魔剣物語 リプレイアフター ~No Man’s Land~ 竜王達について やるぽん!

ジオウ第10回 映司らしいなぁと思い出させる回でした。 ただ、その果てが国会議員なのはよくわかりませんが! 檀黎斗王は神時代よりもインパクトで負けていたかな?まぁソウゴの踏み台だったのなら仕方ないですね。

魔剣物語 リプレイアフター ~No Man’s Land~ 竜王達について

3368エイワス ◆ovWgAQvoZA :2018/10/11(木) 21:05:03 ID:SS6CjIjn







_,,斗-'o´乂}ノ マ ゝ' 〉〉 ヽ::.\
             ,'  乂_,)ト、:::. ∨
テz=---  ,,,,,_′.    ゚.ヽ:::. ∨
. / /   / i}  `.7ト ,_   i:::: !
/ / _/ _/i!    ,}   7ト,_}::: i!             【※そういえば】
__/_ ,/ /7   ,ー}- ,_ / i}:::: }
7:::::::≧ト  `<__/ /_ ./  ,イ::::. |
{:::::::::::::/      7:::≧ト ,/i!}:::: i!
 -ー        {::::::::::/ ィ !i!:::: !           魔剣折れてそっから解放されたみたいだけども、
           、    ー' イ!い|::: i
               /!  }:: i! _,          .今俺っちの身体ってどーなってんの???
              ,'iイ i!:::i/;::!
      _ _       i/ } i:::/;:::i
、        ̄     ,ノ:i! }:::!/:::::i!
 ト ,_      _, イ/ ./  .}:}' .::::i!             【※という某所でのエムちゃん(仮名)からの質問ですが】
 ト h> ,_ , </ ./ ./   .リ ,:::::i
  ∨ h \、.. / イ ,/    i :、::i
   ヽ .ヘ   > 、/    i! \.i
    _ヽ}_     `\  /:{ ,:::::i
`    ヽk       ,>' ./i!:::::}
.      マ}    _,,, イ _,iニニi!
_    _,}〉   iイ  ,{  ` ̄""''i
ニニト、ニYニ{ |    レ 'r' fー''''''ー'" |
ニニニi!ニi!ニ{|  _,イ!_.イ7、_,,,, --- }
ニニニ/ーマニ| イ  ::::::/ {      |








                       ___
                     _,,ィ<   、\丶、
                  ,.<〉 !i!,xi´`≧.、 ヽ ,_ヽ
                    /:{´゚ _,>七''" ̄`いヽ-ム、           【※A.(そんなもん)ないです】
                 iィ |''´ i  ',kヽ い i  マ ム
                 ! i!: { {  !斗≦_,,、}     i
                     ii |!ー=_,、ー'"弋-,ノ .'} i マ  i
                   !i ト弋乂      .} i    !             マジで???
                   |i! ム   '     ,! } }   ii
                 | マ .ム    ー'  /.j  | i! ム
                 |爪、 \≧z-イ::: /./ i!い `>z.、
                 i ', }、  ミ、>iア イ,/ 爪 i!  ノ: :\
                    ! ',|い 、 ミ k{` マ,イ/!i } |,.イ: : : : : :ヽ,       【※マナボ様も言ってたが、基本魔剣から解放されたばっかじゃ
                  i! }ム 〈:ト ミ { !._ .zイr''| |/: : !:_,,_}r!~,
                    i! ,' ∧ マi: :`i!:i!ニt{ヤ|.i!:jィ |: ,rイ y _,,__ 〈          燃料としてボウボウ燃やされてた後なんで、
                  ∨〈、tマ \: |i レ' トi!イ/.八 ,.ィ"': /: :}!ハ
                   /丶マYヽ、ミ=i!|! ∞ i!{イ: : 7/}i:(:,ィーYス'          個人差あるけどズタボロですし】
                     / /イz'ゝk: ー|i.i! ∞ i!{{,,_: :\>'"、,,ィ爪イi、
                 / ./ マー、r''ヽ,r'"'ヽz/f    マ hア': : :/: 〉ヽ'、
                ,/  // 7ィ''">イ!   ノ''爪  .ノi: : 〉: : :/: : : 'い
.               /   // /  :=-〈`7i´/ !〉i! ̄: : :/_. :_,,,,,_: : : : :i! \
               /  // /У: : : : : \   i |:_,,-='ー: : : : :\: : : i  \





.

3369 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 21:05:37 ID:YgS4g1BA

ほむほむ

3370エイワス ◆ovWgAQvoZA :2018/10/11(木) 21:07:01 ID:SS6CjIjn






               r‐ ミ
                  V//〉
               ≫''"~~~~~~゚"''≪____
          _≫''゛:i:i:i:i:i:i:i:i:} }:i:i:i:i:i:i:i:`'≪___ \
           ̄ ̄ ≧s。:i:i:i:i:i〕iト:i:i:i:i:i:i:i:i} {::\\___
            /{\:.:.\〕iト::::: \(__∧::::\厂
                {  {:i:i:iY⌒Y、:i:i:i:〕iト〉  ̄ } {\::::{             【※オバロくんも魂だけの状態でフラッフラしてたところを
                {/ ⌒ !   !:i\:i:i:i八 〈:::::} {::::::>‐>
             ≫''"~~~゚"'≪\:i:i:i\>i} {//               うっかりヴァイスハウプトに捕獲され、有史以来
            / /}      { \ \r:‐:ァ} {\
         _/ . /} }      {、  V/ / ̄ ̄ ̄\    }`、         最高に余計な事をされた結果、《魔王》に匹敵する
        <    ,'  } }≫⌒≪{ `、 Vi/ / ∧へ ̄\ /  } `、
          ヽ.  {  ) \___/(  }  Vi / /} :{ \Y:i:i:/{、 . }  {        大災害へと変貌してしまったわけで】
         八  V/ {   }][{   } }   >={ } { ノ( ̄,ノ \}  {
            `、 \`、 (____) ノノ  ,'/ .::i八_/ο厂へ二i}  {\
            〉   } \  /{ //:i:i:i:i\}__/// /:i:i:i:}  {、 . V
           /  /}  i} {i {イ  {/ .へ__>イ/__,/:i:i:i:i:i}  {:i}_}
          ゝ-''゛ }  i} {i { \//\:i:厂:i:i:{___}「:i:i:i`¨¨´:i:i ノ}
                   }   ∨  {  `、:i:i:i:i:/≫''"´ ̄ ̄`"''≪==彡イ         クク。
                   }       {    ><{ (:::((:::::::::://^\ \  _|
                   }       {___/:i:i:(ニ\` \/ ./、___ノ\_厂          今度こそ、俺の手でお前の望みを叶えよう。ボーラス。
          ∧    ,}       {:i:i:i:i{:i:i:i:i:>''"⌒ }  /:::::::{{:::::::::}}
           //∧ / }       {:i:i:≫''゛:i:{ r≦} }. /∧ : {{::::::: リ
         {// / //}     ≫'゛ ‐=ニニ{ |:i:i:i} }/⌒VV:\/〉
         {i/{:i:i:i{ {i}      {  {ニニニ{ |:i:i:i} }:i:i:i:i:}:::}/./
.          /{ ‐{:i:i:i:Vi}       Y⌒Yニニ{ |:i:iノ ':i:i:i:i:i}ノ./}i
       /‐ニ{ ‐{:i:i:i:i:i }      j__,ノニニニ{ |i/ ./:i:i:i:i:i:(/:i:i八
     /ニニニV/\:i:i:i}       {=/7 ⌒7 ./:i\\:i:i:i/:i:i:i:/ /∧ヘ
     ,'ニニニニ\//>_}       {/7  / ./:i:i:i:i;ヽ V/:i:|\..//:i:i}i  \
    i{ニニニニニ>‐ }      (__(__,//:i:i:i:i:i:i:i:}/==|  \:i:i:八   \
      ̄ 7 7< ̄{:i:i:i:i:i}     __{ア゛/:i:i:i:i:i:i:i ィi「:i:i:i:i:i|    \//〉   }
      ,ノ i{  \二ニ}    ア゛/:i:i:i:i:i>''゛ !:i:\:i:i:i|      \} '/  }
       Y:i:/   ___}     ̄ΤΤ´        V/, \|        }  '/ }
     <_ 〈   /:i:i:i:i:i:i}      | . |\         V/,  \     }  ./}八
      {: \/:i:i:i:i:i:i:i:}      |⌒≧=‐- ミ    V/,  /\___,ノ 〈/:i:i∧
       \_( } ̄∨}      |   /: : : : : 〉   \/, \_\     V:i:i:i:i}




.

