やる夫は帝都の守護者のようです #6~#8 やるぽん!

ジオウ第48回 ありそうでなかった決戦前のおじさんとの会話。 お互いへの培った愛情が見えてほっこりしますね。 それにしても、衝撃的。まさに怒涛の展開。 え、これどうなるの? 次週、最終回!お見逃しなく!

やる夫は帝都の守護者のようです #6~#8

257◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 22:39:01 ID:spDbyRgg

 23時から、また短編投下してみますー。

258 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 22:40:32 ID:706qw3SM

ウホッ

259 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 22:47:41 ID:N4da9glM

おいおい、また最初から読み直しちゃうよwww

260 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 22:47:54 ID:Ai2WrJUc

ペース早いwww

261 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 22:54:16 ID:L.eLf9So

投下ペース早過ぎるけど大丈夫か?
投下はうれしいけど、途中でへばってエタるより
適当な更新速度で長続きさせてくれる方が嬉しい。
折角面白いスレなんだし。


262 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 22:55:50 ID:Fsqyih0c

ニア リアルを だいじに

263◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:00:00 ID:spDbyRgg

 どうもです、いや、今は暇な時期だし短編だから一時間くらいで出来るのですよ、これがw
 んでは、いきますね?


264◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:00:50 ID:spDbyRgg



           //   ||    //          ||: : : : : : |
―――――――――┴┴―――――――――┘|: : : : : : |     ||:.:.:.:.:.:.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´: : : : : : : |    [||:.:.:.:.:.:.
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |     ||:.:.:.:.:.:
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |     ||:.:.:.:.:.:
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |     ||__
───────‐- 、 : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |     |l\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i--- 、──────────────|     ||\\
              |    |────―─────────|\   ||:.:.:.\
_________,i´ ̄`i                      \\  ||:.:.:.:.:.:
              |    |                         \\||:.:.:.:.:.:
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`|    |                            \ |:.:.:.:.:.:
              |    |                            ` ̄ ̄
────- 、 _____|__|                            ( ̄
         |     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         |                                     
______,ノ       穏やかな時間が流れていく。
      | |
      | |      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




              / ̄ ̄\/ ̄\
                / ̄ ̄ ̄`.  \    \
             /           、    、ZZzzz
           /           i     l
        _/ 、  ,イ            /
       (     )_/______ノ__ノ
       ̄ ̄
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  惰眠を貪る事の何と素晴らしい事か。
  そう“男”が至福の時間を過ごしていると、一つの気配
  と“女”の声がその至福を打ち破った。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

265◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:01:23 ID:spDbyRgg



                  __ ..  -  .._
.          _,。cOOコァァco。,__     > 、
.      rタくnK/⌒Y⌒Y三V葵ぅ、 ヽ  \
.       rタcj {} r(「Lフ-─ ‐-=<⌒癶 ' , ', ∧
.      fソヽcっ-'´      \ \.  `ヽ,心 ', , ∧
      fkく/ | l    \ \ ヽ   |Nハ. i |  ∧
.    }N/ / ∧ l|     \ \∨ l| Ⅳ│ | l l'.
.    }トi | l } |  l| 、 \ヽ\  ∨ │ V^ヽ. l| l !    おい、やる夫。
      ヽ| | l |/  l| \\>へ、_V l|  |/ ハl| | l
.     .V l  /ヽ l|\,ィ´ \ _ i l|  |、ノ 〉│|
      Vl ,∠ll__ \!   ,zィチァ ノ | l  l|ノ /l|│l!
.       \{  _ヽ    ´ゝ┴'    ! |l l|イ li | |l
.         |`ヽtヒソ         ! |l l| ∨ l | |i
.        | |lヘ  |         l |l l| ∨l ヽ{
          | |l l ト、 ヽ         ! l  |   ヽ\\__
         | |l∧ \ ‐ -     / l│ |    \_ ̄ ̄__ヽ__
.           | |l l\  ` ー-、 _/`ヽ l |l l|     r'::: ̄/:::::::::::::::>、
.          | |l | |\    \∨::::<|i| l|   ノ::::::::/:::::::::::/ ̄ ̄ ヽ
            | |l | |  \     |::::::<|l| l|  _r'::::::::::/::::::::::/
           | |l l | /  {ヽ---‐::〉ヽ:::|l l|_r':::::::::::::/::::://
          | |l l !'   ト:::::::::::::::i\:::|l l|:::::::::::;:::'/::::´:::/
         | | l |',   |::::::::::::::::|::::__|l l|::: ̄::::ノ´:::::::/


               _____     |/
             /           ヽ    ─
           /               \
          / 、                \
           /   `ー-               ヽ
           |  、__               |   何だお?
         ノ   └┘ /              |
        (、      !_j              |
          {`ー-'                  /
          \  ,, -===ニニニニ====-、_/
            ソ´:::;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       ___〉:/       |i     \/_
      /| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |`ヽ,
     /  .| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |:::::::|

266◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:02:27 ID:spDbyRgg


                         _____
                     _ /        `\
                 _ ィァ'/7            ヽ
                  /  {/'/  |  /_______、ハ
               /   j〃 /|   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| }   …………。
.    ________/    || /   |_________|イ__________
         `ー~―ヘ.   \ |l     ∠l斗=くj/∨レィ=从 乂
    __________ヽ_ /リ   "  ノ |{弋:ソ   弋:ソ}/`ト、}__________
              /    j ∨ {::{     厶 :|,, ー   '  ー,,∧│ノ
.     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::|  /|ノ|:l{\   o   ィ: :lヘ|〈 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.      ̄ ̄ ̄| ̄│ ̄ ̄ l゙ ̄/:|::|_/ │ |:.lトミ≧=-</ | : l  | ̄ | ̄ ̄ ̄| ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄
        |  |     | /:/|::|    |ヽ|: :|ー='l   ∨ | : |   |   |      |   |
        |  |     l./:/| |::l    |` |: :|   |.  ,'、 | : |   |   |      |   |
        |  |     ./:/'│〉:'、  ,/! |: :|   | /   / ; :|   |   |      |   |
        |  l    / /  |∧:::\/: | /:./|   |,/   /:ハ:.|. ,'|   |      |   | 「ベランダに、何か引っかかってるぞ?」
        |  |   ./ {  /:::/\/l: // ハ|  〃  /:/  } }_/ |   |      |   |
        |  l   ヽ: :| ,':::/   ノ:八 {  | /  ノ'´  ノ:ノ  |   |      |   |
        |  |    ヽ∨::/  ∠イ `ヾ | ,'    ー=彡イ  |   |      |   |
        |  |     |`ト:|          | |          }   |   |      |   |
.         /|  |     | Ⅵ ∧       | |          |   |   |      |   |
        /  |  |     | |:∨xハ.       | |        !〉 |   |      |   |
     /  .|  |     | |:::∨i/\_______ノ| ト、________,/|   |   |      |   |
      {.   |  |     | \ :::::::::::::::::::::::::::| | ::::::::::::::::::: /  |   |      |   |
     ヽ   |  |     |  | \_____/| \___/'|   |   |      |   |
.         \|  |    ,/|  |     lしノノノ |   |しノノノ  |   |   |      |   |
        |  |   / :|  |         |   |  ´  |   |   |      |   |
        |  l   /:::::|  |         |   |      ノ   |   |      |   |
        |  │ l ::::::|  |         |   |  _,/     |   |      |   |
        |  |、│: /|  |`ー─-、____,|   | ̄´       |   |      |   |
        |  | ヽL:ノ |  |         |   |.          |   |      |   |
     ̄ ̄ ̄`\__| ̄ ̄ \__「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \_」  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \_」 ̄ ̄ ̄\_」 ̄ ̄ ̄ ̄
   ──────────────────────────────────

267◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:03:10 ID:spDbyRgg


                   _______ ____
                  /         (__ ゝ
                /           (___ヽ_
               /   ──     ──  (__ _ ヽ_    えっと……何やってるお? インデックス。
             /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  (_\ 〈
            /     `T;;;:::;;;T′   `T;;;:::;;;T′  \ \
            |     ヾ''''''´"ノ   ヽ⌒゙''''''´" U  |  )
            |       (    i    )       |三三)
            \       `ー ─'^ー 一'       /.:.|  .|
              \         ̄ ̄        /|.:.:.:.:|  .|
               〉三三三》     《三三三〈  |.:.:.:.:|  .|



     /:/     /        i                  i.x≪  ,x≪:::::::::::::::,≫'
     /: /      .l       |_ _ _ _ _ _        | ,..x≪::::::::::::::,.≫'"
.    /: /        l       /:../:..:/:.l:..:..:./l:.l:..:..l:..l`≧‐- 、_.!´:::::::::::::::,.≫'"
i     !: :|      .l     _/:..:/:..:/_/L:..:/ |:.l:..:.,':/l:.l:..:..:.l:..l:.:|:::::::::≫"|:::::|
|.    !: :|     / |   ´ ̄/:./l/:´l/ !/`゙j/|:./l/ l‐‐:、:/:..l:..|≫'" l  |:::::|
l.   |: :l     /   !     j:/: !:/ ___`   j/  j/ l:./l:./:.リトヾ .!  !:::::!
V | j: :.!   /   l i       |:..:.|' '´ ̄ `゙     ,.===、 /:..,イ:.l.l  |  |:::::|   うん、やるお。ご飯食べさせてくれると
. V ! |: :|        !       |:..:.|              /ィ" !/ |  !  !:::::!  嬉しいかも♪
、 ヽ! |: :|                 |:..:.|         '    /:...|  \j  !  !:::::!
x\! |: :|            /i:..:.ト、    l` ー ァ'    /.|:...|    l  |  |:::::|
  .ハ !: :!              / |!:..:l、 \  ヽ__ノ   イ  |:...|    l  |  |:::::|
≪:: | ! :|              / jl:..:.! \_ン>-- <    |:...|.   ,'  !  !:::::!
:::::::::| Vハ.          /  .!|:..:|\_`二 イ         |:...|  /   |  |:::::|
≫'"|  V:.ヽ            |.i:..:l.:l:::::::::::|  !       |:...|  /   |  |:::::|
   |.  V: \          |.l:..:|.:l:::::::::::|  !       |:...| /    |  |:::::|
   |    \: :.\.       |.l:..:|.:l:::::::::::|  !       |:...|V    .|  |:::::|
   |     \: :.\.      |.l:..:|.:l:::::::::::|  !       |:...| l     |  |:::::|

268◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:04:07 ID:spDbyRgg












┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  こうして、“男”の至福の時間は終わりを告げた。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛










.

269◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:04:31 ID:spDbyRgg


                              \ \
 (⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)|\ \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | \ \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  | |                               |   \ \                     |
  | | |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄且 ̄ ̄ ̄ ̄且 ̄ ̄ ̄ ̄\   \ \ ̄ ̄且 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  | |__ \\                        品 \   \ \                \
  | |\ .\\    且                  .宜D\   \ \     且    且.    .\
  |__|  \ |\\__________________\   \ \___________\
   \  | .|.|| \|⊂2⊃                       |      \ \            ⊂7⊃||
     \| .|.|| (⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)     \ \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
           | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |       |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |

270 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:04:53 ID:Ai2WrJUc

引っかかるのがデフォなのかよ

271◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:05:33 ID:spDbyRgg


           。r く )く个〉 X  }⌒癶  \
           。イ_レ'T  ̄l ̄` <Lノ‐くh。, ヽ
          fィ´/ / / |   |  `ヽし^Y{.  ∧
           // / / |  l| | ∨\| l\l仍   ,
.          // / /l  |  l! ト、 ∨ l| | ∨l{   i
          | l |l /__l_/| ハ. | N_∨l!│  }リ  │
         l∧ |l l__l__ l/  V!'"__ヽ_Vl!|  lニヽ  |    よく食うガキだな、その体のどこに入るんだ?
           Nl〈ヽ ヒ込.!   ´ 迂汐 ||  |、i`〉 |    ……見たところ、メシア教徒か何かか?
           | liハ ´  }       ||  |ノ/l  |
           | |l ',   〈          !|   |イl l  |
           | |  ハ、    _      ll!  l| |l |  |
           | li l| li\ ‘‐'       イ|  l| |l |  |
          | | l| |l li\`    < | l  l! |l |  |
      __     .| l l| |l |  lΤ´     ! l  l i|l | │
.    _l__|_,、___|_|__i! |l l  li_|     | l  !_|l |l  |
    VハVハVハVハV|__l_,.ィ7´ノ   ___ _,! l l!/ ̄> 、
.   r‐'´\--─--/l|:::::::/:::〈ヽ '_r‐‐┘:!l| |::::::/    ヽ
.   ト、ヽ |_l`ニニ´! l|:::::/ヽ:└v'´:::_:/::::| l |::::/     '.
  ∧ ー'ー'  |  / | l|/:::::ー--::::´::::-‐::::: il i:/      i
.   ヽ  } / .//l l!:::::::`:ー:::::/:::::::/:;  /〉 、|    ;
    |ー‐::7 . /::/:|l /::::::::::::ヽ;:'::::::::::/:::::,'  /:、:\|     l
    /:::::::::! ,l:::i:::li/:::::::::::::::::i:::::::::::::i:::::/ //:::::i::::「h_「h_「l7
.  ,':::::::::::| ∧::∨::::::::::::;:':::::l:::::::::::::l::/ //::::::::;::::ト.-----f



                 ______
              . ´            \
              / _    ____ __   ヽ
             /  |´ ̄/ / / / ` |
            .′  i/ / / / / /| !
            |    |_.. -__ァ_7'TTT ァ_-_、|  !
            |    |/イV_V` レi| ィり_ハミ_ノ!
            |    |レイにヾ   'イハ从  !   んぐんぐ……違うんだよ!
            |    /从 込リ    r少 |!:  |   メシア教じゃなくて十字教徒なんだよ!
            |  /!::|  '''     '   ''',小. !
.       r、、  ノ  ハ | ト     -_ ‐   '| 、 |
.       ヽ>‐くつ′|:| |.ノ`  _   ..< ..:|   \  r_‐、_
       l //`,、|:| | \`ー 二 ) 〉、:_:|:::|   ノ  r'‐、` `!
          ヽ   /,、jヽ |  ヽ    /!  `|、 〈   f´`'  ノ
          ノ〉  ト.\ !\   V== /=z、 | |ト)ノ  、  .イ
       「rヘ   ト、\,> \((==,= ィ / i ト jj、 ,ィj   ト
       ∧! |  ハi!/|    ヽ /__j\  i |  |/ `\  |:.:|
      ,イf/ト \/:.:.:|| !|    〈  ̄Y`}、 ! !  / ! |  \!:.|
     ノ/ !/| | \ノj |!!    | ヽ_j/ ! ! !ヽ  ! ト 、_ }:.:!
     {    | |:  //.:.|!!    | | | | !::::|  \\/´:.:|

272◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:06:17 ID:spDbyRgg


             __
           ,,.-´     ̄`ヽ
         /  __ノ  `ー \
        /   ( ●)  ( ●)ヽ   メシア教は十字教の一派だお……まあ、そこの分類は
        |       (__人__)   |  微妙ではあるんだが……むしろ、この子にとってメシア教
      /.|              |\ は敵みたいなもんだお。
     / / ̄'‐、        /  \
   /  /    .7 ───一′ ヽ   .\
   \ ∧   __ノ ∧   .∧   |   ./
     /´  `ー'〉   .i   .l ..|  /  /丶
    ./     /    ヽ /  | / /    \


                 /,  --――――――ヘ      \
             ノ/              |         ヽ
             r' /               |
              | |        _____│         l
              | |  >  :7 「: : :.j、__ヽ: : : :\         |  うん! とうまややるおと会ったのは私がメシア教に
              | {_/ : : : / {: : }八\: :}\}∧j          | 浚われた時なんだよ!
             l /: : : |-八  \{  ヽィ==ミ\:|          |
            |厶/: N斗=ミ.       {{//ハ Y|、       ヘ
                | 八从Y{{//ハ        う:ソ  |: '.       丶
              │ `∧ヾ うり          |: :|`:、      \〉
            │ / ∧ ´  '         |: :|: { \     /
                | ./ l:小    _  ノ      j : !: }  ヽ   〈
               |/   |l: : ゝ._        ィ/: 厶イ        \
             /   |: : :|: :{ >  .__.., イニ/: :/ │     丶    ヽ
               /  i  |: : :|: :'. : : : /  //: :/,//     i    l
           /   :l  |: : :|: : :\/  / /: :/´ │     │   │
             /     |  |: : :|i: : : : ∨/_, /: :/    |              |
.            /     l:  !: :.八r┬≠¬))': :/   │            |

273◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:06:47 ID:spDbyRgg



                /:.:.::.:.:.:.::.:.::.:.:.:::::{{:.:.:.:〃    十 :.:.:.::.:.::::::ハ  :::::::::::::::::::::::::::::
              .: /::.:.:.::.:.:.::.:.:::::::::::::::::::ヘ ∠______:_:_:__:_:_:_:_:__:::::::::::\ .::::::::::::::::::::::::::::
              ::./::::::::::    _..:::::::::::::::ヘ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ .::.:.:.:.::イ:::::ヽ ::::::::::::::::::::::::::
              .:::/::::::::::  :::イ::::::::::::::::::::::::::\ 十     .: : : : :: :::::::::::::j\ :::::::::::::::::::
           .:::::/::::::::::::_:::イ::::::\:::::::::::::::/:::::::\==ぅ      ____:.::.:.:.:.::イ:ハ. :::::::::::::::
          .::::::/..ィ::::::::::::/ :::::::/\:::/::! :.:.:.::/: へニニニ,.=≡・・・ ::::::::::::::::::::::::\ ::::::::
         .::://::/::!::::::::::/ :.:.:::/:::::::::::\::.:!/ :.:/: /:.::.:へ  ((__ノ   ::::::::::::::::::::::::::::::` 、  ノ
        ...../: : :〃: !::::::::/!: : :イ/:/i_:/_:.i:::vト::::/: /:: /:.:::::∧ ニ二二二 _:::::(::::::::::::::/:/:::√´
       :.:.:./:::: : i!::::.:|:.:.::/|:.∧Y:´i/ ̄ヾ::ハ/:ヽ::::/ ::::::/::::::\      )ノ -=彡::::/
      .::::::.:::: : :/ !:.:从:./  ! 八:代< 勹:}}:!:.从i::;∧:::::/:::::::::::::::へ      .:::::::::,. '´
     :.:.:.:/:.|:.:.: : :!:.:.:.|: l  !': :::::.:.:ゞ==少:::|/:::::!::/ .:::/::::::::::::::/:::::::\:==≡イ:/
   .:.:.:.::: /::: |:.:.:::  |::.:ハ:! : : : : : :::::::::::::::::::: :: : : :i/ | ::::::::::: -ァ‐ォ一::::::/`ーく/'´
   .::.:::::/:: : :|::::::i:::: |:: l :\: : : : : : :::::::::::::::::...:::.::/::::|:./::::::::::/:/ :::::: /:.:.: : : :/
   :.:.::::∧::..:..:|::!:::!:.:.:|:: !  .: : :: : : : : : ::.:.:.::.:.:.::.:.:.::.:.::/} ,;==/:/、 ::/:::::::::/::::/
   イ :::!:.::.:.|::!:::i:::: |:: ! : : :: : : : : : :: : : : : :   .. ::::::::/彳::/勹ノ}イ:::::::::./:: /
 イ:::| ::!::.::|!:::|:::: |:::|: :: :: : : : : : : : : : : :     .' /弋=:ィ::::::::::ノ.:::::::::/ ::,
::| :!:::: |  ::|:.:.:. | !:::|::::|:|: : :: : : :_:_::.:.:.::.:.:.:    /://イ:::|::::/┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
::|: !: 从 . |::::::::|::::::ト:::|:|: : : : : :ヽ:`:::::::.::.:.::.: ー‐' ィ'::::::ノ:::ノ'´/:.: :
::| :|::::::: '. ::ト:::::ヽ :::::::::: !:::!: : : : : :.:.:`::':::::::::::::::ァ::7:::::レ:∠_:_:_:_/:::イ  このインデックスという“少女”は特殊な存在だ。
::|: |: :: ::::!:::!:::.ヽ:::\::::: !:::|ー:…・:::::ア::::¨::::::/::/:::::::::::::::::::::/:.:.:.::|.  膨大な知識を持つ生きた魔道図書館であり、
::| :|:.::.:.::.|::. ハ::.:.:.\:::\:::::|::::::::::::::/:::::::::::::,::/::::::::::::::::::/::::.:.:. .り 天使の力をその身に宿す事が出来る。
::|: |:.:.:.:.::ハ:.:ハ.::.:.::.\:.:!.:.|:::::::::.::' :.:::::::::::::/::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.::.:::
                                    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

274◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:07:15 ID:spDbyRgg


                         _,,  --  _
                       ,ィ ´    ::::::::::::`::. ,
                      /  ,ィ      :::::::::::::::\
                     / /  ,ィ::::jヽ    :::::::::::::::ヽ
                     ト   ゝ `¨′     :::::::::::::::〉
             ,v、        !::::.     `ヽ    .:::::::::::::/.
             j )'j.)      .ヘ:::::.      ノ   _,;..---.イ-、 ,-.、
             〈.//j f.〉      !:::l ヽ, -‐'"   r-',::::::::::::::::,-:イ::::/:ヘ
             .}! L-'.ゝ       ',::`ー'     ..lハヘ::::::::;イ::::::::::/::::::::-'-、
             ヽ   ヽj      ヽ    ..::::::::r ',.〉::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::ヽ
               >_,,ィ>、      >ーr-‐‐‐7ハ 〈:::::::::::::::::::::::`ヽ:::::::::::::::::ヘ
               /、, イ::::ヘ      \',ヽ / 〈 .∨::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::ヘ
               〈':::::::::::::::::ヘ     _/「::ヽイ  l  ∨::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヘ
                    ∨:::::::::::::::ヘ    /::ヽ:::!::l ヽr'     \:::::::::::::::::::::::::::::::〉イ`:::::∧
                ヽ::::::::::::::::ヘ ./:::::_:::::l::!   ',       ヽ::::::::::::::::::::::::::「'':::::,イ::::/
                    ∨:::::::::::::::〉:、:::::::::::::::!    .!      \::::::::::::::::::r'イ::::::::::::/ヽ
                  ∨:::::::::::'::::::`::::::::;イl    !       \::::::::::/::::::::::::::::/::::::ヘ
                       ∨::::::::::::::::::;イ ,':::,   l         \::/::::::::::::::::/:::::::::::∧
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  メシア教により大天使召喚の生贄にされそうだった所を
  クズノハとしてやる夫と、
  巻き込まれた“一般人”上条当麻が救ったのだ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                    _ >:::::::::::::::::::::::::::::-‐v/.:::::::::::::::::::::::::::::::::<
                        \::::::::::::::::::::::/.:::::::::::∧\:::::::‐―<:::::::\⌒::>
                    /.::::>‐::::/.::::::///.::::::::::\:::::::::::::::\::::::::::::::\
                     /⌒/.::::::/.:::::://.::::::::::::}:::| ::\:::::::::::::::ヽ::::::::::⌒`
                        /.::::::/.::::::// /.:::::::::::/:::,:::::::::::ヽ::::::::::::::}ヽ::::\
                  /⌒> .::::::/rく  /.:::::::::::/:::/::::::::::::::::} :::::::::/:/}:::::::::\
                     /⌒7.:::::; 弋ッV:/i::::::::/ l/ⅵ:::::::::::::iト、::::/:/∧:::::く⌒
                        ´//}   ̄l/ハ::::/_/__|/|/|:::/:::::∨./.:::::::::::::>
                        /′ :     , Ⅵ7¨弋ッ`ヽ!/i:::::::::|.::::::::::::::≦.._
                             {     /     ` ー " /.::::::::ハ::|}:::::::<⌒
                           ∧   }        ///}/rノi/.:::::<
               _ ..  -‐==ニ二¨,∧ \            /、___ イ:::「 ̄
            /___⌒ヽ    / ∧ ヽ`ヽ       イ\丁///
                ´⌒/ / / ̄ ̄ ∨/   //}ゝ---- ―=≦´/ {
           __/ / /_ ..  -‐} }   ″{        /    /,
         ___厂 ̄7 / /      _} }_ /}  , -‐=≦    //ハ

275◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:07:44 ID:spDbyRgg


                    ,. '´                \
                    /          __.. -- ‐‐ -、 )
                      /         L <´  `ヽ  ⌒'l |
                 /        | ><    ノ )  ノ'{.|
                  ,′       | 、-'    __ > ー ''ゝ,,,,_あの時はやるおは凄かったんだよ!
                    /         }- '_ ー≦}: ;ィ: ム`: : : ヘ 不完全に召喚されたとはいえ、一人で“あの”
                    /        _ノ-,, - ニ: :ノ }/ j!-ミj: ヘヾヘサンダルフォンを倒しちゃったんだもん。
               /     __,,, =フ: :,イニ-- く ノ   イ:ハ }〉ルヽヾj
               ,′      ,,∠ィく/{!::::ハ   '   弋リ リヘ
                 /       イヘ: :.ヘ 弋zリ     丶   | ヘ
            ノ   _ ,, - '´  ヘ、ヘ: :ヘ  ̄      _,   八. ヘ
        _, <´          ノ`ヘ: : ヘ    r  ̄ ノ /,    ヘ
    _, <´             /: : : r=ヘ、ヘ- _`   イ: :.ヘ    }
ー  ̄             _ <´: : : :./ ‐  ヾ、‐'ヽ ̄、: : : : : }    j
              _ - '´: : : : : : : :/   _ヽ、_ ヽ:.ヽ }: : : : ノ   ノ
        _ ー ´: : : : : : : : : : : :.{   /:.:.:.ノヽ`ヽ、l!ヽ: :/   /
__ ー‐ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |  (:./´  _ イ´/、.  /
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : _:_:_:_:_;,;,;,;,; ニi ー  ニ : : : :_;, ィ ヘ.  }/


                  __ ..  -  .._
.          _,。cOOコァァco。,__     > 、
.      rタくnK/⌒Y⌒Y三V葵ぅ、 ヽ  \
.       rタcj {} r(「Lフ-─ ‐-=<⌒癶 ' , ', ∧
.      fソヽcっ-'´      \ \.  `ヽ,心 ', , ∧   それは、随分と無茶をしたな……。
      fkく/ | l    \ \ ヽ   |Nハ. i |  ∧  まさか、サンダルフォンまで食ったのか?
.    }N/ / ∧ l|     \ \∨ l| Ⅳ│ | l l'.
.    }トi | l } |  l| 、 \ヽ\  ∨ │ V^ヽ. l| l !
      ヽ| | l |/  l| \\>へ、_V l|  |/ ハl| | l
.     .V l  /ヽ l|\,ィ´ \ _ i l|  |、ノ 〉│|
      Vl ,∠ll__ \!   ,zィチァ ノ | l  l|ノ /l|│l!
.       \{  _ヽ    ´ゝ┴'    ! |l l|イ li | |l
.         |`ヽtヒソ         ! |l l| ∨ l | |i
.        | |lヘ  |         l |l l| ∨l ヽ{
          | |l l ト、 ヽ         ! l  |   ヽ\\__
         | |l∧ \ ‐ -     / l│ |    \_ ̄ ̄__ヽ__
.           | |l l\  ` ー-、 _/`ヽ l |l l|     r'::: ̄/:::::::::::::::>、
.          | |l | |\    \∨::::<|i| l|   ノ::::::::/:::::::::::/ ̄ ̄ ヽ
            | |l | |  \     |::::::<|l| l|  _r'::::::::::/::::::::::/
           | |l l | /  {ヽ---‐::〉ヽ:::|l l|_r':::::::::::::/::::://
          | |l l !'   ト:::::::::::::::i\:::|l l|:::::::::::;:::'/::::´:::/

276◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:08:23 ID:spDbyRgg


             __
           ,,.-´    ``ヽ
         /         \   ……せいぜい、腕一本分ってとこだお。
        /           .ヽ  本体を食った訳でもないから、殺しきれてないし、多分すぐに元通りだお。
        |     __ノ  `ー ..|  メシア教にはえらく憎まれちまったお。
      /.|    ( ●)  ( ー)|\
     / / ̄'‐、  (__人__)/  ..\
   /  /    .7───ー′ヽ   ..\
   \ ∧   __ノ ∧   .∧  |   ./
     ./´  `ー'〉   i   .l ..|  /  /丶
    /     /    ヽ /  | / ./   \


          i r ァ  ( ソ r /  )  人  Y   !
          | ,!/ 二ニ= ,―,-r =r' _^) 匕.!    |
 キュピーン     l _ソ´ _ /_L _ / ! l L _ ハ `>、|   |
.      !  ∠´ィ '´ハムtVi/ ヽ} V_/`}7ト、 ヽ!    |   ……そういえば、やるお。
    - ◇ - ,' 人 /'┬;;;┬     __ ハ ト、ヽ、_ |   そっちの女の人、スカアハだよね?
.      !   !  l下 弋zク      Kじc八i/ ! ̄ |  もしかして、サマナーになる気になった?
           ;  ,!|     '    ゞ'='" |  l     !
           ,'  ,! i、   、            !   !     |
        ; ,:'.l  l,ヽ、  ̄ `ー '     ,.イ ;' |     {
         ; ,' l  ハ ファ、     _ ィ ).Y i .|   l
         // 《|  ! r' l\_T ー.≦ _ </i  }、_}   l
.        //{ _/  | | |  ` ̄ ̄  /./  .! ハ    i
        {人.V  l! ! |  、_   / /  ,' / ::}   ',
      /`^' {   !| l     /  /   !/ .:::;   ',
      ,'   !  i l. lr=、ト===r'--、 ./   ,'   ::::    }
       {     !  j ! ゞ='.L_/)_ノ /{   i    ::    i

277◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:09:10 ID:spDbyRgg


          。cタ∠/   ,K く L:j r'了⌒癶
            ,cf//  }、___,ノ==-─‐-<ヽ___j'心
          /cタ/{ _/ ィ´   /   |  l \ ヽ乃
.        /cタ/⌒ソ///   / /│l |  l  l \ k{
       / rf7ヽ, '  / /   / //!| l |   l|  | |`寸
.      /  }人/  ,/ /   / /│lИ  │ |  l| ∧
.      ,'  {l_/  l| /  /|/  l | l l  ,ハ  |  l| l|}
      ;   f{.l   l|/‐≠=メ、   / | | | /  V |、 l| l|!  ほう、アナライズもせずに言い当てるか。
.     i  /ヽ|   |/ /__ \./ ∧| l/-ー=| ナ|l | il!  生きた魔道図書館と言うのもあながちホラ話でもなさそうだ。
.     l  //li  マ 卞Tぅト、`// ∨ ─ _j/ l | リ
.     ! ,i´ /|l   lヽ弋ナノ     / ィf不ぅ力 |/l /   私はこいつを葛葉ライドウに――。
.    .l ∧ l |l   |          ,  `┴ ' ´ /l /|
     | / ヽ.|l   |           |      /  |
     |  //|l   |         │     ./|  l|
     !  // |   l|、          ノ       / l|   l|
      | // |   il--、       ‐__-     __l !  |
.    | // /!l  l|ヽ \        / ,ィ´ |  |
      // /│   l| l }  iヽ      / / ││  |
.     // / /|   l| l !  ー` ー‐ ´ ./|  l | |  |



                 __
               ,,.-´    ``ヽ
             /          \    違うお、インデックス。
           /    __ノ  '⌒  ヽ   こいつはあくまで居候だお。
            |    ( ● )  (● ) .|
       /,〉/.|      (__人__)  |\
      / /   .\         /  .\  <Piiiiiiii
    ./,二ニヽ   / `ー───ー′ヽ   .\
  _ /  ,-― 、}l   .l |  ∧   .∧   |   ./  お、当麻から電話だお。
 / |   ノーヘJ   i l  .| .i   .l ..|   / ./丶
./  |_,イ  {  \ | . | /  ヽ_/ .| / /   ハ
    \_/     | | /   /::::亅 |//   / |

278 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:09:20 ID:oeLsuj3Y

この世界って、やる夫が食べたら、同じ悪魔はもう出てこないんだろか?
それとも量産型かオンリーワンかで違うのかな?


279◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:09:51 ID:spDbyRgg



三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三二 ニ - ‐ ‐
二 ニ - ‐ ‐
‐ ‐

280◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:10:21 ID:spDbyRgg










┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  ――もしも運命に皮肉と言うのがあるのなら、
  これは最上級の皮肉だろう。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛








.

281◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:11:01 ID:spDbyRgg



      /      ト、   __ {  ハ  、_ ′    `¨ ´ |:::::/}::::::、::::::::`=-
     ′       |  \ ̄ .|   ト }V===,     /l从!/、ー-ヽ ̄
      i                 |   |ハゝ- __ノ  __,. イ_,..ノト、!
      |           ヽ  |    \`ー―…: :ヽ从ハ!ヽ     うわー、本当、本当、すんません!
      /  =ニミ: : .      /: : !     `ヽく j: : : : :\        今、迎えに行きますから!
    /    》: : : .    /: :ハ:!        \: :   `ヽ      はい、はい、駅前のファミレスですね!
    {: : : : : : : : : =ミ: . Y: : : :{: !   -―…ィ ̄       \    今すぐ、行きますんで!!
   /7: :< ___  \ !: : : :l: }!:  >.:.:/       ____〉
   //: : :/    `ヽ ヽ{: : : : /:|:/.:./____> ̄ ̄!


     >、:::::::::::, '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ、
    <::::::::::::, '::::::::::::::::,;:::::::::::::::;:::::::::::::::::::>ー‐
     >、::,:::::::::::::::://l:::::::::::::/l:::i:::::::::::::::::>z_
     zソ::,:::::::/:::,l://._l:::::/ソ:' l::'l:::::::::::::::::::>、
    <::::::ノ::::,'/:/_l:'ィイ,'::// >ーヤ!::::::::::::::::::::>ー   ったく、インデックスの奴……今日は午前中で学校は
      ̄>:::::::l ! ぞ! /   !ぞ!\¨l::::::::::::::zー'  終わるって言ったのに……すっかり忘れやがって。
       >l ;l ー‐'  .   ー-' .l::,ヽ::::::::\
       ̄ニ! i    :       ,' ノ::< ̄
        ∠.::、  _ _      _' イ:ー≠ー
            、 r_ _ヽ  イ::::::へ'            ,_      
           _ .l\    イ,'V'¨ ヽ            / ノ     ィ-‐‐フ
          /   >: : : : .へ、_            , ' 〈_ , ' ノ >ーy'
        _ イ   / .}: : : l   /ヽz_       /  ;   >  ィ
     < ̄  癶  /  l: : :〈 、 /\ \  ヽ     {  . '     イ
  /        V' >‐イー‐ ' )/ー \ノ  :.∧     l     /
 l  ゝ  , '     .: >、\ ; ; l \     :  }   .l    /
. .l    У       .:  \ l; /〉 ./   .: :   ェ、 l  .  l
 l     、:   .   :   l l; l /     ,'    l ,    l
 l      :      : :     l;l ノ 〔ニニ〕,  ,'  V    ,l

282 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:11:02 ID:Ai2WrJUc

>>278
メガテン世界だと四文字ですら再生するっぽいからなあ
数百年とかの時間はかかるかもしれんが同じ悪魔が出てこないってことはないと思う

283◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:11:26 ID:spDbyRgg


     /:::::::::/::::::::::/:::::/:::| |:::::::::::∧j::ハ!_i!_ヽ::ト、::ヽ:::ヽ:::::\\::::::::::::::<   
   <__/:::::::::/:|::::/|:ハレ!メ:::::::| |厂>‐j!-、ヽ`ヽ:::\!:ヽ::::::\!::::::::::___>  やる夫さんもあれで人がいいからなあ。
     _/::::::/|/|:::|::├V_レ┼|:::::|  レ '´ ,.ィf云ミ≪_ヽト、:::::::::::、::::`:::::::::\ 上条さんは本当に足を向けて眠れなくなりますよ。
    -'―‐ァ/:::::::::::::|:::レ´,,. ィ斗ミ、:|      _ぅゞ'_,〃   |::::::::ト、ヽ!::::::::::::ヽ`
     _∠ -‐/::::::::|:ハ 《 、_ぅゞ' ヽ!             |:::::::ヒ_ ヽ::::::::::__\
          /イ::::,.ィ::∧      l |               jィ::∧ 〉 ハ`:::::ト、
        _// 从:ハ     り             レ'{,.´ /:::ト、ヽヽ
           / jハ,ヘ      `ヾ `           ,.--<::::::|  |` `
                  ハ.                    ∧::::::::ト、:|  |
                 、     __,. -―- 、       / /:::ハ:|   -'、
                    ヽ.   'ーー――‐'   /  i::::::! !    \
                      ` .、  `こ´    /  i  レヘ! 〈      \
                       >    ,. '    |  |    ヽ       \
                   / ∧ `ー<     / ヽ               \
                  /   ∧       ∠ 、     \               \
                   /      ハ       | 「 i |     `ヽ、              ヽ、


                          /.:.:.:.:.::::::::::::::::::厶=-‐-.、_
                            /.:.:.:.:.:.::::::::::::::::/.:::::::::::::::::| ハ
                        /.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::/.:::::::::::::::::::jこ jリ
                          /.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::/.:::::::::::::::::ィヨ  {{    ああ、お願いしますよ、インデックスさん!
                       l.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::..<´ |主  }ト、   上条さんの払える範囲で食っててくれよ!?
                           \.:.:.:.:.:::::::::::::::::/   \'「 `ヽノリ.::',
                          ` ー一'´ ̄      ヽー彡'.::::::\
                                      `ヽ.:.::::::::::::丶
                                          ∨.:::::::::::ハ
                                         ∨/.:::::::::::}
                                              V.::::::::::::::ヽ
                                          〈.:::::::::::::::::::}
                                             Y.::::::::::::::入
                                          ` ー=≦∨〉
                                            }主}`ヽ/
                                             j主j_ ,ノ|
                                               /ー‐ヘ.ノ
                                           {ー‐彡'

284◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:12:05 ID:spDbyRgg


        /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::: Y^Y:::_::ヘ
        ,:::::::/::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::r― 、| レ' }::::.
      ,:::::/:::::::::::::;′::::::::::::::::::: i::::::::::::::::;:::::` ーァ o く:::::::::.
.      .::::;′:::::::i:::|:::::::::::::: i:::::::::|:::::::i::::::::|:::::::::/ 人  }::::::::
     i::::|::::::::i:::|:::|:::|:::;ハ::::|:i:|::::|:::::::|::::::::|:::::::::ゝ':::::: `´ :::::::i
     |::::|::::::::|:::|:::|:::|:::| |::::|ハ|:::j{:::|_j;ハ{:::|:::::::::::::::::::::i ::::::::::::|
     |::::|{::::: |:::|`メ:::::| |::;'ー七;´}:|/  ヽ!::::::::::::::::::::′::::::::::| ああ、もう。
     |:::八:::::|斗≠ミヘ{ l/  j/ ,.斗≠=ュ、:::::::::::::::: ハ ::::::::::| まさか携帯の電源が落ちてたんじゃなくて壊れてたとは……。
     |:::::::::ヾ{f{ {:::rj     ″ {::f:しj j}::::::::::::::/、 }::::::::::| メールとか写メとか、全損だしさー。
     |{:::::::::::::.゛ 弋:リ       弋:::ソ |:::::::::i/:ソ/:: i::::::|
.     八:::::::::::;:.                   |::::/_´/ :::::: |{::: |
        ヽ/ :   `            ノ ´/ i::::::/:::::::::八:::|
            、    、__          , '  |:::/::::::: /::::::: |
           \   レ' }       /  ,:::/::::::: / :::::::: |
              个::..        イ  /::/:::::::::/::::::::::::::|
              |:::::::`:: ‐‐<|   /::::::::::::::::://}}::::::::::::|
              |{::::::::::::::::::::: |,, ´::::::::::::::::://,/{{:::::::::::|
.              八::::::::::::;,:::´:::::::::::::::::::://///,∧:::::::::|
                  ヽ:/:::::::::::::::::::::::: ////////,∧:::::::|


