やらない夫三世~血の刻印~ キャラ紹介&起用理由 + 埋め短編 やるぽん!

ゼロワン第7回 先生、バスケがしたいです…… という事でついにシンギュラリティが知らされましたね。 滅亡迅雷.netとの対決も加速しそう? そしてその裏で動くユアさんとA.I.M.S.の不穏さが……

やらない夫三世~血の刻印~ キャラ紹介&起用理由 + 埋め短編

955: ◆viMvJifIpw:2012/07/10(火) 21:01:11 ID:ke/u6Ptk



             ;:'           _ ... _
              ';        ,.  '"    `ヽ、
             ゙;:      /   ,      ヽ
              ` ' :; .   i _,. ' ,.ィェ= ,. ,.、 ',
                ` '; ,. ノ , 、,,ィr'ェァ =  とヽ !
                  ,';' ヾ''1 ` -一'"  r ' ノ ヽ  キャラ紹介&起用理由…始まり始まり。
                 ; '  「|_ ,.ゝ::::::::::、 i:::「  .ヽ 
                 ゙ '; __」;;;;ャ‐ュ ァ、::::V::::|   ,.ァ 、
                   ゙~"゙::l´ァ、‐ 〉:::::::/ ,. '/   ヽ、..
     __               ';::‐::::`:´::;; '' '" /    !   `゙ ー- ...__
     l |  `l              ゙ヾ;;;;=,."    /    !         ィ~ `',
     !l ` '' |            / /r' ヽ、   /     l       /     !
    レ-、-、l            ,. / / 冫、/ \. /     !      , '       |
   / ,.. -‐'、      ,. -‐ ''"/  / / i  //   ,. ィ"      /       |
  ヽ f ,. - '"ヽ   / ,   〈  / /   |/ '/ 、'"          f        j
   | j |  v‐'"´`! .| |    ヽ / |.|   ///   \        |     _ -'" ヽ、
   "L   ィ  r'ー′| | !  / /  |.| // /     ヽ       l   / _,. -‐'"ィ‐'
    \     ヽ l Y/  /  .|_./  /       〉_    |  // _,... -‐ゝ
      ヾ..._   | { /   /       /      /_,..../  \ l          ヘ
       T  l´、_〈 〈   /      /       /         !          ヽ
       i ゙‐ '´  レl |l   /      /     /            \       ヽ

956: ◆viMvJifIpw:2012/07/10(火) 21:03:07 ID:ke/u6Ptk



                                 _ _ _
                                ´      丶
                             /         丶
                            /             丶
                             /             |
                          /           _..,,ノ   |
                           /          (● )   ノ
ヽ                        /           /   |ヽ
:::::`ヽ、                       !           丶_ / /
_, ‐、:::::: ̄ )           | ̄ ̄ ‐ '─ !_               ノ ´
:::::::::::レ'  ̄            |::::::::::::::::::::::::::::::`‐ _        /
:::::::::::|              |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、 _   /
:::::::::/       __ _ -‐' ̄`‐- 、_::::::::::::::::::::::::::::`‐ <
:::::V        |::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐-、 _:::::::::::::::::::::::::::>
::::::〈       __|::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _:::::::::::::::/
::::::::}_r──´ ̄::::|:::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、/
::::::´::::::::ヽ:::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ‐-、
::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::\:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
、_______|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐‐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           |:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::: {:::::::::::-‐‐‐:::::::::::::::::::::::::/
_          l::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::`‐-、_     __ キ:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄`‐-、
:::::::::::::::::__ >-‐´::::::::ヽ:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
:::::::::-‐´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
『やらない夫(2ch):ルパン三世』
あのアルセーヌ・ルパンこと、やらない夫一世の孫にして世界的な大泥棒。
超一流の変装術、高い射撃スキル、高い身体能力、と大泥棒の名に
相応しい男。しかし、女に弱かったりと普段はおどけたおじ…げふんげふん、お兄さんである。
が、やる時はやる男である。
今回はやおびくにの財宝をかつてやらない夫一世がやおびくにの財宝を盗まなかった事や
「やらない夫とはなんなのか」という自身の疑問などの答えを求め、やおびくにの財宝が
眠る封印の地を目指す。
【起用理由】
某怪盗紳士スレでやらない夫が主役だからというのもあるがルパン三世の猿顔、シリアス、ギャグを
演じられるのは、やらない夫だけと考えたからでもある。

957: ◆viMvJifIpw:2012/07/10(火) 21:05:15 ID:ke/u6Ptk



                        __
                  ,.---―三三三三キ
               ,.≦三三> '" 三三三三:ヘ
         ,.z≦三三> ´三三三三三三三三ヘ
     ,.≦三‐= ´三三三三三三三三三三三∧
  , ≦-= ´三三三三三三三三三三三三三三三:>、        _,. ---==ォ
≦三三三三三三三三三三三三三三三三三 > ´二ヽ-=三三三三三三シ
三三三三三三三三三三三三三三三三> ´二二 >"三三三三三三> ’
三三三三三三三三三三三三三> ’二二二 > ´三三三三 >⌒ヾ¨´
三三三三三三三三三三> ´二二二 > "´三三三 >ィ'⌒ヾ   ヘ
、三三三三三三 > "´二二二二> ’三三三三>彳  .ハ   ヘ    ヽ
キ三三 .> ’二二二二二 >."三三三三ィ:r=o !  l!  {    ヽ   \   クイッ……
 ゞニ二二二二二.> ’ 三三三三 > ’  !ゞ:ソ j _.j   ∨    \   \
/キ二二二二> ´三三三三 > ´    ` ̄´         ∨      \
三 ゙ー一 "´ 三三三三三> ´              \   \__
三三三三三三三> ´                       '.   /
三三三三 > ´/                          }  /
三三> ´     {               ノ\           ノ  {     ./
>イ´        \           /   ` ー――一 ´   ヽ  /
  ヽ        ` ー―‐一                 \{
    \                                 _人   ヽ
     ≧、                            `ヽ ゝ---\
    /                                  \    `
  ./                                       \
『やる夫(2ch):次元大介』
やらない夫三世の相棒。凄腕のガンマン。今回のやおびくにの財宝については当初はあまり
乗り気ではなかったが、響に助けられた事ややらない夫がやおびくにの財宝について拘っている事を知り、
封印の地へ共に向かう。
【起用理由】
やらない夫の相棒といったら、やっぱりやる夫!でも、普通のやる夫を使うのは次元のイメージと
違うだよな…そうだ、某スレの早川やる夫を使えばいいんだ!という事で使ってみたところ
予想以上に次元役がはまった。

958: ◆viMvJifIpw:2012/07/10(火) 21:06:54 ID:ke/u6Ptk



                 \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,、;:;/i;;;;;;;;;;ア
                   ゞ;;;;;;;;;;》ヾ"  ゜゛'"´    `、;;;;;≧
                   /;;;;;;;;;;/             i;;;;イ
                     <;;;;;;;;;;;;!      /  _,.-‐≠' Y"
                    ヽ,;;;;;! `'ー‐一'"   之ソ´ゝ i´ヽ,
                    /'ヽ;!  之ツ>   i      .i  /
                    i  i         !     ν′
                    \ .i       /    /
                      `'介   、_, -‐ 一  ∧、_
                     /i i .\  |:|:|     /  i ゙`ー-、_
                       /  i ヽ, \ |:|:|    ハ  ヽ,     ゙`'ー-、_  xwWwxz
                       /    i  ヽ,  |:|:|ー ' " ´| }   i      _,-‐'"´: : : : : : : :`'ー、
                /        i   ヽ,.|:|:|    / /   ヽ    /: : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
               /        i /⌒|:|:|、  / //⌒\|   ,-┴――――――――‐┴、
                  /         |/   |:|:|、  / \      i                 i
            / ヽ,              |:|:| .\',-‐'"´      ヽ,                ハ
          /    i              ̄ ○ 〉          ヽ,        _____/ ヽ
      __/  _    i                |            ヽ,       (_______〉
    ////  \|   \  i                   |              ゝ―――(______〉
    | ///  i ./\__|  .i                  |              └――――(_____〉
    | ///  / ̄ ̄ ̄ ̄)  i                 |                        匚_〉
『椿定光(破壊魔定光):石川五ェ門』
石川五右衛門から数えて13代目の子孫。斬鉄剣というなんでも(こんにゃく以外…は黒歴史か?)斬れる刀を持っている。
大泥棒という一味でありながら義理と人情の人でもある。また日本海の孤島まで泳いで
行くなど人間離れの身体能力を持つ。
やおびくにの財宝を巡る争いの中、自分の未熟のせいで響を死なせてしまった事に動揺し、
デュランダルの用心棒である華琳にそこをつかれ、殺されかけるが危機一髪の所をやる夫
に助けられる。その後、自分を見つめ直し、海鳴島で華琳と再戦し、見事、勝利する。

【起用理由】
当初は侍キャラを使おうと思っていたが、ちょうどいいのが無く…色々と探し回った結果、
AAがたくさんあって刀を持って戦闘シーンできる椿定光にしました。
五ェ門とは違う意味でいい男っぷりが出せたと思います。

※余談だが今回のスペシャルでは珍しく「また、つまらぬものを斬ってしまった…」を言わなかった。

959: ◆viMvJifIpw:2012/07/10(火) 21:08:48 ID:ke/u6Ptk



、_       _,x=ニ          ,x      ,x
    ̄ ̄ ̄ ̄´             ,x=´ _,x=´      /|
          卞ニ=-x,_卞ニ=´ー―=´         /=|  i|
ヽ、          `ヽx_ . ̄ニ=≫x、____/  /  / .| /    /|
  `丶、弋ー―――――′´            /  /   〈 .| /    /./
    ,`≫ヽ、                  /.,z=/ーi=i三代    ./|.i  
  z=´  __`>=、      _,z    ,匕=' .,/ ´',弋 叨|` /  .,  / |.i
./ .._,x=´/  |i(`/ニニナ ̄/      _,/      `メ/  ./  / |/
,z=´   /    |i |   ソ /     ,x=´        ./  // /`丶、
,z= /ヘ´    /|iヽ\i ./    .z=´         / ,z/ ./ /   /
 ///     /  | `/   ,z=´          /z'´   //    ./
´/′|     /  し'´,x=' ̄                        /
/  . |    /  千´`ー‐ヽ                        ,)
  ,x=-―ニ ̄`ヽ、   ヽ ヽ                 .,z=ニ/'´     ,z=三=vヽ、
z´~         ヽ   ヽ `                /         /卅卅   `| `ゝ  ,__ 
            .`、  `i                /         /幵幵幵    |  |V´   `i´ ̄`i
             .`.、  い               |_        .i幵幵幵幵   /  | ヽ、|  |   .|ヽ 、_ 
               `、 |                \\       .|幵幵幵幵   /  /  | | 「ヽ||  |  |  .|
                乂                 フ       i、       /  ./  / `,.|__|/ _|  |_ |
                 .\,z'´ ̄`=x、        /´       `、从从  /  . /  /     .|/_/ヽ/i_i
                  \      ``ーx、___/          \从/   / // ̄/ ̄| `ー'V/`T~´
                    \        \               「、__,<ー'|‐/  ニニ′ /   |
                     \        \                   〈    ∧`^ー-< 
『パンティ(パンティ&ストッキングwithガーターベルト):峰不二子』
ルパン三世一味の紅一点。ある時はルパンの敵であり、味方であり、時には恋人である。
お宝の為なら手段は選ばない魔性の悪女っぷりを見せる事もあれば損得抜きで動く優しさを
見せる事もある。今回はやおびくにの財宝を得る為、ルパンを利用しながら藤堂レヴィや
デュランダルと手を組んだりと蝙蝠っぷりを見せた。
封印の地では、怪物化したデュランダルの暴れっぷりから一人でさっさと撤退する。
しかし、ラストでデュランダルのクルーザーを奪い、やらない夫たちと一緒に逃げた。
【起用理由】
パンティ&ストッキングwithガーターベルトのDVDを全巻、見たのと色気たっぷり
の女を演じられるという事でパンティにした。
結果、デュランダルの自宅での暴れっぷりがランボー並に過激になった(笑)

