :::: :|
               /:::::::::::/      ≧s。     ィ゚ . /::::/i:i:i:i:!| |:::::::| :::::: :|      ですが、脅威は排除すべきです。
           /:::::::::::/, - '' "~´´_/¨¨¨ヾ ニ ´ ,-./ : /i:i:i:i:i:}>- ┴、:: : |
             /::::::::::://  ',////{ / ̄ ヽi:i:i:i:i:i:i:i/:::::/i:i:i:i:///// / \|     前線に身を置く者としては、
          /::::::::::://    ∨// { {   }i:i:i:i:i:i:/:::::/i:i:。<//// /   ヽ
         ノ 。o≦´,'    .∨//≧s。_アi:i:i:i:/:::::/''´//// 。o≦      i    そう言わざるを得ません。






       ,:'       | /       :∧__{  V∧ {     }∧ |
.      /   /     .!.{        :/ Ⅵ``ー-t' ', __,ノ∧ i| !
     /   /      ゝ       /   ィ=≠ミ、 \ ',  / i i| /ヽ  大和ちゃん、冷静に考えてよ。
.   /   /         \    !  〃_,)ハ ヾ  ヽ} 笊 | 'イ: |
        /        /´\   |  ∥{トuイ}     jノj.} ∨ |  |   その考えだと、戦後大変だよ?
   |    {           { ⌒_\ ',   ゞこソ      {_(ソ }} / /
   |    ハ      {  |ヽ (   ⌒ヽ          ヽ    ∨/     物資不足による餓死や病死する人が出る。
  ∧   :| |      ',  \_人                   }
.   ∧  | \     \     ト、       r‐ 、    /       なのに、まだ言うの?
    ∧ :|  \    :{⌒ヽ.   { _〕≧s。.    ` ´ .ィi〔/
.      ∨    \‐=ミ\_ \ .jレ{,ノ___   `7 ‐-<\}/






              |.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:i |.:.:./  :i .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
              i.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:i {.:. {   ',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    今更懸念が夢物語とは思いません。
                 ',.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:i {.:. { `゙ミh',.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'
             ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:xz斗斧芋ミ∨.:.:.:. :.: |`    でも全ては三大魔王による終末を回避できてこそ。
              |\.:.:.:.:.:{\}  乂iン  \.:.:.:.: {
              |.:.: \.:.:.ヽ_ `¨ --::::::::::::::\.:.:∨    そして、咎人は戦争の過程で排除すべき障害です。
              |.:.:.:.:.:.\.:.∧ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              |.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.;〉           i         何より……どうしても納得できません。
              |.:.:.:.:.:.:..:.:.|` 込
              |.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ミh、              .γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
              |.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   >´ミh、  ̄ ̄        |   そんなに、憎い?
              |.:.:..:.::.:.:.:.:|  /   :| ≧s-s≦       乂__________..ノ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   大和は静かに頷く。

   彼女の瞳に暗い鬼火が見えた気がした。

   一抹の虚しさを覚え、息を吐く。

.

6366猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:53:09 ID:xvsUeTTU


   キングソードは不可能領域“十大脅威”に隣接する激戦地、それだけに兵士の損耗率は高い。

   最前線で戦い続けている彼女やその仲間達の心情は推して知るべしだろう。

   憎悪と憤怒の感情は、今の大陸では決して特殊なものではない。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



           ,': : : : : /: : : : : : : : : : : : /i:/ !: : /: : :,': : : : :,'.: : : ::/-|: l.|: ,': : : : : : : :ノ.: : : ::i: :!
           ,': : : : :./: : : : : : : : : : : : / .!:! !: fi : : | : : : : |l:,、: /l:! |:/`!:i: : : : : : : /,: i!: : : :|: :!
          ,': : : : :/: : : : : : : : : : : : / .|:l  l: ij : : |.: : : : :|ィf云ミ、 .|! l:jl : : : : : /ィ: /l: :i : | : |
          ,'.: : : ::/: : : : : : : : : : : : /  |:!  ',:|: : : :l : : : : |.    ヾ   |! ',: : : : :x'.|:,': |: リ: j: : !
.         l.: : : :/ : : : : : : : : : : : : ′  |:! __ ! : : : |: : : : :!     ::::::::::::::::i: : / ./ィ: :|:/: /: : ト、
         ,| : : /: : : : : : : : : : : : : i   。s≦≧s!: : : :ヽ: : l!:!     ::::::::::::::::,ィf㍉/'/: : l': /: : : !ヾ!
.        /:|: : ,': : : : : : : : : : : : : : s≦三三ニ〈.|: : : : : :ヽ|/         /:.   ,ィ': : : : /| : : /仲間や人々の命を奪った邪龍を、
.         /: :! : |: : : : : : : : : :。s´ ̄ ̄`.:.、三ニニ|: : : : : :¦   、    ′   ,.イ,: : : ,ィ:/ .|'| /
       /: : :|: :| : : : : : :。s´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ三ニl: : : : : : :l、.   ` ー    ,.イ|ノ : : / |'   .|,'  それを従える咎人を、
.      /: : : :l: :|: : : :/:.:.:.:.:.,   ´ ̄ ̄ ヽ:.:.:.マニム: : : : : : |'.ヽ    _ r. : ´: : /.ィ|/
.       /: : : : :|: |: : ,イ:.:.> ´        ' ,:.:.マニム: : : : : |、_ `ー. ´  .!: : : : : : :|        全てを狂わせた三大魔王を
     /: : : : : :| i/:.r'´             ',:.:.:マニム: : : : :!ヾ≧ェュ   .l: : : : : : :!
.    /: : : : : : :l/.ィイ                }:.:.:.マニム : : : トヾ三三}  |: : : : : : :!         許せるはずが無い。
.     /: : :/! : : /./ !:|                    i|:.:.:.:マニム: : : !ニヾr、' j  .|: : : : : i!:!
   /: : :/ |: : /./ |:|    i             |.!:.:.:.:.ヽニム: : |ニ,.ヘ!ソ   .l: : : : : l!:!         まして味方にだなんて、思えません。
.  /: : :/ |: :/./  .|:|     |               l ヽ:.:.:.:.:.ヽ.ム: :!'_ノ `    .| : : : : |!'






           //   |:||: .    .:│.:ハ:│  ‘vヘ
.           / :l   . :|斗キ‐く/ 「」 i7‐jチ‐-|: |: .   l :'γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
        ,′:| : . : :∧:ト、V(: : .  .:j/   |:/: : .: | : |   この国の兵や民だって、命を落としているでしょう。
         | l | : : :〈 `沈㏍(: : : . .:沈㏍ ´〉: : : |.:l.乂______________________..ノ
         | l 人 : : .∧ 《 rうx「`ヽ:ノrうx「》 ∧ : .: 人.:l |
         | |:  l\〈(..} 弋_ソ    弋_ソ  {..)〉/l  :| |
         | |: : .:\: :八      ,      八: :/:. ..:| |   そうだね……犠牲がないなんて、言わないよ私も。
.          V\: : .:rへ:ヘ、    --   . イ : イ: : .:/V
              \」  `Y´> ..`こ´. <`Y´  」_/        もちろん思うところが無いわけじゃない。
        /^「\_    _〉Oo_。{ 8 }。_oO〈__
      rくヽ し' `)  /´(_。_.・x个r个x・._。_) `.

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   国境警備隊の“爪牙”から死者が出たと聞く度に、今も胸が痛む。

   この大陸に生きる誰もが、何かしらの形で三大魔王から何かを奪われている。

   それが咎人達への憎悪を、より根深くしていた。

.

6367猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:54:10 ID:xvsUeTTU


   だが相手を許さなくては大陸が滅ぶ。

   冗談のようだが自身の感情を超えた領域での話だ。

   もどかしさから大きくなりそうな声を抑え、サーバルは静かに告げた。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



       ,:'       | /       :∧__{  V∧ {     }∧ |
.      /   /     .!.{        :/ Ⅵ``ー-t' ', __,ノ∧ i| !
     /   /      ゝ       /   ィ=≠ミ、 \ ',  / i i| /ヽ
.   /   /         \    !  〃_,)ハ ヾ  ヽ} 笊 | 'イ: |
        /        /´\   |  ∥{トuイ}     jノj.} ∨ |  |
   |    {           { ⌒_\ ',   ゞこソ      {_(ソ }} / /   私達はこの戦争で
   |    ハ      {  |ヽ (   ⌒ヽ          ヽ    ∨/
  ∧   :| |      ',  \_人    u.              }     仲間や色々な物を失っている。
.   ∧  | \     \     ト、       r‐ 、    /
    ∧ :|  \    :{⌒ヽ.   { _〕≧s。.    ` ´ .ィi〔/      けど同時に、彼らも巻き込んだんだよ?
.      ∨    \‐=ミ\_ \ .jレ{,ノ___   `7 ‐-<\}/
           ゝ{ `⌒___∠//(_)O`ヽ、ム_/(_)ヽ






    |::::::::: / }} |::::::::::::::::<、ゝ::::''"~    /ヽ,  ∨ /::::::::::
    |:::::i::::| リ |;;;;}レ|::::::〈ハ〉::::} /     }.:.:.:∨ ,∨::::::::::::
    |:::::i::/ ,ィ気´  |:::::::|:::::::: ∨ /   \.:.:.:ヾ´ /::::::::::     巻き込んだ?
    |::::i∧ ∨ '   |:::::::|::::::::::::∨。o≦¨´ {_i_i_i}∨ /:::::::
    |:::::ヽ'  ´   |:::::::|'|~´::::i´:::::::::::::: :/     ∨ /:::::      奴らこそが争いを仕掛けてきたのでしょう?
    |::7` `       |:: ,イ |:::::::::|::::::::::::::/      .∨ /:::
    ` \        ´  |:::::::::|`、:: /        ∨ /      向こうが戦おうとしなければ、
       `ヽ´       i|:::::::::| `j{           ∨
        |::、   > ゚i|:::::::::|  |            \     お互いに何も失わずに済んだのに……。
        |::::' 。s - ', i| ::::: :|  | 。ィ(
        |:::::|  。o≦| :::::: |''"~´   ∨






           . '´/                \
        / //    /  / !      i     ヽ
.        /   .i     {  ,k‐‐、     j ハ.    :
       /     {    ハ { ヽ{     'Tヘ ! }  i   この大陸戦争の原因は“一つの魔剣”に集約される。
.      /    ∧    i  Vf茫vヽ.i  /_,,  } /  ,'
     / /   / /⌒ヽ { 〃 hノvリ }/ 衍i, ハ  ./    何時までも私達人類が魔剣を破棄出来なかったから
     ,'  i    { iて ヽゝ  弋.ソ    hiリ j  /
.    {   !    ゝ ゝ           ' ゙-' 〈 ,イ     発生した事態だよ、これは。
    ハ  ハ      `¨\       ,  、   ノ´ .}
     ヽ{ {\  {   i  `>        _. イハ リ     γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
        \{ \{V\ハ_,/⌒ヽ`{ ̄ノ,へ ノ jノ        |   私達が悪いと責めているのですか?
           /, -=ゝ{o O ゚ }⌒Yo O}            乂_________________..ノ
          /o/  .||ノ o oム__ノ o 〈
          /   /    ||ゝ--‐'´|| `゙'、-'ヽ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   彼女の口ぶりは確認のようであったが、実質は詰問だった。

   納得がいかないと瞳も語っている。

   大陸を生きる人の大半が思っているだろう、何故こんな目に合わねばならないのかと。

   魔剣を捨て切れなかったのは祖先であり、今を生きる人類には関係が無い。

.

6368猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:55:23 ID:xvsUeTTU


   人類史の憎悪や怨念が寄り集まり、誕生した三大魔王。

   彼らの語る人類の罪業と贖罪の試練。

   理不尽な横暴だ、言いがかりだと憤る人々の気持ちも分からない訳ではない。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
 .|   責めているつもりは無いよ。   .|  , ヽ
 .乂______________..ノ  ,   '
                     '  、.   :  .:    i
             __   i  、 ヽ    l ./   !   _
                 \  ̄l.   ヽ ',     ,    l ̄ ./
                   ` ーl     l    ./    .l - '
                      l .i .!      ,    i.!
                  l : .!     ,  :.  :.!
                    l ; .l       :   .:  i !
                | ! ! l ;     :    .!   , ',
                  ,.イl .} ノ ,;    .{   .l.  乂
            _r、<_,!イノ./     |     γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
        r‐i"!  ̄  ` ー .'   ' ,    .l     ' |   でも、非はあると思ってる。
     ,.ィl .! !         ' ./ .l     l!    乂______________..ノ
    ,ニニl .!.l         / /  .!    .l.!         ∨            lニi

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



        >'’    ,.:、         ``ヽ、 \ `ヽ、   \
.     /  /\ /ハ:i\        \ \  \.  \
    /   ./i∧i∨i:} \:i:',        \ ヽ      ヽ /
       | {i/ ヽi{:iノ  ゝ}   \      \ ',  ヽ,  ∨ /
.   /   | |           ト、  ヽ       ヽ}    ',  ∨ /
  |   | |          ヽ |  \   ',     |      ',  ∨
  |   | ト、 /    ``ト}、__  ヽ }:       |      }   i
  |   ∧ {-イ         |   ̄` }∧     ./:       ト.  |      千年前から始まる魔剣の因縁と
  |   | ゝ.  》=ミx    |ィ=≠=ミx  ',   /}       |.|   |
  ヽ.  |:  ∧ {{ )心、   :/ _)斧ミ、‘:, l   /,イ       |.|  /     無 関係な人なんて居るのかな?
    `、{:  ∧{{ {トuハ\/ iトtjイ:i} }}_ノ.//:/     / |: /
.     |   :{  ゝこソ    ゝこ(ソ   ⌒7⌒厶    / .|/         だって私達は、未だにウィリアム王の代から続く
      \  ∧       、   ,-、     /    } 、ヽ`
       \ }h。.  , -r‐v‐ト、 \__∠}>-―く/               エルフ差別を清算できていないよ。
        ヽリ 个{ i {  { ヽト、   }O }〃   ∨ /
              イ| i ゝ ゝ ヽ _/: o i{{     ∨                    γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
            / | ゝ、____ / ヽo 〈{{    ト、                |   それは……っ。
             i ゝo   / }    \ソ{    | ヽ                 乂________..ノ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   彼女は喘ぐ様に口を開閉するが、先の言葉は出てこない。

   エルフへの迫害は、魔剣の呪縛以上にもっと早くに終わらせる事が出来た筈だ。

   だが、それを千年も続けてしまったことを罪と呼ばずになんと呼ぶのか。

.

6369猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:56:29 ID:xvsUeTTU




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  l:.:.:.;.:.:.:l
                  !.:.:.!i.:.:.:l
                    !:.;r' `、:.:!                『三大魔王の宣告通り、魔剣に纏わる罪』
                  l:,r' ', ,' 〉:!
               __,,,,,,..ゝ7_i:!_`Y..,,,,___              『それは今を生きる誰もが背負ってる』
         _,,..-‐'''¨ ̄_,,,_ _,_<__o__>,, _,,,,,,,¨''''''‐-- .,,_
      _,,-''´,,..-‐_,,''-'''¨'''_'''‐、:.ヽ∧,r':.;,-‐''''''''¨-'',,,‐- ,,,_¨''-,,_    『咎人との関係性も、向こうだけが悪いって言うのは』
     i  ''_,,-‐'',,-‐'''¨ ̄ヽ`iヽ`ヽ! l'_´,-7´/ ̄ ¨'''‐-'''_- ,,,_  ,!
     `、__,,-'''´       `、V!'i`!_,! i´!i! /        ¨- ,,_,/     『ちょっと無理があるよね』
                 i !:.ヽ ,r':.l !
                  ! ,.=、O,.=、 !
                 ! O:.〉〈:.O !
                 ! >:.:.H:.:.< !               \人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人/
                 !i:.:.:.:.! !:.:.:! l            <                               >
                 ! !ー‐! !一! !              <   き、詭弁です! 現状を見てください!   >
                                    <                              >
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\ ━━



   V::::::: : /::}i,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::,:'::::::::::j{  |::::::::::    すでに多くの命が失われ、
   V:::::::/ .|::Λ u.     `       ,.::::::jI彡:::::::::: : j{  .!::::::::::
    ` -  ..|:::::::::.、     r  ァ  。s≦  /::::::::::: : j{   |::::::::::    私達は十分過ぎる報いは受けた!
          |::::::::::::}is。          / /:::::::::::::::::,   |::::::::::
          |:::::::::::::::::| >s,             /:::::::::::::::: ,:=-、.:|::::::::::    なのに、まだ満足できないと詰め寄ってくる。
          |::::::::::::::::,    >。. <    /:::::::::::::::: /:::::::::|.|::::::::::
          |:::::::::::::::>‐<   | .__jI斗=:.7::::::::::::::::::/::::::: : |.|::::::::::    そんな奴らを、三大魔王や咎人を
          |:::::::::::::/: : : : : `=ニ,イ: : : :.:./:::::::::::::::::,:':::::::≧=V::::::::::
          |::::::::::::': /.ハ: : : : : : : : : : :/:::::::::::: /=≦⌒   \::::    受け入れられるはず無い!






       }.::  :: i{ {      '           √ '´ /.::  .: ::j: ;   それは合理的な考え方じゃない、
        {:,::.  :. 公、    ,.  、     ,.ィ{:: :: ‰    .: :/ ,′
        ∨、::.. 「「\`  .,_     _,.、rセ〔:::/}:: ̄]  彡 ゛∨    憎悪や憤怒で目が眩んだ感情論だよ。
         `ヽノ  /С ` ミ=.,,. ´。O∨ ノ/フ''"´
               ,.{% ‰ {O }。 °。 ゚ }‐- .,            γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
              / { 。  c,,.∟..∟_c  。 )j   :,           |   あなたが冷め切っているだけではありませんか?
              ,′ ∥''"´   }}   ̄ ̄ i{    '          乂_______________________..ノ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   憎々しげな言葉に、サーバルは内心で苦笑した。

   理想を語れば夢物語だと嗤われ、道理を説けば冷酷だと詰られる。

   矛盾する指摘は今まで何度も経験したが、あまり慣れたくない事だった。

.

6370猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:57:28 ID:xvsUeTTU


   人は合理的である事を望むが、求めるのは感情的な物だった。

   待ち構えるような、挑むような視線を向ける大和を見つめる。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



                  ヤ ,. ´   ,ィ(^h、,j(^h、   `'く ::′
                    Χ   / /ノ´`マソ ∨:,    \
                    ‰   ∥:.′        ' :,     `、
               ‰    i {{:, ::. :.      .: 卜 :,   `、
                。゚    .:ji i{{ ':;. :::[_/ 「 i  :} ,:゙ `、 ゚,   ':,
               。゚,′  .: :{i {× ̄`:,::. ‐┘: '77‐- ', }::.   ´:,       じゃあ許せないのなら、
          ηψ .: .: :::从 {   ヽト、゚:, ::.  .: .;′    }ノ.: :. :.  j゚,
.           ∥.i{  .: .: :∥ ヽ     ゜、:: ::.:: /     j∧:: :.:: ¦',     戦後はどうする気なのかな。
.          ∥ 八 :: :::∥      `  `:, .:,:゙´      ハ::: ::. ,゙ ',
         φ.:  \.: ::{{':,  x===、  ∨ ァ==x、 ∥}:: : , '゜ :. }i     まさか本気で三大魔王を斃した後で、
.          φ ::   ::::)h人 :                 ,゙ ノ,ィ'.::   : }}
         ;ⅰ::   :::{乂``'.         丶       j{アノ}.:::  .:.:jji    咎人を根絶やしにする?
          {ⅱ:::.   :∨心., :, u.               ノ ´.:ソ.:   .:.:j::|
          ゚,八:: :.  ::.\:: ::.:) 。,_   弋::::フ   ,,.ィ(:: :: /.:   ..:::;:゙.;
         ', /' .:;_:.. { ̄:: :: ∧::⌒=- .,,_,,. ‐ニ⌒:: :: :: :ア} ..: :::イ:.,′
             ′  ´"' ` 、i{ Χくく{、    ノ '" ヽ}L;;/ ノ‐''"   ′






.   /≧s。
   |≧s。 ア≧s。_
   | 厂{ {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:::::::彡´
.    ~´  ''-=ニ{ :.:.|i:i; ':::::::/ :::::::::::::::
.            ヽ|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                   γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
              / :::::::::::::::::::: /!::::::i::::::::::::::::::::::/                   |   それは現実的じゃないって――――
          /::::::::::::/::::/::/ |:::::::i :::::::::::::::: /::::::::::::::::}               乂__________________..ノ
            '::::::::::::/レ'{;/~"i'' 、:::::::::::::::::〃::/|::::::::::::i::::::::::::l
           ::::::::::::/ ,ィzx.、  i::::i:::::::::: //:::/ i|::::::::::::i:ハ::::::li:i:i:i:i:i`~}-=ニ_
.        /::|::::::i::Ⅳ ん沁 ,:::i::::::/`/: :/ミi|::::::::::〈ヽ/〉:::l_ ア≧。/i:i:i:i:i}}`~"'''ミ,
.         ~´|::::::i::|i   じ_ソ ヽ{/  /:::;イ   |:::::://ハソ:::/ {-=ニ'≧s。∥i:i:i:i:i:/   怨敵を生かしておいては、
         |::::::iヾ〉         ´゙ん'沁 、,}/}::::::::::::::/_ア´////// ∥i:i:i:i:i/
            〕iト':::i     ,     じ ソ ア/:::::::::::///////////,'ヽ:::~{/    纏まるものも纏まりません。
         __|:::::ハ           `゙ /::::::::::://///////////卅}::::',
       // i|:::::::ト   ヽ   _     彡´:::::::::://////////////// ∨ :∨    異分子は排除することが最善ですよ。
.      / ,/.:.::i::::::::i \        , イ¨¨¨,~´////////////////// ∨::∨
      i i.:.:.:::.i::::::::i∨__` ------o≦/:::::::/l///////////////////// .∨::∨
        i i.:.:.:.:.:i::::::::i: : : : : : : ヽ、___/::::::::::/ }、//////////////////////∨: ∨

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   流れるように、大和は答えを返す。

   首筋が粟立ち、サーバルは椅子から腰を浮かせた。

.

6371猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:58:08 ID:xvsUeTTU




  |   | ト、 /    ``ト}、__  ヽ }:       |      }   i   本気なの!?
  |   ∧ {-イ         |   ̄` }∧     ./:       ト.  |
  |   | ゝ.  》=ミx    |ィ=≠=ミx  ',   /}       |.|   |   忠告だけど、その考えは止めた方がいい。
  ヽ.  |:  ∧ {{ )心、   :/ _)斧ミ、‘:, l   /,イ       |.|  /
    `、{:  ∧{{ {トuハ\/ iトtjイ:i} }}_ノ.//:/     / |: /    きっと、また戦争が始まっちゃう。
.     |   :{  ゝこソ    ゝこ(ソ   ⌒7⌒厶    / .|/
      \  ∧ | | | |   、   ,-、     /    } 、ヽ`         歴史が証明しているもの。
       \ }h。.  , -r‐v‐ト、 \__∠}>-―く/
        ヽリ 个{ i {  { ヽト、   }O }〃   ∨ /
              イ| i ゝ ゝ ヽ _/: o i{{     ∨
            / | ゝ、____ / ヽo 〈{{    ト、






         i{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.: ∨.:.:.:.:.:.:.:.:..:∧____, -- i{__i{----、.:.:.:.:.:.:.:∨
         ,' !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.::.:.: ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:',¨¨´   |i    }.:.:.:.: .: :.|
          /.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.::/!iヽ.:.:.:|i|.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i__彡-- ´{{¨ー‐ ´.:.:.:.:.:. .:.:|  誰との戦争ですか?
         ノ,{.:.:|.:.:.i.:.:.:.:.:/ リ |.:./!:|.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i__}.:.:.:.:.:.'ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
      ⌒ |.:.:ヽ.:.:',.;.:.::}   j!/z斧xx.:.::.:.,'.:.:.:.:.l i.:.:.:.:.:.:./卅}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |   人類が勝利した後の話ですよ?
         |.:.:.:.:\〉ヽ;ゝ  ´ ヾ_シi.:.::.:.:.i.:.:.:.:.:.i」.:.:.:.:::/  !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .: :|
         |. :.: :/レi|.:.:.ノ       ノノ}/!.:.:.:.:.:i.:.:.:..:.:/  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .|   もしや無用な戦火が広がる事を
        ヽ/  |.:∧     u´   /.:.:.:. /ミh,/ ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
            /.:.:.:.:ヽ _ _      /.:.:. ::/   i| /.:.:.:.:.:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|    危惧されているのですか?
              /.:.:.:/  ` 、    ,.:.:.:.:./    |ミh、.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
         /.:.:.:/    __ヽイ /.:.:.:./-イ¨¨´// }ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
        。<´.:。<´    {///≧/.:.:.:.////// ィi{´i:i:i:i:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.: :|






              {: .,,V   ,: :: :: :: ::{  V{ ::}
             {:\_、丶 `` ̄´"'~ ., ア ]
              {i, '゛  / /^\ノヘ   `' ∥
          。゜   {        ':,   ゜、
.          。゜  ∥ i゚,  「 〉r┐  i ∧ ':, `、
          /   .:i{ 厶-‐ ′┘ ‐ゥく :,ⅰ  ゙:,
          ‰ . : ::∧{  \`、    /  ` } j :.   ',
       / { .: : : ′`,x⇒x`ヽ  /⇒x ノヘ :: : . }:,
.       η人 : :ⅰ { r勿i  V/ir勿i }  }:: : . ノ ',    そうじゃないの。
       ∥  )h、 {:,  リりリ    リりリ   .:ノ_,. ゜ ヤ
     ∥   ::{{ てi | | |   '      ;ヽ 7:::   }    私が怖いのは、咎人達の虐殺もそうだけど、
.     i{{: :   ::心.,,,.、   ┌‐- 、    ノ,.ィリ::  ∥,
.     {人: :   乂:: :ニ‐ ..,,_ー―'_,,.、rf〔:: :ノ.:  .:jj :}    人間と亜人の戦争になることだよ。
.     ヤ / .,,_ {⌒:: ::㌍ミハ  ̄ {=ミ:: :: :: ::フ _,. ィ /
        ′   `ヽ、 {。% ヽ-/。с Y;;/ ̄   ′    ブーディカ王とアルテラ王の悲劇は知ってるでしょ?
             γ ノ °>}8{<。° V ヽ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   壁に掛けた、大陸全土の地図を見やる。

   大和も大陸の血塗られた歴史を思い出したのか、眉を顰めた。

.

