Fate/extreme ~できる夫たちの聖杯戦争~ Notes 知名度にまつわるエトセトラ やるぽん!

ゼロワン第7回 先生、バスケがしたいです…… という事でついにシンギュラリティが知らされましたね。 滅亡迅雷.netとの対決も加速しそう? そしてその裏で動くユアさんとA.I.M.S.の不穏さが……

Fate/extreme ~できる夫たちの聖杯戦争~ Notes 知名度にまつわるエトセトラ

540 名前: ◆xjGc5BtSDw:2012/04/26(木) 20:00:15 ID:6kgxjZ0.0
ひゃっはー、文字だらけの番外編はゲリラ投下だー

541 名前: ◆xjGc5BtSDw:2012/04/26(木) 20:00:35 ID:6kgxjZ0.0


         Notes
━━━━━━━━━




              ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
              ┃   知名度にまつわるエトセトラ  .┃
              ┗━━━━━━━━━━━━━━┛




                                        ???
                                 ━━━━━━━━━


542 名前: ◆xjGc5BtSDw:2012/04/26(木) 20:01:00 ID:6kgxjZ0.0

            ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
    ‐=      {::{/≧===≦V:/
    ‐=      >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
         γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  ‐=     //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
  ‐=   ..| ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i
  ‐=   ..、ヾ|:::::::::|:::./`ト- .::::/ ,X:j:::/:::l     うーっす!
   ‐=  .. ヾ:::::::::|V≧z !V z≦/::::/
        . ∧::::ト “        “ ノ:::/      このスレの広報担当、モッピーだよ
        /:::::\ト ,_ `ー' _ィ::/
    ‐=   (   _,と),,,jT),,,jう. _)
    ‐=    . /       | |  /
    ‐=    l   .      .| i  |
          |.        | | |
   ‐=      |     Y  .| | ヽ
            \     \ | |  ヽ
      ‐=    , - 、 \     | |  !   , - 、
     ‐=    i   ii.  ヽ  /,/ .  j  i   ...ii
    ‐=   | : 0 : l|ニニニニニニニ.ニニニ) .,l|
      ‐=   i   ii          ‐= i   .ii
       ‐= ` - ''           ‐=  ` - ''




         ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
           {::{/≧===≦V:/
          >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
       γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ\_
    .| ll !::::::::::::::::/|ハ::::::::∧::::i:::::::::i ll |
     、ヾ|::::::::::::::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l冫"    今回は前話で金糸雀が取った作戦について、
      ヾ:::::::::| ≧z !V z≦ |::::/!
       ∧::::} “         “ {:::/        周辺設定の確認を兼ねて解説していくよ!
       i:::i::.人   `ー '  丿/i
       i::::i /` ー―― '' ヽ::i
       i::::Y           Y .ヽフ     これを書くのに、主に下のまとめサイトを参考にしたよ
        ヽ_⌒)     |  レつ||)
       i⌒l ヽ     __  ヽ _ノ  ̄     TYPE-MOON Wiki
       |  | ヽ__""  ヽノ|   |       ttp://hiki.cre.jp/typemoon/
       ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ   ヽ_ノ
         ̄ ̄ ̄ /  /ヽ___)
             (___ノ

543 名前: ◆xjGc5BtSDw:2012/04/26(木) 20:01:20 ID:6kgxjZ0.0


              ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
              {::{/≧===≦V:/
              >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
           γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ     ただ、原作設定で詳細が不明瞭な部分なんかを中心に、
   .     | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i
         、ヾ|:::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l     >>1の独自解釈がそれなりに混じっていると思うよ
          ヾ:::::::::|≧z !V z≦ /::::/      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
           ∧::::ト “        “ノ::::/
           /::::\ト   ー'   /:::/i      ここでの説明をまるまる鵜呑みにしたりしないで、
         /::::::::/  ,`ー――イ:::/::|
          ':::::〃  /  丶. i  | ´| :::::|      「このスレではこうなんだな」程度に受け止めてくれると嬉しいな
          .'::::/  / 丶、_)|_ノ|_! ::::|
          {:::/   |  ̄ヽ._  ´  ヽ:ノ
         V     ヽ、 _/´`ヽ   /
                  ̄     ̄ ̄




             ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
            {::{/≧===≦V:/
             >:´::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
            γ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ          まあそんな感じだから、
        _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
.        | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i          肩の力を抜いて気軽に読み流してくれるといいよ
      _、ヾ:|:::::::::|:::/、|__ i:::::/ __.メj::/::::}
      _ `ヾ:::::::::|V≧z !V z≦ /::::/ / ̄/
.         \ ∧::::ト “       “ ノ:::/!/ rへ,ノ     設定を理解しないと作品を楽しめないってわけじゃないからね
   __>-ヘ/:::::\ト ,_ ー'_, ィ::/::| ノ  :..\_
     ....::   ...:/从へ、.゚` ⌒´o ノ从rーヘ_
     __::ノ     :ノ`⌒Y⌒´::  \  ::.....
             .::┘   :│   ゙::....  \

544 名前: ◆xjGc5BtSDw:2012/04/26(木) 20:01:40 ID:6kgxjZ0.0

      ┏━━━━━━┓
      ┃ 英霊って何?┃
      ┗━━━━━━┛

           ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
          {::{/≧===≦V:/
          >:´::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
        γ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ        じゃあ説明を始めるね
      _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ   /)
.      | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i ::::::: i( i ) ))
      、ヾ:|:::::::::|:::/、|__ i:::::/ __.メj::/::::}|/ /    最初はこれから説明することの前提となる、
       `ヾ:::::::::|V≧z !V z≦ /::::/  /
.        ∧::::ト “       “ ノ:::/ !/        『英霊』という存在について話そうか
          \ト ,_ ー'_, ィ:: :: /
        /__          /´
       (___)        /
           |        :::|




         ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
        {::{/≧===≦V:/
         >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
       γ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      英霊とは、多くの人々に信仰されることで
     _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
     | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i    人類の守護者に祭り上げられた存在のことだよ
     、ヾ|:::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l
       ヾ:::::::::|V≧z !V z≦/::::/
       ∧::::ト “         “ノ:::/|     他にもいくつか成り立ちがあるけど、これが基本だね
      /:/:::::\ト ,_ ー' _ ィ:/::|
      /            \                カ
      |    l   l||l 从人 l||l ヽ   l||l 从人 l||l   カ    タ
      ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.     タ
        ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
          ┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐
       ,. - ''"| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ρ ̄`l
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ ̄ ̄

545 名前: ◆xjGc5BtSDw:2012/04/26(木) 20:02:00 ID:6kgxjZ0.0

                                                  ヽ、 ./:!  /i __,,,、/i
                                                、 .ノ∨:::i/::::/´:::::::::::::/ノi_____,
                                                 i:∨::.:.:.:.:.:.:.:.::::.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::/
                                                 |:.:.:.:.:.:.:.:.::::.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::>、__
          ヾ'''''''''-,へ                                 |:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:::.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
       ヾ ̄:ヾ: : : : : : : :ヘ_                               |:.:.iヾ、,:.:.:.:::::::_:::__;;;;::::::::::::::::::≦_,
      /: : : : : : : : : : : : : : : !                               l:.ノ  `ゞ" ´ ´   /:::::::::::::::::::::::ノ′
     ~/: : !!/!/リ\!\!、:: : :!             \               !/           ミ::::::::::::::<´
     /!: /\    / ヽ,/        ̄ ̄ ̄ ̄ \            ヾ〉、_     __,,,,,、、__ ミ:::,,、:::::::::く
     レ!小●     ●  /~)                   \            ヾf!}  ヾ彡"f斤ゞ   "( ヽ:::iヘゝ
       |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃_ノ                /              / `′    `"´    ソ 丿ヘ
   /⌒ヽ.ヘ  ゝ._)   j /⌒i       ____ /          _ ___.ヽ/            イ:|\:!
    \ /:::ヽ>,、 __, ノ ァ/  /           /         ゝ"´::::::::::::::::::: ヽ _           ∨ゝ、
      .ヽ::::/ヽ‐-‐‐イ:::ヘ、__/                         ヘ::::::::::::::::::::://ヘ `    /  _,,,ソソ::ヘ
                                           ヘ:::::::::::::::/::/::::::::::`....、,,,< r‐'''彡"´:::::::::::〉7ー-、,,_
       B e f o r e                            ∧:::::::::/::/;;::::::::::::::::ノ:ノ`ー ´|;;;l´:::::::::::::::/:/:::::::::::::::::\
                                           ∧:::::/::/;;;;/7);;;;;;人(____ 」;;;|_,,,、ー''´:::::::/´ ̄ ̄` ̄`ヽ
                                            ソ/ゞ※く;;;;;;;;) );;二ニ「::::::::::::::::::i:://´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                               )(ヘ_>ー-ヾノソ;;;;;;|:{;;}::::::::::::li/´ ̄::::::::::::::::::::::::::::i

