やる夫と泡沫の時を越える祈り 設定公開 その2 やるぽん!

セイバー第30回 引き続き倫太郎回。 仲間に戻る時にしっかり謝れるのは倫太郎の良い所。エクレアも食べれたしね。 ただ先週のダメージをAパートで癒したかと思えばB.Cパートで更にえぐられるという……メンタルダイジョウブ?

やる夫と泡沫の時を越える祈り 設定公開 その2

99 :尋常な名無しさん:2018/08/24(金) 21:29:13 ID:DTbt6Q/w0

遅ればせながら最終話読みました
完結おめでとうございます

当時からこのスレの獅子心王のファンだったので、再開は望外の喜びでした
続きからも一貫してかっこよかったので大満足です!

もちろん主人公組も好きです
まさかほぼ無力な主役のFateスレが、ここまで面白くなるとは


100 :尋常な名無しさん:2018/08/24(金) 22:12:58 ID:n2AadG/I0



101◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 00:24:08 ID:oF/lUggU0

みなさま、こんな僻地までありがとうございます。

>>99
ご愛読ありがとうございます。
セイバーは私の最推しですので嬉しいです。

戦えないやる夫と最強のセイバーという組み合わせが本作の屋台骨と言っても過言ではないので、
そこを楽しんでもらえたのであれば幸いです。

102◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 01:18:50 ID:oF/lUggU0


   /                    ,
  /     /    ,   }   /   / / !       ,
 ,.   |  |    /  /  /  / ./ | l   |i   |
    |  |   ,イ  /// /! ′| l   |i   /
    |  l   / |/┳.//  l/ ┳从.  |i /
 |  人 | /. |  ┃       ┃  }/レ′
./  { k Y∨  |  ┃       ┃   i 八            んでは、今日はキャラクターの色々についてでも。
    ゝ-l     i|                ∨  \
  / i l     iト、              イ     \
    从     刈≧ー── … ≦ミメ、 \   \
   / ハ    ,.イ ̄ ̄ヽ {_/////  \ \   \
   ┌ffffffffffff }  l l l }fffffffffffffffff┐ }\    ,
   |      `ー‐─…′        | |  ヽ  }
   |                        | /  ハ l|
   |                        |  /  i リ
   |                        |     ノ∨
   |                        |    (   \
   |                        |    ヽ    ヽ
   |                        |          i
   |                        |        ノ

103◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 01:19:28 ID:oF/lUggU0


                              ┏━━━━━━━━┓
                                 セイバーペア
                              ┗━━━━━━━━┛


                /i/{,。ィ
             、)ヽ}  '´イ7=-ァ
            辷''       ≧ッ
           -=       ,ィ  ≧-
            /,   /{ノ}/}/、从 ミト        もはや語るまでもないかと思いますが、コンセプトは「どう見ても主人公」
            彳从/  ヽ杙ァ爪'.          「強いぞーすごいぞーかっこいいぞー」を凝縮したペアです。
           /::::})h、ヽ、  、.、」
         /:::`~''<ヽ〉ヽ_/            「もう1人の主人公」というコメントをもらったことがありますが、
       >''~::::::::::::/':::::::\                王道的には完全にこっちが正式な主人公じゃないかなと思います。
      }::::::/-i::::::/-/7:::::::::::\
      }!:::-==!::::-./_/イ,::::::::>=》
      '|_::-==!:::-=ニニ/::/-=ニ{
        |-,:-=ニノ-=ニ/,イ-=ニニニ!
       |-=,-=ニニニ/:::}-=ニニニ}!
      ..|-==,-=ニ,'::::::-=ニニニリ
        .|-=ニi-=ニ,:::::::-=ニニニi!
         {-=ニi-=∥::::-=ニ/∥!
         .'-=ニi-={!:::-=ニ/:i:i∥_!
         '-=ニi- |:::-=ニ{:i:i:∥__!ヽ
         .'-=ニ}-.!:::-=={:i ∥-┴{__      _,,.. -‐ '' "´:.:.ア~~´´ ̄
          '-=∥-!:::-=ニ!:∥__-‐≦〕iト====─==ニ二二_: : : : ` " '' ‐- 。 ,,__
        }_ノ-= |:: -==!/.///, './,: : : : `''¬ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``: : : : : : : : : : : : : : : : : `~、、
          {//-==!::::-= }/////, .i//,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : >''~ ̄ ̄
         .//-=ニ}::::-=ニ!/::'//∧.!//,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ≦(~~ ̄
       //-=ニ∥-=ニi{:::::'////i///,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ` " '' ‐- 。 ,,_
       .{/-=ニ.∥-=ニニ}::::i////////,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 三三ニニ=-
       /-=ニニi{-=ニニノ{ Ν.////////,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ` " '' ‐- 。 ,,_
     _/-=ニニi}>''~´ }h!/~ヽ //////,、__: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ``~、、     -===ニニア
   /> ̄三二ニニ===}  .Ⅵ≠==─-----===ニニニ二二______  ------=======ニニニニニ==─
 .ノ/´ ,-=ニ ̄``~~~'〈ノ}:/丿'≠≠==----====ニニニ二二二二二二二二ニニ==─ : : : : : : : : : : : : : : : : : : ` " '' ‐- 。 ,,_
/7'´ _,,∥-=ニ// i::'//,^^´::'ゝイ/////////、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :〈==- ̄ ̄ ̄`ヽ、: : : <```````````
ヾ≦ゞ/-= //// i::'//,::'/,::'/////////////)h、,,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ~''<≧=‐   ```````
   ノ=‐'´/i::::'//ノ::'//,://iノ/////////////〈~~`: : : : : : : : : : : : : : : : : >==ミ: : : : :‐=≦``~、、~''<
  ヽノィi〔//i:::'// !:::'//i'//////////////// ∧: : : : :r===- : : : : : : : :~''<//~''<~~~~``~、、≧=‐ヽ,
   ノ'/////i:::'///:∥/////////////////// ∧: : : : ~''<//\~''<: : : : : : ~''<//~''<    ``~、、

104◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 01:19:43 ID:oF/lUggU0


                      __
                  _,..イ: : `ヽ、
               ,. : :´_:_/⌒ヽ-: 、: :ヽ
                /:/: : :/: : : : :ヽ: :\: \
               /: , ': : : : : : : : : : : : :':,: :ヽ: : :.
           ,: :./: : : : : : : : : : : : : : :i: : : :',: : .
           /: /: : : ,: :|: : : : : : : : : : }: : : : ',: : .
          ;': /: ,: :/:l: ハ:|: : : : : :}: :,イ:.!:.|: : :',: ::.
          i: ;: :.|: :!:/ト、リ、: : : : /_,斗七: : : : ,: i         それもそのはずで、大河はやる夫ペアが無力なため、
             j:.,': :.{: :|ィ示㍉、ヽ: :/,ィチ㍉,}: :.;: i:{:.:{            正統派主人公として用意された枠です。
          j: |:{:八: {弋こソ  ゞ 弋こソ/: /: :|:|: |
           |: {:ト、: :{ゞ、      ,    彡イ:.:.,イ:|: :.         大河が主人公でも普通に物語は成り立ったと思います。
         ,: : リ: \:.人   、 _,   人:.イ:.|リ: : .
          /: : : : : : {: : :|>  __  <: : : :/:/イ: : : .
          ,: : : : : : : : ,:.:.:|:/`丶,-、´∨|: : :./: : : : : : : :.
       /: : : : : : _,....|: :.|、   ,.介、   !: :./:..、:_: : : : : : .
      ,: : : : : :/:ヽ::::::|: :.|::、//o} \ノ!: /::::::::/::ヽ: : : : : .
       /: : : : : :{:::::::、:: |: :.|:::::∨  |i /:::|: {:::::::/::::::::}: : : : : : :.
.     /: : : : : : :|:::::::::Y:!: :.!::::::{!:. oji!::::: !:リ::::::{::::::::::|: : : : : : : :.




                 __, -- 、
              , . : : : : : : . .ヽ、
              /  i  Y  : : : : .ヽ、
              // :i  :! : : . . . .\: ヽ: . ヽ、
          //: . | . :{ .|: : i:、: : : :!: :ハ: . ヽ
         / ハ: :ト、: |、ト、:|りX: ノ:ハ: :|: :   ヽ
         ´ /i : トX從ミ  `イ豺刋: :/:イ: : : . : ヽ         というか、改めて見ると大河の主人公要素はすさまじいです。
       イ  ./: |: :ト ヽ沙'  , ゝ‐イ:イ: /j: : : : : . : : ヽ.           ・エルメロイ二世の教え子
.     / /  /: |: 、 |_ヽヽ  __  ノ / //: : : : : : : : : :.           ・原作キャラ(凛・士郎)との親交あり
   / . :/  / -=ニ三rく三ト - イ: :/ノ: : : : : : : : : : : : :         ・元凶である解体戦争に関与
  /. ://ニ三三 {⌒´ /7「 \ / i` ト, 、: : : : :  : : : :         ・魔術師にあるまじき人格者
 . : ´ ∧三三三7  }ノ7ハ. 水、 } ff  `>. : :  : : :         ・そのくせ作中屈指の実力者
.{ (. / .∧.三三/   ' V  / ハ V  {{ / ヽ: : .  : :         ・相棒は最優のセイバー
 ヽ/ :/: :∧三/   | V   し1V1し′ {'     ヽ、: : ヽ           ・忘れていた過去を思い出し、苦悩を乗り越えて
. / :/: : { У:|   jV    ij  ij    { 、     ヽ: |.            聖杯戦争を勝ち抜くというド王道
ノ. :/|: : :/: : :!_ ノイ   7    :. ::.. |、 \ __> 〈: :ノ            ・なお、藤村の某とは関係ない
. :/{ {: /  : : : : : : : {   /     :.. Lヽ._八...  ∨
イ ! 〉  : . : : : : : : :|       ..   | : : : : /     }:            なんだ、このお化けは。
. { :V  : : : : : : : : : レ'´   . . . ...::.   |: : : :/   ノ: :

105◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 01:20:31 ID:oF/lUggU0


          /:/: : : : : :./: : : : : : :.|: : : :.|: : : : : : :.ヽ: : :.
.        /:/: : : : : :.:.|: : : : : : : :i: }: : :|!: : : : : : : :∨: :.
        ':/: : : : : :./∧: {: : : : : : ∧: :|∨: :|: : : : : ∨:}
       {/: : : : : :,/-- Ⅵ: : : : : / -Ⅵ-∨:|: : : : : : Ⅵ
         /: : :i: : :./ ,.≠ミ、\: : : :{  ,.≠ミ Ⅵ: : : : : : :|:|       魔術師然とした合理的な思考は後天的に得たもので、
       ': : : :{: : :|,イム::::ハ   \: :| ム:::ハ }!リ: : }: : i: :.|:|       根は作中の通り、心優しく正義感に満ちたキャラです。
      {: i: : :ム:Ⅵ 弋こソ     `¨ 弋こソ /: :./: : :| : |:|
      |: |,: : : :\〉 `¨¨    ,     ¨¨´/: :イ: : :./}: :|:{       偽善的であり偽悪的でもあり、この聖杯戦争で恐らく唯一、
      |: |ム: : : |∧               /:イ |: : /: |:./: :.       自分のためではない戦いをしていました。
      Ⅵ: :\: |:.人     `   ̄´     人j:/: i !': : : .
        /: : : :}: ヽ: : :|>  __  ,.、   <: :/: : :/: : : : : :.
     /: : : ::∧: : : : :}: : : {爪}イ{ |!´ |: : /: : : : :/: : : : : : : .
      /: : : :./: :.ヽ: : : |: :./| } |!{ | }}/ ∨: : : :.:/: : : :{: : : : : :.
    ,:': : : :./....---ヽ: :|-イ | | |{! | |.!   /: : : : :/ー―-- 、: : : ヽ
  /: : : :,.:':::::::,:::::::: i: :|::ィ:/   |  {\/: : : : :/::::::::::::/::::::ハ: : : : :\
.,. :': : : : :./:::::::::::}:::::::::|: :!{|:{   Y!  |、/{: : : : /::::::::::::/:::::::::::}: : : : : : :ヽ
{: : : : : ::/ィ--::::::|:::::::::|:_:!Ⅵ   }!   Ⅵ|: : : /{:::::::::::/:::::::::::_::|_: : : : : : :.}
|: : : : : :}::::::::::::::::|:::_,.ィ:::::| {   人   }:::\:{:.|::::::::::{::::::::::::::::::::}: : : : : :/




          ,,: ´: : : :‐=ミ: : : }:>:=ミ
          ,,:.´: : : : : : : : : : : : : ′: : : :.‘;ヽ、
      〃: : : : : :/: : : : : : :/: : : : : : : : :.'; :.ヽ
      /: : : : : :〃: : : : : : :.:/ : : : : : : : : : :.i: : :‘,
.      ′: : : :./: : : : : : : :.:/: : : : :|: : : :.: : :.|: : : : :.
      i : : : : /: : : : : : : :.:/: : /: : j{: : : : : :/| :i.: : : :.
      |.: :.: :.:′: : : : : : :.:′:/|__/_‘; : : : /`jノ: : : : i       魔術は"エーテル変換"で、イメージはハガレンのあれです。
      |: : : : i : : : : : : : : i:.:厶≠ュ、 }.:.: :イ斧Yi: : : : |
      | : : : :|: : i.: :.: : : :!|イfし::゚:}  j/ ら:j !: :.:/:i|        本来は戦闘向きのそれではありませんが、真紅やアシュレーと
      |: : : : |{:.:.ト、: :.、:.:八弋う:ソ     、`´ 厶イ 八.         渡り合うあたりはさすがの主人公でしょうか。
      | : : : 八: !: ヽ: 丶: : ゝ         八jノ
      |{: : : : : ヽ: : : \: :<⌒   ー  ' イ               アシュレーと戦った通り、魔術師のくせに至近距離での
.      八: : : : : : : : : : :.:\: : ≧‐   _ /: |             カウンターが最も強いという変わり者です。
     /: : : : : : /: : : : : : :八.:.: :.:`:く i: : : : :.|
.    /: : : : : : /: : : : : : :/x、_ヽ: : : : ヽ: :.: : :.:|
   /: : : : : /: : : : : : ://///,≧x: : : ‘, : : |
  ,.: : : : :/ : : : : : : : //////>≠ミx: :';.: :.:.|
/:.: :.:/.: :.: : : : : : :.////////////ハ:i : : |

106◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 01:20:43 ID:oF/lUggU0


                   /:/: /: : : : : : : : : : \: : ヽ
                  /: :/: : :/: : : : : : : : : : : : :.:\: : :.
                    /: :/: : : ,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
                /: :/: : : : {: : : : : : : :.:.',: : ',: : : : :}: : :.
                  /: : : : :.{:.:/{: : : : : : : : : }:.:.:.}: : : : : : : :.
               /: :/: {: : {:,  : : : : : :.:.:Ⅳ}ヽ Ⅳ: : : : : : ::.
/> _  -、__        ,:.:/: { {: : {:{ー 、: : : : : :}才≦「___: : /: : : :.       短剣道という実にマイナーなものを持ち込みましたが、
.<///,>}-}__}¨}-、_    {: { : {:八:.ィf示ミ、: : : ´}ィf )し } ソ /:.:/: :}: :.         私は別に剣道家でもなんでもありません。
..  ¨, <ゝ'{./ / / } _   {:.ハ:.:{: :.:.爪 Vzソ. ヾ\:{ ゞ- '/: /:.:/:}:.:.}: :
   /    > --<ゝノ//>{' _:.{: : : ヾ:.、.   、 `  /イ: :/: :}:.:.}: : :. .       「しなこいっ」という漫画からインスパイアされました。
   }、 _ /  ,彡' ¨ </// ヽゝ:: : :、ヽ  _    '   .ィ: :/: }:.}: 八: :}      「武装少女マキャヴェリズム」の作者さんの作品です。
  _/ .}⌒ハ ´         ¨ <//,}:.:个.。.   ̄  .イ:.}: }/: }:.}/: : ', }      ぜひ読んでねっ!あ、業界の回し者ではありません。
 {:i{_  ノ:i}        --┴-- }: : } __{.≧=-=彡/}_:/: : ,:.:}: : : : ',
 {:i≧≦:i:i;      /:i:iⅥ:i:i:i:i, : : }:.:.:{  ¨><´  /:i,: : :r-......_: : :.',
 {:i:i:i:i:i:i:i:}   __ .へ:i\:i:iⅥ:i:i/: : : {:i:i:i.彡'宍=ミx:i:i/: :./:i:i:i:i:i:i:≧.',
 {:i:i:i:i:i:i:i:し≦:i:i≧x:i:\:i\Ⅵ:i{ : : 从〃 /イ } },ヾx/: : :{:i:i:i:i:i:i:i:i/:i}::.
. }:i:i:i:i:i/:i}:i\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨}:}: :{:i:込彡〃} }ハ //: :.:从:i:i:i}:i/:i/:i:i}: :.
. Ⅵ:i:i/:i:i八:i:i\:i:i:i:i:i:i:>ミ/:i从: :Ⅵ:i:i:i/,. .} }} v:i: : : :{:iヽ:i:i}/:i/:i:i:i}: : :.- _
... Ⅵ彡:i/:i:i:i=---ァ=≦: /: : ,:i:i:i:i:\ヾ:i:V {:i. / } }:i{: :.:从:i:i:i:i}:i/:i:i:iィ: : : }///> ._
   ` -= ´  /: :/: :,: : :.:.:{:i:i:i:i:i:i:)':i:iL.{:i:iⅥL}:i{: :{:i:iヽ:i:i:i}:':i/: {: : : :} ¨ <///> ._
         ,. : : : ' /: : : :.:.Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iⅥ:i:从:!:i:i:i:i:i:i,:i:i:i:i:i:{: : :.:.|.     ¨ <///> ._
          /: : : :{ ,: : : : : : :.Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iⅥ:i:i:iヽ:i:i:i:i/:i:i:i/:i:i{: : :.:.|         ¨ <///> ._
        ,: : : :.:.{ {: : : : : : :.:.Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅵ:i:i:i:i:i:i:/:}:i:i:/:i:i:i!: : : :|          ¨ <///> ._
        {: : : : :{ {: : : : : : : : {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i{:i:/:i:i:i:i}: : :.:.|.             ¨ <///> ._
        {: : : : :{ {: : : : : : : : :Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅵ:i:i:i:i:i:i}:/:i:i:i:i:i, : : : |                 ¨ <///> ._

107◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 01:21:21 ID:oF/lUggU0


                        ,ィ  ,. イ  _
                     / {/ /<∠__
                      ハ/         ≦⌒
                 _/           ≧=-
               <         /\{_\\、 く
              -≦     l / rzッ‐ -'/ニ}弋         セイバーもまた、正統派主人公の相棒としての選出です。
               /  ,-  lⅣ      \!ト、             「敵になると途端に強い」が常道のセイバーですが、
               /  ,′}/j        ´/ }.            味方のうちから最強だっていいじゃない。
                  j/i ト、ヽ         __ -z ′
                 Ⅵ }``           ̄ ,'            正義の騎士、をイメージして真っ先に決めました。
                 ゙,i  ≧=- _      !
                 _j          r‐ ┘            おなじみの「なん……だと……」は一度も喋ってません。
                /二≧=- 、     {二Y
                  /二二二二ニ┐  ,iニ=|
              _,. イ二二二二ニニ |   !二 !
.          ,x==≦二二二二二二ニニ i   Ⅵ二iト .,_
         /二二二二二二二二二ニニ8   。二二二ト、
.        /二二二二二二二二二二二.8゙,  8∨二二ニ∧
       /二二二二二二二二二二二二8ム 8 i二二ニ=ハ
.      /二二二二二二二二二二二二二8ム |二二二ニ!
     /二二二二二二二二二二二二二=}仞ム !二二二ニ{




                           /    ,.
                       ト、  、_/{/>'´{__
                     _∨ー'         フ
                   _,.≧'´           ≧=-
                       `y      } /レ'i/ヽ. !   \
                   ∠ /ムイ /}' ' '´o¬i :リ Ⅵ  ≧z
                    ムy从  {レ    ` ー   ∠´〉.', ̄
                    / /ヽ           i゚_j´ト、',      元ネタは史実というよりは「アイヴァンホー」という
                        ムイ′ :i          ´ / } ヘ.        小説に強く影響されています。
                        }  :::>、     _ __   ハ{⌒
                  __i___:::ヽ、    `./             外国の歴史小説の体をなしたラノベ的騎士物語です。
                  }///////ニY:::::::>、   ,:'              興味があればぜひどうぞ。あ、業界の回し者では(ry
                  _}//////\___   }  ̄
                ///////////<⌒ ,′
                ////////////// \!
              r≦////ハ///////////,'\
                ///////// ∨////////////:ヽ、
            7////////// ∨/////////////∧
              {////////////:V///////////// ∧
              |/////////////|////////////// ∧

108◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 01:22:01 ID:oF/lUggU0


   ヽ、゙、 `、    r--‐‐─=''''',、シッン,_゙゙゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
`、  ゙ヽ `、ヽ    ゙!     ミ゙    キ_  :  .. .
 ヽ   `  `    i ..............ナ 、、、  ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            |::::::::::::::::::シ.fッ゙ tッヽヾ:::::::::::::;;;;;;;;:::::::---
      ,、,、  ,ャ、,ノ:::::::::::;;;;;-‐ヽニ /、""゙゙゙゙゙゙             宝具は自称エクスカリバー。
   __r、'!、i !ニニ-‐'''',ニ/;;;;;;;i!;;/ `´_,,/;;;゙ヽ、
ニニ--‐''ヾ‐'ヽ、"゙''ヾ";;;;;;;;;;;;;;;;;;i!;;| ヽ'‐./;;;;;;;;;;;;;;ヽ                ルビは本家に寄せるべく「【形容句】+〇〇の剣」にしようと思い、
    ,.-‐‐‐"ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!;;l : !_ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ            "獅子"という単語を入れたかったのでこうなりました。
  、  ̄\__;;;;;;;;;;;;;;::-"|;;;i!;!.: :: i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   ヽ       ゙‐'"   !;i!| :..: : i;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;ヽ           効果は「お前の期待に俺が応える」
    ヾ           /;;;i!| :. /;;;;;;;;;;;;/ l;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ヽ、         作中幾度も放ちましたが、全てを見せ場にできました。
.               ヽ-,/__/;;;;;;;;;;;:::j i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
              /‐-! ヾヽ、二ニi、 l;;;;;;;;;;;;;;;;;:::--┘
              /;;;;;;;;;;;ヽ"\ノ;;;;;;;;;;l ‐r-ニ‐"
             /;;;;;;;;;;;;;;;;゙´;;ヽ´;;;;;;;;;;;!  | |




          {: :\(\/       . . . . : : : : ̄¨二ニ=─
           \\: : : . . .           . . . . : : : : ̄¨二ニ=─
         >≫: : : . . .         . . . . : : : :‐=ニ二__
      <: : : . . .                . . . . : : : :_...二ニ=─
         >: : : . . .              . . . . : : : :.\
       __/: : : . .      . . : :./:/ \\丶  ヽ; : : : : : :.\\
        ̄/: : : . .   . . :|: /:.:| ̄ヽ\\\ |、 |: :i |: : : : : .、\
        /イ: : : ./`Y: : /|/ ヽ|ィテ芋冬メ、`ヽⅥ.:| |:ヽー――`ヽ
          /: : : //ハ:|: :/ /  '弋いソ  `Yヽ ,ィV小:.:|
.         /イ: : :{{ ハ|:/        `¨¨     んリ: :.| ヘ!        多くの方から「かっこいい!」とお褒めいただき、
        //.: : :∨く 八               ∨ j从|             大変うれしく思います。
          /' |: : 八__                   ∨ハj
         八 : : /{                ⌒/ /            初登場、宝具開放、令呪シーン、ラスト……と
         ノノ/   ヽ     ` ー─  __, /                最初から最後まで私の好きなシーンだらけです。
           /      \          /
         /∧\                , ′
        ///////ヽ         \
     ´ ̄ ̄``'<////\          / ー′
           ヽ ヽ\//,\     ノ
           } }   `ヽ/\   /

109◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 01:22:32 ID:oF/lUggU0


                      へ     -―
                  -‐/: : : :\´: : : : : : :\
                /: : /: : : : : : : : :` く⌒ヽ: :\
            /: : : i : : : : : : : : : : : : : : ‘, : \
              /: : : : |: : : : : : : |: : : : : : : : ‘,: : : ヽ
          / : :/: 从: : : :|: : ∧: : : : :i: : : :‘, : : : ,       大河は十分に書けたのでボツ設定はあまりないです。
            / : : i:.|什:ト: : :|:.十-ヽ: :|: :| : : : :‘,: : : :,
            /: : : :|/ |八: : :|: :| __ }:ハノ: : : : : ‘ : : : i       逢坂は遠坂の遠縁という設定で、遠坂の"転換"に似せました。
          .: : : : ;〃示ト \lヽ|,イr示トY: : : : : : i : : : :|.       エルメロイ教室にいるのも凛の繋がりです。
           i : : : {) 込リ       込リ l: : : : : : :| : : : :|
           |:|: : 八   ′       /: : : : : : :| : : : :!.        「空」というレアっぽい属性ですが、エルメロイ教室で空というと、
           |ハ: : 「`  ___     /: : : : /: : :l : : : :!.       そうです、フラット君と同じです。
            |: : 入  V_フ   ⌒/ : : /: :ハノ : : : :|         どう見ても彼とは相性悪かったと思います。
             |: : : : :\、        /: :/: :/ / : : : : |
             |: : : rく辷` -―==/イ: : : / : : : : : : : !
         /|: : r「ニ=―-  _彡/ : : / L: : : : : : : |
           -‐|: :〈 ヾ辷=- __ /: : :/   ヽ: : : : : |




              ,. '´ : : : : : : : : :` 、
              /:, -:‐: : :-‐: 、:.:. : : : : ヽ、
            /:, :': .: : : : : : : : : : : : : 、:. : :
              /:,': : : ::. : : : : : :、: : : :、: :ヽ:.: :
          /:/ : i : :}、 : : : : : :ト、 : :.!: : : :Y :
       _,.ィ':.:| : : |:メ、' ,: : : :!_;斗'":| : : :i |:.:
  ,. -‐''´ ̄ /: .:| : : t,イ;心.\: :{,イスハ,': :}: :!:|:.:
./,'´ i^i  /: {:八 : : ',弋リ  ``弋zン: /: ,'|:|:.:       生前の話、エルメロイ二世との絡みなどを幕間として
゙: f   |=|'´ィy、:弋:.ヽ、: ;>xx  '  xx厶イ: /:jノ:.:.         書ければと思っていましたが、完全に蛇足なのでカットしました。
: リ ,.x'|=|/':.:.:丁:.:.:.:.,イ^' .,  - ,. イy、}イ:.:.:.:.:.:
'´/;.'_,|=|__:.:.:.:,イ:.:.:.}/ :  :./ `T ´ ./ハ:.:.:.:.:.:.:..         時計塔の魔術師には似つかわしくない正義感を持っているので、
,/: //__三__Y´ |.:. / :| 厶∧__../  /ヽ.:.:.:.:.:.       凛などとは別の意味でエルメロイ二世の手を焼いていたと思います。
{: i¨7' ;' ;' ;'`'く¨,}:/  j   〕 ハ.  /.:.:. : :ヽ:.:.:.
ヽ:〉' {`i  i´} V''ヾ.、: .!  { /{_/      ∨:
:=f=v`¨<フ¨ .=キ  .:.:|  .!'       -─-}:.:
,才'" iマ⌒マ! 戈 .:.:;人:. .:{      i/´     ,'.:.:
 f`ト{___};イ=、‐‐'´ ハ ::|.    .:/     ./.:.:.:
 {八_}----{_ノ‐ '<、_丿:j:::... .:/    ..:,イ:.:.:.
 >x二__      }}  `'ー--r '     .:/ヽ、:.
´::::::::::::::::',`¨マ>-'´/     `ヾ :.. .::∧  ヽ

110◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 01:22:58 ID:oF/lUggU0


                     __
            _        ∠´ : : : : `ヽ、
           r', ‐>ァ ⌒: :´ : : : \: : X,´-、ヽ
.           { レ: :/: : : : : : : : : : : : ':,: : l  } }ヽ
           /: :/: : : : : : : : | : : : : : ':,: |二ノ : :ハ
.          / : /: : : : : : |: : :| : : : : : : ':,| : : : : : : ',
         /: : :i : : : : : : l:.∧lヽ: : : : : : :|: : : : : : : :,
          |: /l |: /、_: : : |ムヒ´V : : : :ハ| : : : : : : : ',             タイガー    ライオン
          |:.| |:.|/,ィぇ、\{ ´んテア: : : :/リl : : : : : : : :i       あと大河なのに獅子心王召喚したったww
         V .|: : : 杙リ   弋ソノ| : ,i: : :|: : : : : : : : |
           _V\{  ゙       ノイ : : リ : : : : l: : :.:|.        っていう確実に滑るネタは封印しました。褒めてください。
      _/ .r_´⌒\  ,、   / /: : :/: : : : : :|: : : |
     /〈r 、 .|' }   }` - ィ ´〉, /: : :/, ⌒ヽ: : l: : : :|
      vヽ ー' '` ´  /   ハ: : ) /: : ノ/    ',:.:| : : :リ
      ーr', '⌒ヽ   |    ィ:./ リ : ( {     ',.|: : : |
.       { {    ノ   .|  / ハ{}∠ イハ ,       }: : : :|
        l ー ´    |  //ミ、  ィ彡ヽ |       |.:.: : :|                 ___
       l ''''''''''''  | //ミ、、   ,ィ彡゙|     l l: : : : |                /゙ツ  )
.      l      | ' 〈==-    -==l     l.l: : : : :',           /ミ、/ ̄
.        l       彡, 乂彡´   `ミ,メ|     リ: : : : : :',             |  .|
        l      彡,, 乂  ,,,, 、,メ,,,ノ__    l : : : : : : ヘ         |ミ、 |
          l         }/∧X_,,メ/   `ヽ、l: : : : : : : : :ヽ.         |  .|
.         l      ノ   ヽ /-=ミュ、    }ヽ: : : : : : : : :ヽ       |ミ、 |
.          `ヽ、 __ /   /-=ミュ、 `ミ,   ノ ヽ : : : : : : : : ヽ      ノ、 .|
             _ /      `ミ,i  '' /    λ : : : /: : : :) __ /ヾl ノ
           /  _           ''  /    ノ::::>:.:./: : :/   ツ  /
         /  /            /,,,=,,,=,,,イ::ノ::::ヽ: : : ( ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ /         /V ol 二[]二イ`'::::::::ヽ: : :ヽ
            〈   /    /::::::l::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ: ハ: )
             ヽ‐<    ノ::::::::::l::::::l:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;; ノ/ .}/
              / ` ― ' '''' ;;;;;;; へイ;;   ''''''    //
                /        / /         /:.(
            /        / /         /⌒`

111◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 01:23:19 ID:oF/lUggU0


          ,. -‐== ==‐- 、 _,.-、
          /              r┴、`yノ
      /            r┴ r、ノ::`ー、
     /  /       /   i.   \ゝ{ `ー;: ∨ヽ
      /  / / / l |   l  i `ヽ\_   //  \
.     |   |  | 斗z┼ |   / ┼‐t-/ト ヽノノ     \
.     |   |  |i |i | |  ハ  /  !/ .| i \       \
.     | γ|  |i fz-‐t‐/  ∨ rj┼ レ'  ノ下            セイバーペアは、主従ともに非常に満足しています。
.     | λ|  i  杙.:::|     |..::|  /  ィ  | \
    イ   i|  ', ヽ  ̄      ̄   !  |   \_ ゝ,           コメント見てもセイバーが好きだとおっしゃっている方が多く、
  /    从   人          , '   |,.xf´    ミ、       私の好きを詰め込んだキャラが愛されて感無量です。
/    / 人    >、  つ_,. イ     \
.    /   ///>、    ∨ -、 ≦ ヽ      }        >       そうだよね、やっぱりみんなこういうの好きだよね!
   '   //,.イ   )    /λ介;:::> /    ∠;:xf '' ´ \
    .. イ//.}    /   /:ζλ| ¨ /     イ/∧.       )
  イ//////仁=. (  ,. f‐‐-、人}  (    (///    /
  八///// {    r´  , ヽ ヽ   \   Y      /
/  >fx゙┌──‐ヽ ヽ ヽ_}__}‐――――――――┐
  /  \|      `^ ̄                    |
        |                         |
      /|                         |
    /  |                         |
   (    |                         |

112◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 01:23:42 ID:oF/lUggU0


                              ┏━━━━━━━━┓
                                 ランサーペア
                              ┗━━━━━━━━┛


                   ___
               ≫. : : ̄ ̄: : ` ヽ _
                ,イ: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
              〃: : : :/: :/ : : : : : : : : : ∨
                ∥: : : : :!:./ : : : : : : : j{: : : 、∨
                j}: : ,: : :.j/: : : :,: : : : / l: : : :}:|!
            i{: :/l: :./: : :./: :,: :./  }ノ: : :.l!
             i{ /: !:./: : :/: :./:ノ― -、: : :.i!
.             j}': : :li{: :.ノ{,/-'´ ィt示x: : : :|!          アサシンという例外を除けば、恐らく本作で唯一、
           ∥ :.:.ノ{/i"´     `¨ ": : : :l!          サーヴァント主導で動いていたペアです。
          ∥: :./: : : :|  、 '_     /:|: : : :|!
.            ∥: :/i: : : : ト、    __..イ__:|: : : :|!           コンセプトは「最初から最後まで敵役」
.           ∥: /:}iヽ: : :.ヽ≧= ´| , -=''"!.: : :.|!            悪役ではなく敵役。
.            i{: :.l: /l:::::>、: :lヘ-、ヽ'´,ィ'´:::/l: !: : l!
          i{: :.ノ:::!:::::/ ヽ}:j. !='::||::{f^':<}_l: : :∨
         ,' - 、::::::ゝ-} //_ l::||::||:::、_}:::::::l.: : :.|!
          /   .ヽ:::::::::://:::::ヽ}:ヘ:ヘマ:::::::::: |: : : |!
.         l     ヽ::://l:::::::::::i:::::ヘ:ヘマ::::::::|: : : |!
          ∧     ヾ {::l::::::::::::!::::::::ヾ \:::::!: : :.|!
        |:> '" ̄ ̄_}ヾ}::::::::::::l::::::::::::ヾ.:!i::::l: : :.|!
          ,{ ,..-=::´:::::::},::::::::::::::|:::::::::::::ノ::!i::::!: : :.l!_ ┐
         ,: ヽ{::::::::::::::::::/::::::::::::: l::::::::::∥∥:::}: : :.|!:::7′
         ,. : i `>、:::::::::{:::::::::::::::::!::::::::∥∥:::,: : : :l!::;′
.        /: : :|: :| : i{:ヾ::::∨:::::::::::::!:::::::::||::||:::::l: : : .j!::|
        l: : : :|: :l: : i{: :.\::::::::::::::ハl :::::::||::||:::ノ: : :∥:::>
      !: : : |: :| : :i{: : :}:.\::::::/ }-―'´ ̄ /イ乂::::::}
       l: : : :!: :!: : i/{::: ̄`ヾ{_/:::::::::::::::::':::::::::::/ }

113◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 01:24:11 ID:oF/lUggU0


                  ― -. . . .
             /: : : : : : : : : : : : : :`: ..、
             ': : : : : /: : : : :/: : : : : : : : ヽ
              /: : : : : :./: : : : :/: : : : : : : : : : : .
           ': : : : : : :': : : : :/: : : : : : : : : : : : :
          i: : : : : : :i: : : : :': : :/:/ : : : : : : /i
          |: : : : : :-|: : : : |__:/⌒ : : _彡イ:.:|
          |: : : : :.{ir|: : : : |_:}_: 芹Y ´ /く 八:!         悪人というわけではなく、ただ単に性格が悪いだけで
.         /|: : :/: : : |: : : : |   ゞ ' / ´_ /: : 八.         戦いの理由がやる夫や大河と衝突しているだけです。
         : :|: :/: : : : |: : : : | ///// ㌻: : :/
        /: :.|-―-=ミ|: : : : |      '//: : : ,            行動原理に筋が通っていてわかりやすいやつなので、
          /: : :.|-‐===ミ|: : : : |  ゝ )  へ_: : i            書いてる分には使いやすい人でした。
        : : : :八ニニ==|: : : :个  _ ,. イ/ /ヘ:.:|
        }: :./: : }ニニニ=ミ : : |\ =彡'/ - _ ⌒).            AAは見た目だけで選んだので、原作のティアが
         : :/: : : Yニ/   ヽ:八| Y| i|∧   "_ )           好きな人には少し申し訳ないかなと思います。
.         /: : :.:./Ⅳ      V Ⅵ| i|: ∧    Y{
        /: : : : ,:ニ{        .: :Ⅵ人{  :     }: .
.       /: : : : :.iニ,ハ       Ⅵニヽ\ }_  イ: :i
      /: : : : : :.|ニ八:,  ____     Ⅵ\=\{⌒i |: : :.




