やる夫が並列世界を旅するようです 第五章 雛苺編 埋めネタ やるぽん!

ゼロワン第10回 まずハリウッドの演技自体が日本の芝居には合わなさそう…… そしてシンギュラった暗殺ちゃんなら大和田さんのお眼鏡に叶うんですね! そして満を持して登場したザイア社長ですが、いきなり小物臭が……

やる夫が並列世界を旅するようです 第五章 雛苺編 埋めネタ

264 名前:1 :10/02/02 22:41:56 ID:xWzFZwJ8
ちと埋めネタです。
最近やった某ゲームが出ています。



265 名前:1 :10/02/02 22:42:16 ID:xWzFZwJ8

                 _                          /: . : . : . : . : . : . : ヽ、
           ィ ⌒Y´    ̄ ヽ                   ,.ィ´: . : /: ./: . : . :ヽ: \: . :\
         / ′' |   !  ヾ   \                     //:/:/:/: ./: . : . :ヽ: .',:ヽ:\: . ',
       /⌒!   ! | ハ i|   !    ヽ              イ/:/:/:/:/: ./: . l: . |: . ',: l: . ∨ : . }
       |::::::|  i i V=トハ /| _ / | |             /: ./:./:/:.j: . {: . :.|:_:⊥:_:.j: |: ./|: . : .|
        ' :::::ト  Vゝィ:ヾ  V,. =<ヽ∧:リ             ヽ/:. {: |: .|,:.‐ト:.:⊥ ィテミvj/:.|: . : .|
        \j__ \|ハろリ   f:zハ∨|::::|                ヽ j: .|:‐{; ィテミ.   ヒzソ |: .:.:.|: . : .|
     / ⌒ヽ_)、 ゝxx    ゝ'x,ル|::::|                  ̄「小弋ソ ,.     |: .:.:.|: . : .|
    f´    人__ \!   r v   ,ィ∧!ノ   ,. -、               |: .|ハ.   ー ' ...イ: .:.:.|: . : .|
    ト 、__./   __)从lゝ .. __..ィ /     / し'⌒i            |: .|ヘ: .≧: . ァ、≦斗 : . |: . : .|.「「「l_ヽ
    |: : : : :` < :::::\'⌒ヽ |トVレ'′  ,.ィ )(   │            |: .| \.ィ{テロテ} .|: . :/.ヽ.,:、!j l l l }ヽ
    |: : : : : : : : : `ー7、   ヽヽ`ヽ  /: : \ ゝ_.ノ                |: .|  {/;;〉ニハニ〈 .|: : |´⌒\/⌒ ヽヽヽ
    |: : : : : : : : : : : / |    ノ ノ |\|: : : : : :ゝ=/              |: .|  /;;/  /    |: : |  ゝ 〈/l l l l.} 〉〉
    ゝ: : : : : : : : : /__ノ    | |  !_ノi、: : : : : : /                  |: .|. /;;/  {     |: . |   z.|.!JJJ'



                         よく分からない並列世界講座



               __ __                                    (   ,-''-、,     (
        }¨>‐ 、/⌒ヽ、 `、 ヽ、.                         )ヽ ,.''" ','  "''ヽ   )
         ソ  / /(ノ  /  ,、 , -`<⌒ ーァ                   ( |:;;:;;_;:l::;:;;:;_:;:_;:;|   Uヽ
       /7  / /-、_‐'´// /,、` ヾヽ }ヽ_,.イ                  ((..) |;;:;:;_;:|::;:;;:;_:;:_:;:;|     )
       ヽ/ / ハ__>{ l //ヘ、/} } l } }  ̄>                  )  |__|_____|   (
       ./ ,  / V { { | | { ||   } } l| }`ー'!                     ┃ / / /" `ヽ ヽ  \   )
      / /  /ミシtLl_| ! ト| ||   } ノ リ/ l |               ┗┫) //, '/     ヽハ  、 ヽ (_丿ヽ
      {  l  ,べ〉 マ心テヽ{ |l  ,イァ}イ  l |                   ┣┛〃{_{\    /リ| l │ i|   ノ
      .{  |  l(ヾ  ピシ  `  化」∧  l |                   ┗┫ レ!小l●    ● 从 |、i|  (_.,))
      {  |  ト、_ィ、       、  / ヽ l |                 )┣┛ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   (
      {  ヽ、{  / \   -一 /  ヽl |                /|⌒ヽ_|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    )
      ヽ、 \/>- > 、_ __/ \\  \_ __.            ( (._.)\ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│  ノ
        _>-、`ー、_ `ーfァ'll    \\   `ー、 ̄二        )  /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ | (_丿ヽ
       /  ヽ、 `ヽ、  ̄` /⌒ヽ、 ` `ー__ =- 、       (   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |     ノ



266 名前:1 :10/02/02 22:42:38 ID:xWzFZwJ8

            _/ ̄ ̄ ̄丶__
             / //   i ヽ    \
           ∠ /  {   }  }   、 ト、           パンパカパーン
        /::::{ {_.ノ \ソ`ヽリ  } i {:ヽ
          {::::八 l●    ●从  |、l |:::ハ         パンパンパン、パンパカパーン
         ヽ:{ヘi ⊃ 、_,、_, ⊂⊃/'lノ j::::::}
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !}::ノ
      \ /:::::} l>,、 __, イァ/  / | '´
.        /::::::ノ j { !  /  {ヘ、__∧ !
       `'/  /  !{/  /ヾ:::彡' |



          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ             にょんにょろにょーん
       |i │ l |リ⌒     ⌒}_}ハ
       |i | 从 ●    ● l小N              にょんにょんにょん、にょんにょろにょーん
       |i (|ミ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ   ミ
       | i⌒ヽ j   (_.ノ   ノi|__/⌒)
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.
       | ∧ 人l||l,三|:::::/l| |l||l 从
       |  l ( ⌒ ):::V::/ | ( ⌒ )



             _ ___
          ィ' ¨::::::::::::::::::::::¨ `..,.
         /::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      ':::::: '::::::::':::::|:::::::|| ::|:::|::::::| :::|:::::::::'.
      |::::: |::::::::|:::::|:::::::|l::::|:::|::::::| :::|::::::::::|           なに奇声発してんのよ、アンタたち…
      |::::::||:::::::||::::|:::::::|l::::|:::|::::::| :::| :::::|::|
      |::::::||:::::::|j::_|ヽ:;::ヽLゝゝ-L::j::__:ノ |
       丁::T ̄_ _  ̄ ,. .二..、 |:::レ' : |
       |::ハlイ´{rtハ      |t.ッl リi:::::::|::::|
       |:::|:ハ::::` ´  ,   ` ::: ,ハ::::::|::::|
       |:::|::: ゝ         .イ:::::::::|::::|
       |:::|:::::|:::> .._ `  _ ィ!::|::::::::::|::::|
       |:::|:::::|::i::::rーv二z‐ ニ}|::::::::::|::::|
       |:::|:::::V 「|: :_:.フ-<:_:ー:/l|::::::::∧::|
       |::∧ ::| |;;|V:_/| | :`:Y イ::::::::|ヽl:!
       |:| | ::| |;;| `´ | |─┘ l;|::::::::| /Yヽ



