やる夫は翠星石を弟子にするようです 2年目 12月1週 やるぽん!

ゼロワン第7回 先生、バスケがしたいです…… という事でついにシンギュラリティが知らされましたね。 滅亡迅雷.netとの対決も加速しそう? そしてその裏で動くユアさんとA.I.M.S.の不穏さが……

やる夫は翠星石を弟子にするようです 2年目 12月1週

1745◆ziOflq66ZM:2019/05/14(火) 19:01:44 ID:FUBCoVKg0


━━┫12月1週:新魔法習得期間/1 訓練場┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                    __人_人_人__
                                 _) で で (_
                           i||          _) す す  (_
                          i|| iii        _) で で .(_
                         |  Ⅴ  ii|    _) す す  (_ / ̄\__
                         | i rt|  |  ii   _)  ッ    (_ LLL ノ ノ ――
                        |  Y⌒へ \iii∧  _) !    (_   ⊂イ  , ― 、
                        | ii |{   \ \ \  Y⌒Y⌒Y //   〈 |_|_|_/ \
                        ∨i! \\\>―//_  ////       ヽ⊂ イノ}
                        ∨ \>'    .(      /   ィ / ___ └┬へ⌒ヽ
                            /   }⌒\__   :| i i {i  } /ニニニ `丶、`丶、
                         ∨    ノ °ノ >--|_|_L〈_ /: : : \: : : \ \  \
                          |   (_    / °     / : / : : / |<: : : :ヽ ∨{ ̄
                          |  ⌒(__  _  /   /i : :|:>//ィ灯: : : :i {: :\_
                         ∧   /, イ ∨ {   ,ィ〈 :|: : 灯〉, └' |: : : :|  }: : : : :
                          i  、   ./| |  \ \ L><八:_:> r ⌒∠ノ/l ┴―- 、
                          |  \ /||     \      |:\ L ノ/{:__⊥_____  /
                        /|    {       \}\     |  |>ー 1_ィ/:::マヘ: : : :∨
                       i       \     へ\\  .八  \_//::::::::::::∨i: : : : :
                       |    /    ――へ\\    ヽ/ _/:::::::::::::::::::|| |\: : :
                    \/ //  \ \\\\\   〈  {:::::::::::::::::::::::: リ/: : :Т
                        Χ//       \ _z―へ.____ヽノ_/))::::::::::://: : : :人
                       /  \  / li     ) .で で で  く二'く::::::::://、__ : : : ノ
                   /      ∧ |ll |ii ii<  す す す    >__>ニ{⌒V iТ´
                      {   / / ∧{    \く  ぅ で で   / \:::::::::::\  〈/
                      ヽ∨〈_/ \\  ―┤}  |  す す  /    \:::::::::::\
                             \  ニ7ノ  |  で で  |: /|   ∨::::::::::|
                             ̄ ̄  ̄) ッ す す  V  |   |::::::::::::|
                                    / ! で で  \     |::::::::::::|
                                /      す す /⌒    ノ:::::::/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1746◆ziOflq66ZM:2019/05/14(火) 19:01:55 ID:FUBCoVKg0


                  ´ ̄ ̄ ̄ 、
                /     、/⌒ \
             /  __,ノ    ニ二 `、     r‐─┐00
               /   /   ___)  彡       .`ア/
               .' /_/ノ //二ニ,     i     .ヽつ
           i    ´   /Vノノ|    ノ             ,⊆、
           |        /   ノ  /             .└ァ厶
           |       ハ⌒マ   (             └~┘
           人 u    |ーく     \
             __フ′ |   | __  \
           /     |   |  ___ \ ヽ                   ,⊆、
          /    ヽ   :|   |/ -‐⌒ヽ \|                   └ァ厶
                 l    |  く /: : : :/∧: :'. }                   └~┘
            |    |  /|_ ,.斗{: 0:Χ:/__|: : ∨
            |    | /:/:::::::ノ { _  0|: : : }
            |    /:::::::::/八 \ } ’ /: :/                         ,⊆、
            |     /:::::::::/:::::::::::\ `ー┐/ |                         └ァ厶
            |   i|::::::/:::::::::::::::::il    i |   \                      └~┘
            |   i|/ |::::::::::::::::::::リ    | \   〉
            |    |∧:::::::{::::::/| ̄Т \ ⌒'く /ヽ
            |     './: :\__イ///   { \}┬‐' |  ノ                             __n_    r‐─┐00  __n_          ∩  ∩
            |   //: : : : : : :∨〈――l、 /|/\ マ 7                          `て 「.     `ア/     .`て 「.  .....__   ∪  ∪
            |:  //: : : : : : : : :∨'///∧Χ|:::/  |                          r'丿.      ヽつ     r'丿.    つ)  ..○  ○
            l   /: : : : : : : : : : :〉////∧ .〉ハへ.  |
              /: : : : : : : : : /∨/////⌒\//\/ ̄: : : .、
.             / : : : : : : : /:::::::::∨///::::::::::::: :T T:::、 : : : : : `丶、
           |: : : : : : /:::::::::::::::::∨'/:::::::::::::::::::| |:::::::\: : : : : : : :