3371 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 21:07:38 ID:eQoGV3mx

うーんこの童貞王

3372 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 21:08:10 ID:8FYYLQEk

オバロくんはもうなにやっても面白くにしかならないなw

3373 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 21:08:28 ID:Ssc9jEBA

ビィくん「ボーラス……またかよ」

3374 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 21:08:43 ID:P1lpBdHE

マナボ<違う、違う違う!!

3375 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 21:09:29 ID:xfIPwyfg

燃え盛る有史以来最強の童貞

3376 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 21:10:20 ID:JYXNchqs

そういえば、魔剣に切られた始祖の成れの果ての魂はどうなるの?
確か竜王から手に入れた不老不死の方法で不滅化してなかったけ?
それでも輪廻にいったの?


3377エイワス ◆ovWgAQvoZA :2018/10/11(木) 21:11:38 ID:SS6CjIjn






                __/\ー‐==ミ、
                  /://\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.            〃⌒V:.:/:.:.:.:.:ヾ:.:.:.:.:.:.)、:.:.:`ヽ             【※あくまでリプレイアフター世界線での設定です】
.            リ.:.:.,.:⌒ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Y:::::`^\:.:.\
           /.:.:./:.:/V//∧:.:.:Y\j:::::::::::::::{:.:.:.:.:}
.          /:.:.:.:}:.:.{/"´   ',:.:.}:::::::::::::::::::::::;.:.:.:.:{           ..【※作中でマナボ様も語っている通り、古竜達は魔剣から解放はされているが
           ',:.:.:.:}:.:.{      |:.∧::::\\\:;.:.:.:.:.、
             }i.:.:.}:.}リ====ミj/ ,\===\j:.:.:.:小、            「目覚め」に関しても状態に関しても個体差が大きい。
           八:{:.:ノxfて心メ ::}⌒{:: fて心メxリ:.}}:.:.!}
.           {:.:.!:|:.{`ー―‐=彡 i `ー―‐=彡刈:.:.リ              ただ基本的に「どいつも無事じゃ済んでない」のは変わらないので
.            乂リ八         | :::::::::::::::::::: 从:.:/
              `Yヘ      、_j/::::::::::::::::::r':.:.:八              ..即復活即大暴れみたいな真似は自力では物理的に不可能。
             V:::.  、 ____ ,:::::::/!:.:./
                }:.:i::、   ー…ー:::::::::/::|:./                 魂だけの状態で漂ってる奴もいれば、ある程度の変質は覚悟で
              八j::::::.    ):::::::::::::/::: |リ
             /:i:{:::::::\  (:::::::::::/::: : |ト、                 何らかの方法で仮に肉体を作って活動してる奴もいるかもしれない】
.             イi:i:|{ :::::::::::` ー‐ ´::::::: : /}|:: \
         /  |:i:i:|{ :::::::::::::::::::::::::::::: ,.i:i}|:::::::: \
        i   |:i:i:|{ ,  :::::::: ::::::::: /:i:i:}|::::::::::::|   、
     ´     |   |:i:i:i|{ ′  ::  :::::: / :i:i:i}|::::::::::::|      、            【※特に関係のないアイゼンの遺影】
 /     |   |:i:i:i|{ ′ ......:::::::: / :i:i:i:}|::::::::::::|.:.:.:....      、
        |   |:i:i:i|{  ,     . ::/ .:i:i:i:i}|::::::::::::|::.:.:.:.:.:.:....
        |   |:i:i:i:|{   ′   .::/ .:i:i:i:i:i:}|::::::::::::|::::::::::.:.:.:.:.:.:....     \
        |   |:i:i:i:|{   ヽ.:/ .:i:i:i:i:i:i:}|::::::::::::|:::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:....       \
        |   |:i:i:i:|{    /  .:i:i:i:i:i:i:i:i}|::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:....     .




.

3378 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 21:12:29 ID:YgS4g1BA

魔剣に捕獲されてない唯一の竜王wwwww

3379 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 21:13:23 ID:xfIPwyfg

そこらへんに偏在する唯一の竜王

3380エイワス ◆ovWgAQvoZA :2018/10/11(木) 21:13:27 ID:SS6CjIjn

捕獲されてないわけじゃないけど、魔剣に入ってんのはまぁあくまで一部やから。。。

3381エイワス ◆ovWgAQvoZA :2018/10/11(木) 21:14:35 ID:SS6CjIjn







                      _,.. -=ニニニニ=-..
                   ,.ィ≦ニニニニニニニ/!ニ\                  【※始祖の魂に関してはあえて深く言及しない。
_     > ------ <    ,.ィニニニニニニニニニ/ {ニニヘ\
マ>..ィ          `ヽ≦ニニニニニニニニニニ>`¨¨´__ .\                 少なくともアフター世界線においては「自力での復活は無い」
ヾ   `ヽ: 、    r ⌒ヽ 、:V<ニニニニニニニ> ´ ィ ´ }   V:i\
 ',V   ',: :ゝ---': : : : : : :', V   i:.:.:.:.:.T:::::::. i{    i  ,   {:i:i:i:i:\              とだけ。死んだら終わりなのが摂理としては正しい】
  ||    ',: : : : : : : : : : : : i: |    |:.:.:.:.:.|:::::ノ __}::\}  { ノ    〉:i:i:i:i:i:i\__
  ||     }: : : : : : : : : : : :.|: !   .|:.:.:.:.:.|::〈 _.人:::゚::::.、_ノ { _/_.ノ:i:i:i:i:i:i:>''  `ヽ
  ||     !: : : : : : : : : : : /:/    |:.:.:.:.:.|、:::ト、 ⌒¨¨´,  {r:::::/〈:iー < i: i      ',ー  ´ \
  ||      ,: : : : : : : : : : :/:/    |:.:.:.:.:.|:::Y .「:「 フ く,久,.二.ノ:.|    }: し. :⌒ヽ: :i        ',
  ,  _ノ∨: : ゝ-: : : : : 彡'-― ¨¨.|:.:.:.:.:.|::/ /:/ir,_  } ; } Y´:.:.:.:|   ,: : : : : : : : : :}      i|
_〃..イヘ  マ≧====.≦  /   /!:.:.:.:// .{::{W{.j/iYレ.//´ |:.:.:.:.|   /: : : : : : : : : ;       }}\
、    }  ∨     /   /ニj::.:.:.:「/_{. マ! ', .ゝ'V//:::i ハ:.:.::|_彡.: : : : : : : : : :/       リ  i、
ニ\  .〈 O.∨--- ´   /ニニ,:.:.:.:.:.|ハ::.ヘ `  , ' /::::::! ,ニ|:.:.:.i!>: : : : : : : :./      〃  ,  ー、
ニニ\ ヘ  /      ./ニニニ/:.:.:.:.:.:! マ:..\  i .从:::::| |ニ|:.:.:.:i!ヘ ≧=≦.. r、    /  ./    }、
ニニニ}>} /     /ニニニニ/:.:.:.:.:.:.:|  \:.:\{.イ:::::/ |ニi:.:.:.:.i! ヽ.. >  / >.. 彡   /    ./ `''<
ニニニ,ニ| i≧====≦ニニニニ./:..:.:.:.:.:.:.:!   } / 、::/ i  从|:.:.:.:.i!、    .ィ/ /ニニ=-「 i__    /     }
ニニ/ニ,  {ニニニニニニニ/i:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト.  / 「 i { 「 .| ./  ',:.:.:.:.',≧=≦ニハ O〉ニニニハ {ニiー <      /
ニニニ//ニニニニニニ/  !:.:.:.:.:.:.:.:.:|:::::\   | | |.  }/:ヽ. ',:.:.:.:.Vニニニ{.∧ {ニニニニ} ∨ハ   \_ ..ィ
ニニ∠/ニニニニニ> ´    .!:.:.:.:.:.:.:.:.:! `ヽ:.\ ! | />'''\ ',:.:.:.:.∨ニニニ| !ニニニニハ o〉ニ!    ∧  !
ニニニニニニニ> ´     /ハ:.:.:.:.:.:.:.:.!   \i ヽ/Y     .ハ:.:.:.:.:∨ニニ/ }ニニニニ } {ニニ!    ∧ ,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          .イ.ニニ∧:.:.:.:.:.:.:マ=ミ  i    } > "´  ∧:.:.:.:.:.:.、<\ {ニニニニリ /ニ{      }/
____  .. ---==≦ニ/ニ/:.:.:',:.:.:..:.:.:.:',   {   i/'´     __.∧:.:.:..:.:.:∨`''<ニニニ/ /ニニ!
ニニニニニニニ/ニニニ/ニ/:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.',ミ、 \ |   _ -=ニミ、',:.:.:.:.:.:.:V、   ̄ ̄ { /<ニ|
ニニニニニニ/ニニニニ./ニ/:.:.:.:.:.:.:iヘ:.:.:.:.:.:.∨ .\ | |\"´       }:.:.:.:..:.:.}:i:i「ニ=-//   `i{



