魔剣物語AM二次創作 姉と弟 やるぽん!

ゼロワン第41回 前回の変身前襲撃と言い、アークはかなりの過激派。 でもついに滅が夢を見つけ、そして共闘の果てにアークを倒すという感動的な最終回……あれ? それと、なんだかんだヒューマギアは必要ですよね。

魔剣物語AM二次創作 姉と弟

2064ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 21:41:28 ID:74V0WCug

こんばんはー
予約とかないようでしたら、22:00頃から30レス程奉納させてください


2065ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:00:57 ID:74V0WCug


    ____           __      __
  /     `ヽ        / i i     i i \        / ̄ ̄ ̄`ヽ
. / イ二二ゝ、V=i    ./ /´ l |二二二l | ヽ∧    r=/ ,イ二二ゝ   ',
//::::::::::ゝ:::::::r Vヽ、  i i___/ ______ .\__i i   __i_/rヽ:::::::厂ヽ::::\__i
`ヽ::::::::::::::ヽ::::::Yヽ   ̄V__ / ヽニニ/ \ __ゝ二二〃Y::::::/:::::/::::r´ ̄
  `ー 、:::::\/:::::Y一 /ー/::`.ヽ、`´ /´: :\‐‐ V::::Y:::::i::::::i__r‐一′
      `ヽ::∧:::::iヽ<i  i: : : : : : ::i  i : : : : : : :i  iハ::i::::::ハ/
         \:::::V::ハ__ヽ: : : : :ノ  ヽ: : : : : :/__<__::Y__/      では、時間になりましたので奉納を始めたいと思います
.          ` ̄ ̄ ヽ  ̄r V´ ̄`Vヽ ̄ /` ̄´
                   i>::::∧ヽ‐― ‐/∧:::<i             今回は、ベースはアカザ時空ですが一部下記も参考にしています
                 `i::i::ii::i`ー一´ i::i::i::i:i
                ` ̄´      `  ̄´

・参考資料:審議中 ◆7EqKytkU2E様の「人間の証明」シリーズ



                                  . .─ 、
                                / / _  \
                                /  { /:::::::::`ヽ∧
                           r=- 、  // //⌒〈::∧∧
                    /ヽ  「:∧ マヽ\ .| .|::::::::::ムヽ∧∧
        . .─  、      / /ハ ≠ 二ニ`ヽ |  |:::::::::|/| /∧∧
      /       \,r─‐ァ|  {イ/ ∠ r‐/  /ヽ ヽ::::::|/ト、//lノ     ま、剪定事象だから!剪定事象だからね!
     /    >─ 、   \/. ヽ V /_  ̄  /: : : : ', Ⅵ::::::|::::: |
      |   / /:::::::::\  \::::∧/  Y´: : : \  .l: : : : : | ∧ヽ/`ヽ|
     |  /ニ//ミヽ::::::::::::> 、 ̄ |  .{: : : : : : :ヽ ゝ─‐ '/:イ           それでは、よろしくお願いいたします!
     |   {:::::| |::::> \:::r=/:ヽ∧  \: : : :/ ,r=ニイヽ::/
     ∨ {:::::X´ <> 丶:://ノ ト}:::\_/ 二=イr、r‐≠¨|_ノ/イヽ
        ヽ ∨\\ `ヽ二//ヽ V:::::::/`ー‐=ニ |_ノ:ニ二/|::ヽヽハ
       \{\::\}:::::r=、ニニノ`ヽ:::r==、::三ニ= ´   |:::::}::}:::|
           `ヽ/     ̄    ヽ::::::::::∧         ̄  ̄
                        マ」/_ノ


2066ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:02:03 ID:74V0WCug





            / /⌒\\ /__       イ:::         〉 ハ::::::::::::ハ
            ゝ-┘  > ⌒ ,ノ'´_ 彡  r|::\.   ‐一  / }:::::::::::| }
                 ⌒  ̄/: : : : : : \ /: 辷‐`::...,_ __ / _ ノ:::::::::ノ
                       厂ニ=-: :/ニニ\r〈/: :ニ=立〔|_⌒ フイ/
                  |ニニニニ;l |- : : : : \\ニニ/ \ -ヽ __
                    ニニニニ;|__|ニ=-: : : : :∨/ヽ{_込 ---} : : : : \
                    ニニニニニニニ=- : : :∨ Ο      ヽ「\: : : : )ヽ           /
                         ニニニニニニニ=-: : :У     / 万)`\/-=|          //
                         ニニミニニニニニニ=-/     /   r ヽ   〈ニニ|        .//
                    /: : : -=ミ、 ニニニニ/ Ο― 〈 _____::::ヽ/       //  /
                     辷=-: : : : `ニ/ニニ/      ';::::::::::::::::::::::::::: ヽ}     //  / /
                   /: : : : : :-ニ/トニニ/         ';::::::::::::::::::::::::::::::|  .//  / /
                    : : : : : :-ニ/  ∨///          入:::::::::::::::::::::::::ノ .//  / /
                  /: : : : -ニ/    ∨X          /  ゝ:::Ο――//  / /
                  〈 : : -=ニ/      ヽ \___ /     :::::::::://  / /
                  /  ̄ ̄ ̄ ヽ=/      }/  |       \     //  / /
                     } \       V//|        ヽ //ノ / /
                       :::::::::::::.     \//,       //£/ /-
              ___   /:::::::::::::::〉        ヽ//___//τ/ /ニニ=-
                  |   _|::o:| /::::::::::::::::'   __ /  -= //ν/ / ツ ニ=-/\
                  |___l___;|./:::::::::::::::/   /     ヽ //γ/ /彡' ニニニ/(:::::::::::.
                  |   _|::o:|::::::::::::::::/ /        )//ξ/ /ニニニニニ〈 \::::::::.、
                  |___l___;|:::::::::::::/   ,__     /  ̄ |/ /辷ニニニ 彡 : \   \ \
                  |   _|::o:|::::::::::/   /|ニニ|  /〉 /〉 |_/ \\__-=彡: : : : : : \   \\
                  |___l___;|::::::::/ /┃|ニニ|//〉 く//: : : : :\厂⌒: : : : : : : : : :\   \\

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                  ――幼き頃から、私にとって『聖王』は憧れであり誇りでした

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2067ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:03:03 ID:74V0WCug


                                      _ -‐   ̄`=-、
_                                    / , -=ニニ=-  |-、
ニ=-                                 , ' イニr=⌒ } ̄`ヽニヽ \
-=ニ二二ニ==- _ _/]                     / |/           \|
      ̄ ‐-==二/ /                         |   /   /   /|   |  }
             7 [二=_r‐=- 、_                   |     /、_ /|  /_ノ   !
              /=/    [\_: : : : ―- _ _
           [_ノ   └-、_:_: : : : : : :  /二L _ ,イ三
                    ̄\_: : : /ニニ>-r‐:=ニ二
                       \イニニニ/: : : : : : : :|   !{    , - 、  ̄ / / /
                        ヽ: : ̄ソ: : : : : : : : 八 |ヽ 、 { _ 」  ィ  ' / __
                                ̄  \: : : : :./ニ/ヽ !\|-\_ r< |/|ィ  ̄     ⌒ヽ
                              \_/ニ{イ:t):ノ、       _r)ヽ { { ヽ   =- _ L_  _ =- _
                                   {:.:|: :{)  \  -‐ _rう :八\) }      !ニ=/: : : :|
                                        7ノ  ヒ)    _r夂: :/   V        ! ノニニ7: : : : .L
                                      ヽ)  夂)  ノ /:.:!:.「ヽ    _」r<ニ 」: : :\: : \_
                                    /      匕ソ         |:!/    ̄      └‐ 、: :.\ : : \_
                                   {:     (rvぅ)       j:.{              ̄\r‐: =-、\_
                                 、: :.     ヽノ }        /:∧                V::\:.r:.!:|: !
                                 \: :    r、ソ       ノ:.∧                 \:]::!:」」┘
                                   「 ̄ : : : : \.     ィ                     ̄
                                  〃: : : : : : : : : : : ̄ : : :L _

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

              だから、この身体に宿る『聖王』の血に恥じぬよう、弟と訓練を重ねました

                     いつか、この帝国を護る立派な騎士となれるように、と

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2068ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:03:20 ID:74V0WCug














╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                    けれど、いざ軍に入った私を待っていたのは――

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋












.

2069ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:04:03 ID:74V0WCug


                                         ,.-‐ァ
                                   / /              ,ィ''⌒ヽ
                            __ ___/ /              /;;;;彡,,..ヽ
                             /,ィzz{,_>'7 , ヘ>            /;;;;;;;;;;;;;;;;;},,_‘,
                           /./ニア⌒◎//               /;;;>''">=-;;;;;{ 〉    /´{
                             {_{ニ{ニ/', ',ィゝ、    _,, -‐''" ヘ /;;;;ァ'ノヽ ,''" _.. -く_"  / ̄'。} 〉、
                             __...ヾ==‐ }ヘ \  {.: : : : : : :. :.,;;;;;;;;/ノ,、、く。゙' / ,zx}  {-ァ‐く,イイ`Y::〉¨ハ
                        | r┬ァヤ''''7゙/.   \}   ヘzzzz ,゚-、 ',;;;;//三ミミ ヽ≧、/;;ノノ  }彡イイ  ./::/`ヽV
                      _r,z┐   乂 ゝく\/      /\ヘ, -‐、 ', .くィ{_{,⌒ヽ', /./;; ',∨ /イ气  〉zzイ/ ヽヘ∨
               /´// ノ‐-≦/ ̄"''</     _/-‐.v,'     }ノ<.Y'..: : : :.∨_/、_,,.イ:::::ヽ'':<=',`ヽ/  ,、 ヽ〉∨
                    { / 7 > .{ //    / ⌒"<  ∥___.: : {    ,'  / />、: : :.,, =≦'¨ヽ::::::://:::、:::}}  ',nヾ、}_} / ∧/
                    〉'_,,/ 〉||__r' _{=|__.., -┘    \ |≠´ /ゝ、_ノ ノ──く>=--く::::ー─、::::::::::::::ヽzx {'',. ',_,}ィV、 . ,イ
.                八l,}/,ィ|{〉/ニニニニ、   〉__}  ,イニハヾ,'.:..:.}}i/イ >‐ヤ.     {     V:::::::::::::',:::::::::::::::}:::::>/ ̄  〉 ∨
                     Ⅵ:i:i/イ⌒i  寸ニニソ ̄`く/ ̄ヽ '>ソ: : ノ 〈──、//__  /:::::::::::::::::}:::::::::::::}::::::|\_, ⌒V7
                 ∨イ,くヽ }   ‘,   /    } ┐.:./ ̄マzz...  >'_ /::::,'::::::::::::::::::::}::::::::::イ--::::::ゝ'´___,ノ
                     , ‐''>く/',',   ‘, , -乂j   | 〈_: :{  / ̄`ヽ/::::::::::::::::;;;;;イヽ:;;;;;;;;;;;;イヾ''":::}  ヽ;;;{ニ|´  V
                     { アミヽ>ヘヘ\   }'´ヽ、__zイ   ,'  {.:.:.\/  ノ〉'´ ̄`.Yツ   マ:::::::乂:::::_,,}ノ:::ノ..  Ⅴ./    }、
                ゝヾ`>゙ ¨´  ゝ、_ . ,/ ,イ{   ,' ____}〉  {_/¨¨''</ ,イ´  _ノ´⌒)¨\_ヾ:::::::::}、::ハ!     ∨、   ノヘ
                / /         〉'   >=У=!ヘ_ ,,{ニヽ__}ト、ト、__ト,'   ノ=( ヽ,∨:::::::}:::::::ハ、   \`¨¨´ , イ
                / /        _ァ=/___o/ニ{__マニニ/  ./ i┘__〉、==ヽニ彡{ヽrヘ.>‐::::::ハ:/ / <   `¨¨´
.             / /        <-=ニニニニニニ/ゞ===イニ/ / /ニニニ.-‐''"└-ヘУ≧ o,ィ二ヾ。∧  /"''Y
         / /         〈  〈ニニニニニニニニハ,,}_i,'ノ='≡≡''"‐''".       /-.、.     l/,|    l∧/   /"''く
         / /          ノ  -=ニニニニニニニニ=-''"/___/ }  _,,, -‐ ''"゙/    ゙ ‐- , |/,|=──=l∧  /   /
        / /            彡  -=ニニニ=,ヘ''" ',',  川 ',',/        /  ` ‐-      l//|─=─}∧./  / \
.    / /               _,,, -‐ニニ-、_',ヘ_ ',',< `¨¨        ≧<   ‐- .,イ|//|___,,}∧ .ノ
.   / /                 ()=‐''"-''"<__',_〉  ̄              ,‘     >、   / ∨////////
.  乂/              >''"   ,, -‐''"               /       ヽ/    ̄ ̄ ̄
                         ̄ ̄ ̄

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                     ・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ ・ .・ .・ ・ .・ ・ .・ .・ .・ ・ ・ .・ ・ ・ .・ ・ .・ .・
                    私程度の実力の騎士は、この国にはごまんといる事実と

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2070 :管理スレ1604-1606をご確認下さい:2019/05/08(水) 22:04:28 ID:6B58T7ri

厳しい現実!