960: ◆viMvJifIpw:2012/07/10(火) 21:11:05 ID:ke/u6Ptk



                               ト、 ト.ト、r、r、
               _ ___r、     _≧ヽ`ヾヽ!:::::レ'レィ
      __ _ -- ¨       // ヽ、  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::<_
     乃、    , __ ‥―ァ//   〉-‐∠´::::::::::::::;::::::::::::::::::::<_,.
       ⌒レ'´        |//  /   _ ヾ==、 :::/::::,.、:,.::<´
                   ー‐ァ      /    ̄ ̄ヽ____      ―ニ二r 、ノ〉_ノ〉__,
             __    /__    {     ./_/´   . //ー―= =――'' ̄   辷>
           /⌒ヽ  ヽ /\     个    //     //       _ニ二三==ー孑"
       ―ニ二三: : : \       \ ノ     .| L_____(__(アー¨  ̄三三
          L: : : : : : : ヽ             ナノ
         ノ  ̄ ̄ ̄`ー―= 、      /
       ィ≦:::::::::::::::::::::::::::}::::::::::::::::::ヽ    . ./
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::): : : j
    /::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::j: : :/
―ニ二三::::::::::::::::::::::::/ー==≧:::::::::::::::::::ー'
/::::::::::::::::::::/:::::::/       ヾ::::::::::::::::::≧
::::::::::::::::::::::/:::::::/          \::::::::::::::∧
::::::::::::::::::::::::::/                 \:::::/:::∧
::::::::::―ニ二三                 ∨:::/::∧
::::::::::::::/                      /:::::::::::::::}
::::::::/                    y  ̄::::::::::::::::::/
::/                /:::::::::::::::::::::/
             ―ニ二三:::::::::::::::::/
『上条当麻(とある魔術の禁書目録):銭形警部』
ルパン三世の逮捕を悲願とするICPOの警部。やせない夫たちからは「とっつあん」と呼ばれている。
いつも、やらない夫達に煮え湯を飲まされているが一対一なら完勝できる程の実力者。
今回の一件では、やらない夫を追って警官隊を率いて海鳴島まで行く。
【起用理由】
最初はもっと年配の人物にしようと思っていたが、地の底まで追いかける、ひどい目に合う、
でも、諦めない根性があるキャラとして上条当麻を選んだ。
やられ顔、不幸顔と非常に楽しく使えました。

961: ◆viMvJifIpw:2012/07/10(火) 21:13:32 ID:ke/u6Ptk



         /::::::::::::::::/::::::::::::::::::::、:::::::::::\
           //::::::::::::j::::::::::::::::::::i:::::::::ヽ:::::::::::.',
        i |l:::::::::i::ハ::::i:::::::l::::::l::::::::::::l::::::::::::::
        |r::::::::i:|::| |::::::::::::::::::i |::|ヾ:::|::::i::::::::i
        |::::::::::|:|::| |::::::::::::::::::| !::| .|:::|::::|::::::::l
        |::::::::::|七 T──‐┘T ̄レ'| :::|::::::::|
        |::::::::::|下示卞   イ示下|:::::ト:::::::|
        |:::::::|:ハヽ弋ン    弋ン ' | :::レ :::::|
        |´ヽ!:::::l ,、,、,  '    ,、,、,|:::::i:::::::::|
          |::::人    ァ ―,   イ:::::l:::::::::|
.         ノ:::::::::::> .  ー'  / l::::::'::::::::::|
         /´i::::::::/ /` r-‐ " _/i::::/:::::::::::|
          |::::::i  \ ノ  l ̄, /:::/__:::::i::::|
          |::::::|フ´ ̄ヽ__/'"´/::/ / `ヾ、!
          ∧:::::!   ,,彳ミ、  /::/ /  /  ヽ
          / i|::ハト "// | |ヾ/イ  .i      ヽ
           / ソ'/  //ヽ/| |  /  |  ,   :. ヽ
        / / └─ |_|‐-,-|_|ー'   .| /    ::....∧
.       /  '       /       | !ヽ    ::' 丶
.       丶_i      ,'          | i::::'、       >
        | l          .    ', 、/´ヽ    /ヽ
        | ヘ          ::..    ∨   ヽ__ ,<   ヽ
『山田葵 (WORKING!!):麻紀』
ウザかわいい14歳の少女で、AA博物館の近くでオプーナを販売していた。
幼少期に父の蒸発で行き場を無くし孤児院に預けられていたが当初は父の蒸発のショック
から暗く無口な少女だったが、そこで出会った響のおかげで現在の様な性格になった。
響を実の姉の様に慕い、孤児院の為に自信を身売りした響を取り返そうと藤堂を見張ったり、
「人魚の鱗」を盗むやらない夫に遭遇し、彼に弟子入りしようしたり、アジトまで行ったり、
清掃員に化けてデュランダルのオフィスに忍び込んだりと14歳とは思えない行動力の持ち主。
実際、泥棒の素質はあると思われる。
やらない夫の事を「やらない夫先生」と呼ぶ。
【起用理由】
当初は「出ましたっ!パワパフガールズZ」のローリング・バブルスこと豪徳寺みやこを
使用しようと思っていたが、「やる夫スレで使って欲しいキャラを紹介する」で紹介された
山田を見て、これだ!と思い、山田にした。主にウザかわなところが。
意外とシリアスな役柄を演じられるので封印の地での銃を持って姉に対する思いを言う
シーンが思ったより、いい出来になった。

962: ◆viMvJifIpw:2012/07/10(火) 21:15:39 ID:ke/u6Ptk



                 ,. - v' フ へ- 、/ l
                /        ̄ ヽ >
.             //  /    .. へ  Vハ
             /l  / /./ ..::: 人::......l  マ:...〉
.             l八 !/V j 厂   :.ヽ::.i :...::lハ:::l
             ∠ィvi `ヽ、   _,. -‐从:::::::l::l:::!
                ノlVl/rぅ    rぅヽ ハlVノヽl
.        n   ,.ィ' ノ  l Vソ   Vソ /.:::::/j:\:.丶
         ノ ! /l ィl  .:::ト  '    ノイ::::::Y::::::::ヽミニ-
   ⊂二二 、 八  Vl从 .::八  Vフ  7:::::::ィl/ヽト「`
     〈 二 フ.::l    Vl _,. > 、/l,. イl/ファァ- 、
     tー‐ァ' /i、    /:::::/.:/i.j lヽ /.::/.:::::::::::
      T-- 'ノl厂l  ,j:::」ム- ' ..:V::Y:::/.::::::::::::::!
       〉二ノ:::八 「└ ァ7Tニ ..八/::/:::::::::::::::::l
        〈::::::::::::::::::::V.::::::::l:::l lニ   /i ̄ ヽ :::::::〈
         ヽ:::::::::::::::::\:::::l:::l ゝ-- ':/.:::::::::::!:::::::ノ
         Y::::::::::::::::::::∧::! lハ‐ '.::::::::::::::l、 :::l
          ヽ:::::::::::::::/ Vハ l:::ヽ:::::::::::::::::lハ:l
.             \:::::/  lVハl:::::::l\:::::::::::::::リ
              ̄   〉:l l:::::::l  l`TT ´〈
                   「ミl l.∨.l ノ:::::l l::::::::\
『立花響 (戦姫絶唱シンフォギア):美沙』
かつて山田と同じ孤児院にいた女性。幼い頃、両親が事故で亡くなった際に生き残った
ことを悔やんでいる。どんな怪我をしても死んでもすぐに治癒し復活できるという
脅威の治癒力を持った特異体質で、周囲から気味悪がられ孤立したが、山田だけが相手に
してくれたことで彼女のことを実妹同然以上に想っていた。
施設の負債を肩代わりする形で藤堂の秘書を務めていたが、体質のことを知ったデュランダルに
拉致される。拉致の最中は人体実験など非人道的な目に合っていた。
終盤で母方父方のどちらかから自分が八百比丘尼の血統を受け継いでいる事実を告げられ
特異体質の根源を知る事となり、その時には驚きを隠せずにいたが後に八百比丘尼の魂に
乗り移られ、デュランダルに追い詰められたルパンたちを助けることとなる。
八百比丘尼が成仏したためなのか、最後には不死身の体質が消えた。
作中で少なくとも三回も死に三回、生き返っている。
【起用理由】
こちらも当初は響ではなく間桐桜をにしようと思っていたが「やる夫スレで使って欲しいキャラを紹介する」
で紹介された響を見て、彼女にした。他人の為なら自身を犠牲にできるという点などから。

963: ◆viMvJifIpw:2012/07/10(火) 21:17:59 ID:ke/u6Ptk



                 , -ーー- _
            __ .. - '´       ``丶、
           r'´  r'⌒           ヽ
          ノ    ',   ヽ__.. -―-、    ヽ
         /    ヽ   ヽ、  ll  ヽ    `ー-- 、
.        /     、  ト、  、ヽ !! , -、ヽ      ヾヽ
       /     {ヽ ヽ`ヽ、 ヽヽ}l/ 。  }! }      ノ
.         ,' ,     ヽ `‐-ゝ、i、ヽヽ"--― /l .イ    {
       |/ヽ   、  ヽ ̄。 /.:: ::``  ̄  .::l/ |    '、
          } 、  ヽ 、\/ /::::: -_´ィヘ :::::: |     ヽ、_  _ .ィ
        /  \ ヽ`ヾ``.   「ゝ'´ : ヽ ::::|        ニ<
       /       \ヽ:::::::::::..... |:_ - ⌒Z} ::: !           ヽ
        {        ヽヽ、::::::::::i l: : .イl/`  !      、     ヽ
       ヽ    |    `__」ヽ、:L`く/.ィ   ノー―< ̄ヽヽ     ノ
        )  |  ,r'"ーヶ―`―┬┬一''" T  ̄ ̄ヽ }ノ}  r‐ '
          //   {  /    |     | |    l     {  {  ヽ
       { 八  ヽ/    _」    .| |    ヽ     `ーゝ  ヽ
       `l __`ー- ヽ、 /      ./| |\    丶、     ヽ 人__
『ギルバート・デュランダル(機動戦士ガンダムSEED DESTINY):氷室』
医療機器メーカー社長という表の顔を持つが、その本性は兵器売買を行う死の商人。
ビジネスのため人魚の財宝を狙い、不死身の体を持つ無敵の兵隊を作り上げて誰も
死ぬことの無い永遠の戦争を引き起こし、最終的には新世界の神になるとまで豪語
する極悪人。有能な人物であるもののつめの甘いところがあり、それで逆転されたりする。
封印の地でやらない夫に撃たれるが……。
【起用理由】
新世界の神という事で夜神月…というのはいくらなんでもありきたりすぎるので
遺伝子、有能だがつめが甘いなどの点からギルバート・デュランダルにした。

