やる夫が永遠存在になる様です 楽屋裏コーナー 【Vol.11:キャラ紹介-故人編Part2】 やるぽん!

ジオウ第48回 ありそうでなかった決戦前のおじさんとの会話。 お互いへの培った愛情が見えてほっこりしますね。 それにしても、衝撃的。まさに怒涛の展開。 え、これどうなるの? 次週、最終回!お見逃しなく!

やる夫が永遠存在になる様です 楽屋裏コーナー 【Vol.11:キャラ紹介-故人編Part2】

964 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:29:01 ID:C/mpzgHQ

                                           .  -‐…‐-  .._
                                        /  .  -‐…‐- . `'¬
                                     , '{ /          ヽ.人
                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    / ∨    . 、-─、─- .}  \
                      ご飯の前に  > ,'   i   イ!|-{\ ヽヘトN`≧=-、
                          ______/  .    |/.イi八厶 \|,ィ仭Ⅵi `マ \
                                    {,  / / ,ィ化7{`   V:ソ ,小ハ|   }
                                 / .ノィノイ{{ V::ソ   丶 '゙´}、 \_/
                        .  -‐=≦二≧=- 、_/   ,小.ハ{ヘ '゙´       ,   ,ハ\ \
                      ,≠´   ,≠´   .≠´  _/  //人`ー'     ` ̄  / } :}  丶. `≧=‐--   .._
                /   /     /        //// ` ̄〕≧=‐z.z<. `マ ハ '.  `  `ヾ--  .._ `丶.
                /    ∠ -─< ______//∠∠x≦≦二.⊇ 、  \_;} }仏} }  ,     '.   `丶.  '.
           、___/   ∠二二≧=-  -‐=≦´ -─…ァ…─‐‐-ミ く.}〕\{{. ___________ \j
──────────────────────────────── ┤ 楽屋裏コーナー!! ├────
            / /  /    /´ }──< ̄ ̄ ̄        、_,ノ ,ハ }     ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄、__ノ ,ハ
            ,{/ {⌒ヽ、 /}  厂 `ヽ.  ヽ.           , 厶イノイ       |\|  V / /^''¬} }ノ)   `"7 ,ハ
          .ノイ /`丶、 `'ー'′'{-ヘ   〈 ̄ \         / ̄´{ ∨ !      |  ト. :} / /    小r'′    j/ }
          ノイr─‐一'^'    }  }    〈 ̄\V     / /  ∧ ヽ|  ┌────────────────────┐
             ノ'^'¬冖ナ'′ ヽ.厶ィ′    }    }   / /     . ヘ    │  ―【Vol.11:キャラ紹介-故人編Part2】―.    |
                   j/ ,.イ ;_,ノ´ ,ノ     厶  .厶イ  /   /  ,ハ } └────────────────────┘
                ≠´(_,ノ´ | {  /     /厂;//  |  {       / ,厶/   / /     |\_{/
           /{      L.ノ 厶 -‐ '´ // .〃  ;{  ∨ /   .′{/ / /     l  〈
         /´ ̄\___,ノ′     /´ //   .小.  V    {/   {  {       |    '.
            {       ,≠´ ̄ ̄ ̄ ̄´{  { / /  ∧ ハ   ,厶     }  }\      |   '.
         \__/            人  ∨/    { ∧{ j,≠´     {  {   ヽ.   ハ     '.、
                           ´   \{´     `{  /         ハ 人       / }     }}
                                     /          //      ハ      //
                                     /         //       /  }     //
                               /          //           人  、//
                                /        ,  ,             / { 丶. {{
                                /          / /            , '   '.   `^'.
                           ,  '′         / /            /    '.    '.

965 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:29:36 ID:C/mpzgHQ


           /     /         ヽ }
           /     / -‐‐ ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〉}
          /     !:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : | .|
         ,'      |  _,  --r― r――‐ヘハ
         i      |/: :!: : : ハ:.!.| ヽ」」:_: : :.ト、         はいどうも、皆様こんばんは。
         |      |: : 斗ヤT ヽヽ´___VV!从            お久しぶりのお時間がやって参りました。
         |      |:NV  ___    ⌒`i: |  !
     __,ノ      ハ:ハ  ' ̄`   ,   i:.:{  |           このコーナーは>1こと、 ◆IW1/wWxGAw
   //     /    人 |: |         人:.',  \         アバターキャラであるイン(ryにより、
   |:::レ    /    /:/Y|:.:ト、    ー ' ,.イハ: ハ   \     くっちゃべりしたり説明補足を行ったりする
  r::::/        /イ:. リ: :!` ミ - rく:| `ヽV:.',    !\   楽屋裏コーナーと言う奴なんだよもん。
  |::::|  /    /  ヽ/:./\   ̄ イ:.!    Vハ    |:::::|
  |::::|/    /    /:/ヽ::::::\-  |:.:|   /\\  |::::|   なお、ファーザーは星になりました。
   Y:|    /: :.|\  /V   \::::::\_/::::|     !\\ム:/   現在は鉱物と生物の中間の生命体となり
  /:::|   /: : : : |   {: |     \::::/::\!  ',   !  \\    電子の空間を彷徨っている事でしょう。
  |:.:::\_/: : : : : |    ヾ      \::Vハ  ',   ',   ヽ::ヽ
  ∨:::/: :/: : :|     \      |:::::!::::',  ',  ∧   ノ∨



              . ´            \
              / _    ____ __   ヽ
             /  |´ ̄/ / / / ` |
            .′  i/ / / / / /| !
            |    |_.. -__ァ_7'TTT ァ_-_、|  !
            |    |/イV_V` レi| ィり_ハミ_ノ!
            |    |レイにヾ   'イハ从  !               で、今回は埋めネタ……と言うか本編のとある「 二人 」の
            |    /从 込リ    r少 |!:  |               エピソードを書こうと思っていたのですが、これは次回に回します。
            |  /!::|  '''     '   ''',小. !           書き起こししてみたら50レスチョイになり尺が足りなかった。
.       r、、  ノ  ハ | ト     -_ ‐   '| 、 |
.       ヽ>‐くつ′|:| |.ノ`  _   ..< ..:|   \  r_‐、_      と、言うわけで、今回は三章を振り返りまして、
       l //`,、|:| | \`ー 二 ) 〉、:_:|:::|   ノ  r'‐、` `!      三章に出てきた主要人物で、かつ「 死亡 」が確認されている
          ヽ   /,、jヽ |  ヽ    /!  `|、 〈   f´`'  ノ     キャラのバックストーリーを追ってみる事にします。
          ノ〉  ト.\ !\   V== /=z、 | |ト)ノ  、  .イ
       「rヘ   ト、\,> \((==,= ィ / i ト jj、 ,ィj   ト
       ∧! |  ハi!/|    ヽ /__j\  i |  |/ `\  |:.:|
      ,イf/ト \/:.:.:|| !|    〈  ̄Y`}、 ! !  / ! |  \!:.|
     ノ/ !/| | \ノj |!!    | ヽ_j/ ! ! !ヽ  ! ト 、_ }:.:!
     {    | |:  //.:.|!!    | | | | !::::|  \\/´:.:|

966 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:29:50 ID:C/mpzgHQ

                  , -‐ ' ´ ̄ ̄ `ヽ、
                /            ` ー- 、
              /                  }
             /                 __,. ‐ヘ
            /         f__,  -‐ ' ´:.:.:.:.:.:.:.:.:|
            /         !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}      ◆──────────┐
            |         i::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, <\     │   >1からの御願い     |
            |         |:.:.:.:.__ ,::  -‐: !「/`i:.!ヽ>  └──────────┘
            |         √: : : ::ィ! ⌒iハ: :リ xぇv!:!: }
            |        イ: : : : :/レ斗z- V トリ /リV
            |        イイ: :.イ/ / んハ    ヒ! {
           ∧       i |イ: | ヽ v少     '  !        なおレス数が「30」とギリギリなので、
           /        ムヘ: : |  、、    __,.  人       御意見ご感想などは現行新スレの方で御願いします。
          /   /    /: ハ !: |、   「  ノ, イ  !
            |_ /      /: !: | |: :!、 > 、  ィ! :.|  / ____    と言うわけでさっそく行ってみましょう。
         /        /: :/!: トヘ: '! ̄.ソ介トヽ: :|// / / \
         /        /: //:ノ:::::|: !ニ ノ|::|C} |: :| (つ i / ,ノ
          /        /:: 彡へ::::::|: |:::\イ: ┌──────.   「 現行スレ 」    ────────────┐
       /       /:.∠   /〇}: |<:::>イ│【アセリア】やる夫が永遠存在になる様です-スレッドNo.25.        │
      /      イ:.:∠二二.メ、 / |: |`''く:::::|l│ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1328107046/   │
     /      / |://   厶ノ  |:::!  ∨ └────────────────────────────┘
    /       !  |:/    む'   |: |   \_ソ|: |:::::\   |∠∠ 、
   /          |  、      |:リ    |:::!::::| :|\:::::\/ ー-- }
  /           |   \    从    |::::!:::!从  >r'   、 ヽ.ノ
  ∧           ト、     ー―へ    |::/リ  /::| |   rくソ
 /::::\            | ヽ        ヽ /:/  /::::::::| |ー‐' |
 \::::::::\        |  |         レ'⌒ ̄ |:::::::::| |   !

967 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:30:09 ID:C/mpzgHQ

  _ ;;:::-:::------------------------------------------v----------------------------------------:-:::-::;;;;
  ||| ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ l.┌──────┬────────────┐  .|||
  ||| ┃┌──────────────────┐┃ |原作の影    |                  |  .|||
  ||| ┃│        i .|:: :.`'ー----─'' ヽ, i.         |┃ ├──────┼────────────┤  .|||
  ||| ┃│        | .}:::  -ー‐─-   { .|.         |┃ i.|出典元      | 銀河英雄伝説           |  .|||
  ||| ┃│        ;_,i|.:: ,、、,,__-‐-__,,,、、 | .|         |┃ └──────┴────────────┘  .|||
  ||| ┃│        トil..: 'ェァン"; : 'ェュ':` i;ril        |┃                                    |||
  ||| ┃│        l til::     i ;`` '' ::! i!リ        |┃ ┌──────┬───────────┐    .|||
  ||| ┃│         ヽ}..    ,'、__,.ヽ   :i!丿       |┃ |神剣名      | 無し             |    .|||
  ||| ┃│         ゙l:::   ,;;;;;;;;;;;;;;,,   ,!           |┃ |神剣形状    | ----                 |    .|||
  ||| ┃│         i〉、 ''-===-''   /         |┃ i.├──────┼───────────┤    .|||
  ||| ┃│           ,ト、\     /,|i、         |┃ |height.       | 170.5cm.             |    .|||
  ||| ┃│        ,r' |、 `'-`=-‐ニ゙/ | |.         |┃ |weight      | -----             |    .|||
  ||| ┃│   _,,.、-‐''"| ゙!\   ,/ ,ヽ、   }, |`''ー-、,__   |┃ ├──────┼───────────┤  .ノ i||
  ||| ┃└──────────────────┘┃ |B          |----                  |/ /!!!
  ||| ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ i.|W.         |----                  /  / |||
  |||                                  |H          |----                /    / |||
  |||  名前 : (†)ウォルター・アイランズ              └──────┴─────────/    /.....|||
  |||  所属 : マロリガン共和国、十三期執政官                                /     ./.. ..|||
  |||                                  i                          .ヽ     /.   |||
  |||  誕生年 : Stヨト.288                                               ヽ   /..   .|||
  |||  年齢   : 42 (死亡時)                                              ) /.    .|||
  ||l                                  |                               ノ       l||
  |l========三三三==============================ミミ ;|彡======================三三三===============l|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ー-‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

968 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:30:38 ID:C/mpzgHQ

◇マロリガン共和国 第十三期 国務執政評議会 マロリガン地区二部にて当選を果たした執政官。
  マロリガン共和国の最大拠点であったサレ・スニルが、神聖サーギオスに奪われはや五年、
  日に日に悪化する国内のマナ事情、荒廃していく国土、一向に改善の見通しが立たぬ戦線……
  「 状況を改善するにはサレ・スニルを取り戻す以外に無し 」「 だがしかしどうやって…… 」
  国家の明日を担う執政官達は、頭を抱える日々を過ごしていた。

◇そんなウォルターの元にダスカトロン大砂漠にて遭難、保護されたと言う男女二人の話が舞い込んでくる。
  行商人の遭難……年に幾度かは起きる珍しい事でも無いのだが、 実際に保護した商人達の証言から
  サーギオスからの亡命者と言う可能性も高く、その想像はウォルターを強く刺激した。

◇病院に担ぎ込まれた二人の男女は共に重篤の状態であったが、女性の方は男性に比べ容態が思わしく無く
  通常の医療看護では対応出来ぬ程の重体であった為、高度医療の出来るマロリガン軍病院に運び込まれた。
  この運び込まれた女性こそが【 岬 ルイズ 】その人であった。

◇軍病院にかけつけたウォルターはそこで衝撃なる言を医師より聞かされる……「 この女性は人間ではない 」と。
  岬 ルイズの躰を構成するモノはスピリットのソレと同じ……では、この危篤状態の女性はサーギオスのスピリット?
  頭を抱えるウォルターに医師はこうも告げる……「 なお、こ奴は神剣を所持していない様です 」。
  その時ウォルターは稲妻に撃たれたかの様な衝撃を受ける……そしてウォルターの頭は猛烈に回転を始めるのであった。


