魔剣物語AM二次創作 《戦いの園》 やるぽん!

ゼロワン第14回 滅亡迅雷.netに第三のライダー登場! かと思ったら斜め上の展開に! 筋肉痛で済んだホッパーに比べてウルフは血反吐はいてるので負担が大きそう……というか不破さんは本当に人間なの?

魔剣物語AM二次創作 《戦いの園》

5455 :梱包済みのやる夫:2019/11/13(水) 22:52:59 ID:jXICTR/3

予約がなければ、23:15から奉納させていただきます

5456世紀末 ◆G2LiCNpYxg :2019/11/13(水) 23:15:18 ID:jXICTR/3

時間になりましたので奉納を始めさせていただきます。

・作中で出てくる設定はすべて剪定事象です。
・時間軸は厳密には決めていませんが、《十大脅威》攻略よりは前ぐらいをイメージしています。

では20レスほどお借りします。

5457世紀末 ◆G2LiCNpYxg :2019/11/13(水) 23:15:58 ID:jXICTR/3


                |ト爻| .||    ||:;:;||   .||:;:;||   .│巫|
                |ト爻| .||    ||:;:;||   .||:;:;||   .│巫|
                |ト爻| .||    ||:;:;||   .||:;:;||   .│巫|
                |ト爻| .||    ||:;:;||   .||:;:;||   .│巫|
                |ト爻| .||    ||:;:;||   .||:;:;||   .│巫|
                |ト爻| .||    ||:;:;||   .||:;:;||   .│巫|
二二二二二二二二廿ト爻| .||    ||:;:;||,,,,,,,,,,,,||.;;:||   .│巫|
.ァァァァァァァァァァァイ.爻| .|| ハ  ||:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;ハ|    .│巫|
乂_乂_乂_乂_乂_乂_乂,,乂.| .|| | i ハ  ̄  ̄  ̄ ./i i |    .│巫|
──────────┘.|| i,.U:;i        i,:U:,i    .│巫|
ニニニニニニニニニニニニニニニニニノ  {:::{         .}:::}    │巫|
              _,,,_   ヽ(ゝ、     ノ)ノ    _,,,| 巫|
             { ::::::ミヽ、 }:::},__,,,,___,{:::{ .ノ彡::::::  }匸巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫巫
________  \ :::;;\ヽ,l!ノ;;;;;八;;;;;ソリ//;;: ./────────────────────
凵凵凵凵凵凵凵凵||   \ ;;;;;;}ノ;;;:::::::;;;;:::::::::;;;ヽ{;;;;; /      __
──────┐匚||     `ー;{c;;;ヽ:::;;;;;:::::/c;;;;}ー´      /三三\     __________
            │匚||       }--イ::/"ヽ::ト--イ       .// ̄ ̄\\   |\________/|
            │匚||       i::::::::/   i!:::::::;i          川      川   .|  |            |  |
            │匚||       ヽ:://;;;,,,;;ハヽ:::/        \\__//    .|  |            |  |
            │匚||      /|\}・;;;;;;;・{/|\          .\三三/      .|  |            |  |
──────┘匚||      i|;:;:;|::::(`‐-‐´);;;|;:;:;|i          ̄ ̄        .|  |            |  |
冂冂冂冂冂冂冂冂||      \;\."`ー´"//                  |  |            |  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         \`ー.ー´/                         |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\|
                     ..`‐--‐´                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





      γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       |     ヴァルハラ               |
       |    《戦いの園》、ですか……?   |
       ゝ________________,乂






.

5458世紀末 ◆G2LiCNpYxg :2019/11/13(水) 23:16:57 ID:jXICTR/3



                  _..  ―  --  .._
               <       ⌒:、   `: 、
             /            :.     \
           ,.:´              ヽ      ヽ
          /       /         、       ヽ
         ,:     /  /        j  :.     ヽ  :、
         ,:     .:  ,:        ,:   :.      :.  .:.
        ,'   l  .:  /        ハ  :、 :.     ;  .;
        .; !  l _,,!-≠=、     -;フ ̄:.¨l`:.-:.     ;   .:
        ,: :.  .!  ,ハ _,ゝ=、   ,:'ノ  ィz =;-、ヾ .:   .:   :      ええ、この前かばんちゃんと《聖焔》についてお話した時に
        lハ :、ヘ  :  ヒ::::サヽ  ,{ :   ヒ:: ハ 〉; :'   ;   .!
        l : {ヘ ヘ .{  弋_ン  \:   弋_ソ .; /    :   :      チラッと出てきたのを思い出しまして
         ヾ ,ヽ :、.ヘ     ,          ,:     :    :
          ,:  \:、l             ',:     '  ,:l:、!
          :   / :.     __       ,:     .:  ;}:j       なんでも、戦士にとっての古い信仰で、
          l   :  ヽ    `ー`     ,:     .:  .:ノ
          l:   :  .,:ハヽ、  _ z≠ニニニニニニニニ≧x、 ,:___     《聖焔》のさらに向こうに魂の導かれる先があると
          :'{    /,:  ≦三三三三三三三三三三三≧xz三辷-、
           :、  ;レ'≦ {三三三三三三三三三三三三三三三三三フ
            ヽ.:  V三三三三三三三三三ニニ三三三三三三三ノ
                、三三三≦三二二二二三≧xz三三三ニニノ
                ヽ三イ´    \三三三三三三三三三三イ
                 /       ヽ三三三三三三三三三三}


.

5459世紀末 ◆G2LiCNpYxg :2019/11/13(水) 23:17:56 ID:jXICTR/3



                           ,.--:.、
            ,....:::: ̄ ̄::::::::....、/:::<_
           /:::::::::::::,.:‐:::::::::::::::::::::::_::\
          '::::::::::::::::::'::::::::: /- '´¨\:::、:\}          γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
         /:::::::::::::::::: |::::::::::|_, -r-::r'、:::ヽ:::.          |   すずかちゃんは何かご存じだったりします?    |
         :::::::::::::: ,:::: |::::::::::|::}:/}::,イ::|:::、:::l|::;          ゝ_______________________,乂
         |::::::::::::::l::::::|::::::::::|::/ィ斧{:::l:::|}::|}/
         |:::::::::::::,:::::::|::::::::::|  ヒリ ∨::八}'     たしか……
         |:::::::::::/ :::: |::::::::::|   _ /イ
         |:::::::,:':::::::::::|::::::::::|  ´イ _r-_、     良く生き、良く戦い、良く死んだ戦士が最後に辿り着く場所
       /:::/::::::::::::::|::::::::::{¨¨´:::{/「二 Y
     ,..:´::::,.:'::::::::,.ィ ´八::::::::::、-}::::l{ ームノ     というお話だったと思いますが……
      /:::::::/:::::::/=、   \::::::Ⅵ:::::}  .イ、
    {:::::::::{::::::/ ̄\\   ヽ::::} ヽ:|\__}∧
     ,::::::::|:::::{´ ∧ \\  ノ::(、 リ、 ////}
     }::::::::}:::l  /   、 \,ー∧从トl〉、` <」
     /::::::/:::::: ,    \ ∨ L|l、〉 }    ト、
    ,::{:::::{::::::::l/       }   |/| マ ;   l ノ
    {∧:::l::::::::|      |   |/| } {、_/
    |  }::::、:::|      |   |/| |l l!
     ノ:::/:::: |      l____,|/| |l//〉
    ー '{:::::: |      |/////_| | ̄
      从::::|      | ̄ ̄   {
        Ⅵ      |      |
         |____,{      :
         |//////// |        ,
         { ̄ ̄「 ̄ ´        }


.

