ヤルーンとヤラヘールの謎の物語 第百六十六問 やるぽん!

ゼロワン第11回 生身サイズの敵に巨大ロボで挑むのは戦隊モノでは禁じ手なのでなかなか新鮮。 そして暗殺ちゃんは?とか色々ありましたが、ザイアの社長の小物っぷりに色々吹っ飛びました。

ヤルーンとヤラヘールの謎の物語 第百六十六問

816 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:12:13 ID:dcGN4v7U
    瞬殺されても、めげない後悔しないカッとなってやった反省していますん。投下します。

    難易度はためらうレベル。


817 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:12:30 ID:dcGN4v7U

    ____________________________________________
    ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

               _____
             /´         `\
           ゝ/   ________ヽ
           /   | /  _    _ヽ |
           /    |  /   ヽ /   ヽl
          l   |  l      |     l
          |    |─|      / | ヽ    lヽ   今回のお題は、わたくしの黒歴史小説より抜粋。
         /Y⌒ヽ  ヽ ___ ノ ヘ _ ノ、ノ    中高生ぐらいのときに書いたやつです。
        /   | )  /⌒ヽ         l
        l   ヽ__   \ ノ        つ
         ヽ   .> 、  ` ー─ ⌒ー─ ´
          \/  ヽ>>───<


               _____
            ゝ/´        `\
           /   ________ヽ
          /   | / / ⌒ ヽ  ⌒ ヽ!
          l    |_l      ヘlヘ     l    何故そうしたんだろう。どんなことを考えていたんだろう。
          V ⌒`  |     |      |     
          | d   ヽ.__ノ ヘ _ ノ⌒i   これから語る誰かは、そういう可能性のひとつのようです。
          ヽ__  |\ ________ ノ
            ヽ |      |
             ヽヽ、_(二二)_|_
             / ` ー──── '

    ____________________________________________
    ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

818 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:12:50 ID:dcGN4v7U



    1/5

                   ____
                 /      \
               / ─    ─ \
              /   (●)  (●)  \   あるところに男がいた。
                |      (__人__)     |
              \     `⌒´    ,/
              /     ー‐    \

819 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:13:01 ID:dcGN4v7U

    2/5

                    このとき、各地は戦火に包まれており。

                 /                 i::::::wn||二二二二二二二ヽ
                /                  丿 /' ''
                /                 ///,-''''''-、
               /       /         /// l  ,、,,...>、
               /     /    ,、      ヽ ノ-‐i'`、,,...--`、    /
              /     /     ヽヽiijj、    \ `')`,'二二ヽ    /
              /   /     / ゝヽヽiiijjlii     )つ'//ヽ  ヽ/.  ,-‐-、
             /  /     /  /  iiijjliijli、    (/////|   |   ノニ、,、l
             / /      |,  /__丿 iiijjliijliijl,へ、 /////ノ   |   '、ヽ==ヽ_
            //       `' `)_,' ヽ=======ヽ(ヽ/:::::::::/ l   |   / (/(  >
            /              ノiiijjliijjliijijliiiillゝ--ノ/  l   |   、 ,,,,,,/ ノ,
         / /               iiijjliijjliijjjlijjiillliili、 /=======lニ二 ,ヾヽヽiijjli、
           /               ノiiijjlii jjliij jjl jjllll/ニニニニヽ  / ゝヾヽiijjlii、
          /         ,、、、  .ノjjiijjlii"li  ,-'' ̄'''-、ニニニニヽ/   / ijjlijlil
         ../-----―――ー〈rァ;ー /  jj   ノ-ヽ(⌒、 >、二二二ヽl ヽ/,__丿ijjlijlili
         /       ヘ   l < ト、     (`ー-、(⌒(彡>/   / `‐'、_/ ヽjijilii
         >   ヘ / ◎\/  l川リト、    '、、〈/⌒ヽK、    |  \     ヽjil
         ヽ/ ◎\/ <7/ ,'ー─-川川リト、.   `ノ/ミミミ/ ヽ  |   ヽ     ヽ
           ヽ<7人、/=ヽ / /ヽ、   川リト、,,,, -`/ミミミ/   |  |    ヽ_,,,...-
         ヽノ  l`、l`、  / ゝ ""'''''__,,-‐''"",、 ‐'ミミミ/    |_,,,...-,. ‐'''' ̄''ー 、
           ヽ  ゝ  iiijjliilii、ゞ,,‐'''"/ヽ-‐' ゙==二) ミ/    |  / / l  l ヽ ヽ
            /ゝ   iiijiiijj liiijl、 /ヽ'-====二,,),,ノ     | / / l  l ヽ  ヽ

