彼女は『8番目』として戦うようです 8日目 記憶の城の探索パート その2 やるぽん!

エグゼイド第33回 檀パパ、世界一の会社が目標とか、意外と現実的な夢なのね。。 リプログラミングでゲンムを動けるように……と予想したのですが、外れました。 それにしても、飛彩さんは明日職場に来れるのか!?

彼女は『8番目』として戦うようです 8日目 記憶の城の探索パート その2

3777エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 17:40:09 ID:6UesNvsc0






              /ヘ{         ∧
           ____、/ ,'∧         / } ',
         ∨////,ゞ\{ Yー、_    ,' ,! ,}ィ ____
        ∨/∠.. _  {  ヾ_/マ>-,′ j/ソY/////ム`ー-- ._
            ∨//ノィ 斗=―'━‐<  丿 ニマ_/////////////
           ∨/厶": : : : : : : : : : : : `ヽ.、ヽく/////////////
          /〃; : : : : : : : : : : : : : : : : :゙;ー:`V'///////////
         //ノイ: : : :i: : : : : : : :j: : : : : : :゙;. : :∨////////
       ////',': : ;ィ‐l‐i-、: : : ;ィ:=i‐i-:、: : :゙;.: : }\'////
      く/////,': ; : : ∧ハ: :/ ィ=j:/i: : :i: : }: : ハ/, `<       はーい、ご主人様がたこんばんわ♥
       \/,':ノ!: :ィ"⌒゙∨  '"⌒゙入:V: :.ノ:///\//‘,
        <>/'//:ノ:ゝ   、    _フ: :ヾ、〃/////,\/‘,     18時頃から投下開始したいと思います。
        \//´j: : 入  マニニv 7: : :リT:く///////'∧/',
           /\/イ: :{/:.:>. ‐' ィ7:ハ: :} ,!: :}//////// }/‘,
        {: : :∧l: :.lム:{__ノ==‐‐./:/ ノイ j: : }/////}フ/`
        {: :./ ,ゝ、:{ ̄\ゝ'//イ ><ノレ⌒Y´: :ノ'´ ̄ ̄ ゛ヽ
        ヽ:{ / j ヾ、_  ,二´' ̄´   ゚. |: : ハ:/  ゙     ゛.
       /マ辷〈 /     ′        ,ィ=圦:.{ /}'     ゙
        {:i:i:\〃`ヘ У  __ λ / /:i:i丁{ ,   ゙
      ┌┴:i:i:i:i{‐、 \Vィ´ ̄_L_} / /:i:i:i:i:iノ jノ ̄`ヽ    ゙
     ヽ:i:i:i:i:i八:i:i\,イ二二__}. /:i:i:i:i:i:i:i:i:\  /″
      /:i:i:i:i:i:i:i:ト= く,ゝ――-- /j/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: //   ″
    ∠:i:i:i:i:i:i:i:i:i}三Y三三三三≦、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヘ  "
    〕:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ij三三三三三三 厶:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ム
    「:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iノ=-(O)--――∧"ト:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ム
   |:i:i:i:i:i:/ム/ミニ=‐‐=ニ三三/ ヽ}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iム "
   /:i:i:i/:i:/V:i\三三三三三ハ  |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iム
.  〈:i:i:i:i:i:i;イ\):i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨. |:i:i:i:i:i:i:i∧:i:i:i:i:i:i:ム
  /:i:i:i:i:i/〈ヽ,ソ:i:i:iィvヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:} |:i:i:i:i:i:i:i:ヾム:i:i:i:i:i:ム
 ,′:i:i:i,';i;ムノ:i\/:iノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/! |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iト;:i:i:i:i:i:ム
. {:i:i:i:i:i,';i;i;ハ:i:i:i:i:i:i:iー―――/{_}:i:! |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i| }:i:i:i:i:i:i:ム
 、:i:i:i:l;i;i/‐|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ / }!:i:! |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i| }:i:i:i:i:i:i:iム
  ヽ:i:{;i,'  |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/‐从j:i:i:! |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i| \:i:i:i:i:i:i:ム
   }:iV{  .|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/   Ⅵj. |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヾ. 〃ィ=‐‐く



.

3778 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 17:40:39 ID:KBGhh./I0

ヒャッハー

3779 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 17:40:44 ID:uLzJUcqs0

ヒャッハー!

3783 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 17:41:30 ID:21L5g6tw0

ハッヒャー!

3784 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 17:41:30 ID:QsJScDo20

ひゃっはー!

3785 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 17:41:44 ID:KeMEp2260

ヒャッハー!

3786 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 17:41:46 ID:JACcNgt.0

ヒャッハー!
投下だー

3787 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 17:43:45 ID:oXHh4Zrc0

説明回だから長くなりそうだぜー!

3789 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 17:46:00 ID:.wJbiIvg0

…水銀と問答か…うおっとしいなあ…

3790 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 17:52:58 ID:MhDUtjR60

元ネタと同一視しすぎてなげやり手抜きな会話したら悪手な感じ

3793エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 18:03:45 ID:6UesNvsc0






                             ,
                ハ、       /'i
                   |: :ヾ.       ,':/: :!  __,
             ト、_i: ;、: ;ヽ   ,':/メィ;!,ィ'  /
              ヽ  厶 ゙' メ:.゙、ー‐,':,ゞ` 'ゝ ,/
                  7 ゞ, ,ィ"´¨⌒´¨`ヾ、メ.  〉_
             ,.―‐ヽ、''/.: :: :: ::  :: :: :: :.ヽ/  `ヽ,
            Y   ノ.:: .:: .: ;:   :: i:. :: :. ∨  i´
          /ヽ、.∠,.: : ::, .:ノ!i:  .::i,.゙、:、:.、.i  ノ:.`ヽ.       はーい、では間もなく投下を開始します♥
         /.: :: ::/ヽ.ヘi.:ィ≠=メ|:.ノ!ム=リメ:.ノリ´ヽ::::. ::.\
        ,:′.: .: ./  >'. 弋:リ '´ ' 乂リ!':.゙ゝ   ヽ::. ::.. ヽ.
         /.: .:: ::/   `ー'!:ハ ¨ _ ' _ ¨ノ::i'´    ヘ:i:. :.、:.ヽ
      /,ィ: ::: /     ノ.::::>_ヽ_ '.ィ ´|:ハ     リヘ ::iヽ:i
       /ハ: ;i:,′     i .:::ノメ \/ゝリ:: }    '′ ソ.ノ .リ
     '´_メ ̄`ヽ、   , ´ヽ:〈_,`ヽ(Oゝー'_ノ-、     '´  '´
  ,ィ==/彡'三ミヽ、\.ト'、 _,_'_,ィ=ェ、 Y ,ィ=、_ヽ. 丶.   、.、ー-、
 イ'三彡'三三三三ミヽ.\゙シ'二二、゛У彡==゙キ、.メ=!  ヽ:゙: : :ヽ.
 |三彡'三三三三三三ミヽ∨.:.:.:.:.:.:ヽ' ,ィ彡三ミメ'"¨´ ̄i_  i: : : : : ゙、
 レ彡'三三三三三三三ミヽ!ー‐‐'´三ゞ‐--、ノ.:´ ̄ ̄:.:.:〉 l: : : : : : :ヽ.
 ∨三三三三三三三三ミ∧三三,ゝく三三/.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.ノ: : : : : : : : :゙.
.  ∨三三三三三三三三'/.:|ー―ゝ‐'ー―‐!:.:.:.:.:.:.:.:.:.ム'、: : : : : : : : : : : i
  ∧三三三三三三三/;.:.i三三三三三三、:.:.:.:.:.:.:.:.}ミ=\: : : : : : : : : !
  /.:.:ーヽ三三三三 /:.!:.:.:.〉:.:/__`゙v'´`v:.:.:.:.!、:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽヾ;=;、: : : : :ノ
 ,'.:.:.:.:.:.:.:.¨7i´.:.ヽ-.':.:.:./.:.:./.:.:.:´.:イ .i i ´.:.:.:.:.;彡、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`´/`゙ー'-、
 !:.:.:.:.:.:.:.:.:/ i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;_r'イil!:.:.:.:.:.:| .∧ !:.:.:.:.:._」il!_;ゝ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノミヽ、:.:.:.:.:.>
 |:.:.:.:.:.:.:./ i:.:.:.:.:.:.:.:.:./.ゝ,ー=┐:.:.:L!:.:.L!:.:.:.:i彡i'´ V):.:.:.:.:.:.:.:./三三ミミヽ'
 l:.:.:.:.:/  i:.:.:.:.:.:.:./ メイ `!ー‐―.:.:.ー‐‐'.:./  i:.゙):.:.:.:./三三三三ミノ 〉
 ヘ:.:./   .i:.:.:.:.:/  (.::!  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   !:.)_;ィ彡三三三三//
  V    i:.:./   メ.::!   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,′   !::ヽ三三三三彡' /
       レ'    /.:":i!   !:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.i    i::::.i!三彡',ニニ-'´



.

3794 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:04:10 ID:cpHbsxmk0

ヒャッハー!水銀ニートは消毒だー!!

3795 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:05:00 ID:UPkZSFjE0

ヒャッハー変態ニートストーカーだー

3796エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 18:06:37 ID:6UesNvsc0









                       .  __
                         \_ | |Yl.
                       .   _l | |ハ|
                       .   └‐┘
                         __「L._トト、
                        └┐r‐レレ
                         〈〉|_|〈〉
                           ロ   ,
                           ロ 





三三三三| |!:::::::::::::::: : : : : :: 。.     :::: : : : : : : :::::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::::::::::::::: :: : : :   ・     : :: : o: : : :: :: :: ::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::::: ::::: : :: : : :     o  : : : : : : :: :: :: ::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::::::::::::゚:: : : : : :  ゚       : : : : :O。: : : : :::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::。:: : : ::::::: : 0゚ o   ,ィ´,ィrァ__: : : : : ::::::i| |三三三三
三三三三| |!::::: : : :: : :   ゚  _(:(Y/:::::::::rイ:::::`ミヽ::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::: : : o: : ::    ,ィ´:::::::`ヽ.::::彡::::イ´ ヽ): : :i| |三三三三
三三三三| |!::::: :: : :: ::   /:::::::::::::::::::::::ヽー≦:::ミヽ; : : ::::i| |三三三三
三三三三| |!:::: :: -‐、::  {:::::::::::r、:::::::::::::::}ミー::::::::::ヾ; : :::i| |三三三三
三三三三| |!:::: :: r‐- ゝ、 ゝ!ヽ、ゝ \::;イ::ハ::::::::`ー、::ノ: : ::i| |三三三三
三三三三| |!:::: :     `7::ハ7 ー' j:::ゝ:::::__:::::::::Y::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::: : :r==ァ-イ人 〉、_ イ:;ハ__ノ ヾ}::ハ::::j: ::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::: : : 0 ((_ノ/-‐<_ ノ:j  /  ヽ ' !ノ: : ::::::i| |三三三三
三三三三| |!::: : r 、  Y´ ヽ'、  イ `ヽ/   _ ',: : ::::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::: : Yソ  }ュ_,、_ `'ー-_/  , イ   !: O::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::: : : o    ヽ,、`ー'´ ミ、/l 、  ,': :゚0::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::: : :      l `Tr--イ  !_  !:。: :゚:::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:: :     o。 l  j !  ,'    ',` j: : : : : :::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::: :       i  ,' !  l       /:: : : : :::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::: :  0    j  ト、j  l       /:: : : : : :::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::::: : :     ,'  j /  !ヽ _ ,ノ: o: ::゚: : ::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::::: : ::   /  r ,'  j  r=、   : : :::::::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::::::: : : : イ  ノ / イ  ( 人 : : : :::::::::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::::::: ::: : : ヽ'  イ  j   `Yノ  : : : ::::::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::::::::: : : : :   `ー'    。゚   : : :o: ::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::::::::::::::: :0              : :: : :: ::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::::::::::o : : _,, --==ニニニ===--- 、_:::::i| |三三三三
三三三三| |!::::::_;;ィ´彡''´ ̄ ̄        ̄ ̄` ヾミ三ミi| |三三三三
三三三三| |!≦彡                        ヾミi| |三三三三
三三三三| |!                             i| |三三三三




.

3797エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 18:07:27 ID:6UesNvsc0









.        ,}人  . i'∧ヽ.\l八 ヽ、  |           〉|.ノi{ _j ノ
.           ヽi |//i\\__、ヽ、`ト|             / 从弋 て´
              l |//| ,i'>、_{,\ \}  し       __,  ′` ミ_,
.           ,ノ ∨∧_}//,厶            <´ ノ /
.          / /} \{///{,//〉、   `  .._     ,.′
.        / ./. i'" ̄ ̄ ̄ ̄` ー-<二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二ニヽ       …………私、が………サーヴァント………?
.       ,{  i{..゙├-___          ̄'ーニ三三三三三!
.       ノ' 、弋../三三三三三≧‐-_        ̄ーニ三三゙、
.         `¨゙/三三三三三三三三三≧=-__       ̄ーヽ、
.         /_  ̄ーニ三三三三三三三三三三≧=ー--___ ヽ
.  .     /===`ー _    ̄ー=三三三三三三三三三三三三三ミ、
.       /'",..-――- ̄- _      ̄ー=三三三三三三三三三ニヽ
.  .     {/          ̄ ‐-._                __..、ヽ




.

3799 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:09:07 ID:.jyZxuzA0

サーヴァントだけど愛があれば関係ないよね

3801 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:09:34 ID:uwSLcQJI0

絶望したら安藤君との砂糖を思い出せば耐えられる!ヒャッハー

3802 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:09:44 ID:KeMEp2260

これはたしかに事前に説明がしにくい話だな

3803エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 18:09:56 ID:6UesNvsc0







                     -―   ――-  _
                 ,  ´/////////////////`, 、
              ///////////////////\////\
              ,.'///////////////\//////ヽ'///∧       その通り――――しかし当然の事ながら、
            ////////////////////ヽ'////∧/// ∧
.             //////////////////////∧/////,!/////!       「英霊の座」から招かれた正規のサーヴァントとは
           ////////////////////////∧'////,!/////!
            '////////////////////,V/////////,!/////!       事情も何も異なる。
.            i//////l//lV//////,∧、'//!V//////!//!////∧
          l//////l//l/V/////∧'! \'l ヽ/////l//l/////∧                       ・ .・ .・ .・ .・ .・
           l'////l'/l//N ヽ_////∧ヽ'"!t_ッ∨///,!'/,!'/////l∧      より正確に言うなら、君は“大聖杯の端末”。
          li////l ∧/,!'" t_ッ l'l∨∧ヽリ   l////!//!'/////l ∧
.            l,l'///l'/∧/ト.ヽ   リ ヾ/i     ,!//////!'//!///l'/∧      ――――故、君は苦もなく使役できるのだよ。
.            l/l///!//∧,l ヾ、   〈| ヾ}     !'/////l'///!゙/////∧
.           l'∧'/,!///∧',        リ   ///////!'///l//∧゙//∧    1騎でも人が御すには余りある、英霊という存在を。
.         i   l//l'/l///_,.ヘム    ー=ニ=‐'   /' !////!///∧//∧'///ヽ
        ノ}./!'/」'/!" ̄  ヽ〉`\  ー     ,.イ////!/l///∧//∧////\
        ,.仁ニ,/  l'/!     \.\\    / .l'//////,!V//∧////////,\
     ,.ィニニ二ヽ   ゙∧ ,....._,.-、 ヽ. >'>- ´ / .l/l///!'//lニニ∧_/二////////\
.   /ニニニニ,!  ィーヾ'、-- ィ ーゝ / ̄´   / .!/!///l'/,∧二二二ニニ二二ニ-、'/\_
   /ニ二二二/- '二/V_ヾヾ/,| ̄!7l´ 、     '   !/!'///l'//∧ニニニニニニニニニニニニ
 /ニ二二二/ニニニ/V.二.l'//,! .l'/!  ヽ     /.!/!///l !'//∧ニニ二二二二二二二二二
'ニニ二二二/.ニニニ/Vニニ!'//|  l'/!  ヽ     .l/!///! .!///∧ニニニニニニニニニニ二
ニニニニニ/.ニニニ/Vニニニ!'//,!  !/! ー 、    ,. !'!// !  !/∧//ヽニニニニニニニニニニィ
二二二/ニ二二//ニニニl///|  l/!     /  '!'//l ヾl/ ∧ヘ/\、_ニニニ二二二,ィア
ニニニ二二二二//ニニ二!!'//lゝ リ'          .l'//l /_∨/∧ニ≧ー-7ZZZZZZ77ア'ニニ
ニニニニニ二二〃ニニニ二ll //|ニ〃           l'//レ'.二.∨/,∧ニニニニニニ二二二二
ニニニニニ二〃ニニニニl'!'//!_/'_ゝ__       ,ィ|'//l.ニニニV/!/∧二二二二二二二二二
ニニニニニ,ィ/.ニニニニニl'!'//!_l'.ニニニ二ヽ   /ニ|゙//l.ニニニ',∧、'/\二二二二二二二二
.ニニニ二,ィ/ニニニニ二二l'l// !_!.ニニニニ二ヽ/.ニニl'//,!ニニ二',∧ヽ'//\_ニニニニ二二二
ニ二二,ィ/ニニニニ二二l'l'//l,lニニニニニニニニニl///!.ニニ二',∧ニ\///777/////////
.ニニ二/ニニニ二二二二,'/!//!'!ニニニニニニニニ二l///lニ二二二',∧.二.`ー-∠////////
.ニニ/ニニニニニ二二,/!l///{ニニニニニニニニニl///!ニニニニV∧ニニニニニニニニニ




.

3804 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:10:27 ID:uLzJUcqs0

歴代主人公サーヴァントで残らなかったの2騎よねぇ……確率は高い色々と。

3805 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:11:14 ID:QsJScDo20

生きて帰る未来が予想できないな…

3807 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:11:40 ID:eHbD.O7k0

それはそれとして茨木ルイズさんスタンバっておいて下さいっ!

3808 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:13:04 ID:r4mFNVxE0

端末なら多少体の整形出来るだろうに何故貧乳?

3809エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 18:13:19 ID:6UesNvsc0










         /   /  /
        ./ .//   /             .仆
        / / ,′  }         \  /|
       ー ´  |  /|      .ハ ルi Χ |  
           .,!  / |.       l V  V  \|
          ノ.! ハ l       | xぁ壬ミヽ  X        }
       -=´__ !´ ハ.      ド;Vイ ̄`ヾヽ. ` 、 ,    .ハ
        /./三三;|. `     .| V パCxz::ヾ\ y'!    ./{ .X´
       / /三三=;|        |  か::ゞツ::::::バ  i!,从 /   ̄ヽ、
      {  ./三三三;|.     1、 !  ゞ.__>'    ´  .)     ,,x示     ッ――――けど、私は…………!
      r| /三三三=∧     |.!ヽ|  ー-‐              ,か
     /=|/三三三三三ヘ    |.l.                    L_x
   /三}三三三三三=| ハ    |::'.  u.                 た_
  /三三|三三三三三=.\}从  |:::丶           ,       .ゞ≠
/三三三\三三三三三三\:.).从::::::::\








       /: !: : : : :.\:\: : : : ヽ、ヽ: : :\
.       //: !:.!: : : : :ヽ: \:\\ヽ、: :.\: : :ヽ
      / !i: :i: i: : i、: : :丶: !ヽ: \\:ヽ: : ヽ: : :ヽ
    /: :i:l: :`:l:.、:l,ィト: l: ヽ!: l: !、:.ヽ: 丶: 、: :ヾ: : ト、
.    i : : /! i、: !: i:弋ソ!ハ: :.!: i: l:、ヽ:.\: \: : : : :丶ヽ         「未来から来た」――――と?
   〈|: : :!:ハヽゝ、!ト:.ヽ ' ト:/: :!:i!: !ヽ: : :ヽ: :.ヽ: : : : ヽi!
.    i:,!: :!: :ヽソ ヽ ヾ丶 !ヽ: :l:.i!: :.ソヽ: : ヽ: : :\: : :.`:.、        .それは間違いではないが正確でもない。
   i! !: :!: : :ヽ ー    , ヽ!: :.、!: !、ヽ i:ヽ: :丶: : : ヽ丶 : \_
    i !: :!、: :.:ハ ,ィ ァ'´  ヾ: :ヾ:l: i!:丶: :.、: ト、: : : : 、!ヽ: :ヽヽ              .・ .・ .・ ・ .・ ・ .・ ・ .・ .・ .・ .・
   `゙ヽ:.\: : : ヽ      ヽ : !: !i: : i、: !: !: : : : : : :`: ヽ rヽ|     確かに君は「未来から送り込まれた存在」だ。
      i!、:.: ヽ: : :ハ    , ィ´ハ:ヽ!:、: :! !:!: i: : : : : : : : : : !i、/
.     丶!: : : ヽ: : ヽ -‐ ヽ  i!: :!:i: :.! ソ:i: !: : :,.:.:.、:!、: : i: : !      しかし疑問に思わなかったのかね?
.      !: :lヽ: ヾ: \: : : : :ヽ  '; ヽ!: :!/:/:/ヽ::::::::、ノ!: :. :ヽ: i
.      /: :.!: :ヾ、ヽ: : ヽ//:.i  i !: :!: i /:/'"´::::::::::::::::::::::::::::::       時間軸を超えて移動する力、そして複数のサーヴァントを
      i,!: :!、: : !、\_: :イ/、:.l  `!: :i: :!!:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ヽ: :.: : :.!、,:.:.:.:.: :_!// /:::!: :.ヽlヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       .現界し維持することのできる魔力。
       ヽ: : :、:. ∨:::::::::::::/ !:::::i、: : i:.ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        !:,l: :,-‐':::::::::::::::'"´::::::::::ヽ: : : : :.、:::::::::::::::::::::::::::::::::
        //l/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: : : !: :ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::
    ,イ二´:::::::::::/:::::::::/:::::::::::::::/!: : : !: :!:!::::::::::::::::::::::::::::::::
.   / ∧::::::/::/:::::::::/:::::::::::::::/::::/:、: : !:!:l:i:::::::::::::::::::::::::::::::::




.

3813 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:14:36 ID:0OOCM8Cc0

てっきり、獣殿の影響で人類みなタイプアースな未来世界の人類? だからかと

3814エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 18:14:49 ID:6UesNvsc0







                    ,........................ _
                   /,ィ": :/: : :\: :、: ヽ
             //: /: :/: :/:ヽ: :ヽ:\: :\
.              //: : :/: :/: : l : : 丶: :ヽ:ヽ: : 丶         .・ .・ ・ ・ .・ ・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ ・
             /: /: : :/: : l: : : l: :i: : :ヽ: : :、: :、 : :ヽ       聖杯が無ければそんな事は不可能だ。
              /: /: : :/!:i : l: :l: :!: :!: : : :.、: : :i: : : : : :.、
.            /: /: : : i.:l l : !: :!:.:i: :l:、: :i: : !: : : : !: : : : !       ――――さて、それでは君の“聖杯”は何処に?
            i ;イ: :/: :i!:l:i: :.l: :i : !: :!:i!: l: : i: :: : :.!: : : : !
.          l: :i: :.!: : l、l:l: : !: l: :.!: :!ハ:.i!: :.!: : : : !: l: : :i
         l!: l: :.: : :.!ヾ!ヾ:ヽi!: :!: ! _iハ: : !: :l: : i: :!、 :ヽ       答えは至極単純だ。
          i!:.:l: :丶: |弋ゝ!、: !'!:l: i!弋ン!: l: !:!: :.!: i::ヽ:.:丶
           i!: :!: : : : :!   ヾ! !.:/  ' !: i: !:l: :.i:.:i: !: : : ! ヽ
            i: : !: : : : ;!    ! !/     !ハ: !:i: : !: !: !: : : ! |
         ハ: :i: : : : :!、   ヽ      !ソ: l.:!i: :!: !: l、: : :ヽ'
.         i: :i: !: : : :i:! \ ー- -‐'  //: :i/:!: l:,イ: !:ヾ: : :.、
.         /: ::!:.!: : : :!ヾ::::!\ `   / /i: : !: !: l:!:lソ、: :ト: : :ヽ
.          !,ィ‐!:、: : : iヽ'"::\` ‐ " /:::!: : !/: :!i ̄`゙ヽ'ヾ: : :!-─ 、
         /:::::::::!: :!: :.:l::::::::::::::::`─‐'"::::::::!: :.!:!: :i i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
.     ,ィ"::::::::::::::::l: :.!: : i::\:::::::::::::::::::/:::::::!: :i:,!: i!:.!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::i: :.!: : !:::::::\:::::::::::::::::::::::::i: ::i!:!:ハ:.i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i




.

3816 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:14:53 ID:M4D8g0R.0

>>3808
さっちんルートが無理なように聖杯の力でも無理なものはある

3817 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:15:32 ID:gjqUu8LY0

私が――――聖杯になることだ

3819 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:15:51 ID:cnB/rSD60

聖杯のバーゲンセールやでぇ……。

3822 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:16:54 ID:Al3xDrH60

>>3819
獣殿、できない子、セイバーの宝具
本当に多いなw

3823エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 18:17:33 ID:6UesNvsc0









         γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
         |     目の前にある、この聖杯戦争における“大聖杯”。    |
         乂________________________..ノ






                 γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                 |      .・ ・ .・  ・ ・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ ・ ・ .・ ・ .・ .・ .・ .・ ・ .・ ・ ・ ・ ・      |
                 |     彼女は、彼女の父親が命を賭して得た勝利により解放される。    |
                 乂_____________________________..ノ








.

3824 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:18:08 ID:cnB/rSD60

えっ?

3825 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:18:09 ID:5.iAYa360

もうその父親倒しちゃったけどねw

3826 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:18:16 ID:tPrjy6k60

これで繋がったな‥‥‥

3827 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:18:18 ID:t9yfVOUE0

聖杯戦争 ×聖杯を巡っての戦争
       ○聖杯同士の戦争

3828 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:18:22 ID:l31bbg7o0

つ、つまりどういうことだってばよ!

3829 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:18:33 ID:KeMEp2260

やる夫はできない子を助けることはできたのか

3830 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:18:35 ID:cnB/rSD60

それじゃもう解放されないってこと?

3832 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:18:51 ID:UPkZSFjE0

やる夫が必死になるわけだ

3834 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:19:19 ID:gjqUu8LY0

自分の娘浚われて聖杯に改造とか

暗黒面に落ちるはそりゃ


3835エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 18:19:35 ID:6UesNvsc0








         γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
         |     しかしその勝利の代価は余りに多くの犠牲を払った。    |
         乂_________________________..ノ





               γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
               |      ・  .・ .・ .・ .・ .・ .・ ・ ・ ・ .・ .・ .・ .・ ・ ・  .・ .・ .・ ・ .・ .・ .・ .・ ・ ・ ・ ・ .・       |
               |     故、彼女は再び自らを聖杯へと変えた。変えられぬ過去を変える為に。   |
               乂_________________________________..ノ




三三三三| |!:::::::::::::::: : : : : :: 。.     :::: : : : : : : :::::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::::::::::::::: :: : : :   ・     : :: : o: : : :: :: :: ::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::::: ::::: : :: : : :     o  : : : : : : :: :: :: ::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::::::::::::゚:: : : : : :  ゚       : : : : :O。: : : : :::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::。:: : : ::::::: : 0゚ o   ,ィ´,ィrァ__: : : : : ::::::i| |三三三三
三三三三| |!::::: : : :: : :   ゚  _(:(Y/:::::::::rイ:::::`ミヽ::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::: : : o: : ::    ,ィ´:::::::`ヽ.::::彡::::イ´ ヽ): : :i| |三三三三
三三三三| |!::::: :: : :: ::   /:::::::::::::::::::::::ヽー≦:::ミヽ; : : ::::i| |三三三三
三三三三| |!:::: :: -‐、::  {:::::::::::r、:::::::::::::::}ミー::::::::::ヾ; : :::i| |三三三三
三三三三| |!:::: :: r‐- ゝ、 ゝ!ヽ、ゝ \::;イ::ハ::::::::`ー、::ノ: : ::i| |三三三三
三三三三| |!:::: :     `7::ハ7 ー' j:::ゝ:::::__:::::::::Y::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::: : :r==ァ-イ人 〉、_ イ:;ハ__ノ ヾ}::ハ::::j: ::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::: : : 0 ((_ノ/-‐<_ ノ:j  /  ヽ ' !ノ: : ::::::i| |三三三三
三三三三| |!::: : r 、  Y´ ヽ'、  イ `ヽ/   _ ',: : ::::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::: : Yソ  }ュ_,、_ `'ー-_/  , イ   !: O::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::: : : o    ヽ,、`ー'´ ミ、/l 、  ,': :゚0::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::: : :      l `Tr--イ  !_  !:。: :゚:::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:: :     o。 l  j !  ,'    ',` j: : : : : :::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::: :       i  ,' !  l       /:: : : : :::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::: :  0    j  ト、j  l       /:: : : : : :::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::::: : :     ,'  j /  !ヽ _ ,ノ: o: ::゚: : ::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::::: : ::   /  r ,'  j  r=、   : : :::::::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::::::: : : : イ  ノ / イ  ( 人 : : : :::::::::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::::::: ::: : : ヽ'  イ  j   `Yノ  : : : ::::::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::::::::: : : : :   `ー'    。゚   : : :o: ::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::::::::::::::: :0              : :: : :: ::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::::::::::o : : _,, --==ニニニ===--- 、_:::::i| |三三三三
三三三三| |!::::::_;;ィ´彡''´ ̄ ̄        ̄ ̄` ヾミ三ミi| |三三三三
三三三三| |!≦彡                        ヾミi| |三三三三
三三三三| |!                             i| |三三三三




.

3837 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:20:11 ID:tPrjy6k60

記憶の中の地獄めいた光景はやる夫が勝利した聖杯戦争のクライマックスだったのかもな

3838 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:20:22 ID:KeMEp2260

やる夫が死んだりとかいろいろあるもんな…

3839 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:20:26 ID:l31bbg7o0

> 彼女は再び自らを聖杯へと変えた
流石改造の一族……


3841 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:20:54 ID:0OOCM8Cc0

改造ならちかたないね

3843 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:21:08 ID:l31bbg7o0

やる夫←英霊とやり合えるように改造
できない子←自分を大聖杯に改造
ルルーシュ←自分を小聖杯に改造

なんだこの一族

3845 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:22:02 ID:cnB/rSD60

やる夫頑張って戦う→できない子解放される→犠牲多過ぎこんなのあたしが許さない!→自分自身を聖杯化ってことでいいの?