                           ___
                        , <: : : : > 、
                          / : : : : : : : : : : : ヽ
                    /: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                    /: : /: : : :/:/: : : : : : }:ヽ:.}
                    /: : : :/ : {:.:/:': : : : :/: / / l }: }
                    / ;イ : : /: :,r|:/: : : : //∠ .リ: :l       実は最後に選出したサーヴァントで、
              / //.: :.:/: : :.У: : :///ィfチ.l: : l       セイバーやライダーといった強キャラへの
             /.:/ /.: :.:/: :/.: :.:/ ´   ,   j: :j |         特攻という点での選出でした。
              /.:/  ./: : ://: /:./|ヽ   ー -  イ: j:.|
               /.:/  ./: : :/´: : 〃==ー > 、 イ.ノ/.:/ !.         最終的には敵側の中核として
             ./.:/  ./: : :/: : : / イ::::::::::::`ヽヽ、:::ト'/.:λ:|         かなり目立つポジションになりました。
           /.:/  ./: : :/: : : /:´:.〉::::::::::::::::::::r,ト /.:/{_} |
            /.:/  ./: : :/: : : /: : :ム '⌒ ヽ、:::::::У /{、::L,
          ./.:/  ./: : :/: : : /: : : {      ヽ::::/.:/{{ヽヽ`ヽ
        /.:/  ./: : :/: : : /: : : : |      .ソ.:/:::\:ヽ:ヽ:ハ
         /.:/  ./: : :/: : : /: : : : : ト、      /.:/:::::::::::ヽ:ヽ∨
       ./.:/  ./: : :/: : : /: : : : : : lヘヽ.t―‐/.:/―‐、::::::::} }'
        ./.:/  ./: : :/ : : : {: : : : : :.:/:::ヘ::V /.:/___∨:::jl/
        {.:/  ./: : :/ : : ;イ |:.: : : :.:/:::::::::ヽ∨.:/:::::::::::::::::`::く}

114◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 01:24:48 ID:oF/lUggU0


                     ___
                > ´      `
            /           ヽ
          /                '
         /   /             ,    '
         / 〃 /             /V i.  l       宝具はクー・フーリンを仕留めた3本の槍。
         l !   !         /   /ヽ| .| ..|
         ! ! l  l       / /  | .| ..|         これは本来、彼女の持ち物ではないですが、やっぱりメイヴと
         | l V !   /  // __  .,.| .ト、..|         クー・フーリンは切り離せないし、これでしょ!と持ってきました。
         | ',. V . / ./´   ̄ ̄ | .|_ノ.|
         |  ゝ、|\!/  '     | .|  |         "トリスケル"というのは女王メイヴの印であった三脚巴、
          |   i ヽ、  (  )    .ノ| . |  |         "ゲイ"はご存知ケルト語で槍、"カラティン"はコノートの怪物たちの
           |   |  |┌ー 、 x─┐ j .l ..|         名前で、これらをくっつけました。
        | |   |  |」  l i l  `-/ /! .|
         | ..| ./|  |   .l ! l   / / .|  |
          | |-─|  |  / .! ム  / /‐-|  |
         .| | __|  |  〈  !  〉/ /  |  |
         j .|   |  |   .マ ! // /   |  |




                       >      <
                  ィ´
                   /
                〃 /            !
                '  '   /  /ヽ   .l   !
                ' /    '   /  V  l   .!
              / '  / '  ィ     Ⅴ.l   .l
              / /  / ' // -─‐-、Ⅵ   l        FGOだと非戦闘系のライダーですが、一応は
           ∥/  / '   /   ニ二_  .!   レ=、      女戦士としての活躍もありました……はずです(うろ覚え)
           j! i   ! ,/       ´}::::: √`.!   !  }
           l! l   l/ }       `¨`   .!  .j__,ノ       戦闘力はそこそこだけど、ゲッシュや他の参加者を
           l i  '  、 `       /   /          上手いこと利用するあたり、冬木式の聖杯戦争では
         .    i Ⅵ V.lヽ `ー='     /  ./            結構アタリな実力者じゃないでしょうか。
            //    !  >  _≦___,!  / /
             // ∧ l  l ヽ l   j ./ / /         いい男ならいい思いもできます。
           j/ / ゝ ! __」  ゝ、  / / / /.          頭おかしくなりますけど。
           / / γ ´ヽ     ヽ / / / /
          ./ / /   ',      / / / /
         / /  l    '     j / / /
        ,/ /  .!    '        ,/ イ

115◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 01:25:39 ID:oF/lUggU0


 ::::::::::::::::`ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:::::::\       \:::::::::::::::::::::::::l
 ─ァ──--::、ヽ、:.:.:.:.:.:.:\::::::::、`:::..、     ヽ、::::::::::::::/
 ,ミ´::::::::::::::::::::::::::::::\ヽ、:.:.:.:.ヽ:::::::::::::::`::::..、   / ̄`/
 :::::::::::::::::::::::::::/ニヽ/::`:::::::、/:::::::':::::::::、::::::::::::::/    /
 \::::::::::::::::::::{ / j/::::::::::///:_>、::::::::::::::::`:::::く     /
   \:::::::::::::::|{ミー'::::::|:::/レ' |_,、トミt,\::::::::::::::::::::::`'::::<
    \:::::::::| |:::::::::::ハ|   ` ヒj゙ッ、㍉,\:::::::::::::::::::::::::       マスターであるヴァンは、ランサーが目立つ役どころのせいで
      \ハトヽ::::::ト|      `` ' 'ヾヾメ\::::::::::::::::::       影が薄いかなーと少し心配でした。
        `ヾ、ヽ|          ´リ /fソ、::::::::::::::
         .:.:.:.. \           l  イノヘ:::::::::.         実際、ヴァンはキャラ付けとしては比較的薄めで、
       :.:.:.:.:.:.:.:. \         | /   \:::.         単に解体戦争で犠牲になったその他大勢の一人、
 :.:.::..   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:... \     ヽ、_ レ´     ヽ.         という位置づけです。
 :.::.:.:.ヽ .::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ,、 -=_‐_,、/
 :.:.:.:.:.:. i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/、    ー‐‐ァ':.:. ヽ                 AA選定の理由は、"復讐者"という単語から
 :.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:/ヽ ̄|\.    |.:.:.:.:. ヽ               真っ先に思い浮かんだため。
 ヽ、:.:.:.:.:.:.;:.:/ゝヽ \ |:::::` ー‐.':.:.:.:.:.:.  ヽ
 :.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒> ` 〉 >|:::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.  ヽ
 :.:.:.:.:.:.:.:..ト/ / /  |:::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.   ヽ




            r<二>、
        ,.. -一'´|:::::::::::: |`ー-、  _,ィ
      /::::::::::::::::|ー---イ|:::::::::: ̄:::::ノ
     /::::_::::::::::::ト、ムヘノ::::::::>''"´
    Q´ ̄  `7ー-、:::::::::;ィァz'´ヘ、              実力的には中程度、特徴的な魔術や技能もなく、
         /ヽ;::::ヘ ̄i´ /l|:::::::ヘ\.               あんまり活躍させる予定もありませんでした。
          〈;;;;;;;;ソ:::ヘ. = /,リ::::::_」:::::\
        ./`ヽ;'、::::::| ー',ノl‐''´::ヾ;::::::::ヽ            ただ、大河や梔の力見せには便利な実力でした。
       /:::::::/^i:::::::l7T./\::::::::::;'::,イ:ヘ
       l:::::::::l l:::::::lハ/::::::::〉:::::;'::/:::::::::|.           最終的にはアレな感じになっちゃいましたが、
        .l:::::::::l ':;:::::l_/::::::/::::::;':/::::;才゙|         本作では比較的珍しく、真っ当な怒り・復讐心を
        l:::::::::l  iヘ_;::-::'´l;;;;l:::::ll:|;;;;;;;;;イ|           抱えてらっしゃった方ですね。
          ヽ::::::', |、::::::::::::::l;;;ゝ:::j:ト:::::::::::ヘ
         Yi'「| .! |::::::::|三三三リ ヾ:::::::::ヘ
           |j」」ノ'゙:::::::::|三三Z/   ヾ:::::: ヘ
        ./7{::::i彡!:::::::::::::::::::::/       ヾ:::::ヘ
        .l |ケlりー'::::::::::/ヘ:::::ト、     |:::r‐|

116◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 01:26:11 ID:oF/lUggU0


           l\         ,ィ
           |. . `ーv'ニ二ヽ // ,ィ
          |. : .::::::::::::::::::::: ̄`┴'゙ /
          |::::::::::::::::::::-――― ァ′
          l::::::::::::::,ィi;;;;;;:::::;;;;;;;;从             生前は魔術師というよりは魔術使いであり、
          l :::::::::::ハ从;;;;;;;::;;;;;;;;;ソ              切嗣のような傭兵業を生業としていました。
          ',:::::::::::{ ソ|/´二二\
           ',:: /_/´ ̄;;;;;;;;; ̄`\_               家名を名乗らないのはそこに誇りを持っていないからです。
         _,,=-t<'´`\;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;/`''ーァ、_
          ,〈;;;;;;;;;;;;;;;\,/\;;;;;;|;;;;;/\/´;;;;;;;;`゙'>,.     解体戦争への参加も、仕事の一環としての参加でした。
      _/;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;;\/\;/\/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;∧_
     /;;;;;;;;;/\;;;;;;;;;;;;;;;;;\  \/;;;;;;;;;;;;;;;;;;/\;;;;∧
     ./;;;;;;/  ,イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/\  \;;;;;;;;;;;;;;;;;;\  \;∧
    l;;/  // ヽ;;;;;;;;;;/  /;l\  \;;;;;;;;;;/.マ\  \l
.   /  /;;;/  \/  /;;;;;;;l;;;;;\  \;;/  マ;;\__ `Y
  .Y´ __/;;;;;;/    <   />;;;;;;;;;;|;;;;;;;;<\  >   マ;;;;;;;;;\l_
  l/;;;´;;;;;;;/      `l´/;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;\`l´    マ;;;;;;;;;;;;;;}