.

3382 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 21:15:17 ID:oSKbnMKB

お爺ちゃん超頑張ったもんな・・÷

3383 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 21:15:20 ID:G9ucSK/b

個人的には本体切り離してたジゴワットが気になるなぁ
力だけの状態で漂ったりするものなのかアレ


3384 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 21:15:55 ID:eQoGV3mx

変な話、シース製アイゼンウェポンで魔剣とつばぜり合いでもしたら、その時点で一部はボッシュートであるのか

3385エイワス ◆ovWgAQvoZA :2018/10/11(木) 21:16:54 ID:SS6CjIjn

力だけだと揮発して終わりじゃねーかな……w
あくまで不滅なんは「魂」の方だから。。w


3386 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 21:18:05 ID:YgS4g1BA

お爺ちゃん、頑張ったよ

3387 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 21:20:13 ID:P1lpBdHE

始祖達は元々定命の存在で竜は根本から不老不死で設計されてるの差が出た形かねw

3390エイワス ◆ovWgAQvoZA :2018/10/11(木) 21:25:42 ID:SS6CjIjn






         |. マ  |             /i
         |. マ !            //.∧
..__      |  ーi!   _..........__   / ./.∧
_   `  <.  乂.   `ー.、ー=====才_ ./ ∧
  - :..__  >、!ト:.、  ノ,ィy気:、_  `ヽ/ ,ィ    ト、
.。z=才 ゞ`マ ∧|:\/ ̄  /¨T´   ` ヽ、iノ/    マk
       ∨ .∧::/  /::トイ ^ヽ 、    )/     .マム         【※尚オバロスルト君に関してだが、ぶっちゃけ単純に《古竜》と《巨人》を
γ=ミ、 _ .。z∨ .∧!./、、:::i i!イ!イ  `:、,.:イ ~      .マ.ヘ
.マ三三ア''   ∨ ∧Y ``≧y `ーT才i /\ヽ_     i !ヘ          混ぜただけではこんな状態にはならない。
   ̄      〉-==〉\   !i:::>、_ノ/:::::::::::ヽ マ >-、 i i ∨
-=...____/  ./,ハ `.ト.、i!`.Y i!_/ユY:::::::::\\.  ヽ! i. ∨        ..ヴァイスハウプトがやらかした話の時も、オバロ君の魂を放り込んだ巨人は、
 /        //γ-.、.マ i_冫ニ彡;ヽ`ヽ:、   \\_\L._ i
、'     、 /  /. 乂 ー ) i! i  火 Y.i.乂. \   \\  \`Y        燃え盛る炎の状態になって自発的に動く事さえしなかった。
ー:、    〉  ./    ̄  .i! .!  .f肌 ! k  ¨´ `k   i .マ __ Y
   ̄ ̄   /       i!_.L..、ヾi! j.、.!   ,.ハ ∧ ∨,.、\
       /   ー―‐テ‐k ーノ !〉!(__,:!!= イ   ∨.∧ ∨、_/         これはDR君が語っていた通り、「魂と肉体が適合していない為」に
====イ      ,イ r  .)\\ イヾ; j i γ `Y  .i イ/ / /_.
  /   /  乂   i. `ー‐=戈.ヽ! !//ーゞ-' .}  :i. //_/.才          ..起こっていた現象で、竜の魂も巨人の肉体も、どちらも「強すぎる」為に
=x   ,/.    丶、 `ー=イ  .ヽヘ_//ー‐‐イ  ,j.  ヾi  .!
::::::::乂/:、      丶   .。 <三\/`ヽ、    /   .|i! .i           .互いが互いの「支配権」を争っている状態で拮抗していた為。
:::::::::::`! .|丶、      才:::::::::::::......::::、:..  \__/  //`Y
:::::::;:イ  .|  ト、::ー==''::!、:::::::;イ  ̄ `ヽ-::_::j::/  \彡イ::::. i`ヽ、
ヽ:/::::!}:k.|  |. \/:::::::::__'^...::'::::::::.:.....:.::::i!::..:)/ ./,イ`:ヽ::::::イ、:..、`         「どちらかが勝って目を覚ます」には、恐らく途方もない時間が必要だった】
、 ヽ:::::; ! ヾ |. ../:::::::::::::::::::`:::::_:::::::::::_::::-+:_:ノ::i!/./::::::ト:::::_`::::':;i!マ::
.ヘ マ/;'  ∨!. .i::::::::::::::::::::、_:::::.:.::¨::¨.....:.:i!}::. Y;!_/::::,ィ二ミヽ::::;i! マ
  ! .∨   マ!(:、:::::::::::::::::::::::::`_::::::::::::::::::::i!:::::_!ィイ::/    `ヾイ'  .マ
  i! !    .マ)`^ ===x:、:ヽ:::::::::::::::j!/./^ k'      `
  j! .j     i`>s._     \:、ヾ::::::::::j;'_/イ ´.∧      ,... 、
 / ./     i!_   `>----==才 ̄   ./ ム    / ´ ヽ
イ./     j!    ̄ =- __         _!  ム∧
イ//      !          `:ヽ_..。z=二三 .Y〈〉 / ハ
. ! !      ;!- :.._      ∧  .| ト-`r-、 '´!.|  /  .ハ
. !.i      /   `>:.、  ∨  .! i ,ィ_Y f.ィ、! ! /    !





.

3391 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 21:25:42 ID:HaohblKr

ジゴワットは仮に力戻ってきたとしても、ひとまず動けるようになれればそれでいいんで
「目立つだけだしいるかこんなもん」で大半投げ捨ててそのままシースをイジメに行くよ、多分