5460世紀末 ◆G2LiCNpYxg :2019/11/13(水) 23:18:57 ID:jXICTR/3



             _
        -=≦:::::::::=-、、
            _,,二ヽ::::::>===-  _
          >''~:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'<
          /::::::::::/:::/::::::::::::::::::::::::::\::::::::::ヽ
      ,イ::::::::::/:::::ア ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 寸::::::::ヽ
.     / :::::::: /::::::::/__________マ::::::::: ∨ /
      '::::::::::::/::::::::/: /::::::::/:::: |::::::::|::: |:::::::',:::ヽ::::::::::∨
.     |::::::::::/::::::::/:::::|:::::: ,|:::::: |::::::::|::: |:::::::::',:::::',:::::::::::'/
.     |/|::::/l:::::::::,::::: |:::::/.|:::::/|:::::::,':::::|:::::::::::}:::::}:::::::::: '/
.     |l |::/ |:::::::::|::::: |7~~「7~'|::::/: 7丁 ̄¨'!:::八::::::::::|l      なにぶん、私も戦士というわけではありませんし
        |/ |:::::::::|::::: |'  |/  |::/ |/ レ'从::ノイ::::::::::::::::|l
         |ハ:::: |::::: |   ∩  j/ .ノ′ ∩  .|::::::::::::::::::八     申し訳ありませんが、詳しいことは……
.          ∧:::',:::::{  ∪       ∪  从::::::/|:∧ `
.          ,イ:::::ヽヘ从                 イ:::∨:::}'::::ヘ
      /:::::::::ヘ:::ヘム             /::::/:::::::::::::::ヽ        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
.    , イ:::::::::::/:::::ヘ::::',::ゝ、  ⊂ニ⊃   ィ:::: ,':::::::::::::::::::::::ヽ       |   ああ、いえ単なる世間話ですのでお気になさらず   |
  , イ:::::::::::::::::/:::::::::::',::::',::::::>。、   ,。<:: |::::::{:::::::::::::::\:::::::::ヽ      ゝ________________________,乂
/:::::::::::::::::::::/::::::::::>}:::::}   }  ≧≦ {   |:::::::l<:::::::::::::::\::::::::ヽ


.

5461世紀末 ◆G2LiCNpYxg :2019/11/13(水) 23:19:56 ID:jXICTR/3



┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━


    厶イ≧<二二>ー、
..ニニ\/     ⌒ヽ  ー、          すずか ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
ニニニ>`    /〃//ハ iミヽ `ー=ミ         |   そうですねぇ…… 詳しいことを知っていそうな方となると、               |
ニニ>    / / イ/イ  V/i Vゝー、       |   シェオールのヴィルヘルムさんが、確かヴァルハラ信仰だったと思います   |
>`  .//   ′ /1:!  ゙:.:ハ  \        ゝ__________________________________,乂
7厶イ/   /  /|! !   从.イi ヽ、_丶
ニ二     イ i: /≧=:-、イ:f。:'i! |
ニニУ    ム!.:| `ゞ゚"` 乂 从:|
ニニ! 厶イ≧=i ||:.、_ _..:::ァ/ !ヘ!    逝けやヴァルハラァアアアア!!
ニニ!/ニニニニニニ亦アラ厶>゙/
ニニニニニニニニニニニニニ〃ニニ<
ニニニニニニニニニニニニニニ,イニニニ≧=-                エルネスティ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ≧=-                |   へぇー、そうなんですか!                          |
ニニニニニニニニニニニニニ≧=-ニニ-‐=ニ ¨ニニ≧=-           |   ありがとうございます、今度会う機会があったら聞いてみますね    |
ニニニニニニニニ≧=--‐=ニ 三三三三三三三三三三≧=-     ゝ______________________________,乂
≧=--‐=ニ ¨  ̄ -‐=ニ  ̄ ニ=‐-三三≧=-二二二二二二≧=-         -、
ニニニニニニニニ-‐=ニ  ̄ ニニニニニニニニー=ミ二二二二二二二二二≧=-  >
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ>、ニニニニニニニニニニニニニニニニ>         \          ≧=-
ニニニニニニニニニニニ≧=-⌒ヽニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ7                    /     \
ニニニニニニニ≧=-        ̄ ニ=‐-ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ>             YニニニY          i
ニニニニニ≧=-イ          \ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ、          リニニニニ        イ
ニニニニニニニニム            <ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ、        -‐=ニヲ__
ニニニニニニニニ /              `<ニニニニニニニニニニ≧=-───-‐=ニニニヽ、_       ̄ ´  `     i
ニニニニニニニニ !                      `<ニニニニニニニニ|          ヽ、ニニヲ     i|
ニニニニニ≧=-                    `<ニニニニニN            `-‐=ニ _  l||          i
ニニニニニ≧=- ̄ ヽ、_                  `<ニニニニニ、_                    リ          |
ニニニニニニニニニニニニニニ                   `<ニニニニニニニニ≧=-                  ∧
ニニニニニニニニニニニニニ/                     Vニニニニニ/                ヽ、_____ニニ7
ニニニニニニニニニニニニ./                      Vニニニニニ                 ≧=-ニニニ<
ニニニニニニニニニニニニニニi                      Vニニニニ、       厶               i
ニニニニニニニニニニニニニニ≧=-                      Vニニニニニ≧=-─、
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ-‐=ニ ̄                  Vニニニニニニニニニ7                 /
ニニニニニニニニニニニニ≧=-、ニニニニニニニニニニニニ≧=、           ̄ ̄ ̄ ̄|       >≧=--‐=ニ ¨  ̄
ニニニニニニニニニニニニニニ≧=-、ニニニニニニニニニニニニニ=‐-              、___/


┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━

.

5462 :梱包済みのやる夫:2019/11/13(水) 23:20:29 ID:VugQqWMk

そういやアークチンピラそういう発言してんな……w

5463世紀末 ◆G2LiCNpYxg :2019/11/13(水) 23:20:58 ID:jXICTR/3



               _.. ―-  .._
            ..  ´        ` 、
          /  .:  .:    :.     丶
         ,: '   /  /     :.    ヽ':,
        /    :'  :'      ;     :、:、
       ,:.,:   ,: : : ,:{_:_,.ィ  、.. :ハ :'    : :,
      ,'/ ; . : ':, :´:、:ヘ:.:.  ,:`,:≧-:    : :
      ,::' : ;  :、: ァ斥 ヽ: ,:  'ァ斥、:  :: : .:       あれ?
      : :、{丶 .:ヽ:、弋沙. ヽ: 弋沙 :  ,: .:  :
         ノ :、 : : `¨  ,   `¨ ノ..ィ   ;  ;     でもあの人って赤薔薇王の譜代で、それこそ1000年ぐらい生きてますよね?
        ィ .: `、     _...     ,:    .; ,:'
        'r、:  : 丶.  {.   ヽ  ,:   ,: ,:ノ        古いとは聞いてましたけど、ヴァルハラ信仰ってそんな昔からあったんですか?
        ハ. {゙vト、   丶 ` ― '  ,.イ /7:/7,ゥ
      r、.lハ、ハ ':} }三、从`|`__ ´ jl //://// ,、
      ヘ ヽハ. ハ ':三、 j¬::|::r―‐l/ v レ' //./
       ': lj z≦ニlニ/フ__j::|:::(ヽ /三≧.._´ ./_
        l三三三/ヲ、ヽ{::|:/ ヘノヽ三三三/. :,
       /ヘ三三ィ三/> ¬ <:、三ヽ三ニ/_  :,
      ノ ノ三三三/ヽ     ハ三三三ノ、二ニ辷〕
     //三三ニニ/<ヽ   />ヘ三三三ヽ、_   |
    /{三,イ三三三{   ト、,ィ≧、  }三三三三ニ}  丶
    / {ヲ |三三ニニ}.  .|::l:::|  ヾ7=l三三三lヽニj-―-ゝ、
   //   {三三イ   |::l:::|    、三三三l  ヽ-、‐フ'
  /      / |    |::|:::|     | >―'    ヽ}





