やる夫は翠星石を弟子にするようです 裏話? + 1年目 2月1週その4 やるぽん!

ジオウ第14回 まさかの中間フォーム登場! それにしても謎なキャラですね、士君は。 でも特別ゲスト枠じゃないみたいなのでこれから楽しみです。あ、トリプルゴーストはジオウならではという感じで良かったです。

やる夫は翠星石を弟子にするようです 裏話? + 1年目 2月1週その4

236 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 00:02:03 ID:UZNyh2rE
幸運技能は上がりすぎると逆に表向き不運が舞い込む現実。

さ、ゲリラ投下いくよー


237 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 00:02:37 ID:UZNyh2rE
・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                                ┏魔法使い協会本部 詠唱の塔
                  / ̄ ̄\                        ┗━━協会長執務室
                / _ノ  .ヽ、\
                |  (●)(●) |
.                |  (__人__) .|
                 |   ` ⌒´  ノ
.           r─一'´ ̄`<ヽ      }            とまあ、腹を割って話したら地が固まりました。
.          `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
           ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
.            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
        (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
          / // / /         . . \_\_)、_)
          ー' {_/ノ              ."´


            _,. - ''  ̄ ̄ `ヽ、_
         _  '´             `ヽ
      , '´                    \
   _, イ´                      ヽ
  ´ ̄/   / ./                      ',
    / ′/.l  ′ .|      ヽ          |
   ./ .!  ,' l l    |  '.       ',     l    |
  .,' /l  | .! ハ    |.   ヽ      |     |     |
  l ′! ハ トl.ハ   ト、   ヽ.    !       l    !
  |′ l トヽ.l.イヽ'.,  ! _ヽ.__,,..lヽ.,,__|      .l    ,'
     ', ハ ハ l'::;! ヽ.',  \上_ ``!      ,'   /
     ヾ `l l ┘  `  ´|テ;;;;::ミ>.|     ハ ,イ /       個人的には、
       |.ハ.  ′     r'_;;;/  l   / リ./ l/        アルトホーン様がそこまで空回りしたりしたのが驚き。
       ', lヽ  .、        |  ./ '´/ ′
        Vl  \       _,..′ ./,.イ/           あの人は当然の如く、普通以上にこなせると思っていた。
         ヾ    `ー zニ ´_/ /ソZヘ
            / ̄´    // ̄   ノー‐----、
           ノー--―r--  -'ア´        ト

238 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 00:03:28 ID:UZNyh2rE
                _______
             ,r''´:.;,:.:.:.:.:.¨>、-..,,_
            /:.:.:.;,;.:.:.:.:.:.:/ヾヽ:.:.:.:.¨''‐-,,_
            /:.:.:.;,;.:.:.:,;.:.:./:.:.:.``:.:.:.:,r'''´:./
           /:.:.:.:,;,;.:.:.;,:.:./:.:,/:.:./:.i:.:ヽ`ヾl
           i:.:,:.:,;,i,;.:.:,;,:./;,イ:.:./7/ !:.:.:iヽ:l
           l:.;,:.;,;,l;,:.:.;,;/ム-"// l:.:.:.!i:.:l
          !:,;,:,r‐!;.:.:.l´i:::..i ` ´  ,!:./''7:.!
          l:.,;,:l  !,:.:.:l `''’    、`ー/:.:.l
          !.;,;.:,ヽ_!;.:.:.:! `` 、     i:.:i:.l
          l:.;,;,;,;,;,;,l;,:.;.:.:!    ̄<ヽ<:.:.:l:.!          地が固まったなら、もう心配は要らないわね。
         !;.;,;,;,;,;,;,;!;.:.;.:.!` 、 __ /;`iヽゝl:.!
         l;,;,;,;,;,;,;,;,_!;.:.;.:.!   l_;,;,;,;,;l_;.:,;.:.ll          あと有希、やる夫が完璧なのは
        ,r'‐'''''''¨ヽ i;,:.;,:.!  ヽ¨'''ヽヽ:.;,;.:l¨¨ヽ       公人である時とその延長に居る時だけよ?
       /      ヽヽ;,:.;.`、  ,,ノ `、:.;,;.l  ヽ      
       /       `、 ヽ;,;,ヽ      ヽ;,;,!    \    アイツ、私人としては対人関連に難ありだからね
      i     ,r 、  ヽ `、;,;ヽ__,,, -‐'' ¨¨ヽ!、    \
      /     ,,イ   \ ,,r'´: i;,;,!: : : :`、: : : : : : `!      \
     /     /:.:ヽ,r、 /; ; ; ; :ヾ! : : : : ヽ; : : : : : ト、      \
    /     /:.:.:.:.i`、y ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ヽ ; ; ; ; l  \      \
    /    /:.:.:.:.:.:!:.:.ヽ ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; l    \     \
   /    /l:.:i'l:.:.:.!i:.:.:.ヽ ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; !      \ ,r'   `、
  /     / l:.:l l.:.:.:!l.:.:.:.:.ト、; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ      i     /
  /    /  !:.! l:.:.:! !:.:.:.:l i:、; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; : : : : ヽ      !      /
 !      !  V ヽ! ヽ:.:.! i:.:ヽ; ; ; ; ; ; ; : : : : : : : : : : :ヽ     !     /
  【ルーン・ヴィレトロ役 ブルー・キュアノエイデス(蒼崎青子)】
    【備考:巨乳 魔法使い協会協会長 放浪癖持ち】

239 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 00:03:44 ID:UZNyh2rE



                                                 /                  ヽ
                                               /     ,     , '          ヽ
                                              / / / /  /  ,  /        ヽ     !
                                             〃/ / !  l   /  !  ! ヽ     |     !
                                              │ !  ! │ {  !   |   ヽ   ! !   !  |
                                              ! /{  {.   ト` ト、 |ヽ  !\ ,ム‐ハ|   }  l
                                              レ !  iヽ !,,====ミ、\l ,,====ミ !   l  l !
                                                ヽ |.-ヽ!'<fえヶ.ll, - 、ll イkか>l  ,!、 ハl
                                                /, ニヽト ゞ-' ノ   ヽ ゞ-' ,' / ノリ
                                                ,'/ニヾ 人     `_      / /リ´
                     それは初耳。                   { /ニヽ ヽへ          ィ ハl
                                                ヽ、ヽ   } | >   _ , ィ´/ノ-、
                     近隣諸国に名だたる協会の大幹部が、     _,'    レ′_,-‐l     /  ヽ
                     私生活に難ありとは……           __/ |    /、‐'/ /   , '      \
                                              /    ─ '  } /へ、 /         \
                                             {       / / ヽ、 , '      ィ ニ二二\
                                            , イ    ,'   〉/  /     // , -―─-}
                                           /        / / /     // /       !

240 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 00:03:59 ID:UZNyh2rE
               _____
            ,..-‐'"_____    `‐-___
           /: : i::::::::::::へ、: : : :::∧::::::::`,
.          /: : : :i:::::::::::::,': : : : : : : : :',::::::::',
         /: : : ::i:::::::::::,': : : : : : : : : : :',:::::::',
         ,': : : : ,'::::::::::::,'、 , ,: : : : : : ::',:::::::',
        ,': : : : ,' ----f-//、 .ハ:::/,.-‐‐'::::::::',
.        ,': : :,'`,:::::::::::,'___i,' V,.-‐‐、',::::::::',
        ,: : ::ヽ,':::::::::.「:::::::::::::i`  i::::::/ '',::::::: ' ,
       ,': : : ::,'::::::::::::ト:::::::::::/   i:::/ ii:::::::::::: ,
       ,': : : : ,':::::::::::/`ー--'     ̄ ,ii::::::::ハ ',
      ,': : : : : ':::::::::::ト、    _   / i::/::::i i '
      ,'::: : : : ::i:ハ:i、/ `j------‐‐::/  i,'ii::::i'
     ,': : : : : : :i,' ` ,-‐'`ヽ、 〉‐-、::/   i::/ 
     ,': : : : : : : : : : /       ヽ、`i、
    ,': : : : : : : :: : :/   i' __....---i i ヽ、            まあ、七割くらいは私のせいなんだけどね
    ,': : : : : : : : : : :'--、__/    ::::〈-`ヽ、ヽ、
   ,': : : : : : : : : :::/ /: :」____ヽ,  `i ヽ
   ,': : :: : : : : ::__ / /: :: /::::::::::::::::l::::::::i   `i i i
                          `U
                                                       / ̄ ̄\
                                                     /  ヽ、_  \
                                                    (●)(● )   |
                                                    (__人__)     |
                                                    (          |
                                                .    {          |
                             (何やったんだ、この人……)     ⊂ ヽ∩     く
                                                    | '、_ \ /  )
                                                    |  |_\  “ ./
                                                    ヽ、 __\_/
      /                ヽ    \  \
     ,'     /  /            l    \  ヽ
     !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !|<f{矛:下 '     イ孑代フ.j/.  / /
.        Vハ  |  r';;z j        r';;zリ  /}, '//
        ヽ ',  |    ̄     ,   ̄  チ' /
         `ヘ lヽ       _      厶 ./
          ', {.代ト、          , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
          / ヽj       {`ヽ   ′      (首輪を付けて地下牢に監禁でもしたのだろうか……)
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧

241 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 00:04:20 ID:QlcUbBFc
物凄く納得できる配役だなルーンwww

242 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 00:04:22 ID:UZNyh2rE

       |`ヽy----t,_____
    ┌--┘  `ヽ、     `t,
    ,!      \        ヽ
   // |  .|    ヽ ヽ      `i
   |.|| | . |     `、`、     `i,
   !.|'ヽ,!、,! .i-i_   .` .`::     ::|
   `'  r"| ,_)' `i    .:::    .::!,
      !,/ i_./-.'i    :::::    ::::!,     (吹っ飛ばしてやろうかしら、この二人)
      // /'  `i   ::::    ::::::!,
     ,!.i ./i,__ `、        ...:!、
     |/,/   `l 'i         ::`!
     'y'    .|_,,,,!          ::'!,
       ┌''''' ̄ `i,    :::     ::`、    まあ、聞きなさいな。
       _,」,,,t- ::::::::`、 `i :::: ::::  :::::!
      ,! _,,t-'" :::::::`i  i :::::::::::::  ::` !   私には可愛い六人の弟子が居ます。
    ┌'"~"     :::_」  ::|'i !,:::::::::::  :::`!
    _,,i'  :::   _,r'" ̄ |  ::| i '!:::::::::::  ::::`!   一人目の弟子は言いました。
   .| :::::::  ,r'"    .|  ::| !,`!:::::::::   :::::|
   i':::  .,r'"      i' :::,! 'i `!::::::::   :::::|   師のような立派な魔法使いになりたいと。
   / _,r'"        / :::/ .! `!:::::::::  ::::
  i',r'"         ,r" ::,!  | |:::::::::::  ::::