3847 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:22:22 ID:UPkZSFjE0

体は改造するもの

3849エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 18:23:33 ID:6UesNvsc0







                        __
                  ,.ィ7///////7,.、        この「九頭竜市の聖杯戦争」の後に、
                 /////////////∧
                   /////,ハ'lV.//////∧        「父が死に、世界が滅びへと向かう」という因果を
                l'/lV//kリ''l///////,∧
                 l//!リ!{ l!  リ'///////,∧        断ち切る為に、自らを“聖杯”にして願い、
                 l//l.`  ,.   !'//l./////∧
                 リ/∧`    .!'//,!l/////∧  ,.-z=-、    送り込んだ一振りの刃。
                   ハ//∧_,、 !// ! !/////,.'/ニ/彡ア=、
                     l//!'///∧ !'//,! !V/,ィ//ニ/'ニミヽ  ヾ、
                      l//lV////,〉//l∧∠/.イニ〃三ミミ\      ――――それが君という存在の正体だ。
                      l//l,.∨.// l//レヘ、ニニ=〃彡=ー-ミ\
               ,.ィ=l//!ヾ、'´ ,ィl//l二ニー彡二ニ=ミニ=\ヽ    君は人間ではない。
                   }ニニ!'/lミミ≧=彡!'/,!ニ=二二二二二ニ\ニ={ヾ、
                7二l//!ミニニ彡!'/l二二lニl二ニニニニ',ニニ゙,     ・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ ・ ・ ・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ ・ ・
              /ニニ!'/,!二ー二ニ!'/,!二ニニ!.l二二ニニニ(ニニゝ、   一人の哀れな少女の願いを叶える為の人形に過ぎない。
                 iニニ.;//!二二二ニ|//|二ニニ゙i二ニニニニ{ゞ=)
.                lニニ.'//!二ニニニ|//|ニニニ!二二二二二ヽ
                7ニ,'//!二二ニニl//,!二ニニl二二二ニニニニ',
                ;ニ,'//!二二二二,゙//l二ニニ.!二二ニニ/二ニニ゙、
                /=;//l二二二ニニl'//lニニニ!二ニニニ/ニニニニヽ
               /ニ;//!ニニニニニ!'//!二ニニlニニニニ/ニニニニニ}
                 ;ニ;//!二二二ニニ,'//,!二ニニlニニニ/二二ニニニl
                 lニリ'/{二二二ニニリ/,!{二ニニニ',ニニ/二二ニニニニl
                ,.イニニ.V゙、二二ニニニV{゙、二ニニ,'ニ/二二二ニニニl
            ノニニニ!.ヾ、二二二ニニヾ二ニニニ}二二二二ニニニニl
            lニ=ニニl二二二二二二二二二ニ/二二ニニニニニニl
             ',ィニニl二二二二二二二二二ニ/二二二二ニニニニ{
            /ニニニl二二二二二二二二ニニ/二二二二二二二ニ'、
.          /二'二ニl二二二二二二二ニニニ,'二二二二二二ニニニi
       /ニニ/ニニl二二二二二二二二二ニiニニニ/二二二二ニニヽ
    /ニニニ/二二l二二二二二二ニニニニl二ニィ二二二二二二二ニ\
    .'二二二二ニニl二二二二二二ニニニニlニニi;;;(_二二二二二二二二二
.     !二二二二二ニl二二二二二二二二二ニlニニl;;;;;;;;ヾ二二二二二二二ニト
     l二ニニニニニl二二二二二二二二ニニニ',ニ=ヾ;;;;ヾ二二二二ニニニニヽ
.     ',二二ニニニ{二二二二二二二二二二ニ',ニr-‐';;;;;;;}二二二ニニニニニ
.      ',二二二二ニ〉二二二二二二二二二ニニヽ;;;;;;;;;;;;;;}二二二二二二ニニ



.

3851 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:24:02 ID:gjqUu8LY0

そんなことは一切合財どうでもいい

この「できない子」が勝ったらどうなるんですかね…(震え声)

3853 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:24:15 ID:Z7S1YfW20

本来はできない子ですら無いのか……

3856 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:25:09 ID:.wJbiIvg0

ということは聖杯戦争終わったら、できない子は本体に還ってしまうのか、
しかも元の時間軸に…安藤とはどうなるんだー!?

3858 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:25:33 ID:KeMEp2260

そういうのは願いを叶えてから悩めばいいよね
願いを叶えた後、今のできない子が存在してるかわからないけど

3859 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:25:34 ID:2s6SEyZU0

ふーむ?回想でそんな姿で云々言ってたのはどういう意味なのか

3865エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 18:27:22 ID:6UesNvsc0








.         / | {_ ノ!   |::|{ \!            ̄ イ.///./
             Vーイ{   |::| ト.、 > u.       '   イ/
             i'" ̄ ̄ ̄ ̄` ー-  二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二ニヽ
         ├-___          ̄'ーニ三三三三三!        ッ―――――――…………!
.  .        /三三三三三≧‐-_        ̄ーニ三三゙、
.  .      /三三三三三三三三三≧=-__       ̄ーヽ、
.       /_  ̄ーニ三三三三三三三三三三≧=ー--___ ヽ
.  .   /===`ー _    ̄ー=三三三三三三三三三三三三三ミ、
.     /'",..-――- ̄- _      ̄ー=三三三三三三三三三ニヽ
.  .   {/          ̄ ‐-._                __..、ヽ







       /: !: : : : :.\:\: : : : ヽ、ヽ: : :\
.       //: !:.!: : : : :ヽ: \:\\ヽ、: :.\: : :ヽ
      / !i: :i: i: : i、: : :丶: !ヽ: \\:ヽ: : ヽ: : :ヽ           否定の言葉を探しているのかね?
    /: :i:l: :`:l:.、:l,ィト: l: ヽ!: l: !、:.ヽ: 丶: 、: :ヾ: : ト、
.    i : : /! i、: !: i:弋ソ!ハ: :.!: i: l:、ヽ:.\: \: : : : :丶ヽ         だが全ては事実だ。
   〈|: : :!:ハヽゝ、!ト:.ヽ ' ト:/: :!:i!: !ヽ: : :ヽ: :.ヽ: : : : ヽi!
.    i:,!: :!: :ヽソ ヽ ヾ丶 !ヽ: :l:.i!: :.ソヽ: : ヽ: : :\: : :.`:.、
   i! !: :!: : :ヽ ー    , ヽ!: :.、!: !、ヽ i:ヽ: :丶: : : ヽ丶 : \_      このグラズヘイムは、“大聖杯”を機能させるための外殻。
    i !: :!、: :.:ハ ,ィ ァ'´  ヾ: :ヾ:l: i!:丶: :.、: ト、: : : : 、!ヽ: :ヽヽ
   `゙ヽ:.\: : : ヽ      ヽ : !: !i: : i、: !: !: : : : : : :`: ヽ rヽ|      ・ .・ .・ ・ .・ .・ .・ .・ ・ .・ ・ .・ .・ ・ ・ .・ .・ .・ ・
      i!、:.: ヽ: : :ハ    , ィ´ハ:ヽ!:、: :! !:!: i: : : : : : : : : : !i、/     君がいた場所と此処が繋がっている事こそ、
.     丶!: : : ヽ: : ヽ -‐ ヽ  i!: :!:i: :.! ソ:i: !: : :,.:.:.、:!、: : i: : !
.      !: :lヽ: ヾ: \: : : : :ヽ  '; ヽ!: :!/:/:/ヽ::::::::、ノ!: :. :ヽ: i      君と“大聖杯”が繋がっている何よりの証明。
.      /: :.!: :ヾ、ヽ: : ヽ//:.i  i !: :!: i /:/'"´::::::::::::::::::::::::::::::
      i,!: :!、: : !、\_: :イ/、:.l  `!: :i: :!!:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ヽ: :.: : :.!、,:.:.:.:.: :_!// /:::!: :.ヽlヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ヽ: : :、:. ∨:::::::::::::/ !:::::i、: : i:.ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        !:,l: :,-‐':::::::::::::::'"´::::::::::ヽ: : : : :.、:::::::::::::::::::::::::::::::::
        //l/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: : : !: :ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::
    ,イ二´:::::::::::/:::::::::/:::::::::::::::/!: : : !: :!:!::::::::::::::::::::::::::::::::
.   / ∧::::::/::/:::::::::/:::::::::::::::/::::/:、: : !:!:l:i:::::::::::::::::::::::::::::::::



.

3866 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:27:51 ID:oXHh4Zrc0

願いがかなった後に消えるようになっているかどうかだな

3869 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:28:31 ID:LqTCRXio0

>そんな姿

サーヴァントとして聖杯から生み出した自分?

3870 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:28:39 ID:MhDUtjR60

記憶の城とグラズヘイム自体は別々の場所か?
繋がっているってだけで


3872 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:30:00 ID:JACcNgt.0

ちょっと確認
できない子(未来)はできない子(鯖)を送った後未来で聖杯やってるから
目の前にいるできない子(聖杯)はこの時間軸のできない子だよね?

3873エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 18:30:02 ID:6UesNvsc0








                   ヘ /{ ∧
                 /\V//  ヘニ=-
               _z彡         ト
              //   /   l   ヘ
              イ    /    l    k
              i l   j      l    ハ
              kl            从
               lイ_,,从     i   トil
              x====从      ハ==zx
             ヽ三三三从 ハ  从三∥
             _/三ヽ三三マメ リi ハ==∥
            /.l三=彡i=========ヾ三=ll \
           /:j::::::::ヘ:::i;;:::::::::::::::::::::::::ヾ 三三=\
          l:::::::i::::::::::::::l;;:::::::::::::::::::::::::::::ヾ 三三三ヘ
          |:::::j:::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::l::ヾ 三三三ヘ
           l:::l::::::::::::::/l::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::k 三三三ll
           i/:::::::::::::j;;;l::::::::::::::::::::::::::::::k::::::ii 三三三ll
           ヽ:::::::::::ll::ll ̄: : : ̄i ̄: : i::::::::::l l 三三ニ{
           ヽ:::: ' k:i: : : : : : : :l : : : i:::::::::::il i 三三ニll
              /: : : : : : : : :l: : : :::l:::::::::il:l .i 三三ニll
              /: : : : : : : : : : : : : :: ヽ::::::::i l 三三ニll
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ:::l \三三 l
            /: : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : :ヽ:l   ===┘
           /: : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : :ヽ
           /: : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
          /: : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ

         ┏───────┳───―――─―───―――――――――┓
         │ ナレーション: │  何を言いますか? ↓10~15から任意。  │
         ┗───────┻───―――――――─―――――――――┛




.

3875 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:30:18 ID:5.iAYa360

それでも構いません
私も父さんを助けたいし、この戦争を無事に終わらせたい
貴方は、もし自分が人形に過ぎなかったとしてそれだけのことで叶えたい願いを諦められるんですか?

3876 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:30:28 ID:Al3xDrH60

だからどうした!?

3877 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:30:33 ID:gjqUu8LY0

だ、だからどうしたの…?
そんな真実、私が膝を折る理由にはならない

私が人間じゃないとしても
私には安藤くんとサーヴァントたちがいるもの

3878 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:30:50 ID:FTtd1quw0

それが事実だとしても、私が止まる理由にはならない

3880 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:31:13 ID:WgWovmCY0

…だから?
人形なら人形らしく使命を全うさせてもらうだけです。

3881 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:31:20 ID:2SE91egE0

>>3875

3882 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:31:24 ID:cpHbsxmk0

一つ、教えて…
今ここで戦っている私の記憶は、そこの私にもちゃんと蓄積されているの…?

3883 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:31:24 ID:bgefyAgo0

この聖杯戦争が終わったら、私は消えるの? それとも一つに戻るの?

3884 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:31:25 ID:LqTCRXio0

わ、私と、大聖杯の私は、別人なの?それとも同じ存在なの?私に蘇った記憶は?

3885 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:31:25 ID:5.iAYa360

それでも構いません
私も父さんを助けたいし、この戦争を無事に終わらせたい
貴方は、もし自分が人形に過ぎなかったとしてそれだけのことで叶えたい願いを諦められるんですか?


3886 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:31:26 ID:tjnkDmGo0

私とオリジナルは別の人格なの?
それともリンクしてるの?
私の肉体はサーヴァントのものとは大きく違うようだけれどなにか理由があるの?


3887 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:31:26 ID:Al3xDrH60

だからどうした!

3888 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:31:26 ID:5VtCVQWI0

だ、だからどうしたの…?
そんな真実、私が膝を折る理由にはならない

私が人間じゃないとしても
私には安藤くんとサーヴァントたちがいるもの


3889 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:31:27 ID:gjqUu8LY0

だ、だからどうしたの…?
そんな真実、私が膝を折る理由にはならない

私が人間じゃないとしても
私には安藤くんとサーヴァントたちがいるもの

3890 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:31:38 ID:0EirjxaY0

だらかと言って私が諦める理由にはならない
あなたを止めない理由にもならない

3891 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:31:53 ID:RZWr2Uq20

自分を改造か……鷲頭家じゃあ日常茶飯事だぜ!

3892 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:32:01 ID:gjqUu8LY0

なんという質問攻め

3893 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:33:39 ID:bgefyAgo0

さすがに胸のことは誰もいれてないかw

3894 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:35:15 ID:LqTCRXio0

強がるにしてもわからないこと多すぎるもの。

啖呵を切るには前後不覚過ぎる

3895 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:36:21 ID:gjqUu8LY0

まあ水銀がここら辺の質問に答えてくれるとは思えない…

いやでもコイツこういうの説明するの大好きだよな…中身違うっぽいけどw


3898 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:37:11 ID:tjnkDmGo0

説明好きには質問攻めにしてやるのが礼儀というもの

3899エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 18:37:16 ID:6UesNvsc0








              / L 二≡ミ∨レz
             ノ//  ≧ 从 ≦ミ
              /           トヽ
             /   / / l l    ヘ
             l   /  /  l  l  l   }
            イ  /  /  / l l  l  ゝ      ………つまり、この聖杯戦争が終わったら、
           / イハ il /  //  l l   l ハ
           //メヽl l l /// /l l l ト l/lト 、     私は消えるの?“大聖杯”の私とは、
          ヘ 三/ ハ /ヽ ///ノノソヽ lノ三ヽ
          /ヽ l/ 三ヽ从 _ '__ イ/三ヽlニ/ヘl      別人ということ………?
          l:::::::::::ヘ 三ニ≧   イ/ノ三三 /:::ノ
         //V:::::::::::::::ゝ 三三三三三 /::::マ
        / /三V::::::::::::::::l::::: ̄  ̄  ̄::::::::::::::i
      //三三ヽ:::::::::::::::l: : : :: : : : : : : l::::::::::::l
    //三三三/y::::::::::::::l: : : : : : : : k 'l::::::::::::l / ̄ t y==
   / /三三三/ /  l::::::::::::::l: : : : : : : :;;:: y:::::::::::l=l ̄ -イ
  / /三三三/ / /l:::::::::::::::l: : : : : : : : : キ:::::::::::}:k  =z  _
   /三三三/ //: : ::l::::::::::::::l: : : : : : : : : :}:::::::::::il: : :ヘ / ̄
   三三三 /: : : : : : l::::::::::::::l: : : : : : : : : :i:::::::::::l: : : : :ヘ= z_
   : : : : : : : : : : : : : : : l::::::::::::::l: : : : : : : : : l::::::::::l: : : : : : : : ::ノ
   : : : : : : /: : : : : /: :l:::::::::::::l: : : : : : : : :j:::::::::::l: : : : : : : : :/
   : : : : : : : : :ヘ: : : : : : l::::::::::::l: : : : : : : :/::::::::::::j: : : : : : : : :ヘ
   : : : : : : : :::::: : : : : : : :l:::::::::::l: : : : : : :K_::::::::::::l: : : ::::: : : : :









       /: !: : : : :.\:\: : : : ヽ、ヽ: : :\
.       //: !:.!: : : : :ヽ: \:\\ヽ、: :.\: : :ヽ
      / !i: :i: i: : i、: : :丶: !ヽ: \\:ヽ: : ヽ: : :ヽ          君が望んだ通りにこの聖杯戦争を
    /: :i:l: :`:l:.、:l,ィト: l: ヽ!: l: !、:.ヽ: 丶: 、: :ヾ: : ト、
.    i : : /! i、: !: i:弋ソ!ハ: :.!: i: l:、ヽ:.\: \: : : : :丶ヽ        終わらせる事ができたなら、君は消えるだろう。
   〈|: : :!:ハヽゝ、!ト:.ヽ ' ト:/: :!:i!: !ヽ: : :ヽ: :.ヽ: : : : ヽi!
.    i:,!: :!: :ヽソ ヽ ヾ丶 !ヽ: :l:.i!: :.ソヽ: : ヽ: : :\: : :.`:.、       元よりその為だけの存在だ。
   i! !: :!: : :ヽ ー    , ヽ!: :.、!: !、ヽ i:ヽ: :丶: : : ヽ丶 : \_
    i !: :!、: :.:ハ ,ィ ァ'´  ヾ: :ヾ:l: i!:丶: :.、: ト、: : : : 、!ヽ: :ヽヽ
   `゙ヽ:.\: : : ヽ      ヽ : !: !i: : i、: !: !: : : : : : :`: ヽ rヽ|
      i!、:.: ヽ: : :ハ    , ィ´ハ:ヽ!:、: :! !:!: i: : : : : : : : : : !i、/     ――――そして少なくとも、君とこの時間軸における
.     丶!: : : ヽ: : ヽ -‐ ヽ  i!: :!:i: :.! ソ:i: !: : :,.:.:.、:!、: : i: : !
.      !: :lヽ: ヾ: \: : : : :ヽ  '; ヽ!: :!/:/:/ヽ::::::::、ノ!: :. :ヽ: i      “大聖杯”である君に、直接的な関連性は存在しない。
.      /: :.!: :ヾ、ヽ: : ヽ//:.i  i !: :!: i /:/'"´::::::::::::::::::::::::::::::
      i,!: :!、: : !、\_: :イ/、:.l  `!: :i: :!!:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ヽ: :.: : :.!、,:.:.:.:.: :_!// /:::!: :.ヽlヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ヽ: : :、:. ∨:::::::::::::/ !:::::i、: : i:.ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        !:,l: :,-‐':::::::::::::::'"´::::::::::ヽ: : : : :.、:::::::::::::::::::::::::::::::::
        //l/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: : : !: :ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::



.

3902 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:38:04 ID:gjqUu8LY0

優しい水銀さんがすべて説明してくれました~

くたばれぇ!

3904 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:38:54 ID:JACcNgt.0

やっぱつながってるわけではないのか

3905 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:38:57 ID:cnB/rSD60

受肉という手段もあるんやで?(にっこり)

3906 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:39:13 ID:QsJScDo20

やる夫がリタイヤしてる時点で既に直接的な関連性は消えてるだろうしな

3907エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 18:39:13 ID:6UesNvsc0










                _,,,,... -―- ._
.            , ィ/////////////,> 、
            //////////////////// \
.           ////////////////////////\
.          ,'//////////////////////////ヽ
.          !'//////,i//////i/////////////∧
         l///////l///'//,!////////////,!//!
         l//////,-!'//l'/l/!//////'‐!'//////,l
.          !゙/////〉:l'//,!'/l/V///,'゙ ///////,/     仮に君の経験や記憶が還元されるにしても、
.          l'/////l !//,!'/l∨//ー‐//,イ-///'゙
.           i'///l'/,l !'////! ヾ{   /'゙  、'//'             ・ .・ .・ .・ .・ ・ .・ ・ ・
.        /////!'/,! .l'////!       , ィ/!         それは未来にいるだろう君であって、
         ////////へ!////l、   ` ー ,イ///!
.     /////ノ/// .!'///,l. ,.、z,,,,,,,.ィl////,l          ・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ ・
      '/////////'  l'///,l'  \彡',l////,l          この時間における君とは何の関係もない。
.     >'"ニニl,イ/,.'\  l'///,l ,...:':/ニ、l////l
    ニニニ,イ/, 仁ニ\ l'///,l'ヽ:::/ニニ!'///l           .――――――それに、だ。
    ニ///ニ', ニニニヽ!'///l !lV二二l'///!
     ニイ'//ニニ', ニニニヽ///!.l二ニニ!'//,!





.

3910 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:39:36 ID:cnB/rSD60

士郎とアーチャーみたいな関係?

3911 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:39:50 ID:l31bbg7o0

勝てば消える……

3912 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:40:08 ID:MhDUtjR60

やる夫の捨て身で救出された、未来のできない子が再び大聖杯化して過去に送り込んだ鯖だから
現代の救出前のできない子とは特に繋がりが無いと


3913 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:40:28 ID:gjqUu8LY0

まあそれが普通だわなー

3914 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:40:38 ID:2SE91egE0

これも予想してたよ!!
最悪の想定としてな!!!(涙声)

3915エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 18:40:46 ID:6UesNvsc0







                      ,、-''"/:::::::ヽ::\
                    /:::::/::::::::::::/:::',:\::\
                 ,、-''/::::::::/:::::::::://::::::::',::::|:::::':,
            ーー'"´.//::::://::::/ヘ/:::::::|:::::',::::::::::',           ヘ、
               / /::::::/:.:イ::/ヒッx/:::イ::::|:::::::|::::::|:::',       __ノ´,、ーー`''‐-、,
             _,/´  /::::::/:.:/:|::':,  /|/ |:::/ °/:::::::::::|ヽ     ”ぅ,、-''",、-''_/γ ノ \
          _/´    /:::::::/:./ヽ|、 .,__´ リ /::/|::::::::::::| ヽ      ー`´ `''-、, ノ /   \ _
        _/´     /:.:.:.:::|.:|:;:;:;:|':、 `'''‐`-'- /;/:::::/:::::|              </ ヽ    \>i
      //     /:.:.:.:.:.:.:|:.|:;:;:;:;:;:;|\   ,/;;;;ノ::::::::::::::|               ',`;;-、, /,、-;;";;|
    .//      /:.:.:.:.:.:./|:.|;:;:;:;:;:ヘ  ヽ-'",、|V:::::::::/:::|:|                ヽ,ミミ三三三彡',
   //      /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.リ__μ〈  >, ヘ´   ソ:::::::/ |::|                 ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
 //      /¨二ー=--‐ャ ||;;;;;;;'; i; / | | 〉 /:://;;|::|ーーーー、―――‐-、.,,_;;;;;;;;;;,,,|',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l,
//      /| | / /ー'´フ_||;;;;;;;;;;';ヽ/:::|_//V/:./;;;;/:/|;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;> 〉/////〉 〉;;;;;;;;;;;;;;;;;|;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;,i,
/     // . . ヽヽ////| ||||;;;;;;;;'; >;;;;;;ソ /:./;;||/:/;||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /////////;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
       |/   | .   /;;;;;;| ||||||;;;;;;;;'; 〉;;;;ス /:/;;;;;|/:/|| |;;;/;;;;;;;;;;;/ //\'// /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''-、,,.、-‐''"
     /:|    / ./;;;;;;;;;;/ _, -'"'ー-';/;;;;;;;;',/:./ー/:./__|;;;;;;;;;;;,-'/ /ヽ _ノ/ /__,,.、-‐'' "^´ ̄
   /:.:,,.|. _/./;;;;;',;;;;;γ´;> || <'"´`i,;;;;;;;;/:./;;;;;/:./,\;;;;;;;/;,./ ̄ ̄ ̄ ̄
  /|`''-、,    <;;;;;;;;;;;;ゝ;;;;;;//,   ',;;;;;;;;i,;;/:./;;;;//;;;\\;;;;;;;|
../:.:.:.|//////`''ーゝ;;;;;;;;∧//;;;;;',ー‐',;;;;;;/:.//:./,、-''",.-'";;;;;|
´:.:.:.:.:.|///////////|;;;;;;;/:.:ト、`'-、'.:::::::::',/:.:.:./:.:/-'",、-''",/;;;;;;;;;|       ・ .・ .・ ・  .・ .・ ・ ・ ・ .・ .・ .・ .・ .・ ・ ・ .・ ・ .・ .・ .・ ・
:.:.:.:.:.:.:.|''-、,///////|;;;;;;/:.:.:|;;;;;`''-、,',:::::::ソ:.:./:.:/,、-''";;´'l l´;;;;;;;;;;|      君は既に、基となった君自身に出会っているはずだ。
:.:.:.:.:.:.:.|;;;;;;;;;;;;;; ̄;;7";;;;;/:.:/|;;;;;;;;;;;;;;;;;',/:.:.//´;;;;;;;;;;;;;;;;|::::|;;;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:.:.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;/:.:./  |;;;;;;;;;;;;;;;/:.:.:/ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;;|       いや、「出会っている」という表現では
:.:.:.:.:.:.:.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;/:.:./   |;;;;;;;;;;/:.:./ />;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:.:|;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;/:.:/    |;;;;;/:.:/|::|ヽ:::::::::',;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;|        些か以上に誤解を招いてしまうな。
:.:.:.:.:.:〈;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;|.:/     ',/:./;;;;;;|::|;;;;;',:::::::::',;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:.:'i;;;;;;;;;;;;;;;;;//     //;;;;;;;;;;;|::|;;;;;;;;',:::::::::>;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:.:.:.\;;;;/:.:./     //|;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;',<ヽ>,>.,;;;;i,::'i;;;;;;;;;',
:.:.:.∥:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    // /;;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、:::::\;;;i,::'i;;;;;;;;;',



.

3918 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:41:06 ID:bgefyAgo0

ああ、つまりは目の前にいるできない子は「この聖杯戦争の大聖杯のできない子」で
サーヴァントできない子は「未来においてやる夫が解放したできない子」が送りこんだできない子てことか

3922 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:41:16 ID:cnB/rSD60

えっ?何言ってるのこの人?

3923 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:41:17 ID:QsJScDo20

うん?

3926 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:41:39 ID:gjqUu8LY0

…?

3927 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:41:49 ID:oXHh4Zrc0

基となった…?誰のことだ?

3928 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:41:51 ID:2s6SEyZU0

最大の爆弾くるー?

3929 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:41:58 ID:d555VkOo0

仮に本体に記憶がフィードバックされるとしても、それは破滅の未来で、周りに誰もいない孤独なできない子として目覚めることでしかないわけか……

3933 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:42:54 ID:2s6SEyZU0

出会っているというのが不適切なら・・・なんか物体的な?

3934 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:43:01 ID:JACcNgt.0

厳密には「出会っている」わけではない…?

3935エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 18:43:02 ID:6UesNvsc0






\/: :/: :  :      ヾ:      ヽ .:.
:./ 〃: :./.:  .|: :.  ハ:ヽ\  ヽ .:. i:.i
:i  '/ : : |:   :i|:.:.i  l: :ト、 ヽ   i: :.iハ!
!  .: : : i |:   小:.l   ハ l厶斗:. :.|: :.|  }  
!  .: :i:.:|ハ: _/リ !|: .' ノ′ }:ハ: :|:.:.:!    
!  .: :|斗七/   |: / ,ィf笊ミy|: ハ: ;.    
!: . .: :|'..レf示ミ、  | '  八rf:j:} 从ハノ    
:i: . : :|《ハr':f:j::}  /'    ゞ゚ ' イ乂     
:ハ. .:小  う::ソ     ,    | i ト、
: :}: .:从             小:ト:.\
: :r´}:.::.}\ u.       ' ‘   イ:.:|ハ!::..  〉
__: : i:小. .        个ヘ: |、::.. /         ……………何を、言ってるの?
   ̄二=-_ `   ァ―.´:.:.!:.:.:`}:.:.:} {
=-__  ̄二=-__ハ:. :.:\:.:.:.:._ ノ  t
三三二=-_   ̄ ̄二=----=二  =/ | ヽ
二二二三二=-__     -=三/ |   Y
..---=二_ 二三三三三三三=-/.  |  :ハ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-=二_ -=三三=- ̄ _ ノ   | |
:.:.:.:.:.:. .:.:.:.\:.:.:.:-=二___ニ" ̄.人  i ! ト.
:.:.:.:.:.:. ヘ:.:.  \: :. :. :. :. :. :.ハ :. :.:..   ヽ:.li   :.
:.:.:.:.:.:..   ヽ :.:.: \:. :. :. :./~~ヾ:. .:.:. .  }ヾ  :.









                    ,........................ _
                   /,ィ": :/: : :\: :、: ヽ
             //: /: :/: :/:ヽ: :ヽ:\: :\
.              //: : :/: :/: : l : : 丶: :ヽ:ヽ: : 丶
             /: /: : :/: : l: : : l: :i: : :ヽ: : :、: :、 : :ヽ        ・ .・ .・ .・ ・ .・ ・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ ・ ・ .・ ・ ・ ・
              /: /: : :/!:i : l: :l: :!: :!: : : :.、: : :i: : : : : :.、      君が先ほどまでいた場所を思い出したまえ。
.            /: /: : : i.:l l : !: :!:.:i: :l:、: :i: : !: : : : !: : : : !
            i ;イ: :/: :i!:l:i: :.l: :i : !: :!:i!: l: : i: :: : :.!: : : : !        ・ .・ .・ .・ ・ ・ .・ .・ .・ .・ .・ ・ ・  .・ .・ ・ ・ ・ ・ .・ .・ .・ .・ ・ .・ ・
.          l: :i: :.!: : l、l:l: : !: l: :.!: :!ハ:.i!: :.!: : : : !: l: : :i       何故あそこに君の記憶があり、そして力を得る欠片があった?
         l!: l: :.: : :.!ヾ!ヾ:ヽi!: :!: ! _iハ: : !: :l: : i: :!、 :ヽ
          i!:.:l: :丶: |弋ゝ!、: !'!:l: i!弋ン!: l: !:!: :.!: i::ヽ:.:丶
           i!: :!: : : : :!   ヾ! !.:/  ' !: i: !:l: :.i:.:i: !: : : ! ヽ
            i: : !: : : : ;!    ! !/     !ハ: !:i: : !: !: !: : : ! |
         ハ: :i: : : : :!、   ヽ      !ソ: l.:!i: :!: !: l、: : :ヽ'
.         i: :i: !: : : :i:! \ ー- -‐'  //: :i/:!: l:,イ: !:ヾ: : :.、
.         /: ::!:.!: : : :!ヾ::::!\ `   / /i: : !: !: l:!:lソ、: :ト: : :ヽ
.          !,ィ‐!:、: : : iヽ'"::\` ‐ " /:::!: : !/: :!i ̄`゙ヽ'ヾ: : :!-─ 、
         /:::::::::!: :!: :.:l::::::::::::::::`─‐'"::::::::!: :.!:!: :i i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
.     ,ィ"::::::::::::::::l: :.!: : i::\:::::::::::::::::::/:::::::!: :i:,!: i!:.!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::i: :.!: : !:::::::\:::::::::::::::::::::::::i: ::i!:!:ハ:.i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i




.

3938 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:43:34 ID:QsJScDo20

城=未来できない子? ハハッ

3939 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:43:39 ID:.wJbiIvg0

記憶の城自体ができない子の身体ってこと?

3940 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:43:44 ID:KeMEp2260

記憶の城か

3941 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:43:50 ID:bgefyAgo0

記憶の城が未来のできない子か!?

3942 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:43:54 ID:oXHh4Zrc0

城自体か?

3944 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:44:19 ID:gjqUu8LY0

城ができない子だと…

城壁=できない子だというのか貴様ぁ!?


3946 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:44:25 ID:0OOCM8Cc0

(ああ、だから城の最初のAAが…)

3947 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:44:42 ID:71XMLGvk0

「最後の改造、それは私自身が記憶の城になる事だ…」

3948 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:44:50 ID:4qbggacY0

まさか 城壁ダインができない子だったとでもいうのか!