.   -=≦ミx  _  -=======-  _
.        >:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'く
    /:::::::::/''"´ ̄ ̄ ̄`''<:::::::::::::ヽ
.   /:/::::::/ ィ::: ̄ ̄:::::>x._|::::::::::|::::::',
    /::/:::::/::::|:: |:::::::::|:::::|:::::::: |:::::::: |::::::::,
.   |::/:::::/:::斗-|、::::: |::―‐-、:|:::::::: | ::::: l
.   |/|:::/:::: ,ィ竿ミ.}:::/芹雫ミx:::::::::::|:::::::::|
      |/|:::::《 {/し }/  {//(_ 》:::::::::/Y:::::::|     成立した時期については諸説あるので正確にはわかっていませんが、
.       Ⅵゝ乂ソ   .乂_ツイ::::::::l /::::::::|
          |:l    '        |:::::::从:::::::::|     おそらく聖王様の時代に生まれたのではないかと言われています
          |:::)h、  。     ,':::::::,'::::::::::::::'/
          |::::::::|::≧―≦ /::::::/:::::::::::::::::'/ /
          |::::::::|::::>/////:::::/ ヽ::::::::::::::V. /
       ,:::::::/'´´////'::::::/ zzzzV:::::::::::∨ /
       /:::::/ /⌒/:::::::/≠ ― V:::::::::::∨
        /:::::/| { / {::::::::{''´/ ⌒ヽ.V:::::::::::ハ
      从:::|彡ヘ㍉ ゝ:::::} /     } ',::::::::::::::l
         〈: :只:ヽ / ):ノ.       |. }::::::::::::::|
.        / 7:ハ:ソ^   /.         ハ }::::::::::::::|


.

5464世紀末 ◆G2LiCNpYxg :2019/11/13(水) 23:22:02 ID:jXICTR/3



                      _.. -― -...._
                  ,  ´         `ヽ、
                 /               ヽ
              ./   ,.:' '      、   :.,   :、
             ,:'   .:  .:    :、  丶   :.   、
             /   :'  .:     :,   .:.    :.   、
            '    :  : :  :    ハ : :    :.   ;
            :'    .: ,: ,:、 .:   :_,,:...__ ,::、    .:.   :、
           .! :   : ハ-‐-、  ´:' :,: : ,:: ,:    :   ト、    なるほど……
           :ハ {:、 :.  :、 芹x:、:、ヽ:. ィ斥` ,:    .:   :}
           : ヾヘ ,、丶弋リ  :ゝ  vソ ,: .:'   : :  :;      ということは、真の戦士というのは聖王様のことを指していたり?
            、   丶:、ハ`   、     ,.: .:    : : ; ノ
                ,: : ヘ   r 、    ,:   ; ; ;ノ
               ,:ハ :  ヽ   `ー´  /:l  ,:  ノ三≦Y
                ハ :.   > _ イ  :! z,:≦三三三!
               {≧x.:、 ,:'三三{ニ r¨フ三三三三三三|
               ヘ三三ヽ三ニr| ||:| !三三三三/フ`=!、
        :, ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ {:l:l /三三三三//ハ   ヽ
         :,              V,:!/三三三ニニ/ ハヘ    :.
         :,              ': ̄ フ三三ニ/ / :ハ    :,
          :,              V/、三ニニ/ ,:  、へ   l
          :,              V  `丶ニ{ {   \::≧ニニ}





                 __  /⌒\
                ,..._:::´::::::::::::::::::::-、::⌒\
            /:/::::::/'´ ̄ ̄ `ヽ::',:::::ヽ::ヽ
           .':::::::::: |/:::T::T::::ヽⅥ::::::、マ:}
           |::::|:::::::|:: l::/|:::|:|!:|:|::|::|:::',::| }'
           |::::|:::::::|_,ム斗/}'ト十}/:|:::}:}
           |::::|:::::::| ○ '   ○ |::::}/}'     うーん…… どうなんでしょう?
           }::::|:::::::{       }:::::.、
           /:::::{:::::人 r-,ィ^ヽ ィ:::::::::}     その可能性も0ではないと思いますが……
             /::,::::::\::::≧={  ' }_:/:::::(、
         /:/,'::::::,ィ }:::::} 、人_「_从:::::}:`ヽ
           {/イ:::::::{ 从:::)r- 、////}从'::::::::::}
        /:::::::::::::. \}'( '   Y---∨}:::::::::/
          ,'::/::::::::::::::::,  //ー、/    ヽ::::::::{
       {/{::::::::::::::::::{ 「'\//∧     ノ::::::::\_ノ
       |八:::::::::::::::∧    `/| |` ーく/:::::::::::::}¨´
       /  }/⌒ヽ:::::::`ーr<_/イ ー {':::::::::/::/
            }从::::::::}       ∨:::/}/


.

5465世紀末 ◆G2LiCNpYxg :2019/11/13(水) 23:22:57 ID:jXICTR/3



                _..-.――-、_
           /,: /   、 .ヽ
          ,:   ,イ ノ ハ.__  ヽ
          .;  .:,イ ̄,:} ノ:ノヾl  ':
          .l   {代フ  弋フ } ノ .!   ?? なにか疑問点が?
          j  ト:、      レ イ:,}
         ノヘ: {ヽ、   -  ノ ,:
           ヽヘ≦`ニ ´r==レ'、        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
           >ヽニニ| }:! ノ三ノ、        |    疑問、というほどではないんですが   |
          :'  |三< ⌒ >三l、 :.        ゝ___________________,乂
         r イ |三ニヽフ三ニl `z
         l   .| }  |::|、  { !  |
         ド辷ノ } .  |::| \辷ニj
         |  |  } .  |::|  { | .|


.

5466世紀末 ◆G2LiCNpYxg :2019/11/13(水) 23:23:56 ID:jXICTR/3



┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━

                           _
                        '⌒ヽヽ
                    ,.  -- 、 ノ丿
                  ,.ィァ'´__   ,..  ⌒ヽ、
                 ,イf/ ´    /   ,' l  ヽ
             /ハハ` ー- / /// ノ| l ', ,',
              N1',: ヽ. __ / //フ7ト| l|ll       すずか ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
               {Ⅵ:. 、  /7 '´ハ ̄圷j/j,ハj′       |   聖王様が真の戦士ではない、というわけではないんです   |
                  Yハ:.:. ヽ{,',' ,'/  `゚┘ {          ゝ___________________________,乂
          厂  ̄`アl\:.、li  l:!     __ /
    _,,. --―‐|:: :. /ノノ  ゝ|l: /|l、     /  ___
-‐ ''"´ , ‐''"´ ̄`¨ア´ ̄.`` <ll:.{_j{  r―‐'__,∠:;ニ:;ム‐ァ¬ァ=ュ、
--‐''"´  __ __/.:.:.:.:.:,. -=   Y「 ̄`llア´/ / / / ,∠,ニ、=、}ヽ
      //⌒ソ:.:.:.:.:/.:,. -‐==''ア¨ア  / o ! o | o |o_{_rく\ヽ._V|
.  <_/   /.:.:.:.:./:/.:.:.:.:.:. . ''´.:.:/{  {__j--へ ̄_込Λ_}ー}´}__}」
         { .:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.  :. .:.:.:.Λ        ,.イ | / >L}__}_」__}ヽ
           \.:.:.:.:.:―-.:__,. -‐ァ¬¬\     /l:.{o{ {__{_|:::::}__厂`¨〉
          `ヽ、:./´:.:.:厂 ヽ、    `¨¨´/ |、「ヽ}_,ハ::::Lノ__/    すずか ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                 \__/   / \,.、    rj^ヽ_| `ヽ.込.」::::|ノ       |   ただヴァルハラに導かれるのは、              |
              ヽ  _{   `^ー┬'′ / |       |::: |         |   『戦場で勇敢に戦って死んだ戦士』ということなので   |
                | ̄  ヽ.    |   l |       }》《{         ゝ_________________________,乂
               |      |    l   | |       |::ll::|
                   ヽ――┴―ーr亠r‐┴イ.     |:;ル:|
             /¨了|:::::::::::::::::::: ゚}]又[{゚__|入 _______〉ハ〈____
               / / ` ̄  ̄ ̄ ̄|‐' ̄'‐|/ ̄ 三ニ=くfYf,>=ニ三  ̄\
            / /            |:.l.:.:.:.:.:| / ̄`Y⌒)lYl(⌒Y´ ̄\ |
.            / /          |:.:l .:.:.:└'     Ⅵ〈八〉Ⅳ     `┘
            / /              |:.:.| .:.:.:.:.|     |八Λ八|
.            / /            |:.:.:| .:.:.:.:.|    [_ノ{ }ヽ_]
           〈_/            /:.:.:.l :.:.:.:.:.\    |:;ハΥハ::|
          / /`` ー- ..,,____  o /i:.:.:.:.:.:l :.:.:.:.:.:.:lハ o |ヒ{(⌒)爿
       / /             ̄「:.:l :.:.:.:.:i :.:.:.:.:.:.:l :.Τ¨|:::/Υ.',::|',
.      / /              |:.:.:l.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:l :.:.:| |/:::Π:::',| ',
      / /             |:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l :.:.:.|. |辷'' `コ| ',
.     / /             | :.:.:|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:| :.:.:.:| |:;.ィ不ト;:|  ',
    / /             | .:.: |:.:.:.:.:.:| :.:.:.:.:.:.:| :.:.:.:.|.|{>i人i<}|  ',
.   / /               _」.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:| :.:.:.:.:.:.:l :.:.:.:.:||: /Ц', :|   ',
   〈_/             /| .:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.| :.:.:.:.:.:..i :.:.:.:.:.l|〈 :::::: 〉|   〉
  / /`` ー- ..,,_ _  o / ||:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|Λ__Λ|-‐ ''´',
. / /           ̄「   || .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|::::∨::::|     ',


┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━


.

5467 :梱包済みのやる夫:2019/11/13(水) 23:24:30 ID:VugQqWMk

普通に年を経て逝ったからね

5468世紀末 ◆G2LiCNpYxg :2019/11/13(水) 23:24:57 ID:jXICTR/3



               _.. ―-  .._
            ..  ´        ` 、
          /  .:  .:    :.     丶
         ,: '   /  /     :.    ヽ':,
        /    :'  :'      ;     :、:、
       ,:.,:   ,: : : ,:{_:_,.ィ  、.. :ハ :'    : :,
      ,'/ ; . : ':, :´:、:ヘ:.:.  ,:`,:≧-:    : :
      ,::' : ;  :、: ァ斥 ヽ: ,:  'ァ斥、:  :: : .:     あー、聖王様は戦場で死んだわけではないから
      : :、{丶 .:ヽ:、弋沙. ヽ: 弋沙 :  ,: .:  :
         ノ :、 : : `¨  ,   `¨ ノ..ィ   ;  ;     そこからヴァルハラ信仰が生まれたとすると、やや不自然だということですか
        ィ .: `、     _...     ,:    .; ,:'
        'r、:  : 丶.  {.   ヽ  ,:   ,: ,:ノ
        ハ. {゙vト、   丶 ` ― '  ,.イ /7:/7,ゥ
      r、.lハ、ハ ':} }三、从`|`__ ´ jl //://// ,、          γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      ヘ ヽハ. ハ ':三、 j¬::|::r―‐l/ v レ' //./           |   はい、そういうことです   |
       ': lj z≦ニlニ/フ__j::|:::(ヽ /三≧.._´ ./_           ゝ_____________,乂
        l三三三/ヲ、ヽ{::|:/ ヘノヽ三三三/. :,
       /ヘ三三ィ三/> ¬ <:、三ヽ三ニ/_  :,
      ノ ノ三三三/ヽ     ハ三三三ノ、二ニ辷〕
     //三三ニニ/<ヽ   />ヘ三三三ヽ、_   |
    /{三,イ三三三{   ト、,ィ≧、  }三三三三ニ}  丶
    / {ヲ |三三ニニ}.  .|::l:::|  ヾ7=l三三三lヽニj-―-ゝ、
   //   {三三イ   |::l:::|    、三三三l  ヽ-、‐フ'
  /      / |    |::|:::|     | >―'    ヽ}


.

5469世紀末 ◆G2LiCNpYxg :2019/11/13(水) 23:25:56 ID:jXICTR/3



                   ぐ ̄  ¨ ヽ、
                /    :      丶
               /      :        、
                     :        :.
              ':      :        ハ':     しかし……
             :' .:     .:          : :
             !: .:               : :.    そうなると一体どういう経緯で生まれたんでしょうね? ヴァルハラ信仰って
              : {  __         ,: l :,
              ゝ≦三三三三ニ― 、 ,: レ
             /三三三三三三三ヽ三三≧、    《聖焔》そのものではなく、
             {三三三三三三三ヲ三三三ニニ/
             l三三三三三<´三三/⌒ヽニ/    その向こうに魂が導かれるという発想もどこから来たのか……
             }三三三/三三三三ハ    Y
             /|辷ニ≦三三三三ニ/ ヽ    |
            l_|三三三三三ニニニ!   >x、 ハ、
            /|三三三ニニ三三三{    ` ドニ´j
           l  V/`ー´  ヽ/ ヽ l       |
           l   lV     /   .>|       !
           .l   l ヘ.   /    .!´|        !
           |   l  ヘ ノ     l |>―--  _}
          {――-l /`´      l |  {¬ ―ゥ
          ヽ――{/        |   ヽ|    |´


.

5470世紀末 ◆G2LiCNpYxg :2019/11/13(水) 23:26:56 ID:jXICTR/3



     -=≦::::ヽ
       _ヽ::ヘ-=====-、、,,
     /:::::::::::/ ̄ ̄ ̄\:::::::`ヽ
    /:::::/:::::/::::―:T::::T:―、::::::::::',ヘ
.   /::/ ,::::::/γ⌒Y|:::: |:ァ― 、::::::::',:',
.   !/  |ハ/ 乂__ノ \圦   〕::::: l::}!    そうですねぇ
      |圦 ,,.    ▽  `¨¨´!:::::::}リ
      |:::::ゝ        '' /::::::八     ……関連があるかはわかりませんが
      |::::::::|:::≧=-、、 r≦/::::::/:::::\
      |::::::::|:::::::::::::/∀、∧/:::::/:::::::::::::)
      Ⅳ∨::::::::::/ |只/. /イ}/::::::::::::::(             γ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
          (:::::::::: | |z/. /zz}::::::::::::::::::::)             |   はい   |
.       _>''´ 辷|/z/   寸:: イレ'              ゝ______,乂
        {ニハヽ  `^^^尖 ヽ 人_
.       ゞ‐┴''`''~´{//}>、_,、~'
               `¨´


.

5471世紀末 ◆G2LiCNpYxg :2019/11/13(水) 23:27:56 ID:jXICTR/3




.   -=≦ミx  _  -=======-  _
.        >:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'く
    /:::::::::/''"´ ̄ ̄ ̄`''<:::::::::::::ヽ
.   /:/::::::/ ィ::: ̄ ̄:::::>x._|::::::::::|::::::',
    /::/:::::/::::|:: |:::::::::|:::::|:::::::: |:::::::: |::::::::,
.   |::/:::::/:::斗-|、::::: |::―‐-、:|:::::::: | ::::: l     聖王様の時代の前
.   |/|:::/:::: ,ィ竿ミ.}:::/芹雫ミx:::::::::::|:::::::::|
      |/|:::::《 {/し }/  {//(_ 》:::::::::/Y:::::::|     すなわち竜の時代において
.       Ⅵゝ乂ソ   .乂_ツイ::::::::l /::::::::|
          |:l    '        |:::::::从:::::::::|
          |:::)h、 マフ     ,':::::::,'::::::::::::::'/    《聖焔》以外に魂の導かれる先が存在していた、という説があるんです
          |::::::::|::≧―≦ /::::::/:::::::::::::::::'/ /
          |::::::::|::::>/////:::::/ ヽ::::::::::::::V. /
       ,:::::::/'´´////'::::::/ zzzzV:::::::::::∨ /
       /:::::/ /⌒/:::::::/≠ ― V:::::::::::∨
        /:::::/| { / {::::::::{''´/ ⌒ヽ.V:::::::::::ハ
      从:::|彡ヘ㍉ ゝ:::::} /     } ',::::::::::::::l
         〈: :只:ヽ / ):ノ.       |. }::::::::::::::|
.        / 7:ハ:ソ^   /.         ハ }::::::::::::::|


.