                                                  A f t e r
             ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
             {::{/≧===≦V:/
             >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
          γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
       .| ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i      信仰によって人間霊から精霊にランクアップしてるから、
       、ヾ|:::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l 人
         ヾ:::::::::|V≧z !V z≦/::::/       戦闘能力なども生前から飛躍的に向上するよ
          ∧::::ト “        “ ノ:::/
           \ト ,_ ー' _ィ::/
            /     ┌─┐l        『アラヤ』という人類種を守る抑止力の中では
            i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
            r     ヽ、__)一(_丿       最上位に位置する、『人類の守護者』なんだ
            ヽ、___   ヽ ヽ
            と_____ノ_ノ

547 名前: ◆xjGc5BtSDw:2012/04/26(木) 20:02:20 ID:6kgxjZ0.0

         _                          三/!   |ヽ、
           | : |                       /  |     ! ヽ、
           | : |                      〈    !    | μ ',           ____
.         |:::::|           ヘ _       ___ 〉 ∧|     /χ  i     ,.-‐ '  ̄  __`` 、
.         |:::::|          /r く;:; ̄; ̄; ̄; ̄∨ ヽ. i!M_  _/λ /i  |  ,  '´  ,. -‐ '  ̄     ̄
.          }》《{      .rヘ Y>ー―― .,___∧ く==ii __〉´ ε / |  レ'´  ,  '´
.           |::ll::|     .三<ニノ         ``ヽ/ Yヘ τ /  ¦   /
         |:;ル:|                       / レ i  ヽ./    |   /
      _______〉ハ〈____                〈 ヘ  /          !/
  ./ ̄ 三ニ=くfYf,>=ニ三  ̄\             ∨/             ______
  | / ̄`Y⌒)lYl(⌒Y´ ̄\ |            .三∨      r-‐=ニ二三三三三三三三三{
 └'     Ⅵ〈八〉Ⅳ     `┘                     |       zキz      ̄ ̄ ̄|
        |八Λ八|                            |         zキz           |
.        [_ノ{ }ヽ_]                         |         zキz           |
        |:;ハΥハ::|                            |          zキz   _レjf´}!  |
        |ヒ{(⌒)爿                        |        zキ_レjf´}!      |
        |:::/Υ.',::|                            |      _レjf´}! __     |
        |/:::Π:::',|                            |    _レjf´}ハ  〈 (・) 〉     |
        |辷'' `コ|                            |_ }レjf´}!   弌___´ ̄`      |
        |:;.ィ不ト;:|                            |フ{´        弌__       xく|
.  .     |{>i人i<}|                           |             弌__  xく   |
                                        |           弌xく    |
                                        |_________xく       |
                                                     ̄ ̄ ̄ ̄

          ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
           {::{/≧===≦V:/     *'``・* 。
          >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、  .★     ``*
       γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  .|       ゚。
     _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ .|       。*   その『戦闘能力の向上』の中でも
.    | ll !:::::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i::::::::i |        +゚                ノウブル・ファンタズム
     、ヾ|::::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l .|      *・      とびっきりの目玉が、 『 宝 具 』 だよ
      ヾ:::::::::|V≧z !V z≦//⌒)     +゚
       ∧:::::ト “  _   “ ノ  ノ   。*゚
      /:::::\ト,_ し′_.ィ  /  。*・ ゚            英霊の信仰の中核を為した逸話やアイテム、
    (⌒ ̄ ̄            |。*・ ゚
     ""''',。ヽ_       。*・ ゚                   いわばその英霊の生き様・伝説が形になったもの、それが宝具さ
      +  │  。*・ ゚    | * 。
      `・+。。*・ ゚       |   `*。
          \_     |/    *
            _ノ \____) ~ 。*゚
          (    _/   ☆
           |_ノ''

548 名前: ◆xjGc5BtSDw:2012/04/26(木) 20:02:40 ID:6kgxjZ0.0

          ,f.:.:.:.:.;f;,;,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,;,;,:.;'';,;,;,:.:.//l:l.:.:.:.:.:.:,;,:.:.:.:.`、:.:,;,;,;`、;,`、
         ,f;,;,;,;,;f’;,;,:.:.:.:,;.:.:.:,;.:./`ヽ.:.;,;,;.:,;,'':.; //;rl:!ヽ:.:.:.:.:.;,;,:.:.:.:.`、,;,;,;,;,`、;,`、
        ,f;,;,;,;,;,f;,;,;,;.:.:.:,;,;.:.:.;,;.:/;`;、、;`、;,;.;,;,;,;レ /;;;l:l;;r`、:.:.:.:.;,;,:.:.:.:.:ヾ;,;,;,;,;ヾ'、;`、
.       ,f;,:.;,;,;,f;,;.:,;,:.:.;,;,;,:.:.;,;.:/、ヾヾヾヾi,;,;,;f;/;イ;'l:!; イ;rヾ:.:.:.:,;,;i,:.;ヾ:,;i;,;,;,;,;,ヽヾ;`、
      ,f’;.:,;,;,;f;,;.:,;,:.:.,;,;,;.:.:.;,;.:/      ``_,,,,_  ,!!   i.:.:.:.:,;,i;.:.;,:.i;,;i;,;,;,;,;,;`、ヾ;,`、
    _,ノ;,;.:.;,;,;,f;,;.:.;,;.:.;,;/;.:.:.;,;:./   ,,,,,,,,,.._-'ニ┐,! ,!!    i;.:.:.:.:,;,!.:.;,:.i;,;,i;,;,;,;,;,;ヽ `、;`、
.,,,..-‐",;,;.:,;,;,;イ,;,:.:,;,:.:.;,/;.:.:.;,;.:/    `ー'´_,r‐ニ‐' ,!!    'i;.:.:.:.;,;!:.:,;,:i;,;,;i;,;,;,;,;,;,,i, ヾ;`、
:.;,;,;,;,;,;.:;_,/;/;,;.:.;,;.:,;, /;.:.:.;,;,:/     _,r',´‐'''´,r‐`ヾ;!ニ''''┐ i;.:.:.:,;i.:.:,;,:.i;,;,;i;,;,;,;,;,;,;i, ヾ;,`、
,;,;_;,;-:.'';,:.;,;l;,;,:.,;,;:;,;/;.:.:.:.;,;,/     <、ヽ-_ニ '´ ,!,!_,!  ̄  __ !:.:.:,;,!:.:.;,:.:i;.:.:i;,;.:.:.;,;,;i, ヾ,;`、
.´.:.;,;,;,:.:,;, イ;,;.:,;,;,;,;/;.:.:.:.:,;,/ >--- ,,,,__ `ー'´   .// __,,..-‐'´___`!:.:.;,i.:.:.;,;,:.i'i:.:i;,;,;,;,;,;,;i,  .ヾ;,;ヽ
,;,;.:.:.:,;//;,,;,;,;,; /;.:.:.:.:.:,;/_,r‐''''フ''''''‐-、`ヽ   .//,' ,r'77 ̄`、 'i,‐:、i.:.:.;,;.:.;!i;,;i;,;,;,;,;,;,;,i,  .ヾ;,;ヽ
:.:.;/:.;,/,;,;,;,/;.:.:.:.:.:.:i'i´`、  i  ::: i `ヽ   //    ' i ::: .,! !;/;i.:.:,;,;,:.;i/!;,i,;,;,;,;,;,;,;!  ヾ;,ヽ
. .:.:.;,;/,:.:/;.:.:.:.:.:.:.: / l`、 `、 `ー-‐' , '   .//    `、`ー‐ ' ,,ノ!,:,;i:.:.:,;,;,:,;i;;i;,;,!;,;,;,;,;,;,i,  .ヾ;,;ヽ
.:.:,;,;,/:./;.:.:.:.:.:.:.:. 人 `.ヽ  `'''''''''´   .//       ̄ ̄  i;,;,i.:.:,;,;,;.:,;i;;;i;,;i,;,;,;,;,;,;,i   .ヾ;,;ヽ
;,;,;/;/;.:.:.:.:.:.:.:.: /;;;;;;`、`ーi.        y'             !;,;!.:.;,;,;,;,;,;!;;;i,:,i;,;,;,;,;,;,;!   .i,;,;,;i,
,//;.:.:.:,;.:.:.:.:. /;;;;;;;;;;;;;;;;>-`、      ,/             .i;,;!:.:,;,;,;,;,;,i;;;;;i,:.i;,;,;,;,;,;,!    !;,;,;;i,
. ;,;,:.:.;,;.:.:.:.:.:./;;;;;;;;;;;;;;r'    `、  /   、 ,         /i,;i:.:,;,;,;,;,;,;,i;;;;;;i,:.i;,;,;,;,;,;!    i,;,;,;,i
..:.:.:,;/:.:.:.:.: /;;;;;;;;;;;;;;f      `、/    ,......__......_     /  !;!.:,;,;,;,;,;,;,;i;;;;;;;i.:.i;,;,;,;,;,i     !;,;,;,!
..;,;/:.:.:.:.: /;;;;;;;;;;;;;;;f       /`、           /   .,i;i:.;,;,;.;,;,;,;,;,!;;;;;;;i;.:.i;,;,;,;,;!     i,;,;,;i
/:.:.:.:.:.: /;;;;;;;;;;;;;;;;i       ,/   `、        /   /;/:,;,;,;.:,;,;,;,;,i、;;;;;;;;!.:.i;,;,;,;i     .!;,;,;!
:,;.:.:.:./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i       ,/      ト`i,、 ___ /   ,/;;イ:,;,;,;,:.;,;,;,;,;,i `、;;;!:.:i,;,;,;,!     .!;,;,i
:.:.:./;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;!    /       'i;ヾ;`ー-,,,,,,,,,,,,,..-‐'´/;;;i,;,;,;,;.:,;,;,;,;,/   `.!.:.:!;,;,;!     !.;,;!


          ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
           {::{/≧===≦V:/
          >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
       γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ      その他に、宝具ほど有名だったり強力だったりしなくても
.    | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i
     、ヾ|:::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l      その英霊が持つ特徴的な能力や加護なんかは
      ヾ:::::::::|V≧z !V z≦/::::/
       ∧::::ト “        “ ノ:::/!        『スキル』として英霊に備わるんだ
       /:::::\ト, __|\ー'  /|
          //⌒ノ\/ ( )

549 名前: ◆xjGc5BtSDw:2012/04/26(木) 20:03:00 ID:6kgxjZ0.0

          ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
           {::{/≧===≦V:/
          >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
       γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ         これら宝具やスキルは
.    | ll !:::::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i:::::::::i
     、ヾ|:::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l       その英霊への信仰によって備わるものだから、
      ヾ::::::::::|V≧z !V z≦/:::::/
       ∧::::ト “      “ ノ:::/∩  ))    時代の変化で信仰が変わると能力も変化したり、
       /:::::\ト.,_ ι'  ィ::/:(っ⌒)
     /::::/ ./__    _\/  /       後付け的に増えたりするよ
     .∨  (____⌒)      ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




          |
          |ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
          |::{/≧===≦V:/
          |>:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
          |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ      英霊についてはこれでおしまい
          |::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i
          |::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::::l     詳しくやろうとすると、レスがいくらあっても足りないからね
          |::::|V≧z !V z≦ /::::/
          |::::ト “        “ ノ:::/!
          |\ト ,_ ー'   ィ::/::|      もっと詳細な情報が知りたいなら、上のまとめサイトを見てね
          |/          ヽ
          |(⌒ヽ,         丿

550 名前: ◆xjGc5BtSDw:2012/04/26(木) 20:03:20 ID:6kgxjZ0.0

    ┏━━━━━━━━━┓
    ┃サーヴァントって何?.┃
    ┗━━━━━━━━━┛

             ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
              {::{/≧===≦V:/
             >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
          γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ       次は『サーヴァント』について説明するよ
          | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i
        、ヾ|:::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l
         ヾ:::::::::|V≧z !V z≦/::::/         冬木式聖杯戦争において使用される、
          ∧::::ト “        “ ノ:::/!
          /:::::\ト ,_ ー'  ィ::/::|        特殊な使い魔、それがサーヴァントだよ
           /,,― -ー  、 , -‐ 、
          (   , -‐ '"      )       Fateを題材にした二次創作の花形だね
           `;ー" ` ー-ー -ー'
           l           l




         ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
         {::{/≧===≦V:/
        >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ
       γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ         『英霊を召喚して従える』という点が特殊だよ
.    | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::: / ̄)
     、ヾ|:::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::: / /      さっき言った通り、英霊は抑止力という強大な力の一部だから
      ヾ:::::::::|V≧z !V z≦/:::: / /
       ∧::::ト “        “ ノ:::ノ /        人間が従えることはおろか、召喚することさえ普通は無理なんだ
       /:::::\ト ,  'ー'  ィ::/ ,/
       /__          /´
      (___)        /          聖杯の持つ膨大な魔力があってはじめて召喚できるし、
          |        :::|
          i     \ :::/           勝ち残れば聖杯が使えるという契約があるから言うことを聞いてくれるんだ
          \     |::/
        ///  |\_//
       ///   \_/

551 名前: ◆xjGc5BtSDw:2012/04/26(木) 20:03:40 ID:6kgxjZ0.0

          ヽ、 ./:!  /i __,,,、/i
        、 .ノ∨:::i/::::/´:::::::::::::/ノi_____,
.      i:∨::.:.:.:.:.:.:.:.::::.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::/                              _、ー‐─l\
.      |:.:.:.:.:.:.:.:.::::.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::>、__                  ._       .,ィ ̄        `i/l    -─-
.      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:::.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                   Y f::l      、‐     ,、_ ヽl ,,ィ、/   //;;;;;;;;;;;;;ヽ
        |:.:.iヾ、,:.:.:.:::::::_:::__;;;;::::::::::::::::::≦_,                    ゝ弋'     /    -´   `゙´  ヽ   |;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
       l:.ノ  `ゞ" ´ ´   /:::::::::::::::::::::::ノ′                    `\   /_   `_   \ w / ヽ  ヽ\;;;;;;;;;;ノ
       !/           ミ::::::::::::::<´             \         \   |     l 三三  三三   `7;/ ̄
       ヾ〉、_     __,,,,,、、__ ミ:::,,、:::::::::く        ̄ ̄ ̄ ̄ \        .r‐、> l⌒  lv‐-─-‐vl ヽ__/;/
        ヾf!}  ヾ彡"f斤ゞ   "( ヽ:::iヘゝ             \       Y ̄\ ゝ-   |        |   )\〉
        / `′    `"´    ソ 丿ヘ                    /         丶.   ̄‐-、 |____| / /
    _ ___.ヽ/            イ:|\:!       ____ /           `\.   ∞ナニ[二]弌∞/
..ゝ"´::::::::::::::::::: ヽ _           ∨ゝ、                /         .l` ー──‐Y__ノ >×< \l ̄\
..ヘ::::::::::::::::::::://ヘ `    /  _,,,ソソ::ヘ                       \         ゙ミニニ[二]ニ彡'    l
. ヘ:::::::::::::::/::/::::::::::`....、,,,< r‐'''彡"´:::::::::::〉7ー-、,,_                      \       /  _  \   ./
.......∧:::::::::/::/;;::::::::::::::::ノ:ノ`ー ´|;;;l´:::::::::::::::/:/:::::::::::::::::\                      ー、___/x二ニ/ \ニ''ト、_ノ
   ∧:::::/::/;;;;/7);;;;;;人(____ 」;;;|_,,,、ー''´:::::::/´ ̄ ̄` ̄`ヽ                        / ー‐/    Y´ 〈
    ソ/ゞ※く;;;;;;;;) );;二ニ「::::::::::::::::::i:://´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ                   ∠二二ヘ     V二7__
       )(ヘ_>ー-ヾノソ;;;;;;|:{;;}::::::::::::li/´ ̄::::::::::::::::::::::::::::i                    〈__〉=‐'      ヒ〈__〉

