聖杯綺譚 彼らは運命の物語を綴るようです side/material 第5回 やるぽん!

ゼロワン第8回 ふ、不破さーーーん!!! 衝撃的なラストも気になりますが、暗殺ちゃん復活に始まり、不破さんの脳、アーク、ゼロワンに似た滅の変身等々……伏線が散りばめられすぎてません??

聖杯綺譚 彼らは運命の物語を綴るようです side/material 第5回

238 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/12(金) 23:51:12 ID:EJPZZa8o




                     マテリアルズによる"聖杯綺譚 side/material"



              ___  __
            /: : : : : : : : :<⌒ヽ
          /: :/:/: : : : ∧: 、: \                            ⌒ヽ、
         /: /:/rァ‐x_/ ィTTl: 、ハ                              : :\
         l: :.|: l lr┬r   rfTl.|: :}: |                   、              } : : }
         〉(l: lィ∨ノ    Vノ }: ハノ                    \` ー─── =ミメ : : ′
         厶: :\ヽ "" ,、  "ィ/ _                     \ : : : : : . -=ミ : :厶,_ _       ____
          |,、rr \rニlニl<l/く::::::::「「)                  <//>. : ´ : : /> : : : : : : : : \  //////,/
          //{:L::::::〉:>rュ<}}ノ─‐'‐'            .        /⌒ア: /:/:/ : :|: : .:i : : : : : `く//////
        r┴{::Vーく::::{/ハ\}く ───-、 , -、                /: :/イ : /|: :/|: : .:| \ : : ヽ | ∨77∧
        r'マ_ノ´   >::::::::::::::::::::::::::::___}コ::::::l           _人_ ∠/: : : : | :/>x人: : |x<\: :ハ! : ∨//\
     {\/ァ'      /:::::::::::::::::__/──┴‐く_ ノ           `Y´     イ : : |/  ◯  \| ◯ Y}ノ|ノ: : :}><,ハ
      >' /     l:::::::r‐<_}:::::::::::::::::::::/ ̄          .           レ八: : j| :::::        ::::: |: : |勹 / : : : : :|\
     〈‐く/{)     ∨:∧:::::::::ヽ:::::::::::::::/                     { : :ハ八     、,     |: : |,ノ/}: : : : : :|
  r‐rt○}ハ/      }/:::::\__ノ}::::::::::ノ
   ̄l ー ' ノ        ̄ ̄  ̄  ̄
     ̄


239 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/12(金) 23:51:34 ID:EJPZZa8o

.       /: ::/ : /: : : : : : : : : : : : : \ : ヽ: ::ヽ : ::',
      / /: : : ::i: : : : : : |: :i|: : : : : : 」斗 ハ: : :|: : :!
      |/|: : : : : :!: : : : : 斗∧: : : 八: :|__ヽ_:| : |: : :|
     / {: : /: : i|:: : : : :_|匕 .: ::i| 笊不∧ゝ:/: : |   はい、じゃまずは死徒についての補足です。
       ハ八: : Ⅳ 〈{r':l ハ.  \|   弋_ソ Ⅳ: : ::{
         \ i|__\弋_少           }: : : ::八   かなり強そうに書かれてますが、
          }八{: : |      '        |: : : ::|
           |: /|: : ト     r‐    ノ: ::∧|    実際はそこまで圧倒的ではなく───
           |/ :|/|: 价 、       , イⅥ/
              ヾ} 从ゞ {  ̄    ト从
                 _ェ∧::::r---:∧: 》≧- 、
                ィ7-‐∧└―/::::::》┘::::::∧
              /::|::::://:∧彡ミ|::::::》:::::::::::::::∧
             ∠__|_:::\:::∧:⌒:|/:::::::::::::::::/}
             \::::::|:::::::::l ̄`V´ ̄|::::::::::::Y´i'´:}



      /: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : :\ヽ
      ': : /: : : : : /: : : |!:: : : : : : :|: : : |: : : ヽ: : : : ゝ
      |: : |: : 」_/_./| i|: : : : : i|: : : ト、: : ::|: 、: : :!
      |: : |: : |: :/ |/ Τハ: : : : Tヽ ̄ ハ ト、}: : ! : |
      |: : |: : | 丁斥卞  .}: : 八イテ丁| Ⅵ∧: :|\|  >>1の見解として、死徒の強さは
      |: : ⅣⅣi| ヒ斗  .ムイ  ヒ斗 Ⅳ: | ∨
      | (  |: : | 〟            〟|:: : |       ・魔力による自己強化
      |: : !、_|: : {        ′     ノ: : :|
     ノ|i|: |: : :\|\     ‐    イ: : : 八      ・長寿命による自己研鑽
.     八|/ヾ:{V<二 ≧ ‐-- ≦ュ : /: |: /
      __/三{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}\|/}/        の相乗効果にあると思っています。
      {三三 ==ゝ ̄‐--匸爪]三三三}
      三三三三‐--l:..:..:..:..:..:..l三三三l

240 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/12(金) 23:51:50 ID:EJPZZa8o



      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
     /: : /: : /: : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : .
.    //|: : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : :|
      |: : /: :/: : : /: :/: : : : : :|: : ::!: : : : ::ハ: : : :!
      |: /|: /|: :」/_|_/|_八: : : L _⊥-‐|: : : :|: : : |
      |/ :|/: |::/| . l/ i/  : : : | \| \|ハ: : :!: : ::|   魔術師も魔力によって自己強化を施せば
      |i 八: l|/::|  __ \ |  __ Ⅳ:}:Y: :|
         Ⅵ: : ',  ̄ ̄        ̄ ̄ | Ⅵノ: i{   "瞬間的"には近いレベルの力が出せるのではないかと。
          |: : 人″    ′    ″|: :/: : 八
          }: : : : : : 、   -       イ|:/: : : : ::ヽ  で、死徒は吸血によって生命力=魔力を補充・貯蔵することで、
         八: : ハ: : : : ≧‐ -- ≦-‐‐7: ィソ: |\}
           \{ V\l}:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..{lィ:/|\|     常に最大強化状態で戦えるのであるということで。
             /三 |:=====:|三三`丶
            /|三三|:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.|三三三}



               /⌒>
 ___       __{ / 丶、
 \::.::.::.::`'く\ '"´          >_
.  ∨::.::.::.::./ /\     /|` <::.::.::/
.   /\:::_〃   /       \  `'く
  l /:: {{  |/  / /  ∧ハ ヽ !ハ
  |/::::.::.小.  |l | /|/\/ |/∨ハ. ト、 |
 <_::.::.::.::{\,_|レ'V| ┃   ┃ { 人|::::\   それにしたって復元呪詛は強すぎると思うんだけど?
  |  ̄ ̄ ヾ(_|  |⊃r:::─┐⊂⊃厂 ̄「
  |      :|_>ヘ  マ 7、::::::ノ イ :|〉  :|    戻っちゃうならどうやって倒すのさ?
  |:.   ..::l\∧  V≧r < | .:|:   .::|
  |::.   .::::::| 厶∧ .::|\二7⌒| ::l:|::::...::::|
  |::::...::::::::::| 〉-=ハ::::|ニ}匸仁ニ|:::八:::: ::::|
  |:::::::::::::::::Vニニニ.∨7===\_∨|:::::: :::::|
  l::::::::::::::::/ニニニニニ/   (⌒)〈. |:::::: :::::|

241 :名無しのやる夫だお:2010/11/12(金) 23:51:55 ID:mhFxFC9o
やらない夫、剣構えてたら銃刀法違反で捕まるぞwww

242 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/12(金) 23:52:02 ID:EJPZZa8o

           __    , .-―-. 、
         ': : : : : : : : : `Y < ̄ ̄`ヽ
       /: : : /: : : : : : : : : : : \
      /: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : :`、
      ': : : : /: : : : : : : : : : : : : : :\: : .
      |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| |\|
      |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :レ'  }  復元自体にも何らかのエネルギー(たぶん魔力)を消費するので、
      |: : : : : : : :l: : : : : : : : : : : : :|
      }i: : ::i : : : |: : : : : :l : : : : : : |     とりあえず殺し続ければ死ぬでしょう。
     八: : i|: : : :|: : : : : :!: : : ::i|: :ハ
.    /. ヾ{∨\ |ハ{\: :Ⅳ\/レ′     後は、魔力で復元しきれない傷を与えるか。
       /  ̄`   ヽ' ̄\
      ∧∧∧∧∧∧∧∧∧       これらが、"復元速度を上回る規模の外的要因"だと解釈しています。
      ,':..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..',
      |:..:..|:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:|:..:.|



       // /: : : / : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
      / /: : : :!: : :! : !: : : : : : i : ,、: : .: : : :!: : : : : !
      ! !: : : : !: : :i : !i :i : : ト: i V:i丶: .: : : i : : : : :|
       i /: : !: i: :ト、i-i !V: ! 、i-ヽ!'´ヽ : i :i : : : : :|
        !/ !: :ヽ i:ハi丁心 V'、  イ斤刀i i: :i、 : .: : :|    具体的には、心臓と頭の破壊。
        i i : : : :ヽ i ヒ少 `丶 ヒI少'i/ : ! 〉: : : :|
        ! ∨ ! !: :`i゙    ,       i: :/'´: : : ,、ト    これらは死徒でも致命傷と考えていいと思います。
          V!i : : ::\  -    /リ' : : : i / `ヽ
          ノ/ !: : : :> 、   ,. '´ //:/i: :/i/      それ以外の器官や四肢などは
          ´  V,.i-ヽト、::`! ´-‐ '´:::::::'´::::: ̄`ヽ
           /::::::::::::` ´::⊂i ::/:::::::::::::::::::::::::::ハ    高速で復元されます。
          /::::::::::::/:::::/::::::::/_,. -‐ ' ´`ヽ::::::o:ハ
         /:::::::::::::::i:::::/、 ,. '´::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::,ハ
       /::::::ヽ::::_:::::::::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ'´::ハ

243 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/12(金) 23:52:16 ID:EJPZZa8o