2071ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:05:05 ID:74V0WCug



                    /}
          , ィ'⌒    /厶.,_
     ,/  .// , -=≦     〕iト .,
    {{   ∥ //     ー==ァ   `二ア
     .Vv .|rf¨ ̄ ̄ ̄ ¨¨'' <^ 〕iト .,   \
     ゞミレ'^ 、_  ̄ ̄`ヽ  \ `マヽ  \
     / {ト、  _三二ニイ \ V :、 \\i⌒`
    /,:1 ', \ 、 :、〕iト ., ヽ/込 ∨ `≧=-≧_
    {{ .| .∧、 .\\≧=-/ィ汽アv∨/ヽ卞⌒`
    ` ! v∧ `iト ., \ヽ〈 ゞイ  }/.{ {⌒ }
       .|、 V ーzt=ミ=-`-       ムイ/
      N\\ 《弋ソ          「.{.|
         \≧=-  `          リ 从   , <⌒>=ァー──--=ミ
            \    , -‐    /jxwvヘ//// //           ` 、
             \       ,  ___/'/////,/===ミ:、       \
               ≧s。. __/z彡<'///,/'//∥      ヾヽ       ',
                _)` //:::::::;// ////「¨        Vヘ       ',
               /// そ{ 〈::。:::::∥//////.{           Vヘ     |v   }
               /{////∧_Vム:≦j{'///////{              Vヘ   ヽ} ノ_.乂
            ///{////       ̄\_/'/∧             Vヘ 冫({ j)_斗
            V/∧//           `¨7/∧          \\。s≦  \
             ∨/_/        ,/   / ヘ/,\    _    /、   _ -=ゝ
           ,jz{'⌒7 ({  j) ー=≦'^   .//;ヘ\/> .,_{、  ̄¨¨´ \> '^     \
          / L_.Y/ ー- ,´__ー=彳  /,\く//.\\  ∥\(⌒ニ=- '\\ _ -=≦\
         ./   }ヘ `¨∥{-={\_//////>ヘ_//iト ,∥   \r-=ニ__>'^、  _ -=〔
        ∥   ∥\、_j{ .{-={  \/////  \iト .,    〕iト .,_}:::\    \>'^, rf''⌒}
        i{    j{ ∥/{ {-={    \/       〕iト ._〕    V::::::::: ̄⌒::/ rf^¨ ̄}_
        i{   ∥\j{//{ 厶斗              ∥   ̄ ̄/ V::::::::::::::::/ / / ̄ ̄\

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

     .・ .・ ・ ・ .・ ・ .・ .・ .・ .・ ・ .・ ・ .・ .・  ・ ・ ・ .・ ・ ・ .・ ・ .・ .・ ・ ・ .・ .・ .・ .・ ・ ・ ・ .・ .・ .・ ・ ・ ・ ・ .・ .・
     私と同じ程度の実力しかないのに、私にはない才能を開花させて軍を上り詰めていく弟の姿でした

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2072 :管理スレ1604-1606をご確認下さい:2019/05/08(水) 22:05:44 ID:6B58T7ri

また新しい>パパアーサーの姉

2073 :管理スレ1604-1606をご確認下さい:2019/05/08(水) 22:05:51 ID:mPXU2dQ3

おとーとぉ!?

2074ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:06:04 ID:74V0WCug


              l             乂_ .ノ
              l            /    丶
三三三三三二ニ‐- _ l           /三三≧ 、 ',
───── = 二三ムl           ′  ̄ ̄ \\.',              ___
_______ `丶ノ          {       \ }          _ - ≦ |   |
     __    ≧ 、丶         ',        /         /l     ‐.、 |
     |:::::|      /          ゝ _ __ , イ          /ヽ _ -─ ´ l__|__.|
     |:::::|      ./            _ -≦ 三三 ≧ - _      /` /\、   丶 `ーヽ
     |:::::|     /         /           >    /` /   \‐o 、 ∨  l
     |:::::|     ,′          `丶         /    /` /    、  ̄\>l   l
     |:::::|                 ∨       ′    /__  l     l    ∨  ∧
     |:::::|    l                l  -──-  l    {         、    ∨  ∧
     l:◯\                 / _ -==- `ヽ    `ヽ l         丶 _   〉─‐ 〉
      \::::::i   l            丶´       ヽ〉    ノ .l         l \/   /
         |:::::|  l             l        l     { .l           l    ̄ ̄
         |:::::|  l             l        l     丶l            l
         |:::::|  l                           /          ∧
         |:::::|  l            /        ∧     ′            ∧
         |:::::|  l              /           ∧   /              ∧
         |:::::|  l           /            ∧/                 ∧

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                     ゲーム
           ――思い返せば、昔から弟にはそういった遊戯で勝てたことはありませんでした

               しかし、剣の腕は互角だし、なんなら魔法の腕は私の方が上でした

              幼い頃の私は……だから、自分も軍で活躍できると、信じていたのです

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2075 :管理スレ1604-1606をご確認下さい:2019/05/08(水) 22:06:59 ID:ZYfZOkwR

おばアーサー!(違

2076ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:07:04 ID:74V0WCug





                      /:::::::::::::|  0 ヾ{  ::::::::: }´/  :::::::|::::::: / /  .八  }::::::::::::/
                      《:::::::::::::::|  {    \   .' 、   o  ./ イ  ./  .八:::::/
                   __\:::::::八 八 ヽ }  ≧=-j f⌒ヽ   //  /   /:::::/
                 _>--`_<::ヽ{ .} .ハ{八个o  、___ノ.  (イ   /  ./::/ヽ
                  ̄>-_-/   ̄`.ノイヽij::\   .≧=≦ ノ _彡 /¨´ .o }
                  _   .{  、  r―‐////ハ、     /(////Y( (ヽ     人_
                 __)>、'.   ヽ/::ヽ::人///.ノ `ヽ ./   ーrく\ヾ:::}ーく /::(__
                 ̄ ̄>、∧  ノヽ:Y / :  {.   ij    /  } { `丶::::::::}/⌒ヽ ̄ ̄
               _  く_ノ( .∧ .{::::::::{./ /: :} {        し  | }:{   Y:::::)、
               ̄):{_ノヽ  /  \ヽ:::〈′{: : | |  ヽ        | ):ヽ_ .〉イ【\{\
              ̄ ̄)ノ^ヽ〈     /::Y:{{ : ヽ:ヽ人   }  、   八Y⌒ ./{__】} [\
                 rく∨⌒}_  ゝ、::人   ) ヽ Jノ  .≧'=----.< .八{  \
            /⌒ヽ(⌒ У/⌒ー∨  }:::Y:::≧=--=≦´ ><  ./   /}ヽ/ ||
           ヽ{    /⌒./    / / L八::_::::::::::::`ヽ 〈i} /  ./   / 八 V


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                           けれど、現実は違いました

         弟が才を発揮する度に比較され、努力してもなお光るものがない自分を突きつけられ

               ……憧れだったはずの軍は、いつしか牢獄のように感じていました

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2077ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:08:04 ID:74V0WCug



                                、l   / .    、ノノfリl
                                 ゝゝ-´`ーノ ゛/ソ ゞ
                                , ‐ラ、 ̄ー ̄  ノ/.:ヾ、 _
                            _,イ/  i!.:.:.>ー-ニ.:.:.:.:.,'/   7lヽ
                        ,、-イ三ヲ/   ト、//∀、、.::.:.://   i !彡ミヽ、 __
                        /1/ニー, /    i:.‐〈.><リ、゙//     l lゝ,、ミヽⅥゝ
                    //lilililiili// fヽ、  l.:.:/..ソ...ヽ:.:./  _ィ  ! |lililililililヽイi|
                       i ,' i-.::i:// ヾリゝ レ....i,'.....!..∨ ,∧ヲ  i |:::l:::.ー,'/ l l!
                      r' / i !;'//   i l !ー=====≠=-1l{   | i::::l::::// ヽヾ、
           _      i l  ∨:ヽ.ー-=ー'   i:......../    L」 _」 !::;i:://   ヾi!
           い 、 ,'`l、__ノ/ 、  ,'::::::::::::`l!i.-..\_ヾ∠-―ニニ二...ー::'::::レ/     |i|
          r‐ヽ' )(  !i;ヾ.( ヽl:::::::::::::::::l!i!;.;.;.;.;..;yテ:.‐;.;.;.; ̄|l |:::::::::::::::::::リ      !!l
         ,(`ヽ`Y   ,i !;.../> `i:::::::::::::::li l.;.;.;.;.;.;⊥l;.;.;.;.;.;.;.;.;.i| l::::::::::::::::::::ゞ      ヾヽ
         ヽ`ナ´ 〃| l;.;i∧ ト:::::::::::::li lツ三《 lΘ l》三三(!l |::::::::::::::::::::,::i`     ヾi l
         `i トー≠,:ノノ;..l i:.ノi1 \:::::::!il.:;.;.;.;.;.;..T「´;.;.;.;.;.;.;.;l !l::::::::::::::::/ 、   /   、i !
          i !..ヾゞ/;.;.;.l レ^l   \:l !i.;.;.;.;.;.;.;.;!l.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;l ll::::::::‐ ´    l  ノi    ヾヽ
          ヽレ/;.;.;.;.;.;l l  i    l il;.;.;.;.;.;.;.;;!l.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;l li        i::.,' /    ヾi!
           `\;.;.;;.;.;.;.//  l    i li;.;.;.;.;.;.;.;」i;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.l li        レ ′    |il
                  \//   !    l !lツニニ《 lΘ l》ニニ(l !i        ヽ      ,!リ
                   `ヽ  ,'     !il;.;.;.;.;.;.;.;.l T;,;,;,;,;,;,;,;,;,l il         iヽ    /
                     \i      i!i;..;.;.;.;.;.;.;.l l;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.l ll         ト \_/
                      ,'     l!i;.;.;.;.;.;.;.;.;l l;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.l ll         ヽ ̄

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

    そんな時でした……「麗しく、家柄も立派な私兵が欲しい」という貴族からの『引き抜き』があったのは

   憧れに押しつぶされ、荒んでいた私にとってその言葉は、まるで白馬の王子が現れたように感じられたのです

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2078 :管理スレ1604-1606をご確認下さい:2019/05/08(水) 22:08:10 ID:6B58T7ri