     / ,r-'、          ,、-'"´ `ヽ,.;.;.;.      \
     i" .|"   `''-----──''ヽ      ゙l;:;:;:;:;.,.,.,.,.,:;:;::;:`、
     l ,;      ___ _、--‐─-      |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
     |,;:;イ  -ー──- __,,....,,─一     ,|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     l ;;:   _,,-ー一      ─ --    i;:;:;:;:;::;:;< ま、待て!もしやこ奴!かつて現れたと言う……!
      ゙i、:;; -~-、、,__i    _,,-r',三二''一  ヽ、;:;::;:_,-\_____________________
      ゙、;. .ヽニ三ニァl'、 ヾヾリ'゙エラッ─-..,,   ゙l;:;:;:,r'' Rヽl
      lイミ  ´┴'゙ シ ,イ ヽ`` -‐''::     |;:;:|/'i iリ,l |
      { il  'ー一',i  l   ::..        ,  `'''l li丿ヽ.l
      .| l′    /  ;.  ::::..       ,i'   ,.| r  ノ.
      ヽ     |   ;:. .`'ー-、_         l   /
─────!     `-ニン,-'"′     :: :.    |`''´i ゙:、───────────────────────────
        |  ,、-'"゙゙゙"~"゙~""'''‐-..,,  :::: ::.  l  /  i;`::ー-ー-、
          |  `''"'-=二二二=ヾ゙"      l" /    l::::::::::::l:::
     _,-‐'´i    `ー─-一´       ,, / ./    |:::::::::::::゙i;:::::::  ── Walter ・ Islands -Profile 1/2──
_,,.-─‐'´::::::::::/l    '"゙  ̄ヽ      ::.. /   /    |:::::::::::::::|::::::
::::::::::::::::::::::::::/::::::ヽ            ,/   ,/     i::::::::::::::::|::::::
:::::::::::::::::::::::/:::::::::::|\ヽ        ,/   ,/      ,l::::::::::::::::::|:::::
::::::::::::::::::::/::::::::::::::l  \____,.、-'ニ  ,/        |:::::::::::::::::::l:::::
:::::::::::::::::/::::::::::::::::::〉   `、;;;;:: ::: :..,,、 - "          i:::::::::::::::::::|::::

969 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:30:51 ID:C/mpzgHQ
               エトランジェ
◇かつてこの世界には「 来訪者 」と呼ばれる存在が居たと語り継がれている。
  何処より現れ、神剣を持つ国家に隷属し、戦いに赴く……強力な力を持ち、その戦い振りはスピリット以上である……
  ウォルターは岬 ルイズをそう認識したのであった。、

◇マロリガン共和国には二本の「 所有者無き剣 」が有る。
  迂闊にその刀身へ手を振れよう物ならばアッという間に衰弱死してしまう、紛うこと無き「 神剣 」である。
  ウォルターは同じく戦線拡大派であるヨブ・トリューニヒトへ連絡を取り、保管されていた神剣『 空虚 』を運び出す。
  同時に自らの管理する法務局に連絡をとり、死刑囚を移送させた。
  ウォルターの行動は迅速であった、今までの鬱積とした気分を一気に晴らす「 一筋の光明 」へとウォルターは駆け出す。

◇正体不明の女性……岬 ルイズが自力で歩ける様になった頃、【 試し 】が決行される事となった。
  無論ウォルター麾下の官僚達も注進はした、「 もしサーギオスのスピリットであったら? 」「 逸話は逸話でしかないのでは? 」
  「 人間の中には時たま強いマナをまとう者も…… 」と喧々囂々、だが、その全てをウォルターは一喝、棄却した。
  このまま手を拱いていても、近くマロリガンに崩壊が訪れる事を「 理解 」していたからだ。

◇斯くして聖ヨト330年、ルカモの月、赤4つの日の夜がやって来る。
  閃光と共に崩れ落ちる競技場、死刑囚達の一足早い死刑執行……そして雷光にその身が包まれたその時、
  ウォルターは語り継がれていた逸話に追記・捕捉事項が必要であった事を知る……
 「 来訪者とは隷属する存在 」……「 ただしソレは【 国家 】に対してではなく、【 神剣 】に対してである 」と言う事を。

       ノ                   ヽ
      /  ,rー-、、         , ィ⌒ヽ  ヽ
        |  /    ``ー'、ゝ ー' ´ ̄    i   !
      ,!  |                 |   l
      !   l                 |   |
       |   /                      ヽ  !/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      !  | ノ二__‐──ァ  ヽニニ二二ヾ  | <  始めろ……
     /^ヽ!  =彳O。ト ̄ヽ   '´ !o_シ`ヾ  !/^ \________
     ! ヘi   ー─   ´,'  ;  `'   '' ´   ,リヘ !
     ヽ <        i  ;         レイ !
────\ !       ,ィ   ` 、      ,イ l/ /────────────────────────────────
        l       ' ,>,,,,,,< ヽ     |_,/
        ト、    ,r''"´_ _ ``ヽ、    !       ── Walter ・ Islands -Profile 2/2──
       /l ',    ''"´- ── -``''   ,イ\
     /  i| ヽ     ` ̄ ̄´     ,イ!  \
    , イ   |\  \          /!/|    ゝ、
 "´ /    |  \  ヽ ___ _ ,イ/  l    ! ``''ー
   ,/    |    \        /   |    l

970 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:31:09 ID:C/mpzgHQ

  _ ;;:::-:::------------------------------------------v----------------------------------------:-:::-::;;;;
  ||| ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ l.┌──────┬────────────┐  .|||
  ||| ┃┌──────────────────┐┃ |原作の影    |                  |  .|||
  ||| ┃│           /イ,r‐-ゝji!ソノr‐<ミヽ        |┃ ├──────┼────────────┤  .|||
  ||| ┃│           ,!//   -ー -   ゙、ミl         |┃ i.|出典元      | 銀河英雄伝説           |  .|||
  ||| ┃│           リイ! -‐-  -‐-  ト、!.        |┃ └──────┴────────────┘  .|||
  ||| ┃│           i^j! '''二ヾ  ''二ヾ リl       |┃                                    |||
  ||| ┃│           ゙、カ ´ ̄ i ;::. ̄` j,!       |┃ ┌──────┬───────────┐    .|||
  ||| ┃│           ヾ!   ,ィ 、_, ヽ  ソ        |┃ |神剣名      | 無し             |    .|||
  ||| ┃│            /ト、 〈 -‐-‐- 〉 ,イト、.       |┃ |神剣形状    | ----                 |    .|||
  ||| ┃│         ,, イ{  \ ` ̄´ ,/ || ト、      |┃ i.├──────┼───────────┤    .|||
  ||| ┃│ ,.,、、-‐''"´ / lト、   \__,/  ,i! ゙、`'ー-、... |┃ |height.       | 164.8cm.             |    .|||
  ||| ┃│ i      /  | \  ,イ;;;;ヽ   /|  ゙、   `'...|┃ |weight      | -----             |    .|||
  ||| ┃│i|      /_ 」.   `ー'ヾ;;;;/ヽ/ !_ _゙、.    |┃ ├──────┼───────────┤  .ノ i||
  ||| ┃└──────────────────┘┃ |B          |----                  |/ /!!!
  ||| ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ i.|W.         |----                  /  / |||
  |||                                  |H          |----                /    / |||
  |||  名前 : (†)ロイヤル・サンフォード               └──────┴─────────/    /.....|||
  |||  所属 : マロリガン共和国、十三期執政官                                /     ./.. ..|||
  |||                                  i                          .ヽ     /.   |||
  |||  誕生年 : Stヨト.280                                               ヽ   /..   .|||
  |||  年齢   : 50 (死亡時)                                              ) /.    .|||
  ||l                                  |                               ノ       l||
  |l========三三三==============================ミミ ;|彡======================三三三===============l|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ー-‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

971 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:31:33 ID:C/mpzgHQ

◇マロリガン共和国 第十三期 国務執政評議会 ガルガリン地区一部にて当選を果たした執政官。
  マロリガンと言う複雑な国家をまとめる「 頭 」の一人として今日も実務に精を出す……
  が、その内容はよく言えば「 多数派迎合 」、悪く言えば「 日和見主義 」であった。

◇「 マロリガンは破滅への一路を辿っている 」、サンフォードもソレは解っているものの明確な打開策は無く、
  ウィンザーによる北方領土侵攻作戦に票を投じるが、その作戦は完膚無き迄の大失敗に終わる。
  貴重な戦力を無駄に失い、更に悪化した国内事情……国民の非難の声は怒号と化して評議会を襲い、
  窮地に立たされたサンフォードは一つの決断を行う。

◇それは古泉執政官への協力と言う名の迎合であった。
  北方国への侵攻を大反対しており、軍広報にも明確な「 No!」を掲げていたキョン大統領のシンパ
  古泉執政官にすり寄る事でこの場を乗り切ろうとしていたのである。
  「 私の持つ一票は、たかが一票で有るが、絶大なる効果を持つ一票である 」
  ソレを解っている古泉は断るまい……そう判断したのであった。

◇だがその迎合主義はヨブ・トリューニヒトが見破っていた。
  死因は心臓麻痺、発作の苦しさにより常用していた薬剤を過剰摂取するも、効果は無く敢えない最後……
  見解発表は以上では有るが、とある医師は言う「 薬はすべからく毒である 」──と。
  病んでいた心臓が発する悲鳴にも似た鼓動音……
  それはサンフォード自身の死では無く、マロリガン破滅への秒読みを表していたのかも知れない。

          ,r''"´          `ゞ、
            /         ,、-ーゞ仆゙´ \
         /  ,,、,,..___,,..ィ"´     `、  i
        ,! '´!         _,, ,. ..  ゙i;  ゙,
        | ,イj ,, ..,_   _ _ ,,、-‐‐-  ゙,ヾ、,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        i イ,/,ィ彡ミゝ、     ,ィィゞ、、 {ミ< 私はウィンザーとは違う、真に国を愛している!解るだろう!なぁ?古泉!?
        ヾ人'"゙⌒`゙ゞイ  tzィ'"´`ヾゞ ヾ,r{、\________________________________
         {`i、 ,ィOンj ゝ イ; ,ィOン   リイ ,
──────ij ,!' ゝ '′i  j  `  ''´  ! l) ,!─────────────────────────────
         ヾj.     , |  ヽ,    u.!,レ/
          ゝ   ,r'´ゞ、 ,r'゙ \.   ,' !イ     ── Royal ・ Sonford -Profile 2/2──
           ゙, ,イ    `"    ゝ、/ ,!|ヽ、
          ,ィ'i  i  ィニニニニゝ、 j l ,/ リ iヽ、
    _,,、-‐'"´/ ゙,    ー一   ' ,! /  ,! |;:;:;:`ヽ、
    :;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,!、i,人          / /  |;:;:;:;:;:;:;:;\
    :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|  \`ヽ、 ‐‐-‐  / /   ,!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
    :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i   ヽ  `ー--‐'´ /    ,/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

972 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:32:02 ID:C/mpzgHQ

  _ ;;:::-:::------------------------------------------v----------------------------------------:-:::-::;;;;
  ||| ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ l.┌──────┬────────────┐  .|||
  ||| ┃┌──────────────────┐┃ |原作の影    |                  |  .|||
  ||| ┃│            ,..:'.:.:.:.:.:. :ヽ、.        |┃ ├──────┼────────────┤  .|||
  ||| ┃│              /;;;:;:.r─‐-、jlノ\       |┃ i.|出典元      | 銀河英雄伝説           |  .|||
  ||| ┃│           |;;;;:;:;{ ,,_   `ヾN.       |┃ └──────┴────────────┘  .|||
  ||| ┃│           l;;r、/ rェテ rz< リ.      |┃                                    |||
  ||| ┃│          r‐j uj.    , _j  「.        |┃ ┌──────┬───────────┐    .|||
  ||| ┃│             〉フ^8、 ' r -, /        |┃ |神剣名      | 無し             |    .|||
  ||| ┃│          _ _,, ィ´/  \ `´ /二.       |┃ |神剣形状    | ----                 |    .|||
  ||| ┃│    , r‐'"´  / lト、    丁´.          |┃ i.├──────┼───────────┤    .|||
  ||| ┃│   /⌒ヽ.  /   ハ \__/| ト、         |┃ |height.       | 160.2cm.             |    .|||
  ||| ┃│   ,!   ゙、  \ / ',  O ト、! \       |┃ |weight      | 48kg               |    .|||
  ||| ┃│   |    ',   〈   ,   l ヽ l!       |┃ ├──────┼───────────┤  .ノ i||
  ||| ┃└──────────────────┘┃ |B          |80                    |/ /!!!
  ||| ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ i.|W.         |71                    /  / |||
  |||                                  |H          |82                  /    / |||
  |||  名前 : (†)コーネリア・ウィンザー             └──────┴─────────/    /.....|||
  |||  所属 : マロリガン共和国、十三期執政官                                /     ./.. ..|||
  |||                                  i                          .ヽ     /.   |||
  |||  誕生年 : Stヨト.291                                               ヽ   /..   .|||
  |||  年齢   : 39 (死亡時)                                              ) /.    .|||
  ||l                                  |                               ノ       l||
  |l========三三三==============================ミミ ;|彡======================三三三===============l|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ー-‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

973 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:32:22 ID:C/mpzgHQ

◇マロリガン共和国 第十三期 国務執政評議会 ミエーユ地区一部にて初当選を果たした執政官。
  聖ヨト316年の十一期、321年の十二期選挙の落選から、三度目の正直として326年に行われた
  十三期国内総選挙にてミエーユ地区より出馬、当選を果たす。

◇その考え方は非常に独善的かつ先鋭的であった。コレまでのサーギオス戦線に好転無しと見た
  ウィンザーはタブーとされていた北方領土への侵攻作戦を評議会に投じる。

◇マロリガンはぎりぎりの所で綱渡りをしていた。両手に天秤棒を持ち、遅々としたすり足、何時落下してもおかしく無い。
  この綱渡りを如何にして渡りきるか?ソレがタブーとされていた「 北方領土侵攻作戦 」なのであった。
  この提案「 自体 」は確かに間違ってはいない、渡りきりさえすれば全てが解決する……
  だが、この提案は命綱もバランスを取る天秤棒すらも投げ捨て、全力で細い綱の上を駆け出す行為であった。

◇「 10倍以上の戦力を用いる、だから負ける筈が無い 」ウィンザーは勝利を確信していたのだろう。
  軍広報誌に綴られた「 革新的な一手を産み出した救国の英雄 」と言う見だしは、ウィンザー本人の要望である。
  だがその行き過ぎた売名行為は、タブーを犯した事に対する罰であったのだろうか。
  ウィンザーはマロリガンに破滅的なダメージを与えた輩として国民に強く認識されるのであった。