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                             \         /,ヘ丶>ー-:::::く.._
                                               \_    //:::::\::::::::::::::::::::::::\
                  師匠のような、                   ∧:::::::: ̄ ̄//:::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::ゝ
                  立派な魔法使いになりたいんですお       /:/\::::::/〈/::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::∠
                                              |/:::::::ヽ{二ニ=:::::::::::三≡::::::::::: ̄:::::::::::::\
                                          /::::::::::::::://  /::::::::::::::::::::::::::::::: 〃::::::::::::::::::::::::::\
                                         /:::::::::::::::::: | |   |::::::::::::::::::::::::::::/:_....::::::-─-、:::::::::\
                                       /:::::::_....-‐:::: ̄::::‐-..._::::::   :::::/  、丶\\\::::::::::∨
                                       /:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::: ̄:::::::::二=/  ノ ノ 丿 .|:::::::::::|
                                       /:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈/、/、/::::レ'::::::::::::|
                                      |:::::::::::::: ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

243 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 00:04:50 ID:UZNyh2rE
       |`ヽy----t,_____
    ┌--┘  `ヽ、     `t,
    ,!      \        ヽ
   // |  .|    ヽ ヽ      `i
   |.|| | . |     `、`、     `i,
   !.|'ヽ,!、,! .i-i_   .` .`::     ::|
   `'  r"| ,_)' `i    .:::    .::!,
      !,/ i_./-.'i    :::::    ::::!,     
      // /'  `i   ::::    ::::::!,
     ,!.i ./i,__ `、        ...:!、
     |/,/   `l 'i         ::`!      二人目の弟子は言いました。
     'y'    .|_,,,,!          ::'!,
       ┌''''' ̄ `i,    :::     ::`、    大切な人を守る為の力が欲しいと。
       _,」,,,t- ::::::::`、 `i :::: ::::  :::::!
      ,! _,,t-'" :::::::`i  i :::::::::::::  ::` !
    ┌'"~"     :::_」  ::|'i !,:::::::::::  :::`!
    _,,i'  :::   _,r'" ̄ |  ::| i '!:::::::::::  ::::`!
   .| :::::::  ,r'"    .|  ::| !,`!:::::::::   :::::|
   i':::  .,r'"      i' :::,! 'i `!::::::::   :::::|
   / _,r'"        / :::/ .! `!:::::::::  ::::
  i',r'"         ,r" ::,!  | |:::::::::::  ::::



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
::::::        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::            ::::::
|: :|         |ハ:|.乂   ト; : ト、:ゝ .::::::   __. '   , 'ァく_/ ̄\          ̄
l: :ハ、      ノ , -、   .リ\! V{\       /|,イ  》 リ     `ー 、
ヾ{ヽミニ=ー'  / ノリ   _ノ  /´ \_`ニフTニニ´ //  》 /   ,ィ 三ミニ\
  \_,     /:フく>┐   /    |l|   |::::|::r----/  》 /.|   ,ィ ン´     ` }
        |::::::::´ヽ-'ヽ / ,ィニミヽ.|l|  V:::└―:/  》 / |彡 ',       リ
        |:::::::::::::::}イノ/ニ彡´   ヾ|└=ァ V彡ミ=| ≪ く  .!  /       ノ
        |:::::::::::::ノ |     i  `フ《.  V   / 》' /   \/  __  /  
      | ̄`> 、/フニ:ヘ        \`==!__|=' /       V´ ` イ
      |二ニニヽ、 Vヘ. ヘ     |: : . <二{;;;;;;}二ニ>     ',  /: .!  大切な人達を守る強さが欲しい。
      |:.:.:.:.  `vヘVヘ/ヘ⌒ヽ ,ノ: :    /:|Lノ:|、:::\     } .|: :ノ 
      |::.:.:.:.:.  Vヘ// , ヘ ./      ./ ::|   | ⌒ヽ\ o  ,イ ノ :!   そして怪我や病で苦しむ人を助けたいの
      \.:.:.:.:.    / , イミヽ  ,ィ<  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄>、::`彡┘.i: : |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

244 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 00:05:07 ID:AyM/EScM
ぐは、もう寝ようと思ってたのに・・・

245 :ごめんね!! ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 00:05:23 ID:UZNyh2rE
       |`ヽy----t,_____
    ┌--┘  `ヽ、     `t,
    ,!      \        ヽ
   // |  .|    ヽ ヽ      `i
   |.|| | . |     `、`、     `i,
   !.|'ヽ,!、,! .i-i_   .` .`::     ::|
   `'  r"| ,_)' `i    .:::    .::!,
      !,/ i_./-.'i    :::::    ::::!,     
      // /'  `i   ::::    ::::::!,
     ,!.i ./i,__ `、        ...:!、
     |/,/   `l 'i         ::`!      三人目の弟子は言いました。
     'y'    .|_,,,,!          ::'!,
       ┌''''' ̄ `i,    :::     ::`、    己の望む頂きに達してみせると。
       _,」,,,t- ::::::::`、 `i :::: ::::  :::::!
      ,! _,,t-'" :::::::`i  i :::::::::::::  ::` !
    ┌'"~"     :::_」  ::|'i !,:::::::::::  :::`!
    _,,i'  :::   _,r'" ̄ |  ::| i '!:::::::::::  ::::`!
   .| :::::::  ,r'"    .|  ::| !,`!:::::::::   :::::|
   i':::  .,r'"      i' :::,! 'i `!::::::::   :::::|
   / _,r'"        / :::/ .! `!:::::::::  ::::
  i',r'"         ,r" ::,!  | |:::::::::::  ::::



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                          / /:.:.:./ ∠、       ' `′レ!イ i! !|/
                                         , '-┴=/ /\}    ゛` ∧_/|  ト、|レ':.ヽ
                                        / \/ /`ーュ :.\    / ヽ.|  |::::ト、::::::'
                              .        /   :./ /  :.:_,巨三三ミf¨フ   :.|  |:::::| \}
                                    /    :./ /ヽ :./―ァ::::::::::>'´  ==,'  i、::::!
                                 ,. - '´   _,.イ 〃-‐┤::ハ`ー'´,.-<´     .:./  / `ニュ、
                              -‐ '´  _,. -‐    !N‐=‐にロこ}´   -=―¬ :./  /  ___}、_
                              _,. -‐        r┴   >′:::::::`ー―こ二::_` く ∠二 __,.ニニュ、
                                       r′,.  イ:::::::::::::::::::::::::: ⊂二、`:::::\`ー┴,. へr― …¬\ 
    速さが欲しい。                          j /   |:::::::::::::::::::::::::::: r―ー':::: ヾ ̄ト<:::ヾヽ\      }
                                     /     〉=Eロ======、、`二ニ=::::::\|:::::}::}::::廿::::〉    /
    何者も届かない、                     ,. '´    ,. イ:::::::::::::::::::::::::::::\ `ァ―'^ー-、_ノイ:::::::::::/_,. ィ´
    雲耀の領域へ至ってみせる          .   /     /  ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y:.        `ー―ヘ:::::::::::|
                               /     /   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:.             \:::::ト、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

246 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 00:05:37 ID:/xTuXEmk
やっぱり師匠アンタかwww

ショタとあればカンキンチョーキョーして食っちゃう人だからなぁ(ry


247 :日付変更と同時の ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 00:06:02 ID:UZNyh2rE
       |`ヽy----t,_____
    ┌--┘  `ヽ、     `t,
    ,!      \        ヽ
   // |  .|    ヽ ヽ      `i
   |.|| | . |     `、`、     `i,
   !.|'ヽ,!、,! .i-i_   .` .`::     ::|
   `'  r"| ,_)' `i    .:::    .::!,
      !,/ i_./-.'i    :::::    ::::!,     
      // /'  `i   ::::    ::::::!,
     ,!.i ./i,__ `、        ...:!、
     |/,/   `l 'i         ::`!    四人目の弟子は言いました。
     'y'    .|_,,,,!          ::'!,
       ┌''''' ̄ `i,    :::     ::`、  誰よりも優れた美しい魔法を作ってみせる、と。
       _,」,,,t- ::::::::`、 `i :::: ::::  :::::!
      ,! _,,t-'" :::::::`i  i :::::::::::::  ::` !
    ┌'"~"     :::_」  ::|'i !,:::::::::::  :::`!
    _,,i'  :::   _,r'" ̄ |  ::| i '!:::::::::::  ::::`!
   .| :::::::  ,r'"    .|  ::| !,`!:::::::::   :::::|
   i':::  .,r'"      i' :::,! 'i `!::::::::   :::::|
   / _,r'"        / :::/ .! `!:::::::::  ::::
  i',r'"         ,r" ::,!  | |:::::::::::  ::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      `ヽ-‐ 、'_;;;/ノノノ   ノゞj{\ !、 \ _ ヽ、`ニ 二 ̄ `ヽ
           ///〃\_‐ 〈{イ/ 〉、_\;ゝ=‐〈ー-、\  \  }
            i' _rjソ川`ソ{ノ>ヽノ//ヽ ̄ヾ、_  ` \   ノj
  <´\          _r}ソ'´ /ノf{〈{jl |   f::/ / l '  \ `ヽ   〉
   \ \  ,、_ _rfソ'´ ノ_rソ/、// /::::{ 〈 |    l   }
    \ \!_ノ、ノノヽ,ィ'ノfj |:└‐'゙:::::::::ヽ l 、   ノ  ノ
      \ \ノ〈// 〉  },ノ:::::::::::::::::::::::::\、 二 _ノ´ >、            誰よりも優れた魔法が欲しい。
       \ \<_r'  {:::::::::::::::::::::ヽ:::、:::゙、7l ̄ヽ/   \ _
         \ \     |l、:::::::、::::::::::::::i:::}:/ノ    \  _  ヽ '´¨ヾ ̄7   何よりも洗練された、
           \ \ / |:\:::::::`ヽ::::::::::/-‐'' ´ ̄ゞ/´   〉ー-‐ニ_ヽ   典雅な魔法を私は作り出してみせるぜ。
            \ \ j}ー-ニ_::::::::/_ ニ -─ ニ/    /ニヽ    \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