       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : \
      /: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : :\ヽ
      ': : /: : : : : /: : : |!:: : : : : : :|: : : |: : : ヽ: : : : ゝ
      |: : |: : 」_/_./| i|: : : : : i|: : : ト、: : ::|: 、: : :!
      |: : |: : |: :/ |/ Τハ: : : : Tヽ ̄ ハ ト、}: : ! : |
      |: : |: : | 丁斥卞  .}: : 八イテ丁| Ⅵ∧: :|\|  復元呪詛自体は生きてる限り有効なものなので、
      |: : ⅣⅣi| ヒ斗  .ムイ  ヒ斗 Ⅳ: | ∨
      | (  |: : | 〟            〟|:: : |       心臓や頭をふっ飛ばされたらそこで終わります。
      |: : !、_|: : {        ′     ノ: : :|
     ノ|i|: |: : :\|\     ‐    イ: : : 八      レミリアはマスターとしての戦闘能力はずば抜けていますが、
.     八|/ヾ:{V<二 ≧ ‐-- ≦ュ : /: |: /
      __/三{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}\|/}/        サーヴァント、魔術師ともに殺す手段は割とあります。
      {三三 ==ゝ ̄‐--匸爪]三三三}
      三三三三‐--l:..:..:..:..:..:..l三三三l



.       /: ::/ : /: : : : : : : : : : : : : \ : ヽ: ::ヽ : ::',
      / /: : : ::i: : : : : : |: :i|: : : : : : 」斗 ハ: : :|: : :!
      |/|: : : : : :!: : : : : 斗∧: : : 八: :|__ヽ_:| : |: : :|
     / {: : /: : i|:: : : : :_|匕 .: ::i| 笊不∧ゝ:/: : |   まぁ大抵の部分は高速復元なので、
       ハ八: : Ⅳ 〈{r':l ハ.  \|   弋_ソ Ⅳ: : ::{
         \ i|__\弋_少           }: : : ::八   アドバンテージとしては言わずもがな。
          }八{: : |      '        |: : : ::|
           |: /|: : ト     r‐    ノ: ::∧|    心臓と頭、後は令呪を守ってればいいわけなので。
           |/ :|/|: 价 、       , イⅥ/
              ヾ} 从ゞ {  ̄    ト从       令呪は復元対象になりません。
                 _ェ∧::::r---:∧: 》≧- 、        オトナ
                ィ7-‐∧└―/::::::》┘::::::∧   服飾はAAの都合。
              /::|::::://:∧彡ミ|::::::》:::::::::::::::∧
             ∠__|_:::\:::∧:⌒:|/:::::::::::::::::/}
             \::::::|:::::::::l ̄`V´ ̄|::::::::::::Y´i'´:}

244 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/12(金) 23:52:34 ID:EJPZZa8o

     ―==ニ二 ̄ `丶
      ´  ̄ ̄ ̄`: : : ¨ ̄ ̄ ̄. . .
.   /: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ
   /: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : ヘ
.  // /: : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : :ヽ : : :',
 /   /: : : : : : : : : : ::/|: : : : : : : : :ヽ: : : : : : :ヽ
   ,': ::/: : :/: : : ::_:/  |: : : ::|: :l: :i: :ハ: : :i|: : : ::|
   |: /|: : /:|: : ::/l/>x{: : ::八x<丁 |: ::∧: : : |
   |/ :|: : |八: :::|下¨抃 . : :| 才¨不アl: / :|Y: : :!   続いては超能力───
   |! 八: :|l}:::\|.弋_ソ  ヾ! 弋_夕 |/: : | }: : :{
      ∨ |: : : |              }: : /|イ: : |   と言ってもあまり語ることはないのですが。
        |: : :人             イ: :/ソ: : : :!
        |八: ::| : ≧. .__`_  ィ7: :7::/: : : : :八
        '  \|∨\/Ⅵ-─‐ト、ハ{/|\イ:ハ{
          / ̄`Y´:::|::{二} ::|:::::|`Y´ ̄ヽ
        /:::::::::/:::::: |:∧∧:/ :::|:: |::::::::::::}
.         {===〉〉::::::|==/:::〈〈:::}===〉
        \::::::::r―─-v-──ュ::::l:::::::::::,'



              ⌒ヽ、
                : :\
     、              } : : }
      \` ー─── =ミメ : : ′
       \ : : : : : . -=ミ : :厶,_ _       ____
      <//>. : ´ : : /> : : : : : : : : \  //////,/
.        /⌒ア: /:/:/ : :|: : .:i : : : : : `く//////
         /: :/イ : /|: :/|: : .:| \ : : ヽ | ∨77∧
        ∠/: : : : | :/>x人: : |x<\: :ハ! : ∨//\    回線って何?
          イ : : |/  ◯  \| ◯ Y}ノ|ノ: : :}><,ハ
.           レ八: : j| :::::        ::::: |: : |勹 / : : : : :|\
         { : :ハ八     、,     |: : |,ノ/}: : : : : :|

245 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/12(金) 23:52:48 ID:EJPZZa8o

         -=ニニ ミヽ.- ´ ̄ ̄ ̄ `: . 、
          -‐: : ::“: : : : : : : : : : : : : : : : `
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
.       /: ::/ : /: : : : : : : : : : : : : \ : ヽ: ::ヽ : ::',
      / /: : : ::i: : : : : : |: :i|: : : : : : 」斗 ハ: : :|: : :!
      |/|: : : : : :!: : : : : 斗∧: : : 八: :|__ヽ_:| : |: : :|
     / {: : /: : i|:: : : : :_|匕 .: ::i| 笊不∧ゝ:/: : |  脳内にはそういうものがあるらしい。
       ハ八: : Ⅳ 〈{r':l ハ.  \|   弋_ソ Ⅳ: : ::{
         \ i|__\弋_少           }: : : ::八  超能力者は常人とは違う回線を使ってるらしい。
          }八{: : |      '        |: : : ::|
           |: /|: : ト     r‐    ノ: ::∧|   で、その回線は人間が生きる上で不要なものなので、
           |/ :|/|: 价 、       , イⅥ/
              ヾ} 从ゞ {  ̄    ト从      基本的な常識や倫理観が備わっていません。
                 _ェ∧::::r---:∧: 》≧- 、
                ィ7-‐∧└―/::::::》┘::::::∧
              /::|::::://:∧彡ミ|::::::》:::::::::::::::∧
             ∠__|_:::\:::∧:⌒:|/:::::::::::::::::/}
             \::::::|:::::::::l ̄`V´ ̄|::::::::::::Y´i'´:}




              ⌒ヽ、
                : :\
     、              } : : }
      \` ー─── =ミメ : : ′
       \ : : : : : . -=ミ : :厶,_ _       ____
      <//>. : ´ : : /> : : : : : : : : \  //////,/
.        /⌒ア: /:/:/ : :|: : .:i : : : : : `く//////
         /: :/イ : /|: :/|: : .:| \ : : ヽ | ∨77∧
        ∠/: : : : | :/>x人: : |x<\: :ハ! : ∨//\    うーん………
          イ : : |/  ◯三\| ◯ Y}ノ|ノ: : :}><,ハ
.           レ八: : j|   三三三三. |: : |勹 / : : : : :|\
         { : :ハ八    △.    |: : |,ノ/}: : : : : :|

246 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/12(金) 23:53:07 ID:EJPZZa8o

      _____
     /-―- : : : : \
           ヽ: : : ヽ  ______
            } _: : : :´ : . . . . . . . . . . . .
          . : :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . :`
        /  : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .  \
.      /       : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : . ヽ
      /: : / .:/     : :/: : : : : : : : : : : : : : : \: : : .
      ://: : :/ : .     /     : : : : : : : : : : : : : : :   l
       /: : :/: : : . /: . ./  |    i.    \          |   本編でも説明しておいてなんですが、
.        ′: /:/|-‐∧:¨/Τ∧: : : :十、―|―ヽ--:. .| . . : |
       { : : { {八: :{ ∨ |/   : : :| :\|\: :. : : ハ:|: : : : :   別に細かくは分からなくても構いません。
.       八:.:/|∧ : 、| ====  \: :| ====`| : /:.:リ: : : :|
       \/ }: : i.:i i: : .           . : :i i:.| / |ヽ : : : : {   本編では、"美琴は超能力者"。
           : : :|                /: :|' 八: : : :
          /: :人               } : :レ′ : : : l   "超能力は魔術とは違う神秘"。
.           //|: : :> .    i┐    . イ: .:/: : : : :八 :.
         / |∧ : : : : >r| |ニニLΤ.:厶イ ∧: : /  \  "超能力を使ってる間は美琴はちょっとネジが飛ぶ"。
            |/ ∨\: :l_|_|_   \:/ レ  }/
                 >|    |._/\/\
                /{ :|    |  \i:i:i:i:ヽ          くらいが分かっていれば結構だと思います。
               /八」     |\__ノi:i:i:i:i:i:
               i:i:i:i:l____:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
                i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:

247 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/12(金) 23:53:20 ID:EJPZZa8o

       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
.       /: ::/ : /: : : : : : : : : : : : : \ : ヽ: ::ヽ : ::',
      / /: : : ::i: : : : : : |: :i|: : : : : : 」斗 ハ: : :|: : :!   最後に"透視能力"について少し。
      |/|: : : : : :!: : : : : 斗∧: : : 八: :|__ヽ_:| : |: : :|
     / {: : /: : i|:: : : : :_|匕 .: ::i| 笊不∧ゝ:/: : |   サーヴァントの能力を見る、っていうのは同じですが、
       ハ八: : Ⅳ 〈{r':l ハ.  \|   弋_ソ Ⅳ: : ::{
         \ i|__\弋_少           }: : : ::八  原作設定ですと、マスターによって見え方が違うらしいです。
          }八{: : |      '        |: : : ::|
           |: /|: : ト     r‐    ノ: ::∧|    曰く、色によって判断したり、動物に例えたり、と。
           |/ :|/|: 价 、       , イⅥ/
              ヾ} 从ゞ {  ̄    ト从       一番分かりやすい見え方をするらしいです。
                 _ェ∧::::r---:∧: 》≧- 、
                ィ7-‐∧└―/::::::》┘::::::∧
              /::|::::://:∧彡ミ|::::::》:::::::::::::::∧
             ∠__|_:::\:::∧:⌒:|/:::::::::::::::::/}
             \::::::|:::::::::l ̄`V´ ̄|::::::::::::Y´i'´:}