           Heroic Spirits                                  Servant


         ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
           {::{/≧===≦V:/
          >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
       γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
.    | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i     と言っても、聖杯だって万能じゃないから、
     、ヾ|:::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/::::l
      ヾ:::::::::|V≧z !V z≦ /::::/     英霊を完全な状態で召喚することはできないよ
       ∧::::ト “        “ ノ:::/!
       /:::::\ト ,_ ワ  ィ::/::::|
.      /::::::::/  /<{ノく/┘`7´|:::::::|      英霊の肉体的なステータスを低下させ、
     /::::::::/  / と{⌒}つ /  |:::::::|
.    /::::::::/  `7介x三イ   :::::::|      宝具やスキルを弱体化したり、時には除外したりして、
    '::::::〃  //' ̄ ̄〉 ト、  ::::::|
    .'::::/ {   ヾ/、  ├┴ ゝ }::::|      『サーヴァント』という劣化状態にすることで、ようやく召喚できるんだ
.   {:::/      厶≧=‐┼┬′,ノイ
   V     /:::/     !::::!     ノ
            ̄       ̄

552 名前: ◆xjGc5BtSDw:2012/04/26(木) 20:04:00 ID:6kgxjZ0.0

   ._______________        ._______________
   |   /            ∥   \  |       |   /       '!;i.        \  |
   |./| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∥ ̄ ̄ ̄|\.|       |./| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  'シー、./三f  ̄|\.|
   |:  |                ∥      |  :|       |:  |       _/_  メ、三ッ   |  :|
   |:  |       _   _   ∥      |  :|       |:  |     ⊂二_r;-、__ー-、._  |  :|
   |:  |   /   ̄「〈_,ヽ,.∥      |  :|       |:  |        _ハ.ン√入 ̄´   |  :|
   |:  |  //    ,}ミ|!ニr'.∥      |  :|       |:  |      ,<( . .::V7(⌒ヽ,.   |  :|
   |:  | _ノ/    て⌒)T`r{.}ュ     |  :|       |:  |         l `テ「 /.:个ー彳   .|  :|
   |:  |. /ィ     ゝ彡'ィrュf}) _.    |  :|       |:  |      ,!_ lトレ : :.},  |.  .|  :|
   |:  |  l ,    ,イ /ヽ"ー''(-}三〉  .|  :|       |:  |     r'` r'}ー-、;ィ{'(.⌒ヽ,  |  :|
   |:  |   | i   / ! !   〉=、_,i′    .|  :|       |:  |    / /〆、ニンj|.マ⌒';、 .|  :|
   |:  |  | l  l | l  人ミ=ヘ.     |  :|       |:  |   〈、,,.._/  i! .「  l! | !、  ! .|  :|
   |:  |   { | | | !  {′ ,ハ\    .|  :|       |:  |   `t;~{.  j! .|  lj l ヘィ=;{  |  :|
   |:  |   `'l | { !   |`ー1| |`′   |  :|       |:  |    〈ッハ(. j! |   li l マ{ 〉 .|  :|
   |:  |    ゛ ! `   |ミ三|ニ|    .|  :|       |:  |    'j′ .j! .|   |i '、{えノ  |  :|
   |:  |        ./|   |:. |     |  :|       |:  |   〈   ,j! ノ、  〃/ !;i.   |  :|
   |:  |        //{.`ー|::.}     |  :|       |:  |   _.>ァ-、ィ  ヒニヨ<_  !;i.  |  :|
   |:  |         .// l|、__ノ:7       .|  :|       |:  |  .[, / /~`リ'′4.  ト、」  !;i. |  :|
   |:  |      .// ノミ7::.,'      |  :|       |:  |  〈_ル/ /   l  ト、ン  !;i |  :|
   |:  |       `′ノ /i;:..{        |  :|       |:  |.    / /    .! l     !;i.  :|
   |:  |       r' _{ノ;:.(__       |  :|       |:  |    ,/ ;′    ,l !、    !;i.  :|
   |:  |        {彡ゝ,`"=ニ`ュ、  |  :|       |:  | _,<`メ´〉     「`<ゝ、   !;i,. :|
   |:  |        ヽ=ニュ、      .|  :|       |:  | (_ン^´     `'ヘ、__ )  !;j :|
   |.\|____________ Saber ____________|/.|       |.\|______ Lancer _____i/.|
   |   \                 /  |       |   \                 /  |
   . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


          ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
           {::{/≧===≦V:/
          >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、       劣化の方向性を決めるのが、サーヴァントのクラス、
       γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     セイバーランサーアーチャーライダー キャスター バーサーカー アサシン
     _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ     剣兵、槍兵、弓兵、騎兵、魔術師、狂戦士、暗殺者の七つだよ
.    | ll !:::::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i:::::::::i
     、ヾ|::::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l
      ヾ:::::::::|V≧z !V z≦/:::::/       セイバーなら剣士の、ランサーなら槍使いのといった具合に
       ∧::::ト “      “ ノ:::/!
       /:::::\ト.,_  ^  ィ::/::|      その英霊のある側面を選択的に抽出して再現してるんだ
      ./::::/ ./ (⌒) (⌒)\:::|
     /::::/  /  ノ  ノ  ゝ ヽ.丶

553 名前: ◆xjGc5BtSDw:2012/04/26(木) 20:04:20 ID:6kgxjZ0.0

         ,、    ,、
       _l `゙゛‐-' `ヽ、. 、              ど 剣            ,ィ      _             ね
   -=≦"´         `ヽl\          ん .な        ,:': :l ,.ィ: ´ ̄: : ム -─ …: : :7      え
  、 ノ                   ト、__        な .し     .ト、 /: : :.゙: : : : ,.ィ: : : : : : : : : : : :∠ -: :7    `
  ゝ                    ト''/        気 で       l :`゙:_:_:」ヽ:./ ム-‐ Z_: : : : : : : : : :./     ど
.  ,ゞ            . ,、r、 /            分 喚       ',: :.|            冫: : : : : :∠イ    ん
.  ヽ          __  __l.:::::::Yて,        ? ば   <ヽ ゝ}   /   ヽ  <¨ヽ: : : : : : : /    な
   i         /-、`v"::::\::l  》          れ    l´l   l            l´ l : : : : :../      気
  ..ノ         l   l '::::::::::ヾl .ヾ、            て      l ', l    ●  ●    .l  l⌒i : : フ.      分
 ζ,         〉、    ::::ミミl  ノ                    l , ´:::::::::   (_,、_,  :::::::::├.┤ノ- '        ?
 ´ソノノ.从川 彡,'"    u  ’.:::::l                     「,'              l  lソ´
 .人ノノノ`ソノノ.       u.    l                  乂    _    _ , ィ´ゝイ
/     \\  _,,_____ノ                        ̄ト 、. `┌┐イレ ´: :..:}
_       .\\/                                   l',: : :\:ヘ:/ : : : : : : / ,'
  `ヽ、     \\                                 l ヘ:_;,, -=‐- ,,:_:ノ :〈
     ヽ     ./ /                             ,. .-┬┴ : :7: :/^ヽ_:_:_:_ヽ: : :ヘ
      .`i   ヽゝ',                           {、: : :!: : : :./: :/ニニY: : :く: : : :ヘ


      ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
      {::{/≧===≦V:/
      >:´::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     γ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      そのため、宝具やスキルなんかも
   _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
.   | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i     クラスに合わせたものしかサーヴァントは持てないんだ
   ヾ |::::::::|::::/、|__ i:::::/ __.メj::/:::}
   `ヾ:::::::::|V≧z !V z≦ /::::/      >>1はこれを『クラス制限』って勝手に喚んでるね
     ∧::::ト “       “ ノ:::/!
    /:::人ト ,__ 'ー'_, ィ:/                 モラルタ・ベガルタ
    // /         \        四次ランサーが 剣 の 宝 具 を持ってないのはこれが理由だよ
       /         ::::i. ヽ
.     |  |        :::l. |
    ̄__.ゝi'"':, ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |\`、: i'、   ナミダ フケヨ
      .\|_,..-┘

554 名前: ◆xjGc5BtSDw:2012/04/26(木) 20:04:40 ID:6kgxjZ0.0

   |  |      |   | ||  |ヾミ|  ||| ||| li  |  | |  |込       | | | |   、.  | || | ||
   |  |      |   | ||  |  ㍉ ||| ||| li _..|  | |  |   `ー-、 | | | |  ト㍉、 || | ||  辷二ニ=ー
   |  |    辷ニ=ー.| ||  |  |  ||| |||.≧ミヽ㍉ヾ㍉ .|  |   辷ニニ==ー-- |  ¨㍉ | ||  |
   |  |   i |   | ||  |  |  ||| .〃⌒ヾ \  )小.  | | |   | | | |  |  | || | ||  |
   |  |   i | ト, | ||  | .辷-==ー彡 ⌒斗'`ヾ㍉ィル,  | | | rー--ミ_l l  |  | || | ||  |
   |  |   i | |込__彡..ー=彡   ¨¨ヽyヌ ヽミ, tテミ rYイ'',, | | | トー=='⌒ヽ.  |  | || | ||  |
   |  |   i | |  | || .≦         \ ミ   __{''|   ㍉.| | || | | | |  |  | || | ||  |
::::::: |  |   i :::::::  ::::::.〃             ヾ ー==从    `ヾ| l| | | | |  |  | ||:::::.. ||  |
.:::::: |  |   i :::::::  :::::::: 〃 〃          乂从小、   `ヽ| || |::::::: | | :::|:::. | ||::::::::::   |
:::::::::::......|   i ..::::...  ::::: /从j          ',,  ハ {     ㍉| |::::::: | | :::|:::. | ||::::::::::   |
::::::::::::::::::   ..:::::::::::::::... /   小从 从       ',ー-、 ハ      ゝ.|:::::::   | ::|:::: .| ||::::::::..   |
::::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::./       {イソイ{Y     ',ヒイ彡Vi,   人:::::::::::::: .::::::::::::.....:::::::::::::::::::.....|
:::::::::::::::::.  :::::::::::::::::::/             ハ小    V彡イ㍉小 i{ヾハ:::::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
               从            从ハ } リ   .}{  从ソ  ',
             {            _彡  ル从  ,( )   |  ∧
                ` ー---一=ニ二   / /、_yイ´    `)、 V 人
            .丿             / /   {{弋____彡l} 込  人
           /             /  イ`テ===リ   {|} jレ´ ヽ  リ
          /                   |彡.      {|}      ∨l
         ./                   丿`ヽ.     ィ个t     ノ:|
         /                 /    `ヽ彡<   >ミ=ーイ:::::|


          ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
           {::{/≧===≦V:/
          >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
       γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ         ただし、四次ライダーの王の軍勢みたいな
     _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
.    | ll ! :::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i       『その英霊の伝説を語る上で決して切り離せないもの』は
     、ヾ|::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::::l
      ヾ:::::::|≧z !V z≦ /::::/         クラス制限を無視して持ってていい、と>>1は考えてるよ
 (⌒) _ ∧::::ト “ ,___,  “ ノ:::/:: !
       /::::(\        / ̄) |
         | ``ー――‐''|  ヽ、|       英雄王の解離剣がそうなのかは、モッピーにはわからないな
         ゝ ノ     ヽ  ノ  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

555 名前: ◆xjGc5BtSDw:2012/04/26(木) 20:05:00 ID:6kgxjZ0.0

    |┃三
    |┃     ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
    |┃三   {::{/≧===≦V:/
    |┃     >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
    |┃三 γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ            この英霊からサーヴァントへの劣化は、
    |┃   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
    |┃三 ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i:::::::::i        二つの要因によって緩和されるんだ
    |┃   :::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l
    |┃ ≡::::::::|V≧z !V z≦/::::/
    |┃  ∧::::ト “        “ ノ:::/!            強力な英霊を喚ぶことも大事だけど、どれだけ劣化を緩和して、
____.|ミ\___\ト ,_ (丿 ィ::/_
    |┃=___        \               元通りのスペックに戻せるか、というのも戦略上大事だよ!
    |┃ ≡  /        人 \ ガラッ





       |┃≧===≦V/  ┃|
       |┃::::::::::::::::::::::::`ヽ ┃|   三三三
       |┃:::::::::::::::::::::::::::::::::::彡
三三    |ミ ::::::::::::::::::::::::::::::::ハ                要因の一つは『魔力』、マスターからの魔力供給量が増えるほど
       |┃:/|ハ::::::::∧:::i:::::::::i 三三
       |┃/`ト-:::::/ _,Xj:::/:::l            元のステータスに近づいていくし、逆に量が少ないと
      ◎. |┃( * )!V ( * )/:::/  ◎
.       .|( “      “ .)┃|   三三三三   士郎セイバーみたいに宝具を撃つと消滅しかけたりしちゃうよ
三三____.|┃ト..,_(丿 ィ |┃|___
       |┃           |┃| 三三三三
                                でも、スペックに大きく影響を与えるのはもう一つの要因の方、
       │  ○  ─
       ├──   ─  /             それが『知名度』さ
       └──   _/   ヤ

556 名前: ◆xjGc5BtSDw:2012/04/26(木) 20:05:20 ID:6kgxjZ0.0

         ┏━━━━━━┓
         ┃ 知名度って?┃
         ┗━━━━━━┛

           ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
          {::{/≧===≦V:/
          >:´::::::::::::::::::::::::::`ヽ、           『知名度』とはそのままずばり、
        γ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ          「その英霊がどれだけ多くの人に知られているか」ってことだよ
.      | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i
    _、ヾ:|:::::::::|:::/、|__ i:::::/ __.メj::/::::}
    _ `ヾ:::::::::|V≧z !V z≦ /::::/ / ̄/      なぜ知名度が強さに影響するのか?
.       \ ∧::::ト “       “ ノ:::/!/ rへ,ノ
 __>-ヘ/:::::\ト ,_ ー'_, ィ::/::| ノ  :..\_    それには、TYPE-MOON世界の設定が関わっているよ
  ....::   ...:/从へ、.゚` ⌒´o ノ从rーヘ_
   __::ノ     :ノ`⌒Y⌒´::  \  ::.....
           .::┘   :│   ゙::....  \




          ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
           {::{/≧===≦V:/
          >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
       γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    :::    TYPE-MOONの世界では、魔術などの『神秘』の強さを決定づける因子の一つに
     _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ  ::+::
.    | ll !::::::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i::::::::i  ::      「どれだけその神秘が世界という基盤に刻みつけられているか」があるんだ
     、ヾ|::::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l :+::
      ヾ:::::::::|V≧z !V z≦/:::::/   :+::
       ∧::::ト “   _   “ ノ:::/!         小難しい言い回しだけど、ようするに
      /:::::\ト ,_ し′ノ⌒)
         ⊂ 、     ./⌒ヽ          「その存在がどれだけ多くの人に知られているか」が重要なのさ
            〉  (⌒./ ゚.;゚/; :;  。゚
           (   丶/ 。゚ /.;.;:::。゚o
        _/⌒ ̄⌒`´ ̄`~ヽ'ー--、      サーヴァントも魔術の一種だから、この影響を受けるというわけ
       _/      ιυっ ̄~つyへつ
     /    フっιつ人´ / /つυ^っへ
   /   /つつ。o/ / / /  ^つっへυ
  _/     〉o°o。   。 / /  /°>つっ
../      \γ、。 o 。 /o。/ /つっ   つ
             `⌒ヽっ/ 。/  / っ つ
     っっ       τ-っつつっ、。|