267 名前:1 :10/02/02 22:42:58 ID:xWzFZwJ8



         , -'´ ̄`⌒ヽ、
       ,r〃  / 、   rヘ
      /:〈   (   j   ヾ\         あぅあぅ
       {::::{ヽ、Vヽ j人ノイ jノ:::}
      ∨'}、ゝ 0   0 ノ人:ノ        今回は、ボクたちが主役の特別コーナーなのです
          ノ 人" ー  "イ j{
       /〃  /ア丈入 八__,
        ( 八 7~V∨~、)ヽ ヽー′
           ∨  ∀  ∨jノ
.         〈   人.  ハ
        /ヽ/川\ノ│
          /     リリ   |
          `ー‐-rァtァー一′



          , -‐ '´  ̄ ̄ ` ヽ、
         /:::::/" `ヽ ヽ::::::::: \
        /:::::::::/     ヽ ヽ:::::::::: ヽ
        l:::::::{:::l ,    ー-j从:ヽ::::::::.ヽ        最近、出番を取られてばっかだったにょろ
        | ::i::ル{レ'     ●` li!: ト、::::..',
         /⌒)i"●    ⊂⊃: |ノ::::. l
       /   yi ヘ⊃   ,__,   l|:: |:::::::::.l
      (  /ス.ゝ、_ `´   ィ<|:: |_:::::::.l
        '</ |l:::: i "Tーイ'^ァレ'l_::::::.l
         \,,t|l:::: l'ヾ::|三/:://l/ ヽ、'i
         |::|l:::: l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, | :ji



          〆: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        /: : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       <: : : / : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
        \/: : : :/: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : :ヽ         ああ、なるほど…要は埋めネタってわけね
        /: : : : /: : : /: : :/: : : : : : : : :l: :ヾ: : :l
         \: :/: : : /: : / : : : :l: : : : : :|: : :ヾ: :|          それでいったい何をするの?
          |:V: : : /: : :/l : : : :|: : |: : : |: :|: :l: :|
          |: :`,_: ||,_: tH: : : :l_|: : |: : : |: :|: :l: |
          |l: : : T  "__`'-,:_| |': :|: /: l: : レ: : l
          ハ: : : l `'==-   ,'-:.,|/: :l:_,.:l: : :/
         ハ: : :λ   .  `==-'l`'= /: : : l
         /ハ: : :| `' .,_ `   _,.ノ: : :/: : : : l
        /:l: :ハ: : l ,-. >;-=T": : l: : /: : : : |
        /: |: : ハ: Y lヽ ,  _ `'v|: : :|: : : : :|
       //l: : l ハ: :l | |     /ミ: : :|: : : : |



268 名前:1 :10/02/02 22:43:21 ID:xWzFZwJ8

             _ _
      , -‐::::´:: ̄:::::::::::::`:::‐-.、
      /::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
   /::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 , ':::::::/::/:::/:::::::,':::::::::::::::!::::::::::::::::::,:_::::ヽ          今回は物語のテーマである
./:::::,:イ:::::/::::::::l::::::/::::::::::!::::イ:::::!:::::::::::ハ;;`ヽ:!
.!:::/;/::::::ハ::::::::::!__l:::::::::::ノ:/:!::::/::::::l::::::::!;;;;;;;;;}          並列世界について解説するのです
..V;;;!、:::::!:::ト<:_ヽ:!`l:::/ノ‐ムイ、:!:/!::::::::l;;;;;;;;;;!
 l;;;;!::ヽ:_ヽゝ ___`ヽ:!{  __'´レ!/メ!::::::::::!;;;;;;;;i
 .V ヽ:::::::::{ ´  `    '‐‐-、!イl/:::::::::,';;;;;;;/
    \::::ゝ    '       _/::,:イ:::/;;;;;/
     人:::ヽ、   ̄   ≦二イ::/;:イ
   . /:::::ハ::トv> 、 __,..  '"ハ::::!::!/!´:::!
    !:::::::!::ヽ:l:::/´!   _, -' ヽレ':!::l::::::!
   ,l -;‐‐::'::i´ _ ,.>< ´   /` ̄:> 、!
  /   !:::::::,.r':´:::/ly:ヘ  /::::::::/   ヘ、
 ./   l:::::::` 、/:/!ヘ::/,.イ::::::::/      !:、



    /:::::::::::::::::::__:::::::\
.   /:::::::::i:::イ::/"  ゛ヽ::::ヽ、
   /::::::i:::::|::.l{_l    _ i:::::::ヽ          並列世界は平行世界、パラレルワールドとも言われてるにょろ
   |:::::::|:::::{イ      `l::{::N
   |:::l´|:::::| ●    ● リレリ           原点はドイツ出身の哲学者、ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツが唱えた
   |:::ヽ|:⊂⊃     ⊂l/:i|
   |:::::::|:::::ト _ ーー イ|;;;;;i|           可能世界論だと考えられているにょろ
   |:i|::::|::::|>´_l_ ̄/'/ ̄/ ̄/
   |:i|:i|:|:::N/   ̄ )  /  と)
   |:i|:i|::V|i_}--j-イ__/_/ノ
   レ|:i|:::|::| ゛イl | // |::::::::::il