          _ノ)(__人〉::::::::/:::::::':::::::::::::::::::ヽ)::しヘ)
            厶(/{人ノ/:/:::::::|::::::::i:::::::|:i::::::::::i:ハ::::::トJハ
          ∨::/::::::i::|:::{::/|i:::::::|i:::-N‐::ノ::八|:::::i|::::::i
           i::::| :::: i :|'"「l:八:::::{∨リx≠ミ イ:::::リ:\|  次のお小遣いが出るまでは携帯無しの生活ですか。
           |::::|i::::::|八x≠ミ  ̄  ´ んハ 》|:i:::|:::\> 大変ですねー。
          V八::::ハ {{. んハ    弋)ソ  从リ`ト、_::>
             ノ::\:∧ 弋)ソ  ,     '' ノ厶イ乂ノ
.              ̄厶乂:, ''          ////,' ̄>、
                  //人    r、    '///////ヘ
             ∧\///> 、    /////// ⌒ヽ
               { \\/////{¨T ´ ノ/ ///    }
            ∨\\\///ハ`ー'7////  (ノ  ′
                ヽ 丶丶二二∨ /二/}/  /  /
             ∧    \::ゝ:∨::.::ノ.::./  /   /|

285◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:12:42 ID:spDbyRgg



                 ,,...-―.-..... _
          ,,:::::´::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
           /::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::ヽ
       ,.'::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::ヘ
.       /:::::::;′:|::::::::i:::::::::::::::::‘,:::::::::::::; 、::::::.
      /:::::::::|、:::|::::::::|:::|:: |::、::::::::::::r‐ v' /__:::::
.      ,:::::::::: |ヾ :ト、::: |斗-|:::‘,::::::::::7o r‐'’:::i
.       .::::::::::i:トミ:| ヽ{ ヾ:{ヽ:ハ:i::::::i〈_ハ |::::::::::|
     i:::::::::从xュ、  ヽy'斧ミx:|::::::|::::::i`::|i::::::|  まあ、一週間も携帯無しにならなかったから――。
     |::::::::::::i{!{::rj    弋):ソ'"|::::::|:::::ハ!||::::::|
     |:::::::::::::. ゞ゚'     ´  ,'::;:斗‐':) 八::::::|
     |::::::::::::;:.  `       ノ´ ,、_ /::::::::::::|
     |{ :::/  、  rっ     , ' /:::::::::/::::::: |
.     八/    \      イ/::::::/::::::::::::|
                |>‐ < ∠:;:::::イ:::::::::::::::::::|
                |::::::::/i,∠_////∧ :::::::::::::::::|
                |:;, ´   ヽ///∧::::::::::::::::|
                |′       ヽ'//∧ ::::::::::::|
                i        ∨/,∧:::::::::::|
            /| /          ∨/,∧:::::::::|


  \\             | | |       /       /
.  \\\           .| | |        /      /
     \\          | |       /'!     /
       \\..        | |      ./ !    //
        \     |\   |     //| |___
         \    |  \ |    .// .l_   /
       ____| |\\/\//  / /
        \  ____|  \/\/ / /  _______
         \ \            /   ̄ ̄  __     /
          \ \  __lV 、_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄― ""   / ―――
           /  / , >  へ´  ` 、 ̄ ̄         / ――
             /  ///  Y l\    \         く ――――――
         /  /./    !  \  | ̄         \
           / / //  /! .! l\ \l   ! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        // ..// / ...! l l  \     |       \
         /   //// | .l l l    \   |         \
     / /   / /   l ∥l     \ |         \\
    ./ /    //     l  .i       `        \\



         
      ,、.   l
    ,l |  
     ,! L.-ヾi=,'
  _,.-'´  _, - '_´
  |_,.- '´| L-'´_|
   ,.-'´  ,.-'"
  |,.- '´| |    />
     |,i   / r´  __
         く/Ll  //
             レ'!_l
          /|
         //   __     _
        / ィ'  /__ノ   /丿
       く/レ         / /
             ,____,. - '´ /
            /____,/

286 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:12:52 ID:Ai2WrJUc

……非日常に巻き込まれるのは運命なのか?w

287◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:13:12 ID:spDbyRgg



                  ヽー-ト:::::::/::::/::/::::::::j:::::::|::::|:::::::::::::';::::::::::::::::::::::::::::厶ィ
                    \::::::/::::/::/!:::::::/::::::::|::::|::::::::::ヽ:';::::::::::::::::::::::::::::::/
                 -=彡'/::::/::メ、l::/|::::::::::!::l:!::::ヽ::::::::}:::::::::::::::::::::::::::フ
                    -=彡ハ;'::/´\  !:::::l:::::ハ::::::::';:::::::::::::::::::::::::::::::::::>
                  -=彳从'i i::} lヽヽ:::|::/_ヽ::::|:::、::::::::::::::::::::::::::ノ
            ___  ノ:7|リ ヾ     'リ/ィ_ ̄刈|:::ハ::::::::::::::::::::<   ! ごめん! 大丈夫か!?
        イ  ̄       ̄7' !     ,    i;;j}  》:::::::ハ!:::::::::::::::::_ヽ
      /      ト、   __ {  ハ  、_ ′    `¨ ´ |:::::/}::::::、::::::::`=-
     ′       |  \ ̄ .|   ト }V===,     /l从!/、ー-ヽ ̄
      i                 |   |ハゝ- __ノ  __,. イ_,..ノト、!
      |           ヽ  |    \`ー―…: :ヽ从ハ!ヽ
      /  =ニミ: : .      /: : !     `ヽく j: : : : :\
    /    》: : : .    /: :ハ:!        \: :   `ヽ
    {: : : : : : : : : =ミ: . Y: : : :{: !   -―…ィ ̄       \
   /7: :< ___  \ !: : : :l: }!:  >.:.:/       ____〉
   //: : :/    `ヽ ヽ{: : : : /:|:/.:./____> ̄ ̄!



                     ,...-――……―-...、
                     ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、
                      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::;:::ヽ
                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>`ヽ }/ /::::::,
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::`::フ l、`ヽ::::::,   あ、いえ。こっちこそごめんなさい。
                ,:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::レ':::::`:':::::::::,  
                  |:::::::!::::!:::::::::::::::::、::::ヽ:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::.
                  |::|:::|::::|:::、::::::::!::::!ヽト;!=ミY:::|:::::!:ト、:::::::::::::,
                  |::|:::|::::ト!__ヽ:::ト;::| 〃Vi心'!:::|::::|:|r}.!::::::::::::::.、
                  |::|:::|::::〃心ヽ!j/    ゞ゚ノ|:::|::;ィ!_/::|:::::::::::::::\
                     ';:';::ヽ:::, ゞ'     , , ,厶イ /l:::::::|:::::::::::::::::::::\
                ';:';:::::Vヽ , ,ヽ _,     //::::::/:::::::::::::::::::::::::::\
                  ∨〃 ト . ヽ/ }     //::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                    八:;> `   ,. イ /:::/-、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         rv  {ヽ         !:::::::!:`:::::::/}  /:::/: : : : :\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         r、 、ヽ  、 ',    _     ヽ::::ト ::::/:./,ィ!:::/:-―=ミ: ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        ヽ\、\_,} 、 ./ }      \! 〃イ: ィ|::/ ィ     ヽ: ';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,

288◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:13:56 ID:spDbyRgg


         __ト、    トト、 }Ⅵ
         \:::\  |\::∨::::{
.        |\  }:::::::\|::::::::::::::::::\
    __}\|::::::\|:::::::::::::\:::::::::::::::::::\ ト、
    \::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ}::i  イ
   _,≧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ'::|
    >:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ'
 /:::::::::::: //:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠...__
 '⌒フ:::::/:〃::: /::::/::::::::::::/:::::::::::::::::\::::::::::::::::::_フ´  いや、俺がよそ見して走ってたのが悪いんだからさ。
  <,:::::/イ:ト、/::,イ:::::::::/::::/::::|::::::::::::::ヽ::::::::::::::\  怪我とか、してない?
  ∠:::::_,ノ:::i:/|,ヘ_|i::: /|::::/ |::|::i|:::::::::::::::::}:::::::::\≦
.   /::::/:{イ¨'ヽ|レ' `|7´ ̄}∧}|:::::i:::::::::::|:::::::::::::::\
    ⌒7:::ハ、_{r〉   '^ ̄≧、i|:::/::::::::::i|:::::::::マ⌒
      ⌒´ i   /     、{ふ_, レ'|:::∧{`}|::::::::::「\
.          | 〈{、      三 }厶)7'「::::i::::::|
         八        し  _,ノ:: i|::: |从{
         ' 、 マ¨¨¨ヽ    / }∧:::::iL八
             ヽ `¨ー'  <    」>、{´{|ー- __
            ¬T´ ̄ ̄ ̄ ̄    }ト、    `ヽ
               _,」___     __,/ /      \
        / ̄ ̄   ̄ ̄≧=三二¨ ̄        { \



 _/ )'Y⌒7 乂 ):::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶 :::ーし勹Yヽ
〃∨_人乂_人:::∨:/:::::::::::::::::::::::::::::::\:::::\::::::`'くトJ
>く/∨( 〈√::: /:/:::/ ::::|::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::::::::∨
てノ∨ )'\〉 ::::|/ ::::::::::/|::::|::::::ト、:::::::|:小::::::::::'::::::::::::.    全然大丈夫ですって。
く_,  人_つ ::::::|i ::::| ::/ :|::::|::::::| -::┼:! |、! ::::i:::::::::iハ    ――急いでるんじゃないんですか?
 >し  i{ フ::::::::|i::/:|_」L⊥::|::::::| │:j:::|│|::i:::| :::::: i::|
厶乂 八ノ::| :::i八|´|::::| |::::|::::八 |:/∨ |八| :| :::::: i::|
 |:::::∨|:i ::::| :::i:::::|八 :| |::/∨     x==气 |八 ::i:::i::|
 | ::::::: |:i ::::|:::::i :::|  x≠=ミ           |::i ::|:::i::|
 |::::::::::ハ! :::|:::::i :::|〃        、  :::::::: {八_|:::i::|
 |:::::::::{从:::N:i ::::| ::::::::::           ;.  i_八|
 |::::::::::iヽ(ー|:i ::::|            __,      }
 |::::::::::i::|:\ |」:_八         r   }     八
 |::::::::::i::|:::::::`ー个        、  ノ   イ
 |::::::::::i::i::::::::::i ::::l   丶、         /i:::|
 |::::::::::i:::'::::::::::';::::|       ` ーr-‐::::´:|:::i:::|
 |::::::::::i:::::'::::::::::Ⅵ        ト、八::::::Vi:::|

289 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:14:24 ID:bNTMIwbg

流石、無駄にフラグを立てといてほったらかしにする男w

290◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:14:43 ID:spDbyRgg


                    ,.イ /| ,.イ,. イ   ,
                ∧ /::〃:::レ':::::::::::///,.イィ
           _ _  ト\|:::V::/:::::::::::::::::/::::/::::::ノ
            \ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'´ ̄二ヽ、
           ,.=ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≦ニ=- 、
          _/:::::::::::::::::::::/_/_/:::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄二ア´
           _>::::::::::::::::::::::::i::ハ∧「fミ、:::::::::::::::::::::::::`ー‐彡'   ああああああ!?
          _フ:::::::::::::::::::::::iハレ'´ 示ミハ`::::|:::iハ::::::::::::::::_∠イ   そうだった、本当、ごめんね!
           ̄/::::::/:人:∧!ヽ,._弋ソ Vハナナミ、::::::::::`ー<_
          ∠:::::/::::,公从        、 '´ 心jハ::::::::下、 ̄
         ´ ̄/::::イ{ r'           r'ヽ. ゞ'/::::::ヽ::| `ー
           ∠ イ:::\`    _,.--、     `´,':::::ト、:ハ!
             /_,.イ:八   ヒ二:ヽ\   ノ::::::| ヽ
              /:::/::|\     ヽr'  ,.イ::トト、!
                /< ̄!  >r、 _,.. <二}ム、
           _,.イヽ._ V_,. --ァ' ´ _,.ィ仁彡' ノ ハ


     >ハ∨、人∧/:::ヽ人/:::ヽ人ハ>人ハ>
     / >、人/、人/::::::i:i!::::::::i!::::::::7人/、 {く´
     7:} /::::::::::::/i!:::::::}}:|:::::::::|::::i、::::i!::::::ヽ}:ヘ
    /∧'::::::::::i:::::| |:::// }!―、ハ::::|ハ:::i::::::l!::::::::}   あらら……あれじゃあ、また誰かにぶつかっちゃいますよ?
     l! !::::::j:::::}j斗匕く    ≧┴ミ|j!:::j:::::::∧
.     j! |:::::::|::人,行:バ     'バ:笏ヽ∨:::∧}
       {∧:l!∧{代r'ン      弋ク }!::::人人_
     /人ハ(ヽ! .:::.    l!    .:::. 人/)/`  ̄
     ´ ノ `‐ヘ           /‐く´
          }::::>、   '⌒'   ,<:::/
.          }::::ノ>  __  <∨l{ヽ
           ̄}_ノ´}     {`\
        -=ニ///、'     `ソ/三=.、
      ,<ヽ/////ハ       ///////>、
.     /\ヽヽ/////ハ-´ ̄`‐//////// /∧
     {、  ト、ヽヽ'///ハ三三///////ノ //  }

291 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:14:50 ID:ALvGqVEo

これはどっちのフラグか判らないぞw

292◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:15:15 ID:spDbyRgg


                _ ........... _
           ,,:::´::::::::::::::::::::::`:::::....
.       /:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::ヽ
        / :::::::::::::::::::::;'::::::i:::::i:::::::::::::::::::::.
        ,::::::::::::::::::::::::::|:::::;:| :::|::::::|:::::i:::::::::
       ,:::::::::i:::::::::::::|:::|_:/_|::/|::::;ハ::::|::::::: i
.       .::::::::::|:::::::::::::|/j/  /`|:/ ´j:ノ::::::|::|
     i::::::::::|:::::::::::::y"斧ミ  / ィ斧、!:::|i:|   何か、慌ててたみたいだねー。
     |::::::::f^V:::::::!|゛弋:リ    ヒリ ':::::i从   ……どことなく、あの夜のお兄さんに感じが似てたかも。
     |:::::::::ヽt\:八      ,   ,ハ/    
     |:::::::::::::::¨ヽ       _    ′
     |:::i:::::::::::::::::i丶   ´ー'  イ
      ,:: |:::::::::::::::::|   >   イ ::|
      .:::: |{:::::::i:_:_:_!     !__::::| :::|  <Piiiii
     ,::::::八::::::∨,∧ 、_  ヾハ:| :::|
     レへ/∧::::∨/∧-‐==‐-f| :::|ヽ、    ――あれ?
   /   `ヾヽ::∨/∧////f八:::{/ ハ
.  /       iヘ:{//,∧///{//,ヾ / 
  /:./   :.   、: :`ヽヾ'ヘ//{// /:|   i



           {{   |'      |'   |'       /  / r=、/!
           ',!   !      !   {!       {!  {! {! }ハ,'
           >―‐┴―――┴―┴――――‐┴‐┴{`イ! |
           / /`T  ̄ ̄ ニニニニニニ  ̄ TT '' ┐ !_ll ,'`丶、
          / /〃 ̄ヽ  ' -―――- ' 〃 ̄ヽ  l  llr ゙! _,.  `丶携帯の電源が入ってる!?
            l ! ゞ...,,_ノ  _,.==;-、     ゞ..,,,_ノ l  /l_ ll/     よかったー、今のショックで直ったとか――ん?
          l l  /   , '/    `ヾ,ヽ     ll   l llゝ、/
         l l  /  〃'{      ヽヽ   ll   l ll / l!
         l l 〃 ̄ヽll ト、     ノ  `ヾ ̄`ヽ ! l ∩ l!
        | ! ゞ...,,_ノ','、ヽ \  /     ヽ_ノノ'| ll H' l'!,. -
          l ! { {____ヽヽ\` ´   , / ̄  ', / ll// l//
       ,| l,ィ―――、 `ヾ='、  /       \/// l, '
      /l ! ゞ____ノ   f´`ヾ',           `ヾ{..,, -
   ,.-'´  ! !          `¨´ ヽ            `ヾ―-
  /    l l f ̄ ̄ ̄ヽ r――- 、 >、
 {     l ! '、.....,,,,,_ノ '、.....,,,,,,_ノ '、_',
. '、   l l ,―――、 ,.―― 、  _.....,,,,,,ヽ
  `ァ、__l l '、____ノ {     } {     ',
. /  ! l ,-――-、  , ニニニ´,  ,ニニニ´|

293◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:15:50 ID:spDbyRgg










ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ
Ν                               Ν
Ν   Thou shalt thou we are our――Tanatos.    Ν
Ν                               Ν
ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ









.

294◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:16:15 ID:spDbyRgg


       ,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ レ' }
.      /:::::::::::::: /::::::::::::::::: i:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::ヘ  /
.      ,′:::::::::::/::::::i:::::i::::::::|::::::::::::::::::::::::‘,::::::::::.く
       ,::::::::::::::::′: i:|:::::|:::::::ハ::::i:::::::i:::::::::::::;:::::::::::::. ヽ
.       .::::::::::::::::|:::::/|:|::::j{:: / Ⅵ:j::: |ハ:::|:::: i::::::::::::::.'’
     i::::::::::::::::|::/:::|ハ::ハ:{   リjハ了 jノ`i::|:::::::::::::!|
     |{::::::::::::: |/,.斗=ミ、ヽ    斗≠ミ リ!::::::::::: !|   何? この……メッセージ?
.     八:::::::::::::|〃ん::ハ      ん::ハ Y},:::::::::::::八   えっと……訳すと……「私は貴方で貴方は私」?
     |:: \:i:::::|゛ 弋::ソ      弋::ソ " |::::::j/
     |:::::::{ \:{  ´     ,     `   |:/}:|
     |::::::::ゝ _ヽ               ノ_ノ:: |
     |:::i::::::::::::::八    __    _   ι/::::::::::::|
     |:::|:::::::::::|′::丶  ゝ ― ’  イ:::::::i:::::::|
     |:::|:::::::::::|::::::::::::}|>     <:::::::|::::::::|:::::::|
      .:: |:::::::::::';::::x= リ      |:::::::::|::::::::|:::::::|
     ,′|{:::::::::::∨//{       ,::::::::::|::::::::|:::::::|
.    /:::::八::::::::::::∨/∧       `ヽx、|::::::::|:::::::|
   /:::::x/,∧:::::::::::∨/∧ー 、   , -|//≧ュ、:::: |
.  /::∠ニ、ヾヘ:::::::::::∨/∧__r‐=‐|///////}ヽ、
  /〃 ̄`ヾヽ ∧::::::::::∨//∨//////!///////| }ハ

295 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:16:46 ID:34L7P/J.

ペ、ペルソナかー?

296◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:16:47 ID:spDbyRgg











┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  “男”が道が交わらぬようにと願った“少女”は、
  薄暗闇へと足を踏み入れようとしていた……。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛










.

297 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:16:57 ID:9vUPyKcU

ペルソナー?いきなりタナトスとかP3主人公すら暴走させたのに

298 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:17:12 ID:yuRcmKvE

ペペペペペペルソナァーッ!!

299◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:17:22 ID:spDbyRgg


                  /}
              ∧ /:::: |/}/}
               l\/:::∨::::::::::::::::::::::/___,
           {\|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
       __|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t一
        \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       _ヽ:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::: \   えっと、やる夫様に置かれましてはご機嫌麗しゅう……?
        \:::::: /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::|:::::::::ヽ:::〈`   何と申し上げればよいのやら……。
        /::∠イ::::::::::/:l:::::/}:/|::l:::::::ハ::::l:::ト}:::::\
       `7:::::: /イ::::/:N::/-‐‐ト|::::/イV∨::V「 ̄
.        厶:イ:{ j:::/:::{ |/rーtッ l::/ ーtッ/::::∧〉
         ノ个xV从j    ̄   ! ̄/\〈
      ___ イ/ {代 .::::::..   ' ノ:::/_
    く     / ∧ \   -‐ァ ,イ〈    ヽ
   /   \´ ̄ /   〉  丶  ̄ イ  ∧ ̄ lハ
.  {     丶 厶イ^7∧_  厂}∧^ヽ ∧   l l
   l       \  l/ / Vニニニニ7  \ \_〉 ′|
   |   丶   V l\  V: : : :/  /  |  /  ′
   | 、   \ } l  \ V : / /   l/  /
   }  丶    ∨ノ   \V://      l   / }



              __
            ,,.-´    ``ヽ
          /         \
         /           .ヽ    はは、構わねぇお。ただ、今度は玄関から来てもらえれば
         |     '⌒    '⌒ ..|    文句はないお。
       /.|     ( ●) .( ●)|\   当麻、お前も何か頼めお、やる夫の奢りだお。
      /  ..\、 / ̄ ̄ ̄ 丶/  ..\
    /       ./       \ .   l
    \    , --'、             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〉
    /\  / ⌒ )        /         ./
    /    ,′  ノ         /          ./

300◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:17:55 ID:spDbyRgg



               ,.  '  ̄ ̄`¨¨ ヽ、
            , '            \__
           /     /         ヽ }
           /     / -‐‐ ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〉}
          /     !:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : | .|
         ,'      |  _,  --r― r――‐ヘハ
         i      |/: :!: : : ハ:.!.| ヽ」」:_: : :.ト、
         |      |: : 斗ヤT ヽヽ´___VV!从
         |      |:NV  ___    ⌒`i: |  !
     __,ノ      ハ:ハ  ' ̄`   ,   i:.:{  |
   //     /    人 |: |         人:.',  \   やるおはとうまと違って太っ腹かも!
   |:::レ    /    /:/Y|:.:ト、    ー ' ,.イハ: ハ   \
  r::::/        /イ:. リ: :!` ミ - rく:| `ヽV:.',    !\
  |::::|  /    /  ヽ/:./\   ̄ イ:.!    Vハ    |:::::|
  |::::|/    /    /:/ヽ::::::\-  |:.:|   /\\  |::::|
   Y:|    /: :.|\  /V   \::::::\_/::::|     !\\ム:/
  /:::|   /: : : : |   {: |     \::::/::\!  ',   !  \\
  |:.:::\_/: : : : : |    ヾ      \::Vハ  ',   ',   ヽ::ヽ
  ∨:::/: :/: : :|     \      |:::::!::::',  ',  ∧   ノ∨
   ∨_/: : /:∧      ヾ、   |::::::!:::::',  |   ∧


     >、:::::::::::, '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ、
    <::::::::::::, '::::::::::::::::,;:::::::::::::::;:::::::::::::::::::>ー‐
     >、::,:::::::::::::::://l:::::::::::::/l:::i:::::::::::::::::>z_    あなたの食う量が異常なんですよ、インデックスさん。
     zソ::,:::::::/:::,l://._l:::::/ソ:' l::'l:::::::::::::::::::>、   クズノハのバイト代は、大概お前の胃袋に消えるんだからな。
    <::::::ノ::::,'/:/_l:'ィイ,'::// >ーヤ!::::::::::::::::::::>ー   冷蔵庫の中身まで、食い潰してこれですか……。
      ̄>:::::::l ! ぞ! /   !ぞ!\¨l::::::::::::::zー'
       >l ;l ー‐'  .   ー-' .l::,ヽ::::::::\
       ̄ニ! i    :       ,' ノ::< ̄
        ∠.::、  _ _      _' イ:ー≠ー
            、 r_ _ヽ  イ::::::へ'            ,_      
           _ .l\    イ,'V'¨ ヽ            / ノ     ィ-‐‐フ
          /   >: : : : .へ、_            , ' 〈_ , ' ノ >ーy'
        _ イ   / .}: : : l   /ヽz_       /  ;   >  ィ
     < ̄  癶  /  l: : :〈 、 /\ \  ヽ     {  . '     イ
  /        V' >‐イー‐ ' )/ー \ノ  :.∧     l     /
 l  ゝ  , '     .: >、\ ; ; l \     :  }   .l    /
. .l    У       .:  \ l; /〉 ./   .: :   ェ、 l  .  l
 l     、:   .   :   l l; l /     ,'    l ,    l
 l      :      : :     l;l ノ 〔ニニ〕,  ,'  V    ,l

301 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:17:57 ID:Ai2WrJUc

ペルソナ……原作の佐天さん的には嬉しいのかな、これ

302 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:18:35 ID:7Tg6bmug

まさか・・・CONP!

303◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:19:08 ID:spDbyRgg


      / / / /  /  ,',' |   ヽ  ヽ\ん 《 )
     / /  / /  /  ノノ ト  |  ヽ  ', ',\ソ《 )
    / /  ,' イ  1  /イ l l  l l   l   l  ', \ル)
    ,' /|  l | ト、,' { /ノ | | ', | |  |ヽ  |  |  ヽ i) ',
   .l  l l  l l | l メ レ  l L-tーftチ- L ', }  }   ',i). l
    ヽ l | ハ. | ミtェ_N  ', | ヽ | ヽ キ l |  l    ',)  |   ほう? この少年が例の?
     ヽヽ {. ',| ` 弋_fァ}  ヽ|=zェ__\ ヽ ||  | .   レ-gl
      V  ゝ    リ    ` 弋工テjt=ll  l    ト⌒ ||
        |. | {     /         ̄ \| |.   |))i / l
.       l. l. 八  く            l l   / 久 |
       | |. 入  ヽ           | |   rー |   l
      l  l   |ヽ  - __        l l   /|  |   |
      | |   |  \  - ゚  ̄´      | |   / |   |  l
      l l   l  //\       イ  l l   イ  |  |  |
        | |  ノ  //  ゝ- <     ,' ,'  イ |  l  l   l



       _>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     ∠:::::::::::::::::::::::::::::;::::;::::;::::::::::::;::::;::::::::::::ゝ‐
      >'¨フ:::::::;::::'::::;::::/// l::::::;::::::;::::::::::>‐
     イ:.::::':::::::::::::::::::/l/十ー l/vl::/l/l:::::::::::\   えっと、初めまして、上条当麻と申します。
      フ::::::::::_::::::l/ l でテ l/ .V 气レ':::::::::ヽ、  ……こちらの綺麗なお姉様はやる夫さんの恋人か何かで?
      /:': :/: ;t: l  ¨ ̄  /  !tフソ;::::::::ゝ、
       /¨ヽ  i:::ゝ     _ :  ¨ .;::::/`
          ーヘ           /"'
            人    r==、  /
          z ┤  \     /
        / ヽ'    ` >‐<
        人   \  : : : / : : : \
     / ̄ 亅  /  ;   : : :冫 : / |
   /     |  /  .入ー―‐': : :ゝ |
. イ       レ'    亅::::::::::/   > \

304 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:19:27 ID:/VbA4IFc

流石にこれは処刑もののミスだな

305◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:19:55 ID:spDbyRgg



                      /    /ト ノイ  .: /     `ヽ.{iヽ!
                      i   /{i. イ:/ / / /    :i   ヾi}
                       !  .// .i:/ / /./ / i i :i i i  Y
                     |  ,.イ  i />//.イ /| /.イ: i i:   i
                     ! i :|  .|≠</// イ/イ/ i ム|   |   ふふん、いい勘をしているな、少年。
                       ! ゝ|  .|`弋!ノヽ// /七二ハ// / i i
          _ -― 、  _      i  i !  |       / 弋!ノ ´/ / イ/
   _   ,. ´     / .}    i  i :|  |       !   /イ/
, - ̄   ̄       /  iヘニヽ/  i  :|  |、   _   ´   イ  i |
  _     :/   /   ./  ! ヽ',  _,. 斗  .| \   ニ ´ /::|  ハ|
 ̄    ̄ ̄/   ./   /   ', ヽく::::::::::i  i  \ _ .イi:::::::::|:  |. i
      /   ./   ./   ./  } \::::::i  i_   / 〉::::::i  |ノ|
     /    ,イ   /   ./  ./  ヽ:::i  i::::i_  ハ::::::::i   !. |
    /     ハゝ- ク   /   /    i:::ヘ  i::::::::ト、 _!:::::::::i  | |
   i     /  `! ̄`ー :´`ー ´    |::::::ヘ  ',::::::::::ト、i:::::::::::ヘ ! |
   !    /   i:::::::::::::::::::::::::Kヽ、    !::::::::ヽ. i::::::::::::::::::::::::::::ヘ|  i
    |    /    |:::::::::::::::::::::::::|:ヽイ / i::::::::::::ヘ. i::::::::::::::::::::::::::::::i|  i
   ト、./     !:::::::::::::::::::::::::|::::|/Y ./:::::::::::::::::i |::::::::::::::::::::::::::::::i:  i
   `´       !::::::::::::::::::::::::::|::::iノ /::::::::::::::::::::::::i|:::::::::::::::::::::::::/ i i
           !:::::::::::::::::::::::::::i:∧`´::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::-―- イ i  |: |
          {::::::::::::::::::::::::::::/ ヘ::::::::::ゝ:::::::::::::::::::::;:/::::::/:::::::i | i|: |



                   , --ー -- 、
                , ´           ヽ
               /            .........ヽ
             ,,ィ            ..::::::::::::::::::::ヽ    ――違うお、居候だお。
           / /           :::::::::::::::::::::::::::::',    ……勝手にやる夫の家に住み着いた悪魔だお。
         /   /            :::::::::::::::::::::::::::::i
        /    i       >ー--、 --ー''/ i|   ノ:::ト
      /       {      、●   `ヽ ,:::::::::::/ー´::::::::l ',
      /      ',         `ー--=ァ'   :::::ヾ=='':::::! ハ
     {       丶        イ´   ..:::::::::::ヽ::::::::::::l l
    /:l        ヾ、         {    ,、:::::::::::}:::::::::ノ  i
    ,'.:.:',         ヾー 、    r´ヽア ̄ ヽ- '::::,, イ   ト
   i.:.:.:.ハ          \.:.:`.ー{ r-'  ィ、_`i`ー、    !.:.i
 r.:'.:.:.:.:.:.:.:ヽ           ヽ.:.:.:.:ハ`ーフ´ ヽ_`ー, ヽ.:.:ヽ  ノ.:.:.:l
 ll.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶         ハ.:.:.:.r゙ー'   ィー`゙´ }l.:.:.:i´.:.:.:.:.:.:i
 ト.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー -- __ ノ.:.:.:丶_ ィ=''/    l i.:.:.|l.:.:.:.:.:.:.l

306◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:20:43 ID:spDbyRgg


                  /}
              ∧ /:::: |/}/}
               l\/:::∨::::::::::::::::::::::/___,
           {\|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
       __|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t一
        \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       _ヽ:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::: \
        \:::::: /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::|:::::::::ヽ:::〈`   (やばい……あれはマジ切れした時の目だ……)
        /::∠イ::::::::::/:l:::::/}:/|::l:::::::ハ::::l:::ト}:::::\  な、何かすんません……あの、文字通りの意味で?
       `7:::::: /イ::::/:N::/-‐‐ト|::::/イV∨::V「 ̄
.        厶:イ:{ j:::/:::{ |/rーtッ l::/ ーtッ/::::∧〉
         ノ个xV从j    ̄   ! ̄/\〈
      ___ イ/ {代 .::::::..   ' ノ:::/_
    く     / ∧ \   -‐ァ ,イ〈    ヽ
   /   \´ ̄ /   〉  丶  ̄ イ  ∧ ̄ lハ
.  {     丶 厶イ^7∧_  厂}∧^ヽ ∧   l l
   l       \  l/ / Vニニニニ7  \ \_〉 ′|
   |   丶   V l\  V: : : :/  /  |  /  ′
   | 、   \ } l  \ V : / /   l/  /
   }  丶    ∨ノ   \V://      l   / }


             __
           ,,.-´    ``ヽ    そうだお、厄介な事にな。
         /         \   ……ああ、当麻、“右手”で触れないようにな?
        /           .ヽ
        |     __ノ  `ー ..|
      /.|    ( ●)  ( ー)|\
     / / ̄'‐、  (__人__)/  ..\
   /  /    .7───ー′ヽ   ..\
   \ ∧   __ノ ∧   .∧  |   ./
     ./´  `ー'〉   i   .l ..|  /  /丶
    /     /    ヽ /  | / ./   \

307◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:21:22 ID:spDbyRgg



                   iヽ、 i、 /i /i
                 ヘ..、_|::::::``':::i::::::ィア
                ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::イ_    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
               _≧::::::::::::::::::::::::::::::::>
       _        >:::::::::::::::::::::::::::::::::::ア, --.   ――上条当麻の右手には、特異な力が宿っている。
       ヤ  > 、     フ,:::,-7i/i:|、:iヾ∨::::::>/   !
       \   > 、  ムヤi rtッ:::ヾrtッ7ijト i    i   “幻想殺し(イマジンブレイカー)”。
  __      `ヽ、     >、- ∧   '  /-、__!   j
  i  > 、_    >-、_    `>ヽ、‐ テ.イ i .j   .|   そう名付けられた能力は、常識外れの能力だった。
  `ヽ、   `≧- 、__ iフ/       ̄ ̄ ̄/   | ` 、
     >-、 _       ̄                |イ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         `'ー--、__      〃   i       |   〉
            _>'"       〃   l      j  ./
     __,  -‐ '"         〃    .l     , ′ '
  , ‐ '"       _, =-〃    ′    ',   / /
ヽ、__, -‐ '"  / ヽ  ;         `  /: :/
         , ´  , ‐ 7¨ヽ         ノ: :/
      _, イ    /  .7   >-、_, -‐': : :/.!
      (__ , イ   /  ヾ-': /三il): : :,ィ:≠.ハ
             /    ∨i=--': /イ::::  ヤ
             /       三三三彡':::::::   ヤ

308◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:22:00 ID:spDbyRgg



                  -=≡エ二::::::::::::::::::::::::::::::/,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;フ
                    , イ::::;:::::::::::::::::::::;::y' /:::::::::y:::::::::〃::::/:i:::::::7',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\,,_
                  ,.ィ:,斗'/:::::::::::::::::/ヽ、,/::::::://::::y'/:::::/ i:::::7 i::i',:::::::::::::::::::::::::::::::六ト\
                          /:::::::::::::::::::::i .'i, `ッ、:::/ ./::// レ' __,7:::/‐'' |:! ',::::::::::::::iヽ::::::::::::::::\
                    〃 <:::y::::::::/i  ヽゞ_ヘ', // _,,,≠ティ7≠-、 .i:| j::::::7i::j ヽハ:::::::',>-ヽ
                        i 7 7::::Z!/::i      i´    ̄ ´ 、,ヽ-' ,ノ .i! .7::::7 i:7_ノ/:::::::::ヘ   .',
                   ,.イ', !//, i′i',    ::l          ̄,,__  〃::/,/ /:::::::',`ヽ,',   ',
                 , -'"  .', ','ヘ, ', .ィハ    ::,'         ¨¬=;;/.i:/__,∠:::::iヘ',ヽ',     ',
               ,-'"       i ハ ヽ∠  .ヘ  ::〈                /  .∨ヘ:i  7       ',
               . イ         i 7 〃    .ヽ  ヽ 丶          /:::::,'    ヾ .j        ',
           〃     , -,'"-‐ 'i,_ ./    , ィ‐‐、ヽ ヽ=  ----、     ,イ:::::::::::       /!        ',
          ,イ    , ィ'         /  , イ   ∨ヽ,ヘ -、` ̄ ̄  . .<::::::::::::::::/     /7     __     i
        /     .j_ノ      〃イ        ヽ ',ヽ __ . <7ヽ::::::ヽ:::::::::/   ≠' .7   〃 ヽ    ハ
         〃     ノ                  \',   ',---、,,,,ハ//ヽ;::::::::::::::::>::y' ./  イ    ヽ   i
       i 、   , x'                       ',  ',__  ヽ、////////// 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  ――異能の力であれば、神の奇跡すら殺す。
  その右手は、あらゆる防御を貫き、
  あらゆる攻撃を防御する――
  最強の矛と盾を同時に再現した絶対矛盾の力だ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

309◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:22:33 ID:spDbyRgg


              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./         \
         /           ヽ   本当、その右手でメギドラオンを打ち消した時はビビったお。
         .|   .'⌒`  '⌒丶  .|   ま、その力を少しは世のため人のために使いたいからって
       / |   ( ー)  (ー )  .|\  今じゃあクズノハの“アルバイト”だお。
      /   \  (__人__)   /  \
    /    / `ー───ー′     \
    ,\   .l |  ∧   .∧   |   ./
   / .\  i l  .| .i   .l ..|  /  ./丶
  ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \


     r'ニイ : r=〈、: : ,、: :く^; : : :ヘ : :ヘ  l
      |: :ヽ} : :ヽ: :>ヽ`: : .:J、: : ⌒ヽ. ヘ l
      l:.:.:*ゞx : : (: : `ヽ、: : :.ヽ_: : ヽ、} l
      ト- ': : :._ > ― f' ¨下. ̄.ト、 ̄` ヽ、 }    でもでも、とうまは無茶をしすぎかも!
     ノー'´ ̄ / l.  ,ィ !   } ヽ._レ}-ir' i ,>   特別な力を持つのは右手だけで、後は生身なんだから!
   ∠ィ 「` 7 十ァ-j、/l イ!   ヘlニj_ハ. ハ | !
    / i .i ,' ,ィt7示x jノ j'   '行h;} jノ!| ソ .l
     { ハノV / ト'じ_;:}     弋tタ ! !i i |
    ゝ}  | 乂クソ    、    、、 ! i.| ',  !
     ,'-|   ト, 、、               ! ! l  ', !
.   人ニ!  |         - 、   / |l  ',. i
   , ``|  |ヽ、      '´     イ.|  !|  ヘ V
   ,' i  !   |.  `   、     r'  ! |  | .|  、. ヽ\
  ,'  | i|  |`丶 __ _フ ´) V  || ! .|  i   ヽ
  ,'   レ'T.  |         /  \_l| |__|  ',   /
 ,'ー-イ  i   |、         /    / `| |/`ヽ   /

310◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:23:01 ID:spDbyRgg


             /  ////  /´/</ / / / i ヽ
            / / /ヽ/  ,.代≦、/ヽ / イ / i ',
            // :{ ( /   /  `くバ /´ |/イ/ i i
          // /人 y  /         /ナフ,イ | i|
         /  /  /  /         Kカイ/ イ/リ   ふふん、なるほど――英雄の器と言う奴だな。
        /  / / /  /    ヽ  / .イ//リ
       /  ./ / i  .ハ      `   /
     ,. -―- 、 /  i  /  \    ,. イ 〉 y´ 〉
    /      ヘヽi  i    ヽ イ〈∨{ / イィ' i
   /         |:.i  ト、   / / / | ヽ ´  /
  /         /:|  i:.:.ト,  ! i / /!  /  /
  /         /:.|  i:.:.:.:.:ト, ト、 / ハ  .i   i
 /       / 〉:|  ハi:.:.:.:.:.トvト、i_/ ハー-‐〈
r 7,r‐z_ 、  /  /:.:.|:  i:.:.ii:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:i  ハ:::.:.:.:ヘ
ムLi_// 〉/  /:.:.:.:|  i:.:::i }:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:|  iヽ i::.:.:.:.:ヘ
:.:.:.:.:.:.:`く/y::::::::::::::::| i::::://::::::.:.:}:.:.:.:.| iヽ.  i::.:.:.:.:.ヘ
:.:.:.:.:.:.:.:.:/|:::::::::::::::::::::| .i::://:::::::::::ノ:.:.:.:.:|. i:.:.:\i:.:.:.:.:.:.ヘ
:.:.:.:.:.:.:./ |:::::::::::::::::::::| !://::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:| /:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:ヘ
:.:.:.:.:.:/  |:::::::::::::::::::i/::i !::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::| i::::::::::::ノ!:.:.:.:.:.:.:.ヘ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  スカアハが笑う――。
  なるほど、発展途上ではあるが英雄の資質はある。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

311◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:23:38 ID:spDbyRgg



                    _ >:::::::::::::::::::::::::::::-‐v/.:::::::::::::::::::::::::::::::::<
                        \::::::::::::::::::::::/.:::::::::::∧\:::::::‐―<:::::::\⌒::>
                    /.::::>‐::::/.::::::///.::::::::::\:::::::::::::::\::::::::::::::\
                     /⌒/.::::::/.:::::://.::::::::::::}:::| ::\:::::::::::::::ヽ::::::::::⌒`
                        /.::::::/.::::::// /.:::::::::::/:::,:::::::::::ヽ::::::::::::::}ヽ::::\
                  /⌒> .::::::/rく  /.:::::::::::/:::/::::::::::::::::} :::::::::/:/}:::::::::\
                     /⌒7.:::::; 弋ッV:/i::::::::/ l/ⅵ:::::::::::::iト、::::/:/∧:::::く⌒
                        ´//}   ̄l/ハ::::/_/__|/|/|:::/:::::∨./.:::::::::::::>
                        /′ :     , Ⅵ7¨弋ッ`ヽ!/i:::::::::|.::::::::::::::≦.._
                             {     /     ` ー " /.::::::::ハ::|}:::::::<⌒
                           ∧   }        ///}/rノi/.:::::<
               _ ..  -‐==ニ二¨,∧ \            /、___ イ:::「 ̄
            /___⌒ヽ    / ∧ ヽ`ヽ       イ\丁///
                ´⌒/ / / ̄ ̄ ∨/   //}ゝ---- ―=≦´/ {
           __/ / /_ ..  -‐} }   ″{        /    /,
         ___厂 ̄7 / /      _} }_ /}  , -‐=≦    //ハ
        /  /  /, /   厂 ̄ ̄ ̄/ ./  //⌒i |      //   } 、
      i   i   i/′   { =  /i    ://   :| |    //  /  \
      |   |   |i      ├‐┬ ァ'.:::ゞ=ァ'´ ̄ ̄ ̄| |  ./    /    \
    /|   |   |!      |: │/.::::::/       /| |/      /      {
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  英雄に必要なのは、力ではない――
  必要なのは“踏破”する意志だ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

312 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:23:49 ID:34L7P/J.