1747◆ziOflq66ZM:2019/05/14(火) 19:02:16 ID:FUBCoVKg0




               ____      ∩.⊂⊃◎  ..r‐─┐ .   n
             /      \   ..l | ⊆⊇    `ア/.   /厶__(着地音)
           / ─    ─ \  Ll(⊆广    ...ヽつ  └'^ー┘
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |    ……………
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \




                                n _n__
      l      /: : :/: : : l: : : : : :l: : : :.:ヽ        l |└i七  ..に二二l
      l  ※. /: : :/: : : :/: : : : :/!l: :.l: : l:',       LK⊆T′
      l    /: : : l: : : :/: : : :///!:l:l: : l!:l                     n _n__
.       l   i: : : :.:l: :/: ̄/`十‐!:/: :/.l!                     l |└i七  ..に二二l
`ヽ、     l ※ l: : : : l:´: : /イ´ハ` //: /                      LK⊆T′
: : : :`ヽ、 l   ',: : : :ヘ‐'´   ヤ!  ヽ'/
: : : : : : : `'l   ヘ: : : : ヘ    `''   \
: : : : : : : :.∧ ※ \: :ヽ`           /
: : : : : : : : : :ヘ    l``ー`- u  /`7/  ......'ミ_'⌒)
: : : : : : : /: : :ヘ    ヘ          ̄/    (´  ⌒)
: : : : : : /: : : : ∧ ※. ヘ.        /.'ミ_'⌒).  `~ー'
: : : : : /: : : : /ーヘ    ヘ/`ー‐---'. (´  ⌒)
: : : : /: : : : /   ヽ     ヽ       `~ー'
: : : /: : : /     \ ※ \

1748◆ziOflq66ZM:2019/05/14(火) 19:02:35 ID:FUBCoVKg0


      _,,..-――-..,,_
     /      __ .`ヽ、
    /        /_   ヽ
   ./       ./,,旬丿   ',
  .,' ,.-―‐-   └''"´     l
.  l   ==  .、__ ) 人  .l       怪我してなーい
.  |    ゝ__ノ_,,-'' ,  Y  /
   ',       ー''"    /
   ヽ _     -‐''"´  ヽ、
     __ ̄ ̄7        ヽ
 ,--、/./   /         ヽ
..|     .{   /   /        |
..|     `''‐‐--''"    /   .|
..ヽ_         ./       |
    `゙''-..,,_    /       |
        .| `''‐''´        |
      |             |




  ヘ        /   /: : : : : : : : : : : \
   l      //: : :/: : : l: : : : : :l :l: : : :.:ヽ
   l  ※. /: : : :/: : : :/: : : : :/! !l: :.l: : l:',
   l    /: : : : l: : : :/: : : :// /!:l:l: : l!:l
    l    i: : : :.:l: :/: ̄/`| || ‐!:/: :/.l!
、     l ※ l: : : : l:´: : / -===- |//: /
:`ヽ、 l   ',: : : :ヘ‐'´ u     ヽ'/
: : : : `'l   ヘ: :: : ヘ    r― ¬  }
: : : : :.∧ ※ \: :.ヽ`  |    | /
: : : : : : :ヘ    ```ー`- |    |ノ          いきなりラッシュでパンチしろって何事かと思ったら、
: : : : /: : :ヘ   _\.   |    |         .それが言いたかったがためですか!?
: : : /: : : : ∧ ※ \:ハ.‐1   i
: : /: : : :/ーヘ     Vヘ└‐‐ ┘fY'} ;     すっごい疲れたですよ!!
: /: : : :/ /       }:∧ /7rく. }ノ /7-、/7 ;
/: : : :/ /        | ハ/ -‐'ノ / Y^Y ムク ;
     |        !  |   ノ /  '´/ / ;

