魔剣物語AM二次創作 只人達に剣を やるぽん!

ゼロワン第3回 ゼロワンにも鮫映画の魔の手が!? 冗談はさておき、新フォームと第3のライダー登場な上に、ロボットに心はあるか?というテーマまで盛り込んだてんこ盛り回。 え、このペースで一年やるんですか?

魔剣物語AM二次創作 只人達に剣を

8313 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:38:52 ID:fylcOjUd

ところで、50分くらいから23レスほど投下しても大丈夫です?

8316 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:39:51 ID:6Yu1KzXk

おー投下だー

8317 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:40:34 ID:4Di2FoNz

やはり休日は投下が多いな

8324 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:50:35 ID:fylcOjUd

では時間なので、このレス含め23レスほどお借りします。

今の劇中の流れとは殆ど関係のない、過去にあったかもしれない、
表舞台に立つことのない(なかった)者達のお話。


8325 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:50:52 ID:fylcOjUd













                          【魔剣物語AM 二次創作 只人達に剣を】













.

8326 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:51:10 ID:fylcOjUd










       \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
       ≫                               ≪
      ≪     ハッピー・バースデイッッッ!!!          ≫
        ≫                               ≪
      /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\







                                  \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
                                   ≫                               ≪
                                  ≪       新しい事業の始まりだよ!!        ≫
                                    ≫                               ≪
                                  /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\











.

8327 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:51:32 ID:AHNev5/L

何ぞ?w

8328 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:51:33 ID:fylcOjUd




           //   ||    //          ||: : : : : : |
―――――――――┴┴―――――――――┘|: : : : : : |     ||:.:.:.:.:.:.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´: : : : : : : |    [||:.:.:.:.:.:.
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |     ||:.:.:.:.:.:
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |     ||:.:.:.:.:.:
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |     ||__
───────‐- 、 : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |     |l\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i--- 、──────────────|     ||\\
              |    |────―─────────|\   ||:.:.:.\
_________,i´ ̄`i                      \\  ||:.:.:.:.:.:
              |    |                         \\||:.:.:.:.:.:
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`|    |                            \ |:.:.:.:.:.:
              |    |                            ` ̄ ̄
────- 、 _____|__|                            ( ̄
         |                                      |\
         |                                      l」
______,ノ
      | |
      | |
       ̄
                /: : : : ミヽノ从リレミ、
               /: : :/´ ̄`´ ̄`ヽ彡、
               /: : /         iヽ: :}           と、いうわけで!
               !. . ,' ィ==、、ヽ ノィ==、、|: : |                             ファウンデーション
              {  !  rtッ、 } r'ィtッ、 ヽ. .!           本日これより、我々「鴻上  財  団  」は、
              ゝ |    ノ  !_    | ノ
               f∨   /ゝ‐ソ‐'ヽ  .! }            新たな事業に取り掛かる。
              _ゝ|   {ィェェェェェ、 |  リ
              { ヽ、   |lェ⌒⌒ リ.! , '             即ち、魔導兵装の開発だ!
              } _}ヘ  ゝゝ==ノ リ /
        ,--≦、 ̄` |/(__)ゝ\ ` ̄ ノ,イ|
       /    ≧、{r‐<ハ_>─</ヽ、
     / ≠≦ ̄ /7{   ̄_ } \ /^\  \`丶、
     / //  ̄/´|`ヽ{  ̄____}  ヽニ=}\|ヽ丶  丶___
     V/    /  |l、_ノ ゝ ´___ノ、   、l:::ハ  丶\   ヽヽ
     l  /l l   リゝ_二7´_j |  ヽ   、::l丶  ゝ ヽ   |ハ
     ∨|  、ゝ ノ \  ̄フノ    \   、_ 、  |リ  }   | !
      ヽ   \\   ̄ 彡'     ヽ ヽ ∨/ ノ   ! |     【鴻上ファウンデーション 会長 鴻上光生】


.

8329 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:51:37 ID:gt7KIJxW

あっ

8330 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:52:01 ID:fylcOjUd




      \        /   /  /i  ,     |  ヽ ムィ
        <_,    /    /`/ /イ  /} ∧ |  } ≦_フ
       _>    ノ   Ⅳ`メ≧x_ ノ/ __/≦ i, | >-     いやいやいや、ちょっと待つぜよ会長。
      `ーァ   ,ムイ 」x´ ',::::::::::f--f   ト.∧| ト<__
.       <、_   ヽ´i[_   ノ::::::ノ´|:`ヽ  |::::::::i/ _≦      新しい事業はいいけど、魔導兵装?
        `≦  { :::::从` ̄      }:  `ー ´ノ フ´
.           <_ヽ  ',  u     ´       イ´ ハ         そんなのどこだって手を出してるだろ。
             >x',       __     / /ヽ, fiiiヽ 
           _x-‐-ミ 八  ≦三_ ーヽ   /´   ||| |      なんでまた今更そんなものに・・・
       / /    /ー }ヽ   ー-   /   f ヽ,i||| |
.          |    / 〉,  イ:::::> _  イkヽ.  | yi}|| |
.         ′|    / ,イ / 〉::|::',::::::::::::::::ノ }イル-/ 〈/ヽ: |
.      ,  | | ,,' 」ノ  ト / .:::ヽ::::::::::://    ,  i:::::/ i
.       : ::ヽ」 i ノイ  }{ | ::::::::::: < /     /   У  ト    【鴻上ファウンデーション 相談役 土御門元春】




              /,彡⌒ヽj: : : : : : : : : \
            ≠: :/: : : : : : : : : : : : : : : : :ス
           , ': : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
           /: : :/: : : : : : : : : : : : 、ヽ、: : : : : 彡',         そう、その通り。
           /: :彡': : : : : : : : : : : : /7/\: : : ≧:}
             {!: /: : : : : :ノ─‐´`レ'     ヽ!、ミ、: l         魔導兵装、いわゆる「魔法の剣」「魔法の鎧」の類の開発は、
          V{: : : : l´            lミ、≧=、
           ∨、: :{´ --_     ̄---' 、 ヽ: :リ }!        既に多くの者が手を出している分野だ。
           ゝ_l: | __  ─  '´  __::ミ  ∨ /
            {: ::| ゝ-≧ニ=、j ゝ≦rtゥァ'   |! |         かつての魔王達、そして今は邪龍の脅威がある以上、
             V|、 ゝrtゥァノ', ', '`¨¨ ノ ノ f'
             || 、 `¨ ´  ', ', 、     / }!          当然の結果と言えるだろう。
             V、  、   /ヽ',  ! 〉、     ,' 、
                、    ` ゝ ィ '  l    /ハ: ',丶、
              ,イ\   ゝ==-==ァ !  /  |: ',:::',: : ≧─--..._
          ,ィ≦≠ /:|:::::|\  ヽ.:ゝ=ノ/ノ ./  l: : ',::::',: : : : : : : : : : `丶、
     ,...-≦: : : : : : : /: ::|:::::!:', \.: ` ー ':.:. ,イ   |: : :}::::::}、: : : : : : : : : : : : : :¨¨`丶
  .ィ≦: : : : : : : : : : :/: : : |:::::|: ',  >──<.    |: : : |:::::::|:',: : : : : : : : : : : : : : : :/: ',
'ヽ: : : : : : : : : : : : : : ,': : : ::|:::::|: :',  /\:::∧   .l: :: : |:::::::|: :',: : :: : : : :: :: : :: :: : ,':: : ',
: : |: : : : :: : : : : : : : :,': : : : :|:::::|: : ', /  |==《 \ |: : : ::|:::::::|: : ',: : : : : : : : : : : : :,': : : : ',


.