: : : : : : : : :/: : : : : : : : : i: : : : : : : : : : :i: : : : : : : : : l : : : : : ヘ: : : ヘ: : : l
: : : : : : : : i: : : : : : : : : : :l: : : : : : : : : : li : : : : : : : : l: : : : : : :ヘ: : : ヘ : : l
: : : : : : : : il: : : : : : : : : : li : : : : : : : : : l i: : : : : : : : :l : : : : : : ハ: : : ハ: : l
: : : : : : : :.ll: : : : : : : : : : :ll : : : : : : : : : l l: : : : : : : : :l: : : : : : : ハ: : : : i : l          つまり、現実世界とは無数の可能性の中の
: : : : : : : :.ll: : : : : : : : : : :l.l: : : : : : : : : :l l: : : : : : : : :l: : : : : : : : '. : : : l: :l
: : : : : : : : ll: : : : : : : : : : l l: : : : : : : : : l .l: : : : : : : : :l: : : : : : : : :l,, - '': :l         一つであるという考え方ね
: : : : : : : : l i: : : : : : : : : :l l_.... ---‐‐: l l: : : : : : : : l: : : : : : :_ ..」 : : : : l
: : ''''''''''' ‐ トl、: : : : : : : -l''l: __.... :--:l.=l= 、.... : --┴‐┐'':¨: : : : : : : :l            もっとも、実際に他の世界が存在するか否かは
-=======トL:.:..:..:..:..:..:..l 'l==-‐‐::''':¨=lヽ、lゝ: l: : : : : :l : : : : : : : : : : l
'¨f::::::::::::'ー-i``        弋ヽ::::::ッノ ,イ: : l : : : : : l: : : : :l: : : : : : l         見解が分かれるところだけれど…
、弋ヽ_ッノ ,         ー- ニニニ-  l: : :l : : : : : l: : : : :l: : : : : : l
 `ー - ''                 /,l: : l: : : : : : l: : : : :l: : : : : : l
ヘ          i           ., ':.:l: : ,': : : : : : l : : : :l: : : : : : :l
:.lヽ、        ー ‐ '       , .:': : :l : /: : : : : : li: : : : :l : : : : : :l
:.l:.:.:.`丶..、           ,,  ''ヽ:.:.:.:.:.:l :/ : : : : : : l l : : : l: : : : : : :l



269 名前:1 :10/02/02 22:44:26 ID:xWzFZwJ8

            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
           /::::l::::::/^ ^ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ
          /::ィ:::|:::/ 、  ヽ::::l:::::::::::::::::
          レ .|:::|/  \  |:::::l::::::::::::::::         ところで、同じように並列世界を移動してるのに
            V  ●  ./::ノ:|:::::::::::::
             | 、_、_,  ⊂⊃:::ト、::::::         梨花ちゃんとやる夫くんでは勝手が違うようだにょろ
            ∧ l._ノ    |::::::| l::::::::
     ,. -  ̄ ̄| |::::> _  .|::::::|-´::::::::
      |`ー―( ̄` ┐-r-rーl|::::::|::::::::::::::
      l: : : : : :ヽ、  |: :|: : |  |::::::|ヽ::::::::::::
      ヽ_: : : : : /ヽ 」: :|: : |  |:::::||.ヾ::::::::::::
         ̄ ̄´  |::l:_」: :」  |:::::| | ヽ:::::::::
             |::::|::::::| 7 |::/ | ヽ::::::



   / / /      /       /.:::         :::::::::::::::::::: \::::::\::::::::::::::
.  / / .'  :::/   /  /    ' :::        :::::::::::ヽ.\:::: \::::::\::::::::
 / / /   :/  ::/  .'   ::::!:::     !     ' . :::::: \\::::::\::::::ゝ::::
  V  /  ::/  :::v  :::′   :::: !::     |!:      ! ::::::::::丶:::\::::::\::::::::         そうね、どちらかと言うと
 /  / .::v  :::/  :::l    :::::::|::     ハ::.      ! :::::::::::::::l::::::::\::::::>:::::
  >i! ::/   ::::l  ::::::|   ::::::::ハ     | |::     l :::::::::::::: |:::::::::::::ゝ:::::::::        私の場合は『精神』を飛ばすタイプかしら
    >l_   :: :|   :::,|... === zi     |ィ==== ‐-ハ :::::::::::: |:::: イ::::::::::::::::
      ー‐i |   ::::|  :::::::::| |      | |::      | | :::::::::ノレ' :: !:::::::::::::::::
        |l ` ート l ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ └ ‐ ─‐┘レイ:i:::::::::::::::|:::::::::::::::::
        |l :::|:::ハ|ゞ≡≡≡ゝ       ミ≡≡≡イ::| :::::::::::::|:::::::::::::::::
        |l :::|! :::::l       _   __        |:ハ ::::::::::::l:::::::::::::::::
        |l :::|! :::::人.    r _  ’_  __)      ,. | |:::::::::::::|:::::::::::::::::
        | ::::|!::::::::::::: > ‐ 、_ :.:.:.:.:ヽ |   ィ..i::::| |:::::::::::::l:::::::::::::::::
        | ::::|:::::::::::::: /  -―- ム _ :. . - ! ´  |:::i::::| |:::::::::::::l:::::::::::::::::
        | ::::|:::::::::::::: 〉  ' ⌒  、ノ: : : :..:|     \:: | l :::::::::: |:::::::::::::::::
        | ::::|::::::::::::: i  ィ:.⌒_ ´:zァrt : :|     Y| |:::::::::::::|:::::::::::::::::



               __
          ,. ' ⌒´    ` ,
         ,.イ,. -        \
       , ':::/´ 、  !   i! ! ヽ ヾヽ
       l:::::.' 、 \j   |! | ! !  !:::'           ええ、ボクのやっている次元跳躍は
       l::::ハ 、lゝニ.`ヽハ,ニ,!メ  |::::|
       ゝ! ! Y仡j    仡ハi  j:ノ          梨花の精神を『並列世界の梨花の精神』と同化させることなのです
         | `:rゝ  _'_   ィ' イ
        ノ __,:>-、 r 'ニく:j  |             そのために、カオスの矯正の支配を逃れているのです
      , '´  ハ !:=: Yij: ̄:l ヽ ',
    /イ /ハ ノ: : : l!|: : : : ト、人. \
   // /  '´Vi!: : : : | : : : :ハ!::ヽ ヾ \
    ′'  /   l:i!.:.: : : |: : : .::ノ|\::ゝ.__ ヽ
    レ'   _ィゝ__,.〉:.:..: : 人: : , ': |::::::ヾゝ `ヽl
    .′ /ヾ!レ_´_: : : : /:|: : : : :人::::::l   ノ
    | レ'   (_:_:_:_::`: :_..イ ヾ: : : /::ヽ′
    ゝ!     /:::`::´:::::|: : _j_:ノ :::: l