3950 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:45:10 ID:lOYLGTDc0

記憶の城「くっ」

3953 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:45:22 ID:UPkZSFjE0

いくら胸がないからって城壁なんてひどい

3954エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 18:45:51 ID:6UesNvsc0







                     -―   ――-  _
                 ,  ´/////////////////`, 、
              ///////////////////\////\       あの城こそが、未来において私の聖杯戦争に
              ,.'///////////////\//////ヽ'///∧
            ////////////////////ヽ'////∧/// ∧      干渉するために、自身を再び“大聖杯”とした
.             //////////////////////∧/////,!/////!
           ////////////////////////∧'////,!/////!       ..・ .・ ・ ・ .・ ・ ・ ・ .・ .・ .・ ・ .・ .・ .・ .・ .・ ・ ・
            '////////////////////,V/////////,!/////!      できない子という少女の成れの果ての姿だ。
.            i//////l//lV//////,∧、'//!V//////!//!////∧
          l//////l//l/V/////∧'! \'l ヽ/////l//l/////∧
           l'////l'/l//N ヽ_////∧ヽ'"!t_ッ∨///,!'/,!'/////l∧      …………あぁ、驚きだよ。
          li////l ∧/,!'" t_ッ l'l∨∧ヽリ   l////!//!'/////l ∧
.            l,l'///l'/∧/ト.ヽ   リ ヾ/i     ,!//////!'//!///l'/∧      其処までして、過去の時間にある私に対して
.            l/l///!//∧,l ヾ、   〈| ヾ}     !'/////l'///!゙/////∧
.           l'∧'/,!///∧',        リ   ///////!'///l//∧゙//∧      干渉を仕掛けてきた時は、驚嘆の念を
.         i   l//l'/l///_,.ヘム    ー=ニ=‐'   /' !////!///∧//∧'///ヽ
        ノ}./!'/」'/!" ̄  ヽ〉`\  ー     ,.イ////!/l///∧//∧////\     禁じ得なかった。
        ,.仁ニ,/  l'/!     \.\\    / .l'//////,!V//∧////////,\
     ,.ィニニ二ヽ   ゙∧ ,....._,.-、 ヽ. >'>- ´ / .l/l///!'//lニニ∧_/二////////\
.   /ニニニニ,!  ィーヾ'、-- ィ ーゝ / ̄´   / .!/!///l'/,∧二二二ニニ二二ニ-、'/\_
   /ニ二二二/- '二/V_ヾヾ/,| ̄!7l´ 、     '   !/!'///l'//∧ニニニニニニニニニニニニ
 /ニ二二二/ニニニ/V.二.l'//,! .l'/!  ヽ     /.!/!///l !'//∧ニニ二二二二二二二二二
'ニニ二二二/.ニニニ/Vニニ!'//|  l'/!  ヽ     .l/!///! .!///∧ニニニニニニニニニニ二
ニニニニニ/.ニニニ/Vニニニ!'//,!  !/! ー 、    ,. !'!// !  !/∧//ヽニニニニニニニニニニィ
二二二/ニ二二//ニニニl///|  l/!     /  '!'//l ヾl/ ∧ヘ/\、_ニニニ二二二,ィア
ニニニ二二二二//ニニ二!!'//lゝ リ'          .l'//l /_∨/∧ニ≧ー-7ZZZZZZ77ア'ニニ
ニニニニニ二二〃ニニニ二ll //|ニ〃           l'//レ'.二.∨/,∧ニニニニニニ二二二二
ニニニニニ二〃ニニニニl'!'//!_/'_ゝ__       ,ィ|'//l.ニニニV/!/∧二二二二二二二二二
ニニニニニ,ィ/.ニニニニニl'!'//!_l'.ニニニ二ヽ   /ニ|゙//l.ニニニ',∧、'/\二二二二二二二二
.ニニニ二,ィ/ニニニニ二二l'l// !_!.ニニニニ二ヽ/.ニニl'//,!ニニ二',∧ヽ'//\_ニニニニ二二二
ニ二二,ィ/ニニニニ二二l'l'//l,lニニニニニニニニニl///!.ニニ二',∧ニ\///777/////////
.ニニ二/ニニニ二二二二,'/!//!'!ニニニニニニニニ二l///lニ二二二',∧.二.`ー-∠////////
.ニニ/ニニニニニ二二,/!l///{ニニニニニニニニニl///!ニニニニV∧ニニニニニニニニニ



.

3956 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:46:08 ID:QsJScDo20

人型ですらねぇ

3957 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:46:16 ID:Al3xDrH60

エイワスは本当に鬼畜(褒め言葉)なお方……

3958 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:46:18 ID:gjqUu8LY0

…生きてるんですか?あれ?

3959 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:46:35 ID:f8EjHtUk0

まじかよ・・・

3960 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:46:36 ID:FTtd1quw0

絶壁のことできない子って言うのやめろよ!

3961 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:46:45 ID:WgWovmCY0

つまり饅頭は娘の体の中を徘徊していたというわけか…

3965 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:47:19 ID:l31bbg7o0

まさか城にまで改造するとは……これには寿命を削りまくった父親と未来の子孫も苦笑い
できない子……お前こそ改造を極めし者だ

3967 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:47:32 ID:bgefyAgo0

できない子(壁)が城(壁)に・・・なんてひどい・・・

3973 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:48:09 ID:0OOCM8Cc0

あぶなく自分の中でクリタるところだったのか

3975 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:48:49 ID:uLzJUcqs0

一度アロンダイトで壁ぶちぬいたよなあれ……

3977 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:49:13 ID:gjqUu8LY0

安藤は聖杯戦争後は城を見るたびにできない子を思い出すのか…

なにそれシュール

3978 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:49:14 ID:cnB/rSD60

あーなるほど。サザンアイズのアマラ状態かー。

3982エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 18:49:27 ID:6UesNvsc0









                   ヘ /{ ∧
                 /\V//  ヘニ=-
               _z彡         ト
              //   /   l   ヘ
              イ    /    l    k
              i l   j      l    ハ
              kl            从
               lイ_,,从     i   トil         ッ―――――――…………
              x====从      ハ==zx
             ヽ三三三从 ハ  从三∥
             _/三ヽ三三マメ リi ハ==∥
            /.l三=彡i=========ヾ三=ll \
           /:j::::::::ヘ:::i;;:::::::::::::::::::::::::ヾ 三三=\
          l:::::::i::::::::::::::l;;:::::::::::::::::::::::::::::ヾ 三三三ヘ
          |:::::j:::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::l::ヾ 三三三ヘ
           l:::l::::::::::::::/l::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::k 三三三ll
           i/:::::::::::::j;;;l::::::::::::::::::::::::::::::k::::::ii 三三三ll
           ヽ:::::::::::ll::ll ̄: : : ̄i ̄: : i::::::::::l l 三三ニ{
           ヽ:::: ' k:i: : : : : : : :l : : : i:::::::::::il i 三三ニll
              /: : : : : : : : :l: : : :::l:::::::::il:l .i 三三ニll
              /: : : : : : : : : : : : : :: ヽ::::::::i l 三三ニll
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ:::l \三三 l
            /: : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : :ヽ:l   ===┘
           /: : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : :ヽ
           /: : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
          /: : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ











                _,,,,... -―- ._
.            , ィ/////////////,> 、
            //////////////////// \
.           ////////////////////////\
.          ,'//////////////////////////ヽ
.          !'//////,i//////i/////////////∧
         l///////l///'//,!////////////,!//!
         l//////,-!'//l'/l/!//////'‐!'//////,l
.          !゙/////〉:l'//,!'/l/V///,'゙ ///////,/
.          l'/////l !//,!'/l∨//ー‐//,イ-///'゙
.           i'///l'/,l !'////! ヾ{   /'゙  、'//'
.        /////!'/,! .l'////!       , ィ/!
         ////////へ!////l、   ` ー ,イ///!
.     /////ノ/// .!'///,l. ,.、z,,,,,,,.ィl////,l      ―――――しかし、呆けていて良いのかね?
      '/////////'  l'///,l'  \彡',l////,l
.     >'"ニニl,イ/,.'\  l'///,l ,...:':/ニ、l////l       .此処まで来たなら、君の目的を最も簡単に
    ニニニ,イ/, 仁ニ\ l'///,l'ヽ:::/ニニ!'///l
    ニ///ニ', ニニニヽ!'///l !lV二二l'///!        達成する方法があるだろうに。
     ニイ'//ニニ', ニニニヽ///!.l二ニニ!'//,!




.

3983 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:49:28 ID:UPkZSFjE0

>>3975
ゼンペラー結界の中だし…

3986 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:49:53 ID:QsJScDo20

いまだイケメン、本体に対界を!

3987 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:49:54 ID:cpHbsxmk0

クリタ・ユガですね分かります

3993 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:50:05 ID:4D7zJJrE0

目の前にいるできない子殺せば獣殿の戦争は瓦解しますなw

3994 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:50:11 ID:j4SPvzPA0

聖杯を壊せってか

3997 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:50:44 ID:KeMEp2260

大聖杯にクリタ・ユガかw

3998 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:50:59 ID:FTtd1quw0

大聖杯を壊せってか、この鬼!悪魔!エイワス!

4001エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 18:51:14 ID:6UesNvsc0












三三三三| |!:::::::::::::::: : : : : :: 。.     :::: : : : : : : :::::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::::::::::::::: :: : : :   ・     : :: : o: : : :: :: :: ::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::::: ::::: : :: : : :     o  : : : : : : :: :: :: ::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::::::::::::゚:: : : : : :  ゚       : : : : :O。: : : : :::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::。:: : : ::::::: : 0゚ o   ,ィ´,ィrァ__: : : : : ::::::i| |三三三三
三三三三| |!::::: : : :: : :   ゚  _(:(Y/:::::::::rイ:::::`ミヽ::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::: : : o: : ::    ,ィ´:::::::`ヽ.::::彡::::イ´ ヽ): : :i| |三三三三
三三三三| |!::::: :: : :: ::   /:::::::::::::::::::::::ヽー≦:::ミヽ; : : ::::i| |三三三三
三三三三| |!:::: :: -‐、::  {:::::::::::r、:::::::::::::::}ミー::::::::::ヾ; : :::i| |三三三三
三三三三| |!:::: :: r‐- ゝ、 ゝ!ヽ、ゝ \::;イ::ハ::::::::`ー、::ノ: : ::i| |三三三三
三三三三| |!:::: :     `7::ハ7 ー' j:::ゝ:::::__:::::::::Y::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::: : :r==ァ-イ人 〉、_ イ:;ハ__ノ ヾ}::ハ::::j: ::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::: : : 0 ((_ノ/-‐<_ ノ:j  /  ヽ ' !ノ: : ::::::i| |三三三三
三三三三| |!::: : r 、  Y´ ヽ'、  イ `ヽ/   _ ',: : ::::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::: : Yソ  }ュ_,、_ `'ー-_/  , イ   !: O::::::::::::i| |三三三三
三三三γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
三三三|      ・ .・  ・ .・ ・  ・ .・ .・ .・ ・ ・  ..・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ ・ ・       |
三三三|     この“大聖杯”を破壊すれば、私の聖杯戦争は破綻する。   |
三三三乂___________________________..ノ
三三三三| |!::: :  0    j  ト、j  l       /:: : : : : :::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::::: : :     ,'  j /  !ヽ _ ,ノ: o: ::゚: : ::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::::: : ::   /  r ,'  j  r=、   : : :::::::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::::::: : : : イ  ノ / イ  ( 人 : : : :::::::::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::::::: ::: : : ヽ'  イ  j   `Yノ  : : : ::::::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::::::::: : : : :   `ー'    。゚   : : :o: ::::::::::::i| |三三三三
三三三三| |!::::::::::::::: :0              : :: : :: ::::::::i| |三三三三
三三三三| |!:::::::::::o : : _,, --==ニニニ===--- 、_:::::i| |三三三三
三三三三| |!::::::_;;ィ´彡''´ ̄ ̄        ̄ ̄` ヾミ三ミi| |三三三三
三三三三| |!≦彡                        ヾミi| |三三三三
三三三三| |!                             i| |三三三三





.

4002 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:51:34 ID:bgefyAgo0

そんな、明らかに罠じゃないですかー!?

4007 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:51:56 ID:l31bbg7o0

ヒャッハー自分殺しだーーーーー

4008 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:51:59 ID:9D2uHf.s0

自分殺しのパラドックスじゃないですかー!

4011 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:52:06 ID:.wJbiIvg0

水銀と心中ってことじゃねえか、で破滅の未来は避けられるんかよ?

4013 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:52:31 ID:QsJScDo20

安藤兄の死ぬ未来よりはマシだと思える不思議

4015 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:52:39 ID:gzK0dckk0

お前だけ殺すのはだめなん?

4016 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:52:44 ID:gjqUu8LY0

ラインハルトどうにかしないと同じ事起きそうだよね確かに

4021 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:53:51 ID:.wJbiIvg0

…そもそも水銀の釣りの可能性もあるぞ…あるっていってくれエイワス!

4022 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:53:53 ID:27mf0aWc0

素直に壊しても何か罠がありそうな

4024 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:54:10 ID:d555VkOo0

おい尻、寝てないでちょっかい出しに来てくれ! できない子と抑止力が混乱しているぞ!

4025エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 18:54:24 ID:6UesNvsc0






              / L 二≡ミ∨レz
             ノ//  ≧ 从 ≦ミ
              /           トヽ
             /   / / l l    ヘ
             l   /  /  l  l  l   }
            イ  /  /  / l l  l  ゝ
           / イハ il /  //  l l   l ハ
           //メヽl l l /// /l l l ト l/lト 、
          ヘ 三/ ハ /ヽ ///ノノソヽ lノ三ヽ
          /ヽ l/ 三ヽ从 _ '__ イ/三ヽlニ/ヘl
          l:::::::::::ヘ 三ニ≧   イ/ノ三三 /:::ノ
         //V:::::::::::::::ゝ 三三三三三 /::::マ
        / /三V::::::::::::::::l::::: ̄  ̄  ̄::::::::::::::i
      //三三ヽ:::::::::::::::l: : : :: : : : : : : l::::::::::::l
    //三三三/y::::::::::::::l: : : : : : : : k 'l::::::::::::l / ̄ t y==
   / /三三三/ /  l::::::::::::::l: : : : : : : :;;:: y:::::::::::l=l ̄ -イ
  / /三三三/ / /l:::::::::::::::l: : : : : : : : : キ:::::::::::}:k  =z  _
   /三三三/ //: : ::l::::::::::::::l: : : : : : : : : :}:::::::::::il: : :ヘ / ̄
   三三三 /: : : : : : l::::::::::::::l: : : : : : : : : :i:::::::::::l: : : : :ヘ= z_
   : : : : : : : : : : : : : : : l::::::::::::::l: : : : : : : : : l::::::::::l: : : : : : : : ::ノ
   : : : : : : /: : : : : /: :l:::::::::::::l: : : : : : : : :j:::::::::::l: : : : : : : : :/
   : : : : : : : : :ヘ: : : : : : l::::::::::::l: : : : : : : :/::::::::::::j: : : : : : : : :ヘ
   : : : : : : : :::::: : : : : : : :l:::::::::::l: : : : : : :K_::::::::::::l: : : ::::: : : : :
   : : : : : : : : ::::::::: : : : : :l::::::::::::l: : : : : :/  \::::l: : : :ヽ: : : : :
   : : : : : : : : : ::: : : : : : ::l::::::::::::l: : : :://   t }::l: : : : :ヽ: : : :
   : : : : : _,,.-‐ヘ_,,. -‐''"ハ:::::::::::::l: r'i  , , /: : : : :/:;:;:;:ヽl

         ┏───────┳───―――─―───―――――――――┓
         │ ナレーション: │  何を言いますか? ↓20~25から任意。  │
         ┗───────┻───―――――――─―――――――――┛




.

4026 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:54:25 ID:Al3xDrH60

とりあえずエイワスはやっぱり鬼畜でFA?

4027 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:54:29 ID:GpykDwTk0

水銀に関しては情報が少ないから何とも言えないな

4028 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:54:32 ID:MhDUtjR60

普通に罠じゃねーかな
何が出来るか分かったものじゃないキャスター組が残っているし

4029 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:54:57 ID:j4SPvzPA0

命をかけてくれた父さんを必ず取り戻すわ。
泡沫の世界を漂い続けるあなたのような存在が私の目的の始めに来るなんて傲慢にも程があるわね。

4030 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:55:02 ID:gjqUu8LY0

いや壊したらできない子死んじゃうんですけど…

罠とかそういうのじゃなくてお前に出来るかってことじゃないのw?

4032 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:55:12 ID:CuA.syR60

(助けて助けて助けて助けて助けて助けて助けて助けて
助けて助けて助けて助けて助けて助けて助けて助けて
助けて助けて助けて助けて助けて助けて助けて助けて
助けて助けて助けて助けて助けて助けて助けて助けて
助けて助けて助けて助けて助けて助けて助けて助けて
助けて助けて助けて助けて助けて助けて助けて助けて
助けて助けて助けて助けて助けて助けて助けて助けて
助けて助けて助けて助けて助けて助けて助けて助けて

…安藤君、助けて…)

4033 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:55:19 ID:cpHbsxmk0

仲間に相談タイムだ!

4034 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:55:30 ID:d555VkOo0

確かにここで大聖杯を破壊すれば歴史は新たな方向に分岐するでしょうね。でもあなたはそれで良いの?

4035 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:55:31 ID:MhDUtjR60

それを素直に信用するには、ちょっと私はまだものを知らない

4037 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:55:49 ID:X0P9ZTkE0

あえてこわしてBADENDに逝ってみる?

4038 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:55:53 ID:l31bbg7o0

……わざわざ貴方がそんなことを言っているってことは
仮にそうしたところで困らないか、何らかの方法で防ぐ自信があるってことでしょ?
魔力の無駄になりそうだからやめておくわ

4039 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:56:02 ID:cnB/rSD60

でも……それをやったら今のこの私は消えてしまうんでしょう?

4040 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:56:13 ID:j4SPvzPA0

命をかけてくれた父さんを必ず取り戻すわ。
そして、安藤くんを幸せにする。
泡沫の世界を漂い続けるあなたのような存在は、其の次のそのまた次かしらね。
あなたが私の目的の始めに来るなんて傲慢にも程があるわね。

4041 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:56:19 ID:MhDUtjR60

それを素直に信用するには、ちょっと私はまだものを知らない
本当に破綻するなら、それを貴方が止めない理由も無い

4042 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:56:23 ID:f8EjHtUk0

しらない・・・”私”の目的なんて知らないよ・・・!

4043 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:56:24 ID:3u2IxTpA0

……わざわざ貴方がそんなことを言っているってことは
仮にそうしたところで困らないか、何らかの方法で防ぐ自信があるってことでしょ?
魔力の無駄になりそうだからやめておくわ

4044 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:56:27 ID:j4SPvzPA0

命をかけてくれた父さんを必ず取り戻すわ。
そして、安藤くんを幸せにする。
泡沫の世界を漂い続けるあなたのような存在は、其の次のそのまた次かしらね。
あなたが私の目的の始めに来るなんて傲慢にも程があるわね。

4045 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:56:28 ID:UPkZSFjE0

でもそれって根本的な解決にならないですよね…
ラインハルトが残ってたらまた同じ事が繰り返されるかもしれないんじゃないですか?


4046 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:56:29 ID:tjnkDmGo0

色々丁寧に教えてくれてありがとうメルクリウス

でもあいにく私は自己犠牲の悲劇のヒロインとか真っ平御免なの
それに……私にも私だけの叶えたい願いが今出来たから
最後の最後まで醜く足掻かせてもらうわ


4047 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:56:29 ID:4D7zJJrE0

確かにここで私を殺せば、聖杯戦争は瓦解するかもしれない
だけど根本的な解決にはならないでしょう?
ハイドリヒと貴方が健在ならば何度でも同じことを繰り返せるのだから


4048 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:56:31 ID:5.iAYa360

ここで大聖杯を壊したとして、貴方はどうするんですか?
また別の世界で同じ事を繰り返すんじゃ?


4049 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:56:32 ID:l31bbg7o0

……わざわざ貴方がそんなことを言っているってことは
仮にそうしたところで困らないか、何らかの方法で防ぐ自信があるってことでしょ?
魔力の無駄になりそうだからやめておくわ


4050 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:56:34 ID:3u2IxTpA0

……わざわざ貴方がそんなことを言っているってことは
仮にそうしたところで困らないか、何らかの方法で防ぐ自信があるってことでしょ?
魔力の無駄になりそうだからやめておくわ


4051 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:56:34 ID:MhDUtjR60

それを素直に信用するには、ちょっと私はまだものを知らない
本当に破綻するなら、それを貴方が止めない理由も無い

4052 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:56:35 ID:gjqUu8LY0

そんなこと…
そんなこと出来る訳ないでしょ…

お父さんが命をかけて戦ったのにそれを壊すなんて

4053 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:56:39 ID:j4SPvzPA0

命をかけてくれた父さんを必ず取り戻すわ。
そして、安藤くんを幸せにする。
泡沫の世界を漂い続けるあなたのような存在は、其の次のそのまた次かしらね。
あなたが私の目的の始めに来るなんて傲慢にも程があるわね。

4054 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:56:40 ID:fPD4dgmE0

…壊せば全てが終わるのですね?

4055 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:56:45 ID:.wJbiIvg0

他の鯖に真実かどうか聞く、あと水銀にキャスターがどこへ行ったか聞く。

4056 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:56:50 ID:CuA.syR60

ありがとう…
それしか方法が無いかもしれない
それでも私は絶望しない
何故なら…

    運命と言う結末を持たない娘
私は「で   き   な   い   子」だから

4057 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:56:52 ID:g2nYWRYs0

そうしたら貴方はまた次の聖杯戦争を始めるだけなんでしょ?

4058 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:56:59 ID:bgefyAgo0

お断りします。ここで破壊してもそれは貴方をを「敗北させた」ことにはならない
云わばちゃぶ台をひっくり返したようなもの・・・私は正規の方法で勝利して
再び貴方の前に立ち、水銀の王、貴方を這いつくばらせて、足を舐めさせてやります!

4059 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 18:58:37 ID:gjqUu8LY0

もしかして罠とかなければ本物を吹っ飛ばす覚悟の人結構いるw?もしかして?

あと罠とかないと思うの俺だけw?

4061 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:00:25 ID:f8EjHtUk0

壊したら安藤君主人公になりそうだな

4062 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:00:26 ID:.wJbiIvg0

>>4059
普通にバッドエンドフラグだろ。

4063 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:00:41 ID:oWlvKdNQ0

>>4059
本体できない子にも同情はするが、
今まで苦楽を共にしてきて思い入れがあるのは現在の端末できない子の方だからなぁ。

4072 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:02:33 ID:M4D8g0R.0

ここのできない子は聖杯を破壊すれば目的達成するだろうけど
別の次元のできない子が犠牲になるだけで根本的解決にならん

4077エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 19:06:21 ID:6UesNvsc0








         /   /  /
        ./ .//   /             .仆
        / / ,′  }         \  /|
       ー ´  |  /|      .ハ ルi Χ |  
           .,!  / |.       l V  V  \|
          ノ.! ハ l       | xぁ壬ミヽ  X        }
       -=´__ !´ ハ.      ド;Vイ ̄`ヾヽ. ` 、 ,    .ハ        ………わざわざ、貴方がそんなことを
        /./三三;|. `     .| V パCxz::ヾ\ y'!    ./{ .X´
       / /三三=;|        |  か::ゞツ::::::バ  i!,从 /   ̄ヽ、    言っているってことは
      {  ./三三三;|.     1、 !  ゞ.__>'    ´  .)     ,,x示
      r| /三三三=∧     |.!ヽ|  ー-‐              ,か    仮にそうしたところで困らないか、
     /=|/三三三三三ヘ    |.l.                    L_x
   /三}三三三三三=| ハ    |::'.   u.                た_    .何らかの方法で防ぐ自信があるってことでしょう?
  /三三|三三三三三=.\}从  |:::丶           ,       .ゞ≠
/三三三\三三三三三三\:.).从::::::::\








       /: !: : : : :.\:\: : : : ヽ、ヽ: : :\
.       //: !:.!: : : : :ヽ: \:\\ヽ、: :.\: : :ヽ
      / !i: :i: i: : i、: : :丶: !ヽ: \\:ヽ: : ヽ: : :ヽ
    /: :i:l: :`:l:.、:l,ィト: l: ヽ!: l: !、:.ヽ: 丶: 、: :ヾ: : ト、        いいや、仮に“大聖杯”を直接狙われてしまえば、
.    i : : /! i、: !: i:弋ソ!ハ: :.!: i: l:、ヽ:.\: \: : : : :丶ヽ
   〈|: : :!:ハヽゝ、!ト:.ヽ ' ト:/: :!:i!: !ヽ: : :ヽ: :.ヽ: : : : ヽi!       私にそれを防ぐ手立てはない。
.    i:,!: :!: :ヽソ ヽ ヾ丶 !ヽ: :l:.i!: :.ソヽ: : ヽ: : :\: : :.`:.、
   i! !: :!: : :ヽ ー    , ヽ!: :.、!: !、ヽ i:ヽ: :丶: : : ヽ丶 : \_
    i !: :!、: :.:ハ ,ィ ァ'´  ヾ: :ヾ:l: i!:丶: :.、: ト、: : : : 、!ヽ: :ヽヽ    獣殿とは異なり、君自身には然程大きく手を加えてもいない。
   `゙ヽ:.\: : : ヽ      ヽ : !: !i: : i、: !: !: : : : : : :`: ヽ rヽ|
      i!、:.: ヽ: : :ハ    , ィ´ハ:ヽ!:、: :! !:!: i: : : : : : : : : : !i、/    聖杯戦争の術式と適合させる為の調整程度はしたが、
.     丶!: : : ヽ: : ヽ -‐ ヽ  i!: :!:i: :.! ソ:i: !: : :,.:.:.、:!、: : i: : ! 
.      !: :lヽ: ヾ: \: : : : :ヽ  '; ヽ!: :!/:/:/ヽ::::::::、ノ!: :. :ヽ: i         ・ .・ .・ .・ ・
.      /: :.!: :ヾ、ヽ: : ヽ//:.i  i !: :!: i /:/'"´::::::::::::::::::::::::::::::    彼女は天然のままでなければ私にとっても不都合が生じるのでね。
      i,!: :!、: : !、\_: :イ/、:.l  `!: :i: :!!:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ヽ: :.: : :.!、,:.:.:.:.: :_!// /:::!: :.ヽlヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ヽ: : :、:. ∨:::::::::::::/ !:::::i、: : i:.ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        !:,l: :,-‐':::::::::::::::'"´::::::::::ヽ: : : : :.、:::::::::::::::::::::::::::::::::
        //l/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: : : !: :ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::
    ,イ二´:::::::::::/:::::::::/:::::::::::::::/!: : : !: :!:!::::::::::::::::::::::::::::::::
.   / ∧::::::/::/:::::::::/:::::::::::::::/::::/:、: : !:!:l:i:::::::::::::::::::::::::::::::::



.

4078 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:07:10 ID:2SE91egE0

世界線いどうするだけだからどうでもいいのか?

4079 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:07:28 ID:d555VkOo0

ああ、未来できない子が城になっちゃったのはやはり無理に無理を重ねるための魔改造だからなのか。

4081 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:07:35 ID:l31bbg7o0

やっぱりやる夫とナナリーという天才二人のハイブリッドのできない子はなんか特別なのか

4083 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:07:39 ID:cnB/rSD60

天然のまま?

4084 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:07:56 ID:gjqUu8LY0

つか天然で聖杯なのw?

4089 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:09:07 ID:d555VkOo0

できない子は素でやる夫とナナリーのハイブリッドで、しかも父親は聖杯に干渉されてるわ両親ともにタイプフォーマルハウトに干渉されてるわだからなあ!

4092エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 19:10:40 ID:6UesNvsc0







     /  /  /    ヽ    ヽ   ヽ  ヽミ  ハ l
    /     /i    l  ヘ ヽ   ヘ   ヽ       l  l
   /  /   /  l   l    ヘ ヽ   ハ   \    l  ヽl
 // /   l   i   l  ハ   i ヽ         ト     lヽ
 イ/ イ  ス  ヘ _l   l  l l ,ヘ il  i l  ヘ   /ノ  \ li i
  / ハ  l ヘzxュv_ヘ  l ̄i  ト--l l-- i一 l  ヽ   /            ……………?
  / l  l リ i弋f;yliハ  lヘ lzxリ-z_リ  l  l l  l    il   l  ヘ
j /l ヘ  l ヽ ト   ヽlヘ l リ イ込気デi/ il l  l tヘ   il   l  ハ      それは、どういうこと?
   l l ヽ l ヽ.ヽ ノ  ヽ      / / l l ハ l l  /   l   }
   i l  ヽl  iヽ `、      u. / / l .l  lソ ノ ノ  / l \ヽ
   ヽ i l ヘ .ハ   _       //  /l l l イ VIヽ ノ   l   ヘ
     il  y l   `_-`    / j / / // l /VI/ニl    ヽ
    ソ   i ハ ヘ        /  //   l/ VI三ニl
        l/ ヽl ヽ _ _  -‐ //_,,. -‐''"´三三VI三三 \
         /  ̄   ̄  ̄    三三三三三VI三三 ヽ
        /  三三三三三三三三三三三三三三三三  l
       / l  三三三三三三三三三三三三三三三三  l
     /  lヽ三三三三三三三三三三三三三三三三三 l








                    ,........................ _
                   /,ィ": :/: : :\: :、: ヽ
             //: /: :/: :/:ヽ: :ヽ:\: :\
.              //: : :/: :/: : l : : 丶: :ヽ:ヽ: : 丶      聖杯としての機能など、
             /: /: : :/: : l: : : l: :i: : :ヽ: : :、: :、 : :ヽ
              /: /: : :/!:i : l: :l: :!: :!: : : :.、: : :i: : : : : :.、     ・ .・ .・ ・ ・ ・ .・ .・ .・ ・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ ・ ・
.            /: /: : : i.:l l : !: :!:.:i: :l:、: :i: : !: : : : !: : : : !    英霊を招く為の謂わば舞台装置に過ぎない。
            i ;イ: :/: :i!:l:i: :.l: :i : !: :!:i!: l: : i: :: : :.!: : : : !
.          l: :i: :.!: : l、l:l: : !: l: :.!: :!ハ:.i!: :.!: : : : !: l: : :i     獣殿を“星の王”へと進化させるためのこの儀式、
         l!: l: :.: : :.!ヾ!ヾ:ヽi!: :!: ! _iハ: : !: :l: : i: :!、 :ヽ
          i!:.:l: :丶: |弋ゝ!、: !'!:l: i!弋ン!: l: !:!: :.!: i::ヽ:.:丶    その為に必要だったからこそ後付した。
           i!: :!: : : : :!   ヾ! !.:/  ' !: i: !:l: :.i:.:i: !: : : ! ヽ
            i: : !: : : : ;!    ! !/     !ハ: !:i: : !: !: !: : : ! |
         ハ: :i: : : : :!、   ヽ      !ソ: l.:!i: :!: !: l、: : :ヽ'     そしてそれが、このグラズヘイムというわけだよ。
.         i: :i: !: : : :i:! \ ー- -‐'  //: :i/:!: l:,イ: !:ヾ: : :.、
.         /: ::!:.!: : : :!ヾ::::!\ `   / /i: : !: !: l:!:lソ、: :ト: : :ヽ
.          !,ィ‐!:、: : : iヽ'"::\` ‐ " /:::!: : !/: :!i ̄`゙ヽ'ヾ: : :!-─ 、
         /:::::::::!: :!: :.:l::::::::::::::::`─‐'"::::::::!: :.!:!: :i i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
.     ,ィ"::::::::::::::::l: :.!: : i::\:::::::::::::::::::/:::::::!: :i:,!: i!:.!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::i: :.!: : !:::::::\:::::::::::::::::::::::::i: ::i!:!:ハ:.i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i



.

4093 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:11:00 ID:uF2IIAB20

中身は別もんだけど言動がうざったいのは原作と酷似してるんだったなそういやww

4094 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:11:15 ID:CuA.syR60

聖杯になる前からまともな人間じゃないって言われたw

4095 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:11:35 ID:l31bbg7o0

つまりどういうことだってばよ!

4096 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:11:41 ID:cnB/rSD60

ガイアの抑止力さんはいいかげん魔王を派遣していいレベル。

4097 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:11:43 ID:QsJScDo20

聖杯機能がおまけってすげぇな

4099 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:13:04 ID:FTtd1quw0

願望器がどうとかはどうでも良くて、魔力の塊である英霊だけが欲しかったのか?