8331 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:52:32 ID:fylcOjUd




                             ,.≦三 ̄ー==≦ニ≧: 、_
                         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヾ、
                        彡': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
                        イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :}
                          ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
                       彳: : : : : : : : : : : マ≠7 ̄ ̄ ̄ヽ.: :}    より強い武器を。より堅い鎧を。
                       レ=、: : : : :/ゝ<、 、ヽ`ヽ  ‐‐、!:{
                          |/ゝ}l: : ::/   ¨`ヾミ丶、j レ´⌒_j: }     もっと強く。もっともっと強く!
                          |!  7: : :l   ≧=rtェュ、ヾ 〉´¨¨ソ/
                         |l` }!L: :j    `ー¨ノ/!  Kセマj|      もっともっともっともっと!!
                       !ゝj  ̄       /_、  }´ ¨リ
                       Lハl       , ' ゝ-、  ノ!  ,       その強さを求める姿勢! 力に対する欲望!
                       ∧ヘ      ,..__  `¨  、 〃
                     /7'  、ゝ、  、 ∧ゝェセユライ7 /          実に素晴らしい!!
                    / 八  \ ヽ 、  `ー―彡' .ノ
                  /ヘ ///ヽ  .\ゝ \      , '
              , イ ’///∨////∧   丶、  >==彡'
           ,.< ////////∧/////∧     `7´:::ヘ》/≧、
         ,.//////////////∧//////∧    /::::::::::|∧///ハ
        .'/////////////////∧/////イ∧  /\::::::7!∧///j}!
      //////≧ミ、///////////ゝ 、///// ∧   |:::::::ハ/∨//||!
      /////////// ∨/////////////7/////∧  j!ミ、::い/∨/!l
    , /////////////∨///////////////////∧  l:::=-、:!∨∨//!
   , ///////////////∨/////////// \//////∧、!:::::::=::i ∨|// |




                    ,ィ〃≦ミ三≦三ミ≧=z、
                  /ミヽ、j从リ从リ l!iレノレノミ、
                  ム彳三jハリlソハ/川リノノノ、ミ彡}
             .,K≧=ヲ´─=≠´ ̄ ̄ ̄`ヽK}|        そうやって開発されたものは、主に英雄達に渡される。
             |彡三,イ  _  ー--、 ,. -、  .!ヨ
             {f∨ヨ   '-`::丶、.. | !、_.....ノ}ヨ!        人類を滅ぼさんとする邪龍より人々を護る者に、
                {!f .三f  ー<tッヽ 7ーレ'rッ 、 V
             、ゝ、ヨ 、  `ー¨` | |´¨_彡 ノ!        新たな、そして更なる強き力を!
             ヽ_j/  .:    ,..._j ト.   ,´
              |j    .:   /ゝ=、__ァノ  イ!         そして彼らは、より多くの人々を護るというわけだ。
               _!    ゝ ' .: : :!:}.: : :', リ
              ∧| 、    ノ≦ニニニヘ: . /
             ,イ/∧ \    ``¨¨¨´ ,'
          _ノ!///∧ゝ、丶、.ゝ. : :ノ:: . イ∧、
        ,ィ≦⊂⊃//////∧\`、 ̄ , ´ .ノ|/∧`≧==、
    __,ィ彡' /´¨¨.|////////\ `ー'≠<:::|///`丶─ミ丶、
  / ,..≠´     |///////`丶ゝ<:::::::::::::!///// 〉ヘ、 ≧ミ .、
 〃 /           !/// /    \}::::::::::::::|////7、 \ヽ   ハ


.

8332 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:52:35 ID:4Di2FoNz

ほうほう

8334 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:53:01 ID:fylcOjUd




           {v { ヽ{               ≦ ー ノ
           ∨\        ヽ    ヽ     <   ,
         、   ∨ .γ´  {     \   ∧     ≦   ノ
            ヽ   ー/ ,イ ./人       ∧   :∧  、    /
          ゝ、 ー// /:/ {  ゝ      }   :. ハ ∧    ≦=ー    んで、その辺の“供給”は既に大手が手を出してる、と。
               >.// i ! ! ∧ ∧ヽ}ヽハヽソハ !、 :. } :∧   ≦
        _, ィ イ 从i≧、ヽハリ    }/  リ } !ソ  :: ハ    ゝ     殆ど英雄それぞれに専属の供給ルートがあると言っていい。
.             _ ィ リ {:::::::::::ヽ--γ::::::::::≧, 、_リ、 ,} | ハ   /
         `ー=彡 /> 、::ノj¨ヽゝ::::::::::: / イ ̄ }`ソ j! ∧  /       そこに俺らみたいな新参が首突っ込んだところで、
            ノ   |  /     `¨¨¨     ハノ }从 ヽ {
                     :、 ヽ           r ヲソ  /        今更需要はないんじゃないかにゃー。
                :.              、 / イ
                ∧ 了三二ニvァ    //  <
                     ∧              ィ ,'ハ ≦
                         ≦  .i
                     ー  ≦   /   i _
                     }  ´  _, -=≦ニニニ}
                     ! r≦ニニニニニニニニ{
               , .<ニニ} |ニニニニニニニニγ ` ≦、
              /ニニニニ/  !ニニニニニニニ< ´¨ ィニニ≧=-
             /ニニニニニ/ y |ニニニニニニニニア /ニニニニニニニニヽ




                 ,ィ〃≦ミ三≧=z、_
                /ミヽ、j从リ l!i レノクミ、
               /ム彳jハリlソハ川リノノノ、ミ彡}             その通りだ。
              ,K≧=ヲ´─≠´ ̄ ̄`ヽK}|
                {彡'/クl ___ニ=ーィ=-- }≧}            英雄達の武具は、既に需要と供給が安定しきっている感がある。
                  j、ゝ' / 'ー─‐`ヽj!Kニ=、ハ |!
                 {fj  |  K´C、 }| |r´C、 | /              キミの言う通り、我々が今になって首を突っ込んだところで、
               トヽ、j   `¨ ノ !}`¨´ }|
              ゝj`     ./r'_ j:、   ソ                もはや供給過多と言っていい。
               `.、 ;:    `^ー^ハ /i!'
                    ,ィ7!::.   __, -== 、_j /                 そもそも技術や経験の蓄積で後れを取っている以上、
              /|!八::.   `ゝ=彡',〈、
          ,ィ≦//::::!、  \    ノ、 ノ/!::!≧z、               既に安定した品質と信頼性のある先達に敵う可能性は
     ,.. ≠ ´№№,'№::::|№   `>‐‐'< /クハ::!№№≧=zュ、
  r、<№№№№N/№|:::::!N}  /∧___∧} ! ,'№l:::}№№№№№ヽ    極めて低いと言わざるを得ない・・・
.  {№Y№№№№K、№N:::::NNレ'/ /小、 ヽ、|№j:::::№№№№№リハ
  ソ№ハ№№№№№>N::::::№ハ'  ,:::::::::!  |NN::::::N№№№№V!N
. ∧|N№!№№№№〈N№|::::::L№l_j:::::::::::ゝ__jNN:::::::N№№№№|№|
/№№№!№№№№N、№|:::::::::::::::::::::::: ̄::::::::::::::::::::::::::::V№№№V!№}


.

8335 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:53:31 ID:fylcOjUd




            ト'   `                  ∠__
      ト―- `   _,.-                   ∠__,
       \  __,∠.イ            ‐‐- 、_   ....:∠ィ     
      ト―` /,ィ ./,         、  ‐、 `‐ 、‐`-   .:::/ィ
      .`>/イ, . ,'. !   l、  l、  ` 、  ヽ、ヽ_ヽ、 ..::/__     それがわかってるなら、
      </イ/,'  i ,イ l、 .lヽ  lヽ  ト、ト、  .ヽ, ヽト`、 /7
     <´イイ ,l i l/..ト,.lヽ l..∨ .l ヽ.l.ヽ.l\ト‐-ヽ_ヽ   ,イ     なんで魔導兵装の開発に手を出す?
        >l /l l、.'.l l V ヽ.l .ヽト、ヽ `l `l _`_ ト、 ヽ,、 7
       /.l/ .l l i ,ィ'lヽ、,__ `l   ` `_,, -‐'´ .V!`>'/l、` l >      負ける公算の高い新事業に手を出す理由は何ぜよ。
        ̄ /_,ィ.ト├――‐``,___r‐、_,r――――`'´lイi l、l /≦
          '´  ∨i    //,l__l.l.‐'.l_l  /⌒l////./ l,l.l' //
           ヽ` 、_ //,l  l   l ヽ/`‐,'// -イ i .リ/'´
             `.i `` / ,'  l /  / .__   ,'´´
                '、. /  i  .l ./  / ./、).l  ,i、_
                ヽ'  .,l   .l./  /,.イ ./ /,.l  .ヽ、
              , ィ./,'  '/  /  //   /, イ ,' l     `ヽ、
           /,、,.' /.  ,!      '  /イ  / .`l     ,イハ
            //:::l ,'   ,!       i'   /  l   /.:ハヘ、
     _,.. -‐ '' //.:::::l             l  ./   .l  ./.::::::ハハ ヽ、
  ,.ィ.'.´     /イ.::::::::!          /. ./     .l ./.:::::::::::::ヘヽ、 >-.、




                 __
                  , ィ爪从从斧ュ 、
                ,ィ笊i州州州州彡ム
            /州 i/`゛゛゛"""´マ州ム
            K彡'        ミミミ              簡単な話だよ。
            ミミ ィttt、  ィttt、 ミミ
.              ミミ ィ == i l == ミ ミ                      ・ ・ .・ ・ .・ .・
                ミ   ` ´,ィ  l、` ´  ミ               ――――勝ち目があるからだ。
               ゙,   / ゛ー" ヽ  ,''
             ‘,  l トェェェイ ! /
                 ‘, ', ゞ==" / /
              ,ィ´ \ ‐--‐ 'ノヽ、 _
            ィf!/∧  ` =,=‐〈 /l/\≧ュ,
          ィfニ三l'//∧\___∧__∧/ .l///\三≧ュ,
      ィfニ三三三l////\    l/∧ \l/////三三lニ',
   ィfニ三三三三三∨///∧  l//∧  !///\三三lニi
  ム三三三三三三三∨///∧  マ'/∧ i/////l三三!ニ',
  〉'三三三三三三三//////∧  マ'/∧ l ////l三三l三ム
  |ニ三三三三三三三\ ////∧  マ'/∧!////l三三l三ニ',
 /三三三三三三三三三\///∧  マ'//|////!三三l三三',


.

