やる夫は<仮面ライダー>と名乗るようです 第十一回 やるぽん!

ガッチャード第22話 暴走ケミー、宝太郎達、マルガムの三つ巴という、初期の雰囲気に戻った感じ。 まぁ、シリアスが続いていたしこんな回もたまにはいいのでは? 実際にお気楽回なのかは次週までわかりませんが……

やる夫は<仮面ライダー>と名乗るようです 第十一回

409 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:01:20 ID:Fe1NqIEs
               / ̄ ̄フ
/\______ / コ▽ フ  ______/\
 へ_____  ) ̄ ̄| |  (   _____へ
 へ_____   ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄  _____へ
       L___ |UUUUU| ___」
           L_ |UU○UU| _」
             V/ ̄\ / ̄\V
           //     H     \\
         < >      H      < >
                   V

みなさんこんばんは。第十一回目の投下、23:20から始めます。


あと、ライダーはみんな大好きです。


410 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:20:04 ID:Fe1NqIEs


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      <飛蝗男>・・・なぜだ?
 |    ( ○)(○)    <S.M.R>は、完全な変身はしないはずだ
. |  U  (__人__)    
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   (三三三)  
  / |    \  
/   |   |ヽ、二⌒)





       _ , r ‐ ' ´ ̄ ̄` ' ‐ - 、
      r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'i
      {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}
      };;;;;;;r'''´  _,m--- ,, _`'''‐'-'}             ・・・ヤラナイオ、打ち込まれたのは毒じゃない。逆だ
      |。‐,,,'''´-‐´` ̄‐;;;--`,,。‐|             <ショッカー>の連中、改造人間の細胞を活性化させる薬かなにかを注入したんだ
       iヽ;'´>、,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;r'´ヽ ;r´`}
    ,,r;;{ヽ; ' ( ・`i'/i‐''''´! ・ } | r };;ヽ
  /;;;;;;;;;ヘ ヨ   `ー' r'   `ー‐´  | ' ノ;;; ヽ
 r';;;;;;;;;;;;;;;;;`|     =、=      |'´;;;,r'´,;;;}
 { ヽ、;;;;;;;;;;;;|      _    |;;'//;;;;;ヽ,
´ヘ;;;、  ヽ'、;ヘ、 '´ ̄ ̄   ̄` ノ /;;;;;;;)ヽ /ヽ
 !、'' 、 ;;;;;,, ヽ;;;ヽ、    , r;'//;;;;;;;;;'''´//  ヽ
  ヽ;;;;;,,, ヽ、 ヽ;;;;`ー‐‐´;;'/;;;;'''''' ´/

411 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:20:31 ID:Fe1NqIEs

   / ̄ ̄\      
 /  ノ ヽ、\
. |   (●)(●)|
. |   (_人_)│   ・・・みたいだな。それなら、強化細胞が対応できない説明もつく
 |     ` ⌒´  |
  |           |
.  ヽ      /
   ヽ     /
   .(三三三)
   |     |
    |     |





                    ,:'
         ,:'          ,','
        ,','         ,','
        ,','     ___   ,','
          i i   ,ィ'´,';;;;;;`,' ,'.、
         i i ,ィ'´::::,';;;;;;;;:/::/;;;;;ヽ、 ・・・・・・・
        ', ',:::::',::::::,';;;;;;;/:/,;;;;;;,':::',
        ', ',::::',:::::',;;;;;',::/;;;;/;;;,':::::',~``''-、..,,_
           ヽ,ヽ:',:::i;;;;;;i:::i;;__ノ ノ::::::',:: :: :: :: :: ::`:、,,,,,_,..-、
          ,ィ'´ヽ_ヽ:::。,':::ノ )::::::::ノ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;///:: :: :: ::``''、
       ,:':: :: ::::!,__ノミ;;;,<ゝ-':::',:::/;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;i;;i;;i:: :: :: ,ィ'´:: :: ゝ、
       i:: :: ::,ィV: :,ィ'´ ``''、::'/;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; i;;i;;i;; ;; ;;,':: :: :: :: :: ::`、
       ',:: :: (;; ;;ゝiトニ三ニイ/V;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;;',', ',;; ;; i:: :: :: :: :: :: :: ::',
       ',:: :(;; ;; ;;`ヽ、||__ノ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;ゝゝ;;;;;;i;; ;; ;: :: :: :: :: :: :)
          i:: ゝ;; ;; ; ;;;;;;;;;',;;;;;;; ;; ;; ;: :: :: :: :: :: :: ::ゝゝ;;;;;`:、;; :: :: :: :: :: ,'
         i: ::ゝ;; ;; ;; ;;ミミii;;;;; ;; ;: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ヽ;;;; ;; ;;:: :: :: :: ::: ::i
        ,':: :::ゝ;; ;; ;; ;ミミ',',;; ;; ;: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ;; ;;\ミミ、__:: :: :: :: :',
        i:: :: :`:、;; ;; ;;,ィ'´``''ー、:: :: :: :: :: :: :: :: :;; ;;;;;;;;;人::: :: ``''ー、,ィ'
        ',:: :: :: ,'`:、;; ;; ;; ;; ;; ;; ;`ー-、_:: :: :,ィ'´;;;;;;;;;;;;;;;i  ',:: :: :: :: :: :: ',
        iミミノノノ  ゝ、;; ;i ;; ;; ;; ノ ;ミミミノノノ};; ;;;;;;;;;;;;/  i:: :: :: :: :: ::
      ,'ミノノノ/    ゝ,;; ;;i;; ;; ;; ;ノミミミミノノノi;; ;;;;;;;;,ィ'   ゝ,:: :: :: ::