1749◆ziOflq66ZM:2019/05/14(火) 19:02:50 ID:FUBCoVKg0


       ____
     /     \
    / ─   ─ \ステイステーイ
  /  (●) (●)  \
  |    (__人__)     |   言いたかったのはあるけど、ちゃんとした理由もあるお。
  \    ` ⌒´    _/
  /           \
  |  n:n     nn   |
   |nf|||     | | |^!n |
   ||:   ,∩  ∩、  :| |
   ヽ  ,イ   ヽ   :イ


               ___
          _, -' ´___\
     ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/
      ! | |ヽ|        -   リ      ほう、どのようなものです?
      ! | lゝ、      n /|
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::l !´l. |       マシュマロボディで物理無効特性でも得たとかですか?
     /| l::::::::::;ィ´ {X}i〈_〕l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|: !: /. !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::L:ノl_|!
    / /  ::: /: :ノ:!::::::i:::lヽ  ::: i.
    l !   ,/: :/l/: :T: : Tヽ\::: i
   / / / ヽ//: : : !: : : :ヽヽ ヽ〕
   ヽ{/  /: : : :|: : : : :〉:ヽ ヽ
    く  //: : : : : : :\ : : /: : :ヽ┘
    └イ_:/ : : : : : : : : :  ̄: : : : :∧
       /:ー: :-、:_: : : : : : : : :/ : i
     ヽ: : : : : : : :丶:_:_/ : /
         丶、:_:_:_:_:_; -- ‐'´

1750◆ziOflq66ZM:2019/05/14(火) 19:03:07 ID:FUBCoVKg0


     ____
   /      \
  /  ─    ─\     マシュマロは火に弱いからNG。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   やる夫を殴ってみた感じ、どうだったお?
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


                 ____
                / ____ `丶、
                 / /  >'´ \ーミ__\
              /  _」 /: : : : : :|: : ',: :\ヽ\
                /  /  / : : /: : : :.|: : :l : : : \ 〉
            /   } / : : /: :/ | : l\: : : : 〈
              ∨ :′// : : /| : l:| ̄\: : :‘,
              |  __{_l彡: : :// 厶イノィi灯7: : :l |
              |  __l`¨Tニ/ィxf圷    乂ソ |: : :ハ|       常にも増して低反発ってのは置いておいて、
              ̄ 八  ∨: :八Vrリ     、 厶 ∧       そうですね……突き抜けるような感じがして、
            /: : 〉  ∨: : :\_   , ,.ィ: /  ',:、     腕を引き戻すのに余分な力を取られた感じです。
              /: : 人_   }_\\>‐┬ /_ヽY:{  }: \
            /: : : : :八   } / ̄ー‐v|l {ニ`∧\ \__\
.         / : : : : : /: : \ ヽ,   /介/ ∧:∨:  ̄\  ̄ ̄\_
      / : : : : : : : : : : :_八  ヽ l| :||(人r'∧ヽ∨: : : : \___   \
     /: : : : : : : : : : : : : :Y^ヾ、 Ⅵl_ノ|〉}⌒  ', }::\: : : : : : : : :\___/
.     /: : : : : : : : : : : : : : : :.l:::::〈∧  \:||八    \::::}: : : : : : : : : :\ :ヽ
    / : : : : : : : : : : : : : : : :/::::::::::)ハ   V 〉 \     ヽV: : : : : : : : : : : \}
.   |: : : : : : : : : : : : : : : :./:::::::::::::)八   } ヽ 八    }:V: : : : : : : : : : : : :ヽ

1751◆ziOflq66ZM:2019/05/14(火) 19:03:57 ID:FUBCoVKg0



   / /': : : : : : : : : : : : : : : : : : \    ヽ\
.   / / /: : : : : : : : : : l: : ト 、: : : : : : :ヽ  ∧. \
  /  { /: : : /: : : : : : :,'! : |  \: : : : : : ∨  ∧  \
.   〃 : : / : : : : : : /:|: / '⌒ \: : : : :.∨  |――
 i  〈|: : : :′: : : : : / |/      `ヽ、 : ∨  ヽ
 |  〈|: : : |: : : : : ,: '  ノ   ー==彡  l:|: |:.i   〈
 |  ノ|: : : |: : : /  /            从ノ:ノ   〉     前に、どっかで同じ感じを味わったような気がするですが……
 |  八 : 八: :.i| ー='″          イ: : |   {     どーこだったですかね?
 |/ヽ \: :ヽ⊥___,           人: : !  {
     \ `ー┬<     '⌒   /: : : : |   {!
     |ヽ  \ \__ __    ィ: : : : : : : :|   {!
      |:八    }ヽ ∨ ノ    |、__: : : : :.:〉  {|
      /: : 冫  ∨_|_ |≧=[/\ ): : : /   ノ|
.     /: : : {    /__ 寸 /|iⅥ ̄ `ー〈   〈: |
    /: :/:}〉  i ___ Уイ|{ヽヽ  /   {: |
  ,.: :/::::::圦   | __/ノ} { |} i}{  {    /\
/ : |::::::::::{ 人 |    } / }  {   }  〉    }:::::::ヽ