8336 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:54:05 ID:fylcOjUd




         ヽー-ヽ                /ノ!_
         __\      ヽヽr         /
          \      /        、   ´ーァ
        <   /   /         ヽ!     <_
          _> /  / ! /      |   「  l    /
        `ーァ l/! _ !/l/!  ハ ト、ト、ト、! !   ! l    >
        /  .レリ二≧x! ヽ:!x≦二ヽ|ヽl ト、! <_           ・・・なんだって?
        ´ ̄/ 从:::::::::::!: : fニ{::::::::::::::! : }ニ∨Y} /
             フノ7/L、:::_}_ノ l ヽ::::::::::}_ノ ノノ/ _>
            ´   {´--'--,  }     ̄    r‐'<
             !| /´ ̄ヽ `    u  ./!/ ̄`
              }!/ ハ` ′-―-   /|: :! ヽ
            --‐ヽ  `ヽ.   ̄  / / l`/  ト-
       /      .|\    `-r ´ / .|/  ヽ   `ヽ
     /   ヽ -―-!  \    }     / ,-、   !     \
     !   ヽ \   !  ./   ./  , -‐}/: : l: !  l― 、    ヽ.
     !    \ !   l//   ./`    /〈: : : :ヽ ',   \ / .l
      |     ヽ. . :! /     ′ヽ / ハ .!    :`ヽ! /   /  |
     ∧       ∨/     ∧   / /     !  l  /  /、
    / !      _/ /    /::.ヽ  .//__    .:|  .!:. /.:/ / /
    !  ヽ /   /     ./: : :. ヽ/イ  !  ̄ ̄ ̄ ̄! !:/.:/ / /




                    ,ィ〃≦ミ三≦三ミ≧=z、
                  /ミヽ、j从リ从リ l!iレノレノミ、
                  ム彳三jハリlソハ/川リノノノ、ミ彡}
             .,K≧=ヲ´─=≠´ ̄ ̄ ̄`ヽK}|           結論から言えば、我々が手を出すのは、
             |彡三,イ  _  ー--、 ,. -、  .!ヨ
             {f∨ヨ   '-`::丶、.. | !、_.....ノ}ヨ!               ・ ・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ ・ .・ ・
                {!f .三f  ー<tッヽ 7ーレ'rッ 、 V           英雄向けの武具ではない。
             、ゝ、ヨ 、  `ー¨` | |´¨_彡 ノ!
             ヽ_j/  .:    ,..._j ト.   ,´            只人の、ごくありふれた普通の人々向けの武具だ。
              |j    .:   /ゝ=、__ァノ  イ!
               _!    ゝ ' .: : :!:}.: : :', リ
              ∧| 、    ノ≦ニニニヘ: . /
             ,イ/∧ \    ``¨¨¨´ ,'
          _ノ!///∧ゝ、丶、.ゝ. : :ノ:: . イ∧、
        ,ィ≦⊂⊃//////∧\`、 ̄ , ´ .ノ|/∧`≧==、
    __,ィ彡' /´¨¨.|////////\ `ー'≠<:::|///`丶─ミ丶、
  / ,..≠´     |///////`丶ゝ<:::::::::::::!///// 〉ヘ、 ≧ミ .、
 〃 /           !/// /    \}::::::::::::::|////7、 \ヽ   ハ


.

8338 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:54:14 ID:4Di2FoNz

ふむ

8339 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:54:37 ID:fylcOjUd




    、_j  /     ヽ  ト、  \                 /
    \  /    i!  ト、 ', ヽ  ト、ヽ              ≦_
  __,.>|,     .ハ  ! \ヽ、 \! `    ≦_           ̄≧=‐
‐=≡≧ // /   |  ', |   ト、 \ ヽ    <_           フ
  ``ファ/ /ヽ   / _ l/-‐:ヽニ\ニニヽ| 丶ト、_ -―`          <      ・・・それこそ、どこでも手を出しているだろう。
      ̄j/ヽ/ヽ/,ィ'::::::::::::::::ノ   ヽ   /  ヽ ヽ           >‐
           f .i:::::::::::::/     レ´      ノ          <_       素材や形状、品質。その他諸々の差異はあるが、
          弋_ ';::::::/           /          _ -―`
           ノ  ` ̄            __ ´       ___   ヽ、        普通に出回ってるぜい。
         ヽ _             |´ /        \ ̄ ̄
            丶           | l/\    ヽ,  ̄
            `─  ̄      /     丶 ヽー┴
             ヽ       /        ヽ‐ `
              l    /         /  _,.ィ≦‐丶
              ` -- ヽ       /_,,..       丶
                   ヽ_,.ィ≦‐ ' ´.     _,,..--  丶
             _,.ィ≦‐|丶       _,.ィ≦‐ ' ´
            /ヽ    |::::ヽ     /
          /::::::::::.ヽ  |::::::::::ヽ /




               , ───r'レ--、
              /: : : : : : : :j/: : : ^`ヽ
            ,イ: /: : : : : : ----、_:: :: : ::.
            /:: :{          ヽ:: : :i               そう、普通に出回っている。
           /: : :|          |:: :: :l                               ・ .・ .・ .・ .・ .・.・
           |:: ::{ ニニニ、  rニニニ≧∨/ヨ               ごく普通の鎧や剣などが、英雄達向けにもだ。
           V/ヨ ,ィセス、 i .! ,ィセスヽ |:: :7
            V: ! ´¨ ノ | .l ´¨ '' } !::ノ!
            | j    r'ノ j=、   ノ|レ ノ              だから、我々が作るのはそういう普通の武具ではない。
            ` | 、   ^`´^ 、   !
              、  〉 --==--'、  ノ                繰り返しになるが、「普通の人々向け」の武具だ。
              、 、 {´     } j
              /\ \    ノ/`ゝ..__
           _ ./:|、  \` ー '/    |、::ヽ≧=-..._
       __,....≦ / |::::| \  r'::::::\    ! }::::、 \   ≧---、
    _,..-     ,,  |:::::!  \|-、::::::ノ\  | l:::::l _ヽ      |ハ
   f´       L__/|::::::|    /::::::::}___ヽj___j::::::!        |  :.
  /  ヽ       / |::::::ゝ───:::::::::::::::::::::::::::::::::、       .!  、
 {    、      \ !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、      |   、
 |    !       V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、      !    }
 |    |       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、     |     l
 |     l      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、     !    、
 {     l      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、   |     、


.

8340 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:55:07 ID:fylcOjUd




                /: : : : ミヽノ从リレミ、
               /: : :/´ ̄`´ ̄`ヽ彡、
               /: : /         iヽ: :}                              ・ ・
               !. . ,' ィ==、、ヽ ノィ==、、|: : |          よりはっきり言えば只人専用の武具!
              {  !  rtッ、 } r'ィtッ、 ヽ. .!
              ゝ |    ノ  !_    | ノ           そして、それを持てば誰も彼もが英雄になれる!
               f∨   /ゝ‐ソ‐'ヽ  .! }
              _ゝ|   {ィェェェェェ、 |  リ           そのようなものを作りたいのだよ。
              { ヽ、   |lェ⌒⌒ リ.! , '
              } _}ヘ  ゝゝ==ノ リ /
        ,--≦、 ̄` |/(__)ゝ\ ` ̄ ノ,イ|
       /    ≧、{r‐<ハ_>─</ヽ、
     / ≠≦ ̄ /7{   ̄_ } \ /^\  \`丶、
     / //  ̄/´|`ヽ{  ̄____}  ヽニ=}\|ヽ丶  丶___
     V/    /  |l、_ノ ゝ ´___ノ、   、l:::ハ  丶\   ヽヽ
     l  /l l   リゝ_二7´_j |  ヽ   、::l丶  ゝ ヽ   |ハ
     ∨|  、ゝ ノ \  ̄フノ    \   、_ 、  |リ  }   | !
      ヽ   \\   ̄ 彡'     ヽ ヽ ∨/ ノ   ! |