412 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:20:55 ID:Fe1NqIEs




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)    ・・・おいやる夫。ちょうどよかった。手間が省けたぜ
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄





                
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)     あんたにはいろいろ教えてやりたかったんだが、やっぱり時間がないんだよな、正直な話
. |     (__人__)     だから、一番大切なことを伝える。受け売りだがな
  |     ` ⌒´ノ      古泉教授から、あんたに特に伝えてほしいって頼まれてたんだ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   (三三三 ヽ く
  /ノ |     ヽ \

413 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:21:17 ID:Fe1NqIEs




      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \     だけどさ、ちょっとばかり・・・ええっと、なんてんだ日本語だと
  \          |     そうだ、抽象的な話だから、何時切り出せばいいか迷ってたんだ
    \       /     いい機会だよ
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|




        l      /    .!    ヽ       l    お前のその姿。それは、本当のお前じゃない
        l      ヽ__/ \__/.       l      心を落ちつけろ。元の姿に戻れ。お前なら、それができる。
        . l        l: : : : : : : : : l         l 
       .l         lr―‐┬―‐l      . l
        l         ` ー―― '      l
       . l        ー―-         l

414 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:21:40 ID:Fe1NqIEs


                    ,:'
         ,:'          ,','
        ,','         ,','
        ,','     ___   ,','
          i i   ,ィ'´,';;;;;;`,' ,'.、
         i i ,ィ'´::::,';;;;;;;;:/::/;;;;;ヽ、                  >今のお前を支配しているのは、恐怖だ
        ', ',:::::',::::::,';;;;;;;/:/,;;;;;;,':::',                          >脳改造や洗脳を受けていなくても、<ショッカー>は改造人間達を支配できる
        ', ',::::',:::::',;;;;;',::/;;;;/;;;,':::::',~``''-、..,,_           
           ヽ,ヽ:',:::i;;;;;;i:::i;;__ノ ノ::::::',:: :: :: :: :: ::`:、,,,,,_,..-、
          ,ィ'´ヽ_ヽ:::。,':::ノ )::::::::ノ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;///:: :: :: ::``''、           >何を使うか、わかるか? それは恐怖だ
       ,:':: :: ::::!,__ノミ;;;,<ゝ-':::',:::/;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;i;;i;;i:: :: :: ,ィ'´:: :: ゝ、     >改造人間は誰でも、自分の中に大きな力を抱えている
       i:: :: ::,ィV: :,ィ'´ ``''、::'/;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; i;;i;;i;; ;; ;;,':: :: :: :: :: ::`、    >その力が恐怖を生むんだ。
       ',:: :: (;; ;;ゝiトニ三ニイ/V;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;;',', ',;; ;; i:: :: :: :: :: :: :: ::',
       ',:: :(;; ;; ;;`ヽ、||__ノ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;ゝゝ;;;;;;i;; ;; ;: :: :: :: :: :: :)
          i:: ゝ;; ;; ; ;;;;;;;;;',;;;;;;; ;; ;; ;: :: :: :: :: :: :: ::ゝゝ;;;;;`:、;; :: :: :: :: :: ,' >誰でもいい、自分以外の誰かに力を振るい続けなければ、自分が破裂する
         i: ::ゝ;; ;; ;; ;;ミミii;;;;; ;; ;: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ヽ;;;; ;; ;;:: :: :: :: ::: ::i   >恐怖は暴力を生み、暴力は恐怖を生む。
        ,':: :::ゝ;; ;; ;; ;ミミ',',;; ;; ;: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ;; ;;\ミミ、__:: :: :: :: :',
        i:: :: :`:、;; ;; ;;,ィ'´``''ー、:: :: :: :: :: :: :: :: :;; ;;;;;;;;;人::: :: ``''ー、,ィ'
        ',:: :: :: ,'`:、;; ;; ;; ;; ;; ;; ;`ー-、_:: :: :,ィ'´;;;;;;;;;;;;;;;i  ',:: :: :: :: :: :: ',  >やる夫、お前の最後の試練だ
        iミミノノノ  ゝ、;; ;i ;; ;; ;; ノ ;ミミミノノノ};; ;;;;;;;;;;;;/  i:: :: :: :: :: ::         ><ショッカー>とのつながりを断ち切れ
      ,'ミノノノ/    ゝ,;; ;;i;; ;; ;; ;ノミミミミノノノi;; ;;;;;;;;,ィ'   ゝ,:: :: :: ::

415 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:22:07 ID:Fe1NqIEs




                       ヽ
               ,,  、       l
         ゝ_    _/  .. >..、     l
          `''''''‐"  _ __ ニ:_丶     1
       / 、      ^''''ー 、__ ゝ   │
    / . l 丿  l'"! 、 、 '''-ー-、 ´ ^ー-..、 .           ――――――断ち切れっ!!
    | 」 |  | || !  ! l │ '   ,r _..,, f.
    `、  '、 ゝ ノ / l ..′ ,´  | l│l .i
       `- - ゙‐'′  --"  ,ヘ ∪ ノ l.
                        ´ /
           /            `)
           f        丿   ヽ/
          入 ___ -'     ,′
         ( V v      "‐_ -'′
          ''-二ニ -=  `'`ソ /
            ´ ‐‐;ュ `' 、ノ  /...
              ニ   ′ 丿
                     !.
                     !.
     丶.._              /
       `゙ ‐--- ____-''
   ----             }
           ―――    }
     ―        ――   }