               /⌒>
 ___       __{ / 丶、
 \::.::.::.::`'く\ '"´          >_
.  ∨::.::.::.::./ /\     /|` <::.::.::/
.   /\:::_〃   /       \  `'く
  l /:: {{  |/  / /  ∧ハ ヽ !ハ
  |/::::.::.小.  |l | /|/\/ |/∨ハ. ト、 |    つまりああいう画面が見える士郎は
 <_::.::.::.::{\,_|レ'V| ┃   ┃ { 人|::::\
  |  ̄ ̄ ヾ(_|  |⊃r:::─┐⊂⊃厂 ̄「    ゲーム脳だったんだな。
  |      :|_>ヘ  マ 7、::::::ノ イ :|〉  :|
  |:.   ..::l\∧  V≧r < | .:|:   .::|
  |::.   .::::::| 厶∧ .::|\二7⌒| ::l:|::::...::::|
  |::::...::::::::::| 〉-=ハ::::|ニ}匸仁ニ|:::八:::: ::::|
  |:::::::::::::::::Vニニニ.∨7===\_∨|:::::: :::::|

248 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/12(金) 23:53:37 ID:EJPZZa8o

      _____
     /-―- : : : : \
           ヽ: : : ヽ  ______
            } _: : : :´ : . . . . . . . . . . . .
          . : :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . :`
        /  : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .  \
.      /       : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : . ヽ   (単なる演出だと思うけど。)
      /: : / .:/     : :/: : : : : : : : : : : : : : : \: : : .
      ://: : :/ : .     /     : : : : : : : : : : : : : : :   l   本編ではこの設定は抜きで、全員同じ感じになります。
       /: : :/: : : . /: . ./  |    i.    \          |
.        ′: /:/|-‐∧:¨/Τ∧: : : :十、―|―ヽ--:. .| . . : |
       { : : { {八: :{ ∨ |/   : : :| :\|\: :. : : ハ:|: : : : :   見えているのはステータスとクラス別能力です。
.       八:.:/|∧ : 、| ====  \: :| ====`| : /:.:リ: : : :|
       \/ }: : i.:i i: : .           . : :i i:.| / |ヽ : : : : {   スキルや宝具などの真名に関わる情報は見えません。
           : : :|                /: :|' 八: : : :
          /: :人               } : :レ′ : : : l    一度閲覧した情報に関しては、
.           //|: : :> .    i┐    . イ: .:/: : : : :八 :.
         / |∧ : : : : >r| |ニニLΤ.:厶イ ∧: : /  \  自由に閲覧できるようになると考えてください。
            |/ ∨\: :l_|_|_   \:/ レ  }/
                 >|    |._/\/\
                /{ :|    |  \i:i:i:i:ヽ
               /八」     |\__ノi:i:i:i:i:i:
               i:i:i:i:l____:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
                i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:

249 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/12(金) 23:53:53 ID:EJPZZa8o

              ___  __
            /: : : : : : : : :<⌒ヽ
          /: :/:/: : : : ∧: 、: \
         /: /:/rァ‐x_/ ィTTl: 、ハ
         l: :.|: l lr┬r   rfTl.|: :}: |
         〉(l: lィ∨ノ    Vノ }: ハノ      では、今回はこのへんでまとめ。
         厶: :\ヽ "" ,、  "ィ/ _
          |,、rr \rニlニl<l/く::::::::「「)
          //{:L::::::〉:>rュ<}}ノ─‐'‐'
        r┴{::Vーく::::{/ハ\}く ───-、 , -、
        r'マ_ノ´   >::::::::::::::::::::::::::::___}コ::::::l
     {\/ァ'      /:::::::::::::::::__/──┴‐く_ ノ
      >' /     l:::::::r‐<_}:::::::::::::::::::::/ ̄
     〈‐く/{)     ∨:∧:::::::::ヽ:::::::::::::::/
  r‐rt○}ハ/      }/:::::\__ノ}::::::::::ノ
   ̄l ー ' ノ        ̄ ̄  ̄  ̄
     ̄


「星光さんによる分かりやすいまとめ」


   死徒
    強化と研鑽により非常に高い身体能力と復元呪詛という再生能力を有する。
    あくまでもマスターとしてであればずば抜けているが、サーヴァントとの比較であればそうでもない。
    マスターによっても、場合によっては滅ぼす手段はある。

   超能力
    常識外の異能。発動中はちょっとネジが飛ぶ。

   透視能力
    サーヴァントの能力を見る。全員同じような見え方をする。
    手に入れた情報は後になっても閲覧可能。


.

250 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/12(金) 23:54:16 ID:EJPZZa8o

      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
     /: : /: : /: : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : .
.    //|: : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : :|
      |: : /: :/: : : /: :/: : : : : :|: : ::!: : : : ::ハ: : : :!
      |: /|: /|: :」/_|_/|_八: : : L _⊥-‐|: : : :|: : : |
      |/ :|/: |::/| . l/ i/  : : : | \| \|ハ: : :!: : ::|
      |i 八: l|/::|  __ \ |  __ Ⅳ:}:Y: :|   はい、第5話+解説はこれにて終了です。
         Ⅵ: : ',  ̄ ̄        ̄ ̄ | Ⅵノ: i{
          |: : 人″    ′    ″|: :/: : 八   長時間のお付き合い、ありがとうございました。
          }: : : : : : 、   -       イ|:/: : : : ::ヽ
         八: : ハ: : : : ≧‐ -- ≦-‐‐7: ィソ: |\}
           \{ V\l}:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..{lィ:/|\|
             /三 |:=====:|三三`丶
            /|三三|:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.|三三三}



   /: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : ヘ
.  // /: : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : :ヽ : : :',
 /   /: : : : : : : : : : ::/|: : : : : : : : :ヽ: : : : : : :ヽ
   ,': ::/: : :/: : : ::_:/  |: : : ::|: :l: :i: :ハ: : :i|: : : ::|
   |: /|: : /:|: : ::/l/>x{: : ::八x<丁 |: ::∧: : : |
   |/ :|: : |八: :::|下¨抃 . : :| 才¨不アl: / :|Y: : :!   アーチャー、アサシン戦は終わりましたので、
   |! 八: :|l}:::\|.弋_ソ  ヾ! 弋_夕 |/: : | }: : :{
      ∨ |: : : |              }: : /|イ: : |   アサシンペアの能力公開といきましょうか。
        |: : :人             イ: :/ソ: : : :!
        |八: ::| : ≧. .__`_  ィ7: :7::/: : : : :八   アーチャーペアは次の戦闘終了時に出そうと思います。
        '  \|∨\/Ⅵ-─‐ト、ハ{/|\イ:ハ{
          / ̄`Y´:::|::{二} ::|:::::|`Y´ ̄ヽ
        /:::::::::/:::::: |:∧∧:/ :::|:: |::::::::::::}
.         {===〉〉::::::|==/:::〈〈:::}===〉
        \::::::::r―─-v-──ュ::::l:::::::::::,'

251 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/12(金) 23:54:36 ID:EJPZZa8o

   | |::::::::r-‐'"´>'"´   /        \_]ー-、 |__
   //:::::::::|  7´    ./   |    ハ _/ イ !    八 |\_`ヽ
   |」___/ .,'     .|、 |∧  / レ'-‐-、|  /  ∨   `|
     /  |      レ>‐、∨    l´`ハ〉イ  |  ハ  __,/  ト 、
    L__ 八 、  |〈 l´ハ     ゝ-'゚ .!  /!   ∨   .|  \
       `ヽ.)ノ \,ハ. ゝ'゚ .     " |/ .|    \   |    ヽ、
      ∧  `'ー/ ,|"    -‐ '    /   |     ノ  .,'       ';.、
      /  \ /  / ゝ、,        , イ  / /    | (  /         |:::':,
    /,    〈   ,ハ  / |`ミ7ァr '" ハ|/レ' __ハノ /.        |:::::::',
_,.  '":::::/    ) イ  レ' `ヽrく__∧_/  ̄「「    `゙く  /        |:::::::::!
:::::::::::::::/       `> '"´|/   ハ    ,!]       ∨        ,'::::::::::|
:::::::::::::;'       /   {7  ./S !   /」 !/        \      ./::::::::::::|
:::::::::::::!      r'  /)' }|∵/ S | ∵/|  |      「\r、/|  ,:':::::::::::::::|
/:::::::::::!      |>、/  'ー‐''つ  }{ |_/ ̄  '、    _|_/「\」./:::::::::::::::::::!
─────────────────────────────────────
【名前】レミリア・スカーレット (出展:東方project)
【サーヴァント】アサシン

【聖杯への願い】
 ???

【装備】
 特になし。


【備考】
アサシンのマスターであり、人ではなく死徒である。
死徒の呼び名を嫌っており、"自称・真祖"であるが、紛れもなく普通の死徒。
実年齢はすでに100歳を超えており、その能力はアーチャーとの接近戦を演じるほどだったが、
ハンデなしのタイマンなら本来は勝負にはならない。

魔術師としての実力は飛び抜けているわけではないが、吸血による補充を含めて、魔力量は膨大。
ただし、大部分を自身の肉体保持のために使っているのでサーヴァントへの供給量は並。

聖杯を求めて八神市にやってきた外来のマスターである。

252 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/12(金) 23:54:55 ID:EJPZZa8o

                       __
                    _r-‐┘ ヽ___, - 、
                   j´__r-‐- 、,   ヽ } ̄` ,
                 ノ/,. '´ / ´ヽ , -‐-`ー 、\
                Y/   / !   ヽ一 、   {  ,
               ,イ/  /  // ハ ト、ヽ   }   7  !
              / Ⅳ  { `メ、!/ l|! ヽ ヽ  ヽ -‐}  |
             /!/´|/ / l | /1l  l! ヽ≠=- .,_!  て l
             / l! Ⅳイ!,:iレ1マミ、  !  ヽ\ ヽヽノ  ,ハ
              | ,l/ /ヽ1! l fリ  | ィf〒テァ、V1}! / !
              ! ,イ!/∧jヘl `¨    '、ヒェン メ、戈) {1 ' 、
              / ,|{  }!´j!ヽ、` 、_,    //1_ィヘ! !jハ 〉
              {  / V1メ、!} />,- -‐ イ!/7zj !ハ! lノ レ'
              ヽ ヽ/1三}`ー- <_j ̄ ̄{ j::::::!1ン1 /  !
                ,イ  i!} r/:::::::::::::ィzZ/::::::ヽ l/
                j!1 / ヽj!::::::ヾz // !::::::::::}z ヽ 一 、
                !:レ' ノン:::::/ ハ ! {  j:::::/!   rz =- 、
               ノ:::::ヽ/::::::::::{ {:::::l ヾ ノ::/ j !   {::::ヾ, て、
               ヽ:::::::::i!::::::::::::l_|:::::|  〉::::! { r-‐'´:::::::::! l ゝ、
                ヽ::::::!:::::::::::::::::::: l/:::::::| !^j:::::::::::::::::::ヽ´ て
─────────────────────────────────────
【名前】十六夜 咲夜 (出展:東方project)