6372猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:59:18 ID:xvsUeTTU


   魔人となって圧政を敷いたエルフを絶滅させた“三代目魔王”ブーディカ。

   ブーディカの意志を歪んだ形で受け継ぎ、人類文明を後退させた“四代目魔王”アルテラ。

   両名の暴走は魔剣の影響はあったろう、だが後一つ力を授けた存在があった。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



            ,ィ: : /   } : :}: : : : : : :ヽγ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
           / .' : { ,.ィ_´}: : }: : : : : :', : '.|   咎人を根絶やしにすれば、魔王のようになる? まさか。
            { {: : }:::::○ : /: : : : : : :!: :}乂__________________________..ノ
                ゝ〈  ノ イ: : :│: : : |: :| _    ./  /  '  ,l   ', l  ',.  '   ',
                ∧    l: : : :|,. -ー '' ¨  }   .' /l  .l l l.',   .l.V   l   \ l
             /: :ヘ ィ: : : /         ゝ、  .lT .! l ト、l__l`ヽ_l .l' V__ハ_.! .l l l !
            /: :/ィ‐¨/ : / ゝ _      { ./,.! : lV:::::::::::::::::::::::::::::::::::::、.l.l ! | l
        , '´ ̄__,/ /,/ /     | |` ー、  ,.r' ,゙ {.! i .| ::::::○:::::::::::::::::::::::::::::::ハ.l .レ|
     / /´ ,. -‐‐‐': : /、   { / .! !    ,´{  .( |.l l、.!ハ           .:ソ.l ! !l
    / / /_ / /  ゝ,/ .j j   { : ',  .j.l !.、| ゝー、     `      .' jノリ l!l
   / : /   {  / /、    /   〈〈    ', : '  .ハ.l/,`l> ,i  、.   ‐ ‐   /__、.<l ', .!ハ
  / : /     ヘ / /  ヽノ  ゝ、_ _,} }_ ,ノ : :! /  l{ ! / !.l>.,il> _ イ! ト,.Vlヽ } ハ. ',
  {: :/   /// / _ ,./` ー― |´ | |  {´: : : : .'  lハ!.`l .l / lト、ー一'"{ .! ', ! ヽ'リ ', ゙.



      γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
     .|   そもそも戦後に余裕はないと、ご自身で仰ったではありませんか。
     .乂______________________________..ノ



.       / /   :|     :/ { /⌒ト-、{      // | |    i なるよ、自分は間違ってないって正義に酔うとね。
      / /    {    /  リィ≠ミ、 ',    ,斗‐一 | |    |
       / |    ゝ  | 〃 んハ \}   ,ィ=ミ、  | /:     | 人はそれさえあれば、どんな酷い事も平気でしちゃう。
.     |  |      :i\ :| {{ {rtjヘ}   |  ,ん:ハ Y /イ}    .イ
.     | ∧    {\「` ` vこソ::::::::|/{rtjヘ} }} /^}'   / |  咎人を斃す? その線引きは何処なのかな?
      ∨ \  ト > j{  :::::::::::::::::::::::::::::::vこソ ' /ハノ   / ;
          \ { V^\. u    '       r‐イ-=彡  /   もし人類との間に混血児が生まれたら? 彼らを庇う人は?
       __   /⌒}}`ヽ)h。   r― 、     ノ/ノ     /}
      ∠) `'<   ∥/⌒ヽ)h。.こ´__ .。s≦ ´ </  .//.   ううん……人間じゃないからという理由で迫害するなら






                               .γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
    |::::::::: / }} |::::::::::::::::<、ゝ::::''"~    /ヽ,  ∨ /::|   次に亜人や獣人が対象外にならないと言える根拠は何?
    |:::::i::::| リ |;;;;}レ|::::::〈ハ〉::::} /     }.:.:.:∨ ,∨::::乂___________________________..ノ
    |:::::i::/ ,ィ気´  |:::::::|:::::::: ∨ /   \.:.:.:ヾ´ /::::::::::
    |::::i∧ ∨ '   |:::::::|::::::::::::∨。o≦¨´ {_i_i_i}∨ /:::::::   妄想が過ぎます、内輪揉めするほど人類は愚かではありません。
    |:::::ヽ'  ´   |:::::::|'|~´::::i´:::::::::::::: :/     ∨ /:::::
    |::7` `       |:: ,イ |:::::::::|::::::::::::::/      .∨ /:::   奴らは理解していませんが、私達は少しずつ進歩しています。
    ` \        ´  |:::::::::|`、:: /        ∨ /
       `ヽ´       i|:::::::::| `j{           ∨    同じ間違いは繰り返しませんよ。
        |::、   > ゚i|:::::::::|  |            \

.

6373猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 08:59:59 ID:xvsUeTTU


   彼女の芯にあるのは仲間と人類への信頼だと感じ取った。

   一人の人間として人類を信じる彼女をサーバルは好ましく思う。

   それだけに、これから相手へ告げる言葉に罪悪感を覚えた。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



                                          今までと同じ様な人達で、
   |    ハ      {  |ヽ (   ⌒ヽ          ヽ    ∨/
  ∧   :| |      ',  \_人                   }     今までと同じ様な方法で、
.   ∧  | \     \     ト、       ,  、    /
    ∧ :|  \    :{⌒ヽ.   { _〕≧s。.       .ィi〔/       今までと同じ様な敵達を斃そうとしている。
.      ∨    \‐=ミ\_ \ .jレ{,ノ___   `7 ‐-<\}/
           ゝ{ `⌒___∠//(_)O`ヽ、ム_/(_)ヽ         でも今までと同じ様な失敗だけはしない、なんて夢を
              /⌒ヽ  { Oo Oo } O}。O O}
                /     }} ノ   ⌒/} oノ^o 〈          どうして見られるの?






      \人人人人人人人人人人人人人人人人人人/
      <                              >
      <   っ、だから私達は進歩しています!   >
      <                              >
      /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\



                                              γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                                                 |   ……あのね。
                                                 乂_________..ノ



     γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
     .|   自分なら失敗しない。
     .乂___________..ノ



                                       γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                                    |   自分なら大丈夫。
                                    乂__________..ノ



       γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
        |   自分なら上手く出来る。
        乂____________..ノ






                     / /{ ,イ   ` 、` 、丿 j `` 、
                    , 〃 {/ }      \ ` 、 \   \
                   ,゙∥     ⅰ     `、 ':,  丶   `、
                    i {{‐-   ; ∧ ゚,    `、 ',      `、
               { 从    }‐- ゚:, }      : }        ':,
                ヤ/∧ .: / ,,_,,_ } ノ     ; ノ          ',
                V / ):, / ぅk`く ゚:,    ノ<,.        }i   それはね、自分なら魔剣を制御出来ると思い
                     Y し`′{リ}} j }  _、 ⌒厂        リ
                    八  '  `ー″ .ノ丶` ,.ィ(ノ    j i   /    .・ .・ .・ ・ ・ ・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ ・ ・ ・ ・ .・ ・ .・ .・ ・
                     \ ..,,_     ̄_,.ィiフ゛ /     ノ }  ,:゙     失敗してきた歴代魔王様と全く同じ考え方だよ。
                 ,.∥ 、,,.. -=ニノ^} }∠^フ  _,. ゛ }/
                      { {{{°℃} Y´。с }  ∠-‐ ⌒

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   今度こそ大和は目を見開き、死人のように顔を青くした。

   サーバルは世界平和という夢想を、今でも実現したいと思っている。

   だが、今までと方法を変えようとしない人類が、同じ失敗をしないとは思えなかった。

.

6374猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:01:09 ID:xvsUeTTU




  /ー ゛  (,、丶`` {_{.:: :: :: :、ヽ芹气∧::.    {i{彡イ リ  や:: ::.ー―一 敵を斃すことが一番最善、
  `ァ''"""´c   Ο !j:: 、ヽ`   ,ィ'つi{ ::∠〉      / /    ヤ :: :: :,,_,,.、ヽ
  ;゜。°。`:, С    }{;:゜ {   {i♂ノ}.:: /ヽ    /    }i :: :: :::}}   そう考える皆の気持ちは理解できる。
  ゚:, c   :,,_    }¨⌒'    ゜゚°;.:: └ ' 、 ,.  ,.ィ    j}.:: :: ::∥
    ゜, ,,,...,,,_{..,()´´"" 0 ゚:,     ノ__,,.、rセ==ア/ /  ∥:: :: /     でも、それがエルフの迫害などの悲劇を生んだ。
    〈 、 、 ``ヽ´"''~ .,_ :,  、   γ♂ ,心  /.: ,:' [」 /:: _ヽ`
      ヽ }、 :, } }       ``\ 丶   ー ゚゜ノ , ゙.::/   ‰ヽ`         成功だけを見て、失敗から目を背けたら、
     ノ jノ ′ ∧       ` .,_     /.: :: .:.  , く
     ¨〈.,,_//∨          ´"'ァ=≦:: :: ::_,.、ヽ`  `、          また同じことを繰り返すよ。



 γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
 .|   ……辛辣ですね、悲観的過ぎませんか?
 .乂___________________..ノ






   i  i  i                      マ    γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
',  i  i  .i                         ヽ    |   皆から夢想家って言われるけど、矛盾するね。
    i   i  i                       丶、 乂_____________________..ノ
  、 i  i i      マヽ ̄丶               /
   `.i  i .i       `丶`ヽ.\        _  ィ     っ、同じ間違いを繰り返したくなければ、咎人を許せと?
.    i  ', i          ` < 、_    (
    i  .',i            `' r.f==´            綺麗事の理想です……。
\   ',  ',i\             __  j i
::::::\/ ',  'i  丶      ,.'  「  i                どうして、一々口出しをなさるんですか。
:::::::::::/ ∨ . ',    >   __ /   .i   i






                 ,jレ''"´   ´"'''~ 从ノ{  i:}
                  , ゛    ,.       `゙マハ}:}、.    誰にでも幸せに生きる権利があるからだよ。
                 /     /,ィh、  ,ィ i    寸j `、
              ,:゜   / ,: ,ィ("^ー‐彳! ,i|       V  ゚。   それを邪魔しちゃう憎み合いや、命を奪い合いを
                /   / ,:∥      リ/″       ;  '
              ,゙ {  ∥ア¨{{`    ..,,_,:゙ ,′イ    :   i   止めたいって思うのに大きな理由が必要かな?
                乂:, i{{,′ {{ハ     ア`/x ;      ;   |
               {{ `}} x==ミ、乂i、,:゙/ /   ,′   ,′  |    憎む気持ちは分かる。
              !! ∥:':':  ,   ‐=ミk /    ,:゙j  : |
             ⅱ 从        :':':':':.冫ィ   / }  ; |    けど何処かで誰かが堪えて、許さなくちゃ。
             八 {心、   {````^:,   ´.ノ,. イ^〉, ,゜ ; '
               \ \{h、 ゜.,,___丿  _,.、、、、、ィ / /  / /    傷付け合う連鎖こそを、今咎められているんだから。
               ,. -ー=ミ==ニ¨/_,,.   / / ,∠} ′
                  {○ΟCс/´ )=-――<フイ´/ ̄` ,      γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                 /〉c °、丶}‐く⌒ヽ ΟС Y゛       ゚,     .|   ……。
              ,:゙ {  、` /} { `、  ゚ с ,ノ        }     乂_____..ノ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   言葉が伝わることを願い、彼女を見つめる。

   だが大和は視線を合わせようとしなかった。

.

6375猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:02:49 ID:xvsUeTTU


   壁時計が、王城の大鐘楼が、礼拝の時間を告げる。

   無言の部屋で、音がやけに大きく響いた。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



                                _ .....
                                  。:゚ _..=゚ミ:、
                           /゜/〃))`*。゙゚,
                          __rz斗zzzzzzz℡z┐_
                          寸ll元孖 -冖‐ 孖元ll㌢
                       ,ィ刈 「ツl| 。゚o゚。 |!刈 l|ト、
                          `㍉|! |i刈 ‰.o°|!メ!| i|㌢
                         ,、《圦y刈___|!メvイ!》,、
                          ㌦弌メ}{哥哥哥哥}{メ壬㌢
                       [工}{工三三三三工}{工]
                       n_  ___VムY⌒Yマム/___   _n
                        以≦三三三三三三三三三≧以
                    (( ーヘ ((ー=ミ、斗r≦=ミy彡)) v~ ))
                     ヾ==zzz込zzzzzzzzzzzzzzイ廴zz彡'
              ______ .......ム7⌒>三<⌒^⌒>三マf´)ム...... _______
                {:)三三三三(:T:)三三三三三三三(:T:)三三三三(:}
                ||=_      |!|!|___ _ .._____   -==|!|!|=-‐    ||
                ||__ ̄       |!|!| ̄ .      _ _ ____|!|!|二 ̄   _-||
                || ̄- =_     |!|!|‐  ―=-      .|!|!| ̄ -‐=   ||
                ||=‐ _     =|!|!|二 =‐  ‐-――|!|!| ̄  . -‐=||
                ||_       .|!|!|    ―‐‐-     |!|!|_ -‐=    ||
                ||=-    ̄_   |!|!| ̄.__  -=-    ‐=|!|!|   __‐=||
.             └‐-=z,,,, __  .|!|!|二___ Ξ    二|!|!|= _ _ ,,,二ニ=┘
                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                         _________
                …… … ────────────── … ……
      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・



:..:..:..|  |.:.:.::|:..:..:..:..:..:..:..:| :::| ::|..:..:..:..|:::::| ::|     ____    |: .
: . : :|  |.:.:.::|..:..:..:..:..:..:..:.| :::| ::|: . : ..:|:::::| ::|   |二二三三| .. .:|. .
: : . :|  |.:.:.::|: .:.: . : . :. .:| :::| ::|: . . ..:|:::::| ::|   |二二二三| . ..:|. .
: . : :|  |.:.:.::|: .... . . . .. .:| :::| ::|: . .. |:::::| ::|   | ̄ ̄二三|  ...:|.
. . . .|  |.:.:.::|. . .  . . .| :::| ::|. .  |:::::| ::|   | ̄ ̄ ̄二| ... :|
. . . .|  |.:.:.::| . . .  . | :::| ::|   |:::::| ::|   | ̄ ̄ ̄ ̄|  ...:|.
.  . |  |.:.:.::|. . ..    | :::| ::|:   :|:::::| ::|   | ̄ ̄ ̄ ̄| . ..:|:
 . . |  |.:.:.::|. .     | :::| ::|   .;ゞ≠'' ー―'' ̄ ̄ ̄ ̄ `ー‐'’ 、
   |  |.:.:.::|      | :::| ::| /     ..   "      .:. ..    \
   |  |.:.:.::|      | :::| :;レ'  ..  .: .                 \
   |  |.:.:.::|      | :::lレ′.  .               ,.          \
   |  |.:.:.::|      l/'                         "  ..  \
   |  |.:.:.::|     /     "    ,                        ,. 丶
   |  |.:.:.::l    / .: .

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   僅かな明かりが灯るティルナ・ノグの王城に、足音が響く。

   転送陣の部屋に続く通路を、大和は一人進んだ。

.

6376猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:03:09 ID:xvsUeTTU


   王城の薄闇の中で息を吐く。

   先刻まで居た執務室での己の言動、それを激しく悔いた。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



            i:/.:.:.:.:.:.:.::.: .:.:.:.::::∨.:.:.:.:.:.:..:.:.:∧.:.:.:.:.:.:.:.{三三三.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨ /
         i{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.: ∨.:.:.:.:.:.:.:.:..:∧____, -- i{__i{----、.:.:.:.:.:.:.:∨
         ,' !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.::.:.: ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:',¨¨´   |i    }.:.:.:.: .: :.|
          /.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.::/!iヽ.:.:.:|i|.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i__彡-- ´{{¨ー‐ ´.:.:.:.:.:. .:.:|
          ノ,{.:.:|.:.:.i.:.:.:.:.:/ リ |.:./!:|.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i__}.:.:.:.:.:.'ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| (なんて失礼なことを……)
      ⌒ |.:.:ヽ.:.:',.;.:.::}| | | | | | | | |x.:.::.:.,'.:.:.:.:.l i.:.:.:.:.:.:./卅}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
         |.:.:.:.:\〉ヽ;ゝ| | | | | | | i.:.::.:.:.i.:.:.:.:.:.i」.:.:.:.:::/  !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .: :| (私のせいで、領主様が責められてしまうかも)
         |. :.: :/レi|.:.:.ノ    | | | | ノ}/!.:.:.:.:.:i.:.:.:..:.:/  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
        ヽ/   |.:∧      u   /.:.:.:. /ミh,/ ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :| (大事な時期に、要らぬ波風を立ててしまうとは)
            /.:.:.:.:ヽ _ _      /.:.:. ::/   i| /.:.:.:.:.:.:..::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
           ./.:.:.:/  ` 、    ,.:.:.:.:./    |ミh、.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  (サーバル様は気にしていないと言われましたが)
         /.:.:.:/    __ヽイ /.:.:.:./-イ¨¨´// }ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|






           {十十十十十}.:.:.:./.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:';.::.∨ニ}
            h、ニニニニニマ、{.:.:.:.:..!.:.:.i.:.:.∨.:.:.:.:.:/!:|.:.:.:i:∨¨
            {___}--{__} i!.:..:.:.:i.: :ij レ',∨.:. :/ リ.:. :|:: ∨ /
            /::::::::::::::::::::≧s。i.:.:..:..:',.:.レ斧- ',/ 笊.:.::|.:.:.:∨ /.   (……これ以上考えるのは、止めましょう)
               /::::::::::::::::::::::::::∧.:.',.:.:.:.∧じリ     じ}.:/\.:.:.∨ /
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::}`、\.:.:.:| | | |    , u;/:}  ヽ.:.:∨  (過ぎたことを悔いても、仕方ないですしね)
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::/  `゙i:\}\〉       ハ!   リヽ}
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::/   {ヽ.:.:.::..}。 `¨ ´/.:..:|          (すでに商人たちとエルフ奴隷は引き取り)
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::/. , - ┘ii∨ :.|_≧-' 、 . ::.|
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::/  /   ヽ:l.:.:.:|////{ヾ/} :.:.|         (キングソードへ転送済み)
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::/. /     l .: :|ミh、/,ヽミ}.: :.|
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::/∠__    l.:.:.:.|  ¨¨¨¨}' : :|         (あとは私自身が帰還することで任務完了です)
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::/丿__    ≧o。_l.:.:.:/≧o。_ //.::,'
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::/ '   ヽ,     /.:.:/   ヾ_ソ,ヾ \
/:::::::::::::::::::::::::::::::::/ { ,     ', >'/.:/     `、}ヾ}ソ,>o。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   人影は無い、取り扱った案件の性質を考慮して、サーバルが人払いをしたのだろう。

   些細だが行き届いた配慮に、苦笑いが浮かぶ。

   稀代の夢想家であるにも拘らず、細部にも届く気配りが不釣合いに思えた。

   退室の際、かけられた言葉を思い出す。

.

6377猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:04:19 ID:xvsUeTTU




                    ,.、            ,..、
                   〃: :,           〃Y:.
                  ∥ V:,          〃 }: :l
                      l|   v:,      ,.:'’  }: :!
                      l|   v:,      ./    }: |
                      l|    ': :,jI斗 ‐,’jl l   }:.|
                     7|  }ヽ(, ': : 、_,{: l ',ノ ' ': |        ,、
                   ,从丶   v乂__寸{l: . ゝりK|: :!` 、     /.:}
                 八 ∧:.> '^~ _  _ ~^'<  j: 从 ∨,. ィ.: .:ノ 『私達は今までたくさん間違いをしてきた』
              _,.-=ミ, 'ァ'´    ,イヘYヘヽ   `'寸 V_,∠ノ.:>'
             -‐、 7//   ,' 〃   V     '. V⌒ 7´    『なのに咎人にも同じことをするのは駄目だよ』
            r' r、 ァ´.:, '     :l /| |     }  }  ' Vl _j_
            | ァ´.:.:.//   jI斗- ,    /,.ム、}   ',:「~^'ー <   『過去は変えられないけど』
             , 〃.:.:.:.:l/|    /   ヽ、 /ノ '  }7 '   「⌒     }
          >'’ {.:.:/ l从  ,'≫=ミ ∨{  ≫=ミ、}   L7    '   『これからどうありたいか、それは選んでいける』
       >'"´    V/   丶 乂,:,:,:   r`   ,:,:,: /  ,.イl :'     {
   ,.:'"´     ,. '´ { l  ,'  八` ー‐ ,、_ ,.   -へ -=彡 7 |从 .: : : \  『だから皆で仲良くできる世界を目指そうよ』
  ノ      /     | ,{  ,:  八  V-    vソ  /_ノ ノ ',ゝ、゚: : _: 〕h。
  {      ノ≧s。., _ ∨ 乂 、 , > .,`  ̄ ,. -、,.ィ{  ,'  ,| )l \:ゞ': : : : :〕h。.,
  丶  ー=≦`~^' : ー': |ー‐ ―=ミ,{ヽ| (/) ≧='O 0,’:jI斗-ミム_jL,. ---ヽ: : _゚: : :r,: :.∧
   〕≧s。.,      '       / フ:o: 0/: :|o: 。:{ア    /: :゚: :0: : : : : : 乂:ゞ': :r:,: : (ハ
         〕h。, ノ     / {: :゚: : 人_ノ:。: : j     |         ` <: : :r レ'
        /0: : : :>≧s。.,ア  `~/'^~  ゝ-イ!     ',     __ ,.    -=≦〔
      )、o:.>'" (: : o: /     〃        |l  ,.: :> ー'^~
       `¨      `ー7    ∥       寸、/
               ,    ノ’  ,. '   {   ヽ)
              ノゝ- '"({,. '"     ,   /
                ,’  /jI竺L.,  -=ニ   ,  |
             乂,.ィi〔ニニニニ〕≧x、 }  ,
              rー'^~\_,.、 ~^' <ヽ\ _ノ
             ノ:0: \0: :`ヽ: : 0: :o: `寸’
          ,ィ〔7: : 0: :_ ><: O: : r:,: : `ヽ   __ jI斗 - ―‐ -=ミ.,
         /: : : :o: :{: : : : :r:.、: : r‐:、:`¨¨¨~´,.--,: ー:': :⊂⊃: : : : >
        ,.:r う: : : : : :',: : : : :ー: : : :ー: : ⊂⊃: ー:': : : : : : : : : : : r: う__\
       /: : : :r::::::う: : (::::::`ヽ: : : (:::::::う: : : :r::ぅ: : :0: : :r:::::7: : : : : : : :>

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   それも三大魔王に対する勝利、人の輝きだと笑っていた。

   協力すればいつか平和で公平な世界が来る、そう本気で信じているのだろう。

.

6378猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:04:54 ID:xvsUeTTU


   目を閉じて夢に思いを馳せる――――確かに魅力的ではあった。

   彼女の言う通り千年にも渡るエルフ差別は、いい加減に終わらせるべき事柄だろう。

   大和にもハーフエルフや闇の眷属の友人が居る。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

                                           / ̄\
                                          /  /^ヽ >、
                                          / i /   { _ノ- 、_
                                             l  i l }\{_____、 r\
                /::>:{l:ll::::ヘ:::::::::>.、                   | ノ ノ/r r、 :____LL   >,
             /::::,'>=二三ニ' ,::::::::::::::ヽ                 |/ ./ ` t': :-: ----、_/
           /::::::lニ二-::::::、::::::¨ヽ::::::::::`::...                 /_ノl  〈: : : : |ニニニニ|: |
            |::::::::l/:::i::!゙゙`ヽ、::..‐--`=-__:::::::`::....、       .,/イ \|  /: : : : 、ニニニ/: l}-、_
           .,l:::::::::i!ヽヽ:',    ` x   ヽ-===--=======-            /: 、: : : : 、ニ/: : :l}r::::i
           /:',:::::',::l:Lヾ ヽ  _,ィ芹行 l:}>ニ=-::::::>。._         /:': : :ヽ::::-:::_:`/: ::::::/:: : |\- 、_
         /彡:',:::::ヽ|示ミ    vソ ' ノち/::::\` ー-==-:....   __,<: : : : : : : :` :--: : : ー': : : : :::::: `,) `s。,
          /' /::::ヽ::: \ゞ'          ,'::.':::\ヽ::::::>。._  `ミ=-、 : ::::::\: : : : : : : : : : : : : : : :/: : : :l} i    ` ,
          /::::::/ヽ:::',ミ- `_  、   /-::::::::::::\:::ヽミニ=-.,_ \ 、ヽ.、: :::::::ヽ: : : : :: : : : : : : /:: : : :/}/ 、   `l}
        ,..:彡::://::::::::ヽ:ヽ  ゝ _ ノ イ!ヽ   〉:::::::::\::\      ヾ l::}: : : : : : :\: : : : : : : /: : : : /: i >r、   |
     -=::::::::::::/ /:::::::::/:::ヽ:ヽ:::i ===x=|:::::〉=--:::ヽ::::::\::\       ノ':::ヽ: : : : : : : : `:-: :' : : : : :/ /_, -{ i ` --
 ニ二::::::::::> '   /:::::::::/; '  ̄`/.:.:ヽ////  l- 、::ヽ::::::\::\.: : :ヽ: : : : :::::::\: : : : : : : : : : /: : : :/ {l__/ |〉、_ .|
:::::::彡 '´     /::::::/::{    {.:.:.//.:.:.:.:.:.:.:.:゚。二ニ==‐--::ヽ≧=-:::...::::ヽ: : : : :::::::`:::-、:_:_:_ /::: : : : :/  l-' .l}  `|
        /::::::/:::::::::゚。  `l//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト。.ヽ ̄==---=ミト、≧==-__-:_:_::::::::::::::: : : :: : :/ ' __l}  `t、 |
        /::::::/:::::::::::/:`、_// ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:≧s!..:::l::::|::::}、ヽヽ      ̄ ̄ニ==-   T ' __/--|   .| `|
    /:。z≦::::::。z≦:::::::::l__//| |.:.:.:.:.:.:.:.ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>。!:/ }:::} ヽ       ,=</. ----ー'¨ I ` l l}`-___\|
.-=≦´:-= 。<::::::::。<::::::://.://=_=_=_=_=_=_=--.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:f.l::::l       / ,--゚    }  } {__l} - '¨{l ヽ   j'.,

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   武勇も人格も優れた人物にもかかわらず、奴隷や日陰者として扱われていた。

   彼らが正当な評価を受けられる世になれば良いと心から思う。

   三大魔王による戦乱を一つの期に、新時代とする彼女の考えにも一理あった。

.

6379猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:06:00 ID:xvsUeTTU


   大和は目を開き、薄闇に包まれた廊下の先を見据える。

   そして、足を踏み出した。

   奥歯を噛み締め、胸中でつぶやく。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

               >‐ミ、, _ ,、           >´::::::::::::::∨
          /ニ=--ゝ::´ヽ`~"''≧s。 _  ノ}´ :::::::::::::::::::::: ∨
       > ´::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::',ニ=-ヾム:::::::::::::::::::::::::::::∨
.      /:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::',:::::::*〃斗:::::::::::::::::::::::::::∨
     /::::::::/:::i::::::::::::::::/i:::::::::::::i:::::::::::::::::::',=- ヾゝ<´∧::::::::::::::::::∨
.    / ::i::l::i',-:i :::::::::: ///:::::::::::i:::::::::::::::::::::i::::::/c*ハ//∧::::::::::::::::::∨
.     |:::::i::レ' レ'::::::::::::///:|:::::ト;:::i:::::::::::::::::::::|/;;>゙  `≧s。 : : :::::::::: ∨
.     i:::::i::{ィ示 :::::::::/`~"'|:::::| |::i::::::::::::::::i::::|______。o≦二¨/ニ=- _ ___;;;;:∨
    /∧i::{ {:/ ',::::/  zzx、_,}`!; 〈`´〉:::::i::::|i:i:i:i:i:i:i:i:{[][]/〕ニ=- _/i:i:i:i:i}::∨
  ,ノ|:::::∨ ,`'  `´   ん心、 ,':::::´`::::::::i:: |i:i:i:i:i:i:i:i:i:j{ ̄:::::::::::::::{}≧s。}::::∨   (ですが、夢物語です)
   |::::::;'           乂ソ 》:::::::::::::::::::::i:::|i:i:i:i:i:i:>i´::::::::::::::::::/∨::::::::::::::∨
   |::::ハ         ゙  //:::::::::i:::::::::i:::|;i/¨´   }:::::::::::::::::: 卅}::::::::::::::::: ∨.  (エルフはともかく、咎人との共存はあり得ない)
   ー∧ ` 丶        /':::::::::::i:::___ア´´    }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
     ∧          /_ 。s<~/       }::::::::::::::::::::::::::::::::::::。o≦¨¨¨ (あの方は昔と今の状況を混同している)
      込 ___  。s<::::;:: / /           }::::::::::::::::::::::::::::::::: |i:i:i:\::::::::::
     ム 二二」_./:::::::::::/::/}        }:::::::::::::::::::::::::::::::::::|i:i:i:i:i:i:\::::
     {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:::::::::::/::/i:i:i}、        }:::::::::::::::::::::::::::::::::::|i:i:i:i:i:i:i:i:i:iミ
     {i:i:i:i:i:i:i:/_____彡´彡´…‐´ } /.      }:::::::::::::::::::::::::::::::::::| ̄ ̄ ̄ ̄






                |           |
                  :}              〉   ギリ…ッ
               ′            {
                 :|           |:      (二代目魔王が齎した魔剣の厄災)
                 :/            |:
            //             |:      (それによるエルフの罪はこの千年で十分に贖われた)
              //             |:
           :/                   |i      (三大魔王との戦線でもエルフが活躍している)
             i,'                    ||
             l|:                 |:     (そろそろ贖罪を終えてもいい頃合でしょう)
             :|:     ,::..             |:
             :|:   /::.:.:.            |i     (ですが、咎人は違う)
             i|:   / ̄`ヽ::.          ||
             :|:   |   .::ノ:::.         |:
             :|:   | :/ \    /:  /: //:
             :ヽ_人._____/:. /_/´
                       ̄ ̄ ̄ ̄

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   手に力を込める、強化された骨格が軋む。

   立ち止まりそうになるが、意識して歩を進めた。

   闇の奥から徐々に目的の部屋に続く扉が見えてくる。

.