3392エイワス ◆ovWgAQvoZA :2018/10/11(木) 21:26:26 ID:SS6CjIjn






             -=ニニニニニニニニニニ=-
           /. . . . . ./ニニニ\ニ/⌒ヽ. . . . \          ___        __
         /. . . . . . . . . . . . . . ...)/. . . . . ... . . . . ヽ       /:i:i:i:i:{    ./ /⌒
         '   ___. . . . . . . . . . . . . . . . . . . ._. .        {:i:i:i:i:i:}  __./(/(__
         /(/(__/ニニ/⌒ヽ. . . . . . . . . . . . . . . . . ./ニニ、. .      ∨:i:i:i/:i:i:i:i:i\i:i:「:i:i:i/⌒}
       ニニニニニニ. . . . . . . . . . . . . . . . __. ニニニニニ     ∨:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨:i:i,:i:i:i:i:i/:ヽ
        ニ--/∧ニニニ. . . . .       /=ニニニ∨ニニニニニ     [=}:i:i:i/⌒⌒` -/:i:i:i:i:/i:i:i:|        【※コイツが何かオバロ君の方に
      {. . . . . . .ニニニ. . . .       ⌒⌒\ニニ/⌒⌒ヽ}    /:i:i:i:i/ト、__   /:i:i:i:/:i|:i:i:|
      {. . . . . . . ニニニ. .         . . . . . . . . . . . . . . ..}    ..i:{⌒i{ \ (  /:i:i/:i:i:i:i|:i:i:|          余計なモン突っ込まなければな!!!】
       . . . . . . . . .ニニ. . . .      . . . . . . . . . . . . . . . . . .  /:i:i:|、〈  泛ッ /:/__:/:i:i:i\
      /∧ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . /}__/ ./:i:i:i:i:i:i:i/     ⌒' 泛ュ )、i{:i:「\:i:\_
'  ̄\   /∧. .∧. . . . . . . . . . . . . . . . . . __/(__/ニニニニ/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧ ト、  /    /:i:i:i:i:i|  ⌒⌒
/ ̄} .ヽ  /∧{ニ\__. . . . . . . . . . . ./ニニニニニニニ.':i:i:i:i:ir-、:i:/    、\   /⌒ヽ:i:i:i|
  /  } \ -  、ニニニニ\_/\. . . ./ニニニニニニニ ィ(  、:i:i:i:. \/  '.   ̄ /:i:i:{   \{
_./  ./      }h、ニニニニニニニ='"ニニニニニニ/.,ィi{  ⌒Yi:i:i:i:.  ヽ   ̄  /:i:i:i:i:|
ト、_/   /    〕h、 ̄\ニニ/\/. . . . .{/⌒ xf〔     | \:i:\ .\_  /:i:i:i:i:i:i\
 ̄ ̄\  ' _      ≧s 。 ____ 。s≦ ⌒ヽ人   |  \:i:\  \__:i:i:i:i:i:i:⌒
 ̄ ̄|     ⌒\__        /  ̄ ヽ / ̄\    ヽ  .'ヽ   \:i:\   ヽ-- 、:i:i:i:\_
    |  i--、      ー--- /|    i|i |   _    ∨_i___/:i:i:i:}    '.   >- 、⌒
ト、_」  i  丶 ./ ̄ ̄ヽ      └- ┘{  ̄ ̄ ∨/   }\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/     }       ヽ\_
      }   ./|    | ⌒ヽ  .|    i|      ∨/  '  }:i:i:i/ ̄      /       }:i:i:i:i:\
      |    |    | }  Υ |    i| .}      }  ./ \|/       /      '. {:i:i:i:i:i:i:i\
           '  ̄ ̄  '  /      ∨{     /_/    ヽ      \         } \:i:i:i:i:i:i:i:\
         }       / ./       /     ./    ̄ ヽ  \       / \    /   ヽ:i:i:i:i:i:i:i:\




.

3393 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 21:26:58 ID:G9ucSK/b

あー、一気にパワーバランス崩れたのか……www

3394 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 21:27:03 ID:eQoGV3mx

うーんこの

3395 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 21:27:26 ID:Tst8E11j

唯一無二のポジションを獲得したアダム=ヴァイスハウプトぉ!!
なんで生きてるんだアダム=ヴァイスハウプトぉ!!w


3396 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 21:27:27 ID:FOWPcB4R

余計なことしやがってwww

3397 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 21:27:41 ID:HaohblKr

アダムはホント余計なことしかしねえな!

3398 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 21:28:12 ID:YgS4g1BA

ほんと余計なもん突っ込んだんだなwwww

3399 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 21:28:42 ID:sA5JVmTB

真名と同じ名前を突っ込むという暴挙も忘れるな!w

3400エイワス ◆ovWgAQvoZA :2018/10/11(木) 21:28:51 ID:SS6CjIjn

状況的にオバロくんは殆ど被害者である模様。

3401 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 21:28:56 ID:1pNf33rI

ミラクルやらかしマンアダム
我様何でこいつに道化役割り振ってないの?

3402 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 21:29:58 ID:G9ucSK/b

露骨に道化呼びしないほうが輝くんだよ多分(適当

3403 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 21:30:41 ID:FOWPcB4R

道化じゃないのに道化みたいなのが面白いじゃないか

3404 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 21:31:48 ID:h9Vqezyx

魔王に匹敵する存在を生み出した大偉業
これには我様もニッコリ


3405 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 21:31:49 ID:Ssc9jEBA

計算した道化は頭良くないと出来ないじゃろ?(

3408 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 21:33:42 ID:xfIPwyfg

天然物の道化師とか我様大歓喜不可避

3419 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 22:30:53 ID:Zs49gHqa

>>3391
ジゴワットやっぱり大分ロックなナマモノだな??
そしてどの時代でも面倒な弟妹に好かれていじめられるシースちゃんェ…いや流石にマナボ様と一緒にするのはジゴワットに失礼だった、ゴメン!


3420エイワス ◆ovWgAQvoZA :2018/10/11(木) 22:34:27 ID:SS6CjIjn







                  ,. ≦ ´ ̄___    ≧ 、
                    /                    ヽ
                /                        \
              ,/              ,´     \     >、
           , ハ.               ,′      ヽ     、 ヽ          【※ナメクジに対して比較的に無害(或いは好意的)組に
          , ´/        ,      ,           ゜     '. 、ミ 、
        / ./       /      '   ,i ,、     、     ',  , ヽ         関しては、マナボ様が見つけて捕獲した上で
       /  ./        /      i   l'l i`、    ,     ,',  、 ヽ
        /  ./ ,       i    i    !   l|'l 、',     ,   ::: '    ヽ        ある程度の力が出せる肉体を見繕ってそこに
.       /  / ,l       l   i,    i  |::l|::::'  i   i   :: : i  ',   ,
      /   ,  l   'i    l ,/ i   i   l:::::i l::::::: i l   i  :  'i 、 l、         ぶち込んで、そのままナメクジの洞穴に放り込む可能性がある】
.    /    ,  i  ,/ i    l /  ,   i', i:::::::!':::::::: l i  ,i     i:::ヽl ヽ l
    l    '  、 /, | i  ,i  ハ, ',  l |, i::::::::::::::::::|,l  ,ハ   , ,l:::::::;  v
    l   ,  /Vl  ,l i  ハ ノノ人从、!,‘|::::::::::::::::::lノ i从' l   //:::::::: ',  ',
.    {    :  /  l (::l  .  ,ハ ,,ィf斧ミく:::::::::::::::::::::::::,ィf斧ミく ,i ,/::::::::::::::i l  l
     、   ', /  l ハ !   ,  ハ, {::::゚:::リ`::::::::::::::::::::::'{::::゚::ソ ノ / /::::::、::::::::l } 'l l
      `   'l   'l. :::i,  ハ   ハ`゙  ´       `  ''´ //:::::::::ハ:::::::iノ ノ l         流石にこっちもアレの様子見てる余裕がないの。
          {   l:. ::ヘ  ',   ,ハ.       ,:::      / `、::::::::l 'l:::::::l  ノ
        乂   ,!ヘ::: ヘ   、  ハ      `      /   )\i } ヘノ
         `ヽヘゝ乂从、ヘ ヽ   l   、     ,   ./        ) }
                  ^从 从 、       /、    _ , 、
                      ノ '}ノハヾ`  ._  _,, 升  ` ー ⌒彡こ、
               _, .,  /   ノ', `‐癶、  / l'       ', ー}
            ( ` `´      ',    `´  l          ', ーこ} \
            r‐}_,i        ',、   , ., |          ,__ `')  \
           弋_,l        ',\/  `''l            i `ー}
          / r`‐ 'l         ハ `  ´ 'i           l廴ー)
            /  乂_,'、,        人   i, i          l`‐_ノ
.           /    `,/、         \ ,li,/            l_乂




.