248 :ゲリラ投下をやってみたかったんだ ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 00:06:26 ID:UZNyh2rE
      |`ヽy----t,_____
   ┌--┘  `ヽ、     `t,
   ,!      \        ヽ
  // |  .|    ヽ ヽ      `i
  |.|| | . |     `、`、     `i,
  !.|'ヽ,!、,! .i-i_   .` .`::     ::|
  `'  r"| ,_)' `i    .:::    .::!,
     !,/ i_./-.'i    :::::    ::::!,     
     // /'  `i   ::::    ::::::!,
    ,!.i ./i,__ `、        ...:!、
    |/,/   `l 'i         ::`!      そして五人目の弟子は言いました。
    'y'    .|_,,,,!          ::'!,
      ┌''''' ̄ `i,    :::     ::`、    誰よりも深く広い知識が欲しいと。
      _,」,,,t- ::::::::`、 `i :::: ::::  :::::!
     ,! _,,t-'" :::::::`i  i :::::::::::::  ::` !
   ┌'"~"     :::_」  ::|'i !,:::::::::::  :::`!
   _,,i'  :::   _,r'" ̄ |  ::| i '!:::::::::::  ::::`!
  .| :::::::  ,r'"    .|  ::| !,`!:::::::::   :::::|
  i':::  .,r'"      i' :::,! 'i `!::::::::   :::::|
  / _,r'"        / :::/ .! `!:::::::::  ::::
 i',r'"         ,r" ::,!  | |:::::::::::  ::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                    !i! i:::i !.ヽ     ``ー'´';片ノi, ヾ. 丶 ___ヽ__    `丶、 `
                                    !i::i i:::i ! jP丶. ー-ュ  ィ'´;;;;;;;;;;;ヽヾ  ヾ、;;;;;;;;;>      `--
                                   ノ!::i i::i:i;ヽ丶,,`ー-''''"´lj;;;;;;;;;;;;;;;;ゝヾ   ヾ'"  `丶、     
                                  イ.!:::::i  i,i:ゝ::i;;ヽ;;;;;;フ´:::ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;,,-"ヾ   ヽ    `丶、  
                                  i .!.i:::::iヽ ヽゝ,i;;ヽ;丶〈;;/;;;;;;;;;;;,,-'''´;;;;;ヽ ヾ ヽ  `丶   `丶、
                                  ヽヽ!::r'´ヽ ヽ;;;;;;;;;;;;;;.!;;i、:、'''''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽヾ ヽ  `丶、   
                                   ヽ」';;;;;;;;;ヽ ヽ;;;;;;;;;;;.!;;i;;;;、ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;二二二二二;;ヽ、  `丶、
                                   ,イヽ;;;;;;;;;;;;ヽ :ヽ;;;;;;;.!、 i;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     英知だ。                      ____, イ;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;ヽ.::ヽ;;;;;;;ヾ;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                i;;;;<;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;ヽ :::ヽ;;;;;;;ヾ;;;;;``‐-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     この世の真理を、摂理を、原理を。      i;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;ヽ :::ヽ;;;;;l;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     私は手にして見せる。             くヽ;;;;ヽヾ;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;;ヽ :::ヽ;l;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                入ヽ;;ヽヾ;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ .:::ヽ;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

249 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 00:07:15 ID:UZNyh2rE
      |`ヽy----t,_____
   ┌--┘  `ヽ、     `t,
   ,!      \        ヽ
  // |  .|    ヽ ヽ      `i
  |.|| | . |     `、`、     `i,
  !.|'ヽ,!、,! .i-i_   .` .`::     ::|
  `'  r"| ,_)' `i    .:::    .::!,
     !,/ i_./-.'i    :::::    ::::!,     
     // /'  `i   ::::    ::::::!,
    ,!.i ./i,__ `、        ...:!、
    |/,/   `l 'i         ::`!    最後の弟子は言いました。
    'y'    .|_,,,,!          ::'!,
      ┌''''' ̄ `i,    :::     ::`、  最高の魔法使いを目指すと。
      _,」,,,t- ::::::::`、 `i :::: ::::  :::::!
     ,! _,,t-'" :::::::`i  i :::::::::::::  ::` !
   ┌'"~"     :::_」  ::|'i !,:::::::::::  :::`!
   _,,i'  :::   _,r'" ̄ |  ::| i '!:::::::::::  ::::`!
  .| :::::::  ,r'"    .|  ::| !,`!:::::::::   :::::|
  i':::  .,r'"      i' :::,! 'i `!::::::::   :::::|
  / _,r'"        / :::/ .! `!:::::::::  ::::
 i',r'"         ,r" ::,!  | |:::::::::::  ::::


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      /{
       V、/゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::://|   / \\     >':::::イ
        ヽ入 \  丶    ノ Ⅳ  /    \\,ィ'/::::::彡'ィ___,      
     ___〈/  |`ート、  ‐_‐   .ィ_|i  /\   /::::::::::::/:::::::::::::::::::/__,
    _≧=、:\Ⅵ   |ノ`7ーェイ/:.:.:/ , ′ \/:::::_:_:_/:::::::::::::::::::::::::::::::/     
ニ二二:::::::::::::::::::::ヽl   |、,/_/久}:.:.:.:.:/ 人___/‐'´:.:.:.:.:.:.\::::::::::::::::::::::::::::::二ニ=‐
__...ン:::::::::::::::::::::::::::丶 |::::://八|:.:.:.:/ツ-'' 勹:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::`ー 、
::::::::::::::::::::::::::::/⌒ーV|又/ケ_r|トミ=、   ,勹:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:::::::::::::::::::::::::::::::<`
/:::::::::::::::::/:.:.:.:.:.}:.:.从_ノ薔}! ||/⌒/⌒勹:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\::r、:::::::::::::::::\:::\
::/:::rー‐':.:.:.:.:.:.:./:.:,タ 〈/ゞ='' リ 、   ,勹:ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∧`ー 、-、::::::::\:::\
':::;イ::{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:,タ ノ   |   } r、勹ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /\ト、\\{`ーミ、` \
ノ/:八:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:.:,タ /!   }   r'^´:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/!/   \\}`\     最高を目指すわ。
〃´ト、\:.:.:.:〃:.:.:.マ、{ |   ノィ~':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ'/
  ヽト、 \:.{:.:.:.:.:.:.:.マ{~´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ノ`ー、:.:.:.:.:.:.:.:-<                並び立つ者無き魔法使いの一番を。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

250 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 00:07:16 ID:/xTuXEmk
え?魔法はパワーだぜとか言っちゃう人が典雅な魔法・・・?

・・・あぁ、TENGAな魔法で(ry


251 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 00:08:10 ID:UZNyh2rE
      |`ヽy----t,_____
   ┌--┘  `ヽ、     `t,
   ,!      \        ヽ
  // |  .|    ヽ ヽ      `i
  |.|| | . |     `、`、     `i,
  !.|'ヽ,!、,! .i-i_   .` .`::     ::|
  `'  r"| ,_)' `i    .:::    .::!,
     !,/ i_./-.'i    :::::    ::::!,       さて、六人の弟子の中で最も優秀だったのは誰か?
     // /'  `i   ::::    ::::::!,
    ,!.i ./i,__ `、        ...:!、     それぞれ得意分野に特化していたので比べるのは難しいですが、
    |/,/   `l 'i         ::`!     あえて言うならば、それは一番最初の弟子でした。
    'y'    .|_,,,,!          ::'!,
      ┌''''' ̄ `i,    :::     ::`、 
      _,」,,,t- ::::::::`、 `i :::: ::::  :::::!
     ,! _,,t-'" :::::::`i  i :::::::::::::  ::` !
   ┌'"~"     :::_」  ::|'i !,:::::::::::  :::`!
   _,,i'  :::   _,r'" ̄ |  ::| i '!:::::::::::  ::::`!
  .| :::::::  ,r'"    .|  ::| !,`!:::::::::   :::::|
  i':::  .,r'"      i' :::,! 'i `!::::::::   :::::|
  / _,r'"        / :::/ .! `!:::::::::  ::::
 i',r'"         ,r" ::,!  | |:::::::::::  ::::


      /                ヽ    \  \
     ,'     /  /            l    \  ヽ
     !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !|<f{矛:下 '     イ孑代フ.j/.  / /
.        Vハ  |  r';;z j        r';;zリ  /}, '//
        ヽ ',  |    ̄     ,   ̄  チ' /
         `ヘ lヽ       _      厶 ./
          ', {.代ト、          , イ | /      (協会の設立当初から在籍し、その体質を用いる以外にも、
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./       軍部、諜報、研究、外交、総務に全ての分野に関わり、大きな貢献をしたという。
          / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \        そして当時、周辺国からの引き抜きの話が絶えることはなかったと聞いている。
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ   魔法使いでなくとも、驚異的な才覚)
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │

252 :典雅=美しい ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 00:08:53 ID:UZNyh2rE
      |`ヽy----t,_____
   ┌--┘  `ヽ、     `t,
   ,!      \        ヽ
  // |  .|    ヽ ヽ      `i
  |.|| | . |     `、`、     `i,
  !.|'ヽ,!、,! .i-i_   .` .`::     ::|
  `'  r"| ,_)' `i    .:::    .::!,
     !,/ i_./-.'i    :::::    ::::!,     現状、魔法使いとして致命的なハンディを背負いながらも、
     // /'  `i   ::::    ::::::!,    あれほどの魔法使いになっているのが、その優秀さを示しているといえるでしょう。
    ,!.i ./i,__ `、        ...:!、   
    |/,/   `l 'i         ::`!   
    'y'    .|_,,,,!          ::'!,
      ┌''''' ̄ `i,    :::     ::`、 
      _,」,,,t- ::::::::`、 `i :::: ::::  :::::!
     ,! _,,t-'" :::::::`i  i :::::::::::::  ::` 
   ┌'"~"     :::_」  ::|'i !,:::::::::::  :::`!
   _,,i'  :::   _,r'" ̄ |  ::| i '!:::::::::::  ::::`
  .| :::::::  ,r'"    .|  ::| !,`!:::::::::   :::::
  i':::  .,r'"      i' :::,! 'i `!::::::::   :::::
  / _,r'"        / :::/ .! `!:::::::::  ::::
 i',r'"         ,r" ::,!  | |:::::::::::  ::::
                                                        / ̄ ̄\
                                                       / ヽ、_   \
                                                     . ( (● )    |
                                                     . (人__)      |
                                                     r-ヽ         |
                      (アイツの体質とかを詳しく知ったときは、       (三) |        |
                       正直、SEPPUKUしたくなっただろ。         > ノ       /
                                                    /  / ヽ     /
                       若気の至り的に考えて)              /  / へ>    <
                                                    |___ヽ  \/  )
                                                       |\   /|
                                                       |  \_/ |

253 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 00:08:58 ID:oDMD5iGo
やる夫、なのは、フェイト、まりさ、エヴァ(葱)、銀ちゃん

が弟子か。


254 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 00:09:33 ID:UZNyh2rE
      |`ヽy----t,_____
   ┌--┘  `ヽ、     `t,
   ,!      \        ヽ
  // |  .|    ヽ ヽ      `i
  |.|| | . |     `、`、     `i,
  !.|'ヽ,!、,! .i-i_   .` .`::     ::|
  `'  r"| ,_)' `i    .:::    .::!,
     !,/ i_./-.'i    :::::    ::::!,  
     // /'  `i   ::::    ::::::!, 
    ,!.i ./i,__ `、        ...:!、    さて、師の教えを砂漠に落ちた水滴の如く吸収する一番弟子は、
    |/,/   `l 'i         ::`!    早々に一人前の魔法使いと名乗るに値する実力を付け、若くして師の補佐を始めました。
    'y'    .|_,,,,!          ::'!,
      ┌''''' ̄ `i,    :::     ::`、 
      _,」,,,t- ::::::::`、 `i :::: ::::  :::::!   時に協会の仕事を、
     ,! _,,t-'" :::::::`i  i :::::::::::::  ::`   時に妹弟子の面倒を、
   ┌'"~"     :::_」  ::|'i !,:::::::::::  :::`!  そして最後に自分の魔法使いの修練を。
   _,,i'  :::   _,r'" ̄ |  ::| i '!:::::::::::  ::::`
  .| :::::::  ,r'"    .|  ::| !,`!:::::::::   :::::
  i':::  .,r'"      i' :::,! 'i `!::::::::   :::::
  / _,r'"        / :::/ .! `!:::::::::  ::::
 i',r'"         ,r" ::,!  | |:::::::::::  ::::


       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:、:.:.:.:.:.:.:ヽ、
      /:.:.:.:./.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.、:.:.:.ヽ:.\
     /,:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:./:.:.!:.:.:.!:.:.:.l:.:.l:.ヽヽ:.:.:.:.:ヽ:.ヽ
.    //:.:.:.,':./:.:.:.:.:.:./:.:. /:.:.:.:|:.:.:.|:.:.|:.:.l:.:.!:.:.、:ヽ:.ト. ',
.    /」:|:.:.:.|:.|:.:.:.:.:,.イ:.:./|:.:.:.:,!:.:. /:.:.l:.:.:|:.:.|:.:.:!:.:.l:.:.! 1
   ノ'´|:.|:.:.:l:.:|:.-rーァx...」:_:.ノ!:.:.ハ:.A ォ-:!:.:.:.|:.:}:.:.| !
    |:.|:.:.:|:.l:|V|;ォf==レ ´ル'  /ィ-ヘ|:./:.:.,!:./|:./
     1l、:.l:.ハl:.:.|` {゚: ::|      {゚: ::ル',!:.:.ィ:/ ,リ
     ゙ ',:.トl、!:.:.|  ゙-┘   、 `ー' /:イ,シ /
.      ヽヽヽ:.l、  u  _ _    /:.:.!        (アルトホーン様の当時の年齢を推測するに、13~4歳の未成年……。
       ` lハ:lヽ、       ,.-1:./
          ヽN |` ‐ 、__,. ィw  '/          そんな子供が協会の仕事をこなした上で、
           ,r'^,!       「ヽ、'´          妹弟子の面倒を見て、更には自分の修行もする?
        _,.-'  |       ヽl ヽ、.._
    _,. r ´     |   _...._  |   l. `ヽ.._     オーバーワークって次元じゃない)
   r{. l. |        |-‐ ´ _...._` -|   |   l. ト、
  / ヽヽヽ      |-‐ ´ ,.- 、`ー|   |   | l ヽ

255 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 00:10:14 ID:HP30dbws
原作考えるとやる夫は……く、悔しくなんてないんだからねっ

256 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 00:10:29 ID:UZNyh2rE
      |`ヽy----t,_____
   ┌--┘  `ヽ、     `t,
   ,!      \        ヽ
  // |  .|    ヽ ヽ      `i
  |.|| | . |     `、`、     `i,
  !.|'ヽ,!、,! .i-i_   .` .`::     ::|
  `'  r"| ,_)' `i    .:::    .::!,
     !,/ i_./-.'i    :::::    ::::!,  
     // /'  `i   ::::    ::::::!, 
    ,!.i ./i,__ `、        ...:!、      そう、自身の目標へと邁進するばかりに師は忘れていたのです。
    |/,/   `l 'i         ::`!   
    'y'    .|_,,,,!          ::'!,      一番弟子が如何に優秀でも、子供であることを。
      ┌''''' ̄ `i,    :::     ::`、 
      _,」,,,t- ::::::::`、 `i :::: ::::  :::::!     
     ,! _,,t-'" :::::::`i  i :::::::::::::  ::` 
   ┌'"~"     :::_」  ::|'i !,:::::::::::  :::`!
   _,,i'  :::   _,r'" ̄ |  ::| i '!:::::::::::  ::::`
  .| :::::::  ,r'"    .|  ::| !,`!:::::::::   :::::
  i':::  .,r'"      i' :::,! 'i `!::::::::   :::::
  / _,r'"        / :::/ .! `!:::::::::  ::::
 i',r'"         ,r" ::,!  | |:::::::::::  ::::

                                                   / ̄ ̄\
                                                 /  ヽ、_  \
                                                (●)(● )   |
                                                (__人__)     |
                                                (          |
                                             .    {          |
                 (ぶっちゃけ普通の家庭に生まれてたなら、      ⊂ ヽ∩     く
                  まだ俺も甘えんなくらいは言えるけど、         | '、_ \ /  )
                  アイツ、俺と同じで孤児だからなぁ……)        |  |_\  “ ./
                                                 ヽ、 __\_/

257 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 00:10:42 ID:oDMD5iGo
そういえば細々と仕事請け負っちゃしていたな。

258 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 00:10:56 ID:UZNyh2rE
      |`ヽy----t,_____
   ┌--┘  `ヽ、     `t,
   ,!      \        ヽ
  // |  .|    ヽ ヽ      `i
  |.|| | . |     `、`、     `i,
  !.|'ヽ,!、,! .i-i_   .` .`::     ::|
  `'  r"| ,_)' `i    .:::    .::!,
     !,/ i_./-.'i    :::::    ::::!,  
     // /'  `i   ::::    ::::::!, 
    ,!.i ./i,__ `、        ...:!、    そうして、日々の忙しさと体質の活用が合わさり、
    |/,/   `l 'i         ::`!    人格に歪みが発生したことに師が気が付いたのは、全てが手遅れになった時でした。
    'y'    .|_,,,,!          ::'!,   
      ┌''''' ̄ `i,    :::     ::`、 
      _,」,,,t- ::::::::`、 `i :::: ::::  :::::!   ぶっちゃけ、本来は精神的なアフターケアとかしたり、
     ,! _,,t-'" :::::::`i  i :::::::::::::  ::`   支えになってあげるべき私がやる夫に重荷を背負わせ続けたせいで、
   ┌'"~"     :::_」  ::|'i !,:::::::::::  :::`!  対人関係に致命的な問題を抱えるようになったのよ。
   _,,i'  :::   _,r'" ̄ |  ::| i '!:::::::::::  ::::`
  .| :::::::  ,r'"    .|  ::| !,`!:::::::::   :::::  しかも公人として完璧だから、傍から分かり難いという。
  i':::  .,r'"      i' :::,! 'i `!::::::::   :::::
  / _,r'"        / :::/ .! `!:::::::::  ::::
 i',r'"         ,r" ::,!  | |:::::::::::  ::::


           _ ---─── - . _
        / ̄             丶.
       ;                  ` .
      イ                     \.
    /           .             ヽ
    .           /              \.
   /           /        i    .  .ヽ  .ヽ
  /    i       /    .  /ソ  !   | .ヽ  ゝ.
  |     .     !  |  / /´/  ノ |  .|   ヘ  |
 ノ|     !    |  | /./ =. /  / /  / |  i .!  !
  |     |    丶 |ノ ´    /  .イ  / /__|   | |  |
  ヾ|   丶.    ソイ==__ / / //    |  / /| /
   ハ   i ヾ    |;;;;;ъ0ミ    /      | // ||
    \ ヽ rヽ    |∂;;;;;;/      -==ミ |//   |
     .|   《( |   |ゞ-- ´     / .;;;;δア//
     \  |ゝ |   |         ;;;;;;ο /  /        (幼少期に並の大人以上の仕事を背負わされれば、
       ヾ  丶|   |       ,  - /  /         歪むのは当然……)
        从  ヽ  |     __     /  イ
         ル\|丶 |        /|   |
           ソ ハ |ゝ .. .. r ´ ソ | |
         /\  ヽ|  |       |/

259 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 00:11:25 ID:oDMD5iGo
・・・・ぶっちゃけこの人が仕事サボって放浪していたのが原因だとか?