820 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:13:12 ID:dcGN4v7U

    3/5

                  , n / ̄ ̄\ .n
               . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
               /,イ / (○)(○) .l i i i
                〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉   とある大名が苦境を乗り切るため、
              ', i.  ',   ` ⌒´ /   /    男に対して力を貸してくれるように依頼した。
               .i   l.      ,'  ./
             .  ヽ、_.イ、.    人 ノ
                 ヽ     〈_ノ ノ
                  |     ./
                   |    .   |

821 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:13:23 ID:dcGN4v7U

    4/5

                   ____
                 /      \
               / ─    ─ \
              /   (●)  (●)  \   男には出世欲も名誉欲もなかったが。
                |      (__人__)     |
              \     `⌒´    ,/
              /     ー‐    \


                   ____
                 /      \
               / ─    ─ \
              /   (ー)  (●)  \   大名の誘いに応じて獅子奮迅の働きをみせ、
                |      (__人__)     |    ついには無二の名声を得るに至った。
              \     `⌒´    ,/
              /     ー‐    \

822 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:13:34 ID:dcGN4v7U

    5/5

                       _______ ____
                      /         (__ ゝ
                    /           (___ヽ_
                   /   ──     ──  (__ _ ヽ_
                 /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  (_\ 〈
                /     `T;;;:::;;;T′   `T;;;:::;;;T′  \ \     何故だろう?
                |     ヾ''''''´"ノ   ヽ⌒゙''''''´"    |  )
                |       (    i    )       |三三)
                \       `ー ─'^ー 一'       /.:.|  .|
                  \         ̄ ̄        /|.:.:.:.:|  .|
                   〉三三三》     《三三三〈  |.:.:.:.:|  .|

823 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:13:51 ID:dcGN4v7U

    【問題】

    あるところに男がいた。

    このとき、各地は戦火に包まれており。
    とある大名が苦境を乗り切るため、男に対して力を貸してくれるように依頼した。

    男には出世欲も名誉欲もなかったが。
    大名の誘いに応じて獅子奮迅の働きをみせ、ついには無二の名声を得るに至った。

    何故だろう?

824 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:16:00 ID:LOIA5kvg
    戦国時代の話ですか?

825 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:16:08 ID:DdjzKAdU
    力を貸すための対価は関係ありますか?

826 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:16:26 ID:WcxJHU1Q
    忠臣だったから?

827 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:16:50 ID:urbisgP2
    名声を得た過程で、戦乱は終わりましたか?

828 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:18:55 ID:dcGN4v7U

    >>824

          , ── 、
       ゝ/______ヽ
        | | / -、 -、|
        |__|─|   ・|・  |
        (   ` - o- |  < はい
          \   ___っ ノ
          /ヽ、__─、- ´

    >>825

          , ── 、
       ゝ/______ヽ
        | | / -、 -、|
        |__|─|   ・|・  |
        (   ` - o- |  < いいえ
          \   ___っ ノ
          /ヽ、__─、- ´