6380猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:07:09 ID:xvsUeTTU


   大和には感慨は無かった、蟠る思いについて思考を続ける。

   視線を下げれば、磨き上げられた石畳があった。

   僅かな明かりが、自身の足元に濃い影を落としている。

   歩みを止め闇を見つめていると、咎人に命を奪われた仲間達を思い出し、うめく。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



:::::::::::::::::::::::::::: |      \::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::: : 八         ヽ::::::::::l::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::/       _ --::::|::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::/   斗f七    \ |::::::::::::::::::::  (皆、皆死んだ……咎人や邪龍の所為でッ!)
::::::::::::::::::_..斗≦           |::::::::::::::::::::
::::::::::__/   。s≦'¨¨¨¨¨ <㍉x、 |::::::::::::::::::::   (奴らはエルフのように、苦難の歴史を歩んだわけでもない)
::::::::::/   〃   γ⌒ ,     )/::::::::::::::::::::::
:::::: /   /    f ・ }      /|::::::::::::::::::   (何の罰も受けていない、なのに罪を許せる訳が無い)
:::::/:::::::::::      乂__ノ     / ::::::::::::::::::::::
:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  |:::::::::::::::::::   (滅びるとするなら自業自得、同情の余地はありません)
;/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    |:::::::::::::::::::::






 /⌒ヽ                _                   / /
 |ゞ-イ|             ,_<二>ェx               / /
 |   |             ,ィ{+++/´ フ´ ̄`ヽ、         / / , -
 |   !            /: :i=+={ * / i i i  i , ヽ       / /  ,< >
 | . ::i!         _/: :/冊 [」 .iイ_从リ ノ从ii}      / /  ,< >'
__1 . :iニヽー 、   /ニ/: :/ ; :/ヽ\ヽ:::::::::::::ャ7.ソ/    / /  ,< >'       (邪龍と咎人の根絶)
_/ヽ-イ ̄ii   ヾ-v/iイi/: :/: ; : ; :.ハ、ヽ、 _'.¨八ツ_   / /  ,< >'
´ _}}  ii   ゙V.}}iiu// ; : : : : : ; rゥヽヽ`-イヽ ー二/ /_ ,< >'   , ≪     (これは前線で戦う兵達の)
 ̄if⌒ヽ, ii   .V}}マ{ { i l: : : : : ;f二二>ヽ)(*)}  ̄ヽヽー<フ´ ゝ,イ、_ , ≪ ≫''
  | ー 7 .ii    Vi! |ヾil: ; : : : /⌒( 二ノヾーイ}`ヽ .,〉 ,r=-.、 て二≪ ≫''´      (死んでいった仲間達の願い)
__人__ノz ii  __}.i! |\!: :ヽ: : 〉r- ヽ Y´¨゙ミヽ/./i/ ,f三 }、_ノヽ__てi<
ヽ__ノ.ii ///⌒ヽ―、: ヽ:「/二ミ〈    乂乂 `ヽ´Y´イー二二二ニ〉       (私にはそれが出来るだけの力がある)
_,.--.,  .ii.|i :|i {   }  ヽ; : : iニ二ニ})、  ノ{i}   ノ./ .,,r=ァ- 、 ̄ ̄ヾゝ
({{●}})--ii.|i :|i ゝ==イ>ェェz、: :.`''∨ \:T´ /ii` T´i/ /i{ (  .}    Yi|      (奴らを粛々と滅ぼし、禍根を断つ)
,.ゞ=イ)_,,ii.|i :|i  `¨T_ip/  .ト、_: : :> 、 .` < ii ,イ .´ ., |i `ーイ__  | |
===<ii |i :|i  .__|_  /  ./_ーく >...、 ー- .,ァrー-ァ!i   .|二二二フ′
____,ii |i :|i__  V∧  ̄ゝ-イ/ 〉 fモ} /  .> 、.// 、ミi|i    !__ > ''"
ーーー.ヲ,rx |iマム V∧ー-ュ ゙V ./.Yヾ     Tiiヽj⌒)ii___|    /7 ./7
]__/ .|\\マム-V ´ ̄ .`i/_/ヌ//>ェ-..._,ィ个-∨ / 〉} ̄ヽ二二ニ//_//
ニ二<   | /.YY i i_ノ    fニニフイ´::::::/:::::::i:::::::i::::::::V .//  //二」 ヾ,」.ヾ」ヾ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   握り締めた手を緩め、眺める。

   あるのは女の細い手だ、だが中身は異なることを知っていた。

   錬金兵装、錬金術の軍事転用により単身で小都市すら制圧できる自身の武装。

   現在最終調整の段階だが、それももうすぐ終わる。

.

6381猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:08:04 ID:xvsUeTTU


   大和は廊下の残りを足早に進み、扉の直前で足を止めた。

   そして扉の取っ手を握ろうとして、表面に映り込んだ自身の姿に気付く。

   長い黒髪を幽鬼のように垂らす、荒み釣りあがった目をした女の顔。

   そこには錬金兵装を自在に操る重攻撃魔砲士の肩書きは映っていない。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

     ',     lllllllllli      !、 __,r‐‐-、   `、
      ',      illllllllli    /~    ̄`''、    i
       i,.     illllllllli   ./         ` 、,,_ r-、  r- ー、
.      i,    illllllllli /               /ヽ `ヽ-.、  ヽ _
.         i,    illlllllr'‐'''""~~"''‐,,.     /::::::::ヽ  ヽヽ   ヽ`ヽ、
        i,    illll!'     (| i  ` 、  ./;;;;;;;;;;;;;;;',  `''   `゙  ` ー、
          i,    illl      ""   、 ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}               ',
.         i,    illi、          i,.';;;;,- 、  |               ',
         i,    illllllli、          /',;;;;;;',  ',_  l                ',
.         i,    illllllll| ~"'=‐--‐''´  ヽ、;{   ` -'        ,.-‐――┴- 、
         i,    illllllll|             ``ヽ.         /         \
            i,    illllllll|            ヽ       /            ヽ
                              \   /               \






         ヽミ:/:/:::::::::::/:::::;'::::::::::::::::i:::::::::::::::::::';:::::::::::ヽ::::::斗三ミ竺x、
        _..ノ'/'::::::::::::/::::::/:::::::::::::::::',、:::::::::::::::::';::::::::::::';::::::}:}三三三>'
          ∥:::::::::::/:::::::,' |::::::::::::::::::iヽ::::::::::::::::::';:::::::::::i::::ノ::}三三ミ/
          ∥!::::::::::,'{:::::::il i::::::::::::::::::| ヽ、::::/7::';:_:::::::|:::::ノ;}三ミ/'、
           ∥,i|::::i:::::i,ィ‐'"|l''''i::::::::::::::l:::|´ ̄`ヾ/:::://::::::::|:ノ::ノ斗゙:::::::::\
        //ミl|::::l:::::|lll';::l;l   ';:::::::::::|';:|  __  ヾ/;|::::::::|::ノ:∧:::::::::::\::\          .ィノ
         _|;|::|::';:::lll≧:{xミミ,ヽ;:::::::|ヾ ´,,ィ≡=rx、.|::::::::|:::::/三';::::::::::::::ヽ:::::`::::ー──::':,´イ
        \| ';:|;:::';彳( {:::ilj゙心 ヾ:N  彳!:::ilj::゙l `アミ::::;'-フ三';:::::::::::::::ヽ:::::ヾ、 ̄ ̄
             l !{';:::ヽ',とつ::ソ :::::::::::::::::::::::㌧::とつ´l:::::::;'//三ミ斗゛::::::ヽ:::::::';::::::::::ヾヽ、
          !   ';:::::ヾ ゙Y¨':::::::::::::::::::::::::::::::::::  /,':::::/ノ:ヽ:::::::::::::、:::::::';:::::::i::::::ヽ;:::', ヽ
               ';::::::l', {:    :;.      i:ノ/::::::;'::::::}:、ヽ、::::::ヽ;::::::}::::::|::::::::::};:::',  ',
              ';::::l.ヽ!:    , -- 、    ,il:/':::::/:::::::ノ::ヽ:::}ヽ`¨ヾ≦}::::::}_、::::::}';:::}  ',
             fYヽ::',´`ヽ、 ー'⌒ー'   ,,ィ゙く/:::/::::::ノ_;ィ'゙;::i }   `/:::メ;::`丶ノ }:::! .ノ
            /{¨| |>lヽ.   ゙〉丶 __ ィl´lll/ //,> 、   }:ノノ   /:::/:::::ヽ::ヽ:ヾノ
          f ヽ|¨| |>|   { ヽ    !ll/ " ,ヘ/´r>ァ    ノ:/ }:::}::::ノヾ!';::ヽ,

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   ふと先程に国へ送還したエルフ奴隷達の姿を思い出した。

   耳が人間種族より長く、透き通るような白い肌を持ち、不老に近い若さを持つ彼ら。

   人類は未だに魔人だと忌み嫌い、化け物と蔑んでいる。

   だが迎えにいった彼らは、彼女こそを化物を見るような目で見た。

.

6382 :梱包済みのやる夫:2017/09/23(土) 09:08:53 ID:lcP3t34H

うーむある意味いつも通り

6383猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:09:09 ID:xvsUeTTU


   怯えた彼らの視線が、大和の胸を締め付ける。

   エルフの奴隷達にすれば、自分も奴隷商と大差ないと理解してはいたが。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



              ̄人  '     u. ノイ |: : : : : : : : : : :‘,
             |: :\ ´ `  / }: :!  ,: : : : : : : : : : :.\         (エルフと人間に差なんてほぼない)
            /{´j: : :/` ー‐  ´ /' /\ 、 : : : : : : : : : : : : \
        / /: /',  ヽ‐‐ィ´ /:/. . . `‐\: : : : : : : : : : : : : \        (それでも、こうなんです)
          |/: /ム. .\.〔菊〕 _/:/ . . . . / \: : : : : : : : : : : : : \
.        /: / マム. . { ` ー ´/:/. . . ./    .}\: : : : : : : : : : : : : :ヽ   (私の心情を抜きにしても)
        /: /-‐/ \ヽ‘,   /:/: : /ヽ     .'   `  、: : : : : : : : : : : V
.       /: / l ./   //` ‐ゝィ':/‐ '  ', \  /      `  、: : : : : : : : V (咎人が受け入れられるはず無い)
      /: / . | /   // ,ィ=ミ,/:/      , 、 `/            `  、 : : : : V
.     /: /  / .'  { {  ゞノ,':/       v \             |\ : : : V






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 , ヘ  ̄ `  、
             // l∧      \
              / /  lzヘ ` 、     >、       (死人のように青白い肌)
               / / '  l//ヘ\ ヽ 、_z` ト、ヽ
             ' ' l  ヽ\/ `ヽl` ヽ`  ヘ       (瞳の奥に暗く灯る熾火)
           l l  Y、ト      _  ヘ    ヘ
           | | l l   _   ´  , ィヘ    ヘ      (邪龍の如き感覚器)
            ∨l l l  ´    K _/メ∧    ヘ
            ∨| l |t‐ _'フ 〉    ´  / ヘ  l ヘ    (人の感覚を逆撫でするような、露骨なまでの人外の造詣)
            ∨,l l、"´     、   ,    l l   ヘ
                ∨ l ヽ __   ィ'    l ハ   ヘ  (さらに邪龍を操る能力と、桁外れの腕力がある)
             , < ̄ヽ. l/ヽヽ Y i i ≧z   // ヽ
         /     ヽ. l  l l l< ー'' / //       ヘ
         '        ヽ∨ l l l Y 'ァ/ ,/
        ,        ヽ\.| l l l /l l/  ̄`ヽ        ヘ
         l       .   \\-ミ| ト、     ',
        /  _    ;   ヽ \l l lハ   .,   l      ヘ
        /イ-‐/‐ ミ、 j iヽ /=≠ヽヽ\ ≧xん /
      /三三/三三∨zzム/ヽ   ヘヽ \Y>‐ 'ー 、        ヘ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






:::::::::::::'.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::i、/:::{\:::::::::::::::::::::::::::::::
:::::/'、:::::、 \::::::::::::::::::::::::::
,::: | ‘.:::::iヾ、 \::::::::::::::::::::
';: i|  ‘,:::| `\  ` .,::::::::::::
.}::リ  x抖≡二¨¨ミx、` .,::
j:/  斧’ /  ヽ  `㍉、 `      (異形の者や、圧倒的な力を持つ存在に)
/  }N   {    }   リ
   .|!   {  ・ .|   /  /      (親愛の情なん、て抱け、ない……)
       丶__ ノ ./  /::
: .      ̄ ̄     ./::::
          u   ./:::::::
  u          ./::::::::::
          i     ,':::::::::::::
          し    ':::::::::::::::

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   そこまで考えたところで、大和は呆然とした。

   己の手を眺める、人間の女の細い手、誰が見てもそうだ。

   だが、その内側はどうだろうか?

.

6384猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:09:53 ID:xvsUeTTU


   装備が完成すれば、遠距離からでも中位の神殿を砲撃で単独破壊が可能となる。

   大和が受け持つ力は、戦場を支配する英雄とはまた別種の暴力。

   未知の兵器を操る自分を誰も恐れず受け入れてくれるなど、それこそ妄想だ。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

,x幺主圭歪≫''¨”´ ,xif斧lll圭圭才''"´      刈圭狄ア㌢             '守|会ュ    '守圭圭圭圭
丞圭亥7才´  ,.x幺lllll圭才"´        ,炸I圭jⅣ´             `Ⅵ|丞    `Ⅵ圭圭圭|
圭歪j㌢´  ,x幺llll圭才´            焔圭:Ⅳ                Ⅵ|伐     Ⅵ圭圭||
圭jア   ,ィ劣圭才´                 .以圭Ⅳ                      Ⅵ|伐      Ⅵ圭圭
j炒′  ,ィ劣l才´                   込i:圭{                      Ⅵi伐      Ⅵ圭ll
Ⅳ   /{}{ア´                       Ⅵ7:刈                       Ⅵiiヘ      Ⅵ圭
/   /㌢´                      ゙'廷i代                        ||圭]      ||圭
   _ , --/ ̄ ̄ ̄\  _  _  ___
 ∠_ ヽ  /  , =、 , =、 V´  У V._    ヽ.   , - ─ - 、/ ̄> ─ 、     _.__, ─‐ 、
´   ヽ .Ⅵ   、     , |  〈  |´¨`, =、 | /    __ .ヽ , -- 、  } __  /  / / _  ,=、ヽ
    | | |   ヾ ‐- '´/ | ./ ̄ヽ| |`‐ィ  / ∧    '"¨  .〉 '` '`| / _. ヾ  .}  | "¨゙ ,  }
    / ' ヽ    ゝ-‐' ,'/  ___ヽニ´.ノ { l ヽ   ヾ - ‐{ 、.`='/ /   \∨/  ' , `ニィ´ /
  /  _ /   、 _/  /   ヽ /   >´ \    ̄フ   ̄./! ,=、 ,=、 |||    〉‐- く
 ´  /      \..  .,イ   __.  V   /    〈   ̄「   /  | ト、__,, /.、V  /    ヽ
    /     '     ',  ゝ! 、"¨`,.=、|  ,'        }   }   |.   ` `ニ´/.  ヽ'´
   {            |/ ヽ ゙、`‐イ / |     {  /   |          ',
  |          |  \  ̄メ  |       {    |          |






                  /¨¨¨ヽ
                    /.:.:.:.:.:.:.:}
               {三ミh/.:.:.:.:.:.:.:.,'、
              {__I-/.:.:.:.:.:.:.:.:.iミh三三}
               /.:.:.:.:.:.:.:..:.:i寸ゞーィi}    (奴らと私は……何が違う?)
                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:; },'.  ii
                  ノ/.:.:.:.:.:.:.:.. ::,'、l:i   ゙      (常人と比べれば、桁外れの力を持っていますし、得る事になる)
             /;:/.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:i//`゙}、
            ///.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i,/// { i        (本質的に、そこは変えられないし、変わらない)
         /.:./ ,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:iー --i¨}
           {.:.:{ i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i    i :}        (只人の皆は、私も化け物と呼ぶの……?)
           ヽ:ヽ.';.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:i .:::. 〈,/
          ミh、〉.:.:.:.:. :.:.:.: :|    ∧   ___
                \.:.:.:.:.:.:.:.:.|--… --',  ⌒i:i
               {ヽ;;:.:.:.:.:.:\//},/,}∧   ノ'
             ノ--/ミh、.:.:.:.:≧=--- '…´ `¨¨ミh、
               ´^^^´ {  >o。_____。o≦¨¨¨))`゙¨).:)

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   偏見や差別は理屈ではない、恐れと怒りの感情から生じるものだ。

   であれば、咎人を滅ぼした後も加熱する迫害は止まることない。

   魔剣は砕けた、罪を押し付けられ魔王はもう出現しない――――では、持て余した力の行く先は?

   第二、第三のエルフとして獣人、亜人と迫害の波紋は広がり、そして自分のような英雄も……。

.

6385猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:10:33 ID:xvsUeTTU


   馬鹿げた妄想だと否定したかったが、疑念が湧いた以上虚しいだけだった。

   戦後、自分の居場所は無いのだと悟り、視界が滲む。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



..//|: /|::::、:::::小{ と二つ::::::::::::::::::::::::::::::::::: と二つ,:::::::::::::/:::: |リ::::: (わた、私は、へ兵士として)
    /. |::::::`::::::Λ  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  /:::::::::::/:::::::j{ハ:::
      V::::::: : /::}i,                /::::::::::,:'::::::::::j{  |:: (私は三大魔王と咎人は残らず斃さないといけない)
      V:::::::/ .|::Λ u.     `       ,.::::::jI彡:::::::::: : j{  .!::
       ` -  ..|:::::::::.、     r  ァ  u ≦  /::::::::::: : j{   |:: (死んでいった仲間達も、それを私に託して逝ったから)
             |::::::::::::}is。          / /:::::::::::::::::,   |::
             |:::::::::::::::::| >s,             /:::::::::::::::: ,:=-、.:|:: (でも、私も普通に暮らして、幸せになりたい……)






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       >'"´    V/   丶 乂,:,:,:   r`   ,:,:,: /  ,.イl :'     {
   ,.:'"´     ,. '´ { l  ,'  八` ー‐ ,、_ ,.   -へ -=彡 7 |从 .: : : \        『誰にでも幸せになる権利がある』
  ノ      /     | ,{  ,:  八  V-    vソ  /_ノ ノ ',ゝ、゚: : _: 〕h。
 {      ノ≧s。., _ ∨ 乂 、 , > .,`  ̄ ,. -、,.ィ{  ,'  ,| )l \:ゞ': : : : :〕h。   『何処かで誰かが――――』
 丶  ー=≦`~^' : ー': |ー‐ ―=ミ,{ヽ| (/) ≧='O 0,’:jI斗-ミム_jL,. ---ヽ: : _゚: : :r,: :.∧
   〕≧s。.,      '       / フ:o: 0/: :|o: 。:{ア    /: :゚: :0: : : : : : 乂:ゞ': :r:,: : (ハ
         〕h。, ノ     / {: :゚: : 人_ノ:。: : j     |         ` <: : :r レ'
        /0: : : :>≧s。.,ア  `~/'^~  ゝ-イ! \人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人/
                                  <                                         >
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<    でも、それを選ぶのは、浅ましいことです……っ!     >━
                                 <                                          >
                                /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\






::ム"::::::::/::::::::::::::|::|'    |:|:|::::::::|::::::::::::::::|::|  .|!            .{  仲間達は全ての敵を斃して、
/::::::::/::::::::::::::/|::i    |i|:|::::::::|::::::::::::::::|:|  .|!             .>
:::::/::::::::::::::::/ |:l    .|:|i::|::::::|::::::::::::::::|i   |!           ./  平和な世になることを望んで死んでいったっ!
/::::::::::::::::/  |:l     || |::|:::::|::::::::::::::::|   i !    _      /
::::::::::::::::/`ヽ、.|:l     || .|:|:::::|::::::::::::::|   {_j    `゙゙‐‐., --ィ      なのに、自分だけ幸せになろうだなんて。
:::::::::::/三三 //ヽ、    || ',:',::::|:::::::::::::|        ./::::::::::|
:::::/三三三//三三`゙ 、 || .ハ:',::::::::::::::::|ヽ、     ィ":::::::::::::::|        間違ってる……そんなの、私には選べない……。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   兵士の使命と仲間の遺志を関係ないと振り払えるほど、大和は冷酷ではなかった。

   だが道理に殉ずれば待つのは破滅だ。

   待ち受ける矛盾をどうすべきか分からないと呟くが、本当は何が最善かは理解していた。

   ただ選ぶことが恐ろしく、逃げるように窓の外に視線を向ける。

.

6386猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:11:49 ID:xvsUeTTU


   黎明を待つ空には、星はなく薄紫色の闇が天を覆っていた。

   ただ純粋な暗闇だけが、無言で存在した。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

''''''-ー'⌒ -ーー''~.: .:::.. ... :. .:::::: ::.... .::::..... ...:::.. ... ....::::. ... :. .:::::: ::.... .::::..... ...:::.. .
::: ::.... .:: ..... ...:::.. ... ....:::::... ...: :.... .::::..... ...:::.. ... ....:::::... ...|.: .:::.. ... :. .:::::: ::.... .::::..... ...::
..: .:::.. ... :. .::.... .::::..... ...:::.. .... ...  ..: .:::.. ... :. .:::::: ::....:.|| .::::..... ...:::.. _ - '''''' -- __
:.....:::.. :..... ....: ::. . .. . .    .... ...:::.. .......  .....:::...   ... :|.|. ... :. .::::::(,,,_ -ー''''~ ̄
.... .....:::... ...:     . .  ..   ........  .....::: ___  __| | ...:: :.... .... ....  .....:::.
:::...  ...:: :....      .       ....  ....:::|.」.| .| 」| |...: ::. . .. . .    .... ...:::
                         ._| .|-l .| .|: l⌒l‐┐
..::                       .|_ |     | | |  |_ .|.... ....  ..
             ,,,,,,,,        l | .|    | ̄| | :|  | l |
: :.. ....          ;;''   '';;      l | .|    |  | .| |  | l | ,,| ̄ ̄ ̄
F√i-ュ| ̄|明-ュ| ̄L―┐-ュFl-ィニニユ 「 ̄|二日lニ|ロ-丑-┐「ニ´t|
┴「lllニl日|‐| ロ||-ュ! /ィ| ̄L―┐liュFl-ィニニユL―┐-ュFl-
l⌒l,,「 ̄|二日lニ|ロ ┐‐| ̄|―‐i=‐i二≡¬=ョl-t ̄'l「三
|  | ,.゙''l´.l三三l.;ii']二‐ll|l「.ii]二‐ァ士―ヨ ̄l-「ニ ̄l-「二
|  |   | |"l^l'「_ニltヒ'゙H冒+ュ| ̄l―‐i=‐i二≡l√ ̄|lュニ
|  |  |_,,|_,|,,|_|_|

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   だが王都を包む世界樹の防壁の向こう、地平線の端が僅かに白み始める。

   夜明けは着実に近付いてきていた。

.

6387猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:15:19 ID:xvsUeTTU

本編は以上となります、お目汚し失礼しました。

楽しんでいただけたなら幸いです。

個人の平穏と仲間との絆と世界の安寧、どれが大事?



推敲の結果や逆に説明や描写の不足で、分かり難い部分があったと思います。

大変申し訳ありません。

読んでいてもにょったりされたことでしょう。

理解できます。







大和さんのお尻をもにょもにょしたい気持ち、分かる。

以下、おまけです。

俺TUEEEE入ってますので、注意して下さい。

6388猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:16:19 ID:xvsUeTTU


   【おまけ その1:エルフと咎人の権利について、七星会議での各人の反応】



   【超越者達】



. /:::{  l !:::::::      ::::/ \<.-=ニニニニニニニニハ
./::::::ヽ ` }、:::::       {. `ヾァ==ミ、 -=ニニニニニニ/,
':::::::::::::Y .|::ヽ:::         !  {l   んYx∧! -=ニニニニ/,
\::::::::::ゝ .!::::::\       ヽ ゙ヽ {イv ´ } /  >-=ニ/,
ヽ::ミ::::>'´ |::::::::::::\    \ \ ::::::::::::::::::::::<´ / イ
ヽミ>'´  |:::::::::   \    ⌒ヽ::::::::::::::::::::::::::{/´ / l     おのれ、ウィリアァァァム――――ッ!
.Y     .|:::::::    ,.\(⌒\         !:::/::/ |
. !     .|::::::    ./      ゙   r--    V/イ/     (って叫ぶと部下にウケるんだよな、何故か)
/ ̄ ̄ ̄ .|::::    'ヽ       /:.:.:.:.:∨/ イ /ノ/
        |:::    '  \     {.:.:.:.:.:.:.:/ / ⌒)/V         あと、魔王の系譜は死ね。
        |::    ヽ         ヽ__/ :::::::::{.|
  .-=!  .|::    |    .|ニニニニニ|⌒lニ=-!j



       rVニニ二二二二二二二二/ ,' ;  ヽ.  丶 、ヽ.ヽ二二二二
.        ハVニニニ二二二二二二,  .l .i ハ、 ', ヽ. V ', i. ∨二二二
.         } !,.!ニニ二二二二二二二 i { l',!_ト、  ,-‐,.''ニ、!.l ', ∨二二二 (今、アルタイルと袂を分かつわけにはいかない)
       ; lゝ!ニ二二二二二二二i .l i,iィ'l, -r`\ 、ゞ‐' j/l ハ l二二二
        l .!(.!ニニ二二二二二二! l ト 、ゞ‐'   :,丶| | | | イl l; } l二二二  (三大魔王を打倒後、時間をかけて融和を図ろう)
         { .lゝlニニニ二二二二二二, ! ` ヽ     ,  / |:lリ ハ.!:::::‐-、
        `´{,!二二二二二二二二,、l'"∨` . `   イ、.j/'::::::ソ:::/ !l二 ……今はエルフや咎人を斟酌する余裕は無い。
.           r'!ニニニ二二二二/,、ヽ`:::::}ハ />-.イ,.._,. '--、:::://  l.!二
.         ',l二二二二二二二、{. ヽ\:::r―‐- r―Y _  .!://  l.!'/  もうしばらく堪えてくれ、友よ(サビ残決定
          (l二二二二二二-―',',  \ヽ  ‐= j  K´   !'イマヽ.!l//
         (lニニ二二二/////ハ , ///ヾ、 ./.lーーヽ\ /、 )/ゝ//



:.:.:.::.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:..:.,:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:\__ノ///{
.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:./:.:.:.:.:,:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|、:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.∨//////,′
.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:./:.::.:.:./: : : / ∨:.:.:.:.:.:.:.:.| \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:.:.:.:∨////
.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:/.:.:.:.:./.:.:.:.:/   _ノ:.:.:.:.:.:.:.:.!  \:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.i¨´
.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|./.:.:.:.:.:/--/一 |: : : : : :':/  ー-\:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:./     }: : : :.//       \:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.::!
.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:./=====ミ: :.//     r. ===ミ,:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:|
.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| ,ィ´        } } /     {{     }}|:.:.:.:.:.:.:.:.:|
.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{ _{{_         //       乂__,.ノノ|:.:.:.:.:.:.:.:.:!
.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´  `ヽ=== ´´          ` ̄ とつ::.:.:.:.:i:.:.:.|
.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.乂_,..-'                      ',.:.:.:.:.|:.:.:.!   (これ以上赤薔薇に負担をかけたら)イカンやろ。
.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{   / / / /                   / / / ∨:.:.|.:.:.:
.:.:.:.:.:{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|                              }:.:.:|:.:.:.|
.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|           , - 、__,.-―-‐ '⌒ヽ       人:.:|:.:.:.|
.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|             {    , -  ̄ ` ー '     イ::.:.:.:.:|:.:.:.