260 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 00:11:54 ID:UZNyh2rE
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃     (んで、残り三割が失恋、と。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │     まあ色々と追い詰められてた上に、初恋相手に人格否定喰らえば歪むだろJK)
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

               _____
            ,..-‐'"_____    `‐-___
           /: : i::::::::::::へ、: : : :::∧::::::::`,
.          /: : : :i:::::::::::::,': : : : : : : : :',::::::::',
         /: : : ::i:::::::::::,': : : : : : : : : : :',:::::::',
         ,': : : : ,'::::::::::::,'、 , ,: : : : : : ::',:::::::',
        ,': : : : ,' ----f-//、 .ハ:::/,.-‐‐'::::::::',
.        ,': : :,'`,:::::::::::,'___i,' V,.-‐‐、',::::::::',
        ,: : ::ヽ,':::::::::.「:::::::::::::i`  i::::::/ '',::::::: ' ,
       ,': : : ::,'::::::::::::ト:::::::::::/   i:::/ ii:::::::::::: ,
       ,': : : : ,':::::::::::/`ー--'     ̄ ,ii::::::::ハ ',
      ,': : : : : ':::::::::::ト、    _   / i::/::::i i '
      ,'::: : : : ::i:ハ:i、/ `j------‐‐::/  i,'ii::::i'
     ,': : : : : : :i,' ` ,-‐'`ヽ、 〉‐-、::/   i::/      (しかも、あの失恋以来、変に予防策を張るようになっちゃって……
     ,': : : : : : : : : : /       ヽ、`i、          ヤラナイオ
    ,': : : : : : : :: : :/   i' __....---i i ヽ、        男友達ができたおかげで、多少は改善されたけど………)
    ,': : : : : : : : : : :'--、__/    ::::〈-`ヽ、ヽ、
   ,': : : : : : : : : :::/ /: :」____ヽ,  `i ヽ
   ,': : :: : : : : ::__ / /: :: /::::::::::::::::l::::::::i   `i i i
                          `U

261 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 00:12:59 ID:UZNyh2rE
                                        /:::/:::: /::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
                                        /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
                                       .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
                                       |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
                                       |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
                                       l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
                                          l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
                                         /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ
                                        /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
          それで、                         ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
          唐突に私たちにこんな話をした理由は?     i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
                                       ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
                                        ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
                                         /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

            _,,,,,__,,,,,.,.,  ,,,,__ _,,__
       ___,,r‐'''"    /_,.-'''"~  \
       i'  ~""'''‐      _,,,,,_    ヽ
      ,i  /フ      i     ヽ,    |ヽ,
     r| :/      / /  :| :|  | ,'i   .:'i 'i,
    「|//:/ : / / / :|i :::||::|, :|i: ',|   : |: .i
    ,f| |/ :/ : / / / : | | : | |:|'i, :|.', ',|  : :| |
   / | || :/ : / _/|__|| :,! '|,|,|-!,|‐','|-',、!__ : :| |
    .|||: : ;|-/'|~/ | :| レ'  !,!| ,ri‐‐-、'、| : : :| |
    |'!, :/|~:| |,r‐i'"'i'      !, ''' )"'|: : : : | |
    |: レ'::| :|/! _i_;,,!      `'''''''''''' | : : : :| |       やらない夫は、
    i' :  :ヽ!:|'!, 〃   、      〃   |: : : : | .|      やる夫と長く付き合うだろうから知っといて欲しかったのよ。
   ,!: : : :i: :|::;!,                ノ| : : : :|  |    
   |: :;i : :!: :|:::;:ヽ、  ー───  /;::|: : : : | : |     有希はついでかな。私の秘書だし、知らせておいたほうが良いかなって。
   |: :;i : :i : |:::; :: `ヽ、        /i:::::;:| : ::i: :| : :| 
  .|: :;i : :!: :.| ::i. :: :::::::::`ヽ、,__,,,-'"_,,!)`i::|: :/|: | :: ::|     それに結構、知りたがりだからね、貴女。
   |::;| : :i : :| ::|. ::: :::::::r‐,!--‐'""~   V :i' i' i| :i :::|   
   |:|| : :!: :.|, ::| ::: ::::::|::::  O ...::: : :/:/ ,i','.| :l  :::|     好奇心に任せて深みを調べられると消さなきゃならなくなるから、
   |:|| : :!,: :|', ::i ::::::_:ノ '''' O    // ,'/. | :|i ::::|    その予防ってことで。
   レ !, : :i,: |ヽ,ヽ、/:::::   O   ν  /  | :|| ::::|

262 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 00:13:36 ID:UZNyh2rE
      /                ヽ    \  \
     ,'     /  /            l    \  ヽ
     !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !|<f{矛:下 '     イ孑代フ.j/.  / /
.        Vハ  |  r';;z j        r';;zリ  /}, '//
        ヽ ',  |    ̄     ,   ̄  チ' /
         `ヘ lヽ u     _      厶 ./
          ', {.代ト u        , イ | /              承知
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
          / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \            (………釘を刺されなければ遠からず調べていた。
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ        危ない危ない)
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │




              _____
           ,..-‐'"_____    `‐-___
          /: : i::::::::::::へ、: : : :::∧::::::::`,
         /: : : :i:::::::::::::,': : : : : : : : :',::::::::',
        /: : : ::i:::::::::::,': : : : : : : : : : :',:::::::',
        ,': : : : ,'::::::::::::,'、 , ,: : : : : : ::',:::::::',
       ,': : : : ,' ----f-//、 .ハ:::/,.-‐‐'::::::::',
       ,': : :,'`,:::::::::::,'___i,' V,.-‐‐、',::::::::',
       ,: : ::ヽ,':::::::::.「:::::::::::::i`  i::::::/ '',::::::: ' ,
      ,': : : ::,'::::::::::::ト:::::::::::/   i:::/ ii:::::::::::: ,
      ,': : : : ,':::::::::::/`ー--'     ̄ ,ii::::::::ハ ',
     ,': : : : : ':::::::::::ト、    _   / i::/::::i i '  はい、お話はお終い。
     ,'::: : : : ::i:ハ:i、/ `j------‐‐::/  i,'ii::::i'
    ,': : : : : : :i,' ` ,-‐'`ヽ、 〉‐-、::/   i::/    ほら、二人とも、もうお昼だからご飯食べてきなさい。
    ,': : : : : : : : : : /       ヽ、`i、
   ,': : : : : : : :: : :/   i' __....---i i ヽ、     私はお弁当(高級重箱)をここで食べてるから。
   ,': : : : : : : : : : :'--、__/    ::::〈-`ヽ、ヽ、
  ,': : : : : : : : : :::/ /: :」____ヽ,  `i ヽ
  ,': : :: : : : : ::__ / /: :: /::::::::::::::::l::::::::i   `i i i
                         `U

263 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 00:13:50 ID:oDMD5iGo
やっぱりなんかやらかしたのか?この人・・・

264 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 00:13:57 ID:UZNyh2rE
      /                ヽ    \  \
     ,'     /  /            l    \  ヽ
     !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !レ<f{矛:下 'ヽ _〃イ孑代勹 イ } /
.        Vハ  |{  r';;_zj  f} ⌒{! r';;zリ /}, '//
        ヽ ',  | ` ー―‐‐ '  、 `ー-- チ' /
         `ヘ lヽ       _      厶 ./
          ', {.代ト、          , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
          / ヽj       {`ヽ   ′        では、失礼させて頂く。
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │




   /||ミ
  / ::::||
/:::::::::::||____
|:::::::::::::::||      ||
|:::::::::::::::||        ||
|:::::::::::::::|| / ̄ ̄ヽ|| ガチャ
|:::::::::::::::|/      ヽ
|:::::::::::::::||       |
|:::::::::::::::||       |
|::::::::::::::|||        |
|::::::::::::::||ヽ_    _/        失礼しますだろ。
|:::::::::::::::||/    ヽ|
|:::::::::::::::||  i   } |        (ボーナス入ったし、翠屋で高級A定食でも頼むだろ)
|:::::::::::::::||ノ |   } |
\:::::::::::||  |  i  |∪
  \ ::::|| ̄|  ||ー| ̄
   \|| (_/_ノ

265 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 00:14:04 ID:SdIPwCUo
消すwww笑えないwwww

266 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 00:14:25 ID:UZNyh2rE
<ばたん



              _____
           ,..-‐'"_____    `‐-___
          /: : i::::::::::::へ、: : : :::∧::::::::`,
         /: : : :i:::::::::::::,': : : : : : : : :',::::::::',
        /: : : ::i:::::::::::,': : : : : : : : : : :',:::::::',
        ,': : : : ,'::::::::::::,'、 , ,: : : : : : ::',:::::::',
       ,': : : : ,' ----f-//、 .ハ:::/,.-‐‐'::::::::',
       ,': : :,'`,:::::::::::,'___i,' V,.-‐‐、',::::::::',
       ,: : ::ヽ,':::::::::.「:::::::::::::i`  i::::::/ '',::::::: ' ,
      ,': : : ::,'::::::::::::ト:::::::::::/   i:::/ ii:::::::::::: ,
      ,': : : : ,':::::::::::/`ー--'     ̄ ,ii::::::::ハ ',
     ,': : : : : ':::::::::::ト、    _   / i::/::::i i ' 
     ,'::: : : : ::i:ハ:i、/ `j------‐‐::/  i,'ii::::i'
    ,': : : : : : :i,' ` ,-‐'`ヽ、 〉‐-、::/   i::/   
    ,': : : : : : : : : : /       ヽ、`i、            …………
   ,': : : : : : : :: : :/   i' __....---i i ヽ、    
   ,': : : : : : : : : : :'--、__/    ::::〈-`ヽ、ヽ、     
  ,': : : : : : : : : :::/ /: :」____ヽ,  `i ヽ
  ,': : :: : : : : ::__ / /: :: /::::::::::::::::l::::::::i   `i i i
                         `U





                   ____
                , -‐7  /^7¬、
              /  /  // /、 lトヽ
             , '    {  f' /ハ l| リ
            /     j  | 〃ハ }ハ!′
            //   ,イ{  |ノjノ レく |       貴方が私の弟子になりたいと言ったとき、
           /,' ノ 人」|  l|   __,.イ|       一人前だと認められたみたいで嬉しかった。
           / /  / ,|{!  l|  __/ l !       
          /, '  / / | ヽ ∥ { ノ ノリ       なのに、私は貴方を歪める事しかできなかった……
        //   / /_,ノ  \! ヽ<ム、      
      ///,′ //´  \_ _  ,ユ   ヽ     その未熟こそ私の罪だ。
     // //  /ハ、     \.__`__)  く |     
   //   //  /{, \ヽ 、           \
  //    /,′ / !   ;^ー!    --- __,.-‐ヽ
//     /   /  | __   ! |           }
/     /   / / К| `ー}.__ |             !