    >>826

           ____
          /:: . -、. -、::::\    l  ヽ  l  ヽ
        /::::; ‐i ・i・ i- 、:::',   ゝ   ゝ
        |::/  " ● "  ',::|
        l::{ 、三 | 三 , }:l.   斤斤  日 日 ー;=‐” ー┼‐
        ヽi(__.)‐┴―''゙ i/    貝   | ロ、|  (___    9  o
         /::::::i ___/
         i:::::::::i-(〒)―`ヽ

    いいえ。少なくとも、この男にそういった感情は乏しいようです。

    >>827

           , ── 、
        ゝ/ _____ヽ
        /  | / -、 -、!
       . |  |─|   ・|・  |
        Y⌒   ー oー l  < 関係ありません
         ヽ_    , ─,  l
           ヽ、__(_ //

829 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:19:20 ID:vf9QdKAk
    とある大名の領地に男の守りたいモノがあったのですか?

830 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:20:03 ID:urbisgP2
    男には大名が支援を求めるだけの実績が過去にありましたか?

831 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:20:05 ID:o3w9tm5w
    貸した力とは戦力でしたか?

832 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:20:46 ID:LOIA5kvg
    男はかぶき者でしたか?

833 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:21:49 ID:dcGN4v7U

    >>829

          , ── 、
       ゝ/______ヽ
        | | / -、 -、|
        |__|─|   ・|・  |
        (   ` - o- |  < いいえ
          \   ___っ ノ
          /ヽ、__─、- ´

    >>830

           , ── 、
        ゝ/ _____ヽ
        /  | / -、 -、!
       . |  |─|   ・|・  |
        Y⌒   ー oー l  < 関係ありません しかし実績はほとんどなかったようです
         ヽ_    , ─,  l
           ヽ、__(_ //

    >>831

          , ── 、
       ゝ/______ヽ
        | | / -、 -、|
        |__|─|   ・|・  |
        (   ` - o- |  < はい 男自身と、彼の集めた兵士でした
          \   ___っ ノ
          /ヽ、__─、- ´

    >>832

          , ── 、
       ゝ/______ヽ
        | | / -、 -、|
        |__|─|   ・|・  |
        (   ` - o- |  < いいえ 角田さんの歌が似合う人ではありません
          \   ___っ ノ
          /ヽ、__─、- ´

834 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:24:14 ID:WcxJHU1Q
    男にカリスマは溢れまくっていましたか?

835 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:24:37 ID:DdjzKAdU
    男と大名に血縁関係はありますか?

836 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:24:38 ID:vf9QdKAk
    とある大名は男が苦境を乗り切ることのできる力を有するのを知っていたのですか?

837 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:25:31 ID:LOIA5kvg
    男は敵に恨みがありましたか?

838 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:27:12 ID:urbisgP2
    男には金銭への欲がありましたか?

839 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:27:13 ID:dcGN4v7U

    >>834

           , ── 、
        ゝ/ _____ヽ
        /  | / -、 -、!
       . |  |─|   ・|・  |
        Y⌒   ー oー l  < 関係ありません
         ヽ_    , ─,  l
           ヽ、__(_ //

    >>835

          , ── 、
       ゝ/______ヽ
        | | / -、 -、|
        |__|─|   ・|・  |
        (   ` - o- |  < いいえ 家系図では遠く遠くにいるかもしれませんが
          \   ___っ ノ
          /ヽ、__─、- ´

    >>836

           ____
          /:: . -、. -、::::\    l  ヽ  l  ヽ
        /::::; ‐i ・i・ i- 、:::',   ゝ   ゝ
        |::/  " ● "  ',::|
        l::{ 、三 | 三 , }:l.   斤斤  日 日 ー;=‐” ー┼‐
        ヽi(__.)‐┴―''゙ i/    貝   | ロ、|  (___    9  o
         /::::::i ___/
         i:::::::::i-(〒)―`ヽ

    いいえ。召集をかけた側は、呼べるならばと呼んだだけで、特に関心はありませんでした。

    >>837

          , ── 、
       ゝ/______ヽ
        | | / -、 -、|
        |__|─|   ・|・  |
        (   ` - o- |  < いいえ 恨みはありませんでした
          \   ___っ ノ
          /ヽ、__─、- ´

840 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:30:52 ID:dcGN4v7U

    >>838

          , ── 、
       ゝ/______ヽ
        | | / -、 -、|
        |__|─|   ・|・  |
        (   ` - o- |  < いいえ
          \   ___っ ノ
          /ヽ、__─、- ´

841 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:31:07 ID:DdjzKAdU
    大名と戦っていた軍勢は関係ありますか?