育ったらスカウトされちゃうw

313 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:23:53 ID:Ai2WrJUc

メガテン世界じゃ鍛えれば超人になれるよ!
当麻も頑張ればポン刀一本で巨大ロボ切れるようになるさ


314◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:24:08 ID:spDbyRgg


                    ., '                     ヽ.
                   , '                     ,__、\    ヽ
                 , '                   イ  \ \    `ヽ、
               , '                        || ,ilililili;\ \    ',
             ,'                      || lilil∩ilil `.  `    ',
              ,'                      \lilil| |ilil |      ;
              ,'                        \Ulilil ,!      ;、
            ;                           ` ー'        ヽ.
              ;                                       ヽ.
            .j                                        ;
           ;              __,,....,,___ __                ,  ;
             Ⅳ        _,. -.='彡三ー―-- ミ、 `ヽ、`ヽ、     ,___   ____ノ  ,'
              キ  _ -  ̄,=-'" ̄           `\`ヽ、``ヽ、     ̄    `ヽノ
               ,X´ ,/´         _____ _....   \ `  ``ヽ、..,,__  /´
          r''",/´   _,.-==ニ二 ̄   ___ 三二ニ=キ-‐ー''""''ー‐ヲキ≠ー--‐ー‐‐- 、
           ㍉、  ,、‐'´     , -ー''" ̄   _,,、-‐''"”   ......    //::::::::::::::::::::::: /` `ヽミミ=
           Ⅳ  ___,、-''"   ,,、=-‐''"”        ....:::::::::::::::::::::/ / :::::::;;:'''  '''''/      ......`ヽ、
           .ト‐''" ̄  " l、     .....:::::::::;    .....:::::::::::::;;::''''  '''/ /        /.. ...........  :::::::::::.. i、
      ._,.,.=-=キ-ー     |            ::::::::::;;::'''     ..../ /:.::::::::::::.   /:::::::::::::::::::::::;  ''':::::::::::::'i
     il           /      ......:::::.....    ....       ::::::/ /:::::::::::::::::;  /::::::::::::;;;;:::::::::::::::; \ '':::::::::i
    .||....   .....:::::::::::::.. |   ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ..:::| |::::;;:::;;;:''''  /;:::::::;:'''  ''''''''''''   \  ''::::i
     .||:::::::::::::::::::::::::::::::::::; |  ;::::::::::::::::;;    ;:::::::::::::::::; ......:::::::::::::| |      /  ..............   .:::::::::::::::::..\   i
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  あらゆる苦難をその強固な意志で踏み砕き――、

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

315◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:24:28 ID:spDbyRgg


,,,_                _,,,,_______      ,/.:              \
. `¨'''ー--、,,______,.,,,-ー'''¨      ¨'-、   ,/                 i
                         \,/.                  |
                           i:.::                 .:|
                             /゙i__   ..:   ::::::::::       :::|
                          ___ 厂.:」 弐\_,,  丿::::::: /´     ..:::.|
            ;            /´;;,/.::.. ゝミ、二亅_/_ イ´::..   .......::..::.,ノ
、         !           /´;;;;;/;;    :::......, /〃L___      :/
.Y'-、         /        ,ィ'´;;;;;;;;;/:            く弋。ン\二  ...:/
/  `'''ー-、_  /   _,,,,, -ィ'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:  i           :. ゙''''''ニ'゙   ,,-''¨
       `Y _-イ;;-ニ=、;;;;_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l  \__/        .::   /
       /_,,レ'''ニ-‐へ,,___>-‐-- 、:|  〈   〈      .....:: /(
      ζ´ r''¨´ (', ,へ、,_  `ヽ \\. 、\,__, \_;   .,,/:::::::i
     /::::>'_,,-‐‐ー''''''´  `   _, >、_>、\        ,,/;;; ,iノ::::::::::\
    ,<;;-‐´  (;;;..      /;;;:::::.;'  `¨''-ゝ_,, ー'''¨_,,,,;;;ノ::::::::::::::::::::i、
.   ;ー--t-‐¨''''''T'⌒¨''ヽ、/   `゙ヾ        `<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::;;|
   /;;;;::::::;;::::::;;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;(      ゙,,...      `ヽ;::::::::::::;:::::::::::::::::::;;;;;|
  /:::::::::::;:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ    ,--゙::::::''⌒ヾ,,   ヽ::::::::::::::::::::::::へ;;ノ
. /:::::::::::;;::;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、 〈r'i r'⌒ヽ ゞ:::.:.:..   ヽ;;;;;;;;;;;;;'''¨  ハ、
. /::::::::;':::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::;;;;;>、: レ ::!   ノ ' :::.:.:.:..  ヽ/    ::   `、
.i;;;;;;;;;::::::::::;;:;:;:;:;;;;;:;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ `¨´ '::::: :.:     |     ::::    i
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  届かぬはずの理想へと、その指先を届かせる――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

316◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:24:55 ID:spDbyRgg



 \:::::::::::/::::://::|::::::::/:!:::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::::∧:: ト、:::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
___>:::/:::::/イ::: |::::::::|r|::::::::/::::::l:::::::::::::::::::::∧::l::::|:::|:::丶::::::::|{:::{:::::::::. :::::::::::::::::i:::::::
 ̄ ̄7ィ:::::/::::|: /|::::::::l::|:::::/>::、ト、:::::::::::::::/:::l::|::::|:::lL孑ヤ´::l:ヽト、::::∧:::::::::::::. |::::::
  /::::|:::/::::: l/:::|:::::/:{{|::/下芥斥ミY:::::::::/:::::|::|;斗::|≫斧笊斤l|ミx::l::::|:::::::::::::::ト、:::
/:::::::: !/:::::::::::::::ハ::::l:::::|{ 弋):ツ|::ヽ|::::::/::::::::l::|::::l:/:、弋乏ソl| 〃::l|::::|:::::::::::::::| 〉
-── |イ:::::::::::〈:::l:::|:::::| ゞ=-- -:'゙::|:::/:::::::::::|/::':─-:二ニ::::彡'::::::::::::|イ:|::::∧j /::
     /:::::::::::::::ヽ从::::::::::::::::::::::::::::: l/ .::}  ̄ ̄`ヽ、::::::::::::::::::::::::::/ ::j小/ノ:/::::
   /:::::::::イ:::::介ト、::::::::::::/ ̄ ̄ /:/::l         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   、_::...::/:::::::
  /'^´ ̄ 厶イ/:::ハ:::::::::::\   /:〈::::j                    // ̄::::::::::::::
          レ′,.ヘ:::::::::::::::\/::::::l:::{               .:/〈:::::l\{^ヽ、
     -──:::::: ̄:::::∧:::::::::::::::::::::::::::`ヽ.::::-‐           .:/::::∧l|∧\
  /   .:::::::::::::::::::::::/:::::ヽ:::::::::::::、____{::_______:;ァ:::.  .::/::::/::::::|/∧
/     .::::::::::::::::::/::::::::::l\:::::::::::::マ(______..ア/   .:::/:::::/:::::::::l///l
     .:::::  .:::::::/:::::::::::::|//\::::::::::`::.ー──‐  ´   .::/::::::::/::::::::::////j
       .:::::::::::::::::::::::::::∨// \:::::::::ー=-─一   .::/:::::::::::/:::::::::://///
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  この“少年”の英雄の資質は、とびきりだ。
  しかも、まだ年若く歪んでもいない。

  今から育てれば、いかほどの英雄になるだろう?

  スカアハの“悪い虫”が疼くのも、致し方なしだ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

317◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:25:25 ID:spDbyRgg



              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./ '⌒`  '⌒丶\    英雄の器か、確かに当麻なら十二分だお。
         /  ( ●)  (● ). .ヽ   ――そうだ、当麻。こいつを仲魔にしないかお?
         .|    (__人__)     .|
       / |              .|\
      /   \         /   \
    /    / `ー───ー′      \
    ,\   .l |  ∧   .∧   |   ./
   / .\  i l  .| .i   .l ..|  /  ./丶
  ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \



.         |`ヽtヒソ         ! |l l| ∨ l | |i   ――ッ。
.        | |lヘ  |         l |l l| ∨l ヽ{
          | |l l ト、 ヽ         ! l  |   ヽ\\__
         | |l∧ \ ‐ -     / l│ |    \_ ̄ ̄__ヽ__
.           | |l l\  ` ー-、 _/`ヽ l |l l|     r'::: ̄/:::::::::::::::>、
.          | |l | |\    \∨::::<|i| l|   ノ::::::::/:::::::::::/ ̄ ̄ ヽ
            | |l | |  \     |::::::<|l| l|  _r'::::::::::/::::::::::/
           | |l l | /  {ヽ---‐::〉ヽ:::|l l|_r':::::::::::::/::::://
          | |l l !'   ト:::::::::::::::i\:::|l l|:::::::::::;:::'/::::´:::/
         | | l |',   |::::::::::::::::|::::__|l l|::: ̄::::ノ´:::::::/

318◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:25:57 ID:spDbyRgg



     >、:::::::::::, '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ、
    <::::::::::::, '::::::::::::::::,;:::::::::::::::;:::::::::::::::::::>ー‐
     >、::,:::::::::::::::://l:::::::::::::/l:::i:::::::::::::::::>z_
     zソ::,:::::::/:::,l://._l:::::/ソ:' l::'l:::::::::::::::::::>、    いきなり、何言ってんスか!?
    <::::::ノ::::,'/:/_l:'ィイ,'::// >ーヤ!::::::::::::::::::::>ー   そんな簡単に――。
      ̄>:::::::l ! ぞ! /   !ぞ!\¨l::::::::::::::zー'
       >l ;l ー‐'  .   ー-' .l::,ヽ::::::::\
       ̄ニ! i    :       ,' ノ::< ̄
        ∠.::、  _ _      _' イ:ー≠ー
            、 r_ _ヽ  イ::::::へ'            ,_      
           _ .l\    イ,'V'¨ ヽ            / ノ     ィ-‐‐フ
          /   >: : : : .へ、_            , ' 〈_ , ' ノ >ーy'
        _ イ   / .}: : : l   /ヽz_       /  ;   >  ィ
     < ̄  癶  /  l: : :〈 、 /\ \  ヽ     {  . '     イ
  /        V' >‐イー‐ ' )/ー \ノ  :.∧     l     /
 l  ゝ  , '     .: >、\ ; ; l \     :  }   .l    /
. .l    У       .:  \ l; /〉 ./   .: :   ェ、 l  .  l
 l     、:   .   :   l l; l /     ,'    l ,    l
 l      :      : :     l;l ノ 〔ニニ〕,  ,'  V    ,l


              __
            ,,.-´    ``ヽ
          /         \     いやいや、当麻ならやる夫よりよっぽど葛葉ライドウに相応しいお。
         /      '⌒   '⌒ヽ    お前も、やる夫よりこいつの方が――。
         |      ( ●) ( ●)
       /.|        (__人__)/´二二⊃
      /  ..\         /  '‐、\
    /    / `ー───ーl     .ヽ〉
    \    l |  ∧   ∧   __人_/
    /\   i l  .| .i  /´  `ー'〉  ヽ
    /   \ | . | /  | /     /   ハ

319◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:26:31 ID:spDbyRgg










┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓


  ――店内に、かわいた音が鳴り響いた。


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛







.

320◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:26:53 ID:spDbyRgg



三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三二 ニ - ‐ ‐
二 ニ - ‐ ‐
‐ ‐

321 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:27:08 ID:34L7P/J.

怒るだろそりゃw

322◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:27:14 ID:spDbyRgg


          --─────-- 、、
        /                \
       /                \       あいつ……会心持ちだから、すげぇ痛いお……。
     /   ,.-‐-、      ,.-‐-、   \
    /                          \
  /     /:::::::::ヽ     / :::::::::::ヽ       \
 │      ヽ::::::::::,)     ヽ::::::::::::,)、 ,-,    . l
 │        (____人____)l;:;:;l l:;:;i !;:;i  ,:-、  |
 │         ヽ  _  ノ i;:;:;i i:;:;:i i;:;:i /;:;/  l
  \             (;:;:ヽ.i;:;:;U:;:;;iノ;:;:j,/;:;/ /
   \            ヾ;:;:;::;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;://
   /             ヽ;::;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;' \



                  /}
              ∧ /:::: |/}/}
               l\/:::∨::::::::::::::::::::::/___,
           {\|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
       __|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t一    (すげぇ、俺だったら首から上無くなってるよ……)
        \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       _ヽ:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::: \
        \:::::: /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::|:::::::::ヽ:::〈`  あの、行っちゃったけど……いいんですか?
        /::∠イ::::::::::/:l:::::/}:/|::l:::::::ハ::::l:::ト}:::::\
       `7:::::: /イ::::/:N::/-‐‐ト|::::/イV∨::V「 ̄
.        厶:イ:{ j:::/:::{ |/rーtッ l::/ ーtッ/::::∧〉
         ノ个xV从j    ̄   ! ̄/\〈
      ___ イ/ {代 .::::::..   ' ノ:::/_
    く     / ∧ \   -‐ァ ,イ〈    ヽ
   /   \´ ̄ /   〉  丶  ̄ イ  ∧ ̄ lハ
.  {     丶 厶イ^7∧_  厂}∧^ヽ ∧   l l
   l       \  l/ / Vニニニニ7  \ \_〉 ′|
   |   丶   V l\  V: : : :/  /  |  /  ′
   | 、   \ } l  \ V : / /   l/  /
   }  丶    ∨ノ   \V://      l   / }

323◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:27:55 ID:spDbyRgg


             __
           ,,.-´    ``ヽ
         /         \
        /           .ヽ    ったく、ちょっとした提案だったってのに……マジギレかお。
        |     __ノ  `ー ..|    いつもの事だお、放っておきゃいいお……腹が減りゃあ帰って来るお。
      /.|    ( ●)  ( ー)|\
     / / ̄'‐、  (__人__)/  ..\
   /  /    .7───ー′ヽ   ..\
   \ ∧   __ノ ∧   .∧  |   ./
     ./´  `ー'〉   i   .l ..|  /  /丶
    /     /    ヽ /  | / ./   \



           '´       __ .. - ‐… ァ== 、     \
          イ ..-ァ::.:.:.:7/:.:./ :.:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.∧       .
         ' レ′:.〃:.:. 〃:.:〃 .:.:.:.:.:.:.//:.:.:.:.:.: /∧      !
 .     / |f!x:.〃:.:. 〃:.:〃 :.:.:.:._ ..- ‐…─<..     !
     ! |ゝ.〃x:.:/:.:.__j,.イ 丁\   ヽi/  、 ゝ    |    ~~~~~! 今のは、やる夫が悪いかも!!
     ¦ |/:.:.:.: /イ、 l i   |  \ イ ト \  トミ=-  ト、   今のスカアハ、すごく傷ついた顔してたんだから!
     | |':.:.:.:イ |i | ト、i、\ .イ X:弌:=zゞ|     |  、
        '. j:./ーi!─i!-!=<!   ーゝ'"!::::::ハ! イ! !、     !  \
        |//   ∧イテ:::示ゞ       弋_少 '.! ! '.
       イ ヽ 从ノ、ト::::ノ!             ///|∧
       _.ノ_ノ^\ !  ゝ- '   丶          ! !/´!ヽ
        |    ハ///      _ _       | | :.:.!  \
      ノ    |∧      /  \      | | :.ノ    ヽ
       .′    ,ノ: : ゝ.       "     イ | ト′
     ′  /!.:| : : |: :> .._ ____  ' ´  j/! ! |
    !  .'::::/: :| : : |:/: : :ノ⌒(__j__..-‐´ ! ! |
    |  '::::/!: : | : : |一'´1 ト、         /! ! ヽ___
    | .' :::::: !:.:ハ : :ト、、 ! V `--    /  ! !/   __../ヽ
    |':::::::::: |: :∧! ::|ノノ  ! \     ./_   ! !   ff:::y、/ \
     ヽ!:::::::::|ハ ! |'′ ヽ . =\ ≠ )::::))  ! !   Vy、/\  ヽ
     人::::::://=イ! |   ((___ム/lヽ=='’ /:! !   / ハ=

324◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:28:51 ID:spDbyRgg


            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \    いや、こんなんいつもの事だお……?
      /                ',   
     ./   , -‐、            ',
     l  /   `'  \___     .l
     l  ヾ==ツ    (  乂ソ ノ    l
     .',    ,      ヽ  lilil    ./
        \   l   人_,/l      /`ヽ
     /  `ー、`ー´ 二二ノ    ‐'    ',.
    ./                     l



      |  、                    ,... く/:ハ           ヽ
      { /´:>ミ_         _ ,ィ ´ {{ .//......::i         ∧
        V|/´:. /く` ーァ―‐ァァ=,V/=ミ V/ +..:((:|         ∧
       / V':.//)) i}X (, /   //  ノ′/ {、_ノ人   ___     !   女の人を傷付けてしらんぷりはひどいかも!
     /   V/:.    /'  + ノr‐j) X//う) ーァ彡^¨ ̄:..: ./⌒   ト、  今すぐ、謝りにいきなさい!
.    /   人:. +((_/ん_) //  __/ム <   :\  :.` く      | \.._ 主はそういう行いは全部見てるんだから!!
    /  ―´7. :`.:7:...ー‐:ァ┬‐┬<:: :.ヽ、トミ: . \:./:ヽミ._::>‐  |  ヽミ:..、
   ′   /. :..,:く!. :、/ :イ { i|:{   \ トヽ `,x<ヽ.ト、:V:.丁:\     !     \:..\
  ′   .{ .:/ }/| .;|;≧廴ハ:バ 、   }_.斗チ了ミ、ヽ}ハ:.ハ}:..|:.:.:.: \           ヽ:..
  |   /|/ .:/八:/〃 {::.iミぅド、 ヾフヘr‐iミj.::}  }ハ  }i:.....:ハ:.:.:.ヽ:.ヽ
  l  /|:....:/....::小 ヘ Vうヅ`     `く:._ジ ノ′ ハl  :|,⊥..:.:.:';:.:ヽ ヽ
  l ./ :|..:|V ..:;:イ }   ァ--           ー‐ ^    /:..|| :| rへ >、}:.:. ヽ. }∨
  | /  |;:/  /{ri八 /i/    ′    /// .イ.:.. |l jト.>く/ミi \:...∨ | /}
  |′ //. イ斗ヘ.   \          ,      / '.:..:.リ リ `/\\>`V ノ'./
  | / ,.イフ V  ∧   l:> . ⌒ ー{   .  彡′/:..:../ /  '  `/rv′ ../
  ∨/::/´   ∧  ∧   !:..:..| { ミ、ー‐   /  /:..:..:./ /   ! / / ..../ヽ
.  //..:::{     \ ∧ |.:..:.{  \. ヽ__ /   /:..:..:../ /   | //....::/ ̄ ∧

325◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:29:28 ID:spDbyRgg



              _    | | | | | | | | |
        _..-''''゙゙゙´   ゙゙゙゙'''ー,,、| | | | | | |
       /  :::::::::::::::::::::::::::::::::\  | | | | |
     /     :::::::::::::::::::::::::::::::::::`、. | | |
    .′      :::::::::::::::::::::::::::::::::::丶   | |
   /  ∪       ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  i            ::::::::::::::::::::::::::::::::i     ……わかった、わかったお……四文字怖いお……。
  !          >一 、:::::::::::::::::::::: !     お金、置いてくからこれで払っといてくれお……。
   !     ∪   /__≦二_ \::::::::::::::::!     あ、お釣りはそのまま小遣いにやるお。
   \   _ 斗≦ ´ --  _`ーヽ::::::::::/
     > ´             `ミ丶、
  /                        \
  i   \                     \
  |    ヽ-―   ¨¨¨¨¨¨ 丁 丁¨¨  ‐-ヽハ
  |     丶 i        |  |      } i|
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  “男”が重い腰を上げた。
  満足げに頷く“少女”と、
  すまなそうに頭を下げる“少年”を置いて、
  “男”は“女”の後を追いかけた。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

326 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:29:51 ID:oeLsuj3Y

上条さんは胴体には防弾チョッキみたいに色々巻きつければ防御力上がるんじゃね?