557 名前: ◆xjGc5BtSDw:2012/04/26(木) 20:05:41 ID:6kgxjZ0.0

           ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
           {::{/≧===≦V:/
           >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
        γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
.     | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i      なので、知名度の高いサーヴァントは
      、ヾ|:::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l
       ヾ:::::::::|≧z !V z≦ /::::/       より英霊のスペックに近づいていくよ
        ∧::::ト “        “ノ::::/
        /::::\ト   ー'   /:::/i
      /::::::::/  ,`ー――イ:::/::|         この変化は魔力の多寡よりも影響が大きくて、
       ':::::〃  /  丶. i  | ´| :::::|
       .'::::/  / 丶、_)|_ノ|_! ::::|          ステータスだけでなく宝具やスキルの数にも反映されるんだ
       {:::/   |  ̄ヽ._  ´  ヽ:ノ
      V     ヽ、 _/´`ヽ   /
               ̄     ̄ ̄



         ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
          {::{/≧===≦V:/
         >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
      γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ          つまり、知名度が高ければ
    _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
.   | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i          ステータス高めで宝具やスキルがたくさん
    、ヾ|:::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l
     ヾ:::::::::|V≧z !V z≦/::::/          逆に低いと
      ∧::::ト “      “ ノ:::/!
      /:::/\ト ,_ ー' ィ=つ≡つ           どんなに元が強い英霊でもスキルや宝具少なめ
     ∨   (っ ≡つ=つ
          /   ) ≡つ=つ            ってわけ
          ( / ̄∪

558 名前: ◆xjGc5BtSDw:2012/04/26(木) 20:06:00 ID:6kgxjZ0.0

           ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
           {::{/≧===≦V:/
           >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
        γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
.     | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i       さて、知名度が大事ならば
      、ヾ|:::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l
       ヾ:::::::::|≧z !V z≦ /::::/         強いサーヴァントとは
        ∧::::ト “        “ノ::::/
         /::::\ト   ー'   /:::/i        世界中に信者のいる某宗教の聖人や、
      /::::::::/_,,-トー――イ:::/::|
        / ,,r         r、 ヽ        人口の多い中国やインドの英雄ということになる
       { ヾ、.{         l/  /
        ヽ, .{           .l ,/
         `.l      x     |´         だけど、実際はそうじゃない
          弋          ノ
          | /ー ―一、 |
          し       、_,!




          ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
           {::{/≧===≦V:/
          >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
       γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
.    | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i           知名度の影響は、
     、ヾ|:::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l
      ヾ:::::::::|V≧z !V z≦/::::/             「世界的に知られているか」も大事だけど、
       ∧::::ト “        “ ノ:::/!
       /:::::\ト ,_ ー'  ィ::/::|             「その魔術を行使した土地で知られているか」の方が
   ____/⌒``   ,,ー‐,,   "⌒ヽ__
  |::|__し'⌒ヽ    .   .ヽ⌒し′__|     魔術に与える影響は大きいのさ
  |::|_____ヽ        )_____|
  |::|_______ヽ、   /⌒ヽ.____|
  |::|______ ヽ,,   i ~iし'.____|
  |:___l二二二二二二二l |二二二二二二二l
  |::| |  |::| |          し′   |::| |  |::| |
  |;;|_|  |;;|_|               |;;|_|  |;;|_|

559 名前: ◆xjGc5BtSDw:2012/04/26(木) 20:06:20 ID:6kgxjZ0.0

             ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
            {::{/≧===≦V:/\
             >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、\
          γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ彡
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ           つまり、日本でサーヴァントを喚ぶと
         !::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i:::::::::i
         |::::::::|:/ト-:::::/\,X:j:::/:::l           日本人の知っている英霊は
  ━━━と⌒ヽ::::| ≧z !V z≦ i/::::/━━━ロニニ>
       ヽ_ ゝ::ト   _     ノ:::/                他の地域での知名度が微妙でも
           ∧,,∧ ∨丿__ イ/\::\
          /ο ・ )Oニ)<;;>     ⌒\          まるで超有名英雄のような知名度補正を受けられるのさ
          /   ノ lミliii|(ヾゝ
         (o_o,イ__ヽ´|(__) ノ~⌒)彡
            ノllllllllヽ| | ̄ノl ノ             これを>>1は『御当地補正』と呼んでいるよ
           / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_  (⌒) .。; ゚
           ヽニフ|_|   (_/  ヽノ(⌒・⌒ ・ =
               (_ヽ      '';:. ,、,,・:・ 、、,





              ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
               {::{/≧===≦V:/
              >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
           γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
           | ll !:::::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i:::::::::i __   __
         、ヾ|::::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l/: : : : : . ,
   ー‐. . .   ヾ:::::::::|V≧z !V z≦/:::::/: : : : : :/       基本的に日本の英霊なんて
   \ : : : : : : :\:::::::ト “      “ ノ:::/: : : : :/
      `ト: : : : : : :\ヾト.,_ `´  ィi厶'ニ=--ヘ⌒ヽ       世界的にはマイナーだから、
...    . |: : : : : :`: : -\}-=≠: : : : : : : : : : :.:: : : \ ム
      |: : :/ヽ: : :: : :|\: : : : : : : : : : : : : :_:_:_:_::: >′     他の地域だと相当劣化しそうだけど、
       γ  _ノ´:. : : :!: : \: : :_: : -‐: : : : : :|
      r`ー ' : : : : : :.|: : : : : : : : : : : : : : : :.|          逆に日本ならば
.     .|: : : : : : : : : :.|: : : : : : : : : : : : : : : :.|
.     .|: : : : : : : : : :.|: : : : : : : : : : : : : : : :.|          ほぼフルスペックで戦えるわけさ
.     .|: : : : : : : : : :.|: : : : : : : : : : : : : : : :.|
.      `<: : : : : : :.:|: : : : : : : : : : : : >'i"
         `<: : : :|: : : : : : >'"\   i
              `/  ¨¨7¨¨´    X,, ,, )
           ヽ,, ,, ノ

560 名前: ◆xjGc5BtSDw:2012/04/26(木) 20:06:40 ID:6kgxjZ0.0

         ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
.       {::{/≧===≦V:/ \
      / >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、\
      ||γ::::__,--ーーーー-,__,、::ヽ∠
     ≧/::::{ ,__,--ーーー--,__,j:::::ハ≦
.      !::::::::::::/|ハ:::::::::∧::::i:::::::::i
      |:::::::i::::/`ト-::::::/ _,X:j:::/:::l       逆に、世界的に有名でもその土地でマイナーなら、
      ヽ:::::!V≧z !V z≦i/::::::/
      ヽ::::: ""     "" ノ:::::/i        それほど知名度の補正が受けられないよ
       |:::`::....、 _`´  .ィ.::::/:::i
       |:::::/\ \  ト、"|:::::::|
       |:/`ヽ  \ \/ メ_,::::::::|      そして、世界的にもマイナーな場合、
       /   \ ヽ/ ,ハ \:|
     ./    ф .ソ、 /.,/》》ィヘ      大きく劣化しちゃうわけだ
      /     rァ'⌒ヽ/''∠ァi'.(⌒)
   /   __//  ソ!ヘ.::::「:i::i ∨ i
  /   ''"´ /  !ー‐ァ'i|-ヘ」::」::|::|  |




         ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
          {::{/≧===≦V:/
         >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
      γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       この影響の典型例が、第五次のランサーとアサシンさ
    _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
.   | ll !:::::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i:::::::::i
    、ヾ|::::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l +   片やアルスター最強の英雄、片や英雄でさえない一農民の亡霊、
     ヾ:::::::::|V≧z !V z≦/:::::/
      ∧::::ト “      “ ノ:::/!         本来なら勝負にならないスペック差だけど、マスターの魔力量差もあって
      /:::::\ト.,_  ^  ィ::/::|
          /⌒ \/⌒\           アサシンの方がランサーより敏捷が高かったりするよ
          |  \//   \
         \  \____|  \ ∩
         | _.\   ./⌒)二二(⌒)||二二二二二二二二二二二⊃
        ./:::::::::\/ ̄:::::::::|   .~~∪
        /::::::::::::::::::::::::|:::::::::|