964: ◆viMvJifIpw:2012/07/10(火) 21:20:17 ID:ke/u6Ptk



                ,.‐         ,.-‐''"/      ,.,./
               //      ,.-‐'"  /      ,.‐ "/  ,.-/
              / /     ,.-"   /     ,.-‐"  /,.-‐"/
            / //    /   //,.,.--─''''''",.   /"  /  __
      ,.      /   | ゙、 ,.‐"   / /''",.‐,.,.-‐''"~   ./  /,.,.-''/    _,.
      |\    / /  | .∨    / /,.-‐--,.,.,.,.,.__   /,.-‐'''"~ /_,.,.-‐''''/
      ゙、 \   | |   \/    ,.'-'" ,.,.--     ゙''"~    /"~   /
      ヽ  ゙''──,.、  /   / ,.‐''          ,.-/ /   ,.‐ / ,.,.-
       \      ,.,.\  ,.,.,.--─..、       // / ,.-‐ ,../-‐'''/
  、,.,.,.,.,.,.,.,.,.-─/ ‐--、   ,.,.,.、    ゙''ヽ、‐'''''"""""~~"'''''''''‐'''""    /
   \    /''" ,.-'"  ,.-‐''‐-、ヽ、,.、    \              /
     ゙‐-/   / ,.‐'"''.l ,.‐、  ヽ ゙、‐-..、   \     _,.,.    /
      / ,.‐,../ / /ヽ''"''"゙゙''ヽ、  ゙、‐、 ゙''ヽ  \-─'''"~,.,.,.-‐''''"      ___,.,.,.
     / / / / /         \ ゙、ヾ''ヽ、   \  "    ̄"""'''''''"""  /
    .//  / / |   l  ,.   ,.,-、\ ゙、' ,.‐-、'ヽ、 ヽ‐--.、         /
    '"   //  .|   | ./  /,..‐ヽ \,/ /ヾ、  ゙ヽ   ゙゙''ヽ、,.-‐'',.,.-'"
        .|/   |lヽ、  " ,/-"|      '、,., |二二ニ,.,.,.    .\"
            ヽヽヽl l,.,./-''"-‐     ,.,.l ノ    ___    ゙ヽ、
          ,.,.‐" ゙、ヽ‐,'' '‐'",.、      /',.,/'''ヽ"""""-、  "'''''‐、----,.,'ヽ、,.,.,.
        <,.~   ,゙、 /,.,, ,.ノ '       |ヽ=ノ.  \    ゙    ,.,.-‐'",.,.,.,.
          ゙‐''''/ .゙、  ''" ,.,.,.      .ノ      ヽ、    ,.-‐""
           ,/  ,‐゙、         /| l      ゙、.:''',/
        ,.-‐"  ‐./ \      / .ノ .|       ン/   ,.-─'''""'''‐-..、
      ∠-‐‐''''"~./    /.\  ,.,./ /  _.|,.,.、/''/,.‐'"‐'/,.,-‐'"
''''''''''─--..、,.、    / ,.-‐"/ | ゙'、"  /,.-‐''":::::::::ヽ二‐"  /"
      /,.,''-‐‐'''''─‐-,.,.,,.,.-‐'''''"~::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.ノ"ヽ"、/
-‐''''‐ "'ll'"‐---‐‐'__'''"";:::::;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::;;;;,.,.-‐'''"      ゙‐-、
     <::;;;;;;;;;;:::/"::::::ヽ::::::;;;;;;;;;;;;::::::::::,.,.-‐"  "''''''‐-、       ゙ヽ、
 / ,.,..\;;;;;;:::,l;;;:::::::::ノノ:::;;;;;;;,.,.,.-‐''"           ゙        \
'",.-‐"   \::::''゙''‐-''"":::::,-‐'",.,.-‐'''''",.,.,.---,.,.,.,.、             \
『ブロリー (DRAGON BALL):氷室・怪物化』
瀕死の重傷のデュランダルがやおびくにの血を自分に注射したことで変身した姿。
圧倒的なパワーと治癒力を手に入れており、この時はまだ人間らしい外見だったが……
【起用理由】
圧倒的なパワーアップというのを見せたかったのでブロリーにしてみました。

965: ◆viMvJifIpw:2012/07/10(火) 21:22:35 ID:ke/u6Ptk



                  _,,...-- ..,,__
               ,. ≦ェ;:、  ,.〃"´゙}l、 ̄`;;,、
                  /´    `{r"´  ,〃"'ヽ、{、 `ヽ、
                 /        |l,  /   丿 ゙t=="}
            ,' i' ,/ .   {}、/    く   |{´  ゙l
            l .,j'r≠     ヾ、       ゙l  .l;|   _」
           .l,〃/'`'=、_  _,,ノ'ヾ,,     ',_,'ノ、_,,.〃´!
           {/ l    .~''"    ゙i,    ,ソ/=-‐'"ヽ,l
          .{l'  l         'i},   //     .l
          l'i'゙:: .l          .ll}  r'ノ       .l,/'^'i
            {;l, . l  '::;;;,,、_     .}l}} .r'i'     ,,.y' .l!/~i.|
            {;{;r;'ノ  '、ヽ:: ::>、,,_ノll}ノ {:l|;  _,,.=-=;:::'  l )l},l
          {;{;{;j   ''::;;; ̄¨;;:'".,, ~'  ,゙{l, ヽ‐--";;:' . lノ,','
            j;{;{;{ヘ   '''''''_,,ィ''゙r’   j'li, ゙''':;;:'''' ,  ',´ノ
         ,,j;{;{;{;{;ヘ、_,,.≦≠,ノ、   _, ヾ,、 、  } ,' i'
         {;{;{;{;{;{;{;{;{;{;{;{;{;{;{;{/!、   ,' )゙'ll}、 `ヽ、} i' .}
         ヽ{;{;{;{;{;{;{;{;{;{;{;{;{/  .ヽ、__,,..." ヘ,゙il}  ζ l'~
          ',{;{;{;{;{;{;{;{;{;{;{r'ヶv-v-、 _   __'、{|  .{ l
           ',{;{;{;{;{;{;{;{;"}-'Li' |  .Y `l'゙l' .i,〕l}  tノ
         ノ"{;{;{;{;r'"  LT''iニ'゙ー‐┴-'゙=´゙´}ll  r'
.        /;;;;;{;{;{;{l、    `ト.|~`!¨l'¨'l''Tエ´j .,l  .l__
.      /;;;;;;;;;;;!;{;{;{;{i、      `''''''‐-‐‐''" ソ'y"   ゙̄''==ー-
   __,,..イ;;;;;;;;;;;;;;;ノ{;{;{;ノ ヽ、  ~ 、',,゙ ,´,"_'´, '  ,/
  r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;=-l;{;{;{;}    ヽ、   ゙、 ' `, ゙ ' .,/
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;lイ´l;{;{;{;l,      ヽ=....,,,,___ ,,,,,...ノ
『タイラント(バイオハザード):氷室・怪物化2』
やおびくにの血によってより醜悪になったデュランダル。
言葉は話せるものの最早、血を求めるだけの怪物へと成り下がった。
【起用理由】 
醜さと変貌という事でタイラントにしました。
今からバイオハザード6が楽しみです。

966: ◆viMvJifIpw:2012/07/10(火) 21:24:24 ID:ke/u6Ptk



                         __
                         ,.:'三う,`ヽ、
                    ,.--、____ ,ィ彡三三三ム:._,:\_
      />¬-、_,x-<´       /勿彡ニf'⌒Yぅ:` : !:.辷i、
   __/ イ,_,(_(⌒_,イ__f'⌒ヽ,ィ⌒ヽ《/イん/廴ノ 〃': :.j:.i⌒Y
  (≦彡三三≡|  |¨Y了<_   .}|:///勿少ーチr--仆=ィヘ
ィ彡三三二ニ:.:.:.:.し、J,;,;≧-x:.\   寸彡ァx-<:彡7ぅこ>〔___
彡=‐'¨'⌒ヽ:.:.¨`:.:.:.:,__;;_;,;:\ Ⅵ:.:\  }.:.:.:}少冖rー、ヽ三ニニ〔二)、_
        `⌒ヽ.:.:.:.:.廴ム V=、:{ 代刋  ノ三;;} }三ィ:7T¬ー \
ヽ.          勹・゙:.:.:.:.:.:|ト、マ,; :\!llⅣ  ん三ノノ,イ];!:.:.jー-='=<ヽ、
三ミxェxィ'^7Tート-r-、└、:.:.:.:.:||:∧寸ミ:.,ィ仆 .| } ̄>f;」!.:.:ヒ~⌒Y了ヽ}┐
-‐¬ー-、//:.:.:|};才:.:.:`ーミト、jj:ハヘY⌒ヽヽ  | |三| |;;]!:.:.:{竺ヵ:.//⌒\___
      }/:.:.:./:.:.}}:.:,ィ==、、:.:.:.:.:|;/;:ノ    rく:| |≧| |;,」!:.:圦彡' /{: : : r=-\ `ヽ
     ):.:.:.:.:.;.气:.:.:.:.:||:.:.:.r宀'     .}\| |辷| |/仏斗'  /:.∧ : : |: :.r-、\
      {:.:.:,ィ'´   ヽ:. ||:.|!:{         ノヽ | | ̄| 匚r-‐ァ |l: :} ) :∧:.:|: : } ||\
       Y      廴レ'´¨      〔:.:.:}. | |    |寸¬}  i:ノ 〈_し': :し': : :`¨|!: : :
                          }:./ | |    |寸マ/ /:{   }: : : : : : : : : : : :
『巨神兵 (風の谷のナウシカ):氷室・怪物化3』
デュランダルの最終形態。心身ともに完全な怪物と化した姿。
やおびくにに憑依された響に襲いかかろうとしたが定光に首を刎ねられ、やる夫に頭を撃たれ、溶岩の中に。
残った胴体もやらない夫に撃たれ、溶岩へと消えていった。
不老不死を手に入れ、新世界の神になろうとする野心と共に地獄へ落ちた。
【起用理由】
映画での巨神兵が溶けるシーンを思いだし選んだ。