.

6389猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:16:59 ID:xvsUeTTU




   【常人達】



       / ィー――-- !' ) ヒヽ
      / // ̄ ̄ ̄ヽヽ 7―'ァ
    / i  !/     i    ヽーヽ
   |  |  !     //  i  i ヽ/       エ ル フ
   |  !  |ー _ニー-'―-!_!  !      ブタさんに人権? サーバル、あれは家畜ですよ?
   | .!  |イ {.::}丶    ,___ ヽ. !
   | !  |` ` '     '{.:::} 〉 /ヾ        安い労働力を手放すのはちょっと……。
   ! /   !       、 `  / ∧
   | !   ! し  _    /  ヽ      あと咎人は邪龍の一種ですよね? 斃すべきでは?
   !/    ! /ニ7 '  ̄ーヽ,--、 ヽ
   ヽ '` 'ヽィ:::::::ニニン    ヲニニ::ヽ ヽ
  ッ'`   !:::::::::::,ィ‐‐ '丶    >_::::キ !
  ヾ   /:::::::::::_∠ ̄ ′   ` 、:::::::1 !   【← 大陸的常識人】
  冫   7:::::::::ヽ         /:::::::::::! !



  : : : : : : /./\ : : : : : : : : :-‐: :¨¨¨¨¨フ⌒: : }
 { : : : : : :i/ : :/ : : : : : : : : : : : : : : : /\ : : :}、
 { : : : : : :{ / : : : : : : : : : / : : i : :/ : : : :} : : }: .
 { : : : : : :{′ : : : : : : : : :/ : : : :! : : : : : : :∧ : :}: :}
ノ : : : : : :ノ : : : : : : : : : :/ : : : :∧ : : : : : / ∨∧:}    いつかは必要だけど、百年単位で進める事業だよエルフ関連は。
: :/: : : / : : : : :{: : : : i/ : :/}: / ',: : : /-‐‐ }: ::リ
イ: : : : :/ : : : : :八 : : : { : /‐}/¨ ̄} : : _′_ -}:イ     あと咎人には戦後不安の捌け口になってもらう。
.| : : :イ-‐七I〔: : :`、: : :∨   ___,}: : / 弋:シ 八{
.| : : :人: : : : : (\: :\: :`、<7フ¨7/  V  } ハ     暴走の手綱と悪名は僕が受け持つよ、それが最善さ(ゲンナリ
ノ: イ: : :\ : : 个: \:{ \__>| | |'゙    〉 // ノ
: : :ノ : : : : ) : ノ/∧ `、\          /¨゛  ‐-.
/{_ ‐=ニ'//////,\ \丶、    -‐ ´  V,
‐¨   }  ∨//////\ \ }Oo。,,.../',   V, ,
     }   V/////// \ \/ /////∧  ∨



   【おまけ達】



     __,l'''''‐-.,_ ___
 _,,r‐'''´:.:.:';.:.:.:.:.:.:`'´:.:. ̄''ヽ、
 `i,;,;.:':.:.:.:.:,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:く
 ,/',;,;,;,;',;/.:.;.':.l:ヾ,r''7:.:.;.:.:.:.:,;,;`、
ム7:,/:.:.:,iヾ,;,<´`''''7:,;.:.i;,:.:.:,;,;,;,;,`    はぁ? お前ら、何調子乗っちゃってるわけ?
 く;レ!;r',r-ゝV_  _!.:i;.:.iヾ,;.:,;,;r'´
.r'´、ト! ' ,f。 ,!   レ'--'、i'i,;,i,;,ヽ     エルフとか咎人とか、くだらないね。
.i  ! ヽ`ー'    f。 ,! ,! レ';,r''''’
. `ーl        `ー'  ,!''<        お前らは同様に馬鹿なんだから、大人しくしてろよ。
   `、  `ー‐‐‐‐ 、   /  ,ノ
     `i、  ̄''‐---' _,,./--'’      そして、この僕にひれ伏してろ。
     `Y`ー--‐‐i7’
    i´ ̄ ̄ll ̄''‐┐
    ''''''''''''''''‐‐-- !



    ,l       ,r:'"    ゙ -:;,,_      __ ゙l
   .l  _,,, ,:   ,;r''"~~`''-:;,_  `'' i ,,:r'''"   {
   { ,,r",,_゙V;   '''""""゙'''-::,,.`''ーッ ,: , ,:-ー'''':、,}
   |,l' '~ ゙l  ,, ゙'''-;_゙'' ̄ ̄ン`''''''"イ",,ィヒ三'"゙ヽツ'
   |.|:' 'f"! ,ll   `  ̄-ー´''",:"゙l! ゙l「{  `ェ i"
   ゙l゙l、 ヾ、 .ll   | | | |    .:::::::!. :ll:  ̄~ }
    ゙l ゙>,_ , ゙li、      _,,,:ィ::::::i' ' l!     }   (このボロボロの立地と治安で内輪揉めとか)馬鹿なの?
    ゙ァ'"`'"|  :l   ,;ィ''   ''ー==ミ-:';_   ;イ
    ;l   i :| ::|   ;' ヒー--::,,,__;;;;_   ',/     (明日の食糧供給さえ不安なのに差別とか)死ぬの?
  ,:r-;|  ゙i ゙l :::    ~`'ー-====ェア,f",, ;l
 ,rl| ヽ、  |  ゙ヽ:      `ミョョョョョ=-   ,ノ
 r'^   `''-ミ,,,_ ゙ヽ.           ,;ri{_
 ゙i  、,,,,_    `''ー-ミ=::,,,_      ,,;r'" ト,,`ヽ.
  ゙l;    `''-::,,_      ~゙''''''''''''ニ"-ー'"  ,r'_

.

6390猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:18:39 ID:xvsUeTTU




   【おまけ その2:サーバルちゃんってまさかエル――――】



                      〃: :,           〃Y:.
                     ∥ V:,          〃 }: :l
                         l|   v:,      ,.:'’  }: :!
                         l|   v:,      ./    }: |
                         l|    ': :,jI斗 ‐,’jl l   }:.|
                        7|  }ヽ(, ': : 、_,{: l ',ノ ' ': |        ,、
                      ,从丶   v乂__寸{l: . ゝりK|: :!` 、     /.:}
                    八 ∧:.> '^~ _  _ ~^'<  j: 从 ∨,. ィ.: .:ノ
                 _,.-=ミ, 'ァ'´    ,イヘYヘヽ   `'寸 V_,∠ノ.:>'
                -‐、 7//   ,' 〃   V     '. V⌒ 7´
               r' r、 ァ´.:, '     :l /| |     }  }  ' Vl _j_      【サーバルちゃんはちょっと耳が長くて】
               | ァ´.:.:.//   jI斗- ,    /,.ム、}   ',:「~^'ー <
                , 〃.:.:.:.:l/|    /   ヽ、 /ノ '  }7 '   「⌒     }   【肌が白くて若々しい、フツーの獣人】
             >'’ {.:.:/ l从  ,'≫=ミ ∨{  ≫=ミ、}   L7    '
          >'"´    V/   丶 乂,:,:,:   r`   ,:,:,: /  ,.イl :'     {     【ソレ以上デモ以下デモナイ、イイネ?】
      ,.:'"´     ,. '´ { l  ,'  八` ー‐ ,、_ ,.   -へ -=彡 7 |从 .: : : \
     ノ      /     | ,{  ,:  八  V-    vソ  /_ノ ノ ',ゝ、゚: : _: 〕h。
      {      ノ≧s。., _ ∨ 乂 、 , > .,`  ̄ ,. -、,.ィ{  ,'  ,| )l \:ゞ': : : : :〕h。.,
     丶  ー=≦`~^' : ー': |ー‐ ―=ミ,{ヽ| (/) ≧='O 0,’:jI斗-ミム_jL,. ---ヽ: : _゚: : :r,: :.∧
       〕≧s。.,      '       / フ:o: 0/: :|o: 。:{ア    /: :゚: :0: : : : : : 乂:ゞ': :r:,: : (ハ

.

6391 :梱包済みのやる夫:2017/09/23(土) 09:20:29 ID:ubTCUcei

乙!
まあ難しいわなー。

6395 :梱包済みのやる夫:2017/09/23(土) 09:22:19 ID:UM89Du9y

重いなー面白いけど重い
乙です。素敵なお話をありがとう


6392猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:20:50 ID:xvsUeTTU




   【おまけ その3:世界の闇】






                              ψ
                            ,.}{.、
                           ,.:’ナホヤ:、
                         /´ ̄  ̄`:ヽ.
      j|                    /        :.\                j|
  .   f .`i               /           :::::.`i               f .`i
     _}Ii.I{                |    _________..:::::::::::|                ,}I!I:{
     下了   ,人        ノ:い,.:ォ”緜;;絲;;絲;;綿`ぇy’.八.         人.   下了
      | :|    }I i{     |i  / _;:Yf,,.--―――-- ,iY_.::ヽ. ,l|.    }i I{   | :|
      ! ::!.   |:|    .iHh lれ|∩l|:┌三三三三三┐:|l∩|iう:l frti..    ! :|   | . :|
     {-‐-}   |::!     l ̄├三三||: | |’;’;’;_;;_;;’;’;’| :|||三三┤ ̄:i   |.:l   {-‐-}
  .    |  ::l   {‐ }     lr‐i | |f⌒i l|: | l’’父乂父 ’’l :||lf⌒i | | r‐i:|     {‐::}   ! :::l
     |  :::|.  | :l     || |.| l|  .l:||: | |i’乂:ri‐in乂’i| :||l|  .l:l | l l:l    i :|  .|  :::|
  .  ├-┤  j,.. :!    .l ニ. ! !;:三:;l|: | ll;王;lエエl;王;ll | :|ll;:三 :! !. ニ.:l    j :!  ├:‐::┤
    |   ::|   | ::!     .|r‐i | lf⌒i ||: | |l:干:ri‐i:i:干:l| | :|| f⌒i l | r‐i:|     | :|  .|  .:::|
    _|   :::|_.l ..;:| __,l|__l | ||_.l:l|, ニ;l;王;lエエl;王;l;ニ ;|l |_.l:| | |__|:!__,l .;;r!’;ミ;ヾ;’ゝヾ|_
  .  i 「  ̄,r;’;’;,、― ―i―i―i―i―i―l.-l-l-l-l-l-l.-l―i―i―i―i―i―i fバヾ’;;:゛ヾ;,ヾ
    l.「 f;’;”;ゞ’;ヾ;:ヾ.,i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄l.~| ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l~.i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i,ノヾ’;ゝ;’::;;ゞ’;:;ゞ
     r’ゞ;;ヾ;’;;ソ;ィ;’;ゞ’::┴:┴;┴;┴;┴:┴‐;;:┴;┴:┴;┴;┴:’: :┴;┴;┴:┴:┴‐’:.ヾ”ゞ:;ヾ;:/’;ツ゛
    _.: ;__.:.`_,刈’,::_;::.;_::: ;_:::,,;’;;’;”’゛  ..::,;’;;:”.:: !.    ! ::.゛’;;,::..   ヾ’;`’;,,.::._:;:_.::;.:_;,_;:_j;l!i_;:_::.:_
    .,::;:::. ,::::::::::::;;:::….., ,:;’;;: ”’゛    .:::;;”;:’゛.::: |:     | :::::..゛’;’,;::..    ヾ’:;’;;:,.、:::…… ::,..:::::,:;::::::;..::






            ,イ/':::::::::::::/l/::::::::;/ ̄/:::::::/:::/i!:::::::::::::::::|´
          !::!/::::::::://:/:::::/:|'! /|::::/'"´` i´l:::::::::::::::!
           |::'::::::/:::://::::::/::!ヽ  !:/-─‐   〉::::::::::::l   変わらんな、ここも。
           |:::/::::::::::l':::::::/::::|:::::\ '     /:::::::::::::/
.            /:::::::::::::::::::::::::/:::::::!::::::::| >  _ /:/::::::/::::!
.         /:::::::::::::::::::::::::/::::::::::!::::::::`ヽ /::::/::::::/:::::::::〉
      ,..ィ::::::/:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/::::::/::::::/:::::::::::::\  γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
   ,...イ::::::://:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/::::::::/:!':::::::::::/:::::::::::::::::::::\ .|   ちょっとお兄さ~ん。
  /:::::/ ̄ /::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/:://:::::::!:::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::: 乂___________..ノ
/::/     /::::::::::::::::/::::::::::::/!/::/:::/::::::::::!:::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_
/!i ,ィ'" ̄:::::::::::::/イ::::::::/:/::::::::!::::!::::::::::::!:::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
! 〉':::::::::::::::::::::::/::::::/::::/'"´::::::::::::::i::::ヽ:::::::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::::::::::::::::::::`::::::::::::::::::::!:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!

.

6393 :梱包済みのやる夫:2017/09/23(土) 09:21:20 ID:vSOVj4BC

世界「滅尽滅相」

6394猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:21:59 ID:xvsUeTTU




 i.      i: : !: : : : :i: : : :/ | : |: : : : : : !: : : : :i: : : i : { ┴‐>: |
__ヽ     | : i: : : : ∧: : :|  | : |: : : : : : |.: : : 从: : ハ: :ヽ、イ: : ヽ___
 \     j : i : : : : |∧: :|  | : |: : : : : : |: : : :,斗 / ヽ: : : :ハ: :r―― ´   /
ヽ  ヽ  .∧ j : : : : | ヽ:j>x、从: : : : :人: :/´ |/   i: : :/: i: :`ヽ___∠,イ
.∧   Y´: : :.|〉: : : .:| ,,ィ孑チ示 ヽ.: .:/ ∨ ____   |: :/: ∧: : : : : : : : : ;/
`x|  .!: : : : { }\ : |(( {r'しイ:i}  ヽメ  ''"´⌒`ヾ |:ム:/ノ.: : : : : : : /
 」_  .|: : :. :.トj: : :ヽ| ` 弋;::zリ              小 : i´.: : : : : : ./
´  ヽ i: : : : : ∧ : : ト、        i〉        i: : 人: 、__,イ⌒`ヽ
、 (´ ̄ ̄ ̄`ヽ∨: ヽ                 人: 人: : ≧=‐    \   どうしたのよ、ぼーっとしちゃってさぁ。
. ヽ >┬―   i !: : : \     マー‐'´ア    イ: : :/  `ヽ}
、 ∧  ! . . .| ∨: : i/>          イ /: : ∧                  もしかして、ティルナ・ノグに来たのは最近?
.ヽ .人´|     人 、ム: .:|く   >、  _  <   /: : /、∧
.´}´     イ    ∧.:.ト、            /: / ∧ ∨






.          ,'//////////////////////////ヽ
.          !'//////,i//////i/////////////∧        ああ、これは失礼。
         l///////l///'//,!////////////,!//!
         l//////,-!'//l'/l/!//////'‐!'//////,l      怪しい者ではないよ、
.          !゙/////〉:l'//,!'/l/V///,'゙ ///////,/
.          l'/////l !//,!'/l∨//ー‐//,イ-///'゙         これでも昔はこの国に住んでいた事もある。
.           i'///l'/,l !'////! ヾ{   /'゙  、'//'
.        /////!'/,! .l'////!       , ィ/!         君は翼人か……王城の警備兵かね?
         ////////へ!////l、   ` ー ,イ///!
.     /////ノ/// .!'///,l. ,.、z,,,,,,,.ィl////,l
      '/////////'  l'///,l'  \彡',l////,l            γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
.     >'"ニニl,イ/,.'\  l'///,l ,...:':/ニ、l////l          |   ま、ね。それにしても……ふ~ん。
    ニニニ,イ/, 仁ニ\ l'///,l'ヽ:::/ニニ!'///l           .乂_________________..ノ






                  .-‐. . . . . . . . . . . .`. . .        _
                /( . . . . . . . . . . . . . . . . . \   (     `
               . .   . . . . . . . . . . . ヽ. . . . . .ヽ  \     ゚   。
                。゚ . . . _/. .  /. . . . . . . .∨. . . . . .   ヽ          _
             ./. . ././メ、/ . .   / .   / ヽ. . }. . .    \
                 /. . ./.イ=ミⅣ. . . .イ/ }. . .∧_彡'. /. . . .}     i\      \      昔、ってことは今は国外なんだ。
                |{. . /.   ハ{ ./ }厂 7.ト/. .′ . /. . . . ′   |  ヽ       \
           _ 八./ . ′ り ´ ノ‐rf=ミl/. /. . . / . . . .     |  )           ヽ    やるねぇ~。
            ヽ. .| . ..:.:.:.:. ,     r'  灯. . . ./. . . . /       |  、 ∧  \  \ \
                  l. 八       ゝ ' /. . . / Y. . {       |  }  ∧   ヽ      この国の外じゃあ
              j/>  ` ー  .:.:.:.:.:./. . //  イ. . . .     /  { / ∧
                ̄ \      /. . //≦. .|. . . . \   ′  ノ/ / ‘,   ‘,   未だに亜人だなんだって
                    .:⌒  ̄ヽ ̄ /. /}.′{_.ム. .─=彡/  { ヽ \
                     ゚.:.:  /∧ / ´   //ヽニ))   /   ! ノヽ   ノ   ゚。     ゚。  差別が根強いのにさ。
                i:  /\  }     //  \-=彡  / i八   Y  ヽ ∧    ∧

.

6396猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:23:59 ID:xvsUeTTU







         γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
         |   ははは、そうかね……そこもまた、変わらんか。
         乂______________________..ノ






                                  γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                               |   んん? あー、もしかして外で何かあったの?
                               乂_____________________..ノ






               /::::/;;;;;;;;;::::l:::;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ;;;;;;;;ヽ        いやはや、お若いのにご慧眼だ。
              /:::::/;;/;;;;::::::ハ:::::l::;;;;;l;;;:::l;;;;;;;;;;;i
            / /:::/::;;l;;::::::::/ i::;;;l::;;;;;j;;;:::l::;;;;;;;;;;i      情けない話、私は先日文字通り全てを奪われ、失った身でね。
           / ./:::/l::::;;i;;;:::/--l::::l:::;;;;/:::::j::;;l;;;;;;;l
             /;;;;j:::l::::;;;!;;:::l-=イl::i::::;;/○/::l;;;;;;;;l       が、死ぬに死ねないのでこうして生き恥を曝しているのだよ。
             /::::/::::l::::;;;l;;:::l   リ:::/ l/;;;;;l;;;;;;::::l
           /::::::;f-i l;;;;;;;i <;l 、 /   イ-l::;;;;;:::l      そして、これから何をなすべきか、悩んでいたところさ。
       x--- /----j l .l;;;;;;;l ヽl\ ̄- ̄/ / l;;;;;;:::l----z __
      /        j l lト;;;;;;lヽ ヽ > <   / l;;;;;:::l      /\
     / ヘ      j l__.l;;;;;;;l ヘ / ト-イヽ/===l;;;;;:::l     /   l
     /  ヘ     | /l;;;;;l   ヽ\{;;;;;;}/    l;;;;::l     /    `i
    /   ヘ    ゝi  l;;;;;;;l   ヽ l;;;;;;/    l;;;::::l   /     `i
    /    ヘ      l;;;;;;;;i \  l;;;/     l;;::::l   i       i
   /      ヘ   / l;;;;;;;;j  \ /      l;;;;;;l   i      _,,. -x
  /       ヘ   \ l;;;;;;;j    /        l;;;;;l   i _,,. -‐''"´   ヘ
 /        ヘ    j;;;;;;;;l    /    _,,.- ''"´.l;;;;;l_,,. -‐''"´     ___ ヘ






                             \人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人/
        r-〈`,                  <                                           >
        |  ', ',`,               <   なーに暗いこと言ってんのよ! イケメンが台無しだよ?   >
          !  ', ', ',             <                                            >
           l  ', ', ',    `         /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
  {`ヽ       }  ', ', ',     \ ,,_人、ノヽ
  ',´ ヽ     /     }     )ヽ    (
   ',  ヽ、_/     /  - < バシッ! >─
   ヽ        /      )     て
     `,       〃     /^⌒`Y´^\
     ゝ       ,'
     ヽ      !              γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
       l      l                   |   おおっと、っとっと。
       |       !                  乂___________..ノ

.

6397猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:24:29 ID:xvsUeTTU




       ヽ. .| . ..:.:.:.:. ,        /. . . ./. . . . /       |  、 ∧  \  \ \
            l. 八          /. . . / Y. . {       |  }  ∧   ヽ
          j/>  マ フ  .:.:.:.:.:./. . //  イ. . . .     /  { / ∧
            ̄ \      /. . //≦. .|. . . . \   ′  ノ/ / ‘,   ‘,   命があるんだけめっけもんでしょ?
                .:⌒  ̄ヽ ̄ /. /}.′{_.ム. .─=彡/  { ヽ \
                ゚.:.:  /∧ / ´   //ヽニ))   /   ! ノヽ   ノ   ゚。     ゚。 三大魔王が暴れている中、
            i:  /\  }     //  \-=彡  / i八   Y  ヽ ∧    ∧
                |∨    -─   //´ ̄.:.:.:.ヽ   { ∧ \  } 、   /{∧   / }この国に生きて来る事が出来た。
                l/′         //    .:.:c∨ /Ⅵ ヽ   ヽ′\ 八 ',  ″
           /{     /.:.:  //{         ∨ / i   ト、 \   ! ヽ ヽ      それだけで最高に運は持ってるじゃない!






                  ,.ィ7///////7,.、
                 /////////////∧
                   /////,ハ'lV.//////∧        最高……さて、果たしてそうかな?
                l'/lV//kリ''l///////,∧
                 l//!リ!{ l!  リ'///////,∧        何もかも奪われ、なのに運はあると?   丶、/
                 l//l.`  ,.   !'//l./////∧                                     /ヽ/
                 リ/∧`    .!'//,!l/////∧  ,.-z=-、                            / ヘ.
                   ハ//∧_,、 !// ! !/////,.'/ニ/彡ア=、      γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶   "´i ̄
                     l//!'///∧ !'//,! !V/,ィ//ニ/'ニミヽ  ヾ、    |   そりゃそうでしょ。
                      l//lV////,〉//l∧∠/.イニ〃三ミミ\       乂__________..ノ
                      l//l,.∨.// l//レヘ、ニニ=〃彡=ー-ミ\
               ,.ィ=l//!ヾ、'´ ,ィl//l二ニー彡二ニ=ミニ=\ヽ






 i.      i: : !: : : : :i: : : :/ | : |: : : : : : !: : : : :i: : : i : { ┴‐>: |           あたし達、ティルナ・ノグの住人はね
__ヽ     | : i: : : : ∧: : :|  | : |: : : : : : |.: : : 从: : ハ: :ヽ、イ: : ヽ___
 \     j : i : : : : |∧: :|  | : |: : : : : : |: : : :,斗 / ヽ: : : :ハ: :r―― ´   /  そういう辛い目にあった奴らを見捨てないって
ヽ  ヽ  .∧ j : : : : | ヽ:j>x、从: : : : :人: :/´ |/   i: : :/: i: :`ヽ___∠,イ
.∧   Y´: : :.|〉: : : .:| ,,ィ孑チ示 ヽ.: .:/ ∨ ____   |: :/: ∧: : : : : : : : : ;/   昔から決めてんのよ。
`x|  .!: : : : { }\ : |(( {r'しイ:i}  ヽメ  ''"´⌒`ヾ |:ム:/ノ.: : : : : : : /
 」_  .|: : :. :.トj: : :ヽ| ` 弋;::zリ              小 : i´.: : : : : : ./     その格好じゃ、文無しよね?
´  ヽ i: : : : : ∧ : : ト、        i〉        i: : 人: 、__,イ⌒`ヽ
、 (´ ̄ ̄ ̄`ヽ∨: ヽ                 人: 人: : ≧=‐    \  着いて来なさいよ、ご飯とちょっとしたもんは
. ヽ >┬―   i !: : : \     マー‐'´ア    イ: : :/  `ヽ}
、 ∧  ! . . .| ∨: : i/>          イ /: : ∧              用意してあげるからさ。
.ヽ .人´|     人 、ム: .:|く   >、  _  <   /: : /、∧
.´}´     イ    ∧.:.ト、            /: / ∧ ∨       ,        γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
.´      /    / ∧:| `ー- 、       ///   ∧ ∨    /        |   ……私と君は初対面だが?
―      /    / ∧ !j     ヽ   /  '´       ∧ ∨   `i         乂______________..ノ

.