4100エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 19:13:24 ID:6UesNvsc0









       /: !: : : : :.\:\: : : : ヽ、ヽ: : :\
.       //: !:.!: : : : :ヽ: \:\\ヽ、: :.\: : :ヽ           私にとって必要だったのは、君の肉体が
      / !i: :i: i: : i、: : :丶: !ヽ: \\:ヽ: : ヽ: : :ヽ
    /: :i:l: :`:l:.、:l,ィト: l: ヽ!: l: !、:.ヽ: 丶: 、: :ヾ: : ト、           .・ .・ .・ .・ .・ ・ .・ ・ .・ ・ .・ ・ ・
.    i : : /! i、: !: i:弋ソ!ハ: :.!: i: l:、ヽ:.\: \: : : : :丶ヽ         「根源の渦と繋がっているから」に他ならない。
   〈|: : :!:ハヽゝ、!ト:.ヽ ' ト:/: :!:i!: !ヽ: : :ヽ: :.ヽ: : : : ヽi!
.    i:,!: :!: :ヽソ ヽ ヾ丶 !ヽ: :l:.i!: :.ソヽ: : ヽ: : :\: : :.`:.、
   i! !: :!: : :ヽ ー    , ヽ!: :.、!: !、ヽ i:ヽ: :丶: : : ヽ丶 : \_
    i !: :!、: :.:ハ ,ィ ァ'´  ヾ: :ヾ:l: i!:丶: :.、: ト、: : : : 、!ヽ: :ヽヽ      それは「平行世界を貫く多元の門」と適合しようとした
   `゙ヽ:.\: : : ヽ      ヽ : !: !i: : i、: !: !: : : : : : :`: ヽ rヽ|
      i!、:.: ヽ: : :ハ    , ィ´ハ:ヽ!:、: :! !:!: i: : : : : : : : : : !i、/      魔術師の家系と、「完全な人間」を実現する事で
.     丶!: : : ヽ: : ヽ -‐ ヽ  i!: :!:i: :.! ソ:i: !: : :,.:.:.、:!、: : i: : !
.      !: :lヽ: ヾ: \: : : : :ヽ  '; ヽ!: :!/:/:/ヽ::::::::、ノ!: :. :ヽ: i       .根源へ至ろうとした魔術師の家系。
.      /: :.!: :ヾ、ヽ: : ヽ//:.i  i !: :!: i /:/'"´::::::::::::::::::::::::::::::
      i,!: :!、: : !、\_: :イ/、:.l  `!: :i: :!!:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       その二つのハイブリッドであるからこそ実現された、
      ヽ: :.: : :.!、,:.:.:.:.: :_!// /:::!: :.ヽlヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ヽ: : :、:. ∨:::::::::::::/ !:::::i、: : i:.ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       謂わば天然の奇跡だ。
        !:,l: :,-‐':::::::::::::::'"´::::::::::ヽ: : : : :.、:::::::::::::::::::::::::::::::::
        //l/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: : : !: :ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::
    ,イ二´:::::::::::/:::::::::/:::::::::::::::/!: : : !: :!:!::::::::::::::::::::::::::::::::
.   / ∧::::::/::/:::::::::/:::::::::::::::/::::/:、: : !:!:l:i:::::::::::::::::::::::::::::::::




.

4102 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:13:54 ID:QsJScDo20

セラフィックゲートさんチッス

4103 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:13:55 ID:KeMEp2260

すごいなーできない子

4104 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:14:11 ID:tjnkDmGo0

マジでか

4105 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:14:32 ID:cnB/rSD60

両義式と同じだったよ!やったねできない子!

4107 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:14:54 ID:cpHbsxmk0

サラブレットとかいうレベルじゃねぇ

4111 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:15:15 ID:Al3xDrH60

まどか「なんかごめんね」

4113 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:15:37 ID:.wJbiIvg0

ルサルカに身体調べてもらったら、やばかったんじゃね?www

4114エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 19:16:05 ID:6UesNvsc0






                     -―   ――-  _
                 ,  ´/////////////////`, 、
              ///////////////////\////\
              ,.'///////////////\//////ヽ'///∧     しかしその「才覚」がある事を除けば、
            ////////////////////ヽ'////∧/// ∧
.             //////////////////////∧/////,!/////!     君の身体は単なる人間と何ら変わる事はない。
           ////////////////////////∧'////,!/////!
            '////////////////////,V/////////,!/////!      ――――つまりこの場で強力な宝具を
.            i//////l//lV//////,∧、'//!V//////!//!////∧
          l//////l//l/V/////∧'! \'l ヽ/////l//l/////∧     叩き込めば、そのまま壊される。
           l'////l'/l//N ヽ_////∧ヽ'"!t_ッ∨///,!'/,!'/////l∧
          li////l ∧/,!'" t_ッ l'l∨∧ヽリ   l////!//!'/////l ∧
.            l,l'///l'/∧/ト.ヽ   リ ヾ/i     ,!//////!'//!///l'/∧     無論、それが君に出来ればの話だが。
.            l/l///!//∧,l ヾ、   〈| ヾ}     !'/////l'///!゙/////∧
.           l'∧'/,!///∧',        リ   ///////!'///l//∧゙//∧
.         i   l//l'/l///_,.ヘム    ー=ニ=‐'   /' !////!///∧//∧'///ヽ
        ノ}./!'/」'/!" ̄  ヽ〉`\  ー     ,.イ////!/l///∧//∧////\
        ,.仁ニ,/  l'/!     \.\\    / .l'//////,!V//∧////////,\
     ,.ィニニ二ヽ   ゙∧ ,....._,.-、 ヽ. >'>- ´ / .l/l///!'//lニニ∧_/二////////\
.   /ニニニニ,!  ィーヾ'、-- ィ ーゝ / ̄´   / .!/!///l'/,∧二二二ニニ二二ニ-、'/\_
   /ニ二二二/- '二/V_ヾヾ/,| ̄!7l´ 、     '   !/!'///l'//∧ニニニニニニニニニニニニ
 /ニ二二二/ニニニ/V.二.l'//,! .l'/!  ヽ     /.!/!///l !'//∧ニニ二二二二二二二二二
'ニニ二二二/.ニニニ/Vニニ!'//|  l'/!  ヽ     .l/!///! .!///∧ニニニニニニニニニニ二
ニニニニニ/.ニニニ/Vニニニ!'//,!  !/! ー 、    ,. !'!// !  !/∧//ヽニニニニニニニニニニィ
二二二/ニ二二//ニニニl///|  l/!     /  '!'//l ヾl/ ∧ヘ/\、_ニニニ二二二,ィア
ニニニ二二二二//ニニ二!!'//lゝ リ'          .l'//l /_∨/∧ニ≧ー-7ZZZZZZ77ア'ニニ
ニニニニニ二二〃ニニニ二ll //|ニ〃           l'//レ'.二.∨/,∧ニニニニニニ二二二二
ニニニニニ二〃ニニニニl'!'//!_/'_ゝ__       ,ィ|'//l.ニニニV/!/∧二二二二二二二二二
ニニニニニ,ィ/.ニニニニニl'!'//!_l'.ニニニ二ヽ   /ニ|゙//l.ニニニ',∧、'/\二二二二二二二二
.ニニニ二,ィ/ニニニニ二二l'l// !_!.ニニニニ二ヽ/.ニニl'//,!ニニ二',∧ヽ'//\_ニニニニ二二二
ニ二二,ィ/ニニニニ二二l'l'//l,lニニニニニニニニニl///!.ニニ二',∧ニ\///777/////////
.ニニ二/ニニニ二二二二,'/!//!'!ニニニニニニニニ二l///lニ二二二',∧.二.`ー-∠////////
.ニニ/ニニニニニ二二,/!l///{ニニニニニニニニニl///!ニニニニV∧ニニニニニニニニニ




.

4115 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:16:48 ID:cnB/rSD60

>>4113
ルサルカ「人間だと思ったらサーヴァントで根源につながっていたでござるの巻(白目)」

4116 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:16:55 ID:cpHbsxmk0

うぜぇ…

4118 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:17:05 ID:.wJbiIvg0

水銀が全力で愉悦している…殴りたいwww

4119 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:17:17 ID:uh0ZUuVY0

イケメン、出番だぞ

4121 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:17:39 ID:d555VkOo0

鯖できない子は別に根源と繋がってないんじゃないかな。いやまあ、根源と繋がった本体と繋がってるから間接的に繋がってはいるんだろうが。

4127 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:19:38 ID:X0P9ZTkE0

BADEND覚悟で殺っちまうか?

4128エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 19:20:02 ID:6UesNvsc0







\/: :/: :  :      ヾ:      ヽ .:.
:./ 〃: :./.:  .|: :.  ハ:ヽ\  ヽ .:. i:.i
:i  '/ : : |:   :i|:.:.i  l: :ト、 ヽ   i: :.iハ!
!  .: : : i |:   小:.l   ハ l厶斗:. :.|: :.|  }  
!  .: :i:.:|ハ: _/リ !|: .' ノ′ }:ハ: :|:.:.:!    
!  .: :|斗七/   |: / ,ィf笊ミy|: ハ: ;.    
!: . .: :|'..レf示ミ、  | '  八rf:j:} 从ハノ    
:i: . : :|《ハr':f:j::}  /'    ゞ゚ ' イ乂     
:ハ. .:小  う::ソ     ,    | i ト、
: :}: .:从             小:ト:.\      …………それは根本的な解決には、ならないでしょう?
: :r´}:.::.}\ u.       ' ‘   イ:.:|ハ!::..  〉
__: : i:小. .        个ヘ: |、::.. /       ハイドリヒと貴方が健在ならば、何度でも同じことを繰り返せるんだから。
   ̄二=-_ `   ァ―.´:.:.!:.:.:`}:.:.:} {
=-__  ̄二=-__ハ:. :.:\:.:.:.:._ ノ  t
三三二=-_   ̄ ̄二=----=二  =/ | ヽ
二二二三二=-__     -=三/ |   Y
..---=二_ 二三三三三三三=-/.  |  :ハ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-=二_ -=三三=- ̄ _ ノ   | |
:.:.:.:.:.:. .:.:.:.\:.:.:.:-=二___ニ" ̄.人  i ! ト.
:.:.:.:.:.:. ヘ:.:.  \: :. :. :. :. :. :.ハ :. :.:..   ヽ:.li   :.
:.:.:.:.:.:..   ヽ :.:.: \:. :. :. :./~~ヾ:. .:.:. .  }ヾ  :.









                        __
                  ,.ィ7///////7,.、
                 /////////////∧           成る程、ならば君は私も獣殿も、そして
                   /////,ハ'lV.//////∧
                l'/lV//kリ''l///////,∧          自分自身すら殺して完全なる決着を望むと?
                 l//!リ!{ l!  リ'///////,∧
                 l//l.`  ,.   !'//l./////∧
                 リ/∧`    .!'//,!l/////∧  ,.-z=-、
                   ハ//∧_,、 !// ! !/////,.'/ニ/彡ア=、
                     l//!'///∧ !'//,! !V/,ィ//ニ/'ニミヽ  ヾ、
                      l//lV////,〉//l∧∠/.イニ〃三ミミ\
                      l//l,.∨.// l//レヘ、ニニ=〃彡=ー-ミ\
               ,.ィ=l//!ヾ、'´ ,ィl//l二ニー彡二ニ=ミニ=\ヽ
                   }ニニ!'/lミミ≧=彡!'/,!ニ=二二二二二ニ\ニ={ヾ、
                7二l//!ミニニ彡!'/l二二lニl二ニニニニ',ニニ゙,
              /ニニ!'/,!二ー二ニ!'/,!二ニニ!.l二二ニニニ(ニニゝ、
                 iニニ.;//!二二二ニ|//|二ニニ゙i二ニニニニ{ゞ=)
.                lニニ.'//!二ニニニ|//|ニニニ!二二二二二ヽ
                7ニ,'//!二二ニニl//,!二ニニl二二二ニニニニ',
                ;ニ,'//!二二二二,゙//l二ニニ.!二二ニニ/二ニニ゙、
                /=;//l二二二ニニl'//lニニニ!二ニニニ/ニニニニヽ
               /ニ;//!ニニニニニ!'//!二ニニlニニニニ/ニニニニニ}
                 ;ニ;//!二二二ニニ,'//,!二ニニlニニニ/二二ニニニl
                 lニリ'/{二二二ニニリ/,!{二ニニニ',ニニ/二二ニニニニl
                ,.イニニ.V゙、二二ニニニV{゙、二ニニ,'ニ/二二二ニニニl
            ノニニニ!.ヾ、二二二ニニヾ二ニニニ}二二二二ニニニニl
            lニ=ニニl二二二二二二二二二ニ/二二ニニニニニニl
             ',ィニニl二二二二二二二二二ニ/二二二二ニニニニ{
            /ニニニl二二二二二二二二ニニ/二二二二二二二ニ'、
.          /二'二ニl二二二二二二二ニニニ,'二二二二二二ニニニi



.

4129 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:20:06 ID:CuA.syR60

聖杯を壊す→ニートは次の世界線へ→道場?

聖杯を壊さない→獣殿を正面から倒す?

現状はこのどっちか?

4131 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:21:01 ID:d555VkOo0

せやな。水銀を止めないと解決にならん。

4132 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:21:04 ID:bznjweQc0

ミストさんが言うとうざいのにできない子が言うと頼もしい

4133 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:21:07 ID:KXDH5tbo0

水銀「ほらほら殺ってもええんよ?」

4136 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:21:44 ID:KeMEp2260

根本的な解決方法を知りたいね
どうすればいいんだろうか


4138エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 19:22:02 ID:6UesNvsc0








                   ヘ /{ ∧
                 /\V//  ヘニ=-
               _z彡         ト
              //   /   l   ヘ
              イ    /    l    k
              i l   j      l    ハ
              kl            从
               lイ_,,从     i   トil
              x====从      ハ==zx
             ヽ三三三从 ハ  从三∥
             _/三ヽ三三マメ リi ハ==∥
            /.l三=彡i=========ヾ三=ll \
           /:j::::::::ヘ:::i;;:::::::::::::::::::::::::ヾ 三三=\
          l:::::::i::::::::::::::l;;:::::::::::::::::::::::::::::ヾ 三三三ヘ
          |:::::j:::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::l::ヾ 三三三ヘ
           l:::l::::::::::::::/l::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::k 三三三ll
           i/:::::::::::::j;;;l::::::::::::::::::::::::::::::k::::::ii 三三三ll
           ヽ:::::::::::ll::ll ̄: : : ̄i ̄: : i::::::::::l l 三三ニ{
           ヽ:::: ' k:i: : : : : : : :l : : : i:::::::::::il i 三三ニll
              /: : : : : : : : :l: : : :::l:::::::::il:l .i 三三ニll
              /: : : : : : : : : : : : : :: ヽ::::::::i l 三三ニll
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ:::l \三三 l
            /: : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : :ヽ:l   ===┘
           /: : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : :ヽ
           /: : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
          /: : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ

         ┏───────┳───―――─―───―――――――――┓
         │ ナレーション: │  何を言いますか? ↓20~25から任意。  │
         ┗───────┻───―――――――─―――――――――┛




.

4139 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:22:32 ID:l31bbg7o0

……もしも未来のできない子の想定がここで自分を消し飛ばせることで
決着させるというもので獣殿へ勝つ方法とか考えてなかったよ☆
とかだったら困るな~www

4141 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:23:23 ID:cpHbsxmk0

水銀の目的について聞くか

4142 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:23:37 ID:uF2IIAB20

そんなの………………そんなの今更言われたってできる訳ないじゃない!!

私は・…・私は色々と………もう……………

と膝をつく

4143 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:23:39 ID:bznjweQc0

あなたも黄金の獣も含めて全ての敵を倒してみせる

そして私は安藤君と添い遂げる

4144 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:23:48 ID:d555VkOo0

だってそうでしょう? 私は「サーヴァント」なんだから、あなたが他の世界線で同じ事をはじめれば、そこに召喚されてしまう。
私視点としても何も解決しない。

4145 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:23:52 ID:CuA.syR60

貴方の願いは何?
ラインハルトが星の王になるのはその過程に過ぎないでしょ?

4146 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:24:33 ID:l31bbg7o0

……貴方達が諦めずに聖杯戦争を永遠に続ける気ならばそうなるわね
破滅の未来になんて絶対にするわけにはいかないもの。

4147 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:24:35 ID:5.iAYa360

そうです 私が望むのは完全な決着
…この機会に聞きたいんですけど、貴方が望むものは?

4148 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:24:55 ID:X0P9ZTkE0

>>4145

4150 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:25:16 ID:CuA.syR60

貴方の願いは何?
ラインハルトが星の王になるのはその副産物に過ぎないでしょ?

4151 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:25:24 ID:uF2IIAB20

>>4142

4154 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:25:48 ID:FTtd1quw0

>>4147

4155 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:26:06 ID:7ypgXcrg0

私の答えの前に貴方の望みを教えてくれない?
まだ時間はあるでしょう

4156 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:26:15 ID:KeMEp2260

貴方の願いは何?
ラインハルトが星の王になるのはその過程に過ぎないでしょ?

4157 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:26:23 ID:cpHbsxmk0

こんな事ばかり繰り返して…貴方の目的は一体何なの?
黄金の獣がタイプ・アースになった先に一体何を求めているの?

4158 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:26:25 ID:5.iAYa360

そうです 私が望むのは完全な決着
…この機会に聞きたいんですけど、貴方が望むものは?


4159 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:26:25 ID:4D7zJJrE0

現時点ではその判断を下すことはできない。私は貴方達のことについて知らな過ぎるし、別に貴方達が憎いわけでもない
だから貴方達が何を考えて、何を目的にして、この戦争を起こしたのか、一度話をしてみたい


4160 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:26:26 ID:tjnkDmGo0

そんな結末を私は望まない

私がほしいのはハッピーエンドだけだよ、メルクリウス


4161 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:26:27 ID:5VtCVQWI0

聖杯戦争をぶっ潰す
貴方やラインハルトの野望を崩す
どちらもやらなくちゃならないってのが主人公の辛いところなんですよ


4162 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:26:27 ID:UPkZSFjE0

私が望むのは…安藤くんのお嫁さんだ!

4163 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:26:27 ID:WgWovmCY0

ええ、特に貴方は別の世界線に移動するという逃げ道がある以上、
ここで私を殺したところで一時しのぎにしかならないでしょう?
まさか平行世界全ての私を殺すというわけにもいかないですし


4164 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:26:28 ID:uF2IIAB20

>>4142

4165 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:26:29 ID:l31bbg7o0

>>4145

4166 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:26:32 ID:caGJprCc0

私が星の王となる事で、私が生き残りハイドリヒ卿と貴方の目論見を潰す事は可能?

4167 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:26:33 ID:MhDUtjR60

そんなものは状況を把握し、進めて考える

4168 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:26:37 ID:rTZcUE7Q0

OKぶっ殺す

4169 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:26:55 ID:oWlvKdNQ0

なら、あなたは?
大勢の人を犠牲にして、未来を潰してまで、何を望んでいるの?
どうなることが、あなたの望む決着なの?

4171エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 19:29:16 ID:6UesNvsc0







.  .       /:/: . :/: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :ヽ: . :}: .| ノ
.         /:/|: . /: . : . : . : . : . :/: . : . : . : . : . : . : . : .:',:.:|:∧
.         |/ :|: /: . : .:/: . : . : . :{: . : . : . : . : . : . : . : . : ', |'
.           j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : . : /: . ィ: . }: . : . : . N
.            |:|: .:.:|: . : /l: .:.∧: . : .:,': ./ |: . ハ: }: . : . |
.            |:|: .:.:|: . /‐|: ./-、',: . :.|: ム-|: /‐}:.|: . ://    ………そんな結末は、私が望む
.             :ハ: . {:.:ム⊥/二 ',:.::.|/.二L' .⊥j: .:/
            ∧: ∨ ゞ-:::ノ  ' ヽ:j ゞ-:::ノリノ/:       ハッピーエンドじゃない。
.             /: ∧:_\  ̄        ̄ ∠:イ::.|
           !:/;;/|:∧       ;      u. /: |ヽj       そういう貴方こそ、どうなの?
             ,.-―――.\    _ _    イ -‐ '’ヽ
.            !_       ̄¬ー- .._ -―====゙、     一体貴方は、この戦争の果てに何を望んでいるの……?
         /三三≧=-__        ̄ー=三三三ミ、
.          /三三三三三三三≧=-__       ̄ー=ミ、
.        / ̄ー=ニ三三三三三三三三≧=-__      \
.  .    / ̄¬ 、   ̄ーニ三三三三三三三三三三三三≧=ヽ
.      / _  __ー 、     ̄ー=三三三三三三三三三三ミ゙、
.     {/        ̄ ‐- _       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ _ヽ










                     ,ィ'"´ ̄`ヽ_,....、
                      {  ,ィ":::::::::::`ヽ::::丶
                        /´::::::::::::ィ:/::!:::::丶::::ヽ
                    /::::::/´:::::::i!:/:::::::::::::i::::::.、
                    /イ::/::::::::::::;:::!i:::::i!::::::::::::::::::\
             ,ィ≦´:::::::::::/::::::::::::;ィ/::!:/:!:::::::::::::::::::::| i
             ,ィ彡/:::::::::::/:::::::::ィァ//:i/:::::::::::::::::::::::! !       ………………………
            ,イ/':::::::::::::/l/::::::::;/ ̄/:::::::/:::/i!:::::::::::::::::|´
          !::!/::::::::://:/:::::/:|'! /|::::/'"´` i´l:::::::::::::::!
           |::'::::::/:::://::::::/::!ヽ  !:/-─‐   〉::::::::::::l
           |:::/::::::::::l':::::::/::::|:::::\ '     /:::::::::::::/
.            /:::::::::::::::::::::::::/:::::::!::::::::| >  _ /:/::::::/::::!
.         /:::::::::::::::::::::::::/::::::::::!::::::::`ヽ /::::/::::::/:::::::::〉
      ,..ィ::::::/:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/::::::/::::::/:::::::::::::\
   ,...イ::::::://:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/::::::::/:!':::::::::::/:::::::::::::::::::::\_____
  /:::::/ ̄ /::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/:://:::::::!:::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
/::/     /::::::::::::::::/::::::::::::/!/::/:::/::::::::::!:::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_
/!i ,ィ'" ̄:::::::::::::/イ::::::::/:/::::::::!::::!::::::::::::!:::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
! 〉':::::::::::::::::::::::/::::::/::::/'"´::::::::::::::i::::ヽ:::::::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::::::::::::::::::::::::::`::::::::::::::::::::!:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!



.

4172 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:29:36 ID:CuA.syR60

ニートの目的次第で、オカリンとの関係も分かるかもしれないよね…

4173 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:29:53 ID:bznjweQc0

水銀の正体わかるかなー?

4174 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:30:06 ID:d555VkOo0

お、水銀の目的について踏み込めるか?

4176エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 19:33:55 ID:6UesNvsc0














             γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
             |     …………君は“第二魔法”が、どういうものか知っているかね?   |
             乂_____________________________..ノ













.

4178 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:34:33 ID:KeMEp2260

話してくれるか…

4179 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:34:37 ID:bznjweQc0

……第二魔法……だと?

4181 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:35:35 ID:l31bbg7o0

知るわけないじゃん。魔法の事を真に理解しているのはその魔法使いだけでしょ

4184エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 19:36:44 ID:6UesNvsc0







.              _ 、    ィ
             ≧⌒ `‐イ⌒≧
.  .       /´ ̄ `    _  \
.        //      イ´ ⌒ヾ―-  _
.  .     / /´   /    , -‐-   _ ニ= 、
.      / / ィ   /    /          `ヽ
.  .   /イ./   /    ´    / / / i     ヽ
.      }/    /    /    / / /  .|   i   `
.      /   ,     ,     イ / イ   l   ' |
.      ,   .|     |    寸7Tヽ l   l  イ l   }
.      | ,   |     |   ャzぇミ、 |   '7寸ハ} / '
.      }ハ .∧   i  .l  { 弋タ ヽ、/ セテぇ、 ,.' /       ………………?
.  .     ∨  ,  ハ  、 l   ̄    ′ ゙ー゚ イ /
.        } .∧  }  {、{        , /{ /
.  .       {ハ/  ヽ ト、トヾゝu.        イ/
            } レハヘ ヽ、.   __ --――-、
.           / ̄ ̄ ̄`¬ー- ̄_    ____ヽ
.  .        }=‐-___        ̄ー=三三三三ミ、
.          /三三三三三≧=-__      ̄ー=三三!
.       /-=ニ三三三三三三三三≧-__      ̄`\
.      /ー-_、   ̄‐=三三三三三三三三三三三ニ=-ヽ
.    /=‐__>、_     ̄ー=三三三三三三三三三三ミ、
.  .  i/ ̄       ̄ー- _     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__ }











                  /////////////!//////!////////////∧
             //////////////!//////,!////∧'//////∧      ハジマリ
                '////////l/////,l///////l/////∧//////∧     「第一」に次いで、この世界が
               i//,l//////!/////l///////l,!//////l'//////∧
             i'//,!//////!'/////!'//////,!'!//////l////!//∧     「多くの可能性を持つ世界の連なりである」と
               '// l'//!///,l//////!//////,|'l !'/////,!'///!'//∧     
.              '/////l'////!//////!//////|'| l/!////,!///l'///∧                キセキ
             //////l/////!//////!//////!l !'ll////l///l////∧     定義した第二の「魔法」。
              ///////l/////l//////!l/////,l'!'"l'!l'////!'//!/l'///∧
          ////////!/////l//////!.l'////,リf刋「l////!//l//!'///∧     文字通りの「平行世界の運営」。
.         /'///////,!/∧//l∨////l l/// /  ̄リ l////!//l'//!'///,∧
.       ////!//////l'//,lV/,! ヾ∨//!}// /   ,l !///.!//l//∧'///∧
     //////l//////∧//!゙、ゝ、  ` ヾ ソ    ′,!//////l///∧'///∧
.   ////////,!///////∧'/!'.\     ヽ '    /l//////l////∧////ヽ
.  //////////,レ‐-.、/l////lV! ( .\  ー 一 ,. '  !//////l、//,-―‐、'///,\
. ,.'///////////   ,. !'///,! ゙,! \ .丶   /   /l'///l///l \    ∨'////,\
///////////  /   !'///l ヾ、  ヽ `     / !///!'///!        }'///////ヽ__
//'" ̄ ー'′      .l'///,!   `    \   /´  /.l///l////!  ―-  ´ ̄},.-‐  ̄,. -‐, )



.

4185 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:38:18 ID:gjqUu8LY0

水銀の目的がとうとう明かされるのか…

…そもそも覚えてたんだこいつ

4186 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:38:26 ID:d555VkOo0

世界線を自由に分岐させられる、くらいの認識で良いのかなあ。第二魔法でも一応時間移動と主観歴史操作はできるようだし

4188エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 19:42:34 ID:6UesNvsc0








       /: !: : : : :.\:\: : : : ヽ、ヽ: : :\
.       //: !:.!: : : : :ヽ: \:\\ヽ、: :.\: : :ヽ         そう、この世界が無数の「可能性の分岐」を持つと
      / !i: :i: i: : i、: : :丶: !ヽ: \\:ヽ: : ヽ: : :ヽ
    /: :i:l: :`:l:.、:l,ィト: l: ヽ!: l: !、:.ヽ: 丶: 、: :ヾ: : ト、        定義したこの奇跡だが――――――
.    i : : /! i、: !: i:弋ソ!ハ: :.!: i: l:、ヽ:.\: \: : : : :丶ヽ
   〈|: : :!:ハヽゝ、!ト:.ヽ ' ト:/: :!:i!: !ヽ: : :ヽ: :.ヽ: : : : ヽi!
.    i:,!: :!: :ヽソ ヽ ヾ丶 !ヽ: :l:.i!: :.ソヽ: : ヽ: : :\: : :.`:.、      世界を改変する法則自身を、その世界の内側に
   i! !: :!: : :ヽ ー    , ヽ!: :.、!: !、ヽ i:ヽ: :丶: : : ヽ丶 : \_
    i !: :!、: :.:ハ ,ィ ァ'´  ヾ: :ヾ:l: i!:丶: :.、: ト、: : : : 、!ヽ: :ヽヽ     内包してしまっているという矛盾も孕んでいる。
   `゙ヽ:.\: : : ヽ      ヽ : !: !i: : i、: !: !: : : : : : :`: ヽ rヽ|
      i!、:.: ヽ: : :ハ    , ィ´ハ:ヽ!:、: :! !:!: i: : : : : : : : : : !i、/             ・ .・ .・ .・ .・ ・   ・ ・ .・ .・ .・ ・
.     丶!: : : ヽ: : ヽ -‐ ヽ  i!: :!:i: :.! ソ:i: !: : :,.:.:.、:!、: : i: : !      鶏と卵では鶏が先なのか?卵が先なのか?
.      !: :lヽ: ヾ: \: : : : :ヽ  '; ヽ!: :!/:/:/ヽ::::::::、ノ!: :. :ヽ: i
.      /: :.!: :ヾ、ヽ: : ヽ//:.i  i !: :!: i /:/'"´::::::::::::::::::::::::::::::    
      i,!: :!、: : !、\_: :イ/、:.l  `!: :i: :!!:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ヽ: :.: : :.!、,:.:.:.:.: :_!// /:::!: :.ヽlヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    
       ヽ: : :、:. ∨:::::::::::::/ !:::::i、: : i:.ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        !:,l: :,-‐':::::::::::::::'"´::::::::::ヽ: : : : :.、:::::::::::::::::::::::::::::::::    
        //l/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: : : !: :ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::
    ,イ二´:::::::::::/:::::::::/:::::::::::::::/!: : : !: :!:!::::::::::::::::::::::::::::::::    
.   / ∧::::::/::/:::::::::/:::::::::::::::/::::/:、: : !:!:l:i:::::::::::::::::::::::::::::::::




.

4190 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:43:22 ID:4D7zJJrE0

神々の現出でも招いたのか?

4191 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:43:35 ID:.wJbiIvg0

…単刀直入で言えニートwww

4192エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 19:44:45 ID:6UesNvsc0








                    ,........................ _
                   /,ィ": :/: : :\: :、: ヽ
             //: /: :/: :/:ヽ: :ヽ:\: :\      それに、可能性の分岐が文字通り無限に連なるのであれば、
.              //: : :/: :/: : l : : 丶: :ヽ:ヽ: : 丶
             /: /: : :/: : l: : : l: :i: : :ヽ: : :、: :、 : :ヽ     .「第二魔法」が最初に発生した世界線とは異なる世界線でも、
              /: /: : :/!:i : l: :l: :!: :!: : : :.、: : :i: : : : : :.、
.            /: /: : : i.:l l : !: :!:.:i: :l:、: :i: : !: : : : !: : : : !     「第二魔法に至る者」が現れて然るべきではないか?
            i ;イ: :/: :i!:l:i: :.l: :i : !: :!:i!: l: : i: :: : :.!: : : : !
.          l: :i: :.!: : l、l:l: : !: l: :.!: :!ハ:.i!: :.!: : : : !: l: : :i
         l!: l: :.: : :.!ヾ!ヾ:ヽi!: :!: ! _iハ: : !: :l: : i: :!、 :ヽ      しかしそうなれば、再び事象の改変が発生するのか?
          i!:.:l: :丶: |弋ゝ!、: !'!:l: i!弋ン!: l: !:!: :.!: i::ヽ:.:丶
           i!: :!: : : : :!   ヾ! !.:/  ' !: i: !:l: :.i:.:i: !: : : ! ヽ     仮にそうなったとしたら、「平行世界」という概念はどうなる?
            i: : !: : : : ;!    ! !/     !ハ: !:i: : !: !: !: : : ! |
         ハ: :i: : : : :!、   ヽ      !ソ: l.:!i: :!: !: l、: : :ヽ'
.         i: :i: !: : : :i:! \ ー- -‐'  //: :i/:!: l:,イ: !:ヾ: : :.、
.         /: ::!:.!: : : :!ヾ::::!\ `   / /i: : !: !: l:!:lソ、: :ト: : :ヽ
.          !,ィ‐!:、: : : iヽ'"::\` ‐ " /:::!: : !/: :!i ̄`゙ヽ'ヾ: : :!-─ 、
         /:::::::::!: :!: :.:l::::::::::::::::`─‐'"::::::::!: :.!:!: :i i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
.     ,ィ"::::::::::::::::l: :.!: : i::\:::::::::::::::::::/:::::::!: :i:,!: i!:.!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::i: :.!: : !:::::::\:::::::::::::::::::::::::i: ::i!:!:ハ:.i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i







.  .       /:/: . :/: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :ヽ: . :}: .| ノ
.         /:/|: . /: . : . : . : . : . :/: . : . : . : . : . : . : . : .:',:.:|:∧
.         |/ :|: /: . : .:/: . : . : . :{: . : . : . : . : . : . : . : . : ', |'
.           j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : . : /: . ィ: . }: . : . : . N
.            |:|: .:.:|: . : /l: .:.∧: . : .:,': ./ |: . ハ: }: . : . |
.            |:|: .:.:|: . /‐|: ./-、',: . :.|: ム-|: /‐}:.|: . ://
.             :ハ: . {:.:ム⊥/二 ',:.::.|/.二L' .⊥j: .:/        …………一体、何が言いたいの?
            ∧: ∨ ゞ-:::ノ  ' ヽ:j ゞ-:::ノリノ/:
.             /: ∧:_\  ̄        ̄ ∠:イ::.|
           !:/;;/|:∧       ;      u. /: |ヽj
             ,.-―――.\    _ _    イ -‐ '’ヽ
.            !_       ̄¬ー- .._ -―====゙、
         /三三≧=-__        ̄ー=三三三ミ、
.          /三三三三三三三≧=-__       ̄ー=ミ、
.        / ̄ー=ニ三三三三三三三三≧=-__      \
.  .    / ̄¬ 、   ̄ーニ三三三三三三三三三三三三≧=ヽ
.      / _  __ー 、     ̄ー=三三三三三三三三三三ミ゙、
.     {/        ̄ ‐- _       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ _ヽ




.