3421エイワス ◆ovWgAQvoZA :2018/10/11(木) 22:35:31 ID:SS6CjIjn





            /:i:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:/  >''":i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:
              〈:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:/  /:i:i:i:i:i:i}V/⌒ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i
           V:i:i:i:i:{r‐ミi:/ /、:i:i:i:i:i:i:i/} V/_   V:i:i:i:i//   /:i:i:/77ヽ:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
        -‐⌒八:i:i:i:iV //./:i:ハ `、:i:i:i:/. } V/ Y }:i:i/ /   /:i:i:i:{////ノ ̄/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i      【※尚本人の予想以上に余裕が消し飛ぶ模様】
      /   .〈  \:i:i:V { {:i:i:i∧  ̄{ ..}  V | r‐''゛ ノ    :{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
     ィ(     へ/i/ \_V, V/:i:i:i>‐人,ノ  }ノ └七{:i∧   `、-- ‐‐┐________
   /:i:i:i:\__/:i/ /\/{ \,V/:i:i:i/ ノ\/ {}r- _(:i:i∧        V∧∨∧∨∧∨
  {__ ノ{:i:i:{:i:i:i:i:八 乂ニ}:i:\ .,.Vr‐‐<^`、 } /}:i/:i:i:i:/ ∧           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__ノ/∧'∧八:i:i:i:i:i:i:〕iト-->、ii\,{:ヽ r‐‐}:i:i:}:、=‐=,ノ:i:i:i:i:i/ ̄∧        .{:i:i:i:}  {:i:i:i}         さぁ、星の終わりを共に見よう。ボーラス。
/ //⌒⌒´ `¨¨¨¨¨¨¨゛  `¨¨¨{:八___,ノ:i:i:} `¨゛ _{:i:i/{( (___)∧      ..{:i:i:i:}  {:i:i:i}
                   V/:i:i:i:i:i|  \__/イ  i{ ≧=≦:i≧======={:i:i:i:} ̄{:i:i:i} ̄ ̄
                       V:i/⌒| {:i:i:Y:i:i:i`¨゛ |{r‐‐ミ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ア¨¨゛ `¨¨゛__}‐‐
                        \人,| {:i:i:i|:i:i:i:i:i:( |{し'  ):i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ア
                         \八 V:i八:i:i:i:ノ 人_<:i:i:i:i:i:i:i:i:i≫''゛
                          `¨\V:i:i: /ニニニ=- -=ニ{
                          「:i:{ ≧=≦ニニニニニ=‐…‐,
                       ィi|:i:i:Vニニニア:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:V
                     /:i:i:i\:i:Vニニア:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iV
                         /:i:i:i:i:i:i:i:i:i`¨¨¨¨¨¨¨¨¨´:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}
                  .ィi{∧:i:i:i:()┌────┐:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}
                ィi{:i:i:i:/:i∧:i:i:i:i│:i:i:┃:i:i:i:i:i:│:i:i:i:i:i:i:i:i:iィi「:i:i:i:i:i\
              /:i:i:i:i:i:i:i:i/:i∧:i:i:│:i:i:i†i:i:i:i:i:i:│:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
             /{ {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ ∧:i:│:i:i:┃:i:i:i:i:i:│:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`、
              /:i{ {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i /:i∧│:i:i:┃:i:i:i:i:i:│:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ }、
           /:i八 `'≪:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: └────┘:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ /:i:i\





                          _
                     ,   ' ´    `ヽ=- .,
                       , '"                `ヽ
                 /                   ':,
                〃  ,.:'´         `ヽ     ::.
                /  ,:'               ';      :.
                  /  /   /    .i          i     ::,
              /  /   ,'    /!     i   |     i
                /    i :i !  / :|  i  i ト、 l       !
             /   i  LムA.、/  l ,ム;-:A〔 ! /       i |
                /    l |∧|: ∨  |/  |/ リ lイ      | |          誰????
             /  , /  :ゞkf斧芸x    z斧芸ミ!   !    ! !
          厶イ /   バ`乂゚ノ     乂;゚ノ |   i     ゝ
            | / !   i  i!     ,     u. /  / ,'   ト 、ヽ
            !′|i  ハ 八            /  / / i |  ) ノ
                 lハ | |/  > ,  ∠ニヽ , イ /イ /| ハ, | ´
                ゝ!      { >:.. ..:<ノ/イ  |/ ノイ !ノ
                      辷ヽ<フ7ソ: :.|、
                   ,. -‐ ' ´ {: : 0,: : : : :/ `ー- .,
                y'´    ‐- .,∨i!|:_; ∠ -‐'    `ヽ
                /       _   ヽl!'´               Y
                 l      `'ミt、,fi| ,.rfラ"        |
                 |   y    |iij fij!,ィiij′       ,i    |




.

3422 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 22:36:07 ID:G9ucSK/b

雑に兄弟と再開させられるパルシースちゃんェ……wwwwwww

3423 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 22:36:21 ID:r3Z0DFhN

じゃあジゴワットなんかはリプレイアフターだと今頃シースと姉弟漫才してたりするのかw

3424 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 22:36:23 ID:TvYO9ADS

マナボ様、責任とろう!!(冤罪)

3426 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 22:37:18 ID:r3Z0DFhN

マナボ様視点だと本当にわけわからんなオバスルくんw

3427 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 22:37:54 ID:l+n0ECpk

ジゴワットくらいしかいねえwww
……もしくはちっひやこころちゃん辺りに頼むしかないな

3428 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 22:37:56 ID:G9ucSK/b

>>3423
ジゴは本体は斬られてないから、マレウスとかエムラあたり?

3430 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 22:39:56 ID:l+n0ECpk

>>3428
その二人は魔剣で斬られて下水煮込みされてるからなぁ……
精神汚染を除去できる方法があるのならよいのだが

3433 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 22:42:05 ID:m5KRxQ4b

AMよりはまだ下水濃度も煮込み時間もマシだし…マシってだけだけどぉ!
マレウスさんは煮込まれててもマナボ様にシースちゃんの事頼まれたら喜んでくれそうではある…w

3434 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 22:42:14 ID:HaohblKr

Q.つまり?
A.「ちょっとおどせば反抗しないし頭も回るから手間もかからないエムラクールは本当に都合のいい子ね」

3435エイワス ◆ovWgAQvoZA :2018/10/11(木) 22:43:58 ID:SS6CjIjn






                             ,. . . -‐-   .,
                            ,. .:'.:´: . : . : . : .    ` '  、
                        /: . : . : . : . : . : .:`:.': .、     \
                     /: . : . : . ; . : . : . : . : . : . \     ヽ
                     : . : . : . : .,:': . : . : . : . : . : . : . . ヽ,      ゛ ///
                       〃;': . : . : ./: . : . : .:i. : .':, : . : .:',. . . :':, i     '//
                   / :/: . : . : /: . : . : i: .|!. : . '; . : . :l. . . .: ';l       ∨/
                     / :/: . : . : /: . : . : /| :l:|. : . :l: . : . |. . . . : i       ∨/
                / .;': . : . : /: . : . : /:::!.:l::l. : . :|: . : . !. : . : . }      ',//      何も無ければ寝てて良いから、
                ,' ..:l: . : . : ;': . :.,': ./:::::|.:l:::l. : . :|: . : .:|. : . : . l: i  i     l//
                   / : ::|: . : . : i: . : i:. .i:.:.:.:| l:.:.:!. : .:l: . : . |: .i: . : |: |: i:.l  ,  |//      とりあえず何事もないよう張り付いてなさい。
               / / .::|: . : . :.l:i . :ハ:..|:.:.:.:l l:.:.::l. : ,ハ. : . :l: .:|: . .:l:. !: !:.l  i  |//
                / ,': :.:::l: . : . :.l弋T了「:.:.::lノ:.:.::}. /:.::} ̄フ7'オ: /:. |: |:.:l  '; }//
            / !: :.:::::'; . : . :ト、:.|::|,ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:|/:.:.:ノイ::/イ::.∨:..  |: |:. l  ∨///      良いわね??
             ,'  l: :.::::::∧: . :.l:.:'xf竓气x: : : : : : : :,r竓气ミ/:.. .  l: .!:.:.l  ∨//
            {  :|: :.:::/::∧: :∧゙` 乂,゚ ノ      乂,゚ ノ,/:. .   /: .l:.:.:l   ∨/
            |  ;|: :.:::::/l::::ゞ{:::ム    ̄          ̄ /:. .   /: ../:.:.:|   l//
             ゝ( |: :i::::l { .:::i:::/'∧      .:!      ,':. . : . /: ../:.:.:./!   ノ/,
               |: ハ从.|/l/ l::∧              i: ,': . :/: . /ィイ ノィイ///
               l/       l′ \  ー、―‐ァ   |:.i:. ..,': /
                    _     >   ` ´   ,.ィl∧: .|´\
                       ,∠`ヽ> '´   ゞ:;≧rtf夭;/: :.iヽ!   `ー<`ヽ
                       ゝ=-/       ト: : :ゞイ: : : : :!         i_/L
                      /(__i          l!: : : : : : : : :./       |_人
               /: : (__|        ト::;/\//           |_)ノ:ヽ