842 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:31:49 ID:urbisgP2
    宗派は関係してますか?

843 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:32:14 ID:dcGN4v7U

    >>841-842

          , ── 、
       ゝ/______ヽ
        | | / -、 -、|
        |__|─|   ・|・  |
        (   ` - o- |  < いいえ
          \   ___っ ノ
          /ヽ、__─、- ´

844 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:32:58 ID:vf9QdKAk
    男の活躍によって苦境を乗り切れたのですか?

845 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:34:38 ID:dcGN4v7U

    >>844

           ____
          /:: . -、. -、::::\    l  ヽ  l  ヽ
        /::::; ‐i ・i・ i- 、:::',   ゝ   ゝ
        |::/  " ● "  ',::|
        l::{ 、三 | 三 , }:l.   斤斤  日 日 ー;=‐” ー┼‐
        ヽi(__.)‐┴―''゙ i/    貝   | ロ、|  (___    9  o
         /::::::i ___/
         i:::::::::i-(〒)―`ヽ

    いいえ。苦境は乗り切れず、大名家は滅亡しました。しかし関係ありません。

846 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:35:09 ID:WcxJHU1Q
    男は寝返りましたか?

847 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:35:13 ID:DdjzKAdU
    ちょっと基本的なことを。

    回答は「男は何故加勢したか」でいいんでしょうか?


848 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:36:32 ID:dcGN4v7U

    >>846

          , ── 、
       ゝ/______ヽ
        | | / -、 -、|
        |__|─|   ・|・  |
        (   ` - o- |  < いいえ
          \   ___っ ノ
          /ヽ、__─、- ´

    >>847

           ____
          /:: . -、. -、::::\    l  ヽ  l  ヽ
        /::::; ‐i ・i・ i- 、:::',   ゝ   ゝ
        |::/  " ● "  ',::|
        l::{ 、三 | 三 , }:l.   斤斤  日 日 ー;=‐” ー┼‐
        ヽi(__.)‐┴―''゙ i/    貝   | ロ、|  (___    9  o
         /::::::i ___/
         i:::::::::i-(〒)―`ヽ

    はい。基本的なことは大事です。

849 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:38:56 ID:DdjzKAdU
    男は大名の娘に惚れていましたか?

850 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:39:57 ID:LOIA5kvg
    男も大名でしたか?

851 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:40:58 ID:dcGN4v7U

    >>849

          , ── 、
       ゝ/______ヽ
        | | / -、 -、|
        |__|─|   ・|・  |
        (   ` - o- |  < いいえ
          \   ___っ ノ
          /ヽ、__─、- ´

    >>850

          , ── 、
       ゝ/______ヽ
        | | / -、 -、|
        |__|─|   ・|・  |
        (   ` - o- |  < いいえ 昔はどうか知りませんが、今は浪人者です
          \   ___っ ノ
          /ヽ、__─、- ´

852 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:44:05 ID:dcGN4v7U

          , ── 、
       ゝ/______ヽ
        | | / -、 -、|
        |__|─|   ・|・  |   30分経過したのでヒントです。
        (   ` - o- |    一。男はどうして加勢したか、つまり「何故やる気を出したのか?」
          \   ___っ ノ     二。わたくしのヒロイン。
          /ヽ、__─、- ´


853 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:44:25 ID:WcxJHU1Q
    戦いの中で偶然か必然か分からないけど大物を倒しましたか?