4193 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:45:03 ID:oWlvKdNQ0

科学的には、鶏の方だという結論が出たって話でしたね。

4194 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:45:16 ID:gjqUu8LY0

考えても考えても意味がわからないので
私は考えることをやめた

4196 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:45:39 ID:d555VkOo0

世界線を無限に分岐させれるように思えるが、本当は分岐できるパターンは最初から限られてしまっているのではないか、と言うことか。

4197 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:45:57 ID:FTtd1quw0

ええい、まどろっこしい!

4198エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 19:46:05 ID:6UesNvsc0







                        __
                  ,.ィ7///////7,.、
                 /////////////∧             つまり、世界というのはこの「矛盾」を
                   /////,ハ'lV.//////∧
                l'/lV//kリ''l///////,∧             解消するために、酷く単純な方法を取った。
                 l//!リ!{ l!  リ'///////,∧
                 l//l.`  ,.   !'//l./////∧
                 リ/∧`    .!'//,!l/////∧  ,.-z=-、
                   ハ//∧_,、 !// ! !/////,.'/ニ/彡ア=、
                     l//!'///∧ !'//,! !V/,ィ//ニ/'ニミヽ  ヾ、
                      l//lV////,〉//l∧∠/.イニ〃三ミミ\
                      l//l,.∨.// l//レヘ、ニニ=〃彡=ー-ミ\
               ,.ィ=l//!ヾ、'´ ,ィl//l二ニー彡二ニ=ミニ=\ヽ
                   }ニニ!'/lミミ≧=彡!'/,!ニ=二二二二二ニ\ニ={ヾ、
                7二l//!ミニニ彡!'/l二二lニl二ニニニニ',ニニ゙,
              /ニニ!'/,!二ー二ニ!'/,!二ニニ!.l二二ニニニ(ニニゝ、
                 iニニ.;//!二二二ニ|//|二ニニ゙i二ニニニニ{ゞ=)
.                lニニ.'//!二ニニニ|//|ニニニ!二二二二二ヽ
                7ニ,'//!二二ニニl//,!二ニニl二二二ニニニニ',
                ;ニ,'//!二二二二,゙//l二ニニ.!二二ニニ/二ニニ゙、
                /=;//l二二二ニニl'//lニニニ!二ニニニ/ニニニニヽ
               /ニ;//!ニニニニニ!'//!二ニニlニニニニ/ニニニニニ}
                 ;ニ;//!二二二ニニ,'//,!二ニニlニニニ/二二ニニニl
                 lニリ'/{二二二ニニリ/,!{二ニニニ',ニニ/二二ニニニニl
                ,.イニニ.V゙、二二ニニニV{゙、二ニニ,'ニ/二二二ニニニl
            ノニニニ!.ヾ、二二二ニニヾ二ニニニ}二二二二ニニニニl
            lニ=ニニl二二二二二二二二二ニ/二二ニニニニニニl
             ',ィニニl二二二二二二二二二ニ/二二二二ニニニニ{
            /ニニニl二二二二二二二二ニニ/二二二二二二二ニ'、
.          /二'二ニl二二二二二二二ニニニ,'二二二二二二ニニニi
       /ニニ/ニニl二二二二二二二二二ニiニニニ/二二二二ニニヽ
    /ニニニ/二二l二二二二二二ニニニニl二ニィ二二二二二二二ニ\
    .'二二二二ニニl二二二二二二ニニニニlニニi;;;(_二二二二二二二二二
.     !二二二二二ニl二二二二二二二二二ニlニニl;;;;;;;;ヾ二二二二二二二ニト
     l二ニニニニニl二二二二二二二二ニニニ',ニ=ヾ;;;;ヾ二二二二ニニニニヽ
.     ',二二ニニニ{二二二二二二二二二二ニ',ニr-‐';;;;;;;}二二二ニニニニニ
.      ',二二二二ニ〉二二二二二二二二二ニニヽ;;;;;;;;;;;;;;}二二二二二二ニニ




.

4199 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:46:14 ID:l31bbg7o0

つまりどういうことだってばよ!

4200 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:46:35 ID:cnB/rSD60

それが世界線?

4201 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:46:47 ID:gjqUu8LY0

そんなことよりお前を殴らせろ!

4203エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 19:47:06 ID:6UesNvsc0















              γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
              |                                  キシュア・ゼルレッチ             |
              |     ―――――“第二魔法”に至った者は全て、“一番最初の到達者”になる。    |
              乂__________________________________..ノ











.

4205 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:47:41 ID:gjqUu8LY0

…はい?

4206 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:47:42 ID:d555VkOo0

それが世界線の収束か。で、オカリンの話に接続するわけか?

4207 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:47:42 ID:UPkZSFjE0

えっそうなの

4211 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:48:04 ID:2SE91egE0

り・・・理論は知ってる・・・!

4213 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:48:15 ID:gjqUu8LY0

なるほど分かった!
みんなあの妖怪爺なんですね!

4215 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:49:03 ID:0OOCM8Cc0

複数の逸話が一人の英雄にまとめられちゃうとか、暗渦の中入ると同化しちゃうっぽいのと同じ感じ?

4216 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:49:06 ID:tPrjy6k60

第二魔法に至った瞬間に強制的にゼルレッチ・ダウンロード?

4217 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:49:15 ID:cnB/rSD60

確かゼルレッチってどの平行世界でも一人だけなんだっけ?
どこかで読んだ気がする。

4219エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 19:49:26 ID:6UesNvsc0







.  .          /      i / <´       >::> >..._
.     、__ , ィ    /   ハ !  ,, -        ハ 从 <
.       ̄ ̄= ≠  { i   /八! /           }/ ヾミ;、
.            /   !i!  //  ,'                \
.            ,'    ハ  川 /  ,     /            ハ
.  .        /     ∧ |  ,  ,'     ,ィ       ,'   i
.          / _,      }! i  ,'   ,/ ,'    / /i   ./|   ハ
.      / イ7      |  |  ,' ´¨,テナ=i‐-  ィ/ 十-.|,,_i    .i
.       ̄  i   i!  从  | .i l 卞ヮェz,ミ_/./| /ヽ川,;    .|
.          |  / .|   ∧ .| .| l 、゙弌歹 ゙`   l/,ィ示ュ,.ノ/   .|
.          人 八 {、  ,' ∧ > l, ` ー- '´     、゙'"´, //  / ノ.,'
.         / | {_ ノ!   |::|{ \!            ̄ イ.///./
             Vーイ{   |::| ト.、 > u.       '   イ/          ッ――――――――…………。
             i'" ̄ ̄ ̄ ̄` ー-  二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二ニヽ
         ├-___          ̄'ーニ三三三三三!
.  .        /三三三三三≧‐-_        ̄ーニ三三゙、
.  .      /三三三三三三三三三≧=-__       ̄ーヽ、
.       /_  ̄ーニ三三三三三三三三三三≧=ー--___ ヽ
.  .   /===`ー _    ̄ー=三三三三三三三三三三三三三ミ、
.     /'",..-――- ̄- _      ̄ー=三三三三三三三三三ニヽ
.  .   {/          ̄ ‐-._                __..、ヽ










                _,,,,... -―- ._
.            , ィ/////////////,> 、
            //////////////////// \
.           ////////////////////////\
.          ,'//////////////////////////ヽ
.          !'//////,i//////i/////////////∧
         l///////l///'//,!////////////,!//!
         l//////,-!'//l'/l/!//////'‐!'//////,l
.          !゙/////〉:l'//,!'/l/V///,'゙ ///////,/
.          l'/////l !//,!'/l∨//ー‐//,イ-///'゙
.           i'///l'/,l !'////! ヾ{   /'゙  、'//'            ・ ・ .・ .・ .・ .・ ・ .・ .・ ・ .・ .・ .・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
.        /////!'/,! .l'////!       , ィ/!       つまり「発生の起点を最初から固定してしまえばいい」と、
         ////////へ!////l、   ` ー ,イ///!
.     /////ノ/// .!'///,l. ,.、z,,,,,,,.ィl////,l        そういう単純な話だよ。
      '/////////'  l'///,l'  \彡',l////,l
.     >'"ニニl,イ/,.'\  l'///,l ,...:':/ニ、l////l         そして到達者は全て、世界の側から「修正」を受ける。
    ニニニ,イ/, 仁ニ\ l'///,l'ヽ:::/ニニ!'///l
    ニ///ニ', ニニニヽ!'///l !lV二二l'///!
     ニイ'//ニニ', ニニニヽ///!.l二ニニ!'//,!





.

4220 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:49:54 ID:d555VkOo0

水銀「やったー第二魔法開発したよー!」
世界「他の世界と開発者違うとややこしいからお前がキシュア・ゼルレッチだったことにする。過去に至るまで改竄する。反抗は許さない」
水銀「 」

ってことか

4222 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:50:22 ID:CuA.syR60

つまり、オカリンは第二魔法に到達したことでゼルレッチになった?

4223 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:50:39 ID:FTtd1quw0

つまり岡部倫太郎が「第二魔法」に至ったとして、それまでの人生がキシュア・ゼルレッチとして生きた物に改変される?

4225 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:50:46 ID:4D7zJJrE0

つまり第二魔法に至った時点で存在を書き換えられて
至る前の存在はなかったことにされてしまう?

4227 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:50:56 ID:bgefyAgo0

存在を上書きされたってことか・・・

4228 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:51:06 ID:uF2IIAB20

エミヤ「マジで世界って碌な事しねーな」

4231 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:51:26 ID:l31bbg7o0

えーとつまり第二魔法に至り何とかして大切な人を救いたいと思っても
第二魔法に至った瞬間にゼル爺になるからそういう想いも消えるってこと?
だから大切な人を救うには第二魔法に至ってもゼル爺にならない必要があり
そのために世界の意志を超越した星の王が必要?

4232 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:51:29 ID:gjqUu8LY0

その枷を粉砕して元の自分を思い出す…みたいな感じですかね?

4234エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 19:51:55 ID:6UesNvsc0









         γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
         |    私も、何か目的があって“第二魔法”を求めていたはずだ。     |
         乂___________________________..ノ






                       γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                       |     それだけは覚えている。その情熱はまだ私の中で燻っている。   |
                       乂_____________________________..ノ











              γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
              |      ・ ・  ..・ .・ ・ ・ .・ ・ ・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ ・ .・ ・ .・ .・ .・ .・ ・ ・      |
              |     だが、私はもう自分が何者だったのかすら思い出せない。    |
              乂___________________________..ノ







.

4235 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:51:56 ID:0OOCM8Cc0

……あれ? キイちゃんもしかしてお父さんと初っ端に再会してた?

4238 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:52:23 ID:KeMEp2260

修正されたか

4239 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:52:39 ID:l31bbg7o0

ゼル爺になりかけていて元の人格が消滅しかけているってこと?

4240 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:52:44 ID:gjqUu8LY0

ほんとに救われねえな

4241 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:52:44 ID:cnB/rSD60

擦り切れた……というか上書きされてしまったのか。

4242 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:52:46 ID:UPkZSFjE0

悲しい話だな…

4244 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:53:01 ID:kg2W4tFc0

砂浜に消えた足跡は水銀になる前の到達者の未練や心か

4247 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:53:44 ID:cnB/rSD60

水銀ー。エル・プサイ・コングルゥって言ってみてー。

4248 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:53:47 ID:j4SPvzPA0

世界の修正って星の意思なのか?
平行世界の矛盾とか、もっと上位に意思による改変なんじゃ・・・?

4249 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:54:04 ID:J/rBRJas0

英霊が「英霊の座」に座るように、「第二魔法の行使者」という座に座る事になるのかねぇ?

4250エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 19:54:30 ID:6UesNvsc0








         , ′.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::.‘,
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.‘,         ―――――何だそれは。
      ./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ‘,
     /.: : : : : : : ::.:.',.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.‘,        私はそんな茶番の為に「奇跡」を求めたわけではない。
     ,': : : : : :.:./: : :',: : : : : : : : : : : : ハ: : : : : : : : : : :‘,
    .{: : :.{: : :.´{^ヽ、 | : : : : : : : : : : : |. ', : : : : : : : : : : ‘,       こんな結末が認められるはずがない。
     | : : |: : : : ', /} | : : : : : : : : : : : | } : : : : : : : : : : : ‘,
...   .| : : ',.: : : :.弋)j }|`i: : : : : : : : : :.|./: : : : : : : : : : : : : :‘,
      ',: : :.:' ,:、ヽ、\ ||. | : : : : : : : : : リ.',: : : : : : : : : : : : : : :‘,       ……………あぁ、故に求めたのだ。
      ',: : : : }ヾ!. `ヽリ ',: : : : : : : : : | . ',: : ∧: : : : : : : : : : : ‘.,
     .人: :.:.ノ __       ,: : : : : : : : | ./}: :.} ハ.: : : : : : : : : : :.:.‘ ,    .   セカイ
       .个ト. ._`ト、-= ´′: : : : : :.:.:|/ .|: :,' / ',: : : : : : : : : : : : : ‘ .,      神を殺す為の手段を。
.      | |: : : : :.| : ヽ  ',: : : : : : :.:.|  |: :l/  ∧: : : : : : : : : : : : : : :.:‘ ,
        | |: : : :.:.| : : : ヽ_...: : : : : : :|\!: :!  /  ` :、: : : :.:..:_: : : : : : : : :
       | |.: : : :.|!.: : : : : :.:.',: : : : : : :| .|: :l /    //`¨./    ` ¨ …- .
.      ,':,': : : :.,'|: : : : : : : :}.: : : : : :.| ,' ,.' /...|\.//  ./          \
        //: : : :/ .! : : ,. イ |: : : : : : | ,':,.'レ′ |\ l.|  /
.       //: : : :/  |: :〈 ,r'.}. !: : : : : :.|,':,'./   |ゞl/l.| ,'
      //: : : :/   .|: : :',.!r'./.|: : : : : :.|| |.仁二\. .l.| |
.     //: : : :/    ! : : |.リ/ !: : : : :.:.|| |<\. \\l.| |
    //: : : :/     |: : :.| =_.|: : : : ::.:.|: |. \.\ . \_| {
.   //: : : :/     |: : :.|/ ,': : : : : : :.:.|.   ‘,‘,\  ', ',
  //: : : :/     |: : :.|  /.: : : : : : ::.:.|.   ‘,‘, \. {. ',
. //: : : :/     |: : :.{  /: : : : : : : : : :|.   ‘,‘,  ヽ '.,




.

4251 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:55:25 ID:gjqUu8LY0

それがタイプ・アースか

4252 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:55:30 ID:cpHbsxmk0

星の意志を殺した所で自分を取り戻せるとは限らんし、それに…

4253 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:55:41 ID:UPkZSFjE0

修正力ぶっ殺す気かwww

4254 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:55:56 ID:d555VkOo0

……さて。どうすればきぃちゃんの所にオカリンを帰せるのやら。世界殺す以外で。

4255エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 19:56:01 ID:6UesNvsc0








                    、   ,バ
               ,.ノ    }i /  } }
               //   .ノ'´  _,ノ厶 ____ .ノ' 、
             / .′ /  . ´_.彡'て⌒¨´   }ヽ
              i  {.∠..__/,______⌒ヽ、    ノ  }    ,
          _ ___j,/ r‐ 、{ {三三三≧z,,_.> ´ __,.ノ   _,ノ}
     __彡‐  /  il三弐. `⌒¨¨¨¨ア´    ‘⌒¨´__,.ノ
      /   /   ,|iア´  ___.    ′         `¨て.._ _____.,ノ
    /     /    i」′  __,/              _ `弋⌒¨´
.      / '   i li廴 _,/        . ,    、   `丶. `ヽ、
    i /j/       | |「  /           / / i、    ヽ    、 \、\
    |,/ .′i i  、八{`¨7         /_,/_∧_|_\ ヽ  }  、 \ 弋ト-`
    l{ {  | |  l\_ _j i     ,/ _}.厶.斗{__ ヽi _,ハi  l、 ヽ.}`
     ‘, l  、 l\7^1、|、   ノ{ _人_jぅ_j厂` | 瓜j  |、\  \
     ‘, {   \}〉, { r{ い.     ∨   `¨¨`   j.ノ迅}  ,jハ `ト--`ー
      ,}人  . i'∧ヽ.\l八 ヽ、  |           〉|.ノi{ _j ノ
         ヽi |//i\\__、ヽ、`ト|             / 从弋 て´
         l |//| ,i'>、_{,\ \}  し       __,  ′` ミ_,
         ,ノ ∨∧_}//,厶            <´ ノ /           ………何を、するつもりなの?
        / /} \{///{,//〉、   `  .._     ,.′
      / ./. i'" ̄ ̄ ̄ ̄` ー-<二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二ニヽ
     ,{  i{..゙├-___          ̄'ーニ三三三三三!
     ノ' 、弋../三三三三三≧‐-_        ̄ーニ三三゙、
       `¨゙/三三三三三三三三三≧=-__       ̄ーヽ、
       /_  ̄ーニ三三三三三三三三三三≧=ー--___ ヽ
.     /===`ー _    ̄ー=三三三三三三三三三三三三三ミ、
     /'",..-――- ̄- _      ̄ー=三三三三三三三三三ニヽ
.     {/          ̄ ‐-._                __..、ヽ





.

4256 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:56:05 ID:D0duBhJU0

なにいってだこいつ

4258 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:56:11 ID:bgefyAgo0

神を殺すために根源に繋がってるできない子が必要だったってことかな

4262 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:56:46 ID:d555VkOo0

獣殿はあくまでも世界を殺すための道具でしかないのか。

4263 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:56:51 ID:nJEkXrjE0

ぶっ壊れた狂人に成り果てたことはよく分かった。

4265エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 19:56:54 ID:6UesNvsc0







                      ,、-''"/:::::::ヽ::\
                    /:::::/::::::::::::/:::',:\::\
                 ,、-''/::::::::/:::::::::://::::::::',::::|:::::':,
            ーー'"´.//::::://::::/ヘ/:::::::|:::::',::::::::::',           ヘ、
               / /::::::/:.:イ::/ヒッx/:::イ::::|:::::::|::::::|:::',       __ノ´,、ーー`''‐-、,
             _,/´  /::::::/:.:/:|::':,  /|/ |:::/ °/:::::::::::|ヽ     ”ぅ,、-''",、-''_/γ ノ \
          _/´    /:::::::/:./ヽ|、 .,__´ リ /::/|::::::::::::| ヽ      ー`´ `''-、, ノ /   \ _
        _/´     /:.:.:.:::|.:|:;:;:;:|':、 `'''‐`-'- /;/:::::/:::::|              </ ヽ    \>i
      //     /:.:.:.:.:.:.:|:.|:;:;:;:;:;:;|\   ,/;;;;ノ::::::::::::::|               ',`;;-、, /,、-;;";;|
    .//      /:.:.:.:.:.:./|:.|;:;:;:;:;:ヘ  ヽ-'",、|V:::::::::/:::|:|                ヽ,ミミ三三三彡',
   //      /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.リ__μ〈  >, ヘ´   ソ:::::::/ |::|                 ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
 //      /¨二ー=--‐ャ ||;;;;;;;'; i; / | | 〉 /:://;;|::|ーーーー、―――‐-、.,,_;;;;;;;;;;,,,|',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l,
//      /| | / /ー'´フ_||;;;;;;;;;;';ヽ/:::|_//V/:./;;;;/:/|;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;> 〉/////〉 〉;;;;;;;;;;;;;;;;;|;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;,i,
/     // . . ヽヽ////| ||||;;;;;;;;'; >;;;;;;ソ /:./;;||/:/;||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /////////;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
       |/   | .   /;;;;;;| ||||||;;;;;;;;'; 〉;;;;ス /:/;;;;;|/:/|| |;;;/;;;;;;;;;;;/ //\'// /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''-、,,.、-‐''"
     /:|    / ./;;;;;;;;;;/ _, -'"'ー-';/;;;;;;;;',/:./ー/:./__|;;;;;;;;;;;,-'/ /ヽ _ノ/ /__,,.、-‐'' "^´ ̄
   /:.:,,.|. _/./;;;;;',;;;;;γ´;> || <'"´`i,;;;;;;;;/:./;;;;;/:./,\;;;;;;;/;,./ ̄ ̄ ̄ ̄
  /|`''-、,    <;;;;;;;;;;;;ゝ;;;;;;//,   ',;;;;;;;;i,;;/:./;;;;//;;;\\;;;;;;;|
../:.:.:.|//////`''ーゝ;;;;;;;;∧//;;;;;',ー‐',;;;;;;/:.//:./,、-''",.-'";;;;;|
´:.:.:.:.:.|///////////|;;;;;;;/:.:ト、`'-、'.:::::::::',/:.:.:./:.:/-'",、-''",/;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:.:.|''-、,///////|;;;;;;/:.:.:|;;;;;`''-、,',:::::::ソ:.:./:.:/,、-''";;´'l l´;;;;;;;;;;|              ・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ .・ ・
:.:.:.:.:.:.:.|;;;;;;;;;;;;;; ̄;;7";;;;;/:.:/|;;;;;;;;;;;;;;;;;',/:.:.//´;;;;;;;;;;;;;;;;|::::|;;;;;;;;;;;|     ――――――根源の渦の破壊だよ。
:.:.:.:.:.:.:.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;/:.:./  |;;;;;;;;;;;;;;;/:.:.:/ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:.:.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;/:.:./   |;;;;;;;;;;/:.:./ />;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;;|      全ての事象の発生点。
:.:.:.:.:.:.:|;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;/:.:/    |;;;;;/:.:/|::|ヽ:::::::::',;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:〈;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;|.:/     ',/:./;;;;;;|::|;;;;;',:::::::::',;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;|       私をこの茶番に陥れた「神」を殺す。
:.:.:.:.:.:.:'i;;;;;;;;;;;;;;;;;//     //;;;;;;;;;;;|::|;;;;;;;;',:::::::::>;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:.:.:.\;;;;/:.:./     //|;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;',<ヽ>,>.,;;;;i,::'i;;;;;;;;;',
:.:.:.∥:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    // /;;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、:::::\;;;i,::'i;;;;;;;;;',




.

4269 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:57:28 ID:ANouGi6.0

いやいやいやwwww正しいけど正しくねーよww

4270 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:57:32 ID:cnB/rSD60

うん、それムリゲー。

4271 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:57:33 ID:KeMEp2260

目的が壮大すぎるなw

4272 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:57:40 ID:UPkZSFjE0

根源「なんで聖杯戦争なのに俺を求めてくれる人がいないの?」

4274 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:57:48 ID:d555VkOo0

その世界での最強を目指した獣殿以上にスケールでかかった!

4275 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:57:52 ID:WgWovmCY0

できない子「お前は何を言っているんだ」

4282 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:59:26 ID:j4SPvzPA0

根源の渦に至って見失った自分を探すとかなら分かるけど
根源の渦すらぶち壊したら情熱の元になった何かさえ失っちまうだろ・・・

もうどうでもよくなったんだな・・・無理心中か


4285 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 19:59:50 ID:gjqUu8LY0

もはや星がどうのとかじゃないレベルの被害な気がするが

スケールでかすぎて訳分からんw

4288 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:00:25 ID:.wJbiIvg0

何を言っとるのだwww手段が目的かしたから目的を破壊ってアホかー

4290エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 20:00:27 ID:6UesNvsc0





\/: :/: :  :      ヾ:      ヽ .:.
:./ 〃: :./.:  .|: :.  ハ:ヽ\  ヽ .:. i:.i
:i  '/ : : |:   :i|:.:.i  l: :ト、 ヽ   i: :.iハ!
!  .: : : i |:   小:.l   ハ l厶斗:. :.|: :.|  }  
!  .: :i:.:|ハ: _/リ !|: .' ノ′ }:ハ: :|:.:.:!    
!  .: :|斗七/   |: / ,ィf笊ミy|: ハ: ;.    
!: . .: :|'..レf示ミ、  | '  八rf:j:} 从ハノ    
:i: . : :|《ハr':f:j::}  /'    ゞ゚ ' イ乂     
:ハ. .:小  う::ソ     ,    | i ト、
: :}: .:从             小:ト:.\      “根源の渦”の、破壊…………!?
: :r´}:.::.}\ u.       ' ‘   イ:.:|ハ!::..  〉
__: : i:小. .        个ヘ: |、::.. /    
   ̄二=-_ `   ァ―.´:.:.!:.:.:`}:.:.:} {
=-__  ̄二=-__ハ:. :.:\:.:.:.:._ ノ  t
三三二=-_   ̄ ̄二=----=二  =/ | ヽ
二二二三二=-__     -=三/ |   Y
..---=二_ 二三三三三三三=-/.  |  :ハ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-=二_ -=三三=- ̄ _ ノ   | |
:.:.:.:.:.:. .:.:.:.\:.:.:.:-=二___ニ" ̄.人  i ! ト.
:.:.:.:.:.:. ヘ:.:.  \: :. :. :. :. :. :.ハ :. :.:..   ヽ:.li   :.
:.:.:.:.:.:..   ヽ :.:.: \:. :. :. :./~~ヾ:. .:.:. .  }ヾ  :.









       /: !: : : : :.\:\: : : : ヽ、ヽ: : :\
.       //: !:.!: : : : :ヽ: \:\\ヽ、: :.\: : :ヽ
      / !i: :i: i: : i、: : :丶: !ヽ: \\:ヽ: : ヽ: : :ヽ               ・ .・ .・ .・ .・ ・ ・ .・ .・ .・ .・ .・ ・
    /: :i:l: :`:l:.、:l,ィト: l: ヽ!: l: !、:.ヽ: 丶: 、: :ヾ: : ト、         私は「第二魔法を持つ身である限り」、この呪縛から
.    i : : /! i、: !: i:弋ソ!ハ: :.!: i: l:、ヽ:.\: \: : : : :丶ヽ
   〈|: : :!:ハヽゝ、!ト:.ヽ ' ト:/: :!:i!: !ヽ: : :ヽ: :.ヽ: : : : ヽi!         解き放たれる事はない。
.    i:,!: :!: :ヽソ ヽ ヾ丶 !ヽ: :l:.i!: :.ソヽ: : ヽ: : :\: : :.`:.、
   i! !: :!: : :ヽ ー    , ヽ!: :.、!: !、ヽ i:ヽ: :丶: : : ヽ丶 : \_      ――――ならば、私を縛る「神」を殺すのみ。
    i !: :!、: :.:ハ ,ィ ァ'´  ヾ: :ヾ:l: i!:丶: :.、: ト、: : : : 、!ヽ: :ヽヽ
   `゙ヽ:.\: : : ヽ      ヽ : !: !i: : i、: !: !: : : : : : :`: ヽ rヽ|
      i!、:.: ヽ: : :ハ    , ィ´ハ:ヽ!:、: :! !:!: i: : : : : : : : : : !i、/      その為の獣殿を「星の王」へと進化させる計画だ。
.     丶!: : : ヽ: : ヽ -‐ ヽ  i!: :!:i: :.! ソ:i: !: : :,.:.:.、:!、: : i: : !
.      !: :lヽ: ヾ: \: : : : :ヽ  '; ヽ!: :!/:/:/ヽ::::::::、ノ!: :. :ヽ: i       降り注ぐ他天体の王との激突は、この世界に
.      /: :.!: :ヾ、ヽ: : ヽ//:.i  i !: :!: i /:/'"´::::::::::::::::::::::::::::::
      i,!: :!、: : !、\_: :イ/、:.l  `!: :i: :!!:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       莫大な“力”を放出するだろう。
      ヽ: :.: : :.!、,:.:.:.:.: :_!// /:::!: :.ヽlヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ヽ: : :、:. ∨:::::::::::::/ !:::::i、: : i:.ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        !:,l: :,-‐':::::::::::::::'"´::::::::::ヽ: : : : :.、:::::::::::::::::::::::::::::::::
        //l/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: : : !: :ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::
    ,イ二´:::::::::::/:::::::::/:::::::::::::::/!: : : !: :!:!::::::::::::::::::::::::::::::::
.   / ∧::::::/::/:::::::::/:::::::::::::::/::::/:、: : !:!:l:i:::::::::::::::::::::::::::::::::




.

4291 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:00:39 ID:FTtd1quw0

同情できなくもないが、言うべきことは一つだ
心中に他人を巻き込むなや!!