6398猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:25:09 ID:xvsUeTTU




                /  |:::::::::::::/|: :|     | |    |:| \、          ヽ
              |   /   :::::::::::|::::|: :|     |: :|    |:|    \        _..-/
        |    l        ::::::::::::::::::|: :|       l:.l     l|          _..-‐ 7
        |   '      :::::::::::::|:::::l ! ヽ    l|     |           ̄ ̄ノ   だーかーらー、言ってるじゃん。
       ,'  .::/      .::::::::::::::| ::::! i!  `   |      |              ,'
        / .:::/    /   .::::::::::::::::l::::::| i!.     、|:.     |           |    あたしら獣人と国に住んでる皆は
.       / .:::/    /:  .:::::::::::::::::/:::::::!|     :|::l       |            |
      / .:::/    /.: .::::::::::::::::::/ |::::::| l      |::|:     |            |    ずっとずっと昔から決めてんのよ。
.     / .:::/     .:   .::::::::::::::::::/:.|::::|  !     |::|l     |: : . . .        ノ
    / .:::/   ..::   .::::::::::::::/  |::::|   \    |::|:l:    | ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄
  / .:::/   .:::: ..:::::::::::::/\__..-彡/        |::| |::.   |:::::::|






                                         γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
      ',: : : : }ヾ!. `ヽリ ',: : : : : : : : : | . ',: : ∧: : : : : : : : : : : ‘.  |   見捨てない、受け入れる、助けるって。
     .人: :.:.ノ __       ,: : : : : : : : | ./}: :.} ハ.: : : : : : : : : : :.:. 乂__________________..ノ
       .个ト. ._`ト、-= ´′: : : : : :.:.:|/ .|: :,' / ',: : : : : : : : : : : : : ‘ .,
.      | |: : : : :.| : ヽ  ',: : : : : : :.:.|  |: :l/  ∧: : : : : : : : : : : : : : :.:‘ ,
        | |: : : :.:.| : : : ヽ_...: : : : : : :|\!: :!  /  ` :、: : : :.:..:_: : : : : : : : :    ……。
       | |.: : : :.|!.: : : : : :.:.',: : : : : : :| .|: :l /    //`¨./    ` ¨ …- .
.      ,':,': : : :.,'|: : : : : : : :}.: : : : : :.| ,' ,.' /...|\.//  ./          \
        //: : : :/ .! : : ,. イ |: : : : : : | ,':,.'レ′ |\ l.|  /
.       //: : : :/  |: :〈 ,r'.}. !: : : : : :.|,':,'./   |ゞl/l.| ,'
      //: : : :/   .|: : :',.!r'./.|: : : : : :.|| |.仁二\. .l.| |       γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
.     //: : : :/    ! : : |.リ/ !: : : : :.:.|| |<\. \\l.| |        |   ま、魔王陛下と国父様の受け売りだけど。
    //: : : :/     |: : :.| =_.|: : : : ::.:.|: |. \.\ . \_| {        乂____________________..ノ
.   //: : : :/     |: : :.|/ ,': : : : : : :.:.|.   ‘,‘,\  ', ',

6399猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:25:58 ID:xvsUeTTU




                   .-‐. . . . . . . . . . . .`. . .        _
                 /( . . . . . . . . . . . . . . . . . \   (     `
                . .   . . . . . . . . . . . ヽ. . . . . .ヽ  \     ゚   。
                 。゚ . . . _/. .  /. . . . . . . .∨. . . . . .   ヽ          _     こうして会ったのも
              ./. . ././メ、/ . .   / .   / ヽ. . }. . .    \
                  /. . ./.イ=ミⅣ. . . .イ/ }. . .∧_彡'. /. . . .}     i\      \      魔王陛下と国父様のお導きよ。
                 |{. . /.   ハ{ ./ }厂 7.ト/. .′ . /. . . . ′   |  ヽ       \
         .,r== - 八./ . ′ り ´ ノ‐rf=ミl/. /. . . / . . . .     |  )           ヽ   観念して大人しく
        ./'´    ヽ、 . ..:.:.:.:. ,     r'  灯. . . ./. . . . /       |  、 ∧  \  \ \
        .|      ヽl. 八       ゝ ' /. . . / Y. . {       |  }  ∧   ヽ     親切されちゃいなさい。
        .|       ヘ.>  ` ー  .:.:.:.:.:./. . //  イ. . . .     /  { / ∧
        .V        t   \      /. . //≦. .|. . . . \   ′  ノ/ / γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
        . ヽ       ! ..:⌒  ̄ヽ ̄ /. /}.′{_.ム. .─=彡/  { ヽ \ .|   ふふふっ、そうか、そうか。
         .ヽ       | ゚.:.:  /∧ / ´   //ヽニ))   /   ! ノヽ   ノ 乂______________..ノ
          /ヽ     ∧:  /\  }     //  \-=彡  / i八   Y  ヽ ∧    ∧
        r'⌒      '  \     -─   //´ ̄.:.:.:.ヽ   { ∧ \  } 、   /{∧   / }
        |    ヽ      \       //    .:.:c∨ /Ⅵ ヽ   ヽ′\ 八 ',  ″
      .丿      <\ |   l /.:.:  //{         ∨ / i   ト、 \   ! ヽ ヽ
     . (   、     ィ_.ノ    |






      / !i: :i: i: : i、: : :丶: !ヽ: \\:ヽ: : ヽ: : :ヽ
    /: :i:l: :`:l:.、:l,ィト: l: ヽ!: l: !、:.ヽ: 丶: 、: :ヾ: : ト、          人類は何も変わんと失望しかけていたが
.    i : : /! i、: !: i:弋ソ!ハ: :.!: i: l:、ヽ:.\: \: : : : :丶ヽ
   〈|: : :!:ハヽゝ、!ト:.ヽ ' ト:/: :!:i!: !ヽ: : :ヽ: :.ヽ: : : : ヽi!         こうして変わらず受け継がれたものも、またあった、か。
.    i:,!: :!: :ヽソ ヽ ヾ丶 !ヽ: :l:.i!: :.ソヽ: : ヽ: : :\: : :.`:.、
   i! !: :!: : :ヽ ー    , ヽ!: :.、!: !、ヽ i:ヽ: :丶: : : ヽ丶 : \_       あぁ……“世界”もまだまだ捨てたものではないなぁ。
    i !: :!、: :.:ハ ,ィ ァ'´  ヾ: :ヾ:l: i!:丶: :.、: ト、: : : : 、!ヽ: :ヽヽ
   `゙ヽ:.\: : : ヽ      ヽ : !: !i: : i、: !: !: : : : : : :`: ヽ rヽ|     礼を言わせて欲しい、お嬢さん。
      i!、:.: ヽ: : :ハ    , ィ´ハ:ヽ!:、: :! !:!: i: : : : : : : : : : !i、/
.     丶!: : : ヽ: : ヽ -‐ ヽ  i!: :!:i: :.! ソ:i: !: : :,.:.:.、:!、: : i: : !      ――――卿のような子孫を持てて、
.      !: :lヽ: ヾ: \: : : : :ヽ  '; ヽ!: :!/:/:/ヽ::::::::、ノ!: :. :ヽ: i
.      /: :.!: :ヾ、ヽ: : ヽ//:.i  i !: :!: i /:/'"´::::::::::::::::::::::::::::::       私は誇りに思うよ。
      i,!: :!、: : !、\_: :イ/、:.l  `!: :i: :!!:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ヽ: :.: : :.!、,:.:.:.:.: :_!// /:::!: :.ヽlヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
       ヽ: : :、:. ∨:::::::::::::/ !:::::i、: : i:.ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::            |   ――――へ?
        !:,l: :,-‐':::::::::::::::'"´::::::::::ヽ: : : : :.、:::::::::::::::::::::::::::::::::         乂________..ノ
        //l/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: : : !: :ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::

.

6400猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:27:02 ID:xvsUeTTU




                        ,ー
                            ,r'  ::::`,    ――――――――フッ
                            (   ::::i_
                        ト  ..:::::::}-、
                         j .:: .::: .::⌒)
                      r'⌒`:::.__..::.   .::´ ̄`)
                   ,- _)  :::r: : :.ヾゝ⌒'r:: :ノ
                        (,  ::..:: :::!、  ..::::::.. ::Y
                  メ --ー´  ::  _:::;,ノ
                    -=-=_ --ー´'r-、_ノ´
                                                                        人
                                                                          て
                                                                           〈
                                 \人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人/
                                 <                                       >
                                 <   へっ、ちょっ!? あ、あれ?! どこ行ったの!!  .>
                                 <                                         >
                                  /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\



                         _________
                …… … ────────────── … ……
      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・



 .. .... .. . (⌒      r'. ..:.:.:....   ..:.:.: .....:.:.:.:.:. .:.:.:..... r ⌒ヽ .:.:.. ... .. ... . :..:.:. . . ...   . . .. ...:.:.:.:
. .:..  .. (⌒'        .   .. .:.:.:.:.:.... .... .. ... ....:.:.:.: (⌒   ⌒) ...:.:.:.... :. :.:.:.:.. .  ... :.   .:.:.:.:. . ....
. ..:. . (         . ..  ..:..   . ... .    .. .:.:.: ...  (⌒     r'⌒ヽ ..  .. .. .... .  . .. ...:.:.:... .
... . .    .;i;';.      . ...  ......  ... ....    ...          ⌒ヽ    . .. .:.:.:.:..      ... ..
   ,.;i;';.,,;;`;;i`、    ... .      . .. .   ... ....    ...        . ...  ......       . .. .
  ,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,.     γ ̄ ̄ ̄ ̄ オ ー ダ ー  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄丶
 ,.,;:;;`;;i`:;:i;,|i!''".      |   ふむ、至上命令は撤回されたか。    .;i;';..;i;';.
..... ""'|i!''''"  i|!、....,........... ...乂________________..ノ,;.,,;;`;;i`、;i`、 . ............ .
'::',:'':';:,.,i|!、:.,"'`::'::',:'':'`::'::',:'':'` "'"' "'''.''' "'''.''" '::',:'':';:;..,"'`::'::',:'"'`,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,;:。;:;;, ,.;i;';.
 "''    ::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;:;;`;`;;i`:;:i;,|i!''";,|i!'',.;;:。;:;;::、
'::',:'':'`::'::',:'':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::', '""''|i!''"  ,i|! .....i|!,.,;:;;`;;i`:;:i;,.

.

6401猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:28:59 ID:xvsUeTTU




           i!: :!: : : : :!   ヾ! !.:/  ' !: i: !:l: :.i:.:i: !: : : ! ヽ
            i: : !: : : : ;!    ! !/     !ハ: !:i: : !: !: !: : : ! |      まあ当然か。
         ハ: :i: : : : :!、   ヽ      !ソ: l.:!i: :!: !: l、: : :ヽ'
.         i: :i: !: : : :i:! \ ー- -‐'  //: :i/:!: l:,イ: !:ヾ: : :.、
.         /: ::!:.!: : : :!ヾ::::!\ `   / /i: : !: !: l:!:lソ、: :ト: : :ヽ
.          !,ィ‐!:、: : : iヽ'"::\` ‐ " /:::!: : !/: :!i ̄`゙ヽ'ヾ: : :!-─ 、
         /:::::::::!: :!: :.:l::::::::::::::::`─‐'"::::::::!: :.!:!: :i i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!






  .γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
  |   目的である“開闢殺し”を大方だが果たし、
  乂____________________..ノ
                        .::::{三三三||三三ニヽ:::
                        .:::::::/三三三||三三ニ/{_:::::.
                    .:::::;:ィ升三三三||三三/三ニヽ::
                  ..:::::::ノ三三三三三||三三三三ニ゙x::::::::..                |.!
                ::::::/三三三三三三l!三三三三三三≧x:::..    rー{> ´  ̄ `リ、
               .:::::/三三三三三三三三ニ三三三三三三 __    ,ィ{/ ,ィ       '  `ヽ
              ::::/三三三 ___ 三三三三二三三 , 、    }:.:.:.\ ゝ/ /      ,ィ    ' ,
             .::::i'三三三三 ヽ ゝ, -‐<r 、.ニニ三 ノ.:.:.\  .ム.:.:.:.:.:.`く,'∠, ´    / ,'  ;.i   `ゝ
             .:::::::}三三三三ゞ 、.. ヾ}!:.:.! レ、 <.:.:.:.:.:.::.:\__ ̄ `ヾ<i! /, ,.    /./  / | ,! i .}
           ..::::::::/三三三三_> > 、一  { ', 三`ー-- 、.:.:.:.:.:.`ー-- {.,´{/! ,/./i!{-.{ ./,.ニ、.}./レ、
            .:::::::/三三 、ー- \  ゝ .、→ {`ヽ  }\ 三三 ̄  r- 、ニ´ ,/  i/,ィtミ.、 レ {:リ ソ   ',
           :::::/三三 .,ィ` く´    ヽ,  i!    リ:.:ヽ .三三 /:.:./, -.、\.; i!《 マソ     ,.  ; ,   V
          ..::::::/三三三. > ー --    r‐‐-  //:.:.:.:.:.:'.,三  ,ィ:.:.,//:.:.:.:.:.:.:ノ リ.、    ,  ィ /リ , /, !
                  r 、     > ´ ̄ゝ、   //.:.:.:.:.:.:.:.:.` 一.:.:.:.:.¨.:.:.:.:.:∠ン'Ⅵ  、 ` ./,イ.,ノイ }/
                  ゝ,_ ̄ ー ´    ,ィ´ .{ !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ,:.:.`i`¨.:.:.,//≧
                           γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                              |   本命である“皇帝宣言”も成し遂げたのだ。
                              乂_____________________..ノ






             ,ィ≦´:::::::::::/::::::::::::;ィ/::!:/:!:::::::::::::::::::::| i
             ,ィ彡/:::::::::::/:::::::::ィァ//:i/:::::::::::::::::::::::! !
            ,イ/':::::::::::::/l/::::::::;/ ̄/:::::::/:::/i!:::::::::::::::::|´   これ以上欲をかけば身を滅ぼそうというもの。
          !::!/::::::::://:/:::::/:|'! /|::::/'"´` i´l:::::::::::::::!
           |::'::::::/:::://::::::/::!ヽ  !:/-─‐   〉::::::::::::l    いや、すでに大きな損失を出したかもしれんがね。
           |:::/::::::::::l':::::::/::::|:::::\ '     /:::::::::::::/
.            /:::::::::::::::::::::::::/:::::::!::::::::| >  _ /:/::::::/::::!      今を生きる人類も素晴らしい光と輝きを放つものだ。
.         /:::::::::::::::::::::::::/::::::::::!::::::::`ヽ /::::/::::::/:::::::::〉
      ,..ィ::::::/:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/::::::/::::::/:::::::::::::\   見限りかけた、己を恥じるよ。

.

6402猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:29:20 ID:xvsUeTTU




                      γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                         |    思い返すほどに、彼らの健闘は胸に迫る。
                         乂____________________..ノ



    γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
   .|   不可能領域“至高天”を落とし、   |
   乂________________..ノ::: :;:i:i:i:i:iィi〔:: :ィi〔:: :: :: :: :: :: :: :: __ : :/: 7}iト.,
          /´:: :: :: :: : ,ィi{:: ィi〔::_::_::_::_::_::_:: :: :: : : : 丶、ィi〔; ; ; ; ;: :: :: :: :: :: :: ,, <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> 、
         /:: :: :: 。o≦-‐=≦:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::〕>'" . -i‐; ,; ,: : ,ィ≠==x '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        /。o*'":: :: :: :: :j\:: :: :: :: :: :: :: :、:: :: :: ;(    -j‐ ; ; /    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
     /ニニニ :: :: :: :: : ⌒\:: :: :\:: :: ::\ ィi{ア  .:jy: .: /    , ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
     ´´_,.ア´ ̄〕iト., :: :: :: ::-‐iト、;; ;; \;; ;イjア゛;; ) ../.: /    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,
  ,.ィi〔: : : : : : : : : : : : : : :〕iト.,{;; ;; ゝ., ;;〕iト;;Yjji/ ;; ; ;;;; ; ;;;; ; ;;_; ;; ;; ;; /:.:.:.:.:.,イ:γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
  \. . . . . . . . . . . . . . : (\        ___      / :| ;; ;; ;; /:.:.:.:.:./:|:.:.|   “死”の不死術式破壊を退け、   |
   \. . . . . . . . . . . . . . 〕ヽ``丶、/ '⌒ヽ _ ノ| >'" ノi:| ;; ;; ;}|:{:.:.:.:/|:.:!:. 乂_______________..ノ
      〕iト. . . . . . . . . .  }ノ \ : :. { ~ :. :. :.ノ : :{ /  j;;(/;;;|ハ:.:/ !: i {   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: '
     ⌒≧=‐-. . . . . . . ∨ノ y   :{\``~、、  \ノ  :ノ〔/´__ }/   !: ! ',  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /
        ⌒⌒≧=‐- (ヽ .:/   .:|:. \   ``~、、∨{. j ≧=‐ {    !:.:.: `ー!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /
            (_ノ\_ { / :| .:| : :.   ``~、、. . . ``~、、__;_ノ ̄ !:.:.:.:.:.:.|',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., '
        r‐'⌒=≦ア⌒  :  | .:|:/`、:. .  \:. . . . . . . . . . --<.____/⌒!:.:.:.:.:.:.| ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/!
     r‐‐‐'゛ /_ __,.ノγ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶:.:.:.:.: !  ` ー-/〔二〕ヽ '":.:.:.|
     ゝ‐… " ( \:. . . . |     いくつものアルカナを破った。    |.:.:.:.:.:i  } / /|:.:.:.\‘,:.:. |
          {\     7 乂________________..ノ´ ̄ `¨ / /  |:.:.:.:.:.:.ヽ'ー--    、
           :. ` ー=彡  :)/|\:.、    ,     /:|:. |V.: :. :. :. /'      く_/    |:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ        ヽ
           \/  r‐=彡: | .: |込  _    ァ ' : |:. |:.\_:.〈./                 |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,         ',
            /:. :. :. 乂:. :. : | .: |ニ个 .,    /|__:.  :. :.  /:. .ヽ __
          /. . : .: }ー=彡:. : | .: | ``~、ー   |/∧:. V ̄:. :.人:. :./






.           i'///l'/,l !'////! ヾ{   /'゙  、'//'       全く素晴らしいな人の輝きと云うものは。
.        /////!'/,! .l'////!       , ィ/!
         ////////へ!////l、   ` ー ,イ///!        “邪龍王”を嗤えんな。
.     /////ノ/// .!'///,l. ,.、z,,,,,,,.ィl////,l
      '/////////'  l'///,l'  \彡',l////,l        あぁ、感激のあまり、此度の立役者達に跪きたい気分だ。
.     >'"ニニl,イ/,.'\  l'///,l ,...:':/ニ、l////l
    ニニニ,イ/, 仁ニ\ l'///,l'ヽ:::/ニニ!'///l           なにせ人の尊さを思い起こさせてくれた上に

.

6403猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:29:57 ID:xvsUeTTU












                    γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                       |   この私の力になってくれたのだから。
                       乂__________________..ノ











.

6404猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:30:13 ID:xvsUeTTU







                   ,ィ               ,ィ
              /仝、               /仝、                          ――――――――ズルリッ
               f赱圭、              f赱圭、                    ,,         ノ圭/ ,,
                ‘ )圭7   〔       ‘ )圭7   〔                     ノ(        /圭/  ′
                    〔圭{    }         〔圭{    }                  /圭{,      ,/圭/ ,ィ     ,ィュ
        -tぅュ、    }圭  ノ',          }圭  ノ',                  ノ圭〔    ノ圭f/ ' /’  ,.ィア´
          `゙ミ三ミt、'圭リ 〔圭          '圭リ 〔圭                 ん圭イ  ,ィ圭γ´/ム{_,ィ彡´ ,ィェァ
ハ `ヾシ, 、        ,ノ圭,’ γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶   }ソ ,イ圭寺′ F三三ニニ= ’ '´
ミ  }圭{        /圭/ 三} |   “皆すべからく 玉座の下に集うべし”       ,イ ,ィ圭圭,ノ   F三ミ= ,ィ ,=-
圭、ノ圭〔        ,圭V 、ノ .乂__________________..ノ   レィ圭圭厂    F三{ `゙ ^′
圭圭圭「       |圭リ  圭圭「 三ム     |圭リ                   . f圭圭圭     F _,,
圭圭ノ`’        八圭、 圭ノ`’マニム    八圭、                  _,、ノ圭圭圭}   ,ィ圭圭ア
圭圭!          }圭!  圭!   マニム、   }圭!                  ノ圭圭圭圭ん,_,ィ圭寺''’
圭圭i、          r'圭V{ 圭i、  マ三ム  r'圭V{                    /圭圭圭圭圭圭圭圭f/ {      ,イ
圭圭_‘,        f圭圭| 圭_‘,   マ三ム、 f圭圭|                  /圭圭圭圭圭圭圭圭f/ ニム     ,イ圭
圭圭圭ゝ       |圭圭|  . ゝ   マニニム |圭圭|  .              ,ノ圭圭圭圭圭圭シ^寺′  ム    ,ノ圭r'
圭圭圭’、   .  }圭圭i 圭圭’、   マ  .  }圭圭i        -tぅュ、   f圭圭圭圭圭ζ   ′F三三ム チ圭圭′
圭圭圭圭〕     小圭圭、 圭圭〕   マ三  小圭圭、          `゙ミ三ミt、 ノ圭圭圭圭圭/     Fニニニ {圭圭′
圭圭圭圭{      `寺圭〔,イ  圭{   F三  `寺圭〔,イ    _,ィミt、  `゙マ |圭圭圭圭斥’      .Fニ三三 )圭f〉
圭圭圭圭【       `寺圭ハ 圭【    Fニニ  `寺圭ハ      ̄`゙マ三ニ |圭圭圭ミシ′      .F三 _/圭(_,ノ
圭圭圭圭‘、        」圭圭、圭‘、   F三三  」圭圭、       __  ノ圭圭圭/ 三ム      F .ィ圭圭圭圭圭
圭圭圭圭圭し1       {圭圭r`^  圭し1  Fニニニ {圭圭r`^       `゙ー= 圭圭圭(,, 三ム      /圭圭圭圭圭圭

.

6405猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:31:29 ID:xvsUeTTU




                          リl/:〃|: :|: :ノ::l: : :ノ: : : : : : : : : : l       私の“異能”の封印を解き、
                          /l::/|::/i: ヘノ.|人: |: : : : : : : : : : : l
                         /: :リ: :リl込リ/弋ツリ: : : :|: : : : : : : :乂      “夢”まで思い出させてくれた。
                         /: : : : : : : l  ´  ノノ: : : : ヘ: : : : : : : : :ヽ
ニ\    .                 /: : : : : : : :ヘ __ __ /: : : : |、ヽ: : : ::v--------、   幾ら礼を言っても足りん位だよ。
ニニニ\ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ /:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_::ヘ ‐ l: : : : : | l: : ::/ / ̄     `ヽ
.ニニニニニヽ / ̄ ̄`ヽ、ニニニニニニニニニニニニニニニニニ /:ヽ_‐/: : : : ::| .>´  /    ___.    l‐l さあ、起きたまえよ
ニニニニニニニ|、      .\>ニニニニニニニニニニニニニニ/ニニ /: : : : : : >/  / ______'//    .l|ニヽ
ニニニニニニニ| .\       `ヽ、ニニニニニニニニニニ/ニニ/: : : : : : // / /ニニニ /     / lニ.ヽ我が同朋“アルカナの兄弟達”。
ニニニニニニニ`‐‐‐\  ヽ、 ヽ、\~ヽニニニニ |二フ`ニ.// : : :__,: ノ´三ヽ‐‐´三三./  / ./´  .ヽ三\
ニニニニニ./ニニニニニ\ .i`\ `X\\ニニ /ニ/ニニニiニ/i: : : iニニニニニニニニニニニ/ __ /  /    /ニニニヽ
ニニニニノニニニニニニニニ.i .i三.|.ヘ:::ゝi ̄ニニ |/ニニニニii l´、: : ::\ニニニニニニニニニヽ__/_____.i/    /ニニニニニニ






       X三三\        .         .  / !   ヽ    .
        \三三\      /          i  ! .l !   V γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
         \三三〉    /. /  / i  /.| l| l l`ト、  i  .|   死は休む理由にはならんぞ。
.              〉三/    //レ'i  /i ハ 〈 | i| l |笊テト. l  乂_______________..ノ
 ‐-= ニ .    {三〈     // l il!/ .l /.:l ヽ| l| 从 Vノ〈ヽi  ト、 l!
     ー = 二 . ∨ ∧   // |/八j-| .:::iトx | l| u.   〉l!  l|  i!    蘇っただと?
       . _    ∨ 〉  ´ 〈lレ´ ヽl .:::ノ⌒\八  ㌧ .イ i  リ
         ≧=  ∨      > ´ ̄j! /    \ヽ.イルトxノル'






             /      i  :| ..:/  ___ ∧ :.|:. :. . :
           '       へ|:.  :|:. i一《 f^ハ ヽ:. :.:{ 、 :. :.
         /|    / '⌒|:.  :|:. |   乂ソ   、 : \ .:.   .γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
   ___彡    人 {:|:. : |:. |   ´¨¨¨     \ fハ\:. :. :. :|   たかだか第一幕が終わっただけだ。
   \     r―‐=彡 ヽし|: : \:. .          vソノ''\:. :.乂_________________..ノ
    >'"  人:. :. :. : : : ゝ:|:.从:| \:、.u           〉 / |:| \ :. : \\
  /    /   ̄ /:. :. : : | :. :.:   \  -       ,:. :从   ―― ´
  '       __彡:. :. :. :. :|:. :. :i          '    /:.:.|  \_         その魂の形……。
/ ̄ ̄, : : : : 乂 ―――<| :. :.:i \            ィ:. :. |  /
   / . .: .: .: :{       |  :|~、 > ,,     イ :|:. :. :|:. :. >           お前は……いや、あんたは。
ー=彡.: .: .: .: ノ_}____ ,   :.|   ``~、、-<:. i :.|:. : | ̄

.

6406猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:32:59 ID:xvsUeTTU




                                        \人人人人人人人人人人人人人人人/
                      ,、-''"/:::::::ヽ::\   .<                       >
                    /:::::/::::::::::::/:::',:\::\ .<   「「“世界”か……ッ!!」」   .>
                 ,、-''/::::::::/:::::::::://::::::::',::::|:::::' , <                         >
            ーー'"´.//::::://::::/ヘ/:::::::|:::::',::::::::::',/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
               / /::::::/:.:イ::/ヒッx/:::イ::::|:::::::|::::::|:::',
             _,/´  /::::::/:.:/:|::':,  /|/ |:::/ °/:::::::::::|ヽ
          _/´    /:::::::/:./ヽ|、 .,__´ リ /::/|::::::::::::| ヽ     私は所詮奴の“裏”だよ、そう睨まないでくれ。
        _/´     /:.:.:.:::|.:|:;:;:;:|':、 `'''‐`-'- /;/:::::/:::::|
      //     /:.:.:.:.:.:.:|:.|:;:;:;:;:;:;|\   ,/;;;;ノ::::::::::::::|       英雄殿達の視線に曝されるだけで、肝が潰れるよ。
    .//      /:.:.:.:.:.:./|:.|;:;:;:;:;:ヘ  ヽ-'",、|V:::::::::/:::|:|
   //      /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.リ__μ〈  >, ヘ´   ソ:::::::/ |::|       さて、これにて無事アルカナは再配置された訳だ。
 //      /¨二ー=--‐ャ ||;;;;;;;'; i; / | | 〉 /:://;;|::|ーー
//      /| | / /ー'´フ_||;;;;;;;;;;';ヽ/:::|_//V/:./;;;;/:/|;;;;;;;;;;/    第二幕といこうではないか。
/     // . . ヽヽ////| ||||;;;;;;;;'; >;;;;;;ソ /:./;;||/:/;||;;;;;;;;;;;;
       |/   | .   /;;;;;;| ||||||;;;;;;;;'; 〉;;;;ス /:/;;;;;|/:/|| |;;;/;;;     退席するには些か早かろう?
     /:|    / ./;;;;;;;;;;/ _, -'"'ー-';/;;;;;;;;',/:./ー/:./__|;;;;;;;;;;
   /:.:,,.|. _/./;;;;;',;;;;;γ´;> || <'"´`i,;;;;;;;;/:./;;;;;/:./,\;;;;;;;/;,.