夢と現実の格差

2079ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:09:04 ID:74V0WCug



                             ’
                           , .ト、 ',
                          ! .! ', ! `
                         ,、|_V_、  ’        }
                           }   ト!___ ヽ、',   }    ハ 、     ‘,、ヽ
                        ’    |リイ炙爰ミヽ’   |i   ./´_ヽ、、    ‘ `゛
                      :::::! ’  .l   之::ツ`| ∧ |}  ./ン / `  ∧ {
                      y / \ !   ` ̄  .! l リ リ / 〉 /   / `
                      ノ|            .リ  レ´r-/  !_/
                       '、               /` ´  /、.{
                       ∧                /}     /  ヽ
                     ハ    、--‐‐‐‐ァ      { i ∧ ./
                      ヽ、  `ー--.    /  .| j/ i/
                        ヽ        /   _ !_ /!ムL
                      /`ヽ、ヽ _ , ’  ,、/!ハ` ´  く __
                    =//  ` 、!、i,、,、/j, 、ノ"`  ___ 、_,r-"¨「.:::7 }
                    //  r-!`r-------―...."´::::::::::::::::::::ノ-- ´
                    / ///ヽl 。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ム ":::::::::::
                      - 一 -、 ̄ ̄ ̄ ̄/,/ ≦"::::::::::::::::
                               ヽ _____  ≦"´:::::::::::::::::::::
                                    `,::::::::::::::::::::::::::::::::::
                      へ  __        .}:::::::::::::::::::::::::::::::::

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

   弟にも相談はしましたが、返ってきたのは少しだけ寂しそうな笑みと、「好きなようにしたらいい」という言葉でした

         背中を押してくれたのだと今では思いますが……当時は腹が立ちましたね、えぇ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2080 :管理スレ1604-1606をご確認下さい:2019/05/08(水) 22:09:06 ID:0CVcEyEa

あれは特異点だから……>パパーサー

2081ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:10:04 ID:74V0WCug


                                 _ -――- _
                               , ィ/        ` 、
                             //:/          ヽ
                            /  i.:.'
                            / / !:{             i
                        ' イ  r,|             |
                            | ハ  Y             |
                            {' !  !   i           |
                             |  |  !           l
                             |  /!  i           i!
                             | / |  |  |     |  !  |i!
                             /_/´!  !  !      !  l  |iハ
                          /¨\  ,!  | .'     !  .| |  l ∧
                         /::::::::::::::У   .'  | .|  .!   | .l  i ∧
                    /::::::::::::::::::/ ./  .'  / | /!   | !  ', ', \
                       <ニニニニ/ ,/  // /  .' //    l  ヽ ', ∧
                        i::::::::::::::/ 〃  i i /  .' /:/   /  i  ! ト. ハ ∧
                        ∨:::::::/ //  .' |/  / /:/ /  ハ  ! | |::ト. ト. ハ
                      ∨:/ /::i   ' i!  / |/ i  /iハ  | i! .|::| ! !ハ .i
                          {/ /:::::|  |  ! ,!  |i  | /! |ハ} .! リ| i!::!.! | | |
                          || {::::::::!  i! ! ハ  i!  iハ| .!::i! ,リ/::!/{::|.} } l ハ
                          || |::::::∧ .| ! | /:::∨ハ {:::} |::| //::::iハ.∨/ 〃 }|
                          |ハ{:::/::::ハ .| ト{ {::::::/ハ ト. Y リ〃/:::/'::::乂{ || .|!
                          |::::乂::/'::}∧!:乂ヽ,リ:::}}ハ | /:::{{、{:/:::/イ/ ./.{/'
                          |/:::::::::/'!::::ヾ:::::ハ}:::/':::从::::::込、:::::{/:/'| { /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                ――こうして、私は軍を辞めて私兵として働くことになりました

    最も、気がつけば『夫』の補佐をするようになり、政治に関わっていくことになるとは夢にも思いませんでしたが

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2082ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:11:04 ID:74V0WCug


                         ||{}i        i{}||
                         ||{}i        i{}||
                         ||{}i        i{}||
                         ||{}i        i{}||         ,. '"´ ̄ ̄``ヽ、
                         ||{}i   〃`'''ヽ i{}||       /.:.:.:./```ハ.:. :. :.:. ``ヽ
                         ||{}i    {{ ` ,'' }} . {}||      ,.イ.:.:.:.ノノ   /ハハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                         ||{}i   ,.ハ`ニ' ノノ i{}||     jハ.:.:,ィイ   ′  ヾ.: . :.: .: .:ヽ
       ,. '"´  ̄`ヽ  ̄`ヽ          ||,r‐‐ ' li.:.:.:.:./ム i{}||      ヾ{ 二ヽ ー='´__  ヽ.: .:.lii.:.:.i
     /        \  \      /     VハハV  ̄`ヽ     /:,′ ¨7  ``  ̄``  V.:lii.:.:.:l
    /           ヽ  ヽ    /   ,.ィつハハハ   リ  '、   ,'.:.{   〈 .. .,、      ハ:.:.:.:.:.ヽ
  / /        ,r'ニミ彡ミヽヽ.   /  _,ム/  ソll: :::ll  /   i   {.:.:.!  ,r=== 、_,    ハl.: .: .: .:.ヽ
 / /        ,.ィ彡'     ',  ',  L ____ノ´  ll::::::ll,. イ   l   l.:.:.l  ヽ ___ノ  , '  _ ノ.:.:.l.:l:.:l:.:l!
 .:/      ,.ィィ彡'′      l l l l  (  ()   /.:.:ハ.:/ Vノノ イ    ',.:.:.',        /,.: .:. :l .:l :. :/
 /.:/.:/.:.:./ 乍彡'、、、,,_     ,,,,,iソノノ   /.:.:.:.:`V:.:.:.:.:./ハハ/.:.:.:.:.:!      ヾ.:ヽ    __ /  i.: l:l :l: :l: /
 VV/.:.:.:ヽU〈   ==`′ ,r==イjjjj!    l.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      ヾ「¨¨¨´     .: .: .l :/
  ``ヾ彡'ゝ1     "´ l!  ノソソ     ヽ.:.:.:.:.:ノ`Y´YY ハ.:.:.:.:.:ノ      / L    ,. '´  ``く
  , .ィ 〈   {      ,__」  /        l  ',.:.:ノ________/⌒7  _ _,.. イ  /⌒ヽ"´      /```'''''
 .:.:.::l  ヽ  ヽ    r---ァ/         l   l     ,.ィ "´. :. :. :. :.: .:l/     ヽ    / . :. :.: .: .: .
 .:.:.:.:l   \.  \   `ニ./.:.:.`丶、       ',  l    /:./. :. :. :. :. :. :. :./       ヽ /. :. :. :. :. :. :. :. :
 .:.:.::.:l     \  ヽ __/.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:`丶、    i.  l.   /.:/. :. :. :.: .: .: .:/        ,. イ. :. :. :. :. :. :. : .: .: .:
 .:.:.:.:.:l      \_/  l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:lヽ   l  l  /.:.,′.: . :. :. :. :. :.`7~~~~~~~~~~~~ト、/.: .: .: .: .: .: .: .: .: . :.
 .:.:.:.:.:.ト、    ,.イ((  ハ l.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.r==== ∩、 /.:.:,′.: .: .: .:. : .:. `7ーー ー ー ーー ーV.: . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :
 .:.:.:.:.:.:l \/// `ー' V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\     l lノ.:.:.:.:.i .: .: .: .: .: .: .:.:7ーー ー ー ー ー ーV. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :
 .:.:.:.:.:.:.l   //     ト、..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:( ̄`ヽ ,.イl.:.:.:.:.:.:l. :. :. :. :. :. :. :. :7~~~~~~~~~~~~~ V.: .: .: .:. :. :. :. :. :. :.

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                   まぁ、こういった場の方が向いていたのでしょう

    公私共に『夫』を支え、魑魅魍魎が跋扈する貴族社会の中での政闘は、私に充実感を与えていました

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2083 :管理スレ1604-1606をご確認下さい:2019/05/08(水) 22:11:43 ID:6B58T7ri

また変わった人で…

2084ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:12:04 ID:74V0WCug



                       |   |      \_ \  ハ  ミ、___: : : : ヽ、
                       | |   {    ハ 、 ヽ、、::\::::ハ≦⌒: : : : : :/
                       |∧: : : マ   ハ \:::j ./.:ヘ::ハ シ: :__: : : ヒ、
                    _s-≦ノ::ハ::::::::`ト、::::::、ハ x≦斧x、j!`ヽ }/r !::!ヽ  /::::::
                     /   /: ::/::\:!、{ヽ ヽ!ヽ! ´ 之ノ/   (/ 'ノ、::|`..::::::::::::::::
                    /: : : : : : l: : :{:::::::::ハ` ノ     ` ̄    _/レ/::::::::::::::::::::
                /: : : : __:!: : |:::::::::::::ム `          .:::!ノ /:::::::::::::::::::::::::::
                     /,、 r´  ̄ ト-}::::::::::::::::::ト、 -  、     .::::,ミ/::::::::::::::::::::::::::::::::
               ノ: :/: : : : : : :V: :!|:::::::::::::::|::∧     , .::::, !j./:::::::::::::::::::::::::::::_/ニ
               、:X― 、__ : : : V、}:::::::::::::::!: : : ,--- ´シ´ /::::::::::::::::::::::,、/ミ/,ヽ
               : :\: : : : : ` Y: :Ⅵ::::::::::::|: : : | ヽ--―--/::::::::::::::::::::/  ` ̄´
               : : : :\: : : : : : : :r'≧:::::r--´` ヽ、〉::::::::::/:::::::::::::::::::/
               : : : : : _\__ノ´:::::::::::/      >-´、::::::::::::::〈/
               : : :/     `ヽ::::::::::| { ((        |::::::::::::::y
               /        }:::::::::ヽヽ )) ____ノ {:::::::::::::::{
                         !:::::/ ::`ヽ、_ 、___  ィ::::::::::::入
                         |::::ハ'::::::::|三\__r-' ´/:::\:::::::ヽ、 /⌒\
                         |:/ }::::::/ |―´{ヽ,::::::::\:::::ノ´ヽ::::::`´t___  //
                          / } r !  |  |:::::::::::::\/:::::〉::/。   \

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

          ……貴族社会の場に置いても弟の名を聞かない日はありませんでしたけどね!

        むしろ、政治を無視して武功を重ねていく弟の行動に頭を抱えたりする方が多かったです

         どういうことです我が弟!?!?少しは相談してください、あぁ妬ましい!!!!!!!!

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2085 :管理スレ1604-1606をご確認下さい:2019/05/08(水) 22:12:37 ID:6B58T7ri

パパアーサーに政治はわからぬ
だけど勝利だけは人一倍積み重ねる


2086 :管理スレ1604-1606をご確認下さい:2019/05/08(水) 22:12:51 ID:0CVcEyEa

政治……あっ(政治ペンドラゴン族を見つつ)

2087ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:13:10 ID:74V0WCug


                             _  -――‐- _
                           , ´ ___  \` 、
                          /,r<.:____:ヽ  ヽ ヽ
                          / /」  `     ヽヾ   ', ハ
                       /  /',ム   ヽ ト、  l ',   i  i
                         /  / | |ヘ   i! .!-ヽ=ト=|-  .! .|
                      ' /  {  斗=\ヾ∨≠iチぅミx  ト、 ',
                         | .!  ∧ ヘ ,ィ=ミ``\ マ_ン,.!'  レ' ',
                         | .ハ  ヽ ヽゞマム     /'|  !―┴..、
                      ! { \  \ハ  ` 、ァ  ,./  |.:.:.:.:.:.:/
                      Ⅵ  ∨ .|  l>......_//  /.:.:.:.:.:/_\
                          ヾ.  ∧ _」  ハ__f‐v‐/  /__/.:.:.:.: ̄\
                        / ̄レ´!  !  `T/  /    /⌒ヽ.:.:..:.:._>
                        >'´:::::::|  /くニ只{.  /    /:::::::::::::\´ \
                  \、   <\:::::::::// //介i:|  {    /!:::::::::::::::::::>-、 ヽ
                   ヾ==i\ニ/,ィ! く/::://::Lハ !   ∧!___//::フ1 .ハ
                       ∧///:::ヽ  /:|||::::::::::ヽ!  /:::::ハ――::::´::/ヽ!  }
                     / 人 {ー{:::::::::ヽ⊆ヽ.っ::::::::::∨:::::::::::}:::::::::::::/ヽ リ  ハ
                    / // ハ!::::\:::⊆ニヽっ}っ::::::::::::::::::::;.イ ̄ ̄:{∧ ∨ ∧ }
                   /乂 / /:::::::::::::/⊂ニ.`っ|::::::::::::::::_::/ _{_:::::::|_.」_/  /  Y
                    //`ー//f´ ̄/7::7ノ (`ヽ〉ヽ.iヽ ̄ヽ\´::::::::::::::::!___/ヽ  !
                〈. /  ///:::::://::::ハ__У:廴__|.∧:::::::ヽヽ:::::::::::::::|  |   }  }
                    ヽヽ / { ,ヘ_:://::::/__}/: : : : : : ヽ‐ヘ::::::::::ヽ>―r1  /  / /
                  } .} \. \/`ヽ__//L_: : : : : : : : :>`―r<  //,.∠ -‐ '  ハ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                                     ペンドラゴン
                ――そんなこんなで、私ことモルガン・P・ヴァーミリオンは

      弟の行動に妬ましく思いつつも胃を痛めながら、日夜貴族相手の闘いを繰り広げているのでした

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2088 :管理スレ1604-1606をご確認下さい:2019/05/08(水) 22:13:22 ID:mPXU2dQ3

(大丈夫? 実はシースの血混ざってない???)

