やる夫と泡沫の時を越える祈り 設定公開 その3 やるぽん!

セイバー第18回 もう一言説明して!もうちょっと話を聞いて! それをしてしまうと話が終わってしまうので仕方ないのですが、モヤモヤが続く展開ですね。 あと、サイコーさんは影で戦った方が強くないですか?

やる夫と泡沫の時を越える祈り 設定公開 その3

131◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 22:56:49 ID:oF/lUggU0

では、残りの方々のお話を。

132◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 22:57:12 ID:oF/lUggU0


                              ┏━━━━━━━━┓
                                 ライダーペア
                              ┗━━━━━━━━┛



                  --、, --__- 、
                 ,:/:⌒:Y´: : : : :ヽ:'.
              〃: :.,ィ=-、/_ミ、: : : {:'.
              {: }: : {/⌒´  _}: : : :ヾ、
             ,:´ノ: : : Y´   ´{: : 、:\: V、             コンセプトは「宝具使い+宝具特化」
             |/:ノ:,: : ノ__   ィ=、: V: }:(_,:\_
             {: {:/: :/ィ⌒  ,   ' ' }:}:}: ハく: \: : `ヽ.          当初は大河のライバル枠という位置付けだったのですが、
             从:{:从ム ' ' v:: v 彡イ:{:、:リ: : : `: : :、.         どうにも書ききれなかったです。
             /: /イ人r个ァ  ー イ:{人「:}: 、:\: : : :
           /:イ: /:r「-、ア`ヽ`´//:/: :/⌒∨: ` : .、           本作で最も悔いが残るペアだと思います。
          , :/: /: :J{ヽア'   ∨{: {: 〈/ __∨: : : :
           {/:, :´: : :/| \乂_  ヽ从: : : /⌒`「´: : : :
          |: {: : : : :ハ   /T `、 ∧、 ̄V /  /: : : : :
          |从: : : /: ∧ {...「Y´く´  ∨...V  {: : : : : :
         /: : }: : :{: /: :} V{/  }   ∧...ノ  ,: : : 、 : :
        /: : :/イ: :V: :.:|  | V_/{ー'  V    ハ: : : \
      /: : :/: /: : : }: :|  |     |     '   {: :\: : :
     /: : : イ: :/: : : /: : :} /    人    }  ∧: : :`ヽ
      {:/: : : : : : : :イ: : : ∧   /-- \    / : \: : :
    /: : : : :-: : ´: : : : : / : \_/ー'、__(_〕、__ノ:/ : : : ヽ:
   /: : : : : : : : : : : : : : : ,:_:_:/....../...........{{..........∨:/ : : : : }:
    {: : : : /: : : : , -----/⌒\../............∧...........∨:/ : : : |:
    从: : :{: : :/..----..く........../\.........../....|.............∨: : : :/
   / V: /´......,...--/ \.....}\.....ー.{......{................} : : /: :
     ∨......../.......,′   ⌒\..ー...r-..7..⌒\....∨:/: : :
       ⌒∨........./         }...〉.././.....................∨ : : :
          \....,           V.../´......................../...〉:/

133◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 22:57:45 ID:oF/lUggU0


             ,. : :―: __ ̄: >-: 、
            /: : ,. : : :---: 、: : : : : ̄\
            ': : :/: /: , -- 、:Y:,ィ=ミ: : : :}
          / : : /: : /:/ : {>--`´-<|: : :{
          |: : : {: : : :{: : :ヽ      {: : : :\
          }: : : :ヽ: : : } : ノ__ノ    ` ーヽ: : : :Y
           ハ : : / : : / : /,ィ=く     イ笊ハ: : ノ           物語の中で大型宝具を持ち出したくなり、
         ': | : /: : :/ : {:|/ ん(`   vリ {: |: ∧           巨大ロボットを使えるエウロペを選出しました。
        /: ,: :八: : :{: : 从 vツ    ,` }:/:{_: \
       ,: : /: /: : ヽ:乂: : : > u    ,   人: : 「:、: : ヽ.          見た目に反してママキャラという設定でしたが、
      /: :,: : : : : : /:イ: ヽ:个    `   ィ: : :} : | : \: :}         FGOでママキャラがたくさん出てますね、はい。
     ,: : :/: : : : : :/: :从: :}:ノ:∧ ` T´:/:イ: 从:{_ : : :\
    /: :{: : : : : : :/: : : {∧:リ-{∧__/ ̄ ∨ }/  ` ハ : : : '.
     {: : : V: : : :,: : : : : / ` |....|V::::∧_/|....|    }: : : 人
    乂: : ∨: /: : : : : l    |....| }:〈    |l....|    |: : /: : :\
      }: : }: {: : : : : : :.   }..|{:::::}   {l... |    |: :{: : : : : :ヽ
      /: : : : : |: : : : : : :}  {....|_|:::::| _||..∧    |: : :\: : : : : }



        \__
         }`ヾ;::..
  /     ;.:....:}:::}  __      __,
 /     /.:.:.:.厂 ̄=ニ ⌒` ミ _厶._  ヽ
.:′    厶.:イ/               `Ⅵ}
  /  /  /   /   j }        \
. /  /  /  _///    / ハ 、     ヽ
..:′ ∧ ,イ トム[工≧ミ/}〃7∧ }        '.
{ /ミv八 爪i^f弌芯x \,.// jハ '.     ト\
Ⅳ//⌒7 Ⅵ{  、Vこゾ^` /  'ートハ    !  \         リメイクで唯一AAを変えたキャラです。
{,∧{ (7   {ハ}  ` ¬       f7芹xヘ ∧ }
Nトミ\{   |` \           にソY7^j/ ハ /             性格や立ち位置は変わってないのですが、
ヾ^ヽv|   |          〉 `  {/' / { /                雰囲気的に変えてよかったと思います。
  \' |   |        ‐-    ノ   ∧
    }|   |              /'|  / ハ                  AAガン無視の口調で喋ってたせいで
   圦  |  丶      イ   | ' / '               違和感バリバリだったので。
    kヘ,  |\   `r‐-r f{´ i|   |     |
ヘ  l⌒ヽN\ \ __|_  Ⅵ   i|   |    ハ
: :\ |: : : : \{`  /⌒v} }j  i|   | /  八}
\ }j: : : : : : :ゞtハ:::::::}ト:く   i|  〃 , /  '
  Ⅹ: : : : : : : : {:{  Yバ }i:\ !}  / / ∧ /
/ 》: : : : : : : : {:{  |'::::ハ}}: : Ⅵ 厶イ/ }′
  ,〃: : : : : : : :.:.ヾⅥ::/::∧:/}7く  ´

134◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 22:58:27 ID:oF/lUggU0


              ,. . : : :  ̄ ̄ ̄ ̄: : : : . 、
           ,. : :´-: ,: : : :  ̄ ̄\: : /:  ̄: \
           /: /: /: : : ,ィ二 ミ、: `´:ィ⌒\ : : ヽ
         /: : /: : /: : : : :/>---- 、/,/_---、: : : :'.
        ': : :/: : :.|: : : : : \          `くノ: : : : }
       /: : : |: : : :|: ,: : : : : :}--、    , -/: : : : : :{
       .': : : : },: : : }/: : : : : /          {: : : : : : :∧
       | : : /: : /: : : : : /_         乂: : : : : '. : ヽ       宝具は巨大ロボ・タロース。
       |:/: : /: : : : : :,ィ,ィ= 、Y     ィ=ミヽ: : : : :\: '.       大型のくせにステルス性があり、奇襲もできるという優れもの。
       |{: : : :{: : 、 : : : イ ん (_     んハ } ハ: : : : : }: }
       |乂: : ∨: }: :∧゙' 乂_(ツ     Vツノ |: }: : /: /:/.       リメイク前はもっとシンプルな宝具名にしていましたが、
      ,: : : }: : :ヽ:|:/: : \ `¨       ,  ¨´ ム: :イ: /:/         アヴィ先生のゴーレムに合わせてみました。
      /: : :/: : : : V: : : : : }         _     人: /: ∧(
     .:' : : /イ: : : /: : : : : /、     ‘ '   ィ: : : l : { `           タロースというのはクレタ語で太陽を表すらしいので、
   / : : : : / : : : {: |: : : :{:| `        <l:从: : {: : :'..           "日輪""曙光"という単語を入れました。
  / : : : : : : {: : : : 从V : : l┴-- 、 `「: : : :∨: }: /: : : '.
/: :/: : : : : : :|: : : ∧: }'\: !    \ |∧ : : }: /イ: : : : : '.
: : :/ : : : : : : 人: :{: :}:/:_:\ ̄\  ∧/ ∧: /:イ: : : : : : : :.'.




                        ____
                      /ニニ/ヾ,\
                     /ニニノ ヾ__}_」\
                         /ニニ/```   ,宍  `、
               {(__     /ニニ/```         〉
            \ `` 、 /二ニ/```            〉
              \  ‘,\三/____         i   」、__        ちなみに先生の"ケテルマルクト"は
         ト- ⌒\__)  L__\≧s。, ~^  ,,  」_, '八  }          先生が書いた詩集の名前です。
         `¨¨\  \___. \八`ヽ    7  /-イ ノ
       ト、__ノ   ___  八=', ∧    '  /\_`ー=ミ .       また、カバラにおいては"ケテル=王冠"
       \_  /  , -―  ,  |ニ',  ∧  ; , 、  `、          "マルクト=王国"と約されるようで
          ``{ /⌒/__  _/  j二\ ∧ ; /  }人 / `ヽ(        そこから王冠を冠する宝具名になったと思われます。
ー=「三三ニ=====―く_,(_/r、    /ニニニ>Vハ、,_ノ(  しへ、
__\  \============\ ‘,イ(_./ニニニニ:{ ‘,ニ≧s。__jI斗.       なので、タロースもゴーレムですが
三三〃\  \============`、 ∨ニニニニニ.{r―',ニニニニ「.       こちらは王冠ではありません。
三三{ {ニニ\  \===========.`、∨ニニjI斗=ミxー<}。s≦三=',
≧s。.{ 乂ニニ\  \===========>∨ニニ\ (__) _}\{___≧彡ニ',
: : : :``ー≦⌒x \  \=====-   _,、」ハニ≧====≦二ニニニニ
: : : : : : : : : : : : :.\\  `ー  。s≦/ ハ 二二二二ニ○二二ニニ

135◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 22:58:56 ID:oF/lUggU0


                      ___ __
                    /:_, -- ミ、,-≧:、
                    ': :/: : : ,ィ=ミ、:',.-、: : \
                  / : /: : : :{_⌒`' ⌒∨: : }
                 .': :ハ : }: : : }-'  `ー{: : ハ
                 |: |: /: /: :/       乂: : ヽ
                 |: :/: :,: : { ー‐'  , ー' ハ: : :}         本作ではゴーレムとなりましたが、型月世界では
                 /:.人:八: :>      ム': :/          タロースは使い魔と扱われているようですね。
               /: :|: :|:ヽ: : 个    ゚   イ:{: :(_
                 ,: : : : |: :|: :} : 从}_ ` T ´:j:从:〈 ̄           エウロペは最強の守護者タロースを従えるものとして、
              , : : : /: / : ∨_/ \_,∧: /:∨: :ヽ         公式に登場するならばキャスターになると予想しています。
              /: : : :∨/⌒'......}\_/::::∨: : : :V-、:}
            /: : : : :/: {   }....',   〉:::〈 |: : : /  |:\        実装、待ってます。
           / : : : : イ: : :|   |.....'.  {::::::{ |: : イ  { : : \
         , : ´: : /:/: : : : /|   |...... ー|::::::| }/....}  |: : : : : ヽ
       /: : : :イ:/: : : : : /: |   人...o.....|:十}....o..j / |: : : : : : : '.
      ,: :/´ ̄: : :,: : : : : :, : : }    }.........\/........八  : : : : : : : :|
      ∨: : : : : : {: : : : : :{ : : |     |........................j / |:\ : /: : :.|
       {: : : : : : :人 : : : : ∨: }     }..o..............o..| /  {: : ∨ : : :,
        }: : : : /: : :}: : : : : } : |    ∧...................〈'    |: : /: : : く
       / : : : /: : : :|: : : : : |: :ハ  / ∧ r----r-{    |: /: : :{: : :\
       ,: : : : / : : : /: : : : : j:/:∧  / ∧}...........}...|   V:{ : : 乂: : : `ヽ
     /: : :イ: : : : /: : : : : :/: /:.∧  / ∧...........V     }:乂: : : :\: : : : '.
   /:/: : : : : : イ: : : : : :/: /: /....'.      \.......{    |: : :\: : : :ヽ : : ノ
  ,: :_:/: : : : :/ : : : : : : : /: /: /.........':.   , -〈......|,.--、 ノ: : : : : ヽ: : :}: :/
  {/: : : : : : {: : : : : : : /: : :/: /.....-={...\     V..{   V...ヽ:_: : : ノ: :{: {
  |: : : : : : : : V: : : : : :{: :_/.......r ┴-r-`  /´ー-、-r'.〉..._>、: : : }: :\
  人: : : : : : : :ノ: : : : : : 「....../...../........../   ` 、   \'./´  `ヽ.}: : : \: :}
   }: : : : : /: :ヽ: : : : :|..../..........'......./      \ 、 〉}ノ'       ∨:_:}_:_∨
   从: : : , ---------- -、.........../ _       `ヽ'´        }/---、≧=---、
  { 乂/:::::::/::::::::::::}::}............. ̄ ̄´........`ヽ      ':.       '-、............}::::::::::::::\
     乂::::::::{::::::::::::ノ:ノ................................./ ̄`      }       {......../:::::::::::::::::::ノ
       ̄ ̄ ̄ ̄´  ̄ ̄  <.........{        人、         >'  ` ̄ ̄ ̄´
                         -   __,..:'   `  --- ´

136◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 22:59:23 ID:oF/lUggU0


:.:.: : : : : .:/:.:.:.:.:.:ヾ: : : : : : : : : : :i: : : : : : : : : : :∧
: : : : : : :’: : : :/へ: : :/彡ヘ: : : : :i: : : : : : : : : : : :.ハ
: : : : : : : : : : /ミミミV彡彡:}: : : :.i:.: : : : /:.:.:.:. : : : : ハ
: : : :/ : : : :/`        /: : : : :i:.: : : /<:.:.:.:. : : : : :i
: : :/: : : : /       / i: : : :.,'i:.: : :/  ヾ:.:.:.: : : :,’_
:.:.:{:.: : :.,:’ェ、       / i:.: : :/ i:.:.:./ミ>  }:.,ィ 、:/  `T、        アシュレーは宝具使いを投入しようとして決めました。
:./:.i: : /∧.>ミヽ、    i:.:.:.:/ィi}:.:/_    /  }i:ヽ,  V        宝具自体は何でも良かったのですが、変身するAAに
/:.:.:V/:.:.∧.  {i:じ:ミヽ  i:.:.:/''イ:,イ::じ::i}   / }  i:i ,’   .V         "アガートラム"という分かりやすい要素を備えていたため、
:`ヽ:V:.:/:.ハ .ゞェ'’ :i  i:.:/ /イ __ゞィ’   ゝ' ィ.V.,'             利用させてもらいました。
: : : ヾ:{: /  ',    ,’ /イ  ´       ,__.ィ’  .i
: : : : : : i   ∧   ./            '     /                 スイッチオンはしません、アクセスです。
: : : : : :/   人  < __     _     .,  ,ィ´     /:
: : : : : i     ヽ. ヽー‐ '' ´ ヾ    /.<´      /: :
: : : : :.i       \ Vー---‐/ _. <´           /: : :
: : : : :}        \ ̄ ¨ ´ィ -、          /: : : :
: : : /      _ -‐  ー─ '''|   i             }: : : :
: : : ̄ ̄ ̄ ̄: : : : :ヽ  ヽ   .|   i       ,ィ: :´: : :
: : : : : : : : : : : : : : : : :\ ∧ ...|    ヽ  ィ≦´: : : : : : : :




         ‐-- .... : : :´ ̄ィ: : ̄ ̄`: :、
    ーニ: : ¨: :¨: : ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : \
    -‐=ニ: : ̄: ─: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
   , ィ: : : : ,: : ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
  .-──ァ´: : : : : : : }ミ、: : : : : 、: : : : : : : : : : : : : :i
    ./: : : : : : : : :/`´.ヽ: : : λ: : : i: : : : : :}: : : : ’
   ./: : : :_: : : : : :.,’   V: :/ }:_: : :}: : : ://: : : :/          宝具使いとして相応の実力者なのですが、
  /. -‐ ´ |: :ハ: :{、.  、_,,ェ='''¨⌒`/|: : :/ ヽ: :/               勝ちきれないシナリオのために不遇でした。
  .´      .|./ .V.,{:.:ヽ ` -=≠´ィ’.|: :イ } / //
       .’   V V’          ’  / .ィ/              ランサーに絡まれたのも不幸としか言えません。
              ./           /`´ .V
             `>. _      .ィ    V、_
                  ∧  `  .. < /   / V:.` ̄ヽ_
                 ヽ _ <  ./  /   }:.:.:.:.:.:.:.:.ー--、
               }.ィ.∧   / .ィ´     /:.:.}:.:.:.:.:.:i:.:.:/:ハ
                 /:_| {.∧_ ィ´     //:.:/:.:}:.:.:.:.|:./:.:.:.:.:}、
               <:.:.:.:.{ / ハ      /:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.>'
           ィ''’:.:i:.:.i// | V    /:.:.:.:’:.:.:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/
          /  {:.:.:.i:.:|/.|/ /V ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:/:.:ィ´

137◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 22:59:44 ID:oF/lUggU0


                .、
           、‐----ヾ:.>ヾー-- 、
            ` <:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
           , -‐.:¨¨.:.:.:.:.:.:ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
        ,ィ:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.ォ/ミ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
       ー────ァ:.:./:./:./` ̄´V:.}、:.:.}:.:_」
            /:.:.:{:.:i:.:.,<、 ,≧‐-:}Y/ }          魔術師ですが、宝具の使用に全振りしているため、
      _.._     /:.:,イ{:.ハ:.弋ヾ ´ イ乍}'’ ,ィ’          他の魔術はほとんど使えないという設定です。
     /ヽ/ /`ヽィ´ .|,’,'ハ`´i’   ̄  .i |
    _{__.//  /´-、     ヽ. `__ , ./ .i               原作のナイトブレイザーは武器を使いますが、
  {⌒イ: : : : ̄`ヾ' ,ィ’       >、 ./ _. -‐ヾ         アガートラムは耐えうる装備が現代にほぼないため、
   Y: : : : : : : : : :}ーヽ   __ .ィ/.ヾ| ´<     >.         素手オンリーで戦っています。
   .}: : : : : : : : : : }‐'’ ィ≦ヽ:.:.:{./ーT ヽ   ,<:.:.:ヽ__
   {: : : : : : : ヽ: :/ ./、 ヽ:.>‐-._>.,:<:ヽ:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
  ,ィ: : :´¨¨ヽ: : V/ヾ.}_ ィ:.:.:.:.:.:/: /:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.>
 }: : : : : : : : : :ヽ}- 、  }:.:.:.:.:.:/7¨.i}:.:.:.:.:.:.:.V-─'''''´ ア´   ヽ
.}: : : : : : : : : : : : :} i /:イ´ ̄./ /{:.:.:.:.:.:.:.:.:.}   ./      }
: ´: : : : : : : : :V: : ヽ V,’   / /  ` <:.:.:/ y,/       .i




         /: :___: : : :/ :/: : : : : \: : /:./ `ヾ゙`V´イ,.イ: : : : :i: : :
        >'’   `ヾ、: : : : : : : : :ィ: : /            i: : : : :i: : :
       /,'       ヾ: : : : : /: :/ヽ、            i: : : : i
      ./'          .V: ://:/    ヽ __       i: : : :i: : :
      i|             V>‐-.._             _..孑-‐'''´: :
       i|              ii’7:.:.:.:.:.:.:.::.≧>       ´  |:.:./ |: : :       アガートラムの強さに関しては表現が難しく、
       i|          i| ,’:.:.:.:.:.:.:.:.:7`          |:./ |: : :i:       強すぎると大河が太刀打ちできなくなるので
      i|i           .:/. , ィ’:.:.:.:.:.7         7:≧:レミ...|: :.リ:       結構な悩みどころでした。
   ,===ヾ、       ./イ V: : : : :c’        /:.:.:.:.:.:.:.:/7/:./:
 /    .ヾ       / : |  `¨‐- =’         つ:.:.:.:.:././イ:/: :.         負荷の大きさを理由の一つにしましたが、
イ       {`      '}: : :|              {:.:.:.:.:.:../ イ |’: :        なかなか苦しかったとも思います。
                  i: : :|                 ` </  ./.|: : :
    i          イ V.|、                   /....|: : :/
  .ヽ|      ヽ    V ヾ > . __,.. /|           /ィ }: :/
    i       ヽ   `¨¨¨¨¨´     ̄`ヽ、     _ ..ィ`ー- }/-、
    i        ヽ                  } ̄ ̄ |> ´   '|:.:.:.:
、    ヽ        i             ィヘ¨¨ ̄        |:.:.:.:.
 ヽ   \       .i  ,,.< ̄ ̄` ー─ ''´イ  }          |:.:.:.:.

138◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:00:08 ID:oF/lUggU0


                             __
                         /: : : : :{
                      ___/: : : : /∧
                    /: : : : : : /'///∧
                      Y: : : : :_: : : :V/////∧
                   {: : :/: :'/: : :V/////∧
                    ..ィ..-―-...__l'//////∧
               ........-―::::::::::::::::::::::::::::::::::::>'///∧
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: <'///////∧
              /::::::::::::::::::::::::--v':::::::::::::::::::::::::::::::<////
             '::::::::::::::::::::::::::::::へ::::ハ:::::::\::::::::::::::::::≧ .、       前述の通り、大河のライバル枠として考えており、
           |::::::::::::|::::从:::: |^ヾ^¨¨ヽ:::::::::::: ヽ ̄ ̄777        大河との生前の因縁も設定にありました。
           |::::::::::::{::::l v:: l.     ::::|:::|:::::::.V/////
          V ‐、:::从「ア示ミ  ィ示|:::|:::ト::::::::.V/////.        エリートであった彼は、幼い頃にたった一度、
              {.⌒ソ   辷リヾ  {辷} ハ从|/\:: !/////          大河に敗北することがありました。
           ヽ^_         、  .|. V'///,ヾV ///          以来、アガートラムを継いでからも彼にとって、
.              V八         '  ノ   V/////V///.        大河は乗り越えるべき宿敵でした。
           ___}!  \  `¨¨¨´ ,    V/////V/,
            ノ ̄ ヽ l. >    /     Y//////           最後の聖杯戦争、導かれるように二人は
         _/     \ \: フ.、_    __ノ///////        最強を競うことに……
       _f: :\       ≧'-宍}--v//////\//
      /: : : : : : : >. ._       / ∧: : :}///Y ヽ//__  /.        というお話は全ボツです。ごめんね。
.     /: : : : : : : : : : : : :\   /ゝ': :V:.////∧ /ニニ≧
.      /: / ̄ ̄ ̄ ¨<: : :.\ .{: :/{: : :Y: ̄:ヽ/ニニ}ニ
     /:イ /          \:.ニ=-彡: :{:\:}:}: : : :.)ゞ=彡ニ
.    /:l .|/          V r匕 |:八: : 〈 \: :>ニニニ
     Y/       -=ニ二  }: l   .|: : :ゞ': :}__V{-=へニミx
.     |{         ___彡|.ノ=彡|: : : : :.:.!/ニニニ\ニ
.     |{  ̄    -------彡 ヽ}  |: : : :./ニニニニニニ
.     |{      _      l_ヽ|:.:./ニニニニニニニミ
      v\.        -=ニ二ノ r≦ニニニニニニニニ/
      V/,\              八 \  `寸ニニニ}!ニ//
      V/, \ \           \ \_.ハニニニ,/{//
      V/,  \ \          \  .ノ 寸ニ,/ |`

139◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:00:44 ID:oF/lUggU0


          ,. -‐== ==‐- 、 _,.-、
          /              r┴、`yノ
      /            r┴ r、ノ::`ー、
     /  /       /   i.   \ゝ{ `ー;: ∨ヽ
      /  / / / l |   l  i `ヽ\_   //  \
.     |   |  | 斗z┼ |   / ┼‐t-/ト ヽノノ     \
.     |   |  |i |i | |  ハ  /  !/ .| i \       \      前に出るマスターとサポート最強のサーヴァント。
.     | γ|  |i fz-‐t‐/  ∨ rj┼ レ'  ノ下              強い、べらぼうに強い。
.     | λ|  i  杙.:::|     |..::|  /  ィ  | \
    イ   i|  ', ヽ  ̄      ̄   !  |   \_ ゝ,             大河とのタイマンを受けなかったり、ランサーを
  /    从   人          , '   |,.xf´    ミ、         もっと警戒できていれば、違った結果になったと思います。
/    / 人    >、  つ_,. イ     \
.    /   ///>、    ∨ -、 ≦ ヽ      }        >         とはいえ、ちょい削りすぎた感が否めないので、
   '   //,.イ   )    /λ介;:::> /    ∠;:xf '' ´ \.         このあたりは私の実力不足を感じますね。
    .. イ//.}    /   /:ζλ| ¨ /     イ/∧.       )
  イ//////仁=. (  ,. f‐‐-、人}  (    (///    /
  八///// {    r´  , ヽ ヽ   \   Y      /
/  >fx゙┌──‐ヽ ヽ ヽ_}__}‐――――――――┐
  /  \|      `^ ̄                    |
        |                         |
      /|                         |
    /  |                         |
   (    |                         |

140◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:01:09 ID:oF/lUggU0


                              ┏━━━━━━━━┓
                                 キャスターペア
                              ┗━━━━━━━━┛



              _
        i   /::::::::: ヽ
      i  ∥ .i /::::::::::::::::::::::i
    _i\i \ii│::::::::::::::::/ i             コンセプトは「序盤の山場、意味深な導入担当」
    ´ ̄\ i  i i∧:::::::::::::::ii) /     i
    ─<     WW\i・//i__∥.          真っ先に退場しますが、本作における謎部分を
     /:::\___、        く/i.          きっちり表現していった彼らは十二分に
    i:::::::::::::::::::::::::::::::::W\/\     `Ζ、      役目を果たしてくれたと思います。
    ヽ::::::::::::::::::λ::::::::::::::::::::::::::\/ ̄ ̄ ̄
     i::::::::::::::τ γ::::::::::::::::::::::::::i
     /:::::::::::::::::i i:::::::::::::::::::::::::::::i
    /:::::::/i::::::::::i i:::::::::::::::::::::::::::::i
   i::::::::::i_」:::i\i i:::::::::::::::::::::::::::/
    \:::::::::::::\  \::::::::::::::::::::i
     \:::::::::::::i i\i::::::::::::::::::::::\
       i:::::::::::i i:::::::::::::::::::::::::::::::::/
      /:::::::κ χ::::::::::::::::::::::::::/
     /:::::::::::::::ν:::::::::::::::::::::::::::::i
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i

141◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:01:53 ID:oF/lUggU0


  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:;ミ-ヾ;:ゞ、::::、::::::::::::::}
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ミ`  /   ``ヾ !ツッリ`''ー-、
::::::::::::_::::::::::::::::::::::::::ミ`   /           |`ヽ、 ヽ
::::/´‐、ヽ::::::::::::ミ=`` ` /      _ ♀ |  i  |
:::{ ィ^ヾ ヽ_;:-`/     ト 、,_    `'ヘr・‐ |   |!
::::l !〈     /    __」;;;::::,,_ミヽ、 ',、-_j   ノ         テセウスを選出したのは「存在を肯定する」という
::∧_ー!     i      ヾ、ピ_;ソ`   rf。テメ                 キーワードからです。
::' }ミミニ!         ```´    ト'='ィ′
 {`'ーf 、               '、/                  中ボス的ポジションであることから、ヘラクレスと
 ヽ-‐' ヽ             -_,.ィ                 関わりのあるテセウスがいいかなと思いました。
       ヽ       、_  __,′,.'′
         \      `二''´/:|                  なんでキャスターやねん!って思った人が多いと思います。
           ヽ、       ´/::::ヘ                   私もそう思います。
           ,.イ::`丶、 _ _ ,ノ::::::::::;!
        '′{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ




              ,,,_----,,__
             /::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           //''"〃''"'',,__::::::::::::::::::》
          /         z::::::::::::::| 」
          |          z:::::::::::: 丿} ノ
          |7-_、十 _   z::::::::::::::/  V/        宝具は"テセウスの船"の逸話から。
          |ヽトヽ  フ--,,_   =ヽ    //.          本作で唯一、複雑なギミックを内包した宝具でした。
          |  /   、くフ  r` /     ク
          λ く      ̄  v_/1〈/           書いてて、わけわかんねぇなこれ、って思っていました。
       _入ヽ  L_     /--; Iム  /ヽ
    _--::::::::::ヽヽ - `   /L___」 | /                なのにちゃんと分かってる人がいるようで
    ノ::::::::::Z \ \, _ -'"   :::::: /  ー=          すげぇなみんな!って思ってます。
    ヽ:(+ヽ ヾ ゝ` <" ヽ   :::::: /
     |:::::::::::ヽ< \〔   |  :::::  / ''" ゝニ
     |:::::::::::< ゝ 〔   」 ::::   / '"   Z::::
     |:::::::::: <  \|_   ::::    / ,, _ア:::::::
     :|::::::::::::::::\: | ー'  ー- /   マ:::::::::::::::
     ::|::::::::::::::::::::::〕|   :::::   /  _~:::::::::::::::

142◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:02:23 ID:oF/lUggU0


,.. ‐ニ":: ̄:```'''‐. 、
::::::::::::      .......`ヽ、
:::::..  .:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
::::  .:::::::::::、‐``"`"`"``ヾ:'、
:  .::::::::::::r`         ヽ
:...::::::::::::/        _,}{,_  i
、:::::::::::/   __   }{  __l
}\::/    -‐ニ,_ミ   ∠-,'
{  l!    く,ヾ:::ノ`'   f:ノ'/         私は旧作の聖杯綺譚で、近接戦闘を一切しないキャスターを書いたので
__,,         '''''"   l‐' i.           逆に今度は近接戦闘をするキャスターを書きたかったというのもあります。
三ハ            __ ヽ,'
、ノ. ',          -‐/           スペックはキャスターなのにだいぶ盛ってます。
.i,  ` 、     -‐=‐'./              みんな大好きジェロニモさんより一回り上です。化物です。
l !    ` 、    ̄,/
 |,    r'´/ ` ァ-‐'′                でも強敵でないと成り立たないポジションだったので、
!l il   // i  l ヘ7イi!                この人に関しては手加減しない方針にしました。
 !ハ,イi | |! i| //〉./
 || | l! || i| ノ /:::\
ト、  l! 〈! ! / / レ::::::::::ヽ
_ ` ||  | i i! / ソ ::: .::: .::',
ヽ ヾ i 'i | / //7/... ::. .: .:::''┐

143◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:02:53 ID:oF/lUggU0


      ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,i::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      .′ i::::::::::::::::::::::::::::::: / |:::::::i::::::::::::::::::::::::::
    .′:i:| :::::: i :::::::::::::::::: | |:::::::l::: i::::::::::::::::::::i
    i ::: l:| :::::: | ::: i:::::::::::: | ⊥::_:j_:::|::::::::::::::::::::l
    |::::::l:| ::::: iL:i-ト、 ::: i: | |/}イl::/ト、:::::::::::::::::l        モモは書いてて、あー、すぐ消えちゃうんだよなぁ……って
    |:::::从'千.|l/|/ ヽ:::|`| ィr=|lミx|ィ ::::::::::::::: |          思いながらちょっぴりおセンチに書いてました。
    |:::::::: Y .x|l示ミ  `|.   ら|lハ`!!::::::::::::::::: |
    |::::::: Λ《.|l:r刈      ゞ:|l-゚ .| :::: i:::::::::::|.         普通の女子枠として誰を使うかだいぶ悩みましたが、
    |: :::i::::Λ |l゚¨´        .|l: | :: |:::::::::::|.          公式に存在しない冬木の魔術師を持ち出すのに抵抗があり、
    |: :::|:/:::::Ⅶ    ′   .|l: /::::i:i:|:::::::::::|.          ステルスというキーワードから引っ張ってきました。
    |: :::|:::::::::八    r ァ  |l イ::::: l:l:|:::i:::::::|
    |i :::|::::::/::::::>        . |l:::::::::::川:::':::::::′.         あとおっぱい成分が足りなかったので。
    |l :::|::::::i::/:::::::r-〕_ー ´ _.リ、:::: /:::::/ ::::/
    |l :::|::::::|:::::::_/i   ≧≦ / }::://<:::::/
    |ト、|、:: |⌒/::::::| /i:i:i:i:入 /イ/::i:::::)イ ̄  、
   .r 1 :: |::ヽ|:::/ ::::: |'´  .}ー:{.  `7::::::::|::/:::::::::::::::::/:ヽ




                  ___
              ,...-‐.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‐-..
               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.
           |.:|.:.:.:.:.l.:.!.:.|.:.:.:./ヽ.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:|
           |.:l.:.:.l.:从!.:.l.:.:.:{‐-l.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.|        例外であるやる夫を除けば、冬木の住民としては
           |.:.ヽイf心ヽ!ヽ.:!__/:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.l.          唯一の参戦になります。
          fヽ|.:.:.:.| ヒツ  〃笊心、:/:.:.:.:.:.:.:..::/
         | | !.:.:.:.!''' ,    ヒzツ|!/.:.:.:.:.:.:.:.:./           おかげで、真実を知ってからの聖杯ヘイトが最も高いですが、
         | |从.:.:.ヽ 、__  ''' |!.:.:.:.:.:.:./.:/          器であるやる夫に対しては複雑な心境だったと思います。
         / ー-、!/从\ー'_  -' |!.:.:./.:./.:/
          / -、ヽ} /: ://_}_,_彡' |!/!ル'l:/-、
          i て/ /!: /: /イ::::入_ /: : :/ : : : : : :.
         | -rく:/:r. '//:::Y /:{: : :_/: : : : : : : :.
          /|   }ノ: :|: :{/::::::}/: : ヽ: : : : : :/: : :.i
        {:.:}_ノ : : : |: :|:::::/: : : / 、 : :/:ー=ニ: :|
          ',: :{ : : : : :ヽ|/: -: ' : : : : ∨:_:_: : : : : :ヽ
        .}=ヽ : : : : : 「: : : : : : : : : : :!: / ヽ: : : : : : :.

144◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:03:36 ID:oF/lUggU0


                      .....-―━━―-..
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                 /::::::::::::::::::::/:://::::::/::::::::::::::::::::::::::::.
             /:::::::/:::/:::::/:〃l:::::/::/:::/::::/::::::::::::::::!
               /:::::::/:::/:::::/l从八〃/:::/::::/:::/:::/:::l:::|
            ′::::′:::::::/7芹苅 )/:::/::::/}::/:::/:::/::リ
.             |:|::::::|:::::|::|:l  以炒゙//}/芹ミ:/:::/:::/      どうとでも取れる表現をしていますが、やる夫とモモは
.             |:|::::::|:::::|::|:|  `|~ ′  /炒゙厶イ:::::i.       穂群原学園の知り合いという設定です。
.             |:|l:::l:|:::::|::|:|  ゛|゛   ,  ~´/:::::::|:::|:|
.           _|八从::::|::込.  | V_フ  ゛゛.イ:::::::::|:::|:|.        死んだはずの自分を見て、何も覚えていないやる夫を見て、
        / `丶 ̄>j八ト≧|、_.......-=≦:リ::::::::リ::リ八.      空っぽの街を見て、彼女は何を思ったのでしょうか。
         ,     ∨  {  \ 〉介ミ:::::::::/::::::::/:://.         彼女は何度、先輩に"また明日"と言ったのでしょうか。
                ∨  ̄У ヾ:i:iト、〉\/::::::::/:://
      /      /〉   { o  Vi| \ ∨:::/:://.           早くに退場した彼女の心情は、描かれてはいませんですが、
        ;      }/     `丶  》!  /  ∨:://            結構深く感情移入しながら書いていました。
        |      ∧       \} /   ∨/
        |     , 八        |O    }'
        |       ′ \       |     /
      ,     {    `     l     イ
     ,′    l∨          lO    |
     ,′     \〉|            |   、;
    《    ´ ̄}/           |   ∧
     ∨     /          ‘,   ∧
     ∨     /           ',     ∧
      \  ,/              O∧   ∧
          ∨              /.:.:∨     \
         {__            /.:.:.:.:.∨   /《
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.トミ     /.:.:.:.:.:.:.:.}_/.:.:.:.:.\

145◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:04:00 ID:oF/lUggU0


           /三三三三三三三三三三三∧
            ∨三三三三三三三三三三三∧
     ー‐=≠  ` <三三三三三三三三三 /
      /      ` ー=二三三三二=一´ ヽ
ー‐――<  / /i                     ,
        / ,.イ |  /  / /  /  / i  i
   _,.イ /Y⌒i|  | テ≠ミ, イ  / /|   l/  /  l}
     // .人r i|  | 厶イ_/ `|. /_z斗≦/ 〃  八          早期退場枠でしたが、この泡沫の世界観には
    /  ///l¨i|  |ハ.忙刈 j/∨ j/ / 〃  /  \.          欠かせないペアでした。
 ≠彡 _≦////f li 从   ̄    仡ア //  /    `ー‐
   /    `ヽ/ ム   }    _ _´  // /,.イ \              モモは残ると思った方もいらっしゃると思いましたが、
  /      ∧   `   {>  _   イ    ´   l    \  ー=       サーヴァントの消滅がマスターの消滅にも
 {         `ヽ   \rF=-,´ ̄¨7 \  \                 繋がるという重要な謎を提言するために、ああなりました。
. }       r‐v⌒ヽ/ ̄ヽr‐、\ ノ ィ≦ \_ \  \   ヽ
fffffffffffff弋 ヽ  \  ' , {fffffffffffffffff┐ 刈                 今更だけど、団長はよくこのAA数でバトルを
        \_ノ\_,.仆、__ゝ          |   `ヽ             やらせようと思ったな。
                         |      }   ヽ
                         |    {  ヽ
                         |-‐    ゝ.
                         |.       \/⌒l
                         | \  / ̄  ∧

146◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:04:36 ID:oF/lUggU0


                              ┏━━━━━━━━┓
                                 アサシンペア
                              ┗━━━━━━━━┛


          >― 、
       >. ´   x==:v ̄> 、
      .,:'  ィ ´ ,>ゝ≧=、< ゝ
     / {   .>         Vム
.     :  ヽ ./       |  V}
     ,   / / l I  }   li :} ノ ,
     }  ,:廴/ | { 人_/ . .:ァ/イ          ペアじゃないですね。
.    ,  ,: { ヽ ´ てtァゝ  `~  }.             どちらかというとトリオですね。
    ,:  { ヽ、`         ,
    /  :|  ':, ァ   、 _ ィ /               コンセプトは「不気味枠、幸せなメリーさん」。
   ./   {  ヽ、} >、    . :{、.             本作の胡散臭い雰囲気を強調するのに
 , イ    ':,    >、 ≧、 ―:'   ! ヽ           大いに役立ってくれました。
 >= ,: ./ニハ     >,  />、  :',
  厶.イ三三≧=-、  } /ll{ }lム ヽ ≧=-
    /三三三三:, ;ハ/lllllll{{ Vlllム }
.,=<三三三三三 } ニ}lllll{lllハ Vllllム
}三三三ニ/ ) ニニハニゞ='Vlム ,llll(ニ,
.Vニニ/´  r ' V三ニ}三三 V/ .}ll/ニ}
  ィ . ヽ、V }三:メ 三三三三三ニ|
./ゝ、ヽ, V } :{ニ/三三三三三三ニ
:,   `一:/` ` V≧=-ー―   ̄  (
. ゝ――     }           :}
         /             :|

147◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:04:59 ID:oF/lUggU0


                     , =----ミ
                    { / ̄ > Y⌒ヽ___
                  /  .`ー=====彡' ̄ 'ミ、ヽ--、ヽ
                       //   ,          \} .}
                    /  / .// / ./   ,        .∨
                /  /. /   / ./   /   i
                  /  / ./  _/_./   /i!   i!   i i!
                :   {i /i__./i!/「ミヽ i|   i |  i .从i:
             i!  Y⌒Ⅵ ̄ィzzzx--' 乂___从‐= .//乂
             |  { iゝ i}  `Yir'斧ヽ     .xzzミイ//i       最初はぶっちゃけ、メリーさんが使いたかっただけです。
             |  ∨     双ツ     イr'斧ア//iノ       都市伝説ではなく、メリーさん単体で考えていました。
             |   \_             `=′/i
             |      \       '       .|.           登場も最初期で、やる夫としばらく長いこと
             :         |\   `  '   .イ i |.           行動をともにする予定でした。
              i       /Yi          イ i  |
              /    / .\    T手   :    |
                /    i/i:i:i:\   ̄ ̄八  |i:i:ミ=、  |
          / , -'"i:i:i:i:i:i:i:i:i: \  /乂\}i:i:i:i:i:i:}ミ、ヽ
          /  /i:i:i:i:ヽ.i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\{/Ⅵ\冫i:i:i:i:乂i Ⅵ\




             [ ̄ ̄ ̄ >,r====厂 ̄ ̄ ̄ ̄]
           [  .。o< ⌒    ⌒ >o   }
              /                 \人
          ./                   ヽ ヽ
    .ー====彡   /   / ./     / /       .ト ゚。
        ./ ./  /   / ./     / /   ,   ト \
          , /  / 斗七/     人__  /   .| \ \
        .l /  /   / ./___/ /__/ l   .l } .\ \
        .└― ┬―'        ,ィf竓ミメ ⌒ヽ//  .} )_ノ      ただこいつが困ったことに、頭がよろしくないため、
.        /    .}  x===ミ      んハ 】 / //  ./             躊躇なく真実を語ってしまうし、そもそも大河と
        ./    ( }             乂:ソ ’./⌒,  /            折り合わないという致命的な問題がありました。
.     (\     ヽ      ’     ´¨`     /  /
.      \\ ⌒ 人 _.      n     r‐ 彡 ,               なので、やる夫の相方としては大河と
   /.: : :.\\: : :.Y }   ー一 ′    イ.     ′             入れ替わる形での登場となりました。
  :/ : : : : ┌─ \/ />         イ     ´
  {.: :. .: :. :.{  __]   } [ [ >ー   7       /
  厂 ̄\,.:.{  __]  ノ::[  \     ∧      /
: /  ̄\__ノ {     / : :[     > :/ ノ:\   ./
/     / イ     /: : 人 (/ ] /:.:.:. .:\
      /:   /: : : : (//:] ]: : : : ,: : : ::}

148◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:05:31 ID:oF/lUggU0


          ̄  ミx
      /           \
      ./ /´            、
     / ,′ i  .i!   ':,  ':, ':,
    ,' l  | {  }L  l }| ;i :} } {
    } 乂_人> ' ⌒` _ミxl :、         序盤の登場がなくなったため、都市伝説として他のアサシンも
       ィ≠ミ、 :l ´: : :`}/l  }            登場できるようにしました。
    ) { ゝt: : ::  ′    ノ (
    /  乂_~  _   ア ./ ⌒:、.           自由に動かせる上に、アーチャーや大河といった他キャラの
   示ミ、 {川\  ̄  ィ :}三三:|         対戦相手として役立ってくれました。
 `/ ニ三} 乂   `  ̄,ィ ,' :ニニニ{
  { ニ三ヽ、 :}:、    人_{三三ニ}         こいつがいないと小競り合いをしては撤退を繰り返すという
  乂 :ニ三 }/三㌍='三三三三レ′           なぁなぁな序盤になっていたと思います。
   ) :ニ三/三三三三三三三リ≧::、
_.ィ壬三三{\三三三三三三,ィ{三三\
三三三三|  ヽ、三三≧= '´ ./:三三三\