              /,彡⌒ヽj: : : : : : : : : \
            ≠: :/: : : : : : : : : : : : : : : : :ス
           , ': : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',          もちろん、只人用に組み上げられた魔導兵装、
           /: : :/: : : : : : : : : : : : 、ヽ、: : : : : 彡',
           /: :彡': : : : : : : : : : : : /7/\: : : ≧:}         ようは強力な武具の類が、今までになかったわけではない。
             {!: /: : : : : :ノ─‐´`レ'     ヽ!、ミ、: l
          V{: : : : l´            lミ、≧=、         だが、それは当然、英雄であっても使うことができるものだ。
           ∨、: :{´ --_     ̄---' 、 ヽ: :リ }!
           ゝ_l: | __  ─  '´  __::ミ  ∨ /         そして英雄に使えるのなら、英雄を強化できるのなら、
            {: ::| ゝ-≧ニ=、j ゝ≦rtゥァ'   |! |
             V|、 ゝrtゥァノ', ', '`¨¨ ノ ノ f'          当然の流れとして、最優先で英雄達に武具が配備される。
             || 、 `¨ ´  ', ', 、     / }!
             V、  、   /ヽ',  ! 〉、     ,' 、
                、    ` ゝ ィ '  l    /ハ: ',丶、
              ,イ\   ゝ==-==ァ !  /  |: ',:::',: : ≧─--..._
          ,ィ≦≠ /:|:::::|\  ヽ.:ゝ=ノ/ノ ./  l: : ',::::',: : : : : : : : : : `丶、
     ,...-≦: : : : : : : /: ::|:::::!:', \.: ` ー ':.:. ,イ   |: : :}::::::}、: : : : : : : : : : : : : :¨¨`丶
  .ィ≦: : : : : : : : : : :/: : : |:::::|: ',  >──<.    |: : : |:::::::|:',: : : : : : : : : : : : : : : :/: ',
'ヽ: : : : : : : : : : : : : : ,': : : ::|:::::|: :',  /\:::∧   .l: :: : |:::::::|: :',: : :: : : : :: :: : :: :: : ,':: : ',
: : |: : : : :: : : : : : : : :,': : : : :|:::::|: : ', /  |==《 \ |: : : ::|:::::::|: : ',: : : : : : : : : : : : :,': : : : ',


.

8341 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:55:10 ID:6Yu1KzXk

逆にどんな武器を…

8343 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:55:35 ID:4Di2FoNz

どんなものを作るんだろうか

8344 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:55:37 ID:fylcOjUd




           \./ ./  ,イ |.  i   ト、  \   < ヽ、   >
           .>//   / ! i!  ト、  ', ヽ  ト、ヽ t‐一` ト\ ̄≧=‐
         _ヽイ /  / ∧.ハ ! \ヽ、 \! ` __V/.\ | `   フ
        ー- _/ ィ  '´」/__  ', |    _ .斗=≦ _」ト.  |` V/  /     そりゃそうだろうにゃー。
         </イ i  ´l斗 r.:::≧<===「  /示ト、:::/l:} ト、 V/ ≧_
        ー-' ´ .j/r'´ /示ト::::}===ト::<::弋:ン::/:://イト{/iヽ|/ <´     多少強化したところで役に立つかもわからん只人に渡すよりも、
         `ヽ  |小_/:`::`:´::::/ :i   ヽ::_:: ´-‐' /イヽ}!、   <
        ∠ _ 」∧`  ̄¨ ´ .:}            | /} }  ヽ‐‐`    確実に役に立つ英雄に渡した方が効率的ぜよ。
           ∠ { .小        {i  、         レ   ,'_ヽ‐ `
                ', i:.      `           .′ / >
             ヽ 从    _  -──-- ァ'    / . '<´
                \ヘ     ̄ こ  ̄´     .イ ‐'イ´
                   ´\             /i_ ゝ
                       \        .  ´ |
                       」. `  _. <    ト、
               ...:<:::::::i              |:::::`>:..
               /.:::::::::::::/:::|           |/::::::::::::::::ヽ
              ,.:'::::::::::::::::::::{:::ィ',          /  |::::::::::::::://∧
          //∧::::::::::::::::レ'   ',       /   |::::::::::::////∧
           _////∧:::::::::::::|    ヽ    /   j::::::::://////∧




                 ,ィ〃≦ミ三≧=z、_
                /ミヽ、j从リ l!i レノクミ、
               /ム彳jハリlソハ川リノノノ、ミ彡}         結果、英雄は強くなり、
              ,K≧=ヲ´─≠´ ̄ ̄`ヽK}|
                {彡'/クl ___ニ=ーィ=-- }≧}         武具の配備が遅れる只人との差は広がってしまうわけだ。
                  j、ゝ' / 'ー─‐`ヽj!Kニ=、ハ |!
                 {fj  |  K´C、 }| |r´C、 | /
               トヽ、j   `¨ ノ !}`¨´ }|          だから、私はこう考えた。
              ゝj`     ./r'_ j:、   ソ
               `.、 ;:    `^ー^ハ /i!'
                    ,ィ7!::.   __, -== 、_j /
              /|!八::.   `ゝ=彡',〈、
          ,ィ≦//::::!、  \    ノ、 ノ/!::!≧z、
     ,.. ≠ ´№№,'№::::|№   `>‐‐'< /クハ::!№№≧=zュ、
  r、<№№№№N/№|:::::!N}  /∧___∧} ! ,'№l:::}№№№№№ヽ
.  {№Y№№№№K、№N:::::NNレ'/ /小、 ヽ、|№j:::::№№№№№リハ
  ソ№ハ№№№№№>N::::::№ハ'  ,:::::::::!  |NN::::::N№№№№V!N
. ∧|N№!№№№№〈N№|::::::L№l_j:::::::::::ゝ__jNN:::::::N№№№№|№|
/№№№!№№№№N、№|:::::::::::::::::::::::: ̄::::::::::::::::::::::::::::V№№№V!№}


.

8345 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:56:07 ID:fylcOjUd




                              /
                           / ',
                           ,'  ',
                          ,'   ' 、     ,-~'i
                         i'     i'    i /ヽ,
                         i     i'     `ヽ;;;;;;'、
                             ',    ',      ヽ;;;;;'i
                          ',    ',         Y;;;;'、__.,
                           ',     ',         i::::;,-、/ i
                            ',     ',       ノ ( '''',;) X'i
                            ',     ',     ヽX\ | X',
                ┏―――――――――――――――――――――――――――――――――――┓
                     ・ .・..・ .・ .・..・ ・ ・        ・ ・ ・ .・ .・ .・ ・ .・ .・
                    英雄には使えない、あるいは使う意味のない武具を作るのはどうだろうか。
                ┗―――――――――――――――――――――――――――――――――――┛
                                ',  ';;;;', 丶、     '、XXXX',
                              ',  ';, _ヽ::::/      '、XXXX',
                                i ,_ヾソ/:::i        .'、XXXX',
                                  ' ‐ - 、;;;;;;;',       iXXXXX',
                                 ヾ;;;;;;',         lXXXXX',
                                  ヾ;;;;';,        lXXXXX,
                                   ヽ;;''`y    ,l XXXX,'
                                        Y:::ソ    ヽXXX ,'
                                        '''       ∨XX,'
                                            ∨∨
                                                  ∨


.

8346 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:56:38 ID:fylcOjUd




                 __
                  , ィ爪从从斧ュ 、
                ,ィ笊i州州州州彡ム
            /州 i/`゛゛゛"""´マ州ム              それならば、
            K彡'        ミミミ
            ミミ ィttt、  ィttt、 ミミ               折角の只人向けの武具が英雄向けに優先配備される、
.              ミミ ィ == i l == ミ ミ
                ミ   ` ´,ィ  l、` ´  ミ               なんてことは起きないだろう?
               ゙,   / ゛ー" ヽ  ,''
             ‘,  l トェェェイ ! /
                 ‘, ', ゞ==" / /
              ,ィ´ \ ‐--‐ 'ノヽ、 _
            ィf!/∧  ` =,=‐〈 /l/\≧ュ,
          ィfニ三l'//∧\___∧__∧/ .l///\三≧ュ,
      ィfニ三三三l////\    l/∧ \l/////三三lニ',
   ィfニ三三三三三∨///∧  l//∧  !///\三三lニi
  ム三三三三三三三∨///∧  マ'/∧ i/////l三三!ニ',
  〉'三三三三三三三//////∧  マ'/∧ l ////l三三l三ム
  |ニ三三三三三三三\ ////∧  マ'/∧!////l三三l三ニ',
 /三三三三三三三三三\///∧  マ'//|////!三三l三三',




.     _、ヽ  /       ムィ {
     ≧   /           '´イ /ィ
    ``ファ    __ _/ヽ/´  ||   / フ
..     .>/イ_/ー.::|   ヽヽ- {八    _イ          そりゃそうだろうがにゃー・・・
      <./  {     ` _   |:}、イ__ノイ   } /
       __ハ    .u      ̄ ヽ 人 {八   _≧         だが、そんなものを作ってどうするんだ?
      > ゝ             _}{ |:ヽ //<
       ム /    _≦`.    ´ ヽ|::/  _イ           ぶっちゃけ本末転倒に思えるんだが。
        ゝ/::::..  ` ヽ ヽ      √}乂
.     /{_ / :::::::..    `ヾ   /ノ /
_   /:::_ノ    :::::::..      ´
::`-´i:::::ヽ_      `ー/
:::::::::::::|:::::::::::|        /ー--,
:::::::::::∧:::::::::i-、   ,イ:::::::::::/
::::::::::::::∧::::::| }  へ }--::/
::::::::::::::::::}::::::|ゝ  |  |::::/ヽ_
:::::::::::::::::八:::|      |:/:::/}:::ヽ__
::::::::::::::/:. :.ヽ}    //::::::::|:::::::::::}


.