           ,イ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`、
          ,イ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::`,
          ,! ;:;:;:;:;:;:,、-─-、;:;:;:;、‐─-、;:;:;:;;:;:l
          | ;:;:;:;r'´     `"´    `ヽ;;:;:|
          l .;;:;:!              i:;:;l
          i:;:;:;:|                |;:,!
          ,〉;;;;! ‐─‐-、   ,、‐─‐-  l,r{   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          l´ヾi  ,ィtニン `  ヽ,ィtニン  ,jリ,!  <  綺麗事を……
             Y 〉l     ′l        , イ!   \________
          lヾ/i      l        ,lイ/
────── (;;;:;:;:i     'ー‐‐'ヽ    ,ソ′─────────────────────────────
          `ゞ;;:; 、 r 、__,,__ ,    /
           `ゝ;:ヽ、  `二´    ,イ          ── Cornelia・Windsor -Profile 1/2──
            `>;;:;:;\     /,!、
           ,.ィ'´: : i ```ー─‐'´  l: \
     _,、-─'´7: : : : ,!          l: : : `ゝー-、_
    : : : : :: : : /: : : : : |          |: : : : :゙i: : : : : : :
     : : : : : : :/: : : : : : |、_       _l: : : : : :l: : : : : : :
     : : : : : :/: : : : : : : |   ̄ゞー<´ ̄  |: : : : : :.|: : : : : : :
     : : : : :/: : : : : : : : l   l〈  ,〉l   |: : : : : : l: : : : : : :

974 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:32:33 ID:C/mpzgHQ

◇北方侵攻作戦が失敗に終わり、ヨブ・トリューニヒトによって提案された「 サーギオスとの決戦 」に
  Goサインが出た後、 実働戦力を悉く失ったウィンザーは厳重に警備されている自宅に籠もっていた。
  しかしとある日、情報を生業とする商業組合から「 クーデター 」の発生を知らされると、
  ウィンザーはボディーガードと共に一路、混乱中の首都マロリガンへと足を運ぶ。

◇ウィンザーがこの国で大手をふって生きるには「 クーデター 」が成功する事であるが望ましい。
  現政権を担う大統領と古泉を説き伏せ、降伏に至らしめれば奈落の底へと落ちた名誉と自尊心も取り戻せる筈……
  しかしソレは対処に腐心するキョン大統領・古泉両者に対し、火に油を注ぐ行為であった。
  怒りを露わにし今にもウィンザーを噛み殺さんと言う大統領……一方古泉も内心は同様であった筈だが、
  平静を装いウィンザーを窘めるモノの、事の弾みとは怖いもの、ウィンザーは古泉を「 事故死 」させてしまう。

◇その後のウィンザーは「 執政官制度 」が完全に消滅するまで、ミエーユに構えた豪邸より一歩も出なくなった。
  余談では有るがウィンザーが当選を果たしたミエーユと言う都市は、国内の商業を牛耳る「 商業組合 」のお膝元である。
  そしてウィンザーはその商業組合の長であるフッシ・ザ・レントールとただならぬ関係にあった。
  深夜の部屋に灯る明かり、部屋からは獣の様な嬌声、ウィンザーの自尊心とは一体何を根拠としていたモノだろうか。

◇聖ヨト330年の秋が過ぎ、本格的な冬が訪れ様と言うソノ日……
  コーネリア・ウィンザーは自宅にて全裸のまま全身に銃弾を浴びた状態で発見される。
  犯行は物取りとも怨恨とも判断が付かぬモノであった、享年38歳……なお犯人は未だ不明、である……

                  ,イ, ィニ二三ヾij/,r'´ ヽ
                / ,ィィニ二三ヽ V,ィイ彡'´L
                ,'ニ二7'"´ ̄`ヾj!r'⌒ヾ、ヽヽ!
               j;;;:;:;;/:::.:. .           ト:::::|
               〈;;;;;;;;!::.: .:.          u .リ:.:/
               ト、;;;!:::.:-ー-、,  ,、‐ー- i::/  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 」ハリ:::.:.: ミfテソ   ミfテソ .:y′<  あなた方に勝ち目など有りません、国民の為、速やかなる降伏を!
              〈;;ヾ、j::.:.:.     i    ,jl   \_____________________________
                  };;;;;;8j:.:.:.   ,ィ  」    ,リ
───────── 〈;;;;;;;;;;ト、:    `^^   /─────────────────────────────
               _レ'´ | \  fv )  /
     ,. --──''''"´ /   !   ヽ __ _, イ `ゝ、        ── Cornelia・Windsor -Profile 2/2──
    /             /    |         /  ゙、 ``''ー- 、
    /         /     l         」   ゙、     `ーr-、
   ,/   `、.       /    |\ __ __ノ i    ゙、      i  ヽ
  /     `、     \   ,!   /6ヽ  |   /       |   !
  !      ゙j       \/ !   !Uソ   !\/          |   |

975 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:32:44 ID:C/mpzgHQ

  _ ;;:::-:::------------------------------------------v----------------------------------------:-:::-::;;;;
  ||| ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ l.┌──────┬────────────┐  .|||
  ||| ┃┌──────────────────┐┃ |原作の影    |                  |  .|||
  ||| ┃│          メ厂 ̄ ̄`ヾミ三二ニニヾ,ヽ     |┃ ├──────┼────────────┤  .|||
  ||| ┃│        /   、   ji!``ゝニニ ‐-、j゙、.   |┃ i.|出典元      | 銀河英雄伝説           |  .|||
  ||| ┃│       ,!、,,,._  ヽ 〈lト、,三二ニ、ヽ、 !.   |┃ └──────┴────────────┘  .|||
  ||| ┃│        ,.j rェッ、``  ヾミ,r'⌒!ニ、,ヽV.     |┃                                    |||
  ||| ┃│       /   ゙`    !ミ! ,ヘ,ト、ヾヽi゙.    |┃ ┌──────┬───────────┐    .|||
  ||| ┃│      i!  _,    ,'  'ヾ' ノ,イ!`i  V      |┃ |神剣名      | 無し             |    .|||
  ||| ┃│        丁__ 、   /  ,「``´) jトリY.      |┃ |神剣形状    | ----                 |    .|||
  ||| ┃│       }  ` ′    /    リ)从イ、.      |┃ i.├──────┼───────────┤    .|||
  ||| ┃│       .7´    ,ィ´   ,     / \     |┃ |height.       | 178.2cm.             |    .|||
  ||| ┃│       `ー‐''i"´    ,'   ,/    \... |┃ |weight      |----                  |    .|||
  ||| ┃│        , イ´!    ,'   /     /`ー. |┃ ├──────┼───────────┤  .ノ i||
  ||| ┃└──────────────────┘┃ |B          |----                  |/ /!!!
  ||| ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ i.|W.         |----                  /  / |||
  |||                                  |H          |----                /    / |||
  |||  名前 : (†)ヨブ・トリューニヒト                 └──────┴─────────/    /.....|||
  |||  所属 : マロリガン共和国、十三期執政長                                /     ./.. ..|||
  |||                                  i                          .ヽ     /.   |||
  |||  誕生年 : Stヨト.281                                               ヽ   /..   .|||
  |||  年齢   : 49 (死亡時)                                              ) /.    .|||
  ||l                                  |                               ノ       l||
  |l========三三三==============================ミミ ;|彡======================三三三===============l|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ー-‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

976 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:32:56 ID:C/mpzgHQ

◇マロリガン共和国 第十三期 国務執政評議会 デオドガン地区一部にて当選を果たした執政官。
  十一期、十二期に続いての連続当選であり、大統領と共に議会を招集する権限を持つ執政長へと就任。
  物腰穏やか、紳士的な態度と理路整然とした弁舌、時には心を揺さぶる様な情熱的な演説を駆使し、
  デオドガンの住民の心を掴み、掌握していた人物である。

◇トリューニヒトは執政官としてマロリガンを一歩進んだ先進的な国家作成を担っていた。
  実際サレ・スニルを奪われる迄のマロリガンは間違いなく、この世界で最も栄えていた国家であった。
  「 この国は近くサーギオスを平定し、栄華を極める筈…… 」そう断言しても良いほどの栄え振りであったのだ。

◇但しその青雲なる志は十一期、十二期迄のシロモノと言えるだろう。
  評議会十二期が終わる直前の聖ヨト326年の春、マロリガンは都市サレ・スニルをサーギオスに奪われてしまう。
  確かにこの時点でのマロリガン・サーギオスの戦力比は3倍以上有り、伸びすぎた戦線を圧縮・スリム化し、
  疲弊した国力を回復させればどうとでも挽回出来る……当時の評議会ではこの意見が主流であった。
  しかし思っていた以上にマロリガン国内のマナ事情は悪化しており、当時の想定の様には再建が進まない。
  こうして手を拱いている内にサーギオスは絶対防御壁である「 長城障壁 」を建造してしまう……

◇「 時遅し、既にこの勝負有った 」十三期選挙を終え、精力的に国内執務に取り組んでいた執政官達の中で
  この「 現実 」を理解していたのは二名……その内の一人が執政長であるヨブ・トリューニヒトであった。

            /, .: :'"´ -‐=ニ 三三ミミミヽ ', j i i i!Ii;i;i;!i',
         /'′: :  '"´彡ィ´゙゙゙゙゙゙゙゙゙`ヾ';いj川ノソソノ;ミ!
         ,レ'′: :  ,.彡,イ       ``j ))´ `ヽiミ!
         !レ': : ,. '´彡彡イ        ' '′    iN!
         !.:.,r'´.:.:ィイイノノノ ,.        、 .._,    N!
        Vィ⌒ヽィ彡ソ: : : ,. -─- 、       , .-.リ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        /i:レ'⌒ヽi彡′: : :'"´  ̄``ヽ;;、,,   ,.ィ 二<  マロリガンに住まう皆よ!私はこの国を理想国へと変えて行く!
        Ⅳ {: : :くi彡: : : : : : ーtェテッ: :. `` 斤ェッ / \___________________________
        Ⅳ、`ヽ( : : : :i.    ``  ̄´   `ト ~´1
        ゞミヽ _,: : : .:l          .:.; !  ,!
────── 川(.i: : : ::',          ,. .:.::;;. }  ′───────────────────────────
        _j!`゙゙::::!: : : : :.        `ー、;; ,,/ ,′
        /.ハ::::::::',ヽ : : : :   { 、.. _ _   _ , ,′
       ,/.:::', '、::::::.:.\: : : .    、 .. _  ̄   /
      _/.::::::::',  ヽ :..、:.:.\: : .     _二´ ,′      ── Job・Trunicht -Profile 1/3──
   ,.ィ´.;.:::::::::::::.',  \;;;.:.:.:.:\:. .        ,′
 ´.:.:::i.:;;;;.::::::::::::::::',   `ヽ::::::::.`ヽ、    _ノ
 :::::::::l.:;:::;::::::::::::::::::',     `丶、  `゙゙゙゙゙/ \:.、
 ::::::::::l.:;:;:;;;:::::::::::::::::',        `丶、 _/_  ト、:.:.:.`` ー- 、、

977 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:33:07 ID:C/mpzgHQ

◇十三期以降トリューニヒトはマロリガンに対し「 見切り 」を付ける。
  しかしトリューニヒトはマロリガン独自の「 ルール 」に囚われる事になる。
  執政官は確かに強力な力を持つ国の指導者だ。だが然し、マロリガンはその力を「 わざと 」分散させている。
  例えトリューニヒト一人がその手勢を持って、国内を掌握しようにも、他の執政官達がソレを許さぬだろう。
  【 力の分散によりお互いがお互いを抑止する 】良くも悪くもマロリガンの「 ルール 」が機能していたのだ。

◇自室で一人思案を巡らせるトリューニヒト…… 「 如何にして力の分散を無くし、集結させる事が出来るか 」
  「 そして如何にしてサーギオスとの戦争をマロリガンを立たせた上で終結させるか 」
  マロリガンの国民はサーギオスに対して極めて強い憎しみを抱く、だがこのまま戦いを続ける事に意味は無い。
  トリューニヒトは全て理解している……トリューニヒトの取った行動とは「 国民の意思を削ぐ事 」であった。

◇長城障壁への突撃、マロリガン国民の意気はサレ・スニル奪還に向けて否応なく上がる。
  だが結果は「 解っている 」、しかしソレを繰り返す事で、次第に国民は「 敗北 」を心に刻まれていく。
  だがトリューニヒトは国民に対し煽り続ける 「 まだ立てる、まだやれる、さぁ戦おう 」……と。
  国民はトリューニヒトを信頼している、こうも精力的にマロリガンを引っ張ってきた人だ、
  そのトリューニヒトの決断なのだから間違いはないだろう……そう思わせる為にマロリガンを敗北へ導くのだった。

                !  _,    ,'  'ヾ' ノ,イ!`i  V
               丁__ 、   /  ,「``´) jトリY.     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              }  ` ′    /    リ)从イ、   <  政治とは時間が掛かるモノなのだよ……
                 7´    ,ィ´   ,     / \   \__________________
              `ー‐''i"´    ,'   ,/    \
               , イ´!    ,'   /     /`ー 、
──────,,、r-‐''"´/ / /ヽ     /     /    `ヽ、─────────────────────────
        /  !   /  / /     ,イ        /       ``ー- 、
         /   !  /  / !    //       /          ,  \
      / /  !  /  ,'、 |  /,/       /          /     \
       l/  l  ,'  ,! \!/ ̄/       /          /      ゙ヽ   ── Job・Trunicht -Profile 2/3──
      /    | ,!  ,!  /  /        /          /        i
     /     | l  ,!  l  /           /          /         i
      i     | !  !  j  /           /         /         |
    ,/rー===== -、  | ./ /       /         /  !         |
   / 」:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  | ,' /         /         | ,/   ,!         i!
  ,/∩ ,/ i.:.:.:./ヽi^!ヽ | /      /      ヽ   | /   /           i′