_,,斗-'o´乂}ノ マ ゝ' 〉〉 ヽ::.\
             ,'  乂_,)ト、:::. ∨
テz=---  ,,,,,_′.    ゚.ヽ:::. ∨
. / /   / i}  `.7ト ,_   i:::: !
/ / _/ _/i!    ,}   7ト,_}::: i!
__/_ ,/ /7   ,ー}- ,_ / i}:::: }
7:::::::≧ト  `<__/ /_ ./  ,イ::::. |
{:::::::::::::/      7:::≧ト ,/i!}:::: i!
 -ー        {::::::::::/ ィ !i!:::: !
           、    ー' イ!い|::: i
               /!  }:: i! _,       アッハイ。
              ,'iイ i!:::i/;::!
      _ _       i/ } i:::/;:::i
、        ̄     ,ノ:i! }:::!/:::::i!
 ト ,_      _, イ/ ./  .}:}' .::::i!          【※容易に想像の出来る光景】
 ト h> ,_ , </ ./ ./   .リ ,:::::i
  ∨ h \、.. / イ ,/    i :、::i
   ヽ .ヘ   > 、/    i! \.i
    _ヽ}_     `\  /:{ ,:::::i
`    ヽk       ,>' ./i!:::::}
.      マ}    _,,, イ _,iニニi!
_    _,}〉   iイ  ,{  ` ̄""''i
ニニト、ニYニ{ |    レ 'r' fー''''''ー'" |
ニニニi!ニi!ニ{|  _,イ!_.イ7、_,,,, --- }
ニニニ/ーマニ| イ  ::::::/ {      |




.

3436 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 22:44:13 ID:YgS4g1BA



3437 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 22:44:14 ID:l+n0ECpk

でも下水煮込みで童貞王と化したオバスルト君を見ると、他の古龍も無事に見えない不思議

3438 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 22:44:22 ID:mbMfy1vA



3439 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 22:45:08 ID:oSKbnMKB

でも竜王達復活するってことはヤッハが復活するってことじゃねーの?

3440 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 22:45:26 ID:r3Z0DFhN

バランさんはアリスさんと聖焔の向こうへ旅立ったかね?
リュミスさんの成長を見守るために残る線もありそうか

3441エイワス ◆ovWgAQvoZA :2018/10/11(木) 22:45:41 ID:SS6CjIjn

その辺も個体差はある。>魔剣内部で焼かれていた時の汚染とか

あとは時間という薬が一番効く。
出て来てフラフラしてるところに変な所に押し込まれ、更に変なモノを無理やりぶち込まれたオバロくんはキレていい。
キレた(別方向に)


3443 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 22:45:42 ID:506aT2Uj

完全加害者なのに面の皮厚ーい。

3444 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 22:45:42 ID:Tst8E11j

(マナボ様的に)素直ないい子だぁ……w

3446 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 22:46:18 ID:YgS4g1BA

別方向にが最高に草

3447 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 22:46:46 ID:+pCHvmuj

アダム「この魂が悪いんだな!」

3468 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 23:01:18 ID:G1QlhLfw

ちょっと気になったんだが、オバロくんは《従貴》相当の神格を得ただけで《従貴》ではないけど
アダムはオバロくんに「神」としての力の片鱗を与え《従貴》にしようとした=他の《従貴》もそれぞれの《十神》から神の力を与えられてる?

ということはマナボ様が適当な《従貴》ごとその力を取り込めば神格得ることは可能?(ウラヌスちゃんを見つつ


3469エイワス ◆ovWgAQvoZA :2018/10/11(木) 23:02:13 ID:SS6CjIjn

しつれい、ちょっと剪定の投下がどっちも面白くてそっち見入ってる。

3470 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 23:02:42 ID:HaohblKr

今日の面子はちょっと仕方ない

3471エイワス ◆ovWgAQvoZA :2018/10/11(木) 23:03:41 ID:SS6CjIjn







           '" ̄ ̄    ̄ ̄  ー-
          /           ⌒~-、  `ヽ、
        /               \    \
      /                        \
       /            /         \  ヽ        >>3468
     /     /        /       }     ヽ  i
     /      /    /  /  /  /l l    }  い  l
   /    / /     l  /  ∥ ∥ l j    ハ  l  l l
   /     / /     l  l  / l   l  l/  / l  l  l l        何が起こるかも分からないのにそんな大博打を打つような
 /  //  l     l   l__/ l__l  /  //  !  l  } l
/  / /   l   l  l l l / ̄l   ̄/  //  ̄「~l ノ 八       馬鹿、この世に存在するの???(真顔)
  /}//l  j   l   l {从__,,,,__ヽ|-{  /{{'"_j  八{  ト\
 =彡イ/ l  !    l  ーxf㌢⌒气ミく  ⌒{ /汽ミく/     l \
`(  l/ /j  l    l    l气 弋::゚ノ      {:゚ノ )厂    l   ヽ
   { j/ /  l  / l   |l `冖=      { `=シj }    トl   )}
   L{ / ノl    l   l八            }  / l   l            【※悲報:います】
    〈(⌒ l { ハ  l l  ヽ       __   / /}  } l }
          八从{ }  } l ハ }   ー= -ア //メ,,j  / l j
          /   j /  /`}ノ      //  ノ/ jノノ
          /   ノノノ/  /`''ー _/
       /         /\




.

3472 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 23:04:43 ID:m5KRxQ4b

いたんだよなぁ…(顔を覆う)

3473 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 23:04:54 ID:i/b3JTLq

博打は何が起こるかわからないから面白いんやで!
まぁアダムさんはその…

3474 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 23:05:04 ID:l+n0ECpk

せやなwww
マナボ様は基本的に慎重派だからなぁ……


3476 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 23:05:13 ID:zjzYc7HP

世の中には凄いバカがいるんです

3477 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 23:05:48 ID:YgS4g1BA

いてしまったんだwwww

3478 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 23:06:30 ID:xbIxkba6

バカに限界はないのだ
今回は悪い意味でな!

3479 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 23:06:52 ID:G1QlhLfw

そんな馬鹿いるはずないよねー(そっと目を逸らす

3483 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 23:09:50 ID:xfIPwyfg

馬鹿は時にあらゆる想像を超える

3484 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 23:10:08 ID:xGs1v2Yt

魔剣に集る人間見続けてた割に、賢く見積もり過ぎてね?

3485 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 23:10:39 ID:MZZ8/7cF

バカに限界は無いのだ!……限度はあるわ!?