4296 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:02:08 ID:cnB/rSD60

これで水銀の記憶の手がかりが、手元に残されていたダイバージェンスメーターだけとかだったら泣けるわ……。

4297 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:02:24 ID:gjqUu8LY0

なるほど
しかしアレだな、気が長そうな計画だ
まあ並行世界を彷徨ってるから時間の経過とかいまさらなんだろうが

4298エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 20:02:37 ID:6UesNvsc0







                        __
                  ,.ィ7///////7,.、
                 /////////////∧
                   /////,ハ'lV.//////∧             「成功例」は一つあれば構わない。
                l'/lV//kリ''l///////,∧
                 l//!リ!{ l!  リ'///////,∧             .そうして発生した“力”を、第二魔法により
                 l//l.`  ,.   !'//l./////∧
                 リ/∧`    .!'//,!l/////∧  ,.-z=-、        .・ .・ .・ .・ ・ ・ .・ ・ ・ .・ ・ ・
                   ハ//∧_,、 !// ! !/////,.'/ニ/彡ア=、     文字通り無限にして束ねる。
                     l//!'///∧ !'//,! !V/,ィ//ニ/'ニミヽ  ヾ、
                      l//lV////,〉//l∧∠/.イニ〃三ミミ\
                      l//l,.∨.// l//レヘ、ニニ=〃彡=ー-ミ\      ―――――そしてそれを、「根源」に繋がる
               ,.ィ=l//!ヾ、'´ ,ィl//l二ニー彡二ニ=ミニ=\ヽ
                   }ニニ!'/lミミ≧=彡!'/,!ニ=二二二二二ニ\ニ={ヾ、    “大聖杯”を通して、直接“根源の渦”へとぶつける。
                7二l//!ミニニ彡!'/l二二lニl二ニニニニ',ニニ゙,
              /ニニ!'/,!二ー二ニ!'/,!二ニニ!.l二二ニニニ(ニニゝ、     それが私の「神殺し」の計画だ。
                 iニニ.;//!二二二ニ|//|二ニニ゙i二ニニニニ{ゞ=)
.                lニニ.'//!二ニニニ|//|ニニニ!二二二二二ヽ
                7ニ,'//!二二ニニl//,!二ニニl二二二ニニニニ',
                ;ニ,'//!二二二二,゙//l二ニニ.!二二ニニ/二ニニ゙、
                /=;//l二二二ニニl'//lニニニ!二ニニニ/ニニニニヽ
               /ニ;//!ニニニニニ!'//!二ニニlニニニニ/ニニニニニ}
                 ;ニ;//!二二二ニニ,'//,!二ニニlニニニ/二二ニニニl
                 lニリ'/{二二二ニニリ/,!{二ニニニ',ニニ/二二ニニニニl
                ,.イニニ.V゙、二二ニニニV{゙、二ニニ,'ニ/二二二ニニニl
            ノニニニ!.ヾ、二二二ニニヾ二ニニニ}二二二二ニニニニl
            lニ=ニニl二二二二二二二二二ニ/二二ニニニニニニl
             ',ィニニl二二二二二二二二二ニ/二二二二ニニニニ{
            /ニニニl二二二二二二二二ニニ/二二二二二二二ニ'、
.          /二'二ニl二二二二二二二ニニニ,'二二二二二二ニニニi
       /ニニ/ニニl二二二二二二二二二ニiニニニ/二二二二ニニヽ
    /ニニニ/二二l二二二二二二ニニニニl二ニィ二二二二二二二ニ\
    .'二二二二ニニl二二二二二二ニニニニlニニi;;;(_二二二二二二二二二
.     !二二二二二ニl二二二二二二二二二ニlニニl;;;;;;;;ヾ二二二二二二二ニト
     l二ニニニニニl二二二二二二二二ニニニ',ニ=ヾ;;;;ヾ二二二二ニニニニヽ
.     ',二二ニニニ{二二二二二二二二二二ニ',ニr-‐';;;;;;;}二二二ニニニニニ
.      ',二二二二ニ〉二二二二二二二二二ニニヽ;;;;;;;;;;;;;;}二二二二二二ニニ



.

4299 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:02:52 ID:l31bbg7o0

根源の渦って破壊されたらどうなるの?

4301 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:03:25 ID:d555VkOo0

ゼル爺の月落としのアッパーバージョンか。

4302 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:03:40 ID:cnB/rSD60

逆にいえば第二魔法を失えば自分自身が取り戻せるって事じゃないですかやだー。

4303 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:03:40 ID:KeMEp2260

ルサルカと同じような発想だ

4306 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:03:56 ID:gjqUu8LY0

スケールがでかすぎるwww

さて…世界崩壊したらどうなるのか…ってのは水銀にも分からんのだろうなw

4309 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:04:08 ID:uh0ZUuVY0

水銀「たとえ神でも殺して見せる!」

4310 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:04:15 ID:ANouGi6.0

うーん、成功しそうで怖い

4311 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:04:16 ID:.wJbiIvg0

獣殿は根源にぶつけるための爆弾の燃料扱いか…
キャスターが嫌うのも分からんでもないわ。


4314 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:05:01 ID:B8L5A.Zc0

それもう全宇宙滅ぶレベルじゃなかろうか

4317 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:05:09 ID:4XxRByo20

訳わからんエネルギーみたいなものに
訳わからんぐらい強大なエネルギーぶつけて壊しちゃおうぜw
こうですか…


4321 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:05:29 ID:2s6SEyZU0

そもそも破壊とかの概念がない気はする

4324 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:06:12 ID:gjqUu8LY0

世界の修正力を破壊するにはそれぐらいしかないんだろうね
思いつく策が
いや正確には他の策はすべて試して残ったのがこれぐらいか


4325エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 20:06:21 ID:6UesNvsc0







                ヘ /{ ∧
              /\V//  ヘニ=-
            _z彡         ト
           //   /   l   ヘ
           イ    /    l    k
           i l   j      l    ハ
           kl            从
            lイ_,,从     i   トil
           x====从      ハ==zx        …………馬鹿げてる、そんな事………!
          ヽ三三三从 ハ  从三∥
          _/三ヽ三三マメ リi ハ==∥
         /.l三=彡i=========ヾ三=ll \
        /:j::::::::ヘ:::i;;:::::::::::::::::::::::::ヾ 三三=\
       l:::::::i::::::::::::::l;;:::::::::::::::::::::::::::::ヾ 三三三ヘ
       |:::::j:::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::l::ヾ 三三三ヘ
        l:::l::::::::::::::/l::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::k 三三三ll
        i/:::::::::::::j;;;l::::::::::::::::::::::::::::::k::::::ii 三三三ll
        ヽ:::::::::::ll::ll ̄: : : ̄i ̄: : i::::::::::l l 三三ニ{
        ヽ:::: ' k:i: : : : : : : :l : : : i:::::::::::il i 三三ニll
           /: : : : : : : : :l: : : :::l:::::::::il:l .i 三三ニll
           /: : : : : : : : : : : : : :: ヽ::::::::i l 三三ニll
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ:::l \三三 l
         /: : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : :ヽ:l   ===┘








                     ,ィ'"´ ̄`ヽ_,....、
                      {  ,ィ":::::::::::`ヽ::::丶
                        /´::::::::::::ィ:/::!:::::丶::::ヽ
                    /::::::/´:::::::i!:/:::::::::::::i::::::.、
                    /イ::/::::::::::::;:::!i:::::i!::::::::::::::::::\      だとしても、私にはこれ以外にはない。
             ,ィ≦´:::::::::::/::::::::::::;ィ/::!:/:!:::::::::::::::::::::| i
             ,ィ彡/:::::::::::/:::::::::ィァ//:i/:::::::::::::::::::::::! !      「目的があって得た道具により、目的を忘れてしまった」
            ,イ/':::::::::::::/l/::::::::;/ ̄/:::::::/:::/i!:::::::::::::::::|´
          !::!/::::::::://:/:::::/:|'! /|::::/'"´` i´l:::::::::::::::!
           |::'::::::/:::://::::::/::!ヽ  !:/-─‐   〉::::::::::::l         この矛盾を解消するためには、
           |:::/::::::::::l':::::::/::::|:::::\ '     /:::::::::::::/
.            /:::::::::::::::::::::::::/:::::::!::::::::| >  _ /:/::::::/::::!         目的を忘れさせてしまった力を消し去るしかない。
.         /:::::::::::::::::::::::::/::::::::::!::::::::`ヽ /::::/::::::/:::::::::〉
      ,..ィ::::::/:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/::::::/::::::/:::::::::::::\
   ,...イ::::::://:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/::::::::/:!':::::::::::/:::::::::::::::::::::\_____
  /:::::/ ̄ /::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/:://:::::::!:::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
/::/     /::::::::::::::::/::::::::::::/!/::/:::/::::::::::!:::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_
/!i ,ィ'" ̄:::::::::::::/イ::::::::/:/::::::::!::::!::::::::::::!:::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
! 〉':::::::::::::::::::::::/::::::/::::/'"´::::::::::::::i::::ヽ:::::::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|



.

4327 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:07:13 ID:d555VkOo0

第二魔法使いだという情報はアカシックレコード、つまり根源の渦に刻まれてるんだろうから、
ソレを覆すには破壊しないまでもやっぱり根源の渦にアクセスできないと無理そうな感じではある。

4336 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:08:23 ID:bgefyAgo0

世界の発生点である根源の渦を破壊するエネルギーをぶつけて、根源の渦を破壊したら
世界の発生点が失われたことにより、世界は生まれない、根源の渦を破壊するエネルギーも
生まれないことになり、根源の渦は破壊されていないということになって、そして破壊されていない
根源の渦を破壊するために水銀が・・・下手したらエンドレスじゃね?

4337 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:08:34 ID:.wJbiIvg0

とりあえず水銀を生かすとろくでもないことが分かった。
アトラス院に力でも借りるか…

4340エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 20:10:22 ID:6UesNvsc0







         , ′.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::.‘,
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.‘,       “第二魔法”に至ってしまったが故に、
      ./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ‘,
     /.: : : : : : : ::.:.',.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.‘,       .・ .・ .・ .・ .・ ・ .・ .・ ・ .・ .・ ・ ・ .・ ・ .・ .・ ・ .・ .・ .・ .・ ・ ・ ・ ・ .・ ・ ・ ・
     ,': : : : : :.:./: : :',: : : : : : : : : : : : ハ: : : : : : : : : : :‘,      私がかつて何者だったかという情報は世界に消されてしまっている。
    .{: : :.{: : :.´{^ヽ、 | : : : : : : : : : : : |. ', : : : : : : : : : : ‘,
     | : : |: : : : ', /} | : : : : : : : : : : : | } : : : : : : : : : : : ‘,     正確には「上書きされてしまった」と言う方が正しいか。
...   .| : : ',.: : : :.弋)j }|`i: : : : : : : : : :.|./: : : : : : : : : : : : : :‘,
      ',: : :.:' ,:、ヽ、\ ||. | : : : : : : : : : リ.',: : : : : : : : : : : : : : :‘,
      ',: : : : }ヾ!. `ヽリ ',: : : : : : : : : | . ',: : ∧: : : : : : : : : : : ‘.,     ………何にせよ、私にとってその「矛盾」を消す事のみが
     .人: :.:.ノ __       ,: : : : : : : : | ./}: :.} ハ.: : : : : : : : : : :.:.‘ ,
       .个ト. ._`ト、-= ´′: : : : : :.:.:|/ .|: :,' / ',: : : : : : : : : : : : : ‘ .,    この聖杯戦争における唯一の目的だ。
.      | |: : : : :.| : ヽ  ',: : : : : : :.:.|  |: :l/  ∧: : : : : : : : : : : : : : :.:‘ ,
        | |: : : :.:.| : : : ヽ_...: : : : : : :|\!: :!  /  ` :、: : : :.:..:_: : : : : : : : :    成功する可能性が那由多の果てだろうが構うものか。
       | |.: : : :.|!.: : : : : :.:.',: : : : : : :| .|: :l /    //`¨./    ` ¨ …- .
.      ,':,': : : :.,'|: : : : : : : :}.: : : : : :.| ,' ,.' /...|\.//  ./          \
        //: : : :/ .! : : ,. イ |: : : : : : | ,':,.'レ′ |\ l.|  /
.       //: : : :/  |: :〈 ,r'.}. !: : : : : :.|,':,'./   |ゞl/l.| ,'
      //: : : :/   .|: : :',.!r'./.|: : : : : :.|| |.仁二\. .l.| |
.     //: : : :/    ! : : |.リ/ !: : : : :.:.|| |<\. \\l.| |
    //: : : :/     |: : :.| =_.|: : : : ::.:.|: |. \.\ . \_| {
.   //: : : :/     |: : :.|/ ,': : : : : : :.:.|.   ‘,‘,\  ', ',
  //: : : :/     |: : :.|  /.: : : : : : ::.:.|.   ‘,‘, \. {. ',
. //: : : :/     |: : :.{  /: : : : : : : : : :|.   ‘,‘,  ヽ '.,




.

4343 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:11:04 ID:0OOCM8Cc0

すごく嫌なこと気がついたんたけどさ、そもそもこの水銀殺せるのかな?
根源接続で修正されるなら、下手すれば自殺も含めて死なさそうなんだけど

4347 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:11:29 ID:ANouGi6.0

>>4343
ゼルレッチが殺せるか?って問いだなあ。

4352エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 20:12:06 ID:6UesNvsc0







       /: !: : : : :.\:\: : : : ヽ、ヽ: : :\            私は永劫の果てまで繰り返そう。
.       //: !:.!: : : : :ヽ: \:\\ヽ、: :.\: : :ヽ
      / !i: :i: i: : i、: : :丶: !ヽ: \\:ヽ: : ヽ: : :ヽ          その先には、必ず私がかつて望んだはずの
    /: :i:l: :`:l:.、:l,ィト: l: ヽ!: l: !、:.ヽ: 丶: 、: :ヾ: : ト、
.    i : : /! i、: !: i:弋ソ!ハ: :.!: i: l:、ヽ:.\: \: : : : :丶ヽ         “最良の結末”があるはずなのだから―――――。
   〈|: : :!:ハヽゝ、!ト:.ヽ ' ト:/: :!:i!: !ヽ: : :ヽ: :.ヽ: : : : ヽi!
.    i:,!: :!: :ヽソ ヽ ヾ丶 !ヽ: :l:.i!: :.ソヽ: : ヽ: : :\: : :.`:.、
   i! !: :!: : :ヽ ー    , ヽ!: :.、!: !、ヽ i:ヽ: :丶: : : ヽ丶 : \_
    i !: :!、: :.:ハ ,ィ ァ'´  ヾ: :ヾ:l: i!:丶: :.、: ト、: : : : 、!ヽ: :ヽヽ
   `゙ヽ:.\: : : ヽ      ヽ : !: !i: : i、: !: !: : : : : : :`: ヽ rヽ|
      i!、:.: ヽ: : :ハ    , ィ´ハ:ヽ!:、: :! !:!: i: : : : : : : : : : !i、/
.     丶!: : : ヽ: : ヽ -‐ ヽ  i!: :!:i: :.! ソ:i: !: : :,.:.:.、:!、: : i: : !
.      !: :lヽ: ヾ: \: : : : :ヽ  '; ヽ!: :!/:/:/ヽ::::::::、ノ!: :. :ヽ: i
.      /: :.!: :ヾ、ヽ: : ヽ//:.i  i !: :!: i /:/'"´::::::::::::::::::::::::::::::
      i,!: :!、: : !、\_: :イ/、:.l  `!: :i: :!!:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ヽ: :.: : :.!、,:.:.:.:.: :_!// /:::!: :.ヽlヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ヽ: : :、:. ∨:::::::::::::/ !:::::i、: : i:.ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        !:,l: :,-‐':::::::::::::::'"´::::::::::ヽ: : : : :.、:::::::::::::::::::::::::::::::::
        //l/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: : : !: :ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::
    ,イ二´:::::::::::/:::::::::/:::::::::::::::/!: : : !: :!:!::::::::::::::::::::::::::::::::
.   / ∧::::::/::/:::::::::/:::::::::::::::/::::/:、: : !:!:l:i:::::::::::::::::::::::::::::::::




.

4354 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:12:14 ID:d555VkOo0

>>4343
多分「水銀が死んでない世界線」が無限に出現するから何も解決しないな。
水銀視点だと強制死に戻りかかるようなものだ。

4356 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:12:51 ID:gjqUu8LY0

エル・プサイ・コングルゥ

4357 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:12:58 ID:2SE91egE0

止めてくれ・・・誰も望んでない気がするぞその結末・・・

4358 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:12:58 ID:nJEkXrjE0

記憶戻すことが出来たら即効解決しそうだなー

4365 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:14:16 ID:l31bbg7o0

とりあえずわかったことがある
平行世界だの過去改変とかが関わると非常にややこしいw


4374エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 20:16:12 ID:6UesNvsc0







                     \    ヽ V/ / /
              __ , .イ       V }  イニミー- ノ
               ̄¨ー .,      /ヽ   / ヽ r-イ
                 /     ./:::...:.>=<__:.:ハ \
.  .          /      i / <´       >::> >..._
.     、__ , ィ    /   ハ !  ,, -        ハ 从 <
.       ̄ ̄= ≠  { i   /八! /           }/ ヾミ;、
.            /   !i!  //  ,'                \
.            ,'    ハ  川 /  ,     /            ハ
.  .        /     ∧ |  ,  ,'     ,ィ       ,'   i
.          / _,      }! i  ,'   ,/ ,'    / /i   ./|   ハ
.      / イ7      |  |  ,' ´¨,テナ=i‐-  ィ/ 十-.|,,_i    .i
.       ̄  i   i!  从  | .i l 卞ヮェz,ミ_/./| /ヽ川,;    .|
.          |  / .|   ∧ .| .| l 、゙弌歹 ゙`   l/,ィ示ュ,.ノ/   .|
.          人 八 {、  ,' ∧ > l, ` ー- '´     、゙'"´, //  / ノ.,'
.         / | {_ ノ!   |::|{ \!            ̄ イ.///./
             Vーイ{   |::| ト.、 >  u.      '   イ/
             i'" ̄ ̄ ̄ ̄` ー-  二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二ニヽ
         ├-___          ̄'ーニ三三三三三!
.  .        /三三三三三≧‐-_        ̄ーニ三三゙、
.  .      /三三三三三三三三三≧=-__       ̄ーヽ、
.       /_  ̄ーニ三三三三三三三三三三≧=ー--___ ヽ
.  .   /===`ー _    ̄ー=三三三三三三三三三三三三三ミ、
.     /'",..-――- ̄- _      ̄ー=三三三三三三三三三ニヽ
.  .   {/          ̄ ‐-._                __..、ヽ

         ┏───────┳───―――─―───―――――――――┓
         │ ナレーション: │  何を言いますか? ↓20~25から任意。  │
         ┗───────┻───―――――――─―――――――――┛




.

4376 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:16:22 ID:ANouGi6.0

無限に無限が喧嘩売ってるからわけが分からなくても問題ない

4378 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:16:37 ID:cpHbsxmk0

言葉が見つからねぇ…

4380 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:16:54 ID:gjqUu8LY0

何も思いつかん、何言えばいいんだ…

4381 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:17:20 ID:nJEkXrjE0

思考がぶっ飛びすぎてて何を言えばいいのか…。

4384 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:17:35 ID:cnB/rSD60

魔法を他人に譲ることはできないんですか?弟子を作るとか……。

4385 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:17:32 ID:tjnkDmGo0

どう考えても最良の結末に至れなさそうなのだけれど……

4386 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:17:36 ID:OvbALZU.0

仮に本当に根源の渦を破壊したら、この世界はどうなるの?

4387 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:17:44 ID:d555VkOo0

破壊以外の根源の渦への干渉法はないの? 例えば、渦の向こうにあるであろうあなた本来の情報をサルベージするとか……?

4388 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:17:50 ID:gjqUu8LY0

…それ以外にアナタの目的を果たす方法はないの?
それと根源が破壊されたら世界はどうなるの?

4389 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:17:51 ID:l31bbg7o0

根源を破壊なんかしたらその瞬間に世界が終わってしまうんじゃないの……
そうなれば仮に成功したとしても貴方がかつての願いや想いを取り戻せるのは死ぬ直前。
なにか他に昔のあなたを取り戻す方法はないの

4391 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:18:07 ID:Yg1F2T1YO

水銀の境遇には同情するし、叶うなら助けてやりたいと思う
でも今回ばかりは水銀の願いを踏みにじらせてもらう、水銀がそうしてきたように

4392 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:18:09 ID:G4lXmussO

ただの力を無限に束ねても根源に届かないのはあなたが一番よく知っているのでは?
何かに誘導されているように見える

4393 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:18:13 ID:WgWovmCY0

“最悪の結末”の間違いでは?

4394 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:18:14 ID:rTZcUE7Q0

で?
あなたの理屈はそれだというのはわかった
それがどのくらい強い想いなのか他人である私にはわからない

だからこそ、赤の他人として言うわ

ざっけんなボケ!!
あなたの身勝手な理由に他の人を巻き込むな!!

私にとってあなたの理由や想いなんてどうでもいいとしか言えない
それより私の大切な人達をそんな理由で傷つけられた怒りのほうが沸いてくるわ
あれだけ他人を踏みにじっておいて最良の結末なんて私が迎えさせない


4395 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:18:14 ID:l31bbg7o0

根源を破壊なんかしたらその瞬間に世界が終わってしまうんじゃないの……
そうなれば仮に成功したとしても貴方がかつての願いや想いを取り戻せるのは死ぬ直前。
なにか他に昔のあなたを取り戻す方法はないの


4396 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:18:15 ID:gjqUu8LY0

…それ以外にアナタの目的を果たす方法はないの?
それと根源が破壊されたら世界はどうなるの?


4397 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:18:17 ID:ZZQcVo0c0

・・・そんな事、成功すると本気で思ってるんですか?
根源を破壊した所で元の自分に戻れる保障なんて何処にもないのに


4398 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:18:17 ID:tjnkDmGo0

根源を破壊なんかしたらその瞬間に世界が終わってしまうんじゃないの……
そうなれば仮に成功したとしても貴方がかつての願いや想いを取り戻せるのは死ぬ直前。
なにか他に昔のあなたを取り戻す方法はないの


4399 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:18:20 ID:0OOCM8Cc0

自殺、魔法使いとしての力を捨てる、根源から隔離された世界へ行くとか、私がすぐに思いつくようなことはやり尽くしたあとですか?

アルクのバクッアップくらいなら死の線で世界殺せばいけるんだけとね・・・


4400 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:18:21 ID:CuA.syR60

その理屈だと、世界が終われば、貴方が「第二魔法に到達する前に望んだもの」も失われるはずよ

4401 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:18:23 ID:d555VkOo0

破壊以外の根源の渦への干渉法はないの? 例えば、渦の向こうにあるであろうあなた本来の情報をサルベージするとか……?

4403 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:18:37 ID:WgWovmCY0

>>4393

4404 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:18:38 ID:gzK0dckk0

そもそも第二魔法って平行世界からの汲み取りで永久機関ではあるけど無限力を制御できるもんなのか?

4405 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:18:48 ID:2SE91egE0

犠牲に上に成り立つその希望は・・・本当に希望なの・・・・?

4406 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:18:52 ID:oWlvKdNQ0

私は、目覚めたとき自身が何者かもわからず、とても不安で、苦しかった。
けど、そんな私でも、大切だと、かけがえのない存在だと言ってくれる人がいた。
あなたには、そういう人はいないの?

4407 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:19:21 ID:cpHbsxmk0

根源を破壊してしまったら貴方が元々抱いていた願いさえも叶えられなるかもしれないのよ?
それでも…決意は変わらないの?

4408 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:19:24 ID:bgefyAgo0

発生点を破壊したら、そこから生まれた世界は存在しないことになって、破壊する為のエネルギーも
存在しないってことにならないかしら? その理論、ループするわよ。メビウスの輪のごとく・・・

4411 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:22:02 ID:CuA.syR60

自分の目的だったのものも壊しちゃうってこと入ってないな…多分水銀は忘れてることなのにw

4412 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:22:31 ID:.wJbiIvg0

水銀にはかつて愛した人だっているだろう、その人を傷つける選択にならんのかいな?
できる夫のキャスターだって記憶を取り戻すのに必死だったけど。

4414エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 20:24:51 ID:6UesNvsc0






               ̄¨ー .,      /ヽ   / ヽ r-イ
                 /     ./:::...:.>=<__:.:ハ \
.  .          /      i / <´       >::> >..._
.     、__ , ィ    /   ハ !  ,, -        ハ 从 <
.       ̄ ̄= ≠  { i   /八! /           }/ ヾミ;、
.            /   !i!  //  ,'                \
.            ,'    ハ  川 /  ,     /            ハ
.  .        /     ∧ |  ,  ,'     ,ィ       ,'   i
.          / _,      }! i  ,'   ,/ ,'    / /i   ./|   ハ
.      / イ7      |  |  ,' ´¨,テナ=i‐-  ィ/ 十-.|,,_i    .i     ………そんな事が、成功すると本気で
.       ̄  i   i!  从  | .i l 卞ヮェz,ミ_/./| /ヽ川,;    .|
.          |  / .|   ∧ .| .| l 、゙弌歹 ゙`   l/,ィ示ュ,.ノ/   .|     思ってるんですか?
.          人 八 {、  ,' ∧ > l, ` ー- '´     、゙'"´, //  / ノ.,'
.         / | {_ ノ!   |::|{ \!            ̄ イ.///./      仮に根源を破壊できたとしても、それで
             Vーイ{   |::| ト.、 > u.       '   イ/
             i'" ̄ ̄ ̄ ̄` ー-  二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二ニヽ          この世界がどうなるかも分からないし、
         ├-___          ̄'ーニ三三三三三!
.  .        /三三三三三≧‐-_        ̄ーニ三三゙、          .貴方の本当の望みも叶えられるの?
.  .      /三三三三三三三三三≧=-__       ̄ーヽ、
.       /_  ̄ーニ三三三三三三三三三三≧=ー--___ ヽ
.  .   /===`ー _    ̄ー=三三三三三三三三三三三三三ミ、
.     /'",..-――- ̄- _      ̄ー=三三三三三三三三三ニヽ
.  .   {/          ̄ ‐-._                __..、ヽ








       /: !: : : : :.\:\: : : : ヽ、ヽ: : :\
.       //: !:.!: : : : :ヽ: \:\\ヽ、: :.\: : :ヽ
      / !i: :i: i: : i、: : :丶: !ヽ: \\:ヽ: : ヽ: : :ヽ
    /: :i:l: :`:l:.、:l,ィト: l: ヽ!: l: !、:.ヽ: 丶: 、: :ヾ: : ト、         最早できるできないの問題ではないんだよ。
.    i : : /! i、: !: i:弋ソ!ハ: :.!: i: l:、ヽ:.\: \: : : : :丶ヽ
   〈|: : :!:ハヽゝ、!ト:.ヽ ' ト:/: :!:i!: !ヽ: : :ヽ: :.ヽ: : : : ヽi!        私にはそれ以外の手段は無い。
.    i:,!: :!: :ヽソ ヽ ヾ丶 !ヽ: :l:.i!: :.ソヽ: : ヽ: : :\: : :.`:.、
   i! !: :!: : :ヽ ー    , ヽ!: :.、!: !、ヽ i:ヽ: :丶: : : ヽ丶 : \_      .私自身で取り得る手段は全て取りつくし、その上で
    i !: :!、: :.:ハ ,ィ ァ'´  ヾ: :ヾ:l: i!:丶: :.、: ト、: : : : 、!ヽ: :ヽヽ
   `゙ヽ:.\: : : ヽ      ヽ : !: !i: : i、: !: !: : : : : : :`: ヽ rヽ|     この方法以外には可能性がなかった。
      i!、:.: ヽ: : :ハ    , ィ´ハ:ヽ!:、: :! !:!: i: : : : : : : : : : !i、/
.     丶!: : : ヽ: : ヽ -‐ ヽ  i!: :!:i: :.! ソ:i: !: : :,.:.:.、:!、: : i: : !
.      !: :lヽ: ヾ: \: : : : :ヽ  '; ヽ!: :!/:/:/ヽ::::::::、ノ!: :. :ヽ: i
.      /: :.!: :ヾ、ヽ: : ヽ//:.i  i !: :!: i /:/'"´::::::::::::::::::::::::::::::
      i,!: :!、: : !、\_: :イ/、:.l  `!: :i: :!!:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ヽ: :.: : :.!、,:.:.:.:.: :_!// /:::!: :.ヽlヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ヽ: : :、:. ∨:::::::::::::/ !:::::i、: : i:.ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        !:,l: :,-‐':::::::::::::::'"´::::::::::ヽ: : : : :.、:::::::::::::::::::::::::::::::::
        //l/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: : : !: :ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::




.

4415 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:25:00 ID:MhDUtjR60

実際にやったら何が起こるのかは分からないが、
今度はそれで「思い出した目的が潰れてしまった」って酷い事は、まあ起こったりするかもしれないかな?

4418 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:25:44 ID:KeMEp2260

もう他のは試したか、まあそうだよね…

4419 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:25:47 ID:gjqUu8LY0

まあこの水銀相手に無理だあきらめろなんてそれこそひでえ話だ

もはや問答無用

4422 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:27:24 ID:.wJbiIvg0

「もし」とか「たら」とか平行世界移動しつくした水銀にとっては、
もはやどうでもいいんだろうな…完全に壊れている。


4426エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 20:28:57 ID:6UesNvsc0







                      ,、-''"/:::::::ヽ::\
                    /:::::/::::::::::::/:::',:\::\
                 ,、-''/::::::::/:::::::::://::::::::',::::|:::::':,
            ーー'"´.//::::://::::/ヘ/:::::::|:::::',::::::::::',           ヘ、
               / /::::::/:.:イ::/ヒッx/:::イ::::|:::::::|::::::|:::',       __ノ´,、ーー`''‐-、,
             _,/´  /::::::/:.:/:|::':,  /|/ |:::/ °/:::::::::::|ヽ     ”ぅ,、-''",、-''_/γ ノ \
          _/´    /:::::::/:./ヽ|、 .,__´ リ /::/|::::::::::::| ヽ      ー`´ `''-、, ノ /   \ _
        _/´     /:.:.:.:::|.:|:;:;:;:|':、 `'''‐`-'- /;/:::::/:::::|              </ ヽ    \>i
      //     /:.:.:.:.:.:.:|:.|:;:;:;:;:;:;|\   ,/;;;;ノ::::::::::::::|               ',`;;-、, /,、-;;";;|
    .//      /:.:.:.:.:.:./|:.|;:;:;:;:;:ヘ  ヽ-'",、|V:::::::::/:::|:|                ヽ,ミミ三三三彡',
   //      /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.リ__μ〈  >, ヘ´   ソ:::::::/ |::|                 ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
 //      /¨二ー=--‐ャ ||;;;;;;;'; i; / | | 〉 /:://;;|::|ーーーー、―――‐-、.,,_;;;;;;;;;;,,,|',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l,
//      /| | / /ー'´フ_||;;;;;;;;;;';ヽ/:::|_//V/:./;;;;/:/|;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;> 〉/////〉 〉;;;;;;;;;;;;;;;;;|;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;,i,
/     // . . ヽヽ////| ||||;;;;;;;;'; >;;;;;;ソ /:./;;||/:/;||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /////////;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
       |/   | .   /;;;;;;| ||||||;;;;;;;;'; 〉;;;;ス /:/;;;;;|/:/|| |;;;/;;;;;;;;;;;/ //\'// /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''-、,,.、-‐''"
     /:|    / ./;;;;;;;;;;/ _, -'"'ー-';/;;;;;;;;',/:./ー/:./__|;;;;;;;;;;;,-'/ /ヽ _ノ/ /__,,.、-‐'' "^´ ̄
   /:.:,,.|. _/./;;;;;',;;;;;γ´;> || <'"´`i,;;;;;;;;/:./;;;;;/:./,\;;;;;;;/;,./ ̄ ̄ ̄ ̄
  /|`''-、,    <;;;;;;;;;;;;ゝ;;;;;;//,   ',;;;;;;;;i,;;/:./;;;;//;;;\\;;;;;;;|
../:.:.:.|//////`''ーゝ;;;;;;;;∧//;;;;;',ー‐',;;;;;;/:.//:./,、-''",.-'";;;;;|
´:.:.:.:.:.|///////////|;;;;;;;/:.:ト、`'-、'.:::::::::',/:.:.:./:.:/-'",、-''",/;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:.:.|''-、,///////|;;;;;;/:.:.:|;;;;;`''-、,',:::::::ソ:.:./:.:/,、-''";;´'l l´;;;;;;;;;;|      ――――さて、まだ言葉を重ねるかね?
:.:.:.:.:.:.:.|;;;;;;;;;;;;;; ̄;;7";;;;;/:.:/|;;;;;;;;;;;;;;;;;',/:.:.//´;;;;;;;;;;;;;;;;|::::|;;;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:.:.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;/:.:./  |;;;;;;;;;;;;;;;/:.:.:/ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;;|       あぁ、私は荒事に及ぶ気はないことを
:.:.:.:.:.:.:.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;/:.:./   |;;;;;;;;;;/:.:./ />;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:.:|;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;/:.:/    |;;;;;/:.:/|::|ヽ:::::::::',;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;|        先に明言しておこうか。喧嘩は苦手でね。
:.:.:.:.:.:〈;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;|.:/     ',/:./;;;;;;|::|;;;;;',:::::::::',;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:.:'i;;;;;;;;;;;;;;;;;//     //;;;;;;;;;;;|::|;;;;;;;;',:::::::::>;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:.:.:.\;;;;/:.:./     //|;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;',<ヽ>,>.,;;;;i,::'i;;;;;;;;;',
:.:.:.∥:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    // /;;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、:::::\;;;i,::'i;;;;;;;;;',




.