2089ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:14:03 ID:74V0WCug




   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─



   |::::::|   |_____   |:::::::::|      |:::::::::|    || ̄ ̄ ̄”||    ',:::|::::::::j{     {::::: |:::::|
.    |:::::::|  :|γ⌒ヽ |  .|::::::::|      .|::::::: |    ||       :||    :|:::|:::::::j{    i{::::::|: ::|
__    |::::: |  :|{    }:|   |:::::::|       |::::::::|   ||       :||    :|:::|::::::j{     i{::::::|:: |
‐l    |:::::il   |乂_ノ|  |::::::|      .|::: : |   ||____,||    :||::|:::::j{     i{:::::|:::|
二ヽ  |::::||   |ー─ー‐|  .| : |      |::::::i|   └────┘    .|i:::|:::j{      .i{::::|::|
]|丁  l:::||   |ZZZZZl   |:: |  : :  l::::::||<)           く..)  ||:::|::j{     :   .|::::|:|
弋夕  Vリ  .:| | |  | |   |:::|   i i   l:: /| }^ヽ   /^\     }^}  | VV  :  i :  .|::::リ
 |::|   TT  :| | |  | |   |=|   | |   |=|_|_{‐〈__く====>___{ 〈_|__|┤  i  i  i  T''T
 |::|   .|: |   :| | |  | |   |:::l   | |   |:::||::| ̄|]::::::::兀兀兀::::::::::| ̄|::::::|::|::|   | .|  l  .|::: |
二二二>|: | ...:| | |_,,| |   |:::|.  | .| 弌二二二二二二二二二二二二アア  |  |  |  |:::::|
TTT|_|. ..|: | : :| | | ̄.:| |   |:::|.  | .|  ||丁¨¨¨¨||二二二~~|丁¨¨¨¨丁||::|:::|,、===、、 | .レッ==
 ̄丁/_」⊥_ | | |  | |   |:::|......|. . |.......||::|:::II::::ィシ´ ̄ ̄`ヾi}::|::::::II::::::|::||::|:::{{_   _}} . .|. .|{{_
:::::::|x㌻ ̄ ̄``ヾ弌ニニ⊥. |:|......|. ...|... ..||└─‐{{      j}└──┘ />| }}=={{. .. . |. .|::}}===
:::::::{i:i{        Vハ___|   |:::|... .|. . .|. . .||TTi¨¨゙V     / |:|⌒>⌒7 /|/ ̄ ̄ \...| / ̄ ̄
:::::::jり       ゝ┴┴ュュ |:::|. ._|.......|_,,|:|: ||  |j     / |:|,ィ㌻~//|//|二二二二」__{二二二
、_ノノ            {:{二二_⌒_____,|:|_,||__/     {  |//  //ii|/iリ|| :|l ̄ ̄|||| :|| || ̄ ̄
i:心       .:____LL       _ ⊥∠ ̄__ ̄゛ヽ>{i:{─ノノ:|i:|ィ㌻|_,||____||||,,,_||_||_
`Y:ハ_,、-‐  ̄     _、-‐ ¨|  _、 '' ゙        ィi「|/__ Y∨゙|||ノノ_Y .||.: .: .: .: .: ||.: .||.: .: .: ̄
 }i:i:i〉    __ -  ̄ _-二┘'゙         ,xf〔i:>┴─---}i:Lノ:||{i:{_ノ
./i:i/ _ -  ̄ _-二 ̄           ィi「i:㌻       丿ノ )|゙{i:{{i:{
.|i:i:{ ̄   _、-<            。s≦i:i:i:,イ ̄⌒´" 冖宀{ニ||''~ ノ.{i:{{i:{
.|i:i:{_。-<___|〕=- ´ ̄_>──=彡i:i:i:i:シ⌒.:〔ニ|zzzzzzzzzz|i:||z彡 {i:{ 'v:、
.{:i:i乂_γ´ ̄   _、-TΠ-、--rrr:||'´ ̄.:.:.:.:.:.:.:.〔ニ〕.:.:.:.: |i|i:| ̄ {i:i{ {i:{ V:, ヽ>
..Vi:i:i:i:i:≧=‐=≦⌒  乂≧x.:.:∨:||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|i:|.:.:.:.:.: |i|┘  'vハ Ⅶ,マ>
 Vi:γ´ ̄        `Yi:}.:.:.:|i:||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|i:|.:.:.:.: └     V:,  寸,


2090 :管理スレ1604-1606をご確認下さい:2019/05/08(水) 22:14:44 ID:ZYfZOkwR

>>2088
度し難レズに常時監視されているシースちゃんに
度し難レズ産のこころちゃん以外に血を分けた相手がいるはずないやろ!

2091ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:15:04 ID:74V0WCug




                                          γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                           |   ――なるほど、なるほど?  |
                                           ゝ______________,乂



             -‐=   ¨¨  ̄ ̄ ̄ ¨¨   =‐-     ____ ____ __ _____
         (                        )   レ―― 、   i    ノ/__/   \
        | ≧=‐--  __    __  --‐=≦ |V´/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        \
.          !           ̄ ̄           }_f´乂______                 \
        ‘,                          / \__/ /__,ノ  ̄\              \
                               / f´ ̄   / /  「 ̄ ̄ \
.      ¨¨  ̄ ヽ                        / ̄ ヽ__/ /_ノ___ノ_  ヽ
.  /          \                   / ̄ ̄ ___/\     {  \  \___
 /          - `                 ´ ̄ ̄ ̄       ∧     \    ̄ヽ \ ̄ ̄
. ∨      /       _〕≧― -  - ―≦〔_     \      /     `ー‐―'’_____
.  \     {       乂_       _,ノ       }    /
    `’< \            ̄ ̄ ̄ ̄           / >‘´
             ‐-=  _________  =-‐    コトッ
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


2092ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:16:04 ID:74V0WCug





                               γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                   }   ィ/}__          |  確かに、「下手人」がミツクニ公殺害の犯人であるならば、それは驚異となるでしょう  |
              / }/  /  └─‐ァ _  ゝ_____________________________________,乂
              //    / /   /}   ̄ /
          _/  { ,/ /  ,/ ,/  }/}  \
           >   { / /   /      -‐  ̄ >
          __,/ { {  { / / >--< __  _ >
         \ , < ̄\{>:「:i:i|  /:i/ /i:>、   `>
         / /  ,ィ(_  V∧  {:i:{ {:i:{ }>、 /⌒ヽ
         { ,イ { {<:i:i:\ V∧ .{:i:{ {:i:レ' ,ィ V(⌒i }
          7  { {:i:i:\:i:i:i:. V∧{:i:{ レ'/^|l  〉,/./
             ⌒八 V\:i:V∧ `、∧:i:V¨゛  八__{ /      _  -‐……‐-  _
           ^八_,V<=‐…-ミ V', 〈_ -彡'\>'¨   _      \:i:i\:i:i:\
                (へV\___,,.〉 V〉⌒\:i:\:} 〉‐‐<          \:i:i\:i:i:\
                \ `、}:i:}:i:}:i:}  、    `¨¨八.:.:.:.:.:.:.:. 〕iト        \:i:i\/∧
                   _二∨i/i:ノ   `      /∧\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\___V/∧/∧
            _/.:.:.:.:.`‐-‐"~~"'::、  / V∧ \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \ ///////} //}
          / \  ̄ ̄\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: }イ ̄\'/∧/i\_.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  ̄}'//} //}
         /   _ -=ニニニ=-\.:.:/ ̄\:i:i:i:i:i:i:\ ̄\:i:i:i:i:i:\.:.:.:.:.:.:.:.:.`¨¨¨¨¨¨¨゛
           /‐/ ̄  \ ‐▽ / ̄/⌒マ ̄ ̄ ̄ ̄\  ̄ ̄ ̄ /\_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        {  _‐¨        ▽: : : : :{   _}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i)     /.:.:.:.:.\.: ̄ ̄ ̄.:
        { {‐{       / : : : : : :>< \ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   {.:.:.:.:.:.:.:.: \.:.:.:.:.:.:.:
        { {‐{         / : : : : : /     , }:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ノ   } \.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:
           {‐{      : : : : : : : : : : : : ‐' イ ̄ ̄ ̄ ̄「__}__\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
           N'∧     : : : : : : : : : : : : /}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  ` ‐-ニ:_\
             V∧      : : : : : : : : :、   ノ_ :i:i:i: イ:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:./         ̄\
           V∧      \ : : : : : `¨フ^}:i:i:i:i:i:i:i:/.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
               \',       \__ '  ノ:i:i:>''゛.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ }
                  ` =‐--‐=ニ.:.:.:.:.:.:. `¨¨¨゛.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  :}
              ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  ,′


2093ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:17:04 ID:74V0WCug




                __  /\
       __/ ̄  _  i. \--、
        /      \ │  l   `ヽ、`ヽ、         γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
     /       \ \l   l     `'‐‐-x、         |  元老院が、《六将軍》に出動を要請するのも理解できます   |
.     /         \ .Ll   l  i       ̄≧s。,,   .ゝ___________________________,乂
    /    \ .「`ヽ--┘ヽ  l  l  ヽ、   \  ノ
    /   ┌ ──┘      ヽ、l  lヽ   ヽ  、 \
.  /    /  │     、  ノヽ、 l \  \ \.ー\
  ヽ   /     xzzzzztzzzァzzl│\lノ , \   \く ̄ ̄
  く、 / l  l  lミ=x_弋ツ__ l│l\  ̄ ̄芯ノヽー‐‐
    l ヽ、l  \   ̄ ̄ ノ     \ ̄冖===' │
    ヽ、  ー----  ,- ,ィ‐‐イ‐---イ -、    マ ヽ、
      l ヽィ      `´┴┴┴┴┴‐ ´     j_丿     う、うむ……そうだろう?
.     丿  l  し    ヽ────'       /
    ヽ┐ __+ ヽ、_     ´ ̄ ̄`    し  /         だからだねモルガン……?
       l-----l l  ̄ヽ、 ___ 丿_ -‐ i
       ヽ人lヽ// 、:::::::ヽ/::::::::/ l l 人人丿
       //l l: //o_ヽ/;;l;;;;;;l::/ o .」 l: l/ l ‘,
      l l Y: : ̄ ̄ ̄\;;;;/====-- ┘l  l l
      l l .l ̄ l l__ l l___l l ̄ ̄l  l l   【ゴルドルフ・ヴァーミリオン:元老院所属のヴォルラス貴族】
       l l .l   l┌ ─┴┴── l l   l  l l
      ヽ l   l l    l l      .l l   l  ノ .ノ


2094ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:18:03 ID:74V0WCug





                         γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                          |   でも、でもですよ……?   |
                          ゝ______________,乂