270 名前:1 :10/02/02 22:44:47 ID:xWzFZwJ8

   :::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::::::::::ハ
   /   ::/:::::::::::::/:::::::::::/::::::::::::i::::::::::::::::i:::::::::::::::ヘ::::::::::::::ハ
:::::::::/........  /    / ::::::::i::::::::::::::::l::::::::::::::::l::::::::::::::::ヘ::::::::::::::ハ         ま、その代償に
::::::::i:::::::::::::::i::::::::::::::/::::::::::::l:::::::::::::::::l:::::::::::::::::l:::::::::::::::::::i::::::::::::::::i
:::::::l:::::::::::::::l::::::::::::::l::::::::::::::l::::::::::::::::::l::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::l:::::::::::::::l         移動元の世界の私は、必ず『死ぬ』必要があるんだけどね
┬:L:::::::::::::l:::::::::::::il::::::::::::::l:::::::::::::::::::l::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::l::::::::::;;;;」
. l::::::¨iー-:L__l|::::::::::::::l:::::::::::::::::::l::::::::::::::::::l_;;;;;;:::--ー'''7
 i::::::::l:::::::::::::::::::l、`ー―┴―――'ー――i'':::::l:::::::::::ll::::::::i
. l::::::::l:::::::::::::::::::lヽ、      ,      ノ:::::/::::::::::l:l:::::::l
  l:::::::::l:::::::::::::::::l:l::::`:;::...、..  ー‐ ,,.....,:::'::l:l::::/::::::::::::l:l:::::::l
.  l:::::::::ヘ:::::::::::::::ll:::::::l:l:::::,ノ` ー ' ´l、:::ll:::::l:l:::/:::::::::::::l::l::::::l
.  l:::::::::::ヘ::::::::::::::l -Tl ¨        ` -リ:/:::::::::::::::l::::l::::.l



            _ _
          //    ̄`ヽヽ、
        , -i_ -<"ニ ̄`ヽ   \
     ,,,;;'''/Z ヽ、   ヽ、  ヽ   \
   ,,,;;''''' /  /    \    ヽ、  \  ;;;'':::,,,
 ,,,;'';;;''' ,i   ト     \    Y   } ! }::;; ''':,,
 ,;;;;;   {   | `ヽK \ ハ ニニLリ }  !/ }:::;;;;  '''::,           ……
 ;;;;;  ,;;'|    t=―、y`ゝ { ̄`iヽノ  ハ i::::::;;;;;  ;;''
  ;;;;' ,;;' !   i`辷 j' ノノ,辷,ノ/'   /  }::::;;;; ;;;:
  '';;, ;,  Lヘ  ミ       ノ  ノ  j::::;;;; /
   ;,,;;,  丶,-‐代  `    ノイ彡/   /::;;/i、
    ;;;  ノ     >´` - '"_|〉ヽ、 //   ヽ、
      / /-'"´i i'" //  /`\    `ヽ}
    / (r´    | i!//  /    \     \
   /i   />、/  | /  /  / ̄Y/      ヽ i
    i {  i. { /   .|/    /  /    }  i      } }
   i! {\ヽi i   /    /  /    /i ノ     } }
   ヽt  \i |  /   /  / ̄ ̄ ̄''=-,     / i
    r-‐= ̄T  |!   /  /        /     /  i
    \     |  .|!  /    !       /   /  /



      |
      |
      |-‐ ̄ ̄`' ‐-,,
      |: /´ ゛ヽ::::::::::\
      |/      ヽ::: i:::ヽ         やる夫くんと、どう違うんだにょろ?
      | -ー     l::: }::::: l
      |●     ヽレルi:::: |
      |⊃    ●゛i(⌒\
      |  ,__,   ⊂ヘ iy   ゙i
      h   `´ _、ゝ,、ス\  )
      ミ}ーT゛ i ::::l| \>'
      |):゙i三|::ッ'l ::::l|t,,/
      |i:::∨ッ  l ::::l|::|



271 名前:1 :10/02/02 22:45:07 ID:xWzFZwJ8

       /: . : . : . : . : . : . : ヽ、
    ,.ィ´: . : /: ./: . : . :ヽ: \: . :\
   //:/:/:/: ./: . : . :ヽ: .',:ヽ:\: . ',
  イ/:/:/:/:/: ./: . l: . |: . ',: l: . ∨ : . }            それについては専門家を呼んだから…
  /: ./:./:/:.j: . {: . :.|:_:⊥:_:.j: |: ./|: . : .|
  ヽ/:. {: |: .|,:.‐ト:.:⊥ ィテミvj/:.|: . : .|            紹介するわ、特別講師の遠坂よ
   ヽ j: .|:‐{; ィテミ.   ヒzソ |: .:.:.|: . : .|
     ̄「小弋ソ ,.     |: .:.:.|: . : .|
      |: .|ハ.   ー ' ...イ: .:.:.|: . : .|
      |: .|ヘ: .≧: . ァ、≦斗 : . |: . : .|.「「「l_ヽ
      |: .| \.ィ{テロテ} .|: . :/.ヽ.,:、!j l l l }ヽ
      |: .|  {/;;〉ニハニ〈 .|: : |´⌒\/⌒ ヽヽヽ
      |: .|  /;;/  /    |: : |  ゝ 〈/l l l l.} 〉〉
      |: .|. /;;/  {     |: . |   z.|.!JJJ'
      |: .|'⌒ヽ   l     |: . |  .// .|  | ノノ
      |: .ト-< }  l!    .|: . | /∧. {  |



        〃:.:.:._:._:У-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\三三三}三!:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ三ソ
        />三ア:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\三以三|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|爪
      ィ升三三/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ィヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨三三{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|三》
      \三三マ:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:|>ヘ:.:ヽ:.:.:、:.:.ム三三允:.:.:.:.:.:.:.:.:|夕
       `}>/:.:.:.|:.:.:|:.:|:.:.:{   ヽ:.}:.:.:ハ:.ル:.:.∧ソニ|:.:.:.:.:.:.:.:.|
        ソ三!:.:.:.:|:.:.:{:.:.、:.:.',   }ハ:/_}:升ノj レ}ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:|               どうも~、初めまして
       /三{:.:.:.:.|:.:.:ヽ: ト、:.{   ノ ノ ソ / __,,/|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
        ←┬ハ:.:.:ヽ:.:从乂卞ミ、    ≠" ̄ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{ /⌒
          |:.:.:.:.\:.:\ムチ夭;爿         ||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨   |
          |:.:. .: :.:|\∧、 ゞ= ’  、     リ|:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.f   ノ
          |:.:. :.:.:.|:.:.:.|:.:.ヾ、     _  ノ   ∧|:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:/  .'
        ノ:.:.:.:.:/|:.:.:.|:.:.:.:|:.>..         , '  |:.:.!:.:.:.:.:.:ノ   /'⌒ヽ_
       /:.:.:.:.:.// :.:.:|:.:.:.:|:.:|:.:.:.|夂r‐---≦===|:.:j:.:.:.:/  、 ノ     }  ヽ
      /:.:.:.:.:./〃:.:.:.:|:.:.:.:|:.:|:.:.:.|:厶` ̄ ̄   ノ:/>'  _  /    ;   , \
    /:.:.:.:.:./  弋>=ニニ)'ー┴ヘ}  ( ̄ ̄ ̄ ̄     \/    ,′ j  }
  /:.:.:.:.:./   /´|           /)`ー‐ァ‐=ー‐、   /    /  ,′ !
,イ:.:.:.:.:.:./     /  !       ___o//_o_/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.)ー-、 ヽ__ノ  ノ  ノ
:.:.:.(:/:.:/     ,  {  ∨   ゝ―ァ r‐/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ` 、_二ニ=<__.イ
ヽ:.:ヽ:/     |  |  /        // 〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/                |