4427 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:29:08 ID:MhDUtjR60

ルサルカ同様、詰んでる状況での「もしかしたら」の最後の悪足掻きか

4429 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:29:22 ID:cuN75msQ0

腐るくらいやってるんだろうからなあ
そのたびに上手くいかなくてを繰り返して

なにこの壮絶な自殺…


4431 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:29:46 ID:gjqUu8LY0

いやもう救いが見えないんで良いです

「できない子」も水銀も全く報われない聖杯戦争だなしかし

4438 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:30:48 ID:gjqUu8LY0

そうだな!とりあえず茨城ルイズさんに殴ってもらって溜飲を下げよう!そうしよう!

4441エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 20:31:39 ID:6UesNvsc0







                                    __
                            / /⌒  ___
                            ____(  (___⌒\ノ__
                      {______) ̄\/ ̄ ̄\   < ̄`
                      ⌒ヽ __ ⌒ヾ::...::/ ̄\:.         。
                         _/ ̄:. .. .:⌒V⌒ヽ   \:.       \
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ミメ、:..   \:.     \\
                         ̄   .                          \\
                            \/       ::   |:.           |⌒
.            /                          |:.   |:.           |
                 |          ゚。       |:.   |::.     \ 人
.         /         |            。     |   Λ:. |     |\ \
.  .    /⌒/    |   |    :|       |_ノ   |: /  V.      八 \⌒
.         /     :|   |\  斗 | l l     レ'⌒  ノ     }::。       \ \
               イ|_  / ̄\ Μ .| l |   | | /⌒  }   .   Λ::。   ヽ. \ \⌒
            /l| / 从ハ:./ 斗r七さア 乂| l Ν__)  /  /  /{ |::|    }  |\ \__ノ|
.          |∧l|′ ,斌  ´ 辷シ   |/ /     イ   /  {::{ |::|  /|  |  \_ノ
.          | 从.  _ツ             И/   仄::.:.     /! {::{ |::| | | /
.             \Λ                V::.:.::彡イ::! |└┘}  | |′
            〈:八           u.       V⌒ヽ |::| 「:「 ̄\|
                 - ‐                {'⌒  |::| |::|    )|
                    Λ          _ -ー   ̄ ̄ ̄\. |::|
                 Λ  _ -‐  __-=ニ三三ニ-_  \
                  _ -‐   __-=ニ三三三三三三三ニニ-_\
.  .          _ -‐   __-=三三三三三三三三三三三三三三ニ、}
.          ヽ.-=三三三三三三三三三三三三三三三三三三/
              ヽ三三三三三三三=‐ ̄ ̄ ̄____ `ヾ三ニ{
.  .          /三三三=‐ ̄__-‐=ニ三-_`ヾ=ニニ‐_ \ニ!
           /‐ ̄_ -=ニ三三三三三三三ニヽ ヾ三三ミヽ ソ

         ┏───────┳───―――─―───―――――――――┓
         │ ナレーション: │  何を言いますか? ↓20~25から任意。  │
         ┗───────┻───―――――――─―――――――――┛




.

4444 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:32:56 ID:d555VkOo0

そうね。とりあえずさっきからアサシンがあなたのこと一発殴りたいって感じだからそれだけは履行させてくれないかな。

4445 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:33:08 ID:WgWovmCY0

(殺っちゃえアサシン)

4446 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:33:10 ID:oWlvKdNQ0

水銀にも何らかの救いをと思うなら、とりあえず、きぃちゃんには悪いが
水銀の記憶回復はどうにか諦めさせるしかないな。
初期のできない子みたいに「何処の誰かも分からん」現在の自分を
肯定する(誰かにしてもらう)方向でいくしかない。

4448 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:33:24 ID:gjqUu8LY0

もはや問答無用…ですかね?
私は私のやるべきことを
アナタはアナタのやるべきことをするだけです

最後の最後にアナタに救いがあること祈っています
さようなら

4449 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:33:25 ID:G4lXmussO

魔法を減らしたりあなた自体の力を束ねても駄目だったんですか?

4450 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:33:45 ID:D0duBhJU0

アサシン、取り敢えず気絶するまでコイツぶん殴って頂戴

4451 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:33:57 ID:uLzJUcqs0

>>4444

4452 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:34:01 ID:ANouGi6.0

あなたの結論が第二魔法なのは分かりましたが、他の可能性を見ませんか?
ほら、第五魔法とか!

4453 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:34:20 ID:gjqUu8LY0

もはや問答無用…ですかね?
私は私のやるべきことを
アナタはアナタのやるべきことをするだけです

アナタの最後に救いがあることを祈っています
さようなら

4454 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:34:50 ID:MhDUtjR60

いいえ、結構。実際にどうなるかはまだ分からないけれど
貴方がやろうとしている事は私には受け入れられない。だから止める
そしてその方法は、貴方がこれみよがしに勧めているものでは無い
また会いましょう

4455 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:35:05 ID:.jyZxuzA0

ならばカードゲームだ!

4456 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:35:11 ID:cnB/rSD60

科学技術の進歩で魔法から魔術になった場合はどうなるんですか?

4457 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:35:57 ID:qkrHWBSg0

そんなに過去が大事ですか

4458 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:36:10 ID:Yg1F2T1YO

神を殺すというなら貴方自身が神にシフトすればいい
そちらを目指したほうがよほど建設的だ

4459 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:36:24 ID:MhDUtjR60

いいえ、結構。実際にどうなるかはまだ分からないけれど
貴方がやろうとしている事は私には受け入れられない。だから止める
そしてその方法は、貴方がこれみよがしに勧めているものでは無い
また会いましょう

4460 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:36:32 ID:KXDH5tbo0

>>4444

4461 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:36:33 ID:4D7zJJrE0

そうですね、貴方の目的は分かりましたから、これ以上言葉を重ねる必要もありません
私もここで貴方と戦おうとは考えていません。ところで、ここはグラズヘイムなんですよね?
それならラインハルト・ハイドリヒと会わせてもらえませんか?彼とも話をしてみたい

4462 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:36:33 ID:tjnkDmGo0

いえ、色々丁寧に教えてくれてありがとうメルクリウス

私にも、私だけの叶えたい願いが出来たから
最後の最後まで醜く足掻かせてもらうことにするわ


4463 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:36:34 ID:uwSLcQJI0

鯖の皆から何か一言

4464 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:36:34 ID:LqTCRXio0

これ以上、何を言いあっても意味はない、でしょうね。
私も、まだ、整理できていないし、今回はこれで。

……色々と、教えてくれてありがとう。


4465 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:36:34 ID:gjqUu8LY0

もはや問答無用…ですかね?
私は私のやるべきことを
アナタはアナタのやるべきことをするだけです

アナタの最後に救いがあることを祈っています
さようなら


4466 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:36:34 ID:rTZcUE7Q0

ならこれだけは言っておくわ

私にとってあなたの理由や想いなんて極端な話、どうでもいいとしか言えない
それより私の大切な人達をそんな理由で傷つけられた怒りのほうが沸いてくる

あれだけ他人を踏みにじっておいて最良の結末なんて私が迎えさせてあげない
私は私自身の意志であなたの願いを踏みにじる


4467 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:36:35 ID:2Ue/Pd9I0

いいえ、結構。実際にどうなるかはまだ分からないけれど
貴方がやろうとしている事は私には受け入れられない。だから止める
そしてその方法は、貴方がこれみよがしに勧めているものでは無い
また会いましょう

4468 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:36:36 ID:CuA.syR60

それは第六魔法という名の幻想かもしれないわね
第五魔法では無理なの?
今はまだ、待ってあげる

4469 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:36:36 ID:bgefyAgo0

仮に根源を破壊できたとして、世界の始まりである根源の渦を破壊すれば
生まれてない世界で生まれた力で破壊されたという矛盾が生まれる・・・
そして根源の渦は・・・世界は破壊されていないことになり、貴方は同じことをまた繰り返す

馬鹿な男ね。貴方までループに囚われたいの? お父さんや黄金の獣みたいに・・・!

4470 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:36:36 ID:WgWovmCY0

(アサシン、殺れる?)

4471 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:36:40 ID:MhDUtjR60

いいえ、結構。実際にどうなるかはまだ分からないけれど
貴方がやろうとしている事は私には受け入れられない。だから止める
そしてその方法は、貴方がこれみよがしに勧めているものでは無い
また会いましょう

4472 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:36:48 ID:d555VkOo0

そうね。とりあえずさっきからアサシンがあなたのこと一発殴りたいって感じだからそれだけは履行させてくれないかな。

4473 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:37:17 ID:gjqUu8LY0

第五魔法ってなんだっけ?

4474 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:38:26 ID:d555VkOo0

>>4473
「魔法・青」。並行世界に移動するんじゃなく、その世界内で時間をいじれるみたいなんだけどやると世界のエントロピーがやばくなって世界滅亡しかねない代物っぽい

4475 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:38:43 ID:4D7zJJrE0

>>4473
詳細不明、ただ青子や橙子の言葉からあまり碌でもない魔法なのは確か

4481 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:41:34 ID:t9yfVOUE0

要するに魔法・青ってジェンガみたいなもんなのな
消した時間はどっかに積まれてやり過ぎると不安定化して全部まとめて崩壊する

4482エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 20:41:53 ID:6UesNvsc0















           γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
           |     ……………これ以上、何かを言い合っても、意味は無い……でしょうね。   |
           乂_________________________________..ノ













.

4483 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:43:48 ID:gjqUu8LY0

いま頭の中で実は安藤でしたってオチが頭をよぎった

4484エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 20:44:17 ID:6UesNvsc0







                     \    ヽ V/ / /
              __ , .イ       V }  イニミー- ノ
               ̄¨ー .,      /ヽ   / ヽ r-イ
                 /     ./:::...:.>=<__:.:ハ \
.  .          /      i / <´       >::> >..._
.     、__ , ィ    /   ハ !  ,, -        ハ 从 <
.       ̄ ̄= ≠  { i   /八! /           }/ ヾミ;、
.            /   !i!  //  ,'                \
.            ,'    ハ  川 /  ,     /            ハ
.  .        /     ∧ |  ,  ,'     ,ィ       ,'   i
.          / _,      }! i  ,'   ,/ ,'    / /i   ./|   ハ
.      / イ7      |  |  ,' ´¨,テナ=i‐-  ィ/ 十-.|,,_i    .i     色々と丁寧に教えてくれた事だけは、
.       ̄  i   i!  从  | .i l 卞ヮェz,ミ_/./| /ヽ川,;    .|
.          |  / .|   ∧ .| .| l 、゙弌歹 ゙`   l/,ィ示ュ,.ノ/   .|      「ありがとう」と言っておきます。
.          人 八 {、  ,' ∧ > l, ` ー- '´     、゙'"´, //  / ノ.,'
.         / | {_ ノ!   |::|{ \!            ̄ イ.///./       ―――――けど、貴方の目的は、
             Vーイ{   |::| ト.、 > u.       '   イ/
             i'" ̄ ̄ ̄ ̄` ー-  二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二ニヽ          貴方の願いは、遂げさせるわけにはいかない。
         ├-___          ̄'ーニ三三三三三!
.  .        /三三三三三≧‐-_        ̄ーニ三三゙、
.  .      /三三三三三三三三三≧=-__       ̄ーヽ、
.       /_  ̄ーニ三三三三三三三三三三≧=ー--___ ヽ
.  .   /===`ー _    ̄ー=三三三三三三三三三三三三三ミ、
.     /'",..-――- ̄- _      ̄ー=三三三三三三三三三ニヽ
.  .   {/          ̄ ‐-._                __..、ヽ




.

4485エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 20:46:54 ID:6UesNvsc0









         /   /  /
        ./ .//   /             .仆
        / / ,′  }         \  /|
       ー ´  |  /|      .ハ ルi Χ |  
           .,!  / |.       l V  V  \|
          ノ.! ハ l       | xぁ壬ミヽ  X        }
       -=´__ !´ ハ.      ド;Vイ ̄`ヾヽ. ` 、 ,    .ハ
        /./三三;|. `     .| V パCxz::ヾ\ y'!    ./{ .X´      私は必ず、貴方を止める。
       / /三三=;|        |  か::ゞツ::::::バ  i!,从 /   ̄ヽ、
      {  ./三三三;|.     1、 !  ゞ.__>'    ´  .)     ,,x示    ――――例えそれがどんなに困難な事でも、
      r| /三三三=∧     |.!ヽ|  ー-‐              ,か
     /=|/三三三三三ヘ    |.l.                    L_x    最後の最後まで足掻き続けるわ。
   /三}三三三三三=| ハ    |::'.  u.                 た_
  /三三|三三三三三=.\}从  |:::丶           ,       .ゞ≠
/三三三\三三三三三三\:.).从::::::::\









                _,,,,... -―- ._
.            , ィ/////////////,> 、
            //////////////////// \
.           ////////////////////////\
.          ,'//////////////////////////ヽ
.          !'//////,i//////i/////////////∧
         l///////l///'//,!////////////,!//!
         l//////,-!'//l'/l/!//////'‐!'//////,l
.          !゙/////〉:l'//,!'/l/V///,'゙ ///////,/
.          l'/////l !//,!'/l∨//ー‐//,イ-///'゙
.           i'///l'/,l !'////! ヾ{   /'゙  、'//'
.        /////!'/,! .l'////!       , ィ/!
         ////////へ!////l、   ` ー ,イ///!        …………その結果、自分が消える事になってもかね。
.     /////ノ/// .!'///,l. ,.、z,,,,,,,.ィl////,l
      '/////////'  l'///,l'  \彡',l////,l
.     >'"ニニl,イ/,.'\  l'///,l ,...:':/ニ、l////l
    ニニニ,イ/, 仁ニ\ l'///,l'ヽ:::/ニニ!'///l
    ニ///ニ', ニニニヽ!'///l !lV二二l'///!
     ニイ'//ニニ', ニニニヽ///!.l二ニニ!'//,!




.

4486 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:47:50 ID:d555VkOo0

れ、レベル10のできない子さん一人ならきっと安藤君でも現界維持できるし! サーヴァントだからこそ生き残れるんだ!

4487 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:48:23 ID:ZZQcVo0c0

このできない子なら自分が消える事になっても何もしないなんて選択はしないんだろうなあ
安藤兄と会えなくなることだけは最期の最期まで未練として残るだろうけど


4488 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:48:49 ID:bgefyAgo0

根源が破壊されて世界が滅びたら安藤くんが死ぬ
・・・ならば迷う必要はないね?


4489エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 20:48:56 ID:6UesNvsc0














                _,. イ/              ヾト、   ヽ.    ヘ
                ー-  y       //            \:.   ' ,    ',     ―――――ちょっと、
                   /    , ' ./  ,   ト、 ヽ   ヘ   ヽ,   ',     i
                /     '  ′/   / ! V ト、 ∧、  ,    ',    |     勝手にウチのマスターの結末を
                    ′ ,'  / , | /    / /  ', } ∨ | ∨, ',    i    |
                 |  :|  { /l }'   //     }/   i .//Ⅵ !   .l:.   从     決めつけないで貰える?
                 Ⅵ i{  ',{ ト、.  l /´          }∠__,. }z.|    |::::.   ` -  ___
                   {', { ',  i l \ハ {         _, ≦チ¬fヾr=-   :|:::::::.           `丶
                  ヽ 〉、', l zK>fミx 、  `=〃∨K,.イ:} }' ,'    :|::::::::::::::...           \
                - '/ \{ハヾ V、ノi      夊z:ソ  /   .::!:、:::::::::::::::::::::::::.......
             /  /   |  :::',  夊リ             /    :::l:::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....
        __   /        ,.::::,'  :::::l      j           /    .::::l:::::::::::`::::._::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
       /   `丶  ..::::::::::::::::::::/  .::::人     __      _/    .::::/=ミ、:::::::::::::::::≧=-:::::::_:::::::::::::::
     /         ` :、::::::::::::/ ,.:::::, -‐`──- ゝ.丶=≦     ,.:::::/二ニハ__::::::::::::::::::::::::::::::`丶::::::
.     ′ ____            /::::/               ..::::::::/二二二二ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      l ,:::::::::::::::::,- 、......___,...::::::::::::: ′  ........::::::::::::::::::::...........::::::::::::∠二二二二二∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     |:::::::::::::::::,':::::::\:::::::::::::::::::::::::|  ,:':::::::::::::, --=ニ二___,. イ二二二二二二二ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::
     |:::::::::::::::::|:::::::::::::::::>'ー--‐ |  :::::::::::::::{/y'-┼'二二二二二二二二二二二ニニハ:::::::::::::::::::::::::::::::
     |::::::::::::::::::',:::::::xくニニニニ=ム  ',::::::::::::Ⅵ /'二二二二二二二二二二ニニニ/:::::::::::::::::::::::::::::::
.      ',:::::::::::::::::::Y二二二二ニニ=ム  ',::::::::::::∨/二二二二二二二二二二二二ニニハ:::::::::::::::::::::::::::::::::



.

4491 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:49:12 ID:QsJScDo20

言ってやれ茨木ちゃん!

4492 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:49:19 ID:gjqUu8LY0

お願いします!

4493 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:49:20 ID:UPkZSFjE0

キャー茨木ちゃーん

4494 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:49:26 ID:d555VkOo0

来た! 水銀殴り権ホルダーの茨木ちゃんの登場だ!

4495 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:49:41 ID:FTtd1quw0

茨木ちゃん!やっちゃってください!

4497 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:50:13 ID:cpHbsxmk0

ヒャッハー!今こそ積年の恨みを晴らす時だー!

4498 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:50:16 ID:bgefyAgo0

茨木さん、この馬鹿をぶん殴ってやっちゃってください!

4500 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:50:31 ID:eHbD.O7k0

殴ったらどうなるんだろw

4501 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:50:34 ID:ZZQcVo0c0

流石茨木ちゃんだ貪欲に出番を確保しにきたぜ!

4502エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 20:51:22 ID:6UesNvsc0









       ァ _ -‐ __ -      __  ー-、
      ノ  -‐  -‐  __ }ア -=ミ ヽ ぅ
     ーァz _,   -‐… ///}   ``Vト、
.      / '´ ー=ニこ  -=-{, // ー--   「\ヽ
..    //  /      〃,'/ァ___, }\ {  ',:',
      ' | .,   ∠..-=ミ  {,|/    ≧z,__フ}  .:i
.      } /}/ )、     {!    {f^ji  〈  i:|      結果がどうなるかなんぞ、今から分かる話でもなかろうよ。
      j_    { {>-   }{!     ノ     :;
      ^}   弋ーァ   ハ{ヽ __     \       .―――――足掻けば、意外と何とかなるものかも
       }       Y -ァ  }  >-  ユ., ー -‐
.      j__  _ -‐'  う {  ーァ≦ ___ _「 /       しれねェだろ?
      /三≡‐    }‐ {     、__ 厂
   r=ニ7 _      V / ー-      ,/
  /ニニニニニニニニニ=-  _ー-    ー- / ヽ
 ,/}ニニニニニニニニニニニニニニニ=-==ミ   i | {
!,/ }ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニムー--=ミN









              ___/′___
.            <:.:./:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...、
             ,...:.:.:.:.]:.:.\:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:\
            /:.:.:.:.:.:.」:.:.:.:.‘,`丶:.:.:.:.\:.:.:.:..\
.           /7:.:.:.:.:.:/ ‘,:.:.:.:.‘,\ \:.:.:‘,:.:.:.‘,:.:..
.         /:|:.|:..:./ ノ\:.:.:‘,   ーrヘ:‘:.:.:.:.‘,         マスターにゃ、俺らも付いてるわけだしな。
          ′:.:|:.:.{‐   }〉.:.:‘, 拆z ‘,:}:.:.:.:.‘,
           |:.:.|:.|:.:.{ r斧7′\:{ V少ヘ7:.:.:.:.:‘,         .――――気負わず、楽に行こうぜ?
           Ⅵ|:.|:.:.V(v沙  }      /:.:.:.:.:.:.:.{
          ‘,`、トミ:〈          厶ィ:介x:.{\        別に「世界の命運」とか、そういうの背負って
           〉:.| ^i\       _,, /ん'^
             ノ:\_n  -‐       /ハ}             戦うわけでもねーんだからよ。
   }`ー-- ミ /\.   |j \.       イ/       /{
   \___      `、    ]` 、   / .:′  }\  /  /_,,   .,,___,
-‐    ̄`     }7ア//ハ」   ー   {_ zァァ7ハ   /      /
.,____,,        〈///// }j\     ////////}      __ /
 /   / ̄ /  } '⌒^ }i  ``丶,/⌒ヽ }////{       `丶
/  _,/   /,′ /.   /′  /     }  ̄ ̄}\ } \     \_
ア¨ 厶-=ニニ7 /ニニニ{ \/     /L....,,__/ニニ\\{≧=---‐
{   {ニニ7イニニニニニ\  `丶、 /   /ニニニニニニニト
{   {ニニニニニニニニニニ=    {    /ニニニニニニニ] }
{   {ニニ∧ニニニニニニニ    }    }ニニニニニニニ] }
    {ニニニ〉ニニニニニニニ    {     」ニ=ニニニニニニ」 }
 }  {ニニニハニニニニニニ    }     ]ニニニニ|ニニニ| }



.

4503 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:51:23 ID:l31bbg7o0

そうだ!そうだ!生前不可能と呼ばれるようなことを成してきた英霊が7騎もいるんだ!
一人の女の子を救うくらいできないはずがない!


4505 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:52:10 ID:0OOCM8Cc0

どちらかと言うと世間の運命ですよね、ご近所とご家庭的に

4508 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:52:21 ID:cnB/rSD60

水銀は一人であがいてきたけど、できない子は皆であがいてきたしなあ。
水銀にも一緒になんとかしてくれる仲間がいれば違ったかもしれないけど……。

4511 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:52:33 ID:mw.lgAms0

鯖たちはループしてるのかね。

4518 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:54:17 ID:Yg1F2T1YO

いや世界の命運は背負ってるだろWWW
アルティメット獣殿阻止しないと地球が滅ぶぜー

4520 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:54:34 ID:gjqUu8LY0

こう全裸が出るだけで場がなごむな

これが全裸パワーか!?


4524 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:55:35 ID:Yg1F2T1YO

全裸はほんとうに味方の士気を引き上げるお方

4529エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 20:57:04 ID:6UesNvsc0







                ,.  _ _ _  ,..   .,,
              /     `´      \
             /               ヽ
             イ              、    ヽ
           /  /  /   ヘ ヘ  i  |  、 i ヽ        小娘一人幸せにしてやれないで、
           |  i  i i!   // ;,ハ    i  i   ヽ
              i  |  ! ハ  i |   | i  |  |    ハ       何の「英雄」だって話だな。
           |  | ii | i  | i    | i | ii ハリ    i
              |  i | i ハ i |    |Lハ.-┼‐一!    |
          l   レハ「 ̄` ‐-    ィTナトァレ!    i        あぁ、世界だの何だのはどうでもいいが、
            i       i ==-‐     ゝz..ノ  |    |
          ||  i   i!      !       /i   i  |        馬鹿が馬鹿やってどいつもこいつも迷惑してるから、
          ||  i | iヽ.     '        /i i    | i|
          i i  i ! i i 丶   ー 一   / :i :i   i  i!       俺たちはそれを殴り倒して終いにする。
          | li  | i i ; ; : `; .    .イ : ; : i: |  ハ i i|
          | il  iヽl ii: ; : ; :| `  ´  | : ; : r.,j  / ! l |       ―――――簡単だろう?
          i iiヽ i /| ヘヘ i        !/^| / /〈 /リハノ
             /.:.: |   ヽヽ    /   !:.:/:.:.:.ヽ
           / .:.:.:.:.:i    ヽヽ /    |.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y
         _,イ.:.:.:.:.:.:. ヽ    ヽ/     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:L、
       /;.;.;i|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ     /     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.\
       /.;.;.;.;.;.;.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶 /     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!;.;.;.;.;ヽ、
     /.;.;丶.;.;.; |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〈     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  / ヽ
     {.;;.;.;.;.;..;.、.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /     |丶、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| , ';.;.;.;.;.;.ヘ
    i.;.;.;.;.;.;.;.;.; i |.:.:.:.:.:.:.:.: / i    / i.;.;.;.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;..:ハ
    |.;.;.;.;.;.;.;.;.; i::ヽ.:.:.:.: /.;.;.; ,'   /   !.;.;.;.;.;.` :.,.::.:./i.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.; |
     !.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.` ´.;.;.;.;.;.; ,:' /    i!.;.;.;.;.:.:.:.:.:.:`´.:.}.;.;.;.;.;.;.;    i




.

4532 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:58:01 ID:4D7zJJrE0

皆が頼りになりすぎるぜ……

4533 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:58:26 ID:cnB/rSD60

やだこのヤマトタケル頼もしい……。

4535 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:58:53 ID:QsJScDo20

こんなに頼もしい英霊達がいるんだ、もうなにも怖くない!

4536エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 20:59:34 ID:6UesNvsc0







                  {、 !;   {  ,.'  /イ'"''‐=二二. i゙=-_二二ニ=-_ 人.           _j|_
                ,.-ゞヽ r‐- 、    、-‐::::::::... 、 __人__. ニニ=-__―===`Y __j!__ 十   ̄|! ̄
               /,....-‐ l  ' ,へ   ヽ  `ヽ::::...:゙`Y´..‐ニニニニ=_    ̄ヽ ̄|! ̄__人__
               /:::/ , !   !!   ヽ \   丶:::: !\ニ=-__‐二二ニニ=-_,.ィ′    `Y´
             //,/ / ,l   l| i {ヽ       \::::::丶二二二ニ二十ニニ=-_,      あぁ、簡単な話だね。
             '  ,::/ ,:'   / l   ! ト ヽ\\..     __j!__.二二ニニ=-__ ̄
         i      ,:::,.::://  ハ   l ! \、 丶 ヽ\ ヽ 、::.. ̄|! ̄ 、二二ニニニニ=-__       ――――物語はいつだって、
       __人__    ,:/:::;::'::!  ,'  、   ',   ,. ‐''" ̄ \ヽヾ::゙|゙:::\二二ニニニニニニ==‐-    
        `Y´.    /.イ:::::::::!  l !- .._ヽ   ,/  ,.-‐ァ=、‐-__j|__ ニニニニニニ=‐- _.     _ 「めでたし」で締め括られるものさ。_
        !       ,'::/:::::::. 、 ! ,. _ ̄丶 ヽ  / f;;寸} /  ! ̄|「 ̄ . 二ニニニニニニニ==‐ァ'  `Y´
    |.          // !;::::::.::ト / f;付、.\ ヽ   ヒrノ  ノ'} , |! l 〉 ノ二二二二ニiニニニ=‐'"   .   !
. __j|__.     '"   ! ::::::::! ヽ Vゞノ  \ 、         ノリ |..゙'/二二ニニニ__人__   十   |
.    ̄|「 ̄人 _j|_.     ヽ:::::\ ´ ヽ    \、     ,彡 ー=二二二ニニ='゙`Y´   __j|__
.十   |!. `Y´ ̄|! ̄        ヽ::::,ゝ               ,:  マ二ニニ=‐'"_ !        ̄|「 ̄   !
  ,.-゙|. _       十  _,.. ‐- 、ヾ::::、   ー―‐  ァ    _.ィ-‐  ̄ ̄_,....,_   `ヽ     |! __j!__
 〈人   \      /   / /ヾ 、 ヽ _,.   < ̄ ̄ _,.-‐ ''" ̄      ̄` /   人  |.   ̄|! ̄
. `Y´  ,.. ` ヽ   /   / / ./  \       ヽ.ヽ ̄              /   `Y´       .|
    }'"     ー'   /,.-'___ー-、         ´ ヽ.ヽ           _j|_.       | 十
. 〈 ` ヽ' 、     l    i__.   -― \ヽ   ー 、  ,..-- l l        _ -  ̄|! ̄... __j|__
 ,〉/   ヽ     !   {        >、ヽ '"⌒`/   l l      /   __,.....  -――. ̄|「 ゙̄!
 !.j    ヽ    l!    ',_ -‐   ̄二/   / /     } .}   r―= ̄ __  -―――|!---ヽ
 {  ヽ 、  ゙、    .l!.   ;-‐,¬ ̄! l  /  /-‐'  ,  // /    ,ゝ‐ ,  ̄// / .:/ :::::/ .:::/ |゙::l l:::!',
  、 、 ヽ  ゙、   .l!  /.l .l  !_,. イ /,. '"    / /./ /  // / ./:::! l !./  〃 :::/  ::::l  l::::ヽ
  l..  \ 、  }    l!   { ! l/  彡'",.    /  '" //_,/'" , /  /  '. /  ,! .::/   !  :::l  、:::
    ヽ  、  ヾ   l!   ! /   / ´   /'"  //,. '" ./ /  ./  ;.    .::!    .!   、ヽ 、ー、
.     \ノ ⌒` ,.! '" ゝ、!  {/     /    // /( ( .(  ノ    ,. ィ"⌒、 ,l   l  ヽ  、ー、




.

4537 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:59:41 ID:l31bbg7o0

英霊って本当に頼もしくてカッコいいですね!

4538 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:59:45 ID:uh0ZUuVY0

颯爽登場!

4539 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:59:49 ID:gjqUu8LY0

イッケメーン

4540 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:59:56 ID:eugPj7Cs0

ああ、そういえばヤマトタケルは妻を目の前で失ってるんだよな……。

ワダツミの神への生贄として。

4541 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 20:59:57 ID:UPkZSFjE0

やだこの英雄達頼りになる

4542 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:00:05 ID:4D7zJJrE0

イケメンが今日も眩しいです

4543 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:00:10 ID:eugPj7Cs0

キャーイケメーン!!

4544 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:00:12 ID:QsJScDo20

うおっまぶしっ

4546 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:00:19 ID:Yg1F2T1YO

鯖がどいつもこいつも…希望とやる気 がムンムンわいてくるじゃあねーかッ!

4548 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:00:24 ID:ZZQcVo0c0

イケメンが眩しすぎて世界が新生する

4549 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:00:32 ID:cpHbsxmk0

相変わらずキラキラしてんなぁ、オイ

4551 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:00:41 ID:cnB/rSD60

さすがイケメンやで……!

4554 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:00:48 ID:wkCeYX960

イケメンにその台詞言わせるのが憎いなw

4557 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:01:27 ID:cpHbsxmk0

物語って言うのはそうじゃなきゃいけないよな常識的に考えて!

4558 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:01:34 ID:gBAFdbgw0

キャーイケメーン!!