                      , ‐- 、
                ィ{ {⌒≧=-rーz、__
                 /≠ -‐   ¨¨  ̄`ヽ¨¨` ヽ
                /// /          \//
          r ―≠イ /,   /    /      ヽ
         `¨¨´ ′ // / _/{   /    }
          /  , =ミW___/从`メ{   〃  /   }
          :′ { ヘ {{  '斧ミメ ー-〈 ⌒/ i :/
          :   乂ハリ  込りノ    r芹ミY从′       登場期間が短くなったことで、退場時の感動が薄れないかが
          :     `ト  ""      辷ン/!           どうにも心配でした。
          :        \   、 '  "/ |
          リ     r} 丶    ´ イ :|          ただ、短いながらも癒やしロリ枠として目立てましたし、
         /     ノ \  ` r< | {          退場までしっかり描けたと思います。
.        /  _彡 ´: : \ `ーzく  } :`: .、 、
           /⌒ヽ: : : : : :\/〃トヽj: : : { \ \
      / / /: : : : : :. : : : : : : {{,ノ、}}: : : :ゝ: : :.、 、
     / 〃/: : : : : : : :. : : : : : : : }j }j : : : : : ヽ : }_  ニ=-
 ー=彡 / {: : : : : : : :八:. : : : : : : : : : : : : : : .::} ノ \
    /  八 : : : : : : : : }:: :. .. __ .. .:: :: :.. .. .: ::/ \ 丶
  /   /   ヽ__  -‐┤:: :: :: : : : : : : : : : : : {     \

149◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:06:05 ID:oF/lUggU0


                       '   ,   /
                 /   /   /
                /   /  ′ノ   メ
.              {    {   ./ ィ /  イ ,/
           /  ,ゞ ィ示ミx=― x′´  〆         マスター不在としましたが、実際にはマスターは
        /  ィ } { ..、.{::・::)」ヽ   `..<              冬木市そのもの、となります。
        /   | ゝ . ` ¨´     ィ´r=、\´
          ,    `              {::・:.メ !} }.         都市伝説ですので、噂があれば現界します。
       .{    ',   ._... _       , /         そのあたりはワラキアの夜に似ていますね。
       .}   / .}.,  .,::::::::::`ヽ     { ~
       , }.、 / ./ .ヘ .  V”ミx 、:::ム     >         真っ当な聖杯戦争に出てしまうと大変なことに、
       / V ィ   }\ `≧=.イ   ィ、 ,  /.           街の人間を全滅させる勢いで殺していかないと
         ,    :; ', ヽ __   ‐ .´{ / メ.            消滅しないというかなりやばい事態になりますね。
         /    ,  ,, <´     ', ― 、
        ./  /  . <      イ´////////
       / メ } ;{ .V     ./////////////
         /////Vム   メ//////////////




          ∧   V}
             V         ̄ ̄ミ 、
                  ∨ . / /  ̄ ̄ミ 、\
             ∧    V ,  /        ヽ :。
             ∧    Y /       l  }l :*
           ∧   { {   }   }   }   ||  V        冬木市がマスターということで、令呪は地上絵のように
               ∧   ,人_ >… 'ー‐―  T  V         地面に刻まれているという設定もありました。
                   i佗リ`  佗リ`/ノ  .}
              .∧   人::ニ,       / / ,.         発動すると綺麗です。AAじゃ表現できません。
             人{__/ ./ニ}  r  ア. , ./ /
             {ニ _./ :ニ/>   ̄ ィ   {
             ,三三三三, ニ ) }  >,   } `ヽ、
                V 三三ニ ::ニ/ |\_ /   , \ \
                ヾ 三ニ/:ニ/  , :三三ミ::、   ` 、 \
               V三':ニ/  / :三三三::: \   )  ,
               V三イ ./ 三三三三三:: ヽ、
                }i三}/ 三三三三三三三::/

150◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:06:55 ID:oF/lUggU0


              ____ .。-==ー 。.__
              /        。-==- 。   ヽ
            \    /          \   }
            〉、/             ヽ.ト
               /     /           、    ヽ.
                 //    |!    |:        :. 。
           ′  :   ―十   :|!| | _ |i:   | ||
            |  :| |     |!    |!| |!  |i|   } i|      首なしライダーや八尺様、森があるのでスリーピー・ホロウなど、
           :.  | L!_≠三三 一リ ノ三ニ!」  :| ||      出そうと考えたものはいくつもありますが、最終的には
.    、       ’  r 、| `} |::::}       |:::}/{:. _j リ.        本作の3人に絞りました。
     i\       } 八__ ,、 ー’       ー’ ! {
     、  ー=彡      }. "、  ⊿    "ノ :|             サードマン現象はまったくもって都市伝説でも何でもないですが、
      \.____,/   _ィ=--≧ュ二_ ̄__   !         最後にメリーさん出してあげてぇぇ!ってことで使いました。
   _____ ..ノ   /   `ヽ、 K ト、 `  }) .′
 〃 ̄¨¨ ― --,彡 /      /:::::ヽ{:::\ノ,.:K
 {{       〃 〈   / __ト \:::/|ヾ:-<ヽ. \
  \     ′  \_f´   ‘,   |::::::| }:::/ ヽ.  \
       ノ ノ     ‘,   ‘,  `¨¨ ‘´    ヽ   \




               __
        />=- Hイ´  Y
         {__{ニ> = ̄ ` <
      ,イ ,イ >イ  :i   :, ' ,  ヽ
     /  =/ :/  {   V V :ム
    ,:   ' ′ :{  >━ … ―:, ハ
    {   { { iィ:',.ィ::,    f:::::Y } }        本体のステータスや宝具表記は、ナーサリーみたいな
    |   | | {./:::::::}    ゞ=' Vゝ.         キチガイ感を出したかったものです。
    :,  f⌒', ヽ`‐       ./{         テラー   テラー
     V .{   ”‘`    ^  イ ;        "恐怖"と"語り手"という言葉遊びは「テラーナイト」という
      < `”~ >‐  ― <、,  :{        漫画からのインスパイアです。
       ヽ,  /ニニヾ、/ ヽ {ニ}_ゝ.        都市伝説版聖杯戦争みたいな漫画です。ぜひ、回し者では(ry
         )  Vニニ:}三三ニ{L}.
       ゝ :< V ,ノ ̄ ̄  V
           ,イ≧ニ==ニ三ヘ
          /三三三三三三ム

151◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:07:20 ID:oF/lUggU0


   /                    ,
  /     /    ,   }   /   / / !       ,
 ,.   |  |    /  /  /  / ./ | l   |i   |
    |  |   ,イ  /// /! ′| l   |i   /
    |  l   / |/┳.//  l/ ┳从.  |i /         メリーさんというと様々な萌キャラが横行していますね。
 |  人 | /. |  ┃       ┃  }/レ′.           本作も唯一の癒やし枠だったと思います。
./  { k Y∨  |  ┃       ┃   i 八
    ゝ-l     i|                ∨  \           消滅シーンは全力投球でした。大満足です。
  / i l     iト、              イ     \
    从     刈≧ー── … ≦ミメ、 \   \
   / ハ    ,.イ ̄ ̄ヽ {_/////  \ \   \
   ┌ffffffffffff }  l l l }fffffffffffffffff┐ }\    ,
   |      `ー‐─…′        | |  ヽ  }
   |                        | /  ハ l|
   |                        |  /  i リ
   |                        |     ノ∨
   |                        |    (   \
   |                        |    ヽ    ヽ
   |                        |          i
   |                        |        ノ

152◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:07:43 ID:oF/lUggU0


                              ┏━━━━━━━━━━┓
                                 バーサーカーペア
                              ┗━━━━━━━━━━┛


         _____
         \:::::::::::`::....、   、- 、
          \:::::::::::::::::ヽ  ,::::::ヽ
   _,.....::::::::―‐::...._}:::::::::::::::::::::Vl:::::::::::.
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
 - 、::::::::::::::::::::::::::, -===- 、::::::::::::::::::::::::l, --::ァ
    `>:::::::::,::/-, {///} r-,, l:::::l_::::::::::::::::/
  ,/:::::::::::/ } l/_ー' `ー_',...,,-、_!::/,l,::::::::::ト、
  /:::::::___::},/==-.ィt-,‐´-==-l::ヽ、!:::::::::_\
  ´ ̄  /:::,:::{´ィ ,ニミ レ' ィニミヽゝ::::::, -,::.          コンセプトは「静かなる実力者、どう見てもラスボス」
.      /イlル! 弋(ソ   弋(ソ } l:/r-, }、::l
       | {r }      、       / {-,/l リ.           ろくに戦ってないのに醸し出される強キャラ感。
      ヽヽ!メ 、___ ,    ー'/              実際、強い。
          ー゙、         ,ィー、´
          /ヽ、     , ィ:::::、,:::l
  ,イ二ヽー、―-、.__ー_ ´  |::::ト:} リ
. 〃´   ` ヽ } ! ,} 、   l r--,―‐、‐、‐、
/     V_l__|__|\_ ミ V_,..-ヾ、  ! l ':,
       l |:.:.:l l:.:.:.:.:.:.:ー、 r''´:.:.:.l_!__l_l.
        ,//:.:.:| L:.:.:.:.::l、:.:.:l l:.:.:.:,.:.:.:.:l l:.:.:}l l
      /〃:.:.:.:.:.`ヽヽ:.:l }_:.:l l:.:.:イ:.:.//:.:.:.:.l

153◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:08:14 ID:oF/lUggU0


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::/` /::::- 、_:::::::::::::::::::::::::::::::::, - '''"´_}:::::::::::::::::::::::::\
/ /:::/    `ー、,::::::::::, - ´   , -ュ::-二  ̄ ̄ ` \
ヽ_l::/   / }   l:::::::/ r―‐┐ ////}:::::::::::ヽ
ヽ::l/:::::ー-,....、_l::::/__、ゝ-- ' {////`ヽ、::::::',
 }::::/イ l::/〃羊圭ュ、ト、 _   ゞン、
 l::/ /  l/         リ ,ヽ::::T´、:::::::':,          人間ではない姿がある、理性がある設定でも違和感がない、
 /         `ニ三ツ  /  }::リ  \::::::,          いざ戦えば大量破壊兵器的な強さ、といったポイントで
                 {  l:/    \l.            リンドヴルム王子を選出しました。
´  ヽ/        __ソ /
.   '´\    マ ァ _」                       実際に竜として戦う話ではないので、戦闘力的に
  .、         ノ                       どの程度の竜種なのかはまったく不明です。
    \      , '
 ̄`丶、l`  ー '′
ヽ   ∧ ̄ >.-、- 、_
 ∨ ミ 、 l /\ \ ヽ




  ,ィ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ノ/|!
/: : : : : : : : : : : : / 丶 、: : : : : : : : : : : ::,、: :/,'ト、
:,彳: : : : : : : : : : :,'       `丶、: : :r ´  }:,' , !、:.\
. {: : : : _: : : : : :,         ' }ハ)   レ ,'∧:}イヽ}
/: : :/ ,-、ヽ: : : :_j 、         '  ,イ, '/://
: : : l /r=、 〉:l´ 丶ーヾ.::ヽ、、   ,ィ_/ , 'ノイ /__,        最初はこの人をあてようとしましたが、
〃: | {/^} {:!::|  `弋tr_ッ、:::、)、 / ィrッ-ア ̄_/           強キャラ感がオーバーフローし過ぎなので
/: 八 ゝ { iハ:| 、   ` ̄彡'=- {/`ー彡'´イ二フ             ダイに変えて成人後の姿をバランにしました。
: /: : \\) V   ゙ヾ     ,   |ゝ─ァ/T¨
: :,: : : : :ヽ、_ノ}     ,...-‐ゝ、__}-、 '/ | リ             梔との会話的にも、ダイに変えてよかったと思います。
: ,l: r: : :__j  八   ,≦:::::::::::::::::::::::::≧ |/               竜化しなくても勝ち抜きそう、この人。
/ l:ハ: /ニニ──\`ー=>='´'^``ゝーrァリ
─‐V          \    ̄ ̄ //〃|─────
   ',、         丶、___ // '| i! ̄>、
    ',`丶、、        | i! | Lニj! ノ ̄\. \
    ',     >──- ! i! !  <    /ヽ ヽ

154◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:08:58 ID:oF/lUggU0


     _ l::::::l/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-、
  ,...:::´::::::::`:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,   ´
  `丶、::::::::::::::::::::::::::::::::,-  ―  、:::::::::::::::<
 _,..-、>::::::::::,--!:::/´__  /7∧ -、ヽ::l/ニl:::::::::ヽ
`ヾ、///::::::::l::/l l::/、二'  ゞ_ソ  ,.-ヾ!ニ}::::::::::::::.、
  ヽ l:/ l::/ヽ--/|i´li:/ ` ー‐、_´_ ̄,ヽ::\`丶、::::,
  .、 l l//l/ ,-、l::{|i!!=ヒ七´l::/ 心 } ハ l` \        恐らく本作で一番マイナーかと思います。
   ヽl/-∧∨{レ'  弋(ソ /  弋ソ  {ノ/              デンマーク版美女と野獣と思ってもらっていいです。
    ヽ  、`  ,      、    l- '
     \-、`,:¨:ゝ メ       u /             ちなみに竜化してから戻すには手順があります。
       l l`ヾ、_lヽ、   σ  , イ::、__,..-‐、          七度脱皮させて木の枝で叩いて塩水とミルクに浸けて
、        | |  | ヽ、 > - ´l-、/ヽ ヽ ',            亜麻布にくるんで一晩経てば、イケメン王子のできあがりです。
 ヽ      L_l_.l   l ̄ ̄∨´ ,l、  ', ',  ト、          ねっ、簡単でしょ?
   \   //:.:.l>、_/:.ヘ ,┴ ''´:.:.:l__l_!__/ `丶、
    `ヽ //:.:.:.l l:.:.:.:.:lヽ:.:.l l:.:./l:.:.:.:.:.:.:l l:.:.l l     `ヽ、




   /   /:::::: ̄/
  /::{ /:::::::::::/ _,.................._
. イ:::::l/::::::::::::::/.::´:::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
`::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, -―`
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::::::, -――-、::::::::::::::::::ー:.、
:r-‐l::/,r, /77、 ;-,::/- 、::::`ヽ、
/_,/l/_  ゞ_ソ _,..l/_{__(_!:::::::::::':,         ステータス全般が宝具の影響で反転しており、
:::/ ==ニ-'` ̄´-=_==、、:ヽ- 、:::::',.           Cランクを基準にダイ状態のステータスを反転させて
l:{  /´,-、`  ´-、ヽ /ト、}  \l           狂化ボーナスを乗せると竜のステータスになります。
、!    らソ   らソ  { ,リ
_} u    _ `_   ,l_ノ                性別は反転しません。王子じゃなくなっちゃう。
ー':::、 メ {ー―--ノ と二 ヽ
--、:>、 ` ー '´ ,,イ__ヽ ',_
l ∧{ `-≧ ー ≦-}/―-、` / ト、
|__}ミ、_ー-V_,イ_`ヽ   !__| ヽ
l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l l:.:.:.:.:.マ   {-,|   、
ヽ:.:.:.:.:.:.:.lヽ:.| |:.:./l:.{、__ノ/∧    ,

155◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:09:19 ID:oF/lUggU0


                     ,........::::::::/
                  ,....:::::::::::::::::::/ _,..   ___
         __    /::::::::::::::::::::/ /::/,.....::::::::::::>、
      ,....:::::::::::::::::::\/:::::::::::::::::::::::::l/:::::〃´:::::::::::::::::::/ ̄
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::,:::::::::::::::, ´
  __::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,. - 、::::ハ:::/_
    ,....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'r-、::-―-、 、::::::::`ヽ、
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::と、 `ヽ、:::::::∧:::::::::::_\
  /___::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄二__  ̄  ',<_
     >::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ム':::::::::::::::\  l::::::::\
      '::::::::::::::::::::::,--_ 、::::::::::/´ ̄ ̄ヽ__`ヽ、`   lヽ ̄` \        宝具はメデューサと同じく自己封印系。
    /:::::::::,r- 、::/ }} } l::::/r-, /´77、 r-, ゙、 ̄  / / \
    {:,イ:/l r-、/:::>-_.!:/__¨  {//// ,r:::、:::ヽ-‐'/////\ _          竜の因子を薔薇に移しており、薔薇を食すと
      / 、 ,/ l:从/ --羊=、 ー-¨´-'/ヽ:l \:∨////////_l }.         竜化します。
        ヽヽ' {/  /ニニミ、  l::}≠矛/_ノ リV/////// 77 \_
       _>-、_,        _ ='_   }-‐-、 ∨/////} l//\ }     半端に竜の力も引き出せ、竜魔人のAAがある
    / ̄_`ヽ \ヽヽ、メ  /二二 ∨ ,イ ヽ ヽ`∨---∧ ∨//∧.     ダイは非常にマッチしていました。
    //´   ヽ ',  ゙、 ゙ ,> 、 ー―‐ '´,イ ヽ  ヽ l  ∨////> /  l
   〃     ∨!  l l ト、  ≧ー ≦lヾ、  ゙、 /!  `ー―‐ ′  |
    |      、!__|__|_! `ー- V- /:.:ヽ__/l:.:.:.l   ゝ、__     /
   〉      ヽ:.:.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l l:.:.:/l.:.:.://:.:.:.:l___,..-- '''´

156◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:09:45 ID:oF/lUggU0


                    i   ヾ´ ̄`ー‐ュ
                     r一’,. ´  ̄ ̄ `ヽキ
                     i ./          )「ヽ
                  r'/   /   / ハ.  ( ハ Y
                  ノ.′ i_l、  .1 / ム   `! キ.L        真紅は唯一の外部参加のマスターです。
             〈ヾ   `{.  { ト!¨ゝリj/¨´l/!./ >/i !\
             i  У!  ヽ从l ┃   ┃ /ィ :|Yヽ人./.         最初から真実を知るものとして、意味深に動きます。
            ゝ__ 〈__   ` ト!""    "" | :|_lシ.:|
               ._人_ノ ,!   |ヽ   △    ィ| :| |  :|.          シリアス一辺倒なので、豊富なAAはあんまり
            く.ん.ノ¨\ _ム キ` ー‐r ユ._/:/ .!  :!        活用できなかったです。残念。
                ヽ     ヘ}ヘ.ヾ¨y薔イ¨./:/ヽ.|  :|
                    \     ヽ! \ァrv’./:// ヾ. /
                   `ヽ.   >ノ介’./ ム_   ハ \
                      `i∠ 〈~/ ヽ仁ニ /   !∠



                              __
                        /:.:.:.:.:.:.\
                      ハ   .厂:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                f 二 イ  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i!
                  Y:.:.:.:|  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
                     |:.:.:.:.:、 ゝ:.:..-─‐ 、:.:.:.:./:.:.i
                    ∨:.:.:.キl/ィ | / /  \/:.:.:.:!
                  У / ◯  レ─/| Y:.:.∧_       遠坂であることは確定していたので、
                  V   /` 、 ◯ И/:.///:.:.:.》.        "赤い"から単純に持ってきました。
                    |  /   /    / /ジ//:.:xく        薔薇が似合うことからリンドヴルムを
                  /⌒ハゝ/   /   u./ /イ薔厶’ |         引っ張ってくる元にもなりました。
                    ゝイ:.:.:.:.\__/    / ////  |  |
                 ㍉:.:.:.:.:.:.:.ノ:.「 ̄´   K´_  |  |         リメイク前、"赤くて胸が残念"と指摘されて
                  1:㍉:.:.rオ:.:「 ̄`ヽ 7:.:.才! |  |         ああ、確かに、と私が納得してしまいました。
                | | У ㍉:ゝ  「 ̄:_:ノ'   |  |
                | |_ 人:¨:.\〉:.¨:.:`ー 、く
                  く    У:.:.:.:ー:.:‐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\≧
              r─‐≧/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                 ` ー/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

157◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:10:16 ID:oF/lUggU0


                 _r― 、_
                    ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}\
                   ,):.:.:.:.:.  -―く:.:.:.:ヽ― 、 , ヘ
                   「:.:.:.:/      て:.:.ヾ :.:.:く∠
                  〕:.:/ l |  |、    〔:.:.:.:い:.〔 ̄}〉
                  {:.:.:il∥ト、|\   l `i):.:| :rく⌒ヘ       魔術はおなじみの宝石魔術ですが、士郎の系列として
                    L.l|>、 \ ≧ミ十 lヽ:|〈  Yノノ〉.        投影も修練しています。
         lT⌒ヽ    ,. }|r=z  ''⌒'   ({:/lL_)ノ
         ,ム(⌒ L._  |人"  r─、 ー,,∠ /.::.:.:.:::7l         二世キャラですが、投影は士郎のような特別な才能が
         `⌒ー<ノノ:.:.:.:.:.:.`:.:.:ゝ  .)-匕´ /.:.:.:::::::/^!        あるわけではないので、並の腕前です。
              >、:.:.:.:.:.:.:.:.::イー{匀〉¬./:.:.:.:.:/ヽ'
               ``77 >/:L イ|\_/:.:.:.:/ .〈_}.         先代に劣っているとは思わない、とは彼女の弁ですが、
                     厶=-/ ハ__/:.:./   .{_ノ.         全体的にはまだまだ全盛期の凛に及ぶべくもないでしょう。
                      イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\  ./ j
                    /.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ .ゝく
                /.:.:.:.::.:.:.:.:.:.::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.\|
                   /.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.|




          __
        /::::::`ー-i
          ヾ.:,.-―ヾ\_    r┐
          / / / ハヽ、::「!::〈_   rL.7               年代的には、凛と士郎の孫にあたります。
     _  i! ヽ l ! ノi',::!|ノi ハ/::::::/                     凛が先代になるので、真紅の実親は遠坂を継がず、
  r' ̄「::\ } ・   ・  .!:リ-、! |:::::/    ___________         魔術の才能は真紅に隔世遺伝したのでしょう。
    ̄{::::.:::::ヽヽ"ー' "イ...|l{y}i |/   ∠::::::::::::::::::::(,r_‐-、
      ̄`l;;;::::〈:〈 薔 〉:::::::} l l   /::::::::::::::::::::::::::::)>┴‐'.     作中時点では普通の人間ですが、エピローグでは
       ( (~::~~~~^~::( (/:::::::::::::::::::::::::::::::ノ          人形の体にロアのように魂を移しています。
        ≫ ヽ:::::::::::::::::::::::≫:::::::::::::::::::::::::::::ノ
         ≪   ヽ,:::::::::::≪;;;;:::::::::::::::::::::::::ノ
           ≫    \::::::::::::≫:::::::::::::::::ノ
              {:::::::::::::::::::::::::::ノ
              i::::::::::::::::::::::ノ
              i::::::::::::::::ノ
               ~~i~i~~
               }ー1
                {ーリ
               └'

158◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:10:45 ID:oF/lUggU0


            _ ,rv―、_  __
          〈::::::::::::::::::::::::::V_:::::::::´ ̄`ヽ
         ヽ::::::::::::::::::::::::::::ヽ三三フ::::::ヽ            真紅とセシリアなど協会関係はかなり端折りました。
          |三三三三ヽ::::}三;/:::::::::::ハ__
            /::`::ー- 三三ヽ.  \:::::::::::::::!:::/  _.        タイミング的に最終戦前にしか出せないし、そこで長々と
       ,イ、_::::::::::::::::::::Уf¨ヽ\ ヽ::::::::::::::::',二_  ヽ.      外の話をしてもテンポ悪いので、大幅に削った上で
      (¨´ ./ヽ⌒ヽ、  / ヽ{薔}:::l ハ::::::::::::::::〉薇} ノ      シンプルにしました。
            { i     ̄ ヽ }、::::::::!  i::::::::::::::/ ̄`¨´
          ∨、 {ハ\ 、ヽ !ハ:: ̄`i  l‐ ´ ̄.             真紅はともかく、セシリアがよくわからん人に
          (`::::::::、     /:::::::::::〉、 \_            なってしまった気がします。
          /:::::::::::〉     〉::::::::::::::ス、 ∠_
         7`ヾ-イ     >ー―く <__ ノ
         `ー‐'"´     ¨L__ノ     }ノ




               ___
             /::::::::::::\
          /:::::::::::::::::::::::ヽ
         ハ:::::.-―‐- 、::}
           !:.:Y. --i  i--`ヽ
        r‐r!:.〈 /ハ ゝ. 人从 ノ          セシリアにもいくつか設定があり、実はアシュレーの家系でアガートラムを
       }:.:キ:.:.}ル @  @ !.             失う結果になった解体戦争について、英雄視される真紅に突っかかるも
       i^Y⌒i!ヽ::::     :::ハ           真紅から真実を聞き、真紅自身も英雄視されることに苦心していることを
       | |ゝノ」、ヽ( ̄ つノ ハ          知って和解するとかいろいろ、ね。
       | レ' ヾス ̄.><" ̄人
       |  | /:.!ラ /{薔}_jヾ〉           最終的にはお仕事だけの関係になりました、せつないね。
       |  | >--:く._ト、./_ ィ′
       |  |./:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽト、
      ノ __rく:.:.:イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`く
     ≧xi:.ゝ._ス:ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\

159◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:11:16 ID:oF/lUggU0


              ___
               r‐’: : : : : : `ヽ
            /: : : : : : : : : : : l_
              /!,.-――- .、: : r'
         __,.ィ: j /   .ハ_ヽ ヾ
       _{: :.! !:{ l!´ ̄/ l !l ′         冷たく見えて伝統のツンデレムーブをかますあたり、
.        / ヽj-くl!.i::::: ̄   ̄::!               やはりお人好しの血は争えないようです。
      |  ∧ラl !       〉
      |   | ゝ、l. __f ̄ ̄`i              機械音痴も同じくですが、うっかりは発動しませんでした。
      |   |  /: : \ | 茶 .|、          うっかりをかますと途端にキャラが下がるので、控えました。
      |   |  !: : : : :.>/L__ |j!           最終的に梔に足を掬われたあたりが唯一のうっかりでしょうか。
      |   | く:_:_:_:/: :i:ゝrへノ .i
       .ノ  \ |: :`:ー: :´: : : {  |
      〈_   〈 _j: : : : : : :_:_:_:_:ヽ_ ヽ
     /   /: : : : : : : ;..--r--、\\
   ∠___∠_: : : : : _:∠__ノ_ノヾ:j ̄`
          ̄ ̄




          ,-‐イr'¨¨´~_}
        r='´r‐、ノ    しヘ
       / _  j ,.        丿
      / 「 └'/      └ 、
    /  r:ノ ¨¨  ̄` ‐-  .  _」
.へ/!  Lイ       ヽ  \ ヽ
. /.:::/   __〕  j! i   :  i  ヽフ
.l.::::l  /! ノ  /|  |   i  ! 、 ハ            ランサーと組んでまでキャスターを排除しましたが、
iイハヌl_)| =--_' l  ./r/‐!‐、 l !            聖杯を狙うランサー自身は放置しました。
.ゞこソ:::| 三三三 / /三.ミ./  j !
ー'.ヾj i .、、、       ̄ ̄ ヽ| / l              キャスターは「聖杯の破壊」、ランサーは「聖杯の奪取」であったので、
. lー-/ |     ,.....,  ``` liヾ:、      ,.       聖杯を壊すのは私だし、ランサーに渡っても別に問題ないか、という
:l.  i /\    ` ´    /  〉:〉  ー ' !.         思考をするあたりは魔術師さんですね。
 '  /,」∧>r-  --‐:::/i´   ´ |`i    `フ
  / ,」∧ヾ:::::::::::`xr=ァ「´\   / r―、   >
 / _,′} ,〉::::::::::::;:{kチ}::;:::::::.ヽ  | l'_  〉
   {  //{`:::::::::::::ヾtイ:;':::::::::/\/`'- ノ

160◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:12:06 ID:oF/lUggU0


             ,.- ――― - 、
              /           \
         __/    /  /   ヽ 、 ヽ
       r==='=i  ./ /   ハ    j! .!i  ハ
        《__/ イ{  .!从リハノ \ ノ ヽ从.ノ }
      `7 .//!  | ト! 、__,    、_, | ィ .        バーサーカーともども、出番は少なめでしたが、
      / 厶' l f¨ i l` 、、、  , 、、|/jノ        漂う強キャラ感とともに、"遠坂っぽさ"を
     ./   / '.ヽ_| |    __   l           感じてもらえていれば、幸いです。
     /   /  \! !、          ノ
    ./   /    __.| |≧!    r‐r イ             周辺は書き足りない部分もありますが、真紅さん個人は
   /   /   /:::: ! !{: :` ー一^¨⌒}=:、              満足いく形に書けたと思っています。
  ./   / /:::::::::: ! !:㍉: : : : : 8: : }:::::::\
. /   / 〈::::::::::::::: ! l::::::゙㍉_:_:_:_:_:.ノ::i::::::::/
   /     〉、::::::::::ノ .ノ::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::ヽ
. /      /:::::::::/7 /|::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::ヽ
       〈:::::::::〈.人'、.!::::::::::::::::::::::::::::::::::! 、::::::::::〉
.\      \::::::>、 __7::::::::::::::::::::::::::::::! /:::::::/
ヽ. \      Y¨ヽ::::::ヾ-ォ::::::::::::::::::::::::::{/:::::::/
ノ   ヽ    > 、_`>::ハ::::::::::::::::::::::::〈¨¨ヾ{
ヾー一’    ヽ〈 .Уrく_ノ::::::::::::::::::::::::::ヽ }リ
. ゝ        ヾ/::: ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ

161◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:12:37 ID:oF/lUggU0


             -‐…ー‐- 、
        _ ,. ´         ヽ
       /            ヽ  ,
      〃 /   〃   ト、    ',  ミ、
       {l /  ,  /li     } マ   }  | ヽ
     八f  i ,' 卞、.   l 弋   ,  il   ,          真紅さんもまた、もう一人の主人公と呼べる
        }l   | | ┯┯、  |‐┯┯ }  ハ  i|            重要な立ち位置だったかと思います。
      从  | | l i| \l  l i| / ./ i\ハ
     / ハ iトj  ゝ′ ,.   ゝ'//   |  刈             二世キャラには抵抗もありましたが、どう考えても遠坂を
.   /  ,   ト{ 入         ´/    |   \___.    持ってこないとお話にならないので、敢行しました。
 /   /  //   > . _ o _ , イ     /   \  \__.
      /  /   /   ,x≦}_ノ三ノ   /     \  \
    / ,.-‐==x.   个、三三ニヘ  / xf‐==‐-、   ヽ
 ┌fffff{ l  l l }ffffffffffffffffffffffffff{ i  l  l }ff┐
 │.   ¨^ー^ー^′                ¨^ー^ー^ ′.|
 │                            |
 │                            |

162◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:12:54 ID:oF/lUggU0


                              ┏━━━━━━━━┓
                                 やる夫と梔
                              ┗━━━━━━━━┛



          ,. -‐== ==‐- 、 _,.-、
          /              r┴、`yノ
      /            r┴ r、ノ::`ー、
     /  /       /   i.   \ゝ{ `ー;: ∨ヽ
      /  / / / l |   l  i `ヽ\_   //  \
.     |   |  | 斗z┼ |   / ┼‐t-/ト ヽノノ     \
.     |   |  |i |i | |  ハ  /  !/ .| i \       \
.     | γ|  |i fz-‐t‐/  ∨ rj┼ レ'  ノ下             コンセプトは「徹頭徹尾、無力ペア」
.     | λ|  i  杙.:::|     |..::|  /  ィ  | \
    イ   i|  ', ヽ  ̄      ̄   !  |   \_ ゝ,            とはいえ、無気力系でもなければ頭脳系でもない。
  /    从   人          , '   |,.xf´    ミ、        ただ頑張る、それだけの二人でした。
/    / 人    >、  つ_,. イ     \
.    /   ///>、    ∨ -、 ≦ ヽ      }        >        ぶっちゃけ、この二人は本編で十二分に
   '   //,.イ   )    /λ介;:::> /    ∠;:xf '' ´ \           語られているので、そんなにないですね。
    .. イ//.}    /   /:ζλ| ¨ /     イ/∧.       )
  イ//////仁=. (  ,. f‐‐-、人}  (    (///    /
  八///// {    r´  , ヽ ヽ   \   Y      /
/  >fx゙┌──‐ヽ ヽ ヽ_}__}‐――――――――┐
  /  \|      `^ ̄                    |
        |                         |
      /|                         |
    /  |                         |
   (    |                         |

163◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:13:23 ID:oF/lUggU0


             -‐…ー‐- 、
        _ ,. ´         ヽ
       /            ヽ  ,
      〃 /   〃   ト、    ',  ミ、
       {l /  ,  /li     } マ   }  | ヽ
     八f  i ,' 卞、.   l 弋   ,  il   ,           先に述べた通り、人魚姫が物語の中核で、
        }l   | | ┯┯、  |‐┯┯ }  ハ  i|             真っ先に配役しました。
      从  | | l i| \l  l i| / ./ i\ハ
     / ハ iトj  ゝ′ ,.   ゝ'//   |  刈              なお、梔さんのAAはさっぱりでした。
.   /  ,   ト{ 入         ´/    |   \___.     無理やり自分で増やしましたが、もともと表情に乏しい
 /   /  //   > . _ o _ , イ     /   \  \_.       キャラなので、枚数少なくても何とかなりましたね。
      /  /   /   ,x≦}_ノ三ノ   /     \  \
    / ,.-‐==x.   个、三三ニヘ  / xf‐==‐-、
 ┌fffff{ l  l l }ffffffffffffffffffffffffff{ i  l  l }ff┐
 │.   ¨^ー^ー^′                ¨^ー^ー^ ′.|
 │                            |
 │                            |