327 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:30:00 ID:Ai2WrJUc

本当に見てる可能性あるからな、神w

328◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:30:01 ID:spDbyRgg













┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  一方、その頃“女”がどうしていたかと言うとー―。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛









.

329 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:30:07 ID:34L7P/J.

流石に四文字ハゲはきっついかw

330◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:30:53 ID:spDbyRgg



                _,。rfO元癸うぅo。、
            ,rfタr'7C/ n\Cトj心、
.           -‐_r夕7⌒_〕 /   |l| 八,ュ_ヽ癶。、
     ,. < _rタr‐ f/〈__ー弋__U _フニノノ`ト、^癶,
    /   ,.rタ i'⌒X,___厶斗< l |‐‐<__ノ  )ノ心
.   ,'   ,%/⌒Y、ノ7´ l l| l|  l| ト、  ハ ` く{\}圦
    ;    ,%ハ__ノ'´ /  / l| l|  l| | ∧ l| ∧ l∨ハh{
    i   .f{'⌒ソ|l /   /  │l|   l| l|  l l| ∧l ∨}{   …………何をやってるんだ、私は。
    |   }i{レィ |l| /  /|l  ∧ |   l| l|\l lト、 l| | ∨
   │  `|/ l | |_/__l__/:::::V、__, | l| | |_,斗<l| | lハ
   |l l レ‐|l | l | /フ7:::‐ ̄::「:∨ | |7´::Tリ::ヽ∨ lハ l|
   |l | //^|l | l |,ィ代_j:テフヽ::ヽ:\/:::;ィ_j:テフ_〉ノ |lV
   │|人.〈 |l l | |::`::::::::::::::::::_; -‐个ー-- ;_:::::::::::/l|/
.    ! | l|ヽ.|l | l |/ ̄ ̄ ̄    l        ̄ハl|      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.    | l l|  |l | l l                / l|
.   | l l| l |l l l l                    イ|l リ        ー―自己嫌悪していた。
    !| l| |li|l l l ト、              / ||l /
    |l l| │| l/| l l \     , へ   / |l |l/        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.     ! l| l l|/ l | |   >   ´ ̄ `/| | |l//ァ=‐- 、
    li l| /{  | l│     ∧ ̄ ̄}:::::7´ / /´    ヽ
.   |l /l:::::::ヘ_| l l|      ! 7::::::/::::/ / /       |
.   /:::::::ヽ:::::::::l l l|___  , -r':::::::;'::::::| |l/          |

331◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:31:44 ID:spDbyRgg



                  __ ..  -  .._
.          _,。cOOコァァco。,__     > 、
.      rタくnK/⌒Y⌒Y三V葵ぅ、 ヽ  \
.       rタcj {} r(「Lフ-─ ‐-=<⌒癶 ' , ', ∧
.      fソヽcっ-'´      \ \.  `ヽ,心 ', , ∧
      fkく/ | l    \ \ ヽ   |Nハ. i |  ∧    あれぐらい、笑い飛ばせばよかったのだ。
.    }N/ / ∧ l|     \ \∨ l| Ⅳ│ | l l'.    やる夫だって、本気ではなかった――軽い冗談だったのだ。
.    }トi | l } |  l| 、 \ヽ\  ∨ │ V^ヽ. l| l !    あれぐらいの冗談、いつもの事ではないか。
      ヽ| | l |/  l| \\>へ、_V l|  |/ ハl| | l
.     .V l  /ヽ l|\,ィ´ \ _ i l|  |、ノ 〉│|    あいつは、私を――ッ。
      Vl ,∠ll__ \!   ,zィチァ ノ | l  l|ノ /l|│l!
.       \{  _ヽ    ´ゝ┴'    ! |l l|イ li | |l
.         |`ヽtヒソ         ! |l l| ∨ l | |i
.        | |lヘ  |         l |l l| ∨l ヽ{
          | |l l ト、 ヽ         ! l  |   ヽ\\__
         | |l∧ \ ‐ -     / l│ |    \_ ̄ ̄__ヽ__
.           | |l l\  ` ー-、 _/`ヽ l |l l|     r'::: ̄/:::::::::::::::>、
.          | |l | |\    \∨::::<|i| l|   ノ::::::::/:::::::::::/ ̄ ̄ ヽ
            | |l | |  \     |::::::<|l| l|  _r'::::::::::/::::::::::/
           | |l l | /  {ヽ---‐::〉ヽ:::|l l|_r':::::::::::::/::::://
          | |l l !'   ト:::::::::::::::i\:::|l l|:::::::::::;:::'/::::´:::/
         | | l |',   |::::::::::::::::|::::__|l l|::: ̄::::ノ´:::::::/
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  「傍に置くのを、良しとしていない――」
  その言葉を口にしようとすると、また“痛む”。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


  ..     l. ヘ.  ヽ       l   .l l. l l l
  .       l.  ヽ   <⊃   /!   i. l. l l. i
  .      l   l. \.     ,.イ .l   i. l l l  i
          l.  l i `ト- '"    i   i.  l l. l  i   ……何だ、この胸の痛みは。
         l  l l.  l  |     i   i、  l l. i.  i   これでは、まるで……。
          l  l. l  i rl.    ;.  ,'::::>..、」._ i  i
  .       l  l  ! _仄ノ   ,'   ,'::::::::::::/::::`¨>‐-
        i  i_,..ィ´:i_ ._ /`ソ  /:::::::::::/:::::::::::::/
  .      i  i/::::::::::::l./:::::::/  /::::::::::/:::::::::::::/
      ,..l  /:::::::::li:::::::::// ./::::::::::/:::::::::::::/
     / ,' ./i:::::::ヽ:ヽイィ/ ./:::_;;;;:/=:=:-:-/
     ,' / /::i::::::\::`'";:ィ ./::::/:::`丶:::::::ハ ,. 、
  .  i/ /:/::::::::::::::ヽ/::/ ./:;;:"::::::::::::::::::::::i:::/  ',
    / /:;:':::::::::::::::::::/::/ /::/:::::::::::::::::::::::::::::!ヘ.   ',
  . /./:/::::::::::::::::::::;':::/. /::::i::::::::::::::::::::::::::::::::i:::ヽ   ,V
   //:::i:::::::::::::::::::::::i::,' /:::::::l::::::::::::::::::::::::::::::;':::::::\/ ',.  ギュッ……
 . ; /{:::::',::::::::::::::::::::::ii ,':::::::::::i:::::::::::::::::::::::::;:':::::::::::::/ <
  i.,'-.V::::゙、:::::::::::::::::ノ!.i、::::::::::';:::::::::::::::::;: イ:::::::::::::::/

332◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:32:26 ID:spDbyRgg









┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  「本当に、ただの“女”のようではないか?」
  そう口に出して、“女”は愕然とする。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛







.

333◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:32:58 ID:spDbyRgg


                  __,-r‐f^トn、
             ,-rCにしテナフ六トミNn、
.         ,.- cプ'゚´ヽ/ ノ^∠  「j ヽ「Tトン、
          / cタ'´ (_/jヽ_入C_ヽ_フヒノヽNn
        , '  cタ'l_/j> 7´/   l l l `゙くノヽ|ト}o
.      ,'  .cタ⌒j/ | / // / |│ | |   `ヾトハb
     /  .rヲ'^ソ l  | // / /| l l| | l l   Vリ8
.      ;   ヒl7/l   l  l // / / ,l l l| l l l、  l ∨{    はは、何とも締りのない話だ。
     i l  | /l l  l l!'/ /__/_/ | ll l! l l l l l、 ハ!    惚れさせるのは、女神の方というのがセオリーだろう?
     l l  ,.ー| l  | l7´/// ̄Vl| ! l l-l‐lナl | |
      li   //__i l  l l_rt 〒ォテ、ヽ Vl! l l/,.ィテャ jハ l
     ll 人( ,ハ.!   l |ハ 辷lソ    ∨lレf'ヒlリ ノ/ リ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      !l l l\ヽV  l !        V l   /イ
    ; l l l l`トV l l          l  /|     何の事はない、
.     ! il l | l| ∨i! l         ノ  /l l     自分が“男”の言葉に一喜一憂する“女”だという事だ。
     l ll l l l   Vl !           イ l| l     認めしまえば、逆にすっきりする。
.    ; ll lj l l|.   V!i '.     -‐_ァ / lil !!    ようするに、自分は葛葉やる夫に惚れただけでなく。
    /  l / l  l|   ∨lハ、     /l  ll l!!    骨の髄まで好きになって愛していただけなのだ。
     //  ;ハ l|ーヘ__V ∧> ー- '   l  l  li '
.    //  /::::l l|:::::::::::::ヽヽ\     l  l ll '. ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    //  /____l l:l|_::::::::::::::::\ 、ヽ.    l  l l.l  ',
    /  /:::::::::lリ::ll::::: ̄ ̄ ̄:::: ̄::\  l  l il li ハ

334 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:33:14 ID:34L7P/J.

これは変・・・

ゴメンよ、石ぶつけないでおくれよ


335◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:33:31 ID:spDbyRgg



                                イ           ,.ィ
                     ∧∧,,.       / |         ,ィ三|
                     ノニ三三≧ェ、/A /ニ.|         ,イ三ニ|
             ト、     A/ニ三三三三三三〈三/   ,..ィ≦三三三|
             ∨ 、   /ニ三三三三/iニ三三ニ〉 /ニ三三三三ニ〈
              ∨\∧三三|\ニ/ ./ニ三三ニ∨三三三三三三ニ)     __,,,
            .ヽ,,, ∨三\.ー┘  " /ニ>ミ三三三三三三三三三二ュ   /三ニ`ヽ
             ∨>ニ三三≧x.   〈ィ´   ノ三三三三三三三三三三〉 /三三三ニ)
              〉ニ三三三三ニ|/三 ゝ-=イ三三三三三三三三三三三三三三三ン
            ,,,,,,lニ三三三ニ人__`>ニ三三三三三三三三三三三三三三三三ニ./
     .      x≦三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ/
        f千三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三〈
        (ニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三≧x
        Vニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三)
         \三三三三三二ニノヽニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニノ
          ^"゚゚|/""^|/"^""^  ゝニ三三三三三三三三三三三三三三三三ニ<^"´
                      `Yニ三三三三三三三三三三三三三三三三三≧x
                      (ニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三)
                       `ーiニ三三三三三三三三三三三三三ゝヽニ三ニノ
                       x≦三三三三三三三三三三三三三ニ∧
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  不条理とも言うべき苦難の中で戦うあの“男”の姿を。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

336◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:33:55 ID:spDbyRgg



                       _  -‐-  、
                         , ´       ` 、
                    /               \
     ,. -‐'fフフ           7                `、
     /   r‐´ r‐、         /                 ヽ
   ノ  _/_ 」  .l      |   ー‐-‐'   `ー‐-─     !
   i   _ _ .) ,'       |   ( ー‐) '" ( ー‐ )   !
   !     `{ ノ        ヽ     ,    !          /
   |  ー ― 、}´; ̄ ̄;` ー‐-/;:;\  ヽ_人__,ノ`   /,.,.,.
   l   ,.-r /;:ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;ヽ_ ` ー     __, イ:;ヽ:;:;:;
 /i!    〕〈:;:;:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;:;:;!  \ _ー‐_,./  i:;::;:ヽ:;:;
´:;:;:!ヽ _∠);;',|:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;ト、 /!;;;;;;;;;;〉、 ,,.イ:;:;:;:;:;:ヽ
:;:;:;:;:ゝ、_  /;;;;ノヽ:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;ト.`'  ヾ--〈  V  !:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;O /`:;´/;:;;:;:|:;:;l:;:;:;:;:;:;/└-、:;_:;」    !;;;;;;;!     |ヾ、:;.-‐
:;:;:;:;O:;':;:;:;:;/:;:;:;:;:;l:;:;:!:;:;:;:;/:;:;:;,.-‐´:;:;:|    |;;;;;;;;|     !:;:;\_:;:
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ 、:;_:;_:;:;:;:;:;:;:;/:;:;;:;:ヾ:;:;:;:;:;:;:!   !;;;;;;;;;!   /:;:;:;:;:;:;:;7
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  勝ち取った穏やかな日常で生きるあの“男”の姿を。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

337◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:34:27 ID:spDbyRgg



        /  / / /  /    ヽ  / .イ//リ
       /  ./ / i  .ハ      `   /        ふふん、これはこれは……。
     ,. -―- 、 /  i  /  \    ,. イ 〉 y´ 〉
    /      ヘヽi  i    ヽ イ〈∨{ / イィ' i
   /         |:.i  ト、   / / / | ヽ ´  /
  /         /:|  i:.:.ト,  ! i / /!  /  /
  /         /:.|  i:.:.:.:.:ト, ト、 / ハ  .i   i
 /       / 〉:|  ハi:.:.:.:.:.トvト、i_/ ハー-‐〈
r 7,r‐z_ 、  /  /:.:.|:  i:.:.ii:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:i  ハ:::.:.:.:ヘ
ムLi_// 〉/  /:.:.:.:|  i:.:::i }:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:|  iヽ i::.:.:.:.:ヘ
:.:.:.:.:.:.:`く/y::::::::::::::::| i::::://::::::.:.:}:.:.:.:.| iヽ.  i::.:.:.:.:.ヘ
:.:.:.:.:.:.:.:.:/|:::::::::::::::::::::| .i::://:::::::::::ノ:.:.:.:.:|. i:.:.:\i:.:.:.:.:.:.ヘ
:.:.:.:.:.:.:./ |:::::::::::::::::::::| !://::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:| /:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:ヘ
:.:.:.:.:.:/  |:::::::::::::::::::i/::i !::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::| i::::::::::::ノ!:.:.:.:.:.:.:.ヘ
:.:.:.:./ /  |:::::::::::::::::::i|:.:i.i.:.:.:::::::::::::.:.:.:.:.i/:::::::/:::i:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヘ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  様々な姿を思い浮かべれば、心が揺れる。
  女神として欲しい“男”は星の数いても、
  “女”として欲しい“男”などいただろうか?
  女神ではなく“女”の表情でそう思う。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

338◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:35:03 ID:spDbyRgg




     / . ゙ー-''"       ヽ               i
     /    i   人     ノ               l
    ,'     ' ,_,,ノ  `─-‐' ヽ               /    こんなとこにいたのかお、居候。
    i      `、  _y──‐ l                /    探させるんじゃないお……ったく。
    ',       i_/  / _ '              /
     ヽ、       ̄ ̄               /
      ヽ、_                     /
         `¨i                     ヽ
          /                      ヽ
         /                     ヽ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  だから、かけられた“男”の声には“女”はこう答える。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

339◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:35:25 ID:spDbyRgg



 /                 li   l           \!、ノハ ヽ
   /  /.  ,'   /   / /  .l l   l    V    l     ヽ ト、ハ ヽ
  ,'  ,'   /!  /l  ,' ./l  l. ',   .l',    l',    l     V  ', 〈
.. ,'  .;   ,'_i  / l   ; / l   l ',   i ',    .! V    !       V ', j  i
 i.!.  i.  ,'´l ,'ヽ!  //  l   l  V  .i. V   l V   l  l     ', i ) l
  l   i  i. i ,'  lヽ//.   ',  l-‐キニ.i=V   i、 V  l  !      V.! }  l   ――遅いぞ、やる夫。
  i  ハ  i‐t、i_l 、乂!.    V l   V .', V   ',`゙,  .l   l     i K  l   もっと早く迎えに来い。
 ..',  i V l `「卞ゥzニ.._、、   V.i  __..V_ハ  V   ', .V l   !     レイ.   l
  ∨l  Vl  ヾく辻vラ' !      ィァ,、..__i` ヽ. ∧ V i  l       l'‐ ニヽ l
.   ヽ!  \        i       ヽ 弋フ¨Tf=‐-、!.!  i      i,.ィ´i ヽ!l
    ト l  l         / .:          `゙<弍タィ'´ il   !      .ハ ', ヽ.ノ.l
.   l  l.  l       /..::::               ヽリ  !     ,'ノ ノ/ / l
   l  l   ',     ノ.:::::::::                i  i     ,'_,,ノ ' /  l
    i  l   ',.   ヽ ::::::::                i. i      ,' ,. ィ´
.   l  l   ヘ、   ゙、 ::                i i      ,'イ  l
..  l  l     \    .._                i i       ,' l  l
   l  i     l ヽ.     ¨ ‐- ..__,.         i i.      ,'  l  l
.  l  i     i   \   ` ー-           ,.ィ. ;     .;   !  l
  l  l     l   l i.\           ,. < l ,'      /    l  
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  精一杯の虚勢と極上の笑顔で言ってのける。
  想いを告げるのなら、せめて“男”の方から、だ。
  そんな、“女”の矜持を胸に、
  “女”は“男”の隣へと並んだ。

   END

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

340◆L0x/Rj/V9U:2011/02/04(金) 23:36:07 ID:spDbyRgg

 ういさー、今回分の投下はここまでです。
 それでは、レスに入りますねー。


341 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:36:30 ID:Ai2WrJUc


男なら女に言わせないのが矜持だな


342 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:36:52 ID:bNTMIwbg

乙津

343 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:37:01 ID:34L7P/J.

