やる夫は帝都の守護者のようです #561 やるぽん!

ジオウ第48回 ありそうでなかった決戦前のおじさんとの会話。 お互いへの培った愛情が見えてほっこりしますね。 それにしても、衝撃的。まさに怒涛の展開。 え、これどうなるの? 次週、最終回!お見逃しなく!

やる夫は帝都の守護者のようです #561

925 名前: ◆L0x/Rj/V9U:2011/08/12(金) 11:52:21 ID:XuSvMLy2
ゲリラー(挨拶

穴埋め的に小ネタ落とすぞーw


926 名前: ◆L0x/Rj/V9U:2011/08/12(金) 11:52:48 ID:XuSvMLy2



  /                   \
 /              、   ヽ\ ヽ
./  , /    !    ∨丁ヽ い    |    ルイ先生とー。
/  ! |   ィ 「\   | ハ   l |   ,′  
l   ! | / /j/   '.  ノ, =、!// /j/   
l   い/ ,, =x j/ ′   〈j/     
ト ._  \_〃         :.:.:.:.}        
l l { 下 ̄ .:.:.:.:  -‐1   ∧      
l l T ‐个 ._     ー'  イ l|      
l/ /|  l l//下二千ヽ_l い       
' / .′ l,ノ\/// 小、|、\ヽ\       
¦l  /  / \/ U` \ヽl i     
¦l l    i      !   ト ヽ |



        | i    | | i |  i |i  | i i |   | i|   |i| i|  |  |  |
        | i   l   | | i |  i |i  | i i |   | i|   |i| i|  |  |  |
        | i   | | | | i |  i |i  | i i/  | i|   |i| i|  |  |  |
       〉 '  | | |_|.〕.十‐-L_|i  | i/  _」斗-‐ァ7 〔   |  l  '
        |iヘ  | | |ir==‐- ミヽL__V__/_厶 -‐==┤ i| / /{    ミカエル先生のー。
.       乂ヘ  ∨∧  r し }ト        ヘ.r し i}  リ  リ / ,ハj
       |iハ  ∨∧  `¨¨´          `¨¨´  /  / ,ノ:i:|
       |:i:iゝ--ト一                 厶イ /:i:/T′
        厂  川  ト、        '        イ i| .Z/ |
        /  / j ! ,⊥r> .     r‐┐     ∠⊥、  | i |
.       / __r─v‐}─{_二ニ> .   ー く\. <ニ/⌒i-r─く,⊥_
      /,::´:: {   |:::{ /`ヘ_/⌒フア7ァ<\\/⌒ヽ /:::|   }:::::::ヽ.、
.     / i::::::::::>‐┤::\_/⌒ヽ/ /::::川::::::::ヽ ヽ.`V≠=ミx‐く::::::::::::Vヽ
    / .!::::::: {   |:::::::::i:ヽ._/ く:ィ::i:#:|:::トイ `ヾ∨{:::::..... }h }::::::::::::V }
.   〈   |::::::::::>‐┤:::::::i:::::::i`ヽ∠.j:::|:#:|:::l__ト、/r{、`ー一 ' ||く:::::::::::::::∨
    ノ  .|:::::::::{   |:::::::::i:::::::i:::::::i:::::l:::ト-|:::|:::::i::::/ ハ    .八 }:::::::::::::::::\

928 名前: ◆L0x/Rj/V9U:2011/08/12(金) 11:53:13 ID:XuSvMLy2



                    ,   ´ ̄`ヽ- 、
                   /         \
                   / /        ‐、 ヽ
                 _∠_  / / /   { \丶 \ 丶
                 /´   `ヽ ト、/l    !ハ ,へヽ ヽ!
             / / \ レル夊   l夊=ト、L  l |
.              l 〈 <ヽ/ |K {.::{_j\_fl.::{_j 〃 ,/ │ 
            入 ` ー'  l、 ゝ-'   ゝ-' ∠ ィ  |
           /   ヽ::... ..  ヽ、  r― ┐   ィ! ! |  l
          /    .::ハ:.:::::::::::::...弋.ーヽ _ ノr<ヽ| l│ !
.         // / ..:::/_::`ー:::::::::::::::ヽ `^Y   ,ノト、l  l
        // /....::〆:::::`! :::::: ::;_ノ⌒ヽ、 __ /  l l  ',
          l l ゝ::::::::::::::::ノ; - '´::......... .:::l二二二二 ! ハ  ヽ
          l l .::: `> 、_〃/::::::::::::::::::: ノ_____ ! ヽ ヽ
          l、` ー- __;>!{   _ -==´――――‐‐l  ハ  !
        `ー ---<_イj ̄l「|―\________,/  / ヘ l
               |l   l  ! ̄ ̄\      人 /   \

           「「教えて、先生コーナー!!」」

    {  ノ:::/   /    / i   |    {    :l|   |     ヽ  ハ
    /ゝl:::::i   i     i  |  |   |   ||   | l  !   ハ i  :l
    l { }::::|    |  i   |  |  |   i| |  i |   | |i |  | |  l|
    | ({ :::||  |  |   |  |  |   l| |  | l リ   | ||  |  /l| | /|
    | /iヽ||  l  l  ̄厂Τ≧ト、  | |  | 厶斗ヤΤ ̄///リ i /:l|
    l /i:i:/:l|  {  |___|_二二__」_!__i_i_二二_i_i__i//_/:// /l
    /:i:i/:i:i| 、ヽ 丶 「 下芋示灯          下示灯ア /:/:// //、
    l ̄l^Y|'. \\八   弋辷ン            V辷ン   ハ/:// //i:i:|
    |  |:i:l:|八 \\\                    {/:// //  ̄
    |  |:i:|:| l >‐-:. \\           ,         八>x/:|
    |  |_」」リ i i  l 个ト、                      .イ  l | |l」
    l   i i|i | | |i | l| >x       rァ-、   _ イ l | li| |
    | l | l|l | l || | r===xj    ..,_____`ヽ\{__ | i| | |l| |
    | | |_」   _|l.斗^{  乙>-、__./:/::ハヽjハ ヽト{__,>─-、|
    八>に二Y::::::::て ⌒ヽ夂__  /:/:::|{^}|::ト、 ハ  Ⅵ/ ≦三≧ヾ__
.   / /:::::〈ー‐ 」:::::::::i::ゝ辷 _.イ` l:/||ハ|::lヽ〉Y寸Y_ ヾ___,.ノ∩\

929 名前:短編祭は12日からだお!:2011/08/12(金) 11:53:28 ID:KdB0LTKA
おかあ・・・ 先生!