               /`>- ¨ヽ
            .. '/        l´ヽ ̄丶
        / /  /  / /  |  \  \
        /  /  斗―|  |  」_ ヽ  ヽ ヽ ヽ
      /   ,ア  /  /|  |   ∧メ   | ', ハハ           遠坂は、現代に生きる魔法使いなのです
      |  /;';!  レテ下ハ ! /Tハ !  | .|  ト、!
       l /;';';l   Vf、ィ} \/刋 }/   ハ| /
        、|;';';';',   ゝ-‐'   , ゝ' /_,.イ;';';'} /
       ト、;';';'ヾ ー-ゝ r―v   / } |__,ノヾ
      / /ヽ.__ゝ、  \ ー ' .. く //|    \          .、
      / // / >く ーく ̄ {ニヽ!-- 、/ヽ   ` ̄ ̄ }__/ /
   /  /     {/`\\ \ ヽハ. l\  >′\___,./´ \/ }
-‐ ´ /  r―┴ 、   \\ \| | ヽ `丶、/ ∧  \    ∨
 / /   {    ハ.イ` ヽ \ \  \   ヽノ    }    ヽ
/   {    /==  ∧ハ    ', \ ';   }    !      /



272 名前:1 :10/02/02 22:45:28 ID:xWzFZwJ8

                        ___     _
            __  .  ´        >:'___  `ヽ`ヽ
      ___∠  /      _  <:::::::::::_::l     :.::::〉
       \:::::::::::::_:::ヽ'       ´   ` 、ト::::::/:j::k     v'
        \:::::::::/'´ /                 ヽ7:::::::::i    ト.
         >:/// i /jミ、  ,  i  i i i  l  /:::::::::/ト     i::〉           それは違うわ
        /::::::i i l |i |トヾ〃ハi  | i iハ ト、ハ  ̄}i::/  i   i'
.        `ト::::i | |il |i ||     ||ハ i| i i| | ハi|   |   |   i            私は魔法使いじゃなくて魔術師よ
         | ∨ | |il |i ||     |l l lハ| l| }|フ彡}  |   |
        | i |小 |i |i    ┼‐リ‐}ノ‐┼  彡ヘ.   |   |
        | i   ∧>‐''"      __,,.    i i  |   |
        | i   / ∧、__,,.            / i  |   |
        | i / / ハ               ,トイi  |   |
        | i / /   、  '       u  / | i l   l  i i
        |〃    i   `  .    ⊃     / .| i l   |  i i
        |′    |     i `   __   ´    L i |   |  i l
        / /     |     |   ┌L ___   -─┘ |   |  | l
.        / /  _ 」__」_..ノ//Тi       /|   |   :.
        {  | ´   l::::::::://   //  | |      //:|   l    丶
        ノ  j/     |:::::::::{ L ノノ/77ヾ、     //::::l  ` ‐--‐ \
.     //i /    |:::::::::ト-- ´イ{{ }}\ヾニニ ∠:::::::ゝ --──-  \



          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ
       |i │ l |リ       }_}ハ         …なにが違うんだにょろ?
       |i | 从 ノ    `ヽl小N
       |i (|  | ●   ● li|ノ
       | 、| ⊂⊃、_,、_, ⊂ノ i|
       | ヽlヽ> 、 __ ,l⌒ヽ|
       | / \ヽ::ヾ三|::i   i
       | ,ミ_::::コ ヾ、:::∨ツ l  |



          , ヘ __...-―‐-――- 、___∠ ヽ
         /三三三;'´:.:.:.:.:.:.:.:.:_:.:.:.:.:.:.:.ヽ三三ニ=、
         ト三三 /:.:.:.:.:.:.:⌒、:.;:.:、:、:.、:.:.:.:.',三三ツ
        .':.\三' //:.://://^ ^、:ヽヽ:ヽ:.:.:∨<|
         |:.:.:.イニ!:.|:.|:.//:/|:|   }:|:}:.|ハ:.|:.:.:}ミュ、|          まあ、いっか
       .|:.:.:.弋i!:.{:.:|廾卞リ   j廾升||:.}:.:.|ニソ:|
       |:.:.:.:. :::|Yヘ{ャ7圷、     ィ也ヌレfヘ|:::|:.:.:|          彼が行っているのは、並列世界を直接繋げる技術…
       |:.:.:.:. :::|:{ ミ、 ゝ='     ゝ=' / ,'::::|:.:. |
       |:.:.:.:l :::|:.ヽム     ,     ,ツ|:.:.:|:.:. |          私の世界では第二魔法と言われている神秘ね
       |:.:.:.:.|::::|:.|:.::|:ヘ.  、―ッ  ノ|:.::|:.:.:j:.:.:.|
       |:.:.:.:ハ:::|:.|:.::|::::::i> . __ . ィ::|:.:|::::!:.:;':.:.:,イ
       |:.:.:.:.:.:V: l:.:.|:::::::}ー―‐‐ {:::|:.:|:::|::,':.:.:/:|
       |:.::、:.:.:.ヽ:!:.:.!__ノ::、_:.   _}、|:.:|:::|/:.:./:::}
       人::::\:.:.:\´:.. ::.... `  ' ..:: ̄フ:.:ノ::::/
      //::::\::::\:.:.:ヽ    。∩ 。  /:.:/::::;イ
      /ノ  .:::::\:::}::.: /    __| |__  廴(:.:.::{ |



273 名前:1 :10/02/02 22:48:26 ID:xWzFZwJ8

                   人      }\
   /\    _ ________ ___/  \ _ /  }
   {  ヽ,. '´       \_ /´  `ヽく、
   ,>/          /{     ∨           もっとも、これは境町という
 / /   ,.  /∨l  i  \ ヽ、     !
 \_,l   i  !  |´ ̄|   l、  |`ー',     |         特殊な力場があってこそ可能なモノなんだけれど
   l l  i{  |_ノ!   |\ハ ,ハ ∧     |
   | ', |i<「ヽ|    !ノ ̄∨ ̄}/ ¨l     !           ここの管理者も長らく不在にしているし…
   | ヽ!ト====     ====='′   !   l
   l   i l〃〃      〃〃     l     !
   ',  l八              ,rr‐|    ,'
   ヽ !  >.、_ ⊂⊃  _,. < !l |   ,'l
      |  l i / `T===''´i    `ヽ.l   ! !
      |  l i {   ` ╋ ´      l   ! |