967: ◆viMvJifIpw:2012/07/10(火) 21:28:17 ID:ke/u6Ptk



                }ヽ ./| /::}                 ,
             _ j::::∨:::Y::::/  , - - 、_    ./| ./:|
             \:::;イ_ ̄`ヽ:/,.イ       `ヽ、/::j/:/
             ,ィ-.}/ ./-、  .}    ,.ィ      ハ::::::::::/,...,..::イ彡
           ー.'  ヾ/ ヾイー.ゝ ./     .i   ハ:::::/:::::::<二__
              ヾミ.、 \イ,'∨´ / /      /j     }ー― ―彡イ
            `ヾミ三ィ-へ  / /i i  ./ /.ノ  }  jノ__
           `ミ八彡/'⌒ヾ}ノ {.∠_i_{./ ,.イ./ /./  j l' ノヾ
        ,.ー--.ゞミ二ミニ≧、 ゞ〉lヾ:::::心、/ ./ ,ィ=、 /.rイ 彡'
      /:::::::::::::::::::::::ゞヾ {::○ヾー〈八 ゞ- ' ゙   〈::ツ〃' ゞイノ\
       ∨\::::::::::::::::::`ミ三彡'::}ー〈 \       ,  ´ /   ,.イ //
       .';:::::::ー=::、::::::::::::::::::::::::::j-.人./.ヽ、 ー ' ,.イ_ イ .,.イ/
       ` ヾ::::::::::::ヾ_ノー≦:::::ノヾ〉 _V/\> ∨///   彡 '
         > 、::::::::ゞ'ノーゞイ.  ∨/// 水 ヾ'ニ- 、
        〃  /ゞ;イイ ノ  ヽ .∧//ゞ' jj \\::Ⅵ
        {{  ,.イ,.イ`ヽ イ ヾーイⅥ/,-<   `ヾ∧j
            //        ∨//Ⅵ':::::::::::ゝ--、.', .,.-.ヽ
       ,.イイ           }////}:::::::::::::::::::::::::y'::::::::::}
                   ,イ≦//.jゞ::::::::::::::;:ィ=:、:::::::ノ
                 /////∨///////(: : o;ト-イ
                 `ヾ´j ̄///////// `ー '/´
                   ////////////////
                _,イ////////∧///Ⅵ
             r―<._ \////>..':::::〉//>'
              j  `ヽ、\ Vイ::::::::::::::::V//::{
        r――-ゝ、   {`ヽ:::::::::::::::::::::::::ヾ::::lヽ、
       , イ、\   > 、 ,(: :o) >- 、::::::::::::::::j.ノ /
   , イ:::::::::::::::::\` 、    ∨ ¨ヽ ヾ≧、  >ー'イ人
  ゞノ `ヽ:::::::::::::::::::\.    ∨ゞヾー―=ゞ  ./,イ/ \
,.イ:ゞ ゝ、 \:::::/:::::::::> 、 ー.\ \ゝ::ゞ___.∧`/ {、  .}
: : : : : :ヾヾ .j:イ:::::::::::::::::::::::::`:ー:::::ミ、::ヾ:::::::::::::::/::リ:::::l::∨.j、
: : : : : : : :ゝイゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::,'::::::::_::j:::::}.ノハ
『曹操(華琳)(恋姫無双):影浦』
凄腕の殺し屋で現在はデュランダルの用心棒をしている女。
大鎌を武器にしており、壁や相手の身に着けている鎧まで砕くなど見た目の割に
怪力の持ち主。外見に反し、血も涙もない。
響を死なせてしまった事で動揺した定光を一度は追い詰めるが、海鳴島での再戦で
定光に敗れ去る。
【起用理由】
この作品では珍しく性別が原作とは反転した人物。
なんとなく華琳が合うなと思い、起用したが予想以上に悪役が似合っていた。

968: ◆viMvJifIpw:2012/07/10(火) 21:31:10 ID:ke/u6Ptk



          .. -―-  .._
         ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶.:ヽ
      /.  /.:.:.:.,.へ.:.:.:.:.:.:i.:.:.:勹,
      ,'.:.:.:/.:.:.:.:.i⌒`ヽ、.:ノ/}...i    
       i.:.::::|.:.:.:.:.:|          |.:.:|
       i..:::::|.:.::::.:.| ‐- _   _..-‐|.::::|   
       |:::::i´|.:.:::::| ヒソ ` イヒア|:::::|
.      |::::::ヘヾi::::|  ̄   、 ̄ i|/li
.      }:::::::::::´ヾ、i   ー‐ァ ;:;''´ `  `ヾ;
     |:::::::::::::::::|  丶 ._´ γ        ヽ
     ,'::::::::::/´ヾ、    |i \   <椿> /
     i::::::: ヘ、  ヽ.,_ ,.| i、 \ -―-/
    ,':::/   へ、 \~ | | \ \|/
.    ,::/ 、    \ ヘ|. | i. i ,ヘ ヽ.
    i::i/       ヘ. | | ヘ. |.i. i.  }
    |::',    `ヽ ミ、, ヘ,j  | ヘi {  /
『婚后光子(とある魔術の禁書目録):刑事』
上条警部の部下の女刑事。状況判断や情報収集など有能な人物である。
【起用理由】
銭形役に上条当麻を選んだので前の作品でやったこのトリオを出してみた。
後、地味にあの刑事が気に入っていたので出番を増やしてみたw

969: ◆viMvJifIpw:2012/07/10(火) 21:33:08 ID:ke/u6Ptk



                _,.. -――--  _
            _,.. ´            `丶、
           r'   _,..__   ___    `ヽ、
           | |イ/ _ {/ ̄ /-、 `ヽ、    ',
           } |' )* {_/ * /__    / |     |      
          / !  _/-'  /  } */, { {    {
          ;' /---―r:r―┬┬ ┬:. 、__|    |   
          i /:/: :/-/l7トi/ i从{:ィ:Tト、: !:.!:.|
           ,ィ'/:|{: |/,.-- 、      ,.- 、从:|: !    |
          | |:ハ:{イ笊ら     笊斥!}!从     |
          | l |:ム 弋_ソ     弋こソ/|: |      |
          |  j: : : `¨   ,   ` ¨  j: {!    ;
         / /: l叭           /: :|     ハ
            { /!: :|: 込、   `  ´    ィ!: : |ム   /   }
            | / |:.:.|: :|: : :> __,.... イ、:.|: : j!: }    |
           /イ !: :|: :|: : /ハ{`ー‐ ''´ / j!: :j!: :|     |、
        / /  !: :|:/ イ /、`   _ / |: :/:.:.:|      ',
『インデックス(とある魔術の禁書目録):警官』
上条警部の部下の警官。光子と一緒に行動する事が多く、彼女に指示を出される事も多い。
【起用理由】
光子と同じ理由。

970: ◆viMvJifIpw:2012/07/10(火) 21:40:28 ID:ke/u6Ptk



  <\   ヾ 、 `ー- ,'  /    /   ,'  /  / !/|
   ):::\  ) ', _...! / ,'   i !  ハ  i  /`^'、..._.、!  .i
`ー_':::ノ、::`ー'::ノ/_::::」 ,'! !  ! N、  ト、!. ', !: : : : : : ::!  !    i
',ー=ニ..._):::K´     /リ ',i.!  ', ! \ ! ', !'、',: : : : : ,' ,'!  !   !   i
..',    ` ー`、   ./ o i>、 ト、!r'て)ト、 '、', `: : :  / /,'  ノ  /   !  i!
 ',       \ ,'   // ト、 ', ` 弋::ノ ` `  ,r='/厶ィ/ /  /  /i /
  .',    ,ヘ、  イ  /ハ .i  '、 ',_..、 ' '     .: r 'び;; }ソイ  ,ィ' / ノ'
   ',  / ○ 〉く \//:::::::}!   !`!.ヒ..ri ri    .: : : .`ー ' ´/ //,ィ'
   ' , `r-、/  /Y´:::::::::`|  ト,!j{〔〕}U.i.   i!: : : : . _:/. イ ̄ヽ{
    ' _ノ\\/ /::::::::::::::::i   i '、ー'ー',  ` '′: : : : ,イ  L. --‐,
    /   `7/,':::::::: ... !   ト、\  `ー弋ゝ: : : :,イ/.!   ! ○ ',
`、_/    // ,'::::::::::::::::::::i   iノ  ` 、 : : _.. - '´ /:::!   i_... -‐く
/::::::::::: / / !::::::::::::::::::::::!  |    ´  ̄/  /::::::!   Nr- - イ
::::::::::::/il/__/i!::::::::::::::::::::::!  i` 、  i    /:::::::::i   i:::',   ',
::::::/ / } i|;;;;;;!'、::::::::::::::::::::i  ,':: :..:`ー┴― '´:::::::::::::::i/!  i::ri',   ',
『レヴィ(BLACK LAGOON):藤堂昌江』
日本裏社会の顔役で「アバズレレヴィ」の異名を持つ女。響や山田が暮らしていた
孤児院に金を貸しており、借金の肩代わりとして響を秘書として連れて行く。
デュランダルが流した偽の古文書からやおびくにの財宝を手に入れるためパンティと
手を組みやらない夫に「人魚の鱗」を盗むように脅迫するが響を手に入れる為、
華琳によって殺された。
響の治癒力ややおびくにとの関連性などは最期まで知らなかった様である。
【起用理由】  
よくバラライカがこういう役で見るがレヴィは見た事ないなという理由から。
見事に世の中のダニ役を演じてくれました。

971: ◆viMvJifIpw:2012/07/10(火) 21:46:20 ID:ke/u6Ptk



    /    /     ̄`ヽ \
   /    /          ヽ ヽ  /
  /    _    ハ       .! |    シンフォギャーン
  | ,   ´/|  ,ノ  ヽ⌒     ! |  \
  ,ム   /    ̄     `ー-v、 、
__ノ /U´  ●      ●   | i \
7 / リ             _ノ! ヽ  r-
レ  | _i>     __    ー,|  rー'
   V ヽ  ゛    ヽ/   ゛ ノ `\|
      ` ー,. --,--,-,r-‐ ´
   ,7‐rr.、/ i  ' V ! | \
   ゝ-t,L__,イ | .| |::| | | ト、X
        iT=, L! Lf={ ヾ
       .|ii|ニナ、_,イ-、_ム
       ゞ|ニ=r-v- t-イ`
        ト-/    |_,|
        し'     し'
『立花響 (戦姫絶唱シンフォギア):やおびくに』
その美貌から数多くの公家と恋におちるも、最終的に陥る絶望からやがて仏門に帰依し姿
を消した。その際所持していた「数多い公家からの貢物」を何処かに隠したとして伝説が
残り、「八百比丘尼の財宝」と呼ばれる事となった。
今回のお宝の正体である。
自分の子孫たちに自分を封印する様に頼んでいたが、皮肉にも野心に目覚めた子孫の一人
であるデュランダルによって封印は破られてしまう。
自分の血を最も強く受け継いでいる響に憑依しデュランダルを精神攻撃?した。
最後に出会った男性であるやらない夫一世との約束を楽しみにしながら眠り続けていた。
最期は一世の孫であるやらない夫三世を一世と勘違いしながら約束は果たされたと
満足し彼に感謝しながら成仏した。
【起用理由】
顔が瓜二つという事で響の戦闘形態にしてみました。

972: ◆viMvJifIpw:2012/07/10(火) 21:51:55 ID:ke/u6Ptk



                  〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     /\    ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   /:::::::::::\_,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     \  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     / ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::<ー- 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ  ̄''ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   丶::::::::::::::::::::::::::::::::::
        /:::::::::::ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  丶:::::::::::::::::::::::::::::::::
      /:::::::/  \:::::::::::::::::::::::::}`ヽ::::ヽ   ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::
       〈:::::::/      〉:::::::::::::::::::::::i  }:::::::',   ヽ::::::::::::::::::::::::::::::
       ̄     /:::::::::::::::::::::::::i  ヽ:::::::',     ヽ::::::::
              〈::::::::::::::::::::::::::::::不、 ',::::::|      ヽ
             フ:::::::::::::::::::::::::::, __j  }:::::i
           f:::::::::::::::::::::::::::::::::::i   丿:::::i
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::>  L::::::::::}
『やらない夫(2ch):ルパン一世』
フランスの大盗賊で、やらない夫三世の祖父。数多くの伝説を残した彼が唯一、
残した「手にしながら持ち帰らなかった財宝」の謎を解明するのが
やらない夫三世の目的である。
当時のフランスではアルセーヌ・ルパンと呼ばれているが、現在ではそちらの名より
やらない夫一世と呼ばれる事の方が多いという設定にしているが特に意味はない。
罠の道を通らず横穴を掘ったりするなど大盗賊らしいというかなんというか。
【起用理由】
拍手返信でも語ったが、やっぱ一世はヒゲとモノクルでなければ。