           /三三三三三三三三三三三∧
            ∨三三三三三三三三三三三∧
     ー‐=≠  ` <三三三三三三三三三 /
      /      ` ー=二三三三二=一´ ヽ
ー‐――<  / /i                     ,
        / ,.イ |  /  / /  /  / i  i
   _,.イ /Y⌒i|  | テ≠ミ, イ  / /|   l/  /  l}
     // .人r i|  | 厶イ_/ `|. /_z斗≦/ 〃  八
    /  ///l¨i|  |ハ.忙刈 j/∨ j/ / 〃  /  \       梔子の花言葉を調べた際、"優雅"、"洗練"はともかく
 ≠彡 _≦////f li 从   ̄    仡ア //  /    `        "胸に秘めた愛"、"喜びを運ぶ"、"私は幸せです"が
   /    `ヽ/ ム   }    _ _´  // /,.イ \.           人魚姫にどストライクすぎで他のキャラに変える気は
  /      ∧   `   {>  _   イ    ´   l    \        まったくありませんでした。
 {         `ヽ   \rF=-,´ ̄¨7 \  \
. }       r‐v⌒ヽ/ ̄ヽr‐、\ ノ ィ≦ \_ \  \.
fffffffffffff弋 ヽ  \  ' , {fffffffffffffffff┐ 刈
        \_ノ\_,.仆、__ゝ          |   `ヽ
                         |      }   ヽ
                         |    {  ヽ

164◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:13:44 ID:oF/lUggU0


       /                 ヽ
      /      /         ヽ   ヽ  \
       /  /  /   /   /     }    |   ヽ
.      /  /  /   /   ハ     /   }  ヽ  .
     /   |  /   /__/  }    /    /i   |  i|
.    /.    |i /   /   / ` 十´  .ハ   /. |   |  i|
_ ,. イ    |/   / xf升笊刈  / 斗-/z‐匕 |  i|          ただほんと、喋れないのマジできつい。
.  /.    γ|  /  人z_ソ レ'  ィ升芋刈   }  i|
/      i |i 厶イ          人 ソ ./   /   /             咄嗟に叫ぶ、とか大声を出す、ができないし、
       人.|i   |       ´   ¨  /   ハ /.             相手の視界外で喋れないというのは
.    /   |i   ',    /  ̄ヽ.    / /  }イ               かなり表現が制限されますね。
  イ     人.   人   {    ノ    レ´    |
      /::::::≧fx、. \        イ   i   \_             画面から消えるとホントに存在感が消えます。
ー-=イ::::::::::::::::::::::::{    ≧x - ≦  |    ',
   /:::::::::::::::::::::::::::ゝ      ミー- 、  乂    `
    {::::::::::::::::::::‐= 仆、_.      }    \
    マ=-‐::::::::::::::::::∧:::::ミx    人.    \
   ハ::::::::::::::::::::::::::::∧::::| }   /:::::::Y      \
.  /  ',::::::::::::::::::::::::::::∧リ     {::::::::::}      }




            __
        「 ̄     ̄` .、
      __/ ,     ヽ    ヽ
     「 ./ ヘ     i  Y  、.ハ
     |  i  i V、 、|\. |  .ハ ハ                喋れないなりに頑張って書きましたが、
     | iヘ V入l\孑ヘlヘ/ | .V\
     | |、\ネ__,    ̄c リ ノ  \ ー-= ._             常軌を逸した超速筆記だけは言い訳のしようがない
     ヽ」 \|ミ  r-っ //__ \    `ヽ
        |/`tー--イ (/二二才マ ` ー- 、 }        超常現象なので、目をつぶってください。
       // /ノ「A 「Y^`z /  ハ , 、  / /
      / | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l/LLi」' ̄ ̄ ̄ ̄||  イ
        ヽ.|                  || / \
        .|                  ||' \ ヽ
        .|                  || 、  \ ,}
     ,.<|                  || \><
   //  |                  ||   `ーt--、

165◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:14:05 ID:oF/lUggU0


            ____
          /      \
         / ─    ─ \
       /   (●)  (●)  \         やる夫は魔術も知らない凡人です。
       |      (__人__)     |           チート能力もなければ都合のいい覚醒もしません。
       \     ` ⌒´    ,/             僅かな主人公補正があれど、基本ハードモードです。
r、     r、/          ヘ
ヽヾ 三 |:l1             ヽ.         唯一のチートが聖杯の恩恵で死ににくいってだけで、
 \>ヽ/ |` }            | |.          逆に道場行きすら許されません。
  ヘ lノ `'ソ             | |
   /´  /             |. |
   \. ィ                |  |
       |                |  |




         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \         どうあがいても逃げ切るヴィジョンがないため、
     /   (__人__)     \           毎度のごとく瀕死になっていました。
      |    ` ⌒´      |
      \           /         もう何度死ぬんじゃお前、って思いながら書いていました。
        /         \
       |   ・    ・     )         そういうものだと割り切ってもらえばよかったですが、
.     |  |         /  /         読者のストレスになっていないかがずっと心配でした。
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ

166◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:14:49 ID:oF/lUggU0


               ____
             /      \
           / ─    ─ \        とはいえ、頑張って頑張り尽くして、最終的には
          /   (●)  (●)  \.       大河を助け、梔の手を引くやる夫に、なけなしの
            |      (__人__)     |.       男を感じてもらえればと思います。
          \     `⌒´    ,/
         /_∩   ー‐    \         なまじ半端に戦わない分、主人公()と呼ばれるような
        (____)       |、 \.       ことにならなかったのは幸いかなと思います。
           |          |/  /
           |        ⊂ /
           |         し'
           \   、/  /
             \/  /
           _/  /``l
          (____/(_/




               -―─- 、
           /         \
         ′  ⌒    ⌒   ,         あと疑問に思った方がいるかもしれません。
          i  ( ―)  (― )  i           令呪使わんのか?と。
          |     (__人__)    |
          、           ノ         やる夫は梔に令呪を使わないという縛りでプロットを組んだため、
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ         最後まで令呪は使用させませんでした。
       \ 丶′             7
        \ ノ           ト、_/          何となく、令呪でピンチを凌ぐ、というのをこのペアに
.            ′           |            やらせたくなかったのです。
.          i           |             令呪をキーにした見せ場はセイバーやアーチャーに譲りました。
         乂         イ
            | /ー―一 、 |
           し′     、_j

167◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:15:07 ID:oF/lUggU0


             l|                 /
               . -─‐- 、        /
            , ´   /   \    /
          / ヽ   (●)    \   /               総じて、なんだかんだいって、見せ場はきっちりと
           , (●) ;__)       ヽ                   キメてくれたと思います。
\         /   、_ノ  |       |
  \        |      \_ノ      /                      こういうタイプは好き嫌い分かれると思いますが、
    \     \             <              /        最後まで主人公を貫けてよかったです。
      \     ` ー r  -‐'     '、            /
        \      ,'      /⌒ぅ ヽ           /
          \    /  ァ'´ ̄`⌒´  /ヽ        /
            / _人__       /  丶    /
            |/´   / ̄ ̄ ̄    丶
             {   /            丶      /
            `T ´                 丶   /
             |                丶 /
  ̄  ―  _.     |                丶

168◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:15:35 ID:oF/lUggU0


          ,. -‐== ==‐- 、 _,.-、
          /              r┴、`yノ
      /            r┴ r、ノ::`ー、
     /  /       /   i.   \ゝ{ `ー;: ∨ヽ
      /  / / / l |   l  i `ヽ\_   //  \
.     |   |  | 斗z┼ |   / ┼‐t-/ト ヽノノ     \
.     |   |  |i |i | |  ハ  /  !/ .| i \       \     と、これで全部ですかね。
.     | γ|  |i fz-‐t‐/  ∨ rj┼ レ'  ノ下
.     | λ|  i  杙.:::|     |..::|  /  ィ  | \          サブキャラは極限まで排除しました。
    イ   i|  ', ヽ  ̄      ̄   !  |   \_ ゝ,.         8組+セシリアが最初の予定で、もうそれだけで
  /    从   人          , '   |,.xf´    ミ、        16人いますし、いっぱいっぱいでしたね。
/    / 人    >、  つ_,. イ     \
.    /   ///>、    ∨ -、 ≦ ヽ      }        >.
   '   //,.イ   )    /λ介;:::> /    ∠;:xf '' ´ \
    .. イ//.}    /   /:ζλ| ¨ /     イ/∧.       )
  イ//////仁=. (  ,. f‐‐-、人}  (    (///    /
  八///// {    r´  , ヽ ヽ   \   Y      /
/  >fx゙┌──‐ヽ ヽ ヽ_}__}‐――――――――┐
  /  \|      `^ ̄                    |
        |                         |
      /|                         |
    /  |                         |
   (    |                         |

169◆FATE/2LeiY:2018/08/26(日) 23:16:12 ID:oF/lUggU0


            __
        「 ̄     ̄` .、
      __/ ,     ヽ    ヽ
     「 ./ ヘ     i  Y  、.ハ
     |  i  i V、 、|\. |  .ハ ハ              というわけで、今日はここまで。
     | iヘ V入l\孑ヘlヘ/ | .V\
     | |、\ネ__,    ̄c リ ノ  \ ー-= ._           あと、何か語ることあるかな……?
     ヽ」 \|ミ  r-っ //__ \    `ヽ
        |/`tー--イ (/二二才マ ` ー- 、 }      適当な雑談も含めて、ちょくちょく降臨します。
       // /ノ「A 「Y^`z /  ハ , 、  / /
      / | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l/LLi」' ̄ ̄ ̄ ̄||  イ
        ヽ.|                  || / \
        .|                  ||' \ ヽ
        .|                  || 、  \ ,}
     ,.<|                  || \><
   //  |                  ||   `ーt--、
   .∨   |                  ||     \_」
    L__  |                  || 丁 ー 、  }
     _. ̄|____________||.イ /ノ } ./
     ((_ノ/ /::::::::::::::llll:::::::::::::::::::::::::::::::::::\ / |乂___.ノ


170 :尋常な名無しさん:2018/08/27(月) 00:56:06 ID:bISxvQQM0


アサシンは付き合い短い割に、絆や存在感をよく強調できてたと思う
サードマン現象は涙がこぼれた










一覧
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

あけましておめでとうございます。
自粛自粛で年末年始のイベントも行えず、新年らしさが少ない気もしますが、それでも2021年が始まりました。
思い返すと、本当に昨年は誰にとっても大変だったなぁと感じます。そして今年こそはいい年にしたいとも。
ただ、残念なことにまだまだコロナ禍は続きそうな雰囲気。
年が変わり気が緩みがちになるかもしれませんが、そこをグッと堪えて乗り切っていきましょう。
そして本年もやるぽん!をよろしくお願いいたします。<(_ _)>


お借りしているFC2様の更新により一部のスクリプトが動かなくなっていた模様です。
具体的にはカテゴリの一覧での複数ページ表示が出来なくなっていたみたいですので、表示方法を1ページずつとさせていただきました。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

20/07/22
エージェントやる夫の日常茶飯事 から 雑談所内作品を
(エージェント)◆28KU4V0f26の雑談所作品 として 分離

20/05/21
やるやらで語るアドベンチャーパス 追加

20/05/20
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 完結

20/05/14
英雄の守り人 完結

20/05/05
英雄の守り人 追加

20/04/11
サクラ大戦・新 完結

20/02/26
サクラ大戦・新 追加

19/11/13
アカガネ山のやる夫 追加

19/05/26
やる夫は誰かを救う悪になるようです 追加

19/05/18
エージェントやる夫の日常茶飯事 追加

19/04/14
やらない夫は「The World」にログインするようです 完結

19/02/10
真・女神転生 ~やる夫の嫁は加賀のようです~ 追加

19/01/21
できる夫とマリーがたどる仮面ライダーファイズ 追加

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



月別アーカイブ
FC2カウンター