         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |      ヒント、シス……いや、仮面。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

1752◆ziOflq66ZM:2019/05/14(火) 19:04:08 ID:FUBCoVKg0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                    ヽ:::::::::ヽ                 /:::::::::::::::/       , ,....イ´::::〉
                        ヽ::::::::ヽ                /::::::::::::/    ,...ィイ´ll、_::::<´
                         ヾ::::::::l        ,、    /::::::::::/  , -‐´´  ll | /l  `>'
                         ヾ::::::l ,、  ,へ  ll\  /::::::::/, -´    , -┴ ┴'
                       ヾ:::V::ll /´T`\ll:::::::〉/:::::/´´ _, -‐ ´
                        ヾ::::::::ゝ\ l  //::::/::::/ _, -‐´
                            ヾ::::::、:ヾ⊂ノノ:/:::/´‐´            ひきはじめには―――
                  __,、_,,,.:-‐::::'ヘ:\::........:::::::イ ´
                _rf´(::::::::::::: -‐''l``┐ィ ´´ /
             r''"´,ソ`¨´ ̄       l  lll   /
            /,才´            |  lll   l
           //             l  lll   l
         //               / lll   /
        //                 / 川  /
      //                    / ノヘヽ へ
     //                     / // ヽヽ |  \
   //                   _ -┤//  ヽl l    \
  //               , -‐ ´    |l l ∩ ll |       ヽ、                   /  ____      \
f-‐'"        , - ´           l ll  l.| ll |         ヽ、     ピコーン!.     //: : : : : : : : : : : :.`丶、   \
      _ -‐ ´                 l ll  l| ll |            ヽ、.. .ヽ i /.     /: : : : : : : : : : : : : :|:|: : : : \   ヽ
,  -‐ ´                       l ll  | ll |               ヽ.( m ).   /: : : : : : : : : / : /: : /|八: : : : :‘,
                        l ll l ll |                    l≡l   / : : : : |: 斗≠:/: /7ー-\:\:.‘,
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ `´    ′: : : : |: /:/// /    \:\. ━━━━━━━
                                                       |: : : : :..|// /           \|
                                                       |:l: : : : : 灯不ヽ     ィ笊示ミx   {
                                                       |ハ: : : :.八| し |       |..:し//| 》  |
                                                        \:.:ヽ 乂ン     弋ー‐ン  . /   /
                                       ああ、ルルさんですね        |`ト\            ̄  //   /:
                                                          |.人    ー‐┐     <:/   / :
                                                          |   \   ー      /   /: : :
                                                          |   | ≧=―‐┬   /    |、: :
                                                          | __,n__◎ニニ才≦ニ/     爪⌒
                                                      /|└┐r┘、/ ィ ハヽ マ      爪 (:
                                                        /: : <フLK゙>、///)||`|      |ノ ノ:
                                                       く/: : :. __  |  .// ( | />     |〉 {:::
                                                       /: : └┘/7 //  ) く/|    |  ノ:::
                                                 / : : : : /:::<ノ/ ̄ ̄) ┌―┐   |  〉:::
                                                 /: : : : : // ノ (       }  ̄ ̄___| ノ:::::
                                                   )/: : : :/:::/  ) (__( ̄ ̄ヽ― 、  _彡へ:::
                                                   / : : : : : |::::|__). \   ̄ (   ( ̄ ̄  マ::ヽ
                                                 / : : : : : : |::::|:::::::// ̄:::: ̄ ̄ ̄)  (     |::::::