【装備】
 投擲用ナイフ
  大量に隠し持っているナイフ。接近戦でも使用可能。


【備考】
アサシンのマスターであるレミリア・スカーレットの従者。
レミリア同様に死徒である。
実年齢もほぼ同程度で100歳を超えているが、能力はレミリアよりも下。

レミリアの直属の死徒であるため、魔力の供給や念話が可能。

253 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/12(金) 23:55:16 ID:EJPZZa8o

                            /,.r'",,..lll"riiiiiiiiiiiiiiiiii'''ヽ iiiiiii`i--...,__iiiiiiiiiiiiiiiiiiii-.,iiiiiiヽ.,i`!
    CLASS                   -"/iii,lll''"f"iiill|iiilll|iiil,iiiiiiiiiiiiii`'''-.,,_iiii`'''''''---....,_`iiiii|ii|`,|
      アサシン                 |,lll/l/iiiilllll|iiillll|liiilヽ,iiiii\\_ヽ.,,,--.....i,,,,,iiiiiiiii`'iiii|li| `i
                            |/"i"/liillllll/iilll/|lliii'l|.,i,,,,iiii\ヽ -,`.,-,,,,,,iiilllllll,,,iiiiiiiiii||||
                             |/|lllllll/]llll/ |lli.,,,`i '.,,,,,,,iiii',ii| `-,L,>llllliiilllllllllliiiiii|/
                             |' Llll/'''-/-..,,|'.,'-,`, `-,_iiv-'''二L,,,,,,,y',|lll,.r''-.,/
    マスター:レミリア・スカーレット        `.,|, --|t--,._'!, `-, '" ヽ|''"-ゝ--'"` ||l| r'''' |
                                `'i, `''"'''" `                |!j''" !
    真名:???                     '.,                       /"ノ_ノ
                                  ヽ      ,.i               _'",.-'
    肉体:七夜志貴                        \     ヽ       _,.      "|フ
        (出展:月姫)                     `ヽ_   ''''''''''''''''''"     /  !
                                        `'-.,          ,.-" /  |
    属性:混沌・悪                           'i-.,_  _,,..-'"   /  |
                                      ,,,...|_`''"_,,....---'''''''''''''"'--,
                                     f`''''------'''" ̄ ̄::::::::::::::::::::|
                                    ,.....|;;;;;;;;;;|;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::f`,_

  ステータス:筋力D 耐久E 敏捷C 魔力E 幸運C 宝具C

    筋力:■■□□□    魔力:■□□□□
    耐久:■□□□□    幸運:■■■□□
    敏捷:■■■□□    宝具:■■■□□


 ∽ クラス別能力 ∽
━━━━━━━━━━━
  ┌───────────────────────────────────────┐
  │ 気配遮断:A   サーヴァントとしての気配を遮断する。                          │
  │            肉体を有するがゆえに生じる人間としての気配も自由に遮断できる。    .│
  │            自らが攻撃態勢に入ると、気配遮断のランクは大きく落ちる。           │
  └───────────────────────────────────────┘

254 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/12(金) 23:55:31 ID:EJPZZa8o

                                         _,.-'"                   ヽ__
                                       , -'_./                    ',
                                        ,r' 〃〃 ,〃〃                 ,'i
                                       /zi;i;iヽ,/ i i i , 、 、 、 ヽ \ヽヽヽ    i ',
                                      / |;ii;iヽ', ' , i, ',`、`、`、\,X.ヽヽヽヽ ',.i.  ',
                                        ,|,'',i' ,', ',iv_'、', ヽ ヽ,,-´\ヽ v<ヽ', ,'::::::::',
                                         リヽi,i, i''┴\ .X、┬┬'\,',〉〉 ,' 'i:::::::::. 丶
                                           ,リヽ  ' ' ヽ.  ̄ ̄ '' __ ノ,_::::::::::::   ',
                                         /::::::::ヽ__〈         /:ノi‐, ,i::::::::: : : : ' ,
                                        ,/:::::::/:::ヽi`‐‐‐ ‐' , -'"‐'''  \::::::::::: : : : ',
 ∽ 保有スキル ∽                           /:::::::/::__', i 丨, -'":::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::: ::  ',
━━━━━━━━━━                        ./, -'" ̄── ',. ├- 、:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::: ::.   '
 ─────────                        /:::~""''' ‐- ...,,'‐' "  "''''- .___ :::_,__ 'i' ',    ',
  恐怖の写し身:A+                        ./:::::::/::::::::::::::::::::::::::::: - 、     //-'",-'">─,  i
 ─────────
   相手がアサシンに抱いている恐怖や疑念に応じて能力が増減する。

 ─────────
     威圧:A
 ─────────
   相手がアサシンに抱いている恐怖や疑念を増大させる。

 ─────────
     ???
 ─────────
   詳細不明。


 ∽ Weapon ∽
━━━━━━━━━━
   無銘・短刀
    特に何の変哲もない短刀。
    飛び出しナイフだが、頑丈な作りになっている。

255 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/12(金) 23:55:45 ID:EJPZZa8o

                                 /い テ Ⅳ 二   ___ ~`゙` 、三//巛巛////////////////
                                 `、 ヽ儿′= 三 ̄_ __ 二ニ_-`∨/巛巛《《///////////////
                                  `廾´爪__  ̄ー ―、 ̄ミー`-∨巛巛《《《《/////////////
 ∽ 宝具 ∽                       .  ,'i ,' i \  ̄ \ \ 、丶`ン///巛巛《《《《《《///////////
━━━━━━━━━━                   / l | l i  ヘ  l  ヾ  \丶ヾ//////巛巛巛《《《《《《《《/////
 ====================                  i 从 N  i、 ヘ ト 、 卜  |\ l///////巛巛巛《《《《《《《《《《《《
  "???(???)"                     Ⅵ| |/l| ヽllぃ ヘ | _,≧斥 ⅸゞ》////////巛巛巛巛巛巛巛《《
 ====================                    ∨ Ⅴ リ::::;\刈七ヤ Ⅴ l5} ∥////////////////////////
  ━━━━━━━━                       Ⅴ::::::l      ,.ィⅥ. ∥///////圧三三三三三三三三
   ランク:???                    .     ∧ 、_`___,  /-l  .∥//////∥三三三三三三三三三
   種別:???                           ;个. ̄ニ´/  レ≦、∠∠∠∥三三三三三三三三≦
   レンジ:???                          l/  `ー ´    ''ヘ_ ̄ ̄ ̄ ,,.   : :. ...   ヾミミ≠三三
   最大補足:???                                    ̄`シ<__ ー,.: : 、-  _/三三三
  ━━━━━━━━
   詳細不明。



 ===================
  "???(???)"
 ===================
  ━━━━━━━━
   ランク:???
   種別:???
   レンジ:???
   最大補足:???
  ━━━━━━━━
   詳細不明。

256 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/12(金) 23:56:00 ID:EJPZZa8o

 ∽ 備考 ∽                                           | i i i . i i i i i i i |
━━━━━━━━━━                                  | i i i i i i i i i i i |
┌────────────────────┐                      | i i i i i i i i i i i |
│レミリア・スカーレットによって召喚された     .│        ,    ィレ,.    | i i i i i i i i i i i |
│アサシンのサーヴァント。               │     , イム-イ └ 三二| i i i i i i i i i i i |
│                                  │  / /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| i i i i i i i i i i i |
│人々の恐怖を煽る者を自称しており、        │ i/ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| i i i i i i i i i i i |
│聖杯への執着がなく、他のサーヴァントや    │iレ .::::::::::::: ー- ::::::::::::::::::::::::::::::| i i i i i i i i i i i |
│マスターと戦う気はないようである。          │_| .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::::::| i i i i i i i i i i i |
│                                  │> .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \::::::::| i i i i i i i i i i i |
│基本性能は低いが、相手の思念によって     .│7 .:::::::::::::、.::::::::::._::::::::::::::.ヽ.:::| i i i i i i i i i i i |
│能力が変化する特殊な能力がある。       │ .::::::::::::::::::>-:::::::∧:::ム-=ァヘ| i i i i i i i i i i i |
│また、相手の思念を増幅させるスキルを       │| ::::トー-::`ヽ:ー-_メ,^Vi リノ ル.| i i i i i i i i i i i |
│持っており、アーチャーのように            .│|ハ::::`ヽ卞_-=-ト   ´ ̄  .リト| i i i i i i i i i i i |
│常に最悪のパターンを想定して戦う           │l ',ヘ:ト:、::ハヘ_ソ `丶      i:| i i i i i i i i i i i |
│相手との相性は悪くない。               │`  .\jk∧´   ,:    ,  /| i i i i i i i i i i i |
│                                  │    `メ、\   -=   /イ i i i i i i i i i i i :l
│加えて有する特殊な能力に               .│        ` ト 、__ ,.< i i.| i i i i i i i i i i i i.l
│アーチャーは感づいたようであるが……     │         上ムリ ̄j .//.| i i i i i i i i i i i i.l
└────────────────────┘      _/ i i i i! / i iリ i i i i i i i i i i i :|
                                    r< l l i i i i i |i i i/ / i i i i i i i i i i i i i |
                                    | i i i i i i i - 0ソ i i i i i i i i i i i i i i i i i l
                                    | i i i ii i i i i i 「 i i i i i i i i i i i i i i i i i i |
                                    | i i i il i i i i i l| i i i i i i i i i i i i i i i i i i |
                                    | i i i .i! i i .ト Oィj i i i i i i i i i i i i i i i i :|
                                    ヘ i i i| i i i i l| i i i i i i i i i i i i i i i i i i l
                                     \ソ i i i l| i i i i i i i i i i i i i i i i i i l
                                       l i i i i l| i i i i i i i i i i i i i i i i i i./
                                       | i i i {O};. i i i i i i i i i i i i i i i i l
                                       l ミ i ム.イ i i i i i i i /i i i i i i i i..l
                                       \ i l| i i i i i i i i / i i i i i i i i /