978 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:33:29 ID:C/mpzgHQ

◇麾下将、兵達にはマロリガンが一つになる事こそが状況改善を為す唯一の手段と熱く述べ、
  その一方、その後のマロリガンをどうすべくか、サーギオスとの密使を交わすトリューニヒト。
  途中ウィンザーによる北方領土作戦が出た時、内心舌打ちした事だろう。
  表面ではマロリガンを「 勝利 」させる為に働きかけているのだから当然の事であった。

◇斯くして誰にも怪しまれる事無く「 力の集中 」を為し、その手に「 力 」を握ったトリューニヒトは
  熱烈な愛国主義者である麾下将クリスチアンに「 国家を救済する為 」と銘打たせクーデターを実行させる。
  余談では有るが、当時このクーデターに対しデオドガンに住む民の反応は非常に好意的なモノであった。

◇結果、クリスチアンはマロリガン転覆迄後一日と言う所まで詰め寄るも、
  政府軍アレクサンドル・ビュコック率いる【 来訪者:碧 やらない夫 】の手に落ち、クーデターは失敗する。
  更にマロリガンとラキオスの同盟……トリューニヒトにしてみれば、「 信じられぬ 」事が立て続けに起きた。
  トリューニヒトは単身サーギオスへの亡命を決意するも、既にデオドガンには政府軍がその軍靴を進めていた。

◇「 全てはこの男が仕組んだ凶行である 」「 その罪は極めて重い、よって衆人環視の上処刑とする 」
  処刑台の上、十字に組まれた貼り付け台に括り付けられたトリューニヒト。
  周囲は石、卵、馬糞などがトリューニヒト目がけ、投げつけられている。
  処刑が執行される直前、遠巻きに眺めていた一人の男が警備兵を振りきり、駆け出し、そして周囲に響き渡る声で叫んだ。
  「 この売国奴!! 」 ソレまで沈黙を続けていたトリューニヒトはこの言葉を受け、ぽつりと呟く──

        ,;r'''" -ー = ニミ:、 ミヾ)) ゙ト、_
       ,;f" ''ニ" ̄ー ミヽ ゙'i,) ソ,レ',,ムノ,,} ゙i,
     ,;r' ,,ニ"-'',ニ=''""''''''''''''ヽ<"~    ゙ドl,    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ,l'  " .,i'"   ;;;;    -'゙ゾ     ゙lミl   ∠  私ほど、マロリガンの未来を憂いていた者は居ないと思うがね……
   . ,l'   ,リ    ;;;;       .,::;;;#. ゙l,゙i,   \_____________________________
    .|,  ソ |   ,,  ;;;;     、.,;:'      .V
     `l 〃,|     ;;;;;,,,,,,_     _,,::==ー、}
     ゙レ',ノ' }   ,-'''";;三二゙''''ー:::::::7,;'-tテシ ,i'      ◇その数秒後、全身を銃弾に穿たれ、トリューニヒトは絶命する。
      レー、|   .ニ三;;;;:;:;;;:''"ノ: : l;゙ゝ ̄'"  :{.        享年49歳であった。
      {  ヾl, ,,   ;;;;       ゙l;::.     }
      ゙l、 っ゙l.゙i,   ;;;;     ,,. ゙l:::.   ./
─────ヽ、_,, ヽ  ;;;;   -''..,,,,___;:'::   |────────────────────────────────
        :{  ゙l、 ` ;;;;      _ニ_ィ   l
         | ゙i.|゙i;  ;;;;; :: ''''''~ー─''';;  .;|            ── Job・Trunicht -Profile 3/3──
        ゙ヽゝゝ\;;;;     ====''┃ ,/i゙l、
         ,イ゙:l、::::. ゙ヽ、          ,r' ! ゙l゙l,
        /i ヘ :::.   `ヽ、,_  _,∴'  / ;l \
     ,,:::-'"   \  :     ̄     /...   ゙''ー
   .            ゙\         /

979 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:33:45 ID:C/mpzgHQ

  _ ;;:::-:::------------------------------------------v----------------------------------------:-:::-::;;;;
  ||| ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ l.┌──────┬────────────┐  .|||
  ||| ┃┌──────────────────┐┃ |原作の影    |                  |  .|||
  ||| ┃│    ,' : / ト:l::::::::::::::::::\:::::::::: :l::::::::i::::::::::ヘ::::ト |┃ ├──────┼────────────┤  .|||
  ||| ┃│    / /:l:::| ハ:ヽ:\:::::::::::ヽ::::::: :l:::::::|:::i::::: :ハ::l. |┃ i.|出典元      |   涼宮ハルヒの憂鬱.    |  .|||
  ||| ┃│   ,/::::l:::|i |  ヽ!\斗≦=-:::::::l::::::lr‐、::ヽ::N! |┃ └──────┴────────────┘  .|||
  ||| ┃│  |: 小::|:lハ‐匕ヽ     x=ミy::: :l:::::lくヽ} ハ/ |┃                                    |||
  ||| ┃│  |′ハ ! l::ヽァ=ミハ  ´     ヽ:!::::;r '/: i    |┃ ┌──────┬───────────┐    .|||
  ||| ┃│      l!ハ:|ヘ:ハ.  }         |: /ァ<:ハ{.   |┃ |神剣名      | 無し             |    .|||
  ||| ┃│      i|! ハ 込 ゝ         |//  ハ     |┃ |神剣形状    | ----                 |    .|||
  ||| ┃│         |!   >‐、‐  ´      / 〉、   |┃ i.├──────┼───────────┤    .|||
  ||| ┃│         _,rニニ、ヽ_ヽ.._ .イ .イ  /:.| ヽ.....|┃ |height.       | 170.3cm.             |    .|||
  ||| ┃│       ,r' ―‐、 } } }  />‐〈.    /:.:.':.:.:.`: |┃ |weight      |----                  |    .|||
  ||| ┃│        il   〉」」‐'7/{':::::∧ /:.:. :/:.:.:.:.:.: |┃ ├──────┼───────────┤  .ノ i||
  ||| ┃└──────────────────┘┃ |B          |----                  |/ /!!!
  ||| ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ i.|W.         |----                  /  / |||
  |||                                  |H          |----                /    / |||
  |||  名前 : (†)古泉・一樹                      └──────┴─────────/    /.....|||
  |||  所属 : マロリガン共和国、十三期執政官                                /     ./.. ..|||
  |||                                  i                          .ヽ     /.   |||
  |||  誕生年 : Stヨト.279                                               ヽ   /..   .|||
  |||  年齢   : 51 (死亡時)                                              ) /.    .|||
  ||l                                  |                               ノ       l||
  |l========三三三==============================ミミ ;|彡======================三三三===============l|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ー-‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

980 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:33:57 ID:C/mpzgHQ

◇マロリガン共和国 第十三期 国務執政評議会 スレギト地区にて当選を果たした執政官。
  トリューニヒト同様に十一期、十二期に続いての連続当選を果たすと言う快挙を成し遂げていた。
  スレギトに住まう住人の意見を要約すると、この言が古泉の全てを表している。
 「 何を考えているのか解らないし、物凄く胡散臭いけど、この国で一番頼りになる政治家 」

◇古泉はトリューニヒトと同様、サレ・スニルを奪われた時点で、マロリガンが近く崩壊する事を予感していた。
  そこで古泉が取った方針とは「 一度この国を壊し、一から立て直す 」事であった。
  古泉は自らの元で学ぶ書生達に皮肉めいた笑みを込め、こう告げる。
  「 力の分散と言うルールは確かにこの国を庇護しています 」「 しかし、そのルールこそがこの国を縛り、腐らせています 」
  「 執政官は不必要な存在、 絶対的なトップを立て、そのトップが道を間違えぬ様、援護してやれば必ず改善に至るのです 」
  書生達は面くらった事だろう……執政官である古泉自らが「 この国にとって居てはいけない存在 」だと明言したのだから。

◇古泉は327年に行われた大統領選挙に、自らが名乗り出る事は無く、
  パトロンとなり支援していたエーテル技術者【 クェド・キョン 】を推し、全面的な後援を行う。
  コレは常識では考えられぬ推挙・後援である。確かに国務執政を多少囓らせては居たとは言え、ズブの素人なのだ。
  当然、古泉麾下達は大反対するも、その嵐の様なシュプレヒコールを受けた古泉はニヤリと笑みを返し、そして呟く。
 「 必ずしもトップになる存在が執政のエキスパートである必要は無いのです。トップに求められる資質とは…… 」

.       /:/|: : : : : : : |: : /`丶: :ヽ: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
      // |: : : : : : : |: :/  丶: ::ヽ: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
      ´  |: : : : : : :|: :|   丶: :::ヽ:::::::::::|、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ、|
         |: : ::|: :,、: |: :|    .ヽ: :ヽ::::::::::|ヽ:::::::::::::::::::: / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.           |: : ::|:ヽ `、: :| ̄==- 、: :ヽ:::::::|,="ヽ:::::::::::<  理想を抱き、ソレを飽くこと無く語り続ける事が出来る事……です
            |: ::::|: :ヽ l::|  __ ヽ::::|ヽ:::| ,、ェェュ::::::::::\_____________________________
            |: : :k: : |. |:| "ヾ゚:::::},゜ ヽ| ヽ::|〈|゚::::ソ,' ヽ:::::::::|:::|/:::::::::::\::\
         |: : |:ヽ: |  |l    ̄   `|  }:|  ̄   }::::::::|::::|\:::::::::::::\:::
        / |: :| :ヽ :|.  }/ ̄ ̄`::ーゥ l  |      |:::::::|::::|:::::::ヽ}: ̄: ̄
      /   |: :| :ヽ:|  / /\: ::-´ l      .  |:::::::ト、|::::::::::::::::::::::::
───.        |::|  }::| ./ /  ::\ | |        |::::::|::::::::::::::::::::::::::─────────────────────────
            |::|: |::|/ /  メ: : :t ヽl     .  |:::::||:::::::::::::::::::::::
         .   `| |: |   // :ヽ   __,     /|:::::|:|:::::::::::::::::::::
              |::|{     :,、: ::| ̄ ̄    / ::|:::|:/:::::::::::::::::::    ── Kazuki・Koizumi -Profile 1/3──
              |::|ヾ{   : :ヽt : :`l ´  . /:: ::::レ:/:::::::::::::::::
        ..      `|: :ヽ  : : ::ヽ.ー    /:::::::::::::::/:::::, 、::::::
        ::..     /::,- 、ヽ : : : : ヽ ___ /:::::::::: : : :/::::/::::::ヽ
        ::::::   //   ヽヽ : : : : :ヽ、:::::::: : : : : :::|::/::::::::::::

981 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:34:13 ID:C/mpzgHQ

◇【 クェド・キョン 】は古泉の後援を受け、見事大統領選に勝利する。
  そして古泉は自らの手駒の一人であった【 高良 みゆき 】を大統領の秘書に着ける。
  古泉は知っていた、人はその情熱・理想を理解してくれる存在が身近に居れば、決して道を誤る事は無いと。
  同時に古泉は麾下将【 アレクサンドル・ビュコック 】・ 【 チェン・ウーチェン 】の両者が率いるスピリット部隊に
  「 自主性 」を重視した「 教育 」を行わせている。ソレはマロリガンのスピリット教育からは考えられぬ行為であった。

◇「 自主性を持った兵器ほど危険極まる物は無い 」 評議会にて発せられた古泉に対する糾弾である。
  だが古泉はその糾弾をのらりくらりとかわす……「 命令で縛ってるんですから問題ないでしょ? 」
  古泉は近く来る未来を見ていた、聖ヨト322年以降スピリット達は転送されて来て居ない現実が有る。
  「 私達が持つ弾は有限なのです、少しでも、ほんの少しでも使える様になって貰わないと困るんですよ 」
  コレは古泉が事ある毎にみゆきへ呟いた言である。

◇執政官とはその都市を治める「 小国の王 」と言っても過言では無い。
  だが古泉の生活振りは質素、否、極貧と表現しても差し支えなかった。
  自らの遊興に資金やエーテルを使う事は無く、その全てを麾下スピリット達に供与していたからである。
  スピリットの訓練には湯水の様にエーテルを使う、一人のスピリットが一度基礎訓練を始めると、
  一般世帯 約十世帯が一ヶ月使用する程のエーテルを使う。無論、段階を上げればその消費量は二次曲線を描く。

◇ある日、新人書生の一人が古泉の「 マロリガンの常識 」を逸した行為について尋ねる。
  ソレを受け古泉は口に手をあてそっとこう答えた……
  「 この国は近く二分されます、外からか、それとも内からか、それは断言出来ませんが、必ずその日が来ます 」
  「 その時……その時に物を言うのは── 」

             `、                  ヽ:::::::::;::;:;:;:;:;|
            ,.‐、r` 、                 ヽ:::::::;::;:;:;:;:;|
               |`¨|  .`l                 : l::::::::::;:;:;:;:/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             |  |   /                 : ヽ:::::::::<  原始的な「 力 」でしょう?
           ,'::l.  |  ヽ,- 、_  ,           : : : ヽ::::::::::;:;\____________
              ,': :l . .|  .| |  ¨´           . : : : :ヽ:::::::::;:;:;
───────,':: ::| : : | . .:|. :ヽ: ..           : : : : : : ヽ:ヽ::::;:;──────────────────────
          ,'/::| : / ̄ヽ|: : :|            .: : : : : : : :ヽ:|ヽ::;
          ,.|   :| : |  |:| : : :|           : : : : : : : : : : ゛:ヽ
        /:|  :| : |  l/: : : :|         . .: : : : : : : : : : : : : : :   ── Kazuki・Koizumi -Profile 2/3──
          , -、:|  ::|  |  | '  、:|         ..-/\: : : : : : : : : :,
     ャ‐´.  |´`l:|  |  :| ' ` {`-、_ . ィ: :´::/:::::::::::\: : : : : :/:
.     ヽ-ィ、 |‐‐':}  |´`l::|    ヽ::ヽ: : : : ::/: : : \:::::::::::::::\::/: : : :
        L`yー '  ヒ_‐オ    : : |:::|: : : ::/: : : : : :, 、:::::::::::/: : ::::::: :
        |:`l|           : : |:|: : : :/: : : : :/  l:::/: ::::::::::: : : :
        ヒォ           : : :|': : : : : : : /.||  /::::::::::::: : :::::::::