416 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:22:26 ID:Fe1NqIEs



           キ                     /〉
              キ                         //
                マキ                       //
.              マム                   /:/
              _,.......マム...._               /:/
        , イ::::::::::.、マム: :`''‐-..、           /:/
       /: : `ヽ:::::::::::マム : :\: :`ー--,、       / /
.     ,イ: . : :. : . :.ヽ::::::::マム: : : :ヽ: : : : ::ハ    /::/
     /,,,,,,....,,_ : : : : ', : :.:マム: : : : ', : : : ::::}ヽ  /: /
.    /:::;;;;;;;:::::::':.., : : :ハ: : :.マム : : : :l : : : ::} :.ハ/:::/
   /'"´,......`ヽ:::::\ : ハ : : マム : : :.:l: : : ::l :./:::/
   {:::::::;;;;;:::::::...,\::::ミ, }: ヽ マム : : :.l.: : ::l /:::/
   ,'イ"´  `ヽ;::::ヽ ヽ:::', : . . : .マム: : 八: : } /:::/}          ああああああああああああああっ!!
   {,' : : : :. . . ミ:::::ヽ ヽ:ヽ;;:: : : マム:《〇》,r'´::/,,,}
  人    : : :  ヽ:::::ィ´;;;;;;`ヽミゞイ;ヽY´ヽ,ィ-..、}
  ,': : ヽ.,     i:::::{ ::;;,,,,,;;;::: }ミゞノノ人rr': : : : :}
. {:.::. : :ハ      {:::::ゞ、_λ_:ノミ,'ミ マ;ムヽ、: : : ノ
  ' ,:: : : :.ヘ      }::::::::::::::::彡'´    Y  `ミフ´
   ヽ: :. : :ハ;  :/:::::;ィ'"´,.......____!_ y′
    }ミ、: : : }  :{:::::/  ,ィ;==ニミー――‐ヘ}
   i三ヽ;_;_ハ : }::::{ ,r'´マム r―-‐-‐-‐ムレ′
   /ミ三三ミヽ{::://ヽ:.: ヽイヽ/⌒`7´フ'´
.  /三三三三ミヽ/;;;;;;;\ リ ヽ: ../ :.{|
 /三三三三三三≧rェ、__ヽヽェェ;ム_,ノ
./三三三三三三三三三三三三三ノ;:`''‐-..、
三三三三三三三三三三三三三ミノ;_;_ミヽヽ`ヽ
: :`"''‐-=ミ三三三ミミミ三三三彡′: : ハ: : ハ: : `ヽ
ミ: : : : : : : : : : `"''‐-=ミ三三ェr'´: : : : : : : : ,r': : : :
: : `"''‐-=..、: : : : : : : : :`ヽ三r':::: : : : : : :.,r'´: : : : : :
: : : : : : : : : :`"''‐-=..、: : : :}彡}::::: : : : : ,ィf: : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : `ー=マノ:::: ,:.-‐'´: : : : : :,r'"´:

417 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:24:36 ID:Fe1NqIEs


――――1945年 4月30日 ドイツ






     \                       /
       \                    /
         \二二二二二二二二二二二ニ/
         |: : : : _________::: : : :|
         |: : : : |    ___.    |: : : : |
         |: : : : |  |     i|   |: : : : |
         |: : : : |  |     i|   |: : : : |
         |: : : : |  |    o|   |: : : : |
         |: : : : | _j____|_ |: : : : |
         | : :: : |           |: : : : |
        ,/ ̄ ̄             ̄ ̄\
      /                     \
     /                        \
    /                           \
 ./                                  \

418 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:24:54 ID:Fe1NqIEs


       ____
     /      \      (・・・まだ、一発の銃声も聞こえてこない)
    /  ─    ─\
  /    (_)  (_) \
  |        '      |
  \      ⌒   /





          ____
        /     \      (万が一、二人が敵の手に落ちていたら・・・悩んでいる場合ではありませんね)
      / ⌒   ⌒::::\
     /   (●)}ili{(●)::::::\
    |       __´___   :::::::|
    \      `ー'´  ...:::::/

419 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:25:19 ID:Fe1NqIEs


  |┃
  |┃ 三
  |┃
  |┃    ガラッ     ____           総統! ご無事ですか!?
  |┃ 三      /     \
  |┃        /  \   / \
  |┃ .      /  (●)  (●)  \
  |┃ 三   |  U   __´___      |
  |┃       \    `ー'´     /
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.
  |┃ 三   /              \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三        |              |ヾ___ソ








    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l      おっお前! 勝手に入って来るんじゃない!
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'