3486 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 23:11:26 ID:NsxDN7HQ

ある程度力もってる奴がやらかしてるから今回w

3488 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 23:12:06 ID:ut18HqmG

馬鹿に限界はないかもしれないけど、許容できる損害に限界はあるんやで

3496エイワス ◆ovWgAQvoZA :2018/10/11(木) 23:25:23 ID:SS6CjIjn








                        ,. . . -‐-   .,
                 ,. .:'.:´: . : . : . : .    ` '  、
                   /: . : . : . : . : . : .:`:.': .、     \
                /: . : . : . ; . : . : . : . : . : . \     ヽ
             .: . : . : . : .,:': . : . : . : . : . : . : . . ヽ,      ゛ ///
            〃;': . : . : ./: . : . : .:i. : .':, : . : .:',. . . :':, i     '//
              / :/: . : . : /: . : . : i: .|!. : . '; . : . :l. . . .: ';l       ∨/         【※自分にとって知識の浅い、未知の事象に振れる場合】
          / :/: . : . : /: . : . : /| :l:|. : . :l: . : . |. . . . : i       ∨/
           / .;': . : . : /: . : . : /:::!.:l::l. : . :|: . : . !. : . : . }      ',//
           ,' ..:l: . : . : ;': . :.,': ./:::::|.:l:::l. : . :|: . : .:|. : . : . l: i  i     l//
        / : ::|: . : . : i: . : i:. .i:.:.:.:| l:.:.:!. : .:l: . : . |: .i: . : |: |: i:.l  ,  |//         先ずは「どういう性質を持っているのか」を見極めるところからね。
          / / .::|: . : . :.l:i . :ハ:..|:.:.:.:l l:.:.::l. : ,ハ. : . :l: .:|: . .:l:. !: !:.l  i  |//
        ./ ,': :.:::l: . : . :.l弋T了「:.:.::lノ:.:.::}. /:.::} ̄フ7'オ: /:. |: |:.:l  '; }//         「それに対して何がどう作用するのか」も分からない状態じゃ、
       / !: :.:::::'; . : . :ト、:.|::|,ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:|/:.:.:ノイ::/イ::.∨:..  |: |:. l  ∨///
      ,'  l: :.::::::∧: . :.l:.:'xf竓气x: : : : : : : :,r竓气ミ/:.. .  l: .!:.:.l  ∨//         ..最悪自分が火傷する羽目になるでしょう?
       {  :|: :.:::/::∧: :∧゙` 乂,゚ ノ      乂,゚ ノ,/:. .   /: .l:.:.:l   ∨/
       |  ;|: :.:::::/l::::ゞ{:::ム    ̄          ̄ /:. .   /: ../:.:.:|   l//
      ゝ( |: :i::::l { .:::i:::/'∧      .:!      ,':. . : . /: ../:.:.:./!   ノ/,          その辺りがある程度分かったら、次は「自分にとって
        |: ハ从.|/l/ l::∧              i: ,': . :/: . /ィイ ノィイ///
        l/       l′ \  ー、―‐ァ   |:.i:. ..,': /                  どういう利益を得られるモノか」を推し量るわね。
               _     >   ` ´   ,.ィl∧: .|´\
            ,∠`ヽ> '´   ゞ:;≧rtf夭;/: :.iヽ!   `ー<`ヽ             .有益であるのなら、それが最大効率を上げる方法を考えないと。
            ゝ=-/       ト: : :ゞイ: : : : :!         i_/L
           /(__i          l!: : : : : : : : :./       |_人
          /: : (__|        ト::;/\//           |_)ノ:ヽ












                                   _
          . . . . . . . . . .                /(⌒__              ()      ・,,,,,,,,    「;;;;;;
        . : : : : : : : : : : : : : : .            /\_, イ{:i:i:/\:i:.            ;    r;;;;(( ));;;;;;;;)) o ヽ;;;;
       .: : : : : .::::::::::::::::.... : : : : .        {:i:i:i:|:i:i:i:\:i:|:i:i|:i:i:i:                ヽ;;;) ((;;;;;;;/ o __));;;
       . : : : .:::::::::::::::::::::::::::::::.. : : : .       、:i:i:|:i:rー-|:i:i|:i:i:i:i                ⌒ \((    ((;;;;;
       .: : : :.:::::::::::      :::::::::::. : : : .        )=|:i: )、__ |:i/∧:i:i\                ノ;;;;;(__ ・   ⌒
      : : : :::::::::::      ::::::::::: : : :       /:i:i:「i 妛ュ}.|/ェ)) \(⌒    (;;;)     ィ     ー '   _・
        : : : :::::::::::...    ..:::::::::::::. : : ::      /:i:i:i:i:i:   l  イ{              ){__         /;;;;\
        : : : : .:::::::::::::::::::::::::::::. : : : : :      _/:i:/:i:i| 、ー ‐ /:i\             ⌒)     ,,,,,,,,,,,⌒ヽ((。     【※とりあえず混ぜる。混ぜた(過去形)】
       : : : : : : .::::::::::::::: .: : : : :       ⌒/ |:i:_公 - イ 、:i:i:      (___    __ ; /;;;;;;;;;/
          :__: : : : : : : : : : : :       _    ̄ ̄ |:i:i:i:i/ :::::::/ ):i/,,,,,;;;,,,;;,,  /ノ   (/⌒)) ‥((;;;;;;;;;(,,,,,,,,,,,,
        「ト、У}-、          /   ............  ̄  、__//  ̄ \;;;/⌒,,,,,,,,/(  /    );;;;;;;;;;;;;;;;;;;;((/      (結果以外は)完璧だ!!
        | ( / ////} 、        i  .::::::::::::::/      ヽ:i:i:(     .::./;;/;;;(__/(__   r_'"  ̄ ̄ ̄));/
.         \i_」」」/,ィ::: ∨/   /    .::::::{       )/     .:;;/;;;;;;;;;;;;;;;;r--'_     ,,,;;  ((/ /;;
                  i::::::: ∨/      ...::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::人::::::::::::::::::} ⌒);;;;;;;;;;;;;;//((    /⌒  /;;;;;;;;;;      あの素晴らしい力、必ず私のものに……!
                  :::::     /   ..:::::::∧::::::::...ー < --=-   ̄ :: ,ィ(,,,,;;;;;;;/;;;;;;rー ' ,,,,/   ,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                   ::   i .∨ ....:::::::::::/.、  、::::::::..  ヽ   }  } .::::ヽ{/ ⌒⌒);;;;;;/;;;;;;, ‥   ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;((
                 i  ;. ヽ  :::::/   \  ーr-  ー=i=〈 :::::/   \:::... ,,,, );;;;;;;((   /⌒⌒⌒));;;;;;))
                  ::  }::::/      、  ヽ  〈  ... | .... } ::: __, ヽ  /;;;;;;;;;));;,   /;;;;;; ・ /;;;;;;;/
                 ヽ   .リ'           ヽ    У- .|--〈 :,,,,;;;;;;;;((  /  ⌒);;;;;;;;;;\ ヽ((   ((;;;/
                 \.:::/            .|   、 〈  ....| ..::/ ;;;;;⌒⌒ 「⌒ヽ,,,,,;;;;;;;r-;;;;;)) ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,/
                                 '   ::. ヽ::::::|:::/ .:::::〃⌒/ .::::У((⌒  ̄  ⌒\;;;;;;((;;;;;;;///
                             /     :   i「  :::::::(( '  ..:::://          ));;;;;;\;;;//




.

3497 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 23:25:54 ID:YgS4g1BA

ひどいwwww

3498 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 23:26:20 ID:ut18HqmG

「マナボ様のストーカー」という性質を持っていることが判明したらどうなりますか

3499エイワス ◆ovWgAQvoZA :2018/10/11(木) 23:27:43 ID:SS6CjIjn

マナボ様は基本くっそ慎重なのである。

3500 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 23:27:55 ID:XXtEcCPN

ご覧下さい
これが魔剣世界で最も深謀遠慮な者と
反対に魔剣世界で最も短慮軽率な者の差でございます


3501 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 23:27:55 ID:uxsUpmez

チャレンジ精神は大事だね!

3502エイワス ◆ovWgAQvoZA :2018/10/11(木) 23:28:01 ID:SS6CjIjn

心当たりがないっつってんだルォォ??>ストーカー

3503 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 23:28:42 ID:YgS4g1BA

なお、信用されない

3504 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 23:29:28 ID:O1/OXHCD

だまされないぞ!