982 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:35:10 ID:C/mpzgHQ

◇古泉は決して善人と呼べる人物では無いだろう、やもすれば極めて「 危険な思想 」の持ち主とも言える。
 「 古泉の行動はクーデターの前準備、何時しか必ず問題を起こす 」 等、古泉を非難する輩は後を断たなかった。
  しかし古泉の元には人が集まる。極貧生活であり、決して楽な生活を望める筈も無いのにである。
  では、何故こうも書生達が古泉を慕い、その門戸を叩いたのか?
  その答えはシンプル「 この国は限界を迎えている事 」……門戸を叩く者はその事に薄々気付いていたからである。

◇時は流れ、北方五国がラキオスによって統治され、古泉はラキオスと言う「 風 」を感じていた。
  鶴屋・キョンの首脳会談は古泉にとっては渡りに船であったのかも知れない。
  しかし古泉の思惑はウィンザーの北方侵攻作戦により瓦解する、そして矢継ぎ早に起きたクーデター……
  古泉最大の誤算、そして失策はトリューニヒトの思惑を読み切れなかった事であろう。

◇クーデターの最中「 事故死 」したその後、主を失ったスレギトの古泉宅には定期的に書生達が訪れている。
  古泉唯一の家族であった、白内障により失明した一匹の老犬の世話の為である。

◇余談ではあるが古泉が死した時、その年齢は51歳。この世界ではもう老人と言って良い年齢である。
  だが古泉を一見した限り、その外見はどう見ても30代……下手をすれば10代・20代のソレで通用する。
  かつて書生の一人が古泉の若々しい外見について、何か秘訣が有るのか?と尋ねた有る。
  だが古泉は頭を振ってこう答えたという……

                  /:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                  /: : : : : : |:i: .:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:...ヘ
                 /:.:./:./:.::./^'ト:.:.:.:.:!.:.:.:.:..`、.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.|
               /〆!.:/.:/リ  !:l:.:.:.::ト;.:.:.:.:.`、.:.:.:!.:.:.:./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             ,z≠´ /.:.l:..:l ..,__ l:.|、:.:.:.! 、.:.:.:.:.`、.:.:.!.<  残念ながらその問いかけは禁則事項でして♪
                  !.:.:|.:.:i ,,,__` !| `、:.|´\.:.:.:.`,.:.:.i'.:.:\____________________
                 i.:.:.f.:r;.! イ升! ! `、!-f升、.:.:.!.:.:.|i.:.lヾ、
                 |:./ i!l.:.l  ̄  /    ̄´ 7:.、!.:.:lノ.:l
─────────── レ  !:.:.l   /       !.:.:ソ.:./|:l────────────────────────
                     !:::.ト  .`____ ィ   i..:.i!.::/. リ
                     !..:! \ ヽ_/  /!.f/|/          ── Kazuki・Koizumi -Profile 3/3──
   r- 、        ,-‐ ‐- 、_,,!i-'"i`i、  ‐  /_,,リ|ヘ、    _ . -‐ 、
   ヽ、 \__   /:::::::::::::::::::::::::/::;;;;| ヘ、 ー',, / i;;;;;ヽ`' ̄::::::::::::::::::::: ヘ      __
{ヽ、!゙`、.ゝr、  l`Y\:::::::::::::::::::::/:::::::::;i  rゝ"、    !;;::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::i  ,.、r-ィ'ヽ }ィヽ
.|  |  ll  Y´ l  !  ヽ-、  ::::::\:::_/! , '!::::::::入   /::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::,., ィ´f  i  l  i´ i l
.ヽ、゙、 ゙i  ヘ  |  i     ヽ::::r-‐'´:::::|/ l };:::::/ k. /i:、:::::::::_r':::::::::::::::, -‐ f | }  }´ l  ! ,! i
  `゙、. ヘ   `"ヘ `l_      !、_r 、::::::::l  Y:::::::l   V/ 、/::::::::::::::::r´    ! ! !  | ソ  .|' /
     `ー'‐―、_   !     //´:` 、i  /:::::::::|  /:::::::`` 、::::::::::rr|::::.....r'゙  |'´  /´ //

983 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:35:26 ID:C/mpzgHQ

  _ ;;:::-:::------------------------------------------v----------------------------------------:-:::-::;;;;
  ||| ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ l.┌──────┬────────────┐  .|||
  ||| ┃┌──────────────────┐┃ |原作の影    |                  |  .|||
  ||| ┃│          {;;;;;;;;;;毬〕;;,..-ー' ´`マ`《.      |┃ ├──────┼────────────┤  .|||
  ||| ┃│          ィゝ、_;.、‐´二ニ 二::::::::::};;;}      |┃ i.|出典元      | 銀河英雄伝説           |  .|||
  ||| ┃│          {}ミ _,..-、ゝ i._,.-::、;;_::|;;リ.      |┃ └──────┴────────────┘  .|||
  ||| ┃│          {rリ)'ニ=Ftミ ゙frァャ―ミレi.     |┃                                    |||
  ||| ┃│          ゙i {  `''¨ ::{ .| `'' ン:::)::j.      |┃ ┌──────┬───────────┐    .|||
  ||| ┃│         ヽ}   ,イ_ ::)_  ::L/      |┃ |神剣名      | 無し             |    .|||
  ||| ┃│           |:゙i; ∠、彡ミ、_,,ヽ fj|       |┃ |神剣形状    | ----                 |    .|||
  ||| ┃│          ,r'"ト、   ー   ,::ノト、_.       |┃ i.├──────┼───────────┤    .|||
  ||| ┃│     _,/;;;;( `イ、  ;i ,j_ノ'´ノ|;;;;;;ヽ、.   |┃ |height.       | 184.3cm.             |    .|||
  ||| ┃│ -ー ''" ̄/;;;;;;;;/}>⌒ノ二三⌒く√∧;;;;;;;;;i''ー-.|┃ |weight      |----                  |    .|||
  ||| ┃│ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;{;;;;;/;;;;ヽ  f゙ { }  i /./;;;;;゙i{》 ノ;;;;;;; |┃ ├──────┼───────────┤  .ノ i||
  ||| ┃└──────────────────┘┃ |B          |----                  |/ /!!!
  ||| ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ i.|W.         |----                  /  / |||
  |||                                  |H          |----                /    / |||
  |||  名前 : (†)アレクサンドル・ビュコック             └──────┴─────────/    /.....|||
  |||  所属 : ※1                                                /     ./.. ..|||
  |||                                  i                          .ヽ     /.   |||
  |||  誕生年 : Stヨト.260                                               ヽ   /..   .|||
  |||  年齢   : 70 (死亡時)                                              ) /.    .|||
  ||l                                  |                               ノ       l||
  |l========三三三==============================ミミ ;|彡======================三三三===============l|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ー-‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※:マロリガン共和国、第一部隊司令官  | クーデター以前
           ↓
  新マロリガン正当政府軍、総司令.     | クーデター以後

984 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:35:37 ID:C/mpzgHQ

◇古泉執政官麾下にあるマロリガン第一部隊を指揮する司令官。
  若い頃からマロリガンの軍事に従事、マロリガンの為その手腕を振るっていた。
  生まれはサレ・スニルであり、スレギトに二歳違いの妻が居るが、子供は出来ぬ夫婦であった。

◇【 高良 みゆき 】の実父【 高良 雄馬 】はサレ・スニルに住む、軍広報機関員であった。
  ビュコックは近所に住む雄馬と親しく、家族ぐるみの極めて親しい付き合いを行っていた。
  聖ヨト303年、【 高良 みゆき 】が産まれた時、ビュコックはまるで自分に孫が出来たかの様に喜んでいた程である。

◇だが高良家の幸せは長くは続かなかった、みゆきが3歳になった時、母【 高良 ゆかり 】は事故により死亡、
  みゆきが10歳を迎える歳に父【 高良 雄馬 】も病によりこの世を去ってしまう。
  ビュコックは悲しみにくれるみゆきを引き取り、以後のみゆきを保護する様になる。

◇みゆきにとってビュコックは育ての親であり、絶大なる信頼を寄せる存在であった。
  ビュコックは日に日に成長するみゆきを見る事が癒しになっていたのかもしれない。
  ふざけが過ぎる事も有ったが、それもまた日常茶飯事の出来事であった。

                           ,r'゙′    ゙ ,          \
                       /         ゙i           \
                         / ̄``       |            |
                      /^''ー- 、      j!          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    j(``ヽ、        ,!         < おぅおう……大きくなって……主に胸と尻が……
                      ノ ``ヽ \,,、、   〈         \_____________________
                     /  j ヾミ、.ゝ‐'゙     ト、           ,!
                    ,/   ''ー- ``        ヾミヽ, へ      ,′
                    〈             j! jミミ/ ,へ !     ,/
────────────`7^`ヽ        / ,/ミ/ / ,ノj!    /───────────────────────
                    f!、  ゙j!;       '゙  ゞ'ィソ /    ,/、
                   ( ``'''^ i!     /     /_:;:/``'''ー-イ: : \   ── Alexandre・Bewcock -Profile 1/2──
                   / ̄`  j    |     / i    /  j!: : : : :\
                   〈        ,′  _,ノ  j!   /  /: : : : : : : :
                , ‐ヽ ,,_        ,.イ    !  /  /: : : : : : : .:.:
              、‐'"´: : : : /: : : ``ーr= '''"      /  /  /: : : : : : : :.:.:::
           ,、-‐'´: : : : : : : : :/: : : : : : : /\       / ,/  /: : : : : : :.:.:::::::::
        ,r'´: : : : : : : : : : : : ./: : : : : : : /  |       /  /: : : : : : :.:.::::::::::::
     y'′: : : : : : : : : : : : ./: : : : : : : /ヽ/!        /  /: : : : : : .:.:.::::::::::::::

985 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:35:49 ID:C/mpzgHQ

◇ビュコックは国家の為、日々スピリット隊を率い戦い続けた。
  現在の「 マロリガンの在り方 」に疑問を抱きつつも政策に口を出す事は無く、「 軍人 」で有り続けた。
  そしてビュコックは古泉からの資金・エーテル供与を受け、配下のスピリット達に教育を行う。
  厳しくも有ったが、スピリット達からは強い信頼を寄せられ、親しみを込め「 おじじ様 」と呼ばれる程であった。

◇マロリガンの特徴として数で押す事を前提、一度崩されるとすぐに戦線が崩れると言うモノが有るが、
  ビュコックの部隊だけは練度をもって事に当たり、明かな劣勢の際も統率が崩れる事が無かった事からも、
  率いられていたスピリット達がビュコックを如何に信頼していた事が解る。

◇経験、マロリガンにおける軍事手腕ならば右に出るモノは居ない、歴戦の勇将ビュコック。
  クーデター、デオドガンの反乱鎮圧と言う動乱を経て、齢70歳となったビュコックは総司令として法王の壁に赴く。
  作戦は功を奏し、念願の法王の壁に一撃を与えるも、ビュコックは紫と紅に煌めく煉獄の炎に包まれ、消滅する。
  その最後の呟きを聞くモノは誰一人として居ない……

                     ,r''"´ .:.:.::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;\
                 /  .:.:.:<カj:::::::::::::::::;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
                / .:.:.:.::::::::::::::::::::,、、-‐ ─ 、:;;;;:;;;ノ
                ! .:.:::::::::::::::::::::/ ‐''"´ .::`iト、::゙i
                `ト、,;;:;、、-‐''゙´       .:.:.:.j !::::!
                 j! j! :.:.:'    、  j,r'゙  ;.;.;.;:jリ::::| / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 }_fミ"''''ー‐- 、j :.:;;,、- ─‐-ィj!:::<    嬢……
                /^リ`''ー tェz:冫j;;;;゙ゞ=ェzr'"!^!;rイ! \________
                 i〈uj '~ ー -‐''゙´^ i;;:`ヾ ‐''゙~ ,リヘj
                \゙i ,;.;.;;.;' '′j |;:::.:.   ,:;;' ノソ/
──────────── | ,;.;':. ,ィ、__ _j;::ヽ、  .;:;!' l'/──────────────────────────
                 _」   ,r'"´⌒ ⌒`ヽ、 ;:;;!::j
                /::::゙i  ,イ ,,,、、、- 、、.;;;.;;;j! j:;;;;ト、     ── Alexandre・Bewcock -Profile 2/2──
                  /:::::,イ、     ー- -‐'  .:.:/|::::\
               /::::::::い ゝ、 ( j..::.     .:.::,イ::::|ヽ::::::L __
        ,,、-‐''"´.:.:.:.:.::::::::::::、   ゙> 、,,,--‐;;:;;ィ::::/ /::::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;``''''ー-、、
    ,、‐'"´.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::| _>'"´ ̄`ーy''"´ ̄\/:::::::::::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|`ヽ     /^i     !:::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| /、     /  |ト、    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;
    .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|,/:::::\   ′ || \ __」::::::::::::「 ̄ ̄ ̄`` ーー-;

986 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:36:05 ID:C/mpzgHQ

           j                  i
        |l                  |      □(†)ルグランジュ・モート
        ik  ,r'" ̄ ̄`ヽ    ,,、、ィィイ! |
        /^Y′ ,r''"´ ̄`つ,r.:.:::::.:,、-‐ヾi !      所属:マロリガン軍第三部隊司令官、北方侵攻軍総司令
        l ,/ ,r'′ ∠二__.:::i!.:,r''´. u  l| |        年齢:42(死亡時)
         i    ,r'´ , _ノ""   ,、、,,, リj!
        ,′,′   ,r,,,_      ,、イ.:;;:`` i^!       ◇ウィンザー執政官麾下将、マロリガン軍第三部隊を率いる司令官。
         i  j    仁>`=-、 斤'iIシ‐''``,ヘ       ウィンザーによって提案されたラキオス領侵攻作戦の指揮を執った。
         | /     , -‐‐'゙ .:1 ``   イ/
         |     .:.:::/   > .:t、   ,' l!::l         しかし有希による奇策『 サイレントフィールド 』により、
       _/    .:.:.:.:/  /´ー' _ノ ``Y  ,!:::ト、.        弱化したスピリット達はラキオス軍の撃破はおろか、
    ,r''".:::L   .:.:.:.::,イヽ   -‐- - 一  /:∧:.:.`ヽ、    ミネアに辿り着く事すらも出来ぬ、大惨敗を喫してしまう。
  /.:.:.:::::::::::.:..:.:.:.::::/::::::.:.:`ヽ、 ´ ̄  ,.イ::〈  〉.:::::.:.`
,/.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::r---rr イ.:::::::V.::::::::::::::   ルグランジュは構築した中継拠点にて援軍を待つも、
.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::;:;:;:;;;;;;;;;;;|  /^1 l::::::::::::::::::::::::::    ラキオス軍の拠点襲撃により、その身柄を抑えられる。
.:.:::::::::::::::::::::::::::::::;/;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;L l ノ ,.イ;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:    降伏を迫られるが、ルグランジュはソレを善しとせず、自決する。
:::::::::::::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;;;;;;::::「

‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────  ‐ ─‐‐── ──── ──

         ,r '".:.:.::::::::::::::::::::.:.:.:.`ヽ、
        /.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.ヽ        □(†)ストークス・ハウト
        ./:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.<M::::::::::::::j!
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.,、;:;:;:;;;;;;lゞ          所属:マロリガン軍第四部隊司令官、北方侵攻軍副司令
      l::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.,ィイノハNノjリ!        年齢:39(死亡時)
      ト、::::::::::::::::::::::.:.:.:._/;;/ ,、--、、.,,j
     / ゝ、;;;:;:.:;:;:;:,、、イ;:;:;:./   ,ィテ'''<         ◇ウィンザー執政官麾下将、マロリガン軍第四部隊を率いる司令官。
     VjN(;;;;;;;;;:,;:;:;ノ! > Y;i!     "´ ヽ          ウィンザーによって提案されたラキオス領侵攻作戦の副司令を担った。
      ヾ仆j;;;;;;;kNNゝソ ミ!      ,.' ィ'′
       V;:;:;;;;;;;;;;;;:jノソ 、 .u   ,z、_ノ           ルグランジュの死後、ラキオス軍に身柄を拘束されるが、
          〉ハ从ハハ7、  ゙、   '′`〈         高嶺 やる夫を狙った『 空虚 』の奇襲に巻き込まれ、
       /''ー-、、.   `,  ヽ、      !            その落雷の余波に躰を切り刻まれ、息絶える。
       _/.:.:.:::::::::.:.`ヽ、     >.--'′
_,,、-一''"´.:.:.::::::::::::::::::::::.:.:ヽ>‐、/:.:ヽ              なお、この北方領侵攻作戦に対する二国の戦力比は
.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.Vイト、 乃::.`'ー-、        マロリガン軍スピリット隊52名、予備戦力としての人間兵200名に対し
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽj ヽリ::::::::::::.:.:ヽ.      ラキオス軍スピリット隊4名、人間兵300名であった。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.ヽ ノ:::::::::::::::::.:.:.\

987 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:36:18 ID:C/mpzgHQ

             /            `ヽ
        /  ,<bk〕              l
       ,ィ´      ,、 -─ー---‐'´ヾ:.:ノ
       !     ,、-'´            i:.!
       `T:.:.:.j´    `ヽ         l:.!       □(†)チェン・ウーチェン
        |:.:.:.,! ,,、zニニニ7   ,r'ニニ=‐、.リ
        |:.:.::!. ´ ,ィエナ´   ,!,ィエヽ   l!          所属:マロリガン軍第二部隊司令官
        レ'^i!     ´    i `    l|        年齢:48(死亡時)
        l :N'           ,!     ,!l
        ヽレ、      ,' ,、,、」、    ,' !        ◇古泉執政官麾下将、マロリガン軍第二部隊を率いる司令官。
         ヽ',     /     `,  ,!ソ         ビュコックと共に軍事面でマロリガンを支え続けた。
          i 、   ,! -‐─‐- l  ,!
            ,| ヽ  !  ー‐  ! ,/            クーデターの際、首都に残った手勢と共に 10倍以上の
        ,ィ」   \         ,イ、             クーデター軍に抵抗するも敢えない最後を遂げる。
          / ``''ー-、. \_ _,'_/ | ヽ
       /       /^i、  ,、、, _   ,!  ト
     ,ィ´`ヽ   /  ,!`i´  ト、 `ヽj   {カ、

‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────  ‐ ─‐‐── ──── ──

              ______
           /::::::::::::::::::::::::丶
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\             □(†)フッシ・ザ・レントール
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i            所属:マロリガン商業組合、主長
        r ⌒:::::::::r‐‐‐ 、:::、:::::;::::::::,'             年齢:50(死亡時)
        i:::::::´::::::::::ー―′::`:r --v
    ────【 No Image 】──────        ◇マロリガン共和国中央に有る都市「 ミエーユ 」を本拠地とする
         >:::::::::::::::__:::::::::::::::::__>リ             【 マロリガン商業組合 】の主長。
        /::::ヽ:::::::::::::‐--- 、::::::/
       ./::::::::::::ヽ:::::::::`  ̄´:::::/               愛人であるコーネリア・ウィンザーを支援し、
       人:::::::::::::::::',:::::::::::::::::::::/                   「 商業 」の観点からマロリガンを牛耳ろうと画策していた。
  _____/::::::i:::::::::::::::::::\::::::::::::/
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー<´                   クーデター後、ウィンザーと共に何者かに殺害される。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
::::::::::::::::::::::::::::`ヽ::::::::::::::::::::/::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー 、

988 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:36:58 ID:C/mpzgHQ

      |    V      _______ ___   | |
      |    !     イ |! | | | ! ト、 、 _ヽ__ ̄\_|__
      |    !/,/  | |= ! ≠= ! 、| イトト¨ヽ`, ヽヽr'´
      |    V   iイ| ∧十トミ 从     jzニヽハ ! ト、|
      |   イ | | | ハィ云升ゞ       '´ん:ハ从_..ゝ|       っと、ここで残レスがやばいのでここ迄にしましょう。
      |     从ハ|V/´ん:::01        fz::リ 八  '.
      |      | |` 弋z沙       ` ´  |  |        完全にマロリガン編でしたね。
      |      |  ヽ  ´´      '      ¦:.|  !       何せマロリガンの主要「人」物はバカスカ死んでますから。
      |      ト!   !                 人:.|  ヽ
      人      |:!   ヽ        rっ     イ:.:.:.ヽ|\   \    まぁ、この執政官達のストーリー無くして三章は語れません。
    /      `ヽ   \         ..く:.|:.:.:.:.: |  iヽ.   ヽ
.   〈          \   ヽ`  ‐-‐ ´| ィ Y:.:.:.:.:..|  | |   ¦
    ヽ           )ハ   }ー──'´  |\ 从   |     ヽ



        /  /    ,,‐=ニニニ=‐=ミ   ヽ
.       /   ,,  7   (/   У     ヽ  ‘,
       ′   i  /    /    /⌒   /!  ‘,
            |_,Уi  / _ ∠. : ―‐ <___|
     i    |  >≠7: /}:|  }:ト、: ハ:ト、{:ハ: :ヽ、__
     |     レ: : /}ハ{:/八{  jノ j/x≠ミ、 }ノ:.i<⌒         なお、このバックストーリーを照らし合わせて見ると
     | ⌒7: : :/}xfチ斧x     "fじ::j::}㍉: :从{  :         三章本編中に有った会話が新たな視点で見れると思います。
     |   ノイ{ハ〃{::f::じ}       弋う:ソ  i :|    |
     |    j从 :{{ 弋う:ソ       ー  |: |    |         特に古泉とトリューニヒト……
     |     i.: :.  ‐ ´   ,         ,| :|    |         この二人実は凄くよく似てるんですよ。
     |     |: : :.              人 |    |
     |     |: : :.ヽ      ^     //: 八           ちなみに殆ど本編で臭わせていた事項です。、
     |     |{: : :、 ≧     __  イ }:i: :,′ ヽ   :           こういう側面を持っていたんだーと思って頂ければ嬉しいかな。
     |i     八: : :.ヽ ::\ー―‐ ´ / !:.:i     ト、
.     八     \ : :\::::\    /::::|: :|       | :.
    /  ヽ      \: :.:\::::\ /:::::i|: :|       i
.   /            \: : \:::::/\::::::|: :|       |

989 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:37:22 ID:C/mpzgHQ


    さて、敢えて描かれる事がなかったウィンザー&フッシ商業組合主長死亡のワンシーン。

    ちょっとだけ覗いて見る事に致しましょうか。
                                       __
                                     __,r≦====y ヽ
                                   f/ ____l   \
                                 __{ィニノリ}ナナメ从、  \
                 ===≠ミ __            ムイrtミ  込ハ { `ト   \
                 _  ,r‐y ' >< \        ノノ゙"′  ""ヘ くi、    ヽ    __
                儿ィ′厂 ̄     `ー≒=====≦ 八 v─ッ  _ハ { ヽ. >仆ォ=彡' /) \
            r‐彡'/  . ′         `><´    ゝ 二 ..イ}厂乂i 厶´//∠彡 ∠__廴__
           f三  {{   {          ´   ` ーr‐厶彡一ゝ≠ソ |  / //     ゝ---<  }
            ゝ 一ヘ   、              /ラ' У   / / ノ  {  { {\     ====く /\
               \  \   ´  ̄ >──‐ ミ/ 〈_/   ハ  { ィ’ 、 ∧ : ヽ. \  三三>’    )
                     \__ >一''"´        // ィ !    | ゝ|/| ⌒\ \\\  ̄ ̄ /   /
                                  ォ'彡' | |  、  ∨.八 ゝ--- \ ヾ ヽ  ̄ ̄    /
                            ∠ィ   | |  \//i  \ ==- `>--≧==…=一´
                           -=ニ(  ,ハ   乂{   、{/.ノ /} ト   } \} ヽ}  ヾ\
                         ____ )厶 --   ヾ:.、 У / 从 \リ  ノ  ノ     ソ
                        ,..::;´  . <       Ⅶ⌒\,′ }ノ  /
------------=================ニニニニニ三三三三三ニニニニニニ=================------------
       `>===…… ─一 彡イ  /'"´           、| }     ヽ
      ---------==============ニニニニニ三三三ニニニニニ==============---------
.  > ´                  /                    \ 、       `> .
 ´                 -----========ニニニニ三ニニニニ========-----.... \
                        ----====ニニニ====----
                             ---===---
                                -

990 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:37:42 ID:C/mpzgHQ

   ;:;;: , .,.,                 .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *:,; ;.,;,::;;。,... .. ;:
;:;;: , .,., .,. ;:;:   :. :.  .: :  -‐-  :. .:.::. .:.: :. .:.:  ,.:;,;,:,★:,; ;.,;,:: .,
    ;:;;: , .,., *., . : ,r'´.     `ヽ: .. : :. .:.::. .:. . . ;:;: ,.:  ;,;
        +  .: ..: :' ..:.      ゙; ::: :. :. .:.:. .::;:;;: , .,., .,. ;: ;  ,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
;:;;: , .,.,._               , 、        ., 、    \               ,/
    'Fニ]ヽ            ,/―\___,/―\__ .\ __     /  _   ,/:
_    l  |,ィf゙ヾ 、  ,rュ_,、 -''| l田l | rュ  | l田l |  ___)/´  ガ `ヽヘ___ヾ ,」 ::
: >   |,ィf'゙.___ ヾ 、_|__|___|__|_,,|_,,|_|__| ̄ ̄ ̄ ̄} i   ガ   }て ̄ ̄ ̄ ̄"゙:
; .そ_,ィf'゙  |__|_,」 <ニlニ!ニニニニニニニニロニニニニニニニニニロニ     ッ   ___'´`^"゙:.:;
::"..;:ヘ'_'         |==|lEEEEEEE|==|lEEEEEEE|__てゝ,_ _ ! _,ノゝ ̄ ̄::
"゙:.:;:,”:7|三三三三_|  ||王|王|王|王|  ||王|王|王|王|  || ̄)'⌒Y  ⌒ヽ\":: :,”"゙:"゙:.:
:,”:"゙:.:゙':,<||―|―|―||  ||土|土|土|土|  ||土|土|土|土|  |/    |        \:,”l `:::
:: :,”:"゙:.:゙そー|―|―||  ||i i i i i i i i i i|  ||i i i i i i i i i i|,/     li i i i|  ||゙、;:":: :,”::`"゙:
:,”:"゙:.:゙ィ.. `     |  ’ ニニニニニニf==トニニニニニニニ;f==トニニニニニニニf==r'´゙:":: :"゙:.:;:"゙:
"゙:.:゙'”て ====...\、 ノし' 、,. '  " 、 ゙ー'  ,,. --- 、 ゙ー' ,,. ---┌──────────────┐
:,”:"゙:.:゙':ヘ.、_. γ´  ̄ `ヾ  ”゙,.-゙、  /-、.゙、 | / ,.-゙、  /‐、.゙、 i │ ◇マロリガン商業都市ミエーユ   |
:: :,”:":: :,.゙―‐‐   ダ゙   ―  ̄| ̄|  | ̄| ̄|| ̄| ̄|  | ̄|r- 、. │    ウィンザー邸宅.         │
:: :,”:゙――=ニニ   ン   ≫  .‐|  |  |  |  ||  |  | _| <::.:;.:r‐└──────────────┘
:: _,, 、_:"::.‐― 、    !  ノ 、....、'^"^''ス,.|_|_||_|_,r''´::..^''=、::.::::.:r‐- 、 . |―――‐<"゙:.:
´ :: :..; \'..゙´ . > ‐-+‐ '.、:::;;.;;::.ミ ::.;;.::;.ミ|____ミ::..::;_::;.:...` 、::..;;..:::..ミTTTTTTTTTTT
、` 、; :::...:;;: '  /   |  `゙TTTTTTTl三/____/^´:::;.. `、:: r┐_::.::...ミr―――――‐‐
;;.'i:::.ヽ、::;...l`''-----‐---‐---‐---‐---‐---‐--ミ:: ;.:::;..::;;..;;..:. |   |-┐|_    「 ̄ ̄ ̄
:./::.;;:; ..lヾニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ「::..:::;;..;;..:;;..;;..: .r -‐‐、, !_,,l.. -  、   _