267 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 00:15:08 ID:UZNyh2rE

      |`ヽy----t,_____
   ┌--┘  `ヽ、     `t,
   ,!      \        ヽ
  // |  .|    ヽ ヽ      `i
  |.|| | . |     `、`、     `i,
  !.|'ヽ,!、,! .i-i_   .` .`::     ::|
  `'  r"| ,_)' `i    .:::    .::!,
     !,/ i_./-.'i    :::::    ::::!,     「師として未熟だった、若かったんです」じゃ赦されない。
     // /'  `i   ::::    ::::::!,
    ,!.i ./i,__ `、        ...:!、    人の上に立つ者は、下の者の命運に対する責任を負う。
    |/,/   `l 'i         ::`!   
    'y'    .|_,,,,!          ::'!,   その責任を果たせなかった私の贖罪は、
      ┌''''' ̄ `i,    :::     ::`、  やる夫……貴方の歪みに向き合い続けることだと思う。
      _,」,,,t- ::::::::`、 `i :::: ::::  :::::!
     ,! _,,t-'" :::::::`i  i :::::::::::::  ::` ! だから、何が在ろうとも私だけは貴方の味方よ……ヤルオロック・アルトホーン
   ┌'"~"     :::_」  ::|'i !,:::::::::::  :::`!
   _,,i'  :::   _,r'" ̄ |  ::| i '!:::::::::::  ::::`!
  .| :::::::  ,r'"    .|  ::| !,`!:::::::::   :::::|
  i':::  .,r'"      i' :::,! 'i `!::::::::   :::::|
  / _,r'"        / :::/ .! `!:::::::::  ::::
 i',r'"         ,r" ::,!  | |:::::::::::  ::::


・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

268 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 00:15:21 ID:UZNyh2rE



                  -―――-=ミ        翠星石は魔法使いの一番を目指すようです
             /  _____  `  、
          _   ´  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ.   `ー--ミ        Wizards  Climber 
          ヽ   __/__彡⌒ヽ._/⌒ヽ   \、    /
           \ } /   / /  }!  ゝ=、、 }}   ,         やる夫は翠星石を弟子にするようです
             ヽ// /ィ    ハl  }  }} {{__rく 
             / '  /l  /   ! ハ  ゞ、 ̄}}: \ 
             { | ル'-j/ -―jノ- }   }}  八__ ヽ  
            八jノrテ心   rt元、.i!  八    `ヽ \ 
           _/ _ト、ヽ.じリ     じソノリ  /  ゝ==、   ヽ. \
         .ィ } / }‐、ゝ  '__   厶イ 、   ヽ. ヽ、  }   ヽ
         〈._| レ /' ル'.ト、 ∨ ノ  ィf´ 八 \  _ \}}  ゝ、 ハ
         「 j   / /{ I )__≧ー ´/⌒ヽr‐ァ=ミ、\  《    )  }
        r{_ノ r‐〈`ヽ} I ){__天ミメ、 ( / く   `ヽr――――-=ミ }
        厶}__    _.ノ〃.)/ ハヽ.ノ ( { .ノ    }}         `ー-=ミ
      rく{_/⌒Y⌒) {{/ )/ / | } } ( / ) ___〃__  /  { ̄ `ヽ.__  `ヽ.___
. ___彡'〃`===rく  リ ソ{_/ j {_/ 〈/フ ´       ヽ.ハ  ゝ      ヽ.   リ ハ
rくんくん'ソ/    /_ノ ( ゝ._小.__rく/ ′     u    / ∧   `ー-、   . / / }}
辷=、 :.:.:.:.: {    〃   (__人_/ハ__/               〈 / }      ハ  ∨./ 〃
`ーく`ヽ:.:. 人__ノソ   / 〉X〈(__厶.イ      /  ,    }   ゝ、   / ム  ∨ /
   ゞ、千===彡'   /:/〉X〈ノ:::::::::::l     / / .   r'⌒ヽ____ヽ./ ∠._}   ∨  \
     ̄ ̄ ̄_/⌒Y:::.:ハ ̄::::::::::::::.l    _//   }}   >===ミ{{/ ∠二__}         \
. x仁}} ̄ ̄ ̄ //リ}}/ゝ'  } :::::::::::::::::人       `ー='' 、、、 Y⌒ヽ._人/ー---|    }     `ー-、
ー《三}}      〃彡'    !:::::::::::::/   、 彡'  ‐-、   /    /      /    l     /
 }}三リ    {{三}}     |::::::/     /,ヽ 彡 _ノ    ゝイ /              }     /
 リミ{{     ゞミ{{       ゞン′     〃》ハ   }ノ{{  _(ノィ′    ―――r― ′    /
. {{ミメ、      }}ミ》               /彡'   `ー'―チ´  ヽ            \     彡′
. ゞミメ心     《ミメ、   弟子     爪{{     }l}刃     }                Y  ̄  /
.  }}三ミメ、   ゞミメ、___________/彡リ    爪リソ    j             }ー-=く__
.  ゞ三ミメ心.    ゞニ三三三三三ニニ彡′  ,斥{{厂      }              |
.   ヾ三三}}     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ,斥彡}}       リ    師匠       |       /
    ヾ}三{ト、                心三}ソ      /                 |     /
      ゞミメ心、               x仁}彡'        /                 |   /

269 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 00:16:42 ID:UZNyh2rE
終了!!

お付合いいただいた皆様、ありがとうございます!!

>>255
実は一人だけ、ある理由(オリジナルな理由)からお手つきじゃなかったりする。

>>263
そこら辺は、後々。
まあ、原因は師匠よりも弟げふげふ


270 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 00:18:05 ID:AyM/EScM

さて、寝るべ寝るべ


271 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 00:18:07 ID:/xTuXEmk
もつ鍋ー。
やる夫そのままもがれてしまえww


272 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 00:18:07 ID:UZNyh2rE
>>265
協会の権力使うとマジで行方不明になるという……

>>259
古参協会員「ヤルオロック君は、何時も会長に引き摺られて………」


273 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 00:19:02 ID:ZV6wsO.U

弟子がやる夫に言い寄って
青子がやる夫をフォローし切れなくて
とかそんな感じかね


274 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 00:19:32 ID:vSPvCVpQ
乙です

275 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 00:21:21 ID:bFFriAtA
>>268
タップタップ(翠さん、決まってる!決まってる!)
ですね?わかります。


276 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 00:21:31 ID:PjaFubns
ゲリラキャッチ! 弟子が居ればきっと歪んでてもましになるさー 多分

277 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 00:22:23 ID:QlcUbBFc

原作でも思ったけど、真っ黒なんだよね協会は
やってきたことは「魔法」という分野での権力闘争というか戦争だし


278 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 00:24:04 ID:GbABoOSs
まぁ、反対勢力をゴニョゴニョ...とかしてたしなw
真っ黒なのは今更さ!


279 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 00:26:03 ID:UZNyh2rE
結構、人が居るのに驚いた。

まあ協会とか会長とか云々は、手記で語られるよ!


280 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 00:28:57 ID:SdIPwCUo
乙!

281 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 00:40:08 ID:HP30dbws
乙 まさに裏側の事情だったな

282 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 00:51:17 ID:P6khR5bw
ゲリ乙
会長はもっとぶっ飛んだ性格してると思ってた。今までの言動から考えて


283 :寝ようと思ったのに筆が進んでしまったorz ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 02:24:38 ID:UZNyh2rE
                         _________
                …… … ────────────── … ……
      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

   / V´ *_rー'  ̄ ̄ i :Tヽ、* ヽ \
 /  ::/ ノ:  ̄/: : : : : : :i: : :i : : :ヽ、 .}  \
く   :::レ': : : :/ : : : : : : : ::/: : ::i: : ヽ: ::\}.   \
 \ ::/: : : : /: : : : : : :/: /: : /: i: : : :.i: : : ヽ   /
   Y: : : : :`:く;; : : : :/://: //:/^レ:'":|: : : : :レ'´
   |: : : : : :|__>ァ'-.// /_ェ‐ニL;_: |: : : :i:|
   |: : : : i レイつ^トv" / イブい/゙| : : :i:i
   .∧: : : い ヒニソ /    ヒ二ソ ./: : :./:|       さ、流石に疲れたですが……今日の訓練は終了です!
   ,': :(V\:\  u   、     /: :/}: :|
  ,': : :} ヽ. `rー   -ー-ァ u "フ´  ノ__::|       早速、魔法を心ゆくままに
  ,': : : :{ * .}: `i 、  `''  _. .イi * /:::  ヽ.
 ,': : : : :{.   |: : i: :i _| ー‐ .「: i:r┴┐|:::::...   |
.,': : : : :.r┤  レー ' ヽ.   .ノ `>く⌒ マ:::イ__ク
: : : :.r'´.ハ{  .|    ェ=>くェ.く \ ヽ  V 「 ヽ|
: : :/ /: ( ハ フ|=="゙ /^Tヽ| ヽ `   ノ |  |i
: :/ /  ノ |ハ |    / |( /\.    / |   l:|


                                                       ___
                                                     /      \
                                                    /⌒   ⌒   \
                                                  /(● ) (● )   ヽ
                                                  | ⌒(__人__)⌒      |
                                   使っちゃ駄目だお    \   `⌒ ´     /
                                                   /             \