1753◆ziOflq66ZM:2019/05/14(火) 19:05:20 ID:FUBCoVKg0


                         -―-=
                      _ - ´         \
                      Y´ _ -‐   ̄ ̄ ヽ     ` ー
                   |/     ※     \      ヽ
                 / ※  ,, -―- 、 ※  ヽ.       }
                   / _..''": : : : : : : : : :ヽ    ',    /
               ,イ`´.: : : : : : : : : : :}: :ヽ: ヽ ※ ',  ,イ
              〃!: : : : : : : :/: : :〃ハ_: }: : ',    |/: :|
              〃 |: : : : : : :,イ: : /7:厂 Y: : :.v    |: : : :|
             八__|: : : : : :.ー{: :/ /x≠乏|: : : | ※ |: : :.:.|         .あの人との戦いで使われた、確か闇の盾でしたっけ?
                ゝ、: : : /式     ゞ==゙|: : : |    |: : : : ',
                / \: :ヽ ,      从: : j   /: : : : ∧        アレで防がれた時と同じ感覚がしたですね。
               /※ ,イ: ヽ:.ゝ__ _、  .〃/: :/※ /: : : : : :.∧
                ''" _./ /: : : /、、Yブ| _//'   /\;、: : : : :∧
.          / ※/  ノ: : : Y 、ヽ,}_},ィ示´ヽ / ./ハ_,へヽ、.: : :∧
        /  /_..: ': : : : : : i ゝ'ノ 〃ll , -'´_/´/´:::::::::::ヽ、ヽ: : ∧
       / ※./:': : : : : : : : __Y {__ノ、_〃 / /´/〈:::::::::::::::∧ヽヽ: :.∧
        /  /: : /: : :/:_:/:::ハ、___j´/ / ノ/ r‐':::::::::::::::::∧ ヽヽ: : :
    /: {   {:/: : :./ {:::::::::/    ノ'´ /   }/ f´::::::::::::::::::::::::∧ ヽヽ:
.  /.:.: :八 ※ ヽ: :/ /:|:::/   ./ ※人   ノ{ニノ.、:::::::::::::::::::::::::∧ } }
/: : :/  .ゝ   \/: : :j/    /   /   r‐'//:::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::}-' j

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   これが自身に対して作用する物理衝撃を吸収無効化する防御魔法。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |    ...闇の盾だお
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

1754◆ziOflq66ZM:2019/05/14(火) 19:05:32 ID:FUBCoVKg0


 ヘ        /    /: : : : : : : : \
 /:ヽ    ,'  ※ /: : :/: : : : :i!: : :ヽ
./: : :.ヽ    l    /: : :./: : : : : :l!: : : :.',
: : : : : : ヽ  l   ./: : : /: : :/: : /!:l: : : i:',
: : : : : : : :.ヽl .※ i: : : :.l: :/: :././/!: : :l: l
: : : : : : : : : ',   !: : : : l'_,/‐/ !: :./!/
: : : : : : : : : : i  !:.i: : :.l ,、ェモ!  // /
: : : :.r'´`ー、ハl  ヽヽ: ヘ ` lリ /、
:./`ノ´::::::::::::ヽヘ ※ l``ー`-    /
:.〉´::::::::::::::::::::l ノ、  l     ー'/       無効化? 物理を? 完全に?
´ノ::::::::::::::::::::::l ヽヽ !` ー- '´
`!::::::::::::::::::::::::l《》《ヽ l  l !
〉!::::::::::::::::::::::::lij ij ノl l  l l
ノ!::::::::::::::::::::::::lij ij:::l.l l  l l



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |   まあ、限度はあるお
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

1755◆ziOflq66ZM:2019/05/14(火) 19:05:44 ID:FUBCoVKg0


./  //: /: : /: /: |: : ヽ:ヽ \
.\._/:  :/: :/: //: ∧: : :}: } ヽ
  / : ├--‐‐ァ' /: :〈_ヽ_: :|: :|   〉
 .∧: : :|T7テぇ、// .ぇ-ェミ: |: :|ー'
  ∧: :| .ゞソ "   {.r'j.}."/: /|
  : : }ヽヾ、  ̄   j    ̄///:|
 : : : :ヽヽ.ゝ        < / ./ :|          .ですよね。
  : : : ハ. \ ⊂ニニ⊃ _.イ /: |
 :: : :.,へヽ ヽ `_r- -r ' i: :| /: : |         物理を完全かつ無制限に無効化とか理不尽ってもんです。
   :>く_」ヽ 「  \_ノ\i_:| }: : |
 : /   ゝ}∧ /「「\  | /入: :|
 ./  i  r V V\| |   〉 |∧} \:|
. /   i  }|  |  |r\/ | |)  ヽ|
.        ] |  |  |.]. |  |  |   \
..     〔. |  |  |.] |  |  |     ヽ
` 、    〕.|  .|.ノ T |  |  .|      \__
.   ヽ  〔 |   | |_」_,.」―|  |     ノ  〉
 _  V´ L _ |\_/⌒|  |ヽ_   , へ
   .>ー┘  ヽ/ \ /L_|ー- 、/_   \
   \ | \ー _\/ 〉: i i: : : |       ヽ
ヽ  /ハ  ヽ___  \: i i: : 〈 |   \  ヽ