乙でした~
いい男といい女だなぁ・・・


344 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:37:26 ID:oeLsuj3Y

乙でした

345 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:38:10 ID:L/ZxaZNs

某自動車工「いい男と聞いて」
某ツインテ「いい女と聞いて」


346 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:38:11 ID:rt/v/iP2

乙でしたー

347 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:39:05 ID:ydF04SP6

乙でした。
メガテンは本当に良い設定だよねぇ。
ただアトラスはマーラに酷いことしたよね・・・・


348 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:40:41 ID:/VbA4IFc

乙でした
……トウマ……

349 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:43:58 ID:L.eLf9So

投下乙
メガテンはどれも未プレイだけど、これは本当に面白いと思う。
適当に休みつつ頑張らずに頑張って!w


350 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:55:18 ID:.8oJ5ts6

乙です

メガテンで超人と英雄ってどう違うんだっけ?ついでに魔人も

351 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/04(金) 23:58:11 ID:706qw3SM

乙ー
“少女”はチョイ役かと思ってたら、タナトスに覚醒とは…


352◆L0x/Rj/V9U:2011/02/05(土) 00:04:52 ID:2vr59yxE

>>258
 ウホw

>>259
 いってらっしゃいw

>>260
 短編ですしね、ものが。

>>261
 まあ、逆に言うと長編やってないんでここで切ってもエターではない?w

>>262
 うい、大丈夫なんだぜw

>>270
 このインデックスさんは空腹に負けてこんなんしましたw

>>278
 その悪魔によります。物質界に来るのは分霊(アバター)がほとんどですが、稀に本体が来ます。
 その本体が食われると、数が増えなくなる訳です。サンダルフォンは分霊ではなく本体が召喚されそうでしたが、不完全な儀式だったのが幸いしました。

>>282
 ってことで、ものによりますwだから、凶悪なんですよ、やる夫。

>>286
 上条さんは運命ですねw>巻き込まれる

>>289
 無自覚ですからね、上条さんw

>>291
 上条さんは一気に複数立てますからw

>>295 >>297 >>298
 これは、待て次回って事でw

>>301
 でも、能力を得ると面倒事に巻き込まれるのも佐天さんだと思います、はいw

>>302
 これが、どう続くかはお待ち下さいw

>>304
 このやる夫の表情、お分かりいただけるでしょうか?w

>>312
「影の城はいつでもキミを待っている!(キリッ」

>>313
 多分、超人になる前にやらない夫みたいな英雄になりそうな気がします、こいつw

>>321
 普段はこれくらいの軽口を叩いてるんで、そこまで怒ると思わなかったんですよw
 でも、この時は地雷だったw

>>326
 右手でのガードが命なので、あんまりゴテゴテ着込むのは逆に命取りかもですぜ?
 ライドウをやっている人ならわかるでしょうが「ガード不可技をガード可能」なインチキ能力です、これw

>>327
 四文字様が見てるw

>>329
 さすがにきついっすw

>>334
 (優しく肩を叩いて)…………ふ(微笑)

>>341
 やる夫さんもあれこれ大変なんだぜ!w

>>343
 こう、お互いの距離感で一人で立ってる二人ですね、こいつらはw

>>345
 エストマ! エストマ!w

>>347
 ええ、いい世界観です。そして、酷い事しましたw

>>348
 とうまも活躍させてやりたいです、はいw

>>349
 うす、どうもですwスピンオフや発生作品が他のジャンルでも出てるんでお薦めですw

>>350
 ぶっちゃけ、このスレでは、

超人=鍛えて鍛えて強くなった人。鍛えすぎて、人の枠を越えた存在。仙道の仙人に近い。
英雄=人間の中から現れる、超越的存在。偉業を達成したり、不可能ともいえる試練を潜り抜けた者。やはり人の限界を超える。
魔人=人の道から外れ、魔道に堕ちた者。ほぼ、悪魔と同義。人の枠から外れたので、人の限界を超えて強い。

 こんな感じっすか。特に英雄は周囲の人々の「信仰」にも近い感情が必要なので、数は少ないです。

>>351
 チロっと伏線は張っておきました、転ばぬ先の杖w

353 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/05(土) 00:18:07 ID:I2B1Gr7w

メガテンファンとしてまた新たなデビサマスレを見つけることができて幸せだ・・・

がんばってください!デビサマシリーズ好きなんで巡回スレに入れました

355 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/05(土) 00:33:12 ID:T3XhUsdI

バルーンシールド並の補正で万能無効でも、
世の中には相性無視で即死させる神の裁きがあるからなあ


356 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/05(土) 00:54:11 ID:sEMBoK/o

おつ

357 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/05(土) 01:02:18 ID:pZyeFKrM

亀乙

358 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/05(土) 01:10:15 ID:wbxXAdeQ


上条さん英雄として影の城に下手に招待したら、うっかり影の城を幻想殺ししそうだよなwww












359◆L0x/Rj/V9U:2011/02/05(土) 01:23:01 ID:2vr59yxE



|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  | : | | | | :l | | |:::::||/;;;;;;;;;::..    ..:;;;;;;;;;;| |:::::| |||:: | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |__,l | | |_;l | | |                 | ||l:__ | ||l._
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |_| | |_| | |                 | ||__| ||_
______________.| |  ||  ||  | | |  | _,,| | |  | | | :::......             ....::::| ||   | || _
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  | : l | | |  | |. /;;;;;;;;;;;::.           .::;;;;;;;;;;;;;, ||   | ||l´
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  | : | | | |  | |/;;;;;;;;;;;;;:::::.       .::::::;;;;;;;;;;;;;,||   | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  | : | | | |                         | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  |__,l | | |                         | ||l._
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |_| | |                         | ||_
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |  | | |                         | ||
______________.| |  ||  ||  | | |  |  | | |:::.....                      ......:::| ||
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  |  | | /;;;;;;;;;;:::                   :::;;;;;;;;;;;, ||
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  |  | |/;;;;;;;;;;;;::::::                  .:::::;;;;;;;;;;;;;:,||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  |┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  |     
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  | :::::.そこは本に、埋め尽くされた空間だった。
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  |       | | /;;;;;;;;だが、ここに置かれた本は読まれるための本ではない。
______________.| |  |       | |/;;;;;;;;;;;ただ、知識として記され、管理されるための本だ。
                         | |  |
                                      ――そのような本は、総じて魔道書と呼ばれた。

                                    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

360◆L0x/Rj/V9U:2011/02/05(土) 01:23:21 ID:2vr59yxE



              l         |       |l          ト、_
              ト      }       l          \ハ
            ノ }       j      ' 、           } ',   っと、師匠~?
          { \     /        ∨         l }ト、
.            ノ  \__ノ}         ∨          / ノ ハ
         /\    ,イ         ト、        /    \
           /i        ノ          \ >──‐ ′ ノ     }\
.           八         j              Yー─── '  i       ハ_
          ,′       /             \       ノ      }
       ハ 、      {|                    `ト、           ハ
       ,′  \   八                l \       _ ノ:::l
       l  、   \_ハ               \、__/   ̄/_, ヘ::::::|
       L_  ヘ       l                 \__,∠ ノ:::::::::::::::l
        `ト、       j                     ゝ=={f≦彡´::::|
          Y::`ー─-イ                     }:::::::::::::::::::::::::::::::|
.             |::::::::::::::::::::ハ                      /::::::::::::::::::::::::::::::::j
            ',::::::::::::::::::::::j                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::/
            `ー── '´                      /::::::::::::::::::::::::::::::/
                                 {:::::::::::::::::::::::::::/
                                     `ー──一 '
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  その魔道図書館の中を、年若い“少女”が歩く。
  いくら探しても、目的の人物は見つからない。
  だが、その人物に繋がるモノと出会えた。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

361◆L0x/Rj/V9U:2011/02/05(土) 01:24:00 ID:2vr59yxE



       ,.:': : : : : : : : :..i〈_: : : : :、: : : :.ヽ
        /: : : : : : : : :..: :|  ㍉: : : :、: :..: :ヘ
.     ,'rv: i: |: :,′:/:.i:| __ ヾ: : : :i.: : : : :.
     .: :i : |: |: :!: ://リ    ヾ:.:.:|: : : : : :.   師匠ー、いないんですかー?
      i:| |:.i:|x|:.:|:/j/ y笊i㍉   ヾ; -、: :..: :.   って、メドゥーサ。師匠、知らない?
.      从:、:!f笊乂/  弋:リ ″   ' fく }: : : :i
.     ヾ从弋j     ´       tソノ : : i:|
       }: !  、          ,:-く:..: :.:从
        j八  r 、        /: : : : : : : :i:.ヽ
.           iヽ ゝ '      ,  i: : : : :|:.:..:i:|ヾ:.ヽ
.           |: : >     <   !ヽ: : :|:..:.从 ヾ ゝ
.           |:!: |: : : : :.ハ   ,, ´  ヽ:ヽ: : i:.ヽ
           从;ハ:/ヽ/{ 7f´、    /:>ヾ_ヾゝ
           ,/-/:<:/ /o| ヽ  /: : : : : :/`ヽ、
         /!: {: : : : ゝi  |  〉‐' : : : : : : :/: :/  ヽ
        , {: {: :..: :.:{ {  | /: / : : : : : : /: :/    .
         i {: { : : : : { { / /: / : : : : : :.:/: :/      i


              _... -ー  ̄ ̄ミ:::ー....、
             〆:::::::、ヾ:::::〆ミ::::ミヾ::ヾヽ
.           〃r::::::::::ヾ::::::',:::::::::::ヽ:ヾ::::::::ヘ
           .!::.|:::::::l¨ヾ:::/ `ヽ::::::::l:::::l:::::::::l
           |::::|:::::::|゙゙`` ´´´ |:::::::|::::|:::::::::|
           |::::|:::::::|       |:::::::|::::|:::::::::|    ミコト、サマナーに何か用事ですか?
           |::::|::::´| ̄丶  ´ ̄|`゙:::|::::|┐::::|
           |::::|:::::::|「::i::、   r.::i:|ア:/|::::|ノ:.:::::|
           |::::|:::::(| 二ソ ^ (二.|ソ::|::::|:; ヘェ、
 ____.        |::::|:::::::|、   ノ     |:::::::|:::|ィ^    j
 |\ミ、       |::::|:::::::|::.ヽ o    ィ:´::|:::|     {
 |  ヘ、彡三ニ==-,, |:::|:::::::|::::::::ゝzャツ __|::/│:|    」
 |  ! !ll ./ソ.   |∥|:::::::|-─|,,,,,,,,,,,,,,,,/  l!|、 ∠¨:|
 |. ! l ノ .ノ    .| ̄|::::ノ|,,,,,,,,,,,,,,,「 ̄`,,ヽ、/l!彡ベ::|
 | !. K r'_,-'''ニォ .|.,,,,,|ソ,,,,|,,,,,,,,,,,rソ,,,,,,,,,,,,,,,,,,ゝ,,,,,,,,,,,}:|
 ヽi     ノ ̄´ .|,,,,,リ,,,,,,,|,,,,,,,,,,|(,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,},,,,,,,,,,,/:|l
  i.    ノ___|  ,,,,,,,,ノ,,,,,,,/,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,/,,,,,,,,,,,/l::|ll
  i.    / ァ´,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,/,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,/,,,,,,,,,,,ソ |::ヾ.
.  i.   イ〃,,,,,,,,,,,,,,,,,,y´,,,,,,,/,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,, /,,,,,,,/::::::|、::::l
  ;;ヤ   《 ,,,,,,,,,,,,,,,,〃,,,,,,,/,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,/,,,,/::::::::::::| l::::|
  l∟ヽ,,彡ヾ,,,,,,,,,,,,,,《 ,,,,,,丿,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,/,,,イ::::|::::::::::::| .|::::|
  {ミ彡',,,,,,,,,,,ヾッ,,,,,,,,,,,ヾ、,,{ ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ト/,,,|:::::l::::::::::::| !::::|
   V,,,,,,,,,,,,,,,ソ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,| ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,'|:::::l::::::::::::| |::::|

362◆L0x/Rj/V9U:2011/02/05(土) 01:24:28 ID:2vr59yxE


       ,:′: : : : : i: : :/: : : /: : : :i:.:Yミ:.:.ヘ
      ,: :i: :./: : : :|: :/:.i: :./: : /: :|: i:! ミ.: : :.
.     .: 〈∨: :i: :/|:/i:/|:./i:.:./: :/|:.:リ_ ミ: : :i
     i:.:.∧〉:.:|: { j'ー}':七´:./ j/´j:/  ` !: :.:|   用事も何も、師匠から呼び出されたのよ。
     |:./: i:| : |: iy'"笊ミxj/ /  x≠ュ、 : : i:|   ジークフリートもいないし……?
     |:.Yj从{i:|ハト、弋::ソ       {::rj》/:、:从
     |: { rヘ:从   `        ゞ ' ,t: }/
     |: :ヽゞ _        ′   ,_,ソ
     |:!: : : : :.ヘ         _     ': :i
.     从: : :|: :|: 丶    ´    イ: : |
    / i: :..:,'|: :|: : :.:i>       イ : |:.:.i:|
.      |: :./ !:.,ハ: :.:.|   ,,¨´ ‐┐: |:.:从
.      |:!/ j/ ヽrt_/       ヽ:j/:{ ヽ
      从 /   / |ヽ      /: /: :>.-.-. 、
       ヽ, .ィ / /  ヽ_/: : : : : : : : ;> ‐ ヽ
      /:/: : {{ /  /:/: : : : : : : :/     ヽ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  その愚痴の途中で、“少女”はそれを見つける。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

363◆L0x/Rj/V9U:2011/02/05(土) 01:24:47 ID:2vr59yxE



       /'テ/_'フー'´ ̄ ̄``  `丶、//   `ヽヽ
.      ,イ |r!ムノ-─‐  /   /⌒ ``ヽ、    ヽ}
     / |,イ,ィ'′     /     /    i ヽ ヽ     ′
      |iヾ{iノ ´ ̄ `  l     / /  〃!|  ! 、ヽ
     {'〈iノ       l   /,/  // ! ||l   i l
     ヾYノ`ヽ、    |   /,イ  // / ,l || l|
      ,(Y)\ `' ‐ 、,|  /'〃 ,ィ,イ /!/| ,リ ,|  ! }
     /::::Y、ヽ \,.- 、!   /ィフ_7ヲ7ソメ〃ノリ /!/
     |:::::::|:ト、\ / '´)|  || {´ ./;7シツイノリノ ′
     |:::::::|::|:lヽ. ゝ、(l  ||  ヽ,{;ツ ´ イ |´
     L;__」‐┘,>ソゝ‐| |  ||         ヽ|
     |:::::|:::|'´/   l |  ||  、 _,  r'´|
      |:::::|:/ー' 、    |l  i||     ,イ   |
      L;/   `ヽ、.|l  |! |ヽ、 _/ | !  |
     ,ノ-‐ 、      i! |'l |     l!|  ,リ
     /     \   'ヽ|ゞ|}`ヽ、___ リ| ,〃          
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  そこには、ソファに座ったまま眠りこける師匠と
  その彼に優しく毛布をかける仲魔の姿があった。
  “少女”にはそれがどこか神聖な儀式のようにも見えた。
  だから、そっと一歩後ろに下がる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                          , ノ  、ヽ
         .                l(ー ー)l
         .                | (_人_) | ZZzzzz……
         .                 ヽ     ノ!
                (,⌒ ̄ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄,⌒)
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/      /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|
        |: : : : : : : : : : : : : : : : : /      /:::: : : : : : : : : : : : : : : |:::::::::::::::::|
        |: : : : : : : : : : : :-――'      /:::: : : : : : : : : : : : : : : : |::::::::::::::::::|
        |: : : : : : : :/       ./⌒ヽ/:::::::: : : : : : : : : : : : : : : :|:::::::::::::::::::|
      / ̄ ̄ ̄ ̄./   / ̄ ̄ ./  /: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/:::::::::::::::::::|
     ./:::::::::::::::::::::::::/   /:::::::::::::/  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::|
    〈:::::::::::::::::::::::::/   /:::::::::::::/  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈::::::::::::::::::::::::::::|

364◆L0x/Rj/V9U:2011/02/05(土) 01:25:49 ID:2vr59yxE


          ,.:' : : : : : : /: : : : : /: : 、: : :ヽ
       /: : : : : :.:.:./: : : /: /: : : :.}_: :.:.:ヘ
.      ,: : : : : i: : :/: :_//_:/}:i: :/: | ミ : : : :.
       ,: : r_ュ:.:|: :/j´://:j/ /:j:/メリ ミ : : : :.
     ,: : : i: :.:.|:y'"斧ミx  /´ 厶、 !: : :.:.i
      i: :.ノ|: :.i:| ゛ 弋::ソ     ´んjヘ.: : : :i:|   ……仕方ないから、また来るわ。
      |: :.:{ヾ:.从  ` ‐       ゞ_' 、: :.:.从   一応、師匠が目を覚ましたらわたしが来た事だけ伝えといて。
      |: :.:ト、ヾ{         ′    ,f }:.i/
      |: :.:|: `¨ヘ     r ,    ,.ノ:.:.|
      |:.: :|: : : : :丶        イ: : : :.|
      |:!: :!: : : : : :.| >    イ : |:.: :.:.i:|
.      从.;ハ: : :|: :.:.|      |_:!:.:/: : :.:从
     / /{ } : |: :/ \ ,, ´ ∨: : :./{  ヽ
     r――: '´:/  / Tヽ    〉:ー‐ - 、
.   / {: { : : : : :{  /  | ヽ   /: : : : :/ / ヽ
   /  {: {: : : : 人ノ ー-|  `7:´: : : : :/ /   .



          , - ― -_ _、
      , -<: : : : : /: : : : :ヽ`: 、
     /: : : : :\: :/: ; -、 : : : : :ヽ; :ヽ
      /: : : :/ミヽ; /彡"ヘ : : : : :`、: :.ヘ
     ; : : : :,'ヾ゛         '; : : : : :ヘ : : ヘ
    ,': : : : j         _ __」: : : : : :l : : : i
    l : : : :j, -― 、  ´ .__ 「:`: : : :.l : : : l
    l : : :,イ __   气云㍉x: : : .ト; : :.l   ええ、わかりました。
    l : : : l ,伐示〒、_ 」 ゞ=Y く; : :レノ: : l
    l : : : lr'`.ゝ-‐' ノ  ゝ、// l ノ: : :l': : : :l
    l : : : l.;ゝ-//‐' `     ̄ l: : : : :l: : : ::l
    l : : :.j; ; ;ゝ、  r  ァ  .l: : : : :l: : : ::l
    l : : :.i; ; ; ; ; > .、 ‐  / l: : : : :l: : : ::l
    l : : :.!; ; ; ; ; ; ; ; ;.}` "   .l: : : : :l: : : ::l
    j : : ;'; ; ; ; ; ; ; f.`ー - 一'´l: : : : :l: : : ::l
   .i: : :ム斗ー 一イ、_:.:.:.__:.:.:l: : : : :l: : : ::l
  , 」: : ;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l: : : : :「:.ー - - 、
 /:.:,': :/:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. .l: : : : :l :. :. :. :. :. ヽ
 j:. i: :j ;; :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. l: : : : l :. :. :. :. :. :.}
 {.:.l: :l;;/.:. :. :. :. :. :. :. :.    :. :. :.l : : : :l :. : .:. :. :. j
 !:.i: :y :. :.    .:. :. .:    :. :. :. :l: : : : l :. :. :. ;, ;;{
 .l:l:/ :. :.      :. :.       :..i : : : l :. :. :. :. :.}
 .レ :. :. :. :.   :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. i.: : : :l:. :. :. ,; ,;ノ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  そう“女”が微笑む。
  それは、どこか話しかけるきっかけを得た事に
  喜んだような表情だ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

365◆L0x/Rj/V9U:2011/02/05(土) 01:26:07 ID:2vr59yxE



:.ヽ ヽ:.:.:./: :.|: : : : : : /: : イ : / ! : : : : : : :.:i:.:l 丶:.ハ  Y: : : : : : :ヽ
: : :\\i.:/:.|: : : : : イ.: :/ !:./ |:.:./: : :.:./l:.:j   ヽ:!  |: : :.:i: : : i: :.
/:./: ト.l |.:∧: :.:./斗: :f=≠十 l: : : :/  |≧=- リ  j: :.:.:.l: : : |: :i  (師匠……我が師ながら恐ろしい人……)
: : :.!: :|:.:l:.| i  : :.:|  V.:l     !/|: :.:/   ノ        ム: : :.l: : :小 |
:.:ァ| /! :l∧!  ヽ:l   ヾ|      |:.:/         ′: : :l: :/ |: :j
:7 !从: |     三三三三三   ∨  三三三三 |: :.:.:.∨ !:./┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
:l ,/: N                              l : : : : | ノイ
ハ {  ー                              l: : :.:.八     サマナーには人間的魅力も必要だ。
: :ヽゞ--'                           }: : : : : :ヽ    そう教わってはいるが……こう、目の当たりにすると
: : : :` ー‐ 、   ∪    -、     _           ノ: : : : : : ト:\  そら恐ろしくなる。
: : :/: : : : :.\        `ー‐ '´ ` ー‐ '      /: : : : :}、: |  `\
: :イ: : :.:.:/ : l:.个 、         ' '       .イ: : : : : : :ハ: j  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
//: : : :/ : : |: : : : :>               . <: :./: /: : : /  }/


 |: : : : : : : : :|ミ゛          ,≠'´丶; : : : : : : :r 、: : : : : |
 |: : : : : : : : :「         /  ,_.ィェヤz: : : : : :|fヽ j: : : : .|
 |: : : : : : : : :| ___        ッ〃´  ', : : l : : :| ノ/: : : : :|  私はここでもう少し読書して行きますから、これで。
 |: : : : : : : : :|' ̄  ̄`     ,   "    」; ノ: : : :|.´/: : : : : :|  お気をつけて、ミコト。
 |: : : : : : : : :|  、ッ__  、 _ゝ、_/////| : : : : : :|-': : : : : : :|
 |: : : : : : : : :|:ヾ彳' ̄ `  .y ̄        | : : : : : :| : : : : : : : |
 |: :r:': ̄: ̄:Tフ冫、////  .|         | : : : : : :| : : : : : : : |
 |: :i : :に:ニ:ニ」ゝヘ一 ´   ヽ   __,   | : : : : : :| : : : : : : : |
 |: :.l: /: : : :.」、\ |:.ゝ、.      'ー  ′  | : : : : : :| : : : : : : : |
 |: : }: : :ム二| .ゝ-ソ: : : :>、           | : : : : : :| : : : : : : : |
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  こちらの気を知ってか知らずか、
  “女”がそれはいい笑顔で読書を続ける。
  ソファによりかかるように腰掛ける姿は、
  まるで主の寝る横で丸くなる忠犬のようだ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