973: ◆viMvJifIpw:2012/07/10(火) 21:58:19 ID:ke/u6Ptk

            /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\
          イ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\
          /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;:ヾ
          /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ハハ:;:;:;:;:;:;:;:;:',
          イ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/   ',:;:;:;:;:;:;:;:;}
         |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ ===ヽ',:;:;:;:;:;,、|   以上でキャラ紹介&起用理由を終わります。
          |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ィ '⌒ヽ  ヽ:;:;/ r}   ……予想以上に埋まりませんでした。
           {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ {{ e   }}  |:;:|/、|   どうしよう?
         |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/| ヾ、   ノノ }:;:ノ' /ァ
         {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/ |  ヾ三彡 /:;:|/:;/
          ',:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ ヽ       /:;:;:;:;:/
          ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/        /:;:;:;/
            ヽ:;:;:;:;:;:/ __     il!;/
             ヽ:;:;:ハ   __ ̄`  i!/
              ヽ| ト、       ./|
                 | ヽ、__/  |
               /|,. -ァ‐ャ───}、
             /i;;;;;;;/  ヽ;;;;;;;;;;;;;;| `ヽ、
         _ ァ ´ /;;;;;〈    〉;;;;;;;;;;;}   ',` ー‐-- 、_
     _ -‐ /    /;;;;;;;;;ヽ-‐-<;;;;;;;;;;;;;;|    ヽ       `ヽ 、
  / ̄     /    /;;;;;;;;;;;;;/   |;;;;;;;;;;;;|     ヽ        `ヽ、



         _,,, -‐- 、,
      _,,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
.    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;-、__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  という訳で20レス程の短編を書こうと思いますので
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;リ   ζ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}  お題、出してもらえると嬉しいです。明日ぐらいに投下すると思います。
  ∥;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ  __ ゝ;;;;;ヘ;;;;;;;;彡   それでは、
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;从∠,,,  ヽ;;|6ノ;;;;;;;;三z
  |;;∥;;;;;;;;;;;;;|''、゚__ノ    |;;|弋;;;;;<
  |;;;|;i;;;;;;;;;;;;;ハ       /|;;|  `<, __
  |;;;'、i;;;;;;;;;;;;;;|__      ミ    `i |~i‐- 、 ______
   '、;;;ヽ'、;;;;;;;; ト、_,, -  /  ヽ ./ | |       /ヽ、_
   ヽハ ト、;;;;;;;| ヽ _∠-‐、  / | .|       /    ヽ
        ヽN  `¨    >'  |  |.    / /    |
                イ\ /  |   / /     |
                     |__ ,>|   |  | /       ヽ
                / Τ |   |  |
                /  | |   _|
                 |  | | -=ニ_ /\
                  |  | |    フ二二l
                  |  | |   /
ジャンル:
世界観:
舞台:
出てほしいキャラ(その際、キャラの名前と原作を書くこと):
【例】
ジャンル:ギャグ
世界観:世紀末
舞台:海
出てほしいキャラ:野原みさえ(クレヨンしんちゃん)

※二人以上の人がお題を出した場合、面白いと思った方のやつをやります。では、


974 :名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/07/10(火) 22:00:56 ID:QmYpUaU2

ジャンル:戦争
世界:R-TYPE
舞台:最前線
出てほしいキャラ:銀河英雄伝説キャラ 最低野郎(ボトムズ)

とか夢も希望もない世界でどうだろうか!?

975 :名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/07/10(火) 22:01:11 ID:QmYpUaU2

おっと 乙でした

976 :名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/07/10(火) 22:02:36 ID:CIV.iJk.

ジャンル:シリアス
世界観:近未来
舞台:大都市
出てほしいキャラ:ニャル子(這いよれ!ニャル子さん)

・・・こんな感じでよろしいでしょうか?

977 :名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/07/10(火) 22:03:09 ID:CIV.iJk.

あっ乙でした!

978 :名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/07/10(火) 22:27:35 ID:WCVyVsTA

乙でした!
>>1さんといい酒が飲める気がする…自分飲めないけど


979 :名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/07/10(火) 23:17:49 ID:UaryueCo

乙です

ジャンル:特撮
世界観:幕末
舞台:京都
出てほしいキャラ:神原駿河(化物語)

980: ◆viMvJifIpw:2012/07/11(水) 22:49:57 ID:QzgNA8D6


>>978
ご安心ください、私も酒は飲めません。

という訳で短編の始まり始まり。










   /  ̄/       /       | |  | __ /
     ./ ―― / /    . /  | . ̄  /    / ___/
    _/    _/ /_/ _/  | __/  \__
::::: ::::::  :  ._,yyvvuy,_  ::::::::::::   ̄
:::::::::::   ..,zl(⌒    ゙゙アlz_  ::::::::::::
::::::::::  ..メ′         .゙《r
::::::::: : il「:. (●),   、(●) ¥ +   :::::::::::::
:::  :::《::::..    ,,ノ(、_, )ヽ、,,  》  +   ::::
:::::::::: .》:::::::.  ´トェェェイ`   ll +           ..::;:;::::
 ::::::::: {i.::::     l   二二二二二二二二二二二二二二二
::::::::::  .\_    `ニニ´  ,yl「  ::::::::::::::       :::;:: .
 ::::::::::  : ゙アhu,,,,,,,,,,yvl.厂

このお話は銀河英雄伝説とR-TYPEが合わさった様な世界です。
銀河英雄伝説とR-TYPEの設定とか詳しい事が知りたい人はWikipediaなどで調べて下さい。
ただし、これは創作などであまり細かい設定は気にするな!

981: ◆viMvJifIpw:2012/07/11(水) 22:50:37 ID:QzgNA8D6

【最前線・バイド移動要塞ボルド】
                       ー、¨ー,,,,,、
-ー,,,,,,,,__              ,-――-ヘー,,,,,二¨ー,,,,,, _
   ¨¨ー=二ー,,,,___   / ==    \,,,,,    }|¨¨¨ー,,,,/
        ¨ー、ii -二ニニ/== ____ ==     ¨\」゙^| ]]]  }ヾ     /     /
            ` -,,,二{、  ‐‐‐         |二 /    」 |      // , -,―-/、
                ゝ、ゝ、; ;_;_;_;_;_;_ ,,,,,,,;;`ヽ、; ; ;/  |三ヲ //; ; ;     \ー
                  ¨¨,ー`_;===, 、三三ー,,,,,,,, , ,¨¨ー、: : :|ミ/ヲ//; ; ;         )
                    i⌒{  `i ( 。) .i´ ○`iフ] ] ] ||||:三|´; ; ;/; ; ; ;       /
                    ゙、。ゝー´ `ー´  ヽ、_ノ/巛 | ||||::三| / ̄\; ;       ノ
                    >-´¨¨¨¨¨¨¨¨¨`\彡/,-=⊥|_::三|}|   `、_,,,、,-´、 ̄ ̄
                   /: : : : : : : : : : : : :   ¨ー-// /⌒i  /    〉[[[[(   }
                  /: : : : : : : : : : : : :       / ||:   i_/;    /.⌒¨ー,、ノ
           __,,,,,,,,,,,==`皿皿皿皿皿皿\ ___/´`i||: :   |:    /: :    \,ニ二__
           =‐‐三三 |>巛〆,////圭\=ニ三」 |||:     |   /: : :      |
             ¨¨ ̄ ̄/////´///圭圭〉   |√||    |   /: : : : :     |
                 i`/´ `/`/´´,/| |皿/__,ヘヘ ||:   |__ノ\、: : : :   ノ
               /    // ////|-―¨    \_ゞ__ノ      ゝー--‐ ´
                   /  /   |

982: ◆viMvJifIpw:2012/07/11(水) 22:51:22 ID:QzgNA8D6

        | | | \                      |        ./ ::::::::::::::::::::::::::: | | |::::::::::::::::::::::
        | | |   \                    |      /::::::::/,|:::::::::::::::::: | | |::::::::::::::::::::::
        | | |    \                   |      /:::::::://:!:::::::::::::::::::| | |::::::::::::::::::::::
        | | |      \                 |      /:::::::///:| :::::::::::::::: | | |::::::::::::::::::::::
        | | |       \   _______|    ./:::::::////:|:::::::::::::::::::| | |::::::::::::::::::::::
        | | |         \/, ──────!\_ /::::::://///:|:::::::::::::::::::| | |::::::::::::::::::::::
        | | |          |\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|\==/.!:::::::|/////|::::::::::::::::: | | |::::::::::::::::::::::
        | | |          | || \           |  ./| |::::::::!/////! :: ::::::::::: | | |::::::::::::::::::::::
        | | |         |`ヽ | ||  \_____!  /:::| |:::::::|////:::| ::::::::::::::: | | |::::::::::::::::::::::
        | | |         |  | | ||    |\ ̄ ̄ ̄| ./!:::::! !:::::::!/////| ::::::::::::::: | | |::::::::::::::::::::::
        | | |         |  | | ||    |  \_   |/:::!:::::! !:::::::!/////|::::::::::::::::::| | |::::::::::::::::::::::
__    | | |         |_| | ||    | :Y´  ̄¨¨|::::|:::::| |:::::::|////:::|::::::::::::::::::| | |::::::::::::::::::::::
     ̄ ̄| | |──‐ - __ ! ii     |  |      |::::|:::::| |:::::::|////:::|::::::::::::::::::| | |::::::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄ ̄| | |二二二ニ¨¨ ̄ | || ̄  ̄! ̄!      !::::!:::::! !:::::::!/////|::::::::::::::::::| | |::::::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄ ̄| | |:           | ||   :|  |‐‐‐‐‐‐|::::|:::::| |:::::::|////:::|::::::::::::::::::| | |::::::::::::::::::::::
        | | |:           | ||   :| / ̄ ̄ ̄\!:::::! !:::::::!/////|::::::::::::::::::| | |::::::::::::::::::::::
        | | |:           | ||   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\::! !:::::::!/////!:::::::::::::::: | | |::::::::::::::::::::::
        | | |:           | || /               ̄|::::: |/////!:::::::::::::::: | | |::::::::::::::::::::::
        | | |:           |>ニニニニニニニニニニニニニ''<|::::: |/////!:::::::::::::::: | | |::::::::::::::::::::::
        | | |         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨.\::|/////!:::::::::::::::: | | |::::::::::::::::::::::
        | | |       /                    マ三\////|::::::::::::::::::| | |::::::::::::::::::::::
        | | |      /                     マ三ニ\//|::::::::::::::::::| | |::::::::::::::::::::::
        | | |     /                        マ三三\|::::::::::::::::::| | |::::::::::::::::::::