                       _.. ----- 、
                ,..  ´     - 、 `ヽ、
                ,. ´       `ヽ、 \  \
            , ´   ' {  、\ \\={斥、 ヽ
            '  / / |  |   ∨ヽ. | ヽ}::lヽ':  ',
           /  / / |  {    |、 /},.rt、Ⅵ ∨ {     メルクリウス……。
          ,'   ' / /{  ! 、   ! イ,ィチi刈 ! Ⅵ.|_,.!、
           | | | {  |ム斗- ヽ |:::::::::込ソ | | }l !::.|ハ    “世界”の影如きが誰の許しを得て、口を開いている。
           | | | | ´从ィ示ミ:::::::::::::::::     |イ从|!::ト,:|
           | | il从 {  込ソ   ` ,. '   ,|:|:::|/!ヽ リ    何の真似だ?
           |/!.:::|\\}ヽ、  __  - ´   ∧リ/j: : : } _
           | ,:: !从{\ー<:_:_\___,..イ-┴,.{: : : ∧ニニヽ
             ∨{r 、/´   _,..-ィ }})、::::::::{!::::∨: : ∧ γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
            /ニニ\ ¨´ ` つ : : }::::::(ニ):::∨: : : } |   見た通りだよ、私の役立たずな異能は知っているだろう?
              /ニニニニヽ`二´ニ} : : : |:::::::::::}}l::::∨ ム乂__________________________..ノ
           /ニニニニニヽ : : Ⅵ: : : ,|:::::::::(ニ)::::∨: : ヽ: : : : : : :/
             /ニ-- ニニニニ}: : : ノ: : : : |::::::::::::{{{::::::::}/}: : : ヽ: : : : :{_
           /.: : : : : :.}\//// : : : : /:::::::::::::(ニ)::::|/!: : : : :}: : : : : :ヽ
             {.: : : :. :. :.|: : :./___,{/|イ:::::::::::::::}}}:::::ー-- 、_ハ: : :/: : : :ヽ

.

6407猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:33:59 ID:xvsUeTTU




  /     / イ |\\/   / /       .|  |    |   |
. /ィ          :| |: //  ./  ./       /|  |    |   |
/:|      |   | :| |//_∨`\ /     /  |  j    |   |
:: |     ./|   |: /不示メ、  /   /   l ./|   |   |
:/|    /:::!     / f:゚:::/:::/ 厶斗匕     l/./      |   ……“既知創造”の限定解除による
 |   ./:::::|   |/ 弋こソ          ‐-`/   /     '
 |:::::::/::::::::|  /    ̄          ,不:::::7/  ./   /    “アルカナの兄弟達の再配置”か。
 | :::/──|  l- 、          f::::/::// /   /
./ ̄|______|:::::::l  |         `  弋こ〃/イ´ ./         だが貴様の異能は“死”と“世界”によって封印され、
.    |:::::::::∨::::|.__」ヽ、    _      ¨/  / /
  ./|::::::::::::∨:|::::::::::/ 、           ./  /::::/              無能になっていた筈だろう。
/::::::`::丶 :、∨ :::::/、 >  -  ‐   イ/:::::::/|:::/
::::::::',:::::::::::::::::ヽ、::`ヽr--ソ 、二ヽ、:::::/:::::::/ :|/
:ヽ:::::',:::::::::::::::::::::ヽ ̄ ̄ ̄|    ./.ヽ:::::/






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    r、
              r、/:::\__ノ|
            ノ:::::::::::::::::::八
             ¨7::::::::::::::::::::::::>          『若者達が一時的とはいえ解き放ってくれたよ』
               <::::::::::::::::::::::::ゝ
            从::::::::::::::::::从           『誠、感謝の念に堪えん』
.                乂{从ル'.
           >-‐"~ ̄~~‐-<_          『ああ、叶う事なら抱きしめさせて欲しいほどだ』
           / |       / / ヽ
           ,' .| /``~、、{/             『彼こそまさに至高の英雄だよ、この私にとってね』
          ,'  ',       |i   |
             ',      .|   |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






//////////,            , -y'´          ヽ        ___,ノ///////////////////////フ
//////////{             ,,. イ/       ヾi  ', ヽ       ,r//////////////////////////,/
//////////,|      ヾー''  / ,         ト、/!  ',     }//////////////////////////  .
//////////,ハ       ` ̄// ,     }!    |/〈|  ト.   ////////////////////////,<__
///////////∧        {/, |  ,  , ノ!  ト. |' `|  ,  ', ///////////////////////////>
///////////,'ハ      / j |! /  //::|ハ. }::', レ', |: / .ハ. V////////// `ヽ//////ー-=ニ  ̄
/////////////,ハ.   ,.イ  /  | /  /:○::!|:| /::::}リ| !i|/;;/ },////////,.ヘ.| ,、  V- 、/////ミ:.、
//////////////∧ ー- ''´/, /| { ,イ::::::::::::::j    |:;:,:!''´-.、////////,ヽ. ヽ.,}  ',. 〉//<´ 気狂いめ……何故生き返らせた?
////////////////ヽ.  ,// /イ,,,レ ノゝ  , =-  |:::/三≧} _____ /ヽ. / / / ̄ ̄`゙
//////////////////\ j;;/ ';:::|Y;;:/ > ..,,__ /レ' }:::::::::/:::::::::::::::::::::::ト、 /    {`ヽ      私はあの戦いで納得を見出した。
>-.////////////////,ハ.    ヾ!レ'ヾ´:::::::::::ヽ, --.. ノ!:::::::::!:::::::/:::::::::::ゝ.     ,. ┴ 、}
`≧//////////////////≧=ー-.., -'! }\:::::r' ___ ノ.:.:.:{:::::::i::::::::/::::::::,::::::::ハ. >/::::::::::::::}、    それを、メルクリウス貴様ッ!
 `''ー-=ァ//////////////////,/:::::::j/::::_,ゝ:/ /.:.:.:.:.:.:.:ミ:::::{:::::/::::::::/::::,::::::ハ__:::::::::::○::::/ハ
    ////////////////////.j '´::::__ノ {.:.:l__.┐.:.:.:.:.:.:ヽ::::ヽ:::::::::{::::/::::::::::::::`ヽ.::::::::::::::::::::',

.

6408猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:35:19 ID:xvsUeTTU







                        γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                     |   納得? 納得と言ったか、これは面白い。
                     乂____________________..ノ






                     ,ィ'"´ ̄`ヽ_,....、
                      {  ,ィ":::::::::::`ヽ::::丶
                        /´::::::::::::ィ:/::!:::::丶::::ヽ
                    /::::::/´:::::::i!:/:::::::::::::i::::::.、
                    /イ::/::::::::::::;:::!i:::::i!::::::::::::::::::\
             ,ィ≦´:::::::::::/::::::::::::;ィ/::!:/:!:::::::::::::::::::::| i
             ,ィ彡/:::::::::::/:::::::::ィァ//:i/:::::::::::::::::::::::! !       たかだか一度の負けで膝を折り、諦めるとは
            ,イ/':::::::::::::/l/::::::::;/ ̄/:::::::/:::/i!:::::::::::::::::|´
          !::!/::::::::://:/:::::/:|'! /|::::/'"´` i´l:::::::::::::::!        いやはや英雄殿は随分とか弱い乙女らしい。
           |::'::::::/:::://::::::/::!ヽ  !:/-─‐   〉::::::::::::l
           |:::/::::::::::l':::::::/::::|:::::\ '     /:::::::::::::/       これでは生前背負っていた物も
.            /:::::::::::::::::::::::::/:::::::!::::::::| >  _ /:/::::::/::::!
.         /:::::::::::::::::::::::::/::::::::::!::::::::`ヽ /::::/::::::/:::::::::〉      さぞや軽かったのだろうなぁ――――
      ,..ィ::::::/:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/::::::/::::::/:::::::::::::\
   ,...イ::::::://:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/::::::::/:!':::::::::::/:::::::::::::::::::::\






     _〃  .      ″    //   ___                    ヽ.\            \
    .〃   |      l゙    / !二ニー'''"゛                     ゝ .:ヽ、         \ー―ー 丶
   .,i./    .l      i′  / ,r'"                        _,,,.. -ー''ゝ ゙、\            \.、
   ,/    .|         !  ./ ./                  _,,.. -ー''''"゙´ . .....丶丶'.l l`゙゙''、         `'、  .'''
  i.l′   .!         |./ /゛__ -―ニニア ,,.. -‐'''"゙.,...丶丶.`´        l .l  .\            ヽ
  /′    .l      /  `゙,゙,,.. -ー'''''"´.-'''. ___                  l. ..l   \         \
 〃     .|      !''''"´.._,,..-‐'',゙、 .‐' .´. "゛ /./                     l : 、   ヽ.         .゛
. 〃     .l゙       |‐'". -."      _,,, -‐′゙';;二ニニ               ゙l, .'.   .ヽ
. l゙      |       .,!          ∠ -ー''''" ̄            ,,,,、-∠    l .'、    ヽ
..!     . l       ,!                             )   /  ,、'て ,,、ィ     ヽ
   ...-" .!       !                            フ /_,,、-イ /./ /.      ヽ
..'"゛    .l          |                          ,, /  ´   / / / /.│   ,,,、-ーァ
       |        |                        ィ, 、- '"   r''ー "/__l. / 」 ,,イ /   / ._-ヽ
       |       │                       ノ'''´  ,,、-'"/ /  ,,イ   /// .| / /,,,、イ  .ヽ
       |           |                     イ ,、-'"  ノ  / ,r'" (     )  (///´  /   ヽ
       |        !                     /'´" /(  ) / ノ  /    ノ /  /  /     ヽ
      │       │                    }  / /. /  )  |    //   / /       l,
       .!           l                       イ  } /  /  / /..-'″      //        _.ゝ
       .|            !                      / /  | /   //."゛                 _ /  ′
       !            l                     /,/  |/.-'"゛               ,..-'´

.

6409猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:35:59 ID:xvsUeTTU




                         _____-= __〉=‐- __
                  |       __ -========∧__〉__===)>
                \、_ノし   -===========_{--r三ヾ/   ――――――――ギリギリギリギリ
                 `)(´ ./------}=======人--r久〉
                //^´ .}--------\====== <∧__〉
                 ,    }---ヾ´/厂/ ̄厂7 `Y ヽ,__〉\
                 }----{/  /  / /   |  |∧__〉 \
                 }----_\ イ  //{ |   l  l  } __〉 Y⌒   {YYY
                /}-----〉-ヽ__}:::::::::И   ! j   },__〉j 〈`Y___ {_l_jノ∧
               /-_∧---/---}¨7:::::::::: |  ∧-- / } __〉 }_ノ\) //=-_   それ以上、喋るな。
                  l{----∧__/---/八\  人/○:又 ∧/∧__〉 Y_r'´ ノ/===_
                八-----У--_/-_\::::::::::::::::::::://---、  __〉}\__/====_}   続ければ、首を落とす。
                 \---{----{---__〉、__,. イ(-/ / /_ヽ __〉========__
                 `Y人-/----/\ }<--/ / /---}  __〉======__/
                  人/-----_/::::::::::Y!::::マ∧_、イ--/--- __〉⌒∧=/






: : /: : : :/: : /: : : : :/|: : : : : | |: :/ |:ヽ: : : ',: : :l: : : ',
: :|: : : : : /: : : : : l: :|_|: : :l: : :| |/__ |: : :ヽ: : : :|: :l: : : :',         目にも止まらぬ抜剣、怖い怖い。
: :|: : : : /::/: : : :|: : | |ヽ: l: :| /f狂`/: : |: ', :|: :|: :l: : : : ',
: : |: : :/: : : : :|: :|: |:| |: ヽ: |  ""'/: : /|: :l: : : |: :l: : |: : ',       しかし、アルカナ同士争ってはならぬ以上脅しにすらならんよ。
: : ',: :|: |: : : : : :/:|   |: :/ヽ   /: : :/ |: : }ヽ: l: : l: : i: : :',
: : :∨: |: : : |: / || ,、  |:/   /: :/  |: :|: i',/| : i: : :ヽ: : ',       そもそも私は死なない、いや死ねない。
: : : :|: : : : /|/         /: /  /"|ノ:|: : :l: :l: : : :ヽ: :',
: : : : :|: :|: | ,           |::/  / //:/: l: :l: : i: : : : :',: ',      ……それで? その程度のものなのかね?
: : : :|:/: 、| `゙" ''''' ‐‐ ―一 |:|  /´:/:/:/: :|: : l: : l: : : |、ヽ
: : : :|: :|: |           |:| ,.イ:://: :/: : |: : :l: : l: : : | ヽヽ      君がかつて背負った物の重さとは、夢とは。
: : : |: : |:|\          |::|  |/: : /: : : : : :|: : |: :|: :| ';::';
|: : : l: : i: | \      ,、-'"|:ヽ |/: : /: :/: : : : :l: : i: : i: :|  l:::i     ――――我らが聖処女殿の使命を果たし給えよ“星”。
:|: : : : : l: |   \  , -'"   ヽ:ヽ: : /: :/| : : : : l: : l: : i: :| ノノ






               /              :. ヽ
             '             | |     ふざけるな! 私はもう叶わぬ夢から覚め、納得したのだ!
             .'                | |
              {∧             l | /     死者が今に口出しすべきではない。
              |::::|/l /| ,ィ、    /}/:j::::|'
              |∧:::、::::./::l::::l /:}/::,:::/|::/       そもそも我が希望とあの魔女の命令は相反する。
            /_}∨、{∨∨イ/{/}/-}/-、
           ,...::::::::>-r―――-、/::::::::::::::.     言う事なぞ、聞けるものか。
          /::::::::/: : : :j: : : : : : : :/:::::::::::,. -- 、
         /⌒ヽ::::{: : : : {: : : : : : ::/-- ´ _,..---.ヽ              γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
           {: : :、_/: : : : |: : : : : : :{-―: : :´: : : : : : ,             |   ……嘆かわしいな。
         、: : : : ,': : : : :/: : : : : : :乂: : : : : : : : : /            乂___________..ノ
         \: : {: : : : :{: : : : : : : : : :`、: : : : :、_〈

.

6410猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:36:30 ID:xvsUeTTU




              ///////l/////l//////!l/////,l'!'"l'!l'////!'//!/l'///∧
          ////////!/////l//////!.l'////,リf刋「l////!//l//!'///∧    成すべきを、夢を放棄するとは……。
.         /'///////,!/∧//l∨////l l/// /  ̄リ l////!//l'//!'///,∧
.       ////!//////l'//,lV/,! ヾ∨//!}// /   ,l !///.!//l//∧'///∧    折角幸運を拾い、
     //////l//////∧//!゙、ゝ、  ` ヾ ソ    ′,!//////l///∧'///∧
.   ////////,!///////∧'/!'.\     ヽ '    /l//////l////∧////ヽ   第二の生を得たというのに。
.  //////////,レ‐-.、/l////lV! ( .\  ー 一 ,. '  !//////l、//,-―‐、'///,\
. ,.'///////////   ,. !'///,! ゙,! \ .丶   /   /l'///l///l \    ∨'////,\我が友ならば、こう言ったであろうよ。
///////////  /   !'///l ヾ、  ヽ `     / !///!'///!        }'///////ヽ__
//'" ̄ ー'′      .l'///,!   `    \   /´  /.l///l////!  ―-  ´ ̄},.-‐  ̄,. -‐, )



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          {   |  r彡  ヘ  \           Y
          |   |  |⌒\   ∨ ∧ / .人     .i
          |   {  |   \ ∨ ∧{_/  \  │     γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
          |    ∧ |___, >─ 、´∨ ∧     |      |   “――――まだだ”とね。
         ∨   ∧.{    /  Y  \ヽ、∧    .|      乂______________..ノ
.          ∨   \==彡    .}从∧ \≧}     }
          ∨Yヽ  \      , }   \≧从// ̄//`ヽ
           \、う─ 、 ≧=─    >‐  /从    { {   \
         /_/ _  \    /    //{     | |     ヽ
        / ̄ ̄二二二}\\        ./ 人      | |      }i
        ./  >─ 、‐┐ } ヾ>───イ ∧  \  │|      ||

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                                    _
                 (\        ___      / :|
                    〕ヽ``丶、/ '⌒ヽ _ ノ| >'" ノi:|
                  }ノ \ : :. { ~ :. :. :.ノ : :{ /  j
                  ∨ノ y   :{\``~、、  \ノ  :ノ
                  ヽ .:/   .:|:. \   ``~、、∨{
                   { / :| .:| : :.   ``~、、. . . ``~、、__
                   :  | .:|:/`、:. .  \:. . . . . . . . . . --<
               __,.ノ.:i  | .:|__`、:\:. {\:.斗‐:. :. :. :. :./
              \:. . . .八 :从:lx===ミ \:. :.:ィf丐 》i:. :.| 、 ̄\___
            {\     7<ヽ :八 vソ ヽ \ vシ  |:. |:. >    /   やっぱり、あんたは……。
             :. ` ー=彡  :)/|\:.、    ,     /:|:. |V.: :. :. :. /
             \/  r‐=彡: | .: |込.u _    ァ ' : |:. |:.\_:.〈
              /:. :. :. 乂:. :. : | .: |ニ个 .,    /|__:.  :. :.  /:. .ヽ __
            /. . : .: }ー=彡:. : | .: | ``~、ー   |/∧:. V ̄:. :.人:. :./
_>   _     { ⌒ヽ人 :. ノ / | .: |_      ̄. . . .//∧:. V ̄:. :. :) ̄\
_:ノ / ̄ Y ,,┐   __ /:. / ̄ ̄ | .: | ``~、、______,彡イ/∧:. V_:/:. :. /
ノ /   :.ノ/ー}   \:. :. :. /      j 人      ̄~  //  ',: ',  \:<
ト {  . / {  {    \:. :{      ∨'   \____/    :. :{    :. : \
ヽ:|: : : :{ 、{ . :|     〈二二ミ /        ヽ  /         \    i: :. :. :.
: |ハ: : : |:/: : : :{_ }\_ ノ    /___       ∨      ___'   |:. :. : }

.

6411 :梱包済みのやる夫:2017/09/23(土) 09:37:04 ID:3tiQsqZH

そもそもそいつら勝ち負けがどうとかいう前提になかっただろw(認識捻じ曲げられて暴走強制)

6412猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:38:48 ID:xvsUeTTU




                      {  ,ィ":::::::::::`ヽ::::丶
                        /´::::::::::::ィ:/::!:::::丶::::ヽ
                    /::::::/´:::::::i!:/:::::::::::::i::::::.、
                    /イ::/::::::::::::;:::!i:::::i!::::::::::::::::::\
             ,ィ≦´:::::::::::/::::::::::::;ィ/::!:/:!:::::::::::::::::::::| i
             ,ィ彡/:::::::::::/:::::::::ィァ//:i/:::::::::::::::::::::::! !   どれ程の苦難と恥辱が待ち受けようと
            ,イ/':::::::::::::/l/::::::::;/ ̄/:::::::/:::/i!:::::::::::::::::|´
          !::!/::::::::://:/:::::/:|'! /|::::/'"´` i´l:::::::::::::::!    我が友ならば“光の英雄”ならば
           |::'::::::/:::://::::::/::!ヽ  !:/-─‐   〉::::::::::::l
           |:::/::::::::::l':::::::/::::|:::::\ '     /:::::::::::::/     一度決めた目標は必ず成し遂げた。
.            /:::::::::::::::::::::::::/:::::::!::::::::| >  _ /:/::::::/::::!
.         /:::::::::::::::::::::::::/::::::::::!::::::::`ヽ /::::/::::::/:::::::::〉        γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
      ,..ィ::::::/:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/::::::/::::::/:::::::::::::\       |   そいつが誰かは知らんがな。
                                          .乂______________..ノ






       /イ/              \    \  ':,
.      / /   / ,    i |    ',- 、/∧   !
    / /    ,  !  |   !, |\   ', /∧/!  l      何故貴様の言う事などを聞かねばならん?
     { .! ,  |  |  {∨ | リ 、 \_∨ ヽ{  {
      { | | T{ ̄{`ヾ ∨{ `ヽ/ヽ} {    ', !      至上命令と些細な規則以外は自由だ。
      | | {  !下斥㍉ \ イ斥圷、{ト,   {.::{
      }:.l:ハ l八弋ij,ソ    弋ij,ソl !ハ   l八      従えたければ“魔女”か“姫君”を呼んで来い。
      |:ハ::::、::lリ      '      |:::|-'!....::..!ヾゝ
     /イ:ヽ:}:::八    v⌒ヽ   ,ィ:/l:/!:::::::|-- 、        γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
       ////ハ::>   ー ' イ/r=} /j:::::://///\_    |   その通り、我らは至上命令以外は自由の身だ。
      //////} {/ !/r二二-、/ |//{/l::::///////////>  乂______________________..ノ
     {////////j//:.:{o   o}:.:.!//∨:イ//////// //
     `ヽ、二二/l/{:.:.:\__/:.:.:l///{//////__/: :/






     ,': : : : : :.:./: : :',: : : : : : : : : : : : ハ: : : : : : : : : : :‘,       なのに何故、もう一度生を謳歌しようとしない?
    .{: : :.{: : :.´{^ヽ、 | : : : : : : : : : : : |. ', : : : : : : : : : : ‘,
     | : : |: : : : ', /} | : : : : : : : : : : : | } : : : : : : : : : : : ‘,      折角蘇ったのだ、至上命令を適当に片付けながら
...   .| : : ',.: : : :.弋)j }|`i: : : : : : : : : :.|./: : : : : : : : : : : : : :‘,
      ',: : :.:' ,:、ヽ、\ ||. | : : : : : : : : : リ.',: : : : : : : : : : : : : : :‘,     今一度、夢を追い求めても良かろうに。
      ',: : : : }ヾ!. `ヽリ ',: : : : : : : : : | . ',: : ∧: : : : : : : : : : : ‘.,
     .人: :.:.ノ __       ,: : : : : : : : | ./}: :.} ハ.: : : : : : : : : : :.:.‘ ,   叶わぬ夢? すでに蘇生が望外の奇跡だろう。
       .个ト. ._`ト、-= ´′: : : : : :.:.:|/ .|: :,' / ',: : : : : : : : : : : : : ‘ .,
.      | |: : : : :.| : ヽ  ',: : : : : : :.:.|  |: :l/  ∧: : : : : : : : : : : : : : :.:‘ それを忘れて、たかが一度の敗北で投げ捨て、
        | |: : : :.:.| : : : ヽ_...: : : : : : :|\!: :!  /  ` :、: : : :.:..:_: : : : : :
       | |.: : : :.|!.: : : : : :.:.',: : : : : : :| .|: :l /    //`¨./    ` ¨ …- 諦めるのかね? いや諦められるかね?

.

6413猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:40:02 ID:xvsUeTTU




            |:. ∨:. :. :. ,〈  : /:::.  /   \         ,  ――<    /  /
     i   人|:. :. :. :. : : i }  }/:. :. :.-―― .......  \___γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
     |    i : |:. :. :. :. :. :.| し'"        -= :::::::::::::/|   いいや否だ、私は諸君らが不屈の英雄だと信奉している。
   /:   |:. :. :. :. :. :/:. /      / ヽ     ヽ/:. :乂__________________________..ノ
.. /   `、 人:. :. :. :. /:. ,    :/        \   :. :/  V:  / V//|/ ̄ \:\    /
/     `、  >― /:. /   . :./ /           ∨.: :. :. :,  /   }/―     ヽ :    /
       <: : : : / /:  . : //|         `、   `、 `⌒ / /. //" ̄ ̄ヽヽ   | i  /
      . : : :,ヽ ̄,:  . :  .:.:/\| :. |  :| |  `、   `、 /―=彡'         |   | |  '  /
    . : : : : : : /\|.: :i:. : .: イ トミ | :. |:  .:| :.   `、   ∨:. :. /         i |   | |/ /
  . : : : : : : : ,: i |: :.|: :i: /人 vシ ハ:.:|:. :. ::ハ|ヽ:. |:. :.`、 :ヽ r '          | |  __,ノ イ
 . : : : : : : : : : | V :|:. |.:i  `   i:.|:. :. :|斗--ァ: . . :. :. . . :\、         ,  /   /
: : : : : : : : : : :i  | /从: : :{:       |:ハ:. :. | vシ }ハ :. :. :. :. : {  \         //     ,    だろーね、そういう人だ。
: : : : : : : : : : :|  ∨ / ヽ圦        :. : | `¨´  ヘ :. :. :. :. |             /    /
. . . . . . . . . . . /,: ∧    、 _  _ '  \  / | :.\i\:. |        /    /
. . . . . _ -=    i .\:.    \   _ノ   イ . . 人 :. \ ヽ        /     '
_ -=       ∨ \\     ー‐=≦. . . . ./   、  :\――‐=≦   / /
           、:. :\\  . . . . . . . . . /      \ _ ``~、、.: :./   /






: : //: : :/,;-''": : : : :/: : ',::',: /|: : :|、: : : ヽ: i: : : : :',
: :/: : : ´''"/: :/: : : : :/: : : : :/''|: : /‐|: : : : |: :l : : : : ',
: : /: : : :/: : /: : : : :/|: : : : : | |: :/ |:ヽ: : : ',: : :l: : : ',
: :|: : : : : /: : : : : l: :|_|: : :l: : :| |/__ |: : :ヽ: : : :|: :l: : : :',
: :|: : : : /::/: : : :|: : | |ヽ: l: :| /f獣`/: : |: ', :|: :|: :l: : : : ',
: : |: : :/: : : : :|: :|: |:| |: ヽ: |    '/: : /|: :l: : : |: :l: : |: : ',
: : ',: :|: |: : : : : :/:|   |: :/ヽ   /: : :/ |: : }ヽ: l: : l: : i: : :',
: : :∨: |: : : |: / || ,、  |:/   /: :/  |: :|: i',/| : i: : :ヽ: : ',       どうか答えを聞かせてはくれないか?
: : : :|: : : : /|/         /: /  /"|ノ:|: : :l: :l: : : :ヽ: :',
: : : : :|: :|: | ,           |::/  / //:/: l: :l: : i: : : : :',: ',       叶わぬ夢に、届かぬ想いに手を伸ばし続けるのか否か。
: : : :|:/: 、| `゙" ''''' ‐‐ ―一 |:|  /´:/:/:/: :|: : l: : l: : : |、ヽ
: : : :|: :|: |           |:| ,.イ:://: :/: : |: : :l: : l: : : | ヽヽ      卿らがどちらを選んでも構わん。
: : : |: : |:|\          |::|  |/: : /: : : : : :|: : |: :|: :| ';::';
|: : : l: : i: | \      ,、-'"|:ヽ |/: : /: :/: : : : :l: : i: : i: :|  l:::i      私の想いが揺らぐ事はない。
:|: : : : : l: |   \  , -'"   ヽ:ヽ: : /: :/| : : : : l: : l: : i: :| ノノ
: : : : :l:;:;l::|    `´     //|ヽヽ: :/ /: : : : :l: : :l: : : : |//








                            γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                         |    ・ .・ .・ .・ ・ .・ ・ .・ ・ ・ .・ .・ ・ ・
                         |   私は全てを愛しているのだから。
                         乂________________..ノ








.