284 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 02:24:59 ID:UZNyh2rE

             ___
          _, -' ´___\
       ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、
     /  ./ /      l ト、\
     \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',',
       l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
       l | l | ┬::cr / / ┬c」 ||
  ミ ミ  l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /l     ミ ミ ミ
 /⌒)⌒)⌒).ハ :_⊂⊃‐      ‐⊂/    /⌒)⌒)⌒)
 | / / /: lヽ:|ヽ|       -    リ (⌒)/ / / //
 | :::::::::::(⌒) : :}\          /|  ゝ  :::::::::/
 |     ノノ ヽ lY ` ー‐   r‐イ|: |  /  )  /
 ヽ    /   ヘ :;ィ´   {X}i  l/!'   /    /   バ
  |    |   l||l 从人 l||l.!::|イ:::ヽ_./ l||l 从人 l||lバ ン
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、/:::::イ;  -一'''''''ー-、 ン
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ):::/}  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



             ____
          _, -' ´___` '‐ 、_
       ,  '´ _,-'´,-――- 、、 ´ヽ
     /  ./ /       ヽ\ \
     \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',/
       l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
       l | l |┬::cr ./ /┬::cr」 ||
  ミ ミ  l | l ! l:::::::j   '. l::::::::j. ! /l    ミ ミ ミ
 /⌒)⌒)⌒).ハ ⊂⊃‐     ‐⊂⊃/ |   /⌒)⌒)⌒)
 | / / /: lヽ:|       -      リ (⌒)/ / / //
 | :::::::::::(⌒) : :}\         /| |ゝ  :::::::::/
 |     ノノ ヽ lY ` ー‐   r‐イ|  | |/  )  /
 ヽ    /   ヘ :;ィ´   {X}i  l/!'   /    /   バ
  |    |   l||l 从人 l||l.!::|イ:::ヽ_./ l||l 从人 l||lバ ン
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、/:::::イ;  -一'''''''ー-、 ン
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ):::/}  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

285 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 02:25:15 ID:UZNyh2rE

                                                 _ --- 、
                                               /´  ̄ ト、 \_
                                               /ヽ //l l  l
                                              //O/´ヽ:| |  」
                                             / ! r- 、 Ol ! l/ \
                                           // /アヽ _|_/ {    ヽ
                                          / / /{_| {_{}_}| /\   ヽ
                                          | 〈 // 」 く_∧_〉」 l 人   ┴┐
                                        「 ̄_V(_フ/\_j__ | lV__l 〉┐  └i
                  why???               「 r┘l ̄ l  l      | 〉(__) ̄ ̄ヽ |
                                        \!  |  l  \_ /L/   フ    |l/
                  何故です、何故なのです!?        |  |         /    l
                                            l  ヽ _  -―-'       /
                                            l           __ /
                                             \        /
                                                ̄ ̄ ̄ ̄
            ____
           /      \
         / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ     回復するって言っても、
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ    普通の魔法使いに比べりゃまだまだだお。
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |    やる夫が教えるときに魔力が枯渇してたら目も当てられんお。
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
      |                |  |

286 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 02:25:31 ID:UZNyh2rE

                                     ,、
                                 ,、  ,ィ´ l
           , -、   _, -―――――‐--、____l `´  ○ヽ          , -、
        ,ィ!,/:/l,.ィ´: : : : :._ : : : : : : : : :/ ̄: : : : : ヘ ● ,、  ヽ ̄`ー―--、ィ' / ヽ
      _,/:/: /:/: : : , -‐ '´::`ー-、: : : : :/: : : : : : : : :ヽ  `′  l、_:r‐、-――-ィ´   \
    /: /: /:.//: r‐‐/´::::::::::::::::::::::::::\:/: : : : : : : : : :._, -`ー、   |:ヽ、ノ __ ※  ̄`ー 、 ヽ
.  ,ィV: : :/: /: /´: : /::/:::::::::::::::::::::::,ィュ、::::_>、_: : : _,ィ=二,ィ'´::::::::ゝ、 〈_::::/`i: : :、: : ̄`ヽ、 ※ ヽ ヽ
..r'´:/:r=-、/: : |: : :/::::l:::::::/:::::::::::::::::||!::>三三三三三./:::::/:::::::::::::::::) 〉´`´-――--、_:ヽ   ', ',
〈: i三彡"`ー-、r‐、.〉:人::/:::::::::::::::::::i|!三三三三三彡"::::::::、l::::::::::::/`ヽ ヽ´     \: : : : : :i .※. l. l
《三/:::::::::::::;、ィナ/::::::/::::::::::::::::::::il|:l三三彡∨ ./:::::::::::::::::ヽ-‐ '´   /ヽノ、  、○ヽ:`ー: : : :!.   l l
.∨》!:::_,-《::--―:':´::::::::::::::::::::::://::!三三《 .∧〈::::::::::::::::;ィ!'`ー--、,r‐、i ゝ_,ノ   \ヽ\: : : : l .※. l l
 {ミト、:::::::::::》!:::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::l三三三二=.\::;ィ´:ミ!     》 〈`ー、_,、_   `ー、ヽ: : : l   //
 ゞミl!::::::::::lミ!:::::::::::::::::::::::::::::::::://::/ ̄>‐'¨ーl::::::::i!::::::::lミ!ー----'" ノ  ヾィヽ ○,ィ'´\: : l ※//
  ゞ彡::::::::《|!:::::::::::::::::::::::::::::::://:/-‐ '´    _ノ:::::/l!::::::::lミ!::::l__!´ゝ`ーー`,ィ`ー'´-―‐: : :l ノ´
  ノミ》:::::::::::》"―――---'´〈〈::/    ,ィー':´:::::/リ!::::::::::》!:,ィ'   `ー'´. ̄ ̄ヽ: : : : : : : _, -'l / \
 ゞ彡:::::::::《―――'´ ̄:::::::/´     \ ̄ ̄__,ィケ/"             ̄ ̄ ̄ `ー'` ̄ ̄`
.  {ミリ〉ミ}:::::ヾ!ミ!::::::::_, -'´          ̄ ̄ ̄ ̄´
  ヾ三ミ!::::::;ィゞ" ̄
   ゞ彡}                                 Noooo………







     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/   ま、来週からきっちりと教えてやるから、
(  \ / _ノ´.|  |    我慢するお
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

287 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 02:25:45 ID:UZNyh2rE
         _,. -ァ――‐-- 、_
        / ノ* , - '^⌒"´`丶、
      / ノ  r'´         ヽ
     /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ
    /   l  l  //  ,  /,  jl i  ',
    /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l
     ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノィ' ,ィリ l,' l l
     ,l l l  { 'l下T::::T' //ナ!;Tリ lj l
     l l  '、  }、' ト 'ー' ´ , 'ーイ /リリ
     l l  ヽ* '、ヽ',""    "ツノノ
    l l l  {  ヾ>、   ‐_,.ィ"l´
    l l l  入  l^ヽミエ二、 l *l
    ,' ,' / ,イ rt, *'、, -‐ロ‐-ミt  l        了解したです………
   ,' ,' l イ    (l  ヽ/||ヽ. ハ  l
   ,' ,' K     l  ', |l|  (lヘ) l
  / / ,ハ、、   l * l, |ll|  (l '、 l
  / /l / ノ     l  l |{l}|  (lてy
 / / l / くー- 、 、__,j、_V!l |  {l (ヘ
../ / / /7、 / ,rへ!ノ  j} {l__,、j トl
/ /  く__/| |`´{ト、  〉三ミ彡fri~l^l '、



                                                  ____
                                                 /      \
                                               /─    ─  \
                                              / (●)  (●)   \
               それと翠星石。                     |    (__人__)      |
                                              \   ⊂ ヽ∩     <
               やる夫が魔法使いの花嫁であることは、        |  |  '、_ \ /  )
               協会のトップシークレットだから注意しておくお。    |  |__\  “  /
                                                \ ___\_/

288 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 02:26:06 ID:UZNyh2rE
    /ノ´: /: : : : : : : : : : : : : :i: : : ::i: ::ヽ: : : : : :\   \
   /": : :/: : : : : : : : : : : : : : ::|: : :|: |: : : ヽ: : : : : : :ヽ  /
  /: : : ::/: : : : : : : : : : : : :/:/}: : i: :|: : : : :ヽ: : : : : : :V
  /: : : : :|: : : : : : : /: ::/:: / /: :/: / ヽ: : : : }: : : : : : :l
`.{: : : : : :|: : : : : : : : ::/.// /://:/-―--:、; |: : : : : : :|
 |: : : :{: : |: : : :,斗ァ''フ"  /"  //    \ヽ|: : i : : ::|
 |:i: : :i: : :l r彡"´    "   /        }: :ノ : : ::|
 l: i: : { : : l |     __,..    /  ''ェ;___,ェ; /: : : : /∧          そこら辺は心得ているです。
.  ',ヽ: : : : ヽl ,r==="         ̄ ̄ ./: : : :ノ/  l
   \\: : : \        !       /, r '´ }: : :ヽl          これでも魔法使いの娘ですからね、
   |: : : { `ー >              /{ * }: :  ヽl         師匠の希少性は解るですよ、そして組織にとっての重要度も。
   |:/: : { __ i/ ヽ             ./: {   }:_:: : : : l
.  //: : : :{  "iヽ { :ヽ、    ⌒   /:__ : { / ノ: : : : :.'.,        口外なんてぜってーしないですよ。
  l/: : : : : :} r-┘、: ::r`vr‐ -  ´|: : : | _」_{./  ./: : : : : : : '.,
 /: : : : : : : { `ヽ、 ヽ.L._ヽ.    レ'V__ ヽ/: : : : : : : : : :'.,
/: : : : : : : : r ト *|ヽ/ ノ ヽ.'、  / { (___  〕r、_: : : : : : : '.,
: : : : : : : : :∧.l.}  }〔 ´ / ヽG=ニ:|(    ./r'/rく: : : : : : : : :',
: : : : : : : ::/ )|.ト}  }ヽ    へ)|ノ\.{ |/ーi  /`./ ( ヽ: : : : : : : : ',
: : : : : : : /  .)|.「.) .} ∧     ) 7 .ヽ |    { フ  |  ヽ: : : : : : : : ',




    なら、帰って飯にするお!                      /)
   ________                          ///)
  /                                     /,.=゙''"/            
<  了解ですぅ                       /     i f ,.r='"-‐'つ____     
  \                             /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\    
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                   /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\   
   (ついさっきまで、                    /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \ 
    やらない夫が監視してた事は伏せておくお。      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
                                   / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /
     今後、ギクシャクされても困るし)