983: ◆viMvJifIpw:2012/07/11(水) 22:52:02 ID:QzgNA8D6




『思考型バイド・O/NO』
               jj,.-;;‐'''''-__,.-‐ 、r'⌒>r‐_ 、,
            __/ ii‐ 、`´ ‐ 、`゙ r‐'⌒_ ><´`ヽ `r-、
          /   ヽ_ y-ァ‐''⌒ ー ''` )ヽヽ {  ヽ ヽ
           ,∠⌒ ー‐ 、゙ ヽ,-- 、`ヽーく  ( ヽ.`  jへヽ
        / {  `-、_ノ, -―-、  ヽ __ヽ ヽ ヽ  } r'`ヽ } }
        ,ヘ -r 、  {  ,ゝ- 、  ゝー 、__丶、 \_  `{ } } Y
       / r'  {  ー' _(__   ` - 、__  ヽ ‐ 、 ヽ j| ハ !   なあ。
       1  j  , ゝ __ /   ヽ    ヽ_  ノ  ,-rノ´ノ } l. lヽ
      /Y´ {   ゝ-― 、 r ⌒     `y-'' /  }ィ´ }/:ノ::}
      /、{ {  ヽ{_ /  r ーヘr  〈, -- へ __ノ  , r'´ }、/::/7
       { ヽ ヽ   ,-く_ ,.-'―  }  ゙ヽ  }\_ r ノ、 //_;::::::/
      '、 、_て ` r 、   ー  ,. - '   ノ ̄ __ノ`ヾ__ }く-:::::イ
       ヽ_l ー ヘ 丶、_,  (  ,  / r イ  / / //7>イ´
        `, - _ { `7 _ ノ   てー( _ ノ _,ィ  ゞr''"´
         ヽ、 ヽ(  ⌒r-- フ /    ノ_,.-'´ ゙
          ` 丶ヽ ̄  ー -- ィ _∠-‐''´
             `゙''ー‐fー;‐'''"~



『戦士型バイド・ボトムズ』
                       ,,.. .-‐‐- ..,
                     , -'"       .` 、
          _         /            ヽ
        //ヽ_ __ 〃⌒ヽ      _,..-─- .., -- 、   なんすっか?
       〃〃'''"  ~ \  ゝ ))"'''- .., -'"-'"  ̄ ̄~ヽ   .\
      /         \  \     -'"    〃ヾ,- 、|    .ヽ
     /, - "'- 、       ミ    \    "'''- .. ヾ 〃 .))\   / ./
     l     l ヾ 、    / \   "''' .._    〃〃ゝ彡 ヽ、 _, -'
     ヽ|...-'''"ヽ ヾゝ,,, 丿    ヾ     ~""''' ヾゝ., '    ヽ / ヽ
      / ̄ ̄ /\\ /       ヽヾ             ヾ   ゝ__
      /    /   ヽ         '、 '、             '、 /     ~""ヽ─
    〃  ̄ヽヽ    /      //\   、 、       _ __,,.. .ソ、── - ./ / 冫 \

984: ◆viMvJifIpw:2012/07/11(水) 22:52:33 ID:QzgNA8D6



         ,.,,,rー '⌒'''~v-‐''⌒"''''y,,..,,,__
       ,r'"⌒、'  .(,,,__,r'” メ、 `<  ゛v''"`ヽ,
    ,/i.、,,,,... ゙""  '´Y;;       ''、  l .″"'ヽ,
   ./ .,,r'"(, ヽ!r-‐ _.ノ、 `''     丿 ,ゝ _,,) "`ヽ、
  r''⌒." ,/⌒`Y゙", y' ノ   ,,ノ  '\r!..,,,..) ..),,) ,)
  r'^::,丿;i'".゙、;;::..|;;:;...`Y ::^"    `ヽ  ...,,r'"⌒  .⌒, ヽ   いやな、今度、戦う奴ってヤン・ウェンリーって本当か?
  ! i;;_⌒   `ヾ.'゙`'' ::ミ|,,.`r- ゝ.、 ''v'  `ヽ;/;:i,,r'"`;:丿
 .l/;:: ;: ゝ;;,...,,,ノ入;;:: : :|. /   ヽ;;::ノ! -!'"`..,,ノ` `ヽ!::);;;i
 (フ '"!" "  !;; : ;__,, ;:::|r'  ゝ-   v'" ::   ゝー-- |ノ::;}
  l,,-r' ;;,l,_、;;::'"`Y ''彡ミ("`ヽ;;:;,__;ヽ,,ノi;; :;:ゝ';;:;:'ゝ||;;丿
  `ヽ;;:;:;:ヽ,!;;:;.,,,,人,-r'"`ヽ;;;,,__,,;`  ノノ;;;,,_,y';:;;;:;;ノノ
    .`ヾ;_,,;;r-~'''_"\/ "_`''''~-; ; ;---r'"彡"



                             ,  ,
                _           / /
                ,     ̄  、     〃〃
             /| |     //\   ,=テ、
            / ||_ _ / /   ヽ /川//
    _      ,-,ー ((())ヽ _`―- 、/^ヽ/   そうみたいですね、魔術師とかなんとかで
   / ,??ー- 、 |[: === テ- '(( ))== l : .())    結構、手強いって話っすね。
   ハ///    ヽ、――(O))⌒――― '_ー ―
  ー'       |c| ̄ヽ――――――' \)。   \
 /          | .|__ \lニコ       \。     |
 |o⌒o      /c/Eヨ| |  / 二二ニニ―――、。 。 /
 ヽ⌒|\\_// |Eヨ| | / /   // ̄ ̄ l | | _(
    | /^ 二_ノ   ===' / /,へ\二____二\  /
    /    ./|| ト___// へ // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |

985: ◆viMvJifIpw:2012/07/11(水) 22:52:59 ID:QzgNA8D6



               jj,.-;;‐'''''-__,.-‐ 、r'⌒>r‐_ 、,
            __/ ii‐ 、`´ ‐ 、`゙ r‐'⌒_ ><´`ヽ `r-、
          /   ヽ_ y-ァ‐''⌒ ー ''` )ヽヽ {  ヽ ヽ
           ,∠⌒ ー‐ 、゙ ヽ,-- 、`ヽーく  ( ヽ.`  jへヽ
        / {  `-、_ノ, -―-、  ヽ __ヽ ヽ ヽ  } r'`ヽ } }
        ,ヘ -r 、  {  ,ゝ- 、  ゝー 、__丶、 \_  `{ } } Y   実はさ、俺…ヤン・ウェンリーを黙らせた事があるんだ。
       / r'  {  ー' _(__   ` - 、__  ヽ ‐ 、 ヽ j| ハ !
       1  j  , ゝ __ /   ヽ    ヽ_  ノ  ,-rノ´ノ } l. lヽ
      /Y´ {   ゝ-― 、 r ⌒     `y-'' /  }ィ´ }/:ノ::}
      /、{ {  ヽ{_ /  r ーヘr  〈, -- へ __ノ  , r'´ }、/::/7
       { ヽ ヽ   ,-く_ ,.-'―  }  ゙ヽ  }\_ r ノ、 //_;::::::/
      '、 、_て ` r 、   ー  ,. - '   ノ ̄ __ノ`ヾ__ }く-:::::イ
       ヽ_l ー ヘ 丶、_,  (  ,  / r イ  / / //7>イ´
        `, - _ { `7 _ ノ   てー( _ ノ _,ィ  ゞr''"´
         ヽ、 ヽ(  ⌒r-- フ /    ノ_,.-'´ ゙
          ` 丶ヽ ̄  ー -- ィ _∠-‐''´
             `゙''ー‐fー;‐'''"~



                        __  , -‐‐- 、    //
                      (て)ミこ ‐-77___ヽ__rァ  _r、、   あら、そうなんですか?
                   ,r、___゙}=r((_))===:  `(()r '"´ `ー'、   まあ、あなたは元々、帝国…いや、自由惑星なんとか
                  /'´ 。f´j_'ー'ン__ _-‐ ==ff      ,   という人間でしたからね。
                   {   !i/´  ̄ ¨ ¨ ´ / ´Ⅴ    , '')   それが我々によって脳だけバイドにされて
                  }、  /,--      /    Ⅴ、, r ´ ´{   色々と作戦を立てる様にしてもらっているから
                  ヾ、/ --'_____/< frtf}  `fヽr ' ´  ',   人間だった頃の知り合いがいてもおかしくはないけど。
                   | ヾf====、、 ./ヽ ヽ`"'''    !  ',    rヽ、
                  ,r7、ir───‐《  ヽヽ___,,,,..r'′ .〉,;r'"l i ( ',
                 .〃`7ハニニニニニニV、__j|: r- l   (r'' "´l iゝイ
                 .∥ //rf`ー‐ァ‐‐7r=┴ヾァt±、_   !i   l i 、l

986: ◆viMvJifIpw:2012/07/11(水) 22:53:34 ID:QzgNA8D6



               jj,.-;;‐'''''-__,.-‐ 、r'⌒>r‐_ 、,
            __/ ii‐ 、`´ ‐ 、`゙ r‐'⌒_ ><´`ヽ `r-、
          /   ヽ_ y-ァ‐''⌒ ー ''` )ヽヽ {  ヽ ヽ
           ,∠⌒ ー‐ 、゙ ヽ,-- 、`ヽーく  ( ヽ.`  jへヽ
        / {  `-、_ノ, -―-、  ヽ __ヽ ヽ ヽ  } r'`ヽ } }   色々と長い説明台詞をありがとう。
        ,ヘ -r 、  {  ,ゝ- 、  ゝー 、__丶、 \_  `{ } } Y
       / r'  {  ー' _(__   ` - 、__  ヽ ‐ 、 ヽ j| ハ !   で、俺がヤン・ウェンリーを黙らしたと言うのは
       1  j  , ゝ __ /   ヽ    ヽ_  ノ  ,-rノ´ノ } l. lヽ   俺がまだ人間だった頃……
      /Y´ {   ゝ-― 、 r ⌒     `y-'' /  }ィ´ }/:ノ::}
      /、{ {  ヽ{_ /  r ーヘr  〈, -- へ __ノ  , r'´ }、/::/7
       { ヽ ヽ   ,-く_ ,.-'―  }  ゙ヽ  }\_ r ノ、 //_;::::::/
      '、 、_て ` r 、   ー  ,. - '   ノ ̄ __ノ`ヾ__ }く-:::::イ
       ヽ_l ー ヘ 丶、_,  (  ,  / r イ  / / //7>イ´
        `, - _ { `7 _ ノ   てー( _ ノ _,ィ  ゞr''"´
         ヽ、 ヽ(  ⌒r-- フ /    ノ_,.-'´ ゙
          ` 丶ヽ ̄  ー -- ィ _∠-‐''´
             `゙''ー‐fー;‐'''"~