      【アドルフ・ヒトラー】

420 :名無しのやる夫だお:2010/10/30(土) 23:25:39 ID:qYCIhunU
あ、ハイドリヒとゲッペルスだ

421 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:25:50 ID:Fe1NqIEs


        /l  / r' ,,_y 、{ヾ、、l l l 、' ,
       / ヾ, | |//-‐―`ーヾ-ヾi |l ,! , ',
       /、| l `}‐´ , -~ー-=、ーl l l|ノ , ',
      / l ヽ、 |` ̄   , 、   ̄l レ'/l  / '.,
     /  { ヾソヽ,ヽ.        / .//l //  ',
     / ,'i ヾ、ヾ、,ヾゝ /;;゛_ミゝ  ///  ノ/  l',
    /丿{  リヽ  ヾ'`゛  `''-'"┃ ´∠ // / ノ ,| ',
    /l |./、 l | 、 `ゝ、    ┃ /// l l/  ソ, ',
.   / .} l ヽ、`、, ヾ,;:::::ヽ-  - '::::ーイ/  ,' i'  / l , ',
  /  l |  lヾ、 ヾ /:::=:::::::::::::::「l::::::| /l / /l  } | ',   奥方・・・
  /  | ヽ |ヽヾ,ゝ-':::::::::「{::::::::二/::::::l'´_/ / , / //  ',
 /,ヘ_,レ、 \l::{}ヾ:::;;'":::l |:::::::::::: -‐'i´゛ ゝ'_ // ノイ{_, -:、',
.// L! /`ーrゞ   {}  L_|ヾ'´   /    "y'ソ"'ヾ; 、 }\;
:::ヽ  ]‐ > |;,    ヾ,,      ,'"     >;:、<ヽ } / ,ヘ l
::::::::l 「/ l> }>,_    ゛:、   ;''       |;;::}へ! lゞ/:/ /:::]
:::::::::l| ヽ/l{::::::‐、    ヾ、_, ''     ;:>-,:>;;'、:::::::::://l::::{
:::::::::/ヘゝ  l'''''''''ヾ'~~"':、 _」|__  ;:=;、_/:   /:::::ヽ、  // l:|
ヾ;::/::/l::::>- \l゛ー`'‐-:;;;'┐;-'"';;;:-‐‐‐'´ <;::::::::::::::::/ < ┌/
 ';::/ |:::ヽ、 ヽ、 \__ >::;;::;;::;;::_/  /:::;;::;;::::::;;:;::<,,_>:l
 ',::ヽ l::::::::::ー‐‐::::;、  <::::::::::::ヾ、 __ /::::::;::::;;;:::::::::;;::\:::::/
  ;::::::::::::::;;;;:::::;;;;::::::::::::ヽ -'::::::::::::::::::::ヾ;:::::::_:::::;;::;;::::;;:::;;::::;;:::ヾ/
  ';:::::::<ヽ;::::::::::‐-' ー'~ヾ-;::::::::ヘ __,-‐' }:::::::::;;;::::::::::::;;:::::::/
  ';::::/  ,ゝ;:::: ‐-;;::: _-::: _  _ _ー- ' <::::::::::::/~`i::::::::;::/
   ';/  `}:::::::::::::::/  ̄ー 二rz:;-、::::::-'::::::::::{  ヾ;:::::/
   リ    l::::_ -'´ tュ'ニ二 -r‐;'  `ヽ;:::::::::::/ _  」::/
   lー'´ ̄}´     tュ‐ー ' ''__"    `ー「;:::::ヾ ̄::::/
   ヽ;;:::::::::{_     tz‐' 二二;,'       }'::;;;;;l::::::::/
    ヽ;:::::::::}y‐-ー‐‐----==''"ー-;:-―-;;:ゞ-‐‐-'
     ',   }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   /
     ',  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{   /

            【エヴァ・ブラウン】




                 _
             =〈〈〈≠=
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !.ヽヽヽ    奥方は先に逝かれました。総統も、ほら早く!
  /    ___'___    .\|   l. )))   ハーヤーク! ハーヤーク!
  |     |r┬-|       |  X ///
  \     ` ー'´     /X  \
  / __        /  \  \_、バシ
  (___)      /   ゝ⊃=≠ヘ人人

422 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:26:34 ID:Fe1NqIEs

                  ,. -─- .、,
                     ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                   ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                   ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
               l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ     うるさい! お前みたいな怪物に、僕の気持がわかって・・・
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',   くそっ! ドイツこそが新世界の神になるはずだったんだ!
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
                ヾヽヘu  |';二::!  入',       畜生、畜生畜生!
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ     
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l







――――これが。この男が。

423 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:26:59 ID:Fe1NqIEs


.                              ,...::´:.イ:::::i:::\:::::`:..、            
.                             /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\        ていうか拳銃自殺ってありえないから!
                          ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ    ほらこれ弾切れてるし! ほら! ほら! ねえ!
                            /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!   カチカチカチカチ
                         i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
                         |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!
                         !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、
―r――r―――r、,____,,,,ィヘィ◎_,     ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
――――――---`---'==-´---`ー\ _, ,, 〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
riー-‐ ー-、                    ノ´,,.ィ_,>-`、_.. _     /_,,..i,  /
`ニ=ー  、 ヽ __________,`ー´      ', _,,.,_./"_,,ゝノ.
-..,,_    ,.ィ==くゝ:::::::i-、-i_::r‐ァ,i;:i-=-っ-v、  fニY´,,.. ',. `ヽ、   i、
    `ヽ、//     `';:::::::|   ヾ'=='.イ `ーく/,ノ/        ヽ、  ヽ、
      Y      !::::::|          /            ヽ
       !       `'、::::|         /   ー‐- ..,,__,,.
      ヽ      \        /





――――彼が信じていた全ての象徴なのだ。死ぬことすら選べない男が。若い妻は自ら命を絶った後だというのに。

424 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:27:22 ID:Fe1NqIEs



       ,r‐┐/)
       / ////>
     / イ └'´/
    ./  .\_.ンニニス_            ・・・・わかりました
    /  .__...二つ:::::::::\
   (   /:::::::::::::::::::::::::::::::::\ 
    ヽ  .ヽ、:::::::: __´,_     |
     \ ヽ::::::::      /
     . |    ` ー    \