930 名前: ◆L0x/Rj/V9U:2011/08/12(金) 11:53:46 ID:XuSvMLy2


        | i    | | i |  i |i  | i i |   | i|   |i| i|  |  |  |
        | i   l   | | i |  i |i  | i i |   | i|   |i| i|  |  |  |
        | i   | | | | i |  i |i  | i i/  | i|   |i| i|  |  |  |
       〉 '  | | |_|.〕.十‐-L_|i  | i/  _」斗-‐ァ7 〔   |  l  '
        |iヘ  | | |ir==‐- ミヽL__V__/_厶 -‐==┤ i| / /{    合法投棄所に質問が来ていたので穴埋めにちょうど
.       乂ヘ  ∨∧  r し }ト        ヘ.r し i}  リ  リ / ,ハj   いいので私達が解説役に召喚された。
       |iハ  ∨∧  `¨¨´          `¨¨´  /  / ,ノ:i:|
       |:i:iゝ--ト一                 厶イ /:i:/T′   まず、「現在、アカラナ回廊への出入りは可能」だ。
        厂  川  ト、        '        イ i| .Z/ |     十八幕ではやる太と未来のテスカトリポカが。
        /  / j ! ,⊥r> .     r‐┐     ∠⊥、  | i |     三八幕では葛葉ドヤが夫と我々――
.       / __r─v‐}─{_二ニ> .   ー く\. <ニ/⌒i-r─く,⊥_
      /,::´:: {   |:::{ /`ヘ_/⌒フア7ァ<\\/⌒ヽ /:::|   }:::::::ヽ.、  後、メタだが四一幕でアレイスターが使用している。
.     / i::::::::::>‐┤::\_/⌒ヽ/ /::::川::::::::ヽ ヽ.`V≠=ミx‐く::::::::::::Vヽ  正規の場所か、正統な儀式を使用すれば現在は
    / .!::::::: {   |:::::::::i:ヽ._/ く:ィ::i:#:|:::トイ `ヾ∨{:::::..... }h }::::::::::::V } 誰でも使用可能なのだ。
.   〈   |::::::::::>‐┤:::::::i:::::::i`ヽ∠.j:::|:#:|:::l__ト、/r{、`ー一 ' ||く:::::::::::::::∨
    ノ  .|:::::::::{   |:::::::::i:::::::i:::::::i:::::l:::ト-|:::|:::::i::::/ ハ    .八 }:::::::::::::::::\



       /    /  /彡三二 _ ̄ミヽ、
      /: . : ./: . /   /´ _ー─    ` ヾヘヽ
     /: . :./: . :/    /  ((´ ゙̄)     ヽ, ゙、: ', '、
             /-‐ケ/‐ ̄- 、_   ,..、 ` l l l
     : . /: . : ./   /´  {.{      }.〉、__ヽ、_゙) |: .l |
     /: . : ./   /   ゝ`、ー_-_'/⌒/´ `丶jl: .l :|     ――とまぁ、結果だけじゃつまらん。
    : . : //   /           {、    lト|: .ソ     ちょいと伏線解説といっちまおう。
    :/: .:/   ,'               ``ー'ハ:.|: .|
    : . : /    ,゙                  !!: .|
    : . /    ト、     <´_|          人: .|
    :./    l|:: ;ヘ            ,. イ/ |:..|
    : . /   |::く  `  、. __ .. -‐ ´/: :.|  |リ
    : /: . .  |:::::::`丶、_/、: ./: : //: : : :/.: : :| ノノ

931 名前: ◆L0x/Rj/V9U:2011/08/12(金) 11:54:39 ID:XuSvMLy2


           _/´ `´       ヾ、::::{:::::0::}ヽ
       ,r─'三:/              `ゝ、:::::|  ',
      /  f⌒i⌒!                 `丶、`,
      /   l0:::::::::l / 〉        \    ヽ、   \
      !    l:::::::::// /  /        ヽ    \   \
       |   |::::::// ∧ /    、      ゙,     ヽ    ヽ
      |   ∧// /  ノ゙l    ハ       !      }    i
      |   l { じ、 / | ./- /、_ ヽ      |      l   /    まず、ここで明確に伏線が出て来るのは十六幕の
      .|  |  ト,r-、j   | / j/ - `ト|    ノl     /   /    終盤、私とアタバクの会話だな。
      |  l  { { ヽ  弋¬t、r::チ,、|  /ノィ    /   /
      |  !  ト、ヾヘ    ` `ー‐' j/  ´ノ  ,.イ__, イ       前提条件として「十四代目と十五代目は天津金木を
      |    | |`ー、           ´ ̄  }´:.:|  |       使用して“こちらからアカラナ回廊”に入れない結界を
      |     | |    \   /ヽ、_    , イ:.:.:.:l  |       築いていた」――こっから伏線が張られてた。
      |     l | r‐_' ´|、` - `.ー‐_'´、.-<l:.:.l:.:.:.:.l  |
      |     l | 〉〔 ノ、;;;`;ー‐‐";;;| \|:.:.:.l:.:.l:.:.:.:.l  |
       |     l | /  \ \;;;;;;;;;;:/ヽ ハ:.:.:l:.:|:.:.:.:.l  |