854 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:44:46 ID:DdjzKAdU
    男は加勢した当初、八面六臂の活躍をする気満々でしたか?

855 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:45:29 ID:urbisgP2
    男は死ぬ気でしたか?

856 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:46:46 ID:vf9QdKAk
    各地が戦火に包まれた元凶にとある大名は関係ありますか?

857 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:47:51 ID:dcGN4v7U

    >>853

          , ── 、
       ゝ/______ヽ
        | | / -、 -、|
        |__|─|   ・|・  |
        (   ` - o- |  < はい ですが、問題にはあまり関係ありません
          \   ___っ ノ
          /ヽ、__─、- ´

    >>854

           ____
          /:: . -、. -、::::\    l  ヽ  l  ヽ
        /::::; ‐i ・i・ i- 、:::',   ゝ   ゝ
        |::/  " ● "  ',::|
        l::{ 、三 | 三 , }:l.   斤斤  日 日 ー;=‐” ー┼‐
        ヽi(__.)‐┴―''゙ i/    貝   | ロ、|  (___    9  o
         /::::::i ___/
         i:::::::::i-(〒)―`ヽ

    はい。男は何がなんでも活躍して武功を立てることを誓いました。

    >>855

           ____
          /:: . -、. -、::::\    l  ヽ  l  ヽ
        /::::; ‐i ・i・ i- 、:::',   ゝ   ゝ
        |::/  " ● "  ',::|
        l::{ 、三 | 三 , }:l.   斤斤  日 日 ー;=‐” ー┼‐
        ヽi(__.)‐┴―''゙ i/    貝   | ロ、|  (___    9  o
         /::::::i ___/
         i:::::::::i-(〒)―`ヽ

    いいえ。しかし死ぬ気で力を振り絞る気概がありました。

    >>856

           , ── 、
        ゝ/ _____ヽ
        /  | / -、 -、!
       . |  |─|   ・|・  |
        Y⌒   ー oー l  < 関係ありません
         ヽ_    , ─,  l
           ヽ、__(_ //

858 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:50:10 ID:vf9QdKAk
    男に恋人または配偶者がいますか?

859 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:50:18 ID:DdjzKAdU
    男は弁慶ですか?

860 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:50:42 ID:WcxJHU1Q
    ほれた女に裕福な暮らしをさせたくて死に物狂いで頑張りましたか?


861 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:51:35 ID:dcGN4v7U

    >>858

             , ─── 、
         /   /⌒ ⌒ヽ \    ー┼‐ | -!-” |_ヽ |    l  ヽ
        /  , -|  ・|・  |‐、ヽ     9  | d、  __)  、_ノ  ゝ
       / /   `ー ●ー    ヽ
       l |   三   |  三  |      斤斤  日 日 ー;=‐” ー┼‐ ▽
       | l \     |    / l       貝  .| ロ、|  (___    9  .o
       ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_
        >━━━,-、━━━ ( _ )
       /  /  ヽフ ヽ   /

    はい。男には妻がいました。

    >>859

          , ── 、
       ゝ/______ヽ
        | | / -、 -、|
        |__|─|   ・|・  |
        (   ` - o- |  < いいえ
          \   ___っ ノ
          /ヽ、__─、- ´

    >>860

             , ─── 、
         /   /⌒ ⌒ヽ \    ー┼‐ | -!-” |_ヽ |    l  ヽ
        /  , -|  ・|・  |‐、ヽ     9  | d、  __)  、_ノ  ゝ
       / /   `ー ●ー    ヽ
       l |   三   |  三  |      斤斤  日 日 ー;=‐” ー┼‐ ▽
       | l \     |    / l       貝  .| ロ、|  (___    9  .o
       ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_
        >━━━,-、━━━ ( _ )
       /  /  ヽフ ヽ   /

    そのとおりです! 後一歩を。

862 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:52:41 ID:WcxJHU1Q
    貧乏でしたか?