                /   /> ´|    ` ̄ ` <.:.:.:.:.:`|      l    ',
               /   ./´   ハ!          ` <!       |    i
                 /     /   ' !    .′   .┛┗   l       !    |
                ′   /    /^^|    |    ┓┏   .|     |    .|
             i    .′  l..ノL !    l   l    i   !       |     !
             |   .i   _|_.⌒.l    ト,  l    l  .|     !      |
             | /  {   N `ヽ、!   ! ヘ i ト、   |  |     !_    !
             | ハ  l   l/笊>ミト   l ._」斗 ャ―ト. |    lヘ ヽ   !
             {' ∨ l ハ  ...i:::::.::::iヾヽ 「::: ィ笊i云x! l. |    ト } }  l    なんであの愚弟は我先にと動いてるんですかねぇ……?
                  ∨ {' i∨.弋:::ソ::::::::ヽ!::: : .i::::.:::::}ヾ>.!     l  ,イ  l
                ∨  ! ヽ!:.""".,:::::::::::::::::::.乂__ソ.."| .,|     l<_   ハ    自分の立場をなんだと思ってるんですかあれは……
                  ∨ | 圦   〈      ..""" .' / !    l、.:.:.:..`.:.:..、',
                  ヽ!.  \          /´ ′   l.:.\.:.:.:.:.:.:.ハ
                   |    \...`'' -‐"       . /     l.:.:.:.:.\.:/ ∧
                  __.」     }_\    _ - ´ /     ハ.:.:.:.:..:.:.>   ∧   【モルガン・P・ヴァーミリオン:ゴルドルフの妻にして秘書】
               x≦三/! /  ./   `fi爪  _ /        ! ヽ_/     ∧
              /三三/ |/   /    | |/ 「  ./         |     ̄ ̄` >、',  【備考:アーサー・ペンドラゴンの姉】
               ,∠三三=! /   /     ヽV  ./       |      x≦三≧x

2095 :管理スレ1604-1606をご確認下さい:2019/05/08(水) 22:18:32 ID:6B58T7ri

近くにいたからだぞ!(演習に丁度良かった)

2096ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:19:05 ID:74V0WCug



    , -‐/                  /`` 、、
..,  ' /                  /    ```   、、
'                 , '           ``   、、
                      /   〉          ヾ--─‐``
            r‐- 、、  /.  /ヘ           `丶、
            r!      '  // ヘ     i         ``丶、
     , -‐ '"              ',    |         、 __ 丶
      ヽ                ',   ト     ヽ  丶、  ̄`
 .,:彡三ク     ,べ丶、          , ',   | 〉、     ヤヤ‐-ヽ
 '   , } u ,r'  ヽ. `丶、、 }    j レ. r' .,ヘ     ∨
.イ⌒ヾ! {     , -丶、 / j   イ j ,ヽK   丶、   ゙、
{.   ,'  ゙     , -‐ "´⌒`     ' ``丶ミ、   >、、 ヽ
{   {   ゝ ノ)   ,、 ○, ,    、  、○ , 、   ',ヾ_ントヘ
ハ  l      '    '  ̄         ゙,    `¨^       ',   }
 ヽ '、   丿               ',          ', ノ         お、落ち着きなさいモルガン?彼が動いてくれたんだ
  .`ソヽ. ノ   ,           L._            ν
ヤ"´l      ,γ   ,.r'"´ ̄~ ー:'′ 丶、  、  u } ‐-  、、     事態は迅速に解決されると安心できるじゃないか!
K : : :',    (. ゝ、 ノ    _   --  _     ヽ ノ)  .ノ      .ヘ丶
 ゙:、: :゙、 u  `ー T¨ニ二_   _ ゙, ヾ7`ー一"  .,〈 ̄';~゙゙'; ‐; 、', 丶、
  ';、 : :ヽ        ` ‐- _ 二~__...ノ        , ヘ. ',  ', .i ',  ',   ヽ、
   ヾ:、: :`: .、       - __,         ノ  .', ';‐┴┴┴‐-',     ヽ





          ,  ´   /ヽ__    ` .、
        /  ,r≦/  ヽ三三≧x.   ヽ
       . '  ,∠>´{      ` <ヽ  ', ヽ
      ./   / ´./ ムi   ',        `i  ', ',
     /   /  | .!^^! |  .', |  ヽ.  !   i ',
    ./ /  |  ハ |  | i!   i! ト,   ',   !   !  !
    ' /  .! 斗rf=.ト|∨  |fTヽ=ト、 |  !  |
    | .'  ! .',.  | {'  .N ∨ |,リ  \ト,! i!  .!  .!     えぇ、事態は解決すると思いますよ?
    | ,! .|  .∨ |ィ≠气 ::::::::: z≠ミx.}! リ  .l  |
    |ハ |   ∨!     i      //  l  .!     マテリアルとの国境付近で「軍神」直属の部隊が暴れることから目を背ければね?
    {  } i!   ハヾ             /イ   !  .|
      Ⅶ   iゝ.    マ__ア   ,イ!   l   .!     よりにもよって、「下手人」が国外脱出しようとしていますからね……フフフ
       ハ!   「.:.>i .     , ィ´.:.:l   !  ∧
      /ハ!   .|.:.:.:.:fー-、 ー,´-'^i.:.:.:l   ト、  .∧
      /〈.:|   |;ィ ^ヽ、__.Y _. ィ^ヽ:|   |.:.:〉  ∧                   \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人/
     ./___.〕   |      |     .!   ト、}_   ∧              ≧                             <
  .,x≦三∨    !ヤ≦三゙只三≧:ァ|    l ム三≧x                 ≧ こ、紅茶のおかわりはどうかねモルガン!?  ニ=-
 ,∠三三 7    | `ー"7:/ i:.「`ー' |    ∨三三三ム <キリキリキリキリ   .≧                             ≦
∠三三三7    .|   ,/:/:介i.:i、   |    ∨三三三ニム              /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\

2097ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:20:04 ID:74V0WCug


         ./   /    /!ヾ| i    l       ',.┛┗...|  .',
        / /  .'   /./┴‐| |    |  !  !    i.┓┏...|  .',
       ./ / ./ .!  /!.'   ! |    }、 .l  l  !  |    .|   |
       ' ,イ .'  |  ! i!    l i!   ハ ト, l  .!  i!    |   |
       || | .i!  ! `|..―- ∠,_...!   !_./-‐ '' ¨..-||、    !   |
       {' | i !  ∨ | .,≠テミミi、 ヽ  !  ィ.テ丐ミ、 ,リ    l   .|
        | | |   Ⅵ《 {r':::::::l   ヽ|  |r':::::::} 》/.!   |   .|
        ヘ{.ハ   ヘ!  .辷zz」        辷zzリ //!   l   !  何があれかって、愚弟にとってはこれが「演習」だろうってことですよ
          |∨   ハ        i        /' l   !リ    !!
          | ハ   .圦 ::::::::::: `    :::::::::::  ,.イ   |'_    |i!  えぇ、「英雄」級に対する実戦形式の演習なんて中々できませんものね!
          | ハ.  ...人     ..─(       . /.:.!   .!.:.:\ |ハ
          | /!    .个  .、      . イ.:.:.:.:.l   .!.:.:.:.:.:\∧ あのスカした笑顔で他の将軍から仕事を奪ったのが眼に浮かびますわ!
          /〈.:.:.ハ    |.:.:r<| ` ー  ´  「ヽ.:.l    |.:.:.:.:.:.:.:ノ ∧
          /  }.:.:.ハ    |.:.:| `ー、  r―‐┴ '|.:!    |.:.:.:.:/  ∧
      ,r=ュ、/  {.:.:.:.ハ   |ノ    ∨     `!    !.:.:.:{    ∧
    ,∠三三≧r┴ '´ ,}    !  `ー-- ! --― ´  |    ト ⊥   x≦三≧x
  , 三三三三≧_,. -‐  ̄`ヽrァr---‐──‐‐-r  |    |    `7三三三三\
.,∠三三三 _,.ィ´     ヽ、._ ヽ        7  |    |    ム三三三三三\
    三ヨ/ /         \_ノ!        l
    三/   {       `ヽ、  }!ヽ!       /
    三!   ヽ      \  Y |  ` r====r'´




  ,ィi ̄ ̄ヽ/ ̄ `ヽ、
 ィ    ̄\   ヽ、 \_
   l__│  l   ̄  ノ
 __\l     l  i lヽ、  ヽ \
   t┘_丿\ l .l ー'、 ヽ \
   l  ●   \l  ● ヽー ̄
   l、       \   マヽ、      軍が優秀なのはよいことだと思うのだがねぇ……
 _ ノ  ,  /`---イ .,   j- '
  l      ̄(  ̄ ̄ )`´   ノ        しかし、ミツクニ公の事件からわずか数日だろう?
 /ヽ‐‐  、     ,_ x
 ㎜/ //\  ̄ ̄ ̄/l l ㎜l         せっかく陛下が命だけは助けてやったというのに、あんな騒ぎを起こすとは……
  l l└─ .\/ヽ/- ┘l l
  l l ̄l l:::::::::l l:::::::l l ̄ l l




   /    ./.:.:> 7 `ヽ      ` <.:ヽ.   ヽヽ
  /     /.:/´  .'    ヽ        `ヾ    ', ',
 ./     / ´    {           ヽ      ',    ',.',
 ′        ムl        ',   ヽ      i    | i
..'     |   |./ーー!  |    ', |  ', ',   |    !|
.'       !    ||   ∨ {      ', l   ', ',  .!    !|
|      |   !|   ∨ハ    } ハ   i !  !    !|
|    !  .! ―‐ハ!==z⊥_.ト,   ム斗==ハ┼―!     i! |
|  | |  ∧  .|        .{ ∨  |       .}!  !    .|| |   えぇ、本当ですね……
|  | |   .∧ K'ヤ7テ不 ヾ.∨,リ う7テ下...> l     ,リ |!
.!  ! !   ∧ ヘ.` マ壬ノ     }/  .マ壬ソ './/!    ./ !!
.∨.| i!     \ゝ                /' 〃   ./  .||  (まぁ、気になるのはそれ以外にもあるのですが)
 Ⅵi |i     圦         !       /7    /  .|.!
  ヾヾハ     |.:.:\      ‐ ‐       /:/    ∧  |.l  (……この人には、伏せていた方がよさそうですね)
  / /ハ    |.:._」 {\       . ィ }!:.:i    /.:.:\. ! !
 <´.:.:.:.:ハ    |´ ! \!>  __  < !/|`.|     |.:.:.:.:.:.:>∧

2098 :管理スレ1604-1606をご確認下さい:2019/05/08(水) 22:21:05 ID:6B58T7ri

アカザ殿はね…運が悪いんだ…

2099ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:22:04 ID:74V0WCug



ニニニニ=-Ⅵ_|///∧ニニ/  ィニニニ>、 ̄  ̄  乂´ \ ̄ /ニニニ>、 Ⅵ-=/////=-/-=ニニニニニニ〕iト///'∧
ニニニニ/i:i:Ⅵ{/ ⌒Ⅵ / /ニ\ニニニ∧  、 __'__⌒,. \/ニニ/ニニハ }-〈'⌒}/=-∧-=ニニニニニニニニ〕iト
ニニニ/i:i:i:i:i:Ⅵ、 -- }_{ /=-{∧〕iト ___〉:.... `¨こ¨´  ィ 〉__ィi〔-=ニニ}|-=ニニニ=-/i:i:V-=ニニニニニニニニニニ
ニニニ/i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅵ-=ニ八 {ニニ=-Ⅵ////}i:i:i:i:>-<i:i:i:{八//Ⅳ-=ニニニニニ=-/i:i:i:i:iV-=ニニニニニニニニニニ
ニニ/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iⅥ-=ニニヽニニ=-> ´-=ニニニニニ=-` <-=ニニニニニニ=-/i:i:i:i:i:i:i:\-=ニニニニニニニニニ
ニ/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅵ-=ニニニニ=-〈-=ニニニニニニニニニ=-〉-=ニニニニニ=-/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\-=ニニニニニニニニ
/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅵ-=ニニニニ=-Ⅵ-=ニニニニニニニニ=-Ⅳ-=ニニニニ=-/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\-=ニニニニニニニ
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/^\-=>-<ニニ=-}-=ニニニニニニニニ=-{-=>-<=- /^Vi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〕iト -=ニニニニニニ
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ニニニ\{ニニニニニ〕iト ., _-=ニニニニ=- ィi〔ニニニニ}/ニニVi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕iト-=ニニニニ
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{ニニニニⅥニニニニニニニ≧===≦ニニニニニニニⅣニニニニ}i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〕iト-=ニニ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