6414猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:41:09 ID:xvsUeTTU




                         _________
                …… … ────────────── … ……
      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・



. ..:. . (         . ..  ..:..   . ... .    .. .:.:.: ...  (⌒     r'⌒ヽ ..  .. .. .... .  . .. ...:.:.:... .
... . .    .;i;';.      . ...  ......  ... ....    ...          ⌒ヽ    . .. .:.:.:.:..      ..
   ,.;i;';.,,;;`;;i`、    ... γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶  . ...  ......       . .. .
  ,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,.     .|   ――――ふむ、それで    |
 ,.,;:;;`;;i`:;:i;,|i!''"       乂_____________..ノ      .;i;';..;i;';.
..... ""'|i!''''"  i|!、....,........... .......,.,.......,..,.,,.,,. ...... .......,. ,.......,..,........... ...    ,.;;.;i;';.,,;;`;;i`、;i`、 . ...........
'::',:'':';:,.,i|!、:.,"'`::'::',:'':'`::'::',:'':'` "'"' "'''.''' "'''.''" '::',:'':';:;..,"'`::'::',:'"'`,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,;:。;:;;, ,.;i;';.
 "''    ::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;:;;`;`;;i`:;:i;,|i!''";,|i!'',.;;:。;:;;::
'::',:'':'`::'::',:'':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::', '""''|i!''"  ,i|! .....i|!,.,;:;;`;;i`:;
'::',:'':';:;'"'"''::',: '"'"''::',:::'::',:'':'`::'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,":,.,i|!、'`'::',:、'':';:;..,..、""'|i!''"
',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::              '::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::',:'':'`::':: '::',:'':';:;..,":,.,i|!、
:::       ;..,"'`',:'':'`::''" ;;                    :::;..,"'`',:'':      :::;..,"'`',:'': ;:;:



          } : :〉   〈     /  /  '  :`、- ミ γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
            :.〈    7   /      {    \  |   君は“星”と共に行かないのかね“太陽”?
           \ ゞ _〉  '    .:/:. :.:/}   `、  `、乂____________________..ノ
            '^}人彡' /  /  :/:. /  |   :|   :.  :. 〈: ノ
           /      '   '  ://  _:|   :|:.  :.  :.  :.:\
             /      i  :| ..:/  ___ ∧ :.|:. :. . :. :.  、:. \
           '       へ|:.  :|:. i一《 f^ハ ヽ:. :.:{ 、 :. :.  :. :.  \⌒
         /|    / '⌒|:.  :|:. |   乂ソ   、 : \ .:.  :. :. {:. \
   ___彡    人 {:|:. : |:. |   ´¨¨¨:::::::::::::\ fハ\:. :. :. :. .、 ̄    ……なんで、あんたが三大魔王側に居るんだ?
   \     r―‐=彡 ヽし|: : \:. .  ::::::::::::::::::::::::::::::vソノ''\:. :. :. :.\
    >'"  人:. :. :. : : : ゝ:|:.从:| \:、            〉 / |:| \ :. : \\  魔王の傍に居るのはおかしい事じゃないさ。
  /    /   ̄ /:. :. : : | :. :.:   \  -       ,:. :从   ―― ´
  '       __彡:. :. :. :. :|:. :. :i          '    /:.:.|  \_       でも、本気でこの星を滅ぼす気なのかい?
/ ̄ ̄, : : : : 乂 ―――<| :. :.:i \            ィ:. :. |  /
   / . .: .: .: :{       |  :|~、 > ,,     イ :|:. :. :|:. :. >        全てを受け入れると言って――――
ー=彡.: .: .: .: ノ_}____ ,   :.|   ``~、、-<:. i :.|:. : | ̄

.

6415猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:41:49 ID:xvsUeTTU












                  γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                     |   ティルナ・ノグを建国した双首領のあんたが。
                     乂_____________________..ノ
















━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            lヘ ノノ /_,,. -‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
          l l l ヽ  _,,. _ _ ::::::::::::::::::::::::::::x:::::::::::/
        _ =l{彡 ヘ  \ ヘ =-':::::::::::::::::: / /::::::::::/ /
       /  / /lヘヽ     ヘ:::::::::-=ニ/:::::::::::://:/
         イ /  lリ|k ヽトメ ヘ  ニ=-::::::::::::::::::::::::::::::/
          l//l lト-_ヽ ヽr;yヽ     ::::::::::::::::::::::::::::/
         //l/kヾメi \\ヽj、    :::::::::::γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
         .   l l ト ` __ヽ_,ヽ l  __ ::__:_::::ミ.|   なぁ教えてくれよ、ハイドリヒ卿。しかも、その姿は――――
            ヽ ヘ ヽ=_ ' ヽイ| |;;;l l/////l.乂___________________________..ノ
           --l \\  イ:::::l l l;;;;l l/////l
          ll三 | l l rイ ∧=-l l l/ヘ∨//人ニニ=
          l lレ   l jヘ/ ヽj l j ヽレ/////////へ
          lノ/  ノ ///ト--  /  ///////////////l                               ダンタリオンの系譜
      _,, ‐''"´ / / l///lヘ ∨/l  l///////::::/;;;;;;;;;::::l:::;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ;;;;;;;;ヽ   その名で呼んでくれるな、“遅れてきた子”よ。
      l/ // /// ヘ//  ヽ∨l  l////. /:::::/;;/;;;;::::::ハ:::::l::;;;;;l;;;:::l;;;;;;;;;;;i
      / /ヽ/ /∨A /  / ヘ l  l///./:::/::;;l;;::::::::/ i::;;;l::;;;;;j;;;:::l::;;;;;;;;;;i   ここに居る私はただの残骸だ
     / //// //l ∨A   / / ヽヘ  / ./:::/l::::;;i;;;:::/--l::::l:::;;;;/:::::j::;;l;;;;;;;l
    / /l//{  {マ//jl//A  / j  ヽヘ ∨ /;;;;j:::l::::;;;!;;:::l-=イl::i::::;;/○/::l;;;;;;;;l   “世界21”の“裏”、メルクリウス。
   j/ .|//l lllヘ//l レ イ {   {   l_ll j /::::/::::l::::;;;l;;:::l   リ:::/ l/;;;;;l;;;;;;::::l
   l::l .|/lj  l/ヘ/ALkyノ l   l  /  } /::::::;f-i l;;;;;;;i <;l 、 /   イ-l::;;;;;:::l  奴に名も姿も奪われた影法師に過ぎんよ。
   l::l .|/ll  |///l/A / ヘl  l  x--- /----j l .l;;;;;;;l ヽl\ ̄- ̄/ / l;;;;;;:::l----z __
   l::::l |/l  l/// l/Aヘ  l   l./        j l lト;;;;;;lヽ ヽ > <   / l;;;;;:::l      /\
   l:::::l .l/l  l/// l/lA ヘ/A  / ヘ      j l__.l;;;;;;;l ヘ / ト-イヽ/===l;;;;;:::l     /   l
   .l::::::V/∧ ヽ/l l//A ヘlA /  ヘ     | /l;;;;;l   ヽ\{;;;;;;}/    l;;;;::l     /    `i
    l::::::::Y/////l l///l .ヘ/ /   ヘ    ゝi  l;;;;;;;l   ヽ l;;;;;;/    l;;;::::l   /     `i
                 /    ヘ      l;;;;;;;;i \  l;;;/     l;;::::l   i       i
━━━━━━━━━━ /      ヘ   / l;;;;;;;;j  \ /      l;;;;;;l   i      _,,. -x  ━━━━━━━━━
               /       ヘ   \ l;;;;;;;j    /        l;;;;;l   i _,,. -‐''"´   ヘ
              /        ヘ    j;;;;;;;;l    /    _,,.- ''"´.l;;;;;l_,,. -‐''"´     ___ ヘ

.

6416猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:43:09 ID:xvsUeTTU




                  | }   :, /  γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                  | }   /    |   無力な私はただただ魔王様に頭を垂れるのみさ……。
                      ヘ.  /      乂__________________________..ノ
                    \. /     :/|      \   \  __,,_,_,_/ /
                       ∨       :/ ゙|           \   \   ,/|
                        /      :/ |    | l|      \    \    :|
                   |      /  :|    | l|\           ≧=-+-一
                   |  /  / \,,|    | l|::::::\         \__|___         いーや、嘘だね。
            |\____,j  /  {,,r<_ |∧  | l|::::::::::::\           __/
            |        :| :∧   {人乂心ミヘ  | l|:::::::::::O:::\r―‐-  ,,〔___\____   あんたはそんな人じゃなかったよ。
.             \       |/ .∧ :{:::::::≧=‐::∧ | l|:::::::::::::::::::::: \   :|/ニ,「 ̄         /
                \_,  | ./ ヘ {\::::::: /ノ::|\l ̄ ̄ ̄ ̄ ./|  |二/   \__,/    何を企んでいる?
           __/    /  | .ヘハ   ̄  ヽ::l.         / :|  |ニ≧ミ    \___
      ,.:'^'^'^'^'^'^'^'^'^':.、_  |  | . 圦    ______.,     |  |ニニ ∧        /
     ,:'   -- ..,,__   ':., /  :|  |  | \  ``ー三三‐'^  /,x≦|  |ニニ/,∧    ___/
    ,:'  ,:'       `゙':.,. ':.   |  |  |/   \       。sく ,/ニ= |  |ニニ/ニ|     ̄\
  ,:'             `゙':.,'^':.,,   |  |  /∧   -‐=≦    /二ニ |  |二二二 |丶    r一
 ,:'         `゙'' ..,,   {  ,:'   |  |∨ /,∧           }ニニニ|  |二二ニ/   \   \____
,:'          ..,,    `゙'':.,ノ ,:^   |  | V / ∧       ..。s≦三 |  |ニニ/      \      /
              `゙:.,    }'     |  |  ∨ /  ー=≦     /ニ=,|  |一'^          \  ./
                `゙:.,ノ       |  |.  ∨         /二,/|  |            |/






                _,,,,... -―- ._
.            , ィ/////////////,> 、
            //////////////////// \
.           ////////////////////////\
.          ,'//////////////////////////ヽ
.          !'//////,i//////i/////////////∧
         l///////l///'//,!////////////,!//!
         l//////,-!'//l'/l/!//////'‐!'//////,l
.          !゙/////〉:l'//,!'/l/V///,'゙ ///////,/
.          l'/////l !//,!'/l∨//ー‐//,イ-///'゙
.           i'///l'/,l !'////! ヾ{   /'゙  、'//'     企むなどと、人聞きの悪い。
.        /////!'/,! .l'////!       , ィ/!
         ////////へ!////l、   ` ー ,イ///!      何も、昔と変わらんよ。
.     /////ノ/// .!'///,l. ,.、z,,,,,,,.ィl////,l
      '/////////'  l'///,l'  \彡',l////,l       成すべきことを成すのみだ。
.     >'"ニニl,イ/,.'\  l'///,l ,...:':/ニ、l////l
    ニニニ,イ/, 仁ニ\ l'///,l'ヽ:::/ニニ!'///l       そもそも今の私に何が出来るというのかね?
    ニ///ニ', ニニニヽ!'///l !lV二二l'///!
     ニイ'//ニニ', ニニニヽ///!.l二ニニ!'//,!

.

6417猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:43:41 ID:xvsUeTTU




                                     __
   γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶        ,、丶`  ――― ``丶、
   .|   私が、信用できないかね?         /   へ          \
   乂______________..ノ    / ⌒  i   \
                             '      |      \  \    ',
                               /   . : :/:|       \  \   ',
                            '   . : :/ | : . .  |\  \  \  、    信用できる要素が何処にある?
                           i   . : |―八: : : : : r――: : . .      \
                           |::|:|: |: ::|ィfチ示: : : : :Vアチ宍 ____彡' フ 何かは出来るだろ、何かはね。
                           |::|八 |: :.|  Vzリ\: : :.ヽ Vzリ |: : : i:Y |  < __
                           |人__\:.乂      \{  \   |: : : |人|: : : : : /……だけど、いいよ、わかった。
                            _ ノ|:.:〈⌒    `        |: : : |: : ヽ¨¨¨´
                            \ : :|: 込   v  フ   イ|: : : |∧:ノ     取り合えず、命令には従うよ。
   (⌒ヽ                             ヽ:|: : : |\      / _l:|: : : |::7
    \ 〉⌒ヽ (\                     |   :|、_i  ー ´ / |:   |/        あたしも途中で物事を投げ出す
      V/⌒\', ',                       |   :|i   ̄ ̄ ̄  /:|:   |:\
        〈 ̄__ミ) \ }               ―< |  八    _,,.、丶´   |:   |::::::|       無責任にはなりたかない。
      人j }\  `、          /      j  /   ̄         |:   | ̄ ̄``丶、
        \   \  }           '    :{   /  ' 、 ___  / |:   |       ヽ
         `    )人        /    . : :  '  /  \__,,.、丶´    |:   |        `、
             ト 彡ヘ        ( 二 ̄ /   i  i  \  /       ,   ,         .
             {i _彡ヘ      /  ̄ア     |  |    {: :/       /  /   /: : : : :   、
            〈 __彡ヘ    ( ̄ 7____ |  |__∨____/  /   ヽ: : : : : . . . / >






                                 γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                     |\           |  でも、いつか必ず考えは話してもらうよ!
                     | ./           乂__________________..ノ
                     |/\
                    . \∧
                            / ∨V7                    i
                        .|\/ /l/l/                    |
                         `7/           `.、          .i|
                          /′    />.          \、         i|
                           /    ./′/>.         \、     .|i|
  -----------------------------------../′..゙-----------...\ 、   .|i|
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────. \__/\...────.. \ 、 ,ノ し ’‐ ‐‐
──   ────‐‐───  ────    ` ̄ ̄ ゙̄‐ ─‐‐゙___) ≦⌒──‐‐─
──  ────  ‐ ─‐‐── ─── ──‐‐‐─ ‐... ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒ ^..──  ───‐‐
─────  ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──






.

6418猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:44:09 ID:xvsUeTTU




: : |: : :/: : : : :|: :|: |:| |: ヽ: |   /: : /|: :l: : : |: :l: : |: : ',
: : ',: :|: |: : : : : :/:|   |: :/ヽ   /: : :/ |: : }ヽ: l: : l: : i: : :',        行ったか、やれやれだ。
: : :∨: |: : : |: / || ,、  |:/   /: :/  |: :|: i',/| : i: : :ヽ: : ',
: : : :|: : : : /|/         /: /  /"|ノ:|: : :l: :l: : : :ヽ: :',          何も企んでなどいないというのに。
: : : : :|: :|: | ,           |::/  / //:/: l: :l: : i: : : : :',: ',
: : : :|:/: 、| `゙" ''''' ‐‐ ―一 |:|  /´:/:/:/: :|: : l: : l: : : |、ヽ      私の渇望は同じだ。
: : : :|: :|: |           |:| ,.イ:://: :/: : |: : :l: : l: : : | ヽヽ
: : : |: : |:|\          |::|  |/: : /: : : : : :|: : |: :|: :| ';::';
|: : : l: : i: | \      ,、-'"|:ヽ |/: : /: :/: : : : :l: : i: : i: :|  l:::i
:|: : : : : l: |   \  , -'"   ヽ:ヽ: : /: :/| : : : : l: : l: : i: :| ノノ
: : : : :l:;:;l::|    `´     //|ヽヽ: :/ /: : : : :l: : :l: : : : |//






__ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―___ __― ___ ___ ̄―= ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―=
_ ̄―===━___ ̄―――――_ ̄  ――――_ ̄―===    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===
__ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――     =__――    =__ ̄―=  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―

/ l                        ( il  ::::::::ヽ //  _,,. -‐''"´::::_,,. ''"´    ::::::::::::::::: ヾ ` =-=イ
 /                     イ / ゝ,,  -‐''"´イ          _,,. -‐''"´:::::::_,,. -‐''"´ ヾ ヽヽ
.γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶  ゝ  ==-   ::::::::/            ≦:::::::::::::::: `::::y /ヽゝ ==-イ /
. |   昔も、今も、想いは一つだ。   l  r  /l l ミミ  :::::::  ===    :::::::::::::::::::::二二二二=- ::::( ( ヽ ::\ 三三
. 乂______________..ノ ヽ/ lK:::::::ミミ=-ミトヽ     ト   \ ヽヽ:::::ヽ ヽ:::ヽ  ヽ ゝ三 \ ヽノ/;;
  ヽ                ヽ    \ ヽyヽソ:::::リ`ヽ ャ `ヽ、トヽ トミミ  ヽ ヘィヽヽト ヽ  ヽヽ  lゝ 二  ィ\イ
   \                \      //ヽ:ヽ` <ソ  ./;从ヽ l l ヽ ト  l  l::リ /:::::ヽヽレヽ .y l::::::::_ ''"´ \ \
       =- _                  _,  -ー= ヽイ  ハ l l l::l ヽ l  l/:/\ヽ ヘ `  ヽl  l ヽ´      \
           ̄ =- 、    _,,.  -= - y ´、       `ヽ / / //l 人 l  l::/  \ ヘ ヽ /  /        /
. .\       \      :ヽy ´          ヽ       y  / // :l レヽ::::::::l    ヾ l:::::V ハヽ      /
   \       \      ヽ、            ヽ    / //  :l l  ヽl:::::::ヽ    ヾ:/::: /ヘヘ =-ー.イ
             ヽ        ヽ           ヽ / /:/  / /   l:::ト ミミz_   // ::: /=ヘヽ
       .\              ヽ  ヽ        / ::::::イ   / /   l:::lヘ ヘ ヽ // / \ ゝ  _ ,,  '´
        ヽ                  =-=  / , -''"´    / /  .γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
          `ヽ\   =-   _ 彡 =  ̄ / /k ヽ      / // .|   私は全てを愛している。
             ゝ-= '           //ヽ /        l  レ   .乂____________..ノ
                       ,,.‐''"´:/   ヽ  /      ハ l   :::     ソ/  ヽ::ヽ、  ミミ、

__ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―___ __― ___ ___ ̄―= ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―=
_ ̄―===━___ ̄―――――_ ̄  ――――_ ̄―===    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===
__ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――     =__――    =__ ̄―=  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―

.

6419猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:44:59 ID:xvsUeTTU




                      ,、-''"/:::::::ヽ::\
                    /:::::/::::::::::::/:::',:\::\
                 ,、-''/::::::::/:::::::::://::::::::',::::|:::::':,
            ーー'"´.//::::://::::/ヘ/:::::::|:::::',::::::::::',           ヘ、
               / /::::::/:.:イ::/ヒッx/:::イ::::|:::::::|::::::|:::',       __ノ´,、ーー`''‐-、,
             _,/´  /::::::/:.:/:|::':,  /|/ |:::/ °/:::::::::::|ヽ     ”ぅ,、-''",、-''_/γ ノ \
          _/´    /:::::::/:./ヽ|、 .,__´ リ /::/|::::::::::::| ヽ      ー`´ `''-、, ノ /   \ _
        _/´     /:.:.:.:::|.:|:;:;:;:|':、 `'''‐`-'- /;/:::::/:::::|              </ ヽ    \>i
      //     /:.:.:.:.:.:.:|:.|:;:;:;:;:;:;|\   ,/;;;;ノ::::::::::::::|               ',`;;-、, /,、-;;";;|
    .//      /:.:.:.:.:.:./|:.|;:;:;:;:;:ヘ  ヽ-'",、|V:::::::::/:::|:|                ヽ,ミミ三三三彡',
   //      /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.リ__μ〈  >, ヘ´   ソ:::::::/ |::|                 ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
 //      /¨二ー=--‐ャ ||;;;;;;;'; i; / | | 〉 /:://;;|::|ーーーー、―――‐-、.,,_;;;;;;;;;;,,,|',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l,
//      /| | / /ー'´フ_||;;;;;;;;;;';ヽ/:::|_//V/:./;;;;/:/|;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;> 〉/////〉 〉;;;;;;;;;;;;;;;;;|;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;,i,
/     // . . ヽヽ////| ||||;;;;;;;;'; >;;;;;;ソ /:./;;||/:/;||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /////////;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
       |/   | .   /;;;;;;| ||||||;;;;;;;;'; 〉;;;;ス /:/;;;;;|/:/|| |;;;/;;;;;;;;;;;/ //\'// /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''-、,,.、-‐''"
     /:|    / ./;;;;;;;;;;/ _, -'"'ー-';/;;;;;;;;',/:./ー/:./__|;;;;;;;;;;;,-'/ /ヽ _ノ/ /__,,.、-‐'' "^´ ̄
   /:.:,,.|. _/./;;;;;',;;;;;γ´;> || <'"´`i,;;;;;;;;/:./;;;;;/:./,\;;;;;;;/;,./ ̄ ̄ ̄ ̄
  /|`''-、,    <;;;;;;;;;;;;ゝ;;;;;;//,   ',;;;;;;;;i,;;/:./;;;;//;;;\\;;;;;;;|  だから……ああ、邪魔だぞ貴様ら。
../:.:.:.|//////`''ーゝ;;;;;;;;∧//;;;;;',ー‐',;;;;;;/:.//:./,、-''",.-'";;;;;|
´:.:.:.:.:.|///////////|;;;;;;;/:.:ト、`'-、'.:::::::::',/:.:.:./:.:/-'",、-''",/;;;;;;;;;|   “邪龍王”、“復讐の魔女”、“銀星号”、“世界”。
:.:.:.:.:.:.:.|''-、,///////|;;;;;;/:.:.:|;;;;;`''-、,',:::::::ソ:.:./:.:/,、-''";;´'l l´;;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:.:.|;;;;;;;;;;;;;; ̄;;7";;;;;/:.:/|;;;;;;;;;;;;;;;;;',/:.:.//´;;;;;;;;;;;;;;;;|::::|;;;;;;;;;;;|     愛し子らを消させてなるものか。
:.:.:.:.:.:.:.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;/:.:./  |;;;;;;;;;;;;;;;/:.:.:/ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:.:.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;/:.:./   |;;;;;;;;;;/:.:./ />;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;;|     故に滅びろ、勝つのは私だ。
:.:.:.:.:.:.:|;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;/:.:/    |;;;;;/:.:/|::|ヽ:::::::::',;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:〈;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;|.:/     ',/:./;;;;;;|::|;;;;;',:::::::::',;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;|       新世界の開闢を飾る華となるがいい。
:.:.:.:.:.:.:'i;;;;;;;;;;;;;;;;;//     //;;;;;;;;;;;|::|;;;;;;;;',:::::::::>;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:.:.:.\;;;;/:.:./     //|;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;',<ヽ>,>.,;;;;i,::'i;;;;;;;;;',
:.:.:.∥:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    // /;;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、:::::\;;;i,::'i;;;;;;;;;',

.

6420猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:46:00 ID:xvsUeTTU




 ///////il     l///////////l       :::∨///////i.l        ::::l//
 ///////l     l//////////ij       :::V////////l        :::l//
 ///////l  ,,,,,,;;;;;l///////////       ::::V///////il   __     :::l//
 //////ilj;;;;'''''   l///////////      _ ::::l///////i.l _ _  二 :l//
 //////il'''     l//////////j_  -     ニl///////l三三三三三三ニl//   私は必ず皆に安堵を与えよう。
 ///////     l//////////彡=≡三三三三l///////l三三三三三三=///
 //////l    _ -l/////////l彡;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l///////l;;l         i///   新たなる世界を、
 //////_ -    l/////////ll彡 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l///////lll         l///
 //////  _z彡三///////iムlll::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l///////ノ         l///    絶対の平穏を創造することで。
 /////l -イ三彡l////////jヽ    つ;;;;;;;;;;;;;;;;;l/////レ         イ///
 //////彡/  l///////i/  ヽヽ::::::::::::::::::::::::::::l//////        イ////
 /////イ    l///////i/    ヾミミ二二二二/////l__,,.  -‐''"´  l////
 ///イ/     l////////=-  ≡≡≡   三j/////l         /////
 ///j      l///////j            j////i/         //////
 ///      l//////i/            //////         //////






                          γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                             |    ・ .・ ・ .・ .・ ・ ・ ・ .・ .・ .・ .・ .・ ・
                             |   そのために、まずは一度壊そう。
                             乂________________..ノ






      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.‘,
      ./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ‘,
     /.: : : : : : : ::.:.',.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.‘,
     ,': : : : : :.:./: : :',: : : : : : : : : : : : ハ: : : : : : : : : : :‘,
    .{: : :.{: : :.´{^ヽ、 | : : : : : : : : : : : |. ', : : : : : : : : : : ‘,                       ア ル カ ナ
     | : : |: : : : ', /} | : : : : : : : : : : : | } : : : : : : : : : : : ‘,          新世界、永劫不変の死者達の楽園を作るために
...   .| : : ',.: : : :.弋)j }|`i: : : : : : : : : :.|./: : : : : : : : : : : : : :‘,
      ',: : :.:' ,:、ヽ、\ ||. | : : : : : : : : : リ.',: : : : : : : : : : : : : : :‘,         この世の全てを破壊する。
      ',: : : : }ヾ!. `ヽリ ',: : : : : : : : : | . ',: : ∧: : : : : : : : : : : ‘.,
     .人: :.:.ノ __       ,: : : : : : : : | ./}: :.} ハ.: : : : : : : : : : :.:.‘ ,      理想は全員の共倒れだが、はてさて……。
       .个ト. ._`ト、-= ´′: : : : : :.:.:|/ .|: :,' / ',: : : : : : : : : : : : : ‘ .,
.      | |: : : : :.| : ヽ  ',: : : : : : :.:.|  |: :l/  ∧: : : : : : : : : : : : : : :.:‘ ,  人の輝きは尊く、眩いものだ。
        | |: : : :.:.| : : : ヽ_...: : : : : : :|\!: :!  /  ` :、: : : :.:..:_: : : : : : : : :
       | |.: : : :.|!.: : : : : :.:.',: : : : : : :| .|: :l /    //`¨./    ` ¨ …- .  故に、三大魔王共の方がやや有利か。
.      ,':,': : : :.,'|: : : : : : : :}.: : : : : :.| ,' ,.' /...|\.//  ./          \         我   々
        //: : : :/ .! : : ,. イ |: : : : : : | ,':,.'レ′ |\ l.|  /             なにせ“アルカナの兄弟達”が居るのだから。
.       //: : : :/  |: :〈 ,r'.}. !: : : : : :.|,':,'./   |ゞl/l.| ,'
      //: : : :/   .|: : :',.!r'./.|: : : : : :.|| |.仁二\. .l.| |
.     //: : : :/    ! : : |.リ/ !: : : : :.:.|| |<\. \\l.| |
    //: : : :/     |: : :.| =_.|: : : : ::.:.|: |. \.\ . \_| {

.