863 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:54:18 ID:dcGN4v7U

    >>862

          , ── 、
       ゝ/______ヽ
        | | / -、 -、|
        |__|─|   ・|・  |
        (   ` - o- |  < はい
          \   ___っ ノ
          /ヽ、__─、- ´



    >>858絡みの回答と>>860で正解なのですが、誰かが簡略にまとめた答えを信じて。

864 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 22:56:45 ID:DdjzKAdU
    妻に楽をさせてやりたかったのでしょうか?

865 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 23:00:46 ID:dcGN4v7U

    >>864

          , ── 、
       ゝ/______ヽ
        | | / -、 -、|
        |__|─|   ・|・  |
        (   ` - o- |  < はい それもあるでしょう
          \   ___っ ノ
          /ヽ、__─、- ´

866 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 23:03:07 ID:dcGN4v7U

          , ── 、
       ゝ/______ヽ
        | | / -、 -、|
        |__|─|   ・|・  |   ヒント。
        (   ` - o- |    ズバリ男自身が抱いた理由が欲しいです。
          \   ___っ ノ     良妻を持った男性の意識とも。
          /ヽ、__─、- ´


    答え自体は出ているので10分に答えを貼り付けます。


867 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 23:04:14 ID:WcxJHU1Q
    妻が誇れる夫になりたかった?

868 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 23:05:18 ID:dcGN4v7U

    >>867



                         ╋─╋              ╋─╋
                     ┏━┿━┿━━━━━━━┿━┿━┓
                     ┃  ┗─┛              ┗─┛  ┃
                     ┃   正 し い よ う で す    ┃
                     ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛


                                           ....-―――-....
                                        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                         /:::::::::::::/::/:::::::::::!:::::::::::::::::\
                                      /:::::::::/::::/::/::::::::::::::!㍉::::::::::::::::::\
                                        /:::::://::::/::::!:::::::::::!::::!  !::!:::::::::::::::::::.
                                      '::i:::::l::|:::::|!:i/l:::!:::::::|::::|  |::|::::::::!:::::::::::i
                                    |:::l:::::l::|:::::|!:i-i:::!::::::ハ:::|--|::|:::::/i:::::::::::::.
                                    |:::l:::::l::ト、ハi从:ト、:( '::|  l/!::/`|::::::::::::::.
                                    |:::l:::::l::i ,x芹ミx  ヽ :| x芹ミx/!:::::::::::::::\
                   ____              |:::l:::::i::|{ {i|.::i:}       {i.:::i:} } |::::::::::\::::::ヽ
                 /      \             |:::l:::::i::| .辻ヅ      辷ヅ i::::::::ト、:::\::::::.
               / ─    ─ \           |:::l:::::i∧.::.:|    ,    .::.::.  ∧i:::::!:::\:::\:::i
              /   (⌒)  (⌒)  \          |:::i:::::i:::∧|          ∧::i:::::!:i:::::::ヽ:::∨
                |      (__人__)     |          |:::i:::::i::i::个ト .   ` ´   . イ::::!::i:::::!:ト、:::::::i::::i
              \     `⌒´    ,/          |:::i:::::i::i::::|::|::i::i` --  ´!::|::::i:::::i:::!::::i::! ::::ノ|:/
              /     ー‐    \          八:i\!八从斗ト、     /i`丶:!::/:::j::::ノリ i/ ノ'


         戦乱のやまぬ時代。とある男がいました。

         彼は田舎大名の息子に生まれ、偉大な父を持ちながら、
         負け戦に加担したために若くして山奥に押し込められました。

         山奥で貧しい暮らしを続けること十六年。
         そんな死に体の人生を辛抱強く支えたのは、妻の存在でした。
         彼女がいなければ貧しく苦しいばかりの生活は堪えられなかったでしょう。