3505 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 23:30:01 ID:xfIPwyfg

下の方は生きてて楽しそうだな

3507 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 23:30:18 ID:qKFpmfdQ

アダム「「混ぜる」と心の中で思ったならッ!その時スデに行動は終わっているんだッ!」

3509 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 23:31:37 ID:G1QlhLfw

>(結果以外は)完璧だ!!
そこ一番大事なところォ!!w


3514 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 23:37:40 ID:ut18HqmG

幾ら中身が詰まってても使わない頭に何の意味が?(無慈悲

3516 :梱包済みのやる夫:2018/10/11(木) 23:43:10 ID:506aT2Uj

アダム君にはこのまま頑張ってもらって、ギル様を真顔にする偉業を成し遂げてくれないかと密かに期待してたりする。









5942 :梱包済みのやる夫:2018/10/12(金) 19:54:41 ID:ty0AOHaI

わかる ( )
ttps://dotup.org/uploda/dotup.org1665403.jpg
org1665403.jpg

5944 :梱包済みのやる夫:2018/10/12(金) 19:56:03 ID:BRN4stLo

>>5942
カワイイのに隣ぃ!w

5945 :梱包済みのやる夫:2018/10/12(金) 19:56:34 ID:Zlwyn/NR

おー支援乙です

5946 :梱包済みのやる夫:2018/10/12(金) 19:57:47 ID:m9T6AsI9

支援乙ー
それを寝れてないとは言わねーよww

5947エイワス ◆ovWgAQvoZA :2018/10/12(金) 19:58:31 ID:VeiKPupi

エムちゃん出来れば永遠に寝てたいからね、仕方ないね。

5948 :梱包済みのやる夫:2018/10/12(金) 20:01:58 ID:7EQKz/Fo

>>5942
支援乙ー
わかる(わかってない)

5949 :梱包済みのやる夫:2018/10/12(金) 20:03:26 ID:Rct1OzAb

>>5942
支援乙
眠れる者と眠れない者w

5950エイワス ◆ovWgAQvoZA :2018/10/12(金) 20:04:14 ID:VeiKPupi

そしてとりあえず可愛い女の子ボディに詰め込むレズの趣味。

5951 :梱包済みのやる夫:2018/10/12(金) 20:04:42 ID:xTWr4l7b

度し難いなw

5952 :梱包済みのやる夫:2018/10/12(金) 20:10:17 ID:lO+Y3Rol

>>5942
支援乙
できない夫とエムラくんちゃんにこれほど意識の差があるとは思わなかった…!


5953 :梱包済みのやる夫:2018/10/12(金) 20:13:25 ID:bhI1BLe8

乙乙
この押して押し捲るタイプぇw

5955 :梱包済みのやる夫:2018/10/12(金) 20:19:15 ID:jQtipYx+

しかしあの度し難いレズ、うっかりエムラくんちゃんが「ねーちゃん」とか呼んだらどんな反応をするんだろうか……w

5956エイワス ◆ovWgAQvoZA :2018/10/12(金) 20:21:08 ID:VeiKPupi

可愛がってくれるぞ()

5957 :梱包済みのやる夫:2018/10/12(金) 20:21:39 ID:xTWr4l7b

草 うーんこの

5958 :梱包済みのやる夫:2018/10/12(金) 20:22:41 ID:Rct1OzAb

可愛がる(意味深)
うーんこのサイコなレズ








6106 :梱包済みのやる夫:2018/10/13(土) 00:45:41 ID:ucpM18nb

こそーる zzz
ttps://dotup.org/uploda/dotup.org1665683.png
org1665683.png

6107 :梱包済みのやる夫:2018/10/13(土) 00:47:52 ID:7YLN/e+j

>>6106
クッソかわわ
支援乙

6108エイワス ◆ovWgAQvoZA :2018/10/13(土) 00:48:19 ID:7Gj46YLC

人型ビギナーは草。確かにエムラくんずーっと巨大ボディだったろうしな……w
支援おつ!


6109 :梱包済みのやる夫:2018/10/13(土) 00:50:20 ID:zJ57y9wD

平和だったらこれまた我慢できずにがばちょとまとめて頂く展開になってたんじゃなかろうか…w
支援おつです!

6110 :梱包済みのやる夫:2018/10/13(土) 00:51:32 ID:kgSixHud

支援乙―、そうかまずは人間の飯・呼吸・睡眠の必要量を教える必要があるのか
極まれば魔法とかでガン無視できるかもしれんが

6111エイワス ◆ovWgAQvoZA :2018/10/13(土) 00:55:38 ID:7Gj46YLC

とりあえず「やわらかいベッドで眠る」という禁断の蜜を与えるところから。

6112 :梱包済みのやる夫:2018/10/13(土) 00:56:39 ID:7YLN/e+j

>>6111
その先に待っている光景はただのスヤリス姫では

6114 :梱包済みのやる夫:2018/10/13(土) 00:57:43 ID:1nl4SFiO

良い香りがして抱き心地が最高な抱き枕もプレゼントしなきゃ(使命感)

6115 :梱包済みのやる夫:2018/10/13(土) 00:59:01 ID:zJ57y9wD

青筋立てたマナボ様に叩き起こされる未来しか見えねえ…w

6118 :梱包済みのやる夫:2018/10/13(土) 01:09:48 ID:kgSixHud

結構真面目な部分があるからそのうち快適な睡眠のために家を作るところから布団を作るところまで原材料作成から始めそう
睡眠にドはまりせずにパルシースのお世話に目覚めたパターンも見てみたいが


6119 :梱包済みのやる夫:2018/10/13(土) 01:10:27 ID:Wq37mbrT

>>6118
ガワの原作かな??

6120エイワス ◆ovWgAQvoZA :2018/10/13(土) 01:10:39 ID:7Gj46YLC

むしろパルシースちゃんに世話される側じゃないかなエムラは。。。w







6156 :梱包済みのやる夫:2018/10/13(土) 11:11:01 ID:nN3HoaeS

毛布を掛けようとして湯たんぽにされる最弱どらごん
ttp://dotup.org/uploda/dotup.org1665898.jpg
org1665898.jpg

6157 :梱包済みのやる夫:2018/10/13(土) 11:13:04 ID:kgSixHud

支援乙―
これはいいものだ


6158 :梱包済みのやる夫:2018/10/13(土) 11:25:15 ID:7YLN/e+j

エムパルキテル…?

6159 :梱包済みのやる夫:2018/10/13(土) 11:31:10 ID:aoPQwvKl

エムパルキテルネ……


マナボ「見たわよ」


6160エイワス ◆ovWgAQvoZA :2018/10/13(土) 11:35:22 ID:7Gj46YLC

でぇじょうぶだ、姉面の妹は恐らくストーカーのせいで構ってる余裕がない。

6161 :梱包済みのやる夫:2018/10/13(土) 11:36:12 ID:2HwNG6O+

支援乙。
よくよく考えると結界だけしっかりすればあとはねむねむ出来るので、
エムラにとっては天国のような職場なのではあるまいか。

姉面の長兄に見つかるとまとめて食われるが大陸外だしな!!!

6162 :梱包済みのやる夫:2018/10/13(土) 11:36:44 ID:I4b7uI2X

ストーカーいい仕事してるなw

6163 :梱包済みのやる夫:2018/10/13(土) 11:59:50 ID:kvoVGbIk

パルシースが兄弟といちゃこらしてるのを横目で見に覚えのないストーカーにつきまといされるマナボ様という構図は面白すぎる

6165 :梱包済みのやる夫:2018/10/13(土) 12:34:16 ID:2HwNG6O+

なおエムラはよくシースの避難所(強制)となっておりそこそこ面識あるので、ナメクジが寝てるエムラ(♀)を見ると
「こいつほんと変わってねえなあ」としみじみする模様。圧倒的平和。


6166エイワス ◆ovWgAQvoZA :2018/10/13(土) 12:35:34 ID:7Gj46YLC

やさしいせかい(巨人王が現れた外界から目を背けて)






org1665403.jpg

org1665683.png

org1665898.jpg








一覧
関連記事

[タグ未指定]
[ 2018/10/15 18:00 ] おすすめ 人気スレ 魔剣物語 | TB(0) | CM(3)
>[ 31885 ]
支援絵がどれも尊すぎてヤバい
(全力でオバロくんから目を逸らしつつ)
[ 2018/10/15 18:46 ] [ 編集 ]
>[ 31896 ]
うーん実に助長の原意を体現するかのような存在
[ 2018/10/16 01:01 ] [ 編集 ]
>[ 31898 ]
古龍組はどんどん癒し存在になっていくことだなあ(有史最強のバカによって変な方向にキレたストーカーから目を逸らしながら)
[ 2018/10/16 02:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

11月突入。今年も残すところあと2か月。
そしてなんと、平成終了まであと半年らしいです。
新年号はどうなるのでしょうか?まぁまだ先の事ですかね。

それよりもすっかり秋となって、朝晩はかなり冷え込みますね。
それでもお昼間はかなり暖かく、過ごしやすい時期とも言えます。
紅葉のシーズンでもあるのでお出かけする人も多いと思いますが、インフルエンザも流行り始めておりますので、体調管理は忘れずに。

秋の夜長のお供にやるぽん!なんていかがでしょうか<(_ _)>


一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



FC2カウンター