8347 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:57:09 ID:fylcOjUd




              /,彡⌒ヽj: : : : : : : : : \
            ≠: :/: : : : : : : : : : : : : : : : :ス
           , ': : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
           /: : :/: : : : : : : : : : : : 、ヽ、: : : : : 彡',        人類戦力全体の、言わば底上げだよ。
           /: :彡': : : : : : : : : : : : /7/\: : : ≧:}
             {!: /: : : : : :ノ─‐´`レ'     ヽ!、ミ、: l
          V{: : : : l´            lミ、≧=、       ・・・戦争というものは、つまるところ多数と多数の争いだ。
           ∨、: :{´ --_     ̄---' 、 ヽ: :リ }!
           ゝ_l: | __  ─  '´  __::ミ  ∨ /        そして、数が同じなら今度は個々の戦力が重要になる。
            {: ::| ゝ-≧ニ=、j ゝ≦rtゥァ'   |! |
             V|、 ゝrtゥァノ', ', '`¨¨ ノ ノ f'
             || 、 `¨ ´  ', ', 、     / }!
             V、  、   /ヽ',  ! 〉、     ,' 、
                、    ` ゝ ィ '  l    /ハ: ',丶、
              ,イ\   ゝ==-==ァ !  /  |: ',:::',: : ≧─--..._
          ,ィ≦≠ /:|:::::|\  ヽ.:ゝ=ノ/ノ ./  l: : ',::::',: : : : : : : : : : `丶、
     ,...-≦: : : : : : : /: ::|:::::!:', \.: ` ー ':.:. ,イ   |: : :}::::::}、: : : : : : : : : : : : : :¨¨`丶
  .ィ≦: : : : : : : : : : :/: : : |:::::|: ',  >──<.    |: : : |:::::::|:',: : : : : : : : : : : : : : : :/: ',
'ヽ: : : : : : : : : : : : : : ,': : : ::|:::::|: :',  /\:::∧   .l: :: : |:::::::|: :',: : :: : : : :: :: : :: :: : ,':: : ',
: : |: : : : :: : : : : : : : :,': : : : :|:::::|: : ', /  |==《 \ |: : : ::|:::::::|: : ',: : : : : : : : : : : : :,': : : : ',




   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
   l  そこで、我々人類と、敵対者たる邪龍を比べてみよう。    |
   ヽ、_________________________ ノ
                   /:::::/
                   /::::::::/{
             /::::::.. : :/       _......γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
             '": : ::::::/      /: : : V l  邪龍の数は多く、個体戦力は最低でも準英雄級。  |
           /: : : /:./         ':/: /: . ヽ、______________________ ノ
           ':::::::::/: :./へ_  _,/: : : ': /:::....._//: :-==ミ: : : : : : ノ
         /: : : : : __/,, -=≦: : : :/: :./: :. :...._,,/:::::: /::/: : : : : :\: :/
          /: : : :/'': ::: : : : : ::::. : : :/: :./:. : :./{::. : : : ::::::イ|: : : : : : |「: ⌒ヽ _
.     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ.゙: : : /::::/::::::::://: : : : : / 八: : : : : 八: : : : : : : : ..、
....   |  対して人類は、  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    ヽ_______  総数以前に“邪龍と同等の戦力を持つ個人”自体が少数だ。  }
      /: :/:}: : ヽ: : : : :..゙ゝ、__________________________ノ
.     /: :/: {===:}: : : :/: : ',⌒V:::/:i ̄ヽ彡/、Yヽ: | 〔      ,,  -ハ   ≧s。,,: : : : : : : :/: Y' ⌒y/
    : : :.': : i== /: : : /: :./ヽ: i:ゝ:个: ヽ: /ゞ'ノ:::}:: K ------=彡'    ',     つ/: : /::: : : {  /
.    ': :/:  }==/: : : /:/    入::::个-:く/:: ̄ <: :| ヽ-=ミ __  ,,厶     /: /: : /: : : :::::: | /: : :
  /: :/:: : : /: : : : : :/    〈::::{/⌒Y:::\:::::: / } }   } ̄ ̄     ',  /: /:./:::..........:::::::::}': :...::::
. /: :/:: : : /: :::: : /       ヽ:ヽ::::::イ: : : : Y<} 八 |、⌒ヽ..... γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
,,: : :/::::: : / : : /          ',::乂::へ::: :ノ:::< {: : :/'   \.゙l   本来ならば、これで勝てる道理はない。   .|
: : /: ::::::ノ: :/            乂__,,彡イ::::|::< {: :/.        ヽ、___________________ ノ
イ:::. : :::: /          _,,-=⌒ヽ〔_|::!::: !:::<ハ:{           / \: : : : ::: /...:::: : : :イ__
: : ::::::::::/          / / }: : : : :ハ込_ゞノ</ /          /: : : : : :\: : :/: : :.::::::/: :Y⌒Yヽ
: : :\: :{           ̄ゝ-'  ̄ ̄  ゝ-===彡'         へ': : : : : :_ : : :\{:__: ::::::ハ:___\/ヽノ
  ̄ ̄                                  i  }: : : : / \: : :{⌒ヽ''"
                                     ゝ'   ̄ 乂_/¨¨´  ̄


.

8348 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:57:30 ID:AHNev5/L

では只人ちゃんたちがその武具に手を出せる財を持ってるのかな?

8349 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:57:41 ID:fylcOjUd




                    __
          _          `ーx>-、 _
    / ノ /彡/ L /_        _ニニ}ノノ7 ヽ
  iヽノ ノ7/ ≧=- /_     `ー- 、¨ ノ /-}
  ヽノ¨¨`_ヽ\ ミ=-   7_        >}`¨ ト、      その不利を補うのが、ごく少数の英雄達ってわけだ。
.  〉{| く />i}从/.ヽ  フ ノ.         !ヽ-=≦/
  ノ´ ト、.イl:::ノ   〃 /イ             |::::::::::::/       連中が俺達のような只人に倍する勢いで働いて邪龍共を蹴散らすことで、
   ノ´ ノ´   ,ィ 〈ゝ´/           }:::::::::/
     ヽ一 ´ /x-=x _ -=x _    _ ノ:::::::::}        人類はどうにかこうにか連中と拮抗してる。
       }_   」:-=≦::/:::::-=彡-=,ヘ::ヾ::::::::|
         _ヽ 〉::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ         まったく英雄サマサマってやつだぜい。
        く}〉ノ〉|:::::::::_∧::__:-=ニ  ̄ ̄
        く:く{_)∧::´:/::∧:::::/
        _}| ∨ :∧::::::/::::::〃
         |::| }: / ∧:::::::::::::}::|
          Ⅵ |ヽ  ∧:::::::ヽ|:}
        `i ,| }  ∧::::::::\
            |:}ト、∧/ :∧:::::::::::::,
            }::ヽ}ヾ{  / ヽ.::::::::::\
         ,:::::i| く} ∨   \≧=-ヽ___
.          ,::::::|| }  ヽ     ヽ:::::::::::::::::::::::`¨ヽ
        {:::::::}}  xくヽ\    \:::::::::::::::::::::/
        `¨¨//,ヘ}-=≦::`ヽ   \:::::::::::ノ
.           }//ゝ゚≦:::::::::::::::::::::≧=- _ ヽ/
            / {/:}:::::::-=彡:::::::::::::∧   /
        _>7/::||:::::::::::::::::::::::::::/:::∧