5472世紀末 ◆G2LiCNpYxg :2019/11/13(水) 23:28:56 ID:jXICTR/3



┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━

                    _____
                  /: : : : : : : : : :`く
                ,イ: : : : : : : : : : : : ヽ: :ヽ
                  /: : : : : : : : : : : : : } : i:∨」<=コ)
              /.: : :/:/: :|:,': : : :/: :./: : |i:|::} |ヘ`¨´
              /イ: :/:/: |:.|:| : : : {:-/、::_从|_ノ」', ヽ       すずか ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
              ' |:/:/:.从_ハイ: : }:/,ィ芯ミxV ', ',ヽ `'<_     |   それこそが、かの《五大》が一柱バビロン   |
                 }'V:从",ィ示ゝ、{′ゞ-゚' .}イ:', ', \  |    ゝ_____________________,乂
               ,': : :ヘ 《 Vソ'  、   "" /_:_:ヘ_ヽ  `¨
               ,': : : : :/>.イ|  、  ノ  ,イzzzzァ 7 〉
                /: : : :,ィ/イ| |、.     ,.ィ{ニニニマ ∧
            ,イ: :, イ_く-=ミム∨ ≧≦ ̄|ニマ /: : ∨       すずか ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
          ,ィ: _ イ /:/ニニニニニニヽヽ__ハ__ハ=マ/zzzx:∨.       |   マルクト                                             |
           /:./ /: :|ニニニニニア´二ニ只、─、`ヽニニム:\       |   《王国》に住まう人々はバビロンと繋がっており                |
       ,イ: :,イ /: : : :|ニニニニ〈 くニ/ノ / ゝ、___>ヽニニ|: : :ヽ     |   死後、その血肉と魂は大いなる母と一つになっていたとされています    |
      /: : :/ イ: :/: : :|ニニニニニム__,イ ゝ_ノ  ヽヽ`ヾ=|: : : : :`'く   ゝ________________________________,乂
.       ,: : : :{: :, イ/ : : :/ニニニニニマ /.    `マ´  ヘ ゙, ヽ|: : : : : : : :`<
    >''"|: : : :{'  ,イ : : : |ニニニニニマ /.      ',    ', ',  }l', : : : : : : : : : :`ヽ
>:´: : : :.人: : : 乂: : : : :,イニニニニニ,' ,'              | |. ,'=', : : : : : : : : : : : : ヽ
: : : : : /   ゝゝミ: : /ニニニニニニニ| .|       /:   ,' ,' ,イニニヽ: : : : : : : : : : : : :',
: : :./    /: :./ニニニニニニニニニ| .|     ,イzx、_/_/:::::|ニニニム : : : : : : : : : : : : -=ニニ    魔剣物語AM(アフターモーさん) 《王国》について
:./   ,イ: : :/ニ{ ヽ、_ァ'"⌒`Vム_.|≧==≦ニ三三三/::::::::|ニニニニ=-: : : : : : -=ニニニニニニニ   ttp://yarupon.blog134.fc2.com/blog-entry-19889.html
′  ,イ: : : :,イニニニ人     ,  ,{/}三三三三三三三/:::::::::|、ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
  ,イ: : : : :/ニニ//.ム   _.イ  マ}三三三三三三ニ/::::::::: ハ:マニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
,イ: : : : : :/ニ=//:::::: ノ   `¨''‐ . }'三三三三三三彡:::::::::::::::ヘ マニニニニニニニニニニニニニニニニ//
: : : : : : /ニア ,イ::::::::::::/  ,n  i  、ヽ三≧=-=≦ 三三ニム::::::::::::', マニニニニニニニニニニニ//
: : : : : /ニ/ /::::::::::::ア .,イ=|  }ヘ ', 、 マニニニニニニニニ\:::::::::', マニニニニニニニニニニニニニ//
: : : : /ニ/ /::::::::::::/ ./ニニ|  }=ハ ',ヘ. マニニニニニ/ニニ二ヽ:::: ', マニニニニニニニニニニニ //
: ://ア /::::::::::,Y .,イ/,ィ}  }.ニハ  iム'゙ニニニニニ/ニニニニニヘ:::::ゝ、寸ニニニニニニ=-' ,人.〉
'   | /::::/ .ィ`´' /ニ| ,'ニニハ_,ノニニニニニニ/ニニニニニニム:::::ヘヽ寸ニ=-  _ イ _/
  |/‐''"_イ=//::/ニ└'ニニニ二ニ{ニニ二マニニニニニニニニム:::::ヘヽ、`─ ´¨¨¨´


┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━


.

5473 :梱包済みのやる夫:2019/11/13(水) 23:29:04 ID:VugQqWMk

魔剣「ええで」

5474 :梱包済みのやる夫:2019/11/13(水) 23:30:13 ID:G5o/bxZB

おー。これは新解釈

5475世紀末 ◆G2LiCNpYxg :2019/11/13(水) 23:30:26 ID:jXICTR/3



               _.. ―-  .._
            ..  ´        ` 、
          /  .:  .:    :.     丶
         ,: '   /  /     :.    ヽ':,
        /    :'  :'      ;     :、:、
       ,:.,:   ,: : : ,:{_:_,.ィ  、.. :ハ :'    : :,
      ,'/ ; . : ':, :´:、:ヘ:.:.  ,:`,:≧-:    : :     りゅ、竜の時代ってもうほとんど神話の世界じゃないですか
      ,::' : ;  :、: ァ斥 ヽ: ,:  'ァ斥、:  :: : .:
      : :、{丶 .:ヽ:、弋沙. ヽ: 弋沙 :  ,: .:  :       それはまたずいぶんと昔というか……
         ノ :、 : : `¨  ,   `¨ ノ..ィ   ;  ;
        ィ .: `、     _...     ,:    .; ,:'
        'r、:  : 丶.  {.   ヽ  ,:   ,: ,:ノ      そもそもあの時代って、
        ハ. {゙vト、   丶 ` ― '  ,.イ /7:/7,ゥ
      r、.lハ、ハ ':} }三、从`|`__ ´ jl //://// ,、      あまり資料とか残っていなかったんじゃなかったでしたっけ?
      ヘ ヽハ. ハ ':三、 j¬::|::r―‐l/ v レ' //./
       ': lj z≦ニlニ/フ__j::|:::(ヽ /三≧.._´ ./_
        l三三三/ヲ、ヽ{::|:/ ヘノヽ三三三/. :,
       /ヘ三三ィ三/> ¬ <:、三ヽ三ニ/_  :,
      ノ ノ三三三/ヽ     ハ三三三ノ、二ニ辷〕
     //三三ニニ/<ヽ   />ヘ三三三ヽ、_   |
    /{三,イ三三三{   ト、,ィ≧、  }三三三三ニ}  丶
    / {ヲ |三三ニニ}.  .|::l:::|  ヾ7=l三三三lヽニj-―-ゝ、
   //   {三三イ   |::l:::|    、三三三l  ヽ-、‐フ'
  /      / |    |::|:::|     | >―'    ヽ}