257 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/12(金) 23:56:19 ID:EJPZZa8o

  ____
/ : : : : : : : :\
 ̄ ̄ ̄ \ : : : ヽ   -‐     ̄ ̄   ‐-
―==ニ二¨: : : : : ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : .
: :     -‐ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .  \
_/   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . \
/     : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ : : : .  ヽ
: : .  /  / : : : :.:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:ヽ: : : :   :.
: :.:/   / /:  / : /: : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : :
: / .: : .:/ /  :/ .〃 /    : : : : : : : : : : : :ヽ: : :i : :
/ / : : : /: :/\:/ :/'|: {   |      ヽ           . :|
 |: : : :/: :/: : :∧く__|.:∧ : : ∧|   :|:      i .| . . : : : |   それでは、今回はこのへんで。
 |: : :/|.:/i: : :∧Τ心ミ l : : |_.}厶\-|ヽ-|―‐:|: | : : : : : |
 |: :||:||:|i: : |  |/刈 八:: ::| /ィ===\__.:|: : : :∧: : : : : : :|   次回 第6話「初陣」 お楽しみに。
. :.::||:||八: :l  乂ツ   \:.    |_)/刈:ア:/: :}/: : : : : : |
  \| j/|: : \        \   |///リ/.:/ : / }: : : : : 八
.      ハ :八\  ,          ̄¨¨゚´厶イ: :/ 丿: : : :i: : :.\
    /: i: : :/:\               〃  /: /イ: : /: :/|.:厂 ̄\
.__//|: :/l:|: : ` : .   r_,       イ// : |: :/: :/ /
/V^iヽ/⌒ヽ:|\_: : :_> __ ..  <   ./<: ル }/ /. -- .
h| | |:.:.:.:.:.:.:.:.:.>:rrく:.:.:.:.:.:}\__彡く.:}.:.:.:.:.`:.:.. _  /.:.:.:.:.:.\
._|:ー|:‐|:.:._ :.:.:.:./://:.:.:.:.:.:.:.:ト┌┴┴┐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} }Y.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
:::}:::::::::|丿}:.:.:.:.|:.{ {.:.:.:.:.:.:.:.:.|:└┬┬┘.:/.:.:.:.:.:.:.:.//.:j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

258 :名無しのやる夫だお:2010/11/12(金) 23:57:44 ID:LRf4Vk5w


259 :名無しのやる夫だお:2010/11/12(金) 23:58:17 ID:mhFxFC9o
乙でした
アサシン、恐怖を糧にするって、うしおととらの白面みたいだな


260 :名無しのやる夫だお:2010/11/13(土) 00:00:44 ID:BHEPD5eg

型月世界で超能力と魔術って両立できるんだっけ?
とあるシリーズでは両立できないんだよな


261 :名無しのやる夫だお:2010/11/13(土) 00:00:59 ID:DvTzNf8.
乙です
七夜は最近AAスレで良く投下されてるの見るし
この立ち位置……ジョーカー的な役割を期待しつつ超楽しみです


262 :名無しのやる夫だお:2010/11/13(土) 00:05:28 ID:sVjCqclA
乙乙
感情でパラメータ増加するタイプは相手が精神耐性持ってて
ぼろぼろに負けるパターンがぱっと浮かんでくるが・・・

おぜうは好きなのでアサシンにも頑張ってほしいところ


263 :名無しのやる夫だお:2010/11/13(土) 00:25:21 ID:EXVcAK8A


264 :名無しのやる夫だお:2010/11/13(土) 00:25:35 ID:.z55L6zg


265 :名無しのやる夫だお:2010/11/13(土) 00:33:12 ID:7uH.XWs6

まあ、型月のスペックはスペックwwwだからな
話の都合で能力を生かせたり生かせなかったりだから当てにならんw


266 :名無しのやる夫だお:2010/11/13(土) 00:38:11 ID:5zwwa3PI

アーチャーの安心感がヤバいな。
アンサートーカー使ってんのかなぁ、これ。


267 :名無しのやる夫だお:2010/11/13(土) 00:40:05 ID:xE01UxmA


ぶっちゃけ、なのは達が到着するまで、美琴とアーチャーが主人公だと思ってたw


268 :名無しのやる夫だお:2010/11/13(土) 00:50:54 ID:BHEPD5eg
>>266
英霊の力と戦闘技術+清麿の頭脳か
ひょっとしてこのアーチャー、ぶっちぎりに最強なんじゃ…


269 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/13(土) 01:05:41 ID:sZ3qwm1Q
>>120
アーチャー「大丈夫だ、問題ない。」

>>241
ライダー「捕まらなければいいんだろ?」
セイバー「うちのマスターも確実に職質受けるかと。」

>>260
両立はできます。
超能力を魔術で制御する人とかもいるので。

>>267
アーチャー「俺が……俺たちが主人公だ!」
ぶっちゃけやらない夫たちが絡まない戦闘もそれなりに多いので、
こんな状態になるのは仕様というか予定通りです。

>>268
ライダーが言うように知識は継いでる部分がありますが、知能は継ぎません。
体や頭を動かしてるのはあくまでも英霊本人です。
なので、宝具等の上乗せがない限りは"+清麿の頭脳"になることはないです。
アントカ使ってるかどうかなどは本編をお待ちを。


前スレ残り20弱、か。
何か作ってこようかな。

270 :名無しのやる夫だお:2010/11/13(土) 02:24:58 ID:BHEPD5eg
埋め乙
今んとこ主人公っぽさ皆無だからなー
成り行きで相棒になったライダーとの絆含め、これからがんばってくれ主人公


271 :名無しのやる夫だお:2010/11/13(土) 08:14:27 ID:OMapOj3g
遅れたが投下乙

アサシンやアーチャーもかっこいいけど
やらない夫も頑張ってほしいな


272 :名無しのやる夫だお:2010/11/13(土) 15:20:17 ID:W5magjFU
埋めネタからすると、このスレの主役はアーチャーコンビということですか。
元ネタ通りですねわかります・・・・


273 :名無しのやる夫だお:2010/11/13(土) 15:24:31 ID:FNnLl7vY
スレタイ的にも「全員が主役」と考えていいんじゃね?

274 :名無しのやる夫だお:2010/11/13(土) 16:19:56 ID:joAlse7c
埋め乙です。

ホップと清麿が互いにいがみ合い悪態をつき合いながら、共闘するシーンが思い浮かんだ。
……がんばれ、主人公(笑)


275 :名無しのやる夫だお:2010/11/13(土) 18:07:13 ID:My404jq6
戦闘描写とか見るに、アンサー・トーカーは使えないか使えても不安定か未熟なんだろうな。

普通に使えるなら、相手マスターがどこに住んでいるかとか素性もわかるからヤバ過ぎる。
(完成体のデュフォーは清麿の家はどこだという答えすら出してた)


276 :名無しのやる夫だお:2010/11/13(土) 18:10:11 ID:xE01UxmA
埋め乙

どこかの、主要三キャラが全員男で、埋めネタで性別変えてみたら
あまりの華やかさに作者・読者一同涙が止まらなかったスレを思い出したw


277 :名無しのやる夫だお:2010/11/13(土) 20:56:52 ID:2a25an3c
しかし条件付きとはいえ100年程度の死徒がサーヴァントとやりあえるものなのか

278 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/13(土) 21:56:09 ID:sZ3qwm1Q
>>273
好きなキャラばっかり使ってるからそんな感じになっちゃいました。
まぁ深く掘り下げられるのはやらない夫、やる夫まわりになりますけど。

>>277
設定上は果てしなく無理ですね。
少なくともアーチャーレベルなら二十七祖とも戦えるレベルだと思うので。
色んな要因があってアーチャーが殺しにかからなかったってところですね。


279 :名無しのやる夫だお:2010/11/13(土) 22:11:38 ID:UFZ/iwMg
>>278
きのこの発言の変遷「サーヴァントvs二十七祖」
1:二十七祖のはぼ全員が平均的なサーヴァントとガチ
2:基本的にはサーヴァントがやや有利。セイバー、アーチャー、ランサーなら安心して見守れる。
 特にセイバーは宝具がアレなので滅法強い。エクスカリバー直撃にすら耐える者もいるがそういうヤツにはゲイボルグがよい
3:どっちもどっち。お互いに殺す手段はあるので状況次第。
 ただしプライミッツ・マーダーとORTは格が違う。プライミッツには守護者七騎であたるべき

この一連の発言見るに祖でもない死徒がサーヴァントとやりあうのはそりゃ無理ってもんだよな


280 :名無しのやる夫だお:2010/11/13(土) 22:49:03 ID:4uHHMYcM
へっぽこが一体何を勘違いして真祖を自称してるんだろう…






※前スレ埋めネタ
983 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/13(土) 02:15:00 ID:sZ3qwm1Q

 【埋めついでの小芝居】(17レス)


                                                  / ̄ ̄\
                                                 /  ヽ、_  \
                                                (●)(● )   |
                          なぁライダー。             (__人__)     |
                                                (          |
                          俺って主人公なんだよな?  .    {          |
                                                ⊂ ヽ∩     く
                                                | '、_ \ /  )
                                                |  |_\  “ ./
                                                ヽ、 __\_/

     _____  |\
     \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_|.:.:.|
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ-、
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
   ∠.:.:.:.:.:.:.:.:/|::/ |.:.:.:.:入.:.:.:.:┬´
   /.:.:.:.:.:.:.:/―レ- |::,ノ--┤::::.:ヽ                              ヤラナイオ
   |.:.:.:.:.:.:/  ●  ソ  ● レ\|   どう見てもアーチャーが主人公だよ、主人公(笑)
   レ´|::( ⊂⊃ 、_,、_,⊂⊃|
     レゝ`    (_.ノ   /     (主人公はアーチャーだろ、常識的に考えて。)
     ⌒ン-―-=―ェ┬<
      i.:.:.:.:.:.:.:.:.:._`ヽr´ヽ、
      (.:.:.::ン‐―- .,__||___人