                    ,ィ〃≦ミ三≦三ミ≧=z、
                  /ミヽ、j从リ从リ l!iレノレノミ、         だが、今のままでは英雄達に負担がかかり過ぎる。
                  ム彳三jハリlソハ/川リノノノ、ミ彡}
             .,K≧=ヲ´─=≠´ ̄ ̄ ̄`ヽK}|        彼らだって疲れないわけではない。
             |彡三,イ  _  ー--、 ,. -、  .!ヨ
             {f∨ヨ   '-`::丶、.. | !、_.....ノ}ヨ!        例えば、ある戦線の戦力の要である英雄が、
                {!f .三f  ー<tッヽ 7ーレ'rッ 、 V
             、ゝ、ヨ 、  `ー¨` | |´¨_彡 ノ!        邪龍の大群と戦って疲労し、その隙を突かれて死んでしまったら?
             ヽ_j/  .:    ,..._j ト.   ,´
              |j    .:   /ゝ=、__ァノ  イ!         それまで辛うじて保っていたバランスが、簡単に崩壊しかねない。
               _!    ゝ ' .: : :!:}.: : :', リ
              ∧| 、    ノ≦ニニニヘ: . /          そんな状況をどうやって改善するかとなると――――
             ,イ/∧ \    ``¨¨¨´ ,'
          _ノ!///∧ゝ、丶、.ゝ. : :ノ:: . イ∧、
        ,ィ≦⊂⊃//////∧\`、 ̄ , ´ .ノ|/∧`≧==、
    __,ィ彡' /´¨¨.|////////\ `ー'≠<:::|///`丶─ミ丶、
  / ,..≠´     |///////`丶ゝ<:::::::::::::!///// 〉ヘ、 ≧ミ .、
 〃 /           !/// /    \}::::::::::::::|////7、 \ヽ   ハ


.

8350 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:58:07 ID:2QPkaEXG

ガトリング砲を一般人が使えば強い
じゃあガトリング砲を軽々持ち歩ける腕力持ちの英雄が使ったら?

8351 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:58:11 ID:fylcOjUd




           \./ ./  ,イ |.  i   ト、  \   < ヽ、   >
           .>//   / ! i!  ト、  ', ヽ  ト、ヽ t‐一` ト\ ̄≧=‐
         _ヽイ /  / ∧.ハ ! \ヽ、 \! ` __V/.\ | `   フ
        ー- _/ ィ  '´」/__  ', |    _ .斗=≦ _」ト.  |` V/  /     人類全体、特に只人の個体戦力を
         </イ i  ´l斗 r.:::≧<===「  /示ト、:::/l:} ト、 V/ ≧_
        ー-' ´ .j/r'´ /示ト::::}===ト::<::弋:ン::/:://イト{/iヽ|/ <´     邪龍に近いレベルにまで引き上げることで、か?
         `ヽ  |小_/:`::`:´::::/ :i   ヽ::_:: ´-‐' /イヽ}!、   <
        ∠ _ 」∧`  ̄¨ ´ .:}            | /} }  ヽ‐‐`    ・・・なるほど、そのための「只人専用」ってわけか。
           ∠ { .小        {i  、         レ   ,'_ヽ‐ `
                ', i:.      `           .′ / >        上限を増やすんじゃなくて、下限を底上げすると。
             ヽ 从    _  -──-- ァ'    / . '<´
                \ヘ     ̄ こ  ̄´     .イ ‐'イ´
                   ´\             /i_ ゝ
                       \        .  ´ |
                       」. `  _. <    ト、
               ...:<:::::::i              |:::::`>:..
               /.:::::::::::::/:::|           |/::::::::::::::::ヽ
              ,.:'::::::::::::::::::::{:::ィ',          /  |::::::::::::::://∧
          //∧::::::::::::::::レ'   ',       /   |::::::::::::////∧
           _////∧:::::::::::::|    ヽ    /   j::::::::://////∧




                             ,.≦三 ̄ー==≦ニ≧: 、_
                         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヾ、
                        彡': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
                        イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :}    その通り!
                          ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
                       彳: : : : : : : : : : : マ≠7 ̄ ̄ ̄ヽ.: :}    英雄級を仮に80、只人を20として、
                       レ=、: : : : :/ゝ<、 、ヽ`ヽ  ‐‐、!:{
                          |/ゝ}l: : ::/   ¨`ヾミ丶、j レ´⌒_j: }     前者を90にするよりも、後者を40に引き上げる方が
                          |!  7: : :l   ≧=rtェュ、ヾ 〉´¨¨ソ/
                         |l` }!L: :j    `ー¨ノ/!  Kセマj|      比較的容易ではあるし、なにより量産もし易い。
                       !ゝj  ̄       /_、  }´ ¨リ
                       Lハl       , ' ゝ-、  ノ!  ,
                       ∧ヘ      ,..__  `¨  、 〃       ・・・それと、理由がもうひとつ。
                     /7'  、ゝ、  、 ∧ゝェセユライ7 /
                    / 八  \ ヽ 、  `ー―彡' .ノ  
                  /ヘ ///ヽ  .\ゝ \      , '
              , イ ’///∨////∧   丶、  >==彡'
           ,.< ////////∧/////∧     `7´:::ヘ》/≧、
         ,.//////////////∧//////∧    /::::::::::|∧///ハ
        .'/////////////////∧/////イ∧  /\::::::7!∧///j}!
      //////≧ミ、///////////ゝ 、///// ∧   |:::::::ハ/∨//||!
      /////////// ∨/////////////7/////∧  j!ミ、::い/∨/!l
    , /////////////∨///////////////////∧  l:::=-、:!∨∨//!
   , ///////////////∨/////////// \//////∧、!:::::::=::i ∨|// |


.

8352 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:58:37 ID:4Di2FoNz

なんだい?

8353 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:58:41 ID:r8lNjtD7

財力50以下にコストを抑えるプロジェクトX……!

8354 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:58:42 ID:fylcOjUd




                /: : : : ミヽノ从リレミ、
               /: : :/´ ̄`´ ̄`ヽ彡、
               /: : /         iヽ: :}         こちらは所詮、この分野では後発だ。
               !. . ,' ィ==、、ヽ ノィ==、、|: : |
              {  !  rtッ、 } r'ィtッ、 ヽ. .!         それなら、大手に正面から喧嘩を売るよりも、
              ゝ |    ノ  !_    | ノ
               f∨   /ゝ‐ソ‐'ヽ  .! }          隙間を狙った方が、儲かる可能性が高い!
              _ゝ|   {ィェェェェェ、 |  リ
              { ヽ、   |lェ⌒⌒ リ.! , '
              } _}ヘ  ゝゝ==ノ リ /
        ,--≦、 ̄` |/(__)ゝ\ ` ̄ ノ,イ|
       /    ≧、{r‐<ハ_>─</ヽ、
     / ≠≦ ̄ /7{   ̄_ } \ /^\  \`丶、
     / //  ̄/´|`ヽ{  ̄____}  ヽニ=}\|ヽ丶  丶___
     V/    /  |l、_ノ ゝ ´___ノ、   、l:::ハ  丶\   ヽヽ
     l  /l l   リゝ_二7´_j |  ヽ   、::l丶  ゝ ヽ   |ハ
     ∨|  、ゝ ノ \  ̄フノ    \   、_ 、  |リ  }   | !
      ヽ   \\   ̄ 彡'     ヽ ヽ ∨/ ノ   ! |




                              /}/  ̄//|__
                           /{/              ∠
                    ___|\|
        r‐、             \
  ( \   |  |              /                     アンタさあ・・・
  ..\ \ノ  |             ,/イ
こ _ ̄`     |            __|,/ |/ |     \           
  `ヽ,  ,   |            /:://:\   レヘ  |\N       γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
と二  と´   {.           人//::::::::}ニニrく\,|            l  私は、この鴻上ファウンデーションのトップだよ?   |
   ‘, ヽ    、      ,.  '    ̄ ̄   } }、             ヽ、______________________ ノ
    ヽ.__     \   i           ノ/ }              
       ..\     \  ゚. ,/ ヽ、  u   [_ノノ }                  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
         .\     \.∨    〉           {                |  社員達の生活を守る責任がある以上、  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
            \   У   /           }                  ヽ_______    当然、少しでも利益の出る方を選ぶとも。   }
            \  ヽ. /          |                             ゝ、____________________ノ
                  \ //  ` 、        |         
                   { {     > _     レルヘ           うーん正論過ぎてぐうの音も出ねえ。
                   { {      √ ̄`ヽ       \__/
               {{     / ∧  ハ     | ̄   |


.

8355 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:59:13 ID:fylcOjUd





      .γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      l  さて、それで、その具体的な中身についてだが、これが資料になる。   |
      ヽ、______________________________ ノ バサッ




                                  ペラッ… ペラッ…
                                  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                  l   ・・・流石に「変身」機能は要らないんじゃねーかにゃー。  |
                                  ヽ、_________________________ ノ




    γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    l.   やはり趣味的過ぎたか。だが、嫌いではないだろう?   |
    ヽ、________________________ ノ




                                     ペラッ… パラッ
                                  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                  l  むしろ大好きだぜい。あ、それとこの――――   |
                                  ヽ、_____________________ ノ




                                               【魔剣物語AM 二次創作 只人達に剣を】 終
.