         ,': : : : : : : : : : : :. ‐、_〉-r ‐ ∧ : : : : \ : : : : : ´:\:|   ヽ
            i: : : : : : : : : : : ⊥/   |   | ',: : : : : :.:\: : : : : :./」._ _i >r─‐ 、
           ! : : : : : : : : : { / .  :|   |  ヘ: :、 : : : :: :. ,: : : : |   / ヽ j    i
          ',: : : : : : : : : :У :i  . :|   |  i .: : : : : : : ::\ . .:レヘ        _j
          '.: : : : : : : : /     :i :|   |  |  \ \ : : : : ヽ: l   ヽ     ∠ノ
           . : : : : : : ′  | || :|   |  |!   l\ \. :<  ̄!   / ゙ ー'   `
               .: : : : ::i   :| || :|   |  l! . 斗‐:l\ \.\ \_/フ!        まー、愚姉だがここでの勘違いは仕方
            \: : ::| i   | || :|  !  / ィ::::ヾ ア\ ゛ !ヽ人´/  | ̄ 了T´ ないな。
                  \ ! !: ! :! 斗┼__ ゝ‐  " {r‐イ! :| :i ヽ/  /「\ /\_/、/
                | |l |  V< 7r‐1`     ̄ ./| :| :/  //|、_/:|\\   愚姉はここで「奇妙な封印」と言ったが
                | |l |  |_ヽ ゝ‐' .        /丿ノ/  . イ: ! : : | : :|: : :',: ヽ そこが間違いだ。
                | | 」: イ T!           `  / /l |:|: : | : :|: : : i :
                     V´   | l:ゝ.     っ    /∠i  l |:|: : | : :|: : : | : 正確には「必要最低限度の封印」なのだ。
                        ̄|   > 、   _r‐≦<}`y‐、l |:└‐z__ト----
                         |  ! . " フ(/::: ̄ ̄:::\ノ-、:    |::  | |
                         |__f  ̄ノ>:' :::::::::::::::::::::::::: \'     |::  | |
                       |   7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::、!      |::  | :
                       >‐/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     !::   |
                       /:::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    :   |
                         i:::::::::::::::/::ー::::::::::::::::::::::::::::::::::/!         ',

932 名前: ◆L0x/Rj/V9U:2011/08/12(金) 11:55:16 ID:XuSvMLy2


             _
            (:::::::)_
       r──ァ'´`__´   `丶、、..,__
        |l /ィ' ´   `丶、    \  ̄ ̄ニ _ーァ
      {|/ ,   /  l  、 \    \    //
     /  /  /  l |   ヽ   \   : \/: ./
    /    ! ,r‐|、  |!'|´ ̄ ヽ   ヽー: . : . ヽ/   んだなー、私も後になるまで気付かなかったよ。
     {   {  |;L'、   |,|rtぅォ、| l   ト; : 、 \: .ヽ   ここまで読んだ読者諸君にならわかるだろうが、重要なのは↓だ。
    /\,   ヽ/{:;{_|\ | |:::t;L;}ヽ|  }ハ: ヽ: .\:ノ
     /゙ `ト、|;` ヒヤ!   ` l:::::ゞヅ| , イ:::::',: .ヽ: :/\   ・ズルワーン・アカラナを十四代目・十五代目ズが封印した。
    /   |: | { ゞ''    ´¨´ ´ |  |::::::::',: . :Y、   .  ・十四代目は球磨川禊の存在から神霊が神霊化の呪いを受けた
         |:l ト、    r 、    ,.イ゙|  レ⌒ヾ,..: .| ヽ   者へ試練を与える存在だと知った。
       |! |:::;>_.、.,`´_,. イーヽ|  !    |_:ノ      
        |  |ヘ  ゝr''´ . : . : . | __ |  /
         |  | /「` ヾ   //   } ノ´ヽ,       さて、ここで私とアタバクとの会話を思い出して欲しい。
         |  |゙l  `丶{__ / ∧ _ 人   }       私は「この世界のやる夫のみが神霊化している」と明言してる。
         ヽ トノ / ‘〉  \/ ト, 、;;;;;へ イ       ――ま、ぶっちゃけ「帝都の守護者」の時間軸にだけ存在する
        ∧{| /    l!   /_ノ{ \ _ ノハ      特殊技術だかんな……外には流出してないはずだ、多分。
        /  | !     !   ´ |. \ __  ノイ.}
         |  |l    l!     | /   ̄|   ノ



              __/: :ム、;-:チ、: :_: : : : : : /: : : :ヽヽ
            ,. : :´;.: :'´/: : !´ ̄´ ̄ `丶、 /: : : : : : : :! !
   r―- 、.  , イ: : ,イ.: : :/ : : ! i| i  i.  \: : : : : : : :; ィ !
   |!   r‐-,ヾ、|/ |: : /: : .:,'  || i.  !i   ヽヽ: : : :/: :| |
   ヘ、 /: :/   ヽ、 | /: : / ,'i i! ii ii.   !i       マ´: : : :リ !
   |` `ー\    リ_リ': : / / |! i! ii  !i.  ||  ii  i ハ: :_:_./:/       r‐_つ  そう――あの封印は「神霊化の呪いを受けた
   !: : :.iヽ.: : i .ィ┐|: :/ / i i !`_‐- .._,  |!  |!  ! !i:´:./; '        ノ fヽ、 者が間違えてズルワーンと接触しないための
   \: :{ヽ.゙ー'´ / !|' / i i |ヘ r'`ト` ‐ '' .ー+‐ ii i!| /           | ,ノ ,' i゙i、 モノだった」訳だ。
    弋ヘ: :゙! ,イ  ,ノ ∨ | i ', ゙ー'    'r'Τケ'、 ,リ!'           |   {ノィノ
     `>=イ :K´ ヽヽ.i___!_i_i.      ,`" i i ハ`'         i⌒¬、 }. }  だからこそ、「こちらからアカラナ回廊に入れ
      /: :/: :!| ハ、   `\             ! ! i             ヘi ! /`ー<  ないだけ」でよかった訳だ。
    /: :/ : : !| ヘ\  ゙ \      ‐   ノ‐‐┘           r'弋ゝ、_ノ__}
    ,': : ル--{_ヶ‐┘i! >.、  ヽ、    ._イ |           ,'   ` ー1
   ヒ ´Y/ /,-、_,、..i!_,>' ´ ̄ `ヽー.- ´  `i-、           /!     リ  天津金木とは「言霊、天文、地文、易、予言等
     (// /´ ̄`¬'ヘ.     ´{..ノ=    ノ:::::\__    ,r=/       / のあらゆるモノの根本」――過去と未来を見通す
    .///::::::::::::::::::::::ヽ \     ハハ   `r':::::::/::::::::::: ̄/=‐}       /  道具なのだが――。
   // |::::::::::::::::::::::::::ヽ`゙iヘ   ィ   !、ゝ._ ノ)::::::::::::::::::::::::;'   `Y     /
  ./.' リ:::::::::::::::::::::::::::{ ニ!::::゙Y ;   iハ    マ::::::::::::::::::::八 \ メ.-‐'"/
  〃 /:::::::::::::::::::::::::::::i. __〕:::i     !::ヘ.   Y:::::::::::::::_;;:::キ、  |.ィ´
..〃 (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::) ヽ;'    |:::::i.   i:::::::::::ノ´   ゝヽノ-'