561 名前: ◆xjGc5BtSDw:2012/04/26(木) 20:07:00 ID:6kgxjZ0.0

          ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
           {::{/≧===≦V:/
          >´      ::::::::::`ヽ、
       γ      ::::::::::::::::::ヽ
     _//      ::::::::::::::::::::::::ハ
.    | ll !   l  /|ハ::::::::∧::::i :::::::i      まあフルスペックになるだけで英雄と渡り合える
     、ヾ|   | /`ト-:::::/::_,X:j:::/::::l
      ヾ   |V≧z !V::::z≦::/::::/      アサシンの技量がおかしすぎるだけかもしれないけどね……
       ∧  ト “     :::::::“::ノ:::/!
       /  \ト ,_ --_ ::::ィ::/::|
         /   r.⌒っ::::ヽ           ――まあ知名度がどれぐらい影響するかは
        /   ./  イ:::::::::::ヽ
        |  /   /::::::::::::::::::|       ランサーの弱体化ぶりを見ればわかるよね?
        ゝ___,,__/:::::::::(⌒__ノ




             ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
            {::{/≧===≦V:/
             >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
           γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      まとめると、金糸雀のとった戦術はかなり有効だよ
         _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
        | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i     五次アサシンの能力的に、SAMURAIの英霊が喚ばれれば
         、ヾ|:::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l
       n  ヾ:::::::::|V≧z !V z≦/::::/       無名でも近接ステータスBアベレージは固いからね
     (ヨ )  ∧::::ト “        “ ノ:::/!
       ヽ、`ー ~\ト ,_ ー'  ィ::/::|
        `>"´          く,.        このスレのセイバーが強いのも、御当地補正が大きいね
        / ,           ヽ  ヽ
     _(__ l,         /  l_  l       実にKMP!
    /´______`____ , ´ (´__ノ

562 名前: ◆xjGc5BtSDw:2012/04/26(木) 20:07:20 ID:6kgxjZ0.0

          ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
           {::{/≧===≦V:/
          >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
       γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ       ――さて、長々と語ったけど
.    | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i
     、ヾ|:::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l       今回はこれでおしまい
      ヾ:::::::::|V≧z !V z≦/::::/
       ∧::::ト “        “ ノ:::/!
       /:::::\ト ,_ ー'  ィ::/::|         次回はまた第一章という名の
        /,, -― -ー - 、, ヽ
        (   ,_ - ‐'" ̄    )       プロローグの続きだよ
        `.;ー" ` ー -ー - イ
          l           l



          ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
           {::{/≧===≦V:/
          >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
       γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
.    | lr、! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i ::::i      ようやくバトルが始まって
      |.l1:::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l
      .|^ ):::::|V≧z !V z≦/::::/       >>1のやる気も大幅アップさ
     ノ ソ::::ト “        “ ノ:::/!
    /  イ:::::\ト ,_ ー'  ィ ̄`!
    {__/\        イ7 _/
          \       ヽ {

563 名前: ◆xjGc5BtSDw:2012/04/26(木) 20:07:40 ID:6kgxjZ0.0

          ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
          {::{/≧===≦V:/
         >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
       γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ       これまでがずっと説明回だったから
     | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::i
     、ヾ|:::::::::|:::./`ト .::::/ ,X:j:::/:::l   ))   感動もひとしおだよ
      ヾ:::::::::|V ━ !V ━ /::::/ ~o゚。
       ∧::::ト ~~     ~~ ノ:::/
       /::/\ト , _ ^^_ ィ/          ……次回も大半は説明だけど気にしない
          /       \





  _|_ヽ _|_i_  __|_  \    _/_   ._|_  |   i
  _|_   |  !  〉 ┌┤   _|  |   / ._i ヽ   |    |   |
.  |_|  〉  .|     └┤   ,|_| ̄|\  |_|\  |___  └  .」


                          ,∠"´ ̄`/ヘ===ァ
                       / }   /==≦V:/
               ___  /: : ノ   ノ:´:::::::::::::::::::`ヽ
            / ̄: : : : : : :  ̄`ヽ/ {   }::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : {   }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ     それじゃあおやすみ
.         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ,il  } :::::/|ハ:::::::∧::::i :::::::i
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ノ  }:|V≧z !V z≦/::::/|       次回もお楽しみに~♪
       /: : : /: :: : : : : : |: : : : : : / ノ :ト “  _  “ ノ:::/  }
    __ノ: : : : : : : : : : : : : |: : : : : /   ノ:::\ト,_ し'  ィ:/::|  }
  /─'"⌒ ̄`ー- 、__: : : __ノ  イヽ/ x⌒) `,"´(⌒)ヽ::|  }
  〉──‐'⌒ ̄ ̄`ー-─ =ー-、_∠⊥─┴ゝ─-─┴‐┴-─- 、
  ゝ                                     _)
    ̄¨¨`ー-──-─-─-─-─-─-─-─-─-──‐'''''''""" ̄

564 名前: ◆xjGc5BtSDw:2012/04/26(木) 20:08:00 ID:6kgxjZ0.0

  【まとめの図】
  ※これは>>1の認識であり、誤りや誇張などが含まれている可能性があります。
    また、図化するにあたって表現を簡潔にしているため、一部正確でない部分があります。


                 ~英霊の座~
   /\            ┏━━━┓    冬木式聖杯戦争によるサーヴァントの召喚             /\
 /    \.       ┌─→┃【英霊】┃─→──┬────→───┬───→────┐        /    \
  ̄|   | ̄       │    ┗━━━┛        │                │                ↓         ̄|   | ̄
   |   |         │                │                ↓        ┌──────┐    |   | 
   |   | 上      ↑ 人                   ↓                │        │ サーヴァント.│    |   | 上
   |   | の      │ 々                   │                ↓        │ @地元     │    |   | の
   |   | 方      │ の                   │       ┌───────┐ └──────┘    |   | 方
   |   | ほ      │ 信                   │       │ サーヴァント  .│  ○英霊の性能に    |   | ほ
   |   | .ど.    │ 仰                   ↓       │ @普通の地域 │    かなり近づく.      |   | .ど
   |   | 強      │            ┌───────┐ └───────┘                     |   | 強
   |   | い     ↑            │ サーヴァント  .│  △有名でない逸話は                     |   | い
   |   |         │            │ @無名の地   │    欠けるかも                          |   |
   |   |   ┌──┴──┐      └───────┘                                  |   |
   |   |   │生前の英雄│       ×大幅に劣化                                      |   |
   |__|   └─────┘         重要な逸話のみ                                 |__|

565 名前: ◆xjGc5BtSDw:2012/04/26(木) 20:08:20 ID:6kgxjZ0.0





           ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
           ┃   知名度にまつわるエトセトラ  .┃
           ┗━━━━━━━━━━━━━━┛





                                       Notes Out
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

566 名前:名無しのやる夫だお:2012/04/26(木) 20:09:11 ID:2b1f/f2Q0
アルトリアとかは生前の方が強いタイプだったな
竜の因子の魔力でカリバー撃ち放題だったから


567 名前: ◆xjGc5BtSDw:2012/04/26(木) 20:12:13 ID:6kgxjZ0.0

       ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
       {::{/≧===≦V:/
       >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
    γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ     以上、知名度周りの設定説明でした
. | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i
  、ヾ|:::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l
   ヾ:::::::::|≧z !V z≦ /::::/      >>1の独断・偏見が間違いなく含まれてるから、
    ∧::::ト “        “ ノ:::/!
    /::::(\   ー'   / ̄)  |     鵜呑みにして余所で言うのはちょっと遠慮してね
      | ``ー――‐''|  ヽ、.|
     ゝ ノ      ヽ  ノ |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



      |
      |ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
      |::{/≧===≦V:/
      |>:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
      |::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i    次回第4話は
      |::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::::l
      |::::|V≧z !V z≦ /::::/     5月の1~3日のどこかを予定してるから、
      |::::ト “        “ ノ:::/!
      |\ト ,_ ー'   ィ::/::|      前日になったら予告するね
      |/          ヽ
      |(⌒ヽ,         丿