――――この男が

425 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:27:42 ID:Fe1NqIEs
                   ,、.
        /´〉,、   ,l |
  l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/   ,! L.-ヾ=,'
   二コ ,|     _,.-'´  _, - '_´    ,、
  /__」     _,.- '´| L-'´ _)  .〈 .|  ,.-、
  '´         ,.-'´  ,.-'"    _,,」 .`'´   〉
             {,.- '´| |      l、_,.. 、 「Zノ
                 |,i         ゙l_,〉


                              ドサッ     






         ____
       /::::::::::::::::::\
     /::::-::::::::::::-:::\
    / ( ○ ):::::( ○ ) \ ・・・もう、ここにはいられませんね
   |    :::::::__´___:::::::   |
   \    ::::::::::::::::::::   /
    / ::::::::::::::::::::::::::::::: \
   ...|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |

426 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:28:02 ID:Fe1NqIEs

                                                   、Х\
                                               〈`
                                                 /\
                                                //.:::.:.::〉
                                            〉へ::.:/ヌ/〉
                                              /'个y´ ̄Lム、
                                           |:.'.;| [] . :::.ヒ!
                __                          |;'.:.| . : : : :ロ.::|
                   /:/\                         |.:::;|.: :.: :.:.::.:.::.:|
              ┌个┐| | .:_|___.           /⌒)         |_.' |.::.:..:.[]::.:.::.:|
              | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r─┬i   | T/⌒)     .//| |.: :.: :.:.:.:.:..::|
\             | └┴┬i::::|==========|: : ://__. |`7'..:/´    rr┴' | |.:.::.[]:.:: : : :|
:::...>、           |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、]: :.[_[;;::::.. |/...::::)::7 ─]:]:.: : | | :.:: ::..::.::.:::.|. ┌::、     /〉
‐く.:〈     ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : : : :〉〉:: /^7<:〈 .:::::// : : :| | : :.::.::.:::..::.:|-┘:::L、r‐//┐ ,、
.: ::L└i   _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : : : ``/...::|::::|/|\ ..::`刀.:.::|_|ト、:.;:..::..::.::_|:::/Tl::::;二/ム、|  || _r─
::.: :└i:| //\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:l| : : : : //ト、У〕:|:....;>.|::|..::./rへ/レYL;/:>┘/ト┘.//::::.`L「|-┘/:::トyィ
工エ::「 /〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.: ://.:::::;>|::::l/ヘ「  └─匚|__| :| |:L:冂_| :|┐ .::::::ir==| |.:::.「.:[]:}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮  ̄\∧l\|工]          。l;_|_|ー|__!」====l|_<>‐┴─|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/∟ロ⊥!┘   [ニニニ|ニ]                            ルヘ:
: :|ェl:∩ トi:.|::::.l\|_;;||;;:|L:<)┴‐'''"~             | . : :.:.:.|   .
: :|ェ|_|::|/<>。                         | .: : .:.|               .             .
: :レ|[:::《   '     、                    | . : :.:.:.|       '               .
_〈l〈V\|コ                          _,‐| .: : .:.| 7!_                      、
:ト|ェ|:|;;レ' rュ      ´         '       / / ゙'ー-‐''´//  /|          、
: :|ェレ                        /  lニニニニニニl/  //
/       '  、       `         lニニニニニニニニニl/                    、
              


――――けれど、どこにいけばいいのだ? 頭の中は真っ白だった。

427 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:30:03 ID:Fe1NqIEs






                      ___
           __       xwx‐'´   '=─ぇ___r=-、__        _
        / ̄ `''ァ_,z─¬′                ̄ ̄¨\ /   ̄¨¬¨¨`ー─── 、
       r'´ /|__,.                    ___  _,.´V `7           /⌒' r‐、_
    rj幺 XzZr'                    厶  |_/..     _>'´ ̄`ヽ.       }__r'   \
      r'´    __   _               /ト ,:'   ` ' ' ゚ ´      ゝ.          _,,.-'
     rー' r-、 ッ、_厶ア  〈〈 °           ,.' rァ''´               |         /
    弋z乏X`': └┐  Ll           々ノ _zノ                 V        /
.   /    `''^'''ヘ∨ x_           } ...;                   \    ,-=-j'
   /        ∧',   〉 ̄V  r‐、   r─'′             ヽ        \ |_rァ ::...
.  {          \zZ   | f´  丁_)  ;Tl       '                `''‐、¨|_ ̄__''';;
.   \_,..,_        /   :∨o   j}’ r、.ヾ . . 。.  . '                   ̄}´ `ヽ.__
       ; |      /         マッ 〔_ノ『公ー、_. . .  ' ''                 '''  |      `ー┐
        ∨     |           `-=-  ヽー'` : : .   '                  |        ,ノ
        〈    r' /!             /^′∨|   :   . ''    。            ヽ      |
        ∨  / Ll            f´      \           ' ' . .  . . .    ,|    r'''´
           }_/               |_r‐ 、   /   rj                   .|   _/
                               `ー'   Ll                    |  r‐’
                                                          | /
                                                         |_f
            