933 名前: ◆L0x/Rj/V9U:2011/08/12(金) 11:55:48 ID:XuSvMLy2



                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、
                /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.
               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                /.:.:.:.:.:.: | :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'
             .:.:.:.:.:.:: : | : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ .:.:.: /|::::::::|ヽハ : ::::::| .:.:.:.:|
               |.:.:.:.:.:.:.:. | :.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ .:.:// |::::::::| | ∨ ::::|:.:.:.:.:.|
                |.:.:.:.:.:.:|.: | :.:.:.|:.:.:.:.:/.:.:.:/‐/‐-.! ::::::| | ∨ ::| : .:.:.:|
   .           |.:.:.:.:.:.:|:.:.| :.:.:.|:.:.:.:.|::_::/ ./   │ ::::| |   V:」 :.:.:.:.:|  ル「こいつが引き篭もった時に作られたもんだな」
   .            |.:.:.:.:.:.:|,ィ'| :.:.:.|:.:.:.:.| ゞ=≠ミ、 \ ::! !  ̄Y:.:.:.ト : |  ミ「天照大神様の「世界を遍く照らす」識能だな」
             |.:.:.:.:.:.// | :.:.:.|:.:.:.:.| `ち少j    `  ,ィ=ミゝ、/ |:.:.|  ル「なんで、森羅万象を見通す能力がある訳だ」
              |.:.:.:.:.:.ゝ.〈|:.:.:.:.\ ::! .弋zン      ん::〉/ /::::::| : |
               |.:.:.:.:./::\|.:.:.:.:.:.:.:l`             ら;/ / :::::::| :/
               !.:.:.::/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:|   ""     , `´. ,' : :::::::|/  ??
               ,:.:.: /.:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.|           "".:::::ⅣⅣ
           /.:.:./.:.:.:.:/ : :.:.:.:.:.:.:.:ト、       `ー -     /:::::|::|
            /,;:::/.:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| \         ´: :::|::|
   .        // Y.:.:.:..´ ̄ ̄ ̄`'く .\  .ヽ _    ´.::::::::::::|::|
         // //         \\       | ::::::::::::::::::|::|
         ,'/ . ∠ニ二._ `丶、    \.\   | \::::::::::::.::|::|
            / (( /:::::::::::..\  \  .\ \   \`寸 ::::::::|〈
        /.:.:.:,>─- :;:::::..\  ヽ ,   \  \ハ `ー- ._;;, 
         /.:.〃        \::::::::、         .,   ヽ}ヽ   `丶;;
   .    /.:..│         \:::::、 i      i、   │ ',    /
          |            ヽ::、 i    j   \ │ ,    /
       / !              ヘ } j       ヽ| !  ∨
         ,              V/          ', │ /

934 名前: ◆L0x/Rj/V9U:2011/08/12(金) 11:56:31 ID:XuSvMLy2


           _/´ `´       ヾ、::::{:::::0::}ヽ
       ,r─'三:/              `ゝ、:::::|  ',
      /  f⌒i⌒!                 `丶、`,
      /   l0:::::::::l / 〉        \    ヽ、   \
      !    l:::::::::// /  /        ヽ    \   \
       |   |::::::// ∧ /    、      ゙,     ヽ    ヽ
      |   ∧// /  ノ゙l    ハ       !      }    i
      |   l { じ、 / | ./- /、_ ヽ      |      l   /
      .|  |  ト,r-、j   | / j/ - `ト|    ノl     /   /     ――いやー、やられたよ。
      |  l  { { ヽ  弋¬t、r::チ,、|  /ノィ    /   /      「十四代目と十五代目は全部見通していた」
      |  !  ト、ヾヘ    ` `ー‐' j/  ´ノ  ,.イ__, イ        そう考えると、筋道が通る。
      |    | |`ー、           ´ ̄  }´:.:|  |
      |     | |    \   /ヽ、_    , イ:.:.:.:l  |
      |     l | r‐_' ´|、` - `.ー‐_'´、.-<l:.:.l:.:.:.:.l  |
      |     l | 〉〔 ノ、;;;`;ー‐‐";;;| \|:.:.:.l:.:.l:.:.:.:.l  |
       |     l | /  \ \;;;;;;;;;;:/ヽ ハ:.:.:l:.:|:.:.:.:.l  |



       l 〃:/i   /〃 / //〃  |  |i   |  | | i ハ ヾ ヾ ハ
       | }}i:i| | i ! l|  l //〃   i|  ||   |  | | | |l i| i|  |
       |  Yi| | |i | i|  | i l l|  l|  l|   l  | l | || l| ||  |
       | :i )| | || | ||  | l |八  八 リ   / /}斗-}‐;リ /j  |  |
       | i| .小| l| | l|  | ‐┼‐}─-、Y  / ィ爪_厶イ / /  | /    そう、何故「こちらの世界に入れない結界」にしな
       | ||/:i∧八{八 lL_i_|-─___, ┴  ̄ -=辷彡'// /  八/    かったのか? ――十四代目と十五代目が「葛葉
       | l|`Y^ハ 、\、八 ー=辷彡'           //_厶斗‐'     やる太の存在を知っていた」としたら説明がつく。
       川  |i:i:iト、\\ \        ,       / {i:i:} i|
       //リ 从:」l|  ̄ ̄ト、              _∠l人.二 l|      もしも「外からも侵入できなければやる太は帝都に
     八/ / / 八rf斤ヘー>x        ‐く\イ─ {ニY⌒》| __    現れる事が出来なかった」。
     // l >《 ̄`Yイ二}__人_}≧z-ァ=x≦ \》、 人_;ィ≦≧x(     そうなった時は……少々、困った事になっただろう。
     // |/::::::::《-=《:::^Y个ト-く__//:/ハ、:\__/\\/弋__.ノハ、
.    //  /::::::::::::《ニ=》:::::`く  / {_:イ:/-l:ト、_}ハ_./ヽ{r 、ー== _ }ヽ
    ハ /:::::::::::::::::》: 《:::::::::i::⌒ヽ〃 ' |:|ハ:|:| ヾ_,.イ:::::l| iヽ  f Vー l、
   八ノ.ノ::::::::::::::::::《ー》::::::::i::::::::i:::⌒ー|:|こ|:|⌒::::::::i::::::|| | }__」 ヾ、|::ヽ