         あるとき男のもとに、天下に知られる大名から一報が届きます。
         戦争の気配があるから、ぜひとも協力してほしい。
         とはいえ、これは決して男だから必要としているわけでなく、
         現に、大名はそこら中を手当たり次第に助けを求めていました。

         すでに四十八歳になっていた男は、慎ましくも今の暮らしを気に入っていました。
         お呼びをかけた大名にはこれといった恩を感じていませんでしたし、
         今更になって戦争で武功を立て、成り上がろうとも思いません。

         ですが、男は召集に応じ、日本一の武将となることを誓いました。

         数年後。
         ある書物に男は「日本一の兵」と記されることとなり、
         妻はそうして「”日本一の”妻」となったのでした。

         めでたしめでたし。

         引用元:私見、なぜ彼は戦いに向かう。(黒歴史小説 刊)

870 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 23:09:33 ID:DdjzKAdU
    乙乙
    ええ話や

872 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 23:10:50 ID:WcxJHU1Q
    乙でした
    イイハナシダナー


873 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 23:12:24 ID:dcGN4v7U
    お付き合いいただき、ありがとうございました。
    ちょっと板全体が重くて書き込みできなかったりで、いろいろと難儀しました。

    今回のテーマは「ストーリー性」です。
    YesNoではウミガメのスープに代表される、
    普通の読み物の顛末を答えに被せるという手法を試してみました。
    結果はごらんのありさま。

    また、読む人が読めばわかるモデルではありますが、
    最初の前説にあるように可能性の一つですので、生暖かい目でおねがいします。

    では、失礼をば。おやすみなさい。アベテレッテ オブリガード。


874 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 23:14:21 ID:dcGN4v7U
    今日は日曜の夜のせいか、ちと重いですね。
    そこかしこでひどいことに。まとめのお目汚し失礼しました。


875 :名無しのやる夫だお:2011/04/03(日) 23:16:16 ID:iaNc5os6
    そういえば、真田幸村が徳川と豊臣との最後の戦いに参加したのも苦労かけた家族の
    ためにって説があるな。


876 :名無しのやる夫だお:2011/04/04(月) 05:48:19 ID:vOnTZbJQ
    書き込める重さになったので返信追伸。

    >>875
    父の遺言、兄貴が嫌い、再起の執念、家族に報いる、徳川憎し、いろいろな推測がありますね。
    今回の原案は、長年の苦境を連れ添ってくれた妻を三国一の良妻だと信じる男が、
    名実ともに「日本一の妻」にしてやりたいと願った、という話で、
    「本人が日本一」だと証明できないなら文字通り「日本一”の”妻」にしてやろうと決起した、
    わりと普通のオッサンによる半分言葉遊びの物語でした。

    以上説明終了。






戦国無双3 Z(通常版)戦国無双3 Z(通常版)
(2011/02/10)
PlayStation 3

商品詳細を見る



NEXTまとめPREV
ヤルーンとヤラヘールの謎の物語 第百六十七問【コチラ】ヤルーンとヤラヘールの謎の物語 第百六十五問
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

申し訳ありませんが、体調の悪化により長時間PCの前に居られなくなりました。。
その為、当分の間は手抜きでのまとめとさせていただきます。
楽しみにしてくださっていた方、そしてまとめを許可してくださった作者様にご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。<(_ _)>


とても大きな台風でしたが皆様ご無事でしたでしょうか?
もし何か被害にあわれていたらお見舞い申し上げます。
ぽんに何ができる、というわけでもありませんが、せめて気分転換の一助になれればと思います。


一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

19/11/13
アカガネ山のやる夫 追加

19/05/26
やる夫は誰かを救う悪になるようです 追加

19/05/18
エージェントやる夫の日常茶飯事 追加

19/04/14
やらない夫は「The World」にログインするようです 完結

19/02/10
真・女神転生 ~やる夫の嫁は加賀のようです~ 追加

19/01/21
できる夫とマリーがたどる仮面ライダーファイズ 追加

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



月別アーカイブ
FC2カウンター