                ,...:::::::::: ̄:::::::::....、
              ,..:´::::,..:--::::::::::::::::::::::::ヽ/
                 /:::::::::/:::::::::/----- 、:::::--、::::<⌒\
             /:::::::::/::::::::/____   `ヽ:: |:::、::::\
            .':::::::::/::::::::/_/_//::/:::::l::l::..、 {:::|::、:ヾ:::::::.
            |::::::::.':::::::7:::/_/ }:/|::::/}/-、:::Ⅵ:::',::::.∨::}
            |::::::::|::::::::|ィ笊_;  }:/,./_Ⅵ:::}:::|:::::|::::| マ;
            |::::::::|::::::::{弋)ソ  /'  笊;} j/|/}:::::|l:::| }     ええ、確かに以前はそうだったんですが
            |::::::::::,::::::::,      , ゞ' ,':/:/`ヽ' ::/
            |:::::::八:::::::::、   ー   .イ::::::{ l  ∨
           ,::::::/= ム:::::::、≧r -=≦::||:::::人 :.  ヽ       最近になって新しく資料が見つかったとかで
            /::::/⌒\ム::::::ヽ/ヽ ̄ ト八::::::Ⅵ、   }-、
             /::::/⌒\ Ⅵ:::::::::}\^} |!ヽ}:::::::}: :\__|_〉    ここ数年、研究が進んでいるようです
         /::::/    、 、:::::::、==ヽ=_〉{:::::::ノ_: : : : : :/
           /::::イ       〉-}':::::::} イ介}、从::{  \_:_:/
        {::::::/-   ´  /  /::::イ 〈/|:| マム }'      ,
        |::::,     /  ´ ̄   |: :| }: | ヽ     /
        ∨     / }_      ,|: :| マム }   /
         〈    ⌒ヽ |: : : .、__,ノ : |   マ∨-- '
          、       \r、__: : : 」    T
          \     ,.-\ ̄\ ̄    {
             、  /: : : : \\\
             \/: : : : :/´ ̄`ヽ、    |
                  ∧: : : :/    \〉}  ∧


.

5476世紀末 ◆G2LiCNpYxg :2019/11/13(水) 23:31:56 ID:jXICTR/3



┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━


                __/\ー‐==ミ、
                  /://\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.            〃⌒V:.:/:.:.:.:.:ヾ:.:.:.:.:.:.)、:.:.:`ヽ
.            リ.:.:.,.:⌒ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Y:::::`^\:.:.\
           /.:.:./:.:/V//∧:.:.:Y\j:::::::::::::::{:.:.:.:.:}
.          /:.:.:.:}:.:.{/"´   ',:.:.}:::::::::::::::::::::::;.:.:.:.:{
           ',:.:.:.:}:.:.{      |:.∧::::\\\:;.:.:.:.:.、
             }i.:.:.}:.}リ====ミj/ ,\===\j:.:.:.:小、    すずか ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
           八:{:.:ノ x====ミ }⌒{ ,x====ミ リ:.}}:.:.!}      |   特に、ある方の研究論文なんかは、まるで直接見てきたかのように    |
.           {:.:.!:|:.{ `ー―‐‐ ′i `ー―‐‐'" 刈:.:.リ      |   詳細かつ鮮明に書かれているともっぱらの評判らしいですよ       |
.            乂リ八         |        从:.:/       ゝ________________________________,乂
              `Yヘ      、_j/      r':.:.:八
             V:.    、_____,   /!:.:./                                           ナマエハ フセラレテイル ミタイデスガ
                }:.:i:、  \___/  /::|:./
              八j  :.    ー‐    / .::|リ
             /:i:{   \      /  ::|ト、          エルネスティ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
.             イi:i:|{    ` ー‐ ´  .:::/}|:. \          |    へぇー、世の中凄い人もいるもんですねぇ   |
         /  |:i:i:|{              ,.i:i}|:   \        ゝ______________________,乂
        i   |:i:i:|{ ,     :     /:i:i:}|    |   、
     ´     |   |:i:i:i|{ ′    ノ   / :i:i:i}|    |      、
 /     |   |:i:i:i|{ ′     :/ :i:i:i:}|    |            、
        |   |:i:i:i|{  ,      :/ .:i:i:i:i}|    |
        |   |:i:i:i:|{   ′   .::/ .:i:i:i:i:i:}|    |                 \
        |   |:i:i:i:|{   ヽ.:/ .:i:i:i:i:i:i:}|    |                \
        |   |:i:i:i:|{    /  .:i:i:i:i:i:i:i:i}|    |                 .


┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━


.

5477 :梱包済みのやる夫:2019/11/13(水) 23:32:34 ID:G5o/bxZB

それ見て来た人(?)ォ!w

5478 :梱包済みのやる夫:2019/11/13(水) 23:32:40 ID:RJ3ACp8c

ドルオタェ……

5479世紀末 ◆G2LiCNpYxg :2019/11/13(水) 23:33:26 ID:jXICTR/3



                   _...   ..._
               .. ≠´       `  、
             ィ´              ヽ
           ./          ヽ      :.
          ,:'  .:       :.     :.      :.
         /   ;   .:  、 ヽ    :      :.
        :    .l   ,l ‐ ¬  :.    .:      :
        ,:    j:  ´.:{. ヽ.ィ ヾ、}    .:.      :.     でも、面白い説ですね!
        :! l  :'⌒:、  :l '爪ハ ' .}    :.      :
        :l .{:、 ヽ斧 \ {.弋ソ .ノィ    .:.      :
        :.`ヘ :、:、:ソ   `     ,:    :.      :     それがヴァルハラ信仰の元になったとすると、
         :.  丶ゝl〈       :'     .:     } .:
         :、  .| :.  _.ノ  . :     ;    ノノノ      バビロン=ヴァルハラということになるんでしょうか?
           ノ,:  ヽ     .l     :l  ノヘ! '´
            :   ヽ   _, !   _.. 7三三≧zx、
            :     ,l  .}_j  /  /三三三三ニ≧、
        z 、-、,.ハ  : / '⌒l::{'ハ/  /三三三三三ニニ}
       /-‐ ヘ{ヘ=、 ハノ_! /::} /  />7´   .ヽ三ニ:'
      {l ´¨二〕 ゝヽ{ニニ|  ノ::{ノ ,ィニl ,:      vニ'
      { ヽ´ __ィ } /ニヽ=! / /三ニl l:       ニ}
       l≧― ィ≠l'三ニヘ!' /三三ニl lヽ      K
      ,イ!三三j .l三三'⌒Y三三ニニ| |ヽ:≧、    | ノ!
     /ニ{ヽ三ノハ l三/ ,- 、  }三三ニヘ ヽ  <三辷彡j
    ,イ三三ニィハニV―∨r.. ヽ.ノ ̄ ̄ ̄ ヽヘ     ¨ l.
   ハ ヽ三ニ/ハ三/|  : {:::} /ヽ      l ヘ       l|




                   ,z====-、
               /::::>''´
          >‐''ァ―=ミ――ミ
        ,ィ::::::/ ,.。*''":::::::::::::::::::>、    うーん…… そうはっきり断定するのは難しいかと
      /´:i::::|━━∧‐::::::i:::::::::\:::卞ヽ
      ,'::::::|::zzzzzzzz∨::::}i::::::',:::::ヽ::::',   そもそもさっきも言った通り、関連性があるかどうかも不明ですからね
       {:::::::|::::{    ヽ |::::∧::::::',::::::',\',
      |::/ |::::乂  ..ノ |,イ  Vヽ} \}
      |::ゝ|::::从 ¨¨         ヽ       あったとしても、ヴァルハラ信仰の成立に対して
.      ,'::::::| ::: |.、         .ィ  ___
     /:::::: |::::: |:::>‐ーtァ‐=<::|  ̄{'//}_)   何かしら影響を与えた可能性はあるかも? ぐらいじゃないでしょうか
    ,イ::::::: ノ:::::ノ::/ ㍉z只ハ人::人‐┴‐┘
  /::::::::::(::::: (:::/   |z}} {{」| )::::::)
  (::::::::::::::::::)::::: )'   |-  -{.|(::::::(
  )::::::::::::::(::::::(;{三三}    ∨ )::::::)


.