      帝国西部で起きたことの詳細が、これだけの早さで帝都に届いているなどおかしいことです

 つまり、情報を流した「存在」は恐らくミツクニ公事件の段階、いやそれ以前から「下手人」をマークしていたということ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

~魔剣物語 十二英傑時代 一般帝国英雄アカザ殿 その7 ttp://yarupon.blog134.fc2.com/blog-entry-20828.html


2100ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:23:03 ID:74V0WCug


 ヽ三ヽ=========== |: : :.i: : :',: : (    `¨¨¨¨´ ´  `  `¨¨¨´   ヽ: :i: : i: : :|===/==三三三三三7
  `守=\=========∧ : :.i: : : ',: :ヽ       ,   i,  ヽ、      .イ:.i: :.i: : /=/==三三三三三=/=V
  /守三三==--、===∧: :.i: : : :',: ∧ヽ._   '‘´ヽ ___  '" ヽ   イ/: : :i: :.i: ://==三三三三三三/三=V
./=三 `守三三三三=n、 ヽ:i: : : :',: :∧ ヽ      __       //: : : i: : /===三三三三三三ア三三=-
二 `守三`守三三三三三=n、 ヽ/\: :∧  |+ 、二ニニ===ニニ二7 ,' /:///===三三三三三三三/三ア __,xs
三k、 `守三守三三三三三三k、====|ヽ', ヽ-'-'ァ、-.!--' -'ー'7  / ヽ/==三三三三三三三㍗'=ア ,gi三三
三三ik、 `守三守三三三三三三k、==|ヽ、.| i |/v":/:::::::/__ノ /.,' / ノ==三三三三三三三㍗'三7 .,gi三三三=
三三三k、 `守三守三三三三三三k、|三 !ヽ ソ::丿:::::/-'-'--" j ,|/==三三三三三三=㍗'~三ア ,gi三三三三
三三三三k、 `守三`守三三三三三三k、 ヽi'::::::::::::ノ- 、__"",,。gi三三三三三三㍗'~=三三ア ,gi三三三三三
三三三三三k、 `守三三`守三三三三三=n、--'"´ ̄ ̄ ア/三三三三三㍗'~=三三三ア ,gi三三三三三=
三三三三三i=k、. `守三三=`守三三三三三三k、| | | | |/=三三三=㍗'~三三三三三7 gi三三三三三三=
三三三三三三三k、 `守三三三=-~゙气三三三三| | | |/=三三㍗'~三三三三三三ア gi三三三三三三三
三三三三三三三三k、 `守三三三三三~゙气三三| | |/=三㍗'~=三三三三三三ア gi三三三三三三三三
三三三三三三三三三k、 `守三三三三三三===.| | |三㍗=三三三三三。+・'‘。+・'‘三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三`゙・+、`゙・+、三三三三三∧|/㍗~=三三三=。+・'‘。+・'‘三三三三三三三三三三三=
三三三三三三三三三三三三`゙・+、`゙・+、三三三三三三三三。+・'‘。+・'‘三三三三三三三三三三三三三=
三三三三三三三三三三三三三三三`゙・+、`゙─────・'‘。+・'‘三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三/三三守三三三三三三三三三三三三三三三三三三三=
三三三三三三三三三三三三三三三三三三=/三三三`守三三三三三三三三三三三三三三三三三三=
三三三三三三三三三三三三三三三三三三/三三三三=`守三三三三三三三三三三三三三三三三三=
三三三三三三三三三三三三三三三三三=/三三三三三三`守三三三三三三三三三三三三三三三三=

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

 問題は、元老院を動かせる程の影響力を持ちながらも、その形跡が西部での壊乱騒ぎ「以後」にはっきりとしたこと

              その事実だけで、深入りすればこちらの身が危うい事態でしょう

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

~魔剣物語 十二英傑時代 一般帝国英雄アカザ殿 その12 ttp://yarupon.blog134.fc2.com/blog-entry-20843.html


2101 :管理スレ1604-1606をご確認下さい:2019/05/08(水) 22:23:31 ID:6B58T7ri

危険人物たち

2102 :管理スレ1604-1606をご確認下さい:2019/05/08(水) 22:23:58 ID:ydZXbwnt

裏があると察した上で自分の都合の良いように好き勝手する畜生ムーブ……

2103ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:24:17 ID:74V0WCug



                    <     Ⅳ//////∧
                        ゝ‐  .::::∨//////'}
                         ヘz≦-=ニ∨/////∧
                     |//>ニ=-`ーヘ/////〉
                         , Ⅳ¨/ /  `ヾ=/^
                     / /__/ /       }|
                 , <,~l{z=='"         }l
                 _,ィニ/¨ ̄{ | l l{  zzz====='/|}
           , <~    { {  人ヾ`\_ -^ー━ ¨´/ノ
    _, -‐<~       人ヽ ____≧'´ | ゞ`==≠/
  / ヾヘ{   ___,ノ≠¨ヘ l    ,.'    /   /
    / >≠¨¨           :.l    ∥    ,   , '
  ‐‐'  人=-/         }   /'  -‐‐{ ‐〈
 ー‐t¨´ヾル'´           }  ,l_,z====zz、
 i:i:i:{                }l≠¨:|_,≠==、 }`{
 、l__{、               ,¨´_ノ__, TT¨¨ヘ丶
` 、   \            }'´ __,ノ ¨´四 ̄`¨マ∧=-
、 ヽ    ヘ              ,‐'¨´ 四  |::| \  マ∧ニニ=-

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

          織田将軍辺りが気づけば、政治がわからぬ愚弟も連鎖的に感づくはず

    だからこそ、愚弟は自ら動いたと見るべきでしょうが……ほんとフットワーク軽すぎません????

            あと、今回の「演習」、仮想敵は何処なんです???暁帝国辺り???

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

~魔剣物語 十二英傑時代 一般帝国英雄アカザ殿 その13 ttp://yarupon.blog134.fc2.com/blog-entry-20846.html


2104 :管理スレ1604-1606をご確認下さい:2019/05/08(水) 22:24:48 ID:6B58T7ri

仇敵アーラシュだ!

2105ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:25:29 ID:74V0WCug



                  _____
            _ . <´  ___     `  、
         _, <   r<.:.ハ.:..:.:.:.:.:.:.`>.、    \
        / /   ./>ァ' ヾー―<.:.:.:.:ヽ|  \ ヽ
      ./ ,ィ´   /´  ./          ` <.:|    ヽ ヽ
     ./ .//  /   /il| !          `!    }  ',
    / / ./  / / .|.' ^^| !    |     | !    !  i
   ./ / .'  / ,イ   |!   | !    ト  !   ! !    .'  .|
   ' / .'  }/! |  ,斗=='ト、  `トi、 |   .! !    '   .!   (心配なのは、副将として行動を共にしているであろうモードレッドですよ)
   | .|  i  .' 圦   |zェェx ! ヽ  | ヾ|==/トl    '   |
   | .!  |  ! | |\ .引:::::oト   ヽ. ! '仔ミヽx .'   .'    |   (あれはともかく、可愛い姪に何事も起きなければよいのですが……)
   .! !  |  | .ハ !. \{.込リ     ヽ! .|::::::::oヾi   /     !
   l.l  .!  .i! ハ |  .|"""       之少/1   /.      ト、
   .{  l  .ハ  ヾ、 人   '    """ ./イ   /r――-..⊥、\
      ヘ |. `ト、 `\ \  `丶   u.   _/  ./.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\\
       ヘ.!.  ! ヽ ヽ._\   _   ´/  ./|.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>\
        `\|   ,.Y ∨.   ̄r! r― /   /、|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> ´    \
          .| /::|  ハ    | V __/   /  ` <:.:.:.:.:.:.:.|―....、      \
        r:n::´:::::::::!   .}   `「´./   /       _>―<:\.:.:.:`ヽ、   \
        l::|.|::::::::::::l   /____}_/ /  i    /:::::::::::::::::ヽ.:.\.:.:.:.:.:`ヽ    \
       ∧:廴__:::/  ./.:.:.:.:.:.:.{:/ /   .!   /:::::::::::::::::::::::::::ヽ.:.:\.:__>    \
       / ハ::::/ ./`ヽ.:/{/ .,イ    |_ /:::::::::::::::::::::_::::::ト、__ヽ  \     \
      / / ∨ ,イ    /.:.:/ /.:!    |=ミー_≠=´――`=\ `\  \     \
     ./ / ././:::|    /.:.:/ /!.:.|ヽ.   ヽ::::`´:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾヲ\ \  \     \
     / // ./::::::::::L..-‐〈/7,ィ .'/.:.」 ヽ   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,イ   \ \  \
   . // /.'::::::::::::::::::::::://| | !.|ヾ´   }   \\::::::::::::::::::::::::; ィ .iト、   \ \  ヽ
  . / /|  {:::::::::::::::::::::::|||::}从リ:::::ヽ/::| }.  ヽヽ\_ゝ=ヲ´ ̄  ! || ヽ    ヽ  ヽ  }\
 .〃 //.!  \:::::::::::::::::::||:::::::::::::::::::::::::::ノ/  ,イ }:::::::::::::「!     | リ  }ハ    }  ハ ハ  ヽ
./ { .//  |  i |` <::::::::::^ヽ:::::::::::::::::/イ //}':::::::::::::::l::〉}   /| /|   }    ハ ./ .}' l  ハ
  |//   !   ! ! | i` ̄「¨¨\:::::::::::::::::::}/::;/::::::::::::::::::::l//}_r、∠r―――――――――、!__
  ./i   ハ\ ヾ\! !  ∨::::::ヾーrr--..彡i::::::::::::::::::::::l/ノ  } } } }                 ハ:::::::::
 ./ |  | ヽ ヽ ヾ ` l    |::::::::::r、:`\:::::::::|:::::::::::::::::::::l// // ./'         >―::::´::::::::::
 '  .|  |  ヽ }/ ヽ ヽ.  ハ:::::::::\ヽ>ハニニ!::::::::::::::::::|リ/ // /     ,r――:::´::::::::::::::::::::::::::::
. {   |  |   Y  |  ∨  l:::::::::::::`^< ̄:.l::::::::::::::::::::|': ,<' o /  o   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


 To Be Continued...?


.