6421猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:47:19 ID:xvsUeTTU




        γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
        |                 アルカナ              ・.・ ・.・.・
        |   何せ今に歴史を繋げた我々は容易く落ちるほど、弱くはない。
        乂____________________________..ノ
                   ヽ         }ヽ   }:::::::::::て  / , 廾、ヽ 茫ッ }     |  〉    /ニ/
                      \       ,ノニ\   >:::::::::::: ̄ヘ  i茫ッヽj  ムイ} /ヽ/     /ニニ/
                      \    仁ニニニ\  ̄ ̄ ̄ )\ゝ  _ ノ  斤 //| 人  ,/ニニニ/
                         ',/少′  气ニ\__ 彡 ィ个ュ、   ,.イ / ヘ从iし ,x仁ニニニニ{
                    , --=≡ー-=ー‐-、_ _       \ニニニニニ__´(ヽ!ル≧j‐-)ハj/`ヽ斤テニニニニニニ|
                /       彡ヽ ``ー、      }ニニ;__{ マ:::/:::::::!ヽ::j  ,    \ ̄ ̄ ̄\气
             /      〃,イヽヘヾ‐'´`ー-、 <ニニニУ ]} f{`マ几::j::::|  ノ     /___  \\!
            /       ,イ /__`ヾi iLニ ー---、ヽ. .` ´  ,]} f{ /}ネ_ヾ  ヽ_ 几ノマ.      `ヽ\\
           ,イ 〃   // /ー--、_`‐、ーヾヽヽil! i i!i  ,. _ // f{o/}ネ 之二 ` ーマ ,  ゝ-‐― 、      \!
         //i〃 // _ ``/‐'二ヽ、_ー、ヽ i! ! i!i i!i!ii!  __,|f{ /}オ  匕   ,, ' ´       `ヽー.、
          //〃 //,匕イ〃// イ´㍉、_ー`、``ヾi i! i! i!ヽ ) Yf{o/}オ  ,.=-,'´               `ヽ.
       / i!/〃/=´"__'´ i! /:::/二=`_ー`ヽヽ! !i!i!Ii!lヽi! 彡ヽ/}オ. ,/,´'´   ,           :         ハ
         !i∧、_,イ=-、` ii /::::i,ィ'"二ニ、ー、__! iil, -、i!/  ) _彡 /    /    , ,    i   ヘ.     i
     ト    レ" 〉`ー`-'ニ'/ /:::::F=``=='-‐''ミ、 レ /ヽi´  }二) }} ヘ   //  ., ' /   ,  i  ヘ i!`ヽ、 l
     i ゙、   〃゙´ ._,ィノ _/:::::::i、__   ̄ヽヾヽ 〃i:::::i !  {几_ ヾ, ハ  / ./   / .,′ ,イ! i .l   ハ .iヽ.ヾ. |
     ゙、 ヽ   i! i〈´-‐'ヽ´ヾ\_.〉 `ー=ー-、、 ヽ i 冫'/  ,イ _)  }} | /. .,′  ,′.;i! .;/"!. .! l  ,'. i .|:.ハ、゙、!
      ヾ ヽ_ ヽ〈!_, -‐'`ー‐'´ー-、_   冫i!i i´//´_/-'彡'´  ~{: || i / i: i.,' __,i`メ_ト、/ |.! :| ! ./ i i .|::. iヾ!|
       ゙、ミ `ー'´彡_r-'ニニ=、  ``ー´-'゙-亠‐'´_, -' ´  _}`ー'  //i./!ノ'i  i'i`´ト'テト` !'!,リノ, ,イ ,!ノ! ト..ノ/i!i
      ,イ ゙、   /``亠亠亠'`ヽ      ,彡‐'´ノ /へ > ) ̄  /.,' |' ヘ!ハ .:ト、!ノ`ー'  i!!/'//'/イ'ノ ノ,i',.'ノヘ.、
      i i   iヽイ゙、f´‐、____r=ニ7ヽ_, ‐'´  i !   , -、  |人 ,′! !  \、::|ヾハ     ' /´' .ノ'i,'/!:,ハ|  丶、.
      i ゙、 ヽ ト、`ー'、L__i__l__j,才´〃/〃/// /, -、ヽ  )_, i! ::i!  ,.ゞ、.ト、ヾ.、  ヽ‐ ―ァ /イ' .i!/〉 リ   `ヽ
 /´``ー-、!  i   iヽ`ー--、___, イ゙/////j i / /i  i i    ヘ:::i!,ィ'.::::::::::::`ヽー=、>_.`    ,. イ,' i!','〉 ′
 !  i   !ili iト、ーノi i!i ゙"ー≡三ツ7〃〃_, ァ'´ レ'/  i  丶ヽ   ._ヘ::!::::;:':::::;::-==ゝ―、ヽ三ヽ<-‐!i ::!`ヾー‐.、_
   i   i!ili ヾ∨ヽLil  il、 / .γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
    i   ヾヾヽヽii! `ー-t-‐=ーァ|                    エイユウ                 ・ .・ .・ ・ ・
                        |   諸君らが絶望せぬように、我々も一度の敗北で諦める程、柔ではないのだから。
                        乂___________________________________..ノ



.

6422猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:48:04 ID:xvsUeTTU




.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|:::::::}
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||:::::リ
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!从
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
.     |V::l: :!::l::: : 小/|:ハl:|/  `´./::ノ゙{ }ノ´{
..   |:::::::::;|::l:::l::|::::::/.        '´   〈::::::::|
    |:::::: : |::|:::l::|::::〈           ‐ _ノ::::::::|
.    ,'::::::::: |::|:::l::|:::::|. 丶     、__, ,/:::|::::::::::|       故に、今を生きる者達よ、努々侮ってくれるなよ?
.   ,'::::::::::∧l\:{::::::l.   \       /l::::::::|:::::::::::|
.   ,':::::::::::′ ',::::::::::::|    ト、_,ノ:::l:::::::::|:::::::::::',     簡単に滅ばれては、三大魔王に勝たれては困るのだから。
  /::::::/   ',::::::::::|     ,′:::::::::::::::l::::::::::|:::::::::::',
/:/\___',::::::::|..  人_::::::::::::::::::l::::::::::|::::::::::::',     相討ってもらわねばな。
////////////',:::::::',- 、,///>、x‐ 、:!::::::::::|:::::::::::::',
//////////////',:::::::',゙///////////\:::::::|::::::::::::::',






                               /: : : : : : : :` ヽ、
                             ./: : : : : : : : : : : : : ::ヽ
                           /: : : / ',: : : : :l: : : : : : : : `、       皆々、落命し、咎人となり、
                          //: : : l: :||: :|: : : : |: : : : : : : : : ::l
                          リl/:〃|: :|: :ノ::l: : :ノ: : : : : : : : : : l      私の箱庭で永遠を生きるがいい。
                          /l::/|::/i: ヘノ.|人: |: : : : : : : : : : : l
                         /: :リ: :リl込リ/弋ツリ: : : :|: : : : : : : :乂     私が一人残さず全てを抱きしめよう。
                         /: : : : : : : l  ´  ノノ: : : : ヘ: : : : : : : : :ヽ
ニ\    .                 /: : : : : : : :ヘ __ __ /: : : : |、ヽ: : : ::v--------、 では、
ニニニ\ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ /:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_::ヘ ‐ l: : : : : | l: : ::/ / ̄     `ヽ
.ニニニニニヽ / ̄ ̄`ヽ、ニニニニニニニニニニニニニニニニニ /:ヽ_‐/: : : : ::| .>´  /    ___.    l‐l
ニニニニニニニ|、      .\>ニニニニニニニニニニニニニニ/ニニ /: : : : : : >/  / ______'//    .l|ニヽ
ニニニニニニニ| .\       `ヽ、ニニニニニニニニニニ/ニニ/: : : : : : // / /ニニニ /     / lニ.ヽ
ニニニニニニニ`‐‐‐\  ヽ、 ヽ、\~ヽニニニニ |二フ`ニ.// : : :__,: ノ´三ヽ‐‐´三三./  / ./´  .ヽ三\
ニニニニニ./ニニニニニ\ .i`\ `X\\ニニ /ニ/ニニニiニ/i: : : iニニニニニニニニニニニ/ __ /  /    /ニニニヽ
ニニニニノニニニニニニニニ.i .i三.|.ヘ:::ゝi ̄ニニ |/ニニニニii l´、: : ::\ニニニニニニニニニヽ__/_____.i/    /ニニニニニニ
ニニ./ニニニニニニニニニ..ゝiニニヽiニニニニ/´ニニニニニニ`ニニ\: : ::`ヽ‐-、_ニニニニニニニニニi  |     .ヽニニニニニ
ニ/´ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ./ニニニニニニニニニニニニ `ヽ: : : : : : :`ヽニニニニニニ /___ヘ     |ニニニニニ
ニ|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニニニニニニニニニニニニニニニ ̄´゙`ヽ: : :|ニニニニニニニニニニ`ヘ______/ニニニニニニ
ニ|ニニニニニニニニニニニニニニニニ /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|: : :|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ













                   γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.グランギニョル. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                      |   今宵の“魔剣の悲劇”を始めよう。
                      乂_________________..ノ











.

6423猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:49:49 ID:xvsUeTTU




: : ://: : : : : /: :/: : :/: : i: : :||: : ',: : : : :i: :l: : : : ',
: : //: : :/,;-''": : : : :/: : ',::',: /|: : :|、: : : ヽ: i: : : : :',
: :/: : : ´''"/: :/: : : : :/: : : : :/''|: : /‐|: : : : |: :l : : : : ',
: : /: : : :/: : /: : : : :/|: : : : : | |: :/ |:ヽ: : : ',: : :l: : : ',          【“世界21”の“裏”】
: :|: : : : : /: : : : : l: :|_|: : :l: : :| |/__ |: : :ヽ: : : :|: :l: : : :',
: :|: : : : /::/: : : :|: : | |ヽ: l: :| /f獣`/: : |: ', :|: :|: :l: : : : ',        ■■■■■■・■■■■■・■■■■・■■■■■。
: : |: : :/: : : : :|: :|: |:| |: ヽ: |   /: : /|: :l: : : |: :l: : |: : ',
: : ',: :|: |: : : : : :/:|   |: :/ヽ   /: : :/ |: : }ヽ: l: : l: : i: : :',
: : :∨: |: : : |: / || ,、  |:/   /: :/  |: :|: i',/| : i: : :ヽ: : ',
: : : :|: : : : /|/         /: /  /"|ノ:|: : :l: :l: : : :ヽ: :',     【“黄金の獣”と呼ばれたティルナ・ノグの“国父”】
: : : : :|: :|: | ,           |::/  / //:/: l: :l: : i: : : : :',: ',
: : : :|:/: 、| `゙" ''''' ‐‐ ―一 |:|  /´:/:/:/: :|: : l: : l: : : |、ヽ     【“世界”にその名と姿を奪われた残滓】
: : : :|: :|: |           |:| ,.イ:://: :/: : |: : :l: : l: : : | ヽヽ
: : : |: : |:|\          |::|  |/: : /: : : : : :|: : |: :|: :| ';::';    【今は“メルクリウス”を名乗っている】
|: : : l: : i: | \      ,、-'"|:ヽ |/: : /: :/: : : : :l: : i: : i: :|  l:::i
:|: : : : : l: |   \  , -'"   ヽ:ヽ: : /: :/| : : : : l: : l: : i: :| ノノ
: : : : :l:;:;l::|    `´     //|ヽヽ: :/ /: : : : :l: : :l: : : : |//     【タロットの最後、未完成、停滞の暗示を司る】






               /::::::/:::::::l::::::;;;;;::::::ll:::;;;;;;;;;i:::::l
               j:;;;::l::::::乂l:::::;;;;;;:::;llll:::;;;;;;;;;i:::::l        r-y
               l:;;;:l;;;弋--x::::;;;;;:::;lol:::;;;;;;;;;i:::::l       / l           【異能】
               l;;:::!;;;;ヘ ̄ ∨:::;;:::!::::リハ:;;;;;;;i:::l:l       {  {
               l;;:::l;;;;;;;;\  \/::::::::::l;;l:l;;;;;;i::l:l      ゝ ヽ_           【“アルカナの兄弟達”の無限蘇生】
          ___    j;;::ヽ;;;;ヘ `ー 一 ' イ l;;;;;l`:l:::l       /l ` ‐ニ=z_,,.
        / ヘ ¨“^'' ,_/:::ヽk;;;;l.\  ̄ ///l::;;;;;i::l::l___f‐‐‐-x'  \_r‐''´  ヽ-y
       /   ヘ    l:::{ lヽl  ;`'  /  l l   i::l  \       ` ̄/ ̄ ノ
     /   ,,,,,;;ヘ;;;;;;;; .l:::l i i .l  /\_∧  l l   l::i  ;;;;;/ ̄`     `‐‐‐'/    【終わりは始まりでもある】
,,. -‐''"´   ;;;;;;;;;;;;;;;;;ll;;;;;;;; .l:::l ヽl l ./;;;ヘY/;丶/ l   .l::i  ;;;;;;;;  l \     ノ \
 ___    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;; l:::l  ヽ.l/ヽ_x--y //    l::i       \__-- '__/ / ヘ.  【全アルカナを蘇生させる咎人練成】
   ` -------- ------ .l:::l    l l;;;;;::::/ /ミ    l::i   ;;;;;;:::::   \ __/  ヘ
         ∥    /--l:::l _____ l l;;;;;;;;;{/\\   ヾヽ   \ \;;;;;;;      lll.  【しかし“世界”に全てを奪われており】
        ∥    /l { ___ ノノ ̄ニ__-- 、 .\\  ヾ::ヽ   \ \ _ ,,. -''"´
        ∥    / ゝ---   \=z__ ̄` x'  \\  ヾ::ヽ_,,. -‐''"´         【“死”によって権能を封印されている】
        ll     {;; ________  t=z_ へ _ ̄` '    > >l   ゞ::::ヽ,,,:::::\
        《    ヽ;;;;;/  l へ_` , ` - _`_ y  / /∨ l  li ` `x_;;;;;;;;; -- ______  【平素は全く役に立たない】
  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄l l ̄   .l::::::l へ`y   / / } Y l   !:::::;;;;;;;;; ̄ ̄\--___
       /::::::::::;;;;;;;;;l .l    ヽ::::ヽ    / /  lY l/  .i':::::;;\;;;;;;;;;::::::::::\   ̄

.

6424 :梱包済みのやる夫:2017/09/23(土) 09:50:21 ID:PmAXj3Pj

うーんこの

6425猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:50:49 ID:xvsUeTTU




                      ,、-''"/:::::::ヽ::\
                    /:::::/::::::::::::/:::',:\::\
                 ,、-''/::::::::/:::::::::://::::::::',::::|:::::':,
            ーー'"´.//::::://::::/ヘ/:::::::|:::::',::::::::::',           ヘ、
               / /::::::/:.:イ::/ヒッx/:::イ::::|:::::::|::::::|:::',       __ノ´,、ーー`''‐-、,
             _,/´  /::::::/:.:/:|::':,  /|/ |:::/ °/:::::::::::|ヽ     ”ぅ,、-''",、-''_/γ ノ \
          _/´    /:::::::/:./ヽ|、 .,__´ リ /::/|::::::::::::| ヽ      ー`´ `''-、, ノ /   \ _
        _/´     /:.:.:.:::|.:|:;:;:;:|':、 `'''‐`-'- /;/:::::/:::::|              </ ヽ    \>i
      //     /:.:.:.:.:.:.:|:.|:;:;:;:;:;:;|\   ,/;;;;ノ::::::::::::::|               ',`;;-、, /,、-;;";;|
    .//      /:.:.:.:.:.:./|:.|;:;:;:;:;:ヘ  ヽ-'",、|V:::::::::/:::|:|                ヽ,ミミ三三三彡',
   //      /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.リ__μ〈  >, ヘ´   ソ:::::::/ |::|                 ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
 //      /¨二ー=--‐ャ ||;;;;;;;'; i; / | | 〉 /:://;;|::|ーーーー、―――‐-、.,,_;;;;;;;;;;,,,|',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l,
//      /| | / /ー'´フ_||;;;;;;;;;;';ヽ/:::|_//V/:./;;;;/:/|;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;> 〉/////〉 〉;;;;;;;;;;;;;;;;;|;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;,i,
/     // . . ヽヽ////| ||||;;;;;;;;'; >;;;;;;ソ /:./;;||/:/;||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /////////;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
       |/   | .   /;;;;;;| ||||||;;;;;;;;'; 〉;;;;ス /:/;;;;;|/:/|| |;;;/;;;;;;;;;;;/ //\'// /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''-、,,.、-‐''"
     /:|    / ./;;;;;;;;;;/ _, -'"'ー-';/;;;;;;;;',/:./ー/:./__|;;;;;;;;;;;,-'/ /ヽ _ノ/ /__,,.、-‐'' "^´ ̄
   /:.:,,.|. _/./;;;;;',;;;;;γ´;> || <'"´`i,;;;;;;;;/:./;;;;;/:./,\;;;;;;;/;,./ ̄ ̄ ̄ ̄
  /|`''-、,    <;;;;;;;;;;;;ゝ;;;;;;//,   ',;;;;;;;;i,;;/:./;;;;//;;;\\;;;;;;;|
../:.:.:.|//////`''ーゝ;;;;;;;;∧//;;;;;',ー‐',;;;;;;/:.//:./,、-''",.-'";;;;;| 【ただ、それだけに打倒が困難】
´:.:.:.:.:.|///////////|;;;;;;;/:.:ト、`'-、'.:::::::::',/:.:.:./:.:/-'",、-''",/;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:.:.|''-、,///////|;;;;;;/:.:.:|;;;;;`''-、,',:::::::ソ:.:./:.:/,、-''";;´'l l´;;;;;;;;;;|.  【本人が自称するとおり“世界”の影であるため】
:.:.:.:.:.:.:.|;;;;;;;;;;;;;; ̄;;7";;;;;/:.:/|;;;;;;;;;;;;;;;;;',/:.:.//´;;;;;;;;;;;;;;;;|::::|;;;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:.:.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;/:.:./  |;;;;;;;;;;;;;;;/:.:.:/ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;;|.  【本体である“世界”が滅び、実体を取り戻すまで死ねない】
:.:.:.:.:.:.:.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;/:.:./   |;;;;;;;;;;/:.:./ />;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:.:|;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;/:.:/    |;;;;;/:.:/|::|ヽ:::::::::',;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;|    【さらに“死”が斃される、不死否定が無効化された途端】
:.:.:.:.:.:〈;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;|.:/     ',/:./;;;;;;|::|;;;;;',:::::::::',;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:.:'i;;;;;;;;;;;;;;;;;//     //;;;;;;;;;;;|::|;;;;;;;;',:::::::::>;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;|   【その時点で滅んでいた全アルカナを配下として取り込み】
:.:.:.:.:.:.:.:.\;;;;/:.:./     //|;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;',<ヽ>,>.,;;;;i,::'i;;;;;;;;;',
:.:.:.∥:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    // /;;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、:::::\;;;i,::'i;;;;;;;;;',  【蘇生、再び戦線に投入していく。修羅道】






            _____               【なお本来の異能は、“既知の創造”】
         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、          【失われた物を作り出す、箱庭の維持者】
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\ヽ
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ:::::::ヽ
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ::::ヽ  【目的は誰も餓えず死なず争わない死者が営む世界の創造】
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|:::::::}
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||:::::リ  【当然、死者は未知を生み出さないため、既知に満ちた世界になる】
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!从
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/       【魔剣汚染と存在剥奪により、人格・願いが歪んでいる】
.     |V::l: :!::l::: : 小/|:ハl:|/  `´./::ノ゙{ }ノ´{
..   |:::::::::;|::l:::l::|::::::/.        '´   〈::::::::|
    |:::::: : |::|:::l::|::::〈           ‐ _ノ::::::::|
.    ,'::::::::: |::|:::l::|:::::|. 丶     、__, ,/:::|::::::::::|      【目的のため“世界”の破壊、“死”の拒絶、“お姫様”の権能を狙っている】
.   ,'::::::::::∧l\:{::::::l.   \       /l::::::::|:::::::::::|.
.   ,':::::::::::′ ',::::::::::::|    ト、_,ノ:::l:::::::::|:::::::::::',    【事実上達成不可能だが、アルカナの暗示通りでもある】
  /::::::/   ',::::::::::|     ,′:::::::::::::::l::::::::::|:::::::::::',
/:/\___',::::::::|..  人_::::::::::::::::::l::::::::::|::::::::::::',    【原作と違い、全てを愛してるが、半身は嫌悪している】
////////////',:::::::',- 、,///>、x‐ 、:!::::::::::|:::::::::::::',
//////////////',:::::::',゙///////////\:::::::|::::::::::::::',.
///////////////',:::::::',//////////// \:::|::::::::::::::',.  【平時は無能なため、大陸中を旅し、人助けと共に全てを記録している】

.

6426 :梱包済みのやる夫:2017/09/23(土) 09:53:19 ID:ufTFPsuI

んー…これは…んー…

6427猫好き ◆cql37jp4KY :2017/09/23(土) 09:55:21 ID:xvsUeTTU

投下はこれでおしまいです。

剪定事象と言い張る勇気。







エイワス様、KUMO老師、虚ろの星 ◆C9vCZHOS2nMW様、他作者様、

勝手にキャラを改悪、sageになってしまい誠に申し訳ありませんでしたァ!!

許してください、なんでもしますから!!!


6428 :梱包済みのやる夫:2017/09/23(土) 09:55:55 ID:3tiQsqZH

でかい事言ってるけど魔剣に汚染されてて草

6429 :梱包済みのやる夫:2017/09/23(土) 09:56:30 ID:rDdu+7CY

つまり終盤に再生怪人を大量生産してぶっとばさせてくれる役か

6431 :梱包済みのやる夫:2017/09/23(土) 09:57:12 ID:PmAXj3Pj

乙です  これは「死」の人と仲悪いわ……

6432 :梱包済みのやる夫:2017/09/23(土) 09:59:25 ID:ubTCUcei

おつおつ。
また厄い異能持ちが来たものよ


6436 :梱包済みのやる夫:2017/09/23(土) 10:04:36 ID:b/IqOHIf

厄いなぁ。

6442 :梱包済みのやる夫:2017/09/23(土) 10:10:38 ID:kYNSps6g



6453 :梱包済みのやる夫:2017/09/23(土) 10:26:10 ID:WLj5Rkqa

サーバルちゃんと紅玉はいっつも同じsageられ方しかしてなくてやるならやるで
もっと芸のある作風見せてくれよ 俺はsageるの嫌いだけど

6456 :梱包済みのやる夫:2017/09/23(土) 10:29:26 ID:ax80j0hu

sageとは違うようなきがする……

6457 :梱包済みのやる夫:2017/09/23(土) 10:31:48 ID:rDdu+7CY

紅玉さんは裏方で仕事してたら表の盤面がひっくり返ってどうにもならんくなってるけど
そういや原作からして相手側の反応への理解が足りなくて対応失敗してたのを思い出した。


6459エイワス ◆ovWgAQvoZA :2017/09/23(土) 10:33:07 ID:ApTLaHLH

投下おつでしたー。 駄肉様はこれからだゾ。赤薔薇も幼女セラピーを受けて答えを得たからな!直後にアヘンおじさんが幼女昏睡させたけど!

6460 :梱包済みのやる夫:2017/09/23(土) 10:33:49 ID:In7K+C/y

字面が色々と台無し過ぎるw

6462 :梱包済みのやる夫:2017/09/23(土) 10:34:10 ID:b/IqOHIf

この外道め!









一覧
関連記事

[タグ未指定]
[ 2017/09/29 15:00 ] おすすめ 人気スレ 魔剣物語 | TB(0) | CM(11)
>[ 27609 ]
剪定事象とはいえ流石にキャラsage過ぎじゃない?って書こうと思ったら既にスレ内で書かれてた件
ぶっちゃけこの大和さんはその場で打首にされても文句を言えないレベルなので流石にねぇ
[ 2017/09/29 17:57 ] [ 編集 ]
>[ 27610 ]
魔王信仰突っ込んだ奴か
不和を撒くのが芸風と見える
[ 2017/09/29 18:25 ] [ 編集 ]
>[ 27622 ]
全てはエイワスが投下を認める剪定事象。
キャラの解釈も書きたい作品も十人十色なんだから、こういう話が合ってもいいと思うけどねぇ。

表で魔王という「絶望(物理)」に立ち向かう華々しい話が語られるその裏で、
これは正しくこの千年人類が積み上げてきた「絶望(人種思想差別etc)」に切り込んでいる作品だ。
自分はこの人の作品も、キャラの言い分も、「そういう面も確かにあるだろうなぁ」と感心して読んでるよ。
[ 2017/09/30 01:44 ] [ 編集 ]
>[ 27624 ]
書きたいのを書くのは構わないけど、人の作品の場を借りてやってんだからその作品が場にどういう影響与えるかは考えて欲しい、この人に限った話じゃないが
サーバルsage見てらんなくて魔王信仰他いくつかの剪定事象の影響で草原の国関連は拒否反応出て全部読めなくなっちゃった俺みたいなのは少ないと思うけど
ゲヘナのアレみたいに筆を折れだのは言わんが、正史を編纂するのはエイワスでも剪定同士は結局お互いに影響与え合ってるし配慮は欲しいと思う
草原の国全部ダメは過剰反応だと思うかもしれんけど俺にとってはそれくらい深刻にトラウマになってる
[ 2017/09/30 02:53 ] [ 編集 ]
>[ 27626 ]
※4
なんのためのNG設定だと小一時間(ry まとめで読むにしても気づいた時点でそっとじしろとさらに小一時間(ry
ついでに、草原の国の話が好きな読み手もここにはいるんだがそれについての配慮は(ry

剪定を本編に反映するかどうかがエイワス次第であるように、二次創作者同士互いの設定をどの程度使うかは個々人による。
世界観的に十分あり得る話かつスレ主も問題にしていない話について、(自分の好み基準での)場の空気への配慮云々を、
本スレでもないここで求めるのはお門違いにも程がある。
[ 2017/09/30 07:42 ] [ 編集 ]
>[ 27651 ]
つーかそもそもサーバルちゃんの魅力引き出すどころか綺麗事言うばかりでロクに解決案も出さないただの偽善者にしかみえないような話書いといて何が猫好き何だよ
[ 2017/09/30 18:26 ] [ 編集 ]
>[ 27655 ]
×解決案を出さない
○解決案は出してるが世界観的に実行が難しい(ので実行できるよう頑張っていこう)
という話なんだが…
[ 2017/09/30 19:30 ] [ 編集 ]
>[ 27665 ]
ハシビロコウさんのサーバルちゃんなんて話し合いどころか、話しかけてきたレオーネを無視して先制攻撃、正気に戻ったレオーネとも殺し合い続行の殺意100%キャラだからこっちのサーバルちゃんとの違和感がすごいwww
はっきり言って「チェスト万魔殿!!」って叫びながら突撃する草原の民のイメージがあるから、迫害とか言われても笑っちまって話しが頭の中に入らないwww
[ 2017/10/01 01:46 ] [ 編集 ]
>[ 28483 ]
>剪定を本編に反映するかどうかがエイワス次第であるように、二次創作者同士互いの設定をどの程度使うかは個々人による。
そんで、これ自分に合わない作風だなと思って切った話の設定を他の作者さんが拾うと話についていけなくて困るので
『NGにぶちこめばいいだろ』で済む話でもないのよな、これ
[ 2017/11/05 21:01 ] [ 編集 ]
>[ 28791 ]
小難しい見せ方してるのは確かだし、影は影響デカ過ぎるのに情報が断片過ぎて扱いに困るってのは分かる。

ただサーバルがハシビロさんと違うとかsageとかはお門違いだろ。(本人がsageって言っちゃってるからアレだけど)
ハシビロさんのサーバルがこんな事も言ってたと捉えても良い。
一部設定が繋がるとしても繋がった部分だけで、こんな会話はしていなかったとしても良い。
その解釈が(明言されない限り)読者に任されるからこその剪定事象だろ。

任された以上は、作者に文句言ったり嘆くだけなのはナンセンスだという話ね。
[ 2017/11/29 00:45 ] [ 編集 ]
>[ 29777 ]
魔剣二次は面白いのも多いけど度し難いのも多い玉石混交な作品集だから、さわり読んで地雷臭が臭ったらそっとじ安定
[ 2018/03/14 17:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

関西方面の方、地震は大丈夫でしたか?
被害が無いことを祈るばかりです。
それ以外の地域の方も今一度防災の見直しをするのがいいかもしれませんね。

サッカーW杯開幕!
時差が6時間という事で深夜の放送が多くなり、寝不足になっている人も多いのでは?
梅雨のジメジメとした気候な上に気温の変動も大きいですので、体調管理は怠らず。
W杯に興味がある人もない人も、気分転換に足を運んで下さると幸いです。<(_ _)>


一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



FC2カウンター