5480 :梱包済みのやる夫:2019/11/13(水) 23:34:10 ID:pJ+zBcI+

ドルオタは見ていた

5481 :梱包済みのやる夫:2019/11/13(水) 23:34:31 ID:IQbRzXJa

というかこのドルオタ自身がなwwww

5482世紀末 ◆G2LiCNpYxg :2019/11/13(水) 23:34:56 ID:jXICTR/3



           .. ‐  ̄¨¨ ̄ ト、
          .:'´ ,:          `ヽ
       / 、,:              ヽ
      /   ,: ´  `  、         ':
      ,:/ .:        ':.        :
     ,:   .{          ':        :.
    ,:   ; :.  ヘ        ':       ;
    .:    ィrlゥ  .}ヽ   ;    .;      ;、:、
    : ,:  ノノ/イ  ': .{ _ヽ,ィ l 、    :     : ヽ、          さて、そうなると残るは
   .:ハl´{ ' ノ.ノ:、 丶l l {´:l lヽ:}   :  :  j≧、/ニ、
   : : {!   .{l lヽ、 ト、l l -='"  } ハ .: :  ノニ/ニィ==≧=-、    真の戦士とは何を、あるいは誰を指しているのか、
    ::. l    ,ヽー'l l       ,: .', : : /∠イ三三三三三、
    :、 ヘ   }ハ 、        } ハ{/三三/⌒ヽ三三三ヽ  という話になるわけですが
      .、  ( .:ヽ    -='ゝ /   /三三ニ'    ハ} ヽ三ニj
       :、  :. :、 > - -イ三!> .l三三三l    /ニ'  }ニニ.{
       、   :、    /--‐‐|三三≧!三三三lヽ_/ニ/  ハニニl
        、   :、  ノ ̄ ̄ ̄ヽニ三、{三三三ト、彡イ   ノ三三ハ、
        、    `く丶     ヽトニl l l三三ニ!     {三三三ヽ、
         、     ヾヽ   /´ ヘ三、 l l三三l      {三三三ソ
         .ヽ     ノハ /   ヽニ、 l |三ニ|     _.j三三/}
          ヽ_ イヽj.ノ'     ヽニ、ヽヽニjミニニニニ≦|ニ/  |
                       }三ゝゝ-≧ l-―'" |¨´    :、




               ⌒ヽ
               }: }  __
          ―― 、ノノ.: :. :. :. :. :. :. :. ..
.       / ―――/:. :. :. :へ:. :. :. :へ:. :. \
    /  /:. :. :.,, '"  ̄ ̄ ̄\:. :. :. :.\:. :.\
       /:. :. :./ '   ____\:. :. :. :. :. :. :.ヽ
      ':/:. :.// /: |:. | |:.:|:.:.:.|:i: |:. :.:ヽ:. :. :. :',:. :. :. :.
.     / /:. :./: / /:. :.:.|:. | |:.:|:,,斗f十一:.|:. :.i:. : i :. :. :. :.
    / ':. :. :. :.|,/:.| :. j|:. | | j|∨从ノ:.:ハ:.:|:. :.|:. : |:. :. :. :. :
      i:. :|:. :. :i :. |,ィ八:.| |从 ィ午示㍉ |:. :.|:. : |、:. :. : : i     そちらの方はさっぱりですけど……
      |:. :|:. :. :|:. /:x=ミ    Vし リ  ':.:./:. :.:| j:. :. :. :|
..    ∨|:. :. :|:. :.《 fハ     ¨¨´  /:. :. :. :. |/:. :. :.:.:|
      |:. :. :|ヽ:厶 vソ,    〃〃/⌒: : :. :.八:. :. :. :|     もしかしたら、歴史に名が残っていないだけで
      人:. : | |:叭〃  _ ノ      /|:. :. /:. :. :. :. : |
.        \| |:. :.ゝ          ,  |:. :/:. :. :. :. : : |i       実際に居たのかもしれませんね
          |:. :. :.个. .,,    イ/7:.:./:. :_:. :. :.:.八
          |:. :. :. | |:. :. :.千 r'"ニ,/:. //   ヽ:. :/:. :.
          |:. :. :. | |:. :r--- |ニ,/:. /  _   V:.:/ :. :、
          |:. :. :. | |:./ | r―- /:. :.i /  ヽ |∨:. :. :. :.
          |:. :. :. | |' / |―-/:. :. / |     V'| ',:. :. :. :. .
          |i :. :. :| |   |   i :. :. i /     | |  ', : :. :. :. :.
.          八: : : | |/_,|/ |:. : : |,      , |  ',:. :. :. :. :\
         /:. .: :. :, |/イ元ミ:. :. : l        /人   ', :. :. :. :. :. \
           /:. :. :. :/ 《  /,|:.V:. :. :.:.|     ,   i_|:. :. :. :. :. :. :. ヽ
.          /:. :. :. :/  i∨/ |:.:;:. :. :. /     ___|:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.
         /:. :. :. :.    Y { |:/:. : : /     √ //∧:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : .
       ,:. :. :. :.:.    i,ノ |:. :. :. :       '////彡':. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.
       i:. :. :. :.:.     |  /:./:. :.:i      /\「:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :j|:. :. :


.

5483世紀末 ◆G2LiCNpYxg :2019/11/13(水) 23:36:25 ID:jXICTR/3







┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━



            /         \         __
          ,イ′     ゞs。,   `'ーzzzzzzz≦: : : : : : `ヽ}:ヽ
        ∨{        `'<:≧zzzz`'ー―――‐s。,: : : : :}}: :}`Yv
        {: 乂         _,.>==ニ二ニ二三三≧`Y: Ⅳ: :リ,.イソ
       乂: : ≧zzzzz。s・≦>・''"´: : :イ´: : : : : : : : : )Ⅳ: ,イ:ア´            ト、
            .。s・''"斗 。イ: ,.イ: : :Ys。,: : : : : : : >――‐>zzs。            r' ノ
          ,イ:r・'" .。・''´: :,イ´: : : :.ノ   `'s,: :,イ: : : : : イ´/´~`i}  ヽ、   |    /´
      ,イ:r'´  イ: : : : ,イ: : : <,イ{s.,_  /: : : : : :/´:/  `ヽリ   )ヽ ノ|
     ,イア´ イ: : : :.ア7: : : : : :イ,' i `"'イ: : : : : : : /: :/`'.,     /:::::/´:::しイ
      {イ ,.く: : :.ア´ 7: : : : :.イ.,'  .i イ: : : : : : : :/: :/≧s。'.,   /:::::;ィ::::::::::::::ヽ _,イ
      ,イ: : ア´   ,': : : : :イ 7   i7: : : : : : : :,イ: :リ`ヽ,斥}゙,   | :::/. `ー-イ::::::`::::/           ..................................................
     ,イ: :ア .7{s。 {: : : ,イ ./    .i: : : : : : :,イ:/ : / ∨ Yリ ', ,.  |:::      て_:::/       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ム: :/  ムニニ≧s:,イ ./     i: : : : :,イ: :/: :/.,   `´   イ;; ヽ     /::/     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    ム: 7   「ニニニニ,イ   '     i: : /: / :ア {イ`'+。,  {;Ⅳ :、   :::_::::ノ   :::::::::::::::                             :::::::::::::::
     {: : {    {ニニニイ   ,'      iイ: :/イアム. マイソム`'+zリ'v'´         :::::::::::::::    ソウル                          :::::::::::::::
    Ⅷ:{   Ⅷニイ   ./       .iアイイニニニ'+,`'ー‐・'´イ           :::::::::::::::     “魂”を燃やして、強大な敵に立ち向かった     :::::::::::::::
     マム,   .',イ   /          .iニニ`'+,ニニニニⅥ¨¨´ __            :::::::::::::::     真の戦士が――――                  :::::::::::::::
       ゝ,'s., ,イ   ./          i`ヽニ∧≧s。,__〉zz〈三三≧s,          :::::::::::::::                             :::::::::::::::
         `¨,イ    /            i‐‐∨‐∧ニニニニニニニト。,ニニニ≧zzzzイ       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        k.   7              iヽ,‐∨ニi}ニニニニニニニニニト,ニニニニニニ二}           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         Ⅸ   7             i./ム‐}二i}i\ニニニニニニニニ〉s,二ニニ‐リ                ..................................................
        i ∧ 7     __,..。szzzzzリ//i}リニリニニ≧s。,ニニニニ/二ヽ.,__,.。s〈
          i  .}r・''"~゛´ ̄     ア///リ7‐/ニニニニニニ≧s。〈ニニニ‐∨.//∧
        i  }{         ア///,イムイニニニニニニニニニニニ∨ニニニ∨.//∧
        i .}{        ア/斗'´ニニⅥニニニニニニニニニニニニ}ニニニニ}////∧
        i }{       ア''"´寸ニニニニⅥニニニニ二二二二∧ニニニリ/////∧
           i .}{        ア      寸ニニニニ`'<‐二二二二Ⅵ Ⅳ,_ン゙〉 ̄ ̄ ̄ ̄〉
           i }{     .ア       寸斗・''"´ ̄`¨〉¨¨¨¨´ニヽ,7´,イ///////ア´
          i.}{    ア          ∥ニニニ二二二}ニニニニ二Ⅳ,イ//////ア´
         i.}{  ア            ∥ニ斗+・'''"´ ̄}ニニニニ二Ⅳ}/////ア
         i}{ ア            ,イ´ニニニニニニニニニ}ニニニニ二Ⅳ}///ア  魔剣物語AM(アフターモーさん) 《古竜戦争秘話》 《失落の天庭》 その12
         i}{ア            /,>・''゙"´ ̄ ̄ ̄ ̄}} ̄ ̄`"≧s。,k´   ttp://yarupon.blog134.fc2.com/blog-entry-20004.html
         iイ            ,.イ´ニニニニニニニニ二二}}ニニニニニニニ}i!}ム
                   ,.イニニニニニニニニニニニ二}}ニニニニニニニ}i!}Ⅳ,
                    イニニニニニニニニニニニニニニニニ}}ニニニニニニニ}i!}/Ⅳ,


┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━





.

5484 :梱包済みのやる夫:2019/11/13(水) 23:37:41 ID:RJ3ACp8c

??「美しいでしょう?」

5485 :梱包済みのやる夫:2019/11/13(水) 23:37:48 ID:VugQqWMk

あー。

5486世紀末 ◆G2LiCNpYxg :2019/11/13(水) 23:37:57 ID:jXICTR/3



                         ____
         ,斗七  ̄  < _ ィヘ/.{    \
        ´ ̄`ヽ         l\i \`ヽ/_ .i/l
            \       { ニ|.弋iiヽ .{:::::::}.| ニ}
              >x.__  ヘィi   ___ , リ V
                      Yヘ .ヽl/l/ノ / Y
               .r - ―― - _ .> ─‐< _ - ――― -    【ヴァルハラに辿り着いてそうな真の戦士って誰がいるかと考えて】
               乂      〈       〉       /
                 >x._  \ _ / __  イ
                  /    / ̄乂_ノ ̄\ ヘ    V     【真っ先に思い浮かんだのがアンダインさんだった】
                /__  /〈     .|     .〉 ヘ   .」
                〈 __.`V__ ヘ _ .」L _ ./  < ̄ 」
               /  .`〉 / { .\  |  / }  〈  ̄ Y
               .,   /./  i\」  | .L /i   }   i
               {   く/   /   . ̄ ̄   V ,ィ   }     【なんとか理屈をつけてみたけど、穴だらけだったら申し訳ない】
              .リ .,ヘ .}  /ミ三三三|三三彡V し   リ
              .L/ /_ノ ./ミ三三/._\三彡Vゝ―イ
              / /    {   /   |:::::::i\  }
            /|/ /    └―<    |:::::::} .ゝ ┘
           /   /_      γ´ ̄ ̄`ヽ::::L_
          /   /       { __  リ:::::::/
         ./  /         〈 ___`Y::::::::!
.        ./ /           {    }:::::::i
       .ムイ           _{二二二}:::::_」
                    {     _」__:::::::: ̄::7
                     ` ̄ ̄´     ̄ ̄


.

5487 :梱包済みのやる夫:2019/11/13(水) 23:38:26 ID:gmH8GQ/T

なるほどなー、そう繋げるのか

5488 :梱包済みのやる夫:2019/11/13(水) 23:38:56 ID:IQbRzXJa

ほうほう

5489 :梱包済みのやる夫:2019/11/13(水) 23:39:26 ID:jXICTR/3

投下は以上になります
お付き合いいただきありがとうございました

5490 :梱包済みのやる夫:2019/11/13(水) 23:39:29 ID:VugQqWMk

面白い考察でした
おつー

5491 :梱包済みのやる夫:2019/11/13(水) 23:40:25 ID:oaGhEDTh

乙でした

5492 :梱包済みのやる夫:2019/11/13(水) 23:40:25 ID:RJ3ACp8c

乙でしたー

5493 :梱包済みのやる夫:2019/11/13(水) 23:41:12 ID:zCtNI3Sl

乙でしたー
自分の命と引き換えに離散する民が逃げる時間を稼ぐ、まさしく戦場で死んだ真の戦士ですな

5494 :梱包済みのやる夫:2019/11/13(水) 23:41:37 ID:wVSp+fTo

乙でした

5495 :梱包済みのやる夫:2019/11/13(水) 23:41:46 ID:IQbRzXJa



5496 :梱包済みのやる夫:2019/11/13(水) 23:42:56 ID:pJ+zBcI+

乙でした
アンダインネキなら確かに真の戦士と言って過言ではないなあ

5497 :梱包済みのやる夫:2019/11/13(水) 23:43:29 ID:RJ3ACp8c

Undyne_the_Undying(ゆうしゃは死なない。ただ行方不明なだけ)

5498 :梱包済みのやる夫:2019/11/13(水) 23:43:57 ID:gmH8GQ/T

乙でしたー

5499 :梱包済みのやる夫:2019/11/13(水) 23:47:15 ID:+FxSdQqu

乙でしたー

5500 :梱包済みのやる夫:2019/11/13(水) 23:59:50 ID:G5o/bxZB

真の戦士……納得しかねぇ!w

乙でした!

5501 :梱包済みのやる夫:2019/11/14(木) 00:14:07 ID:uRVUBuJL

ソウルを燃やし尽くして聖炎ではない場所に行った薪の王

つまり戦士の園とは魔剣の中なのでは???(ボブは訝しんだ









一覧
関連記事

[タグ未指定]
[ 2019/11/17 19:00 ] おすすめ 人気スレ 魔剣物語 | TB(0) | CM(1)
>[ 35578 ]
確かに信仰対象になってもおかしくはない最期だったか…
[ 2019/11/17 23:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

申し訳ありませんが、体調の悪化により長時間PCの前に居られなくなりました。。
その為、当分の間は手抜きでのまとめとさせていただきます。
楽しみにしてくださっていた方、そしてまとめを許可してくださった作者様にご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。<(_ _)>


とても大きな台風でしたが皆様ご無事でしたでしょうか?
もし何か被害にあわれていたらお見舞い申し上げます。
ぽんに何ができる、というわけでもありませんが、せめて気分転換の一助になれればと思います。


一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

19/11/13
アカガネ山のやる夫 追加

19/05/26
やる夫は誰かを救う悪になるようです 追加

19/05/18
エージェントやる夫の日常茶飯事 追加

19/04/14
やらない夫は「The World」にログインするようです 完結

19/02/10
真・女神転生 ~やる夫の嫁は加賀のようです~ 追加

19/01/21
できる夫とマリーがたどる仮面ライダーファイズ 追加

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



月別アーカイブ
FC2カウンター