987: ◆viMvJifIpw:2012/07/11(水) 22:53:59 ID:QzgNA8D6

┻━ ┳┳━━┳━ ━━┻━┳ ┳━ ━┳━ ━ ┻┻━┻━
                       ━┳┳━━┳━━━┻ ━ ┳┳━ ━┳━ ━┻┻━┻━
             ,r'´;:;;;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ、
           /;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;::::::::::::::::.:.:.:.\
           >;;:;:;:;:;:;;:;::::::::::::::::<カ:::::::::::::.:.::::::.:.\
            /;:;;:;:;:;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;;:;;::'''"´.:.:.:.:.``ヽ::::j
           j゙:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;:;;:ィイハイji;:;:;:.:.:.:.:.:Y  ヤン・ウェンリーと話す機会があったんだが、
          ノ.;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;ィ^シイノ^|N、j、j、:.:.:.゙、  口では『戦争は嫌い』と言いながら、軍人をやってる奴でな。
            i!.:;:;;;;r'⌒ヾ;:;ィイ´, -─‐- 、 'ヾ:;:;:;;;;;:;.:,:゙,  上の連中がやめさせないと言うのもあるのだろうが、
          |:;:;;〈 < ノイイ   <じソニ;::.:. 、,,_ヾ;;;:;:;;:j!  養い子が軍人になるのを、あっさり認める態度や
          ゙i;:;:;;゙、 ヽ!リリ    ´ ̄´  ,イシヽj!ハトソ  政治に対して辛口だが、放置…それで文句を言う。
            !;:;:;;;;;:ゞ、        .::::; i `  ノソ'´  やりたくないけど、才能があるから仕方なくやる。 
           |;:;:;;イリ.:.i         .:.:ー、ノ  /    そんな男だった…私は腹が立って奴にこう言った。
           _从仆 .:.',     、 _ _   /    
           /.:.::::.`ヽ、.:.:.ヽ     `ー-`  /      
        /.:.:.::::::::::::.:.:.ヽ、:.\        /
      _ ノ.:.:.::::::::::::::::::::::::::.:\:ヽ、 __, .イL
,、、-‐''"´.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:/^ヽ⌒ヽヽ:::/、_
.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.|  ノ ノ:::::::::::.:.:..:.ヽ
 ━┳┳━━┳━━ ━┻ ━ ┳┳━ ┻    ━┻━
        ━┳┳━━┳━━━┻ ━ ┳┳━ ━┳━ ━┻┻━┻━
  ___,.-----、ー───------ ...__           `ヾj  '~ リリjヽ|  
(⌒    _,.--‐   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ` ー- 、.._,.. -ー- 、..ゞェニニ)/__L   
 ` ー-ァ''"/ / r'⌒) ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;::;;;/`ー-''ミff  ゝー-~   あんたは口だけの男だ!ってね。
     \\\_/  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;〈::;;;;;|\ミ~んし~'フ
       ̄ `((つ,r'"|::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j;;;;;;>;゙!lllll\し~ん~'フ-、
           ̄\ j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j;;/::::::;;;|lllllllll゙!んんy~';;;;;;::|
             ヽ_,. --─一''"  ̄ ゙ ー- 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ;;;;ヽ::::::;;;;;|lllllllllレ'\/lll|;;;;\;;;!
                             ` ー-、;;;;;;;ノ;;;;;;;;;;;ヽ:::;;;;;;;|lllllllllllllll|lllllll|;;;;;;;/;|
                                 ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:;;;;;;;;;|llllllllllllll|ollll|;;;/;;;;||
                                  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;|llllllllllllll|lllllll|;j;;;;;;||
                 ┻━ ┳┳━━┳━ ━━┻━┳ ┳━ ━┳━ ━ ┻┻━┻━
 ━┳┳━━┳━━━┻ ━ ┳┳━ ━┳━ ━┻┻━┻━

988: ◆viMvJifIpw:2012/07/11(水) 22:54:34 ID:QzgNA8D6



               jj,.-;;‐'''''-__,.-‐ 、r'⌒>r‐_ 、,
            __/ ii‐ 、`´ ‐ 、`゙ r‐'⌒_ ><´`ヽ `r-、
          /   ヽ_ y-ァ‐''⌒ ー ''` )ヽヽ {  ヽ ヽ
           ,∠⌒ ー‐ 、゙ ヽ,-- 、`ヽーく  ( ヽ.`  jへヽ
        / {  `-、_ノ, -―-、  ヽ __ヽ ヽ ヽ  } r'`ヽ } }   そして、奴はそのまま黙ったのさ。
        ,ヘ -r 、  {  ,ゝ- 、  ゝー 、__丶、 \_  `{ } } Y
       / r'  {  ー' _(__   ` - 、__  ヽ ‐ 、 ヽ j| ハ !   まあ、今、考えると反論する気のが
       1  j  , ゝ __ /   ヽ    ヽ_  ノ  ,-rノ´ノ } l. lヽ
      /Y´ {   ゝ-― 、 r ⌒     `y-'' /  }ィ´ }/:ノ::}   面倒くさかっただけだったのかもしれんが。
      /、{ {  ヽ{_ /  r ーヘr  〈, -- へ __ノ  , r'´ }、/::/7
       { ヽ ヽ   ,-く_ ,.-'―  }  ゙ヽ  }\_ r ノ、 //_;::::::/
      '、 、_て ` r 、   ー  ,. - '   ノ ̄ __ノ`ヾ__ }く-:::::イ
       ヽ_l ー ヘ 丶、_,  (  ,  / r イ  / / //7>イ´
        `, - _ { `7 _ ノ   てー( _ ノ _,ィ  ゞr''"´
         ヽ、 ヽ(  ⌒r-- フ /    ノ_,.-'´ ゙
          ` 丶ヽ ̄  ー -- ィ _∠-‐''´
             `゙''ー‐fー;‐'''"~



                               | |
                      _――‐-_  .| |
                     - |___|  - | |    はあ…それで、その話に何の意味が?
                     ´_― (●)_  ―_ `|_|
                ――ヽ|-====)・●====‐レ ――‐
               ´     |   ◎/     _|_´    ヽ
               ∟    /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /(     )
             __  | ̄―/==         /  |_――´
             | |\|   /       Й  /    |    |
             | | |   |_______| Ξ  | |    |
            // |_  |         / \   | |    |_

989: ◆viMvJifIpw:2012/07/11(水) 22:54:57 ID:QzgNA8D6



               jj,.-;;‐'''''-__,.-‐ 、r'⌒>r‐_ 、,
            __/ ii‐ 、`´ ‐ 、`゙ r‐'⌒_ ><´`ヽ `r-、
          /   ヽ_ y-ァ‐''⌒ ー ''` )ヽヽ {  ヽ ヽ
           ,∠⌒ ー‐ 、゙ ヽ,-- 、`ヽーく  ( ヽ.`  jへヽ
        / {  `-、_ノ, -―-、  ヽ __ヽ ヽ ヽ  } r'`ヽ } }   ……我々、バイドはある程度、人間の頃の
        ,ヘ -r 、  {  ,ゝ- 、  ゝー 、__丶、 \_  `{ } } Y   我と記憶を保っていられる。
       / r'  {  ー' _(__   ` - 、__  ヽ ‐ 、 ヽ j| ハ !  
       1  j  , ゝ __ /   ヽ    ヽ_  ノ  ,-rノ´ノ } l. lヽ
      /Y´ {   ゝ-― 、 r ⌒     `y-'' /  }ィ´ }/:ノ::}
      /、{ {  ヽ{_ /  r ーヘr  〈, -- へ __ノ  , r'´ }、/::/7
       { ヽ ヽ   ,-く_ ,.-'―  }  ゙ヽ  }\_ r ノ、 //_;::::::/
      '、 、_て ` r 、   ー  ,. - '   ノ ̄ __ノ`ヾ__ }く-:::::イ
       ヽ_l ー ヘ 丶、_,  (  ,  / r イ  / / //7>イ´
        `, - _ { `7 _ ノ   てー( _ ノ _,ィ  ゞr''"´
         ヽ、 ヽ(  ⌒r-- フ /    ノ_,.-'´ ゙
          ` 丶ヽ ̄  ー -- ィ _∠-‐''´
             `゙''ー‐fー;‐'''"~



                   | ./
          ____  |/
        /_,-―-、_ヽ[]   中には自分達は人間であると錯覚する連中がいますからね。
  ,、  _ | ̄━ ◎o━ ̄| _    ,、
 〃 ̄ヽ| | ̄ヽ ̄ ゚´ ̄/. ̄| |/´ ̄ヾ
 i    i| | 〓  ̄ ̄   | |i    i
 ヽi―j"|└────‐.─┘|ヽi─j"
  | ̄| `i ̄ ./ ̄ ̄ヽ ̄ i´  | ̄|
 〔||_||〕 .iヽ、二二二二 /i 〔||_||〕

990: ◆viMvJifIpw:2012/07/11(水) 22:55:44 ID:QzgNA8D6



         ,.,,,rー '⌒'''~v-‐''⌒"''''y,,..,,,__
       ,r'"⌒、'  .(,,,__,r'” メ、 `<  ゛v''"`ヽ,
    ,/i.、,,,,... ゙""  '´Y;;       ''、  l .″"'ヽ,
   ./ .,,r'"(, ヽ!r-‐ _.ノ、 `''     丿 ,ゝ _,,) "`ヽ、
  r''⌒." ,/⌒`Y゙", y' ノ   ,,ノ  '\r!..,,,..) ..),,) ,)   だが…いつまで保っていられるか分からない。
  r'^::,丿;i'".゙、;;::..|;;:;...`Y ::^"    `ヽ  ...,,r'"⌒  .⌒, ヽ
  ! i;;_⌒   `ヾ.'゙`'' ::ミ|,,.`r- ゝ.、 ''v'  `ヽ;/;:i,,r'"`;:丿   いつか…完全な化け物になるんじゃないかなってな。
 .l/;:: ;: ゝ;;,...,,,ノ入;;:: : :|. /   ヽ;;::ノ! -!'"`..,,ノ` `ヽ!::);;;i
 (フ '"!" "  !;; : ;__,, ;:::|r'  ゝ-   v'" ::   ゝー-- |ノ::;}
  l,,-r' ;;,l,_、;;::'"`Y ''彡ミ("`ヽ;;:;,__;ヽ,,ノi;; :;:ゝ';;:;:'ゝ||;;丿
  `ヽ;;:;:;:ヽ,!;;:;.,,,,人,-r'"`ヽ;;;,,__,,;`  ノノ;;;,,_,y';:;;;:;;ノノ
    .`ヾ;_,,;;r-~'''_"\/ "_`''''~-; ; ;---r'"彡"



.                  / /
             ,.-‐- ,.、//   まあ、そうなっても私は戦い続けるだけですがね…昔も今もそうしてきた様に。
.            r',.-‐-、,,ィ。_
         K⌒〈ト'.o8=__ノ.f'⌒`ヘ
        へ入    ̄ ̄/ヘヾ、_,ン´
        | c`/======〈彡  Yへ\
       /c/ヽ二二 ノ\__/|丶.r0l
      ィ/入// |三三\.|__/ | II | |
    〃/ /ム〉 // ̄ |〃 | ̄ 《.]|口|ロ|
   《///)ろ」'' 〈〈 几 ハヽL且 ハ/n〈__〉
   夊/彡=o  / // ノ ̄丶、 リ.k彡’
   =/ /    /⌒丶Y     /⌒丶

991: ◆viMvJifIpw:2012/07/11(水) 22:56:14 ID:QzgNA8D6



         ,.,,,rー '⌒'''~v-‐''⌒"''''y,,..,,,__
       ,r'"⌒、'  .(,,,__,r'” メ、 `<  ゛v''"`ヽ,
    ,/i.、,,,,... ゙""  '´Y;;       ''、  l .″"'ヽ,
   ./ .,,r'"(, ヽ!r-‐ _.ノ、 `''     丿 ,ゝ _,,) "`ヽ、   お前らしいな。
  r''⌒." ,/⌒`Y゙", y' ノ   ,,ノ  '\r!..,,,..) ..),,) ,)   人間だった頃の私は…凡庸な人間だった…他人に自慢できる事がなにもない。
  r'^::,丿;i'".゙、;;::..|;;:;...`Y ::^"    `ヽ  ...,,r'"⌒  .⌒, ヽ   つまらん男だった…そんな男がバイドになっても覚えている事、そして、
  ! i;;_⌒   `ヾ.'゙`'' ::ミ|,,.`r- ゝ.、 ''v'  `ヽ;/;:i,,r'"`;:丿   自慢できる唯一の事…あのヤン・ウェンリーを黙らせた。
 .l/;:: ;: ゝ;;,...,,,ノ入;;:: : :|. /   ヽ;;::ノ! -!'"`..,,ノ` `ヽ!::);;;i   …ここは最前線で明日は決戦…怪物になる前に死ぬかもしれない。
 (フ '"!" "  !;; : ;__,, ;:::|r'  ゝ-   v'" ::   ゝー-- |ノ::;}   だから、誰かに聞いてほしかった…私の唯一の自慢話を。
  l,,-r' ;;,l,_、;;::'"`Y ''彡ミ("`ヽ;;:;,__;ヽ,,ノi;; :;:ゝ';;:;:'ゝ||;;丿
  `ヽ;;:;:;:ヽ,!;;:;.,,,,人,-r'"`ヽ;;;,,__,,;`  ノノ;;;,,_,y';:;;;:;;ノノ
    .`ヾ;_,,;;r-~'''_"\/ "_`''''~-; ; ;---r'"彡"