935 名前: ◆L0x/Rj/V9U:2011/08/12(金) 11:57:24 ID:XuSvMLy2


                      __
                    ,  ´   _ 、``丶、
               / ∠/从'´_j、\.   \
     r  ´ ̄  ‐-/  イ,厶{. ヘて丁∨   \            やる夫が「あの時点で十六代目になったのは
     l   ヽ   | l. }ヘ>'  ` ̄  ∨   、 \          ベルンカステルの“繰り返し”でも初めて」だしな。
     ヽ、   \ ̄| l./      __   ∨   \ \
        .    `<ー八.    <  ソ   イヘ     ヽ  \       結果、私はアタバクに言って「やる太を帰すために」
          \    〉 、.不、t-,-   イl.l l || ヽ  ヘ\ \     アカラナ回廊の封印を解かせてる。
          lヽ. /  ヽ l `v    レ|| l. j| ト、 \ ヘ \ \    ここは十八幕のテスカポリトカの台詞を参照な?
          |  ソ     l  \.   〕、!.j/.l|ヘ.  \\ \ \
          l /       !    ヽ/  \. l.|  jハ.   \\ \ \
          ∨   /      /\  ヽヾ!    ヽ     、 ヽ.、 \ \  
             `¨¨´  ̄〕/   /::::::∧   ', \.   \  ヘ  '.\  、 \
                   /    /::::::::'::::,!  l   >   ヽ   '  l  ヽ \ ヽ
                 /    /:::::::::::::/:|  |/!      \j  !  jハ. '. }
           /      /::::::::::::;:':::::!  \l.         / /    }  'j/
          ∠. _     /::::::::::: /::::::::|    ヽ      //     ///
          {   `¨7ー ′::::::::::::::,'::::::`ー-:、   \.  /´      /
          \.  /:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::「¨ー-冫
               `/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l  /



                r'⌒Y⌒Y¨ー、 __
            _/\厂i  -┴ー┴─'- 、/⌒i
          /、__ノ__人_ノ⌒ー'⌒ー─、__\`ー 、
          ノヽ/ ./  / / , ,′   \ しヘ\ /‐、
            〈 厂~/ ,/  / //   ヽ \  しヘヽ/__
            {/  /  /  / // !          ヽ ニ〕
          /  /  /  / // |    l|  i     ',ニ〕
.         /  /  /   i  i l  |    l|  |  l  iニ〕   そして、やる夫と葛葉ドヤが夫の入れ替わりの件だ。
        i  i  i|   |l  | !  |    l|  |  |  | |))   これは薔薇水晶の加護による現象だ。
        |  |  ||   |{  |:l  :|    l|  |  |  | |))
        |  |  |{ ¨≧x. {ハ  l   _,,斗<  /   //\  そもそも「神霊ズルワーン・アカラナの欠片の加護」なく
        ∧  ',  ',fTモミx     ̄x==モ丁 /  // lヽ 〉 して、アカラナ回廊内にいるズルワーンを打倒出来たか?
         〈/ 〉、 \ヽ弋zソ ゙      弋zソ / ,′ //}|_|
        | {_/\  >      .      厶___//__!_    ――非常に困難である、としか言えんだろう。
        | , --/~八                /~{/::::::::::::::::`:.
         |/::::::::::И 个     {ヽ       イ─〉::::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::: r‐┴─‐}  .> ニ  <  Y゙\(:::::::::──-::::::::::: ',
.      /::::::::::: しヘ ヽ  \´/ ./!:l、\._〉人  `ー'¨ー- 、_::ヽ:::::::}
      ′::::::::::::::::_}_ノ、/ 〉ーi l | iー'\ _r`T ‐ )   \ \\:|
.      {:::::::::::::::‘,{─ 、 :|\/_| | | |_}__/: __> / /   }ヽ ':::‘,
     /|:::::::::::::::::::\「¨.∧ : :! : |_| |_|l: : :.( ‐-.( /  / 〉} ',::::i
.    / .|:::::::::::::::::::::::::\!ヽ}: :|: : :|: : :||: : : : :ー-' i`ー=´__// し、|:: }
.     /  l::::::::::::::::::::::::::::::`ー‐、|: : :|: : :||: : : : : : |、 | l` ─‐/  lⅥ:/

936 名前: ◆L0x/Rj/V9U:2011/08/12(金) 11:58:08 ID:XuSvMLy2


           _/´ `´       ヾ、::::{:::::0::}ヽ
       ,r─'三:/              `ゝ、:::::|  ',
      /  f⌒i⌒!                 `丶、`,
      /   l0:::::::::l / 〉        \    ヽ、   \
      !    l:::::::::// /  /        ヽ    \   \
       |   |::::::// ∧ /    、      ゙,     ヽ    ヽ
      |   ∧// /  ノ゙l    ハ       !      }    i
      |   l { じ、 / | ./- /、_ ヽ      |      l   /   ――とまぁ、伏線は随所にあった訳だな。
      .|  |  ト,r-、j   | / j/ - `ト|    ノl     /   /    十六幕の時点で、ここまでは構築されてた訳だな。
      |  l  { { ヽ  弋¬t、r::チ,、|  /ノィ    /   /
      |  !  ト、ヾヘ    ` `ー‐' j/  ´ノ  ,.イ__, イ
      |    | |`ー、           ´ ̄  }´:.:|  |
      |     | |    \   /ヽ、_    , イ:.:.:.:l  |
      |     l | r‐_' ´|、` - `.ー‐_'´、.-<l:.:.l:.:.:.:.l  |
      |     l | 〉〔 ノ、;;;`;ー‐‐";;;| \|:.:.:.l:.:.l:.:.:.:.l  |
       |     l | /  \ \;;;;;;;;;;:/ヽ ハ:.:.:l:.:|:.:.:.:.l  |