2106ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:25:53 ID:74V0WCug


・おまけ1:モルガンさんの能力値ダイス

801 名前:管理スレ1604-1606をご確認下さい[sage] 投稿日:2019/05/07(火) 22:13:53 ID:vXlUVKNC
【1D10:3】
【6D100:371(82+36+91+45+56+61)】

3453 名前:管理スレ1604-1606をご確認下さい[sage] 投稿日:2019/05/07(火) 23:50:03 ID:vXlUVKNC
衣:【1D100:79】 食:【1D100:46】 住:【1D100:45】




         ,, ,, 、    ,,.,,.,,
         l.l l l__    l.l.!.!__   .r '´ ̄ヽ 、
    ,r<´/   f f  l )´ ̄`f f ,f ヽ  ノ` ヽ、 、 .丶
  f / l ヽ_r.、   ,-、、 ` ` ヽノ_ゝ.、.ヽ .ヽ 丶
  l l__f__f  ヽ Vヽl l__ヽ ヽ‐ ' ヽ ノj ヽ)ヽ ', .',
  ', ',  ._」__ヽ___.、, ‐',-- ' ̄、‐‐、 .l-メ 丿ノヽ ', .', .',  ここに、事前に用意していた才能ダイスとおまけを取り出します
   ', ',- ' _ノ __l:::1 ',::::::::::::::::',  .', r----.、  .j j  .j/
   ヽ ヽ、__/ヽ ヽ_ノ  ヽ、_:::::::l___.j ,---- 、丶-'  /    これをなんやかんやして……こうじゃ!
     ヽ、ヽ.ヽ ヽ ノ ヽ---ァ  ノヽ    jヽ、/
       `  .`ヽ -、二二 -< ' j .j     ´
            ヽ、.',    ', ノノ
              `    ヽ'



              ,   ´ ̄ ̄ ̄` 、
             /__,、_......_     ` 、
           //´_:」 ヽ―- _:ハ  ∨  ヽ
          /  i´ ム!  \  `∨∧   ',
         ./  !  | |ト, ト. ヽ ヽ ∨∧   ',
         i  | .{ l,r=.!ト∨l ヤ T トハ  ハ   !
         | ハ ∨ ト灯ハ Ⅵ "仟うiヽ!  ハ   !       【武勇:61】         【魔力:56+10=66】 【統率:36】
         | ' | |Ⅵ .ヒリ ヾ  ヒzリ  ',  ハ   l
         {'  | | 从   ,       rム   |   !       【政治:82+10=92】     【財力:91】     【天運:41】
           /  !/ハ     ,    /ヽ!  !   !
          ./  ||!. \ `   .  !.:.:ハ  !   l       衣:【1D100:79】 食:【1D100:46】 住:【1D100:45】
         /  /| i!   >‐≦__⊥.:.:.ハ  l   !
        ./  / 」 Lヽ_<.:.ノ /   ノ、.:.:ハ l    ト.
        /  //::i\_ー'/,.ィ:只、    `ー ! .|―.、 ∧     ・コンセプトは「統率できぬが政治ができるペンドラゴン」
       ./ / ,.:'::::::l   <イ/ |ヾ >     /! .l:::::::∨ \
      / / /::::::::::::l  ,/:/7ヘ!:|´    /::/:| !::::::::∨  \  ・一部、wikiのアーサーと近いのが出たので意図的に合わせてます
     ./ / /___/::Y´〈///:::|:.ト、 /:::::/:::::! |::::::::::∨   \
     / {  マ―/::::::::::::::///::::::|」:::`´:::::::::{:::::::| |::::::::::::∨   ト、  ̄ ̄\
    '  |  \{:::::::::::::::{ {.{:::::::::::::::::::::::::::::}ニニ.| ハニニニ>   \ ̄\  ヽ
    {   |    {ヘ::::::::::::|.|.!:::::::::::::::::::::::::::/:::::::::|   }::>'´     \  `ヽ ハ
    |  ハ.{    }:::}`ー::|.|.ト....__::/::/::::::::::/イ ,リ             \  ヽ.}
    ヘ. { ヾ    |<ーz≦人\:::::::::::::::::/}:::::::::/:〉| ∧           `ーく    【AA元:カリム・グラシア(りりかるなのはSts)】
     ヽ!   _rY::::T: : : : : :\.ニニニ} .'::::::::::::!/'  \          \  ヽ
   /}_.>.::´::::::ヾ:/: : : : : : : : : : : :/ ./:::::::::::::{     \             ト,  }
_..イ´::::::|:::::::::::::::r<o7: : : : : : : : _⊥, {:::::::::::⌒>...._   \        ハ', |

.

2107ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:26:51 ID:74V0WCug


・おまけその2:正史に近しい時空でのモルガンさんのムーブ



          _ -――- _
        , ィ/        ` 、
      //:/          ヽ
     /  i.:.'
     / / !:{             i
    .' イ  r,|             |
     | ハ  Y             |   ・なまじ政治が高いが故に、アーサー失脚やモードレッドの出撃は庇えなかった模様
     {' !  !   i           |
      |  |  !           l   ・嫁入りしているので、「ヴァーミリオン家」を優先せざるを得ないからである
      |  /!  i           i!
      | / |  |  |     |  !  |i!
      /_/´!  !  !      !  l  |iハ
   /¨\  ,!  | .'     !  .| |  l ∧
  /::::::::::::::У   .'  | .|  .!   | .l  i ∧
.../::::::::::::::::::/ ./  .'  / | /!   | !  ', ', \
<ニニニニ/ ,/  // /  .' //    l  ヽ ', ∧
 i::::::::::::::/ 〃  i i /  .' /:/   /  i  ! ト. ハ ∧
 ∨:::::::/ //  .' |/  / /:/ /  ハ  ! | |::ト. ト. ハ
  .∨:/ /::i   ' i!  / |/ i  /iハ  | i! .|::| ! !ハ .i
   {/ /:::::|  |  ! ,!  |i  | /! |ハ} .! リ| i!::!.! | | |
   || {::::::::!  i! ! ハ  i!  iハ| .!::i! ,リ/::!/{::|.} } l ハ
   || |::::::∧ .| ! | /:::∨ハ {:::} |::| //::::iハ.∨/ 〃 }|
   |ハ{:::/::::ハ .| ト{ {::::::/ハ ト. Y リ〃/:::/'::::乂{ || .|!
   |::::乂::/'::}∧!:乂ヽ,リ:::}}ハ | /:::{{、{:/:::/イ/ ./.{/'
   |/:::::::::/'!::::ヾ:::::ハ}:::/':::从::::::込、:::::{/:/'| { /



    /   /> ´|    ` ̄ ` <.:.:.:.:.:`|      l    ',
   /   ./´   ハ!          ` <!       |    i
  ./     /   ' !    .′       l       !    |
 .′   /    /^^|    |         |     |    .|
 i    .′  l   !    l   l    i   !       |     !
 |   .i    |   イ    .ト,  l    l  .|     !      |
 | /  {   N' ´  !   ! ヘ i ト、   |  |     !_    !
 | ハ  l   l/笊>ミト   l ..Ⅳ...`ト!、l  |    lヘ ヽ   !
 {' ∨ l ハ  ヾ.',:::::.:iヾヽ   . ,ィ笊i云x`ヽ|    ト } }  l  ・せめて、帰還後のモードレッドをフォローしようと思った矢先
   .∨ {' i∨| .と._リ   ヽ!  .i:::::.::::}ヾ>.!     l  ,イ  l
    ∨  ! ヽ!..o           とニつ"| .,|     l<_   ハ  ・モードレッド失踪、【復讐騎】化
      ∨ | 圦.。 . 〈        ij...// !    l、.:.:.:..`.:.:..、',
      ヽ!.  \          /´ ′   l.:.\.:.:.:.:.:.:.ハ
       |    \ ` ̄       。 . /     l.:.:.:.:.\.:/ ∧
      __.」     }_\    _ - ´ /     ハ.:.:.:.:..:.:.>   ∧
   x≦三/! /  ./   `fi爪  _ /        ! ヽ_/     ∧
  /三三/ |/   /    | |/ 「  ./         |     ̄ ̄` >、',
.,∠三三=! /   /     ヽV  ./       |      x≦三≧x

2108ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:27:19 ID:74V0WCug



               ___
              ´       ̄`  、
           /               ` 、
        ./          _.......-―-...._  \
       .′    /   /_..ィ´.:.:.:.,、___ヽ   ヽ
       |    .′   「.:.:.:.>ァ'  \   `ヽ  ',
       |    |   |.:/  / !    ', ',  ', ',. ', ',
       |    |   |'   ム/|    ト、. ',  ', ', l .!
       |    |   |  .! 「`"| |    ! ',. |  .| | | |
       |    i!    !  | !  l ト、  .|斗七 } ! | |
       |    !    ! .ト{ィ=N-ヽ 仟「i> ,イ/ ハ リ  ・魔剣の詳細は知らずとも、モードレッドの「魔王」化で完全にアカンと判断
       |    |    r ´「>チ个  ヽlヒリ /イ/' / }'
       !  _,..-‐!    | .<仆っ|,      /  / ./   ・せめて幼い娘は帝都から逃がすように夫を説得
        r.:´.:.:/.|   ト、{. `¨´   _'  ,イ  ト
      .ハ.:/.:/!   ト ..__   ´ /V   |ヘ
      / ∧:/  ∨  ∧ ̄ヽ`Tf7 ´  |   |:::ヘ
     / //    ∨  ∧、_∨'    .l   !:::::::\_
     .' ,∠....._    ∨  ∧  _.ィ< ̄ ̄i ∨ ∧::::::::::::}`i
    /:::::::::::::`ヾー.、 ∨  ∧/.:.:`イ\.、┘ .ト、 ハ:::::::::://
   ./:::::::::::::::::::::::::ヽ:::\ ∨  ハ /|:| ,ヘヾヽ |::ヽ.ヽ::::/,イ
   ,'::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::\ヽ   ', |:|〈ヘ:::::ヽ}'::::::ハ. V//
   ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::::`}   V|」::Vヘ::::::::::::::::::} Y
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ_:::::::|   }::::::::::Vヘ:::::::::::::/ リ
  {!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ):::::|   !:::::::::::V!.}::::_/! /
 .∧\_::::::::::::::::::_/イ:::::::::|  .リ:::::::::::;リ/::::::h:::l ./|
. /  \`ー..==´::::´::/:::::::::/  /::::::::::/人ニニ.ハ//::::!



                            r‐…─‐ 、_,,
                          __ノ   / ,,、、 Vi}
                          〉 ィ _,廴(⌒゙{ h
                          `jー'"{リ 〉f芍 乂廴
                          少'、 从> (__ h>⌒`
                          /⌒V'Vハ!、 `¨j「            ・しかし夫は娘と共に逃げるよう説得
                       _,,イ{_____`'く ____
                    ,ィi爪|i|i|i|i}  ̄ ̄}iト、\\}「 ̄iTi    r=┐   ・議論の末、モルガンが折れて娘と共に帝都脱出
                    |i|i|i|i|i|i|i|i}ニニニ7li|i|i|i|iヽ 辷/i|i|i}   { 三}ヽ
                    |i|i_i少'⌒ニニニiニニニliト、i|i|「  ViL   ^Y´
.               _r===、___jV「三ニ}iニニニ{iニニニニニ/_,,.斗i七〉   |
            __vwj三三心_){ iニニニ/ニニニ \ニニニ〈 ̄`ヽ |i| _rー'^ーァ
            乂_r─…┘「├─ /───‐ ヽニニ V/   |i|くi⌒ヽ / 〉
         ___    ` ̄\r'´) V' /         __  V/   |i|ihiフヽ_jノ
       / ヽ'⌒\      V´{  |     / //⌒   V/  圦{ ニニノ      _______
      /    ∨  \      ∨\j   / /      フ   \___j少'゙   _ -=ニ⌒ ̄ ̄ ̄ ̄\  |
.      /     _,∨    \    `ー「V/ /    __jI斗─ 、_,,}h _ -=ニ⌒     >''´ ̄ ̄ ̄ ̄\|
    /  >'~   ∨     ____r‐」i /__jI斗 ''"´      ⌒´       >'’            ′

2109 :管理スレ1604-1606をご確認下さい:2019/05/08(水) 22:27:27 ID:6B58T7ri

おつでしたー!