.            ヽ\
            \).-‐- ,.、   ……まあ、夢も希望も無い場所ですが、いい作戦、立ててあのヤン・ウェンリーを倒せば
.            l,.  -‐-、。_   自慢話が二つになりますよ。その上、生き残れば自慢放題だ。
         K⌒〈()'.===o8.f'⌒`ヘ
        へ入    ̄ ̄/ヘヾ、_,ン´
        | c`/======〈彡  Yへ\
       /c/ヽ二二 ノ\__/|丶.r0l
      ィ/入// |三三\.|__/ | II | |
    〃/ /ム〉 // ̄ |〃 | ̄ 《.]|口|ロ|

992: ◆viMvJifIpw:2012/07/11(水) 22:56:41 ID:QzgNA8D6



         ,.,,,rー '⌒'''~v-‐''⌒"''''y,,..,,,__
       ,r'"⌒、'  .(,,,__,r'” メ、 `<  ゛v''"`ヽ,
    ,/i.、,,,,... ゙""  '´Y;;       ''、  l .″"'ヽ,
   ./ .,,r'"(, ヽ!r-‐ _.ノ、 `''     丿 ,ゝ _,,) "`ヽ、
  r''⌒." ,/⌒`Y゙", y' ノ   ,,ノ  '\r!..,,,..) ..),,) ,)   ……そうだな、自慢話を二つにするのも悪くない。
  r'^::,丿;i'".゙、;;::..|;;:;...`Y ::^"    `ヽ  ...,,r'"⌒  .⌒, ヽ   お互い…生き残ろうな。
  ! i;;_⌒   `ヾ.'゙`'' ::ミ|,,.`r- ゝ.、 ''v'  `ヽ;/;:i,,r'"`;:丿
 .l/;:: ;: ゝ;;,...,,,ノ入;;:: : :|. /   ヽ;;::ノ! -!'"`..,,ノ` `ヽ!::);;;i
 (フ '"!" "  !;; : ;__,, ;:::|r'  ゝ-   v'" ::   ゝー-- |ノ::;}
  l,,-r' ;;,l,_、;;::'"`Y ''彡ミ("`ヽ;;:;,__;ヽ,,ノi;; :;:ゝ';;:;:'ゝ||;;丿
  `ヽ;;:;:;:ヽ,!;;:;.,,,,人,-r'"`ヽ;;;,,__,,;`  ノノ;;;,,_,y';:;;;:;;ノノ
    .`ヾ;_,,;;r-~'''_"\/ "_`''''~-; ; ;---r'"彡"



       │
        ! , -'ニ‐-、
     _  ,ゞ-------、 .____。=    そのつもりです。
   イ '´  l.! ! .!, ---、:| .! |   ヽ   それじゃ、明日は決戦なんで早めに休みます!
   |   .|| .|└──┘ | | 、, -‐´
   ,ー-‐',| | .!三! !三| :| .! 'ハ ヽ
   l|ッ./l、 | .!三| !三! :|゛ /\' /
   |_ l /|└───┘ .ニ'/
    `ー./,!   []    .!ヽ
     /゙〃       .|.! ヽ
     ‐'´|ニ|丁 ̄「 ̄´.!- '
      /二ニミi  .!_二_ヽ
      / !   | .!,r、-‐-、 ヽ
      !_/---r!/| .|   .! !
      |、   /_ヽゝ-- <
     .!八___ノ ニ___-/ ゝ、
     ヽ '|三||L | , _. - 、亅
           ヽ,[三三]/

993: ◆viMvJifIpw:2012/07/11(水) 22:57:04 ID:QzgNA8D6



<プシュー

               jj,.-;;‐'''''-__,.-‐ 、r'⌒>r‐_ 、,
            __/ ii‐ 、`´ ‐ 、`゙ r‐'⌒_ ><´`ヽ `r-、
          /   ヽ_ y-ァ‐''⌒ ー ''` )ヽヽ {  ヽ ヽ   ………ありがとう。
           ,∠⌒ ー‐ 、゙ ヽ,-- 、`ヽーく  ( ヽ.`  jへヽ
        / {  `-、_ノ, -―-、  ヽ __ヽ ヽ ヽ  } r'`ヽ } }
        ,ヘ -r 、  {  ,ゝ- 、  ゝー 、__丶、 \_  `{ } } Y
       / r'  {  ー' _(__   ` - 、__  ヽ ‐ 、 ヽ j| ハ !
       1  j  , ゝ __ /   ヽ    ヽ_  ノ  ,-rノ´ノ } l. lヽ
      /Y´ {   ゝ-― 、 r ⌒     `y-'' /  }ィ´ }/:ノ::}
      /、{ {  ヽ{_ /  r ーヘr  〈, -- へ __ノ  , r'´ }、/::/7
       { ヽ ヽ   ,-く_ ,.-'―  }  ゙ヽ  }\_ r ノ、 //_;::::::/
      '、 、_て ` r 、   ー  ,. - '   ノ ̄ __ノ`ヾ__ }く-:::::イ
       ヽ_l ー ヘ 丶、_,  (  ,  / r イ  / / //7>イ´
        `, - _ { `7 _ ノ   てー( _ ノ _,ィ  ゞr''"´
         ヽ、 ヽ(  ⌒r-- フ /    ノ_,.-'´ ゙
          ` 丶ヽ ̄  ー -- ィ _∠-‐''´
             `゙''ー‐fー;‐'''"~

994: ◆viMvJifIpw:2012/07/11(水) 22:57:57 ID:QzgNA8D6



                       ー、¨ー,,,,,、
-ー,,,,,,,,__              ,-――-ヘー,,,,,二¨ー,,,,,, _
   ¨¨ー=二ー,,,,___   / ==    \,,,,,    }|¨¨¨ー,,,,/
        ¨ー、ii -二ニニ/== ____ ==     ¨\」゙^| ]]]  }ヾ     /     /
            ` -,,,二{、  ‐‐‐         |二 /    」 |      // , -,―-/、
                ゝ、ゝ、; ;_;_;_;_;_;_ ,,,,,,,;;`ヽ、; ; ;/  |三ヲ //; ; ;     \ー
                  ¨¨,ー`_;===, 、三三ー,,,,,,,, , ,¨¨ー、: : :|ミ/ヲ//; ; ;         )
                    i⌒{  `i ( 。) .i´ ○`iフ] ] ] ||||:三|´; ; ;/; ; ; ;       /
                    ゙、。ゝー´ `ー´  ヽ、_ノ/巛 | ||||::三| / ̄\; ;       ノ
                    >-´¨¨¨¨¨¨¨¨¨`\彡/,-=⊥|_::三|}|   `、_,,,、,-´、 ̄ ̄
                   /: : : : : : : : : : : : :   ¨ー-// /⌒i  /    〉[[[[(   }
                  /: : : : : : : : : : : : :       / ||:   i_/;    /.⌒¨ー,、ノ
           __,,,,,,,,,,,==`皿皿皿皿皿皿\ ___/´`i||: :   |:    /: :    \,ニ二__
           =‐‐三三 |>巛〆,////圭\=ニ三」 |||:     |   /: : :      |
             ¨¨ ̄ ̄/////´///圭圭〉   |√||    |   /: : : : :     |
                 i`/´ `/`/´´,/| |皿/__,ヘヘ ||:   |__ノ\、: : : :   ノ
               /    // ////|-―¨    \_ゞ__ノ      ゝー--‐ ´
                   /  /   |

短編『ヤン・ウェンリーを黙らした脳』 おわり

995: ◆viMvJifIpw:2012/07/11(水) 23:03:18 ID:QzgNA8D6



              /          ̄>-‐- 、
             /            /    \
            /             /      ヽ
         /              /|       |   という訳で選ばれたのは>>974さんのお題でした。
        r                / i        |   ありがとうございました。選ばれなかった方、
       /        __        ノ  ヽ.       |   残念でしたが、また機会があったら参加してみて下さい。
       (  (    /´  ̄ ~ ̄ ̄    \     |   夢も希望も無い最前線…決戦前日に語った脳の
       、  ヽ   /''''''''''''===i l i===''_"_ヽ.ヽ.    |   唯一の自慢話…いかがだったでしょうか?
        ヽ (`、ヽ r''「囗」〉 r'  i「囗」Tゝ r , r、   |   さて、スレはまだ残っていますが、
         | ヽヾr  '' ´  ノ    `ヽ、,  }i | |  /   残りは埋めていただけたら嬉しい限りです。
          ! | ||      ’’ ,,,,,,、   、 |♭ノ /   それでは、みなさん。今まで見て下さりありがとうごさいました。
          ` 、ヽf  __,''','´,、、、-――'''’' .}ノ |    小さなやる夫板で『やるやらOFtheTEMPEST』を連載してますので
            ~|      ,-‐       |ー '   よろしかったら見に来て下さい。では
             ヽ、______      ______,、r'
             _l   ` ‐--‐_""/   L
           /1 ̄ 二-フ71ヽヽ二 ̄  〉゛‐- 、
   _,、 -‐ '''"" ̄  |-‐ ''´// | ヽ\  ̄ヽ|    ''''‐--- 、 __
'""´           ヽ / /  |  \\ /           ` ‐-
              /  /   |   \ /
             /   /       \ヽ
            /   /         ヽ
            /,,,,  /        / |
              ヽ____      //
                  """‐-‐" ̄


996 :名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/07/12(木) 00:51:45 ID:sV0lybp2

乙でした

997 :名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/07/12(木) 01:10:48 ID:FwVKZBPU



ニア しばしたたずむ

998 :名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/07/12(木) 01:56:36 ID:uDg3KEs2

乙です

999 :名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/07/12(木) 09:23:28 ID:8wg3PYBo



1000 :名前なんて無いだろ常識的に考えて:2012/07/12(木) 23:18:19 ID:Cfknw/TI

お疲れ様でした。1000です













一覧
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

申し訳ありませんが、体調の悪化により長時間PCの前に居られなくなりました。。
その為、当分の間は手抜きでのまとめとさせていただきます。
楽しみにしてくださっていた方、そしてまとめを許可してくださった作者様にご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。<(_ _)>


とても大きな台風でしたが皆様ご無事でしたでしょうか?
もし何か被害にあわれていたらお見舞い申し上げます。
ぽんに何ができる、というわけでもありませんが、せめて気分転換の一助になれればと思います。


一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

19/05/26
やる夫は誰かを救う悪になるようです 追加

19/05/18
エージェントやる夫の日常茶飯事 追加

19/04/14
やらない夫は「The World」にログインするようです 完結

19/02/10
真・女神転生 ~やる夫の嫁は加賀のようです~ 追加

19/01/21
できる夫とマリーがたどる仮面ライダーファイズ 追加

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



月別アーカイブ
FC2カウンター