       , - ァべー-- 、
     /   i    - 、 \
    .,ィ  /  !      \ ト、
    /::i  |   | i  _ !   ! !::\           あぅあぅ
  /:::::| 孑!T'「 |  i |了¬! ハ |:::::::ヽ
  !::::::i ヽiィr=ヽ!  ト!≠ヽ /   j::::::::::}            設定がややこしくなるから割愛するのです
  |::::∧. !i ト- 1ヽ }ト- 1〉 / /1ヽ:::::,
  ヽ::! ヽト!ゞ- ' 、´ ゞ- 7イ / | }::/
    ヽ |_公"_ c-っ "_彡イ-、 ! /'
     ノ「!  ! ヽ  ̄ /j !   ハ ヽ
     / | Y’ヘ  \// /  / !  ト
    / rfi /   ヽ / /  「 _,|〉、 |
   /  F弌    y /   F‐' ! |
  '  / 〉 ヽ   i  !   _ノ   {  i
  ! イ { !   }三圭盂ヲ三{   ヘ !
  |! ヽソ  fニ イ / | ヽ  |    ! |



              r‐‐ 、   .  -‐‐ - 、        /.7 ,. 、
            ヽ  > ´    ` 「 ̄.`Y ⌒ヽ  ̄ <
             >////^ヘ ヽ 乂.___〈     i   {二二}
            く_ 从il.|  l_!_! ハ<  i.   |
       /´〉    く__/kハ!  レレr==レく_ノ     .i              つまり、彼の行う次元跳躍は
     /⌒ /    / / |___,    b:::ハ彡-、   !
.    〈 ∩. }   / / c'っ r‐‐ャ  cっ そ/   | 、              『精神』ではなく『肉体』に直接作用させるものね
    弋{  ノ  /. /   \ 、__ノ   ィ^-ァ    ノハ
     r==='ヘ // /   _ __ _ >r‐‐_r-7'´__  _/   \            だからアイテムも一緒に持っていくことが出来るけど
     |    i ( (__,. -' r‐‐'‐/7ー/ / / `ヽ      ヽ、
     i    ー ァ    に二ィ7二.ゝ.ヽ/    ヽ      !          代わりにカオスの矯正の影響をもろに受けるわけ
.     \    /     i/ / /i  |r-' ノ     ヽ    ノ
       \__ __ ,. ァ'´/ / o .|  |レ'´ ト、     ヽ   (
          r' .ノ / / o !  i    /ヽ.__ _   l  ト
          レ'´ノ レ'  o \/   く       ,'  }
           /  /7 o   {二r‐ '水    ,. -' /iノ
             レハ/  ∧    / 〃  ァ~' ハ/ /
               /  / i    ゝ.__ >'   V  レ'
            /\/   |__ __ ____i
             /           .|



274 名前:1 :10/02/02 22:49:02 ID:xWzFZwJ8
ちょうど1レス分足りませんでした。
次スレはこちらです。

やる夫が並列世界を旅するようです―その35(金糸雀編1)
http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1265118245/



275 名前:1 :10/02/02 22:49:22 ID:xWzFZwJ8

                ____
                  ' ´   ``
               / /" ゜\. \          前から疑問に思ってたけど
           /./ハ/      ヽハ ヽ
            |/ リ'´     `ヽリ |         やる夫くんが世界を移動したら
              |.レ从●    ●从. |
            |(|⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|)|         向こうの世界のやる夫くんは二人にならないにょろ?
         /⌒ヽ| | ヘ    !_.ノ   ノ | |
       \ /:::::| l > .____. < .l | |
         ./:::::/| | ヾ:::|三|:::〃 | |ヽl
        `ヽ< | |  ヾ:::l:::l:::〃 .| |::::::>




       _ ___
  r‐;ァ'⌒7⌒7'´ ̄:ヽ;:.`.ュ_
  L/.:.:.:.:(;;;;_ノ:./:/:,.:_:l:.:.:.:.:.ヾニユ_
  r;'l.:.:.:.:广ヽ;./:./://^ー'1:l:.l:.:Y;;;;;;>         通常、並列世界の自分と出会ったら
  ∨.:.:.:ハ;;;;rイ|_イlイ{    }.:|:.|.:.ト=く
  |:.:.:.:!:.ハノrflハ「リ  ./イ;イノ-;;r「              融合するか、片方が消滅するかのどちらかと言われてるわ
  .|:.:.:.:|:.:ト{ ゞ=′   /ナ>ム`'「:.:!
  |:.:.i:.:|:.:トヘ.     , `" //|.:.|.:.:|           でも彼の場合、移動先の自分が更に別の世界に押し出されるみたいね
  |:.:.|:.:|:.:::::|\  一- ,. イ「::|.:.|.:.:.|
  |!.:|.:.:|:.:r┴-.ニl、r;ニ´:::::||:::|.:.:|.:.:.|
 ,||.:.|.:.:.l::|   /ハY ト-、--v冖、:!
-й.:.|.:.:.ヾ!  ノ什^l.ト 、j |  |  l::!