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |    せいぜいが攻城戦用のバリスタが限界点だお。
          \     `⌒´    ,/    食らったら骨折するらしいし
          /     ー‐    \

1756◆ziOflq66ZM:2019/05/14(火) 19:06:09 ID:FUBCoVKg0


  /※/: : : : : : : : : : :.l: :.l: : : : ヽ、 \
 ,' /: : : : /: : : : : : /:./:..:l: : :.、: : :ヘ /
ー{/: : : :./: : : :/:/: /,':./: : : :.'; : : ハ´
. !:l: : : : :.l: :_:_:./ ;//:/_ヾ:_:_: :.l: : :lヘ
..l:.l:l: : : : lィ-ィョュ、  /; '´,.xュtヾ: l: : :l }
.l: ト'ヾ: : :ヘ`弋 ノ /   弋:リ' /,':..:/
.!: l   `ト、:ゝ       '    ,.イ:/
l: :l ※ l: :ヽ、    -    ,ィ- ' l:!       .生身の人間って、
l: :ヘ   V: : :.i>   , . <: l .※ l:l      .バリスタと同威力の一撃を出せましたですっけ?
!: : ヘ   'ィ'´ヽ、_  ly-、: :ヘ   l.:.
rt_, ィヘ ※ l   ___Y´   `ヽ{  /∧
'::::(_ヘ ヽ  ヽィ彡'"7ミヾ=ュ、__ヽ lハ_:.:.
::::::::ゝゝヽ  }´ ,〃}〈ハミ、  ,リ ト、! ノ: :.



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |   肉体的な強度が足らないから基本的には無理だと思うお
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


[info]なお例外は存在している模様。魔法のある世界は地獄だぜ

1757◆ziOflq66ZM:2019/05/14(火) 19:06:31 ID:FUBCoVKg0


  ヘ        /   /: : : : : : : : : : : \
   l      //: : :/: : : l: : : : : :l :l: : : :.:ヽ
   l  ※. /: : : :/: : : :/: : : : :/! !l: :.l: : l:',
   l    /: : : : l: : : :/: : : :// /!:l:l: : l!:l
    l    i: : : :.:l: :/: ̄/`| || ‐!:/: :/.l!
、     l ※ l: : : : l:´: : / -===- |//: /
:`ヽ、 l   ',: : : :ヘ‐'´ u     ヽ'/
: : : : `'l   ヘ: :: : ヘ    r― ¬  }         突破不能な反則防御じゃないですかー!
: : : : :.∧ ※ \: :.ヽ`  |    | /
: : : : : : :ヘ    ```ー`- |    |ノ
: : : : /: : :ヘ   _\.   |    |
: : : /: : : : ∧ ※ \:ハ.‐1   i
: : /: : : :/ーヘ     Vヘ└‐‐ ┘fY'} ;
: /: : : :/ /       }:∧ /7rく. }ノ /7-、/7 ;
/: : : :/ /        | ハ/ -‐'ノ / Y^Y ムク ;
     |        !  |   ノ /  '´/ / ;


         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |   魔法騎兵隊がこの魔法使って遊撃しつつ突撃。
     \    ` ⌒´    ,/   魔法を撒くだけ撒いて逃げるってのが、鉄板戦術になる位には強いお
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

1758◆ziOflq66ZM:2019/05/14(火) 19:06:44 ID:FUBCoVKg0


               ___
          _, -' ´___\
     ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/     え、これ改めて思うに反則では?
      ! | |ヽ| u      -   リ
      ! | lゝ、      n /|      使われたら魔法と関節技以外に対応ないのでは?
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::l !´l. |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}i〈_〕l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|: !: /. !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::L:ノl_|!
    / /  ::: /: :ノ:!::::::i:::lヽ  ::: i.
    l !   ,/: :/l/: :T: : Tヽ\::: i
   / / / ヽ//: : : !: : : :ヽヽ ヽ〕
   ヽ{/  /: : : :|: : : : :〉:ヽ ヽ
    く  //: : : : : : :\ : : /: : :ヽ┘
    └イ_:/ : : : : : : : : :  ̄: : : : :∧
       /:ー: :-、:_: : : : : : : : :/ : i
     ヽ: : : : : : : :丶:_:_/ : /
         丶、:_:_:_:_:_; -- ‐'´



           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人   相手が使ってきたら、ひたすら殴ればいいお!
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  `Y´
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /     十
 | ___)  ::|   .>          \
 ヽ__)_/   /                 \