984 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/13(土) 02:15:16 ID:sZ3qwm1Q

       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ●)(●)   ライダー、逆、逆。
.     |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ
      |         }
   _./:l ヽ        }
‐''"´:/::::::|_ ヽ_  __ノ::、
::::::::: !::::::::l′     \ ,イ\
::::::::::l::::::::::l         /:`:::l:::::\
::::::::::|:::::::::::\     /:::::::::::l:::::::::\
::::::::::|::::::/\ヽ   l::ヘ::::::::l::::::::::::ハ
::::::::::l/:::::::::::o:ト .」::-:::::\::!::::::/::::l
:::::::::::::::::::::::::::::: l`ー'l:::::::::::::::::`::/::::::::l

                                       ___
                                       ´ 二ゝ、\-‐:::--..,   ,. -‐-、
                                      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`:>/:::::::::::::::ヽ
                                     /://::::::!::∧:::::::::::::::::::{l{:::::::::::::::::::l
                                     i/:::{{::::/ノi/  ∨ヽ:|:!:!::::}ヘ:::::::::::::::::|
                (逆でも貶されてるけどね。)    レ'VllV ─   ─从:::イ \::::::::::::|
                                      ヽ从⊃ 、_,、_, ⊂⊃::ノ   |:::::::::|
                                   /⌒ヽ__ |::ヘ  ゝ_) u リl::i/⌒i |:::::::::|
                                   \ /::::トヘ|._>. __...,.. ィi/l/  /  |::::::::|
                                    /::::::// ┬ヽ只/ ∠ ヘ、__∧  |:::::::l
                                    `ヽ<..ヽー┤|ヘ /|├:j {ヾ:::彡'  |:::::::|

985 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/13(土) 02:15:31 ID:sZ3qwm1Q

     _____  |\
     \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_|.:.:.|
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ-、
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
   ∠.:.:.:.:.:.:.:.:/|::/ |.:.:.:.:入.:.:.:.:┬´
   /.:.:.:.:.:.:.:/―レ- |::,ノ--┤::::.:ヽ
   |.:.:.:.:.:.:/  ●  ソ  ● レ\|    そもそも主人公っぽいってだけだよ。
   レ´|::( ⊂⊃ 、_,、_,⊂⊃|
     レゝ`    (_.ノ   /       次スレの登場人物紹介見ろよ。一番上はなのはだぞ?
     ⌒ン-―-=―ェ┬<
      i.:.:.:.:.:.:.:.:.:._`ヽr´ヽ、
      (.:.:.::ン‐―- .,__||___人

                                                            / ̄ ̄\
                                                       rヽ  / ノ  \ \
                                                       i !  |  (●)(●) |
               あれはサーヴァントの順番に沿ってるだけだろ。        r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |
                                                   〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
               とにかく、本編主人公に一番近いのは俺だろ。        l` ( ``/ .  |        }
                                                   ヽ   l  .  ヽ       }
                                                    |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ

986 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/13(土) 02:15:45 ID:sZ3qwm1Q

     _____  |\
     \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_|.:.:.|
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ-、
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
   ∠.:.:.:.:.:.:.:.:/|::/ |.:.:.:.:入.:.:.:.:┬´
   /.:.:.:.:.:.:.:/―レ- |::,ノ--┤::::.:ヽ
   |.:.:.:.:.:.:/  ●  ソ  ● レ\|    んで、主人公だとしたら何だって言うんだ?
   レ´|::( ⊂⊃ 、_,、_,⊂⊃|
     レゝ`    (_.ノ   /
     ⌒ン-―-=―ェ┬<
      i.:.:.:.:.:.:.:.:.:._`ヽr´ヽ、
      (.:.:.::ン‐―- .,__||___人

                                                   ./ ̄ ̄\
                                                   / ヽ、_   .\
                                                 . ( (● ) .   |
                                                 . (人__)     |
                          俺には、ある不満がある。        r‐-、    .   |
                                                 (三))   .   |
                                                 > ノ       /
                                                /  / ヽ、 .   /
                                                /  / ⌒ヾ   .〈
                                               (___ゝ、  \/. )
                                                  . |\    ,.1
                                                  . |  \_/...|

987 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/13(土) 02:16:03 ID:sZ3qwm1Q

                                        _, - ̄ ヽ=.、,  ̄'´ ̄` ヽ
                                      ` ーー-ァ‐ /    .     ヽ
                                         / / | // |∧ / リ/リ.  ヽ
                                        / l !{ レ┼l‐l   l┼| |、|  |
                                        \!ヽ| | ●   ● | |ノ.|  |
                          不満……ですか?     ヽ| l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ | │
                                           | ヘ       | | .|  |
                                           | /⌒l,、 __, .イァト|/ |
                                 .          | /ミミ/ヾ∧"::::/  ヽ |
                                           | |::::::::l::::〈∧〉/ ヒ::::彡, |



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●    そうだ。まずはこれを見てくれ。
   |      (__人__)
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

988 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/13(土) 02:16:18 ID:sZ3qwm1Q

 Case.1 【Fate/stay nightの場合】

                //   〃 l |l  |l /∧ ∥ |l  ll  |l ∥   ト、∧
                  | |l  |l |l ||  || ∥ |l |ハl  |l  |l ∥   | |〃
                  | ||   |l |l ||  || ∥ |l |l |l   |l  || ∥   | |《
                  | ||   |l 廾=|-」、|∧||  ヾ、|! |l_」斗 'i|´||  l| | 》
                Vハ  |l || z=≠≧、   ヽ/,z≦示z、||  l| |《
                 |ヾl|ト|| 《 |L:::j::|l``    ´´|L:::j:::l| 〃|  l| |/
                 |l lトハ  lL辷」!      l!L辷j」  ||   l| |    問おう、あなたが私のマスターか?
                 |l  |lハ                 l||   l|/
                 |l  |lトハ      {{        /z||   l|
                 |l  |||‐人               /'´ ||   l|
                 |l  |||  __\    ´ ̄    /ー、,||   l|
                 |l  |||//7/iヽ、     ,. イ|ト、`\||   l|
                 |l  |||////_」==>=≦zr‐zl|_ ヘ  ||   l|
                      |l   |||////ム____|__|__|| }_ト||   |l〉
       _____   |l  川 ̄ ̄ ̄ __    ,、- 、 ̄\| 〃
     /」==== =z\ |l 〃/|       \ハヽ  {{       | /ー 、
    //           ヾ>イ|//ム<三三≧z、\ハ  ヾ=ヘ   ィレ   |ー──‐--、




::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ::::::::::::::::ヽ::l, / ,. ''´,. - ,.  ´ -‐ 、  `ヽ _
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ノ::::::::::::::::}ゞ/ /  / ,ィツ'    \   \ヽ、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::/ 〃 /   / //         ヽ  ヽ/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::!:::ト{i  //  //, / / !          l   l\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;rィ )::/:;ィ|::/ ! ,トi、,////  l{ |  l     ,  |    l /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ/ /,ィ'/'',r'/'  /V|イ,/,'ト{/-  |i |  ||   l l|   |ヽ
:!::;:::::::::;;:::::::::;::::::;ィ' }! |/ ' /    l   ハ"/;`メ、  ト、|!  ,|l |、  | | |___ノノ
'Vl;ィ〃//' "´   `'′ /   .l   | {ゞソ,    ゝ|ト;ュ!|'l、|i  ,! !/__,ハ
           /      ノ     |   l///`ノ    /rッ::ト、ヾ|、 ,イ〃-‐ソ ノ   あなたが私の……鞘だったのですね。
         /   ,. '´      liイ |,   く       ゞ'':ノ_, ゞlレ'/イ´ ̄/イ
-.、    { / 、_/           |l'| |、 、_     ///// l゙|  |ヽイ-┘
:::::::`ヽ.、 '〈          ,r‐|l l  トヽ  ヽゝ        l |  |丿::\
‐-、:::::::::::`:ー-、        /  '!| ,|  ヽ          -ヘト|  |l:ヽ::::::l
  |::::::::::::::::::::::`ヽ、_   /     ,|i リ  /` ‐‐ '' ´     {||  |:!::}:::::::|
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::`::‐:..、    lレ'  /  ヽ      _, ィ´l|  トゞ-‐‐'

989 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/13(土) 02:16:34 ID:sZ3qwm1Q