8356 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:59:47 ID:fylcOjUd




                                                                バ ー ス
.           ト、    -==ミ.、ト、                 ■鴻上ファウンデーション製 試作魔導装甲「BIRTH」(仮)
            ノ.:::}/      ///\
           ′./        //////〉             全身を完全に覆うタイプの魔導装甲。
          i/レ′_____///// ヘ.
          !圦i i i i i i i i/////:/i}             装甲内部に刻印された術式が装着者の魔力を利用して起動し、
.          {//7`rァァァ7´////:/. : :!
          、//i!///////: :(_:_:_:_/             装着者の身体能力を、平均して未装着時の2割増しほどに増幅させる。
          V.王ェ ヽ二フ : : : : : : ′
           {!ェ ェ=-.〉二:フ -- イ               この術式自体は初歩的なものであり、僅かでも魔力を持っていれば発動可能。
.           'ヘ._=壬/: i! : : 《 |
             《〈 i : i : : ii: : : :_`>== 、           また、起動・維持ともに刻印側が自動で行うため、
   / ̄>-=≦{ヽ》 : i y‐= ´ _ , ィニニニ=x、 __
  〃.:://: : : : :人i| i : i厶孑 ´(彡゙xー匕フ´ ̄寸x.\     たとえ魔術的知識がなくとも使用でき、維持のために意識を割く必要もない。
  / {:/  レ ´ ̄> ´ ̄____ r ´ // / /    寸x.ハ
 {! i!  ′-=f´  ,イ三三三∧ 《 {:V ′    ′ `Ⅵ
 i! i! ├―‐ i   ///′    V∧ V: { i!     ├‐== }|      なお、使用する術式は、内部装甲板ごと差し替えることで換装可能で、
  . i  !r=== !  i//{!ー――‐}//! i}: L_{      弋i_i .イ !
  ∨  if´ ̄ i「_V爪i i i i i iノ/,/ /. : : : \       i川,リ      用途や装着者の適性に応じた対応が、ある程度行えるようになっている。
   `ー代___rv寸三三彡^ー《: : : : : iト、丶__,リ」/
     ムイA: : : : : : `ー 、 ̄     \:_:_:_|: :}: i!: : : : : :《
.    /. :リ : }: : : : : : : : :\     / ̄「!: :ゞ、 : : : : : リ  【※ビジュアルは一例です。】




                   ,イ            ト、
                       //|! ,  ──  、  !∧    ただし、術式側の限界として強化の上限が存在し、
                   /'//∨         ∨//i
                    ∨//Λ          l'//|    仮に英雄級の武勇の持ち主が装着しても、殆ど意味がない程度。
                   ∨//∧ー───‐‐}//,!
                  ト∨///ヽ __ // イ    その上、装甲に使用されている素材の強度は平凡で、
                  ∨ヘ ///////|!/////l|
                      ∨/ヽ'/////|!/////リ     ガチの英雄級が本気で動いたら自壊してしまうことすらあり得るほど。
                     ∨ヘ/ニユ=Τ=ユ/,'
                         ヽ /∧=ニ┼ニシレ'、
                    ,イ ̄トヾヘ._ヽ=ニ= '/ ヽ=「 l __ _ ,ヘ          基本的には只人用の装備であり、
          ,、     .</ヽ //7ーヘ ∨/|i 〈 /´ ゝ' | l///|   \
         / ヽ≠Y////////>-、 ゝ/,イ     ‐‐‐‐‐Ll]//|    ト、       使用されている技術も既に普及しているものだけ、
        /     | c∨// >゙”___> 7 7   , ─ 、 ヽ/∧    |_ハ_
.       , ヘ     |   i|'´l´ r─‐=ニニ|!_|!_|!  i{____}!  |,//ヘニ==!< ヽ     それもごく初歩的なものが中心となっている。
      {ヽ_i    i   i| lr‐r==ゝ─f|i_ニ==_,ゝニニニノ_ヘーti ̄]_〔__j  |!、
        〉_ノ     ' ー─l! ! i´   r====ヘ< ̄>─<¨¨    〉ニ=ァ ̄c_|!= |!:}!   そのため製造コストが魔導装甲としては低く、
       l     //////l!  ゝー≦fEiiiiiiiiiヨ||_/     ∨___/ ̄`ニ ̄ ̄l! ∧:}!
      ∨___彡'//////Λ !| jヽ`二二´=i{─=::::::: ̄}!── ´ ,,-,, ,, -=ヾ __リ    量産も容易、というのが最大の特徴である。
.        ////》////////,\>=、ゝ=≦>‐ゝ::::::::::::彡ヘニニニニニ||_j_f| 二ヨ
      /////////Λ/// /-==ァ´: }| ゚||ニニ)__)ミj¨」」」ヘ<フ¨!|_]¨__||____凵ニj‐、
.      /   _ ̄ヽ/__∨//  〃!:.: : :|:.:ll──}_ノ////||Λ/  ∨_ゝ ||  `i八__ノ、
.     /   / ヽ.::ヽ リ_  ̄ヽ il: : : : :゚: :リ─ ノ /////||//!   !//'l ||   リニ7__ノ
   《─〈{   |:::::::|_,,..-=ニ7/ヽ:ゝ─=へ=彡'//////!!/Λ  \∧___!彡(シ



.

8357 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 15:59:50 ID:8MvrlOBw

英雄が使う意味ない、ってけっこう難しい?

8358 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 16:00:05 ID:AHNev5/L

隙間産業は後発の攻め手の一つだもんね

8359 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 16:00:10 ID:WtnpyHq3

相手が人間じゃなく邪竜だからこそかねぇ。戦争ではあっても国を相手にした政治とかでないのも
そのあたりの事情が絡むと十二英雄時代の話に戻るかも

8360 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 16:00:13 ID:fylcOjUd




       ノ /       /´ヽ
     ,ィ'   ̄}     /    l
   ,./     |   r'      リ
   /   _,.へ !  ゝ_ r-'ヘ__ノ            ,へ       ,-、
   ゝ-ァ / リ ;    7 !               〈  }      /  }  ,へ
    / /  / /   / ノ─、               |  |      l  /  /   }
    / /  / /  _,ノ     ハ  _ _,..-─-、      | リ   ,   / ./  7  /
  / /  / ,' r'´       リ / ¨     ヽ.    し'  /|  / /  / /      _ヾf´ ̄≧、
 /  /  / /  l   _..---、_ノ l        /         / 7  / /  / /    ィ==、´ `ヽ: : : : :\
ノ  ィ、 / /  ゝ7 ,'      ゝ--'´⌒ヽ、_ノ       / /  / /   / /   r´ ̄芯   /´:: :: : : : : :
  /l    /    l  ゝ__,へ                , ' ./  ,' /   ,' /  r、'^'´    ノ:: :: :: :: :: :: :
__ノ |  /    |     |               /  /   //    // __jァ}ノ    /:: :: ::、: :: :: : : : ::
   .、__ノ     ゝ      リ           ,ヘ__彡'  /   //    //  ゝ/    ゝ' rク ノ¨}l: :: : :: :
           `、_彡'           /    /  ,ヘノ/   //  (,  . .: : :: ::.. ゝ===彡': : : : :: :
                          {   /    | |   ,ヘ'/   ヽ.. :: :: :: : --' f':: : : : :: : :: ::
                          ゝ__ノ       | |   | |    ヽ __,...............ゝ:: :: :: : : :/
                                   ! /   | j    ,ィ´  ,...=====≧、_::/
                                   レ    し'  ,r'}l /´.....───-、ノ
                                         _/;///´/: : : : : : : : : :ヽ
                                        /::::/: : : /: : : : : : : :: :: : ::|
■ 【鴻上 光生】 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――■

   鴻上ファウンデーションの会長。
   今までは、戦争に関わらない方面を中心に手広く事業を展開していたが、邪龍の脅威が本格化してきたこともあり、
   物資面で人類を支援する方針を固め始めた。今回の魔導装甲開発も、その一環。

   大陸の住人、主に民衆に根付く過剰な英雄への依存に対しては否定的であり、彼らに頼り過ぎることによる
   人類全体の脆弱化を懸念している。
   とは言え英雄そのものは否定しておらず、「頼り過ぎは良くないぞ! 自分達でも頑張ろう!」という程度。

   たとえ只人だろうと、強くあろうと欲すれば(強くなりたいという“欲望”があれば)、いずれ必ず英雄に並べる、
   そして超えられる、というのが持論で、それを体現するような者(例:ぐだお、ニーサン)を見るとテンションが天元突破する。
   常識を弁えてはいるのだが、無駄に高いテンションのせいで、度し難い勢だと誤解されることも時々ある様子。