                  ,..ィf⌒77⌒/ス
               .ィ:ヽ..ィz―――-xイ\
                  /:_j/// ハ、ヽ\ 、\/ス
               {// / / }.!i:} iヽ ヽ \:〉
                 / ./   / / / 川 } l  l }ヾi
             /  /   / / / // ! / }  } ! i|
              /{  {  i{__|__/_// //-ノ‐ ノ .j !lヽ
              (ハ  、  i.rfテテァ    ィテナ7 / / i|ノ
              丶..._ 、 \`゜  ,  `´<ノィ /lヽ    ……そんな伏線、当時じゃわからん。
                    _l TΤ、   _   イl |ハ.|     伏線とはあくまで「読者に自発的に作品を読み直してもらう」
            __,ィニF:| .|'、 ≧ァ-<フス.l  l|l|    復習処置だからな。
         x┴x、‐{/ ノ:リ! |ー(_((人ノ_)_)イ| f^i‐、!
            { f´/)┘//:}‐| |:|::|::l::i:::i::l::|:::|.| {ー{::::ヽ
           i  /フ i/::::::ソ |:|::|::|::|:::|::|::|:::i!| {フ::::::/i    最終章に入った事だし、読み直してみると面白いと思うぞ?
         l  /  /::::::/ |::|::|::|::|::|::|::|:::i ト、 \::::::::)、   もう、偏執的としか言いようがないほど伏線ばっかだ。
            、  V^)::::://| |Y^Y^Y^Y^Y)!i ム  ヽノ<))
             ∧  }ハ_ノ/リ| |二二二二二:||/:::::`ー--イヽ
           }∧(  }ー\:| ト ――,、―‐ァ||:://:::::::::::i::ハ
          〈_ ∧( } ヽ 〉}`ー-┴┴--イV/::::::::::::::::〈  i

937 名前: ◆L0x/Rj/V9U:2011/08/12(金) 11:58:34 ID:XuSvMLy2


  |: :/| : : |: : : :ハ ll: : :/ |: :|: :/__| | |: : |: : : : : :||: :|: :ヽ
  | / | | |: : : :| |:|ヽノ  | /|/   ヽハ/|: /|: : : : | |ヽ |: : :ヽ
  | | |: : | |: : ハ|ー-ヽ、 ハl/リ ,イ弋夕フゞ// : : : : | | ヽ: : |: : \       ――余計なお世話だ。
  | | |: : |: : : :| ,-i--iゝリ    ̄三三´ リ/: :/ : : / |: : ヽ: :|: : : :ヽ      伏線なくして、何が続き物の物語か。
  レ /|: : | : : |弋彡イ .i          /: /|: : / リヽ_: :ヽ |: : : : : :ヽ
  ∠ハ :|: : : |. ~~~. /         /:/ .|: :/,、 ) ノヽ、l |: : : : : : : : ヽ、
    /ヽ |: : : :ミ   ヽ         レ / / --イ/: : : : : :!: : : : : : : : : : )  ほい、解説ご苦労さん。
   レイヽ!: : :ヽ               レ ,--イ|: : : : : : ヽ: : : : : : : : /   最終決戦に戻ってなー。
       | : : ヽ     ____        / .| : : \::: : : : : :ヽ: : : : : :/、
       |: : : : \   ´ __       ,   ヽ: : : :ヽ: : : : : : ヽ、: : /: :ヽ
       |: : : : : : \        , イ  /  .,ヘ、: : |: : : : : : : : |: ::|: : : : ヽ、   以上、ちょっとした解説コーナーでしたー。
       〉: : : : : : : _>ー-、ー、イ    |/   ー-|: : : : : : : /: ::|: : : : : : : ヽ
      /: : ,へ´ `ヽ、_  \ \  /     //: : : : : / `' - 、: : : : : :
 .  , -イ / , \-,,,  ヽ-、 \─- 、   / ̄: : : : : /     ` - 、: :
  /´: : /  、|、 ヽ \ ヽ 丶、__ヽ  `' 、/ : : : : : : / /   , --- ヽ: :    ENZ
  |: :/    | `|  .i  ヽ ヽ       ヽ:: : : : : : :|  /   /     ヽ
   Y      ヽ ヽ iヽ、___ヽ-`     ,--、_ヽ_: : :|、 | /    /        i
  _| \_____/ ヽ ヽ_|、__|-!`ー´`i /´~    ̄ヽ: :|\|/   /         |
  /\      /ヽイ       /        ヽリ  |   /          |

938 名前: ◆L0x/Rj/V9U:2011/08/12(金) 12:02:12 ID:XuSvMLy2
ほい、と言う訳で伏線種明かし解説編でしたw

まぁ、唐突に「ドンッ!」と出すよりかは伏線張っておいた方がドラマチックですよね、と。
この伏線の場合、十六代目葛葉雷堂は出るけど、配役は決めてませんでした。
で、ドヤが夫をそこに決めよう、と思った結果、あんなおかしな話になった訳ですw

いやー、伏線って怖いですねw

939 名前:短編祭は12日からだお!:2011/08/12(金) 12:20:52 ID:fQZzBMdw
成程…相変わらず、>>1の発想は異次元だぜw

940 名前:短編祭は12日からだお!:2011/08/12(金) 12:21:16 ID:dWKMj8es
解説乙
こんなん考えられるあんたの頭のほうが怖いわw


941 名前: ◆L0x/Rj/V9U:2011/08/12(金) 12:36:18 ID:XuSvMLy2
え、いや……伏線って、こういうもんやで?ww じゃないといきなり突然設定が生えたりするやんww

942 名前:短編祭は12日からだお!:2011/08/12(金) 12:43:37 ID:UMILptvg
伏線というか裏設定に近いような…

943 名前:短編祭は12日からだお!:2011/08/12(金) 13:02:30 ID:Ipd2vBJ6
伏線貼りまくって使える伏線だけ回収するという手法は割と使われるけど、
ここまで練りこんで伏線貼りまくるのはなかなかないわw


944 名前:短編祭は12日からだお!:2011/08/12(金) 13:05:29 ID:s9GoLnwQ
回収されていない伏線ってまだ幾つかあるんだよね…
毎日投下して何重もの伏線忍ばせて…やる夫スレ作者って怖い…


945 名前:短編祭は12日からだお!:2011/08/12(金) 13:47:58 ID:8n7giZLA
ENZ・・・
一見ただの誤字と思えるが、我々は大切な事を見逃がしている・・・
>>1は伏線張りが多いという事だ。
つまりENZとは!