Case.2 【Fate/extraの場合 パターンA】

                 , -=== 、、
              /      \、
                     _ ヾ!へ/^ヽ__
                  , . ‐'   リ  ̄  ̄`"'ー、`ヽ、
                 /‐ " ̄ `ヽl! _,..   、_ \!^ヽ
                 /      / `ヽ  `ヽ、 ヽ ヽ.}^ヽ
                //.:                ヽ ヽ. }
             /:/ /:/  /  /              Y彡Y^i
               //: /:.:/:.  /   / ,イ i      ヽ.    Y彡l人
           /イ: /: /:. /. l: /./ :/ | :l  ヽ  i:.  i     Yント..ノ
             { ,/イ:. i:. l:. l: ;イ:;{:. :! !:. :ト、 .l:. l:.  l    lソリハ
               ( | /!:../!:ム_l_!:ハ. :|  ';.:.| ', :ト、 ト、. :| :  ;. :lソソノ
             {,{リV::V ,ィt疋ト、|   ヽ!_,イ戈艾云!:   i :|ソ::}
             ___V./.ハ ` {ミ尨!`   ' .ィ'モ;添ミ!'オ:  .i ト/ソ    問おう、そなたが余の奏者か?
            `ヽ::::::::::// !ハ  ゞ='        ゞ乏ソ 〃.  .i |,イ
         _  ̄`//   ::}                /: :.,': :!:ハ;;\
         <◎. `ーl:i: ,  :::ハ.    〈        /: :./.://;;ハ;;ヾ;ヽ
       //:卅卅卅 l|: i: ::/ニ、\    ー ‐    ,.イ: ../:.//:/ };;;;;};;;;)
        //::: : : : : : : :!l: i /:::::::\ \       /./: ./:.//シ  じ';;ノ
      .//::::: : : : : : : :リレ! {:::::::::: ::`ー兮ー-‐ '__ノイ/ //ン'
      //::::::: : : : : : ::: : :::V::: : : :::::::::::/::ヽ ̄二-‐':::リ!./`ヽ_       ___
     //:::::::: : : : : : ::::: : ::::::: ::: : : : : i: : :::/ / : : : ノ レ': : : : ::::`ー^ー' ̄     ◎ヽ、
     {´::::::::: : : : : : ::i::::::::/:/: : : : _ - '"ニニ、: : : : : : : : : : : :/: : / 卅卅卅卅卅一´ミ\
      !::::::::::: : : : : : :ヽ:::::::/,. - '"  ヽ    \: : : : : : : : : : :: :::i:::: : : : : : : : : : : : : : : \\
     ト、:::::::: : : : : : :::ヽ:::K       `  ー-\: : : : : : : : ::: ::i:::: : : : : : : : : : : : : : : : : \\
     <::.:\::::::: : : : ::::::/               \: : : : : : ::: : ::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 〉 〉
     }: :: ::::`ヽ:::::::::/                ∨: : :::::: ::i:::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / /
    ノヽ: : : :::::::ヽ入       y           V: : : : :::i::: : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::/ /
   /: : : : :::::::::::::,′ ` .__ _, / 、          , イ }: : :ヽ::i::: : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::/ /
 / : : ::::::::::::::::/ {        ミOミ`ー --ー一 ′ ∨: : : }:::: : : : : : : : : : ::.:.:.:.:.::::::::::::/ /
 : : : : : ::::::::::::/ 人        ;           .}: :ノ::ヽ : : : : : : .:.:.:.:.:.::::::::::::::::://
 : : : :::::::::::::::/   ヽ      ミO彡         /:_/:::::::入::::::::::::::::::::::::::_::_::::::-く
 : : :::::::::::::::/      ゞ、___ _∧          ノ : : : ノ: :/ `ー、-::::::::::~:::::::::::::: :: :)
 : :::::::::::::::/         }: ミQニ ゞ,__   , イ : : : : : ::イ     `ーュ:::::: ー: : : : ,:イ
 :::::::::::::::/         イ::::ミQニ><二キO : : : : : : : :i:::::}      |::::::ー::: :: : : ::|

990 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/13(土) 02:16:54 ID:sZ3qwm1Q

Case.3 【Fate/extraの場合 パターンB】

                         i゙ 、\   / ;;;;;;;;;;i        ./ '' |''. |   /::::;;;;/
                            !  .ヾ \ .`! ;;;;;;;;;;;;\      /   レ, .|./:::::::;;;;;;;〉
                          ゞ 、_,i  ゛\);;;;;;;;;;;;;;;;|     / ''   ノ´ Z__;;;;;;;;;;;; __,!
                          ,ヾ'゛ヾ   `ヽ、;;;;.,,,_ i_.___ ,〃''   /  ' ,ゝ,,;;;;;;;;;(                   ,.ゝ'
   私の願いはただ1つ。          廴, ゙ ヾ    _, '´:::::::,ゝ::::`!   /    >;;;;;;;;;;;;|           ,, "
                          ,ゝ ゛ ^.ゝ'´::::`      :::::''ヾ、 /  ゙  _`ゝ;;;; /               "  ' ,,
   ただ、誰よりも幸せな良妻に     、ーフノ , ::::::'          :::ヽ.  冫三\/               ,"
                          ! ,.ゝ,〃:::: :::: ::/::          ::::ヾ/ヾ,三三ヽ、             .''  
   なりたいだけですよ、ご主人様。   冫_.ノ::::::: ::::::: :,:::,':::::   :i::       ::::`、:::::,i三三三ヽ         .|:::..   
                         ,'./``,'::::::::/::::::/:/i:::::: :::/\ :: :::    :\'|三三三三\        |::::::..  .  .
                       >':::ゞ、i:::::::イ:::_,i_,'__ |:,:::::::/   `、:::::::: :::::::i:弋'!l三三三三三.\       i::::::::::...::...:'
                      /::::::::::::::::!:::/::!:::,':/,、_`i,':::::ナ'二 ̄ヾ`:::::::::::::!::ヽ'l三三三.ゝ'´ ̄ヽ    キ:::::::::::,,:::::
                 、__>_'´::::::::::::::::ノ∧:i::::!:::/K´トj!::::イ' ´'Τ孑|::::::人::゙、:i|三三三l´::::::::::::丶、\   }:::::::::::::::::::
                  フ:::::::::::::::::/´ ,.'´^`:∧!:゙i`フイ `ゝ  `‐'´!::::イ::::!ゝ:::!三三,'´!:::i:::::::::::   `゙`丶、i:::::::::::::::::::
                 γ:::/:,ゝ‐.'´ -='イ:::::::::::::`∧  〈       /ノリ::!::ノ::,'、:::!、ハ/ .|::i ゝ、:::::::    :::::::::ヽ、:::::'':::::
                 i::::,.'´      .,.''i:::::::::,イ::/ノ'`.、  ー 一  ,.'イ:::::ノ:,'::/ ヾ、   !::i  `ヽ、:::::::::::::::::-=.、ヽ:::::::
                 |:/         ,'' ,':::::::/ !,'     \  _ . イ::::::,.':':::/ゝ- . `   !:|      ヽ.:::::::::::::::::`、ヾ.、::
                 .!        !  !:::::/  ゝ      `i:::,ゝ'´!::::'::,:, '´     `ヽ  ゞ、_.'    ゙ヽ!`ヽ:::::::::i ''丿:
                 .ゝ         ` !i、:i  ゝ´ ̄`lヽi'`、!/´|:::://           .             !|_ノ゙ヽ、::ノ''::::::
                 `ヽ、          ゝヾ ,'   ,  .| | /,ゝ/.!::i:,'            .!   .,ゝー´‐'','.'::::::::: ノ'::::::::::::''
                    \        i    i  | |'(_) //ゝ、i  、         ! ,ゝ'´:::::::::::ー':::::::::::::::::::::::::::::::
                      ヽ        |   .|,  ゝ.!.__,/, '      、`、        i''::::::::::::::::::,,:::::::::::::::::''::::::::::::::::::
                       !、  卞、―、/ ,ゝ ´    ,            `ヽ     _ ゝ―――'i::::::::::::::::::::::::::::::'':::::
                       ゝ\_|\\,'^v^ヽ.  ,ゝ' ,ゝ'´ ̄l_ .  / ヽ. ,ゝ'´/ ̄ ̄ ̄/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

991 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/13(土) 02:17:06 ID:sZ3qwm1Q

                                                 . __
                                                ./::::::. \
                                                /::::::ヽ;;:   \
                                              . (:::::(::::冫    |
                             と、こういうことだろ。     . (:人;;;) .    |
                                              r‐-;::::::. .     |
                                              (三)):::::.. .   |
                                              >::::ノ:::::::::.    /
                                             /::: / ヽ;:::::::::   /
                                             /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
                                            (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
                                               . |\::::::::::::;;:1
                                               . |:::::\;;/:::|

     _____  |\
     \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_|.:.:.|
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ-、
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
   ∠.:.:.:.:.:.:.:.:/|::/ |.:.:.:.:入.:.:.:.:┬´
   /.:.:.:.:.:.:.:/―レ- |::,ノ--┤::::.:ヽ
   |.:.:.:.:.:.:/  ●  ソ  ● レ\|   さりげなくEXTRAのアーチャーをオミットするんじゃねぇ。
   レ´|::( ⊂⊃ 、_,、_,⊂⊃|
     レゝ`    (_.ノ   /
     ⌒ン-―-=―ェ┬<
      i.:.:.:.:.:.:.:.:.:._`ヽr´ヽ、
      (.:.:.::ン‐―- .,__||___人

992 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/13(土) 02:17:23 ID:sZ3qwm1Q

                                           ___
                                          ´ 二ゝ、\-‐:::--..,   ,. -‐-、
                                         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`:>/:::::::::::::::ヽ
                                        /://::::::!::∧:::::::::::::::::::{l{:::::::::::::::::::l
                                        i/:::{{::::/ノi/  ∨ヽ:|:!:!::::}ヘ:::::::::::::::::|
                     で、何が言いたいの?      レ'VllV ●   ●从:::イ \::::::::::::|
                                          ヽ从⊃ 、_,、_, ⊂⊃::ノ   |:::::::::|
                                      /⌒ヽ__ |::ヘ  ゝ_)  リ:l::i/⌒i |:::::::::|
                                      \ /::::トヘ|._>. __...,.. ィi/l/  /  |::::::::|
                                       /::::::// ┬ヽ只/ ∠ ヘ、__∧  |:::::::l
                                       `ヽ<..ヽー┤|ヘ /|├:j {ヾ:::彡'  |:::::::|



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    よく考えてみろ。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ    このスレでは今の状態はこうなわけだ。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
   |    |ヽ、二⌒)、          \

993 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/13(土) 02:17:36 ID:sZ3qwm1Q

Case.4 【聖杯綺譚の場合】


                                                 . __
                                                ./::::::. \
                                                /::::::ヽ;;:   \
                                              . (:::::(::::冫    |
                        勝手に契約……だと……?     . (:人;;;) .    |
                                              r‐-;::::::. .     |
                                              (三)):::::.. .   |
                                              >::::ノ:::::::::.    /
                                             /::: / ヽ;:::::::::   /
                                             /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
                                            (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
                                               . |\::::::::::::;;:1
                                               . |:::::\;;/:::|

     _____  |\                              【主人公っぽい人】
     \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_|.:.:.|
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ-、
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
   ∠.:.:.:.:.:.:.:.:/|::/ |.:.:.:.:入.:.:.:.:┬´
   /.:.:.:.:.:.:.:/―レ- |::,ノ--┤::::.:ヽ
   |.:.:.:.:.:.:/  ●  ソ  ● レ\|   よろしくなー。
   レ´|::( ⊂⊃ 、_,、_,⊂⊃|
     レゝ`    (_.ノ   /
     ⌒ン-―-=―ェ┬<
      i.:.:.:.:.:.:.:.:.:._`ヽr´ヽ、
      (.:.:.::ン‐―- .,__||___人

         【相棒】

994 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/13(土) 02:17:50 ID:sZ3qwm1Q

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |     どうだ?
. |  (__人__)  |
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
   |    |ヽ、二⌒)、          \