――――極東の日本にいけば、まだ再起の機会がある。そう教えられた彼は、走ることにした。

428 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:30:40 ID:Fe1NqIEs




                                       _,.,..、.,.._
     ..     ...... . .... ..,..... .........                  ._,.,、.、"^   `'.ヽ
 .....-、、,.._ :::,:,,,..   ....... .    .     .... ..  ..,,.,.、-‐ヽ"゙´
 :::::::::::::::::``"'''、、.,,,_ .............    ,..,、゛;;;;;;;;;;;;;;;;;::,,,,,.......     ..
 ::::::::     .:::::::::::::::::::::::::..```゙`゙゙`゙´ .:::::::::::::::::::::::::;;:;:;;;;;;;;;;;:;;;::::,,  .  ...
             :::::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.................::::::::::::::......................::::.....
                      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::,..   .:::::::::.::::::::::::.......:::::::::::::...
                         ..: ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;::,,,,,,,,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                       ,           : :::: ::::::::::::::::::::;;;;;;;;;::::::::::::::
 ......... .     ...              `;-、                       .
 ''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''""""''''
  .:;;:::::::::;::::;;;;;;;;;;;;;;;:::;::;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;:::::::;;::;::::::::::;:;;;;::::;:::::::::::::;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::
  .,::.:.......:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;:::::::::::::::::::::::::;::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:....:.:::::::::
  :.:.:..::......:.::,::.:..:..:::::;;;:::;:::;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::
  ..,.....::::.:...::::::::::.::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::;::;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::....:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ..::::::::::::;:::;::;:;:::::::..,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :.......::.::::::..  ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:  ..:.:::::::::::::::,:::::::::::.::.::.:::.::::::::.:...::::::::::::
  :..,...::::::::::,,,,,:::::::::::::::::::.:::.::,:::::::::::::::::::;::::::::::;::::::;::::;::::::,,,:::,,,::::::::;::::::::::::::::,,::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::,,:::::::::::::.:......::
           



――――大平原を走る。その先に、希望の国がある。

429 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:31:41 ID:Fe1NqIEs






________________          ` ヽ       '''''''''''''''
―‐‐―‐―――‐‐―‐――‐――‐: 、 \            `丶 、             ,,..,,,
~^^``"^~´~´´^``~"^^`^`~~`~^"`~丶\ \   ,,.- 、         `ヽ 、       ,,,,
....                     `ヽ\、\.//^i:|,,.- 、          丶 、
       .                  `:、\// 、 |//^i.|...            ` ヽ 、
    .                     ヽ.|:|'、. //  l.|''''''               `丶 、
:.  .:....                       |.|、゛|'| \!」;;;;;;;,,,,,,,,,,               ` 丶 、
     ..:.                    ~i': ヽ:|i| 、 \
       .     ...                」j,. \. \
 :                            !'i ゙''ヽ\. . \
   ..:::::..:...   :                      ヽ、\  \
                                 ~、\ ゛ \
  ::::..  ::::          ......  .              ~`、\   \
.::                                    `ヘ、\.   \
   .   ...::::. .::..                           `ー、\   \
    ........             .....                  `ヽ,.\..   .\
:::::::.... ...:::..........................                            ''、、\:..  \
..:::::::::::::::::::::...::::::::.......                              `'':、、\:...   \
::::::::::::::......................::::::::::::.............        ..                  ヾ、::\::....  \
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........                     `ヽ,.:\:::..... \

430 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:31:58 ID:Fe1NqIEs


                 _____
               /         \
.           /                \
.          /                  \
.         /                    \   ・・・・・
     /     ´ ̄` 、    , ´ ̄     ヽ
      |                           |
      |       ( __ )     ( __ )       |
      |                           |
.       \            ´          /
.         \        - ─‐‐-        /
        /ヽ              イ\
       /                     \







                 _____
               /         \                       >『お目覚めかい? <大佐>』
.           /                \
.          /                  \
.         /                    \
     /      ´ ̄` 、   , 、__      ヽ     ・・・・<博士>
      |                            |
      |     ´ (:::::::) `    ′(:::::::) `    |
      |       ´" "       ´" "      |
.       \            ´            /
.         \        - ─‐-        /
        /ヽ              イ\
       /                     \

431 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:33:18 ID:Fe1NqIEs



          ____                        >『具合が悪いのかい、<大佐>。プールは苦しい?』
        /     \
      / ⌒   ⌒ \
     / u (=)  (=)  \   いえ、ちょっと夢を見ていまして
    |      __´___      |
    \     `ー'´     /





         ,___                        >『悪いね。僕の力が足りないばかりに』
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \     <博士>には感謝してますよ。
    /    (⌒)  (⌒) \   これくらいで命を保てるなら安い物です
    |       、__',_,    |
    \       `‐'´  ,/





>『・・・報告することがある。やる夫捕獲の件だ。計画はほとんど成功したよ
 強化細胞活性剤は予想通りの効果を示した。後は時間の問題だ。
 ただ、今は手を出さない方がいい。どんな改造人間でも八つ裂きにされるだろうからね』

432 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:33:42 ID:Fe1NqIEs


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   時間の問題とは、どの程度です?
|        ___'___    |
/     ∩ノ ⊃  /                       >『ニ、三時間くらいかな』
(  \ / _ノ |  |
.\ "  /__|  |     ・・・彼はどうなりますか? やはり・・・
  \ /___ /








       ___
      /     \                   >『人間とは呼べないものになるね。完全に力が解放された強化細胞は
    /  ノ '  ー‐ \                   彼の精神を蝕む。でも、生存はできるだろう。研究再開のためのサンプルには使えるさ』
   /  (●)  (●)  ヽ                     
   |         '       | 
   ヽ、    ‐‐-‐    /  ・・・わかりました
    /             \