            /::/;':::::::/:/:::::::::/:::::i:::::::::::::::|:::::::::::::i:}:::::::::i い:ヾ:::::::::::::ハ::::::'.
         .:'::/ '::::/;:':::: :: /:::::/}::::::::::::::i!::::::::::::小::::::::! } :::::ト、::::::::::::::ハ:::∧  __
.         /:ィ:/:/::;:'::::::::: /: ::::'|::::::::::::i|::::::::::::::| v::ハ ! :::::| } :::::::::::::∧::::ヘ/     \
.       /:::: /::::::::/::::::::: /{:::::::{_ !:::::::::::: l|::::::::::::::|__ ':::∧」:::::::| L__ __::ゝ:/   :   |         ちなみに私の場合は
.     /:::::: :イ:::::: /::::::::::::{ィfテ笊示ミx::_:j !:::::::::i!_| rテテ云芹㍉  ' }:::::}::: |    :   |
.    /:ィ::::::: '/::::::/:{__:___:_{:{  {: んハ沁  └―┘  灯し::r}::リ  } / :′::| :::|    :   |         『精神』だけを移動先の自分に移すから
.  //.':::: :イ/::::::/:::::::::∧{小 弋辷:少′       弋辷_少′ / イ:::::: !:::∧    :  ./
.// /:/ ̄ ̄∨:::::::::::::::ヽハ` ー―一          ー‐一 ´ '¨´::::::::: j::::::::\___.〆         そういった問題は発生しないわ
:㌢ .イ/     '::::::::::::::::::/::ヘ          '          .:′:::::::::::::':::::::::: {∨',ト、 \
'  .イ:::{       !:::::::::::: /::::::::ヽ        ___       .イ:::::::::::::::::::;':::::::::::: '. vハ:::ヽ  ヽ、
/:::〃i   .  j::::::::::::/::::::::/:::::>      `¨¨´     .イ:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::: '. '.:::ヽ::ヽ   \
::::::/;'八   :  /::::::::::/::::::::/::::/}:::::::::>  . __ ,.  <::::::::::: イ::::::::::::/:::::::::::::ト、:::'. V::::ヽ:::\   ヽ、
:::/ :':::::::\__./::::::::::/::::::::/::::;' !::/}::: ィ{         } \::::::/ {:::::::: /} :::::::::::::| v::'. '::::::: \:::\
;:' /:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::/::::/ ,':/ .!升 ヽ.      /    ヽ'  !::::::/ !::::::::::::::|  V:'. ∨::::::: \:::\



10 名前:1 :10/02/02 22:49:57 ID:xWzFZwJ8

    ___/_:_:.:.:.:.:.∠_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:_:_:.:.:.:>- 、/:.:.:.:.:.\___
   ヽ::::::::::、_::>:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<´::::::::、:::):.:.:.:.:.:.:ヽ::::/
    \::::::::/.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\::::::::Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨
       >' .:.:.:.:.:.:.:.:.y、:.∧:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:`ーァ:.:.:.:.:.:.:.:.:.: }
.      /::,':. .:.:.:.:.://:./ーv-、! :.:.:|:.:.:.| :.:.:.:.:|∨|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ト、           つまり、梨花が行う次元跳躍は
     /::::|:.| :.|:.:.//:./:|   |;イ:.:}:.:.:||:.:.:.:|/::::::| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:::>
       ̄ォ_|:.∧:.|从:{ト|   リ }:/|:./ }:.;ノ}::::::::| .: :|:.:.:.i:.:.:f'´         自らの死と引き換えに、『精神』を他の世界の自分と同化させる方法
        |:.:乂、{:.|テ示ミ、  /,ィ/テホ≧, /イ:::::| . |:.:.:.|:.:.:|
        |:.:.|:.ヽヘ{、代::{       ト、爿 // ',刃 :.:.:|:.:.:.|:.:.:|          一方、やる夫が行う次元跳躍は
        |:.:.|:.:.|:Ⅵ  ̄       ̄´   冫ノ/:. |:.:.:.|.:.:l|
        |.:.:|:.:.|:.:∧   〈        ,、_/:.:l:.: |:.:.:.|:.:.リ          『肉体』とそれに触れる物を、直接他の世界に転移させる方法ってわけ
        |:.:.}:.:.|:.:|:.:丶  r‐ 、     イ:.l:l:.:.:.:.!:.:.|:.:.:.|:.:.|
        |:.:j:.:.:|:.:|:.:.:.:.:\ `      < |_:|:|:.:.:/:.:.:|:.:.:.|:.:.|            …まったく、これが協会に知れたら多重結界で完全隔離されるわね
        |:/ :.:.|:.:|:.:.:.:.:.:.:.:>ェ-‐ ´___ノ }|:.:/:.:.:.:|:.:.:.|:.::|、
        /:.:.:.:.|:.:|:.:.:.:.:.:.:.|⌒YYャ'´     {:./:.:.:.:/:.:.:.}:.:.|:ハ
.      / : :.:.:.|:.:|:.:_>‐ ' /__} }        /:.:./:.:.:.:/:.:.|:.:.l
     /:.:.;イ⌒マ//  /¨(衣{´\    ,.':./:.:.:.:.:./:.:./:.:.:|
    ,.':.:.:/   / { ゞ-' ,イ´ ̄| \ \_ ノ/:.:.:.:./iノ:.:./'⌒ヽ
    /:.:.:/  j レ \/, ′  | |´\_/:/:.:.:.:.:.:/:.:.:./    ',
.  /:.:.:/  | }  /  ′  | |   {/:.:.:.:.:.:/:.//     '
  (:.:.:/  |/  / ∧   ,イ !   V:.:.:.:.:.(:/ /       {
.   ∨    レ'  / / ヽ / ! |    ):.:.:.:.:.:)、 /         !



      _, -―-、_
    //    \`ヽ
   /´ / /  l  ヽ丶 l_           あぅあぅ
   /{ i-‐'{   !`!‐--} ハi;;;ヽ
   |;ヽ、N'\/ソl丿ソ }l;;;;;|         ボクは実験動物じゃないのです
   {;;;;| リ/// ////∠ノ.|;;;/
   ヾハ ,ゝ、 tっ__ .イルノ!.イ
     ノ、/{⌒)⌒}\>、│/|
    / /.::{}|´|{}´:.:.:.:ヽイ/ |
   Jr/ .:.:{}|/|{}:.:.:.:.:.::.l`! 八



          , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
         /:::::/" `ヽ ヽ:::::::\  ZZZ…
.        /:::::::::/     ヽ ヽ:::::::::\  ___ ________ __ ___ ________ _            これにて特別コーナーは終了だにょろ
        l:::::::{:::l ,     ー-j从:ヽ::::::r''",r":::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::ヾ
        | ::i::ル{/     ●  !:: / / ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ \            また本編で会うにょろ
        l ::l::ハ ●   ,、_, ⊂/ /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\
         ヽ::Viヘ⊃  ヘ _) /  / ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ \
            `|l: :::ゝv-、_〕l_ /  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::\
        <、___,,,, / ./ ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  |ヽ
      /      / ∠....______________________ノ |
     <______(、.____________________________________________________________________ノ



11 名前:名無しのやる夫さん :10/02/02 22:50:12 ID:Byix2sHB



12 名前:1 :10/02/02 22:52:48 ID:xWzFZwJ8
ちとオーバーしましたが埋めネタ終了です。
案外、YU-NOとFateは相性が良いかも知れないと思ったり。
まあ既に話が出来上がってるので本筋には絡められませんが。