                                             _, - ̄ ヽ=.、,  ̄'´ ̄` ヽ
                                           ` ーー-ァ‐     `´  ヽ  \
                                              / / ///.ハぃ ! | ヽ 、ヽ
                                             / イ'/ レv/  v\i リ .l  |
                                             | l !{ レ┼l‐l   l┼|| |、| |
                             どうだ?って言われても……    \!ヽ| | ●   ●|.| |ノ.| |
                                                | |ヘ⊃、_,、_, ⊂⊃| | |
                                                | |/⌒l,、 __, イァ| | |
                                                |./  / ∧∧彡" | | |
                                                ||  l::::〈∧〉::::Ⅵ| | |

995 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/13(土) 02:18:08 ID:sZ3qwm1Q

       __
      / ./}\
    / ,r'"/  .\
   ハ / / ヽ、 /"i
  .ソ ノ / / (●/ ..,ィ´    本来あるべき姿は>>993じゃないだろ。
  |  レ'   '- '~  /..|_
  l        t".,.-┘.)
.  ',        、-ーr'、
   .\       ゛''´.ノ
    )      /`´
    /     /ヽ
  . /    /  │



     _____  |\
     \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_|.:.:.|
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ-、
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
   ∠.:.:.:.:.:.:.:.:/|::/ |.:.:.:.:入.:.:.:.:┬´
   /.:.:.:.:.:.:.:/―レ- |::,ノ--┤::::.:ヽ
   |.:.:.:.:.:.:/  ●  ソ  ● レ\|   なるほど……
   レ´|::( ⊂⊃ 、_,、_,⊂⊃|
     レゝ`    (_.ノ   /     やらない夫、お前の言いたいことは全て分かったぞ。
     ⌒ン-―-=―ェ┬<
      i.:.:.:.:.:.:.:.:.:._`ヽr´ヽ、
      (.:.:.::ン‐―- .,__||___人

996 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/13(土) 02:18:19 ID:sZ3qwm1Q

         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)    分かってくれたか。
        |     (__人__)
        |     ` ⌒´ノ     さすがだろ、ライダー。
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/

                                                ___
                                               ´ 二ゝ、\-‐:::--..,   ,. -‐-、
                                               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`:>/:::::::::::::::ヽ
                                              /://::::::!::∧:::::::::::::::::::{l{:::::::::::::::::::l
                                              i/:::{{::::/ノi/  ∨ヽ:|:!:!::::}ヘ:::::::::::::::::|
                  つまり……どういうことだってばよ?      レ'VllV ─   ─从:::イ \::::::::::::|
                                               ヽ从⊃ 、_,、_, ⊂⊃::ノ   |:::::::::|
                                            /⌒ヽ__ |::ヘ  ゝ_) u リl::i/⌒i |:::::::::|
                                            \ /::::トヘ|._>. __...,.. ィi/l/  /  |::::::::|
                                             /::::::// ┬ヽ只/ ∠ ヘ、__∧  |:::::::l
                                             `ヽ<..ヽー┤|ヘ /|├:j {ヾ:::彡'  |:::::::|

997 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/13(土) 02:18:35 ID:sZ3qwm1Q

           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●    女には分からねぇか……
.         |      (__人__)
          |,      ` ⌒´ノ    つまり主人公ペアが野郎同士なのはおかしいってことだろ。
         │         }
          ヽ、      ソ     つまり、俺が契約するべきはライダーじゃなくてセイb───
         イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
     }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
      〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



     _____  |\
     \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_|.:.:.|
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ-、
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
   ∠.:.:.:.:.:.:.:.:/|::/ |.:.:.:.:入.:.:.:.:┬´
   /.:.:.:.:.:.:.:/―レ- |::,ノ--┤::::.:ヽ
   |.:.:.:.:.:.:/  ●  ソ  ● レ\|    つまり、やらない夫はこうあるべきだと言いたいんだよ。
   レ´|::( ⊂⊃ 、_,、_,⊂⊃|
     レゝ`    (_.ノ   /
     ⌒ン-―-=―ェ┬<
      i.:.:.:.:.:.:.:.:.:._`ヽr´ヽ、
      (.:.:.::ン‐―- .,__||___人

998 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/13(土) 02:18:52 ID:sZ3qwm1Q

 Case.5 【真・聖杯綺譚の場合】

.        / /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : : :/ : : ,:.| : : i| : : i: : . 丶
.      ′ : : : : : : : : : :/: : : : :/ : : :/ : : /: | : : iト、:.| : /: ,.i
      i :j : : : / : : : : : ii : : : :/ : : :/ : : /: : !: :i :ハ: l: /: / |
      |/ : : :/ : : : : /: |、____ : : : /: : ,.l,斗'‐ レ'l/: / iリ
      | : : : : : : : : /: : |j` ̄ ̄ ̄ : : / : ´/|: /´ 从: / 〃
      | : :/ : : : : /: : 八: : i : :/: : : :/ : :/ レ′  `く_        問題ないわ。
      |i : : : : : : : : .:/ ,≠ハ ' : : i / レ'  __,,ノ′  i
      |i : : : : : /: : /〃r‐-iハ : : 八 ′            {        守ってくれるんでしょ?
      |i : : : : /: : /: ∧ヽ  <、:ハ:|               /
      |i: :i : : : : : : :/: :ヽ、ー`ヽj ヽ        - ‐ /          私の"騎士"が。
      ||: i :/: : :/: /: : :/: :ー┬ヘ             /
      |i :|/: : : : :/: : :/ : : /: j!     、      ノ
      |i :|、 : /: /: : :/: : ノ:,イ‐- 、    ,厂i ̄ ̄
.       八:|j≠´ ̄ ̄ヽ ̄ミ彡′    ー-i{ヽ八
       /′      `ヽ:.: :.ヽ、       | .iト、ヽ
.        ′           ∧:. :. \     |.八∧
                                      _-‐'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、
             【ヒロイン】              ‐=ニニニ,ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                    /:::://::i:::i :: :::::::l ̄l::::::::::::::::::::::ヾ、
                                   ノノ:::://::::lil.l::/i:l:川  |川l:::::::i::::::::::ヽ、
                                 __///:::i:l::L_/i!i:|/l_,-‐;ニ二,ノl:|:l::lレ‐、:::iヾ
                                   〃ノノ:l,ィr‐;、 i!'´/ {‐゙::::}``リl:|'´^i i:ト、
            ────まったく。             ノルl!l {;ソ:l.   `''゙ー‐''´  lノr/ノリ
                                      川  〈          r、/l|
            困ったマスターに呼び出されたもんだ。    {   、_____,,    /  レ'リ
                                        ヽ、        /  __ス _
                                         `ヽ 、   _ ´ _ -'´   ヽ_
                                            ` ´〉‐'´   , -‐ ´  `ヽ
                                             /   __, - '         `ヽ
                                            __レ '´                ヽ、
                                         _ -‐'´                    i
                                      r‐'´                         l

                                               【主人公】

999 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/13(土) 02:19:06 ID:sZ3qwm1Q



                   ヽ | | | | | | | | | | | | |/
                   三             三
                   三  なるほど!  三               ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人从人ノ
                   三             三              <                        >
                   /| | | | | | | | | | | | |ヽ            <   だからそれは違うっつーの!      >
                                            <   お前らも納得すんなぁ!!       >
       ___                                    <                        >
       ´ 二ゝ、\-‐:::--..,   ,. -‐-、          _, - ̄ ヽ=.、,  ̄'´ ̄` ヽY⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WYY⌒WY
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`:>/:::::::::::::::ヽ        ` ーー-ァ‐ /    .     ヽ
     /://::::::!::∧:::::::::::::::::::{l{:::::::::::::::::::l           / / | // |∧ / リ/リ.  ヽ
     i/:::{{::::/ノi/  ∨ヽ:|:!:!::::}ヘ:::::::::::::::::|         / l !{ レ┼l‐l   l┼| |、|  |
     レ'VllV ●   ●从:::イ \::::::::::::|         \!ヽ| | ●   ● | |ノ.|  |
      ヽ从⊃ 、_,、_, ⊂⊃::ノ   |:::::::::|            ヽ| l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ | │
   /⌒ヽ__ |::ヘ  ゝ_)  リ:l::i/⌒i |:::::::::|         /⌒ヽ__| ヘ  ゝ._)  | |/⌒i |
   \ /::::トヘ|._>. __...,.. ィi/l/  /  |::::::::|         \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    /::::::// ┬ヽ只/ ∠ ヘ、__∧  |:::::::l   .        /:::::/| |::ヾ∧∧"::{ヘ、__∧ |
    `ヽ<..ヽー┤|ヘ /|├:j {ヾ:::彡'  |:::::::|          `ヽ<::| |::::::〈∧〉-:/ヾ::彡' |

1000 : ◆ZgBVPMkxkQ:2010/11/13(土) 02:20:09 ID:sZ3qwm1Q
埋め終了。

俺が……俺が>>1000だっ!






東方プロジェクト フィぎゅっと! 十六夜咲夜 アクションフィギュア  グリフォンエンタープライズ東方プロジェクト フィぎゅっと! 十六夜咲夜 アクションフィギュア グリフォンエンタープライズ
()
グリフォンエンタープライズ

商品詳細を見る




NEXTまとめPREV
聖杯綺譚 彼らは運命の物語を綴るようです 第6話 「初陣」【コチラ】聖杯綺譚 彼らは運命の物語を綴るようです 第5話 「少女の決意」
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

申し訳ありませんが、体調の悪化により長時間PCの前に居られなくなりました。。
その為、当分の間は手抜きでのまとめとさせていただきます。
楽しみにしてくださっていた方、そしてまとめを許可してくださった作者様にご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。<(_ _)>


とても大きな台風でしたが皆様ご無事でしたでしょうか?
もし何か被害にあわれていたらお見舞い申し上げます。
ぽんに何ができる、というわけでもありませんが、せめて気分転換の一助になれればと思います。


一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

19/05/26
やる夫は誰かを救う悪になるようです 追加

19/05/18
エージェントやる夫の日常茶飯事 追加

19/04/14
やらない夫は「The World」にログインするようです 完結

19/02/10
真・女神転生 ~やる夫の嫁は加賀のようです~ 追加

19/01/21
できる夫とマリーがたどる仮面ライダーファイズ 追加

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



月別アーカイブ
FC2カウンター