946 名前: ◆L0x/Rj/V9U:2011/08/12(金) 13:50:33 ID:XuSvMLy2
>>945
それは誤植だ(キリッ

>>942
使われたものが伏線、使われなきゃ裏設定じゃね? ここはきちんと使った部分やしなw


948 名前: ◆L0x/Rj/V9U:2011/08/12(金) 16:57:55 ID:XuSvMLy2

___________________________________
                                                          _,,、    ....,,r
                                           __,,,,,.... --ー¬'''"゙ ̄゛    _,,llll゙゙゛
                                  _,,,,,,......--ー¬'''゙゙゙゙´             ,..._,,,lllll゙゙~_,,iiilll゙゙
                    __,,,,,.... --―'''''''^゙ ̄゛                     _,,,,llllll゙゙゙´._,,iiill゙゙´
        ___,,,,,,......--ー¬'''゙゙ ̄´                               __,,,illllll゙゙゙´  .,,,illll゙″
.-―¬'''^゙ ̄゛                                     __,,,lllllll゙゙゙゙´    .,,,iill゙゙゛
                  ,                     ;:;:.............._,,,,illllll゙゙゙”゛      ._,,iil!゙´
        ,         __,,,,;;;;=;;      ;...................;..;;;;;...__,,,,,llllllll゙゙゙゙~゛           ,,,ill゙゙´       ./
........;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__,,,,iiiiillllllllllllllliiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiillllllllllllilliiiiiiiiiiiiii!!!!!゙゙゙″           _,iill゙゙゛        /
;;;;;;;;;;;;;;__,,,iiiiiiiillllllliillllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll!!!!!!!!!゙゙゙゙゙゙ ̄               _,iiil!゙´         /
iiiiiiiiillllllllllllllllllllllllllllllll!!!!!!!!!!!!!゙゙゙゙゙゙ ̄                          ,,,iii!!゙″           /
llllll!!!!!!!!゙゙゙゙゙゙ ̄゛                                  ,,,iill!!゙゛             /
                                         ,,iiil!!゙゙"           /     ,    ‐
                                        ,,iill!!゙,〆              /     .,/   i′
                                   ,,iilllllll!l゙゛           /     ./    /
                                    ,,iilllll!!゙゙゛               /      ./    /
                                   ,,iilllll!゙´              /      /    ./
                              ,,iillll!!゙´.  ..;:           . /      ./     /
                             ,,iilllll!!゙丶 ....;            /       ./     l
                              _,iilllll!゙゙丶....;.;              /       /     /
                            ,,iillllll!!゙゙´;;;.;.;;;;: -゛        /       ./     ./
                           ,,iillllll!!゙丶;;;;;;.;;;;: /          /        ./      /
                      ,,iilllll!!゙゙_./ ;;;;;;;.; /             /        /      l
                    ,,iiillll!!ll,iilll゙´;;;;;;.; /             /           /      /
                  ,,,iillllllllllll!!゙´.;;;;;;.; ,./             /         ./       l
                ,,,iillllllllllllllllllll,i+;;;. ./          /         /       /
              ,,,iilllllllllllllllllllll!!゙´;;. ./             /          /       ./
              _,,iiillllllllllllllllllll!!゙゙´;;;;. ,/              /             /       /

949 名前: ◆L0x/Rj/V9U:2011/08/12(金) 16:58:16 ID:XuSvMLy2



                   i
  l\        ┌:,    ,!'|   ` .
   ! | !ヽ. ,、 |\_|| ’ j  i! i    ,-、、
    ! .| l l.|゙i |「`ヽ`i   { ||   /  /
   l | l |! l └′/,/ :、,ィl! l! {′/  ;/
    ! ヽ、 ̄ `'''  , `   Yl!|:  | |. /  /
     ! r 二コ    | 、 ゙リN: ; !li└ヽ/ /゙:、
    | |      }'′    i  ;}|! ,/ ,/
    ``'     ,:;:;:,!     ''′ ,. !/ _,,.-''   ヽ
            (''゛ j! ..:;;:==-:、  ゙''"ィi {ヘ!,l .
       〃’ :; {`' ,ィ゛ '′.  ) jj」li|liY、⌒}
             j∨il!ィ' {’      へヾ;;イ
       ’ λ' ,j、l! / 、     ., ,il{ ,゙!j!;|   :
          ゙ハ! ;. ゙:、     j|   '/'}′ ,
            じ:、 i,'  ゙:、 ,,.,   ′彳レ/
         丶、v{ ヒ!   i!||il.   , 八 Z
        __   _,ゝ、;_    ゛:|!  ゙ ,rカ  ̄
      _  ̄`ζ」'(´ ヽ  j! ゛ ,ィ彡′_.. -
        二 ニ ゙て∠rιク_;.,、_,ー-'^- =ニ_



                   ____
.                /⌒  ⌒\
                 /( ●)  (●)\
              /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    ほい、ちょっと「加速」してお邪魔するお? お?
             |     |r┬-|     |
            /´ ̄``゛'- ._‐´    /
            |   ___)    \
              |                \
               |                 ̄)
           |               | ̄ ̄ ̄

950 名前: ◆L0x/Rj/V9U:2011/08/12(金) 16:58:39 ID:XuSvMLy2


 ヽ.  ..l,       !      /    _/゛  ._..-'″ ._.. ‐'"
  .ヽ. .ゝ      l    ./  . /   ,, /  _.. ‐'"
.、  `'、      l   ./  / . ,, / ._,, -'"                   __,,.... -―
 ゙'-、  .\    /   /  .‐゛,..-''゙_..-‐″          _,,,,.. -一'''''"゙´
   `'-、 `      ‐゛   .,ン‐'″    ._,,,.... -ー'''''"゙´
                  ''',゙,,.. -一'''''"゙´
―――                ―――――――――――――――――――――
   ._,, ‐'   .、 .、    .¬- ....,,_.     ー―-..........,,,,,___
ー''"  . /    ヽ .\           `゙゙''''― ..,,,_        ̄ ゙゙̄"'''''¬―--..........,,.
  . /  ,ノ     l  .\   : 、  . ー ,,,      ´゙''''―- ..,,,_
.-"   /       ヽ  \   ゙''-、   ゙゙'ー、、 .ー ..,,_     .`゙゙''''―- ..,,,_
   /   r .,,.l .:、 .l,   .`'、   `'-、    `''-..,,.  `゙'''ー ,,,、       `゙゙''''―.
  ../    / ! ! !  ..l    ヽ,    `'-、     `''ー..、   . `゙''ー ..,_
. /    /  ! l゙ !  ,  l     .ヽ   \ .`'-、      `'''-..、     . `''''ー ..,,_
'゙    l  .! .|  !  |  .l      ヽ,   `-、 `ゝ、        ゙゙'ー..,、       .´
    /  ,! !  !  !  .l         ヽ    . \   ゙''-、           `''ー..、
   ./  ! ,! │  .l  l       ヽ     `'-、  ゙''-、            `゙'ー..,、

                 ――お邪魔したお!