289 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 02:26:17 ID:UZNyh2rE

━━━━━━───────

━━━━━───────

━━━━───────

━━━───────

━━───────



                                           ___
                                  _,,,,,,,,,_     {n_}
                      ,,,x-─''''''''''''''''ー-─く,,,,:..:.:::..;~゙''',二区い}つ
                    ,z'~:; 彡;:. : .::.;'':::.. ,,:.:;''..:.,~ミt、:::;;t~   {こ} __
                  ,,,イ~ .;:`メ:;;...,'',:::..:::,:..;::::..;:. __,,,,,;;;;,二ュ,,,,,,,,,,__{n_}_
                 ン~;: ,,:' ,,,:::,':,;'::゙;;';;:...:::.'';::.,;:: ,r'~ `". ;:... .::::;;,;::,:'.:,,,;;;}い,}二)
   __,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__      A彡ノ,''. :: ' ;,:.::, :::,Zx,,:::';;`,:;  ,::,;..゙:: ';: ..;;::..,;:: ::;r''~,,__ 込}
  i<___>!    ∧,、{米ミ,,:.: ;:;.`::.;,'':...::'';''::,,ノヤ; 炎';;,.:. ::::,:.. :.;;:...;;;;/Y,,, i巛),
;;;;;;;;k,,;;;;;;;;;;;;;;;;;,,-'|__ ノYて){ミ;爻i;;;.::;`:.:;;:.;;r‐'''~ ,,;ジ::,: ::,;; "::,,::';;;;;;;ッぎテ~..';;;ア(')}心ュ,,___________
..:. .|: ;::.. ; :::l:::.:|  メヾW个`=ベ-ェ、,,;.:{;,,. ;=~~'''ュ,,,;,_:::.:,':...::,;===''~.:::;;;ソViYY)K)Ei゙ヾ,、 .. :.. :::...:  :  ..:....
. .: .|: L::. j ::|;;:::|.  .いYソヽ/A(Yい)V台、>-、,,,,. ,:::,:..,;;~ヱ;;;,,,:::::.、、=X〆()のr、iミ}Tノル/゙j   .. :    ::..
 :. . {・;;;;.::,,;;..;;.....}   i`ヾ、、i^rひMべTノ のl'*=z=爻m≡'∧ひ,六俎ミどヾ)メ2ノハ)=ィ",ノ  _,,,-‐'''"tュ~r-ミニ'‐-、,,,
..:. ::.人,;;__;;;ソ;;;..:_ `-、`ヾ、ッニ士t),;豆ZY)亘ミメX)rYt川广}ハir、tわ&YO,,=-'~,,-''~  i'  (,_ 々(コ/´ ::;}J  ,; .゙i
 . ; .`''''':; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;,::. .~`-=,二二二二二二二二二二二二二二二二二二,=-''~ ...... .. .`-、,,_   `゙'"~  __,,,-´
  :    .  '''';::::::::: ::." ::."  .   _,-'''´,;::::   〔 ;';; .;}}:〕:::..  ;;;;;`'''-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;:;;:::;;;;::::,.::;  ̄~~~~~~~ ̄:
サ三三ミぇュ、-、、      :    { .::. '';,,.    {,;_ :.::;}}:;} .:::.  ;;;   };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::.....::.
<二二ニ==-'' `i; .:  ... : .:.   ゙‐、,, ::... '' ...........~.........~....::.::: ;;;;'' .,,‐'゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;::.;;:;;;::::::.;:.:......
,,,,___,,,--''''~~::   :    ::.  .::.  `ー、,_         '''''' _,,-'゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::.;;;;;;;::::::..:.:::.:::
                       .:::.''':;; ̄ ̄~~~~~~~~~ ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;::::::::..:.:;:.::
                   ...  :::..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;:::::::''"'
                        '''""'';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::..::::::.;::::::..:::..::.::...

290 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 02:26:32 ID:UZNyh2rE

                                               ィ  ,.-、,.-、,.-、,.-、
                                             / ュ= ’ ̄ ̄ ̄: : .、ヽ_ \
                                            / ,イ: : : : : : ;i: : : :ヽ: : :ヽ )  >
                                            \/; : /; : : : ; :lハ、-‐-:ヽ: : ', )ィ´
                                             .l:,!: :l/:⌒从:ノ  z==x、!: :j:l ):.l
                                             .lj!: : lャfぅ:、/′´ ら::::j/: ノリ )l!
                                              ,ゝ:ハ弋丿   `⊂⊃y' イ: :l!
                                             ノ※,⊂⊃  ャァ  .ノ: (*イ: : l
                                           _Y _ノ /: : ㍉‐. z.z<: :l: :i!イ ヽ: ヽ
                                            イ _ソ イ:_:_ノ-Y.{}ハ {} ヽ-ゝi !:_:_:_ヾヘ
                   今日のお昼は凄く豪華ですぅ    _r'イ‘ r''≠´ : : : :( .{}《》〈、.__.): : ゝヽ_: `.xヘ
                                        j  ) x≠,-=≠¨ハ、l!、イ-,ハ三ミ( *ヽうヽ :ヽ
                                        `^' <: :<ィ´≠´: ,(__.)、 /(.__) 〉ミx`^^ミ_: >_ノ
                                           У_:<r‐イ     `       /7ァ:> )
                                             -イ ヽ __, --、 __ , -‐‐- ' ノノ ̄
                                             ゝ_ヽ          __  ノノ
                                               ゝ-=≦三ミ≧彡-ミノノ





            ____
           /      \
         /  ⌒   ⌒  \
        /   (●)  (●)  \
     .  |  :::::⌒(__人__)⌒:::::  |
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ       気のせい、気のせいだお。
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |     別に普段通りだお。
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |                            .┌───────────┐
      |                |  |                            . │2月1週 終       ......│
                                                   │    →2月2週へ     .│
                                                   └───────────┘



【info:以降は突然、日付が進んだりしますがご了承ください。
    流石に全週につき一話とかやったら、どう頑張っても話のネタが尽きますので】

291 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 02:26:54 ID:UZNyh2rE
これにて二月一週は終わり。

オヤスミナサイ


292 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 02:27:25 ID:npyWPQ7k


293 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 02:27:46 ID:H1ZT7Xhc
乙ですぅ

294 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 02:30:37 ID:PKY1iEhQ
乙です

コレを聞くのは野暮なんだろうが、原作主人公もこれくらい優秀なのかな


295 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 02:34:43 ID:wi1S5YLs
訓練時に魔力が尽きてたら補充すればいいぢゃない(棒

296 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 02:37:44 ID:HP30dbws
乙 この後は訓練やらバイトがほとんどだからな

297 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 02:44:54 ID:IwGwOsHI
>>294
大体これぐらいは優秀だったはず。

298 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 03:14:12 ID:JJqo.hJE
軍隊相手に完勝できる程度には優秀。
劇中で語られるとおりほぼガス欠ないしな。


299 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 06:20:05 ID:9mSvCm16
戦闘面じゃ魔力切れ起こさないし囲まれての多対一にはかなりの優位を誇ってたはず。
特に屋内戦だと相手の魔力を徐々に吸い取っているから持久戦じゃ身体能力のみで圧倒するレベルじゃないと辛い。
あれ、大魔法系って原作じゃ使えたんだっけ?燃料切れしないけど大規模魔法が使えないかなんかで戦争のときはヴィオラと組まされてた様な記憶があったけど違ったかな?


300 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 06:31:15 ID:TLMzQJ1g
魔力が大きすぎてでかい魔法使おうとしたら暴発しかねんしコントロール難しいしで使えないんじゃないっけ
そのかわり暴走直前になったらヘタな魔法使いじゃ近寄るだけで失神するレベルだったような

301 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 06:35:12 ID:4i/3pNkQ
>>269
ヤラナイッテさんが男だという理由でお手付きじゃないんですねそうだと言ってください


302 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 06:40:28 ID:TLMzQJ1g
久しぶりにWC引継ぎなしではじめてみたけどやっぱOPのぱぱぱぱーんは脱力するわー

303 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 07:38:00 ID:oPCHz.A6
乙。
グレイトシックスが全員出てきたので、次はローリエセブンをお願いします。


306 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 11:13:27 ID:7t3AvAlk
乙。

308 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 11:41:29 ID:UHYZiN.k
乙乙
原作師匠はゲームに出てくる大抵の個人魔法を習得していて、弾切れ無しで撃ちまくれるから
雑魚相手に限れば無双、だったはず
万が一無限の魔力が枯渇したらしたで魔術師殺しな裏モードが発動するだけだしな……

309 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 12:08:47 ID:EcX30Q2I
単騎で無双できるけど、本当に単騎で戦場行ったら発狂して死んじゃうだろう
魔力を吐き出す相手は必須
その相手が大魔力をポンポン消費してくれるとなお有難い


310 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 12:12:10 ID:rmUxjADA
にゃん♪

311 :名無しのやる夫だお:2010/07/11(日) 15:40:29 ID:LnqWQOHY
にゃんにゃん♪ 久しぶりにやってみるかw

316 : ◆ziOflq66ZM:2010/07/11(日) 21:33:28 ID:UZNyh2rE
>>294
下手をすると原作のほうが優秀と言う現実。

>>303
作中時間の五月までに全キャラ揃うから、そこら辺を期待してください。

次回投下は明日の夜までに頑張るよ。
内容はおまけ劇場、魔法使いの花嫁について。



史上最強の弟子ケンイチ 1 [DVD]史上最強の弟子ケンイチ 1 [DVD]
(2007/03/23)
関智一川上とも子

商品詳細を見る



一覧
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

12月です。早いものでもう年末ですね。
今年は関東には木枯らしが吹かなかったりと暖冬ぽくありますが、今後の気温は不安定らしいですのでこれぐれも風邪ないようにしてくださいね。
インフルエンザも流行ってますので、そちらのケアも忘れずに。
最近は更新も減っており色々心苦しいですが、今後も変わらずやるぽん!を応援してくださると幸いです。<(_ _)>


一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



FC2カウンター