                ____
::::i´   /          /     ∨     ∧.  /::::
::::\ ./          /   __  ∨     ∧/::::::::::
:::::::::\       /   / ∨  ∨    /:::::::::::::::
:::::::::::::::`ー-=,,_  /   /   ∨  ∨,,=-‐':::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::`ー-=,,_/    .∨=-‐'::::::::::::::::::::::::::::::::
_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ̄ ̄´::::::::::::::::::::::,=-‐'l/ヽ|ヽ
r‐|/`ー-=,,_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,=-‐'l/|/ |ノ l } }
l ヽヘ ヽ||/ `ー-=,,_::::::::::::::::::,,=-‐'} / |/ |/  // /ノ          そんなわけで、ヴァンはもともと濃いバックボーンはなく、
ハ ミ \ lヘ;;;;;;;;;;;;;;;;`ー-=-‐';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''''''|// /::::\:        端役的な位置づけだったのですが、
::::ヘ ミヾ.\ '''''''''''''''''''''''';;;;;|   ノ   / |/ ノ ノ:::::::::::.          思ったよりも目立ったかと思います。
:::::::ゝ,,_\        ,;;;;;;|          /lヽ::::::::::::::
:::::::::::/ ハ.          ';;;;;;;|           / l |::::::::::::::.          唯一の心残りとしては……
:::::::::::| l ヘ.  .      '';;;|        / ./ l::::::::::::::
:::::::::::l  ヘハ       , --- 、      イ /  ,':::::::::::::::
:::::::::::',  ヽ \   '´ ̄ ̄ ̄`     / /   /::::::::::::::::
:::::::::::::',    .\\    ´ ̄`      イ./  /:::::::::::::::::::
:::::::::::::.ヘ     .\\       / /  /:::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::\    \`ー――‐ '   / /::::::::::::::::::::::::::

117◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 01:26:46 ID:oF/lUggU0


このセリフを考えていましたが、ボツにしました。(第24話での梔戦)

実際にメイヴとヤッて強くなったので、何も間違ってはいないのですが、
ここでぶっ込んでいいタイミングじゃねーなって冷静になりました。





          ,.ヘ ヽ/、:::::::::::::::::::::::|         /〃  |     /         /
     , -一''"´::::::::`/ `:、::::::_:::::::|      ,ィ/ 〃/二 |   /            /
    /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ、  `7 , 1一ト、___/:/ 〃//  `ニ二´        _/
.   / ,. -―‐- _:::::::::::>-// l |_,ノ:::::::::::::::::::::/ 〃//.   \__人_人从_人_人从/
  //       l;;;;了;ア:‐-、_::::::::::::::::::::::::::::::::::;'/ 〃//.    _)                (__
 (○)      |;;;;;レ';;ル代:ッュ`'≦::::::::::::::::::// 〃//.      )    俺はっ!!    (
  ` ´       .l;;;;;;キ;;l    /`~!ヽ:::::::/ ./_ 〃//.     ̄ ̄).         ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人
         r┴─'弋7  _」 ノ `´   _/ノ`i ,' ,'.       /⌒Y⌒Y⌒⌒Y)
         |::::::::::::::::/ ,-‐ァ /Tヽ_ ,=ァィ´  ノ,'.,'    , '    ソ..   ‐=、´   童貞を捨てたっっ!!
      _,,. -┴‐-::::、;ハ `ニ゙ /-‐'フ:l.i´ ゝ ,イ i i    /          l l.)
     /´::::::::::::::::::::::::::|  >< /イ:::::!i、__ノ厂.|| l l   /      _   /l..., '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、
.    /:::::::::::`゙:::‐-::::_:::l/   /-イ::::::::`==i゙ ..|| l l   /    >'´ ヽ/  `ヾフ.  ',
   /::::::::::::::::::::::::::::_/   /~ :::::::';::::::::::∨|  .|| l l.  /   /       `7</    ',
   |::::::::::::::::::‐''"/ , -‐ 7::::';'^:::::':::::::::: V! .||l从  |  /       //        .',
   '.::::::::::::::::: / ,イ _」 ,イ':::::::::'::::::::::::∨ .||ム ゞ-、_/        //           ',_ -‐
    '.::::::::::::::/`ーく'´ ̄ _」,ィ|´:::'::::::::::';:::::::::::∨|| ヘ |   Vヘ _____ノム
    '.::::::::レ':::::::::::ヾ´ {.i゙::::|:::::::';:::::::;,〉ー┬‐'\  ヽ   V/ |   |   ̄|     ___
     '.:::::::::::::::::::::::::::\`=シ~ ー'^二´:|::: |::::::/  ̄ ̄  /|_」   |    |  // /
      '.、::::::::::::::::::::::__`T゙>┬''゙i:::::::|l `7|   __」才二二二二二ヽ// /
       '.ー:/ ̄ ̄/::::::::/ヾミ>::∧ |::::: |l  /::|  └─<_____二>―'゙
       './    /::::::::/   ∨∧ |::::::|l/l ::|
      ヽ.  /:::::: /   /::::V ヘj::::::|:::::゙|::ヘ
       ヽ:::::::::::::/    /::::::::::v 〉::/:::::::|::::ヘ

118◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 01:27:14 ID:oF/lUggU0


             -‐…ー‐- 、
        _ ,. ´         ヽ
       /            ヽ  ,
      〃 /   〃   ト、    ',  ミ、
       {l /  ,  /li     } マ   }  | ヽ
     八f  i ,' 卞、.   l 弋   ,  il   ,          役どころがハッキリしていて、難しい事情もないため、
        }l   | | ┯┯、  |‐┯┯ }  ハ  i|            非常に書きやすかったです。
      从  | | l i| \l  l i| / ./ i\ハ
     / ハ iトj  ゝ′ ,.   ゝ'//   |  刈             悪女は書いてて楽しいので、ランサーを喋らせると
.   /  ,   ト{ 入         ´/    |   \___.    どうにもテンションが上って大変でした。
 /   /  //   > . _ o _ , イ     /   \  \_
      /  /   /   ,x≦}_ノ三ノ   /     \  \     あと、ヴァンの片腕落としてからめんどくさかったです。
    / ,.-‐==x.   个、三三ニヘ  / xf‐==‐-、        超常的な何かで生やせばよかった。
 ┌fffff{ l  l l }ffffffffffffffffffffffffff{ i  l  l }ff┐
 │.   ¨^ー^ー^′                ¨^ー^ー^ ′.|
 │                            |
 │                            |
 │                            |

119◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 01:27:36 ID:oF/lUggU0


                              ┏━━━━━━━━━┓
                                 アーチャーペア
                              ┗━━━━━━━━━┛



                    ハ
                    }_!_
               ,イ'〈 ,_ヽ
                〈ィ^  ./
                ヽ二ミ!
                 !三ミl
              l',  j三ミ}
              |ヘ /三三!
       _      |::ヘ { ̄ ̄ !             コンセプトはズバリですね。はい、「戦闘狂枠」です。
       ヽ`:.:. 、__  l:::::ヘV   !                 クー・フーリンと同じく、兄貴枠でもあります。
      , イ/  ヘ,ィ-,.ィ/::::::::!、  ,{
     /.:./:.!.:.:.:、:ヘ/ / l:::::::!====!               本作ではやる夫・大河のストーリー本筋に関わらない
     '⌒!.:.!.:ハ:!''`__ /l/:::::::ハニニニl}             役どころだったので、遊撃手として本当に便利でした。
  `ー、 . ̄V'l'ゝ- '_,.ィァj:::::::::::::!  ノ
   ヽ;::::::::`:::ー-.ヽ、..,イ:::::::::;ハ   ト、
     >、::::::::::::::j,ィ, ィ':::::/  ヽ j:::ヽ
         f::::; イ//l:;イヽ y'  .ハ:::::ヘ
       /ニフイ,.イ____ノ、;;/:::::::::::::ヽ
       /フ= ! / --、   ! ./:::::::::::::::::::::ゝ
      /:::::::ハ ! ! __,,...  ノ_イ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ,イ::::::::/ ヽ二二二二ニ!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /::::::::::j__,.{三三.ィ----'l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 ::::::::::::::(彡ミハ::::ィ- '--―''"!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 :::::::::::::::::ヽィ!ヽ,-ハ _!イ ヽ''":.∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(__
 !::::::::::::::::}、 ヽイ /.:.:.lヽ  \.:∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
 |::::::::::::::::ト、ヽ' /:.:.:.:.';.:.ヽ  ヽ:∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ!

120◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 01:28:19 ID:oF/lUggU0


  /.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
/.:.:.:/.:./.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:∠;;;;;;,;:.:.:.:.:.:|
-‐''7:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./!:.:.:.:./   ≦:.:.:.:.:.:!
  /.:.:.//.:.:.:.:.:./ .|:.:.:./  , -‐\:.:.:.:.:|
. /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:./.\ |:.:./_/‐-  〈:.:.:.:.:.Ζ         ジャパニーズ呂布と名高い鎮西八郎ですが、
/:.:.;イ:.:.:|.:.:.:./弋ラ>|.:/"、弋ラ`, |r´`l:.:.:.>         裏切るというよりは、認められない・受け入れられない、という
/ |:.:.:.|:.:./ ー ´ |/  `ー   > |/            感じの印象なので、本作は秩序よりになっています。
   |:.:.:.∨:|   〈 、         / /
   |:.:/|:.:./l               /ィ.               まぁ、おおよそは自業自得なのでしょうが。
   |/ |/ ヽ  ´ ̄ `   / |
        \     /    \
   ,,... --‐''''"´\__/  /     \
-‐''"シ 〃 /l/  \    /       ヽ
二彡'''"  |l/‐-、  ヽ  /      ノ三|l、




气三三三三三.::|   \ …-   __  r -
.  ` ーァ'三三.::::|  /  ̄ヽ       ̄¨ ー
    /三三:ヽ.:::|   ル'´迅!\
   .f三::/l:::.:.l:`∧ / ;´ ̄ヽ \    ,zニ三       粗野で単純ですがバカではない、と思っています。
   |三7 V::.|、迅!\  ノ¨ヽ  ヽ             史実でも夜襲を提言したりと、戦に勝つためであれば
   |/´   V小. z 、 // _,ム.  ∨ __,        潔癖な性格ではないようです。
       ヽト∧  んイノ   i   レ´
___,. -‐ 壬  \ ` 、// / ゝ .._          本作ではどう見てもバカですね、はい。
三三三三三三三三 .\ ` ´ /{ ,ィ }   /三
ヽ三三三三三三三 .三\..ィ  `! /-ォ'三/
  ` <三三三三    三ニ|  ィァ' / ニ/
     ` ー‐‐ 、  三/´ナ//{-彡 / ヽ
       ,. z=!. /´   // /   /- 、
      /三,ィ=V/.   //  ∧_/ ヽ.:.:ヽ
.     /三ニ/ ノヘ!> './  /      V.:.
.     /三ニ/ヌ ヽ._ , イ  /    , -┐ ハ

121◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 01:29:00 ID:oF/lUggU0


.:.:.:.:.:.:.             r 、j/イ  ∠
.:.:.:.:.:.:.             ├‐      ̄ =
.:.:.:.:.:.:.             |
.:.:.:.:.:.:.             |    f´ ̄
.:.:.:.:.:.:.:.             |     ||  - ,ィ             キャラクターとしては本当に使いやすいの一言。
_.:.:.:.:.:.:.:.      |∨ .ハ   ||' ,ィ仭Ⅳ            誰とでも戦う理由があり、誰とも戦う理由がなく、単純に強い。
イ:.:.:.:.:.:.:.:.       |.:.∨ ハ   ||/ー ' ス
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    |:.:.::∨ ハ _ノイ  - '                プロット組んでる時に何度
;/l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   |:.:.:.:.:∨ハ   :.:.       ト.             もうアーチャーぶっ込んで全部リセットしよ!
 |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |ー弌z,Vハ         jハ.            となったことか。
 |.:.:.:.:.:/⌒丶.:.,イ―― 、ヽ{.:.       , イ |
 |.:.:/.:.:.:.:.  \.:. __}:.:.:.:.:.     //。│
ィ':}イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽf.:.:.:.≧:..、.:.:.:.:._/イ   /
.:.{.:.:.:.'  ̄ ̄ ̄ ヽノ:\.:..\.:.:.>:.、` =xー´
:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   } ̄ヽ\.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.≧、




                    、
              ___\`ー‐. ..、i\
              >: : : : :_\: : : : }: : iVi
                ̄ ̄フ´: : : : : : : : : : : : : :-:、
                    /: : : : : : |: : : :{VZ=-: : : .
              〃: : l: : i: ∧ : : { __㍉≧=ミ__      宝具は左腕を使うことは決めていたのですが、
              / /: : : :i: : i/-、': : :|´  ` }≧=ミ{.       効果はなかなか決まりませんでした。
             /イ: :i:八 : !<_fツ\{  ̄` Y^Y⌒
                / j:ノi: {`ヽ{    、,     i /        最終的に巨大宝具への特攻として、「敵のサイズに
                 / 八ハ小,  __ -‐__7 ,小.          比例して威力が上がる」というものになりました。
                  ルヘ マ_r' ̄_ノ / iハ!
                    .\`¨¨   / {_         宝具名は"椿説弓張月"という曲亭馬琴の作品からです。
             _   _∧ `ー一彳 i| `ヽ
          /: : : : : /`く: / ‘,  }  i   |   ` ー
         /: : : :_:彡'   ヽ  _}_     ___  __ノ:
          _厶--           `ヽ   _   .く:_:_:彡
      /---、__ ノ}             ノ }
     /:_:_:_: : : : : :く /           / ̄_二i
    / ____}:_:_:_:_i/       _ -‐'  --- _〉

122◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 01:29:40 ID:oF/lUggU0


                 ..............
             ....<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミ:...
         ー=≠:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:ヽ
          /:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.',
            /゙7:.:.:.:.:.l:.:i!:.:.:.|ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.',、
        / /:.:.:.:.:ーi/+V:.:!´.V! ̄:.:.:.!i!:.:.:.:.:.:.! \        シュテルはこの冬木市の設定と同時に生まれました。
         i!i:.:.:.:.:衍㍉ヾ:! 衍㍉:.:.:|:.:.:.:.:.:/ヽ
         i ヾ:.:.:.i{ V}  ’ .V:::} }!ノi.):.:.:.i////}           ただ、この「もともと生きていなかった人格」という設定は
              i>トi   '     i:.:.:.:|:.:.〃三三ヽ         やる夫にあてはめようと思って考えたものでした。
              |.:.:.|:ト   -     ィ、:.、:ヽ|彡≡≡ミ|
           ヾ、ヾ:.:.≧,-_≦___i、Vヽ/i:::::::::::::ヽミ|         結局、やる夫を描くには架空の人格じゃダメだ、って思い
             __ゝニ/∧:::::=:::i`ー‐:!/:::::::::::!|/       シュテルと分離することになりました。
             .,イ::::ヽ::::::::::::ヽ:::::::::|:::::::::::!::::::::::::::!:、
           /:::::::::::ヽ__::::::::::\:::|:::, -/::::::::::::::::!::}
         /:::::::::::::::::i:::{77777ヾi://〈:::::::::::::::',:}::i
        /ミ彡⌒ミ== |:::V//////}.}/∧::::::::::::::/
        ヽ_:::::::__::::::::::ヘ::::V/////ヽ\/`ー‐彡
          i::::/::`71´::::::::\////\:`:'´`:::ヽ




      . ´:. :. :.`ヽ .   -‐…─- .
     / ⌒ >:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.`ヽ
      . :´. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :`ヽ:. :. :. :. :.
     /:. /:. /. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.
    .:  イ. :. /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :\ :. :. :. :. :. : :.
.   ///:. :. /:. :. :. i. :. :. :. |. :.ヽ :. :. :.ヽ:. ヽ. :. :. :.}        凡人枠として、普通の女の子っぽく書こうとして、
  /′ .:. :. :i :. :. :_/!_:. :. : :-:‐:‐:¬:丁i|:. :. | :. :. :.:.          普通の女の子って何だ……?となって
.      |:. : :. :. :. :. {从:. :. :. !r乞云な刈. ト、:. :. :. :.i         結局、普通の女の子にはなりませんでした。
.      i:. :. ,仆.: :. 《≧ヾ:. :.|  v:し':リ/:. .| i:. .:. :. !
      ::. / |', |:. ∧ゞij} \!  ゞー '/:. :. レ' :. :. :. :         生後数日のくせに知識だけは揃っているというアンバランスさで
     !/ 从:!', :. i `´ 、       仆: /:. :. :. :. :ト. ',.        どこか抜けているが、本質を見抜く力、多角的に物事を見る力、
     ′  ヾ 从.ゝ   。     ノ:. ∧:.ヾ !',:. :| `ヾ       に長けています。
           八:|:.:> _ < :从:/>`ヾl \!
              ヾ, ィ<7辷jニ/ニニ≧ 、
              ∠7ニ/⌒ー/ニ:> ´二二\
         ∠ニ{- /^ ^/┌/´ニニニニニ∧
         〈ニニ圦/ /ニノ/ニニニニニニニ\
        √:::::`冂 ―<=7=ニ二二二∩二ニニ',
.          〉:::::::::只:::::::::::::〈≡≡≡ミ\ ∪/≡== 〉

123◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 01:30:31 ID:oF/lUggU0


          -=ニニ ミヽ.- ´ ̄ ̄ ̄ `: . 、
          -‐: : ::“: : : : : : : : : : : : : : : : `
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
.       /: ::/ : /: : : : : : : : : : : : : \ : ヽ: ::ヽ : ::',
      / /: : : ::i: : : : : : |: :i|: : : : : : 」斗 ハ: : :|: : :!
      |/|: : : : : :!: : : : : 斗∧: : : 八: :|__ヽ_:| : |: : :|      やる夫と同じく戦えない枠ですが、精神的な強さでは
      / {: : /: : i|:: : : : :_|匕 .: ::i| 笊不∧ゝ:/: : |      本作で随一かもしれません。図太いともいいます。
       ハ八: : Ⅳ 〈{r':l ハ.  \|   弋_ソ Ⅳ: : ::{
            \ i|__\弋_少           }: : : ::八.       設定だけなら庇護欲かきたてるロリ枠になってもおかしくないのに
              }八{: : |      '        |: : : ::|         最終的には、なんだこいつ聖母かよぉ!って思いながら
             |: /|: : ト     r‐    ノ: ::∧|         書いていました。
             |/ :|/|: 价 、       , イⅥ/
              ヾ} 从ゞ {  ̄    ト从
                 _ェ∧::::r---:∧: 》≧- 、
                 ィ7-‐∧└―/::::::》┘::::::∧
                /::|::::://:∧彡ミ|::::::》:::::::::::::::∧
             ∠__|_:::\:::∧:⌒:|/:::::::::::::::::/}