   ケーキ作りが趣味で、なにかにつけて満面の笑顔で「ハッピー・バースディ!!」と吼えつつ、
   手作りのワンホールケーキを振る舞おうとする癖があり、主に会長秘書がその被害に遭う。

■―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――■




                           ヽー-ヽ                /ノ!_
                           __\      ヽヽr         /
                            \      /        、   ´ーァ
                          <   /   /         ヽ!     <_
                            _> /  / ! /      |   「  l    /
                          `ーァ l/! _ !/l/!  ハ ト、ト、ト、! !   ! l    >
                          /  .レリ二≧x! ヽ:!x≦二ヽ|ヽl ト、! <_
                          ´ ̄/ 从:::::::::::!: : fニ{::::::::::::::! : }ニ∨Y} /
                               フノ7/L、:::_}_ノ l ヽ::::::::::}_ノ ノノ/ _>
                              ´   {´--'--,  }     ̄    r‐'<
                               !| /´ ̄ヽ `       /!/ ̄`
                                }!/ ハ` ′-―-   /|: :! ヽ
                              --‐ヽ  `ヽ.   ̄  / / l`/  ト-
                         /      .|\    `-r ´ / .|/  ヽ   `ヽ
                       /   ヽ -―-!  \    }     / ,-、   !     \
                       !   ヽ \   !  ./   ./  , -‐}/: : l: !  l― 、    ヽ.
                       !    \ !   l//   ./`    /〈: : : :ヽ ',   \ / .l
                        |     ヽ. . :! /     ′ヽ / ハ .!    :`ヽ! /   /  |
                       ∧       ∨/     ∧   / /     !  l  /  /、
                      / !      _/ /    /::.ヽ  .//__    .:|  .!:. /.:/ / /
                      !  ヽ /   /     ./: : :. ヽ/イ  !  ̄ ̄ ̄ ̄! !:/.:/ / /
■ 【土御門 元春】 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――■

   鴻上ファウンデーションの相談役。
   会長の一見無茶な提案に対して自分の考えを述べ、対話することによって問題点等を洗い出し、
   詳細を詰めていくのが主な仕事。また、会長の護衛役も兼任する。

   実は魔術師でもあり、過去には学院に所属していたこともある。そのためか、知識量や習得した術式の数は、
   十代半ば程度の見た目にそぐわずかなりのもの。
   その経歴から、今回の魔導装甲開発の技術面において、かなりの貢献が期待されている。

   一方で、魔力の総量が絶対的に不足しており、下手に術式を使おうとすると体に強い負担がかかり、
   最悪死に至るという、魔術師として致命的な弱点を持つ。
   それを補うために各種の武術を習得しており、戦闘せざるを得ない場合には、肉弾戦を主軸に攻め、
   要所でのみ小規模の(比較的負担の少ない)術式を行使するという戦法を用いる。

   基本的には飄々とした人物で、どこの地方の方言かもわからない「~だにゃー」「~だぜい」等という語尾を
   多用する少年(?)だが、それはあくまで外面。
   本当に真面目になるとそれらの口調や態度は消え、熟練の殺し屋じみた冷酷さを見せる。

■―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――■


.

8361 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 16:00:18 ID:GpQc2W1X

科学忍具っていう素晴らしいアイテムがあるぞ

8362 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 16:00:33 ID:yLutJ4kX

乙でしたー

8363 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 16:00:42 ID:fylcOjUd




        ●英雄向けの強烈な装備に目が行くけど、只人向けのこんな装備があってもいいよね、というお話。

        ●ほぼ無限湧きする邪龍相手に数で対抗できるかは置いといて、一般戦力の底上げは有効に機能する筈。
            
        ●魔導装甲の解説に関しては、会話させると恐ろしく冗長になる予感がしたため、思い切って上のような形で

          掲示しました。強化の上限は、ギリギリ準英雄級に届く程度。数値にすると50~60くらい?

        ●術式ひとつのオート維持は便利に使えるかもしれませんが、ようは「魔力を通せば特定の術式が発動する護符」

          みたいなものなので、これも既存技術のひとつ、あるいはその派生技術程度で収まる程度。たぶん、きっと。

        ●ちなみに、会長イチ押しの変身機能はコストの関係で華麗に削除され、その結果として会長が自棄ケーキを作り、

          会長秘書が少々ふくよか(オブラートに包んだ表現)になった模様。

        ●なお、魔導装甲の解説で書いたように、鎧の外観はあくまで一例です。



.                ‐-
.          ..::´    丶
         /::: ::.       \               ●この辺の連中が、実はこの魔道装甲を使っていたのかもしれないし、
         ':::::. .:::
.        /::::::  .::::         ヽ               そんなことはなくて普通の鎧なのかもしれない。
      -‐  ̄ヽ.::::::__  〈7ハ   r 、
_ - ´  ._    } l::〈/ハ  マ∧.  !/,!   ,             ●全ては剪定事象。
_--、 ,' .)  .l l::::: マ,∧. マハ.  !/l ;, .!
ニニニ\   l .!:::::::. ヾ∧. マ,! .l/l l'〉.! _ -‐ 、
ニ二二二ヽ l .l:::::::::.  ヾ'、. V l'/ // !;;;;;;;;;;;;: !
二ニ=-__,.ゝ---―  ''"  ̄ ̄ ̄ " ‐┴ 、;;;;;' /
ニニ三三/ .{ 〇 ー―‐  ''   ̄ ̄    - 、\'
二二二二\.\         _    ,. . ヽ.ヽ、_,...,_
===ニ二二\` 、      ` 、.ヽ  {   ヽ 〈ニニニヽ
     ヽ \ > `  、      、 、 ヽ  .ノ ,.イiニニニ}
      ', o \  > _`  _   、 ヽ  ̄ .j .! !ニニニ{、
       }ー 、 \    > _  _.ヽ  ー‐ ' ノ !ニニニj
      /    ー \       > _‐- _ ̄ ´.//Vニ-‐'、
     ,        ̄\         \ 、 _ ,.イ  ヽ   ,


.

8364 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 16:00:43 ID:4Di2FoNz

ふむふむ

8365 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 16:00:46 ID:4/wZm15B


この人ら拠点はどこなんだろう


8366 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 16:00:51 ID:4Di2FoNz



8367 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 16:00:58 ID:fylcOjUd

以上となります。
…ぶっちゃけ、設定投げ込んだだけじゃねーか、って気もしますが。

場所をお貸しいただき、ありがとうございました。

8368 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 16:01:47 ID:r8lNjtD7

乙でしたー
レスキュー隊系に使うと面白そう

8369 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 16:02:18 ID:6Yu1KzXk

乙でしたー
超人ゆえに武器も特注じゃなければ耐えられないか
それゆえに普通の人には問題ないか


8370 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 16:02:34 ID:2QPkaEXG

おつ
こういう世界の普段見えない部分の話好き

8371 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 16:03:26 ID:t2P7JXjQ


エースにガンダムを配備するのも大事だが、ジムの量産もまた大事なのだ


8372 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 16:04:14 ID:8Q/N/dqu

乙でした

パワードスーツみたいなものかな?

8373 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 16:04:28 ID:9EIEXwvU

乙ー
スカリエッティの所でも似たようなの作ってたような
一夏が使ってるのってどんなのだったっけ

8374 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 16:05:35 ID:fylcOjUd

拠点とかその辺に関しては、ぶっちゃけ劇中で語った以上のことは何も考えてnゲフンゲフン
精々が「邪龍出現からわりと最初の方にあった会話」くらい


8375 :梱包済みのやる夫:2017/09/24(日) 16:06:23 ID:6Yu1KzXk

>>8373
あっちは準英雄級以上じゃないと装備できない武器だったかな








一覧
関連記事

[タグ未指定]
[ 2017/10/01 14:00 ] おすすめ 人気スレ 魔剣物語 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

申し訳ありませんが、体調の悪化により長時間PCの前に居られなくなりました。。
その為、当分の間は手抜きでのまとめとさせていただきます。
楽しみにしてくださっていた方、そしてまとめを許可してくださった作者様にご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。<(_ _)>


9月に入っても秋らしさを感じるよりも、厳しい残暑やら台風やらの自然の脅威を思い知らされる日々ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?
今年の秋は暑いらしいですので、暫くは夏を引きずるでしょうがそれでも日は徐々に短くなっていきます。
だんだん伸びてくる秋の夜長にやるぽん!なんてのも風情があるかも?

一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

19/05/26
やる夫は誰かを救う悪になるようです 追加

19/05/18
エージェントやる夫の日常茶飯事 追加

19/04/14
やらない夫は「The World」にログインするようです 完結

19/02/10
真・女神転生 ~やる夫の嫁は加賀のようです~ 追加

19/01/21
できる夫とマリーがたどる仮面ライダーファイズ 追加

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



月別アーカイブ
FC2カウンター