4559 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:01:41 ID:dPuo89T.0

虚淵「せやったな」

4561 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:01:54 ID:bgefyAgo0

できない子のサーヴァントはみんなイケメンだなぁ

4562エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 21:01:59 ID:6UesNvsc0






                                                          ,イ
                                                     /ー、//
                                               ―‐┐r‐ム-‐ '_ノ
                              rー‐- 、__           /    } ゝr)く/
                              } _>=辷ZZ_ーzr-/ __,ィ   /   `'
      ー―z _ ヽ                  丿´   /     ̄`ヽ‐ーー‐ ´   /
          ` '=}辷ー 、zx、         /   `  ー―  、  ヾ/  、ー ヾ /}
              ⌒ヽ  }ト、_rz--- 、∠   /   `ヽ    \ ヾ ,<´ ヾ:{
                   \}廴_  }}、 ./        i              \/  { `ヽ }   あぁ、ゴチャゴチャと面倒な理屈を
                     ´ ̄`ヽ}}∨ /   /    |    ',     \  l|   ハヽ ./
                         `/    | | l  |    ヽヽ     ヽ , / / |ヽ/    こねくり回していたが、要はそれだけの話だ。
                       |l |! :| | |   |      :| l ヽ   lハ i/ // |l
                       || }! :! ! |   |、    ! |/ |  l| l lノ./ |l      ――――何も思い悩む事はないぞ、マスター。
                       |ll !ハ | l!! ト、 | | 八__jl/川└r┘|:∧/ /从
                ヘ     |」儿乂ゞ儿lヽレ レヾ /z芋㍉t | l从  \j_ヽ__  ―=ニ=ー 、
          _     /ヽゝ    _ 乂ゝ℡zzミ、  `´"弋心ソハ 乂人ヽ  二ニ=彡'  ‐=ニ=ー、   )}
        /   ヽ. ∧/  ―=ニ二三 ヽ}ハヾ弋zソ       ー '   //>ー――――< ___ / /
... / ̄三二ニ=ヽ__∠/ ̄_, -=ニ _ ̄ ヽ八l ハ  :::r::     、  /:::/ / ̄辷≦ヾ\ < ̄ ̄ //`ヽ丶
..../ / / .=ニヽ/ r ´¨¨´           ̄ l  \ .丶   rー_=彡' /::∠斗 ク(r_テ` :l{ヽ \ \  乂  } \
...{ ( / -=ニ⌒ゝ_,j\     ー―――   ヽ   ヽ   > ⌒_  <>´-_r‐<//     l{ゝヽ \ \     |   }
...ヽ/ //:::/.∧/ ヾ ` ー―    __,r云气\ヽ ヽ__>---‐< (く ̄`)廴厂...;;;;::..  ::l!ゝ\ヽ \ \  /   /
..../ / /:::/.∧/    \_ 斗廴/rノ´ ̄ ̄ ヾ_ --ー‐-、\  rク≧彡' , ..イ´¨}:::::::.::::|(7  ヽ\ \ ヽ./   /
...{ (_―、 ∧/      ( く,xー ¨¨` ̄ ̄ ̄´         ヽ ヽ´ l  /  ヽ,八::::::ィ::!/ l  }  ヽ .) \ ./
. ` ー 、 } ∧/┐_,r―‐〃`/  ィ                  l |  j匕7ヽー __j (__/レ'j{ }|  !   }./   )′
...  ./_ノ.. ̄ .rー‐rZ≠_j j  l!   ィ::           ,..::::::} //7⌒{  `¨¨¨¨ゝ lj {<_j   /   /
..... /´      `¨   ̄´ /  ..::!   l|   i!:        丿zz彡ヘ /  |\  __ j´   ヾ`ヽー=ニ二三 ̄
                   {! ..::::l!  ::l!   :l|  ::i,__, イ/`¨´__ノ V    {  \厂`   \ヽハ \
                 丶:::::_j  .:::}   ::|   ::|厂}Jlし ´   ⌒ヾ ̄ヽ
                    ヽ .:::人......::::!  ..:':::ノ}r{
                          ̄  二´ゝ-</jノ



.

4563 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:02:04 ID:l31bbg7o0

いやぁ、相変わらずエイワスの描く英霊は頼もしくてカッコいいなぁ

4565 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:02:11 ID:KeMEp2260

みんな頼りになるな!

4567 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:02:45 ID:BY.Ljb3s0

かっこかわいい!

4568 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:02:50 ID:gjqUu8LY0

迷いが晴れた!
あとはこの右拳と左拳を水銀のツラに叩きこむだけだ!

4574 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:05:19 ID:l31bbg7o0

この頼もしさ、もう何も怖くない!よし、クリタユガをこの場でぶっ放して水銀を吹き飛ばしてしまおう!

4575エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 21:05:36 ID:6UesNvsc0







.        __≧ー\ソ<_
.         >    x=ュ-──´─ - _
.      _≦   ,ュ彡"´           `丶
.      `フ   //               \
.      /                        ヽ
.     ⌒ク八:′ ,/  ,/      |       `    '
.       / :i   ′ ′:| | |!:i| | |   !  !   :
.        /   |  |   |   |:.|:||八| |! |i: |! :| :|!    |
.       }    |   レハ土士八 jノルj!i土士ル   !|
.       jリ     ||! i| |r‐rテi〒    ‐rテi〒r|:   八
.       |!    从八| 弋.(ソ      弋(ソ..: ,/
.       八:i|  f   i| 、、、      .    、、 |i|/         みんな……………。
            }: |!  八                 八
            レ个ーf }|丶 u.  ヽ  ア     '
.           / ̄ ̄ ̄`¬ー- 、._     イ-――- 、
.  .        }=‐-___        ̄ー=三三三三ミ、
.          /三三三三三≧=-__      ̄ー=三三!
.       /-=ニ三三三三三三三三≧-__      ̄`\
.      /ー-_、   ̄‐=三三三三三三三三三三三ニ=-ヽ
.    /=‐__>、_     ̄ー=三三三三三三三三三三ミ、
.  .  i/ ̄       ̄ー- _     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__ }








: : ://: : : : : /: :/: : :/: : i: : :||: : ',: : : : :i: :l: : : : ',
: : //: : :/,;-''": : : : :/: : ',::',: /|: : :|、: : : ヽ: i: : : : :',
: :/: : : ´''"/: :/: : : : :/: : : : :/''|: : /‐|: : : : |: :l : : : : ',
: : /: : : :/: : /: : : : :/|: : : : : | |: :/ |:ヽ: : : ',: : :l: : : ',
: :|: : : : : /: : : : : l: :|_|: : :l: : :| |/__ |: : :ヽ: : : :|: :l: : : :',
: :|: : : : /::/: : : :|: : | |ヽ: l: :| /f惚`/: : |: ', :|: :|: :l: : : : ',
: : |: : :/: : : : :|: :|: |:| |: ヽ: |  ""'/: : /|: :l: : : |: :l: : |: : ',      ――――――ハハハッ。
: : ',: :|: |: : : : : :/:|   |: :/ヽ   /: : :/ |: : }ヽ: l: : l: : i: : :',
: : :∨: |: : : |: / || ,、  |:/   /: :/  |: :|: i',/| : i: : :ヽ: : ',      成る程、実に勇ましい。英雄らしいと評するべきか。
: : : :|: : : : /|/         /: /  /"|ノ:|: : :l: :l: : : :ヽ: :',
: : : : :|: :|: | ,           |::/  / //:/: l: :l: : i: : : : :',: ',
: : : :|:/: 、| `゙" ''''' ‐‐ ―一 |:|  /´:/:/:/: :|: : l: : l: : : |、ヽ
: : : :|: :|: |           |:| ,.イ:://: :/: : |: : :l: : l: : : | ヽヽ
: : : |: : |:|\          |::|  |/: : /: : : : : :|: : |: :|: :| ';::';
|: : : l: : i: | \      ,、-'"|:ヽ |/: : /: :/: : : : :l: : i: : i: :|  l:::i
:|: : : : : l: |   \  , -'"   ヽ:ヽ: : /: :/| : : : : l: : l: : i: :| ノノ
: : : : :l:;:;l::|    `´     //|ヽヽ: :/ /: : : : :l: : :l: : : : |//



.

4576 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:06:37 ID:B8L5A.Zc0

感動的だな

4577 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:06:50 ID:gjqUu8LY0

だが…

4578 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:06:55 ID:0EirjxaY0

無意味だ

4581 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:07:20 ID:KX1EUq2M0

無意味だとは言わせないのが英雄のお仕事

4584 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:09:14 ID:l31bbg7o0

やっぱり英霊は頼りになるなぁ……
エイワス作品の地獄に挫けずに進めるのは頼もしい英雄達のおかげだよなぁ……

4585 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:10:12 ID:OxxHrpW.0

これができない子の誇る英雄たちだ、笑わせなど、せんよ

4586エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 21:10:35 ID:6UesNvsc0








                        __
                  ,.ィ7///////7,.、
                 /////////////∧
                   /////,ハ'lV.//////∧            ―――――仮に君が“大聖杯”を破壊せず、
                l'/lV//kリ''l///////,∧
                 l//!リ!{ l!  リ'///////,∧           この聖杯戦争に勝利するつもりであるのなら、
                 l//l.`  ,.   !'//l./////∧
                 リ/∧`    .!'//,!l/////∧  ,.-z=-、     まずは全てのサーヴァントを撃破してみると良い。
                   ハ//∧_,、 !// ! !/////,.'/ニ/彡ア=、
                     l//!'///∧ !'//,! !V/,ィ//ニ/'ニミヽ  ヾ、
                      l//lV////,〉//l∧∠/.イニ〃三ミミ\       7騎の英霊の魂が器に満ちれば、獣殿は
                      l//l,.∨.// l//レヘ、ニニ=〃彡=ー-ミ\
               ,.ィ=l//!ヾ、'´ ,ィl//l二ニー彡二ニ=ミニ=\ヽ     「星の王」に新生する為の儀式に入る。
                   }ニニ!'/lミミ≧=彡!'/,!ニ=二二二二二ニ\ニ={ヾ、
                7二l//!ミニニ彡!'/l二二lニl二ニニニニ',ニニ゙,
              /ニニ!'/,!二ー二ニ!'/,!二ニニ!.l二二ニニニ(ニニゝ、
                 iニニ.;//!二二二ニ|//|二ニニ゙i二ニニニニ{ゞ=)       その時、ガイアの抑止力からの影響を
.                lニニ.'//!二ニニニ|//|ニニニ!二二二二二ヽ
                7ニ,'//!二二ニニl//,!二ニニl二二二ニニニニ',        排する為に、取り込んだ英霊は
                ;ニ,'//!二二二二,゙//l二ニニ.!二二ニニ/二ニニ゙、
                /=;//l二二二ニニl'//lニニニ!二ニニニ/ニニニニヽ       防波堤として外側に展開される。
               /ニ;//!ニニニニニ!'//!二ニニlニニニニ/ニニニニニ}
                 ;ニ;//!二二二ニニ,'//,!二ニニlニニニ/二二ニニニl
                 lニリ'/{二二二ニニリ/,!{二ニニニ',ニニ/二二ニニニニl
                ,.イニニ.V゙、二二ニニニV{゙、二ニニ,'ニ/二二二ニニニl
            ノニニニ!.ヾ、二二二ニニヾ二ニニニ}二二二二ニニニニl
            lニ=ニニl二二二二二二二二二ニ/二二ニニニニニニl
             ',ィニニl二二二二二二二二二ニ/二二二二ニニニニ{
            /ニニニl二二二二二二二二ニニ/二二二二二二二ニ'、
.          /二'二ニl二二二二二二二ニニニ,'二二二二二二ニニニi
       /ニニ/ニニl二二二二二二二二二ニiニニニ/二二二二ニニヽ
    /ニニニ/二二l二二二二二二ニニニニl二ニィ二二二二二二二ニ\
    .'二二二二ニニl二二二二二二ニニニニlニニi;;;(_二二二二二二二二二
.     !二二二二二ニl二二二二二二二二二ニlニニl;;;;;;;;ヾ二二二二二二二ニト
     l二ニニニニニl二二二二二二二二ニニニ',ニ=ヾ;;;;ヾ二二二二ニニニニヽ
.     ',二二ニニニ{二二二二二二二二二二ニ',ニr-‐';;;;;;;}二二二ニニニニニ
.      ',二二二二ニ〉二二二二二二二二二ニニヽ;;;;;;;;;;;;;;}二二二二二二ニニ




.

4588 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:11:23 ID:4D7zJJrE0

お、ってことは獣殿単体と戦闘になるということか

4589 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:11:33 ID:KeMEp2260

おー、なるほど

4590 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:11:43 ID:cpHbsxmk0

つまり平常運転だな!面白い、やってやろうじゃん!!

4591 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:11:59 ID:d555VkOo0

つまり7騎落としさえすればボスラッシュモードになって、獣殿と一緒に殴ってくるよりはかえって楽に?

4595 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:12:35 ID:uwSLcQJI0

双方7騎召喚で1vs1*7とか燃える
問題は茨木ちゃんが勝てないことだが


4596 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:12:36 ID:cnB/rSD60

いつも通りの通常運転ですね。分かります。

4597 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:12:54 ID:FTtd1quw0

つまり7騎のサーヴァントを持って7騎を制すればいいんだな!
なんか足りない気もするけど気のせいだな!

4598 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:13:03 ID:cpHbsxmk0

キャスタークラスの分が悪過ぎるがなんとかしてみせるさ!

4601 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:13:17 ID:B8L5A.Zc0

>>4595
やめたげてよぉ!

4602 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:13:23 ID:l31bbg7o0

勝つのは絆で結ばれた軍勢かそれとも力により率いられた軍勢かだな

4603 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:13:28 ID:cnB/rSD60

>>4595
ゆうかりんに手助けしてもらうとかよくね?
鬼と鬼が肩を並べて戦うとか燃えるだろ?

4605 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:14:07 ID:d555VkOo0

……だからケイ兄さんは何処へ行ったんだ!(憤怒)>7vs7

4607 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:14:14 ID:l31bbg7o0

>>4595
茨木ちゃんよりケイ兄さんとヘルメスさんの組み合わせが絶望的過ぎると思うのw

4609 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:15:05 ID:cnB/rSD60

まあ、それぞれがそれぞれのクラスとぶつかり合うとは限らないし……。

4610エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 21:15:06 ID:6UesNvsc0







       /: !: : : : :.\:\: : : : ヽ、ヽ: : :\
.       //: !:.!: : : : :ヽ: \:\\ヽ、: :.\: : :ヽ
      / !i: :i: i: : i、: : :丶: !ヽ: \\:ヽ: : ヽ: : :ヽ         恐らく、それがそちらに見出だせる唯一の勝機だろう。
    /: :i:l: :`:l:.、:l,ィト: l: ヽ!: l: !、:.ヽ: 丶: 、: :ヾ: : ト、
.    i : : /! i、: !: i:弋ソ!ハ: :.!: i: l:、ヽ:.\: \: : : : :丶ヽ       「新生の儀式」が完全となれば、獣殿は「星の王」となる。
   〈|: : :!:ハヽゝ、!ト:.ヽ ' ト:/: :!:i!: !ヽ: : :ヽ: :.ヽ: : : : ヽi!
.    i:,!: :!: :ヽソ ヽ ヾ丶 !ヽ: :l:.i!: :.ソヽ: : ヽ: : :\: : :.`:.、       ―――――無論、サーヴァントを展開したとしても、
   i! !: :!: : :ヽ ー    , ヽ!: :.、!: !、ヽ i:ヽ: :丶: : : ヽ丶 : \_
    i !: :!、: :.:ハ ,ィ ァ'´  ヾ: :ヾ:l: i!:丶: :.、: ト、: : : : 、!ヽ: :ヽヽ     「星の王」の前段階に至った獣殿は強大無比な存在だ。
   `゙ヽ:.\: : : ヽ      ヽ : !: !i: : i、: !: !: : : : : : :`: ヽ rヽ|
      i!、:.: ヽ: : :ハ    , ィ´ハ:ヽ!:、: :! !:!: i: : : : : : : : : : !i、/
.     丶!: : : ヽ: : ヽ -‐ ヽ  i!: :!:i: :.! ソ:i: !: : :,.:.:.、:!、: : i: : !     芥子粒ほどの可能性である事に違いはないがね。
.      !: :lヽ: ヾ: \: : : : :ヽ  '; ヽ!: :!/:/:/ヽ::::::::、ノ!: :. :ヽ: i
.      /: :.!: :ヾ、ヽ: : ヽ//:.i  i !: :!: i /:/'"´::::::::::::::::::::::::::::::
      i,!: :!、: : !、\_: :イ/、:.l  `!: :i: :!!:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ヽ: :.: : :.!、,:.:.:.:.: :_!// /:::!: :.ヽlヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ヽ: : :、:. ∨:::::::::::::/ !:::::i、: : i:.ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        !:,l: :,-‐':::::::::::::::'"´::::::::::ヽ: : : : :.、:::::::::::::::::::::::::::::::::
        //l/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: : : !: :ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::












                        ァ ´ \_
                      /7/イ/ /=-ミヽ
                    ,ィ{{ミイ∠ィ=ミ\ミヽ
                  _, -"ハハマィ―ミ`ヾゝ\`、
                   , イ-ミ( 〉ソ∠勹\ヾヽ、ト
                  /  イ// ヽ`、ミヾr-ゝ\`
                // イ〃イ /{ ヽ \ \ ヾヽヾヽ
               /  // /ィ |    }ヽ ヽ、ヽハヽヽ}
              // l 、 /ヘ/     } ハ } }|ヾゝ、ルハ
              イ { ハ l /`lx_i /  /_,l/‐リヘ´.|.|ト、 ハ V}      ……それが那由多の果てでも、十分でしょう?
             ノハ  ヘi弋tyk/i  リfr:ry,テリ ハ }マ∧} }',
              イ / ハ   l /   ̄ / /イ ノ マ∧ヽi}
              // /ノ:.ハト   _`    /イ ハイリマ∧ヾリ
                イ/リx= ヽ   ̄  , イ/ / ィ":| ハマス/\
               ハ/三三ゝ ` ニ ̄ ニ ヽ{/ハ  Y/\
               ,,.ヽヽ三三三三三三三三三 \V/ マ/ヽ、
              /;;;;;;ヽヽ三三三三三三彡ニ ニ ヽ
              /;;;;;;;;;;;;\ -- -- -- -/;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
             <;;;;;;;;;;;;;;;. -‐''" ̄  ̄` 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ
             /;;;;;;;;;;;j: : : : : : : : : : : : : ::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
.          k;;;;;;;;;;;;i: : : : : : : :;;::: : : : : : t;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
            /;;;;;;;;;;;;,' : : : : : : : : : : : : : :  ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
            ;;;;;;;;;;;;;;;ハ: : : : : : : : : : : : : : :: :ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
.        /;;;;;;;;;;;;;;;/ ヘ: :::::::: : : : : : : ::::ノ: :i:::ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
.       f;;;;;;;;;;;;;;;;l  k: : : : : : : : : : : : : : i::::' ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;




.

4613 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:15:33 ID:.wJbiIvg0

いまさらだが、この聖杯戦争の勝利者になり得るのって、
聖杯持ちのやる夫とできない子と獣殿だけじゃねえかwww、なんと無理ゲーwww

4614 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:15:59 ID:FTtd1quw0

できない子さん男前すぎるぜ!

4615 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:16:08 ID:gjqUu8LY0

ラスボスモードにwww

4616 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:16:14 ID:uwSLcQJI0

やだ…この娘、男前…キャー

4617 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:16:17 ID:z2m58Dto0

突然シャーマンキングが始まった件
むしろプリンセス・ラインハルトか

4618 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:16:36 ID:mw.lgAms0

あかん、ない子がオーラを放ち始めた

4626 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:17:46 ID:OxxHrpW.0

でた、できない子さんの黒幕モードだ

4630 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:18:22 ID:KeMEp2260

取り込んだ7騎はガイアの抑止力に対する備えじゃないのかな

4637エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 21:19:39 ID:6UesNvsc0










                   ヘ /{ ∧
                 /\V//  ヘニ=-
               _z彡         ト
              //   /   l   ヘ
              イ    /    l    k      …………もう一度、色々教えてくれてありがとう。
              i l   j      l    ハ
              kl            从       私も情報を整理したいから、今回は此処までにしましょう。
               lイ_,,从     i   トil
              x====从      ハ==zx
             ヽ三三三从 ハ  从三∥
             _/三ヽ三三マメ リi ハ==∥
            /.l三=彡i=========ヾ三=ll \
           /:j::::::::ヘ:::i;;:::::::::::::::::::::::::ヾ 三三=\
          l:::::::i::::::::::::::l;;:::::::::::::::::::::::::::::ヾ 三三三ヘ
          |:::::j:::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::l::ヾ 三三三ヘ
           l:::l::::::::::::::/l::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::k 三三三ll
           i/:::::::::::::j;;;l::::::::::::::::::::::::::::::k::::::ii 三三三ll
           ヽ:::::::::::ll::ll ̄: : : ̄i ̄: : i::::::::::l l 三三ニ{
           ヽ:::: ' k:i: : : : : : : :l : : : i:::::::::::il i 三三ニll
              /: : : : : : : : :l: : : :::l:::::::::il:l .i 三三ニll
              /: : : : : : : : : : : : : :: ヽ::::::::i l 三三ニll
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ:::l \三三 l
            /: : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : :ヽ:l   ===┘
           /: : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : :ヽ
           /: : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
          /: : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ




.

4640 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:20:03 ID:LqTCRXio0

変な方向で似てるなこの二人

4645 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:21:40 ID:.wJbiIvg0

…やはり参加者に死者ださずに全員仲間にするくらいじゃないと、
勝ち目ねえぞ…狛枝ってでも説得できるのか?

4647 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:21:44 ID:fsoKn17g0

つまりはあれだ、狛枝君を味方につけて3優位で殴ればいい。

4649エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 21:22:18 ID:6UesNvsc0













          γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
          |    ………………せめて、貴方にも最後、救いがあることを祈っています。    |
          乂________________________________..ノ












.

4654 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:24:19 ID:LqTCRXio0

そっくりそのまま返されそうなセリフだな

4657 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:25:24 ID:l31bbg7o0

できない子さん元凶に対しても優しいなぁ

4659 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:26:02 ID:eugPj7Cs0

>>4657
ナナリーの子だもの。優しくないわけがない。

怒らすと怖いけど。

4660 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:26:08 ID:gjqUu8LY0

まあマジレスするとガイアの抑止力の抑えだからほっといても平気だと思うけどね
クレアとゆうかりんあたりはそっち行きそうだけど

4662エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 21:26:23 ID:6UesNvsc0













         ┏───────┳───―――─―───――――――――――――┓
         │ ナレーション: │ ――――――「記憶の城」の探索が終了しました。 ...│
         ┗───────┻───―――――――─――――――――――――┛











.

4663 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:27:10 ID:cpHbsxmk0

おいケイ兄さん、そろそろもったいぶってないで出てこい

4665 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:27:19 ID:4D7zJJrE0

これから探索パートはなくなるのかな?

4668 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:27:33 ID:d555VkOo0

記憶の城パートが完結しちゃったけど、今後尻に相談とかできないのかなあ?

4670 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:27:39 ID:21L5g6tw0

今後
「記憶の城」フェイズから
「ニートのお部屋」フェイズになるのか

4675 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:28:22 ID:KeMEp2260

もう欠片はサバ倒さないと手に入らないのか…

4676 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:28:31 ID:gjqUu8LY0

メガネの霊圧が…

4679エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 21:28:56 ID:6UesNvsc0










         ┏───────┳───―――─―───―――――――――――――――――――――┓
         │ ナレーション: │ 今後「記憶の城」の探索の代わりに、以下の行動が選択可能になります。....│
         ┗───────┻───―――――――─―――――――――――――――――――――┛




            ・【ルーラー、及び自サーヴァントとの特別交流】

            ・【グラズヘイムに挑む(最終決戦)】







.

4680 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:29:07 ID:gjqUu8LY0

おい下まてwwww

4681 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:29:09 ID:QsJScDo20

おぉう

4683 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:29:25 ID:4D7zJJrE0

下wwwwwww

4684 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:29:28 ID:cpHbsxmk0

下はアカンwwww

4686 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:29:36 ID:/6Ljwdso0

ヤバイのが選択肢に追加されたなぁ

4687 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:29:41 ID:d555VkOo0

クロノトリガーみたいなことになってるwwww>いつでも最終決戦に行ける

4691 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:29:48 ID:0EirjxaY0

ラスボスイベントが選択なのは気のせいなのでしょうか・・・

4692 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:29:51 ID:BY.Ljb3s0

選択したが最後道場行きに見えるんですがねぇ・・・

4695 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:29:55 ID:zB44TZZQ0

まるでラヴォスだな

4696 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:29:59 ID:z2m58Dto0

クロノトリガーの二週目を思い出した

4697 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:30:03 ID:4D7zJJrE0

鯖が一騎も落ちてない状況なら十分選択肢の一つになったんだがw

4700 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:30:30 ID:oXHh4Zrc0

下はやめてwスナイプされたらどうするのwww

4701 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:30:33 ID:gjqUu8LY0

見える…!スナイプで下を選ばれて阿鼻叫喚の未来が私にも見えるぞ…!

4705 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:30:51 ID:bgefyAgo0

どうしてラスボス戦選択がちょっとコンビニいってくるみたいな感じで存在してるんでしょうかねぇ・・・w

4709エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 21:31:12 ID:6UesNvsc0















              ┌───────────────────────┐
              │                                  │
              │  ―――――――――8日目が終了しました。    .│
              │                                  │
              └───────────────────────┘














.

4712 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:31:52 ID:OxxHrpW.0

なんか8日目は戦争パート何もなしだった割にスゲー激動の一日だったな…

4716 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:32:25 ID:zB44TZZQ0

まあ、獣殿のやろうとしていることってラヴォスと同じだよね

4717 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:32:35 ID:d555VkOo0

しかし「ルサルカに何か解決策あるかも!」って啖呵切ってゲットしてきた情報がこれって、どうすればいいんだ!

4718 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:32:44 ID:8CVIz9bI0

ケイ卿はいずこに

4723エイワス ◆ovWgAQvoZA:2013/01/14(月) 21:33:16 ID:6UesNvsc0







                ,.ゝ‐ィ ,.ヘ.
     _ __◎((   ,.ゝ" ,ィ'// i:iヾヽ
―.、   ´し'`_  ,ゝ'´: : /: //  .|:l: : ゙、゙、
:.:.:.:.:.:`:.ヽ.、〈〈 /: : : /: : //_,、|:l: : : ヽヽ. ))  _ __◎
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`/: :、‐、人__,//:.:.:.:.:.:|:i: : : : :i: :l    ´し'`_
::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:,.-‐ヽ ´</:.:.:.:.:.:.:|:l: : ;ィ: :|: :l      〈〈
―' ̄ ̄`>."|:> __,、)`ヽ、ノ:iヽ" iノi|: :l      `
.:.:.:.:.:.:,ィ´.::::::ノゝ'´.::::::::;:'´.:::::`ヽ ヾ、,ゝ、 フ:|―ヘ
.:.:.:.:./.:::,ゝ'´.:::::::::::::;::::::::::/.::::/:::i::::、´::::::.ヾメ丿:.:.:/
ー='二´,..:::::::::::::::/.:::::::/::::::/::::::i:::i:.i::::ヽ:::::Y:.:.:.:ノ
:.:.//´.:::::::::::/ .::::::;ィ::::::::/::::::::i::::|::i:::::..   i:.:.:.:ヽ
=二__.::::::::::::' ..:::::// .:::::'::::::::::'::/:::::::::::  |:.:.:.:/
:_iノ,___.::,メ、"__/__,:::::::::::、.:::/i::::::::::::::.  |,.イ
ヽ、i:ノ:::i::i::::|彡三ミ/,イ::;ィ::::::::::厶_乂::、::::::|:::::|:: ヽ      ………さて、すいません。ちょっと休憩で。
 .メ::::::i:i::::イ乍叱i`ノ 'ノ__ノ彡三ミミ、ト、::ト、::l:::. l
ノ::::::::::!i:::::l:::∪::,'     /圷云 `/i `i:::ヾ、:::.. l       イベントシーンを入れる予定ですが
`ゝ:::::::ヘ:::i、__ノ      i:::∪::::i /:::i  i:::::::::::::. i
  |:::i::::::ト、!´`         ゝ, _,ノ/:::::..ヽ、i::::::::::::. |       >>1としても整理したいので。
  |:::!::::::|゙ヽ、       ,ゝ U 人::i`¨´ 、:::::::::::.!
 . !::::::::::| _ノ≧=-,_′_ , ィヘi::::::::i    )::::::::ノ
  . !::i、:::|´ `ヽ/O"〉ー、    !:::::::l  ヽ.ー⌒)
_」≧'ム:! /  `¨´ ヽ. ヽ,x'ヘ.ヽ::::!  (    ⌒)
  `ヽ、ヽ//`ヽ、 ,〉'´` ̄」彡"´`ヘ!  ゝ     ,ノ
. ̄`ヽ、メニ.ヽ、ミ彡"´,ィ=ニ7,ゝ'´:.:.:.:|   `ー‐'´
. ̄トー、ノ、:.:.:.:.ゝー≠='ニニヘ:.:.:.:.:.:.:.:.!、
.:.:.:.|三三ニハ彡三((⌒))三ミi:.:.::.:.:.:.:.:.:.:`゛ヽ、
:.:.:/三三三||彡三 ≧≦三ミミi:.:.::.:.:.:.:.iミ、:.:.:.:.:.`ヽ、
:.:/三三三メノ彡=≠キヌ/:.:.:.:〉、:.:.:.:.:.:i三三三ニ=、`ヽ、
≠三三三'/:.:.:.:.゙ゝ:.| |:.゙、〉:.:[二/:ヽ:.:.:.:.|三三三三三ニ=、ヽ.
三三三'//ーメ'´ ̄ ̄:.:.::.:.:.:.:.:.:.| |、__|:.:.:.:.|三三三三三三=ヽゝ
三三ニ//イ:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i. ! メヽ、:.:.:|三三三三三三メ,
三三//_|:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:|_」 i ゙、゙ヽ:.:|三三三三三ニ/
三'// |::::::|:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.i:::| | ヽ、!:.:|三三三三三/〉
.三/. |::::::|:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:::| ヘメ、ト':.:.:|三三三三=//ヽ.



.

4726 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:33:32 ID:gjqUu8LY0

あいよー

4727 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:33:40 ID:4D7zJJrE0

一旦乙でしたー

4728 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:33:40 ID:uF2IIAB20

ようは鯖全部ぶっ倒して最終決戦に挑めとそうゆうことか

わかりやすい!!

4729 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:33:44 ID:KeMEp2260

一旦乙

4730 :名無しのやる夫だお:2013/01/14(月) 21:33:49 ID:OxxHrpW.0

一旦乙です













一覧
関連記事
・一つの世界で第二魔法の遣い手が出現すれば、平行世界でも同じ奴が出てくるのは何もおかしくない
・でもそれだと、平行世界を自由に移動して動かせる人間が無限沸きして、平行世界が編集合戦で訳分からん事になりかねない
・だから第二魔法の遣い手は、出現と同時に最初の到達者の設定を上書きされると
[ 2013/01/19 15:00 ] [ 編集 ]
フォント弄るのもいいんだが、盛り上がってる所で「はそりゃ」で笑っちまったよ……
[ 2013/01/21 22:49 ] [ 編集 ]
これなら、獣殿を倒せばとりあえずはハッピーエンドだな。
水銀は次の世界に行くだけだから、後はやらない子が聖杯で受肉しておしまい。

でも、やらない子(本体)は平行世界で死に続ける父親を救いたかったからここにいる。
根本的な解決のためには、水銀の記憶を手に入れる必要があると。
・・・・どこにあるんだよそれorz
[ 2014/03/01 17:58 ] [ 編集 ]
仮に水銀が目的を達成して以前の自分を思い出しても、また解決策として第二魔法を求める。→また上書きされる。→根源ぶっつぶす!と無限ループになる可能性が。
[ 2014/07/02 21:30 ] [ 編集 ]
 
クロノトリガー方式で草不可避
[ 2015/06/14 18:38 ] [ 編集 ]
今すぐ、現状のできない子と鯖達でセイバーとバーサーカーを装着した極悪仕様ラスボスに挑むか、
全ての鯖を倒した後でボスラッシュを突破して強化がある程度解除されたラスボスを儀式終了までの時間で打倒するか

まだ2体だから前者の方がマシに見えるけど、よりによって最悪の個体が落ちてる罠
[ 2017/03/21 02:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

GW、皆様いかがお過ごしだったでしょうか?
人によっては9連休という休みでしたので、十分にリフレッシュできたのではないでしょうか?
逆にサービス業等で休みのなかった方には感謝感謝です。
足を向けて寝れません。いつもありがとうございます。<(_ _)>
さて、残念なことに通常の日々が戻ってきてしまいましたが、次の長期休暇まではやるぽん!にて気を紛らわせていただければと思います。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で6年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



FC2カウンター