  _|_ヽ _|_i_  __|_  \    _/_   ._|_  |   i
  _|_   |  !  〉 ┌┤   _|  |   / ._i ヽ   |    |   |
.  |_|  〉  .|     └┤   ,|_| ̄|\  |_|\  |___  └  .」

                          ,∠"´ ̄`/ヘ===ァ
                       / }   /==≦V:/
               ___  /: : ノ   ノ:´:::::::::::::::::::`ヽ
            / ̄: : : : : : :  ̄`ヽ/ {   }::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : {   }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
.         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ,il  } :::::/|ハ:::::::∧::::i :::::::i    それじゃあ第4話でまた
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ノ  }:|V≧z !V z≦/::::/|
       /: : : /: :: : : : : : |: : : : : : / ノ :ト “  _  “ ノ:::/  }   良いGWを!
    __ノ: : : : : : : : : : : : : |: : : : : /   ノ:::\ト,_ し'  ィ:/::|  }
  /─'"⌒ ̄`ー- 、__: : : __ノ  イヽ/ x⌒) `,"´(⌒)ヽ::|  }
  〉──‐'⌒ ̄ ̄`ー-─ =ー-、_∠⊥─┴ゝ─-─┴‐┴-─- 、
  ゝ                                     _)
    ̄¨¨`ー-──-─-─-─-─-─-─-─-─-──‐'''''''""" ̄

568 名前:名無しのやる夫だお:2012/04/26(木) 20:14:30 ID:2b1f/f2Q0
乙でしたー

569 名前:名無しのやる夫だお:2012/04/26(木) 20:15:39 ID:IHOtIkig0
おやすみー
そういやまほよの「神秘は知られれば知られるほど神秘性が低下する」ってのと微妙に相反する気もするけど、
神秘として神秘のままの名が知れ渡るんならいいのかな


570 名前: ◆xjGc5BtSDw:2012/04/26(木) 20:18:20 ID:6kgxjZ0.0

           ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
           {::{/≧===≦V:/
           >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、      >>566
        γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     ヒストリア
      _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ     史実系は大体全部英霊になった後の方が強いだろうけど、
.     | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i    マイソロジ
      、ヾ|:::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l     神話系はそこらへんアレだよね
       ヾ:::::::::|≧z !V z≦ /::::/
        ∧::::ト “        “ノ::::/
         /::::\ト   ー'   /:::/i      アルトリアさん、Fate世界では史実系らしいけど
      /::::::::/  ,`ー――イ:::/::|




           ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
           {::{/≧===≦V:/
           >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
        γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
.     | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i    >>1個人は、生前のエクスカリバーはビームが出なかったか、
      、ヾ|:::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l
       ヾ:::::::::|≧z !V z≦ /::::/    出ても対城宝具級の威力じゃなかったと思ってるけど
        ∧::::ト “        “ノ::::/
        /::::\ト   ー'   /:::/i     実際どうなんだろうね? もし生前もあの威力のままなら、
       ':::::〃  /  丶. i  | ´| :::::|
       .'::::/  / 丶、_)|_ノ|_! ::::|     BANZOKUどんだけ強いんだと
       {:::/   |  ̄ヽ._  ´  ヽ:ノ
      V     ヽ、 _/´`ヽ   /
               ̄     ̄ ̄


571 名前:名無しのやる夫だお:2012/04/26(木) 20:20:20 ID:2b1f/f2Q0
カリバー撃ち放題のアルトリア、それと同等のガラティーンを撃つ昼間三倍強いガウェイン
白兵戦技量最強のランスロット、そしてその他人外の円卓s。
これらを相手にしていたBANZOKUさんマジBANZOKU


572 名前: ◆xjGc5BtSDw:2012/04/26(木) 20:20:56 ID:6kgxjZ0.0

          ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
           {::{/≧===≦V:/
          >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
       γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     _//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
.    | ll ! :::::::l::::::/|ハ::::::::∧::::i :::::::i    >>569
     、ヾ|:::::::::|:::/`ト-:::::/ _,X:j:::/:::l    そこらへんの矛盾は、wikiの魔術の項で説明されてるね
      ヾ:::::::::|V≧z !V z≦/::::/
       ∧::::ト “  ____  “ ノ:::/!    ようは「なんかすごいもの」程度の認識なら神秘は薄れなくて、
       /:::::\ト.,_ .し'  ィ::/::|
     /::::/ ./__    __\      仕組みや原理まではっきり知られると神秘が薄れるそうだよ
     .∨─(____⌒)(⌒__. )─

573 名前:名無しのやる夫だお:2012/04/26(木) 21:10:09 ID:0aVlurpM0
桃太郎や金太郎を呼び出すことが出来れば
洒落にならん強さになりそうだねえw

574 名前:名無しのやる夫だお:2012/04/26(木) 21:14:12 ID:zy8d07go0
>>573
桃太郎さんはぱねえ
数百以上の鬼を実質一人で惨殺した大英雄


575 名前:名無しのやる夫だお:2012/04/26(木) 21:29:50 ID:CDON5c460
宝具
きびだんご 服用した生物の種族を2ランクアップさせて、忠実な使い魔とする(野獣であれば幻獣に、元が魔獣であれば聖獣に)
陣羽織  なんか無敵になる


576 名前:名無しのやる夫だお:2012/04/26(木) 21:33:43 ID:2zErtaPI0
マスター「セイバー・桃太郎を呼ぼうとしたら、間違えてグラップラー・ザ・モモタロウを呼んでしまったでござる」

577 名前:名無しのやる夫だお:2012/04/26(木) 21:35:36 ID:zy8d07go0
>>575
昔話ではきびだんごを食べれば100人力と書かれてるらしい


578 名前:名無しのやる夫だお:2012/04/26(木) 23:38:19 ID:40ngF16U0
竜の心臓絡みの話だと生前からああだったっぽい気もするんだよね、アルトリア。
・・・これはもうBANZOKUさんたちも強かったと思うしか。
実際北欧のサガとかだとその辺のヴァイキングでもさらっとベルセルクやウルヘジンや巨人の血が混じってたりするし。


579 名前:名無しのやる夫だお:2012/04/27(金) 02:06:33 ID:RgSvUHl20
型月世界のMUKASIはぶっ飛んでるからなぁw
上で語られているようなBANZOKUだの
魔法を持ちださなければ斬れないTUBAMEだの
SAMUEAIどころかNOUMINも強かったらしいし……

>>573
金太郎(坂田金時)は、お蔵入りになったかならなかったかの企画であったらしいよ
強さに関しては、バーサーカーの適性を持つ以外は不明だが














一覧
関連記事
>[ 4072 ]
BANZOKUについてはGOWのクレイトスさんみたいなのがゴロゴロいたんだと思ってる
[ 2012/05/01 15:32 ] [ 編集 ]
>[ 6871 ]
FATE本編のサーヴァントは基本大英雄ばかりだったから、
御当地補正などはあまり感じられなかったが、言われてみれば確かにそうだな→五次ランサーの劣化
[ 2012/11/20 20:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

申し訳ありませんが、体調の悪化により長時間PCの前に居られなくなりました。。
その為、当分の間は手抜きでのまとめとさせていただきます。
楽しみにしてくださっていた方、そしてまとめを許可してくださった作者様にご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。<(_ _)>


とても大きな台風でしたが皆様ご無事でしたでしょうか?
もし何か被害にあわれていたらお見舞い申し上げます。
ぽんに何ができる、というわけでもありませんが、せめて気分転換の一助になれればと思います。


一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

19/05/26
やる夫は誰かを救う悪になるようです 追加

19/05/18
エージェントやる夫の日常茶飯事 追加

19/04/14
やらない夫は「The World」にログインするようです 完結

19/02/10
真・女神転生 ~やる夫の嫁は加賀のようです~ 追加

19/01/21
できる夫とマリーがたどる仮面ライダーファイズ 追加

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



月別アーカイブ
FC2カウンター