──────────────────────────────────────────────────
             ' ,       ',  !
              ' ,     ,、 .',. i
....  ;;;三圭三;;.       ヽ  _  i ヽ',i、            | __
.... :;;;三圭圭圭三;;     _>、',ヽ,j   '.,}/=-,          |i'::;)_..|_)
....  ::;;;圭圭三;;:        \ヽi 、   ヽr'フ             ̄ ̄i|
      ;;;三圭三;;.     ヽ、`ヽ   ヽ!  __             |
     :;;;三圭圭圭.. _,、,、イ} ヽ=ヽ     '(  イ       i
      ::;;;圭 ,r '"´<< ヾ" r 〉 ィrー、   ヽ{rっ      |i  ゙l|
           {ヽ、、    ヽ< y' ',/しー-', ,r='''イ、ヽ、   、ー'i . ,, il| |  へ
         ヽ,、 ""  ン",. -_,.==-{ 、 ヽ //ヽ ',  U   ::iil| |i, \人人从人/
           ``-...''ー"‐"´:::::::::`''}=ヽ`r_, .i   }_!   `~ ^' i:| U/f) カランッ ! (
──────────────────────────── /⌒Y⌒Y⌒ヘ────────────────

991 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:38:10 ID:C/mpzgHQ

      ノ   ハi    Y´ | i |レ       /リ
     /イ!  / i!   「 ̄’‐i lリ 、  ´`rイル′ \\
     / | /    ノ、.:.:.:.:.レレ`¨〉ー-イ/   _ 、 ─-z、
      { |    /  `ヽ.:.:.:.:.:.:.:{!   レ′./         __l     夜も更ける前からサカっちゃってまぁ……
       | i    /     `ー==ム、    {      ∠ノ
        ! |  / ⌒ヽ、    丶、 j!.   i   <>   j
        ヽ!  i     丶 i      ヽ   i!     _}.  /
            |   丶 \        ヽ  \ヽ r‐- \人_人从_/
            |     ヽ j          ',.. \` `ぅ _}_/) ベリッ !(      (
          i、      ハ         ',..  \ / 」/⌒Y⌒Yヘ      )
          iヽ       ヽ . . . . j. . ..:i /  /ノ             ノ
          |        /j〉 .: .: .:'.:.:.:./   /  _ュ‐――¬‐¬‐¬r ))
          |     /   V.: .: .'.:.:./   /   (,,匚_ [二] 二二二 -{!
          ヽ~┬ ヘ     V.: .'.: /    ∧    .,r'`ニ;r ュ;rT ̄ ̄ ̄
                 |   ',     ヽ.:ノ    /  ヽ、、l  」_とつ ´



,___, |_|__|:         |   |    ;:⌒ ` !三τ,,'' `` i #三三゙'li,, ,, #三,, i"`i || 0  | /
    ヽ.  ,, -‐=‐ 、,    |   |   ;:     |三.! ;}, ,   ! l三;|..゙'|l、   ゙'li、__,||_|τ#/;  ̄ ̄
     ∧/      ヽ..  |   |   ;:     l三l i!i! ,   i .l;三.l .゙'f、,,  ゙.li\__|| ,)/ :|
====ゝ   ,/``ヽ∨_____ _;;:__l;#;__!i   ;!  ;三.l ゙|''、  :;;|  l─‐ ||,,,_   |
  }: :: :{l | | ,/、(:::::) :::::::::::::::::::::{三三三l!.:.: : : : : : `ヽ i  !三.!,,  ゙'i;ヽi、゛;|三|  .:::|| `ヽ_|
  {: :: :}l |/,(⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::三三三彑、.:.:.: 〃: : `} !_〟l;三l   .`゙┘,,:;|三|  .:::|ト、 _ :|
  }:.:.:.:{| |ニニニニ { : : : : : : : : {三三三    ─"、: :(;ニ三三三三三三圦 |  |三.:::|| 三 :|
匕___,,ゝ ̄/|   ,,): : 三三: : :及三....  -‐-     _ノニニ三三三三ニニ} \|__.!||\  :|
≧、=‐、_/ |  { : : : : 三: : ::{三...  /:.:.:.:.:.:.:ヽ..    ::::___::::::::::::::::::::_, --- r_,\|
  ヽ、ヽ-= ≦ ̄ ̄ ̄i゙i、 ⌒ 三三._//:.:.:.:.:.:.:.:.:..ト _ 三三'ー-へ_ ̄ ̄ ̄   ;;;;   ゝ-- 、 ̄
    ヾ  ,,三三__!.! }ニ....  /:./:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:ヽ:バ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄`ヽ     / ̄`ヽ  ̄ ̄
\_ _,.゙=-=ニ三´   i゙i }.    /:.:.i:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.i:.∧       ;;;;;;;;;;;/  ;:;:;:<{_、_;;;ノ^ー--
  `-=ヽ;;三三三三三.!|.|,!.    :.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:.∧         `ー-- ._/二、ヽ;:;:;:;:;:
  ,i┘三三三三ノ^'''",|.|     i:!:.:.:.〉:.:.:|i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::.:/:.:.:.トj          ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄
  ,,レ三三广挂三コ! ,|.|....  从:.:〈 \:.|:.:.:..:.:.:.:.:.:.レ..ノ:|/
 {三三三ノ 〈三三彑 |.|  ,,彑.゙〉:.:`ヽ:.l:.:/:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:./|  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 三三三三  ゝ三三三.      乂:.:.:| |/:.:.:.:.:.:.:.::爪/  <  はっ!「 今宵はお楽しみでしたね 」ってか……?
 三.--‐‐……‐‐‐ '´ ̄三       `ヽ /:.:.:.:.:.:.:.:./ノ      \_____________________
                    / ̄ ̄/:.:.:.:.:.:.:.:.:.! ̄ ̄ヽ
                     i   | /i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  |  i.
                   /|   / i|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  |  |\
                     〈   /  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  |    〉

992 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:38:27 ID:C/mpzgHQ

                             ---===---
                        ----====ニニニ====----
|  |    >=====-、´ (..゙-----========ニニニニ三ニニニニ========-----
}  |_ /  _r-、   }ト-___-__ -´ ̄ ̄ \ _|      |
   }.    ---------==============ニニニニニ三三三ニニニニニ==============---------
  /,   {___,. : ´: : : : : : : : : : : : : : :}: : : : : : : : : :`ヽ、_|      ,  ̄ ̄ `
------------=================ニニニニニ三三三三三ニニニニニニ=================------------
、_: : : : : : : : : : :/: :/!: : : : : : : : /   |: : : : ,: : : : : : : : : : \    、
  二: : _: : :/: :./ |: : : : : : : /    {: : : : :,: : :_: : : : : : : : _\   \
  /: /イ: :/l  /   j/   {/       _\__   |: : :\: : ',       この「 人物 」が誰かはご自由に想像なさってください。
. /: : : : :{/:/        /      イ テ示㍉ `} !: : : : : : :ム
/: : : : : : :/                  ら:::::::::刈 '  ! : : : : : :.:ム      >1は詳しい説明を行いませんし、断言もしませんので。
: : : : : : ./   `ミ三ニイ          弋zzこ,ソ    i: : : : : : : : : 、
: : : : : :/ハ                ,            /!: : : : : : : : : \
: : : : :イ:| ,ム                       / {: : : : : : : : : : : :\
: : : : /: !ーム                          /-'| : : : : : : : : : : : : : \
: : : /: : |: : : ハ、      ` ー―― '      ,イ: : :!: : : : : : : : : : : : : : : :.\
: : /: : : |: : : : : :ヽ、                   イ: :|: : :|: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
: : : : : : |: : : : :/: : :> 、          <_: :.|: :.|: : :|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
: : : : : : |: : : :/: / / | `  ー   ´ |-、   \ : !: : :!: : : : : : :| : : : : :\: : : : : : : : :\
: : : : : : |:_,.イ ´{  / 、_|_______|ァ \ }.\:_:_:|: : : : : : :|: : : : : : : :ヽ: : : : : : : : :.\
: : : /T: !   ∧ {                / /、`ヽ /: : : : : : :.|: : : : : : : : : :\: : : : : : : : :\
: : / |:.:|   /  、´                ソ ヽ ,{ : : : : : : : !: : : : : : : : \、: : : : : : : : : : : \




            _{二ニ`ミ 、
             `7/大大、ヽ ‘.
           /j/ {   {`トi i
              __/(  ▽  ||_|__         と、言う訳で……
           .( } } }i¬__冖| 「 { { )
          `(__,ノ| jHi |厶‘フ
              ( /, | {{ }} ⌒'(_

993 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:38:47 ID:C/mpzgHQ

                    ,. ----- 、
                      ,.イ/ ̄ ̄`ヽト、
                    /  } _,.ィ≠、 ≧ミ、
                /   仄Wn^` frYハト、\
        _____/  从V代ソ  、¨ Y、\ .〉
       / / ̄ ̄_//レ'/r代    、  , 人 \\
  ヽ___/ /-―- 、 ___// `≧,=‐、.イ、  ヽ. \\ _
    `冫/_二ニ=―‐ >― /=ミ、 \⊆⊃    〉〉 `ー 、`ヽ
   / 〈\    /.〉‐<―<    _ノハ  \ i「\/ /      ) !
  ///\`ー ' 〈、ヽ  \  /-イ乂|   | i! V ∠ _ノ7っ<ノjノ
  /´ ⊂ニ    ,ノ-}  }   }/    |ヽ_j   j ∧:|/   }}〈_
      /,イ r ' / _, /  / /   ∧__/// ,.ヘ!  //ー'      本日の楽屋裏はコレにて終了!
  ,.∠(X_U/   /イ´ ! !  //〈__//   | V/            また本編にてお会いしましょう!
  (   >'´ ̄ ̄jイ.jN/| | /// 《 〈<.   !. ∧
  `ー'´       j//.乂___/    Vjヽ    ハ ∧           であまた!
              ´//  /    /    /  //
              ´  /    /      ∧  //
           __∠ '´   //   _   |∧//  ┌──────.   「 現行スレ 」    ────────────┐
         /        / / ' ´  /  V' 《.   │【アセリア】やる夫が永遠存在になる様です-スレッドNo.25.        │
―< ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ      / /     /    V∧.   │ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1328107046/   │
              \   / /      /      i ∧.  └────────────────────────────┘
                ___/ /     /       !八ヽ
             / ___/    /       |  \\
        / /                    |   \|
       / /                     |/   /
____//                      /  /
      /                   / / /:|
 ̄ ̄ ̄   / /   ,.  '´         /  《〈  :!
      /  // ,.  '´           /  ∧ \!                     以下埋め開始!
   /  / /               /   /  |ヽ. |

994 名前:読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 20:39:49 ID:rbv5cE4A
さぁパスの時間だよっ!!

しかし古泉謎だなぁ、もしかしてハーフか過去にエトランジェの血が混じってんのか?


995 名前:読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 20:40:31 ID:Zwo8nC4w

さて、今日は>>1000取れるのか


996 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:40:34 ID:C/mpzgHQ


               ,z=--= 、                             ,. -‐ '' ¨ ー- 、
            ,. <´       `ヽ                        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /               \                   , '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ.:.:.:.' ,
.        /                  ヘ                   /.:,:.:.:.:i.:.:.:.:、:.:.:.:.:`:<j.:.:.:.:',_:.',
       /.         ,ヽ.             ',                   ':.:.:ト、:.:.ゝミ:.xヘ二"_:.:.:_彡イ.:.:i
.      ,'            -..,,_      /,ハ                 {:.:.:.! >、:.:.ヽ, rテャァ/:.:/:.:.:.:.:i.:.:.:}
      {            -‐t.j-`''‐:::::::'iイlノ:: }                  ',:.:.i,´_z、ゞ=- ゞ‐'"/:.:/.:.:.:,.:.:,':.:.:!
       !                      、``,'                    V.:トヘ炒::::::::::.   ムイ:.:.:/:.:.:.:.:.:,'
         ',     ∨U        `i   } /                 }ハ:.:.:ゝ ` _、     |:.:/.:.:.:/:.:/.:
          \            ,  ノ‐- ' ノ                  :.',:.:.ゝ、  ;i;;     !:/i.:.:/i/リ
         `ト=- 、_____  ̄ハ::::::ソ'´              ,_xz==v=、.     ヾト:.:.:iミ',‐-<´ レ' |;イ`Y´)
         /       〃ヘ  {ミゝ、〉、.:         .ノ./, 二=、 Yム-、 ` ヾ{`Y´゙}ィ"´(,:'"´⌒`i゙)
         ,<´ ゝ、  __/彡"`ヽ}  .;;;#≦、     ,zy'  ゝ彡',ニニ、. }ム ヘ{`ノx彡トミ,ィ´::::::::::::::::/|.:
      /   /      `> 、o {    ;i;;j;:;:ハ ィ'´  i   ゝ-彡-‐ ´ ノ廴).  \ゞミムイ::::::::::::::::::::/::::',
       /   /         ,ィ彡'ゝ=、r==" ̄ {   ヘ    ゝィ'⊃/r彡      `ゝイ::::::::::::::::::::ノノ::::ヘ
           !       ムイ  〃{      ハ     \,ィニ彡/ノイノ,=、       i iヽ:::::::::::::::::/::::::::::〉
                     { ハ       ヘ.    o 〉   L、  ゝ'  〇 O } ハゝ、:::::::彡:::::::::,'::{.:
        ∧{             リ         \ , イ.   ゝィ、__,}`j~、-= 、 _ ゝノ ∠ヽ<::::ノ:::::::{::::',
     ',   ミ>、               ,> ´ ̄´ 、_        `^ゞム=ム_)ィ_ムイ´ {i{ ∨::;;;;;;;;:≦;i
     liゝ      `> 、        ,>ィ´       ヽ,_           :.ゞ、ゝ彡ヾi}ィミ彡" ∨;;;;;;;≦;
       ヘ、          ` ー‐┬='"  /         ヽ          ~^ノi}><´/三圭ヘ:::::::::::,'