1759◆ziOflq66ZM:2019/05/14(火) 19:07:13 ID:FUBCoVKg0


 ヘ        /    /: : : : : : : : \
 /:ヽ    ,'  ※ /: : :/: : : : :i!: : :ヽ
./: : :.ヽ    l    /: : :./: : : : : :l!: : : :.',
: : : : : : ヽ  l   ./: : : /: : :/: : /!:l: : : i:',
: : : : : : : :.ヽl .※ i: : : :.l: :/: :././/!: : :l: l
: : : : : : : : : ',   !: : : : l'_,/‐/ !: :./!/
: : : : : : : : : : i  !:.i: : :.l ,、ェモ!  // /
: : : :.r'´`ー、ハl  ヽヽ: ヘ ` lリ /、
:./`ノ´::::::::::::ヽヘ ※ l``ー`-    /
:.〉´::::::::::::::::::::l ノ、  l     ー'/      です?
´ノ::::::::::::::::::::::l ヽヽ !` ー- '´
`!::::::::::::::::::::::::l《》《ヽ l  l !
〉!::::::::::::::::::::::::lij ij ノl l  l l
ノ!::::::::::::::::::::::::lij ij:::l.l l  l l


         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |   この魔法は効果が発動すると同時に魔力を持ってくから、
     \    ` ⌒´    ,/   連続で発動したら――まあ十回も発動したら一般的な魔法使いは魔力切れになるお。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

1760◆ziOflq66ZM:2019/05/14(火) 19:07:30 ID:FUBCoVKg0


./  //: /: : /: /: |: : ヽ:ヽ \
.\._/:  :/: :/: //: ∧: : :}: } ヽ
  / : ├--‐‐ァ' /: :〈_ヽ_: :|: :|   〉
 .∧: : :|T7テぇ、// .ぇ-ェミ: |: :|ー'
  ∧: :| .ゞソ "   {.r'j.}."/: /|
  : : }ヽヾ、  ̄   j    ̄///:|
 : : : :ヽヽ.ゝ        < / ./ :|         脳筋手法が正解ですと……
  : : : ハ. \ ⊂ニニ⊃ _.イ /: |
 :: : :.,へヽ ヽ `_r- -r ' i: :| /: : |
   :>く_」ヽ 「  \_ノ\i_:| }: : |
 : /   ゝ}∧ /「「\  | /入: :|
 ./  i  r V V\| |   〉 |∧} \:|
. /   i  }|  |  |r\/ | |)  ヽ|
.        ] |  |  |.]. |  |  |   \
..     〔. |  |  |.] |  |  |     ヽ



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   ..それに発動を意識してる時しか効果を発揮しないようになってるから、
./     ∩ノ ⊃  /    連続攻撃とか打ち込むと普通にダメージが入ったりするお
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

1761◆ziOflq66ZM:2019/05/14(火) 19:08:36 ID:FUBCoVKg0


 ヘ        /    /: : : : : : : : \
 /:ヽ    ,'  ※ /: : :/: : : : :i!: : :ヽ
./: : :.ヽ    l    /: : :./: : : : : :l!: : : :.',
: : : : : : ヽ  l   ./: : : /: : :/: : /!:l: : : i:',
: : : : : : : :.ヽl .※ i: : : :.l: :/: :././/!: : :l: l
: : : : : : : : : ',   !: : : : l'_,/‐/ !: :./!/
: : : : : : : : : : i  !:.i: : :.l ,、ェモ!  // /
: : : :.r'´`ー、ハl  ヽヽ: ヘ ` lリ /、
:./`ノ´::::::::::::ヽヘ ※ l``ー`-    /
:.〉´::::::::::::::::::::l ノ、  l     ー'/        .完璧な魔法なんてないんですね……
´ノ::::::::::::::::::::::l ヽヽ !` ー- '´
`!::::::::::::::::::::::::l《》《ヽ l  l !
〉!::::::::::::::::::::::::lij ij ノl l  l l
ノ!::::::::::::::::::::::::lij ij:::l.l l  l l


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |    聖光なんていう、絶対魔法消去する魔法とかあるし、
          \     `⌒´    ,/    対策のない魔法なんて存在しないお。
          /     ー‐    \