366◆L0x/Rj/V9U:2011/02/05(土) 01:26:29 ID:2vr59yxE



        /: : : : : : : : : : : : : : く: : : : 、: : :..:ヘ
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :冫: :、: 、:.: : : :.
      ,′: :/: : : : : : : : : : : : :.、z、: : :ヽ:,..: :..: :.
    .: : i:.;′: : : :i: : : /: :|: |: :.i ㍉: : : :i: : : : :
     : i:.{∨: i: :.|:..|: : /: : ; :.|: l:|  ミ:..ヽ:|: : : :..i   まったく……ハーレムでも作る気かしら?
     i:.|:ヘj:..:.| : |/|: /: :../:./|:/:|   ミ:、:..|: :i: : :|
     |八:.|:..:.|-/‐|':i: : /:./、/_:リ   ㍉:j -、: :.|
     | i: |:..i:|/  |:.|;ノ'j/ /   ̄`   ' f::j }:八
     | ヾ! 从ゝ=≠    ゝ=='   zソ/: :.i:.ヽ
      i: ヾ:ト、    ,        , - :´: i: :|ヾ:i` ‐
      |: : : ヘ           / ヽi: : :.|:i:| j!
.      八:i: : :.ヽ   r__、       イ  }!:/:/:从/
      /ヽ: |/: : :.>  _   </   //ノ:ヽ: :ヽ__
       rヾ{: : : : : :|   〉-r‐ ´   /: : : : : : : : , ‐ヽ
     / {: :.\: : :.人_/ o:|ヽ  /: : : : : : : /   :、
    :  ヽ: : : : : : {:{     | `¨´/: : : : : : :/     i
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  二十代目葛葉ゲイリン。
  “少女”にとって尊敬に値する人物ではある。
  ああも絶世の美女が回りにいるとそう勘繰りたくもなる。
  しかも、人間では足元にも及ばない美女だらけだ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



          {{    〉バj从:Vヘ : ∨ヘ ' ' '  }         /:/ : /: : : :! }}
        ヾ: .,___〃  }}  ヽ; :', : : ーヘ、    、___       /: ' : / : /: i:i.ノ′  、、
          ` ̄{{ _ノ′   ', }バ: :, :介: .    丶`   / { i : 厶 / : 从     }}
               ヾ: ,___ ,, jハ: }//: :i/: :!≧: . ,__. イ __.厶!: { く_: 厶ヾ: .,____ .ノ′
               ` ̄ {{    }// : /;_;_;jア⌒}   )´    、:\__): )^⌒ヘ ̄´   あいつも、そうなのかなぁ……?
                ヾ: .,___/厶イ`¬z‐z‐;ヘ,_/ {       `'ーz'´   '⌒ヽ,
                  ` ̄、、_.ノ: / / ハ }  人    /        ,ハ
                         `アア  / /{ .ノ  />、_,/    /     /  {
                       / /   ' / /  //     / /         }
                    / { / { { }   ' ' /`ア {∠           /
                    .′ '^'  } }    , ' {__/,∠.  、  `ヽ.   〈
                   } , '    j {//   , '  {   `ヽ.\     、___〕
                 ___ .ノ//     } ´, '    '     '、     〉、\   〈
                ;〈   . .′   〈 /     ;     \  /  \    }
                    } }   { {       {     i         V     `7⌒V
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  “少女”はボソリと呟いた。
  あいつ――ツンツン頭の“少年”の顔を思い浮かべて、
  師匠の位置に置いてみる――。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

367◆L0x/Rj/V9U:2011/02/05(土) 01:26:47 ID:2vr59yxE











┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  「――ムカついたから、今度ジオンガ叩きこんでやろう」
  不条理に、“少女”はそう固く誓った……。

   END?

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛







.

368 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/05(土) 01:29:09 ID:E.zyv7SQ

乙乙
そげぶさん、不幸だなw
そしてさすがだな、やらない夫w
この英霊殺しww


369 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/05(土) 01:32:21 ID:deMwWfh6

そげぶさんは本当に八つ当たりされる人だことw


370◆L0x/Rj/V9U:2011/02/05(土) 01:34:03 ID:2vr59yxE

 終了、ゲイリンの弟子登場、上条さんガンバ!w

>>353
 はい、頑張りますだーw

>>355
 でも、上条さんなら呪殺も止めてくれそう?w

>>358
 原作二巻では結界内にいても結界壊れなかったので、右手で触れなきゃ大丈夫かとw

>>368
 このテの不幸は上条さんのオハコッスからw
 しっかし、やらない夫は他に仲魔いないのかしら?w

>>369
 キャラ性っすよw


371 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/05(土) 01:40:35 ID:Gmoqqy02

乙です

上級のサマナーにはフラグ体質が必須なのかw


378 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/05(土) 07:36:05 ID:tONDWrtk



380 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/05(土) 09:48:52 ID:IugyZvqo

ここのスレは雰囲気がよくてきやすいな












385◆L0x/Rj/V9U:2011/02/05(土) 11:54:40 ID:v7jWB9ME







┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  Q.
  敵がメギドラオンを使ってきます。
  あなたはどう対処しますか?

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛







.

386◆L0x/Rj/V9U:2011/02/05(土) 11:55:10 ID:v7jWB9ME


【回答その1:葛葉やらない夫さんの場合】
                                       _, -‐  ̄ ‐=ニ=-
              / ̄ ̄ ̄\           _, -‐  ̄‐=ニ二ニ=- _, -‐  ̄
             /         ヽ        ,~'_, -‐  ̄`ー-----― '
            /         丶    _,~'_ッ'-
            |     _ノ  ( ●)  .厂       難しい問題だな、最良の答えは「使わせない」だろう。
            i     ( ●)  !  .⊃        だが、メギドラオンを使うレベルの相手となると、そう
             |       (__人_) /〉        簡単にはいかないだろう。
           /∧     ,.<))/´二//⊃
         / : | ヽ  / /  '‐、二ニ⊃`
     , -‐'´: : : : :l   丶l    ´ヽ〉: : : : \
    /: : : : : : : : :|  /_/    __人〉|: : : : :|
   「ヾ: : : : : : : : : :l_/:_/ヽ.   /´     | : : : : :|
  〈\ : : : : : : : :,、: :/´∨/`ー'〉 |_| |: : : : :|
   !: : :ミヽ: : :/ `y′.: ',ゝ、_/     l: : : : : :|
   ! ⌒ヽ: : : :.ヾ/: ://: : : :|      l: : : : : :|



                 / ̄ ̄\
               / _ノ    .\       _,,
               | ( ●) (●) |.      l;l     最低限でも「メギドラオン」に耐えうるパーティ構成。
              . |   (__人__)  |  _,_,|,|_,    その上でリカバリーがすぐに行えるように回復要員の確保。
                |   ` ⌒´  |, ト-=y  丶   後、出来うる限りこっちの能力を引き上げ、
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l   相手の能力を引き下げておく「前準備」も有効だろうな。
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,  メギドラオンを使う相手となれば、メギドラオン以外にも
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i, 強力な攻撃手段を持っているはずだ。
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i 大事なのは相手をよく観察し相手にあった対処をする事だ。
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|

387◆L0x/Rj/V9U:2011/02/05(土) 11:55:35 ID:v7jWB9ME


【回答その2:葛葉やる夫さんの場合】

                    __
                 ,;: '´/\
               _/´y=-、v, _ i、
         ,、    ..> - i_゚ 人,,ノ、)>
   _ __ ,,  | \  ,_ .(| : :i .|  i .| i .)    《前転やバク転で回避すりゃいいお》
/     _ - |  ゝ^=-ヽヽ__ー-- 、/
    ~~  /--´○: : : |ヽ-i\ - - i、
     ,,γ~ | : : : : : : : _,/  ,, ,,`~ヽ、_>--、___
   //   >: : ○ /;; ;;| i   E==i \::|\/
    ノ    >--、_| ;; ;; ノ ::  : /二二 (ヘ|: : i、          /
 ,,/   /´ ̄ヽ ヽ i--、_i_==-< ; ; ; ; i , |`|: : <         ,/ ノ
-     /: : : : : :ヽ/   》  \ ___> -- -、} :: :: 《       ,,/  ´
      ,i : : : : : : : >   \_ _ - _[ _ _  i ) : : /     ,/  _,,~ ´
     ,i : : : : : : : i     ヘ、  ,,r  ̄ i : : : :く_,,~ - ´   /
     i,, : : : : : : :|    ,,ヘ> 、 Yヽ -+: : : :i    _ - ^´
     i,, : : : : : :,,>  / 、 i、\ ,i、   i :_ : : \ ̄
      i,, : : : : : i  /,,--,  |  .\ヘ : : :ゝ、 : : : Y

388◆L0x/Rj/V9U:2011/02/05(土) 11:55:55 ID:v7jWB9ME


【回答その3:上条当麻さんの場合】

                            iヽ、 i、 /i /i
                          ヘ..、_|::::::``':::i::::::ィア
                           ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::イ_
                        _≧::::::::::::::::::::::::::::::::>
                _        >:::::::::::::::::::::::::::::::::::ア, --.
                ヤ  > 、     フ,:::,-7i/i:|、:iヾ∨::::::>/   !
                \   > 、  ムヤi rtッ:::ヾrtッ7ijト i    i
              __      `ヽ、     >、- ∧   '  /-、__!   j  “幻想殺し(イマジンブレイカー)”で受け止める!
            i  > 、_    >-、_    `>ヽ、‐ テ.イ i .j   .|
           `ヽ、   `≧- 、__ iフ/       ̄ ̄ ̄/   | ` 、
              >-、 _       ̄                |イヽ〉
                  `'ー--、__      〃   i       |   〉
                     _>'"       〃   l      j  ./
              __,  -‐ '"         〃    .l     , ′ '
            , ‐ '"       _, =-〃    ′    ',   / /
           ヽ、__, -‐ '"  / ヽ  ;         `  /: :/
                  , ´  , ‐ 7¨ヽ         ノ: :/
               _, イ    /  .7   >-、_, -‐': : :/.!
                    (__ , イ   /  ヾ-': /三il): : :,ィ:≠.ハ
                           /    ∨i=--': /イ::::  ヤ
                        /       三三三彡':::::::   ヤ

389◆L0x/Rj/V9U:2011/02/05(土) 11:56:16 ID:v7jWB9ME



        . __
       ./::::::. \
       /::::::ヽ;;:   \
     . (:::::(::::冫    |
     . (:人;;;) .    |   …………。
     r‐-;::::::. .     |
     (三)):::::.. .   |
     >::::ノ:::::::::.    /
    /::: / ヽ;:::::::::   /
    /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
    (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
      . |\::::::::::::;;:1
      . |:::::\;;/:::|



                  __
              ,.r='´-‐- 、ヽ、
              ´      \ヽ
                       _ヽl
               ,. -‐''  ゙̄ ヽ、リ _`ニ - 、
               / ,. ''´,. - ,.  ´ -‐ 、  `ヽ _
             ゞ/ /  / ,ィツ'    \   \ヽ、
              ,/〃 /   / //         ヽ  ヽ/
           ト{i //  //, / / !          l   l\   あの、サマナー……“やらない夫”!
                i ,トi、,////  l{ |  l     ,  |    l /   気にしてはいけません!!
              ,/V|イ,/,'ト{/-  |i |  ||   l l|   |ヽ
           l   ハ"/;`メ、  ト、|!  ,|l |、  | | |___ノノ
            .l   | {ゞソ,    ゝ|ト;ュ!|'l、|i  ,! !/__,ハ
            |   l///`ノ    /rッ::ト、ヾ|、 ,イ〃-‐ソ ノ
              liイ |,   く       ゞ'':ノ_, ゞlレ'/イ´ ̄/イ
          |l'| |、 、_     ///// l゙|  |ヽイ-┘
          r‐|l l  トヽ  ヽゝ        l |  |丿::\
          /  '!| ,|  ヽ          -ヘト|  |l:ヽ::::::l
        /     ,|i リ  /` ‐‐ '' ´     {||  |:!::}:::::::|
              lレ'  /  ヽ      _, ィ´l|  トゞ-‐‐'
                、 /    ,rゝー''  ̄   ノ| ,イ| ヽ:|
             'ィ:ニ:フ:::::::}       /| / リ  \

390 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/05(土) 11:56:53 ID:m6C0Yd4M

成る程……
確かにやる夫は最もライドウにふさわしいなw


391◆L0x/Rj/V9U:2011/02/05(土) 11:57:10 ID:v7jWB9ME



 /: : : : : :_: : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : ヽ
.,: : : : : :/::::`;;-、: : : : : : : ∨: : : : : : : :∧
l: : : :|ミ、|;r "   \: : : : : :∨: : : : : : : :∧    そうです、ヨソはヨソ、ウチはウチです。
|: : : :|,"       >=-: : : :∨: : : : : : : :∧  
|: : : :|     ,,≠′'; : : : : :∨: : : : : : : :∧
|: : : :| _   '′__,.斗,z: : : : :ヽ: : : : : : : : : ,
|: : : :「.、 _  ,r 〃{沙},ヘ; : : : : \: : : : : : : :,
|: : : :|;rヘ,zぇ=ゝ  //ノ ヽ: : : : : : ー 、: : : : :i
|: : : :|l  ハノ ,   ̄    \; : : : : : :ヽ、: : :i
|: : : :|::`ー'ゝ、  _       .>ー-、: : : :∨: i
|: : : :|::::::::::::::l>、     .イ´__  ∨: : : ';: :i
|: : : :|::::::::::::::|l: : : : .、 ィ √:.:.:.:.:.\  y: : : :.i!:i
|: : : :|::::::::::::::||: : : :.r'二レイ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨|: : : :.:|: i
|: : : :|::::;r ー- 一゛}:.:.:.:.:ノ~:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.》|: : : :.:ト !
|: : : :レ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{ |: : : : :|:.:.:.ヽ
|: : : :|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:|: : : : :.|:.:.:.:.ハ



.      ,.:': : : : : : : : : : : : : : : : : :ト、:..:ヽ
     /: : : : :i: : :|: : :i: |:..:..|: : :i: l:} ㍉:.:ヘ
    .: : : _i:..:|:..:.:|: i: |:_|:i: :|:..:/:/リ  ミ.: : :.
     i: : :.ヽ>:|: i:.|/|´!{:|:|:./:/:/ /ヽ、ミ: i: i
     |: : : i:|: :|: |:.| 从{:从'j/:/    `i:..| :|   し、師匠のが一番参考になりましたから!
     |: :..:ノ; -'、:|:.|x==ュ、 ′ x=ュ、 ; /:/   こう、常識的な解答って言うか……。
     |: : :..{ f:z j从       、     i }/
     |: : : :ヽゞ  ι         lノ′
     |: :i: : :|`¨ヽ     r   y    八!
     |: :|: : :| : : : i丶  ゝ - '  /: :..|
.     八:!:..:..|: : :__|   >  _ イ: i:..: :i:|
    / i:|:..: :|: :/ \    | Y:.|: :|: :..从
      从;.ィ´〈    ` ー 、f´`ヾ;ハ:./
   _r:<: : : : :.ヽ    /  }ヽ  }:`:ヾ、__
. / ヽ: :ヽ: : : : : :\_ノ   〉 ゝノ: : : : :i: :}ヽ
 ′  }: : :}: : : : : : :ヽ:ヽ   | /:/: : : : :..|:..}  .

392◆L0x/Rj/V9U:2011/02/05(土) 11:57:29 ID:v7jWB9ME


                / ̄ ̄ ̄\
          /     :::::::::.ヽ
          /    :::::::::::::::::::: 〉   すまん……ちょっと、一人にさせてくれ……。
          |    ::::::::::::::::::/
          |     ::::::::::::::::::::l
          |   ::::::::::::::::::/
           \__  :::::::::く    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.            ,イ   :::::::::ヽ
           / `   :::::::::::}      英雄やらない夫――。
            ,' :::j  .:::::::::/      誰よりも常識(ルール)に縛られた悲しい男……。
         ,-´ :::ノ  .:::::::::{
       (,. - ―.i_   ::::::::::i
          /      ::::::::::: }      END
.        l,. ----ゝ.ー―一´ー--.._
     _ _」.   `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    {._  |    | 厂 ̄ ̄l ̄ ̄| |
.     `¨゙l____」__j    ∟..___|__j

393 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/05(土) 11:57:33 ID:dAcQHr0Y

素で紅茶ふいたwwwww

394 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/05(土) 11:57:59 ID:cL6Vd2vs

乙!
それでいい!それでいいんだよ、やらない夫!www


395 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/05(土) 11:59:15 ID:CPH0Cqxw

ここはとあるスレか

396◆L0x/Rj/V9U:2011/02/05(土) 12:00:09 ID:v7jWB9ME

 一応、このスレ的には「やらない夫“パーティ”が一番強い」です、フォローしますがw
 やらない夫はデビサマルール、やる夫がライドウルール、上条さんがライドウ+幻想殺しルールなのでこうなります。
 でも、女性連中に慰められるやらない夫って、同情できないのw

 では、レスいきますw


397 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/05(土) 12:02:41 ID:8Lb87hr2

やる夫があまりにもライドウで吹いたwww
普通ならまあ(あるなら)テオメトルとか使ってHPブーストして耐えた後に宝玉(あるなら宝玉輪)だわなw

398 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/05(土) 12:07:33 ID:5SOXcsug

乙~
一番正当なはずのやらない夫がしょぼく見えてしまうwww
いいんだ、やらない夫常識的に頑張ってくれw


399 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/05(土) 12:07:51 ID:wwRl6LfA

あくまで、パーティーであって本人自体でないのが哀愁を誘うな、やらない夫

400 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/05(土) 12:10:32 ID:9eD7c4AQ

キョウジ(使用後)「力全振りにしてないサマナーはこれだから困る」

401 :作者書き込みのないスレッド下から落とすお:2011/02/05(土) 12:13:24 ID:8cvUH5gc


幻想殺しはIMAGIN仕様じゃなくて原作再現かw
全員戦闘スタイルがゲームが違うレベルで違うなw

402◆L0x/Rj/V9U:2011/02/05(土) 12:22:58 ID:v7jWB9ME

>>371
 あれば有利っすよ、フラグ体質w強力な女悪魔を落せるのは大きいですw
 そういう意味では上条さんはいいサマナーになれると思いますw

>>380
 そういっていただけると嬉しいですw 是非、ごひいきにw

>>390
 やる夫、マジライドウw こいつだけ根本的にデビサマルール無視してますからw

>>393
 パソコンは大丈夫ですか?w

>>394
 これ、このお話の設定を作る前に考えてたパワーバランスネタでしたw上条さんが本編に出て来たのでお披露目ですw

>>395
 私も朝に起きてスレを見て、スレタイ確認し直しましたw

>>397
 一番正しいのにこのしょんぼり感w

>>398
 彼は一人常識的に生きていく事でしょうw

>>399
 単純な戦闘能力なら、やはりやる夫が頭一つから二つ上です。上条さんよか強いんですけどね、それでも。
 やる夫>>>やらない夫>>>>>>>>>>>>上条さんぐらいな感じ? 人間としてみるなら、破格な強さです。









一覧
関連記事
>[ 1818 ]
出てくる女キャラがどれもクソ痛いのばっかだな・・・。
なんちゃってハードボイルド風のハーレムラノベ風味って人気あんだな。
[ 2011/09/27 02:31 ] [ 編集 ]
>[ 2139 ]
凡人の成し得る精一杯の対応を、強大な意志と力で『踏破』し腐るものだから
それが出来ない凡人の嫉妬や憤怒を買って最後には殺される
英雄の悲劇が伴う死ってのは自明のものなんだな、コイツらも精々悲劇的にタヒねると良いが
[ 2011/10/31 02:44 ] [ 編集 ]
>[ 3737 ]
↑↑ハードボイルドの女性は、ハーレムラノベよりも痛いぞ
台詞回しで気がつき難いが

やる夫も、四文字様はさすがに怖いのかwww
[ 2012/04/04 19:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

申し訳ありませんが、体調の悪化により長時間PCの前に居られなくなりました。。
その為、当分の間は手抜きでのまとめとさせていただきます。
楽しみにしてくださっていた方、そしてまとめを許可してくださった作者様にご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。<(_ _)>


お盆休みと台風が重なりましたが皆様、大事なかったでしょうか?
8月も折り返しですが、まだまだ暑い日が続きますので体調管理は万全で。
あ、避暑のついでにやるぽん!も覗いていただければ幸いです。

一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

19/05/26
やる夫は誰かを救う悪になるようです 追加

19/05/18
エージェントやる夫の日常茶飯事 追加

19/04/14
やらない夫は「The World」にログインするようです 完結

19/02/10
真・女神転生 ~やる夫の嫁は加賀のようです~ 追加

19/01/21
できる夫とマリーがたどる仮面ライダーファイズ 追加

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



月別アーカイブ
FC2カウンター