2110ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:28:03 ID:74V0WCug




                                       __
          -─- _                      _ -<//>
            `ヾ/,       ,ィ> _  , - 、      r ///,ィ´
             ///,   / ̄,ィ /  ,ム`/:::::::::.、     }///∥
              {///,  /i,ィ  ,ィ ==、/:::::::::, ヘ:.、, 、_,ィ////
             k///ゝ{ :| j { /ζ<( ,ィ:::::::::/γ////ノ//ノ
             ト////|l :|l´∨ノ ノ,ィ゙ ∥:::/,///////, イ´
             ヾ、///|l {` 、} /,>/::::::ヾ/////ィ ヾ
              ヾ/∧/,ト、Y: :r´/{l:::::///_ <´ __ ゝ           ・そんなこんなで魔王侵攻をなんとか回避
                /ヾ ∨ヾj: :iィ゙ γイ<´ __γ´:::::::く, 、
             __ ニ=、キ ∧Y  j /jI斗_<:ヾィli `ヾ::,ィ゙  〕≫=─ -
          、丶`   /-/-{、}ィト、/ ,ィ< _ イ゙ ,-/,ィ/   _><     ≧-,
       、丶`, -、_ jI斗 _ノ/,ィ ノ /- _////,  ,ィ゙/、/、/>-<>-、/ , 。s≦´  ,
       マ jI´⌒ゝ-<{イ´{ /´    ミメ、/, ィ゙ / ノ ,ィ  >< _ s<}/,     ,
        マキ  /\ ム //-≦≧-, -, キイ / </´〕h、, ---/´  /ノ     ,
        マ  /   ゝ-》゙冫, =- _ //ゝ-゙_ ィiト、/  キ li  ム゙  __ jI斗-=、/
         ゝ∥   ,ィ゙(∥ィ〔〕h、 -_ |jI斗ヾ ム {  キ | ム゙/jI> ´  jI斗 、
         ∥   /ィ )イ (Y`) ヾ<´   i ム   キ ィ゙ ,゙´  r_´ヾ<__j´
          ,゙   /.::::({ ヤ    ノ:/ {ヾ、  \ ム  キ  /=-...:::::::::::::::::::::i
           {  ,ィi::::::::::::キ ヤ  /:/  ´/, ヾ、___/ヾ キ ∧:::::::::::::/ヾ、, ´ ̄ヾ、     r 、
         i,ィ⌒ゝ--」´ヾヤイ,.:::´   /,   / /  ヾ/  ゝ=-ム   , イ´)h、  .r、 :| ∨
              |、___キ ム    /,   ./ .,   }h、      ム, イ:::::::::::::::)h、 |jI斗  ∨,ヘ
              , 7::::::j》 ム    {i;   ヾ \ }三〕h、      ゝ<::::\〕h、r≦  丶 j/ ∨




                     ―― 、
                     //´ ̄//          / 〉
                   { (    //          / /
                  \  { {        / /
                    /  ⌒\  _ ,/ /
                       /     \∨ ニ7 _    ・そして、ホーライにおけるヴァーミリオンの血族へ……と繋がるイメージです
                   i  /   |   j/ニニニニ〉
                   |  |Λ| |rヒ/ニニニニ/ _____________
.                Λ    人  |乏|ノ 〈ニニニニ/ ´ ̄ ̄``ヽ::::`ヽ __,. ⌒)__
              〈___〉  ⌒( >--、  人ニニニニ/       /ニニニ=-< `}__
              (  )  厂{  /ニニニ\_,>ニニ/  _,. -‐==‐- .,ニニニニニニヽ __)
               (⌒(⌒ン \{ニニニニニニニニΛ/ニニニニニニ\ニニニニニ}⌒ }
                    ⌒ ⌒   /´>ーヘニニ/  'ニニニニニニニニニニニニノ _ノ
                        |     / /  . . : :ノニニニニニニニニニニニ/⌒}
                         乂: :. :ノ / ー=ニ厂ニニニニニ=-‐`` ̄``ヽ/  __ノ
.          __     _   }ニ//ニニ Λニニ ___ -‐=ニニニニ)   ___ノ
.   ___/ニニニ>''^~ニニニ厂 /ニニニ.// ヽニニニニニニニニ/   ⌒}

【魔剣物語AM二次創作 聖王の血脈】~ttp://yarupon.blog134.fc2.com/blog-entry-19641.html


2111ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:28:20 ID:74V0WCug


・おまけ3:なぜゴルドルフ氏と結婚を?




         ./   , ,...<.:.|`ヽ、_.:.:.`ヽ   \
          /    l'´.:.>‐ |   `   ̄`ヾ    ヽ
       /  .′  |:/    !   ヽ. ヽ   ヽ   ヽ
       .'  i   |   .厶|    ヽ ヽ i  ', ヽ ',
      .'   |   l   i!|  l  |   ヽ ! | ヽ !  ヽ ',
      |    !   !  |l.!   !__ト.   |__ト」_|_ ! !   | l
      |   |   l .i |」L≠セ「ヽ  Ⅳ ,}ハ. | |  || ! |
      |   .!   ! 「| {   .N  ヽ |ィ=ゝリ/  ||ハ |  あの人、常々「自分は冷酷無情の典型的なヴォルラス貴族だ」と言うんですが
      |    l   ト、| ! ,ィ≠'气   ヽ|´   /イ  ,リ}ル'
      |     ハ   ハヽ{ `´      、   }   /'/    ……その、人の良さがどうしても隠しきれないんですよ
      |   / ハ   ハ `       , ィフ´}_ /  /
      |.  / ,ィ.:!   ト、      / ./ ./ }  .'_      だからこう、「守ってあげなきゃ!」って思って頑張っていたらいつの間にか……
      /! /.:.:.:.:l   .ハ. ` ー「`/ /  / /'} ./.:.:>
     ./ |<.:.:.:.:.:.:.:.:|    ト .. _|/ /  / ,ィ l .{,ィ´
    / __ >――|    !   /  '  /  .i! / | ヘ      ※この後3時間ぐらい惚気が始まりました
   ,'/:::::::`ヽ    !   .!  i        /  .「`::..、
  ./::::::::::::::::::::ハ  /    .!  !       ,イ  ハ:::::::::.ヽ
  /:::::::::::::::::::::::::::∨     .' _|      /、|   ∧:::::::::::ハ
. /:::::::::::::::::::::::::::::/    //::::\     /ーヘ    ∧::::::::::::',


2112ラウムの人 ◆Zq1FqFNJAk8/ :2019/05/08(水) 22:28:50 ID:74V0WCug



    ____           __      __
  /     `ヽ        / i i     i i \        / ̄ ̄ ̄`ヽ
. / イ二二ゝ、V=i    ./ /´ l |二二二l | ヽ∧    r=/ ,イ二二ゝ   ',
//::::::::::ゝ:::::::r Vヽ、  i i___/ ______ .\__i i   __i_/rヽ:::::::厂ヽ::::\__i
`ヽ::::::::::::::ヽ::::::Yヽ   ̄V__ / ヽニニ/ \ __ゝ二二〃Y::::::/:::::/::::r´ ̄
  `ー 、:::::\/:::::Y一 /ー/::`.ヽ、`´ /´: :\‐‐ V::::Y:::::i::::::i__r‐一′
      `ヽ::∧:::::iヽ<i  i: : : : : : ::i  i : : : : : : :i  iハ::i::::::ハ/
         \:::::V::ハ__ヽ: : : : :ノ  ヽ: : : : : :/__<__::Y__/
.          ` ̄ ̄ ヽ  ̄r V´ ̄`Vヽ ̄ /` ̄´    という訳で、ネタだけは温めていたアーサーの姉に纏わるお話でした
                   i>::::∧ヽ‐― ‐/∧:::<i
                 `i::i::ii::i`ー一´ i::i::i::i:i        アカザ時空をメインにしたのは、そうじゃないとまぁ悲惨ですし……
                ` ̄´      `  ̄´



      _,,---,,.
     /--- , ヽ,
          ヽ ヽ        ____
   丿     ,,..r |__ _    /"-, /
    -..,, ,.-" "-,"-,"  y'__---' '-- ,, / ヽ
       'Y     "..,"'/,", 〒-"' ," -",,-"_ ヽ
       L,_     '/  /::::::::::::::, V - '_\\|     __,,,,__
         ヽ,     |― ',::::::::::::::::|  /:::::::::::ヽヽ ,ヽ., " _,,,,, _ ヽ
           ^ ^" ヽ ̄" -.,"""'  ",:::::::::::::::| |-'-- , )"   ヽヽ
             ノ"- ,, "^ ""_ -, -'::::::''' /--' " ヾ ,    ',|   では、お付き合い頂きありがとうございました!
             ゝ- .., / |__     "' -- "      ||__  ,--'
             /// "- ,,"'-- / l_____ゝ ,__,,.... , ノ  ^ "
                   ""/// ^-^


2113 :管理スレ1604-1606をご確認下さい:2019/05/08(水) 22:29:04 ID:6B58T7ri

冷酷無比なヴォルラス貴族(笑)

2114 :管理スレ1604-1606をご確認下さい:2019/05/08(水) 22:29:50 ID:ZYfZOkwR

おつー

2115 :管理スレ1604-1606をご確認下さい:2019/05/08(水) 22:30:40 ID:0CVcEyEa

引き抜きでも良い人と巡り会えた。こんな奇跡もある。
アカザ殿? ああ、うん。

乙でした!


2116 :管理スレ1604-1606をご確認下さい:2019/05/08(水) 22:30:56 ID:2V2S3lQw

投下おっつおつー

2117 :管理スレ1604-1606をご確認下さい:2019/05/08(水) 22:50:35 ID:/F1WpaWf

乙です

2118エイワス ◆ovWgAQvoZA :2019/05/08(水) 22:55:55 ID:oJTvKcAJ

これは良い話。投下乙でしたー!

2119 :管理スレ1604-1606をご確認下さい:2019/05/08(水) 23:09:22 ID:xLqmHLlW

リプレイアフター時空や統一時空だとハザマにプレッシャー与えてるんだろうなー(ほっこり
乙です


2120 :管理スレ1604-1606をご確認下さい:2019/05/08(水) 23:56:37 ID:koUyN4IG

おつー

ヒャア!
学パロ親世代に新たなヴォルラス女子のエントリーだ!!!

2121 :管理スレ1604-1606をご確認下さい:2019/05/09(木) 00:15:42 ID:SD2OQR4e

>>2120
ゴッフが受けなのは確実だがヴォルらずに普通に恋愛した可能性も微レ存あるやろ!w









一覧
関連記事

[タグ未指定]
[ 2019/05/12 19:00 ] おすすめ 人気スレ 魔剣物語 | TB(0) | CM(3)
>[ 33628 ]
これ、ペンドラゴンさん家から抜けちゃダメな人材が抜けてたってことでは…
[ 2019/05/12 20:48 ] [ 編集 ]
>[ 33630 ]
ペンドラゴンさん家に政治高いのが、居ることばれた方が
危険なのでは?
[ 2019/05/12 23:27 ] [ 編集 ]
>[ 33652 ]
初代魔王の血縁者とかいう正史では悲惨一直線になりそうなやーつ
[ 2019/05/14 12:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

7月、2020年も後半に突入。
コロナ騒動の影響かここまであっという間でしたが、やはり今年はいつもとは違っていたと感じる半年でした。
スポーツやレジャー施設なども始まり徐々に普段の生活が戻りつつありますが、一方で感染者が増えているのも事実。
自分だけは平気と気を抜かず、自分が、周りがそうかも?という心構えでもうしばらく頑張っていきましょうね。
例年より外出の機会が減りますが、やるぽん!で補っていただければ幸いです。<(_ _)>


お借りしているFC2様の更新により一部のスクリプトが動かなくなっていた模様です。
具体的にはカテゴリの一覧での複数ページ表示が出来なくなっていたみたいですので、表示方法を1ページずつとさせていただきました。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

20/07/22
エージェントやる夫の日常茶飯事 から 雑談所内作品を
(エージェント)◆28KU4V0f26の雑談所作品 として 分離

20/05/21
やるやらで語るアドベンチャーパス 追加

20/05/20
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 完結

20/05/14
英雄の守り人 完結

20/05/05
英雄の守り人 追加

20/04/11
サクラ大戦・新 完結

20/02/26
サクラ大戦・新 追加

19/11/13
アカガネ山のやる夫 追加

19/05/26
やる夫は誰かを救う悪になるようです 追加

19/05/18
エージェントやる夫の日常茶飯事 追加

19/04/14
やらない夫は「The World」にログインするようです 完結

19/02/10
真・女神転生 ~やる夫の嫁は加賀のようです~ 追加

19/01/21
できる夫とマリーがたどる仮面ライダーファイズ 追加

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



月別アーカイブ
FC2カウンター