埋め用AA
改変失敗、なんかやる夫が変。


997 名前:読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 20:41:27 ID:vhbAwAIY
埋め

998 名前:読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 20:41:36 ID:rbv5cE4A
蒼い子抜かすと、 やる夫が右半身で構えてるようにみえるな。

999 名前:読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 20:41:49 ID:rbv5cE4A
それぱーす

1000 名前:読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 20:41:59 ID:mF61/NRA
999








1 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/01(水) 23:37:26 ID:1gr5oeME

      ┏                       ┓
   ─── やる夫が永遠存在になる様です ───   原作:永遠のアセリア
      ┗                       ┛      The Spirit of Eternity Sword

           ── スレッドNo.25 ──

                     □───────────┐
          ,.. -----、_   │  アリス - GreenSpirit.  |
       / _,-==,、、=,ヽヽ ┣──────┰────┨
       ,´ / / ノ/ゝヽi ノ |   16位     |     1.Pt|
      !  ルノレ_ヽ,_レV_,イレ└──────┸────□       □───────────┐
      i .ノル( O::: : O)/ゝ ,__,           ___      _.,._.,.、_│  レナ - GreenSpirit.   |
      ノノレレヽu ┌┐"ノノ   (        ヽ ̄ii |:|;;|   ,  ´      ┣──────┰────┨
      ` , ⌒ヽ`、-- イ´、.   (             冫 il|::|;| ー≠ィ.,. : :: :: :: :: : |   16位     |     1.Pt|
      ,く,_,_,_,_,_ゝ==iゝ_ヽゝ  ⌒.            i  ll|::|;| ノ": :: :,.: :/: :イM:└──────┸────□
      `~~イ ヽ_  /i旦~~_                |  ll|::|;|/ /:/:/: :: :|: :/"´`|: :i: :l: :、i
       ,<_ゝ  ((⌒)===ゝ_)   ___        ll|::|;;|iイ: :|: :i: :人 l v- 、Lリ ,ノ: :| |
       , ´`~ ̄  ̄入´ ̄ r‐' ̄      `'.  l  ll|::|;|`ヽ::ヒイ'V `'   ノィノ|: :/ l
      ,/         ヽ, ' '   '     /   \゙┐:| `: :i'三=:::::::::三三 / /: :i  ――――
     /        i i.゙/ , '   , ';   ;l/   ,,r‐`ヽ.゙i  冫‐  、r‐‐,. ///ヽ////////////////////\.  丶、/
    ,く_,_,,.        /;  '  , '  ;:   |   /, ,   丶 く::ヽ   ヽ_ /////////////////// /////////\  /ヽ/
    `~`' ,~,_,_ 、_. ,' ; ,'  ,' ,'  ;   | /  i l ', ヽ,ヽ、 、i:::i゙`> ////////////////// i:////////////\ / ヘ
      i,__ノ     ヽ,.i !  ,' /  ,i   :レ' 〃 i i ノ ; ', ;ヽ   リ入 ///////l////|///////l|/|/////////////i  "´i ̄
              i !  ,'  / ,' i   i // /i/, ' | ii/. i    〈 . /////// l!-―┼ト/〃〃┼i|―‐//|/|///ハ//|
              | :l    ,' ,' |   レ ノ / _  l /ノ      i i|///////i!////レ|//// |/|/////|/|/|/ /|//!
              i :i   ',  ,' ; , 'i,  iイ /r:j7 ' 、       | i|///////i!////レ|//// |/|/////ト|/|/ /|//|
              l ;l   ; ,' ,' l⌒i  l      /         /:|////iト、テ、__、ト-――‐┴----、┘/ !ムム!/ |
□───────────┐   ;ヽLi ; !   、 _          /: `ー―┤fT ___     ____i,/////////|
│   秋葉 - BlackSpirit   |   ,' ; | i ', i,__/  -3      `゙~ヽヽ-..|//| |::|         |::|.   l,/////////|
┣──────┰────┨    ,' / ',  i/ ! i               ゙.‐ . レ' ノ::::::           ::::::  l /////////|
|   16位     |     1.Pt|  ,' i ; ,_ ',  ', ; i     ____    iイ |/!    _    ,    □───────────┐
└──────┸────□ .,' // l  ',  ',._i :i    Vー―‐ァ'>‐,  lノ.|j/\ {,、_〉,. ‐一  │   梨花 - BlueSpirit.     |
  /   .////////    , i ,' , ' ,' / .'ト‐ ヽ ヽ) \    \_ノ / /:::::::::::l////7│_____┣──────┰────┨
  /   .//////////  i! l, ', :' ,' / .'    ',  ',ヽ ヽ    / /!  i   ::::::|///ノ il‐-、_>ェ_'_ヽ_|   16位     |     1.Pt|
 /  . //////////   | !; ; , //,.'     ヽヽヽ\ !   i  `  〉,   l//く、  i} | /`y´_/| li└──────┸────□

2 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/01(水) 23:37:42 ID:1gr5oeME


    ―――――――┤【 事前にお読み頂きたい注意事項 】├──────

    ○:このスレッドはXuse様が開発、販売されている「 永遠のアセリア -The Spirit of Eternity Sword- 」を
      原作とした物語を綴るスレッドとなっています。

    ○:ストーリー展開、及びキャラ性格・立ち位置にオリジナル展開を多分に含みます。
        しかしながら根幹部分に関わる所がございますので、原作におけるストーリーのネタバレはご遠慮下さい。
        ネタバレを含む雑談は雑談所にて、それ以外の雑談自体は本スレ・雑談所問わず大歓迎です。

    ○:一部性的18禁、及び残酷表現描写が有ります、閲覧の際はご注意下さい。
       なお本当に極々少々です、その際は投下前に宣言致しますのでご注意下さい。




3 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/01(水) 23:37:55 ID:1gr5oeME

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――― ―
――【 ◇ 過去スレッド案内 】――――――――――― ― - - -
――――――――――――――― ― - - -

  Page 1/2

  No.01 ─ ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1271685987.html   序章1~3話 一章1~2話
  No.02 ─ ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1271857967.html   一章2話~6話
  No.03 ─ ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1272459170.html   一章7話~11話
  No.04 ─ ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1273236168.html   一章12話 二章1~3話
  No.05 ─ ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1274444838.html   二章4話~8話
  No.06 ─ ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1276260119.html   二章9話~13話
  No.07 ─ ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1277727929.html   二章14話~17話
  No.08 ─ ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1279981329.html   二章18話~20話
  No.09 ─ ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1282387360.html   二章21話~24話
  No.10 ─ ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1284209465.html   二章25話~26話
  No.11 ─ ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1286377374.html   二章外伝1~3話
  No.12 ─ ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1288441839.html   三章1~4話
  No.13 ─ ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1290859173.html   三章5~7話
  No.14 ─ ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1293884939.html   三章8~11話
  No.15 ─ ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1296298708.html   三章12~14話
  No.16 ─ ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1299934790.html   三章15~17話
  No.17 ─ ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1302953692.html   三章18~19話 + 人気投票
  No.18 ─ ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1305367041.html   三章20話 + 三章外伝



4 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/01(水) 23:38:07 ID:1gr5oeME

  Page 2/2

  No.19 ─ ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1307197588.html   四章1~3話
  No.20 ─ ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1310215422.html   四章4~7話
  No.21 ─ ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1314455875.html   四章8~10話
  No.22 ─ ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1318078695.html   四章11~13話
  No.23 ─ ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1321707358.html   四章14~16話
  No.24 ─ ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1325944164   四章17~18話

                                                          /\
  ─ 雑談所(ネタバレはこちらへ )                                    /    \
          ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1307445532/        /  で   よ\
                                                      /  ま   だ.   \
  ─ おまとめ頂いているサイト様                               /   こ    レ    /__
  やる夫BOX ─ ttp://yaruobox.blog11.fc2.com/blog-category-39.html    ./  こ    プ   ./'´: : : : `ヽ
  ( 現在更新休止中 四章一話まで掲載 )                        \      ン    .< 厶ィ ノ八:_ : ヽ_
                                                   \   テ   /\\fY⌒ ⌒Y:7´
  やる夫オルグ ─ ttp://yaruo.org/aselia/                           \.    /   r、j人 「_ フ イ八
                                                          \/      .ト弋`ヽ/゙)リ: :.}
                                                                 ヽ:_:/>ーrヘ:j: :/
                                            ‐‐- ─ ───────────────
                                    ‐‐- ─ ──────────────────────
                      ‐ ‐ ‐- ─ ─ ──────────────────────────────

5 名前:名無しのやる夫だお:2012/02/01(水) 23:42:17 ID:UfAuTXB2
スレたておつ

6 名前:名無しのやる夫だお:2012/02/01(水) 23:43:05 ID:GqQn2Aoc
立て乙

7 名前:名無しのやる夫だお:2012/02/01(水) 23:50:13 ID:AYzRnccY
建て乙

8 名前:名無しのやる夫だお:2012/02/01(水) 23:52:24 ID:ckYp1J7w
スレ立て乙








11 名前:読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 20:42:32 ID:rbv5cE4A
いやぁせっかくぱすしたのになぁ(ぼうよみ

梅乙


12 名前:読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 20:43:06 ID:kh4HVFQ6
今日も>>1は1000を取れませんでした(´;ω;`)

13 名前:読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 20:43:25 ID:mF61/NRA
すまぬ…すまぬ…

14 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:44:30 ID:C/mpzgHQ

           |\           /|
           |\\       //|
           :  ,> `´ ̄`´ <  ′        ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1
           , V\ | /         V`ヽ、     )   「 ドコガ999ヤネン!!」
            , ' i{ - ○- r― ,,_ }i 、 ヽ、   ‐=、´    生存戦略ぅうううううううううう!!
      ,  '  ム八 /  `、 、.ヽ   `''ー∧  丶、  )
    , '    , '/ 个 . _  \     . |. ,,_  ヽ , '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ
.  /     ィ': :. :. : :|./: :i: :. :个゙\.   ノ  `'v \
./    ///: :. :.V |': : :/|: :./ | ヽ:. \      `'-..、〉
{    イ介VI:. :. :. :.V|/フ | :/ |  ヽ:|^\        ''-..、
.ヽ,   //.j'|:.|: :. :. : :.Y: :/ レ  |  、ハ: :. :Y、        ゙゙'ー . `'- ____,
 ∧ /./ /ゝ|: :. :. :. :.|≦ミj'  ノ  ≧ミ、\: :L\   _,,、     `'-、    _!
 { V ././/: :|: :. :. : :イ.ノ::ヽ     i.ノ::ヾ ド |:  ̄―'"  `'-、      `'' /´
 | ./ /./〈 /(|: :. :. : 《:|:::O:::リ      |:::O.ヘ|: :|: .  \   `!      l\
 レ. // ./`|: :|:ヽ: : : `|ヽ-'     ヽー' ∧: :.∧ jヽ\>'\   ヽ      ′ `'-、
 ヽン.//ヽ |: λ:. :. | "    '   " {-|: :/ `|ヽイ   `'-、          `'‐、、
  `i‐ '   VⅣ \:. l`丶、 _f一┐, ィtf′|./    ノ       \               `゙゙''_,, ‐''"'''-、
   .{        ヽド、 .ヘ---f  /jjリ  .レ   , ′          \.     .ー--('A`)ノ<999!.',゙\、
   `ヽ 、_     ヽヽ、 ヘ  { /ソ/   , '             \      ノ( ヘヘ       ヽ `'-、
       \   j  \ヽ ヘ  | /// i /                     \   ID:mF61/NRA      `‐、、゙''-、
         丶/    ヾミ、| |///  .|'                       \                  `''-、,,゙''-,,.

15 名前:読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 20:46:47 ID:YnXBhrO2
わろたww

16 名前:読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 20:48:05 ID:jN32njp6
残念でしたねw
埋め寝た乙!


17 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 20:49:11 ID:C/mpzgHQ

そういえば話は変わりますが、こういう地の文を書くとき>1は
株式会社Hoyaさんが公開・提供してくれているサービス「 VoiceText 」で朗読させてみています。

(株)Hoya VoiceText
 ttp://voicetext.jp/

目で追うのと違って、実際に聞いてみると面白いモノです。

ネタについて何か質問などございましたら、ご飯にいくまで適当に。


18 名前:読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 20:54:49 ID:agTTIMnw
いやあ残念でしたねー

19 名前:読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!:2012/02/04(土) 20:56:28 ID:rbv5cE4A
質問するほどわからないことが早々ないってのは逆にすげぇな・・・。

20 名前: ◆IW1/wWxGAw:2012/02/04(土) 21:10:18 ID:C/mpzgHQ

ご飯たけーた、と言う事で……
皆様、本日も閲覧ありがとうございました。

これからもどうぞ宜しくお願いシマッス。
であ。
















一覧
関連記事
>[ 17686 ]
しかし北方諸国に限らず、この有限世界で全国家の上層部は国にとって有害な者がごろごろいるのは
ある意味でリアリティなのかね……
[ 2015/04/05 11:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

申し訳ありませんが、体調の悪化により長時間PCの前に居られなくなりました。。
その為、当分の間は手抜きでのまとめとさせていただきます。
楽しみにしてくださっていた方、そしてまとめを許可してくださった作者様にご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。<(_ _)>


お盆休みと台風が重なりましたが皆様、大事なかったでしょうか?
8月も折り返しですが、まだまだ暑い日が続きますので体調管理は万全で。
あ、避暑のついでにやるぽん!も覗いていただければ幸いです。

一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

19/05/26
やる夫は誰かを救う悪になるようです 追加

19/05/18
エージェントやる夫の日常茶飯事 追加

19/04/14
やらない夫は「The World」にログインするようです 完結

19/02/10
真・女神転生 ~やる夫の嫁は加賀のようです~ 追加

19/01/21
できる夫とマリーがたどる仮面ライダーファイズ 追加

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



月別アーカイブ
FC2カウンター