     _____     ━┓                >『ところで大佐、少しいいかい? 雑談だ』
   / ―   \    ┏┛
 /ノ  ( ●)   \  ・
.| ( ●)  ,      |
.|           /    僕は構いませんが、珍しいですね
.|      '~   /
 \_    ⊂ヽ∩\
   /´     (,_ \.\
    |  /     \_ノ

433 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:34:02 ID:Fe1NqIEs




   / ヽ、(::::::)ー‐'    \:::::::::::::::i
   十―-  Y  -‐'" ̄ ̄ ̄ !:::::::::::|       前から、君に尋ねてみたかったんだ
   _|__  .|    ̄ ̄ ̄`   |:::::::::::|      <大佐>。―――<ショッカー>とはなんだ?
   (´    .|    ̄`ヽ、_ _  |:::::::::::!
    ヽ-ー‐┴―--- 、r―-:、!:::::::::/
    /\       /´   }/:::::::/
    ヽ、`丶、___{    ノニニ!
      `T"´トーr-::,-トー‐'i"::::::::::::|
       }--< `"" .|__::::::::::::::::::::::|
      l´::::::::| ̄`フ´:::: ̄「´:::::::::/
     _|::_:::_::トー;'"::::::::::::::`:::::::::/ヽ、
    (___.」`ゞー-:、_:::::::::::;/  ●
          `‐ 、_ノ ̄ ̄






          ____
        /     \        <ショッカー>とは、人類という『種』の守護者である
      / ⌒   ⌒ \
     /   (●)  (●)  \
    |      __´___     |   <ショッカー>とは、恐怖の創造者である
    \      `ー'´    /

434 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:34:17 ID:Fe1NqIEs



:::::::::::::::::::::::........ . . .      (:. ,:.     . . . .......:::::::::
:::::::::::::::::::::........ . . .     .:从,)ノ':.:,    . . . .......:::::::::
::::::::::::::::::........ . . .    ,;;'人,,ノ;ノヾ;,.,    . . . .......:::::::::
:::::::::::::::....... . . .   ,;,、 ,;ノノ .:;.(. ,.( ,      . . . .......:::::::
:::::::::::::....... . . .  ,、 ,.:;(゙:  ,.:.人:. ヾ,、 (.  . . . .......:::::
::::::::::::....... . . . ,ノ (,.ノ,、ヾ , .,;ノ (;. (:,  ,):.  . . . .......:::
:::::::::::::....... . . .( ,;. ,:ノヾ; . ,;) ,、 ヽ;,:.;):.从;.,  . . . ......::::
:::::::::::::::....... . . .,):.      , 从ヾ;. '',人ヾ,´:.   . . .:::::



人類にとって、文化文明は一つの呪いである。火を覚えて以来、人類は常に大地を焼き尽くし、空を燃やす衝動に駆られてきた
それは必然である。力は恐怖は生むからである。恐怖はさらなる力を求め、力はまた恐怖を生みだす







          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、    恐怖は進化の原動力である。同時に進化を続ける人類を統制するには、恐怖こそが最大の武器となる
         ,r'        \      ゆえに、<ショッカー>は人類を導き、これを守護するため、彼らに恐怖を与え続ける
        / ⌒         ヽ,
          ( ●)   `―    ..i
        i.      ( ●)    |
          \ _´___       /
           \`ー'´   __/

435 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:34:32 ID:Fe1NqIEs



         ____
       /     \                  >『ありがとう、<大佐>。だが、それは<ショッカー>の理念だね
.    /   ノ '  ヽ\                  <ショッカー>の存在そのものについて、君は何も答えていない』
.  / /)(ー) (ー)u\
  | / .イ    '       |
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /   ・・・すみません<博士>
.   | ≧シ'        \   あなたの質問の意図がよくわからないのですが
 /\ ヽ          ヽ







          ____
        /     \              >『僕が尋ねたいのは、こういうことだよ
       /  u   ⌒  \               ・・・そもそも、<ショッカー>なんて組織は存在するのか』
     /      u (●)  \
     |           __´_ |
      \    u   .``ー/
     ノ           \   ・・・どういう意味です?

436 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:34:49 ID:Fe1NqIEs


       ___
      /     \                        >『そのままの意味だよ』
    /   ⌒  ⌒\     
   /   ( ー)  (ー) ヽ   ・・・我々の組織には謎が多い。僕にしても、誰が上に君臨しているのか、それすらも知りません
   |  u   ___`___    |  そういう話がしたいのですか?
   ヽ、    `ー '´  /










>『ごめん、<大佐>。今の話は忘れてくれ。僕は君と違い、生まれた時から<ショッカー>の一員だった。
  <ショッカー>に発見されて、<ショッカー>に生かされてきた。<ショッカー>のことしか知らない
  だから、いろいろ気になることが多いんだ
  
  ・・・それに、これが君との最後の会話になるかと思ったら、少し感傷的になった

437 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:35:07 ID:Fe1NqIEs

         ____               
       /     \
      / _,ノ    \ \    ・・・<大使>からお聞きに?
    /  (●)   (●) \
    |      ´       |
    \      ⌒     /
                   >うん。僕は規定の手順に従って、今晩中に安全な場所に運ばれるんだ






        ___
       /      \
     /   ⌒  ⌒ \     すみません、<博士>。あなたに迷惑をかけました
    /   ( ー)  (ー) ヽ
    |  u   ___`___     |
    ヽ、    `ー '´   /
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /

438 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:35:26 ID:Fe1NqIEs


>『気にすることないよ。ここは君の王国だ。王には、自分の国を滅ぼす権利がある。君のしたいようにすればいい
  ・・・・さようなら、デキルオ・フェルディナンド。君の幸せを願っているよ』