           /: :/. : : : : : : : : : : : : : : : : : .
              /'´/: : :/: /: : : : : : : :\: : \: : : ,
              ,. : /: /: /__ /: : :| : : : : \: : :', : :′
           : :./: /: :´: :/:{ : : |: : ‐-: : :`、 : : : |
           |: : : i : x==ミ{ : : ト、:ヽ: : :`: `、 : |       このペアのラストは、最初から書きたかったものが
           |八: |ハ{ ヒう ヽ\ r示ミ : |\}: !       存分に書けてよかったです。
             ノ\: \:::.  ,    ゞ-'|: :|〉: : : :k:
             / |:/: 八   、       |: :ヽ: {: :{ ヽ       初登場時のやり取りを引用してくる形式、好きなのですが
                |′{: : : .     ´   イ: :|\「\}         さすがに5話から30話はロングパスすぎますね。
                    {\{ r}___-=≦_:/{ヽ:|  `
                __r‐}::::|:::|:::::::::}                最後に満面の笑みでの別れ、これぞFate、って
                -=//::|:::┌―┐:::/\‐-....          私は思うのですよ。
             /.:::::〈〈:::::|:::└―┘,:::::::〉〉:::::::::::..
.          /.:::::::i::::_>〈=ミ、__::/.:r<.:::::::/.::::::.
         /.:::::::\|:::{「::::::∨::::::/.:://-‐.::::::::::::::::|
          〈__彡 ⌒|:::::.f´ヽ:__::ニ=-.::r=======ミ、.:::|
.          \.:::::::::|:::::::〉 ー{ }-‐  }:|::::::::::::::::::::::} }__|

124◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 01:31:09 ID:oF/lUggU0


                  __
            __   ,..ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.<
          ,.ィ:.:.:.:.`´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
           /ィ:.:.:.,:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:',:.:.,
          /:.:.:;.:.:.:.:.:ハ:.: :.:.:.:.、:.:.:}ヽ:.:.:.:.:.!:.:.',
            /:.:.:.:i:.:.:.:-|=}ハ:.:.:.:.:.:.',ィ芋ミ、:.:.:.ハ:.:',
          ,:.:/:.:.!:.:.:.:.:.!ィ芋ミ、:.:.:.:.:i!:::i:::V:.:.;:.:.!:.:i       冬木市民の魂はシュテルに集まっているとして、
           |/|:.:.:.|:ハ:.:.〃i:::!::} \;,;,代:ソ j/:.:.:|:.:.|.       じゃ、他の人たちはなんでいるの?って点について、
             ';.:.:ヾ:.ヽヾ ゞソ  '    イ:.:.:.:.|:.:.:!.         マスター以外は聖杯が生んだエキストラで
             ';.:.ト,:\:.:ゝ         !:.:.:.:.!:.ハ!        基本的に決まった行動・生活をするだけの人形です。
            ヾ }:.:.ハ r.、 ,ィr_っ  /:.:.:./:/
             乂:.:!:∧∨ /__,ィイ/i:./ハ{          という設定は端折られました。
               ヘ:.{ } i i .ノノ===!'
            ,. -‐- 、 -',.! i' /- 、::::::}ー、
                i:::::::::::;:::::}::::ヽ::`ヾ⌒::::::!:::::ー-、__
            j::::,r-''::::::!___ハ:::::::}´ ミソ::::::::::::}::::ヽ
               ,::::○':::::::::r≦三三ミ:::く:::::::::::::/::::::::',
            /::::::::::::r==::|::::::{○}:::::::::::i::::::::{`:::::::::::::',

125◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 01:31:42 ID:oF/lUggU0


   /                    ,
  /     /    ,   }   /   / / !       ,
 ,.   |  |    /  /  /  / ./ | l   |i   |
    |  |   ,イ  /// /! ′| l   |i   /
    |  l   / |/┳.//  l/ ┳从.  |i /          最弱マスターと最強サーヴァント。
 |  人 | /. |  ┃       ┃  }/レ′.            Fateの源流に沿ったペアでした。
./  { k Y∨  |  ┃       ┃   i 八
    ゝ-l     i|                ∨  \            このペアは本筋とは別立てのストーリー担当でしたが、
  / i l     iト、              イ     \           やる夫やセイバーとの絡みで十分に活躍してくれました。
    从     刈≧ー── … ≦ミメ、 \   \
   / ハ    ,.イ ̄ ̄ヽ {_/////  \ \   \     アーチャーはセイバーとはまた違うかっこよさだったと
   ┌ffffffffffff }  l l l }fffffffffffffffff┐ }\    ,.    思いますが、アーチャーにもかっこよかった、というコメントが
   |      `ー‐─…′        | |  ヽ  }    たくさんあってよかったです。
   |                        | /  ハ l|
   |                        |  /  i リ
   |                        |     ノ∨
   |                        |    (   \
   |                        |    ヽ    ヽ
   |                        |          i
   |                        |        ノ

126◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 01:31:57 ID:oF/lUggU0


          ,. -‐== ==‐- 、 _,.-、
          /              r┴、`yノ
      /            r┴ r、ノ::`ー、
     /  /       /   i.   \ゝ{ `ー;: ∨ヽ
      /  / / / l |   l  i `ヽ\_   //  \
.     |   |  | 斗z┼ |   / ┼‐t-/ト ヽノノ     \
.     |   |  |i |i | |  ハ  /  !/ .| i \       \
.     | γ|  |i fz-‐t‐/  ∨ rj┼ レ'  ノ下             そいでは、今日はこのへんで。
.     | λ|  i  杙.:::|     |..::|  /  ィ  | \
    イ   i|  ', ヽ  ̄      ̄   !  |   \_ ゝ,            次は残りの5組ですかね。
  /    从   人          , '   |,.xf´    ミ、        日曜中には出し切りたいかなと思います。
/    / 人    >、  つ_,. イ     \
.    /   ///>、    ∨ -、 ≦ ヽ      }        >        では、おやすみなさいませ。
   '   //,.イ   )    /λ介;:::> /    ∠;:xf '' ´ \
    .. イ//.}    /   /:ζλ| ¨ /     イ/∧.       )
  イ//////仁=. (  ,. f‐‐-、人}  (    (///    /
  八///// {    r´  , ヽ ヽ   \   Y      /
/  >fx゙┌──‐ヽ ヽ ヽ_}__}‐――――――――┐
  /  \|      `^ ̄                    |
        |                         |
      /|                         |
    /  |                         |
   (    |                         |


127 :尋常な名無しさん:2018/08/26(日) 06:27:33 ID:mwD7Zars0

乙でした!
やる夫がすごいヒロインっぽいので、大河が主人公っぽくなるのもむべなるかな


128 :尋常な名無しさん:2018/08/26(日) 14:19:34 ID:pia/0l8M0

乙です!
アーチャーペアの最後のシーン、本当に好き

129 :尋常な名無しさん:2018/08/26(日) 19:21:33 ID:W7mAr9qo0


こっちのメイブもチーズ蹴り返すのだろうか


130◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 22:55:55 ID:oF/lUggU0

さすがにチーズは蹴り返せないんじゃないかなぁ……
ランサーの真名が最後まで伏せられていたのも、バラしてしまうとセシリアたちが
チーズを持ってきてしまうというシリアスにあるまじき事態になるためです。











一覧
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

4月になりましたね。
新しいスタートの季節ですね。
環境が変わった人も多いのではないでしょうか?
思えば昨年は緊急事態宣言でそのスタートが切れなかった人も多かったと思いますので、それを思えば一年で少しは改善されたのでしょうか。
ただまた感染者も増えており、第四波確実などと言われております。
ワクチンがしっかり全員に接種できるようになるまでは当分気が抜けない日々になりそうです。
春となり外に出たい気持ちをグッと堪えて、ホームステイついでにやるぽん!を活用していただければ幸いです。<(_ _)>


お借りしているFC2様の更新により一部のスクリプトが動かなくなっていた模様です。
具体的にはカテゴリの一覧での複数ページ表示が出来なくなっていたみたいですので、表示方法を1ページずつとさせていただきました。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

21/03/19
ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~ 追加

21/03/10
ドラえもん のび太の異世界召喚 完結

21/03/02
ドラえもん のび太の異世界召喚 追加

20/07/22
エージェントやる夫の日常茶飯事 から 雑談所内作品を
(エージェント)◆28KU4V0f26の雑談所作品 として 分離

20/05/21
やるやらで語るアドベンチャーパス 追加

20/05/20
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 完結

20/05/14
英雄の守り人 完結

20/05/05
英雄の守り人 追加

20/04/11
サクラ大戦・新 完結

20/02/26
サクラ大戦・新 追加

19/11/13
アカガネ山のやる夫 追加

19/05/26
やる夫は誰かを救う悪になるようです 追加

19/05/18
エージェントやる夫の日常茶飯事 追加

19/04/14
やらない夫は「The World」にログインするようです 完結

19/02/10
真・女神転生 ~やる夫の嫁は加賀のようです~ 追加

19/01/21
できる夫とマリーがたどる仮面ライダーファイズ 追加

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



月別アーカイブ
FC2カウンター