 ./   l゙  .,!  .l    l  .l             ヽ\   \   `'-、   . ゙'-、
../   !  ,!   |    .!  .!             ヽ ヽ   ヽ,   .\    `''-、
/   ,!  .|   .|    l  .l           ヽ .\   .\    .\,     `'-、
′  l   .!   !    . !  l               ヽ .\   .\    `-、
   .!   .l   :!     l  l               ヽ  .\   \     .\,
   .l゙   .,!   ,!     .!  .|         ,ii   ヽ   ヽ.   \     .\.
   l    !   .|     .!  |         /│   ヽ   .\   .\      ゙'
  ,!   .l    .|      ! .|        l゙  !    . l    .\   .\
  .|    .|    .|      .l |        /  .!     l.    .\     \
  l    !    !      !│       .|   .!     .l      ,〟  ,/ト、
 l゙    .l゙    |         l !    i、  l    !     l.    ,i" l - ./ ! \
. l    .l゙    .!         |.!.i、  │.l  |     !     .l,  /  .l ./  !   `‐
.,!    .l     |゙ミ'、     l゙.!..l  l  .l .l     l  、  ..l ,i′ │/  .l゙..
|     .!     :! ゙l、\   | |  l .!  !ゞ     . l. l.l   /    レ゛  / .\
     .,! .  、_  .|  .l  .\ .! |  . l,.!         ∨ .!  ./        /   ヽ,
     .l  `'、,`'''-..、..l,   ゙'〈, |                  l ./        . !    ."
    │   \  `゙"    `′              !"        l゙

951 名前:短編祭は12日からだお!:2011/08/12(金) 17:00:51 ID:BSa3O.0I
何事w

952 名前:短編祭は12日からだお!:2011/08/12(金) 17:01:19 ID:o/yo5TQk
え、ちょっと待て何が始まってるんだ

953 名前:短編祭は12日からだお!:2011/08/12(金) 17:01:28 ID:9y9OA2ZU
雑談いって味噌w

954 名前: ◆L0x/Rj/V9U:2011/08/12(金) 17:05:54 ID:XuSvMLy2
ネタだ、ネタww 気にするなww

955 名前:短編祭は12日からだお!:2011/08/12(金) 20:23:17 ID:FmP4zJHg
あ、そういうことかw

956 名前:短編祭は12日からだお!:2011/08/13(土) 10:22:04 ID:XuPAZp82
そーいやロアがニャル子に言ってた
「滅んだ世界に執着しているから呼びやすい」とかはなんだったんだっけ?
滅んでないと思うが


957 名前: ◆L0x/Rj/V9U:2011/08/13(土) 10:34:22 ID:OFgAPID6
>>956
いや、一度滅びたッスよ? デモニカやる夫のいる世界。
で、あの最終決戦の場に「時間移動」で戻ってその滅び自体を回避しました。

そこは破壊魔原作準拠ですなww>時間関係

958 名前:短編祭は12日からだお!:2011/08/13(土) 11:23:45 ID:kjgLcpwU
>>957
成果台無しにされるとかラスボス無残としか言いようがないwwwww


959 名前:短編祭は12日からだお!:2011/08/13(土) 11:39:14 ID:450ooE.k
■■■■「これが抑止力というものだ(ドヤァ)」

960 名前:短編祭は12日からだお!:2011/08/13(土) 12:45:22 ID:EXW/LbG6
時間操作って極悪ね

961 名前:短編祭は12日からだお!:2011/08/13(土) 13:42:48 ID:3WO1zva.
どっかの魔王達みたく30秒で世界を滅ぼせる状況でも阻止されるどころか
何回も同じことして阻止され続けないといけなくなったりするしな


962 名前: ◆L0x/Rj/V9U:2011/08/13(土) 14:55:28 ID:OG3TVtrg
ま、一回こっきりの大技だったw 安心しろwww

それに、地味に副作用もあるからそうそう使えない。「変質」があるんだわww









デビルサマナー葛葉ライドウ対アバドン王 超公式完全本デビルサマナー葛葉ライドウ対アバドン王 超公式完全本
(2008/12/13)
ファミ通書籍編集部

商品詳細を見る



NEXTまとめPREV
やる夫で遊ぶ女神転生IMAGINE (やる夫は帝都の守護者のようですクロス作品2)【コチラ】やる夫は帝都の守護者のようです #560 最終章前編 4
関連記事
>[ 3847 ]
ん??
[ 2012/04/08 09:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

申し訳ありませんが、体調の悪化により長時間PCの前に居られなくなりました。。
その為、当分の間は手抜きでのまとめとさせていただきます。
楽しみにしてくださっていた方、そしてまとめを許可してくださった作者様にご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。<(_ _)>


お盆休みと台風が重なりましたが皆様、大事なかったでしょうか?
8月も折り返しですが、まだまだ暑い日が続きますので体調管理は万全で。
あ、避暑のついでにやるぽん!も覗いていただければ幸いです。

一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

19/05/26
やる夫は誰かを救う悪になるようです 追加

19/05/18
エージェントやる夫の日常茶飯事 追加

19/04/14
やらない夫は「The World」にログインするようです 完結

19/02/10
真・女神転生 ~やる夫の嫁は加賀のようです~ 追加

19/01/21
できる夫とマリーがたどる仮面ライダーファイズ 追加

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



月別アーカイブ
FC2カウンター