では、次回は金糸雀編です。


13 名前:名無しのやる夫さん :10/02/03 00:34:29 ID:U4vSFETz
スレ立て乙です
YU-NOの並行世界は、リフレクターデバイスによる図解が秀逸ですね。
無限の可能性があるわけでなく、これまでの柵や各々の思惑のせいで一定の範囲を越えた結果は出せない、というのを明確に表していますから。
「cross † channel」というループする世界観を元にしたゲームでは、定められた期間内ではある結果を生み出す事は絶対にできないという描写がありましたが、まさにそれと重なります。
 



14 名前:名無しのやる夫さん :10/02/03 02:39:29 ID:y6V7dnM+
埋めネタ&スレ立て乙





劇場版 Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS (初回限定版) [Blu-ray]劇場版 Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS (初回限定版) [Blu-ray]
(2010/09/30)
杉山紀彰、川澄綾子 他

商品詳細を見る




NEXTまとめPREV
やる夫が並列世界を旅するようです 第六章 金糸雀編 その1【コチラ】やる夫が並列世界を旅するようです 第五章 雛苺編 お疲れ様会
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール
Author:ぽん
ご連絡

申し訳ありませんが、体調の悪化により長時間PCの前に居られなくなりました。。
その為、当分の間は手抜きでのまとめとさせていただきます。
楽しみにしてくださっていた方、そしてまとめを許可してくださった作者様にご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。<(_ _)>


とても大きな台風でしたが皆様ご無事でしたでしょうか?
もし何か被害にあわれていたらお見舞い申し上げます。
ぽんに何ができる、というわけでもありませんが、せめて気分転換の一助になれればと思います。


一部の記事の本文が表示されないバグ?が発生しておりました。
まだ記事が見れない!と言う方は、ぜひコメントなりメールなりでご連絡くださいませ。
また可能でしたらその時には、閲覧しているOSやブラウザ等を教えていただけると幸いです。


感想を残していただけるのは嬉しいのですが、そのコメントを他者が読んでどう思うかを今一度考えていただければ、と思います。
コメントを残すほど気になる作品なのですから、どうぞ場外乱闘のような荒れる展開はお控え下さいませ。

作品に対して色々な意見はあるでしょうが、読者様どうし仲良く、とまでは言いませんが相手を尊重する気持ちは忘れないでくださいませ。

(※管理者にはIPが見えております。酷いものには相応の措置が取れることをご理解下さいませ。)




やるぽん!も8月で8年目突入。
さすがに更新量が減っておりますが、見捨てずにいてくださると幸いです。




門屋◆p9fgM0LwVA様より素晴らしいバナーを頂きました!
仁王立ちハルヒの下のアクセルさんがぽんのお気に入りです♪
やるぽん縮小版



どんな作品があるのかは、まずは

まとめ記事

をご覧下さい。


又、まとめの際のミスを見つけられた場合は
ミスの発見

やるぽん!でまとめて欲しい作品がある場合は
リクエスト

本スレで保存できなかった支援絵や、下さる方が居れば嬉しいTOP絵、その他リンクの依頼等は
メールフォーム

でご連絡頂けると幸いです。


雑記

19/11/13
アカガネ山のやる夫 追加

19/05/26
やる夫は誰かを救う悪になるようです 追加

19/05/18
エージェントやる夫の日常茶飯事 追加

19/04/14
やらない夫は「The World」にログインするようです 完結

19/02/10
真・女神転生 ~やる夫の嫁は加賀のようです~ 追加

19/01/21
できる夫とマリーがたどる仮面ライダーファイズ 追加

18/12/11
やる夫ファンタジー 追加

18/11/03
やらない夫は「The World」にログインするようです 追加

18/10/26
やる夫はボーダー隊員のようです 完結

18/10/15
女神が愛した白饅頭 完結

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠マイライフのようです 追加

18/09/20
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 完結

18/08/20
やる夫と泡沫の時を越える祈り 完結

18/08/18
やる夫はプロデューサーに転職するようです/やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代/やる夫ときよひー を ◆toJd5AYQtwの雑談・投下所 として統一

18/08/08
やる夫でパワフルプロ野球な栄冠ナインのようです 追加

18/07/31
やる夫ときよひー 追加

18/05/11
皇帝は力と意志を伝承させるようです 追加

18/04/25
やら死に2部 《やらない夫は楽園の夢を砕くようです》 追加

18/03/19
やる夫と沖田のぐだぐだ戦国時代 追加

18/03/13
女神が愛した白饅頭 追加

18/03/12
やる夫は蒸気機関車を運転するようです 追加

18/03/11
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 完結

18/02/20
やる夫はLVが上がらないようです 完結

18/02/19
新番組 仮面ライダーを作ろう 追加

17/09/08
やらない夫のスタート・ユア・エンジン 追加

17/07/14
やる夫と壬生のゆかいな仲間たち 追加

17/07/13
やる夫はおだ家に仕官するようです 完結

17/06/17
魔剣物語 追加

17/05/13
やる夫はLVが上がらないようです 追加

17/04/28
やらない夫は魔王さまの下僕となるようです 追加

17/04/27
やる夫はプロデューサーに転職するようです 追加

17/04/03
やる夫は辺境最強の勇者 のお供 のようです 完結

17/04/01
やる夫はおだ家に仕官するようです 追加

17/03/14
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 完結

17/02/11
やる夫達は一味違う冒険者になりたいようです 追加

17/01/11
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 完結

17/01/08
できない夫は改造人間にしてもらったようです 完結

16/12/15
やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです 追加

16/11/13
やらない夫は闇を切り裂き光をもたらすようです 追加

16/11/05
できない夫は改造人間にしてもらったようです 追加

16/09/21
キル夫は器を持つサマナーのようです 追加

16/09/06
ちっちゃいやる夫の姉 完結

16/08/15
貴方は未来王の国民のようです 完結

16/08/01
貴方は未来王の国民のようです 追加

16/07/29
彼らは弱肉強食のようです 完結

16/07/19
彼らは弱肉強食のようです 追加

16/07/18
紅色のシュテル 完結

16/07/09
ちっちゃいやる夫の姉 追加

16/05/03
Fate/Last Trust 少年と少女の軌跡 追加

16/04/23
紅色のシュテル 追加

16/02/28
君は三日月を渡り歩くようです 完結

16/02/05
君は三日月を渡り歩くようです 追加

16/01/30
やる夫はボーダー隊員のようです 追加

16/01/24
レジェンドプリキュア 完結

16/01/08
レジェンドプリキュア 追加

16/01/07
Fate / Parallel Little Line (蘭子ちゃん小聖杯戦争) 完結

16/01/03
【安価が】ブララジ!!【お便り】 完結



月別アーカイブ
FC2カウンター