       ____
     /      \
    /  ─    ─\      ・・・ええ、さようなら、<博士>
  /    (_)  (_) \
  |        '      |
  \      ⌒   /

439 : ◆iB6GbR.OWg:2010/10/30(土) 23:35:43 ID:Fe1NqIEs
以上、投下終了です。

440 :名無しのやる夫だお:2010/10/30(土) 23:36:26 ID:qYCIhunU


441 :名無しのやる夫だお:2010/10/30(土) 23:39:18 ID:M3alAvTw
おつ

442 :名無しのやる夫だお:2010/10/30(土) 23:55:26 ID:TkjknaIc


443 :名無しのやる夫だお:2010/10/31(日) 23:23:26 ID:eZWNttBM
乙。

やる夫は無事に恐怖を断ち切ったのだろうか?

一方のショッカーは謎だらけだな。昔、ホビージャパンのSIC記事で、
実はショッカー首領は宇宙人、なんてのもあったけど、こちらは
どうなんだろ?


444 : ◆iB6GbR.OWg:2010/11/03(水) 02:49:10 ID:KscXcBUE
>>443
こっちの<ショッカー>の正体は・・・えーっと一応三作目までやる予定ではあるので待っててください。
第十二話は明日には投下できると思います。




ヒトラー~最期の12日間~スタンダード・エディション [DVD]ヒトラー~最期の12日間~スタンダード・エディション [DVD]
(2006/11/10)
ブルーノ・ガンツアレクサンドラ・マリア・ララ

商品詳細を見る



NEXTまとめPREV
やる夫は<仮面ライダー>と名乗るようです 第十二回【コチラ】やる夫は<仮面ライダー>と名乗るようです 第十回
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

3月、桜咲く季節となりました。
近年の異常気象のせいでどうなるかと思いましたが、冬はやっぱり冬でしたし、三寒四温という言葉もまだ通用するなと思ったり。

そして気温が上がってくると、そう、花粉の時期でもありますね。
毎年この時期になると憂鬱になる人も多いかと思いますが、最近は眠くならない薬なども増えてきていますのでなんとか乗り切りたい所。

そして春は色々と環境が変わる時期でもあります。
皆が笑顔でサクラサク季節を過ごせますように。

ついでにやるぽん!をよろしくお願いいたします。<(_ _)>


お借りしているFC2様の更新により一部のスクリプトが動かなくなっていた模様です。
具体的にはカテゴリの一覧での複数ページ表示が出来なくなっていたみたいですので、表示方法を1ページずつとさせていただきました。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

24/03/13
やるやらが幻の救援列車の謎を追うようです 追加

24/01/15
やる夫はプロ野球選手(兼球団交渉人) 追加

24/01/10
やる夫はエターナルスフィアを遊びつくすようです 完結

23/07/18
神骸騎ディ・カダーベルTRPG ノスフェラトゥ戦記リプレイ 追加

23/06/08
Fate/Parallel Line strife 追加

23/01/15
ヒトミゴクウの恋模様 完結

23/01/05
ヒトミゴクウの恋模様 追加

22/10/03
やる夫はエターナルスフィアを遊びつくすようです 追加

22/09/18
できる夫とのハンター生活 in黎明期 完結

22/07/12
できる夫とのハンター生活 in黎明期 追加

22/07/06
怪異探偵の証明絵巻 追加

22/03/29
やらない夫のハンター生活 inユクモ 完結

22/01/24
やらない夫のハンター生活 inユクモ 追加

22/01/14
俺はエントツ掃除人! 完結

22/01/04
俺はエントツ掃除人! 追加

21/12/30
やる夫のハンター生活 inメゼポルタ 完結

21/12/29
やる夫達は太古スエルの謎を追うようです 追加

21/12/23
やるやらで語るアドベンチャーパス 完結

21/09/20
やる夫のハンター生活 inメゼポルタ 追加

21/09/13
いつもお世話になっております!~やる夫の前哨地開拓記~ 完結

21/08/22
やる夫は超人レスラーとしてリングで闘うようです 追加

21/07/29
黙示録ヱヴァンゲリヲン 完結

21/06/30
黙示録ヱヴァンゲリヲン 追加

21/06/07
いつもお世話になっております!~やる夫の前哨地開拓記~ 追加

21/04/24
入即出家〇〇誘拐事件 追加

21/03/19
ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~ 追加

21/03/10
ドラえもん のび太の異世界召喚 完結

21/03/02
ドラえもん のび太の異世界召喚 追加

20/07/22
エージェントやる夫の日常茶飯事 から 雑談所内作品を
(エージェント)◆28KU4V0f26の雑談所作品 として 分離

20/05/21
やるやらで語るアドベンチャーパス 追加

20/05/20
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 完結

20/05/14
英雄の守り人 完結

20/05/05
英雄の守り人 追加

20/04/11
サクラ大戦・新 完結

20/02/26
サクラ大戦・新 追加

19/11/13
アカガネ山のやる夫 追加

19/05/26
やる夫は誰かを救う悪になるようです 追加

19/05/18
エージェントやる夫の日常茶飯事 追加

19/04/14
やらない夫は「The World」にログインするようです 完結

19/02/10
真・女神転生 ~やる夫の嫁は加賀のようです~ 追加

19/01/21
できる夫とマリーがたどる仮面ライダーファイズ 追加

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



月別アーカイブ
FC2カウンター