1762◆ziOflq66ZM:2019/05/14(火) 19:09:41 ID:FUBCoVKg0

               ___
          _, -' ´___\
     ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/
      ! | |ヽ|        -   リ        …………ところで師匠
      ! | lゝ、      n /|
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::l !´l. |
     /| l::::::::::;ィ´ {X}i〈_〕l. !
     l l__j::::::::/: i_lil__|: !: /. !
    / /  ::::: i: : :l:::::ヒj::L:ノl_|!
    / /  ::: /: :ノ:!::::::i:::lヽ  ::: i.
    l !   ,/: :/l/: :T: : Tヽ\::: i
   / / / ヽ//: : : !: : : :ヽヽ ヽ〕
   ヽ{/  /: : : :|: : : : :〉:ヽ ヽ
    く  //: : : : : : :\ : : /: : :ヽ┘
    └イ_:/ : : : : : : : : :  ̄: : : : :∧
       /:ー: :-、:_: : : : : : : : :/ : i
     ヽ: : : : : : : :丶:_:_/ : /
         丶、:_:_:_:_:_; -- ‐'´


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |     なんだお?
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

1763◆ziOflq66ZM:2019/05/14(火) 19:10:04 ID:FUBCoVKg0



 ヘ        /    /: : : : : : : : \
 /:ヽ    ,'  ※ /: : :/: : : : :i!: : :ヽ
./: : :.ヽ    l    /: : :./: : : : : :l!: : : :.',
: : : : : : ヽ  l   ./: : : /: : :/: : /!:l: : : i:',
: : : : : : : :.ヽl .※ i: : : :.l: :/: :././/!: : :l: l
: : : : : : : : : ',   !: : : : l'_,/‐/ !: :./!/
: : : : : : : : : : i  !:.i: : :.l ,、ェモ!  // /
: : : :.r'´`ー、ハl  ヽヽ: ヘ ` lリ /、
:./`ノ´::::::::::::ヽヘ ※ l``ー`-    /       あの、どこに闇の要素が?
:.〉´::::::::::::::::::::l ノ、  l     ー'/
´ノ::::::::::::::::::::::l ヽヽ !` ー- '´         発動中、暗闇が盾になる的な作用とかなかった気がするですが
`!::::::::::::::::::::::::l《》《ヽ l  l !
〉!::::::::::::::::::::::::lij ij ノl l  l l
ノ!::::::::::::::::::::::::lij ij:::l.l l  l l


          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   ..せ、接触面は暗闇だから………
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /                                      ___________|\
  ヽ __     /   /   /                                         [|[||  To Be Continued....!    >
                                                               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/

1764◆ziOflq66ZM:2019/05/14(火) 19:11:05 ID:FUBCoVKg0

分量が少なくてもゲリラなら許されるよね! というわけで投下
ちなみにinfo入れ忘れましたが、殴って疲れるのは反動が作用せず引き戻しに余分な筋力を使うからですね


ああ、まじでサイフがヤバい。どないしようorz

1765 :名無し-Red-市民-2:2019/05/14(火) 19:32:35 ID:a28/Fdxs0

乙でした
パスタを、パスタを買うのです…

1766 :名無し-Red-市民-2:2019/05/14(火) 19:35:13 ID:.lfE94Ec0

乙津
いやいや、そこは「もやし」と「うのはな」やろ

1767 :名無し-Red-市民-2:2019/05/14(火) 22:55:47 ID:JP0tEzXg0

乙でした
>生身の人間って、バリスタと同威力の一撃を出せましたですっけ?
至高神の猛女「え、普通できますよね?」


1769 :名無し-Red-市民-2:2019/05/15(水) 00:05:45 ID:7rIi9Yjg0

乙う

1770◆ziOflq66ZM:2019/05/15(水) 01:04:41 ID:2WPeyPJE0

パスタやらもやしやらでどうにかなる系でもなくてのう……胃がいてえ

>>1765,1766,1767,1769
乙ありです










一覧
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

申し訳ありませんが、体調の悪化により長時間PCの前に居られなくなりました。。
その為、当分の間は手抜きでのまとめとさせていただきます。
楽しみにしてくださっていた方、そしてまとめを許可してくださった作者様にご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。<(_ _)>


とても大きな台風でしたが皆様ご無事でしたでしょうか?
もし何か被害にあわれていたらお見舞い申し上げます。
ぽんに何ができる、というわけでもありませんが、せめて気分転換の一助になれればと思います。


一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

19/05/26
やる夫は誰かを救う悪になるようです 追加

19/05/18
エージェントやる夫の日常茶飯事 追加

19/04/14
やらない夫は「The World」にログインするようです 完結

19/02/10
真・女神転生 ~やる夫の嫁は加賀のようです~ 追加

19/01/21
できる夫とマリーがたどる仮面ライダーファイズ 追加

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



月別アーカイブ
FC2カウンター